ボーヌ、アロクスコルトン、サヴィニレボーヌ
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


2024/3/8(金)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・ニュダン’17コルトン・ブレサンド

値上がり前にぜひ!開けてすぐにおいしい特級畑!

2023/12/16(土)アップ~蔵出しドメーヌ・ニュダン’21

2023/11/4(土)アップ~蔵出しドメーヌ・ニュダン’17ラドワ最後の再入荷

2023/4/21(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ニュダン’20’17’16

今でもお買い得に感じられるワインが多い赤白ともに優れた生産者!












 


’20からHVEマークあり!




Domaine Nudant, Corton Bressandes Grand Cru '17

ドメーヌ・ニュダン、コルトン・ブレッサンド’17

税込¥12100 超特価・税別¥11000

<あと3本>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
’21を買うと¥14,300以上値上がり致します。

「2023.10月中旬に飲みました。トップノーズは若干地味でも味わいがものすごくよい!華やかさとエレガンスがあり酸が低くなく旨味とミネラルが凝縮してタンニンの質が極めてよい飲み頃NOW~。柔らかさはあるが緩くない旨味コクの複雑性で重くなく長い余韻。オレンジピールチョコレート、プラムなどの香りで、樽はすでに完全に溶け込んでいる。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール13%

0.61haの所有

リュットレゾネを実践
天然酵母のみ使用、無清澄

特級コルトンの中でもクロ・デュ・ロワと並んで高品質のワインを生み、肉付きよく、タンニンの柔らかなスタイル。樹齢60年という古木のため、凝縮感溢れるワインとなる。霜降り肉をスキヤキや鉄板焼きで。あるいはソフトなチーズとともに。





Domaine Nudant, Corton Charlemagne Grand Cru '20

ドメーヌ・ニュダン、コルトン・シャルルマーニュ’20(辛口白)

税込¥33000 税別¥30000

<あと6本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

アルコール13.5%
HVEマークあり!

樹齢40年

わずか0.15haの所有
リュットレゾネを実践
天然酵母のみ使用
白い泥灰質土壌






Domaine NUDANT, Bourgogne Hautes-Cotes de Nuits Rouge '21

ドメーヌ・ニュダン、ブルゴーニュ・オートコート・ド・ニュイ ルージュ’21

税込¥3740 税別¥3400

<売り切れ>限定品!

※すでに再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。

アルコール13%
HVEマークあり!

標高400メートルの高地、ムイィ村の畑で収穫されたピノ・ノワールから。キュッと締まりのあるタイト感。きれいな酸とミネラルが感じられ、デリケートな赤ワインに仕上がっている。マグロの刺し身(赤身)をディジョン・マスタードで食するのもよし。




Domaine NUDANT, Bourgogne Pinot Noir VV '21

ドメーヌ・ニュダン、ブルゴーニュ・ルージュVV’21

税込¥3630 税別¥3300

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品!

※すべての値引き対象外となります。

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2023.12月中旬に飲みました。DIAM5コルク。’21の大成功例!はっきり言って’19を飲んだ時よりさらにおいしかったのでまだ超お買い得です。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。梅しそ、ミニトマトなどの酸っぱくない赤い実の果実、胡椒、うっすらスモークなどの香り。開いてなめらかな果実味、旨味がかなり多く、ミネラルも少なくなく、ちょうどよい酸で傑出バランスのとても杯が進む飲み頃NOW~。みずみずしさがキープされ、タンニンの質が極めてよい。低めの温度でもバランスが全く崩れないおいしさ。びっくりドンキーのハンバーグとか鶏カツ・ソースなどにとても合う。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%




ドメーヌ・ニュダン、ブルゴーニュ・ルージュ’20(辛口赤)

税込¥2970 税別¥2700

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
36本完売。ありがとうございました
すでに再入荷不可能!

他の多くのワインと同じようにHPに載せる前に完売でしたが’19はおいしかったですね~!

樹齢50年以上!
リュットレゾネを実践
天然酵母のみ使用、無清澄

ラドワが得意な造り手、コルトン・シャルルマーニュなど特級畑も所有




Domaine NUDANT, Ladoix 1er Cru La Corvee Rouge '18

ドメーヌ・ニュダン、ラドワプルミエクリュ・ラ・コルヴェ ルージュ’18(辛口赤)

税込¥7200 税別¥5200

<あと3本>限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!



Domaine NUDANT, Ladoix 1er Cru La Corvee Rouge '17

ドメーヌ・ニュダン、ラドワプルミエクリュ・ラ・コルヴェ ルージュ’17(辛口赤)

税込¥5500 特価・税別¥5000

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

※すべての値引き対象外となります。
’20を買うと¥1,100値上がり致します。
68本完売!ありがとうございました※すでに再入荷不可能!

「2023.3月上旬に飲みました。縁がピンクがかった中程度のルビー色。よい熟成感ですでに飲み頃に入っており、予想より華やかな赤い実の果実香!落ち着いて質のよい果実味、旨味とミネラルが豊富で多少艶のある滑らかさに複雑性があり緩くない。樽は控えめですでによく溶け込んでいるため、基本はクラシック気味でも、わかりやすいジューシー感がキープされとても杯が進むよいバランス。酸とタンニンの質も非常によい。抜栓の3日後まで少しずつ向上する!コルトン・ブレサンドも飲んだことがあるのですが、この銘柄があまりに良すぎて品質の差がとても小さく感じられてしまうほど!」

アルコール13%

平均樹齢80年!!!
天然酵母のみ使用

わずか0.83haの所有
ラドワの北端、緩やかな南向き斜面に位置する1級畑がこのラ・コルヴェ。ニュダン家が所有する最も古い区画であり、力強い赤ワインを生み出す。ブフ・ブルギニヨンのような牛の赤ワイン煮はもちろん、エポワスなど強めのウォッシュチーズとの相性もよい。




Domaine NUDANT, Ladoix 1er Cru Les Grechons Blanc '16

ドメーヌ・ニュダン、ラドワプルミエクリュ・レ・グレション ブラン’16(辛口白)

税込¥6380 特価・税別¥5800

<売り切れ>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!
’20を買うと¥1,100以上値上がり致します。

「2023.3月上旬に飲みました。去年’15も飲んでかなりおいしく飲み頃でお買い得だったのですが、この’16の方がさらに酸と骨格・複雑性がさらに上だったので買いました!熟成による濃いイエロー。飲み頃ピーク入り口の色気と旨味とミネラルがのった滑らかさがあり明らかに価格以上の満足度!冷やさない方がおいしい。酸が低くなく、旨味と塩ミネラルが豊富で複雑性と余韻もある。シルヴァン・ロワシェのラドワ白が好きな方はもちろんのこと、熟成したムルソーやシャサーニュが好きな方にも十分おすすめできる超お買い得品。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%

平均樹齢40年
天然酵母のみ使用

わずか0.62haの所有
白ワインのみ1級と認められた区画であり、コルトンの丘の北、標高360メートルの高地に位置する。土壌は泥灰土でシャルドネに向き、ミネラルに富んだ、コルトン・シャルルマーニュの弟分のようなワインとなる。クラムチャウダーや白身魚のカツレツ、あるいは子牛料理にも合わせられる。






12/19(火)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・ラペ’15

値上がり前価格!飲み頃に入ってかなりおいしくなった’15

12/7(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ラペ’17コルトン・シャルルマーニュ

2023/8/3(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ラペ’19

2023/6/1(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ラぺ’20

このドメーヌも世代交代などで進化しています!








 


現在はヴァンサンが父のローランから引き継ぎ、さらに評価を高めている!

ずっとリュット・レゾネ(減農薬)を実践
2018年にHVEレベル3取得済み!

2003年には新しい醸造所を建設し、グラヴィティシステムを採用!
すべて手摘み、低い新樽比率





DOMAINE RAPET, PERNAND-VERGELESSES ROUGE LES BELLES FILLES '15

ドメーヌ ラペ、ペルナン ヴェルジュレス・ルージュ レ ベル フィーユ’15
(辛口赤)


税込¥6820 超特価・税別¥6200

<あと7本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!
’21を買うと¥2,200値上がり致します。

デカンター・オンライン88点

バーガウンド・コム 87~89点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版 16.5/20点!

「2023.12月上旬に飲みました。DIAM5コルク。リリースから6年以上経過してかなりおいしくなった超お買い得銘柄!縁がまだオレンジかかっていない中程度のルビー色。色気のある赤い実果実香がとても心地よく、酸が低くなく、豊富な旨味成分と低くないミネラル感、よく溶け込んだタンニンの上質な艶なめらか味で、ず~っと飲み続けていられる傑出バランス。抜栓の2日後までまったく落ちない。マグロ・ステーキにもわりと合う」

アルコール13%

’16 ジャスパー・モリス 88点

ペルナン・ベルジュレスの街の北西にある東向きの斜面「ボワ ノエル エ ベル フィーユ」(クリスマスの森と美しい娘達)の畑。樹齢約30年。土壌は鉄分を含む粘土質で赤い色をしています。
カシスや赤スグリなどの果実のフレッシュな香り高く、かすかなミネラルを思わせる風味がありエレガント。口当たり滑らかで、比較的若いうちから楽しめる、コート ド ボーヌの赤い宝石のようなワインです。




DOMAINE RAPET, ALOXE-CORTON '15

ドメーヌ ラペ、アロース コルトン’15
(辛口赤)


税込¥7700 超特価・税別¥7000

<あと12本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!
’21を買うと¥5,500値上がり致します。

デカンター・オンライン91点

バーガウンド・コム 89~91点
(Outstanding Top Vlaue!)



ラペ家がアロース・コルトン村に所有する3つの区画(レ ブティエール、レ シテルヌ、レ コンブ)からのブレンドです。鉄分を含んでいる土壌で、緩やかな傾斜にあります。
フレッシュでしっかりした果実味の充実感が感じられ、適度な酸と厚みもあり、楽しめる魅力をもったキュヴェです。ドメーヌ ラペのワインに共通する優しく誠実な印象があります。






DOMAINE RAPET, CORTON-CHARLEMAGNE '17

ドメーヌ・ラぺ、コルトン・シャルルマーニュ’17(辛口白)

税込¥41800 税別¥38000



輸入元定価・税込¥55,000

<あと15本>超限定品!

ジャスパー・モリス 94点!!!

パーカー95点!!!
(William Kelley、2020~2040年)

VINOUS 92点
(ニール・マーティン、2020~2033年)

バーガウンド・コム 94点!!!

ブルゴーニュ・オージョルディー 16.5/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版 18/20点!

18本完売。

超人気生産者のコルトン・シャルルマーニュはどれも10万円を超えてしまったので、、、




DOMAINE RAPET, CORTON-CHARLEMAGNE '20

ドメーヌ ラペ、コルトン・シャルルマーニュ’20(辛口白)

税込¥37,400 税別¥34,000

<あと8本>超限定品!

ジャスパー・モリス 94~96点!!!

パーカー95点!!!
(William Kelley)

VINOUS 93~95点!
(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92点


MVF(旧クラスマン)2023年度版 96点!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2023年度版 96点!!!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すでに再入荷不可能!
’21を買うと¥6,600値上がり致します。

ペルナン・ヴェルジュレスで1765年からワイン造りを続けている家族経営のドメーヌ。果実の風味と酸を大切にした優しくも長熟するワイン造りが特徴です。秀逸な白ワインで高名なドメーヌですが、赤も優れたものを造っています。
コルトン シャルルマーニュの畑を3haも所有。定期的な植樹により、樹齢17年から50年以上と異なる樹齢のブドウをブレンド。ヴィエイユ ヴィーニュの力強さと若い樹の繊細さを調和させています。
名醸造家ラペならではの力強く、素晴らしい芳醇さを感じさせます。豊かな酸がしっかりしているため、重厚ながらもヘビーさを感じさせない優れた良さがあります。寿命の長いことでも知られ、熟成の世界を楽しめます。
(輸入元資料より)




DOMAINE RAPET, CORTON '20

ドメーヌ ラペ、コルトン’20(辛口赤)

税込¥19,800 税別¥18,000

<あと18本>絶対おすすめ!
超限定品!

ジャスパー・モリス 92~94点!

パーカー93+点!
(William Kelley)

VINOUS 92~94点!
(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92点


MVF(旧クラスマン)2023年度版 95点!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2023年度版 96点!!!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

30本以上完売!!!
※再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。
’21を買うと¥8,000程度値上がり致します。

「2023.5月下旬に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。色も香りも過熟のニュアンスはなく、普通に熟して凝縮した出来のよい年というバランス感。凝縮したブラックチェリーなどの黒い実の果実香主体、樽は香りも味も控えめで、特級らしい深みと骨格があり、余韻が長い。味わいのエキス感、厚みコクあるジャミーではなく意外と上品さとみずみずしさがキープされている肉厚果実。抜栓直後は固く閉じているが、抜栓の次の日~3日後まで旨味と伸びが出てやわらかさも出てかなり向上!真の飲み頃は2026~」

アルコール13.5%

コート・ド・ボーヌ唯一の赤のグランクリュで、ニュイの力強さとボーヌの優美さをあわせ持つと言われるコルトン。「コルトン コンブ」と「コルトン レ ショーム エ ヴォワ」の2つの区画のブレンド。樹齢約50年。
名醸造家ラペのコルトンは果実味溢れ、力強く、優美な美点をうまく表現した秀逸なものです。若い時はカシスやキルシュなどのスパイシーなフルーツ、熟成とともにトリュフや革の香りと比類ない厚みを持ちます。
(輸入元資料より)





DOMAINE RAPET, CORTON '19

ドメーヌ ラペ、コルトン’19(辛口赤)

税込¥19,360 超特価・税別¥17,600

<あと6本>超限定品!

※再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。
’21を買うと¥8,000以上値上がり致します。

ジャスパー・モリス 92~95点!

パーカー94点!
(William Kelley)

バーガウンド・コム 93点!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 94点!





DOMAINE RAPET, PERNAND-VERGELESSES
1er ILES DES VERGELESSES ROUGE '19

ドメーヌ ラペ、ペルナンヴェルジュレスプルミエクリュ・イル・デ・ヴェルジュレス ルージュ’19(辛口赤)

税込¥9350 超特価・税別¥8500

<あと4本>超限定品!

※再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。
’21を買うとなんと¥6,600値上がり致します。

ジャスパー・モリス 90~93点

パーカー92点
(William Kelley)

バーガウンド・コム 92点
(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 91点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2023年度版 94点!!!

「イル デ ヴェルジュレス」はペルナンとサヴィニーの「ヴェルジュレス」の畑に挟まれた傾斜地に位置する畑で、石灰質土壌と鉄分を含んだ土壌から構成されています。
熟れたプルーンにスパイス、土のニュアンス。エレガントな酸と骨格があり、食事と楽しみたいワイン。時と共に深みがまし、長期熟成に向くポテンシャルを秘めた1本です
この村の長所を知り尽くしている名手ラペならではの、しなやかな力を秘めた、きめ細かく、香り高いワイン。
(輸入元さんコメント)


2023/6/12(月)アップ~<※極少量!>蔵出しギルベール・ジレ’20

’20が初ヴィンテージ!少しずつ自社畑も増えそうです!








 


フィネス輸入の貴重な蔵出し正規品!




GUILBERT GILLET, BOURGOGNE ALIGOTE LES GRANDS CHAMPS VV '20(ネゴス物)

ギルベール・ジレ、ブルゴーニュ・アリゴテ レ・グラン・シャンVV’20
(辛口白)


税込¥9570 税別¥8700

<売り切れ>超限定品!


アリゴテ種100%。シャサーニュ モンラッシェ村の「Les Grands Champs(レ グラン シャン)」という区画の葡萄で特級モンラッシェから斜面を東に降りて行った先にある日当たりの良い粘土石灰質土壌の畑です。1933年に植樹された樹齢90年にもなる古木で2020年ヴィンテージは1300本ほどしか生産されていません。黄色い果物を連想させるようなアロマ豊かなワインで一般的なアリゴテのワインよりもリッチで洗練された味わいに仕上がっています。




GUILBERT GILLET, COTES DE NUITS VILLAGES LA BERCHERE '20(ネゴス物)

ギルベール・ジレ、コートドニュイ・ヴィラージュ ラ・ベルシェール’20

税込¥14300 税別¥13000

<売り切れ>おすすめ!
超限定品!

「2023.6月上旬に飲みました。開けやすいタイプのロウキャップ。この畑としては高価なのは確かだが、品質はかなり高いのであとは価値観次第の部分。縁が紫がかった濃いルビー色。熟して果実味豊かで凝縮感があるが、抜群のコンディションと生産者の腕でみずみずしさがキープされているよいバランス。初めて飲む生産者ですが’20なのでいつもより濃い(普段はもう少しエレガント)ということなのだろうと思います。熟して凝縮感のある黒い実主体の果実香、ヨード、土、スパイス、ベーコンの脂、程よい樽などの香りで、誤解を恐れずに言えばブラインドでピノノワールとは若干わかりにくい香りかもしれない。厚みとエキス感ありつつ、なめらかコクの飲み頃NOW~。タンニンの質はとても良く、やや低めの酸、旨味は多く余韻長め。抜栓の次の日も非常においしい。わずかに酸が伸びた。抜栓の3日後でもまったく落ちない。基本的にしっかり味でクラス越えの品質」

アルコール14%

ピノノワール種100%。コンブランシアン村の「La Berchere(ラ ベルシェール)」という区画の葡萄で東向きの粘土石灰質土壌の区画です。葡萄の樹齢は約40年で2020年ヴィンテージは約800本しか造られておりません。ラインナップの中では比較的開いた味わいで熟した果実のアロマと柔らかい口当たり、たっぷりとした果実味が前面に出ている飲みやすい仕上がりになっています。




DOMAINE GUILBERT GILLET, DOMAINE GUILBERT GILLET, SAVIGNY-LES-BEAUNE LES PLANCHOTS DU NORD '20(ドメーヌ物)

ドメーヌ・ギルベール・ジレ、サヴィニーレボーヌ レ・プランショ・デュ・ノール’20

税込¥17050 税別¥15500

<売り切れ>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

今後、自社畑増えてゆきそうです!

ピノノワール種100%。ラインナップの中で唯一畑を所有しているドメーヌ物。ドメーヌに程近い「Les Planchots du Nord(レ プランショ デュ ノール)」という区画で1976年に植樹された泥灰土土壌の畑です。畑の広さは0.22haで2020年ヴィンテージは580本しか造られておらず、淡い色調ながらも赤い果実のアロマは豊かで力強いストラクチャーと深みのある熟成できるポテンシャルを持ったワインです。




GUILBERT GILLET, ALOXE-CORTON 1ER CRU LES VALOZIERES '20(ネゴス物)

ギルベール・ジレ、アロースコルトンプルミエクリュ レ・ヴァロジエール’20

税込¥25850 税別¥23500

<売り切れ>超限定品!


ピノノワール種100%。コルトン特級 レ ブレサンドのすぐ下に位置する「Les Valozieres(レヴァロジエール)」の区画の葡萄で東向きの日当たりの良い粘土石灰質土壌に樹齢約50年の葡萄が植えられています。2020年ヴィンテージは約1000本ほど造られていて、芍薬や熟した赤い果実のアロマが豊か、ジューシーな果実味とコルトンらしいエネルギッシュで筋肉質なキャラクター、やはり熟成させたいワインで現段階で飲むなら2時間以上前から抜栓する必要があります。




GUILBERT GILLET, MOREY-SAINT-DENIS 1ER CRU LES MILLANDES VV '20(ネゴス物)

ギルベール・ジレ、モレサンドニプルミエクリュ レ・ミランドVV’20

税込¥35200 税別¥32000

<売り切れ>超限定品!


ピノノワール種100%。唯一のコート ド ニュイのワインで当主が最も好きなアペラシオン。特級クロ ド ラ ロッシュのすぐ下に位置する「Les Millandes(レ ミランド)」の区画の葡萄で粘土石灰質土壌の畑に樹齢約60年の葡萄が植えられています。2020年ヴィンテージは600本ほど造られており、赤い果実のアロマにミントやハーブなどの野生的なニュアンスも感じられ、しっかりした旨味と深みのあるタンニン、当然まだ若く筋肉質なキャラクターなので熟成させてから楽しみたいワインです。



ディジョンとボーヌを結ぶ国道74号線に程近い所に醸造所がある生産者で2020年ヴィンテージからワイン造りを始めました。当主のベンジャマン ギルベール氏は1991年生まれで学業が終わった後にDomaine de LambraysやDomaine de Montille、E.Guigal、Trimbach、Chateau HautBrionなどで働いてワイン造りの研鑽を積みました。また、Morey-Saint-Denisの造り手であったJacky Truchot氏とも交流があり、葡萄栽培や醸造において多くのことを彼から学んできたので、ベンジャマン氏が造るワインのスタイルもJacky Truchot氏をモデルとしています。2020年3月に小さな醸造所と0.2haほどのサヴィニー レ ボーヌの畑を購入できる機会があったので僅かながらドメーヌワインとして造り始め、さらにアロース コルトンやポマール、モレ サン ドニの1級クラスなどの葡萄を購入してネゴシアン物も同時に造りはじめました。

2021年、2022年と少しずつ畑を買い足して2023年現在は合計3.6haの畑を所有しています。他のドメーヌのように代々引き継がれた畑や醸造所を所有しているわけでもなく、昔より土地や建物の価格が高くなっている2020年にゼロからワイン造りを始めたのでワインの価格設定は高くなってしまっていますが、その価格に見合うクオリティのワイン造りを目指しています。

畑はビオロジックで土壌に負担を掛けないために耕作用の大きなトラクターなどは使わず、馬や人力で耕作しています。収穫後の選別も2度行うなど非常に丁寧に葡萄を扱っており、白は圧搾後にステンレスタンクでアルコール醗酵、軽くバトナージュを行いながら旧樽のみで18ヵ月熟成させています。赤は除梗100%でステンレスタンクでアルコール醗酵後に旧樽のみでルモンタージュを中心に行いながら18ヵ月間熟成させ、ノンフィルター、ノンコラージュで瓶詰されます。瓶詰も一般的な機械式の瓶詰(1日約2万本が可能)ではなく、なるべく液体を荒らさないように樽に直接二股の蛇口を装着して手作業で行う昔ながらの瓶詰方法(1日約900本)を実践しています。近代的な道具を使わないので非常に時間と手間が掛かりますが、醸造や瓶詰であまりワインに手を加えることなく昔ながらのワイン造りを実践したいという強い信念を持っています。
(輸入元資料より)


2024/5/23(木)アップ~蔵出しドメーヌ・フランソワーズ・ジャニアール’22’21’20

ここは赤も白もおいしい!一見地味なようでいて味がある貴重なスタイル!








 


フィネス輸入の貴重な蔵出し正規品!




DOMAINE FRANCOISE JEANNIARD, BOURGOGNE BLANC '22

ドメーヌ・フランソワーズ・ジャニアール、ブルゴーニュ ブラン’22
(辛口白)


税込¥4400 税別¥4000

<あと4本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

「2024.4月上旬に飲みました。DIAM5コルク。やや濃いイエロー。麦、リンゴの皮、ミネラルなどの香りで樽香は全く感じない。一見地味だがじわじわおいしい上質タイプ。味付きもよい飲み頃NOW~。熟していても活き活きしているベスト・コンディション!クセになる味わい。抜栓の次の日も非常に心地よいバランス。抜栓の2日後も非常においしい。洋ナシっぽい香りでもてくる」

アルコール12.5%

シャルドネ種100%。当主のフランソワーズ アルペランジュ女史の従兄弟がマコンでワイン造りをしており、そのドメーヌが所有している石灰質土壌の畑に植えられている樹齢30年のシャルドネを収穫から携わって醸造しました。ステンレスタンクでアルコール醗酵後に旧樽のみで8ヵ月熟成。柔らかな酸味と豊かな果実味、ペルナン ヴェルジュレスよりも軽めですが甘味があるので飲みやすい仕上がりになっています。




DOMAINE FRANCOISE JEANNIARD, PERNAND-VERGELESSES BLANC '22

ドメーヌ・フランソワーズ・ジャニアール、ペルナン ヴェルジュレス ブラン’22
(辛口白)


税込¥6930 税別¥6300

<あと7本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

シャルドネ種100%。所有畑は南東向きの急斜面で日当たりがとても良い「Les Pins(レ パン)」という区画と同じく南東向きの斜面ですが標高がやや低い「Es Lerret et Vignes Blanches(エ レレ エ ヴィーニュ ブランシュ)」の2区画にあります。葡萄の木は樹齢65年にもなる古木でとても凝縮した葡萄が出来ます。青りんごやミントのアロマ、繊細ながらしっかりとした甘旨味ときれいな酸味、ミネラルがあり、余韻も長く楽しめます。アペリティフとしても楽しむことができますし、ホタテのポワレ(フライパンでの蒸し焼き)、魚のグリル、白身の肉、鶏肉のクリームソースなどと良く合います。




DOMAINE FRANCOISE JEANNIARD, PERNAND-VERGELESSES ROUGE <VIEILLES VIGNES> '22

ドメーヌ・フランソワーズ・ジャニアール、ペルナン ヴェルジュレス ルージュ <ヴィエーユ ヴィーニュ>’22
(辛口赤)


税込¥6930 税別¥6300

<あと9本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

「2024.4月上旬に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。ピュアな赤い実の果実香が思いのほか複雑!味わいは一見地味で人によってはやや平坦に感じられる可能性もありつつ、実はじわじわかなりおいしい系のブル通向き。今は味わいよりも香りの方がよいが、2~3年後にかなりおいしくなりそう。みずみずしさをキープしており、タンニンの質がとてもキメ細かい。食欲が増すベスト・コンディションのピュア感あり。抜栓の次の日少し向上。昔、フィネスさんがこのドメーヌを輸入し始めたばかりのころはまだこんなにおいしくはなかったと思う。それこそもっと平坦でメリハリがない印象だった。今は素晴らしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール12.5%

ピノ ノワール種100%。所有畑は南東向きの急斜面で日当たりと風通しが良く繊細なテロワールを持つ「Les Pins(レ パン)」という区画と1級畑に囲まれたなだらかな斜面で複雑さを表現する「Les Boutieres(レ ブティエール)」の2区画にあり、樹齢60年以上の古木になります。濃厚な果実味と繊細な酸味、タンニンがバランスよく混在していて深みのある味わいになっています。若いうちはとても固い印象があります。仔羊のグリル、赤身の肉、串焼きなどと良く合います。




DOMAINE FRANCOISE JEANNIARD, PERNAND-VERGELESSES ROUGE <VIEILLES VIGNES> '21

ドメーヌ・フランソワーズ・ジャニアール、ペルナン ヴェルジュレス ルージュ <ヴィエーユ ヴィーニュ>’21
(辛口赤)


税込¥6820 税別¥6200

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!




DOMAINE FRANCOISE JEANNIARD, PERNAND-VERGELESSES ROUGE <VIEILLES VIGNES> '20

ドメーヌ・フランソワーズ・ジャニアール、ペルナン ヴェルジュレス ルージュ <ヴィエーユ ヴィーニュ>’20
(辛口赤)


税込¥6600 税別¥6000

<あと5本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!




DOMAINE FRANCOISE JEANNIARD, ALOXE-CORTON '20

ドメーヌ・フランソワーズ・ジャニアール、アロースコルトン‘20

税込¥9130 税別¥8300

<あと6本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

ピノ ノワール種100%

コルトンの丘の東側に位置する「Les Morais(レ モレ)」と南側の特級コルトン シャルルマーニュに隣接する「La Combe(ラ コンブ)」の2区画があり、葡萄の樹齢は70年で、鉄分を多く含む深い粘土質土壌です。15日間のコンクリートタンク醗酵、新樽率約20%で10~12ヵ月間樽熟を行います。色調はペルナンヴェルジュレスよりも濃く、柑橘系フルーツやミントの香り、酸味柔らかくオイリーで素晴らしい凝縮感があり、若いうちは余韻がタニックです。フェミナリーズ(Feminalise)という審査員が女性限定のコンクールで銅メダルを獲得しています。



コルトンの丘の麓、ペルナン ヴェルジュレス村にあるこのドメーヌは2002年からフランソワーズ アルペランジュ女史がドメーヌ運営を引き継いで現在で4代目になります。アロース コルトンとペルナン ヴェルジュレスに僅か2.5haの畑を所有するとても小さな家族経営の造り手で、植物学に基づいて畑の耕作や手入れをしっかり行い、除草剤も使わずにとてもナチュラルな葡萄を作っています。

地元ペルナン ヴェルジュレスのミシュラン1つ星レストランの「ル シャルルマーニュ」、リヨンの東の町アヌシーにある2つ星レストランの「ル クロ デ サンス」でこのドメーヌのワインが使われています。

葡萄の木の樹齢は35~65年で古木が多く、摘房で収量を制限し、頻繁に耕作を行なって悪影響のある雑草を取り除いています。いかなる除草剤も使用しておらず、病害に対する薬剤の使用は必要最小限に抑えています。除葉は朝日の当たる東側だけ行い、西日が長時間照り続ける西側の葉は残して葡萄が焼けるのを防いでいます。また畑の中の空気循環を良い状態に保って腐敗が起こらないようにしています。葡萄の収穫はすべて手摘みで、除梗は約80%行います。

白はステンレスタンクで醗酵前浸漬を行い、自然酵母でアルコール醗酵を20℃で7~8日間行います。

赤はコンクリートタンクで5~6日間低温浸漬後、最大30℃でアルコール醗酵を8日間ほど行います。熟成は樫樽で白は9~10ヵ月、赤は約12ヵ月間行い、新樽は白赤共に10~15%の割合で使われます。
(輸入元資料より)


 

2023/2/1(水)アップ~蔵出しプティ・ロワ’20

2021/6/7(月)アップ~蔵出しプティ・ロワ’19’18

少しずつ自社畑を増やしています!








 



’20が、リアルワインガイド79号にて絶賛される!

ラフィネ輸入の貴重な蔵出し正規品!
極少割り当て数でしたが、今回は販売条件なし!



Maison Petit Roy, Vin de France Altesse '20

プティ・ロワ、ヴァン・ド・フランス アルテス‘20(辛口白)

税込¥4810 税別¥3800

<あと3本>超限定品!

VINOUS 87点
(ニール・マーティン)



【品種】アルテス(別名ルーセット・ド・サヴォワ) 100%
【区画】Montagnieu  【土壌】石灰岩
【面積】0.17ha  【畑】南西斜面
【収量】53hl/ha  【栽培】ビオロジック
【収穫日】9月4日
【発酵】空気圧にてプレス、10℃で12時間デブルバージュ(沈殿)、古樽(228L)10~20℃で60日間、
     野生酵母による自然発酵、醸造時のSO2使用なし
【熟成】古樽(228L)で12カ月間、タンクで3ヶ月間、無清澄
【瓶詰】2021年12月23日  【生産本数】1200本
【アルコール度数】12.0%




Maison Petit Roy, Bourgogne Haute Cote de Beaune Blanc '20

プティ・ロワ、オートコート・ボーヌ・ブラン‘20(辛口白)

税込¥4730 税別¥4300

<あと3本>超限定品!


【品種】シャルドネ100%
【区画】フュセ En Maimbey  【土壌】粘土石灰質
【面積】約0.21ha  【畑】南斜面
【収量】54hl/ha  【収穫日】9月11日
【発酵】空気圧にてプレス、10℃で12時間デブルバージュ(沈殿)、古樽(228L)10~20℃で60日間、
     野生酵母による自然発酵、醸造時のSO2使用なし
【熟成】古樽(228L)で12カ月間、タンクで3ヶ月間
【瓶詰】2021年12月23日  【生産本数】1480本
【アルコール度数】13.0%




Maison Petit Roy, Saint Romain Blanc En Chevrot '20

プティ・ロワ、サンロマン・アン・シュヴロ ブラン‘20(辛口白)

税込¥6930 税別¥6300

<あと3本>超限定品!


【品種】シャルドネ100%
【区画】En Chevrot  【土壌】粘土と強い石灰質
【面積】約0.28ha  【畑】標高の高い区画
【収量】55hl/ha  【収穫日】9月10日
【発酵】空気圧にてプレス、10℃で12時間デブルバージュ(沈殿)、古樽(228L)10~20℃で60日間、
     野生酵母による自然発酵、醸造時のSO2使用なし
【熟成】古樽(228L)で12カ月間、タンクで3ヶ月間
【瓶詰】2021年12月23日  【生産本数】1974本
【アルコール度数】12.5%




Maison Petit Roy, Pernand Vergelesses Blanc Les Combottes '20

プティ・ロワ、ペルナンヴェルジュレス・レ・コンボット ブラン‘20(辛口白)

税込¥8250 税別¥7500

<あと2本>超限定品!

VINOUS 89~91点
(ニール・マーティン)



【品種】シャルドネ100%
【区画】les Combottes  【土壌】粘土石灰質
【面積】約0.17ha  【畑】中腹、南西斜面
【収量】59hl/ha  【収穫日】9月3日
【発酵】空気圧にてプレス、10℃で12時間デブルバージュ(沈殿)、古樽(228L)10~20℃で60日間、
     野生酵母による自然発酵、醸造時のSO2使用なし
【熟成】古樽(228L)で12カ月間、タンクで3ヶ月間
【瓶詰】2021年12月23日  【生産本数】1320本
【アルコール度数】12.5%




Maison Petit Roy, Bourgogne Rouge L'Ormes '20

プティ・ロワ、ブルゴーニュ・ルージュ ローム‘20

税込¥5500 税別¥5000

<売り切れ>超限定品!

VINOUS 85~87点
(ニール・マーティン)


【品種】ピノノワール100%
【区画】ポマール Les Lormes  【土壌】粘土と少しの石灰質
【面積】約0.8ha  【植樹】1992-1998年
【収量】55hl/ha  【栽培】ビオディナミ
【収穫日】8月30日 【全房使用率】30%
【醸造】3300Lと2200Lのタンク、10-32℃で全房と除梗のブドウを別々に野生酵母による自然発酵、
     醸造時のSO2使用なし
【熟成】古樽(228L)で12カ月間、タンクで5ヶ月間、無清澄・無濾過
【瓶詰】2022年2月10日  【生産本数】4490本
【アルコール度数】12.5%




Maison Petit Roy, Bourgogne Haute Cote de Beaune Rouge '20

プティ・ロワ、オートコートボーヌ・ルージュ‘20

税込¥5830 税別¥5300

<売り切れ>超限定品!


【畑】自社畑!




Maison Petit Roy, Bourgogne Rouge De Sousa '20

プティ・ロワ、ブルゴーニュ・ルージュ ドゥ・スーザ‘20

税込¥6600 税別¥6000

<あと1本>超限定品!

VINOUS 86~88点
(ニール・マーティン)


【品種】ピノノワール100%
【区画】ポマール Les Lormes 【土壌】粘土と少しの石灰質
【面積】約0.2ha  【植樹】1949年
【収量】55hl/ha  【栽培】ビオディナミ
【収穫日】8月30日   【全房使用率】100%
【醸造】2850Lのタンク、10-32℃で野生酵母による自然発酵、醸造時のSO2使用なし
     20日間のマセラシオン(醸し)
【熟成】古樽(228L)で19カ月間、タンクで1ヶ月間、無清澄・無濾過
【瓶詰】2022年5月10日  【生産本数】2600本
【アルコール度数】12.0%




Maison Petit Roy, Aloxe-Corton Rouge Les Crapousuets '20

プティ・ロワ、アロースコルトン・レ・クラプスエ ルージュ‘20

税込¥9020 税別¥8200

<あと2本>超限定品!

VINOUS 88~90点
(ニール・マーティン)


※ラベルに『 Les Crapousuets 』表記はありません。

【品種】ピノノワール100%
【区画】Les Crapousuets   【土壌】粘土と少しの石灰質
【面積】約0.18ha 【収量】49hl/ha
【収穫日】8月21日 【全房使用率】100%
【醸造】1600Lのタンク、10-32℃で野生酵母による自然発酵、醸造時のSO2使用なし、21日間マセラシオン(醸し)
【熟成】古樽(228L)で19カ月間、タンクで1ヶ月間、無清澄・無濾過
【瓶詰】2022年5月10日  【生産本数】1160本
【アルコール度数】11.5%




Maison Petit Roy, Savigny les Beaune Rouge '20

プティ・ロワ、サヴィニレボーヌ ルージュ‘20

税込¥7150 税別¥6500

<あと3本>超限定品!

VINOUS 89~91点
(ニール・マーティン)


【品種】ピノノワール100%
【区画】①Planchot du nord (粘土石灰質、面積0.2ha、収量33hl/ha、ビオディナミ、収穫8月27日)
     ②Les Godeaux (粘土と少しの石灰質、面積0.2ha、南西斜面、収量34hl/ha、ビオロジック、収穫9月2日)
     ③les Vermots (粘土石灰質、面積0.2ha、、南西斜面、収量34hl/ha、ビオロジック、収穫9月8日)
【全房使用率】100%
【醸造】3700Lのタンク、10-32℃で野生酵母による自然発酵、醸造時のSO2使用なし、30日間マセラシオン(醸し)
【熟成】古樽(228L)で19カ月間、タンクで1ヶ月間、無清澄・無濾過
【瓶詰】2022年2月10日  【生産本数】2700本
【アルコール度数】13.0%




Maison Petit Roy, Pernand Vergelesses 1er Cru Les Fichots Rouge '20

プティ・ロワ、ペルナンヴェルジュレスプルミエクリュ・レ・フィショ ルージュ‘20

税込¥8800 税別¥8000

<あと2本>超限定品!


【品種】ピノノワール100%
【区画】Les Fichots   【土壌】粘土石灰質
【面積】約0.36ha  【畑】南斜面
【収量】25hl/ha  【収穫日】8月27日
【全房使用率】100%
【醸造】1600Lのタンク、10-32℃で野生酵母による自然発酵、醸造時のSO2使用なし、21日間マセラシオン(醸し)
【熟成】古樽(228L)で19カ月間、タンクで1ヶ月間、無清澄・無濾過
【瓶詰】2022年5月10日  【生産本数】1180本
【アルコール度数】14.5%








リアルワインガイド73号にて’18が高評価される!

ラフィネ輸入の貴重な蔵出し正規品!




Maison Petit Roy, Vin Mousseux "Fou du ROY" Blanc '18

プティ・ロワ、ヴァン・ムスー フー・デュ・ロワ・ブラン‘18
(辛口白泡)


税込¥3520(税別¥3200)

<売り切れ>限定品!

【キュヴェ】斎藤氏渾身のノン・ドサージュのヴァン・ムスー
【品種】アリゴテ シャルドネ

【発酵】野生酵母による自然発酵
【熟成】まず樽熟成を行い、その後サヴォワの生産者のもとで更に10ヶ月間瓶内熟成を行います。
【ドサージュ】なし:ノン・ドザージュ
【テイスティングノート】柔らかくきめ細かな泡が優しく口中に広がり、ト0ースト香や柑橘系のアロマを伴っています。
【アルコール度数】12.5%




Maison Petit Roy, Bourgogne Aligoté '19

プティ・ロワ、ブルゴーニュ・アリゴテ‘19(辛口白)

税込¥3740(税別¥3400)

<あと1本>限定品!

パーカー88点
(William Kelley、2021年7月試飲


【品種】アリゴテ100%
【畑】自社畑!

【栽培】ビオディナミ   【畑面積】約0.35ha
【植樹】1983~1984年   【土壌】粘土石灰岩、泥灰岩
【収量】57hl/ha   【収穫方法】手摘み
【収穫日】2019年9月22日
【発酵】空気圧にてプレス後、10℃にて18時間静置しデブルバージュ(沈殿)を行う。
古樽(228L)を使用し、10~20℃にて2カ月間、野生酵母による自然発酵
※新樽は使用せず、2年以上使用した樽の風味が和らいだ古樽のみを使用
【マロラクティック発酵】17~20℃にて行う
【熟成】古樽(228L)にて12カ月間寝かせ、タンクにてさらに2ヶ月間
【瓶詰】2020年12月:ビオディナミのカレンダーを参考に行う。
【アルコール度数】12.5%   ◆無清澄




Maison Petit Roy, Bourgogne Haute Cote de Beaune Rouge '19

プティ・ロワ、オートコートボーヌ・ルージュ‘19

税込¥5500(税別¥5000)

<あと1本>超限定品!

パーカー88+点
(William Kelley、2021年7月試飲


「2021.6月上旬に飲みました。紫色の弱いやや明るいルビー色。熟して甘い赤い実の果実、甘い桃、アーモンド、ヨード、ベルのジンギスカンのたれ、チーズなどのナチュラル系の香り。果実味しっかり、中域にエキスの厚みがあってまろやか、酸は若干低く、少しねっちょりしたグリップがあるタンニンのコク、最後にわずかに苦みとエグみが残るアフター。コンディションが良いインポーターから買っても今は少しアフターのピュアさとフレッシュ感に欠けるものの品質は高く将来性もある気がしました。抜栓の2日後までおいしいが、チーズ系の香りが強くなる」

【品種】ピノノワール100%
【畑】自社畑!

【畑立地】南向き
【栽培】ビオディナミ   【畑面積】0.85ha
【植樹】1982年~1984年
【土壌】粘土石灰岩   【収量】13hl/ha!!!
【収穫方法】手摘み   【収穫日】2019年9月21日
【全房使用率】100%
【発酵】空気圧にてプレス後、開放槽(1600L)を使用し30℃以下に温度管理しながら、20日間軽くピジャージュを行いながら野生酵母による自然発酵を促します。
【マロラクティック発酵】17~20℃にて行う
【熟成】古樽(228L)にて12カ月間寝かせ、タンクにてさらに2ヶ月間
【瓶詰】2020年12月:ビオディナミのカレンダーを参考に行う。
【アルコール度数】12.5%   ◆無清澄・無濾過



今ブルゴーニュにおいて大注目の日本人醸造家、斎藤政一氏による渾身のワインの雫です。彼は2006年まで長野県小布施の『ドメーヌ曽我』で就労し、その後渡仏しました。
ブルゴーニュ、サヴィニー・レ・ボーヌ村の 『ドメーヌ・シモン・ビーズ』 において、当主パトリック・ビーズ氏の実直なワイン造りへの姿勢を傍で感じながら、アシスタントとして長年実直に栽培・醸造に携わってきました。パトリックにも非常に頼りにされていたそうで、特に 『シモン・ビーズ』がサヴィニィ・レ・ボーヌ1級畑 「セルパンティエール」において、ビオディナミ導入に成功したのは、彼の大きな貢献によるものであったといいます。
パトリックの没後にドメーヌはさらに本格的に有機栽培、ビオディナミに舵を切りましたが、その足掛かりをビーズ千砂女史と共に築いてきたのは紛れもなく斎藤氏であり、彼の尽力あってこそであったと千砂さんは語っています。
 渡仏後ブルゴーニュでの就労先は 『シモン・ビーズ』 の他に、2010年に 『ドメーヌ・ルフレーヴ』、2011年に 『ドメーヌ・ジャック・フレデリック・ミュニエ』、2012年に 『ドメーヌ・アルマン・ルソー』 と、正に綺羅星のスター・ドメーヌにて経験を重ねてきました。

彼のまじめな性分はそれぞれの場所で確固たる信頼を獲得してきましたが、遂に2016年、満を持して自身のワイナリーとなる 『メゾン・プティ・ロワ』 を設立しました。独立後彼は、ネゴスワイン(買いブドウからのワイン造り)だけにとどまらず、翌2017年にはサヴォワ地方に住むヴィニュロンである友人が耕作放棄しようとしていた畑を全面購入し、いよいよ栽培に着手しました。

現在は自社畑をサヴォワの他に、「ACブルゴーニュ」、「ショレ・レ・ボーヌ」、「オート・コート・ド・ボーヌ」、「コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ」に合計 1.2ha 所有しており、これらのワインが2018年より日本初上陸を果たしています。
斎藤氏はブルゴーニュ地方だけに留まらず、日々地域をまたいで移動し、休むことなく丹精を込めて栽培、醸造に取り組んでいます。皆に美味しく飲んでもらえて、喜んでもらえるワイン造りを目指し、ただただ自然と格闘する日々を送っています。
2021年入荷の今ヴィンテージもますます魅力的なワインとなっておりますので、どうぞご期待ください!

※2019は霜、そして雹に見舞われブルゴーニュブランは作れず。白ワインは買い葡萄ながらも比較的標高の高い区画の葡萄を使用。そのため暑い年にしては酸を得ることができたようです。

自社畑:合計1.2ha
斎藤氏は全ての畑においてテロワールを活かすため、土壌への負担を極限まで減らした畑管理を行っており、昔ながらの農具を用いて驚くほど丹念に畑と向き合い、収穫期まで彼のほとんどの時間は畑作業に費やされています。収穫においてはそれぞれのブドウ樹にとって最適な時期を見極めるため、驚くほど細かく何度にも分けて行われ、もちろん全て手摘みで摘み取られます。

ブルゴーニュの各畑:2017年から徐々に自社畑を広げていますが、管理も非常に緻密に注意深く行われており、徐々にビオロジックからビオディナミへ移行中です。
(輸入元資料より)


 

2023/9/7(木)アップ~蔵出しルイ・シュニュ’19オー・クルー

かなり久しぶりに買えました~!








 


5 世代目のジュリエッタ、キャロリーヌ姉妹には10年以上前に1度ご来店いただきました~!

2006年から有機栽培

高樹齢、醸造は抽出を抑えたサヴィニー・レ・ボーヌの繊細さを意識したスタイル。そして全然値上がりしない生産者!




Louis Chenu, Savigny Les Beaune 1er Cru Aux Clous Rouge '19

ルイ・シュニュ、サヴィニーレボーヌプルミエクリュ・オー・クルー’19(辛口赤)

税込¥5500 税別¥5000

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

ジャスパー・モリス 88~91点

VINOUS 88~90点
(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90点


※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

「2023.10月下旬に飲みました。抜栓直後から予想以上になめらかでバランスよく非常においしい。決して過熟でもなく例年より少し熟度が高いくらいのイメージで酸とミネラルも低くなく杯が進む。癖のない程よい鉄分ミネラルも感じられ、樽はとても控えめですでにタンニンがとてもよく溶け込み、基本的に鶏肉料理とよく合う。未だにこの価格で買えることも本当に素晴らしい!品質自体が昔より上がっているようにも感じた。ピュアな熟した赤い実の果実香。紫色の弱い中程度のルビー色。。抜栓の次の日も非常においしい。経験則から抜栓の2日後も絶対においしいタイプのワインだったのですが、10/23(月)夕方~夜にかけて『根っこの日』で引くほど明確にワインが閉じていたので明らかに本来の姿よりも香りと味わいが弱く平坦なニュアンスになってしまっていた。躍動感がとても弱く感じる、、、こういう日にとうてんにおすすめされたワインを飲んで『いとうのおすすめイマイチだ』となったら最悪ですね(笑)」

アルコール12.5%
ABマーク、ユーロリーフあり!

ペルナン・ヴェルジュレス側、南向き斜面で日当たりが良い。下部は墓地に面しています。上部は赤い粘土質で下部は石灰岩が多い。この畑の代表的所有者がルイ・シェニュ。

『太陽を受ける畑なので、穏やかで柔らかい質感でラヴィエールよりも早熟で若い内から素直に美味しい状態。最もフェミニンで近寄りやすいプルミエ・クリュ』


2024/3/2(土)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・セリニー’20最後の再入荷!

2022/12/21(水)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・セリニー’19最後の再入荷!

無名だが、かなりお買い得な飲み頃の村名!








 



SERRIGNY, Savigny-les-Beaune Serrignyssime '20

セリニー、サヴィニーレボーヌ・ルージュ・セリニシム’20

税込¥4950 特価・税別¥4500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
※すでに再入荷不可能!

※すべての値引き対象外となります。
’21を買うと¥1,430値上がり致します。

「2024.2月下旬に飲みました。例年より紫色強めのやや濃いルビー色。味わいも明らかに例年より熟して濃くてヴォリューム感もある温暖化後の味ではあるもののちゃんと旨味エキスと鉄サビ系ミネラルを感じることが出来る。言うまでもなくリリース直後の’03の時のようなグルナッシュ的なジャミーさではなく、あくまでバランスの取れたおいしさ。暑い年でも樽とアルコールが目立ってはいないので、熟成によってさらにバランスよくなりそう。熟したチェリーのリキュール気味トップノーズに甘草、シナモン、うっすら鉄サビ系ミネラルなどの香り。リリースから1年以上経ってもまだ力強く凝縮して厚みコクがある。タンニンの質はとてもよい。抜栓の2日後までわずかに向上してゆく。ブルーベリー香が出て、甘旨エキス味ありつつ、最終的な味はクドくない」

アルコール14.5%




SERRIGNY, Savigny-les-Beaune 1er Cru La Dominode '19

セリニー、サヴィニーレボーヌプルミエクリュ・ラ・ドミノード’19

税込¥5720(特価・税別¥5200)

<売り切れ>限定品!

ブルゴーニュ・オージョルディー16/20点

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!
’20を買うと¥660値上がり致します。

樹齢90年!!!
砂質土壌。ルビーの色調。ラズベリーやイチゴ等赤い果実とエレガントで魅力的なアロマ。ソフトでバランスのとれた味わい。




SERRIGNY, Savigny-les-Beaune Serrignyssime '19

セリニー、サヴィニーレボーヌ・ルージュ・セリニシム’19

税込¥4620(税別¥4200)

<売り切れ>絶対おすすめ!

ブルゴーニュ・オージョルディー15.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
54本完売。ありがとうございました~※すでに再入荷不可能!

※すべての値引き対象外となります。
’20を買うと¥550値上がり致します。

「2022.7月上旬に飲みました。満足度は’15’16と同レベルのブルゴーニュこの価格帯最高のお買い得度!!!熟度の高さとアタックのほのかな甘みは例年よりあるが、それでも低くない酸とミネラルの飲み頃NOW~。果実味豊かでとてもキメ細かいタンニンのなめらかコク。旨味が感じられるわかりやすく上質な味わい。抜栓の次の日も最高においしい。何故かいつも飲み飽きない銘柄。そして鶏唐揚げにもっとも合うピノノワールの一つ!焼き鳥でも合うでしょう」

アルコール13.5%



平均樹齢40年。2011年より生産をスタート。黒と赤のフルーツや桜のブーケ。丸みがあり、タンニンも優しく、バランスのよい味わい。

’14 スペクテーター90点

女性のつくり手が醸し出すフェミニンなスタイル
ラドワ・セリニーのセリニーと同じ綴りなので、てっきりセリニー村の造り手とばかり思えば、じつはサヴィニー・レ・ボーヌ。
セリニーとはふたり姉妹の姓であった。


ドメーヌはサヴィニーを中心に7ヘクタールのブドウ畑を耕作し、現当主のマリー・ロールで4代目となる。
19世紀末、姉妹の曽祖父がサヴィニーに移り住み、ブドウ栽培を開始。ドメーヌは曽祖父から祖父、祖父から父へと受け継がれた。
男兄弟はなく、長女のマリー・ロールはボーヌの醸造学校を卒業し、1988年から父の元で修行。小さい頃から祖父の畑仕事につき沿うほど、ブドウ栽培とワイン造りの申し子だったという。

2歳年下の次女フランシーヌは大学で薬学を専攻。しかし、”ブルゴーニュのテロワールに呼ばれ”、彼女もまたワイン造りを志し、94年からボーヌの醸造学校に通い始めた。
そんな矢先、ふたりの父が95年に急逝。それぞれ25歳と23歳の若さで、ドメーヌの舵を任されることになったという。
2016年、フランシーヌが急逝し、一時フランシーヌのご主人であるジャン・リュック・ルソーがサポートしていたが、現在はマリー・ロールがドメーヌを支えている。

ブドウ栽培はリュット・レゾネ。収穫は熟練の人々による手摘みで、ブドウが潰れないよう10キロの小さな収穫箱を使っている。
醸造所での選果は厳しく、2割ものブドウをはずすことも珍しくない。

赤ワインは、ブドウを100パーセント除梗。ステンレスタンクで発酵を行い、キュヴェゾンの期間は平均25日。毎日、ピジャージュを1回、ルモンタージュを1回の抽出する。
タンクからワインを引き抜いた後、白と同じく1~4年使用した樽に移して14~16ヶ月の熟成を施す。

2012年に待望の特級畑、コルトン・シャルルマーニュがポートフォリオに加わった。
姉妹の手がけるワインは、ブルゴーニュの伝統的なスタイルに加えて、フェミニンなタッチが感じられる。
(輸入元資料より)


2022/11/3(木)アップ~蔵出し特価フランソワ・ゲ’08セルパンティエール

蔵出しフランソワ・ゲ’18ブルゴーニュ・ルージュと’11アロースコルトン

当店社長が特にお気に入りのドメーヌ!








 



ドメーヌ・ランソワ・ゲ、ブルゴーニュ・ルージュ‘18

税込¥4730(超特価・税別¥4300)

<あと6本>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。

当店社長絶賛の1本!
お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

186本完売!!!
すでに再入荷不可能!

3年半以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2020.9月上旬に飲みました。力強い凝縮感と同時に’18としては全然酸が低くない大きな構造で余韻も長く、明らかにクラスを超えた満足度。すでにおいしく飲めるもののまだ少し固さを感じるくらいポテンシャルが高い1本!抜栓の2日後まで非常においしい」

入手難!
昔ショレレボーヌを名乗れていた畑が
INAOによって認められなくなった
実質ショレレボーヌの格下げ畑

’17も大人気で36本以上即完売でした!




ドメーヌ・フランソワ・ゲ、アロースコルトン‘11

税込¥7700 特価・税別¥7000

<あと5本>限定品!

※すでに再入荷不可能!




ドメーヌ・フランソワ・ゲ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・セルパンティエール‘08

税込¥8800 特価・税別¥8000

<売り切れ>絶対おすすめ!

当店社長大絶賛の1本!
お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

120本以上完売!!!ありがとうございました

「2022.10月下旬に再度試飲しました。2年前に飲んだ時にすでに飲み頃ピーク入り口くらいに感じられましたが、思ったほど熟成スピードが早くない印象で現在理想的なスーボワ香と旨味と色気たっぷりの滑らかな複雑性があり、たまに酸が強いブル赤’08もありますがこの銘柄は酸だけが目立つようなことは決してない非常によい出来!タンニンの質もとても良い」

当店社長が何度も飲んでいます。大好きで何回開けても飽きないみたいです(笑)色気とエレガンスがあり、酸がしっかりうまみもあり飲み飽きない。美しい熟成感。

自身の地下蔵で飲み頃になってから出荷する最近蔵出しされたもの
飲み頃ピークの蔵出しバック・ヴィンテージ


ショレイ・レ・ボーヌに本拠を置く造り手・フランソワ・ゲさん。彼は7代目となる職人肌のヴィニュロンです。奥様のマドレーヌさん、8代目のパスカルさんとの3人の運営。彼のワインは、華美な装飾がなく、「伝統的で普遍的な美しさ」を感じることができます。昔からの伝統を重んじる造りですが、現代でもなぜか古めかしさを感じない。静粛な「美」であり、いつの時代にあってもやすらぎを覚えるような、そんな時代とともに価値が落ちることのない存在であると認識できます。力強さと、繊細な果実味との融合が素晴らしい。
7世代続く伝統のマセラシオン・ショー。最初の発酵は7度くらいでの低温発酵、次に最高35度まであがるような発酵をする秘伝が、ムシュー・ゲのワインをかたち造ります。まさにこれは職人の仕事です。構成の頑固さを最大限に表現したムシュー・ゲのワインは、若くして味わうときにも今の良さを十分に味わえます。
(輸入元資料より)


2019/4/30(火)アップ~蔵出しドメーヌ・ドニ・キャレ’17’16

’16が、リアルワインガイド64号にて大絶賛される!








 



Denis Carre, Bourgogne Hautes Cotes de Beaune Rouge La Perriere '17

ドニ・キャレ、オートコート・ボーヌ・ルージュ・ラ・ペリエール’17

税別¥3100

<売り切れ>おすすめ!

デカンター・オンライン93点!!!

「2019.5月初旬に飲みました。縁が紫がかったやや明るいルビー色。抜栓直後は予想以上に濃密なスミレ香!他にミニ・トマト、胡椒、ミネラルなどの香りで樽は控えめ。いかにも’17らしいキレイな酸をベースにした甘酸っぱい味わいで、エレガントだが決して薄くはなく、あと少しで溶け込むタンニン。すでにおいしいがベストは1~2年後くらいだろうか?時間とともにスミレ香が弱くなりアセロラ系の赤い実果実香が前に出てくる。ある程度うまみとコクがあり、全く重くはないが弱くもない。抜栓の次の日もおいしい。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール12.5%

ピノノワール100%
Meloisey ムロワゼ村の区画より
面積1.1ha
平均樹齢35年
リュット・レゾネ

新樽5%で1年間熟成
生産本数:7000本
赤系ベリーのニュアンスでエレガントなワイン。タンニンがなめらかにとけこんでいます。




Denis Carre, Beaune 1er Les Tuvilains Rouge '16

ドニ・キャレ、ボーヌプルミエクリュ・レ・チュヴィラン’16

税込¥6600(超特価・税別¥6000)

<あと5本>おすすめ!
限定品!

リアルワインガイド64号 92・93点!!!

※すべての値引き対象外となります。

4年以上経過してかなりおいしくなっているはず!



「2019.5月初旬に飲みました。一番飲んでみたかったポマール・ノワゾンの輸入が今回なかったようなのでこちらを開けました。リアルワインガイドさんではこのボーヌが最も高く評価されました。紫色の弱いやや濃いルビー色。今は香りが閉じておりそっけないが味わいはなかなかのもの。あえて言えば、熟成香ではないドライフラワー、土系ミネラル、胡椒などの樽は控えめでクラシックな印象。味わいは凝縮して意外に重心低め。生産量大幅減で結果的に残ったブドウがかなり凝縮したパターンなのだろうか?艶やコクもあるので、2~3年後にかなり向上するかもしれない。もし’17がこれに酸とミネラルを少しプラスするような味だったら相当期待できそうだ。この’16は今はエレガントというより、やや濃い味わいに感じられる。抜栓の次の日も香りは開かなかった、、、そこだけそっけないが味は良いです」

アルコール13%

やはりこのドメーヌも生産量大幅減だった年、、、


【リアルワインガイド64号で「突出したワインを造った生産者」に選ばれる!】
名著「ブルゴーニュワイン大全」(ジャスパー・モリスMW)でも、オート・コート・ド・ボーヌの「主要生産者」と紹介されている優れたドメーヌ。
そこに書かれている通り、派手さは無いが、綺麗でピュアなワインを造り続けており、ギド・アシェットには20年連続(!)で掲載されている。その内クード・クールは9回。

ブルゴーニュに育ち、 子供のころからぶどう農家の手伝いをしていたというドニ ・ キャレは、 1975 年、 ボーヌの西に位置する小さな村、 ムロワゼ村に自身のドメーヌを設立しました。 設立時はまったく無名の存在でしたが、 年を追うごとにその評判は上がり続け、 これまでギド ・ アシェット誌に 20 年連続掲載、 クード ・ クーに 9 回選出という驚嘆すべき評価を得、 地元では毎年完売必至の人気を獲得するに至っています。 規模も徐々に拡大し、 現在ではオート・コート・ド・ボーヌの中でもムルソーの真下に位置する良区画 「スー・ラ・ヴェル」 を拠点とし、 ムルソー、 ポマールなど、 13 アペラシオンを所有するまでになりました。

ドメーヌの経営は娘のガエターヌが仕切り、 醸造には息子のマルシャルが関わるなど、 家族ぐるみで情熱的にワイン造りに取り組んでいます。 キャレ夫妻にワイン造りへのこだわりを訊ねると、 「ぶどうが一番大事!」 と即答。 「畑での仕事が、 その年のワインの出来に直結しますから。 目指すワインは、 みんなが喜んでくれるワイン」。 その潔いまでのシンプルなスタイルは、 むしろ自信の表れといっていいかもしれません。 ドメーヌの施設内はきちんと整理整頓されており、 清潔そのもの。 家族全員が誇りを持って家業に取り組んでいることが、
こんなところからも伝わってきます。

オート・コート・ド・ボーヌ、ムルソー、ポマールなど13アペラシオン、計13ヘクタールを所有。栽培はリュット・レゾネで、農薬はどうしても必要があるときにだけ使用。 手がける13アペラシオンすべてにおいて、ぶどうは手摘み収穫。果汁の十分な濃度を得るために、ぶどうが完璧に熟すのを待ってから行います。発酵には天然酵母を用い、熟成は、おのおののキュヴェにもっとも適したバランスに落ち着くよう、細心の注意をもって行われています。
(輸入元資料より)


2020/10/3(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ヴァンサン・ルグー’17再入荷

2016/10/29(土)アップ~蔵出しドメーヌ・ヴァンサン・ルグー’13’12

ここも元DRC正社員のひとり!複雑なよい香り!








 



Vincent Legou, Bourgogne Hautes-Cotes de Nuits Rouge Les Beaux Monts Lussots '17

ヴァンサン・ルグー、ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ ルージュ レ・ボー・モン・リュソ’17

税別¥3800

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2020.2月中旬に飲みました。おいしいと結構話題になっていた’15も試したのですが、当店的にはアフターのエグみが苦手で買わなかったのですが’17はその点がかなり改善されて、香りもちょっと笑えるくらい最強わかりやすい甘く強い開きまくっている香りだったのでブルゴーニュ初心者の方を含め『 これ好きな方多いだろうなぁ~ 』ということで買いました。全房発酵っぽいイチゴと桃の甘く強く華やかな香りがあり、豊かな熟した果実、少しだけ低い酸、それこそ甘い桃のようなキメ細かな苦みとエグみをわずかに伴い丸いタンニンの飲み頃NOW~。抜栓の2日後までおいしい」

アルコール13%
ABマークあり!

この2.26haのモノポール畑は、
Vosne-Romanee 1er Cru Les Beaux Monts (Hauts) から北西方向に斜面を上がり、雑木林の一角を超えてすぐのところにあります

(ヴォーヌ・ロマネ村との境界に接するフラジェ・エシェゾー村内)!!!

樹齢は約30年。大小の石に覆われた粘土石灰質土壌で、豊かなコクのあるワインとなります。
新樽20%、1~5回使用樽80%で16ヶ月間熟成。





Domaine Vincent Legou, Ladoix Rouge '13

ドメーヌ・ヴァンサン・ルグー、ラドワ・ルージュ’13

税込¥5720(特価・税別¥5200)

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

5年経過してかなりおいしくなっているはず!!!



「2016.4月下旬に試飲しました。’10から毎年諦めずに試飲し続けておそらく過去最高の出来だと思われたのでついに買いました。ちょっと全房発酵っぽい複雑で独特な香りがしたと思ったのですが、基本的に100%除梗とのことです。悪い意味での青さやエグみのあるタンニンはまったくありません。前から香りは結構よかったのですが、味わいと余韻に多少物足りなさがあったと思います。醸造の何かを変えたのか?ビオロジーの成果なのか?わかりませんが、その味わい部分の複雑性が上がっています。うまみとミネラルも多く、基本的にはクラシックでピュアでエレガントで長めの余韻」

アルコール13%

Les Combottes、Les Issards の2区画合計で0.5ha

樹齢50年以上!

新樽25%、1~5回使用樽75%で16ヶ月間熟成




Domaine Vincent Legou, Beaune Rouge '12

ドメーヌ・ヴァンサン・ルグー、ボーヌ・ルージュ’12

税別¥4800

<売り切れ>おすすめ!

※’12は再入荷不可能!

1年半以上経過しておいしくなっているはず!



「2015.4月に短時間で試飲しました。安くはないが品質からすればまったく悪くない内容。基本はクラシックながら香りに個性があり予想以上に複雑で、酸とタンニンの質もよく、なんとなく印象に残るワインであとでじんわり気になってくるワイン(笑)あとちょっとだけ安ければ日本ですごい人気出た可能性あると思うなぁ」

Blanche Fleur に0.5ha

樹齢50年以上!

新樽25%、1~5回使用樽75%で16ヶ月間熟成


 「元DRC」、第三章――。
 アンリ・オーディフレッドがロマネ・コンティとラ・ターシュの栽培を担当していた頃、主にグラン・エシェゾーとエシェゾーの栽培を担当していた同僚の名を、ヴァンサン・ルグーといいました。

 いずれも生涯にわたってDRC社に勤務した祖父ジェラルド、父ジャッキーに続き、1998年に丁稚としてDRC社入りした彼は、栽培から醸造、熟成、出荷まで幅広く従事した後に正社員となり、オーディフレッドと並ぶ若手のエースとして、グレート・ヴィンテージ2005年のぶどう栽培などを全うしました。
 2006年、都合8年間務めたDRC社を退社した彼は、ヴォーヌ・ロマネ村から畑を上がった隣村コンクールに所在する実家のドメーヌに戻って土壌改良などを行った後、2008年、正式にドメーヌを継承して本格的に自社ビン詰めを開始。
 ここに、「ドメーヌ・ヴァンサン・ルグー」が誕生しました。
 翌年からビオロジー栽培への切り替えを開始し、
2010年から完全ビオロジー栽培となりました。

 「栽培も醸造も、除梗率や新樽率などを除いて、基本的にはDRCでやってきたことをそのまま行っています。最も大事なことは、observation(オプセルヴァシオン/観察)。すべてにおいて、自分の目で見て確認するということです」。
 理想とするワインは、「エキスがたっぷりと抽出されていて、かつ、濃くなく上品なワインです」(以上、ヴァンサン・ルグー)。

 尚、親子3代にわたって勤めたDRC社との人的関係は今も深く、独立後しばらくは、同社オーナーのオベール・ド・ヴィレーヌ、および醸造長ベルナール・ノブレの両氏も連れ立って彼のドメーヌを試飲に訪れ、「価値ある助言」をしてくれたそうです。 (輸入元資料より)


醸造家
Vincent Legou

所有畑面積
12.5ha

ドメーヌ継承年
2008年

栽培における特記事項
2009年からビオロジー栽培への切り替えを開始し、2010年から完全ビオロジー栽培(2012年ECOCERT認証)

醸造における特記事項
白は除梗せず、赤は100%除梗する。天然酵母のみで発酵。赤ワインは無清澄

販売先
フランス国内60%(レストランやホテル、個人のワイン愛好家)、輸出40%(イギリス、アメリカ等)

掲載実績のある海外メディア
「Guide Hachette」、「La Revue du Vin de France」、「Bourgogne Aujourd'hui」等


2023/2/1(水)アップ~蔵出しドメーヌ・アンリ・エ・ジル・ビュイッソン’20ムルソー最後の再入荷!

2022/11/2(水)アップ~蔵出しドメーヌ・アンリ・エ・ジル・ビュイッソン’19アブソリュついに最後の再入荷!

コンディション抜群で欠点のない理想的なサンスフル・ピノノワール!

2022/10/1(土)アップ~蔵出しドメーヌ・アンリ・エ・ジル・ビュイッソン’20ムルソーと’20サンロマン・ブラン

2022/9/18(日)アップ~蔵出しアンリ・エ・ジル・ビュイッソン’19ブルゴーニュ・ブラン












 


ついにMVF(旧クラスマン)2022年度版から1つ星生産者に昇格!

ワイナート111号でも大きく取り上げられました~!




Domaine Henri & Gilles Buisson, Saint-Romain Blanc Sous la Velle '20

ドメーヌ・アンリ・エ・ジル・ビュイッソン、サン・ロマン・ブラン・スー・ラ・ヴェル’20(辛口白)

税込¥8800 特価・税別¥8000

<あと7本>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン95点!

パーカー92点

VINOUS 91点(ニール・マーティン)

ジャスパー・モリス 91~92点


MVF(旧クラスマン)2023年度版 90点

「2022.9月上旬に試飲しました。’20とは思えないようなレモンとミネラルの香りがあり冷涼で透明感のある全体像。キレのある酸とミネラルからキメ細かな苦みとミネラルを伴うアフター。今でもおいしいが、色気とまろやかさが加わったらさらに凄そう」

アルコール%
ABマーク、ユーロリーフ、ビオディヴァンあり!

<※ご参考までに’19の評価>

ジャスパー・モリス 93点!
(さらに5つ星ワインに選ばれる!)

パーカー92+点(William Kelley)

デカンター・オンライン94点!

MVF(旧クラスマン)2022年度版 90点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度版 92点

’18 Wine Enthusiast 92点

【品種】シャルドネ100%
【畑】「Sous la Velle/村の下」:AOCサン・ロマンの評価に大きく貢献している当地のシンボル的な銘畑で、当ドメーヌではブドウ樹の育成において様々な取り組みがなされており、接ぎ木をせずに植樹したり、従来通りの剪定ではなく蔓が自由に伸びていく力をそのままに生かしており、株によっては蔓が丸くなったりはハート型になっています。

【区画立地】南向き、標高300mの急斜面
【区画面積】2.5ha  【土壌】石灰岩、砂利、粘土質
【植樹】1950年代後半(樹齢60年以上!)

【発酵】野生酵母による自然発酵  【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽(350L、500L)にてバトナージュを行わず12カ月間

【テイスティングノート】砂糖漬けのレモンを思わせる率直なアタックが印象的ですが、アロマは通常の「サン・ロマン」よりも非常に複雑で華やかであり、洗練された塩味とヨード、美しいミネラルの世界観が下支えする緻密で骨太な構造は、神々しいほどの果実味と見事に融合しています。
【アルコール度数】13.5%




Domaine Henri & Gilles Buisson, Meursault Les Vignes De Marguerite '20

ドメーヌ・アンリ・エ・ジル・ビュイッソン、ムルソー・ブラン・レ・ヴィーニュ・ド・マルグリット’20(辛口白)

税込¥14850 税別¥13500

<あと19本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー91点

ジャスパー・モリス 92点


VINOUS 91点(ニール・マーティン)

※すべての値引き対象外となります。

「2022.9月上旬に試飲しました。今はまだ固いが、異様に高い品質と長く熟成可能な骨格と余韻の長さがあり、近い将来かなり高い可能性で化けそうな優れた1級レベルの銘柄!この造り手を見つけられたことはラッキーだった!」

アルコール%
ABマーク、ユーロリーフ、ビオディヴァンあり!

【キュヴェ】「マルグリットのブドウ樹」という名のキュヴェで、アンリ・ビュイッソンの妻である祖母マルグリット・ビュイッソンへのオマージュとして、「シュヴァリエール」と「ルシェット」の区画をブレンドして造られています。
【品種】シャルドネ100%
【畑】「Chevalieres/シュヴァリエール」、「Luchets/ルシェット」

【区画立地】東向き、標高300m  【区画面積】2.5ha
【土壌】粘土石灰質  【植樹】1950年代前半(樹齢65年以上!)

【発酵】野生酵母による自然発酵  【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽(350L)にてバトナージュを行わず12カ月間

【テイスティングノート】アロマには熟した黄色い果実やハーブ、バターやバニラ、ヘーゼルナッツなどが華やかなに感じられ、素晴らしい緊張感のある酸とミネラルが率直な構造を成しています。口当たりはしなやかで、ほのかに塩味が感じられ、リッチでもっちりとした口当たりは深い旨味を伴い、滑らかさとフレッシュさのバランスがよいムルソーです。余韻が長く抜栓直後から様々な表情を見せますが、さらに12~15年の熟成でさらにエレガントに変化していくでしょう。
【アルコール度数】13.5%




Henri & Gilles Buisson, Bourgogne Blanc '19

アンリ・エ・ジル・ビュイッソン、ブルゴーニュ・ブラン’19(辛口白)

税込¥3850 税別¥3500

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!25本完売。ありがとうございました

※すでに再入荷不可能!

パーカー88点

「2022.8月に飲みました。DIAM5コルク。このワインだけ買いブドウのようです。飲み頃のエレガント系ムルソーを少しだけ小柄にしたようなイメージの上質な味わいで、やや厚みのある果実味とやわらかさのある旨味と塩ミネラルによるしっかり味付き、ちょうどよい酸の飲み頃。価格以上の満足度があり、しっかり冷やすよりも高めの温度がよりおいしい。思い切って結構温度を上げてもバランス悪くならないので大丈夫。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%
キャップシールなし、薄いロウキャップのみ
ABマーク、ユーロリーフあり!

樹齢40年

【品種】シャルドネ100%
【区画立地】標高300m 【土壌】粘土石灰岩
【発酵】野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽(500L)にてバトナージュを行わず10カ月間

【テイスティングノート】グラスからは様々な花、グレープフルーツなどの柑橘類、桃、メロン、リンゴなどのアロマがふんだんに溢れ、アタックには美しいミネラルを感じます。バターのようなふくよかで丸みを帯びたミドルテイストから、ハチミツ漬けのレモンの風味を伴う素晴らしい余韻へと続き、ブルゴーニュの魅力が最大限に表現されています。魚やホタテ、ロブスター、スモークサーモンなどの魚介類や、七面鳥などの白身のお肉によく合います。





Domaine Henri & Gilles Buisson, Saint-Romain Rouge Sous Roche "Absolu" '19

ドメーヌ・アンリ・エ・ジル・ビュイッソン、サン・ロマン・ルージュ・スー・ロッシュ <アブソリュ> ’19(辛口赤)

税込¥6380 税別¥5800

<あと17本>絶対おすすめ!
超限定品!

ジャスパー・モリス 93点!!!
(さらに5つ星ワインに選ばれる!)

Wine Enthusiast 93点!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 92点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
56本完売!!!

「2022.7月中旬に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。ナチュラルでピュアな赤い実の果実、湿った花、ミネラル、とても控えめな樽などのよい香り。’19とは思えないバランス感で、キレイな酸に旨味エキスとミネラルしっかり、コクはあるがタンニンの質よく、うっすらグリップ感あり緩くなく、余韻長い飲み頃NOW~。初めて飲む生産者ですが、質感よくセンスあり、畑が良い印象でかなりよい造り手だと感じました。シャンドン・ド・ブリアイユ’19オー・フルノー同様に理想的なサンスフル・ピノノワール!サンスフル・ワインは、頭が痛くならないとか、フルーツ香が明るく開いているとか、ピュアでジューシーでタンニンが丸いとかいろいろ言われますが、実際に飲むあなたがどう感じるかが大事。ぜひこの機会にお試しあれ!抜栓の次の日も非常においしい」

キャップシールなし、薄いロウキャップのみ
ABマーク、ユーロリーフ、ビオディヴァンあり!

’15 ジャンシス・ロビンソン16.5/20点

※ただのサン・ロマン・ルージュ・スー・ロッシュ’19が、パーカー90+点

【キュヴェ】“Absolu/アプソリュ”の醸造は基本的に「Sous Roche」と同じですが、全房の比率をやや高くして発酵時は厳格に温度管理を行い、SO2を一切加えないキュヴェです。SO2を入れないことで、リリース直後から香りが開きジューシーな味わいに仕上がっています。

【品種】ピノノワール100%
【畑】「Sous Roche/スー・ロッシュ」:銘畑「スー・ラ・ヴェエル」の向かい側に位置しており、サン・ロマンでは異例の10,000本/haの密植
【区画立地】村に面した西向きの丘の中腹で、標高380m  【区画面積】3ha
【土壌】石灰質と泥灰土
【植樹】1950年代後半(樹齢60年以上!)
【全房使用率】30~40%

【マセラシオン】15℃で5日間
【発酵】コンクリートタンクにて約10日間、野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】あり
【熟成】樽(228L)にて12カ月間  【新樽使用率】10%
【テイスティングノート】赤系果実や数種類の花々などのチャーミングなアロマに、僅かにハーブやバニラ、ややスモーキーなニュアンスが溶け込み、香りに奥行きがあります。高地で育つピノ・ノワール特有の赤いベリー系果実のフレッシュできれいな酸が魅力的で、レッドチェリーやブルーベリーを思わせるようなピュアな果実味が凝縮しており、まだ荒削りのままのタンニンが素朴で滋味あふれる趣を見せ、味わいは多面的と言えます。素晴らしい緊張感と構造を持ち、古樹由来の深みと長い余韻が得られます。今飲んでも大変美味しいですが、3~5年の熟成も可能です。
【アルコール度数】13.5%  ◆SO2無添加



ムルソーの西側に位置し、コート・ド・ボーヌの奥座敷にあり最も標高の高い隠れた銘醸地サン・ロマン村において、12世紀からブドウ栽培を始めた長い歴史を誇るビュイッソン家によるドメーヌです。1947年、まさしく「サン・ロマン」がAOCを取得した年に、その認定に導いた立役者であり「真のパイオニア」として名高かった6代目のアンリ・ビュイッソン氏が、5ヘクタールの自社畑をもとに元詰めを開始し、今日のドメーヌの礎を築きました。その後彼の息子のジルと妻のモニカが 「伝統・独立心・自由」 という一族の価値観を忠実に受け継ぎ、ワイナリーへの積極的な設備投資を行いながら歴史をつないできました。2008年からはジルの息子でありアンリの孫となる、勤勉家でそれぞれに実績のあるフランクとフレデリック兄弟が引継ぎ、互いの得意分野を活かして協力しながら、テロワールへの大いなる情熱を持って自然のリズムを大切にしながら、今では20ヘクタールにまで広がった単独所有の多い畑を、完全なるビオディナミで管理しています。彼らは徹底して生態系を保護し、常に二酸化炭素の排出量を厳格に監視し、グローバルな視点で革新的かつエコロジカルなスタンスで、コルクやボトル、機材の選定に至るまで徹底的に拘りながらワイン造りに取り組んでいます
(輸入元資料より)

【自社畑面積】約20ha  【産地】主にサン・ロマンで、当村の実に10%を所有
【土壌】石灰岩と泥灰土
【栽培管理】区画によっては脱脂粉乳のみの散布にとどめるところもあり、完全なビオディナミ
【仕立て】右写真のように、蔓がハート型を描いている畝もあり、蔓自身の思うままに伸ばしてやる方法で剪定している区画もあります。
【樹齢】60~70年  【収穫】手摘み

全てのワインはテロワールごと、区画ごと、樹齢ごとなどに細かく分けられ、毎日試飲されながら、人的介入を最小限にとどめつつ、丁寧にケアされながら、テロワールの個性を最大限に引き出すことに注力しています。

【全房使用率】キュヴェにより50%前後 【発酵】野生酵母による自然発酵


 

2024/3/2(土)アップ~蔵出しドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ’20’19’14イル・デ・ヴェルジュレス・ルージュ

2023/12/3(日)アップ~蔵出しドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ’21’20ラヴィエール・サンスフル

極めて上質なサンスフルの世界、繊細・艶々テクスチャーを体感できる!グランクリュの満足度!

2023/11/23(木)アップ~蔵出しフランソワ・ド・ニコライNVビュルドッグ

2021/12/15(水)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ’19

ここも大きくスタイルを変えています!
MVF2021年度版にてついに3つ星生産者に昇格!!!
























 



FRANCOIS DE NICOLAY, BulleDog Petillant NATUREL NV <Sans Soufre>

フランソワ・ド・ニコライ、ビュルドッグ ぺティヤン・ナチュレル サンスフル NV
(辛口白泡)


税込¥5060 税別¥4600

<あと5本>おすすめ!
超限定品!

「2023.大晦日に開けました。ガス圧弱めで吹きこぼれリスクなし。ナチュラルで予想より酸が低くなく、程よい旨味エキス感。ほんの少しのタンニンととてもキメ細かな苦味がある飲み頃。魚料理全般が生臭さが出にくいタイプなのでおせちとも合わせやすく楽しめました。抜栓の次の日もおいしい」

アルコール11.5%
王冠キャップ

ビュルが泡の意味なのでブルドック的な名前のかわいいラベル

マコネ地区のアリゴテ100%
樹齢30年以上

天然酵母、亜硫酸無添加のサンスフル
ステンレスタンク約8ヶ月熟成

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユの現当主が買いブドウで造る。
こちらもビオロジックやビオディナミで人為的な干渉を最小限にする自然な造り。





特級コルトン・ブランの畑、’12収穫期画像

下記輸入元資料とは別に2009年から栽培担当者が代わり、2010年から醸造担当者(新担当者はオーストラリアのバスフィリップなどで修業。センス抜群とのこと)も変わり亜硫酸量をおさえた造りとなっています。

今や最強のサンスフル・ブルゴーニュはここと言えます!!!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版にて
Palmares Top Producteursに選ばれる!



栽培責任者:フランソワ・グランジェ

彼が変えたことの一つが、動物の牽引力を活かすこと。畑に極力トラクターを入れないために。
「馬と一緒に耕したところは鋤が簡単に土に入るのに、トラクターで通ったところは入らない」
13.8haのうち10haぐらいは馬が耕していて、今年はそれを全て馬力にするために、最近5頭目の馬を手に入れたとか。
もう一つの発見が、ブドウ樹のケアに使用していたSO2をスキムミルクに代替すること。「書物にあったひとつの解決策として見つけただけで、私たちが考え出したわけではない。」すでに2015年からブドウ樹にSO2は使用していない。いずれはボルドー液の使用もやめたい、いま年に1haあたり1.5kg使用しているが、今のところ代替案がない。





Domaine Chandon de Briailles, Savigny 1er Cru Lavieres '20 <Sans Soufre>

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ラヴィエール<サンスフル> ルージュ‘20

税込¥15400 税別¥14000

<あと10本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

下記評価はおそらくサンスフルではない通常キュヴェに対するもの。
’20までは通常キュヴェとサンスフル(こちらの方が少し高い)を分けて造っていました。

パーカー91~93点
(William Kelley)

ジャスパー・モリス 90~93点

VINOUS 91~93点
(ニール・マーティン)

ファルスタッフ 92点

バーガウンド・コム 90~93点
(Outstanding!)

MVF(旧クラスマン)2023年度版 94点!!!





Domaine Chandon de Briailles, Savigny 1er Cru Lavieres '21 <Sans Soufre>

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ラヴィエール<サンスフル> ルージュ‘21

税込¥15950 税別¥14500

<あと1本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

最新スペクテーター92点
(2026~2040年)

ジャスパー・モリス 88~91点

デカンター・オンライン94点!

VINOUS 89~91点
(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91点
(Outstanding!)

LVF誌プリムール試飲 94~95点!!!


MVF(旧クラスマン)2024年度版 95点!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2024年度版 93点!

「2023.11月下旬に試飲しました。まず今迄に飲んだブルゴーニュ’21の中でダントツで最も成功した傑出銘柄!!!ここは前から本当に欠点のない極めて上質なサンスフルを最高のコンディションで輸入出来ている成功例だったのですが、ついに’21からすべての銘柄がサンスフルとなりました~!実際問題かなり難しい仕事だっただろうなぁと予想できます。このワインは判断する角度によっては完全にグランクリュ以上の満足度ですが、質感・コンディション・艶々テクスチャー・重くないエキス感を高く評価しない方にとってはそこまで高い評価にならないでしょう。当店にとっては圧倒的に素晴らしいワインでした。この世界を未体験の方は絶対に試した方がよいと思います」

アルコール12.5%
ロウキャップ
デメテル、ユーロリーフあり!

樹齢67年!!!
南南東向き
2.61haの所有

’19 スペクテーター93点





DOMAINE CHANDON DE BRIAILLES, Pernand Vergelesses 1er Cru Ile des Vergelesses Rouge '20

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ、ペルナンヴェルジュレス プルミエクリュ・イル・デ・ヴェルジュレス ルージュ‘20

税込¥14300 税別¥13000

<あと8本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー92~94点
(William Kelley)

ジャスパー・モリス 92~95点!!!
さらに5つ星ワインに選ばれる!

VINOUS 89~91点
(ニール・マーティン)

ファルスタッフ 93点!

バーガウンド・コム 91~94点
(Sweet Spot Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2023年度版 95点!!!




DOMAINE CHANDON DE BRIAILLES, Pernand Vergelesses 1er Cru Ile des Vergelesses Rouge '19

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ、ペルナンヴェルジュレス プルミエクリュ・イル・デ・ヴェルジュレス ルージュ‘19

税込¥12100 税別¥11000

<あと9本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー92~94点!
(William Kelley)

ジャスパー・モリス 90~93点

VINOUS 90~92点
(ニール・マーティン)

スペクテーター93点

ファルスタッフ 92点

バーガウンド・コム 91~93点
(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2023年度版 94点!!!

「2024.2月中旬に飲みました。間違いなくよい出来ですが、抜栓直後のみ予想より旨味感が不足。他の全要素はとてもよいので、時間とともにすぐ伸びるだろうと思っていたら、抜栓の次の日以降かなり豊富な旨味感が出て明らかに向上!かなりおいしく価格も超えているが、ラヴィエール’21のようなナチュラル艶々感ではなく、熟した果実味がありながらも酸とミネラルが低くないという’19のよい部分がありつつ、旨味炸裂の理想的な中域からの伸びやかさのある長い余韻で骨格もまったく緩くなくまだまだ長く熟成可能。抜栓の3日後までわずかに向上し続ける。全房醗酵比率高そう。フルーツ香も明るくジューシーで複雑。旨味コクがあり、余韻が長い。明らかに価格以上の満足度!」

アルコール13.5%
デメテル、ユーロリーフあり!

平均樹齢40年以上

ペルナン村のグラン・クリュと名高い粘土と石灰質の土壌が程良く交じる優れた条件を持つ畑。中でもドメーヌは『 斜面中腹のべストな区画を所有するアペラシオンの最大かつ代表的な所有者! 』で赤3haと白1haを持つ。涼しいテロワールを持つこの畑の良い年はコルトンにも匹敵する素晴らしいワインを産み出す。果実の凝縮感と強靱なタンニンの為、長期熟成を要し熟成と共にスパイシーさと複雑味を増す。赤白共にシャンドンのフラグシップ的ワイン。





DOMAINE CHANDON DE BRIAILLES, Pernand Vergelesses 1er Cru Ile des Vergelesses Rouge '14

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ、ペルナンヴェルジュレス プルミエクリュ・イル・デ・ヴェルジュレス ルージュ‘14

税込¥7920 超特価・税別¥7200

<あと10本>超限定品!
※すでに再入荷不可能!

パーカー90点
(William Kelley)

VINOUS 89+点
(ステファン・タンザー)

スペクテーター92点

バーガウンド・コム 92点
(Sweet Spot Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)16.5/20グラス

べタンヌ&ドゥソーヴ 17/20点

「2024.2月中旬に飲みました。抜栓直後は熟成感が強く、果実味と旨味がやや弱いせいで少しタンニンが目立つ(ごくわずかにエグみを感じるアフター)状態でしたが、時間とともに果実味と旨味が少し増したことでタンニンが目立たなくなって向上。抜栓の3日後まで少しずつ向上してゆく。少し出汁っぽいじんわり旨味がおいしくなってきた。相変わらずタンニンが少しだけ勝っているが、全然悪くないというところまで向上した。湿った土と中国茶強めのスーボワ、なめし皮、ブラッド・オレンジジュースなどの熟成香主体。二度とこの価格では買えないでしょう」

アルコール12.5%
デメテル、ユーロリーフあり!




Savigny Aux Fournaux '19 <Sans Soufre>

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ、サヴィニレボーヌ・オー・フルノー<サンスフル> ルージュ‘19

税込¥8250(超特価・税別¥7500)

<あと16本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー90点(William Kelley)

ジャスパー・モリス90点

デカンター・オンライン91点

VINOUS 86~88点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88点

ブルゴーニュ・オージョルディー18.5/20点!!!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 93点!!!

20本完売。

「2021.12月上旬に飲みました。裏ラベルに<サンスフル>表記あります。素晴らしくおいしいですが、昔のブルゴーニュ大好きで今のブルゴーニュを受け入れられない方にとってはジュースみたいで終わってしまう可能性もなくはない???すべて酸が低い、マチエールが弱い的なことで終わってしまう方も実際にいて、亜硫酸たっぷりの固さに慣れてしまっている場合もあり得ると思うが、それはそれで理解できなくもない。尊重。。。コンディション抜群×造り手の実力とセンスで、サンスフルの大成功例!紫色の弱い中程度のルビー色。サンスフルの醍醐味ピュアでナチュラル、美しい赤い実の果実、フルーツトマト、フランボワーズなどの熟してジューシーなよい香り。鉱物的なミネラル感と中国茶っぽいニュアンスも感じられ、絶妙な旨味エキスの広がり方、少しグリップあるがキメ細かなタンニンで心地よくジューシーに流れ、長めの余韻。特に抜栓直後の<全房醗酵+ナチュラル>ピュアなトップノーズが素晴らしい。抜栓の2日後まで非常においしいが、個人的には初日の超ピュア感が一番おいしく感じられた」

アルコール13%
赤いロウキャップ
ユーロリーフ、デメテルあり!

1級オー・フルノーの格下げもブレンドされている!

高樹齢、低収量、粘土質の多い畑

’18 スペクテーター91点






Domaine Chandon de Briailles, Bourgogne Rouge Cuvee Louise '18

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ、ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・ルイーズ’18

税込¥4620 特価・税別¥4200

<売り切れ>幻の超限定品!
初入荷!~※すでに再入荷不可能!
もともと自家用ですので蔵元在庫もすでに完売!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
他のブルゴーニュと最低でも1:1以上になるようにご注文をお願い致します。


スペクテーター90点(NOW)

「2021.4月中旬に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。抜栓直後からピュアでナチュラル、ブドウの質が非常によさそうな亜硫酸少ないトップノーズ。ナチュラルな赤い実の果実、トマト煮込み、スミレ、胡椒、ミネラル、とても控えめなすでによく溶け込んだ樽などのよい香り。コンディション抜群なのでまさにフルーツ感がピュアそのもので、上級品のような固さと多いタンニンはないが、スタイルと複雑性・ある程度の凝縮感、コクと少しのグリップ感があり、緩くなく長い余韻の飲み頃NOW~。価格の1.5倍以上の価値があるワイン。酸は低くなく活き活きしてトップノーズからアフターまで一貫して流れのよい傑出バランス。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい。ややしっかりしつつもナチュラルなのが凄い」

アルコール13%
ユーロリーフ、デメテルあり!

2021年メイユール・ヴァン・ド・フランスで3つ星に昇格した、Domaine Chandon de Briaillesの2018 Bourgogne Cuvee Louiseです。
3つ星に上がり勢いのある2018年のシャンドンは、評価がとても高くなっています。また2017年ぐらいから伝統的な感じを残しつつも、若い時から近づきやすい酒質に変わってきているように感じています。
シャンドンは、ACブルゴーニュを毎年造っていません。近いところで言うと2016年にありましたが、その年は葡萄が冷害・雹でやられてしまい、それぞれのアペラシオンで瓶詰めが出来なくなってしまった4,5アペラシオンをブレンドしたものでした。
強制的に収量が落ちたプルミエクリュやグランクリュの葡萄でブレンドされたワインは、なんとも言いがたい味わいのACブルゴーニュでした。
しかし、今回のキュベ・ルイーズは、2016年とコンセプトが全く違います。

各アペラシオンを樽からタンクに移して瓶詰めをするのですが、歩留り上、どうしてもタンクにワインが残ってしまいます。
それら全てのアペラシオンをブレンドして瓶詰めされたワインがこのキュベになります。割合は分かりませんが、サヴィニー・レ・ボーヌ村名、各サヴィニー・レ・ボーヌ1er、各ペルナン・ヴェルジュレス1er、コルトン・グランクリュの3種類が入っているそうです。
本来は自分たちや近しい人たち用に瓶詰めして、飲んでいたワインなのですが、2018年はなんと我々もわけて頂くことができました
(輸入元資料より)





Domaine Chandon de Briailles

1834年創立という歴史あるドメーヌ。モエ・エ・シャンドン家の血を引く伯爵家が所有。カーヴは14世紀にシトー派修道僧が掘ったものを使用。2001年から現オーナーのクロードとフランソワが母親から引き継いで運営に当たっています。姉クロードはボーヌとディジョンでワイン造りを学んだ後オレゴンとニュージーランドでワイン造りに携わり、ドメーヌでのワイン造りには1991年から参加。弟フランソワはビジネススクールを経てアメリカやスペイン、パリでワイン商を経験、そしてオレゴンでワイン造りを学んだ後、2001年にドメーヌへ戻り、ビオディナミへの転換をしています。

1984年のセラー・マスター交代後、1989年ころからは品質の向上が目覚しいとの評価を受けています。造られるワインは程良い果実味を持ち、そして新樽も殆ど使用せず、人為を排したエレガントなスタイル。醸造においては「ネオ・クラシック」と呼ばれる伝統のブルゴーニュ・スタイルに忠実な方法を採用。いずれのワインにも14世紀につくられた古いカーヴで14~18ヶ月間の樽熟成が施されます。生産量のうち60%は輸出され、国内ではL'AMBROISIE, PIERRE GAGNAIRE, SENDERENS, LE BRISTOL, GUY SAVOYなどの名だたるレストランで提供されています。

1988年から除草剤等不使用

もともとビオロジーを採用していましたが、2005年からはビオディナミを導入、2008年にはエコセールとデメテルに申請し、2011年ヴィンテージから全てのワインが正式に認証されます。自然に近い状態でブドウを育てることで、クリマの表現された、そしてピノ・ノワールとシャルドネの持つ魅力・フィネス・果実味が最大限に生かされたワイン造りを目指しています。
(輸入元資料より)

本拠地 : サヴィニー・レ・ボーヌ村
代表者 : クロード・ド・ニコライ、フランソワ・ド・ニコライ
生産本数 : 年/50,000本
所有畑 : 合計13.7ha


2024/3/7(木)アップ~蔵出しドメーヌ・シャンソン’13コルトン・ヴェルジェンヌ

2023/3/2(木)アップ~蔵出しドメーヌ・シャンソン’20’18コルトン・ヴェルジェンヌ

さらにムルソー・ペリエールの蔵出しバック・ヴィンテージ!

2017/10/2(月)アップ~<※24本限定!>蔵出しドメーヌ・シャンソン’15

シャンソンのフラッグシップ!ボーヌ最高の1級畑のひとつ!











 



Domaine Chanson, Corton-Vergennes Grand Cru Blanc '13

ドメーヌ・シャンソン、コルトン・ヴェルジェンヌ グラン・クリュ ブラン’13
(辛口白)


税込¥23100 税別¥21000



輸入元定価・税込¥29,700

<あと11本>限定品!

Wine Enthusiast 95点!!!
(Cellar Selection!)

スペクテーター93点!
(2018~2028年)


「2024.2月下旬に飲みました。DIAM30コルク。熟成による濃いイエロー。樽のナッツ、ごませんべい、ドライ・パイナップル、洋ナシなどの香りにモカマロンの熟成香が加わる。正直言って樽香が強めで8年経っているのにまだ樽が溶け込み切っていない。そういう意味では飲み頃はおそらく2026年以降?樽が気にならない方なら飲み頃NOW~とも言える。予想より酸と骨格がしっかりしており、まだ長く熟成できそう。旨味コク、少しのタンニンとヴォリューム感と余韻があり、温度は高めの方がおいしい。味わい部分の樽は香りよりは溶け込んでいる。抜栓の次の日から少しずつ向上して、時間とともに熟成による凝縮旨味は増してゆく。抜栓の3~4日後が一番おいしい。近年の造りはもっと樽が弱いはず」

アルコール13.5%




Domaine Chanson, Corton-Vergennes Grand Cru Blanc '20

ドメーヌ・シャンソン、コルトン・ヴェルジェンヌ グラン・クリュ ブラン’20
(辛口白)


税込¥19800 税別¥18000

<あと4本>限定品!

※すべての値引き対象外となります。

ジャスパー・モリス 93点!

スペクテーター93点!

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 93点!

ジャンシス・ロビンソン 16/20点


MVF(旧クラスマン)2023年度版 92点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2023年度版 96点!!!




Domaine Chanson, Corton-Vergennes Grand Cru Blanc '18

ドメーヌ・シャンソン、コルトン・ヴェルジェンヌ グラン・クリュ ブラン’18
(辛口白)


税込¥18700 税別¥17000

<売り切れ>限定品!

※すべての値引き対象外となります。

Wine Enthusiast 93点!

スペクテーター93点!

VINOUS 91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92点

ジャンシス・ロビンソン 17+/20点!


MVF(旧クラスマン)2021年度版 96点!!!

歴史ある自社畑
昔からシャンソン白ワインの中で最も外さない銘柄と言われている!

下記は輸入元資料より
土壌 : 小石で覆われた粘土石灰質

立地
東向きのコルトンの丘の斜面に位置するこの小さな畑は、シャンソンとホスピス・ド・ボーヌの間で共有される(※生産量の大部分をホスピス・ド・ボーヌに出品するので、日本への輸入量がごくわずか)非常に小さな単一のブドウ園。かつてはルイ16世の顧問を務めていたディジョン生まれのヴェルジェンヌ伯シャルル・グラヴィエのブドウ畑でした。フランスとアメリカの同盟条約をベンジャミン・フランクリンと締結したヴェルジェンヌ伯爵。この条約で、フランスは世界で初めてアメリカ合衆国を認めました。

テイスティング
美しい明るい黄金色。エキゾチックなフルーツ(マンゴー)とジューシーな黄色いフルーツ(桃)が混ざった力強いアロマに、ミネラルとヨードの香りがほのかに感じられます。とても印象的な口当たりで、素晴らしいフレッシュさがあります。複雑で非常にバランスが良く美しいミネラルに彩られたエレガントなフィニッシュです。

料理との相性
フォアグラ、魚介類(オマール海老)、ホタテのポワレ、ブレス産鶏肉、魚のグリルまたは魚のソース料理、チーズ(シトー、エポワス、熟成コンテ)





Chanson, Meursault Premier Cru Perrieres '15

シャンソン、ムルソープルミエクリュ・ペリエール’15
(辛口白)


税込¥18700 税別¥17000

<売り切れ>限定品!

バーガウンド・コム 92点
(Sweet Spot Outstanding!)

ジャンシス・ロビンソン 16.5/20点









ドメーヌ・シャンソン、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ドミノード’11

超特価・税別¥4600

↑29%OFF

輸入元定価・税別¥6,500

<売り切れ>おすすめ!

バーガウンド・コム 89~92点!

スペクテーター88点(2015~2022年)

Wine Enthusiast 90点(2017~)

Sarah Marsh 16.5/20点!


「2017.12月初旬に飲みました。樽控えめで骨格のあるクラシック、今はバランスの中でタンニンが強いが、香りとコクは特に価格以上でよい。時間とともに少しうまみが増してまろやかさも感じられるようになるが、それでもまだアフターにミネラル以上にタンニンが強め。チーズなど食事で中和させたほうがより楽しめそう。力強い赤い実の果実にドライフラワー、中国茶、少し鉄サビ系ミネラルなどが混じったよい香り。抜栓の次の日もおいしい。抜栓の2日後もおいしい。この時点でアフターにドライ・イチゴ的なうまミネラル広がる。抜栓の3日後甘草とアーモンドのわずかに酸化した風味が出てガクンと落ちた。今やブリュノ・クレール’15ドミノード 税別¥11,000超えなのでその半額以下で買えるという価値はある。熟成も可能」

アルコール13.5%

自社畑2.1haのドメーヌもの

樽熟成18ヶ月




ドメーヌ・シャンソン、ボーヌプルミエクリュ・クロ・デ・フェーヴ・ルージュ’15

(モノポール・辛口赤)


税込¥9350(超特価・税別¥8500)

↑30%OFF

輸入元定価・税別¥12,000

<売り切れ>限定品!

スペクテーター・オンライン95点!
(2020~2036年)

Wine Enthusiast 94点!(2024~)

バーガウンド・コム 91~94点!
(Sweet Spot Outstanding!)

ジャンシス・ロビンソン17.5/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点!
さらに2018年度<年間TOP10ワイン第1位>ワインに選ばれる!!!

アルコール13.5%

’15は、樽熟成17ヶ月





ドメーヌ・シャンソン、ボーヌプルミエクリュ・クロ・デ・フェーヴ・ルージュ’10

(モノポール・辛口赤)


税別¥7000

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷不可能の限定品!

なんと’05の時と変わらない価格で買えました!

バーガウンド・コム 90~93点

スぺクテーター・オンライン89点(2016~2028年)

ワイン&スピリッツ誌2013年冬号 95点!

LVF誌2013年11月号17/20点

WANDS誌2013年12月号17.5/20点


「2015.5月に試飲しました。4人で試して全員絶賛でした!下位ラインナップよりも明らかに上質な洗練された樽香。まだ少しタンニンが固いもののすでに素晴らしくおいしい。社長のジル・ド・クルセル氏とお話しする貴重な機会をいただきまして、隣のボーヌ1級サン・ヴィーニュよりも斜面上部に位置して、より粘土質の少ない優れたアルジロカリケール(粘土石灰質土壌)とのことです。よく凝縮しているが、あくまで繊細さを残したままかなり複雑性と余韻を上げたような印象のボーヌ赤最高の1級畑のひとつだと思われます」

アルコール14%

ドメーヌもの自社畑

’05を数多くのお客様に絶賛いただきました!

’05 ワイナート49号 91点

’05 72本完売!!!

ボーヌ・プルミエ・クリュの中心に位置するシャンソンのモノポール畑です。丘の中腹に位置し、面積は3.8haあります。美しいルビー色。カンゾウの香りが感じられる中に赤い果実(木いちご、スグリ)とボタンの花の濃厚な香りがあり、心地よい樽香が全体を引き立たせています。口中では、エレガントで奥行きがあり、濃厚。バランスのとれた、なめらかな美しいストラクチャーのワインです。樽で約18ヶ月間熟成されます。

『 ブルゴーニュで産出されるワインを、フランス国内やヨーロッパに販売していたシモン・ヴェリーが1750年にシャンソンを設立。ボーヌでも1、2を争う歴史あるメゾンとされています。1847年から1999年まではシャンソン家が経営を担ってきましたが、1999年、ボランジェ・グループがこのメゾンを買収し、以来、畑やカーヴに大きな投資が行われてきました。シャンソンは、ボーヌ、サヴィニー・レ・ボーヌ、ペルナン・ヴェルジュレス、コルトンの丘陵地にグランクリュとプルミエクリュ、合わせて38haの畑を所有しており、その中には、プレステージがあるプルミエクリュの“クロ・デ・ムーシュ”(4.5ha)や、モノポールの“クロ・デ・フェーヴ”(3.8ha)、グランクリュの“コルトン・ヴェルジェンヌ”(0.60ha)が含まれています。所有する畑から収穫されるブドウで造られる「ドメーヌ・ワイン」以外にも、シャンソンが求めるクオリティー水準に達するブドウを厳選した栽培農家から買い取り、それぞれのテロワールをあますところなく表現した、幅広いアペラシオンのワインを生産しています。 (輸入元資料より) 』


2018/3/5(月)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・ダルデュイ’07コルトン・シャルルマーニュ

現在、飲み頃の入り口付近!






 



Domaine d'Ardhuy, Corton Charlemagne '07

ドメーヌ・ダルデュイ、コルトン・シャルルマーニュ’07(辛口白)

特価・税別¥14000

<売り切れ>おすすめ!

バーガウンド・コム 90~92点

「2018.3月上旬に飲みました。抜栓直後の低めの温度だと社長のコメント通り。少し時間が経って温度も上がると、予想より色気とオイリーなトロみが出て十分飲み頃。骨格とキレがルイ・ジャドよりも少し弱い分、熟成スピードが早めなのでしょう。今、おいしい」



「2018.2月上旬に当店社長が試飲しました。まだオイリーなトロみまではいっていないが、もう十分においしく飲める時期に入っており、バランスも良く楽しめる」

樹齢約40年、セレクション・マサル

低収量35hl/ha

標高300m

焼き具合控えめの
新樽比率約50%にて約10ヶ月熟成

リュー・ディー 『 レ・ロ二ェ・エ・コルトン 』主体に、『 プージェ 』、『 ランゲット 』、『 バ・ムーロット 』のアッサンブラージュから造られる




ドメーヌ・ダルデュイ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・クルー・ルージュ’10

税別¥3800

<売り切れ>おすすめ!

バーガウンド・コム 88点

60本完売。ありがとうございました~※再入荷すると’13に移行致します。

3年以上経過してかなりおいしくなっているはず!



「2014.1月に飲みました。ややクラシックで価格以上&平均以上ながらも中庸なポジション取りといういい感じのワインです。落ち着いたベリー+中国茶系ミネラルなどの香り。落ち着いた果実味、程よい酸とうまみ、ほぼ溶け込んだ樽とタンニンでアフターにはミネラルも感じられる。真の飲み頃は1年後くらい~だと思われますが、今でもおいしい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13.5%

’09も好評で完売でした

平均樹齢50年

新樽約15%のバリック約12ヶ月熟成

オー・ゲットとセルパンティエールに挟まれたサヴィニー最良のプルミエクリュ。セルパンティエールと同じ土壌を持つ南向き斜面で、力強いワインが生まれる。ベリー系の素晴らしい芳香を放つパワフルで芯のしっかりした味わい。

2009年よりエコセールの規定に沿ってビオディナミを実施。2012年に正式に認証を取得予定。雑草を生やし、畑の土中に水分を保つ。グリーンハーヴェストを行う。

『 コート・ド・ニュイ地区の最南端に位置するコルゴロワン。ほとんど注目されることのなかったこの村に、世界中のワイン専門家の目を向けさせたのがドメーヌ・ダルデュイである。1927年ガブリエル・ダルデュイによって産声を上げたこのドメーヌは、現在ジュヴレ・シャンベルタンからピュリニー・モンラッシェまで7つのグランクリュ、そして15のプルミエクリュ、10世紀頃シトー派の修道士により植樹されたと言われるモノポールのクロ・デ・ラングルを含む42haを所有する。

2002年までネゴシアンのレーヌ・ペドックに品質管理を任せていたダルデュイのワインが世間の注目を浴びることはあまり無かったが、そのネゴシアン業の売却に伴い、2003年に、弱冠29歳のカレル・ヴォルイスがエステート・マネージャーとして着任して以来急激に評価を高めた。

2006年には、ブルゴーニュワインの専門家アラン・メドーが「本気で取組み出せば、素晴らしいものを備えているだけに、ブルゴーニュの頂点に君臨するドメーヌに匹敵する可能性がある」と、その潜在能力の開花を予感。さらに2007年、『デカンター』では、クライヴ・コーツが選ぶ「最も進歩したドメーヌ10社」の筆頭として紹介され、2008年には前述のアラン・メドーからついに「特に2005、2006年物は品質が爆発的に向上した」とお墨付きを得た。

品質改革の立役者、カレル・ヴォルイスの両親はジュラのドメーヌ・ヴォルイス・ヘンケを運営する。彼の天才的ひらめきはそこでの生活に由来するものかもしれないが、世界中で修練を積んだ経験がなければ今日の成功は無かったであろう。200区画以上のブドウ畑を管理するため全てを有機栽培にするのは非常に難しいが、現在その方向でプロジェクトは進んでいる。日本では紹介されることも無かったため、まだ無名の存在だが、近年のドメーヌの躍進振りは凄まじく、ヨーロッパではすでにトップドメーヌの仲間入りを果たしつつある。 (輸入元資料より) 』


2024/4/20(土)アップ~<※6本限定!>蔵出しマシャール・ド・グラモン’22ゴーディショ

2023/4/8(土)アップ~<※4本限定!>蔵出しマシャール・ド・グラモン’21ゴーディショ

2022/3/9(火)アップ~<※4本限定!>蔵出しマシャール・ド・グラモン’20ゴーディショ

2021/7/20(火)アップ~<※4本限定!>蔵出しマシャール・ド・グラモン’19ゴーディショ

2020/6/18(木)アップ~<※3本限定!>蔵出しマシャール・ド・グラモン’18ゴーディショ

2020/4/22(水)アップ~蔵出しマシャール・ド・グラモン’18’17

2017/3/1(水)アップ~蔵出しマシャール・ド・グラモン’15ル・シャピトル

2014/8/23(土)アップ~<※値上がり直前!>蔵出しマシャール・ド・グラモン’07’10

軽いが飲み頃ピークの色気で超お買い得な’07!








※↑上記画像は、ただのブルゴーニュ・ルージュです。






 



ここは’22であってもかなりお買い得感のある価格のままでした~!




ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ブルゴーニュ・ピノノワール”ドメーヌ・ド・ラ・ヴィエルジュ・ロメンヌ” ’22

税込¥3410 税別¥3100

<あと5本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

サヴィニーやポマールなど複数の村の区画のブドウを使用




Domaine Machard de Gramont, Vosne Romanee 1er Les Gaudichots '22

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ヴォーヌロマネ・プルミエクリュ レ・ゴーディショ’22

税込¥27500 税別¥25000

<売り切れ>幻の限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。





Domaine Machard de Gramont, Savigny-les-Beaune 1er Aux Guettes '22

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、サヴィニレボーヌ・プルミエクリュ オー・ゲット’22

税込¥6600 税別¥6000

<あと4本>限定品!





Domaine Machard de Gramont, Chorey les Beaune Rouge Les Beaumonts '22

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ショレイ・レ・ボーヌ・ルージュ レ・ボーモン’22

税込¥4950 税別¥4500

<あと4本>絶対おすすめ!
限定品!

※すでに再入荷不可能!

「2024.4月下旬に飲みました。DIAM10コルク。うっすら紫がかったやや濃いルビー色。明らかに太陽の年・完熟の個性だが、酸が低すぎず、アルコールが高くなく、タンニンの質がよい飲み頃NOW~。これなら上記ルージュ・ロメンヌ’22も今すぐ開けて楽しめそうですね。前年が涼しい年だったので熟してエネルギーのあるフルーツ感を素直に心地よく楽しめる気分。基本的に鶏肉に合う。豚肉にはそれほど合わない。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしいが、ドライでミネラリーな味わいに変化したのが少し予想外だった」

アルコール13%





Domaine Machard de Gramont, Chorey les Beaune Vieilles Vignes '18

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ショレイ・レ・ボーヌVV’18

税別¥3100

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2020.2月初旬に飲みました。DIAM10コルク。抜栓直後はまだ少し若く固くクラシックだが、昔よりは固くなく樽も強くない。果実味しっかり、酸はちょくどよく、ミネラルはそこそこ。タンニンの質も悪くない。単体で飲むと固くても、きのこのテリーヌ(クリームソース)と合わせるといきなり飲み頃NOW~となり食事もワインもどちらもよりおいしくなる。次はビストロ・プティット・レジョンさんのテリーヌと合わせてみたい!抜栓の次の日には少し柔らかくなってうまみも増して向上。抜栓の2日後はさらにおいしくなってこの状態なら相当価格が安く感じられる。完ペキとは言わないがとにかく良心価格。元々ACブルの価格ですからね」

アルコール13%

樹齢45年!

’18の生産量:3,600本

醗酵:セメント・タンク&オーク樽
熟成:オーク樽 12カ月(228L、新樽比率15%)




Domaine Machard de Gramont, Vosne Romanee 1er Les Gaudichots '21

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ゴーディショ’21

税込¥25300 税別¥23000

<売り切れ>幻の超限定品!

※もちろん再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。






Domaine Machard de Gramont, Vosne Romanee 1er Les Gaudichots '20

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ゴーディショ’20

税込¥21120(税別¥19200)

<売り切れ>幻の超限定品!

※もちろん再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。




Domaine Machard de Gramont, Vosne Romanee 1er Les Gaudichots '19

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ゴーディショ’19

税込¥19800(税別¥18000)

<売り切れ>幻の超限定品!

※もちろん再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。




Domaine Machard de Gramont, Vosne Romanee 1er Les Gaudichots '18

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ゴーディショ’18

税込¥18150(税別¥16500)

<売り切れ>超限定品!

※もちろん再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。




Domaine Machard de Gramont, Vosne Romanee 1er Les Gaudichots '17

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ゴーディショ’17

税込¥17600(税別¥16000)

<売り切れ>超限定品!

※もちろん再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。

リアルワインガイド67号 92+・93+点!(今~2040年)

平均樹齢26年

粘土石灰質土壌

醗酵:オーク樽
熟成:オーク樽 20カ月(228L、新樽比率約50%)

ラ・ターシュとグランド・リュという偉大な畑に隣接する1級畑!
バニラやモカに華やかな香り。柔らかなタンニンが特徴的なヴォーヌロマネ。
(輸入元さんコメント)





ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ブルゴーニュ・ルージュ・ル・シャピトル’15

税別¥2250

<売り切れ>おすすめ!

’15 リアルワインガイド60号 87+・88点!(今~2030年)

’14 リアルワインガイド55号 87+・88+点!(今~2030年)

「2017.1月末に飲みました。DIAM10コルク。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。果実、コク・タンニンややしっかりで酸も低くないやや大きめな構造。品質は価格以上だがまだ少し固く、アフターにタンニン残る。30分程度では全然やわらかくならない。最近のナチュラル&エレガント路線から行けば少し抽出が強い印象。抜栓の2日後まで全く落ちないが、ほとんどやわらかくもならない。多少甘酸っぱさは出る。2018.秋以降に飲みたい」

アルコール13%



ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ブルゴーニュ・ルージュ・ル・シャピトル’12

税別¥2100

<売り切れ>初入荷の限定品!

ジャン・フルニエなどと同じく、昔ジュヴレシャンベルタンよりも高い価格で取引されていた優れた区画!

平均樹齢60年!

粘土石灰質土壌

ブルゴーニュ・ルージュ(ドメーヌ・ド・ラ・ヴィエルジュ・ロメンヌ)の大分格上の銘柄となります

新樽比率約10%にて約13ヶ月熟成

『 貴重なドメーヌもの。力強く、かつエレガント。ブラックチェリーやブラックベリーなどの黒果物のニュアンス。 (輸入元資料より) 』




ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ブルゴーニュ・ルージュ(ドメーヌ・ド・ラ・ヴィエルジュ・ロメンヌ)’10

税別¥1900

<売り切れ>

※再入荷すると¥162値上がりします。

リアルワインガイド46号にて高評価される!

※リアルワインガイド46号に掲載されたワインと同じ銘柄です。




ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、サヴィニレボーヌ・ルージュ’07

特価・税別¥2600

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

77本完売!ありがとうございました~※再入荷すると’06に移行&¥648値上がり致します!

「2013.9月に試飲しました。この価格はすごい!人気ACブルあたりよりも安く、飲み頃ピーク頂上のスーボワ系の味わいが楽しめます。これ以上の向上はしないと思われる。酸もタンニンも丸く、軽く深みには欠けるが良質の熟成感を味わえます。ざっくり言えば熟成したメゾン・ルロワのブルゴーニュ・ルージュを小柄にした感じです。いくつかの食事には簡単に負けそうですが単体で飲んでも意外と飽きない感あります」

アルコール13%

平均樹齢31~55年

粘土石灰質土壌

4区画のブレンド

新樽比率約20%にて約15ヶ月熟成

年間生産量:わずか5,000本




ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ポマールプルミエクリュ・クロ・ブラン’07

超特価・税別¥4300

<売り切れ>おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
再入荷すると¥540以上値上がりしてしまいます。
’15を買うと税別¥6000です。

飲み頃問題ありません。さらにおいしくなっているはず!



「2013.9月に試飲しました。完全に村名の価格で1級畑が買えます。こちらは飲み頃だけれどもまだ向上する余地があり、飲み頃ピークには達していません。上記サヴィニ’07よりも明らかにコクとタンニン、骨格、余韻が上。これなら食事にも負けないと思われます」

アルコール13.5%

平均樹齢10~90年

粘土石灰質土壌

この1級畑の最大所有者です!

新樽比率約25%にて約18ヶ月熟成

年間生産量:9,000本


1963年設立

除草剤などは極力使用せず、自然に配慮した栽培をおこなう


蔵出しドメーヌ・デュ・シャトー・ド・ショレ

※全銘柄すべての値引き対象外となります。




↑’10は、わずかにラベル変更。ラベルに<シャトー・ジェルマン>の文字入り






 








2017/8/25(金)アップ~話題のドメーヌ・プランス・フローラン・ド・メロード’08

後継者がいない為、DRCに30年間の契約でコルトンを貸したドメーヌによる最後のヴィンテージ!



※画像は、コルトン・クロ・デュ・ロワ’08です。

 




DRCの名前でリリースされると品質も上がるでしょうが価格は数倍になります




ドメーヌ・プランス・フローラン・ド・メロード、コルトン・レ・マレショード’08

超特価・税別¥12000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

ルー・デュモン仲田さんも造っているエレガントな個性の特級畑
この畑はDRCに貸されていない

畑が優れていないからではなく、この畑はほかの造り手とのフェルマージュだからという理由です

’06 バーガウンド・コム 87~90点

’05 スぺクテーター94点





ドメーヌ・プランス・フローラン・ド・メロード、コルトン・クロ・デュ・ロワ’08

税別¥11000

<売り切れ>限定品!

粘土の豊富な褐色石灰質土壌から、コクのある長く熟成するワインが生まれる。キレイな酸とフィネスがあるタイプ

’07 ジャシス・ロビンソン17.5/20点

’06 バーガウンド・コム 88~91点

’06 スぺクテーター91点




ドメーヌ・プランス・フローラン・ド・メロード、コルトン・ブレサンド’08

超特別価格・税別¥8700

<売り切れ>限定品!

「2012.12月中旬に飲みました。縁がオレンジがかってきた中程度のルビー色。少しスモーク、ザクロ、ミネラル、胡椒などの香り。抜栓直後からすでに結構おいしく楽しめる。ややキレのある酸が清涼感を感じさせることと、予想より丸いタンニンのおかげで重くない味わい。うまみと深みは今後もっと向上する。抜栓の次の日もおいしい」

※ヴィンテージ表記のシールが取れてしまったボトル。その為、特価にしておりますが間違いなく2008年です

砂礫と鉄分を含む小さなウ―ライトが豊富で、赤い表土が広がる土壌。果実味豊かで品のある芳醇かつエレガントなタイプ

’07 ジャシス・ロビンソン17.5/20点

’06 バーガウンド・コム 89~92点



由緒正しき大公家

東向き斜面中腹という絶好の区画を所有、古樹が多い

2008年の11月からDRCがビオディナミを開始したが、既に畑の状態は良好で大きな変更をする必要がないほど手入れがされていたそうです

クライヴ・コーツ氏によると2002年から品質の向上がみられるそうです!

ワイン会などで話題の1本として面白そうですね


2011/10/5(水)アップ~蔵出しドメーヌ・デュブレール’09

要チェックの新ドメーヌ!

 



ラシーヌ輸入の限定品!



ドメーヌ・デュブレール、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・プィエ・ブラン’09(辛口白)

税別¥4200

<売り切れ>

バーガウンド・コム 89~91点

大分値下がりした’08からさらに9%値下がり!

さらに2011.10月にブルゴーニュ・ブラン・レ・ミルラン’09サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・プィエ・ブラン’08を試飲しました。どちらもやはり高品質でした。ミルランの方は、アフターにまだ少し樽が残るので1年寝かせたいところです。サヴィニ’08の方はよりミネラルもポテンシャルも上なのでバランス的に樽が強いということはなく、サヴィニ村トップクラスの白ワインの一つと言えそうです!



’07を飲んでかなり驚かされた銘柄&造り手です!

「<’07のコメント>リリースから数カ月後に飲みました。抜栓直後の低い温度では、樽香強めながらもピュアで上質。キレのある酸とミネラル。時間と共に温度が上がってくるとさらにバランスが向上して厚みも出てくる。過去に飲んだビーズさんの1級ヴェルジュレス・ブランよりも樽が強くキレがある。最初樽がもう少し弱い方が好みかなぁ~と思っていたが、思いのほか余韻が長く、杯が進む。ここまで味わいがよいと、この価格ならまったく文句ないですね。抜栓の2日後まで非常においしい。まったく無名でいきなりこの村最高レベルの驚くほど高い品質に仕上げてきたという印象!この造り手は要チェックです!」

’08 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版15/20点

’07 ワイナート54号 90点

’07 パーカー89点

’06 パーカー90~91点

樹齢56年

東向きの石灰質土壌

除草剤、化学肥料、殺虫剤はすべて不使用

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

特に白ブドウの早期酸化を防ぐため、25kgの小さい籠に手摘みで全ての区画の収穫を行います。通常アルコール発酵が始まるのを避けるため早朝に収穫し、よく冷えたカーヴに持ち帰ります。

収穫されたブドウは最低6人から15人の人々で選別を行います。白ブドウの腐敗果は房ごと廃棄します。ブドウは低い圧力でプレスし、10-12度における24時間のデブルバージュの後、重力の力で樽に詰めアルコール発酵を行います。

天然酵母で発酵。18ケ月樽(30%は新樽、アペラシオンによる)熟成後、瓶詰めに備え、澱引きを実施。

ワインは、瓶詰め前4~8週間前にステンレスタンクでアッサンブラージュ。
無濾過&無清澄。SO2極少



『 このドメーヌはいささか奇異で、アメリカ人のBlair Pethel(ブレール・プテル)が当主。ブルゴーニュのテロワールの深い豊かさ、ブルゴーニュワインに隠れた喜び、ブルゴーニュの熱烈な自然に魅了され、この地でワイン醸造を開始。消費者に、ブルゴーニュの土地の存在(畑の中、肩の上の太陽)を感じてもらうため、彼の全てのワインがリスペクトされ、生まれたその土地をうまく表現するのを確認するのが、ヴィニュロンとしての自分の仕事だと考えている。

彼のように、ワインに魅了されブルゴーニュへやってくるアメリカ人はあまりいない。1980年に、初めてブルゴーニュへ来た時、彼の情熱が開花。サバティカル休暇(長期休暇)をとり、1999年に収穫を体験するまで、年に数回この地を訪れることはすべてが初めてのことだった。彼は、ワシントン,D.C.とロンドンで政界ジャーナリストをしていたが、この経験後、いつどのようにヴィニュロンとして居を構えられるか、ということだけを自問していた。

その後、2003年に家族とともにこの地へ来て、2004年にワインの世界へ。そこではボーヌの農業高校にも通い、運よく幾人かの偉大なコートのヴィニュロンと出会う。Premeaux-Prissey(プレモー=プリセイ)のPatrice Rion(パトリス・リオン)、Chassagne-Montrachet(シャサーニュ=モンラッシェ)のJean-Marc Pillot(ジャン=マルク ピロ)、とりわけ彼らのお陰で、リスペクトの念、配慮を持ち、畑とワインの仕事をするということを学ぶ。畑の仕事から、ブドウの購入先、カーヴにおける全てのことに同じ注意を払っている。

また、ブドウ栽培においては、ブルゴーニュワインの全ての豊かさ、広がり、深さとは、テロワールからブドウを通じやってくると考える。出来るだけよい条件で、ブドウが栄養、ミネラル、限りないその変化を探せる状態にすることがヴィニュロンの仕事だと確信している。そのため、ドメーヌ デュブレールでは、この目的に到達するため、常に土壌とブドウをリスペクトし働いている。

現在、このドメーヌは小さい規模ではあるものの、ワインからすればそうではないといえる。特別を追い求めドメーヌを拡大しようとは思っていない。 (輸入元資料より) 』

 

2017/5/19(金)アップ~蔵出し超特別価格ドメーヌ・ミッシェル・エ・ジョアンナ・エカール’14

モーリス・エカール時代よりも小規模でややエレガントとなった!

 

 


5年ぶりの入荷ですが、在庫限りで
無理やり’08と同じ価格を実現してみました~!
お早めにどうぞ!




ドメーヌ・ミッシェル・エ・ジョアンナ・エカール、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・セルパンティエール・ルージュ’14

超特価・税別¥3500

↑ 33%OFF

輸入元定価・税別¥5200

<売り切れ>

Wine Enthusiast 90点(2020~)

ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 17/20点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

アルコール13%

5つのプルミエクリュを所有しているが、最も重要な畑はペルナン・ヴェルジュレス側のプルミエクリュであるこの「セルパンティエール」。 『表土が薄く石灰が豊富でこの区画では比較的重い土壌。南向きなので日照量も多い。ニュイのような上品さに高い樹齢の重厚感が加わる』 芳香に優れ、骨格もある。最も重要なワイン。樹齢は80年、65年、50年。中腹部の最良区画に1haを所有している。 『樹齢の高いこの畑の葡萄は結実不良が多く出る。ワインは凝縮度が高まる』

’12 パーカー91点





ドメーヌ・ミッシェル・エカール、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・セルパンティエールVV・ルージュ’09

超特価・税別¥3200

↑ なんと53%OFF!!!

輸入元定価・税別¥6800

<売り切れ>

スぺクテーター89点(2013~2020年)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17/20点

アルコール13%



ドメーヌ・ミッシェル・エカール、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・セルパンティエールVV・ルージュ’08

超特価・税別¥3500

↑ 42%OFF

輸入元定価・税別¥6000

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2011.2月に飲みました。紫がかった’08としては少し濃いルビー色。樹齢の高そうなやや深い黒い実果実にプラム、スパイス、溶け込んだ樽、ミネラル(鉄サビ系は控えめ)などの予想よりややフローラルな非常によい香り。’08としては果実味豊かな方で、酸は’08らしくしっかりしている。アフターにかけてじわ~っと強いミネラルとうまみが広がる。樹齢の高さは深みよりも味わいのミネラル感によく表現されているようです。決して軽くはない’08で、予想より力強さを感じました。飲み頃NOW~。抜栓の次の日もおいしい。この超特価なら間違いなく価格を超えた満足度を楽しめます」

アルコール13%

84本完売!!!ありがとうございました~※再入荷不可能!

樹齢50年!

手摘み、100%除梗

新樽比率約25%で約11ヶ月熟成

香り高く、リッチな果実味+しっかりした酸で余韻が長く、熟成も可能なサヴィニを代表する1級畑

’05に世代交代してから少しずつ品質向上し、’08は大成功とのことです!

『 かの有名なサヴィニーの造り手、「モーリス・エカール」が世代交代を経て登場です!テロワールが表現された美しいハーモニーのような造りに、滋味あふれる果実味が加わり進化したドメーヌの味わいを是非ご賞味あれ! (輸入元さんコメント) 』

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)、MVF(旧クラスマン)、ブルゴーニュ・オージョルディーなどで近年から高評価されています



サヴィニーの歴史 1789年、「エカール家」が「サヴィニー・レ・ボーヌ」に移住。その後200年に渡って「サヴィニー・レ・ボーヌ」でワイン造りを行ってきた。

「ミッシェルの」父「モーリス・エカール」は「サヴィニー・レ・ボーヌ」の父とも呼ばれ、名実共にこの地域のトップ生産者であった。 『ミッシェル・ベタンヌ、パーカー、ジャンシス・ロビンソン等が高く評価。サヴィニー・レ・ボーヌでも偉大なワインが造れることを証明した』 ロバート・パーカーでは「サヴィニー・レ・ボーヌ」最高の4つ星評価。マット・クレイマーは「サヴィニー・レ・ボーヌ」を代表する造り手と紹介した。 『父のワインがサヴィニーを変えた。少し高い発酵温度で凝縮した果実と鮮烈な果実香。父と共に働きワイン造りを学んだ』 息子「ミッシェル」は父親の下で働きながら、ワイン造りを学ぶが、

「モーリス」は相続税の関係でドメーヌの売却を決断。 一部の畑を残して醸造所もムルソーのネゴシャンに売却してしまう。 『200年続いたモーリス・エカールはその名称ごとメゾン・ジャン=バティスト・ベジョに売却された。ベジョはモーリス・エカールというブランドの使用権が欲しかったのだ』 ベジョ社はその後も「モーリス・エカール」の名前でワインを販売し続けたがワインは別物だった。

『父親の名前を汚されているようで許せなかった。モーリス・エカールは名乗れないが、エカールのワインを復活させようと決めた』 父モーリス・エカール 2004年「ミッシェル」は妻「ジョアンナ」とドメーヌを設立。「モーリス」が残した1/3の畑を使ってワイン造りをスタートさせた。

『2005年から少しの畑とフェルマージュで得た畑を使って少量ずつワイン造りを開始。新樽も買えなかったので古バリックでのスタート』 設備の整った「モーリス・エカール」とは違い、少量の葡萄を古いバリックで発酵。圧搾機やポンプはワイン造りを引退したお年寄りに借りた。 『古いバリックでの発酵は今もそのまま。バトナージュは1回/日。サヴィニーらしい優しさに輪郭を足していく感じ』 父「モーリス」の時代と違い小規模なのでダイナミックさには欠けるが正確で丁寧なワイン造りを心掛けている。全て手作業。 『フォークリフトも無かった。


ビーズさんとの思い出
手作業でワインを出荷していたらシモン・ビーズの故パトリック・ビーズが従業員を連れてきて何も言わずに手伝ってくれた』 厳しい時代を周辺の造り手「パトリック・ビーズ」や「フィリップ・ジラール」「ヴァンサン・デュルイユ」が助けてくれたのだそう。 『パトリックはこのConard(馬鹿)を手伝え、と自分の従業員に言った。口は悪いが優しい人だった。今でも忘れられない』


正確で抜け目の無いワイン 全ての畑は「リュット・レゾネ」が採用されている。勿論、除草剤等は一切使用しない。


 

2012/9/10(月)アップ~蔵出し特価ジャン・マルク・ミヨ’10

 


ジャン・マルク・ミヨ、サヴィニレボーヌ・ルージュ’10

特別価格・税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 88点

「2012.9月に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。スミレ、甘酸っぱい赤い実の果実、ミニトマト、梅しそ、胡椒、ミネラルなどのやや華やかなよい香り。ややキレのある酸が清涼感を表現して、あと少しで溶け込むタンニン、うまみも半分くらい?表現されておりよいバランス。酸もタンニンもとがっていない丸い全体像。飲み頃NOW~だが、1年後の方がより楽しめそう。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%


ジャン・マルク・ミヨ、ブルゴーニュ・ルージュ’09

税別¥2800)

<売り切れ>

バーガウンド・コム 84~87点

アルコール12.5%

再入荷不可能!

’05が香りも良くなかなかおいしかったです

 

ジャン・マルク・ミヨ、サヴィニレボーヌ・ルージュ’09

特別価格・税別¥3200

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’07からなんと17%値下がり!

バーガウンド・コム 86~88点

24本完売。ありがとうございました

「2011.6月に飲みました。明らかに’09の成功例!紫の弱いやや明るいルビー色。意外にもすでに香りが開いており、リリース直後に’07を飲んだ時よりも香りが開いて味わいも整っている。イチゴなどの赤い実の果実+オレンジ果汁、花、ミネラルなどのよい香り。例年よりもわずかに果実味豊かで酸は決して低くない。タンニンがすでによく溶け込んでおり、現時点でとてもよいバランス飲み頃NOW~。程よいうまみで、この価格なら満足度が高い。やはりこの造り手は香りがよい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%

サヴィニー・レ・ボーヌのいくつかの畑(ゴラルドゥ、レ・ヴェルモ・ドゥッスとオー・フルシュー)から造られる

数年前より新樽比率をより低くしており、この畑も新樽不使用のようです

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

「2009.4月に’07を飲みました。それほど期待していなかったのですが、予想以上でした。紫がかった明るいルビー色。花束、ドライフラワー+柑橘類(特にオレンジ)の香り主体で、シャンボール好きに受けること間違いなしのフローラルな非常によい香り。他に赤い実の果実、ミネラルの香りも。ブルゴーニュ・ルージュ’05を飲んだときと同じく、赤い実の果実香に花とオレンジ(熟成香に多いオレンジの皮ではなく、フレッシュなオレンジ・ジュース的な香り)の香りが混じった特徴的なよい香りがひとつの個性と言えそう。やや穏やかな果実味、ちょうどよい酸、まだごくわずかにざらつくタンニン。今は程よいうまみだが、熟成でうまみ増すはず。飲み頃は2010年~だろうか?抜栓の次の日も非常においしい。少しうまみ増してバランス向上。タンニンも丸くなった。この状態なら飲み頃NOW~と言えそう。抜栓の2日後もほとんど落ちずに楽しめる」

 

『 低収量による濃厚な舌触りと風味がすでに見受けられるよく熟したブドウを使い、抽出し過ぎないように細心の注意を払って扱われます。まだ日本ではあまり知られていない小さなドメーヌですが、ピノ・ノワールの真髄である可憐で優雅な香りはまさに「香りの魔術師」と呼ぶにふさわしく、ピノ・ノワールのファンに強くお薦めしたいワインです。(輸入元資料より) 』


2022/9/24(土)アップ~蔵出しドメーヌ・ラフージュ’17ポマール・レ・ノワゾン最後の再入荷!

今時この価格でこの高品質!バランスよくすぐ飲める!











 


「価格的に高すぎず、かつ品質もいいワインをもっと探してほしい」とのリクエストを常に受け続けている輸入元仕入れの担当者がある時、トロ=ボーのナタリー・トロさんにふと相談をしました。「私のいとこがオーセイ村でいいワインを造っているから興味があれば紹介するけど、ただ、訪問してくれても案内するだけのストックがあるかどうかは分からないのよ。それでもよかったら。」と言う事で、紹介を受け、訪問をし、試飲をさせて頂きました。素晴らしい品質ではあったのですが、その時の現行Vtはあの収量が少ない2016年。供給可能になった際には分けて頂く約束をしてドメーヌを後にしたそうです。そのドメーヌの名はラフージュ。今回初の入荷です!

ラフージュ家はオーセイ・デュレス村にて何世代にもわたりワイン造りをしてきました。現在当主のジル・ラフージュが父ジャン、息子のマキシムと3世代で運営しています。このように始祖であるフランシス・ラフージュからのワイン造りの伝統が受け継がれています。収穫は手摘み。それを振動選別機と人手で行う選別台で選り分けます。赤の醸造はほぼ毎年100%除梗。ただし1級では10~20%の全房を使用する事もあります。低温浸漬、樽熟12か月(25%新樽)の後、コラージュ、フィルターがけをせず瓶詰めを行います。白はプレス後、ジュースはタンクに入れ24時間かけてデブルバージュし、翌日樽に入れ(20%新樽)発酵させます。その後12か月樽熟させ、澱引き後、アッサンブラージュして6か月タンク熟成。コラージュと軽くフィルターをかけ、瓶詰めを行います。ACオーセイ・デュレスでのワイン造りに情熱を持っており、飲み比べるとクリマ毎個性がはっきり分かります。ぜひお試しください。
(輸入元資料より)






LAFOUGE, Auxey-Duresses 1er Les Duresses Rouge '17

ドメーヌ・ラフージュ、オークセデュレスプルミエクリュ・レ・デュレス・ルージュ’17

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税別¥4300

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー93点!(William Kelley)

36本完売。ありがとうございました~※再入荷不可能!

「2019.9月中旬に飲みました。ごくわずかに紫がかったやや明るい中程度のルビー色。ブルゴーニュ・ルージュ’17よりも明らかに果実・厚み・ミネラル・骨格・深み増すが、意外なことにクラシックではあってもすでに固くなく、本格派の雰囲気はありながらも非常にシルキーな味わい。余韻は『 長さよりもフィネスが際立つ 』タイプ。まぁ伝わりやすい言い方をすればシャンボール的ということです。とても控えめな樽、ウーロン茶などの中国茶や鉄っぽさを含むミネラル。艶のあるエレガンスがある。うまみが多く、決して重くはない飲み頃NOW~。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%

’16 デカンター・オンライン92点!




LAFOUGE, Auxey-Duresses 1er Les Ecusseaux Rouge '17

ドメーヌ・ラフージュ、オーセイデュレスプルミエクリュ・レ・ゼキュソー・ルージュ‘17

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税込¥4730(税別¥4300)

<売り切れ>絶対おすすめ!

※すでに再入荷不可能!

ワイナート99号 90点
(1万円で買える!ワイナート・デイスターが選ぶ
ブルゴーニュ・ピノノワールベスト3に選ばれる!)

パーカー88~90点(William Kelley)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2020.6月中旬に飲みました。明るいルビー色。アタック~中域までは非常にやさしいエレガントな味わい。アフターに少しタンニンのグリップとミネラルが出てきて意外にコクもある。ピュアでキレイな赤い実の果実、ウーロン茶などの香り。薄いようでいて味のある飲み疲れないがぶ飲み可能な非常に良いバランス。ちょうどよい酸、程よいうまみ感。食事と合わせて特に生きる(食事とワインの両方がさらにおいしくなる)ワイン。レ・ゼキュソー’17も全然おいしいんだけどなぁ~。デュレス’17との大きな点数の差がちょっと謎?抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール%
ムルソー側に位置する1級畑でデュレスよりも粘土が多い土壌




栽培は基本的にリュット・レゾネ、もしくはリュット・ビオロジック


2/4(日)アップ~蔵出しトロボー’21上級品

10/31(火)アップ~蔵出しトロボー’21ブルゴーニュ・ルージュ

’21もリアルワインガイド83号にて絶賛されました~!

11/6(日)アップ~蔵出しトロボー’20

’20もリアルワインガイド79号にて大絶賛されました~!

’19もリアルワインガイド76号にて大絶賛されました~!

10/4(金)アップ~蔵出しトロボー’17ラヴィエール

’17が、リアルワインガイド67号にて絶賛される!

※全銘柄がすべての値引き対象外となります。

 




当店扱いのトロボーは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品!

23年以上前から扱っているので、やっと絶賛されるときが来たかぁ~という気持ち

2014年以降はブドウにストレスを与えない
グラヴィティーフロー導入




ナタリー・トロさん画像




トロボー、ブルゴーニュ・ルージュ‘21

税込¥5500 税別¥5000

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品!24本完売。ありがとうございました

※すでに再入荷不可能!

ジャスパー・モリス 87~88点

バーガウンド・コム 87点
(Outstanding Top Value!)


スペクテーター88点

「2023.10月下旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや明るいルビー色。冷涼感のあるエレガントな味わいの飲み頃NOW~。果実味は決して弱いわけではなく’21ならではのみずみずしく繊細な感じが白ワイン的ミネラリーな味わいになっており、もともとの旨味や余韻、味付きに優れているのでとても良いバランス。すでによく溶け込んだ樽とタンニン、赤い実の果実+中国茶系ミネラルのよい香り。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%




トロボー、ブルゴーニュ・ブラン‘21(辛口白)

税込¥6600 税別¥6000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

ジャスパー・モリス 87~88点




トロボー、ショレ・レ・ボーヌ‘21

税込¥6600 税別¥6000

<あと3本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

ジャスパー・モリス 88~90点

VINOUS 85~87点

バーガウンド・コム 88点
(Outstanding!)


スペクテーター89点




トロボー、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ラヴィエール‘21

税込¥9900 税別¥9000

<あと1本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

ジャスパー・モリス 88~90点

VINOUS 88~90点

バーガウンド・コム 91点
(Outstanding!)


スペクテーター92点




トロボー、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・シャン・シェヴレ‘21(モノポール)

税込¥9900 税別¥9000

<あと5本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

ジャスパー・モリス 89~91点

VINOUS 88~90点

バーガウンド・コム 91点
(Outstanding!)






トロボー、コルトン‘21

税込¥26400 税別¥24000

<あと6本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様2本までとさせていただきます。

スペクテーター94点

ジャスパー・モリス 90~93点

VINOUS 91~93点

バーガウンド・コム 93点!


※コルトン・ブレサンド’21が少なすぎて、このコルトンに全量格下げしてブレンドした年!!!







トロボー、ブルゴーニュ・ルージュ‘20

税込¥4730 税別¥4300

<売り切れ>限定品!

※すでに再入荷不可能!

バーガウンド・コム 88点

VINOUS 85~87点





トロボー、ショレ・レ・ボーヌ‘20

税込¥5500 税別¥5000

<あと8本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

スペクテーター91点

ジャスパー・モリス 85~87点

VINOUS 88~90点

バーガウンド・コム 89点(Outstanding!)





トロボー、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ラヴィエール‘20

税込¥7700 税別¥7000

<あと2本>超限定品!

スペクテーター90点

ファルスタッフ 92点

ジャスパー・モリス 87~90点

VINOUS 87~90点

バーガウンド・コム 89点





トロボー、コルトン‘20

税込¥24200 税別¥22000

<あと2本>超限定品!

ジャスパー・モリス 91~93点

VINOUS 93~95点!!!

バーガウンド・コム 89点


スペクテーター95点!
(2026~2042年)





トロボー、コルトン・ブレサンド‘20

税込¥24200 税別¥22000

<あと5本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
他のトロボー(どれでもOK)を最低1本以上ご注文お願い致します。

ファルスタッフ 95点!!!

最新ジャスパー・モリス 92点!
(2023年9月試飲)

ジャスパー・モリス 89~93点

VINOUS 90~92点

バーガウンド・コム 90点


スペクテーター96点!
(2027~2045年)


リアルワインガイド79号 95・97+点!!!






トロボー、ボーヌプルミエクリュ・クロ・デュ・ロワ・ルージュ’19

税込¥9460(特価・税別¥8600)



輸入元定価・税込¥12,320

<売り切れ>限定品!

※すでに再入荷不可能!

スペクテーター・オンライン95点!!!
(2025~2042年)

バーガウンド・コム 90点


リアルワインガイド76号 93・94点!

クロ・デュ・ロワはかつてフランス国王が所有していたとされる1級畑。王のワインのわりにエレガント系。最もサヴィニー寄りに位置し、香り高く、タンニンのキメは細かく、スムースな飲み心地のワイン。若いうちから心地よく楽しめる。
(輸入元資料より)






’18もリアルワインガイド72号にて絶賛される!


トロボー、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ‘18

税込¥8470(税別¥7700)

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

ジャスパー・モリス 91点

バーガウンド・コム 92点(Sweet Spot Outstanding!)

最新VINOUS 92点!
(ニール・マーティン、2022年11月試飲)

VINOUS 88~90点





トロボー、ショレ・レ・ボーヌ‘17

税別¥4300

<売り切れ>絶対おすすめ!

スペクテーター90点(NOW~2025年)

バーガウンド・コム 88点

VINOUS 88~91点

輸入元担当者さま絶賛の1本!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2020年度版14.5/20グラス

リアルワインガイド67号 90・90+点!

41本以上完売。ありがとうございました

「2019.10月上旬に試飲しました。他の生産者と比べてあまり値上がりしない優良かつ良心的な生産者。’06から村名ショレ・レ・ボーヌの一部をACブルに格下げしてブレンドしていることで両方の銘柄の品質をさらに高めている。完全に飲み頃NOW~の複雑エレガント、うまみとミネラルに溢れた理想的な味わい。中国茶やダージリン的な香りを含みややフローラルもありつつ、低くはないが丸い酸とタンニン。まったく固くないが緩くもない」

アルコール13%




トロボー、ブルゴーニュ・ルージュ‘17

税込¥3740(税別¥3400)

<売り切れ>絶対おすすめ!

ワイン&スピリッツ誌 87点

バーガウンド・コム 87点

VINOUS 85~87点


※すべての値引き対象外となります。

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
リリース直後は<お一人様1本まで>で販売していましたが、運よくまた手に入りましたので本数制限なしとさせていただきます。このチャンスにぜひお試しください!!!

178本完売!!!ありがとうございました

「2019.7月上旬に飲みました。他の生産者と比べてあまり値上がりしない優良かつ良心的な生産者。’06から村名ショレ・レ・ボーヌの一部を格下げしてブレンドしていることで両方の銘柄の品質をさらに高めている。縁が紫がかったとても明るいルビー色。バラ、中国茶、熟成香ではない森、ダージリン、酸化ではないヨード、胡椒、ミニトマトなどのまだ少し閉じ気味でも複雑なよい香り。色の印象よりも味はしっかりしており、やさしいようでいて意外に骨格とグリップ、重心の低さがあり、ややクラシックなよいワイン。飲み頃NOW~で少し熟成も可能。食事なしで飲み続ける場合のみアフターに少し残るタンニンが少し固さを感じさせると思われる。鼻に抜ける茶葉の風味が心地よい。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまったく落ちないどころか少しうまみ増した。抜栓の3日後も非常においしい。まったく飽きの来ない味わいで、紅茶や中国茶の愛好家の方にもおすすめできそう」

アルコール13.5%




トロボー、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ‘17

税込¥9350(税別¥8500)

<あと12本>限定品!

ジャスパー・モリス 92点!

スペクテーター・オンライン93点
(2022~2038年)


ワイン&スピリッツ誌 91点

バーガウンド・コム 91点

VINOUS 89~91点


リアルワインガイド67号 92+・93点!

「2021.7月初旬に飲みました。同時に飲み比べる機会をいただいたボーヌプルミエクリュ・クロ・デュ・ロワ’17よりもグレーヴ’17の方が明らかに味付きしっかりで、おいしくバランスも良いのですが、今開けると少し凝縮感と深みに欠ける印象があり、多少グリップ感と骨格はあるので2年後くらいにもう1度試してみたいところ。あと少しで溶け込む程よい樽。旨味とミネラルは低くなくタンニンの質もよい。抜栓の次の日には旨味が増して少し向上。抜栓の2日後もおいしい。縁がピンクがかり始めた中程度のルビー色。樽のコーヒーと焼き栗が心地よく、クロ・デュ・ロワ’17よりも黒い実の果実香が主体で、重心も低め。なめらかで少しほろ苦いコク。おいしいんだけど、ブルゴーニュ・ルージュ’17とショレレボーヌ’17が素晴らしすぎたのでもっとおいしいことを期待していた。抜栓の4日後もおちない!」




トロボー、コルトン‘17

税込¥18700(税別¥17000)

<あと5本>超限定品!

スペクテーター94点!(2023~2042年)

VINOUS 89~91点

ワイン&スピリッツ誌 90点

バーガウンド・コム 92点


リアルワインガイド67号 94+・95+点!!!



トロボー、コルトン・ブレサンド‘17

税込¥19250(税別¥17500)

<売り切れ>超限定品!

ジャスパー・モリス 92点

スペクテーター95点!(2023~2045年)

最新VINOUS 92点
(ニール・マーティン、2022年1月試飲

VINOUS 91~93点

バーガウンド・コム 93点!


MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

リアルワインガイド67号 95・96点!!!

『 コルトンでも東向きの斜面中腹に位置し、クロ・デュ・ロワとともに優れた区画とされるブレッサンド。クロ・デュ・ロワほど厳しいタイプではなく、リッチでふくよかなボディを特徴とするエレガントさ。ラズベリー、グロゼイユ、ダークチェリー、カシスなど赤い果実、黒い果実の香りが混ざり合い、トロ・ボーらしさが前面に出ている。 (輸入元資料より) 』




トロボー、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ルージュ‘16

税込¥7150(税別¥6500)

<売り切れ>限定品!

※試飲しようと思ったら、もう再入荷不可能でした、、、

パーカー90~92点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

VINOUS 89点

デカンター・オンライン89点


リアルワインガイド63号 91・93+点!(2022~2048年)

あまりの被害で、1級をブレンドしたこの銘柄のみのリリースとなりました。
ちなみにボーヌ1級も同じくブレンドのみのリリースです。

 

 

よく東京のお客様に、『こんなにトロボーが人気がないのは北海道(札幌)ぐらいだよね』と言われます。ホントに何故でしょう?ぜひ1度お試しください

家族経営、オフヴィンテージにも強い

除草剤を使用せず、無清澄、フランスの3つ星レストランでも必ずといっていいほどオンリストされている

 


蔵出しトロボー

 

 

 

「家族ドメーヌのひたむきで真摯な姿勢(ワイン王国17号、ジャッキーリゴーが選ぶブルゴーニュワインベスト51より)」

パーカー4つ星生産者。普通、プルミエクリュやグランクリュがもてはやされますが、トロボーは下のクラスが高評価!’99からボトルが変わった。家族経営で、除草剤を使用せず、無清澄、新樽比率高め。フランスの3つ星レストランでも必ずといっていいほどオンリストされている

パーカーポイントが低く、相当おいしく、価格が上がりすぎていない優れた造り手の一人!パーカーポイントが低いから、エレガントで軽めのワインだと思ったら大間違い!濃縮感があり、かなりのポテンシャルがあります


2024/4/20(土)アップ~蔵出しアルベール・モロー’19トゥーロン

2024/3/10(日)アップ~蔵出しアルベール・モロー’12貴重なバックヴィンテージついに最後の再入荷!

2021/6/25(金)アップ~蔵出しアルベール・モロー’05貴重なバックヴィンテージ

2017/12/20(水)アップ~蔵出しアルベール・モロー’12ラ・バタイエール・オー・ヴェルジュレス

飲み頃入口付近でバランスも秀逸!

100%ラックコーポレーションさんの蔵出し正規品!

 

 

 

2000年から世代交代、選果台や新しいプレス機の導入~2001年から除草剤廃止

昔より少し早くからバランスよく楽しめ、かつ昔同様真に長熟可能なタイプ

日本で何故か?いまだに過小評価されている優れた生産者のひとり!

’05以降は、昔の造りとは変わって果実味とエキス感が少し強くなり濃密かつ滑らかな印象

ドメーヌでは2009年からビオロジック栽培を実施。唯一、マルコネの畑だけがトラクターのアクセスの関係からビオロジック栽培が難しかったが、小型のトラクターを2011年に導入し、このクリマもビオロジックが可能になった。




Albert MOROT, Beaune 1er Cru Teurons Rouge '19

アルベール・モロー、ボーヌプルミエクリュ・トゥーロン’19

税込¥7150 税別¥6500

<あと13本>絶対おすすめ!
超限定品!

Wine Enthusiast 95点!!!
(Editors'Choice!)

VINOUS 87~89点
(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 93点!!!
(Sweet Sopt Outstanding!)


「2024.4月中旬に飲みました。あと少しで縁がオレンジがかってきそうな中程度のルビー色。すでにうっすら色気のある赤い実と黒い実の果実香、昔より弱い樽香、甘草、ビターチョコレート、スパイスなどのうっすらブランデー香に似た風味も含まれたよい香り。味わいは香り以上になめらかソフトでエキス感とみずみずしさをキープした今のスタイルとなっており、熟した果実味に低くない酸とミネラル、タンニンの質が極めてよい。ピュアなエキス系に移行途中?という印象。とにかく味わいの抽出とほろ苦さが明らかに控えめになっており、甘旨感が楽しめる飲み頃NOW~。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール13.5%
ABマーク、ユーロリーフあり!

0.99haの所有

トゥロンは著名なグレ―ヴの南に隣接するボーヌの1級畑。グレ―ヴよりも斜面は緩やかだが、モロの畑は樹齢50年の古木。ボディに厚みのあるワインを生み出す。ラズベリーや赤スグリなど赤い果実の香りがストレートに感じられ、力強さと繊細さを併せ持つ。




Albert MOROT, Beaune 1er Cru Aigrots Rouge '12

アルベール・モロー、ボーヌプルミエクリュ・エグロ・ルージュ’12

税込¥6600 超特価・税別¥6000

<あと6本>おすすめ!

Wine Enthusiast 94点!!!
(Cellar Selection!)

VINOUS 90点
(ステファン・タンザー)

スペクテーター90点

バーガウンド・コム 89点


MVF(旧クラスマン)2015年度版 15.5/20グラス

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
78本完売!!!~※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

2年以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2022.1月中旬に飲みました。縁がオレンジがかった中程度のルビー色。きのこ類、土、うっすらスモークとベーコンの脂、なめし皮、ドライフルーツの熟成香。酸とタンニンは低くなく、クラシックで重すぎないバランス、一見地味で落ち着いた飲み頃と言ったイメージだが、赤身肉と合わせると俄然相乗効果が出そうなワイン。使い方次第のバックヴィンテージ。抜栓の2日後までわずかに向上してゆく」

アルコール13%

クロ・デ・ムーシュの北に隣接する、ボーヌ1級のエグロは、クロ・デ・ムーシュがそうであるように、赤も白も良質のワインが生み出される。赤い果実のピュアな風味と繊細なタッチの味わいが楽しめる。
(輸入元資料より)






アルベール・モロー、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ‘08

税込¥7700 税別¥7000

<売り切れ>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

バーガウンド・コム 88点

「2022.4月上旬に飲みました。縁がレンガがかりはじめて中心もオレンジがかった中程度のルビー色。スーボワ、干しイチジク、鉄サビ系ミネラルなどの熟成感たっぷりのよい香り。果実味とコクが予想よりしっかり残っており、熟成感となめらかさはありつつもまだ多少力強いおいしさ。酸とタンニンだけが目立つバランスの悪い古酒とは全く違う。まだまだ熟成も可能。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしいが昨日までの方がわずかにバランスが上だったと思う」

アルコール13%




アルベール・モロー、ボーヌプルミエクリュ・トゥーロン’05

税込¥12100(税別¥11000)

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

※もちろん再入荷不可能!

パーカー90~91点

VINOUS 92点

バーガウンド・コム 92点!(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)16/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)18/20点

10年くらい前に飲んで素晴らしかったです。もの凄い人気でリピーター続出でした!




アルベール・モロー、ボーヌプルミエクリュ・ブレサンド’05

税込¥12100(税別¥11000)

<売り切れ>超限定品!

※もちろん再入荷不可能!

パーカー91点

VINOUS 93点!!!

バーガウンド・コム 89点


MVF(旧クラスマン)16.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)19/20点!







Albert Morot, Savigny-les-Beaune 1er Cru
La Bataillere Aux Vergelesses '12 (Monopole)

アルベール・モロー、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ラ・バタイエール・オー・ヴェルジュレス・ルージュ’12(モノポール)

税込¥5500(超特価・税別¥5000)

<売り切れ>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。

スペクテーター89点

ワイン&スピリッツ誌 88点


最新インターナショナルワインセラー88点

最新バーガウンド・コム 90点(Issue 58)


バーガウンド・コム 87~89点(Issue 54)

MVF(旧クラスマン)2015年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版15.5/20点

4年以上経過してかなりおいしくなっているはず!



「2017.9月中旬に飲みました。まだ少し固いくらいの時期かと思いきや、予想以上に香りが開いて、非常に良い香り。味わいも充分に飲み頃NOW~と言える状態で、この’12は例年より早熟だと思われます。やや複雑な赤い実主体の果実、中国茶などのミネラル、樽は控えめ。’05の頃よりもクラシックな造りに感じられ、バランスよく酸もタンニンもちょうどよい。そして余韻が長め。モンティーユさんのボーヌ1級シジー’11の方が香りに華やかさがあるけど、こちらにはよい落ち着きがある。値上がりの少ないいい生産者だなぁ~としみじみ思う」

アルコール13%




アルベール・モロー、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ラ・バタイエール・オー・ヴェルジュレス・ルージュ’09(モノポール)

超特価・税別¥4000

<売り切れ>

最新インターナショナルワインセラー87点

最新バーガウンド・コム 89点


MVF(旧クラスマン)2011年度版14.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版15/20点

64本完売!!!ありがとうございました

平均樹齢40年

優れた1級畑オー・ヴェルジュレス内の最上の区画1.8ha!

『 バタイエールはオー・ヴェルジュレスの中に位置するアルベール・モロのモノポール畑。以前は石垣に囲まれており「クロ・バタイエール」と呼ばれ、1855年にドクター・ラヴェルがサヴィニーにおける最高の畑と記している。とても香り高く、ラズベリーや赤スグリのチャーミングなフレーバーがあり、繊細さと力強さを兼ね備えている。 (輸入元資料より) 』






アルベール・モロー、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ’06

税別¥5500

<売り切れ>限定品!

※’06は再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。

『 ボーヌのど真ん中に位置する1級畑であり、まさにボーヌ最高の区画。傾斜が強く、土壌は酸化鉄を含んだ赤い粘土。リッチで厚みがあり、ストラクチャーのしっかりした赤ワインとなる。モロがこの区画に所有するのはわずか0.12ha。年に2樽しか出来ない。 (輸入元資料より) 』

’06は100%徐梗

温度調節式ステンレスタンクにて最高32度で約20日間醗酵

天然酵母

熟成期間 14ヵ月

無ろ過

所有面積 0.12ha

粘土石灰質土壌

平均樹齢 20年

密植度 1000本/ha

平均年間生産量:わずか600本

低収量35hl/ha

手摘み

ビオロジック

 

 

 

基本的に樹齢約40年以上&低収量30~35hl/ha以下!

100%除梗、野生酵母使用、新樽約30%で1年~1年半熟成、ノンフィルター

スティーブンタンザーの飲み頃飲み得ワインガイド、コートドール地区の中で上から2番目に取り上げられている造り手

「ボーヌで最高のプルミエクリュのいくつかから、堅固にまとめられた一貫性のあるワインを造る。まさにお買い得。(スティーブンタンザー)」

「平均樹齢はゆうに45年を越えるという次第で、このドメ―ヌは古樹、低収量、伝統的な手法を信条にしている。一級畑のまっとうなボーヌワインを入手するのに絶好のドメ―ヌ。芳醇さと余韻が卓越したワインで、10~15年の熟成が可能な数少ない真正のボーヌワインである(R・パーカー)」


3/19(日)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・デ・クロワ’20

ミュニュレ・ジブールがボーヌを造ったらこうなりそうというエレガントで透明感のあるスタイル。香りはやや華やか、味わいはややクラシック

リアルワインガイド56号、44号、35号、31号にて絶賛されました!

※全銘柄すべての値引き対象外となります。クロワのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

 









 

 

 

 

 

 

すべてラシーヌ輸入の限定品!

世界中で急激に評価を高めている人気生産者!

’05が初ヴィンテージの新ドメーヌ

前ヴィンテージもすぐに完売でした

’08もラシーヌさんが、蔵元でネゴシアンものを含め、全ラインナップを試飲した際にかなり素晴らしかったそうです!

MVF(旧クラスマン)2011年度版にて
1つ星 → 2つ星生産者に昇格!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版にて
2つ星 → 3つ星生産者に昇格!




すでに’19’20全銘柄再入荷不可能!!!









※全銘柄すべての値引き対象外となります。クロワのみのご注文は、ご遠慮いただいております。




ドメーヌ・デ・クロワ、ボーヌプルミエクリュ・ペルテュイゾ・ルージュ’19

税込¥17600 税別¥16000

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

最新パーカー92点
(William Kelley、2022年1月試飲)


VINOUS 92~94点
(~gorgeus.ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)

ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点!

ジャスパー・モリス91~93点!


品種:ピノノワール100%
植樹:1971年、1987年
土壌:下層にジュラ紀の石灰岩、上層
40~50cmは茶褐色の粘土質土壌

排水溝を意味する区画名だが、斜面の下の方の区画というわけではなく、緩やかな斜面の中腹にある。同じ斜面の下方には1級畑のテュヴィランがある。




ドメーヌ・デ・クロワ、ボーヌプルミエクリュ・レ・サン・ヴィーニュ・ルージュ’19

税込¥16500 税別¥15000

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

VINOUS 90~92点
(~beautiful.ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88~90点


MVF(旧クラスマン)2022年度版 95点!!!

ジャスパー・モリス88~91点

品種:ピノノワール100%
植樹:1956年、1968年
土壌:砂質粘土・石灰質

区画名は、ボーヌに1250年前から存在するSanvigneという区画名に由来。砂利や小石が多く、とても水はけのよい畑であるという性質上、他よりもやや早期熟成するエリア。どのヴィンテージを飲んでも優しさ、繊細な味わいを基調とするキュヴェ。強さを感じるようなものではなく、まろやかさと包み込むような優しさが特徴の畑。同じ斜面の上方には1級畑のレ・ブレッサンドがある。




ドメーヌ・デ・クロワ、ボーヌプルミエクリュ・レ・ブレサンド・ルージュ’19

税込¥17600 税別¥16000

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

最新パーカー93+点!
(William Kelley、2022年1月試飲)


VINOUS 92~94点!
(~fine.ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~94点!(Outstanding!)

ブルゴーニュ・オージョルディー16/20点


MVF(旧クラスマン)2022年度版 94点!

ジャスパー・モリス88~91点

品種:ピノノワール100%
植樹:1985年、1989年、1993年
位置:標高300m、東向き、傾斜30度
土壌:石灰の小石の混ざった粘土質

ブレッサンドとは、13世紀に畑の持ち主であったジャン・ブレッサン(JeanBressans)から由来とされる。Les Grevesと同じ地層を持ち、同じ斜面の下方には1級畑のレ・サン・ヴィーニュがある。ブルゴーニュでは高度も斜度もある畑のため、非常に筋肉質なストラクチャーのワインができあがる。血を流す動脈というフランス語の言い回しのように、力強さ、男らしい、強さ、張りと伸びをもつ。




ドメーヌ・デ・クロワ、ボーヌ・ルージュ’19

税込¥6600(税別¥6000)

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

パーカー90~92点(William Kelley)

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~92点

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点


MVF(旧クラスマン)2022年度版 91点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度版 92点!

ジャスパー・モリス88~90点

「2021.12月中旬に飲みました。久しぶりに飲んだら明らかにレベルが上がっていた!まず完熟の’19でも美しい酸と強い塩味があり、普通ではない調和感。果物屋さんに入った瞬間のような華やかな赤い実の果実のフレーバーティー、スイカ、花、ミネラルなどの素晴らしい香りで、樽は全くと言っていいほど感じない。ピュアでみずみずしい果実味、多少コクはあるが、凝縮した旨味と固めのミネラルの出方がセンス抜群。ごくごくわずかにガスが残っており、バランスよくキレイでとても杯が進む。抜栓の2日後まで最高においしい。エグみやべたつき皆無。重くはないが骨格あり今すぐ開けてもおいしいが2~3年後にさらに化けそう」

アルコール14%

品種:ピノノワール100%
植樹:1957年、1974年、1983年
土壌:粘土・石灰質
常に新樽比率かなり低い

村名「Blanches Fleurs」&「Blanchisserie」と1erクリュ「Teuronsrepliee」&「Tuvilain」4つの畑のブレンド。新樽はなしか、5-10%で、ブドウの果実味を前面に表現

醸造哲学は「どの年に、どこで採れたブドウか、というエスプリが、飲んだ時に感じられるワインを生むこと」。そのためにまず選果を徹底し、収穫時に畑内での選果の後、さらにセラー内で2回、選果を行う情熱を持つ。新樽率はグランクリュでも20~30%に抑制。セラー内での人的介入は発酵温度管理と亜硫酸添加以外はほぼ何も行わず、結果生まれるワインは、温かさ、古典的ニュアンス、洗練度の全てに高貴さをまとっている。




’05が初ヴィンテージ!

メゾン・カミーユ・ジローでも働いていたデヴィッド・クロワによるドメーヌ

センス抜群で年々進化している天才と言われております!

除草剤、殺虫剤、防腐剤の使用なし

オーガニック堆肥を使用(毎年ではない):ビオ農法で飼育された牛の堆肥

土着酵母を使用

2008年から完全にビオロジック栽培を実施(認証の取得はない)


 Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp