新入荷ワイン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


超限定ブルゴーニュ(3/12木アップ)

おすすめスパークリング(12/18水)

オリーブオイル、食後酒(3/19木、バルデスピノ)

※誠に恐れ入りますが、長期キープをお断りさせていただいております。




  クール便の場合に限り重量制限の為、1箱10本までとなります。



※在庫確認~メール、FAXの返信に少しお時間をいただきます。

キープの短いご注文を優先させていただく場合がございます。


クール便の場合の計10本以上お買いあげにて対象商品5%OFFサーヴィス終了 → ドライ便で計12本以上の場合のみ適応継続とさせていただきます → 電気代や梱包資材、クール代等の値上がりなどあらゆるコストアップでそろそろ止めざるを得なくなりそうです、、、

ドライ便指定で、もし吹きこぼれや熱劣化などあった場合、当店もヤマト運輸さんも一切保証できません




3/27(金)アップ~蔵出し<※店頭販売のみ!>蔵出し平川ワイナリー’19スゴンヴァン・ブランと’19ポンセ

ブルゴーニュ生産者も認める上質で骨格のある味わい!

















※下の画像は、裏ラベル。



 




TBSドラマ『グランメゾン東京』にて
実は平川ワイナリーさんのワインが重要な役割を果たしたのでした



https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/cuisine/
(ページ下部の『第10話Quintessence』をクリック)



店頭では1年半前から扱っておりますが、平川さんご本人に許可をいただいて今回コメントを掲載させていただいております。

オーナーであり栽培も醸造もプロフェッショナルである平川敦雄氏と運よく一緒にお食事する機会がありましていろいろ再確認できました。

生産者ご自身がレストランで自分のワインを楽しんでもらいたいという強い気持ちをお持ちの為、酒屋で買える機会がほとんどないという現状を変えるきっかけになればと勝手に考えています。経験豊かな消費者の皆様におかれましては、ご自宅でも調味料などを駆使しておいしくワインと料理をリラックスしながら楽しむというのもまた素晴らしいことで、それもまた自由!


※先入観を持たずにワインを楽しんでほしいということで基本的にブドウ品種を公表していません。




2019 Second Vin Terre de Yoichi 750ml(新商品)

平川ワイナリー、スゴンヴァン・ブラン’19
(北海道・余市産・辛口白)


※店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

絶対おすすめ!
超限定品!

「2020.3月下旬に飲みました。DIAM10コルク。グーズベリー、オレンジ、青いメロン、マスカットなどのフルーツガム、マンゴー、ラ・フランス、わずかにじゃ香、アーモンド、樹脂、ミネラルなどのオイリーで華やかなよい香り。常温でも全くダレない厚みと粘性、コクと余韻があり、同時に酸も低くない。果実味と力強さがあり、凝縮感とわかりやすさまである。非常にキメ細かな良質の苦みと塩ミネラルも感じられ高品質。抜栓の次の日も非常においしい。日本のワインとしてはかなり凝縮感があるが、これでセカンドワインなんですね。他のワイナリーだったらこれがトップキュヴェというくらい高いレベルの品質!抜栓の3日後も落ちない」

アルコール12.5%(無補糖、無除酸にて)

アルザス産ワインをイメージ。高品質の弊社セカンドワイン(白)。

生産本数:1200本のみ

2019年産の白ブドウを全房でプレス掛けして得た果汁(全体の74%)とスキンコンタクトした果汁(全体の26%)をそれぞれ個別にステンレス タンクで醗酵させ、MLFを行わず、澱と接触しながら6ヶ月間熟成させて生まれました。

キンモクセイやユリの様な花の香りに、杏や白桃の 様な核果、甘さを感じさせるハーブ、スパイス(丁子、コリアンダーシード、白胡椒)等の複雑なアロマがあり、フリンティなニュアンスも有し ます。味わいは、まろやかなヴォリューム感と爽やかさが共存し、果実味のピュア感や華やかな戻り香が心地よく持続します。清澄作業なし (フィルター処理あり)で瓶詰しています。少量の澱が確認できる場合がありますが、品質には影響はございません。

素材との相性:甘さを引き出した野菜(煮詰めた玉ねぎ、じゃがいも、茴香)、ハーブ(ステビア、ディル、アニス)、魚介(サーモン、帆立貝、 甘エビ、蛍烏賊)、豚肉(生ハム、ソーセージ、豚足、スペアリブ)、鴨肉、鹿肉、トリッパ等のモツ料理、シュークルート、タルトフランベ

風味との相性:野菜やハーブが有する甘さや清涼感、豚肉の塩味や脂の甘味にハチミツや香辛料を加えた風味。フルーツとの相性が良 い肉や脂分、内臓料理、フロマージュブランやロブルッションのチーズを使った味付けと相乗します。

備考:醤油の味わいにはあまり相乗しません。一方で、野菜の甘みや素材の持つ甘さを引き出した料理法、豚の塩味、脂味を主体とした 料理、フルーツを使ったソースの料理にはたいへんによく合います。
(平川さんご本人によるコメント)




2019 Pensees Terre de Yoichi 750ml(新商品)

平川ワイナリー、ポンセ テール・ド・ヨイチ’19
(北海道・余市産・辛口白)


※店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!

「2020.2月末に飲みました。DIAM10コルク。今回は抜栓直後から香りが開いている。まるでロエロ・アルネイスのような華やかでよい香りに冷涼感と透明感も感じられる。少しオイリーなオレンジ、白桃、花、青リンゴ、ライム、キウイ、わずかにアーモンドなどのよい香り。最初はシャブリ’07のようなキレのある酸、フルーツ感や厚みも全然弱くなく、塩ミネラルとうまみがあり、グレープフルーツのようなとてもキメ細かな苦みを伴うドライなアフター。やや冷え~セラー温度がおいしい。抜栓の次の日以降は、セラー温度でキレのある酸と同時にほのかな甘みを感じゴクゴク飲めるようなバランスになった。抜栓の5日後までおいしい」

アルコール12%(無補糖、無除酸にて)

北海道余市産ブドウ100%

備考:醤油の味わいにはあまり相乗しません。一方で、素材の持つ美味しさ重視で、塩や柑橘を加えて味わいたいと感じさせる料理には たいへんによく合います。

サーヴィス
風味との相性:柑橘系の酸味、ハーブが有する甘さや清涼感、野菜のピリ辛感、塩が有するミネラル感(レモン、ライム、ゆず、かぼす、山 葵、岩塩)との相性が良いです。

ポンセ:フランス語で「思考」を意味します。

2019年産の白ブドウを全房でプレス掛けして得た果汁をステンレスタンクで醗酵させ、MLFを行わず、澱と接触しながら、4ヶ月間熟成させ て生まれました。シャブリに似た柑橘系のアロマやフリンティな香りが特徴的で、心地よく綺麗な酸が真っすぐに伸びます。透明感のあるワインで、幅広い食との相性をお楽しみ下さい。清澄作業なし(フィルター処理あり)で瓶詰しています。少量の澱が確認できる場合がありま すが、品質には影響はございません。(注:この商品はヴァラエタルワインを目指していません。品種名はラベルに記されておりません。)

素材との相性:野菜全般(特にラディッシュのような根菜、スプラウト、ハーブ)、魚介類(サーモン、平目、鯛、帆立貝、生牡蠣、シャコ等。 軽く熱を通したもの、オリーブオイルを使って火入れしたもの、ミ・キュイ、燻製仕立て)、白身肉(鶏肉等。あっさりとした淡白な素材)

フランス系品種で余市の白ワインの可能性を追求。野菜によく合う辛口ワイン(アロマポテンシャル、透明感、ミネラル感)






Hirakawa Winery 2018 Selene La Petillante 360ml

平川ワイナリー、セレーヌ・ラ・ペティヤント’18
(北海道・余市産・辛口白微発泡・ハーフ・360ml)


※すべての値引き対象外となります。
※店頭販売のみ。
蔵元でもすでに完売。~再入荷不可能!
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。


絶対おすすめ!
超限定品!

「2019.12月下旬に飲みました。個人的には去年リリースのアンティミテ・ラ・ペティヨント’17よりもこちらの方がかなり好き。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。オレンジなどの皮を含む柑橘類、花、ハーブなどのよい香り。みずみずしくさわやかで、酸の質が非常によく、ガス圧は弱いがクッキリ焦点が定まって緩くなく、旨みとミネラルによる背骨と少し高級感があり、最後に塩ミネラルが残る極めて心地よいアフター。柑橘類を連想させるとてもキメ細かな苦みは強くはなく品質を高めている印象。冷やし過ぎないほうがおいしい。時間とともにさらに酸が伸びて塩ミネラルも少し強くなったように感じられる。抜栓の次の日も非常においしい。かなり良く出来ている。日本の泡としては驚く方が多いであろう銘柄!」

アルコール11.5%
王冠キャップ

北海道のスパークリングワインの可能性を追求した1本!
辛口スパークリングワイン(2.25気圧)

全房で圧搾し、ステンレスタンクで熟成後、瓶内二次発酵方式にて、澱引きせずに商品化しました。
青リンゴやビスケット(酵母由来の香ばしさ)、柑橘系の香りが主体で、軽く、さっぱりと生き生きとした味わい、後半の苦みがコクとなって
感じられます。瓶内二次発酵由来の澱がございますが、品質には影響ございません。

セレーヌ:フランス語で『月の女神』
ラ・ペティヤント:『はつらつとした(女性)』
の意味。




Hirakawa Winery 2018 l'Esprit Terre de Yoichi 750ml

平川ワイナリー、レスプリ’18

(北海道・余市産・辛口赤)



※店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

「2019.12月下旬に飲みました。DIAM10コルク。平川さん曰く、ブルゴーニュ・グラスがおすすめとのこと。縁が紫がかった予想以上に濃いルビー色。スゴンヴァン’16と比べてこちらの方が香りも味わいもすでに開いている。トップノーズは北海道産のピノノワール以外のブドウ品種としては驚きのやや華やかで複雑なもの!ブラックチェリーなどの重くない黒い実の果実、スミレ、スパイス、サラミ、ハーブ、ごくわずかに甘草などのよい香り。酸とタンニン、骨格はあるが、中域の果実とうまみ感、余韻の長さが、ワイン単体で飲む場合に限り今はわずかに物足りない気もするが、そこは特定の肉料理と合わせることでワインも食事もどちらもよりおいしくなる効果を予想できる部分。寝かせたことがないのでどう変化するかは未知で楽しみでもありますね。抜栓の3日後までまったく落ちない。抜栓の7日後もほぼ落ちない、まだ全然楽しめる!」

アルコール12%

生産量:わずか880本のみ!

トップキュベ「l'Aube」のセカンドワインです。
※2018年は1番果の収量が低くかったため、「l'Aube」
(’16 税別¥25,000)をつくらず、単一名で誕生しました。

2018年産黒ブドウ100%。平川ファーム最上部で、最も風通しがよい区画(シングルヴィンヤード)産です。全ての果粒を手除梗で取り除 き、48日間のマセラシオン、2年目樽67%と7年目の古樽を33%使用し、樽内MLF、瓶詰め直前まで樽内の澱引きなし、12ヶ月の樽熟成を 経て生まれました。濃いめの色調、ブラックベリーやカシス、プラムのような果実香の濃度が高く、スパイス(シナモン、ブラックペッパー、甘 いスパイス)や、甘草、葉巻、なめし皮の香りが特徴的です。口当たりにはしっかりとしたフレッシュ感があり、上品な、きめの細かい質感が 広がります。ブルゴーニュの様なテクスチュアを目指しました。清澄なし、フィルター処理なしにて瓶詰していますので、少量の澱が確認で きる場合がありますが、品質には影響はございません。(注:この商品はヴァラエタルワインを目指しておらず、品種名の明記は致しており ません。)






Hirakawa Winery 2018 Notre Siecle Grande Cuvee 750ml

平川ワイナリー、ノートル・シエクル・グラン・キュヴェ’18

(北海道・余市産・辛口白)



※店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
蔵元でもすでに完売。~再入荷不可能!
お電話は出れない場合が多くなっております。


絶対おすすめ!
超限定品!

「2019.11月上旬に短時間で試飲しました。土壌が石灰質主体ではなくても畑仕事と実力でピュアで美しい酸、縦に伸びるようなニュアンスの強い塩ミネラルの余韻が持続する味わいを実現。その上この銘柄は果実の力まで強い!今までに飲んだ北海道産ケルナーでNo.1かもしれないと感じた。他の多くの日本産ワインと違って熟成可能な骨格があり、いつもほとんどの銘柄が抜栓後2週間味が落ちない。ソーヴィニヨンブランと共通する香りの要素は多いが、決して単調な柑橘類の香りではなく、キラキラしてピュアな印象あり。早期酸化劣化リスクも限りなく低い。セラー温度で味わいのがベストな上質な白となります。全国の高級レストランで大好評とのこと!」



平川さんがソムリエの道からワイン造りの道へ進むことを決意したのは
余市産ケルナーのポテンシャルの高さに魅せられたことがきっかけなのです!!!




平川さんの修行先ドメーヌ・デュジャック(ブルゴーニュ)、ドメーヌ・ツィント・フンブレヒト(アルザス)、シャトー・ラフルール(ポムロール)、マス・ドゥ・ドウマス・ガサック(ラングドック)、ポール・ジャブレ・エネ(コート・デュ・ローヌ)、シャトー・プラドー(プロヴァンス)、シャトー・マルゴー(マルゴー)、ドメーヌ・ルフレーヴ(ブルゴーニュ)、シャトー・シュヴァル・ブラン(サンテミリオン)、ドメーヌ・ベルナール・ボドリ(ロワール)、リュステンベルグ(南アフリカ)、フロム・ワイナリー(ニュージーランド)、北海道ワイン(北海道)などすごい生産者ばかり!

 

ソムリエ歴もル・ジャルダン・デ・センス(ラングドック)、ランスブール(アルザス)、ル・シャルルマーニュ(ブルゴーニュ)、ミシェル・ブラストーヤジャポン(北海道)、フラノ寶亭留(北海道)とすごいお店ばかりです!

 

取得した資格関係

 フランス農水省認定 ワイン醸造士(エノログ/DNO)
フランス農水省認定 技術士(農業)
フランス ENSA認定 マスターオブサイエンス(ブドウ栽培・ワイン醸造)
フランス・ブルゴーニュ大学認定ワイン利酒技能試験(首席)
フランス・ボルドー大学認定ワイン酒質鑑定技能試験DUAD(首席)
日本ソムリエ協会 ソムリエ呼称認定
イギリスWSET協会認定 ハイアーサーティフィケイト
フランス文部省認定 プロフェッショナルソムリエ
フランスブルゴーニュソムリエASB協会認定 ソムリエ
フランスソムリエ協会UDSF認定 ソムリエ

それらの経験をすべて生かしたワインということになります。

ヴァラエタルワインを目指していない為、品種名の明記はないワインが多い




 

3/27(金)アップ~蔵出しドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ’18

優れたジャケールができる代表的産地『 アプルモン 』!





 






上記画像は名産地『 アプルモン 』冬の景観

いきなり素晴らしくおいしい新ワイナリー!
印象的な質感とエキス・ミネラル!




Domaine des 13 Lunes, Apremont '18

ドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ、アプルモン’18

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税別¥2500

<あと6本>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声をいただいているワインです!

12本完売。

「2020.3月中旬に飲みました。明らかに亜硫酸少ないトップノーズで味わいもナチュラルでミネラリー。ビオ認証マークがないのは畑自体はすでにビオロジックだがこれから認証を取得するから。もっと高価なシュナンブラン的なニュアンスがあり、かなりお買い得な飲み頃NOW~。擦りおろしたリンゴ、ミネラルなどの香り。質感に優れたワインで、果実味豊か、うまみとミネラルがとても豊富、この価格帯としては明らかに複雑。酸はキレていないが低くもなくバランスよく杯が進む。短時間ですぐに上質な粘性が出てエキス感も増す。これは大発見!抜栓の2日後までまったく落ちない。食事も幅広く生かしそうなタイプだが、単体で飲み続けてこれほど全く飽きずに楽しめる白はこの価格帯では珍しい。実際に同時に飲み比べた税別¥6000のブルゴーニュ白よりもおいしく感じられた」

アルコール11.5%

AOP Vin de Savoie

クリュ「アプルモン」からのジャケール100%
2ha。粘土石灰質・泥灰土質土壌
平均樹齢50年以上!

グラスファイバー製タンクで発酵後、6ヶ月間熟成
華やかな香りと豊かな果実味が特徴


2016年の創業時よりビオロジック栽培およびビオディナミ。
2020年に「AB」と「demeter」の認証取得予定

白は除梗せず、赤は除梗100%。天然酵母のみで発酵。

仏ミシュラン3つ星「ル・フロコン・ド・セル」をはじめとする多数のレストランで扱いあり!


グラニエ山麓のシャパレイヤン村に2016年に創業した、超新星自然派ドメーヌです。

継承する畑を持たなかったシルヴァン・リオタールは、DRCやルフレーヴらにビオディナミを伝授した巨匠ピエール・マッソンの実子にして後継者、ヴァンサン・マッソンにビオディナミを師事した後、錚々たるアペラシオンの古畑畑を購入する幸運に恵まれ、「ドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ」を設立しました。
13の月というドメーヌ名も、ビオディナミの基本となる月の運行に由来しています。大地、海、そして動植物の活動は月のリズムに連動しており、私のすべての仕事もこのリズムに対応させています」。

合計5.65ヘクタールの畑にはジャケール、アルテス、モンドゥーズといったサヴォワ主要品種の古樹が輝き、「クリュ・アプルモン」「クリュ・アビーム」「ルーセット・ド・サヴォワ」といったフラッグシップ以外にも、意趣あふれるラインナップを展開しています。

51軒ものミシュラン星付きレストランを抱えるフランスきっての美食の地サヴォワにあって、彼のワインはファーストヴィンテージから大きな話題となり、3つ星「フロコン・ド・セル」を筆頭に多数のレストランのワインリストを飾っています。
偉大なヴィニュロンのオーラを早くも纏いはじめている彼のワインは、豊潤にして深奥。サヴォワ特有の控えめなアルコール度数も相まって、日常の食事から究極的美食まで、純然たるマリアージュの悦びを提供してくれます。
(輸入元資料より)


3/27(金)アップ~蔵出しプチジャン・ピエンヌNV

やっと見つけた!まだ無名でかなりのお買い得感があるシャンパーニュ!







 



Petitjean Pienne, Champagne Grand Cru Blanc de Blancs Brut Nature NV

プチジャン・ピエンヌ、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン ド ブラン ブリュット・ナチュール NV
(辛口白泡・750ml)


税別¥4200

<あと30本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

54本完売。

※重要な変更
左画像の上のラベルが『ブリュット・ナチュール』
下のラベルが『クゥール・ド・シャルドネ』
だったのですが、
新ロットから下のラベルが『ブリュット・ナチュール』に変更になってしまい、しかも何故か裏ラベルのドサージュ量が6グラムと表示してあり、もう本当に訳が分からないので、信用できるのは味だけとなりました(笑)

「2020.3月下旬に新ラベルの新ロットを飲みました。ラベル変更に伴うインポーターさんの混乱からこの時期にもかかわらず勝機を逃してしまい、味だけでも確認しなくちゃということで。皆様ご存知の通りドサージュ量をブラインドで当てるのは至難の業(酸の強弱によって甘みの感じ方が大きく変わる)なのではっきりわかりませんが、とにかく新ロットも非常においしいです。11月に飲んだロットよりも酸のキレとコクがわずかにしっかりしている分、開けてすぐはわずかに固いが、抜栓の次の日に素晴らしく向上してかなりのおいしさになりました。うまみと塩ミネラルが強くなり、味わいのバランスが全体的に向上して固さがおいしさになった印象。アフターははっきりと塩っぽく伸びもある激しく価格を超えた内容。抜栓の2日後も非常においしい。アフターの塩っぽさ強い」



「2020.正月に飲みました。やはりこのシャンパーニュのよさは本当の意味で飲み飽きない傑出バランスにあると確信。特にドサージュ量が優れているように思いますが何の邪魔もしない、尖っていない、あらゆる食事を生かすし、単体でも満足度が高い5~6人ですぐ飲みきってしまいました」



「2019.11月下旬に飲みました。強烈な要素はないのですが、かなり上質なまとまりと飽きないバランスで、ドサージュ量もかなりセンスがある印象の絶妙な味わい。酸の質・コンディションよく、透明感があり泡もキメ細かくアフターの最後まで一貫性のある流れ方。飲んだ後価格を調べて驚き!税別¥6000の満足度はあるので、無名だからこそのかなりのお買い得感があります。抜栓の次の日も最高においしい。何度も飲みたくなるタイプ。たくさん試飲してやっと見つけました」

アルコール12%

シャルドネ100%

Cramant, Avize, Chouilly
Degorgement:2019年4月
Dosage:2g/L
’13’14’15のブレンド




プチジャン・ピエンヌ、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン ド ブラン エクストラ・ブリュット クゥール・ド・シャルドネNV
(辛口白泡・ハーフ・375ml)


税別¥2600

<あと6本>おすすめ!

※要注意!
このハーフのみ、生産者が裏ラベルのデゴルジュマンやドサージュなどの表示を
間違えて貼ってしまって誤った内容が記載されていますが、正しくは下記750mlのクゥール・ド・シャルドネと同じドサージュ・ゼロです。

「2020.1月下旬にハーフ・375mlを飲みました。何故か750mlよりも少し酸にキレがあるように感じられ、脂っぽい食事の後にすごくさっぱりするおいしさ。低い温度で抜栓直後はやはり少しだけ固いが、思い切って常温に近いくらいまで温度を上げるとバランスが向上して一番おいしく感じられた」




Petitjean Pienne, Champagne Grand Cru Blanc de Blancs Extra Brut Coeur de Chardonnay NV

プチジャン・ピエンヌ、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット クゥール・ド・シャルドネNV

(辛口白泡・750ml)


税別¥5000

<あと9本>おすすめ!

Concours des Feminalise Beaune 2017年度 金賞受賞!

ヴィニュロン・アンデパンダン・コンクール2017年度 銀賞受賞!

ギィ・ド・アシェット2018年度版 2つ星


「2019.12月中旬に750mlを飲みました。抜栓直後のみグレープフルーツ的な苦みが強く少し固さがあり下位銘柄のグランクリュ・ブリュット・ナチュールNVの方がおいしいかも、、、となりましたが、時間とともに果実とうまみが強くなってバランスが飛躍的に向上して非常においしく変化しました。ガス圧は最初から弱く、酸もちょうどよい感じ。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12%

シャルドネ100%

Cramant, Avize, Chouilly
Degorgement:2019年7月
Dosage:0g/L
’14’15’16のブレンド



有機肥料を使用

自らのワインに糖分を加えたリキュールで適宜ドサージュを行います。※多くのシャンパーニュの生産者は、アルザスなど他地方の安価な白ワインを買い入れ、それに糖分を加えてリキュールにすることが多いと言います。

何度かコンクール金賞受賞、ギィ・ド・アシェット誌、ミッシェル・べタンヌなどで過去に高評価されています!

プチジャン ピエンヌは、3世代にわたってブドウ畑とワインに従事している「レコルタンマニュピュラン」の生産者です。3.8ヘクタールの畑を栽培し、うちクラマン、アヴィーズ、シュイイに分かれた2.4ヘクタールがグランクリュに等級付けされています。仕事に対する当主ドゥニ氏の情熱は語りつくせないほどで、日々の時間ほとんどをワイン造りに費やしています。訪問した際も、栽培の方法や畑の管理について語りながら、気になる芽や房をどんどんと摘んでいき、ひと時たりとも手を休めません。「あっちの畑の生産者は少し怠け者なんだ、もう少し仕事をすれば良いのに」などとつぶやきながら、マイペースに話し続け、どんどんと畑の奥へと進んでいきます。生産効率や価格のことばかり考えているシャンパーニュの生産者が多い中で、ここまで「熱い」人物に出会えたことは非常に幸運だと言えます。トラクターの選択、選定方法、畑の管理、醸造設備の選択など、全ての点にこだわりを発揮し、高品質なシャンパーニュを生み出していながらも、比較的リーズナブルな価格で、彼のワインを飲めることに感謝したくなるほどです。

「うちは本当にちっぽけなメゾンだからね、モエシャンドンのようにはいかないよ。」
立派すぎるほど立派な地下セラーで、はにかみながら語るドゥニ氏の手は、ゴツゴツとしたまさに仕事人のものでした。
(輸入元資料より)


3/27(金)アップ~蔵出しコーテ・マス’17’16

この銘柄は別格の味わい!




※画像は’13です。

 



Domaines Paul Mas, Cote Mas Grenache Noir '17 (I.G.P.Pays d'Oc)

ドメーヌ・ポール・マス、コーテ・マス グルナッシュ・ノワール’17

税別¥1000

<あと3本>

アルコール13.5%




Domaines Paul Mas, Cote Mas Grenache Noir '16 (I.G.P.Pays d'Oc)

ドメーヌ・ポール・マス、コーテ・マス グルナッシュ・ノワール’16

税別¥1050

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’16は、再入荷不可能。

「2020.3月中旬に飲みました。ほのかに紫がかった中程度~やや濃いルビー色。甘旨エキスを感じる少し艶のあるトップノーズ!プラム、チェリー、梅ジャム、イチゴケーキ、シナモンを含む甘苦系スパイス、醤油マヨネーズで炒めた鶏肉などのよい香り。味わいも明らかに価格を大幅に超えたもので、果実味しっかり、甘旨エキス感ありつつも酸が低くないので緩くなく、タンニンほぼ溶け込んだ飲み頃NOW~。樽は控えめで、キメ細かな苦みと少しのミネラル感も感じられ、標高高いスペインの有機栽培ガルナッチャ 税別¥3500と言われても誰もわからない高品質。抜栓の次の日も非常においしい。香りが少し甘くなってブルーベリーとルバーブのジャムの香り主体になった。味わいはやはり緩くなく上質。根本的にイル・ラ・フォルジュやル・二・ド・マとは違うワインで、6年くらい前に’13をはじめて飲んだ時も非常においしいと感じたが’16はさらに別格のおいしさ!」

アルコール13.5%

グルナッシュ・ノワール100%

上級クリュ『 テラス・デュ・ラルザック 』の自社畑および
オード・ヴァレーの契約畑のブドウを使用!

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

醗酵:ステンレスタンクにて
熟成:ステンレスタンク、セメントタンク、オーク樽(全体の25%をアメリカン66%・フレンチ33%、新樽比率25%)を併用して5カ月間

輝くように美しいルビー色。ブラックベリーやバニラといった明るいアロマに丸みがありフルーティな果実味。飲みやすく、カジュアルな料理に合わせやすい味わい。
(輸入元さんコメント)


3/27(金)アップ~蔵出しファゾーリ・ジーノ’16ピエーヴェ・ヴェッキア

高めの温度でムルソーの代わりに使えてしまう濃厚白!






 




この銘柄だけは、基本的に高めの温度、大きなグラスで
抜栓後ある程度時間が経ってから本領発揮!




AZ. AGR. Fasoli Gino, Pieve Vecchia '16 I.G.T

ファゾーリ・ジーノ、IGT・ピエーヴェ・ヴェッキア’16

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2700

<あと16本>

チャレンジ・ミレジム・ビオ2019年度 金賞受賞!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

アルコール14.5%

18本完売。




AZ. AGR. Fasoli Gino, Pieve Vecchia '15 I.G.T

ファゾーリ・ジーノ、IGT・ピエーヴェ・ヴェッキア’15

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2700

<売り切れ>

ムンダス・ヴィニ2019年度 金賞受賞!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

28本以上完売。ありがとうございます




AZ. AGR. Fasoli Gino, Pieve Vecchia '14 I.G.T

ファゾーリ・ジーノ、IGT・ピエーヴェ・ヴェッキア’14

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!

ルカ・マローニ2018年度版 92点!

ムンダス・ヴィニ2018年度 金賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
今までで一番リピート続出のヴィンテージ!!!

「2018.4月初旬に試飲しました。ビックリするほど出来が良かった’12以上に素晴らしい内容!抜栓直後だけはトップノーズに樽が少しだけ強いが、それをさらに上回るエネルギー溢れる分厚い果実味、粘性とエキス感たっぷり、コクと余韻があり、はっきりと塩ミネラルも残る長いアフター。どう考えても価格を超えた品質。ムルソーの代用ができるワインで、高めの温度で大きめのグラスがベスト。グラス売りしても1週間程度落ちないでしょう。説得力のある強いエネルギー感。黄桃、蜜、コンポート気味のオレンジ、スパイスなどの少し甘く豊潤なよい香り」

151本完売!!!ありがとうございました

生産者自身曰く、この銘柄は10年くらい熟成可能!




AZ. AGR. Fasoli Gino, Pieve Vecchia '13 I.G.T

ファゾーリ・ジーノ、IGT・ピエーヴェ・ヴェッキア’13

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2700

<売り切れ>

輸入元さんで人気が高まってきたようで、前回すぐ完売でした!
皆さんこのおいしさに気が付いてしまったのか、、、




AZ. AGR. Fasoli Gino, Pieve Vecchia '12 I.G.T

ファゾーリ・ジーノ、IGT・ピエーヴェ・ヴェッキア’12

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白)


税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!

※この銘柄のみモトックス輸入の蔵出し正規品です。

輸入元担当者さま絶賛の1本!抜栓後かなり長持ち!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
1度でも飲んだら99%リピートという感じで皆さんびっくりしたとおっしゃいます!

53本以上完売!!!ありがとうございました~※再入荷すると’13に移行致します。

「2016.と8月下旬と10月下旬に2回試飲しました。8月のしっかり冷えた状態ではたしかに樽が強めに感じられ厚みがあり、品質の良さと余韻の長さ以外はわかりませんでしたが、たまたま10月に抜栓の3~4日後のボトルを高めの温度で試す機会をいただき、本当の実力がわかりました。この状態なら明らかに樽よりも果実のエネルギーが勝っており、よく凝縮して粘性があり、甘旨みとミネラル、エネルギーに満ちたすごい内容!香りとアタックだけではなくアフターでも樽よりも果実や塩ミネラルの方が勝っているかなり長いアフター。黄桃、蜜、バナナなどのオイリーな厚みと豊富なエキスを連想させる良い香り。色だけ見るとオレンジワインだと勘違いされてしまいそうですが、味わいでも証明されているようにオレンジワインではありませんし、まだ飲み頃ピークにも達していません。温度だけ気を付ければレストランで少し熟成したトロみのあるムルソーの代役ができそうです。ということはこの価格は凄すぎる!」

アルコール14.5%

ソアヴェ地区最高レベルのガルガーネガ100%ですが、ヴェロネーゼIGT

平均樹齢30~50年!

ブドウの収穫を熟すタイミングを見計らって3回に分け収穫。より複雑な味わいを出すために手間と時間をかけ、ガルガーネガ種の魅力を存分に楽しめるワインになっています。

醗酵:ステンレスタンクにて主醗酵後、トノーにてマロラクティック醗酵

熟成:オーク樽熟成にて16~18ヶ月熟成(トノー500L、新樽比率70%)瓶熟6ヶ月以上

輸入元シールで隠れていますが、ICEA認証ビオロジック

『 光り輝く濃いイエロー。滑らかな口当たりで、トロピカルフルーツのような甘み広がる味わい。アフターにはアーモンドのような香ばしさが広がり、個性豊かなワインとなる。 (輸入元さんコメント) 』

’09 スペクテーター90点

他にも過去のヴィンテージが何度も金賞受賞、ガンベロロッソ2グラスなど

1980年にビオロジック農法による栽培を実験的に導入

1985年にはビオロジック農法をすべての畑に導入

1990年にはA.I.A.B.から認証を受ける


3/21(土)アップ~蔵出しバルデスピノ

凄まじい評価を得たシングルヴィンヤードの高品質フィノ・シェリー!

さらにマンサリーニャも



 

 




Valdespino, Inocente Fino Sherry Dry (Single Vineyard)

バルデスピノ、イノセンテ・フィノ・シェリー

(シェリー辛口・750ml)


税別¥2300

<あと4本>絶対おすすめ!

最新パーカー94+点!!!(2017~2022年
、Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト234号)


パーカー94点!!!(Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト208号)

WEBマガジン『Panch』にてライターのジョン・ボネ氏が選ぶ
<今年(2017年)注目すべきワイン25本>のひとつに選ばれる!!!


デカンター・オンライン93点!!!(Top rated Fino Sherry!)

インターナショナルワイン・チャレンジ2019年 ゴールド!

インターナショナルワイン・チャレンジ2018年 シルバー!

インターナショナルワイン・チャレンジ2016年 ゴールド!

スペクテーター92点

ファルスタッフ 93点!!!

ワイン&スピリッツ誌 94点!!!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているシェリーです!

アルコール15%

2015年11月に飲んだ時はナッツ類やハーブなどの他にシェリーには珍しくわずかに柑橘類の香りを含むクセの強くない野暮ったくないやや華やかなよい香りで、コクがありながらも重くない非常にバランスのよい飲み飽きない味わいで、ナイトキャップはもちろんのこと、食前~食中~食後どれでもいけます!明らかにお買い得!

オーク樽で発酵された後にフロール下でさらに最低8年間の熟成を施された、まさに古典的なフィノ。使用されるブドウは単一の畑にこだわっており、フレッシュなフロールの香りを持ちながら、ボディは豊潤でコクがあります。食前酒だけでなく食中酒にも最適で、特にスープや魚料理との相性は抜群です。
(輸入元さんコメント)




Valdespino, Deliciosa, Manzanilla

バルデスピノ、マンサリーニャ・デリシオーサ

(シェリー辛口・750ml)


税別¥2200

<あと9本>

最新デカンター・オンライン94点!!!
(2019.12月試飲)


デカンター・オンライン95点!!!

パーカー89点(Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト208号)

スペクテーター・オンライン89点

ファルスタッフ 88点

最新ワイン&スピリッツ誌 93点!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

アルコール15%

49本以上完売。

100%パロミノ種

大西洋沿岸のサンルーカル・デ・バラメダにて5年熟成。フレッシュでクリスピーな口当たり、かすかな塩っぽさが特徴。

常温よりはやや冷えくらいがおすすめ

輸入元さん曰く、食前酒・食後酒としてだけではなくスープや魚介料理と合わせて楽しめるとのこと



スペイン南西部のヘレスを中心に作られるシェリー酒。その最も歴史あるボデガのひとつがバルデスピノ社です。13世紀からワイン作りを始めて以来、何世代にもわたる家族経営によって育まれた個性と品質、最高級のオリジナリティと呼ぶにふさわしい芳香と味わいを持ち、移り行く時の流れの中でも、変わることはありません。1999年にホセ・エステベス社の傘下に入った後も依然としてていねいな品質管理は変わらず、ますますその人気を高めているブランドです。食前酒から、味わうためのお酒に。シェリーの新しい楽しみがここから始まります。
(輸入元資料より)

 


3/19(木)アップ~蔵出し共栄堂’19新リリース2種類

元四恩醸造の小林さんによる待望の作品です!!!


※すべての値引き対象外となります。



 

完売いたしました。


3/19(木)アップ~蔵出しフラテッリ・アレッサンドリア’15モンヴィリエーロ

薔薇のフレーヴァーティーのような華やか赤い実果実の偉大なバローロ!



 




今までのどのピエモンテとも違う輝きを放つ!その3
若いうちから圧倒的に華やかで強い素晴らしい香りで、頑張って長く寝かせなくてもタンニンの質が非常によい!それでいて無理やり若飲み出来るように造っているという感じのバランスではなく緩くない長熟も可能な骨格
まだ無名なうちに買っておくべき!




Fratelli Alessandria, Barolo Monvigliero '15

フラテッリ・アレッサンドリア、バローロ・モンヴィリエーロ’15

税別¥12000

<あと2本>絶対おすすめ!
超限定品!

※次が最後の再入荷となります!

パーカー96+点!
(2022~2040年、ワイン・アドヴォケイト243号)

Monvigliero in the Verduno township is quickly becoming one of the most celebrated and talked about crus in Barolo. ~

Wine Enthusiast 96点!!!
(2023~2040年、Cellar Selection!)

VINOUS 93点
(2022~2040年、アントニオ・ガローニ)

デカンター・オンライン91点(2020~2035年)

ガンベロロッソ2020年度版 トレヴィッキエーリ!

輸入元担当者さま大絶賛の1本!!!

『 大ぶりのザルトなどで飲むならもう飲める。ヴォーヌロマネ村の特級のように薫り高くエレガント! 』

「2020.3月下旬に飲みました。縁がオレンジがかったやや明るいルビー色。華やかでかなり複雑な赤い実の果実、レーズンバター、スパイス、わずかにヨード、バラの花束フレーヴァーティーなどの素晴らしい香り!!!果実味と中域の旨みエキスがしっかりあった上で、非常に多いが丸いタンニン、低すぎない酸で余韻が長い。グラスによって大きく表情を変えるワインで、香りの明るさのトーンとタンニンの強さに関する強弱がかなり変る。とにかく樹グラスで飲めば固いなりにある意味飲み頃NOW~。バルトロ・マスカレッロはバローロとしては過去最高にナチュラルな赤い実の果実だったが、こちらはバローロとしては過去最高に華やかな赤い実の果実!皆様驚いてください!抜栓の次の日は少しだけ柔らかくなって向上。甘苦系スパイス香は強くなく、あくまで華やかで香り高い。抜栓の2日後も非常においしい。温度上げるとコアントローの香りも出る。抜栓の3日後も非常においしい」

アルコール14.5%

年産:6,500本

スラヴォニアンオークの大樽36ヶ月熟成後、ステンレスタンク2ヶ月熟成
昔からずっと大樽熟成派
南向きで標高は250-320m


「モンヴィリエーロの丘はヴェルドゥーノで最も高名な単一畑として知られており、バローロ生産地の中でも最も象徴的な1つ。(輸入元さんコメント)」

’13 ワイン&スピリッツ誌 96点!

’13 Wine Enthusiast 95点!

’13 ガンベロロッソ2018年度版 トレヴィッキエーリ!

’13 ヴェロネッリ2018年度版 スーパー・トレステッレ94点!

モンヴィリエーロの丘はヴェルドゥーノで最も高名な単一畑として知ら れており、バローロ生産地の中でも最も象徴的な畑の 1 つ。 「モンヴィリエーロはすぐにバローロで最も有名で話題に上る畑の1つとなったが、 フラテッリ・アレッサンドリアはそのポテンシャルを理解した第1人者である。過去の 姿に忠実なクラシックな味わいで、 スパイス、リコリス、砕石が混ざり合った可愛らし いベリー系のアロマがあり、赤いバラのフローラルなアロマも現れてくる。」by WA


スラヴォニアンオークの大樽(20-30hl)36ヶ月

ヴェルドゥーノの最高峰と名高い単一畑モンヴィリエーロ

スパイス、リコリス、砕石が混ざり合った可愛らしいベリー系に、ローズヒップやラベンダーのフローラルな要素も現れてくるアロマ。たっぷりとした快活な口当たりは驚くほど奥が深く、アロマティックな表現力と重厚で複雑なボディが高次元で共存している。ワインの宝石と呼ぶにふさわしい最上級のバローロ。
(輸入元さんコメント)

年産わずか:6,500本


「ヴェルドゥーノのスター生産者」
「モンヴィリエーロのポテンシャルを理解した第1人者」 by WA

ワイナリーの設立は1800年代初頭にまで遡る。
ヴェルドゥーノにある1700年代に建てられた家でワイン造りが行われており、1870年にアレッサンドリア家がワイナリーを取得。
キング・カルロ・アルベルトより1843年にベストワイナリー・オブ・ザ・イヤーに賞されている事からも長い歴史と当時からの高い品質を伺う事が出来る。

現在、オーナーのジャン・バッティスタ氏と妻フラヴィア, 兄弟のアレッサンドロとその息子ヴィットーレが先代の誇りを引継ぎ、家族一丸で今日のワイン造りを継承している。 ヴェルドゥーノとモンフォルテにある最高のクリュを含む所有畑は12ヘクタールに及び、サステイナブル農法を取り入れている。伝統的な醸造方法を用い、各畑、1つ1つの樽に至るまで全行程において家族で管理・運営する事を心掛ける。
『偉大なワインは偉大な畑から』がジャン・バッティスタ氏の信念。畑を見るのはジャンが行い、高い品質とポテンシャルをひめたワインを作る為のワイナリーでの醸造工程は彼の兄弟のアレッサンドロとその息子ヴィットーレが担当している。(輸入元資料より)


3/19(木)アップ~蔵出しアラン・ユドロ・ノエラ’17第1弾

※全銘柄すべての値引き対象外となります。アリゴテ以外全銘柄全ヴィンテージが再入荷不可能!










他のヴォーヌロマネ村はこちら





シャルル・ヴァン・カネイ、ブルゴーニュ・ブラン’14(辛口白)

特価・税別¥2800

<あと10本>おすすめ!
初入荷!

「2019.10月下旬に飲みました。熟成によるやや濃いイエロー。樽は弱く熟成香がはっきり出てきている。酸がしっかりしているので、あくまでさわやかな黄桃缶詰、うっすらモカマロン、マッシュルーム、ドライパイナップル、はちみつレモン・タルトなどのよい香り。冷やし過ぎないほうがおいしいバランスで、色気のある果実、キレがあり、アフターにうまみ酸が少し伸びる。甘いレモンタルトの戻り香あり。抜栓の次の日もおいしい」

アルコール12.5%

ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品
畑の場所や樹齢などは全銘柄が非公開




シャルル・ヴァン・カネイ、ジュヴレシャンベルタン’16

税別¥8400

<あと12本>

VINOUS 89~91点

ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品
畑の場所や樹齢などは全銘柄が非公開





シャルル・ヴァン・カネイ、ブルゴーニュ・ルージュ’14

特価・税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!
36本完売。ありがとうございました限定品!

リアルワインガイド68号にて高評価される!

ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品

「2019.8月下旬に飲みました。3年経って縁がオレンジがかった明るいルビー色。キレイな熟成香に赤い実の果実、アールグレー紅茶、オレンジなどの香りが混ざり合い、あと少しでスーボワ・ドライフラワー主体になりそう。酸しっかり、タンニンは溶け込んでいるがアフターに少し粘性グリップがある。エレガントでミネラリーなさっぱりするアフターの飲み頃NOW~。この価格のブルゴーニュとしては明らかに優れた内容でさすがの才能。抜栓の2日後もおいしい。オレンジ風味少し強くなってさっぱり。コクと複雑性はドメーヌものに負けるが、香りよくこの価格では文句のつけようがない」

アルコール12.5%

まさか’16より¥1,080も安く売れるとは!
畑の場所や樹齢などは全銘柄が非公開
新樽比率は常に低い




シャルル・ヴァン・カネイ、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税別¥3500

<売り切れ>限定品!

※再入荷不可能!

VINOUS 88点(2018~2024年)

新樽20%にて約14ヶ月熟成

2012年から始めたマイクロ・ネゴシアン部門

才能ある方なので、アラン・ユドロ・ノエラが所有していない畑の醸造を経験して、さらなる高みへということでしょうかね。





『 きらびやかなヴォーヌ・ロマネのクリマが揃う、ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ。シャンボール・ミュジニーに生まれたアラン・ユドロが、妻のオディールとともにヴージョにドメーヌを構えたのが1964年。そのオディールがヴォーヌ・ロマネの大ドメーヌ、シャルル・ノエラの孫娘で1978年に祖父の所有畑の4分の1を受け継いだ。冒頭に連ねた珠玉のクリマは、この時、旧ドメーヌ・シャルル・ノエラからもたらされたものである。したがって、このドメーヌの多くの畑は、後にシャルル・ノエラを買収したドメーヌ・ルロワの区画と隣接している。

今日、ドメーヌのワイン造りに携わるのは、孫のシャルル・ヴァン・カネット。アランとオディールの娘の子供で、1988年にランスで生まれた。2006年に祖父からドメーヌを継ぐよう懇願され、ボーヌの醸造学校に入学。2007年はジュヴレ・シャンベルタンのドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペで修業し、2008年にドメーヌ入りしている。 (輸入元資料より) 』

フランス国内星付きレストランで取り合い状態だそうです




2016.1月下旬やっとお会いできました。僕の中ではシャルル・ヴァン・カネットさん(2008年にドメーヌ入り、実質2009年から)は間違いなく天才だと断言できます。俳優ですか?という存在感のあるイケメン。アラン・ユドロ・ノエラを継ぐことになって逆にご実家のトウモロコシ畑を継ぐ人がいないとか(笑)100%ビオではない年もあるし、全房発酵比率も年によって変えている。
’11 村名ヴォーヌロマネ、RSVなどごく一部のみ
’13 20%程度
’14 ほとんど全房発酵なし
といった感じです
要するにその年の個性・ブドウの出来によって最適なやり方を実践しているということ。もう近年のワインはすべてはずれなしで違うのは飲み頃だけ。10年前とは完全に違うワインですので昔のイメージは捨てて近年の真にナチュラルで深い魅惑的なワインをぜひお試しあれ!数が買えないことだけが悩みの種、、、



※今回入荷分は100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です。すべて再入荷不可能!

’15はブルゴーニュ・ルージュ・クラスからすべて
ICチップ付き!




MVF(旧クラスマン)2020年度版にて2つ星生産者に昇格!!!



アラン・ユドロ・ノエラ、ブルゴーニュ・パストゥグラン‘17

税別¥1900

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’15から¥330値下がり!
4月初旬に再入荷決定!

「2020.3月下旬に飲みました。DIAM5コルク。紫色の強くない明るいルビー色。アセロラ、ザクロ、スイカ、胡椒などの甘酸っぱい印象の香り。みずみずしく重くない甘酸っぱくチャーミングな味わいの飲み頃NOW~。味わいは甘くなくうまみが非常に多く、ミネラル感もあり、タンニンはとても丸い。短時間でさらにうまみが増して低めの温度で非常においしい極めてバランスのよい味わい。ありがたい値下がりで最高にお買い得なブルゴーニュ。抜栓の次の日も非常においしい。わずかに紅茶系の香りを含み心地よい。4人で飲んで全員絶賛でした~!抜栓の2日後も非常においしい。当店の社長ですら絶賛なのでブルゴーニュ通にもおすすめできるバランス感と品質ですね」

アルコール12%




アラン・ユドロ・ノエラ、ブルゴーニュ・ルージュ‘17

税別¥3800

<あと11本>超限定品!

※お一人様3本までとさせていただきます。

バーガウンド・コム 87点(Outstanding Top Value!)

パーカー87点(William Kelley)



 

3/19(木)アップ~蔵出しベルトラン・アンブロワーズ’17コトーブルギニョン赤白とブルゴーニュ・コートドール・ルージュ再々入荷

’17もリアルワインガイド66号にて絶賛されました~!

驚きのスタイル変化、強い塩ミネラル!













 

 



Bertrand Ambroise, Coteaux Bourguignons Blanc Lettre d’Eloise '17

ベルトラン・アンブロワーズ、コトー・ブルギニョン・ブラン<レトルデロイーズ>’17(辛口白)

税別¥1600

<あと21本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

バーガウンド・コム 86点!

エロイーズはベルトランの孫の名前。彼女が生まれた2007年、
“Lettre d’Eloise”というキュヴェを造ることにした。
土壌は石灰と、少し泥が混ざる




Bertrand Ambroise, Coteaux Bourguignons Rouge Lettre d’Eloise '17

ベルトラン・アンブロワーズ、コトー・ブルギニョン・ルージュ<レトルデロイーズ>’17

税別¥1600

<あと9本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

リアルワインガイド66号 88・88点!!!

バーガウンド・コム 86点!

<最新情報>その年の出来や収量によってガメイとピノノワールのブレンド比率が変わるそうです





Bertrand Ambroise, Bourgogne Rouge '17 demie

ベルトラン・アンブロワーズ、ブルゴーニュ・コートドール・ルージュ’17(ハーフ・375ml)

税別¥1300

<あと4本>絶対おすすめ!



Bertrand Ambroise, Bourgogne Rouge '17

ベルトラン・アンブロワーズ、ブルゴーニュ・コートドール・ルージュ’17 750ml

税別¥2300

<あと2本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86~89点!(Outstanding!)

リアルワインガイド66号 88+・89点!(今~2035年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

94本完売!!!

「2019.11月下旬にハーフ・375mlを飲みました。DIAM10コルク。抜栓直後から開いておりやさしくナチュラルだが、ニュイサンジョルジュ村の古木っぽい多少のグリップ感があり非常においしい。昔からは考えられないことに樽はほとんど感じないくらい控えめで、香りもピュアな赤い実の果実主体、うまみとミネラルの味付きはしっかり、すでによく溶け込んだタンニン。’15と違って旨薄の方向性が逆にいい感じのはかなげなスタイルとなっている’17の成功例!抜栓の2日後まで非常においしい。樽はほとんど感じないは言い過ぎだった(笑)でもそのくらい樽がよく溶け込んで気にならないナチュラル旨み系です。この’17は例えて言うならシャントレーヴ好きにも受け入れられる味だと思う」

アルコール13%

ブルゴーニュ・ルージュが名称変更しただけです。




Bertrand Ambroise, Corton Le Rognet Grand Cru '17

ベルトラン・アンブロワーズ、コルトン・ル・ロニェ’17

税別¥9000

<あと12本>超限定品!

リアルワインガイド66号 93+・94+点!

バーガウンド・コム 92~94点!







Bertrand Ambroise, Echezeaux Grand Cru '15

ベルトラン・アンブロワーズ、エシェゾー’15

税別¥22000

<あと7本>超限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド58号 94・96点!!!
(~’15を完全に代表する1本。)

バーガウンド・コム 90~93点

樹齢約45年

1樽のみの生産!!!

’15は、新樽100%、約16ヶ月熟成

ユーロリーフとABマークあり!


3/18(水)アップ~蔵出しパラシオス・レイモンド’16ラ・モンテサ

価格を超えた甘旨コクの大成功年!







 


こちらは「プリオラートの4人組」の一人、アルバロ パラシオスが、実家であるリオハのボデガで指揮をとる「パラシオス レモンド」のワイン。




PALACIOS REMONDO, LA MONTESA '16

パラシオス レモンド、ラ モンテサ’16
(スペイン・辛口赤)


税別¥2300

<あと14本>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン92点!
(2020~2024年)

ティム・アトキン 94点!!!

ジェームス・サックリング 94点!!!

パーカー93点!!!
(2019~2024年、ワイン・アドヴォケイト243号)

~ It's incredible to have this quality at this price and almost unbelievable that they produced 690,000 bottles of it. A steal!

スペクテーター90点(NOW~2024年)

ギィ・ア・ペニン 92点!


12本完売。

「2020.3月初旬に飲みました。うっすら紫がかったやや濃いルビー色。このワインは定期的に試飲していますが、ややジャミーで酸が低く緩めの年もあって毎年は買っていませんが、この’16は過去最高の出来だと思います。凝縮して緩くないドライ・イチゴ、ブラックベリー、甘草、スパイスなどの香り。ほのかに甘味を感じる凝縮した果実味、低すぎない酸、丸いが多めのタンニンで、甘旨コクとともにアフターの最後に少しグリップ感がある。最終的には例年より少し冷涼なイメージで緩くなくある程度熟成も可能。予想よりしっかりした味わいでフルーツ感も強い。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール14%

DOCa リオハ

ガルナッチャ 92%、テンプラニーリョ 8%

’15 VINOUS 91点




PALACIOS REMONDO, LA MONTESA '13

パラシオス・レイモンド、ラ・モンテサ’13

(スペイン・リオハ・辛口赤)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

ティム・アトキン 93点!

デカンター90点

スペクテーター91点(Smart Buys!、
NOW~2023年、2016年度TOP52/100位!)

ファルスタッフ 89点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました

「2017.8月下旬に試飲しました。予想より上品で酸も低くない。うっすらヴァニラの香りはあるが、あくまでクドくないもの。艶のあるベリー類、癖のないスパイス、よく溶け込んだタンニン、甘苦さも控えめで上品なめらかやや複雑な味わい。明らかに価格を超えたワインで、スペインとしては飲み飽きないおいしさ」

アルコール%

この’13は、大体¥1700価格が上の
上級品『 プロピエダットPropiedad(ガルナッチャ100%) 』のブドウをすべて格下げしてラ・モンテサに使用している!!!


有機栽培(一部ビオディナミを実践)

樹齢28年

海抜約550m標高の高い畑、手摘み

低収量、畑での選果実~選果台での徹底した選果を行う

基本的に無灌漑

ラ モンテサは小石で表土を覆われたモンテサ畑のブドウをつかったワイン。リオハにおいてアルバロ氏が最も思い入れを持つワインです。発酵はステンレスタンクで行い、その後小樽で12ヶ月熟成。

AOC : リオハ DOC
品種 : ガルナッチャ、テンプラニーリョ

モンテサ畑ではこの地の地品種であるガルナッチャ種への植え替えを行ってきましたが、ついに2013年ヴィンテージよりガルナッチャ主体にリニューアル。ボトル形状もブルゴーニュ型となり、巡礼地としての歴史ある土地と品種への敬意を表現しています。

小石で表土を覆われたモンテサ畑のブドウを手摘み収穫し、ステンレスタンクでバトナージュしながら発酵。マロラクティック発酵の後、フレンチオーク樽100%で約12ヶ月間熟成、フィルターせずに瓶詰めします。果実の凝縮感のあるアロマティックな味わいに、きれいな酸味がバランス感を与えています。


3/18(水)アップ~蔵出しテッシュ’17

珍しいピノノワール100%の辛口白!




※↑’15からまたラベル変更
下の画像は、裏ラベル







 


ドイツ新聞『フランクフルター・アルゲマイネ』にて2012年のワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれる!

2005年12月には、ワインの造り手としては世界で初めて、デザイン界で最も権威のある賞の一つ、『 レッド・ドット賞 』を受賞!




テッシュ、ディープ・ブルー・クラブ・エディション’17

(ドイツ・ナ―エ・辛口白)


税別¥2200

<あと9本>

ジェームス・サックリング 92点!!!

パーカー89点
(2019~2027年、Stephan Reinhardt)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!




テッシュ、ディープ・ブルー・クラブ・エディション’16

(ドイツ・ナ―エ・辛口白)


税別¥2200

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー88点(2018~2020年、
Stephan Reinhardt、ワイン・アドヴォケイト235号)


「2018.8月下旬に試飲しました。’15よりもしっかりドライで’16も非常によい出来。果実も酸もしっかり、バランスよい飲み頃NOW~」

アルコール13.5%

スクリューキャップ




テッシュ、ディープ・ブルー・クラブ・エディション’15

(ドイツ・ナ―エ・辛口白)


税別¥2200

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’15は再入荷不可能!

パーカー88点(2018~2021年、
Stephan Reinhardt、ワイン・アドヴォケイト235号)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2018.4月初旬に試飲しました。やはり非常においしい。マイナス要素ではないごくごくわずかな微々発泡残ってる?今日は重さよりも透明感と柑橘類、塩ミネラルのある辛口と中辛口の中間くらいのニュアンスに感じられました。話題性もある上に、幅広い方におすすめできる価格以上の味わい」



「2016.8月下旬に試飲しました。例年通りの味わいだと予想していたら’13’14よりも明らかに厚みと凝縮感があり、少し重心の低いおいしさでした。バランスは犠牲になっていないと感じたので、これはこれですごくおいしいと思います」

アルコール13%




テッシュ、ディープ・ブルー・クラブ・エディション’14

(ドイツ・ナ―エ・辛口白)


税別¥2350

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー89点(2016~2019年、
Stephan Reinhardt、ワイン・アドヴォケイト223号)


輸入元さま主催2016年春の東京と大阪で開催された試飲会
(酒販店、レストラン関係者によるアンケート結果)にて
白ワイン部門第1位に選ばれる!!!


全国での試飲会後、輸入元さんで大人気で欠品していましたが、やっと再輸入してくれました~!

スクリューキャップ

「2016.4月上旬に試飲しました。’13と同レベルで非常においしく、酸とミネラルの質がよく、バランスもとてもよい。やはり冷やし過ぎない方がよりおいしいと思われます」

アルコール13~14%(輸入元シールで見えない)


アルコール度数が輸入元シールで見えない

珍しいシュペートブルグンダー(=ピノノワール)100%の辛口白

たしか昔はシュペトレーゼのトロッケン(辛口)と表記がありましたが、今は裏ラベルが輸入元シールで見えない

ステンレスタンク醗酵&熟成

ビオロジック栽培、自然酵母を使用

年間生産量:10,000本程度

黒ブドウのシュペートブルグンダーから造られた辛口の白ワイン。マイルドでフレッシュな酸味が特徴です。

’04 リアルワインガイド11号にて高評価される!

’04’05が、好評でした!


斬新な発想でドイツワイン界に新風を吹き込む作り手!

ヴァイングート・テッシュの設立は1723年。以来、テッシュ一族により代々受け継がれてきた家族経営のワイナリーです。

300年近くの長い歴史を持つワイナリーですが、その趣きは1997年に12代目のオーナーとなったマルティン・テッシュ氏の登場により一変します。伝統を重んじるワイン造りをそのまま踏襲することなく、自身の感性に従って、パッケージやロゴの変更だけでなく、畑のほとんどすべてをリースリングのみに縮小するなど、まさに“型破り”ともいえる方法で次々と新しい試みを実践していきます。

その信念の核となっているのが、「辛口に特化したワイン造り」。

ワイン造りにおいては最低限の介入を心がけ「補糖なし、樽なし、補酸なし」のストレートな醸造を全てのラインナップで貫いています。


■学者として活躍

長い歴史を持つワイナリーに生まれたマルティン・テッシュ氏ですが、意外なことに初めからワイナリーを継ぐ意思があった訳ではないと言います。家族の中でも少し変わっていた、というマルティンは15歳で実家を出て微生物学者の博士号を修め、研究者として企業でも活躍します(日本の味の素の世界的なプロジェクトにも参加していたそうです)。


■ワイン造りへ回帰

実家の仕事で慣れていたワインの仕事には学生時代のアルバイトとして関わりを続けていましたが、研究者として過ごしていたある日、もっと情熱を傾けられるものは何かという考えを抱きます。その時念頭に浮かんだのがワイン造りでした。一旦は実家を離れたものの、地質学や微生物学を修めたマルティンにとって「自分でもワインが造れるかもしれない」と考えたことは自然なことでした。


3/18(水)アップ~蔵出しヴィニョー・シュヴロー’18キュヴェ・シレックス

蔵出しヴィニョー・シュヴロー’18クロ・ド・ルージュモン

1995年からずっとビオディナミ

熟した果実と凝縮したエキス感、同時に酸もしっかりでミネラル量、バランスと余韻も秀逸!








 





Domaine Vigneau-Chevreau, Vouvray Cuvee Silex Sec '18

ドメーヌ・ヴィニョー・シュヴロー、ヴーヴレ・キュヴェ・シレックス・セック’18

(ロワール・辛口白)


税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン95点!!!
(2019~2023年)
Jane Anson's top fine wines of 2019に選ばれる!!!

スペクテーター89点(2021~2026年)

Wine Enthusiast 88点


MVF(旧クラスマン)2020年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版15.5/20点

19本完売。ありがとうございました

「2020.2月初旬に飲みました。開けてすぐのワイン単体での美味しさが明らかに価格を超えてかなりのレベルにあり、大抵の食事と合わせると少し果実味が弱くなる?ように感じられてしまうかも。あくまで上品で緩くない蜜、擦りおろしたリンゴ、ミネラルなどの亜硫酸控えめのよい香り。旨みとミネラルたっぷりの熟してエキス感のある果実。質感もよく、ほのかな甘みは酸が低くないので、バランスよく杯が進む。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール13.5%
ABマーク、ユーロリーフあり!
手摘み

’16 ワイン&スピリッツ誌 94点!!!




Domaine Vigneau-Chevreau, Vouvray Clos de Rougemont Abbaye de Marmoutier Sec '18

ドメーヌ・ヴィニョー・シュヴロー、ヴーヴレ <クロ・ド・ルージュモン> アベイ・ド・マルムティエール・セック’18

(ロワール・辛口白)


税別¥2400

<売り切れ>

スペクテーター92点!(NOW~2028年)

すでにお客様から絶賛の声をいただいているワインです!

アルコール13%
ABマーク、ユーロリーフあり!




Domaine Vigneau-Chevreau, Vouvray Clos de Rougemont Abbaye de Marmoutier Sec '17

ドメーヌ・ヴィニョー・シュヴロー、ヴーヴレ <クロ・ド・ルージュモン> アベイ・ド・マルムティエール・セック’17

(ロワール・辛口白)


税別¥2400

<売り切れ>

「2019.2月下旬に飲みました。」




Domaine Vigneau-Chevreau, Vouvray Clos de Rougemont Abbaye de Marmoutier Sec '16

ドメーヌ・ヴィニョー・シュヴロー、ヴーヴレ <クロ・ド・ルージュモン> アベイ・ド・マルムティエール・セック’16

(ロワール・辛口白)


税別¥2400

<売り切れ>

スペクテーター92点!(NOW~2026年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!




Domaine Vigneau-Chevreau, Vouvray Clos de Rougemont Abbaye de Marmoutier Sec '15

ドメーヌ・ヴィニョー・シュヴロー、ヴーヴレ <クロ・ド・ルージュモン> アベイ・ド・マルムティエール・セック’15

(ロワール・辛口白)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!!!(2020~Cellar Selection!
さらに2017年度 セラーセレクションTOP 87/100位に選ばれる!)


スペクテーター・オンライン92点!(NOW~2022年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

211本完売!!!ありがとうございました

※このワインも今後、ドライ便はお勧めできません。

「2017.5月中旬に試飲しました。過去に何度か試飲していますが’15が今まででもっとも完成度が高かった。そもそも常においしいシュナンブランは探しているのですが、基準がラ・リュンヌなので、なかなかよいものを見つけられないという、、、明らかに昔よりも亜硫酸が少ない、でも揮発酸や酢酸もなく不快な要素や欠点のないトップノーズ~大成功した年のヴァン・ナチュール的な甘旨エキスの凝縮がありつつ、酸がしっかりなので(下位ヴーヴレ・セック’15よりもしっかりした酸!)あくまで美しく流れる辛口。ミネラルもしっかり、余韻も長く、この価格では滅多にお目にかかれない完成度の高さ!擦りおろした蜜リンゴ、ハーブ、ミネラルなどのよい香り。抜栓の次の日も非常においしい。まったく落ちない。 ※書き忘れ:アフターに旨塩ミネラルもたっぷりです!」

アルコール12.5%

シュナンブラン100%

平均樹齢23年

粘土石灰質土壌

醗酵:オーク樽醗酵(500リットル、新樽比率5%)

熟成:ステンレスタンク熟成

1995年からビオディナミでブドウ栽培を続けるヴーヴレのドメーヌ。煮詰めたリンゴやジャスミン、蜂蜜を連想させる香り。果実の旨味の中にミネラル感がしっかりと生きたワインです。


単一畑:クロ・ルージュモン
「ヴーヴレ」のアペラシオンの中で最古のクロ
(石垣で囲まれた畑)
『 マルムティエール修道院 』がこの地域で最初にシュナン・ブランの栽培を始めた場所でもあります



カーヴィストがわざわざ足を運んで買い付けに来るほど旨い!

ドメーヌの設立は1875年。以来5世代に亘りヴーヴレの中心にワイナリーを構え、ワイン造りを続けてきました。もともと2haだった所有畑は今では13haに増え、時代に沿った改革を代々続け品質の優れたワインを造り続けてきた結果、今でもヴーヴレのワイン発祥の地である「マルムティエ大修道院」の歴史ある畑から造られるワインを楽しむことが出来るのです。


■マルムティエ大修道院

2世紀の初め頃、マルムティエ大修道院はは西ヨーロッパでも最大の修道院の一つでした。諸国の王様や法王たちがマルムティエを訪れてはロワール渓谷の丘に広がるブドウ畑に囲まれて聖マルティヌス(ワインの守護聖人として知られる)のワインを飲んでいたとされています。その後1789年のフランス革命によりマルムティエ大修道院は破壊され、衰退の一途をたどります。啓蒙時代の到来と新しい時代の幕開けの後、19世紀後半にはフィロキセラがこの地を襲い、聖マルティヌスのワインは完全なる終焉を迎え、世間から忘れ去られていったのでした。

その後、修道院は200年ほど世間から忘れ去られていましたが、トゥーレーヌのワイン組合とトゥールの町一体で協働し、もう一度この歴史ある地に光を当てようと活動を始めます。ドメーヌ・シュヴローもその取り組みに参加し、クロ・ド・ルージュモンの畑を50年間借りる権利を与えられます。ワイナリーはこの歴史的価値のある畑で良質なワインを作ることを目標に掲げ、1995年にブドウ樹の植え替え、同時にビオディナミ栽培を始めました。丘の片側には1,600株の接ぎ木なしのブドウ樹と、その反対には10,000株の接ぎ木したブドウ樹を植え、最高のブドウ樹を最高の土壌に当てます。

現在はクリストフ、ステファンの兄弟が、信じられないほ価格で高品質のヴーヴレを造り上げています。リリース量の55%は、ドメーヌ直販売と、ヴーヴレの中では異例。その品質の高さから、フランス国内のレストラン(オーベルジュ・ド・レリダン、シャルル・バリエ、シャトー・ボーリュなど)やカーヴィストがわざわざ直接足を運んでまで買いに来るそうですが、生産量が追いつかず入手困難なワイナリーです。

テロワールの魅力を引き出す

ワイナリーでは代々自然な栽培を実践してきましたが、1995年に全ての畑でビオディナミに移行しました。そうすることで、より土地が持つ魅力をワインに写し取ることができると考えています。

ABマーク、ユーロリーフあり!


3/18(水)アップ~蔵出しPMGシリーズ

2/28(金)アップ~ペドロ・パッラ’17イマヒナドール再入荷

1/29(水)アップ~蔵出しクロ・デ・フ’14グールムと’15カウケニーナ

クロ・デ・フ’16アレナリアと’16プール・マ・ギュール

さらにペドロ・パッラ自身のドメーヌ!

やはり最新評価が凄いことになりました~!




























 



2018.4月下旬にご来店いただきました~!!!
その後、白石区のおいしくフランスのビストロのような雰囲気も良い
『 BISTROT PETITE REGION (ビストロ・プティット・レジョン) 』さまで一緒に食事するチャンスに恵まれまして、さらに理解が深まりました。ペドロ・パッラさん人間的にもいい人で楽しかったです。
話がすごくて写真撮っておりません。最後は時間もおしていた(笑)

コント・リジェ・べレールで働いたのち、あらゆる国で大活躍!
ムルソーのドメーヌ・ルーロのコンサルタントも!地質学の権威でもあり、繊細な味わいとミネラルを理解できる日本を大切なマーケットと考えてくれております。
ご本人が新樽と強い抽出が嫌いで、黒い実の果実よりも赤い実の果実の方を好む。その上、冷涼な畑でビオロジックによる
英語でのテイスティング・コメント上の『 テンション 』を重要視している。

ミッシェル・ラファルジュとミュニュレ・ジブール、エンビナーテ(スペイン)が大好きで
おいしいと思ったら女性生産者(醸造家)だったということも増えているようで、そこも当店と好みが似ているかも

地味に凄い情報:ペドロ・パッラさん曰く、
DIAM コルク採用ボトルは、横に寝かせて保存する必要がないそうです。
’17ヴィンテージくらいから採用決定。
現在流通しているワインにはごく一部のみ採用中。

無灌漑で自根であることよりも、畑の地質と場所の方がより重要と言っておられました。

どうりで昔のチリのイメージを完全に覆すバランス感なわけですね。その上、全ワインが大幅に価格を超える繊細・高貴系。逆にチリのまだ無名な畑主体であるために実現できているだけの実は価格と全然合っていない高品質。お安くおいしいワインを飲みたければ本当にもう先入観は捨てるべき。

今ではもう注目されてしまっているイタタ・ヴァレーに最初に目を付けたのは
ペドロ・パッラさんとレジェンド故マルセル・ラピエール氏!!!
さすが才能ある方は違う!



スターレーン、グラハム・ベック、セレシン・エステイトなどを発掘して大ブレイクさせた凄腕ニューワールド・バイヤー(女性)による超おすすめ品です!

特に新着のアレナリアに関しては『 背筋が、ゾクゾクっとするくらい素晴らしい品質で、酸もまったく低くない!熟成も可能 』とのことです。

デカンター誌絶賛のテロワリストが造るスーパープレミアム・チリ産ピノノワール!

TOCAO’13が、ジェームス・サックリング 2016年度TOP100入り、
リアルワインガイドの表紙のワインとなるなど評価も上がってきております!





デカンター誌パワーリスト50に2009、2011、2013年と3回も選ばれた!
クロ・デ・フのペドロ・パッラ自身のドメーヌ
無農薬・無灌漑・ほぼすべて自根

USの人気ワイン・コラム the guardian でも高評価される!


より詳しく知りたい方は、輸入元HPこちらをクリック


http://mot-wine.mottox.co.jp/winery/publish/html/1607.html




Clos des Fous, PMG Cabernet Sauvignon '18

クロ・デ・フ、PMG カベルネソーヴィニヨン’18

(チリ・辛口赤)


税別¥1300

<あと10本>絶対おすすめ!
初入荷の新アイテム!

50本完売。

「2019.9月下旬に飲みました。マウレヴァレーなのでいつもの冷涼な南チリではないのですが、それでも涼しげでバランスがよく、果実味は豊かだが、アフターは重くなく酸が低すぎず、タンニンの質が非常によく杯が進むタイプのカベルネ。甘い桃のニュアンスがあり、甘旨感も出ている。安っぽさがなく、無理に濃く造ってもいない新時代のデイリーワイン。抜栓の3日後まで非常においしい」

カベルネソーヴィニヨン100%

マウレヴァレー、カウケネスDO

花崗岩と玄武岩の沖積土壌

ステンレスタンク醗酵~熟成

PMG = プール・マ・ギュールの略
(醸造家が自家消費費用に造る特別な日常ワインを指します。)

日本のリクエストを受け、プロにもワイン愛好家にも喜ばれる味わいを目指し、品種に合わせて畑を厳選。品種ごとに単一農家と契約を結び、2ヘクタール程の小さな畑からとれる良質なブドウを丁寧に醸造します。




Pedro Parra y Familia, Imaginador '17

ペドロ・パッラ・イ・ファミリア、イマヒナドール’17

(チリ・辛口赤)


税別¥2100

<あと6本>絶対おすすめ!

パーカー93点!!!
(2018~2023年、ワイン・アドヴォケイト239号)


ティム・アトキン93点!!!

ワイン&スピリッツ誌 92点!!!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

42本以上完売。

「2019.4月初旬に試飲しました。トップノーズはごくわずかに還元しているが、それでもうまみとミネラルの強さを連想させる赤い実果実香で、味わいはすでにかなり開いており、旨味とミネラルが口中に広がるエレガント&ミネラリーな味わい。一部、全房発酵の複雑なニュアンスがあるが酸は低くないしタンニンの質は極めてよく、『ごく近年のオーストラリアに多い全房発酵で風味は濃密になっているがアフターに嫌な青臭い戻り香が残るもの』とは段違いのおいしさでアフターの最後もあくまでナチュラル。やっぱりペドロ・パッラさんやシャルル・ラショー氏や栗山朋子女史のような全房発酵の達人は本当の実力派なんだなぁ~としみじみ感じます」

サンソー90%、パイス8%、カリニャン2%

樹齢65年!!!

全房発酵も使いつつ薫り高くエレガント&ミネラリーに仕上げてきます!




Pedro Parra y Familia, Imaginador '16

ペドロ・パッラ・イ・ファミリア、イマヒナドール’16

(チリ・辛口赤)


期間限定超特価・税別¥1900



税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド最新63号 90・90+点!(今~2038年)

最新デカンター・オンライン91点!(2018~2023年)

ジェームス・サックリン90点

SAKURA Japan Women's Wine Award 2018 シルバー 受賞!

66本完売!ありがとうございました

「2018.8月下旬に再度試飲しました。」



「2018.4月下旬に飲みました。各メディアで大絶賛され、実際に素晴らしかった’15と同レベルの素晴らしさ。抜栓直後のクセがまったくなくなり、口に含むとやはり圧倒的に素晴らしい!¥4000以上のブルゴーニュを連想させる冷涼な畑でフィネスのある味わいなので温度は上げ過ぎない方がおいしい。ピノノワールのような酸とうまみとミネラル、アフターの伸び方。うまみの広がり方が特にブルゴーニュ的。アルコールの浮きは当然ゼロで、アルコール低めに感じる」

‘16(基本的に毎年少しブレンド比率変わります)
サンソー 90%、パイス8%、カリニャン 2%
イタタ・ヴァレー




Pedro Parra y Familia, Imaginador '15

ペドロ・パッラ・イ・ファミリア、イマヒナドール’15

(チリ・辛口赤)


税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷すると’16に移行致します。

パーカー92点!(2017~2021年、ワイン・アドヴォケイト230号)

2016PUNCH Hot 25に選ばれる!
 ↑
ワイン・ライターのジョン・ボネ氏
同様に先日ドメーヌ・ベルトー’14、シャントレーヴなども絶賛されました!

ジャンシス・ロビンソン高評価!

WINE WHAT!?誌 にて高評価される!

「2017.7月上旬に再度試飲しました。」



「2017.4月上旬に再度試飲しました。やはり抜栓直後の香りだけ少しクセがあるものの、口に含むと圧倒的に素晴らしい!¥4000以上のブルゴーニュを連想させる冷涼な畑でフィネスのある味わいなので温度は上げ過ぎない方がおいしい。ピノノワールのような酸とうまみとミネラル、アフターの伸び方。すごいぞ!」



「2017.1月下旬に飲みました。予想通り明らかに冷涼な畑で有機栽培のブドウという香りと味わい。そして優れた造り手がこの条件でサンソーを造るとわりとピノノワールっぽい雰囲気になることがあるがやっぱりそうでした。抜栓直後のみトップノーズのスパイス香にごくわずかなクセがありますが、時間とともにエキスとミネラルたっぷりのイチゴ香が主体となってゆく。無駄な重さはなく、うまみエキスが多く、ほのかな甘みと旨みの相乗効果があり、低くない酸が甘酸っぱく飲み飽きないバランスを表現、タンニンは丸く、しっかりした縦ラインでアフターに酸とミネラルが伸びまくり!アフターに残るミネラル量は昔のチリのイメージからすれば信じられないほど!抜栓の2日後まで少しずつ向上してゆく。まったく飲み飽きないし、洋食系なら幅広く合いそう。デイリーワインのレベルを明らかに超えている」

アルコール14%

ブルーベリーや新鮮なチェリー系のアロマ。軽やかなスパイス感やアーシーな要素も現れ、引き締まった酸と共に長く余韻に残ります。ミネラル感やタンニンのテクスチャーが印象的。
(輸入元さんコメント)

サンソー 77%、カリニャン 23%

ビオディナミ / ビオロジック

醗酵:ステンレスタンク
熟成:ステンレスタンク&コンクリートタンク1年

年間生産量:
7800本

栽培面積:
2ha

樹齢65年!!!

土壌:
赤い酸化した花崗岩質土壌

品質分類・原産地呼称:
赤ワイン イタタ・ヴァレーD.O.

15年間のコンサルティング業を経験する中で、フランスのように“息子や娘と一緒に育てていく”そんなワインを造ることを大きな目標としてきました。そして2015年待望の自身のドメーヌを設立。世界各国の土壌を見てきたパッラ氏が、最後に選んだのが生まれ育ったチリ南部、冷涼なコンセプション近隣の沿岸部、無灌漑・無農薬で育てられてきた古木が残るビオ・ビオ、イタタ、カウケネスの沿岸部でした。3億2千年前の石英が多くまれた花崗岩質土壌と冷涼な気候、古木の存在。パッラ氏が理想とするテロワールがそこにはありました。チリ南部の田舎町、長年に亘る大手資本の搾取やパルプ産業による植林から、200年もの間、大切に畑を守り続けた勇敢なヴィニェロン達の功績を称え、また彼らを守る事をライフワークとしワイン造りを行います。

2001年 パリ国立農業研究所(2001-2004)で博士号を取得

2004年 チリへ帰国

2008年 テロワールプロジェクトを始動

2015年 ペドロ・パッラ・イ・ファミリア設立





Clos des Fous, Wurm '14

クロ・デ・フ、グールム’14

(チリ・カチャポアルヴァレーDO・辛口赤)


税別¥4200

<あと1本>絶対おすすめ!

ジェームス・サックリング 92点!

前ヴィンテージ’13が
お客様から絶賛の声をかなり数多くいただきましたワインです!
『 1万円の味だった!すごい!!! 』
『 言われた通り絶対に外さないワインだった! 』などなど

「2020.1月下旬に飲みました。濃いルビー色。桃のコンポート、ガトーショコラ、ドライフルーツ気味の黒い実の果実→時間とともにレーズンバターに変化。甘苦系スパイス、うっすらヴァニラなどのインパクトのあるよい香り。噛めるような豊かな果実味とエキスで、アタックはほんのり甘いが、アフターは酸とミネラルとキメ細かなほろ苦いコクのタンニンで引き締めて甘さとクドさとても控えめ。アルコールの高さも気にならなくてバランスは全然悪くない。抜栓の次の日も非常においしい。ヴァニラの香りが消えて、ブルーベリーとほのかなヨードが出た。桃のコンポート香はあいかわらずずっとある」

アルコール15.5%

’14は、カベルネソーヴィニヨン 76%、マルベック 8%、プティ・シラー8%、カリニャン8%

樹齢22~102年!

醗酵:ステンレスタンク(天然酵母)
熟成:フレンチオーク樽 24カ月新樽比率(33%)

’14の生産量:わずか1,470本!
(春先の霜で生産量大幅減、、、)




Clos des Fous, Wurm '13

クロ・デ・フ、グールム’13

(チリ・カチャポアルヴァレー・辛口赤)


税別¥4200

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー93点!(2017~2022年、ワイン・アドヴォケイト230号)

ジェームス・サックリング 93点!


ジャパン・ワイン・チャレンジ2017年 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 1万円の味だった!すごい!!! 』
『 言われた通り絶対に外さないワインだった! 』などなど

47本以上完売!!!ありがとうございました

「2018.4月下旬に再度試飲しました。」



「2017.8月下旬に試飲しました。ジャミーではなく冷涼感があるのはもはや当然として、非常によく凝縮しつつも上質な酸とミネラルにより固さと重さがそれほどなく、バランスよくうまみを伴うほのかな甘さとすでに滑らかさも感じられる飲み頃NOW~。余韻が長く、説得力があり、スタッグスリープ・ディストリクトが好きな方にもおすすめ出来てしまうかも?ブルーベリー、魅惑的な甘い白桃、スパイス、溶け込みつつある樽などの深い香り。試飲後価格を見てイメージよりも大分お安く感じられた!」

アルコール%

ペドロ・パッラ氏が最高のカベルネを造るために選んだ畑!

標高640m!

地質:カチャポアル川の堆積物によって形成された沖積土

小石、礫主体で多くの砂質石灰岩を含む土壌でチリ・カベルネの名産地であるアパルタやアルト・マイポよりもフレッシュかつ、強く上質なミネラル感を表現できる

カベルネソーヴィニヨン 78%、マルベック 22%

樹齢22~102年!

醗酵:ステンレスタンク(天然酵母)
熟成:フレンチオーク樽 24カ月新樽比率(40%)

平均年間生産量:3,000本

エレガンスさ、力強さとの両面を持つカベルネで、口当たりは大変バランス感に優れ、丸みのある、それであって強固で甘いタンニンの官能的なミッドパレットを持ちます。 (輸入元さんコメント)





Clos des Fous, Pinot Noir Arenaria '16

クロ・デ・フ、ピノノワール・アレナリア’16

(チリ・アコンカグア・コスタD.O.・辛口赤)


税別¥4000

<あと5本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー94+点!!!
(2018~2022年、Luis Gutierrez、
ワイン・アドヴォケイト239号
~the 2016 Pucalan Arenaria Pinot Noir feels very Burgundian, subtle and elegant, with nicely integrated oak adding some spiciness. It's floral and subtle, with a nice mid-palate and a long finish. Impressive. It's only 13.5% alcohol and has great freshness. )

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
19本完売。

「2020.1月下旬に飲みました。紫色のない中程度のルビー色。熟した甘い桃と赤い実の果実、フルーツトマトの分厚いエキスを連想させるよい香り。ジャミーではない豊かな果実で、ほのかに甘いがクドさはなく、あくまで豊富な旨味の甘旨~わずかに甘苦さのあるコクのアフター。少し全房発酵のニュアンスとクリーミー感があり、おいしい飲み頃NOW~。酸とミネラルが低くなく、アルコールの浮きもゼロ。抜栓の次の日は’15とまるで違って甘苦さと緩さが少しも出ずに酸とミネラルが伸びて冷涼感が出た!かなりおいしい。抜栓の2日後には1万円のナチュラル系ピノノワール的なニュアンスが出て、今までで一番ナチュラルで複雑な味となった。今後さらに進化してゆくのだろうか?ますます目が離せないワインだ!」

アルコール14%

’16の生産量:わずか4,320本のみ
’16も新樽比率33%

古生代の海洋性由来の石灰質砂岩

アコンカグワの沿岸部でフレンチクローンから1万本の密植
828などディジョン・クローンでマサル・セレクション

4haから13の土壌別にベースワインを造り、アレナリア用樽厳選

『 ジャンシス・ロビンソンに「ブラボー!」と言わせた、最高評価のチリ産ピノ・ノワール(2015.4)石灰質砂岩由来の細やかなタンニンがチェリーやラズベリーのアロマと共に残ります。 (輸入元資料より) 』




Clos des Fous, Cauquenina '15

クロ・デ・フ、カウケニーナ’15

(チリ・マウレヴァレーD.O.・辛口赤)


税別¥1900

<売り切れ>

パーカー92点!(2018~2021年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト239号)

ジェームス・サックリング 93点!!!


カリニャン 33%、プティ・シラー 11%、シラー 10.3%、ボルトゥゲ・ブル 9.8%、 マルベック 5.4%、パイス 25.5%、サンソー 5%
(※毎年ブレンド内容・比率が結構違います。)

古樽のみのフレンチオーク樽18カ月熟成

マウレヴァレー沿岸部の冷涼な地帯

樹齢60年!!!
無灌漑
で育った古樹!




Clos des Fous, Pour Ma Gueule '16

クロ・デ・フ、プールマギュール’16

(チリ・イタタヴァレー・辛口赤)

税別¥1350

<売り切れ>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン91点!!!(2018~2022年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

66本以上完売。ありがとうございました

「2019.2月下旬に飲みました。期待通りデイリーの枠を超えたほとんどよく出来たピノノワールという素晴らしいワインをまた造ってくれた!ただし’15よりも冷涼感は控えめで(おそらく気候条件よりも全房発酵比率を上げて酸が下がったため)トップノーズと中域に濃密感が出ている。昔の全房発酵ではなく、今の全房発酵。ちょっとニコル・ラマルシュさんの下位銘柄を連想させるようなピュアな赤い実の果実香があり、ほのかに甘い豊かな果実味、滑らかでやや複雑、よく溶け込んだタンニン。低めの温度でグルゴー二ュ・グラスがおすすめ。デイリーワインの価格帯が濃いだけでつまらないワインが多い時代は終わりつつあるのか?抜栓の次の日も非常においしい。温度を下げることや食事と合わせることで酸の低さは気にならなくなる。’15との違いも面白く、この価格でこんなにも楽しめる最強デイリーの一つ」

’16は、サンソー 79%、パイス 13%、カリニャン 8%

樹齢50年!!!
(スペインから最初にワイン用ブドウが持ち込まれ栽培が行われた歴史的な産地なので樹齢が高く、農薬や灌漑も使わず栽培されている!しかも冷涼な畑!)

細かな水晶を多く含む古生代の花崗岩土壌

醗酵:ステンレスタンク
熟成:88%ステンレスタンク、12%フレンチオーク樽熟成 12ヶ月間(新樽比率50%)

プール・マ・ギュールとはブルゴーニュで使用される表現で、醸造家がプライベート用に造る特別なワイン。自家消費したくなるようなとっておきのイタタブレンドをお楽しみ下さい。


3/12(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ルー・デュモン’17とメゾン・ルー・デュモン’17

’17もリアルワインガイド69号にて絶賛される!
近年、少しずつ進化しております!発酵や樽も変えています。

貴重な自社畑100%のドメーヌもの入荷!!!


リアルワインガイド69号、65号、61号、57号にて高評価される!

















 







※ついにNHK『 プロフェッショナル仕事の流儀 』に
NHK総合 2018年 18日(月)
仲田さんが出ました!!!




2018.1.22(月)仲田さん来札にて再びお会いできました!


2016.1.25(月)仲田さん来札にて再びお会いできました!

少し質感が変わってきた&おいしくなってきたと感じていろいろ聞いてみました。

全房発酵比率を少しずつ増やしている。有機栽培やビオディナミのブドウを使用する比率が増えてきている。仲田さん自身の好みも年齢とともに重すぎないエレガントでナチュラルなものに変わってきているということも理由の一つのようです。。そして奥様(ジェ・ファさん)が韓国の方であることもあり、韓国への輸出も多く大変な人気だそうで、今後自社畑をさらに買えるといいですね!



2014.12.1(月)仲田さん来札にてやっとお会いできました!

’11の出来がとてもよく、ヴィンテージのマイナス面がまったく感じられませんでした。ブルゴーニュでの栽培者等との信頼関係もまったく問題ないようです

’11は生産量例年の約20%減

’12は生産量例年の約40%減

リアルワインガイド49号にて’12が高評価される!

リアルワインガイド45号にて’11が高評価される!

ブドウ買いのネゴシアンもの(オレンジラベル)は、基本的に毎年同じ畑(区画)のブドウを購入している

先日ご来店いただきました韓国のお客様曰く、
『 ルー・デュモンは、韓国でも人気があり非常に有名だ。何度も飲んだことがある。おいしいよね! 』
とのことでした。嬉しいですね

’12から急に輸入元さんの在庫の動きが早くなっております!

’16は生産量が減り過ぎてドメーヌもののアリゴテを造れなかったそうです、、、




Domaine Lou Dumont, Marsannay Rose En Leautier '18

ドメーヌ・ルー・デュモン、マルサネ・ロゼ・アン・ローティエ’18

(ブルゴーニュ・辛口・ロゼ)


税別¥7500

<あと2本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
他のルー・デュモンを2本以上お買い求めくださいませ。
すべての値引き対象外となります。

まさにテレビNHK『 プロフェッショナル仕事の流儀 』で話題となった
最後にロゼとして仕上げることを英断した銘柄です!!!

’18もロゼとなりました。’19からは赤ワインとなる可能性が高いので、
ロゼはこれが最後かもしれないとのことです。




Domaine Lou Dumont, Marsannay Rose En Leautier '17

ドメーヌ・ルー・デュモン、マルサネ・ロゼ・アン・ローティエ’17

(ブルゴーニュ・辛口・ロゼ)


税別¥7700

<売り切れ>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
他のルー・デュモンを2本以上お買い求めくださいませ。
すべての値引き対象外となります。

アルコール12.5%

まさにテレビNHK『 プロフェッショナル仕事の流儀 』で話題となった
最後にロゼとして仕上げることを英断した銘柄です!!!
’18からは赤ワインとしてのリリースが濃厚

ドメーヌものですので、マルサネ・アン・コンブロー・ルージュとは違う畑です。

ユーロリーフあり!

2016年12月に購入した自社畑「アン・ローティエ」のピノ・ノワール100%。0.43ha。1983年植樹。前オーナー時代の2005年よりビオロジー栽培を開始し、2017年に「ビュロー・ヴェリタス」の認証を取得。収穫量30hl/ha。除梗率50%。4時間マセラシオンさせた後に圧搾し、天然酵母のみで発酵させたロゼワイン。3分の2をステンレスタンクで、3分の1をルソー社製サントル森産の新樽100%で6ヶ月間熟成。





Domaine Lou Dumont, Gevrey-Chambertin La Brunelle 2017

ドメーヌ・ルー・デュモン、ジュヴレ・シャンベルタン ラ・ブリュネル’17
+ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’17


税別¥17900

<売り切れ>幻の超限定品!
初入荷!

※このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。。
すべての値引き対象外となります。

メゾンの敷地内にある0.1haの自社畑より。2012年に植樹。
「ビュロー・ヴェリタス」の認証を受けたビオロジック(有機)栽培。
収穫量23hl/ha。天然酵母のみで発酵(一部、一次発酵も樽内)。
シャサン社製「グラン・ファン」の新樽100%。
無清澄、ノンフィルターでビン詰め。




ドメーヌ・ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュVV’17

税別¥6000

<あと6本>超限定品!

※メゾンもの(ただのルー・デュモン)と最低でも1:1以上となるように同時にお買い求めくださいませ。
すべての値引き対象外となります。

2012年より即ビオロジック栽培を開始(2016年に「ビュロー・ヴェリタス」認証取得済み)。

’17は、全房発酵比率50%




Lou Dumont, Echezeaux 2017

ルー・デュモン、エシェゾー’17

特価・税別¥24000



輸入元定価・税別¥28,800

<あと2本>超限定品!
初入荷!

今、人気と知名度のあるコートドニュイ特級畑のブドウを売ってもらえるということだけでも凄いことかもしれませんね。

「エシェゾー・デュ・ドシュ」より。平均年齢35年。収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵。シャサン社製「グラン・ファン」の新樽で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め




ルー・デュモン、シャルム・シャンベルタン’17

お試し超特価・税別¥22000



輸入元定価・税別¥28,800

<あと4本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

リアルワインガイド69号 94・95点!!!
(今~2045年)





ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’17

税別¥5900

<あと15本>絶対おすすめ!

※あと1回だけ入荷が決まっております!

「2020.3月中旬に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。控えめな樽のコーヒー、赤い実果実のタルト、胡椒、ミネラル、少し花などの香り。果実味もコクもあり、ちょうどよい酸でどこも尖っていないが、タンニンだけまだわずかに固い。昔よりもうまみとミネラルの量が多く広がりと伸びもありすでに充分おいしい飲み頃NOW~。緩くなく、余韻も長め。ジャン・ルイ・トラぺさんほどではないにしても少し白ワイン的な要素を含み、酸とミネラルの質がよい。時間とともに少し柔らかくなってうまみが増す。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい。抜栓の3日後もおいしい」

アルコール13%

近年ある意味これが一番おいしいと思います。




ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’16

税別¥5800

<あと1本>超限定品!

ある意味これが一番おいしいと思います。

樽など変わっています
天然酵母のみで発酵(一部、一次発酵も樽内)。シャサン社製「グラン・ファン」の新樽50%、カヴァン社製ジュピーユ森産の1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成。




ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’15

税別¥5800

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド61号 91・91+点(今~2038年)

※再入荷不可能!

「2018.4月末に飲みました。ニュイサンジョルジュVV’15と同時に飲み比べました。こちらは飲み頃NOW~で日本人がシャンボールミュジニィに求める要素がたくさん含まれているワインで、香りよく、やわらかく上品な味わい。’15でも例年とさほど変わらないバランス。まったくジャミーではないほのかな甘みがありつつあくまで上品。果実味豊かで、すごい量のうまみがすでにあり、少し鉄分と塩分も感じるようなしっかりしたミネラルと酸による縦伸びも感じられる。紫色の強くない中程度のルビー色。コーヒー、焼き栗、赤い実と黒い実の果実、スパイスなどのクリーミーさもあるすでに開いたよい香り。数年前まではここの樽のコーヒー香があまり好きではなかったのですが、今では昔より樽が弱く感じられる分、ピュアさとナチュラル感があり、重くはないが濃密感はあり、とてもキメ細かなタンニン。温度は上げ過ぎないほうがおいしい。抜栓の次の日には香りが香水系に発展して、味わいもうまみのグランクリュ的心地よさ。抜栓の2日後まで非常においしい。華やかうまみ~。珍しく当店社長も絶賛!試飲後、大量に買うつもりだったのに全然買えなかった、、、」

アルコール13%




ルー・デュモン、フィサン’17

税別¥5000

<あと4本>




Lou Dumont, Marsannay Rouge BIO '17

ルー・デュモン、マルサネ・ルージュ・ビオ’17

税別¥5200

<あと1本>超限定品!

何故かこの銘柄に人気が集中したようで、輸入元さんで一瞬で完売!

クシェ村の区画「オー・ポテ」より、「ビュロー・ヴェリタス」の認証を受けたビオロジック(有機)栽培ぶどうのみを使用。
平均樹齢30年。収穫量10hl/ha。天然酵母のみで発酵。
シャサン社製「グラン・ファン」の新樽50%、同1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成(新樽分はすべて、一次発酵も樽内で行いました)。
無清澄、ノンフィルターでビン詰め。





ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ブラン’16(辛口白)

税別¥3300

<あと3本>限定品!

ムルソー村内のACブルゴーニュ40%、ピュリニー村内のACブルゴーニュ20%、ACオート・コート・ド・ボーヌ40%のブレンド。

平均樹齢30年。収穫量40l/ha。天然酵母のみを使用し、樽で一次発酵、マロ発酵。セガン・モロー社製サントル森産の新樽40%、ベルトミュー社製ネヴェール森産の1~3回使用樽60%で18ヶ月間樽熟成した「本気印」のブルゴーニュ・ブランです。




ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税別¥3300

<あと6本>限定品!

中身も樽も変わっています
ニュイ・サン・ジョルジュ村内のACブルゴーニュが約58%、ビオディナミによるメルキュレー村内のACブルゴーニュが約20%、自社畑もの(「Bourgogne Rouge Vieilles Vignes」)が約2%、残りの約20%はAOCジュヴレ・シャンベルタン及びACオート・コート・ド・ニュイを格下げしてブレンドしています。平均樹齢30年以上。収穫量35hl/ha。天然酵母のみで発酵。
フランソワ社製サントル森産(4年間天日干し物)の新樽率20%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。





ルー・デュモン、コルトンシャルルマーニュ’15(辛口白)

税別¥17000

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

リアルワインガイド61号 92+・94点(2020~2045年)





ルー・デュモン、ジュヴレシャンベルタン’16

税別¥7400

<あと7本>超限定品!

区画や樹齢は同じで樽は変えたようです
カヴァン社製ジュピーユ森産の新樽50%、同社製同森産の1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成(新樽分はすべて、一次発酵も樽内で行いました)。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。





ルー・デュモン、ムルソー・ブラン’14(辛口白)

税別¥7800

<あと16本>絶対おすすめ!
限定品!

※近年人気が高くなりすぎていつでも買えるワインではなくなりました。

リアルワインガイド57号にて絶賛される!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

2年以上経過しておいしくなっているはず!



「2018.1月下旬に試飲しました。’13よりもさらにアフターのミネラル感が強く、香りもにキラキラ感さえあり、はっきりと縦に伸びる、緩みのないくっきりアフター。果実味自体も’13より少し強い。新樽比率を低くしたことと有機栽培のブドウが増えたこともあるのだろうと、仲田さんに直接聞いてみましたが、一番の要因は、この畑(銘柄)に関しては3~4年前までは完熟と凝縮を重視していたところを今では酸とミネラルを重視して栽培の段階から微調整を行い収穫も斜面上部のブドウを主体に考えているそうです。<※新樽比率は全く変えていないそうです。→それでもこれほどの違いが出るのですね!>アタックのインパクトと厚みは昔のほうがありましたが、今のほうがルイ・カリヨンのピュリニー1級コンベット的方向性の骨格とミネラルと熟成した後の美しく複雑な姿を予想出来て楽しい。今やっと飲み頃の入口にさしかかったばかりの時期。今後かなり向上すると思う。冷やし過ぎないほうがおいしい」

アルコール13%

安倍晋三首相とシンガポール共和国のリー・シェンロン首相との首脳会談後の昼食会でこの銘柄が飲まれたそうです



ルー・デュモン、コルトン・シャルルマーニュ’16(辛口白)

特価・税別¥16000

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド65号 92・93点(2021~2048年)



ルー・デュモン、コルトン・シャルルマーニュ’14(辛口白)

税別¥16000

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド57号 91・93点(2020~2040年)

平均樹齢40年。収穫量35hl/ha。天然酵母のみを使用し、樽で一次発酵、マロ発酵。セガン・モロー社製センター森産の新樽100%で18ヶ月間樽熟成。ノンフィルターでビン詰め。


3/12(木)アップ~蔵出しフォンテーヌ・ガニャール’17ブルゴーニュ・ルージュ

意外にも赤の品質が、予想をはるかに超えるものでした!長く寝かせると白の方がより大化けします!





 

 

 




熟成前早期酸化劣化を防ぐためにも
高価で上質なコルクを採用している!


※すべてコンディション抜群&入手難のフィネス輸入ものです!

昔シャサーニュモンラッシェの赤ワインは、ブルゴーニュでもっとも人気のない銘柄のひとつでしたが、現在主流となっているエレガント&ミネラリーでうまみ溢れるフィネスを重視したスタイルにぴったり合う個性のものが多く、造りの変化を含め時代に合ってきた感があります。ただ軽く薄い飲み飽きるものもまだ存在しますが、ここのドメーヌはうまみと肉づき、ポテンシャルもあり、最高レベルの品質ですので、ぜひ1度お試しくださいませ!

 



フォンテーヌ・ガニャール、ブルゴーニュ・パストゥグラン’17(辛口赤)

税別¥2700

<あと19本>おすすめ!
限定品!

バーガウンド・コム 86点

「2019.11月上旬に飲みました。トップノーズは明らかに価格とクラスを超えた赤い実の果実、トマト煮込み、梅シソ、胡椒。味は果実が若干穏やかなのでよりキレイな酸がフォーカスされ、よい酸味で杯が進む甘酸っぱさがありおいしい。豊かな果実と重さを求める場合の選択肢にはならないがよいワイン。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしいが、昨日が一番おいしかった」

アルコール12%

シャサーニュモンラッシェ村の東にある『 Les Saugeots (レ・ソージョ) 』という区画にある樹齢約45年のピノノワールとガメが一緒に植えられています。ブレンド比率は50%ずつで最初から混ぜて醸造。醸造方法は基本的に他の赤ワインと同じですが、フレッシュな果実味を活かすために新樽は使わず旧樽のみで熟成。

色調淡くチャーミングな果実味と酸味、軽やかでバランスよく飲みやすい味わい。ブルゴーニュ・ルージュ同様、パストゥグランとしては高いレベルの造りになっています。




フォンテーヌ・ガニャール、ブルゴーニュ・ルージュ’17(辛口赤)

税別¥3700

<あと34本>絶対おすすめ!
超限定品!

バーガウンド・コム 86点

「2020.3月上旬に飲みました。まだ少し固く旨みと華やかさが隠れているので飲み頃は2021.秋~という感じですが、相変わらず素晴らしいトップノーズで少し艶と複雑性がある赤い実の果実に胡椒やミネラル、ごくわずかにヴァニラの香りが混ざり合う。流石ジョルジュ・ルーミエやJFミュニエ好きのお客様達からも絶賛の声が多いブルゴーニュ・ルージュ。当然樽は控えめで、コンディション抜群で美しい質の酸もちょうどよく、ミネラルも低くない。抜栓の次の日も非常においしい。少しだけ向上。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール12.5%

毎年大人気!




フォンテーヌ・ガニャール、バタール・モンラッシェ’17(辛口白)

税別¥33000

<あと2本>超限定品!

デカンター・オンライン95点!
(2021~2027年、ティム・アトキン)

パーカー95点!(William Kelley)

VINOUS 93~95点!

バーガウンド・コム 95点!!!





フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・ラ・ブードリオット’17(辛口白)

税別¥9800

<あと2本>超限定品!

パーカー92点(William Kelley)

VINOUS 91~93点

バーガウンド・コム 92点!(Sweet Spot Outstanding!)





フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・レ・ヴェルジェ’17(辛口白)

税別¥9800

<あと2本>超限定品!

デカンター・オンライン94点!!!(ティム・アトキン)

パーカー92点(William Kelley)

VINOUS 90~92点

バーガウンド・コム 90点






フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・レ・カイユレ’16(辛口白)

税別¥12500

<あと3本>超限定品!

パーカー92点(2019~2032年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 93点!(Sweet Spot Outstanding!)






フォンテーヌ・ガニャール、バタール・モンラッシェ’14(辛口白)

税別¥32000

<あと1本>超限定品!

パーカー95点!(2018~2038年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新インターナショナルワインセラー94点!

インターナショナルワインセラー92~94点

バーガウンド・コム 94点!





フォンテーヌ・ガニャール、クリオ・バタール・モンラッシェ’14(辛口白)

税別¥31000

<あと2本>超限定品!

パーカー94点(2017~2033年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

インターナショナルワインセラー90~93点

バーガウンド・コム 94点!






フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェ・ルージュ’13

(ハーフ・375ml・辛口赤)


税別¥3000

<あと10本>絶対おすすめ!

限定品!



フォンテーヌ・ガニャール、シャサーニュモンラッシェ・ルージュ’13(辛口赤)

特価・税別¥5400

<あと4本>絶対おすすめ!

フィネス輸入の限定品!

’12より少しだけお安くできました~!

リアルワインガイド62号にて絶賛される!88+・89+点(今~2033年)

パーカー88~90点(2017~2022年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト216号)

バーガウンド・コム 89点(Outstanding Top Value!)


32本完売!~※次が最後の再入荷となります!

3年以上経過してかなりおいしくなっているはず!



「2016.8月上旬にハーフ’13を飲みました。驚くほどおいしかった’12と同程度の素晴らしい品質。3人で飲んで全員絶賛でした!到着後当店セラー内で数ヶ月休ませたもの。抜栓直後から予想よりアフターのタンニン固くない飲み頃NOW~。紫色の弱いやや明るいルビー色。赤い実と黒い実の果実、トマト煮込み、胡椒などのスパイス、ミネラル、ほぼ溶け込んだ樽などのよい香り。あまり固くないが骨格は十分にあり、クラシックで上質な本格派。抜栓の次の日もおいしい。抜栓の2日後が一番おいしい!うまみ増してやわらかさもありさらにおいしくなった。そして同時にさわやかで上質な酸味。抜栓の3日後も非常においしい」

アルコール13%






フォンテーヌ・ガニャール、バタール・モンラッシェ’13(辛口白)

税別¥34000

<あと3本>超限定品!

パーカー94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト216号)
さらにRobert Parker Wine Advocate Reviewers' Choice: The 50 Best New Releases from 2015 に選ばれる!!!

インターナショナルワインセラー92~94点

バーガウンド・コム 94点!!!




フォンテーヌ・ガニャール、クリオ・バタール・モンラッシェ’13(辛口白)

税別¥33000

<あと3本>超限定品!

パーカー95点!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト216号)

インターナショナルワインセラー92+?点

バーガウンド・コム 93点!





 



3/12(木)アップ~蔵出しペリキータ’16


長い歴史の家族経営。驚きの広大な自社畑!



 



Jose Maria da Fonseca, Periquita Reserva 2016

ジョゼ・マリア・ダ・フォンセカ、ペリキータ レゼルバ 2016
(ポルトガル・辛口赤)


税別¥2400

<あと5本>

SAKURA Japan Women’s Wine Awards 2020 ダイヤモンド・トロフィー&ダブル・ゴールド受賞!!!

ファルスタッフ 91点

パーカー87点
(2019~2026年、ワイン・アドヴォケイト244号)

Wine Enthusiast 89点


輸入元さんで大人気の1本!

アルコール13%

バニラや黒い果実を思わせる複雑な香り、凝縮感のある味わいだがペリキータの特徴である柔らかさを持つ。味わいの深みに伝統を感じさせる。レゼルバはペリキータ オリジナルと比較してよりカステラン種の比率が高く、歴史的なペリキータの味わいを今に引き継ぐワイン。
(輸入元さんコメント)

カステラン52%、トウリガ・ナショナル33%、トウリガ・フランセーザ15%

土壌:砂質主体

発酵・マセラシオンは28℃で7日間行われ、樽熟成はフレンチ&アメリカンオークで8ヵ月間行われ、収穫の翌年の5月にボトリングされる。

生産地方
ペニンシュラ・デ・セトゥーバル
原産地呼称
IGP :ペニンシュラ・デ・セトゥーバル

ポルトガル3大酒精強化ワインに数えられるモスカテル・デ・セトゥーバル(1849年)、ポルトガルで最も歴史的なブランド ペリキータ(1850年)を生み出したメーカー。ジョゼ・マリア・ダ・フォンセカはポルトガルの首都リスボンから南にテージョ川を越えたセトゥーバルに位置し1834年創業以来、100%家族経営が続くワイナリー。現在、6代目のアントニオ・ソアレス・フランコが経営面、弟のドミンゴゴス・ソアレス・フランコがワイン造りを担当している。彼らの子供たち7代目も現在、会社経営に参画している。

自社畑は650ha。
ポルトガル最大の近代的な生産設備を誇る。一時に1000万本のワインを醸造できるヨーロッパでも屈指の最新鋭醸造設備。伝統のラガールや畑の区画に適合させるため数多くのサイズのタンクを擁する等、きめ細やかなワイン造りは大きいだけのセラーとは一線を画す存在。
(輸入元資料より)


3/12(木)アップ~特価クロ・デュ・マルキ’05’09

’05は、10年以上寝かせて大化けしたすごい複雑性!


蔵出し特価クロ・デュ・マルキ’08ハーフ

特価ラ・プティット・マルキーズ’16

クロ・デュ・マルキ’16





 




GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!





LA PETITE MARQUISE DU CLOS DU MARQUIS '16

ラ プティット マルキーズ デュ クロ デュ マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥4300

↑34%OFF!

輸入元定価・税別¥6,500

<あと8本>

ジェームス・サックリング 92~93点!!!

Wine Enthusiast 90点(2022~)

最新パーカー89点
(Lisa Perrotti-Brown、2018年11月試飲)

パーカー88~90点(2020~2030年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号、2017年4月試飲)

VINOUS 91点!(アントニオ・ガローニ)

デカンター・オンライン89点(2020~2034年)

ファルスタッフ 93点!!!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17.5/20点!!!

カベルネ ソーヴィニヨン 61%、メルロ 38%、カベルネ フラン 1%

メドック格付け第2級シャトー レオヴィル ラス カーズが所有している専用の区画のブドウから造られるクロ デュ マルキのセカンドラベル。ファーストヴィンテージは2015年。主に若木のブドウで、クロ デュ マルキよりメルロのブレンド比率が多いのが特徴です。バラ、プラム、チェリーのジャムのようなアロマ、ハーブやタバコのニュアンスがあり、果実味が広がり程よい酸が感じられるワインです。
(輸入元資料より)





CLOS DU MARQUIS DE CHATEAU LEOVILLE-LAS-CASES '16

クロ・デュ・マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥7200



当店通常価格・税別¥9600

<あと10本>

最新パーカー94点!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー93~95点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン92点
(~Very good quality!)

最新スペクテーター94点(2023~2038年)

スペクテーター93~96点!(バレル)

最新Wine Enthusiast 93点!(2023~、Editors'Choice!)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 94点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 94点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!

最新ジェームス・サックリン 95点!!!

ジェームス・サックリン 94~95点!

ジャンシス・ロビンソン16.5~17.5/20点!


Jeff Leve 93点!

MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17.5/20点

MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点

’16のデータ
CS73%、M24%、CF3%




CLOS DU MARQUIS DE CHATEAU LEOVILLE-LAS-CASES '08 demie

クロ・デュ・マルキ’08

(サンジュリアン・辛口赤・ハーフ・375ml)


特価・税別¥4100

↑30%OFF!

輸入元定価・税別¥5,800

<あと23本>絶対おすすめ!

ファインズ輸入の蔵出し正規品!

Wine Enthusiast 93点!!!
(Cellar Selection!、~good aging potential)

ジェームス・サックリング 92点!

デカンター・オンライン90点
(2019~2028年、2018年11月試飲)

スぺクテーター90点(2017年くらいまで)

最新パーカー89点(2011~2021年、
ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト194号)

最新VINOUS 90点(2018~2028年、
ニール・マーティン、2018年5月試飲)

VINOUS 90点
(ステファン・タンザー、2011年7月試飲)

VINOUS 89~91点
(Ian D'Agata、2009年5月試飲)

ファルスタッフ 92点!


Jeff Leve 90点

MVF(旧クラスマン)2012年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.12月初旬に飲みました。予想よりかなり凝縮感と骨格と深みがあり驚かされた!’05を飲んだ時にも似た凝縮感と深みをさらにお買い得価格で楽しめます。縁がまだオレンジがかっていない濃いガーネット。黒い実の果実、ベーコンの脂、鉛筆の芯、樽のロースト、スパイスなどの香り。力強く、コクとタンニンがありつつまろやかな深み。飲み頃NOW~まだまだ上り坂途中で長く熟成可能。アフターにはわずかに塩味のあるミネラル感まで感じられる。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13.5%

カベルネ ソーヴィニヨン 55%、メルロ 41%、カベルネ フラン 3%、プティ ヴェルド 1%

レオヴィル・ラス・カーズのセカンドラベルとしてリリースされましたが、2007年に新たに「プティ リヨン」というセカンドがリリースされ、現在は専用の区画から造られる別のワインとしての立ち位置となっています。
(輸入元資料より)





CLOS DU MARQUIS DE CHATEAU LEOVILLE-LAS-CASES '05

クロ・デュ・マルキ’05

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥12000



輸入元定価・税別¥16,500

<あと8本>絶対おすすめ!

スぺクテーター93点!(2012~)

最新パーカー91点(2011~2028年、
ワイン・アドヴォケイト176号、2008年4月試飲)

インターナショナルワインセラー90点(2008年5月試飲)

ファルスタッフ 92~94点!

ゴーミヨ誌18.5/20点!!!

Jeff Leve 91点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

52本完売!!!

「2017.8月下旬に試飲しました。10年経ってかなりおいしくなっているだろうなとハードルを上げて試飲しても、その予想を超えるくらいものすごくおいしく大化けしておりびっくり!久しぶりにボルドーで感激しちゃったなという。当たり前のことですがリリース直後と同じワインと思えない。かなりも味わいも相当に複雑。トリュフっぽい深みも出ていた気がする反則レベルの深み。5大シャトーのセカンド買うより安く高い満足度を得られる鉄板銘柄」

アルコール13%

’05は、2017年時点でワイナリー推奨1時間前くらいデキャンタ




CLOS DU MARQUIS DE CHATEAU LEOVILLE-LAS-CASES '11

クロ・デュ・マルキ’11

(サンジュリアン・辛口赤)


超特価・税別¥6090

<売り切れ>

スぺクテーター・オンライン91点(2017~2027年)

最新パーカー89+点(2014~2029年、
ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト212号)


インターナショナルワインセラー88+点(2014.7月試飲)
※あくまで3年半前時点での評価です。

最新Wine Enthusiast 93点!

ファルスタッフ 90点

MVF(旧クラスマン)2016年度版16/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版17/20点





CLOS DU MARQUIS DE CHATEAU LEOVILLE-LAS-CASES '09

クロ・デュ・マルキ’09

(サンジュリアン・辛口赤)


超特価・税別¥10000

<あと10本>

パーカー・オンライン94点!
(ニール・マーティン、2011年11月試飲)

パーカー・オンライン91~93点
(ニール・マーティン、2010年3月試飲)

パーカー93点(ワイン・アドヴォケイト199号)

パーカー91~93点
(2010~2035年、ワイン・アドヴォケイト188号)

最新インターナショナルワインセラー91点

インターナショナルワインセラー89~92点

スぺクテーター92点(2016~2024年)

Wine Enthusiast 93点!

ジャシス・ロビンソン17/20点!

ゴーミヨ誌16.5/20点


ファルスタッフ 94点!!!

Jeff Leve 92点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版18/20点


メドック格付け第2級レオヴィル・ラス・カーズが所有している専用の区画のブドウから作られる。力強さと魅惑的な果実味のバランスが良く、安定した質の良さを感じます。

徹底してブドウを選別しており、かなり完成度が高い。

(同ヴィンテージのものを)若いうちに飲めば

レオヴィル・ラスカーズを上回るように感じられることも多いほど!








3/4(水)アップ~蔵出し特価コンチャ・イ・トロ’17ドン・メルチョー

アルマヴィーヴァがあまりにも値上がりし過ぎなので、こちらをおすすめ致します!






 



2018.5月に
コンチャ・イ・トロのファイン・ワイン・アンバサダーである『 パブロ・プレサック 』さんにお会いしていろいろお話を聞くことができました~!

そもそもアルマヴィーヴァは、コンチャ・イ・トロによるジョイント・ベンチャーだってことが、意外と忘れられてる?


’12もスぺクテーター2016年度TOP33/100位に選出されました~!

’10が、スぺクテーター2014年度TOP9/100位に選出されました~!!!

醸造責任者エンリケ・ティラド氏




コンチャ・イ・トロ、ドン・メルチョー’17

超特価・税別¥12000



輸入元定価・税別¥16,000

<あと1本>限定品!

James Suckling 99点!!!

VINOUS 94点!(2020年3月試飲)

パーカー94+点!
(2020~2027年、Luis Gutierrez)

~ This is a wine that transcends vintages and shows great regularity, always combining elegance and power, with subtle mintiness and superb elegance. It's juicy, textured and velvety. This is a superb showing in 2017, a warm year and a fresh wine. Bravo!

Descorchados 2020年度版 96点!

スペクテーター・オンライン95点!(NOW~2032年)


ワイン&スピリッツ誌 94点!

まだ評価が出揃っておりません


30周年記念ヴィンテージ!
誰もが認めるチリ・カベルネ特級クラスの最上畑!

98% Cabernet Sauvignon, 2% Cabernet Franc

D.O. Puente Alto, Alto Maipo Valley

SOIL: Loam

新樽約67%にて約15ヶ月熟成

Alcohol: 14,5%

pH: 3,62
Total acidity: 3,41 g/L


「2018.5月下旬に’15を試飲しました。ジャミーではなく、完熟で艶のある複雑滑らかな、すでにかなりバランスの整った飲み頃NOW~。文句なしに上質で、タンニンの質が非常によく、樽のエグみも感じない長い余韻。パブロ・プレサック氏に何故?カルメネールをブレンドしていないのか?と聞いたら、カルメネールはプエンテ・アルトの涼しい畑では熟度が足りない為最適ではなく、それで別の畑ペウモで凄まじい品質のシングルヴィンヤードのテルーニョを別に造っているということ。隣の畑のアルマヴィーヴァでさえ、もっとカベルネソーヴィニヨン比率が低く、カルメネールを結構ブレンドしていますのでドン・メルチョーの方がよりプエンテ・アルトらしいカベルネという言い方も出来るかもしれません。値上がりしすぎのアルマヴィーヴァにあまり固執しないほうが良いと個人的には思います(笑)」


海抜650m
アルト・マイポの中で特に涼しい畑


『 チェリーレッドの深い色合い。ブラックベリー、ブルーベリー、ブラックカラントを思わせる、熟した果実のアロマがチョコレートの繊細なアロマに溶け込んだ、複雑味のあるエレガントな香り。滑らかなタンニンとしっかりとした骨格をもった、バランスの良いフレッシュな味わいです。熟成したチーズ、テリーヌやパテ、良質な脂の肉料理、マッシュルームやローズマリー、トマトのソースを使ったローストまたは煮込んだ肉料理などと合いそう。 (輸入元さんコメント) 』

D.O.プエンテ・アルト

砂れき沖積層

手摘み

ステンレスタンク発酵~フレンチオーク樽にて15カ月間熟成

カベルネ・ソーヴィニヨン96%、カベルネ・フラン4%


『 1833年、スペインのコンチャ伯爵家ドン・メルチョー氏がボルドーのブドウの苗をチリへ持ち込み、マイポ・ヴァレーに畑を開拓したことに始まります。~ドン・メルチョーとは、コンチャ・イ・トロ社の創始者。その名前のついたこのワインは、チリNo.1ワイナリー(10年対日輸出実績)コンチャ・イ・トロ社における、最高峰の赤ワインです。広大な自社畑の中から、最良の畑であるプエンテ・アルトのブドウを使い、力強いボディと深みのある味わいを産み出しています。(輸入元資料より) 』

’08 パーカー92点

’06 パーカー95点

’06’07 インターナショナルワインセラー92点


3/4(水)アップ~蔵出しジェラール・デュプレシ’17’16

世代交代で大きく品質向上!







 


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)3つ星生産者に昇格!




エコセール認証ありビオロジック、天然酵母のみ使用
上記画像右のLilian DUPLESSIS氏に世代交代後、一気に飛躍!!!
Vin Biologique




Gerard DUPLESSIS, Chablis 1er Cru Montmains '16

ジェラール・デュプレシ、シャブリプルミエクリュ・モンマン’16

税別¥4200

<あと11本>おすすめ!

ワイン&スピリッツ誌 98点!!!

パーカー91~93点(William Kelley)

VINOUS 90点(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

「2020.2月下旬に飲みました。やや濃いイエロー。少し樽とオイリーさあり、熟度の高い豊かな果実。黄桃主体+少しみかんの缶詰、シャブリにしては珍しくマッシュルームではないトリュフ寄りのきのこ香があり、味わいも果実味豊かで、厚みと粘性があり少し重心低め、キメ細かなほろ苦さとミネラルの残るアフター。バターとも相性のよさそうなわりと力強いシャブリで、酸もキレキレではないが低くはない。抜栓の次の日もおいしい。抜栓の2日後も非常においしい。少し向上した気がする」

アルコール12.5%
ユーロリーフあり!

キメリジアン(粘土石灰質)

樹齢45年

2つの区画からなり、いずれも粘土石灰質の土壌。ややトロピカルなタッチの香り。口中では柔らかく、ふくよかさが感じられ、フルショームやモンテ・ド・トネールよりもグラが感じられる。パワフルさエレガントさを合わせ持つ。





Gerard DUPLESSIS, Chablis '17

ジェラール・デュプレシ、シャブリ’17

税別¥2900

<あと12本>

パーカー89点(William Kelley)

VINOUS 89~91点!
(~very fine!、ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2020年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版15/20点




Gerard DUPLESSIS, Chablis 1er Cru Vaillons '17

ジェラール・デュプレシ、シャブリプルミエクリュ・ヴァイヨン’17

税別¥4000

<あと10本>

パーカー92点(William Kelley)

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2020年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16/20点

おそらく1級モンマン’16より酸とミネラルに優れ、さらにおいしいはず!

キメリジアン(粘土石灰質)

樹齢50年!

4つの区画(ミノ、エピノット、セシェ、シャタン)のアッサンブラージュ。斜面は南東を向き、粘土と砂の混じった土壌。ピーチやパイナップルなどトロピカルな果実のニュアンスがあり、フルーティで寛容な味わい。適度なグラにミネラル感。寛容なスタイル。


クラシックなシャブリで知られるジェラー・デュプレシ(カーヴ・デュプレシ)だが、ジェラールの息子、リリアンが実質的に経営を受け継ぎ、さまざまな変化が見えている。
ドメーヌはACシャブリのほか、5つの1級畑(フルショーム、モンテ・ド・トネール、モンマン、ヴァイヨン、ヴォージロー)と1つの特級畑(レ・クロ)をもち、自社畑の規模はおよそ8ha。
2007年からリリアン主導でビオロジック栽培に移行し、2010年にとうとう認証を取得した。

1級畑と特級畑の醸造法は6ヶ月ステンレスタンク、6ヶ月小樽熟成、6ヶ月ステンレスタンクと変則的。
しかしこの醸造法が長期熟成に耐え得るシャブリを生み出し、実際、ドメーヌのセラーには古いバックヴィンテージのシャブリが販売用として残されている。

父ジェラールの時代はACシャブリもこの醸造法だったが、本来若飲みのACシャブリにはフレッシュさも残したいと考えたリリアンは、ステンレスタンクで発酵後、そのまま14ヶ月間、ステンレスタンクの中で熟成させることにした。
1級畑のうちヴォージローについても、樹齢の若い木から造られるため、ACシャブリと同じ醸造法をとっている。このワインはラベルに畑名を入れず、「シャブリ・プルミエ・クリュ・ジュヌ・ガルド」としてリリース。ジュヌ・ガルドとは若いうちに楽しむキュヴェという意味である。

ヴァンサン・ドーヴィサやフランソワ・ラヴノーと似た路線のシャブリながら、だいぶお値打ち。
瓶詰め後もある程度熟成させるので、ドメーヌからの出荷がやや遅め。自分で寝かせる手間が省けるのもうれしい点だ。
(輸入元資料より)



3/4(水)アップ~蔵出しドメーヌ・アンドレ・ボノーム’18

大幅に価格を超えた内容!






 




AB、ユーロリーフの他にも
<HVE> Haute Valeur Environnementale
環境に配慮した農法認定あり




ドメーヌ・アンドレ・ボノーム、マコン・ヴィラージュVV’18

税別¥2280

<あと30本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
リピーター続出!

すでに90本完売!!!

「2019.12月下旬に飲みました。’17ピエール・ブランシュほどの冷涼感はないが、その分凄い果実味!厚みとエネルギー感がありキレイで低くはない酸とよいバランス、アフターには少しの粘性と甘旨、さらに強い塩ミネラルが残り明らかに大幅に価格を超えた満足度!飲み頃NOW~。ピュアなオレンジ、ハーブ、花、ミネラル、ごくわずかにアーモンドなどのよい香り。抜栓の2日後まで非常においしい。熟しているが酸とミネラルは低くない’18の大成功例!」

アルコール13.5%
ABマーク、ユーロリーフあり!

’17 リアルワインガイド66号にて絶賛される!
’16 VINOUS 89点






Domaine Andre Bonhomme, CREMANT DE BOURGOGNE Brut '16

ドメーヌ・アンドレ・ボノーム、クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット’16

税別¥3300

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

60本完売。ありがとうございました限定品!

「2019.2月下旬に飲みました。’14よりわずかに酸が低いかもというバランスで、質の良い酸とミネラル。カシューナッツ、蜜、黄桃、アンズ、ミネラルなどのあくまで癒しのあるパワフルではない全体像だが、少しだけ温度が上がってくると果実味とコクはしっかりめで、うまみ塩ミネラルを伴い伸びのあるアフター。抜栓の次の日の印象は、明日アップします」

アルコール12%

今回入荷分からドサージュに使っていた
マコンのヴァンダンジュ・タルディヴ1976年産がもう蔵元に在庫がないので
もう少し若いマコンのヴァンダンジュ・タルディヴをドサージュに使っているとのこと。

クレマンの規定では9ヶ月の瓶熟でもクレマンを名乗れるが、より深みを出す為に規定の倍以上の歳月を費やしている!

当然シャルドネ100%のブラン・ド・ブラン

『 泡立ちはとてもキメ細かく、繊細で旨味溢れるスタイル。ドザージュ1.5~2グラム。最低24ヵ月以上瓶熟。熟度が高く、 ミネラリーで、濃縮感が高く、酸に伸びがあり、キメ細かくクリーミーな泡立ちでエレガント。1/3古樽熟、2/3ステンレスタンク熟成、1年後ブレンド。6カ月寝かし、瓶詰後2年以上熟成。 (輸入元さんコメント) 』




Domaine Andre Bonhomme,
VIRE CLESSE < Les Pretres de Quintaine > '16

ドメーヌ・アンドレ・ボノーム、ヴィレクレッセ・レ・プレトル・ド・カンテーヌ’16

税別¥5150

<あと1本>絶対おすすめ!
23本完売。超限定品!

リアルワインガイド62号にて絶賛される!92・93点!(今~2043年)

「2019.2月上旬に飲みました。個性があり、予想以上のおいしさ。よく熟して凝縮しているが無駄な濃さと重さは皆無の固さがないが骨格はある飲み頃NOW~で、酸とミネラルの質が素晴らしい。色自体は濃いイエロー。すでに滑らか複雑、癒し系の方向性。やさしくさわやかなトロ蜜。強めの塩味と伸びのある長い余韻。酸が低い印象がなく癒されながら飲み続けていられる1本。抜栓の次の日も非常においしい。高価になればなるほど濃厚になるだけではあまりにもつまらないので、よい方向性だと思います。抜栓の2日後も最高においしい。少し向上した?うまみ塩を伴う長く伸びるアフターが癖になる。かなり上質!」

アルコール13.5%

’15 VINOUS 92点

’14が、ワイン王国107号
『 知っておきたい、飲んでおきたいブルゴーニュ・ワイン32本 』にて絶賛される!

厚い瓶、ロウキャップ

樹齢約100年!!!

ヴィレとクレッセ村 中間のカンテーヌ村。キュヴェ名は"カンテーヌ村の司祭"の意。畑は礼拝堂に面した日当たりのよい丘の斜面。洗練されたミネラル感とフレッシュな酸が下支えしつつも、とても厚みがあり、上質なムルソーを思わせる魅惑的な造り。黄色い果実やレモン、アプリコット、リンゴなどのジューシーさに白トリュフのセクシーな香りが印象的。

収量は25~30hl/ha程度で新樽比25%、樽熟24カ月。ドメーヌ創設当初の1950年代復刻ラベル。
(※復刻ラベルなので認証マークなどはなし)




Domaine Andre Bonhomme,
VIRE CLESSE < Le Coteau de l'Epinet > '16

ドメーヌ・アンドレ・ボノーム、ヴィレクレッセ・ル・コトー・ド・レピネ’16

税別¥5400

<あと6本>おすすめ!
超限定品!

リアルワインガイド62号にて絶賛される!92+~93+点!

「2019.2月上旬に飲みました。こちらはプレトル・ド・カンテーヌ’16より固さがあり亜硫酸の量ももしかしたらこちらの方が少し多いのかもというくらいゆるふわではなくツルっとしたテクスチャー。飲み頃2021~だろうか?骨格がありながら繊細で酸とミネラルが上質な点は同じ。キメ細かなほろ苦さも感じられる長めのアフター。抜栓の次の日には、少しだけ柔らかくなったがそれでもまだ少し早い印象。品質は高い」

アルコール13.5%

’15 VINOUS 92点

厚い瓶、ロウキャップ

’09から新リリース!
わずか10畝のみの特に優れた0.3ha

樹齢90~95年!!!

25-30hl/ha低収量。赤粘土質土壌。
例年なら600L程度生産可。樽熟24カ月 新樽比25%。
プレトル・ド・カンテーヌ(樹齢100年)と同じ醸造法ですが、カンテーヌよりもさらに濃密で力強い印象。



『 ドメーヌ・アンドレ・ボノームは僅か6haの畑からヴィレ・クレッセを生産する、マコネでも最も優秀な造り手の一人です。1957年に創立されたこのドメーヌは現在ではアンドレ・ボノーム氏とその娘婿エリック氏によって運営されています。

「良いワインは良いぶどうから造られる」というポリシーのもと、昨今のバイオ技術にたよる事なく、あくまでナチュラルな製法にこだわり、日々畑を耕し良いぶどうが収穫できるよう努力を続けています。
(10年以上前からビオロジック、1980年以降は化学肥料を使用していません

マコネはもちろん白ワインの生産者の中でも特に秀逸な生産者として数えられ、開放的でエキゾチック、また洗練されたスタイルは白ワインに求める要素を全て満たしているといっても過言ではありません。数々の世界的なコンクールで賞賛を受けており、その安定した素晴らしい造りは、海外の超有名レストランなどのプロが認める数少ないドメーヌです。 (輸入元資料より) 』


3/4(水)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・アルヌー・ラショー’16ニュイサンジョルジュ

蔵出し特価ドメーヌ・アルヌー・ラショー’16スショ

リアルワインガイド65号にて絶賛される!

↑’08からすべてこのラベル

 





※左がパスカル・ラショー氏、右が先日お会いできたシャルル・ラショー氏

2016.1月下旬やっとお会いできました。
(2009年のドメーヌ訪問時はパスカル・ラショーさんのみでした)
見た目がすごい若くてびっくり!と思っていたらまだ20代半ばながらもしっかり者で、説明も論理的
すでにドメーヌの中心となって仕事を年々増やしている将来有望な跡継ぎ
そもそも誰もが羨むようなすごい畑をたくさん所有していますからね

ほぼビオロジック
(’98から除草剤不使用、以降ずっと有機栽培)

手摘み

明らかに10年くらい前(リリース直後は濃くておいしくないが、長めに寝かせると高い確率で大きく化ける!)よりも樽と抽出が弱く、タンニンの質が丸い。
タンニンの量は少なくなく、かなりの複雑性を伴い、
香りと質感がピュアでナチュラルでエレガントだけど深さや骨格が犠牲になっていないという理想的なもの。
ミネラルは決して少なくないが銘柄によっては今はまだ長く有機栽培をしている畑のアフターのミネラル感とは少しだけ違う。
’12からは全房発酵比率(銘柄によって違う、全体の40~50%くらい)を増やしている。



100%蔵出し正規品、ほぼすべてラック・コーポレーション輸入、ごく一部ファインズ輸入品と豊通輸入品です。

’13はピノ・ファン以外はすべて偽造防止&並行もの対策的なキャップシールとなっております。




ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ニュイサンジョルジュ’16

超特価・税別¥6300

↑34%OFF!

輸入元定価・税別¥9,500

<あと9本>限定品!

※再入荷すると¥1,650値上がり致します。

スペクテーター93点!(2022~2038年)

パーカー89点
(William Kelley、2023~20540年)

VINOUS 90点
(ニール・マーティン、~excellent village!)

バーガウンド・コム 88~91点


ニュイ・サン・ジョルジュのさまざまな村名区画をアッサンブラージュ。ニュイらしい深みのある色調。ダークチェリーの果実香に甘草のヒント。タンニンは丸みを帯び、充実した味わい。
(輸入元資料より)




ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’16

特価・税別¥29800



輸入元定価・税別¥39,000

<あと4本>限定品!

※再入荷すると値上がり致します。
ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品

ワイナート93号 97点!!!

パーカー94+点(2026~2050年、
William Kelley、2019年1月試飲)

最新VINOUS 92点(2021~2038年、
ニール・マーティン、2018年7月試飲)

VINOUS 91~94点(ステファン・タンザー、2018年1月試飲)

デカンター・オンライン93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 93点!(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス(Coup de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点

リアルワインガイド65号 94+・96点!!!


2009.10月当店ドメーヌ訪問

 


3/4(水)アップ~蔵出しオーレリアン・ヴェルデ’17シャンボール再入荷

抜栓直後から驚くほどおいしいこの価格帯最高峰のシャンボール!!!








 


 


’14が、リアルワインガイド54号にて大絶賛されたのは結構驚きでした!

そういえば前に飲んだのは10年近く前で、その時はかなり還元香が強く(もしかしたら当時ビオディナミ~天然酵母~SO2極小が、増え始めていた時期で現実と理想の折り合いが難しかった時期だったのかもしれません。例えばシャントレーヴさんはそのあたりの部分を絶対間違えないという信頼があります。)あまり印象が良くなかったので長らく買っていませんでしたが、完全に世代交代して醸造所を新装などの設備投資を行い、経験を積んで、大きく変わった模様です。




’17もリアルワインガイド66号にて絶賛されました!


Aurelien Verdet, Vosne-Romanee 1er Les Beaux Monts '17

オーレリアン・ヴェルデ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボー・モン’17

税別¥13000

<あと4本>幻の超限定品!

最新スペクテーター・オンライン92点
(NOW~2029年)





Aurelien Verdet, Nuits-St-Georges 1er Aux-Boudots '17

オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・オー・ブドー’17

税別¥10000

<あと6本>超限定品!

最新スペクテーター・オンライン92点
(2023~2039年)





オーレリアン・ヴェルデ、シャンボールミュジニィ・レ・コンドゥムンヌ’17

税別¥7400

<あと48本>絶対おすすめ!
限定品!
65本完売!!!

最新スペクテーター・オンライン94点!
(2022~2040年)


すでにお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2019.12月下旬に飲みました。シャンボールという名前が付くだけで高くなりがちなので最近ちょっと諦めていたなと反省して、よいものを探し続けて見つけたのがこれ!この造り手を最近試していない方は当然として、すべてのブルゴーニュ好きがかなり高い確率で驚く1本。飲む前はリアルワインガイド66号のこの銘柄に対する超絶絶賛コメントいくらなんでもやりすぎか?と思ってしまうところですが、実際に飲むと納得の内容。ただし下手したら寝かせた後よりも今が一番おいしい可能性もある?と感じた。それくらい抜栓直後のおいしさが凄まじい。うまみとミネラルが驚くほど凝縮しており、艶のある滑らか複雑でも全く重くない。クドくないがぶ飲み出来てしまうほどの傑出バランス。アルコールも低く感じられるピュア&ナチュラルな質感。完全に飲み頃NOW~。皆様驚いてください!抜栓の次の日も非常においしいが、ミネラルが前に出過ぎてある意味昨日の方がおいしかった。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%

’16 スペクテーター93点!


3/4(水)アップ~蔵出しシャトー・ド・フェル’17シュナン・セックVV






 

 





Chateau de Fesles 2017 La Chapelle Vieilles Vignes Chenin Sec Chenin Blanc (Anjou)

シャトー・ド・フェル、アンジュ・ブラン・ラ・シャペル・シュナン・セックVV’17
(ロワール・辛口白)


税別¥1450

<あと2本>

Wine Enthusiast 93点!!!(Editors' Choice!)

アルコール13.5%

シュナンブラン100%
久しぶりに買えました~!




シャトー・ド・フェル、アンジュ・ブラン・ラ・シャぺル・シュナン・セックVV’14

(ロワール・750ml・辛口白)


税別¥1550

<売り切れ>

ロワール・ワイン・コンクール2016年度 銀賞受賞!

Wine Enthusiast 88点

アルコール13%

久しぶりに輸入してくれました~!

『 ピーチやマルメロなど華やかな果実の香りをもち、蜂蜜のような粘着性も感じられる。辛口だがその凝縮感から甘味さえ覚えるほど。風味の中盤から生き生きとした酸味とミネラル感が盛り上がり、ワインにフレッシュ感をもたらす。ヤマメやイワナなど川魚と合わせてみたい。 (輸入元さんコメント) 』



3/4(水)アップ~蔵出しムーラン・ド・ガサック’18ピクプール・ド・ピネ

理想的なデイリーワイン!













 


2013.3.25(月)フィネス試飲会にて
マス・ド・ドゥマ・ガサック(ムーラン・ド・ガサック)のBasile Guibert氏に会ってきました~!

前の来日時にお会いしたお兄さんが日本以外の担当に変わったそうで弟さんが日本担当になったそうですやはり濃厚ではなくエレガントでバランスのよいスタイルのおいしさを表現したいということでした


フィネスさんは、蔵元~船~国内倉庫までの完璧な低温輸送はもちろん、
ブルゴーニュのグランクリュ~ヴァン・ド・ペイなどのデイリーワインまですべてのワインが14℃に設定された国内低温倉庫で保管されているため、
(↑実はこれはすごいことで、デイリーワインは18~20℃の倉庫で管理しているインポーターも多いのです)
南仏にありがちなアルコールの浮いたニュアンスがまったく無く、果実味豊かだけれども、ピュアで特にアフターに雑味のない味わいが楽しめます
例えばコント・ド・ロルジュリルやラシーヌ輸入のファゾーリ・ジーノなどにも同じことが言えます。

このムーラン・ド・ガサックもエマニュエル・ルジェのクロ・パタントゥやトラぺのシャンベルタンと同じ管理がされているということです!

こういうワインであれば、様々銘柄を飲んできたワイン通の皆さまにも受け入れられるデイリーワインになり得ますし、濃いワインにしか興味がない方でもおいしいと感じていただけるでしょう。



100%フィネス輸入の蔵出し正規品です!






フィネスワインのニューフェイス!
テラス・ド・ギレムのムーラン・ド・ガサック社から全く新しい味わいが加わりました~!




ムーラン・ド・ガサック、ヴィオニエ’18

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1500

<あと8本>

28本完売。
フィネスさんで大人気!

アルコール12.5%

前のヴィンテージを半年前くらいに飲んで非常においしかったので’18はさらにおいしいだろうということで買いました。このクラスのデイリーワインで充分コンディションの素晴らしさ、キレイな酸と透明感とみずみずしさが表現されています。

ヴィオニエ100%

IGP Pays d’Oc




ムーラン・ド・ガサック、ギレム・ブラン’18

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1350

<あと15本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

57本完売。

「2019.11月下旬に試飲しました。コンディションありきでおいしさ倍増の最高に鮮度の良い青りんご、白桃、ハーブ、オレンジなどの単調ではない良い香り。果実味はしっかり、みずみずしく、低すぎない酸で少し塩ミネラルも残る極めて心地よいアフター」

アルコール12.5%

’18はグルナッシュ・ブラン40%、ソーヴィニヨンブラン30%、テレブラン30%

IGP Pays d'Herault




ムーラン・ド・ガサック、テラス・ド・ギレム・ブランVV’15

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1350

<売り切れ>

アルコール12%

’15はグルナッシュ・ブラン40%、ソーヴィニヨンブラン30%、テレブラン30%

IGP Pays D'Herault

樹齢25年以上

ステンレスタンク醗酵&熟成

標高500mのガサック渓谷の影響で寒暖の差が激しく、それが葡萄の酸と糖分のバランスを取り、各品種に独自の特徴を持たせるので、シンプルさと複雑味を兼ね備えた飽きることのないワインを造っています。




ムーラン・ド・ガサック、ピクプール・ド・ピネ’18

(ランドックルーション・辛口白・750ml)


税別¥1600

<あと10本>限定品!

ファルスタッフ 90点!

アルコール12.5%
スクリューキャップ

’17 デカンター・オンライン93点!!!




ムーラン・ド・ガサック、ピクプール・ド・ピネ’14

(ランドックルーション・辛口白・750ml)


税別¥1700

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

96本完売!!!ありがとうございました

「2015.5月に飲みました。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。酸とミネラルで飲ませる系の少し厚みあるタイプだと思っていたら、ちょっと違っていました。より飲み飽きない方向でよかったです。しっかり冷やしたトップノーズは青リンゴ、シトラス、ハーブ、花、ミネラル、少しコリアンダー系?のスパイス。ピュアでみずみずしく、キレ過ぎていない酸とややしっかりのミネラル。アフターにはわずかなとてもキメ細かな良質の苦みを伴い極めて心地よい。また、鼻に抜けるフローラルな戻り香が味わいをシンプルにさせずに飲み飽きない。温度が上がってくると少しの厚みとうまみとともに白桃、わずかにアーモンド等の香りが出て、ロエロ・アルネイスとの共通点が感じられ意外でした。抜栓の次の日も非常においしい。酸にポイントを置いて食事と合わせなくても幅広い相性が期待できる」

’15 パーカー88点(NOW、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト224号)

’13 パーカー88点(2015~2016年、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト218号)

スクリューキャップ

ピクプール種100%

AOP PICPOUL DE PINET

アルコール度数12.5% 適温9℃

砂利混じりの石灰岩土壌

100%除梗

ステンレスタンクで4~5ヶ月熟成


標高500mのガサック渓谷の影響で寒暖の差が激しく、それが葡萄の酸と糖分のバランスを取り、各品種に独自の特徴を持たせるので、シンプルさと複雑味を兼ね備えた飽きることのないワインを造っています。


15年くらい前に最上級銘柄の赤ワインが南仏のラフィットと言われて話題になった生産者で、ほとんどの区画にクローンではない貴重な古木が植えられています!

日本にもいろいろなワインが輸入されています。中でもこれらのフィネス輸入ものは特にすばらしく、みずみずしく雑味のない中に少しの複雑性も感じられるまさに理想的なデイリーワイン!オンリストしている多くのレストランさまでの評判もすごくよいそうです!

巷でもてはやされている安くて濃いだけ系ワインからの脱却にいかがでしょうか(笑)


近年、ゴーミヨ誌などでも高評価されております!


3/4(水)アップ~蔵出ポール・ウンブレシュト’11クレマン再々入荷

並のシャンパーニュを凌駕する品質!傑出した甘旨酸塩バランス!








’95からビオロジック(エコセール認証あり)
’99からビオディナミ(デメテル認証あり)




Paul Humbrecht, Cremant d'Alsace Millesime <Clara> '11

ポール・ウンブレシュト、クレマン・ダルザス ミレジメ’11

(アルザス・辛口白泡)

税別¥3300

<あと3本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 圧倒的に価格を超えており、感動した! 』
『 優れたRMのブラン・ド・ブランに似た味わい! 』
などなど

96本完売!!!

「2019.5月初旬に飲みました。これから高く評価される造り手。ここは辛口白リースリングもおいしいが、泡はさらに格別においしく、クレマンでは滅多にないことに並の¥4000台のシャンパーニュよりおいしい。トップノーズからもうすでに強烈なミネラルを連想させるキラキラ感があり、ピュアでナチュラルかつ、各要素が思いのほか細かく複雑。甘旨酸塩のバランスが傑出している。冷やし過ぎないほうがおいしい。亜硫酸少なそうだが緩みがなく、コクもあり、余韻に長く持続するミネラル感。鱈焼きにもアスパラ炒めにも合うし。ラタトゥイユにかなり合う。ちなみに<Clara>はその年ごとのキュヴェ名であり、味のイメージで変えるのか?それほど意味はないらしいです。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

デメテル、ユーロリーフあり!

ピノブラン60%、リースリング20%、ピノグリ20%

粘土石灰質土壌
樹齢25~30年
ステンレスタンクで醸造
ビオロジーのMCRによるドザージュは0.5g/l


コルマール市より南に10km、「オー・ラン」(ライン川上流)のプファッフェンハイム村に1620年より続くぶどう栽培家です。1945年に自社ビン詰めを開始し、1980年に3代目ピエール・ポールが継承。2011年より息子の4代目マルクが運営しています。

 ピエール・ポールは早1995年から完全ビオロジー栽培を開始し、1999年にはビオディナミに転換しています(2002年「demeter」認証)。
 「ビオディナミとは、「願い」です。環境を守りたいという願い。自分たちが心から納得できる仕事をしたいという願い。美味しいワインを飲みたいというお客様の願い。すべての願いの結晶なのです」。

 ウンブレシュト父子は、彼らのワインが美味しいお料理とのマリアージュの真髄を発揮できる本当の飲み頃を迎えるまで、自社カーヴで貯蔵してからリリースすることを哲学としています。彼らのプロフェッショナリズムとそのワインの美味しさに心を打たれたフランスの多数のソムリエ達が、誇りを持って自店にオンリストしています。

 印象的なラベルデザインは、本職のジュエリーデザイナーがこのドメーヌのために製作した実物の金細工から立体的に起こしたもので、ビオディナミストとしての彼らの仕事の精緻さ、きめ細かさを表現したものです。

ドメーヌ継承年
2011年

醸造における特記事項
天然酵母のみで発酵。白は除梗しない。ステンレスタンクによる醸造

販売先
フランス国内80%(個人のワイン愛好家、ミシュラン3つ星「ピエール・ガニェール」等レストラン、ワインショップ)

ビオディナミのブドウから生まれる液体の力強さ!長期瓶熟成からくる複雑な香りときめ細かい泡立ち、うまみ!いくつものお花の香、カスタードやアップルパイなどの香ばしさもあり、また味わいは非常にドライな誰が飲んでもおいしい!と言って頂ける自身の作品です!
(輸入元さんコメント)


3/4(水)アップ~蔵出しル・マルキ・ド・カロン・セギュール’16再入荷

特別価格カロン・セギュール’13








※↑近年ではヴィンテージがハートマークの中にあります。






LE MARQUIS DE CALON SEGUR '16

ル・マルキ・ド・カロン・セギュール’16

(サンテステーフ・辛口赤)


税別¥4500



輸入元定価・税別¥6,000

<あと4本>

Wine Enthusiast 92点!(Editors'Choice!、2023~)

最新パーカー90点(2019~2029年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年11月試飲)

最新VINOUS 91点(2021~2032年
ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 93点!!!(2018~2031年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

スペクテーター90点(NOW~~2030年)


ファルスタッフ 91点

Jeff Leve 91点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17~17.5/20点!!!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

アルコール%

50本以上完売!

待望の当たり年!




LE MARQUIS DE CALON SEGUR '14

ル・マルキ・ド・カロン・セギュール’14

(サンテステーフ・辛口赤)


超特価・税別¥3100



当店通常価格・税別¥4000

輸入元定価・税別¥4,990

<売り切れ>

Wine Enthusiast 93点!!!(2024~)

最新パーカー87点(2019~2027年)

最新VINOUS 92点!(2018~2034年!)

スペクテーター88点(NOW~~2022年)

デカンター・オンライン88点(2018~2024年)

ゴーミヨ誌15.5/20点


ファルスタッフ 93点!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

アルコール14.5%

48本完売!ありがとうございました
※再入荷すると税別¥4,000になりますので、
今のうちにぜひ!!!

カベルネ・ソーヴィニヨン / メルロ / カベルネ・フランのブレンド

セカンドでも平均樹齢22年以上
手摘み~選果台での選別を行う

新樽比率約30%にて約17ヶ月熟成

醸造コンサルタント:エリック・ホ゛ワスノ

土壌:第四紀に大河に運ばれ堆積した砂利の厚い地層。第三紀に形成された粘土主体の下層土。砂利堆積層の表面には、湖底堆積物から形成された粘土の薄い層も

『 カロン・セギュールのセカンドラベル。華やかで気品ある香り、なめらかで豊かな果実味、タンニンが織りなすハーモニーはまさに逸品です。 (輸入元さんコメント) 』

ファーストと同じハート・ラベルになったのは2013年からで、2012年までは地味なラベルでした。
そしてボルドー’14は、今のところ値上がりしすぎない当たり年と言えそうです!





カロン・セギュール’13

(サンテステーフ・辛口赤)


特価・税別¥15800

<あと16本>

※再入荷すると結構値上がり致します。

Wine Enthusiast 96点!!!(2024~、Cellar Selection!)

最新パーカー91点(2018~2032年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト227号)

パーカー92~94点(ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト214号)

VINOUS 90~92+点

インターナショナルワインセラー88~91点

スペクテーター90点(NOW~2022年)

ファルスタッフ 92点

デカンター・オンライン92点(2018~2030年、Steven Spurrier)

ゴーミヨ誌17/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17.5/20点

MVF(旧クラスマン)2017年度版17.5/20グラス

平均樹齢22年

作付面積:CS53%、M38%、CF7%、PV2%

ボルドー’13赤は、軽く短命なワインが比較的多い中で、このワインは骨格とポテンシャルがあるようですね!


2/28(金)アップ~蔵出しヒメネス・スピノラ

文句なしに感動レベル!唯一無二の価値があります。

他のワイナリーとは全く違い雑味ゼロのピュアな甘さとアフター!





三ツ星
Can Roca, Arzak, Akelarre, Azurmendi
二ツ星
Santceloni, Abac, Miramar, Mugaritz, Calima,
Lasarte, Les Cols, Enoteca, Moments
など数多くの星付きレストランでもオンリスト!

透明瓶を採用しているのは、
カラメライズをしていない本物のペドロ・ヒメネスだけが持つクリアな深い輝きを見てほしいという自信の証明!




Bodegas Ximenez-Spinola S.L., Pedro Ximenez 750ml

ヒメネス・スピノラ、シェリー・ペドロ・ヒメネス

(スペイン・極甘口・750ml)


税別¥8400



輸入元定価・税別¥10,000

<あと1本>絶対おすすめ!

ファルスタッフ 97点!!!

ヴィノテーク2015年7月号 18.5/20点!ベストワイン!!!

「2017.8月初旬に再度試飲しました。やはりいつ飲んでも通常甘口を選ばない方でも感動できるレベルの驚くほど高い品質!すごい!」



「2016.11月上旬に試飲しました。ここまで圧倒的においしければ温度を低めで飲んだ方がよいし、つまみもいらない。(※アルコール添加やカラメライズをしていないので煮詰めてもソースになりません。そのレベルのペドロ・ヒメネスとは完全に別物です。)これまた実際に試していなければ絶対買っていなかった隠れお宝アイテムです。限界まで凝縮したレーズンなどのドライフルーツのニュアンス、噛めるような甘旨エキス感の液体というよりほぼ固体系(笑)当然重さはあるが、アタックからアフターまで一貫してピュアで雑味ゼロなので、個人的に昔からペドロ・ヒメネスは1杯以上飲めないが、これなら間違いなく杯が進むだろう。レーズンとかビターチョコレート系ともまぁ合うでしょうが、単体がベストな気がする。複雑な滑らかさ。真に天然の甘味」

アルコール15%

ペドロ・ヒメネス 100%

平均樹齢35年

1918年設置のソレラ・システムで約100年継ぎ足しされてきたもの!

醸造・熟成 醗酵:オーク樽醗酵(250L)
熟成:アメリカン・オーク樽熟成 最低15年(200L、250L、新樽は使用せず)

残糖:381.87グラム/リットル

平均年間生産量:8,125本

全てのボトルにシリアルNo.を明記

リュット・レゾネ

今ではこの蔵元だけとなった100%天日干しを行うことで得られる天然の糖分とフレッシュな酸によるきれいな味わいが特徴です。永遠に続くかのような複雑な余韻も魅力です。


オーナー ホセ・アントニオ・サルサナ氏

青白く光を反射するアルバリサ土壌
鍵となる“アルバリサ”
“アルバリサ”と呼ばれる土壌がシェリーの品質にとって最も重要な要素です。この土壌は極めて白く、硫酸カルシウム、粘土、珪土に富み、湿度を保ち冬場の雨を地中に蓄えることで、夏の乾燥に備える一方、フロールの形成を阻害する鉄分などのミネラルは少ないのが特徴です。

このアルバリサ土壌は、ヘレス・デ・ラ・フロンテラ、サンルカール・デ・バラメダ、エル・プエルト・デ・サンタ・マリアの黄金の三角地帯、さらにトレブヘナの一角にあり、“ヘレス・スペリオール”といわれる最上区画となっています。


■極めてコストのかかる製法

収穫は例年9月上旬に行われます。強烈な暑さの下での収穫は大変な重労働になりますが、品質を重視するヒメネス・スピノラでは100%手摘みでの収穫を行います。

そしてさらにヒメネス・スピノラ社の品質を語る上で欠かせないのが、「100%天日干し」。極甘口シェリーを造るためには、収穫したブドウを圧搾にかけるまえに天日で干す作業があります。収穫と天日乾燥、さらに干しブドウを圧搾して天然の加糖を得る工程で出るロスは莫大な費用になるため、現在、ペドロ・ヒメネスの生産には、一部天日干し、または、あえて全く天日乾燥ブドウを使わないことが許可されています。

しかし、品質主義を貫くヒメネス・スピノラ社では、受け継がれたモットーを守るため、あえてコストのかかる方法(なんどブドウ1000キログラムから200リットルしか取れない!!!DOへレスの中で最小)をとっています。


補酸なし、酒精強化なし、冷却安定なし、カラメライズなし


固定客にスペイン王室御用達、ベルルスコーニ前イタリア首相、英国クーツ銀行など、
さらにスイス、ドイツ、イギリス、デンマークでも人気のようです



2/28(金)アップ~蔵出し特価クーポレ・ディ・トリノーロ’17

蔵出しマグナコスタ’11








パッソピッシャーロ関連はこちら

 


何度も試飲させてもらっていますが、ここのカベルネフランは本当にすごいです!




テヌータ・ディ・トリノーロ、クーポレ・ディ・トリノーロ’17

特別価格・税別¥3700

<あと6本>絶対おすすめ!

パーカー93点!(2019~2030年)

ファルスタッフ 93点!

ビベンダ2020年度版 4つ房!

「2019.8月下旬に試飲しました。いつも冷涼ではなく完熟深い系ではありますが、例年よりかなりメルローが多い年のせいかどうかわかりませんが、予想よりすでにバランスよく飲めてしまう印象でした。熟した豊かな果実味、コクと粘性とヴォリューム感があり、高級感と余韻の長さがあります。他の生産者だったらこの銘柄がフラッグシップなんじゃなかろうかというくらいの完成度の高さ。毎年は飲んでないけど10年前より全体のレベル上がったような」

’17は、M60%、CS17%、CF16%、PV7%

熟成:オーク樽熟成 8ヶ月(225L、2年目の樽)

オーク樽熟成後、セメントタンク熟成 11ヶ月~瓶熟成




テヌータ・ディ・トリノーロ、クーポレ・ディ・トリノーロ’10

特別価格・税別¥3300

<売り切れ>おすすめ!

パーカー88点(2012~2015年、ワイン・アドヴォケイト201号)

エスプレッソ誌2013年度版 16/20点


「2013.7月に試飲しました。当店的には’09よりおいしく、素晴らし過ぎた’08にはわずかに及ばないという印象。この価格は在庫限り&’10で終わり~’11から値上がりの可能性が高いです。やや複雑で、タンニンの質がよくバランスも良く今飲んでもおいしい」

’10は、CF45%、M33%、CS15%、PV5%

平均樹齢約21年

低収量30hl/ha

熟成:オーク樽熟成 8ヶ月(225L、2年目の樽)

オーク樽熟成後、セメントタンク熟成 10ヶ月~瓶熟成 5か月以上

無濾過




テヌータ・ディ・トリノーロ、マグナコスタ’11

税別¥11600

<あと2本>限定品!

※再入荷不可能!

パーカー93点(2016~2028年、ワイン・アドヴォケイト208号)

エスプレッソ誌2014年度版 16/20点

ヴェロネッリ2014年度版 96点!

Antonio Galloni(VINOUS) 92点(2013~2021年)

ファルスタッフ 92点


カベルネフラン100%

この2011年が、マグナコスタの初ヴィンテージ!

深い砂利質の土壌

樹齢22年

散布肥料:粘土、プロポリ、グレープフルーツシード抽出液

熟成:15日間の発酵後、フレンチオーク樽で8ヶ月、セメントタンクで10ヶ月

生産量:わずか1,600本

『 濃く艶やかな赤紫色。カシスのような黒系果実、プラム、カカオ、インクといった香りに、杉のような上品なロースト香も。合間に繊細なハーブが立ち上る。色の濃さと同じく、味わいからも相当な濃度が感じられる。しかし、口内で繋ぎ目を感じさせない柔らかな酒質がエレガンスを醸し出しており、単に凝縮感を全面に押し出したような造りにはなっていないところが流石である。アタックはパワフルで、適度な酸が心地よい。アフターに感じられる若干の苦味は、まるで香り高い高級なビターチョコレートを口に含んでいるかのよう。開くまでに時間を要するが、その表情の変化も相まって、懐の深いワインであることに驚かされる。時間をかけ、カベルネ・フランという品種の潜在能力をゆっくりと楽しんでいただきたい逸品である。 (輸入元さんコメント) 』


2/22(土)アップ~蔵出しドメーヌ・ジャッキーノ’18

ビオで亜硫酸極小なのにクリーン。ここも秀逸なジャケール!














 



Domaine Giachino, Monfarina '18

ドメーヌ・ジャキーノ、モンファリーナ’18

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税別¥2600

<売り切れ>絶対おすすめ!

MVF(旧クラスマン)2020年度版14.5/20グラス

「2020.2月上旬に飲みました。去年から当店が流行らせようとしているブドウ品種『 ジャケール 』かなり上質で複雑。わずかにタンニンが感じられる場合もあり、クリーンなビオのシュナンブランがお好みな方にも最適。コンディションが最高レベルの場合は特に透明感と高貴なニュアンスが余すところなく表現される。今はまだ安くかなり上質なものを買うことが出来ます。個性もある上に価格以上で、今後、絶対にメディア注目のブドウ品種となることでしょう。明らかに亜硫酸の少ないピュアでミネラリーなトップノーズ。擦りおろしリンゴ、ラ・フランス、キウイ、ムスク、ミネラルなどの高貴系で少し涎が出て食欲が増すニュアンスのあるよい香り。熟して果実味もあるが、酸がしっかりしているので焦点は定まっている。時間とともに少し塩味を感じてくるオレンジジュース的なよい酸。抜栓の2日後までまったく落ちないし、揮発酸なども出ない。抜栓の6日後もおいしい。お買い得感はジャッキーノの中でこの銘柄が一番かもしれない」

アルコール11.5%
デメテル、ユーロリーフあり!

AOC Vin de Savoie
ジャケール85%、ヴェルデス(近年ごく一部の生産者が復興を進めているサヴォワの古代品種)15%。粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。ステンレスタンクとグラスファイバータンクで発酵後、6~10ヶ月間シュール・リー熟成。




Domaine Giachino, Giac' Bulles '18

ドメーヌ・ジャキーノ、ジャック・ビュル’18

(フランス・サヴォワ・やや辛口白泡)


税別¥3100

<あと3本>おすすめ!

「2020.2月中旬に飲みました。ほとんどロゼの色調ですが、色を出している白泡です。ややこしいですが(笑)トップノーズはほとんどビュジェ・セルドン・ロゼのような艶やかベリーと洋ナシネクターのよい香り。エキスとミネラルがあり、ビュジェ・セルドンほどは甘くないものの中辛くらいの甘みがあり。甘さがあることで酸はモンファリーナ’18ほどキレがないように感じられる。ガス圧は弱い癒し系。泡の質自体は当店に届いた日に開けてしまったこともありそこまでキメ細かくはないがおいしく、ナチュール入門・ワイン入門にも向いているかもしれません。抜栓の次の日も非常においしい。少し向上したと思う。わりとしっかり冷やしたほうがおいしい」

アルコール9%
デメテル、ユーロリーフあり!

泡弱く、残糖もあるナチュラル癒し系
IG Mousseux。アンセストラル法によるスパークリングワインです。ジャケール100%。粘土石灰質土壌。平均樹齢40年のVV。ステンレスタンクとグラスファイバータンクで醸造。アルコール度数が6度に達したところで0度まで温度を下げて発酵を停止し、無清澄・ノンフィルターでビン詰めした後、自然な温度上昇によって発酵が再開され、約4ヶ月間かけて、発生する炭酸ガスを閉じ込めるものです。アルコール度数は約9度。収穫からビン詰めに至るまで、SO2は不使用。

’16 ファルスタッフ 91点




Domaine Giachino, Don Giachino '16

ドメーヌ・ジャキーノ、ドン・ジャッキーノ’16

(フランス・サヴォワ・辛口白泡)


税別¥3500

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2020.2月中旬に飲みました。ジャック・ビュルとはだいぶ違う色と味。こちらは亜硫酸量こそ少ないトップノーズだが正統派の酸と骨格と余韻のある辛口。もし点数評価をするならこちらの方が高得点になるが、癒しと心地よさを求める場合はジャック・ビュルの方が適している場合も多くあり、そこが点数評価の良くないところ。それにしてもやっぱりジャケールは泡にしてもおいしいなぁ~。旨みとミネラルも充分で飲み飽きない。ベーコン・エピ(食べる直前にオリーブオイルかけたもの)にもちょっと相乗効果出るくらい合う。抜栓の次の日も非常においしい。少しうまみ塩ミネラル増したように感じられるバランスとなった」

アルコール12%
ナチュール・エ・プログレ、ユーロリーフあり!

ドライでしっかり
AOC Cremant de Savoie。シャンパーニュ方式によるスパークリングワインです。ジャケール100%。粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。ステンレスタンクとグラスファイバータンクで醸造。2年間以上ビン熟成。ドザージュはゼロ。収穫からビン詰めに至るまで、SO2は不使用。

 

南サヴォワの地で、数世紀にわたって様々な農業を営んできたジャキーノ家は、1988年に家業を継いだフレデリック・ジャキーノによってぶどう栽培専業となり、「ドメーヌ・フレデリック・ジャキーノ」を設立してワイン造りを開始しました。
 2006年、各地での栽培・醸造の長い修行を終えた弟のダヴィッドが帰還。彼を中心として同年より開始したビオロジック栽培および自然派の醸造法によってドメーヌは次なるステージを迎え、2008年、正式に「ドメーヌ・ジャキーノ」に改編して新章をスタートさせました。

 2010年以降、すべての畑はビオディナミに転換され、2017年に「demeter」の認証を取得しています。醸造の極意は、「le plus simple possible (極力シンプルに)」。天然酵母のみによる全房発酵、澱引きをしないシュール・リー熟成、最小限のSO2使用といったミニマル醸造によって、ぶどうのポテンシャルを満開にしています。
 「仕事は、人生の喜びそのものです。畑の中で、いつも幸せを感じながら仕事をしています」
(ダヴィッド・ジャキーノ)。
 比類なき自然派サヴォワの巨星が贈る、人を幸福感に包み込むようなワインです。
(輸入元資料より)

ビオディナミ。2008年に「ECOCERT」の認証(ビオロジック)取得、
2017年に「demeter」の認証(ビオディナミ)取得

天然酵母のみで発酵。除梗はせず、すべて全房発酵。ステンレスタンク、グラスファイバータンク、バリック及びフードル(228L、500L、3000L、6000L)、及びアンフォラによる醸造。SO2はビン詰め時のみ使用(一部、ビン詰め時も含めて一切未使用の作品もあります)

「ずっと完売状態で、ワインメディア等にこちらからサンプルを送ることはできません」
ということで、あまりメディアに出てきません。

基本的にアルマン・ルソーやマルセル・ダイスなどと同じトレスカーズ製コルク(高品質でリサイクル可能)を採用



2/22(土)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ラ・ジャナス’18’17’16

凝縮感・深み・骨格がありかなり上質でまだ価格以上の品質!








 




画像はIsabelle & Christophe Sabon

有機栽培認証などは取得していないが、除草剤や化学肥料は使用しない




ドメーヌ・ド・ラ・ジャナス、コートデュローヌ・ルージュ’18
(750ml・ローヌ・辛口)


特価・税別¥2100

<あと7本>

’18は、グルナッシュ40%、ムールヴェードル20%、カリニャン(樹齢60年以上!)20%、シラー15%、サンソー5%

アルコール13.5%




ドメーヌ・ド・ラ・ジャナス、コートデュローヌ・ルージュ’16
(ハーフ・375ml・ローヌ・辛口)


税別¥1350

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点
(2017~2023年、ワイン・アドヴォケイト233号)

スペクテーター87点

ファルスタッフ 90点


MVF(旧クラスマン)2019年度版14/20グラス

24本完売。ありがとうございました

「2020.2月中旬に飲みました。紫色弱めの中程度のルビー色。ガリグ、ブラックベリー、甘草、数種類のスパイス、少しヨード、ブルーベリー入りヨーグルトなどのよい香り。とても凝縮して少し艶と深みのある噛めるような果実味!、ジューシー感もありつつエキス豊富でタンニンは丸く、アフターのコクとグリップはしっかり。’16らしく酸が低くないので甘すぎず、アルコールの浮きもないよいバランスで、明らかにクラスを超えて深みと余韻がある。売りたくて言うわけではなく、ただのコートデュローヌがシャトーヌフデュパプクラスの高い品質!抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の5日後まで非常においしい!抜栓の8日後でもトップノーズに少し酸化ヨード香が出ただけで味わいはまだ全然おいしい」

アルコール13.5%

彼らをを語る上で欠かせないキュヴェ。年の長所を最大限に活かしながら、テロワールを的確にとらえた味わいを全てのキュヴェで表現。例年大体40%グルナッシュ、ムールヴェドルとシラーが各20%で、残りはカリニャンとサンソー。程よい酸とミネラル感があり、ブラックカラント、ブラックチェリー、プラム、アジアンスパイス、ハーブ、甘く熟したレッドチェリー、ストロベリー、なめし皮、ペッパーとリコリスの要素が感じられます。大樽9ヶ月程度熟成。
(輸入元さんコメント)




ドメーヌ・ド・ラ・ジャナス、コートデュローヌ・ブラン’17
(750ml・ローヌ・辛口)


税別¥2300

<あと19本>絶対おすすめ!

パーカー91点
(2018~2020年、ワイン・アドヴォケイト238号)

スペクテーター89点


「2020.2月中旬に飲みました。抜栓直後からフローラルな花束!、青リンゴ、オレンジ、白桃、洋ナシ、アーモンド、ミネラルなどの華やかなとてもよい香り。ちょうどよい果実、少し低い酸。やや粘性のある味わいでキメ細かな苦みを伴うミネラルで引き締める心地良い甘さ控えめのアフター。最後に鼻に抜ける戻り香が非常に華やか~。抜栓の5日後まで非常においしい!抜栓の8日後もほぼ落ちなかった。ずっと変わらず素晴らしい香り」

アルコール13.5%

フローラルとミネラル感に溢れ、春の花や白桃、バラの花びら、スイカズラ、砕いた岩など香りの要素も多い。新鮮な果実味、それを余すところなく表現できるテクスチャーとボディ、そして程よい酸は上質なコンドリューを思わせます。
ヴィンテージによっては100%ヴィオニエ。澱に6ヶ月触れされる。新樽比率約25%。年産5000本。
(輸入元さんコメント)





DOMAINE DE LA JANASSE, CHATEAUNEUF DU PAPE ROUGE V.V. '17

ドメーヌ・ド・ラ・ジャナス、シャトーヌフデュパプVV’17

(フランス・南ローヌ・辛口赤)


特価・税別¥13500

<あと12本>超限定品!

※再入荷不可能!

最新パーカー97点!!!(2018~2035年、
Joe Czerwinski、ワイン・アドヴォケイト244号)

パーカー96~98点!!!(ワイン・アドヴォケイト238号)

Jeb Dunnuck 98点!!!(元ワイン・アドヴォケイトローヌ担当者)

スペクテーター94点(NOW~2035年)

ジェームス・サックリング 94点

VINOUS 93~95点!

デカンター・オンライン95点!(2022~2033年)

ジャンシス・ロビンソン17/20点(2020~2030年)


MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17/20点





DOMAINE DE LA JANASSE, CHATEAUNEUF DU PAPE ROUGE CUVEE CHAUPIN '16

ドメーヌ・ド・ラ・ジャナス、シャトーヌフデュパプ・キュヴェ・ショーパン’16

(フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥10500

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
’16は再入荷不可能!

Wine Enthusiast 97点!!!

パーカー96点!(2018~2035年、Joe Czerwinski、

~It's full-bodied and velvety but also vibrant, with black cherry fruit and hints of chocolate balanced by incredibly silky tannins and freshness on the finish. Really impressive stuff.
ワイン・アドヴォケイト238号)

Jeb Dunnuck 99点!!!(元ワイン・アドヴォケイトローヌ担当者)
さらにTOP 50 Red Wines of 2018 に選ばれる!!!

スペクテーター95点!(2020~2034年)

最新VINOUS 95点!!!
(Joe Raynolds、2019年12月試飲)

VINOUS 93~95点!

LVF誌 18/20点!

Jeff Leve 97点!!!

ギィ・ド・アシェット2019年度版 3つ星&クープ・ド・クー!!!


MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点

樹齢100年以上を含むグルナッシュ100%

北向き斜面

良年のみに低収量で造られる




DOMAINE DE LA JANASSE, CHATEAUNEUF DU PAPE ROUGE V.V. '16

ドメーヌ・ド・ラ・ジャナス、シャトーヌフデュパプVV’16

(フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥16000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
’16は再入荷不可能!

Wine Enthusiast 99点!!!
2019年度 年間TOP3/100位!!!

パーカー97+点!!!(2018~2035年、Joe Czerwinski、

~Tarry and deep on the nose, it delivers waves of blackberries and black cherries on the palate, framing those flavors with plenty of richness, layers of silky tannins and a long, elegant finish.
ワイン・アドヴォケイト238号)

Jeb Dunnuck 99点!!!(元ワイン・アドヴォケイトローヌ担当者)

スペクテーター97点!!!
(Highly Recommended!、2020~2040年)

最新VINOUS 96点!!!
(Joe Raynolds、2019年12月試飲)

VINOUS 94~96点!

デカンター・オンライン96点!(2025~2040年

Top scoring Chateauneuf-du-Pape 2016 wines!
~It's very tannic, but they're ripe and so should soften in time. The rest of the elements are there in quantity, meaning a wait is in order, but it should flourish in time to bring great complexity. A serious wine for long ageing. )

LVF誌 18/20点!

VINUM 18.5/20点


MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17.5/20点(クープ・ド・クー!!!)

樹齢60~100年のグルナッシュ80%、樹齢25年のシラー10%、残りムールヴェードルとサンソー

一部全房発酵

4つの異なる土壌から


2/22(土)アップ~蔵出し特価ポンソ’16モンリュイザン・ブラン

<※3本限定!>蔵出しポンソ’99アルーエット

世代交代後は、安定して高品質!

MVF(旧クラスマン)2014年度版にて2つ星→3つ星生産者に昇格!!!

※全銘柄すべての値引き対象外となります。





※画像は’05(750ml)です。

 

 

昔はヴィンテージによる味わいのバラつきが多かった生産者ですが、世代交代後は安定して高品質!白に関しては昔からバラつきがありません

しばらく掲載がありませんでしたがMVF2010年度版からいきなりDUJAC、ブルーノ・クレール、エマニュエル・ルジェ等と同格の2つ星生産者として登場!

100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!



昔より精度の上がった温度センサー(熱感知シール)あり!
ブショネがほぼない高価で上質なコルクを使用





Domaine Ponsot, Morey-Saint-Denis 1er Cru Clos des Monts Luisants Blanc Vieilles Vignes '16 Monopole 750ml

ドメーヌ・ポンソ、モレ サン ドニ プルミエ クリュ クロ デ モン リュイザン ブラン ヴィエーユ ヴィーニュ’16(モノポール)
(辛口白・750ml)


特価・税別¥16800



輸入元定価・税別¥21,000

<あと5本>超限定品!

パーカー92+点
(2018~2036年、William Kelley)

バーガウンド・コム 91点(Outstanding!)

VINOUS 92~93点!(ステファン・タンザー)


MVF(旧クラスマン)17/20グラス(3つ星生産者)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点(5つ星生産者)

アルコール13%

05年にようやくINAOの許可が下り、アリゴテ100%が認められることになった。畑はクロ・ド・ラ・ロッシュの上で非常に表土が薄い。古樽での発酵だが、窒素置換する以外、亜硫酸をまったく添加せずに造られるこの白ワインは独特の風味。まずアリゴテとわかる人はいない。複雑で力強く、それでミネラルによるエレガンスの際立ったワイン。

わずか0.98haの所有

石灰粘土質土壌

一番古い樹は1911年植樹!

ビオロジック、手摘み、天然酵母




ポンソ、モレサンドニプルミエクリュ・キュヴェ・デ・アルーエット・ルージュ’99(750ml・辛口赤)

税別¥24000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

希少なラック・コーポレーション蔵出し正規品バック・ヴィンテージ!
再輸入分なので偽造・並行もの防止のQRコード付きICチップ?付き
まさかの割り当て3本のみ、、、

ワイナート14号 91点(※あくまで2002年当時についた評価です。)

アルコール13%

この時期は、今の’14中身とは全く違って、
クロドラロシュの若木主体の中身のはず!!!
当時1本飲みましたが、かなりの凝縮感と深み、大きな構造・長い余韻に圧倒されました!

 

 

 

 

2005年が、大絶賛されてから非常に入手難となっています

’04は’05ほど巨大な構造ではありませんが、素晴らしい出来!

ずっと前から殺虫剤や除草剤不使用の自然な農法

醸造で酸化防止剤を使用しない、変わりに窒素を使う

徹底した雹害対策

高い樹齢、低収量で遅摘み、SO2極少

すべて(グランクリュでも)新樽不使用の個性派

世代交代後、昔ほど品質にバラつきがなくなりさらに評価を高めています!

『 建設中だったカーヴも完成し、果汁、ワインはポンプに頼ることなく、グラヴィティ・フローにより負荷をかけずに移動できるようになった。 自然派などが売りにしているSO2不使用も、1980年代初期と四半世紀以上前から取り組んでいる――発酵時には不活性ガスで代替し、瓶詰め時に極少量用いるのみで、結果的に他のドメーヌで使用する量の3分の1から5分の1となっている――。また多くのつくり手がグラン・クリュほど高い割合であてがう新樽もポンソでは一切用いない。 生み出されるワインは非常な凝縮感――といっても色濃く、濃厚なそれとは全く異なる――があるにもかかわらず滑らかな喉越しの、少しもその重さを感じさせないピュアな仕上がり。ローランの代になってからは上にも述べたようにSO2の使用を極力抑え、新樽の使用もなくなり、ワインはよりシルキーさを増し、テロワール毎の特徴を如実に体現する艶やかでピノノワールの精髄といったものを十全に感じさせてくれるものとなった。 (輸入元資料より) 』

 


2/22(土)アップ~蔵出しフランソワ・ラマルシュ’17最後の再入荷!オルヴォー輸入もの

蔵出しフランソワ・ラマルシュ’17ラック輸入もの

’17がリアルワインガイド67号にて大絶賛される!


完全にビオロジックに移行済み








※↑’09くらいからラベル・デザイン変更しております。


 




ヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌであるフランソワ・ラマルシュは、今、新たな時代を迎えようとしている。
醸造にフランソワの娘ニコルがつき、販売に姪のナタリーが加わったため、大きく若返りを果たしたのだ。




画像左がニコル女史、右がナタリー女史


長女のニコルは2003年にドメーヌ入り。
父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。
彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。
2010年には11.23haの畑すべてがビオロジックで栽培されるようになった。
以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。

除梗率はヴィンテージによって変える
ピジャージュを減らしてルモンタージュ主体とした


’09’10を試した際にかなりおいしく変わったと思いましたが、
’13のおいしさに驚いた(さらに進化した)というお客様が多く、’06の頃とはまったく別のワインと思った方がよいですね

リアルワインガイド67号にて’17が大絶賛される!!!

リアルワインガイド63号にて’16が大絶賛される!!!

リアルワインガイド59号にて’15が大絶賛される!!!

リアルワインガイド55号にて’14が大絶賛される!!!

リアルワインガイド51号にて’13が大絶賛される!!!




フランソワ・ラマルシュ、オートコートドニュイ・ルージュ’17

税別¥4100

<あと2本>超限定品!

※前回入荷分は、一瞬で完売!これが最後の再入荷です!

デカンター・オンライン91点!

VINOUS 87点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87点(Outstanding Top Value!)






フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネ’17

税別¥11500

<あと1本>幻の超限定品!

VINOUS 86~88点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88~91点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点




フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・ラ・クロワ・ラモー’17

税別¥26000

<あと1本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のブルゴーニュと1:1以上になるようにお願い致します。

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~92点





フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・マルコンソール’17

税別¥26000

<あと1本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のブルゴーニュと1:1以上になるようにお願い致します。
他の生産者のマルコンソールを考えれば、驚くほど良心的な価格設定!!!

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~94点(Sweet Spot Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点




フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’17

税別¥17000

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

最新バーガウンド・コム 92点(Issue 77)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)





フランソワ・ラマルシュ、エシェゾー’17

税別¥23000

<あと1本>超限定品!

VINOUS 92~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~93点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点




フランソワ・ラマルシュ、クロ・ド・ヴージョ’17

特価・税別¥21000

<あと2本>超限定品!

リアルワインガイド67号95+・96+点!!!

バーガウンド・コム 91~94点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17.5/20点




フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ショーム’17

特価・税別¥13000

<あと2本>超限定品!

リアルワインガイド67号にてすさまじい評価だった’16を超える評価を得た!
93+・94点!!!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89~92点





フランソワ・ラマルシュ、ラ・グランド・リュ’17

特価・税別¥78000

<あと1本>幻の超限定品!

リアルワインガイド67号にてすさまじい評価だった’16を超える評価を得た!
97+・98+点!!!

デカンター・オンライン94点

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92~94点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版19/20点

’17は3社合わせて2本しか手に入りませんでした、、、





※ラマルシュ’16はすべての値引き対象外となります。



フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ショーム’16

税別¥14000

<あと12本>超限定品!

パーカー90~92点(ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 88~91点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点




フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’16

税別¥19000

<あと4本>幻の超限定品!

※他の生産者のブルゴーニュと1:1以上になるようにお願い致します。

パーカー89~91点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 89~91点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17/20点

ヴォーヌ・ロマネの1級畑の中では際立って香りの高いスュショ。カシス、ラズベリー、赤スグリ、ダークチェリーなど芳醇な果実の香りに土っぽさがほのかに混じる。味わいは気品がありエレガント。牛タンシチューや鴨料理によく合う。




フランソワ・ラマルシュ、クロ・ヴージョ’16

特価・税別¥21000

<あと7本>超限定品!

リアルワインガイド最新63号 95+・96+点!!!(2020~2058年)

パーカー90~92点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 91~94点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版18/20点

現地バレル試飲済みの某インポーター様曰く、ラマルシュ史上最高の出来!!!




フランソワ・ラマルシュ、エシェゾー’16

税別¥23000

<あと4本>超限定品!

パーカー89~91点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 91~94点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版18.5/20点




フランソワ・ラマルシュ、グラン・エシェゾー’16

税別¥40000

<売り切れ>幻の超限定品!

パーカー93~95点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 92~94点





フランソワ・ラマルシュ、ラ・グランド・リュ’16

特価・税別¥80000



輸入元定価・税別¥100,000

<あと3本>幻の超限定品!

リアルワインガイド63号 96+・98点!!!(2023~2060年!)

最新VINOUS 95点!(2022~2050年、
ニール・マーティン、2019年10月試飲)


パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 91~94点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版18.5/20点

クロ・パラントゥやラ・ターシュを買うよりもお買い得かも?

※ラマルシュ’16はすべての値引き対象外となります。






フランソワ・ラマルシュ、グラン・エシェゾー’14

特価・税別¥31000



輸入元定価・税別¥40,000

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー95~97点!(ワイン・アドヴォケイト222号)

最新バーガウンド・コム 93点!(Issue 65)

バーガウンド・コム 92~95点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17.5/20点

リアルワインガイド55号 94・97点!!!(2022~2055年!)

まさかの割り当て3本のみでした、、、
完全に時代が変わったということです

平均樹齢30年

普通の年で年間生産量:約1,100本のみ!!!

ヴィンテージにもよりますが、近年では全房発酵比率80~100%

Francois LAMARCHE, Grands-Echezeaux Grand Cru '14

高価ではありますが、いくつかの値上がりし過ぎのリシュブールを買うよりもかなりお買い得とも言えそうですね



最新の微振動選果台を導入、余分なストレスを与えないように果汁とワインの移動はグラヴィティ・フローで行うなど現在では、フランソワもまだ手伝っているようですが娘ニコルさんが中心となった新しい体制でのワイン造りが行われています


『 このドメーヌは新たな世代へと継承されました。ニコルがワイン造りを父であるフランソワ・ラマルシュから引継ぎ、ナタリーが叔母のマリー・ブランシェのマーケティングを手伝うことによって飛躍的に成長を遂げています。フランソワはアンリ・ラマルシュの孫で、ラ・グランド・リューを結婚祝いでもらったアンリ・ラマルシュ2世の息子です。畑での細かいところまでこだわった作業、以前より良い樽の使用と新しい醸造所(2000年から)はドメーヌを今までより一貫性のあるものにしました。
私は、かつてラマルシェからもらったワインに対して少し物足りなさを感じらていました。おそらく、世代交代したラマルシュは、新世代のトップドメーヌの座を不動のものにするでしょう。 (輸入元資料より、『 Inside Burgundy 』 Jasper Morris著より抜粋) 』

 


2/22(土)アップ~蔵出し超特価デュガ・ピィ’12コルトン・シャルルマーニュ

蔵出し超特価デュガ・ピィ’13シャルム・シャンベルタン

久しぶりに飲んだら特に赤ワインのスタイル変化が見られます!

滅多にメディアには出てこない超濃密な白!

※全銘柄が、全ての値引き対象外となります。









 

 

 



このページ内のデュガ・ピィは、
100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!




シャルム・シャンベルタン’15のブドウ画像



’70年代からずっと化学肥料を使用していない

’03から100%ビオロジックに移行済み
ビュロー・ヴェリタス認証あり、ABマークあり
昔から天然酵母を使用、全房発酵主体

現在ではビオディナミも一部導入

’11からはさらに
Corton Charlemagne
Pernand Vergelesses 1er Cru Sous Fretille
の畑も買い足す!

’17でベルナールさんが引退予定
’18から10年以上一緒に働いているビオディナミ導入派のロイックさんに世代交代予定
ベルナールさんはロイックさんを手伝いつつ、ホテル経営を始めるらしい?




デュガ・ピィの白は、何度か飲みましたが驚かなかったことがない!
評価が載らないのは生産量が非常に少ないのでベルナールさんとロイックさんが意図的にメディア試飲の場に白は出さないようにしているんだそうです。
強い樽と無理な抽出ではなく、なぜこんなにも濃密で噛めるように分厚いエキス感と巨大な構造・長い余韻を表現できるのか謎?



DUGAT-PY, Corton-Charlemagne Grand Cru Vieilles Vignes '12

デュガ・ピィ、コルトン・シャルルマーニュVV’12(辛口白)

超特価・税別¥32000



輸入元定価・税別¥40,000

<あと10本>絶対おすすめ!
超限定品!
’17を買うと¥23,100値上がり致します。
’12は再入荷不可能!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

22本完売!

「2019.3月上旬に試飲しました。酸とミネラルは決して低くないのですが、それよりなにより果実味の濃密感が凄すぎて一体どうやったらこうなるの?という樽も強くないし過剰な抽出という感じもしないのに一流生産者のバタール・モンラッシェよりも分厚いエキスと巨大な構造と長い余韻。飲んだことがある方が少な過ぎるので評価が定まっていない感があるだけでデュガ・ピィは白も凄すぎる!まさに噛めるようでほぼ固体?の粘性とエネルギーが強い液体。常温まで上げてもまだ少し固く緩みゼロ。熟して濃いが早期酸化劣化しなそうなバランス。肉料理にも負けない。デュガ・ピィはいつも飲む前は高いが、飲んだ後は高くない。コシュ・デュリよりは現実的に手に入るので、冗談抜きで買えるうちに買っておいたほうが良いと感じました」

アルコール13.5%

偉大なワイン。樹齢45年のシャルドネを使用。100%新樽を使用し、18~20ヶ月熟成。レモンオイルや白系の花の芳香がグラスから溢れるようで、酸味とミネラルのエネルギーが詰まっているよう。大変長熟なタイプなので忍耐強く待つか、飲む数時間前にデキャンタージュすると良い。
(輸入元資料より)




Bernard DUGAT-PY, Charmes-Chambertin Grand Cru '13

デュガ・ピィ、シャルム・シャンベルタン’13

超特価・税別¥54000



輸入元定価・税別¥71,300

<あと1本>絶対おすすめ!
超限定品!

※’17を買うと¥8,800値上がり致します。

パーカー90~92点(2022~2040年、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新バーガウンド・コム 94点!(Issue 61号、2016.1月試飲)

バーガウンド・コム 91~94点(Issue 57号、2015.1月試飲)

最新インターナショナルワインセラー93+点!
(2025~2040年、2016.3月試飲)

インターナショナルワインセラー91~94点(2015.1月試飲)


MVF(旧クラスマン)2017年度版18.5/20グラス

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2017.3月末に飲みました。シャルム’11などデュガ・ピィ5種類を飲み比べるという大変貴重な機会に恵まれました。固すぎて全然楽しめないことだけは避けたかったわけですが、結果的に非常によかったです。クール・ド・ロワが優れた1級の品質、1級プティ・シャぺルが完全に特級の品質でしたが、シャルム・シャンベルタンはまだその上があるの?というすごさ!’11はまだまだ固く(あくまで現時点ではというお話です)わずかに樽とタンニンが浮いているように思われ、総合的なバランス・体感ニュアンス的に同じ樽を使っているとは思えないくらい違っていました。当然それでも普通ではない相当なおいしさでした。’13は昔の強い樽香としっかり抽出ではなく、渇きやエグみのまったくない樽とバトナージュを明らかに減らしているようなかなり凝縮しているがまったく無理な濃さではない香りと艶やかで偉大な味わいで、果実のみならず酸・うまみ・タンニン・ミネラルいずれも上質で当然余韻は驚くほど長くちゃんと樽よりも強くミネラルが残る!自分の中では完璧に想定外だったのですが、今飲んでも深いなめらかさ、うまみ、おいしさが出ている。これは絶対に濃いだけのワインではないです。かなり高価ですが、同じ価格帯のブルゴーニュ特級(そういう意味では今のラ・グランド・リュ’14も高過ぎるとは言えないかも?)でこれ以上の満足度のものはそう多くないと思われます。驚いてください!」

樹齢40年

0.47haの所有

生産量:通常の年で1000本程度

手摘み、天然酵母

例年全房発酵比率50%程度

基本的に新樽100%で約16ヶ月熟成、無濾過

※もっともややこしい点

最初に所有したマゾワイエールはシャルムと近接した区画で、土壌的な差が見られなかったため、シャルムに混ぜてひとつのキュヴェとした。

一方、 別にマゾワイエール単独キュヴェも造っており、
そちらは2004年に新たに買い足したまったく違う性格の区画、コンブ・ド・グリザールから流れ出た洪石土により畑の表面を大きな石が覆う。



『 2/3が本来のシャルムで1/3がマゾワイエール。スミレのようなフローラルさにフレッシュなラズベリー、赤スグリ、カシスなどの果実。色合い深く、凝縮感溢れる一方、タンニンはまろやかでしなやかな味わい。酸味とのバランスも優れる。 (輸入元資料より) 』

 


2/22(土)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・ペロミノ’15’14

ヴォギュエのミュジニーとほとんど同じ土壌!
完全にグランクリュ以上の余韻とポテンシャルがすごい!

ついにべタンヌ&ドゥソーヴ2018年度版から5つ星生産者に昇格!!!


※全商品すべての値引き対象外となります!




※たしか’10まで上記旧ラベル・デザイン。
’11から下記新ラベル。




他のジュヴレシャンベルタン2はこちら

 


ブドウ栽培は化学合成肥料や除草剤を使わないリュット・レゾネ。

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版にて
Palmares Top Producteurs に選ばれる!!!




DOMAINE PERROT-MINOT, Chambolle-Musigny 1er Cru
La Combe d’Orveau Vieilles Vignes Cuvee Ultra '14

ドメーヌ・ペロ・ミノ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・ラ・コンブ・ドルヴォーVV・キュヴェ・ウルトラ’14

特価・税別¥29000



輸入元定価・税別¥36,000

<あと6本>超限定品!

※再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。
’17を買うとなんと¥17,600値上がり致します!

パーカー89~91点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

VINOUS 92~94点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 91~94点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)17.5/20グラス




DOMAINE PERROT-MINOT, Chambolle-Musigny 1er Cru
La Combe d’Orveau Vieilles Vignes Cuvee Ultra '15

ドメーヌ・ペロ・ミノ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・ラ・コンブ・ドルヴォーVV・キュヴェ・ウルトラ’15

特価・税別¥35000



輸入元定価・税別¥43,000

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー93~95点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

最新VINOUS 95点!!!(ステファン・タンザー)

VINOUS 93~96点!

バーガウンド・コム 92~94点(Sweet Spot Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)18/20グラス




DOMAINE PERROT-MINOT, Chambolle-Musigny 1er Cru
La Combe d’Orveau Vieilles Vignes Cuvee Ultra '08

ドメーヌ・ペロ・ミノ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・ラ・コンブ・ドルヴォーVV・キュヴェ・ウルトラ’08

税別¥37000

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷不可能!

スペクテーター94点(2015~2028年、2012年6月時点での評価)

インターナショナルワインセラー91~94点(2010年3月試飲時点での評価)

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!、2010年1月時点での評価)


MVF(旧クラスマン)2011年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版18.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2017.9月上旬に試飲しました。上記評価はあくまでも7年前のリリース直後のものであり、今の味わいに対する評価ではありません。トップノーズこそまだわずかにこってり感があり、樽のロースト香が溶け込み切っていないが、色気が加わって相当複雑になってきている。味わいはさらに圧倒的な説得力があり、かなり長い余韻と熟成のポテンシャルがすごい。同時に飲み比べたミュニュレ・ジブールのエシェゾー’11が、余韻とポテンシャルだけなら完全に負けている。(そのほかの魅力がすごすぎて相当なおいしさでしたが!)さすが大きく分ければヴォギュエの所有している特級畑ミュジニィ区画と同じ土壌構成のプティ・ミュジニー!完全に特級以上の満足度ですので、飲んだ後ではこの価格が高すぎるとは少しも思わない。集中して味わいを見るとうまみとミネラルの凝縮もすごいものがあり、エレガンスが表現され始めており、’06までの味わいとは実は別物という印象。今ではアメリカ市場を意識している造りという印象でもなくここも見直すべき造り手」

アルコール13%

ICチップ付き

『 キュヴェ・ウルトラ 』は、樹齢70年以上のブドウのみ&最高の区画のブドウのみ使用!!!

’08の生産量:わずか510本のみ!!!

※ただの1級ラ・コンブ・ドルヴォー’08の評価が
パーカー92+点
ゴーミヨ18.5/20点
ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点

多くの畑は、元ペルナン・ロサンの優れた畑

近年、新しい畑も購入

高い樹齢、低収量、厳しい選果

澱引きなし、無濾過&無清澄

ブドウ果汁の凝縮度を高めることに細心の注意を払う同氏は、収穫時期に雨が降り水滴がブドウの表面についている時などは友人とヘリコプターを共同でチャーターしてブドウの表面についた水分を吹き飛ばしてから収穫を行なうこともあるそうです


ドメーヌ・ペロ・ミノは、1973年にドメーヌ・アルマン・メルムがふたつに分かれて誕生した。もう一方は道路を隔てて対面に位置するドメーヌ・トープノ・メルムである。
90年頃までワインの大半は桶売りされ、ドメーヌの評価もさほど高くはなかったが、現当主のクリストフ・ペロ・ミノが修業から戻り、ワインを手がけるようになってこのドメーヌは一気にブレークした。
あのブルゴーニュワインの神様、アンリ・ジャイエの薫陶を受けたクリストフのワインは、香り高く果実味豊かで、若いうちから楽しめるスタイル。
ほどなくして、ワインは全量ドメーヌ元詰めとなったのも当然だろう。

その後も破竹の勢いは止まらず、2000年には引退を宣言したヴォーヌ・ロマネのドメーヌ・ペルナン・ロサンのブドウ畑を入手。
もともとのジュヴレ・シャンベルタンやモレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニーに、ヴォーヌ・ロマネやニュイ・サン・ジョルジュのクリマが加わり、ラインナップが驚くほど充実した。 (輸入元資料より)


2/22(土)アップ~蔵出しラ・トッレ・アッレ・トルフェ’18最後の再入荷!

さらにロゼも
あのジャコモさんのお勤め先が決まりました~!


<La Porta di Vertine とのお別れ>

とても残念なお知らせです。ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネが経営破綻しました。アメリカ人オーナー夫妻の会社が倒産したため、2014年ごろからカンティーナは存続の道をさがしていたのですが、それが実ることなく、ついに終わりの時を迎えました。2006年創業し、最初の2年間に晩年の「天与の味覚をもつ偉大なエノロゴ」ジューリオ・ガンベッリの指導を受け、醸造責任者ジャコモ・マストレッタのおおらかな人柄と賢明なワイン造りの結果、キャンティ・クラッシコにおける一つの「理想というべき味わい」が誕生しました。
セルジオ・マネッティ亡きあと、往時の(最盛期の)モンテヴェルティーネを懐かしむ、優雅で奥深い味わいのサンジョヴェーゼ・ファンにとって、寂しい思いの虚ろな中に突然現れた、「親しさと高貴さをあわせもった友」なのでした。私たちは狂喜し、感激の思いを日本のワイン・ファンに伝え、かくしてラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネは日本でも瞬く間にたくさんのファンと理解者を得ることができたのです。
ラベルの文字は、ジューリオ・ガンベッリが手書きした貴重なサインです。このラベルが無くなってしまうこと自体が悲しくて、何とか別のオーナーによって、この名前とともにジャコモが醸造するワインが残る方法はないかと、私たちも世界中の熱心なファンも望みました。実際、資金力のあるファンの何人かは、カンティーナ経営の引き継ぎを申し出たのですが、様々な思惑が交錯するなかで管財人の認めるところとならず、ついに最期を迎えてしまいました。
キャンティ・クラッシコのプロフェショナルの世界では、標高が高くて昼夜の寒暖差が大きい恵まれた環境、石灰岩(shale 頁岩)がひしめく地は、何としても手に入れたい宝物のような畑でした。土壌からミネラルに富んだ味わいが生まれ、味わいの底にある冷涼感、瑞々しく心地よい酸、これぞサンジョヴェーゼと叫びたくなる味わいが、口中に美しく広がりました。
今となれば、2006年にこのカンティーナが、
これほどまでに恵まれた畑で、ジャコモとジューリオ・ガンベッリ、農学者のルッジェーロ・マッツィーリ博士の黄金チームで出発したことが、未曽有の奇跡的な事件だったのですね。私たちが、理想とも思ったキャンティ・クラッシコは、短い命を閉じてしまいました。でも我らがジャコモは健在なので、新たなサンジョヴェーゼの畑を、ジャコモという素敵な魔術師が目覚めさせてくれるのを、待ち望んでいます。短い間ながらラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネを愛してくださった方々に、ジャコモと私たちはともに、心からお礼申し上げます。
(輸入元ラシーヌさんより)















 





《 ジャコモが帰ってきた! Il Ritorno del Giacomo! 》

ジャコモさんが関わったのは’18の収穫からとのことなので、
100%関わるのは’19からとは言えそうですが、’18もおいしかった!




La Torre alle Tolfe, IGT Toscana Rosato Lunella '18

ラ・トッレ・アッレ・トルフェ、トスカーナ・ロザート・リュネッラ’18

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口・ロゼ)


税別¥2100

<あと10本>

サンジョヴェーゼ100%

フラワーパワー・ロゼよりももう少し果実と厚みのあるタイプと聞いております

アルコール14%
ユーロリーフあり!




La Torre alle Tolfe, Chianti Colli Senesi '18 DOCG

ラ・トッレ・アッレ・トルフェ、キャンティ・コッリ・セネージ’18

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2200

<あと21本>おすすめ!
限定品!~※再入荷不可能!その後’19のリリースまで買えません。

「2020.2月初旬に飲みました。Nomacorc selectgreen300 100%recyclable。基本的にキャンティ・クラシコ地区よりも標高が低いので酸がそれほど高くはないですが、凝縮感と少しの粘性、意外に長い余韻があり、癖になるアーモンド風味と程よいタンニンのコクがあっておいしい。樽は控えめで、熟した赤い実の果実とクセのないスパイスなどの香り。タンニンの質がよく、アルコールの浮きもない。同じサンジョベーゼでも合う料理が全然違うイメージ。料理にも粘性とか重心の低さが多少必要になるのかな?今のちょっと素朴な感じもとてもよいですが、今後ジャコモさんの才能が加わり、もっとおいしくなるのかと思うとわくわくしますね!抜栓直後からほとんどおいしいが、時間とともにさらにおいしくなる。抜栓の2日後まで少しずつ向上してゆく。~そのままセラーの中で1回も飲まずに忘れていて2週間後に飲んだらまだ全然おいしかった!」

アルコール14%
ユーロリーフあり!


ワイナリーは敷地からもカンポ広場の鐘楼が見える、シエナからも近いトルフェ村にある。
 ワイナリー【ラ・トッレ・アッレ・トルフェ(La Torre alle Tolfe)】は、8世紀に建てられた塔(Torre)を住居やオリーブ畑、ブドウ畑が囲む、大きな農園とも小さな集落ともいえるヴィッラ(貴族の郊外の別宅)だった。ヴィッラは、現オーナーであるマニア・カステッリの曽祖父に買い取られて、現在に至る。ワイン生産を稼業としてきたわけではなかったが、マニアの祖父は特にワイン造りに凝っていたそうで、13haのブドウ畑から少量だけ、自家消費用のワインを造っていた。彼女自身は2015年、レ・トルフェへと戻ってくるまではイギリスに住んでいた。現在シエナ大学に籍を置く夫のマークは、自然保護の活動に長年携わっており、子供たちを含め一家でレ・トルフェへと移り住んだ。

 いっぽうジャコモはこの数年、ワイン造りをするべくワイナリーを探していた。ブルネッロやキアンティ・クラッシコのワイナリーからも話はあったようだが、中~長期間働いてみたいと思えるワイナリーはなかなかなかった。10年以上も心血を注いできた、ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネが閉業してからというもの、コンサルタントでもなんでも、深くワイン造りにかかわりたいと思えるようなワイナリーは簡単には見つからない。

 そんな時、当時ラ・トッレ・アッレ・トルフェで雇われていた醸造家の友人から、自分の後任にどうかという申し出を受けた。実際に訪れると、
2003年からビオロジック栽培に取り組んできたという、状態の良い畑。
1900年代にヴィッラに増築されたセラーは、使い込まれたセメントタンクを中心にしたシンプルな醸造施設。マニアとマーク夫妻は、二人とも地域の歴史に関心が深く、二人の自然を尊重しようと努めるヴィッラ運営の姿勢にもジャコモは共感を持った。

 コッリ・セネージのワインには、ガイオーレのように力強いタンニンと黒い果実味の印象がなく、柔らかなタンニンと、赤く明るい果実味が特徴的。そこにジャコモのワインらしい、酸味と垂直性をつよく感じる。
 ロザートとキアンティはほぼセメントタンク熟成。
(輸入元資料より)





すべてラシーヌ輸入の限定品!




上記画像の右手前の方が、才能溢れる
Giacomo Mastrettaジャコモ・マストレッタ氏




2/22(土)アップ~蔵出しサン・ジュースト・ア・レンテンナーノ’17’16’15

トスカーナ最峰の一つ!













このページ内のサン・ジュースト・ア・レンテンナーノは
すべて貴重なラシーヌ輸入の蔵出し正規品!


ラシーヌさんは、1995年からサン・ジュースト・ア・レンテンナーノとの付き合いがあり
23年の時を経てようやく2018年、念願の初輸入となりました。
最高の状態で最高のイタリアワインを楽しめるという喜び!

ガイオーレ・イン・キアンティにある、サン・ジュースト・ア・レンテンナーノは、イタリアワインの熱狂的なファンにとって、間違いなく最高峰の一つです。10年以上美しく熟成した、100%サンジョヴェーゼから生まれるPercarloに、幾たび魅了されたかわかりません。
(ラシーヌさんコメント)

農園は全体で160haの広さがあり、標高は平均して海抜270m。31haはブドウ畑、11haはオリーブ畑で40haは森、78haは農地や牧草地となっている。この土地は様々な土壌から成り、砂、粘土、石灰、アルカリ塩類、火山灰、陶土、カルシウムといった多様なミネラル成分を豊富に含んでいる。微小気候は顕著な昼夜の気温差と、収穫期に多い熱波に特徴づけられている。
ブドウ畑はすべて他に類を見ないほど日当たりのよい場所にある。7月と8月に自然に実ったブドウの房を30~50%を間引く、いわゆる「グリーンハーヴェスト」を行うが、これがブドウをパーフェクトな完熟へとむかわせている。われわれの農作業の大半が手作業であり、認証を取得した有機農法のみで栽培している。

ユーロリーフとCertificazione Biologicaあり!




San Giusto a Rentennano, Chianti Classico '17

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、キャンティ・クラシコ’17

税別¥3300

<あと6本>

パーカー91+点(2019~2026年)

VINOUS 92点!(2022~2032年)


アルコール%

サンジョベーゼ95%、カナイオーロ5%

10ヶ月の樽熟成




San Giusto a Rentennano, Chianti Classico Riserva - Le Baroncole '16

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、キャンティクラシコ・リゼルヴァ・レ・バロンコーレ’16

税別¥4600

<あと15本>絶対おすすめ!
限定品!~※再入荷不可能!

※’15より¥440値下がり!

パーカー96点!!!(2019~2033年)
~This Riserva is a real beauty, and this vintage is something truly special.

VINOUS 95点!(2021~2036年)
In 2016, Baroncole is especially fine. Don't miss it!!!


ファルスタッフ 95点!

「2020.2月中旬に飲みました。抜栓直後は力強く固い。すぐに開けるならデキャンタ必需。ドライフルーツ気味の非常に凝縮した黒い実の果実主体でレーズンやプルーンを入れたパウンドケーキ、ナッツ類、スパイス、甘草、紅茶などの香りにわずかにミント風味が含まれ濃い中にも涼しさと香りのよさ、凛とした骨格があり、抜群のコンディション(ラシーヌ輸入)によりピュアさと酸が生きている。タンニン多いがざらついていない。今は固く、大きく重いがすでに余韻は長く、ただ重いワインではない特別感がある飲み頃は2023.秋~だろうか?ハイポテンシャルで品質は1万円レベル。抜栓の次の日も非常においしい。ドライフルーツとナッツ入りガトーショコラの香り。コクのある味わいで少しだけ向上。抜栓の2日後もさらに少し向上。まだ固いなりにすごくおいしい」

アルコール15%

’12’13 ヴェロネッリ93点




San Giusto a Rentennano, IGT Toscana - Percarlo '15

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、ぺルカルロ’15

税別¥9500

<あと8本>限定品!

※’14より¥550値下がり!
すでに再入荷不可能!

パーカー97+点!(2020~2040年)
~The way the wine impacts the palate is of particular interest because you get fullness and extraction that is all magically rendered light and buoyant thanks to that crisp acidity.

VINOUS 98点!!!(2025~2040年)
Ample and expansive on the palate, with huge textural depth, the 2015 is a total stunner.
~The 2015 Percarlo is a riveting wine readers will not want to miss.

スペクテーター95点!(2021~2035年)

ファルスタッフ 97点!!!

’08’11’12 ヴェロネッリ95点!

サンジョベーゼ100%

コンディションさえよければもっともはずさないイタリアワインの一つ!
過去に何度か飲んでいますが素晴らしかったです!
実は店頭で結構売れています!






San Giusto a Rentennano, IGT Toscana - Percarlo '14

サン・ジュースト・ア・レンテンナーノ、ぺルカルロ’14

税別¥10000

<あと1本>限定品!

パーカー92点(2018~2030年、ワイン・アドヴォケイト239号)

VINOUS 96点!(2022~2039年)

スペクテーター93点(NOW~2025年)

ファルスタッフ 94点!


’08’11’12 ヴェロネッリ95点!

サンジョベーゼ100%

コンディションさえよければもっともはずさないイタリアワインの一つ!
過去に何度か飲んでいますが素晴らしかったです!
HPに載せるのは初ですが、実は店頭で結構売れています!



2/8(土)アップ~蔵出しアルベール・グリヴォー’17クロ・デ・ペリエール

蔵出しアルベール・グリヴォー’15再入荷

リアルワインガイド60号にて絶賛される!

熟した果実と強い粘性で長熟のモノポール

クラスマン2つ星生産者に昇格!

 

 ※画像は’04のものですので、クロデペリエールの方に受賞シールがはってあります。

ムルソー1級ぺリエールは将来グランクリュに昇格確実と言われています。その中でもさらに優れた、ムルソー最上の畑と言われているのモノポール(単独所有畑)がこのクロデぺリエールです!

 

『 アルベール氏は、かなり高齢ですがまだまだ探究心旺盛で、少しでもワインをよくしようと醗酵槽の改良等に取り組んでいました。情熱を持っていろいろ語ってくれて感謝です!後継ぎも決まって一安心ですね。世代交代後、樽熟成の期間を約1年半→約9カ月と半分にしたことでピュアさが際立っている。(2009.10月当店ドメーヌ訪問時) 』

 



Albert GRIVAULT, Bourgogne Blanc Clos du Murger '17

アルベール・グリヴォー、ブルゴーニュ・ブラン・クロ・デュ・ミュルジェ’17

税別¥4000

<あと5本>限定品!

※次が最後の再入荷となります!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16/20点

本来ならば村名ムルソーとなってもおかしくない、村の中心とクロ・デ・ペリエールの上の区画とをアッサンブラージュしたブルゴーニュ・ブラン。2005年から造られ、樹齢こそ若いものの、知らずに飲めば、ムルソーと錯覚を起こすことは間違いない。豊かな果実味と柔らかみのあるミネラル感。余韻の長さもブルゴーニュ・ブランとしては驚異的。




Albert GRIVAULT, Meursault 1er Cru Clos des Perrieres '17 (Monopole)

アルベール・グリヴォー、ムルソープルミエクリュ・クロ・デ・ペリエール’17(モノポール)

税別¥16500

<あと7本>限定品!

MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点

最上の畑にしてはほとんど値上がりしていないと言えます!





Albert GRIVAULT, Meursault 1er Cru Perrieres '15

アルベール・グリヴォー、ムルソープルミエクリュ・ペリエール’15

特価・税別¥11500



輸入元定価・税別¥15,000

<あと12本>絶対おすすめ!

36本完売!!!

ヴィニュロン・アンデパンダン2017年 金賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2018年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16.5/20点

リアルワインガイド60号にて絶賛される!91+・92+点!

「2018.10月中旬に試飲しました。昔から当店社長の大のお気に入り!相変わらず完熟の甘く凝縮した香りとアタックで、一瞬酸が低い?と思いそうになるがここは常に実は厳格な構造で早期酸化劣化をせずにかなり長く熟成する。豊潤で余韻が長い」

平均樹齢49年

じつは虎の子のクロ・デ・ペリエールよりも平均樹齢が高く、緊張感が支配するクロに対して、よりムルソーらしい包容力を感じさせる。畑にごろごろ転がる小石の効果でブドウはよく熟し、リッチな味わい。石灰質の強いミネラルがバランスをとる。




Albert GRIVAULT, Meursault 1er Cru Clos des Perrieres '15 (Monopole)

アルベール・グリヴォー、ムルソープルミエクリュ・クロ・デ・ペリエール’15(モノポール)

税別¥15700

<売り切れ>限定品!

※’15は再入荷不可能!

最新ブルゴーニュ・オージョルディー2019年6~7月号 16.5/20点

ヴィナリス・インターナショナル・コンクール・フランス2017年 銀賞受賞!

MVF(旧クラスマン)2018年度版19.5/20グラス!(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点

リアルワインガイド60号にて絶賛される!92・94点!

ペリエール・ドゥスーのど真ん中にある、石垣で囲まれたドメーヌのモノポール。きわめてミネラル感が高く、緊張感溢れるワイン。若いうちはレギュラーなペリエールのほうが飲みやすいが、熟成が進むと形勢逆転。複雑さと力強さが増幅され、特級のポテンシャルを表す。

昔からムルソー最高の区画と言われている畑!

1ha弱の単独所有

平均樹齢約50年

 絶対にはずさないワインのひとつと言えるくらいに毎年本当に安定して高品質です!



2/8(土)アップ~蔵出しピエール・パイヤール’08

12/7(土)アップ~蔵出しピエール・パイヤール’13最後の再入荷!


10/2(水)アップ~蔵出しピエール・パイヤールNVレ・パルセル


何故か日本ではまったく無名なすごい生産者!






↑上の画像が初入荷のスタンダード品です。





↑2016.11月入荷分から上のラベルにデザイン変更。







 



土壌とブドウの樹のバランスに重点が置かれている。23年以上前からリュット・レゾネで栽培を行い、ここ15年は化学肥料は一切用いていない。ビオディナミやビオロジックの手法を取り入れつつあるが、ビオ認証にはこだわらない。収量制限を行い、ブドウ畑は自然の野草で覆う。病害虫への対策は防除を基本とし、薬剤の使用は最小限に抑えている。

ここもアルチザン(職人的栽培醸造家)グループのひとり


ワイン&スピリッツ誌2016年度 TOP100ワイナリーに選ばれる!




ピエール・パイヤール、シャンパーニュ・グランクリュ・ブジー・エクストラブリュット<ラ・グラン・レコルト>’08

税別¥11000

<あと12本>超限定品!

MVF(旧クラスマン)2020年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16/20点

待望の当たり年!






Pierre Paillard, Champagne GC Bouzy Blanc de Blancs Les Mottelettes (2013)

ピエール・パイヤール、シャンパーニュ・グランクリュ・ブジー・ブラン・ド・ブラン・エクストラブリュット<レ・モトレット>’13

税別¥9200

<あと8本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

「2019.9月下旬に飲みました。冷やし過ぎると勿体ないですが、温度を上げ過ぎてもキラキラした質感が薄れて美点が消えるのでお好みの温度を探ってみてください。リンゴ入りヨーグルトとシナモン少なめのアップルパイ主体の非常によい香り。うまみを伴うキレイな酸と強いミネラルで、特級畑ブジーというイメージよりもバランスよくエレガントな印象がありつつ、アフターには石を舐めている系の上質ミネラルが残り伸びもある。値上がりがなければ本当に最高だったが、やっぱりどうしても評価せざるを得ない完成度の高さ!抜栓の次の日も非常においしい。塩ミネラルが少し増した」

シャルドネ100%

ドサージュ1.8グラム/リットル

デゴルジュマン2018年5月

アルコール12.5%

レ・モトレットはブジーの南向き斜面の下部にある単一畑。1961年に植樹された。単一畑のシャンパーニュかつブジーのシャルドネ100%という非常に珍しいグランクリュのブラン・ド・ブラン。レモンや洋ナシ、アプリコットのフローラルな香りにほのかなトーストやスパイスのヒント。表情豊かでしなやかな味わいは、ブジーらしい力強さに満ちている。




Pierre Paillard, Champagne GC Bouzy Blanc de Noirs Les Maillerettes (2014)

ピエール・パイヤール、シャンパーニュ・グランクリュ・ブジー・ブラン・ド・ノワール・エクストラブリュット<レ・マイユレット>’14

税別¥9200

<あと7本>超限定品!

ピノノワール100%

ドサージュ3.5グラム/リットル

デゴルジュマン2019年2月

アルコール12.5%

1970年に植樹。ブジーの南西向き斜面の中腹にある単一畑レ・マイユレットから造られるグランクリュのブラン・ド・ノワール。洋ナシや赤系ベリーの香りにスパイスやトースト、オレンジピールのアクセント。肉厚な果実を備えた豊かなボディ。堅固なミネラルが心地よい緊張感をもたらす。深みのある味わいは、力強くエネルギッシュ。





Pierre Paillard, Champagne Bouzy Les Parcelles Grand Cru Brut N.V.

ピエール・パイヤール、シャンパーニュ・グランクリュ・レ・パルセル・ブリュットNV

特価・税別¥5300

<あと1本>絶対おすすめ!

最新デカンター・オンライン91点(2018.10月試飲)

最新パーカー92点
(Stephan Reinhardt、ワイン・アドヴォケイト238号)


パーカー90点
(Stephan Reinhardt、ワイン・アドヴォケイト225号)

スペクテーター91点(2017.11月試飲)

バーガウンド・コム 90点(Isuue 52)

インターナショナルワインセラー91点(2015.1月試飲)

Wine&Sprits誌 92点(2015.12月試飲)

ゴーミヨ誌15.5/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版14.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版15/20点

MVF(旧クラスマン)2017年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

現在庫の中身は2014年
ドサージュ1.8グラム/リットル
デゴルジュマン2018年11月

35本完売。

「2019.9月下旬に再度試飲しました。程よい焼いたパン、凝縮して深みのあるベリー、アンズ、蜜リンゴ、スパイス、ミネラルなどのわりと説得力なるよい香り。果実感がしっかりして厚みがある味わいながら、酸もわりと上品でバランスよく余韻は予想以上に長い。これを飲むだけでピエール・パイヤールの実力は充分理解できます」



「2016.11月中旬にプチ試飲しました。しっかり冷やすとある程度すっきりも飲めるし、少し温度を上げると厚みと粘性も出てくる。ただシャルドネが多めにブレンドされている為、ブジーというよりもアイ村的なやや力強い味わいのバランスと言えるかもしれません。圧巻の上級品には敵わないもののよい出来」

ピノノワール60%、シャルドネ40%

熟成42ヶ月

アルコール12%

ドサージュ3.5g/L

輸入元さん曰く、『 ブジーらしい骨格と果実が、エネルギッシュに表現されている一度飲んだら、忘れられないシャンパーニュ! 』

ブジーに所有する複数の区画をブレンド。リンゴやアプリコットの完熟果実に、オレンジピールやハチミツ、ミネラルのアクセント。生き生きとした細かな泡が駆け抜ける味わいは、ふくよかな果実と細かな酸を備えている。力強さとエレガンスを備えたブジーのグランクリュ・シャンパーニュ。




土壌
表土は粘土石灰質、母岩はチョーク

再植樹は全てセレクション・マッサールで行い、苗木にはピノ・ノワールはレ・マイユレット、シャルドネはレ・モトレットの単一畑から取っている。再植樹する際には、土壌をリセットするために畑を丸2年休耕させる。

醸造方法
区画と品種ごとに分けてベースワインを醸造。発酵槽はステンレスタンクをメインに用いるが、一部のワインにはコンクリートタンクを使っている。アルコール発酵後、全てのワインでマロラクティック発酵も行う。ベースワインは澱とともに8ヶ月熟成させ、瓶詰め。ベーシックなブリュットでも42ヶ月以上熟成させる。19世紀に建造された熟成用のセラーは地下16メートルにあり、年間を通じて室温が10度に保たれている。


モンターニュ・ド・ランス地区の南部に位置するブジーは、シャンパーニュのグランクリュで最もパワフルなピノ・ノワールを生み出す。隣村のアンボネイもピノ・ノワールで名高いグランクリュの村のひとつだが、それぞれのキャラクターは異なる。アンボネイは、ふくよかな果実の中にフィネスを備えた豊満な味わいとなる一方、ブジーでは、日照豊かなほぼ真南を向いた斜面と厚い粘土に覆われたベレムナイト・チョークの土壌から、肉厚で力強い男性的なシャンパーニュが生まれる。そのため、この村はスティルの赤ワインの産地としても知られており、ブジーのピノ・ノワールから造られたブジー・ルージュは、著名メゾンを含め、ロゼ・シャンパーニュのアッサンブラージュに重用されている。

1768年からブジーでブドウ栽培に携わるピエール・パイヤールは、この村に深く根差す生産者だ。レコルタン・マニピュランとして現在の醸造所を設立したのは、戦後間もなくの1946年。現在は、8代目となるアントワーヌとカンタン・パイヤール兄弟を中心にシャンパーニュを生産している。


ピエール・パイヤールのアイデンティティ

彼らの畑で最も特徴的なのは、所有畑が全てブジーにあること、そしてシャルドネの栽培比率が高いことだ。ピノ・ノワールのグランクリュとして有名なブジー全体では、作付面積の89%をピノ・ノワールが、11%をシャルドネが占めるが、ピエール・パイヤールでは、11haある所有畑の3割以上となる4haにシャルドネが植えられている。パイヤール家では、ブジーのブドウのみから造られるパワフルなシャンパーニュの中にフレッシュさとエレガンスをもたらすため、この村では例外的に高いシャルドネ比率を代々受け継いできた。

もうひとつ、ピエール・パイヤールのアイデンティティの要となるのが、ふたつの単一畑、レ・マイユレットとレ・モトレットだ。前者にはピノ・ノワールが、後者にはシャルドネが植えられており、これらの古樹の区画はピエール・パイヤールの『母なる畑』と呼ばれている。長年、植樹はセレクション・マッサールで行っているが、その苗木には必ずレ・マイユレットとレ・モトレットのブドウの枝を用いるためである。ドメーヌのスタイルとそのベースとなるブドウの遺伝子を後世に伝える役割を担う重要な畑だ。また、これらの畑のワインは単独で瓶詰めされており、単一品種でこのグランクリュの魅力を純粋に表現したブラン・ド・ノワールとブラン・ド・ブランとしてリリースされる。


ベターヌ&ドゥソーヴで2ツ星を獲得

ブドウ栽培は20年前からリュット・レゾネで行っており、自然の野草で覆われたブドウ畑では、ここ15年間、化学肥料を一切使っていない。病害虫への対策は防除を基本とし、薬剤の使用は最小限に抑えている。ビオディナミやビオロジックの手法も取り入れつつあるが、土壌とブドウの樹のバランスを保つことが目的であるため、ビオ認証にはこだわらない。また、植樹の際には土壌をリセットさせるために、畑を丸2年間休耕させている。
醸造は区画と品種に分けて行い、発酵槽には主にステンレスタンクを使用。一部のワインにはコンクリートタンクも用いている。アルコール発酵後、全てのベースワインはマロラクティック発酵を経て、澱とともに8ヶ月と長期間熟成させるのが特徴だ。瓶詰後の熟成も長く、最低42ヶ月。19世紀に建造された熟成用セラーは地下16メートルにあり、年間を通じて室温が10度に保たれている。

ベターヌ&ドゥソーヴでは2ツ星獲得、シャンパーニュの世界的権威であるワイン評論家のトム・スティーヴンソンは彼らのシャンパーニュ全てをおすすめと評している。


2/8(土)アップ~<※入手難!>蔵出しジャクソン・キュヴェ742NV最後の再入荷!

1番絞りのみを使用。ナポレオンが愛したシャンパーニュ
今ではビオロジックのブドウ主体!

MVF(旧クラスマン)2010年度版にて2つ星→3つ星生産者に昇格!2017年度版でも3つ星生産者のままです!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版にて4つ星→5つ星生産者に昇格!2017年度版でも5つ星生産者のままです!




※↑スタンダード品のラベル・デザイン変更で、DTに似たラベルになりました。







 

世界中で話題になった、あのバラク・オバマ元大統領が受賞したノーベル平和賞受賞式典のディナー(グランド・ホテル・オスロ)において3つ星の最高栄誉に輝くジャクソン・キュヴェ733NVが、唯一のシャンパーニュとして振舞われました!!!




ジャクソン、シャンパーニュ・エクストラブリュット・キュヴェ742NV

(750ml・NM・辛口白泡)


税別¥8500

<あと15本>絶対おすすめ!
限定品!45本完売!!!

※再入荷すると743に移行致します。
そして¥1,100値上がり予定です。

ジェームス・サックリング 93点!(NOW)

ファルスタッフ 94点!!!

デカンター・オンライン92点(2019年11月試飲)

パーカー93+点!(2019~2029年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)

VINOUS 94点!!!
(2020~2030年、アントニオ・ガローニ)

スペクテーター93点(NOW~2024年)

最新バーガウンド・コム 92点(Issue 77)


RVF誌2019年12月号 17/20点

MVF(旧クラスマン)2020年度版17/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2020.2月下旬に飲みました。リリースから1年経っても抜栓直後はまだ少し固さが残る。冷やし過ぎない温度で時間とともにうまみとコクが出て向上してゆく。複雑性の高いアンズ、ミネラル、マッシュルーム、ナッツ、グレープフルーツなどのよい香り。果実味もキレもあり、しっかり辛口で酸とミネラルが伸びる長めのアフター。ガス圧弱い。明らかに昔より縦伸び感が増したように感じられ上質。抜栓の次の日も非常においしい。さらにうまみが増して泡がよりクリーミーになり向上。飲み飽きない」

Ay, Dizy & Hautvillers 59%
Avize & Oiry 41%

デゴルジュマン2018年8月

ドサージュ1.5グラム/リットル

アルコール12.5%




ジャクソン、シャンパーニュ・エクストラブリュット・キュヴェ740NV

(750ml・NM・辛口白泡)


税別¥8500



輸入元定価・税別¥10,000

<売り切れ>超限定品!

最新パーカー93点!(2018~2040年、ワイン・アドヴォケイト237号)

スペクテーター92点(NOW~2020年)

Antonio Galloni(VINOUS) 94点!!!(2017~2027年)

ワイン&スピリッツ誌 91点

ファルスタッフ 92点!

MVF(旧クラスマン)2018年度版17.5/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17/20点

30本完売。~※再入荷不可能!

例年より生産量が少ないうえに、輸入元試飲会で大人気だったため
740は超入手難となっております!

今までとは違い収穫年の個性を表現するテーマ

かつてないほどに小粒で凝縮力の高いブドウとなった2012年
(ベースとなる中身のブドウが2012年!)

濃密なエネルギー感の中に現れるエレガンス、威厳と気品を纏う

740は、一部認証も得ているビオロジック栽培のブドウを多く含み
収量16%減、ヴァン・ド・レゼルヴ10%減、
ドサージュ僅か1.5グラム/リットル
かつてヴィンテージ用に使っていた上級の葡萄を、惜しげもなくこのNVにブレンドしている
シリーズ最高傑作と言われています!

シャルドネ50%、ピノノワール25%、ピノムニエ25%

一番搾りのみ使用、無濾過&無清澄



メゾンの画一的なスタイルを追求するのではなく、ワインのヴィンテージの個性を最良に体現した造り。Cuvee734より、瓶熟期間をさらに1年長くし、最低4年間寝かせてからデゴルジュしてリリース。また、2003年以降、ヴィンテージワインは「シングル・ヴィンヤード・コレクション」に特化し、一般的な「複数クリュのブレンド」によるヴィンテージ・シャンパーニュの生産を中止。それにより、かつてヴィンテージ用に使っていた上級の葡萄を、惜しげもなくNVであるこのCuvee#700にブレンドすることで、クオリティとしては、プレステージ・シャンパーニュに匹敵する<最上級のノン・ヴィンテージ・シャンパーニュ>に昇華した。セラーを構えるラ・グランド・ヴァレ・ドゥ・ラ・マルヌとコート・デ・ブランのグラン・クリュ及び、プルミエ・クリュの葡萄のみ使用。ベースとなるワインは2010年。冬と春は乾燥して寒く、夏の前半は天候に恵まれたが後半は涼しく雨も降り、やや難しい年となったが、厳しい選果によって最終的には非常に健全で完璧な状態の葡萄を収穫できた。とりわけシャルドネは素晴らしい品質となり、繊細でエレガント、フレッシュなワインになった。全体の33%にヴァン・ド・レゼルヴを使用。(2008年・2009年のシャルドネ、キュヴェ735&736&737をブレンド) マストは「ラ・キュヴェ」と言われる一番搾りのみ、且つ、最初の50Lは埃が多いという理由から使用しないこだわり。

数年ワインを入れて寝かしたオーク樽を使用して発酵、さらに、シュール・リーで週一度のバトナージュを行いながら7ヶ月間の樽熟成。ノン・フィルター。

ドザージュは僅か3.5g/L。

シャルドネ61% ピノノワール18% ピノムニエ21%

 

 

徹底した収量管理と除草剤を使用しない有機的栽培を行なう

『 200年以上の長い歴史と伝統を誇り、グラン・クリュ アイ村、本拠地のあるディジー村などにある自社畑を中心とした52haの畑から類稀なるシャンパーニュを生み出すのが、このジャクソン。ジャクソンのシャンパーニュは、ナポレオン皇帝からの寵愛をも獲得、皇帝自身の結婚式にも振舞われたという逸話を持つ。また、その最高の栄誉を賞され、皇帝よりメダイユ・ドールを献上された。かのジョセフ・クリュッグは、創業前、ジャクソンのセラーで修行をした後、自身のメゾンを設立したという歴史もある

~自社シャンパーニュの為に使用するマストは一番搾りのみで、プルミエタイユは他のネゴシアンに売ってしまう。

ジャクソンのシャンパーニュ造りに対するフィロゾフィーは、長い歴史と共に飛躍の時を迎え、今や世界に認められる存在となった。世界の頂点を極めたソムリエ達が選ぶ「世界No.1ソムリエが選ぶ2002年度ワイン・ガイド」において、No.1メゾンの座を射止めて以来、「ゴー・ミヨ」2005年版では、エグリ・ウーリエやジャック・セロスらと並んで2つ星を獲得するなど、数々の専門誌より高い評価を受けている。(輸入元資料より) 』


2/8(土)アップ~蔵出しドメニコ・クレリコ’15

上級クリュのブドウが多くブレンドされているスタンダード品!












Domenico Clerico, Barolo '15

ドメニコ・クレリコ、バローロ’15

税別¥6000

<あと11本>

パーカー94点!(2022~2040年、
~This is an extremely elegant and graceful expression with classic Monforte d'Alba characteristics~
ワイン・アドヴォケイト243号)

スペクテーター91点(2024~2039年)

ファルスタッフ 91点


※すでに再入荷不可能!

クリュ・バローロのクオリティを高めるため、これまで以上に厳しい選果が行われた結果、誕生したのがこのノーマル・バローロ。クレリコのノーマル・バローロといえば、非常に難しい年だった2002ヴィンテージで全クリュを格下げ・ブレンドしたものが想起されるが、このワインのフィロソフィは全く異なる。例えるなら、これまでのクリュ・バローロがレベル10で造られていたとしたら、今後はそれをレベル20にするために、かつてのクリュ相当のレベル10のブドウがノーマル・バローロに使われている。クリュ・ジネストラ(チャボット・メンティン、パヤナ)主体にクリュ・モスコーニ(ペルクリスティーナ)がブレンドされているため、ワイン・アドヴォケイトではチャボット・メンティンを思わせる「近親の従弟」と評される。
(輸入元資料より)

品種:ネッビオーロ100% 
熟成:バリック(新樽20%)&大樽32ヶ月



2/2(日)アップ~蔵出しシャトー・ド・ベル’17’15

最新MVF2020年度版にて1つ星生産者に昇格しました~!

無名でこんなにもおいしい上質シャブリ!







 



画像左が、現当主のAthenais/アテナイス女史

’16は、霜被害でほとんど造れなかった
~日本への輸入もないそうです、、、


’17は澱が少ないようですね
コンディション抜群だからこその亜硫酸極小でも美しい酸!




Chateau de Beru, Chablis ≪ Clos Beru ≫ Monopole '15

シャトー・ド・ベル、シャブリ・クロ・ベリュ’15

(モノポール・辛口白)


税別¥9400

<あと2本>超限定品!
初入荷!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

’12’10 VINOUS 92点(ステファン・タンザー)

ドメーヌの最上銘柄。村名としてはかなり高いが、品質が特級クラスだそうです!

品種:シャルドネ 100%
土壌:非常に石灰分が高く、礫質に富む粘土質石灰土壌。キンメリジャン。
面積:5ha
平均樹齢:30年以上
密植度:6000本/ha 剪定:ギュイヨ
栽培:ビオディナミ農法(耕作には馬を使用)
醸造:10kg入りのカゴを使用し、手摘みで収穫。空圧式圧搾機を使い低い圧力でプレス。ステンレスタンクで発酵し、その後2~4年樽で18ヶ月間の熟成。畑とセラーが隣接しているためSO2を最低限に減らすことが可能。無清澄・無濾過で瓶詰め。

このドメーヌを代表する畑で、シャトーのすぐ脇にある小さな谷の南~南西向き斜面に広がる面積5haの区画。海抜300mの地点にあり、カキの化石を含む粘土質石灰という典型的なキンメリジャン土壌。Closの名の通り、13世紀に建築された歴史的な壁に囲まれており、この畑特有のミクロクリマを有している。AOC上では単なるシャブリ扱いとはなるものの、力強さとしなやかさを合わせ持ち、極めて強いミネラルをも持つという個性あるワインを産み出すフラッグシップの名に恥じない素晴らしい畑。
(輸入元資料より)





Chateau de Beru, Chablis Terroers de Beru '17

シャトー・ド・ベル、シャブリ・テロワール・ド・べリュ’17

税別¥4500

<あと21本>絶対おすすめ!

最新VINOUS 94点!!!
(アントニオ・ガローニ、2020年1月試飲)


パーカー89点(2020~2030年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


MVF(旧クラスマン)2020年度版16/20グラス

MVF(旧クラスマン)2019年度版15.5/20グラス

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.9月初旬に飲みました。コンディションよくピュア。冷やし過ぎないほうがおいしい。ごま、ほんのり甘さのある皮と種を含むレモン、キラキラした海のミネラルなどの非常によい香り。抜栓直後だけわずかに果実味が弱くドライで、若干平坦か?というガッカリ感があったのですが、時間の経過とともに少し果実味が増して、うまみと塩ミネラルも強くなったことで一部のニコライホフやルフレーヴにも共通するような真夏に最強の美しく角のない酸とミネラルのレモン水系ワインとなった。このタイプには樽と無駄な贅肉はかえって邪魔になるので、素晴らしく杯が進む。焼き鮭と合う。アフターの最後までまったく生臭さでないので、寿司にも合いそう。ただし冷やし過ぎないほうがより合うと思う。抜栓の次の日にはさらに向上して、ちょうど蒸し暑い日で、果実の日だったのでたまたま一番おいしい条件がそろってすごかった。うまみ塩オレンジ・レモン味。点数評価には決して現れない良い個性」

アルコール12.5%

キャップシールなし、薄いロウキャップ

ドメーヌを象徴するキュヴェ

ベリュ渓谷の端にある畑
’06からビオロジック
’11からビオディナミ

キンメリジャンの上に広がる粘土質石灰土壌

樹齢約40年

馬で耕作!

手摘み、ステンレスタンク醗酵&熟成

基本的に無濾過&無清澄

畑とセラーが隣接しているために、特に亜硫酸の量を減らすことが出来る銘柄だそうです

デメテル、ユーロリーフあり!




Chateau de Beru, Chablis Cote Aux Pretres <soufre> '17

シャトー・ド・ベル、シャブリ・コトー・プレトス<スフル>’17

税別¥5400

<あと2本>超限定品!

※スフルではないキュヴェの評価が、
パーカー90点(2020~2030年)
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


MVF(旧クラスマン)2020年度版16/20グラス

アルコール12.5%

キャップシールなし、薄いロウキャップ

もともと亜硫酸極小なので、そこまで大きな違いはないそうです。




Chateau de Beru, Chablis Orangerie '17

シャトー・ド・ベル、シャブリ・オランジェリ’17

税別¥5700

<あと8本>絶対おすすめ!
超限定品!

最新VINOUS 94点!!!
(アントニオ・ガローニ、2020年1月試飲)


パーカー90点(2020~2030年)
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

22本完売。

「2019.9月中旬に飲みました。今飲むとテロワール・ド・ベリュ’17より大分こちらの方がおいしく感じられ何故差が1点なのか理解できん?オランジェリの方が亜硫酸が少ないトップノーズで果実のエネルギーと厚みは言うまでもなく、骨格とミネラル、余韻もさらに上の傑出した出来。大幅に価格を超えた内容に感じられた。良いコンディションが大前提のピュアな質感とアフターに残る強烈塩ミネラルも必見。大抵の村名ピュリニーよりおいしくバランスとスタイルまで素晴らしい。この価格で買えるうちに飲んでおくべき!抜栓の次の日もかなりおいしいが、初日の方がよりおいしかった気がする」

アルコール12.5%

キャップシールなし、薄いロウキャップ

デメテル、ユーロリーフあり!


<ドメーヌについて>
シャブリの南東に位置する小さな村Beru/ベルに本拠を置くドメーヌ。 400年の歴史を誇る名家で、所有するシャトーには15世紀に造られた世界最古とされる日時計と暦が現存しているという。20世紀初頭のフィ ロキセラ禍に伴い、所有していた畑は一旦打ち捨てられることとなる。80 年代に入り、当時の当主であったEric de Beru伯爵がその当時から 著名だった区画Clos Beru/クロ・ベルを含む全ての畑に再植樹した。 当初はブドウを全てネゴシアンへ売却していたが、その後それらの畑は近 隣の栽培家に貸し出されてしまった。2006年に伯爵が他界したあと、伯爵夫人Laurence/ロランス氏とその娘で現当主のAthenais/アテナイス氏がドメーヌを率いることとなる。アテナイス氏は 2002年にそれまで勤めていたパリの投資銀行を退職し、ボーヌの醸造学校で栽培醸造学を修め、サヴィニー・レ・ボーヌのChandon de Briailleで研鑽を積む。現在は家族経営のドメーヌに新たな息吹をも たらすべく、着実な歩みを続けている。畑のユニークなテロワール、とりわけドメーヌが誇るクロ・ベルのテロワールを余すところなく表現し、それをもたらしてくれる環境そのものを守るため2005年よりビオロジック農法を採用。2011年からはビオディナミ農法へと転換した。


<栽培>
化学肥料の使用、トラクターによる土壌圧縮、そして除草剤の使用は土中微生物を含む土中バランスに破壊をもたらすと 考えている。特に土中微生物に関しては、植物の成長に必要な栄養素や微量元素、ミネラルが植物の同化において重要 な役割を果たしていることから、化学肥料は与えない。また、除草剤を使用せず畝と畝の間の雑草には馬を使っての鋤き返 しで対応し、定常的な施肥を行わないことで土中バランスの維持に努 めている。これにより空気中の湿度変化に左右されない深さまでブドウ が根を下ろし、土中成分をより吸収しやすくなると考えている。北部に 位置する畑であるため、真菌によって引き起こされるベト病やうどんこ病 といった疾患の懸念があることから、各畑で入念な状態観察を行い、 必要に応じて自然由来の硫黄やハーブなどで慎重を期して対処してい る。これにより徐々に抵抗力を高め、ブドウが自力で病害に対抗できる ようにしている。


2/2(日)アップ~蔵出しジェラール・ベルトラン’18’17’16ラ・クラプ

素晴らしいワインが出来る上級クリュ<ラ・クラプ>の赤白!

11/14(木)アップ~蔵出し最高賞受賞の’17ラ・クラプ赤も!

11/10(日)アップ~蔵出しクロ・デュ・タンプル’18

世界最高のロゼと言われる入手難銘柄!

蔵出しジェラール・ベルトラン’15


大量生産でお買い得なだけではない生産者!












 


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Vins(TOP 5/100位!!!)に選ばれる!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!

所有している広大な畑すべてが有機栽培というすごさ!




Gerard Bertrand, CLOS DU TEMPLE '18

ジェラール・ベルトラン、クロ デュ タンプル’18

(南フランス・ランドックルーション・辛口・ロゼ・オリジナル木箱入り・750ml)


税別¥20000

<あと4本>幻の超限定品!

デカンター・オンライン96点!

Wine Enthusiast 94点

スペクテーター92点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17.5/20点


AOP Landoc Cabrieres ラングドック カブリエール

グルナッシュ / サンソー / シラー / ヴィオニエ / ムールヴェードル

ラングドックルーションのプレミアムワインのパイオニアであるジェラールベルトラン。異熟したアプリコットや白桃、バラの花、グリーンペッパーのスパイスの香りに、フィニッシュにはほのかなタバコの香り。

8haを7つに分けた区画ごとに、涼しい夜のうちに手摘収穫をし、それぞれ醸造。低温発酵後、8-10度で24時間落ち着かせます。澱につけたまま新樽で6ヶ月熟成。ビオカレンダー果実の日にブレンドを実施。
熟したアプリコットや白桃、バラの花、グリーンペッパーのスパイスの香りに、フィニッシュにはタバコの香りがほのかに感じられます。フレッシュなミネラルを思わせる余韻があります。

この’18が、ファーストヴィンテージ!

◇一説によればロゼ発祥の地とも言われるカブリエール。 この地のワインは1357年のフランス王室による宴の席で太陽王ルイ14世に供されたという記録も残っています。

◇この8haの区画は1224年に テンプル騎士団に与えられ、 そこからクロ デュ タンプル (Temple)という名が付きました。

◇ローマ時代にローマ人がこの地に移り住むと同時にぶどう 栽培も始まり、AD1~2世紀までその歴史をさかのぼることのできる由緒正しい土地です。

◇スレートと石灰岩からなり、標高は240m。南と南西向き斜面 「ロゼワインにおけるプレミアムワインとは何か」を世に示したい。そしてこの土地でならばそれが可能である。これがこのボトルにこめられたジェラール ベルトランの思いです。

◇区画はさらに細かい7つの区画に分け管理。

◇土地の個性を移し取り、美しい酸味をもたらすぶどうを生み出すとジェラールが考えるビオディナミを実践。

◇みずみずしさを損なわぬようぶどうは夜間の手摘収穫。

◇7つの区画をそれぞれ別に仕込む。

◇フリーランの最良の部分を選び、8~10℃でデブルバージュ (この際のSO2は不使用)。その後低温発酵し6ヶ月の樽熟成。 そしてビオディナミカレンダーの”果実の日“にブレンド。

◇青いキャップシール:フランス王室を 象徴する色である鮮やかな青がこの土地 のロゼの歴史を示します。

◇肩の丸まり:寺院にあり巡礼者を迎え入れた ドーム型の天井を意味しています。 肩部分の金色の飾り:畑を囲む丘の稜線を表現。

◇この地に存在した寺院の基底部を表現。





2015年に昇格したばかり!ランドック最高の畑の一つである
AOP Languedoc La Clape
ラングドック・ラ・クラプ

ラ・クラプ赤白に関しては、
2013年からビオディナミを実践
ビオディナミ・カレンダーの『果実の日』に瓶詰




Gerard Bertrand (Chateau L'Hospitalet), Grand Vin Blanc La Clape '18

ジェラール・ベルトラン(シャトー・ロスピタレ)、グラン ヴァン ブラン ラ・クラプ’18

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥3300



輸入元定価・税別¥4,430

<あと6本>

最新デカンター・オンライン92点!
(2020~2025年)

パーカー90~92点(2019~2022年)

スペクテーター92点!(NOW~2022年)




Gerard Bertrand (Chateau L'Hospitalet), Grand Vin Blanc La Clape '17

ジェラール・ベルトラン(シャトー・ロスピタレ)、グラン ヴァン ブラン ラ・クラプ’17

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥3300



輸入元定価・税別¥4,430

<あと9本>絶対おすすめ!

「2019.6月下旬に試飲しました。勝手に赤ワインのクリュだと思っていたら、白もこんなに素晴らしいとは!涼しげなキレではなく、高級感と骨格、厚みと粘性があり余韻が長い偉大な雰囲気を纏ったワインでした。洋ナシ、白桃、少し青いメロン、花などの香り。口に含むとやたら存在感・エネルギーがあり、粘性と余韻に優れている。ヴォリューム感とアルコールが強めですが、当店としては珍しくそれが嫌じゃないというかむしろこのワインの個性に合っているという印象でまろやかで分厚いうまみエキスからのアフターの戻り香には華やかさを残す完成度の高さ。苦みは控えめでとてもキメ細かく心地よい。実際にじっくり飲み続けていても全然飽きが来なかった。なんと抜栓の1週間後まで落ちない!」

アルコール14.5%

デメテルとユーロリーフあり!

AOP ラ・クラプ

ブールブーラン 40%, ルーサンヌ 30%, ヴェルメンティーノ 20%, ヴィオニエ 10%

ラングドックルーションのプレミアムワインのパイオニアであるジェラール・ベルトラン。地中海の気候を存分に感じられる、ジェラール・ベルトランのフラッグシップとも言えるワインです。

各品種は、最適なタイミングで全て手摘みで収穫されます。収穫された後、空気圧プレスによって丁寧にプレスにかけられ、品種ごとに樽で醗酵を行います。その後7-8ヶ月間、樽による熟成を行います。
柑橘系の果物、梨や花梨、アニスなどのハーブと炒ったヘーゼルナッツの、いきいきとして力強いアロマ。ミネラル感や、白胡椒、火打石を思わせる味わい、余韻にはアカシアのハチミツのニュアンスが感じられます。
(輸入元資料より)




Gerard Bertrand (Chateau L'Hospitalet), Grand Vin Rouge La Clape '17

ジェラール・ベルトラン(シャトー・ロスピタレ)、グラン ヴァン ルージュ ラ・クラプ’17

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥3300



輸入元定価・税別¥4,430

<あと5本>

※すでに再入荷不可能!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年度 トロフィー・ゴールド97点!
さらにフランス産赤ワイン部門チャンピオン・レッドも受賞!!!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)17/20点!

アルコール15.5%

デメテルとユーロリーフあり!




Gerard Bertrand (Chateau L'Hospitalet), Grand Vin Rouge La Clape '16

ジェラール・ベルトラン(シャトー・ロスピタレ)、グラン ヴァン ルージュ ラ・クラプ’16

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥3300



輸入元定価・税別¥4,430

<あと13本>絶対おすすめ!

パーカー92点!(2019~2025年)

スペクテーター92点!(NOW~2025年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点

※すでに再入荷不可能!

「2020.1月中旬に飲みました。非常に高品質ですが、抜栓直後は固くわかりやすさがほとんどない(笑)同じラ・クラプでもシャトー・ラ・ネグリとはまるで違う味というかよりクラシックなスタイル。抜栓後確実に向上するとわかっていたので初日は諦めて抜栓の次の日やはり大幅に向上!香りに深みのあるベリーが出て、バランスよくなり、深みと余韻が増した。抜栓の2日後もまったく落ちないし、さらに少し向上!さすが必ず深みと説得力の出る畑。Expoで何万円もするワインと一緒に提供された際にはデキャンタされたのでしょうね。エネルギーと複雑性があり、アルコールの高さは全く気にならなかった。抜栓の3日後、予想外なことにさらに向上して酸化やアルコールの浮きは全くないままレーズンのような凝縮エキス・ドライフルーツのニュアンスが出てかなりおいしい!」

アルコール15%

2019.11.5
International Import Expo 上海にて
フランスのマクロン大統領と中国の習近平主席が飲んだワイン

ヴィンテージまで同じ’16。他のワインはすべてもっと高価な銘柄

AOP ラ・クラプ

シラー 60%, グルナッシュ 30%, ムールヴェードル 10%

’15 パーカー91点

’15 スペクテーター92点

ラングドックルーションのプレミアムワインのパイオニアであるジェラール・ベルトラン。地中海の気候を存分に感じられる、ジェラール・ベルトランのフラッグシップとも言えるワインです。

各品種は、最適なタイミングで全て手摘みで収穫されます。収穫された後、数時間寝かせた後に、除梗をし、品種ごとに醸造。20-25日間の醸しを行い、冬の終わり頃に225Lの樽に移し12-16ヶ月間熟成。
スパイスや、イチゴなどの赤系果実の凝縮したアロマ。なめらかでシルキーなタンニンと、果実味あふれる味わいが口いっぱいに広がります。
(輸入元資料より)





GERARD BERTRAND, TERROIR LANGUEDOC '15

ジェラール・ベルトラン、テロワール・ラングドック’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥2000

<あと6本>おすすめ!

パーカー90点
(2017~2020年、ワイン・アドヴォケイト230号)


「2019.3月中旬に飲みました。’15であっても例年通りのバランスで味わいも酸があり甘さ控えめ。よく凝縮して緩くない果実味、タンニンは少なくないがほぼ溶け込んだ飲み頃NOW~。凝縮した黒い実の果実、ガリグ、わずかに甘苦系スパイスを含む数種類のスパイスなどの香りで樽は控えめ。抜栓の次の日も甘くならずに緩くなくおいしいコク。抜栓の2日後もまったく落ちない。本来ならちょっと値上がりのところをEPA値下がりで’14と同じ価格に出来ました!」

アルコール14%




GERARD BERTRAND, TERROIR LANGUEDOC '14

ジェラール・ベルトラン、テロワール・ラングドック’14

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥2000

<売り切れ>おすすめ!

スペクテーター90点(NOW~2022年、
Smart Buys! & <Big Reds>部門 100 Top Value of 2016に選ばれる!!!)

パーカー86~88点(2016~2018年、ワイン・アドヴォケイト224号)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

32本完売。ありがとうございました~※’14は再入荷不可能!

「2018.2月下旬に飲みました。レゼルヴ・スペシャル・シリーズよりもやはり品質も個性もありました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。凝縮したブラックベリー、甘苦系スパイス、ガリグ、ほのかなクドさのないヴァニラとシナモンなどの香り。凝縮した果実味、タンニンの質がよく、酸とミネラルも低くない飲み頃NOW~。香りに甘さあるが、味わいは甘さ控えめで、アフターに塩を含むミネラルが残り大量生産型の味わいではなく、まるで小規模優良ドメーヌのような印象。抜栓の次の日も非常においしい。やはりタンニンの質がとてもよい」

アルコール13.5%

基本的にシラー約70%、グルナッシュ約30%

2種類のブドウ品種はそれぞれ最適なタイミングに手摘みで収穫。シラーは全房、グルナッシュは100%除梗し、理想とするアロマと滑らかでタイトなテクスチャーを得るために各タンクごとに注意深く醸造。ワインの一部は225Lのボルドー樽に移され、約10ヶ月熟成後、数ヶ月寝かせてから出荷されます。スパイスやハーブ、甘みを感じる凝縮した果実味を備え、ふんだんに使われた樽のニュアンスを感じる、高級感ある味わいです。

父から畑を受け継ぐブドウ栽培家でありながら、元ラグビー仏代表という異例のバックグラウンドを持つジェラール・ベルトラン氏がラグビー引退後、本格的に家族経営のワイナリーを設立。ラングドック・ルーションエリアへの明確なビジョンを持ち、30年にわたりパイオニアかつベンチマークとして活躍しています。ブランド、卓越性、陽気さ、そしてイノベーションの価値を具現化し、現在では14のドメーヌを所有。多岐に渡るブランド展開を行い、世界160カ国に輸出して名声を得ています。

ラングドック・ルーションに所有する6つのドメーヌ(600ha)をビオディナミに変換をしており、残りの8ドメーヌも今後、ビオディナミに変換を予定しています。
買いブドウでも異例の長期契約で変換推奨&サポートをしており、今後もオーガニック、ビオディナミ認証取得を行う予定です。
(輸入元資料より)


1/29(水)アップ~蔵出しシャン・ド・テミ’16ブーズロン

’16のブーズロンは傑出銘柄が多い!



 





Les Champs de Themis, Bouzeron Les Clous '16

シャン・ド・テミ、ブーズロン・アリゴテ・レ・クルー’16

特価・税別¥2700



輸入元定価・税別¥3,500

<あと26本>絶対おすすめ!

パーカー88点(2018~2023年、
William Kelley、2018年7月試飲)

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点


「2020.1月中旬に飲みました。DIAM5コルク。リリース直後に1度飲んでおいしかったものの若干地味な個性で、すごく価格以上とは思わなくて買っていませんでしたが1年以上経過して再度飲んでみるとかなりおいしく薫り高くなっていました。ヴィレーヌのブーズロン’16同様にシルヴァン・パタイユやシャントレーヴさん等が高品質アリゴテ再評価を提唱しているもの頷ける素晴らしい内容。一部のアリゴテは酸以外の要素が素晴らしく、ちゃんと厚みと複雑性があり(特にトップノーズと戻り香に)他にない個性があるのでたいへん楽しめます。艶のあるリンゴ、ミネラル、麦、花、香水、金柑やオレンジのなかなかに鮮烈なよい香り。酸は決して低くないが、やや厚みのある果実とまろやかな粘性があり予想以上に長いアフター。最後に鼻に抜けるオレンジ・花・香水の風味が極めて心地よく持続する!うまみとミネラルの量も充分。抜栓の次の日少し向上して果実感と厚みコクが増した。抜栓の2日後もまったく落ちない。複雑性あり」

アルコール13.5%

ブドウ品種:アリゴテ・ドレ
畑・土壌:ブーズロンの東向きの斜面に位置する。石灰質土壌と小石で形成されている。

樹齢:45年!
醸造・熟成:ステンレスタンク発酵、樹齢の若い畑を由来とするアロマと、テロワールのミネラル感を引き出すため、ステンレスタンクでのみ熟成させる。


栽培:所有する5,80ヘクタールの畑すべては、2014年にビオ認証を取得しています。収穫は手作業のみで行っています。
醸造: 白ワインは基本的に全房発酵です。優しくデブルバージュしたのち、自然酵母によって発酵させます。



ブーズロン村の中心に位置するレ・シャン・ド・テミは、2014年にグザヴィエ・モワスネ氏によって設立されました。
約12年間、司法官として勤務していたグザヴィエ氏は、モワスネ家の原点であるドメーヌを再建する道を選びました。
モワスネ家のドメーヌとしての歴史は、実にフィロキセラ以前にさかのぼります。かつてはニュイ・サン・ジョルジュに広大な畑を所有していましたが、既にその歴史は終わり、長い間ドメーヌ経営からは遠ざかっていました。
大学で法律を学んだグザヴィエは卒業後、司法官になりましたが、2007年彼に転機が訪れます。
異動によりシャロン=シュル=ソーヌに移り住んだことをきっかけに、以前手伝いをしていたポマールで親戚が経営するドメーヌで再び収穫作業を行うようになったのです。このとき、グザヴィエのなかにワイン造りに対する熱い思いが生まれました。
長い間勤めた司法官としての仕事を辞め、ボーヌにあるCFPPA校(1977年に創設された農業省管轄の、ワイン生産関連のすべての教育・訓練を行う国立の機関)において醸造の基礎を学びました。
2011年に同校を卒業したグザヴィエは、すべてを「自分の手」で構築できる畑探しをはじめました。

コート・シャロネーズ、もしくはコート・ドールからアクセスの良い場所を探していたグザヴィエに朗報が入ります。ブーズロンのドメーヌ フランス・レシュノーが、土地、建物、カーヴと醸造所のすべてが売りに出されたのです。
グザヴィエはこの権利を取得し、メルキュレーの畑も買い足し、ブーズロンの生産者の一人となったのでした。現在、グザヴィエはブースロンでドメーヌを経営する傍ら、自信が卒業したCFPPA校にて法律を専門とした教師も担っています。

ドメーヌ名の「レ・シャン・ド・テミ」は、ギリシアの女神「テミ(Themis)」が由来となっています。
正義の女神とも言われるテミは、「ガイア(大地の子供)」、「ウラノス(天の神)」とも言われており、畑にとって重要な2つの要素を象徴しています。
(輸入元資料より)


 

1/29(水)アップ~蔵出しドメーヌ・フアシェ’17

おそらくこの価格帯最高のサンセール!傑出した出来!!!






 




天然酵母、ビオディナミ・カレンダーをみて瓶詰め

ABマーク、ユーロリーフ、ビオディヴァンあり!
2000年以降ずっとビオディナミ




Domaine Fouassier, Sancerre Blanc Les Romains '17

ドメーヌ・フアシェ、サンセール・ブラン・レ・ロマン’17

(ロワール・辛口白)


税別¥3600

<あと13本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!(2020~)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

13本完売。

「2020.1月下旬に飲みました。ピュアで透明感と強いミネラルを連想させるよい香り。上質なレモンキャンディー、ハーブ、高貴系の柑橘類から少し温度を上げると白桃、ラ・フランスの厚みのある香りもすぐに出る。果実・酸・うまみ・ミネラルいずれもしっかりしており、良質なとてもキメ細かな苦みとミネラルのアフターで、高貴な印象の柑橘類戻り香が極めて心地よい。酸とミネラルの質が素晴らしく伸びもある傑出バランスの飲み頃NOW~。アルフォンス・メロの上級品が素晴らしすぎて最近サンセールを試飲していませんでしたが、これは驚きの発見!そして数年前に試した時よりも明らかにおいしくなっている。人工的な柑橘類の香りとキレイな酸味だけの単調なソーヴィニヨンブランとは次元の違う非常に高い品質。抜栓の2日後まで最高においしい!」

アルコール13%

樹齢35~40年

シレックス土壌主体に粘土の深い土壌

ステンレスタンク醗酵~熟成

’16 ファルスタッフ 91点

’16 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点


サンセールの土壌を熟知するドメーヌ

ドメーヌ・フアシェは1742年の創設と、サンセール村では最も歴史ある家族経営のドメーヌの一つで、10代に亘りフアシェ家が守り継いできました。代々サンセールの畑で実直に畑と向き合ってきたフアシェ家の人々にとって、畑や畑が受け継がれてきた歴史、土壌との関わりは非常に密接であり、先祖から与えられた土地を礎として大切に守ることでうみ出されるワインは、他にはない個性を備えたたものになると考えています。
9代目のジャン・ミッシェルとピエールを経て、2000年からそれぞれの息子であるブノワとポールがワイン造りに加わり、有機栽培からビオディナミに転換。1980年代初頭からすでに取り入れていた区画ごとの醸造も引継ぎ、バリエーション豊かなテロワールワインを造りだしています。
(輸入元資料より)


12/31(火)アップ~蔵出しラール・ワインズ’17サンソー再入荷

カレンダー・ピークの醸造も担当している才能溢れるドノヴァン・ラール氏!







 



Rall Wines, Cinsault '17 (Swartland)

ラール・ワインズ、サンソー’17

(南アフリカ・辛口赤)


税別¥3800

<あと4本>絶対おすすめ!

ティム・アトキン2018年度 95点&ワイン・オブ・ザ・イヤー!!!

VINOUS 94点!!!
(ニール・マーティン、2020~2035年)

輸入元担当者さま大絶賛の1本!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

41本完売。

「2019.11月下旬に試飲しました。どう考えてもこの銘柄がダントツに素晴らしい。’16はもう少しだけ暑い年だったそうなのでやはり’17が奇跡のバランスである可能性が高い。ブルゴーニュ愛好家の99%が納得するであろう凄いワイン。完全にナチュラルなピノノワールの香りと味わいで半年前よりもさらにおいしくなっている。なんと上級品のラール・レッド’16よりもこちらの方がおいしく完成度が高い(劣るのはアタックのインパクトと果実味だけで、質感・余韻・繊細性など他のすべてが明らかに上)という。このサンソー’17は、当店でも人気の天才イーベン・サディ氏も絶賛しています!ほんと先入観とか偏見に負けてる場合じゃない、今飲むべきワイン」



「2019.5月中旬に飲みました。紫色の弱いやや明るいルビー色。ほのかに甘く多少華やかさもある赤い実の果実、スイカ、カンパリ、花などのよい香り。ジューシーでやや密度のある味わい、基本はエレガント&ミネラリー。全房発酵でも上手に酸を残しておりセンスあるよいバランス。タンニンがとても丸い飲み頃NOW~。ピノノワール的味わいなので、やや低めの温度でブルゴーニュ・グラスがよさそう。香りよりも味わいはさらによく、余韻に風味の持続あり!飲んでいて飽きない。抜栓の2日後まで非常においしい。やはり南アのサンソーうまい!」


【品種】サンソー100%
【産地】ダーリング50%、スワートランド50%
【土壌】砂質 【収穫】早朝手摘みにて行う
【全房使用率】100%

【発酵】足によるピジャージュを1日1回行い、野生酵母による自然発酵
【スキンコンタクト】8日間 【熟成】フランス産の大樽にて7カ月寝かせ、ブレンド
【サンソー】ラール氏は、シュナン・ブランが南アフリカを代表する白ブドウであるのと同様に、サンソー黒ブドウを代表するに値する価値のある品種だと考えていますが、まだ南アフリカにはこの畑のように、サンソーの古樹が植わる手付かずの区画はたくさん眠っているそうです。

【アロマ】赤いチェリーやクランベリーの他、熟したフルーツ、腐葉土、スパイスなど、複雑でエレガント
【パレット】フレッシュな酸味としなやかなタンニンが骨格をなす、軽やかながらとても繊細で美しい赤ワインです。 ジューシーで非常に豊かな果実の風味が口中いっぱいに広がり、余韻が長く続きます。
アルコール度数:13.6%
ロウキャップ

’18 ワイナート94号 90点

’16 パーカー92点




Rall Wines, Cinsault Blanc '17 (Swartland)

ラール・ワインズ、サンソー・ブラン’17

(南アフリカ・辛口白)


特価・税別¥3500

<あと2本>おすすめ!

Jamie Goode 93点!

VINOUS 91点!
(ニール・マーティン、2018~2025年)


「2019.7月上旬に飲みました。ワイン会などでも重宝しそうな誰にもブドウ品種を当てられないワイン(笑)抜栓直後はわずかに還元的だが、パイナップル、ごま、少し青いバナナ、うっすらマンゴーなどの香り。少しクリーミーな質感でしっかりした酸。アンフォラとはわからないくらいみずみずしくミネラリーな辛口で、個性が強い。おそらくまだ少しだけ固く、アフターに少し塩ミネラルも感じられる。面白い良いワインですが、すごくわかりやすい味ではないかも、、、抜栓の次の日もおいしい。酸化が進まない。抜栓の3日後もおいしい」


【品種】サンソー・ブラン:おそらく1930年代にサンソー・グリから突然変異を起こしたもので、南アフリカで唯一の畑(品種)で、かつてはブランデー用として栽培されていました。

【産地】ウェリントン 【畑面積】僅か0.2ha 【植樹】1989年
【醸造】72時間の浸漬のち、アンフォラにて醸造と熟成、9カ月間
(※焼く温度が高いので、クヴェヴリと比べて酸化が少ないアンフォラ。)

【アロマ】ライムなどの爽やかな柑橘類、黄色いプラム、アーモンドなど複雑ながらエレガントで美しいブーケ
【パレット】骨格のしっかりした酸味が、レモングラスのニュアンスを伴いながら丸みを帯びた旨味と溶け合う。
アルコール度数:10.5%
ロウキャップ


他にもティム・アトキン、ジェイミー・グッド、ジャンシス・ロビンソン、デカンター・オンラインなどからも絶賛されている造り手!

2008年に若いドノヴァン・ラール氏が西ケープ州の中でも、カルトワインのメッカであるスワートランドに設立し運営しているワイナリーです。限りなく古い畑のブドウを使用し、手造りの極めてユニークな極上のワインを少量造ることがモットーです。

スワートランドやステレンボッシュのブドウ生産者と密接に仕事をし、適切に熟しバランスがとれた果実を確保すること重要視しています。畑を選択するにあたって最も大切な要素は、土壌の質とブドウの樹齢です。現在のところ、この2つのワインには主にスワートランドの10か所の畑のブドウを使用しています。白には花崗岩ベース、赤には片岩ベースの畑です。 彼のポリシーである不干渉主義でワインを造るに当たって最も大切なことは、収量が少なく成長のバランスがよいブドウを選ぶことです。こうしたブドウは、補酸もせず、天然酵母のみ使用して造られます。

白は、小さなバスケット・プレスで全房のままプレスし、最小限の澱とSO2とともに樽に移します。醗酵が自然に始まり、全体的に澱とともに10 か月間熟成させ、その後ブレンドし、瓶詰をします。 赤は全房のまま抽出は最小限に留めつつ、果皮とともに2か月おいておきます。その後、白ワインと同じバスケット・プレスでプレスし、古いフレンチオーク樽に移し、22か月熟成させます。その後ブレンドし、瓶詰をします。 (輸入元資料より)


12/31(火)アップ~<※値上がり直前!>蔵出し正規品サッシカイア’16

3つの100点を獲得した’16!!!

 





Tenuta San Guido, Sassicaia '16 (Bolgheri Tuscany)

テヌータ・サン・グイド、サッシカイア’16

特価・税別¥19500

<あと8本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
再入荷すると¥4,400値上がり致します。

パーカー100点!!!(2021~2050年、
~To my mind, the 2016 Sassicaia stands tall next to the epic 1985 vintage that set the ultimate benchmark for vino italiano.
Monica Larner)

デカンター・オンライン100点!!!
Top scoring wines of 2019!!!
(~ In this vintage, its character is - if possible - more restrained than usual and definitely more so than the exceptional 2015.
2020~2045年)

スペクテーター97点!
(Collectibles!、2021~2043年)

最新VINOUS 97点!!!(2024~2041年、
アントニオ・ガローニ、2020年3月試飲)

VINOUS 96+点!(2024~2041年

~Even with all of its intensity, the 2016 is precise and beautifully polished, not to mention absolutely delicious. Don't miss it.
アントニオ・ガローニ、2019年3月試飲)

Wine Enthusiast 98点!!!

ジェームス・サックリング 97~98点!!!


ファルスタッフ 100点!!!

’16も85 % Cabernet Sauvignon 15 % Cabernet Franc

 


2019/12/31(火)アップ~蔵出しサロン’08マグナム入りアソートセット

蔵出しサロン’07最後の再入荷!


 

※画像は、ギフトBOX入り
↑こちらは木箱とは違います。

 




<シャンパーニュ・ヴィンテージチャート>

’08 99T!!! ワイン・アドヴォケイト

’08 97+点!!!(Hold) VINOUS

’08 95点! ワインスペクテーター
Drink or hold
Vivid, well-structured wines in a classic style, with fine textural finesse; potentially long-lived

’08 98点!!! Wine Enthusiast








サロン’08マグナム・1500ml入り
アソートセット


税別¥900,000

<あと2セット>幻の超限定品!

※日本全国送料&クール代無料!
他のワインを一緒の箱でお送りすることは出来ません。


アソートセット内容
サロン2008マグナム・1500ml
参考上代・税別 34万円 ×1本
サロン2004フルボトル・750ml
参考上代・税別 12万円 ×2本
サロン2006フルボトル・750ml
参考上代・税別 11万円 ×2本
サロン2007フルボトル・750ml
参考上代・税別 10万円 ×2本


上記7本入り1セット
オリジナル木箱
超厳重梱包を行うので発送まで数日いただきます。


<※重要な情報!>
バックヴィンテージもすべてデゴルジュマン(澱抜き)は、2019年!
蔵元の最高の状態で保管されていた<貴重なレイトリリース>ものの蔵出し正規品

大当たり年’08は、マグナムのみのリリース
8,000本しか造られておらず、
実質的にこのアソートセットでしか手に入らない。

『 本当に傑出した年で、2002年や1982年を思い起こさせる!~飲み頃予想は2025年以降。(サロン社長のディディエ・ドゥポン氏本人によるコメント) 』


<ご参考までに最新評価>

’08マグナム
最新デカンター・オンライン100点!!!
(2025~2058年)


VINOUS 100点!!!
(2020~2058年!、アントニオ・ガローニ)

さらにThe Best Wines of 2019 に選ばれる!!!

まだ全然評価が出そろっていません


’06
最新 デカンター・オンライン97点!!!
(2020年1月試飲)

デカンター・オンライン95点

Wine Enthusiast 100点!!!
(2020~、Cellar Selection!)

最新パーカー96+点!

VINOUS 96点!

バーガウンド・コム 94点

スペクテーター95点

MVF(旧クラスマン)18.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)19/20点


’04
最新デカンター・オンライン99点!!!
(2020年1月試飲)

Wine Enthusiast 98点!
(Cellar Selection!)

最新パーカー93+点

VINOUS 97点!

スペクテーター94点

Wine&Sprits誌 95点

ファルスタッフ 97点!

MVF(旧クラスマン)18.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)18.5/20点(クー・ド・クー!!!)








サロン’07 750ml
(オリジナルギフトBOX)

税別¥84000

<あと7本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
サロン’07のみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すでに再入荷不可能!

売りたくて言っているわけではなく、
日本に入ってくる数自体が本当にびっくりするほど減りました、、、

最新デカンター・オンライン98点!!!
(2020~2035年、2020年1月試飲


Wine Enthusiast 99点!!!(2020~、Cellar Selection!)

最新パーカー95点!
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号、2019年8月試飲)

パーカー96点!(Stephan Reinhardt、2018年11月試飲)

VINOUS 96点!(2020~2047年、アントニオ・ガローニ)

バーガウンド・コム 93点

スペクテーター94点(NOW~2028年)


Wine&Sprits誌 97点!

MVF(旧クラスマン)2020年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版18/20点




12/31(火)アップ~蔵出しマーク・ハイスマ’17

話題のナノ・ネゴシアン!!







 


ジャンシス・ロビンソン、ティム・アトキン、ジェイミー・グッド、
ワインレポートの山本氏など絶賛!
ミクロどころか生産量が少な過ぎて『ナノ・ネゴシアン』と言われている新星!
初入荷!

オーナーで醸造家のマーク・ハイスマ氏は
オーストラリア出身で、ヤラ・イエリングなどで働いていた人物
本拠地はヴージョ村の東にあるジリ・レ・シトー村
将来的な自社畑の所得を目指している。
’15’16は全房発酵比率上げている造り手が多いので、噂の独自の手法を味わいから感じられるかもしれません。

※当然すべて再入荷不可能です!
全銘柄すべての値引き対象外となります。


基本的にすべてDIAMコルク
(当店が確認しだだけでも村名以下はすべてDIAM5でした。)




Mark Haisma, Bourgogne Chassagne-Montrachet Blanc '17

マーク・ハイスマ、シャサーニュモンラッシェ・ブラン’17(辛口白)

税別¥9000

<売り切れ>幻の超限定品!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)




Mark Haisma, Saint-Romain Blanc '17

マーク・ハイスマ、サンロマン・ブラン’17(辛口白)

税別¥5400

<あと15本>絶対おすすめ!
超限定品!

VINOUS 86~88点(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン91点(ティム・アトキン)


「2020.2月中旬に飲みました。DIAM5コルク。セラー温度で抜栓直後はクリーミーなバター・キャラメル、レモン・キャンディー、ミネラルなどの複雑なよい香り。時間とともに熟成香ではないムスクとオレンジの香りも出てくる。この村のワインとしては果実味豊かで厚みと旨味を伴うほのかな甘みがありつつ、はっきりとキレのある酸とミネラル!少し粘性と柑橘類のようなとてもキメ細かな苦みもあり、余韻は長く骨格もあるが飲み頃NOW~という絶妙バランス。当店社長も絶賛の1本でありドメーヌ・ルフレーヴのクラヴォワヨン’17ほど粒子は細かくないものの上質な酸とミネラル主体で骨格を形成しているところはある意味共通しており、それをもっと果実味豊かにしたイメージでしょうかね?抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%

’15 Jamie Good 94点!!!




Mark Haisma, Bourgogne Rouge '17

マーク・ハイスマ、ブルゴーニュ・ルージュ’17

税別¥4500

<あと8本>絶対おすすめ!
超限定品!

VINOUS 86~88点(ニール・マーティン)

「2020.2月中旬に飲みました。DIAM5コルク。紫色の弱い中程度のルビー色。。やや凝縮して緩みのない赤い実の果実、胡椒、控えめな樽などの閉じ気味の香り。この銘柄は予想よりクラシックで骨格があり少し熟成も可能な飲み頃2021~だろうか?1~2年後に化けそうな雰囲気あり。今はフルーツ感が少し閉じ気味だが、酸・ミネラル・タンニンがあり、少しのコクとうっすら塩ミネラルも残るアフター。抜栓の次の日も非常においしい。少し艶とうまみが感じられ向上。抜栓の2日後も非常においしい。さらにわずかに向上。骨格と余韻ありまったく落ちない。じわじわまた飲みたい気持ちになるよいワイン」

アルコール13%

’15 Jamie Good 90~91点

ポマールとジュヴレの格下げが入っているようですね




Mark Haisma, Nuits-Saint-Georges '17

マーク・ハイスマ、ニュイサンジョルジュ’17

税別¥8200

<あと4本>おすすめ!
超限定品!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

「2020.2月中旬に飲みました。DIAM5コルク。縁がわずかに紫がかった明るいルビー色。少し全房発酵っぽい香りを含むピュアな赤い実の果実に、ローリエ入りトマト煮込み、少しヨードなどの香りで樽は控えめ。予想よりナチュラルで優しい味ながらもニュイサンジョルジュらしいコクはあって、キメ細かなほろ苦さを伴う少しのグリップ感も上質。まだ少しだけ固いが余韻は長めでスタイルもよい。’14くらいまでの価格イメージだったら間違いなく絶対おすすめ!だったと思う。品質自体はどれも優れている。抜栓の次の日には、うまみが増して少し向上。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%




Mark Haisma, Gevrey-Chambertin '17

マーク・ハイスマ、ジュヴレシャンベルタン’17

税別¥8600

<あと9本>超限定品!

VINOUS 87~89点(ニール・マーティン)

’16 パーカー90~92点

’15 Jamie Good 92~94点




Mark Haisma, Pommard 1er Cru Clos des Arvelets '17

マーク・ハイスマ、ポマールプルミエクリュ・クロ・デ・ザルヴレ’17

税別¥13000

<あと2本>幻の超限定品!

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

’15 Jamie Good 92~94点






Mark Haisma, Bourgogne Aligote '16

マーク・ハイスマ、ブルゴーニュ・アリゴテ’16(辛口白)

特価・税別¥3700

<あと9本>おすすめ!
超限定品!

「2019.6月下旬に飲みました。DIAM5コルク。花、レモンの皮、ほろ苦オレンジなどのオイリーなよい香りで、モーゼルのリースリング?みたいなオイリーなニュアンスを含む。一般的なアリゴテとはだいぶ違って、人の力が前に出ているワインという印象。酸は少しも尖っていない。うまみ多く、クリーミーな丸みと滑らかな厚みがあり個性が強い。ブラインドで当てることが出来ないアリゴテ!抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

石灰質の砂利を含む粘土質土壌

樹齢25~35年

ステンレスタンク醗酵~
新樽なしの228リットルオークとステンレスタンク合わせて12ヶ月熟成




Mark Haisma, Nuits-Saint-Georges Charmotte '16

マーク・ハイスマ、ニュイサンジョルジュ・シャルモット’16

税別¥9000

<売り切れ>幻の超限定品!

パーカー89~91点(~very fine、2018~2028年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)


生産量:わずか1,520本のみ!

粘土石灰質と泥灰土土壌

樹齢15~30年

ステンレスタンク醗酵~
新樽20%の228リットルオークにて12ヶ月熟成

’17 VINOUS 89~91点




Mark Haisma, Morey-Saint-Denis 1er les Chaffots Rouge '16

マーク・ハイスマ、モレサンドニプルミエクリュ・レ・シャフォ’16

税別¥16000

<売り切れ>幻の超限定品!

パーカー90~92点(~very fine.2020~2030年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)


生産量:わずか1,520本のみ!

粘土石灰質土壌

樹齢45年

ステンレスタンク醗酵~
新樽20%の228リットルオークにて12ヶ月熟成

’17 デカンター・オンライン94点

’13 Jamie Goode 92点



4/1(金)アップ~蔵出し蔵出し超特価プティ・ムートン’16

11/10(日)アップ~蔵出し超特価シャトー・マルゴー’16

9/1(日)アップ~特価ラ・プティット・マルキーズ’16

8/28(水)アップ~蔵出しレオヴィル・バルトン’16

6/16(日)アップ~蔵出しシャトー・ムートン’16、マレスコ・サンテグジュペリ’16

5/22(水)アップ~蔵出しスミス・オー・ラフィット’16

2/22(金)アップ~<※3本限定!>ル・プティ・シュヴァル・ブラン’16

滅多にラベルすら見かけないシュヴァル・ブランが造っている辛口白!

2/20(水)アップ~フィエフ・ド・ラグランジュ’16とパプ・クレマン’16

2/6(水)アップ~特価パヴィヨン・ブラン’16

1/18(金)~今がお安いボルドー・プリムール’16

蔵出し正規品シャトー・ラグランジュ’16

過去最高の出来かもしれないと言われております!!!
















※’16から微妙にラベルデザイン変更あり。






※画像は’06です。








Petit Mouton '16 (Pauillac)

プティ・ムートン’16

(ポーイヤック・辛口赤)


超特価・税別¥26000



輸入元定価・税別¥39,900

<あと4本>

※再入荷すると最低でも¥6,600以上大幅に値上がり致します。
二度とこの価格では売れないでしょう。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

ファルスタッフ 94点!!!

ジェームス・サックリング 95~96点!!!

最新パーカー93点!
(2021~2041年、Lisa Perrotti-Brown)

デカンター・オンライン94点!!!

最新Wine Enthusiast 92点

最新VINOUS 93点!
(ニール・マーティン、2022~2040年、2019年1月試飲)

最新VINOUS 94点!!!
(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

スペクテーター・オンライン92点
(2022~2035年)

Jeff Leve 94点!!!


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点!!!

セカンドへの評価とは思われない、凄まじい高評価となりました!!!





Chateau Margaux '16

シャトー・マルゴー’16

超特価・税別¥80,000



輸入元定価・税別¥120,000

<あと2本>

※再入荷すると大幅に値上がり致します。
二度とこの価格では売れないでしょう。

ジェームス・サックリング 100点!!!

最新パーカー99点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー97~99点!!!(ニール・マーティン、
2026~2070年!、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン98点!!!

最新Wine Enthusiast 99点!!!
(2025~、Cellar Selection!)

最新VINOUS 98点!!!(2026~2070年!、
ニール・マーティン、2019年1月試飲)

VINOUS 99点!!!(2026~2066年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

最新スペクテーター97点!
(2024~2040年)

ファルスタッフ 97点!

ギィ・ド・アシェット2020年度版 3つ星&クー・ド・クー!


Jeff Leve 99点!!!

MVF(旧クラスマン)2020年度版19.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点

’16は、カベルネソーヴィニヨン94%、カベルネフラン3%、メルロ2%、プティ・ヴェルド1%

とにかくボルドー’16は、明らかに’15’09以上の真の大当たり年ですので買えるうちにぜひ!

常にカベルネソーヴィニヨン比率が高く凝縮しているが、砂礫層が多い土壌なので寝かせると繊細で薫り高い面が出るそうです。






LA PETITE MARQUISE DU CLOS DU MARQUIS '16

ラ プティット マルキーズ デュ クロ デュ マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥4300

↑34%OFF!

輸入元定価・税別¥6,500

<あと8本>

ジェームス・サックリング 92~93点!!!

Wine Enthusiast 90点(2022~)

最新パーカー89点
(Lisa Perrotti-Brown、2018年11月試飲)

パーカー88~90点(2020~2030年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号、2017年4月試飲)

VINOUS 91点!(アントニオ・ガローニ)

デカンター・オンライン89点(2020~2034年)

ファルスタッフ 93点!!!


カベルネ ソーヴィニヨン 61%、メルロ 38%、カベルネ フラン 1%

メドック格付け第2級シャトー レオヴィル ラス カーズが所有している専用の区画のブドウから造られるクロ デュ マルキのセカンドラベル。ファーストヴィンテージは2015年。主に若木のブドウで、クロ デュ マルキよりメルロのブレンド比率が多いのが特徴です。バラ、プラム、チェリーのジャムのようなアロマ、ハーブやタバコのニュアンスがあり、果実味が広がり程よい酸が感じられるワインです。
(輸入元資料より)




Chateau Mouton-Rothschild '16 (Pauillac)

ムートン・ロートシルト’16

(ポーイヤック・辛口赤)


超特価・税別¥80000

<売り切れ>

※再入荷すると最低でも¥17,280以上大幅に値上がり致します。
二度とこの価格では売れないでしょう。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

ファルスタッフ 99点!!!

ジェームス・サックリング 100点!!!

最新パーカー100点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー98~100点!!!(ニール・マーティン、
2026~2065年、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン99点!!!
(Pauillac'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新Wine Enthusiast 98点!(2026~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 99点!!!(バレル)

最新VINOUS 100点!!!(2019年1月試飲)

VINOUS 95~98+点!!!

最新スペクテーター98点!
(2025~2045年、Collectibles!)

MVF(旧クラスマン)2019年度版20/20グラス!!!(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19~19.5/20点(Top10 des Producteursに選ばれる!)

’16
カベルネ・ソーヴィニヨン 83%
メルロ 15%
カベルネ・フラン 1%
プティ・ヴェルド 1%

2016年は、その濃密さと肉づきの良さから、21世紀生まれの偉大なるヴィンテージと肩を並べる仕上がりです。
(シャトー・ムートン・ロートシルト公式コメント)

’16ラベルはウィリアム・ケントリッジ (William Kentridge)
絵画・彫刻作品はもちろん、映像制作や舞台演出といった分野でもその名を知られる南アフリカのヨハネスブルグ生まれ。
ムートンのラベル・コレクション初となるアフリカ大陸出身アーティスト。





CHATEAU MALESCOT ST-EXUPERY '16

マレスコ・サンテグジュペリ’16

(マルゴー・辛口赤)


特価・税別¥9000

<あと2本>

※再入荷すると¥1,080以上値上がり致します。

ジェームス・サックリング 98~99点!!!

最新パーカー95点!(2021~2045年、Lisa Perrotti-Brown)

パーカー94~96点!!!(ニール・マーティン、
2022~2050年、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新スペクテーター93点(2022~2036年)

スペクテーター92~95点(バレル)

ファルスタッフ 95点!

最新VINOUS 95点!!!(2019年1月試飲)

Wine Enthusiast 93点(バレル)


Jeff Leve 95点!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点





Chateau Smith Haut Lafitte Rouge '16

スミス・オー・ラフィット’16

(ペサックレオニャン・辛口赤)


超特価・税別¥15800

<あと3本>

※すべての値引き対象外となります。

最新デカンター・オンライン98点!!!
(2026~2042年、2018年12月バレルではなくボトルからの試飲)

最新パーカー98点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー96~98点!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新スペクテーター97点(2023~2038年、
James Molesworth's Recommended 2016 Bordeaux)

スペクテーター95~98点!!!(バレル)

ジェームス・サックリング 97~98点!!!

最新Wine Enthusiast 97点!!!
(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 97点!!!(バレル)

最新VINOUS 98点!!!(2019年1月試飲)

VINOUS 94~97点!!!

ファルスタッフ 96点!

ジャンシス・ロビンソン18/20点

Winedoctor 98点!!!

Yves Beck 100点!!!


Jeff Leve 99点!!!

MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18~18.5/20点
さらにLes Vins des Graves de l'anneeに選ばれる!!!

※再入荷すると¥1,296値上がり致します。

’16のデータ
CS65%、M30%、CF4%、PV1%

平均樹齢38年

低収量35hl/ha

新樽60%にて18ヶ月熟成




Calon Segur '16

カロン・セギュール’16

(サンテステーフ・辛口赤)


超特価・税別¥14000

<売り切れ>

※すべての値引き対象外となります。
再入荷すると¥3,780値上がり致します。

最新パーカー96点(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー95~97点!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン96点!
(St-Estephe'16最高のワインの一つに選ばれる!)

スペクテーター94~97点!(バレル)

最新Wine Enthusiast 96点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!(バレル)

最新VINOUS 97点!!!(2019年1月試飲)

VINOUS 94~97点!!!
(St-Estephe'16 Best!!!)

ファルスタッフ 96点!


MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点!




LE PETIT CHEVAL BLANC '16

ル・プティ・シュヴァル・ブラン’16

(ボルドー・辛口白)


税別¥17000

<売り切れ>幻の超限定品!

パーカー94+点!(2019~2030年、Lisa Perrotti-Brown)

スペクテーター・オンライン93点(NOW~2024年)

VINOUS 91点(ニール・マーティン、2020~2030年)


アルコール%

’15はHPに載せることが出来ず完売でしたが、
当たり年’16は、奇跡的に3本手に入りました~!!!

滅多に見かけることすらできない。シャトー・シュヴァル・ブランの辛口白ワイン。2014年がファーストヴィンテージ
ソーヴィニヨンブラン100%

厳選した新樽1500~3000リットルにて熟成

除草剤不使用





パプ・クレマン’16

(ペサックレオニャン・辛口赤)


超特価・税別¥13000

<あと1本>

※再入荷すると¥2,160程度値上がり致します。

最新デカンター・オンライン95点!
(2025~2042年、2018年12月バレルではなくボトルからの試飲)

最新パーカー96点!!!(2022~2042年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー95~97点!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新Wine Enthusiast 95点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!(バレルサンプル)

最新スペクテーター96点!(2023~2037年)

スペクテーター94~97点!(バレル)

ファルスタッフ 94点

最新VINOUS 96点!!!(2019年1月試飲)






PAVILLON BLANC DU CHATEAU MARGAUX '16

パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー’16

(ボルドー・辛口白・750ml)


特価・税別¥32000

<あと5本>限定品!

※再入荷すると大幅に値上がり致します!
久しぶりにこの銘柄の価格を見た方は信じられないかもしれませんが、これでかなりお安い方です。

最新デカンター・オンライン95点!
Part of Top 20 Bordeaux dry whites に選ばれる!

デカンター・オンライン97点!!!(2020~2038年)

最新パーカー94点(2021~2038年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター95点(NOW~2028年)

最新VINOUS 95点!(2021~2036年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

最新Wine Enthusiast 94点!(2021~)

Wine Enthusiast 95点(バレルサンプル)

ファルスタッフ 93点


’16は、ボルドー白としては超低収量23hl/ha!

グラン クリュ第1級のシャトー マルゴーで造られる白ワインです。若さと力強さを感じさせる余韻豊かな辛口の味わいに仕上げ、多くのファンを魅了しています。

「赤ワインの女王」と讃えられるボルドーの名門シャトー マルゴーの白ワイン。19世紀にはヴァン ブラン ド ソーヴィニョンの名で販売されており、1920年から現在のパヴィヨン ブランに改名されました。
11haに植えられたソーヴィニョン ブラン100%で造られるワインです。
いきいきとして適度なミネラルを思わせる味わい。バランスのよいワインです。
(輸入元資料より)




Chateau Lafon Rochet '16

ラフォンロシェ’16

(サンテステーフ・辛口赤)


税別¥6500

<あと10本>

ジェームス・サックリン 93~94点!

パーカー91~93点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン94点!
(St-Estephe'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新スペクテーター93点(2023~2033年)

スペクテーター90~93点(バレル)

最新Wine Enthusiast 94点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!!!(バレル)

最新VINOUS 93点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 95点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!!!

ファルスタッフ 92点


Jeff Leve 94点!!!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点
さらにPalmares Top Producteursに選ばれる!!!

過去最高の出来と言われる待望の’16です!!!

今までラフォン・ロシェによいイメージがない方ほどぜひ飲んでみるべき!!!

2009年から現在に至るまでの現醸造長のルカ氏は、
なんとDRCで働いていた時期があるそうです!

粘土質の多い北東向き斜面

最新で清潔な醸造設備・セラーを完備

グラン クリュ第4級。1960年に現オーナー(シャトー ポンテ・カネと同じ)テスロン・ファミリーが買収、一時やや低迷後、再び優れた品質で上昇中です。
ポイヤックとサン・テステフ村の境界にあり
「CH.ラフィット・ロートシルト」と「CH.コスデストゥルネル」に隣接しているブドウ園。カベルネ・ソーヴィニヨン種の比率が高く、タンニンと力強さが魅力。 (輸入元資料より)

2007年からBasile Tesseron(バジル・テスロン)氏が関わり始め

2010年ごろからビオディナミを少しずつ導入開始

2013年には基本的にすべての畑で有機栽培・一部ビオディナミ

なんせ早くからビオディナミを導入したポンテカネのテスロン・ファミリーですから!




CHATEAU SOCIANDO MALLET '16

ソシアンド・マレ’16

(オー・メドック・辛口赤)


税別¥5200

<売り切れ>

ファルスタッフ 95点!!!

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン92点

最新VINOUS 91+点(2019年1月試飲)

VINOUS 88~91点


シャトー・ラトゥールから続く砂利質土壌

サン・スーラン村

リュット・レゾネを実践

現所有者のジャン ゴートローがシャトーを購入した1969年、僅か数haの畑と荒廃した建物からの船出でしたが、現在では58haの畑を所有するに至り、格付けシャトーに匹敵する評価を得ています。
栽培比率はCS55%、ME40%、CFとPV5%を栽培し、少し高めの温度で発酵と醸しを行い、新樽比率80-100%で12-15ヶ月間の熟成を施します。
非常に色濃く、豊富なタンニンと高い凝縮感が特徴的です。
(輸入元資料より)




CLOS DU MARQUIS DE CHATEAU LEOVILLE-LAS-CASES '16

クロ・デュ・マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥7200



当店通常価格・税別¥9600

<あと10本>

最新パーカー94点!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー93~95点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン92点
(~Very good quality!)

最新スペクテーター94点(2023~2038年)

スペクテーター93~96点!(バレル)

最新Wine Enthusiast 93点!(2023~、Editors'Choice!)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 94点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 94点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!

ジェームス・サックリン 94~95点!

ジャンシス・ロビンソン16.5~17.5/20点!


Jeff Leve 93点!!!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点

’16のデータ
CS73%、M24%、CF3%




CHATEAU BRANE-CANTENAC '16

ブラーヌ・カントナック’16

(マルゴー・辛口赤)


税別¥10000

<あと1本>

パーカー96~98点!!!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン95点!
(Margaux'16最高のワインの一つに選ばれる!)

Wine Enthusiast 95点!(バレル)

最新VINOUS 96点!!!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 90~93点

スペクテーター90~93点(バレル)

ファルスタッフ 94点


ここも今ではビオロジック!

味わいにまとまりがあり、早くから楽しめつつ熟成のポテンシャルも期待できる、いつ飲んでも裏切らない味わい
リュシアン・リュルトン(あのリュルトン家です!)によって進められた栽培、醸造両面の品質改革により格付け2級の名を裏切らない品質を取り戻しました

75ha、作付けはCS55%、ME40%、CF4.5%、MA0.5%。ブラヌ カントナックに使われるブドウの平均樹齢は35年。熟成は60-70%新樽で18ヶ月間行われます。
マルゴーらしい、繊細さやフィネスを感じる一本です。
(輸入元資料より)




2016.11月上旬
シャトー・ラグランジュ現副会長である椎名 敬一氏とお食事する機会をいただきました。相手がビック過ぎてめっちゃ緊張しましたが、気さくにお話ししてくれて助かった次第であります(汗)
よいブドウを使用、樽がきつくない、タンニンの質が良い、無駄な重さがなく、ちゃんと長く熟成する
今では’80年代中盤頃よりもより良いコルクを採用している
超高価な光センサー選果マシーン導入も
白ワインのレ・ザルム・ド・ラグランジュに
レ・フルール・デュ・ラックというセカンドが出来たことも勉強不足で知らなかった、、、

評論家による最新ヴィンテージのバレル試飲~瓶詰直後の試飲では
ラグランジュ特有のボルドーとしては多少高めの酸味(これが上品さを生み出す要素のひとつなのですが、、、)が不利に働き低めの評価が付きやすいものの、数年寝かせると特に近年ではどんな年もちゃんとおいしく変化する


リュット・レゾネ(減農薬)を実践
(2005年からテラ・ヴィティス認証取得済み)

手摘み

2004年からサードワイン導入によりさらに厳しい選別を行う

2007年から最新型瓶詰機の導入

2008年から小型タンクへの切り替え(2011年に完了)

2009年より光センサーによる更なる選果の徹底
↑この機械はものすごく高価なので、ごく一部のワイナリーしか導入できません!
5大シャトーやシャトーヌフのChateau Mont Redon(シャトー・モン・ルドン)など

SO2排出量を減らす試み、SO2排出量を公表するなどの環境への配慮にも取り組む


’01はやや力強い個性で熟成も比較的ゆっくり、
’02は現在飲み頃ピーク付近!
’07はウルトラ・シルキータンニンのなめらかな個性、
’09はいつ開けてもおいしく、特にセカンドのフィエフが大成功した年!!!

いつも比較的流通量は安定しているラグランジュですが、
’17’18の生産量が壊滅的だった影響
一時的に全ヴィンテージが入手難となっております!



LES FIEFS DE LAGRANGE '16

フィエフ・ド・ラグランジュ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


超特価・税別¥3500

↑35%OFF!

輸入元定価・税別¥5,400

<あと8本>

最新VINOUS 90点(2018~2024年、2019年1月試飲)

パーカー90~92点(2020~2040年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン90点(2027~2050年)


Wine Enthusiast 90点

ファルスタッフ 93点!!!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

40本完売。



Chateau Lagrange '16 (Saint-Julien)

ラグランジュ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


税別¥8000



輸入元定価・税別¥10,400

<あと12本>

ファインズ輸入の蔵出し正規品!
36本完売。

最新パーカー95点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー94~96点!!!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン95点!!!
(St-Julien'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新スペクテーター94点(2024~2038年)

スペクテーター92~95点(バレル)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 95点!!!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 90~93点

ジェームス・サックリン 95~96点!!!
(出来のよかった’15よりさらに上質!)

ファルスタッフ 93点


Jeff Leve 94点!!!

最新ワイン王国109号 メドック格付けシャトー36本ブラインド・テイスティングにて大絶賛される!

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点

シャトー・ラグランジュ現副会長である椎名 敬一氏曰く、
個人的には’16は過去最高の出来!!!

’16は、カベルネ ソーヴィニヨン70%、メルロ24%、プティ ヴェルド6%
収穫期間:10/3-10/24(過去最も遅い収穫)


リュット・レゾネ(減農薬)を実践(2005年からテラ・ヴィティス認証取得済み)

手摘み~かなり厳しく選果

2004年からサードワイン導入によりさらに厳しい選別を行う

2007年から最新型瓶詰機の導入

2008年から小型タンクへの切り替え(2011年に完了)

2009年より光センサーによる更なる選果の徹底
↑この機械はものすごく高価なので、ごく一部のワイナリーしか導入できません!
5大シャトーやシャトーヌフのChateau Mont Redon(シャトー・モン・ルドン)など

SO2排出量を減らす試み、SO2排出量を公表するなどの環境への配慮にも取り組む

 

 

~近年のラグランジュ品質向上&高評価の理由~

『 サントリーが入手した際の最大の幸運は、土壌の優秀さでした。先代のセンドーヤ家が、土地の切り売りを、周辺の、最も力の劣った部分から少しずつ進めていったため、結果として、かつてのラグランジュの最も優秀な部分、いわば精随ともいえる場所だけが残されていたのです。当時でさえ、多くの専門家が「土壌がもつ潜在能力という点では、メドックのトップ10シャトーに匹敵する」と評価していたのは、そのためです。そして、その潜在能力を可能な限り引き出すことが、当面のサントリーの最大目標となりました。

~現在のラグランジュでは、畑を小さな区画に分け、数多くの発酵タンクで別々に醸造する方法をとっています。これによりアッサンブラージュ作業が自由にかつ厳密に行えるようになりました。つまり、基準に満たないワインをはねることが容易になったばかりでなく、年ごとの個性を最大限に生かしつつ、絶妙のバランスを達成できるようになったのです。

~新生ラグランジュは、その設備面に関する限り、1985年に完成、それによる飛躍的なまでの品質向上は、世界のワイン関係者の注目をあびました。しかし、葡萄園が完璧な状態に達するのは、まだまだ先のことです。セカンドラベルは別として、シャトーものの品質基準に見合う葡萄は、通常、樹齢が20年をこえた葡萄樹からしかとれないのです。つまり、サントリーの手で新たに植えた優秀な苗木が、ラグランジュの主力となり、ワインの品質が新しいステージにステップ・アップするのは、早くても2005年頃。(輸入元資料より) 』


≪著作権について≫
当ホームページに掲載している著作物(文章・画像)にかかる著作権は、㈱ワインの店いとう もしくは、情報提供していただいた提供元に帰属します。
当ホームページで掲載している情報・文章・画像などのデータについては、権利者の許可なく複製・転用することを固く禁止します。

Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp