新入荷ワイン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


超限定ブルゴーニュ(4/26日アップ)

おすすめスパークリング(6/13土)

オリーブオイル、食後酒(7/2木、バルデスピノ)

※誠に恐れ入りますが、長期キープをお断りさせていただいております。




  クール便の場合に限り重量制限の為、1箱10本までとなります。



※在庫確認~メール、FAXの返信に少しお時間をいただきます。

キープの短いご注文を優先させていただく場合がございます。


クール便の場合の計10本以上お買いあげにて対象商品5%OFFサーヴィス終了 → ドライ便で計12本以上の場合のみ適応継続とさせていただきます → 電気代や梱包資材、クール代等の値上がりなどあらゆるコストアップでそろそろ止めざるを得なくなりそうです、、、

ドライ便指定で、もし吹きこぼれや熱劣化などあった場合、当店もヤマト運輸さんも一切保証できません



新型コロナウイルス感染拡大防止の為、
ご来店のお客様より、不安の声がございましたので、
当分の間ワインセラーへの長時間のご滞在はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

また、ワインセラー内が混みあわないよう、入室をお待ちいただく場合もございます。

せっかくご来店いただきこのようなお願いは大変心苦しいのですが、何卒、ご協力お願い致します。



今後しばらくの間
10:00~20:00の1時間短縮営業とさせていただきます。


2020年7月1日(水)からついにレジ袋有料となります。






7/4(土)アップ~蔵出し特価クロー・ド・ネル’16ヴィオレットと’15グロロー

蔵出し特価クロー・ド・ネル’16シュナンブラン

さすがのエキスとエネルギーで上質!


現在はドメーヌ・ルフレーヴがオーナーです

















クロー・ド・ネルはもともと、2000年代の初めにブルゴーニュ出身のカップル、ネリーとクロードのピシャール夫妻がアンジューに起こしたドメーヌである。
土地のテロワールは申し分なく、ふたりの情熱も熱かったが、残念ながら経済的に恵まれなかった。

2006年はワインが廃棄となり、2007年はウドン粉病にかかって収穫はゼロ。
この窮状に手を差し伸べたのがピュリニー・モンラッシェの大御所、ドメーヌ・ルフレーヴのアンヌ・クロード・ルフレーヴである。

アンヌ・クロードによる取得後もクロード・ピシャールはドメーヌに雇われていたが、新しい道を見つけて旅立つことが決まり、2009年、クロー・ド・ネルの支配人としてシルヴァン・ポタンが着任した。
チリのクロ・ウヴェールというワイナリーでアシスタント・ワインメーカーをしていた人物である。


値上がりの激しいボルドーにはもううんざりという方にもおすすめできます!

’10から裏ラベルにデメテル・マークあり!

ビオディナミを実践

現在ではカベルネソーヴィニヨン100%の銘柄は造っていない。キュヴェ・ヴィオレットに使用されています。

Terroir de Gres et Silex Rouges sur Tuffeau


The Top Producers in France’s Capital of Natural Wine
に選ばれる!!!

WEBマガジン『Punch』にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏




CLAU de NELL, IGP du val de Loire Chenin Blanc '16

クロー・ド・ネル、IGP・デュ・ヴァル・ドゥ・ロワール シュナンブラン’16
(ロワール・辛口白)


特価・税別¥4350



輸入元定価・税別¥5,800

<あと20本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!(Editors' Choice!)

ファルスタッフ 92点


MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

「2020.6月上旬果実の日に飲みました。DIAM10コルク。明らかに高めの温度がベスト。トップノーズだけで濃密なエキスと強いエネルギーのインパクトがわかる素晴らしいもの!ハチミツに漬けた青い梅、ハーブ、ミネラル、樹脂などの香り。かなりの厚みと凝縮感があり、しっかりした旨味エキスとミネラルで、わずかにタンニンが感じられ、コクと余韻に優れ、躍動感のあるワイン。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい」

アルコール13%
ユーロリーフ、デメテルあり!

ルフレーヴの経営になってからシュナンブランの畑を買いました。
(賃貸耕作の畑のブドウも一部含まれているかもしれません。)
今でもラベルに『 anne claude Leflaive 』の文字が入っています。




CLAU de NELL, IGP du val de Loire Grolleau '15

クロー・ド・ネル、IGP・デュ・ヴァル・ドゥ・ロワール グロロー’15
(ロワール・辛口赤)


特価・税別¥3700



輸入元定価・税別¥4,800

<あと12本>

ワイン&スピリッツ誌 93点!!!

デカンター・オンライン92点!


MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

アルコール12%
ユーロリーフ、デメテルあり!

樹齢60から90年という超古木のグロローから造られたワイン。グロローといえばロゼ・ダンジューのイメージが強いが、それとは全く異次元の世界。凄まじいまでに密度が濃く、奥行のある味わい。肉付きのよい一方、ロワールらしいミネラルがアフターを締める。
(輸入元資料より)




CLAU de NELL, Anjou Rouge Cuvee Violette '16

クロー・ド・ネル、アンジュ・キュヴェ・ヴィオレット・ルージュ’16
(ロワール・辛口赤)


特価・税別¥4000



輸入元定価・税別¥5,200

<あと6本>

ファルスタッフ 93点!!!

スペクテーター91点(2020~2026年)


MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

アルコール13%
ユーロリーフ、デメテルあり!

カベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンをアッサンブラージュした特別キュヴェ。ヴィオレットの名前が表すように、エッジは紫を帯び、トップノーズにもスミレが感じられる。続いて、完熟したラズベリーやブラックベリー。緻密でタイトな構成のボディとストラクチャーをもつ一方、喉越しはしなやか。
(輸入元資料より)


手摘み、超低収量

ワインに関することだけではなく、日常生活でもすべて自然をテーマにした生活
を送っているほどの徹底ぶり!




ブルゴーニュの至宝、ドメーヌ・ルフレーヴの当主アンヌ・クロード・ルフレーヴは、当初、自身がプロデュースするCLACブランドとして元オーナーであるクロード・ピシャールとドメーヌを共同運営していだが、その可能性を見出し、自身がオーナーとなって醸造とマーケティングを行うようになった。

クロード・ピシャール(アンジュ地区)が元オーナーで、現在はCLACの所有となるドメーヌで

アンヌ・クロード・ルフレーヴが醸造、販売のアドバイスを行っている

カベルネフラン100%

ビオディナミを実践

100%手摘み、超低収量

100%除梗

自然酵母を使用

新樽を使用しない(ドメーヌ・ルフレーヴで4~5年使われた古樽を用いている。

補糖も補酸もしない

粘土質、砂岩、赤いケイ素等を含む土壌がチュフォーと呼ばれるロワール地域の石灰岩盤の上を覆う独自のテロワール

『 ドメーヌのビオディナミの解釈と実践方法はというと、ワインにとってよい葡萄をつくるにあたっては自然のよさを引き出す事が大変大事で、それぞれの生物のリズムに沿って人間が丁寧に手助けしてゆかなければならない。ワインのポテンシャルはタンニン・アルコール・酸の持つエネルギーで決まるが、これはあらゆるものの動きがワインにエネルギーを与える。畑には多くの草を生やしているがこれらの草もワインの複雑味に貢献するものである。畑の耕作はチュフォーの上層になる土の部分を耕す事により、空気を土に混ぜ、虫、微生物や、土中の菌類の活動を活発にする。これによりビオディナミでの耕作を実践する。 (輸入元資料より) 』


7/4(土)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・サン・プレフェール’17

凝縮してコクがあるが、同時にエレガンスも感じられるよい質感!

すでに超一流生産者のレベルにある!















 


ABマーク、ユーロリーフあり!

そもそもシャトーヌフデュパプは、『 濃くてアルコールが高い 』というイメージが強いですが、エレガントなものなど意外に幅広い多様性がある面白い産地です。ぜひお楽しみください。


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!


’17’16は、全銘柄がすでに再入荷不可能!!!




Domaine Saint Prefert, Chateauneuf du Pape Reserve Auguste Favier Rouge '17

ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・レゼルヴ・オーギュスト・ファヴィエ’17

税別¥8200

<あと11本>超限定品!

Jeb Dunnuck 99点!!!
(Top 100 Red Wines of 2019 第2位に選ばれる!!!)

パーカー94点

スペクテーター94点(2022~2035年)

VINOUS 95~96点!!!

Jeff Leve 96点!!!


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス

グルナッシュ80%、サンソー15%、シラー5%

コンクリートタンク&ドゥミ・ミュイ14ヶ月

樹齢40-100年、収量は20hl/haまで抑えられる。




Domaine Saint Prefert, Chateauneuf du Pape Collection Charles Giraud Rouge '17

ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・コレクション・シャルル・ジロー’17
+シャトーヌフデュパプ・レゼルヴ・オーギュスト・ファヴィエ’17


税別¥23700

<売り切れ>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
まさかの1本しか手に入りませんでした、、、
’17のみ日本の流通量が激減!!!

パーカー97点!!!

スペクテーター95点
(Highly Recommended!、2023~2038年)

VINOUS 95~97点!!!

Jeff Leve 98点!!!


MVF(旧クラスマン)2020年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17.5/20点

ドゥミ・ミュイ16ヶ月熟成

樹齢60-100年、15hl/haという驚愕の低収量のブドウから造られるスペシャルキュヴェ。




Domaine Saint Prefert(Domaine Isabel Ferrando), Chateauneuf du Pape Colombis Rouge '17

ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・コロンビ’17

特価・税別¥14000

<あと3本>超限定品!

※まさかの割り当て3本のみ、、、

パーカー93+?点!
(2021~2030年)

スペクテーター95点!
(2020~2040年)

VINOUS 95~96点!!!


グルナッシュ100%
トロンコニックのオーク樽18ヶ月熟成

イザベルが自ら設立したドメーヌで樹齢60年のグルナッシュの古樹から手掛ける少量生産の特別キュヴェ。キルシュ・リキュール、ブラックラズベリー、リコリスやスパイスボックスの香りが濃密。高いアルコール度数を持ち、リッチなフルボディであるが、醸造家イザベル・フェランドらしい上品な構造が全体を形作り、決して重苦しさは感じられない。良く熟した果実の旨味や甘みが凝縮され、それをアフターの苦味が心地よく引き締める。信じられないほど余韻が長い。 (輸入元資料より)






Domaine Saint Prefert, Chateauneuf du Pape Vieille Clairette '16 (1500ml)

ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・ブラン・ヴィエイユ・クレレット’16

(南ローヌ・辛口白・マグナム・1500ml)


税別¥32000

<あと2本>幻の超限定品!
初入荷!

パーカー94~96点!(Joe Czerwinski、
~南ローヌで作られたブルゴーニュのグラン・クリュのようなワイン!
ワイン・アドヴォケイト233号)

スペクテーター96点!(2019~2025年)

VINOUS 96点!!!(2021~2028年)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17.5/20点

「このキュヴェ・スペシャルはドゥミ・ミュイ3基分作られ、すべてマグナムに瓶詰めされる。古樹のクレレットのみを使用して新樽で醸造、熟成しており、すばらしいシルクのようなテクスチャーのミディアム・ボディーで、トーストしたヘーゼルナッツ、柑橘類をグリルしたような香りやジンジャーのノートに富んでいて、信じられないほど長い余韻が残る。 byWA

品種:クレレット100%
熟成:ドゥミ・ミュイ14ヵ月


7/4(土)アップ~蔵出しレートル’16最後の再入荷!

<※値上がり直前!>蔵出し特価ラ・レゾン・デートル’16

シャトー・ル・パンのオーナーによる新カスティヨン!






 


Ch.Le Pin(ポムロールのシャトー・ル・パン)
のオーナーJacques Thienpontが新たに購入した
『 ’15までのシャトー名がCh.Goubau 』だったシャトー
’16から所有者とシャトー名が変わりました!

前のベルギー人所有者の頃からずっと有機栽培
素晴らしい景観で、森と牧草地に囲まれた
豊かな生態系のあるSaint Philippe d’Aiguilhe高原

ともにユーロリーフあり!




L'Hetre '17 Castillon Cotes de Bordeaux

レートル’17

(カスティヨン・コート・ド・ボルドー・辛口赤)


税別¥4000

<売り切れ>限定品!

VINOUS 89点
(2020~2028年、ニール・マーティン)


24本完売。ありがとうございました



L'Hetre '16 Castillon Cotes de Bordeaux

レートル’16

(カスティヨン・コート・ド・ボルドー・辛口赤)


税別¥4000

<あと42本>絶対おすすめ!
初入荷!

すでにこの’16が、ジャンシス・ロビンソンcomなどで絶賛されています!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

56本完売!~※’16は、再入荷不可能!

「2019.2月初旬に飲みました。まだ高く評価される前だからかもしれませんが、明らかに大幅に価格を超えていてびっくりです。ちょうど非常に出来のよいこの’16を今のうちに買っておくべきだと感じました。縁が紫がかったガーネット。ガチガチの醤油系ではなく、意外にすでにストレスのない熟して艶のあるブルーベリー、スパイス、鉛筆の芯、スミレ、ラベンダー、ミネラル、うっすらユーカリオイルやベーコンの脂などの香りで、樽香も洗練された甘くないココナッツ。熟しているが酸が低すぎず、上品さを残して骨格がある。タンニン多くコクがあるが、固すぎず、すでに滑らかさと複雑性を感じることが出来る。自分の中では¥6000の満足度がある。抜栓後30分で香りが少し甘くなるが、あくまで上品さも感じられる味わい。抜栓の次の日も非常においしい。少し甘く滑らかに変化したが、同時に酸も低くないし骨格が緩くないのでバランスよいままボルドーなのに予想以上に杯が進む。味わい部分での樽のニュアンスも絶妙。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール14.5%

メルロ95%、カベルネフラン5%

15ヶ月樽熟成

L'Hetreとは、ブナの樹の意味

ベルギー人アーティストAnne Van Hereweghenによるラベル・デザイン




La Raison D'Hetre '16 Castillon Cotes de Bordeaux

ラ・レゾン・デートル’16

(カスティヨン・コート・ド・ボルドー・辛口赤)


特価・税別¥2000

<あと9本>初入荷!

最新デカンター・オンライン92点!!!
(2020~2026年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
’17は¥330値上がり致します。

87本完売!!!

レートルのセカンドワイン

メルロ95%、カベルネフラン5%

若木主体、低い斜面で粘土石灰岩



例によって資料は、インポーターのコピーペーストではなく
すべて自分調べです。

ちなみにシャトー・ル・パン(ポムロール)は、
今買うと大体税別¥350,000~









7/4(土)アップ~蔵出しル・ルレ・ド・デュルフォール・ヴィヴァン’16再入荷!

さらに待望のデュルフォール・ヴィヴァン’17も!

あの人気がなかった格付け2級シャトーが、ついにここまできました!







 


ボルドーは海洋性気候で雨も多く、1シャトーの畑もかなり広いことから、有機栽培を実施するのが非常に難しい土地だと言われています。ですが、デュルフォール・ヴィヴァンでは、自然な栽培を行うことで環境に良いことはもちろん、畑で働く人たちにも、そして飲んでもらう人たちにも優しい農法を目指し、また畑のテロワールを最大限に表現したワインを造るために、サステーナブル農法を実践してきました。

さらに、2009年から畑の一部でビオディナミ農法を始め、
毎年ビオディナミの区画を増やし、2011年には50%、
そして2013年からは100%ビオディナミでブドウを栽培しています。

※2016年にビオロジック認証取得、その後ビオディナミの認証取得予定


2018年10月下旬
オーナーで醸造にまでかかわっているゴンザッグ・リュルトン氏に
札幌でお会いできました~!

過去のヴィンテージと’15を同時に飲み比べる貴重な機会をいただきまして、変化をより明確に感じることが出来ました。
カベルネソーヴィニヨンとカベルネフランは、マサル・セレクションを行っている。
当たり年と言われるボルドー’15の中でも
特に成功したのがマルゴー村だそうです!!!
ビオディナミをはじめて現在では亜硫酸の添加量が
昔の半分で済むようになり、それによってタンニンの質もさらにシルキーに感じられるように変化したと言っていましたが、味わいにはっきり表れていましたので素晴らしかったです。
’15は本当に樽が溶け込みやすくフルーツ感がピュアでみずみずしく明るく、重心バランスに優れ、流れ方が秀逸、タンニンの質がシルキー、さらにアフターにミネラルまで感じられる一貫性がある。
これ以上にピュアにしようとすると樽を変えるしかもうないかも?というレベルです。




Le Relais de Durfort-Vivens '16

ル・ルレ・ド・デュルフォール・ヴィヴァン’16

(マルゴー・辛口赤)


税別¥3300

<あと15本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!!!(2023~)

最新VINOUS 90点(2021~2031年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

輸入元さんでキャンセルが出た分を1回だけ買えました。これで最後です!
60本完売!!!~※再入荷すると’17に移行致します!

「2019.2月上旬に飲みました。本来少し値上がりのところちょうどEPA値下がり分で吸収できた為、’15と同じ価格になっているお買い得品です。大当たり年らしく’15より少しリッチでタンニンも多く色も濃い、今はフルーツ香も’15より暗いが、酸とミネラルは低くなさそうですので2~3年後に赤い実果実香フルーツトマト感など出てきて化けそうな印象。やはり高品質かつお買い得。ただ本当に今すぐに開けるなら’15の方がやわらかいピュア・フルーツで誰が飲んでもおいしいでしょう。黒い実主体+赤い実の果実、ミルクチョコレート、ピーマン、スパイスなどの香り。華やかジューシーさが今は奥に隠れて意外なことに’15よりもわずかに青い。それでもピュアで重すぎない感じはある。抜栓からほんの20分程度でプルーンの凝縮感とダージリン的な香りが出てくる。抜栓の次の日少しやわらかくなって向上しただろうか。抜栓の2日後でもまったく落ちない」

アルコール13.5%

’16からデメテル・マークあり!

’16
カベルネソーヴィニヨン71%、メルロ29%
低収量30hl/ha
新樽20%で16ヶ月熟成

’15より生産本数20%減




Le Relais de Durfort-Vivens '15

ル・ルレ・ド・デュルフォール・ヴィヴァン’15

(マルゴー・辛口赤)


税別¥3300

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 91点(2022~)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15.5/20点

すでにお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

78本完売!!!ありがとうございました~※再入荷不可能!

「2018.10月下旬に再度、試飲しました。今日は前回よりさらに開いていました。完全に飲み頃NOW~です。ファーストより樹齢が若いので抽出も弱くしているとの説明通り、これ以上ないくらいボルドーとは思えないほどピュアなフルーツ感。超キメ細かいシルキータンニン。黒い実よりも赤い実の果実の方が強く感じられ、花の香りも加わってやや華やか。果実味は強いが重くない。アタックからアフターまで美しく流れる。’15なのに酸もキレイなのでブルゴーニュ好きにもおすすめできるスタイルのボルドー。今後このようなエグみの少ないボルドー増えていくのではないでしょうか?」



「2018.8月下旬に試飲しました。少し固さはあるものの、なんともう飲める。そして予想をはるかに超える素晴らしい出来!’15でこれなら’16は一体どうなってしまうのか?というワクワク感あります。ラフォンロシェ’15以上に驚かされた逸品で、この価格帯ボルドーの最高峰の一つと言ってしまっていいかもしれません。濃いだけでもなく、予想より華やかで複雑な香り!だけに留まらず質感も余韻も優れている。ぜひお試しください!」

アルコール13.5%

樹齢15年以下の若樹や、官能検査の結果ファーストに使用されなかったワインが使用されるが、サードワインも造っているのでやはりよいブドウが使用される

カベルネ・ソーヴィニヨン 73%、メルロー 27%

醗酵:木樽、コンクリート樽
熟成:フレンチオーク樽にて16カ月間(新樽比率20%、225L)

メドック2級格付ながら良心的な価格設定で人気のデュルフォール・ヴィヴァンのセカンドワイン。エレガントな舌触りではじけるような果実味に溢れ、ミネラル感も感じられるワイン。 (輸入元さんコメント)




Chateau Durfort-Vivens '17

デュルフォール・ヴィヴァン’17

(マルゴー格付け2級・辛口赤)


特価・税別¥7500

<あと3本>

最新VINOUS 95点!!!
(2025~2037年、2020年5月試飲)

VINOUS 91~94点(2018年5月試飲)

ジェームス・サックリン 95点!!!

デカンター・オンライン93点

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

スペクテーター89~92点(バレル)

ファルスタッフ 90点

Jeff Leve 90点

ジャンシス・ロビンソン16.5/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17/20点

’17は、カベルネ・ソーヴィニヨン 91%、メルロー 9%
超低収量18hl/ha!!!

砂、粘土質を伴った砂利質土壌

新樽50~60%で18ヶ月熟成

’16からデメテルマークあり!

平均樹齢30年

シャトー・マルゴーに帰属していて知名度も低かったが、リュルトン家が所有して、品質も知名度も上がってきている。正統派マルゴースタイルを尊重した、エレガントなスタイル。 (輸入元さんコメント)

長く低迷が続いたシャトーに希望の光が射したのは90年代になってからのことでした。1992年から現在のゴンザッグ・リュルトン氏がオーナーとなり大きく設備投資を行ったことで、品質は大きく向上!!!
もともとマルゴーが所有するほどのポテンシャルの高い畑だったので、それに見合う惜しみない投資を行ったことで、60年近くマーケットから姿を消していたシャトーは、奇跡の完全復活を遂げたのです。
(輸入元資料より)


ワイナート28号(特集マルゴーの時代)によると
新醸造所が完成後の2002年以降も
かなり品質が上がったとのことです!


7/4(土)アップ~蔵出しドメーヌ・シャルロパン・ティシエ’16CNV

蔵出しドメーヌ・シャルロパン・ティシエ’16入手難のヴォーヌロマネとモレサンドニ

シャルロパンの長男が造る新時代のナチュラル深いピノノワール!










ブルゴーニュ若手のライジングスターとなりえる実力派!!!




Domaine Charlopin Tissier, Vosne Romanee '16

ドメーヌ・シャルロパン・ティシエ、ヴォーヌロマネ’16

税別¥11000

<売り切れ>幻の超限定品!

※はじめて割り当てをもらえました~!!!
当然再入荷不可能!

【土壌】粘土石灰質
【樹齢】50年 【畑】「オー・ゾルム」
【立地】南東向き  【自社所有面積】16アール
【醸造】人の手による介入や管理を行なわず自然にまかせているため、発酵に長い期間を要しています。
アルコール度数:13.0%




Domaine Charlopin Tissier, Morey Saint Denis Rouge '16

ドメーヌ・シャルロパン・ティシエ、モレサンドニ・ルージュ’16

税別¥8400

<あと10本>超限定品!

当然再入荷不可能!

【土壌】石灰の溶岩石の混ざった粘土質
【樹齢】50年程
【区画】シャンボール・ミュズィニー側との境界にある、自社畑「ポルー」
【醸造】低温発酵し、その後は経過観察をするのみで出来る限り手を加えません。
アルコール度数:13.0%





Domaine Charlopin Tissier, Cote de Nuits Villages Vieilles Vignes '16

ドメーヌ・シャルロパン・ティシエ、コートドニュイ・ヴィラージュVV’16

税別¥4900

<あと11本>絶対おすすめ!
限定品!13本完売。

「2019.11月下旬に試飲しました。南のコンブランシアンではなく、北のブロションなのに’16で古樹なので、トップの果実感とアフターのグリップ感がちょっとニュイサンジョルジュを連想させる気がしてしまった。下記のマルサネ・ロンジュロワ’16の方がより複雑だが、こちらの方がわかりやすさは上かもしれない。基本スタイルのナチュラルでエレガントで素晴らしい質感は共通しており、一見、シャルロパン・パリゾより軽いようでいて実は味付きがかなりしっかりしている。少し固さがあるがもう飲める。前に試した時はここまで上質ではなかった」

【土壌】粘土石灰質
【樹齢】約70年のヴィエイユ・ヴィーニュ
【産地】ブロション村でフィサン側に面している
【区画】自社畑「レ・クレオル」
【立地】村の窪地に面しているため冷涼
【畑面積】約46アール程
【醸造】過度な抽出をし過ぎないよう注意を払って行います。
アルコール度数:13.0%

’13 バーガウンド・コム 88~91点




Domaine Charlopin Tissier, Marsannay les Longeroies '16

ドメーヌ・シャルロパン・ティシエ、マルサネ・レ・ロンジュロワ’16

税別¥5600

<あと5本>絶対おすすめ!
限定品!31本完売!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2019.11月下旬に試飲しました。腕を信頼されて賃貸契約している畑のようです。でも味は長くビオロジックの自社畑的なピュアでナチュラルな質感でかなり複雑。これを飲んで同時期にマルサネの畑違いを3種類同時に飲み比べたシルヴァン・パタイユよりこっちの方が安い上においしい上に自分の好みだったので、こちらのみ買いました!これほどまでにエレガントでナチュラルでありながら深みと骨格・フィネスが同時にあって少しだけまだ固く、ある程度のグリップ感もあるがすでにバランスはかなりよくおいしい。コンディションがよいインポーターの輸入だけあって艶と洗練がありつつナチュラル深い新時代のピノノワールと言えるかもしれない。あとで聞いた話では’15までは亜硫酸を減らし過ぎて還元的でリリース直後はおいしくないワインが多かったそうですが、この’16から瓶詰時にわずかに亜硫酸を入れることにしたことで、一般イメージ的には逆かもしれませんが、かえってピュアさが際立つ安定性という結果が出た。これはすごいワイン!」

【区画立地】南東向き
【醸造】低温発酵し、その後は経過観察をするのみで出来る限り手を加えません。
アルコール度数:13.0%

’14 パーカー90点




Domaine Charlopin Tissier, Pernand-Vergelesses Rouge '16

ドメーヌ・シャルロパン・ティシエ、ペルナンヴェルジュレス・ルージュ’16

特価・税別¥5000



輸入元定価・税別¥6,300

<あと4本>おすすめ!
限定品!

「2019.12月下旬に飲みました。紫の弱いやや明るいルビー。香りからすでに旨味とミネラルを感じるアセロラやザクロなどの赤い実の果実香主体。基本はやさしい癒し系。コクとグリップだけ少し弱いが、非常においしい。ピュアでエレガント。旨みとミネラルが豊富で、ナチュラルな全房発酵の使い方も好印象。ジューシー感もあり、すでによく溶け込んだタンニン、ちょうどよい~わずかに低めくらいの酸。抜栓の次の日も非常においしい。どこも尖っていない球体系のうまみナチュラル・バランス」

【樹齢】50年~60年!
【畑】叔母より受け継いだ畑のひとつで、1級畑に隣接した優良区画
アルコール度数:13.0%


2014年、かの「ドメーヌ・シャルロパン」の当主フィリップ・シャルロパン氏の長男であるヤン・シャルロパン氏が、彼の妻の父であるジュスティン・ティシエ氏の協力を得て設立し、両家の名を冠した、わずか3haのみの小規模ドメーヌです。 若き当主のヤン・シャルロパン氏はボーヌで醸造を学び、その後修行のためタスマニアへ渡り、 帰国後はシャブリやサンセールなどで経験を積んできました。現在は実家である「ドメーヌ・シャルロパン」において白ワインの醸造責任者を務めていますが、そこでは均一に保たれた高水準のワインを大量に仕上げています。一方でこの自身のドメーヌでは、テロワールのダイナミックさを最大限に生かし、バラエティ溢れるワイン造りにチャレンジしています。日本初上陸以来、我々を虜にし続け、進化を遂げているワインを是非お楽しみください。
本拠地はモレ・サン・ドニにありますが、当主のヤン・シャルロパン氏はコート・ド・ニュイ北部の秀逸な畑のみに焦点を当てています。

栽培は全て有機栽培で、収穫も全て手摘みにて行われます。
ブルゴーニュの伝統的方法に則って行われており、全ての過程においてできるだけ介入せず、造り込まず、果実感を生かしたピュアで滑らかな仕上がりになっています。

【発酵】全て野生酵母による自然発酵
【赤ワイン】低温浸漬し、自然発酵を経て、スーティラージュなしで木樽で熟成させます。
(輸入元資料より)


7/4(土)アップ~蔵出しベルトラン・アンブロワーズ’17ブルゴーニュ・コートドール・ルージュついに最後の再入荷!

昔からは考えられないほどピュアでナチュラル&エレガントな味わいに驚いてください!

’17もリアルワインガイド66号にて絶賛されました~!






 

 



Bertrand Ambroise, Bourgogne Rouge '17 demie

ベルトラン・アンブロワーズ、ブルゴーニュ・コートドール・ルージュ’17(ハーフ・375ml)

税別¥1300

<あと12本>絶対おすすめ!

36本完売。



Bertrand Ambroise, Bourgogne Rouge '17

ベルトラン・アンブロワーズ、ブルゴーニュ・コートドール・ルージュ’17 750ml

税別¥2300

<あと10本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86~89点!(Outstanding!)

リアルワインガイド66号 88+・89点!(今~2035年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

182本完売!!!~※再入荷不可能!

「2019.11月下旬にハーフ・375mlを飲みました。DIAM10コルク。抜栓直後から開いておりやさしくナチュラルだが、ニュイサンジョルジュ村の古木っぽい多少のグリップ感があり非常においしい。昔からは考えられないことに樽はほとんど感じないくらい控えめで、香りもピュアな赤い実の果実主体、うまみとミネラルの味付きはしっかり、すでによく溶け込んだタンニン。’15と違って旨薄の方向性が逆にいい感じのはかなげなスタイルとなっている’17の成功例!抜栓の2日後まで非常においしい。樽はほとんど感じないは言い過ぎだった(笑)でもそのくらい樽がよく溶け込んで気にならないナチュラル旨み系です。この’17は例えて言うならシャントレーヴ好きにも受け入れられる味だと思う」

アルコール13%

ブルゴーニュ・ルージュが名称変更しただけです。




Bertrand Ambroise, Corton Le Rognet Grand Cru '17

ベルトラン・アンブロワーズ、コルトン・ル・ロニェ’17

税別¥9000

<あと10本>超限定品!

リアルワインガイド66号 93+・94+点!

バーガウンド・コム 92~94点!





Bertrand Ambroise, Echezeaux Grand Cru '15

ベルトラン・アンブロワーズ、エシェゾー’15

税別¥22000

<あと7本>超限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド58号 94・96点!!!
(~’15を完全に代表する1本。)

バーガウンド・コム 90~93点

樹齢約45年

1樽のみの生産!!!

’15は、新樽100%、約16ヶ月熟成

ユーロリーフとABマークあり!



7/4(土)アップ~蔵出しフィリップ・シャルロパン・パリゾ’17ブルゴーニュ・ルージュ

明らかにクラスを超えた高い品質!

   

 




除草剤や殺虫剤不使用のリュット・レゾネからビオに転換中

基本的に100%除梗、天然酵母を使用

高樹齢、低収量、補酸をしない

昔よりも新樽比率を下げている

2006年に規模の大きな醸造施設が新設された

アンリ・ジャイエの愛弟子だったということからすでに解き放たれた印象




Domaine Philippe Charlopin, BOURGOGNE ROUGE COTE D'OR CUVEE PRESTIGE '17

ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン、ブルゴーニュ・コート・ドール・ルージュ キュヴェ・プレスティージュ’17

超特価・税別¥3500

↑34%OFF!

輸入元定価・税別¥5,300

<あと15本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86~89点!
(Outstanding Top Value!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版14.5/20点(4つ星生産者)

すでにお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

24本完売。

「2020.6月上旬に飲みました。この時期に気軽に楽しんでいただくためのあり得ない特価に設定しておりますので、この機会にぜひ!!!縁がピンクがかった中程度のルビー色。うっすらコーヒー、木樽、完熟プラム、スパイス、ごくわずかに薬草。熟してよく凝縮して厚みのある果実、コクとエネルギー感があり、余韻も長く、明らかにクラスを超えた高い品質。今主流の造りよりも樽が少し強いが、それは些細なことでコクと厚みに優れた果実の力が強いよいワイン。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%

『 ジュブレ、マルサネ、クシエの合計3ヘクタールの畑で作られる。非常にフルーティーでピュア。口当たりはとてもなめらかで、親しみやすい味わいです。 (輸入元資料より) 』




ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン・パリゾ、ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・プレスティージュ’13

超特価・税別¥3000


当店通常価格・税別¥3500


輸入元定価・税別¥4,270

<売り切れ>おすすめ!

バーガウンド・コム 86~88点

パーカー85点(2015~2018年、ワイン・アドヴォケイト216号)

スペクテーター・オンライン86点(NOW~2018年)

24本完売。ありがとうございました

「2016.4月初旬に飲みました。抜栓直後の印象だけなら下記’12に明らかに敵わない軽く、やや単調か?という感じでしたが、わりと短い時間ですぐにうまみがじわじわ増してきて明らかに向上する。樽の焼き栗、ナッツ、少しスモークのトップノーズ。一貫してわりとしっかりした酸がよい清涼感を表現して酸っぱくはない。果実感は甘酸っぱい感じで、深いというより心地よいもの。ほぼ溶け込んだ丸いタンニンで’12ほどは長く熟成しない。抜栓の次の日もおいしい。紫色の弱い中程度のルビー色。総合的には’12の出来が良すぎたためにさすがに敵わないがこの特価ならお買い得と言える内容」

アルコール13%




ドメーヌ・フィリップ・シャルロパン・パリゾ、ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・プレスティージュ’12

税別¥3600

<売り切れ>絶対おすすめ!

初入荷の限定品!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

222本完売!!!ありがとうございました

「2015.2月に飲みました。紫色の弱い中程度のルビー色。樽も酸もタンニンのどれもキツくなく、熟した豊かな果実味でつるんとしたアタック?で、うまみとミネラルが多く、しっかりめの酸で樽のコーヒー風味も適度にありつつもピュアでなめらかな飲み頃NOW~。明らかにクラスを超えた内容で、余韻もやや長めで完成度が高い。それにしてもこのタンニンの丸さはある程度醸造担当者にコントロールされたものなのでしょうがアルロ’12ロンスヴィーを思わせるとても飲みやすいが不足もない印象。ゴクゴク飲んでもおいしいくらいです。抜栓の次の日も非常においしい。ツヤツヤつるつる系」

アルコール13%



7/4(土)アップ~蔵出し超特価AFグロ’17ブルゴーニュ・ルージュ


蔵出しAFグロ’13’10

貴重なバック・ヴィンテージ!







 



A.F.Gros, Bourgogne Rouge '17

ドメーヌ・アンヌ・フランソワーズ・グロ、ブルゴーニュ・ルージュ’17

超特価・税別¥3200

↑なんと37%OFF!

輸入元定価・税別¥5,100

<あと12本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86点

15本完売。

「2020.6月上旬に飲みました。この時期に気軽に楽しんでいただくためのあり得ない特価に設定しておりますので、この機会にぜひ!!!縁がピンクがかってきた明るいルビー色。樽はとても控えめ。花、赤い実の果実、アセロラ、リンゴ、スイカなどのピュアな香り。香りが繊細でやや華やか。落ち着いた果実味、非常にキレイで酸がしっかりして、タンニンが予想以上に丸いので春~夏に低めの温度でおいしい。少し冷やしてもおいしいくらいのバランス。リンゴのニュアンスを含んで白ワイン要素もありつつ、さっぱりクドさゼロのみずみずしさが心地よく、がぶ飲みも出来るタイプ。抜栓の2日後までおいしい」

アルコール12.5%

ポマール村の平地の3つの区画(1936年までは村名ポマールであった区画含む)のブドウから造られます。新樽10%で12ヶ月熟成。




A.F.Gros, Richebourg '13

AF・グロ、リシュブール‘13

超特価・税別¥56000



輸入元定価・税別¥89,200

<あと2本>超限定品!

※このワインのみご注文の場合、すべての値引き対象外となります。

パーカー95点!(2019~2045年、
ニール・マーティン、2016年9月試飲)

VINOUS 95点!(2020~2045年、
ニール・マーティン、2019年5月試飲)

バーガウンド・コム 92~94点(2015年4月試飲)


アルコール%

ニール・マーティンさんのコメントあり得ないくらい大絶賛!
ブラインドで(畑所有していないけど?)フランソワ・ラマルシュが造ったリシュブールのイメージだったとか!

ヴォーヌ・ロマネの名門グロ家出身のアンヌ・フランソワーズ グロがポマールのパラン家のフランソワ パランと結婚し、それぞれの所有する畑をあわせて、1988年にドメーヌを設立しました。
栽培面積は0.60ha。生産量は2400から3000本。

力強さと繊細さを兼ね備えた、大変希少なキュヴェ。
スミレ、カシス、バニラ、スパイスが優雅に香り、ヴェルヴェットのようなふくよかな口当たり。すぐにお楽しみいただいても美味しいですが、10年20年とお待ちいただいても楽しみなワインです。
(輸入元さんコメント)




A.F.Gros, VOSNE ROMANEE AUX REAS '10

AF・グロ、ヴォーヌロマネ・オー・レア‘10

税別¥10000



輸入元定価・税別¥12,300

<あと5本>限定品!

バーガウンド・コム 88点(2012.4月試飲)

※’10は再入荷不可能!

リリースから7年経過して相当おいしくなっていると思われます!

A.F.グロらしいボリューム感があり、香り高く力強いワイン。リッチな味わいと硬質なタンニンはブルゴーニュファンが好きな味わいです。
(輸入元さんコメント)



7/4(土)アップ~蔵出し超特価ピエール・ダモワ’15最後の再入荷!

5/3(日)アップ~蔵出し超特価ピエール・ダモワ’01

※全商品すべての値引き対象外となります。

’99以降、さらに評価を高めています!日本で過小評価されている生産者のひとり






 

他のジュヴレシャンベルタン1はこちら





PIERRE DAMOY, Bourgogne Rouge '15

ピエール・ダモワ、ブルゴーニュ・ルージュ’15

超特別価格・税別¥3800

↑なんと36%OFF!

輸入元定価・税別¥5900

<あと30本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86~89点!(Outstanding Top Value!)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売。~※ついに再入荷不可能となりました!

「2019.7月下旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。抜栓直後のトップノーズには樽の焼き栗、カプチーノがあり、ブラックチェリー、ブルーベリー、スパイスなど。ほのかに甘味も感じる凝縮感のある果実味、非常にキメ細かいが多めのタンニンで’15としては低くない酸だが重心自体は低め。香りだけなら’15によくあるわずかにクドい系かと思いきやアフターにエグみはなくバランスよく楽しめる。意外に飲んでいて飽きないし、やはりクラスを超えた高い品質。抜栓の4日後まで非常においしい」

アルコール13%

『 完熟したダークベリーの華やかな果実味に土のニュアンスが混じり、豊かなボリュウムと長い余韻を持ちます。 超ブルゴーニュAC級と言える、非常に力強い贅沢な出来栄えです。 (輸入元資料より) 』

’14 スペクテーター90点




ピエール・ダモワ、シャぺル・シャンベルタン’01

超特別価格・税別¥32500

↑35%OFF!

輸入元定価・税別¥50,000

<あと4本>超限定品!

※再入荷不可能!

デカンター・オンライン96点!!!
(2018~2025年、ティム・アトキン、2018年1月試飲)

バーガウンド・コム 90点


クラスマン2005年度版 8/10グラス

『 シャペル・シャンベルタン畑の約1/2弱を所有。完熟ブドウを得るために収穫はぎりぎりまで遅らせ、厳しい剪定やグリーン・ハーヴェスト、選果により収穫量を低く抑えるため、ダモワ家のワインはヴィンテージにかかわらずフィネスがあり、華麗です。シャペル・シャンベルタンは繊細でフローラルなアロマが豊か。他のジュヴレシャンベルタンのグランクリュよりもしなやかです。 (輸入元資料より) 』





PIERRE DAMOY, Bourgogne Rouge '15

ピエール・ダモワ、ブルゴーニュ・ルージュ’15

超特別価格・税別¥3800

↑なんと36%OFF!

輸入元定価・税別¥5900

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86~89点!(Outstanding Top Value!)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

24本完売。ありがとうございました

「2019.7月下旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。抜栓直後のトップノーズには樽の焼き栗、カプチーノがあり、ブラックチェリー、ブルーベリー、スパイスなど。ほのかに甘味も感じる凝縮感のある果実味、非常にキメ細かいが多めのタンニンで’15としては低くない酸だが重心自体は低め。香りだけなら’15によくあるわずかにクドい系かと思いきやアフターにエグみはなくバランスよく楽しめる。意外に飲んでいて飽きないし、やはりクラスを超えた高い品質。抜栓の4日後まで非常においしい」

アルコール13%

『 完熟したダークベリーの華やかな果実味に土のニュアンスが混じり、豊かなボリュウムと長い余韻を持ちます。 超ブルゴーニュAC級と言える、非常に力強い贅沢な出来栄えです。 (輸入元資料より) 』

’14 スペクテーター90点

 

近年、クラスマンやパーカー、ワインスペクテーター、ヴィノテーク(田崎真也氏)にて絶賛されています!

特に’04はスペクテーターで高得点連発でした!

色と果実味の濃い、やや樽の強いタイプですが、タンニンの質もよく、エキスも充実、あくまでバランスは保たれています

「基本的にはリュット・レゾネ(減農薬農法)を実践し、化学肥料や除草剤などは使用しないことで大地の力を活かし、厳しい剪定とグリーンハーヴェストなどによってかなり収穫量を抑えています。収穫は小さなケースを使っての手摘み作業を行います。30分以内に醸造所に運び込まれ、数人のグループで入念な選果を行います。

100%除梗した後、ステンレスタンク(区画別に醸造、タンク容量は15~60HL)で醸造所内の室温(約18℃)にて長めのプレマセレーションが行われます。全体での醗酵期間は約4週間(温度は高くても32℃)です。ピジャージュは必要と思われるときのみ(但し1日に2回まで)です。その後、ワインは全て木樽に移されます(アペラシオンによって30~100%の新樽を使用)。バトナージュはしません。樽熟成は16~24ヶ月。原則的に澱引きもコラージュもせず、フィルターもかけずに瓶詰めされます。(輸入元資料より)」


7/4(土)アップ~蔵出しトロボー’17ブルゴーニュ・ルージュ最後の再入荷と’17ショレ・レ・ボーヌ

誰もが認める驚くほどよくできたACブル!!!

’17が、リアルワインガイド67号にて絶賛される!

 




当店扱いのトロボーは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品!

22年以上前から扱っているので、やっと絶賛されるときが来たかぁ~という気持ち

2014年以降はブドウにストレスを与えない
グラヴィティーフロー導入




ナタリー・トロさん画像




トロボー、ショレ・レ・ボーヌ‘17

税別¥4300

<あと10本>絶対おすすめ!

スペクテーター90点(NOW~2025年)

バーガウンド・コム 88点

VINOUS 88~91点

輸入元担当者さま絶賛の1本!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2020年度版14.5/20グラス

リアルワインガイド67号 90・90+点!

32本以上完売。

「2019.10月上旬に試飲しました。他の生産者と比べてあまり値上がりしない優良かつ良心的な生産者。’06から村名ショレ・レ・ボーヌの一部をACブルに格下げしてブレンドしていることで両方の銘柄の品質をさらに高めている。完全に飲み頃NOW~の複雑エレガント、うまみとミネラルに溢れた理想的な味わい。中国茶やダージリン的な香りを含みややフローラルもありつつ、低くはないが丸い酸とタンニン。まったく固くないが緩くもない」

アルコール13%





トロボー、ブルゴーニュ・ルージュ‘17

税別¥3400

<あと34本>絶対おすすめ!

ワイン&スピリッツ誌 87点

バーガウンド・コム 87点

VINOUS 85~87点


リアルワインガイド67号 88+・89点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
リリース直後は<お一人様1本まで>で販売していましたが、運よくまた手に入りましたので本数制限なしとさせていただきます。このチャンスにぜひお試しください!!!

110本完売!!!

「2019.7月上旬に飲みました。他の生産者と比べてあまり値上がりしない優良かつ良心的な生産者。’06から村名ショレ・レ・ボーヌの一部を格下げしてブレンドしていることで両方の銘柄の品質をさらに高めている。縁が紫がかったとても明るいルビー色。バラ、中国茶、熟成香ではない森、ダージリン、酸化ではないヨード、胡椒、ミニトマトなどのまだ少し閉じ気味でも複雑なよい香り。色の印象よりも味はしっかりしており、やさしいようでいて意外に骨格とグリップ、重心の低さがあり、ややクラシックなよいワイン。飲み頃NOW~で少し熟成も可能。食事なしで飲み続ける場合のみアフターに少し残るタンニンが少し固さを感じさせると思われる。鼻に抜ける茶葉の風味が心地よい。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまったく落ちないどころか少しうまみ増した。抜栓の3日後も非常においしい。まったく飽きの来ない味わいで、紅茶や中国茶の愛好家の方にもおすすめできそう」

アルコール13.5%




トロボー、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ラヴィエール‘17

税別¥6200

<あと19本>絶対おすすめ!
限定品!

スペクテーター・オンライン90点(NOW~2026年)

VINOUS 88~90点

バーガウンド・コム 91点


リアルワインガイド67号 91+・92点!

「2019.10月上旬に飲みました。縁が紫がかった中程度のルビー色。香りに予想よりほんのわずかに樽香が強いが気にならないレベルで、グラスによって結構変わる。実際に抜栓の次の日にグラスを変えてみると全く気にならなくなった。キレイな赤い実の果実に鉄サビ系ミネラルと中国茶系ミネラルが混ざり合ったまさにこのワインに求めていた理想的な香り。すでに固くないが骨格は緩くない。クラシックでエレガントでうまみの広がりがあり、ミネラルも豊か。艶がありつつ絶妙な流速でガブガブ飲めてしまうほどのバランスのよさ。抜栓の次の日にはさらに全体のバランス向上。鶏肉料理全般に合いそうな印象あり。抜栓の2日後もおいしいが、ベストは昨日のバランス」

アルコール13%




トロボー、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ‘17

税別¥8500

<あと12本>限定品!

スペクテーター・オンライン93点(2022~2038年)

ワイン&スピリッツ誌 91点

バーガウンド・コム 91点

VINOUS 89~91点


リアルワインガイド67号 92+・93点!




トロボー、コルトン‘17

税別¥17000

<あと12本>超限定品!

スペクテーター94点!(2023~2042年)

VINOUS 89~91点

ワイン&スピリッツ誌 90点

バーガウンド・コム 92点


リアルワインガイド67号 94+・95+点!!!




トロボー、コルトン・ブレサンド‘17

税別¥17500

<あと10本>超限定品!

スペクテーター95点!(2023~2045年)

VINOUS 91~93点

バーガウンド・コム 93点!


リアルワインガイド67号 95・96点!!!

MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

まだ評価が出そろっていません


7/4(土)アップ~蔵出しクロード・カザル’08クロ・カザルVV

待望の当たり年!












 


リュット・レゾネ。殺虫剤不使用
2019年に<HVE> Haute Valeur Environnementale レベル3
環境に配慮した農法認定取得!




Claude Cazals, Champagne Grand Cru Clos Cazals VV Ex-Brut '08

クロード・カザル、シャンパーニュグランクリュ・ブラン・ド・ブラン・クロ・カザルVV エクストラ・ブリュット’08

税別¥14500

<あと23本>超限定品!

輸入元担当者さま大絶賛の1本!

※すでに再入荷不可能!
例年以上に入手難!
アルコール12%

例年リリース直後はガッチガチに固いですが、’08はいつもよりは飲める上に大きく余韻が長いそうです。キレがありつつ濃密で重さと深さ、長期熟成も可能なポテンシャルがある逸品!

シャルドネ100%
熟成 約127ヶ月
ドサージュ 5g/L

LA REVUE DU VIN DE FRANCE誌にて
『119本の偉大なブラン・ド・ブランのシャンパーニュ』
『コート・デ・ブランのもうひとつの偉大なクロ』
と絶賛されました!

クロ・カザルの中でも、1950年代に植樹された古樹の区画のみから造られるトップ・キュヴェ。ベースワインの一部はバリックで発酵を行う。華やかで広がりのある熟度の高い果実に加え、古樹の深みや緻密さを備えている。長い余韻には心地よい熟成感とナッツが漂う。豊満なオジェの魅力にフィネスを備えた偉大なグランクリュのクロ・シャンパーニュ。
(輸入元資料より)




これまで8,500種以上のシャンパーニュを試飲してきた評論家リチャード・ジューリンから、「歴史上最もエレガントなシャンパーニュをもたらす」と最大の賛辞を受けるル・メニル・シュール・オジェは、シャルドネの聖地コート・デ・ブランの最南端に位置するグランクリュだ。クリュッグの最上キュヴェを生む畑クロ・デュ・メニルを擁し、洗練の極みであるサロンを生み出すこの村の魅力に大きく寄与するのは土壌である。表土が非常に薄くベレムナイト・チョークの層がすぐに露出する土壌が、豊かで強いミネラル感とシャープな酸をもたらし、シャンパーニュのグランクリュの中で最も長熟で最もエレガントと評されるワインを生み出す。
それに対し、すぐ北隣に位置するグランクリュ、オジェでは、北風から保護されたパラボラアンテナ状の独特の地形により優しい果実と穏やかな酸が備わり、大らかな気品が魅力となる。

1897年創業のクロード・カザルは、対照的なこれらふたつのグランクリュとその周辺のプルミエクリュのみに約9haの畑を所有するレコルタン・マニピュランである。同時に、長い間ボランジェやルイ・ロデレールなどトップ・メゾンにブドウを供給してきた。更に、現当主デルフィーヌ・カザルの祖父オリヴィエ・カザルの代から、これらのメゾンと契約する栽培家のブドウを圧搾するプレス・ハウスを務めており、2004年にル・メニル・シュール・オジェに醸造用セラーを新設して以降は、メゾンからの要請を受け、プレスだけではなく果汁をワインにする工程も請け負っている。ブドウの供給元となるだけにとどまらず、シャンパーニュ最高のメゾンの数々に契約栽培家のブドウのプレスから醸造までを一任されていることからも、この造り手の傑出した力量が伺える。


ジロ・パレットを発明し、シャンパーニュの発展に貢献

ブドウ栽培にはリュット・レゾネを採用。醸造にはステンレスタンクを用い、アルコール発酵とマロラクティック発酵を行う。ベースワインの醸造はル・メニル・シュール・オジェの醸造施設で行われるが、最低でも36ヶ月という長い熟成にはオジェにある邸宅の地下セラーが用いられる。この建物は国際連盟の設立者のひとりであるレオン・ブルジョワの元別荘で、それを取り囲むように広がる畑、クロ・カザルはクロード・カザルの代名詞である。

オジェの丘の麓に位置するクロ・カザルは、シャンパーニュの希少なクロの中でも数少ないグランクリュのクロである。その面積は3.75ha。クロの名の通り壁に囲まれているため、周囲の畑よりも暖かいミクロクリマがブドウに最大限の熟度をもたらし、ブドウの糖度はクロの外の畑よりも1度高くなるという。オジェの豊かな果実を更に引き立てるこの特別な畑は、1950年代にカザル家の手により植樹され、そのブドウはかつて有名メゾンのプレステージ・キュヴェに使われていた。

しかし、現当主のデルフィーヌは、この畑は単独で瓶詰めすべきだと考え、頑なに慣習を守ろうとする父親を懸命に説得。彼女の数年越しの努力が実り、1995年に初めてクロの古樹の区画のブドウのみからクロ・カザルが造られた。これは、クロ・デュ・メニルやクロ・デ・ゴワセと同じ数少ないクロの単一畑のシャンパーニュであり、ニール・ベケットの『1001 Wines you must tastebefore you die(死ぬ前に飲むべき1001ワイン)』や、フランスの主要ワインガイド、ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランスの『偉大なブラン・ド・ブラン』特集に大きく取り上げられている。

また、クロード・カザルの名はワイナリー名だけではなく、デルフィーヌの父親であり発明家でもあった先代のクロード・カザルの名としても知られている。彼の最も注目すべき発明のひとつがジロ・パレットだ。これにより、それまで1ヶ月かけて手作業で行われていたルミアージュを数日に短縮できるようになった。彼のシャンパーニュ造り全体の発展への貢献は大きい。


ピュアでリッチなスタイルが魅力

クロード・カザルのラベルを注意深く見ると、RM(レコルタン・マニピュラン)ではなくRC(レコルタン・コーペラトゥール)の表記があることに気づくだろう。レコルタン・マニピュランとしてのワイン造りと、醸造設備を持たない栽培家のための協同組合的なワイン造りを並行しつつ、クロード・カザルのラベルにRMと表記するには、法的には壁で区切られた醸造スペースが2部屋求められる。いくらクロード・カザルがメゾンのベースワインの醸造まで引き受けているとはいえ、大がかりな設備投資が可能な大手メゾンと違い、本来の姿は小規模な家族経営のレコルタン・マニピュランである。結局、醸造スペースを一部屋しか設けることができなかったため、法規制によりラベルにはRCと表記せざるを得なくなってしまった。しかし実際には、このふたつのワイン造りはプレスからタンクまで完全に分けて行われている。つまり、クロード・カザルのシャンパーニュは全て、自社畑のブドウのみから造られる正真正銘のレコルタン・マニピュランの作品なのだ。自社畑のブドウの方がメゾンに供給される他の栽培家のブドウよりも質が高いと断言するデルフィーヌにとって、他の栽培家のブドウをブレンドする必要などない。

常に高い質を求めて代々受け継がれてきたカザル家のシャンパーニュの魅力は、ピュアでリッチなスタイルだ。ル・メニル・シュール・オジェの研ぎ澄まされたエレガンスや、オジェの大らかなエレガンスを豊かな果実が包み込む。
シャンパーニュに精通する評論家マイケル・エドワーズはその著書の中で、「デルフィーヌのクロード・カザルス・シャンパンは、レコルタン・マニピュランのお手本のようなシャンパン」と評し、シャンパーニュ評論家リチャード・ジューリンはこの造り手を4ツ星に格付けている。


常に高い品質を求めて代々受け継がれてきた
RMのお手本のようなシャンパーニュ

隣り合うが個性の異なるル・メニル・シュール・オジェとオジェの2つのグランクリュを所有。ル・メニルからはしっかりとした骨格が、オジェからは熟した果実が得られ、リッチなブラン・ド・ブランに仕上がる。希少なクロをオジェに所有する貴重な生産者。


オーナーで醸造責任者
Delphine Cazals

所有畑面積
9ha

土壌
ベレムナイトの化石が堆積した白亜質

栽培方法
リュット・レゾネ。殺虫剤不使用。

醸造方法
温度管理しながらステンレスタンクでアルコール発酵とマロラクティック発酵を行う。


 

7/4(土)アップ~蔵出しジェレミー・ユシェ’19




 

 





『~Muscadet today is one of the most exciting white wines in France, in part because the region that produces it-around the city of Nantes in the far western Loire Valley-is undergoing a renaissance: much better farming, exceptional winemaking and diligent research to precisely delineate the region’s geology. 』
WEBマガジン『Punch』にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!




すべての畑は2001年からサステーナブルな有機農法
25年前から化学肥料を使っていない!

ABマーク、ユーロリーフあり!




Jeremie Huchet, Chapeau Melon Blanc Vin de France '19

ジェレミー・ユシェ、シャポー・ムロン・ブラン・VdF’19

(フランス・ロワール・辛口白)


税別¥1500

<あと7本>





Jeremie Huchet, Chapeau Melon Blanc Vin de France '18

ジェレミー・ユシェ、シャポー・ムロン・ブラン・VdF’18

(フランス・ロワール・辛口白)


税別¥1500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

253本完売!!!ありがとうございました

「2019.4月上旬に飲みました。やはり実力ある造り手。もうギィ・ボサールとランドロンだけの時代ではなくなった。コンディション最上の透明感と流れ方。みずみずしさを極めており、冷涼で爽快。真夏に最強タイプで、ミネラルウォーターにレモン果汁とうまみ塩を足したイメージで小さくまとまって完成されている。旨味と塩ミネラルを伴う美しい酸が、非常に心地よく、食欲を刺激する効果とわりと幅広く実際に食事をおいしくする効果あり。たくさんのワインを経験してきた方たちは皆、シャブリとかミュスカデの本当のおいしさに気が付いて戻ってくる傾向にあります。また今のデイリーワインは選び方次第で相当楽しめる時代になっています。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12%

ブドウ品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)、ソーヴィニヨン・ブラン

土壌:花崗岩

醸造・熟成:プヌマティック空圧式プレス、温度管理、6か月シュール・リーで熟成させ、瓶詰め。

非常に表現力豊かで食欲を刺激します。花の風味、エキゾチックな果実、若々しい柑橘の香り、 緊張感がありながら柔らかい香り。春の花を想起させる香りと柑橘系の酸味を持った楽しいワインです。
(輸入元さんコメント)

ジャンシス・ロビンソン女史、ゴーミヨ誌などでも過去に高評価されています!


7/4(土)アップ~蔵出しラファエル・カンブラ’17エル・ボン・オム・ブランコ

みずみずしく、ちょっぴりほろ苦いリンゴジュースのニュアンスの白!




(※↑かわいい系デザインのラベルは2種類あり、ランダムに発送されますので、店頭以外ではどちらかお選びいただけません。)




 


2001年よりビオディナミによる栽培を開始。
2012年に認証取得予定。
ピュアでクリアなブドウを得るため、人の手の介入は最小限にとどめる。




Rafael Cambra 2017 El Bon Homme Blanco

ラファエル・カンブラ、エル・ボン・オム・ブランコ‘17

(スペイン・バレンシア・辛口白)


税別¥1600

<あと9本>

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

219本完売!!!



Rafael Cambra 2016 El Bon Homme Blanco

ラファエル・カンブラ、エル・ボン・オム・ブランコ‘16

(スペイン・バレンシア・辛口白)


税別¥1600

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

インポーター様曰く、特に女性に大人気!

36本完売。ありがとうございます

「2019.4月初旬に試飲しました。本当に新樽100%?というフレッシュでみずみずしくよいバランス。ストレートな果実感、酸も低くなく、ちょっぴりほろ苦いリンゴジュース+熟成香ではないドライハーブ的ニュアンスで、非常に心地よく杯が進むおいしさ。冷やし過ぎないほうがおいしい。無名で優れた生産者だからこその価格以上の満足度。メディアでは赤ワインしか評価されていないようですが白も高品質」

アルコール12.5%

樹齢35年

手摘みのマルヴァジア100%

標高が高い畑で白亜質土壌

オーク樽(500L、新樽100%)&ステンレスタンク4ヶ月

洋ナシや柑橘類の爽やかな果実に白い花、ハーブ、スパイスのヒント。フレッシュなアタックに美しい酸と繊細なミネラルが続く。アフターには心地良いキメ細かな苦みが感じられ、ドライなフィニッシュへと誘う。フレッシュかつ爽やかな果実と端正に表現された緻密さをぐっと身近に楽しめる1本。
(輸入元さんコメント)


スペインの若いワインメーカーの中で最も革新的と評されるラファエル・カンブラは、文字通りブドウの樹に囲まれて育ってきた人物である。彼の両親はスペインでも指折りのブドウの苗木の栽培家であり、ベガ・シシリア、マリアーノ・ガルシア、アルバロ・パラシオス(レルミタ)といった、スペインを代表するトップメーカーに苗木を納めている。ラファエル自身もブドウの栽培者としての道を歩んできたが、若い頃からの夢であったワイン造りを諦めきれず、リオハの名門C.V.N.E.社の5代目ヘスス・マドラーソが指揮を執るコンティーノにて、氏に3年間師事した後は、更なる修業のためフランスへ。数年後、バレンシアに帰郷してしばらくは家業を手伝う傍ら、ワインメーカーとしての道を模索していたが、遂に理想の畑と運命の出会いを果たし、自宅裏の小さなガレージを改装してワイン造りを始めるに至った。
(輸入元資料より)


7/4(土)~蔵出しオレムス’16

ハンガリー=甘口だけではありませんの最高峰!!!





珍しいチョコミント色ラベル

 





OREMUS, TOKAJI DRY MANDOLAS '16

オレムス、トカイ・ドライ・マンドラス’16

(ハンガリー・辛口白)


税別¥2500

<あと26本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 91点!

スペクテーター・オンライン90点(NOW~2021年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

110本完売!!!

「2018.4月中旬に試飲しました。それにしてもトカイのワインは最近はずれが少ない上に価格以上のものが多い。オレンジ、アカシア、ハーブ、アーモンド、うっすらムスク的複雑なニュアンスまであり香水系の素晴らしい香り!高貴系の果実味、厚みもキレも同時にあり、ほのかな塩ミネラル、甘旨みを伴う辛口。4人で飲んで全員大絶賛だったワイン。はっきり言って+¥1500の品質。その上、他にない個性まである凄いワイン」

アルコール13.5%

フルミント100%

ワイナリー曰く、’16は過去最高の出来!!!

’15 VINOUS 90点

’15 スペクテーター90点

オレムスは17世紀から続く歴史ある畑に名前を由来。1993年からベガ・シシリア・グループ(Bodegas Vega-Sicilia アルバレス家)が所有し、品質改革のために惜しみない投資を行っています。マンドラスは唯一の辛口ワイン。マンドラス(アーモンドの意)の区画と樹齢60年以上の畑からブドウを使用。収量はわずか25hal/ha。樽とステンレスタンクで発酵し、6ヶ月シュールリーでバトナージュ、その後樽と木桶で熟成。フレッシュなアロマと自然由来の心地良い酸味。 (輸入量資料より)


7/4(土)アップ~蔵出し特価カテナ・サパータ’17

意外と冷涼な驚くほどのお買い得品!






 




イギリスの情報誌『 Drinks International 』で
The World’s Most Admired Wine Award 2020
(世界で最も称賛すべきワイン・ブランド)に選ばれた!




CATENA, MALBEC '17 Mendoza

カテナ、マルベック’17
(アルゼンチン・辛口赤)


特価・税別¥2100



輸入元定価・税別¥2,840

<あと12本>絶対おすすめ!

ジェームス・サックリング 93点!!!

パーカー91点(2018~2022年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト237号)

VINOUS 90点(ステファン・タンザー)

ワイン&スピリッツ 90誌

SAKURA Japan Women's Wine Award 2020 ダブル・ゴールド受賞!!!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年度 シルバー受賞!


24本完売。

「2020.4月下旬に飲みました。DIAMコルク。縁が紫がかった濃いルビー色。ビターチョコレート、レーズンバターやプルーンのようなドライフルーツ気味の凝縮した黒い実の果実、スパイス、わずかにミントなどのメントール系冷涼感と高級感もあるよい香り。凝縮して良質なコクと深みはありつつも、冷涼感とバランスがキープされている上に、樽がとてもよく溶け込んでいる逸品!キメ細かなタンニンの質が癖になる印象で、抜栓の3日後までまったく落ちない。明らかに価格以上で決して濃いだけではなくアルコールの浮きもない」

アルコール13.5%

マルベック100%
HIGH-ALTITUDE

所有の畑の中の良質の区画から、収量を制限して、より複雑で完成度の高い味わいを実現しています。すぐに飲んでも楽しめて、特に肉料理との相性は抜群。しかも10-15年の長熟も期待できるワインです。



デカンター誌2009年度マン・オブ・ザ・イヤー!

カテナは歴史の古い家族経営の有名ワイナリーですが、
2001年に最新鋭の設備を持つ高級ワイン専用ワイナリー「ボデガス カテナ サパータ」を設立


『 <世界に認められる最高のワインをアルゼンチンで造る>というカテナ氏の夢は、カテナ社のフラッグシップワイン「ニコラス カテナ サパータ」で結実しました。その2001年の新発売時に世界の主要6都市で行われた、世界のトップワインとのブラインド・テイスティングで常に1位か2位に入選を果たし、カテナ社の品質が世界的に認められました。また、2000年に、世界最高峰シャトー ラフィット・ロートシルトのエリック・ロスチャイルド男爵とのジョイント・ベンチャーとして「カロ」ワインを手がけて成功を収め、「ロバート・パーカー ワインバイヤースガイド」において、アルゼンチンワイン生産者としては初めて、最高評価の<5つ星>を獲得し、世界中で高い評価を得ています。(輸入元資料より) 』


7/4(土)アップ~蔵出しルーク・ランバート’17

冷涼で優れた畑から深みと凝縮感のあるシラー!







 






Luke Lambert, Syrah '17 Yarra Valley

ルーク・ランバート シラー’17

(オーストラリア・ヴィクトリア州・ヤラヴァレー・辛口赤)


税別¥5800

<あと16本>超限定品!

※もちろん再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。

パーカー94点!(2018~2030年)

Wine Enthusiast 92点(Editors'Choice!)


インポーター社長絶賛の1本!

’16 デカンター・オンライン94点!

’13 VINOUS 93点!

シラー100%
アルコール13%
DIAMコルクを採用

ヤラ・ヴァレーでも最も冷涼な Tibooburra Vineyard の畑から。
花崗岩を含む赤黒い火山灰質。
ルークが「 ゆっくりとした成熟となった年で薫り 高く理想的な酸度。間違いなく今まででベスト」と断言する !

2017VT。80%全房、野生酵母による醗酵。
4000L のフランス産古樽で熟成、ボトリング前に極少量の SO2 を添加。
ノンフィルター、清澄剤不使用
(輸入元資料より)



「Luke Lambert / ルーク・ランバート」。類まれなる才能と確固とした信念に満ち溢れ、14 歳にして醸造家になることを心に決めた男。彼が造り だす優美で洗練されたフィネスを讃えた、官能的とさえいえるワインはオーストラリアのみならず世界の先進的なダイニングシーンに多大な影響を与 えており、もはや「ルーク・ランバート」の名前は次世代を象徴するアイコンとも言えます。 ルークはブリスペン生まれ。ワインをこよなく愛する両親のもとで育ち、彼らがワインを語る上で使う情熱的で、時に神秘的な表現の数々に幼かった 彼はすっかり魅了されてしまいます。高校を卒業すると 2 年間ヨーロッパへと渡り、フランスやイタリアのワイン産地を頻繁に訪れます。その中で彼が出会ったのは「土地について語るような」エレガントなワインたち。特にイタリアで出会ったネッビオーロ種から産まれる伝統的なバローロに運命的なものを感じます。帰国後チャールズ・スタート大学で醸造を修めたルークはいよいよワインメーカーとして歩みを始めますが、若くして醸造家になる と決めていた彼の頭には既に「自分がどんなワインを造りたいか」そして「どこならば造れるのか」について考え続けてきたビジョンがありました。 そこで彼が選んだのが「ヤラ・ヴァレー」。コールドストリームを含むオーストラリアと NZ のワイナリーで働きつつ、バローロの造り手「ジャコモ・ プレッツァ」「コルデロ・ディ・モンテツェモロ」でもヴィンテージを経験。そして 2004 年遂に自分自身のレーベル「ルーク・ランバート」を立ち上 げます。自分の名前が入った仕事に誇りと責任を持っていた(自営業のエンジニアだった)父親の影響もあり、彼がレーベルに自身の名前を付けたのは自然なことでした。最初は小さなガレージで凍えそうになりながらワインに向き合っていたというルーク。優れた品質の畑からシラーとネッビオーロ (Nebbiolo は当時ヒースコート産)をリリース。瞬く間に高い評価を得るに至ります。

現在ではシラーはヤラ・ヴァレーでも最も冷涼なテロワールを 誇る Tibooburra Vineyard の畑から、そしてネッビオーロは同じく冷涼かつ花崗岩質の土壌をもつ Denton Vineyard の畑から生産されています。 ルークのワイン造りにはあらゆる偉大な造り手に共通する「徹底したハードワーク」と「シンプリシティ」があります。自然には逆らわず、対話することでかつて自分が魅了された「土地を語るワイン」を造りだす。醗酵は野生酵母により、新樽は使わず、ボトリング前に極少量の SO2(20-30ppm 以下)のみ添加。一見シンプルだからこそ、彼が如何に徹底した労力を費やしているか、その違いを我々はグラスの中に見てとれるのです。

2015 年から自前の小さな醸造所を手に入れ、さらにヤラ・ヴァレーのある場所に土地を購入し自ら草を刈り開墾、2019 年から自社畑として始動を目指しています。植えられるのは、もちろん「Nebbiolo / ネッビオーロ」。


 

7/4(土)アップ~蔵出しA.A.バーデンホースト’19セカトゥール・シュナン

蔵出しA.A.バーデンホースト’18ケイジ・シュナンブラン

南アフリカにおけるビオロジックの先駆者が造る素晴らしい白!!






 



A.A. Badenhorst, Secateurs Chenin Blanc 2019

A.A.バーデンホースト、セカトゥール・シュナン・ブラン’19

(南アフリカ・辛口白)


税別¥2000

<あと9本>絶対おすすめ!

VINOUS 88点(ニール・マーティン、
~Delicious and a great value to boot.)

スペクテーター87点(NOW)


※1年前とは違い、急に人気が出てしまったようで、
すでに再入荷!!!

「2020.1月下旬に飲みました。’18ほど酸とミネラルにキレがない分、’19はほとんどフランスの味とはいかないが、こんどはほとんど『つよポン味(共栄堂の橙)』になっている!飲めばすぐにわかると思いますが、共栄堂ファンの方たちはこのワインもぜひぜひ飲んでみてください!酸が尖っていない北イタリアのイメージも少しあるフローラルなオレンジ・フルーツガム、パパイヤ、マンゴー、ピスタチオなどのフルーツとナッツが混ざり合ったよい香り。果実味豊かで、味わいにごくわずかなタンニンととてもキメ細かな苦みエグみ?(必ずしもネガティヴなイメージのものではない)があるところも共栄堂橙と同じ。最終的には’19もとてもおいしい。抜栓の次の日も非常においしい」

【品種】シュナン・ブラン、パロミノ、シェリーのようなニュアンスを与えるシークレット品種

【産地】Paardeberg/パールドバーグ地区
【畑】高樹齢の自社畑「Kalmoesfontein/カーモスフォンテーン」と、より高樹齢の契約生産者の畑

【樹齢】50~60年  【灌漑】いずれの畑も灌漑なし
【仕立て】ブッシュヴァイン:低収量で凝縮した果実味
【収穫】全て手摘みで12日間に渡り注意深く行われ、一晩低温にて寝かせます。

【全房使用率】100% 【発酵】コンクリートタンク75%、古樽25%にて、収穫の度にジュースを加え調和させながら自然発酵20日間
【熟成】シュールリーにて、適宜バトナージュしながら7カ月間

【アロマ】ハチミツ、オレンジの花、白桃などとても豊かなアロマ
【味わい】前年よりもやや酸味は穏やかで、熟した果実味が口中いっぱいに広がります。
アルコール度数:13.5%





A.A. Bardenhorst, Secateurs Chenin Blanc '18

A.A.バーデンホースト、セカトゥール・シュナン・ブラン’18

(南アフリカ・辛口白)


税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

ワイン&スピリッツ誌 94点!!!

VINOUS 90点(Outstanding Value!、
ニール・マーティン、2018~2023年)


スペクテーター89点(NOW)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

64本完売!ありがとうございました

「2019.5月下旬に飲みました。完全に+¥1000以上のフランス的な味!時代が変わった。みずみずしく、やや華やかで上品でクリーン。花、オレンジ、白桃、ミネラル、うっすらビスキュイとバターなどの香り。当店の一人がこれアルザス・リースリング?と言ったくらい涼しげで酸とミネラルの質がよい。ロワール白の代わりに使えてしまいそうなバランス感(いまや高級フレンチ・レストランでさえもフランスワイン離れが進んでいます)。フルーツ感はストレートでフレッシュで癖がなく、厚みも余韻もあり、全く飲み飽きない。冷やし過ぎないほうがおいしい。抜栓後1週間ほとんど落ちない!」

アルコール13%
スクリューキャップ

’16 デカンター・オンライン92点!

’12 ファルスタッフ 90点

【品種】シュナン・ブラン、パロミノ、シェリーのようなニュアンスを与えるシークレット品種

【産地】Paardeberg/パールドバーグ地区
【畑】高樹齢の自社畑「Kalmoesfontein/カーモスフォンテーン」と、より高樹齢の契約生産者の畑

【樹齢】50~60年  【灌漑】いずれの畑も灌漑なし
【仕立て】ブッシュヴァイン:低収量で凝縮した果実味

【収穫】全て手摘みで12日間に渡り注意深く行われ、一晩低温にて寝かせます。  【全房使用率】100% 【発酵】コンクリートタンク75%、古樽25%にて、収穫の度にジュースを加え調和させながら自然発酵20日間
【熟成】シュールリーにて、適宜バトナージュしながら7カ月間

【アロマ】ハチミツ、オレンジの花、白桃などとても豊かなアロマ
【味わい】前年よりもやや酸味は穏やかで、熟した果実味が口中いっぱいに広がります。




Keiji Sato / A.A. Bardenhorst, Cage Chenin Blanc '18 (Swartland)

佐藤圭史 / A.A.バーデンホースト、ケイジ・シュナン・ブラン’18

(南アフリカ・辛口白)


税別¥3000

<あと10本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

’18もシュナンブラン100%
’18は普通のキャップシール

’18の生産量:約900本のみ!
アルコール13.5%

新たな試みと仕上がりのワインの状態をみて、瓶詰め時に若干のSO2(58mg/l)を添加しワインの安定を図ったようです。そのため揮発酸のないすぐに開けてもおいしい状態。

【佐藤氏のコメント】凝縮感があり、ドライで、程よくシャープな果実味も感じていただけるので、ハーブやオリーブなどの香りを添えたニース風サラダや、香ばしく仕上げたラムの炭火焼、さらに牛のたたき風カルパッチョをなどと合わせていただいたり、カジュアルにBraai(南アフリカでいうBBQ)で愉しんでいただくのもおすすめです。和食に合わせるのであれば、個人的には旨味のある藻塩でいただくアナゴやキスの天ぷらもお勧めしたいですし、何よりしめサバが乙です。割烹系なら関西風の治部煮もありかと思います。ぜひいろいろなシーンでお楽しみください。




Keiji Sato / A.A. Bardenhorst, Cage Chenin Blanc '17 (Swartland)

佐藤圭史 / A.A.バーデンホースト、ケイジ・シュナン・ブラン’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥3000

<売り切れ>おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

限定品!~※すでに再入荷不可能!

「2019.5月上旬に飲みました。日本人だからということではなく、品質も個性もあるので買いました。みずみずしく、厚み勝負ではないが味付きはよいナチュラル&ピュアな味わいで、香りも味わいも明らかに亜硫酸少ない、少しの常温保管で酸が壊れそうな印象でした。低温管理が重要な銘柄ですので、ワイン屋で買ってから自宅までの間などもお気を付けください(クーラーバックや保冷剤など)」

アルコール14%
ロウキャップ

【品種】シュナン・ブラン100%

【瓶詰】瓶詰時には既に発酵・熟成ともに安定しており、程よい凝縮感があり芳醇で、フェノリックなニュアンスとのバランスが素晴らしかったため、チャレンジングではあったもののSO2の添加をせず、無濾過、無清澄で瓶詰を行いましたが、満足のいく仕上がりとなりました。

【ラベルデザイン】佐藤氏が「南アフリカに行く」と決めた時に当時4歳だった愛娘が白ワインをイメージして描き、プレゼントしてくれたもの。

栽培 【産地】スワートランド  【畑】「Lankloof Vinyard/ランクルーフ・ヴィンヤード」 (『A.A.バーデンホースト』 所有)
【樹齢】約40年  【仕立て】ブッシュヴァイン(株仕立て)

醸造 【全房使用率】100%  【発酵】古樽にて野生酵母による自然発酵
【熟成】古樽にて11カ月 【瓶詰】SO2無添加、無濾過、無清澄



南アフリカを牽引する生産者のひとりである
『A.A.Bardenhorst/A.A.バーデンホースト』 のアディ氏のもとで、
日本人として初めてワイン造りを行った生産者、佐藤圭史氏の造るスペシャル・キュヴェ!

彼は大学時代に学生生活を送っていたアメリカ合衆国のオレゴンでワインに出会い、ワイン造りの奥深さに魅了されました。20代後半の時に一念発起をし、飲食の世界に転身。
東京・渋谷に自身の「オレゴンワイン」に特化したワインバーを開店しました。
以来彼は、ワインにまつわる様々な翻訳やコンサルタント業などで活躍しながら、世界各地の銘醸地を巡り、ワイン造りの夢を大切に抱き続けていました。
そんなある日、南アフリカから来日中だった 『Craven WInes/クラヴァン・ワインズ』のワインを飲み、衝撃を受けたのです。
彼はすぐに南アフリカでのワイン造りの術を模索し、そこで後の師匠となるSwartland(スワートランド)の
『A.A.Badenhorst/A.A.バーデンホースト』 のAdi(アディ)と出会い、意気投合します。

以来彼は毎年南アフリカと日本を行き来しながら、
『A.A.Bardenhorst/A.A.バーデンホースト』 で収穫や醸造のサポートを務めながら、ワイナリーの卓越した栽培、醸造技術を肌で感じ、アディの
哲学を吸収していきました。そして遂に2017年、念願の自身の名を冠したキュヴェが生まれました。
キュヴェ名は、彼の留学時代の愛称「Cage」に、
彼のワイン造りの哲学である「ワインはその土地や人々、そして大地からの恵みを表現した一杯であるべき」という思いに沿い、南アフリカで
出会った人々やその大地への感謝を込め、C for ”Cape” A for ”Adi” 
G for ”Greeting” E for ”Earth” 「Cage」と名付けられました。
(輸入元資料より)



自称 「イケメン且つダイナミックさを持つ男」 と豪語するバーデンホースト家のいとこ同士、へインとアディが、スワートランドに本拠を置き、共同オーナーを務めるワイナリーです。彼らは 2008年に、1930年代まで使われてそのまま放置されていた醸造所を含む60haの農園を買 い取りましたが、そのうちの28haはブッシュヴァイン(自根)です。彼らの祖父は46年間農家を 務め、その息子たち(彼らの父)もその農家を継いだ生粋の農家一家で、祖父の口癖だった 「当時は信号機もほとんどなくて、ヒッピーがまだたくさんいた時代で、よく採れたての野菜とサンソーで乾杯したものだ」という思いを大切に、その時代を取り戻すかのように、彼らは自然と調和した生活を送っており、その一環の中でナチュラルなワイン造りを行っています。

1950~60年代に植えられたシュナンブラン、サンソー、グルナッシュをメインに、様々なブド ウ品種を灌漑無しで、ビオロジック栽培にて栽培しています。 全ての品種は南、北、西向きの斜面に植えられており、同じ品種でも日照時間などの違いを 吟味してブレンドするなど、天性のセンスを持ってしてバランスの取れたワイン造りしています。 土壌は基本的に花崗岩ですが、表層が粘土質であったり、風化していたり、かなり頁岩が含まれているなど、様々な地質がみられます。 醸造においても自然な造りにこだわっており、全てのワインを全房発酵させ、清澄無し、酸化防止剤も必要最低限の使用に抑えるなど、徹底して自然寄り添ったワイン造りをフィロソフィー としています。
(輸入元資料より)


 

7/4(土)アップ~蔵出しアルヘイト・ヴィンヤーズ’17カルトロジー再入荷

蔵出しアルヘイト・ヴィンヤーズ’17入手難銘柄3種類!


伝説の白!
























 




クリスとスザーン夫妻画像




Alheit Vineyards, Cartology '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、カルトロジー’17

(南アフリカ・W.O.ウエスタン・ケープ・辛口白)


税別¥4600

<あと10本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー93点!(2019~2028年、
ワイン・アドヴォケイト245号

The 2017 Cartology Bush Vines represents all that is good about Chenin Blanc from South Africa. )

ワイナート94号 92点!

VINOUS 93点!
(ニール・マーティン、2019~2028年

~The palate is beautifully balanced with a gorgeous tangy, marmalade-tinged opening. The acidity is extremely well judged (as it nearly always is) and a touch of stem ginger and rhubarb emerges toward the poised, energetic finish. Excellent. )

スペクテーター92点(2021~2031年)

Wine Enthusiast 90点(2021~)


ティム・アトキン94点!!!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

生産者自身曰く、『 カルトロジー’17は過去最高の出来!!! 』

ティム・アトキンMW『サウスアフリカ 2018 スペシャル・リポート』
ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー受賞!!!


22本完売。

「2019.11月下旬に試飲しました。温度が少し低いだけで本領を発揮しない。というか半年前より少し閉じたかも?骨格が大きく、エネルギーと余韻は変わらず凄い。結構長く熟成するかも」



「2019.5月に飲みました。1年前に’16を試飲した時も驚いたが’17はさらにそれより上質という印象!こんなワインがあるというだけで南アフリカの名声を高める効果のあるすごい銘柄の一つ。エネルギーが炸裂していて説得力のある味わい。トップノーズは濃厚チーズの乳酸ニュアンスと焦がしバター、ビスキュイ、キャラメル、アーモンドなどで、まるでまだ飲み頃に入っていないハイポテンシャルなシャサーニュモンラッシェ1級的な雰囲気ありつつも15分くらいでさらに香りが発展してゆく。温度を上げてもまだ固く、ほぼ固体?というくらいの噛めるような凝縮厚みエキスとコクがあり、果実のエネルギーとポテンシャルが凄い!酸とミネラルも弱くなく、余韻が長く、鼻に抜けるパイナップルとコクのあるバターの強い風味も持続する。抜栓の次の日も非常においしい。昨日よりパイナップルと黄桃のニュアンス強い。抜栓の2日後もまったく落ちない」

’16’15 ジェイミー・グッド 94点!

’15 パーカー93点!

【品種①】シュナンブラン:87%、4つの異なる地域の9つの畑のブレンド
産地:スカーフバーグ
畑立地:標高440~550m 土壌:主に花崗岩 樹齢:35~60年
【品種②】セミヨン:23%、仕立て:ブッシュヴァイン(古樹)、樹齢は最も古いもので1936年植樹 どちらのブドウからもミネラルに富むフィネスのあるジュースが得られ、その味わいがカルトロジーの骨格を作っています。

【全房使用率】100%:スキンコンタクトを行うことにより、繊細且つ塩味や苦味が全体の味わいを引き締めています。

【熟成樽】5年~14年の古樽にこだわり、ブドウの持つフレッシュな果実味と蜂蜜のような香りを感じることができます。
アルコール度数:13.5%

old bushvines, naturally fermented




Alheit Vineyards, Huilkrans '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、ハイルクランス’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥10000

<あと16本>幻の超限定品!

※はじめて割り当てをもらえました~!!!
当然再入荷不可能!

ティム・アトキンMW South Africa Special Report 2018年度
White Wine Discovery of the Yearに選ばれる!!!

ワイナート94号 95点!!!

『 ハイルクランスは集中度が高く、荘厳な味わいに圧倒される。南アフリカにおけるシュナンブランの多様性を探るには、絶好のお手本に違いない。 』

Wine Enthusiast 95点!!!(Editors' Choice!)
~It's superbly balanced, with notes of wood spice, field flowers, lemongrass and fynbos that dance throughout the evolving and lingering finish. While it's a stunner now, it should age gracefully through 2029.

パーカー91点
(2019~2027年、ワイン・アドヴォケイト245号)

スペクテーター93点(NOW)

VINOUS 95点!!!
(ニール・マーティン、Outstading!)


【キュヴェ】2017年が初ヴィンテージで、キュヴェ名の「ハイルクランス」とはこの畑にある崖の名前で、「涙する崖」という意味で、雨が降るとまさに崖肌を涙のように雨水がつたうことが由来です。2017年に畑のオーナーのご子息が不慮の死を遂げてしまったこともあり、彼へのオマージュの意味も込めて付けられました。
【品種】シュナン・ブラン100%

【産地】スカーフバーグ地区
【畑】「オウダム」の単一キュヴェで2015年から構想を始めました。
アルコール度数:14.0%




Alheit Vineyards, Magnetic North '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、マグネティック・ノース’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥9000

<あと2本>幻の超限定品!

※はじめて割り当てをもらえました~!!!

ワイナート94号 96点!!!

Wine Enthusiast 94点!!!
(Cellar Selection!さらにTop 100 Cellar Selections 2019年度 84/100位!)

~Lingering notes of waxy melon, orange rind and whole spice like nutmeg and allspice unfold on the long, lightly nutty finish. It's a charmer that's hard to resist but will age well through 2030.

パーカー91点
(2019~2027年、ワイン・アドヴォケイト245号)

スペクテーター91点(NOW)

VINOUS 94点!!!(ニール・マーティン)


【品種】接ぎ木していない特別なシュナン・ブラン100%
(マサル・セレクションのブッシュ・ヴァイン古樹!)
この畑のオーナーの意向でブドウ樹が全て抜かれようとしていたところ、半分ほどのところでどうにか残りのブッシュヴァイン(地植えのブドウ株)をクリスが”救出”しました。

【産地】スカーフバーグ:ケープタウンから北へ約460km
【畑立地】標高520m
【土壌】鉄分を豊富に含んだ砂っぽい赤土 【植樹】1980年代前半
【アロマ】洋ナシ、白桃、ドライハーブ、スパイス
【味わい】力強さと共に繊細なミネラルと酸が完璧なバランスを成しています。
アルコール度数:14.0%

’16 デカンター・オンライン96点!

’15 スペクテーター93点




Alheit Vineyards, La Colline Vinyard '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、ラ・コリーヌ・ヴィンヤード’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥9000

<あと3本>幻の超限定品!

※はじめて割り当てをもらえました~!!!

Wine Enthusiast 95点!!!(Editors' Choice!)
~The palate is bright and lively, with laser-cut acidity and a beautiful seam of stony minerality that weaves throughout the yellow apple, spiced orange and Anjou pear flavors. It's harmonious, complete and superbly balanced, with a lingering ginger-peach-tea accent on the close. Drink 2020?2030.

パーカー94点!(2019~2030年、ワイン・アドヴォケイト245号)
~If you are a Burgundy lover and looking from something familiar yet different, check this out. ~

スペクテーター93点(NOW)

VINOUS 95点!!!(ニール・マーティン)


【キュヴェ】歴史のある由緒正しいシングル・ヴィンヤードに植わった2種の古木のセミヨンによるスペシャルキュヴェ。濃い果皮色のセミヨンと明るい果皮色のセミヨン・グリが混植されており、他では見ることのできない南アフリカらしいユニークなワインを造り上げました。
【品種】セミヨン 85~90% セミヨン・グリ 10~15%

【産地】フランシュック
【畑】「ラ・コリーヌ」:ユグノー派の避難民として1688年にフランシュックにたどり着いたポール・ルーの直系の子孫であるアントン・ルー氏によって所有されていた、歴史のある由緒正しい畑。

【標高】310~350m 【植樹】アントン・ルー氏の祖父によって1936年に植樹
【アロマ】梨、白桃、スパイス 【味わい】味わいの密度が高く、深みがあり、個性的で完璧に調和しています。
アルコール度数:13.5%

’16 デカンター・オンライン96点!




Alheit Vineyards, Nautical Dawn '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、ノーティカル・ドーン’17

(南アフリカ・W.O.ステレンボッシュ・辛口白)


税別¥6400

<あと4本>幻の超限定品!

パーカー90点(2019~2026年、
ワイン・アドヴォケイト245号


ワイナート94号 95点!!!

VINOUS 94点!!!
(ニール・マーティン、2019~2030年
~The expressive palate features orange pith, white peach and guava, and the acidity is very well judged with just the right amount of salinity toward the finish. What a superb debut! )

スペクテーター92点(NOW~2021年)

Wine Enthusiast 93点!


ティム・アトキン94点!

【品種】シュナン・ブラン100%
【産地】フォルスベイ地区の2つ畑
【畑】「ステレンホフ」:海から4km、標高60m、南東向き、
植樹:1978年、土壌:花崗岩、灌漑なし
【畑】「カリビブ」:海から13km、標高220、南東向き、土壌:花崗岩、灌漑なし

2013年に友人からこの「ルステンホフ」の畑を紹介された当初彼は標高300m以下の畑には興味がなかったのですが、それでも試してみたところ、2015年にはかけがえのないものとなり、わずか数年でファン垂涎のワインになりました。
アルコール度数: 13.0%

当主:クリス・アルヘイト氏。2011年に自身のファーストヴィンテージである「カルトロジー」をリリースし、瞬く間に南アフリカで最も評価され、注目をあびるようになったワイナリー。 ワイナリー設立前、クリスとスザーン夫妻はケープワインインダストリーで働きながら、世界のワイ ナリーを多く訪れ、その土地や地域でしか表現できないワインに感銘を受け、「ケープ土着の品種を使って、南アフリカのアイデンティティを表現したワインを造りたい」と思うに至ります。そしてクリス氏は、標高300メートル前後に立地し海風や山おろしの吹く乾燥した区画に植えられている古木に着目しました。残っていた記録によると、この地では1656年に既にシュナンブランとセミヨンが植えられていたことから、彼は白ワインに特化した醸造家を目指すことを決め、ワイナリー設立に至ります。 風土と品種をそのまま大切にボトルに詰め込んで、大いにその個性を表現しています。

南極大陸から流れる海流の影響を受け、緯度の割に冷涼な気候を保っています。ワイナリーの本拠地はヘルマナスですが、葡萄は各地の栽 培家と契約して条件にかなったものを購入しています。主に30年以上の古木が植わった小区画の畑ですが、最も古い樹は1936年に植樹され たもので、拠点から400km近くも離れた畑のものを使用しています。樹齢のみを考慮しているのではなく、各区画の立地条件を非常に重要視し ています。彼は天然の高い酸が生み出す澄んだ味わいを持ったシュナンブランを収穫するため、大西洋からの冷涼な海風は畑に不可欠と考 えています。

収穫後、葡萄は全房にてゆっくり味見をしながらプレスしています。その後低温のタンクで24時間静置しますが、この際酵素やSO2など、添加物 は一切加えません。それらを加えることは、バクテリアの持つポテンシャルを崩し、発酵を妨げることになると考えているからです。また、マロラク ティック発酵までのスムーズな移行は収穫時の酸が関与するとの考えから、収穫日の決定には非常に気を使っています。また新樽は一切使 用せず、全て古樽を選んでいます。 クリス曰く、相撲の力士よりも体操選手のような、「パワーにあふれていながら軽やかで重たくないワイン」を作ることを目指しています。
(輸入元資料より)


7/4(土)アップ~蔵出しサヴェージ・ワインズ’18フォロー・ザ・ライン

6/23(火)アップ~蔵出しサヴェージ・ワインズ’18初入荷のレアもの4種類!

シーフ・イン・ザ・ナイトは、これを飲んで南アフリカにはまったと言っても過言ではない凄い赤!

他にない調和と複雑性で、やはりダンカンさん天才!!!












 



Savage Wines, Follow the Line 2018

サヴェージ・ワインズ、フォロー・ザ・ライン’18
(辛口赤)


税別¥4200

<あと11本>絶対おすすめ!

VINOUS 93点!(ニール・マーティン)

スペクテーター93点!(NOW~2028年)

ジェイミー・グッド 93~95点!!!

ティム・アトキン 94点!

Greg Sherwood MV 95点!!!


「2020.2月初旬に飲みました。ピュアでみずみずしくエレガント。まったく重くないが旨味とミネラルが豊富で上質なため味付き自体は非常にしっかりしておりゆっくりずっと飲み続けていられるタイプ。落ち着いたナチュラルな全体像、酸は当然低くなく、タンニンの質は非常に丸い。やや低めの温度でブルゴーニュ・グラスがベスト。もうほとんどピノノワールの味で、ブルゴーニュ通の方ほどおいしいと感じると思われる素晴らしい個性。抜栓の2日後まで最高においしい」

【キュヴェ】若くして亡くなってしまったダンカンの親友のヴィニュロンに捧げるワインで、この友人が生まれた時に植えられたブドウ樹のサンソーを用いたスペシャルキュヴェです。生前彼は長年にわたりこの地の土壌を慈しみ、ブドウ樹を献身的に育んできました。ダンカンはこの素晴らしい畑に彼の魂がこれからも永遠に生き続けることを願い、畑を引き継ぎ、彼への最大の愛とオマージュを込めてワインを造っています。

【品種】サンソー 86%  シラー 14% (ラベルにはサンソーと表示)

【産地】ダーリン  【畑立地】南東向き
【樹齢】38年
【仕立て】ブッシュ・ヴァイン(株仕立て)
【収穫】手摘み   【全房使用率】50%
【発酵時スキンコンタクト】5週間
【熟成】卵型フードル(許容量1500L~2000L)にて10カ月間

【アロマ】土壌に恵まれ、古樹のサンソーが織りなす香りはまるでパフュームのように非常にアロマティックです。ドライ・ラベンダー、スミレ、バラの花びら、サクランボに加えてオリエンタルな香りが幾重にも重なります。
【味わい】スタイリッシュで軽めの舌触りですが、凝縮された果実味、艶のあるミネラル、柔らかなタンニンが絶妙のバランスで構成されており、複雑な味わいを伴う余韻が楽しめます。
【飲み頃】2026年頃まで アルコール度数:13.0%




Savage Wines, Never Been Asked To Dance 2018

サヴェージ・ワインズ、ネバー・ビーン・アスク・トゥ・ダンス’18
(辛口白)


税別¥4500

<売り切れ>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
まさかの割り当て2本のみ、、、

VINOUS 93点!(ニール・マーティン)

スペクテーター94点!(2022~2033年)

ジェイミー・グッド 93~95点!!!

ティム・アトキン 93点!

Greg Sherwood MV 94点!


【品種】シュナン・ブラン 100%
【産地】パール
【土壌】分解された花崗岩
【樹齢】64年のブッシュ・ヴァイン(株仕立て) 【全房使用率】100%
【熟成】600Lの樽で10ヵ月間

【アロマ】リリースから2年目を迎えましたが、昨年のヴィンテージよりも複雑味を増し、ハーブの香りの要素が強く感じられます。花崗岩の土壌ならではのダスティーなニュアンスや、柑橘類、パイナップルやレモンビスケットなどの甘みを思わせるアロマ豊かでとても心地よいです。
【味わい】アタックはフレッシュでピュアな印象で、酸味と果実味のバランスが洗練されていて滑らかです。エレガントで調和のとれた口当たりです。
【飲み頃】2023年頃まで アルコール度数:13.5%




Savage Wines, Girl Next Door 2018

サヴェージ・ワインズ、ガール・ネクスト・ドア’18
(辛口赤)


税別¥5500

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
まさかの割り当て2本のみ、、、

VINOUS 91点(ニール・マーティン)

スペクテーター93点!(2022~2033年)

ティム・アトキン 94点!!!

Greg Sherwood MV 95+点!!!


【品種】シラー 100%
【産地】ノールドフック地区:当主ダンカンのホームタウンにほど近い地区です。
【畑立地】大西洋を見下ろす畑には冷たい海風が吹きつける厳しい環境下で、高い密度で植えられたブドウは、その潮風の影響を受けてたくましく育ちます。
【土壌】砂利混じりの砂質土壌   【畑面積】0.38ha
【樹齢】13年 【仕立て】トレリスシステム(Y字棚仕立て)
【全房使用率】70% 【発酵】2週間スキンコンタクトを行った後、マロラクティック発酵を行います。
【熟成】600Lの古樽にて10ヶ月間 【アロマ】深みがあり非常にリッチな香り。ブラックカラントや胡椒の実、ブラックオリーブのタプナードや塩漬け肉を思わせるアロマがあり、口に含む前にすでに充実感を得られます。

【味わい】引き締まっていてクリーミー。豊かなミネラルと、控え目できめの細かいタンニン、ブルーベリーやブラックチェリー、ラズベリーなどのピュレのような果実味が魅力的で、長い余韻を楽しめます。
【飲み頃】2028年頃まで アルコール度数:13.5%




Savage Wines, Are We There Yet '18

サヴェージ・ワインズ、アー・ウィー・ゼア・イェット’18
(辛口赤)


税別¥4400

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
まさかの割り当て2本のみ、、、

デカンター・オンライン94点!(2019~2025年)

VINOUS 91点(ニール・マーティン)

スペクテーター92点(N2021~2031年)

ティム・アトキン 93点!

Greg Sherwood MV 94点!


【キュヴェ名】畑が本拠地のケープタウンから遠く離れているため、「Are We There Yet?=まだ到着しない?」と名付けられました。

【品種】トゥーリガ・ナショナル 50%  シラー 50%
【産地】ケープタウンから東におよそ250km離れたマルガス地区
【気候】海洋性気候 【土壌】近くを流れるブリード川の河原石がゴロゴロした土壌 【樹齢】13年
【仕立て】ブッシュヴァイン(株仕立て) 【収穫】手摘み
【全房使用率】トゥーリガ・ナショナル:0%  シラー:50%
【発酵】2週間スキンコンタクト
【熟成】500Lの古樽で15ヶ月間 【アロマ】深い紫色のワインで、セイヨウスモモやブルーベリー、ブラックベリーなどのフルーツに、火打石やダスティーなニュアンスとミネラルのアロマ、甘草の香りも重なり、非常に深いアロマを織り成します。

【味わい】アロマに感じたようなダスティーさに凛としたタンニンが重なり、他のキュヴェに比べると骨格のしっかりした男性的なイメージのあるタイプです。
【飲み頃】2028年頃まで アルコール度数:13.0%




Savage Wines, Not tonight Josephine (Straw Wine) '18

サヴェージ・ワインズ、ノット・トゥナイト・ジョゼフィン’18 ヴァン・ド・パイユ
(ハーフ・375ml・甘口白)


税別¥5500

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
まさかの割り当て2本のみ、、、

VINOUS 96点!!!
(2022~2045年、ニール・マーティン)

ティム・アトキン 95点!!!

Greg Sherwood MV 95点!!!


【キュヴェ】新しくヴァン・ド・パイユの甘口ワインがラインナップに加わりました!この2018年がファースト・ヴィンテージとなりますが、今後もブドウの出来がふさわしい年のみ少量生産します。シュナン・ブランのストローワインは南アフリカで最も成功し評価されているワインのひとつと言えるでしょう。

【品種】シュナン・ブラン 100%
【産地】ピケニルスクルーフ 【海抜】700m
【土壌】砂岩 【収穫】手摘み  【全房使用率】100%
【発酵】3週間天日干しにて乾燥させた後、全房を足で踏んで破砕し、皮ごと5日間寝かせます。プレス後に果汁を小さい樽に移し発酵を促した後、10ヵ月間熟成させます。

【アロマ】深い麦藁色のワインからは、トケイソウのエキゾチックなニュアンスや、オレンジ・マーマレード、桃やアプリコットなどのドライフルーツ、藁、カスタードクリームパンなどのリッチで凝縮したアロマが豊かに心地良く広がります。
【味わい】エレガントでフレッシュな口当たりで、複雑な風味は重すぎず、程よい甘みととても長い余韻が印象的。
【飲み頃】20年以上の熟成可能。 アルコール度数:11.0%






Savage Wines, Thief in the Night '18 (Cape Town)

サヴェージ・ワインズ、シーフ・イン・ザ・ナイト’18

(南アフリカ・辛口赤)


税別¥4200

<あと10本>絶対おすすめ!

VINOUS 93点!(2021~2037年、
~pure joy.ニール・マーティン)

スペクテーター92点(NOW~2028年)

ジェイミー・グッド 93~95点!!!

ティム・アトキン 95点!!!

Greg Sherwood MV 94+点!


「2020年正月に飲みました。抜栓直後の短時間のみ’17よりわずかにおとなしかったが、早いスピードでうまみエキスとミネラルと深みがぐっと出て’17同様に圧倒的に素晴らしい味わいとなった!ざっくり言ってしまえば、倍の価格のブルゴーニュのナチュラル・ピノノワールの品質。サンソーの比率が’17よりもだいぶ減ったのにどうしてこうなる?凄い!’18も冷涼でうまみ溢れるエレガンス。抜群のコンディションによるピュアさがあり、飲み飽きる要素がない!じんわりうまいがずっと続く理想のバランス。抜栓の2日後まで非常においしい」

グルナッシュ54%、サンソー22%、シラー24%




Savage Wines, Thief in the Night '17 (Cape Town)

サヴェージ・ワインズ、シーフ・イン・ザ・ナイト’17

(南アフリカ・辛口赤)


税別¥4200

<あと3本>絶対おすすめ!

VINOUS 94点!!!
(ニール・マーティン、2020~2035年)

ジェイミー・グッド 96点!!!

スペクテーター92点(NOW~2022年)

ワイナート94号 92点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 ちょっとピノノワールっぽいはじめて飲むタイプのシラーで感動した! 』
などなど

40本完売!~※再入荷不可能!

「2019.5月上旬に飲みました。魅惑的なトップノーズと相当複雑な味わいが大袈裟ではなく1万円レベルの品質。そうとうなセンスと才能がある造り手と見た!完全に1万円クラスの品質。複雑滑らかで艶のある果実、かなり味付きしっかりで、タンニンが丸く、全房による濃密な風味の中域~無駄な重さはなくなんとミネラル感まである長い余韻。最高のグルナッシュを使用していることと、サンソーのブレンド比率が高いことで重くない複雑性となったのでしょう。ジャミーだとか酸が低いとかエグみと苦みが強いだとかアルコールの浮きとは無縁。ビオロジックっぽい味。コンディションも抜群!ラヤスとかコマンドG、エンビナーテのアルバーラなんかがお好きな方にもぜひおすすめしたい!」

アルコール13%
ロウキャップ

’12~’15が、ワイン・アドヴォケイトで絶賛されるなど、
世界中の各メディア大絶賛の入手難ワイン

【品種】グルナッシュ48%、サンソー46%、シラー6%

【産地】ピケニルスクルーフ → 標高が高く南ア最高のグルナッシュが取れると言われている特に優れた畑!
【樹齢】グルナッシュ42年、サンソー24年、シラー18年
【仕立て】全てブッシュ・ヴァイン(株仕立て)  
【全房使用率】70% 

【発酵】500Lのフレンチ・オークにてMLFを行う  
【熟成】フードルにて9ヶ月

スミレやベリーなどの溌溂とした印象とスパイスが複雑に絡み合い、グルナッシュとサンソーのハーモニーが柔らかく繊細に広がり、時間がたつにつれて複雑さが増します。今ヴィンテージより新たにサヴェージのラインナップに加わった新キュヴェです。 (輸入元さんコメント)





Savage Wines, Savage White '18

サヴェージ・ワインズ、サヴェージ・ホワイト’18

(南アフリカ・辛口白)


税別¥4200

<あと11本>絶対おすすめ!

VINOUS 92点!(ニール・マーティン)

スペクテーター93点!(NOW~2028年)

ジェイミー・グッド 92~94点!

ティム・アトキン 93点!

Greg Sherwood MV 95点!!!


「2020年1月上旬に飲みました。間違いなく素晴らしく、価格も超えておりスタイルもよいですが、今はわずかに樽が溶け込みきっていないので半年~1年後以降に飲んだ方がよさそう。’17同様にかなり素晴らしい繊細な複雑性で飲み飽きない。抜栓の次の日以降少しずつ樽が溶け込んで中域のエキス感が増して向上する。これなら飲み頃といってもよさそう。抜栓の3日後まで非常においしい」

ソーヴィニョンブラン54%、セミヨン28%、シュナンブラン18%




Savage Wines, Savage White '17

サヴェージ・ワインズ、サヴェージ・ホワイト’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥4200

<売り切れ>絶対おすすめ!

※すでに再入荷不可能!
次のヴィンテージまで、半年以上買えません。

VINOUS 93点!
(ニール・マーティン、2019~2032年)

スペクテーター93点(NOW~2026年)

ワイナート94号 90点


「2019.6月上旬に飲みました。シーフ・イン・ザ・ナイト’17を飲んだ時の衝撃からてっきり勝手に赤ワインの生産者に違いないと思っていましたが、元々は白ワインの生産者だったそうで、赤も白も最上の品質を実現してしまうごく一握りの超一流生産者ということになります!花崗岩土壌が主体のようですが、自分の中では今までにない調和と複雑性と心地よさで、クードレ・ボーカステル・ブラン’15とシャトー・ド・べリュのシャブリ・オランジュリ’15のいいとこどりみたいな?まぁとにかく有機栽培の涼しげなフルーツ感と豊富なうまみとミネラルの味わい。ダンカンさん天才的センス!無駄な重さは皆無だが、うまみエキス感など味付きは非常にしっかりで、これ以上ないくらい超キメ細かな苦み、抜群のコンディション×造り手の才能による稀有な質感。冷やし過ぎないほうがおいしい。抜栓の2日後までまったく落ちない」

’15 Jamie Goode 94点!

’15 パーカー93点

’15 ワイン&スピリッツ誌 90点

【品種】ソーヴィニョン・ブラン:49%(エランズクルーフ産)、セミヨン:33%(スカーフバーグ産)、シュナン・ブラン:18%(マルガス産)

【産地】ウェスタン・ケープ州各地(ボットリヴァー、ピケニルスクルーフ、マルガス)

【収穫】手摘み  【発酵】樽使用  【MLF】50~60%
【熟成】古樽にて10ヶ月間

【アロマ】フローラルな香りの後から焼きリンゴ、オレンジの花、タンジェリン・ピールなどが複雑に絡み合います。 【パレット】核となる土壌由来のグラナイト的なミネラルとフルーティーさのバランスが心地よいワインです。
アルコール度数:14.0%



2008年プラッターズ・ワイン・ガイドによる年間最優秀ワイナリー賞を受賞!!!
元南アフリカ・ケープポイント・ヴィンヤーズの醸造長

ダンカン・サヴェージが満を持して立ち上げた自身のワイナリー

サヴェージのワインは海洋性気候や標高にこだわり、自身でケープ・ワインランドの隅から隅まで畑を求め歩き、その地域、畑に根差したワインを作り上げるべく探求心を惜しみません。ケープ・タウン街中の倉庫街に構えた、アーバン・ワイナリーです。 (輸入元資料より)



7/4(土)アップ~蔵出しエルマノス・デル・ビリャール’18

はじめて飲んだ時は驚きました!理想的な食中酒




※数年前からラベルデザイン変更済み





ほぼ毎年様々なコンクールで賞を受賞しています!




Bodega Hermanos del Villar, Oro de Castilla Verdejo '18

エルマノス・デル・ビリャール、オロ・デ・カスティーリャ・ベルデホ’18

(スペイン・ルエーダ地区D.O.・辛口白)


税別¥1400

<あと24本>絶対おすすめ!

Vinalies Internationales コンクール2019年 金賞受賞!

「2020.6月下旬に飲みました。DIAM3コルク。リンゴ、花、ハーブ、グーズベリー、青いメロン、キウイ、かんきつ類の苦みなどのソーヴィニヨンブランのようなややフローラルな感じにオリエンタルなニュアンスが同時にある素晴らしい香り!ちょっとだけ酸が低いが、みずみずしく超キメ細かなとても良質な苦みと塩ミネラル味で、やっぱりおいしい。幅広く食事を生かすタイプ。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%

平均樹齢32年
ステンレスタンク熟成




Bodega Hermanos del Villar, Oro de Castilla Verdejo '16

エルマノス・デル・ビリャール、オロ・デ・カスティーリャ・ベルデホ’16

(スペイン・ルエーダ地区D.O.・辛口白)


税別¥1400

<売り切れ>

※再入荷すると’17に移行&¥108値上がり致します。

ギィ・ア・ペニン 91点!

Gilbert & Gaillard2016年 92点!

レスタウラドレス2017年 90.5点
(さらに2017年スペイン最高のワインに選ばれる!)

アニュアリオ・ビノス・エル・パイス2017年 91点
(さらに2017年スペイン最高のワインに選ばれる!)



個人的にベルデホはあまり樽と相性がよくない気がするので、価格は関係なくこのスタンダード品が特に完成されていると思います。
みずみずしくフルーティーで適度な酸とよい個性がありよいバランス、アペリティフ~前菜、フリット、和食の他にも極めて心地よいわずかな苦みが、山菜の天ぷら・塩やルッコラ・オリーブオイルなどと相乗効果あり!

’15’13’12’11 インターナショナルワインセラー90点!

’12’11’10’09 パーカー88点

土壌:白亜質、石灰質、表土は小石

ベルデホ100%

ステンレスタンクでシュル・リーにて4ヶ月熟成

サステーナブル農法

1995年に設立、現在は2代目のパブロ・デル・ビリャール氏が醸造も担当
難しい年には最良のブドウのみ自社瓶詰めし、残りはバルクで売ってしまう徹底ぶり!
スペイン最高レベルの白ワイン生産者として高い評価を得ています!


’10 264本完売!!!

’09 45本完売。

’03 308本完売!!!

『~誰にでも薦められるハイコストパフォーマンスのワイン。(リアルワインガイド第5号より)』


7/4(土)アップ~蔵出しシャントレーヴ’18第2弾

6/28(日)アップ~蔵出しシャントレーヴ’18第1弾

ついにウォール・ストリート・ジャーナルやVINOUSなどでも高評価されました~!

着実な進化&今時珍しいくらいお買い得で上質な味わいをぜひ堪能してください!

リアルワインガイド66号、58号、54号、50号、46号、42号、38号にて高評価される!

※近日’18あと1回入荷決定!!!








↑ラベルデザイン変更




他のムルソーはこちら

 


こことベルトラン・アンブロワーズの値上がりなし具合には
本当に頭が下がりますね!
ともにすでに地位と名声を確立していると思うのですが、素晴らしいことです!





2015.12.7(月)
ご来店いただきましてやっとお会いできました~!
想像していた通りの素敵な方でした。
聡明で誠実である同時に情熱とたくましさも感じ、頼もしい。
輸入元のラック・コーポレーションさんには、感謝の気持ちしかありません。
シャントレーヴさんに対する気持ちが強過ぎで若干舞い上がってしまいました(笑)T氏をはじめとするシャントレーヴ愛のある当店のお客様皆さまのおかげです!決して自分の力ではありません。心から感謝申し上げます。

『 今回は一緒に来れなかったけれどもギョーム・ボットさんと二人でシャントレーヴである 』ということを繰り返し話しておられまして、ギョームさんともお話ししたかったですね。話せば話すほど、おこがましいですがワインの好みが自分とあまりにも似ていて、好きなドメーヌがほぼ栗山さんとギョームさんの友人だったり栽培か醸造で関わったことのある生産者だという(昔はそれほど好みじゃなかったけど最近、造りが変わって好みになったという生産者まで結構一致していました)。なので、シャントレーヴさんが造るワイン基本的には自分たちが飲みたいワインを造るということですので、目指している方向性は僕の好みと一致して当然かもなんて思ってしまいました。

ヴォルネイ・シュール・ロシュ’11を一緒に飲めてよかった。当時はもっといいものが造れたのではないかと実はわずかな後悔もあったそうですが、僕にとってはお世辞抜きで難しい年に素晴らしいワインを造り上げた代表例として大切なワインであり、今さらに熟成してリリース直後よりさらにおいしくなった姿を栗山さんに試していただけたので、それで安心してくださいました。このように造り手側の予測すら上回る良い熟成がたまにあるのです。今後、絶対に目を離せない生産者です。品質に納得できる限りは(’10から僕的に納得できないワインが1つもがないので、すでにその心配すらないくらい信頼できますが)ずっと応援していきたいですね!




2015.12.1(火)最新情報

2013年から(※訂正 本格的には’15から)赤ワインはほぼすべて全房発酵に移行。同時にSO2量も減らしているのでリスクが高い中、さすがの実力で素晴らしいワインが出来ました!

白ではオークセイデュレスを亜硫酸無添加で発酵。

『 よりピュアで透明感のあるワインを造っていければな、と思っています。自然派を目指すことが目的ではなく、より表現力のあるピュアなものができれば、という意識でやっています。 (栗山さんご本人談) 』






※’12から
SARL CHANTERIVES(シャントリーヴ)から SARL CHANTEREVES (シャントレーヴ)に名前が変更となります。似た名前の某生産者から抗議があったもようです



ラック・コーポレーション輸入の限定品!


ブルゴーニュ初のなでしこ醸造家!

CHANTERIVES は、ドイツのラインガウはアルテンキルヒ醸造所で4年間(2011年まで醸造責任者)、リースリングとシュペート・ブルグンダーの栽培と醸造を手がけてきた栗山朋子とサヴィニー・レ・ボーヌのドメーヌ・シモン・ビーズ(エティエンヌ・ソゼで働いたのち、2002年からパトリック・ビーズ氏の右腕として今も活躍している ※少なくとも2014年までは白ワインの醸造責任者のまま。)でシャルドネとピノ・ノワールの醸造を手がけるギヨーム・ボットが、ブルゴーニュにて設立したネゴシアンです。


※買いブドウですので、ワイン名が同じでもヴィンテージによって畑の場所が違う場合があります。基本的にいつも還元香のないキレイなバランスで酸とミネラルが上質、樽はとても控えめ

’10 リアルワインガイド38号にて高評価される!ジャシス・ロビンソン女史に高評価される!

’11 リアルワインガイド42号にて高評価される!

’12 リアルワインガイド46号にて高評価される!

’12は生産量約35%減、、、

’13 リアルワインガイド50号にて高評価される!

’14 リアルワインガイド54号にて絶賛される!

’15 リアルワインガイド58号にて絶賛される!

7年連続で上質だったので、やはり間違いなく実力あります!
価格もまだ良心的なので、ぜひお試しください
(’13’14’15は特にお安く設定してくれた気がする!)


2015.6月時点での’13は抜栓直後よりも、約1時間後、さらに抜栓の次の日と抜栓後にどんどんおいしくなっていくものが多いです。3種類以上試して全部そうでした




CHANTEREVES, L’Intrus Rouge '18

シャントレーヴ、ラントリュ・ルージュ’18
(南ローヌ・辛口赤)


税別¥2300

<あと9本>絶対おすすめ!

「2020.7月上旬に飲みました。」

アルコール13.5%
ロウキャップ

南ローヌはヴァルレアスのオーガニック認証を持つシラーを使い、抽出は優しく軽やかに仕上げました。SO2は全く使わない、シャントレーヴならではのヴァンナチュールです。
2018年は収量が少なかったため、果実味もミネラリティーも凝縮しており、
ラントルを作り始めて以来一番の出来を自負しています。
軽く冷やしてお飲みください。





CHANTEREVES, Bourgogne Pinot Noir '18

シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ルージュ’18 750ml

税別¥2500

<あと4本>超限定品!

パーカー89点!(William Kelley)

アルコール12.5%

※輸入元さんで人気が高まって、次がもう最後の再入荷となります!

フランボワーズや苺の赤い果実味と、ブルーベリー等の黒い果実味はチャーミングながら、アタックはしっかり。タンニンはきめ細かく、既存のジェネリック以上の充実感に洗練されたキャラクターです。





CHANTEREVES, Volany les Lurets '18

シャントレーヴ、ヴォルネイ・レ・リュレ’18

税別¥6200

<あと10本>

パーカー92点(William Kelley)

VINOUS 86~88点


フランボワーズや苺を中心とした赤い果実味に滑らかなテクスチュアと塩味を感じるミネラリティ。優しい抽出を心がけたので色合いは淡いですが、芳香高く深みがある。私たちの求めるスタイルの赤であり、エレガントな仕上がりです。




CHANTEREVES, L’Intrus Blanc '18

シャントレーヴ、ラントリュ・ブラン’18
(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥2300

<あと8本>超限定品!

※お一人様 2本までとさせていただきます。
すでに再入荷不可能!!!

毎年必ず造るとは限らない限定品!
以前はドイツのリースリング100%でした。
ラントルの赤と同じ畑に植わっているヴィオニエを、ラントル赤と同じようにマセラシオン・カルボニックで香り高く醸しました。オレンジピールや金柑を思わせる豊潤な果実味に、全房発酵由来のさらっとした苦味がバランス良くマッチ。リッチなオレンジワインで す。冷やしてお飲みください。




CHANTEREVES, Bourgogne Chardonnay '18

シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’18
(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥2500

<あと10本>

パーカー87点(William Kelley)

VINOUS 85~87点


はっさくやレモンを思わせるフレッシュな果実感と、厚みのあるボディー。村名クラスに匹敵します。充実したエントリーレヴェルのブルゴーニュです。




Domaine CHANTEREVES, Bourgogne Aligote les Chagniots '18 750ml

ドメーヌ・シャントレーヴ、ブルゴーニュ・アリゴテ・レ・シャニョ’18
(750ml・ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥3100

<あと7本>超限定品!

※お一人様 2本までとさせていただきます。
すでに再入荷不可能!!!

パーカー91点!(William Kelley)

VINOUS 90~92点!


この’18から名実ともにこの銘柄を100%ドメーヌものを名乗れます!
アリゴテと侮るなかれ。ラドワに位置する樹齢100年を超える畑からとれるアリゴテで、私たちが初めて手に入れ耕作を始めた畑です。ミネラリティーに富み、複雑で重層感があり、スケールの大きさに、熟成のポテンシャルを感じます。




CHANTEREVES, Pernand Vergelesses la Morand Blanc '18

シャントレーヴ、ペルナンヴェルジュレス・ラ・モラン ブラン’18
(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥4800

<あと10本>初入荷!

パーカー89点(William Kelley)

ペルナンの分けても名高いプルミエクリュであるフレティーユに隣接しており、ひんやりとした冷涼感があります。ミネラリティーに旨味が加わり、出汁を効かせた和食にも合いそうです。




CHANTEREVES, Auxey Duresses les Hautes Blanc '18

シャントレーヴ、オークセデュレス・レ・ゾート・ブラン’18
(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥5000

<あと10本>

パーカー91点(William Kelley)

VINOUS 87~89点


銘醸のムルソー村名ヴィルイユに隣接する畑なだけに、オーセーならではの冷涼なミネラリティーと、ムルソーを彷彿とさせる凝縮感とが相まり、シャントレーヴの白のラインアップの中でも一番人気です。




CHANTEREVES, Meursault '18

シャントレーヴ、ムルソー’18
(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥6700

<あと9本>絶対おすすめ!
超限定品!

「2020.7月上旬に飲みました。」

数年ぶりにムルソー村のブドウを買えたようです。昔飲んだムルソーの味は今でも忘れられません!

葡萄の出自は村名ヴィルイユです。村名ムルソーのリューディーの中でも最も標高の高い畑の一つなだけに、遅く摘まれます。標高の高い畑ならではの美しい酸と芳香の高さが魅力です。ふくよかな酒質にビシッと芯が通っており、銘醸ムルソーの名に 恥じない出来です。







’17もサンロマン・ブラン、ムルソー、ラントリュ・ブラン、モンテリー・ルージュ、ポマールの生産なし
ブドウを買うときのポイウントは、まず畑まで何度も出向き、その仕事ぶりを見ること。
自分たちの目が完璧に行き届く範囲に規模を留めること。価格的に15~20%ものプライムのつくビオの畑を優先して回っているそうです。
赤は全房発酵100%で亜硫酸極小。若いうちから楽しめながら、熟成のポテンシャルも高いです。

良い仕事しかしない方達なので当然ですが、’17も自信作とのことです!


’17 リアルワインガイド66号にて絶賛されました!



Chantereves, Volnay Les Lurets '17

シャントレーヴ、ヴォルネイ・レ・リュレ’17

税別¥6200

<あと7本>絶対おすすめ!

VINOUS 88~90点

「2019.10月上旬に再度試飲しました。」



「2019.9月下旬に飲みました。DIAM5コルク。縁がわずかに紫がかった中程度のルビー色。抜栓直後(午後)はまだ少しだけ固いと感じたが、同じ日の夜に飲むともう全然おいしかった。トップノーズが圧倒的で個人的には価格の倍くらいの素晴らしい香りだと思っている。紅茶きのこ、ほのかに甘い赤い実の果実、熟成香ではないムスク、ミネラルなどのナチュラルで複雑なかなりよい香り!味わいは香りのイメージより少しタイトでミネラリーながらもアフターにはいい感じのグリップがあり引き締まる。ナチュラル・クラシック全房というイメージで派手過ぎたり甘すぎたりしないセンスの良さ。これから1~3年くらいかけてうまみと深みがより前に出てきたら味わいも価格の倍の満足度となる。抜栓の2日後まで非常においしく、全く飲み飽きない」

アルコール13%

’12から造り続けている区画で、’17が一番の出来と自負しているそうです!!!





シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’17(辛口白)

税別¥2700

<あと7本>絶対おすすめ!
限定品!

VINOUS 87~88点

「2019.10月上旬に試飲しました。今までで一番亜硫酸量を控えている印象のピュアでナチュラルなトップノーズで、もう健全で優れたヴァン・ナチュールの味わい。バランスよく酸も尖っていなくて冷やし過ぎないほうがおいしい杯が進むバランス。抜栓後に落ちる速度だけはアリゴテより早いと思われるが、抜栓の翌日くらいまでに飲みきってしまえば何の問題もないでしょう」




Chantereves, Bourgogne Aligote Les Chagniots '17

シャントレーヴ、ブルゴーニュ・アリゴテ・レ・シャニョ’17(辛口白)

税別¥3100

<あと4本>絶対おすすめ!
超限定品!

※お一人様2本までとさせていただきます。

VINOUS 89~91点!

「2019.8月中旬に飲みました。DIAM10コルク。キレのある酸で縦に伸びるアフター。かなり強いうまみ塩ミネラルが残る。アタックよりもアフターにインパクトのあるワインで、冷やし過ぎないほうがおいしい。今でもおいしく飲めるが、おそらく2~3年寝かせて化けた後のイメージをもって造っているのだろうという気がする。なので酸化が進みにくいと思われるDIAM10を採用したのでしょう。リンゴ、シトラス、ミネラル、ハーブ、ごま、白い花、柑橘類の皮などの香り。緩みのない骨格で熟成のポテンシャルありそう。高品質アリゴテ再評価の新旗手として頑張って欲しい!抜栓の6日後までおいしい」

アルコール12%

初入荷の新銘柄!

ラドワに位置する畑

シャントレーヴさん2018年(だと思う)についに樹齢100年以上のアリゴテ畑4アール購入(’18からドメーヌ開始!!!)
なのでこの’17時点ではまだドメーヌ自社畑を名乗れないが、これから主力となる大切な決して侮れないアリゴテ!
わけても魚介のお料理に合うとのことです。




シャントレーヴ、マルサネ・ブラン’17(辛口白)

税別¥3800

<あと7本>限定品!

VINOUS 88~90点




シャントレーヴ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョ・ブラン’17(辛口白)

税別¥9000

<あと11本>限定品!

VINOUS 90~92点

1級畑モルジョは、だれが造っても厚みがある重い粘土質的な粘性のある味わいになるのですが、
骨格がありながらも、そこにいつも酸・バランス・品格を持たせるさすがの仕上がり!





シャントレーヴ、ラントリュ・ルージュ’17

税別¥2500

<あと4本>絶対おすすめ!
33本完売。限定品!

リアルワインガイド68号にて高評価される!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.8月上旬に飲みました。DIAM3コルク。亜硫酸少ない香りと味わいながら安定して上質な危うくないバランス感がさすが。一般的には’16の方が果実の凝縮があると思いますが今このワインを飲むとリリース直後の’16を飲んだ時よりも果実味とうまみエキス感に厚みがあると感じた。ジューシー感がありつつも涼しげで酸とミネラルが上質な点は変わらない。キメ細かなタンニンのコクもあり、ほのかな苦みと混ざり合ってとてもおいしい。少し熟成も可能な味。低めの温度が一番おいしいと思う。うっすらガリグ、赤い実の果実、スミレ、焼きリンゴ、癖のないスパイスなどのピュアな香り。抜栓の次の日も非常においしい。昨日書き忘れましたが、やはり微々発泡あり心地よい。昨日より黒い実ベリー類の果実香が前に出たがそれでも決して重くなく、ジューシーなフルーツ感が豊か。非常に杯が進む。抜栓の3日後まで非常においしい。うっすら甘い桃とパイナップルの風味が前に出てきて白ワイン要素少しありとても心地よい。シラーに濃いとか重いとか先入観を持たないほうがより楽しめるというよい例にもなるでしょう」

アルコール13%

認証あり有機栽培

’17も、VALREAS = ヴォークリューズ県付近のコートデュローヌ・ヴィラージュ
ヴィサンやヴァンソーブルの隣
ブルゴーニュに蔵があるので名乗れないだけ。実質中身のブドウの価格がヴァントゥーよりも高いのでは?と思ってしまいます。

海抜400m強の高地で石灰土壌

<繊細、エレガント、ミネラリーで重くないキレイな酸、温度を上げ過ぎないほうが良い>は共通

丁寧に手摘みし徹底的に選果したあと、
全房ごと発酵タンクに入られ、 SO2無添加(瓶詰時も無添加)で醸造されます。
セミ・マセラシオン・カルボニックの手法を取り入れています。




シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ルージュ’17 マグナム・1500ml

税別¥5900

<あと6本>絶対おすすめ!
限定品!

VINOUS 88点!

「2019.10月上旬に試飲しました。圧倒的だったヴォルネイ’17のトップノーズと共通する赤い実の果実+キウイや桃の甘く複雑な香りを含む非常によい香り。赤ワインだが白ワインの風味を含んでおり味わいまで少しキウイ感がある。樽はほとんど感じないくらいで、決して薄くなく、みずみずしいまま味付きしっかりめで余韻もあり完成度が高いのに価格を抑えてくれて本当に嬉しいです!」

24本完売。ありがとうございました




シャントレーヴ、オートコート・ド・ボーヌ・ルージュ’17 750ml

税別¥3800

<あと1本>限定品!

VINOUS 88~90点!




Chantereves, Ladoix Les Bricottes Rouge '17

シャントレーヴ、ラドワ・レ・ブリコット・ルージュ’17

税別¥4200

<あと3本>絶対おすすめ!
超限定品!

VINOUS 88~90点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

33本完売。

「2019.8月中旬に飲みました。DIAM5コルク。自分の中では最もヴァン・ナチュールなシャントレーヴ銘柄のひとつ。酸化などのネガティヴ要素ゼロのピュア&ナチュラルでキレイな赤い実の果実香の癒し系だが、骨格は緩くない。初期のシャントレーヴしか飲んだことがない方は、全く違うワインになっていてびっくりすることでしょう。これも進化です。トップノーズも明らかに亜硫酸極小のニュアンス。甘い梅シソと桜餅、湿った土などのよい香り。うまみと癒しのある果実感、ちょうどよい酸、タンニンは多いがとてもキメ細かくストレスフリーなよい流れ方。とてもうまい。これに色気とうまみが熟成で増したら最強かも?抜栓の2日後まで非常においしい。名前やラベルばかりのヴァン・ナチュール・マニアの方ほどこれを飲んでびっくりしてほしい!」

アルコール12.5%

再入荷できることになったので本数制限無くしました

初入荷の新銘柄!
生産量と輸入量極小!

標高の高い畑で、優しいテクスチュア。





6/28(日)アップ~<※店頭販売のみ!>蔵出し平川ワイナリー’19スゴン・ヴァン・ルージュ・ア・ラ・ミシュマン

今回限りである可能性が高い内容!!!

<※店頭販売のみ!>蔵出し平川ワイナリー’19スゴンヴァン・ブランなど4種類入荷

ブルゴーニュ生産者も認める上質で骨格のある味わい!













※下の画像は、裏ラベル。



 




TBSドラマ『グランメゾン東京』にて
実は平川ワイナリーさんのワインが重要な役割を果たしたのでした



https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/cuisine/
(ページ下部の『第10話Quintessence』をクリック)



店頭では1年半前から扱っておりますが、平川さんご本人に許可をいただいて今回コメントを掲載させていただいております。

オーナーであり栽培も醸造もプロフェッショナルである平川敦雄氏と運よく一緒にお食事する機会がありましていろいろ再確認できました。

生産者ご自身がレストランで自分のワインを楽しんでもらいたいという強い気持ちをお持ちの為、酒屋で買える機会がほとんどないという現状を変えるきっかけになればと勝手に考えています。経験豊かな消費者の皆様におかれましては、ご自宅でも調味料などを駆使しておいしくワインと料理をリラックスしながら楽しむというのもまた素晴らしいことで、それもまた自由!


※先入観を持たずにワインを楽しんでほしいということで基本的にブドウ品種を公表していません。




Second Vin a la mi-chemin 2019年(赤)

平川ワイナリー、スゴン・ヴァン・ルージュ ア・ラ・ミシュマン’19

(北海道・余市産・辛口赤)


幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

「2020.7月初旬に試飲予定。DIAM10コルク。」

アルコール12%

無補糖、樽内MLF、ノンフィルター、
亜硫酸無添加(収穫から瓶つめまでSO2無添加のワインとなります。)

注意点
酵母は醗酵期間中に硫黄系化合物を排出するため、裏ラベルには、亜硫酸塩の表記があります。

’19のみの内容で、生産量わずか1,020本のみ!!!

品種非公開で、本来であれば素晴らしい赤ワインができる予定だったのですが、タンクの中でマセラシオンを継続できない事情が生じ、7日後にプレスがけとなりました(本来は40日ほどのマセラシオンを予定)。
フリーランはブルゴーニュの3年目の樽で7ヶ月熟成し、無濾過で瓶つめしています。SO2の添加はないため、できる限り一定の温度での保管をお願いします。
ロゼワインよりかは濃く、できる限り軽い赤ワインを目指しましたが、自社の南斜面の区画の個性が上回り、ワインの余韻の長さは有す、独自のスタイルです。
味わいのバランスはよく、ブルゴーニュワインの酒質に近いと考えています。
道の半ばで、ロゼワインを目指すことになり、最終的には赤ワインの酒質に達しましたが、色調は完全な赤ワインではなく、セカンドワインに格下げして、「ア・ラ・ミシュマン=道の途中」と名付けました。

2019産黒ブドウ100%。熟度の高い健全果のみを選りすぐり、丹精込めて醸造した2019年限定のワインです。手作業で梗を取り除き、7日間の短期のマセラシオン、無補糖、7ヶ月間の樽熟成(3年目のフレンチオーク、乳酸菌の添加なしの樽内MLF、7ヶ月間澱引きなし)を経て生まれました。淡めのルージュ、清澄剤未使用、醗酵から瓶詰時の亜硫酸無添加、ノンフィルターにて瓶詰しています。(この商品はヴァラエタルワインを目指していません。品種名の明記は致しておりません。)

料理との相性:お寿司、魚のカルパッチョ、鶏肉のハーブ焼き、鴨のベリーソース、仔羊のロースト、牛肉のサラダ仕立て






Intimite La Petillante 2019 360ml

平川ワイナリー、アンティミテ・ラ・ペティヨント’19

(余市町・辛口白・微発泡・ハーフ・360ml)


絶対おすすめ!
超限定品!
お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2020.5月下旬に飲みました。」


※1
すべての値引き対象外となります。
店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

※2
’19は、ハーフのみの生産となりました。


’17とはブドウ品種(非公開)が全く違い、
当店的にはこの’19の方が絶対に好みだろうと思います!

’19の生産本数:わずか504本のみ!!!

アンティミテ:フランス語で「親しみ」、
ラ・ペティヤント:「はつらつとした(女性)」を意味します

2019年産の白ブドウを全房でプレス掛けして得た果汁をステンレスタンクで醗酵させ、MLFを行わず、タンクの中で4ヶ月間熟成させ、その後、瓶内二次醗酵を開始してから3ヶ月間、澱と接触させて生まれました。(品種は非公開となっていますが、ピノブランとシャルドネの区画で、収穫期を3週間ずらした2段仕込みです。3.0気圧。瓶内で澱との接触は継続していますので、美味しさは向上すると見込まれます。)
熟した赤リンゴやグレープフルーツ、カリンの様な果実香が主体となり、甘さや清涼感のあるハーブ、白い花、海辺の風のようなミネラル、ブリオッシュのニュアンスを有します。穏やかで綺麗な果実味の背景にフレッシュ感とボリューム感があり、泡の要素が心地よく、高い濃度の戻り香と果実味が持続します。澱(酵母)の状態は良く、濁りとともに香ばしさが加わりますので、そのまま美味しく楽しめます。清澄作業なし(瓶内二次醗酵前のフィルター処理あり)、デゴルジュマンなしで商品化しています。少量の澱は、品質には影響はございません。

ボトルの底は澱が濃くなります。最初から振ってお召し上がりになるか、立てておいて、澱のない部分から順に澱の要素を変えてお楽しみ頂くこともできます。





2019 Second Vin Terre de Yoichi 750ml(新商品)

平川ワイナリー、スゴンヴァン・ブラン’19
(北海道・余市産・辛口白)


※店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

絶対おすすめ!
超限定品!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
しばらく完売してしましたが、再入荷できました~!

「2020.3月下旬に飲みました。DIAM10コルク。グーズベリー、オレンジ、青いメロン、マスカットなどのフルーツガム、マンゴー、ラ・フランス、わずかにじゃ香、アーモンド、樹脂、ミネラルなどのオイリーで華やかなよい香り。常温でも全くダレない厚みと粘性、コクと余韻があり、同時に酸も低くない。果実味と力強さがあり、凝縮感とわかりやすさまである。非常にキメ細かな良質の苦みと塩ミネラルも感じられ高品質。抜栓の次の日も非常においしい。日本のワインとしてはかなり凝縮感があるが、これでセカンドワインなんですね。他のワイナリーだったらこれがトップキュヴェというくらい高いレベルの品質!抜栓の3日後も落ちない」

アルコール12.5%(無補糖、無除酸にて)

アルザス産ワインをイメージ。高品質の弊社セカンドワイン(白)。

生産本数:1200本のみ

2019年産の白ブドウを全房でプレス掛けして得た果汁(全体の74%)とスキンコンタクトした果汁(全体の26%)をそれぞれ個別にステンレス タンクで醗酵させ、MLFを行わず、澱と接触しながら6ヶ月間熟成させて生まれました。

キンモクセイやユリの様な花の香りに、杏や白桃の 様な核果、甘さを感じさせるハーブ、スパイス(丁子、コリアンダーシード、白胡椒)等の複雑なアロマがあり、フリンティなニュアンスも有し ます。味わいは、まろやかなヴォリューム感と爽やかさが共存し、果実味のピュア感や華やかな戻り香が心地よく持続します。清澄作業なし (フィルター処理あり)で瓶詰しています。少量の澱が確認できる場合がありますが、品質には影響はございません。

素材との相性:甘さを引き出した野菜(煮詰めた玉ねぎ、じゃがいも、茴香)、ハーブ(ステビア、ディル、アニス)、魚介(サーモン、帆立貝、 甘エビ、蛍烏賊)、豚肉(生ハム、ソーセージ、豚足、スペアリブ)、鴨肉、鹿肉、トリッパ等のモツ料理、シュークルート、タルトフランベ

風味との相性:野菜やハーブが有する甘さや清涼感、豚肉の塩味や脂の甘味にハチミツや香辛料を加えた風味。フルーツとの相性が良 い肉や脂分、内臓料理、フロマージュブランやロブルッションのチーズを使った味付けと相乗します。

備考:醤油の味わいにはあまり相乗しません。一方で、野菜の甘みや素材の持つ甘さを引き出した料理法、豚の塩味、脂味を主体とした 料理、フルーツを使ったソースの料理にはたいへんによく合います。
(平川さんご本人によるコメント)




Hirakawa Winery 2018 Selene La Petillante 360ml

平川ワイナリー、セレーヌ・ラ・ペティヤント’18
(北海道・余市産・辛口白微発泡・ハーフ・360ml)


※すべての値引き対象外となります。
※店頭販売のみ。
蔵元でもすでに完売。~再入荷不可能!
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。


絶対おすすめ!
超限定品!

「2019.12月下旬に飲みました。個人的には去年リリースのアンティミテ・ラ・ペティヨント’17よりもこちらの方がかなり好き。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。オレンジなどの皮を含む柑橘類、花、ハーブなどのよい香り。みずみずしくさわやかで、酸の質が非常によく、ガス圧は弱いがクッキリ焦点が定まって緩くなく、旨みとミネラルによる背骨と少し高級感があり、最後に塩ミネラルが残る極めて心地よいアフター。柑橘類を連想させるとてもキメ細かな苦みは強くはなく品質を高めている印象。冷やし過ぎないほうがおいしい。時間とともにさらに酸が伸びて塩ミネラルも少し強くなったように感じられる。抜栓の次の日も非常においしい。かなり良く出来ている。日本の泡としては驚く方が多いであろう銘柄!」

アルコール11.5%
王冠キャップ

北海道のスパークリングワインの可能性を追求した1本!
辛口スパークリングワイン(2.25気圧)

全房で圧搾し、ステンレスタンクで熟成後、瓶内二次発酵方式にて、澱引きせずに商品化しました。
青リンゴやビスケット(酵母由来の香ばしさ)、柑橘系の香りが主体で、軽く、さっぱりと生き生きとした味わい、後半の苦みがコクとなって
感じられます。瓶内二次発酵由来の澱がございますが、品質には影響ございません。

セレーヌ:フランス語で『月の女神』
ラ・ペティヤント:『はつらつとした(女性)』
の意味。




Hirakawa Winery 2018 l'Esprit Terre de Yoichi 750ml

平川ワイナリー、レスプリ’18

(北海道・余市産・辛口赤)


<5/26(火)再入荷しました>

※店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

「2019.12月下旬に飲みました。DIAM10コルク。平川さん曰く、ブルゴーニュ・グラスがおすすめとのこと。縁が紫がかった予想以上に濃いルビー色。スゴンヴァン’16と比べてこちらの方が香りも味わいもすでに開いている。トップノーズは北海道産のピノノワール以外のブドウ品種としては驚きのやや華やかで複雑なもの!ブラックチェリーなどの重くない黒い実の果実、スミレ、スパイス、サラミ、ハーブ、ごくわずかに甘草などのよい香り。酸とタンニン、骨格はあるが、中域の果実とうまみ感、余韻の長さが、ワイン単体で飲む場合に限り今はわずかに物足りない気もするが、そこは特定の肉料理と合わせることでワインも食事もどちらもよりおいしくなる効果を予想できる部分。寝かせたことがないのでどう変化するかは未知で楽しみでもありますね。抜栓の3日後までまったく落ちない。抜栓の7日後もほぼ落ちない、まだ全然楽しめる!」

アルコール12%

生産量:わずか880本のみ!

トップキュベ「l'Aube」のセカンドワインです。
※2018年は1番果の収量が低くかったため、「l'Aube」
(’16 税別¥25,000)をつくらず、単一名で誕生しました。

2018年産黒ブドウ100%。平川ファーム最上部で、最も風通しがよい区画(シングルヴィンヤード)産です。全ての果粒を手除梗で取り除 き、48日間のマセラシオン、2年目樽67%と7年目の古樽を33%使用し、樽内MLF、瓶詰め直前まで樽内の澱引きなし、12ヶ月の樽熟成を 経て生まれました。濃いめの色調、ブラックベリーやカシス、プラムのような果実香の濃度が高く、スパイス(シナモン、ブラックペッパー、甘 いスパイス)や、甘草、葉巻、なめし皮の香りが特徴的です。口当たりにはしっかりとしたフレッシュ感があり、上品な、きめの細かい質感が 広がります。ブルゴーニュの様なテクスチュアを目指しました。清澄なし、フィルター処理なしにて瓶詰していますので、少量の澱が確認で きる場合がありますが、品質には影響はございません。(注:この商品はヴァラエタルワインを目指しておらず、品種名の明記は致しており ません。)


平川さんがソムリエの道からワイン造りの道へ進むことを決意したのは
余市産ケルナーのポテンシャルの高さに魅せられたことがきっかけなのです!!!


6/27(土)アップ~蔵出しマルゲ’14レ・サン・レミーと’12アンボネ・ロゼ

品質の低いロゼ・シャンパーニュが多い中、この価格帯で傑出している!飽きないスタイル


話題の天才エルヴェ・ジェスタンとの共同作業









 



すべてラシーヌ輸入の限定品!

合田さん曰く、「シャンパーニュ地区はテロワールが表現されていないワインが昔は多かったが、優れた造り手が有機農法に取り組み、ミネラルやワインの芯を表現出来るようになり、優れたコンディションで日本に輸入されることでテロワールが明確に表現されるようになった」とのことです

要するに基本的に輸入するごとに有機農法の成果等が品質に反映されていく為に少しずつ品質が上がります!

2010年から馬での耕作を開始!

エコセール、デメテル、ユーロリーフ認証あり!


近年、関東の星付きレストランや高級シャンパンバーさんがこぞって採用し始めているとのことです!!!




Marguet, Champagne Grand Cru - Les Saints Remys Extra Brut 2014

マルゲ、シャンパーニュグランクリュ・レ・サン・レミー エクストラ・ブリュット’14
(辛口白泡)


税別¥13000

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー95点!
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト248号)


MVF(旧クラスマン)2020年度版17/20グラス

1960年代植樹の樹齢約50年のピノノワール100%

デゴルジュマン:2019年2月
ドサージュ:なし
瓶詰時の亜硫酸添加:15mg/l

アルコール12.5%
デメテルユーロリーフあり!

標高125m
粘土石灰質土壌
樽発酵~樽熟成

リュー・ディー・シリーズは、シャンパーニュ・マルゲの本拠地であるアンボネの丘にある単一畑で、樹齢も古く、ブノワ・マルゲにとっても特に重要な畑ばかり。

レ・サン・レミーはアンボネの丘の中腹に位置する。アンボネは、実はシャルドネに適した土壌が多いが、表土が厚く粘土質の強い、赤品種の果実味を引き出せる土壌なのでピノノワール100%。




Marguet, Champagne Grand Cru - Ambonnay Rose Extra Brut 2012

マルゲ、シャンパーニュグランクリュ・アンボネ <ロゼ> エクストラ・ブリュット’12
(辛口・ロゼ泡)


税別¥9000

<あと5本>限定品!

MVF(旧クラスマン)2019年度版16.5/20グラス

シャルドネ57%、ピノノワール43%

デゴルジュマン:2018年2月
ドサージュ:なし
瓶詰時の亜硫酸添加:なし

アルコール12.5%
ユーロリーフあり!

標高130m、南東向き
粘土質土壌
樽発酵~樽(225リットル)で9ヶ月熟成

アンボネ村にある複数の土壌の違う畑のブレンド。アンボネ村のテロワールを可能な限り忠実に表現しようとした作品。また、それを可能にするのは1975年より前に植えられた古木だから出来ることでもある。同じ村の畑でも大きく異なるテロワールのハーモニーが感じられるキュヴェ。




ワイナート48号でもエルヴェ・ジェスタン氏が大きく取り上げられています

「世界には、フランスよりブドウ栽培に適した気候に恵まれたところがいくつもある。とすれば、シャンパーニュの生き残る道は、最上のクオリティを造りだす以外にない。なのに、メゾンはラベルやパッケージにばかりお金をかける。実際シャンパーニュは、生産工程そのものに大変コストがかかることを、もっと市場が理解してほしい。‘‘コストにふさわしいビンの中身‘‘を作らなければいけない。そのために、私の魂がここにあるシャンパーニュの地で、勇気ある造り手たちと情熱を共有しながら、仕事をしたいと思っているのです。(エルヴェ・ジェスタン)」


ミッシェル・ロランなどと違って、ビオディナミによってミネラルを表現するタイプのようですので、コンサルタントといっても関わった造り手が皆、似たような味わいになるといったようなマイナス面はなさそうですね


平均樹齢38年

全てのリューディで、クロード・ブルギニョンの協力を得て仕事をしている。ビオディナミ農法で育てられたセレクションマッサルの苗木を使用。近年より馬での耕作を開始。醸造は小樽、中樽、フードルを使用して100%自然発酵、長期間シュールリで熟成、全ての作業段階でSO2の添加は無しか極々微量。ワインは一貫してNaturopathie(ホメオパシーのもじりと思われる)、リキュールは全てのジェロボアム瓶で保管、ドザージュは全てのキュヴェでExtra Brutの範囲。
(輸入元最新資料より)


6/27(土)アップ~蔵出しドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ’18最後の再入荷

優れたジャケールができる代表的産地『 アプルモン 』!





 


※ジュラをこのページに載せている関係上、
サヴォワもこのページに載せます。





上記画像は名産地『 アプルモン 』冬の景観

いきなり素晴らしくおいしい新ワイナリー!
印象的な質感とエキス・ミネラル!




Domaine des 13 Lunes, Apremont '18

ドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ、アプルモン’18

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税別¥2500

<あと30本>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

70本完売!~※’18は再入荷不可能!

「2020.3月中旬に飲みました。明らかに亜硫酸少ないトップノーズで味わいもナチュラルでミネラリー。ビオ認証マークがないのは畑自体はすでにビオロジックだがこれから認証を取得するから。もっと高価なシュナンブラン的なニュアンスがあり、かなりお買い得な飲み頃NOW~。擦りおろしたリンゴ、ミネラルなどの香り。質感に優れたワインで、果実味豊か、うまみとミネラルがとても豊富、この価格帯としては明らかに複雑。酸はキレていないが低くもなくバランスよく杯が進む。短時間ですぐに上質な粘性が出てエキス感も増す。これは大発見!抜栓の2日後までまったく落ちない。食事も幅広く生かしそうなタイプだが、単体で飲み続けてこれほど全く飽きずに楽しめる白はこの価格帯では珍しい。実際に同時に飲み比べた税別¥6000のブルゴーニュ白よりもおいしく感じられた」

アルコール11.5%

AOP Vin de Savoie

クリュ「アプルモン」からのジャケール100%
2ha。粘土石灰質・泥灰土質土壌
平均樹齢50年以上!

グラスファイバー製タンクで発酵後、6ヶ月間熟成
華やかな香りと豊かな果実味が特徴


2016年の創業時よりビオロジック栽培およびビオディナミ。
2020年に「AB」と「demeter」の認証取得予定

白は除梗せず、赤は除梗100%。天然酵母のみで発酵。

仏ミシュラン3つ星「ル・フロコン・ド・セル」をはじめとする多数のレストランで扱いあり!


グラニエ山麓のシャパレイヤン村に2016年に創業した、超新星自然派ドメーヌです。

継承する畑を持たなかったシルヴァン・リオタールは、DRCやルフレーヴらにビオディナミを伝授した巨匠ピエール・マッソンの実子にして後継者、ヴァンサン・マッソンにビオディナミを師事した後、錚々たるアペラシオンの古畑畑を購入する幸運に恵まれ、「ドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ」を設立しました。
13の月というドメーヌ名も、ビオディナミの基本となる月の運行に由来しています。大地、海、そして動植物の活動は月のリズムに連動しており、私のすべての仕事もこのリズムに対応させています」。

合計5.65ヘクタールの畑にはジャケール、アルテス、モンドゥーズといったサヴォワ主要品種の古樹が輝き、「クリュ・アプルモン」「クリュ・アビーム」「ルーセット・ド・サヴォワ」といったフラッグシップ以外にも、意趣あふれるラインナップを展開しています。

51軒ものミシュラン星付きレストランを抱えるフランスきっての美食の地サヴォワにあって、彼のワインはファーストヴィンテージから大きな話題となり、3つ星「フロコン・ド・セル」を筆頭に多数のレストランのワインリストを飾っています。
偉大なヴィニュロンのオーラを早くも纏いはじめている彼のワインは、豊潤にして深奥。サヴォワ特有の控えめなアルコール度数も相まって、日常の食事から究極的美食まで、純然たるマリアージュの悦びを提供してくれます。
(輸入元資料より)


6/27(土)アップ~蔵出しムーラン・ディッサン’15

特によい出来の’15!




 



Moulin d’Issan '15

ムーラン・ディッサン’15
(ボルドースペリュール・辛口赤)


税別¥2300

<あと1本>絶対おすすめ!

「2020.6月下旬に飲みました。プラム、ブラックチェリー、予想以上に上品な樽香、黒胡椒主体のスパイス、少しココナッツと鉛筆の芯などの香り。時間とともになめし皮、キノコ出汁、革、ビターチョコレート、プーアール茶などの香りも出てくる。青さのないわかりやすく凝縮しつつも重くはない飲み頃NOW~のまろやかが心地よく、まさに『ちょうどよい濃さ』のほろ苦コクの味わい。’15としては酸が低くなく予想より冷涼感があるバランスのよさで明らかに例年以上のとてもよい出来。抜栓の4日後まで非常においしい」

アルコール13.5%

道を隔てた隣はシャトー・ディッサン(マルゴー格付け3級)、ジロンド川すぐ近くの区画!
シャトー・ディッサンの醸造チームが手掛けている!

砂利質、粘土砂利質土壌
平均樹齢30年

メルロー90%、カベルネソーヴィニヨン10%
ステンレスタンク発酵
新樽比率約25%の225リットル樽で熟成


現在左岸で活躍のエリック・ボワスノ氏がコンサルタントを務めている事もこのシャトーの品質の向上に一役買っています。エリック・ボワスノ氏はラフィット、ラトゥール、マルゴーといった超一流シャトーをコンサルタントするボルドー最高の醸造コンサルタントです。コンサルタントの哲学を押し付けるやり方ではなく、それぞれのシャトーの哲学を尊重し、より良くすることをモットーとしているため、各シャトーの個性が存分に発揮されたワイン造りができると高く評価されています。

1994年には3代目オーナーとなるエマニュエル・クルーズ氏がシャトーに加わり、翌95年から大規模な投資を敢行。才能溢れる彼の手によって、
<セカンドワインの導入、畑の排水性の向上など>

シャトーは瞬く間にかつての輝きを取り戻し、毎年ワイン・アドヴォケイトやスペクテーターなどの評価誌でも高く評価されるようになりました。2013年からは資産家であるジャッキー・ロレンヅェッティ氏が共同所有者に名を連ねています。
(輸入元資料より)


6/27(土)アップ~蔵出しドメーヌ・フアシェ’17

おそらくこの価格帯最高のサンセール!傑出した出来!!!






 




天然酵母、ビオディナミ・カレンダーをみて瓶詰め

ABマーク、ユーロリーフ、ビオディヴァンあり!
2000年以降ずっとビオディナミ




Domaine Fouassier, Sancerre Blanc Les Romains '17

ドメーヌ・フアシェ、サンセール・ブラン・レ・ロマン’17

(ロワール・辛口白)


税別¥3600

<あと15本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!(2020~)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

47本完売!

「2020.1月下旬に飲みました。ピュアで透明感と強いミネラルを連想させるよい香り。上質なレモンキャンディー、ハーブ、高貴系の柑橘類から少し温度を上げると白桃、ラ・フランスの厚みのある香りもすぐに出る。果実・酸・うまみ・ミネラルいずれもしっかりしており、良質なとてもキメ細かな苦みとミネラルのアフターで、高貴な印象の柑橘類戻り香が極めて心地よい。酸とミネラルの質が素晴らしく伸びもある傑出バランスの飲み頃NOW~。アルフォンス・メロの上級品が素晴らしすぎて最近サンセールを試飲していませんでしたが、これは驚きの発見!そして数年前に試した時よりも明らかにおいしくなっている。人工的な柑橘類の香りとキレイな酸味だけの単調なソーヴィニヨンブランとは次元の違う非常に高い品質。抜栓の2日後まで最高においしい!」

アルコール13%

樹齢35~40年

シレックス土壌主体に粘土の深い土壌

ステンレスタンク醗酵~熟成

’16 ファルスタッフ 91点

’16 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点


サンセールの土壌を熟知するドメーヌ

ドメーヌ・フアシェは1742年の創設と、サンセール村では最も歴史ある家族経営のドメーヌの一つで、10代に亘りフアシェ家が守り継いできました。代々サンセールの畑で実直に畑と向き合ってきたフアシェ家の人々にとって、畑や畑が受け継がれてきた歴史、土壌との関わりは非常に密接であり、先祖から与えられた土地を礎として大切に守ることでうみ出されるワインは、他にはない個性を備えたたものになると考えています。
9代目のジャン・ミッシェルとピエールを経て、2000年からそれぞれの息子であるブノワとポールがワイン造りに加わり、有機栽培からビオディナミに転換。1980年代初頭からすでに取り入れていた区画ごとの醸造も引継ぎ、バリエーション豊かなテロワールワインを造りだしています。
(輸入元資料より)


6/23(火)アップ~蔵出しストーム・ワインズ’17

南ア最高のピノノワールの一つ!そのスタイルも素晴らしい!






 



Storm Wines, Ridge Pinot Noir '17

ストーム・ワインズ、リッジ・ピノノワール’17

(南アフリカ・辛口赤)


税別¥4800

<あと10本>絶対おすすめ!
超限定品!

ティム・アトキン94点!

パーカー89点(2020~2027年、
ワイン・アドヴォケイト245号)


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

48本以上完売!

「2019.11月下旬に試飲しました。今日もフレダ・ピノノワール’17と飲み比べることが出来ましたが、やはり当店にとってはどうしてもリッジ・ピノノワール’17の方がはるかに好きな味で上品・複雑、エレガント・ミネラリーで味付きはしっかりの素晴らしいワイン!」



「2019.7月上旬に飲みました。ついにここまで来たか!という圧倒的な内容。フレダ・ピノノワール’17も非常においしかったが、この『リッジ』はさらに繊細で複雑・優雅な傑出バランス。コンディション抜群でアフターの伸びもあり自分の中では今迄に飲んだ南アの中でこれが最上のピノノワール!苦手な松脂系の樽香が一切なく、樽がとても控えめでタンニンの質がよいが、骨格と酸とミネラルはしっかり。ブラインドで南アとわかる人はまぁいないでしょう。果実香もピュアでややフローラルな赤い実の果実主体で、クドさゼロのイチゴケーキ、紅茶、上品なスパイス、熟成香ではないきのこ類などの非常によい香り。当然少しもジャミーではなく、フランス的な調和。エレガント&ミネラリーでうまみが広がる味わい。アフターにはちゃんとグリップがあり骨格も決して緩くない為、まだ向上する。ほのかな甘みを感じるが、やっぱり上品でよいバランス。抜栓の次の日以降には(決して劣化とか酸化の類と勘違いされたくないのですが)それこそブルゴーニュの出汁系なめらか古酒のようなバランス。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール13.5%

【産地】Hemel-en-Aarde Ridge/ヘメル・アン・アールデ・リッジ
【標高】3地区の中で最も高く約330mあり冷涼「フレダ」の畑よりもブドウの生育が1カ月ほど遅く、じっくりと味わいを深めていきます。
【畑立地】東向き 【土壌】4億年前のデボン紀のボックフェルド・シェール:石が多く粘土が豊富な頁岩
【2017年】夏の間の昼夜の寒暖差によって色、酸味、風味が非常に豊かになった素晴らしいヴィンテージ
【アロマ】ブラックチェリーなどの豊かなベリー系のニュアンスとスパイス、ミネラルのアロマ
【味わい】シルクのようなタンニンと官能的なダーク系の果実味が口中に広がり、スパイシーな香りが鼻に抜け、しっとりとした落ち着きと優雅さを与えてくれる極上のピノ・ノワールです。

’16 ワイナート94号 92点!

’16 VINOUS 92点!(ニール・マーティン)

’16 デカンター・オンライン94点!!!

’15 パーカー91点


2012年、南アフリカの首都プレトリア出身で、ピノ・ノワールの名手ハネス・ストーム氏によってヘルマナスに設立されたワイナリーです。ワインコレクターだった父の影響でステレンボッシュ大学で栽培と醸造を学びますが、学生の頃から、かの「ハミルトン・ラッセル」で研鑽を積み、後にワインメイカーに就任します。大学時代に虜になったピノ・ノワールとシャルドネを扱う彼の技術は卓越しており、小規模生産者の栽培コンサルタントを務めるなど若くして敏腕ぶりを発揮してきました。本拠を置くヘルマナスのHemel-en-Aarde/ヘメル・アン・アールデはケープタウンから東へ120kmの海の近くに位置し、南極から流れるベンゲラ海流と大西洋からの涼しい南東の風の影響を受けており、灼熱の南アフリカにおいて並外れた冷涼な海洋性気候でピノ・ノワールとシャルドネの聖地と言えます。また、西ケープ州の他のワイン産地よりも年間の降水量が多いため、干ばつの影響を受けにくい利点もあります。ハネスはとても勤勉家で温かく愛に溢れた人柄で、彼の周りのワイン造りに携わる人々や友人たちからだけでなく、地域の人々や流通に関わる人たちからもとても愛されています。今季より念願叶って取り扱いが可能になりました。豊かなヘルマナスの大地とハネスの手によって育まれたブドウから生まれるエレガントで繊細なキュヴェをどうぞお楽しみください!

ケープタウンから東へ120kmに位置するリゾート地ヘルマナスにある海洋性気候のワイン産地「ウォーカーベイ地域」は、シロナガスクジラが見れることでも大変人気ですが、この中の地区「Hemel-en-Aarde」が2009年に3分割されました。この3地区すべてに畑を持ちワイン造りをしているのは「ストーム・ワインズ」だけです。
(輸入元資料より)


①Hemel-en-Aarde Valley/ヘメル・アン・アールデ・ヴァレー:標高は高くなく粘土がちな頁岩で温暖
②Upper Hemel-en-Aarde Valley/アッパー・ヘメル・アン・アールデ・ヴァレー:中間に位置し風化した花崗岩土壌
③Hemel-en-Aarde Ridge/ヘメル・アン・アールデ・リッジ:標高が330mもあり最も高いため寒く、土壌は頁岩

3つの異なる地区(ワード)の個性を活かすため、人的介入は最小限にとどめ、 徹底した少量生産を貫くことにより、最大限にその魅力を発揮しています。

【全房使用率】
テロワールの特徴を生かすため15~20%以内に抑える

【熟成樽】
「ハミルトン・ラッセル」のお下がりのフランソワ・フレール製小樽、ルイ・ラトゥール製の小樽

【熟成期間】
約11~18カ月


7/1(水)アップ~蔵出しカレンダー・ピーク’17再入荷

価格と品質のバランスが、嘘みたいなソーヴィニヨンブラン!



 



Callender Peak, Winter Hoek Sauvignon Blanc '17 (Stellenbosch)

カレンダー・ピーク、ウィンター・フック・ソーヴィニヨン・ブラン’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥2000

<あと24本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

80本完売!!!

「2019.5月上旬に飲みました。試飲後価格を見てかなり驚いた1本。+¥1,200の品質。冷涼感のあるキレイな酸と程よいうまみのバランス。培養酵母の派手だけど単調な香りではなくコンディションもよく、流れ方とバランスが良い。ピュアでアルコール14%もあるように感じなかった。香りもさわやかだけど決して単調ではない柑橘類やミネラル(海のミネラルではなく、山のミネラルなんだそうです)など。嘘みたいなワイン!」

アルコール14%

海からの塩気のあるソーヴィニヨンブランとは一線を画した、岩盤からくる華やかなミネラルが醍醐味の美しく華やかな山のソー ヴィニヨン・ブランです。

【産地】タルバッハの東、果実の産地で有名なシーリーズ
【畑立地】標高1000m!
【土壌】ライム・ストーンとテーブルマウンテン・サンドストーン
【発酵】酵母添加のない自然発酵 アルコール度数:14.0%


『Calender Peak Mountain Vinyards』の名の通り、標高約1000mの地で生まれる美しい白ワインの生産者です。 2014年からは新進気鋭の若手ワインメーカー、ドノヴァン・ラール氏がパートナーとなり、醸造を手がけています。
畑はタルバッハの東、セレス・プラトゥ地域の“Koue Bokkeveld”地区(標高700~1000m)に位置します。 “Koue Bokkeveld”とはアフリカーンスで“Cold Goat Field=寒い羊の草原”の意味で、冬には雪が降るとても冷涼な地域で、主な土壌は主に頁岩と砂土です。 この地域はシーリーズと呼ばれ、南アフリカを代表する果物の栽培地として有名ですが、ワイン用のブドウの産地としては全く無名でした。政府が30余年前に実験的にフランスから輸入したシャルドネ株を植えたところ、類稀な火打石の香りを持つワインができ、ワイン産地として適していることに気が付いたのです。その後、この畑の所有者であるマクドナルド家はリンゴと洋ナシの生産農家でしたが、徐々にブドウ栽培に移行していくことになります。 時がたち2006年、『Ataraxia/アタラクシア』のケヴィン・グラント氏がこの畑から買い付けたブドウで醸造したシャルドが、当時のオークション最高額で競り落とされました。

畑の土壌は石灰岩の一種であるライム・ストーンと、テーブルマウンテンが形成された当初のままの砂質であるテーブルマウンテン・サンドストーンで、 独特のミネラル感と美しく華やかな酸味を生み出します。
気候と土壌、醸造家の織りなす、類稀なるソーヴィニヨン・ブランとシャルドネの個性を味わえる逸品です。
(輸入元資料より)


6/23(火)アップ~蔵出しラ・トゥール・フィジャック’16

ステファン・デュノンクール、ビオディナミを実践






ラシーヌ輸入の限定品!

前回輸入分は一瞬で完売で買えませんでした、、、

明らかに価格を超える実力と他にない個性を持ったシャトーです。今後、大ブレイクしてしまうかもしれません!




Chateau La Tour Figeac '16 (Saint-Emilion Grand Cru)

シャトー・ラ・トゥール・フィジャック’16

(サンテミリオン・グランクリュ・クラッセ・辛口赤)


税別¥7400

<あと9本>
ラシーヌ輸入の超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー91点
(2019~2033年、Lisa Perrotti-Brown)

スペクテーター・オンライン91点(2021~2032年)

VINOUS 91点(2022~2040年)

ジェームス・サックリング 91~92点

ティム・アトキン 93点!

デカンター・オンライン91点(2024~2040年)

ジャンシス・ロビンソン16.5/20点

Wine Enthusiast 94点!(バレル試飲)

ファルスタッフ 93点!

Jeff Leve 91~93点

ゴーミヨ誌17~18/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

このワインには、評価点数からは決してわからない素晴らしい質感と余韻があります!

’16は、メルロー70%、カベルネフラン30%
新樽約50%熟成




ラ・トゥール・フィジャック’07

(サンテミリオン・辛口赤)


税別¥5700

<売り切れ>限定品!

パーカー90~92点(ワイン・アドヴォケイト176号)

最新インターナショナルワインセラー90点

Wine Enthusiast 90点

ジャシス・ロビンソン16/20点

ゴーミヨ誌15.5/20点


MVF(旧クラスマン)2012年度版15.5/20グラス

他のインポーター輸入の’09を試飲する機会に恵まれましたが、圧倒的な素晴らしさで、個人的にはパーカー100点のシャトー・パヴィ’09よりもこちらの方が好きでした。モダンで華やかで強い香りがありつつ、酸とミネラルの質がよく、しなやかで滑らかエキスが多く、無駄な硬さと無理に濃くした感が一切ない味わいの後半部分も非常に優れたボルドーでした


基本的なブレンド比率:M80%、CF20%

コンサルタント:ステファン・デュノンクール

1997年からビオディナミを実践

天然酵母を使用

平均樹齢35年

低収量、100%手摘み


『 良質なクリュで、同地区内でもっとも調和が取れ、もっとも格調の高いワインの一つ!~花のようにかぐわしいブーケが心地よく広がり、砂混じりの砂利質土壌による特有な鉄分が感じられる。官能的で長い余韻を備えたワイン。 (クラスマンより) 』


『 優れた「グラーヴ・ド・サンテミリオン」は、ローマ時代からシャトー・ラ・トゥール・フィジャックに位置する恵まれた土壌の端にあり、ぶどう栽培地として運命付けられていました。1879年にシャトー・ラ・トゥール・フィジャックが創立し、更にシャトー・フィジャックと2つに分裂しました。畑はシャトー・シュヴァル・ブランの東方に、シャトー・フィジャックの南方に隣接しています。また、ポムロールの西方にも隣接しています。

ラ・トゥール・フィジャックのテロワールは粘土質土壌の上に砂利・砂、それに加えシュヴァル・ブラン側の多くの小石があり、また西の方から少しずつ砂が降りてきています。14.5haの一続きの畑には、メルロ(65%)とカベルネ・フラン(35%)が植わっています。

~マロラクティック発酵と熟成はバリック内の澱の上で行われ、毎年2/3のバリックを新しくします。プルミエワインは13~15ヶ月、セカンドワインは10~13ヶ月バリックで熟成させます。可能であれば無濾過で、瓶詰めはシャトーでおこないます。最終段階は厳しく、必要不可欠な作業(清澄)しかおこないません。

~シャトー・ラ・トゥール・フィジャックのワインはそのフィネスと柔らかいタンニンが魅力的です。またとても複雑な構造のため、長期熟成が可能です。赤黒系フルーツのアロマが強く、典型的なスミレとミントを感じます。プロヴァンスの木の香りは、漿果の柔らかい香辛料の香りと融合し、若いうちから感じ取ることができます。口当たり:ラ・トゥール・フィジャックのワインはナチュラルなバランスが良く、すべてにおいてエレガント、しなやか、美しいアクセントにより強調された味わいです。余韻は長く豊かです。 (輸入元資料より) 』
 


6/23(火)アップ~蔵出しドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ’17’16

繊細な複雑性のカベルネフラン!






 




Domaine des Roches Neuves, Saumur Champigny CLOS DE L'ECHELIER ROUGE '17

ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ、ソミュール・シャンピニー・クロ・ド・レシュリエ・ルージュ’17

(ロワール・辛口赤)


超特価・税別¥4000

↑なんと48%OFF!!!

輸入元定価・税別¥7,700

<あと6本>

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

Wine Enthusiast 94点!!!

MVF(旧クラスマン)2020年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点

アルコール13%
ビオディヴァン、ユーロリーフあり!




Domaine des Roches Neuves, Saumur Champigny CLOS DE L'ECHELIER ROUGE '16

ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ、ソミュール・シャンピニー・クロ・ド・レシュリエ・ルージュ’16

(ロワール・辛口赤)


税別¥5900

<あと2本>おすすめ!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18.5/20点

2年経過してかなりおいしくなっているはず!



「2018.7月下旬に試飲しました。さすがクロ・ルジャールが修業先というナチュラルで余韻があり上質。この銘柄は涼しげで、トップノーズの華やかでピュアな赤い実の果実香が素晴らしい。落ち着いた果実味、酸とタンニンの質が非常によく、うまみとミネラルの残る清涼感がある長めのアフター。ずっと飲み続けても飽きないカベルネフランで、繊細な複雑性の飲み頃NOW~だが、寝かせるとピノノワールっぽくなりそう。かなりおいしいのですが、結構高価なのでお買い得という言葉は使えないかな」

アルコール%
ビオディヴァン、ABマークあり!

1850年にドメーヌが設立され、ボルドー出身のティエリー・ジェルマンはマリーと共に1991年にロワールに移り、シャルリー・フコー(クロ・ルジャール)を師として仰ぎ、1992年に当ドメーヌを取得しました。

手摘み収穫、選果、全除梗、16-24度で10-18日間ストッキンガーの木桶で発酵。1,200Lのフードルで熟成。表土が浅く、根が母岩に達しています。

フローラルでみずみずしいサクランボのようなフレッシュな果実味。優しいタッチできめ細かく、綺麗でピュアな酸味。旨みが凝縮しています。
(輸入元資料より)

’14 ゴーミヨ誌16.5/20点

’14 パーカー92点

’13 パーカー93点!

’13 インターナショナルワインセラー90+?点

’15 MVF(旧クラスマン)2018年度版17.5/20グラス 3つ星生産者!!!

’14 MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラス

’15 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18.5/20点 5つ星生産者!!!


7/4(土)アップ~蔵出しフランソワ・チデーヌ’17モンルイ・ボルネ最後の再入荷!

膨大なエネルギーをギュッと詰め込んだ強烈エキス味!!!

厚みと複雑性のある傑出したシュナンブラン!

ついに3つ星生産者に昇格!!!

 








※↑ラベル・デザイン変更。






 




2012年、13年と続く雹害による壊滅的被害に苦しむ中、アンセルム・セロス(ジャック・セロス)を始め芸術的なワインを生み出す友人たちがクリスティーズでシデーヌ救済のチャリティーを行う等、生産者の中にも彼のワインの信奉者は数多い。

ビオディヴァン、エコセール認定あり!




Domaine Francois Chidaine, Montlouis Les Bournais 2017

ドメーヌ・フランソワ・チデーヌ、モンルイ・シュール・ロワール・レ・ボルネ’17
(ロワール・辛口白)


税別¥6000

<あと35本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

デカンター・オンライン93点!
(2019~2022年)

スペクテーター92点(2021~2030年)


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点

14本完売。~※再入荷不可能!

「2020.6月上旬果実の日に飲みました。やっと買えました、、、完全に特級クラスの満足度がある偉大なワイン。価格とかブドウ品種とかを超えた他で代わりの利かない真に価値のある1本!4人で飲んで全員大絶賛だった1本!今迄に飲んだ全ロワールワインの中で明らかに最高レベルの作品。高めの温度がベスト。濃いイエロー。ピノノワール主体の上質なシャンパーニュのような香りを含むトップノーズでブリオッシュ、はちみつトースト、アンズ、樹脂、マッシュルーム、ミネラルなどのかなり複雑なよい香り。膨大なエネルギーをギュッと詰め込んだ強烈エキス味(ガヌヴァ’15が好きな方にもおすすめできます。)。ほぼ固体の噛めるような粘性のあるとても長い余韻。厳格なミネラル感で大きな構造。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい。圧倒的!」

アルコール12%

モンルイ・シュル・ロワールの4haの畑(Les Bournais)でビオディナミ農法で栽培されたシュナン・ブランを手摘みし、厳密に選果後に空圧式の搾汁機で搾汁後、600リットルの木樽(ドゥミ・ミュイ)内で自生酵母で発酵。マロラクティック発酵は行われず、ファインリーと共に11か月間、ドゥミ・ミュイでの樽熟成を実施。

とてもエレガントな柑橘系や白い花のブーケが香り、芳醇な複雑さとフレッシュな味わいのバランスが見事にとれている。驚くほど長いアフターテイストにこのワインの力を感じられる。今すぐに飲むか10年~15年熟成させてから飲むか、何れの場合も素晴らしい味わいを提供する。




Domaine Francois Chidaine, Montlouis sur Loire Les Tuffeaux ( Demi-Sec ) 2018

ドメーヌ・フランソワ・チデーヌ、モンルイ・シュール・ロワール・レ・チュフォー・ドゥミセック’18
(ロワール・やや辛口白)


税別¥4300

<あと4本>おすすめ!
超限定品!

「2020.6月上旬果実の日に飲みました。非常においしいが、例年よりわずかに酸とエキス感と余韻が弱く、惜しい?と思っていたら時間とともに少し向上。香りのイメージよりしっかりした味わいで、アタック~中域までは甘旨味がありアフターはわりとドライでミネラリーな中辛くらいの印象。こちらは温度を上げすぎないほうがよさそう。やや濃いイエロー。抜栓直後はシトラス、青リンゴ、ミネラルから徐々に凝縮した甘い香り出てくる。抜栓の次の日もおいしい」

アルコール14%

’15 ファルスタッフ 93点!

平均樹齢30~90年!
超低収量20hl/ha!

手摘み収穫の後、厳密な選果を行い、空圧式圧搾機で搾汁。自生酵母を使用し、600リットルの木樽で発酵。マロラクティック発酵は行わない。発酵槽と同じ600リットルの木樽(ドゥミ・ミュイ)でファイン・リーと共に11月間樽熟成を行う。

黄桃やアプリコットなどの美しい果実味。甘さと酸味のバランスが素晴らしく口当たりは果実の甘さを感じるもののフィニッシュはドライ。粘性が高く重量感を感じられる。フォアグラ、シェーブルチーズとは見事な相性を示し、日本料理とのマリアージュも楽しめるワイン。


「フランソワは首まで土の中に埋まっているよ」フランソワを知る作り手たちは彼をこう表現する。白亜の石灰岩を底土に持つ畑の特徴を如何にワインに表現するか、フランソワは土と格闘した結果、ビオディナミを実践するに至る。

フランソワ・シデーヌはモンルイ・シュール・ロワール(20ha)、ヴーヴレ(10ha)そしてトゥーレーヌに(7ha)合わせてロワールに37haの葡萄園を持つ生産者。1989年、フランソワはドメーヌでの仕事を開始し1992年からビオロジック導入、そして1999年からはビオディナミによるブドウ栽培に転換していった。

年産1万ケースの殆どはシュナン・ブランを使った白ワイン。得意の辛口(セック)から中甘口のドミセック、甘口のモアルー、スパークリングワインまで幅広く生産している。果実味、美しい酸味、ミネラル感、味わいが見事にまとまり堂々としている。そして独特な透明感がフランソワのワインであることを主張している。
彼のワインはフランスのワインガイド「レ・メイユール・ド・ヴァン・ド・フランス」に於いてフランスのトップ生産者と並びトップランクの3ツ星付きの評価を得ている。(輸入元資料より)









ドメーヌ・フランソワ・チデーヌ、モンルイ・シュール・ロワール・レ・チュフォー・ドゥミセック’15

(ロワール・中辛口~ほんのり甘口白)


税別¥3700

<売り切れ>

MVF(旧クラスマン)2018年度版16.5/20グラス
(2017年度版からユエ等と同じく、ロワール最高の3つ星生産者に昇格!!!)

アルコール%

’11 インターナショナルワインセラー91点

’10 ゴーミヨ誌16.5/20点




ドメーヌ・フランソワ・チデーヌ、モンルイ・シュール・ロワール・レ・チュフォー・ドゥミセック’06

(ロワール・中辛口~ほんのり甘口白)


税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!

スペクテーター90点(NOW)

ゴ―ミヨ誌18.5/20点!!!

読売オンライン山本昭彦さんの『 ワイン漬けDiary 』にて絶賛される!


MVF(旧クラスマン)2009年度版14.5/20グラス

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2012.1下旬月に試飲しました。’04同様複雑でインパクトもある素晴らしい品質。4人で試飲して全員絶賛でした!」

アルコール12.5%


’05 パーカー94点

’04 78本完売!

’04 ヴィノテーク2006年5月号18.5/20点!

’04 クラスマン14.5/20グラス


「2007.10月に’04を試飲しました。大分柔らかく変化し、複雑性がさらに増した印象。かなり濃いイエロー。アップルパイ、黄桃、スモーキーさのある強靭なミネラル。非常に凝縮して、厚みと粘性がある。アタックにもインパクトがあるが、長く素晴らしいアフター。複雑性とグラがある。傑出したシュナンブラン」



「2006.10月に’04を試飲しました。濃いイエロー。まず強靭なミネラルでブドウの力を感じる。ハチミツ、柑橘類のジャム、カリンなどの非常によい香り。味わいも果実味とミネラルが豊かで、しっかりした酸、厳格な構造だが舌触りがよく、けっこう長く熟成できそう。余韻も長い。上記のクロ・ボードアンより早くから楽しめる上に、飲み手を選ばないワインで、誰に対しても強烈な印象を与えることが出来そう。最近飲んだフランス・ワインの中でもっともお買い得なワインのひとつ!」

樹齢30~90年

低収量27ha/hl


輸入元さんによるとクロタン・ド・シャヴィニョルの熟成が進み、味が濃厚になり始めたものやプーリニィ・サン・ピエール(ともにロワール産山羊のチーズ)に合うとのことです

シュナンブラン100%


6/19(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ラルロ’18




1級クロ・デ・フォレ・サンジョルジュの畑画像




1級レ・スショの畑画像







 




ジェラルディン・ゴド女史画像

’15から完全に醸造責任者として活躍中
最初は前任があまりにも素晴らしかったので買っていなかったのですが、
’17の素晴らしさに驚いて’18も買いましたがやはり正解でした。
アレックス・ガンバル時代はピンとこなかったので不思議(笑)
まさに今のブルゴーニュの味。不安定と欠点ゼロのナチュラル・エレガントなスタイル(明確に前任よりナチュラルな方向性)で、
旨味とミネラルだけではなく、酸と骨格、余韻にも優れています。
ある意味別のワインというくらいスタイルが違っても間違いなくどちらも上質!




ドメーヌ・ド・ラルロ、オートコートニュイ・ルージュ ル・モン’18

税別¥6000

<あと3本>初入荷の限定品!

※すべての値引き対象外となります。
初入荷!

パーカー88点(William Kelley)

VINOUS 88点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87点(Outstanding Top Value!)


わずか0.33haの所有
全房発酵比率60%
新樽20%以下で約14か月熟成




ドメーヌ・ド・ラルロ、コートニュイ・ヴィラージュ・クロ・デュ・シャポー’18

税別¥6400

<あと10本>絶対おすすめ!

パーカー89点(William Kelley)

VINOUS 89点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88点


「2020.6月中旬に飲みました。今のジェラルディン・ゴド女史の才能とスタイルがよくわかる1本。紫色のないやや明るいルビー色。もっと全房発酵比率高いイメージのピュアでナチュラルな赤い実の果実(まったく酸っぱくないイメージの梅シソやフルーツガム)、ヨード、ミネラル、控えめな樽などのよい香り。同時に飲み比べたオーレリアン・ヴェルデ’18ブルゴーニュ・ルージュよりも明らかに酸と骨格と余韻がありさらに上質。標高高いイメージの凛とした味わいで、’18なのに白ワイン的酸が素晴らしい。旨味とミネラルが豊富で余韻が長い。全房発酵によるよい部分のニュアンスを生かしつつ酸は全く低くないという腕のよさ。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の5日後も全然おいしい」

アルコール13%

低収量35hl/ha以下
低い新樽比率
全房発酵比率14%
例年、非常においしい人気銘柄!

プレモー・プリセの南、石切り場で有名なコンブランシアンの畑から造られる




ドメーヌ・ド・ラルロ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・キュヴェ・モン・デ・ゾワゾー’18

税別¥11400

<あと6本>限定品!

パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88~90点


元ル・プティ・ラルロ。クロ・ド・ラルロの若木が名称変更。
樹齢と品質が上がって’15から1級に昇格!




ドメーヌ・ド・ラルロ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・クロ・ド・ラルロ’18(辛口赤)

税別¥16500

<あと4本>超限定品!

パーカー92~94点(William Kelley)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~92点

ブルゴーニュ・オージョルディー15/20点


全房発酵比率40%




ドメーヌ・ド・ラルロ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショー’18

税別¥23000

<あと6本>超限定品!

パーカー92~94点(William Kelley)

VINOUS 93~95点!(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~93点(Sweet Spot Outstanding!)





ドメーヌ・ド・ラルロ、ロマネ・サンヴィヴァン’18
+ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・クロ・ド・ラルロ’18(辛口赤)


税別¥100,000

<あと1セット>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー93~95+点(William Kelley)

VINOUS 95~97点!!!
(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92~94点

ブルゴーニュ・オージョルディー17.5/20点!



【ポンプ不使用】:葡萄の到着から樽へのワインの流入まで、ポンプは使用せずすべて重力を利用します。これによりぶどうの重要な性質が保持されます。ワインの中の果実由来のキャラクターがより厳格に守られるのです。
ドメーヌ・ド・ラルロでのワイン造りの基本的ルールは、人為的な介入を出来る限り少なくする事です。高品質で凝縮された果実のお陰でワイン造りには手がかかりません。すなわち人の介入は極端に限られるのです。
実際のところ、ラルロのぶどうは醸造の過程で手をかけなければかけないほど、テロワールが純粋に表現されることがわかっています。
(輸入元資料より)





ドメーヌ・ド・ラルロ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・キュヴェ・モン・デ・ゾワゾー’17

税別¥12000

<あと1本>おすすめ!
超限定品!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87~89点

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点


リアルワインガイド66号 92・92+点

「2019.7月上旬に飲みました。紫色の弱い中程度のルビー色。ほのかに甘くやや華やかな赤い実の果実香で香りからすでに旨味たっぷりの優しい味が想像できるもの。味わいは多少ミルキー感のあるナチュラルでエレガント、タンニンがすでに非常によく溶け込み、うまいとミネラルの凝縮が凄い。味は軽くグリップがあまり感じられないがうまみは濃い。酸は’17としては少し低めでほのかに甘い味わい。抜栓の次の日も非常においしい。お買い得という言葉が使えないだけで味もスタイルも非常によい。ジャック・ドゥヴォージュさんの時より樽とタンニンが少なく、オリヴィエ・ルリッシュさんに近い方向性なのだろうか?いずれにしてもアレックス・ガンバルは昔あまり好きではなかったが、今のジェラルディン・ゴドさんは実力あることを理解しました。抜栓の2日後には酸が伸びて甘酸っぱいバランスとなり。個人的にはこの方がさらにおいしいと感じる」

アルコール13%

元ル・プティ・ラルロ。クロ・ド・ラルロの若木が名称変更。
樹齢と品質が上がって’15から1級に昇格!




ドメーヌ・ド・ラルロ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・クロ・ド・ラルロ’17(辛口赤)

税別¥15700

<あと2本>超限定品!

最新パーカー93点(2021~2042年
、William Kelley、2020年1月)


スペクテーター94点(2021~2035年)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87~90点


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

リアルワインガイド66号 92+・93+点!

全房発酵比率40%




ドメーヌ・ド・ラルロ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・クロ・デ・フォレ・サンジョルジュ’17(辛口赤)

税別¥15400

<あと3本>限定品!

最新パーカー93点(2022~2040年
、William Kelley、2020年1月)


スペクテーター・オンライン93点(2022~2036年)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~92点

ブルゴーニュ・オージョルディー15/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

リアルワインガイド66号 93+・94+点!!!

’15から樹齢と品質が上がった1級プティ・プレをこの銘柄に統合したので生産量も少し増えました。
100%除梗



6/19(金)アップ~蔵出しオーレリアン・ヴェルデ’18ブルゴーニュ・ルージュ

5/2(土)アップ~蔵出しオーレリアン・ヴェルデ’17シャンボール

抜栓直後から驚くほどおいしいこの価格帯最高峰のシャンボール!!!



















 


 


’14が、リアルワインガイド54号にて大絶賛されたのは結構驚きでした!

そういえば前に飲んだのは10年近く前で、その時はかなり還元香が強く(もしかしたら当時ビオディナミ~天然酵母~SO2極小が、増え始めていた時期で現実と理想の折り合いが難しかった時期だったのかもしれません。例えばシャントレーヴさんはそのあたりの部分を絶対間違えないという信頼があります。)あまり印象が良くなかったので長らく買っていませんでしたが、完全に世代交代して醸造所を新装などの設備投資を行い、経験を積んで、大きく変わった模様です。




オーレリアン・ヴェルデ、ブルゴーニュ・ルージュ・アン・リュトゥニエール’18

税別¥2800

<あと4本>絶対おすすめ!

「2020.6月中旬に飲みました。ふちがうっすら紫がかった中程度のルビー色。ピュアでナチュラルな赤い実の果実とヨードのトップノーズ。樽を感じない。味もピュアでナチュラル、旨味とミネラル豊富で太陽の年’18であってもジャミーではなく、甘旨味で最後にわずかなグリップと塩を含むミネラルが残るが決して重くなくジューシー。例年より味が少し甘く酸が丸いだけであくまでいつもと同じスタイル。タンニンはとてもキメ細かい飲み頃NOW~。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の4日後もまだおいしい」

アルコール13.5%





’17もリアルワインガイド66号にて絶賛されました!


Aurelien Verdet, Vosne-Romanee 1er Les Beaux Monts '17

オーレリアン・ヴェルデ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボー・モン’17

税別¥13000

<あと3本>幻の超限定品!

最新スペクテーター・オンライン92点
(NOW~2029年)






Aurelien Verdet, Nuits-St-Georges 1er Aux-Boudots '17

オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・オー・ブドー’17

税別¥10000

<あと6本>超限定品!

最新スペクテーター・オンライン92点
(2023~2039年)






オーレリアン・ヴェルデ、シャンボールミュジニィ・レ・コンドゥムンヌ’17

税別¥7400

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品! 137本完売!!!ありがとうございました
ついに再入荷不可能になりました~!

すでにお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

最新スペクテーター・オンライン94点!
(2022~2040年)


ワイナート99号 91点!
(1万円で買える!ワイナート・デイスターが選ぶ
ブルゴーニュ・ピノノワールベスト3に選ばれる!)

「2019.12月下旬に飲みました。シャンボールという名前が付くだけで高くなりがちなので最近ちょっと諦めていたなと反省して、よいものを探し続けて見つけたのがこれ!この造り手を最近試していない方は当然として、すべてのブルゴーニュ好きがかなり高い確率で驚く1本。飲む前はリアルワインガイド66号のこの銘柄に対する超絶絶賛コメントいくらなんでもやりすぎか?と思ってしまうところですが、実際に飲むと納得の内容。ただし下手したら寝かせた後よりも今が一番おいしい可能性もある?と感じた。それくらい抜栓直後のおいしさが凄まじい。うまみとミネラルが驚くほど凝縮しており、艶のある滑らか複雑でも全く重くない。クドくないがぶ飲み出来てしまうほどの傑出バランス。アルコールも低く感じられるピュア&ナチュラルな質感。完全に飲み頃NOW~。皆様驚いてください!抜栓の次の日も非常においしいが、ミネラルが前に出過ぎてある意味昨日の方がおいしかった。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%

’16 スペクテーター93点!




オーレリアン・ヴェルデ、ブルゴーニュ・ルージュ・アン・リュトゥニエール’17

税別¥2800

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!






’16もリアルワインガイド62号にて絶賛されました!


Aurelien Verdet, Vosne-Romanee 1er Les Beaux Monts '16

オーレリアン・ヴェルデ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボー・モン’16

税別¥13000

<あと3本>幻の超限定品!

※今回は本数制限なし!輸入元在庫一瞬で完売!
すべての値引き対象外となります。

スペクテーター93点(2021~2035年)




Aurelien Verdet, Vosne-Romanee VV '16

オーレリアン・ヴェルデ、ヴォーヌロマネVV’16

税別¥7200

<あと4本>限定品!

スペクテーター・オンライン93点(2023~2042年!)




オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ダモード’16

税別¥10000

<あと2本>超限定品!

スペクテーター94点!(2023~2040年)


6/19(金)アップ~<※3本限定!>蔵出しマシャール・ド・グラモン’18ゴーディショ

4/22(水)アップ~蔵出しマシャール・ド・グラモン’18’17








※↑上記画像は、ただのブルゴーニュ・ルージュです。






 



Domaine Machard de Gramont, Chorey les Beaune Vieilles Vignes '18

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ショレイ・レ・ボーヌVV’18

税別¥3100

<あと8本>絶対おすすめ!

「2020.2月初旬に飲みました。DIAM10コルク。抜栓直後はまだ少し若く固くクラシックだが、昔よりは固くなく樽も強くない。果実味しっかり、酸はちょくどよく、ミネラルはそこそこ。タンニンの質も悪くない。単体で飲むと固くても、きのこのテリーヌ(クリームソース)と合わせるといきなり飲み頃NOW~となり食事もワインもどちらもよりおいしくなる。次はビストロ・プティット・レジョンさんのテリーヌと合わせてみたい!抜栓の次の日には少し柔らかくなってうまみも増して向上。抜栓の2日後はさらにおいしくなってこの状態なら相当価格が安く感じられる。完ペキとは言わないがとにかく良心価格。元々ACブルの価格ですからね」

アルコール13%

樹齢45年!

’18の生産量:3,600本

醗酵:セメント・タンク&オーク樽
熟成:オーク樽 12カ月(228L、新樽比率15%)




Domaine Machard de Gramont, Vosne Romanee 1er Les Gaudichots '18

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ゴーディショ’18

税別¥16500

<あと3本>超限定品!

※もちろん再入荷不可能!




Domaine Machard de Gramont, Vosne Romanee 1er Les Gaudichots '17

ドメーヌ・マシャール・ド・グラモン、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ゴーディショ’17

税別¥16000

<あと2本>超限定品!

※もちろん再入荷不可能!

リアルワインガイド67号 92+・93+点!(今~2040年)

平均樹齢26年

粘土石灰質土壌

醗酵:オーク樽
熟成:オーク樽 20カ月(228L、新樽比率約50%)

ラ・ターシュとグランド・リュという偉大な畑に隣接する1級畑。バニラやモカに華やかな香り。柔らかなタンニンが特徴的なヴォーヌロマネ。
(輸入元さんコメント)



1963年設立

除草剤などは極力使用せず、自然に配慮した栽培をおこなう


6/19(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ラフージュ’17レ・ゼキュソー

10/3(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ラフージュ’17ムルソー・レ・カス・テート

今時この価格でこの品質!バランスよくすぐ飲める!











 


「価格的に高すぎず、かつ品質もいいワインをもっと探してほしい」とのリクエストを常に受け続けている輸入元仕入れの担当者がある時、トロ=ボーのナタリー・トロさんにふと相談をしました。「私のいとこがオーセイ村でいいワインを造っているから興味があれば紹介するけど、ただ、訪問してくれても案内するだけのストックがあるかどうかは分からないのよ。それでもよかったら。」と言う事で、紹介を受け、訪問をし、試飲をさせて頂きました。素晴らしい品質ではあったのですが、その時の現行Vtはあの収量が少ない2016年。供給可能になった際には分けて頂く約束をしてドメーヌを後にしたそうです。そのドメーヌの名はラフージュ。今回初の入荷です!

ラフージュ家はオーセイ・デュレス村にて何世代にもわたりワイン造りをしてきました。現在当主のジル・ラフージュが父ジャン、息子のマキシムと3世代で運営しています。このように始祖であるフランシス・ラフージュからのワイン造りの伝統が受け継がれています。収穫は手摘み。それを振動選別機と人手で行う選別台で選り分けます。赤の醸造はほぼ毎年100%除梗。ただし1級では10~20%の全房を使用する事もあります。低温浸漬、樽熟12か月(25%新樽)の後、コラージュ、フィルターがけをせず瓶詰めを行います。白はプレス後、ジュースはタンクに入れ24時間かけてデブルバージュし、翌日樽に入れ(20%新樽)発酵させます。その後12か月樽熟させ、澱引き後、アッサンブラージュして6か月タンク熟成。コラージュと軽くフィルターをかけ、瓶詰めを行います。ACオーセイ・デュレスでのワイン造りに情熱を持っており、飲み比べるとクリマ毎個性がはっきり分かります。ぜひお試しください。
(輸入元資料より)




LAFOUGE, Auxey-Duresses Les Hautes Blanc '17

ドメーヌ・ラフージュ、オークセデュレス・レ・ゾーテ・ブラン’17

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥4000

<あと6本>絶対おすすめ!

パーカー89~91点(William Kelley)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

30本完売。

「2019.9月中旬に飲みました。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。キラキラしたトップノーズで、ミネラルと艶を感じる。みずみずしいリンゴ~蜜リンゴ香がピュアで心地よく、バランスよく白い花などの香りも混ざって上品な飲み頃NOW~。酸もちょうどよく、固さが一切ない。うまみを伴うミネラル感を含めやさしい全体像。クラシックだけどやさしく自然な味わい。濃くも重くもないおいしさ。抜栓の次の日も非常においしい。ガブ飲み出来てしまう杯が進み過ぎるタイプなのに余韻は意外と長い」

アルコール13%

’16 デカンター・オンライン88点




LAFOUGE, Meursault Blanc '17

ドメーヌ・ラフージュ、ムルソー’17

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥5500

<あと2本>絶対おすすめ!

パーカー90~92点(William Kelley)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

すでに94本完売!!!~※再入荷不可能!

「2019.9月下旬に飲みました。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。あくまで上品なナッツとハニートースト、オイリーな樹脂、ネギ油、少しバタークリーム、洋ナシタルト、ミネラルなどのよい香り。オークセデュレス・レ・ゾーテ・ブラン’17よりも味わい部分での樽が感じられるが、強いというほどではなく果実味には厚みと粘性があり、アフターには塩ミネラルとともにハチミツ粘性のニュアンスと戻り香が持続する。酸(質は柔らかいが)ややしっかり、ミネラルしっかりの価格を超えた味わい。冷やし過ぎないほうがおいしい。抜栓の次の日も非常においしい。アフターにかけて少し甘みが出た。酸とミネラルがしっかりなのでバランスはよいまま。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%




LAFOUGE, Auxey-Duresses 1er Les Ecusseaux Rouge '17

ドメーヌ・ラフージュ、オーセイデュレスプルミエクリュ・レ・ゼキュソー・ルージュ‘17

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税別¥4300

<あと41本>絶対おすすめ!

※すでに再入荷不可能!

ワイナート99号 90点
(1万円で買える!ワイナート・デイスターが選ぶ
ブルゴーニュ・ピノノワールベスト3に選ばれる!)

パーカー88~90点(William Kelley)

「2020.6月中旬に飲みました。明るいルビー色。アタック~中域までは非常にやさしいエレガントな味わい。アフターに少しタンニンのグリップとミネラルが出てきて意外にコクもある。ピュアでキレイな赤い実の果実、ウーロン茶などの香り。薄いようでいて味のある飲み疲れないがぶ飲み可能な非常に良いバランス。ちょうどよい酸、程よいうまみ感。食事と合わせて特に生きる(食事とワインの両方がさらにおいしくなる)ワイン。レ・ゼキュソー’17も全然おいしいんだけどなぁ~。デュレス’17との大きな点数の差がちょっと謎?抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール%
ムルソー側に位置する1級畑でデュレスよりも粘土が多い土壌




LAFOUGE, Meursault Les Casse Tetes '17

ドメーヌ・ラフージュ、ムルソー・レ・カス・テート’17

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥6200

<あと1本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー91点(William Kelley)

「2019.10月上旬に試飲しました。温度の変化までは見れなかったですが、おそらくただのムルソー’17よりも少しミネラルが強く少し甘さが控えめ。あと少しで溶け込む樽、果実味しっかりで厚みと粘性があり、酸が低くなく、余韻もあり、この価格で買えるムルソーとして非常に優れている。冷やし過ぎないほうがおいしい」

’16 デカンター・オンライン91点




栽培は基本的にリュット・レゾネ、もしくはリュット・ビオロジック


6/19(金)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ’14ブーズロン

熟成可能でちゃんと向上するアリゴテ!若い時とは違うニュアンス!

3/1(日)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ’16ブーズロン

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)の共同経営者が造るお買い得ブルゴーニュ!

デカンター誌2010年度マン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる!


※画像は’06です。

 






アリゴテ・ドレ(L'Aligote Dore)画像

例年結構複雑性があり、冷やしすぎないほうがおいしい




ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ、ブーズロン・アリゴテ’16(750ml)

超特価・税別¥2800

↑なんと33%OFF!!!

輸入元定価・税別¥4,200

<あと11本>絶対おすすめ!

パーカー89点
(2018~2028年、William Kelley)

VINOUS 90点!
(2018~2023年、ニール・マーティン)


バーガウンド・コム 88点!

MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

62本完売!!!

「2019.10月初旬に飲みました。予想より少し色が濃い。繊細高貴系の蜜リンゴの香り主体で、果実味はもちろん厚みとコクまであり、余韻が長い。あくまで涼しげで上品なしっかりした酸とミネラル。この充分な酸がありつつもアフターには甘旨粘性が少し残り極めてよいバランス。昔より亜硫酸量減らしているが、欠点は皆無で透明感と余韻が向上した印象。しっかり冷やしてもおいしいが、冷やし過ぎない温度がよりおいしいと思う。自分的にはセラー温度がベスト。抜栓の3日後まで素晴らしくおいしい。数年前から品質がワンランク上がったように思う。明らかに大幅に価格を超えた満足度!これほどの品質が(しかもこの価格でビオロジックで)この1アイテムだけで10haも生産されているということが凄い。日本ワインの入手難度合いを考えても非常にうらやましいこと」

アルコール13%

2016年は80%が霜の被害に遭い、通常1本の樹から10~12房付くところが3~4房しか付きませんでした。暑かった年に水分の蒸発で熟するのとは違い、2016年は自然に量が減り、水分が蒸発すること無しに熟したため、 良質なブドウが出来ました。とてもアリゴテとは思えないほどの厚みと複雑さを備えたワインでした。
(輸入元資料より)




ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ、ブーズロン・アリゴテ’14(750ml)

超特価・税別¥2750



輸入元定価・税別¥3,750

<あと3本>絶対おすすめ!

※再入荷すると税別¥2,900となります。

ワイン王国101号 あなたの知らないブルゴーニュ57本にて取り上げられる!

ワイン&スピリッツ誌 90点!

バーガウンド・コム 88点!

ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 15/20点


MVF(旧クラスマン)2017年度版14.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

「2020.6月上旬果実の日に飲みました。’13’16より酸にキレがありミネラルもたっぷり。熟成による濃いイエロー。4年経過してかなりおいしくなりました。熟成したピュリニーのような複雑なトップノーズでモカマロン、ムスク、ドライパイナップル、蜜リンゴ、ユリの花、カスタードクリーム、マッシュルームなどのよい香り。色気とコクがあり、アフターにはモカマロン風味の戻り香が持続する!常に長く熟成可能な冷やしすぎないほうがおいしい、日本ではまだ過小評価されているアリゴテ。抜栓の次の日は、トロっとした洋ナシ風味も出てきて素晴らしい。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール12.5%

64本完売!!!




ブーズロン’10がすごい人気です!明らかに数年前よりもおいしくなっておりますので『 昔、何回か飲んだことあるからいいや 』という方もぜひまたお試しください!



ヴィレーヌ、ブーズロン・アリゴテ’10(750ml)

税別¥1950

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド40号にて絶賛される!

バーガウンド・コム 89点!

ジャシス・ロビンソン16/20点!

ゴーミヨ誌17/20点!

MVF(旧クラスマン)2013年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2012.10月と11月に計2回試飲しました。これは決して馬鹿に出来ないワイン。’08と同程度の傑出した出来に感じられました。アリゴテとしては酸とミネラル以外の要素も優れていおり、理想的なバランス感。冷やしすぎない温度で本領発揮の蜜リンゴ+ミネラル風味。そして意外に長い熟成も可能です」

アルコール12.5%

213本完売!!!ありがとうございました~※再入荷不可能!

’09から7%値下がり!

 

 

 

 

 ’06 ワイン王国42号 ベタンヌ&ティエリー・ドゥソーヴが推奨する コートドボーヌ、コートシャロネーズ、マコネ25本に選ばれる!

’07 お客様から絶賛の声をかなり数多くいただきました!

’07 97本完売!

’06 48本完売。

「2009.10月に’07を再度試飲しました。温度帯などにもよると思いますが、7か月前に飲んだ時よりもオイリーなニュアンスが増して、酸が気持丸くなった気がした。相変わらずややキレのあるよい酸で、ピュアでミネラリーなアフター。非常によい出来!アペリティフ~食中酒としてももちろんOK」

「2009.3月に’07を試飲しました。凝縮感だけなら’05’06に劣るが、’02’05’06よりも酸にキレがあり非常に心地よい味わい。香りの複雑性は例年通りでわずかにオイリーなニュアンスも。みずみずしく、クリーンでミネラリーな味わい。オーナーであるピエール・ド・ブノワ氏によると熟成するとこのオイリーな香りがより強くなるとこのとです。そしてこのアリゴテは熟成も可能で酸の質と量がとても重要だと熱弁していました!」

樹齢約70年のフィロキセラ以前のアリゴテ・ドレ種100%!

(※ポンソとミッシェル・ラファルジュのアリゴテもアリゴテ・ドレ種であり、通常のアリゴテより成熟が早く、色が濃く、繊細な個性だそうです)

22haの所有で、やせて石灰質の多い畑、3区画のブレンド

4000リットルくらいの大樽熟成

赤白ともに近年では新樽不使用

ボーヌから約15km南にあるブーズロンは、ブルゴーニュでもっとも優れたアリゴテを生産する地区で1997年からのAOC

1986年からビオロジー

1997年にカリテ・フランス認証取得

現在では一部の畑でビオディナミを実践


ラ・ディゴワーヌ’98を飲んで、その素晴らしさに感激して弁護士から転職したという経歴の持ち主

2007年ヴィンテージ情報

病気の被害が出にくいブーズロン地区においてはじめてカビの被害が出て、選別をかなり厳しくした。ブドウの成熟スピードが遅かった為、収穫が遅かった。バトナージュなしでシュルリー。ピュアさを表現する醸造を行い、そのためミネラルをよく表現する個性となり結果的に成功!

 

現在、メルキュレ・レ・モントの20%は、『ピノ・ファン・ド・ニュイサンジョルジュ』というクローン(ピノノワールの品種)に植え替えられている

 

 

DRCの共同経営者が造る、お買い得ブルゴーニュ!

クラスマン1つ星&Q/P(=お買い得!)マーク付き生産者!

かなり前からずっと有機農法、化学肥料の類は使用しない、基本的にすべてノンフィルター、SO2最小限

 


6/19(金)アップ~蔵出しドメーヌ・フェヴレ’18メルキュレ・ルージュ

6/9(火)アップ~蔵出しドメーヌ・フェヴレ’18クロ・デ・ミグラン

急に超入手難となりました、、、






 

 





ドメーヌ・フェヴレ、メルキュレイ・ルージュ’18

(750ml・辛口赤)


税別¥2500

<あと8本>

パーカー90点
(2020~2035年、William Kelley)

16本完売。

アルコール13%

’17 276本完売!!!

樹齢30年

粘土石灰質土壌

リュット・レゾネ

メルキュレのいくつかの村名区画から。フェヴレは赤用に29.10haの畑を所有する。62年、78年、81年に植樹。鮮やかなルビー。ラズベリーやダークチェリーなどの果実香が華やかに感じられる。口の中でも爽やかな果実味が中心となり、しなやかで滑らかなテクスチャー。若いうちから楽しめる、懐の深い味わい。
(輸入元資料より)




ドメーヌ・フェヴレ、メルキュレ・ラ・フランボワジエール・ルージュ‘18 750ml

税別¥3000

<あと6本>

最新パーカー89+点(2022~2035年)

バーガウンド・コム 89点!(Outstanding Top Value!)

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点





ドメーヌ・フェヴレ、メルキュレプルミエクリュ・クロ・デ・ミグラン・ルージュ‘18 750ml

税別¥3700

<あと16本>限定品!

最新パーカー91点(2020~2035年)

デカンター・オンライン92点!

バーガウンド・コム 89~91点!(Outstanding Top Value!)

ブルゴーニュ・オージョルディー15/20点


すでに20本以上完売。







ドメーヌ・フェヴレ、メルキュレイプルミエクリュ・クロ・デ・ミグラン・ルージュ’17

(ハーフ・375ml・モノポール・辛口赤)


税別¥2200

<あと11本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

クロ・デ・ミグランは、全ヴィンテージ(ハーフも750mlも)が
’18のリリースまで再入荷不可能!!!
’17の750mlもHPに載せる前にすぐ完売してしまいました
急に全然買えなくなっております、、、

パーカー91点
(2019~2029年、William Kelley)


スペクテーター・オンライン93点!
(NOW~2032年)






Domaine Faiveley, Puligny-Montrachet 1er Cru Champ Gain Blanc '17

ドメーヌ・フェヴレ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・シャンガン’17(辛口白)

税別¥9000

<あと4本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 90~92点

VINOUS 90~92点


MVF(旧クラスマン)2020年度版15.5/20グラス

「2019.10月上旬に試飲しました。’15同様いつも通りの控えめな樽であくまでみずみずしく美しいのはそのまま、’15以上にトップノーズが華やか!アフターにかけてバタークリームの厚みを感じる心地良さも共通しており、値上がりもなく非常によく出来ている」

新樽約40~50%にて約17ヶ月熟成

1.5ha所有の自社畑ドメーヌもの


6/19(金)アップ~蔵出し超特価プティ・ムートン’16

蔵出し正規品シャトー・ラグランジュ’16

過去最高の出来かもしれないと言われております!!!












※’16から微妙にラベルデザイン変更あり。







Petit Mouton '16 (Pauillac)

プティ・ムートン’16

(ポーイヤック・辛口赤)


超特価・税別¥26000



輸入元定価・税別¥39,900

<あと4本>

※再入荷すると最低でも¥6,600以上大幅に値上がり致します。
二度とこの価格では売れないでしょう。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

ファルスタッフ 94点!!!

ジェームス・サックリング 95~96点!!!

最新パーカー93点!
(2021~2041年、Lisa Perrotti-Brown)

デカンター・オンライン94点!!!

最新Wine Enthusiast 92点

最新VINOUS 93点!
(ニール・マーティン、2022~2040年、2019年1月試飲)

最新VINOUS 94点!!!
(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

スペクテーター・オンライン92点
(2022~2035年)

Jeff Leve 94点!!!


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点!!!

セカンドへの評価とは思われない、凄まじい高評価となりました!!!





Chateau Margaux '16

シャトー・マルゴー’16

超特価・税別¥90,000



輸入元定価・税別¥120,000

<あと2本>

ジェームス・サックリング 100点!!!

最新パーカー99点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー97~99点!!!(ニール・マーティン、
2026~2070年!、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン98点!!!

最新Wine Enthusiast 99点!!!
(2025~、Cellar Selection!)

最新VINOUS 98点!!!(2026~2070年!、
ニール・マーティン、2019年1月試飲)

VINOUS 99点!!!(2026~2066年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

最新スペクテーター97点!
(2024~2040年)

ファルスタッフ 97点!

ギィ・ド・アシェット2020年度版 3つ星&クー・ド・クー!


Jeff Leve 99点!!!

MVF(旧クラスマン)2020年度版19.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点

’16は、カベルネソーヴィニヨン94%、カベルネフラン3%、メルロ2%、プティ・ヴェルド1%

とにかくボルドー’16は、明らかに’15’09以上の真の大当たり年ですので買えるうちにぜひ!

常にカベルネソーヴィニヨン比率が高く凝縮しているが、砂礫層が多い土壌なので寝かせると繊細で薫り高い面が出るそうです。






LA PETITE MARQUISE DU CLOS DU MARQUIS '16

ラ プティット マルキーズ デュ クロ デュ マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥4300

↑34%OFF!

輸入元定価・税別¥6,500

<あと8本>

ジェームス・サックリング 92~93点!!!

Wine Enthusiast 90点(2022~)

最新パーカー89点
(Lisa Perrotti-Brown、2018年11月試飲)

パーカー88~90点(2020~2030年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号、2017年4月試飲)

VINOUS 91点!(アントニオ・ガローニ)

デカンター・オンライン89点(2020~2034年)

ファルスタッフ 93点!!!


カベルネ ソーヴィニヨン 61%、メルロ 38%、カベルネ フラン 1%

メドック格付け第2級シャトー レオヴィル ラス カーズが所有している専用の区画のブドウから造られるクロ デュ マルキのセカンドラベル。ファーストヴィンテージは2015年。主に若木のブドウで、クロ デュ マルキよりメルロのブレンド比率が多いのが特徴です。バラ、プラム、チェリーのジャムのようなアロマ、ハーブやタバコのニュアンスがあり、果実味が広がり程よい酸が感じられるワインです。
(輸入元資料より)




Chateau Mouton-Rothschild '16 (Pauillac)

ムートン・ロートシルト’16

(ポーイヤック・辛口赤)


超特価・税別¥90000

<あと1本>

※再入荷すると大幅に値上がり致します。
二度とこの価格では売れないでしょう。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

ファルスタッフ 99点!!!

ジェームス・サックリング 100点!!!

最新パーカー100点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー98~100点!!!(ニール・マーティン、
2026~2065年、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン99点!!!
(Pauillac'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新Wine Enthusiast 98点!(2026~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 99点!!!(バレル)

最新VINOUS 100点!!!(2019年1月試飲)

VINOUS 95~98+点!!!

最新スペクテーター98点!
(2025~2045年、Collectibles!)

MVF(旧クラスマン)2019年度版20/20グラス!!!(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19~19.5/20点(Top10 des Producteursに選ばれる!)

’16
カベルネ・ソーヴィニヨン 83%
メルロ 15%
カベルネ・フラン 1%
プティ・ヴェルド 1%

2016年は、その濃密さと肉づきの良さから、21世紀生まれの偉大なるヴィンテージと肩を並べる仕上がりです。
(シャトー・ムートン・ロートシルト公式コメント)

’16ラベルはウィリアム・ケントリッジ (William Kentridge)
絵画・彫刻作品はもちろん、映像制作や舞台演出といった分野でもその名を知られる南アフリカのヨハネスブルグ生まれ。
ムートンのラベル・コレクション初となるアフリカ大陸出身アーティスト。





CHATEAU MALESCOT ST-EXUPERY '16

マレスコ・サンテグジュペリ’16

(マルゴー・辛口赤)


特価・税別¥9000

<あと2本>

※再入荷すると¥1,080以上値上がり致します。

ジェームス・サックリング 98~99点!!!

最新パーカー95点!(2021~2045年、Lisa Perrotti-Brown)

パーカー94~96点!!!(ニール・マーティン、
2022~2050年、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新スペクテーター93点(2022~2036年)

スペクテーター92~95点(バレル)

ファルスタッフ 95点!

最新VINOUS 95点!!!(2019年1月試飲)

Wine Enthusiast 93点(バレル)


Jeff Leve 95点!

ワイン王国 116号『 いま買いやすいボルドー格付けワイン特選33本 』に選ばれる!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点




パプ・クレマン’16

(ペサックレオニャン・辛口赤)


超特価・税別¥13000

<あと1本>

※再入荷すると¥2,160程度値上がり致します。

最新デカンター・オンライン95点!
(2025~2042年、2018年12月バレルではなくボトルからの試飲)

最新パーカー96点!!!(2022~2042年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー95~97点!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新Wine Enthusiast 95点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!(バレルサンプル)

最新スペクテーター96点!(2023~2037年)

スペクテーター94~97点!(バレル)

ファルスタッフ 94点

最新VINOUS 96点!!!(2019年1月試飲)






PAVILLON BLANC DU CHATEAU MARGAUX '16

パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー’16

(ボルドー・辛口白・750ml)


特価・税別¥32000

<あと5本>限定品!

※再入荷すると大幅に値上がり致します!
久しぶりにこの銘柄の価格を見た方は信じられないかもしれませんが、これでかなりお安い方です。

最新デカンター・オンライン95点!
Part of Top 20 Bordeaux dry whites に選ばれる!

デカンター・オンライン97点!!!(2020~2038年)

最新パーカー94点(2021~2038年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター95点(NOW~2028年)

最新VINOUS 95点!(2021~2036年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

最新Wine Enthusiast 94点!(2021~)

Wine Enthusiast 95点(バレルサンプル)

ファルスタッフ 93点


’16は、ボルドー白としては超低収量23hl/ha!

グラン クリュ第1級のシャトー マルゴーで造られる白ワインです。若さと力強さを感じさせる余韻豊かな辛口の味わいに仕上げ、多くのファンを魅了しています。

「赤ワインの女王」と讃えられるボルドーの名門シャトー マルゴーの白ワイン。19世紀にはヴァン ブラン ド ソーヴィニョンの名で販売されており、1920年から現在のパヴィヨン ブランに改名されました。
11haに植えられたソーヴィニョン ブラン100%で造られるワインです。
いきいきとして適度なミネラルを思わせる味わい。バランスのよいワインです。
(輸入元資料より)




Chateau Lafon Rochet '16

ラフォンロシェ’16

(サンテステーフ・辛口赤)


税別¥6500

<あと10本>

ジェームス・サックリン 93~94点!

パーカー91~93点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン94点!
(St-Estephe'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新スペクテーター93点(2023~2033年)

スペクテーター90~93点(バレル)

最新Wine Enthusiast 94点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!!!(バレル)

最新VINOUS 93点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 95点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!!!

ファルスタッフ 92点


Jeff Leve 94点!!!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点
さらにPalmares Top Producteursに選ばれる!!!

過去最高の出来と言われる待望の’16です!!!

今までラフォン・ロシェによいイメージがない方ほどぜひ飲んでみるべき!!!

2009年から現在に至るまでの現醸造長のルカ氏は、
なんとDRCで働いていた時期があるそうです!

粘土質の多い北東向き斜面

最新で清潔な醸造設備・セラーを完備

グラン クリュ第4級。1960年に現オーナー(シャトー ポンテ・カネと同じ)テスロン・ファミリーが買収、一時やや低迷後、再び優れた品質で上昇中です。
ポイヤックとサン・テステフ村の境界にあり
「CH.ラフィット・ロートシルト」と「CH.コスデストゥルネル」に隣接しているブドウ園。カベルネ・ソーヴィニヨン種の比率が高く、タンニンと力強さが魅力。 (輸入元資料より)

2007年からBasile Tesseron(バジル・テスロン)氏が関わり始め

2010年ごろからビオディナミを少しずつ導入開始

2013年には基本的にすべての畑で有機栽培・一部ビオディナミ

なんせ早くからビオディナミを導入したポンテカネのテスロン・ファミリーですから!





CLOS DU MARQUIS DE CHATEAU LEOVILLE-LAS-CASES '16

クロ・デュ・マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥7200



当店通常価格・税別¥9600

<あと10本>

最新パーカー94点!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー93~95点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン92点
(~Very good quality!)

最新スペクテーター94点(2023~2038年)

スペクテーター93~96点!(バレル)

最新Wine Enthusiast 93点!(2023~、Editors'Choice!)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 94点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 94点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!

ジェームス・サックリン 94~95点!

ジャンシス・ロビンソン16.5~17.5/20点!


Jeff Leve 93点!!!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点

’16のデータ
CS73%、M24%、CF3%




CHATEAU BRANE-CANTENAC '16

ブラーヌ・カントナック’16

(マルゴー・辛口赤)


税別¥10000

<あと1本>

パーカー96~98点!!!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン95点!
(Margaux'16最高のワインの一つに選ばれる!)

Wine Enthusiast 95点!(バレル)

最新VINOUS 96点!!!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 90~93点

スペクテーター90~93点(バレル)

ファルスタッフ 94点


ここも今ではビオロジック!

味わいにまとまりがあり、早くから楽しめつつ熟成のポテンシャルも期待できる、いつ飲んでも裏切らない味わい
リュシアン・リュルトン(あのリュルトン家です!)によって進められた栽培、醸造両面の品質改革により格付け2級の名を裏切らない品質を取り戻しました

75ha、作付けはCS55%、ME40%、CF4.5%、MA0.5%。ブラヌ カントナックに使われるブドウの平均樹齢は35年。熟成は60-70%新樽で18ヶ月間行われます。
マルゴーらしい、繊細さやフィネスを感じる一本です。
(輸入元資料より)




2016.11月上旬
シャトー・ラグランジュ現副会長である椎名 敬一氏とお食事する機会をいただきました。相手がビック過ぎてめっちゃ緊張しましたが、気さくにお話ししてくれて助かった次第であります(汗)
よいブドウを使用、樽がきつくない、タンニンの質が良い、無駄な重さがなく、ちゃんと長く熟成する
今では’80年代中盤頃よりもより良いコルクを採用している
超高価な光センサー選果マシーン導入も
白ワインのレ・ザルム・ド・ラグランジュに
レ・フルール・デュ・ラックというセカンドが出来たことも勉強不足で知らなかった、、、

評論家による最新ヴィンテージのバレル試飲~瓶詰直後の試飲では
ラグランジュ特有のボルドーとしては多少高めの酸味(これが上品さを生み出す要素のひとつなのですが、、、)が不利に働き低めの評価が付きやすいものの、数年寝かせると特に近年ではどんな年もちゃんとおいしく変化する


リュット・レゾネ(減農薬)を実践
(2005年からテラ・ヴィティス認証取得済み)

手摘み

2004年からサードワイン導入によりさらに厳しい選別を行う

2007年から最新型瓶詰機の導入

2008年から小型タンクへの切り替え(2011年に完了)

2009年より光センサーによる更なる選果の徹底
↑この機械はものすごく高価なので、ごく一部のワイナリーしか導入できません!
5大シャトーやシャトーヌフのChateau Mont Redon(シャトー・モン・ルドン)など

SO2排出量を減らす試み、SO2排出量を公表するなどの環境への配慮にも取り組む


’01はやや力強い個性で熟成も比較的ゆっくり、
’02は現在飲み頃ピーク付近!
’07はウルトラ・シルキータンニンのなめらかな個性、
’09はいつ開けてもおいしく、特にセカンドのフィエフが大成功した年!!!

いつも比較的流通量は安定しているラグランジュですが、
’17’18の生産量が壊滅的だった影響
一時的に全ヴィンテージが入手難となっております!



Chateau Lagrange '16 (Saint-Julien)

ラグランジュ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


税別¥8000



輸入元定価・税別¥10,400

<あと12本>

ファインズ輸入の蔵出し正規品!
36本完売。

最新パーカー95点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー94~96点!!!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン95点!!!
(St-Julien'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新スペクテーター94点(2024~2038年)

スペクテーター92~95点(バレル)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 95点!!!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 90~93点

ジェームス・サックリン 95~96点!!!
(出来のよかった’15よりさらに上質!)

ファルスタッフ 93点


Jeff Leve 94点!!!

最新ワイン王国109号 メドック格付けシャトー36本ブラインド・テイスティングにて大絶賛される!

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点

シャトー・ラグランジュ現副会長である椎名 敬一氏曰く、
個人的には’16は過去最高の出来!!!

’16は、カベルネ ソーヴィニヨン70%、メルロ24%、プティ ヴェルド6%
収穫期間:10/3-10/24(過去最も遅い収穫)


リュット・レゾネ(減農薬)を実践(2005年からテラ・ヴィティス認証取得済み)

手摘み~かなり厳しく選果

2004年からサードワイン導入によりさらに厳しい選別を行う

2007年から最新型瓶詰機の導入

2008年から小型タンクへの切り替え(2011年に完了)

2009年より光センサーによる更なる選果の徹底
↑この機械はものすごく高価なので、ごく一部のワイナリーしか導入できません!
5大シャトーやシャトーヌフのChateau Mont Redon(シャトー・モン・ルドン)など

SO2排出量を減らす試み、SO2排出量を公表するなどの環境への配慮にも取り組む

 

 

~近年のラグランジュ品質向上&高評価の理由~

『 サントリーが入手した際の最大の幸運は、土壌の優秀さでした。先代のセンドーヤ家が、土地の切り売りを、周辺の、最も力の劣った部分から少しずつ進めていったため、結果として、かつてのラグランジュの最も優秀な部分、いわば精随ともいえる場所だけが残されていたのです。当時でさえ、多くの専門家が「土壌がもつ潜在能力という点では、メドックのトップ10シャトーに匹敵する」と評価していたのは、そのためです。そして、その潜在能力を可能な限り引き出すことが、当面のサントリーの最大目標となりました。

~現在のラグランジュでは、畑を小さな区画に分け、数多くの発酵タンクで別々に醸造する方法をとっています。これによりアッサンブラージュ作業が自由にかつ厳密に行えるようになりました。つまり、基準に満たないワインをはねることが容易になったばかりでなく、年ごとの個性を最大限に生かしつつ、絶妙のバランスを達成できるようになったのです。

~新生ラグランジュは、その設備面に関する限り、1985年に完成、それによる飛躍的なまでの品質向上は、世界のワイン関係者の注目をあびました。しかし、葡萄園が完璧な状態に達するのは、まだまだ先のことです。セカンドラベルは別として、シャトーものの品質基準に見合う葡萄は、通常、樹齢が20年をこえた葡萄樹からしかとれないのです。つまり、サントリーの手で新たに植えた優秀な苗木が、ラグランジュの主力となり、ワインの品質が新しいステージにステップ・アップするのは、早くても2005年頃。(輸入元資料より) 』


6/19(金)アップ~蔵出しプリムール特価パヴィ・マカン’17

ピュアでエレガント、かつかなりの深みがあるボルドー!

プルミエ・グランクリュ・クラッセに昇格!!!



※画像は’06です。





CHATEAU PAVIE MACQUIN 2017

パヴィ・マカン’17

(サンテミリオン・プルミエ・グランクリュ・クラッセ・辛口赤)


特価・税別¥10500

<あと4本>

最新パーカー97点!!!
(2021~2046年、Lisa Perrotti-Brown、2020年3月試飲)

パーカー95~97点!!!
(Lisa Perrotti-Brown、ワイン・アドヴォケイト236号)

最新スペクテーター95点!(2022~2040年)

スペクテーター92~95点(バレルサンプル)

Wine Enthusiast 95点!(2024~)

VINOUS 95点!(アントニオ・ガローニ)

VINOUS 93点(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン95点!

Jeff Leve 95点!

ファルスタッフ 94点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点


何度か試飲していますが、タンニンが丸く艶やかでなめらか、凝縮しているが重くなく複雑でアフターは長くしっかりミネラルを感じることがでいます

メルロー主体、カベルネフラン少しとわずか数パーセントのカベルネソーヴィニヨン

ニコラ・ティエンポン氏による経営

コンサルタント:ステファン・デュノンクール

もともとビオディナミを採用していたが、経営危機の際に一時化学肥料を使用し、現在は再びビオディナミ(ワイナート37号より)

2006年にプルミエ・グランクリュ・クラッセに昇格!

パヴィ・マカンとアンジェリスだけは、生産量の多いボルドーとしては珍しく欲しくてもなかなか見つかりません


19世紀後半のフィロキセラ禍で荒廃したサン・テミリオンのブドウ畑の復旧に尽力し、復興の祖と仰がれるアルベール・マカンが所有していたシャトーで、1994年にニコラ・ティエンポン氏が取得しました。粘土石灰質の土壌に広がる15haの畑はドゥルノンクール氏がビオディナミー農法でME80%CF18%CS2%を栽培しています。醸造には木製発酵槽とコンクリートタンクを併用し、新樽比率80%で16ー20ヶ月間の樽熟成を行います。

 


6/19(金)アップ~<※値下がり!>蔵出しラファエル・バルトゥッチ’19最後の再入荷!

入手難!ビュジェ・セルドン最高の生産者!

思わず笑ってしまうしかないおいしさ!ナチュラルな甘さと酸、クリーミーな泡

 

 

2010年からAOCビュジェ・セルドンを名乗れるようになりました!

数社輸入しているようですが、当店在庫はラシーヌ輸入の限定品!




ラファエル・バルトゥッチ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’19

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

特価・税別¥2600

<あと7本>限定品!

※’18から¥220値下がり!
すでに再入荷不可能!
アルコール7.5%
ABマーク、ユーロリーフあり!




ラファエル・バルトゥッチ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’18

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品!

24本完売。ありがとうございました~※すでに再入荷不可能!

「2019.4月下旬に飲みました。’18もやっぱり素晴らしい!アタックだけなら中辛寄りのほのかな甘口だが、アフターの最後に上質な甘旨粘性のある残糖感が残り、うまみ塩ミネラルを伴って極めて心地よい。キレイな酸で一切クドくない。リンゴと洋ナシのネクター、ミネラルなどの癒しの香り。いかにも連休とか週末の自宅飲みに最適な銘柄。抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール8%

ABマーク、ユーロリーフあり!
おそらくEPAによる嬉しい値下がり!

生産量&輸入量極少!

ラファエル・バルトゥッチ わずか2haの所有!

フィリップ・バリヴェ 7haの所有

アラン・ルナルダ 12haの所有

ガメイ90%、プールサ-ル10%

エコセール認証ビオロジック栽培

収穫は、20人で朝3h、午後3hを5日間。

他の生産者とは違う浅い容器に平にブドウを並べ、潰れないよう気をつける。

果皮にキズが付いて酸化が始まると、酸化防止剤が必要になるのを防ぐため。

『 イタリアで電気関係の仕事をしていたバルトッチは、ある日旅行でビュジェイ・セルドンを訪れます。その土地に数年後に引っ越して自らがワイン造りをすることになろうとは・・・。

彼を一目で魅了したメリニャ村は、静かな美しい町。そして、一度飲んだら忘れられないやさしいワイン「ビュジェイ・セルドン」の産地です。1983年に畑を購入し、2~3年ごとに少しづつ増やしています。ひとりで作るには2haが精一杯と言う彼がワイン造りにおいて大事にしている事は「補糖せずにワインをつくる事、幸いセルドンは日照が少なくても待つ事が出来るからね。」と語ります。

畑は、標高450m、傾斜70度の場所に1980年と90年に植えたプルサールが、その他南西と東向きの場所にガメィが植えられています。2~3年に1回荒地を購入し、1年目にブドウの木を植え、2年目に杭(40cm埋める)とワイヤーを張る作業をしています。朝露に濡れた粘土質の畑は、スニーカーで見学すると靴底がすぐに3cmは泥で厚くなるほどです。うさぎが来るので電流の流れるワイヤーを貼りぶどうを守っています。メリニャの4件の生産者が共同で使用する瓶詰所の機械のメンテナンスは、前職を生かしたバルトッチがほとんどメンテナンスを請け負っており、他の生産者からも頼りにされています。 (輸入元資料より) 』


6/19(金)アップ~蔵出ポール・ウンブレシュト’11クレマン

並のシャンパーニュを凌駕する品質!傑出した甘旨酸塩バランス!








’95からビオロジック(エコセール認証あり)
’99からビオディナミ(デメテル認証あり)




Paul Humbrecht, Cremant d'Alsace Millesime <Clara> '11

ポール・ウンブレシュト、クレマン・ダルザス ミレジメ’11

(アルザス・辛口白泡)

税別¥3300

<あと6本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 圧倒的に価格を超えており、感動した! 』
『 優れたRMのブラン・ド・ブランに似た味わい! 』
などなど

125本完売!!!
※輸入元さん¥110値上げしましたが、その分は当店が吸収して同じ価格で販売中!

「2020.5月上旬に再度飲みました。相変わらず最高にうまいなぁ~!」



「2019.5月初旬に飲みました。これから高く評価される造り手。ここは辛口白リースリングもおいしいが、泡はさらに格別においしく、クレマンでは滅多にないことに並の¥4000台のシャンパーニュよりおいしい。トップノーズからもうすでに強烈なミネラルを連想させるキラキラ感があり、ピュアでナチュラルかつ、各要素が思いのほか細かく複雑。甘旨酸塩のバランスが傑出している。冷やし過ぎないほうがおいしい。亜硫酸少なそうだが緩みがなく、コクもあり、余韻に長く持続するミネラル感。鱈焼きにもアスパラ炒めにも合うし。ラタトゥイユにかなり合う。ちなみに<Clara>はその年ごとのキュヴェ名であり、味のイメージで変えるのか?それほど意味はないらしいです。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

デメテル、ユーロリーフあり!

ピノブラン60%、リースリング20%、ピノグリ20%

粘土石灰質土壌
樹齢25~30年
ステンレスタンクで醸造
ビオロジーのMCRによるドザージュは0.5g/l


コルマール市より南に10km、「オー・ラン」(ライン川上流)のプファッフェンハイム村に1620年より続くぶどう栽培家です。1945年に自社ビン詰めを開始し、1980年に3代目ピエール・ポールが継承。2011年より息子の4代目マルクが運営しています。

 ピエール・ポールは早1995年から完全ビオロジー栽培を開始し、1999年にはビオディナミに転換しています(2002年「demeter」認証)。
 「ビオディナミとは、「願い」です。環境を守りたいという願い。自分たちが心から納得できる仕事をしたいという願い。美味しいワインを飲みたいというお客様の願い。すべての願いの結晶なのです」。

 ウンブレシュト父子は、彼らのワインが美味しいお料理とのマリアージュの真髄を発揮できる本当の飲み頃を迎えるまで、自社カーヴで貯蔵してからリリースすることを哲学としています。彼らのプロフェッショナリズムとそのワインの美味しさに心を打たれたフランスの多数のソムリエ達が、誇りを持って自店にオンリストしています。

 印象的なラベルデザインは、本職のジュエリーデザイナーがこのドメーヌのために製作した実物の金細工から立体的に起こしたもので、ビオディナミストとしての彼らの仕事の精緻さ、きめ細かさを表現したものです。

ドメーヌ継承年
2011年

醸造における特記事項
天然酵母のみで発酵。白は除梗しない。ステンレスタンクによる醸造

販売先
フランス国内80%(個人のワイン愛好家、ミシュラン3つ星「ピエール・ガニェール」等レストラン、ワインショップ)

ビオディナミのブドウから生まれる液体の力強さ!長期瓶熟成からくる複雑な香りときめ細かい泡立ち、うまみ!いくつものお花の香、カスタードやアップルパイなどの香ばしさもあり、また味わいは非常にドライな誰が飲んでもおいしい!と言って頂ける自身の作品です!
(輸入元さんコメント)


6/19(土)アップ~蔵出しエファ・フリッケ’18

蔵出しエファ・フリッケ’11クローネ

『 クローネ 』は、最上のリースリング!










 


ラシーヌ輸入の超限定品!

シャントレーヴ栗山さんの同級生(たぶんガイゼンハイム大学)で親友。すごくエネルギッシュで才能溢れる女性だと輸入元さんからも伺っています!












エファ・フリッケ、ラインガウ・リースリング・QbA・トロッケン’18

(ドイツ・ラインガウ・辛口白)


税別¥2700

<あと15本>絶対おすすめ!

パーカー89点(2019~2028年)

スペクテーター90点(NOW~2026年)

ワイン&スピリッツ誌 91点!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

22本完売。

「2020.4月中旬に飲みました。亜硫酸少ないが緩みのないピュアなキラキラ感もあるトップノーズ。多少オイリーなグレープフルーツなどの香り。昔飲んだ時よりもさらにおいしく感じる何の引っ掛かりもない傑出バランス!さっぱりしたいときにがぶがぶ飲めるタイプ。ファットではないが質の良い豊かな果実味、酸とミネラルの質も素晴らしく、塩ミネラルも感じる理想的な抜けの良いアフター。同時に飲み比べた他の生産者の同価格帯のモーゼル辛口リースリングよりこちらのほうが遥かに上質でした。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい」

アルコール12%
スクリューキャップ

ヴィーガン認証マークあり!

グーツリースリング。ロルヒ、リューデスハイム、ヴァルルフとキートリッヒの葡萄畑からのラインガウ・キュベ。砂質のレスローム土壌、粘土、スレート粘板岩、珪岩のラインガウにある全ての土壌タイプに育つ葡萄が用いられている。リンゴ、桃のアロマ、みずみずしくフルーティなリースリング、辛口の余韻。

Rheingau Riesling QbA trocken

’09 ジャシス・ロビンソン16.5/20点!

’13’09 パーカー87点




エファ・フリッケ、ラインガウ・シルバークラウン’11

(ドイツ・ラインガウ・辛口白)


税別¥5000

<売り切れ>限定品!

キャップシールなし、銀色の王冠キャップ

輸入元担当者さま大絶賛の1本!

最近飲んだドイツの中で特に素晴らしい感動ものだったとのことですので、当店も近いうちに飲んでみます。

アルコール13%

SO2なしのワインを造ってほしいとラシーヌさんが依頼したところ、なんと誰もが認める最上の畑『 クローネ 』から日本特別キュヴェを造ってくれた!

クローネは100%自社畑、ずっと除草剤や防腐剤といった化学薬品を一切使用することなく、自然との調和を図った栽培を行っている

エファ初めての試み。クローネの畑のブドウ使用。SO2非使用醸造。ビン詰め時に微量添加

リースリング100%





エファ・フリッケ、ロルヒャー・クローネ・リースリング・QbA・トロッケン’11

(ドイツ・ラインガウ・辛口白)


税別¥9000

<あと2本>おすすめ!

超限定品!

パーカー88点(2014~2017年、David Schildknecht、ワイン・アドヴォケイト212号)

輸入元担当者さま大絶賛の1本!(某ワイン会ですごい人気だったそうです!)


「2016.正月に飲みました。おそらく普通のブルゴーニュグラスかシャルドネグラスしか適当なグラスが家になかったため(最低でもエクストリーム、できればソムリエ・シリーズがあればよかった、、、)にこのワインの実力を出し切れなかった感があります。上記ラインガウ・リースリング・QbA・トロッケン’14がおいし過ぎたということもあるかもしれません。地域が違って恐縮ですが、大体エゴン・ミュラーさんで言えば最近高過ぎて飲めてないけど今やこのワインと大体同価格帯であるシャルツホフベルガー・カビネットくらいの満足度に感じられた。コンディション抜群の透明感とピュアな全体像、美しい酸と強いミネラルがあり、嫌味ではないオイリーなペトロール香がありつつ、凝縮したフルーツ感、ややキレのある酸、アフターに塩っぽさはあるが、塩っぽいということよりエネルギーと複雑性を感じるアフター。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしいが、わずかにバランスが崩れてきた」

アルコール13%

この銘柄はコルク

多くの日本のプロフェッショナルが、このワインに88点はありえないと言っておりますので近日中に飲んでみます

品揃えの中で最も高品質な辛口ワイン。単一畑。スレート粘板岩土壌の下に石灰質を含む地層。黄色い果実とハーブのアロマ。複雑かつエレガントな構造。

Lorcher Krone Riesling QbA Troken '11

’09 ジャシス・ロビンソン17/20点!



Weingut Eva Fricke

主に粉砕スレート粘板岩及び珪岩からなる土壌

低い圧力でやさしくプレスします。一晩かけてデブルバージュを行ないステンレスタンクに移し発酵します。発酵には野生酵母と香り付けの少ないシャンパーニュ酵母を使用します。両酵母の比率や種類は収穫年によって異なります。


『 エファ・フリッケはブレーメン生まれの北ドイツ育ちで、栽培醸造を大学で学んだ後、イタリア、スペイン、オーストラリアで数多くの滞在研修の後ラインガウに居を移し、J.B.ベッカー醸造所に就職しました。2004年からはラインガウのヨゼフ・ライツ醸造所に勤め、2011年8月までフルタイムの経営主任として活躍します。2004年には独立して醸造所を設立することを決意しました。目標を実現するために、仕事の傍ら2006年にラインガウのオストリッヒ・ヴィンケルにあるヨーロッパビジネススクールEuropean Business School in Oestrich-Winkelの経営学集中コースに通いました。そして2006年には自分のワインを初リリースしました。2008年5月にはケーターホフKoetherhofから現在のエファ・フリッケ醸造所のあるキートリッヒに居を移しました。2011年9月にはキートリッヒとロルヒにある自分の醸造所に専念する為、ライツ醸造所を退職しました。ロルヒの古くからある急斜面でリースリングだけを栽培しており、中には樹齢45年になる古木も所有しています。(輸入元資料より) 』


6/19(金)アップ~蔵出しプリンチピアーノ’17ランゲ・ロッソ

さらに貴重なバローロ・ボスカレート・バックヴィンテージも!

今では昔のバローロ・ボーイズとは逆の個性重視・大樽熟成の方向性!



















ラシーヌ輸入の限定品!

化学肥料や除草剤、殺虫剤や防カビ剤を不使用
さらに現在では一部ビオディナミも導入している


プリンチピアーノは、「現代のクラシック」というべき高みに達しているにもかかわらず、常に進化の過程にあります。この地域でこれほどの将来性に富む生産者は、ほとんど思いつきません。しかも、あくまでも市場の受容性を考慮した価格は、品質からみると、とても良心的としか、言いようがありません。
このような多面的な意味で、まさしく比類を絶するプリンチピアーノこそ、ラシーヌにとって理想的な生産者であるだけでなく、ラシーヌの品質管理によって、その〈繊細優美な味わい〉を特徴とするワインの実力と個性がますます発揮される、と私たちは考えています。
(輸入元資料より抜粋)


今までのどのピエモンテとも違う輝きを放つ!その1
何故?これほどまでにタンニンが丸くエレガントで、エキスとミネラルは多いのか
それこそジャンシス・ロビンソン女史、ジョン・ボネ氏、Luis Gutierrez氏達が絶賛しそうなスタイルです。




Principiano Ferdinando, Langhe Rosso '17

プリンチピアーノ、ランゲ・ロッソ’17

税別¥2200

<あと6本>絶対おすすめ!
大人気!

※’16から¥330値下がり!
16本以上完売。

「2020.5月下旬に飲みました。紫色の弱いやや明るいルビー色。抜栓直後のみごくわずかに還元香ありますが味は予想通り冷涼感があり繊細でエレガント。樽香がとても控えめであくまで赤い実主体の果実香、梅シソ、スミレなどのピュアな香り。酸がしっかりしており、タンニンの質が非常によく、アフターにさっぱりする酸とミネラルが残る。ブルゴーニュ・グラスで低めの温度がベスト。抜栓の次の日にはうまみが増してバランスも向上。抜栓の2日後も非常においしい。’15’16より明らかに酸があり、ACブルゴーニュ的に日常の食事と合わせて楽しめる」

アルコール13.5%




Principiano Ferdinando, Langhe Rosso '16

プリンチピアーノ、ランゲ・ロッソ’16

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

38本完売。ありがとうございました

「2019.6月下旬に試飲しました。上記バルベラ’15よりも少しコクとタンニンがあるが、十分に整った飲み頃NOW~。アフターにタンニンがぎっしりということはない。しっかりめのピノノワールという感じのバランスで、樽を全然感じない」



「2018.12月中旬に飲みました。’15同様素晴らしい出来でよい個性。やはり艶のある滑らかさのほのかに甘いフルーツ感で、タンニンの質が非常によく、うまみとミネラルが豊富な新しいピエモンテ。’15より少しタンニンとコクが上。温度を上げ過ぎるとクドさが出てしまうので、低めの温度でブルゴーニュ・グラスがよいと思われます。ヴィンテージによってわずかに酸が低い銘柄もごく稀にあるものの、本当に優れた生産者なのでぜひまだの方はお試しください。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後でも揮発酸出ないし非常においしい」

アルコール13%




Principiano Ferdinando, Langhe Rosso '15

プリンチピアーノ、ランゲ・ロッソ’15

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

37本完売。ありがとうございました※’15は、再入荷不可能!

「2018.5月中旬に飲みました。抜栓直後からピュアでみずみずしくフルーティーで艶がある滑らかさの飲み頃NOW~。凡人には造れない超ハイセンス銘柄。やわらかいけど複雑で魅力的。フルーツ感たっぷりのアタック~口中に広がるうまみ成分でミネラルも豊富。タンニンの質が極めてよく、ほのかな甘みも感じられるが’15であっても酸が低くない良いバランス、クドさや重さはない傑出バランス。抜栓の2日後まで最高においしい。熟した年のよく出来たブルゴーニュ・ルージュ的に飲める。近年のバルトロ・マスカレッロを好きな方は、このワインもお好みだと思われます。非常に価値のある個性とスタイルでナチュラルな味わい」

アルコール13.5%

ネッビオーロ主体、バルベーラ、ドルチェット、フレイザのブレンド

樹齢40年以上

位置:標高300~400m、南~南西
土壌:粘土石灰土壌

ブドウ品種はそれぞれ分けて醸造し、瓶詰前にアッソンブラージュする。
品種やVTの個性よりも酸、果実味、タンニン、飲み心地の調和を目指す。




Principiano Ferdinando, Barolo Boscareto '08

プリンチピアーノ、バローロ・ボスカレート’08

税別¥13000

<あと1本>蔵出し超限定品!

Wine Enthusiast 96点!!!
(2018~2038年、Cellar Selection!)





Principiano Ferdinando, Barolo Boscareto '07

プリンチピアーノ、バローロ・ボスカレート’07

税別¥12000

<あと5本>絶対おすすめ!
超限定品!

※’07は、再入荷不可能!

「2018.5月中旬に飲みました。こちらはすでに有機栽培~大樽熟成にはなっていても、ごく近年の作品とはまだ造りが違う時期だと思われます。オレンジピール・チョコレート、コアントロー、甘草、甘苦系+少し漢方系スパイス、ヨード、トリュフ、タバコ、ミントなどの熟成感あるよい香り。黒い実の果実で現時点でピノノワールっぽくはない。なめらかな粘性と甘苦さを感じる複雑性があり余韻長い。個性があり、今ではタンニンが溶け込んできて重すぎず、アルコールもコンディションが良いので表示程は高く感じない。飲み頃の入り口くらいだろうか?抜栓の次の日も非常においしい。やはり複雑で余韻が長い。抜栓の2日後は甘旨増して、高級バニュルス古酒系のニュアンス?出た」

アルコール15%

樹齢40年以上

位置:標高350m、南西向き
土壌:粘土石灰質
開放樽で40日以上のマセレーション
大樽で36か月熟成

カシーナ・フランチャのすぐ下にある非常に優れた畑

クラシック、モダン、ナチュラル。それぞれの世界を探求しつづけるフェルディナンドの考えをもっとも反映しているワイン。重厚だが、タニンはしなやか。後味のブルーの花を思わせる透明感は、年々増すばかり。
ボスカレートの畑は、銅も硫黄の散布もせずに、海藻やプロポリスによる畑の管理を実験的に始めた、最初の畑。



6/26(金)アップ~蔵出しサン・シルヴェストロ’15バローロ

お買い得ネッビオーロ!















Cantine San Silvestro, Barolo Patres '15

サン・シルヴェストロ、バローロ・パトレス’15

税別¥3300

<あと15本>おすすめ!

ジェームス・サックリング 90点

Wine Enthusiast 89点(2021~)


「2020.6月下旬に飲みました。ふちが完全にオレンジがかった中程度のルビー色。甘草、レーズン、スパイス、革、ほんのりヴァニラなどの香り。ジューリア・ネグリ’15バローロ(クッチオーロ)よりも明らかにしっかりしてコクと骨格と余韻があるお買い得品で、酸が低すぎず、甘くないドライなアフター。抜栓の次の日もおいしい。抜栓の4日後までおいしい。ドライ・イチゴ、甘草などの香り。ドライでほろ苦さのあるコク」

アルコール14.5%

ネッビオーロ 100%

醗酵:ステンレスタンク/主醗酵後、ステンレスタンクにてマロラクティック醗酵
熟成:オーク樽熟成 18カ月(3,000L)/瓶熟成 6カ月以上

完熟由来の甘味のあるアセロラや、フレッシュなブルーベリーの果実。ミントやホワイトペッパーのアクセント。綺麗な酸、チャーミングな味わいの一方、逞しさがある。余韻が長い。
(輸入元さんコメント)




サン・シルヴェストロ、バローロ・パトレス’10

税別¥3400

<売り切れ>



サン・シルヴェストロ、バローロ・パトレス’09

税別¥3300

<売り切れ>

ジャパン・ワイン・チャレンジ2013年 銀賞受賞!

樹齢10~40年、石灰粘土質土壌


『 1871年からワインづくりをしているサルティラーノ一家が営む、サン・シルヴェストロ。モンフォルテ・ダルバ村、バローロ村、ノヴェッロ村、バルバレスコ村にそれぞれエステイトを持ち、伝統的な大樽熟成でそれぞれのテロワールの特性を活かしたワインづくりを行っています。銘醸産地ながらも、非常にリーズナブルなワインは高い人気を得ています。 (輸入元資料より) 』


6/9(火)アップ~蔵出しマス・デル・ペリエ’18

まだ誰も知らない超お買い得品!ナチュラルで複雑!









 



MAS DEL PERIE, LES AGUDES '18

マス・デル・ペリエ、VdF レ・ザギュド・ブラン’18
(フランス・辛口白)


税別¥2300

<あと10本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

21本完売。

「店頭では人気だったのですがHPには初めて載せます。まだ誰も知らない超お買い得品を見つけました!!!ナチュラルで欠点のない複雑性と旨味とミネラルのある価格以上の味わい。亜硫酸の少ないトップノーズ。全体の質感とバランスに優れ、杯が進むガブガブ飲めるバランス」

アルコール13%
ABマーク、ユーロリーフあり!

ソーヴィニヨン ブラン 25%、 ソーヴィニヨン グリ 25%、 シャルドネ 25%、 セミヨン 25%
(年によっては、ユニ・ブラン、コロンバールも)

平均樹齢20年。ビオロジック栽培、手摘み収穫。

ステンレスタンク&樽(フードル、バリック)で発酵後6ヶ月熟成。
亜硫酸極少

リンゴやアプリコットなどの凝縮した果実味とフレッシュなやさしい酸味とのバランスが良いコクのあるワイン。(輸入元さんコメント)

本拠地:カオール コース

ワインメーカー:ファビアン・ジューヴ


カオール市の南西、コース(フランス南西部の高台地形・Causse(コース)の語源となるChauxは石灰の意)に位置するトレプー、ラシエル村にある家族経営ドメーヌ。2006年より現当主ファビアン ジューヴ(5代目)が引き継ぎ、ドメーヌを興し、ビオロジック、ビオディナミ農法を実施。2009年「エコセール」、2011年「デメテール」、2014年「ビオディヴァン」を取得しました。素晴らしく多様性のあるマルベック品種の中でも「繊細さ」を活かすことを信条にエレガントで果実味が前面に出てくるスタイルのワイン造りを行っています。
(輸入元資料より)


6/9(火)アップ~蔵出しドメーヌ・ガヴォティ’17グラン・クラシック

うまみ塩ミネラルの凝縮が素晴らしい極めて心地よい白!








 


これもソシエテ・サカグチ・セレクション!!!

現在ビオディナミに転換中




Domaine GAVOTY, Cotes de Provence Grand Classique Blanc '17

ドメーヌ・ガヴォティ、コート・ド・プロヴァンス・ブラン<グラン・クラシック>’17

(南フランス・プロヴァンス・辛口白)


税別¥2400

<あと13本>絶対おすすめ!
限定品!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2019年度版14/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版14.5/20点

24本完売。

「2019.5月末に飲みました。Nomacorc classic green100%Recycle。これは用途やお好みによっては春~夏にかけて特に最高のワインになり得ます。トップノーズは予想以上にとてもよい香りで、青りんご、みかんの缶詰(うっすら白桃やメロンも)、ハーブ、ミネラル香りからもう味が塩っぽいとわかる。冷やし過ぎない温度がベストの果実味、みずみずしくミネラリーで、低くないちょうどよい酸、超キメ細かな極めて心地よい苦みとはっきりと強いうまみ塩ミネラルが残る長めのアフター。予想より厚みとヴォリューム感があるが、アルコールは14.5%もあるように感じない極めてよいバランス。なんと抜栓の1週間後までまったく落ちない!カシィの白とロゼが好きな方にとっても最高のワインとなるでしょう」

アルコール14.5%

ブドウ品種:ロール100%

樹齢約20年
粘土石灰質土壌




Domaine GAVOTY, Cotes de Provence Cuvee Clarendon Blanc '16

ドメーヌ・ガヴォティ、コート・ド・プロヴァンス・ブラン<キュヴェ・クラランドン>’16

(南フランス・プロヴァンス・辛口白)


税別¥3800

<あと9本>絶対おすすめ!
超限定品!

MVF(旧クラスマン)2019年度版15.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15/20点

「2018.8月中旬に飲みました。あまり緑がかっていない明るいイエロー。こちらも香りがすでにはっきりとうまみ塩ミネラルを連想させる素晴らしいもので、塩オレンジと塩グレープフルーツ、青りんご、アーモンド、花、ミネラルなどのやや華やかなとてもよい香り。うまみとミネラルの凝縮が凄くて、厚みと複雑性がありつつ、上記クラシック・ブランと同様の上質な苦みと塩ミネラル。少し熟成も可能。相当においしいので超無名でも売る自信があるということで買いました。樽なし最上級のヴェルディッキオとか好きな方にもおすすめできそうなイメージですね。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール14%

ブドウ品種:ロール100%

樹齢約35年
粘土石灰質土壌


現当主はRoselyne Gavoty

1906~1980までの当主だったBernard Gavotyさんは
Clarendon(上級銘柄のキュヴェ名)の偽名で『フィガロ』誌に音楽評論を書いていた


6/9(火)アップ~蔵出しドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット’18プティ・パ

<大人気!>蔵出しドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット’15クラパス

北海道初上陸!スペインやローヌだけではなく、南フランスにもまるでピノノワールのような超お買い得品がまだ探せば見つかります!













 


ブルゴーニュの「ダヴィド・デュバン氏」からの紹介で当店の恩人が輸入開始したラングドックは2014年に認められた新しいアペラシオン『テラス・デュ・ラルザック』を中心に涼しげエレガント&ミネラリーで中心の味付きはしっかり、まるでブルゴーニュのピノノワールのような香りとバランス、驚きの味わい!
いまさらながら南フランスがすべて暑くて完熟濃厚なわけではありません

実は2年以上前から店頭限定で好評販売中でした!

Obviously a cool climete, surprisingly elegant texture.

ユーロリーフあり!




Les vins du Pas de l'Escalette, Les Petets Pas Rouge 2018
(AOC Landoc)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、レ・プティ・パ・ルージュ’18

税別¥3000

<あと24本>絶対おすすめ!

MVF(旧クラスマン)2020年度版14/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版14.5/20点

「2020.5月末に飲みました。DIAM5コルク。熟した赤い実の果実と癖のないスパイス、わずかにガリグなどのピュアなよい香り。完熟の当たり年らしい熟して陽気なフルーツ感もありつつ、最終的には比較的標高が高い畑なのかな?というエレガンスが感じられ、キレイな酸とミネラルがある為に極めて良いバランス。コンディションよく、すでによく溶け込んだ丸いタンニン。ジューシーでチャーミングだがまったく単調ではなくずっと飲み続けていても飽きない。他のランドックと違うのはクラパス同様、少し低めの温度が一番おいしく感じられる部分。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13.5%

ユーロリーフあり、’18からビオディヴァンも!

グルナッシュ45%、カリニャン30%、シラー25%





Les vins du Pas de l'Escalette, Les Clapas Rouge 2015
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、レ・クラパス・ルージュ’15

税別¥3500

<売り切れ>絶対おすすめ!

ジャンシス・ロビンソン16.5/20点!

パーカー88点(2017~2022年、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター・オンライン88点(NOW~2022年)


MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

130本完売!!!ありがとうございました

2年半以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2017.9月に飲みました。最初に飲むなら絶対これ!個性とスタイルが素晴らしい上に、いかにも有機栽培で涼しい畑の強いミネラルが縦に伸びる味。縁が紫がかったやや濃いルビー色。ガリグ、黒蜜、黒胡椒、スミレ、ミネラルなどの重くないよい香り。透明感のあるピュアな全体像、エネルギーのある果実、酸とミネラル、うまみが豊富で、重心が低くなく、アフターの抜けが良い本来のエレガンスがあるシラー。特にアフターにしっかり残るミネラル感にはインパクトがあり、驚くほど上質!ブルゴーニュ愛好家におすすめしたいランドック。よくまだ無名でこれほどの造り手を探せたものですね。コンディションも素晴らしく、さすがソシエテ・サカグチ・セレクション!!!」

アルコール13.5%

粘土石灰質土壌

標高350m

石を積み上げた壁、クラパスを連想させるミネラル感を 表現した赤ワイン。シラー50%、カリニャン30%、 グルナッシュ20%のブレンド。シラーが果実や花のアロマを、 カリニャンの古木がフレッシュさを、グルナッシュが 豊満さをもたらす。

非常に濃いガーネット。ブラックペッパーやリコリスのような スパイシーな香りと、成熟したブラックチェリーのフレーバーが 心地よく調和する。充実した果実味と共にタイトに引き締まった酸味。中盤から広がるスパイシーなタッチ。 味わいの骨格を成す強いミネラル感と滑らかなタンニン。 上質な地中海ワインの要素が詰まったキュヴェ。




Domaine du Pas de l'Escalette, Le Grand Pas 2015
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、ル・グラン・パ’15

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥5400

<あと5本>超限定品!

デカンター・オンライン92点!(2018~2022年)
世界のグルナッシュ特集で上位に選出される!!!

ジャンシス・ロビンソン17/20点!

パーカー90点(2017~2023年、ワイン・アドヴォケイト230号)


Terre de Vins 17.5/20点!

MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラスさらにクー・ド・ラネ!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

アルコール13.5%




Domaine du Pas de l'Escalette, Le Grand Pas 2013
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、ル・グラン・パ’13

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥5200

<あと1本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

MVF(旧クラスマン)2016年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

「2017.9月に’13を飲みました。上級品になればなるほど凝縮感が増して重くなるというのはもう古いというか必ずしもそうとは限らない。このワインはさらに塩味が強くなり、テンションが上がり、エレガント&ミネラリーを極めている系の赤い実の果実。上質なブルゴーニュのような美しさがあり、素晴らしい個性と余韻!びっくりするくらいおいしく、ピュアで透明感とフィネスがあり、みずみずしく冷涼でうまみとミネラルに溢れる艶々なめらかさにやられました~!やさしさと複雑性が絶妙で骨格と余韻もあります。コンディションも素晴らしく、さすがソシエテ・サカグチ・セレクション!!!」

アルコール13.5%

ふたりのラングドックにおける冒険を象徴するワイン。 毎年、決まったレシピはなく、直感によって造られるが、 主体はグルナッシュ。それにカリニャンとシラーが ブレンドされ、グルナッシュの豊かな果実味に、高い標高がもたらすフィネス。

非常に濃いガーネット。完熟したプラムやブラックベリーの 香りが強いが、ペッパーやシナモンのようなスパーシーな 芳香が良いアクセントになっている。テロワールに由来するミネラルのニュアンスが強くあり豊かな表現力を持つワイン。 豊かな果実味が広がり柔らかなタンニンが心地よく、 フィニッシュにスパイスとミネラルのニュアンスを綺麗に留めて行く


6/9(火)アップ~蔵出しシモン・ビーズ’17第3弾

5/10(日)アップ~蔵出しシモン・ビーズ’17ブルゴーニュ・ルージュ再入荷と’17セルパンティエール最後の再入荷!

やっと通常の生産量を造ることが出来た年!本当によかったですね!

’16がリアルワインガイド63号、’15がリアルワインガイド59号にて絶賛されました!


※’17以外は全ての値引き対象外となります。




※’15からわずかにラベルデザイン変更。





当店在庫のシモン・ビーズは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!




シモン・ビーズ、コルトン・シャルルマーニュ’17(辛口白)

税別¥28000

<あと6本>超限定品!

※もちろん再入荷不可能!
’16は造れなかったそうです、、、

そもそもわずか0.2haの所有




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ヴェルジュレス・ブラン’17(辛口白)

税別¥8200

<あと11本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

リアルワインガイド67号 92+・93+点!!!

バーガウンド・コム 88~91点

パーカー91~93点(William Kelley)

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)






シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ブラン・レ・ぺリエール’17(辛口白)

税別¥4000

<あと9本>超限定品!

リアルワインガイド67号 89+・90点!

バーガウンド・コム 86~89点(Outstanding Top Value!)

パーカー88~90点(William Kelley)

VINOUS 84~86点(ニール・マーティン)





シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ブラン・レ・シャンプラン’17(辛口白)

税別¥3000

<あと2本>

リアルワインガイド67号 89・90点!

VINOUS 87点(ニール・マーティン)

’17は例外的にシャルドネ100%
いつもは年によって変わるものの基本的にはシャルドネ95%、ピノブーロ5%




Simon bize, Savigny-les-Beaune 1er Les Serpentieres '17

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・セルパンティエール’17

税別¥7500

<あと15本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!
’16は造れなかった畑、大好きな味なので本当に残念、、、

リアルワインガイド67号 92・93+点!

バーガウンド・コム 88~91点

パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 92~94点!(ニール・マーティン)





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・タルメット’17

税別¥7500

<あと15本>絶対おすすめ!
超限定品!~※すでに再入荷不可能!

リアルワインガイド67号 93+・94+点!!!

デカンター・オンライン92点

バーガウンド・コム 89~92点

パーカー90~92点(William Kelley)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)


「2019.12月下旬に飲みました。紫色のないとても明るいルビー色。昔よりナチュラルでエレガントだがやはり色に騙されてはいけない。味付きしっかり、骨格もしっかりあり今は少し固い。固いながらも艶があり、うまみとミネラルも豊富で複雑、最後にグリップ感も感じられ余韻が長い。赤い実と黒い実の果実、紅茶~ミルクティー?、ドライハーブ、熟成香ではないきのこ系、ミネラルなどのよい香り。自然に造った素朴なナチュラル感を感じ、全房発酵のニュアンスも。飲み頃は2022~?抜栓の次の日も非常においしい。少し柔らかくなってうまみ増した。やはり余韻長く飲み飽きない。抜栓の2日後も最高においしい!さらに少し向上した。抜栓の次の日以降の味わいはおいしすぎて少しタンニン固くても飲み頃と言ってしまってもよいくらい特級クラスの満足度がある!抜栓の7日後もわずかに落ちたくらいで、まだ全然楽しめる!」

アルコール13%




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・オー・グラン・リアール’17

税別¥5200

<あと8本>絶対おすすめ!

リアルワインガイド67号 90+・91+点!

デカンター・オンライン92点!

バーガウンド・コム 87~90点

パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 91~93点!(ニール・マーティン)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

28本完売。

「2019.11月中旬に飲みました。紫色のない明るいルビー色。ミルキーなイチゴ、ローリエ入りトマト煮込み、リンゴの皮、ミネラルなどのよい香り。ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ペリエール’17よりも複雑で深く、全房発酵比率が高いニュアンスがあり中域に厚みあるが、酸が低くなく重心は低過ぎないのでずっと飽きずに飲んでいられる味。深みがありつつも各要素が細かくかなりおいしい。満足度は一級以上のレベル!抜栓の3日後までまったく落ちない。うまみ多くナチュラルで一貫して優しく癒しがありつつ緩くない」

アルコール12.5%




シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ぺリエール’17

税別¥3900

<あと7本>絶対おすすめ!

リアルワインガイド67号 89・89+点!

バーガウンド・コム 86~89点!

パーカー87~89点(William Kelley)

VINOUS 85~87点(ニール・マーティン)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

29本完売。

「2019.11月中旬に飲みました。紫色の弱いやや明るいルビー色。予想よりフローラルでナチュラルな赤い実の果実とリンゴの皮、少しアールグレー紅茶、ミネラルなどのかなり良いトップノーズ!’15とは全く違うワインのようで骨格とタンニンは’15より弱いが、おいしさとエレガントな調和は’17の方が上。『今までで最もナチュラルな味』に感じられ、うまみと癒しがあり飲み飽きない。すでにバランスは完璧。タンニンとても丸く、でもアフターの最後にベルガモットの風味とともに少しグリップあり。熟成も可能だが、自然でおいしすぎるので飲み頃NOW~。全房発酵のニュアンスも少し感じるが自然で活き活きしている。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール13%










あまりに減ったためか、これが‘15’16同時の上級品初リリースとなります。

’16は、1er Talmettes、Serpentieres、Guettes、さらにGrand Cru Corton-Charlemagneが造れなかった生産量壊滅の年、、、




Simon bize, Latricieres-Chambertin '16

シモン・ビーズ、ラトリシエール・シャンベルタン’16

税別¥28000

<あと1本>超限定品!

リアルワインガイド63号 94・96+点!!!(2023~2053年)

※もちろん再入荷不可能!
’14から¥2,160しか値上がりしていない特級!

ビーズさんのコルトン・シャルルマーニュ区画のお隣には大親友クリストフ・ルーミエの畑があり、ビーズさんが日ごろその畑を管理しその代わり
クリストフ・ルーミエさんがビーズさんのラトリシエールの面倒をみてくれている!
さらに言うと、1995年以前にこの畑を造っていたのはポンソ(自社畑ではないたしか’02くらいまで造っていた)らしいです。

基本的に全房発酵比率100%

天然酵母のみ使用

無濾過&無清澄

1961年、1971年、1981年に植樹

東向きの特級畑

『 ファーストヴィンテージは1995。この畑を購入した投資家グループのご指名を受けてパトリックがラトリシエールという文字通り畑違いの畑を担当することになる。この地主グループには毎年生産量の1/3が地代として支払われる。なのでビーズのラベルをつけて出荷される量は少ない。2003年は生産量が激減した年で、生産量900本。そのうちビーズのラベルがつくのが600本。うち100本は私の胃に収まる。なんちゃって。99年、コート・ド・ニュイの友人達が「パトリック、やっとおまえもニュイのワインが造れるようになったな。」といわれて以来、パトリックはコート・ド・ボーヌだけではなく、コート・ドールを代表する生産者となる。 (ブルゴーニュ生活HPより) 』





Simon bize, Savigny-les-Beaune 1er Les Fournaux '15

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・フルノー’15

税別¥7700

<あと5本>

リアルワインガイド59号 91・92+↑点!(2020~2043年)

デカンター・オンライン93点!(2018~2045年)

バーガウンド・コム 89~92点

パーカー91点(2019~2035年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト236号)





Simon bize, Corton-Charlemagne '15

シモン・ビーズ、コルトン・シャルルマーニュ’15(辛口白)

税別¥28000

<あと3本>超限定品!

※もちろん再入荷不可能!
’16は造れなかったそうです、、、

そもそもわずか0.2haの所有





’14は一部’09や’12よりもお安くできました~!!!

千砂さんの言う自信作・希望のヴィンテージであり新スタイルの’14
ピノブーロに続き第2弾がついに入荷です!




シモン・ビーズ、ラトリシエール・シャンベルタン’14

税別¥26000

<あと9本>超限定品!

パーカー91~93点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 91~94点


※すべての値引き対象外となります。
もちろん再入荷不可能!

ビーズさんのコルトン・シャルルマーニュ区画のお隣には大親友クリストフ・ルーミエの畑があり、ビーズさんが日ごろその畑を管理しその代わり
クリストフ・ルーミエさんがビーズさんのラトリシエールの面倒をみてくれている!
さらに言うと、1995年以前にこの畑を造っていたのはポンソ(自社畑ではないたしか’02くらいまで造っていた)らしいです。

基本的に全房発酵比率100%

天然酵母のみ使用

無濾過&無清澄

1961年、1971年、1981年に植樹

東向きの特級畑

『 ファーストヴィンテージは1995。この畑を購入した投資家グループのご指名を受けてパトリックがラトリシエールという文字通り畑違いの畑を担当することになる。この地主グループには毎年生産量の1/3が地代として支払われる。なのでビーズのラベルをつけて出荷される量は少ない。2003年は生産量が激減した年で、生産量900本。そのうちビーズのラベルがつくのが600本。うち100本は私の胃に収まる。なんちゃって。99年、コート・ド・ニュイの友人達が「パトリック、やっとおまえもニュイのワインが造れるようになったな。」といわれて以来、パトリックはコート・ド・ボーヌだけではなく、コート・ドールを代表する生産者となる。 (ブルゴーニュ生活HPより) 』




シモン・ビーズ、コルトン・レ・ルナルド’14

税別¥19000

<あと12本>超限定品!

待望の初ヴィンテージ!
買いブドウながらも千砂さんがずっと欲しかった畑!!!











6/9(火)アップ~蔵出しドメーヌ・クリスチャン・べラン’17ブルゴーニュ・ブラン再入荷

12/5(木)アップ~蔵出しドメーヌ・クリスチャン・べラン’17

フィネス輸入開始の新ドメーヌ!








 




シャトー・ド・ラ・ヴェルがワイン造りを辞めたのに伴い、フィネスさんがベルトラン・ダルヴィオさんから紹介されたドメーヌ。
蔵出し正規品としてはこれが初輸入!




Domaine Christien Bellang, Bourgogne Blanc Sous la Velle '17

ドメーヌ・クリスチャン・べラン、ブルゴーニュ・ブラン・スー・ラ・ヴェル’17
(辛口白)


税別¥3200

<あと10本>絶対おすすめ!
超限定品!20本完売。

「2019.11月中旬に飲みました。やや明るいイエロー。少しクリーミーなニュアンスのある白桃、ハチミツレモン、鉄分ミネラルなどのよい香りで、樽はほとんど感じられない。抜群のコンディションによる透明感があり、みずみずしく、キレキレではないがややしっかりの酸とミネラル、クドさゼロのドライでミネラリーなアフターには、鼻に抜けるハチミツレモンのニュアンスが残り、極めて心地よい!とても杯が進み飲み飽きない。酸の質が素晴らしくストレスゼロの美しい流れ方。抜栓の5日後までまったく落ちない。家で毎日飲みたいタイプだなぁ」

アルコール12.5%

ムルソー・ヴィラージュに隣接する「スー・ラ・ヴェル」の区画
1973年植樹

ムルソー・スー・ラ・ヴェルにも畑を所有しているので年によっては格下げしてこのキュヴェに混ぜている

旧樽で10ヶ月熟成




Domaine Christien Bellang, Savigny-les-Beaune Blanc '17

ドメーヌ・クリスチャン・べラン、サヴィニレボーヌ・ブラン’17
(辛口白)


税別¥4100

<あと5本>おすすめ!

「2019.11月下旬に飲みました。シモン・ビーズ’17サヴィニ・ブランよりも少しだけ樽がありアフターにバターの厚みコクが出る。中程度のイエロー。黄桃寄りの白桃、ハチミツレモン・キャンディー、みかんの缶詰、ミネラル、わずかにバタークリームなどの予想より少しリッチなよい香り。しっかりした果実味、よい酸とミネラル、中域にも少しオイリーな厚みが感じられおいしい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%

『 Les Ratausses 』と『 Les Planchots de Nord 』の2区画

1999年植樹
南向きの粘土石灰質土壌

新樽25%の樫樽で醸造、10ヶ月熟成




Domaine Christien Bellang, Meursault Les Tillets '17

ドメーヌ・クリスチャン・べラン、ムルソー・レ・ティエ’17
(辛口白)


税別¥7000

<あと2本>限定品!

標高が高い南東向きの粘土石灰質土壌
1965年植樹が主体

新樽20%の樫樽で18ヶ月熟成


リュット・レゾネで有機肥料を使用
手摘み~厳しい選果
基本的にバトナージュを行わない

1789年からブドウ栽培をしていたドメーヌで長らくネゴシアンにブドウを売っていましたが、1995年に現当主クリストフ氏がドメーヌを引き継ぎ、2006年から自社瓶詰でワインを造るようになりました。
(輸入元資料より)


6/9(火)アップ~蔵出し超特価アンリ・ボワイヨ’18ブルゴーニュ・ルージュ

赤は息子さんによって新しいスタイルに変わりました!





※下記画像は旧ラベルです。


 



ドメーヌ部門のジャン・ボワイヨ/ネゴシアン部門のアンリ・ボワイヨの表記から

ドメーヌ部門がドメーヌ・アンリ・ボワイヨに名称変更となりました




ギョーム・ボワイヨ氏の画像




Henri Boillot, Bourgogne Rouge '18

アンリ・ボワイヨ、ブルゴーニュ・ルージュ’18

特価・税別¥3300



輸入元定価・税別¥4,630

<あと3本>絶対おすすめ!

パーカー88点(2020~2035年)

バーガウンド・コム 87点
(Outstanding Top Value!)


「2020.6月上旬に飲みました。’17赤を飲んだ時に明らかに赤ワインの造りが変化したことが分かったのですが、白は昔のファンの皆さんが納得する変わらないスタイルでした。やはり赤だけ息子さん(ギョーム氏)が主体となって造りを変えたようですね。’18であっても完熟フルーツが前面に出ておらず、樽が弱くなりピュアでナチュラル、エレガントなスタイル。複雑性のあるナチュラル・チャーミング味で旨味とミネラルがあり重心は低くない。タンニンは驚くほど丸い。ただし’18は酸自体はやや低く、酸を一番に求める方はAFグロ’17の方がよいでしょう。バラとグリオットとルバーブのフレーバーティーの香り主体。抜栓の2日後まで非常においしい。よいスタイル。今はほとんどの畑がビオロジックなのだろうか?」

アルコール14%
’18はロウキャップ
サントネ1級、シャサーニュ・モンラッシェ村名、ヴォルネー村名のブドウをACブルゴーニュに格下げして使用!

主に粘土石灰質土壌
収量35hl/ha


1-2年の樽を使用して熟成させています。
サクランボなどのフレッシュな赤い果実のアロマ。繊細なタンニンがあり、味わいはいきいきとフレッシュでエレガント。余韻も長く、高いクオリティーのACブルゴーニュです。

2018年ヴィンテージ情報
近年同様、温暖な冬。1-2月は穏やかで雨が多かった。3月はいつものように温かく、土壌を乾燥させ、ブドウ樹を目覚まさせた。4月は暑く、乾燥し、発芽はすさまじい勢いで進んでいった。過去2年続いた霜の被害はなく、ほっとさせた。5月は温暖で、わずかな雨もあり、植物の成長を促進させた。6月はとても暑く、乾燥していた。開花は問題なく、早く進んでいった。続く7月と8月は酷暑だった。温暖で乾燥した素晴らしい気候のもと、収穫は8月28日にヴォルネーの赤から始め、その後白の収穫をムルソーで行い、続いてピュリニー・モンラッシェ、コルトン、ポマールで行った。数日後に、コート ド ニュイのグラン クリュの収穫を行った。赤ワインは香りが複雑で、カシスや熟したサクランボ、スパイス、黒コショウ、タバコなどが香る。色はやや黒みを帯びた濃い赤。


 

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

化学物質を最小限に抑えた病虫害駆除を行っています(殺虫剤は使用しません)。除草剤も不使用

『 手摘み収穫はもちろんのこと、畑に選果台を持ちこんで選果した後、さらに醸造所の選果台にて選別を行っています。ヒョウ害や腐敗のあった年にはピンセットで選果をするほどの徹底ぶりです。収量が赤で15hl/haまでおちることも
あるほどです。(輸入元資料より) 』


6/9(火)アップ~蔵出しドメーヌ・ピエール・アミオ’18

 


<DRCでコンサルタントを務めるピエール・ミレマン氏>
 ピエール・ミレマン氏がドメーヌ・ピエール・アミオのコンサルタントを務めるようになったのは2002年産から。以後、自生の天然酵母のみを使用するようになります。その他にもゆっくりと丁寧な抽出をするなど、ドメーヌのワイン造りから人工的なものは極力除かれ、より「自然」に寄り添うアプローチがとられるようになっていきます。ピエール・ミレマン氏は栽培手法から醸造面まで、全ての工程でコンサルタントとして携わっています。

 また、ピエール・ミレマン氏は現在DRCでコンサルタントを務める唯一の人物。その他にもドメーヌ・デュジャックやドメーヌ・アミオ・セルヴェルのコンサルタントも務めています。DRCを始めとして一部の生産者が根強く実践する「全房醗酵」は、彼が支持する手法のひとつ。ピエール・アミオでは彼の助言により、年によって差はあるものの20%程度を全房醗酵させることがあります。




ピエール・アミオ、ブルゴーニュ・ルージュ’18

特価・税別¥2600

<あと6本>絶対おすすめ!

「2020.6月上旬に飲みました。これが税別¥3300だったらわりと普通ですが、この価格ならかなりよく出来ていると言える。紫がかった中程度のルビー色。サラミ、胡椒、赤い実と黒い実の果実、控えめな樽。トップノーズこそ例年より少し濃くて固い黒い実果実の比率が高い香りだが、味は飲み頃NOW~で、時間とともに少しずつおいしくなってゆく。香りのイメージよりも繊細でエレガント。ただし例年より少しタンニンが多い。アフターはドライ。味付きしっかりで飲み飽きない心地よさ。抜栓の次の日も非常においしい。香りよりも味わいが明らかに抜栓直後の最初の1杯よりおいしくなった。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13.5%

平均樹齢約30年

石灰質土壌

新樽不使用

シャンボルに近接した区画Les Poisotから造られる

年間平均生産量:2,400本




ドメーヌ・ピエール・アミオ、モレイサンドニ’16

税別¥5400

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 88点

ブルゴーニュ・オージョルディー15.5/20点

リアルワインガイド65号 90・91点!(今~2040年)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

22本完売。ありがとうございました

「2019.8月下旬に試飲しました。数年前に在庫していた’08や’12よりもお安く出来ました。これってすごくないですか!味わいは無駄な濃さのない樽も控えめなエレガントスタイルでまさにフィネスのあるブルゴーニュ。バランスよく引っ掛かりのないスムーズに流れる飲み頃NOW~。かといって骨格とグリップも弱すぎない。とてもよい出来!」



厳格なリュット・レゾネ(減農薬)、除草剤を使用しない

天然酵母のみ使用

基本的に100%除梗、無濾過&無清澄

長年モレイサンドニ村の栽培組合長を務めているジャン・ルイ・アミオと弟のディディエが共に造っている

『 モレサンドニ村の名家ピエール・アミオ。果実のピュアな味わいが綺麗に表現され、品が良く、エレガントで美しいワインを生み出しています。特級畑に隣接する逸品。 (輸入元資料より) 』


6/9(火)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・アルノー・ショパン’16CNV

1/17(金)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・アルノー・ショパン’15最後の再入荷!

ニュイサンジョルジュらしい深みと高級感のあるグリップ!



 

 


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版と2020年度版にて
連続して Palmares Top Producteursに選ばれる!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版にて
3つ星生産者に昇格!!! ← 2つ星生産者





Domaine A. Chopin et Fils, Cote de Nuits Village '16

ドメーヌ・アルノー・ショパン、コートドニュイ・ヴィラージュ’16

超特価・税別¥3000

↑27%OFF

輸入元定価・税別¥4,100

<あと20本>

樹齢約45年

粘土石灰質土壌

新樽約25%(228リットル)にて約14か月熟成




Domaine A. Chopin et Fils, Nuits Saint Georges Les Bas de Combe '15

ドメーヌ・アルノー・ショパン、ニュイサンジョルジュ・レ・バ・ド・コンブ’15

特価・税別¥6300

<あと14本>絶対おすすめ!

※’15は、再入荷不可能!
’17を買うと¥1,320値上がり致します。

ブルゴーニュ・オージョルディー16/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

22本完売。

「2019.11月下旬に試飲しました。かなりの凝縮感と深み、グリップがありつつ、酸とミネラルは低くない余韻の長いワイン。明らかに1級クラスの高い品質で飲み頃の入り口に入ったところで、まだまだ上り坂途中。10年以上前に飲んだ時(甘く凝縮した果実味強調タイプだった)よりも樽が弱くてフィネスがあり進化していると感じた。かなり価格を超えた銘柄。アラン・ユドロ・ノエラなどと同様はずさないお買い得感の強い畑」

アルコール%

’15は、全体の生産量が例年の50%と激減、、、

生産量:わずか900本のみ!!!

樹齢約60年!

小石、砂利の多い粘土石灰質土壌

新樽約25%にて約14ヶ月熟成


ブドウ栽培はリュット・レゾネを実践し、除草剤を使用しない自然に配慮した栽培を行っています。

<ドメーヌに新たな風を吹き込む男気溢れるオーナー>
アルノー・ショパン氏はボーヌのCFPPA(職業高校)でワイン作りを学びました。
在学中にはフランス国内の複数のワイナリーで研修を積み、卒業後には南アフリカでワインづくりを経験。ピノタージュの栽培に関して多くを学ぶ他、南半球とブルゴーニュの気候の類似点・相違点を深く体感します。さらには最新鋭の機器や醸造手法に触れ後のワイン造りに大きな影響を受けることとなります。

1997年にドメーヌへ戻り、オーナーに就任。祖父アンドレ、父イブとともにドメーヌ・アルノー・ショパンの新たなスタートを切りました。 2000年には樽会社で働いていた弟アルバンもドメーヌに参加。兄弟の知識を結集し、ショパンのワインを日々進化させております。

ワインの品質向上のため、栽培面積を縮小
ショパン兄弟が考える品質を実現するために必要なことは、

1,ブドウそのものの品質を高めること。
2,区画ごとに収穫と醸造を分けて行うこと。
3,それぞれのキュヴェに合った醸造(樽ブレンド含む)を行うこと。

これらを実現するために、彼らはなんとブルゴーニュ・ルージュとブルゴーニュ・ブランの畑を売却しました。中途半端に散らばっている、ブレンドして作るブルゴーニュルージュよりも、自分たちの本分である「コート・ド・ニュイ」に集中してエネルギーを注ぎこもうと考えた結果です。総栽培面積は減少しましたが、集中的にコート・ド・ニュイの畑をケアできるようになりました。土の状態を常に確認し、掘り起こしなどの耕作も適切に実施。ブドウの樹そのもののパワーが改善され、果実の品質があがりました。収穫についても以前より細やかな対応が出来るようになり、選果もより厳しく、パーセルごとの醸造が可能となりました。

樽の選択はアルバンの得意分野。ヴィンテージや糖度、酸度、タンニンの質などによって適切に使い分けています。
(輸入元資料より)



6/9(火)アップ~蔵出しドメーヌ・シャルル・オードワン’14クロ・デュ・ロワ・ルージュ

ここも世代交代で進化を遂げたドメーヌ!






 



Charles AUDOIN, Marsannay Clos du Roy Rouge '14

シャルル・オードワン、マルサネ・クロ・デュ・ロワ・ルージュ‘14(辛口赤)

税別¥4200

<あと8本>おすすめ!

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding!)

VINOUS 88点(2020~2026年、スティーブン・タンザー)

パーカー86点(2016~2021年、ニール・マーティン)

パリ農業コンクール2017年度 銀賞受賞!


Jamie Goode 93点!!!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

64本完売!!!

1年半以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2018.10月中旬に試飲しました。キレイな赤い実の果実香主体で、すでに飲み頃NOW~の滑らかさで酸も丸く、チャーミングでうまみが多いエレガンス、極めて分かりやすい味わいのやわらかピノ。いつ開けてもおいしいタイプ」

年によって全房発酵比率を変えている


ブルゴーニュのライジングスターとして注目を浴びる、マルサネの造り手。2000年にシャルルの息子、シリルがドメーヌに参画して以降、見違えるような進化を遂げた。

元詰めを始めたのは72年。当時はわずか2haしかなかったブドウ畑は、今日15haまで広がり、18の異なるアペラシオンを生産している。フィサンやジュヴレ・シャンベルタンにも畑を所有するが、所有畑の大部分は地元のマルサネ。将来的に1級への昇格が期待されるクロ・デュ・ロワ、ロンジュロワ、シャン・サロモンなど、数々の銘醸畑を手がける。

白ワインは、228リットルのブルゴーニュ樽ではなく500リットルのドゥミ・ミュイを用いて醸造。マルサネ・ブランで新樽率は30%。バトナージュによってワインに厚みを与えながら、約1年間寝かせる。クロ・デュ・ロワ、ラ・シャルム・オー・プレートル、シャン・サロモンなどから、ミネラルのしっかりした白ワインが生み出される。


6/9(火)アップ~蔵出しプリウレ・ロック貴重なバック・ヴィンテージ!

5/3(日)アップ~蔵出しプリウレ・ロック’17

近年では本当に数が入らなくなってしまいました、、、

※全品すべての値引き対象外となります。














 

 



2002年からドメーヌで収穫・醸造を手伝い始め、
’05に醸造責任者、’10よりロックの共同経営者となったヤニック・シャン氏が来札して試飲セミナーを開催してくれました~!

’08以降は、コルク上部赤いロウを載せSO2を使わずに熟成できる状態を作り出している

天然酵母の重要性なども熱く語っていました。土着の様々な酵母が働くことが大切だし自然なことだと


やはり’12’13は極少量でした
今までで一番少ないくらいの生産量とのこと

ニュイ・アンは樹齢が上がってきてもう造られておりません。上級ワインに混ざっています





上記画像が、1級クロ・デ・コルヴェの畑


※現在、全銘柄が再入荷不可能!!!


今回入港のワインから一部を除き、基本的にはドメーヌの方針としてキャプシールをつけないこととなりました。 (マグナムと一部数量のラドワ ル クル ルージュはキャプシールがついています)
背景:2018年6月よりフランス国内で義務化されていたキャプシール上に塗付されている酒税納付用のシールが不要になり、そ れに伴いキャプシールも今後つけないことに変更したため。


ヴィンテージ情報
【ヤニックが語る2017年】
予想のつかないことが多く起こった年。春は霜のリスクが高まり、収穫の70%も失った2016年の再来を心配したが、コート ドールのヴィニュロン達はかつてない連帯感で協力しあった。朝の4時には畑に集まり、藁を燃やし、新芽が朝日で焼けないよう煙の幕でブドウ樹を守ったおかげで大きな被害から免れることができた。そして歴史的にも病気の少ない年だった。
2002年からドメーヌで働いているが、これほど健全なブドウが取れた年はなかった。
収穫は9月1日にラドワの白から始め、9月5日にラドワの赤を開始。収穫する畑はどこも、ブドウは素晴らしかった。5回も酷暑を記録するほど夏が厚かったので、ブドウの果皮が厚くなり、取れる果汁が少ないのではと懸念されたが、果汁の量もあり、久々によい収量が取れた年。タンニンは穏やかで果実味が豊か、色も美しいヴィンテージとなった。

また新しいカーヴが完成し、2017年の収穫から使用できたことは喜ばしいこと!




プリウレ・ロック、ニュイサンジョルジュ・プルミエクリュ‘15

税別¥18000

<あと1本>幻の超限定品!






プリウレ・ロック、ブラン’17
(辛口・オレンジ)


税別¥7300



輸入元定価・税別¥9,800

<あと4本>幻の超限定品!

ボンクール・ル・ボワ (ヴォーヌロマネの隣)で元々ブルゴーニュ グラン オルディネールを造っていたブドウを、実験的に全房発酵で造ってみたところ生まれた、独特な、タンニンを感じさせるオレンジ色のワイン。

IGP ヴァン・ド・フランス

赤ワインのように造られた白ワイン、つまり果汁だけではなく梗・果皮・種が残った状態で発酵が行われているため色合いがオレンジで、タンニンを感じるような味わいという独特なスタイルです。
いきいきとしたエネルギッシュな口当たりと、杏やグレープフルーツの複雑なアロマが楽しめるのがこのワインの魅力です。




プリューレ・ロック、ブルゴーニュ・ロゼ’17(辛口・ロゼ)

税別¥10500



輸入元定価・税別¥13,900

<あと2本>超限定品!

ラドワの畑から生産。赤ワイン用のブドウと別にとっておいたブドウを、圧搾の段階で色を出し造られています(=ロゼ ド プレス)。
ブドウの高い熟度を感じさせる豊かな果実味となめらかな口当たり。辛口なのでしっかり冷やして楽しみたい一本。




プリウレ・ロック、ラドワ・ル・クル・ブラン‘17(辛口白)

税別¥10000



輸入元定価・税別¥13,300

<あと11本>超限定品!

『 ドメーヌが2010年に取得したラドワ村に広がる「ル クル」のシャルドネ区画0.5haの畑から造られます。シャルドネでこんな特徴のあるワインもあるんだ!と驚かせてくれる1本です。
レモンやリンゴのフレッシュな香りに酵母のニュアンス。シャープなアタックとその後穏やかな果実味とほろ甘い旨味が広がります。しっかりとした芯が感じられ、熟成による変化も楽しめそうです。 (輸入元資料より) 』

*2010、2011、2014は糖度が3g/L以下まで下がり切らなかったためラドワのAOCが取得できず「ヴァン ド ターブル」 に格下げしてリリースされた。




プリウレ・ロック、ラドワ・ル・クル・ルージュ‘17

税別¥10000



輸入元定価・税別¥13,300

<あと9本>超限定品!

『 ヴァン ド ラーブル ブランと同じように2010年より使用しているラドワ村のル クルの村名畑から生産。ピノ・ノワールが植えられている面積は1.8ha。当ドメーヌの他の赤ワインと同様に全房発酵によって造られた、お手頃価格で楽しめるロックスタイルのワイン。 (輸入元資料より) 』




プリウレ・ロック、ニュイサンジョルジュプルミエクリュVV’17

税別¥23000



輸入元定価・税別¥29,500

<あと3本>超限定品!

100%1級クロ・デ・コルヴェ内南側の平均樹齢70年のブドウ(主にミルランダージュ以外のブドウの場合が多い)を使用!
個人的には一番価格と味わいのバランスが優れているような気がしているおすすめ銘柄!




プリウレ・ロック、ヴォーヌロマネ・レ・クル’17

税別¥32000



輸入元定価・税別¥42,200

<売り切れ>幻の超限定品!

『 プレ・ド・ラ・フォリという区画とラ・コロンビエールという区画のブドウをブレンドしたキュヴェ。香りは小粒のイチゴジャムやオレンジの皮、スパイスなど。よく溶け込んだタンニンがアロマと調和しています。 (輸入元さんコメント) 』




※全品すべての値引き対象外となります。

 

 

リアルワインガイド21号にて高評価される!

有機肥料のみ使用

除草剤や化学肥料を使用しない

収穫は、70人のスタッフを雇い、完熟した最高のタイミングを待って6~8日間で一気に収穫

低収量で100%手摘み~厳しい選果

自然酵母のみ使用

オリ引きなし、無濾過&無清澄

基本的にSO2を一切添加しない

『 前当主のアンリ・フレデリック・ロック氏はあのマダム・ルロワの甥っ子、アンリ・ルロワ氏の孫にあたり、1992年からDRCの共同経営者にもなっています。~熟成に使用する樽の材木は、ロック氏が共同経営者にもなっているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティが50年以上も前に伐採前の木を買い付けてあったものを共同で使用している物も多くあるそうです。(輸入元資料より) 』

昔、ヴィネスポ東京の際にお会いしたことがありますが、その時は気難しい印象ではなく気さくで陽気なおじさんという感じでした


6/9(火)アップ~<大人気!>蔵出しジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション’16モンクールと’13エルミタージュ・ファルコネ

ワイン・スペクテーター誌等絶賛!すべての銘柄が上質!




※↑’15からまたラベル変更


 

 




ネゴシアンワインは当初はほとんどが買い葡萄で造っていましたが、現在はドメーヌの葡萄の比率が多くなっており、100%ドメーヌ葡萄のキュヴェもあって年々レベルが上がっています。 (フィネスHPより)



フィネス輸入の貴重な蔵出し品!

近年のモンクールは、ハズレ知らずのおいしさです!全く単調ではありません




ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、クローズ・エルミタージュ・シレーヌ・ルージュ’17

(ローヌ・辛口赤)


税別¥3200

<あと10本>限定品!

最新スペクテーター92点!(2020~2025年)

VINOUS 92点!!!




ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、モンクール・コートデュローヌ・ルージュ’16

(ローヌ・辛口赤)


税別¥2500

<あと9本>絶対おすすめ!

VINOUS 91点!!!(2020~2026年)

スペクテーター91点!(NOW~2026年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

35本完売。

「2019.10月中旬に試飲しました。おそらく’16は過去最高の出来のひとつ!毎年必ず非常においしいこの銘柄も、わずかに還元しているとかわずかに酸が低く濃いとかの高品質な中でも微妙な違いが毎年当然あるのですが、’16はすごい凝縮感にキレイな酸がのってフルーツの鮮度が抜群に感じられ流れ方がとてもよい!還元香はなく飲み頃NOW~。黒蜜、シュトーレン、甘いが決して緩くない黒い実の果実、ガリグや甘苦系スパイス香もあり、集中力があり、ぶどうの旨みエキス豊富で余韻が長め。価格を考えても最高の内容!別の日にも飲みましたが、抜栓の3日後まで非常においしい。ラ・ネルト、<レ・カサー二ュ> コートデュローヌ・ヴィラージュ・ルージュ’16同様に+¥2000の品質!」

毎年大人気の銘柄!意外に一番絶賛の声が多いかもしれません。




ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、クローズ・エルミタージュ・シレーヌ・ルージュ’16

(ローヌ・辛口赤)


税別¥3200

<あと10本>限定品!

VINOUS 92点!!!(2021~2029年)

スペクテーター90点(NOW~2019年)




ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、エルミタージュ・ファルコネ・ルージュ’13

(ローヌ・辛口赤)


税別¥7000

<あと4本>絶対おすすめ!
限定品!

最新VINOUS 93点!!!(2021~2030年)

最新VINOUS 92点!(2020~2027年)

「2019.10月中旬に飲みました。このワインはフィネス試飲会でも非常においしかったし、先日すすきのにある名店『 ティルブション 』さんで開催させていただいたフィネス・ワイン会でも好評でした。プロフェッショナルからの評判がすごくよいのがうなずける名店なので皆様もぜひ行ってみてください。インポーター・フィネス藤田社長のワイン買い付けレジェンド・トーク面白かったな~。遅い時間まで本当に感謝でした!うっすらネッビオーロ的なレーズンバター、溶け込んだ樽、スパイス、革、ほのかにヨードなどの深みを感じるよい香り。果実味豊かでタンニンも多く、深みとコクがあり、酸は豊かではないのですが、そこはコンディションで質が最高なので緩みとざらつきなく流れます。やっとおいしく飲める段階に入ったくらいの時期で単体だとまだ少し固さがあるが、ティルブションさんの絶妙火入れの子羊のローストと合わせたら、とたんにワインも食事もよりおいしくなり飲み頃NOW~となりました。別の日にも飲みましたが、抜栓の次の日も非常においしい」




ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、エルミタージュ・ファルコネ・ルージュ’11

(ローヌ・辛口赤)


税別¥7400

<あと4本>限定品!

スペクテーター91点(NOW~2021年)

インターナショナルワインセラー92点!



ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、エルミタージュ・ブランシュ・ブラン’11

(ローヌ・辛口白)


特価・税別¥7000

<あと11本>絶対おすすめ!
限定品!

※すべての値引き対象外となります。

インターナショナルワインセラー92点!(2019~2026年)

最新スペクテーター93点!!!(2018~2026年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 大当たり年だった’10よりうまい! 』などなど

約1年半経過してさらにおいしくなっているはず!



「2018.11月下旬に飲みました。DIAM10コルク。入荷から2年以上当店セラーで寝かせてかなりおいしく化けました!濃いイエローで意外なことに昔のスタイルの少し熟成したムルソー1級の方向性と言えばわかりやすいでしょうか?バタースコッチキャンディ、焦がしバターたっぷりの焼き菓子とかレモン風味マドレーヌに加えて、色気たっぷりドライフルーツ気味の濃厚な洋ナシ、黄桃、マンゴー、ゴールデンキウイ、パイナップルなどの香りも。果実味豊かで酸は低め、厚みとほろ苦いコクが強く予想よりインパクトがあり、重心低く長いアフター。アフターに渇きやエグみが皆無で一貫性のある流れ方、さすがの出来!濃いソースのオマール海老とかにも合うタイプだと思われる。絶対に冷やし過ぎないほうがおいしい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール14.5%

 


6/7(日)アップ~蔵出しヴィニョー・シュヴロー’18キュヴェ・シレックス最後の再入荷!

1995年からずっとビオディナミ









 





Domaine Vigneau-Chevreau, Vouvray Cuvee Silex Sec '18

ドメーヌ・ヴィニョー・シュヴロー、ヴーヴレ・キュヴェ・シレックス・セック’18

(ロワール・辛口白)


税別¥2100

<あと16本>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン95点!!!
(2019~2023年)
Jane Anson's top fine wines of 2019に選ばれる!!!
Best Chenin Blanc! 10 dry Loire Chenins worth seeking out

スペクテーター89点(2021~2026年)

Wine Enthusiast 88点


MVF(旧クラスマン)2020年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

47本完売。~※再入荷不可能!

「2020.2月初旬に飲みました。開けてすぐのワイン単体での美味しさが明らかに価格を超えてかなりのレベルにあり、大抵の食事と合わせると少し果実味が弱くなる?ように感じられてしまうかも。あくまで上品で緩くない蜜、擦りおろしたリンゴ、ミネラルなどの亜硫酸控えめのよい香り。旨みとミネラルたっぷりの熟してエキス感のある果実。質感もよく、ほのかな甘みは酸が低くないので、バランスよく杯が進む。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール13.5%
ABマーク、ユーロリーフあり!
手摘み

’16 ワイン&スピリッツ誌 94点!!!




カーヴィストがわざわざ足を運んで買い付けに来るほど旨い!

ドメーヌの設立は1875年。以来5世代に亘りヴーヴレの中心にワイナリーを構え、ワイン造りを続けてきました。もともと2haだった所有畑は今では13haに増え、時代に沿った改革を代々続け品質の優れたワインを造り続けてきた結果、今でもヴーヴレのワイン発祥の地である「マルムティエ大修道院」の歴史ある畑から造られるワインを楽しむことが出来るのです。


■マルムティエ大修道院

2世紀の初め頃、マルムティエ大修道院はは西ヨーロッパでも最大の修道院の一つでした。諸国の王様や法王たちがマルムティエを訪れてはロワール渓谷の丘に広がるブドウ畑に囲まれて聖マルティヌス(ワインの守護聖人として知られる)のワインを飲んでいたとされています。その後1789年のフランス革命によりマルムティエ大修道院は破壊され、衰退の一途をたどります。啓蒙時代の到来と新しい時代の幕開けの後、19世紀後半にはフィロキセラがこの地を襲い、聖マルティヌスのワインは完全なる終焉を迎え、世間から忘れ去られていったのでした。

その後、修道院は200年ほど世間から忘れ去られていましたが、トゥーレーヌのワイン組合とトゥールの町一体で協働し、もう一度この歴史ある地に光を当てようと活動を始めます。ドメーヌ・シュヴローもその取り組みに参加し、クロ・ド・ルージュモンの畑を50年間借りる権利を与えられます。ワイナリーはこの歴史的価値のある畑で良質なワインを作ることを目標に掲げ、1995年にブドウ樹の植え替え、同時にビオディナミ栽培を始めました。丘の片側には1,600株の接ぎ木なしのブドウ樹と、その反対には10,000株の接ぎ木したブドウ樹を植え、最高のブドウ樹を最高の土壌に当てます。

現在はクリストフ、ステファンの兄弟が、信じられないほ価格で高品質のヴーヴレを造り上げています。リリース量の55%は、ドメーヌ直販売と、ヴーヴレの中では異例。その品質の高さから、フランス国内のレストラン(オーベルジュ・ド・レリダン、シャルル・バリエ、シャトー・ボーリュなど)やカーヴィストがわざわざ直接足を運んでまで買いに来るそうですが、生産量が追いつかず入手困難なワイナリーです。

テロワールの魅力を引き出す

ワイナリーでは代々自然な栽培を実践してきましたが、1995年に全ての畑でビオディナミに移行しました。そうすることで、より土地が持つ魅力をワインに写し取ることができると考えています。

ABマーク、ユーロリーフあり!



6/13(土)アップ~蔵出しアンセルモ・メンデス’18

4/16(水)アップ~蔵出しアンセルモ・メンデス’17


まだ探せばこんなワインが見つかります。
明らかに価格を超えたヴィーニョ・ヴェルデ!



 


ワイン&スピリッツ誌2017年度 TOP100ワイナリーに選ばれる!




ANSELMO MENDES, MUROS ANTIGOS ESCOLHA '18

アンセルモ・メンデス、ムロス・アンティゴス・エスコーリャ’18

(ポルトガル・辛口白)


税別¥1250

<あと15本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!!!
(2019年度 年間TOP 59/100位!)

パーカー88点
(2019~2025年、ワイン・アドヴォケイト244号)
~ It's a very fine value no matter what.

ワイン&スピリッツ誌 89点!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

60本以上完売。

「2020.5月上旬に飲みました。抜栓直後の品質が凄くて誰もがびっくりすると思います。どう考えてもこの価格のレベルではなく、2.5倍の価格の品質!みずみずしくキラキラ感のある青いメロン、グーズベリー、キウイ、グレープフルーツ、少しスパイスなどの若干オイリーで豊富なうまみを連想させるよい香り。まったく単調ではなく、これ¥3,000くらいのリアスバイシャスだよね???という複雑でミネラリーなみずみずしい味わい。お買い得感という意味では値上がり前のロアリー、ヴィレクレッセ以来の凄さといえそう。抜栓の次の日もおいしいが、昨日のバランスがベストでした」

アルコール12.5%




ANSELMO MENDES, MUROS ANTIGOS ESCOLHA '17

アンセルモ・メンデス、ムロス・アンティゴス・エスコーリャ’17

(ポルトガル・辛口白)


税別¥1250

<売り切れ>おすすめ!

最新パーカー89点!(2018~2022年、
~this is rich and caressing in texture, seemingly, even though it is a Vinho Verde, meaning lighter-styled and rather elegant. The fruit here is beautiful, the texture sensual and the finish long. This is nicely done. If I had a quibble, it could've used a bit more energy.
ワイン・アドヴォケイト237号)

Wine Enthusiast 87点(Best Buy!)

輸入元担当者さま絶賛の1本!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

224本完売!!!ありがとうございました

「2018.6月下旬に試飲しました。微発泡がない~非常に弱いタイプです。まさに夏最高に実力を発揮するみずみずしく、すっきりバランスよく流れ極めて心地よい。雑味とエグみなく、ほのかにフローラルで杯が進む。外でバーベキューとかアペリティフ、自宅でサラダや和食と合わせてもよさそう。シチュエーションを考えれば大幅に価格以上に生かすことが出来るし、単体でも意外に飲み飽きない。抜栓の3日後までおいしい。はっきり言ってしまえば日本の実勢価格ではチャコリよりもヴィーニョヴェルデの方が価格を超えたワインが多い。そしてたまたま当店に届く前日に高いパーカーポイントが発表されるという、、、」

アルコール12.5%

DOC Vinho Verde

ロウレイロ / アヴェッソ / アルバリーニョ

アンセルモ・メンデス氏はヴィーニョヴェルデの品質向上に貢献した人物として知られ、今やポルトガルを代表する造り手です。アンセルモのワインをカジュアルに楽しめるムロスアンティゴスシリーズは、従来のヴィーニョヴェルデに多い微発泡ではなく辛口に仕上げたインターナショナルスタイル。エスコリャはヴィーニョヴェルデの代表的な3品種をブレンドした果実味あふれる味わいです。



6/1(月)アップ~ <※値下がり!>蔵出しポデーレ 414 ’18フラワーパワー・ロゼ

素直にうまいと感じるバランスのよいロゼ!

5/2(土)アップ~<※値下がり!>蔵出しポデーレ 414 ’17モレッリーノ・ディ・スカンサーノ









ユーロリーフあり!
ICEA Biologico




Podere 414, IGT Toscana Rosato - Flower Power '18

ポデーレ 414、トスカーナ・ロザート・フラワー・パワー’18

(イタリア・トスカーナ州・辛口・ロゼ)


税別¥1500

<あと11本>

※’18は、¥165値下がり!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

49本完売。
’19の輸入まで数か月入荷出来ません!



Podere 414, IGT Toscana Rosato - Flower Power '17

ポデーレ 414、トスカーナ・ロザート・フラワー・パワー’17

(イタリア・トスカーナ州・辛口・ロゼ)


税別¥1650

<売り切れ>絶対おすすめ!

去年、輸入元さんで大人気だった銘柄!
輸入元担当者さま絶賛の1本!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
出来れば夏に売りたいと思っていたのですが、皆様寒い季節でもこのワインを飲みたいとのご要望が多くまたまた再入荷となりました~!!!

83本完売!!!ありがとうございました~※’17は再入荷不可能!

「2018.10月初旬に飲みました。明るいサーモンピンク。微々発泡が残っており、わかりやすいフレッシュ果実味、酸とミネラルはしっかりうまみも多めでバランスが非常によいみずみずしさから、アフターにはしっかり塩ミネラルが残り極めて心地よい飲み頃NOW~。ピンクグレープフルーツ、シトラスなどの香りで、必ずしも真夏じゃなくてもハードな仕事の後の癒し系としても飲み飽きずにおいしいし、日常の食事との相性も幅広いと思われる軽旨。抜栓の次の日以降うまみ塩感が少し増した。抜栓の4日後まで落ちない」

アルコール13%

サンジョヴェーゼ100%

土壌:砂岩質

標高:185~220m

ステンレスタンク醗酵&熟成

モレッリーノ・ディ・スカンサーノの造り手

◆ワイン名の由来
“FlowerPower”「フラワー・パワー」(花の力)というロザートの名は、詩人アレン・ギンスバーグの詩からとったもので、1960年代に隆盛した「カウンター・カルチャー/ヒッピー」文化が刻印されている表現です。

このワインが似合う場所は、野外です。プールの脇で、友だちどうしが和気あいあいとバーべキューを楽しんでいる情景がふさわしいでしょう。

◆生産者コメント
色調は、明るく輝く、型どおりの淡いピンクです。
このロゼの風味の特徴は、まず最初にグレープフルーツやパイナップルといった、トロピカルフルーツが顔を出したあと、アプリコットや野生の花々の軽い風味が続きます。

アペリティフに最適なワインですが、それに劣らずシャルキュトリー、チーズ、パスタやピッツァ、肉や魚料理など、なんでもござれです。冷しめでどうぞ。
(輸入元資料より)



Podere 414, Morellino di Scansano '17 DOCG

ポデーレ 414、モレッリーノ・ディ・スカンサーノ’17

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2400

<あと2本>

’16から¥220値下がり。
’17よりわずかに軽やかな味わいと聞きました。サンジョベーゼは薄めの方がよりおいしい場合もあるので楽しみですね!




Podere 414, Morellino di Scansano '16 DOCG

ポデーレ 414、モレッリーノ・ディ・スカンサーノ’16

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2600

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 88点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

62本完売。ありがとうございました

「2019.6月下旬に試飲しました。やはり凝縮しつつも重すぎないわかりやすさもある非常においしいワインです。キャンティクラシコ・エリアのようなしっかりした酸はないものの、うまみコクがとてもよい」



「2019.2月下旬に飲みました。たぶん’15濃すぎて’16の方がおいしいだろうということでこちらを買いましたが大正解でした。縁が紫がかった濃いルビー色。かなり凝縮した赤い実と黒い実の果実香、甘草、ほのかにヴァニラ、鉛筆の芯、うっすら漢方系スパイス、熟したサンジョベーゼによくあるムワッと香る花などの香り。色とトップノーズのイメージより濃くない味でよく凝縮しているが重すぎないよいバランス。果実味艶あり、酸が低すぎず、厚みのある旨味エキス、コクとキメ細かなタンニンがあり、樽は控えめで甘みはほんのり程度。時間とともに梅ジュースのニュアンスが出てとてもおいしい飲み頃NOW~。温度は上げ過ぎないほうがよさそう。かなり価格を超えたワインだと感じました。
抜栓の3日後までまったく落ちずに非常においしい」

アルコール14%

サンジョヴェーゼ85%、
チリエジョーロ/コロリーノ/アリカンテ・ブーシェ/シラー合わせて15%

天然酵母のみ使用

土壌:いろいろな成分からなる。主に粘土質
畑の標高:250m
畑の向き:主に東、西向き

熟成容器:1~2年使用樽
熟成期間:木製樽(25 hl)と、トノー(5hl)で12ヶ月

’14 VINOUS 88点

’07 インターナショナルワインセラー91点




5/25(月)アップ~蔵出しぺスキエ’16ジゴンダス

’16ならではの複雑性とバランスで大きく価格を超える内容!!!






 






Domaine du Pesquier, Gigondas '16

ペスキエ、ジゴンダス’16

税別¥3300

<あと18本>絶対おすすめ!

パーカー93点!!!(~Bravo!、
2018~2030年、ワイン・アドヴォケイト238号)

VINOUS 90~92点

Wine Enthusiast 92点!
(NOW~2028年)


「2020.4月末に飲みました。抜栓直後は固く凝縮して力強くハイポテンシャル。’16らしく酸が低くなく完全に高級ワインの大きな構造。時間とともに少し開くが本領発揮は抜栓の次の日から明らかに大幅に向上!ガリグ、かなり凝縮したブルーベリー、黒胡椒、少し甘苦系スパイスなどの艶と高級感のある複雑な良い香り。果実味豊かで中域のうまみエキスが分厚く、甘さは控えめでコクとヴォリューム感があり、長い余韻。抜栓の2~3日後までさらに少しずつ向上して大袈裟ではなく価格の倍以上の満足度でした!」

アルコール15%

’15 スペクテーター92点

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

ダンテル・ド・モンミライユと呼ばれる岩山の北西側で暑く乾燥した気候の恩恵と、冷たいミストラルの影響を受ける好立地に位置する畑!

平均樹齢45年!

粘土石灰質土壌

グルナッシュ 75%、シラー 20%、ムールヴェードル 5%

手摘み、低収量35hl/ha、無濾過

発酵:ステンレスタンク
熟成:オーク樽(80HL、古い大樽) 80%、コンクリートタンク 20%

ジゴンダスの中心に位置するドメーヌ。伝統的な大樽での熟成。黒果実やスミレのような香りを持ち、構成がしっかりした肉付きのよいワインに仕上がっています。余韻も長く続きます。
(輸入元さんコメント)


5/25(月)アップ~蔵出しショウ&スミス’16バルハンナ・シラーズ

複雑な味わいのシラーズ!







 


標高が高く冷涼な畑で
二人のマスター・オブ・ワインと最強の醸造チームが造る

Shaw + Smith Shiraz is a medium bodied cool-climate Shiraz, in which balance is more important than power.

サステーナブル農法




Shaw + Smith, Shiraz '16

ショウ&スミス、シラーズ’16

(オーストラリア・アデレードヒルズ・辛口赤)


税別¥3400

<売り切れ>絶対おすすめ!

ジェームス・サックリング 95点!!!

ジェームス・ハリデー 97点!!!

Cambell Mattison The Wine Front 96点!

Winewise 5stars!

John Lewis 5stars!


インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018年度 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました

「2019.4月初旬に試飲しました。個人的な好みでは、下記バルハンナよりもこちらの方がスタイルが好き。遥かに価格を超える驚異的な満足度があり、力強く複雑だが、重すぎない飲み頃NOW~で、家でもゆっくり飲んでみたいと思わせるジャミーで重いだけではまったくない多少涼し気で緩甘ではなくバランスもよいシラーズ」

アルコール%

スクリューキャップ

シラーズ100%

アデレード・ヒルズG.I.

手摘みで低収量

鉄鉱石、珪岩、頁岩の母岩の上に粘土、ローム層が広がる

醗酵:開放式発酵槽(一部全房醗酵/天然酵母)
熟成:フレンチオークで12カ月(500L/新樽15-30%)

シラーズらしいダークベリーなど濃縮な果実味を持ちながらも、力強さの中に抑制のきいたエレガンスを持つシラーズ。
(輸入元さんコメント)

’15 デカンター・オンライン95点!!!

’15 パーカー92+点!

’15 ジェームス・サックリング
2018年度Best Value under $30 第36位に選ばれる!


’13 VINOUS 92点

’12 Jamie Goode 93点!





Shaw + Smith, Balhannah Vineyard Shiraz '16

ショウ&スミス、バルハンナ・ヴィンヤード・シラーズ’16

(オーストラリア・アデレードヒルズ・辛口赤)


特価・税別¥6500

<あと4本>限定品!

ワイナート97号 93点!
(NOW~2026年)

ジェームス・サックリング 95点!!!

ジェームス・ハリデー 97点!!!


インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年度 銀賞受賞!




Shaw + Smith, Balhannah Vineyard Shiraz '15

ショウ&スミス、バルハンナ・ヴィンヤード・シラーズ’15

(オーストラリア・アデレードヒルズ・辛口赤)


特価・税別¥6500

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品!

ジェームス・サックリング 98点!!!

ジェームス・ハリデー 97点!!!

グルメ・トラベラー・ワイン 96点!


インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018年度 銀賞受賞!

「2019.4月初旬に試飲しました。香りにも味わいにもインパクトがあり、過熟ではなく凝縮しつつもすでにかなり滑らかで複雑。ごくごくわずかに全房の青さも感じるが、飲み頃NOW~の複雑滑らかなおいしさの方が上回る。今まで飲んだことがないタイプのシラーズ」

アルコール%

スクリューキャップ

シラーズ100%

鉄鉱石、珪岩、頁岩の母岩の上に粘土、ローム層が広がる
the soils are loam over clay, ironstone, quartzite, and shale

特に優れたシングルヴィンヤード

アデレード・ヒルズG.I.

手摘みで低収量

醗酵:開放式発酵槽(約70%全房醗酵/天然酵母)
熟成:フレンチオークで12カ月(500L)

’13 デカンター・オンライン93点

フローラルなアロマと凝縮感が魅力のシラーズ。複雑味と端正なテクスチャー、緻密なタンニンが見事な一本。
(輸入元さんコメント)


5/25(月)アップ~蔵出しカヴァルキーナ’17アメデオ再入荷

香り高く果実とコクに加えて、酸と塩ミネラルまである成功年!!!











Cavalchina, Amedeo Custoza Superiore '17

カヴァルキーナ、アメデオ’17

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2200

<あと19本>絶対おすすめ!

ファルスタッフ 92点!!!

ルカ・マローニ90点

ガンベロロッソ トレヴィッキエーリ!
(なんと’04から’17まで14年連続の受賞!!!)

Vinibuoni 4ステッレ!


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

23本完売。

「2019年。8月上旬に飲みました。リンゴ、白桃、ライチ、アーモンド、ミネラル、オリーブオイル、花などのよい香り。果実味豊かで同時に酸もしっかりして伸びがあり、例年よりも厚みとコクがある味わいで、超キメ細かなごくわずかな苦みとともにうまみを伴う塩ミネラルが残る長めのアフター。定期的に試飲している銘柄ですが、この’17は特に出来がよく、力強さも酸もミネラルまであります。多少樽を使っていてもみずみずしさがキープされておりよいバランス。冷やし過ぎないほうがよりおいしい。抜栓の次の日も非常においしい。ライム、レモン感が少し増した。抜栓の2日後も非常においしい。実は10年くらい前から店頭では人気のワイン!」

アルコール13.5%

D.O.C. Custoza Superiore

収穫量は40%減と大幅に減った年で、 収量面でいえば厳しい年になりました。特に夏は暑くて乾燥していたこともあり、通常の年より早く収穫しました。そのおかげで、葡萄に酸が保たれており、また葡萄をセレクトしたため、リッチで集約感がありながらバランスが良い出来となりました。

カヴァルキーナのフラッグシップ!

’16 Wine Enthusiast 92点!!!

ガルガネガ40%、フェルナンダ30%、トレッビアーノ15%、 トレッビアネッロ 15%

骨格のあるトレッビアーノとトレッビアネッロは、バリックで熟成させ、ガルガネガは繊細さを失わないように、大樽で熟成させます。香りは果肉ではなく皮に含まれているので、失わないようにするために、香りの決め手となるフェルナンダを凍らせ、真の個性を引き出すことが出来るやり方を考え出しました。収穫した葡萄を冷凍庫に入れ、マイナス 20 度で凍らせます。冷凍庫のスイッチを切り、マイナス 2 度になったらプレスして、果汁を取り出します。その後は、他の白ワインと同じ工程を辿ります。美しいレモンイエロー、花や果実を思わせる香りや樽熟による芳醇な風味が豊かに拡がります。柔らかな酸味、力強くコクが あり、非常に完成度の高い仕上がりです。
(輸入元資料より)


5/16(土)アップ~蔵出し<極少量!>蔵出しジェローム・プレヴォ―NV(’16)

超入手難!ピノムニエの最高峰!




 


ラシーヌ輸入の超限定品!

ワイナート21号の表紙となったドメーヌ




Jerome Prevost、Champagne Extra Brut - La Closerie '16

ジェローム・プレヴォー、シャンパーニュ・ラ・クロズリー・レ・ベギーヌ・エクストラブリュットNV(’16)

税別¥13000

<あと3本>幻の超限定品!

パーカー95+点!
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


VINOUS 95点!!!(2020~2031年)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16/20点

品種:ピノ・ムニエ100%
植樹:1960年代
位置:標高120m、北、南
土壌:石灰砂質

鮮やかな果実味がひしめくピノ・ムニエの堂々たる風格が現れるシャンパーニュです。偉大なセロスのスタイルに通じるピュアで繊細な味わいと男性的なボディと骨格を持ち合わせています。ラ・クロズリーという名前は語源的には外界から隔絶したい、そして自分たちの違いをはっきりさせたいという意思を表しています。それでもわたしたちも、取り巻かれているシャンパーニュの状況からまったく影響を受けないではいられないのです。
(輸入元さんコメント)



『 フランスの北西8キロに位置するグー村は、モンターニュ・ド・ランス地区ひいてはシャンパーニュ地方で最も北に位置している。この村は二つの丘にはさまれて独自のクリマが備わっている。グー村にあるプレヴォーの畑は、記録によると900年代にすでにブドウが栽培されていたらしい。彼はこの畑の名をグー村近くにある修道院(レ・ベギーヌ派)の名からとっている。アヴィーズにある醸造学校で学んだプレヴォーは、1997年にジャーク・セロスのオーナー兼ワインメーカーであるアンセルムと出会い、品種、土壌を保証され、以来セロスのセラーでスタッフとして働きながら、自分のシャンパーニュを造っている(もともと自分のセラーは持っていなかった)。ビオディナミでピノ・ムニエのみを栽培し、醸造時には亜硫酸を使わない。1998年ヴィンテージを2001年1月に初リリース。 (輸入元資料より) 』

栽培 ビオディナミ

品種 ピノムニエ

樹齢 1960年に植樹

自社畑面積 2.2ha

土壌 砂質だが、80センチメートル下にはもろく粉々にくずれやすい貝殻の化石層。海の土と山の土が入り混じり、数メートルおきに土質が変わる。

醸造 樽発酵/樽熟成を行っている。新樽率は10%にも満たないが、今後は増やしていく予定。

残りは1、2、3年使用の樽を使っている。醸造時には亜硫酸を添加せず。ドサージュは行わない。

味わい 鮮やかな果実味がひしめくピノ・ムニエの堂々たる風格が現れるシャンパーニュ。偉大なセロスのスタイルに通じるピュアで繊細な味わいと男性的なボディと骨格を持ち合わせている。



5/16(土)アップ~蔵出し正規品ユリス・コラン’15ロゼ

蔵出し正規品ユリス・コラン’15

蔵出し正規品ユリス・コラン’14

蔵出し正規品ユリス・コラン’13

ラシーヌ輸入ものが手に入りました~!!!










 


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!


今回入荷’15は
待望のラシーヌ輸入の幻の蔵出し正規品!!!




ユリス・コラン、シャンパーニュ・ロゼ・ド・セニエ・エクストラ・ブリュット<レ・マイヨン>NV(’15)

税別¥15000

<売り切れ>ラシーヌ輸入の幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のシャンパーニュを最低1本以上同時にお買い求めくださいませ。


パーカー94点(2020~2035年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)

VINOUS 96点!!!(2019~2027年)






ユリス・コラン、シャンパーニュ・ブラン・ド・ノワール・エクストラ・ブリュット<レ・マイヨン>NV(’15)

税別¥13000

<あと15本>ラシーヌ輸入の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
今だけ本数制限なし!

パーカー98点!!!(2020~2035年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号、2019年8月試飲)


↑今までのオリヴィエ・コラン作品の中でもっともエレガントで活き活きとした素晴らしい出来!

VINOUS 95点!!!(2020~2030年)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!





今回入荷’14は
待望のラシーヌ輸入の幻の蔵出し正規品!!!
今年は2回に分けて輸入したそうです



ユリス・コラン、シャンパーニュ・ブラン・ド・ノワール・エクストラ・ブリュット<レ・マイヨン>NV(’14)

税別¥12000

<あと8本>ラシーヌ輸入の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
今だけ本数制限なし!

最新パーカー96点!!!
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号、2019年8月試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17/20点






今回入荷’13は
待望のラシーヌ輸入の幻の蔵出し正規品!!!



ユリス・コラン、シャンパーニュ・ブラン・ド・ノワール・エクストラ・ブリュット<レ・マイヨン>NV(’13)

税別¥12000

<あと14本>
ラシーヌ輸入の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
今だけ本数制限なし!

最新VINOUS 94点!(2018~2026年、2018.11月試飲)

VINOUS 94点!(2018~2028年、2018.7月試飲)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17/20点

デゴルジュマン2017年2月

アルコール12.5%



【ドメーヌについて】
 1703年からコンジィ村で栽培と樽製造の仕事を始めたのがコラン家の成り立ち。曽祖父のジョルジュ・コランが1930年にシャンパーニュの販売を始め、それを受け継いだ祖父のルネ・コランがその後50年間ビジネスを拡大した。オリヴィエの父は1987年から2003年までネゴシアン(ヴランケン社)とパートナーシップを組んだが、オリヴィエの代になり2003年に畑を取り戻し、翌々年に圧搾機やカーヴなどの醸造設備を新たに導入した。学生だった頃のオリヴィエは1人のワイン愛好家に過ぎなかったが、2001年にアンセルム・セロスを訪問し刺激を受け、自分自身のシャンパーニュを造るため、当時実家が賃貸していた畑の回収を決めた。2002年にアンセルム・セロス氏の下で研修、2003年より自身の畑の栽培を開始した。

 栽培においては、ブドウが発する声に耳を傾け、実用的・実際的な手法を選ぶこと(=何かのセオリーやビオディナミカレンダーなどに頼りきらず、自分で考えブドウへの影響を見ながら栽培していくこと)が重要と考えている。そのため、自身の哲学などはなく自分自身にするのと同様に、都度ブドウのために最良だと思える選択を行っている。

 メゾン名のユリス・コランは、ご先祖様のひとりにちなんで名付けられた。2004年にLes Pierrieresの畑から初ヴィンテージヴィンテージとなるシャンパーニュを製造、2006年よりLes Maillons、2008年よりLes Roises、2010年よりLes Enfers、2011年よりLes Maillons Roseをそれぞれ生産開始した。各畑のブドウが混ぜられることは初ヴィンテージから現在まで一度もない。

【畑について】
栽培:リュットレゾネ(2003年~)+ビオロジック(2008年~)が基本。
カテゴリに捉われず、その時畑に必要だと判断したメソッドを数ある手法の中から選んでいる。
土壌:表土は粘土、泥土。厚さは比較的浅く、その下の層はシレックスが混じったシャンパーニュ固有の柔らかい白亜層。

【醸造について】
圧搾: 古典的な水平式プレス
醗酵: 樽(112L、225L、228L、350L)、ステンレスタンク(1000L、2000L、3000L)
熟成: 小樽と瓶内、ステンレスタンク(ロゼのマセラシオン)


5/16(土)アップ~蔵出しアルノー・モルテ’16ジュヴレシャンベルタン再入荷!

実質ドメーヌ的ネゴシアン部門も輸入開始です!

 





※’05からラベルが変わりました。

 

現在は、子息のアルノー・モルテ氏が運営

ドニが父シャルルからドメーヌを継いだのは1991年、35歳のときでしたが、アルノーも1997年からメオ・カミュゼ、ルフレーヴ、オーストラリアなどブルゴーニュ以外で研修~さらにドニのもとでも4年間ほどしっかりと修業を積んでいます。母親のローランスも手伝ってくれているそうです。

『 アルノー・モルテ氏がまじめに一生懸命働いているのが非常に好印象でした。明らかに昔より色調が明るく、樽香も控えめエレガント&フィネス路線にスタイル変化しており、当店の好みに近づいたため久しぶりの入荷となります。昔、「濃すぎて好きではない」と感じた方もこれなら問題ないでしょう!樽はフランソワ・フレール社のもの(高価で上質)だけを使用。今欲しい畑はシャンボールミュジニィとヴォーヌロマネだそうです。(2009.10月当店ドメーヌ訪問時) 』

 

『 2009.10月当店ドメーヌ訪問時にずらっと試飲しましたが、’08は全部マロラクティック醗酵が終わっていない段階で酸が強く、バランスも落ち着いていない状態でのバレル試飲でしたので、それほど参考にはならないかもしれません、、、 』




2016.1月下旬やっとアルノー・モルテさんにお会いできました。うちの両親は2009年にお会いしていますが僕は初めてでした。また懲りずに眠そうな顔で写ってしまった、、、これでも起きてます(笑)当然ながらもう完全に立派な当主としての雰囲気があり、ワインも上質!凝縮感とミネラルと深みと骨格はしっかり、試飲が’13だったのでヴィンテージの影響もありますが、樽と抽出はつい数年前よりもさらに少し控えめになっており、DUJACやピエール・ダモワあたりよりもエレガント。色も昔黒っぽかったが、今は赤色の方が強い。いつも小粒で凝縮したブドウがとれるとのこと。’13で全房発酵比率20%くらい

現在では、化学肥料、殺虫剤、除草剤には頼らない基本的にビオロジック栽培



当店在庫のドニ・モルテは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!




ドニ・モルテ、フィサンVV’17

特価・税別¥7200

<あと12本>超限定品!

デカンター・オンライン92点!(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 88~91点!(Outstanding!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

2004年からフィサンの生産を始めた面積は0.32ha。
2011年3月9日に50アール新規で畑を買ったので、今までの30アールと合わせ80アールの所有になった。
30アールはAC北側で新規の50アールはAC南側。北側の樹齢は70年。




ドニ・モルテ、ジュヴレシャンベルタン・メ・サンク・テロワール’17 750ml

税別¥9600

<あと6本>絶対おすすめ!
限定品!

最新スペクテーター92点(2022~2035年)

デカンター・オンライン93点!(ティム・アトキン)

最新パーカー91点(2022~2040年
、William Kelley、2020年1月)


パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 87~89点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding!)


「2019.10月上旬に試飲しました。エレガントな飲みやすいジュヴレではなく、あくまで力強くクラシックなジュヴレだが、予想していたほど固くなくあとちょっとで飲めてしまいそう。’17としては果実味豊かでコクとグリップがしっかり。酸とタンニンの質もよく、余韻が長い。この銘柄は値上がりし過ぎていないお買い得感があり、満足度は1級レベル。樽も強くはない」




ドニ・モルテ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ’17

特別価格・税別¥21000

<あと6本>超限定品!

デカンター・オンライン95点!!!(ティム・アトキン)

パーカー90~93点(William Kelley)

VINOUS 92~94点!(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88~91点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

4つの1級畑ベレール、シェルボード、シャンポネ(Champonnet)、プティ・シャペルのブレンド
(※おそらく’17は一番生産量の多い0.2793haシャンポネだけ独立してリリースできたので、混ざっていないでしょう。)




Gevrey-Chambertin 1er Cru Les Champonnet '17

ドニ・モルテ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・レ・シャンポネ’17

税別¥23000

<あと3本>幻の超限定品!

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~92点


滅多に単独では造られません!




Gevrey-Chambertin 1er Cru Champeaux '17

ドニ・モルテ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・シャンポー’17

税別¥26000

<あと6本>超限定品!

パーカー91~93+点(William Kelley)

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

Les Champeaux

有名で人気のあるクロサンジャックよりもシャンポーやカゼティエの方が優れた畑だと考える方もいます

『 ジュヴレ・シャンベルタンの北端に位置する1級畑。北の丘なので1級だが、クロ・サン・ジャックやカズティエと同様、特級に匹敵するとされる。この畑は馬で耕作。色調からして深みがあり、香りはブラックベリーやダークチェリーなど黒い果実が主体。味わいの凝縮感も高く、緻密なタンニンがストラクチャーを構成する。スパイシーな余韻が止めどなく続く。 (輸入元資料より) 』




ドニ・モルテ、クロヴージョ’17

特別価格・税別¥48000

<あと1本>超限定品!

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

パーカー91~93点(William Kelley)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~94点


樹齢約60年以上!

通常の年で1500本程度の生産量

『 クロの北東端。標高240mの斜面下部だが、しっかりとした凝縮感と奥深さを備え、黒い果実と甘草のスパイシーさ。それに土っぽいニュアンスが複雑に絡み合う。タンニンは緻密で堅牢なストラクチャー。長期熟成型の偉大なるワイン。 (輸入元資料より) 』




ドニ・モルテ、ボンヌマール’17

税別¥83000

<あと1本>幻の超限定品!
初入荷!

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

パーカー92~94点(William Kelley)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92~94点


わずか0.35ha
生産量:800本程度のみ

樹齢70年!

ユドロ・バイエなどと同じ『 Terres Blanches 』側の区画

全房発酵比率約30%










ここも’16は春の遅霜で生産量大幅減ですが、出来は素晴らしいとのことです。
新たにドメーヌ的ネゴシアン開始!すごい畑がたくさん!
’15’16は例年より全房発酵比率増やしているはずです。



アルノー・モルテ、ジュヴレシャンベルタン’16

税別¥8400

<あと9本>絶対おすすめ!
超限定品!

スペクテーター94点!(2022~2036年)

VINOUS 90~92点

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

33本完売!

「2019.10月上旬に試飲しました。抜栓直後だけ固いが、食事があれば気にならないレベルで非常においしい。別区画の実質ドメーヌものだけに満足度の高さはメ・サンク・テロワールと変わらない印象。凝縮感、骨格、深み、低くない酸とミネラルがあり、程よく溶け込みつつあるまったく邪魔しない樽でタンニンは多いがその質が素晴らしい。価格を考えても非常によい。予想以上の出来!」




アルノー・モルテ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・ラヴォーサンジャック’16

税別¥22000

<あと10本>初入荷の超限定品!

ドニ・モルテ名義もございますので、ご注文の際は正確に明記くださいませ。
再入荷不可能!

VINOUS 90~93点

実質自社畑となったらしいのですが、ドニ・モルテ名義とは違う場所の畑です。




ドニ・モルテ、ジュヴレシャンベルタン・メ・サンク・テロワール’16 750ml

税別¥10800

<あと5本>限定品!

スペクテーター94点!(2023~2038年)

パーカー92~94点(ワイン・アドヴォケイト234号)

最新VINOUS 92点(2021~2033年、
ニール・マーティン、2019年10月試飲)

VINOUS 90~92点

バーガウンド・コム 88~91点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15/20点

 


5/3(日)~蔵出しレート’17

驚きのローター・ヴェルトリナー!







 





Weingut Leth. Reid Scheiben Roter-Veltliner '17
(AUSTRIA Niederosterreich, Wagram Trocken)

レート、ローター・ヴェルトリーナー・シャイべン’17

(オーストリア・ドナウラント・ヴァーグラム・辛口白)


税別¥4000

<あと42本>絶対おすすめ!
超限定品!

※’17は、再入荷不可能!

ワイン&スピリッツ誌 95点!!!

ファルスタッフ 92~94点!

Wine Enthusiast 90点


「2020.5月中旬に飲みました。やや濃いイエロー。ヴィレクレッセとゲヴルツトラミネールのいいとこどりみたいな蜜、黄桃缶詰、バラ、ライチ、少しスパイス、ミネラル、香水などのオイリーで複雑な強く良い香り。よく凝縮してドライな味わいで、厚みのある果実味、若干スパイシーで、かなりの量のうまみと塩ミネラル。個性のある高品質で皆さん驚くと思います。鶏レバーパテをオリーブオイルを塗ったフランスパンにつけたものにも合うしまったく負けない。抜栓の次の日も非常においしい。少し向上した。黄桃缶詰香主体で、たっぷりのうまみとミネラルで余韻も長い。抜栓の2日後も非常においしい。何故か家庭での普通のミート・パスタと凄い相乗効果出る。炸裂うまみとアフターの伸びが増す!」

アルコール13.5%
スクリューキャップ




Weingut Leth. Reid Scheiben Roter-Veltliner '16
(AUSTRIA Niederosterreich, Wagram Trocken)

レート、ローター・ヴェルトリーナー・シャイべン’16

(オーストリア・ドナウラント・ヴァーグラム・辛口白)


税別¥4000

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー92点!(2018~2027年)

VINOUS 88点

Wine Enthusiast 92点!

ワイン&スピリッツ誌 88点

ファルスタッフ 92~94点!


「2018.7月に試飲しました。これはすごいワインを発見!それこそ最上のヴィレクレッセ的なたっぷりした厚みのある熟した果実味にエキスとミネラルが豊富で、塩ミネラルがはっきりと残る長いアフター。酸も低くなく最終的には非常に心地よいドライ加減でクドさはまったくなく飲み飽きない。ローター・ヴェルトリナー種はレスやローム土壌で暖かく日当たりのよい畑で低収量で造られた場合に限りすごいワインが出来ることが稀にあるらしいのですが、こんな素晴らしいワインも出来るんだなぁ~オーストリア予想より幅広くポテンシャルも高いぞ!という感動があります。ブルゴーニュ通の方にもぜひおすすめしたい」

アルコール13.5%

スクリューキャップ

アルコール味はうまくまとめられており、力強く貴族的なこの白ワインは干しイチジクやレーズンの風味があり、酸味は整えられています。 大きい樫樽に6ヶ月間寝かされます。 レート氏のブドウ栽培では、25年もの間、除草剤を使わず、野生酵母で醸造しています。 ワイン愛飲家は、このローター ヴェルトリーナーが持つ可能性や、40年続いているシャイベン畑のレス土壌でこの希薄な品種にフレッシュでエキゾチック感が美しく造り出されています。

良く合う料理:
前菜、スープ類、テリーヌ、寄せ鍋、豚肉料理、トンカツ、鶏料理、焼鳥

品種: ローター・ヴェルトリーナー100%


栽培醸造責任者:フランツ・レートFranz Leth(1961年生まれ 獅子座 A型)

 ヴァーグラムのワイン産地は、ドナウ川の北岸、ウィーンとクレムスタールの間に位置するテラス状の畑に広がっています。土壌は、オーストリアを代表する品種グリューナー・ヴェルトリーナーと最も相性がよいレス。レート家は、その中でも最良と呼ばれるフェルス村Felsにあります。1960年に父が築いたワイナリーを運営するのはフランツ・レート。栽培・醸造の専門学校を卒業した後、ドイツ・ヴュルテンベルクで修業ののち家業に加わりました。最近では、22歳の息子フランツ・ジュニアがセラーマスターとして活躍しています。

 小さい頃から父が働く姿を見て育った彼は「ワイン造りこそ天職」と仕事をエンジョイしています。父に代わってワイン造りの指揮をとるようになった時、フランツがめざしたのは、大量生産ではなく、高い品質のワインを造る小さな生産者になること。当時はまだ1985年に起こったワインスキャンダル(オーストリアワインの一部にジエチレングリコール不凍液が混入していた)の影響が尾を引いていたそうです
「ヴァーグラムのレス土壌は、オーストリアいやヨーロッパで一番グリューナー・ヴェルトリーナーに向く」とフランツ。またその親戚筋であるローター・ヴェルトリーナーは、古い歴史をもちながら今ではあまり生産されない品種ですが、ここヴァーグラムの名産であり、レートのフラッグシップ・ワインです。

「私たちは特にビオロジック認証を得ていない。それは団体に加盟するのでなく、葡萄の木がべと病などの病気にさらされた時自分たちの方法で対処したいから。しかしこの25年間除草剤は使っていないし、その他の農薬もできる限り少量を心がけている。我々の土地はハンガリーからの温かいパンノニア気候とヴァルドフィアテルの森からの冷たい空気が循環する理想的な環境で、もともと潅漑も必要としない。カバークロップを施した畑は植物や昆虫たちの宝庫」
 醸造面では「葡萄の自然なフレイバーをボトルに詰める」のがポリシーで、できるだけ人為的解除を少なくするために、葡萄を健康で完熟の状態で収穫し、野生酵母で醸造しています。

総栽培面積42ha
 フェルスFelsは、ヴァーグラムの北西部にあるトップ・サイトで、ブルンタールBrunnthal、シャイベンScheiben、シャフラーベルクSchaflerberg、シュタイナグルントSteinagrundなどの卓越した畑は、220~350mの高さの南向き斜面に位置しています。土壌はところによって石灰石を40%も含むレス。
 特にシャイベンScheibenの畑の樹齢40年以上の葡萄を、わずか35h?/haという低収量で収穫して造るグリューナー・ヴェルトリーナーとローター・ヴェルトリーナーがレート家のフラッグシップ・ワインです。
またツヴァイゲルト、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨンなどの赤品種は全体の25%を占めています。
(輸入元資料より)


2/22(土)アップ~蔵出しサン・ジュースト・ア・レンテンナーノ’17’16’15

トスカーナ最峰の一つ!













このページ内のサン・ジュースト・ア・レンテンナーノは
すべて貴重なラシーヌ輸入の蔵出し正規品!


ラシーヌさんは、1995年からサン・ジュースト・ア・レンテンナーノとの付き合いがあり
23年の時を経てようやく2018年、念願の初輸入となりました。
最高の状態で最高のイタリアワインを楽しめるという喜び!

ガイオーレ・イン・キアンティにある、サン・ジュースト・ア・レンテンナーノは、イタリアワインの熱狂的なファンにとって、間違いなく最高峰の一つです。10年以上美しく熟成した、100%サンジョヴェーゼから生まれるPercarloに、幾たび魅了されたかわかりません。
(ラシーヌさんコメント)

農園は全体で160haの広さがあり、標高は平均して海抜270m。31haはブドウ畑、11haはオリーブ畑で40haは森、78haは農地や牧草地となっている。この土地は様々な土壌から成り、砂、粘土、石灰、アルカリ塩類、火山灰、陶土、カルシウムといった多様なミネラル成分を豊富に含んでいる。微小気候は顕著な昼夜の気温差と、収穫期に多い熱波に特徴づけられている。
ブドウ畑はすべて他に類を見ないほど日当たりのよい場所にある。7月と8月に自然に実ったブドウの房を30~50%を間引く、いわゆる「グリーンハーヴェスト」を行うが、これがブドウをパーフェクトな完熟へとむかわせている。われわれの農作業の大半が手作業であり、認証を取得した有機農法のみで栽培している。

ユーロリーフとCertificazione Biologicaあり!




San Giusto a Rentennano, Chianti Classico '17

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、キャンティ・クラシコ’17

税別¥3300

<あと6本>

パーカー91+点(2019~2026年)

VINOUS 92点!(2022~2032年)


アルコール%

サンジョベーゼ95%、カナイオーロ5%

10ヶ月の樽熟成




San Giusto a Rentennano, Chianti Classico Riserva - Le Baroncole '16

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、キャンティクラシコ・リゼルヴァ・レ・バロンコーレ’16

税別¥4600

<あと13本>絶対おすすめ!
限定品!~※再入荷不可能!

※’15より¥440値下がり!

パーカー96点!!!(2019~2033年)
~This Riserva is a real beauty, and this vintage is something truly special.

VINOUS 95点!(2021~2036年)
In 2016, Baroncole is especially fine. Don't miss it!!!


ファルスタッフ 95点!

「2020.2月中旬に飲みました。抜栓直後は力強く固い。すぐに開けるならデキャンタ必需。ドライフルーツ気味の非常に凝縮した黒い実の果実主体でレーズンやプルーンを入れたパウンドケーキ、ナッツ類、スパイス、甘草、紅茶などの香りにわずかにミント風味が含まれ濃い中にも涼しさと香りのよさ、凛とした骨格があり、抜群のコンディション(ラシーヌ輸入)によりピュアさと酸が生きている。タンニン多いがざらついていない。今は固く、大きく重いがすでに余韻は長く、ただ重いワインではない特別感がある飲み頃は2023.秋~だろうか?ハイポテンシャルで品質は1万円レベル。抜栓の次の日も非常においしい。ドライフルーツとナッツ入りガトーショコラの香り。コクのある味わいで少しだけ向上。抜栓の2日後もさらに少し向上。まだ固いなりにすごくおいしい」

アルコール15%

’12’13 ヴェロネッリ93点




San Giusto a Rentennano, IGT Toscana - Percarlo '15

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、ぺルカルロ’15

税別¥9500

<あと8本>限定品!

※’14より¥550値下がり!
すでに再入荷不可能!

パーカー97+点!(2020~2040年)
~The way the wine impacts the palate is of particular interest because you get fullness and extraction that is all magically rendered light and buoyant thanks to that crisp acidity.

VINOUS 98点!!!(2025~2040年)
Ample and expansive on the palate, with huge textural depth, the 2015 is a total stunner.
~The 2015 Percarlo is a riveting wine readers will not want to miss.

スペクテーター95点!(2021~2035年)

ファルスタッフ 97点!!!

’08’11’12 ヴェロネッリ95点!

サンジョベーゼ100%

コンディションさえよければもっともはずさないイタリアワインの一つ!
過去に何度か飲んでいますが素晴らしかったです!
実は店頭で結構売れています!






San Giusto a Rentennano, IGT Toscana - Percarlo '14

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、ぺルカルロ’14

税別¥10000

<あと1本>限定品!

パーカー92点(2018~2030年、ワイン・アドヴォケイト239号)

VINOUS 96点!(2022~2039年)

スペクテーター93点(NOW~2025年)

ファルスタッフ 94点!


’08’11’12 ヴェロネッリ95点!

サンジョベーゼ100%

コンディションさえよければもっともはずさないイタリアワインの一つ!
過去に何度か飲んでいますが素晴らしかったです!
HPに載せるのは初ですが、実は店頭で結構売れています!



12/31(火)アップ~蔵出しマーク・ハイスマ’17

話題のナノ・ネゴシアン!!







 


ジャンシス・ロビンソン、ティム・アトキン、ジェイミー・グッド、
ワインレポートの山本氏など絶賛!
ミクロどころか生産量が少な過ぎて『ナノ・ネゴシアン』と言われている新星!
初入荷!

オーナーで醸造家のマーク・ハイスマ氏は
オーストラリア出身で、ヤラ・イエリングなどで働いていた人物
本拠地はヴージョ村の東にあるジリ・レ・シトー村
将来的な自社畑の所得を目指している。
’15’16は全房発酵比率上げている造り手が多いので、噂の独自の手法を味わいから感じられるかもしれません。

※当然すべて再入荷不可能です!
全銘柄すべての値引き対象外となります。


基本的にすべてDIAMコルク
(当店が確認しだだけでも村名以下はすべてDIAM5でした。)




Mark Haisma, Bourgogne Chassagne-Montrachet Blanc '17

マーク・ハイスマ、シャサーニュモンラッシェ・ブラン’17(辛口白)

税別¥9000

<売り切れ>幻の超限定品!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)




Mark Haisma, Saint-Romain Blanc '17

マーク・ハイスマ、サンロマン・ブラン’17(辛口白)

税別¥5400

<あと12本>絶対おすすめ!
超限定品!

VINOUS 86~88点(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン91点(ティム・アトキン)


「2020.2月中旬に飲みました。DIAM5コルク。セラー温度で抜栓直後はクリーミーなバター・キャラメル、レモン・キャンディー、ミネラルなどの複雑なよい香り。時間とともに熟成香ではないムスクとオレンジの香りも出てくる。この村のワインとしては果実味豊かで厚みと旨味を伴うほのかな甘みがありつつ、はっきりとキレのある酸とミネラル!少し粘性と柑橘類のようなとてもキメ細かな苦みもあり、余韻は長く骨格もあるが飲み頃NOW~という絶妙バランス。当店社長も絶賛の1本でありドメーヌ・ルフレーヴのクラヴォワヨン’17ほど粒子は細かくないものの上質な酸とミネラル主体で骨格を形成しているところはある意味共通しており、それをもっと果実味豊かにしたイメージでしょうかね?抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%

’15 Jamie Good 94点!!!




Mark Haisma, Bourgogne Rouge '17

マーク・ハイスマ、ブルゴーニュ・ルージュ’17

税別¥4500

<あと6本>絶対おすすめ!
超限定品!

VINOUS 86~88点(ニール・マーティン)

「2020.2月中旬に飲みました。DIAM5コルク。紫色の弱い中程度のルビー色。。やや凝縮して緩みのない赤い実の果実、胡椒、控えめな樽などの閉じ気味の香り。この銘柄は予想よりクラシックで骨格があり少し熟成も可能な飲み頃2021~だろうか?1~2年後に化けそうな雰囲気あり。今はフルーツ感が少し閉じ気味だが、酸・ミネラル・タンニンがあり、少しのコクとうっすら塩ミネラルも残るアフター。抜栓の次の日も非常においしい。少し艶とうまみが感じられ向上。抜栓の2日後も非常においしい。さらにわずかに向上。骨格と余韻ありまったく落ちない。じわじわまた飲みたい気持ちになるよいワイン」

アルコール13%

’15 Jamie Good 90~91点

ポマールとジュヴレの格下げが入っているようですね




Mark Haisma, Nuits-Saint-Georges '17

マーク・ハイスマ、ニュイサンジョルジュ’17

税別¥8200

<あと4本>おすすめ!
超限定品!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

「2020.2月中旬に飲みました。DIAM5コルク。縁がわずかに紫がかった明るいルビー色。少し全房発酵っぽい香りを含むピュアな赤い実の果実に、ローリエ入りトマト煮込み、少しヨードなどの香りで樽は控えめ。予想よりナチュラルで優しい味ながらもニュイサンジョルジュらしいコクはあって、キメ細かなほろ苦さを伴う少しのグリップ感も上質。まだ少しだけ固いが余韻は長めでスタイルもよい。’14くらいまでの価格イメージだったら間違いなく絶対おすすめ!だったと思う。品質自体はどれも優れている。抜栓の次の日には、うまみが増して少し向上。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%




Mark Haisma, Gevrey-Chambertin '17

マーク・ハイスマ、ジュヴレシャンベルタン’17

税別¥8600

<あと9本>超限定品!

VINOUS 87~89点(ニール・マーティン)

’16 パーカー90~92点

’15 Jamie Good 92~94点




Mark Haisma, Pommard 1er Cru Clos des Arvelets '17

マーク・ハイスマ、ポマールプルミエクリュ・クロ・デ・ザルヴレ’17

税別¥13000

<あと2本>幻の超限定品!

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

’15 Jamie Good 92~94点






Mark Haisma, Bourgogne Aligote '16

マーク・ハイスマ、ブルゴーニュ・アリゴテ’16(辛口白)

特価・税別¥3700

<あと9本>おすすめ!
超限定品!

「2019.6月下旬に飲みました。DIAM5コルク。花、レモンの皮、ほろ苦オレンジなどのオイリーなよい香りで、モーゼルのリースリング?みたいなオイリーなニュアンスを含む。一般的なアリゴテとはだいぶ違って、人の力が前に出ているワインという印象。酸は少しも尖っていない。うまみ多く、クリーミーな丸みと滑らかな厚みがあり個性が強い。ブラインドで当てることが出来ないアリゴテ!抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

石灰質の砂利を含む粘土質土壌

樹齢25~35年

ステンレスタンク醗酵~
新樽なしの228リットルオークとステンレスタンク合わせて12ヶ月熟成




Mark Haisma, Nuits-Saint-Georges Charmotte '16

マーク・ハイスマ、ニュイサンジョルジュ・シャルモット’16

税別¥9000

<売り切れ>幻の超限定品!

パーカー89~91点(~very fine、2018~2028年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)


生産量:わずか1,520本のみ!

粘土石灰質と泥灰土土壌

樹齢15~30年

ステンレスタンク醗酵~
新樽20%の228リットルオークにて12ヶ月熟成

’17 VINOUS 89~91点




Mark Haisma, Morey-Saint-Denis 1er les Chaffots Rouge '16

マーク・ハイスマ、モレサンドニプルミエクリュ・レ・シャフォ’16

税別¥16000

<売り切れ>幻の超限定品!

パーカー90~92点(~very fine.2020~2030年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)


生産量:わずか1,520本のみ!

粘土石灰質土壌

樹齢45年

ステンレスタンク醗酵~
新樽20%の228リットルオークにて12ヶ月熟成

’17 デカンター・オンライン94点

’13 Jamie Goode 92点



≪著作権について≫
当ホームページに掲載している著作物(文章・画像)にかかる著作権は、㈱ワインの店いとう もしくは、情報提供していただいた提供元に帰属します。
当ホームページで掲載している情報・文章・画像などのデータについては、権利者の許可なく複製・転用することを固く禁止します。

Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp