新入荷ワイン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


超限定ブルゴーニュ(3/20火アップ)

おすすめスパークリング(11/7金、ポール・アルマンNV再入荷)

オリーブオイル、食後酒(9/29日)

※誠に恐れ入りますが、長期キープをお断りさせていただいております。




  クール便の場合に限り重量制限の為、1箱10本までとなります。



※在庫確認~メール、FAXの返信に少しお時間をいただきます。

キープの短いご注文を優先させていただく場合がございます。


クール便の場合の計10本以上お買いあげにて対象商品5%OFFサーヴィス終了 → ドライ便で計12本以上の場合のみ適応継続とさせていただきます → 電気代や梱包資材、クール代等の値上がりなどあらゆるコストアップでそろそろ止めざるを得なくなりそうです、、、

ドライ便指定で、もし吹きこぼれや熱劣化などあった場合、当店もヤマト運輸さんも一切保証できません



必ず下記ご注文の際の諸注意をよくお読みいただきました上で、ご注文お願い致します。

今回いただきましたご注文への返信第1弾は、12/9(月)夜までに行わせていただきます。

規定を満たしているご注文のみ受注させていただきます。
キャンセル不可にてお願い致します。

とにかくミスと混乱を防ぐためにも
<1通のメールで確定いただけますお客様を優先させていただきます。>

お電話ではなく、メールかFAXでのご注文をお願い致します。
ご来店~お引き取りご希望の場合は、事前にご注文いただいてる場合のみすぐにご用意できます。
キープの短いご注文を優先させていただきます。

今回は完売のご連絡をすることが多くなってしまうかもしれませんので、数がわずかな銘柄に関しましては第2希望を書いていただけますと確保率が高まり、スムーズに返信できます。



繁忙期に入りまして、すぐに出荷対応が難しくなっております。
また、例年通り年末年始は受注と出荷を一時停止させていただきます。




12/7(土)アップ~蔵出しムーラン・ド・ガサック’18

理想的なデイリーワイン!









 


2013.3.25(月)フィネス試飲会にて
マス・ド・ドゥマ・ガサック(ムーラン・ド・ガサック)のBasile Guibert氏に会ってきました~!

前の来日時にお会いしたお兄さんが日本以外の担当に変わったそうで弟さんが日本担当になったそうですやはり濃厚ではなくエレガントでバランスのよいスタイルのおいしさを表現したいということでした


フィネスさんは、蔵元~船~国内倉庫までの完璧な低温輸送はもちろん、
ブルゴーニュのグランクリュ~ヴァン・ド・ペイなどのデイリーワインまですべてのワインが14℃に設定された国内低温倉庫で保管されているため、
(↑実はこれはすごいことで、デイリーワインは18~20℃の倉庫で管理しているインポーターも多いのです)
南仏にありがちなアルコールの浮いたニュアンスがまったく無く、果実味豊かだけれども、ピュアで特にアフターに雑味のない味わいが楽しめます
例えばコント・ド・ロルジュリルやラシーヌ輸入のファゾーリ・ジーノなどにも同じことが言えます。

このムーラン・ド・ガサックもエマニュエル・ルジェのクロ・パタントゥやトラぺのシャンベルタンと同じ管理がされているということです!

こういうワインであれば、様々銘柄を飲んできたワイン通の皆さまにも受け入れられるデイリーワインになり得ますし、濃いワインにしか興味がない方でもおいしいと感じていただけるでしょう。



100%フィネス輸入の蔵出し正規品です!






フィネスワインのニューフェイス!
テラス・ド・ギレムのムーラン・ド・ガサック社から全く新しい味わいが加わりました~!




ムーラン・ド・ガサック、ヴィオニエ’18

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1500

<あと19本>

アルコール12.5%

前のヴィンテージを半年前くらいに飲んで非常においしかったので’18はさらにおいしいだろうということで買いました。このクラスのデイリーワインで充分コンディションの素晴らしさ、キレイな酸と透明感とみずみずしさが表現されています。

ヴィオニエ100%

IGP Pays d’Oc




ムーラン・ド・ガサック、ギレム・ブラン’18

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1350

<あと28本>絶対おすすめ!

「2019.11月下旬に試飲しました。コンディションありきでおいしさ倍増の最高に鮮度の良い青りんご、白桃、ハーブ、オレンジなどの単調ではない良い香り。果実味はしっかり、みずみずしく、低すぎない酸で少し塩ミネラルも残る極めて心地よいアフター」

アルコール12.5%

’18はグルナッシュ・ブラン40%、ソーヴィニヨンブラン30%、テレブラン30%

IGP Pays d'Herault




ムーラン・ド・ガサック、テラス・ド・ギレム・ブランVV’15

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1350

<売り切れ>

アルコール12%

’15はグルナッシュ・ブラン40%、ソーヴィニヨンブラン30%、テレブラン30%

IGP Pays D'Herault

樹齢25年以上

ステンレスタンク醗酵&熟成

標高500mのガサック渓谷の影響で寒暖の差が激しく、それが葡萄の酸と糖分のバランスを取り、各品種に独自の特徴を持たせるので、シンプルさと複雑味を兼ね備えた飽きることのないワインを造っています。




15年くらい前に最上級銘柄の赤ワインが南仏のラフィットと言われて話題になった生産者で、ほとんどの区画にクローンではない貴重な古木が植えられています!

日本にもいろいろなワインが輸入されています。中でもこれらのフィネス輸入ものは特にすばらしく、みずみずしく雑味のない中に少しの複雑性も感じられるまさに理想的なデイリーワイン!オンリストしている多くのレストランさまでの評判もすごくよいそうです!

巷でもてはやされている安くて濃いだけ系ワインからの脱却にいかがでしょうか(笑)


近年、ゴーミヨ誌などでも高評価されております!



12/7(土)アップ~蔵出しピエール・パイヤール’13最後の再入荷!

10/2(水)アップ~蔵出しピエール・パイヤールNVレ・パルセル


何故か日本ではまったく無名なすごい生産者!






↑上の画像が初入荷のスタンダード品です。





↑2016.11月入荷分から上のラベルにデザイン変更。







 



土壌とブドウの樹のバランスに重点が置かれている。22年前からリュット・レゾネで栽培を行い、ここ15年は化学肥料は一切用いていない。ビオディナミやビオロジックの手法を取り入れつつあるが、ビオ認証にはこだわらない。収量制限を行い、ブドウ畑は自然の野草で覆う。病害虫への対策は防除を基本とし、薬剤の使用は最小限に抑えている。

ここもアルチザン(職人的栽培醸造家)グループのひとり


ワイン&スピリッツ誌2016年度 TOP100ワイナリーに選ばれる!




Pierre Paillard, Champagne GC Bouzy Blanc de Blancs Les Mottelettes (2013)

ピエール・パイヤール、シャンパーニュ・グランクリュ・ブジー・ブラン・ド・ブラン・エクストラブリュット<レ・モトレット>’13

税別¥9200

<あと11本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

「2019.9月下旬に飲みました。冷やし過ぎると勿体ないですが、温度を上げ過ぎてもキラキラした質感が薄れて美点が消えるのでお好みの温度を探ってみてください。リンゴ入りヨーグルトとシナモン少なめのアップルパイ主体の非常によい香り。うまみを伴うキレイな酸と強いミネラルで、特級畑ブジーというイメージよりもバランスよくエレガントな印象がありつつ、アフターには石を舐めている系の上質ミネラルが残り伸びもある。値上がりがなければ本当に最高だったが、やっぱりどうしても評価せざるを得ない完成度の高さ!抜栓の次の日も非常においしい。塩ミネラルが少し増した」

シャルドネ100%

ドサージュ1.8グラム/リットル

デゴルジュマン2018年5月

アルコール12.5%

レ・モトレットはブジーの南向き斜面の下部にある単一畑。1961年に植樹された。単一畑のシャンパーニュかつブジーのシャルドネ100%という非常に珍しいグランクリュのブラン・ド・ブラン。レモンや洋ナシ、アプリコットのフローラルな香りにほのかなトーストやスパイスのヒント。表情豊かでしなやかな味わいは、ブジーらしい力強さに満ちている。




Pierre Paillard, Champagne GC Bouzy Blanc de Noirs Les Maillerettes (2014)

ピエール・パイヤール、シャンパーニュ・グランクリュ・ブジー・ブラン・ド・ノワール・エクストラブリュット<レ・マイユレット>’14

税別¥9200

<あと7本>超限定品!

ピノノワール100%

ドサージュ3.5グラム/リットル

デゴルジュマン2019年2月

アルコール12.5%

1970年に植樹。ブジーの南西向き斜面の中腹にある単一畑レ・マイユレットから造られるグランクリュのブラン・ド・ノワール。洋ナシや赤系ベリーの香りにスパイスやトースト、オレンジピールのアクセント。肉厚な果実を備えた豊かなボディ。堅固なミネラルが心地よい緊張感をもたらす。深みのある味わいは、力強くエネルギッシュ。





Pierre Paillard, Champagne Bouzy Les Parcelles Grand Cru Brut N.V.

ピエール・パイヤール、シャンパーニュ・グランクリュ・レ・パルセル・ブリュットNV

特価・税別¥5300

<あと10本>絶対おすすめ!

最新デカンター・オンライン91点(2018.10月試飲)

最新パーカー92点
(Stephan Reinhardt、ワイン・アドヴォケイト238号)


パーカー90点
(Stephan Reinhardt、ワイン・アドヴォケイト225号)

スペクテーター91点(2017.11月試飲)

バーガウンド・コム 90点(Isuue 52)

インターナショナルワインセラー91点(2015.1月試飲)

Wine&Sprits誌 92点(2015.12月試飲)

ゴーミヨ誌15.5/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版14.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版15/20点

MVF(旧クラスマン)2017年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

現在庫の中身は2014年
ドサージュ1.8グラム/リットル
デゴルジュマン2018年11月

26本完売。

「2019.9月下旬に再度試飲しました。程よい焼いたパン、凝縮して深みのあるベリー、アンズ、蜜リンゴ、スパイス、ミネラルなどのわりと説得力なるよい香り。果実感がしっかりして厚みがある味わいながら、酸もわりと上品でバランスよく余韻は予想以上に長い。これを飲むだけでピエール・パイヤールの実力は充分理解できます」



「2016.11月中旬にプチ試飲しました。しっかり冷やすとある程度すっきりも飲めるし、少し温度を上げると厚みと粘性も出てくる。ただシャルドネが多めにブレンドされている為、ブジーというよりもアイ村的なやや力強い味わいのバランスと言えるかもしれません。圧巻の上級品には敵わないもののよい出来」

ピノノワール60%、シャルドネ40%

熟成42ヶ月

アルコール12%

ドサージュ3.5g/L

輸入元さん曰く、『 ブジーらしい骨格と果実が、エネルギッシュに表現されている一度飲んだら、忘れられないシャンパーニュ! 』

ブジーに所有する複数の区画をブレンド。リンゴやアプリコットの完熟果実に、オレンジピールやハチミツ、ミネラルのアクセント。生き生きとした細かな泡が駆け抜ける味わいは、ふくよかな果実と細かな酸を備えている。力強さとエレガンスを備えたブジーのグランクリュ・シャンパーニュ。




土壌
表土は粘土石灰質、母岩はチョーク

再植樹は全てセレクション・マッサールで行い、苗木にはピノ・ノワールはレ・マイユレット、シャルドネはレ・モトレットの単一畑から取っている。再植樹する際には、土壌をリセットするために畑を丸2年休耕させる。

醸造方法
区画と品種ごとに分けてベースワインを醸造。発酵槽はステンレスタンクをメインに用いるが、一部のワインにはコンクリートタンクを使っている。アルコール発酵後、全てのワインでマロラクティック発酵も行う。ベースワインは澱とともに8ヶ月熟成させ、瓶詰め。ベーシックなブリュットでも42ヶ月以上熟成させる。19世紀に建造された熟成用のセラーは地下16メートルにあり、年間を通じて室温が10度に保たれている。


モンターニュ・ド・ランス地区の南部に位置するブジーは、シャンパーニュのグランクリュで最もパワフルなピノ・ノワールを生み出す。隣村のアンボネイもピノ・ノワールで名高いグランクリュの村のひとつだが、それぞれのキャラクターは異なる。アンボネイは、ふくよかな果実の中にフィネスを備えた豊満な味わいとなる一方、ブジーでは、日照豊かなほぼ真南を向いた斜面と厚い粘土に覆われたベレムナイト・チョークの土壌から、肉厚で力強い男性的なシャンパーニュが生まれる。そのため、この村はスティルの赤ワインの産地としても知られており、ブジーのピノ・ノワールから造られたブジー・ルージュは、著名メゾンを含め、ロゼ・シャンパーニュのアッサンブラージュに重用されている。

1768年からブジーでブドウ栽培に携わるピエール・パイヤールは、この村に深く根差す生産者だ。レコルタン・マニピュランとして現在の醸造所を設立したのは、戦後間もなくの1946年。現在は、8代目となるアントワーヌとカンタン・パイヤール兄弟を中心にシャンパーニュを生産している。


ピエール・パイヤールのアイデンティティ

彼らの畑で最も特徴的なのは、所有畑が全てブジーにあること、そしてシャルドネの栽培比率が高いことだ。ピノ・ノワールのグランクリュとして有名なブジー全体では、作付面積の89%をピノ・ノワールが、11%をシャルドネが占めるが、ピエール・パイヤールでは、11haある所有畑の3割以上となる4haにシャルドネが植えられている。パイヤール家では、ブジーのブドウのみから造られるパワフルなシャンパーニュの中にフレッシュさとエレガンスをもたらすため、この村では例外的に高いシャルドネ比率を代々受け継いできた。

もうひとつ、ピエール・パイヤールのアイデンティティの要となるのが、ふたつの単一畑、レ・マイユレットとレ・モトレットだ。前者にはピノ・ノワールが、後者にはシャルドネが植えられており、これらの古樹の区画はピエール・パイヤールの『母なる畑』と呼ばれている。長年、植樹はセレクション・マッサールで行っているが、その苗木には必ずレ・マイユレットとレ・モトレットのブドウの枝を用いるためである。ドメーヌのスタイルとそのベースとなるブドウの遺伝子を後世に伝える役割を担う重要な畑だ。また、これらの畑のワインは単独で瓶詰めされており、単一品種でこのグランクリュの魅力を純粋に表現したブラン・ド・ノワールとブラン・ド・ブランとしてリリースされる。


ベターヌ&ドゥソーヴで2ツ星を獲得

ブドウ栽培は20年前からリュット・レゾネで行っており、自然の野草で覆われたブドウ畑では、ここ15年間、化学肥料を一切使っていない。病害虫への対策は防除を基本とし、薬剤の使用は最小限に抑えている。ビオディナミやビオロジックの手法も取り入れつつあるが、土壌とブドウの樹のバランスを保つことが目的であるため、ビオ認証にはこだわらない。また、植樹の際には土壌をリセットさせるために、畑を丸2年間休耕させている。
醸造は区画と品種に分けて行い、発酵槽には主にステンレスタンクを使用。一部のワインにはコンクリートタンクも用いている。アルコール発酵後、全てのベースワインはマロラクティック発酵を経て、澱とともに8ヶ月と長期間熟成させるのが特徴だ。瓶詰後の熟成も長く、最低42ヶ月。19世紀に建造された熟成用セラーは地下16メートルにあり、年間を通じて室温が10度に保たれている。

ベターヌ&ドゥソーヴでは2ツ星獲得、シャンパーニュの世界的権威であるワイン評論家のトム・スティーヴンソンは彼らのシャンパーニュ全てをおすすめと評している。


12/7(土)アップ~蔵出しプチジャン・ピエンヌNV

やっと見つけた!まだ無名でかなりのお買い得感があるシャンパーニュ!







 



Petitjean Pienne, Champagne Grand Cru Blanc de Blancs Brut Nature NV

プチジャン・ピエンヌ、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン ド ブラン ブリュット・ナチュール NV
(辛口白泡・750ml)


税別¥4200

<あと34本>絶対おすすめ!

「2019.11月下旬に飲みました。強烈な要素はないのですが、かなり上質なまとまりと飽きないバランスで、ドサージュ量もかなりセンスがある印象の絶妙な味わい。酸の質・コンディションよく、透明感があり泡もキメ細かくアフターの最後まで一貫性のある流れ方。飲んだ後価格を調べて驚き!税別¥6000の満足度はあるので、無名だからこそのかなりのお買い得感があります。抜栓の次の日も最高においしい。何度も飲みたくなるタイプ。たくさん試飲してやっと見つけました」

アルコール12%

シャルドネ100%

Cramant, Avize, Chouilly
Degorgement:2019年4月
Dosage:2g/L
’13’14’15のブレンド




プチジャン・ピエンヌ、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン ド ブラン エクストラ・ブリュット クゥール・ド・シャルドネNV
(辛口白泡・ハーフ・375ml)


税別¥2600

<あと9本>

※要注意!
このハーフのみ、生産者が裏ラベルのデゴルジュマンやドサージュなどの表示を
間違えて貼ってしまって誤った内容が記載されていますが、正しくは下記750mlのクゥール・ド・シャルドネと同じドサージュ・ゼロです。



Petitjean Pienne, Champagne Grand Cru Blanc de Blancs Extra Brut Coeur de Chardonnay NV

プチジャン・ピエンヌ、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット クゥール・ド・シャルドネNV

(辛口白泡・750ml)


税別¥5000

<あと12本>

Concours des Feminalise Beaune 2017年度 金賞受賞!

ヴィニュロン・アンデパンダン・コンクール2017年度 銀賞受賞!

ギィ・ド・アシェット2018年度版 2つ星


アルコール12%

シャルドネ100%

Cramant, Avize, Chouilly
Degorgement:2019年7月
Dosage:0g/L
’14’15’16のブレンド



有機肥料を使用

自らのワインに糖分を加えたリキュールで適宜ドサージュを行います。※多くのシャンパーニュの生産者は、アルザスなど他地方の安価な白ワインを買い入れ、それに糖分を加えてリキュールにすることが多いと言います。

何度かコンクール金賞受賞、ギィ・ド・アシェット誌、ミッシェル・べタンヌなどで過去に高評価されています!

プチジャン ピエンヌは、3世代にわたってブドウ畑とワインに従事している「レコルタンマニュピュラン」の生産者です。3.8ヘクタールの畑を栽培し、うちクラマン、アヴィーズ、シュイイに分かれた2.4ヘクタールがグランクリュに等級付けされています。仕事に対する当主ドゥニ氏の情熱は語りつくせないほどで、日々の時間ほとんどをワイン造りに費やしています。訪問した際も、栽培の方法や畑の管理について語りながら、気になる芽や房をどんどんと摘んでいき、ひと時たりとも手を休めません。「あっちの畑の生産者は少し怠け者なんだ、もう少し仕事をすれば良いのに」などとつぶやきながら、マイペースに話し続け、どんどんと畑の奥へと進んでいきます。生産効率や価格のことばかり考えているシャンパーニュの生産者が多い中で、ここまで「熱い」人物に出会えたことは非常に幸運だと言えます。トラクターの選択、選定方法、畑の管理、醸造設備の選択など、全ての点にこだわりを発揮し、高品質なシャンパーニュを生み出していながらも、比較的リーズナブルな価格で、彼のワインを飲めることに感謝したくなるほどです。

「うちは本当にちっぽけなメゾンだからね、モエシャンドンのようにはいかないよ。」
立派すぎるほど立派な地下セラーで、はにかみながら語るドゥニ氏の手は、ゴツゴツとしたまさに仕事人のものでした。
(輸入元資料より)


12/7(土)アップ~蔵出しドメーヌ・クリスチャン・べラン’17

フィネス輸入開始の新ドメーヌ!








 




シャトー・ド・ラ・ヴェルがワイン造りを辞めたのに伴い、フィネスさんがベルトラン・ダルヴィオさんから紹介されたドメーヌ。
蔵出し正規品としてはこれが初輸入!




Domaine Christien Bellang, Bourgogne Blanc Sous la Velle '17

ドメーヌ・クリスチャン・べラン、ブルゴーニュ・ブラン・スー・ラ・ヴェル’17
(辛口白)


税別¥3200

<あと14本>絶対おすすめ!
超限定品!

「2019.11月中旬に飲みました。やや明るいイエロー。少しクリーミーなニュアンスのある白桃、ハチミツレモン、鉄分ミネラルなどのよい香りで、樽はほとんど感じられない。抜群のコンディションによる透明感があり、みずみずしく、キレキレではないがややしっかりの酸とミネラル、クドさゼロのドライでミネラリーなアフターには、鼻に抜けるハチミツレモンのニュアンスが残り、極めて心地よい!とても杯が進み飲み飽きない。酸の質が素晴らしくストレスゼロの美しい流れ方。抜栓の5日後までまったく落ちない。家で毎日飲みたいタイプだなぁ」

アルコール12.5%

ムルソー・ヴィラージュに隣接する「スー・ラ・ヴェル」の区画
1973年植樹

ムルソー・スー・ラ・ヴェルにも畑を所有しているので年によっては格下げしてこのキュヴェに混ぜている

旧樽で10ヶ月熟成




Domaine Christien Bellang, Savigny-les-Beaune Blanc '17

ドメーヌ・クリスチャン・べラン、サヴィニレボーヌ・ブラン’17
(辛口白)


税別¥4100

<あと5本>おすすめ!

「2019.11月下旬に飲みました。シモン・ビーズ’17サヴィニ・ブランよりも少しだけ樽がありアフターにバターの厚みコクが出る。中程度のイエロー。黄桃寄りの白桃、ハチミツレモン・キャンディー、みかんの缶詰、ミネラル、わずかにバタークリームなどの予想より少しリッチなよい香り。しっかりした果実味、よい酸とミネラル、中域にも少しオイリーな厚みが感じられおいしい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%

『 Les Ratausses 』と『 Les Planchots de Nord 』の2区画

1999年植樹
南向きの粘土石灰質土壌

新樽25%の樫樽で醸造、10ヶ月熟成




Domaine Christien Bellang, Meursault Les Tillets '17

ドメーヌ・クリスチャン・べラン、ムルソー・レ・ティエ’17
(辛口白)


税別¥7000

<あと2本>限定品!

標高が高い南東向きの粘土石灰質土壌
1965年植樹が主体

新樽20%の樫樽で18ヶ月熟成


リュット・レゾネで有機肥料を使用
手摘み~厳しい選果
基本的にバトナージュを行わない

1789年からブドウ栽培をしていたドメーヌで長らくネゴシアンにブドウを売っていましたが、1995年に現当主クリストフ氏がドメーヌを引き継ぎ、2006年から自社瓶詰でワインを造るようになりました。
(輸入元資料より)


12/7(土)アップ~蔵出しオーレリアン・ヴェルデ’17

10/11(金)アップ~蔵出しオーレリアン・ヴェルデ’16ブルゴーニュ・ルージュ再入荷



















 


 


’14が、リアルワインガイド54号にて大絶賛されたのは結構驚きでした!

そういえば前に飲んだのは10年近く前で、その時はかなり還元香が強く(もしかしたら当時ビオディナミ~天然酵母~SO2極小が、増え始めていた時期で現実と理想の折り合いが難しかった時期だったのかもしれません。例えばシャントレーヴさんはそのあたりの部分を絶対間違えないという信頼があります。)あまり印象が良くなかったので長らく買っていませんでしたが、完全に世代交代して醸造所を新装などの設備投資を行い、経験を積んで、大きく変わった模様です。




’17もリアルワインガイド66号にて絶賛されました!


Aurelien Verdet, Vosne-Romanee 1er Les Beaux Monts '17

オーレリアン・ヴェルデ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボー・モン’17

税別¥13000

<あと5本>幻の超限定品!




Aurelien Verdet, Nuits-St-Georges 1er Aux-Boudots '17

オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・オー・ブドー’17

税別¥10000

<あと6本>超限定品!




オーレリアン・ヴェルデ、シャンボールミュジニィ・レ・コンドゥムンヌ’17

税別¥7400

<あと5本>限定品!

’16 スペクテーター93点!




オーレリアン・ヴェルデ、ブルゴーニュ・ルージュ・アン・リュトゥニエール’17

税別¥2800

<あと5本>







’16もリアルワインガイド62号にて絶賛されました!


Aurelien Verdet, Vosne-Romanee 1er Les Beaux Monts '16

オーレリアン・ヴェルデ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボー・モン’16

税別¥13000

<あと3本>幻の超限定品!

※今回は本数制限なし!輸入元在庫一瞬で完売!
すべての値引き対象外となります。

スペクテーター93点(2021~2035年)




Aurelien Verdet, Vosne-Romanee VV '16

オーレリアン・ヴェルデ、ヴォーヌロマネVV’16

税別¥7200

<あと4本>限定品!

スペクテーター・オンライン93点(2023~2042年!)




オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ダモード’16

税別¥10000

<あと2本>超限定品!

スペクテーター94点!(2023~2040年)





オーレリアン・ヴェルデ、ブルゴーニュ・ルージュ・アン・リュトゥニエール’16

税別¥2800

<あと17本>絶対おすすめ!

限定品!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

リアルワインガイド62号にて絶賛される!88+・89点(今~2033年)

50本完売。

「2018.3月下旬に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。’16はどちらかというと黒い実主体の果実香、強めのヨード、ミネラルなどの香り。樽はとても控えめ。果実味豊かで、ちょうどよい酸、うまみとミネラルが多く、意外とタンニンが多く骨格が大きめ。まだ少しアフターにタンニンが残るものの飲み頃NOW~。冷涼な全体像とエレガントな質感はあるが、春の霜被害などの影響で、生産量は激減したものの最終的には例年より凝縮したのだろうか?結構強い味。生産者自身この’16が、近年でかなりの自信作と言っているようです。博多産あまおうイチゴと(果実味が弱くなると思いきや)相乗効果があった。抜栓の次の日さらにうまみが増して少し向上。抜栓の2日後もほとんど落ちない」

アルコール12.5%

Aurelien Verdet, Bourgogne Rouge En Luteniere '16

’16はもっとも生産量が少ない年ですが、値上がりなし価格を実現!


12/7(土)アップ~蔵出しベルトラン・アンブロワーズ’17第2弾コルトン

’17もリアルワインガイド66号にて絶賛されました~!

驚きのスタイル変化、強い塩ミネラル!













 

 



Bertrand Ambroise, Bourgogne Rouge '17 demie

ベルトラン・アンブロワーズ、ブルゴーニュ・コートドール・ルージュ’17(ハーフ・375ml)

税別¥1300

<あと20本>絶対おすすめ!



Bertrand Ambroise, Bourgogne Rouge '17

ベルトラン・アンブロワーズ、ブルゴーニュ・コートドール・ルージュ’17 750ml

税別¥2300

<あと20本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86~89点!(Outstanding!)

リアルワインガイド66号 88+・89点!(今~2035年)

16本完売。

「2019.11月下旬にハーフ・375mlを飲みました。DIAM10コルク。抜栓直後から開いておりやさしくナチュラルだが、ニュイサンジョルジュ村の古木っぽい多少のグリップ感があり非常においしい。昔からは考えられないことに樽はほとんど感じないくらい控えめで、香りもピュアな赤い実の果実主体、うまみとミネラルの味付きはしっかり、すでによく溶け込んだタンニン。’15と違って旨薄の方向性が逆にいい感じのはかなげなスタイルとなっている’17の成功例!抜栓の2日後まで非常においしい。樽はほとんど感じないは言い過ぎだった(笑)でもそのくらい樽がよく溶け込んで気にならないナチュラル旨み系です。この’17は例えて言うならシャントレーヴ好きにも受け入れられる味だと思う」

アルコール13%

ブルゴーニュ・ルージュが名称変更しただけです。




Bertrand Ambroise, Corton Le Rognet Grand Cru '17

ベルトラン・アンブロワーズ、コルトン・ル・ロニェ’17

税別¥9000

<あと12本>超限定品!

リアルワインガイド66号 93+・94+点!

バーガウンド・コム 92~94点!





’16が、リアルワインガイド62号にて大絶賛される!!!



Bertrand Ambroise, Vosne-Romanee Aux Damaudes '16

ベルトラン・アンブロワーズ、ヴォーヌロマネ・オー・ダモード’16

特価・税別¥6800

<あと9本>限定品!

※再入荷不可能!
輸入元定価で¥1,080値上がりしたのですが、
¥540アップに抑えております。

リアルワインガイド62号 91+・93点!

バーガウンド・コム 89~92点(Outstanding!)

ブルゴーニュ・オージョルディー15/20点


樹齢約60年!




Bertrand Ambroise, Echezeaux Grand Cru '15

ベルトラン・アンブロワーズ、エシェゾー’15

税別¥22000

<あと9本>超限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド58号 94・96点!!!
(~’15を完全に代表する1本。)

バーガウンド・コム 90~93点

樹齢約45年

1樽のみの生産!!!

’15は、新樽100%、約16ヶ月熟成

ユーロリーフとABマークあり!




結構前からビオロジック~2013年にエコセール認証取得済み


<※12/10(火)10:00まで期間限定!!!>
12/7(土)アップ~蔵出し蔵出しジョルジュ・ルーミエ’17

MVF(旧クラスマン)2010年度版にて2つ星→3つ星生産者に昇格!








2016.3.30(水)フィネス主催3大ドメーヌ(マルキ・ダンジェルヴィーユからギョーム・ダンジェルヴィーユ氏と今回は奥様も、ジョルジュ・ルーミエからクリストフ・ルーミエ氏、メオ・カミュゼからジャン・ニコラ・メオ氏)来日試飲会にて再び会ってきました~。フィネスさんありがとう!!!必ず恩返しします(笑)
栽培、醸造、畑仕事が少ない時期にはプロモーションまでこなすクリストフさん
昔よりもエレガントに仕上げようと試みたりするのではなく、わりと四季がはっきりしているブルゴーニュで、毎年違う条件の中とにかくよいブドウを収穫することが大切であり、
常にそのヴィンテージの個性(ブドウの状態)に最適なやり方でよい仕事を実践するだけとおっしゃっていました。’14は6月下旬の天候が悪かったようですが、その後晴天が続いて持ち直した。
ブドウの皮が薄く、ジュースが多く、タンニンが少なめ、よい酸でフルーティー&エレガント。
最終的には例年より少し早熟で比較的早くから楽しめるピュアでエレガントなワインとなったそうです。


2011.11.28(月)フィネス主催3大ドメーヌ(マルキ・ダンジェルヴィーユからギョーム・ダンジェルヴィーユ氏、ジョルジュ・ルーミエからクリストフ・ルーミエ氏、メオ・カミュゼからジャン・ニコラ・メオ氏)来日試飲会にて。10年に1度あるかないかの貴重な機会を設けていただいたフィネスさんには大感謝です!!!


※誠に恐れ入りますが、条件をよく読んでいただきました上でご注文お願い致します。













 

 

 




ラック・コーポレーション輸入品とフィネス輸入品のみです。
明確な表示がなければどちらかはお選びいただけません。


※全銘柄がすべての値引き対象外となります。全銘柄他の生産者のブルゴーニュと1:1になるようにご注文お願い致します。セットとなる銘柄もすべて値引き対象外となります。キープが短いご注文のみ受注させていただきます。



リアルワインガイド67号にて大絶賛されました!




ジョルジュ・ルーミエ、シャルム・シャンベルタン・オー・マゾワイエール’17
+モレイサンドニプルミエクリュ・クロ・ド・ラ・ブシエール’17(モノポール)


税別¥118000

<あと2セット>幻の超限定品!

※お一人様1セットまでとさせていただきます。

パーカー92~94点(William Kelley)

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

VINOUS 93~95点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92~94点


リアルワインガイド67号 96・98点!!!




ジョルジュ・ルーミエ、コルトン・シャルルマーニュ’17(辛口白)

税別¥45000

<売り切れ>幻の超限定品!

デカンター・オンライン94点(ティム・アトキン)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91点


リアルワインガイド67号 96・97点!!!




ジョルジュ・ルーミエ、ボンヌマール’17
+モレイサンドニプルミエクリュ・クロ・ド・ラ・ブシエール’17(モノポール)
+モレイサンドニプルミエクリュ・クロ・ド・ラ・ブシエール’13(モノポール)


税別¥195000

<あと1セット>幻の超限定品!

※お一人様1セットまでとさせていただきます
ボンヌマール’17はすべてフィネス輸入品

パーカー94~96点(William Kelley)

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

VINOUS 93~95点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 93~95点


MVF(旧クラスマン)2020年度版18.5/20グラス

リアルワインガイド67号 98・100点!!!





※全銘柄がすべての値引き対象外となります。全銘柄他の生産者のブルゴーニュと1:1になるようにご注文お願い致します。セットとなる銘柄もすべて値引き対象外となります。キープが短いご注文のみ受注させていただきます。


1980年代の後半には化学肥料や除草剤の散布もやめた

1株につき8房までに制限

高い樹齢、低収量、100%手摘み~畑と醸造所で2度厳しい選果を行う

野生酵母を使用、低い新樽比率、無濾過

近年ドメーヌでは全房発酵も試みている


12/7(土)アップ~蔵出しミッシェル・グロ’17

話題の新モノポール!





 

 

 

 


’17もリアルワインガイド67号にて絶賛されました!




ミッシェル・グロ、ブルゴーニュ コート・ドール ルージュ’17

税別¥3000

<あと7本>

バーガウンド・コム 85~88点

ヴォーヌ=ロマネ村の2区画。国道74号の東側、丘の麓に位置する。
表土は粘土と沖積土が混じり合ったもので、下層土はプレイストセーヌ期の砂や細かく砕かれた小石で構成されている。




ミッシェル・グロ、ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ ルージュ’17

税別¥3300

<あと7本>

バーガウンド・コム 86~88点



ミッシェル・グロ、ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ ルージュ <フォンテーヌ・サン・マルタン>’17

税別¥3600

<あと1本>

バーガウンド・コム 85~88点




ミッシェル・グロ、ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ ルージュ <オー・ヴァロン>’17

税別¥3500

<売り切れ>限定品!

バーガウンド・コム 86~88点

ミシェルのオート・コートに対する個性と可能性の探求は続きます。2014年を皮切りにリリースしたモノポール・フォンテーヌ・サン・マルタンに続いて、2016年のヴィンテージから《オー・ヴァロン》のキュヴェを独立させることにしました。

3ヘクタールに及ぶこのリュー・ディは、マレイ・レ・フュッセイ村に位置し、標高425~440mの間、真南向きの丘陵の斜面に横たわり、畑を境に森が広がっています。区画の上部はオックスフォーディアンのマール土壌、中腹から下部にかけて同じ時代の粘土石灰岩土壌が基盤となっています。フィロキセラ禍以来手つかずになっていたこの土地の開墾を始めたのは1978年のこと、ミシェルは順繰りにピノ・ノワールを植えていきました。それまでは同村の教会が所有し長い交渉を経て2013年にやっと手に入れた最後の区画を持ってして、オー・ヴァロンの全区画の植栽を完了しました。開墾当初から最後に植えられたブドウ樹の総合的な平均樹齢をとれば、すでに30年の樹齢にのぼります。

オート・コートのそれぞれのリュー・ディは、以前からずっと分けて醸造し熟成させてきました。つまり瓶詰め2か月前に最終的にブレンドするまで、栽培と造りの段階で各区画の個性を研究し記憶していたのです。ミシェルはそれぞれの区画から生まれるワインの個性を、自らの体験と記憶によって熟知しています。

《ル・ヴァロン》の個性は、オート・コートの他のキュヴェより、タンニンがシルキーで、酸が優しいことです。そのため若くからして柔らかく飲みやすいワインになります。「太陽」を感じさせるこのキュヴェの味わいは、ブドウ樹が育つ環境を反映しています。真南向きの斜面がうける最大の日射、北や東から吹き抜ける風を隣接する森や丘が遮断し寒さから守っていること、ブドウ樹が属するそういった恩恵が自然とワインに現れているのでしょう。
(輸入元資料より)



 

 

1860年にアルフォンス・グロが購入~1995年までジャン・グロ~1996年からミッシェル・グロ


12/7(土)アップ~蔵出しロアリー’17

傑出した出来の’14!!!甘旨ミネラルの’15!

熟して蜜のニュアンス、甘さがある果実味、ミネラルの多く残る長めのアフター








昔からずっとビオロジック栽培ですが、2007年にエコセールの認証も取得済み

2007年以降は親友のジャン・テヴネのセラーでロアリーのワインは醸造されている。

輸入元さん曰く、チキンや白身魚のクリームソース煮には、ぴったりのワイン




ロアリー、ヴィレクレッセ’17(750ml)

特価・税別¥2400



輸入元定価・税別¥3,200

<あと20本>絶対おすすめ!

「2019.10月上旬に試飲しました。どんな年もはずさないまだまだ超お買い得なワイン!’15より甘さ控えめでキレイな酸でもやはり果実の厚みとエネルギー感とアフターのミネラルが素晴らしい」

アルコール13.7%
ABマーク、ユーロリーフあり!




ロアリー、ヴィレクレッセ’16(750ml)

特価・税別¥2400



輸入元定価・税別¥3,200

<売り切れ>

パーカー91点!(2018~2028年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト238号)


VINOUS 89~91点(ステファン・タンザー)

24本完売。




ロアリー、ヴィレクレッセ’15(750ml)

特価・税別¥2250



輸入元定価・税別¥3,000

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点!(2017~2027年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト232号)


インターナショナルワインセラー90点!
(2018~2024年、2017.11月試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

255本完売!!!

「2017.9月中旬に試飲しました。’14より甘みが強く、エキス感とミネラルは非常に強いまま、酸は低くはないが甘みとのバランスで’14よりわずかに低く感じられる。この甘旨ミネラルの凝縮こそが美点であり、素晴らしくおいしい。普段白は辛口しか飲まないという方でもかなりおいしく飲めることでしょう!実際にあらゆるお客様からも『 この甘さはとてもよい甘さで何の問題もない 』との声多数」

’15からキャップシールの色が左の画像のように
鮮やか黄色 → もともとのボングラン(テヴネ)同様の深い緑色
に変わり、ユーロリーフ・マークがつきました


 

平均樹齢は50年以上で、中には100年になるという樹もある!

マコンでは例外的な100%手摘み

ずっと有機農法

オリ引きなし、ノンフィルター

昔から厚みのある果実味でしたが、ド・ラ・ボングランのジャン・テヴネ氏が関ってからさらにミネラル感が増したように思います

毎年大人気!特に’02’10は絶賛の声をかなり数多くいただきました!


12/7(土)アップ~蔵出しドメーヌ・トラぺ’14’13アルザス・グランクリュ

予想以上においしく好評でした~!

11/7(木)アップ~蔵出しドメーヌ・トラぺ’16リースリング・ベブレンハイム

アメリカ以外でどんどん評価を高めているドメーヌ!ワイナート69号43号でも絶賛されました!

MVF(旧クラスマン)2011年度版にて2つ星→3つ星生産者に昇格!

そして実はアルザスの方のドメーヌ・トラぺも
MVF(旧クラスマン)2015年度版にて星なし→1つ星生産者に昇格!





2012.10.29(月)フィネス主催試飲会にてトラぺご夫婦と。詳しい説明をいただきながら試飲できました。物静かな感じの紳士トラぺさん。2010年の出来には自信があるようでした。当店の予想通り’09よりも酸とタンニンが多く、より長い熟成が可能。基本的にしっかりした酸とタンニンがあり、ややクラシックなスタイルに感じられることの多い超熟タイプの’10(熟成のポテンシャルを含めた出来は相当によい!)ですが、造り手によっては時々予想以上に早熟なワインもみられます。トラぺさんは少し寝かせた方がよさそうな長熟タイプだと感じられました。シャンベルタンの複雑性とポテンシャルは圧倒的!2010年は天候というよりも土壌の質が違った(理想的な状態の畑だった)とのことです。

 









↑ラベルデザイン変更&裏ラベルの新表示


他のジュヴレシャンベルタン2はこちら

 

当店扱いのドメーヌ・トラペは、すべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!

たまに並行ものの安いトラぺが流通していますのでお気を付けください


いまやドメーヌ・トラぺさんは、失敗の可能性が低いかなり優れた生産者といえます


アルザスの方のドメーヌ・トラぺも
MVF(旧クラスマン)2015年度版にて
星なし→1つ星生産者に昇格!




ドメーヌ・トラペ、リースリング・ベブレンハイム’16

(アルザス・中辛口白)


税別¥3200

<あと5本>絶対おすすめ!
限定品!

※新ラベルに移行済み

MVF(旧クラスマン)2020年度版15./20グラス

「2019.10月中旬に飲みました。’16も果実はしっかり。’15よりも少しグリップが弱いが、その分伸びやかで上質な酸とミネラル、アフターの塩ミネラルも強い。透明感がありピュアで、非常によいバランスの辛口。とてもよいワイン。ビオの不安定要素は全くのゼロ」

アルコール12%
裏ラベル表示2




ドメーヌ・トラペ、ゲヴルツトラミネール・ベブレンハイム’17

(アルザス・中辛口白)


税別¥3200

<あと3本>限定品!

’16はほのかに甘いやや甘口でしたが、
’17は裏ラベル表示が2ですので辛口ですね。





ドメーヌ・トラペ、ゲヴルツトラミネール・ベブレンハイム’15

(アルザス・中辛口~やや甘口白)


税別¥3200

<あと1本>限定品!

パーカー92点!(2020~2035年、ワイン・アドヴォケイト231号)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

特級畑ゾンネングランツの下にある畑
『 フォワグラなどの濃厚な味の料理やリンゴを使ったデザートによく合います。 (輸入元さんコメント) 』




ドメーヌ・トラペ、リースリング・ベブレンハイム’15

(アルザス・中辛口白)


税別¥3200

<あと9本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー89点(2018~2024年)

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

18本完売。

「2018.10月下旬に飲みました。冷やし過ぎないほうがおいしいタイプ。トップノーズにうっすらペトロール的な香りを含む砂糖漬けのオレンジとライチのモスカート・ダスティにも似た甘い香りがあるが、味わいはしっかりドライで予想よりグリップが強く(例えばユッタさんのサテリート’17より強い)、酸が低くなく、でも尖っていなくて、うまみエキスが多く、塩ミネラルを伴う余韻が長い。何故か?そばつゆ系にわりと合う。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール12.5%

特級畑ゾンネングランツの下にある畑
『トラペのリースリングは、繊細な魚料理や熟したフルーツ、リースリングのワインを使ったコック・オー・ヴァンなどと相性がよいです。(輸入元さんコメント)』





ドメーヌ・トラペ、リースリング・グランクリュ・シュロスベルグ’14

(アルザス・辛口白)


税別¥7000

<あと2本>超限定品!

MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.11月下旬に短時間で試飲しました。ヴィンテージも違うし同時にじっくり飲み比べたわけではないので断言できませんが、こちらの方がショーネンブールよりもミネラル量と縦伸び感は少し上だったように気がしました。いずれにしてもどちらもかなりおいしいハイレベルなところでのお話です。温度を上げ過ぎると苦みが増してわずかにバランスが崩れるのでやや冷えがベストだと思われます」

アルコール13.5%
ユーロリーフあり!
’17は裏ラベル表示が1ですので辛口ですね。

’12 パーカー92点
’12 VINOUS 91点




ドメーヌ・トラペ、リースリング・グランクリュ・ショーネンブール’13

(アルザス・やや辛口白)


税別¥7000

<あと3本>超限定品!

パーカー93点!!!
(2017~2030年、ワイン・アドヴォケイト231号)


MVF(旧クラスマン)16.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.11月下旬に飲みました。オイリーなペトロール香を少し含むカリン、キンカンの砂糖漬けトップノーズがやや華やかで素晴らしい。しっかり冷やすと辛口寄りの中辛という印象で結構幅広く食事に合うかもしれません。果実味豊かで、少し粘性のある厚みと塩ミネラルがあり、華やかで意外と抜けのよいアフターでずっと飲んでいられる。抜栓の4日後までまったく落ちない。温度を上げ過ぎると苦みが増してわずかにバランスが崩れるのでやや冷えがベストだと思われます」

アルコール14%
ユーロリーフあり!
’17は裏ラベル表示が2ですので辛口ですね。




ドメーヌ・トラペ、リースリング・グランクリュ・ショーネンブール’12

(アルザス・辛口~やや辛口白)


税別¥6500

<あと4本>超限定品!

インターナショナルワインセラー92点!

パーカー91点
(~The finish is firm and long and the aging potential of this truly dry Riesling is 10 and more years.2016~2025年)


MVF(旧クラスマン)17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)17/20点

アルコール12.5%

ほとんどオリなし

トラペさんがジュヴレと土壌構成が同じだと仰るグランクリュ ショーネンブールの2012リースリングは熟したオレンジの甘味が美味しい。毎春感じるクスノキの花のアロマティックさと枝葉のスパイシーさはこの畑の特徴でしょうか。一方南向きで花崗岩砂の段々畑シュロスベルグはヒューゲルから譲られたヴィエイユヴィーニュの畑です。こちらの2012リースリングの甘さはショーネンブールよりも清らかで、澄んだ酸とミネラリティーがショーネンブールのスパイシーさに代わります。2012年は開花期が難しく、小粒で低穫量の分 肉厚。ゲヴェルツトラミネールはエレガントです。




ドメーヌ・トラぺ、ピノグリ・グランクリュ・ゾンネングランツ’12

(アルザス・辛口~やや辛口白)


税別¥5000

<あと3本>超限定品!

パーカー90点(~Very good aging potential.2016~2025年)

MVF(旧クラスマン)15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点

アルコール12.5%

※オリ多め

「2013.3月に’10を試飲しました。このワインと南ローヌのラヤス系の白を飲めば、白ワインにとっての苦みが必ずしも品質を下げるものではないということが確実にわかります(笑)必要な上質な苦みが極めて心地よく残ります。オイリーな黄桃、蜜、ミネラルなどの香り。余韻長く、1杯で飽きるタイプではない」

『 ストラスブルグの南のコルマールの町の近くにゾンネングランツの区画があります。この区画の標高は約250mで泥石灰土壌が主です。果実香味に加えハーブティーの香り。果実味たっぷりで厚みがあり、とてもオイリーでリッチな味わい。アフターに続く品種特有のほろ苦さが特徴。(輸入元資料より) 』



アルザスの方のドメーヌ・トラぺも
MVF(旧クラスマン)2015年度版にて
星なし→1つ星生産者に昇格!



『 奥様がアルザスのワイン生産者の娘であった為、現在アルザスでのワイン生産も引き継いでおり、約1.6haの畑を所有しています。 畑の手入れはブルゴーニュ、アルザス共にビオディナミーで化学肥料や除草剤は一切使用していません。クォーツ(水晶)の粉末を定期的に畑に撒くことで土壌の活性化を促し、植物のエネルギーを引き出して病気に負けない木を育てることを目指しています。 ~アルザスの白ワインは同じように手摘みで収穫、選別して空圧式圧搾機でプレスした後、果汁を冷やして不純物を沈殿させて取り除き、タンクに移されてアルコール醗酵を行います。その後、アルザス地方独特の楕円形の樽で10~12か月熟成されます。(輸入元資料より) 』


12/7(土)アップ~蔵出しツィント・フンブレヒト’16VDT・ツィント

独自の甘さ表示、近年では昔ほど果実味を協調したスタイルではありません

ベタンヌ5つ星生産者!本当にどれを選んでもおいしい超一流生産者!




 




※’14まではすべてラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品
’15から日本リカー輸入の蔵出し正規品

2017.7月に’15を5種類試飲する貴重な機会をいただきました
やはり別格ですね。どれも素晴らしかったです!




2011年からアルザス・グランクリュ協会会長

2002年からビオディヴァンの会長を務めている

2000年に「エコセール」の認定を、2002年には「ビオディヴァン」の認定受け、有機栽培でありビオディナミ農法の実践者でもある。

ドメーヌ・ツィント・フンブレヒトの経営者であり醸造家でもある12代目当主、オリヴィエ・フンブレヒトは、世界で最難関と言われるワイン資格“マスター・オブ・ワイン”(MW)を1989年に26歳の若さで取得しました。これは、フランス人としては初めて、ワインメーカーとしても二人目という快挙です。

※’07’09は、最初からラベルにわずかに擦れた傷がついているボトルが多く見られました。品質にまったく問題ありませんが、気になる方は画像をお送りできますので、お問い合わせくださいませ




このくらい雪が降る年もあるようで、雪国の酒屋としては親近感湧きますね


ツィント・フンブレヒト’07を10種類同時に飲み比べる機会に恵まれましたが、どれも本当に上質で癒される思いだった。骨格があり、温度が上がってもあまりダレない。すべてがはずさない高品質なワインだというのも本当にすごいこと!

レストランさまでの人気が絶大な為か、全然買えなくなりました、、、

2017年度 Wine & Spirits Top 100 Wineries 入り!




ZIND-HUMBRECHT, Vin de Table ZIND Z016 id1 '16

ツィント・フンブレヒト、VDT・ツィント’16

(フランス・アルザス・辛口白)


税別¥3100

<あと18本>絶対おすすめ!

パーカー91点!
(2019~2022年、ワイン・アドヴォケイト239号)


スペクテーター92点!!!(NOW~2026年)

デカンター・オンライン92点!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)14.5/20点

「2019.夏に飲みました。明るいイエロー。香りは落ち着いた印象の柑橘類やミネラルが混ざった涼しげな印象。味わいは香りの印象以上に充実しており旨味とミネラルがあり飲み飽きずに杯が進む心地よい調和。しっかり冷やしてもやや冷えでもおいしく、幅広く食事に合わせやすい。ブレンド=格下ではなく、より上質感が出る調和というイメージですね。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール12.5%




ZIND-HUMBRECHT, Vin de Table ZIND Z015 id1 '15

ツィント・フンブレヒト、VDT・ツィント’15

(フランス・アルザス・辛口白)


税別¥3100

<あと4本>絶対おすすめ!

VINOUS 91点!(2020~2027年)

パーカー89~90点(2017~2025年、ワイン・アドヴォケイト229号)

スペクテーター90点(NOW~2020年)

Wine Enthusiast 90点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)15/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

超限定品!56本以上完売!
すべての値引き対象外となります。

「2017.7月中旬に試飲しました。ピュアでミネラリーなトップノーズ。清涼感がありすっきりした全体像、うまみがありつつ非常にバランスよく流れ、強い塩ミネラルが残るアフター。低価格帯のこのジャンルではほぼ完ぺきといえる内容で、単体でも飽きない説得力を持ちつつ、食事との相乗効果でさらにおいしくなる余地が大きいワインなのでビストロのためにある銘柄とも言えそう」

アルコール%

5月に1度入荷した際は、一瞬で完売でした!!!

クロ・ヴィンスヴュールのブドウを使用

ビオディナミ、ビオディヴァン、アルザス最高の生産者の一人!
基本的にシャルドネ主体、オーセロワ
樹齢26年

ドメーヌ自身曰く、シーフードと完璧な相性を見せる

’97以降ビオディナミを実践

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版では、下記3生産者すべて5つ星生産者となっています!



GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2009年度版5つ星生産者!(※ヴァインバック、マルセル・ダイスですら4つ星生産者)


12/7(土)アップ~蔵出しクロ・サン・ジャン’16

最高の区画『ラ・クラウ』の古樹!








 



Clos St.Jean 2016 Chateauneuf du Pape Rouge

クロ・サン・ジャン、シャトーヌフデュパプ・ルージュ’16

税別¥6000

<あと11本>限定品!

パーカー92点(2018~2030年)

スペクテーター93点(2020~2033年)

VINOUS 91点


果実味豊かなグルナッシュを主とするワイナリーの入門編。豊富なチェリーやアプリコットの香り。フルボディーでヴェルヴェットのようなテクスチャーに魅惑的なリコリスのヒントが長く続くフィニッシュに現れる。わずかに突出した酸があるので、2015VTや2017VTよりも長い熟成の後も楽しめるだろう。
(輸入元さんコメント)

主体となるグルナッシュは全てLa Crauからのもので、樹齢50~100年を超える。

品種:グルナッシュ75%、シラー15%、ムールヴェードル4%、サンソー3%、ヴァカレーズ2%、ミュスカルダン1%
熟成:グルナッシュはコンクリートタンクで16カ月、その他の品種は新樽と1年使用樽で12カ月




Clos St.Jean 2016 CNdP Deus Ex Machina Rouge

クロ・サン・ジャン、シャトーヌフデュパプ <デウス・エクス・マキナ> ルージュ’16

税別¥12400

<あと3本>超限定品!

パーカー98点!!!(2018~2035年)

スペクテーター96点!(2020~2036年)

VINOUS 94~96点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点

※当然再入荷不可能!

砕けた石、削った鉛筆の芯、ブラックオリーブ、タール、リコリスの魅力的なノーズ。巨大で凝縮感が強烈すぎるため試飲するには強すぎるとさえ感じさせるが、一方で同時に飲み手を誘惑するような魅力があり、リッチでヴェルヴェットのようなテクスチャーと信じられないほどの余韻の長さ。全ての要素が巨大でありながらも、なぜか不思議と軽快さが同時に存在しているおかげで、高いアルコールをそこまで感じさせない。
(輸入元さんコメント)

品種:グルナッシュ60%(1905年植樹)、ムールヴェードル40%
熟成:グルナッシュはコンクリートタンク、ムールヴェードルは新樽と1年使用樽で12カ月


リュット・レゾネを実践
石灰質主体の土壌



<ドメーヌの歴史>
クロ・サン・ジャンは、20世紀の始まり1910年に創業された歴史あるワイナリーである。
その歴史ゆえに所有する45haの畑には信じられないほどの古いブドウが広がっている。
彼らはシャトーヌフ・デュ・パプの中でも最良のエリアに畑を所有し、西側に広がる台地や、東側の誉れ高いLa Crauの畑、さらには100年超えと驚くほどに樹齢の高いブドウ畑を持っている。数々の素晴らしい区画を所有するにもかかわらず、先代まではクロ・サン・ジャンの名は今ほどに知られることは無かった。
しかし、現オーナーのパスカル&ヴィンセント兄弟がワイナリーの指揮をとるようになってからは、
それまで知られていなかったワイナリーは大きく変化した。兄弟は天才醸造家と名高いフィリップ・カンビを2002年にコンサルタントとして招きいれ、2003年以降人々を熱狂させるワインを生み出している。ロバート・パーカー氏に見出され最高の賛辞を得たそれ以降も、彼らは決して振り返らず毎年シャトーヌフ・デュ・パプのトップワインを従えてサクセスロードを走っている。


★WA100点連発の天才コンサルタント「フィリップ・カンビ」
1962年ラングドック地方に生まれる。母親の家系がこの地にブドウ畑を持っておりワインを造っていた。
1998年に栽培や醸造、分析といったワイン造りに関する幅広い分野を対象にコンサルタントを行っているICVグループのローヌ支店でコンサルタントとしての歴史をスタート。手掛けるワインが続々とパーカーポイント100点を獲得し、一躍天才コンサルタントとして有名になったフィリップ。Clos Saint Jeanを始め、
Clos du Caillou、Domaine Saint Prefertなど今ではシャトーヌフのトップと名高いドメーヌの、その地位を生産者と共に築いてきた。
2010年にはロバート・パーカーにベストエノロジストとして選出されている。
また、彼が熟知したこの地でSine qua Noneとタッグを組みChimereというモンスターワインを生み出し、
世界的な注目を集めるなど、その精力的活動と才能は今後も留まるところがない。


★「信じられない」古樹が広がる最良の区画を所有!
今ではエリア内の最良区画のひとつと名高いLa Crauを開墾したのは、先々代当主で、現当主兄弟の曽祖父である。
クロ・サン・ジャンは現在では最大所有者となっている。その際に植えられたグルナッシュは植樹100年を超え、
現在生産される全てのキュヴェに深みと複雑さを与えている。


★「笑える」程の低収量がもたらすエネルギーに満ちた味わい
収量は「笑えるほどに少なく」(Byワイン・アドヴォケイト)、1ヘクタール当たり15ヘクトリットル~20ヘクトリットル。
算定すると大変な財政破たんとも思われる状況であるが、非常に密度の高いパワフルでエネルギーに満ちた味わいは、そこからもたらされたものであり、彼らの恐ろしいほどのワイン造りへの執念の表れであると言える。


“地球上でもっとも重要なワインを造り続けている”
「2007年のワインを長い時間をかけてゆっくりとテイスティングするとある時、
とてつもなく重厚で奥深い味わいを体験することができるが、これは私が過去30年間で体験してきたすべてを凌駕していた。2007年に試飲をした5つのキュヴェはここ30年間で試飲をした南ローヌのワインの中で最高位にランクすることは間違いない。Clos Saint Jeanの2007年はある一つの到達点に達しており、このレベルの経験は今後一生真似することのできない特別なものである。
私が本当に飲みたいと思うワインはこの世界にほんの少数だ。」By.ロバート・パーカー


 

12/7(土)アップ~蔵出しドメーヌ・デ・ザムリエ’18VDPヴォークリューズ・スザンヌ・ブランと’17スザンヌ・ルージュ











※↑’09は、上記画像のラベル・デザインでした。


 

 

※当店在庫のドメーヌ・デ・ザムリエは、すべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!

昔から除草剤不使用でしたが、
’14からビオロジックに移行済み
’14はすべてABマークあり!




Domaine des Amouriers,Vd Pays de Vaucluse Blanc Suzanne '18

ドメーヌ・デ・ザムリエ、ヴァン・ド・ペイ・ド・ヴォクリューズ・ブラン・スザンヌ’18

(南ローヌ・辛口白)


税別¥1700

<あと8本>おすすめ!

「2019.11月下旬に試飲しました。香りは完全にイタリアワインのイメージ。果実味豊かで、まろやかな旨みとキメ細かな苦みコクがあり、予想より長い余韻。熟して厚みと個性があるよいワイン。あとで調べたら例年よりヴェルマンティーノ比率が高かった」

アルコール14%
ユーロリーフとABマークあり!

ヴェルマンティーノ50%、ルーサンヌ25%、ヴィオニエ25%



Domaine des Amouriers, IGP Vaucluse Rouge Suzanne '17

ドメーヌ・デ・ザムリエ、IGP・ヴォクリューズ・ルージュ・スザンヌ’17

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥1700

<あと6本>おすすめ!

「2019.11月下旬に試飲しました。ここのヴァケラはクラシックでタンニンが多く若いうちはわりと固いのですが、このスザンヌ・ルージュも同じ方向性なので予想より凝縮してタンニンが多く、コクのある飲み頃NOW~だが、少しだけまだ固さも残るというしっかり具合で、少し高級感もありブラインドだったらこれが村名?という感じです。ただし全体像は優れた地酒的雰囲気があり個性的なブドウ品種構成もあってよいワインだと思います。紫がかったやや濃いルビー色。ガリグ、ブルーベリー、黒胡椒などの香り」

アルコール13.5%

’17は、グルナッシュ21%、シラー21%、カリニャン18%、
メルロ15%、カラドック20%、サンソー5%




Domaine des Amouriers, IGP Vaucluse Rouge Suzanne '16

ドメーヌ・デ・ザムリエ、IGP・ヴォクリューズ・ルージュ・スザンヌ’16

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥1700

<あと8本>絶対おすすめ!

「2018.11月下旬に飲みました。縁が紫がかった濃いルビー色。ブルーベリー、甘草、ガリグ、シナモン、黒胡椒、土、革の香りと同時にリンゴの香りがある。今はタンニン多めでスパイシー。単体だとアフターがわずかにタニックなのでシンプルに焼いた肉などと合わせた方がよさそう。戻り香にシナモン焼きリンゴの風味が残る。抜栓の次の日もおいしい」

アルコール14%

待望の’16ですが、値上がりなし!

ユーロリーフとABマークあり!

’16は、グルナッシュ25%、シラー15%、カリニャン20%、
メルロ22%、カラドック13%、サンソー5%

※CALADOCとは?
グルナッシュとマルベックから開発された交配種で、
花ぶるいに強く、グルナッシュに似ている
混ぜるとAOCヴァケラスなどは名乗れなくなる




ドメーヌ・デ・ザムリエ、ヴァケラス・ルージュ’15

税別¥2700

<あと5本>限定品!

VINOUS 88?点(2021~2027年)




ドメーヌ・デ・ザムリエ、ヴァケラス・レ・ジェネスト・ルージュ’15

税別¥3200

<あと4本>限定品!

パーカー92~94点(ワイン・アドヴォケイト228号)

’15は、グルナッシュ50%、シラー50%

低収量35ha/hl以下

ドメーヌ曰く、例年10年以上熟成可能


11/29(金)アップ~蔵出しドメーヌ・デュ・ヴィスー’18

蔵出しドメーヌ・ド・ヴィスー’17最後の再入荷!

濃密でタンニンの質がよいムーラン・ナ・ヴァンと樹齢100年以上のボジョレー!

どれを飲んでもうまい!夏でも軽く冷やしておいしく飲める赤ワイン!





 



現在ではテラ・ヴィティス認証の実質有機栽培のようです




Domaine du Vissoux, Moulin a Vent Les Trois Roches '18

ドメーヌ・デュ・ヴィスー、ムーラン・ナ・ヴァン・レ・トロワ・ロシュ’18

税別¥2700

<あと10本>限定品!

※¥220値下がり!

パーカー94点!!!(William Kelley、2020~2035年)




Domaine du Vissoux, Beaujolais Coeur de Vendanges Vignes Centenaires '18

ドメーヌ・デュ・ヴィスー、ボジョレ―・クール・ド・ヴァンダンジュ・ヴィーニュ・サントネール’18

特価・税別¥2100

<あと7本>限定品!

※¥110値下がり!

パーカー92点!!!(William Kelley、2019~2028年)
As I've written before, this bottling represents one of the great values in French wine, and the 2018 Beaujolais-Villages Coeur de Vendanges will not disappoint long-time fans of the cuvee.





’17は、値上がり分を当店が吸収しております。



Domaine du Vissoux, Moulin a Vent Les Trois Roches '17

ドメーヌ・デュ・ヴィスー、ムーラン・ナ・ヴァン・レ・トロワ・ロシュ’17

税別¥2900

<あと17本>絶対おすすめ!
限定品!67本完売!!!
※’17は再入荷不可能!

パーカー95点!!!(William Kelley、2018~2027年)
The 2017 Moulin-a-Vent Les Trois Roches is superb-and likely the king of the cellar chez Chermette this year-wafting from the glass with a beautiful bouquet of raspberries, potpourri, orange rind and rose petal. On the palate, it’s medium to full-bodied, layered and supple, with the most depth and amplitude of any wine in the portfolio and the most held in reserve, too. This is a fantastic expression of Moulin-a-Vent from one of Beaujolais’s greatest winemakers, and it comes warmly recommended.

Wine Enthusiast 92点

Vert de Vin 91~92点

ファルスタッフ 91点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2019.正月に飲みました。’16と同レベルの素晴らしさですが、’17よりも香りの乳酸香少し強く、酸とミネラルが多くアフターの伸びがあるので温度を下げ過ぎなくてもバランスを保つことが出来ます。凝縮感と重さだけ’16には敵いませんが、やはり相当素晴らしく、価格以上の満足度が楽しめます。果実味とエキス感は豊かで、上質な酸がのったカシス&ブラックチェリー(一部砂糖漬けを含む)主体のよい香りで、すごい高価なイチゴに少し練乳かけたような味とヨーグルトにブルーベリージャムをかけたような味もする。抜栓の2日後まで非常においしい。飲み頃NOW~で価格の倍の満足度がある!」

アルコール%

’16は当店のブルゴーニュ通の常連客様達から絶賛の声がとても多かったです!




Domaine du Vissoux, Beaujolais Coeur de Vendanges Vignes Centenaires '17

ドメーヌ・デュ・ヴィスー、ボジョレ―・クール・ド・ヴァンダンジュ・ヴィーニュ・サントネール’17

特価・税別¥2200

<売り切れ>限定品!

パーカー93点!!!(William Kelley、2018~2027年)
~On the palate, it’s medium to full-bodied, layered and concentrated, with melting tannins, a generous core of sappy fruit and a long, beautifully delineated finish. Intensely flavorful but refreshing, accessible but substantive, this is a fabulous wine that exemplifies the appeal of Beaujolais. Given its unabashed deliciousness and decidedly modest tariff, this wine must be one of French wine’s greatest values.
ワイン・アドヴォケイトWilliam Kelley氏が選ぶ
Top 3 Value Releases of the Year 2018に選ばれる!!!


48本完売。ありがとうございました

例年より明らかに輸入元在庫の動きも早く、急に入手難となっています!





Domaine du Vissoux, Moulin a Vent Les Trois Roches '16

ドメーヌ・デュ・ヴィスー、ムーラン・ナ・ヴァン・レ・トロワ・ロシュ’16

税別¥2900

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー94点!!!(William Kelley、2018~2028年)

VINOUS 93点!(2022~2028年)


ジェームス・サックリン94点!

Gilbert & Gaillard 17.4/20点!

MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

41本完売。ありがとうございました~※’16は、再入荷不可能!

「2018.6月上旬に飲みました。抜栓直後から開いたよい香り。ほのかに甘いブラックチェリー、少しスパイス、樽はとても控えめ。アタックもほのかに甘いが、厚みのある果実味にうまみエキスがのっており、酸は若干低くてもバランスは全く悪くなく、クドさがないままかなり杯が進む。タンニン自体はやや多く骨格があるものの、その質がとてもよいのでガブ飲み出来てしまうほどの濃密ジューシー感。ミネラルが低くなく、長めの余韻には、シナモンを多めにかけたアップルパイ的な戻り香が持続する!抜栓の次の日も非常においしい。わずかに酸が伸びたような気がする。いずれにしても温度はやや低めがベスト。長く寝かせて化ける¥5000前後のムーラン・ナ・ヴァンはよくあるが、エイジングする優先順位がどうしても他のワインに負けてしまうことが多く、今これほどおいしく濃密な味わいでバランスが良いなら文句なし。大幅に価格を超えた味わい。抜栓の4日後までまったく落ちない。むしろわずかにおいしくなった?新鮮で味の濃いフルーツを噛んでいるような濃密果実感」

アルコール13%

例年、結構パワフルで固かったように思いましたが、この’16は極めてエレガントで調和がとれた複雑性とのことです。

ガメイ100%

樹齢35年

マンガンを含む花崗岩土壌

醗酵:ステンレスタンク 主醗酵後、オーク樽にてマロラクティック醗酵
熟成:オーク樽熟成 8カ月 (新樽なし)

黒スグリやブルーベリーの心地よいアロマにミネラルを感じる複雑なニュアンス。しなやかなタンニンとフレッシュな果実味、爽やかな余韻のバランスに優れた赤。(輸入元さんコメント)

’15 Wine Enthusiast 92点!(Editors' Choice!)

’15’14 ジェームス・サックリン 94点!!!




Domaine du Vissoux, Beaujolais Coeur de Vendanges Vignes Centenaires '16

ドメーヌ・デュ・ヴィスー、ボジョレ―・クール・ド・ヴァンダンジュ・ヴィーニュ・サントネール’16

税別¥2200

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

ジェームス・サックリン93点!!!

VINOUS 90点(2020~2025年)

MVF(旧クラスマン)2018年度版15.5/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15/20点

「2017.8月下旬に飲みました。樹齢は極めて高いが、重くはない味わいでうまみとミネラルが非常に多い。低めの温度が一番おいしくジューシーでバランスよく、すでにタンニンがよく溶け込んでいることまでは予想通りで、’16には意外な点が2つあった。1つ目は、一般的に酸が低いガメイ種においてしっかりした酸があり、今までに飲んできた中ではガメイ史上過去最高のキレイな酸味。たぶんイヴォン・メトラもヴィンテージによってはこっち系になるのでしょう。2つ目は抜栓直後『ほのかに甘みを感じる』 → 抜栓の次の日『驚くほど甘いアタック~酸味のおかげでクドさはないアフター』 → 抜栓の2日後『一番ドライでミネラリーに感じるバランス(酸が伸びたから?)』という劇的な変化がありました。落ちはまったくなく、飽きずに非常に楽しめました」

アルコール12.5%

’15 ジェームス・サックリン91点!

’15 ファルスタッフ 91点!

’15が、GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)とMVF(旧クラスマン)にて大絶賛される!!!

’14 Wine Enthusiast 90点

’13 リアルワインガイド50号にて絶賛されました!

醗酵:オーク樽

熟成:オーク樽熟成(50%、新樽なし)&ステンレスタンク(50%)6ヶ月

黒花崗岩土壌

『 樹齢100年を越す古木!!!から造られるボージョレ。凝縮したダークベリーやイチゴといった果実味と、余韻に感じるミネラル感が素晴らしい赤ワイン。 (輸入元さんコメント) 』


ニューヨーク・タイムズ誌2007年10月5日号にて『 ボジョレ―で最高かつ最も信頼できるワイナリー 』と特集記事で絶賛される!

昔飲んだ時は、かなり凝縮してややジャミーなくらいだったのですが、さらに洗練されていることに期待!

低収量、除草剤不使用、天然酵母使用、補糖なし、無濾過、SO2極少


11/29(金)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・アルノー・ショパン’15

ニュイサンジョルジュらしい深みと高級感のあるグリップ!



 

 



Domaine A. Chopin et Fils, Nuits Saint Georges Les Bas de Combe '15

ドメーヌ・アルノー・ショパン、ニュイサンジョルジュ・レ・バ・ド・コンブ’15

特価・税別¥6300

<あと7本>絶対おすすめ!

※あと1回だけ再入荷が決まっております!
’17を買うと¥1,320値上がり致します。

ブルゴーニュ・オージョルディー16/20点

「2019.11月下旬に試飲しました。かなりの凝縮感と深み、グリップがありつつ、酸とミネラルは低くない余韻の長いワイン。明らかに1級クラスの高い品質で飲み頃の入り口に入ったところで、まだまだ上り坂途中。10年以上前に飲んだ時(甘く凝縮した果実味強調タイプだった)よりも樽が弱くてフィネスがあり進化していると感じた。かなり価格を超えた銘柄。アラン・ユドロ・ノエラなどと同様はずさないお買い得感の強い畑」

アルコール%

’15は、全体の生産量が例年の50%と激減、、、

生産量:わずか900本のみ!!!

樹齢約60年!

小石、砂利の多い粘土石灰質土壌

新樽約25%にて約14ヶ月熟成


ブドウ栽培はリュット・レゾネを実践し、除草剤を使用しない自然に配慮した栽培を行っています。

<ドメーヌに新たな風を吹き込む男気溢れるオーナー>
アルノー・ショパン氏はボーヌのCFPPA(職業高校)でワイン作りを学びました。
在学中にはフランス国内の複数のワイナリーで研修を積み、卒業後には南アフリカでワインづくりを経験。ピノタージュの栽培に関して多くを学ぶ他、南半球とブルゴーニュの気候の類似点・相違点を深く体感します。さらには最新鋭の機器や醸造手法に触れ後のワイン造りに大きな影響を受けることとなります。

1997年にドメーヌへ戻り、オーナーに就任。祖父アンドレ、父イブとともにドメーヌ・アルノー・ショパンの新たなスタートを切りました。 2000年には樽会社で働いていた弟アルバンもドメーヌに参加。兄弟の知識を結集し、ショパンのワインを日々進化させております。

ワインの品質向上のため、栽培面積を縮小
ショパン兄弟が考える品質を実現するために必要なことは、

1,ブドウそのものの品質を高めること。
2,区画ごとに収穫と醸造を分けて行うこと。
3,それぞれのキュヴェに合った醸造(樽ブレンド含む)を行うこと。

これらを実現するために、彼らはなんとブルゴーニュ・ルージュとブルゴーニュ・ブランの畑を売却しました。中途半端に散らばっている、ブレンドして作るブルゴーニュルージュよりも、自分たちの本分である「コート・ド・ニュイ」に集中してエネルギーを注ぎこもうと考えた結果です。総栽培面積は減少しましたが、集中的にコート・ド・ニュイの畑をケアできるようになりました。土の状態を常に確認し、掘り起こしなどの耕作も適切に実施。ブドウの樹そのもののパワーが改善され、果実の品質があがりました。収穫についても以前より細やかな対応が出来るようになり、選果もより厳しく、パーセルごとの醸造が可能となりました。

樽の選択はアルバンの得意分野。ヴィンテージや糖度、酸度、タンニンの質などによって適切に使い分けています。
(輸入元資料より)


11/29(金)アップ~<大人気!>蔵出しドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット’15クラパス

スペインやローヌだけではなく、南フランスにもまるでピノノワールのような超お買い得品がまだ探せば見つかります!








 


ブルゴーニュの「ダヴィド・デュバン氏」からの紹介で当店の恩人が輸入開始したラングドックは2014年に認められた新しいアペラシオン『テラス・デュ・ラルザック』を中心に涼しげエレガント&ミネラリーで中心の味付きはしっかり、まるでブルゴーニュのピノノワールのような香りとバランス、驚きの味わい!
いまさらながら南フランスがすべて暑くて完熟濃厚なわけではありません

実は去年から店頭限定で好評販売中!

Obviously a cool climete, surprisingly elegant texture.

ユーロリーフあり!




Les vins du Pas de l'Escalette, Les Clapas Rouge 2015
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、レ・クラパス・ルージュ’15

税別¥3500

<あと5本>絶対おすすめ!

ジャンシス・ロビンソン16.5/20点!

パーカー88点(2017~2022年、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター・オンライン88点(NOW~2022年)


MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

101本完売!!!

2年以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2017.9月に飲みました。最初に飲むなら絶対これ!個性とスタイルが素晴らしい上に、いかにも有機栽培で涼しい畑の強いミネラルが縦に伸びる味。縁が紫がかったやや濃いルビー色。ガリグ、黒蜜、黒胡椒、スミレ、ミネラルなどの重くないよい香り。透明感のあるピュアな全体像、エネルギーのある果実、酸とミネラル、うまみが豊富で、重心が低くなく、アフターの抜けが良い本来のエレガンスがあるシラー。特にアフターにしっかり残るミネラル感にはインパクトがあり、驚くほど上質!ブルゴーニュ愛好家におすすめしたいランドック。よくまだ無名でこれほどの造り手を探せたものですね。コンディションも素晴らしく、さすがソシエテ・サカグチ・セレクション!!!」

アルコール13.5%

粘土石灰質土壌

標高350m

石を積み上げた壁、クラパスを連想させるミネラル感を 表現した赤ワイン。シラー50%、カリニャン30%、 グルナッシュ20%のブレンド。シラーが果実や花のアロマを、 カリニャンの古木がフレッシュさを、グルナッシュが 豊満さをもたらす。

非常に濃いガーネット。ブラックペッパーやリコリスのような スパイシーな香りと、成熟したブラックチェリーのフレーバーが 心地よく調和する。充実した果実味と共にタイトに引き締まった酸味。中盤から広がるスパイシーなタッチ。 味わいの骨格を成す強いミネラル感と滑らかなタンニン。 上質な地中海ワインの要素が詰まったキュヴェ。




Domaine du Pas de l'Escalette, Le Grand Pas 2015
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、ル・グラン・パ’15

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥5400

<あと5本>超限定品!

デカンター・オンライン92点!(2018~2022年)
世界のグルナッシュ特集で上位に選出される!!!

ジャンシス・ロビンソン17/20点!

パーカー90点(2017~2023年、ワイン・アドヴォケイト230号)


Terre de Vins 17.5/20点!

MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラスさらにクー・ド・ラネ!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

アルコール13.5%




Domaine du Pas de l'Escalette, Le Grand Pas 2013
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、ル・グラン・パ’13

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥5200

<あと1本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

MVF(旧クラスマン)2016年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

「2017.9月に’13を飲みました。上級品になればなるほど凝縮感が増して重くなるというのはもう古いというか必ずしもそうとは限らない。このワインはさらに塩味が強くなり、テンションが上がり、エレガント&ミネラリーを極めている系の赤い実の果実。上質なブルゴーニュのような美しさがあり、素晴らしい個性と余韻!びっくりするくらいおいしく、ピュアで透明感とフィネスがあり、みずみずしく冷涼でうまみとミネラルに溢れる艶々なめらかさにやられました~!やさしさと複雑性が絶妙で骨格と余韻もあります。コンディションも素晴らしく、さすがソシエテ・サカグチ・セレクション!!!」

アルコール13.5%

ふたりのラングドックにおける冒険を象徴するワイン。 毎年、決まったレシピはなく、直感によって造られるが、 主体はグルナッシュ。それにカリニャンとシラーが ブレンドされ、グルナッシュの豊かな果実味に、高い標高がもたらすフィネス。

非常に濃いガーネット。完熟したプラムやブラックベリーの 香りが強いが、ペッパーやシナモンのようなスパーシーな 芳香が良いアクセントになっている。テロワールに由来するミネラルのニュアンスが強くあり豊かな表現力を持つワイン。 豊かな果実味が広がり柔らかなタンニンが心地よく、 フィニッシュにスパイスとミネラルのニュアンスを綺麗に留めて行く


11/29(金)アップ~蔵出し超特価イル・ギッツァーノ’17

超お買い得!上品だけどコクはあるサンジョベーゼ!









ユーロリーフあり!
Biologico

2003年からはオーガニックの認証を取得
2006年からはビオディナミ栽培に踏み切った!




Tenuta di Ghizzano, IL GHIZZANO Rosso '17
Costa Toscana I.G.T.

ギッツァーノ、イル・ギッツァーノ・ロッソ’17

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


超特価・税別¥2000


通常当店価格・税別¥2500

輸入元定価・税別¥2,900

<あと18本>絶対おすすめ!

「2019.11月下旬に飲みました。Nomacorc selectgreen300 100%recyclable。やさしいドライイチゴ、甘草、サラミ、わずかにヴァニラ、甘苦系スパイスなどのよい香り。ちょうどよい果実味、酸とタンニンしっかりで、香りの印象よりコクとアフターのタンニンがしっかりめのイメージ。ミネラルも感じられ、質感もなかなかよい飲み頃NOW~。この特価なら明らかに価格以上の満足度を楽しめます。抜栓の3日後まで非常においしい。タンニンはあるけど全体像は上品で酸が低くない」

アルコール13.5%

’16 ジェームス・サックリング 92点!

’16 ジャンシス・ロビンソン16/20点!

’15 ジャンシス・ロビンソン16.5/20点!

’15 ヴェロネッリ2018年度版 2ステッレ

’15 デカンター・オンライン90点

’15 Doctor Wine 90点

コッリーネ・ピザーネ地区

サンジョヴェーゼ 95%、メルロー 5%

ステンレスタンク&コンクリートタンク/主醗酵後、同タンクにてマロラクティック醗酵
ステンレスタンクとコンクリートタンクで8カ月熟成

ギッツァーノの魅力がお手頃にわかる1本。樹齢が若いブドウから造られておりサンジョヴェーゼ種とメルロー種のブレンドで造られます。ブルーベリーやチェリー、ドライフラワーといった様々なアロマが楽しめ、黒コショウのスパイスもニュアンスも。なめらかな舌触りとふくよかで、親しみのあるワインです。
(輸入元さんコメント)

ジネーヴラ・ヴェロネージ・ペッショリーニ氏が1996年にワイナリーを引き継いだ当時、屈強な男たちが働くワイン業界で、女性の進出は非常に珍しいことでした。イタリアワイン界で最も有名な女性醸造家の一人。ガンベロ・ロッソ誌でも高く評価される美しきビオディナミワイン。
(輸入元資料より)


11/29(金)アップ~蔵出しエドアルド・スデルチ’18

’16は、極めてピュアなピノノワール的サンジョベーゼでした!











 




ラシーヌ輸入の限定品!




イル・パラッツィーノ現当主サンドロさんの息子エドアルドさんによる新作!

有機栽培、基本的に亜硫酸無添加なのに不安定感ゼロ!




Edoardo Sderci, Azzero '18 IGT Toscana

エドアルド・スデルチ、アゼッロ’18

(トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2300

<あと11本>

最新VINOUS 91点!
(アントニオ・ガローニ、2019~2024年)


’18は、エドアルドさんの自信作のようです!
ユーロリーフあり!




Edoardo Sderci, Azzero '16 IGT Toscana

エドアルド・スデルチ、アゼッロ’16

(トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

最新VINOUS 90点!
(アントニオ・ガローニ、2018~2024年)


輸入元担当者さま絶賛の1本!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

2019.3.13 インポーター在庫15本だけ出てきたのでまた買えました。

113本完売!!!ありがとうございました~※再入荷不可能!

’17は、濃くて若干ジャミーで重い味わいの全く別のワインというイメージだったのでピノノワール風が素晴らしい’16を買い足しました~!

「2017.9月上旬に試飲しました。これを飲む限り、エドアルドさんかなりセンスと才能ありますね!抜栓直後のみごくわずかにガスを残して瓶詰時に添加する亜硫酸を減らすパターンのニュアンスありますが、ものの10分くらいで激しく向上してうまみとミネラル溢れるピノノワール風ニュアンスとなる!なのでブルゴーニュ・グラスで、やや低めの温度が一番おいしい。香りにイチゴ、チェリー、スパイス、ミネラルなど甘さあるが、味わいは甘さ控えめでドライ・イチゴのような凝縮したうまみを強く感じる。試しに少し冷やしてもまったくバランス悪くならずに非常においしい。抜栓の2日後まで最高においしい!満足度はブルゴーニュの¥4000台村名のレベル。まったく飲み飽きないし、ブルゴーニュ通の方におすすめしたい!」

アルコール14%

スクリューキャップ

カレストロ(泥灰土)土壌

サンジョベーゼ100%

ステンレスタンク

亜硫酸添加なし

無濾過&無清澄

標高300~400m

当たり年!この銘柄に関しては’16からいきなり明らかな向上が見られたそうです!

『 イル・パラッツィーノのオウナーであるズデルチ家には、シエーナで代々ヴァイオリンの名器を製作してきた芸術家の血筋が流れている。当代のアレッサンドロ・ズデルチは、シエーナ銀行に勤めるかたわら週末にワイナリー作業にいそしみ、夫人もまた同行で芸術振興にかかわっている。サンドロと筆者は冗談を言い合う間柄でもあるが、彼は温和な外見に似合わぬ気骨ある人物であって、当今のスーパー・タスカン・ブームに反旗を翻す。旗艦ワインである「グロッソ・サネーゼ」を、IGT(つまりスーパー・タスカン族)から、キアンティ・クラッシコに格付け変更したくらいで、現在は同じ志の仲間たちと「スーパー・キアンティ・クラッシコ」の旗印を掲げている。サンジョヴェーゼに対する思い入れは人一倍つよくて、カベルネ・ソーヴィニョンにゴマをするような痴態を演じることはない。 (輸入元資料より) 』


11/29(金)アップ~蔵出しプリンチピアーノ’16バルベーラ

11/1(金)アップ~蔵出しプリンチピアーノ’16ランゲ・ロッソ

さらに貴重なバローロ・ボスカレート・バックヴィンテージも!

今では昔のバローロ・ボーイズとは逆の個性重視・大樽熟成の方向性!






















ラシーヌ輸入の限定品!

化学肥料や除草剤、殺虫剤や防カビ剤を不使用
さらに現在では一部ビオディナミも導入している


プリンチピアーノは、「現代のクラシック」というべき高みに達しているにもかかわらず、常に進化の過程にあります。この地域でこれほどの将来性に富む生産者は、ほとんど思いつきません。しかも、あくまでも市場の受容性を考慮した価格は、品質からみると、とても良心的としか、言いようがありません。
このような多面的な意味で、まさしく比類を絶するプリンチピアーノこそ、ラシーヌにとって理想的な生産者であるだけでなく、ラシーヌの品質管理によって、その〈繊細優美な味わい〉を特徴とするワインの実力と個性がますます発揮される、と私たちは考えています。
(輸入元資料より抜粋)


今までのどのピエモンテとも違う輝きを放つ!その1
何故?これほどまでにタンニンが丸くエレガントで、エキスとミネラルは多いのか
それこそジャンシス・ロビンソン女史、ジョン・ボネ氏、Luis Gutierrez氏達が絶賛しそうなスタイルです。




Principiano Ferdinando, Spumante Extra Brut Rose - Belen 2015

プリンチピアーノ、スプマンテ・エクストラ・ブリュット・ロゼ・ベレン’15

(北イタリア・辛口・ロゼ泡)


税別¥3500

<あと3本>幻の超限定品!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

アルコール13%

バルベーラ

24本以上買えれば試飲も出来たのですが残念、、、

輸入量自体が60本のみ!!!




Principiano Ferdinando, Barbera d’Alba Laura '16

プリンチピアーノ、バルベーラ・ダルバ・ラウラ’16

税別¥2500

<あと6本>




Principiano Ferdinando, Barbera d’Alba Laura '15

プリンチピアーノ、バルベーラ・ダルバ・ラウラ’15

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

74本完売!!!ありがとうございました

「2019.6月下旬に試飲しました。今は微々発泡は感じなかった。バルベラとしてはこの年は酸が丸く、うまみが多くエレガントでナチュラル。樽は感じない。飲み頃もまだ数年間は問題なく非常においしくよいバランス」



「2018.5月中旬に飲みました。亜硫酸を最大限に減らすためにガスを残しているのかな?という印象。透明感ある香り、生きた酸と全体像なのでコンディションは抜群です。’15であっても酸が低くなく冷涼感とエレガンスがあり、ここの特徴の一つである酸化臭やマデラ風味がなく、全銘柄アルコールの浮きがゼロであることも、昔のピエモンテとは違う要素の一つ。新樽はどれもないか控えめ。やや艶のある果実、酸が尖っていないバルベラで、うまみとミネラルがかなり豊富な上に、わずかに縦伸びまであるので熟した年のよく出来たブルゴーニュ・ルージュ的に飲める。中域からアフターにかけての強烈なうまみの広がりは特筆もの!抜栓の次の日も非常においしい。非常に価値のある個性とスタイルでナチュラルな味わい」

アルコール13%


畑:ボスカレート(セッラルンガ)50%、モンタリアート(モンフォルテ・ダルバ)50%

平均樹齢:40年
普通の年で収量:60キンタル(搾汁率70%で42hl/ha)

醸造・熟成:20日間のマセレーションのあいだ、1日に2回のルモンタージュを行う。ステンレスタンクで10ヵ月間熟成。亜硫酸の添加はボトリング時のみ行う。

典型的な日常消費のバルベーラをつくりたかった。飲み心地がよく、アルコールが低い。果実味が美しくて特徴的な酸味がある。




Principiano Ferdinando, Langhe Rosso '16

プリンチピアーノ、ランゲ・ロッソ’16

税別¥2500

<あと1本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

37本完売。

「2019.6月下旬に試飲しました。上記バルベラ’15よりも少しコクとタンニンがあるが、十分に整った飲み頃NOW~。アフターにタンニンがぎっしりということはない。しっかりめのピノノワールという感じのバランスで、樽を全然感じない」



「2018.12月中旬に飲みました。’15同様素晴らしい出来でよい個性。やはり艶のある滑らかさのほのかに甘いフルーツ感で、タンニンの質が非常によく、うまみとミネラルが豊富な新しいピエモンテ。’15より少しタンニンとコクが上。温度を上げ過ぎるとクドさが出てしまうので、低めの温度でブルゴーニュ・グラスがよいと思われます。ヴィンテージによってわずかに酸が低い銘柄もごく稀にあるものの、本当に優れた生産者なのでぜひまだの方はお試しください。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後でも揮発酸出ないし非常においしい」

アルコール13%




Principiano Ferdinando, Langhe Rosso '15

プリンチピアーノ、ランゲ・ロッソ’15

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

37本完売。ありがとうございました※’15は、再入荷不可能!

「2018.5月中旬に飲みました。抜栓直後からピュアでみずみずしくフルーティーで艶がある滑らかさの飲み頃NOW~。凡人には造れない超ハイセンス銘柄。やわらかいけど複雑で魅力的。フルーツ感たっぷりのアタック~口中に広がるうまみ成分でミネラルも豊富。タンニンの質が極めてよく、ほのかな甘みも感じられるが’15であっても酸が低くない良いバランス、クドさや重さはない傑出バランス。抜栓の2日後まで最高においしい。熟した年のよく出来たブルゴーニュ・ルージュ的に飲める。近年のバルトロ・マスカレッロを好きな方は、このワインもお好みだと思われます。非常に価値のある個性とスタイルでナチュラルな味わい」

アルコール13.5%

ネッビオーロ主体、バルベーラ、ドルチェット、フレイザのブレンド

樹齢40年以上

位置:標高300~400m、南~南西
土壌:粘土石灰土壌

ブドウ品種はそれぞれ分けて醸造し、瓶詰前にアッソンブラージュする。
品種やVTの個性よりも酸、果実味、タンニン、飲み心地の調和を目指す。





Principiano Ferdinando, Barolo Boscareto '09

プリンチピアーノ、バローロ・ボスカレート’09

税別¥13000

<あと2本>蔵出し超限定品!

VINOUS 94点!(2015~2024年、
Principiano's 2009 Barolo Boscareto is an excellent choice for drinking now and over the next handful of years, as the tannins are soft and the flavors show lovely overall complexity to match the radiant fruit of the vintage. Sweet red cherry, blood orange, cinnamon and vanillin are all nicely lifted throughout. The fruit is forward and ripe, while the wine's mid-weight structure is quite classic in feel, but it is the aromatics - not too dissimilar from those often found in neighboring Cascina Francia - that holds the most appeal. I don't expect the 2009 to be a long-term ager, but it sure is gorgeous right now.
2015年12月試飲)





Principiano Ferdinando, Barolo Boscareto '08

プリンチピアーノ、バローロ・ボスカレート’08

税別¥13000

<あと1本>蔵出し超限定品!

Wine Enthusiast 96点!!!
(2018~2038年、Cellar Selection!)





Principiano Ferdinando, Barolo Boscareto '07

プリンチピアーノ、バローロ・ボスカレート’07

税別¥12000

<あと5本>絶対おすすめ!
超限定品!

※’07は、再入荷不可能!

「2018.5月中旬に飲みました。こちらはすでに有機栽培~大樽熟成にはなっていても、ごく近年の作品とはまだ造りが違う時期だと思われます。オレンジピール・チョコレート、コアントロー、甘草、甘苦系+少し漢方系スパイス、ヨード、トリュフ、タバコ、ミントなどの熟成感あるよい香り。黒い実の果実で現時点でピノノワールっぽくはない。なめらかな粘性と甘苦さを感じる複雑性があり余韻長い。個性があり、今ではタンニンが溶け込んできて重すぎず、アルコールもコンディションが良いので表示程は高く感じない。飲み頃の入り口くらいだろうか?抜栓の次の日も非常においしい。やはり複雑で余韻が長い。抜栓の2日後は甘旨増して、高級バニュルス古酒系のニュアンス?出た」

アルコール15%

樹齢40年以上

位置:標高350m、南西向き
土壌:粘土石灰質
開放樽で40日以上のマセレーション
大樽で36か月熟成

カシーナ・フランチャのすぐ下にある非常に優れた畑

クラシック、モダン、ナチュラル。それぞれの世界を探求しつづけるフェルディナンドの考えをもっとも反映しているワイン。重厚だが、タニンはしなやか。後味のブルーの花を思わせる透明感は、年々増すばかり。
ボスカレートの畑は、銅も硫黄の散布もせずに、海藻やプロポリスによる畑の管理を実験的に始めた、最初の畑。


11/23(土)アップ~蔵出しアンリ・グージュ’17(フィネス)

グレゴリー・グージュさん来札!




※↑ラベル・デザイン変更


 

 



昔からずっとリュット・レゾネ(減農薬)農法~2001年からビオロジー

’07から完全にビオロジックに転換

’07からグラヴィティー・フローを導入により、特にタンニンの質が改善




2019年11月にすすきのにあるフレンチ
『 Teze(テズ) 』さん
札幌市中央区南4条西5丁目10番地
つむぎビル3F (基本的に月曜日定休)
アンリ・グージュ・メーカーズディナーを開催させていただきました。

北海道までこんな歴史ある大御所人気ドメーヌが来てくださるなんて本当に光栄なことでした!
グレゴリー・グージュ(Gregory Gouges)さん、穏やかでやさしくて知的でとってもいい人でした。
どんな質問にも論理的にちゃんと答えてくれます。
各畑の個性の違いをはっきりと明確に表現できる素晴らしさ、おいしさ。
そしてシモン・ビーズの千砂さんの息子ユウゴ(Hugo Bize)氏の修行先の一つがアンリ・グージュだったそうで
またひとつ縁を感じましたね~。

マリアージュさせるのが難易度高いラインナップだったように思いますが、合わせてくれてさすがの満足度。Teze(テズ)の浅野ご夫婦にも感謝です!

フランス出張直後に北海道まで来てくださったフィネスの藤田社長にも感謝!


グレゴリー・グージュさん曰く、
’17は、すでに飲めてしまうほどチャーミングな仕上がりで、基本的には柔らかくグルメなヴィンテージだそうです。

※’17は、すべてフィネス輸入の蔵出し正規品
他のインポーターよりも少し価格が高いこともありますが、コンディションが最上なのでしょうがありません。
そこはは飲み手である皆さまの価値観にお任せ致します。

次号くらいでリアルワインガイドにも載るかも?





アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・サンジョルジュ‘17

税別¥25000

<あと2本>超限定品!
※再入荷不可能!

デカンター・オンライン95点!(ティム・アトキン)

パーカー93+点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~94点(Outstanding!)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

ブルゴーニュ・オージョルディー15.5/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ヴォークラン‘17

税別¥18000

<あと2本>超限定品!
※再入荷不可能!

デカンター・オンライン94点(ティム・アトキン)

パーカー92点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・プリュリエ‘17

税別¥14500

<あと3本>おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン93点(ティム・アトキン)

パーカー92点(William Kelley)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

ブルゴーニュ・オージョルディー15.5/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点

「2019.11月下旬に試飲しました。今回はクロ・デ・ポレ’17よりもさらに凝縮して力強く感じられ、重心も低めで今はまだ少し固い。深みと余韻があり、シェニョとは違った形で数年後に化けそうですね」

アルコール%

茶系石灰岩の表面にくすんだ青色、赤褐色の沈泥に覆われた土壌




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・クロ・デ・ポレ・サンジョルジュ’17(モノポール)

税別¥12000

<あと1本>おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン94点!(ティム・アトキン)

パーカー92点(William Kelley)

バーガウンド・コム 90~92点

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点

「2019.11月下旬に試飲しました。グレゴリーさん曰く、もっとも典型的なニュイサンジョルジュであり、特に石灰質比率が多い畑。昔よりエレガントになった上に、近づきやすいヴィンテージであってもさすがにまだ少し固く、向上するポテンシャルを持っている。昔からずっとアンリ・グージュを飲まれているお客様にとっては、かなり軽くエレガントになったように感じるのではないでしょうか?ただし複雑性は犠牲になっておらず、単純に樽と抽出が弱くなっただけではなく、明らかに各要素が細かく複雑になっているのでやはり上質ですね。最終的な味付きや最後のグリップはわりとしっかりしているという。何よりすべての畑の違いがはっきりと明確に表現されているのが実力ある証拠」

アルコール%




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・シェヌ・カルトー’17

税別¥11000

<あと3本>絶対おすすめ!
超限定品!

※あと1回再入荷が決まっております!

バーガウンド・コム 89~91点

VINOUS 88~90点(ニール・マーティン)


「2019.11月下旬に試飲しました。個人的には一番びっくりした銘柄。この畑が一番味が違うように感じられ、なんで?とグレゴリーさんに聞くと砂が多い土壌なんだそうです。隣にあるヴォークランとレ・サンジョルジュは粘土が多いのです。この畑も抜栓直後は少し固かったですが、抜栓後1時間強経過するとつやつや滑らか~な素晴らしい味わいに変化してもう最高!酸とミネラルの質もよく、素晴らしい個性・バランス・余韻。高価な特級だろうがなんだろうが他のワインでは簡単には表現できない艶と滑らかさが傑出している!」

アルコール%




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・シェニョ‘17

税別¥12000

<売り切れ>おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン93点(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 89~92点

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

「2019.11月下旬に試飲しました。紫色の弱いやや明るいルビー色。わかりやすく伝えるためにあえて言えばロベール・シュヴィヨンの同じ畑よりも飲み頃を迎えるまでに時間がかかるタイプ。クラシックに感じる骨格、コクとタンニン、グリップがありちゃんと’17なら3~4年くらい、いつもの年なら5~6年くらいでちゃんと化ける銘柄。今は繊細さが隠れており、余韻はすでに長い」

アルコール13%




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュ‘17

税別¥9000

<あと3本>おすすめ!
限定品!

パーカー88点(William Kelley)

バーガウンド・コム 88~90点

VINOUS 86~88点(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版15/20点

「2019.11月下旬に試飲しました。過去最高に明るい色調の縁が紫がかった明るいルビー。びっくりするくらいやわらかい完全に飲み頃NOW~。珍しく赤い実の果実香主体で、ピュアで軽やかなイメージ。口に含むとニュイサンジョルジュらしいコクもあるが、うまみが表現され、やはりナチュラルでやさしい。アフターのグリップは弱いが単純においしい。凝縮は弱く、ちょっと高いがおいしいものはおいしい」

アルコール12.5%




アンリ・グージュ、ブルゴーニュ・ルージュ‘17

税別¥4900

<売り切れ>限定品!
※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 86~88点

VINOUS 84~86点(ニール・マーティン)





アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・ペリエール・ブラン’17(辛口白)

税別¥16000

<あと1本>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン93点(ティム・アトキン)

パーカー93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 90点

VINOUS 90点(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版15/20点

「2019.11月下旬に試飲しました。実は初めて飲みました。唯一無二の個性があり、色んな意味で他のワインでは代わりが効かない銘柄。良い経験が出来てよかったです感謝。ワイン会などでも重宝するでしょう。よくできたビオのシュナンブランのような香りを含み、すごく上品なクドさのない控えめヴァニラ、花やミネラルなどのかなり複雑なよい香り。味わいはブルゴーニュ・ピノブラン’17ほどリッチ感はなく、上品高貴系。当たり前ですが味はシュナンブランとは全く違う。冷やし過ぎないほうがおいしいが、温度を上げ過ぎても少しバランスが崩れるという気がした。いろいろと繊細で複雑なワインなフィネスのあるワインですのでまさにフィネスさんが輸入したボトルに価値がある!」

アルコール%

1級クロ・デ・ポレサンジョルジュのピノノワールが畑で突然変異したもの。
ピノブラン(ピノグージュ)100%
コートドニュイを代表する白ワイン!
ロベール・シュヴィヨンや他の生産者にもこの品種を気前よく分けてあげたことからニュイサンジョルジュ村で白ワインが造られるようになったというレジェンド話があります。




アンリ・グージュ、ブルゴーニュ・ピノブラン’17(辛口白)

税別¥4900

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品!

※あと1回再入荷が決まっております!

バーガウンド・コム 86点

「2019.11月下旬に試飲しました。なかなか買えなくて久しぶりに飲みましたがやっぱり相当おいしい上に貴重な個性がある銘柄。予想より大分リッチで粘性と高級感がある味わいで、1級ペリエール・ブラン’17と全然違うぞと思って調べたらこちらは粘土の割合が少し多い土壌で、ペリエール・ブランはクロ・デ・ポレなので石灰質が多いという違いもあるようですね。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。オイリーな花、ハーブ、オレンジ、白桃などが混ざり合った非常に複雑なよい香り。ピュアで透明感があり、明らかに北イタリアやドイツ・アルザスなど他の多くのピノブランより上質で余韻も長い。普通に厚みのある果実、特筆すべき美点は鼻に抜ける華やかオレンジの極めて心地よい戻り香!トップノーズからアフターの最後まで一貫してピュアで高級感があり、さすがフィネス輸入品!」

アルコール12.5%




 

2001年からビオロジック

『 現在は2人の孫がドメーヌを運営しており、ピエール氏が畑、クリスチャン氏が醸造を担当しています。 昔からコート ドールの傾斜が急な畑では、雨が降った後に土が流れてしまうという問題がありました。これに対し、ピエール氏は1975年に葡萄の木の列の間に芝生を植える方法を生み出しました。これは降雨後の土地の侵食を防ぐだけでなく、雑草が生えるのを抑える働きもありました。また、丈の高い雑草が生えない為に畑の通気が良く、カビの発生を抑制する効果もありました。さらに、芝生があることで葡萄の根は横ではなく下に向かって伸びる為、地中深くの養分を吸収することができ、結果としてテロワールを明確に表現することができました。

収穫された葡萄は100%除梗され、浸漬とアルコール醗酵はコンクリートタンクで行われます。その後、樫樽に移されマロラクティック醗酵をさせて18ヵ月間熟成されます。新樽率は毎年20%でほぼノンフィルターで瓶詰めされます。(輸入元資料より) 』


11/23(土)アップ~蔵出しショーヴネ・ショパン’17第1弾

蔵出しショーヴネ・ショパン’14レ・プティ・ヴージョ









 



GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版にて
Palmares Top Producteursに選ばれる!




ショーヴネ・ショパン、ブルゴーニュ・ルージュ’17

税別¥2200

<あと5本>

リアルワインガイド67号 88+・89点!(今~2035年)

アルコール12.5%




ショーヴネ・ショパン、ブルゴーニュ・ルージュ’15

税別¥2100

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

リアルワインガイド60号 旨安大賞!!!

リアルワインガイド59号 88・88+点!(今~2033年)

25本完売。ありがとうございました~※再入荷不可能!

ニュイ・サン・ジョルジュ、プレモー・プリセ、コンブランシアンの3か村から。鮮やかなルビー色。チャーミングな赤い果実のフレーバー。タンニンは柔らかく、喉越し滑らか。若いうちにそのフレッシュさを楽しみたいワイン。

’14 スペクテーター88点




’10からブドウを醸造過程において高いところから低いところへと重力に逆らわずに移動させることにより、ブドウにストレスを与えないグラヴィティーシステムを導入

芽掻きと夏季剪定で収量を制限し、除葉によりブドウの熟度を促進。除草剤は使わず畑を耕す一方、畑によっては草生栽培も試みている。手摘みしたブドウは振動式の選果台の上で選別のうえ、完全除梗。

昔よりも低い新樽比率


11/23(土)アップ~蔵出しシモン・ビーズ’17第2弾

11/10(日)アップ~蔵出しシモン・ビーズ’17第1弾

やっと通常の生産量を造ることが出来た年!本当によかったですね!




※’15からわずかにラベルデザイン変更。





当店在庫のシモン・ビーズは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・ブラン’17(辛口白)

税別¥4600

<あと6本>絶対おすすめ!

リアルワインガイド67号 91・91+点!

パーカー89点(William Kelley、2018~2025年)

VINOUS 88点(ニール・マーティン)


毎年大人気!
18本完売。

「2019.11月末に飲みました。やや明るいイエロー。鮮度の良いみずみずしいリンゴと麦とミネラルの香り主体で、他にうっすら白桃やオレンジ、レモネードも。落ち着いてよい調和感のあるバランス。香りにも味わいにも樽を感じない。樽で厚みを出すタイプではなく上質なブドウのピュアさが楽しめます。うまみとミネラルを伴うとてもきめ細やかな柑橘類を食べているときのような苦みあり繊細でとても心地よい調和。抜栓の2日後まで非常においしい。和食や魚料理だけでなく、『 ファットリア・ビオさんの名物リコッタチーズ 』にサンテベルトーニをかけて黒胡椒とヒマラヤ岩塩ピンク塩をかけたら激しく合う!相乗効果出てワインもチーズもよりおいしくなります」

アルコール13%

15本完売。~※あと1回再入荷が決まっております。




シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ブラン・レ・ぺリエール’17(辛口白)

税別¥4000

<あと9本>超限定品!

リアルワインガイド67号 89+・90点!

バーガウンド・コム 86~89点(Outstanding Top Value!)

パーカー88~90点(William Kelley)

VINOUS 84~86点(ニール・マーティン)





シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ブラン・レ・シャンプラン’17(辛口白)

税別¥3000

<あと2本>

リアルワインガイド67号 89・90点!

VINOUS 87点(ニール・マーティン)

’17は例外的にシャルドネ100%
いつもは年によって変わるものの基本的にはシャルドネ95%、ピノブーロ5%





Simon bize, Savigny-les-Beaune 1er Les Serpentieres '17

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・セルパンティエール’17

税別¥7500

<あと7本>超限定品!

’16は造れなかった畑、大好きな味なので本当に残念、、、

リアルワインガイド67号 92・93+点!

バーガウンド・コム 88~91点

パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 92~94点!(ニール・マーティン)





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・タルメット’17

税別¥7500

<あと8本>超限定品!

リアルワインガイド67号 93+・94+点!!!

デカンター・オンライン92点

バーガウンド・コム 89~92点

パーカー90~92点(William Kelley)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・オー・グラン・リアール’17

税別¥5200

<あと10本>絶対おすすめ!

リアルワインガイド67号 90+・91+点!

デカンター・オンライン92点!

バーガウンド・コム 87~90点

パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 91~93点!(ニール・マーティン)


14本完売。~※あと1回再入荷が決まっております!

「2019.11月中旬に飲みました。紫色のない明るいルビー色。ミルキーなイチゴ、ローリエ入りトマト煮込み、リンゴの皮、ミネラルなどのよい香り。ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ペリエール’17よりも複雑で深く、全房発酵比率が高いニュアンスがあり中域に厚みあるが、酸が低くなく重心は低過ぎないのでずっと飽きずに飲んでいられる味。深みがありつつも各要素が細かくかなりおいしい。満足度は一級以上のレベル!抜栓の3日後までまったく落ちない。うまみ多くナチュラルで一貫して優しく癒しがありつつ緩くない」

アルコール12.5%



シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ぺリエール’17

税別¥3900

<あと18本>絶対おすすめ!

リアルワインガイド67号 89・89+点!

バーガウンド・コム 86~89点!

パーカー87~89点(William Kelley)

VINOUS 85~87点(ニール・マーティン)


「2019.11月中旬に飲みました。紫色の弱いやや明るいルビー色。予想よりフローラルでナチュラルな赤い実の果実とリンゴの皮、少しアールグレー紅茶、ミネラルなどのかなり良いトップノーズ!’15とは全く違うワインのようで骨格とタンニンは’15より弱いが、おいしさとエレガントな調和は’17の方が上。『今までで最もナチュラルな味』に感じられ、うまみと癒しがあり飲み飽きない。すでにバランスは完璧。タンニンとても丸く、でもアフターの最後にベルガモットの風味とともに少しグリップあり。熟成も可能だが、自然でおいしすぎるので飲み頃NOW~。全房発酵のニュアンスも少し感じるが自然で活き活きしている。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール13%



※第2弾で、白なども届きます!










あまりに減ったためか、これが‘15’16同時の上級品初リリースとなります。

’16は、1er Talmettes、Serpentieres、Guettes、さらにGrand Cru Corton-Charlemagneが造れなかった生産量壊滅の年、、、




Simon bize, Latricieres-Chambertin '16

シモン・ビーズ、ラトリシエール・シャンベルタン’16

税別¥28000

<あと1本>超限定品!

リアルワインガイド63号 94・96+点!!!(2023~2053年)

※もちろん再入荷不可能!
’14から¥2,160しか値上がりしていない特級!

ビーズさんのコルトン・シャルルマーニュ区画のお隣には大親友クリストフ・ルーミエの畑があり、ビーズさんが日ごろその畑を管理しその代わり
クリストフ・ルーミエさんがビーズさんのラトリシエールの面倒をみてくれている!
さらに言うと、1995年以前にこの畑を造っていたのはポンソ(自社畑ではないたしか’02くらいまで造っていた)らしいです。

基本的に全房発酵比率100%

天然酵母のみ使用

無濾過&無清澄

1961年、1971年、1981年に植樹

東向きの特級畑

『 ファーストヴィンテージは1995。この畑を購入した投資家グループのご指名を受けてパトリックがラトリシエールという文字通り畑違いの畑を担当することになる。この地主グループには毎年生産量の1/3が地代として支払われる。なのでビーズのラベルをつけて出荷される量は少ない。2003年は生産量が激減した年で、生産量900本。そのうちビーズのラベルがつくのが600本。うち100本は私の胃に収まる。なんちゃって。99年、コート・ド・ニュイの友人達が「パトリック、やっとおまえもニュイのワインが造れるようになったな。」といわれて以来、パトリックはコート・ド・ボーヌだけではなく、コート・ドールを代表する生産者となる。 (ブルゴーニュ生活HPより) 』




Simon bize, Savigny-les-Beaune 1er Les Serpentieres '15

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・セルパンティエール’15

税別¥8200

<売り切れ>超限定品!
※なんとすでに再入荷不可能!
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
’16は造れなかった畑、大好きな味なので本当に残念、、、

リアルワインガイド59号 92・93点!(2021~2043年)

デカンター・オンライン94点!(2018~2050年)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)

パーカー93点(2020~2040年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト236号)

スペクテーター89~92点(バレル)





Simon bize, Savigny-les-Beaune 1er Les Fournaux '15

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・フルノー’15

税別¥7700

<あと7本>

リアルワインガイド59号 91・92+↑点!(2020~2043年)

デカンター・オンライン93点!(2018~2045年)

バーガウンド・コム 89~92点

パーカー91点(2019~2035年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト236号)





Simon bize, Corton-Charlemagne '15

シモン・ビーズ、コルトン・シャルルマーニュ’15(辛口白)

税別¥28000

<あと3本>超限定品!

※もちろん再入荷不可能!
’16は造れなかったそうです、、、

そもそもわずか0.2haの所有





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・レ・ブルジョ’15

税別¥4500

<あと3本>絶対おすすめ!

スペクテーター91点(2021~2023年)

バーガウンド・コム 87~89点

リアルワインガイド59号 90+・91+点!
(2018~2038年)

「2018.10月中旬に試飲しました。ちょっとだけまだ早いが、出来は非常によく、酸とミネラルも低過ぎず凝縮してコクがありつつも重すぎないおいしさ。樽が控えめで香りも黒い実の果実一辺倒ではない。2020~かなりおいしく飲めそう」




’14は一部’09や’12よりもお安くできました~!!!

千砂さんの言う自信作・希望のヴィンテージであり新スタイルの’14




シモン・ビーズ、ラトリシエール・シャンベルタン’14

税別¥26000

<あと9本>超限定品!

パーカー91~93点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 91~94点


※すべての値引き対象外となります。
もちろん再入荷不可能!

ビーズさんのコルトン・シャルルマーニュ区画のお隣には大親友クリストフ・ルーミエの畑があり、ビーズさんが日ごろその畑を管理しその代わり
クリストフ・ルーミエさんがビーズさんのラトリシエールの面倒をみてくれている!
さらに言うと、1995年以前にこの畑を造っていたのはポンソ(自社畑ではないたしか’02くらいまで造っていた)らしいです。

基本的に全房発酵比率100%

天然酵母のみ使用

無濾過&無清澄

1961年、1971年、1981年に植樹

東向きの特級畑

『 ファーストヴィンテージは1995。この畑を購入した投資家グループのご指名を受けてパトリックがラトリシエールという文字通り畑違いの畑を担当することになる。この地主グループには毎年生産量の1/3が地代として支払われる。なのでビーズのラベルをつけて出荷される量は少ない。2003年は生産量が激減した年で、生産量900本。そのうちビーズのラベルがつくのが600本。うち100本は私の胃に収まる。なんちゃって。99年、コート・ド・ニュイの友人達が「パトリック、やっとおまえもニュイのワインが造れるようになったな。」といわれて以来、パトリックはコート・ド・ボーヌだけではなく、コート・ドールを代表する生産者となる。 (ブルゴーニュ生活HPより) 』




シモン・ビーズ、コルトン・レ・ルナルド’14

税別¥19000

<あと12本>超限定品!

待望の初ヴィンテージ!
買いブドウながらも千砂さんがずっと欲しかった畑!!!











11/23(土)アップ~蔵出しクロド・デュガ’17フィネス



 





クロド・デュガ、ジュヴレシャンベルタン’17

税別¥14000

<あと3本>おすすめ!
フィネス輸入の蔵出し超限定品!

リアルワインガイド67号にて絶賛される!

パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)


「2019.11月下旬に試飲しました。紫色の弱い中程度のルビー色。昔からは考えられないくらい涼しげでエレガント&ミネラリーな味わいに変わっているが、薄いとか軽いという言葉は適切ではない説得力のある味わいで実は複雑で余韻が長い。アメリカでは理解されないであろう味。ダージリンと中国茶の茶葉、ブラックチェリー、複雑スパイス、ミネラル、樽はとても控えめでごくわずかに漢方系の香りも。まさかのもう飲めるバランスで、落ち着いてエレガント、アフターの最後に残る最高級茶葉風味の戻り香が凄い!」

アルコール12%
無濾過




かなり昔から実質ビオロジーだが、それを宣伝しないタイプの生産者

ラック輸入の蔵出し正規品

’16は、霜被害で生産量約50%ダウン、、、
’16は状況を見て早めに収穫を行った。
最終的に収穫できたブドウは素晴らしかった。




クロド・デュガ、ジュヴレシャンベルタン’16

税別¥12500

<あと10本>限定品!

※特に値上がり幅の小さい銘柄!

最新パーカー91点(William Kelley、2024~2048年)

パーカー90~92点(2020~2032年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)


デカンター・オンライン91点(2026~2040年、William Kelley)

VINOUS 87~89点(2017~2027年)

バーガウンド・コム 88~91点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点





クロド・デュガ、ジュヴレシャンベルタン’14

税別¥12000

<あと3本>限定品!





13世紀に建設された教会施設(セリエ・デ・ディームと呼ばれ、中世に教会が村人から取り立てた年貢を納めていた場所)をそのまま醸造所として使っています。

 


11/23(土)アップ~<※極少数!>蔵出しブノワ・ライエ(ラシーヌ)

話題の超入手難シャンパーニュ!品質向上後の入荷です!

ワイナート48号にて大絶賛されました!



















 


ベレッシュら4人の自然派シャンパーニュ生産者と共に始めた伝説的な試飲会「テール・エ・ヴァン(大地とワイン)」の中心メンバーの一人。有機栽培とビオディナミにとどまらず、2010年から自ら飼う馬とロバにより畑を耕作。当主は「植物は、動物と接することで有様を変える。馬で大地を耕すと、一気に大地と生き物が繋がる。その際、馬を操る人間も、動物と畑に関係を生むことに意識を集中することが大切」という感受性を持つ。主な畑は全てブジィのセラーから半径2km以内。醸造は2010年以降、100%、小樽発酵。マロラクティック発酵(MLF)を行わないロットも造り、熟成後にMLFあり、なしの両ロットをブレンドし、バランスをとる。「ヴィオレーヌ サン・スーフル・アジュテ」ほか、亜硫酸無添加キュヴェも生産。ドザージュも大半のキュヴェはゼロ。多くとも3g/Lまでに抑制し、エネルギーを秘めながらも、心を静けさで満たしてくれるようなフィネスを見事に生んでいる。
(輸入元資料より)

ユーロリーフ、ビオディヴァンあり!




Benoit Lahaye, Champagne Extra Brut - Blanc de Noirs NV

ブノワ・ライエ、シャンパーニュ・エクストラ・ブリュット ブラン・ド・ノワールNV

税別¥7700

<あと6本>超限定品!

パーカー92点(ワイン・アドヴォケイト238号)

MVF(旧クラスマン)2020年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点

ピノノワール100%

植樹:1970年代
位置:標高140m、南向き
土壌:茶色い石灰質土壌、レンズィム土壌(Rendzime:茶褐色土壌に比べよりやせた石灰質土壌)

樽発酵
樽で24か月熟成




Benoit Lahaye, Champagne Brut Nature - Violaine sans soufre ajoute '14

ブノワ・ライエ、シャンパーニュ・ブリュット・ナチュール ヴィオレーヌ サン・スフル・アジュテ’14

税別¥14000

<あと3本>幻の超限定品!
初入荷!

デカンター・オンライン92点(2019年11月試飲)

MVF(旧クラスマン)2020年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

ピノノワール50%、シャルドネ50%

’10 パーカー95点

畑:ブージィ(PN)/トクシエール(CH)
区画:レ・モワン・デ・トゥール(PN)/レ・ザルジェンティエール(CH)
滓引きはせず、バトナージュを1~2回行う。
仕立て:コルドン・ロワイヤ、シャブリ

植樹:1989~1990年
位置:500m
土壌:粘土石灰質

樽発酵
樽で3~4年澱上熟成




Benoit Lahaye, Champagne Brut Nature - Le Jardin de la Grosse Pierre Bouzy Grand Cru '14

ブノワ・ライエ、シャンパーニュ・ブリュット・ナチュール ル・ジャルダン・ド・ラ・グロス・ピエール グラン・クリュ’14

税別¥18500

<あと3本>幻の超限定品!
初入荷!

デカンター・オンライン93点(2019年11月試飲)

MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス

ピノノワール、ピノムニエ、ピノブラン、シャルドネ、アルバンヌ、プティ・メリエ他

’13 パーカー93点
’12 パーカー95点
’09 パーカー93+点

ブノワの祖父の慈しんだ庭(le Jardin)のように、手入れの行き届いた畑。ピノ・ノワールを主体として、様々品種が混植されている。

植樹:1923年~(1952年以降混植を開始)
土壌:茶色い石灰質土壌

樽発酵
樽で約9ヶ月間熟成、瓶詰め後、約42ヶ月澱上熟成






Benoit Lahaye, Champagne GC Brut Nature NV (Bouzy)

ブノワ・ライエ、シャンパーニュ・ブリュットナチュール・グランクリュNV

税別¥7000

<あと12本>超限定品!

※うち6本はラシーヌ輸入品
もちろん再入荷不可能!

今回2018年12月入荷分
デゴルジュマンは2017年10月

ピノノワール90%、シャルドネ10%
リザーブワイン45%

アルコール12%

ユーロリーフとビオディヴァンあり!

ワイン&スピリッツ誌 90点(2017.12月試飲)

MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点


下記データは、数年前に入荷した際のものです。

インターナショナルワインセラー91点(2015.1月試飲)

インターナショナルワインセラー92点!(2013.12月試飲)

ワイノット3号にて絶賛される!

29本完売。

樹齢35年

3ヴィンテージほどのブレンド

ピノノワール(ブジ―、アンボネ)90%、シャルドネ(ブジ―、アンボネ)10%

茶色い石灰質土壌

全体の80%を樽発酵

『 丸く、調和が取れ、赤い果実味がある。余韻はとても長く、テクスチュアが大変滑らかである。 (輸入元さんコメント) 』









『 エルヴェ・ジェスタンの先鋭的手法が引き出すグランクリュ・ブジ―の本当の凄さ! (ワイナート48号より) 』


新時代への移行済みのさらに上品で純粋な味わい

資料の内容につきましては、年によって多少変化しますので100%正確ではない場合もございます



《 1995年から畑に下草を生やし、1997年からは土をかえして耕作しています。除草剤や合成殺菌剤の使用は止め、2000年から防カビ剤の使用を止めました。土壌改良のため、自家製の堆肥を使い、時々ABで許可されているオーガニック肥料を使用します。虫害の対策には合成フェロモン剤を畑全体の50%に使用し、残りはバチルスタイプのビオ殺虫剤を使っています。野生酵母で発酵させていますが、稀に上手くいかない場合はシャンパーニュの選択酵母(増殖培地を用いない)を使用します。2007年にエコセールの認証を取得し、2009年にビオディナミに転換しました。 》


『 ブノワ・ライエのシャンパーニュに興味を抱き始めて数年たちますが、期待どおり年を追うごとに味わいはより純粋になり、内に隠然とこもっていた力が姿を現してきたことに、あらためて感嘆しています。

ブノワのワインは、2006年を境に大きな進化がみられました。が、ブノワのシャンパーニュは収穫から最低4年間を経てリリースされるので、2006年以降のブレンドが登場可能になるのは、2010年秋以降になります。それゆえ、これまで仕入を控えていたのですが、すでに2006年産のヴァン・クレール(発酵済みワイン)がブレンドに用いられはじめましたので、扱いを開始いたしました。といいましても、「新時代への移行」はまだ完了していませんので、今回のキュヴェのいくつかには、2005年産のヴァン・クレールがブレンドされています。 従って、この秋リリースされる2006年以降のブレンドからなる《ブリュット・ナチュール、ブリュット・エッセンシエル、ミレジメ2006》は、さらに上品で純粋な味わいになりますので、いっそうご期待ください。
 

  ブノワの新時代を語るには、シャンパーニュで活躍するエノローグ[エルヴェ・ジェスタン]のことから説明しなくてはなりません。ブノワがエルヴェ・ジェスタンと出会った2002年当時、エルヴェはデュヴァル・ルロワ社でメートル・ド・シェー(醸造責任者)を務めていました。二人の出会いから数年を経て、ブノワのシャンパーニュは新たな表現方法を見出し、新境地の味わいに入ったのです。

ちなみにエルヴェ・ジェスタンは、『ワイナート』2009年1月号/「シャンパーニュの未来図」で、当時の編集主幹・田中克幸さんによって、やや神秘的なタッチで詳しく紹介されましたが、すでにシャンパーニュの生産者たちのあいだでは、実力がとびきり評価されていました。初めて私がエルヴェに出会ったとき、見るからに優しくて穏やかな人柄の奥に潜む、鋭いまなざしと静かに燃えたぎる情熱に惹かれました。それ以来、多忙を極めるエルヴェとは、エペルネのレストランで食事をし、語らいあいながら親交を深めてきました。
幅広い経験に裏打ちされ、ユニークなアイデアにあふれ、深い洞察力のあるエルヴェが発する言葉は途切れることがありません。深く考えるがゆえに大胆な仮説をつくり、それを実験によって検証しながら独創的なアイデアの実現にひたむきな努力をする、ワイン界でもたぐい稀な人物です。

「世界には、フランスよりブドウ栽培に適した気候に恵まれたところがいくつもある。とすれば、シャンパーニュの生き残る道は、最上のクオリティを造りだす以外にない。なのに、メゾンはラベルやパッケージにばかりお金をかける。実際シャンパーニュは、生産工程そのものに大変コストがかかることを、もっと市場が理解してほしい。が、生産者は、コストにふさわしいビンの中身を造らなければいけない。そのために、私の魂がここにあるシャンパーニュの地で、勇気ある造り手たちと情熱を共有しながら、仕事をしたいと思っているのです」と語る、エルヴェ。いまやエルヴェの生き方に、大げさにいえば、シャンパーニュだけでなく、ワインの未来が大きくかかっているとまで、私は考えています。その彼が、地質分析の第一人者で、これまた独創的なクロード・ブルギニョンに敬意を払うのは、あまりにも当然なのです。

エルヴェ・ジェスタンは、ブノワ・ライエのコンサルタントではありませんが、同じ志をもつシャンパーニュの造り手として、深い絆で結ばれています。エルヴェとの交流により、醸造においてデブルバージュや酸化防止剤の使い方など、様々な試みがなされてきました。ブノワ・ライエは、ますます高みに向けて発展のさなかにありますが、新しいリリースのシャンパーニュを味わうのが楽しみです。 (輸入元資料より) 』


11/23(土)アップ~蔵出し正規品ユリス・コラン’15

今や超入手難!他で代わりが効かないミネラルが強く上質なシャンパーニュ!










 


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!


今回入荷’15は
待望のラシーヌ輸入の幻の蔵出し正規品!!!



ユリス・コラン、シャンパーニュ・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット<レ・ペリエール>NV(’15)

税別¥14000

<あと2本>ラシーヌ輸入の幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のシャンパーニュを最低1本以上同時にお買い求めくださいませ。

パーカー96+点!!!(2020~2035年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号、2019年8月試飲)

VINOUS 94~95点!(2020~2030年)





ユリス・コラン、シャンパーニュ・ブラン・ド・ノワール・エクストラ・ブリュット<レ・マイヨン>NV(’15)

税別¥13000

<あと11本>ラシーヌ輸入の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
今だけ本数制限なし!

パーカー98点!!!(2020~2035年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号、2019年8月試飲)


↑今までのオリヴィエ・コラン作品の中でもっともエレガントで活き活きとした素晴らしい出来!

VINOUS 95点!!!(2020~2030年)





今回入荷’14は
待望のラシーヌ輸入の幻の蔵出し正規品!!!
今年は2回に分けて輸入したそうです



ユリス・コラン、シャンパーニュ・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット<レ・ペリエール>NV(’14)

税別¥14000

<あと2本>ラシーヌ輸入の幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のシャンパーニュを最低1本以上同時にお買い求めくださいませ。


最新パーカー96点!!!
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号、2019年8月試飲)


パーカー96点!!!(2018~2030年、
William Kelley、2019年4月試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17/20点




ユリス・コラン、シャンパーニュ・ブラン・ド・ノワール・エクストラ・ブリュット<レ・マイヨン>NV(’14)

税別¥12000

<あと8本>ラシーヌ輸入の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
今だけ本数制限なし!

最新パーカー96点!!!
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号、2019年8月試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17/20点




ユリス・コラン、シャンパーニュ・ロゼ・ド・セニエ・エクストラ・ブリュット<レ・マイヨン>NV(’14)

税別¥15000

<あと1本>ラシーヌ輸入の幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のシャンパーニュを最低1本以上同時にお買い求めくださいませ。


最新VINOUS 95点!!!(2018~2026年、2018.11月試飲)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15.5/20点






今回入荷’13の2種類は
待望のラシーヌ輸入の幻の蔵出し正規品!!!



ユリス・コラン、シャンパーニュ・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット<レ・ペリエール>NV(’13)

税別¥13000

<売り切れ>
ラシーヌ輸入の幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他のシャンパーニュを最低1本以上同時にお買い求めくださいませ。


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16.5/20点

デゴルジュマン2017年2月

アルコール12.5%

絶対に外さない素晴らしさなのですが、生産量と輸入量が激減、、、




ユリス・コラン、シャンパーニュ・ブラン・ド・ノワール・エクストラ・ブリュット<レ・マイヨン>NV(’13)

税別¥12000

<あと15本>
ラシーヌ輸入の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
今だけ本数制限なし!

最新VINOUS 94点!(2018~2026年、2018.11月試飲)

VINOUS 94点!(2018~2028年、2018.7月試飲)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17/20点

デゴルジュマン2017年2月

アルコール12.5%



【ドメーヌについて】
 1703年からコンジィ村で栽培と樽製造の仕事を始めたのがコラン家の成り立ち。曽祖父のジョルジュ・コランが1930年にシャンパーニュの販売を始め、それを受け継いだ祖父のルネ・コランがその後50年間ビジネスを拡大した。オリヴィエの父は1987年から2003年までネゴシアン(ヴランケン社)とパートナーシップを組んだが、オリヴィエの代になり2003年に畑を取り戻し、翌々年に圧搾機やカーヴなどの醸造設備を新たに導入した。学生だった頃のオリヴィエは1人のワイン愛好家に過ぎなかったが、2001年にアンセルム・セロスを訪問し刺激を受け、自分自身のシャンパーニュを造るため、当時実家が賃貸していた畑の回収を決めた。2002年にアンセルム・セロス氏の下で研修、2003年より自身の畑の栽培を開始した。

 栽培においては、ブドウが発する声に耳を傾け、実用的・実際的な手法を選ぶこと(=何かのセオリーやビオディナミカレンダーなどに頼りきらず、自分で考えブドウへの影響を見ながら栽培していくこと)が重要と考えている。そのため、自身の哲学などはなく自分自身にするのと同様に、都度ブドウのために最良だと思える選択を行っている。

 メゾン名のユリス・コランは、ご先祖様のひとりにちなんで名付けられた。2004年にLes Pierrieresの畑から初ヴィンテージヴィンテージとなるシャンパーニュを製造、2006年よりLes Maillons、2008年よりLes Roises、2010年よりLes Enfers、2011年よりLes Maillons Roseをそれぞれ生産開始した。各畑のブドウが混ぜられることは初ヴィンテージから現在まで一度もない。

【畑について】
栽培:リュットレゾネ(2003年~)+ビオロジック(2008年~)が基本。
カテゴリに捉われず、その時畑に必要だと判断したメソッドを数ある手法の中から選んでいる。
土壌:表土は粘土、泥土。厚さは比較的浅く、その下の層はシレックスが混じったシャンパーニュ固有の柔らかい白亜層。

【醸造について】
圧搾: 古典的な水平式プレス
醗酵: 樽(112L、225L、228L、350L)、ステンレスタンク(1000L、2000L、3000L)
熟成: 小樽と瓶内、ステンレスタンク(ロゼのマセラシオン)


11/17(日)~<※店頭販売のみ!>蔵出し平川ワイナリー’18

ブルゴーニュ生産者も認める上質で骨格のある味わい!





※下の画像は、裏ラベル。



 




店頭では1年半前から扱っておりますが、平川さんご本人に許可をいただいて今回コメントを掲載させていただいております。

オーナーであり栽培も醸造もプロフェッショナルである平川敦雄氏と運よく一緒にお食事する機会がありましていろいろ再確認できました。

生産者ご自身がレストランで自分のワインを楽しんでもらいたいという強い気持ちをお持ちの為、酒屋で買える機会がほとんどないという現状を変えるきっかけになればと勝手に考えています。経験豊かな消費者の皆様におかれましては、ご自宅でも調味料などを駆使しておいしくワインと料理をリラックスしながら楽しむというのもまた素晴らしいことで、それもまた自由!




Hirakawa Winery 2018 Notre Siecle Grande Cuvee 750ml

平川ワイナリー、ノートル・シエクル・グラン・キュヴェ’18

(北海道・余市産・辛口白)



※店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。


絶対おすすめ!
超限定品!

「2019.11月上旬に短時間で試飲しました。土壌が石灰質主体ではなくても畑仕事と実力でピュアで美しい酸、縦に伸びるようなニュアンスの強い塩ミネラルの余韻が持続する味わいを実現。その上この銘柄は果実の力まで強い!今までに飲んだ北海道産ケルナーでNo.1かもしれないと感じた。他の多くの日本産ワインと違って熟成可能な骨格があり、いつもほとんどの銘柄が抜栓後2週間味が落ちない。ソーヴィニヨンブランと共通する香りの要素は多いが、決して単調な柑橘類の香りではなく、キラキラしてピュアな印象あり。早期酸化劣化リスクも限りなく低い。セラー温度で味わいのがベストな上質な白となります。全国の高級レストランで大好評とのこと!」



平川さんがソムリエの道からワイン造りの道へ進むことを決意したのは
余市産ケルナーのポテンシャルの高さに魅せられたことがきっかけなのです!!!

 

平川さんの修行先ドメーヌ・デュジャック(ブルゴーニュ)、ドメーヌ・ツィント・フンブレヒト(アルザス)、シャトー・ラフルール(ポムロール)、マス・ドゥ・ドウマス・ガサック(ラングドック)、ポール・ジャブレ・エネ(コート・デュ・ローヌ)、シャトー・プラドー(プロヴァンス)、シャトー・マルゴー(マルゴー)、ドメーヌ・ルフレーヴ(ブルゴーニュ)、シャトー・シュヴァル・ブラン(サンテミリオン)、ドメーヌ・ベルナール・ボドリ(ロワール)、リュステンベルグ(南アフリカ)、フロム・ワイナリー(ニュージーランド)、北海道ワイン(北海道)などすごい生産者ばかり!

 

ソムリエ歴もル・ジャルダン・デ・センス(ラングドック)、ランスブール(アルザス)、ル・シャルルマーニュ(ブルゴーニュ)、ミシェル・ブラストーヤジャポン(北海道)、フラノ寶亭留(北海道)とすごいお店ばかりです!

 

取得した資格関係

フランス農水省認定 技術士(農業)
フランス ENSA認定 マスターオブサイエンス(ブドウ栽培・ワイン醸造)
フランス・ブルゴーニュ大学認定ワイン利酒技能試験(首席)
フランス・ボルドー大学認定ワイン酒質鑑定技能試験DUAD(首席)
日本ソムリエ協会 ソムリエ呼称認定
イギリスWSET協会認定 ハイアーサーティフィケイト
フランス文部省認定 プロフェッショナルソムリエ
フランスブルゴーニュソムリエASB協会認定 ソムリエ
フランスソムリエ協会UDSF認定 ソムリエ

それらの経験をすべて生かしたワインということになります。

ヴァラエタルワインを目指していない為、品種名の明記はないワインが多い




11/17(日)アップ~蔵出しマルキ・ダンジェルヴィーユ’17 

リアルワインガイド65号、61号、57号、53号、40号、36号、33号、28号などで絶賛されました!


      


2016.3.30(水)フィネス主催3大ドメーヌ(マルキ・ダンジェルヴィーユからギョーム・ダンジェルヴィーユ氏と今回は奥様も、ジョルジュ・ルーミエからクリストフ・ルーミエ氏、メオ・カミュゼからジャン・ニコラ・メオ氏)来日試飲会にて再び会ってきました~。フィネスさんありがとう!!!必ず恩返しします(笑)
ギョームさんは、相変わらずの紳士。絶対に人の悪口とかは言わない方(笑)でもワインの説明になると熱い。
リアルワインガイド53号に写真が載っているフランソワ・ディディエ氏とともにワイン造りを行っています。
すべてのワインが高品質!

2006年から毎年25%の割合でビオディナミに移行
2009年から100%ビオディナミ


『 科学的説明はできないが、ビオディナミを実践してからブドウの樹自体が病害に強くなった、そして
よりピュアで純度が高まり、エネルギーを感じるように変わったように思う。
ブルゴーニュの土地・畑は本当に大切なものなので本来の自然な姿が理想的。
自分の手の届く範囲内の規模でベストを尽くすことに尽きる!
(ギョーム・ダンジェルヴィーユ氏本人談) 』


2011.11.28(月)フィネス主催3大ドメーヌ(マルキ・ダンジェルヴィーユからギョーム・ダンジェルヴィーユ氏、ジョルジュ・ルーミエからクリストフ・ルーミエ氏、メオ・カミュゼからジャン・ニコラ・メオ氏)来日試飲会にて。10年に1度あるかないかの貴重な機会を設けていただいたフィネスさんには大感謝です!!!



 

 

 

 

当店扱いのマルキ・ダンジェルヴィーユは(ジュラのペリカンを含め)すべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!





’17は、ようやく霜や雹の被害がなく、高い品質で、素晴らしい状態のブドウでまともな生産量となった。
フィネスさん曰く、1級シャンパンのブドウの状態が特に素晴らしかったとのこと!!!



マルキ・ダンジェルヴィーユ、ムルソープルミエクリュ・サントノ’17(辛口白)

特価・税別¥15000

<あと1本>超限定品!




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’17

税別¥5700

<あと6本>超限定品!

パーカー86~88点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87~89点

VINOUS 87~89点(ニール・マーティン)





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ポマールプルミエクリュ・コンブ・ドゥシュ’17

税別¥13000

<あと3本>超限定品!

パーカー88~90点(William Kelley)

バーガウンド・コム 89~92点





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・フルミエ’17

税別¥14000

<あと6本>超限定品!

デカンター・オンライン94点!(ティム・アトキン)

パーカー90~92点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~93点

VINOUS 92~94点!(ニール・マーティン)





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・カイユレ’17

税別¥18000

<あと2本>超限定品!

デカンター・オンライン95点!(ティム・アトキン)

パーカー91~93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~93点

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)


実はこの畑のみ2012年から新たに購入した樹齢約60年の区画も混ざているので少しリッチでまろやかになっています!




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・タイユピエ’17

税別¥18000

<あと3本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。全ての値引き対象外となります。
他のマルキ・ダンジェルヴィーユ(どれでもOK)と最低でも1:1以上になるようにお願い致します。

5年ぶりにくらいにやっと買えました~!

デカンター・オンライン96点!!!(ティム・アトキン)

パーカー91~93+点(William Kelley)

バーガウンド・コム 92~94点

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)


’16’15 スペクテーター94点




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・シャンパン’17

税別¥18000

<あと3本>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン96点!!!(ティム・アトキン)

パーカー91~93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~94点

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17.5/20点

※あと1回だけ再入荷が決まっております!

「2019.11月下旬に試飲しました。シャンボールミュジニィ好きが大絶賛しそうな高級感あふれるエレガンス。例年よりおいしさが表現されるのが早くすでにビックリするほどおいしく複雑。クロ・デ・デュックやタイユピエよりも明らかにエレガントで繊細な複雑性の極致系。無駄な贅肉がなく、寝かせると凄まじいことになりそう。当店社長も絶賛の1本!」




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・クロ・デ・デュック’17(モノポール)

税別¥27000

<あと4本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。全ての値引き対象外となります。
他のマルキ・ダンジェルヴィーユ(どれでもOK)と最低でも1:1以上になるようにお願い致します。

入荷できない年が増えており、もはや幻レベルの入手難銘柄となっていました、、、

パーカー92~94点(William Kelley)

デカンター・オンライン97点!!!(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 92~95点!

最新 VINOUS 93点!
(2022~2038年、ステファン・タンザー)

VINOUS 94~96点!!!(ニール・マーティン)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点


 


11/17(日)アップ~蔵出し正規品ボノー・デュ・マルトレイ’17’09’08

※すべての値引き対象外となります。

※画像は’95です。

 


大ニュースでしたのですでに皆さまご存知だと思いますが、
2019年からDRCに畑の一部を貸して
DRCのコルトン・シャルルマーニュがリリースされる予定
になっております!
優れた畑でビオディナミなので
お互いの利害も一致しているのでしょう。


蔵出し正規品!

すでに全銘柄再入荷不可能!!!




ボノー・デュ・マルトレイ、コルトン・シャルルマーニュ’17

税別¥31000

<売り切れ>超限定品!

※まさかの割り当て1本のみでした、、、
すべての値引き対象外となります。

パーカー93~95+点(William Kelley)

デカンター・オンライン96点!
(2021~2029年、ティム・アトキン)

VINOUS 91~93点
(2021~2038年、ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~94点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版19/20点

MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス




ボノー・デュ・マルトレイ、コルトン・シャルルマーニュ’08

税別¥33000

<あと1本>超限定品!

※まさかの割り当て1本のみでした、、、
すべての値引き対象外となります。

パーカー94点

VINOUS 92+点

スペクテーター92点

バーガウンド・コム 95点!!!





ボノー・デュ・マルトレイ、コルトン・シャルルマーニュ’09

税別¥33000

<あと1本>超限定品!

※まさかの割り当て1本のみでした、、、
すべての値引き対象外となります。

パーカー94点

VINOUS 95点!!!

バーガウンド・コム 93点







ボノー・デュ・マルトレイ、コルトン’14(辛口赤)

税別¥16000

<あと5本>限定品!

パーカー89~91点(2018~2030年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新バーガウンド・コム 93点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17.5/20点

MVF(旧クラスマン)2017年度版17/20グラス




 

’00から有機栽培

’04から一部ビオディナミ

’11から100%ビオディナミを実践

抜群に日当たりのよい西向き急斜面、石灰質土壌

平均樹齢70~80年!

1株に6房以下に制限して、低収量で手摘み

馬による耕作

グランクリュのみを所有しているという珍しいドメーヌ

クラスマン3つ星生産者

 


11/17(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ルーデュモン’18

もうそろそろブームが落ち着くと思ったら、まだ全然買えませんでした、、、

近年、少しずつ進化しております!発酵や樽も変えています。

貴重な自社畑100%のドメーヌもの入荷!!!


リアルワインガイド65号、61号、57号、53号、49号、45号、41号、37号にて高評価される!

















 





※ついにNHK『 プロフェッショナル仕事の流儀 』に
NHK総合 2018年 18日(月)
仲田さんが出ました!!!




2018.1.22(月)仲田さん来札にて再びお会いできました!


2016.1.25(月)仲田さん来札にて再びお会いできました!

少し質感が変わってきた&おいしくなってきたと感じていろいろ聞いてみました。

全房発酵比率を少しずつ増やしている。有機栽培やビオディナミのブドウを使用する比率が増えてきている。仲田さん自身の好みも年齢とともに重すぎないエレガントでナチュラルなものに変わってきているということも理由の一つのようです。。そして奥様(ジェ・ファさん)が韓国の方であることもあり、韓国への輸出も多く大変な人気だそうで、今後自社畑をさらに買えるといいですね!



2014.12.1(月)仲田さん来札にてやっとお会いできました!

’11の出来がとてもよく、ヴィンテージのマイナス面がまったく感じられませんでした。ブルゴーニュでの栽培者等との信頼関係もまったく問題ないようです

’11は生産量例年の約20%減

’12は生産量例年の約40%減

リアルワインガイド49号にて’12が高評価される!

リアルワインガイド45号にて’11が高評価される!

ブドウ買いのネゴシアンもの(オレンジラベル)は、基本的に毎年同じ畑(区画)のブドウを購入している

先日ご来店いただきました韓国のお客様曰く、
『 ルー・デュモンは、韓国でも人気があり非常に有名だ。何度も飲んだことがある。おいしいよね! 』
とのことでした。嬉しいですね

’12から急に輸入元さんの在庫の動きが早くなっております!

’16は生産量が減り過ぎてドメーヌもののアリゴテを造れなかったそうです、、、




Domaine Lou Dumont, Marsannay Rose En Leautier '18

ドメーヌ・ルー・デュモン、マルサネ・ロゼ・アン・ローティエ’18

(ブルゴーニュ・辛口・ロゼ)


税別¥7500

<あと2本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
他のルー・デュモンを2本以上お買い求めくださいませ。
すべての値引き対象外となります。

まさにテレビNHK『 プロフェッショナル仕事の流儀 』で話題となった
最後にロゼとして仕上げることを英断した銘柄です!!!

’18もロゼとなりました。’19からは赤ワインとなる可能性が高いので、
ロゼはこれが最後かもしれないとのことです。




Domaine Lou Dumont, Marsannay Rose En Leautier '17

ドメーヌ・ルー・デュモン、マルサネ・ロゼ・アン・ローティエ’17

(ブルゴーニュ・辛口・ロゼ)


税別¥7700

<売り切れ>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
他のルー・デュモンを2本以上お買い求めくださいませ。
すべての値引き対象外となります。

アルコール12.5%

まさにテレビNHK『 プロフェッショナル仕事の流儀 』で話題となった
最後にロゼとして仕上げることを英断した銘柄です!!!
’18からは赤ワインとしてのリリースが濃厚

ドメーヌものですので、マルサネ・アン・コンブロー・ルージュとは違う畑です。

ユーロリーフあり!

2016年12月に購入した自社畑「アン・ローティエ」のピノ・ノワール100%。0.43ha。1983年植樹。前オーナー時代の2005年よりビオロジー栽培を開始し、2017年に「ビュロー・ヴェリタス」の認証を取得。収穫量30hl/ha。除梗率50%。4時間マセラシオンさせた後に圧搾し、天然酵母のみで発酵させたロゼワイン。3分の2をステンレスタンクで、3分の1をルソー社製サントル森産の新樽100%で6ヶ月間熟成。




ドメーヌ・ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュVV’13

税別¥5600

<売り切れ>超限定品!

※メゾンものと1:1以上でお願いしております。
ドメーヌものロゼとはセットに出来ません。
すべての値引き対象外となります。





ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ブラン’16(辛口白)

税別¥3300

<あと10本>限定品!

ムルソー村内のACブルゴーニュ40%、ピュリニー村内のACブルゴーニュ20%、ACオート・コート・ド・ボーヌ40%のブレンド。

平均樹齢30年。収穫量40l/ha。天然酵母のみを使用し、樽で一次発酵、マロ発酵。セガン・モロー社製サントル森産の新樽40%、ベルトミュー社製ネヴェール森産の1~3回使用樽60%で18ヶ月間樽熟成した「本気印」のブルゴーニュ・ブランです。




ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税別¥3300

<あと6本>限定品!

中身も樽も変わっています
ニュイ・サン・ジョルジュ村内のACブルゴーニュが約58%、ビオディナミによるメルキュレー村内のACブルゴーニュが約20%、自社畑もの(「Bourgogne Rouge Vieilles Vignes」)が約2%、残りの約20%はAOCジュヴレ・シャンベルタン及びACオート・コート・ド・ニュイを格下げしてブレンドしています。平均樹齢30年以上。収穫量35hl/ha。天然酵母のみで発酵。
フランソワ社製サントル森産(4年間天日干し物)の新樽率20%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。





’15が、リアルワインガイド61号にて絶賛される!



ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’16

税別¥5800

<あと3本>超限定品!

ある意味これが一番おいしいと思います。

樽など変わっています
天然酵母のみで発酵(一部、一次発酵も樽内)。シャサン社製「グラン・ファン」の新樽50%、カヴァン社製ジュピーユ森産の1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成。




ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’15

税別¥5800

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド61号 91・91+点(今~2038年)

※再入荷不可能!

「2018.4月末に飲みました。ニュイサンジョルジュVV’15と同時に飲み比べました。こちらは飲み頃NOW~で日本人がシャンボールミュジニィに求める要素がたくさん含まれているワインで、香りよく、やわらかく上品な味わい。’15でも例年とさほど変わらないバランス。まったくジャミーではないほのかな甘みがありつつあくまで上品。果実味豊かで、すごい量のうまみがすでにあり、少し鉄分と塩分も感じるようなしっかりしたミネラルと酸による縦伸びも感じられる。紫色の強くない中程度のルビー色。コーヒー、焼き栗、赤い実と黒い実の果実、スパイスなどのクリーミーさもあるすでに開いたよい香り。数年前まではここの樽のコーヒー香があまり好きではなかったのですが、今では昔より樽が弱く感じられる分、ピュアさとナチュラル感があり、重くはないが濃密感はあり、とてもキメ細かなタンニン。温度は上げ過ぎないほうがおいしい。抜栓の次の日には香りが香水系に発展して、味わいもうまみのグランクリュ的心地よさ。抜栓の2日後まで非常においしい。華やかうまみ~。珍しく当店社長も絶賛!試飲後、大量に買うつもりだったのに全然買えなかった、、、」

アルコール13%




Lou Dumont, Marsannay En Combereau Rouge '15

ルー・デュモン、マルサネ・アン・コンブロー・ルージュ’15

税別¥4700

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

リアルワインガイド61号 90・91点(2019~2040年)

※再入荷不可能!

アルコール%

クシェ村の区画「アン・コンブロー」より。平均樹齢50年。収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵(一部、一次発酵も樽内)。マルサネ社製ジュピーユ森産の新樽50%、同社製同森産の1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。



ルー・デュモン、マルサネ・ルージュ’14

税別¥4700

<あと2本>超限定品!

リアルワインガイド57号 89+・90+点(2018~2038年)

※再入荷不可能!

’15と同じ畑のブドウを買っているのですが
’14のラベルにはアン・コンブロー表示がないというだけの違いです。




ルー・デュモン、ジュヴレシャンベルタン’16

税別¥7400

<あと7本>超限定品!

区画や樹齢は同じで樽は変えたようです
カヴァン社製ジュピーユ森産の新樽50%、同社製同森産の1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成(新樽分はすべて、一次発酵も樽内で行いました)。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。




ルー・デュモン、ジュヴレシャンベルタン’11

税別¥5700

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine&Sprits誌 89点

リアルワインガイド45号にて絶賛される!

輸入元さんで大人気~しばらく欠品中でしたがやっと再輸入してくれました~!

「2014.12月初旬に試飲しました。同時に比較試飲してわかりましたが、どうやら仲田さんオレンジラベルは村名~特級まで(エレガントなシャルム・シャンベルタンを除く)ジュヴレ村のワインは少し寝かせてから飲むように骨格のある上質なワインを造っており、同時に試飲したモレサンドニ、シャンボール、ラドワ、サヴィニよりも明らかにタンニンと骨格と余韻が上でした。まだ少し固い分、現時点での心地よさとうまみは少し他の銘柄に劣りますが、熟成で逆転するだけのポテンシャルがあります。ただし今主流のピュア&エレガント系ではなく、ミネラルはしっかり感じられるが液体は全体的にやや力強い系で、樽も比較的しっかりめ。飲み頃は2016~」

区画は「ラ・プラティエール」(樹齢70年以上)、「オー・コルヴェ」等。平均樹齢55年!

収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵

セガン・モロー社製アリエ森産の新樽60%、エマニュエル・ルジェの1回使用樽40%で18ヶ月間樽熟成(新樽分はすべて、一次発酵も樽内で行いました)

無清澄、ノンフィルターでビン詰め

仲田さん入魂の看板商品です





ルー・デュモン、ムルソー・ブラン’14(辛口白)

税別¥7800

<あと16本>絶対おすすめ!
限定品!

※近年人気が高くなりすぎていつでも買えるワインではなくなりました。

リアルワインガイド57号にて絶賛される!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

約2年経過しておいしくなっているはず!



「2018.1月下旬に試飲しました。’13よりもさらにアフターのミネラル感が強く、香りもにキラキラ感さえあり、はっきりと縦に伸びる、緩みのないくっきりアフター。果実味自体も’13より少し強い。新樽比率を低くしたことと有機栽培のブドウが増えたこともあるのだろうと、仲田さんに直接聞いてみましたが、一番の要因は、この畑(銘柄)に関しては3~4年前までは完熟と凝縮を重視していたところを今では酸とミネラルを重視して栽培の段階から微調整を行い収穫も斜面上部のブドウを主体に考えているそうです。<※新樽比率は全く変えていないそうです。→それでもこれほどの違いが出るのですね!>アタックのインパクトと厚みは昔のほうがありましたが、今のほうがルイ・カリヨンのピュリニー1級コンベット的方向性の骨格とミネラルと熟成した後の美しく複雑な姿を予想出来て楽しい。今やっと飲み頃の入口にさしかかったばかりの時期。今後かなり向上すると思う。冷やし過ぎないほうがおいしい」

アルコール13%




ルー・デュモン、コルトン’14

税別¥11600

<あと1本>

リアルワインガイド57号 92・94点!(2022~2050年!)



ルー・デュモン、コルトン・シャルルマーニュ’16(辛口白)

特価・税別¥16000

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド65号 92・93点(2021~2048年)



ルー・デュモン、コルトンシャルルマーニュ’15(辛口白)

税別¥17000

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

リアルワインガイド61号 92+・94点(2020~2045年)



ルー・デュモン、コルトン・シャルルマーニュ’14(辛口白)

税別¥16000

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド57号 91・93点(2020~2040年)




11/17(日)アップ~超特価レオヴィル・バルトン’05’09

さらにファインズ輸入の蔵出し’16も!

’16は、スペクテーター年間1位獲得!!!






 

 





レオヴィル・バルトン’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥15000

<あと1本>限定品!

ファインズ輸入の蔵出し正規品!
なんと’05よりお安く買えてしまいます!

最新パーカー95+点!(Lisa Perrotti-Brown)

ジェームス・サックリング 95~96点!

最新VINOUS 95点!(ニール・マーティン)

VINOUS 96点!(アントニオ・ガローニ)

スぺクテーター97点!!!
2019年度TOP 1/100位に選ばれる!!!
(Highly Recommended!、2025~2040年)

ファルスタッフ 96点!

Wine Enthusiast 96点!(Cellar Selection!)

ル・フィガロ19/20点

Le Point 17.5~18/20点

Terre de Vins 17/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18~18.5/20点
Palmares! Les Vins du Medoc de L'Anee!に選ばれる!

’16は、CS86%, M14%

新樽比率約60%

レオヴィル・バルトン最新情報
畑の平均樹齢は40年ですが、なかには1953年に植えられた古い樹もあります。合植(消滅したり、ダメージを受けた樹の植え替え方法)を行っていき、栽培密度はヘクタール当たり9100本を維持しています。畑を取り巻く環境も大事な要素です。
< 2012年以来、畑の12%程がオーガニック農法で管理されており、年々、その割合は増えていっています。 >

ブドウは120人程のチームによって収穫され、完全に除梗し、何回かの選別の後、温度管理された発酵槽へ送られます。一日に2回ポンピングオーバーを行いながら、数日間、発酵を続けます。マセラシオンと発酵の後、オーク樽にて18ヵ月熟成されます。樽は基本、60%が新樽で、樽は複数の会社から購入します。発酵の間に、目減り分の補充を行い、3ヵ月毎に澱引きを行い、卵白で清澄を行います。一樽に付き、3~6個の卵白を使用します。

重要の作業のひとつ、ブレンドは例年、1月の末に行われます。テクニカル・ディレクターとコンサルタントのエリック・ボワスノ氏が各区画のワインを注意深く試飲していき、決定します。瓶詰めは6月です。




レオヴィル・バルトン’09

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥19000

<あと3本>

※再入荷すると値上がり致します!

Wine Enthusiast 98点!!!(Cellar Selection!)

最新パーカー94点!(2019~2037年、
Lisa Perrotti-Brown、2019年3月試飲)

パーカー93+点
(ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト199号)

ジェームス・サックリング 95~96点!

最新VINOUS 95点!(2019~2050年!、
ニール・マーティン、2019年3月試飲)

VINOUS 93+点
(ステファン・タンザー、2012年7月試飲)

スぺクテーター95点!
(2017~2035年、2021年度TOP 6/100位!!!)

ファルスタッフ 93点

Le Figaro : 18/20点

Le Point : 17.5/20点

Gault Millau : 17.5/20点


MVF(旧クラスマン)2014年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版18/20点

’09のデータ
77% Cabernet Sauvignon
22.5% Merlot
0.5% Cabernet Franc

Barriques neuves60%






レオヴィル・バルトン’05

(サンジュリアン・辛口赤)

超特価・税別¥17000

<あと2本>限定品!

ワイナート47号 91点

パーカー・オンライン95点(2015~2035年、ニール・マーティン)

最新パーカー94+?(2020~2065年、ワイン・アドヴォケイト176号)

最新スペクテーター96点(2015~)

最新インターナショナルワインセラー94点!

デカンター誌4つ星18.5/20点!(2012/2040)

Wine Enthusiast 96点!

ファルスタッフ 92~94点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2008年度版18/20点

MVF(旧クラスマン)2009年度版19/20グラス

クラスマン2008年度版19/20グラス

リアルワインガイド20号にて大絶賛される!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

何故か?異様に入手難となっています

二度とこの価格では手に入らないでしょう!

なんとレオヴィル・ラスカーズ’05より長く熟成すると評されています!

 


11/17(日)アップ~蔵出しチェルバイオーナ’16NV

全銘柄が入手難!またしばらく買えません!











<Cerbaionaを深く知るための2つのポイント> 
2017年2月以降、一切の評価やレビューを拒否
2015年に2010VTのブルネッロが世界的なワイン評価サイト「VINOUS(もとWAでイタリアの評価を担っていたアントニオ・ガッローニ主催)」で100点という驚異的な
スコアを獲得し、改めて世界中の注目を浴びることになったものの、その評価だけで購入されることや今後の価格急騰を危惧し、マスコミ各社への公式声明として発表した。

②『カルト・ブルネッロ』の筆頭格
品質に納得がいかなければ生産量全てを格下げする程の徹底した品質主義で、2013VTに至ってはわずか8000本弱という少なさ。「幻のブルネッロ」と称される。

有機栽培

砂の混じったガレストロ土壌




Cerbaiona, NV Rosso VdT

チェルバイオーナ、VdT・ロッソNV

(イタリア・トスカーナ・辛口赤)


税別¥3200

<あと25本>超限定品!

※再入荷不可能!

輸入元担当者さま大絶賛の1本!
(実際にインポーター皆さんで試飲時に本当に素晴らしかったそうです)

通常では絶対にありえない!!!
複数VTをブレンドしたVino da Tavola!

前オーナーが手掛けブルネッロになる予定だった2013VTと2015VTのうち数樽を、さらなる質の向上を目指す
新オーナーがチェルバイオーナのレベルに達していないと判断し、2つのVTをブレンド。アルコール度数が低い2013VTと糖度が高い2015VTをブレンドすることによってワインのバランスがよくなり、ピュアさを高めることが出来た。

ワイン法によりVino da Tavola(テーブルワイン)格付けだが、チェルバイオーナのブルネッロの片鱗を感じられる味わいとなっている。

Vino da Tavola

サンジョヴェーゼ・グロッソ100%

2013VT スラヴォニア産オーク(10hl/17hl/20hl)36カ月熟成
2015VT スラヴォニア産オーク(10hl/17hl/20hl)12カ月熟成




Cerbaiona 2016 Rosso di Toscana

チェルバイオーナ、ロッソ・ディ・トスカーナ’16

(イタリア・トスカーナ・辛口赤)


税別¥3700

<あと12本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

サンジョヴェーゼ・グロッソ100%

スラヴォニアオーク(20hl)の大樽 18ヶ月熟成

ロッソ・ディ・モンタルチーノとしてリリース予定だった樽のうち、瓶詰直前のテイスティングで僅かにレベルが達してい ないと判断された 2 樽を IGT Toscana に格下げしリリース。ワイナリーが「過去最高の仕上がり」と太鼓判を押す 2016 のロッソ・ディ・モンタルチーノの片鱗を楽しめる IGT。新オーナー体制後も徹底した品質主義が引き継がれている。
(輸入元資料より)





Cerbaiona, 2016 Rosso di Montalcino

チェルバイオーナ、ロッソ・ディ・モンタルチーノ’16

(イタリア・トスカーナ・辛口赤)


税別¥6500

<あと5本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

D.O.C. Rosso di Montalcino

サンジョヴェーゼ・グロッソ100%

スラヴォニアオーク(10hl/17hl/20hl)の大樽 18ヶ月熟成

アルコール度数14.5%

新体制後、初めて栽培から醸造まで新しいオーナーによって手掛けられたロッソ・ディ・モンタルチーノ。 チェリーや赤系ベリー、杉、湿った土、スパイスがふわりと香り、口に含むと柔らかいテクスチャーの奥 に力強さとストラクチャーを感じる。丸みを帯びた果実の味わいが心地よい。「チェルバイオーナで生産 されてきたロッソ・ディ・モンタルチーノの中でも、最もレベルの高い出来の1つ」by ワイナリー
(輸入元資料より)




Cerbaiona, Brunello di Montalcino '12

チェルバイオーナ、ブルネッロディモンタルチーノ’12

(イタリア・トスカーナ・辛口赤)


税別¥17800

<あと2本>幻の超限定品!

パーカー95点!(2020~2040年、
Monica Larner 、ワイン・アドヴォケイト235号)

インターナショナルワインセラー92点(Ian D'Agata)

ワイン&スピリッツ誌 95点!


※再入荷不可能!
’14と’15はブルネロの生産がなく、
3年後までインポーターさんにも入荷予定がありません!!!

’11 Wine Enthusiast 95点!

サンジョヴェーゼ・グロッソ100%

スラヴォニア産オーク(10hl/17hl/20hl)30カ月熟成

『 ダーク・レッドチェリー、すみれ、火打石、リコリス、そして下草などの濃厚で複雑なアロマ。果実のボリューム感、ジューシー感で口内が満たされ、そこにダーク・レッドチェリー、タール、リコリスの何層にも重なるフレーヴァーを感じる。ヴェルヴェットのように滑らかでありながらエネルギーに満ち溢れ、まさに世界最高峰のカルト・ブルネッロといえる。 (輸入元さんコメント) 』


チェルバイオーナはモンタルチーノの街から南東に4km、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの創始者として知られるビオンディ・サンティに程近いチェルバイアと呼ばれるエリアにワイナリーを構えている。この近辺にあるワイナリーのうち、特に有名なのが「チェルバイオーラ(サルヴィオーニ)」と、この「チェルバイオーナ」であるが、先がけてワイン造りを始め、サルヴィオーニにワイン造りを勧めたのがこのワイナリーであることはあまり知られていない事実である。
(輸入元資料より)


11/13(水)アップ~蔵出しミッシェル・ジュネNVブリュット・ナチュール

フィネス輸入のRMシャンパーニュ!

基本的にはいつもグレープフルーツのニュアンスがあるキレイな造り





↑ラベルデザインと名称変更。





 


フィネスさんが輸入した蔵出し正規品のシャンパーニュです!

予想通り泡の質がよく、透明感のある素晴らしいコンディションでした




上記画像は2012年収穫の模様です。




ミッシェル・ジュネ、シャンパーニュ・グランクリュ・ブリュット・ナチュール・ブラン・ド・ブランNV deg2018.10

(RM・辛口白泡)


税別¥5200

<あと8本>絶対おすすめ!
限定品!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.11月下旬に試飲しました。まだこの価格で買えることが本当にありがたくお買い得!抜群のコンディションによる透明感と泡のキメ細かさがあり、酸が活き活きしている。果実味豊かでうまみとミネラルが豊富で、アフターにキレイな塩ミネラルが残り極めて心地よい。冷やし過ぎない温度がベスト。このドサージュ量センスあると感じた」

アルコール12.5%

ドサージュ2.5グラム/リットル
エクストラブリュットが、
ラベルと名称変更してドサージュ少し減りました




ミッシェル・ジュネ、シャンパーニュ・グランクリュ・エクストラブリュット・エスプリ・ブラン・ド・ブランNV deg2017.9

(RM・辛口白泡)


税別¥5200

<売り切れ>初入荷!

インターナショナルワインセラー90点(2013年12月の評価)

ゴーミヨ誌15.5/20点


アルコール12.5%

ドサージュ3.6グラム/リットルのエクストラブリュット

中身のヴィンテージは’11’13’14




ミッシェル・ジュネ、シャンパーニュ・グランクリュ・ブリュット・エスプリ・ブラン・ド・ブランNV deg2015.11

(RM・辛口白泡)


税別¥5200

↑輸入元値下げ!

税別¥5600

<売り切れ>



ミッシェル・ジュネ、シャンパーニュ・グランクリュ・ブリュット・エスプリ・ブラン・ド・ブランNV deg2015.3

(RM・辛口白泡)


税別¥5200

↑輸入元値下げ!

税別¥5600

<売り切れ>おすすめ!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 銀賞受賞!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2015年 銀賞受賞!

インターナショナルワインセラー90点(2013年12月の評価)

スぺクテーター90点(2007年11月の評価)

ゴーミヨ誌16/20点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

今回入荷分 ’10’11’12’13のブレンドでデゴルジュマン2015.11月

’10’11’12のブレンドでデゴルジュマン2015.3月
が6本ずつ


前回入荷分 ’09’10’11のブレンドでデゴルジュマン2014.7月

初回入荷分 ’09’10’11のブレンドでデゴルジュマン2014.3月

ドサージュ9グラム/リットル

54本完売!ありがとうございました

「2014.11月末に飲みました。ナッツやベリーの芳醇な香り主体+花と少しスパイス、ミネラル等の香りで、果実味とコク、ミネラルも感じられ、ややキレのある酸、余韻長めの飲み頃NOW~。少し熟成可能な骨格もあり、もちろんコンディションや泡の質は抜群。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

<シャンパーニュ地方 コート デ ブラン地区 シュイィ村>(レコルタンマニピュラン)

特級に格付けされている「Chouilly(シュイィ)」と「Cramant(クラマン)」にある区画のシャルドネを使用。

キュヴェ名どおり、このメゾンのシャンパン造りのエスプリ(精神)を表現しているアイテム。

とても繊細でクリーミーな泡、白い花のようなアロマが豊か、バランス良く飲みやすい仕上がりになっています。


シャルドネ100%で造られるシャンパン、いわゆるブラン ド ブランの銘醸地コート デ ブラン地区。約500haある葡萄畑のうちの99%がシャルドネになります。この地区には6つのグラン クリュが存在しますが、当メゾンはその6つのうちの1つにあたるChouilly(シュイィ)村に所在します。1800年代から葡萄栽培をしており、以前はネゴシアンに葡萄を売っていましたが、1965年からミッシェル ジュネ氏が本格的に自社瓶詰を始め、現在はその子供たちであるヴァンサン&アントワンヌ兄弟が醸造と畑を分担してメゾンを運営しています。  所有畑はChouilly(シュイィ)を中心に石灰質土壌の畑を約9ha所有し、葡萄の樹齢は平均35年になります。畑は約40ほどの小さな区画に分散しており、そのほとんどがシャルドネになりますが僅かに黒葡萄品種も植えられています。栽培には自然環境を尊重したリュット レゾネを採用。良い葡萄からしか良いワインは出来ないという信念に基づいて収穫は手摘みで行ない、自重で下部の葡萄が潰れてしまう"hotte a vendange(収穫した葡萄を回収する背負いカゴ)"は使わずに底の浅いプラスチックケースを使用して葡萄果汁と空気との接触を最小限にとどめ、可能な限り状態の良い葡萄を圧搾できるように心掛けています。醸造はテロワールの同じ区画ごとに約30ものキュヴェに分けて行い、ブラン ド ブランの繊細さと軽やかさを表現できるように"クオリティ" "リスペクト" "伝統"を常に念頭に置いて誠実なシャンパン造りを行っています。
(輸入元資料より)


11/13(水)アップ~<※入手難!>蔵出しジャクソン・キュヴェ742NV

1番絞りのみを使用。ナポレオンが愛したシャンパーニュ

MVF(旧クラスマン)2010年度版にて2つ星→3つ星生産者に昇格!2017年度版でも3つ星生産者のままです!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版にて4つ星→5つ星生産者に昇格!2017年度版でも5つ星生産者のままです!




※↑スタンダード品のラベル・デザイン変更で、DTに似たラベルになりました。


 

世界中で話題になった、あのバラク・オバマ元大統領が受賞したノーベル平和賞受賞式典のディナー(グランド・ホテル・オスロ)において3つ星の最高栄誉に輝くジャクソン・キュヴェ733NVが、唯一のシャンパーニュとして振舞われました!!!




ジャクソン、シャンパーニュ・エクストラブリュット・キュヴェ742NV

(750ml・NM・辛口白泡)


税別¥8500

<あと7本>限定品!

デカンター・オンライン92点(2019年11月試飲)

パーカー93+点!(2019~2029年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)

VINOUS 94点!!!
(2020~2030年、アントニオ・ガローニ)

スペクテーター93点(NOW~2024年)

バーガウンド・コム 92点


MVF(旧クラスマン)2020年度版17/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17.5/20点

Ay, Dizy & Hautvillers 59%
Avize & Oiry 41%

デゴルジュマン2018年8月

ドサージュ1.5グラム/リットル

アルコール12.5%

一部認証も得ているビオロジック栽培のブドウを多く含む

一番搾りのみ使用、無濾過&無清澄


徹底した収量管理と除草剤を使用しない有機的栽培を行なう

『 200年以上の長い歴史と伝統を誇り、グラン・クリュ アイ村、本拠地のあるディジー村などにある自社畑を中心とした52haの畑から類稀なるシャンパーニュを生み出すのが、このジャクソン。ジャクソンのシャンパーニュは、ナポレオン皇帝からの寵愛をも獲得、皇帝自身の結婚式にも振舞われたという逸話を持つ。また、その最高の栄誉を賞され、皇帝よりメダイユ・ドールを献上された。かのジョセフ・クリュッグは、創業前、ジャクソンのセラーで修行をした後、自身のメゾンを設立したという歴史もある

~自社シャンパーニュの為に使用するマストは一番搾りのみで、プルミエタイユは他のネゴシアンに売ってしまう。

ジャクソンのシャンパーニュ造りに対するフィロゾフィーは、長い歴史と共に飛躍の時を迎え、今や世界に認められる存在となった。世界の頂点を極めたソムリエ達が選ぶ「世界No.1ソムリエが選ぶ2002年度ワイン・ガイド」において、No.1メゾンの座を射止めて以来、「ゴー・ミヨ」2005年版では、エグリ・ウーリエやジャック・セロスらと並んで2つ星を獲得するなど、数々の専門誌より高い評価を受けている。(輸入元資料より) 』


11/13(水)アップ~蔵出しガティノワNV

ガティノワ伝統の比率が、ピノノワール90%シャルドネ10%!

日本では何故か?まだそこまで有名ではないが素晴らしい品質!値上がり幅もとても小さい




↑当店の常連客さまたちから味は滅茶苦茶良いのにラベルが地味過ぎると言われ続けてきたこの泡もついにラベル・デザイン変更です!(笑)




 


ここはリシャール・シュルラン同様、本当に良心的な価格設定だと思います!




ガティノワ、シャンパーニュ・グランクリュ・アイ・トラディシオン・ブリュットNV

特価・税別¥5600

<あと9本>おすすめ!

最新 VINOUS 92点!
(2018年6月デゴルジュマンものに対する評価、2018.11月試飲)

VINOUS 92点!(2016.12月試飲)

VINOUS 92点!(2015.11月試飲)


Jamie Goode 93点!

バーガウンド・コム 90点(Issue51)

パーカー92点(2012年4月デゴルジュマンものに対する評価、ワイン・アドヴォケイト203号)

インターナショナルワインセラー90点

Wine&Sprits誌 90点(2015年12月試飲)

スぺクテーター92点(2013年11月試飲)

ジャシス・ロビンソン16.5/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版16/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

108本完売!!!

「2014.9月中旬に試飲しました。ピノノワール主体のシャンパーニュとすぐにわかる色と香り。重く濃密なタイプではなく、やや気品のあるバランスの良いタイプでミネラルも感じられる。ガス圧弱め。アンズ、ミネラル、ナッツなどの香り。落ち着いてエレガントな印象で、程よいうまみ。抜栓の次の日もおいしい」

アルコール12%

かつて王侯貴族が自らの権勢を示す為にこぞって奪い合ったシャンパーニュ最高峰の村。同家がマストを卸すボランジェをはじめ、約20を数える高名なハウスと50もの栽培家を抱える最高峰のピノノワールを産み出す村。力強さに加え、最高のフィネスとエレガントさを備えた気品ある味わい。

デゴルジュマン2019年とだけ表示あり

ピノノワール90%、シャルドネ10%、24ヵ月瓶熟。


『 アンボネイ村、ブジー村と並び、シャンパーニュを随一のピノノワールを誇るグラン・クリュ、アイ村。ロマネ・コンティもポンパ・ドール夫人とコンティ公による争奪戦で有名だが、アイ村はそれ以上に当時のフランスで最高峰の赤ワインとして崇められ、王侯貴族たちがこぞって畑を手に入れようと奔走したほど。アイ村の畑は殆どが南向きで、最高峰のピノノワールと少量のピノムニエ、シャルドネを産み出すが、その中でも最高の畑はアイの街のすぐ背後、マルヌ川沿いに落ちこむ急斜面と言われる。冷たい北風が遮断され、かつマルヌ川の反射光と湿度による暖かな気温の恩恵を受けているためである。ガティノワは、これらの最高の区画を含む27区画をアイ村だけに保持している。

当主、ピエール・シュヴァル氏は、「ガティノワのフィロソフィーは伝統の継承」と言い切る。力強い味わいに加えて、最高のフィネス、エレガンスを備えた気品が、ガティノワのシャンパーニュ全てに共通する味わいである。卓越したピノノワールを用いて、より一層のアロマや果実のパワーを引き出すのは可能だが、あえてエレガントさとフィネスを優先させている。セパージュは、ピノノワールの美点もっとも引出すという同家伝統の比率、ピノノワール90%、シャルドネ10%である。 (輸入元資料より) 』


11/10(日)~蔵出し高畠ワイナリー’17

マスカットベリーAは好みじゃないかも?と思っている方もぜひお試しください!



 




2019.11.19(日)HTBテレビ『 イチモニ 』
にて取り上げられました~!




高畠ワイナリー、高畠クラシック・マスカットベリーA’17

(山形県・辛口赤・720ml)


税別¥1619

<あと20本>おすすめ!

「2019.9月中旬に試飲しました。昔、個人的に好きじゃなかったマスカットベリーA特有のクセのある香りがなく、熟してキレイな赤い実の果実、癖のないスパイスなどのよい香り。予想以上に果実に力があり、でも無理に濃くしたというイメージではなく、酸が低すぎず、アフターもちゃんとある非常によい出来。単純に価格を超えた満足度があるだけでもすごいこと。勉強不足で申し訳ありませんでした。ありがとうございました!という感じでした」

アルコール13%

日本を代表する赤ぶどう品種であるマスカットベーリーAを主体とし、凝縮した黒い果実の味わいとタンニン分を抽出しました。また、高畠町産のメルローをアッサンブラージュすることで骨格を持たせ、より深い味わいになっております。
甘い蜜のような香りとほのかな樽香が融合し、高級感のある新しいスタイルのワインになりました。
(ワイナリーによるコメント)

マスカットベリーA93%、メルロ7%

※ラステックはMBA100%で
クラシックはMBA93%、メルロ7%のセパージュ


リアルワインガイドの常連ワイナリー!

高畠町は県内でも南部に位置し、南は福島県、東は宮城県に隣接する自然豊かな町です。高畠町は、稲作を始め「ぶどう」「ラ・フランス」など農業が盛んに行われており、中でも食味コンクール等で上位入賞をしている「上和田有機米」は、全国的にも認められたブランド米です。高畠ワインでも使用しているシャルドネ品種、デラウェア品種に関しては市町村単位では全国一の出荷量を誇り、高畠町は有機農法の先駆地として多くの方に知られています。

また、高畠ワイナリーへのアクセスの便利なJR高畠駅には山形新幹線も停車し、全国でも珍しい「温泉」のある駅としても有名です。町内には、日本三文殊の亀岡文殊堂、犬や猫を祀る「犬の宮」「猫の宮」、童話でお馴染みの浜田広介記念館など、多くの名所、旧跡が点在しており、毎年多くの観光客で賑わいを見せます。映画「スウィングガールズ」のロケ地としても知られており、今も多方面から注目を集める山形県最大の「町」です。


11/10(日)アップ~蔵出しシャトー・マリ’15最後の再入荷!

甘さと凝縮感がありつつも、アフターにはすっきり感とミネラルが残るよい出来!


 







シャトー・マリ、ミネルヴォワ・シラー・オーガニック’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1700

<あと36本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

263本完売!!!~※次が最後の再入荷となります。
輸入元終売となる銘柄ですので、今後買うこと自体が出来なくなります。
3年間’15を売り続けられたことがそもそも滅多にないことだったのですが、ついに終わり、、、

「2017.1月上旬に飲みました。DIAM1コルク。縁が強く紫がかった非常に濃いルビー色。とても甘くジューシーなアタック、バスケットいっぱいのベリー類を少し砂糖漬けにしたようなインパクトのある甘さ、程よいうまみ、丸いタンニンで意外なことに(特に抜栓直後は)流速が早く、アフターにスッキリさっぱり感がある。酸とミネラルがしっかりしている為、重くべったりしない。黒糖、黒蜜、甘苦系スパイス、わずかにガリグ、土、ミネラルなどの香り。抜栓の次の日もおいしい。ローヌ系特有のコクが出てきたので抜栓直後ほど流速が早くはなくなった。個性あるなぁ」

アルコール14%

シラー85.5%、グルナッシュ14.5%

2002年からエコセール認証あり

2004年にビオディヴァン

2008年からデメテル認証あり

周辺の環境等にも非常に配慮したビオディナミ

天然酵母、無濾過&無清澄


ワイン&スピリッツ誌が選ぶ2016年度 TOP100ワイナリーに選ばれる!



11/14(木)アップ~蔵出し最高賞受賞の’17ラ・クラプ赤も!

11/10(日)アップ~蔵出しクロ・デュ・タンプル’18

世界最高のロゼと言われる入手難銘柄!

7/5(金)アップ~蔵出しジェラール・ベルトラン’17’16ラ・クラプ

素晴らしいワインが出来る上級クリュ<ラ・クラプ>の赤白!

蔵出しジェラール・ベルトラン’15


大量生産でお買い得なだけではない生産者!












 


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Vins(TOP 5/100位!!!)に選ばれる!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!

所有している広大な畑すべてが有機栽培というすごさ!




Gerard Bertrand, CLOS DU TEMPLE '18

ジェラール・ベルトラン、クロ デュ タンプル’18

(南フランス・ランドックルーション・辛口・ロゼ・オリジナル木箱入り・750ml)


税別¥20000

<あと4本>幻の超限定品!

デカンター・オンライン96点!

スペクテーター92点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17.5/20点


AOP Landoc Cabrieres ラングドック カブリエール

グルナッシュ / サンソー / シラー / ヴィオニエ / ムールヴェードル

ラングドックルーションのプレミアムワインのパイオニアであるジェラールベルトラン。異熟したアプリコットや白桃、バラの花、グリーンペッパーのスパイスの香りに、フィニッシュにはほのかなタバコの香り。

8haを7つに分けた区画ごとに、涼しい夜のうちに手摘収穫をし、それぞれ醸造。低温発酵後、8-10度で24時間落ち着かせます。澱につけたまま新樽で6ヶ月熟成。ビオカレンダー果実の日にブレンドを実施。
熟したアプリコットや白桃、バラの花、グリーンペッパーのスパイスの香りに、フィニッシュにはタバコの香りがほのかに感じられます。フレッシュなミネラルを思わせる余韻があります。

この’18が、ファーストヴィンテージ!

◇一説によればロゼ発祥の地とも言われるカブリエール。 この地のワインは1357年のフランス王室による宴の席で太陽王ルイ14世に供されたという記録も残っています。

◇この8haの区画は1224年に テンプル騎士団に与えられ、 そこからクロ デュ タンプル (Temple)という名が付きました。

◇ローマ時代にローマ人がこの地に移り住むと同時にぶどう 栽培も始まり、AD1~2世紀までその歴史をさかのぼることのできる由緒正しい土地です。

◇スレートと石灰岩からなり、標高は240m。南と南西向き斜面 「ロゼワインにおけるプレミアムワインとは何か」を世に示したい。そしてこの土地でならばそれが可能である。これがこのボトルにこめられたジェラール ベルトランの思いです。

◇区画はさらに細かい7つの区画に分け管理。

◇土地の個性を移し取り、美しい酸味をもたらすぶどうを生み出すとジェラールが考えるビオディナミを実践。

◇みずみずしさを損なわぬようぶどうは夜間の手摘収穫。

◇7つの区画をそれぞれ別に仕込む。

◇フリーランの最良の部分を選び、8~10℃でデブルバージュ (この際のSO2は不使用)。その後低温発酵し6ヶ月の樽熟成。 そしてビオディナミカレンダーの”果実の日“にブレンド。

◇青いキャップシール:フランス王室を 象徴する色である鮮やかな青がこの土地 のロゼの歴史を示します。

◇肩の丸まり:寺院にあり巡礼者を迎え入れた ドーム型の天井を意味しています。 肩部分の金色の飾り:畑を囲む丘の稜線を表現。

◇この地に存在した寺院の基底部を表現。





2015年に昇格したばかり!ランドック最高の畑の一つである
AOP Languedoc La Clape
ラングドック・ラ・クラプ



Gerard Bertrand (Chateau L'Hospitalet), Grand Vin Blanc La Clape '17

ジェラール・ベルトラン(シャトー・ロスピタレ)、グラン ヴァン ブラン ラ・クラプ’17

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥3300



輸入元定価・税別¥4,430

<あと8本>絶対おすすめ!

「2019.6月下旬に試飲しました。勝手に赤ワインのクリュだと思っていたら、白もこんなに素晴らしいとは!涼しげなキレではなく、高級感と骨格、厚みと粘性があり余韻が長い偉大な雰囲気を纏ったワインでした。洋ナシ、白桃、少し青いメロン、花などの香り。口に含むとやたら存在感・エネルギーがあり、粘性と余韻に優れている。ヴォリューム感とアルコールが強めですが、当店としては珍しくそれが嫌じゃないというかむしろこのワインの個性に合っているという印象でまろやかで分厚いうまみエキスからのアフターの戻り香には華やかさを残す完成度の高さ。苦みは控えめでとてもキメ細かく心地よい。実際にじっくり飲み続けていても全然飽きが来なかった。なんと抜栓の1週間後まで落ちない!」

アルコール14.5%

デメテルとユーロリーフあり!

AOP ラ・クラプ

ブールブーラン 40%, ルーサンヌ 30%, ヴェルメンティーノ 20%, ヴィオニエ 10%

ラングドックルーションのプレミアムワインのパイオニアであるジェラール・ベルトラン。地中海の気候を存分に感じられる、ジェラール・ベルトランのフラッグシップとも言えるワインです。

各品種は、最適なタイミングで全て手摘みで収穫されます。収穫された後、空気圧プレスによって丁寧にプレスにかけられ、品種ごとに樽で醗酵を行います。その後7-8ヶ月間、樽による熟成を行います。
柑橘系の果物、梨や花梨、アニスなどのハーブと炒ったヘーゼルナッツの、いきいきとして力強いアロマ。ミネラル感や、白胡椒、火打石を思わせる味わい、余韻にはアカシアのハチミツのニュアンスが感じられます。
(輸入元資料より)




Gerard Bertrand (Chateau L'Hospitalet), Grand Vin Rouge La Clape '17

ジェラール・ベルトラン(シャトー・ロスピタレ)、グラン ヴァン ルージュ ラ・クラプ’17

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥3300



輸入元定価・税別¥4,430

<あと6本>

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年度 トロフィー・ゴールド97点!
さらにフランス産赤ワイン部門チャンピオン・レッドも受賞!!!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)17/20点!

アルコール15.5%

デメテルとユーロリーフあり!




Gerard Bertrand (Chateau L'Hospitalet), Grand Vin Rouge La Clape '16

ジェラール・ベルトラン(シャトー・ロスピタレ)、グラン ヴァン ルージュ ラ・クラプ’16

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥3300



輸入元定価・税別¥4,430

<あと8本>

パーカー92点!(2019~2025年)

スペクテーター92点!(NOW~2025年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点

アルコール15%

2019.11.5
International Import Expo 上海にて
フランスのマクロン大統領と中国の習近平主席が飲んだワイン

ヴィンテージまで同じ’16。他のワインはすべてもっと高価な銘柄

AOP ラ・クラプ

シラー 60%, グルナッシュ 30%, ムールヴェードル 10%

’15 パーカー91点

’15 スペクテーター92点

ラングドックルーションのプレミアムワインのパイオニアであるジェラール・ベルトラン。地中海の気候を存分に感じられる、ジェラール・ベルトランのフラッグシップとも言えるワインです。

各品種は、最適なタイミングで全て手摘みで収穫されます。収穫された後、数時間寝かせた後に、除梗をし、品種ごとに醸造。20-25日間の醸しを行い、冬の終わり頃に225Lの樽に移し12-16ヶ月間熟成。
スパイスや、イチゴなどの赤系果実の凝縮したアロマ。なめらかでシルキーなタンニンと、果実味あふれる味わいが口いっぱいに広がります。
(輸入元資料より)





GERARD BERTRAND, TERROIR LANGUEDOC '15

ジェラール・ベルトラン、テロワール・ラングドック’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥2000

<あと6本>おすすめ!

パーカー90点
(2017~2020年、ワイン・アドヴォケイト230号)


「2019.3月中旬に飲みました。’15であっても例年通りのバランスで味わいも酸があり甘さ控えめ。よく凝縮して緩くない果実味、タンニンは少なくないがほぼ溶け込んだ飲み頃NOW~。凝縮した黒い実の果実、ガリグ、わずかに甘苦系スパイスを含む数種類のスパイスなどの香りで樽は控えめ。抜栓の次の日も甘くならずに緩くなくおいしいコク。抜栓の2日後もまったく落ちない。本来ならちょっと値上がりのところをEPA値下がりで’14と同じ価格に出来ました!」

アルコール14%




GERARD BERTRAND, TERROIR LANGUEDOC '14

ジェラール・ベルトラン、テロワール・ラングドック’14

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥2000

<売り切れ>おすすめ!

スペクテーター90点(NOW~2022年、
Smart Buys! & <Big Reds>部門 100 Top Value of 2016に選ばれる!!!)

パーカー86~88点(2016~2018年、ワイン・アドヴォケイト224号)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

32本完売。ありがとうございました~※’14は再入荷不可能!

「2018.2月下旬に飲みました。レゼルヴ・スペシャル・シリーズよりもやはり品質も個性もありました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。凝縮したブラックベリー、甘苦系スパイス、ガリグ、ほのかなクドさのないヴァニラとシナモンなどの香り。凝縮した果実味、タンニンの質がよく、酸とミネラルも低くない飲み頃NOW~。香りに甘さあるが、味わいは甘さ控えめで、アフターに塩を含むミネラルが残り大量生産型の味わいではなく、まるで小規模優良ドメーヌのような印象。抜栓の次の日も非常においしい。やはりタンニンの質がとてもよい」

アルコール13.5%

基本的にシラー約70%、グルナッシュ約30%

2種類のブドウ品種はそれぞれ最適なタイミングに手摘みで収穫。シラーは全房、グルナッシュは100%除梗し、理想とするアロマと滑らかでタイトなテクスチャーを得るために各タンクごとに注意深く醸造。ワインの一部は225Lのボルドー樽に移され、約10ヶ月熟成後、数ヶ月寝かせてから出荷されます。スパイスやハーブ、甘みを感じる凝縮した果実味を備え、ふんだんに使われた樽のニュアンスを感じる、高級感ある味わいです。

父から畑を受け継ぐブドウ栽培家でありながら、元ラグビー仏代表という異例のバックグラウンドを持つジェラール・ベルトラン氏がラグビー引退後、本格的に家族経営のワイナリーを設立。ラングドック・ルーションエリアへの明確なビジョンを持ち、30年にわたりパイオニアかつベンチマークとして活躍しています。ブランド、卓越性、陽気さ、そしてイノベーションの価値を具現化し、現在では14のドメーヌを所有。多岐に渡るブランド展開を行い、世界160カ国に輸出して名声を得ています。

ラングドック・ルーションに所有する6つのドメーヌ(600ha)をビオディナミに変換をしており、残りの8ドメーヌも今後、ビオディナミに変換を予定しています。
買いブドウでも異例の長期契約で変換推奨&サポートをしており、今後もオーガニック、ビオディナミ認証取得を行う予定です。
(輸入元資料より)


11/10(土)アップ~蔵出しドメーヌ・オリヴィエ・ジュアン’16

’16のみの特別な内容!






 


2017年2月に札幌で
オリヴィエ・ジュアンさんにお会いできました~!

フランス人とは思えないほど畑仕事に熱心で、土日も働き、バカンスは年に10日間程度しかとらないとか!
この時点で全房発酵比率10~15%と聞きました
年によって茎のカリウムがブドウの尖った酸を和らげる効果を狙う意図もあるそうです。
すべてのワインに一貫性があり、優しい複雑性としっかりしたミネラル。樽は香りにも味わいにもほとんど感じない。数年前までよりやさしいが、余韻は伸びる印象でした。




Domaine Olivier Jouan, Morey-Saint-Denis 1er Cru Vieilles Vignes '16

ドメーヌ・オリヴィエ・ジュアン、モレサンドニプルミエクリュVV‘16(辛口赤)

税別¥11000

<あと14本>絶対おすすめ!

リアルワインガイド64号 92・94点!

10本完売。

「2019.10月に試飲しました。例年よりむしろ厚みと複雑性が上がって、素晴らしい出来でした。やはり単一畑がすべてではなく、要はバランスなのか?と考えさせられる逸品!樽はいつも通りほとんど感じないくらいよく溶け込んでおり、バランスよく、余韻が長い。例年のピュアさエレガンスと多いうまみとミネラルはそのまま、なめらかでタンニンの質がとてもよいのですぐ飲むことも全然可能です」

アルコール14%

※あまりにも生産量が減ったので
1級畑リュショットVVとリオットVVをこの年のみブレンドしてリリースしたもの!

ブレンド比率は「ラ・リオット」約40%、「レ・リュショ」約40%、「レ・シャリエール」約20%
(「レ・シャリエール」は栽培面積が0.05haと小さく、通年は自家消費用にしたり、「モレ・サン・ドニ クロ・ソロン」にブレンドしたりしています)

樹齢約50年~62年!

新樽比率40%で20ヶ月間樽熟成


1999年からビオロジー栽培!

4世代に渡って受け継がれるマサル・セレクション
(かなりの手間を何年もかけているということです!)

天然酵母のみで発酵。2013年ヴィンテージ以降、(樽香をより控える意図で)100%レモン社製の樽を使用。澱引きはビン詰め前に1回のみ。SO2の使用は最小限
(輸入元資料より)


11/4(月)アップ~蔵出しドニ・モルテ’17上級品

さらに激うまアルノー・モルテ’16再入荷!

実質ドメーヌ的ネゴシアン部門も輸入開始です!

 





 

現在は、子息のアルノー・モルテ氏が運営

ドニが父シャルルからドメーヌを継いだのは1991年、35歳のときでしたが、アルノーも1997年からメオ・カミュゼ、ルフレーヴ、オーストラリアなどブルゴーニュ以外で研修~さらにドニのもとでも4年間ほどしっかりと修業を積んでいます。母親のローランスも手伝ってくれているそうです。

『 アルノー・モルテ氏がまじめに一生懸命働いているのが非常に好印象でした。明らかに昔より色調が明るく、樽香も控えめエレガント&フィネス路線にスタイル変化しており、当店の好みに近づいたため久しぶりの入荷となります。昔、「濃すぎて好きではない」と感じた方もこれなら問題ないでしょう!樽はフランソワ・フレール社のもの(高価で上質)だけを使用。今欲しい畑はシャンボールミュジニィとヴォーヌロマネだそうです。(2009.10月当店ドメーヌ訪問時) 』

 

『 2009.10月当店ドメーヌ訪問時にずらっと試飲しましたが、’08は全部マロラクティック醗酵が終わっていない段階で酸が強く、バランスも落ち着いていない状態でのバレル試飲でしたので、それほど参考にはならないかもしれません、、、 』




2016.1月下旬やっとアルノー・モルテさんにお会いできました。うちの両親は2009年にお会いしていますが僕は初めてでした。また懲りずに眠そうな顔で写ってしまった、、、これでも起きてます(笑)当然ながらもう完全に立派な当主としての雰囲気があり、ワインも上質!凝縮感とミネラルと深みと骨格はしっかり、試飲が’13だったのでヴィンテージの影響もありますが、樽と抽出はつい数年前よりもさらに少し控えめになっており、DUJACやピエール・ダモワあたりよりもエレガント。色も昔黒っぽかったが、今は赤色の方が強い。いつも小粒で凝縮したブドウがとれるとのこと。’13で全房発酵比率20%くらい

現在では、化学肥料、殺虫剤、除草剤には頼らない基本的にビオロジック栽培



当店在庫のドニ・モルテは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!




ドニ・モルテ、ブルゴーニュ・ルージュ・ノーブルスシュ’17

特価・税別¥5600

<あと3本>限定品!

バーガウンド・コム 86~89点(Outstanding Top Value!)

樹齢約35年
『 興味深いのが赤、白のACブルゴーニュ。ワインは本拠地ジュヴレの周辺の区画からではなく、ディジョン市のすぐ北西にあるデ――Daix――の村の標高400メートル以上の斜面からつくられる。(輸入元資料より) 』




ドニ・モルテ、フィサンVV’17

特価・税別¥7200

<あと12本>超限定品!

デカンター・オンライン92点!(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 88~91点!(Outstanding!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点

2004年からフィサンの生産を始めた面積は0.32ha。
2011年3月9日に50アール新規で畑を買ったので、今までの30アールと合わせ80アールの所有になった。
30アールはAC北側で新規の50アールはAC南側。北側の樹齢は70年。




ドニ・モルテ、ジュヴレシャンベルタン・メ・サンク・テロワール’17 750ml

税別¥9600

<あと11本>絶対おすすめ!
限定品!

デカンター・オンライン93点!(ティム・アトキン)

パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 87~89点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding!)


「2019.10月上旬に試飲しました。エレガントな飲みやすいジュヴレではなく、あくまで力強くクラシックなジュヴレだが、予想していたほど固くなくあとちょっとで飲めてしまいそう。’17としては果実味豊かでコクとグリップがしっかり。酸とタンニンの質もよく、余韻が長い。この銘柄は値上がりし過ぎていないお買い得感があり、満足度は1級レベル。樽も強くはない」




ドニ・モルテ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ’17

特別価格・税別¥21000

<あと6本>超限定品!

デカンター・オンライン95点!!!(ティム・アトキン)

パーカー90~93点(William Kelley)

VINOUS 92~94点!(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88~91点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

4つの1級畑ベレール、シェルボード、シャンポネ(Champonnet)、プティ・シャペルのブレンド
(※おそらく’17は一番生産量の多い0.2793haシャンポネだけ独立してリリースできたので、混ざっていないでしょう。)




Gevrey-Chambertin 1er Cru Les Champonnet '17

ドニ・モルテ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・レ・シャンポネ’17

税別¥23000

<あと3本>幻の超限定品!

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~92点


滅多に単独では造られません!




Gevrey-Chambertin 1er Cru Champeaux '17

ドニ・モルテ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・シャンポー’17

税別¥26000

<あと6本>超限定品!

パーカー91~93+点(William Kelley)

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

Les Champeaux

有名で人気のあるクロサンジャックよりもシャンポーやカゼティエの方が優れた畑だと考える方もいます

『 ジュヴレ・シャンベルタンの北端に位置する1級畑。北の丘なので1級だが、クロ・サン・ジャックやカズティエと同様、特級に匹敵するとされる。この畑は馬で耕作。色調からして深みがあり、香りはブラックベリーやダークチェリーなど黒い果実が主体。味わいの凝縮感も高く、緻密なタンニンがストラクチャーを構成する。スパイシーな余韻が止めどなく続く。 (輸入元資料より) 』




ドニ・モルテ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・ラヴォーサンジャック’17

税別¥30000

<あと6本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております

デカンター・オンライン96点!!!(ティム・アトキン)

パーカー92~94点(William Kelley)

VINOUS 93~95点!(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18.5/20点

『 コンブ・ド・ラヴォー(ラヴォーの谷)の入り口に位置する1級畑。斜面は真南を向き陽当たりのよい反面、谷を流れる冷たい風が夜間の気温を押し下げる。これにより凝縮感がたっぷりで複雑、タイトで酸のバランスに優れたジュヴレ・シャンベルタンを生み出す。 (輸入元資料より) 』




ドニ・モルテ、クロヴージョ’17

特別価格・税別¥48000

<あと1本>超限定品!

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

パーカー91~93点(William Kelley)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~94点


樹齢約60年以上!

通常の年で1500本程度の生産量

『 クロの北東端。標高240mの斜面下部だが、しっかりとした凝縮感と奥深さを備え、黒い果実と甘草のスパイシーさ。それに土っぽいニュアンスが複雑に絡み合う。タンニンは緻密で堅牢なストラクチャー。長期熟成型の偉大なるワイン。 (輸入元資料より) 』




ドニ・モルテ、ボンヌマール’17

税別¥83000

<あと1本>幻の超限定品!
初入荷!

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

パーカー92~94点(William Kelley)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92~94点


わずか0.35ha
生産量:800本程度のみ

樹齢70年!

ユドロ・バイエなどと同じ『 Terres Blanches 』側の区画

全房発酵比率約30%






ここも’16は春の遅霜で生産量大幅減ですが、出来は素晴らしいとのことです。
新たにドメーヌ的ネゴシアン開始!すごい畑がたくさん!
’15’16は例年より全房発酵比率増やしているはずです。



アルノー・モルテ、ジュヴレシャンベルタン’16

税別¥8400

<あと2本>絶対おすすめ!
初入荷の超限定品!

スペクテーター94点!(2022~2036年)

VINOUS 90~92点

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

22本完売。

「2019.10月上旬に試飲しました。抜栓直後だけ固いが、食事があれば気にならないレベルで非常においしい。別区画の実質ドメーヌものだけに満足度の高さはメ・サンク・テロワールと変わらない印象。凝縮感、骨格、深み、低くない酸とミネラルがあり、程よく溶け込みつつあるまったく邪魔しない樽でタンニンは多いがその質が素晴らしい。価格を考えても非常によい。予想以上の出来!」




アルノー・モルテ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・ラヴォーサンジャック’16

税別¥22000

<あと10本>初入荷の超限定品!

ドニ・モルテ名義もございますので、ご注文の際は正確に明記くださいませ。
再入荷不可能!

VINOUS 90~93点

実質自社畑となったらしいのですが、ドニ・モルテ名義とは違う場所の畑です。


 


11/4(月)アップ~蔵出しキャロリーヌ・モレ’17レ・シャン・ガン・ブラン

’14からの新ドメーヌ!



※↑画像はサントネです。






 



Caroline MOREY, Chassagne-Montrachet 1er Champs Gains Blanc '17

キャロリーヌ・モレ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・レ・シャン・ガン’17

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥9600

<あと10本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 89~92点

「2019.10月上旬に試飲しました。果実味、骨格、酸とミネラルすべて上質でバランスもよい。わずかにまだ固いが温度を上げればまぁ飲めてしまうくらいで余韻も長い。早期酸化劣化に気をつけているが、還元的にはなり過ぎていない印象。樽はやや控えめで質感がよく、厚みがありつつ焦点が定まっておりまだ少しお買い得感のある優れた1級」

アルコール13%
ロウキャップ

’16 VINOUS 90点(ステファン・タンザー)

’14 VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ)

ジャン・マルク・モレイの娘、カロリーヌの個人ドメーヌ

カロリーヌ・モレイはシャサーニュ・モンラッシェの銘醸ドメーヌ、ジャン・マルク・モレイの娘であり、なおかつ、マルク・コランの息子であるピエール・イヴ・コランの奥方。ピエール・イヴとは共同で、シャサーニュ・モンラッシェにドメーヌ・ピエール・イヴ・コラン・モレイを運営しているが、この度は父ジャン・マルク・モレイの畑を相続。2014年ヴィンテージからカロリーヌ・モレイ名義でワインを造り始めた。

 ラインナップも豪華で、グラン・クリュこそないものの、シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュのシャン・ガン、レ・ショーム、レ・カイユレを揃える。シャン・ガンは白だけでなく、赤も造っている。ピエール・イヴ・コラン・モレイにもシャン・ガンとレ・カイユレがあるから、両者がどのように異なるのか気になるところ。両ドメーヌとも2014年にシャサーニュに建てられた新しい施設を利用し、夫婦共同で醸造している。

ピエール・イヴ・コラン・モレイでは、1990年代末から2000年代初頭にかけて大きな問題となったプレマチュアオキシデーション(熟成前の早期酸化)を避けるため、熟成中のバトナージュを止め、また樽の大きさも伝統的な228リットルより一回り大きい350リットルを用いることでできる限り還元的な醸造を心がけてきた。カロリーヌ・モレイ名義のワインもこれに準じ、コルクを打った後は蝋封を施し、瓶詰め後の酸化も徹底的に抑えている。

このような造りのため、ピエール・イヴ・コラン・モレイのワイン同様、若いうちは硬く、閉じて気味に感じられるが、ワインに十分空気と触れさせることで開いてくる。なによりそのピュアなミネラル感と、縦に伸びる余韻の長さに驚かされるだろう。
(輸入元資料より)


11/4(月)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・グザヴィエ・モノ’15



※画像は、ムルソー・ル・リモザンです。


 




Xavier MONNOT, Meursault Les Chevalieres '15

グザヴィエ・モノ、ムルソー・レ・シュヴァリエール’15

特価・税別¥7000



輸入元定価・税別¥9,100

<あと12本>おすすめ!

スペクテーター94点!(NOW~2025年、Highly Recommended!)

ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

48本完売!!!

「2018.10月中旬に試飲しました。今は少しだけ樽香が強いが、酒質がしっかり果実と厚みコクがあるよい出来。樽のニュアンスに関するお好み次第では今すぐ開けてもおいしく楽しめるでしょう。冷やし過ぎないほうがおいしい。数年の瓶熟成でミネラル感がもっと前に出てくるかも」

収穫は全て手摘み。
最初から極力透き通った果汁を得るため2ー3時間かけてゆっくりとブドウを圧搾。デブルバージュの後に重力で果汁を樽に移し、天然酵母のみで発酵。

斜面の上部・中腹・下部にそれぞれ畑を所有し、各区画を別々に醸造して瓶詰め前にブレンドすることでテロワール全体の特徴が表現されている。岩が多く含まれている土壌のため、塩味のようなミネラル感が楽しめ、余韻も長い。



モダンとクラシックが調和した
1723年創業の老舗ドメーヌ

グザヴィエ・モノは実質的に、1723年から続くムルソーの老舗ドメーヌ、ルネ・モニエ。ルネ・モニエの孫娘の婿にあたるグザヴィエが10代目を継承した。

5歳で父を亡くしたグザヴィエはブドウ栽培とワイン醸造を学び、2004年にドメーヌ入り。モニエ家が代々受け継いできた17haのブドウ畑を耕作。18の異なるアペラシオンを醸造している。本拠地であるムルソーのほか、ピュリニー・モンラッシェ、ボーヌ、ポマール、ヴォルネイ、モンテリー、サントネイやマランジュまで広がり、白6割、赤4割の比率である。

ブドウ栽培は徹底した耕起と、早めの収量制限がモットー。畝間に雑草が生えないよう頻繁に耕して土壌を柔らかくし、4月には芽かきをして収量を抑える。

白ワインの醸造は、ブルゴーニュでは珍しく全体の90%を除梗。3時間かけて搾汁し、一晩デブルバージュした後で樽発酵、樽熟成。新樽率はヴィラージュで25%、プルミエ・クリュで30%を超えるくらい。熟成中にバトナージュを行う。

若いうちからとっつきやすい一方、熟成にも耐え得るワインをグザヴィエは目指している。白は凝縮した果実味とピュアなミネラル感を引き出し、赤は豊かな果実にキメ細かくシルキーなタンニンを紡ぐ。モダンさとクラシックな趣きがうまく調和した造りと言えるだろう。 (輸入元資料より)


11/8(金)アップ~蔵出しラ・ネルト’16

大当たり年’16の中でも特に成功した銘柄!!!






 



La Nerthe, Les Cassagnes AOP Cotes du Rhone Villages Rouge 2016

ラ・ネルト、<レ・カサー二ュ> コートデュローヌ・ヴィラージュ・ルージュ’16

(フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥2200

<あと9本>絶対おすすめ!

パーカー91点!(2018~2022年)

Wine Enthusiast 89点

スペクテーター88点(NOW~2020年)


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

28本完売。~※あと1回再入荷が決まっております。

「2019.10月下旬に飲みました。縁が紫がかった濃いルビー色。ガリグ、黒蜜、かりんとう、黒糖ドーナツ棒、甘苦系スパイス、甘草、ヨードなどのよい香り。アタックのみほのかな甘みあり、果実味豊かでよく凝縮して厚みコクある程度ありつつ、’16らしく酸が低くない上にコンディションがよいのであくまでフレッシュでバランスよく流れる。フルーツ感も新鮮!ブドウの旨味があり、たっぷりの果実なのに緩くなく、アルコールの浮きもないという傑出銘柄。明らかに大幅に価格を超えた満足度で、個人的には上記評価が低すぎるように感じられる。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい。点数評価は好みじゃありませんが、この内容でコンディションが非常に良いことまで考慮すると90点以下はありえないですね」

アルコール14%

グルナッシュ60%、シラー30%、ムールヴェードル10%

砂、粘土、石灰岩などの様々な土壌

ユーロリーフ、ABマークあり!

’15 パーカー88点

除草剤は昔からずっと一切使用していない

シャトー・ラ・ネルトの歴史は1560年に遡ります。そのシャトーはシャトー・ヌフの中で最も優美な建造物で、1760年に建立されました。90ヘクタール以上に及ぶ大きなブドウ畑には波乱に富んだ歴史がありますが、1985年にリシャール・ファミリーの所有となり、アラン・デュガがワイン造りを手掛けるようになってから、その真の可能性が脚光を浴びるようになりました。有能なアラン・デュガの手により、その雄大な背景にふさわしいワインを造りが甦りました。

有機農法(1998年Ecocert認証取得)の実践、近代的なステンレスタンクと古くからのセメントタンクを併用した醸造により、テロワールの特徴を表現する精緻なワインが造られています。土壌はごろごろとした岩に粘土と砂の混じったローヌ川の斜面にあり、ブドウ栽培には難しい環境ですが、岩が日中に熱を蓄積し夜ブドウの樹を温めるので、ブドウは良く熟します。また、水はけが良いので病害を防止することができます。
2008年にアラン・デュガが退任した後は、新たな醸造責任者としてクリスチアン・ヴォーが選任され、シャトーの歴史と伝統の新たな継承者として、ワイン造りに力を注いでいます。
(輸入元資料より)


11/3(日)アップ~蔵出しボーカステル’16シャトーヌフデュパプ・ルージュ











 


2016.11月に札幌で
Francois Perrin氏にお会いすることが出来ました~!

もの静かな紳士だけどワインに関して語ると熱い方でした。
買いブドウのラ・ヴィエイユ・フェルム、自社畑のファミーユ・ぺランも高品質。
シャトー・ド・ボーカステルの出来には圧巻!凝縮して深く、決して濃いだけではないのでこれはアメリカ人でなくとも皆絶賛せざるを得ないというもの。
コート・デュ・ローヌ・ルージュ(クードレ・ド・ボーカステル)がすでに出来の良いシャトーヌフデュパプの香りと味わい!


ワイナート63号フランス偉大なる造り手南編10人に選ばれる!!!







La Famille Perrin, Merchant's Chateauneuf-du-Pape '16 (France, Rhone)

ファミーユ・ペラン、マーチャンズ・シャトーヌフデュパプ・ルージュ’16

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥5000

<あと1本>絶対おすすめ!

※この銘柄2本以上のご注文にて沖縄以外日本全国ドライ便1箱分無料!
(クール代は通常通り1箱税込¥500かかります。)

「2019.6月上旬に飲みました。ほとんど同じ畑でもクードレ’16とは結構違う香りと味わい。サンソーがブレンドされていないこともあるのか?よりタンニンと甘苦コクが強い黒蜜風味。この銘柄はたぶん寝かせてもピノノワールっぽくはならないと思うが非常においしい。如何にも酸が低過ぎない当たり年のシャトーヌフというかなり凝縮したブラックベリー、ガリグ、黒蜜、甘苦系スパイス、革、土などの香り。味わいもかなり凝縮しつつ粘性が感じられ、フレッシュ感と酸は残っており旨味を伴う甘苦コクが複雑なまとまりをみせる飲み頃NOW~。アフターの最後にグリップ感があり、非常にコクがあるが、タンニン自体は溶け込んでいる。そしてヴォリューム感はあるが、アルコールの浮きはない。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール14.5%

品種:基本的にグルナッシュ 60%、シラー20%、ムールヴェードル 20%
畑: 石灰岩主体のごつごつした土壌
醸造: 基本的にフードルでの伝統的な醸造、18 ヶ月熟成

The Wine Merchant’s Range / ワインマーチャンツレンジ

ワインは、テロワールの個性や生産者のスタイルを明確に表現するよう造られています。優れたワイン生産者とのゆるぎない信頼関係により、輸入元に在籍するマスター・オブ・ワイン(MW)率いるバイヤー陣がテイスティングを重ね、厳選した結果、価格以上の価値を実感していただけると自負しています。
コンセプトはそのままに、より現代的なスタイル、かつお手頃な価格で造られたのが「ワインマーチャンツレンジ」。





Chateau de Beaucastel, Chateaudeuf-du-Pape Rouge '16

シャトー・ド・ボーカステル、シャトーヌフデュパプ・ルージュ’16

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥11000



輸入元定価・税別¥15,000

<あと10本>超限定品!

ジェームス・サックリング 99点!!!

最新パーカー97点!!!(2019~2040年、
Joe Czerwinski、ワイン・アドヴォケイト238号)

Jeb Dunnuck 96+点!

スペクテーター97点!!!
2019年度TOP 6/100位に選ばれる!!!
(Collectibles!、2023~2040年)

デカンター・オンライン96点!

VINOUS 93~95点(Joe Raynolds)

ジャンシス・ロビンソン18/20点!

Jeff Leve 98点!


MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版18.5/20点+クー・ド・クー!!!

’16のブレンド比率
Grenache : 30%
Mourvedre : 30%
Syrah : 15%
Counoise : 10%
Cinsault : 5%
Vaccarese, Terret Noir, Muscardin, Clairette, Picpoul, Picardan, Bourboulenc, Roussanne : 10%

全13品種すべてが1960年代から50年以上ずっと有機栽培!!!

ドメーヌも’16は大当たり年と公言しており、かなり凝縮している上に酸があるので個人的にはどう考えても’07’10’15よりさらによい年だと感じています。




Chateau de Beaucastel, Chateaudeuf-du-Pape Rouge '15

シャトー・ド・ボーカステル、シャトーヌフデュパプ・ルージュ’15

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥11600



輸入元定価・税別¥14,000

<あと12本>超限定品!

※1回だけ再入荷できましたので
20190223 全条件撤廃しました!

最新パーカー96点!(2018~2035年、
Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト233号)

パーカー93~95点(Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト227号)

スペクテーター97点!!!(Collectibles!、2020~2045年)
さらに2018年度TOP100第18位に選ばれる!!!

ジェームス・サックリング 97点!

デカンター・オンライン95点!(2025~2035年)

ファルスタッフ 94点

VINOUS 93~95点

ゴーミヨ誌17/20点

ジャンシス・ロビンソン18/20点!


MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17/20点

’15のブレンド比率
Grenache : 30%
Mourvedre : 30%
Syrah : 10%
Counoise : 10%
Cinsault : 5%
Vaccarese, Terret Noir, Muscardin, Clairette, Picpoul, Picardan, Bourboulenc, Roussanne : 15%

全13品種すべてが1960年代から50年以上ずっと有機栽培!!!





Chateau de Beaucastel, Chateaudeuf-du-Pape Rouge Oenotheque '08

シャトー・ド・ボーカステル、シャトーヌフデュパプ・ルージュ・エノテーク’08

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥15000

<あと5本>超限定品!

※再入荷不可能!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

下記評価はただのシャトーヌフデュパプに対するものです。

Jeb Dunnuck 92点(2011年9月試飲)

最新パーカー90点(2010~2020年、
ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト191号、2010年10月試飲)

スペクテーター93点(NOW~2024年)

インターナショナルワインセラー91点(2011年3月試飲)

Jamie Goode 95点!(2014年9月試飲)

ジャンシス・ロビンソン16.5/20点(2009年11月試飲)

ゴーミヨ誌18.5/20点!

ワイナート63号 90点

MVF(旧クラスマン)2011年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17/20点

’08のブレンド比率
Cinsault : 5%
Counoise : 10%
Grenache : 30%
Mourvedre : 30%
Syrah : 10%
Vaccarese, Terret Noir, Muscardin, Clairette, Picpoul, Picardan, Bourboulenc, Roussanne : 合わせて15%




Chateau de Beaucastel, Chateaudeuf-du-Pape Rouge Oenotheque '98

シャトー・ド・ボーカステル、シャトーヌフデュパプ・ルージュ・エノテーク’98

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥23000



輸入元定価・税別¥30,000

<あと12本>超限定品!

※再入荷不可能!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

下記評価はただのシャトーヌフデュパプに対するものです。

ワイナート63号 95点!

Jeb Dunnuck 93点(2015年8月試飲)

パーカー92点(ロバート・パーカー、
ワイン・アドヴォケイト189号、2010年6月試飲)

スペクテーター95点!
(NOW~2027年、2007年1月試飲)

インターナショナルワインセラー93点(2001年1月試飲)

Wine Enthusiast 96点!!!(2001年12月試飲
、偉大な年で20年は熟成する)

ジャンシス・ロビンソン18/20点(2012年10月試飲)


Jamie Goode 94点!(2013年8月試飲)

’98のブレンド比率
Cinsault : 5%
Counoise : 10%
Grenache : 30%
Mourvedre : 30%
Syrah : 10%
Vaccarese, Terret Noir, Muscardin, Clairette, Picpoul, Picardan, Bourboulenc, Roussanne : 15%

リリースから18年経過のドメーヌ・エイジングもの!!!
ラヤスだけではなく、優れたバランスのよいシャトーヌフは、長く寝かせるとブルゴーニュのようになることが多い!

<エノテーク>は、ドメーヌの理想的な地下セラーで熟成させてからレイト・リリースされる特別な銘柄!




Chateau de Beaucastel, Coudoulet de Beaucastel Blanc '15

シャトー・ド・ボーカステル、クードレ・ド・ボーカステル・ブラン’15

(南ローヌ・辛口白)


特価・税別¥3900



輸入元定価・税別¥5,000

<あと16本>絶対おすすめ!

パーカー87点(2016~2018年、ワイン・アドヴォケイト227号)

スペクテーター91点(NOW~2021年)

Wine Enthusiast 89点


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
『 非常においしかった赤よりもさらに白の方がおいしくてびっくり!!! 』
などなど

20本完売。~※’15は再入荷不可能!

「2019.3月上旬に飲みました。本当に素晴らしい華やかな香りで味わいも平均以上。その上、個性がある飲み頃NOW~。やや濃いイエロー。まずはっきりと強い花とビスキュイのトップノーズで、それこそ上品な甘さの高級焼き菓子そのままの香り!他にも洋ナシ、オレンジ、グレープフルーツ、アーモンド、バタークリームなどの香りも含まれ華やか~。アタックはそれほど力強さと厚みを感じないが、みずみずしく、超キメ細かな苦みと塩味が感じられアフターの最後には少し焦がしバターの極めて心地よい戻り香あり!冷やし過ぎないほうがおいしく、飲み始めて20分くらいでオレンジの香りが前に出てくる。濃厚な味わいではないが、心地よさのレベルが凄い。アルコールの浮きもなく好印象。なんと抜栓の1週間後までまったく落ちない!」

アルコール13%

’15は、マルサンヌ30%、ヴィオニエ30%、ブールブーラン30%、クレレット10%

良いブドウだけを厳選しながら手摘みで収穫。空気圧を使ったプレスで圧搾し澱引き。

発酵は一部オーク樽で、残りはステンレスタンクで行います。8ヶ月間オーク樽とステンレスタンクで別々に熟成させた後、ブレンドして瓶詰。




Chateau de Beaucastel, Coudoulet de Beaucastel Rouge '16

シャトー・ド・ボーカステル、クードレ・ド・ボーカステル・ルージュ’16

(南ローヌ・辛口赤)


特価・税別¥3500



輸入元定価・税別¥4,500

<あと2本>絶対おすすめ!

最新パーカー92+点!(2018~2030年、
Joe Czerwinski、ワイン・アドヴォケイト238号)

パーカー91~93点
(Joe Czerwinski、ワイン・アドヴォケイト233号)

Jeb Dunnuck 92点!

ジェームス・サックリング 94点!!!

デカンター・オンライン92点!(2018~2023年)

ジャンシス・ロビンソン17.5/20点!!!


MVF(旧クラスマン)2019年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

「2019.6月中旬に飲みました。縁が紫がかった予想より濃いルビー色。抜栓直後の香りはまだ少し固く閉じ気味だが、味わいは既に抜群に開いており、果実味豊かでブドウの旨味がかなり凝縮して分厚いエキスとコクのある長い余韻。タンニンは多いが丸く溶け込みつつあり、酸が低過ぎない。最初は甘苦系スパイス、ガリグ、珍しくフミーリアのモナストレル的な風味も。’15と違って今はまったくピノノワールっぽいエレガンスはない(税別¥6,000のシャトーヌフデュパプの味)がやさしさとなめらかさの片鱗はある。熟成のポテンシャルが高いのでまだ変化する。抜栓の次の日何故か?香りも味わいも閉じた、、、その後は抜栓の2日後非常においしく、抜栓の6日後までわずかに落ちる程度で非常に楽しめた。かなりのお買い得品!」

アルコール14.5%

’13’15よりお安く設定してみました~!!!

待望の大当たり年!

’16のブレンド比率
Grenache : 40%
Mourvedre : 30%
Syrah : 20%
Cinsault : 10%

手摘み
フードルで6ヶ月熟成




Chateau de Beaucastel, Coudoulet de Beaucastel Rouge '15

シャトー・ド・ボーカステル、クードレ・ド・ボーカステル・ルージュ’15

(南ローヌ・辛口赤)


税別¥3800



輸入元定価・税別¥4,500

<あと4本>

ワイン&スピリッツ誌 93点!!!

パーカー92点!(2017~2025年、
~So complex, lush and rich, it can compete with many producers' Chateauneufs.
Jeb Dunnuck 、ワイン・アドヴォケイト233号)

スペクテーター91点(NOW~2020年)

Wine Enthusiast 91点(2025年くらいまで)

デカンター・オンライン90点(2017~2022年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

20本完売。

アルコール14%

’13から値上がりなし!

’15のブレンド比率
Grenache : 40%
Mourvedre : 30%
Syrah : 20%
Cinsault : 10%

手摘み
フードルで6ヶ月熟成

シャトー・ドゥ・ボーカステルの所有する土地の一部で、道路を挟んだ最も東の部分に30ヘクタールの畑が広がります。土壌はボーカステルと同じ、アルプスの洪積層に覆われた中新世(第三紀)の海洋性砂岩。

ブドウは手摘みされ、ワイナリーで選別されます。ブドウの果皮は、果実のまま80度まで加熱後、20度まで冷却されます。マセラシオンはコンクリート・タンクで12日間行われます。自然に流れ出たジュースは分離され、残りの果実は空気圧のプレス機に掛けられます。それぞれのぶどうは別々に発酵され、マロラクティック発酵の後にブレンドされます。6ヶ月間大きなオーク樽の中で熟成させ、卵白での清澄後、瓶詰めされます。
(輸入元資料より)

非常に深い赤色でカシスやマルベリーのアロマがありスパイスやタバコのヒントも。大変凝縮しておりドライでまろやか。タイムやリコリスを思わせる味わい。グルナッシュとサンソーがワインに色・強さ・ソフトさを与え、ムールヴェードルとシラーが熟成感と深いクラシックな印象を与えています。シチューやローストしたお肉と一緒に。
(輸入元さんコメント)



ず~っと昔から有機栽培、かなりの古樹主体

シャトー・ドゥ・ボーカステルは70ヘクタールの 畑を所有しています。アルプスの洪積層に覆われた中新世(第三紀)の海洋性砂岩の土壌。ブドウは手摘みされ、熟練した職人の手によって選別されます。ブドウの果皮は、果実のまま80℃まで加熱後、20℃まで冷却されます(フラッシュ・ヒーティングシステム)これにより殺菌。マセラシオンは古典的な手法で、シラーとムールヴェードルは蓋のない木製の大樽で、他の品種はコンクリート・タンクで行われます。マロラクティック発酵の後、ブレンド作業を行います。その後、ワインは1年間大きなオーク樽の中で熟成され、卵白での清澄後、瓶詰めされます。更に最低1年間セラーで瓶熟されリリースされます。 非常に深みのあるビロードの様な赤色です。幅の広い複雑なアロマで、赤いベリー系の果物、なめし皮、トリュフやジャコウの香りを含みます。コショウ、甘草等の香辛料のシャープな雰囲気も感じられます。

シャトーヌフ・デュ・パプのAOCで認可された13ブドウ品種全てを使用。
ムールヴェードル30%、グルナッシュ30%、シラー10%、クノワーズ10%、サンソー5%。他(ヴァケラス、テレ・ノワール、ミュスカルダン、クレレット、ピクプール、ピカルダン、ブールブーラン、ルーサンヌ)

ペラン・ファミリーは南ローヌの主要アペラシオンに300ヘクタール以上の畑を所有し、個々の品種が最も適したテロワールを見極め、古くからオーガニック栽培を実践しています。その歴史は1909年にシャトー・ド・ボーカステルを購入したことから始まり、3代目のジャック・ペランが全ての基礎を築きました。4代目のジャン・ピエール・ペランはコストパフォーマンスの高いネゴシアン・ブランド、ラ・ヴィエイユ・フェルムを発売し、1989年にはカリフォルニアのボーカステルとも言えるタブラス・クリークをリリースしました。時代とともに革新を続けながらも、「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫き、父から子へと家族の伝統を受け継いでいます。 (輸入元資料より)


11/3(日)アップ~蔵出しフォンテーヌ・ガニャール’17ブルゴーニュ・ルージュ


 

 




熟成前早期酸化劣化を防ぐためにも
高価で上質なコルクを採用している!




フォンテーヌ・ガニャール、ブルゴーニュ・パストゥグラン’17(辛口赤)

税別¥2700

<あと23本>おすすめ!
限定品!

バーガウンド・コム 86点

「2019.11月上旬に飲みました。トップノーズは明らかに価格とクラスを超えた赤い実の果実、トマト煮込み、梅シソ、胡椒。味は果実が若干穏やかなのでよりキレイな酸がフォーカスされ、よい酸味で杯が進む甘酸っぱさがありおいしい。豊かな果実と重さを求める場合の選択肢にはならないがよいワイン。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしいが、昨日が一番おいしかった」

アルコール12%




フォンテーヌ・ガニャール、ブルゴーニュ・ルージュ’17(辛口赤)

税別¥3700

<あと24本>超限定品!

バーガウンド・コム 86点

毎年大人気!


 


11/3(日)アップ~<※極少数!>蔵出しシャトー・ド・ラ・ヴェル

蔵出しシャトー・ド・ラ・ヴェル24年熟成フィーヌ

まだ無名な一流生産者!価格以上の満足度

新樽控えめ、透明感のある全体像、傑出したアフター!




↑※フィーヌ’83(オリジナル箱付き)画像です。マール’80に箱はありません。


 

 

他のボーヌはこちら

 

※フィネス輸入の貴重な蔵出し古酒を少量ですが、分けていただきました~!

小さいドメーヌは、基本的に古酒をたくさんストックするほどの資金力がなく、自家消費や熟成能力の検証等の為にバック・ヴィンテージを少しだけ残しておくといった程度であり、一切ドメーヌの外に出ていない蔵出し古酒は本当に貴重です。

 



後継ぎがいなくてドメーヌを閉鎖(クレマンとブランデーはわかりませんが)。基本的に’15で生産終了となったそうです、、、
長年の付き合いがあるフィネスさんもショックだったようです。




シャトー・ド・ラ・ヴェル(ベルトラン・ダルヴィオ)、ボーヌ・クロ・デ・モンスニエール・ブラン’97

(750ml・辛口白)


税別¥8000

<あと3本>超限定品!




シャトー・ド・ラ・ヴェル(ベルトラン・ダルヴィオ)、ボーヌ・クロ・デ・モンスニエール・ブラン’08

(マグナム・1500ml・辛口白)


税別¥15000

<あと1本>幻の超限定品!




シャトー・ド・ラ・ヴェル(ベルトラン・ダルヴィオ)、ボーヌVV・ルージュ’01

(マグナム・1500ml・辛口赤)


税別¥18000

<あと2本>幻の超限定品!




シャトー・ド・ラ・ヴェル(ベルトラン・ダルヴィオ)、ボーヌVV・ルージュ’06

(マグナム・1500ml・辛口赤)


税別¥18000

<あと1本>幻の超限定品!




シャトー・ド・ラ・ヴェル(ベルトラン・ダルヴィオ)、ボーヌVV・ド・サン・デジレ・ルージュ’15

(辛口赤・750ml)


特価・税別¥4600

<売り切れ>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。






シャトー・ド・ラ・ヴェル、サヴィニレボーヌ・ルージュ’12(辛口赤)

税別¥4200

<売り切れ>

ラベルに表記がありませんが、シモン・ビーズさんも得意にしている『オー・グラン・リアール』の区画




シャトー・ド・ラ・ヴェル、ボーヌVV・ド・サン・デジレ・ルージュ’12(辛口赤)

税別¥4600

<売り切れ>おすすめ!

限定品!

特に温度を上げ過ぎない方がおいしいタイプの銘柄

「2015.3月に飲みました。DIAMコルク。抜群のコンディションとアルコールの低さで、とてもピュアで透明感がありエレガント。軽いがうまみの広がりもあり飲み飽きないNOW~。とてもおいしいワインですが、コンディションとピュアな透明感の繊細なバランスを高く評価しない評価基準である場合、軽くて深みが足りないで終わってしまう可能性もあり、そういう意味では飲み手次第。抜栓の次の日も非常においしい。あとほんの1~2年で樽とタンニンがほぼ完全に溶け込んでさらにおいしくなりそう。フランボワーズ、アセロラ、梅しそ、ミニトマト、胡椒、ミネラル、控えめな樽などの香り。抜栓の3日後までおいしい」

アルコール12%!

樹齢40年以上

クロ・デ・ムーシュなど1級畑に囲まれた区画






マール・ド・ブルゴーニュとフィーヌ・ド・ブルゴーニュが2011年にどちらもAOCに認定されました

<次回輸入時にはどちらも中身が若くなってしまう可能性が高い>為、今のうちにお買い上げいただくことを強くお勧めいたします。熟成の長い国産ウイスキーの原酒不足から始まって、スコッチやブランデーなども熟成の長いものはより入手難となり価格も上がっております。




シャトー・ド・ラ・ヴェル(ベルトラン・ダルヴィオ)、フィーヌ・ド・ブルゴーニュ’95

(500ml・食後酒・オリジナル箱入り)

税別¥9000

<あと1本>超限定品!

アルコール42%

1996年1月蒸留
’95ブドウのみ使用して樫樽熟成の24年熟成もの!
2018年7月瓶詰

 

 

シャトー・ド・ラ・ヴェル(ベルトラン・ダルヴィオ)、ボーヌ・クロ・デ・モンスニエール・ブラン’96

税別¥7800

<売り切れ>おすすめ!

超限定品!

ブルゴーニュ’96白によくある予想以上に酸化が進んだニュアンスは微塵もなく、素晴らしいコンディションでした!

冷やしすぎない方がおいしい

「2010.1月に飲みました。長く熟成したわりに明るめの透明感がある麦わら色。リンゴ、カリン、洋ナシ、ミネラルなどの熟成感のある香り。熟成によって少しトロみが出てきているが、あくまで上品でよいバランス。コンディション抜群、’96としては丸く落ち着いた酸味で果実味も丸く球体の全体像。飲み頃のピーク頂上付近で、今非常においしい。今後はそれほど向上しないと思われる」

アルコール%



シャトー・ド・ラ・ヴェル(ベルトラン・ダルヴィオ)、ボーヌVV・ド・サン・デジレ・ルージュ’06(辛口赤)

税別¥5500

<売り切れ>

「2010.3月に’06を試飲しました。’05より香りの甘さと熟成のポテンシャルがやや控えめながら、相変わらずエレガント&ミネラリーなキレイな造り。赤い実の果実+紅茶ミネラルのピュアで透明感のある香り。やや穏やかな果実味、ちょうどよい酸、うまみが多く、ほぼ溶け込んだタンニン。飲み頃NOW~だが数年程度では下らないと思われる」

 「2008.5月に’05を飲みました。紫がかったやや濃いルビー色。完熟イチゴ、ミネラルなどの少し固さのある香り。奥の方に紅茶系の香りが隠れている印象。ほのかに甘く丸くエレガントでミネラリーな味わい。アフターが特に傑出しており、豊富なうまみが後から追いかけてくる感じ。香りやアタックの印象より、かなりアフターが優れている。今飲んでもかなりおいしいものの、現時点ではうまみがまだ60%程度しか表現されていない。2010年以降に色気のある紅茶イチゴに変化していきそう。抜栓の次の日も非常においしい。少し旨みが増した。抜栓の2日後は、少し落ちたがまだ楽しめる。明らかに1級クラスの品質で、個人的には完璧なワインだと感じた。※あまりによかったので’05買い占めました」

樹齢40年以上

クロ・デ・ムーシュなど1級畑に囲まれた区画

※下記はお客様から頂きました’05のコメントです。

『このアフターの心地よさは初めての体験!』

『コンディションのよいブルゴーニュというものを理解できた!』

『コートドニュイばかりを追いかけるのを止めようと思うほどおいしかった!』

など絶賛の声をいただいております!

 

シャトー・ド・ラ・ヴェル(ベルトラン・ダルヴィオ)、ボーヌ・クロ・デ・モンスニエール・ブラン’05

税別¥5200

<売り切れ>絶対おすすめ!

ブルゴーニュ・オージョルディーにて高評価される!

冷やしすぎない方がおいしい

「2008.5月に飲みました。うっすら緑がかった中程度のイエロー。資料では基本新樽比率10%程度となっているが、この’05は、もう少し新樽比率が高い印象。樽のナッツ、ごませんべい、洋ナシ、ミネラル、コリアンダーっぽいスパイス、ごくわずかに還元的な青いバナナなどのよい香り。まずしっかりした酸とミネラル。厚みもあるが、パワーより均整の取れた美しさが個性だと思われます。骨格とポテンシャルがあり、緩くない。今飲んでもおいしいし、まだまだ向上する。明らかに1級クラスの品質で、ボーヌ1級ORムルソーだと言われてもわからない。抜栓の2日後まで非常においしい」

真南向き丘の上部

アルコール13.5%

 

ダルヴィオ・ペラン同様このままよいワインを造り続ければ近いうちにブレイクするかもしれません、赤と白が同レベルで傑出しているところも素晴らしい!

白は、1株に6房まで

赤は、1株に5房までに制限する低収量、手摘み

ギィ・ド・アシェット、LVF誌、ブルゴーニュ・オージョルディーなどにて高評価されている!

『 17世紀前より9世代にわたって続くムルソーの名門ダルヴィオ家。ムルソーをはじめ、ポマール、ボーヌ、サヴィニー・レ・ボーヌに畑を所有しており、15年以上前から化学肥料は使わず、リュット・レゾネ(減農薬農法)を実践。フレッシュな果実感を保つために新樽は10~0%。80年代にはネゴシアンに販売していたワインをドメーヌ元詰めに切り替え、徐々に評判を上げていった造り手です。決定的な出来事は、1995年にフランス大統領官邸のエリゼ宮の晩餐会の公式ワインに選ばれたこと。一躍彼のワインはフランス中に知れ渡り、今では30軒以上の星付きレストラン(ロブション、ピエール・ガニェール、スペインのエル・ブジなど)でオンリストされるに至っています。 (輸入元資料より) 』


11/3(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ラフージュ’17レ・デュレス最後の再入荷!

10/3(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ラフージュ’17ムルソー・レ・カス・テート

今時この価格でこの品質!バランスよくすぐ飲める!











 


「価格的に高すぎず、かつ品質もいいワインをもっと探してほしい」とのリクエストを常に受け続けている輸入元仕入れの担当者がある時、トロ=ボーのナタリー・トロさんにふと相談をしました。「私のいとこがオーセイ村でいいワインを造っているから興味があれば紹介するけど、ただ、訪問してくれても案内するだけのストックがあるかどうかは分からないのよ。それでもよかったら。」と言う事で、紹介を受け、訪問をし、試飲をさせて頂きました。素晴らしい品質ではあったのですが、その時の現行Vtはあの収量が少ない2016年。供給可能になった際には分けて頂く約束をしてドメーヌを後にしたそうです。そのドメーヌの名はラフージュ。今回初の入荷です!

ラフージュ家はオーセイ・デュレス村にて何世代にもわたりワイン造りをしてきました。現在当主のジル・ラフージュが父ジャン、息子のマキシムと3世代で運営しています。このように始祖であるフランシス・ラフージュからのワイン造りの伝統が受け継がれています。収穫は手摘み。それを振動選別機と人手で行う選別台で選り分けます。赤の醸造はほぼ毎年100%除梗。ただし1級では10~20%の全房を使用する事もあります。低温浸漬、樽熟12か月(25%新樽)の後、コラージュ、フィルターがけをせず瓶詰めを行います。白はプレス後、ジュースはタンクに入れ24時間かけてデブルバージュし、翌日樽に入れ(20%新樽)発酵させます。その後12か月樽熟させ、澱引き後、アッサンブラージュして6か月タンク熟成。コラージュと軽くフィルターをかけ、瓶詰めを行います。ACオーセイ・デュレスでのワイン造りに情熱を持っており、飲み比べるとクリマ毎個性がはっきり分かります。ぜひお試しください。
(輸入元資料より)




LAFOUGE, Auxey-Duresses Les Hautes Blanc '17

ドメーヌ・ラフージュ、オークセデュレス・レ・ゾーテ・ブラン’17

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥4000

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー89~91点(William Kelley)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

24本完売。ありがとうございました

「2019.9月中旬に飲みました。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。キラキラしたトップノーズで、ミネラルと艶を感じる。みずみずしいリンゴ~蜜リンゴ香がピュアで心地よく、バランスよく白い花などの香りも混ざって上品な飲み頃NOW~。酸もちょうどよく、固さが一切ない。うまみを伴うミネラル感を含めやさしい全体像。クラシックだけどやさしく自然な味わい。濃くも重くもないおいしさ。抜栓の次の日も非常においしい。ガブ飲み出来てしまう杯が進み過ぎるタイプなのに余韻は意外と長い」

アルコール13%

’16 デカンター・オンライン88点




LAFOUGE, Meursault Blanc '17

ドメーヌ・ラフージュ、ムルソー’17

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥5500

<あと12本>絶対おすすめ!

パーカー90~92点(William Kelley)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

すでに60本完売!!!

「2019.9月下旬に飲みました。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。あくまで上品なナッツとハニートースト、オイリーな樹脂、ネギ油、少しバタークリーム、洋ナシタルト、ミネラルなどのよい香り。オークセデュレス・レ・ゾーテ・ブラン’17よりも味わい部分での樽が感じられるが、強いというほどではなく果実味には厚みと粘性があり、アフターには塩ミネラルとともにハチミツ粘性のニュアンスと戻り香が持続する。酸(質は柔らかいが)ややしっかり、ミネラルしっかりの価格を超えた味わい。冷やし過ぎないほうがおいしい。抜栓の次の日も非常においしい。アフターにかけて少し甘みが出た。酸とミネラルがしっかりなのでバランスはよいまま。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%




LAFOUGE, Auxey-Duresses 1er Les Duresses Rouge '17

ドメーヌ・ラフージュ、オークセデュレスプルミエクリュ・レ・デュレス・ルージュ’17

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税別¥4300

<あと3本>絶対おすすめ!

パーカー93点!(William Kelley)

33本完売。~※再入荷不可能!

「2019.9月中旬に飲みました。ごくわずかに紫がかったやや明るい中程度のルビー色。ブルゴーニュ・ルージュ’17よりも明らかに果実・厚み・ミネラル・骨格・深み増すが、意外なことにクラシックではあってもすでに固くなく、本格派の雰囲気はありながらも非常にシルキーな味わい。余韻は『 長さよりもフィネスが際立つ 』タイプ。まぁ伝わりやすい言い方をすればシャンボール的ということです。とても控えめな樽、ウーロン茶などの中国茶や鉄っぽさを含むミネラル。艶のあるエレガンスがある。うまみが多く、決して重くはない飲み頃NOW~。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%

’16 デカンター・オンライン92点!




LAFOUGE, Meursault Les Casse Tetes '17

ドメーヌ・ラフージュ、ムルソー・レ・カス・テート’17

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥6200

<あと10本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー91点(William Kelley)

「2019.10月上旬に試飲しました。温度の変化までは見れなかったですが、おそらくただのムルソー’17よりも少しミネラルが強く少し甘さが控えめ。あと少しで溶け込む樽、果実味しっかりで厚みと粘性があり、酸が低くなく、余韻もあり、この価格で買えるムルソーとして非常に優れている。冷やし過ぎないほうがおいしい」

’16 デカンター・オンライン91点




栽培は基本的にリュット・レゾネ、もしくはリュット・ビオロジック


11/3(日)アップ~蔵出しロデレール・エステートNV

この価格帯ではかなり素晴らしい!








ROEDERER ESTATE, QUARTET ANDERSON VALLEY BRUT NV

ロデレール・エステート、カルテット・アンダーソン・ヴァレー ブリュットNV

(カリフォルニア・辛口白泡)


特価・税別¥3200

<あと17本>絶対おすすめ!

最新スペクテーター92点
(2019年8月試飲、Smart Buys!)


スペクテーター93点!!!
(2018年度TOP27/100位!、Smart Buys!)

Wine Enthusiast 93点!!!(Editors'Choice!)

ワイン&スピリッツ誌 92点!(2018年8月試飲)

デカンター・オンライン90点(2018年10月試飲)

San Francisco Chronicle Wine Competition 2018年度 Double Gold Award!


「2019.11月初旬に飲みました。」



「2019.9月中旬に試飲しました。昔はここまでおいしくなかったと思うので近年向上したのでしょう。果実味豊かで酸が低すぎず、ある程度コクがありバランスよく余韻が長い。明らかに価格を超えた完成度に思えて個人的には思いっきり見直した銘柄!畑仕事頑張っていない大量生産型のシャンパーニュはこの銘柄に敵わないということも出てきます。実際に同時に飲み比べた某銘柄よりこちらのほうがおいしかった」

アルコール12.5%

ルイ・ロデレールがカリフォルニアで手掛けるスパークリング専門ワイナリー。自社畑のブ ドウを使用しリザーヴワインをブレンドする本家を踏襲した本格的な味わい。

アンダーソンヴァレー傾斜地に広がるおよそ240haの自社畑。水はけのよい土壌。海に近 いため、日中は暖かく夜間が冷涼になり、ブドウはゆっくりと熟す。

4つの異なる区画からブドウを厳選。醸造では異なるヴィンテージをブレンドし、オーク樽 で熟成させたリザーヴワインを全体の約12~20%追加。

最初の圧搾で得られた約450L/kgの一番搾り果汁のみを使用。18℃に保たれたステンレ スタンクで発酵。マロラクティック発酵は最小限にとどめ(MLFが行われたワインをブレン ドするが、その量は全体の約10~20%まで)、フレッシュで上品な味わいを確保。

約シャルドネ60%、ピノ・ノワール40%
(*ヴィンテージによって変更の可能性があります)

『 洋ナシ、スパイス、ヘーゼルナッツの複雑な風味を感じる上品で生き生きとしたワイン。濃厚さとフィネスを併せ持った、フレッシュで軽やかな果実味。食前酒として、寿司、スパイシーなアジア料理、クリームソースの魚料理、白身の肉料理。 (輸入元さんコメント) 』


10/30(水)アップ~蔵出しグラハム・べック’14

’11も日経プラスワン第1位など大絶賛されました~!!!

トップノーズには、焼いたパンの香りが強くその後かんきつ類等があらわれる






2012/9/10(月)午後と2011/7/13(水)夜、
グラハム・べックのALEC LOW氏にご来店いただきました~!
ワインの説明が非常にわかりやすい知的なイケメンさんでした




ロバートソンの畑画像

この自然豊かな環境を守るべく、ワイナリーでは1haの土地を耕作するごとに、6haの土地の環境保全に勤めています。この他にも環境保全・地域社会の発展に取り組むべく様々なプロジェクトに参加しています。

ISO 14001 認定
IPW Integrated production of wine certified 認定
WIETA 認定、監査
Biodiversity Champion 認定
South African Wine and Spirits Board 認定





グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’14

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2600

<あと12本>

インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション2019年 97点!!!&金賞受賞!

デカンター・オンライン92点!(2019~2025年)


スペクテーター89点(NOW~2024年)

パーカー89点(2019~2025年、
ワイン・アドヴォケイト245号)





グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’12

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

Six Nations Wine Challenge 2017 ダブル・ゴールド受賞!

パーカー91点!(2017~2024年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)


VINOUS 90点(2017~2022年)

ティム・アトキン 95点!!!
さらにワイン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる!!!


インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション2017年 金賞受賞!
さらにベスト瓶内二次醗酵スパークリングに選ばれる!!!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

※輸入元さんで人気炸裂!~まさかの3ヶ月くらい再入荷できませんでしたが、やっと再入荷です!

「2017.5月初旬に飲みました。抜栓直後は、ブリオッシュ香強く、ナッツ類などの香りも。時間とともに柑橘類の香りが前に出てきて、さらに時間が経って温度が上がると青いメロンの香りも出る。泡の質もよく、アフターにかけて酸が伸びる涼し気バランス。甘さ控えめでやはり今年も非常によい出来!ミネラルがあと少しだけ強ければ有機栽培の¥5000台シャンパーニュと勝負できる。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまったく落ちない。寿司にも合う。イクラでも生臭くならない」

アルコール12.5%



グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’11

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

※過去最高に人気が出てしまい、またしばらく再入荷不可能!

日経プラスワン
『 何でもランキング、キリッとした後味スパークリングワイン・ベスト10 』
2016年6月 第1位に選ばれる!!!

↑例年にないスピードで輸入元さん在庫が消えたのは、たぶんこれの影響です。

ティム・アトキン 94点!!!

パーカー89点(2015~2019年、ニール・マーティン)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 銀賞受賞!

輸入元さま主催2016年春の東京と大阪で開催された試飲会
(酒販店、レストラン関係者によるアンケート結果)にて
スパークリング・ワイン部門第3位に選ばれる!!!


「2016.4月上旬に短時間で試飲しました。いつも通り非常に良い出来でまだ価格以上のおいしさ。¥4000以下の多くのシャンパーニュと同等の品質。本来、シャルドネグラスで冷やし過ぎない温度が一番おいしいはずですので、そのうちまたゆっくり試してみたいところ」

シャルドネ100%

醗酵槽:50%シャンパーニュ樽10週間(新樽10%)&ステンレスタンク

マロラクティック醗酵は行わない

それそれのワインをブレンド、翌年の7月までシュールリーを行いボトリング

『 濃厚で心地よいイースト香が漂い、ほのかにライムのさわやかなノーズが立ち上がってくる。刺激的できめ細かいムース状のクリーミーな泡が弾け、長くエレガントなフィニッシュを持つ。 (輸入元さんコメント) 』

ブレーダー・リヴァー・ヴァレー地方ロバートソン地区

南アフリカの中ではもっとも冷涼な地域で最新の醸造施設を持つ

南アフリカでもっとも有名&もっとも高品質と言われるスパークリング・メーカー

2004年、2006年南アフリカ航空(瓶内2次発酵部門)、年間最優秀スパークリングワイン受賞!

オバマ元大統領もお気に入りのスパークリング・メーカーだそうです!


10/22(火)アップ~<※極少量!>蔵出しバルトロ・マスカレッロ’14

マリア・テレーザさんによるナチュラルな赤い実果実の偉大なバローロ!



 




今までのどのピエモンテとも違う輝きを放つ!その2
最新技術、バリック、畑の拡大には興味がなく、自然の偉大さを表現するのみ。
イタリアではすでにリスペクトされまくっている最高の生産者の一人!


※全銘柄が、再入荷不可能!!!




Bartolo Mascarello, Barolo '14 750ml

バルトロ・マスカレッロ、バローロ’14 750ml

税別¥17000

<あと3本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

まさかの4本しか買えませんでした、、、

Wine Enthusiast 95点!

パーカー94点(2020~2040年、
Monica Larner、ワイン・アドヴォケイト237号)

スペクテーター93点(2022~2035年)

最新VINOUS 94+点!
(2024~2049年、アントニオ・ガローニ)

ファルスタッフ 96点!!!





Bartolo Mascarello, Barolo '11 1500ml

バルトロ・マスカレッロ、バローロ’11
(マグナム・1500ml)


税別¥34000

<あと3本>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

デカンター・オンライン93点!(2018~2033年)

パーカー94点!(2017~2035年、ワイン・アドヴォケイト219号)

スペクテーター93点(2018~2030年)

最新VINOUS 93+点!(2018~2041年、2015年3月試飲)

Wine Enthusiast 94点!

ファルスタッフ 95点!

ガンベロロッソ2016年度版 トレヴィッキエーリ!

エスプレッソ誌2016年度版 唯一の20/20満点!!!


’11は、750ml、マグナムすべて再入荷不可能!

「2018.5月に750mlを飲みました。当店で4人で飲んで全員大絶賛だった至極の1本!伝統的な造りなのに野暮ったさや、ギスギス感やエグみがまったくない。なんと抜栓直後からもう飲めてしまうが、伸びしろと骨格、質感と余韻がすごい!まったくノーマークでしたが、いつの間にこんなに凄いワインを造っていたのか、、、どうやら世代交代でマリア・テレーザさんが当主となってからさらなる高みへ飛躍したようですので、ここも今、増えている女性醸造家(栽培も担当)ということになります。ただエレガントになったとかまるでピノノワールのような美しい赤い実の果実というだけではなく、ちゃんと味がしっかりして深みと骨格も同時にあるやさしくクリーンでエレガント。不快な酸化臭とアルコールの浮きがない。今時満足度を考えるとまだかなりお安く感じられるくらい偉大なワインだと感じた!これさえあれば高すぎるバローロを無理にセラーで20年寝かせて飲まなくても相当に楽しめますよ!バローロ全体の将来的な値上がりは、結構前から恐れられていますが、現地イタリアではこのワインはもう高すぎて飲めないというブルゴーニュ一流生産者と同じ現象が起きております、、、冗談抜きで今のうちに買っておくべき!」

アルコール14.5%

’14 デカンター・オンライン92点

’10 デカンター・オンライン95点!!!

1haのカンヌービ。0.38haずつのルーエとサン・ロレンツォ。1haのトリリオーネ(ラ・モッラ村)。ノンフィルター

このうえないピュアな印象の、愛らしくも力強い伝統的なバローロの典型。酒神バッカスが生み出す“自然の奇跡”。「バローロとは何か」を知ることができる。素直な香り立ちと心地よく広がるアルコールのボリュームと、尖りのない豊かなタンニンのバランスが素晴らしく良くエレガント。
(輸入元さんコメント)


有機栽培

土壌:粘土質、砂質

樹齢25年~70年 グイヨ

セメントタンク30~50日間醗酵
スラヴォニア産の大樽で30ヶ月樽熟成。1ヶ月瓶熟成
(輸入元資料より)


10/22(火)アップ~蔵出しマルク・ソワイヤール’17’18

<※極少量!>蔵出しマルク・ソワイヤール’15’16’17’18


ビゾーの一番弟子!もっとも入手困難なヴァン・ナチュールのひとつ!!!























久々の大型新人登場とフランス本国で話題になっているマルク・ソワイヤール。ドメーヌ ビゾ(Domaine Bizot)で6年間、ジャン・イヴ・ビゾと2人でドメーヌ ビゾのワイン造りを行ってきたマルク、完全主義者のジャン・イヴの下での6年間は相当ハードの歳月と思われますが、そこでマルクはビゾのワイン造りを完璧にマスターしました。マルクの最近のワインを飲んでビゾのワインを連想される方が本当に多くて供給している私たちも驚かされます。

マルクとディジョン市街を見下ろすドメーヌ ド・ラ・クラの畑

マルクはディジョン市の所有するドメーヌ ド・ラ・クラの運営を任され毎年ディジョン市にドメーヌで造られたワインを2000本供給する事で自ら所有するドメーヌと同様の権利を獲得しています。デジョン市がドメーヌの運営者を募集した公開選考に勝ち残った者に与えられた権利ですが、マルクを選んだディジョン市の判断は間違いなかったと言えます。それはマルクが造りだしたワインが早くもフランス内外のワイン市場で高く評価され既に入手困難なワインに位置付けられた事で実証されています。

ドメーヌはピノ・ノワールが5ha、シャルドネが3ha トータル8haの葡萄畑を持ち、マルクは全ての畑をビオディナミの手法を用いたビオロジック栽培を実施、醸造過程でのSo2使用は必要最小限でSo2無添加のキュヴェも次々とリリースしています。

今年、試験的に造ったDeprimeurはピノ・ノワールで造った新酒でSo2無添加、ノンフィルターでラベルには
Vigneron resistant (抵抗するワイン生産者)との記載があり、これは既成のボジョレ・ヌーヴォーに喧嘩を売っているようにも取れる内容です。Deprimeurという名前自体 新酒を表すPrimeurs と陰鬱な気分を意味するDeprimeを合わせた造語で、陰鬱な気分にさせられるようなワイン、ボジョレ・ヌーヴォーに対するマルクの挑戦とも読める内容です。初年度はほとんど配分が無く私も試飲しただけですが実にストレートに葡萄の味わいを表現していますが、その奥に見事に栽培されて力を秘めた葡萄自体の強さを感じさせるワインに仕上がっています。

これからも新たなキュヴェを次々と発表されるようですが生産数量が少なく手に入りにくいワインになる事が悩みの種です。


<マルク・ソワイヤール>
マルクはボーヌの醸造学校で学び、アヴィニヨンで高等技術者資格を修得後、各地のワイナリーで研修し、2007年に栽培醸造学の学位を修得したその年、ヴォーヌ・ロマネのドメーヌ ビゾでジャン-イヴ・ビゾとのワイン造りを開始する。そして6年間、ビゾ氏の片腕としてドメーヌの価値を高めた。この間、マルクは少しづつ彼自身の葡萄畑を購入し拡大していった。

<ドメーヌ ド・ラ・クラ>
かつてコート・ドール以上の見事なワイン産地として評価を得ていたコトー・ド・ディジョン。ディジョン市の西に広がる葡萄畑はディジョン市の工業化と共に労働者達の日々の喉を潤すワインに変わり、やがて忘れ去られたこの地のワイン造りをディジョン市は復活させようと、銘醸と謳われたドメーヌ ド・ラ・クラを購入した。そして2014年、美食の街ディジョンに相応しいワイン造りを行う造り手を広く公募し数多くの応募者から選ばれたのがマルク・ソワイヤールだった。

ワイン造り
マルク・ソワイヤールはドメーヌ ビゾで行ってきたこと、栽培・醸造に於いて出来る限り人的な介在を行わない事や醸造法も自然なスタイルを重要とするビゾで学んできた哲学を自らが主導するドメーヌ ド・ラ・クラで実践している。
同時に彼が自ら所有する葡萄畑1.18haから見事なワインを生み出している。

その名は既に注目を浴びる
ブルゴーニュの次世代を代表する造り手としてマルク・ソワイヤールは2016年6月ニューヨークタイムズのワイン特集で紹介された注目の生産者。


いずれも石灰粘土質土壌


全銘柄初入荷の超入手難銘柄!
ドメーヌ・ビゾーとドメーヌ・ブリス・マルタン好きの方は、もちろんのこと。
当店としては珍しくコアなヴァン・ナチュール好きの方にもおすすめできます!



※基本的にどれもオリ多めです。予めご了承くださいませ。




Domaine Marc Soyard(Marc Soyard), Melting Pot Rouge '18

ドメーヌ・ド・ラ・クラ(マルク・ソワイヤール)、メルティング・ポット・ルージュ’18

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税別¥3500

<あと12本>

初入荷の超限定品!
ピノノワール80%、ガメイ20%

平均樹齢33年

石灰粘土質土壌

ディジョン市の西方に位置するドメーヌ・ド・ラ・クラのピノノワールを80%、コンブランシアン(ニュイサンジョルジュの南)にあるマルクの自社畑のガメイ20%のブレンド。以前のパストゥグランにあたる。

全房発酵比率100%、木製の開放桶でセミ・マセラシオン・カルボニック醗酵後、ステンレスタンクに移され6ヶ月間の熟成、無清澄、フィルターなしでボトリング。すべての行程でSO2無添加で造られます。
(輸入元資料より)

『 鮮やかな農紫色で色からは攻撃的な印象を受けるが、口内に含むとタンニンの円やかさに驚かされる。滑らかで深い味わいのスタイルは他のマルクのワイン、引いてはビゾーやノーダン・フェランにも繋がる。デプリムールで見せたピノノワール100%の新酒に挑戦した、マルクの新作。 (輸入元さんコメント) 』




Domaine de la Cras, Bourgogne Blanc Cuvee Tradition 2017 Coteaux de Dijon

ドメーヌ・ド・ラ・クラ(マルク・ソワイヤール)、ブルゴーニュ・ブラン・キュヴェ・トラディション’17

(ブルゴーニュ・辛口白)


特価・税別¥3400

<あと11本>限定品!

平均樹齢30年

石灰粘土質土壌

シャルドネ100%

手摘み、新樽なし、樽発酵100%




Domaine de la Cras, Bourgogne Rouge Cuvee Tradition 2017 Coteaux de Dijon

ドメーヌ・ド・ラ・クラ(マルク・ソワイヤール)、ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・トラディション’17

(ブルゴーニュ・辛口赤)


特価・税別¥3400

<あと9本>おすすめ!

リアルワインガイド67号 88+・89点

「2019.10月下旬に飲みました。樽は全然感じないけどこれで新樽30%なんだぁ~という感じで、軽くナチュラルな味わいの飲み頃NOW~。全体が紫がかったやや明るい~中程度のルビー色。スミレ、梅シソ、ミニトマト、キャベツ、胡椒などの香り。酸とタンニンは丸く、リンゴの皮のような旨味と苦みがあり、リンゴとブドウの果汁を入れた野菜ジュース感がありおいしい(※未熟な青さという意味ではありません。)。優しく小柄にまとまっている。無理に濃く造るよりは、こちらの方が良いと感じる。価格を大幅に超えた味とかではなく、この個性が好きな方に飲んでもらいたいという銘柄。抜栓の次の日もおいしい。アフターの最後にじんわりうまみを伴う酸の伸びあり。抜栓の2日後もおいしい。ここから先はアフターに揮発酸出てもおかしくない気がする」

アルコール11.5%

平均樹齢33年

石灰粘土質土壌

ピノノワール100%

全房で木製の発酵槽でセミ・マセラシオン・カルボニック醗酵後、30%新樽熟成




Domaine de la Cras, Bourgogne Rose Cuvee L'Equilibriste 2018

ドメーヌ・ド・ラ・クラ、ブルゴーニュ・ロゼ・キュヴェ・レキリブリスト’18

(ブルゴーニュ・辛口・ロゼ)


特価・税別¥3000

<あと11本>超限定品!

平均樹齢35年

石灰粘土質、石英質土壌

ピノノワール100%

全房発酵比率100%、木製の開放桶で醗酵後。バトナージュ抽出後、
新樽なし1ヶ月熟成
最大限亜硫酸を使用しない(瓶詰時すら添加しない)キュヴェ




Domaine de la Cras, Bourgogne Rouge Cuvee L'Equilibriste 2017

ドメーヌ・ド・ラ・クラ、ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・レキリブリスト’17

(ブルゴーニュ・辛口赤)


特価・税別¥3400

<あと11本>超限定品!

リアルワインガイド67号 88+・89点

平均樹齢40年

石灰粘土質土壌

ピノノワール100%

全房発酵比率100%、木製の開放桶でセミ・マセラシオン・カルボニック醗酵後、デキュバージュ(フリーラン+プレス果汁)、その後
新樽なし熟成
最大限亜硫酸を使用しない(瓶詰時すら添加しない)キュヴェ




Domaine Marc Soyard, Bourgogne Rouge Hermaion 2017

ドメーヌ・マルク・ソワイヤール、ブルゴーニュ・ルージュ・エルマイヨン’17

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税別¥7000

<あと6本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

ラドワ域内の0.4haの畑を2012年に購入。マルク・ソワイヤールのトップキュヴェ。全房発酵による独特な心地よい香り、果実味の濃厚さが印象的。しっかりとしたタンニン分がワインの背骨を構成している。

ピノノワール100%
平均樹齢 60年!

手摘み
所有面積 0.40ha

石灰粘土質
年間生産本数 1,200本

近年ビオディナミに移行済みのブドウを手摘みし選果後、自生酵母を使用し全房の状態でオーク樽に入れ15日間のカルボニック・マセレーションを行う。その後2週間25℃で発酵させ、垂直式プレスで絞る。228Lのフランス産オーク樽で22ヶ月熟成。新樽は使用しない。




Domaine Marc Soyard, Bourgogne Montre Cul Rouge 2017

ドメーヌ・マルク・ソワイヤール、ブルゴーニュ・モントルキュ・ルージュ’17

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税別¥5500

<あと8本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

ピノノワール100%
超低収量21hl/ha!
石灰粘土質、石英質
0.33ha
平均樹齢18年

マルサネの北部に位置する『お尻が見える』くらい斜面が険しい自社畑のピノ・ノワールから造られる。耕作はビオロジック(ビオディナミへ変換中)。ブドウを手摘みし選果後、木製の開放樽にて全房のまま15日間のセミ・マセラシオン・カルボニックを実施。自生酵母を使用して発酵槽で2週間20-28℃で発酵、抽出後、搾汁し228Lフランス産オーク樽で18ヶ月熟成。新樽率は33%。SO2無添加。ノン・フィルター。

900本のみ生産のマルクのスペシャルキュヴェ。印象的なラベルだが中身は実に真っ当なブルゴーニュのピノ・ノワールワイン。
良きピノ・ノワールの典型を感じさせる果実味、酸味のバランス、余韻の長さ等、まるで村名ACクラスを凌駕するような味わいに脅かされる。エルマイヨン等と並ぶマルクの自社畑産。






Domaine de la Cras, Bourgogne Blanc Cuvee Tradition 2016 Coteaux de Dijon

ドメーヌ・ド・ラ・クラ(マルク・ソワイヤール)、ブルゴーニュ・ブラン・キュヴェ・トラディション’16

特価・税別¥3000

<あと5本>限定品!

「2018.11月上旬に飲みました。畑の優位性はあまりないはずだが、この人が造ればおいしくなるという例。少しアリス・エ・オリヴィエ・ド・ムールを連想させるレモンと海のミネラルのニュアンスが強く、生牡蠣レモンに合いそう。結構攻めてる亜硫酸の少なさで、保管は低温じゃないとすぐに酸が壊れてしまいそう。時間とともに温度が上がってくるとシャンパーニュによくある蜜リンゴ的な香りも出てきて、キレのある酸とわりとしっかりミネラル。アフターにミネラル感持続する。抜栓の2日後までおいしい。飲み手によっては相当好きな味だと思う」

アルコール12.5%

ドメーヌ・ド・ラ・クラの平均樹齢30年の区画のシャルドネを使用。手摘みで収穫後、プレス、デブルバージュを24時間行ってから、228L 及び500Lの樽にて発酵。(樽発酵100%、新樽なし)アルコール発酵が始まる直前に若干のSO2添加をおこなう。樽熟成約12ヶ月、瓶詰め前に澱引き、フィルターを軽くかけ、瓶詰め。

ドメーヌ ド・ラ・クラのスタンダードキュヴェ。これまで輸入されていたヴィエーユ・ヴィーニュに比較して樹齢が若い事(それでも樹齢30年)以外、その丁寧な葡萄栽培、醸造に変わりはありません。最もお買い得なマルク・ソワイヤールです。




Domaine de la Cras, Bourgogne Blanc Monopole Cras 2016

ドメーヌ・ド・ラ・クラ(マルク・ソワイヤール)、ブルゴーニュ・ブラン・モノポール・クラ’16

特価・税別¥4500

<あと8本>超限定品!

ディジョン市を見下ろす斜面、中上部に植えられたシャルドネを使用。粘性のある口当たりからこのワインが只者ではないと瞬間的に判断できる。様々な果実味、酸味に裏打ちされたミネラル感、僅かに樽からくるバニラも感じられる。

シャルドネ100%
平均樹齢 30年

手摘み
所有面積 0.5ha

石灰粘土質
年間生産本数 2,500本

ビオロジックて耕作されたブドウを手摘みし選果後、空圧式プレスで丁寧に絞る。自生酵母を使用しオーク樽で8週間19℃で発酵後、228Lのフランス産オーク樽で18ヶ月熟成。新樽は使用しない。

樽発酵温度 19℃
発酵期間 8週間

自生酵母

オーク樽(新樽比率0%)にて18ヶ月間熟成
マロラクティック発酵有




Marc Soyard, Domaine de la Cras Deprimeur 2018

マルク・ソワイヤール、ドメーヌ・ド・ラ・クラ・デプリムール’18

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税別¥3300

<あと9本>超限定品!

※航空便ではなく、船で輸入されたプリムールですので飛行機代が高くついていません。そこはご安心ください。
インポーター担当者さま試飲時に予想以上のおいしさで、さすがマルク・ソワイヤール!と思ったそうです。
知的好奇心をくすぐる1本!

「2019.11月中旬に飲みました。完全に新酒ではなく普通のワインの味。ただし香りがまだわずかに還元している。味わいはセンスあるなぁ~というおいしさ。全体が紫がかった中程度のルビー色。赤い実のベリー、キウイフルーツ、擦りおろしリンゴ、リンゴ果汁と擦りおろし人参主体の野菜ジュースなどの香り。キレイな白ワイン的酸味、タンニン丸く、当然ヌーヴォーよりも中域の味付きしっかり。うまみの広がりもある。抜栓の3日後までおいしい」

アルコール11.5%

ヴァン・ド・フランス
ピノノワール100%
石灰粘土質土壌

2018年は質・量ともに素晴らしい収穫となった。ブドウの糖度、生理的熟成もある一方、PHは低く、収穫時のブドウとしては理想的。収量は35hl./ ha。3500lの木製の開放樽で全房のままマセラシオン・カルボニック。15日後にプレス。その後はステンレスタンクにてアルコール醗酵を終了、そのままマロラクティック醗酵を行う。出荷ぎりぎりまで待ち、澱引き、ノンフィルターでの瓶詰めまで一切のSO2添加はありません。

デプリムール(Deprimeur)とは新酒のPrimeurs と 憂鬱な気分、鬱、気落ちするのDeprimeを組み合わせた造語。 滅入った気分にさせられる今までのヌーヴォーのイメージに対するマルクの挑戦的なワイン。マルクはヌーヴォーではなく今年のヴィンテージをイメージさせるワインが造りたかった。


10/22(火)アップ~蔵出しフランソワ・ラマルシュ’17モトックス輸入もの

蔵出しフランソワ・ラマルシュ’14クロ・ヴージョ

リアルワインガイド55号にて絶賛される!

完全にビオロジックに移行済み










ヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌであるフランソワ・ラマルシュは、今、新たな時代を迎えようとしている。
醸造にフランソワの娘ニコルがつき、販売に姪のナタリーが加わったため、大きく若返りを果たしたのだ。




画像左がニコル女史、右がナタリー女史


長女のニコルは2003年にドメーヌ入り。
父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。
彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。
2010年には11.23haの畑すべてがビオロジックで栽培されるようになった。
以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。

除梗率はヴィンテージによって変える
ピジャージュを減らしてルモンタージュ主体とした


’09’10を試した際にかなりおいしく変わったと思いましたが、
’13のおいしさに驚いた(さらに進化した)というお客様が多く、’06の頃とはまったく別のワインと思った方がよいですね

リアルワインガイド63号にて’16が大絶賛される!!!

リアルワインガイド59号にて’15が大絶賛される!!!

リアルワインガイド55号にて’14が大絶賛される!!!

リアルワインガイド51号にて’13が大絶賛される!!!





フランソワ・ラマルシュ、オートコートドニュイ・ルージュ’17

税別¥4100

<あと7本>超限定品!

※前回入荷分は、一瞬で完売!これが最後の再入荷です!

デカンター・オンライン91点!

VINOUS 87点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87点(Outstanding Top Value!)






フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネ’17

税別¥11500

<あと2本>幻の超限定品!

VINOUS 86~88点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88~91点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点




フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・ラ・クロワ・ラモー’17

税別¥26000

<あと1本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のブルゴーニュと1:1以上になるようにお願い致します。

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~92点





フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・マルコンソール’17

税別¥26000

<売り切れ>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のブルゴーニュと1:1以上になるようにお願い致します。
他の生産者のマルコンソールを考えれば、驚くほど良心的な価格設定!!!

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~94点(Sweet Spot Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点




フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’17

税別¥17000

<あと1本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)





フランソワ・ラマルシュ、エシェゾー’17

税別¥23000

<あと1本>超限定品!

VINOUS 92~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~93点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点




※11月下旬、別インポーター輸入の蔵出し’14入荷済み!!!

ラックさんの価格は、世界的に見ても安すぎたので同じ価格は絶対無理ですが、、、当然、当店がコンディションに問題なしと判断した優良インポーターものです




Francois LAMARCHE, Nuits Saint Georges 1er Cru Les Cras '14

フランソワ・ラマルシュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・クラ’14

税別¥12000

<あと1本>

オルヴォー輸入の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。割り当てわずか1本でしたので、他のラマルシュもご購入お願い致します。

パーカー92~94点(ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点

リアルワインガイド55号にて絶賛される!

樹齢40年以上

わずか0.93haの所有





フランソワ・ラマルシュ、グラン・エシェゾー’14

特価・税別¥31000



輸入元定価・税別¥40,000

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー95~97点!(ワイン・アドヴォケイト222号)

最新バーガウンド・コム 93点!(Issue 65)

バーガウンド・コム 92~95点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17.5/20点

リアルワインガイド55号 94・97点!!!(2022~2055年!)

まさかの割り当て3本のみでした、、、
完全に時代が変わったということです

平均樹齢30年

普通の年で年間生産量:約1,100本のみ!!!

ヴィンテージにもよりますが、近年では全房発酵比率80~100%

Francois LAMARCHE, Grands-Echezeaux Grand Cru '14

高価ではありますが、いくつかの値上がりし過ぎのリシュブールを買うよりもかなりお買い得とも言えそうですね



最新の微振動選果台を導入、余分なストレスを与えないように果汁とワインの移動はグラヴィティ・フローで行うなど現在では、フランソワもまだ手伝っているようですが娘ニコルさんが中心となった新しい体制でのワイン造りが行われています


『 このドメーヌは新たな世代へと継承されました。ニコルがワイン造りを父であるフランソワ・ラマルシュから引継ぎ、ナタリーが叔母のマリー・ブランシェのマーケティングを手伝うことによって飛躍的に成長を遂げています。フランソワはアンリ・ラマルシュの孫で、ラ・グランド・リューを結婚祝いでもらったアンリ・ラマルシュ2世の息子です。畑での細かいところまでこだわった作業、以前より良い樽の使用と新しい醸造所(2000年から)はドメーヌを今までより一貫性のあるものにしました。
私は、かつてラマルシェからもらったワインに対して少し物足りなさを感じらていました。おそらく、世代交代したラマルシュは、新世代のトップドメーヌの座を不動のものにするでしょう。 (輸入元資料より、『 Inside Burgundy 』 Jasper Morris著より抜粋) 』

 


10/22(火)アップ~蔵出しシャルル・ヴァン・カネイ’16ジュヴレシャンベルタンと’14ブルゴーニュ・ブラン

<※極少量!>蔵出しアラン・ユドロ・ノエラ’16

品質も入手難度合いも昔とは全く違います!

リアルワインガイド44号、40号にて絶賛されました!

※全銘柄すべての値引き対象外となります。アリゴテ以外全銘柄全ヴィンテージが再入荷不可能!










他のヴォーヌロマネ村はこちら





シャルル・ヴァン・カネイ、ブルゴーニュ・ブラン’14(辛口白)

特価・税別¥2800

<あと11本>おすすめ!
初入荷!

「2019.10月下旬に飲みました。熟成によるやや濃いイエロー。樽は弱く熟成香がはっきり出てきている。酸がしっかりしているので、あくまでさわやかな黄桃缶詰、うっすらモカマロン、マッシュルーム、ドライパイナップル、はちみつレモン・タルトなどのよい香り。冷やし過ぎないほうがおいしいバランスで、色気のある果実、キレがあり、アフターにうまみ酸が少し伸びる。甘いレモンタルトの戻り香あり。抜栓の次の日もおいしい」

アルコール12.5%

ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品
畑の場所や樹齢などは全銘柄が非公開




シャルル・ヴァン・カネイ、ジュヴレシャンベルタン’16

税別¥8400

<あと12本>

VINOUS 89~91点

ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品
畑の場所や樹齢などは全銘柄が非公開





シャルル・ヴァン・カネイ、ブルゴーニュ・ルージュ’14

特価・税別¥2500

<あと7本>絶対おすすめ!
29本完売。限定品!

ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品

「2019.8月下旬に飲みました。3年経って縁がオレンジがかった明るいルビー色。キレイな熟成香に赤い実の果実、アールグレー紅茶、オレンジなどの香りが混ざり合い、あと少しでスーボワ・ドライフラワー主体になりそう。酸しっかり、タンニンは溶け込んでいるがアフターに少し粘性グリップがある。エレガントでミネラリーなさっぱりするアフターの飲み頃NOW~。この価格のブルゴーニュとしては明らかに優れた内容でさすがの才能。抜栓の2日後もおいしい。オレンジ風味少し強くなってさっぱり。コクと複雑性はドメーヌものに負けるが、香りよくこの価格では文句のつけようがない」

アルコール12.5%

まさか’16より¥1,080も安く売れるとは!
畑の場所や樹齢などは全銘柄が非公開
新樽比率は常に低い




シャルル・ヴァン・カネイ、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税別¥3500

<売り切れ>限定品!

※再入荷不可能!

VINOUS 88点(2018~2024年)

新樽20%にて約14ヶ月熟成

2012年から始めたマイクロ・ネゴシアン部門

才能ある方なので、アラン・ユドロ・ノエラが所有していない畑の醸造を経験して、さらなる高みへということでしょうかね。













『 きらびやかなヴォーヌ・ロマネのクリマが揃う、ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ。シャンボール・ミュジニーに生まれたアラン・ユドロが、妻のオディールとともにヴージョにドメーヌを構えたのが1964年。そのオディールがヴォーヌ・ロマネの大ドメーヌ、シャルル・ノエラの孫娘で1978年に祖父の所有畑の4分の1を受け継いだ。冒頭に連ねた珠玉のクリマは、この時、旧ドメーヌ・シャルル・ノエラからもたらされたものである。したがって、このドメーヌの多くの畑は、後にシャルル・ノエラを買収したドメーヌ・ルロワの区画と隣接している。

今日、ドメーヌのワイン造りに携わるのは、孫のシャルル・ヴァン・カネット。アランとオディールの娘の子供で、1988年にランスで生まれた。2006年に祖父からドメーヌを継ぐよう懇願され、ボーヌの醸造学校に入学。2007年はジュヴレ・シャンベルタンのドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペで修業し、2008年にドメーヌ入りしている。 (輸入元資料より) 』

フランス国内星付きレストランで取り合い状態だそうです




2016.1月下旬やっとお会いできました。僕の中ではシャルル・ヴァン・カネットさん(2008年にドメーヌ入り、実質2009年から)は間違いなく天才だと断言できます。俳優ですか?という存在感のあるイケメン。アラン・ユドロ・ノエラを継ぐことになって逆にご実家のトウモロコシ畑を継ぐ人がいないとか(笑)100%ビオではない年もあるし、全房発酵比率も年によって変えている。
’11 村名ヴォーヌロマネ、RSVなどごく一部のみ
’13 20%程度
’14 ほとんど全房発酵なし
といった感じです
要するにその年の個性・ブドウの出来によって最適なやり方を実践しているということ。もう近年のワインはすべてはずれなしで違うのは飲み頃だけ。10年前とは完全に違うワインですので昔のイメージは捨てて近年の真にナチュラルで深い魅惑的なワインをぜひお試しあれ!数が買えないことだけが悩みの種、、、



※今回入荷分は100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です。すべて再入荷不可能!

’15はブルゴーニュ・ルージュ・クラスからすべて
ICチップ付き!




アラン・ユドロ・ノエラ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ‘16

税別¥23000

<あと3本>超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。

パーカー93~95点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

デカンター・オンライン92点

VINOUS 91~94点

最新バーガウンド・コム 92点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス




アラン・ユドロ・ノエラ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボーモン‘16

税別¥18000

<あと2本>超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

デカンター・オンライン92点

VINOUS 91~93点

最新バーガウンド・コム 92点(Outstanding!)






アラン・ユドロ・ノエラ、シャンボールミュジニィ‘16

税別¥8000

<あと2本>超限定品!

※お一人様2本までとさせていただきます。

パーカー88~90点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

デカンター・オンライン89点

バーガウンド・コム 88~91点

VINOUS 87~89点





アラン・ユドロ・ノエラ、ヴォーヌロマネ‘16

税別¥8200

<あと12本>超限定品!

パーカー88~90点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

デカンター・オンライン88点

バーガウンド・コム 88~91点

VINOUS 88~90点





アラン・ユドロ・ノエラ、ニュイサンジョルジュ・レ・バ・ド・コンブ‘16

特価・税別¥7300

<あと12本>超限定品!

パーカー86~88点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

デカンター・オンライン89点

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding Top Value!)

VINOUS 87~89点






アラン・ユドロ・ノエラ、ヴージョプルミエクリュ・レ・プティ・ヴージョ‘15

税別¥11000

<あと11本>超限定品!

最新パーカー92点(William Kelley
~A very elegant rendition of this lovely climat below Les Amoureuses.
、2022~2040年、ワイン・アドヴォケイト232号)


パーカー91~93点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 90~92点

VINOUS 89~92点


ティム・アトキン 90点

MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス

 

10/20(日)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・ルフレーヴ’17上級品

蔵出しルフレーヴ’17新アイテム4銘柄!


※ルフレーヴ全ヴィンテージは全ての値引き対象外となります。

















2015年収穫直前のブドウ畑画像





ルフレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’17

税別¥8000

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー88~90点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87~89点(Outstanding!)





ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・クラヴォワヨン’17

税別¥20000

<あと12本>絶対おすすめ!
超限定品!~※すでに再入荷不可能!

パーカー91~93点(William Kelley)

デカンター・オンライン95点!(ティム・アトキン)

VINOUS 90~92点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 90~93点


「2019.11月に飲みました。現当主であるモランディエールさんご本人が、ドメーヌ・ルフレーヴ2017年は過去最高の出来だと思うと言っていました!!!そしてこのクラヴォワヨンがビオディナミにしてからもっともよい影響を受けて大きく味わいが変わった銘柄とのことです!本来まだ若いのですが、ご本人に指示をいただいた開かせ方に従って注ぐと、、、もう飲めるやん!となりました。極めて美しい酸とミネラルで各要素がとてもキメ細かい繊細な複雑性。縦伸びもあり余韻が長い。昔はもっと樽が強く肉付きがよい縦というよりわりと横に広がるイメージでしたね。余計なものをそぎ落としたピュア・レモン水の方向性。熟成のポテンシャルも高い。飲んでしまえばこの価格は高すぎないとさえ思える満足度」




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・コンベット’17

税別¥28000

<あと6本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー92~94点(William Kelley)

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

VINOUS 92~94点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 92~95点!(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点






ルフレーヴ、シュヴァリエ・モンラッシェ’17

税別¥96000

<あと1本>超限定品!

パーカー95~97点!(William Kelley)

デカンター・オンライン97点!(ティム・アトキン)

VINOUS 93~96点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 93~96点!


MVF(旧クラスマン)2020年度版19.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版19/20点






’17の新銘柄は
2004年にマコン・ヴェルゼの畑を購入した後、
2013年にさらに買い足した畑のブドウからなので
すべて自社畑のドメーヌもの!
いまではマコネ地区に20haもの自社畑を所有しているのです!!!

’15以降すべてDIAMコルク




Domaines Leflaive, Pouilly-Fuisse la Chaneau '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、プイィフュイッセ・ラ・シェノー’17

税別¥6700

<あと5本>超限定品!

※初入荷!再入荷不可能!

最新パーカー91+点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


デカンター・オンライン93点!
(2019~2024年、ティム・アトキンMV)

バーガウンド・コム 91点


場所はソリュトレの岩の麓。東向き。急な斜面。
粘土石灰質土壌、鉄の割合が多く、はっきりした黄土色。
植樹は1980年と1995年。




Domaines Leflaive, Pouilly-Fuisse en Vigneraie '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、プイィフュイッセ・アン・ヴィニュレ’17

税別¥6700

<売り切れ>超限定品!

※初入荷!再入荷不可能!

最新パーカー92点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


バーガウンド・コム 92点!

「2019.11月上旬に飲みました。DIAMコルク。うっすら緑がかったやや濃いイエロー。抜栓直後は樽が溶け込みきっていなくて少し固さがあり飲み頃は最低でも1年後以降かな?という印象。ナッツ、青いバナナ、洋ナシ、樹脂、スパイスの香りから時間とともにトロみのある黄桃が主体となる。冷やし過ぎないほうがおいしい。あまり縦には伸びない粘土質の多い土壌を連想させる味で、ほのかな甘みと粘性と広がりがありつつ塩味も感じられるアフター。甘エビに合いそうな雰囲気。今後もっとビオのキメ細かさが表現されてゆくのでしょう。瓶熟成でうまく樽が溶け込めば旨塩酸が前に出ると思われる。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール13.5%

場所はソリュトレの岩の下の方。完全に南向き。穏やかな斜面。早咲きのテロワール。
粘土石灰質に深層部の土壌が混じっている。
植樹は1996年。





Domaines Leflaive, MACON-VERZE "le monte" '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ・ル・モン’17

税別¥4500

<あと8本>超限定品!

※初入荷!再入荷不可能!

最新パーカー90+点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


デカンター・オンライン92点!
(2019~2023年、ティム・アトキンMV)

バーガウンド・コム 89点


粘土石灰質と、バランスの取れた比率でこのリュー・ディーの特徴的なシレックスが混ざっている。

1964-1965年(の間に植えられた樹)
0.94ヘクタール

ヴェルゼの谷に張出したエスコールの小集落の上に位置する。リュー・ディー”le monte”は南西向きの緩やかな斜面の区画。

ビオディナミを実践

ポンプ式のプレス機でゆっくりと行う。タンクに移し24時間かけて固形物を沈殿させ、その後発酵槽に移す。
3分の2が樽(新樽ではない)、3分の1がイノックスタンク。
10か月発酵槽でエルヴァ―ジュ(シュール・リー)、その後澱引きしイノックスタンクへ。6か月タンク熟成(シュール・リー)の後、瓶詰め。
ホメオパシー式のコラージュと、必要であれば軽く濾過する。




Domaines Leflaive, MACON-VERZE "les chenes" '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ・レ・シェーヌ’17

税別¥4500

<あと10本>超限定品!

※初入荷!再入荷不可能!

最新パーカー90点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


デカンター・オンライン93点!!!
(2019~2024年、ティム・アトキンMV)

バーガウンド・コム 89点


粘土石灰質。母岩までは届かない深層部の土壌。緩やかな斜面から急な斜面まである。

45アールが1935年、2.98ヘクタールが2002年

ヴェルゼの谷間の中腹にあり、リュー・ディー"les chenes"は南西向きの2つの区画のアッサンブラージュ。

ビオディナミを実践

ポンプ式のプレス機でゆっくりと行う。タンクに移し24時間かけて固形物を沈殿させ、その後発酵槽に移す。
85%セメントタンク、15%樽(3分の1が新樽)。1935年の古木は全て樽熟成。
10か月発酵槽でエルヴァ―ジュ(シュール・リー)、その後澱引きしイノックスタンクへ。6か月タンク熟成(シュール・リー)の後、瓶詰め。
ホメオパシー式のコラージュと、必要であれば軽く濾過する。




ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’17

税別¥4000

<あと9本>おすすめ!

最新パーカー88点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


バーガウンド・コム 88点

「2019.11月上旬に飲みました。一番手ごろな価格でもやはりよい出来。緩くないたっぷりのフルーツ感で酸とミネラルが低くなく飲み頃NOW~のバランスよいおいしさ。樽は控え目であくまでみずみずしさはキープされている。杯が進むタイプ」




ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’15

税別¥4000

<売り切れ>

36本完売。~※’15も再入荷不可能となりました!




’14は、アンヌ・クロード・ルフレーヴの手掛けた最後のヴィンテージ!
’14からほぼ全銘柄DIAMコルク採用のようです
(’14からケースで買うと入っているドメーヌによる飲み頃予想の紙が、今年の出来についての紙
<ピュリニー北部やムルソーで一部雹被害などあったが、最終的にはミネラルが強く、緊張感のある、それぞれの畑の個性が明確に表現された良い年というような説明>
に変わっていました)

’14もリアルワインガイド56号にて絶賛される!




ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’14

税別¥4000

<売り切れ>

スペクテーター92点!(NOW~2020年)

パーカー90点(ニール・マーティン、
2017~2024年、ワイン・アドヴォケイト231号)


バーガウンド・コム 88点

インターナショナルワインセラー89点(2016~2019年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

173本完売!!!ありがとうございました
※ついに’14が再入荷不可能となりました~!


11/10(日)アップ~蔵出し超特価シャトー・マルゴー’16

9/1(日)アップ~特価ラ・プティット・マルキーズ’16

8/28(水)アップ~蔵出しレオヴィル・バルトン’16

6/16(日)アップ~蔵出しシャトー・ムートン’16、マレスコ・サンテグジュペリ’16

5/22(水)アップ~蔵出しスミス・オー・ラフィット’16

2/22(金)アップ~<※3本限定!>ル・プティ・シュヴァル・ブラン’16

滅多にラベルすら見かけないシュヴァル・ブランが造っている辛口白!

2/20(水)アップ~フィエフ・ド・ラグランジュ’16とパプ・クレマン’16

2/6(水)アップ~特価パヴィヨン・ブラン’16

1/18(金)~今がお安いボルドー・プリムール’16

蔵出し正規品シャトー・ラグランジュ’16

過去最高の出来かもしれないと言われております!!!
















※’16から微妙にラベルデザイン変更あり。






※画像は’06です。








Chateau Margaux '16

シャトー・マルゴー’16

超特価・税別¥80,000



輸入元定価・税別¥120,000

<あと4本>

※再入荷すると大幅に値上がり致します。
二度とこの価格では売れないでしょう。

ジェームス・サックリング 100点!!!

最新パーカー99点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー97~99点!!!(ニール・マーティン、
2026~2070年!、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン98点!!!

最新Wine Enthusiast 99点!!!
(2025~、Cellar Selection!)

最新VINOUS 98点!!!(2026~2070年!、
ニール・マーティン、2019年1月試飲)

VINOUS 99点!!!(2026~2066年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

最新スペクテーター97点!
(2024~2040年)

ファルスタッフ 97点!

ギィ・ド・アシェット2020年度版 3つ星&クー・ド・クー!


MVF(旧クラスマン)2020年度版19.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点

’16は、カベルネソーヴィニヨン94%、カベルネフラン3%、メルロ2%、プティ・ヴェルド1%

とにかくボルドー’16は、明らかに’15’09以上の真の大当たり年ですので買えるうちにぜひ!

常にカベルネソーヴィニヨン比率が高く凝縮しているが、砂礫層が多い土壌なので寝かせると繊細で薫り高い面が出るそうです。






LA PETITE MARQUISE DU CLOS DU MARQUIS '16

ラ プティット マルキーズ デュ クロ デュ マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥4300

↑34%OFF!

輸入元定価・税別¥6,500

<あと8本>

ジェームス・サックリング 92~93点!!!

Wine Enthusiast 90点(2022~)

最新パーカー89点
(Lisa Perrotti-Brown、2018年11月試飲)

パーカー88~90点(2020~2030年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号、2017年4月試飲)

VINOUS 91点!(アントニオ・ガローニ)

デカンター・オンライン89点(2020~2034年)

ファルスタッフ 93点!!!


カベルネ ソーヴィニヨン 61%、メルロ 38%、カベルネ フラン 1%

メドック格付け第2級シャトー レオヴィル ラス カーズが所有している専用の区画のブドウから造られるクロ デュ マルキのセカンドラベル。ファーストヴィンテージは2015年。主に若木のブドウで、クロ デュ マルキよりメルロのブレンド比率が多いのが特徴です。バラ、プラム、チェリーのジャムのようなアロマ、ハーブやタバコのニュアンスがあり、果実味が広がり程よい酸が感じられるワインです。
(輸入元資料より)




レオヴィル・バルトン’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥15000

<あと1本>限定品!

ファインズ輸入の蔵出し正規品!
なんと’05よりお安く買えてしまいます!

最新パーカー95+点!(Lisa Perrotti-Brown)

ジェームス・サックリング 95~96点!

最新VINOUS 95点!(ニール・マーティン)

VINOUS 96点!(アントニオ・ガローニ)

スぺクテーター97点!!!
2019年度TOP 1/100位に選ばれる!!!
(Highly Recommended!、2025~2040年)

ファルスタッフ 96点!

Wine Enthusiast 96点!(Cellar Selection!)

ル・フィガロ19/20点!

Le Point 17.5~18/20点

Terre de Vins 17/20点


MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18~18.5/20点
Palmares! Les Vins du Medoc de L'Anee!に選ばれる!

’16は、CS86%, M14%

新樽比率約60%

レオヴィル・バルトン最新情報
畑の平均樹齢は40年ですが、なかには1953年に植えられた古い樹もあります。合植(消滅したり、ダメージを受けた樹の植え替え方法)を行っていき、栽培密度はヘクタール当たり9100本を維持しています。畑を取り巻く環境も大事な要素です。
< 2012年以来、畑の12%程がオーガニック農法で管理されており、年々、その割合は増えていっています。 >

ブドウは120人程のチームによって収穫され、完全に除梗し、何回かの選別の後、温度管理された発酵槽へ送られます。一日に2回ポンピングオーバーを行いながら、数日間、発酵を続けます。マセラシオンと発酵の後、オーク樽にて18ヵ月熟成されます。樽は基本、60%が新樽で、樽は複数の会社から購入します。発酵の間に、目減り分の補充を行い、3ヵ月毎に澱引きを行い、卵白で清澄を行います。一樽に付き、3~6個の卵白を使用します。

重要の作業のひとつ、ブレンドは例年、1月の末に行われます。テクニカル・ディレクターとコンサルタントのエリック・ボワスノ氏が各区画のワインを注意深く試飲していき、決定します。瓶詰めは6月です。






Chateau Mouton-Rothschild '16 (Pauillac)

ムートン・ロートシルト’16

(ポーイヤック・辛口赤)


超特価・税別¥80000

<売り切れ>

※再入荷すると最低でも¥17,280以上大幅に値上がり致します。
二度とこの価格では売れないでしょう。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

ファルスタッフ 99点!!!

ジェームス・サックリング 100点!!!

最新パーカー100点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー98~100点!!!(ニール・マーティン、
2026~2065年、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン99点!!!
(Pauillac'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新Wine Enthusiast 98点!(2026~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 99点!!!(バレル)

最新VINOUS 100点!!!(2019年1月試飲)

VINOUS 95~98+点!!!

最新スペクテーター98点!
(2025~2045年、Collectibles!)

MVF(旧クラスマン)2019年度版20/20グラス!!!(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19~19.5/20点(Top10 des Producteursに選ばれる!)

’16
カベルネ・ソーヴィニヨン 83%
メルロ 15%
カベルネ・フラン 1%
プティ・ヴェルド 1%

2016年は、その濃密さと肉づきの良さから、21世紀生まれの偉大なるヴィンテージと肩を並べる仕上がりです。
(シャトー・ムートン・ロートシルト公式コメント)

’16ラベルはウィリアム・ケントリッジ (William Kentridge)
絵画・彫刻作品はもちろん、映像制作や舞台演出といった分野でもその名を知られる南アフリカのヨハネスブルグ生まれ。
ムートンのラベル・コレクション初となるアフリカ大陸出身アーティスト。





CHATEAU MALESCOT ST-EXUPERY '16

マレスコ・サンテグジュペリ’16

(マルゴー・辛口赤)


特価・税別¥9000

<あと3本>

※再入荷すると¥1,080以上値上がり致します。

ジェームス・サックリング 98~99点!!!

最新パーカー95点!(2021~2045年、Lisa Perrotti-Brown)

パーカー94~96点!!!(ニール・マーティン、
2022~2050年、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新スペクテーター93点(2022~2036年)

スペクテーター92~95点(バレル)

ファルスタッフ 95点!

最新VINOUS 95点!!!(2019年1月試飲)

Wine Enthusiast 93点(バレル)


MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点





Chateau Smith Haut Lafitte Rouge '16

スミス・オー・ラフィット’16

(ペサックレオニャン・辛口赤)


特価・税別¥15800

<あと3本>

最新デカンター・オンライン98点!!!
(2026~2042年、2018年12月バレルではなくボトルからの試飲)

最新パーカー98点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー96~98点!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新スペクテーター97点(2023~2038年、
James Molesworth's Recommended 2016 Bordeaux)

スペクテーター95~98点!!!(バレル)

ジェームス・サックリング 97~98点!!!

Wine Enthusiast 97点!!!(バレル)

最新VINOUS 98点!!!(2019年1月試飲)

VINOUS 94~97点!!!

ファルスタッフ 96点!

ジャンシス・ロビンソン18/20点

Winedoctor 98点!!!

Yves Beck 100点!!!


MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18~18.5/20点
さらにLes Vins des Graves de l'anneeに選ばれる!!!

※再入荷すると¥1,296値上がり致します。

’16のデータ
CS65%、M30%、CF4%、PV1%

平均樹齢38年

低収量35hl/ha

新樽60%にて18ヶ月熟成




Calon Segur '16

カロン・セギュール’16

(サンテステーフ・辛口赤)


超特価・税別¥14000

<売り切れ>

※すべての値引き対象外となります。
再入荷すると¥3,780値上がり致します。

最新パーカー96点(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー95~97点!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン96点!
(St-Estephe'16最高のワインの一つに選ばれる!)

スペクテーター94~97点!(バレル)

最新Wine Enthusiast 96点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!(バレル)

最新VINOUS 97点!!!(2019年1月試飲)

VINOUS 94~97点!!!
(St-Estephe'16 Best!!!)

ファルスタッフ 96点!


MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点!




LE PETIT CHEVAL BLANC '16

ル・プティ・シュヴァル・ブラン’16

(ボルドー・辛口白)


税別¥17000

<売り切れ>幻の超限定品!

パーカー94+点!(2019~2030年、Lisa Perrotti-Brown)

スペクテーター・オンライン93点(NOW~2024年)

VINOUS 91点(ニール・マーティン、2020~2030年)


アルコール%

’15はHPに載せることが出来ず完売でしたが、
当たり年’16は、奇跡的に3本手に入りました~!!!

滅多に見かけることすらできない。シャトー・シュヴァル・ブランの辛口白ワイン。2014年がファーストヴィンテージ
ソーヴィニヨンブラン100%

厳選した新樽1500~3000リットルにて熟成

除草剤不使用





パプ・クレマン’16

(ペサックレオニャン・辛口赤)


超特価・税別¥13000

<あと1本>

※再入荷すると¥2,160程度値上がり致します。

最新デカンター・オンライン95点!
(2025~2042年、2018年12月バレルではなくボトルからの試飲)

最新パーカー96点!!!(2022~2042年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー95~97点!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新Wine Enthusiast 95点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!(バレルサンプル)

最新スペクテーター96点!(2023~2037年)

スペクテーター94~97点!(バレル)

ファルスタッフ 94点

最新VINOUS 96点!!!(2019年1月試飲)






PAVILLON BLANC DU CHATEAU MARGAUX '16

パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー’16

(ボルドー・辛口白・750ml)


特価・税別¥32000

<あと5本>限定品!

※再入荷すると大幅に値上がり致します!
久しぶりにこの銘柄の価格を見た方は信じられないかもしれませんが、これでかなりお安い方です。

最新デカンター・オンライン95点!
Part of Top 20 Bordeaux dry whites に選ばれる!

デカンター・オンライン97点!!!(2020~2038年)

最新パーカー94点(2021~2038年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター95点(NOW~2028年)

最新VINOUS 95点!(2021~2036年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

最新Wine Enthusiast 94点!(2021~)

Wine Enthusiast 95点(バレルサンプル)

ファルスタッフ 93点


’16は、ボルドー白としては超低収量23hl/ha!

グラン クリュ第1級のシャトー マルゴーで造られる白ワインです。若さと力強さを感じさせる余韻豊かな辛口の味わいに仕上げ、多くのファンを魅了しています。

「赤ワインの女王」と讃えられるボルドーの名門シャトー マルゴーの白ワイン。19世紀にはヴァン ブラン ド ソーヴィニョンの名で販売されており、1920年から現在のパヴィヨン ブランに改名されました。
11haに植えられたソーヴィニョン ブラン100%で造られるワインです。
いきいきとして適度なミネラルを思わせる味わい。バランスのよいワインです。
(輸入元資料より)




Chateau Lafon Rochet '16

ラフォンロシェ’16

(サンテステーフ・辛口赤)


税別¥6500

<あと10本>

ジェームス・サックリン 93~94点!

パーカー91~93点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン94点!
(St-Estephe'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新スペクテーター93点(2023~2033年)

スペクテーター90~93点(バレル)

最新Wine Enthusiast 94点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!!!(バレル)

最新VINOUS 93点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 95点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!!!

ファルスタッフ 92点


MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点
さらにPalmares Top Producteursに選ばれる!!!

過去最高の出来と言われる待望の’16です!!!

今までラフォン・ロシェによいイメージがない方ほどぜひ飲んでみるべき!!!

2009年から現在に至るまでの現醸造長のルカ氏は、
なんとDRCで働いていた時期があるそうです!

粘土質の多い北東向き斜面

最新で清潔な醸造設備・セラーを完備

グラン クリュ第4級。1960年に現オーナー(シャトー ポンテ・カネと同じ)テスロン・ファミリーが買収、一時やや低迷後、再び優れた品質で上昇中です。
ポイヤックとサン・テステフ村の境界にあり
「CH.ラフィット・ロートシルト」と「CH.コスデストゥルネル」に隣接しているブドウ園。カベルネ・ソーヴィニヨン種の比率が高く、タンニンと力強さが魅力。 (輸入元資料より)

2007年からBasile Tesseron(バジル・テスロン)氏が関わり始め

2010年ごろからビオディナミを少しずつ導入開始

2013年には基本的にすべての畑で有機栽培・一部ビオディナミ

なんせ早くからビオディナミを導入したポンテカネのテスロン・ファミリーですから!




CHATEAU SOCIANDO MALLET '16

ソシアンド・マレ’16

(オー・メドック・辛口赤)


税別¥5200

<あと1本>

ファルスタッフ 95点!!!

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン92点

最新VINOUS 91+点(2019年1月試飲)

VINOUS 88~91点


シャトー・ラトゥールから続く砂利質土壌

サン・スーラン村

リュット・レゾネを実践

現所有者のジャン ゴートローがシャトーを購入した1969年、僅か数haの畑と荒廃した建物からの船出でしたが、現在では58haの畑を所有するに至り、格付けシャトーに匹敵する評価を得ています。
栽培比率はCS55%、ME40%、CFとPV5%を栽培し、少し高めの温度で発酵と醸しを行い、新樽比率80-100%で12-15ヶ月間の熟成を施します。
非常に色濃く、豊富なタンニンと高い凝縮感が特徴的です。
(輸入元資料より)




CLOS DU MARQUIS DE CHATEAU LEOVILLE-LAS-CASES '16

クロ・デュ・マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥7200



当店通常価格・税別¥9600

<あと10本>

最新パーカー94点!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー93~95点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン92点
(~Very good quality!)

最新スペクテーター94点(2023~2038年)

スペクテーター93~96点!(バレル)

最新Wine Enthusiast 93点!(2023~、Editors'Choice!)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 94点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 94点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!

ジェームス・サックリン 94~95点!

ジャンシス・ロビンソン16.5~17.5/20点!


MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点

’16のデータ
CS73%、M24%、CF3%




CHATEAU BRANE-CANTENAC '16

ブラーヌ・カントナック’16

(マルゴー・辛口赤)


税別¥10000

<あと1本>

パーカー96~98点!!!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン95点!
(Margaux'16最高のワインの一つに選ばれる!)

Wine Enthusiast 95点!(バレル)

最新VINOUS 96点!!!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 90~93点

スペクテーター90~93点(バレル)

ファルスタッフ 94点


ここも今ではビオロジック!

味わいにまとまりがあり、早くから楽しめつつ熟成のポテンシャルも期待できる、いつ飲んでも裏切らない味わい
リュシアン・リュルトン(あのリュルトン家です!)によって進められた栽培、醸造両面の品質改革により格付け2級の名を裏切らない品質を取り戻しました

75ha、作付けはCS55%、ME40%、CF4.5%、MA0.5%。ブラヌ カントナックに使われるブドウの平均樹齢は35年。熟成は60-70%新樽で18ヶ月間行われます。
マルゴーらしい、繊細さやフィネスを感じる一本です。
(輸入元資料より)




2016.11月上旬
シャトー・ラグランジュ現副会長である椎名 敬一氏とお食事する機会をいただきました。相手がビック過ぎてめっちゃ緊張しましたが、気さくにお話ししてくれて助かった次第であります(汗)
よいブドウを使用、樽がきつくない、タンニンの質が良い、無駄な重さがなく、ちゃんと長く熟成する
今では’80年代中盤頃よりもより良いコルクを採用している
超高価な光センサー選果マシーン導入も
白ワインのレ・ザルム・ド・ラグランジュに
レ・フルール・デュ・ラックというセカンドが出来たことも勉強不足で知らなかった、、、

評論家による最新ヴィンテージのバレル試飲~瓶詰直後の試飲では
ラグランジュ特有のボルドーとしては多少高めの酸味(これが上品さを生み出す要素のひとつなのですが、、、)が不利に働き低めの評価が付きやすいものの、数年寝かせると特に近年ではどんな年もちゃんとおいしく変化する


リュット・レゾネ(減農薬)を実践
(2005年からテラ・ヴィティス認証取得済み)

手摘み

2004年からサードワイン導入によりさらに厳しい選別を行う

2007年から最新型瓶詰機の導入

2008年から小型タンクへの切り替え(2011年に完了)

2009年より光センサーによる更なる選果の徹底
↑この機械はものすごく高価なので、ごく一部のワイナリーしか導入できません!
5大シャトーやシャトーヌフのChateau Mont Redon(シャトー・モン・ルドン)など

SO2排出量を減らす試み、SO2排出量を公表するなどの環境への配慮にも取り組む


’01はやや力強い個性で熟成も比較的ゆっくり、
’02は現在飲み頃ピーク付近!
’07はウルトラ・シルキータンニンのなめらかな個性、
’09はいつ開けてもおいしく、特にセカンドのフィエフが大成功した年!!!

いつも比較的流通量は安定しているラグランジュですが、
’17’18の生産量が壊滅的だった影響
一時的に全ヴィンテージが入手難となっております!



LES FIEFS DE LAGRANGE '16

フィエフ・ド・ラグランジュ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


超特価・税別¥3500

↑35%OFF!

輸入元定価・税別¥5,400

<あと13本>

最新VINOUS 90点(2018~2024年、2019年1月試飲)

パーカー90~92点(2020~2040年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン90点(2027~2050年)


Wine Enthusiast 90点

ファルスタッフ 93点!!!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

35本完売。



Chateau Lagrange '16 (Saint-Julien)

ラグランジュ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


超特価・税別¥6800



当店通常価格・税別¥8000

<あと1本>

ファインズ輸入の蔵出し正規品!
23本完売。~※再入荷すると通常価格に戻ります!

最新パーカー95点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー94~96点!!!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン95点!!!
(St-Julien'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新スペクテーター94点(2024~2038年)

スペクテーター92~95点(バレル)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 95点!!!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 90~93点

ジェームス・サックリン 95~96点!!!
(出来のよかった’15よりさらに上質!)

ファルスタッフ 93点


最新ワイン王国109号 メドック格付けシャトー36本ブラインド・テイスティングにて大絶賛される!

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点

シャトー・ラグランジュ現副会長である椎名 敬一氏曰く、
個人的には’16は過去最高の出来!!!

’16は、カベルネ ソーヴィニヨン70%、メルロ24%、プティ ヴェルド6%
収穫期間:10/3-10/24(過去最も遅い収穫)




ラグランジュ’15

(サンジュリアン・辛口赤)


税別¥6300

<あと8本>

Wine Enthusiast 95点!!!(2025~)

最新パーカー93点!(2019~2040年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年2月試飲)

パーカー90~92点(2020~2040年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト224号)

スペクテーター91点(2019~2028年)

最新VINOUS 91点(2020~2035年、2018年2月試飲)

インターナショナルワインセラー89点

ファルスタッフ 92~94点

ゴーミヨ誌16.5/20点


デカンター・オンライン93点!(2025~2040年)

ジェームス・サックリン 94点!(2020~)


MVF(旧クラスマン)2018年度版16.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点

’15は、CS約75%、M約15%、PV約8%のブレンド

シャトー公式飲み頃予想2022~2040年




フィエフ・ド・ラグランジュ’15

(サンジュリアン・辛口赤)


税別¥3700

<あと1本>絶対おすすめ!

ファインズ輸入の蔵出し正規品!

最新パーカー89点(2020~2028年、ニール・マーティン)

パーカー87~89点(2018~2026年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト224号)

VINOUS 89~91点


デカンター・オンライン89点

「2017.12月中旬に飲みました。縁が紫がかった中程度のガーネット。トップノーズは珍しくうっすらグルナッシュ的な完熟ベリー、スミレ、シナモンを含む甘苦系スパイス、すでに溶け込みつつある樽などの甘い香り。よく凝縮して青さがなく、味わいはグルナッシュ的ではなく、香りの印象よりもキレイな酸が残り例年通りの上品な複雑性で、明らかに他の多くのシャトーよりも酸味が上質。さすがに抜栓直後だけは少し固いがもうおいしく飲めてしまう。抜栓の次の日には全体的に少し向上してかなりおいしい。抜栓の2日後もおいしいが、昨日がベストだった。 ※ちなみに価格が+¥1000くらいのアミラル・ド・ベイシュヴェル’15と飲み比べましたが、フィエフ’15の方が開いていたし好みでした」

アルコール13%

’15は、CS55%、M41%、PV4%


リュット・レゾネ(減農薬)を実践(2005年からテラ・ヴィティス認証取得済み)

手摘み~かなり厳しく選果

2004年からサードワイン導入によりさらに厳しい選別を行う

2007年から最新型瓶詰機の導入

2008年から小型タンクへの切り替え(2011年に完了)

2009年より光センサーによる更なる選果の徹底
↑この機械はものすごく高価なので、ごく一部のワイナリーしか導入できません!
5大シャトーやシャトーヌフのChateau Mont Redon(シャトー・モン・ルドン)など

SO2排出量を減らす試み、SO2排出量を公表するなどの環境への配慮にも取り組む

 

 

~近年のラグランジュ品質向上&高評価の理由~

『 サントリーが入手した際の最大の幸運は、土壌の優秀さでした。先代のセンドーヤ家が、土地の切り売りを、周辺の、最も力の劣った部分から少しずつ進めていったため、結果として、かつてのラグランジュの最も優秀な部分、いわば精随ともいえる場所だけが残されていたのです。当時でさえ、多くの専門家が「土壌がもつ潜在能力という点では、メドックのトップ10シャトーに匹敵する」と評価していたのは、そのためです。そして、その潜在能力を可能な限り引き出すことが、当面のサントリーの最大目標となりました。

~現在のラグランジュでは、畑を小さな区画に分け、数多くの発酵タンクで別々に醸造する方法をとっています。これによりアッサンブラージュ作業が自由にかつ厳密に行えるようになりました。つまり、基準に満たないワインをはねることが容易になったばかりでなく、年ごとの個性を最大限に生かしつつ、絶妙のバランスを達成できるようになったのです。

~新生ラグランジュは、その設備面に関する限り、1985年に完成、それによる飛躍的なまでの品質向上は、世界のワイン関係者の注目をあびました。しかし、葡萄園が完璧な状態に達するのは、まだまだ先のことです。セカンドラベルは別として、シャトーものの品質基準に見合う葡萄は、通常、樹齢が20年をこえた葡萄樹からしかとれないのです。つまり、サントリーの手で新たに植えた優秀な苗木が、ラグランジュの主力となり、ワインの品質が新しいステージにステップ・アップするのは、早くても2005年頃。(輸入元資料より) 』


≪著作権について≫
当ホームページに掲載している著作物(文章・画像)にかかる著作権は、㈱ワインの店いとう もしくは、情報提供していただいた提供元に帰属します。
当ホームページで掲載している情報・文章・画像などのデータについては、権利者の許可なく複製・転用することを固く禁止します。

Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp