新入荷ワイン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


超限定ブルゴーニュ(1/29金アップ)

おすすめスパークリング(12/20日、ポール・アルマンNV)

オリーブオイル、食後酒()

※誠に恐れ入りますが、長期キープをお断りさせていただいております。




  クール便の場合に限り重量制限の為、1箱10本までとなります。



※在庫確認~メール、FAXの返信に少しお時間をいただきます。

キープの短いご注文を優先させていただく場合がございます。


クール便の場合の計10本以上お買いあげにて対象商品5%OFFサーヴィス終了 → ドライ便で計12本以上の場合のみ適応継続とさせていただきます → 電気代や梱包資材、クール代等の値上がりなどあらゆるコストアップでそろそろ止めざるを得なくなりそうです、、、

ドライ便指定で、もし吹きこぼれや熱劣化などあった場合、当店もヤマト運輸さんも一切保証できません



新型コロナウイルス感染拡大防止の為、
ご来店のお客様より、不安の声がございましたので、
当分の間ワインセラーへの長時間のご滞在はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

また、ワインセラー内が混みあわないよう、入室をお待ちいただく場合もございます。

せっかくご来店いただきこのようなお願いは大変心苦しいのですが、何卒、ご協力お願い致します。


今後しばらくの間
10:00~20:00の1時間短縮営業とさせていただきます。


2020年7月1日(水)からレジ袋有料となりました。



必ず下記ご注文の際の諸注意をよくお読みいただきました上で、ご注文お願い致します。

今回いただきましたご注文への返信は、3/7(日)夕方までに行わせていただきます。

規定を満たしているご注文のみ受注させていただきます。
キャンセル不可にてお願い致します。

とにかくミスと混乱を防ぐためにも
<1通のメールで確定いただけますお客様を優先させていただきます。>

お電話ではなく、メールかFAXでのご注文をお願い致します。
キープの短いご注文を最優先で受注させていただきます。
3/21(日)到着指定までの設定をお願い致します。

今回は完売のご連絡をすることが多くなってしまうかもしれませんので、
数がわずかな銘柄に関しましては第2希望を書いていただけますと確保率が高まり、スムーズに返信できます。






3/4(木)アップ~蔵出し蔵出しドメーヌ・シュヴニー・ルソー’19’18’17’12’09

フィネス輸入!話題の新生産者!



















話題の新生産者!
100%フィネス輸入の貴重な蔵出し正規品


※全銘柄すべての値引き対象外となります。
全銘柄すでに再入荷不可能!!!
全然割り当て数をもらえなくてびっくりしました、、、




DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, ECHEZEAUX '17

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、エシェゾー’17

税別¥39000

<あと3本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すでに再入荷不可能!

「Les Rouges du Bas(レ ルージュ デュ バ)」の区画に約0.25haの畑を所有しており、約1億7000万年前のジュラ紀中期の泥灰土の土壌に樹齢約50年の葡萄が植えられています。

グラン エシェゾーとは異なり土が浅い丘の斜面に畑があるのので、口当たりは柔らかく、フランボワーズのようなフレッシュな赤い果実のアロマ、下草のような涼しげなニュアンスもあり繊細な味わいになります。




DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, VOSNE-ROMANÉE LES CHAMPS DE PERDRIX '12

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、ヴォーヌロマネ・レ・シャン・ペルドリ’12

税別¥20000

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!




DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, VOSNE-ROMANÉE LES CHAMPS DE PERDRIX '18

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、ヴォーヌロマネ・レ・シャン・ペルドリ’18

税別¥19000

<あと6本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

ピノ ノワール種100%。特級「La Tache(ラ ターシュ)」のすぐ上に位置する「Aux ChampsPerdrix(オー シャン ペルドリ)」の区画に約0.9haの畑を所持しています。標高300~350mで浅い粘土石灰質土壌に樹齢約40年の葡萄が植えられています。

「Perdrix(ペルドリ)」とはフランス語でヤマウズラの意味で、グリオット(フランスの酸味の強いサクランボ)やイチゴ、コケモモのようなエレガントなアロマ、カシスのようなスパイシーなニュアンスもあり、時間と共に下草や香辛料なども感じられるようになります。肉厚な果実味と複雑さ、余韻は柔らかで若いう
ちはパワフルですが、瓶熟することでタンニンも溶け込んでオイリーで滑らかになっていきます。




DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, NUITS-SAINT-GEORGES VIEILLES VIGNES '09

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、ニュイサンジョルジュVV’09

税別¥12000

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

ニュイ サン ジョルジュの北側の「Aux Saints-Juliens(オー サン ジュリアン)」と南側の「Les Charmois(レ シャルモワ)」の2区画の葡萄を使用しています。所有畑は合計で約0.75haで粘土石灰質土壌に樹齢約40年の葡萄が植えられています。

サクランボやイチゴ、カシスのようなフレッシュなアロマにトリュフや革、スパイス、獣臭も感じられます。濃厚でパワフルな味わいながらもバランスの取れたストラクチャー、余韻も長くタニックですがトゲトゲしくはありません。




DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, BOURGOGNE PINOT NOIR '18

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、ブルゴーニュ・ルージュ’18

税別¥3500

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!




DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, BOURGOGNE PINOT NOIR '19

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、ブルゴーニュ・ルージュ’19

税別¥3500

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

ヴォーヌ ロマネ村とニュイ サン ジョルジュ村にある畑の広さは約0.9ha、粘土石灰質土壌で樹齢は約30年になります。

サクランボやカシス、ブラックベリーのようなアロマ、ザクロや牡丹のようなニュアンスも感じられます。しなやかで繊細な口当たり、ふっくらとした果実味でタンニンもきめ細やか、余韻は涼しげで軽やかなのでスッキリした味わいです。




DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, BOURGOGNE CHARDONNAY '19

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、ブルゴーニュ・ブラン’19(辛口白)

税別¥3300

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

シャルドネ種100%。ムルソー村にある畑の広さは約0.7ha、粘土石灰質土壌で樹齢は約30年になります。
アルコール醗酵は樫樽で10~15日間行い、新樽率20%の樫樽で12ヵ月間、定期的にバトナージュを行って旨味を引き出しながら熟成させます。

レモンや洋梨、アーモンド、アカシアや西洋山査子、アニスや桃、菩提樹、ミント、パイナップルのような様々な香りが感じられ、口当たり柔らかくデリケート、フルーティでミネラル豊か、甘草やブリオッシュのようなニュアンスも感じられます。


第2次世界大戦後の1947年にルシアン シュヴィニーがヴォーヌ ロマネの「Aux ChampsPerdrix(オー シャン ペルドゥリ)」の区画に葡萄を植えたのがこのドメーヌの始まりで、3代目となる現当主のパスカル シュヴィニーは父ミッシェルから1984年にドメーヌを引き継ぎました。ドメーヌ名はパスカルの父方の苗字「Chevigny(シュヴィニー)」と母方の苗字「Rousseau(ルソー)」を掛け合わせたもので、現在はコート ド ニュイを中心に約4haの葡萄畑を所持しています。リュットレゾネで栽培を行っていますが、HVE認証という葡萄栽培から瓶詰に至るまで、より厳しく環境のことを考えて活動している生産者に与えられる認証を得ており、高い品質のワイン造りを目指しています。ワインの販売については、ドメーヌで瓶熟させながら飲み始めても良いなと思ったヴィンテージをリリースできるように努めています。

葡萄の収穫は手摘みで除梗100%、アルコール醗酵は自然酵母で櫂入れと液循環を行いながら最高30℃で10~15日間行います。熟成は樫樽でブルゴーニュクラスは12ヵ月、それ以外は約18ヵ月間行います。新樽比率はヴィンテージにもよりますが、ブルゴーニュで約25%、それ以外は約80%ほど、グラン エシェゾーのみ100%にすることもあります。瓶詰前にコラージュのみを行い、ノンフィルターで瓶詰されています。 (輸入元資料より)


3/4(木)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・デュロシェ’18

<※極少量!>蔵出しドメーヌ・デュロシェ’17

ここもブルゴーニュ・ライジングスターのひとつでしょう!

※全銘柄すべての値引き対象外となります。






 


ワイン・アドヴォケイトのニール・マーティン
『 一体どうして見落としていたのだろう。ピエール・デュロシェはジュヴレのライジング・スターである! 』

バーガウンド・コムが選ぶ、コートドール赤ワイン生産者
2013年TOP25に選ばれる!

WILLIAM KELLEY
“Domaine Duroche is in the top 5 up-and-coming producer in Burgundy”

もう超入手難ワインの仲間入りしてしまいました。数が全然手に入りません、、、


「DRCやルーミエにしか焦点を合わせていないブルゴーニュ愛好家でさえ、この有望株に興味を示している」ワイン・アドヴォケイト


5~6年前からは考えられないほど入手難となっています!





ドメーヌ・デュロシェ、ラトリシエール・シャンベルタン’18
+ドメーヌ・デュロシェ、ジュヴレシャンベルタン’18


税別¥51700

<あと1セット>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

VINOUS 95~97点!!!

パーカー96点!(William Kelley)


シャンベルタンに隣接する樹齢45年の区画から年間わずか600本のみ生産!
粒の小さな色の濃いベリー系果実のフローラルな香り。涼しげなミクロクリマを反映した奥深い精緻な味わいで、しなやかで密度ある果実、エレガントな酸、控えめなタンニンのバランスが素晴らしい。内側から赤系果実のうまみが湧き出す華やかなグランクリュ。

※ラトリシエール’18単体での輸入元定価・税別¥52,000




ドメーヌ・デュロシェ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・ラヴォーサンジャック’18

税別¥17000



輸入元定価・税別¥19,600

<あと4本>超限定品!

’15は1本も買えませんでした、、、

デカンター・オンライン96点!!!(ティム・アトキン)

VINOUS 94~96点!!!

パーカー95点!(William Kelley)


最高樹齢80年!




ドメーヌ・デュロシェ、ジュヴレシャンベルタン・オー・ゼトロワ’18

税別¥11500



輸入元定価・税別¥14,000

<売り切れ>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

デカンター・オンライン94点!(ティム・アトキン)

VINOUS 90~92点

パーカー91~93点(William Kelley)


所有区画はグリオットとシャルムに挟まれた絶好のロケーション。ブラックベリーやブラックカランとなどの黒系果実のふくよかな香りにスパイスのヒント。果実感豊かなアタックに続き、非常に生き生きとした酸がエレガントなキャラクターを与えている。




ドメーヌ・デュロシェ、ジュヴレシャンベルタン’18

特価・税別¥6700



輸入元定価・税別¥8,500

<あと7本>限定品!

VINOUS 89~91点

パーカー89点(William Kelley)


ジュヴレ・シャンベルタンとの境界に近いブロションにある区画のブドウを使用。
最高樹齢85年!





ドメーヌ・デュロシェ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・ラヴォーサンジャック’17

特価・税別¥14500

<あと10本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

’15は1本も買えませんでした、、、

最新パーカー92点(2024~2045年、
William Kelley、2020年1月試飲)

デカンター・オンライン95点!!!(ティム・アトキン)

VINOUS 93点!

バーガウンド・コム 90~92点


最高樹齢80年!



’16は大幅生産量減で、特にラトリシエール・シャンベルタン、ジュヴレ・オー・ゼトロワ、ジュヴレ・ジューヌ・ロワでは壊滅的な被害があり1本も手に入りませんでした、、、



3/4(木)アップ~<※極少量!>蔵出しプリウレ・ロック’17

近年では本当に数が入らなくなってしまいました、、、

※全品すべての値引き対象外となります。




 





2002年からドメーヌで収穫・醸造を手伝い始め、
’05に醸造責任者、’10よりロックの共同経営者となったヤニック・シャン氏が来札して試飲セミナーを開催してくれました~!

’08以降は、コルク上部赤いロウを載せSO2を使わずに熟成できる状態を作り出している

天然酵母の重要性なども熱く語っていました。土着の様々な酵母が働くことが大切だし自然なことだと


やはり’12’13は極少量でした
今までで一番少ないくらいの生産量とのこと

ニュイ・アンは樹齢が上がってきてもう造られておりません。上級ワインに混ざっています





上記画像が、1級クロ・デ・コルヴェの畑


※現在、全銘柄が再入荷不可能!!!


一部を除き、基本的にはドメーヌの方針としてキャプシールをつけないこととなりました。 (マグナムと一部数量のラドワ ル クル ルージュはキャプシールがついています)
背景:2018年6月よりフランス国内で義務化されていたキャプシール上に塗付されている酒税納付用のシールが不要になり、そ れに伴いキャプシールも今後つけないことに変更したため。


ヴィンテージ情報
【ヤニックが語る2017年】
予想のつかないことが多く起こった年。春は霜のリスクが高まり、収穫の70%も失った2016年の再来を心配したが、コート ドールのヴィニュロン達はかつてない連帯感で協力しあった。朝の4時には畑に集まり、藁を燃やし、新芽が朝日で焼けないよう煙の幕でブドウ樹を守ったおかげで大きな被害から免れることができた。そして歴史的にも病気の少ない年だった。
2002年からドメーヌで働いているが、これほど健全なブドウが取れた年はなかった。
収穫は9月1日にラドワの白から始め、9月5日にラドワの赤を開始。収穫する畑はどこも、ブドウは素晴らしかった。5回も酷暑を記録するほど夏が厚かったので、ブドウの果皮が厚くなり、取れる果汁が少ないのではと懸念されたが、果汁の量もあり、久々によい収量が取れた年。タンニンは穏やかで果実味が豊か、色も美しいヴィンテージとなった。

また新しいカーヴが完成し、2017年の収穫から使用できたことは喜ばしいこと!




プリウレ・ロック、ラドワ・ル・クル・ブラン‘17(辛口白)

税別¥10000



輸入元定価・税別¥13,300

<あと8本>超限定品!

『 ドメーヌが2010年に取得したラドワ村に広がる「ル クル」のシャルドネ区画0.5haの畑から造られます。シャルドネでこんな特徴のあるワインもあるんだ!と驚かせてくれる1本です。
レモンやリンゴのフレッシュな香りに酵母のニュアンス。シャープなアタックとその後穏やかな果実味とほろ甘い旨味が広がります。しっかりとした芯が感じられ、熟成による変化も楽しめそうです。 (輸入元資料より) 』

*2010、2011、2014は糖度が3g/L以下まで下がり切らなかったためラドワのAOCが取得できず「ヴァン ド ターブル」 に格下げしてリリースされた。




プリウレ・ロック、ラドワ・ル・クル・ルージュ‘17

税別¥10000



輸入元定価・税別¥13,300

<あと3本>超限定品!

『 ヴァン ド ラーブル ブランと同じように2010年より使用しているラドワ村のル クルの村名畑から生産。ピノ・ノワールが植えられている面積は1.8ha。当ドメーヌの他の赤ワインと同様に全房発酵によって造られた、お手頃価格で楽しめるロックスタイルのワイン。 (輸入元資料より) 』




プリウレ・ロック、ニュイサンジョルジュプルミエクリュVV’17

税別¥23000



輸入元定価・税別¥29,500

<あと8本>超限定品!

100%1級クロ・デ・コルヴェ内南側の平均樹齢70年のブドウ(主にミルランダージュ以外のブドウの場合が多い)を使用!
個人的には一番価格と味わいのバランスが優れているような気がしているおすすめ銘柄!


 

 

リアルワインガイド21号にて高評価される!

有機肥料のみ使用

除草剤や化学肥料を使用しない

収穫は、70人のスタッフを雇い、完熟した最高のタイミングを待って6~8日間で一気に収穫

低収量で100%手摘み~厳しい選果

自然酵母のみ使用

オリ引きなし、無濾過&無清澄

基本的にSO2を一切添加しない

『 前当主のアンリ・フレデリック・ロック氏はあのマダム・ルロワの甥っ子、アンリ・ルロワ氏の孫にあたり、1992年からDRCの共同経営者にもなっています。~熟成に使用する樽の材木は、ロック氏が共同経営者にもなっているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティが50年以上も前に伐採前の木を買い付けてあったものを共同で使用している物も多くあるそうです。(輸入元資料より) 』

昔、ヴィネスポ東京の際にお会いしたことがありますが、その時は気難しい印象ではなく気さくで陽気なおじさんという感じでした


3/4(木)アップ~蔵出しメオ・カミュゼ’18(ラック)

今では数年前までよりさらに入手難となっています!

※メオ・カミュゼ全商品は、すべての値引き対象外となります。




↑上記画像は’09から新リリースのクロヴージョ・グラン・モーペルチュイです。


 

 

 

他のヴォーヌロマネはこちら

 

※当店在庫のメオ・カミュゼは、フィネス輸入ものとラック輸入ものです。

2009年出荷分から並行もの対策を強化中







2016.3.30(水)フィネス主催3大ドメーヌ(マルキ・ダンジェルヴィーユからギョーム・ダンジェルヴィーユ氏と今回は奥様も、ジョルジュ・ルーミエからクリストフ・ルーミエ氏、メオ・カミュゼからジャン・ニコラ・メオ氏)来日試飲会にて再び会ってきました~。フィネスさんありがとう!!!必ず恩返しします(笑)

前にお会いした時は、フランス人ならではのエスプリの効いた?皮肉屋さんで、もしかするとあまり本心を言わない系のクセのある方なのかもしれないと思っていましたが(失礼!笑)
今回すごく真剣で丁寧に説明してくれてありがたかったです。
最近、様々なメディアで
ついにアンリ・ジャイエの流れを汲む完全除梗派のメオ・カミュゼさんが
全房発酵をはじめたとか言われていますが、直接ご本人に聞いたところ、
100%全房発酵はあまり好きではなく、
現時点で多くても全体の10%程度の全房発酵比率だそうです

房をはずした後で茎の部分だけあとで入れる場合もあり、
少しだけマセラシオン・カルボニック状態になったりする。
ジャン・二コラ・メオさん曰く、昔よりやわらかいワインを造る工夫などは特にしておらず、様々なヴィンテージの個性によってその時々の最適な方法に変えるだけと言っておられましたが、
当店としてはフィサン1級クロ・デュ・シャピトル’13のような昔は感じられなかったナチュラルかつ非常に複雑な香りと味わいを表現することが目的であることを期待しています。この方向性なら、昔ほど長く寝かせなくても非常においしく楽しめる傾向でもあるでしょうが、いずれにしてももっとも時間のかかる銘柄であるコルトン・ペリエールだけは必ず最低10年以上寝かせてから飲みましょう!


2011.11.28(月)フィネス主催3大ドメーヌ(マルキ・ダンジェルヴィーユからギョーム・ダンジェルヴィーユ氏、ジョルジュ・ルーミエからクリストフ・ルーミエ氏、メオ・カミュゼからジャン・ニコラ・メオ氏)来日試飲会にて会ってきました~。10年に1度あるかないかの貴重な機会を設けていただいたフィネスさんには大感謝です!!!

クロヴ―ジョ’09は2種類のリリースでしたが、’10と’11は、生産量が少なかった為、1種類のみのリリースとなるそうです。


ずっと前から除草剤不使用
今では自社畑ほぼすべてビオロジック




Meo Camuzet 2018年 Bourgogne Rougeについて

2018年に関しては、3つの異なるブルゴーニュ・ルージュのキュヴェを造りました。

Cuvee Etienne Camuzet ドメーヌの古木からセレクトしたキュヴェ。そのうちいくつかは樹齢100年以上。繊細で複雑な味わい。

Cuvee Hemisphee Nord(北半球)ドメーヌと、買い付けたブドウのアッサンブラージュ。ジュヴレ、ヴージョ、シャンボール、ヴォ-ヌ・ロマネのあるコート・ド・ニュイの区画。ストラクチャーの整ったワイン。

Cuvee Hemisphere Sud(南半球) 買い付けたブドウを使用。いくつかの区画はメオのチームによって手掛けられている。コート・ド・ボーヌ(ポマール)の区画。チャーミングで魅惑的なワイン。

2018年はブドウがたくさん取れたので3つのキュヴェに分けました。
通常は、すべて一つのキュヴェにアッサンブラージュします。
将来的にまた造るかは分かりません。キュヴェを分けるのに十分なブドウが取れたらまた造るでしょう。




メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール、ブルゴーニュ・コートドール・ルージュ <キュヴェ・エミスフェール・ノール>’18

税別¥5200

<あと4本>超限定品!

バーガウンド・コム 87~89点(Outstanding Top Value!)

デカンター・オンライン91点!





メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール、ブルゴーニュ・コートドール・ルージュ <キュヴェ・エミスフェール・シュッド>’18

税別¥5200

<あと4本>超限定品!

バーガウンド・コム 86~89点(Outstanding Top Value!)

ファルスタッフ 90~92点!

VINOUS 86~88点





メオ・カミュゼ、オートコートドニュイ・クロサンフィリベール・ブラン’18(モノポール・辛口白)

税別¥6000

<あと12本>超限定品!

デカンター・オンライン92点

ファルスタッフ 91~93点

パーカー89点(William Kelley)

バーガウンド・コム 86~88点





メオ・カミュゼ、コルトン・レ・ペリエール’18

税別¥37000

<あと2本>超限定品!

パーカー92~94点(William Kelley)

VINOUS 91~93点

バーガウンド・コム 89~92点

ファルスタッフ 95~97点!!!


さすがにクロヴージョ’18よりも飲み頃になるまで時間がかかるでしょう




メオ・カミュゼ、クロ・ド・ヴージョ’18

税別¥43500

<あと3本>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1本までとさせていただきます。

デカンター・オンライン95点!

パーカー93~95点(William Kelley)

VINOUS 91~93点

スペクテーター94点

バーガウンド・コム 91~94点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!

この’18は、例年より早くから開くし、熟成も可能だそうです

’09のようにクロヴージョ・グラン・モーペルチュイ区画を分けて造ることは非常に生産量が多かった年しかできないようで、
もうずっと混ぜて1つのキュヴェとしてリリースしています(基本的にもう分けて造らない)

全体の約40%が樹齢90年前後の古樹!!!
クロ・ド・ヴージョ城に隣接している誰もが認める最高の区画!!!




メオ・カミュゼ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ショーム’18

税別¥24000

<あと6本>超限定品!

パーカー91~93+点(William Kelley)

VINOUS 91~93点

スペクテーター92点

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点!

’16 スペクテーター97点!!!




メオ・カミュゼ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・オー・ブリュレ’18

税別¥70000



輸入元定価・税別¥78,000

<あと2本>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

デカンター・オンライン95点

ファルスタッフ 96~98点!!!

パーカー94~96点!(William Kelley)

VINOUS 94~96点!

バーガウンド・コム 92~95点!(Don't Miss! Outstanding!)


いつもエシェゾーよりも高い評価で長い熟成が可能な1本!

日本に入ってくる量24本以下のようです、、、





メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール、フィサン’18

特価・税別¥6800

<あと3本>超限定品!

バーガウンド・コム 87~90点

ファルスタッフ 91~93点

VINOUS 88~90点


生産者によるとマルサネ・ルージュより先に開く&すぐに飲める傾向とのことです




メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール、マルサネ・ルージュ’18

特価・税別¥5800

<あと6本>超限定品!

パーカー88~90点(William Kelley)

VINOUS 85~87点





メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール、ラドワ・ブラン’18(辛口白)

税別¥6800

<あと6本>超限定品!
初入荷!

パーカー90点(William Kelley)

VINOUS 88~90点





メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール、ムルソー’18(辛口白)

特価・税別¥11000

<あと3本>超限定品!

数年前のデータでは1級サントノに隣接する『La Vigne Blanche』と『En Marcausse』区画のブドウからで、樹齢45年、粘土多めの土壌




メオ・カミュゼ・フレール・エ・スール、コルトン・シャルルマーニュ’18(辛口白)

税別¥34000

<あと2本>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

バーガウンド・コム 90~93点






メオ・カミュゼが所有している場所を含むヴォーヌロマネ村の畑画像


 


3/4(木)アップ~アップ~<※希少な蔵出し正規品>
蔵出しデュジャック’18第2弾

2/12(金)アップ~<※希少な蔵出し正規品>
蔵出しデュジャック’18

MVF(旧クラスマン)2010年度版にて1つ星→2つ星生産者に昇格!

※全銘柄すべての値引き対象外となります。全銘柄が再入荷不可能!











 

 

 ※画像はすべて’06です。

 




栽培では1987年からリュット・レゾネをとり、2001年からは徐々にビオロジックへと移行。現在はビオディナミ農法を大半の畑で採用している。
また、ヴィンテージによって除梗率を変えている。





The new generation:Alec, Jeremy and Diana.

現在はジャックの息子、ジェレミーとアレックがそれぞれ醸造と販売を担当し、ドメーヌを実質的に引き継いでいる。
ジャックの妻もジェレミーの妻もアメリカ人で、ジェレミー夫人ダイアナは醸造学を修めたエノローグである。
(輸入元最新資料より)



『 次男のアレックス・セイス曰く、グランクリュとプルミエクリュは2001年からビオディナミ。2009年から村名もビオディナミ。ドメーヌ・ド・トリエンヌ(プロヴァンス)も近年ビオディナミに移行中だそうです。長男のジェレミー・セイスは、コント・アルマン(ポマール)達と2009年の醸造方法などについて試飲&意見交換中でした。やはりリスク回避や勉強を兼ねて様々なドメーヌ間で交流があるのですね。~ランチをご一緒した際になんとヴォーヌロマネ1級オー・マルコンソール’05とクロドラロシュ’89(ちょうど一つ目の飲み頃ピーク付近だと思われる)などを飲ませてもらった。昔のDUJACは本当に色が薄くやわらかく優しいが複雑で奥行きがある!(2009.10月当店ドメーヌ訪問時) 』

 

 



すべてラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!


’18もHPに載せる前にいくつか売り切れてしまいました、、、
相変わらず海外の価格は日本よりかなり高いようですね




ドメーヌ・デュジャック、モレサンドニ・ルージュ’18

税別¥10000

<あと9本>超限定品!

最新パーカー90点(William Kelley)

パーカー89~91点(William Kelley)

最新バーガウンド・コム 89点

バーガウンド・コム 87~89点

VINOUS 89点(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点!




ドメーヌ・デュジャック、シャンボールミュジニィ’18

税別¥10000

<あと3本>超限定品!

デカンター・オンライン93点!(ティム・アトキン)

パーカー89~91点(William Kelley)

バーガウンド・コム 86~89点

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)





ドメーヌ・デュジャック、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・グリュアンシェール’18

税別¥27000

<あと2本>超限定品!

パーカー92~94点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87~91点

VINOUS 93~95点!(ニール・マーティン)





ドメーヌ・デュジャック、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・オー・コンボット’18

超特価・税別¥25000

<あと2本>超限定品!

最新パーカー93点
(William Kelley、2025~2050年)

パーカー92~94点(William Kelley)

最新バーガウンド・コム 93点!

バーガウンド・コム 89~91点

最新VINOUS 93点(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 95点!




ドメーヌ・デュジャック、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボーモン’18

特価・税別¥27000

<あと3本>超限定品!

デカンター・オンライン95点!(ティム・アトキン)

パーカー91~93点(William Kelley)

最新バーガウンド・コム 93点!

バーガウンド・コム 89~92点(Outstanding!)

VINOUS 94~96点!!!(ニール・マーティン)





ドメーヌ・デュジャック、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・オー・マルコンソール’18

税別¥39000

<あと12本>超限定品!

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

最新パーカー95点!(William Kelley)

パーカー94~96点!(William Kelley)

最新バーガウンド・コム 94点!!!

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)

最新VINOUS 95点!(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 96点!!!




ドメーヌ・デュジャック、エシェゾー’18

税別¥38000

<あと6本>超限定品!

パーカー92~94+点(William Kelley)

VINOUS 93~95点!(ニール・マーティン)





ドメーヌ・デュジャック、ボンヌマール’18

税別¥58000

<あと6本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー94~96+点!(William Kelley)

VINOUS 95~97点!!!(ニール・マーティン)






ドメーヌ・デュジャック、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・コンベット’18(辛口白)

税別¥21000

<あと3本>
初入荷の超限定品!

デカンター・オンライン94点!(ティム・アトキン)

パーカー92~94点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~93点(Sweet Spot Outstanding!)

最新VINOUS 92点(ニール・マーティン)





ドメーヌ・デュジャック、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・フォラティエール’18(辛口白)

税別¥16000

<あと6本>超限定品!

パーカー91~93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)





ドメーヌ・デュジャック、モレサンドニ・ブラン’18(辛口白)

特価・税別¥7800

<あと4本>超限定品!

パーカー87~89点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87~89点

最新VINOUS 88点(ニール・マーティン)





ドメーヌ・デュジャック、モレサンドニプルミエクリュ・モンリュイザン・ブラン’18(辛口白)

特価・税別¥13000

<あと3本>超限定品!

デカンター・オンライン95点!!!(ティム・アトキン)

パーカー92~94点(William Kelley)

最新VINOUS 90点(ニール・マーティン)





3/4(木)アップ~蔵出しブリュノ・クレール’19マルサネ・ロゼ




 



ブリュノ・クレール、マルサネ・ロゼ ル・サントネール’19
(辛口・ロゼ)


特価・税別¥2700

<あと11本>

アルコール13%

マルサネ・ロゼの生みの親である先代ジョセフ・クレールによってピノノワールが初めてロゼとして醸造されてから100年を記念した特別ラベル!



 


3/4(木)アップ~<※極少量!>蔵出し正規品ドメーヌ・フーリエ’18

※今回入荷分は、豊通と八田以外で信頼できるインポーター輸入品です。
(3社の在庫が混在しておりますので、インポーターはお選びいただけません。)

10/2(金)アップ~蔵出し正規品ジャン・マリー・フーリエ’18










 



 



Jean Marie Fourrier, Latricieres Chambertin V.V. '18

ジャン・マリー・フーリエ、ラトリシエール・シャンベルタンVV’18

税別¥45000

<あと1本>幻の超限定品!

※再入荷不可能!

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

VINOUS 94~96点!
(ニール・マーティン、2022~2045年)

パーカー91~93+点(William Kelley)





Jean Marie Fourrier, Bourgogne Rouge '18

ジャン・マリー・フーリエ、ブルゴーニュ・ルージュ’18

税別¥6000

<あと15本>超限定品!

※再入荷不可能!

ファルスタッフ 93点!!!

パーカー88点(William Kelley)




Jean Marie Fourrier, Bourgogne Rouge '17

ジャン・マリー・フーリエ、ブルゴーニュ・ルージュ’17

税別¥6000

<あと10本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 86~88点

「2020.1月下旬に飲みました。わりといつもリリース直後からおいしいナチュラル感のある村名ジュヴレと違って、こちらはクラシックで骨格とタンニンのある大きな構造でまだ少し固いが非常に高品質。低い温度だと固いので、少し温度を上げた方が今はおいしい。明らかにクラスを超えた味わい。落ち着いた湿った花やバラ、アッサム系紅茶の茶葉、中国茶、赤い実の果実などの艶のある上質な香り。酸とミネラルの質がよく、アフターにグリップあり余韻が長い。引き締まって高級感あるなぁ~。抜栓の2日後まで非常においしい。わずかに向上してゆく」

アルコール13%
ロウキャップ

この銘柄だけは、自社畑のブドウ主体で、それだけだと生産量が少な過ぎるので買ったブドウも混ぜて作るためドメーヌを名乗れないだけ。元々のドメーヌものブルゴーニュ・ルージュです。




2011 年 40 歳を迎え、 彼のワイン造りにかける情熱と探究心は自社畑のワインにとどまらず、所有畑以外のワインを造るに至った。 それは私たちにとって、偉大なジャン・マリー氏のワインをより広く堪能できる機会を与えてくれる、素晴らしく価値のあるラインナップとなっている。

<哲学と信念を貫き、ドメーヌと同じ品質を追求>
① 頻繁に行き来ができる本拠地近隣(Gevrey Chambertin から Vosne Romanee)の畑に限定し栽培にも携わる
② 自身の手が行き届くよう、ドメーヌ部門の 20-30%の範囲に生産量を制限
③ 購入元はフィロソフィーが共感し合える元詰めを行う造り手に限定




Jean Marie Fourrier, Vosne Romanee Aux Reas V.V. '17

ジャン・マリー・フーリエ、ヴォーヌロマネ・オー・レアVV’17

税別¥13000

<あと1本>超限定品!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

パーカー88~90+点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87~89点


バリック 18 ヶ月熟成(新樽 20%)




Jean Marie Fourrier, Echezeaux V.V. '17

ジャン・マリー・フーリエ、エシェゾーVV’17

税別¥40000

<あと1本>幻の超限定品!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

パーカー90~92+点(William Kelley)

バーガウンド・コム 90~93点


バリック 18 ヶ月熟成(新樽 20%)




Jean Marie Fourrier, Latricieres Chambertin V.V. '17

ジャン・マリー・フーリエ、ラトリシエール・シャンベルタンVV’17

税別¥45000

<あと2本>幻の超限定品!

デカンター・オンライン97点!
(2025~2032年、ティム・アトキン)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

パーカー90~92点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~93点


バリック 18 ヶ月熟成(新樽 20%)




Jean Marie Fourrier, Chambertin V.V. '17

ジャン・マリー・フーリエ、シャンベルタンVV’17

税別¥90000

<あと1本>幻の超限定品!

デカンター・オンライン97点!
(2023~2033年、ティム・アトキン)

VINOUS 94~96点!(ニール・マーティン)

パーカー90~92点(William Kelley)


バリック 18 ヶ月熟成(新樽 20%)







フーリエ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・レ・グーロVV’18

税別¥26000

<あと1本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

パーカー92~94点(William Kelley)

VINOUS 90~92点!(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン96点!!!(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 89~92点


いつも3社合わせて1本しか買えない超レア銘柄、、、




フーリエ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・シェルボードVV’18

税別¥25000

<あと4本>超限定品!

パーカー91~93点(William Kelley)

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン96点!!!(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 88~91点





フーリエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・グランシェールVV’18

税別¥26500

<あと2本>幻の超限定品!

最新パーカー92点
(William Kelley、20252045年)


パーカー91~93点(William Kelley)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン96点(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)





フーリエ、モレサンドニ・クロ・ソロンVV’18

税別¥11000

<あと3本>超限定品!

パーカー88~90点(William Kelley)

VINOUS 87~89点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87~90点





フーリエ、ジュヴレシャンベルタンVV’18

税別¥12000

<あと8本>超限定品!

パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 86~88?点(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン93点!(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 88~91点





フーリエ、ブルゴーニュ・ブラン’18(辛口白)

特価・税別¥5800

<あと2本>超限定品!

パーカー87点(William Kelley)

バーガウンド・コム 86~88点




ボーヌのワイン農業学校を卒業後、アンリ・ジャイエ、父親、ジョセフ・ドルーアン
(オルゴン)などからワイン造りを学ぶ

1994年から現当主であるジャン・マリー・フーリエ氏が全権を担っている

リュット・レゾネを実践

手摘み、低収量、厳しい選果

基本的に100%除梗

新樽比率20%程度で約18ヶ月熟成

オリ引きなし、無濾過&無清澄、SO2極少

ワイナート69号にて大きく取り上げられました!信念のワイン造りに関する興味深い記事あり


3/4(木)アップ~蔵出しアンリ・グージュ’18(フィネス)

蔵出しアンリ・グージュ’17ピノブランとシェヌ・カルトーともに最後の再入荷!(フィネス)

蔵出しアンリ・グージュ’17(フィネス)


グレゴリー・グージュさん来札!
’17もリアルワインガイド69号にて絶賛される!




※↑ラベル・デザイン変更


 

 



昔からずっとリュット・レゾネ(減農薬)農法~2001年からビオロジー

’07から完全にビオロジックに転換

’07からグラヴィティー・フローを導入により、特にタンニンの質が改善




2019年11月にすすきのにあるフレンチ
『 Teze(テズ) 』さん
札幌市中央区南4条西5丁目10番地
つむぎビル3F (基本的に月曜日定休)
アンリ・グージュ・メーカーズディナーを開催させていただきました。

北海道までこんな歴史ある大御所人気ドメーヌが来てくださるなんて本当に光栄なことでした!
グレゴリー・グージュ(Gregory Gouges)さん、穏やかでやさしくて知的でとってもいい人でした。
どんな質問にも論理的にちゃんと答えてくれます。
各畑の個性の違いをはっきりと明確に表現できる素晴らしさ、おいしさ。
そしてシモン・ビーズの千砂さんの息子ユウゴ(Hugo Bize)氏の修行先の一つがアンリ・グージュだったそうで
またひとつ縁を感じましたね~。

マリアージュさせるのが難易度高いラインナップだったように思いますが、合わせてくれてさすがの満足度。Teze(テズ)の浅野ご夫婦にも感謝です!

フランス出張直後に北海道まで来てくださったフィネスの藤田社長にも感謝!


グレゴリー・グージュさん曰く、
’17は、すでに飲めてしまうほどチャーミングな仕上がりで、基本的には柔らかくグルメなヴィンテージだそうです。

※’17’18は、すべてフィネス輸入の蔵出し正規品
他のインポーターよりも少し価格が高いこともありますが、コンディションが最上なのでしょうがありません。
そこはは飲み手である皆さまの価値観にお任せ致します。




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・シェヌ・カルトー’18

税別¥11000

<あと3本>超限定品!

バーガウンド・コム 88点

VINOUS 89点(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点!




アンリ・グージュ、ブルゴーニュ・ルージュ‘18

税別¥4900

<あと6本>超限定品!
※再入荷不可能!




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・ペリエール・ブラン’18(辛口白)

税別¥16000

<あと3本>超限定品!
※再入荷不可能!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!




アンリ・グージュ、ブルゴーニュ・ピノブラン’18(辛口白)

税別¥4900

<あと6本>限定品!

VINOUS 88点(ニール・マーティン)








アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・サンジョルジュ‘17

税別¥25000

<あと2本>超限定品!
※再入荷不可能!

デカンター・オンライン95点!(ティム・アトキン)

パーカー93+点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~94点(Outstanding!)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

ブルゴーニュ・オージョルディー15.5/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ヴォークラン‘17

税別¥18000

<あと2本>超限定品!
※再入荷不可能!

デカンター・オンライン94点(ティム・アトキン)

パーカー92点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・プリュリエ‘17

税別¥14500

<あと3本>おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン93点(ティム・アトキン)

パーカー92点(William Kelley)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

ブルゴーニュ・オージョルディー15.5/20点


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点

「2019.11月下旬に試飲しました。今回はクロ・デ・ポレ’17よりもさらに凝縮して力強く感じられ、重心も低めで今はまだ少し固い。深みと余韻があり、シェニョとは違った形で数年後に化けそうですね」

アルコール%

茶系石灰岩の表面にくすんだ青色、赤褐色の沈泥に覆われた土壌




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・シェヌ・カルトー’17

税別¥11000

<あと3本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!

バーガウンド・コム 89~91点

VINOUS 88~90点(ニール・マーティン)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.11月下旬に試飲しました。個人的には一番びっくりした銘柄。この畑が一番味が違うように感じられ、なんで?とグレゴリーさんに聞くと砂が多い土壌なんだそうです。隣にあるヴォークランとレ・サンジョルジュは粘土が多いのです。この畑も抜栓直後は少し固かったですが、抜栓後1時間強経過するとつやつや滑らか~な素晴らしい味わいに変化してもう最高!酸とミネラルの質もよく、素晴らしい個性・バランス・余韻。高価な特級だろうがなんだろうが他のワインでは簡単には表現できない艶と滑らかさが傑出している!」

アルコール%




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュ‘17

税別¥9000

<あと2本>おすすめ!
限定品!

スペクテーター93点!(2022~2038年)

パーカー88点(William Kelley)

バーガウンド・コム 88~90点

VINOUS 86~88点(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版15/20点

「2019.11月下旬に試飲しました。過去最高に明るい色調の縁が紫がかった明るいルビー。びっくりするくらいやわらかい完全に飲み頃NOW~。珍しく赤い実の果実香主体で、ピュアで軽やかなイメージ。口に含むとニュイサンジョルジュらしいコクもあるが、うまみが表現され、やはりナチュラルでやさしい。アフターのグリップは弱いが単純においしい。凝縮は弱く、ちょっと高いがおいしいものはおいしい」

アルコール12.5%




アンリ・グージュ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・ペリエール・ブラン’17(辛口白)

税別¥16000

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン93点(ティム・アトキン)

パーカー93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 90点

VINOUS 90点(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版15/20点

「2019.11月下旬に試飲しました。実は初めて飲みました。唯一無二の個性があり、色んな意味で他のワインでは代わりが効かない銘柄。良い経験が出来てよかったです感謝。ワイン会などでも重宝するでしょう。よくできたビオのシュナンブランのような香りを含み、すごく上品なクドさのない控えめヴァニラ、花やミネラルなどのかなり複雑なよい香り。味わいはブルゴーニュ・ピノブラン’17ほどリッチ感はなく、上品高貴系。当たり前ですが味はシュナンブランとは全く違う。冷やし過ぎないほうがおいしいが、温度を上げ過ぎても少しバランスが崩れるという気がした。いろいろと繊細で複雑なワインなフィネスのあるワインですのでまさにフィネスさんが輸入したボトルに価値がある!」

アルコール%

1級クロ・デ・ポレサンジョルジュのピノノワールが畑で突然変異したもの。
ピノブラン(ピノグージュ)100%
コートドニュイを代表する白ワイン!
ロベール・シュヴィヨンや他の生産者にもこの品種を気前よく分けてあげたことからニュイサンジョルジュ村で白ワインが造られるようになったというレジェンド話があります。




アンリ・グージュ、ブルゴーニュ・ピノブラン’17(辛口白)

税別¥4900

<あと4本>絶対おすすめ!
限定品!

※すでに再入荷不可能!

バーガウンド・コム 86点

「2019.11月下旬に試飲しました。なかなか買えなくて久しぶりに飲みましたがやっぱり相当おいしい上に貴重な個性がある銘柄。予想より大分リッチで粘性と高級感がある味わいで、1級ペリエール・ブラン’17と全然違うぞと思って調べたらこちらは粘土の割合が少し多い土壌で、ペリエール・ブランはクロ・デ・ポレなので石灰質が多いという違いもあるようですね。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。オイリーな花、ハーブ、オレンジ、白桃などが混ざり合った非常に複雑なよい香り。ピュアで透明感があり、明らかに北イタリアやドイツ・アルザスなど他の多くのピノブランより上質で余韻も長い。普通に厚みのある果実、特筆すべき美点は鼻に抜ける華やかオレンジの極めて心地よい戻り香!トップノーズからアフターの最後まで一貫してピュアで高級感があり、さすがフィネス輸入品!」

アルコール12.5%




 

2001年からビオロジック

『 現在は2人の孫がドメーヌを運営しており、ピエール氏が畑、クリスチャン氏が醸造を担当しています。 昔からコート ドールの傾斜が急な畑では、雨が降った後に土が流れてしまうという問題がありました。これに対し、ピエール氏は1975年に葡萄の木の列の間に芝生を植える方法を生み出しました。これは降雨後の土地の侵食を防ぐだけでなく、雑草が生えるのを抑える働きもありました。また、丈の高い雑草が生えない為に畑の通気が良く、カビの発生を抑制する効果もありました。さらに、芝生があることで葡萄の根は横ではなく下に向かって伸びる為、地中深くの養分を吸収することができ、結果としてテロワールを明確に表現することができました。

収穫された葡萄は100%除梗され、浸漬とアルコール醗酵はコンクリートタンクで行われます。その後、樫樽に移されマロラクティック醗酵をさせて18ヵ月間熟成されます。新樽率は毎年20%でほぼノンフィルターで瓶詰めされます。(輸入元資料より) 』


3/4(木)アップ~蔵出しドメーヌ・イヴォン・クレルジュ’17

2/12(金)アップ~蔵出しドメーヌ・イヴォン・クレルジュ’18


すぐに開けてもかなりおいしい深みと余韻があるヴォルネイ!









 



Yvon Clerget, Volnay 1er Cru Clos du Verseuil '17

ドメーヌ・イヴォン・クレルジュ、ヴォルネイ プルミエ・クリュ・クロ・デュ・ヴェルスイユ’17

税別¥13000

<あと6本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー90~92点
(William Kelley)

スペクテーター94点!
(2022~2035年)

VINOUS 92点(アントニオ・ガローニ)

VINOUS 92点(ニール・マーティン)





Yvon Clerget, Volnay 1er Cru Clos du Verseuil '18

ドメーヌ・イヴォン・クレルジュ、ヴォルネイ プルミエ・クリュ・クロ・デュ・ヴェルスイユ’18

税別¥13400

<あと19本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー92+点
(William Kelley、2025~2045年)

VINOUS 94点!
(ニール・マーティン、2023~2042年)

ファルスタッフ 94点!

ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点


「2021.1月中旬に飲みました。ワイナート93号にて大きく取り上げられた後にさらに品質が上がったものと思われます。昔のクラシックなヴォルネイとは別物ですが、複雑性と余韻はかなりのもの!ヴォルネイ1級サントノ’17と同時に飲み比べてこちらの方がかなり上質だった上にすぐ開けてもこちらのほうがおいしいまったく問題なく飲み頃NOW~。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。もっと熟して樽が強い予想だったが、思いのほか樽とタンニンが良く溶け込んで果実にエネルギーと厚み・深みがある。厚みエキスとコク、粘性を感じる良質タンニンのグリップ、熟成も可能な骨格がある高次元の調和。かなり余韻が長く酸が低くないために伸びもある。明らかに特級クラスの満足度!味の濃いさくらんぼなど意外と華やかな赤い実の果実、紅茶や熟成香ではないドライフラワーなどの深みを感じる良い香り。抜栓の次の日から少しずつ向上して、抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール13.5%

’17 スペクテーター94点!

’16 デカンター・オンライン93点

’16 ワイナート93号 91点

石垣に囲まれ霜害に遭いにくい
タイユピエに隣接する0.68haのモノポールの畑!

平均樹齢45年以上!

ラズベリーと白い花のピュアで爽やかなアロマに控えめな木の香りが重なる。若々しいエネルギーにあふれ、細部のはっきりとした滑らかで上品なテクスチャーを持つミディアムボディーのフレーバー。ミネラルと酸がタンニンと見事にバランスを取り合い、長く続くエレガントなフィニッシュを形作っている。ドメーヌのフラッグシップであり、一飲の価値がある素晴らしいワイン。
(輸入元さんコメント)

バリック12ヶ月(新樽30%)熟成

醸造責任者:Thibaud Clerget
リュット・レゾネ
数日間の低温浸漬後に樽を使用して発酵。プレス後にバリックで熟成。


3/4(木)アップ~蔵出しダヴィッド・モロー’18レ・アット再入荷

艶々深い素晴らしい質感!

世代交代後に急激に向上した上質なサントネ!












 


ラシーヌ輸入の蔵出し限定品!

ここもベッキ―・ワッサーマン・セレクション



サントネ村はブドウにとって良い強い風が吹く
2014年VT以降の毎年の品質向上は特に目覚ましい!!!
(輸入元さんコメントより)




David Moreau, Santenay Rouge - Les Hates '18

ダヴィッド・モロー、サントネ・ルージュ レ・アット’18

税別¥4200

<あと22本>絶対おすすめ!

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点

14本完売。

「2021.2月上旬に飲みました。長いコルク。縁がうっすら紫がかった明るいルビー色。控えめな樽のクリーミーコーヒーと赤い実と黒い実の果実などの香り。抜群のコンディションにより透明感がある全体像に活き活きとしたフルーツと酸の質が上質でピュアで滑らかに流れる極めてよいバランスの飲み頃NOW~。タンニンの質も非常によく、グリップ感は少しだけある。酸が低くなく、昔はここまで艶々深みなかった!価格を超えた高い品質。抜栓の次の日も非常においしい。質感がとてもよく魅力あるワイン。抜栓の2日後もまったく落ちない。抜栓の3日後も非常においしい」

アルコール13%

わずか3樽のみの生産!!!
品種:ピノノワール100%
植樹:1966-67年(樹齢52年!)
位置:標高239m、真南向き
土壌:崩積土、泥灰土壌

発酵初期に低温(12-15℃)で6日間のマセレーション
25%を228Lの新樽、75%を228Lの旧樽で17ヶ月の熟成

1級畑ではないが、クロ・デ・ムーシュに隣接する畑で、真南向きのどんなに涼しい年でもしっかりと果実の熟す畑。ちなみに、キュヴェ名のHはリエゾンをしないそうで、レ・アットが正しい発音だそうです。 (輸入元資料より)


過去にもビル・ナンソン、ウォール・ストリート・ジャーナルなどでも高評価されています!




すべて手摘み、野生酵母での醗酵

『 サントネの固定観念をくつがえす驚くべき造り手が、世代交代に伴って彗星のように現れました。ダヴィッド・モロー、28歳。祖父ジャン・モローから2009年にドメーヌを相続した、新世代です。アペラシオンを聞かずにブラインドで飲めば、シャンボール・ミュジニかモレ・サンドニの1級産のワインと思っても無理はありません。素直で純粋で、テクスチュアがきめ細かくて優美きわまる印象。不自然に造りこんだ形跡はみじんもなく、よほど手練れの名手が難なくこしらえたような印象すら与えます。20数年にわたる私のブルゴーニュ通いを通じて、このような資質をあわせもつワインに私は出会ったことがないと断言できます。

ダヴィッド本人については、まだ十分にはその人柄をつかみきっていないのですが、まっすぐに相手を見つめて話す様子から、思慮深い資質と、瞬時に決断ができる用意、しっかりとした日常の思考の深さと強さを感じました。祖父からドメーヌを継ぐやいなや、すぐさま大胆に栽培と醸造方法を変え、経験から学んだ方法を実行したからには、おそらくワイン造りに大切なこととしてはいけないことが、明確にわかっていると思われます。サントネについては、赤ワインは、タニンが強くて土っぽく、荒々しい味わいで、せいぜい良質なものでも期待するほどのものでないと一般にいわれています。けれども、ダヴィッドのワインは、ブルゴーニュならではのピノ・ノワールの上質な魅力をたたえて、飲み手に深い喜びをもたらしてくれます。

ダヴィッドは1999年、ボーヌの醸造学校に入学、ディジョン大学でエノロゴの資格を所有するまでの10年間、さまざまなドメーヌで経験を積みました。2003年のシャトー・ド・ボーカステルに始まり、2005年にニュージーランドにわたり、新世界のピノとシャルドネを学びました。ブルゴーニュではドメーヌ・ユベール・ラミ(2004年と2007年)とドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(2008年)で修業しました。ドメーヌを受け継いだ直後から、自然な栽培に取り組んでいます。

いつも思っていることですが、優れたワインの条件は、誰がどのように造るかであって、テロワールが優れていることは必ずしも最重要ではありません。むろん、優れたワインがさらに複雑さと奥行き、深い味わいを表現できるためには、テロワールの質や格がものをいう。とすれば、コート・ドールの最南端にある、ぱっとしないアペラシオンのマランジュとサントネのワインを、コート・ドールの優れたクリュのワインと比べるのは格違いだから、無理というもの。せいぜいのところカリテ・プリどまりで、いいヴィンテッジの1級畑を選べばお買い得ぐらいなもの、ということになるでしょう。しかし、ダヴィッドのワインを味わって、驚嘆せずにおれませんでした。ジャスパー・モリスは『ブルゴーニュワイン大全』の序章でもって、ブルゴーニュの精髄を体得していた巨人モーリス・ヒーリーの次の名言を引用しています。「私が人生で出会ったすばらしいものといえば、数本のみごとなブルゴーニュだ。別にグラン・クリュだったわけでもなく、偉大なヴィンテッジだったわけでもない。だがそのワインは最初のひとかぎだけで、造り手が、その年のその畑にできたブドウで、あらん限りの仕事をしおおせたことを如実に示していた」。
私にとってダヴィッドのワインは、まさに人生で出会った数本の見事なブルゴーニュです。ラシーヌ創立10周年を迎える今春、このようなワインをご紹介できることの幸せで、いま胸がいっぱいです。 (輸入元資料より) 』


3/4(木)アップ~蔵出しジャン・マルク・ヴァンサン’14サントネ

骨格のある長熟可能なサントネ!

年に360本程度しか輸入できないそうです!



 



ジャン・マルク・ヴァンサン、サントネプルミエクリュ・レ・グラヴィエール・ルージュ’14

特価・税別¥6300



輸入元定価・税別¥8,000

<あと24本>超限定品!

’14は再入荷不可能!

MVF(旧クラスマン)2017年度版16/20グラス

「2016.1月上旬に’12を飲みました。今はまだ固いが、化けそうなので数年寝かせるなら絶対おすすめ!という感じです。シャントレーヴさんのポマール’12的なおいしく飲めるといえば飲めるけどやっぱり今はタンニン多い。凝縮して酸も低くなく品質は間違いなく高い。タンニンだけが強いわけではないので大きく化けるかもしれない。プスドールの1級クロ・タヴァンヌよりもポテンシャルが高いくらいで余韻もある。縁がわずかに紫がかったやや濃いルビー色。抜栓の2日後までおいしい。それほどやわらかくならなかった。最後の一杯に予想より多めにオリが残る」


Domaine Jean-Marc Vincent

フランスでもなかなか出回らない逸品
2007年度「アシェット」2ツ星★★掲載

地元の3つ星ラムロワーズをはじめ、ル・サンク、ル・ブリストルなど星付き御用達の一流ドメーヌ!

「ブルゴーニュは複雑でなければならない」(Bourgogne must be complex)。そう語るムッシュ、ジャン・マークの造り出すサントネーはフランスのキャビスト(酒屋さん)にもなかなか出回らない。曽祖父から脈々と続くそのクォリティー。14世紀に建てられた地下カーヴには、これだけ?と思う数しか樽がない。

新樽100%ですが、「reduce okay taste」とジャンは言い、樽香の強さ、バニラっぽさはエレガンスとクォリティーに欠けたワインだと否定している。これはハスミワインの造り手たちに共通している。他のドメーヌはアロマティックでソフト、一見エレガントに感じてしまうワインを造るが、ボクはそうしない、と語るジャン。ひいおしいさんの時代から受け継ぐ複雑性と凝縮感、エレガンスさを備えなければ、ドメーヌ・ヴァンサンのワインではない!

ヴァンサン家のワインはゆっくり、じっくりと味わうタイプ。ひとくち飲んでどうこう言うワインではありません。ショコラのような香りが現れたらいい感じになってきた証です。

今までのサントネーは何だったの?と思ってしまいます。芳しい樽香、口当たりの優しいエレガントなスタイルの中にたっぷりとした複雑性と凝縮感を兼ね備えるすばらしい造り。時間が必要なワインですが、ワインは複雑でなければいけないと言い張るジャンの心意気が感じられるすばらしいワイン。
(輸入元さんコメント)


3/4(木)アップ~蔵出しパスカル・クレマン’17ブルゴーニュ・ブラン再入荷!

蔵出しパスカル・クレマン’14サンロマン・ブラン再入荷!

コシュ・デュリ直伝の素晴らしい品質!強烈な塩ミネラル!






 




2018.11月下旬にパスカル・クレマン氏ご来店いただきました~!




すべてのワインが、温度を下げ過ぎないほうがおいしいみずみずしく塩ミネラルが強いタイプで、樽と抽出は常に控えめだが、緩みはなく果実もピュアで透明感あふれるもの。ビオロジックの一流ドメーヌの品質。
複雑性を維持したままのピュアでミネラリーは、かなりのセンスを感じさせる。
すでにフランス国内レストランでのオンリスト率急増中らしいですが、すぐに有名になって入手難となってしまいそう。
DIAMコルクの採用を増やしている途中。

輸入元さんでの欠品が長く、やっと買えました~!




Pascal Clement, Bourgogne Blanc '17

パスカル・クレマン、ブルゴーニュ ブラン’17

税別¥2800

<あと7本>絶対おすすめ!

最新パーカー88点(2018~2028年、
William Kelley、2019年4月試飲)

※↑あのトマ・モレ’17ブルゴーニュ・ブランよりも高い評価となりました!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2019.4月下旬に試飲しました。濃いだけの樽が効いたブルゴーニュ・ブランが未だにもてはやされる中で、やさしさのなかに強いミネラルと高級感があり、ブルゴーニュ通であるほど高評価されそうなこのスタイルが素晴らしく、今ありえないほどうまい。この日試飲したたくさんのワインの中で文句なしに当店的No.1でした。果実・うまみ・バランスにも優れ、アフターには強めの塩ミネラルを伴い長い。この価格帯の最高峰の一つ。昔、ドメーヌ・ド・ベレーヌがサンロマンをたくさん格下げして造っていたブルゴーニュ・ブラン(今は別々に造っているので格下げしていない)が大好評でしたが、酸の厳格さはあちらよりやさしいが、同レベルのものすごい内容」

アルコール12.5%

ピュリニー・モンラッシェ、サヴィニー・レ・ボーヌ、ルイィ各村内の畑より
平均樹齢50年のVV。ステンレスタンクで発酵後、8ヶ月間熟成




Pascal Clement, Bourgogne Blanc '14

パスカル・クレマン、ブルゴーニュ ブラン’14

税別¥2800

<売り切れ>限定品!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

59本以上完売!ありがとうございました~※’14は再入荷不可能!

飲み頃の当たり年バック・ヴィンテージ!

アルコール12.5%




Pascal Clement, Savingy-les-Beaune Guetottes Blanc '15

パスカル・クレマン、サヴィニレボーヌ・ゲトット・ブラン’15

税別¥4300

<売り切れ>おすすめ!
限定品!

「2020.10月上旬にプチ試飲しました。やはりこの人が造るとみずみずしさをキープしたまま艶がありバランスよくおいしい。ヴィンテージの影響で酸とミネラルにいつもほどはキレがないが熟成感とうまみが加わって最終的なバランスはよくおいしい飲み頃」

貴重な自社畑!

0.2ha。樹齢35~40年のVV
樽で発酵後、新樽率25%で16ヶ月間熟成




Pascal Clement, Pernand-Vergelesses Les Combottes Blanc '17

パスカル・クレマン、ペルナン・ヴェルジュレス レ・コンボット・ブラン’17

税別¥5000

<あと8本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.6月初旬に飲みました。まさに皆さんが期待するパスカル・クレマン流ペルナンの味。最高に上品なハチミツ塩風味で、強いミネラルと豊富なうまみ。透明感がありみずみずしく、樽の溶け込み方にもセンスがありいつも通り、もっと高名で高価なワインよりも優れている凄いワイン!まだこの価格でこんなワインがあるということにも衝撃を受けること請け合い。抜栓の次の日も非常においしい。ハチミツ塩風味。冷やし過ぎないほうがおいしい」

アルコール13%




Pascal Clement, Pernand-Vergelesses Les Combottes Blanc '16

パスカル・クレマン、ペルナン・ヴェルジュレス レ・コンボット・ブラン’16

税別¥5000

<売り切れ>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2018.11月下旬に試飲しました。ミニ・コルトンシャルルマーニュという感じの複雑性と強烈塩ミネラルがインパクト大!透明感のあるみずみずしさで樽を感じさせないバランスの飲み頃NOW~。相当なセンスと実力がないとこうはならないので皆さんぜひ驚いてください。よい個性かつ価格以上のワイン。温度は絶対に冷やし過ぎないほうがおいしい」

アルコール%

平均樹齢40年のVV。樽で発酵後、新樽率20%で12ヶ月間樽熟成。




Pascal Clement, Saint-Romain Blanc '16

パスカル・クレマン、サン・ロマン ブラン’16

税別¥4700

<売り切れ>絶対おすすめ!

輸入元社長大絶賛の1本!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

48本完売!ありがとうございました~※’16は、再入荷不可能!

「2018.11月下旬に試飲しました。計8種類ここの白ワインを飲みましたが、すでに超一流生産者のレベルにありほぼ全銘柄が価格を超えていました。当然当店が買ったワインはその中でも特にずば抜けて優れていたという判断です。酸だけみるとキレキレではないが、果実・骨格があり、ミネラルが強靭で塩味も強い為、総合的にはキレがある硬質な印象で余韻が長い。温度は絶対に冷やし過ぎないほうがおいしい。キレだけあって中身は薄いよくあるサンロマンとは全くの別物であり+¥3000の品質。決してミネラルだけのワインではなく、予想よりフルーツ感も強く、まろやか厚みとグリップもありつつ、やはり最終的にはビシッと引き締まる。時間とともに強く感じられてくるはっきりした塩味。リンゴ、白桃、花、洋ナシなどの香り。樽は控えめであくまでみずみずしさをキープしている。抜栓の2日後でもまったく落ちない」

アルコール13%

区画はEn Poillange。平均樹齢45年のVV。樽で発酵後、新樽率25%で11ヶ月間樽熟成。




Pascal Clement, Saint-Romain Blanc '14

パスカル・クレマン、サン・ロマン ブラン’14

税別¥4500

<あと5本>超限定品!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

35本以上完売。


3/4(木)アップ~蔵出しドメーヌ・アンドレ・ボノーム’18最後の再入荷!

大幅に価格を超えた内容!

蔵出しドメーヌ・アンドレ・ボノーム’18クレマン

予想以上においしいクレマン!驚きのドサージュ内容!!!






 




AB、ユーロリーフの他にも
<HVE> Haute Valeur Environnementale
環境に配慮した農法認定あり




ドメーヌ・アンドレ・ボノーム、マコン・ヴィラージュVV’18

税別¥2470

<あと30本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
リピーター続出!

すでに181本完売!!!~※再入荷すると’19に移行致します。

「2019.12月下旬に飲みました。’17ピエール・ブランシュほどの冷涼感はないが、その分凄い果実味!厚みとエネルギー感がありキレイで低くはない酸とよいバランス、アフターには少しの粘性と甘旨、さらに強い塩ミネラルが残り明らかに大幅に価格を超えた満足度!飲み頃NOW~。ピュアなオレンジ、ハーブ、花、ミネラル、ごくわずかにアーモンドなどのよい香り。抜栓の2日後まで非常においしい。熟しているが酸とミネラルは低くない’18の大成功例!」

アルコール13.5%
ABマーク、ユーロリーフあり!

’17 リアルワインガイド66号にて絶賛される!
’16 VINOUS 89点





Domaine Andre Bonhomme, CREMANT DE BOURGOGNE Brut '18

ドメーヌ・アンドレ・ボノーム、クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット’18

税別¥3500

<あと11本>

近日コメントアップ予定!

アルコール12%




Domaine Andre Bonhomme, CREMANT DE BOURGOGNE Brut '16

ドメーヌ・アンドレ・ボノーム、クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット’16

税別¥3300

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

60本完売。ありがとうございました限定品!

「2019.2月下旬に飲みました。’14よりわずかに酸が低いかもというバランスで、質の良い酸とミネラル。カシューナッツ、蜜、黄桃、アンズ、ミネラルなどのあくまで癒しのあるパワフルではない全体像だが、少しだけ温度が上がってくると果実味とコクはしっかりめで、うまみ塩ミネラルを伴い伸びのあるアフター。抜栓の次の日の印象は、明日アップします」

アルコール12%

今回入荷分からドサージュに使っていた
マコンのヴァンダンジュ・タルディヴ1976年産がもう蔵元に在庫がないので
もう少し若いマコンのヴァンダンジュ・タルディヴをドサージュに使っているとのこと。

クレマンの規定では9ヶ月の瓶熟でもクレマンを名乗れるが、より深みを出す為に規定の倍以上の歳月を費やしている!

当然シャルドネ100%のブラン・ド・ブラン

『 泡立ちはとてもキメ細かく、繊細で旨味溢れるスタイル。ドザージュ1.5~2グラム。最低24ヵ月以上瓶熟。熟度が高く、 ミネラリーで、濃縮感が高く、酸に伸びがあり、キメ細かくクリーミーな泡立ちでエレガント。1/3古樽熟、2/3ステンレスタンク熟成、1年後ブレンド。6カ月寝かし、瓶詰後2年以上熟成。 (輸入元さんコメント) 』



『 ドメーヌ・アンドレ・ボノームは僅か6haの畑からヴィレ・クレッセを生産する、マコネでも最も優秀な造り手の一人です。1957年に創立されたこのドメーヌは現在ではアンドレ・ボノーム氏とその娘婿エリック氏によって運営されています。

「良いワインは良いぶどうから造られる」というポリシーのもと、昨今のバイオ技術にたよる事なく、あくまでナチュラルな製法にこだわり、日々畑を耕し良いぶどうが収穫できるよう努力を続けています。
(10年以上前からビオロジック、1980年以降は化学肥料を使用していません

マコネはもちろん白ワインの生産者の中でも特に秀逸な生産者として数えられ、開放的でエキゾチック、また洗練されたスタイルは白ワインに求める要素を全て満たしているといっても過言ではありません。数々の世界的なコンクールで賞賛を受けており、その安定した素晴らしい造りは、海外の超有名レストランなどのプロが認める数少ないドメーヌです。 (輸入元資料より) 』


3/4(木)アップ~蔵出しラ・マルティネル’17ヴァントゥー最後の再入荷!

素晴らしいフルーツ感と分厚い旨味エキスで相当おいしい!!!






 






La Martinelle, Ventoux Rouge '17

ラ・マルティネル、ヴァントゥー・ルージュ’17
(フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥2100

<あと25本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!!!
(NOW~2027年)


MVF(旧クラスマン)2020年度版15/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

128本完売!~※再入荷すると’18に移行致します!

「2020.10月末に飲みました。’16もおいしかったですが、’17は明らかにさらにワンランク上の味わい!ある意味普通と逆(笑)抜栓直後から素晴らしいフルーツ感と旨味エキスの分厚い中域からちょうどよいコクのグリップ感で、タンニンの質が非常によい。飲み頃NOW~。バスケットいっぱいの完熟ベリー類、ガリグ、スパイス、ブルーベリー・ヨーグルトなどのよい香り。アルコールの浮きもなく、クドい甘さもない非常によいバランス。焼いた薄切り豚肉やジンギスカンと相乗効果が出るくらい合う。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール14.5%
ユーロリーフあり!

グルナッシュ 60%、シラー 20%、ムールヴェードル 18%、クノワーズ 2%

ビオロジックを実践
醗酵セメントタンク(10%全房醗酵・天然酵母)
熟成セメントタンク 10カ月(ノンフィルター)
平均年間生産量 28,500本

’15 パーカー91点

’14 VINOUS 89点

鮮やかな赤紫色。熟れたチェリーなどの赤果実が広がります。酸味は穏やかでアルコール感が優しく広がります。タンニンが非常に柔らかく口当たりが滑らかです。 (輸入元さんコメント)


一代でワイナリーを築き上げた情熱家
子供の頃から毎晩食卓テーブルにワインボトルが置いてあったのを、ドイツ人のコリナ・ファラヴェルはよく覚えている。美しいグラスに注がれたきれいな金色や赤の飲み物の香りはとても華やかで、彼女にとって憧れの飲み物だった。高校卒業後、ワインについて学校で学び始め、ファルツ地方でのインターンの後、ナーエ地方のプリンツ・ザルム醸造所へ。ドイツでの6年間ワイナリーで働いたのち、南ローヌのシューズ・ラ・ルースの大学で勉強。ドメーヌ・リショーを始めとするワイナリーで醸造経験を積んだ。様々なワイナリーで働いた後に、自分のワイナリーを持ちたいと思うようになり、ぶどう畑を探し続けた結果、2001年にダンテル・ド・モンミライユに素晴らしいブドウの区画を見つけ、マルティノルの歴史が始まることになった。

カーヴも無い、ゼロからのスタート
ワインを造るための幾つかの区画を見つけ購入したが、カーヴはもとい、道具も何もない状況から始めたワイナリー。畑の手入れはボーム・ド・ヴニーズに仮の醸造所を見つけ畑の手入れを開始。設立当初から彼女の信念である有機栽培に拘り手入れを開始。当時は一人ですべての畑仕事をこなしていたが始まりは厳しく、2002年は収穫直前の大雨が降り、2003年は雹の害で収穫が出来なかったほど。それでも素晴らしいブドウを作るために畑仕事に没頭。時間はかかったが、2009年にカーヴを建設。2012年には最終的にエコセールの認定を得るまでに成長した。

染み渡る旨味、果実味を感じるワイン
南ローヌ地方でもシャトーヌフ・デュ・パプといった有名な産地とは違い、ヴァントゥーはマイナーな産地ですが、独特なテロワールを持っています。ダンテル・ド・モンミライユにはジゴンダスやボーム・ドゥ・ヴニーズを生み出していますが、非常に貧しい土壌のため収穫量がとても低く、味わいはフルーティさだけでなく、複雑さが多く感じられます。さらに、南ローヌの土地にしては標高が高く、300m近くあります。マルティネルのワインには、南ローヌらしい熟した果実味、チャーミングで風味豊かであり旨味が感じられます。フレッシュさとエレガントさが共に上品に引き出されています。
(輸入元資料より)


3/4(木)アップ~蔵出しシャトー・ド・ナリス’17

2/17(水)アップ~蔵出しシャトー・ド・ナリス’16

ギガルの傘下に入った素晴らしいシャトーヌフ!

貴重な蔵出しボンスリーヌ’14ラ・ガルド

貴重な蔵出しボンスリーヌ’15コンドリュー

 










<HVE> Haute Valeur Environnementale レベル3
環境に配慮した農法認定を2019年に取得済み!



石ころだらけの優れた土壌『 les galets 』




Chateau de NALYS, Chateauneuf du Pape Chateau de Nalys Rouge '17

シャトー ド ナリス、シャトーヌフデュパプ・シャトー ド ナリス・ルージュ’17
(南ローヌ・辛口赤)


税別¥10000



輸入元定価・税別¥12,000

<あと12本>

Wine Enthusiast 97点!!!(Cellar Selection!)

パーカー93点
(2022~2032年、ワイン・アドヴォケイト239号)

スペクテーター93点(2022~2030年)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点

Grenache59%, Syrah32%, Mourvedre5%, Counoise3%, Vacarese1%
超低収量19hl/ha!!!





Chateau de NALYS, Chateauneuf du Pape Chateau de Nalys Rouge '16

シャトー ド ナリス、シャトーヌフデュパプ・シャトー ド ナリス・ルージュ’16
(南ローヌ・辛口赤)


税別¥10000



輸入元定価・税別¥12,000

<あと6本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 96点!!!(Editors'Choice!)

パーカー95点!!!
(2018~2030年、ワイン・アドヴォケイト239号)

VINOUS 94点!

スペクテーター93点(2020~2034年)

Jeff Leve 94点!

ヴィ二ュロン・アンデパンダン2019年 金賞受賞!


ヴィノテーク2020年2月号 18/20点!!!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

約1年半経過してさらにおいしくなっているはず!



「2019.10月上旬に試飲しました。よく凝縮してコクと深みがありつつ、酸が低すぎず、骨格と熟成のポテンシャルがあるが、もうおいしく飲めてしまうバランスの良さとわかりやすさまで兼ね備えた逸品!果実味豊かでタンニンの質が良く、甘すぎず、甘苦系スパイスにも癖がなく上質。深みと余韻が明らかに格上のシャトーヌフ。予想の上を行く素晴らしい品質」

アルコール14.5%

「ラ・クロー」の畑のぶどうが主体で平均樹齢40年

グルナッシュが主体でシラーも大きな役割を担っている。その他に、ムールヴェードル、クノワーズ、ヴァカレーズもブレンド。3分の1は大樽で18か月熟成させており、中樽、小樽も使用している。大変濃い色合い。スパイシーなアロマ。ボリューム感があり、豊かな味わい。タンニンのストラクチャーがしっかりとしており、余韻は長い。

Grenache59%, Syrah32%, Mourvedre5%, Counoise3%, Vacarese1%
低収量35hl/ha


ギガルが長年の夢だったシャトーヌフ・デュ・パプの獲得を遂に実現した。

シャトー・ド・ナリスは、16世紀終わりの土地台帳に既に記載があることから、シャトーヌフ・デュ・パプで最も古くからの畑の所有者のひとつとされている。
シャトーヌフ・デュ・パプ村とアヴィニョン教皇庁に面したアペラシオンの中心に位置し、特別なワイン造りの環境を享受している。シャトー・ド・ナリスの名は最初の畑の開墾者、アヴィニョンの 大司教区の農場主、ジャック・ナリ(Jacques Nalis)に由来する。
1633年に、ナリが土地とブドウ畑に囲まれた農場施設の経営を託されたことがドメーヌの始まりで、ナリ一族はフランス革命までワイン造りを行っていた。
その後、シャトーヌフ・デュ・パプでそれから7世代続くことになる一族に売却されるが、この一族の最後の所有者で、最も有名な人物がフィリップ・デュファイ医師(Dr.PhilippeDufays)だ。第二次世界大戦中にこの土地にやって来てナリスの跡継ぎの女性と 結婚し、“ドクター”と呼ばれた彼は、情熱を持ってワイン造りに取り組み、彼の全ての知識と財産をこのドメーヌに注いだ。約20年かけてナリスを発展させ、土地は2倍に、販売は海外にまで広げた。
1975年、彼の跡継ぎの息子が事故により亡くなった後、デュファイ医師はナリスを手放す決心をし、保険会社のグルーパマ(Groupama)へ売却する。
そして、2017年、ギガルファミリーがこの並はずれたテロワールと輝かしい歴史を持つシャトー・ド・ナリスに魅了され、ナリスはギガルの傘下へ入ることとなる。

現在、畑は合計60ha。シャトーヌフ・デュ・パプの名高い13種類の品種が、もともと所有していた畑〈ナリス〉の他に、〈ル・ボワ・セネシャル〉と〈ラ・クロー〉の3つの区画で大切に育てられている。
後者2か所はいずれも「ガレ」という名で知られる大きな丸石が積み重なったこの地域ならではの土壌である。特に「ラ・クロー」はシャトーヌフ・デュ・パプ最上の畑として知られている。
ブドウは、各区画の特別なテロワールから造られ、長い年月をかけて考え抜かれた栽培方法により、畑の管理から徹底したケアが行われている。

スタンダード・キュヴェの「サント・ピエール」赤・白、プレステージ・キュヴェの「シャトー・ド・ナリス」赤・白があり、「サント・ピエール」は若さを楽しむ、バランスのよい酸をもつフレッシュなスタイルで、「シャトー・ド・ナリス」は熟成を楽しむ。

 ギガルは、1946年の創立以来、エティエンヌ・ギガルが長年探し求めていたシャトーヌフ・デュ・パプをようやく手に入れることを可能にした。ナリスのテロワールは、エティエンヌの息子マルセル、そして孫のフィリップ・ギガルの心を掴む。
 この歴史あるアペラシオンを迎えることで、遂に3世代の夢を実現させたのだ。
(輸入元資料より)





昔、リリース直後の赤は新樽風味が強過ぎるなどそれほど評価が高くなかった生産者なのですが、寝かせると予想以上においしく化けます!!!



BONSERINE, Cote Rotie La Garde '14

ドメーヌ・ボンスリーヌ、コートロティ・ラ・ガルド’14

特価・税別¥9800

<あと9本>限定品!

パーカー92点(2016~2026年、
these were all outstanding wines that have impressive density and depth. The 2014 Cote Rotie La Garde is a broad, expansive, forward effort (much more so than the Vialliere) that has medium-bodied richness and depth, supple tannin and classy notes of blackberries, plums, toasted spices and hints of barrique. It’s drinking beautifully today, yet will keep for at least a decade
ワイン・アドヴォケイト228号)


MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16.5/20点






BONSERINE, Condrieu '15

ドメーヌ・ボンスリーヌ、コンドリュー’15

(北ローヌ・辛口白)


税別¥5200

<あと5本>

スペクテーター95点!(NOW~2021年
A gorgeous display of Cavaillon melon, green plum, mirabelle plum and yellow apple fruit melds seamlessly, backed by a bright anise hint and ending with a subtle echo of pear. Showing terrific range, this delivers an intellectual and hedonistic experience. )

パーカー91点(2016~2019年、ワイン・アドヴォケイト228号)

インターナショナルワインセラー91点(2017~2021年)


アルコール14%

100%新樽発酵だが、600Lのドゥミミュイ(中樽)を用いる。輝きのある黄金色。白い花、アプリコット、蜂蜜、それにオークの香ばしいフレーバー。リッチでオイリーなテクスチャー。たっぷりとしたボリューム感があり、アフターにほのかなミネラルを感じさせる。 (輸入元資料より)


『 ボンスリーヌは2006年、北部ローヌのスペシャリストであるギガル家が取得したドメーヌ。コート・ロティに所有するブドウ畑の面積10haは、当時、ギガルに次ぐ広さであった。ボンスリーヌの名前はシラーの別名「スリーヌ(serine)」に由来する。

1984年に傘下に収めたヴィダル・フルーリィ同様、ギガルはボンスリーヌを独立したドメーヌとして存続させ、醸造責任者も引き続き、ステファン・カレルを登用。完全に吸収してしまったジャン・ルイ・グリッパやド・ヴァルーイとは戦略が異なっている。

ギガルとまったく同じ造りであれば、わざわざ独立したドメーヌにする必要はなく、発酵前の低温マセレーション(ラ・サラジーヌのみ)や、228リットルの小樽のほか650リットルのドゥミ・ミュイを熟成に用いるなど、醸造上、ギガルとの差異が見られる。樽香を抑え、果実のアロマをより強調したスタイルといえる。

コート・ロティは3種類あり、もっともスタンダードな「ラ・サラジーヌ」はコート・ブリュンヌを中心とした6つの区画を混醸。シラーに3%のヴィオニエが含まれる。新樽率80%で24ヶ月の樽熟成。

~自社畑産のワインを補完する形で、買いブドウからなるネゴスもののワインを「トラディヴァン」の名でリリースしている。サン・ジョゼフの「レ・ゼディル」とクローズ・エルミタージュの「レ・コロナード」があり、それぞれ古樽のみを用い、24ヶ月の樽熟成が施される。 (輸入元資料より) 』


3/4(木)アップ~蔵出しレ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ’16

上質なサヴォワのシャスラ!









 



Les Vignes de Paradis (Les Vins du Leman), Chasselas Quintessence '16

レ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ (レ・ヴァン・デュ・レマン) 、シャスラ・カンテサンス’16

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税別¥2500

<あと12本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

54本完売。

「2020.3月中旬に飲みました。ブショネの少なそうなコルク。’17が少し揮発酸出ていましたので’15と同等の高品質だった’16を買いました。亜硫酸量は少ないトップノーズだが、香りも味わいも完璧に健全で、相変わらず酸とミネラルのしっかりした上品な蜜の香りのある単体でも価格を超えている上にかなり幅広く食事を生かすタイプのおいしさ。ハチミツレモン、ミネラル、ハーブ、青い梅、オレンジなどの艶のあるとてもよい香り。上品・高貴・複雑なタイプで酸にキレがあり、みずみずしくミネラリーな味わい。ごくわずかな超キメ細かな苦みとうまみを伴う塩ミネラルが残る辛口アフター。ハチミツレモン、ハチミツオレンジの戻り香にうっすらトースト香が混じり非常に心地よい。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール12%




Les Vignes de Paradis (Les Vins du Leman), Chasselas Quintessence '15

レ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ (レ・ヴァン・デュ・レマン) 、シャスラ・カンテサンス’15

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

156本完売!!!ありがとうございました~※ついに再入荷不可能になりました!

「2018.5月下旬に試飲しました。ブショネの少なそうなコルク。涼しげでさわやか、ややフローラルな中に蜜の風味が同時にある。あとリンゴ、ハーブ、ミネラルの香りも。ピュアでみずみずしく、決して単調ではなく、戻り香を含め非常に心地よく流れるので杯が進む。暖かい季節に最高。北海道産の野菜との相性なども楽しみ」

アルコール12%

シャスラ100%

馬を使って耕作!
低収量35hl/ha

氷河によって堆積した土壌と黄色粘土土壌
レマン湖を望む景観のよいブドウ畑

ヴァン・ド・サヴォワ

2~3回にわけて手摘みで収穫。時間を掛けて圧搾し、グラスファイバー製タンクとドゥミ・ミュイ500L樽を使用し16度で発酵。熟成期間は7ヶ月。瓶詰め前にごく軽く濾過。一般的に使用されるステンレスタンクはそこにに発生する電磁気の影響を失くすため使用しない。


2008年、レマン湖畔のフランス・スイス国境近くバレゾンにドミニク・ルカによって設立されたドメーヌ。現在、レマン湖南に位置するオート・サヴォワ県のクレピーAC周辺に8ha、そしてブルゴーニュのポマール周辺に2.5ha、計10.5haを所有している。
70年代終頃からドミニクの祖父母は既にボルドー液と硫黄のみを用いた栽培を行っており、彼の叔父も祖父母と同じ栽培法を採っており、80年代初めであってもトラクターさえ使用していなかったという。
家族とワイン造りを行っていたが、自身の理想を具現化できるようドメーヌを興すことを決心。 2008年、Ballaisonに1.06haのシャスラが植えられた区画 ≪ Le Paradis ≫ を取得し、Domaine Les Vignes de Paradisを設立。 2014年、8.5haの地所を取得し、別組織となるLes Vins du Lemanを設立。(Les Vins du Lemanは現在14ha。現在ビオディナミに転換中)

栽培にはビオディナミを採用。(認証は受けていない) 収量を低く抑えるため厳しく摘芽を行い、2012年からはブドウの成熟度をより高めるためブドウ樹の頭頂部(apexと呼ばれる箇所)の剪定・切除は行わず、そのままとしている。
タンクには、一般的に使用されるステンレスタンクはそこにに発生する電磁気の影響を失くすため使用せず、セメントやグラスファイバーなどが用いられている。発酵・熟成にはブドウやワインに合わせて、228Lのバリック、400~600Lのドゥミ・ミュイ、250Lのアンフォラ、650Lの卵形セメントタンク、ピラミッド形セメントタンクを使い分ける。

熟成は発酵終了後の冬から春にかけてとなっており、熟成時には「豊かさは得られるものの焦点がブレる」としてバトナージュは行わず、「ワインの曇りとる」目的で軽くフィルターをかける。瓶詰め時に、一部のキュヴェを除き極少量のSO2を添加。
(輸入元資料より)


3/4(木)アップ~蔵出しヴァーゼンハウス’19’18

いきなり大ブレイクした超入手難ドイツワイン!










 


HPに載せる前にほとんど売り切れてしまいました、、、




ヴァーゼンハウス、グーテデル バーディシャー・ラントヴァイン’19
(ドイツ・バーデン・辛口白)


税別¥3200

<あと6本>超限定品!

パーカー90点
(2020~2030年)

葡萄:シャスラ(グートエーデル)




ヴァーゼンハウス、ヴァイスブルグンダー メーリン バーディシャー・ラントヴァイン’18
(ドイツ・バーデン・辛口白)


税別¥11000

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー93+点!
(2020~2036年)





ヴァーゼンハウス、シュペートブルグンダー メーリン バーディシャー・ラントヴァイン’18
(ドイツ・バーデン・辛口赤)


税別¥14000

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
キープ不可銘柄となります。
なんとか分けてもらえました~!!!

パーカー95点!
(2024~2040年)


葡萄:シュペートブルグンダー(ピノノワール) 樹齢:25年~45年 
畑・土壌:機械が入れない南東向き急斜面。オルベルグ丘陵上部にある多数の小区画。
鉄分を多く含んだ赤色の粘土石灰質土壌。
醸造・熟成:収穫後、ケースのまま10℃で冷却。全房50%、除梗50%。
木製タンクで10日間の低温浸漬。マセラシオン・セミ・カルボニック。破砕、ピジャージュ施さず。
温度が上昇した次の8日間は毎日軽いピジャージュ。合計18日間のキュヴェゾン。
熟成は228Lのブルゴーニュ産オークの古樽で18カ月間。
収穫から醸造中はSO2無添加。フィルター無し、コラージュ無し。
ボトリング時に2g/HLのSO2を添加している。





Weingut Wasenhaus, Gutedel Badischer Landwein '18

ヴァーゼンハウス、グーテデル バーディシャー・ラントヴァイン’18
(ドイツ・バーデン・辛口白)


税別¥3200

<あと4本>超限定品!

パーカー89点(2019~2030年)
~The dry, 9% alcohol 2018 Gutedel Landwein offers an intense yet pure and characterful, even slightly mineral and chalky bouquet that leads to a pure, fresh yet tightly woven, seriously structured and expressive palate with a salty-piquant and stimulating finish. This is a gorgeous Gutedel and absolutely great to have with lunch.


’16のデータ
ブドウ品種:ヴァイスブルグンダー(ピノブラン)
樹齢:15年と20年 
栽培:ビオディナミ

畑・土壌:カイザーシュトゥールにある南又は南西向きの畑、ロース、黄土、粘土質土壌 
収量:50hl/ha
醸造・熟成:全房でダイレクトプレス。600リットルの樽に入れてアルコール発酵。最後に軽いバトナージュ。そのまま樽で澱引きしないシュールリーで12が月熟成。その後ステンレスタンクで6か月間。
収穫から醸造中はSO2無添加。フィルター無し、ベントナイトで軽いコラージュ。ボトリング時に微量のSO2を添加している。

キュヴェWeissburgunderの一部はKaiserstuhlのBertramさんの畑からで、1950年代からビオディナミ栽培を始め、1979年にデメテール認定を受けている。



Baden(バーデン地方)Staufen im Breisgau(シュタイフェン・イン・ブライスガウ村)にある醸造所。
バーデン地方は、ドイツにある13のワイン産地の最南に位置する生産地域。北はタウバー川、南はボーデン湖に達しドイツで3番目に広い産地です。またドイツで最も温暖な地域であり、年間日照時間が1,700時間以上・年間平均気温が11度。ドイツで最も太陽に恵まれたワイン産地。
シュタイフェン・イン・ブライスガウ村は、ドイツの南西部にあり、フランス国境も近いです。
アルザスのコルマールへは車で約1時間、ブルゴーニュのボーヌへでも約3時間で行ける場所です。

蔵の名前「ヴァーゼンハウス」は、クリストフが育った家と農園に付いていた名前。町から外れた、牧草地や畑に囲まれた、ヴァ―ゼン(畑や草原の意味)の家という意味。
クリストフは「ヴァ―ゼンハウス」で自然、農業とブドウ畑に囲まれて育つ。
両親は農業・酪農に関わっており、その影響で子供の頃からオーガニックやビオディナミに触れていた。
またアルバイトで近所のブドウ畑で収穫を手伝う事もあった。
2011年から2013年はオーストリアの首都ウイーンに留学して農業大学に通う。ワイン好きだった彼は、ブドウ栽培にも興味があり、大学でブドウの栽培やワイン醸造に関しても少し勉強していた。卒業後はドイツの実家に戻り農業の手伝いを始める。
2013年の夏、クリストフはバイクでのスペイン旅行を決める。しかし、出発の数日前に彼の人生に大きく影響を与えるワインを飲むことになった。ブルゴーニュの生産者「*Bernard Van Berg(ベルナール・ファン・ベルグ)」のワインを飲んだクリストフは、すぐに生産者に会いたくなりバイクでブルゴーニュを訪れた。

*Bernard Van Berg
ベルギー出身の有名な元プロ写真家。元々趣味だったワインを自ら造るためにムルソーに移り住み、ワインの醸造を行っていたが、現在はワイン造りを行っていない。

2013年、クリストフはベルナール・ファン・ベルグを訪問。スペイン旅行は取りやめすぐに研修を始める。
ベルナール・ファン・ベルグで約一年間研修する。ベルナール・ファン・ベルグは規模が小さく仕事量が少ない為、ベルナール氏の紹介でビオディナミを実践するルフレーヴでの研修も同時に行う。
2014年、ベルナール氏の紹介でワインを勉強に来ている学生が集まる寮で暮らすことになり、そこでアレクサンダーと出合う。
2015年、ボーヌのワイン醸造学校に通う。ベルナール氏の所にも定期的に通いながら、ポマールのコント・アルマンでも研修を行う。

アレクサンダーは、ドイツ・ドレスデン出身。元はランドスケープ・アーキテクト。仕事の関係でワイン生産者達と交流していた。ワインへの興味が大きくなり、彼は仕事をやめ、2012年からクリストフとは違うボーヌの栽培・醸造学校に通う。同時にピエール・モレで研修。翌年からドゥ・モンティーユで働き始める。
学生寮で出会ったクリストフとアレクサンダーの友情は深まり、その後、ドゥ・モンティーユ家のシャトーで、1年間二人で暮らしていた。二人は沢山のワインを飲み交わし、語り合い、そして互いを刺激し合っていた。またその間、アレクサンダーもクリストフの地元に何度も遊びに行っていた。そして、クリストフが地元に戻り、まずはネゴシアンとして一緒にワイン造りを始める事を決心する。

クリストフ曰く
「テロワールはブルゴーニュに似た粘土石灰で、ブドウ品種はピノノワールやピノブランが多く存在している。ブドウ畑は家族代々守られたものも残っており、有機栽培やビオディナミ栽培が進んでいる地方なのです。良質なブドウや畑を比較的格安に入手できるなどなど、多くの可能性と将来性を秘めた場所だと信じている」
2016年の初頭に急斜面で機械が入れないブドウ畑も手に入れ、自社畑のブドウと買いブドウで念願のワイン造りをスタートさせた。
現在クリストフはヴァ―ゼンハウスに常駐して栽培と醸造を行っている。アレクサンダーは現在でも、ドゥ・モンティーユで栽培責任者として勤めているが、ヴァーゼンハウスの収穫・醸造には蔵に戻る。
栽培・醸造に関しては二人で相談しながら、二人で判断・決定している。
(輸入元資料より)



 

3/4(木)アップ~蔵出しサルヴァトーレ・モレッティエーリ’08

貴重なコンディション抜群&飲み頃のタウラージ!








 


ラシーヌ輸入の限定品!




Salvatore Molettieri, Taurasi Vigna Cinque Querce '08

サルヴァトーレ・モレッティエーリ、タウラージ ヴィーニャ・チンクエ・クエルチェ’08
(南イタリア・カンパーニャ州・辛口赤)


税別¥5600

<あと9本>絶対おすすめ!

パーカー92点(2015~2025年)

スペクテーター92点(2017~2030年)

VINOUS 91点

ヴェロネッリ2014年度版 トレステッレ!


「2021.2月上旬に飲みました。熟成して絶妙な癖のないなめらか、かつコクのあるおいしさになっている最高の時期。カミムラさんテイクアウトの『北海道和牛赤ワイン煮込』と相乗効果が出るくらい相性が良かった!色気のある滑らかな黒い実の果実、ドライハーブ、アーモンドやトリュフ風味もありつつ、果実とエキスの厚みがあり、タンニンの質がとてもよく深みのある長いアフター。アルコールの浮きがなく、抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール14.5%

サルヴァトーレ・モレッティエーリについて

敬意と共に「南のバローロ」と称賛される、カンパーニャ州DOCGの帝王格、タウラージの生産者。ナポリから西に約50kmの内陸で、人を拒絶するかのような急峻な山岳地帯、アヴェリーノ県に広がるタウラージDOCG。その中でも歴史的に最上と畏敬される2つの区画のうちの一つ、モンテマラーノの土壌が育むアリアニコが生産の中心。火山性土壌と、石灰質土壌の混在する地域で、区画やブドウの樹齢の違いによる、値の張り方によって、ワインの性格は大きく変わる。サルヴァトーレ・モレッティエーリがこの地を取得したのは1983年。

生産する赤ワインは全て同区画(チンクエ・クエルチェ)のアリアニコ100%だが、樹齢の差によりタウラージ・リセルヴァからIGTイルピーニャ・アリアニコまでを区分する。タウラージは、イタリア南部随一の高貴品種アリアニコの傑作であるが、高い酸と多量のフェノール類、エキス分を持ち、リリース直後は近寄りがたいほどの厳格さを持つ。しかし10年近くの熟成により、バラのドライフラワーなど、華麗で官能的なアロマと、深遠かつ長大な余韻という、古典的アリアニコの偉大な特性を見事に表現する。
(輸入元資料より)


3/4(木)アップ~蔵出しニーポート’18ナット・クール

センスあるナチュラル・ペティヤン1リットル瓶!

蔵出しニーポート’15シャルムとヴェルテンテ

蔵出しニーポート’17ナット・クール

 












Niepoort, Nat' Cool White '18

ニーポート、ナット・クール ホワイト’18
(ポルトガル・辛口白・微発泡・1000ml)


税別¥2100

<あと12本>

スペクテーター90点

アルコール11.5%




Niepoort, Nat' Cool White '17

ニーポート、ナット・クール ホワイト’17
(ポルトガル・辛口白・微発泡・1000ml)


税別¥2100

<売り切れ>おすすめ!

デカンター・オンライン90点

リアルワインガイド68号旨安賞! 88+・89点!

「2019.11月上旬に試飲しました。ナチュラルかつ味とバランスがあり心地よい。ブラインドでロワールの自然派ペティヤンと言われたら騙されてしまいそうな感じ。1リットルであることを考えても非常にお買い得。本当は夏が一番おいしいんだろうけど、、、例えば冬にストーブで乾燥した部屋とか風呂上がりでもおいしいはず!」

アルコール11.5%

’18 スペクテーター90点

原産地管理呼称 :ヴィーニョ
地域名:ミーニョ
年間生産数:8,233本

葡萄品種
アザル、アリント、アヴェッソ、トラジャドゥラ、ロウレイロ

花崗岩土壌
平均樹齢25~30年
全て手摘み

ニーポートが始めた革新的なコンセプト『ナット・クール』。低アルコール、低抽出、低介入、オーセンティック、オーガニック、クール、1Lボトル、手頃な価格等をルールに掲げる。このワインはヴィーニョ・ヴェルデ地方で造られた『ナット・クール』。

糖分と澱を残した状態でボトリングを行い、ボトルの中で再発酵する昔ながらの製法で、この地のかつての”曇った/白く濁った”典型的なワインを再現した。主にサブリージョンのアマランテとロウザダのぶどうを使用。ステンレスタンクで6ヶ月間熟成させたのち、SO2無添加、無濾過でボトリング。マロラクティック発酵も瓶内で行われる。

色はやや白く濁っており、豊かな個性を持つ白ワイン。フレッシュで、柑橘と野菜の香り。複雑さは無く、まっすぐで、高い酸味と軽い微発泡、後味に塩味を感じさせる味わい。爽やかな余韻。ワインは伝統的な陶器のマルガカップ(茶碗のようなもの)で、バカリャウ(干しダラ)のコロッケなどのポルトガルの前菜の小皿料理”ペティシュコシュ”に合わせると最高の組み合わせ。
(輸入元資料より)




Niepoort, Nat' Cool Baga '17

ニーポート、ナット・クール バガ’17
(ポルトガル・辛口赤・微発泡・1000ml)


税別¥2300

<あと15本>おすすめ!

’18 パーカー91点
(2019~2021年、ワイン・アドヴォケイト245号)

’16 ワイン&スピリッツ誌 94点!!!

「2019.12月上旬に試飲しました。バガというブドウ品種は、本来真っ黒でかなりタニックなんだそうですが、このワインはアタック~中域まではまるで自然でナチュラルなバランス。アフターの最後に肉に合いそうなグリップ感が残りますが、さすが世界のメディアでジャンシス・ロビンソン女史などから天才醸造家といわれるディルク・ニーポートさんすごいです。詳しい方に言わせると『まさかバガからこんなワインが造れるなんて!!!』ということなんだそうですよ。スミレ、赤い実果実のキャンディ、野菜ジューなどの香り。色は全然濃くなくて、味わいも酸が低すぎず心地よく、うまみは凝縮している。オールシーズン楽しめそう」

アルコール12%

原産地管理呼称 :バイラーダDOC
地域名:バイラーダ
年間生産数:16,000本

葡萄品種
バガ

粘土質石灰土壌
平均樹齢80~100年!        
全て手摘み
収量6t / ha

ニーポートが始めた革新的なコンセプト『ナット・クール』。低アルコール、低抽出、低介入、オーセンティック、オーガニック、クール、1Lボトル、手頃な価格等をルールに掲げ、様々な生産者がこのコンセプトに共鳴し、軽快で飲みやすいワインを一緒に作り上げてきた。このワインは『ナット・クール』の最初のワイン。

他とは異なるエレガントなバガを表現しており、驚くほど軽快で、親しみやすい味わい。ステンレスタンクで5週間、炭酸ガス浸漬法で発酵し、マロラクティック発酵と熟成をしたのち、無濾過のままボトリング。ボトリングの際に少量の亜硫酸を添加するが、醸造過程での亜硫酸添加は行わない。

赤い果実といくつかのスパイス、大西洋の気候と石灰土壌を反映したミネラルを感じさせる、バガの品種とバイラーダ地方の個性を表現したワイン。少し冷やして、食事と一緒に楽しみたい。
(輸入元資料より)




Niepoort, Charme '15

ニーポート、シャルム’15
(ポルトガル・ドゥロ地方・辛口赤)


期間限定超特価・税別¥7700



輸入元定価・税別¥10,000

<あと9本>超限定品!

パーカー93+点!
(2015~2035年、ワイン・アドヴォケイト232号)

Wine Enthusiast 94点!(Cellar Selection!、2021~)


’14 ジャンシス・ロビンソン18/20点!

前に数年前のヴィンテージを試飲した際には、重くないが深いなめらかでエレガントな質感で非常においしく個性のあるワインだと感じました!


年間生産数:9,900本
ブドウ品種:ティンタロリス、トウリガフランカ 他
シスト(片岩)土壌
平均樹齢70年及び100年以上!
             
全て手摘み
収量6~6.5 t / ha

2009年は8月に急激に気温が上がり、とても早い収穫となった。伝統的な石桶(ラガール)で発酵。フレンチオークでマロラクティック発酵の後、14ヶ月間のフレンチオーク熟成。ノンフィルターで瓶詰め。

チェリーや松やに、トリュフや紅茶の香りが一体となっている。熟成した、滑らかなタンニン。まるでブルゴーニュのピノノワールを思わせる豊かな果実味とミネラル感。余韻も長く続く。
(輸入元資料より)




ニーポート、ヴェルテンテ’15
(ポルトガル・ドゥロ地方・辛口赤)


期間限定超特価・税別¥2550



輸入元定価・税別¥3,300

<あと5本>

パーカー91点(2017~2030年、
~very good value!、ワイン・アドヴォケイト232号)

Wine Enthusiast 91点(Editors'Choice!、NOW~)


’14 ジャンシス・ロビンソン17.5/20点!!!

’13 スペクテーター90点

えっ、ポルトガルにこんなよいワインあるの?という感じで価格を超えた高い品質!ポルトガル入門に最適な1本です

 

ニーポート、ヴェルテンテ’08

(ポルトガル・ドゥロ地方・辛口赤)

 税別¥2970

<売り切れ>おすすめ!

’05から10%値下がり!

ワイナート66号 87点(NOW~2020年)

パーカー90点(2010~2020年)

スペクテーター89点(2012~2016年)

Wine Enthusiast 89点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2012.7月上旬に再度試飲しました。はずさないインターナショナルスタイルでありつつ、ポルトガルらしさも感じられる絶妙のバランス感。’08は特に出来がよかったようで、さらに少しずつおいしくなってきている」



「2012.1月下旬に再度試飲しました。前回よりも少しエキス感を感じ、しっかりしているがバランスよく、重過ぎない味わい。とてもよい出来!」



「2011.6月に試飲しました。やはり’08もよい出来!下記の’05よりもわずかに軽いが、香りよくバランスよく、タンニンの質も非常によい。酸は低めだが不足というバランス感ではなく、果実味豊か。飲み頃NOW~。ヴァニラ、完熟ベリー、少し甘苦系を含むスパイスなどのモダンな風味。値下がりもあり、お買い得!」

 アルコール13.5%

 

ニーポート、ヴェルテンテ’05

(ポルトガル・ドゥロ地方・辛口赤)

税別¥3300

<売り切れ>絶対おすすめ!

スペクテーター92点(2008年度TOP98/100位!)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

31本完売。ありがとうございました

「2008.5月に試飲しました。濃いルビー色。まず樽の上品なヴァニラ、ミルクチョコレート風味、熟したベリー、スパイスのほのかに甘い非常によい香り。香りだけなら非常に洗練されたインターナショナルスタイル。味わいは、やや強いものの非常にタンニンの質がよく、あくまでポルトガルの個性も表現している。同じ価格帯のボルドーは、このワインと勝負にならないでしょう。今もおいしいし、もっと向上する。強すぎず、固くもなく、過熟でもないし、酸不足でもない傑出したバランスで、どんな方でもおいしいと感じるであろうポジションにあるワイン」

ティンタ・ロリス、トウリガ・フランカ、ティンタ・アマレラ、トウリガ・ナショナル他

ステンレスタンクで発酵、8~10日間の醸しの後、フレンチオークで15ヶ月間熟成。

シスト(片岩)土壌、手摘み

樹齢20~70年

小規模の家族経営、自社畑

’03 インターナショナルワインセラー90点

パーカー、スペクテーター、ステファン・タンザー、ジャシス・ロビンソンなどに絶賛されている生産者!


3/4(木)アップ~蔵出しソアリェイロ’19

香りも味わいもリアスバイシャスの上級品のよう!

8年連続で納得のすごい評価を得ました!



 





造り手側のメッセージが伝わってくるよい画像ですね

もともとずっと除草剤不使用、2005年から有機栽培


ワイン&スピリッツ誌2019年度 TOP100ワイナリーに選ばれる!!!




Soalheiro, Vinho Verde '19

ソアリェイロ’19

(ポルトガル・辛口白)


税別¥2000

<あと12本>

デカンター・オンライン95点!!!
(2020~2032年!)

ワイン&スピリッツ誌 93点!!!
さらに"Year's Best Vinhos Verdes"に選ばれる!

パーカー92点!!!
(2020~2031年!)
~This looks terrific this year, and it's a typically super value.

ムンダスヴィニ2020年度 金賞受賞!

24本完売。

毎年必ずおいしいワインですが、’19はもの凄い高評価となりました!




Soalheiro, Vinho Verde '18

ソアリェイロ’18

(ポルトガル・辛口白)


税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー89点(2019~2028年)

SAKURA Japan Women's Wine Award 2019 ゴールド 受賞!

ムンダスヴィニ2019年度 金賞受賞!

チャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン2019年度 金賞受賞!

コンクール・モンディアル・ド・ブリュッセル2018年 金賞受賞!


「2020.10月下旬に飲みました。はっきりと強い白桃とマンゴーの果実香!他にもオレンジ、パイナップル、花、ハーブ、ミネラル、わずかにアーモンド、フルーティーな日本酒などのよい香り。果実味豊かでみずみずしく、ごくごくわずかにガスが残り、例年より酸が低めで厚みのある心地よいバランス。非常にきめ細かな苦みと塩味の残るアフター。抜栓の次の日も非常においしい。初日より少し塩味が増した気がする」

アルコール12.5%




ソアリェイロ’16

(ポルトガル・辛口白)


税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー92点!
( 2017~2026年、ワイン・アドヴォケイト230号)


ワイン&スピリッツ誌 88点

Wine Enthusiast 91点

Revistade Vinhos 17.5/20点! (Highly Recommended!)

「2018.4月下旬に試飲しました。リンゴとミネラル主体で、柑橘類や花、少し白桃などの香りも。果実味豊かで、フレッシュでみずみずしくクリーン。酸はちょうどよくアフターにはっきり塩ミネラルが残り極めて心地よくよい出来。スペイン・リアスバイシャスの隣だけあって個性が似ているが、さらにお買い得感が少し強いかもしれない」

アルコール12.5%




ソアリェイロ’15

(ポルトガル・辛口白)


税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー94点!!!
( ~It is also one of the best unoaked young Alvarinhos I've had. ~Great Value!、2016~2030年、Mark Squires、ワイン・アドヴォケイト224号)

さらにMark Squiresが選ぶ2016年度
Value Table Wines
に選ばれる!!!


Wine Enthusiast 90点

SAKURA Japan Women's Wine Award 2016 シルバー受賞!

スペクテーター88点(NOW)

デカンター・ワールド・ワイン・アワード 2016年度 プラチナ受賞!
(※ゴールドの上の賞です!)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2016.9月下旬に試飲しました。基本はフレッシュでみずみずしくミネラリー、程よく凝縮して果実も弱くないし、うまみとミネラルで充実した中域のよいバランス。わずかに塩っぽく非常に心地よいアフター。’14と同程度の高い品質」

アルコール12.5%

36本完売。ありがとうございました~※’15は再入荷不可能!

生産者によると’15は完ぺきな収穫ができた大成功年!!!




ソアリェイロ’14

(ポルトガル・辛口白)


税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2015 ダブル・ゴールド 受賞!!!

Wine&Sprits誌 93点!!!

Wine Enthusiast 88点(2016~)

輸入元担当者さま絶賛の1本!

36本完売。ありがとうございました~※再入荷すると’15に移行致します。

「2015.9月に試飲しました。花崗岩でアルバリーニョと聞く前から香りも味わいもすでにリアスバイシャス的。花や柑橘類や少し白桃、ミネラルなどのピュアな香り。みずみずしく、とても心地よく、アフターに塩っぽいミネラルが残り、料理も幅広く生かすおいしさ。ビストロでジャンティ・ダルザスの代わりにも使える価格と内容。飲んだ後の予想より20%ほど価格が安かった」

アルコール12.5%

Soalheiro, Vinho Verde 2014

ヴィーニョ・ヴェルデ DOP

▼地域
ミーニョ

▼年産本数
120,000本

▼葡萄品種
アルヴァリーニョ 100%

▼土壌 
花崗岩質

▼収穫方法 
全て手摘み

▼収量
30 ha

▼醸造・熟成
収穫には小さな箱が用いられる。プレス後、発酵の前に、果汁は48時間低温で寝かせられる。ステンレスタンクで、18℃で2 ヶ月間発酵。バトナージュを行う。アルヴァリーニョの葡萄の味わいをできるだけ残すよう醸造されている。

▼味わい
シトラスなどの柑橘系のアロマ、凝縮感のあるトロピカルな風味とミネラル感が豊かな味わい。2012年は素晴らしいバランスのアロマと、エレガントで濃密な仕上がり。

▼受賞歴/認証団体
’13 パーカーポイント 92点(Mark Squires’ Guide to the Best of 2015のBest Value Wines from Portugalに選ばれる!!!

’12 パーカーポイント 93点

’12 アルヴァリーニョ・インターナショナル・ワインチャレンジ 金賞(2012年)


★「ヴィーニョ・ヴェルデ地域の最も偉大な生産者の一人、アルヴァリーニョのスペシャリストである」
 (ロバート・パーカー サイト)

★ワイン・オブ・ポルトガル 2013:ベスト・ワイン・オブ・ザ・イヤー

★アルヴァリーニョ インターナショナル ワイン チャレンジ:金賞(当社取り扱い3商品全て)

★Essencialdo Vinho:ベスト・ワイン&ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー ポルトガル

★Revista de Vinhos:プロデューサー・オブ・ザ・イヤー ポルトガル


ソアリェイロは、アルヴァリーニョのトップ生産者のひとりとしての国内外から認められている。

ポルトガル最北端のメルガソは、山々に囲まれ、降雨量・気温・日照量など、アルヴァリーニョ種が生育するのにベストと言える条件を備えている。この特殊なマイクロクライメイト(微小気候)を利用し、1974年にジョアン・アントニオ・セルデイラ氏が最初にアルヴァリーニョ種を植え、1982年に初めて「ソアリェイロ」ブランドをリリースした。「ソアリェイロ」という名前は畑の中でも最も日当たりの良い場所の名前から由来している。

大部分の畑の葡萄は有機農法で栽培されており、動植物の生物多様性を促進している。また、醸造設備についても、品質向上のため、何年にもわたって近代化が行われてきた。これらは全て、常に最高品質のアルヴァリーニョ種を生み出すためのものである。



3/1(月)アップ~蔵出しバス・フィリップ’18再入荷

1/29(金)アップ~蔵出しバス・フィリップ’18


南半球のDRC!!!火山性土壌ピノノワールの最高峰か?







 


1993年よりビオロジック、2002年からはビオディナミへ転換

現時点ですでにオーストラリア最高のピノノワールと言われていますが、
数年後からジャン・マリー・フ―リエ氏がフライング・ワインメーカーとして栽培醸造の責任者となります!!!




Bass Phillip, Estate Chardonnay '18

バス・フィリップ、エステート シャルドネ’18(辛口白)

税別¥7400

<売り切れ>

パーカー92点

エステート・ヴィンヤード産のシャルドネ。砂糖漬けされたオレンジ、柑橘系、黄桃など活き活きとした果実味に酸味、ミネラル感が調和。程よいトースト感を伴った長い余韻を持つ。全てフレンチオークで20%の新樽熟成。




Bass Phillip, Crown Prince Pinot Noir '18

バス・フィリップ、クラウン プリンス ピノ ノワール’18

税別¥6200

<あと17本>

パーカー90点

ジェームス・サックリング 92点


「2021.2月下旬に飲みました。紫色のないとても明るいルビー色。当店社長もまったくオーストラリアとは思わなかったというスタイルと質感が素晴らしい!ただ冷涼なわけではなくキレイで香り高いヴァン・ナチュールのイメージ。全房醗酵で抽出と樽が控えめなエレガントでみずみずしく出汁のようなうまみを感じて、わずかなグリップもありつつ超キメ細かな苦みとエグみと塩味とうまみが残るアフター。フーリエ、シャントレーヴ、ビーズさんのグランリアール’17とセルパンティエール’17あたりが好きな方にもおすすめできる逸品!!!飲み頃NOW~。甘い桃と梅、花、土などのよい香り。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13.5%
再入荷すると¥880値上がり致します。

1996年に植樹されたレオンガサ・ヴィンヤード産。淡めの色調。ドライフラワー、すみれの様な華やかな香りと甘酸っぱいプラムやラズベリーな果実味を持つ。手掛けるピノ・ノワールの中でも一番柔らかく、土、森林の香りを連想させるナチュール感が魅惑的。




Bass Phillip, Estate Pinot Noir '18

バス・フィリップ、エステート ピノ ノワール’18

税別¥8500

<あと22本>限定品!

パーカー91点

ジェームス・サックリング 94点!


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
再入荷すると¥1,100値上がり致します。

エステート・ヴィンヤード産を主に年にレオンガサ・ヴィンヤードの最良な葡萄とブレンド。バス・フィリップの特徴である肌理細やかな赤い果実によるリッチなボディを持つ。60%の新樽比率で16-18カ月間の樽熟成。




Bass Phillip, Premium Pinot Noir '18

バス・フィリップ、プレミアム ピノ ノワール’18

税別¥23000

<売り切れ>幻の超限定品!

パーカー93点

ジェームス・サックリング 95点!


エステート・ヴィンヤード産。香水の様な香り、鮮やかで曇りのない果実味、カカオ、腐葉土、スパイス等々様々な味わいが幾層にも重なり冷涼な気候風土を表したオーストラリア産ピノ・ノワールの傑作品。「死ぬまでに飲むべき1001ワイン」掲載。







※上記画像は’16です。



Bass Phillip, Reserve Pinot Noir '18

バス・フィリップ、リザーウ゛ ピノ ノワール’18
+エステート ピノ ノワール’18


税別¥108,500

<あと1セット>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー95点

ジェームス・サックリング 96点!


輸入元さんも12本しか買えなかったようです

エステート・ヴィンヤードの僅か5畝から年間1樽程度のみ造られる希少品。オーストラリアワイン格付けの権威「ラングトン」にて現在20のワインが最上位のOutstanding(格別)に選出されており、その中で唯一のピノ・ノワールがこの銘柄。オーストラリアで最高峰のピノ・ノワールであり、恐らく最高値で取引されているワイン。凝縮した果実のパワーと優美さのバランスが絶妙で艶やかなタンニン、高い次元でのテンションを保っている。新樽100%にて20カ月の熟成。


Gippsland Region

採算度外視の一切妥協なき造り、「南半球のDRC」と賞賛されるオーストラリア産ピノノワールの頂点

1979年、ヴィクトリア州の南ギップスランド、バス海峡から20キロ程離れたレオンガサの牧草地にてエンジニア出身のフィリップ・ジョーンズ氏により設立。ワイナリー名は18世紀後半から19世紀初頭にかけてオーストラリア開拓の歴史に名を遺す人物、ジョージ・バス氏とアーサー・フィリップ氏にちなんで名付けられている。今日ではピノ・ノワールのスペシャリストとして知られるが、当初はボルドーのデュクリュ・ボーカイユ風なワインを目指してカベルネ・ソーヴィニヨンを主に植樹するも寒すぎて葡萄が完熟せずに断念。やがてアンリ・ジャイエを筆頭としたブルゴーニュワインに魅せられてピノ・ノワールの可能性を見出す。日夜の寒暖差を伴う冷涼地で降雨量が多く灌漑を必要としない地で土壌は火山灰が沈積したローム土壌で有機物、ミネラルを豊富に含み、水捌けに優れている。ブルゴーニュに習い1ヘクタールあたり9,000樹という高密度で植えており、樹齢が40年近く高まった今では僅か16-22hl/haという低収量まで抑えている。収量をここまで制限する事により土地の個性を最大限に引き出すという考えのもと、1993年よりビオロジック、2002年からはビオディナミへ転換(認証無し)。現在14haを所有。

醸造においては極力シンプルに、人的関与を避けて自然の摂理に沿った製法にて大地のエネルギーをボトルに封じ込めている。淡めな色調からは想像できない位香り高く、凝縮した風味とまるでヴェルヴェットの様な質感を持つ。特に1979年創立時のオリジナルの3.5haの自社畑「エステート・ヴィンヤード」から造られるエステート、プレミアム、リザーヴの3種ピノ・ノワールは1991年の発売以来、オーストラリア産ピノ・ノワールの最高峰として高い評価を受け、その少ない生産量からカルト的な人気を誇る。評論家からは「南半球のDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)」と最大限の賛辞を呈している。ジェームス・ハリデイ、ワイン・コンパニオン5つ星ワイナリー。

ブルゴーニュのスター生産者、ジャン・マリー・フ―リエとの縁

御年74歳を迎えたフィリップ・ジョーンズ氏は長年の功績から既にオーストラリアワイン界のレジェンドとしての地位を築いていたが、一家にワイナリーの跡を継ぐ後継者がおらず、リタイア後にもバス・フィリップの名を汚さない相応しい売却先を水面下で探していた。そこで白羽の矢が立ったのがブルゴーニュのドメーヌ・フ―リエの当主、ジャン・マリー・フ―リエ氏。ジャン・マリーの家族がオーストラリア在住という事もあって以前より知り合いであり、実際にバス・フィリップでコンサルタントとして栽培醸造に関わり交流があった。古木のマサル・セレクション重視、自然とテロワールを尊重したナチュラルなワイン造りの哲学、アンリ・ジャイエからの影響などの共通点もあり、意気投合し2020年4月に投資家と共に買収を合意。今後はジャン・マリー・フ―リエ氏がフライング・ワインメーカーとして栽培醸造の責任者として指揮を執り、ニューワールドとオールドワールドのトップワイナリー同士の融合により今後どの様なワインが生み出されるか、今から楽しみである。
(輸入元資料より)


3/1(月)アップ~蔵出しシャルトーニュ・タイエNV

かつてのグランクリュ畑から凄い完成度のスタンダード品!




 


ここもアルチザン(職人的栽培醸造家)グループのひとり

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版にて
Palmares Top Producteursに選ばれる!




Chartogne-Taillet, Champagne Cuvee Sainte Anne Brut N.V. [Merfy]

シャルトーニュ・タイエ、シャンパーニュ・キュヴェ・サンタンヌ・ブリュットNV

税別¥5200

<あと11本>絶対おすすめ!

Jamie Goode 93点!
(2016年12月デゴルジュマンものに対する評価)


最新パーカー91点(2018~2028年、2019年4月試飲)

パーカー92点(デゴルジュマン2013年6月ものに対する評価、David Schildknecht)

最新スペクテーター92点(2020年12月試飲)

スペクテーター92点(2017.11月試飲
、<2016年2月デゴルジュマンもの>に対する評価)

最新バーガウンド・コム 90点(Isuue 68)

最新VINOUS 92点!
(アントニオ・ガローニ2020年11月試飲)

Wine Enthusiast 91点

Wine&Sprits誌 91点

ゴーミヨ誌14.5/20点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 92点!

MVF(旧クラスマン)2017年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

85本完売!!!

※現在庫は
中身のヴィンテージ’17主体
シャルドネ主体にピノノワール、ピノムニエ
ドサージュ5~6グラム/リットル
デゴルジュマン2020年9月
アルコール12.5%

前回在庫
2017.8月デゴルジュマンもの
シャルドネ50%、ピノノワール50%
中身のヴィンテージ’14 60%、’13と’12 40%

「2016.10月下旬に飲みました。今回相当なおいしさで驚きましたが、4ヶ月くらい前にプチ試飲した時にはあまり印象に残らなかった、、、中身のデゴルジュマンもちょっと違ったでしょうが、温度が低すぎたことと気圧の問題か?(完全な言い訳)このデゴルジュマン2016.4月ものはすごいおいしさです!冷やし過ぎると個性が弱まる。思い切ってスタートからわりと高めの温度でもよいかも?多少厚みのある果実、バランスよく、ミネラルも弱くなく、意外に複雑で余韻がありまったく飲み飽きない。酸は不足はないが、厳しくなく、全体的にスタイリッシュで真っ直ぐなイメージ。ベリー、アンズ、ナッツ、ミネラルの他にクリーミーなモカっぽい風味も感じられる。さすがフランスだけではなくスペインのトップ・プロの中でも絶賛されている(なにやら『 ヴァン・クレール 』=2次醗酵前の原酒のことの段階のおいしさが半端ではないらしい!)造り手ですね!ブドウの質自体がかなりよさそうだ。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール12%

樹齢35年、無濾過

熟成 36ヶ月以上

ドサージュ 5.5g/L

メルフィにある様々な土壌タイプの畑からのワインをブレンドすることでメルフィのエッセンスを昇華させ、シャルトーニュ・タイエが根差す地を総合的に表現したシャンパーニュ。リンゴの蜜のふくよかさとさわやかさを思わせるエレガントな香りが心地よい。旨みとして感じる細やかなミネラル感と果実のジューシーさに富むアタック。ハチミツやバターのふっくらとしたボリュームに加え、長期熟成の複雑さ、そしてアフターのフレッシュさが全体のまとまりを良くしている。高く広く華やかに感じられるのは、砂を多く含むメルフィのテロワールならでは。キュヴェ名はメルフィの守護聖人サンタンヌに因む。



かつての『グランクリュ』を現代に復活させるシャンパーニュの新星

名立たる畑と並ぶ価格でぶどうが取引された、かつての『グランクリュ』メルフィ。砂を多く含むメルフィのテロワールならではのふんわり広がる華やかさと複雑さ。次世代を担う生産者として、国内外のワイン専門誌で高い注目度と評価を獲得。


果てしない熱意を持った1983年生まれの30歳。
大学の卒業研修でジャック・セロスのアンセルムに師事。多大な影響を受け、2006年に両親が営むシャルトーニュ・タイエに戻った。セロスで学んだことは「ブドウの根をまっすぐ伸ばす方法」と「自然環境を尊重したワイン造り」であると語る彼にとって、畑表面の草だけでなく土中の微生物まで殺して土を不活性化させ、ブドウの樹がまっすぐではなく横方向に根を広げてしまう環境を作り出す除草剤は無用のものだった。その代わり手間はかかるが、野草をコントロールし畑に空気を含ませるために畑を鋤き耕している。馬や機械が入れないほど樹間の狭い畑は人の手で耕すという念の入れようである。
さらに先人の経験と記録にもヒントを求めた。ヴィンテージの出来やブドウの取引について18世紀の初めから代々絶えることなく綴られていたシャルトーニュ・タイエの家長の日記から優れた畑を割り出し、古い文献から昔のメルフィではブドウの樹1本につき4房までしか実をつけさせなかったことを知り、通常の半分以下に収量を抑え、自根で密植されていた当時のスタイルの畑も復活させた。他にも日当たりを良くしてブドウの熟度と糖度を上げるため、他の生産者の畑より長くブドウの枝を切り、ベースワインの発酵には畑の土壌によってステンレスタンク、タマゴ型のコンクリートタンク、バリックを使い分けるなど様々な工夫を凝らしている。
細かな違いがひとつひとつ積み重ねられた彼のワインは、先代の頃に増してミネラル感豊かで土地のエネルギーに溢れている。


かつてのグランクリュ、メルフィとは

1683年にブドウ栽培家として創業、1960年代にシャンパーニュ造りを開始したシャルトーニュ・タイエは家族経営のレコルタン・マニピュランである。樹齢の高い区画を尊重し、収量を制限。収穫時には厳密な選果を行い区画ごとに醸造を行うなどテロワールを尊重したワイン造りにより、質の高いシャンパーニュを生みだしてきた。

シャルトーニュ・タイエが位置するのはランスの北西に位置するメルフィという小さな村である。今でこそ知名度は低いが、18世紀にはヴェルズネイやアイなど現在のグランクリュの村と同等の最高ランクの価格でブドウが取引されていたという歴史を持つクオリティの土地である。砂質をベースとした土壌のおかげでフィロキセラからの被害もそれほど大きくなかったが、ランスの街やモンターニュ・ド・ランスの村々を一望できる高台にあることから20世紀の2回の世界大戦では戦略的要地となり、ブドウ畑は徹底的に破壊された。1950年代にようやく畑が再建され始めたが、その頃にはかつての栄光とワイン造りがすっかり失われてしまったという歴史を持つ。
この地の利点は『土壌の多様性』。グランクリュの村の土壌がほぼ粘土とチョークで構成されているのに対し、メルフィは砂質を主体に海抜によって砂岩、粘土、石灰と様々なタイプの土壌が混ざり合い、チョークの下層土を厚く覆っている。クオリティに関する歴史的根拠が確かで、同じ村でもブルゴーニュのように区画ごとのテロワールがこれほど多様な土地は滅多にない。


テロワールへのこだわりと細やかな土壌分析

独自の土壌の多様性を詳細に把握するためにDRCやジャック・セロスと同じ世界的権威を持つ土壌学者クロード・ブルギニョンに土壌分析を依頼。乱暴にいえばどの畑にどの品種を植えても育つため土壌と品種の適合性まで考えない栽培家が多いシャンパーニュで、土壌の組成と品種との相性を知り、テロワールの表現という新たな世界を創り出している。

テロワールの表現はリューディ・シリーズのリリースによって究極の域に達した。希少極まりない接ぎ木なしのピノ・ムニエで造られた、Les Barresがそのひとつである。シャンパーニュでは他にボランジェなどごく限られた生産者のみが保有する接ぎ木なしの畑であり、偉大なヴィエイユ・ヴィーニュ・フランセーズから造られている。ボランジェでは専門の栽培家が4人がかりだが、アレクサンドルはひとりで同じ作業を行うことからも、彼のただならぬ熱意と狂気とも表現された強い意思が感じられる。独特の赤い土壌由来のミネラル感を備えた、ピノ・ノワールに最適なLes Orizeauxや、シャルドネに最適なLes Heurtebiseとの比較はこの上なく興味深い。


国内外の専門誌で得る高い注目度と評価

世界唯一のシャンパン専門評価誌において、スタンダート・キュヴェでさえNVシャンパーニュ部門で有名メゾンに並んでTOP10にランクイン。またトップ・キュヴェのフィアクルは名だたるメゾンのプレステージ・キュヴェを越える評価を得ており、ロゼ部門では1位に選ばれていることで、シャルトーニュ・タイエが現在のシャンパンを代表する生産者に昇り詰めていることが証明された。
また、国内ではWinart65号『次世代を担う!期待の造り手10人』特集において、モノパーセル・モノセパージュを代表する生産者として大きく掲載された。その他国内外での専門誌での特集や掲載は次々と行われており、その注目度の高さと称賛は、数あるレコルタンの中でも群を抜いている。今シャンパーニュを語る上で、決して欠かすことができないのがシャルトーニュ・タイエである。


オーナー:Elisabeth & Philippe Chartogne

醸造責任者:Alexandre Chartogne

所有畑面積:12ha

土壌
厚い表土は砂質をベースに海抜により粘土、砂岩、石灰などタイプの異なる土壌が混ざっている。下層土はチョーク。

栽培方法
ビオディナミ。除草剤を使わず、馬や重量の軽いトラクターで土を鋤き耕すが、馬や機械が入れないほど樹間が狭い畑は人の手で耕す。畑にはブドウ以外にも様々な植物が育つ。それぞれの植物は土地の状態を如実に反映するため、育っている植物の種類や生育状況を土壌づくりの参考としている。必要であれば、グリーン・ハーヴェストも行う。

醸造方法
収穫後、区画ごとに空気圧プレス機で時間をかけてソフトなプレスを行う。発酵には土壌タイプによってステンレスタンク、卵型コンクリートタンク、バリックを使い分けている。ミレジムとフィアクルは人の手でルミアージュする。

メディア掲載
『ニューヨーク・タイムズ』2003.11.12号
『ブリオ』2009.02号
『ル・グラン・ギド・デ・ヴァン・ド・フランス2010』byベターヌ&ドゥソーヴ「今年の注目すべき生産者」に選出
『ファイン・シャンパーニュ・マガジン』No.3
『ワイナート』65号
(輸入元資料より)


 

3/1(月)アップ~蔵出しドメーヌ・ル・ルー・ブルー’19

インスタ映えラベルのゆるふわ系ロゼ!








 


下の画像のように裏ラベルにABマークとユーロリーフあり!




DOMAINE LE LOUP BLEU, VOL DE NUIT Cotes de Provence ROSE '19

ドメーヌ・ル・ルー・ブルー、ヴォル・ド・ニュイ・コート・ド・プロヴァンス・ロゼ’19

(プロヴァンス・辛口・ロゼ)


税別¥1700

<あと7本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

26本完売。

「2020.8月下旬に飲みました。青色のNOMAコルク。抜栓直後から強く華やかなよい香り。香りから強烈塩ミネラルを連想できるような印象でしたが、実際にしっかりした酸と強烈な塩ミネラルがある過去最高の出来と思われます。青りんご、うまみシトラス、白桃などのフルーツガム、花などの非常によい香り。果実味しっかりでピュアでジューシーな質感の傑出バランス。抜栓の2日後まで最高においしい」

アルコール13.5%

’19は、グルナッシュ 77% ロール 14% シラー 5% クレレット 4%




DOMAINE LE LOUP BLEU, VOL DE NUIT Cotes de Provence ROSE '18

ドメーヌ・ル・ルー・ブルー、ヴォル・ド・ニュイ・コート・ド・プロヴァンス・ロゼ’18

(プロヴァンス・辛口・ロゼ)


税別¥1700

<売り切れ>

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版14/20点

アルコール13%

輸入元さんですぐ売り切れるような人気商品になってしまったようで、常に買えるわけではない状態になってしまいました、、、




DOMAINE LE LOUP BLEU, VOL DE NUIT Cotes de Provence ROSE '17

ドメーヌ・ル・ルー・ブルー、ヴォル・ド・ニュイ・コート・ド・プロヴァンス・ロゼ’17

(プロヴァンス・辛口・ロゼ)


税別¥1750

<売り切れ>絶対おすすめ!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版14/20点

21本完売。ありがとうございました

「2018.7月上旬に飲みました。青色のNOMAコルク。ラベルもコルクもインパクト抜群!抜栓直後の強く華やかなトップノーズと塩ミネラルに優れた、酸が低くないフルーティーでフレンドリーな楽しいワイン。細かいシチュエーションを気にせず外でバーベキューとかで開けても実力を発揮してくれそう。中域に新生四恩醸造さんと共通するような甘酒のようなエキス感があり、しっかり冷やしてもやや冷えでも予想より酸とコクがある。桜、さくらんぼ、ピンクグレープフルーツ、フルーツミックスガムなどの香りから時間とともにマスカットやトロピカルフルーツの香りも出てくる。明るいサーモンピンク。抜栓の次の日以降ゆるふわ感が増してきて、これもおいしい。抜栓の2日後もおいしい。この日はやけにトロピカル」

アルコール13.5%

’16 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版14.5/20点

グルナッシュ、ロール、カリニャン、シラー、クレレット

直接圧搾後法で、1~2週間冷やし澱などを沈殿させてから発酵させることで、淡いローズピンクの美しい色合いになっている。フランボワーズ、桃、赤スグリのような果実のフレッシュな香り、そしてわずかに柑橘系のアロマも感じられる。口当たりはすっきりしているが、心地よい飲みごたえのあるワインで、
ストロベリーやブルーベリーのような果実味と爽やかな酸味のバランスがよく、フレッシュな余韻が楽しめる。
(輸入元さんコメント)


オーナーであるマルク氏とシルヴィー女史のデュボワ夫妻が、それぞれのキャリアを終え、自然に回帰したいという考えのもと、2011年、サント・ヴィクトワール山の麓にワイナリーを取得しました。ビオロジック農法を実施し、2015年にエコセール取得しています。

所有畑は全てドメーヌの周辺にあり、標高400m。地中海から30km程の場所ですが、北はサント・ヴィクトワール山(1,011m)、南はオレリアン山(872m)に囲まれているため、大陸性気候の要素もあります。日当たりがよく土壌は粘土石灰質。プロヴァンス特有の乾燥した強い北風がブドウを病気から守りサント・ヴィクトワール山に近いことから突風の被害を受けることが少ない恵まれた環境でブドウを栽培しています。
(輸入元資料より)


3/1(月)アップ~蔵出しラ・カボット’19

華やかで強いとてもよい香り!みずみずしい甘旨!

実はブルゴーニュのドメーヌ・ダルデュイによる経営!ビオディナミを実践



 


ビオディナミを始めた後クレレットの驚くべき美しい変身ぶりによりクレレットの割合が毎年増えている!




LA CABOTTE, COTE DU RHONE BLANC '19

ラ・カボット、コートデュローヌ・ブラン‘19

(フランス・南ローヌ・辛口白)


税別¥1550



輸入元定価・税別¥2,020

<あと10本>絶対おすすめ!

24本完売。

「2020.9月上旬に飲みました。DIAM3コルク。冷やしすぎない温度での抜栓直後のおいしさが圧倒的!華やかで複雑なトップノーズでジューシーでピュアなフルーツ感にたっぷりのうまみと超キメ細かな苦みコクで、酸はわずかに低いがバランスは悪くない。過去最高の出来だなと思っていたら抜栓の次の日に比較的しっかり冷やすと苦みが強くなってパンチのある苦みコクとなり、特定の食事には合うが単体だと少しバランス悪いという状態になった。ところが抜栓の2日後にはまた苦みが細かく溶け込んで非常によいバランスに。一瞬自分の体調変化のせいか?と疑ったが当店の他のスタッフも同じ感想だったので、、、最適な温度やグラスなど探ってみてください。そういったマニアックな楽しみ方もあるにはあります(笑)サンテベルトーニのオリーブオイルとヒマラヤ岩塩ベースで鷹の爪の輪切りで少しピリ辛にしたツナとしめじのパスタと非常に相性がよかったです」

アルコール13.5%
デメテル、ユーロリーフあり!

’19 グルナッシュ ブラン 30%、 クレレット 40%、 ヴィオニエ 30%




LA CABOTTE, COTE DU RHONE BLANC '17

ラ・カボット、コートデュローヌ・ブラン‘17

(フランス・南ローヌ・辛口白)


税別¥1650

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
今回再入荷分だけ値上がり分吸収でがんばってみます。

※’17は、再入荷不可能!
122本完売!!!ありがとうございました

「2018.5月下旬に試飲しました。トップノーズの花、桃、洋ナシなどの強く華やかな香りに驚かされる!しかもクドい甘さではなくあくまでピュアでみずみずしい甘旨味付きしっかりの味わい。少し砂糖漬けの柑橘類風味がさわやかさをUPさせている。非常にキメ細かな苦みも心地よくかなり杯が進むバランス。すごく価格を超えた価値と個性のあるワイン。’12よりさらに上質でしかも緩くもない」

40%グルナッシュ・ブラン、40%クレレット、20%ヴィオニエ




ラ・カボット、コートデュローヌ・ブラン‘12

(フランス・南ローヌ・辛口白)


税別¥1280

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

72本完売。ありがとうございました~※’12は再入荷不可能!

「2014.7月に試飲しました。DIAMコルク。冷やしすぎないほうがおいしい。予想よりやや華やかでピュアなよい香り。雑味なく、アフターの苦みが非常にいい感じ。当店のお客様からはフルーティーな日本酒っぽい風味も感じられる、おいしいなどのご意見もあり、酸はギガルのコートデュローヌ・ブラン’11の方がしっかりしているが、こちらもおいしい」

アルコール14%

’11 スぺクテーター87点

ブルゴーニュのドメーヌ・ダルデュイによる経営

グルナッシュ・ブラン主体、クレレット、ヴィオニエ。48時間10℃でデブルバージュ。ステンレスタンク発酵・熟成。南の産地らしい、黄桃などの良く熟した果実味が感じられる。


1987年 減農薬を開始(減農薬の先駆者?)

1994年 ブドウにストレスを与えないグラヴィティーシステムをすでに導入

2002年 有機栽培を開始

2006年 ドメーヌ全体でビオディナミを実施

デメテル認証(2010年に取得!)あり、ユーロリーフあり!


3/1(月)アップ~蔵出しドメーヌ・デ・ペミオン’16

飲み頃に入った上級クリュの熟成ミュスカデ!
これはもう新しいムーヴメントになり得る衝撃の個性と素晴らしさでした!



 

 



※フィネス輸入の蔵出し正規品!

フィネスさんは、蔵元~船~国内倉庫までの完璧な低温輸送はもちろん、
ブルゴーニュのグランクリュ~ヴァン・ド・ペイなどのデイリーワインまですべてのワインが14℃に設定された国内低温倉庫で保管されているため、
(↑実はこれはすごいことで、デイリーワインは18~20℃の倉庫で管理しているインポーターも多いのです)

このドメーヌ・デ・オー・ペミオンもエマニュエル・ルジェのクロ・パタントゥやトラぺのシャンベルタンと同じ管理がされているということです!




Christophe Drouard(Domaine des Hauts Pemions), Muscadet de Sevre et Maine <Monnieres Saint Fiacre> '16 Loire

ドメーヌ・デ・オー・ペミオン(クリストフ・ドルーア)、ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ <モニエール・サン・フィアクル>’16

(ロワール・辛口白)


特価・税別¥2800

<あと5本>





Christophe Drouard(Domaine des Hauts Pemions), Muscadet de Sevre et Maine <Monnieres Saint Fiacre> '14 Loire

ドメーヌ・デ・オー・ペミオン(クリストフ・ドルーア)、ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ <モニエール・サン・フィアクル>’14

(ロワール・辛口白)


特価・税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 ワイン会でこのワインを出したら絶賛された! 』
『 こんなミュスカデあるなんてびっくりした! 』などなど

102本以上完売!!!ありがとうございました
※再入荷すると’16に移行致します。

「2019.3月中旬に飲みました。’14はDIAM10コルク。トップノーズはオレンジ、ハーブ、ミネラルなどのよい香り。熟成感とまろやかさのある果実味、うまみ・酸・塩ミネラルの質が圧巻!ややしっかりの酸で癒しもあり全く飲み飽きない伸びのある極めて上質なアフター。やはりコンディション抜群の熟成クリュ・ミュスカデはブルゴーニュのグランクリュと一部分が共通した要素が主にアフターにあるような気がする。あり得ないほどの価格を超えた高い満足度!抜栓の次の日も最高においしい。しっかり冷やしてもおいしいが、やや冷えがベストだと思う」

アルコール12.5%




Christophe Drouard(Domaine des Hauts Pemions), Muscadet de Sevre et Maine <Monnieres Saint Fiacre> '12 Loire

ドメーヌ・デ・オー・ペミオン(クリストフ・ドルーア)、ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ <モニエール・サン・フィアクル>’12

(ロワール・辛口白)


税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン93点!!!(2017~2030年、2017年2月試飲)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

50本完売。ありがとうございました~※ついに再入荷不可能となりました!

「2018.8月初旬に飲みました。ミュスカデとしては濃いイエロー。抜栓直後のトップノーズとアタックは予想より少しやさしく上品。そこからすぐに複雑なまろやかさを伴いつつ意外と流速が遅くゆっくりと伸びてゆくこの稀有な持続性はなんだ?という初めての経験。同時期に何種類か飲み比べた熟成クリュ・ミュスカデのなかでダントツで一番おいしかった!そして他にない個性もある。単純に余韻が長いという話ではない複雑性。上品なオレンジ、アンズ、白桃などの香りで、温度が上がってくるとクドさゼロのほのかな甘みを伴うオイリーなまろやかさとうまみが増す。キメ細かなかすかな苦みも極めて心地よく、何より酸の量より質が傑出している。抜栓の次の日も非常においしい。酸が少し伸びて、柑橘類の香りが強くなる。抜栓の2日後も非常においしい。まったく落ちないし、アルコールの浮きが初日からずっとゼロのまま。ここまでおいしければ夏だけではなくオールシーズンいけます」

アルコール12.5%

ムスカデ種100%。下記ムスカデに使われているHauts Pemions(オー・ペミオン)の区画の中でも樹齢や成熟度などで厳しく選別した葡萄のみを使用し、1haあたりの収穫量も制限しています。

基本的な醸造は変わりませんが、熟成期間が下記のムスカデは8ヵ月間なのに対 し、こちらは36ヵ月間ととても長くなっていま す。また、バトナージュ(撹拌)も行ってより旨味を引き出しています。南国フルーツのアロマ豊か、オイリーでマイルドな口当たり、余韻も長くしっかりとした味わいです。
(輸入元資料より)

上級クリュに認められる予定の特に優れた区画!



『 前当主ジョゼフ ドルーア氏から約22haの畑を引き継いだ息子のクリストフ ドルーア氏は、アサンブラージュを第一に考えたワイン造りを行っています。ムスカデの葡萄品種はもちろんMuscadetですが、別名をMelon de Bourgogneと(ムロン ド ブルゴーニュ)呼び、名前の通り元々はブルゴーニュ原産の白葡萄品種でしたが、ブルゴーニュ地方は気候的に寒くて育ちが悪かった為、大西洋からの海風の影響で暖かいこの地方で植えられるようになりました。 畑の仕立てはギュイヨ・ナント式と呼ばれ、片翼式のギュイヨ方式とほぼ同じです。葡萄の木の樹齢は50~70年の物が多く、凝縮した葡萄が収穫されます。土壌は区画によって多少違いがありますが、基本的に珪素粘土質になります。

収穫後、選別をしてから区画ごとに空圧式圧搾機でプレスします。毎年6~7つのキュヴェに分けて醸造し、9月から翌年の4月まで約8ヵ月間、澱の上で熟成させます。区画ごとにそれぞれフルーティ、コク、ミネラル、香りなどの特徴があり、アサンブラージュを何度も繰り返してワインは完成します。醸造タンクはガラスのタイルで出来たもので地中に造られており、温度が安定していて熟成するのに適した環境になっています。 (輸入元資料より) 』


3/1(月)アップ~蔵出しレ・マッキオーレ’16メッソリオと’16パレオ・ロッソ

イタリア・ソムリエ協会が選ぶ2009年度イタリアNo.1ワイナリーに選ばれる!

ボルゲリ・ロッソ’11が、スぺクテーター2013年度 TOP 21/100位に選ばれました!

 

 

 

 

 




画像中央がオーナー:チンツィア・メルリ・カンポルミ女史

ここは他のトスカーナ生産者に多い『 裕福な貴族 』ではなく、
『 優れたヴィニュロン 』というイメージ

2002年から有機栽培

2010年からビオディナミ導入開始




Le Macchiole, Paleo Rosso '16

レ・マッキオーレ、パレオ・ロッソ’16

税別¥11000



輸入元定価・税別¥14,800

<あと5本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー97点!!!
(2020~2045年)

スペクテーター93点(NOW~2028年)

最新VINOUS 98点!!!
(アントニオ・ガローニ、2020年3月試飲)

A wine of breathtaking beauty, the 2016 Paleo Rosso possesses off the charts vertical intensity.

VINOUS 98点!!!
(アントニオ・ガローニ、2019年3月試飲)

ジェームス・サックリング 95点!

Wine Enthusiast 97点!!!

デカンター・オンライン96点!
(2022~2030年)

ファルスタッフ 96点!


カベルネフラン100%
昔からかなりおいしかったですが、この10年くらいでかなり進化したようです!
さすがにもう濃くて長熟可能なだけのワインとは言われないでしょう




Le Macchiole, Messorio '16

レ・マッキオーレ、メッソリオ16

税別¥26000



輸入元定価・税別¥33,200

<あと2本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー99点!!!
(2022~2045年)

スペクテーター96点(2021~2038年)

最新VINOUS 97点!!!
(アントニオ・ガローニ、2020年3月試飲)

With the 2016 Messorio, Le Macchiole moves from a wine of unctuous power to one of total refinement. Aromatic, translucent and striking in its nuance, the 2016 is flat out stunning.

VINOUS 96+点!
(アントニオ・ガローニ、2019年3月試飲)

ジェームス・サックリング 96点!

Wine Enthusiast 93点

デカンター・オンライン96点!
(2019~2040年)

ファルスタッフ 96点!

ヴェロネッリ2020年度版 96点!


メルロ100%
昔からかなりおいしかったですが、この10年くらいでかなり進化したようです!
こちらは前から若くても結構艶やか滑らかで飲めました






Le Macchiole Bolgheri Rosso '17

レ・マッキオーレ、ボルゲリ・ロッソ’17

在庫限り特価・税別¥2650



当店通常価格・税別¥2900

<売り切れ>

Wine Enthusiast 92点!

パーカー91点(2019~2025年)

スペクテーター90点(2021~2032年)

VINOUS 91点(2020~2025年、アントニオ・ガローニ)

ワイン&スピリッツ誌 90点


ファルスタッフ 91点


 

エウジェニオ氏は、生前『ビジネス目的でワインを造っているのではない』と公言しています品質主義のまじめな農民ということなのでしょう


2/22(月)~蔵出し安曇野ワイナリー’17

世界で勝負できる個性のある極甘口!







 





Azumino Winery, Kogyoku Dessert '17

安曇野ワイナリー、紅玉 デザート’17

(長野県長和町・ハーフ・375ml・極甘口・非発泡シードル)


税別¥3600

<あと6本>絶対おすすめ!
超限定品!

リアルワインガイド72号 90+・90+点!

※あと1回だけ再入荷予定!

「2021.1月下旬に飲みました。初めて飲みましたがびっくりしました。世界で勝負できるワインだと思うので世界の各メディアにぜひ飲んでみてほしいものです。まさにアップルパイのような鮮烈トップノーズ!複雑性のある上質な甘さで豊富なうまみととてもキメ細かなほのかな苦みを伴い、酸味の残り方もワインと違いよい個性。ワイン会で出したら皆さん驚くと思います。余計な先入観を持たずにぜひお試しください。ちなみにカベルネも高品質でした。将来的には日本産の赤ワインにも輸入ワイン以上のお買い得感があるものも出てきそうですね」

アルコール8%
非発泡シードル

山崎努さん夫妻が栽培するリンゴ(紅玉) 100%
醗酵 ステンレスタンク
熟成 ステンレスタンク 3カ月 / 瓶内熟成 2.5年
平均年間生産量 2,000本

紅玉りんごの魅力が凝縮された、極上のデザートワイン。アップルパイのような凝縮されたりんごの華やかな香り。口に含むと濃縮された甘みの後に爽やか酸味が広がります。 (輸入元さんコメント)


目指すのは「テロワールを存分に感じられるクリアなワイン」
2008年長野県安曇野市にオープン。西に北アルプスを望む雄大な自然の中にあります。長野県は『降水量が少ない』『日照量が長い』『昼夜の寒暖差が大きい』『水はけが良い』とブドウ栽培に適した自然条件を備え、ワイン用ブドウの生産量日本一を誇ります。自社畑は3.2ha、自社栽培品種は『シャルドネ』『ソーヴィニョン・ブラン』『メルロ』『カベルネソーヴィニョン』の4種類です。年間製造量約8万本の中型ワイナリーです。

安曇野ワイナリーの土地は、山に囲まれ水はけと日当たりがよく寒暖の差が大きい、ブドウづくりには非常に適した土地です。ここで専門の栽培スタッフが「安曇野らしさのあるブドウ」を思い描きながら、日々ブドウと向き合っています。土地の本来の力を十分に引き出せているか?ブドウは深く根を張っているか?。大地の恵みを余すこと無く吸収できているか?。ブドウと対話しながら、日夜、目と手をかけています。

日々のワインデータと世界のメーキング情報により、年々改善をし、ブドウのポテンシャルを引き出し、より良いワインを造っています。

ブドウの収穫のタイミングは完熟させることに重きを置き、よりエキスが抽出されることを意識した醸造を心がけています。日本では難しいと言われているボルドー系品種でも果実がしっかりとしたスタイルに仕上がっております。
(輸入元資料より)


2/22(月)アップ~蔵出しシャトー・ド・サントネ’18メルキュレ・ルージュVV

蔵出しシャトー・ド・サントネイ’16ブルゴーニュ・ルージュVV

常にリピーター続出!






 

2017.10.19(木)
醸造責任者であるGerard Fagnoni(ジェラール・ファニョーニ) 氏にご来店いただきました~!




すごくお話し好きの明るく楽しい方(笑)
完熟で最高のブドウだけ得られるように振動で振り分ける最新選果台を導入、重力に逆らわない果汁の移動、それぞれの畑でミクロクリマを熟知した上での収穫時期の決定など常に改善と向上を繰り返している!基本的にすべての赤ワインのタンニンの質が非常に良い。
ものすごい面積の自社畑を持ち、超清潔で広大な地下セラーを持つので、おそらくバック・ヴィンテージのストックもかなりあるのでしょう!



ごく近年から本格的な販売を意図して人事的にも刷新され、醸造設備もほぼ100%最新式のものに入れ替える工事が始まっている。800樽を貯蔵できるセラーはすでに完成し、その他にも200樽貯蔵できるスペースがあるという。また、醸造、発酵設備もタンク設置スペース、設備、タンク自体も最新式のものに入れ替え中で、’13白から品質向上がみられるとのことです




ドメーヌの歴史は古く、景観も素晴らしい

2004年に取得済みのテラ・ヴィティス認証の他に
さらに2015年から
Hautes Valeurs Environnementales (HVE レベル3)取得!








Chateau de Santenay, Mercurey VV Rouge '18

シャトー・ド・サントネイ、メルキュレ・ルージュVV’18

税別¥2500

<あと2本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!!!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2020年度 シルバー受賞!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2020年度 ブロンズ受賞!


22本完売。

’14’15より¥330もお安くできました~!

「2021.2月下旬に飲みました。縁が紫がかったやや濃いルビー色。樽のウインナーコーヒー、プラム、チェリー、胡椒などの香り。よく凝縮した果実味、多少エキス感があり、キメ細かなほろ苦コクがあり、アフターに残るミネラル感が過去のどのヴィンテージよりもしっかりしており塩味も伴う。少し最後に清涼感が残り飲み飽きない意外と上に抜けるアフター。樽も過去のヴィンテージよりも溶け込んでいる。うまみは抜栓後に時間とともに増すと思われる。この価格で買える超お買い得村名!抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまったく落ちない。少しうまみが増してわずかに向上」

アルコール13.5%
上記画像のように裏ラベルに2つ認証マークあり!







シャトー・ド・サントネイ、ブルゴーニュ・ルージュVV’16

税別¥2400

<あと9本>

Wine Enthusiast 87点(2017~)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

123本完売!

そもそもブルゴーニュ・ルージュ用の畑を所有していないので、コート・シャロネーズのいくつかの畑の格下げブドウで造られています。お買い得で当たり前と言えますね!




Chateau de SANTENAY, Mercurey Rouge Les Cheneaults '16

シャトー・ド・サントネイ、メルキュレ・ルージュ・レ・シュノー’16

税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

36本完売。ありがとうございました

「2019.4月上旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。予想より少しだけ強い樽の焼き栗とコーヒー香。凝縮したチェリーなどの赤い実の果実、濃く淹れたウーロン茶、ごくわずかにミント、胡椒などの香り。凝縮してやや濃い果実味、低くない酸、タンニン多めだが丸く、エキスも厚め、きめ細かなほろ苦を伴うコクがあります。今でも充分価格以上においしいが、1年後以降がベストではありそう。余談ですが、グラスの種類によって結構樽香が強くなったり、弱くなったりしますね。自分にとって本質をつかみやすいグラス選びも日常の満足度自体を底上げできるので大事かもです。抜栓の次の日も非常においしい。重心低めでグリップあり、絶対薄いとは言われない味。抜栓の2日後もまったく落ちない。抜栓の4日後もまだ楽しめる!」

アルコール13%

VV表記がなくなったから若木のみということではなく、同レベルの品質で非常においしいとのことです。




シャトー・ド・サントネイ、ブルゴーニュ・ルージュVV’15

税別¥2000

<売り切れ>

バーガウンド・コム 87点!(Outstanding!)

Wine Enthusiast 88点!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード 2017年 ブロンズ 86点

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017年 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

値上がりなし!

132本完売!!!ありがとうございました

アルコール13%




シャトー・ド・サントネイ、メルキュレVV・ルージュ’14

税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 銅賞受賞!

パリ・コンクール2016年 金賞受賞!

ソムリエ・ワインアワード2016年 ゴールド!


Wine Enthusiast 90点!(2018~)

ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 14.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

102本完売!!!ありがとうございました

「2016.10月中旬に飲みました。『 おいおいどうなってる?ここのサントネ1級よりおいしいぞ! 』という、、、フラッグシップはサントネのはずですが、一番お買い得という意味ではこの銘柄かもしれません。先日アップしたシャンタル・レスキュール’14と同じくらい明らかに価格を超えた高い品質!縁が紫がかった中程度のルビー色。樽の心地よい適度な焼き栗とコーヒーの香りに、樽香でわかりにくいがたぶん赤い実主体の果実香と鉄分ミネラルなどのよい香り。ほのかに甘く、うまみがかなり多く、ミネラルも多めで、タンニンが抜栓直後から予想以上に溶け込んでシルキー!とてもわかりやすくかつハイレベルな調和がある飲み頃NOW~で、かなり杯が進む。時間とともにさらにどんどんうまみが増して明らかに向上する。抜栓の2日後まで少しずつ向上し続け、抜栓の3日後もまったく落ちない。おそらくみなさんまったくノーマークだと思うのでかなり驚くと思います」

アルコール13%

メルキュレイの畑の中でもとくに上質の区画を選り抜き、アッサンブラージュしたワイン。陽当たりのよい斜面のブドウから凝縮感豊かなワインが生み出される。

’13 バーガウンド・コム 88点

’12 パーカー87点


ブルゴーニュ公国、初代公王のシャトーが醸す
ビオロジック農法のワイン


『 ブルゴーニュ公国の初代公王、フィリップ・ル・アルディ(豪胆公)が1395年に発した勅令は、その後のブルゴーニュにとってたいへん画期的なものとなった。
公王はブルゴーニュの畑からガメイを引き抜き、より高貴なピノ・ノワールを植えるよう奨励したのである。当時はディジョンに玉座を置いていたフィリップ豪胆公だが、公王が所有していた城のひとつに、サントネイ村の”シャトー・ド・サントネイ”がある。人々は愛着を込めてこの城を、”シャトー・フィリップ・ル・アルディ”と呼ぶ。

今日、シャトー・ド・サントネイはクレディ・アグリコール・グループの傘下となり、潤沢な資金の元で発展を続けている。ブドウ畑は、お膝元のサントネイのほか、ボーヌ、アロース・コルトン、ポマール、サントーバン、オート・コート・ド・ボーヌに広がり、さらにコート・シャロネーズのメルキュレ、そしてグラン・クリュのクロ・ド・ヴージョまで、ドメーヌの総面積は97ヘクタールにも達する。

ドメーヌでは、この広大な畑を除草剤に頼らず耕作するとともに、草生栽培を施して、土壌の微生物層を活性化。”カリテ・フランス”と”テラ・ヴィティス”の認証を受けたビオロジック栽培を実践しているのだ。

また、ワイン醸造は伝統的な手法を取りながらも、空気式圧搾機や自動ピジャージュなど、つねに最新の設備を投入。醸造責任者であるジェラール・ファニョーニの監督下、アペラシオンごとにテロワールの特徴を最大限引き出すべく、最適な醸造が行われている。細心の注意をもって栽培、醸造されたシャトー・ド・サントネイのワインを味わえば、4人の公王により繁栄を誇った、14世紀から15世紀の偉大なブルゴーニュを思い描くことができるだろう。 (輸入元資料より) 』


2/22(水)アップ~特価ラ・ガフリエール’17

近年急激に評価を上げているシャトー!元々非常に優れた区画を所有している!






除草剤や殺虫剤など不使用の持続可能な自然な農法を実践
手摘み収穫
清潔で最新の醸造設備
グラヴィティーフロー
コンサルタント:ステファン・デュノンクール




Chateau La Gaffeliere '17
(Saint-Emilion 1er Grand Cru Classe)

シャトー・ラ・ガフリエール’17
(サンテミリオン・グランクリュ・プルミエ・グランクラッセ・辛口赤)


超特価・税別¥10000

<あと9本>

最新パーカー97点!!!
(2024~2054年、Lisa Perrotti-Brown)

~Since the lower-lying sections of La Gaffeliere were affected by frost this year, this wine mainly comes from the section up on the Saint-Emilion plateau, near Ausone. Truly impressive!

パーカー95~97+点!!!
(Lisa Perrotti-Brown、ワイン・アドヴォケイト236号)

最新VINOUS 97点!!!
(アントニオ・ガローニ)

VINOUS 94~97点!!!
(アントニオ・ガローニ)

スペクテーター93点

デカンター・オンライン93点

ファルスタッフ 95点!

Wine Enthusiast 96点!!!
(2020年度 年間TOP 50/100位!)

Yves Beck 95点!

Jeff Leve 92点

LVF誌18/20点

Le Point 16.5~17/20点

Terre de Vins 95点!


MVF(旧クラスマン)2021年度版 95点!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17.5/20点
さらにPalmares Top Producteursに選ばれる!

アルコール14%

M60%、CF40%

樹齢35年以上
新樽50%にて15ヶ月熟成
オーゾンヌとパヴィの近くにある歴史的にも優れているとされる畑!

 


2/26(金)アップ~蔵出し特価シャトー・マルキ・ダレーム’18最後の再入荷!

もっともお買い得な格付け3級シャトーと言われる実力を確認!











なんとGGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版にて4つ星生産者に昇格!!!

ビオロジックを実践
周辺環境にも配慮した持続可能な有機栽培
グラヴィティーフロー

今ではもっともお買い得な格付け3級銘柄とも言われています!




Chateau Marquis d'Alesme '18

シャトー・マルキ・ダレーム’18

(マルゴー格付第3級・辛口赤)


特価・税別¥7000

<あと13本>

※すでに再入荷不可能!
もし他社輸入品が見つかっても値上がり致します。

パーカー94~96点!!!
(Lisa Perrotti-Brown)

最新スペクテーター95点!!!
(2025~2038年)

スペクテーター93~96点!

VINOUS 92~95点!
(ニール・マーティン)

最新Jeff Leve 95点!!!

Jeff Leve 94~96点!!!

デカンター・オンライン94点!

ファルスタッフ 93点!


’18のデータ
CS55%、M35%、PV5%、CF5%
フレンチオークの新樽65%熟成



Chateau Marquis d'Alesme '16

シャトー・マルキ・ダレーム’16

(マルゴー格付第3級・辛口赤)


特価・税別¥6700

<売り切れ>絶対おすすめ!

最新パーカー96点!!!(2020~2047年、
Lisa Perrotti-Brown、2019年3月試飲)

パーカー92~94点(2015~2035年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター92点(2022~2032年)

最新VINOUS 94点!!!
(2024~2041年、アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

Jeb Dunnuck 96点!!!

Jeff Leve 94点!!!

ジャンシス・ロビンソン 17/20点!

デカンター・オンライン93点!

ファルスタッフ 93点!

LVF誌 16~17/20点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点

MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点(4つ星シャトー)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

56本完売!ありがとうございました~※ついに再入荷不可能となりました!

「2020.8月初旬に飲みました。縁が紫がかった濃いガーネット。予想ほど固すぎず香りも閉じていない。ココナッツ、ビターチョコレート、鉛筆の芯、カシス、ブラックチェリー、樹脂、甘草、スパイスなどの熟したよい香り。洗練された程よい樽香でピーマンとミントはほとんどない。果実味と骨格があり、熟成のポテンシャルも高そう。カカオ率の高いビターチョコレートのような上質な苦みコクと多いが丸いタンニン、低くない酸で長い余韻。いつのまにこれほど品質が上がっていたのか?ほとんどの方はまだ気が付いていないと思いますが非常に素晴らしい。抜栓の次の日も非常においしい。さらに少しやわらかくなってこの状態なら飲み頃といってもいいくらい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール14%

’16のデータ
CS62%、M30%、PV5%、CF3%
フレンチオークの新樽65%熟成

マルゴー格付け3級。2006年にラベゴルスを所有するペロド家が購入、大規模な設備投資により大きく品質が向上。畑はシャトー・マルゴーに隣接し、生産量は少なく希少。

’15 Jamie Good 92~94点!

 


2/17(水)アップ~蔵出ポール・ウンブレシュト’13

並のシャンパーニュを凌駕する品質!傑出した甘旨酸塩バランス!








’95からビオロジック(エコセール認証あり)
’99からビオディナミ(デメテル認証あり)




Paul Humbrecht, Cremant d'Alsace Millesime <Isabelle> '13

ポール・ウンブレシュト、クレマン・ダルザス ミレジメ’13

(アルザス・辛口白泡)

税別¥3400

<あと8本>絶対おすすめ!

「2021.2月下旬に飲みました。’13も価格を超えて非常においしい。酸とミネラルのキレが’11よりわずかに控えめなのでその分砂糖漬けの柑橘類のニュアンスが感じられる。単体で飲むと苦みコクに少しパンチがあるが、食事と合わせたとたんにその部分が感じられなくなりあらゆる食事と相乗効果が出やすい使い勝手の良さが素晴らしい。’11があまりにも価格を超えすぎていただけ。’13も相当美味しい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%
デメテル、ユーロリーフあり!





Paul Humbrecht, Cremant d'Alsace Millesime <Clara> '11

ポール・ウンブレシュト、クレマン・ダルザス ミレジメ’11

(アルザス・辛口白泡)

税別¥3300

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 圧倒的に価格を超えており、感動した! 』
『 優れたRMのブラン・ド・ブランに似た味わい! 』
などなど

193本完売!!!ありがとうございました~※’11は再入荷不可能!
その後大分若くなります。
※輸入元さん¥110値上げしましたが、その分は当店が吸収して同じ価格で販売中!

「2020.5月上旬に再度飲みました。相変わらず最高にうまいなぁ~!」



「2019.5月初旬に飲みました。これから高く評価される造り手。ここは辛口白リースリングもおいしいが、泡はさらに格別においしく、クレマンでは滅多にないことに並の¥4000台のシャンパーニュよりおいしい。トップノーズからもうすでに強烈なミネラルを連想させるキラキラ感があり、ピュアでナチュラルかつ、各要素が思いのほか細かく複雑。甘旨酸塩のバランスが傑出している。冷やし過ぎないほうがおいしい。亜硫酸少なそうだが緩みがなく、コクもあり、余韻に長く持続するミネラル感。鱈焼きにもアスパラ炒めにも合うし。ラタトゥイユにかなり合う。ちなみに<Clara>はその年ごとのキュヴェ名であり、味のイメージで変えるのか?それほど意味はないらしいです。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

デメテル、ユーロリーフあり!

ピノブラン60%、リースリング20%、ピノグリ20%

粘土石灰質土壌
樹齢25~30年
ステンレスタンクで醸造
ビオロジーのMCRによるドザージュは0.5g/l



コルマール市より南に10km、「オー・ラン」(ライン川上流)のプファッフェンハイム村に1620年より続くぶどう栽培家です。1945年に自社ビン詰めを開始し、1980年に3代目ピエール・ポールが継承。2011年より息子の4代目マルクが運営しています。

 ピエール・ポールは早1995年から完全ビオロジー栽培を開始し、1999年にはビオディナミに転換しています(2002年「demeter」認証)。
 「ビオディナミとは、「願い」です。環境を守りたいという願い。自分たちが心から納得できる仕事をしたいという願い。美味しいワインを飲みたいというお客様の願い。すべての願いの結晶なのです」。

 ウンブレシュト父子は、彼らのワインが美味しいお料理とのマリアージュの真髄を発揮できる本当の飲み頃を迎えるまで、自社カーヴで貯蔵してからリリースすることを哲学としています。彼らのプロフェッショナリズムとそのワインの美味しさに心を打たれたフランスの多数のソムリエ達が、誇りを持って自店にオンリストしています。

 印象的なラベルデザインは、本職のジュエリーデザイナーがこのドメーヌのために製作した実物の金細工から立体的に起こしたもので、ビオディナミストとしての彼らの仕事の精緻さ、きめ細かさを表現したものです。

ドメーヌ継承年
2011年

醸造における特記事項
天然酵母のみで発酵。白は除梗しない。ステンレスタンクによる醸造

販売先
フランス国内80%(個人のワイン愛好家、ミシュラン3つ星「ピエール・ガニェール」等レストラン、ワインショップ)

ビオディナミのブドウから生まれる液体の力強さ!長期瓶熟成からくる複雑な香りときめ細かい泡立ち、うまみ!いくつものお花の香、カスタードやアップルパイなどの香ばしさもあり、また味わいは非常にドライな誰が飲んでもおいしい!と言って頂ける自身の作品です!
(輸入元さんコメント)


2/17(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ジャッキーノ’16ドン・ジャッキーノ再入荷

蔵出しドメーヌ・ジャッキーノ’18


ビオで亜硫酸極小なのにクリーン。ここも秀逸なジャケール!














 


※ジュラをこのページに載せている関係上、
サヴォワもこのページに載せます。




Domaine Giachino, Monfarina '18

ドメーヌ・ジャキーノ、モンファリーナ’18

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税別¥2600

<あと2本>絶対おすすめ!

MVF(旧クラスマン)2020年度版14.5/20グラス

18本完売。

「2020.2月上旬に飲みました。去年から当店が流行らせようとしているブドウ品種『 ジャケール 』かなり上質で複雑。わずかにタンニンが感じられる場合もあり、クリーンなビオのシュナンブランがお好みな方にも最適。コンディションが最高レベルの場合は特に透明感と高貴なニュアンスが余すところなく表現される。今はまだ安くかなり上質なものを買うことが出来ます。個性もある上に価格以上で、今後、絶対にメディア注目のブドウ品種となることでしょう。明らかに亜硫酸の少ないピュアでミネラリーなトップノーズ。擦りおろしリンゴ、ラ・フランス、キウイ、ムスク、ミネラルなどの高貴系で少し涎が出て食欲が増すニュアンスのあるよい香り。熟して果実味もあるが、酸がしっかりしているので焦点は定まっている。時間とともに少し塩味を感じてくるオレンジジュース的なよい酸。抜栓の2日後までまったく落ちないし、揮発酸なども出ない。抜栓の6日後もおいしい。お買い得感はジャッキーノの中でこの銘柄が一番かもしれない」

アルコール11.5%
デメテル、ユーロリーフあり!

AOC Vin de Savoie
ジャケール85%、ヴェルデス(近年ごく一部の生産者が復興を進めているサヴォワの古代品種)15%。粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。ステンレスタンクとグラスファイバータンクで発酵後、6~10ヶ月間シュール・リー熟成。




Domaine Giachino, Giac' Bulles '18

ドメーヌ・ジャキーノ、ジャック・ビュル’18

(フランス・サヴォワ・やや辛口白泡)


税別¥3100

<あと1本>おすすめ!

「2020.2月中旬に飲みました。ほとんどロゼの色調ですが、色を出している白泡です。ややこしいですが(笑)トップノーズはほとんどビュジェ・セルドン・ロゼのような艶やかベリーと洋ナシネクターのよい香り。エキスとミネラルがあり、ビュジェ・セルドンほどは甘くないものの中辛くらいの甘みがあり。甘さがあることで酸はモンファリーナ’18ほどキレがないように感じられる。ガス圧は弱い癒し系。泡の質自体は当店に届いた日に開けてしまったこともありそこまでキメ細かくはないがおいしく、ナチュール入門・ワイン入門にも向いているかもしれません。抜栓の次の日も非常においしい。少し向上したと思う。わりとしっかり冷やしたほうがおいしい」

アルコール9%
デメテル、ユーロリーフあり!

泡弱く、残糖もあるナチュラル癒し系
IG Mousseux。アンセストラル法によるスパークリングワインです。ジャケール100%。粘土石灰質土壌。平均樹齢40年のVV。ステンレスタンクとグラスファイバータンクで醸造。アルコール度数が6度に達したところで0度まで温度を下げて発酵を停止し、無清澄・ノンフィルターでビン詰めした後、自然な温度上昇によって発酵が再開され、約4ヶ月間かけて、発生する炭酸ガスを閉じ込めるものです。アルコール度数は約9度。収穫からビン詰めに至るまで、SO2は不使用

’16 ファルスタッフ 91点




Domaine Giachino, Don Giachino '16

ドメーヌ・ジャキーノ、ドン・ジャッキーノ’16

(フランス・サヴォワ・辛口白泡)


税別¥3500

<あと6本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2020.2月中旬に飲みました。ジャック・ビュルとはだいぶ違う色と味。こちらは亜硫酸量こそ少ないトップノーズだが正統派の酸と骨格と余韻のある辛口。もし点数評価をするならこちらの方が高得点になるが、癒しと心地よさを求める場合はジャック・ビュルの方が適している場合も多くあり、そこが点数評価の良くないところ。それにしてもやっぱりジャケールは泡にしてもおいしいなぁ~。旨みとミネラルも充分で飲み飽きない。ベーコン・エピ(食べる直前にオリーブオイルかけたもの)にもちょっと相乗効果出るくらい合う。抜栓の次の日も非常においしい。少しうまみ塩ミネラル増したように感じられるバランスとなった ※亜硫酸極小ではなく不使用なのにすごく安定したよい品質!」

アルコール12%
ナチュール・エ・プログレ、ユーロリーフあり!

ドライでしっかり
AOC Cremant de Savoie。シャンパーニュ方式によるスパークリングワインです。ジャケール100%。粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。ステンレスタンクとグラスファイバータンクで醸造。2年間以上ビン熟成。ドザージュはゼロ。収穫からビン詰めに至るまで、SO2は不使用

 

南サヴォワの地で、数世紀にわたって様々な農業を営んできたジャキーノ家は、1988年に家業を継いだフレデリック・ジャキーノによってぶどう栽培専業となり、「ドメーヌ・フレデリック・ジャキーノ」を設立してワイン造りを開始しました。
 2006年、各地での栽培・醸造の長い修行を終えた弟のダヴィッドが帰還。彼を中心として同年より開始したビオロジック栽培および自然派の醸造法によってドメーヌは次なるステージを迎え、2008年、正式に「ドメーヌ・ジャキーノ」に改編して新章をスタートさせました。

 2010年以降、すべての畑はビオディナミに転換され、2017年に「demeter」の認証を取得しています。醸造の極意は、「le plus simple possible (極力シンプルに)」。天然酵母のみによる全房発酵、澱引きをしないシュール・リー熟成、最小限のSO2使用といったミニマル醸造によって、ぶどうのポテンシャルを満開にしています。
 「仕事は、人生の喜びそのものです。畑の中で、いつも幸せを感じながら仕事をしています」
(ダヴィッド・ジャキーノ)。
 比類なき自然派サヴォワの巨星が贈る、人を幸福感に包み込むようなワインです。
(輸入元資料より)

ビオディナミ。2008年に「ECOCERT」の認証(ビオロジック)取得、
2017年に「demeter」の認証(ビオディナミ)取得

天然酵母のみで発酵。除梗はせず、すべて全房発酵。ステンレスタンク、グラスファイバータンク、バリック及びフードル(228L、500L、3000L、6000L)、及びアンフォラによる醸造。SO2はビン詰め時のみ使用(一部、ビン詰め時も含めて一切未使用の作品もあります)

「ずっと完売状態で、ワインメディア等にこちらからサンプルを送ることはできません」
ということで、あまりメディアに出てきません。

基本的にアルマン・ルソーやマルセル・ダイスなどと同じトレスカーズ製コルク(高品質でリサイクル可能)を採用



2/17(水)アップ~蔵出しイヴ・ジラール・マドゥーNV

まだまったく無名で非常に優れた生産者発見!!!









 


※ジュラをこのページに載せている関係上、
サヴォワもこのページに載せます。



2000年より実質ビオロジックの極めて厳格なリュット・レゾネ栽培。
2018年に「HVE level3(最高段階)」の認証取得!




Yves Girard-Madoux, Cremant de Savoie Brut NV

イヴ・ジラール・マドゥー、クレマン・ド・サヴォワ・ブリュットNV
(サヴォワ・辛口白泡)


税別¥3200

<あと5本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2020.7月下旬に飲みました。ポール・フンブレヒト、クレマンダルザス‘11やドン・ジャッキーノ’16に迫るレベルで本当に滅多にないシャンパーニュに勝てる場合もあるクレマン。わりと艶と厚みのある果実味、コク、ミネラル、余韻、個性があり酸不足がなく緩くなく、冷やしすぎないほうがよりおいしい。そしてドサージュ量と酸味のバランスがよいためアフターの抜けとバランスがよくずっと飲み続けていても飽きない上に食事に幅広く合わせやすい。みかんの缶詰、花、安っぽくない青りんご、ミネラルなどの香り。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

ジャケール95%、アルテス5%
樹齢5~70年。2年間以上ビン熟成
MCR(濃縮ブドウ果汁)によるドザージュは4g/l




Yves Girard-Madoux, Pur Jus de Raisin Blanc Petillant NV

イヴ・ジラール・マドゥー、ピュール・ジュ・ド・レザン ブラン ペティヤンNV
(サヴォワ・微発泡甘口ジュース)


税別¥1900

<あと1本>おすすめ!

※TAX8%対象
オリーブオイルと同じでお酒じゃないのでTAX8%となります。
賞味期限2022年11月

「2020.7月初旬に飲みました。お買い得という言葉を使っていいかどうかはわかりませんが、これはおいしい。ピュアな果汁プラス、ニンジン、香草入り滅茶苦茶おいしい野菜ジュース的なよい香り。わかりやすいようにあえて言えば<ポールジロー スパークリング・グレープジュース(高級コニャック用のユニブラン種、無添加)>よりも少し甘さ控えめで、甘さ以外の味がちゃんとあって非常によい出来。バランスよくおいしく子供でも飲めるし、シャンパン・ストッパーをしておけば抜栓後4~5日後までまったく落ちない」

ジャケール100%の発泡性ぶどうジュースです。「収穫したぶどうをプレスして低温殺菌し、フィルターをかけ、炭酸ガスを注入して出来上がりです!添加物は何も使用していません」(イヴ・ジラール・マドゥー)。現在販売中ものは、2017年産100%です。


収穫はすべて手摘み。白は除梗しない。天然酵母のみで発酵。ステンレスタンクを中心とした清潔な醸造

販売先
フランス国内95%(地元サヴォワやパリの多数のレストランやビストロ、個人のワイン愛好家)、輸出わずか5%(EU各国)


サヴォワ地方南部、「ヴァン・ド・サヴォワ」の17のクリュのひとつでもあるシニャン村にて1960年代にぶどう栽培を開始した家系で、1988年以降、4代目のイヴ・ジラール・マドゥーが運営しています。
 2000年より、すべての畑で実質ビオロジックの厳格なリュット・レゾネ栽培を開始。「畑仕事をすればするほど、ワインは美味しくなる」というフィロソフィーのもと、イヴは1年の大半を畑で過ごしています。

 手工業的に造られるワインには、造り手の人格が反映されます。いつも穏やかで笑みを絶やさず、地域の多くのヴィニュロンから慕われる彼のワインは、口当たりしなやかで、滋味溢れるもの。白眉であるたっぷりとしたミネラルも、刺激するのではなく、ふんわりと包み込んでくれるように心地よいものです。
 51軒ものミシュラン星付きレストランを抱えるフランスきっての美食の地サヴォワにあって、彼のワインはシェフやソムリエたちを魅了し続け、また、評判を聞きつけたパリのソムリエたちからのラブコールにも応えて、多数のレストランやビストロのワインリストを飾っています。
 そのため彼のワインは完売中のことが多く、輸出に至っては全生産量の5%ほどしかないのですが、フランスに決してひけをとらないわが国の美食にも大いに関心を持ってくれていますので、少しずつ、輸出量を増やしてくれることと思います。
(輸入元資料より)


2/12(金)アップ~蔵出しヴァインバック’19

超入手難!!!初入荷の新銘柄!





















いつの間にヴァインバックさんはこんなに品質向上したのでしょうか?2010年の出来は圧巻です!

インポーターさんでも人気爆発!試飲会等に出すたびにすごい反響だそうです!

’11も数種類飲みましたが、上質ながら’10と比べてしまうと酒質もミネラルも薄く余韻も短い。結局’10があまりに凄すぎたということのようです。






グランクリュ・シュロスベルク画像




DOMAINE WEINBACH, RF0 RIESLING FURSTENTUM 0 INTRANT '19

ドメーヌ・ヴァインバック、RF0 リースリング・フルシュテンタム・ゼロ・アントラン’19
(辛口白)


税別¥6800

<あと2本>幻の超限定品!

グランクリュ フュルステンテュムのリースリングから。ノンフィルターでSO2無添加。
生産数わずか650本!~輸入量はごくごくわずか!!!

熟成: ステンレス 8ヶ月




DOMAINE WEINBACH, MF0 MACERATION FURSTENTUM 0 INTRANT '19

ドメーヌ・ヴァインバック、MF0 マセラシオン・フルシュテンタム・ゼロ・アントラン’19
(辛口・オレンジ)


税別¥4300

<あと4本>超限定品!

グランクリュ フュルステンテュムのゲヴュルツとピノグリから造られたオレンジワイン。SO2を添加せず造られたヴァン ナチュールです。

熟成: ステンレス 8ヶ月




DOMAINE WEINBACH, GEWURZTRAMINER LES TREILLES DU LOUP '19

ドメーヌ・ヴァインバック、ゲヴルツトラミネール・ル・トレイユ・デュ・ループ’19
(辛口白)


税別¥4800

<あと2本>限定品!

クロ デ カプサンからカイゼルベルグ村に広がるWolfreben(フランス語でles Treilles du Loup「狼のブドウ」の意)と呼ばれるテロワールのブドウから。

熟成: 樽 大樽(フードル) 8-10ヶ月




DOMAINE WEINBACH, VERSANT EST PINOT GRIS NATURE '19

ドメーヌ・ヴァインバック、ヴェルサン・エスト・ピノグリ・ナチュール’19
(辛口白)


税別¥3700

<あと2本>超限定品!

2019VINがファーストヴィンテージ!グランクリュ マルクレンの東向き(Versant Est)の畑のピノ グリを使用。無ろ過で、ごく僅かな亜硫酸の添加に留めたヴァン ナチュール。

熟成: 樽 ドゥミ・ミュイ 2年使用樽 12ヶ月



2/12(金)アップ~<※極少量!>蔵出しヴォギュエ’18(ラックとファインズ)

※全銘柄が、すべての値引き対象外となります。

 

 

※画像は’97です。

 

 





ヴォギュエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レザムルーズ‘93

税別¥240,000

<あと1本>幻の超限定品!

ファインズ輸入の蔵出し正規品バックヴィンテージ!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

スペクテーター94点
(1995年11月試飲)






ヴォギュエ、ミュジニィVV‘18

税別¥110,000

<あと3本>超限定品!

最新バーガウンド・コム 97点!!!

VINOUS 97~99点!!!(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン95点!(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 94~97点!


MVF(旧クラスマン)2021年度版 99点!!!
(さらにクー・ド・ラネ!!!)




ヴォギュエ、ボンヌマール‘18

超特価・税別¥75000

<あと2本>限定品!

最新バーガウンド・コム 95点!

VINOUS 96~98点!!!(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 97点!!!


 

 

自然な農法、超低収量、低い新樽比率


2/12(金)アップ~<※1本限定!!!>蔵出しドメーヌ・フェヴレ’17ミュジニィ

はじめてHPに載せる幻中の幻銘柄!!!

蔵出しドメーヌ・フェヴレ’18’17コルトン・シャルルマーニュ

もっとも素晴らしいコルトンシャルルマーニュのひとつ!入手難!

※このコーナー内の全ワインは、すべての値引き対象外となります。


 

 



自社畑に関して
<HVE> Haute Valeur Environnementale レベル3
環境に配慮した農法認定を2019年に取得済み!







ドメーヌ・フェヴレ、ミュジニィ’17
(オリジナル木箱入り・ブルゴーニュ・辛口赤・750ml)


税別¥300,000

<あと1本>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

VINOUS 95~97点!
(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン 95点
(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 93~96点!


ルーミエなどと同じく、年によっては特注の小樽で熟成させなくてはならないほど極少生産量で、ラベルを見たことのある方すらほとんどいないという、、、

ドメーヌによると’17はクラシックかつ比較的早くから開くタンニンが多すぎない肉厚で魅惑的な年で、25年程度熟成可能

わずか0.03haの所有!

最高のフレンチオークで約18ヶ月熟成
樹齢72年と27年
南東向きの畑
土壌:浅い石灰岩、赤い粘土と小石





ドメーヌ・フェヴレ、コルトン・シャルルマーニュ’18
(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥35000

<あと6本>超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー93~95点!(William Kelley)

デカンター・オンライン 96点!!!(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 91~94点





ドメーヌ・フェヴレ、コルトン・シャルルマーニュ’17
(ブルゴーニュ・辛口白)

税別¥36000

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!

デカンター・オンライン97点!!!(2020~2029年、
ティム・アトキン、Part of Top Cote de Beaune 2017 en primeur wines)

最新パーカー95点!(William Kelley、2019年11月試飲)

パーカー93~95+点!(William Kelley)

最新VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

VINOUS 91~94点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 93~95点!





新ラインナップの特級畑は、どちらもドメーヌ・モノ(ルイ・ラトゥールによくブドウを売っていたようです)から買った畑。昔から仲がよかったドメーヌらしく、フェヴレはブルゴーニュ中の農家からリスペクトされている存在なので畑を売りたい生産者はまずフェヴレに相談するのではないでしょうか?

2種類とも厳選したライト・トーストのバリックにて約14~16ヶ月熟成




ドメーヌ・フェヴレ、バタール・モンラッシェ’12

税別¥36000

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!
最新ヴィンテージは、大幅値上がり致します!

最新インターナショナルワインセラー93+?点!

インターナショナルワインセラー92~95点!

バーガウンド・コム 90~93点

最新スぺクテーター93点(NOW~2023年)

スぺクテーター91~94点(バレル試飲)

ティム・アトキン98点!!!(2018~2032年)


手摘み

新樽50~60%フレンチオークで約18ヶ月熟成

15年以上熟成可能(ドメーヌ曰く)




ドメーヌ・フェヴレ、コルトン・シャルルマーニュ’12

特価・税別¥30000

<売り切れ>超限定品!

※再入荷不可能!
最新ヴィンテージは、大幅値上がり致します!

デカンター・オンライン93点(2018~2028年)

インターナショナルワインセラー93~96点!!!

バーガウンド・コム 91~93点

最新スぺクテーター94点(2016~2026年)

スぺクテーター91~94点(バレル試飲)


MVF(旧クラスマン)2015年度版17.5/20グラス

新樽50~60%フレンチオークで約18ヶ月熟成

15年以上の熟成が可能(ドメーヌ曰く)




 

 

すべてのボトルにボトリングナンバーが入っています!

過去に1度だけ飲んだことがあるのですが、心底驚かされました。

個人的にはラペ<ブルーノクレール<ドメーヌ・フェヴレというイメージを持っています

目の覚めるようなコルトンシャルルマーニュを造る。絢爛たる味わいは濃厚で、しかもはりがある。ただ惜しいことにきわめて量が少ない。フェヴレには0.6haの区画があり、知るかぎりワインはこの自社畑だけから生まれる。(マットクレイマー、ブルゴーニュワインがわかるより)」


2/12(金)アップ~蔵出しドメーヌ・フェヴレ’18新銘柄3種類

今時あり得ない価格設定!

蔵出しドメーヌ・フェヴレ’18クロ・デ・ミグラン














 

 




自社畑に関して
<HVE> Haute Valeur Environnementale レベル3
環境に配慮した農法認定を2019年に取得済み!

下記3種類ともデュポン・ティスランドが所有していた畑で
今ではフェヴレの自社畑!
何かの間違い?というくらいのすごい価格!!!




フェヴレ(ネゴシアン)、ラドワ・ルージュ‘18

税別¥2600

<売り切れ>限定品!

※すでに再入荷不可能!

何故これだけドメーヌを名乗っていないかというと
元デュポン・ティスランドの自社畑からの生産量が非常に少ないために、ラドワ赤のみ少し買いブドウを混ぜてリリースとなったため




ドメーヌ・フェヴレ、ラドワ・ブラン‘18(辛口白)

税別¥2900

<あと4本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー89点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87~90点!

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点


新樽約30%のフレンチオークにて約12ヶ月熟成

’17 Wine Enthusiast 91点!




ドメーヌ・フェヴレ、マルサネ・ルージュ‘18

税別¥2500

<あと2本>おすすめ!

ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点!

「2021.2月上旬に飲みました。縁が強く紫がかった中程度のルビー色。ナッツ、ビスケットの樽香。甘酸っぱい赤い実の果実、胡椒、わずかにミントとルバーブなどの香り。’18というより’17のような清涼感のあるバランスで酸がまったく低くない。コクとタンニンは意外と低くない飲み頃NOW~。程よい旨味でよいバランス。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13.5%

この’18が初ヴィンテージ!
樹齢16~62年
わずか1.85haの所有
新樽約20%のフレンチオーク熟成~最後の2ヶ月は大樽熟成







ドメーヌ・フェヴレ、メルキュレ・ラ・フランボワジエール・ルージュ‘18 750ml

税別¥3000

<あと3本>

最新パーカー89+点(2022~2035年)

バーガウンド・コム 89点!(Outstanding Top Value!)

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点





ドメーヌ・フェヴレ、メルキュレプルミエクリュ・クロ・デ・ミグラン・ルージュ‘18 750ml

税別¥3700

<売り切れ>限定品!

最新パーカー91点(2020~2035年)

デカンター・オンライン92点!
Part of Best value 2018 red Burgundy en primeur to buy

バーガウンド・コム 89~91点!(Outstanding Top Value!)

ブルゴーニュ・オージョルディー15/20点


すでに25本以上完売。







ドメーヌ・フェヴレ、メルキュレイプルミエクリュ・クロ・デ・ミグラン・ルージュ’17

(ハーフ・375ml・モノポール・辛口赤)


税別¥2200

<あと5本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

クロ・デ・ミグランは、全ヴィンテージ(ハーフも750mlも)が
’18のリリースまで再入荷不可能!!!
’17の750mlもHPに載せる前にすぐ完売してしまいました
急に全然買えなくなっております、、、

パーカー91点
(2019~2029年、William Kelley)


スペクテーター・オンライン93点!
(NOW~2032年)





Domaine Faiveley, Puligny-Montrachet 1er Cru Champ Gain Blanc '17

ドメーヌ・フェヴレ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・シャンガン’17(辛口白)

税別¥9000

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 90~92点

VINOUS 90~92点


MVF(旧クラスマン)2020年度版15.5/20グラス

「2019.10月上旬に試飲しました。’15同様いつも通りの控えめな樽であくまでみずみずしく美しいのはそのまま、’15以上にトップノーズが華やか!アフターにかけてバタークリームの厚みを感じる心地良さも共通しており、値上がりもなく非常によく出来ている」





ドメーヌ・フェヴレ、モンテリープルミエクリュ・シャン・フリオ・ルージュ’11

超特価・税別¥3700

<あと5本>限定品!

インターナショナルワインセラー89~91点

バーガウンド・コム 86~89点


ブルゴーニュ・オージョルディー2012年6月/7月号16/20点!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

Monthelie 1er Cru Champs Fulliot Rouge

67本完売!※再入荷不可能!
’12は大幅値上がり 税別¥4,600です。

『 フェヴレが07年に取得した0.28haの区画。ヴォルネイ1級・クロ・デ・シェーヌの隣にあり、表土が薄い。鮮やかなルビー色。ラズベリーやダークチェリーの果実香がチャーミングに感じられ、しっとりした果実味と生き生きとした酸味が調和。しなやかなテクスチャーをもち、喉越しも滑らか。赤身肉より鶏など白身肉に合う。 (輸入元資料より) 』



2/12(金)アップ~蔵出しトロボー’18最後の再入荷!

’17が、リアルワインガイド67号にて絶賛される!

 




当店扱いのトロボーは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品!

23年以上前から扱っているので、やっと絶賛されるときが来たかぁ~という気持ち

2014年以降はブドウにストレスを与えない
グラヴィティーフロー導入




ナタリー・トロさん画像

’18もリアルワインガイド72号にて絶賛される!




トロボー、ブルゴーニュ・ルージュ‘18

税別¥3100

<売り切れ>限定品!

36本完売。ありがとうございました~※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 87点(Outstanding Top Value!)

VINOUS 85~87点





トロボー、ショレ・レ・ボーヌ‘18

税別¥3800

<あと20本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

バーガウンド・コム 88点

VINOUS 87~89点





トロボー、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ‘18

税別¥7700

<あと5本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

バーガウンド・コム 92点(Sweet Spot Outstanding!)

VINOUS 88~90点





トロボー、コルトン‘18

税別¥14500

<あと11本>超限定品!

スペクテーター94点!(2024~2040年)

VINOUS 91~93点

バーガウンド・コム 93点!





トロボー、コルトン・ブレサンド‘18

税別¥15000

<あと10本>超限定品!

スペクテーター95点!(2024~2043年)

VINOUS 90~92点

バーガウンド・コム 94点!!!


MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!

まだ評価が出そろっていません





トロボー、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ラヴィエール‘17

税別¥6200

<あと19本>絶対おすすめ!
限定品!

スペクテーター・オンライン90点(NOW~2026年)

VINOUS 88~90点

バーガウンド・コム 91点


「2019.10月上旬に飲みました。縁が紫がかった中程度のルビー色。香りに予想よりほんのわずかに樽香が強いが気にならないレベルで、グラスによって結構変わる。実際に抜栓の次の日にグラスを変えてみると全く気にならなくなった。キレイな赤い実の果実に鉄サビ系ミネラルと中国茶系ミネラルが混ざり合ったまさにこのワインに求めていた理想的な香り。すでに固くないが骨格は緩くない。クラシックでエレガントでうまみの広がりがあり、ミネラルも豊か。艶がありつつ絶妙な流速でガブガブ飲めてしまうほどのバランスのよさ。抜栓の次の日にはさらに全体のバランス向上。鶏肉料理全般に合いそうな印象あり。抜栓の2日後もおいしいが、ベストは昨日のバランス」

アルコール13%




トロボー、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ‘17

税別¥8500

<あと12本>限定品!

スペクテーター・オンライン93点(2022~2038年)

ワイン&スピリッツ誌 91点

バーガウンド・コム 91点

VINOUS 89~91点





トロボー、コルトン‘17

税別¥17000

<あと12本>超限定品!

スペクテーター94点!(2023~2042年)

VINOUS 89~91点

ワイン&スピリッツ誌 90点

バーガウンド・コム 92点





トロボー、コルトン・ブレサンド‘17

税別¥17500

<あと10本>超限定品!

スペクテーター95点!(2023~2045年)

VINOUS 91~93点

バーガウンド・コム 93点!


MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

まだ評価が出そろっていません


2/12(金)アップ~蔵出しサディ・ファミリー・ワインズ’18’19

蔵出しサディ・ファミリー・ワインズ’17’18


南アフリカ最高の生産者の一人!幻の超限定品!





※↑画像を撮るときのブレじゃなくて、もともと暈した様なデザイン。










 


ティム・アトキンが選ぶ
2019年度 Winemakers of the Year に選ばれる!!!




Sadie Family Wines, Vice White '14

サディ・ファミリー・ワインズ、ヴァイス・ホワイト’14
(南アフリカ・辛口白)


税別¥6000

<あと4本>初入荷の超限定品!


【品種】シュナン・ブラン、パロミノ、ヴィオニエ、クレレット・ブランシュ、ヴェルデーリョ
【産地】パールドバーグ地区の5区画
【収穫】完熟ブドウのみを選果しながら手摘みにて行う   【全房使用率】100%
【発酵】500Lの開放槽使用   【熟成】12カ月間   【瓶熟成】36カ月間
【テイスティングノート】果実味、ミネラル感、酸のバランスが良く、様々な料理にあわせやすい白ワインで、熟成することにより
             さらなるふくよかさが期待できます。
【アルコール度数】14.8%




Sadie Family Wines, Palladius '18

サディ・ファミリー・ワインズ、パラディウス’18

(南アフリカ・辛口白)


税別¥13000

<あと4本>幻の超限定品!

パーカー94点!(ワイン・アドヴォケイト253号)


’16 ワイナート94号 95点!!!

’16 VINOUS 93点

’15 デカンター・オンライン95点!

’15 インターナショナル・ワイン・チャレンジ・チャイナ トロフィー&ゴールド受賞!!!

【キュヴェ】「パラディウス」とは、ローマ時代における農業学の第一人者であった Columella/コルメラ の後継者で、『農事論/Opus Agriculturae』を記した農学者の名前です。彼の哲学を大切に受け継ぐという意味を込めて名付けられました。畑のテロワールを最大限に表現し、瓶内でしっかり熟成していくように、品種の個性を見極め、最大限の注意を払ってより複雑味が増すようにアッサンブラージュされたキュヴェです。

【全9品種】シュナン・ブラン、グルナッシュ・ブラン、クレレット・ブランシュ、ヴィオニエ、ヴェルデホ、ルーサンヌ、セミヨン・グリ、セミヨン・ブラン、パロミノ

【産地】パードバーグ地区  【土壌】13区画:花崗岩質、4区画:砂質土壌
【収穫】畑で選果しながらイチゴ摘み取り用の小さなケースに手摘みにて収穫
【圧搾】伝統的なバスケット・プレス
【発酵】品種ごとに分け、卵型のコンクリートタンク、アンフォラ、古い木樽を用いて、野生酵母による自然発酵
【熟成】それぞれ発酵槽のまま収穫から24か月間を過ごし、ブレンドを行った翌日に、無濾過・無清澄で瓶詰め

【テイスティングノート】引き締まっていてエレガンスがあり、非常にバランスの取れたワイン。
アルコール度数:13.5%




Sadie Family Wines, Pofadder '19

サディ・ファミリー・ワインズ、ポフェイダー’19

(南アフリカ・辛口赤)


税別¥7400

<あと3本>幻の超限定品!

【2019年VTG】干ばつの影響はありましたが早めに収穫することにより、酸を残し例年と同レベルの完熟ブドウを得られました。

’17 VINOUS 95点!!!

’16 デカンター・オンライン94点!

【キュヴェ名】「ポフェイダー」とはアフリカーンス語で”蛇”を意味し、畑までの山道がまさに蛇のように曲がりくねっていることから名付けられました。

【品種】サンソー100%:収量を抑えつつ充分に熟成させるというのが難しく、非常に酸化しやすい品種なので管理が容易ではないため、19世紀後半から20世紀にかけては影の品種として活躍していました。

【産地】スワートランド、カステルバーグの西、「Riebeek山」の山頂付近
【土壌】粘板岩と分解頁岩 【収穫】畑で厳格に選果して手摘みにて収穫後、さらに選果
【発酵】古い木製の開放桶にて、1日に1~2回足でパンチダウンを行う
【スキンコンタクト】約30日 【熟成】早期酸化を避けるため手作業で小さいバスケット・プレスから直接古樽に移し、ワインにエレガントさを与えるため約12カ月熟成させます。
無清澄・無濾過 サーブの際にはデキャンタージュをお勧めします。 5-15年熟成可能。
アルコール度数:13.0%  年間生産量450ケース 残糖1.5g/L




Sadie Family Wines, Soldaat '19

サディ・ファミリー・ワインズ、ソルダート’19

(南アフリカ・辛口赤)


税別¥7500

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
1年に1回しか買えない銘柄!

【2019年VTG】これまでで最低の収量を記録したほど干ばつに悩まされ、計り知れないほどのチャレンジを擁する困難な年でしたが、ブドウは完ぺきに熟し、良年に見られるような華やかなアロマ


’17 ワイナート94号 95点!!!

’17 VINOUS 92+点

’17 スペクテーター93点

’15 パーカー94点!

【キュヴェ名】「Soldaat/ソルダート」とはオランダ語で”兵士”の意味で、畑のある山の名前「Piekeniers/ピーケニア」が”歩兵”を意味することから名付けられました。

【品種】グルナッシュ・ノワール100%:世界で最も多く植えられている品種で南アフリカでも多くの栽培面積を占めます

【産地】ウエスタンケープのピーケニアスクルーフ山:グルナッシュ・ノワールが古くから植えられていた土地です
【畑立地】標高は700m前後で、東向き斜面  【気候】非常に涼しい気候
【土壌】花崗岩土壌 【醸造ポリシー】グルナッシュ・ノワールはフレッシュで明るく生き生きとした果実感やミネラル感にあふれた美しいブドウにもかかわらず、過度な抽出や高いアルコールを感じる仕上がりになりがちなので、その点に留意して、エレガントな側面を最大限に生かすように醸造しています。
アルコール度数:13.5%




Sadie Family Wines, Skerpioen '19

サディ・ファミリー・ワインズ、スケルピオン’19

(南アフリカ・辛口白)


税別¥7700

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
2年に1回程度しか買えない銘柄!


【キュヴェ名】「スケルピオン」はアフリカーンス語で”サソリ”の意味
【2019年VTG】干ばつのため収量は大幅に減少しましたが、例年通りの自然な酸と直線的で美しいフォルムを持っており、その
         出来栄えは2012年以降で最高の評価に値するでしょう。
【品種】シュナン・ブラン 50%、パロミノ・フィノ 50%
【産地】スワートランドのセント・ヘレナ・ベイ地区 Dwarskersbos村近郊
【気候】海岸から2キロの距離にもかかわらず年間降雨量は300㎜と非常に少なく、涼しくて乾燥しています。
【土壌】下部がチョーク質の石灰岩  【畑面積】2.4ha  【樹齢】約60年
【醸造】プレス後にジュースを合わせ、古樽にて野生酵母による自然発酵
【テイスティングノート】アタックに豊かなライムの風味が感じられ、フレッシュな酸を伴うピュアな果実味と、美しく直線的なフォル
             ム、そして僅かな塩味が綺麗に調和しており、非常に凝縮感があります。少なくとも1~2年は寝かせてか
ら飲むことをお勧めします。
【アルコール度数】12.5%




Sadie Family Wines, Kokerboom '19

サディ・ファミリー・ワインズ、コカーブーン’19

(南アフリカ・辛口白)


税別¥7500

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
2年に1回程度しか買えない銘柄!


【キュヴェ名】畑の近くに生えている印象的な形をした古木のアロエの呼び名である「コカーブーン」から名付けられました。
【2019年VTG】干ばつのため生産量は例年の半分でしたが、ブドウは完ぺきに熟し、2015年と並ぶ最高の出来栄えです。
【品種】セミヨン・ブラン 70%、セミヨン・グリ 30%  【セミヨン・グリ】南アフリカ固有の果皮が淡い赤色をした品種
【産地】オリファンツ・リヴァー   【畑】この地域で最も古い手付かずの畑のひとつで面積が非常に小さい区画です。
【土壌】細かく砕けたテーブルマウンテン・ストーン   【樹齢】1930年代
【発酵】プレス後にジュースを合わせ、古樽にて野生酵母による自然発酵
【熟成】シュールリーにて18カ月間
【テイスティングノート】レモンやカモミールの風味に美しい酸と深味のあるミネラル感が溶け合い、濃密なテクスチャーを感じさ
せ、洗練されたアカシアの蜂蜜のニュアンスを伴う長い余韻へと誘われます。5~15年は熟成できるでしょう。
【アルコール度数】14.0%




Sadie Family Wines, Mev. Kirsten '19

サディ・ファミリー・ワインズ、メフロゥ・カーステン’19

(南アフリカ・辛口白)


税別¥18000

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
1年に1回しか買えない銘柄!

【2019年VTG】リリース後最高評価のVTGだった2015年と同等か、上回る出来栄え




Sadie Family Wines, Columella '18 (Swartland)

サディ・ファミリー・ワインズ、コルメラ’18

(スワートランド・辛口赤)


税別¥16000

<あと4本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
1年に1回しか買えない銘柄!

パーカー95点!(ワイン・アドヴォケイト253号)


【全6品種】シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル、サンソー、ティンタ・バロッカ、カリニャン
【産地】スワートランド:パールドバーグ(2区画)、カステルバーグ(4区画)、マルムズバリー、ピケットバーグ
【畑立地】標高の高い冷涼な南向き斜面
【土壌】花崗岩、スレート、砂質 【収穫】畑で選果しながらイチゴ摘み取り用の小さなケースに手摘みにて収穫
【全房使用率】100% 【発酵】全8区画を別々に、3300Lの開放槽にて、24℃で3週間予備発酵ののち、野生酵母による自然発酵
【熟成】フレンチ・オーク(新樽比率:10%)にて12か月ののち、楕円形のフードルに移し替えて更に12か月 無清澄・無濾過 長期熟成は勿論可能ですが、今でもとてもバランスの良いワイン。 アルコール度数:13.6%

’14’13’12 パーカー96点!!!

’11 Wine Enthusiast 95点!!!

’09’06’04 ファルスタッフ 96点!!!

’08 ファルスタッフ 97点!!!




Sadie Family Wines, Treinspoor '19 (Swartland)

サディ・ファミリー・ワインズ、トレインスプール’19

(スワートランド・辛口赤)


税別¥7400

<あと3本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
1年に1回しか買えない銘柄!


【キュヴェ名】畑のそばに古い線路「トレイン・スプール」があるので、そのことから名付けられました。
【品種】ティンタ・バロッカ100%:スワートランド地区で古くから重要な品種
【産地】ウェスタン・ケープのマルムズバリーから西、ダーリング方面へ4キロ程
【土壌】花崗岩とテーブルマウンテンの砂質が混ざった土壌
【植樹】1974年:ティンタ・バッロカは美しい色味と引き締まった酸味によりブレンド用の品種として認知されていますが樹齢を経ると複雑味に優れ、一品種のみで深い味わい醸し出すことはなかなか知られていません。 【仕立て】ブッシュヴァイン:ティンタ・バロッカは果皮がたいへん薄く紫外線に弱い品種ですが、この地域のブッシュ・ ヴァインは果樹自身が枝ぶりを変化させて房を光から守るという、驚くべき進化を目の当たりにすることが できます。 アルコール度数:13.0%

’16 デカンター・オンライン93点

’15 パーカー96点!!!

’14 パーカー94点!

’13 ファルスタッフ 92点




Sadie Family Wines, Cape Tawny '08 375ml

サディ・ファミリー・ワインズ、ケープ・トウニー’08
(甘口食後酒)


税別¥6500

<あと3本>初入荷の超限定品!


【キュヴェ】全ての醸造工程が手作業で行われた12年熟成のポートワインで、長くワイン造りに携わってきた二―ポルト家の協力のもと造られたキュヴェです。今回のリリース量が非常に限られているためどうしてもコレクター性が高くなりますが、サディ氏は少しでも多くの人に楽しんでもらうため、375mlボトルを採用しました。

【品種】ティンタバロッカ、グルナッシュ、カリニャン、ピノタージュ
【産地】スワートランド
【土壌】風化した花崗岩   【平均収量】15~25hl/ha
【収穫】最も大切な酸と糖のバランスを保つため、過熟にならないようにしっかりとタイミングを見極めて手摘みにて行う。
【全房使用率】100%
【醸造】足で踏んで抽出し自然発酵を行い、5年熟成のブランデーを添加して休ませた後、縦型のバスケットプレス機でプレスし、
     瓶詰して12年間熟成させる。
【残糖】85g/L
【アルコール度数】20.3%





Sadie Family Wines, Palladius '17

サディ・ファミリー・ワインズ、パラディウス’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥13000

<あと1本>幻の超限定品!

ティム・アトキン96点!!!

パーカー93+点(2019~2042年、
ワイン・アドヴォケイト245号)


VINOUS 93点!(ニール・マーティン)

最新スペクテーター95点!(2022~2036年)

’16 ワイナート94号 95点!!!

’16 VINOUS 93点

’15 デカンター・オンライン95点!

’15 インターナショナル・ワイン・チャレンジ・チャイナ トロフィー&ゴールド受賞!!!

【キュヴェ】「パラディウス」とは、ローマ時代における農業学の第一人者であった Columella/コルメラ の後継者で、『農事論/Opus Agriculturae』を記した農学者の名前です。彼の哲学を大切に受け継ぐという意味を込めて名付けられました。畑のテロワールを最大限に表現し、瓶内でしっかり熟成していくように、品種の個性を見極め、最大限の注意を払ってより複雑味が増すようにアッサンブラージュされたキュヴェです。

【全9品種】シュナン・ブラン、グルナッシュ・ブラン、クレレット・ブランシュ、ヴィオニエ、ヴェルデホ、ルーサンヌ、セミヨン・グリ、セミヨン・ブラン、パロミノ

【産地】パードバーグ地区  【土壌】13区画:花崗岩質、4区画:砂質土壌
【収穫】畑で選果しながらイチゴ摘み取り用の小さなケースに手摘みにて収穫
【圧搾】伝統的なバスケット・プレス
【発酵】品種ごとに分け、卵型のコンクリートタンク、アンフォラ、古い木樽を用いて、野生酵母による自然発酵
【熟成】それぞれ発酵槽のまま収穫から24か月間を過ごし、ブレンドを行った翌日に、無濾過・無清澄で瓶詰め

【テイスティングノート】引き締まっていてエレガンスがあり、非常にバランスの取れたワイン。
アルコール度数:13.5%




Sadie Family Wines, Pofadder '18

サディ・ファミリー・ワインズ、ポフェイダー’18

(南アフリカ・辛口赤)


税別¥7400

<あと2本>幻の超限定品!

パーカー91点(2020~2035年、
ワイン・アドヴォケイト245号)


VINOUS 96点!!!(ニール・マーティン)

スペクテーター93点(NOW~2030年)

’17 VINOUS 95点!!!

’16 デカンター・オンライン94点!

【キュヴェ名】「ポフェイダー」とはアフリカーンス語で”蛇”を意味し、畑までの山道がまさに蛇のように曲がりくねっていることから名付けられました。

【品種】サンソー100%:収量を抑えつつ充分に熟成させるというのが難しく、非常に酸化しやすい品種なので管理が容易ではないため、19世紀後半から20世紀にかけては影の品種として活躍していました。

【産地】スワートランド、カステルバーグの西、「Riebeek山」の山頂付近
【土壌】粘板岩と分解頁岩 【収穫】畑で厳格に選果して手摘みにて収穫後、さらに選果
【発酵】古い木製の開放桶にて、1日に1~2回足でパンチダウンを行う
【スキンコンタクト】約30日 【熟成】早期酸化を避けるため手作業で小さいバスケット・プレスから直接古樽に移し、ワインにエレガントさを与えるため約12カ月熟成させます。
無清澄・無濾過 サーブの際にはデキャンタージュをお勧めします。 5-15年熟成可能。
アルコール度数:13.0%  年間生産量450ケース 残糖1.5g/L




Sadie Family Wines, Columella '17 (Swartland)

サディ・ファミリー・ワインズ、コルメラ’17

(スワートランド・辛口赤)


税別¥16000

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
1年に1回しか買えない銘柄!

ティム・アトキン98点!!!

パーカー93点(2020~240年、
ワイン・アドヴォケイト245号

~Ethereally structured, the wine has power and precision that is highly complex and will age for decades to come. The finish is shy, yet still having the depth and breadth of a fine wine, that lingers with a firm dusty minerality and tannic grip. Wow! What focus!)

VINOUS 94点!(ニール・マーティン)

最新スペクテーター92点(2021~2032年)




Sadie Family Wines, Treinspoor '18 (Swartland)

サディ・ファミリー・ワインズ、トレインスプール’18

(スワートランド・辛口赤)


税別¥7400

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
1年に1回しか買えない銘柄!

ティム・アトキン96点!!!

パーカー91点(2024~2038年、
ワイン・アドヴォケイト245号)


VINOUS 95+点!!!(ニール・マーティン)

スペクテーター93点(NOW~2030年)




Sadie Family Wines, Columella '16 (Swartland)

サディ・ファミリー・ワインズ、コルメラ’16

(スワートランド・辛口赤)


税別¥16000

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
1年に1回しか買えない銘柄!

ワイナート94号 97点!!!

VINOUS 93点
(ニール・マーティン、2020~2035年)

スペクテーター94点(2021~2031年)


【全6品種】シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル、サンソー、ティンタ・バロッカ、カリニャン
【産地】スワートランド:パールドバーグ(2区画)、カステルバーグ(4区画)、マルムズバリー、ピケットバーグ

【畑立地】標高の高い冷涼な南向き斜面
【土壌】花崗岩、スレート、砂質
【収穫】畑で選果しながらイチゴ摘み取り用の小さなケースに手摘みにて収穫
【全房使用率】100%
【発酵】全8区画を別々に、3300Lの開放槽にて、24℃で3週間予備発酵ののち、野生酵母による自然発酵
【熟成】フレンチ・オーク(新樽比率:10%)にて12か月ののち、楕円形のフードルに移し替えて更に12か月 無清澄・無濾過 長期熟成は勿論可能ですが、今でもとてもバランスの良いワイン。
アルコール度数:13.6%

’14’13’12 パーカー96点!!!

’11 Wine Enthusiast 95点!!!

’09’06’04 ファルスタッフ 96点!!!

’08 ファルスタッフ 97点!!!




Sadie Family Wines, Treinspoor '17 (Swartland)

サディ・ファミリー・ワインズ、トレインスプール’17

(スワートランド・辛口赤)


税別¥7400

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
1年に1回しか買えない銘柄!

VINOUS 93点
(ニール・マーティン、2019~2032年)

スペクテーター・オンライン92点(NOW~2023年)

【キュヴェ名】畑のそばに古い線路「トレイン・スプール」があるので、そのことから名付けられました。
【品種】ティンタ・バロッカ100%:スワートランド地区で古くから重要な品種
【産地】ウェスタン・ケープのマルムズバリーから西、ダーリング方面へ4キロ程

【土壌】花崗岩とテーブルマウンテンの砂質が混ざった土壌
【植樹】1974年:ティンタ・バッロカは美しい色味と引き締まった酸味によりブレンド用の品種として認知されていますが樹齢を経ると複雑味に優れ、一品種のみで深い味わい醸し出すことはなかなか知られていません。
【仕立て】ブッシュヴァイン:ティンタ・バロッカは果皮がたいへん薄く紫外線に弱い品種ですが、この地域のブッシュ・ ヴァインは果樹自身が枝ぶりを変化させて房を光から守るという、驚くべき進化を目の当たりにすることができます。
アルコール度数:13.0%

’16 デカンター・オンライン93点

’15 パーカー96点!!!

’14 パーカー94点!

’13 ファルスタッフ 92点


ティム・アトキンMWなども大絶賛の超入手難生産者!

スペイン・プリオラートのテロワール・アル・リミット創業者のひとり!

当主は今日の南アフリカワインを牽引するイーベン・サディ氏。10代の頃から15年間ヨーロッパのワイナリーで修業し、南アフリカに戻った後は「スパイス・ルート・ワインズ」で醸造責任者を勤めま した。その後1998年にスワートランドに自身のワイナリーを設立し、翌年の1999年に古樹による 低収量ブドウから造る混醸の白ワイン「コルメラ」と赤ワイン「パラディウス」を発表すると、瞬く間に注目を浴びました。それ以来、南アフリカにおいて最も革新的でインスピレーションに溢れるワインメーカーとして最高の評価を得ています。 彼の畑は全て灌漑なしで、古樹からのみ造られるワインはずば抜けた出来栄えを誇り、他の生産者からのリスペクトを厚く受ける造り手です。
完璧を求める職人気質で、機械化とは無縁の環境下で全ての作業を重力を利用するなどした手作業で行い、スワートランドのテロワールをワインに 表現すべく、大いなる情熱を傾けてワイン造りを行っています。

畑は全て灌漑なしで管理されています。
「パラディウス」と「コルメラ」:古木を用いて、南アフリカの大自然を体感できるような圧倒的なスケール感が表現されています。

その他キュヴェ:古木を用いて、その100年以上にもわたるブドウ樹の歴史と、複雑な土壌の特 性を紐解くかのような、格式がありながらも滋味溢れる味わいをコンセプトに、上記2種とはまた別のアプローチで造られています。 生粋のサーファーなので海に入る時間も大事にしたいそうで、生産量がこれ以上増えることは今のところ無いとのことです。
(輸入元資料より)


2/12(金)アップ~<※12本限定!>蔵出しポルセレインベルグ’17

<※6本限定!>蔵出しポルセレインベルグ’16


個性的なラベルの超入手難シラー!


 



Porseleinberg '17 (Swartland)

ポルセレインベルグ’17

(南アフリカ・スワートランド・辛口赤)


税別¥11000

<あと10本>絶対おすすめ!
超限定品!

※期間限定条件!
このワイン1本以上のご注文にて(沖縄を除き)日本全国ドライ便無料商品!


デカンター・オンライン98点!!!
(2020~2032年)

ティム・アトキン 98点!!!

VINOUS 97点!!!
(2022~2045年)

スペクテーター91点(2022~2032年)

パーカー91点
(2023~2038年、ワイン・アドヴォケイト245号)


「2021.2月上旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったとても濃いルビー色。甘草など甘苦系を含むスパイス類、ガリグっぽい香り、樹脂、黒い実の果実、ルバーブ、みたらし団子などの香り。かなり凝縮してエネルギー感・エキスとスパイシーなコクあり時間とともに甘旨エキスが増して向上、酸が低くなく塩ミネラルが強めで重すぎない味でアフターは下に沈まず上に抜ける。抜栓の次の日も非常においしい。やはり味は濃いが重くない。抜栓の4日後までまったく落ちない。少し味がやさしくなるくらいで味付き抜群。なんと抜栓の13日後でも非常においしい!!!」

アルコール14%




Porseleinberg '16 (Swartland)

ポルセレインベルグ’16

(南アフリカ・スワートランド・辛口赤)


税別¥11000

<あと5本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

デカンター・オンライン95点!!!
(2020~2029年、Top SouthAfrican red!

VINOUS 94点!!!(2021~2038年)

スペクテーター93点(2020~2029年)


パーカー90点(2022~2034年、
ワイン・アドヴォケイト245号)


ティム・アトキン95点!!!

Jamie Goode 94点!!!

プラッターズ・ガイド5/5つ星!


【品種】シラー100%

【2016年】現地でも驚くほどの干ばつで、年間を通して例年の半分ほどの降雨量しかなく 「a hell of a challenge/地獄の挑戦」と言われたほど乾燥しており、非常に困難な年でした。しかしロウ氏の手による丹念な畑仕事や、新たに特注のフードルを2つ購入し対処したことにより、非常にドライな気候を逆手に取り、シラーに最適な凝縮感が生まれ、素晴らしいワインに仕上がり、評論家からも「絶対的に見事なワインを造り上げた」と高評価を得ています。

【畑面積】30ha 【土壌】片岩質
【収穫】手摘み
【全房使用率】100%
【発酵】コンクリートタンクにて、足踏みにより自然醗酵を促し、1日2回ポンピングオーバーを行う
【熟成】フードル:70%、卵型のコンクリートタンク:30%にて12ヶ月間
【瓶詰期】2017年3月

【アロマ】非常に豊かなアロマは2015年よりも鮮やかで、ブラックベリー、ビルベリー、ラズベリーなどのべり―系ニュアンスと、自生しているハーブ、砕いた黒コショウ、僅かに木炭などが感じられます。
【味わい】このワインの特徴でもある非常にきめ細かいタンニンと、ブラックベリーなどの果実味、片岩質土壌由来の美しいミネラル感が見事な骨格を形成しており、非常に複雑で長い余韻が得られます。

【生産者推奨飲み頃】2022年~2035年ごろ
アルコール度数:14.0% (初めて14.0%を突破しました)

’15 ファルスタッフ 94点!

’14 パーカー96点!!!

カリー・ロウ氏により2009年設立されました。 彼は『スワートランド・インディペンデント・プロデューサーズ』の主要メンバーであり、他のメンバーからは”レジェンド”と呼ばれており、名実ともにスワートランド地区において特別な存在です。 手掛けるワインはこのキュヴェ1種のみという見事な潔さで、ワイン名に冠された「ポルセレインベルグ」とはスーワトランドにある丘の名前で、このキュヴェはその丘にある畑で育てられたシラーのみを使用しています。 2010年が初ヴィンテージでしたが、リリース直後南アフリカ国内のみならず国際的に高い評価を受け、瞬く間にカルト的人気の、ファン垂涎の的のワインとなりました。
エンボス加工された凹凸のある純白のワインラベルは、ドイツのハイデルベルグ社製の年代物の活版印刷機を用い、当主のカーリー・ロウ氏自らが一枚一枚刻印し仕上げるというこだわり様です。
(輸入元資料より)


2/12(金)アップ~蔵出し超特価ファン・ロッゲレンベルグ’17

センスあるお買い得サンソー!






 



Van Loggerenberg, Geronimo Cinsault '17
(WO Stellenbosch)

ファン・ロッゲレンベルグ、ジェロニモ・サンソー’17
(南アフリカ・辛口赤)


超特価・税別¥2800



輸入元定価・税別¥3,800

<あと10本>絶対おすすめ!

VINOUS 91点
(ニール・マーティン、~Very fine.)

ワイナート94号 90点


「2019.9月下旬に飲みました。ジューシーでほのかに甘い赤い実の果実香が心地よい。イチゴ・シロップ、ルバーブなどのよい香り。温度を上げすぎずにブルゴーニュ・グラスがベストだと思われる。ジューシーさもある質のよい果実味で酸が低くなく、程よい旨味、タンニンと骨格は意外とあり、飲んでいて飽きないおいしさ。ラールにはさすがに敵わないもののセンスを感じるおいしく良くできたワイン。抜栓の2日後まで非常においしい」

’16 パーカー91点

【キュヴェ】友人と和気あいあいとした雰囲気で、ワイン単体でも料理と一緒でも、気軽に楽しく味わえるようなサンソーを造りました。
【品種】サンソー100%
【産地・樹齢】①ステレンボッシュの乾燥したエリア/樹齢39年 ②パール/樹齢31年
【土壌】砂岩の上に粘土質豊富な花崗岩
【仕立て】ブッシュ・ヴァイン(ゴブレ式/株仕立て)
【全房使用率】①100%  ②60%
【発酵】区画ごとに分け、樽にて1日に1回パンチングダウンを行いながら野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】あり
【熟成】3年使用のフレンチ・オーク樽にて9月間寝かせ、瓶詰直前にアッサンブラージュ。サンソー特有の、フルーツをかじったかのような果実味を残すよう仕上げました。

【アロマ】チェリー、プラム、ハーブや、スパイスや微かな土など複雑なアロマが豊かです。
【味わい】愛らしい果実の風味に爽やかな酸味、繊細なタンニンが美しいミディアムボディ。ブルゴーニュやローヌの赤を思わせます。


当主ルーカス・ファン・ロッゲレンベルグ氏は、南アフリカのエルセンバーグ大学にて農学を学び、タルバッハ地区の「ライクス」にてワイン生産者としての第一歩を踏み出しました。その後アメリカ合衆国の東部へ渡り、ニューヨーク北西部のAVA「フィンガー・レイクス」で2シーズンを過ごし帰国しました。帰国後はパール地区の「ドラック・マイ・ニエット・ワイン・エステート」でワインメーカーを務め、その後独立し、2016年に自身の初ヴィンテージをリリースしました。
その天性の醸造センスが花開くのにそう時間はかからず、昨年ルーカスは早くも、イギリス、ティム・アトキンMWの「南ア・ワイン・レポート2018年度版」において最優秀若手醸造家に選ばれました

畑・醸造
ルーカス氏は今はまだ自社畑を持っていませんが、素晴らしいポテンシャルを持った畑を見極めるセンスと才能を持ち合わせていると高く評価を受けています。
彼自身、「自分はワインメーカーというよりはファーマーだ」と言うほどに、ワインの品質は第一に畑に由来するという信念を持っており、契約している生産農家のもとへ頻繁に足を運び、栽培から収穫まで丹念に取り組んでいます。ワインを造る過程においても市販の酵母や添加物などは一切加えず、ブドウそのものの魅力を最大限に引き出す造りをしています。
(輸入元資料より)



2/12(金)~蔵出し高畠ワイナリー’19’17シャルドネ

蔵出し高畠ワイナリー’15最上級シャルドネ泡

蔵出し高畠ワイナリー’18マスカットベリーA

マスカットベリーAは好みじゃないかも?と思っている方もぜひお試しください!







 




2019.11.19(日)HTBテレビ『 イチモニ 』
にて取り上げられました~!

土壌は基本的に火山性
盆地にある日当たりのよい斜面に植えられたエネルギー溢れるシャルドネ。昼夜の寒暖差も大きく、ギリギリまで収穫を遅くして品質をさらに高めた世界で勝負できるワイナリーの自信作!





高畠ワイナリー、高畠醗泡 プリ・デ・ムース・シャルドネ’15
オリジナルBOX入り・750ml
(山形県・辛口白泡)


税別¥4642

<あと10本>おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2020 奨励賞受賞!

Japan Wine Challenge 2020 金賞受賞!!!

インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2020 ブロンズ受賞!

デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2020 シルバー受賞!

サクラワインアワード2020 シルバー受賞!

Japan Wine Competition 2019 銀賞受賞!

IWC奨励賞 JWCゴールド IWSCブロンズ DWWAシルバー SJWWAシルバー ジャパンワインコンペ銀!


「2021.1月下旬に飲みました。日本の泡でよくある異常に吹きこぼれたりすることがなく、瓶内二次発酵を培養酵母を入れずに行う工夫(ここだけはアグラパールと同じやり方?)もされている。これ本当に日本の泡?というくらい凝縮感と厚み・エネルギー感とコクがあるパワフルな味わいで本来酸も低くないはずですが、バランスの中で少し酸が低く感じられてしまうほど他の要素が強い。やっぱり山形県のシャルドネ凄い!冷やしすぎない方が厚みを堪能できるが、単体で飲み続けるには今は少しパワフル過ぎるくらい(笑)塩ミネラルはほとんど感じない。’15はドサージュ量減らしたの大正解という印象。熟成してどうなるかも楽しみ。焼いたパン、凝縮オレンジ、ベリー、樹脂などの香り。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい。味の濃い食事じゃないと合わない気がする。魚介類の濃厚エキスのブイヤベースとかビビンバとか」


’14 リアルワインガイド68号 89・89点


ゆっくり時間をかけて造りだされた逸品
2015年ヴィンテージは、小樽で発酵させ、瓶詰後の酵母との接触期間を3年に延ばし、澱引き後さらに1年間熟成させてこの度リリースされることになりました。
2014年に比べ、酵母の旨味や香りが高く味わい深いため、ドサージュ量を少なめにし、よりフレッシュなスタイルに仕上げました。さらに、完熟した糖度の高いぶどうを使用し、壜内発酵用の糖分を果汁で造る独自の製法により得られる濃密な味わいは、高畠ワイナリーのこだわりとノウハウが詰まった最高のスパークリングワインです。

アルコール分:12.5%
葡萄品種:高畠町産シャルドネ

※開栓時に吹きこぼれる場合がありますので、ナプキンなどでコルク壜口を包んでゆっくりと開栓してください。




高畠ワイナリー、高畠フニクリ・フニクラ・デ・木村シャルドネ’17
(山形県・辛口白 750ml)


税別¥4012

<あと6本>超限定品!

サクラワインアワード2019 ゴールド受賞!

インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2019 ブロンズ受賞!

デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2019 ブロンズ受賞!

日本で飲もう最高のワイン2019【愛好家部門ゴールド】 受賞!

日本で飲もう最高のワイン2019【専門家部門ゴールド】 受賞!

Japan Wine Competition 2019 銀賞受賞!


’17 リアルワインガイド68号 88・89点

高畠町の契約農家「木村幸雄」さんの圃場は、
“赤おに”が座る『Funicular(フニコラーレ:登山列車)』が欲しいくらい、急斜面に位置しています。
この圃場は真っ直ぐに立っていられないほどの急斜面にあり、ハウス栽培にプラスして土壌の水分が極端に少なく、
ぶどうの生育に理想的な負荷をもたらすテロワールが生む、 凝縮された風味の葡萄が収穫できます。
実ったぶどうは皮がオレンジ色になるくらい熟し、非常に密度の濃い味わいになります。

高畠町は夏から秋にかけ寒暖の差が非常に厳しく、その気温差は最大20度にも達します。
ブドウの栽培期間は長く、糖度、酸、ミネラルが豊富な熟度の高いシャルドネを収穫できます。甘みの中にもしっかりとした酸を感じられる、高畠町の象徴ともいえる品種です。
非常に密度の濃い味わいのぶどうをワインにすると何とも言い難い神秘的な味わいへと変化し、飲み手を魅了してくれます。
昔ながらのブルゴーニュの造り方をお手本とし、日本のぶどうで造ったワインと思えないシャルドネだと感じるでしょう。
この製品4年目となる2017年はぶどうの個性を活かすように樽の選別や酵母の選択などの毎年改良を重ね、精度をより高いものといたしました。
熟度の高い凝縮した味わいが樽熟成と融合し、新樽からくるスモーキーな香りと、とろけるような口当たりでミネラル感たっぷりな味わいに仕上がりました。

葡萄品種:高畠町産シャルドネ

瓶内に酒石、澱などの沈殿物が見られることがありますが、これはワインの葡萄由来の成分ですので、安心してお召し上がりください。




高畠ワイナリー、高畠クラシック シャルドネ’19
(山形県・辛口白 720ml)


税別¥1692

<あと10本>おすすめ!

Japan Wine Challenge 2020 銀賞受賞!

インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2020 ブロンズ受賞!


「2021.2月上旬に飲みました。DIAM5コルク。ブルゴーニュで言えば大量生産型のマコンがライバルの価格帯。青りんご、シトラス、花、ハーブ、アーモンドなどの香り。フルーティーな果実味、酸は低めでキメ細かな苦みを伴う、塩味は控えめなアフター。温度を上げすぎると緩みが出るが、日本産でこの価格帯の白ワインとしては優れている。試しにしっかり冷やしてみると、やはりバランス向上。抜栓の次の日もおいしい。誤解を恐れずに言えば、トレンティーノ・アルト・アデジェの¥2000台前半のシャルドネに似たタイプあるなぁという感じで、あとミネラルだけもう少しあれば最高。長い熟成は難しいタイプ。少し緩みはあるがこの価格ではよくできている。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール13.5%

高畠町4地区(亀岡、高畠、屋代、和田)のシャルドネ品種から、酵母や醸造方法を変えながら約11ロット(1タンク当たり=約8,000リッター)醸造します。幾重ものパターンを丹念に調合することで全く新しい“高畠クラシック”が誕生しました。
複数の酵母と醸造法が生み織りなす柑橘系の華やかなフルーティな果実のフレーバーと、躍動感ある豊かな味わいに仕上がっています。
豊穣の地“たかはた”のシャルドネ品種をふんだんに使用し、複数のロットを重ねてこそ生み出されることができる“贅沢仕立て”なワインをお楽しみください

葡萄品種:高畠産シャルドネ100%






高畠ワイナリー、高畠クラシック・マスカットベリーA’18

(山形県・辛口赤・720ml)


税別¥1619

<あと7本>

Japan Wine Challenge 2020 銅賞受賞!

アルコール13%



高畠ワイナリー、高畠クラシック・マスカットベリーA’17

(山形県・辛口赤・720ml)


税別¥1619

<売り切れ>おすすめ!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2020 ゴールド受賞!

24本完売。ありがとうございました

「2019.9月中旬に試飲しました。昔、個人的に好きじゃなかったマスカットベリーA特有のクセのある香りがなく、熟してキレイな赤い実の果実、癖のないスパイスなどのよい香り。予想以上に果実に力があり、でも無理に濃くしたというイメージではなく、酸が低すぎず、アフターもちゃんとある非常によい出来。単純に価格を超えた満足度があるだけでもすごいこと。勉強不足で申し訳ありませんでした。ありがとうございました!という感じでした」

アルコール13%

日本を代表する赤ぶどう品種であるマスカットベーリーAを主体とし、凝縮した黒い果実の味わいとタンニン分を抽出しました。また、高畠町産のメルローをアッサンブラージュすることで骨格を持たせ、より深い味わいになっております。
甘い蜜のような香りとほのかな樽香が融合し、高級感のある新しいスタイルのワインになりました。
(ワイナリーによるコメント)

マスカットベリーA93%、メルロ7%

※ラステックはMBA100%で
クラシックはMBA93%、メルロ7%のセパージュ


リアルワインガイドの常連ワイナリー!

高畠町は県内でも南部に位置し、南は福島県、東は宮城県に隣接する自然豊かな町です。高畠町は、稲作を始め「ぶどう」「ラ・フランス」など農業が盛んに行われており、中でも食味コンクール等で上位入賞をしている「上和田有機米」は、全国的にも認められたブランド米です。高畠ワインでも使用しているシャルドネ品種、デラウェア品種に関しては市町村単位では全国一の出荷量を誇り、高畠町は有機農法の先駆地として多くの方に知られています。

また、高畠ワイナリーへのアクセスの便利なJR高畠駅には山形新幹線も停車し、全国でも珍しい「温泉」のある駅としても有名です。町内には、日本三文殊の亀岡文殊堂、犬や猫を祀る「犬の宮」「猫の宮」、童話でお馴染みの浜田広介記念館など、多くの名所、旧跡が点在しており、毎年多くの観光客で賑わいを見せます。映画「スウィングガールズ」のロケ地としても知られており、今も多方面から注目を集める山形県最大の「町」です。


2/12(金)アップ~蔵出しラ・トッレ・アッレ・トルフェ’18再入荷

さらにロゼも
あのジャコモさんのお勤め先が決まりました~!



<La Porta di Vertine とのお別れ>

とても残念なお知らせです。ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネが経営破綻しました。アメリカ人オーナー夫妻の会社が倒産したため、2014年ごろからカンティーナは存続の道をさがしていたのですが、それが実ることなく、ついに終わりの時を迎えました。2006年創業し、最初の2年間に晩年の「天与の味覚をもつ偉大なエノロゴ」ジューリオ・ガンベッリの指導を受け、醸造責任者ジャコモ・マストレッタのおおらかな人柄と賢明なワイン造りの結果、キャンティ・クラッシコにおける一つの「理想というべき味わい」が誕生しました。
セルジオ・マネッティ亡きあと、往時の(最盛期の)モンテヴェルティーネを懐かしむ、優雅で奥深い味わいのサンジョヴェーゼ・ファンにとって、寂しい思いの虚ろな中に突然現れた、「親しさと高貴さをあわせもった友」なのでした。私たちは狂喜し、感激の思いを日本のワイン・ファンに伝え、かくしてラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネは日本でも瞬く間にたくさんのファンと理解者を得ることができたのです。
ラベルの文字は、ジューリオ・ガンベッリが手書きした貴重なサインです。このラベルが無くなってしまうこと自体が悲しくて、何とか別のオーナーによって、この名前とともにジャコモが醸造するワインが残る方法はないかと、私たちも世界中の熱心なファンも望みました。実際、資金力のあるファンの何人かは、カンティーナ経営の引き継ぎを申し出たのですが、様々な思惑が交錯するなかで管財人の認めるところとならず、ついに最期を迎えてしまいました。
キャンティ・クラッシコのプロフェショナルの世界では、標高が高くて昼夜の寒暖差が大きい恵まれた環境、石灰岩(shale 頁岩)がひしめく地は、何としても手に入れたい宝物のような畑でした。土壌からミネラルに富んだ味わいが生まれ、味わいの底にある冷涼感、瑞々しく心地よい酸、これぞサンジョヴェーゼと叫びたくなる味わいが、口中に美しく広がりました。
今となれば、2006年にこのカンティーナが、
これほどまでに恵まれた畑で、ジャコモとジューリオ・ガンベッリ、農学者のルッジェーロ・マッツィーリ博士の黄金チームで出発したことが、未曽有の奇跡的な事件だったのですね。私たちが、理想とも思ったキャンティ・クラッシコは、短い命を閉じてしまいました。でも我らがジャコモは健在なので、新たなサンジョヴェーゼの畑を、ジャコモという素敵な魔術師が目覚めさせてくれるのを、待ち望んでいます。短い間ながらラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネを愛してくださった方々に、ジャコモと私たちはともに、心からお礼申し上げます。
(輸入元ラシーヌさんより)












 





《 ジャコモが帰ってきた! Il Ritorno del Giacomo! 》

ジャコモさんが関わったのは’18の収穫からとのことなので、
100%関わるのは’19からとは言えそうですが、’18もおいしかった!




La Torre alle Tolfe, Chianti Colli Senesi '18 DOCG

ラ・トッレ・アッレ・トルフェ、キャンティ・コッリ・セネージ’18

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2200

<あと8本>おすすめ!
限定品!

デカンター・オンライン90点
(2019~2026年)


24本完売。
ラシーヌさんが再輸入してくれました!

「2021.2月上旬に再度飲みました。Nomacorc selectgreen300 100%recyclable。熟成スピードがゆっくりで前回よりわずかに甘旨が増したくらいの印象で、やはり価格を超えた味わい。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」



「2020.2月初旬に飲みました。Nomacorc selectgreen300 100%recyclable。基本的にキャンティ・クラシコ地区よりも標高が低いので酸がそれほど高くはないですが、凝縮感と少しの粘性、意外に長い余韻があり、癖になるアーモンド風味と程よいタンニンのコクがあっておいしい。樽は控えめで、熟した赤い実の果実とクセのないスパイスなどの香り。タンニンの質がよく、アルコールの浮きもない。同じサンジョベーゼでも合う料理が全然違うイメージ。料理にも粘性とか重心の低さが多少必要になるのかな?今のちょっと素朴な感じもとてもよいですが、今後ジャコモさんの才能が加わり、もっとおいしくなるのかと思うとわくわくしますね!抜栓直後からほとんどおいしいが、時間とともにさらにおいしくなる。抜栓の2日後まで少しずつ向上してゆく~そのままセラーの中で1回も飲まずに忘れていて2週間後に飲んだらまだ全然おいしかった!」

アルコール14%
ユーロリーフあり!


ワイナリーは敷地からもカンポ広場の鐘楼が見える、シエナからも近いトルフェ村にある。
 ワイナリー【ラ・トッレ・アッレ・トルフェ(La Torre alle Tolfe)】は、8世紀に建てられた塔(Torre)を住居やオリーブ畑、ブドウ畑が囲む、大きな農園とも小さな集落ともいえるヴィッラ(貴族の郊外の別宅)だった。ヴィッラは、現オーナーであるマニア・カステッリの曽祖父に買い取られて、現在に至る。ワイン生産を稼業としてきたわけではなかったが、マニアの祖父は特にワイン造りに凝っていたそうで、13haのブドウ畑から少量だけ、自家消費用のワインを造っていた。彼女自身は2015年、レ・トルフェへと戻ってくるまではイギリスに住んでいた。現在シエナ大学に籍を置く夫のマークは、自然保護の活動に長年携わっており、子供たちを含め一家でレ・トルフェへと移り住んだ。

 いっぽうジャコモはこの数年、ワイン造りをするべくワイナリーを探していた。ブルネッロやキアンティ・クラッシコのワイナリーからも話はあったようだが、中~長期間働いてみたいと思えるワイナリーはなかなかなかった。10年以上も心血を注いできた、ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネが閉業してからというもの、コンサルタントでもなんでも、深くワイン造りにかかわりたいと思えるようなワイナリーは簡単には見つからない。

 そんな時、当時ラ・トッレ・アッレ・トルフェで雇われていた醸造家の友人から、自分の後任にどうかという申し出を受けた。実際に訪れると、
2003年からビオロジック栽培に取り組んできたという、状態の良い畑。
1900年代にヴィッラに増築されたセラーは、使い込まれたセメントタンクを中心にしたシンプルな醸造施設。マニアとマーク夫妻は、二人とも地域の歴史に関心が深く、二人の自然を尊重しようと努めるヴィッラ運営の姿勢にもジャコモは共感を持った。

 コッリ・セネージのワインには、ガイオーレのように力強いタンニンと黒い果実味の印象がなく、柔らかなタンニンと、赤く明るい果実味が特徴的。そこにジャコモのワインらしい、酸味と垂直性をつよく感じる。
 ロザートとキアンティはほぼセメントタンク熟成。
(輸入元資料より)





すべてラシーヌ輸入の限定品!

ラシーヌさん曰く、キャンティクラシコの本命、ここにあり!!!

キャンティクラシコに関してはブルゴーニュ並みに多様性があり、それぞれ味わいが全然違います。昔に比べて上質なものが多く輸入されておりますのでぜひお試しください




上記画像の右手前の方が、才能溢れる
Giacomo Mastrettaジャコモ・マストレッタ氏




2/19(金)アップ~蔵出しデパウラ’19再入荷

この’19から自社畑100%に変わってさらに品質向上!!!


2015.4.6(月)PM
フアン・アントニオ・ポンセ氏にスペインから遥々2度目のご来店いただきました~!


 北海道に2回も来てくれるなんて感激ですね!道内のお客様にもっと買っていただかないと(笑)2年前と違って現地スペインで評価が完全に確立され、すでにリスペクトされている存在(エル・ブジなきあとのスペイン最高のレストランのひとつと言われている
『 カン・ロカ 』でも当然オンリストされているそうです!)ですが、ご本人は変わらずまじめで謙虚な感じのまま昔から扱っている日本のインポーターに対して蔵出し価格を上げてこないはず。実際円安なのにわずかしか値上がりしてないので!

 何故?クロス・ロヘンはスパイシーで、ラ・カシーリャがエレガントに感じるのか?と聞いたところ前者は粘土石灰質土壌、後者はより石灰質主体の土壌だからとの明確な答えでした

 ラ・カシーリャとエストレチャとブエナ・ピンタは特にブルゴーニュ・グラスが最適ですね?と聞いたところ、『 その通り。自分のセラーでの試飲もブルゴーニュ・タイプのグラスで行っていると 』のこと

 無名なブドウ品種ばかりなので、熟成のポテンシャルについて聞くと、まじめで適当な答えを言わないポンセさんは常に『 まだ歴史の浅いドメーヌなのでまだ十分な検証が出来ていない為、断言できない 』というようなことを言います。ただセラーに残っているラ・カシーリャ’08などは今、素晴らしくおいしくなっているとのことです

 
きわめて樹齢が高く、ペー・フェだけに限らず自根の樹が多く、超低収量、標高が高く、雨がとても少ない地域での無灌漑

 したがって収穫前以外は雨が少し多めに降った方が最終的に優れたワインとなるそうです


 何故ポンセ’13がワイン・アドヴォケイトで大絶賛され(ギィ・ア・ペニンの’13評価はまだ出ていない)、本人も今までで一番の自信作と言っているかというと、前年の冬~春に雨が非常に少なく焦っていたら、6月以降にわりと雨が降って例年よりも少し涼しかったおかげで、アルコールが少し低くとてもエレガントかつ、最高のブドウを収穫出来た自分の理想的なヴィンテージだからとのことです



2012.11.27(火)AM
フアン・アントニオ・ポンセ氏にスペインから遥々ご来店いただきました~!

 なんと収穫を除いて栽培から醸造、販売までほとんどすべてたった一人ですべてこなしているとのこと!家族経営の当店は大いに共感しちゃいます。
真面目で誠実、働き者のポンセさん。良心的な価格を含めて信用できる人物という印象で、売り方は若干不器用かも(笑)他に数年寝かすべき上級ワインもありますが、やはり自身が一番好きなワインもこの『ラ・カシーリャ』だそうです。

 テルモ・ロドリゲスの右腕として5年以上ワイン造りに携わった経験をもつ。
その時からボバル種のポテンシャルを感じていたフアン・アントニオ・ポンセ氏は
その後、故郷で組合にブドウを売り続ける父を説き伏せ、自らワインを造り始める。













(~" The 2013 wines do have a perfume and freshness that I had not seen before here, this is the best collection Ponce has produced since they started. Bravo! On top of that, basically all the wines offer at least a very good quality to price ratio. Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト217号)

2016.11月上旬
輸入元仕入れ担当者さま(これまた凄腕女性バイヤー)に聞いてみましたが、やはりブエナ・ピンタ’13は特にピノノワール的な個性であり、’15は陽気でわかりやすい個性でいずれも上質とのこと。’15は大変人気が高く、現在市場にあまり出回っていないそうです。


リアルワインガイド57号にて絶賛されました!




ポンセ、デパウラ’19

(スペイン・DOマンチュエラ・辛口赤)


税別¥1300

<あと15本>絶対おすすめ!

パーカー93点!!!
(Luis Gutierrez、2020~2024年)


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

すでに81本完売!

「2020.11月中旬に飲みました。明らかに過去最高の出来で冗談抜きで倍の価格以上の品質!果実の凝縮感と高級感はそのまま、昔より樽が溶け込んでアルコールが低くピュアかつバランスよく余韻が長いという素晴らしい出来!家庭での焼き肉やバーベキューなどにも最高。しかも濃いだけのワインじゃないので飲み飽きない。造り手の腕と努力でこの価格でこれほどのワインを造れるという圧巻の内容!抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%
ビオロジックを実践

※重要な情報!
買ったブドウのフミーリア産ではなく、自社畑のマンチュエラ産に変わりました!
明らかにおいしくなって、なんと良心的なことに価格は下がるという!!!





ポンセ、デパウラ’15

(スペイン・DOフミーリア・辛口赤)


税別¥1400

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(Delicious!、2016~2018年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト225号)


リアルワインガイド57号にて絶賛されました!88+・89+点!(今~2037年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2017.4月上旬に再度試飲しました。同じくリアルワインガイドにて絶賛されたクロス・ロヘン’15にはあるちょっと苦手なスパイス香がこちらにはない。そして同じ価格ですが当店にはこちらの方がよりお買い得に感じられる。例年より熟度と凝縮感とタンニン量があり、明らかに大幅に価格以上の品質。タンニンの質とバランスはよいので飲み頃NOW~。」



「2016.8月下旬に試飲しました。’15はポンセにしては若干ジャミーによく凝縮した豊かな果実味。タンニンの質がよく、スパイス香強すぎず非常によい出来。明らかに大幅に価格以上の品質。ファンヒルの4(クアトロ・メセス)よりさらに上質だと感じた」

アルコール14%

’15は少し新樽を使ったようです



ポンセ、デパウラ’13

(スペイン・DOフミーリア・辛口赤)


税別¥1400

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(Superb value!2015~2020年、Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト217号)

「2015.4月に試飲しました。スパイス香がきつ過ぎないのでクセがない豊かな果実香と果実味、丸いタンニン、若干低めの酸で飲みやすくわかりやすいジューシーさとフルーティーさのある銘柄。重く仕上げすぎるワインが多いフミーリアではこういった樽香のきつくないジューシーなおいしさのほうがある意味貴重。ファン・ヒルのクアトロ・メセス(金色ラベル)が好きな方はこのワインもお好みだと思われます」

アルコール%

初入荷!このワインだけマンチュエラではなくフミーリア地区です。

標高740m!

平均樹齢50年!

モナストレル100%

低収量25hl/ha

粘土石灰質土壌

ステンレスタンク醗酵

新樽不使用の600リットルのフレンチオークにて約10ヶ月熟成




2/5(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ジェローム・ガレイラン’17フィサン再入荷

蔵出し超特価ドメーヌ・ジェローム・ガレイラン’15ブラン・オランヌ














これもソシエテ・サカグチ・セレクション!!!

’12からビオロジック

’15からビオディナミ

収穫から醸造中は亜硫酸を使用しない
瓶詰時のみ最小限で添加する

ワイナート93号 2018年冬発売
にて大きく取り上げられました!

’17がMVF(旧クラスマン)2020年度版と
GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版と
VINOUS(アントニオ・ガローニ)
にて高評価されました~!




Domaine Jerome GALEYRAND, Fixin "Les Champs des Charmes" '17

ジェローム・ガレイラン、フィサン・レ・シャン・デ・シャルム‘17

特価・税別¥6500



輸入元定価・税別¥8,200

<あと7本>絶対おすすめ!
超限定品!

VINOUS 90点
(2019~2026年)


MVF(旧クラスマン)2020年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

30本完売。

「2020.8月上旬に飲みました。紫色の弱いやや明るいルビー色。上質なナチュラル&全房発酵のトップノーズがとても開いており心地よい。体感亜硫酸量も少ない。球体っぽい全体像だが、酸と骨格しっかりで、艶やかで複雑なめらか。うまみと塩を含むミネラルが豊富で余韻も長く飲み飽きない。甘い桃とチェリーのよい香りで樽は非常に控えめ。’15’16よりもここは’17の方が開くのが早いのかも?抜栓の2日後まで非常においしい。レアな火入れの和牛ランプステーキ(わさび少なめ醤油系ソース)と、骨付きチキンレッグ・コンフィ(おいしい塩)にも非常に合う。個人的により高価なジュヴレシャンベルタン・ラ・ジュスティス’17と飲み比べてこちらのほうがより好きな味だったのでこちらを買いました」

アルコール%

樹齢50年!

0.44haの所有
基本的に無濾過&無清澄




Domaine Jerome GALEYRAND, Cotes de Nuits Villages Les Retraits Comblacien VV '17

ドメーヌ・ジェローム・ガレイラン、コートドニュイ・ヴィラージュ <レ・ルトレ> コンブラシアンVV’17

税別¥10000

<あと4本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

VINOUS 91点
(2019~2032年)


MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16/20点





Domaine Jerome GALEYRAND, Cotes de Nuits Villages Les Retraits Comblacien VV '16

ドメーヌ・ジェローム・ガレイラン、コートドニュイ・ヴィラージュ <レ・ルトレ> コンブラシアンVV’16

税別¥9200

<あと17本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

ワイナート93号 92点

ワイン王国115号にてワインレポート山本昭彦さん等に絶賛される!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点!(クープ・ド・クール!!!)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2020.1月中旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。トップノーズからアフターまでナチュラルで亜硫酸少ない香りと味わい。樽は控えめ、全房発酵の香りがあり、意外にも赤い実の果実主体のよい香りで、トマト煮込み、うっすらヨード、ミネラルなどのよい香り。落ち着いたナチュラル果実感、出汁のようなうまみエキス感としっかりミネラルからのアフターのコクとグリップは強く、ワイン単体だとまだ固い。余韻自体は長い。肉と合わせるか3~4年後に開けるかがよさそうですね。抜栓の次の日も非常においしい。全く酸っぱくないナチュラル・エキス系梅シソ香と濃いオレンジジュースのようなキメ細かな苦みを伴い複雑。まだまだグリップ強い」

アルコール13%

印象的で映えるよいラベル!
滅多にラベルすら見かけることのできない入手難の逸品!

JFミュニエ、1級クロ・ド・ラ・マレシャルに隣接する南側の区画!
地質や斜面の向きまで同じだそうです。

樹齢80年!!!

0.63haの所有

手摘み、低収量、天然酵母のみ使用

昔は完全除梗派でしたが、今ではヴィンテージによって30%程度全房発酵
強すぎない抽出

新樽最大でも20%までで約16ヶ月熟成

亜硫酸最小限

あのベッキー・ワッサーマン女史も早くからこのドメーヌに目を付けていたようですね。

’15 VINOUS 88~91点

’15 パーカー89点




Domaine Jerome GALEYRAND, Marsanney La Combe du Pre '16

ドメーヌ・ジェローム・ガレイラン、マルサネ・ルージュ・ラ・コンブ・デュ・プレ’16

特価・税別¥6000



輸入元定価・税別¥7,200

<あと14本>絶対おすすめ!
超限定品!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版14/20点

「2019.4月下旬に飲みました。マルサネとしては高価であるため、タイプは違えどもシルヴァン・パタイユよりもおいしくないと買わないぞ!とハードル上げて試飲しましたが、びっくりするくらい上質だったので即買いました(笑)トップノーズは果物屋さんに入った時のようなフルーツ香があり、ピュアでややフローラルな甘すぎない赤い実主体の果実。クラシックでエレガント、冷涼感があるよい酸、予想より重心が高く、旨味とミネラルが豊富で、タンニン少なくないが質が非常によい。アフターは塩味もあるミネラルを伴いかなり長い。平均的な村名ジュヴレよりも明らかに上質なので、飲んだ後だと高くない&全く飲み飽きないおいしさ。亜硫酸の減らし方もセンス良く現実とピュアさのバランスが取れている気がする。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまだおいしいが、ごくわずかに揮発酸出た」

アルコール13%

’15 VINOUS 88~90点

樹齢40年

わずか0.3haの所有

手摘みで低収量
ビオディナミの畑

無濾過&無清澄




Domaine Jerome GALEYRAND, Bourgogne Rouge Antonin '15

ドメーヌ・ジェローム・ガレイラン、ブルゴーニュ・ルージュ・アントナン’15

税別¥4200

<売り切れ>おすすめ!
限定品!24本完売。ありがとうございました

VINOUS 88~90点
(2017~2021年、アントニオ・ガローニ)


「2019.11月末に再度飲みました。」



「2018.7月上旬に飲みました。涼しげでプチ・ジュヴレシャンベルタン的な骨格とタンニンがあり、完全に南ではなく北のコートドニュイ・ヴィラージュ的な香りと味わい。’15でもまったく酸が低くなく緩みがなくクラシック。樽も強くない。まだアフターにわずかにタンニンが残るが、まぁ大体飲み頃NOW~と言ってもよさそう。抜栓の3日後まで非常においしい。ACブルとしては高価だが、品質がCNVなので価格的にも悪くない」

アルコール%

樹齢35年

0.95haの所有

石灰質の多い土壌

ルモンタージュは行うが、ピジャージュはほとんど行わない

’02が、初ヴィンテージ

アラン・ビュルゲやロブレ・モノで働いた経験あり

ギィ・サヴォワなどの3つ星フレンチでもオンリストされている!


2/5(金)アップ~<大人気!>蔵出しドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット’15クラパス

蔵出しドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット’18プティ・パ

スペインやローヌだけではなく、南フランスにもまるでピノノワールのような超お買い得品がまだ探せば見つかります!













 


ブルゴーニュの「ダヴィド・デュバン氏」からの紹介で当店の恩人が輸入開始したラングドックは2014年に認められた新しいアペラシオン『テラス・デュ・ラルザック』を中心に涼しげエレガント&ミネラリーで中心の味付きはしっかり、まるでブルゴーニュのピノノワールのような香りとバランス、驚きの味わい!
いまさらながら南フランスがすべて暑くて完熟濃厚なわけではありません

実は4年以上前から店頭限定で好評販売中でした!

Obviously a cool climete, surprisingly elegant texture.

ユーロリーフあり!




Les vins du Pas de l'Escalette, Les Petets Pas Rouge 2018
(AOC Landoc)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、レ・プティ・パ・ルージュ’18

税別¥3000

<あと1本>絶対おすすめ!

MVF(旧クラスマン)2020年度版14/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版14.5/20点

24本完売。

「2020.5月末に飲みました。DIAM5コルク。熟した赤い実の果実と癖のないスパイス、わずかにガリグなどのピュアなよい香り。完熟の当たり年らしい熟して陽気なフルーツ感もありつつ、最終的には比較的標高が高い畑なのかな?というエレガンスが感じられ、キレイな酸とミネラルがある為に極めて良いバランス。コンディションよく、すでによく溶け込んだ丸いタンニン。ジューシーでチャーミングだがまったく単調ではなくずっと飲み続けていても飽きない。他のランドックと違うのはクラパス同様、少し低めの温度が一番おいしく感じられる部分。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13.5%

ユーロリーフあり、’18からビオディヴァンも!

グルナッシュ45%、カリニャン30%、シラー25%





Les vins du Pas de l'Escalette, Les Clapas Rouge 2015
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、レ・クラパス・ルージュ’15

税別¥3500

<あと14本>絶対おすすめ!

ジャンシス・ロビンソン16.5/20点!

パーカー88点(2017~2022年、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター・オンライン88点(NOW~2022年)


MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

152本完売!!!

3年半経過してさらにおいしくなっているはず!



「2017.9月に飲みました。最初に飲むなら絶対これ!個性とスタイルが素晴らしい上に、いかにも有機栽培で涼しい畑の強いミネラルが縦に伸びる味。縁が紫がかったやや濃いルビー色。ガリグ、黒蜜、黒胡椒、スミレ、ミネラルなどの重くないよい香り。透明感のあるピュアな全体像、エネルギーのある果実、酸とミネラル、うまみが豊富で、重心が低くなく、アフターの抜けが良い本来のエレガンスがあるシラー。特にアフターにしっかり残るミネラル感にはインパクトがあり、驚くほど上質!ブルゴーニュ愛好家におすすめしたいランドック。よくまだ無名でこれほどの造り手を探せたものですね。コンディションも素晴らしく、さすがソシエテ・サカグチ・セレクション!!!」

アルコール13.5%

粘土石灰質土壌

標高350m

石を積み上げた壁、クラパスを連想させるミネラル感を 表現した赤ワイン。シラー50%、カリニャン30%、 グルナッシュ20%のブレンド。シラーが果実や花のアロマを、 カリニャンの古木がフレッシュさを、グルナッシュが 豊満さをもたらす。

非常に濃いガーネット。ブラックペッパーやリコリスのような スパイシーな香りと、成熟したブラックチェリーのフレーバーが 心地よく調和する。充実した果実味と共にタイトに引き締まった酸味。中盤から広がるスパイシーなタッチ。 味わいの骨格を成す強いミネラル感と滑らかなタンニン。 上質な地中海ワインの要素が詰まったキュヴェ。




Domaine du Pas de l'Escalette, Le Grand Pas 2015
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、ル・グラン・パ’15

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥5400

<あと4本>超限定品!

デカンター・オンライン92点!(2018~2022年)
世界のグルナッシュ特集で上位に選出される!!!

ジャンシス・ロビンソン17/20点!

パーカー90点(2017~2023年、ワイン・アドヴォケイト230号)


Terre de Vins 17.5/20点!

MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラスさらにクー・ド・ラネ!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

アルコール13.5%




Domaine du Pas de l'Escalette, Le Grand Pas 2013
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、ル・グラン・パ’13

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥5200

<あと1本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

MVF(旧クラスマン)2016年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

「2017.9月に’13を飲みました。上級品になればなるほど凝縮感が増して重くなるというのはもう古いというか必ずしもそうとは限らない。このワインはさらに塩味が強くなり、テンションが上がり、エレガント&ミネラリーを極めている系の赤い実の果実。上質なブルゴーニュのような美しさがあり、素晴らしい個性と余韻!びっくりするくらいおいしく、ピュアで透明感とフィネスがあり、みずみずしく冷涼でうまみとミネラルに溢れる艶々なめらかさにやられました~!やさしさと複雑性が絶妙で骨格と余韻もあります。コンディションも素晴らしく、さすがソシエテ・サカグチ・セレクション!!!」

アルコール13.5%

ふたりのラングドックにおける冒険を象徴するワイン。 毎年、決まったレシピはなく、直感によって造られるが、 主体はグルナッシュ。それにカリニャンとシラーが ブレンドされ、グルナッシュの豊かな果実味に、高い標高がもたらすフィネス。

非常に濃いガーネット。完熟したプラムやブラックベリーの 香りが強いが、ペッパーやシナモンのようなスパーシーな 芳香が良いアクセントになっている。テロワールに由来するミネラルのニュアンスが強くあり豊かな表現力を持つワイン。 豊かな果実味が広がり柔らかなタンニンが心地よく、 フィニッシュにスパイスとミネラルのニュアンスを綺麗に留めて行く


1/29(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ユエ’19

41年間働いた伝説の栽培・醸造責任者がこの特別な出来’19を最後に引退!

誰もが認めるヴーヴレ最高の生産者!

ビオディナミ先駆者のひとりでもあります







 




『 ドメーヌ・ユエは、じっくりと時間をかけてビオディナミ農法を取り入れてきた。単なる思い込みや傾倒からではなく、科学者並みの実験を体系的に繰り返した結果、効果ありと期待して―つまり、これ以外に土壌の成分を丸ごとワインに活かす方法はないと確信して―導入したのである。その甲斐あって、このドメーヌのワインは収穫年の天候やワインの種類にかかわりなく、いつも卓越した品質を誇り、土壌の質の高さを物語る出来栄えとなっている! (クラスマンより) 』




なんと1988年にはすべての畑でビオディナミを導入済み!
補糖をしないので涼しい年には辛口しか造れない
培養酵母は絶対使わない



伝説の栽培・醸造責任者による最後のヴィンテージ!!!




Domaine Huet, Vouvray "Clos du Bourg" Sec 2019

ユエ、ヴーヴレ・クロ・デュ・ブール・セック’19
(ロワール・辛口白)


税別¥5500



輸入元定価・税別¥6,500

<あと18本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー97点!!!
~This is a great, age-worthy Vouvray with fine tannins and lingering salty tension and finesse. What a finish! The 2019 needs a while to gain finesse and even more complexity. The wine served from the bottle that I tasted nine days before was incredibly amazing! The 2019 is a duty for all Chenin aficionados!

VINOUS 95点!!!
~Tasted blind, Clos du Bourg might be confused with a red wine such is its feeling of volume and structure. Far from an easygoing Vouvray, Clos du Bourg is a very serious wine. I loved it. In a word: marvelous. In three words: don't miss it.

スペクテーター94点!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!

18本完売。

「2021.1月下旬に飲みました。明るいイエロー。亜硫酸少ないピュアでナチュラルなトップノーズ、日本の梨、ロエロ・アルネイスのような華やかな花束、アーモンドに厳格なミネラル、擦りおろした蜜入りリンゴ、ハーブ、梅ジュースなどのよい香り。果実味豊かで、多くの樽熟成シャルドネのふくよか厚みとは違ってすごい量の旨味エキスによる厚みが素晴らしく、上質な酸、少しのタンニン、石を舐めている系のミネラルと旨味を伴う長い余韻。キレはあるが同時に癒しの要素があるのでもう飲めてしまうが低温での管理は必要になるが、結構長く熟成できそうな構造。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい。梅ジュースのニュアンス強くなった」

アルコール13.5%

歴史的畑、表土僅か 10cm クロ・デュ・ブール
ヴーヴレイで古くから偉大な畑と言われてきた畑で壁で囲まれている。表土は非常に薄い粘土で僅かに 10cm程度しかなく、その下は 10m以上続
く石灰岩盤。葡萄樹は石灰岩盤の割れ目に根を伸ばしている。彼等の畑の中で最も痩せた畑でワインは凝縮度が高く、フィネスが出てくる。

’16 ファルスタッフ 93点




Domaine Huet, Vouvray "Le Mont" Sec 2019

ドメーヌ・ユエ、ヴーヴレ・ル・モン・セック’19
(ロワール・辛口白)


税別¥5400



輸入元定価・税別¥6,500

<あと15本>超限定品!

VINOUS 94点!!!
The 2019 Sec Le Mont is precise and beautifully cut. A wine of laser-like focus, Le Mont dazzles with its purity. ~

パーカー94+点!
~ I recommend cellaring this round yet tight and concentrated Chenin for a decade and then drinking it slowly over many years and with, hopefully, even better integrated tannins.

スペクテーター94点!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 95点!!!
(さらにクー・ド・ラネ!!!)

シュヴァリエ・モンラッシエ、サントーバン1級レミリー好きの方に是非お勧めしたい逸品!!!

’02’10は、本当に素晴らしい品質でした!

樹齢60年!

シリカと小石のミネラル感、ル・モン
粘土質が少なく、小石やシリカの含有量が「ル・オー・リュー」よりも多い。収穫は 1つの畑で3 回。状態の良い葡萄のみ手作業で収穫。発酵は古樽で野生酵母のみ。マロラクティック発酵も自然に任せるのでノン・マロラクティックの年も多い。ミネラル感に富み、若い内は閉じ気味だが熟成してから一気に変化するのがこの畑。

’17 デカンター・オンライン93点




Domaine Huet, ouvray "Le Haut Lieu" Sec 2019

ドメーヌ・ユエ、ヴーヴレ・ル・オー・リュー・セック’19
(ロワール・辛口白)


税別¥4600



輸入元定価・税別¥5,400

<あと15本>超限定品!

VINOUS 92点!
The 2019 Sec Le Haut-Lieu is classy, polished and simply impeccable.~

パーカー95点!!!
~the 2019 is possibly the finest, most delicate and elegant I've had in recent years, at least at this early stage. A terrific and buoyant Vouvray that any Chenin lover should try—or, better yet, cellar!

スペクテーター93点!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点!

表記はセックだけどこのル・オー・リュー’19は、3銘柄の中で一番甘味を感じるとコメントをいただいております!

太陽の畑オー・リュー
1928 年から続く最も古い畑で完全な南向き斜面。30cm 以上の厚い粘土層で石灰を含む。小石やシリカはほとんど無いので「ル・モン」とは反対
に若い内から華やかで開いていることが多い。栽培、醸造はどの畑も全く同じ。どっしりとした骨格で厚みのある酒質。

’16 ファルスタッフ 92点



特別な年2019
ヴーヴレイの神様ジャンベルナール引退…

ヴーヴレイを今のような地位に押し上げたのは、間違いなくドメーヌ・ユエ。そして、この伝説的ドメーヌで 41 年間ずっと栽培・醸造責任者を務めあげたのが「ジャンベルナール・ベルトン」。まさにヴーヴレイの神様とも言うべき人物で、他の造り手からの信頼も厚いんです。湿気が多く、天候に左右されやすいヴーヴレイにおいてビオディナミを導入し、他の造り手よりも遅い収穫に拘り、完熟したシュナン・ブランでしか表現できない奥深さや南国フルーツのような独特のスタイルを確立しました。
醸造においては自然醸造に拘り、各畑ごとの野生酵母のみでの発酵。発酵容器は100 年使い続けているトノー。酸素供給量が少なく、少し還元的な環境が自然に確保される事でワインは少し香ばしく、立体感を得ます。発酵に入ったら、キャップを開け閉めする程度で何もしません。発酵が止まっても何もしない。ですから、セックになるかドゥミ・セックになるかはジャンベルナール自身も解らない訳です。

自然に悩まされ、自然に守られた 2019 年

春先から気温が上がり、夏には熱波がヴーヴレイを襲い、葡萄樹は強いショックを受けます。一方で例年のような湿気はなかったので葡萄の健康状態は非常に良いものでした。ジャンベルナールはじめスタッフの丁寧な仕事により、収穫された葡萄はピュアで繊細。エネルギーに溢れ、表現力の強いものでした。
3世代続けてきたビオディナミが土壌の、そして葡萄樹の自然治癒力を高めていて、この難しい年でも自分達で健康を保ったのです。雨が少なくても葡萄は焼けず、昨年末に降った雪のお陰で地中深くにあった水分を葡萄根はしっかり吸収したのです。
驚いた事に、雨が降ったのは 10 月 13 日。全ての収穫が終わった翌日でした。自然の驚異にジャンベルナールの 41 年の経験が打ち勝ったような年だったのです。2019 年、この特別な年を最後にジャンベルナールは引退を決めました。後任はベンジャミン。16年間ジャンベルナールの下で働いてきた愛弟子。これからもジャンベルナールの世界観をユエに残していってくれるはずです。
(輸入元資料より)


全長100キロもある数百年前からの洞穴を地下熟成貯蔵庫として使っている

ビオディナミを実践

100%手摘み、自然酵母のみ使用、補糖に頼らない、ノンフィルター

除草剤、殺虫剤等の化学薬品は一切使用しない

よくワインの教本などに『 ごく一部のヴーヴレは、40年以上の熟成に耐えうるポテンシャルをもつ 』とか書いてあるのは、ほとんどこのユエの甘口のことでは?と思います。


『 伝説の造り手、ドメーヌ・ユエの歴史は1928年にガストン・ユエがヴーヴレイの「ル・オー・リュー」の畑を5ha購入した時に始まる。堅実にドメーヌの経営を行いながらも、ユエ家は合計で35haまで所有畑を拡大してきた。現在は、4つの区画、「ル・オー・リュー」「ル・クロ・デュ・ブール」「ル・モン」そして2001年に新たに購入した「ドメーヌ・ド・ヴォダニ」を所有する。

引退するまでの間にガストン氏はINAOの委員、トゥーレーヌ生産者組合会長、そしてヴーヴレイワイン騎士団評議会会長等、多くの要職を務めた。彼の醸したワインは、フランス国内のコンクールで数多くのメダルを受賞し、無名だったヴーヴレイの名をフランスのみならず全世界に知らしめた。

ガストン氏の引退後、1976年より当主となった娘婿のノエル・パンゲは、ドメーヌを引き継いで間もなくビオディナミによる栽培の可能性に注目し、一部の畑で試験的に栽培を始めた。
そして、その可能性の高さを目の当たりにした彼は、1991年より全ての畑にビオディナミを導入した。 (→※別のインポーター資料では、1988年にはすべての畑でビオディナミを導入済みと書いてあります。) トゥール市から東へ15キロほど離れた、ロワール川右岸で生み出されるのは、世界で最も高貴な葡萄品種と評されるシュナン・ブラン(別名:ピノー・ド・ラ・ロワール)。(輸入元資料より) 』


1/29(金)アップ~<※店頭販売のみ!>蔵出し平川ワイナリー’19レスプリ・ルージュ、’19ノートル・シエクル・グランド・キュヴェと’19セレーヌ・ブラン

ブルゴーニュ生産者も認める上質で骨格のある味わい!

















※下の画像は、裏ラベル。



 




ワイナート100号『日本の造り手100』にて大きく取り上げられる!

TBSドラマ『グランメゾン東京』にて
実は平川ワイナリーさんのワインが重要な役割を果たしたのでした



https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/cuisine/
(ページ下部の『第10話Quintessence』をクリック)



店頭では2年以上前から扱っておりますが、平川さんご本人に許可をいただいて今回コメントを掲載させていただいております。

オーナーであり栽培も醸造もプロフェッショナルである平川敦雄氏と運よく一緒にお食事する機会がありましていろいろ再確認できました。

生産者ご自身がレストランで自分のワインを楽しんでもらいたいという強い気持ちをお持ちの為、酒屋で買える機会がほとんどないという現状を変えるきっかけになればと勝手に考えています。経験豊かな消費者の皆様におかれましては、ご自宅でも調味料などを駆使しておいしくワインと料理をリラックスしながら楽しむというのもまた素晴らしいことで、それもまた自由!


※先入観を持たずにワインを楽しんでほしいということで基本的にブドウ品種を公表していません。





Hirakawa Winery 2019 l'Esprit Terre de Yoichi 750ml

平川ワイナリー、レスプリ’19

(北海道・余市産・辛口赤)


※店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

絶対おすすめ!

「2021.1月下旬に飲みました。DIAM10コルク。例年以上に低めの温度&ブルゴーニュグラスとの相性がよさそうな内容。上級品を格下げした’18よりよい出来に感じられ、グローバルな視点から見れば当初のポンセのブエナ・ピンタ、ペドロ・パッラ(クロ・デ・フ)のイマヒナドール、エンビナーテのタガナン・パルセラ・マルガラグアなどのようにまだ知られていない無名な地域とブドウ品種から冷涼でエレガントかつ旨味とミネラルの味付きしっかりスタイルの上質なワインが造られているという世界に誇れる内容。ワイン・アドヴォケイトのLuis Gutierrez氏に試飲して欲しいくらい。この’19に関しては絶対彼の好みでしょう。強く紫がかったやや濃いルビー色。トップノーズはガメイを連想させる甘く少し野性味のあるベリー類のキャンディ、スミレ、焼きリンゴ、控えめなスパイス、海苔のようなヨード香もわずかに感じられる。うまみとミネラルが多く、美しい酸とドライなアフター。抜栓の次の日にジューシーな果実味とうまみの面で少し向上。甘酸っぱいニュアンスもありバランスよくとてもおいしい。抽出が強くない印象の調和が素晴らしい。抜栓の2日後からさらに一気に向上!今まで飲んだ全赤ワインの中で最も強い塩ミネラルとなり、やはりこの’19は過去最高の出来だと思われる。このワインは毎年結構キャラクターが変わるのでいつもこの味とは限らない。抜栓の4日後までまったく落ちない」

アルコール12.5%

平川ファーム最上部で、最も風通しがよい区画(シングルヴィンヤード)産





Cidre de Yoichi l'Essentiel 2019

平川ワイナリー、シードル・ド・ヨイチ レソンシエル’19
(余市産・辛口シードル・750ml)


おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
王冠キャップ
店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

「2020.10月下旬に飲みました。平川さんなので激しく吹きこぼれるリスクとかはなく、揺らして移動直後に高い温度で抜栓でもしない限り大丈夫でしょう。私が抜栓した際は、少しも吹きませんでした。たまにある還元的だったり松脂臭かったりする癖が全くなく、ピュアで真面目な辛口で、キレイな酸のよいバランスで、泡の質もよくアフターもしっかりドライでサラダ類に合う。唐揚げは邪魔しない。甘旨系ではなく幅広く食事に合うし、大抵の食事は少なくとも邪魔しない食中酒。抜栓の次の日には泡が大分弱くなったがおいしい」


北海道余市産りんご100%
アルコール8.5%(原酒の一次醗酵は無補糖にて。瓶内二次醗酵方式)

2019年産のリンゴを擦り下ろして得た果汁を、空気を十分に含ませながらデブルバージュを行い、ステンレスタンクで1ヶ月醗酵させて原酒を生み出し、その後瓶内二次醗酵方式で醗酵由来の二酸化炭素を詰め込みました。りんごの風味が豊かで、しっかりとした泡とすっきりとした果実味やフレッシュ感が広がります。幅広い食との相性をお楽しみ下さい。醗酵由来の酵母が澱となっていますが品質には影響はございません。(注:品種名はラベルに記されておりません。)

品種名:りんご各種(オリジナルブレンドです。品種名はラベルに記されておりません。りんごは北海道余市産100%で、購入品です。)

理想的な温度
:5℃~8℃(これまで作ってきたシードルと比較して、泡の気圧がしっかりございますので、常温では噴いてしまいます。抜栓時はお気をつけください。)
素材との相性:寿司、お刺身全般、酢の物、揚げ物、調理した魚介類、天ぷら、野菜、豚肉、鶏肉、ガレット、様々なタイプのチーズ。さっぱりとしているので、幅広く様々な味付けのお料理と調和します。

備考:素材の生臭さが出ません。脂身が強い料理も流せるフレッシュ感を有しています。最初の抜栓時はよく冷やして、その後は温度を高めてでのサービスをお勧めいたします。
生産本数:2000本




Notre Siecle Grande Cuvee 2019

平川ワイナリー、ノートル・シエクル グランド・キュベ’19

(北海道・余市町・辛口白・750ml)


<1/28再入荷済み>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

「2020.11月上旬に再度飲みました。試しに2杯くらい飲んだ後1週間以上セラーに放置してから試してみました。結果少しやわらかくなって塩ミネラルが増したくらいのイメージでまったく落ちない。かぼちゃサラダ、漬物類に合う。鶏唐揚げはレモンとか柑橘類をかけると多少合いやすくなる。脂っぽい食事の後に口なのかをさっぱりさせる効果もとてもよく、飲み続けていて飽きない。そして酸の質が尖っていない「よいバランス」



「2020.9月中旬に飲みました。DIAM10コルク。セラー温度がベスト。グーズベリー、オレンジ、みかんの缶詰、グレープフルーツ、キウイ、ローズマリーなどのハーブ類、芝生、ミネラルなどの香りだけでうまみと塩ミネラルを連想できるややオイリーなよい香り。透明感がありみずみずしく、キレと骨格のある味わいで、うまみを伴う強い塩ミネラルが残るアフター。厚みあるがさわやかで、今すぐ開けてもおいしいが、長期熟成出来そうなタイプ。このワインの透明感と上質な酸とミネラルはドメーヌ・ルフレーヴで働いた経験が生きているのかもしれませんね。抜栓の次の日~抜栓の2日後も非常においしい。香りが少しやわらかくなった。アミノ酸量が豊富」


2019年産の白ブドウを全房でプレス掛けして得た果汁を、空気を十分に含ませながら醗酵させ、ステンレスタンクで10ヶ月間、澱と接触しながら熟成させて生まれました。グレープフルーツやオレンジ系の柑橘系の香りが芳醇で、ハーブやミネラル香が漂います。上品な酸味、ピュア感、ミネラル感のあるワインで、幅広い食との相性をお楽しみ下さい。清澄作業なし(フィルター処理あり)で瓶詰しています。少量の澱が確認できる場合がありますが、品質には影響はございません。

(注:この商品はヴァラエタルワインを目指していません。品種名はラベルに記されておりません。)

素材との相性:寿司、新鮮な魚介類(白身魚、帆立貝、生牡蠣、カルパッチョ)、調理した魚介類(鮭、ムール、ヒラメ、海老、蟹)、天ぷら、野菜(アスパラ、蕪、山菜)、豚肉(生ハム、ソーセージ、ベーコン)、シュークルート、タルトフランベ、牛肉にレモンを添えるような風味として
風味との相性:野菜やハーブが有する甘さや清涼感、山葵や生姜の辛味、海産物や豚肉の塩味と相乗します。
備考:生の海産物とともに味わう場合、素材の臭みが出ません。醤油の味わいにはあまり相乗しません。一方で、脂味を流したり、柑橘系の風味で調和させることができます。野菜の甘みや素材の持つ甘さを引き出した料理法、塩味を主体とした料理にはたいへんによく合います。




Selene Terre de Yoichi 2019

平川ワイナリー、セレーヌ テール・ド・ヨイチ’19

(北海道・余市町・辛口白・750ml)


<1/28再入荷済み>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

「2020.9月中旬に飲みました。DIAM10コルク。冷やしすぎない温度がベストだと思われる。セラー温度でもおいしい。驚くほど凝縮したライチ、洋ナシ、黄桃、バナナのネクターにバラ、香水、熟成香ではないムスク、南国系の花、うっすら杏仁豆腐?、甘苦系を含むスパイスなどの強烈トップノーズ。味わいも凝縮して厚みとエネルギー、粘性があり、平川さんの白ワインとしては少し酸が低いが、余市産白ワインとしてはもっともヴォリューム感があり重心の低さとの全体的なバランスはよく、フルーティーでかなりコクのある日本酒と共通のニュアンスがあり、完成度が高くキメ細かな苦みコクを伴い余韻が長い。¥5000前後のフランス産コンドリューやゲヴルツトラミネールのイメージもありつつ、このワインのアルザス・グランクリュを連想させる印象はツィント・フンブレヒトで働いた経験が生きているのかもしれませんね。抜栓の次の日~抜栓の2日後も非常においしい」


2019年産の白ブドウを短時間のスキンコンタクト後にプレス掛けして得た果汁を、空気との接触を避けながら醗酵させ、ステンレスタンクで10ヶ月間、澱と接触しながら熟成させて生まれました。ライチ、リンゴ、生姜、白胡椒の香りが華やかで、火打ち石のニュアンスがあります。凝縮した果実味があり、また弊社のワインの中では酸のトーンが最も低く、際立つヴォリューム感を有する辛口白ワインです。食との相性をお楽しみ下さい。清澄作業なし(フィルター処理あり)で瓶詰しています。少量の澱が確認できる場合がありますが、品質には影響はございません。

(注:この商品はヴァラエタルワインを目指していません。品種名はラベルに記されておりません。)

素材との相性:お寿司、バーニャカウダ、ヤムウンセン、香草風味の魚料理、フォアグラ、豚肉、鶏肉、鴨肉のフルーツソース、ケーク・オ・フリュイ、ウォッシュタイプのチーズ、ブルーチーズ
風味との相性:ハーブ(コリアンダーシード、クミン、タイム、大葉)や生姜、ニンニク、香草風味、フルーツソースと相乗します。

備考:後味にコクとなるほろ苦さがあります。コリアンダーシードや生姜との相性が大変に良いです。フルーツのソース、塩味を主体とした料理によく合います。






Second Vin a la mi-chemin 2019年(赤)

平川ワイナリー、スゴン・ヴァン・ルージュ ア・ラ・ミシュマン’19

(北海道・余市産・辛口赤)


幻の超限定品!~※すでに再入荷不可能!

※すべての値引き対象外となります。
店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

「2020.7月初旬に飲みました。DIAM10コルク。私個人の意見としては今はまだ飲み頃ではなく、トップノーズから中域まではナチュラルな質感としっかりした旨味とミネラルで一瞬ラシーヌ輸入の健全な自然派ピノノワール?的な風味があり好印象だが、アフターが(渋いではなく)今は苦い。平川さん本人に質問したところ、1年後には溶け込んでバランスよく向上するだろうと考えているとのことでしたので、飲み頃は2021年7月以降~なのでしよう。ぜひ寝かせてからもう1回試してみたい。セラー温度~それより1~2度低いくらいの温度がベストだろうか。紫色のないとても明るいルビー色で外観だけだとロゼワインだと思ってしまう方もいるでしょう。ゴマ、閉じた赤い実の果実、唐辛子、赤パプリカなどのまだわずかに還元的な香り。酸は低くなくパンチのある苦みコクからアーモンドのような戻り香が持続する。抜栓の次の日は向上なし。抜栓の2日後に苦みが少し溶け込んで旨味が前に出てきた。この状態なら飲み頃と言える。抜栓の3日後もおいしい。亜硫酸無添加でもまったく落ちない」

アルコール12%

無補糖、樽内MLF、ノンフィルター、
亜硫酸無添加(収穫から瓶つめまでSO2無添加のワインとなります。)

注意点
酵母は醗酵期間中に硫黄系化合物を排出するため、裏ラベルには、亜硫酸塩の表記があります。

’19のみの内容で、生産量わずか1,020本のみ!!!

品種非公開で、本来であれば素晴らしい赤ワインができる予定だったのですが、タンクの中でマセラシオンを継続できない事情が生じ、7日後にプレスがけとなりました(本来は40日ほどのマセラシオンを予定)。
フリーランはブルゴーニュの3年目の樽で7ヶ月熟成し、無濾過で瓶つめしています。SO2の添加はないため、できる限り一定の温度での保管をお願いします。
ロゼワインよりかは濃く、できる限り軽い赤ワインを目指しましたが、自社の南斜面の区画の個性が上回り、ワインの余韻の長さは有す、独自のスタイルです。
味わいのバランスはよく、ブルゴーニュワインの酒質に近いと考えています。
道の半ばで、ロゼワインを目指すことになり、最終的には赤ワインの酒質に達しましたが、色調は完全な赤ワインではなく、セカンドワインに格下げして、「ア・ラ・ミシュマン=道の途中」と名付けました。

2019産黒ブドウ100%。熟度の高い健全果のみを選りすぐり、丹精込めて醸造した2019年限定のワインです。手作業で梗を取り除き、7日間の短期のマセラシオン、無補糖、7ヶ月間の樽熟成(3年目のフレンチオーク、乳酸菌の添加なしの樽内MLF、7ヶ月間澱引きなし)を経て生まれました。淡めのルージュ、清澄剤未使用、醗酵から瓶詰時の亜硫酸無添加、ノンフィルターにて瓶詰しています。(この商品はヴァラエタルワインを目指していません。品種名の明記は致しておりません。)

料理との相性:お寿司、魚のカルパッチョ、鶏肉のハーブ焼き、鴨のベリーソース、仔羊のロースト、牛肉のサラダ仕立て



平川さんがソムリエの道からワイン造りの道へ進むことを決意したのは
余市産ケルナーのポテンシャルの高さに魅せられたことがきっかけなのです!!!


1/29(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ルー・デュモン’18&ルー・デュモン’18

蔵出しドメーヌ・ルー・デュモン’17とメゾン・ルー・デュモン’17

’17もリアルワインガイド69号にて絶賛される!

近年、少しずつ進化しております!発酵や樽も変えています。

貴重な自社畑100%のドメーヌもの入荷!!!

































 








※ついにNHK『 プロフェッショナル仕事の流儀 』に
NHK総合 2018年 18日(月)
仲田さんが出ました!!!




2018.1.22(月)仲田さん来札にて再びお会いできました!


2016.1.25(月)仲田さん来札にて再びお会いできました!

少し質感が変わってきた&おいしくなってきたと感じていろいろ聞いてみました。

全房発酵比率を少しずつ増やしている。有機栽培やビオディナミのブドウを使用する比率が増えてきている。仲田さん自身の好みも年齢とともに重すぎないエレガントでナチュラルなものに変わってきているということも理由の一つのようです。。そして奥様(ジェ・ファさん)が韓国の方であることもあり、韓国への輸出も多く大変な人気だそうで、今後自社畑をさらに買えるといいですね!



2014.12.1(月)仲田さん来札にてやっとお会いできました!


ブドウ買いのネゴシアンもの(オレンジラベル)は、基本的に毎年同じ畑(区画)のブドウを購入している

数年前にご来店いただきました韓国のお客様曰く、
『 ルー・デュモンは、韓国でも人気があり非常に有名だ。何度も飲んだことがある。おいしいよね! 』
とのことでした。嬉しいですね

’12から急に輸入元さんの在庫の動きが早くなっております!

’16は生産量が減り過ぎてドメーヌもののアリゴテを造れなかったそうです、、、




降雨量が多かった1~3月を経て、温暖な春を迎えました。5月は雷雨が目立ちましたが、カビなどの被害は拡大せずにすみました。
温暖な気候のおかげで、2007年と2011年に次いでとても早い開花となりました。
7月にも3回雷雨に見舞われましたが、幸いコート・ドール県では大きな被害は出ませんでした。
8月に入るとさらに気温が上昇し、糖度がぐんと上がりました。2018年は結果的に、年間平均気温が21世紀で最も高い年となりました。
カビや病気もなく、素晴らしいぶどうを収穫することができました。

かつて、1988、1989、1990と3年連続でグレートヴィンテージが続いたことがありましたが、2018、2019、2020はその再来か、それ以上の年になりそうです。
素晴らしいヴィンテージをぜひ体感していただけましたら幸いです。
(仲田晃司さんご本人によるコメント)




Domaine Lou Dumont, Gevrey-Chambertin La Brunelle 2018

ドメーヌ・ルー・デュモン、ジュヴレ・シャンベルタン ラ・ブリュネル’18
+ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’18
+ルー・デュモン、ラドワ・ルージュ’18


税別¥22600

<あと1セット>幻の超限定品!

※このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。





ドメーヌ・ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュVV’18

税別¥6400

<あと3本>超限定品!

※メゾンもの(ただのルー・デュモン)と最低でも1:1以上となるように同時にお買い求めくださいませ。
すべての値引き対象外となります。








ドメーヌ・ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュVV’17

税別¥6000

<あと4本>超限定品!

※メゾンもの(ただのルー・デュモン)と最低でも1:1以上となるように同時にお買い求めくださいませ。
すべての値引き対象外となります。

2012年より即ビオロジック栽培を開始(2016年に「ビュロー・ヴェリタス」認証取得済み)。

’17は、全房発酵比率50%




Lou Beatitudinem (Simon-Devaux),
<Potentia> Champagne Blanc de Noir Brut '13

ルー・ベアティトゥディネム(シモン・ドゥヴォー)、シャンパーニュ<ポテンティア>ブラン・ド・ノワール・ブリュット’13

税別¥6600

<あと1本>限定品!

この銘柄ですら人気でしばらく買えなかったのです!
’12を試飲しましたが、なかなかおいしくバランスも良かった

アルコール12%

ラベルに『 天・地・人 』表記あり

ピノノワール100%のブラン・ド・ノワール。
100%樽発酵・樽熟成。ドザージュ5g/l

セル・シュル・ウルス村の優良区画「ヴァル・シャンピニャ」産のピノノワール100%によるブラン・ド・ノワール。
粘土石灰質土壌。樹齢約45年のVV。

「ルー・デュモン」の醸造に使用した樽を一部用いて100%樽で発酵後、8ヶ月間樽熟成。ドザージュは約5g/l。

「ポテンティア」はラテン語で、「力強さ」という意味。
年間1800本の限定生産作品です。





ルー・デュモン、コルトン・シャルルマーニュ’18(辛口白)

特価・税別¥23000



輸入元定価・税別¥28,800

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!




ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’18

税別¥6000

<あと5本>




ルー・デュモン、ラドワ・ルージュ’18

税別¥4600

<あと8本>絶対おすすめ!

「2021.1月下旬に飲みました。うっすら紫がかった中程度のルビー色。プラムと熟した黒い実の果実、スパイス、鉄観音茶、うっすら革と赤身肉などのよい香り。果実味豊かだが、まったくジャミーではなく酸とミネラルが低くない。昔からは考えられないほど香りにも味わいにも非常によく樽が溶け込んでいて控えめ。中域の旨味エキスに厚みがあり充実した味付き。少しグリップ感がありつつ、タンニンの質が非常によく、コクと余韻がある非常によい出来。抜栓後3時間程度で香りが向上。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13.5%




ルー・デュモン、ラドワ・ブラン’18(辛口白)

税別¥4600

<あと1本>
初入荷の新銘柄!

「ラ・ランジー」より。平均樹齢30年。収穫量50hl/ha。
天然酵母のみを使用し、樽で一次発酵、マロ発酵。シャサン社製「グラン・ファン」の1回使用樽で16ヶ月間樽熟成。



ルー・デュモン、ペルナンヴェルジュレス・ブラン’18(辛口白)

税別¥5400

<あと5本>
初入荷の新銘柄!

「レ・ベル・フィーユ」より。平均樹齢40年。収穫量40hl/ha。
天然酵母のみを使用し、樽で一次発酵、マロ発酵。シャサン社製「グラン・ファン」の新樽40%、カヴァン社製ジュピーユ森産の2~3回使用樽60%で18ヶ月間樽熟成。




Lou Dumont, Marsannay Rouge BIO '18

ルー・デュモン、マルサネ・ルージュ・ビオ’18

税別¥5200

<あと3本>超限定品!

何故かこの銘柄に人気が集中したようで、輸入元さんで一瞬で完売!





ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュ’18

税別¥3300

<あと1本>




ルー・デュモン、ブルゴーニュ・パストゥグラン・キュヴェ・タガミ’18

税別¥2500

<あと5本>





Lou Dumont, Echezeaux 2017

ルー・デュモン、エシェゾー’17

特価・税別¥24000



輸入元定価・税別¥28,800

<あと2本>超限定品!
初入荷!

今、人気と知名度のあるコートドニュイ特級畑のブドウを売ってもらえるということだけでも凄いことかもしれませんね。

「エシェゾー・デュ・ドシュ」より。平均年齢35年。収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵。シャサン社製「グラン・ファン」の新樽で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め




ルー・デュモン、シャルム・シャンベルタン’17

お試し超特価・税別¥22000



輸入元定価・税別¥28,800

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

リアルワインガイド69号 94・95点!!!
(今~2045年)




ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’17

税別¥5900

<あと45本>絶対おすすめ!

リアルワインガイド69号 90+・91+点!
(今~2040年)

※すでに再入荷不可能!

「2020.3月中旬に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。控えめな樽のコーヒー、赤い実果実のタルト、胡椒、ミネラル、少し花などの香り。果実味もコクもあり、ちょうどよい酸でどこも尖っていないが、タンニンだけまだわずかに固い。昔よりもうまみとミネラルの量が多く広がりと伸びもありすでに充分おいしい飲み頃NOW~。緩くなく、余韻も長め。ジャン・ルイ・トラぺさんほどではないにしても少し白ワイン的な要素を含み、酸とミネラルの質がよい。時間とともに少し柔らかくなってうまみが増す。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい。抜栓の3日後もおいしい」

アルコール13%

近年ある意味これが一番おいしいと思います。




ルー・デュモン、フィサン’17

税別¥5000

<あと4本>




Lou Dumont, Marsannay Rouge BIO '17

ルー・デュモン、マルサネ・ルージュ・ビオ’17

税別¥5200

<売り切れ>超限定品!

何故かこの銘柄に人気が集中したようで、輸入元さんで一瞬で完売!

クシェ村の区画「オー・ポテ」より、「ビュロー・ヴェリタス」の認証を受けたビオロジック(有機)栽培ぶどうのみを使用。
平均樹齢30年。収穫量10hl/ha。天然酵母のみで発酵。
シャサン社製「グラン・ファン」の新樽50%、同1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成(新樽分はすべて、一次発酵も樽内で行いました)。
無清澄、ノンフィルターでビン詰め。


1/29(金)アップ~蔵出しド・モンティーユ’17

12/4(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’11タイユピエ最後の再入荷!

さらに蔵出しメゾン・ド・モンティーユ’16ブルゴーニュ・ルージュ

昔(ユベール世代)の10年以上寝かせて楽しむスタイルも素晴らしかったですが、

現在の薫り高く、エレガントでシルキー、甘美なスタイルもまた素晴らしい!














 

 

 

 



Etienne de Montille
エティエンヌさんに何度かご来店いただきました~!!!感謝感激!

函館でワイン造りを開始!!!
サンタバーバラでもジム・クレンデネン氏とワイン造りを開始するようです!

実は数年前にも来てくれたらしいのですが、運悪く年に数回しかない当店の臨時休業日にあたってしまい、まさかの会えなかったという、、、
20年以上前から扱っているので、はじめて会った気がしない。ずっと会えなかった親友にやっと会えたという感じ
品揃えをお褒めいただき(お世辞だと思うけど)、ワインをお買い上げいただきました~(笑)
PMOにはかなり気を付けているようです。
2014年のブルゴーニュ白は、大成功の当たり年であり、自信作とのことです!






北海道函館市のド・モンティーユ情報

HTBニュース 2019/7/19

函館新聞 2018/11




今回はまだ函館の自社畑ブドウではなく(植えたばかりですので)、買ったブドウを使用。
当店も次の年2019年の買いブドウ収穫お手伝いに参加させていただきました~!
畑の状態が非常によく、ブドウの質が良く、ブドウがおいしかった~!
この時はまだコロナもなく、木村農園で一緒に収穫をしたエティエンヌさんやジャックさん(シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ)、バティストさん、ベルヴューの皆様達と普通に握手したり話をしたり出来る、今思えばとても幸せな環境でした。


2020.12.5 北海道新聞朝刊にも大きく取り上げられました!


話題性が凄いので20年以上前からモンティーユを売っているのに買えなかったらどうしようと不安になりましたが(笑)何とか手に入りました~!




エティエンヌ・ド・モンティーユは、フランス・ブルゴーニュのヴォルネイ村にて約 300 年続く家族経営のワイナリー(ドメーヌ・ド・モンティーユ)の当主です。日本をこよなく愛し、1985年、に2か月に亘り日本に滞在の後、定期的に来日しています。

2015年、彼は日本各所のワイン産地を訪れ、生産者とも交流。日本におけるワインのすべての可能性だけでなく、その課題も理解し、日本のブドウ栽培ワイン醸造の発展に貢献できる共同プロジェクトについて
考えました。フランスの著名な専門家のアドバイスの下、研究を積み重ね、北海道で個性を持った高品質のワイン生産ができるという確信を得ました。

2017年 北海道庁、函館市等公的機関の援助、及びワイン生産者である佐々木賢氏の協力を得て、函館(北海道)の冷涼な気候の地に於
いて、最適のピノ・ノワールとシャルドネのブドウ品種栽培を決定。大いなる希望を胸に抱く、新世代の日本の生産者たちと協働し、エレガントなワインを生産するというド・モンティーユ&北海道プロジェクトは始動しました。

2019年、バティスト・パジェスが率いる日仏チームは、函館のなだらかな丘にブドウの木を植樹し、2023年には、そこから得たブドウによる最初のワインを生産することを目指していています。
2018~2022年の5年間に、ブリュース・ガットラヴ氏(10R ワイナリー)及び、ココ・ファーム・ワイナリーとの友好的コラボにより、
エティエンヌと彼のチームは、余市(北海道)の優良な生産者からブドウを得て、日本のブドウ醸造法を学んでいます。ぶ機会を得られます。

2023年 多くの経験者から謙虚に学び、徐々に理解を重ね、自社による函館産ワインを醸造する予定です。
数年に亘る北海道のブドウ生産の歴史を引き継いだ私たちのワインを味わうことで、この素晴らしい新世界のを共有をお楽しみくださいすることをご期待ください。

私共を支えて下さった函館、そして北海道、日本の皆様のお陰であると感謝の気持ちで一杯です。
(生産者資料より)








※いろいろなワインを同時に飲み比べるとよりよくわかるのですが、モンティーユの特に赤は、他の生産者と違う独自の個性(特にトップノーズとエキス感)があります。白も本当に素晴らしいですが、特に赤の他にない個性をぜひとも堪能していただきたいと思います。

近年、全房発酵を増やしているそうです

2005年にはムルソーの村にシェとカーヴを購入、設備も新たに陣容を整え、ヴォルネーとポマール以外の区画からのワインの生産も開始

モンティーユが多用しているDIAMコルクは、30年の熟成に耐えるDIAM30とのこと。

白ワインの早期酸化現象を避ける為にも抗酸化作用をもつ澱がたくさんできる600リットルの樽を使用し、バトナージュをほとんどしないそうです


今ではムルソーのジャン・マルク・ルーロの元妻でエティエンヌさんの妹のアリックスが2006年から白ワインの醸造責任者(ドメーヌ・ド・モンティーユとシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェすべて)。彼女は以前ボワセ・グループにて醸造を取り仕切っていた経歴を持つ才女。フランス国内に衝撃を与えた話題の映画「モンドヴィーノ」では、天才醸造家としてクローズアップされ、後に兄のエチエンヌと共にこのメゾン・ドゥー・モンティーユを立ち上げる。明らかに別格と思えるアリックスのワインには、凛とした毅然なる姿勢が伺える。口に含んだ瞬間に凛々しさを感じ取れる酒質には彼女の生き様が反映されている。



その後アリックスさんが、体調を崩してしまい
現在の醸造担当者:Jacques MONTAGNON氏
最終的な責任者は、エティエンヌさんのまま




Domaine de Montille, Vosne-Romanee 1er Cru Aux Malconsorts '12

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・オー・マルコンソール’12

超特価・税別¥34000

<あと8本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー93~95点(ニール・マーティン、
This is just superb. ワイン・アドヴォケイト210号、2013年試飲)

最新インターナショナルワインセラー95点!!!(2025~2035年、
ステファン・タンザー、2015年3月試飲)

バーガウンド・コム 92~94点!(Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版19/20点

’16を買うと税別¥43,000以上です、、、




Domaine de Montille, Pommard 1er Cru Les Rugiens Bas '10

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ポマールプルミエクリュ・レ・リュジアン・バ’10

超特価・税別¥15000

<あと4本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’16を買うと¥8,640以上値上がり致します。

最新パーカー94点(ワイン・アドヴォケイト200号)

パーカー90~92点(ワイン・アドヴォケイト194号)

最新インターナショナルワインセラー92+点!
(ステファン・タンザー、2013年3月試飲)

インターナショナルワインセラー92~94点(アントニオ・ガローニ)

バーガウンド・コム 92~94点!
(2021年、Sweet spot Outstanding!)

デカンター誌18.5/20点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17/20点

誰もが認めるモンティーユのフラッグシップ!
まだ飲み頃には到達していません




Domaine de Montille, Pommard 1er Cru Les Pezerolles '10

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ポマールプルミエクリュ・レ・ペズロール’10

超特価・税別¥11000

<あと10本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’16を買うと¥5,400以上値上がり致します。

パーカー92~94点(ワイン・アドヴォケイト199号)

最新インターナショナルワインセラー92点
(ステファン・タンザー、2013年3月試飲)

インターナショナルワインセラー92~94点(アントニオ・ガローニ)

バーガウンド・コム 91~94点!(Sweet spot Outstanding!)


≪リュジアン≫がポマールの特級、≪グラン・ゼプノ≫がアペラシオンのお手本ならぺズロールは“アウトサイダー”である。ブラインドテイスティングで当てるのは難しい。型にはまらないタイプ。フローラルな香り、微妙に赤いベリー系の果実。骨格は軽く女性的。テクスチャーは柔らか。

7年経って飲み頃に入った当たり年!







左が、ドメーヌ・ド・モンティーユ
右が、メゾン・ド・モンティーユ




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ブラン クロ・デュ・シャトー’17(辛口白)

税別¥4000

<あと7本>絶対おすすめ!

パーカー87~89点(William Kelley)

VINOUS 87~88点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 86点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

17本完売。~※さらに再入荷が決まっております!

「2021.2月上旬に飲みました。DIAM5コルク。トップノーズだけで一瞬で素晴らしい出来とわかる逸品!かなり満足度が高い!キラキラ感があり、ピュリニーモンラッシェとサントーバンが好きな方がよりお手頃に上質感を楽しめる銘柄であり、透明感がありみずみずしく上品。美しい酸とミネラル、旨味を伴う石系ミネラルと強い塩ミネラルが残る伸びのあるアフター。果実味も上品で香りに樽はとても控えめ。キレイな全体像を邪魔しない程度に厚みを出す役割をしている印象。ゴマ、リンゴ、梨、白い花、ミネラルなどのよい香り。抜栓の次の日も最高においしい。アンズ、蜜、オレンジマーマレードの香りが出て厚みとコクが増して、余韻の戻り香にオレンジマーマーレード風味が持続する。価格を考えてもかなり凄い品質!抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール13%
ユーロリーフあり!

2017年からシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェとドメーヌ・ド・モンティーユが統合したので、今後このモンティーユ・ラベルでのリリースとなります。




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’17

税別¥3900

<あと8本>おすすめ!

「2021.2月上旬に飲みました。DIAM5コルク。紫色のないとても明るいルビー色。明らかに旨薄系で例年よりタンニンの少ない飲み頃NOW~。うまみを感じる赤い実の果実、ルバーブ、ミネラルなどの香り。軽やかエレガントでほのかな甘みがあり、うまみとミネラルが豊富。熟成スピードは早そうなのでこれに色気が加わったら熟成古酒みたいなおいしさになるかも?抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%
ユーロリーフあり!




ドメーヌ・ド・モンティーユ、サントーバンプルミエクリュ・アン・レミリー’17(辛口白)

税別¥6200

<あと9本>

パーカー89~91点

VINOUS 90~92点







メゾン・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税別¥3400

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

60本完売!ありがとうございました

アルコール12.5%

こちらは買いブドウのネゴシアンものですが、例年よく凝縮してエキス感も感じられよい出来。




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税別¥3900

<あと11本>絶対おすすめ!

49本完売。~※再入荷不可能!

「2019.6月中旬に飲みました。DIAM10コルク。紫色の弱いやや濃いルビー色。このクラスでも非常によく凝縮してエキス感もあり、タンニン少なくなく、酸は低くないが丸くまだ少しだけ固いというポテンシャルが高い村名クラスの充実具合。’14のような近づきやすい華やか赤い実果実ではなく、現時点での’16は黒い実の果実香主体で、例年より中国茶と鉄サビ系ミネラルのニュアンスが強くややスパイシー。とてもキメ細かな苦みを伴うコク。余韻長めで熟成も可能。抜栓の次の日もおいしい。やはり中域に厚みある。抜栓の2日後もまったく落ちない。真の飲み頃は1年後くらいからかもしれない」

ユーロリーフあり!
アルコール12.5%

函館でワイン造り開始してからというもの、普段日本のワインにしか興味のないお客様からもモンティーユをご要望いただきまして、しばらく買えなくなっていましたが、やっと入荷できました~!!!





ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’15

税別¥3800

<売り切れ>

バーガウンド・コム 86~88点

パーカー85~87点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

VINOUS 86~88点(ステファン・タンザー)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました~※なんとすでに再入荷不可能!




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’14

税別¥3600

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86~88点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 やっぱりさすがとしか言いようがない!かなりおいしい! 』
『 どう考えてもクラスを超えている! 』などなど

すでに264本完売!!!ありがとうございました※ついに再入荷不可能となってしまいました!

「2017.9月下旬に試飲しました。無駄な濃さや樽ではない目の詰まり感、肉厚エキスとミネラルがすごい。やはり明らかに価格とクラスを超えている!」



「2017.7月に飲みました。う~ん凄すぎる。完全にクラスを超えた¥5000の満足度がある飲み頃NOW~。当店の常連様がやけに絶賛の嵐だったので、毎年おいしいとわかっているし飲む必要ないかなとも思っていましたが(笑)やっぱりすごかった!実は酸がしっかりしているもののほのかな甘みがある豊かな果実と中域のエキス感が分厚い為に、総合的なバランスが少しも酸っぱくなく、余韻が長い。タンニンもミネラルもあり、少し熟成可能。しかもまったく飽きずにアルコールの浮きゼロで杯が進みすぎるタイプ。凝縮感はあるのに何故かガブ飲みも出来てしまうバランス。抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール12.5%




Domaine de Montille, Vosne-Romanee 1er Cru Aux Malconsorts '14

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・オー・マルコンソール’14

税別¥31000

<あと5本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’15を買うと¥8,640値上がり致します。

パーカー94~96点!(ニール・マーティン、
~The palate is supple, saline on the entry with super-fine tannin, very pure and detailed with an exquisite, poised, sophisticated finish that is real Malconsorts. This is just sublime.
2019~2035年、ワイン・アドヴォケイト228号)

インターナショナルワインセラー93~96点!

バーガウンド・コム 92~95点!





Domaine Montille, Beaune 1er Cru Les Perrieres '11

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ボーヌプルミエクリュ・レ・ペリエール・ルージュ’11

超特価・税別¥7000



輸入元定価・税別¥9,500

<あと3本>おすすめ!

バーガウンド・コム 88~91点

最新VINOUS 91点!(2019~2032年、
ニール・マーティン、2019年5月試飲)

VINOUS 88点
(ステファン・タンザー、2014年3月試飲)


「2020.9月下旬に飲みました。DIAM10コルク。縁がピンクがかった中程度のルビー色。色気のある華やかな赤い実の果実香、花束、ミネラルなどのあと1歩でスーボワという非常によい香り。味わいも含め充分に飲み頃だが予想より熟成スピードが少し遅い。ボーヌ1級シジー’11より骨格があるが、グレーヴ’11よりは弱いというシャンボールミュジニィ好きに受けそうなイメージもある香りと味わいとも言えるし、昔当店でもかなり売った飲み頃に入ったメゾン・ルロワ(白キャップ)ブルゴーニュ・ルージュが好きだった方にも喜んでいただけそう。’11はハズレ年という印象しかない方はモンティーユ’11で驚いてください。青さが全くなく、弱くもなく、良い熟成感です」

アルコール12.5%

≪ペリエール≫という言葉はブドウ畑に隣接した昔の石切り場に由来する。ミネラル感があり味わい深くストラクチャーがしっかりしている。十分に開かせ、1級にふさわしい複雑味を持たせるには数年寝かせた方が良い。
(輸入元資料より)




Domaine Montille, Beaune 1er Cru Les Greves '11

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ボーヌプルミエクリュ・レ・グレーヴ・ルージュ’11

超特価・税別¥9000



輸入元定価・税別¥12,500

<あと2本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 89~92点

VINOUS 90点(ステファン・タンザー)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2015年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版17/20点

「2020.9月下旬にこの’11を飲みました。DIAM10コルク。縁がオレンジがかったやや明るいルビー色。スーボワ、赤い実果実のドライフルーツ、干しイチジク、生ハム、焼いたパン、鉄サビなどの鉱物系ミネラルなどの香り。熟成感はあるが果実に厚みがあり重心が低めで、タンニンの質がねっちょりしてグリップのある余韻が長い味わい。しっかりしつつも滑らかでシャルキュトリーに合いそう。さすがの格上1級畑!」

アルコール12.5%

’10 108本完売!!!

「2016.9月上旬に’10を試飲しました。なんとリリース直後の’09よりもお安くできました!そしておそらく過去最高の出来です!独自の華やかクリーミーで豊富なエキスを連想させる強い香り。今は赤い実の果実香主体で、すでによく溶け込んだ樽とタンニン、艶のあるエキス感が豊富な中域が分厚い果実味で、ミネラルが豊富で余韻長く上質!なめらかで深い味わい。充分に飲み頃に入っているが、当然まだ上り坂途中。予想以上に香りが開いていてびっくり。3人で試飲して全員大絶賛の1本!税別¥10,000程度、グランクリュ・クラスの満足度がある!」

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス所有の
『 ボーヌ グレーヴ ヴィーニュ ド ランファン ジェズュ 』
(税別¥11000以上!)の隣の畑で、
広い1級グレーヴの中でも特に優れた区画とのことです!

素晴らしかった’08’09ともに大人気で完売でした~!




Domaine de Montille, Volnay 1er Cru Les Taillepieds '11

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・レ・タイユピエ’11

超特価・税別¥14000



輸入元定価・税別¥18,000

<あと18本>絶対おすすめ!!

デカンター・オンライン90点

インターナショナルワインセラー90+?点
(ステファン・タンザー、2014年3月試飲)

バーガウンド・コム 91~94点
(Sweet Spot Outstanding!、2013年4月試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版17/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
24本以上完売。

3年以上経過して大分おいしくなっていると思われます!
『 感動レベルの1本だった! 』との声も多く寄せられております!
海外のお客様の多くは’11は飲まずにハズレ年だと思い込んでいてビビッて買えずにいるようですが(笑)こういった成功銘柄は飲めた方だけがわかる逸品!



「2017.9月に試飲しました。この2年前の試飲時点ですでに青さがなく、程よい凝縮感と豊富なうまみとミネラルがあり、少し固さがあるものの調和が取れ、余韻が長い飲み頃NOW~だったので今ではさらに色気が出てきておいしくなっているはず!やはりモンティーユ’11は、薫り高く青さがなく、複雑性がある非常によい出来」

アルコール%




Domaine de Montille, Volnay 1er Cru Les Taillepieds '14

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・レ・タイユピエ’14

特価・税別¥13200



輸入元定価・税別¥16,500

<あと7本>絶対おすすめ!!

VINOUS 90+点(2020~2028年、
ステファン・タンザー、2017年3月試飲)

パーカー91~93点(ニール・マーティン、2019~2035年、
ワイン・アドヴォケイト222号、2015年12月試飲)

バーガウンド・コム 90~93点
(Outstanding!、2016年4月試飲)


3年経過して大分おいしくなっていると思われます!



「2017.9月に試飲しました。2年前の時点では相当な凝縮感と大きな構造、長い余韻でしたので、そろそろ化け始めていてもおかしくないくらい?明らかにグランクリュクラスの品質で長熟も可能な逸品です!」

アルコール%


 

 


1/29(金)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・アルヌー・ラショー’16クロ・デ・コルヴェ・パジェと’13ラトリシエール・シャンベルタン

ラショーのラトリシエールは特別な区画!

リアルワインガイド65号、56号、52号、39号にて絶賛される!














↑’08からすべてこのラベル

 





さらに進化した現在のシャルル・ラショー氏
今ではビオディナミを実践、ドメーヌ・ルロワ方式の仕立て、基本的に100%全房発酵





※左がパスカル・ラショー氏、右が先日お会いできたシャルル・ラショー氏

2016.1月下旬やっとお会いできました。
(2009年のドメーヌ訪問時はパスカル・ラショーさんのみでした)
見た目がすごい若くてびっくり!と思っていたらまだ20代半ばながらもしっかり者で、説明も論理的
すでにドメーヌの中心となって仕事を年々増やしている将来有望な跡継ぎ
そもそも誰もが羨むようなすごい畑をたくさん所有していますからね

ほぼビオロジック
(’98から除草剤不使用、以降ずっと有機栽培)

手摘み

明らかに10年くらい前(リリース直後は濃くておいしくないが、長めに寝かせると高い確率で大きく化ける!)よりも樽と抽出が弱く、タンニンの質が丸い。
タンニンの量は少なくなく、かなりの複雑性を伴い、
香りと質感がピュアでナチュラルでエレガントだけど深さや骨格が犠牲になっていないという理想的なもの。
ミネラルは決して少なくないが銘柄によっては今はまだ長く有機栽培をしている畑のアフターのミネラル感とは少しだけ違う。
’12からは全房発酵比率(銘柄によって違う、全体の40~50%くらい)を増やしている。



100%蔵出し正規品、ほぼすべてラック・コーポレーション輸入、ごく一部ファインズ輸入品と豊通輸入品です。

’13はピノ・ファン以外はすべて偽造防止&並行もの対策的なキャップシールとなっております。




ARNOUX-LACHAUX, Nuits-Saint-Georges 1er Cru Clos des Corvees Pagets '16

ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・クロ・デ・コルヴェ・パジェ’16

超特価・税別¥14000



輸入元定価・税別¥20,000

<あと3本>限定品!

※この価格は二度と出ませんので、お早めにどうぞ!!!

ワイナート93号 93点!

パーカー93点
(William Kelley、2023~20540年)

VINOUS 92点(ニール・マーティン)
~Quite complex with superb persistence. Very classy.

バーガウンド・コム 89~92点

デカンター・オンライン92点


MVF(旧クラスマン)2019年度版 17.5/20点

プリウレ・ロックと飲み比べてみたいですね!

0.6haの所有
小石の多い土壌と高い樹齢のために収量は少なく、この村にしては異例なまでのミネラル感のあるワインとなる。小さな赤い実のアロマにバラを思わせるフローラルさ。口当たり優しく、キメ細かなタンニン。
(輸入元資料より)




ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ニュイサンジョルジュ’16

超特価・税別¥6300

↑34%OFF!

輸入元定価・税別¥9,500

<あと12本>絶対おすすめ!
限定品!

※再入荷すると¥1,650以上値上がり致します。
すべての値引き対象外となります。

スペクテーター93点!(2022~2038年)

パーカー89点
(William Kelley、2023~20540年)

VINOUS 90点
(ニール・マーティン、~excellent village!)

バーガウンド・コム 88~91点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

66本完売!!!

「2020.7月下旬に飲みました。7月下旬に飲みました。縁がピンクがかった中程度のルビー色。かなり艶のある華やかで複雑なトップノーズと適度なグリップ感で大幅に価格を超えた品質!ほのかに甘い黒い実と赤い実の果実、よく溶け込んだクリーミーな樽、うっすらヨード、ごくわずかにムスクを含んだ香水などのよい香り。果実味豊かで味わいにも艶とエキス感があり、うまみとミネラルが多く、タンニンが丸く、でもグリップがあり、全房発酵比率高くても酸は低くなく、余韻が長い。一般の方はラショーといえばヴォーヌロマネ!というイメージでしょうが、より高価なただの村名のヴォーヌロマネよりも明らかにこちらの方が余韻が長い。極めてよいバランスの飲み頃NOW~。抜栓の3日後まで非常においしい。ロベール・アルヌーさんがそれほどお好みではなかった方にも今のシャルル・ラショーさんの作品を必ずお試しいただきたいので、かなり価格は無理しております、、、この機会にぜひ!!!」

アルコール13%

ニュイ・サン・ジョルジュのさまざまな村名区画をアッサンブラージュ。ニュイらしい深みのある色調。ダークチェリーの果実香に甘草のヒント。タンニンは丸みを帯び、充実した味わい。
(輸入元資料より)




ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’16

特価・税別¥29800



輸入元定価・税別¥39,000

<あと3本>限定品!

※※すべての値引き対象外となります。
再入荷すると値上がり致します。
ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品

ワイナート93号 97点!!!

パーカー94+点(2026~2050年、
William Kelley、2019年1月試飲)

最新VINOUS 92点(2021~2038年、
ニール・マーティン、2018年7月試飲)

VINOUS 91~94点(ステファン・タンザー、2018年1月試飲)

デカンター・オンライン93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 93点!(Outstanding!)


Jamie Goode 94点!

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス(Coup de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点

リアルワインガイド65号 94+・96点!!!




ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ラトリシエール・シャンベルタン’13

超特価・税別¥28000



輸入元定価・税別¥37,500

<売り切れ>限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
再入荷すると大幅に値上がりいたします。
’15を買うと税別¥41,000です。

最新VINOUS 95点!!!(ニール・マーティン、
2020~2045年、2019年5月試飲


最新デカンター・オンライン93点
(2019~2035年、2019年3月試飲


最新バーガウンド・コム 93点!(Issue 61号)

バーガウンド・コム 92~94点(Issue 57号)

インターナショナルワインセラー91~93点


リアルワインガイド52号にて大絶賛される!93・96点!!!
(何年も連続でレ・スショよりも高い評価を得ています!)

Domaine Arnoux-Lachaux, Latricieres-Chambertin Grand Cru '13

三方を森で囲まれた区画で、コンブ・グリサールから流れ込む冷気のため気候は涼しく、また小石が多い。力強さと繊細さを合わせ持ち、長期熟成のポテンシャルは極めて高い。若いうちはダークチェリーの豊かなアロマと硬質なミネラルが味わいの中心。熟成に従い黒トリュフのニュアンスが生まれる。

シャルル・ラショーさん本人の説明でも東西南北のうちの3方向を森で囲まれた非常に独自のテロワールで、時間帯によって日影ができる畑があることもあって成熟スピードが遅いので、いつも収穫は最後の方となるそうです。
収穫直前の雨さえなければ、かなり複雑でハイポテンシャルな偉大なワインとなります!現にドメーヌを訪問した際の’08試飲でもスショよりこちらのほうが上質に感じた!!!

「2019.3月に’14を試飲しました。香りは閉じ気味だが、味は素晴らしく深く余韻がかなり長い。全房発酵のマイナス面など全く感じられず、派手で甘い香りも青臭さも酸不足もエグみもない。タンニンの質が非常によいので勿体ないながらもある意味もう飲めてしまう。すでに滅多にないくらいの余韻の長さがあるが、将来的な伸びしろが相当にある文句のつけようのない偉大な特級!やっぱり好きなワインだなぁ」

’14は、100%全房発酵

2008年が、初ヴィンテージ!新たに畑を購入したドメーヌもの

生産量多い年で10樽

パスカル・ラショー氏曰く、ドメーヌの自信作!!!


 

 


1/29(金)アップ~蔵出し特価レミ・スガン’15’14

飲み頃のお買い得シャンボールミュジニィ!








 


2015.8月 フレデリック・マンャン氏に札幌でお会いできました~!

ドメーヌ・ミッシェル・マンャンで栽培と醸造の責任者もこなしているまじめな仕事人です。フレデリック・マンャンの畑はまだごく一部しかビオではないが、ミッシェル・マンャンの畑は2008年以降完全に有機栽培~2012年から完全にビオに転換済みだそうです。2007年以降グランクリュ以外の新樽比率を10%に下げた(前は20~25%だった)。もともと新樽比率が低いこともありヴィンテージの個性によって新樽比率を大きく下げたり、ピジャージュを減らしたりということは基本的にしないそうです。今回はミッシェル・マンャンのワイン’07~’12を19種類試飲して、果実味を強調した早熟なスタイルではないややクラシックな造り。今後さらにミネラルが表現され、畑ごとの個性がより明確になっていきそうな予感がありました。




Remi Seguin, Chambolle-Musigny 1er Cru '15

レミ・スガン、シャンボールミュジニィプルミエクリュ‘15

超特価・税別¥10000



輸入元定価・税別¥13,000

<あと12本>限定品!

※’15は、再入荷不可能!
リリースから約4年経過してかなりおいしくなっているでしょう!

フレデリック・マニャン氏が2010年から新たに取組むワイナリー。華やかなベリー系フルーツのアロマに繊細な果実味、芯の通ったミネラル感が美しい魅惑的なワインです。

ステンレスタンク、主醗酵後オーク樽にてマロラクティック醗酵
熟成 オーク樽 14カ月(仏産、228L、新樽比率30%)
平均年間生産量 2,000本




Remi Seguin, Chambolle-Musigny '14

レミ・スガン、シャンボールミュジニィ‘14

特価・税別¥7000



輸入元定価・税別¥9,000

<あと17本>絶対おすすめ!
限定品!

※’14は、再入荷不可能!
リリースから約5年経過してかなりおいしくなっているでしょう!

「2021.1月下旬に飲みました。縁がオレンジがかってきた明るいルビー色。熟成によって色気が出て樽が溶け込んだ上品・繊細な飲み頃NOW~。熟成感があっても酸があるので全体的にさわやかな清涼感があり、小柄ながら非常によいバランスで今おいしい。あとほんの少しでスーボワになりそうな色気のある赤い実の果実、ドライフラワー気味の花束、香水などのよい香り。溶け込んだタンニン、程よい旨味感。良い意味であっさりしているので飲んでいて疲れないバランスのよいおいしさ。今時この価格で飲み頃のシャンボール買えないです。抜栓の次の日もおいしい」

アルコール13%

フレデリック・マニャン氏が2010年から新たに取組むワイナリー。華やかな香りとミネラル感に溢れたピノ・ノワール。果実味と樽感が見事に調和したワインです。

ステンレスタンク、主醗酵後オーク樽にてマロラクティック醗酵
熟成 オーク樽 14カ月(仏産、228L、新樽比率30%)
平均年間生産量 2,000本


自社畑は100%ビオディナミ

2010年に前当主であるレミ・スガン氏の健康状態が悪くなったことから、ドメーヌが売却されることとなりました。もともと所有する畑のほとんどがお隣同士で、親交の深かったフレデリック・マニャン氏がこちらの畑を購入、ワイナリー名もそのまま引き継いでワイン造りを開始しました。フレデリックで4代目となるワイナリーで、基本的にはレミ・スガンの所有している畑のブドウからワインを造りますが、フレデリックのネゴシアンとしての情報網を生かし栽培農家からもブドウを購入しています。ドメーヌとネゴシアンの中間的な存在となるフレデリック第三のプロジェクトが始まりました。 (輸入元資料より)







フレデリック・マニヤン、モレサンドニ・クール・ダルジール・ルージュ’12

特価・税別¥4800

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド50号にて高評価される!88+・89+点(今~2028年)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

84本完売!!!ありがとうございました~※再入荷不可能!

「2015.6月中旬に試飲しました。’00くらいまではかなり色が濃く、樽が強い濃いブルゴーニュでしたが、今は樽が明らかに控えめとなり少しクリーミーで程よく凝縮しているが濃くはないバランスとなっています。ミネラルの量こそそこまで強くないものの多少エキス感のある果実味でエレガント、丸いタンニンの飲み頃NOW~。価格以上の味わい」

※重要な情報



この’12の中身はすべて1級ブランシャール(本来、輸入元さんが定価を設定するとしたら税別¥11,000前後となります。)の格下げです!!!今回輸入分だけの特別なもので毎年格下げているわけではありません

その証拠としてコルクには『 Blanchards 』とはっきり表示があります。


1/29(金)アップ~蔵出しジェレミー・ユシェ’18クロ・レ・モンティス

蔵出しジェレミー・ユシェ’19シャポー・ムロン・ブラン

特に優れた畑のクリュ・ミュスカデ!上質で熟成も可能!










 

 





『~Muscadet today is one of the most exciting white wines in France, in part because the region that produces it-around the city of Nantes in the far western Loire Valley-is undergoing a renaissance: much better farming, exceptional winemaking and diligent research to precisely delineate the region’s geology. 』
WEBマガジン『Punch』にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!




すべての畑は2001年からサステーナブルな有機農法
25年以上前から化学肥料を使っていない!

ABマーク、ユーロリーフあり!




Jeremie Huchet, Chapeau Melon Blanc Vin de France '19

ジェレミー・ユシェ、シャポー・ムロン・ブラン・VdF’19

(フランス・ロワール・辛口白)


税別¥1500

<あと15本>

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

103本完売!



Jeremie Huchet, Chapeau Melon Blanc Vin de France '18

ジェレミー・ユシェ、シャポー・ムロン・ブラン・VdF’18

(フランス・ロワール・辛口白)


税別¥1500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

253本完売!!!ありがとうございました

「2019.4月上旬に飲みました。やはり実力ある造り手。もうギィ・ボサールとランドロンだけの時代ではなくなった。コンディション最上の透明感と流れ方。みずみずしさを極めており、冷涼で爽快。真夏に最強タイプで、ミネラルウォーターにレモン果汁とうまみ塩を足したイメージで小さくまとまって完成されている。旨味と塩ミネラルを伴う美しい酸が、非常に心地よく、食欲を刺激する効果とわりと幅広く実際に食事をおいしくする効果あり。たくさんのワインを経験してきた方たちは皆、シャブリとかミュスカデの本当のおいしさに気が付いて戻ってくる傾向にあります。また今のデイリーワインは選び方次第で相当楽しめる時代になっています。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12%

ブドウ品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)、ソーヴィニヨン・ブラン

土壌:花崗岩

醸造・熟成:プヌマティック空圧式プレス、温度管理、6か月シュール・リーで熟成させ、瓶詰め。

非常に表現力豊かで食欲を刺激します。花の風味、エキゾチックな果実、若々しい柑橘の香り、 緊張感がありながら柔らかい香り。春の花を想起させる香りと柑橘系の酸味を持った楽しいワインです。
(輸入元さんコメント)





Jeremie Huchet (Domaine de la Chauviniere),
Clos les Montys Muscadet Sevre et Maine <Vigne de 1914> '18

ジェレミー・ユシェ、クロ・レ・モンティス・ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ<ヴィーニュ・ド・1914>’18

(フランス・ロワール・辛口白)


税別¥2400

<あと10本>超限定品!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 92点!

アルコール12%

’17 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点




Jeremie Huchet (Domaine de la Chauviniere),
Clos les Montys Muscadet Sevre et Maine <Vigne de 1914> '16

ジェレミー・ユシェ、クロ・レ・モンティス・ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ<ヴィーニュ・ド・1914>’16

(フランス・ロワール・辛口白)


税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

WEBマガジン『Punch』“The Insider’s Guide to Muscadet”にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏が選ぶ代表的なおすすめミュスカデに選ばれる!

24本完売。ありがとうございました

「2018.8月中旬に飲みました。予想通りポテンシャルが高く、キレのある酸とミネラルで今はまだ少し固い。数年後に化ける可能性が十分にあり、温度も冷やし過ぎないほうがおいしい。オイリーなオレンジ、青りんご、ミネラル、おいしい純米酒などの香りで、シュルリー由来だと思われるうまみが凝縮しており、複雑性があり、キレと伸びがある。抜栓の次の日も非常においしい。全体的に向上した。食事側の酸が必ずしも高くなくてもオリーブオイルベースのベーコン、たまねぎ、きのこ類を使った塩パスタとかでも相乗効果が出る。和食でも合いそうですし、なんならフィッシュ・バーガーとかでも合うでしょう。抜栓の2日後もおいしい。ただし一貫して冷やし過ぎると良さが出難い。クリュ・ミュスカデ流行る可能性あり!この後出しじゃんけんコピペ時代において、誰でも簡単には真似できないジャンルであることも良い(笑)」

アルコール12%

’15 Wine Enthusiast 92点!(Editors'Choice!)

’12 パーカー91点

他にもジャンシス・ロビンソン女史、ゴーミヨ誌などでも過去に高評価されています!

葡萄:ムロン・ド・ブルゴーニュ100%
樹齢:1914年に植樹された超古木!!! 

畑・土壌:角閃岩、変斑糲岩を母岩に表土に砂岩が点在する。非常に早熟な区画で、最も早く開花します。
しかし、矛盾するようですが、“Roches Vertes(緑の岩)”と呼ばれるこの土壌は厚い果皮と、ゆっくりとした成熟によって遅い収穫をもたらします。非常に長い成熟期間は、ミュスカデの構造と熟成能力を高めます。

醸造・熟成:プヌマティック空圧式プレス、温度管理、天然酵母で15日間。
発酵後、冬の間、シュール・リーで1年半熟成させます。熟成を経て、複雑な香りが明確になり、構造が強く成長します。

特徴:エッジに緑がかった、若さを感じる淡い色調。水仙の花、湿った石を思わせる風味、ミネラルに形成された構造。透明感のある純度の高い果実味と塩味を想起させる風味を伴う長い余韻へと続きます。

クロ・レ・モンティスはグレーヌ湿原の中、南北に隆起したところに位置しています。表土は砂、シルト、岩、砂岩が多く見られます。北部は表面的で、1924年、1922年、1917年そして1914年からの古木が多く植樹されています。南部は南西向きの斜面になっており、砂とシルトからなる粘土質で “La Tache” と呼ばれる区画になります。母岩は非常に硬質な青緑色の火成岩である角閃岩と変斑糲岩です。


1/29(金)アップ~蔵出しドメーヌ・フアシェ’18

おそらくこの価格帯最高のサンセール!傑出した出来!!!






 




天然酵母、ビオディナミ・カレンダーをみて瓶詰め

ABマーク、ユーロリーフ、ビオディヴァンあり!
2000年以降ずっとビオディナミ




Domaine Fouassier, Sancerre Blanc Les Romains '18

ドメーヌ・フアシェ、サンセール・レ・ロマン・ブラン’18
(ロワール・辛口白)


税別¥3700

<近日再入荷予定>絶対おすすめ!
限定品!24本完売。

Wine Enthusiast 95点!!!
Cellar Selection2020年度 TOP40/100位!!!


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2021.正月に飲みました。’17同様驚異的なまでに価格を超えた素晴らしいワイン。香りは’17より少し甘い砂糖漬けの柑橘類の極めて心地よいニュアンスがあるが、味わいの酸とミネラルは少しも低くなく厳格かつ質が良いので飲み頃NOW~。ピュアで上質な柑橘風味の戻り香がある長い余韻。杯が進みすぎる傑出白!うっすら緑がかったやや明るいイエロー。よくもまぁこの価格でこれほどのワインが造れるものだ!!!抜栓の次の日も最高においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13.5%





Domaine Fouassier, Sancerre Blanc Les Romains '17

ドメーヌ・フアシェ、サンセール・ブラン・レ・ロマン’17

(ロワール・辛口白)


税別¥3600

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!(2020~)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

62本完売!!!ありがとうございました

「2020.1月下旬に飲みました。ピュアで透明感と強いミネラルを連想させるよい香り。上質なレモンキャンディー、ハーブ、高貴系の柑橘類から少し温度を上げると白桃、ラ・フランスの厚みのある香りもすぐに出る。果実・酸・うまみ・ミネラルいずれもしっかりしており、良質なとてもキメ細かな苦みとミネラルのアフターで、高貴な印象の柑橘類戻り香が極めて心地よい。酸とミネラルの質が素晴らしく伸びもある傑出バランスの飲み頃NOW~。アルフォンス・メロの上級品が素晴らしすぎて最近サンセールを試飲していませんでしたが、これは驚きの発見!そして数年前に試した時よりも明らかにおいしくなっている。人工的な柑橘類の香りとキレイな酸味だけの単調なソーヴィニヨンブランとは次元の違う非常に高い品質。抜栓の2日後まで最高においしい!」

アルコール13%

樹齢35~40年

シレックス土壌主体に粘土の深い土壌

ステンレスタンク醗酵~熟成

’16 ファルスタッフ 91点

’16 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点


サンセールの土壌を熟知するドメーヌ

ドメーヌ・フアシェは1742年の創設と、サンセール村では最も歴史ある家族経営のドメーヌの一つで、10代に亘りフアシェ家が守り継いできました。代々サンセールの畑で実直に畑と向き合ってきたフアシェ家の人々にとって、畑や畑が受け継がれてきた歴史、土壌との関わりは非常に密接であり、先祖から与えられた土地を礎として大切に守ることでうみ出されるワインは、他にはない個性を備えたたものになると考えています。
9代目のジャン・ミッシェルとピエールを経て、2000年からそれぞれの息子であるブノワとポールがワイン造りに加わり、有機栽培からビオディナミに転換。1980年代初頭からすでに取り入れていた区画ごとの醸造も引継ぎ、バリエーション豊かなテロワールワインを造りだしています。
(輸入元資料より)


1/8(金)アップ~蔵出しムーラン・ディッサン’15再入荷

エマニュエル・クルーズ氏が大幅に品質を上げた!





 





Moulin d’Issan '15

ムーラン・ディッサン’15
(ボルドースペリュール・辛口赤)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

96本以上完売!ありがとうございました

「2020.6月下旬に飲みました。プラム、ブラックチェリー、予想以上に上品な樽香、黒胡椒主体のスパイス、少しココナッツと鉛筆の芯などの香り。時間とともになめし皮、キノコ出汁、革、ビターチョコレート、プーアール茶などの香りも出てくる。青さのないわかりやすく凝縮しつつも重くはない飲み頃NOW~のまろやかさが心地よく、まさに『ちょうどよい濃さ』のほろ苦コクの味わい。’15としては酸が低くなく予想より冷涼感があるバランスのよさで明らかに例年以上のとてもよい出来。抜栓の4日後まで非常においしい」

アルコール13.5%

道を隔てた隣はシャトー・ディッサン(マルゴー格付け3級)、ジロンド川すぐ近くの区画!
シャトー・ディッサンの醸造チームが手掛けている!

砂利質、粘土砂利質土壌
平均樹齢30年

メルロー90%、カベルネソーヴィニヨン10%
ステンレスタンク発酵
新樽比率約25%の225リットル樽で熟成



リュット・レゾネを実践

中世のボルドーがギュイエンヌ州と呼ばれ、イギリス領であった時代(12世紀)の文献にも登場する程由緒正しきシャトー。その後幾多の所有者の変遷を経て1855年には名誉ある第3級の格付けを得るに至りました。所有する30haの畑はAOCマルゴーに適したCS65%ME35%の品種を栽培し、現代的な醸造方法で醗酵を行い新樽約50%にて18ヶ月間樽熟成を実施します。

近年は品質向上著しくマルゴーの中でも屈指のシャトーとして数えられている。香り高く、エレガントでしなやかな果実味が特徴。非常にバランスの良い味わい。

現在左岸で活躍のエリック・ボワスノ氏がコンサルタントを務めている事もこのシャトーの品質の向上に一役買っています。エリック・ボワスノ氏はラフィット、ラトゥール、マルゴーといった超一流シャトーをコンサルタントするボルドー最高の醸造コンサルタントです。コンサルタントの哲学を押し付けるやり方ではなく、それぞれのシャトーの哲学を尊重し、より良くすることをモットーとしているため、各シャトーの個性が存分に発揮されたワイン造りができると高く評価されています。

1994年には3代目オーナーとなるエマニュエル・クルーズ氏がシャトーに加わり、翌95年から大規模な投資を敢行。才能溢れる彼の手によって、
<セカンドワインの導入、畑の排水性の向上など>

シャトーは瞬く間にかつての輝きを取り戻し、毎年ワイン・アドヴォケイトやスペクテーターなどの評価誌でも高く評価されるようになりました。2013年からは資産家であるジャッキー・ロレンヅェッティ氏が共同所有者に名を連ねています。
(輸入元資料より)



2/3(水)アップ~蔵出しドラモット’12


 

 





ドラモット、シャンパーニュ・グランクリュ・ブランドブラン・ブリュット’12

税別¥10000

<あと9本>絶対おすすめ!

パーカー94+点!
(2020~2040年、、ワイン・アドヴォケイト244号)

VINOUS 94点!
(アントニオ・ガローニ、2020~2037年)

スペクテーター・オンライン91点
(NOW~2024年)

Wine Enthusiast 93点!
(Cellar Selection!、2022~)

デカンター・オンライン94点!
(2020~2030年)

バーガウンド・コム 91点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点!
(さらにクー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2021.正月に飲みました。’12もやはり素晴らしい出来!ドサージュ自体はそれほど少なくない印象なので普段の自分の好みから考えると違うと思いきや滅茶苦茶おいしい。好みが分かれにくい絶妙なラインをハイレベルでバランスよく調和して余韻も長く上質。ナッツ、少しメイプルシロップをかけたビスケット、ブリオッシュ、樹脂、アンズなどのよい香り。質のよい果実、低くない酸、骨格があり、旨味が多く、天ぷらそばにも合う。抜栓の次の日も非常においしい。つまらない安定感ではなく、常に期待通りの上質感」



※1度過去に試飲済みで素晴らしかったのですが、再度チャレンジ!

アルコール12%

2012年のキーワードは、「衝動-impetuous」です。

2008VT以降のミレジメでは、ル・メニル・シュル・オジェ、アヴィーズ、オジェ、クラマン、シュイィ、オワリー。コート・デ・ブランの6つのグラン・クリュで収穫されたシャルドネを使用した単一ヴィンテージのブラン・ド・ブラン。2012 年は、ブドウは最適な状態に成熟し、凝縮感、素晴らしい糖度、きりっとした酸を兼ね備える。まさに、偉大なヴィンテージにふさわしく、申し分のないバランス。
(輸入元資料より)


当たり年!

グランクリュ100%のシャルドネ100%

例年、強く上質な酸味によりキレがあり、残糖少なく、想像以上に長く熟成可能です!


12/31(木)アップ~蔵出し超特価ピエール・ダモワ’10クロ・タミゾ

この価格は二度と出ませんので、お早めにどうぞ!!!

蔵出し超特価ピエール・ダモワ’01

※全商品すべての値引き対象外となります。

’99以降、さらに評価を高めています!日本で過小評価されている生産者のひとり










 

他のジュヴレシャンベルタン1はこちら





Domaine Pierre Damoy, GEVREY-CHAMBERTIN CLOS TAMISOT '10

ピエール・ダモワ、ジュヴレシャンベルタン・クロ・タミゾ’10

超特別価格・税別¥18000



輸入元定価・税別¥25,600

<あと6本>超限定品!

貴重な当たり年!蔵出し正規品
この価格は二度と出ませんので、お早めにどうぞ!!!

「クロ タミゾ」はドメーヌのすぐ裏手に広がるブドウ畑で1.45haの全てを所有。村名クラスながら平均樹齢70年を超えるブドウから造られています。
この村特有のスグリやブラックチェリーを思わせる華やかな果実味と贅沢な樽香とが溶け合った、力強いながらも卓越した優雅な名酒です。
(輸入元資料より)





ピエール・ダモワ、シャぺル・シャンベルタン’01

超特別価格・税別¥32500

↑35%OFF!

輸入元定価・税別¥50,000

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!

デカンター・オンライン96点!!!
(2018~2025年、ティム・アトキン、2018年1月試飲)

バーガウンド・コム 90点


クラスマン2005年度版 8/10グラス

『 シャペル・シャンベルタン畑の約1/2弱を所有。完熟ブドウを得るために収穫はぎりぎりまで遅らせ、厳しい剪定やグリーン・ハーヴェスト、選果により収穫量を低く抑えるため、ダモワ家のワインはヴィンテージにかかわらずフィネスがあり、華麗です。シャペル・シャンベルタンは繊細でフローラルなアロマが豊か。他のジュヴレシャンベルタンのグランクリュよりもしなやかです。 (輸入元資料より) 』


 

近年、クラスマンやパーカー、ワインスペクテーター、ヴィノテーク(田崎真也氏)にて絶賛されています!

特に’04はスペクテーターで高得点連発でした!

色と果実味の濃い、やや樽の強いタイプですが、タンニンの質もよく、エキスも充実、あくまでバランスは保たれています

「基本的にはリュット・レゾネ(減農薬農法)を実践し、化学肥料や除草剤などは使用しないことで大地の力を活かし、厳しい剪定とグリーンハーヴェストなどによってかなり収穫量を抑えています。収穫は小さなケースを使っての手摘み作業を行います。30分以内に醸造所に運び込まれ、数人のグループで入念な選果を行います。

100%除梗した後、ステンレスタンク(区画別に醸造、タンク容量は15~60HL)で醸造所内の室温(約18℃)にて長めのプレマセレーションが行われます。全体での醗酵期間は約4週間(温度は高くても32℃)です。ピジャージュは必要と思われるときのみ(但し1日に2回まで)です。その後、ワインは全て木樽に移されます(アペラシオンによって30~100%の新樽を使用)。バトナージュはしません。樽熟成は16~24ヶ月。原則的に澱引きもコラージュもせず、フィルターもかけずに瓶詰めされます。(輸入元資料より)」


12/28(月)アップ~蔵出しオーレリアン・ヴェルデ’18オートコート・ニュイ・ルージュ

<※12本限定!>蔵出しオーレリアン・ヴェルデ’18シャンボールミュジニィ

抜栓直後から驚くほどおいしいこの価格帯最高峰のシャンボール!!!

’15が、リアルワインガイド58号にて絶賛されました~!

’14が、リアルワインガイド54号にて大絶賛されました~!



















 


 


’14が、リアルワインガイド54号にて大絶賛されたのは結構驚きでした!

そういえば前に飲んだのは10年近く前で、その時はかなり還元香が強く(もしかしたら当時ビオディナミ~天然酵母~SO2極小が、増え始めていた時期で現実と理想の折り合いが難しかった時期だったのかもしれません。例えばシャントレーヴさんはそのあたりの部分を絶対間違えないという信頼があります。)あまり印象が良くなかったので長らく買っていませんでしたが、完全に世代交代して醸造所を新装などの設備投資を行い、経験を積んで、大きく変わった模様です。




オーレリアン・ヴェルデ、オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ・ル・プリュレ’18

税別¥3300

<あと13本>限定品!

パーカー91点!
(2020~2030年、William Kelley)


最新スペクテーター90点(NOW)

11本完売。

こちらは甘さ控えめで心地よい酸があるはず





オーレリアン・ヴェルデ、シャンボールミュジニィ・レ・コンドゥムンヌ’18

税別¥7400

<あと3本>超限定品!

※’18はすでに再入荷不可能!!!
お一人様2本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。

’17の実績があっても割り当てわずか12本のみ、、、




オーレリアン・ヴェルデ、ブルゴーニュ・ルージュ・アン・リュトゥニエール’18

税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2020.6月中旬に飲みました。ふちがうっすら紫がかった中程度のルビー色。ピュアでナチュラルな赤い実の果実とヨードのトップノーズ。樽を感じない。味もピュアでナチュラル、旨味とミネラル豊富で太陽の年’18であってもジャミーではなく、甘旨味で最後にわずかなグリップと塩を含むミネラルが残るが決して重くなくジューシー。例年より味が少し甘く酸が丸いだけであくまでいつもと同じスタイル。タンニンはとてもキメ細かい飲み頃NOW~。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の4日後もまだおいしい」

アルコール13.5%





’17もリアルワインガイド66号にて絶賛されました!


Aurelien Verdet, Vosne-Romanee 1er Les Beaux Monts '17

オーレリアン・ヴェルデ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボー・モン’17

税別¥13000

<あと3本>幻の超限定品!

最新スペクテーター・オンライン92点
(NOW~2029年)


最新バーガウンド・コム 91点





Aurelien Verdet, Nuits-St-Georges 1er Aux-Boudots '17

オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・オー・ブドー’17

税別¥10000

<あと6本>超限定品!

最新スペクテーター・オンライン92点
(2023~2039年)


最新バーガウンド・コム 90点





オーレリアン・ヴェルデ、シャンボールミュジニィ・レ・コンドゥムンヌ’17

税別¥7400

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品! 137本完売!!!ありがとうございました
ついに再入荷不可能になりました~!

すでにお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

最新スペクテーター・オンライン94点!
(2022~2040年)


ワイナート99号 91点!
(1万円で買える!ワイナート・デイスターが選ぶ
ブルゴーニュ・ピノノワールベスト3に選ばれる!)

「2019.12月下旬に飲みました。シャンボールという名前が付くだけで高くなりがちなので最近ちょっと諦めていたなと反省して、よいものを探し続けて見つけたのがこれ!この造り手を最近試していない方は当然として、すべてのブルゴーニュ好きがかなり高い確率で驚く1本。飲む前はリアルワインガイド66号のこの銘柄に対する超絶絶賛コメントいくらなんでもやりすぎか?と思ってしまうところですが、実際に飲むと納得の内容。ただし下手したら寝かせた後よりも今が一番おいしい可能性もある?と感じた。それくらい抜栓直後のおいしさが凄まじい。うまみとミネラルが驚くほど凝縮しており、艶のある滑らか複雑でも全く重くない。クドくないがぶ飲み出来てしまうほどの傑出バランス。アルコールも低く感じられるピュア&ナチュラルな質感。完全に飲み頃NOW~。皆様驚いてください!抜栓の次の日も非常においしいが、ミネラルが前に出過ぎてある意味昨日の方がおいしかった。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%

’16 スペクテーター93点!


3/1(月)アップ~蔵出しドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴNV再入荷

12/28(月)アップ~蔵出しドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ’19’17NV

ここは基本的に赤白泡どれを飲んでもおいしい超一流生産者!

蔵出しドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ’18

蔵出しドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ’17’16


繊細な複雑性のカベルネフラン!














 






DOMAINE DES ROCHES NEUVES, SAUMUR BRUT BULLES DE ROCHE NV

ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ、ソミュール・ブリュット ビュル・ド・ロッシュ NV
(フランス・ロワール・辛口白泡)


超特価・税別¥3000

↑32%OFF!

輸入元定価・税別¥4,380

<あと26本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
22本完売。

「2021.2月初旬に再度飲みました。前回飲んでから2ヶ月経っていないのに明らかに厚みとエキス感が増して余韻が長くなった!今更ですが(特に自然派の泡ものは)やはり届いてからゆっくり休ませた方がいいんでしょうね。もともと素晴らしい質感とミネラルに粘性も加わって大幅に価格以上の高い満足度!」



「2020.12月中旬に飲みました。やや濃いイエロー。ゴマ、ミネラルのトップノーズにうっすらアンズの香りも。マルちゃん・『パリパリ無限キャベツのもと』『パリパリ無限レタスのもと』でサクッと作ったサラダに激しく合う。ワインとサラダがどっちもよりおいしくなる相性の良さ!要するに野菜がさらにおいしくなる泡ということなのでしょう。サラダと合わせると杯が止まらなくなる(笑)泡の質よく、とてもキメ細かい苦みと旨味を伴うミネラルが強く、果実があり、酸も低くない爽やかミネラリーな味わい。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい。かなりお安くしていますのでこの機会にぜひ!」

アルコール12.5%

シュナン ブラン 90%、カベルネ フラン 10%

(※年によっては共同栽培している仲間のブドウが入っている可能性あります。以前は共同栽培していたMichel Chevreさんのブドウも入っていました。)

1850年にドメーヌが設立され、ボルドー出身のティエリージェルマンはマリーと共に1991年にロワールに移り、シャルリー フコー(クロ ルジャール)を師として仰ぎ、1992年に当ドメーヌを取得しました。

平均樹齢は60年!
ビオディナミを実践

南向きの畑で3ha所有。メトード トラディショネル、3ヶ月間228L樽で熟成させた後、瓶内二次発酵。9ヶ月間瓶内熟成。ブドウの木で描かれた脳内、ユニークなエチケットが印象的。
ノンドサージュで辛口、食前酒に最適。




DOMAINE DES ROCHES NEUVES, SAUMUR BLANC L'INSOLITE '19

ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ、ソミュール・ブラン・ランソリット’19

(フランス・ロワール・辛口白)


特価・税別¥3700



輸入元定価・税別¥5,300

<あと6本>絶対おすすめ!

「2020.12月下旬に飲みました。やさしくてピュアな癒し系ナチュラル。やや明るいイエロー。あくまで上品なはちみつに漬けた青い梅、花、ミネラルなどの複雑なトップノーズ。非常にキメ細かな苦みとタンニンが溶け込んで、うまみ塩を伴う心地よいアフター。最初から最後までナチュラルな一貫性。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%

シュナンブラン100%
ビオディナミを実践

手摘み収穫、4時間かけ空気式圧搾機で圧搾。4ヶ月間1,200Lのフードルで発酵。澱と共に9ヶ月間熟成。ワイン名「Insolite(=意外・異色、の意)」の通りソミュールでは珍しいシレックス土壌。
フローラルで透き通ったスタイル。熟度の酸のメリハリがあり、すっきりとしたシャープな味わいです。




DOMAINE DES ROCHES NEUVES, SAUMUR BLANC L'INSOLITE '17

ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ、ソミュール・ブラン・ランソリット’17

(フランス・ロワール・辛口白)


特価・税別¥3800



輸入元定価・税別¥5,300

<あと10本>

Wine Enthusiast 90点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

’18 VINOUS 93点!!!

’15 デカンター・オンライン90点






Domaine des Roches Neuves, Saumur Champigny CLOS DE L'ECHELIER ROUGE '18

ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ、ソミュール・シャンピニー・クロ・ド・レシュリエ・ルージュ’18

(ロワール・辛口赤)


特価・税別¥5500

↑29%OFF

輸入元定価・税別¥7,700

<あと10本>限定品!

VINOUS 96点!!!
(2022~2043年)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!

アルコール13.5%
ユーロリーフ、ビオディヴァンあり!




Domaine des Roches Neuves, Saumur Champigny CLOS DE L'ECHELIER ROUGE '17

ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ、ソミュール・シャンピニー・クロ・ド・レシュリエ・ルージュ’17

(ロワール・辛口赤)


超特価・税別¥4000

↑なんと48%OFF!!!

輸入元定価・税別¥7,700

<あと3本>

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

Wine Enthusiast 94点!!!

MVF(旧クラスマン)2020年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点

アルコール13%
ビオディヴァン、ユーロリーフあり!




Domaine des Roches Neuves, Saumur Champigny CLOS DE L'ECHELIER ROUGE '16

ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ、ソミュール・シャンピニー・クロ・ド・レシュリエ・ルージュ’16

(ロワール・辛口赤)


税別¥5900

<あと2本>おすすめ!

ファルスタッフ 94点!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18.5/20点

2年経過してかなりおいしくなっているはず!



「2018.7月下旬に試飲しました。さすがクロ・ルジャールが修業先というナチュラルで余韻があり上質。この銘柄は涼しげで、トップノーズの華やかでピュアな赤い実の果実香が素晴らしい。落ち着いた果実味、酸とタンニンの質が非常によく、うまみとミネラルの残る清涼感がある長めのアフター。ずっと飲み続けても飽きないカベルネフランで、繊細な複雑性の飲み頃NOW~だが、寝かせるとピノノワールっぽくなりそう。かなりおいしいのですが、結構高価なのでお買い得という言葉は使えないかな」

アルコール%
ビオディヴァン、ABマークあり!

1850年にドメーヌが設立され、ボルドー出身のティエリー・ジェルマンはマリーと共に1991年にロワールに移り、シャルリー・フコー(クロ・ルジャール)を師として仰ぎ、1992年に当ドメーヌを取得しました。

手摘み収穫、選果、全除梗、16-24度で10-18日間ストッキンガーの木桶で発酵。1,200Lのフードルで熟成。表土が浅く、根が母岩に達しています。

フローラルでみずみずしいサクランボのようなフレッシュな果実味。優しいタッチできめ細かく、綺麗でピュアな酸味。旨みが凝縮しています。
(輸入元資料より)

’14 ゴーミヨ誌16.5/20点

’14 パーカー92点

’13 パーカー93点!

’13 インターナショナルワインセラー90+?点

’15 MVF(旧クラスマン)2018年度版17.5/20グラス 3つ星生産者!!!

’14 MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラス

’15 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18.5/20点 5つ星生産者!!!


12/19(土)アップ~蔵出し特価レオヴィル・ポワフェレ’14

深みと凝縮感があり、コクのあるグリップで長い余韻!




※画像は’05です。

 

 





ch Leoville Poyferre '14 (Saint-Julien)

レオヴィル・ポワフェレ’14
(サンジュリアン格付け第2級・辛口赤)


特価・税別¥10000

<近日再入荷予定>絶対おすすめ!

※あと1回同じロット&同じ特価で再入荷が決まっております。
ラック・コーポレーション輸入の蔵出し

最新パーカー93+点
(ニール・マーティン、2021~2045年)

スペクテーター93点(2020~2030年)

最新VINOUS 95点!!!
(ニール・マーティン、2018年3月試飲)

~The palate is medium-bodied with fine tannin, crisp and generous, conveying much more tension and precision than the Leoville Las-Cases. It gradually fans out in the second half with real mineralite, quite profound in the context of the vintage. Outstanding.

VINOUS 95点!!!
(アントニオ・ガローニ、2017年2月試飲)

ジェームス・サックリング 94点!

Wine Enthusiast 94点!

デカンター・オンライン92点
(2022~2038年)

ファルスタッフ 93点

Jeff Leve 94点!

RVF誌 18~18.5/20点!


MVF(旧クラスマン)2018年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

13本完売。

「2020.12月中旬に飲みました。縁が紫がかった濃いガーネット。明らかに高級感のあるトップノーズで、香りとアタックにはまるで上級のブルネッロのような深みと凝縮感がある。レーズンバター、プルーンなどのドライフルーツ気味の黒い実の果実、甘草、スパイス、カカオ率高めで砂糖控えめのビターチョコレートなどの香り。インパクトのあるアタック、かなり凝縮して熟しているが余分な甘みはなくエキス感としっかりとグリップがあり、かなり多いが質の良いタンニン。重心低めでコクがある特別な日に飲む偉大な感じがありつつ、少し上品さが残っており悪くないバランス。すぐに開けるなら温度を上げるか肉と合わせるべき。まだまだ熟成の上り坂途中。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール13.5%

’14は、CS60%, M35%, CF3%, PV2%

シャトー・レオヴィルの歴史は1638年まで遡ります。いく度の遺産分割・相続をへて(ラス・カーズ、バルトンとかつてはひとまとまりの畑でした)、1840年現在のレオヴィル・ポワフェレが誕生。1855年にはメドックのワインを対象とした格付が作成され、ポワフェレは栄えある第2級の認定を受けました。ほまれ高きアペラシオン・サンジュリアンに位置し、多様な礫質のテロワールを有するそのブドウ畑からは、芳醇かつ複雑な味わいのワインが生まれます。1920年、現オーナーであるキュヴリエ家がシャトー・レオヴィル・ポワフェレ(58ヘクタール)およびシャトー・ムーラン・リッシュ(22ヘクタール)の所有権を取得しました。ムーラン・リッシュの畑は1885年に整備され、形成年代のさらに古い礫質の台地上に地続きに広がっています。しなやかなタンニンをふくみ、若い段階から親しみやすく、サンジュリアン特有のバランスとエレガンスは健在です。
(輸入元資料より)


12/17(金)アップ~蔵出しマルゲ’14レ・ブレモンVV

10/2(金)アップ~蔵出しマルゲ’12アンボネ・ロゼ再入荷

品質の低いロゼ・シャンパーニュが多い中、この価格帯で傑出している!飽きないスタイル


話題の天才エルヴェ・ジェスタンとの共同作業









 



すべてラシーヌ輸入の限定品!

合田さん曰く、「シャンパーニュ地区はテロワールが表現されていないワインが昔は多かったが、優れた造り手が有機農法に取り組み、ミネラルやワインの芯を表現出来るようになり、優れたコンディションで日本に輸入されることでテロワールが明確に表現されるようになった」とのことです

要するに基本的に輸入するごとに有機農法の成果等が品質に反映されていく為に少しずつ品質が上がります!

2010年から馬での耕作を開始!

エコセール、デメテル、ユーロリーフ認証あり!


近年、関東の星付きレストランや高級シャンパンバーさんがこぞって採用し始めているとのことです!!!




Marguet, Champagne - Les Bermonts Grand Cru Extra Brut 2014

マルゲ、シャンパーニュグランクリュ・レ・ブレモンVV エクストラ・ブリュット’14
(辛口白泡)


税別¥12000

<あと7本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー95点!(2020~2030年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト248号)

輸入元担当者さま大絶賛の1本!


MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

「2020.12月上旬に飲みました。アンズ、蜜リンゴ、ミネラルなどの香り。ピュアさと艶があり、明らかに亜硫酸が少なく酸にキレがあり静かなエネルギーに満ちて余韻が長いワイン。普通これだけ酸が攻めていれば飲み難いものだが、強いのに何故か丸いような酸で泡が弱く、凄い量のうまみ・酸・ミネラルの三味一体バランスが素晴らしい。同じ特級畑100%シャルドネでも他とだいぶ違う個性。アフターは伸びるが縦にまっすぐではなくまろやかさを伴い長い印象。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい。さらに少し向上!」

デゴルジュマン2019年2月
デメテル、ユーロリーフあり!

品種:シャルドネ
植樹年:1952年
位置:標高120m、東向き
土壌:シルト粘土質

樽で発酵
樽(225L)で9ヶ月間熟成

アンボネの村近くの、このレ・ベルモンのテロワールの真価を知っているヴィニュロンは少なく、評価もされていない。しかしながら誰の手も加えられてこなかったこの土壌、は卓越している。一方にはローム、もう一方には粘土、そして深さ75cmにはチョークが層を重ねている。明るい色の土壌で、シャルドネの栽培地として最適だ。この1952年に植えられたブドウ樹のセレクションは素晴らしい。
ブノワ自身、このワインに秘められた若さゆえのエネルキ゛ーと抑制された力のもたらす「精度の高さ」が好きだという。ブノワにとって一目ぼれ(大変お気に入り)のワイン。穏やかにみせてエネルキ゛ーに満ちた非常に緻密な仕上がり。
(輸入元資料より)

マルゲ公式HPより
Les Bermonts 2014 Grand Cru
1881 bottles produced
Assemblage: 100% Chardonnay
Bottling: July 2015
Dosage: 0g / liter




Marguet, Champagne Grand Cru - Les Saints Remys Extra Brut 2014

マルゲ、シャンパーニュグランクリュ・レ・サン・レミー エクストラ・ブリュット’14
(辛口白泡)


税別¥13000

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー95点!
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト248号)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!(さらにクー・ド・ラネ!!!)

MVF(旧クラスマン)2020年度版17/20グラス

1960年代植樹の樹齢約50年のピノノワール100%

デゴルジュマン:2019年2月
ドサージュ:なし
瓶詰時の亜硫酸添加:15mg/l

アルコール12.5%
デメテルユーロリーフあり!

標高125m
粘土石灰質土壌
樽発酵~樽熟成

リュー・ディー・シリーズは、シャンパーニュ・マルゲの本拠地であるアンボネの丘にある単一畑で、樹齢も古く、ブノワ・マルゲにとっても特に重要な畑ばかり。

レ・サン・レミーはアンボネの丘の中腹に位置する。アンボネは、実はシャルドネに適した土壌が多いが、表土が厚く粘土質の強い、赤品種の果実味を引き出せる土壌なのでピノノワール100%。




Marguet, Champagne Grand Cru - Ambonnay Rose Extra Brut 2012

マルゲ、シャンパーニュグランクリュ・アンボネ <ロゼ> エクストラ・ブリュット’12
(辛口・ロゼ泡)


税別¥9000

<あと14本>絶対おすすめ!
限定品!

MVF(旧クラスマン)2019年度版16.5/20グラス

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2020.8月下旬に飲みました。亜硫酸極少だが健全でピュア。梅やアンズ、ミネラルなどの素朴な印象もある香り。味わいはエネルギーとエキス、梅っぽいしっかりした伸びのある酸と余韻がある。派手さはない分わずかに好みが分かれるかもしれないが非常によいワイン。冷やしすぎないほうがおいしい。抜栓の次の日も非常においしい」

シャルドネ57%、ピノノワール43%

デゴルジュマン:2018年2月
ドサージュ:なし
瓶詰時の亜硫酸添加:なし

アルコール12.5%
ユーロリーフあり!

標高130m、南東向き
粘土質土壌
樽発酵~樽(225リットル)で9ヶ月熟成

アンボネ村にある複数の土壌の違う畑のブレンド。アンボネ村のテロワールを可能な限り忠実に表現しようとした作品。また、それを可能にするのは1975年より前に植えられた古木だから出来ることでもある。同じ村の畑でも大きく異なるテロワールのハーモニーが感じられるキュヴェ。






ワイナート48号でもエルヴェ・ジェスタン氏が大きく取り上げられています

「世界には、フランスよりブドウ栽培に適した気候に恵まれたところがいくつもある。とすれば、シャンパーニュの生き残る道は、最上のクオリティを造りだす以外にない。なのに、メゾンはラベルやパッケージにばかりお金をかける。実際シャンパーニュは、生産工程そのものに大変コストがかかることを、もっと市場が理解してほしい。‘‘コストにふさわしいビンの中身‘‘を作らなければいけない。そのために、私の魂がここにあるシャンパーニュの地で、勇気ある造り手たちと情熱を共有しながら、仕事をしたいと思っているのです。(エルヴェ・ジェスタン)」


ミッシェル・ロランなどと違って、ビオディナミによってミネラルを表現するタイプのようですので、コンサルタントといっても関わった造り手が皆、似たような味わいになるといったようなマイナス面はなさそうですね


平均樹齢38年

全てのリューディで、クロード・ブルギニョンの協力を得て仕事をしている。ビオディナミ農法で育てられたセレクションマッサルの苗木を使用。近年より馬での耕作を開始。醸造は小樽、中樽、フードルを使用して100%自然発酵、長期間シュールリで熟成、全ての作業段階でSO2の添加は無しか極々微量。ワインは一貫してNaturopathie(ホメオパシーのもじりと思われる)、リキュールは全てのジェロボアム瓶で保管、ドザージュは全てのキュヴェでExtra Brutの範囲。
(輸入元最新資料より)


12/6(日)アップ~蔵出しマルキ・ダンジェルヴィーユ’18

’17もリアルワインガイド69号にて絶賛される!

色は薄いが、味わいは非常に深い!最上のヴォルネイ

リアルワインガイド69号、61号、57号、53号、40号、36号、33号、28号などで絶賛されました!

※ペリカン以外の全銘柄がすべての値引き対象外となります。

      


2016.3.30(水)フィネス主催3大ドメーヌ(マルキ・ダンジェルヴィーユからギョーム・ダンジェルヴィーユ氏と今回は奥様も、ジョルジュ・ルーミエからクリストフ・ルーミエ氏、メオ・カミュゼからジャン・ニコラ・メオ氏)来日試飲会にて再び会ってきました~。フィネスさんありがとう!!!必ず恩返しします(笑)
ギョームさんは、相変わらずの紳士。絶対に人の悪口とかは言わない方(笑)でもワインの説明になると熱い。
リアルワインガイド53号に写真が載っているフランソワ・ディディエ氏とともにワイン造りを行っています。
すべてのワインが高品質!

2006年から毎年25%の割合でビオディナミに移行
2009年から100%ビオディナミ


『 科学的説明はできないが、ビオディナミを実践してからブドウの樹自体が病害に強くなった、そして
よりピュアで純度が高まり、エネルギーを感じるように変わったように思う。
ブルゴーニュの土地・畑は本当に大切なものなので本来の自然な姿が理想的。
自分の手の届く範囲内の規模でベストを尽くすことに尽きる!
(ギョーム・ダンジェルヴィーユ氏本人談) 』


2011.11.28(月)フィネス主催3大ドメーヌ(マルキ・ダンジェルヴィーユからギョーム・ダンジェルヴィーユ氏、ジョルジュ・ルーミエからクリストフ・ルーミエ氏、メオ・カミュゼからジャン・ニコラ・メオ氏)来日試飲会にて。10年に1度あるかないかの貴重な機会を設けていただいたフィネスさんには大感謝です!!!



 

 

 

 

当店扱いのマルキ・ダンジェルヴィーユは(ジュラのペリカンを含め)すべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ブルゴーニュ・パストゥグラン’18

特価・税別¥3800

<あと5本>超限定品!

バーガウンド・コム 86~89点!(Outstanding Top Value!)




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’18

税別¥5700

<あと2本>超限定品!

パーカー86~88点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87~89点(Outstanding Top Value!)





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ’18

特価・税別¥11000

<あと3本>超限定品!

パーカー91~93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 90~92点





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・フルミエ’18

税別¥14500

<あと22本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー92~94点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)


※すでに再入荷不可能!

「2021.1月中旬に飲みました。よい生産者はどんな年にもその年の個性を生かしたよいワインを造るというよい例だと思います。健全で熟したブドウが手に入ったので例年より亜硫酸を減らして全房醗酵比率を上げてナチュラルかつ酸とミネラルが低くならないように仕上がったというようなイメージで相当美味しい。1級シャンパン’17よりもナチュラルよりの香りと味わい。乳酸のリンゴ入り・ヨーグルトの香りもごくわずかに感じられる。完熟で果実味豊かだけれどもピュアでフレッシュで酸が低くなく旨味エキスが多く、トップノーズ・アタックから中域までは飲み頃NOW~のようでいて最後にグッとコクが来るので真の飲み頃はまだ先かな?という’18にありがちなパターン。いつもながら他が輸入したマルキ・ダンジェルヴィーユとはまるで違い美しい酸とキレイな赤い実果実+リンゴの清涼感が感じられ食欲が増すイメージ。生き生きとしており、ピュアに流れる。長い余韻。抜栓の次の日も非常においしい。甘い赤い実果実のフルーツガム香が出て、さらに旨味エキスの厚みが増した!お客様にマルキ・ダンジェルヴィーユ’18もの凄いよ!と言われて飲んでみたのですが、相変わらず皆さん試飲能力高過ぎ(笑)抜栓の2日後も最高においしい」

アルコール13.5%




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・カイユレ’18

税別¥19000

<あと3本>超限定品!

パーカー92~94点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91~94点(Sweet Spot Outstanding!)


実はこの畑のみ2012年から新たに購入した樹齢約60年の区画も混ざているので少しリッチでまろやかになっています!




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・タイユピエ’18

税別¥19000

<あと3本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。全ての値引き対象外となります。
他のマルキ・ダンジェルヴィーユ(どれでもOK)と最低でも1:1以上になるようにお願い致します。

パーカー93~95点!(William Kelley)

バーガウンド・コム 92~95点!(Don't Miss! Outstanding!)





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・シャンパン’18

税別¥19000

<あと6本>超限定品!

最新パーカー93+点
(William Kelley、2028~2055年!)


パーカー92~94+点(William Kelley)

バーガウンド・コム 92~94点(Sweet Spot Outstanding!)





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・クロ・デ・デュック’18(モノポール)

税別¥28000

<あと3本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。全ての値引き対象外となります。
他のマルキ・ダンジェルヴィーユ(どれでもOK)と最低でも1:1以上になるようにお願い致します。

入荷できない年が増えており、もはや幻レベルの入手難銘柄となっていました、、、

最新パーカー95点!
(William Kelley、202~2060年!)

~If d'Angerville's 2018 Champans is a fine example of the year, the Clos des Ducs by contrast transcends it.

パーカー94~96点!(William Kelley)

バーガウンド・コム 93~95点!(Don't Miss! Outstanding!)



 


1/28(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ベルトー’18オートコート再入荷

数が減り、超入手難!

進化しただけではなく、ラインナップも増えて要注目!フィサンの女神!

リアルワインガイド63号、59号、55号、51号にて高評価される!














 



シャントレーヴのお二人からもアメリー・ベルトーさんは大変実力のある若手だと聞きました!さらにワイナート78号『 ブルゴーニュ注目の造り手12 』でも掲載!

シャントレーヴさん等と同様、ブルゴーニュの新しい流れの主流として活躍を期待してしまいますね!


『 フィサン村は長らく旗艦となるドメーヌを渇望していました。そして今、アメリーの手によって、ベルトーがフィサンを牽引するドメーヌへと戴冠するのです 』。(Wasserman Reportより)





※当店扱いのドメーヌ・ベルトーは100%オルヴォー輸入のコンディション抜群蔵出し正規品です。すでにほぼすべての銘柄が再入荷不可能!


輸入元さんによるアメリー・ベルトー女史初来日レポート


http://www.orveaux.co.jp/blog/2015/04/16/3870



ちょっと擦れただけですぐに破けるラベルなので、出来るだけ気をつけます。下手したら縦入れ段ボールからシュッと出すときに破ける、、、



’17は、二コラ・フォールが栽培を手伝うようになった最初の年。
全体的に少し値下がり!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!


’18もリアルワインガイド72号にて絶賛される!




ドメーヌ・ベルトー、ブルゴーニュ・レ・プリエール’18

税別¥2900

<あと5本>超限定品!




ドメーヌ・ベルトー、オートコートドニュイ・ルージュ’18

税別¥3300

<あと9本>絶対おすすめ!
限定品!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 92点!!!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
27本完売。

「2021.正月に飲みました。うっすら紫がかった中程度のルビー色。キレイな赤い実の果実香主体で、他の’18とは違って例年通りのまったく低くない酸とミネラルで緩くなく、しかも飲んでいるうちに徐々に旨味が増してゆく。明らかに価格以上に上質かつ良いスタイルで、リアルワインガイド72号の評価が今回は低く感じられたほど!ほぼ溶け込んだ控えめな樽、すでに落ち着いた果実味、タンニンの質も非常によくとてもおいしい。抜栓の次の日からさらに向上して艶感まで出て、旨味が増したことで中域も向上。抜栓の5日後までまったく落ちない!」

アルコール13.5%



Domaine Berthaut, Fixin Blanc Champs des Charmes '18

ドメーヌ・ベルトー、フィサン・ブラン・シャン・デ・シャルム’18(辛口白)

特価・税別¥4700



輸入元定価・税別¥6,000

<あと4本>

VINOUS 88点(ニール・マーティン)

葡萄:シャルドネ
畑・土壌:沖積層の深い石灰質
樹齢:2009年に植樹。




ドメーヌ・ベルトー、フィサン・レ・クロ’18

税別¥5000

<あと4本>超限定品!

バーガウンド・コム 87~90点

ブルゴーニュ・オージョルディー16/20点





ドメーヌ・ベルトー、フィサン・レ・クレイ’18

税別¥5500

<あと5本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87~90点

ブルゴーニュ・オージョルディー18/20点!!!





ドメーヌ・ベルトー、フィサンプルミエクリュ・アルヴレ’18

税別¥9000

<あと4本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87~89点

ブルゴーニュ・オージョルディー18.5/20点!!!





ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ジュヴレシャンベルタン’18

税別¥6700

<あと7本>限定品!

ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点!



ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ジュヴレシャンベルタン・クロ・デ・シェゾー’18

税別¥7200

<あと3本>超限定品!




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・カゼティエ’18

税別¥13000

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

割り当て2本のみ、、、




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・ラヴォーサンジャック’18
+ジュヴレシャンベルタン’18


税別¥21700

<あと1セット>幻の超限定品!

まさかの割り当て2本のみ、、、

この畑は分益小作制度の契約

1973年に植樹

斜面上部に位置する畑




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ヴォーヌロマネ’18

税別¥8400

<あと8本>超限定品!

VINOUS 88~90点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding Top Value!)

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点


’13は驚くほどのおいしさでした~!!!

ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!新ラインナップ!

1級畑クロ・デ・レアから地続きのレ・レアを含む2区画

平均樹齢60年!




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’18

税別¥16000

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点

樹齢70年!

ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・プラント’18

税別¥13000

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

VINOUS 88~90点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~92点


樹齢70年!

ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!

まさかの割り当て1本のみ、、、




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、クロ・ヴージョ’18

税別¥22000

<あと3本>超限定品!

VINOUS 92~94点!(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~93点

ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点


ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!

わずか1樽のみの生産!

わずか0.06haの所有




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・プティ・モン’18+フィサン’18

税別¥19500

<あと3セット>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。

ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!

特級畑リシュブールの斜面上部に位置する、ヴォーヌロマネで最も美しい1級畑

わずか0.1haの所有




※下記は全て輸入元資料より。


栽培:ブドウは、ビオロジックの考えに基づいた理性的な方法で栽培します。
テロワールを尊重した安定した土壌のもとで栽培されています。

殺虫剤の使用は制限を設け、土には、化学薬品を使っていません。除葉、グリーンハーヴェストによりブドウの成熟が最適になるように風通しを良くしています。

醸造:厳しい選果の後、最小限の手数でコンクリートタンクで発酵させます。
約5日間の低温マセラシオン。天然酵母で発酵。

1日2回のルモンタージュ、発酵の最終段階でピジャージュして優しく抽出。
約5日間のポスト・マセラシオン(発酵後浸漬)

ほぼ全てのワインは1,500~3,000リットルの大樽(フードル)でマロラクティック発酵。春に樽に移します。

新樽はほとんど使用せず、最大で24か月と比較的長い熟成期間を要します。


6/19(金)アップ~蔵出し超特価プティ・ムートン’16

蔵出し正規品シャトー・ラグランジュ’16

過去最高の出来かもしれないと言われております!!!












※’16から微妙にラベルデザイン変更あり。







Petit Mouton '16 (Pauillac)

プティ・ムートン’16

(ポーイヤック・辛口赤)


超特価・税別¥26000



輸入元定価・税別¥39,900

<あと2本>

※再入荷すると最低でも¥6,600以上大幅に値上がり致します。
二度とこの価格では売れないでしょう。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

ファルスタッフ 94点!!!

ジェームス・サックリング 95~96点!!!

最新パーカー93点!
(2021~2041年、Lisa Perrotti-Brown)

デカンター・オンライン94点!!!

最新Wine Enthusiast 92点

最新VINOUS 92点(ニール・マーティン、2020年8月試飲)

VINOUS 93点!
(ニール・マーティン、2022~2040年、2019年1月試飲)

最新VINOUS 94点!!!
(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

スペクテーター・オンライン92点
(2022~2035年)

Jeff Leve 94点!!!


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点!!!

セカンドへの評価とは思われない、凄まじい高評価となりました!!!





Chateau Margaux '16

シャトー・マルゴー’16

超特価・税別¥90,000



輸入元定価・税別¥120,000

<あと1本>

ジェームス・サックリング 100点!!!

最新パーカー99点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー97~99点!!!(ニール・マーティン、
2026~2070年!、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン98点!!!

最新Wine Enthusiast 99点!!!
(2025~、Cellar Selection!)

最新VINOUS 98点!!!(ニール・マーティン、2020年8月試飲)

VINOUS 98点!!!(2026~2070年!、
ニール・マーティン、2019年1月試飲)

VINOUS 99点!!!(2026~2066年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

最新スペクテーター97点!
(2024~2040年)

ファルスタッフ 97点!

ギィ・ド・アシェット2020年度版 3つ星&クー・ド・クー!


Jeff Leve 99点!!!

MVF(旧クラスマン)2020年度版19.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点

’16は、カベルネソーヴィニヨン94%、カベルネフラン3%、メルロ2%、プティ・ヴェルド1%

とにかくボルドー’16は、明らかに’15’09以上の真の大当たり年ですので買えるうちにぜひ!

常にカベルネソーヴィニヨン比率が高く凝縮しているが、砂礫層が多い土壌なので寝かせると繊細で薫り高い面が出るそうです。






LA PETITE MARQUISE DU CLOS DU MARQUIS '16

ラ プティット マルキーズ デュ クロ デュ マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥4300

↑34%OFF!

輸入元定価・税別¥6,500

<売り切れ>

ジェームス・サックリング 92~93点!!!

Wine Enthusiast 90点(2022~)

最新パーカー89点
(Lisa Perrotti-Brown、2018年11月試飲)

パーカー88~90点(2020~2030年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号、2017年4月試飲)

VINOUS 91点!(アントニオ・ガローニ)

デカンター・オンライン89点(2020~2034年)

ファルスタッフ 93点!!!


「2020.9月下旬に飲みました。」

カベルネ ソーヴィニヨン 61%、メルロ 38%、カベルネ フラン 1%

メドック格付け第2級シャトー レオヴィル ラス カーズが所有している専用の区画のブドウから造られるクロ デュ マルキのセカンドラベル。ファーストヴィンテージは2015年。主に若木のブドウで、クロ デュ マルキよりメルロのブレンド比率が多いのが特徴です。バラ、プラム、チェリーのジャムのようなアロマ、ハーブやタバコのニュアンスがあり、果実味が広がり程よい酸が感じられるワインです。
(輸入元資料より)




Chateau Mouton-Rothschild '16 (Pauillac)

ムートン・ロートシルト’16

(ポーイヤック・辛口赤)


超特価・税別¥90000

<あと1本>

※再入荷すると大幅に値上がり致します。
二度とこの価格では売れないでしょう。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

ファルスタッフ 99点!!!

ジェームス・サックリング 100点!!!

最新パーカー100点!!!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー98~100点!!!(ニール・マーティン、
2026~2065年、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン99点!!!
(Pauillac'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新Wine Enthusiast 98点!(2026~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 99点!!!(バレル)

最新VINOUS 99点!!!(ニール・マーティン、2020年8月試飲)

VINOUS 100点!!!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

VINOUS 95~98+点!!!

最新スペクテーター98点!
(2025~2045年、Collectibles!)

MVF(旧クラスマン)2019年度版20/20グラス!!!(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19~19.5/20点(Top10 des Producteursに選ばれる!)

’16
カベルネ・ソーヴィニヨン 83%
メルロ 15%
カベルネ・フラン 1%
プティ・ヴェルド 1%

2016年は、その濃密さと肉づきの良さから、21世紀生まれの偉大なるヴィンテージと肩を並べる仕上がりです。
(シャトー・ムートン・ロートシルト公式コメント)

’16ラベルはウィリアム・ケントリッジ (William Kentridge)
絵画・彫刻作品はもちろん、映像制作や舞台演出といった分野でもその名を知られる南アフリカのヨハネスブルグ生まれ。
ムートンのラベル・コレクション初となるアフリカ大陸出身アーティスト。





CHATEAU MALESCOT ST-EXUPERY '16

マレスコ・サンテグジュペリ’16

(マルゴー・辛口赤)


特価・税別¥9000

<売り切れ>

※再入荷すると¥1,080以上値上がり致します。

ジェームス・サックリング 98~99点!!!

最新パーカー95点!(2021~2045年、Lisa Perrotti-Brown)

パーカー94~96点!!!(ニール・マーティン、
2022~2050年、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新スペクテーター93点(2022~2036年)

スペクテーター92~95点(バレル)

ファルスタッフ 95点!

最新VINOUS 95点!!!(2019年1月試飲)

Wine Enthusiast 93点(バレル)


Jeff Leve 95点!

ワイン王国 116号『 いま買いやすいボルドー格付けワイン特選33本 』に選ばれる!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点




パプ・クレマン’16

(ペサックレオニャン・辛口赤)


超特価・税別¥13000

<あと1本>

※再入荷すると¥2,160程度値上がり致します。

最新デカンター・オンライン95点!
(2025~2042年、2018年12月バレルではなくボトルからの試飲)

最新パーカー96点!!!(2022~2042年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー95~97点!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新Wine Enthusiast 95点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!(バレルサンプル)

最新スペクテーター96点!(2023~2037年)

スペクテーター94~97点!(バレル)

ファルスタッフ 94点

最新VINOUS 95+点!!!(ニール・マーティン、2020年8月試飲)

VINOUS 96点!!!
(ニール・マーティン、2019年1月試飲)






PAVILLON BLANC DU CHATEAU MARGAUX '16

パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー’16

(ボルドー・辛口白・750ml)


特価・税別¥32000

<あと4本>限定品!

※再入荷すると大幅に値上がり致します!
久しぶりにこの銘柄の価格を見た方は信じられないかもしれませんが、これでかなりお安い方です。

最新デカンター・オンライン95点!
Part of Top 20 Bordeaux dry whites に選ばれる!

デカンター・オンライン97点!!!(2020~2038年)

最新パーカー94点(2021~2038年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年12月試飲)

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター95点(NOW~2028年)

最新VINOUS 95点!(2021~2036年、
アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

最新Wine Enthusiast 94点!(2021~)

Wine Enthusiast 95点(バレルサンプル)

ファルスタッフ 93点


’16は、ボルドー白としては超低収量23hl/ha!

グラン クリュ第1級のシャトー マルゴーで造られる白ワインです。若さと力強さを感じさせる余韻豊かな辛口の味わいに仕上げ、多くのファンを魅了しています。

「赤ワインの女王」と讃えられるボルドーの名門シャトー マルゴーの白ワイン。19世紀にはヴァン ブラン ド ソーヴィニョンの名で販売されており、1920年から現在のパヴィヨン ブランに改名されました。
11haに植えられたソーヴィニョン ブラン100%で造られるワインです。
いきいきとして適度なミネラルを思わせる味わい。バランスのよいワインです。
(輸入元資料より)




Chateau Lafon Rochet '16

ラフォンロシェ’16

(サンテステーフ・辛口赤)


税別¥6500

<あと10本>

ジェームス・サックリン 93~94点!

パーカー91~93点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン94点!
(St-Estephe'16最高のワインの一つに選ばれる!)

最新スペクテーター93点(2023~2033年)

スペクテーター90~93点(バレル)

最新Wine Enthusiast 94点!(2025~、Cellar Selection!)

Wine Enthusiast 96点!!!(バレル)

最新VINOUS 95点!!!(ニール・マーティン、2020年8月試飲)

VINOUS 93点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)


VINOUS 95点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!!!

ファルスタッフ 92点


Jeff Leve 94点!!!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点
さらにPalmares Top Producteursに選ばれる!!!

過去最高の出来と言われる待望の’16です!!!

今までラフォン・ロシェによいイメージがない方ほどぜひ飲んでみるべき!!!

2009年から現在に至るまでの現醸造長のルカ氏は、
なんとDRCで働いていた時期があるそうです!

粘土質の多い北東向き斜面

最新で清潔な醸造設備・セラーを完備

グラン クリュ第4級。1960年に現オーナー(シャトー ポンテ・カネと同じ)テスロン・ファミリーが買収、一時やや低迷後、再び優れた品質で上昇中です。
ポイヤックとサン・テステフ村の境界にあり
「CH.ラフィット・ロートシルト」と「CH.コスデストゥルネル」に隣接しているブドウ園。カベルネ・ソーヴィニヨン種の比率が高く、タンニンと力強さが魅力。 (輸入元資料より)

2007年からBasile Tesseron(バジル・テスロン)氏が関わり始め

2010年ごろからビオディナミを少しずつ導入開始

2013年には基本的にすべての畑で有機栽培・一部ビオディナミ

なんせ早くからビオディナミを導入したポンテカネのテスロン・ファミリーですから!





CLOS DU MARQUIS DE CHATEAU LEOVILLE-LAS-CASES '16

クロ・デュ・マルキ’16

(サンジュリアン・辛口赤)


特価・税別¥7200



当店通常価格・税別¥9600

<あと10本>

最新パーカー94点!(Lisa Perrotti-Brown)

パーカー93~95点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

デカンター・オンライン92点
(~Very good quality!)

最新スペクテーター94点(2023~2038年)

スペクテーター93~96点!(バレル)

最新Wine Enthusiast 93点!(2023~、Editors'Choice!)

Wine Enthusiast 94点!(バレル)

最新VINOUS 94点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

最新VINOUS 94点!!!(アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

VINOUS 91~94点!

ジェームス・サックリン 94~95点!

ジャンシス・ロビンソン16.5~17.5/20点!


Jeff Leve 93点!!!

MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5~18/20点

’16のデータ
CS73%、M24%、CF3%



≪著作権について≫
当ホームページに掲載している著作物(文章・画像)にかかる著作権は、㈱ワインの店いとう もしくは、情報提供していただいた提供元に帰属します。
当ホームページで掲載している情報・文章・画像などのデータについては、権利者の許可なく複製・転用することを固く禁止します。

Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp