新入荷ワイン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


超限定ブルゴーニュ(4/28水アップ)

おすすめスパークリング(5/2日、デリアンスNV)

オリーブオイル、食後酒(4/18日、デルガド・スレタ)

※誠に恐れ入りますが、長期キープをお断りさせていただいております。




  クール便の場合に限り重量制限の為、1箱10本までとなります。



※在庫確認~メール、FAXの返信に少しお時間をいただきます。

キープの短いご注文を優先させていただく場合がございます。


クール便の場合の計10本以上お買いあげにて対象商品5%OFFサーヴィス終了 → ドライ便で計12本以上の場合のみ適応継続とさせていただきます → 電気代や梱包資材、クール代等の値上がりなどあらゆるコストアップでそろそろ止めざるを得なくなりそうです、、、

ドライ便指定で、もし吹きこぼれや熱劣化などあった場合、当店もヤマト運輸さんも一切保証できません



新型コロナウイルス感染拡大防止の為、
ご来店のお客様より、不安の声がございましたので、
当分の間ワインセラーへの長時間のご滞在はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

また、ワインセラー内が混みあわないよう、入室をお待ちいただく場合もございます。

せっかくご来店いただきこのようなお願いは大変心苦しいのですが、何卒、ご協力お願い致します。


今後しばらくの間
10:00~20:00の1時間短縮営業とさせていただきます。


2020年7月1日(水)からレジ袋有料となりました。



必ず下記ご注文の際の諸注意をよくお読みいただきました上で、ご注文お願い致します。

今回いただきましたご注文への返信は、5/6(木)夜までに行わせていただきます。

規定を満たしているご注文のみ受注させていただきます。
キャンセル不可にてお願い致します。

とにかくミスと混乱を防ぐためにも
<1通のメールで確定いただけますお客様を優先させていただきます。>

誠に恐れ入りますが、お電話でのご注文・お問い合わせは、ご遠慮くださいませ。

お電話ではなく、メールかFAXでのご注文をお願い致します。
キープの短いご注文を最優先で受注させていただきます。
5/16(日)到着指定までの設定をお願い致します。

今回は完売のご連絡をすることが多くなってしまうかもしれませんので、
数がわずかな銘柄に関しましては第2希望を書いていただけますと確保率が高まり、スムーズに返信できます。







5/4(火)~蔵出し10Rワイナリー’19~’17

ブドウの質が良くピュアでナチュラル。凝縮感のある白とエレガントな赤いずれも素晴らしい品質とスタイル!!!

※販売条件をよく読んでいただきまして事前にメールでご注文をお願い致します。
























 




※ 10Rに関しまして
店頭でも事前にご注文いただいていないとお出しできませんのでご注意ください。
もし同時期にご注文が殺到した場合、普段からブルゴーニュワインをお買い上げいただいております一般のお客様を優先させていただきます。
今回はクール便のみ承ります。





以前からブルース・ガットラヴ氏と亮子さんとはお付き合いがあったのですが、
ついにすべての日本ワイン生産者からもリスペクトされている
10Rワイナリーさん取り扱い開始です!!!
ワイナート97号、リアルワインガイドなどあらゆるメディアでも大きく掲載されております

※ロウキャップはすべて、ぺリペリ系のキレイにはがれるタイプです。

自社畑から造られるワインは本当に極少量
すべてのワインが予想以上に亜硫酸極少で樽を感じない味わい。それでも揮発酸・酢酸まったくなく複雑で上質。存在感のある細かい味わいなのはすべてのブドウの質がとても良いからだと思われます。予想以上に心に響く味わいで驚きました!北海道にこんな優れた生産者がいてくれるということは誇りです!





10Rワイナリー上幌ワイン、森’18
(北海道・岩見沢市栗沢町・辛口白)
+レート、ローター・ヴェルトリーナー・シャイべン’17
(オーストリア・ドナウラント・ヴァーグラム・辛口白)


税込¥8140(税別¥7400)

<売り切れ>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。
店頭カード決済不可となります。





10Rワイナリー上幌ワイン、森’19
(北海道・岩見沢市栗沢町・辛口白)
+シャン・ド・テミ、ブーズロン・アリゴテ・レ・クルー’16


税込¥6710(税別¥6100)

<売り切れ>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。
店頭カード決済不可となります。




10Rワイナリー上幌ワイン、森’19
(北海道・岩見沢市栗沢町・辛口白)
+ドメーヌ・ジャン・マリー・ブーズロー、ブルゴーニュ・コートドール・ブラン‘18


税込¥7370(税別¥6700)

<売り切れ>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。
店頭カード決済不可となります。




10Rワイナリー上幌ワイン、森’19
(北海道・岩見沢市栗沢町・辛口白)
+パスカル・クレマン、ブルゴーニュ ブラン’17


税込¥6820(税別¥6200)

<売り切れ>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。
店頭カード決済不可となります。

リアルワインガイド71号 90・91点!

「2021.4月中旬に飲みました。率直に言って自分の中では今迄に飲んだ日本の全白ワインの中で一番おいしかった銘柄!これを飲めるというのは幸せなことだと思う。かなり濃いイエローで亜硫酸極少の色とトップノーズ。果実味しっかり、厚みと粘性がありエキスとミネラルと癒しがある複雑で細かいニュアンスで、まるでギュイモ・ミッシェルのヴィレクレッセとかスフランディエールのプイィヴァンゼル・クリマ・キャールのような質感。一時期のニュージーランドSBのようなセレクション酵母でテクニカルに狙って造ったものとは次元が違う高い品質。なのでステレオタイプなSB香は一切ありません。艶と滑らかさのあるつやつや質感の流れ方で極めてピュアでナチュラル。酸は低めですがそれが少しも欠点になっていない素晴らしさ。非常にキメ細かな苦みと細かい粒子の複雑で、静かなエネルギーに満ちた感動的な味わい。やさしい蜜、ハーブ、ミネラル、わずかにヨードなどの香り。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしい。抜栓の6日後わずかに残った分を飲んでもまだおいしい癒しの上質な甘旨」

アルコール12%
ロウキャップ





10Rワイナリー上幌ワイン、風’17
(北海道・岩見沢市栗沢町・辛口赤)
+ラール・ワインズ、サンソー’17
(南アフリカ・辛口赤)


税込¥8250(税別¥7500)

<売り切れ>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。
店頭カード決済不可となります。




10Rワイナリー上幌ワイン、風’17
(北海道・岩見沢市栗沢町・辛口赤)
+ドメーヌ・ド・ラ・クラ(マルク・ソワイヤール)、ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・トラディション’18


税込¥8140(税別¥7400)

<売り切れ>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。
店頭カード決済不可となります。




10Rワイナリー上幌ワイン、風’17
(北海道・岩見沢市栗沢町・辛口赤)
+ドメーヌ・トラぺ、ブルゴーニュ・パストゥグラン・ア・ミニマ’18


税込¥7370(税別¥6700)

<売り切れ>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。
店頭カード決済不可となります。

リアルワインガイド67号 89・90+点!

「2021.4月下旬に飲みました。率直に言って自分の中では今迄に飲んだ日本の全ピノノワールの中でベスト3に入る銘柄!濃いタイプではなく樽を全く感じない酸とミネラルがキレイ。おそらくこの’17は例年よりも少し軽やかな個性なのだと思われますが、なんせあまりにも手に入らないので当店も初めて飲んだために比較ができない(笑)抜栓直後からナチュラルでピュアな赤い実の果実が好印象、大きく分ければ梅シソ、ミニトマト、ごくわずかにスモーク、ミネラルの香りの方向性かと思っていたら短時間で森林浴(腐葉土やきのこ類を含む)を連想させる包み込まれるような素晴らしい香りに発展してゆく!これは感動的!香りの印象から言えばこっちが『森』だなとか思いながら(笑)2~3年後にはかなり美しいスーボワになるんじゃないかと期待しています。そうなったらもう日本のピノノワール最高峰のよい香りですね!!!味わいは軽やかでエレガントだが骨格は緩くなく、何より味わいがほとんど白ワイン。白ワイン的なキレイで清涼感のある酸とミネラルが背骨となっており熟成も可能。塩味は感じられるがミネラル感が多層的に感じられシンプルに塩ミネラルとは言えない気がする。そういう意味ではジャン・ルイ・トラぺ的。縁がうっすらオレンジがかり始めた明るいルビー色。抜栓の次の日もおいしい。香りが少し穏やかになった。 ※実は理解を深めるためにド・モンティーユ&北海道、ピノノワール【豪】’18やブルゴーニュ産某ピノノワールと同時に飲み比べたのですが、モンティーユさんの方は明らかに全房醗酵比率高い凝縮感と濃密感のある味わいで、ミルキーなニュアンスすらある赤い実の果実、中域に厚みのあるエキス感でアフターには酸が伸びるタイプでした。過度な抽出は一切ないが、肉付とコクがあり、濃密感とグリップを与えるための全房なのか?それでいて青さとエグみは皆無で樽も全然感じないというこちらもさすがの出来でした!」

アルコール10.5%
ロウキャップ




10RワイナリーKWtN、高橋農園・砂川ソーヴィニョンブラン’19
(北海道・砂川市・辛口白)
+ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ、ブーズロン・アリゴテ’16(750ml)


税込¥6600(税別¥6000)

<あと数セット>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。
店頭カード決済不可となります。





10RワイナリーKWtN、高橋農園・砂川ソーヴィニョンブラン’19
(北海道・砂川市・辛口白)
+ドメーヌ・デ・ロッシュ・ヌーヴ、ソミュール・ブリュット ビュル・ド・ロッシュ NV
(フランス・ロワール・辛口白泡)


税込¥6600(税別¥6000)

<あと数セット>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。
店頭カード決済不可となります。

リアルワインガイド71号 90~91点!

「2021.4月中旬に飲みました。率直に言って自分の中では(森’19同様)今迄に飲んだ日本の全白ワインの中で一番おいしかった銘柄!高橋農園さんのブドウも凄い!DIAM10コルク。亜硫酸を入れずに瓶詰するためにガスを残したのかな?っていうくらい微々発泡が残った(絶対に欠点ではありません)辛口で、森’19よりも酸と塩ミネラルがしっかりでみずみずしくわかりやすいおいしさ。タイプが違うだけで森’19とほぼ同レベルの素晴らしい出来と個性!これを飲めるというのは幸せなことだと思う。今までの経験では日本最高のソーヴィニヨンはアズッカかも?と思っていましたが、こちらも本当に素晴らしい。抜栓直後は蜜リンゴ、ゴマ、洋ナシ、青い梅、ミネラルなどの香り。時間とともにオレンジマーマレードとレモンジャムの香り主体となる。果実味豊かで、活き活きしておりアフターに残る強めの塩ミネラルが極めて心地よい。一貫してピュアでナチュラルで上質。まるで伝説のロワール生産者ルメール・フルニエのようなすごいワイン!抜栓の次の日も非常においしい。いくらでも飲み続けていられる傑出バランス!自社畑との差を感じさせない1本。抜栓の2日後も非常においしい。抜栓の3日後でもまったく落ちない」

アルコール12%
ロウキャップ




10RワイナリーKWtN、藤澤農園・ケルナー待てば甘露NV
(北海道・余市町・やや甘口白)


税込¥3080(税別¥2800)

<あと3本>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
店頭カード決済不可となります。

「2021.4月中旬に飲みました。亜硫酸少なそうなやや濃いイエロー。癒しの優しいトップノーズ。中身が何年のブドウ主体かわかりませんが、まさに名前の通り上質な優しい甘みで発泡は感じられない。アンズ、カリン、柑橘類の皮を含む砂糖漬け、ハーブ、ミネラル、ごくわずかにヨードなどのよい香りで、なめらかまろやかな質感がマヨネーズ的で超キメ細かな少しの苦みがとても良いアクセントとなりよいバランス。ごくわずかにタンニンも感じられるような?酸はやや低いがバランスまったく悪くない。抜栓の次の日も非常においしいが、初日の方がベストバランス」

アルコール12.5%
王冠キャップ




10RワイナリーKWtN、タイヤマン・シリーズ セイロンの夜空(’18)
(北海道・浦臼町・辛口赤)


税込¥2310(税別¥2100)

<売り切れ>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
店頭カード決済不可となります。

「2021.4月中旬に飲みました。DIAM10コルク。ブドウ品種不明ですが、そらちレッドに似た方向性でそらちレッドより酸と塩ミネラルにキレがある。ほんのり紫がかったとても明るいルビー色。軽やかな赤い実の果実、アセロラ、完熟トマトなどの香り。やさしい果実味、こちらも亜硫酸少なそうで、タンニンが少なくエレガントなのでセラー温度~少し冷やしてもおいしいと思われます。はっきりと強い塩味で、やはりおいしい野菜ジュースのような味わい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール11%




10RワイナリーKWtN、タイヤマン・シリーズ そらちレッド’17
(北海道・辛口赤)


税込¥2310(税別¥2100)

<売り切れ>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
店頭カード決済不可となります。

「2021.4月中旬に飲みました。DIAM10コルク。縁がピンクがかってきたやや明るいルビー色。ブドウ品種はセイベル主体のようです。赤ワインも亜硫酸少なそうな香りと味わい。飲み頃は全く問題なく、熟成してうまみが増している印象。まるでロワールのナチュラルワイン、エルヴェ・ヴィルマードのような香りにドメーヌ・ビゾーの弟子マルク・ソワイヤールが造ったピノノワールのようなおいしい野菜ジュースのような味わい。いうまでもなく未熟な青さという意味ではなく、梅シソ、ミニトマト、胡椒、野菜ジュースなどの香り。やさしい果実味、タンニンがとても丸い優しい味わいで、エキスと塩味がある。うまみと酸の出方にとても個性があり、アフターに塩ミネラルが残る。抜栓の次の日も非常においしい。広がりのある旨味」

アルコール11.5%




※誠に恐れ入りますが、お電話によるご注文・お問い合わせはご遠慮いただいております。
10Rのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
店頭カード決済不可となります。




Bruce & Ryoko Gutlove
ブルース&亮子・ガットラヴ

トアール・ワイナリーについて

バークレーで醸造学を修め、カリフォルニアで醸造コンサルタントをしていた練達のブルース・ガットラヴは、ココファームワイナリーの依頼で醸造指導に来日(1989年)。同ワイナリーの醸造責任者としてワインの品質向上を実現するとともに、量より質を追求する志やみがたく、自身の畑と醸造所を構えることを決意。かつて岩見沢のブドウを仕込み、出来上がったワインのスタイルが好みどおり芯があって優雅な骨格を備えていたので、家族とともに岩見沢へと移住し10Rワイナリーを設立(2009年)。ワイン造りの職人に終わらず、ワインの文化とその社会的な役割に深い関心があったブルースは、ワインを自作するかたわら、北海道のブドウ栽培家たちが意見交換をしながらワインを造る場と機会を提供し、自身は彼らへの助言役に徹している。

ワインへの介入を極力避けるブルースは、広く積極的なテイスティング経験をもとに、同じ志を持つ生産者達と交流し、今や世界的な視野と抜きんでた醸造実績を持つ、日本を代表する造り手として認められている。
(インポーター・ラシーヌ資料より)


 

5/4(火)アップ~<※極少量!>蔵出しアズッカ・エ・アズッコ’

リアルワインガイド69号、65号、61号、57号にて高評価される!

自社畑100%で優れた品質とスタイル

シャントレーヴさん同様、毎年着実に進化しており追いかけるのがとても楽しい!




※すべての値引き対象外となります。下記条件をよく読んでいただきました上でご注文お願い致します。




※上記画像は以前リリースされたものです。

 




実力と品質・スタイルに驚いて~取引開始です!!!

常に全てのワインが一瞬で完売!ここのワインが扱えるだけですごいことかも?!

100%自社畑の愛知県豊田市にある小規模ワイナリー

農薬や化学肥料は最大限使用しない、SO2最小限

ヴァン・ナチュールのニュアンスを感じる銘柄もありますが、品質を追求した結果そうなっているという感じで、不快なニュアンスはゼロ。好感が持てます。


リアルワインガイド53号にて(すべて店頭のみで完売分の前リリース分が)大絶賛される!!!

過去にもリアルワインガイド65号、61号、57号、53号、49号、45号、41号、37号、32号にて取り上げられる!


2000年からシチリアとトスカーナ(キャンティ・クラシコとヴァル・ディ・コルニア)にて修行後、帰国!
2003年から日本の農業社会へ、地道な努力を続け
2008年が、初ヴィンテージ!
2014年は、某所での委託醸造から卒業して、初めて『風の丘のワイナリー』で醸造!


アズアズワインは、毎年味わいもコンセプトも変わっていきます。
それは、自然の中で生き物が生まれ、成長してゆくように・・・。



今回も国産としては珍しい自社畑100%、
完成したばかりだった自社醸造所での仕込み100%です。


ラベルデザインは北海道江別市出身『村野千草』さん



アズッカの須崎ご夫婦や農楽蔵の佐々木ご夫婦のように長く修行・勉強した上で強い思いをもって真剣にワインを造っている方達はやっぱり違いますね。
そして年々進化&理想的な環境(自社畑や醸造所など)が整ってきているということで今後もさらなる期待が持てます。
シャントレーヴさん同様、毎年少しずつ着実に進化しているところが追いかけていてとても楽しい。わくわくします。



今回の’17’16もいつも通りすでにワイナリー在庫すべて完売済み。
<半年以上次のリリースがない予定>
ですので驚くほど入手難となっております。


※1
すべての値引き対象外となります。店頭決済の場合カード決済不可となります。
ご注文が集中した場合、1通のメールで確定いただけますお客様と(今回もおそらく特に手に入りにくいと思われる)優先させていただきます。

※2
レア系のワイン販売の際は日常業務に支障が出てしまう場合が多い為、お電話ではなく、メールかFAXにてご注文お願いいたします。




アズッカのみのご注文はご遠慮いただいております。

全銘柄カード決済、ギフト券関係決済不可となります。


前々回入荷分もやはりリアルワインガイド69号にて高評価されました!

リアルワインガイド65号にて高評価されました!




<2021 春の発売>
鳥の被害で生産量30%減、、、
なのでいつも以上に入荷量も少なく超入手難!



Love Lettera '20

アズッカ・エ・アズッコ、真夜中のラヴ レッテラ 白’20
(発泡なし・辛口白)


税込¥3200(税別¥2910)

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
アズッカのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
店頭カード決済不可となります。


・・・・・・・・・・・・
She says"えっ世界に通じる味わいとか
ワタシどうでもいいの
アナタの果実が囓りたいだけ
お腹いっぱいになって幸せに眠るの"

~そんなラヴレターくれるなら
ボクらは、この土地でデキる限りの
パフォーマンスをするよ!って・・・
アズアズもおだてりゃ木に登る

充実のシャルドネ‘自根’と
軽く陰干しマルヴァジーア ビアンカ




Elfo del Bosco '20

アズッカ・エ・アズッコ、森の精霊’20
(辛口白)


税込¥3700(税別¥3364)

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
アズッカのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
店頭カード決済不可となります。


・・・・・・・・・・・・
会えるか会えないか
その日一日のモチベーションを左右する存在
改札のあのコ・・・学食のあのコ・・・
あってもいいんじゃないかな、そういうの
~ボクらにとって2020夏のそんな存在
ぶどう畑入り口のキツネのお話

麗しくソーヴィニョン 'Massale Selection'




Chiaroscuro '20

アズッカ・エ・アズッコ、明るい森 暗い森’20
(辛口白)


税込¥3700(税別¥3364)

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
アズッカのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
店頭カード決済不可となります。


・・・・・・・・・・・・
木洩れ日の中、沢ガニを捕った
40年くらい前の思い出を辿って・・・
思い出と現実のギャップ
~今、ボクらが森に囲まれたぶどう畑にあってできること
ヒトと自然との適切な素描:キアロスクーロ

シャルドネ&ゲヴェルツトラミネル




Non Finito '19

アズッカ・エ・アズッコ、ノン・フィニート’19
(辛口赤)


税込¥4600(税別¥4182)

<あと1本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
アズッカのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
店頭カード決済不可となります。


・・・・・・・・・・・・

「完成したら終わっちゃう」そんな思いが
ボクの悪い癖
畑の改修~ワイナリー前の駐車スペース
~ヴィンテージな醸造マシーン
~そもそもワインのスタイル・・・
‘未来への余地’と称して
どっかに残した『未完成の甘美』
・・・優柔不断なだけでしょ

最古参15年生 プティ・ヴェルド
ビシッとした味わい見せてよ




Shoelace '19

アズッカ・エ・アズッコ、シューレース’19
(辛口赤)


税込¥5300(税別¥4819)

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
アズッカのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
店頭カード決済不可となります。


・・・・・・・・・・・・

靴ひもシリーズ最終章
~交叉~交叉~繰り返し
ちゃんと結べた?結ばれた?チョウチョ結び

~乾燥9月のシワシワ穫り
全房発酵のマルベックと丸みのメルロが、ジワジワ




スプマンテの世界へ #6-1★

アズッカ・エ・アズッコ、オオカミのスプマンテ’19『キミに幸あれ!』
(辛口白泡)


税込¥5600(税別¥5091)

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
アズッカのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
店頭カード決済不可となります。

・・・・・・・・・・・・
 誰かさんと誰かさんが麦畑
サラサラそよ風いーじゃないかい
いつかは誰かとぶどう畑

新樽&古樽発酵「ブラン・ド・ブラン」RM
シャルドネ100%
~ 手工業的瓶内2次発酵を経て
BRUT NATURE

白・スパークリングワイン/750ml

“オオカミの世界”へようこそ???
 Comin thro' the rye !





小さな男の子の目が輝いている。
「うちもお店やろう」
今、“情熱”の連鎖。
幼い目に映ったものは何か。おとなの目に映ったものは何か。
『 アズッカ エ アズッコ 』は思う。
多様な“個性”を潰してはならない。


■ PASSO A PASSO ■
一歩ずつ上り階段を


アズアズさんの歴史は、こちらをクリック


http://azu-azu.sakura.ne.jp/



愛知県豊田市勘八町

form : 丘陵地:森
alti : 170m
espo : 多方向斜面
vede 猿投山麓~乙部


私たちは知っている。
ここには先住者がいる。私たちは後から来た存在だ。
この美しい空間を支配しているのは、
あまた獣たち、鳥たち、虫たち。
雰囲気。
そこへ甘い果実を持ち込めば、結果は見えている。
『結果』のための果樹のナーヴァス、私たちのナーヴァス。


一生のうちで出会う本の数はどれほどだろう。
作家の思いの詰まった無数の本たち。
ワインは本に似ていると思う。
様々なストーリーを秘め、
静かに開かれる時を待っている。
人の一生で『偶然』が占める割合は大きい。



5/4(火)アップ~蔵出しプリウレ・ロック’18

3/4(木)アップ~<※極少量!>蔵出しプリウレ・ロック’17

近年では本当に数が入らなくなってしまいました、、、

※全品すべての値引き対象外となります。








 





2002年からドメーヌで収穫・醸造を手伝い始め、
’05に醸造責任者、’10よりロックの共同経営者となったヤニック・シャン氏が来札して試飲セミナーを開催してくれました~!

’08以降は、コルク上部赤いロウを載せSO2を使わずに熟成できる状態を作り出している

天然酵母の重要性なども熱く語っていました。土着の様々な酵母が働くことが大切だし自然なことだと


やはり’12’13は極少量でした
今までで一番少ないくらいの生産量とのこと

ニュイ・アンは樹齢が上がってきてもう造られておりません。上級ワインに混ざっています





上記画像が、1級クロ・デ・コルヴェの畑


※現在、全銘柄が再入荷不可能!!!


一部を除き、基本的にはドメーヌの方針としてキャプシールをつけないこととなりました。 (マグナムと一部数量のラドワ ル クル ルージュはキャプシールがついています)
背景:2018年6月よりフランス国内で義務化されていたキャプシール上に塗付されている酒税納付用のシールが不要になり、そ れに伴いキャプシールも今後つけないことに変更したため。


ヴィンテージ情報
【ヤニックが語る2017年】
予想のつかないことが多く起こった年。春は霜のリスクが高まり、収穫の70%も失った2016年の再来を心配したが、コート ドールのヴィニュロン達はかつてない連帯感で協力しあった。朝の4時には畑に集まり、藁を燃やし、新芽が朝日で焼けないよう煙の幕でブドウ樹を守ったおかげで大きな被害から免れることができた。そして歴史的にも病気の少ない年だった。
2002年からドメーヌで働いているが、これほど健全なブドウが取れた年はなかった。
収穫は9月1日にラドワの白から始め、9月5日にラドワの赤を開始。収穫する畑はどこも、ブドウは素晴らしかった。5回も酷暑を記録するほど夏が厚かったので、ブドウの果皮が厚くなり、取れる果汁が少ないのではと懸念されたが、果汁の量もあり、久々によい収量が取れた年。タンニンは穏やかで果実味が豊か、色も美しいヴィンテージとなった。

また新しいカーヴが完成し、2017年の収穫から使用できたことは喜ばしいこと!




プリウレ・ロック、ヴァン・ド・フランス ガメイ’18

税込¥9020(税別¥8200)



輸入元定価・税別¥11,000

<あと6本>超限定品!

ボンクール・ル・ボワ (ヴォーヌロマネの隣)でコトー ブルギニョン(元ブルゴーニュ グラン オルディネール)の0.3haの畑から造るガメイ100%のワイン。プリューレ・ロック共通の全房発酵を行っており、SO2の添加は瓶詰めの直前に微量だけ使用しています。
ブドウの熟度が高いため、青臭さが一切感じられない果実味たっぷりで、口当たりがとてもソフトで若いうちからでも十分に楽しめます。




DOMAINE PRIEURE-ROCH, BOURGOGNE COTEAUX BOURGUIGNONS ROUGE '18

プリウレ・ロック、コト-ブルギニョン・ルージュ’18

税込¥9900(税別¥9000)



輸入元定価・税別¥11,000

<あと12本>超限定品!

ピノノワール100%

コトー ブルギニヨンの0.6haの畑から造るピノ ノワール100%のワイン。プリューレ・ロックなのでもちろん全房発酵を行っており、SO2の添加は瓶詰めの直前だけ微量。
ブドウの熟度が高いため、青臭さが一切なく、果実実たっぷりで、口あたりが非常にソフト。若いうちから十分に楽しめるワインです。




プリウレ・ロック、ラドワ・ル・クル・ルージュ‘18

税込¥12320(税別¥11200)



輸入元定価・税別¥15,000

<あと12本>超限定品!

『 ヴァン ド ラーブル ブランと同じように2010年より使用しているラドワ村のル クルの村名畑から生産。ピノ・ノワールが植えられている面積は1.8ha。当ドメーヌの他の赤ワインと同様に全房発酵によって造られた、お手頃価格で楽しめるロックスタイルのワイン。 (輸入元資料より) 』




DOMAINE PRIEURE-ROCH, SAVIGNY-LES-BEAUNE DESSUS LES GOLLARDES ROUGE '18

プリウレ・ロック、サヴィニレボーヌ・プルミエクリュ・ドゥシュ・レ・ゴラルド ルージュ‘18

税込¥19800(税別¥18000)



輸入元定価・税別¥22,000

<売り切れ>幻の超限定品!

サヴィニー・レ・ボーヌの集落の奥にある丘陵地にある区画で2017年にドメーヌが新たに取得した畑!

樹齢約45年。ビオロジックに転換中の為、収量を落として栽培(15hl/ha)。2018年が初ヴィンテージ。
果実味豊かで、スパイスのニュアンス。適度な骨格となめらかなタンニンがあり、非常に凝縮味のある味わい。18VINは暑かった天候のおかげか、小石の多い土壌由来なのか、コート ド ニュイを思わせるワイン。




DOMAINE PRIEURE-ROCH, NUITS-SAINT-GEORGES PREMIER CRU '18

プリウレ・ロック、ニュイサンジョルジュ・プルミエクリュ‘18

税込¥26400(税別¥24000)



輸入元定価・税別¥31,300

<あと2本>幻の超限定品!




DOMAINE PRIEURE-ROCH, NUITS-SAINT-GEORGES PREMIER CRU VV '18

プリウレ・ロック、ニュイサンジョルジュ・プルミエクリュVV‘18

税込¥29700(税別¥27000)



輸入元定価・税別¥35,300

<あと2本>幻の超限定品!




DOMAINE PRIEURE-ROCH, NUITS-SAINT-GEORGES PREMIER CRU CLOS DES ARGILLIERES '18

プリウレ・ロック、ニュイサンジョルジュ・プルミエクリュ・クロ・デ・ザルジリエール‘18

税込¥43120(税別¥39200)



輸入元定価・税別¥52,500

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
プリウレ・ロックのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

割り当て2本のみ、、、

2009年が初ヴィンテージ。プレモー村のドメーヌの真後ろに広がる0.7haの畑から造られます。




プリウレ・ロック、ヴォーヌロマネ・レ・クル’18

税込¥39160(税別¥35600)



輸入元定価・税別¥47,700

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
プリウレ・ロックのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

『 プレ・ド・ラ・フォリという区画とラ・コロンビエールという区画のブドウをブレンドしたキュヴェ。香りは小粒のイチゴジャムやオレンジの皮、スパイスなど。よく溶け込んだタンニンがアロマと調和しています。 (輸入元さんコメント) 』




プリウレ・ロック、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショー’18

税込¥47300(税別¥43000)



輸入元定価・税別¥58,800

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
プリウレ・ロックのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

まさかの割り当て1本のみ、、、

『 <ロマネ サン・ヴィヴァン><クロ・サン・ドニ>の2つのグランクリュにはさまれた1級畑で、ドメーヌでは1994年に1.02haを取得しました。樹齢は約30年。土質的には石灰岩土壌の影響が強く、繊細でミネラル分の豊かなワインを生み出します。たっぷりと肉付きが良く口当たりがなめらかで、余韻にはフレッシュなチェリーの香りを感じます。エレガントで力強い、高い人気を誇るワインです。 (輸入元さんコメント) 』




プリウレ・ロック、ヴォーヌロマネ・レ・オート・メジエール’18

税込¥47300(税別¥43000)



輸入元定価・税別¥58,800

<あと1本>幻の超限定品!

0.6ha、樹齢44年!
普通、1級スショの方が価格が高いと思うでしょうが、ロックは同格のワインと考えているようで蔵出し価格が同じなのです!




プリウレ・ロック、ヴォーヌロマネ・プルミエクリュ・レ・スショ’18

税込¥47300(税別¥43000)



輸入元定価・税別¥58,800

<あと1本>幻の超限定品!

1ha、樹齢35年




プリウレ・ロック、クロ・ヴージョ’18

税込¥55000(税別¥50000)



輸入元定価・税別¥67,900

<あと2本>幻の超限定品!

『 グラン クリュ「クロ ド ヴージョ」のうち上部の区画の1部を所有しています。樹齢は35-70年。黒い果実やビターチョコレートを思わせる複雑な果実味、肉付きの良い口当たり、贅沢なまでの樽香、余韻に残るしっかりとしたタンニンなどが調和した長熟タイプの逸品です。(輸入元資料より) 』




VOSNE-ROMANEE CLOS GOILLOTE '18

プリウレ・ロック、ヴォーヌロマネ・クロ・ゴワイヨット’18

税込¥132,000(税別¥120,000)



輸入元定価・税別¥160,800

<売り切れ>幻の超限定品!

『 「ゴワイヨット」はヴォーヌ・ロマネ村の中心部にある、ロマネ・コンティで有名なコンティ公爵がロマネの畑と同時期に取得した畑として知られています。プリューレ・ロックが単独所有している思い入れの深い畑です。トリュフやコショウなどの複雑な香り、ビロードのようななめらかさ、ヴォーヌ・ロマネ特有の緻密なタンニンを持った芸術的な味わいのキュヴェです。(輸入元資料より) 』




プリウレ・ロック、シャンベルタン・クロドベーズ’18

税込¥132,000(税別¥120,000)



輸入元定価・税別¥160,800

<売り切れ>幻の超限定品!

例年ミルランダージュ比率が高い畑!

『 ジュヴレ・シャンベルタン村の中でも別格とされるグラン クリュ「シャンベルタン クロ ド ベーズ」畑の樹齢80年以上のヴィエイユ ヴィーニュからの逸品です。伝統醸造法ならではの力強く、深みのある風味。堂々として落ち着いた風格は、熟成後の大輪の開花を予感させます。(輸入元資料より) 』




DOMAINE PRIEURE-ROCH, NUITS-SAINT-GEORGES 1er Cru CLOS DES CORVEES '18 750ml

プリウレ・ロック、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・クロ・デ・コルヴェ’18 750ml

税込¥66000(税別¥60000)



輸入元定価・税別¥79,400

<あと3本>幻の超限定品!









プリウレ・ロック、ラドワ・ル・クル・ブラン‘17(辛口白)

税込¥11000(税別¥10000)



輸入元定価・税別¥13,300

<あと7本>超限定品!

『 ドメーヌが2010年に取得したラドワ村に広がる「ル クル」のシャルドネ区画0.5haの畑から造られます。シャルドネでこんな特徴のあるワインもあるんだ!と驚かせてくれる1本です。
レモンやリンゴのフレッシュな香りに酵母のニュアンス。シャープなアタックとその後穏やかな果実味とほろ甘い旨味が広がります。しっかりとした芯が感じられ、熟成による変化も楽しめそうです。 (輸入元資料より) 』

*2010、2011、2014は糖度が3g/L以下まで下がり切らなかったためラドワのAOCが取得できず「ヴァン ド ターブル」 に格下げしてリリースされた。




プリウレ・ロック、ラドワ・ル・クル・ルージュ‘17

税込¥11000(税別¥10000)



輸入元定価・税別¥13,300

<あと3本>超限定品!

『 ヴァン ド ラーブル ブランと同じように2010年より使用しているラドワ村のル クルの村名畑から生産。ピノ・ノワールが植えられている面積は1.8ha。当ドメーヌの他の赤ワインと同様に全房発酵によって造られた、お手頃価格で楽しめるロックスタイルのワイン。 (輸入元資料より) 』




プリウレ・ロック、ニュイサンジョルジュプルミエクリュVV’17

税込¥25300(税別¥23000)



輸入元定価・税別¥29,500

<あと7本>超限定品!

100%1級クロ・デ・コルヴェ内南側の平均樹齢70年のブドウ(主にミルランダージュ以外のブドウの場合が多い)を使用!
個人的には一番価格と味わいのバランスが優れているような気がしているおすすめ銘柄!


 

 

リアルワインガイド21号にて高評価される!

有機肥料のみ使用

除草剤や化学肥料を使用しない

収穫は、70人のスタッフを雇い、完熟した最高のタイミングを待って6~8日間で一気に収穫

低収量で100%手摘み~厳しい選果

自然酵母のみ使用

オリ引きなし、無濾過&無清澄

基本的にSO2を一切添加しない

『 前当主のアンリ・フレデリック・ロック氏はあのマダム・ルロワの甥っ子、アンリ・ルロワ氏の孫にあたり、1992年からDRCの共同経営者にもなっています。~熟成に使用する樽の材木は、ロック氏が共同経営者にもなっているドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティが50年以上も前に伐採前の木を買い付けてあったものを共同で使用している物も多くあるそうです。(輸入元資料より) 』

昔、ヴィネスポ東京の際にお会いしたことがありますが、その時は気難しい印象ではなく気さくで陽気なおじさんという感じでした


5/4(火)アップ~<※入手難!>蔵出しドメーヌ・デリアンスNVクレマン

高樹齢の自社畑ブドウから造られる贅沢仕様!





※↑ラベル変更あり。







◇自社畑のブドウのみを使用

メルキュレイとジヴリの間に位置する、
トラシー・ル・フォール村とメルセ村にある僅か2haの自社畑のブドウを使用。
石灰岩土壌で平均樹齢は40年。収穫を含めほとんどを手作業で行うことで、
「ワインの品質は畑で決まる。畑での作業と収穫中の選果に重点を置く」
という信念を貫いている。




Domaine Deliance N.V. Cremant de Bourgogne Brut Reserve NV

ドメーヌ・デリアンス、クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット レゼルヴNV

税込¥2640(税別¥2400)

<あと12本>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。

デカンター・オンライン93点!!!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

96本完売!!!

「2021.4月初旬に再度飲みました。グリっぽいやや濃いイエロー。トップノーズと酸の質と余韻がシャンパーニュ的でこの最新ロットもかなり上質。明らかに価格以上の内容!ブリオッシュ強め、アンズ、グレープフルーツ、カシューナッツ、ミネラルなどの香り。質のよい果実、コクと厚みがあり、ややキレのある酸のおかげで辛口だが、ほんの少し柑橘類の砂糖漬けのようなニュアンスが残る長めのアフター。緩みなく良いバランスの飲み頃NOW~。大量生産型でコンディション抜群ではないシャンパーニュより遥かにおいしく楽しめます。また少し暖かくなってきた季節にも合う。抜栓の次の日も非常においしい」



「2019.4月上旬に飲みました。冷やし過ぎないほうがおいしい。グレープフルーツ、少しブリオッシュ、ミネラルなどの香り。ややキレのあるよい酸と予想より少しコクがあり、よいバランスでキメ細かな苦みを伴う長めの余韻もちゃんとある。全く知らない生産者でしたが、明らかに価格以上のよい出来。抜栓の次の日も非常においしい」


ステンレスタンクで10日間の発酵後、無濾過で瓶詰。

『 おそらくあなたはシャンパーニュではないかと困惑する!
純粋に素晴らしい、エクセレントなワイン。美しいバランス、エレガンスに刺激的なフレッシュさがあり、これらの要素は果実のリッチさと奥深さによってさらに強調されている。 』 by Decanter

瓶内熟成:18か月
ドサージュ:5.5g/L
品種:ピノノワール50%、シャルドネ30%、アリゴテ20%

ドメーヌの歴史は1935年に遡る。1972年には先代が自社畑の植樹に着手。
現在は創業者の曾孫にあたる4人が少しずつドメーヌを発展させて行き、
合計17haの自社畑を所有する家族経営のドメーヌに成長している。


◇クレマンに特化する最高のドメーヌのひとつ

現在、流通しているクレマン・ド・ブルゴーニュは大手が手掛けるものがほとんどだが、少しずつ高品質なクレマンの生産にフォーカスする造り手が現れている。
その代表格がドメーヌ・デリアンスである。彼らは自社でスパークリングワイン醸造設備を持ち、大手の委託醸造とは一線を画すクオリティとコストパフォーマンスを実現している。

彼らの拘りは最高レベルの品質を目指し、
クレマン・ド・ブルゴーニュの最高の生産者として広く認知されること。


◇デゴルジュマンを手作業で行う稀有な生産者

このBrut Reserveは手作業に拘り、
デゴルジュマンも1本ずつ手作業で行っている。
そのため生産本数は12,000本とクレマン・ド・ブルゴーニュとしては希少である。


5/4(火)アップ~蔵出しピエール・パイヤール’08最後の再入荷!

何故か日本ではまったく無名なすごい生産者!






↑上の画像が初入荷のスタンダード品です。





 



土壌とブドウの樹のバランスに重点が置かれている。23年以上前からリュット・レゾネで栽培を行い、ここ15年は化学肥料は一切用いていない。ビオディナミやビオロジックの手法を取り入れつつあるが、ビオ認証にはこだわらない。収量制限を行い、ブドウ畑は自然の野草で覆う。病害虫への対策は防除を基本とし、薬剤の使用は最小限に抑えている。

ここもアルチザン(職人的栽培醸造家)グループのひとり


ワイン&スピリッツ誌2016年度 TOP100ワイナリーに選ばれる!




Pierre Paillard, Champagne GC Bouzy La Grande Recorte Millesime 2008

ピエール・パイヤール、シャンパーニュ・グランクリュ・ブジー・エクストラブリュット<ラ・グラン・レコルト>’08

税込¥12100(税別¥11000)

<あと23本>絶対おすすめ!
超限定品!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 92点

MVF(旧クラスマン)2020年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいております!

41本完売!!!
※再輸入分もすでに再入荷不可能!
次回は’12になりそうですが他の’12を飲む限り’08より飲み頃になるまで時間がかかりそう。

生産者カンタン・パイヤール氏本人曰く、
『’08は、しっかりした酸がありながらも熟した質のよい果実でかなり長く熟成も可能な骨格がある傑出した年!』
とのことです。

「2021.4月中旬に再度飲みました。1年前より少しやわらかくおいしくなっている印象ですが、それでもまだわずかに固さがありもっともっとおいしく向上するポテンシャルが高い。今回はアンズよりもオレンジの皮を含む柑橘類の皮、厚みグレープフルーツなどのオイリーなよい香り。ブドウの質が非常によく、旨味とミネラルの凝縮が素晴らしい。酸とミネラルが伸びる長いアフター。抜栓の次の日も非常においしい。少し向上。抜栓の2日後がに泡が少し弱くなって一番おいしい飲み頃状態となった。この抜栓の2日後の状態は2万円クラスの満足度」



「2020.6月下旬に飲みました。アンズ、ミツリンゴ、ブリオッシュ、旨味マッシュルーム、ミネラルなど艶と深みを感じるよい香り。まだ固さがあるが時間とともに充分飲めるおいしさに向上してゆく。質のよい果実、骨格が大きくコクと同時にキレがありアフターには旨味とミネラルがかなり長く伸びる!ドサージュ極少なのに天然果実甘旨味が感じられるが、酸とミネラルがキレているのでクドさは全くない醤油味ベースの和風キノコとツナのパスタとキノコの旨味が相乗効果出るくらい合うし、すしや酢の物などにも合う。抜栓の次の日も最高においしい。明らかにさらに向上した!」

アルコール12.5%

待望の当たり年!
デゴルジュマン2019年6月

ピノノワール55%、シャルドネ45%

ドサージュ1.8グラム/リットル




Pierre Paillard, Champagne GC Bouzy Blanc de Blancs Les Mottelettes (2013)

ピエール・パイヤール、シャンパーニュ・グランクリュ・ブジー・ブラン・ド・ブラン・エクストラブリュット<レ・モトレット>’13

税込¥10120(税別¥9200)

<あと4本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

「2019.9月下旬に飲みました。冷やし過ぎると勿体ないですが、温度を上げ過ぎてもキラキラした質感が薄れて美点が消えるのでお好みの温度を探ってみてください。リンゴ入りヨーグルトとシナモン少なめのアップルパイ主体の非常によい香り。うまみを伴うキレイな酸と強いミネラルで、特級畑ブジーというイメージよりもバランスよくエレガントな印象がありつつ、アフターには石を舐めている系の上質ミネラルが残り伸びもある。値上がりがなければ本当に最高だったが、やっぱりどうしても評価せざるを得ない完成度の高さ!抜栓の次の日も非常においしい。塩ミネラルが少し増した」

シャルドネ100%

ドサージュ1.8グラム/リットル

デゴルジュマン2018年5月

アルコール12.5%




Pierre Paillard, Champagne GC Bouzy Blanc de Noirs Les Maillerettes (2014)

ピエール・パイヤール、シャンパーニュ・グランクリュ・ブジー・ブラン・ド・ノワール・エクストラブリュット<レ・マイユレット>’14

税込¥10120(税別¥9200)

<あと4本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 92点

「2021.1月下旬に飲みました。予想通りまだ固いが品質とポテンシャルはすごい!今すぐ開けるなら抜栓の翌日以降に高めの温度がベスト。抜栓直後よりも時間が経ってからの方が旨味が出てバランスも良くわずかに柔らかくおいしくなりました。ブドウ自体は熟して上質で、ミネラルが厳格で、酸がしっかりして大きな骨格で非常にドライで長いアフター。ドサージュ・ゼロじゃないか?というくらいドライなアフター。常温でも緩みがまったくでない。固さを感じるよく凝縮したアンズ、ベリー類、ミネラルなどの香り。抜栓の次の日も非常においしい」

ピノノワール100%

ドサージュ3.5グラム/リットル

デゴルジュマン2019年2月

アルコール12.5%



土壌
表土は粘土石灰質、母岩はチョーク

再植樹は全てセレクション・マッサールで行い、苗木にはピノ・ノワールはレ・マイユレット、シャルドネはレ・モトレットの単一畑から取っている。再植樹する際には、土壌をリセットするために畑を丸2年休耕させる。

醸造方法
区画と品種ごとに分けてベースワインを醸造。発酵槽はステンレスタンクをメインに用いるが、一部のワインにはコンクリートタンクを使っている。アルコール発酵後、全てのワインでマロラクティック発酵も行う。ベースワインは澱とともに8ヶ月熟成させ、瓶詰め。ベーシックなブリュットでも42ヶ月以上熟成させる。19世紀に建造された熟成用のセラーは地下16メートルにあり、年間を通じて室温が10度に保たれている。


モンターニュ・ド・ランス地区の南部に位置するブジーは、シャンパーニュのグランクリュで最もパワフルなピノ・ノワールを生み出す。隣村のアンボネイもピノ・ノワールで名高いグランクリュの村のひとつだが、それぞれのキャラクターは異なる。アンボネイは、ふくよかな果実の中にフィネスを備えた豊満な味わいとなる一方、ブジーでは、日照豊かなほぼ真南を向いた斜面と厚い粘土に覆われたベレムナイト・チョークの土壌から、肉厚で力強い男性的なシャンパーニュが生まれる。そのため、この村はスティルの赤ワインの産地としても知られており、ブジーのピノ・ノワールから造られたブジー・ルージュは、著名メゾンを含め、ロゼ・シャンパーニュのアッサンブラージュに重用されている。

1768年からブジーでブドウ栽培に携わるピエール・パイヤールは、この村に深く根差す生産者だ。レコルタン・マニピュランとして現在の醸造所を設立したのは、戦後間もなくの1946年。現在は、8代目となるアントワーヌとカンタン・パイヤール兄弟を中心にシャンパーニュを生産している。


ピエール・パイヤールのアイデンティティ

彼らの畑で最も特徴的なのは、所有畑が全てブジーにあること、そしてシャルドネの栽培比率が高いことだ。ピノ・ノワールのグランクリュとして有名なブジー全体では、作付面積の89%をピノ・ノワールが、11%をシャルドネが占めるが、ピエール・パイヤールでは、11haある所有畑の3割以上となる4haにシャルドネが植えられている。パイヤール家では、ブジーのブドウのみから造られるパワフルなシャンパーニュの中にフレッシュさとエレガンスをもたらすため、この村では例外的に高いシャルドネ比率を代々受け継いできた。

もうひとつ、ピエール・パイヤールのアイデンティティの要となるのが、ふたつの単一畑、レ・マイユレットとレ・モトレットだ。前者にはピノ・ノワールが、後者にはシャルドネが植えられており、これらの古樹の区画はピエール・パイヤールの『母なる畑』と呼ばれている。長年、植樹はセレクション・マッサールで行っているが、その苗木には必ずレ・マイユレットとレ・モトレットのブドウの枝を用いるためである。ドメーヌのスタイルとそのベースとなるブドウの遺伝子を後世に伝える役割を担う重要な畑だ。また、これらの畑のワインは単独で瓶詰めされており、単一品種でこのグランクリュの魅力を純粋に表現したブラン・ド・ノワールとブラン・ド・ブランとしてリリースされる。


ベターヌ&ドゥソーヴで2ツ星を獲得

ブドウ栽培は20年前からリュット・レゾネで行っており、自然の野草で覆われたブドウ畑では、ここ15年間、化学肥料を一切使っていない。病害虫への対策は防除を基本とし、薬剤の使用は最小限に抑えている。ビオディナミやビオロジックの手法も取り入れつつあるが、土壌とブドウの樹のバランスを保つことが目的であるため、ビオ認証にはこだわらない。また、植樹の際には土壌をリセットさせるために、畑を丸2年間休耕させている。
醸造は区画と品種に分けて行い、発酵槽には主にステンレスタンクを使用。一部のワインにはコンクリートタンクも用いている。アルコール発酵後、全てのベースワインはマロラクティック発酵を経て、澱とともに8ヶ月と長期間熟成させるのが特徴だ。瓶詰後の熟成も長く、最低42ヶ月。19世紀に建造された熟成用セラーは地下16メートルにあり、年間を通じて室温が10度に保たれている。

ベターヌ&ドゥソーヴでは2ツ星獲得、シャンパーニュの世界的権威であるワイン評論家のトム・スティーヴンソンは彼らのシャンパーニュ全てをおすすめと評している。


5/4(火)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・サン・プレフェール’19コートデュローヌ最後の再入荷!

<※極少量!>蔵出しドメーヌ・サン・プレフェール’18上級品

マグナムしか造れなかった幻の白ワイン初入荷!!!


凝縮してコクがあるが、同時にエレガンスも感じられるよい質感!

すでに超一流生産者のレベルにある!















 


ABマーク、ユーロリーフあり!

そもそもシャトーヌフデュパプは、『 濃くてアルコールが高い 』というイメージが強いですが、エレガントなものなど意外に幅広い多様性がある面白い産地です。ぜひお楽しみください。


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!


’17’16は、全銘柄がすでに再入荷不可能!!!




Domaine Saint Prefert, Cotes du Rhone Rouge Clos Beatus Ille '19

ドメーヌ・サン・プレフェール、コートデュローヌ・ルージュ <クロ・ベアートゥス・イレ>’19

税込¥4070(税別¥3700)

<あと10本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー90点(2020~2023年)

スペクテーター90点

MVF(旧クラスマン)2021年度版 91点!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

26本完売。~※すでに再入荷不可能!

「2020.11月上旬に飲みました。毎年お客様に驚いていただける銘柄。トップノーズだけで上質で高級感があるのがわかる。実際に飲むとこれがもうシャトーヌフデュパプの品質で凝縮感がありつつ重すぎずコクはあり余韻が長い優れたワイン。ガリグ香強く、凝縮した黒い実の果実、数種類のスパイスなどの香り。果実味豊かで、中域の旨味エキスあり、タンニンの質が非常によく、酸は低めだが低すぎない。アルコールの浮きはなく、バランスよく、驚くほど豚肉と相乗効果が出る!豚丼でも合うし、豚バラ焼き、ヒレカツ(ソース)でもどれでも相乗効果によってワインと料理のどちらもおいしくなる。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13.5%
ABマーク&ユーロリーフあり!

グルナッシュ85%、サンソー15%

コンクリートタンク6ヶ月熟成

シャトーヌフのアペラシオンの南端に接するコート・デュ・ローヌの区画ラ・リオネのブドウを使用。レッドカラントやチェリーなどの粒の小さな赤い果実が詰まった華やかな香り。完熟果実の甘み、エレガントな酸、細かなタンニンが織りなすトーンの高い滑らかな味わい。シルキーなフィニッシュにはコショウやハーブのヒントが響く。 (輸入元資料より)




Domaine Saint Prefert, Chateauneuf du Pape Reserve Auguste Favier Rouge '18

ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・レゼルヴ・オーギュスト・ファヴィエ’18

税込¥9020(税別¥8200)

<あと1本>絶対おすすめ!
超限定品!

Jeb Dunnuck 95~97点!

最新パーカー95点!
(2022~2032年、Joe Czerwinski)

パーカー94~96点!
(Joe Czerwinski、ワイン・アドヴォケイト244号)

スペクテーター96点!(2022~2038年)

Jeff Leve 95点!


MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点!

「2020.11月下旬に飲みました。これは今すぐ開けてもおいしい。この銘柄の’15~’17をやけに常連客様たちから感動したと言われるので飲んでみました~!酸は低めだが、ミネラルは強く、分厚いエキスとコクと驚くほどの余韻の長さ。大きな構造で緩くない。ガリグ、レーズンバター、甘草、シナモンなどの甘苦系スパイスなどの説得力とエネルギー感のある素晴らしい香り!ヴォリューム感はあるがアルコールの浮きもなく、非常によい出来。開けたての張りつめたニュアンスも素晴らしいし、抜栓後時間がたってうまみと塩ミネラルが増した味わいも素晴らしい。合わせる食材によっては何故か一時的にアルコールが高く感じられるときもある?抜栓の2日後も非常においしくまったく落ちない。うまみ塩ミネラルを伴う高次元の甘旨味コク。依然としてアルコールの浮きはないがブルゴーニュを飲むときよりも少しだけ酔うのは早いかもしれない(笑)」

アルコール14.5%
ABマーク、ユーロリーフあり!

グルナッシュ80%、サンソー10%、シラー10%

コンクリートタンク&ドゥミ・ミュイ14ヶ月

樹齢40-100年、収量は20hl/haまで抑えられる。




Domaine Saint Prefert, Chateauneuf du Pape Collection Charles Giraud Rouge '18

ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・コレクション・シャルル・ジロー’18
+シャトーヌフデュパプ・レゼルヴ・オーギュスト・ファヴィエ’18


税込¥26070(税別¥23700)

<あと3セット>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
3本しか手に入りませんでした、、、
’17は買えなくてびっくりでした!

Jeb Dunnuck 96~99点!!!

最新パーカー96点!
(2021~2035年、Joe Czerwinski)

パーカー96~98点!
(Joe Czerwinski、ワイン・アドヴォケイト244号)

スペクテーター97点!
(HIGHLY RECOMMENDED!、2022~2040年)

Jeff Leve 97点!!!


デカンター・オンライン96点!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!(クー・ド・ラネ!!!)

グルナッシュ60%、ムールヴェードル40%

ドゥミ・ミュイ16ヶ月熟成

樹齢60-100年、15hl/haという驚愕の低収量のブドウから造られるスペシャルキュヴェ。





Domaine Saint Prefert, Chateauneuf du Pape Reserve Auguste Favier Rouge '17

ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・レゼルヴ・オーギュスト・ファヴィエ’17

税込¥9020(税別¥8200)

<あと6本>超限定品!

Jeb Dunnuck 99点!!!
(Top 100 Red Wines of 2019 第2位に選ばれる!!!)

パーカー94点

スペクテーター94点(2022~2035年)

VINOUS 95~96点!!!

Jeff Leve 96点!!!


MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス

グルナッシュ80%、サンソー15%、シラー5%

コンクリートタンク&ドゥミ・ミュイ14ヶ月

樹齢40-100年、収量は20hl/haまで抑えられる。




Domaine Saint Prefert(Domaine Isabel Ferrando), Chateauneuf du Pape Colombis Rouge '17

ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・コロンビ’17

税込¥15400(特価・税別¥14000)

<あと3本>超限定品!

※まさかの割り当て3本のみ、、、

Wine Enthusiast 97点!!!
(Cellar Selection!)

パーカー93+?点!
(2021~2030年)

スペクテーター95点!
(2020~2040年)

VINOUS 95~96点!!!


Jeff Leve 97点!!!

グルナッシュ100%
トロンコニックのオーク樽18ヶ月熟成

イザベルが自ら設立したドメーヌで樹齢60年のグルナッシュの古樹から手掛ける少量生産の特別キュヴェ。キルシュ・リキュール、ブラックラズベリー、リコリスやスパイスボックスの香りが濃密。高いアルコール度数を持ち、リッチなフルボディであるが、醸造家イザベル・フェランドらしい上品な構造が全体を形作り、決して重苦しさは感じられない。良く熟した果実の旨味や甘みが凝縮され、それをアフターの苦味が心地よく引き締める。信じられないほど余韻が長い。 (輸入元資料より)








Domaine Saint Prefert, Chateauneuf du Pape Vieille Clairette '16 (1500ml)

ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・ブラン・ヴィエイユ・クレレット’16

(南ローヌ・辛口白・マグナム・1500ml)


税込¥35200(税別¥32000)

<あと2本>幻の超限定品!
初入荷!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー94~96点!(Joe Czerwinski、
~南ローヌで作られたブルゴーニュのグラン・クリュのようなワイン!
ワイン・アドヴォケイト233号)

スペクテーター96点!(2019~2025年)

VINOUS 96点!!!(2021~2028年)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版17.5/20点

「このキュヴェ・スペシャルはドゥミ・ミュイ3基分作られ、すべてマグナムに瓶詰めされる。古樹のクレレットのみを使用して新樽で醸造、熟成しており、すばらしいシルクのようなテクスチャーのミディアム・ボディーで、トーストしたヘーゼルナッツ、柑橘類をグリルしたような香りやジンジャーのノートに富んでいて、信じられないほど長い余韻が残る。 byWA

品種:クレレット100%
熟成:ドゥミ・ミュイ14ヵ月

<大切なワインのエピソード>

2006年のある日曜日、イザベルの家族とランチを食べるためにアンリ・ボノー氏がイザベルの家にやってきたのですが、手にはとても古い一本のワインがありました。ワインを開けると、ボノー氏は涙を流しながら「このワインは非常に特別なものだよ。私の父が1947年にクレレット100%で造ったワインで、最後の一本なんだ。」と話してくれました。1947年とは思えないほどにフレッシュでピュアなそれはそれは素晴らしい味わいに衝撃を受けるイザベルに対し、「あなたの畑にはとりわけ美しいピンク色のクレレットがあるのだから、あなたも同じようにスペシャル・キュヴェを作るべきだよ。」とアドバイスを贈ったボノー氏。それを伝えるために、特別なワインを持って来てくれたのです。この出逢いによって、マグナムしか生産されない、 クレレット100%の個性的なワインが誕生しました。
(輸入元資料より)


5/4(火)アップ~蔵出しモーヴザン・バルトン’15

冷涼感のある赤い実の果実香、うまみと酸に伸びのある珍しいタイプのボルドー!

4/1(木)アップ~蔵出し特価ラ・レゼルヴ・ド・レオヴィル・バルトン’15

あまり見かけないが?セカンドとは思えないほどの内容!

特価レオヴィル・バルトン’16この価格で最後の再入荷!













 

 





CHATEAU MAUVESIN BARTON '15

モーヴザン・バルトン’15
(ムーリ・辛口赤)


税込¥3300(税別¥3000)



輸入元定価・税別¥3,470

<あと10本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!!!
(Editors'Choice!)

ジェームス・サックリング 92点!

VINOUS 90点(ニール・マーティン)

VINOUS 88点(アントニオ・ガローニ)


MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

「2021.3月中旬に飲みました。抜栓直後もみ少し閉じ気味だが、かなり冷涼で果実香も完全に赤い実の果実、うまみと酸に伸びのある素晴らしい個性のボルドーだが、逆にわかりやすさがあまりない。樽が控えめでタンニンの質が非常によくアフターにエグみがほとんど残らない。抜栓の次の日も非常においしい。時間とともにどんどんおいしくなってゆく。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%

AOP ム-リス・アン・メドック
メルロ 42%、カベルネ ソーヴィニヨン 38%、カベルネ フラン 16%、プティ ヴェルド 4%
所有している畑の中にさまざまな土壌があり、それぞれ最適な品種を栽培しています。

シャトー レオヴィル バルトンやランゴア バルトンを所有するバルトン家が2011年に取得。長い歴史の中で培った経験を活かし、ワイン造りを行っています。
バニラの僅かなニュアンスに赤い果実の香り。まるみのあるシルキーなタンニンがあり、赤い果実の印象とスパイシーさが感じられるバランスの取れたフィニッシュ。 (輸入元さんコメント)




LA RESERVE DE LEOVILLE BARTON '15

ラ・レゼルヴ・ド・レオヴィル・バルトン’15
(サンジュリアン・辛口赤)


税込¥5500(特価・税別¥5000)



輸入元定価・税別¥6,700

<あと10本>絶対おすすめ!

VINOUS 90点(ニール・マーティン)

VINOUS 89点(アントニオ・ガローニ)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点!

「2021.3月中旬に飲みました。抜栓直後のみ固いが、数時間で大幅に向上!凝縮感、骨格、余韻がありエキスとコクも充実。何故日本で全然流通していないのか?熟成も出来る内容。これほど上質だったとは。抜栓の次の日も非常においしい。さらに向上!」

アルコール13%

カベルネ ソーヴィニヨン 70%、メルロ 22%、カベルネ フラン 8%
シャトーの若木からとれたブドウを使用。セカンドながらも高いカベルネ ソーヴィニヨン比率で手摘みで収獲、発酵を行った後16-18ヶ月の樽熟成を行います。

格付け2級、シャトー レオヴィル バルトンは1826年から10代にわたりバルトン家が所有しています。
熟した赤系果実に加え、わずかにさわやかなミントの香り。口に含むと清涼感を感じる鮮烈な酸味とやわらかいタンニンが魅力的。力強さと優美さをそなえ、完成度が高いながらも親しみやすいワインです。
(輸入元資料より)





レオヴィル・バルトン’16

(サンジュリアン・辛口赤)


税込¥19800(特価・税別¥18000)

<あと17本>限定品!

最新パーカー95+点!(Lisa Perrotti-Brown)

ジェームス・サックリング 95~96点!

最新VINOUS 95点!!!(ニール・マーティン、2020年8月試飲)

VINOUS 95点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

VINOUS 96点!(アントニオ・ガローニ)

スぺクテーター97点!!!
2019年度TOP 1/100位に選ばれる!!!
(Highly Recommended!、2025~2040年)

ファルスタッフ 96点!

Wine Enthusiast 96点!(Cellar Selection!)

デカンター・オンライン95点!
(2024~2045年)
さらにDecanter's Wine of the Year 2020年度 に選ばれる!!!

ル・フィガロ19/20点

Le Point 17.5~18/20点

Terre de Vins 17/20点


Jeff Leve 96点!!!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 98点!!!(さらにクー・ド・ラネ!!!)

MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18~18.5/20点
Palmares! Les Vins du Medoc de L'Anee!に選ばれる!

26本以上完売!

’16は、CS86%, M14%

新樽比率約60%

レオヴィル・バルトン最新情報
畑の平均樹齢は40年ですが、なかには1953年に植えられた古い樹もあります。合植(消滅したり、ダメージを受けた樹の植え替え方法)を行っていき、栽培密度はヘクタール当たり9100本を維持しています。畑を取り巻く環境も大事な要素です。
< 2012年以来、畑の12%程がオーガニック農法で管理されており、年々、その割合は増えていっています。 >

ブドウは120人程のチームによって収穫され、完全に除梗し、何回かの選別の後、温度管理された発酵槽へ送られます。一日に2回ポンピングオーバーを行いながら、数日間、発酵を続けます。マセラシオンと発酵の後、オーク樽にて18ヵ月熟成されます。樽は基本、60%が新樽で、樽は複数の会社から購入します。発酵の間に、目減り分の補充を行い、3ヵ月毎に澱引きを行い、卵白で清澄を行います。一樽に付き、3~6個の卵白を使用します。

重要の作業のひとつ、ブレンドは例年、1月の末に行われます。テクニカル・ディレクターとコンサルタントのエリック・ボワスノ氏が各区画のワインを注意深く試飲していき、決定します。瓶詰めは6月です。


5/4(火)アップ~蔵出しデギュイユ’12再入荷!

充分飲み頃になって若い時よりもさらにお買い得!

蔵出しデギュイユ’16




 



CHATEAU D'AIGUILHE '16 Cotes de Castillon

シャトー・デギュイユ’16

(コートドカスティヨン・辛口赤)


税込¥4400(税別¥4000)

<あと12本>絶対おすすめ!

※同じ価格では再入荷不可能!

パーカー90~92点(2020~2035年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新VINOUS 92点
(アントニオ・ガローニ、2018~2026年)

スペクテーター92点
(NOW~2028年)

デカンター・オンライン92点
(2020~2030年)

ファルスタッフ 92点

Jeff Leve 93点!

Weinwiser 17.5/20点


MVF(旧クラスマン)16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)17/20点

「2020.11月初旬に飲みました。樽のロースト、コーヒー、ナッツ、凝縮した黒い実の果実、濃く入れたココア、土、スパイス、時間とともに甘い桃の香りも出てくる。よく凝縮して酸は低くなく、抜栓直後のみ中域にわずかにエキス不足感があるか?と思いきやアフターにかけて非常に充実したコクとグリップがあり長めの余韻。エグみはなく甘さは控えめ、意外なバランスのよさがあり何故か杯が進む&飲み飽きない!わかりやすく濃くうまい面がありつつも、ピュア感も残っており、常に漂う桃の風味も心地よい。抜栓の5日後まで非常においしい。まったく落ちないどころか、アフターのピュアさが増しただろうか」

アルコール14.5%

’16は、M85%、CF15%
新樽30%にて約14ヶ月熟成

セカンドの’16が、
Wine Enthusiast 91点!




CHATEAU D'AIGUILHE '12 Cotes de Castillon

シャトー・デギュイユ’12

(コートドカスティヨン・辛口赤)


税別¥3800

<あと12本>

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

469本完売!!!
同じインポーターさんが再輸入してくれました~!




CHATEAU D'AIGUILHE '07 Cotes de Castillon

シャトー・デギュイユ’07

(コートドカスティヨン・辛口赤)


税別¥3500

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー88点(2010~2016年、
ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト188号)

スペクテーター90点(2011~)

インターナショナルワインセラー88点

ゴーミヨ誌16.5/20点!


MVF(旧クラスマン)2011年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

78本完売!!!ありがとうございました

「2017.6月中旬に飲みました。ボルドーなのにかなり珍しく当店社長絶賛だった1本!色気が出てきて十分飲み頃だが、まだピーク頂上ではないくらいの時期。少し熟成したペサックレオニャン的なスモークベーコン、ベーコンの脂、鉛筆の芯などのオイリーな熟成香に樽のローストと色気のある黒い実の果実等のよい香り。果実味があり、なめらかで溶け込んだタンニン、ほろ苦いコクがある。若い時よりさらにお買い得感が強くなった印象」

アルコール14%

コート・ド・カスティヨンはサン・テミリオンとポムロールの東に位置します。この土地の潜在能力に着目したナイペルク伯爵(カノン ラ ギャフリエールやラ モンドットのオーナー)が現在のオーナーです。作付けはM80%CS10%CF10%。力強い骨格と甘みさえ感じるほどに熟した果実味、男性的なタンニンの調和が見事な一本です。

ラ・モンドット、クロ・ド・ロラトワール、シャトー・カノン・ラ・ガフリエールなどを所有するステファン・フォン・ナイペルグ伯爵が、注目の産地コート・ド・カスティヨンで手掛けるのがシャトー・デギュイユである。

12世紀後半から続くボルドーでも最も古いシャトーの一つであるが、ナイペルグ伯爵が取得後、ブドウの植え替えや醸造技術及び設備の近代化を行い、天才醸造家ステファン・ドゥルノンクールとのタッグによって飛躍的に品質が向上した。

コート・ド・カスティヨンとサン・テミリオンの境に位置するシャトーは、「Aiguille(針)」という名前の通り、片側が丘、もう一方が小さな谷間という岩の多い切立った高台にあり、50haの畑を所有する。この高台まで、サン・テミリオンから続く石灰層が横たわっており、コート・ド・カスティヨンにありながら理想的なテロワールであると云える。

ブドウはビオディナミの手法をもとに、堆肥や植物をベースとした調剤を使用するなど環境にやさしい栽培法を採用するとともに、月暦に合わせて作業を行う。
(輸入元資料より)



5/4(火)アップ~蔵出しドメーヌ・クードレ’20ヴィオニエ

よい出来の香りが強いヴィオニエ!




 



Domaine Coudoulet, Viognier VdP d’Oc '20

ドメーヌ・クードレ、ヴィオニエ’20
(南フランス・辛口白)


税込¥1870(税別¥1700)

<あと7本>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

「2021.4月末に飲みました。抜栓直後から強く華やかなよい香り。ネクター気味の白桃、オレンジなどのフルーツガム、うっすらスモーク、花、熟成香ではないムスク、ピスタチオなどのよい香り。共栄堂の橙に少し共通する香りが含まれる。果実味豊か、みずみずしく単調ではない味わいで、塩味はほのかに感じられる程度、酸が少し低いがコンディション抜群なのでピュアなフルーツ感でバランスはよい。セラー温度よりももう少ししっかり冷やした方がおすすめ。抜栓の次の日も非常においしい。しっかり冷やしても香りが強いまま」

アルコール13%
スクリューキャップ

’19 ファルスタッフ 90+点!

ブドウ品種:ヴィオニエ
栽培:リュット・レゾネ(減農薬栽培)

畑・土壌:小石がとても少ない泥灰土  醸造:すべて除梗。空圧式プレスした後、48時間低温でデブルバージュ。
樹齢:約10~20年
収穫方法:熟度のバランスが最高の状態を見極めて機械摘み。
全て100%除梗し、亜硫酸の添加はごく少量に抑える。

熟成:ほとんどのワインはステンレスタンクで、約8%新樽で4~5ヶ月熟成。最初の2ヶ月は、タンク内のワインをバトナージュ(澱を攪拌すること)して旨みを抽出する。ビン詰め前に澱下げ、軽くフィルターをかける。
味わい:とてもアロマティック。新鮮な桃の典型的な香りがいっぱいです。フレッシュな酸味が果実味と調和します。



1840年から代々家族から家族へ引き継がれてきた歴史のある蔵元で、現在は6代目のピエール-アンドレ・オルナック氏とその息子ギヨーム氏が経営にあたっています。そして、2017年には世界中のワイナリーで研鑽を積んだカミーユ・オルナック氏が参画しました。カミーユはイタリアではアヴィニョネージ、ボルドーではラグランジュといった偉大な生産者で研修しました。南アフリカ、ニュージーランド、アメリカでは小さな造り手やナチュラルな手法の造り手にも積極的に研修に出向きました。その実力は非常に高く、経験に裏打ちされた卓越したセンスを備えており今後の展開にも期待が高まります。

1900年代初めの所有者となったピエール・アンドレ氏の祖々父は、南西地区最大の都市トゥールーズの市長であり、同時に国会議員を勤めた名士でした。また祖父母はトゥールーズとナルボンヌでワイン商を営むなど、昔から名家としてワイン業に関わってきました。ピエール-アンドレ氏はモンペリエ大学で法律を専攻した後、公証人事務所で2年働く間に農業関係者以外の人たちに出会っていくうちに、現在普及している「近代農業」に対して距離を置くようになりました。兄のジャン-イヴは、既に1976年からドメーヌで働いていましたし、今まで家族がずっと守ってきた「かけがえのない伝統」を絶やしたくない、そんな思いにかられて家業に戻る決心をしたのです。そして1985年、ドメーヌに帰って兄弟のジャン-イヴと共同でワイナリーを引き継ぎました。こうして蔵に戻ってからは「品質アップ」を目指して果敢にアタックし始めたのです。

まず彼が実行したのは協同組合からの独立です。当時、他の生産者同様、地元の協同組合に加盟していましたが、せっかく立派に育てたぶどうを収穫しても、他の栽培者のぶどうと混ざってしまっては1年間の苦労が水の泡になってしまいます。自分たちの思い描く質の高いワインを造るにはこのままではいけない。こうなれば原点に帰るしかない。昔、この蔵がそうだったように、自社単独で醸造すべく2人は組合を出て独立したのです。ただし、はやる気持ちだけではいいワインは出来ません。技術的な裏づけがなくてはいけないと、醸造コンサルティングを蔵に招いて現場に則した技術を会得していきました。

独立してから、品質向上に向けて生産量よりも品質を重んじた大々的な見直しを行いました。まず、ブドウ畑の改良。赤ワイン用にはシラー、グルナシュ、メルロー、カベルネなどを、白ワイン用にはシャルドネ、ヴィオニエ、マルサンヌといった高貴種に植え替えました。その他、ここでは未熟果を残して完熟ぶどうだけ振るい落せる細かな調整ができる最新の収穫用機械を導入しており、おかげで機械摘みによる青臭さが出なくなりぶどうの熟度が格段に上がりました。

美味しいブドウを生かしたワイン造り」をモットーに、醸造設備も大改良しました。醸造所全体は温度管理ができる上、発酵中を通して温度管理可能なステンレスタンクを導入し、醗酵をコントロール。ブドウ本来のデリケートな香りを残すような発酵を行うようになりました。圧搾機は空気圧を使った「プヌマティック方式」を購入。丁寧な圧搾ができてコロイド状の澱がでにくいタイプで、白ワインの圧搾には最高といわれるものです。これらの設備を導入する目的は、技術に頼ったワインを造ることではなく、発酵温度の急上昇によって果実味を失わないよう、みずみずしい風味を最大限残すワイン造りをするためなのです。
ピエール-アンドレ氏を『ワイン』へかきたてるものは向上心と情熱!これが原動力となってひたすら『より優れたワイン』を追求しているのです。

南仏の有り余るほどの日差しに加え、周囲の山から吹きつける強い風「タラモンタン」が畑の湿気を吹き飛ばして、ミネルヴォア地区は、他より病気の少ない地域といわれます。またラングドック地方の中でも、内陸部に位置するため、朝夕が涼しくこれがワインのフレッシュさとなって表れます。豊かな自然と、特異な微気候のおかげで、豊かな果実とジューシーなアロマのワインとなるのです。
(輸入元資料より)


 

5/4(火)アップ~<※値上がり直前!>蔵出しジャン・ルイ・ヴェルニョンNVコンヴェルサション750ml

蔵出しジャン・ルイ・ヴェルニョンNVコンヴェルサション(ハーフ)

何故か?まだ無名ですが、非常に上質!

コンディション抜群で、うまみとミネラルの広がるアフター





 

インポーター2社から買っています



個人的に大好きだったリンゴ入りヨーグルトの透明感のある乳酸香トップノーズは、今ではもうなくなってしまいました(特に若いうちは)が、味わいはやはりおいしいです。


これはマロラクティック醗酵してる銘柄かどうか、デゴルジュマンからどのくらい熟成しているかで変わるようですね。

ここもアルチザン(職人的栽培醸造家)グループのひとり

<※重要な情報>
ヴェルニョンの品質をググっと押し上げた
カリスマ『 クリストフ・コンスタン 』さんが離れてしまいました
(才能を評価されて、すごいところに引き抜かれたのか?)。
今後しばらくすると味わいが変わってしまいます。






結局、クリストフ・コンスタン氏が醸造責任者に戻ってきたという話を聞きました。詳細わかれば後ほどアップ致します。


もともとビオロジックですが
<HVE3> Haute Valeur Environnementale
環境に配慮した農法認定も取得済み




ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン・ド・ブラン <コンヴェルサション>ブリュットNV(ハーフ・375ml・RM)

税込¥3410(税別¥3100)

<あと7本>絶対おすすめ!
ラシーヌ輸入の限定品!




ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン・ド・ブラン <コンヴェルサション>ブリュットNV(750ml・RM)

税込¥6380(特価・税別¥5800

<あと11本>絶対おすすめ!
フィラディス輸入の限定品!
※6月以降入荷分から¥1,100程度値上がり致します。

最新VINOUS 93点!!!
(Antonio Galloni、2020.11月試飲)


最新パーカー90点
(William Kelley、2021年3月試飲

パーカー89点(2018~2028年、2019年4月試飲)


最新バーガウンド・コム 93点!!!(2017年10月試飲)

WEBマガジン『Panch』にてライターのジョン・ボネ氏が選ぶ
<今年(2017年)注目すべきワイン25本>のひとつに選ばれる!!!

ゴーミヨ誌2021年度版 16.5/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点
(さらにOr pour le Prix+Plaisir 2019に選ばれる!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

MVF(旧クラスマン)2017年度版14.5/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!


最新ロット分からデゴルジュマン表記がなくなりました、、、
ドサージュは5グラム以下のようです

前回入荷分デゴルジュマン2018年10月

前々回回入荷分デゴルジュマン2017年11月

72本完売!

「2019.11月上旬に再度飲みました。デゴルジュマン2018年10月ものも今すぐ開けて最高においしいが、例年より厚みとコクがあり少し厳格さがありわずかな固さも残る。当然ノン・ヴィンテージでも実際には寝かせた方がおいしい銘柄もある。これは結構熟成可能な内容。リンゴ入りヨーグルト、アーモンド、グレープフルーツ、強いミネラルなどのピュアなよい香り。注いでから回さずに少し放置して温度を上げるとよりおいしく楽しめます。果実味豊かでバランスよく、ドライでミネラリーなアフター。泡の質もよい。抜栓の次の日には全体的に少し向上した」



「2018.5月中旬に飲みました。昔飲んだ一番おいしかった時よりも今回さらにおいしく感じられた!ピュアで透明感があり、泡の質が抜群によい。ヨーグルト乳酸、グレープフルーツ、砂糖漬けにしたレモンの皮、程よいベリー、強いミネラルの香り主体。艶と複雑性のある果実、ちょうどよい尖っていない上質で絶妙な酸とうまみ、非常に多いミネラルで一貫して美しく流れる。温度上がるとうまみ塩が増す傑出バランスに!この価格帯ではほとんど完璧な内容。1万円でこれより満足度の低い銘柄はかなりあります。個人的にはこれとマルゲがあればプレステージ銘柄は『 家飲み限定 』なら特にいらないかも?という気も。ただのブリュットですが、クドさゼロの複雑さわやかバランス。抜栓の次の日~2日後と泡が少し抜けてさらにおいしい!間違いなく基本のブドウの質がかなりよいので、クリストフ・コンスタンさんが関わった中身はあとどのくらい買えるのだろうか?デゴルジュマンに関わっていなくても栽培・醸造に関わっていれば、リリースまで時間がかかる飲み物なのでまだしばらくいける?」

アルコール12%

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版にて2つ星生産者→3つ星生産者に昇格!

このドメーヌに関しては、中身のヴィンテージが変わった途端にリザーブワインの比率が下がって味わいが大きく落ちたというような心配は無用です


近年、関東の高級寿司店でのオンリスト率が高い銘柄だそうです!



『 1950年創立のジャン=ルイ・ヴェルニョンは、1985年からビン詰めを始めました。2002年にクリストフ・コンスタンが醸造責任者になって、栽培・醸造のすべてが根本的に改められ、年を追うごとに目覚しい向上をしてきています。クリストフ・コンスタンもまた、アンセルム・セロスから大きな影響を受けた一人です。特に、メニル村はアンセルムが住むアヴィーズと同じコート・デ・ブラン地域にありますから、収穫期が近づくと頻繁にアンセルムと情報交換をしているそうです。 「ル・メニルでは、マロラクティック発酵をしないで仕上げるには、10~11グラムのドザージュが大前提になっている。もし、ドザージュしないで仕上げようとするなら、マロラクティック発酵をしなければバランスがとれない」と一般に言われています。けれども、「ブドウを完熟させて収穫すれば、マロラクティック発酵は必要ない」というのが、アンセルムとクリストフの意見なのです。ル・メニルの真髄を表現する正統派シャンパーニュの登場です! (輸入元資料より) 』


5/4(火)アップ~蔵出しアンリオ’00~’83

超希少な蔵出し正規品バック・ヴィンテージ!!!

蔵出しアンリオ’98アンシャンテルール

噛めるような果実味とエキス感、芳醇かつ複雑な味わい!

蔵出しアンリオ’08ミレジメ

ローラン・フレネさんの大自信作!






※↑オリジナル木箱入り’83画像





※ミレジメ・ラベルのデザイン変更あり。




 




2018年7月
醸造責任者ローラン・フレネ氏

2014年7月
醸造責任者ローラン・フレネ氏、東アジア輸出担当の西山氏と和食との相性を見ながら、詳しい説明を伺いつつ一緒にお食事をする大変貴重な機会に恵まれました!感謝です!

【IWC Sparkling Winemaker of the Year 2015&2016 Laurent Fresnet!】

ロンドンで開催される「インターナショナルワインチャレンジ2015」で、アンリオの醸造責任者ローラン・フレネ氏がスパークリングワインメーカー オブ ザ イヤー2015年を受賞!!! 

さらに今年もスパークリングワインメーカー オブ ザ イヤー2016年を受賞!!!2年連続受賞となりました~!




Henriot, Champagne Brut '08

アンリオ、シャンパーニュ・ブリュット・ミレジメ’08

税込¥10670(税別¥9700)



輸入元定価・税別¥11,800

<あと8本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 95点!!!

デカンター・オンライン96点!!!(2020~2035年!)
さらにBest Champagnes of 2018に選ばれる!!!

最新パーカー91+点(2018~2035年、2019年4月試飲)

スペクテーター92点(NOW~2028年)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2020年 金賞受賞!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019年 金賞受賞!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018年 銀賞受賞!
さらに2018年度ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー(スパークリング部門)に選ばれる!


VINOUS 91点(2018~2026年、アントニオ・ガローニ年)

ワイン&スピリッツ誌 91点

バーガウンド・コム 93点!!!

MVF(旧クラスマン)2020年度版15.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17.5/20点

16本完売。

「2019.9月上旬に再度試飲しました。予想通りドラモット’08同様、わずか1年でもう飲めるバランスにまで向上した。数年以内に冷やしすぎずに適切なグラスで開ける分には間違いなく非常においしい。断定はできないがそこから先の酸化リスクがわずかにありそうな雰囲気も感じつつ、またそのうち試してみようと思います」



「2018.7月中旬に試飲しました。世界中で大人気のフレネさんの大自信作(2000年代で最高の出来と言っています!)がついにリリースされました。ちなみに’06もフランス在庫がすでにないそうです。当然まだ固さはあるものの、健全な熟した果実に力があり、厚み・キレ・コク・骨格に優れ、ミネラルも感じられる。最初はブリオッシュやビスキュイのニュアンス強く、白胡椒などのスパイスも。時間とともに少し温度が上がるとオイリーな黄桃、バター、洋ナシ、蜜にさわやかさを感じさせる柑橘類も同時にあるよい香り。リッチでふくよか、キレとさわやかさも残したバランスで大きめの構造、時間とともにアフターの塩味が少し強くなる。フレネさん曰く’08には、’88に似たフルーツ感と’96に似たフレッシュ感があるとのことです」

アルコール12%

’08は、シャルドネ50%、ピノノワール50%

9年以上熟成後、待望のリリースとなりました~!

ドサージュ6グラム/リットル

2008年はアンリオ創業200周年にして素晴らしいブドウが出来た記念すべきミレジメ。果実味や花の軽やかなアロマと、エレガントで骨格があるアンリオらしい味わい。長期熟成のポテンシャルを感じる良年です。

A mild winter followed a relatively dry autumn, with wetter weather gathering momentum until the spring. Fine, sunny weather during harvesting ensured grapes were perfectly ripe and healthy, of superb quality, and showing a freshness worthy of only the greatest vintages.


そのヴィンテージに収穫されたブドウのみを使用して造る、メゾンのスタイルとヴィンテージの個性が融合した逸品。エレガントで繊細ながらも、芯のしっかりとした力強さがあります。

上質なシャルドネ50%とエレガントなピノ・ノワール50%をブレンドし、アンリオのメゾンスタイルをしっかりと表現するヴィンテージのみリリース。6つの著名なグランクリュからブドウを厳選。

(マイィ・シャンパーニュ、ヴェルジー、ヴェルズネ、メニルシュールオジェ、アヴィズ、シュイィ)




アンリオ、シャンパーニュ・キュヴェ・デ・アンシャンテルール・ブリュット’00

(750ml・NM・辛口白泡・オリジナルギフトBOX入り)


税込¥31900(税別¥29000)

<あと12本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

Wine Enthusiast 96点!

ジェームス・サックリング 94点!

VINOUS 94点!(アントニオ・ガローニ)

スペクテーター94点!

バーガウンド・コム 90点

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018年 金賞受賞!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 金賞受賞!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16.5/20点




アンリオ、シャンパーニュ・キュヴェ・デ・アンシャンテルール・ブリュット’98

(750ml・NM・辛口白泡・オリジナルギフトBOXなし)


税込¥33000(税別¥30000

<あと1本>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
他のヴィンテージのアンシャンテルールも同時にお買い求めくださいませ。

ワイナート68号 95点!(NOW~2030年)

パーカー93点(2011~2018年、
Antonio Galloni、ワイン・アドヴォケイト197号)

インターナショナルワインセラー93点!

スペクテーター95点!(NOW~2028年)


Wine&Sprits誌 94点!!!

バーガウンド・コム 92点

ゴーミヨ誌17/20点

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2012年 金賞受賞!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版18/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版18/20点

MVF(旧クラスマン)2015年度版17.5/20グラス!

MVF(旧クラスマン)2013年度版16/20グラス

約6年経過してかなりおいしくなっているはず!!!



「2014.7月に飲みました。輸入元さんでも大人気のミレジメ’05の後に飲みましたが、さらに芳醇でグラとポテンシャルがあり、まだ飲み頃の入り口に入ったばかりくらいの時期だと思われる。噛めるような果実味で厚みとエキス感があり、余韻も非常に長くやはりこの銘柄は別格!下位ラインナップのあっさりエレガントスタイルとは別次元の力強さ。黄桃、アプリコット、バタートースト、スモーク、洋ナシのコンポート、ナッツなどのよい香りで、トロっとした蜜のニュアンスはあと数年先に現れるとのこと。当然冷やしすぎないほうがおいしい。温度が常温近くまで上がってもまったくダレない。大抵の肉と合わせても負けないし、魚なら濃いソースかスモークしたものじゃないと負けてしまいそう」

ピノノワール50%、シャルドネ50%

6つの特級畑のブドウを使用

12年熟成を経てリリース

下位ラインナップのミレジメ’98が、 Wine Enthusiast 95点!!!




アンリオ、シャンパーニュ・キュヴェ・デ・アンシャンテルール・ブリュット’96

(750ml・NM・辛口白泡・オリジナルギフトBOXなし)


税込¥34100(税別¥31000)

<あと18本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

デカンター・オンライン97点!!!
(2017~2030年)

Wine Enthusiast 97点!!!
(Cellar Selection!)

VINOUS 92点(アントニオ・ガローニ)

VINOUS 94点!(Josh Raynolds)

スペクテーター97点!!!

パーカー92点


MVF(旧クラスマン)2010年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2010年度版18/20点

’96は基本的に酸にキレのある年




「アンシャンテルール」とは、カーヴでワインが発酵するのを見守る職人を意味する、古くからのシャンパーニュ地方の言葉です。





アンリオ、シャンパーニュ・キュヴェ・デ・アンシャンテルール・ブリュット’89

(750ml・NM・辛口白泡・オリジナルギフトBOXなし)


税込¥66000(税別¥60000)

<あと3本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。





アンリオ、シャンパーニュ・キュヴェ・デ・アンシャンテルール・ブリュット’83

(750ml・NM・辛口白泡・オリジナル木箱入り)


税込¥84700(税別¥77000)

<あと3本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。



5/4(火)アップ~蔵出しプリンチピアーノ’16ラヴェーラ

蔵出しプリンチピアーノ’15バローロ・セッラルンガ

さらに貴重なバローロ・ボスカレート・バックヴィンテージも!

今では昔のバローロ・ボーイズとは逆の個性重視・大樽熟成の方向性!














ラシーヌ輸入の限定品!

化学肥料や除草剤、殺虫剤や防カビ剤を不使用
さらに現在では一部ビオディナミも導入している


プリンチピアーノは、「現代のクラシック」というべき高みに達しているにもかかわらず、常に進化の過程にあります。この地域でこれほどの将来性に富む生産者は、ほとんど思いつきません。しかも、あくまでも市場の受容性を考慮した価格は、品質からみると、とても良心的としか、言いようがありません。
このような多面的な意味で、まさしく比類を絶するプリンチピアーノこそ、ラシーヌにとって理想的な生産者であるだけでなく、ラシーヌの品質管理によって、その〈繊細優美な味わい〉を特徴とするワインの実力と個性がますます発揮される、と私たちは考えています。
(輸入元資料より抜粋)


今までのどのピエモンテとも違う輝きを放つ!その1
何故?これほどまでにタンニンが丸くエレガントで、エキスとミネラルは多いのか
それこそジャンシス・ロビンソン女史、ジョン・ボネ氏、Luis Gutierrez氏達が絶賛しそうなスタイルです。




Principiano Ferdinando, Barolo - Ravera di Monforte 2016

プリンチピアーノ、バローロ・ラヴェーラ・ディ・モンフォルテ’16
+バローロ・セッラルンガ’15


税込¥14740(税別¥13400)

<あと12セット>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
当然再入荷不可能!

Wine Enthusiast 98点!!!
(Cellar Selection!)

VINOUS 93点!
(2024~2036年)


アルコール13.5%





Principiano Ferdinando, Barolo - Serralunga '15

プリンチピアーノ、バローロ・セッラルンガ’15

税込¥5720(税別¥5200)

<あと6本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 90点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

30本以上完売。

「2020.9月下旬に飲みました。縁がオレンジ~朱色のやや明るいルビー色。アーモンドなどのナッツ類、赤い実の果実、ミニトマト、わずかにオレンジリキュールなどのよい香り。抜栓直後は味わいが少し固いが、短時間でググッと旨味が増して一見バローロとしては軽いようでいて味付きはかなりしっかりしている。酸とミネラルの質もとてもよい。キメ細かいタンニンでグリップ感は少しありつつ、わずかな苦みを伴いよいバランス。例えばクラシックなスタイルのブルゴーニュ好きにもおすすめできるバローロ。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール14.5%

’15から新ラベル




Principiano Ferdinando, Barolo - Serralunga '14

プリンチピアーノ、バローロ・セッラルンガ’14

税込¥5940(税別¥5400)

<あと1本>限定品!

※’14は再入荷不可能!

過去に2ヴィンテージ飲んでいます。基本的にランゲ・ロッソより熟して果実とエキスが凝縮してタンニンが多めでコクがありつつもタンニンの質は非常によくリリース直後から飲めてしまう場合が多い。アタックだけほのかに甘く、アフターは辛口。亜硫酸が少ないが揮発酸などの不安定感がなく、ピュアなニュアンスとブルゴーニュ・グラスでやや低めの温度がよさそうなエレガンスは残っているといった印象でした。抜栓の2日後以降にはわずかに酸化のニュアンスが出る場合もある。


ジャコモ・コンテルノのカッシーナ・フランチャに隣接する石灰比率が高い畑であるボスカレートの若木

ボスカレートはセッラルンガを代表する畑カッシーナ・フランチャの真下、バローロ・エリアの境界線にある。標高は一番低いところで320m(カンヌビやブッシアよりも高い)、最も高いところでは400m を超える。

生産量:約20000本/年

品種:ネッビオーロ100%
植樹:1999年代
位置:南西~南東向き
土壌:粘土石灰質

ステンレスタンクで30日間マセレーション
大樽で24ヶ月熟成

バローロらしい風格を持たせながらも、気軽で親しみやすいものを、というフェルディナンドの想いが良く表れたバローロ。
”グラスで使ってくれたらいいなぁ”(フェルディナンド本人談)




Principiano Ferdinando, Barolo Boscareto '07

プリンチピアーノ、バローロ・ボスカレート’07

税込¥13200(税別¥12000)

<あと4本>絶対おすすめ!
超限定品!

※’07は、再入荷不可能!

「2018.5月中旬に飲みました。こちらはすでに有機栽培~大樽熟成にはなっていても、ごく近年の作品とはまだ造りが違う時期だと思われます。オレンジピール・チョコレート、コアントロー、甘草、甘苦系+少し漢方系スパイス、ヨード、トリュフ、タバコ、ミントなどの熟成感あるよい香り。黒い実の果実で現時点でピノノワールっぽくはない。なめらかな粘性と甘苦さを感じる複雑性があり余韻長い。個性があり、今ではタンニンが溶け込んできて重すぎず、アルコールもコンディションが良いので表示程は高く感じない。飲み頃の入り口くらいだろうか?抜栓の次の日も非常においしい。やはり複雑で余韻が長い。抜栓の2日後は甘旨増して、高級バニュルス古酒系のニュアンス?出た」

アルコール15%

樹齢40年以上

位置:標高350m、南西向き
土壌:粘土石灰質
開放樽で40日以上のマセレーション
大樽で36か月熟成

カシーナ・フランチャのすぐ下にある非常に優れた畑

クラシック、モダン、ナチュラル。それぞれの世界を探求しつづけるフェルディナンドの考えをもっとも反映しているワイン。重厚だが、タニンはしなやか。後味のブルーの花を思わせる透明感は、年々増すばかり。
ボスカレートの畑は、銅も硫黄の散布もせずに、海藻やプロポリスによる畑の管理を実験的に始めた、最初の畑。


5/4(火)アップ~蔵出しアルバロ・パラシオス’18’15

青みがかったスレート土壌から出来るガルナッチャ主体
自社畑100%のピノノワール的なグラタヨップスも!

蔵出しパラシオス・レイモンド’16ラ・モンテサ最後の再入荷!

価格を超えた甘旨コクの大成功年!











 


こちらは「プリオラートの4人組」の一人、アルバロ パラシオスが、実家であるリオハのボデガで指揮をとる「パラシオス レモンド」のワイン。




PALACIOS REMONDO, LA MONTESA '16

パラシオス レモンド、ラ モンテサ’16
(スペイン・辛口赤)


税込¥2530(税別¥2300)

<あと7本>絶対おすすめ!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2020 ダブル・ゴールド受賞!

デカンター・オンライン92点!
(2020~2024年)
Part of 10 great Rioja crianza wines to tr

ティム・アトキン 94点!!!

ジェームス・サックリング 94点!!!

パーカー93点!!!
(2019~2024年、ワイン・アドヴォケイト243号)

~ It's incredible to have this quality at this price and almost unbelievable that they produced 690,000 bottles of it. A steal!

スペクテーター90点(NOW~2024年)

ギィ・ア・ペニン 92点!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

55本完売。~※’16は再入荷不可能!

「2020.3月初旬に飲みました。うっすら紫がかったやや濃いルビー色。このワインは定期的に試飲していますが、ややジャミーで酸が低く緩めの年もあって毎年は買っていませんが、この’16は過去最高の出来だと思います。凝縮して緩くないドライ・イチゴ、ブラックベリー、甘草、スパイスなどの香り。ほのかに甘味を感じる凝縮した果実味、低すぎない酸、丸いが多めのタンニンで、甘旨コクとともにアフターの最後に少しグリップ感がある。最終的には例年より少し冷涼なイメージで緩くなくある程度熟成も可能。予想よりしっかりした味わいでフルーツ感も強い。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール14%

DOCa リオハ

ガルナッチャ 92%、テンプラニーリョ 8%

’15 VINOUS 91点




PALACIOS REMONDO, LA MONTESA '13

パラシオス・レイモンド、ラ・モンテサ’13

(スペイン・リオハ・辛口赤)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

ティム・アトキン 93点!

デカンター90点

スペクテーター91点(Smart Buys!、
NOW~2023年、2016年度TOP52/100位!)

ファルスタッフ 89点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました

「2017.8月下旬に試飲しました。予想より上品で酸も低くない。うっすらヴァニラの香りはあるが、あくまでクドくないもの。艶のあるベリー類、癖のないスパイス、よく溶け込んだタンニン、甘苦さも控えめで上品なめらかやや複雑な味わい。明らかに価格を超えたワインで、スペインとしては飲み飽きないおいしさ」

アルコール%

この’13は、大体¥1700価格が上の
上級品『 プロピエダットPropiedad(ガルナッチャ100%) 』のブドウをすべて格下げしてラ・モンテサに使用している!!!


有機栽培(一部ビオディナミを実践)

樹齢28年

海抜約550m標高の高い畑、手摘み

低収量、畑での選果実~選果台での徹底した選果を行う

基本的に無灌漑

ラ モンテサは小石で表土を覆われたモンテサ畑のブドウをつかったワイン。リオハにおいてアルバロ氏が最も思い入れを持つワインです。発酵はステンレスタンクで行い、その後小樽で12ヶ月熟成。

AOC : リオハ DOC
品種 : ガルナッチャ、テンプラニーリョ

モンテサ畑ではこの地の地品種であるガルナッチャ種への植え替えを行ってきましたが、ついに2013年ヴィンテージよりガルナッチャ主体にリニューアル。ボトル形状もブルゴーニュ型となり、巡礼地としての歴史ある土地と品種への敬意を表現しています。

小石で表土を覆われたモンテサ畑のブドウを手摘み収穫し、ステンレスタンクでバトナージュしながら発酵。マロラクティック発酵の後、フレンチオーク樽100%で約12ヶ月間熟成、フィルターせずに瓶詰めします。果実の凝縮感のあるアロマティックな味わいに、きれいな酸味がバランス感を与えています。





マスター・オブ・ワイン協会によるワインメーカーズ・ワインメーカー・アワード2016に選ばれる!
(過去の受賞者は、エゴン・ミュラー、アンヌ・クロード・ルフレーヴなど)

デカンター誌によるマン・オブ・ザ・イヤー2015に選ばれる!
(過去の受賞者は、アンジェロ・ガヤ、オベール・ド・ヴィレーヌ、クリスチャン
・ムエックスなど)




ALVARO PALACIOS, GRATALLOPS VI DE VILA '15

アルバーロ・パラシオス、グラタヨップス ビ デ ビラ’15
(スペイン・プリオラート・辛口赤)


税込¥5720(税別¥5200)

<あと5本>絶対おすすめ!

ジェームス・サックリング 94点!!!

パーカー92点(2018~2025年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト236号)

VINOUS 93点!

デカンター・オンライン92点!

ファルスタッフ 93点!


「2021.4月中旬に飲みました。珍しく当店の社長も絶賛したスペイン!まず基本のブドウの質と全体の質感がよく、酸が低すぎずアルコールの浮きがなく良いバランス。紫色の弱い中程度のルビー色。ピュアで透明感あり、樽も控えめ。わりとピノノワールのような赤い実の果実高主体で、少しアーモンド、甘草、土系ミネラル、多少ミルキーなニュアンスもあるよい香り。落ち着いてなめらかな球体系のバランスで、タンニンの質が非常にキメ細かく、甘旨エキスたっぷりの味付きしっかり。アルコールの浮きはないがヴォリューム感はありコクはあるが重くないピュアでエレガントな味わい。エンビナーテ、タガナン・パルセラ・マルガラグア’16ほどまんまピノではないものの、味わいも少しピノノワール的。飲み頃だがまだ熟成も可能。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール14.5%

最上級銘柄『レルミタ』(12万~)の若木も少し混ざっている!
グラタヨップスの標高400-500mの自社畑の100%

DO プリオラート
ガルナッチャ 85%、 カリニャン 13%、 その他 2%(コートロティのように白ブドウも1~2%混ざる場合があります)

認証名 CCPAE 農法 ビオロジック

「プリオラート4人組」として世界に名を広め、1997年アルバロ パラシオスを創業。自然を尊重し、土地を愛し、ガルナッチャを中心に伝統的な方法に則ったワイン造りを行う、今やスペインを代表する造り手です。
グラタヨップスの村に点在する、標高340-430mに位置する所有畑。樹齢は17-70年。100%除梗後軽く圧搾。大樽で発酵、ピジャージュを行う。その後マロラクティック発酵。15ヶ月バリックで熟成。

グラタヨップスの町に点在する畑のブドウをブレンドした、いわば村名ワイン。若々しくフレッシュなブラックベリーなどの凝縮した果実味。ハーブ系のすっとした香りとアロマ。バランスのとれた味わい。

化学薬品は使用せず、耕作にはラバを用いるなどプリオラートの伝統を重んじ、自然環境に配慮したワイン造りを行います

グラタヨップス(Gratallops)はプリオラートの南西部にあり、『 リコレリャ 』という特殊な青みがかったスレート土壌に覆われています。年間降雨量は400mm以下と少なく、日照時間は年間3,000時間にもなりますが、雨がスレートを通って深い場所に溜まり、ブドウは根を深く伸ばし水分と豊富なミネラル分を吸収するため、フレッシュでミネラル感のあるブドウが収穫できます。
傾斜の厳しい斜面に階段式の畑が広がるため、ほとんどの場所では機械で作業を行うことができず、ラバを使って作業が行われます。2000年からトップ キュヴェのレルミタ畑ではビオディナミ農法を実施しています。フィンカ ドフィの畑でもビオロジック農法が実施されています。

醸造
山の傾斜を利用した醸造所で、重力に沿って果実や果汁を運んでいくグラヴィティシステムを採用し、果実や果汁にストレスをかけないように醸造しています。アルコール発酵時は8~12日間、2人の作業員が24時間体制で温度管理を行っています。マセラシオンは約40日間と長めに行っています。8ヶ月間少しずつ樽を回転させ、ワインを滓に長く接触させるため、レルミタとフィンカ ドフィの熟成樽は1段のみで、上に積み重ねません。これにより、クリーミーでリッチなワインとなります。




アルバロ・パラシオス、カミンス・デル・プリオラート’18

(スペイン・プリオラート・辛口赤)


税込¥2860(税別¥2600)

<あと9本>絶対おすすめ!

ジェームス・サックリング 94点!!!

VINOUS 92点!

ジャンシス・ロビンソン 17/20点

パーカー91点(2019~2023年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト244号)

スペクテーター89点


「2021.4月中旬に飲みました。珍しく当店の社長も絶賛したスペイン!まず基本のブドウの質と全体の質感がよく、酸が低すぎずアルコールの浮きがなく良いバランス。縁が紫がかった濃いルビー。よく凝縮してエネルギーを感じる果実香、スミレ、甘いブラックチェリーと甘草、黒胡椒などのスパイス、サラミなどのよい香り。アタック甘く、果実味豊かだが宙域はエレガンスもあり、タンニンが丸い飲み頃NOW~。甘いが旨味もあり、意外と甘苦いニュアンスは控えめで、それほどクドくない杯が進むタイプ。ピュアさとみずみずしさが残っており、ただ完熟で凝縮したスペインというイメージではないよいワイン。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール14.5%

ガルナッチャ 35% 、カリニャン 20% 、シラー 20% 、カベルネ ソーヴィニヨン 15% 、メルロ 10%





アルバロ・パラシオス、カミンス・デル・プリオラート’13

(スペイン・プリオラート・辛口赤)


税別¥2600

<売り切れ>絶対おすすめ!

スぺクテーター90点(NOW~2019年)

インターナショナルワインセラー91点

Wine Enthusiast 90点(NOW~2017年)

ギィ・ア・ペニン 91点


※再入荷すると’15に移行致します。

「2016.5月中旬に試飲しました。5人で飲んで全員絶賛でした!僕の予想以上に女性陣から高評価のよいラベル・デザイン。まずはわかりやすく陽気な完熟ベリーがあり、予想通りのほのかに甘い豊かな果実味だが、緩いわけではなく程よいエキスとコク、なかなか絶妙なバランスで楽しめるいい感じの完熟系。低めの酸、キメ細かく溶け込んだタンニン、少し甘苦さのあるアフターで、一流生産者の若いコートデュローヌ・ヴィラージュ的にも飲めるおいしさ。バスケットいっぱいの完熟ベリー、イチゴケーキ、レーズンバター、若さからくるスミレ、癖のない甘苦系スパイス、焼いた肉などのはっきりした香り。抜栓の2日後までおいしいが、ベストなバランスは抜栓当日だったかもしれない」

アルコール14.5%

ALVARO PALACIOS, CAMINS DEL PRIORATO '13

ガルナッチャ / カリニャン / カベルネ・ソーヴィニヨン / シラー / メルロ

’14’09 パーカー90点

’08’07 パーカー91点

『 レルミタ 』で有名なプリオラートを代表する生産者、アルバロ パラシオス。ワイナリーのあるグラタヨップスとその周囲の町で収穫されたブドウをブレンドして造る若いうちから気軽に楽しめるワイン。プリオラートの雄、アルバロだからこそ造れるコストパフォーマンスの高いワイン。黒すぐりや、ローストしたベリー系果実の豊かなニュアンスがあり、スパイスなど複雑なアロマも持つ力強さのあるワイン。


ワイナリーの歴史
アルバロ・パラシオス氏はシャトー ペトリュスやスタッグス リープで修業した後、仲間と共に1989年にプリオラートにワイナリーを造りました。彼らは荒廃していたプリオラートを高級ワイン産地として蘇らせ、プリオラートの「4人組」として世界に名を広めました。現在ではそれぞれにワイナリーを所有しており、アルバロ氏はグラタヨップスに1997年「アルバロ パラシオス」を創業。伝統品種と伝統的な方法に立ち返ったワイン造りを行っています。

栽培
グラタヨップス(Gratallops)はプリオラートの南西部にあり、リコレリャという特殊なスレート土壌に覆われています。年間降雨量は400mm以下と雨が少なく、日照時間は年間3,000時間にもなりますが、雨がスレートを通って深い場所に溜まり、ブドウは根を深く伸ばし水分と豊富なミネラル分を吸収するため、フレッシュでミネラル感のあるブドウができます。

基本的に灌漑を行わない

傾斜の厳しい斜面に階段式の畑が広がるため、ほとんどの場所では機械で作業を行うことが出来ず、ラバを使って作業が行われます。2000年からトップ キュヴェのレルミタ畑ではビオディナミ農法を実施しています。フィンカ ドフィの畑でもビオロジック農法が実施されています。

醸造
山の傾斜を利用した醸造所で、重力に沿って果実や果汁を運んでいくグラヴィティシステムを採用し、果実や果汁にストレスをかけないように醸造しています。アルコール発酵時は8~12日間、2人の作業員が24時間体制で温度管理を行っています。マセラシオンは約40日間と長めに行っています。8ヶ月間少しずつ樽を回転させ、ワインを滓に長く接触させるため、レルミタとフィンカ ドフィの熟成樽は1段のみで、上に積み重ねません。これにより、クリーミーでリッチなワインとなります。
(輸入元資料より)


5/4(火)アップ~蔵出しマイケル・ポザーン’18

全く無名だからこそのこの価格!お買い得ナパ・カベルネ!







 





MICHAEL POZZAN, YOUNT MILL HOUSE CABERNET SAUVIGNON '18

マイケル・ポザーン、ヨントミルハウス・カベルネソーヴィニヨン・ナパヴァレー’18
(カリフォルニア・辛口赤)


税込¥3520(税別¥3200)

<あと9本>絶対おすすめ!

「2021.3月中旬に飲みました。強く紫がかった濃いルビー色。ナッツ、ビスケット、カシス、ブラックチェリー、スパイス、程よい樽などの香り。果実味豊かで、甘すぎずクドくなく、酸が低すぎずに適度に引き締まってまだわずかに固いもののそれでも杯が進むバランス。全く知らない生産者でしたが、お買い得感が強くこの価格でナパヴァレーを名乗れています。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール14%

AVA ナパ ヴァレ-
カベルネソーヴィニヨン100%
約20ヶ月樽熟成

幼い頃から祖父のブドウ造りを見て育ったマイケルは自分の名前を冠したワインを作ることを夢みており、1991年ついにワイナリーを設立。


クレームドカシス、ブラックベリーの華やかな香りやしっかりとした味わい、柔らかく広がるタンニンが、樽由来のスパイス香やココアパウダ―とのバランスを取ります。余韻にはわずかにキャラメルを感じ長く続きます。
(輸入元さんコメント)


5/4(火)アップ~蔵出しヴァグナー・シュテンペル’18

個性も実力もある造り手!




 


日本ではまだ全く無名ですが、実力があり、まだ価格以上の品質!
ユーロリーフあり!




Wagner Stempel, Siefersheim Riesling Porphyr Trocken '18 (Rheinhessen)

ヴァグナー・シュテンペル、ジーファースハイム・リースリング・ポルフィル’18

(ドイツ・ラインヘッセン・辛口白)


税込¥3520(税別¥3200)

<あと12本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!
(Editors'Choice!)

パーカー92点(2023~2035年)
~A.stunner!

VINOUS 90点

ジェームス・サックリング 92点

デカンター・オンライン94点!

ゴーミヨ 91点


「2021.2月に飲みました。抜栓直後からみずみずしく果実味豊かでフレッシュ&ジューシーで非常においしい。とにかく果実・旨味・酸・塩ミネラルとのバランスが傑出しておりとても杯が進む飲み頃NOW~。ぺトロール香は弱く、癖もなく高級感がある価格以上の満足度。ストレスなくずっと飲んでいられる。抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール13%
スクリューキャップ

100%全房プレス




Wagner Stempel, Siefersheim Riesling Porphyr Trocken '16 (Rheinhessen)

ヴァグナー・シュテンペル、ジーファースハイム・リースリング・ポルフィル’16

(ドイツ・ラインヘッセン・辛口白)


税別¥3200

<売り切れ>超限定品!

※再入荷不可能!

Wine Enthusiast 94点!!!(Editors' Choice!)

最新パーカー93点!!!
(2020~2030年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト233号)


VINOUS 92点(2018~2025年)

スクリューキャップ

アルコール12.5%

’15 パーカー92点!

’14 インターナショナルワインセラー93点!!!

リースリング100%

ステンレスタンク&ジャーマンオークの大樽熟成

所有する最高の畑であるGGのヘルベルクとへーアクレッツの若木のブドウ(樹齢5-29年)を使って造られる。アプリコットやピーチ、またミントやレモンバームといった植物系の要素に加え、ミネラルのノートもある。みずみずしくジューシーでブドウの力強さがあり、エレガントな酸と爽快なミネラル、そして素晴らしいフィネスを感じる。フィニッシュはピュアで塩味がある。この価格帯では間違いなくドイツ最高の辛口リースリングの一つ。


4/28(水)アップ~蔵出しユドロ・バイエ’19コト-ブルギニョン・ルージュ




2015.7.13(月)ユドロ・バイエの現当主で栽培も醸造も担当しているドミニク・ル・グエン氏にご来店いただきました~!!!
収穫は40人くらいで行い、4人くらいで選果を行う
赤ワインは基本的に100%除梗 → 茎のタンニンはいらないという考え方
あまりにも生産量が少ない年にはグリーンハーベスト(ヴァンダンジュ・ヴェルト)をしない場合がある
天然酵母のコントロールには経験が必要で、ルモンタージュ的なことをして醗酵を促すときもある
ミネラルを最大限表現しようというアプローチというより、よいものを造ろうと努力したその結果としてミネラルを表現出来ているとのことでした
近年ではあらゆるメディアで高評価されてしまっておりますが、『 まったく無名なころから付き合いのある日本への数は減らさないつもりだとの発言を引き出しました(笑) 』




 

    

 


実質ビオロジーの極めて厳格なリュット・レゾネ栽培。
化学肥料、除草剤、殺虫剤、防腐剤は一切使用しない。
天然酵母のみで醗酵。




Hudelot-Baillet, Coteaux Bourguignons Rouge <Les Black Chairs> '19

ユドロ・バイエ、コトー・ブルギニヨン ルージュ レ・ブラック・チェアーズ’19

税込¥2970(税別¥2700)

<あと10本>絶対おすすめ!

VINOUS 87~89点!
(ニール・マーティン、2021~2026年)

~One of the best Passetoutgrains you will find this vintage.

バーガウンド・コム 86~88点!
(Outstanding Top Value!)


「2021.4月中旬に試飲しました。果実・酸・ミネラルのバランスが良く、予想より少し重心が低くコクがある味わいで、個人的には樽がみずみずしさをごくわずかに邪魔しているようにも感じるが、タンニンの質が非常によく、程よい旨味もあり、最終的には明らかに価格以上のかなり良い出来!決して薄くないし、酸も低くない」

アルコール%

ピノノワール50%、ガメイ50%のブレンド

シャンボール村内のACブルゴーニュ区画(「レ・バタイユ」「レ・バス・バタイユ」)60%、ジイィ・レ・シトー村内のACブルゴーニュ区画(「バス・グレーヴ」「レ・ジュヌヴレ」)30%、フラジェ・エシェゾー村内のACブルゴーニュ区画(「アン・ボルリィ」)10%で合計約1.45ha。
平均樹齢約40年。3回使用樽で12ヶ月間熟成

2018年ヴィンテージより、生産者収益金の一部は、「Comité Départemental Handisport de Côte d'Or(コート・ドール県ハンディスポーツ部門委員会)」および「Association Quad Rugby avec Corentin et les Black Chairs(コランタンとレ・ブラック・チェアーズによる車いすラグビー協会)」に寄付されています。


4/28(水)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ’16ブーズロン

霜被害があった影響で最終的には例年以上の品質になった特別な年!
熟成可能でちゃんと向上するアリゴテ!若い時とは違うニュアンス!

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)の共同経営者が造るお買い得ブルゴーニュ!

デカンター誌2010年度マン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる!

 

※画像は’06です。

 






アリゴテ・ドレ(L'Aligote Dore)画像

例年結構複雑性があり、冷やしすぎないほうがおいしい




ドメーヌ・ド・ヴィレーヌ、ブーズロン・アリゴテ’16(750ml)

税込¥3300(超特価・税別¥3000)



輸入元定価・税別¥4,200

<あと12本>絶対おすすめ!

パーカー89点
(2018~2028年、William Kelley)

VINOUS 90点!
(2018~2023年、ニール・マーティン)


バーガウンド・コム 88点!

MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

97本完売!!!

さらに1年半以上経過してかなりおいしくなっているはず!!!



「2019.10月初旬に飲みました。予想より少し色が濃い。繊細高貴系の蜜リンゴの香り主体で、果実味はもちろん厚みとコクまであり、余韻が長い。あくまで涼しげで上品なしっかりした酸とミネラル。この充分な酸がありつつもアフターには甘旨粘性が少し残り極めてよいバランス。昔より亜硫酸量減らしているが、欠点は皆無で透明感と余韻が向上した印象。しっかり冷やしてもおいしいが、冷やし過ぎない温度がよりおいしいと思う。自分的にはセラー温度がベスト。抜栓の3日後まで素晴らしくおいしい。数年前から品質がワンランク上がったように思う。明らかに大幅に価格を超えた満足度!これほどの品質が(しかもこの価格でビオロジックで)この1アイテムだけで10haも生産されているということが凄い。日本ワインの入手難度合いを考えても非常にうらやましいこと」

アルコール13%

2016年は80%が霜の被害に遭い、通常1本の樹から10~12房付くところが3~4房しか付きませんでした。暑かった年に水分の蒸発で熟するのとは違い、2016年は自然に量が減り、水分が蒸発すること無しに熟したため、 良質なブドウが出来ました。とてもアリゴテとは思えないほどの厚みと複雑さを備えたワインでした。
(輸入元資料より)


 

 

 

 ’06 ワイン王国42号 ベタンヌ&ティエリー・ドゥソーヴが推奨する コートドボーヌ、コートシャロネーズ、マコネ25本に選ばれる!

’07 お客様から絶賛の声をかなり数多くいただきました!

’07 97本完売!

’06 48本完売。

「2009.10月に’07を再度試飲しました。温度帯などにもよると思いますが、7か月前に飲んだ時よりもオイリーなニュアンスが増して、酸が気持丸くなった気がした。相変わらずややキレのあるよい酸で、ピュアでミネラリーなアフター。非常によい出来!アペリティフ~食中酒としてももちろんOK」

「2009.3月に’07を試飲しました。凝縮感だけなら’05’06に劣るが、’02’05’06よりも酸にキレがあり非常に心地よい味わい。香りの複雑性は例年通りでわずかにオイリーなニュアンスも。みずみずしく、クリーンでミネラリーな味わい。オーナーであるピエール・ド・ブノワ氏によると熟成するとこのオイリーな香りがより強くなるとこのとです。そしてこのアリゴテは熟成も可能で酸の質と量がとても重要だと熱弁していました!」

樹齢約70年のフィロキセラ以前のアリゴテ・ドレ種100%!

(※ポンソとミッシェル・ラファルジュのアリゴテもアリゴテ・ドレ種であり、通常のアリゴテより成熟が早く、色が濃く、繊細な個性だそうです)

22haの所有で、やせて石灰質の多い畑、3区画のブレンド

4000リットルくらいの大樽熟成

赤白ともに近年では新樽不使用

ボーヌから約15km南にあるブーズロンは、ブルゴーニュでもっとも優れたアリゴテを生産する地区で1997年からのAOC

1986年からビオロジー

1997年にカリテ・フランス認証取得

現在では一部の畑でビオディナミを実践


ラ・ディゴワーヌ’98を飲んで、その素晴らしさに感激して弁護士から転職したという経歴の持ち主

 

 

DRCの共同経営者が造る、お買い得ブルゴーニュ!

クラスマン1つ星&Q/P(=お買い得!)マーク付き生産者!

かなり前からずっと有機農法、化学肥料の類は使用しない、基本的にすべてノンフィルター、SO2最小限

 


4/28(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ドミニク・グリュイエ’17クレマン

まだ無名でお手頃価格の実力派!

シャブリ系の全体像、強いミネラルと上質な酸





 


ドミニク・グリュイエは、シルヴァン・パタイユの友人で、シャントレーヴさんとも親交がある。ベッキー・ワッサーマン女史も今年から米国市場に卸しはじめ、早くもワインスペクテーターが記事にしている成長株とのことです

まだ無名で価格も値上がりしていない良心的なもの




ドミニク・グリュイエ、クレマン・ド・ブルゴーニュ・エクストラ・ブリュット’17(辛口白泡)

税込¥2310(税別¥2100)

<売り切れ>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
72本完売。ありがとうございました

「2020.5月中旬に飲みました。’12’13を飲んだ時よりも明らかに高品質でアフターの塩ミネラルが強く、酸の質も上がって少し高級感まである超お買い得な内容。酸と塩ミネラルが絶妙にアフターを引き締める。さすがシャブリの造り手でシャブリの当たり年!ドサージュ量のセンスが良いためバランスもとても良い為、単体で飲み続けても飽きなかった。サラダとの相性も良い。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%
4年間値上がりなしのお買い得品!

Pinot Noir 60% Chardonnay 40%

ドザージュ4.5g/lの実質エクストラ・ブリュット

ビオロジック

樹齢30~40年

全房発酵。手摘み

ステンレスタンクで約9ヶ月熟成

無清澄、軽い濾過

輝きのある黄金色。泡立ちよく、気泡のキメは細かく、持続性もある。白い果肉の果物、柑橘類、菩提樹の香り。時間とともにブリオッシュのような香ばしいニュアンスも。アタックはフレッシュでバランスよく、生き生きとしていながら複雑味もあり、奥深い味わい。アペリティフから白身の肉まで汎用性は高い。ぜひ寿司と合わせたい。 (輸入元さんコメント)



『 ドミニク・グリュイエの両親が、1212年までその歴史を遡る、エピヌイユの「ドメーヌ・ド・ラベイ・デュ・プティ・カンシー」を手に入れたのは1990年。この年からドミニクがドメーヌに常駐し、ワイン造りを復活させた。

このドメーヌはタンレイのラベイ・ド・カンシーと関係の深いシトー派修道院の建物で、ヌヴェール伯、オーセール伯およびトネール伯であり、後にコンスタンティノープルのラテン皇帝となるピエール・ド・クールトネイの寄付により、修道僧らの夏の住まい、かつワイン醸造用の倉庫として建てられた。13世紀にブルゴーニュ公妃マルグリットからさらに寄付を受け、ル・プティ・カンシーと呼ばれるようになり、さらに後にラベイ・デュ・プティ・カンシー、あるいはシャトー・デピヌイユと呼ばれるようになったという。

ドミニクが栽培醸造家としてこのドメーヌを運営し、およそ20年かけて建物を修復。不順な気候の多い北部の産地にもかかわらず、2010年から100%ビオロジック栽培に転換を図り、2014年中に認証を得られる予定である。

2009年にシャブリのブドウ畑も手に入れ、ドメーヌは現在、27haを所有。
シャブリはプティ・シャブリ、シャブリ、シャブリ・プルミエ・クリュ・モンテ・ド・トネール。エピヌイユにはブルゴーニュ・エピヌイユ、ブルゴーニュ・エピヌイユ・ロゼ、ブルゴーニュ・トネール、それにクレマン・ド・ブルゴーニュである。

ヨンヌ県のピノ・ノワールとしては肉付きのよい、ブルゴーニュ・エピヌイユの品質も素晴らしい (輸入元資料より) 』


4/28(水)アップ~蔵出しパスカル・クレマン’19ペルナン・レ・コンボット

<※値上がり前価格!>蔵出しパスカル・クレマン’17ブルゴーニュ・ブランと’14サンロマン・ブラン再入荷!

コシュ・デュリ直伝の素晴らしい品質!強烈な塩ミネラル!






 




2018.11月下旬にパスカル・クレマン氏ご来店いただきました~!




すべてのワインが、温度を下げ過ぎないほうがおいしいみずみずしく塩ミネラルが強いタイプで、樽と抽出は常に控えめだが、緩みはなく果実もピュアで透明感あふれるもの。ビオロジックの一流ドメーヌの品質。
複雑性を維持したままのピュアでミネラリーは、かなりのセンスを感じさせる。
すでにフランス国内レストランでのオンリスト率急増中らしいですが、すぐに有名になって入手難となってしまいそう。
DIAMコルクの採用を増やしている途中。

輸入元さんでの欠品が長く、やっと買えました~!





Pascal Clement, Pernand-Vergelesses Les Combottes Blanc '19

パスカル・クレマン、ペルナン・ヴェルジュレス レ・コンボット・ブラン’19

税込¥5500(税別¥5000)

<あと6本>絶対おすすめ!

「2021.4月中旬に試飲しました。トップノーズだけでもうハッとするくらいキラキラして艶があり複雑。味わいも香りのイメージ通りピュアな果実と上質な酸とミネラル、旨味を伴う強い塩ミネラルで酸の伸びもあり長い余韻。骨格はちゃんとあるが、リリース直後の’17より固くない。この価格で買えるブルゴーニュ白として傑出している!」

アルコール%





Pascal Clement, Bourgogne Blanc '17

パスカル・クレマン、ブルゴーニュ ブラン’17

税込¥3080(特価・税別¥2800)

<あと10本>絶対おすすめ!

最新パーカー88点(2018~2028年、
William Kelley、2019年4月試飲)

※↑あのトマ・モレ’17ブルゴーニュ・ブランよりも高い評価となりました!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
’19を買うとなんと¥990値上がり致します!

「2019.4月下旬に試飲しました。濃いだけの樽が効いたブルゴーニュ・ブランが未だにもてはやされる中で、やさしさのなかに強いミネラルと高級感があり、ブルゴーニュ通であるほど高評価されそうなこのスタイルが素晴らしく、今ありえないほどうまい。この日試飲したたくさんのワインの中で文句なしに当店的No.1でした。果実・うまみ・バランスにも優れ、アフターには強めの塩ミネラルを伴い長い。この価格帯の最高峰の一つ。昔、ドメーヌ・ド・ベレーヌがサンロマンをたくさん格下げして造っていたブルゴーニュ・ブラン(今は別々に造っているので格下げしていない)が大好評でしたが、酸の厳格さはあちらよりやさしいが、同レベルのものすごい内容」

アルコール12.5%

ピュリニー・モンラッシェ、サヴィニー・レ・ボーヌ、ルイィ各村内の畑より
平均樹齢50年のVV。ステンレスタンクで発酵後、8ヶ月間熟成




Pascal Clement, Bourgogne Blanc '14

パスカル・クレマン、ブルゴーニュ ブラン’14

税別¥2800

<売り切れ>限定品!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

59本以上完売!ありがとうございました~※’14は再入荷不可能!

飲み頃の当たり年バック・ヴィンテージ!

アルコール12.5%




Pascal Clement, Savingy-les-Beaune Guetottes Blanc '15

パスカル・クレマン、サヴィニレボーヌ・ゲトット・ブラン’15

税別¥4300

<売り切れ>おすすめ!
限定品!

「2020.10月上旬にプチ試飲しました。やはりこの人が造るとみずみずしさをキープしたまま艶がありバランスよくおいしい。ヴィンテージの影響で酸とミネラルにいつもほどはキレがないが熟成感とうまみが加わって最終的なバランスはよくおいしい飲み頃」

貴重な自社畑!

0.2ha。樹齢35~40年のVV
樽で発酵後、新樽率25%で16ヶ月間熟成




Pascal Clement, Pernand-Vergelesses Les Combottes Blanc '17

パスカル・クレマン、ペルナン・ヴェルジュレス レ・コンボット・ブラン’17

税込¥5500(税別¥5000)

<あと8本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.6月初旬に飲みました。まさに皆さんが期待するパスカル・クレマン流ペルナンの味。最高に上品なハチミツ塩風味で、強いミネラルと豊富なうまみ。透明感がありみずみずしく、樽の溶け込み方にもセンスがありいつも通り、もっと高名で高価なワインよりも優れている凄いワイン!まだこの価格でこんなワインがあるということにも衝撃を受けること請け合い。抜栓の次の日も非常においしい。ハチミツ塩風味。冷やし過ぎないほうがおいしい」

アルコール13%




Pascal Clement, Pernand-Vergelesses Les Combottes Blanc '16

パスカル・クレマン、ペルナン・ヴェルジュレス レ・コンボット・ブラン’16

税別¥5000

<売り切れ>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2018.11月下旬に試飲しました。ミニ・コルトンシャルルマーニュという感じの複雑性と強烈塩ミネラルがインパクト大!透明感のあるみずみずしさで樽を感じさせないバランスの飲み頃NOW~。相当なセンスと実力がないとこうはならないので皆さんぜひ驚いてください。よい個性かつ価格以上のワイン。温度は絶対に冷やし過ぎないほうがおいしい」

アルコール%

平均樹齢40年のVV。樽で発酵後、新樽率20%で12ヶ月間樽熟成。




Pascal Clement, Saint-Romain Blanc '16

パスカル・クレマン、サン・ロマン ブラン’16

税別¥4700

<売り切れ>絶対おすすめ!

輸入元社長大絶賛の1本!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

48本完売!ありがとうございました~※’16は、再入荷不可能!

「2018.11月下旬に試飲しました。計8種類ここの白ワインを飲みましたが、すでに超一流生産者のレベルにありほぼ全銘柄が価格を超えていました。当然当店が買ったワインはその中でも特にずば抜けて優れていたという判断です。酸だけみるとキレキレではないが、果実・骨格があり、ミネラルが強靭で塩味も強い為、総合的にはキレがある硬質な印象で余韻が長い。温度は絶対に冷やし過ぎないほうがおいしい。キレだけあって中身は薄いよくあるサンロマンとは全くの別物であり+¥3000の品質。決してミネラルだけのワインではなく、予想よりフルーツ感も強く、まろやか厚みとグリップもありつつ、やはり最終的にはビシッと引き締まる。時間とともに強く感じられてくるはっきりした塩味。リンゴ、白桃、花、洋ナシなどの香り。樽は控えめであくまでみずみずしさをキープしている。抜栓の2日後でもまったく落ちない」

アルコール13%

区画はEn Poillange。平均樹齢45年のVV。樽で発酵後、新樽率25%で11ヶ月間樽熟成。




Pascal Clement, Saint-Romain Blanc '14

パスカル・クレマン、サン・ロマン ブラン’14

税込¥4950(税別¥4500)

<あと19本>絶対おすすめ!
超限定品!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
’15を買うと¥220値上がり致します。

45本以上完売!

「2021.4月中旬に飲みました。熟成による濃いイエロー。上質な熟成香がありつつ厚みと同時に酸とミネラルにキレがある素晴らしい出来!バナナ、カスタードクリーム、パイナップル、黄桃タルト、洋ナシ、ミネラル、白い花、熟成によるムスク、マッシュルームとオイリーなニュアンスまで加わった非常によい香り。フルーツ感も熟成による粘性厚みがあってなめらかまろやかからの強い塩ミネラルとしっかりしているが尖っていない酸の飲み頃!アフターには旨味を伴う強い塩ミネラルが持続しつつ酸が伸びる。今飲むとかなり価格を超えた高い満足度で、かなりの掘り出し物と言える。全体的に上品でピュリニーモンラッシェとシャブリが好きなブルゴーニュ通の方に自信をもっておすすめできる銘柄。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%



大型の新世代ネゴシアンが登場です。

 パスカル・クレマンはポマールのぶどう栽培家の家系出身ですが、相続する畑は持たなかったため、若くから志したワイン造りへの道を独力で切り拓くことになりました。

 彼にとって僥倖だったのは、最初の勤務先が「コシュ・デュリ」であったこと。1990年から1994年までの4年間にわたって、当時の当主で「白ワインの神」と呼ばれたジャン・フランソワ・コシュ氏より直々に、ワイン造りの哲学と秘技を授かりました。

 「必要なことには時間を惜しまず、納得できるまで行う。ヴィンテージごとの個性をじっくりと見極め、臨機応変に、かつ最良の方法で醸造する。醸造家としての僕のすべては、彼から学びました」(パスカル・クレマン)。
 その後「メゾン・シャンソン」のカーヴ長、「ドメーヌ・ベルヴィル」の醸造長を務めた後の2011年、サヴィニー・レ・ボーヌ村に自身のメゾン「パスカル・クレマン」を設立しました。

 「量よりも質にこだわるプロフェッショナルな栽培家たち」からぶどうを購入し、自身で醸造を行います。年間総生産数はファーストヴィンテージの2011年が17樽(1樽=約300本)、2012年50樽、2013年75樽・・・2016年が150樽です。創業初期より欧米各国の錚々たるインポーターが取り扱いを開始しており、また、フランスのレストランのオンリストも加速度的に増えているため、完全アロケーション状態が続いています。また、2015年にはサヴィニー・レ・ボーヌに念願の自社畑を取得しました。

 尚、「コシュ・デュリ」との親密な関係は今日も続いており、退社してからも毎年、合計12本ものアソートメント・アロケーションをいただいているそうです。また、ジャン・フランソワ・コシュ氏の息子さんである現当主ラファエル・コシュとも刎頚の友で、様々な情報交換等を行っております。
(輸入元資料より)

所在村
Savigny-les-Beaune

醸造家
Pascal Clement

ドメーヌ継承年
2011年

栽培における特記事項
リュット・レゾネ栽培を実践している「プロフェッショナルな」栽培家達からぶどうで購入

醸造における特記事項
除梗しない。天然酵母のみで発酵。バトナージュを行わない


 

4/28(水)アップ~蔵出しジェレミー・ユシェ’20シャポー・ムロン・ルージュ

4/8(木)アップ~蔵出しジェレミー・ユシェ’19シャポー・ムロン・ブラン再々入荷

蔵出しジェレミー・ユシェ’18クロ・レ・モンティス

特に優れた畑のクリュ・ミュスカデ!上質で熟成も可能!















 

 





『~Muscadet today is one of the most exciting white wines in France, in part because the region that produces it-around the city of Nantes in the far western Loire Valley-is undergoing a renaissance: much better farming, exceptional winemaking and diligent research to precisely delineate the region’s geology. 』
WEBマガジン『Punch』にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!




すべての畑は2001年からサステーナブルな有機農法
25年以上前から化学肥料を使っていない!

ABマーク、ユーロリーフあり!




Jeremie Huchet (Domaine de la Chauviniere), Chapeau Melon Rouge Vin de France '20

ジェレミー・ユシェ、シャポー・ムロン ルージュ ヴァン・ド・フランス’20

(フランス・ロワール・辛口赤)


税込¥1760(税別¥1600)

<あと20本>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

「2021.4月中旬に飲みました。紫がかったルビー色。ほとんど凝縮感のある若く重くないクリュ・ボジョレー(レニエ、ブルイィあたり)のトップノーズ。ブラックチェリーとカシスのジュース、スミレ、焼きリンゴ、バナナ、シナモンなどのスパイスのよい香り。果実味は弱くなく、みずみずしく、清涼感のある酸と溶け込んだタンニンでやはり温度を上げすぎない方がおいしく楽しめる。冷やしすぎても温度が高くてもバランスがやや悪くなるので温度帯だけお好みを探ってみてください。それさえできればこの価格帯のおいしいブルゴーニュ・パストゥグランなんてもうないのでお買い得なデイリーワインの仲間入り。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

ブドウ品種:ピノノワール、ガメイ

特徴:熟度のあるチェリー、熟した赤系果実の香りが上昇してきます。親しみやすく果実味があり、 フレッシュです。タンニンが柔らかくしなやかで、食欲を刺激する果実感です。






Jeremie Huchet, Chapeau Melon Blanc Vin de France '20

ジェレミー・ユシェ、シャポー・ムロン・ブラン・VdF’20

(フランス・ロワール・辛口白)


税込¥1650(税別¥1500)

<あと5本>絶対おすすめ!

「2021.5月初旬に飲みました。うっすら緑がかったとても明るいイエロー。柑橘類、ミネラル、ハーブ、少し花、ミニトマト、グーズベリー、青りんご、青いメロンなどのピュアなよい香り。しっかり冷やしてもセラー温度でもおいしい。みずみずしく果実味もしっかり、中域のうまみが豊富で酸が尖っていないナチュラルでバランスのよい味わい。コンディションの良さもありとても杯が進む。サラダや和食はもちろん、例えば丸亀製麺のうどんをテイクアウトしても出汁にわずかに柑橘を足すイメージで合うでしょう。抜栓の次の日の印象は、明日アップします」

アルコール12%




Jeremie Huchet, Chapeau Melon Blanc Vin de France '19

ジェレミー・ユシェ、シャポー・ムロン・ブラン・VdF’19

(フランス・ロワール・辛口白)


税込¥1650(税別¥1500)

<あと2本>

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

168本完売!!!



Jeremie Huchet, Chapeau Melon Blanc Vin de France '18

ジェレミー・ユシェ、シャポー・ムロン・ブラン・VdF’18

(フランス・ロワール・辛口白)


税別¥1500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

253本完売!!!ありがとうございました

「2019.4月上旬に飲みました。やはり実力ある造り手。もうギィ・ボサールとランドロンだけの時代ではなくなった。コンディション最上の透明感と流れ方。みずみずしさを極めており、冷涼で爽快。真夏に最強タイプで、ミネラルウォーターにレモン果汁とうまみ塩を足したイメージで小さくまとまって完成されている。旨味と塩ミネラルを伴う美しい酸が、非常に心地よく、食欲を刺激する効果とわりと幅広く実際に食事をおいしくする効果あり。たくさんのワインを経験してきた方たちは皆、シャブリとかミュスカデの本当のおいしさに気が付いて戻ってくる傾向にあります。また今のデイリーワインは選び方次第で相当楽しめる時代になっています。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12%

ブドウ品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)、ソーヴィニヨン・ブラン

土壌:花崗岩

醸造・熟成:プヌマティック空圧式プレス、温度管理、6か月シュール・リーで熟成させ、瓶詰め。

非常に表現力豊かで食欲を刺激します。花の風味、エキゾチックな果実、若々しい柑橘の香り、 緊張感がありながら柔らかい香り。春の花を想起させる香りと柑橘系の酸味を持った楽しいワインです。
(輸入元さんコメント)





Jeremie Huchet (Domaine de la Chauviniere),
Clos les Montys Muscadet Sevre et Maine <Vigne de 1914> '18

ジェレミー・ユシェ、クロ・レ・モンティス・ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ<ヴィーニュ・ド・1914>’18

(フランス・ロワール・辛口白)


税込¥2640(税別¥2400)

<売り切れ>超限定品!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 92点!

アルコール12%

’17 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点




Jeremie Huchet (Domaine de la Chauviniere),
Clos les Montys Muscadet Sevre et Maine <Vigne de 1914> '16

ジェレミー・ユシェ、クロ・レ・モンティス・ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ<ヴィーニュ・ド・1914>’16

(フランス・ロワール・辛口白)


税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

WEBマガジン『Punch』“The Insider’s Guide to Muscadet”にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏が選ぶ代表的なおすすめミュスカデに選ばれる!

24本完売。ありがとうございました

「2018.8月中旬に飲みました。予想通りポテンシャルが高く、キレのある酸とミネラルで今はまだ少し固い。数年後に化ける可能性が十分にあり、温度も冷やし過ぎないほうがおいしい。オイリーなオレンジ、青りんご、ミネラル、おいしい純米酒などの香りで、シュルリー由来だと思われるうまみが凝縮しており、複雑性があり、キレと伸びがある。抜栓の次の日も非常においしい。全体的に向上した。食事側の酸が必ずしも高くなくてもオリーブオイルベースのベーコン、たまねぎ、きのこ類を使った塩パスタとかでも相乗効果が出る。和食でも合いそうですし、なんならフィッシュ・バーガーとかでも合うでしょう。抜栓の2日後もおいしい。ただし一貫して冷やし過ぎると良さが出難い。クリュ・ミュスカデ流行る可能性あり!この後出しじゃんけんコピペ時代において、誰でも簡単には真似できないジャンルであることも良い(笑)」

アルコール12%

’15 Wine Enthusiast 92点!(Editors'Choice!)

’12 パーカー91点

他にもジャンシス・ロビンソン女史、ゴーミヨ誌などでも過去に高評価されています!

葡萄:ムロン・ド・ブルゴーニュ100%
樹齢:1914年に植樹された超古木!!! 

畑・土壌:角閃岩、変斑糲岩を母岩に表土に砂岩が点在する。非常に早熟な区画で、最も早く開花します。
しかし、矛盾するようですが、“Roches Vertes(緑の岩)”と呼ばれるこの土壌は厚い果皮と、ゆっくりとした成熟によって遅い収穫をもたらします。非常に長い成熟期間は、ミュスカデの構造と熟成能力を高めます。

醸造・熟成:プヌマティック空圧式プレス、温度管理、天然酵母で15日間。
発酵後、冬の間、シュール・リーで1年半熟成させます。熟成を経て、複雑な香りが明確になり、構造が強く成長します。

特徴:エッジに緑がかった、若さを感じる淡い色調。水仙の花、湿った石を思わせる風味、ミネラルに形成された構造。透明感のある純度の高い果実味と塩味を想起させる風味を伴う長い余韻へと続きます。

クロ・レ・モンティスはグレーヌ湿原の中、南北に隆起したところに位置しています。表土は砂、シルト、岩、砂岩が多く見られます。北部は表面的で、1924年、1922年、1917年そして1914年からの古木が多く植樹されています。南部は南西向きの斜面になっており、砂とシルトからなる粘土質で “La Tache” と呼ばれる区画になります。母岩は非常に硬質な青緑色の火成岩である角閃岩と変斑糲岩です。


4/28(水)アップ~蔵出しマス・デル・ペリエ’19レ・ザギュド・ブラン

2/3(水)アップ~蔵出しマス・デル・ペリエ’19オランジュ・ヴォワレ

蔵出しマス・デル・ペリエ’18


まだ誰も知らない超お買い得品!ナチュラルで複雑!













 



MAS DEL PERIE, ORANGE VOILEE '19

マス・デル・ペリエ、VdF オランジュ・ヴォワレ’19
(フランス・辛口・オレンジ)


税込¥5170(税別¥4700)

<あと2本>限定品!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 89点

ロウキャップ
アルコール12%
AB、デメテル、ユーロリーフあり!

シュナンブラン100%

800Lのアンフォラで果房と共に1年発酵、熟成して造られたオレンジワイン。
果実味と適度な酸、旨味のある苦みのバランスがよく、凝縮した力強さと深みのある長い余韻。オレンジワインとしては驚くほど洗練された味わい。
(輸入元資料より)




MAS DEL PERIE, LES AGUDES '19

マス・デル・ペリエ、VdF レ・ザギュド・ブラン’19
(フランス・辛口白)


税込¥2530(税別¥2300)

<あと8本>おすすめ!

ジェームス・サックリング 91点!

「2021.3月下旬に飲みました。’18よりさらに亜硫酸極少のようなナチュラルな香りと味わいで、おいしいが多少飲み手を選ぶ可能性はありますね。ブドウ品種ブレンド比率も’18とは違います。ふわっとしたニュアンスの洋ナシ、フルーツトマトなどの香りで、味わいもフルーツトマトにオリーブオイルをかけたような味がする(笑)なので当然サラダ関係に合う。抜栓の次の日もおいしいトマトの果肉味。意外としっかりめに冷やした方がおいしいかもしれない」

アルコール13%
ABマーク、ユーロリーフあり!

ソーヴィニヨン ブラン 40%、 セミヨン 20%、 シャルドネ 15%、 ソーヴィニヨン グリ 5%、その他 20%




MAS DEL PERIE, LES AGUDES '18

マス・デル・ペリエ、VdF レ・ザギュド・ブラン’18
(フランス・辛口白)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

67本完売!ありがとうございました

「店頭では人気だったのですがHPには初めて載せます。まだ誰も知らない超お買い得品を見つけました!!!ナチュラルで欠点のない複雑性と旨味とミネラルのある価格以上の味わい。亜硫酸の少ないトップノーズ。全体の質感とバランスに優れ、杯が進むガブガブ飲めるバランス」

アルコール13%
ABマーク、ユーロリーフあり!

ソーヴィニヨン ブラン 25%、 ソーヴィニヨン グリ 25%、 シャルドネ 25%、 セミヨン 25%
(年によっては、ユニ・ブラン、コロンバールも)

平均樹齢20年。ビオロジック栽培、手摘み収穫。

ステンレスタンク&樽(フードル、バリック)で発酵後6ヶ月熟成。
亜硫酸極少

リンゴやアプリコットなどの凝縮した果実味とフレッシュなやさしい酸味とのバランスが良いコクのあるワイン。(輸入元さんコメント)

本拠地:カオール コース

ワインメーカー:ファビアン・ジューヴ


カオール市の南西、コース(フランス南西部の高台地形・Causse(コース)の語源となるChauxは石灰の意)に位置するトレプー、ラシエル村にある家族経営ドメーヌ。2006年より現当主ファビアン ジューヴ(5代目)が引き継ぎ、ドメーヌを興し、ビオロジック、ビオディナミ農法を実施。2009年「エコセール」、2011年「デメテール」、2014年「ビオディヴァン」を取得しました。素晴らしく多様性のあるマルベック品種の中でも「繊細さ」を活かすことを信条にエレガントで果実味が前面に出てくるスタイルのワイン造りを行っています。
(輸入元資料より)


4/28(水)~蔵出しワビ・サビ’19NV

ピュアで癖のないナチュラル・オーストリア!








 




※ちなみに他にもHPに載せていない別の生産者の入手難オレンジ・ワイン店頭限定で3種類以上ございます。




wabi-sabi, orange moon NV (Austria)

ワビ・サビ、オレンジ・ムーンNV
(オーストリア・辛口オレンジ)


税込¥2750(税別¥2500)

<あと18本>おすすめ!

「2021.4月中旬に試飲しました。香りのよさ、みずみずしさとバランスに優れた癖のないオレンジワイン。果実味ありよい酸、エグみなくタンニンの質がよいため個性のある白ワインとして飲めるおいしさ」

アルコール12.5%
スクリューキャップ

ヴァインフィアテル産のグリューナー・ヴェルトリーナー60%、リースリング20%、ヴァイスブルグンダー15%、ショイレーベ5%

ローム層基盤の砂利質土壌
平均樹齢45年!

ビオロジック栽培(2017年に「BIOS」認証取得)

除梗率80%。天然酵母のみで発酵
ステンレスタンクでスキン・コンタクトを行ったオレンジワインです。2~4ヴィンテージのブレンド。ビン詰め時にのみ極少量のSO2を使用。




wabi-sabi, GV nr#1 '19 (Austria)

ワビ・サビ、GVナンバー1 ’19
(オーストリア・辛口白)


税込¥2200(税別¥2000)

<あと1本>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

アルコール11%
スクリューキャップ

グリューナー・ヴェルトリーナー100%
白亜(石灰)質・ローム・レス(黄土)土壌
平均樹齢25年

ビオロジック栽培(2014年に「Codex Alimentarius Austriacus」の認証取得)

収穫はすべて手摘み。除梗率50%。天然酵母のみで発酵
ステンレスタンクで醸造。SO2の使用は最小限



「ワビ・サビ」は、フランツ・ホフシュテターが運営するオーストリアのワイン商「TOA」が主催する、特別プロジェクト作品です。

 ヴァッハウ出身のフランツは、オーストリアやニューヨークでソムリエとしての経験を積んだ後の2002年、オーストリア各ワイン産地のトップワイナリーと海外のマーケットを結び付けるプラットフォームを確立することを目的として、「TOA(Tastes of Austria)」を設立しました。今日では、オーストリアを代表するワイナリー約20社の輸出総代理店を務めると同時に、ブルゴーニュ型のクルティエ機能も担うハイブリッド型のワイン商として活躍し、その顧客には日本の錚々たるワインインポーターも名を連ねています。

 「ワビ・サビ」は、「TOA」のパートナーワイナリー各社の協力のもと、2015年にスタートしたプロジェクトで、ビオロジック栽培のぶどうから造られたオーストリアの自然派ワインを、広く世界に紹介することを目的としています。統一されたコンセプトのもと、ワイナリー名や産地などは非公開となっています。
 「ワビ・サビは、美が不完全なものによって定義される世界を表しています。不完全であるがゆえに、美しい。現代のワイン造りにおいて、ワインはしばしば、工学的に完全に設計された製品となっています。醸造家は、ワインの成分や製造工程を完全に管理し、完全なワインを造ることが求められます。しかし私たちは、完全なワインが飲み手を魅了するとは限らないと思います。「ワビ・サビ」プロジェクトでは、生きている、あるがままの姿こそがワインの「品質」であると考えます。個性は、完全なものよりもはるかに美しいと私は思います」。

 ラベルのアートワークは、オーストリアの写真家ダヴィッド・クルツが手がけました。「この幾何学的模様は、印画紙への滴下といったダヴィッドのアナログ的な手業によって生まれたもので、再現できず、定義することもできません。この「不完全な」模様から、ワインの個性を、直感的に想像してください」。

 「パートナーの造り手たちの目標は、個性と深みのあるワインを造ることです。彼らは自然と対立せず、共生しています。無農薬で栽培されたぶどう畑は、植物、動物、そして人間に理想的な調和をもたらし、そのワインは人生に喜びを与えてくれます。「ワビ・サビ」のワインと対話する時、あなたは、そのワインにかけられた魔法 -造り手の魂- を感じることができるでしょう」(以上フランツ・ホフシュテター)。

 今日「ワビ・サビ」は、EU各国、アメリカ、カナダ、シンガポールで展開されており、特にニューヨークをはじめとしてアメリカでは、自然派オーストリアワインの大ベストセラーとなっています。
(輸入元資料より)


 

4/28(水)アップ~蔵出しパパリ・ヴァレー’19

エグみとタンニンが強すぎない優れたオレンジワイン!






※ちなみに他にもHPに載せていない別の生産者の入手難オレンジ・ワイン店頭限定で3種類以上ございます。




Papari Valley, 3 Qvevri Terraces Rkatsiteli No.6 '19
(Georgia Amber wine)

パパリ・ヴァレー、スリー・クヴェヴリ・テラスズ ルカツィテリ No.6 ’19

(ジョージア・辛口オレンジ)


税別¥2500

<あと8本>おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
12本以上完売。

「2020.12月に試飲しました。よくあるタンニンとエグみだけが強過ぎて、果実味をあまり感じないオレンジ・ワインとはまるで違うバランスよくクリーンな味わいで余韻もちゃんとあります。タンニンのグリップ感はあるものの、タンニンの質とバランスが良くこれなら幅広いお客様においしく飲んでいただけると思います」

アルコール13%

甕番号6番の特別キュヴェ。杏子、ビワ、柿などの落ち着いたアロマと果実味でクルミのようなクリーミーなテクスチャーを持ちます。お茶を煎じたような繊細ななタンニンも魅力です。
(輸入元さんコメント)

ブドウ品種 ルカツィテリ 100%
醗酵 破砕・プレス後、チャチャ(果皮、茎、種:合計85%)とマストをクヴェヴリで約3週間(天然酵母/22度)、3.5カ月マセレーション
熟成 ワインだけを別のクヴェヴリにて2.3カ月熟成、更にランキングしNO6のクヴェヴリにて3カ月熟成




Papari Valley, 3 Qvevri Terraces Chinuri-Rkatstdi 2018
(Georgia Amber wine)

パパリ・ヴァレー、スリー・クヴェヴリ・テラスズ チヌリ-ルカツィテリ’18

(ジョージア・辛口オレンジ)


税別¥2600

<あと2本>超限定品!

デカンター・オンライン92点!
(2020~2026年)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

アルコール12.5%

21本完売。~※再入荷不可能!

過去に何度か試飲しました。よくあるタンニンとエグみだけが強過ぎて、果実味をあまり感じないオレンジ・ワインとはまるで違うバランスよくクリーンな味わいで余韻もちゃんとあります。

ビオロジックを実践
清潔な醸造所で丁寧な仕事
ポンプを使わず重力で移動

ブドウ品種:チヌリ50%(カリトゥリ産)、ルカツィテリ50%(カヘティ産)
石灰質土壌
平均樹齢14~30年
低収量25~39hl/ha

生産量:わずか1,200本のみ!

天然酵母のみで
ルカツィテリは果皮ごとクヴェヴリで、
チヌリはステンレスタンクで発酵。

ルカツィテリはクヴェヴリで果皮とともに合計6~7ヶ月熟成
無濾過


4/28(水)アップ~蔵出しアルヘイト・ヴィンヤーズ’17カルトロジーついに最後の再入荷!

蔵出しアルヘイト・ヴィンヤーズ’17入手難銘柄3種類!


伝説の白!























 




クリスとスザーン夫妻画像




Alheit Vineyards, Cartology '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、カルトロジー’17

(南アフリカ・W.O.ウエスタン・ケープ・辛口白)


税込¥5060(税別¥4600)

<あと16本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー93点!(2019~2028年、
ワイン・アドヴォケイト245号

The 2017 Cartology Bush Vines represents all that is good about Chenin Blanc from South Africa. )

ワイナート94号 92点!

VINOUS 93点!
(ニール・マーティン、2019~2028年

~The palate is beautifully balanced with a gorgeous tangy, marmalade-tinged opening. The acidity is extremely well judged (as it nearly always is) and a touch of stem ginger and rhubarb emerges toward the poised, energetic finish. Excellent. )

スペクテーター92点(2021~2031年)

Wine Enthusiast 90点(2021~)


ティム・アトキン94点!!!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

生産者自身曰く、『 カルトロジー’17は過去最高の出来!!! 』

ティム・アトキンMW『サウスアフリカ 2018 スペシャル・リポート』
ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー受賞!!!


29本完売。~※ついに再入荷不可能となりました!

「2019.11月下旬に試飲しました。温度が少し低いだけで本領を発揮しない。というか半年前より少し閉じたかも?骨格が大きく、エネルギーと余韻は変わらず凄い。結構長く熟成するかも」



「2019.5月に飲みました。1年前に’16を試飲した時も驚いたが’17はさらにそれより上質という印象!こんなワインがあるというだけで南アフリカの名声を高める効果のあるすごい銘柄の一つ。エネルギーが炸裂していて説得力のある味わい。トップノーズは濃厚チーズの乳酸ニュアンスと焦がしバター、ビスキュイ、キャラメル、アーモンドなどで、まるでまだ飲み頃に入っていないハイポテンシャルなシャサーニュモンラッシェ1級的な雰囲気ありつつも15分くらいでさらに香りが発展してゆく。温度を上げてもまだ固く、ほぼ固体?というくらいの噛めるような凝縮厚みエキスとコクがあり、果実のエネルギーとポテンシャルが凄い!酸とミネラルも弱くなく、余韻が長く、鼻に抜けるパイナップルとコクのあるバターの強い風味も持続する。抜栓の次の日も非常においしい。昨日よりパイナップルと黄桃のニュアンス強い。抜栓の2日後もまったく落ちない」

’16’15 ジェイミー・グッド 94点!

’15 パーカー93点!

【品種①】シュナンブラン:87%、4つの異なる地域の9つの畑のブレンド
産地:スカーフバーグ
畑立地:標高440~550m 土壌:主に花崗岩 樹齢:35~60年
【品種②】セミヨン:23%、仕立て:ブッシュヴァイン(古樹)、樹齢は最も古いもので1936年植樹 どちらのブドウからもミネラルに富むフィネスのあるジュースが得られ、その味わいがカルトロジーの骨格を作っています。

【全房使用率】100%:スキンコンタクトを行うことにより、繊細且つ塩味や苦味が全体の味わいを引き締めています。

【熟成樽】5年~14年の古樽にこだわり、ブドウの持つフレッシュな果実味と蜂蜜のような香りを感じることができます。
アルコール度数:13.5%

無灌漑の畑、天然酵母のみ使用、全房プレス
熟して凝縮感のあるブドウが取れるが同時に自然に酸も高くなる非常に優れた畑!

old bushvines, naturally fermented




Alheit Vineyards, Huilkrans '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、ハイルクランス’17

(南アフリカ・辛口白)


税込¥11000(税別¥10000)

<あと16本>幻の超限定品!

※はじめて割り当てをもらえました~!!!
当然再入荷不可能!

ティム・アトキンMW South Africa Special Report 2018年度
White Wine Discovery of the Yearに選ばれる!!!

ワイナート94号 95点!!!

『 ハイルクランスは集中度が高く、荘厳な味わいに圧倒される。南アフリカにおけるシュナンブランの多様性を探るには、絶好のお手本に違いない。 』

Wine Enthusiast 95点!!!(Editors' Choice!)
~It's superbly balanced, with notes of wood spice, field flowers, lemongrass and fynbos that dance throughout the evolving and lingering finish. While it's a stunner now, it should age gracefully through 2029.

パーカー91点
(2019~2027年、ワイン・アドヴォケイト245号)

スペクテーター93点(NOW)

VINOUS 95点!!!
(ニール・マーティン、Outstading!)


Jamie Goode 96点!!!

【キュヴェ】2017年が初ヴィンテージで、キュヴェ名の「ハイルクランス」とはこの畑にある崖の名前で、「涙する崖」という意味で、雨が降るとまさに崖肌を涙のように雨水がつたうことが由来です。2017年に畑のオーナーのご子息が不慮の死を遂げてしまったこともあり、彼へのオマージュの意味も込めて付けられました。
【品種】シュナン・ブラン100%

【産地】スカーフバーグ地区
【畑】「オウダム」の単一キュヴェで2015年から構想を始めました。
アルコール度数:14.0%




Alheit Vineyards, Magnetic North '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、マグネティック・ノース’17

(南アフリカ・辛口白)


税込¥9900(税別¥9000)

<あと2本>幻の超限定品!

※はじめて割り当てをもらえました~!!!

ワイナート94号 96点!!!

Wine Enthusiast 94点!!!
(Cellar Selection!さらにTop 100 Cellar Selections 2019年度 84/100位!)

~Lingering notes of waxy melon, orange rind and whole spice like nutmeg and allspice unfold on the long, lightly nutty finish. It's a charmer that's hard to resist but will age well through 2030.

パーカー91点
(2019~2027年、ワイン・アドヴォケイト245号)

スペクテーター91点(NOW)

VINOUS 94点!!!(ニール・マーティン)


【品種】接ぎ木していない特別なシュナン・ブラン100%
(マサル・セレクションのブッシュ・ヴァイン古樹!)
この畑のオーナーの意向でブドウ樹が全て抜かれようとしていたところ、半分ほどのところでどうにか残りのブッシュヴァイン(地植えのブドウ株)をクリスが”救出”しました。

【産地】スカーフバーグ:ケープタウンから北へ約460km
【畑立地】標高520m
【土壌】鉄分を豊富に含んだ砂っぽい赤土 【植樹】1980年代前半
【アロマ】洋ナシ、白桃、ドライハーブ、スパイス
【味わい】力強さと共に繊細なミネラルと酸が完璧なバランスを成しています。
アルコール度数:14.0%

’16 デカンター・オンライン96点!

’15 スペクテーター93点




Alheit Vineyards, La Colline Vinyard '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、ラ・コリーヌ・ヴィンヤード’17

(南アフリカ・辛口白)


税込¥9900(税別¥9000)

<あと3本>幻の超限定品!

※はじめて割り当てをもらえました~!!!

Wine Enthusiast 95点!!!(Editors' Choice!)
~The palate is bright and lively, with laser-cut acidity and a beautiful seam of stony minerality that weaves throughout the yellow apple, spiced orange and Anjou pear flavors. It's harmonious, complete and superbly balanced, with a lingering ginger-peach-tea accent on the close. Drink 2020?2030.

パーカー94点!(2019~2030年、ワイン・アドヴォケイト245号)
~If you are a Burgundy lover and looking from something familiar yet different, check this out. ~

スペクテーター93点(NOW)

VINOUS 95点!!!(ニール・マーティン)


【キュヴェ】歴史のある由緒正しいシングル・ヴィンヤードに植わった2種の古木のセミヨンによるスペシャルキュヴェ。濃い果皮色のセミヨンと明るい果皮色のセミヨン・グリが混植されており、他では見ることのできない南アフリカらしいユニークなワインを造り上げました。
【品種】セミヨン 85~90% セミヨン・グリ 10~15%

【産地】フランシュック
【畑】「ラ・コリーヌ」:ユグノー派の避難民として1688年にフランシュックにたどり着いたポール・ルーの直系の子孫であるアントン・ルー氏によって所有されていた、歴史のある由緒正しい畑。

【標高】310~350m 【植樹】アントン・ルー氏の祖父によって1936年に植樹
【アロマ】梨、白桃、スパイス 【味わい】味わいの密度が高く、深みがあり、個性的で完璧に調和しています。
アルコール度数:13.5%

’16 デカンター・オンライン96点!




Alheit Vineyards, Nautical Dawn '17

アルヘイト・ヴィンヤーズ、ノーティカル・ドーン’17

(南アフリカ・W.O.ステレンボッシュ・辛口白)


税込¥7040(税別¥6400)

<あと4本>幻の超限定品!

パーカー90点(2019~2026年、
ワイン・アドヴォケイト245号


ワイナート94号 95点!!!

VINOUS 94点!!!
(ニール・マーティン、2019~2030年
~The expressive palate features orange pith, white peach and guava, and the acidity is very well judged with just the right amount of salinity toward the finish. What a superb debut! )

スペクテーター92点(NOW~2021年)

Wine Enthusiast 93点!


ティム・アトキン94点!

【品種】シュナン・ブラン100%
【産地】フォルスベイ地区の2つ畑
【畑】「ステレンホフ」:海から4km、標高60m、南東向き、
植樹:1978年、土壌:花崗岩、灌漑なし
【畑】「カリビブ」:海から13km、標高220、南東向き、土壌:花崗岩、灌漑なし

2013年に友人からこの「ルステンホフ」の畑を紹介された当初彼は標高300m以下の畑には興味がなかったのですが、それでも試してみたところ、2015年にはかけがえのないものとなり、わずか数年でファン垂涎のワインになりました。
アルコール度数: 13.0%


当主:クリス・アルヘイト氏。2011年に自身のファーストヴィンテージである「カルトロジー」をリリースし、瞬く間に南アフリカで最も評価され、注目をあびるようになったワイナリー。 ワイナリー設立前、クリスとスザーン夫妻はケープワインインダストリーで働きながら、世界のワイ ナリーを多く訪れ、その土地や地域でしか表現できないワインに感銘を受け、「ケープ土着の品種を使って、南アフリカのアイデンティティを表現したワインを造りたい」と思うに至ります。そしてクリス氏は、標高300メートル前後に立地し海風や山おろしの吹く乾燥した区画に植えられている古木に着目しました。残っていた記録によると、この地では1656年に既にシュナンブランとセミヨンが植えられていたことから、彼は白ワインに特化した醸造家を目指すことを決め、ワイナリー設立に至ります。 風土と品種をそのまま大切にボトルに詰め込んで、大いにその個性を表現しています。

南極大陸から流れる海流の影響を受け、緯度の割に冷涼な気候を保っています。ワイナリーの本拠地はヘルマナスですが、葡萄は各地の栽 培家と契約して条件にかなったものを購入しています。主に30年以上の古木が植わった小区画の畑ですが、最も古い樹は1936年に植樹され たもので、拠点から400km近くも離れた畑のものを使用しています。樹齢のみを考慮しているのではなく、各区画の立地条件を非常に重要視し ています。彼は天然の高い酸が生み出す澄んだ味わいを持ったシュナンブランを収穫するため、大西洋からの冷涼な海風は畑に不可欠と考 えています。

収穫後、葡萄は全房にてゆっくり味見をしながらプレスしています。その後低温のタンクで24時間静置しますが、この際酵素やSO2など、添加物 は一切加えません。それらを加えることは、バクテリアの持つポテンシャルを崩し、発酵を妨げることになると考えているからです。また、マロラク ティック発酵までのスムーズな移行は収穫時の酸が関与するとの考えから、収穫日の決定には非常に気を使っています。また新樽は一切使 用せず、全て古樽を選んでいます。 クリス曰く、相撲の力士よりも体操選手のような、「パワーにあふれていながら軽やかで重たくないワイン」を作ることを目指しています。
(輸入元資料より)


4/28(水)アップ~蔵出しポデーレ・ラ・カッペッラ’18

溢れるうまみエキス、しっかりした果実と余韻のお買い得品!







Podere La Cappella, Chianti Classico '18

ポデーレ・ラ・カッペッラ、キャンティクラシコ’18

(トスカーナ州・辛口赤)


税込¥2750(税別¥2500)

<あと10本>絶対おすすめ!

ジェームス・サックリング 93点!!!

VINOUS 89点(2020~2028年)


「2021.4月中旬に飲みました。例年よりわずかに熟度が高く、甘苦系スパイスのニュアンスがあるだけでいつもの強い甘旨エキスの厚みがあり、果実味豊かでコクのある飲み頃NOW~。熟した黒い実の果実、甘草、ナッツ、わずかにヴァニラ、甘苦系スパイスなどの香り。キャンティクラシコとしては酸がやや丸く、よくできたローヌのような甘旨エキスがとてもよい。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール%




Podere La Cappella, Chianti Classico '17

ポデーレ・ラ・カッペッラ、キャンティクラシコ’17

(トスカーナ州・辛口赤)


税込¥2750(税別¥2500)

<あと2本>

パーカー90点

VINOUS 87点(2019~2027年)

アルコール%
’18よりエレガントだと思われます





Podere La Cappella, Chianti Classico '16

ポデーレ・ラ・カッペッラ、キャンティクラシコ’16

(トスカーナ州・辛口赤)

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

VINOUS 90点!(2018~2028年)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

52本完売。ありがとうございました~※’16は再入荷不可能!

「2019.7月中旬に試飲しました。’14同様に素晴らしい出来で果実味豊かで中域の甘旨エキスが分厚く、酸が尖っていなくて余韻が長め!自分の中では’14との間に4点もの違いがあるとは思えないのですが、、、とにかく今すぐ開けて非常においしいです」

サンジョベーゼ85%、メルロー15%




Podere La Cappella, Chianti Classico '14

ポデーレ・ラ・カッペッラ、キャンティクラシコ’14

(トスカーナ州・辛口赤)

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

VINOUS 86点(2016~2019年、2016年10月試飲)

2017年6月札幌イタリア試飲会にて人気投票第1位だった生産者!!!


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

26本以上完売。ありがとうございました

「2017.6月に試飲しました。二人で試飲して二人とも絶賛だった銘柄。非常によく出来たローヌのグルナッシュのような分厚いうまみエキスがありつつ、この地区らしい酸とエレガンスもあり、果実も余韻もしっかり!今飲むとアルコールの浮きもなく、相当お買い得に感じられます。やはりよい造り手ですね。オーナーで栽培責任者であるブルーノ・ロッシーニ氏からそろそろ娘であるナターシャさんの代になるのかもしれないですね」

アルコール14.5%

※昔の名前が、『 ポッジョ・カンポローネ 』だったワイン。
同じ中身。当時はトスカーナIGTでした。

9年以上前当時、当店で’05を税別¥2700で販売して大好評でした!
少しお安くなっております!

サンジョベーゼ85%、メルロー15%

石灰粘土質土壌

海抜350m

樹齢20年

無濾過

エレガントな個性のワインができるサン・ドナート・イン・ポッジョ村

法王からカヴァリエーレ(騎士)の称号を授与された、サンジョベーゼのスペシャリスト!

ビオロジック栽培でかなり畑仕事に時間を割いており、
有機農法ワイナリー認定(Bioagricert)あり

『 程よく深みのある野イチゴのアロマ。可愛らしい果実味に酸が重なり上品な表情を見せてくれる。料理と一緒に楽しみたい赤ワイン。 (輸入元資料より) 』




4/23(金)アップ~蔵出しフリッツ・ハーク’18

鮮烈な天然レモネード!ボヤけていない味わい









 



Fritz Haag, Brauneberger Juffer Kabinett '18 (Mosel)

フリッツ・ハーク、ブラウネベルガー・ユッファー・カビネット‘18
(ドイツ・モーゼル・やや甘口白)


税込¥3080(税別¥2800)

<あと21本>絶対おすすめ!

ジェームス・サックリング 94点!!!

パーカー91点
(2026~2045年!、ワイン・アドヴォケイト243号)

VINOUS 92点!
(2020~2034年)

スペクテーター91点
(2022~2034年)

「ゴーミヨドイツワインガイド 2020」 90点

「モーゼルファインワインズ47 2020」 93点!

「ヴィヌム 2020」 91点

「アイヒェルマン 2020」 89点


「2021.3月下旬に試飲しました。ピュアでみずみずしく、多少オイリーで鮮烈なインパクトがありかなりおいしい。酸がキレイな天然レモネード系で、ほかに花、ハーブ、白桃などの香りも。塩ミネラルもはっきりと感じられる甘旨酸塩の傑出バランスで余韻も長く、飲み飽きずに杯が進む。柑橘類の砂糖漬けの凝縮したニュアンスを感じるが、酸とミネラルがしっかりしているので焦点がビシッと合っており、体感的にそれほど甘みが強く感じない」

アルコール9%
スクリューキャップ

残留糖度:53.1グラム/リットル
酸度:7.7グラム/リットル

ユッファーとユッファー・ゾンネンウーアのブドウを使用している
この2つを混ぜることで完璧なバランスとなるそうです!



モーゼルの伝説的生産者ヴィルヘルム ハーク
1989年、初めてお会いしたヴィルヘルム ハークが「私の造ったワインを、誰がどのように売るかということは、私にとって実に重大なことなのです」と語ったことは、とても印象深く心に残っています。それはつまり、自分のワインが誰にでも売れればいいとは決して思っていないということです。私たちが彼のワインの輸入を開始した後、ヴィルヘルムは1993年に初出版された『ゴーミヨ ドイツワインガイド』の1994年版で、第1回の「ワインメーカー オブ ザ イヤー」に選ばれました。また、VDP(ドイツの高品質なワイン醸造家の協会)の設立メンバーでもあり、1984年から2004年までの20年間にわたって会長を務めていました。あるインタビューで「偉大なリースリングの個性を形成するのは何か?」と尋ねられた時、「お風呂みたいに飛び込みたくなるやつが最高さ!」と答えたエピソードは有名です。私たちが訪問した際も、「モーゼルワインはエンジョイできるワイン。暖かくなってきたらテラスに座って1本飲み終わってしまうようなものがいい」と熱く語っていました。

ヴィルヘルムのお気に入りは、その特徴が最も表現されているカビネットでした。
2005年にはワイナリーを息子のオリヴァーへと譲っていましたが、私たちが訪問すると、必ず出迎えてくれました。特に印象的なのは、こちらの手が痛くなるくらいの力強い握手で、訪問したスタッフの思い出には必ずこのエピソードが残っています。そんなヴィルヘルムが、2020年12月に惜しまれながらこの世を去りました。彼のワイン造りの哲学は、2人の息子たちにそれぞれ受け継がれています。長男トーマスはシュロス リーザーで、次男オリヴァーはフリッツ ハークで、ともに世界に名を轟かせる素晴らしいワインを造り出しています。

父から家族の伝統を引き継いだオリヴァー ハークのこだわり
ワイナリーは、2005年よりヴィルヘルムの息子オリヴァーへと引き継がれています。オリヴァーは、偉大なる父に劣ることなく、むしろ父を超える勢いでその才能を発揮しています。『ワイン アドヴォケイト#243』では、オリヴァーの手による2017年ヴィンテージについて、テイスティングに提供された19種類のワインすべてが90点以上を獲得しており、そのうち17種類が93点以上、10種類が96点以上の高評価を獲得しています。また、3つのワインに100点満点が与えられ、ユッファー ゾンネンウーアのトロッケンベーレンアウスレーゼは、「可能ならば101点を与えたい」と絶賛されています。ドイツ国内のワインガイドでは『ゴーミヨ ドイツワインガイド 2020』5房、『アイヒェルマン 2020』5星、『ファインシュメッカ― 2020』5星、『ヴィヌム 2020』4.5星を獲得しています。また『アイヒェルマン2018』ではワイナリー オブ ザ イヤーを受賞。こうした近年の評価は、オリヴァーの実力を確かに感じさせるものですが、彼は決して革命家のように振る舞うことはありません。『モーゼル ファイン ワインズ』の2019年1月号で、「ワイナリーの10年後」について尋ねられた際に、オリヴァーは次のように答えています。「誰もが偉大なプランが必要だと言います。しかし、私たちの未来へのプランは、何十年にもわたって非常に上手くやってきたことをこれからも継続することなのです。これこそが私達のエステートにとってベストだと考えています」。

ブラウネベルク村の2つの銘醸畑ユッファーとユッファー ゾンネンウーア
ワイナリーの歴史は長く、書類上もっとも古い記録は1605年に遡ります。モーゼルの葡萄畑は、2000年ほど前に古代ローマ人により開拓されました。この地域でもそれは例外ではなく、現在でも当時の古い醸造設備の遺跡を見ることが出来ます。ブラウネベルク村は当時、「甘い山」を意味するラテン語に由来する「デュセモンド(Dusemond)」として知られていました。記録によると、当時の聖職者がデュセモンドのワインを高く評価していたようです。フリッツ ハークでは、この歴史と伝統に敬意を表し、「デュセモンダーホフ(Dusemonder Hof)」をワイナリーの補足名称として使用しています。デュセモンド村には、ブラウネベルガーの名を冠した2つの著名な銘醸畑「ユッファー」と「ユッファー ゾンネンウーア」があり、この名声をさらに広めるために、1925年に村の名前がブラウネベルクへと変更されました。ブラウネベルクは「茶色い山」という意味で、この土地のスレート土壌に混ざる鉄の鉱脈の色にちなんでいます。「ユッファー」は、1790 年頃の地元の方言で、オールドミスや処女を意味しています。当時、この畑を所有していた貴族には3人の娘がいましたが、父から畑を引き継いだ際に全員未婚のままだったため、この名前が付いたとされています。その後、この畑からのワインは世界的にも有名になり、モーゼルの真珠とみなされ、かのナポレオンも愛蔵していたと言われています。

「ユッファー」、「ユッファー ゾンネンウーア」は、VDPが定める最高級格付けの「グローセ ラーゲ」に認定されており、ブルゴーニュに例えるとグラン クリュに相当します。葡萄は全てリースリングで、樹齢は25~30年ですが、ユッファー ゾンネンウーアのいくつかの区画には樹齢50~110年の古木が植えられています。どちらも土壌は青色粘板岩で、大きな石と岩状の粘板岩のため水はけが良く、ワインが繊細な酸を持つエレガントなスタイルとなり、パッションフルーツやライチ、キウイなどの果実味が感じられるという特徴があります。ユッファーは、端の冷涼な部分や中心部の石の多い部分など、様々な要素が反映される一方、ユッファー ゾンネンウーアは中心部の暖かい位置にあり、粘板岩の比率が高く、水分を得るために根が25mほども伸びます。オリヴァーは「ユッファー ゾンネンウーアの方が格は高く、グラン クリュのイメージで、より集約感のあるスタイル。ユッファーはプルミエ クリュで、より軽めのスタイル。ほとんど差は無いが、このスタイルの造り分けのためにゾンネンウーアの葡萄の収穫を少し遅くする」として区別しています。
(輸入元資料より)


和食と相性抜群!
オリヴァーはアジアを訪れ、「気候、料理共にドイツワインに合っている、特に日本食が一番」と感じたそうです。



 


4/23(金)アップ~蔵出しキリ・ヤーニ’18アシルティコ・フロリナ再入荷

蔵出しキリ・ヤーニ’16ラミニスタ

’13’15もおいしかった。各メディアにて絶賛されつつあります!

リピーター続出!やっと人気が出てきました~!

癖のない明らかに価格を超えたギリシャ・ワイン!











 




創業者ヤーニ・ブリタス氏とその息子で醸造家のステリオス氏とミハリス氏

キリ・ヤーニでは、ワインの売り上げによる利益の一部は野生動物保護に還元されています!

(環境問題の取り組みの一つが、現在ヨーロッパで絶滅の危機に瀕する熊の保護です。日本の月輪熊ほどのサイズの野生熊ですが、ギリシャのアミンデオン、ナウサでの生息数は他のヨーロッパ地域よりも随分多く、彼らの活動が野生熊の保護に役立っています。)


大橋健一氏(MW)とカヴィータ・フェイエーラ女史のギリシャ・セミナーに行ってきました

ギリシャ・ワインは、品質が高くかつ(ギリシャ経済が良くない影響などから)今はお買い得価格であることからも世界中のマスター・オブ・ワインを含むジャーナリスト達から注目され、すでにドイツやアメリカでは広く厚くオンリストされ当たり前のように流通しているそうです。
当店では日本で流行る前2017年4月から扱っております!
あとだしジャンケンじゃないよ(笑)




Kir-Yianni, Assyrtiko Florina '18

キリ・ヤーニ、アシルティコ・フロリナ’18
(北ギリシャ・辛口白)


税込¥2420(税別¥2200)

<あと9本>絶対おすすめ!

パーカー88点
(2020~2023年、ワイン・アドヴォケイト249号)

MUNDUS VINI 2019年度 金賞受賞!

Decanter World Wine Awards 2020年度 シルバー受賞!


「2021.3月下旬に飲みました。オレンジ、ミネラルの香り主体。みずみずしく、質のよい酸で引き締まった香りと味わいで、ざっくり言ってしまえばシャブリのように飲める。アタックからアフターまでの流れもよく、少し塩ミネラルも感じられてさっぱりするが単調ではない。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール13.5%
スクリューキャップ

’16 ファルスタッフ 90点

ノーザン・グリース > マケドニア
PGIフロリナ
アシルティコ 100%

収穫後24時間ブドウを冷やし、除梗・圧搾。24時間低温でコールドマセレーション、ステンレスタンク(MLF無し)
ステンレスタンク熟成

北ギリシャ、アミンデオン地区の山のアシルティコ。濃厚で熟度の高い柑橘類のアロマとふくよかなボディを持ちます。アクセントのミネラリックな塩味と高い酸味が全体をまとめます。
(輸入元さんコメント)





キリ・ヤーニ、ラミニスタ’16

(北ギリシャ・辛口赤)


税込¥3080(税別¥2800)

<あと3本>

パーカー92点!
(2021~2041年!、Mark Squires)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!




キリ・ヤーニ、ラミニスタ’15

(北ギリシャ・辛口赤)


税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

ワイン&スピリッツ誌 94点!!!

最新パーカー91点(2021~2040年!、
Mark Squires、2019年4月試飲)

パーカー91点(Mark Squires、ワイン・アドヴォケイト237号)

ファルスタッフ 91点

Wine Enthusiast 91点

TEXSOM International Wine Awards 2019年度 金賞受賞!

MUNDUS VINI 2019年度 銀賞受賞!

Grand International Wine MUNDUS VINI 2018年度 銀賞受賞!

Balkan International Wine Competition 2018年度 銀賞受賞!

Decanter World Wine Awards 2018年度 銀賞受賞!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

46本以上完売。ありがとうございました

「2019.4月初旬に試飲しました。’12’13と同等の非常によい出来。まるで¥6000台のバローロを飲んでいるかのような凝縮したレーズンバター風味で、深みのある重さとコク、タンニンは多いが固すぎず、デキャンタOR注いで少し放っておくでもう飲めてしまいそうなバランス。アルコールの低さも好印象。やっぱり凄いな!」

アルコール13%



キリ・ヤーニ、ラミニスタ’13

(北ギリシャ・辛口赤)


税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー92点!
(2021~2040年!、ワイン・アドヴォケイト226号)

ワイン&スピリッツ誌 93点!

Hong Kong International Wine & Spirits Fair 2017 シルバー受賞!

Thessaloniki International Wine&Spirits Competition 2017
GRAND GOLD MEDAL!!!

TEXSOM International Wine Awards 2017 シルバー受賞!


デカンター・ワールド・ワイン・アワード2017年 90点シルバー受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

151本完売!!!ありがとうございました~※再入荷すると’15に移行致します。

「2017.10月上旬に飲みました。抜栓の2~3日後のボトルを試飲。まったく落ちていないどころか’12同様力強く、重め深めのコクのある味わいで¥5,000以上のバローロのような品質。抜栓直後は固かっただろうなぁ~。月曜日抜栓のグラス・ワインで土曜日の夜でもたぶん落ちずに売れてしまいますね」

アルコール14.5%




キリ・ヤーニ、ラミニスタ’12

(北ギリシャ・辛口赤)


税別¥2900

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!

英国ソムリエ・アワード2017年度 ゴールド!


ジャパン・ワイン・チャレンジ2016年 銀賞受賞!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード 2016年度 シルバー受賞!

最新パーカー91点(2016~2032年!、ワイン・アドヴォケイト226号)

パーカー91点(2016~2030年!、ワイン・アドヴォケイト221号)

TEXSOM International Wine Awards - Award of Excellence Greek Red gold 2016 受賞!

Thessaloniki International Wine Competition 2016 銀賞受賞!


International Wine & Spirit Competition (IWSC) 2016 銀賞受賞!

Balkan International Wine Competition
TROPHY - Best indigenous red wine gold 2016 !!!

Concours International Sélections Mondiales des Vins Canada 銀賞受賞!


2017春の輸入元東京・大阪大試飲会にて
プロが選ぶ赤ワイン部門 人気第2位!!!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

日本でもすでに各メディアなどで掲載されておりますように、世界のマスター・ソムリエさん達からも絶賛されている銘柄です!

135本完売!!!~※再入荷すると’13に移行致します。

「2017.4月上旬に再度試飲しました。やはり非常においしいフルボディ。抜栓後もかなり長持ちするし、熟成が進むスピードも遅そうなのでかなり長熟可能でしょう。今すぐ開ける場合は、デキャンタしたほうがよさそうですが、逆に言えばグラスワインとして面白い可能性もある。これがグラスワインになっていたらセンスよいイメージ」



「2016.11月中旬に再度試飲しました。基本的にピノノワール<ネッビオーロ<クシノマヴロとタンニン量が約1.5倍になってゆくそうです。前に試した時よりも完全に高額バローロとブラインドで区別不可能な香り。レーズンバター、スモーク、甘草、黒い実の果実、ビターオレンジ、スパイスなどの凝縮して高級感のあるよい香り。明らかにフルボディでコクとタンニンがあるが、不思議と重すぎないのはタンニンの質が良いことと海が近く標高が高いからなのでしょうか?長く熟成できそうな大きな骨格で余韻が明らかに価格を超えて長い!これは個人の好みを超えてどんな方でも認めざるを得ないワインと言えそうですね。ラム肉ととてもよく合うそうです」



「2016.8月下旬に試飲しました。まだ固くタニックながらもタンニン以外の要素も強くバランスが悪くないのでデキャンタすればある程度もう飲めてしまいそう。意外にクセが少ない香りと味わいで、エキス感があり、アフターにはタナやネッビオーロを連想させるタンニンが残る。樽は予想より溶け込んでおり、レーズンバター、数種類のスパイスなどの深い香り。余韻も長め。この価格で買えるのは結構すごいという品質」

アルコール%

シングルヴィンヤード

地区 マケドニア 村 ナウサ

品質分類・原産地呼称 PDO ナウサ

Kir Yianni, Ramnista '12

『 「ラムニスタ 2011」はナウサのフラッグシップ。7区画からの選抜。タバコ、レッドチェリー、黒キノコの華やかな香り。タンニンはアグレッシブだが、暴力的ではない。色調は淡く、強烈なグリップ、しっかりした骨格に支えられ、ミッドの豊かさと余韻の長さは際立っている。ジュゼッペ・マスカレッロら伝統的バローロのファンなら、とりこになるだろう。価格はお値打ち。 (山本昭彦さん、ワイン・レポートより) 』

品種 クシノマヴロ 100%

樹齢25~40年

土壌:砂、粘土ローム

標高300~350m

エーゲ海から50km距離の冷涼な地中海性気候

礫を多く含み、重い粘土質が表土で、その下は石灰岩質土壌

醗酵:ステンレスタンク

熟成:フレンチオーク樽225-500L 18ヶ月(新樽比率50%)

固有品種クシノマヴロの魅力を余すところなく捕らえた1本。プラムやブラックオリーブ、生姜、スパイス、オーク、タンニン、酸と最全ての要素が最高のバランスでまとまります。

’11 WEIN impuls 2015 金賞受賞!

’11 Thessaloniki International Wine Competition 2015 金賞受賞!

’11 ワイン・レポート(山本昭彦さん)にて絶賛される!

’11 ワイン&スピリッツ誌 93点!!!

’10 ワイン&スピリッツ誌 93点!!!

’10 Wine Enthusiast 90点




ナウサ地区のクシノマヴロ古樹




パーカーのみならず、
世界のマスター・オブ・ワイン有資格者達も絶賛!
ジャンシス・ロビンソン女史、大橋健一氏、Konstantinos Lazarakis氏など

1997年設立

まさに伝統とモダンの融合で、癖の強い赤ワインが多いギリシャにおいて日本人にも受け入れられるわかりやすさもありながら上質でお買い得!


4/23(金)アップ~蔵出し689セラーズ’19ナパ・レッド

何故か?札幌で話題沸騰の赤ワイン!







 





689 Cellars, Six Eight Nine Napa Valley Red Wine '19

689セラーズ、ナパヴァレー・レッド‘19
(カリフォルニア・辛口赤)


税込¥2970(税別¥2700)



輸入元定価・税別¥3,400

<あと41本>おすすめ!
限定品!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2021.4月下旬に‘19を飲みました。縁が紫がかったやや濃いルビー色。常温ではなく低めのセラー温度で抜栓。抜栓直後から艶やかなレッドベリー、ヴァニラ、シナモンなどの甘苦系スパイス、チョコレートクッキー、少しレーズンバター、革などの香り。ニナス紅茶のフレーヴァーティー『 イヴ 』みたいな香りも含まれる。味わいのアタックははっきりと甘さがあり、果実味豊かでジューシー、酸味は穏やかだが、みずみずしさがキープされており旨味が多い甘旨かつ、アルコールの浮きがないのでバランスは悪くない。温度さえ上げすぎなければクドくなくバランスよく楽しめると思います。おそらくベストは13~15℃くらい。タンニンはすでに完全に溶け込んだとてもなめらかな飲み頃NOW~。誰に対しても伝わりやすいフルーツ感で寝かせてもこれ以上おいしくならないタイプだと思う。この価格でナパヴァレーを名乗れるワインはとても少なく、とにかくキャッチーな要素の強い銘柄。抜栓の次の日も非常においしい。緩くならない甘旨。抜栓の2日後も非常においしい。抜栓の1週間後も味わいがまったく落ちない!香りはチョコミントと甘苦系スパイス主体に変化した」

25本完売。

ジンファンデル 38%、カベルネソーヴィニヨン 29%、メルロー 16%、シラー 16%、プティット・シラー 1%

ステンレスタンク醗酵
75%はフレンチオーク樽 (新樽35%/225L)、25%はステンレスタンク 10カ月熟成、その後瓶熟7カ月

ジューシーな赤系果実が広がり、ブラックチェリーやワイルドベリー、リコリス等も層を成します。ソフトで甘いタンニンとスモークしたスパイス香を持つセクシーなフィニッシュが特徴です。
(輸入元さんコメント)



ナパやソノマの銘醸ワインを専門に扱うマーケティングエージェント会社として長年経験を重ねてきたプルミエ・ワイン・グループがカリフォルニアきっての醸造家ケント・ラスムセン氏と設立したジョイントベンチャーです。

理想的な気候条件が揃うナパの銘醸地でブドウを栽培
689用のブドウは、銘醸地ハウエル・マウンテンやカリストーガー、オークヴィル、ラザフォード、ポープ・ヴァレー等の様々なナパを代表するサブリジョンから集められています。


幸福を意味するワイン名
689という数字は、バラバラのものが一つに調和、融合する、という意味を持ちます。

表ラベルのデザインが表すように


6-幸福

8-豊かさ

9-長寿


の意味をもった各数字が一つのデザインとして合体しています。

この689ワインは、各品種のブドウが、ワインになった時に生み出すハーモニーを反映しています。

この689を飲んで、幸福、富、長寿を経験してください!


 

4/23(金)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ’18

今回限りのすごい内容!!!

ここも大きくスタイルを変えています!
MVF2021年度版にてついに3つ星生産者に昇格!!!















 



特級コルトン・ブランの畑、’12収穫期画像

下記輸入元資料とは別に2009年から栽培担当者が代わり、2010年から醸造担当者(新担当者はオーストラリアのバスフィリップなどで修業。センス抜群とのこと)も変わり亜硫酸量をおさえた造りとなっています。

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版にて
Palmares Top Producteursに選ばれる!



栽培責任者:フランソワ・グランジェ

彼が変えたことの一つが、動物の牽引力を活かすこと。畑に極力トラクターを入れないために。
「馬と一緒に耕したところは鋤が簡単に土に入るのに、トラクターで通ったところは入らない」
13.8haのうち10haぐらいは馬が耕していて、今年はそれを全て馬力にするために、最近5頭目の馬を手に入れたとか。
もう一つの発見が、ブドウ樹のケアに使用していたSO2をスキムミルクに代替すること。「書物にあったひとつの解決策として見つけただけで、私たちが考え出したわけではない。」すでに2015年からブドウ樹にSO2は使用していない。いずれはボルドー液の使用もやめたい、いま年に1haあたり1.5kg使用しているが、今のところ代替案がない。




Domaine Chandon de Briailles, Bourgogne Rouge Cuvee Louise '18

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ、ブルゴーニュ・ルージュ キュヴェ・ルイーズ’18

税込¥4620 特価・税別¥4200

<売り切れ>幻の超限定品!
初入荷!~※すでに再入荷不可能!
もともと自家用ですので蔵元在庫もすでに完売!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
他のブルゴーニュと最低でも1:1以上になるようにご注文をお願い致します。


スペクテーター90点(NOW)

「2021.4月中旬に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。抜栓直後からピュアでナチュラル、ブドウの質が非常によさそうな亜硫酸少ないトップノーズ。ナチュラルな赤い実の果実、トマト煮込み、スミレ、胡椒、ミネラル、とても控えめなすでによく溶け込んだ樽などのよい香り。コンディション抜群なのでまさにフルーツ感がピュアそのもので、上級品のような固さと多いタンニンはないが、スタイルと複雑性・ある程度の凝縮感、コクと少しのグリップ感があり、緩くなく長い余韻の飲み頃NOW~。価格の1.5倍以上の価値があるワイン。酸は低くなく活き活きしてトップノーズからアフターまで一貫して流れのよい傑出バランス。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい。ややしっかりしつつもナチュラルなのが凄い」

アルコール13%
ユーロリーフ、デメテルあり!

2021年メイユール・ヴァン・ド・フランスで3つ星に昇格した、Domaine Chandon de Briaillesの2018 Bourgogne Cuvee Louiseです。
3つ星に上がり勢いのある2018年のシャンドンは、評価がとても高くなっています。また2017年ぐらいから伝統的な感じを残しつつも、若い時から近づきやすい酒質に変わってきているように感じています。
シャンドンは、ACブルゴーニュを毎年造っていません。近いところで言うと2016年にありましたが、その年は葡萄が冷害・雹でやられてしまい、それぞれのアペラシオンで瓶詰めが出来なくなってしまった4,5アペラシオンをブレンドしたものでした。
強制的に収量が落ちたプルミエクリュやグランクリュの葡萄でブレンドされたワインは、なんとも言いがたい味わいのACブルゴーニュでした。
しかし、今回のキュベ・ルイーズは、2016年とコンセプトが全く違います。

各アペラシオンを樽からタンクに移して瓶詰めをするのですが、歩留り上、どうしてもタンクにワインが残ってしまいます。
それら全てのアペラシオンをブレンドして瓶詰めされたワインがこのキュベになります。割合は分かりませんが、サヴィニー・レ・ボーヌ村名、各サヴィニー・レ・ボーヌ1er、各ペルナン・ヴェルジュレス1er、コルトン・グランクリュの3種類が入っているそうです。
本来は自分たちや近しい人たち用に瓶詰めして、飲んでいたワインなのですが、2018年はなんと我々もわけて頂くことができました
(輸入元資料より)






Domaine Chandon de Briailles, Pernand Vergelesses 1er Cru Ile des Vergelesses Rouge 2007

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ、ぺルナンヴェルジュレスプルミエクリュ・イル・デ・ヴェルジュレス・ルージュ’07

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税込¥8250(超特価・税別¥7500)


当店通常価格・税別¥9600

輸入元定価・税別¥12,500

<あと1本>

Wine Enthusiast 93点!

スペクテーター90点(2012~2022年)

バーガウンド・コム 89~91点





Domaine Chandon de Briailles, Pernand Vergelesses 1er Cru Ile des Vergelesses Rouge 2015

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ、ぺルナンヴェルジュレスプルミエクリュ・イル・デ・ヴェルジュレス・ルージュ’15

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税込¥7700(超特価・税別¥7000)


当店通常価格・税別¥9000

輸入元定価・税別¥11,500

<あと1本>超限定品!

デカンター・オンライン93点!(2025~2045年)

最新パーカー93点!(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト232号)

パーカー88~90点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 89~92点!

スぺクテーター92点(2022~2032年)

VINOUS 89~92点


MVF(旧クラスマン)2018年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5/20点

例年ただのヴェルジュレス・ルージュよりも、よりエレガントで複雑な味わい!

平均樹齢40年

ペルナン村のグラン・クリュと名高い粘土と石灰質の土壌が程良く交じる優れた条件を持つ畑。中でもドメーヌは斜面中腹のべストな区画を所有するアペラシオンの最大かつ代表的な所有者で赤白合わせて4haを持つ。涼しいテロワールを持つこの畑の良い年はコルトンにも匹敵する素晴らしいワインを産み出す。果実の凝縮感と強靱なタンニンの為、長期熟成を要し熟成と共にスパイシーさと複雑味を増す。
(輸入元資料より)




Domaine Chandon de Briailles, Corton Clos du Roi Grand Cru 2015

ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアイユ、コルトン・クロ・デュ・ロワ’15

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税込¥23100(超特価・税別¥21000)


当店通常価格・税別¥28000

輸入元定価・税別¥35,000

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

デカンター・オンライン97点!!!
(2030~2075年!!!)

最新パーカー96点!(William Kelley、
2025~2060年!、ワイン・アドヴォケイト236号)

パーカー90~92点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 92点?

スぺクテーター94点(2022~2038年)

VINOUS 92~94点


MVF(旧クラスマン)2018年度版18/20グラス

’15から急に買えなくなりました!

0.38haの所有

樹齢30~54年

3つ異なる特徴を持つコルトンを手掛ける。柔らかくキメ細やかでシルキーな酒質を持ち比較的若い内からでも味わいが開いた特徴のマレショード。ブレッサンドはミネラル感とタンニンを充分感じさせるコルトンらしい大きく、スケール感のある長熟ワイン。クロ・デュ・ロワは森に近い斜度のきつい標高320mの区画のぶどうより造られる凛とした気品のあるワインとなる。
(輸入元資料より)




シャンドン・ド・ブリアイユ、ペルナンヴェルジュレスプルミエクリュ・レ・ヴェルジュレス・ルージュ’15

税込¥6600(税別¥6000)

<あと4本>

デカンター・オンライン92点

最新パーカー92点(William Kelley、
2023~2050年!、ワイン・アドヴォケイト232号)


パーカー89~91点(2018~2026年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 89~92点!

スぺクテーター94点!(2022~2035年)

インターナショナルワインセラー88~90点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

1.22haの所有

樹齢61年!




シャンドン・ド・ブリアイユ、サヴィニプルミエクリュ・オー・フルノー・ルージュ’15

税込¥5720(税別¥5200)

<売り切れ>

デカンター・オンライン93点!

パーカー86~88点(2017~2022年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 90~92点

スぺクテーター92点(2020~2032年)

インターナショナルワインセラー88~90点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点


Domaine Chandon de Briailles

1834年創立という歴史あるドメーヌ。モエ・エ・シャンドン家の血を引く伯爵家が所有。カーヴは14世紀にシトー派修道僧が掘ったものを使用。2001年から現オーナーのクロードとフランソワが母親から引き継いで運営に当たっています。姉クロードはボーヌとディジョンでワイン造りを学んだ後オレゴンとニュージーランドでワイン造りに携わり、ドメーヌでのワイン造りには1991年から参加。弟フランソワはビジネススクールを経てアメリカやスペイン、パリでワイン商を経験、そしてオレゴンでワイン造りを学んだ後、2001年にドメーヌへ戻り、ビオディナミへの転換をしています。

1984年のセラー・マスター交代後、1989年ころからは品質の向上が目覚しいとの評価を受けています。造られるワインは程良い果実味を持ち、そして新樽も殆ど使用せず、人為を排したエレガントなスタイル。醸造においては「ネオ・クラシック」と呼ばれる伝統のブルゴーニュ・スタイルに忠実な方法を採用。いずれのワインにも14世紀につくられた古いカーヴで14~18ヶ月間の樽熟成が施されます。生産量のうち60%は輸出され、国内ではL'AMBROISIE, PIERRE GAGNAIRE, SENDERENS, LE BRISTOL, GUY SAVOYなどの名だたるレストランで提供されています。

1988年から除草剤等不使用

もともとビオロジーを採用していましたが、2005年からはビオディナミを導入、2008年にはエコセールとデメテルに申請し、2011年ヴィンテージから全てのワインが正式に認証されます。自然に近い状態でブドウを育てることで、クリマの表現された、そしてピノ・ノワールとシャルドネの持つ魅力・フィネス・果実味が最大限に生かされたワイン造りを目指しています。
(輸入元資料より)

本拠地 : サヴィニー・レ・ボーヌ村
代表者 : クロード・ド・ニコライ、フランソワ・ド・ニコライ
生産本数 : 年/50,000本
所有畑 : 合計13.7ha


4/23(金)アップ~蔵出しジェーン・エア’18

ついにフランス各メディア絶賛!


話題のカスタムクラッシュによるミクロ・ネゴス!

ピュアでエレガントからのクラシックでしっかりしたタンニンと骨格!











 


メゾン・シャンピィのピエール・ムルジェ氏とコント・ラフォンのドミニク・ラフォンさんがオーナーのコートドール初のカスタムクラッシュによるミクロ・ネゴス!!!

要するに特に優れた醸造家に醸造する機会と場所を与えるというブルゴーニュでは新しい形




ジェーン・エア女史


MVF(旧クラスマン)2021年度版にてついに2つ星生産者に昇格!!!

フランスを代表するワイン雑誌「La Revue du vin de France」(ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス」が、「RVF Grands Prix 2021」を発表し、ブルゴーニュのジェーン・エアが最優秀ネゴシアンに選ばれた。オーストラリア人の受賞は初めてで、女性の受賞も初めて!




Jane Eyre, Beaune 1er cru Les Cents Vignes 2018

ジェーン・エア、ボーヌプルミエクリュ・レ・サン・ヴィーニュ・ルージュ’18

税込¥7920(税別¥7200)

<あと12本>絶対おすすめ!

パーカー88点(William Kelley)

VINOUS 88点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!!!
さらにクー・ド・ラネ!!!

「2021.3月上旬に飲みました。‘18でもまったくジャミーではなく、うまみとミネラルをしっかり感じられ、香りもやや華やか。艶のある果実味、酸不足なく、タンニンの質が非常によくグリップ感も絶妙のよい出来。紫色の弱いやや明るいルビー色。わりと華やかな赤い実の果実、胡椒、ミネラル、とても控えめな樽などのよい香り。洗練されてバランスよく上質、今すぐ飲めるが真の飲み頃は2023くらい~だろうか。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール13.5%




Jane Eyre, Beaune 1er cru Les Cents Vignes 2015

ジェーン・エア、ボーヌプルミエクリュ・レ・サン・ヴィーニュ・ルージュ’15

税込¥7040(税別¥6400)

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!

パーカー89~91点(2018~2028年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

ジャンシス・ロビンソン16+/20点


MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス

※すべての値引き対象外となります。

3年半以上経過してかなりおいしくなっているはず!



「2017.7月下旬に飲みました。実際の風味は、新樽25%とか使っていそうな樽香がありつつも、あくまで果実を強調し過ぎていないピュアでエレガントで上品な癒し系の傑出バランス。ただしクラシックさがあり、骨格とタンニンはあるのでリリース直後は基本的に固い。縁が紫がかったやや濃いルビー色。上記ヴォルネイ’14より熟度が高く樽香と黒い実の果実とミルキーなニュアンスがあり、若干陽気な個性。ほのかに甘くてもあくまでエレガントでやさしい癒しも感じられる。この畑としては豊かな果実味、すでにうまみが結構表現されており、ミネラルも低くない、アフターはやはり若干タニックで骨格あり。トップノーズにごくわずかにグルナッシュやモナストレル的な暖かい地域のスパイス香が含まれるが、’15でこの印象ならやはりクラシックなのだろうと思う。ローストしたコーヒー豆、ドライハーブ、黒い実と赤い実の混ざった果実香、スパイス、ミネラルなどのよい香り。抜栓の次の日も非常においしく、少しだけタンニンが溶け込んだ。今飲んでもおいしいが、飲み頃は2019~だろうか。質がよく造り手の将来性もありそう。抜栓の2日後も非常においしい。まったく落ちないし少し向上した。甘旨エキス増す」

アルコール13.5%

80%除梗、20%全房のまま。新樽率0%。ピジェアージュを1日に3回行った。 2016年は霜害のため収穫はゼロであったという。



Maison Jane Eyre

 オーストラリア メルボルン近郊出身のJane Eyreが手がける新進 気鋭のネゴシアン。

1998年、Domaine Chevrotでブルゴーニュでの修行と研鑽をス タート。2004年に移住し、Dominique Lafon、de Montilles、そし てDomaine Newmanでさらなる修行を積む。
(※他にもフェルトンロード、アタランギ、ドクター・ローゼン、ジャック・フレデリック・ミュニエとすごい修行先!!!、特にコント・ラフォンのドミニクさんの愛弟子という感じのようです!)
その過程でかねてよりあった自らのワインを造りたいという想いを、 2011年についに実現させる。スタートは5樽のSaviny les Beaune 1er Vergeless rougeであった。これを皮切りに、Gevrey Chambertin、Aloxe Corton、Volnayとそのレンジを広げていき、 2014年からはCote de Nuits Villageも加わった。


醸造
 ワインとなってからではなく、全てブドウの状態で買入れ。ブドウは全て手摘みで収穫され、選果。

畑とヴィンテージにより異なるものの、一部は除梗せず全房のま まで発酵へ。発酵前に最低限のSO2を添加。

ヴィンテージと発酵度合いを見定めるものの、発酵中のピジェ アージュとルモンタージュは基本的に1日に2回程度とし、過剰な抽出を抑え、果実味を活かした造りを行っている。

ピジェアージュは、より優しく行うために伝統的な足で行うスタイルを採用。発酵後に圧搾、7~10 日間ほどタンクでワインを休ませ、樽へ。新樽率は高くても40%。

マロラクティック発酵は通常より早い1月終わり頃までに終了(Cote de Nuits Villageのみ3月)。

樽熟期 間は平均12ヶ月前後。澱引き後、タンクでアッサンブラージュを行い、6~8週間ほどタンクで休ませた後、 瓶詰め。無清澄無濾過。


4/23(金)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ’14シャルモワ大人気で再々入荷!

3年半前からずっとリピーターが多い銘柄!飲み頃!
’14は’11以上に素晴らしかったです!

ブルゴーニュでの新しいやり方が始まりました




 





ドメーヌ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ、サントーバンプルミエクリュ・ル・シャルモワ’14

税込¥5500(特価・税別¥5000)

<あと14本>絶対おすすめ!

パーカー88~90点(2016~2026年、ニール・マーティン、
~This is a lovely Saint Aubin to enjoy over the next 4-5 years, one of the best wines from Au Pied du Mont Chauve this year.
ワイン・アドヴォケイト222号)


SAKURA Japan Women's Wine Award 2018年度 ゴールド受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

90本完売!!!

3年半以上経過してかなりおいしくなっているはず!
しかもリリース直後と同じ価格です!!!



「2017.7月下旬に試飲しました。かなりおいしかった’11をさらにわずかに上回るくらい良い出来!冷やしすぎないほうがおいしい。樽香は少し弱くなっただろうか?オイリーでなめらかな厚みのあるピュアな果実、酸はキレキレではないが緩さがなく、ミネラルもしっかりの飲み頃NOW~。まだまだお買い得感が強く、もっと人気出ていい造り手だと思うなぁ~」

アルコール13%



ドメーヌ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ、サントーバンプルミエクリュ・ル・シャルモワ・キュヴェD’11

超特価・税別¥4200

<売り切れ>絶対おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

「2014.3月に試飲しました。前からすごいと聞いていたので、かなりハードルを上げて試飲に臨みましたが、一瞬で採用を決めざるを得ないほどよい出来でした~!!!大体¥6000くらいの満足度に感じられます。温度は絶対に冷やしすぎないほうがおいしい!明らかに価格以上の品質でしかも樽香はしっかりあるが味わいにエグみが皆無でピュアかつ複雑で余韻が長いというセンス抜群のスタイル。厚みのある果実味、バランスも非常によく、酸とミネラルが上質、うまみもあり緩さがなく、飲み飽きない飲み頃NOW~。すごい!今後、間違いなく高評価されてゆくでしょう」

アルコール%

平均樹齢40年

※キュヴェDは、大樽熟成の方のキュヴェです

アリエ産69hlの大樽で澱と共に14ヶ月間

2010年が初ヴィンテージ!

Domaine Au Pied du Mont Chauve

’11が軒並みミッシェル・べタンヌなどから高評価される!

『 シャサーニュ村に本拠地を置くネゴシアン、Maison Picard/メゾン・ピカール社。同社が所有する約135haの畑の中から最良の区画のみを選出し、実験的にビオロジック&ビオディナミ栽培を実践してきた。それらの畑をメゾンとは完全に切り離し、高品質のワインを生産するドメーヌを設立する構想が持ち上がった・・・
オーナーのFrancine/フランシーヌ氏がまず行なったのは、メゾンの醸造スタイルを一新し、ワインの品質を飛躍的に向上させる事。約2年間の歳月を費やし、新生Maison Picardとして見事再スタートさせた。そしてこれを機に、今まではメゾンのワインにブレンドされていたピュリニーやシャサーニュ等の最良の区画を、メゾンとは全く独立させた形でドメーヌを立ち上げた。そうして誕生したのがDomaine Au Pieds du Mont Chauve/ドメーヌ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ。2010年がファーストヴィンテージとなる。ドメーヌの所在はシャサーニュモンラッシェ村。栽培醸造はメゾン・ピカールの3代目であるフランシーヌ・ピカール女史とメゾン新生の立役者でもあるファブリス・レーン氏などを含む4名のスタッフで行われる。ファブリス氏はBouchard Pere & Fils社で白ワインの醸造責任者を歴任。その後、Maison Nicolas Potelでニコラ・ポテル氏の片腕として辣腕をふるい、退社後、それまでの華々しい経歴をかわれドメーヌに招聘された。

サントーバン、シャサーニュ、ピュリニーに15haの葡萄畑を所有。レ・ヴェルジェ、レ・カイユレ、ル ドゥモワゼルなどの1級畑はベルナール・コランから買収しており、手付かずの自然の状態であった畑を2006年より25年のキャリアを持つ南仏のビオディナミスト、ドゥ・セニュール氏のをコンサルに迎え、ビオディナミ農法を慣行。一部のピノノワールの畑を除き2013年にはすべての畑をビオディミに移行する。フラッグシップとなる、PULIGNY MONTRACHET 1er LES DEMOISELLES/ピュリニー・モンラッシェ1級レ・ドモワゼルは特級畑のル・モンラッシェとシュヴァリエ・モンラッシェに隣接する最上級の区画。その昔は『レ・ドモワゼル・モンラッシェ』としてリリースされていた事実上のグランクリュ。イギリスの著名ワインジャーナリストJancis Robinson女史が既に大変高い評価をしており、また、R.Parker.comのテイスターのDavid Schildknecht氏、Michel Bettane氏等、世界を代表するジャーナリストが噂をききつけて、ドメーヌまで訪問をしている。今後、話題沸騰のドメーヌである。ドメーヌ名【AU PIED DU MONT CHAUVE】はモンラッシェの語源となる【はげ山のふもと】を意味する。 (輸入元資料より) 』


4/23(金)アップ~蔵出しスェナン’13リューディー3種類

初入荷!幻の超限定品!

蔵出しスェナンNV


まだ無名ですが、間違いなく今後絶賛されて入手難となります!














 



オーレリアン・スェナンさん画像




Suenen, Champagne "La Grande Vigne" MONTIGNY-SUR-VESLE Meunier Extra-Brut Millesime 2013

スェナン、シャンパーニュ・ラ・グラン・ヴィーニュ モンターニュ・シュール・ヴェスル エクストラ・ブリュット‘13
(辛口白泡)


税別¥13000

<あと10本>おすすめ!
幻の超限定品!

最新パーカー94点!!!
(William Kelley、2021年3月試飲)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 92点

「2021.4月中旬に飲みました。グランクリュ・シャルドネと比べて酸とミネラルが硬質ではなく抜栓直後から固くなくおいしいが、時間とともにうまみと塩ミネラルが明らかに増して向上するので、そういう意味では抜栓の次の日からが本当の飲み頃という印象。やはり実力を信用できる生産者。質感とスタイル、味付きが素晴らしく、非常に杯が進むタイプ。生産量極少ですが、運良く買えました」

アルコール12%
デゴルジュマン2020年1月

ピノムニエ100%
樹齢50年!
生産量:わずか679本のみ!!!

爽やかな赤い果実、塩キャラメルの香り、しっかりとしたストラクチャー。最良のムニエ種シャンパーニュの味わいを確認できる一本。あまりの生産量の少なさから2013年ヴィンテージは世界的に売り切れ状態。見つけた時に即、購入されることをお勧めする。

モンターニュ・ド・ランスの北部、モンターニュ・シュール・ヴェスルにある0.21haの砂質の畑に自根栽培される樹齢50年のムニエ種から造られるブラン・ド・ノワール。スェナンはこの畑の付近にいくつかの畑を所有するもセラーまでの距離を考え、多くを手放したがこの畑だけは残された。自生酵母による発酵、澱とともに21か月間、600ℓの樽(ドゥミ・ミュイ)にて熟成。2014年7月にボトリングされ66カ月間の瓶熟成後にデゴルジュマン。
ドサージュは1g/ℓ。




Suenen, Champagne La Cocluette OIRY Blanc de Blancs Grand cru Extra-BrutMillesime 2013

スェナン、シャンパーニュ・グランクリュ・ラ・コクリュエット エクストラ・ブリュット‘13
(辛口白泡)


税別¥16500

<あと11本>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

最新パーカー94点!
(William Kelley、2021年3月試飲)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 92点

「2021.4月末に飲みました。抜栓直後は素晴らしい品質と長期熟成可能な骨格、長く伸びる余韻ははっきりと伝わるもののまだ固いので翌日まで放置。抜栓の次の日に予想通り明らかに向上。冷やしすぎるくらいならセラー温度の方がおいしい。蜜リンゴ、ブリオッシュ、強靭ミネラル、コンソメきのこスープなどのよい香り。大きな構造でうまみ成分と塩ミネラル量が強いが、それでもまだ旨味を秘めている印象。冷静に考えればジェローム・プレヴォー’17リリース時期にスェナンは’13なので出来るだけ蔵元で寝かせてくれていたという意味では高価ではあるものの良心的。抜栓の2日後も非常においしい。元々ガス圧弱めですが、さらに泡が弱くなってそれでも関係なく上質」

アルコール12%
デゴルジュマン2019年10月

シャルドネ100%
樹齢94年!!!
生産量:わずか1,849本のみ

オワリイの土壌は固く痩せた石灰岩、樹齢の若いブドウの木からは硬質なワインができるが、樹齢の高い期からはふくよかさを感じさせる。このラ・コウリュエットは94年にもおよぶ高樹齢から造られ、華やかな果実味と硬質で重量感のある味わいの見事なバランス、オワリイの本質を端的に表現している。

クラマンとシュイイの接点、その東側に位置するオワリイの区画。樹齢94年のシャルドネを自生酵母で発酵、澱とともに全体の55%はエッグ型の垂直式タンク、残りの45%は600ℓの木樽で熟成。2014年7月ボトリングを行い63カ月間の瓶内熟成を行いデゴルジュマン実施。
ドサージュは2g/ℓ。




Suenen, Champagne Le Mont-Aigu CHOUILLY Blanc de Blancs Grand cru Extra-Brut Millesime 2013

スェナン、シャンパーニュ・グランクリュ・ル・モンテギュ エクストラ・ブリュット‘13
(辛口白泡)


税別¥20000

<あと6本>幻の超限定品!

最新パーカー93点
(William Kelley、2021年3月試飲)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点

アルコール12%
デゴルジュマン2019年10月

シャルドネ100%
樹齢41年!
生産量:わずか879本のみ!!!

畑の日当たりや豊かさを感じさせる。フラワリーでフルーツの香味に溢れアフターに僅かに樽香。味わいの凝縮感やストラクチャー、ミネラル感は他のシュイイのワインからは想像できない頭抜けたレベル。

美しい景観のシュイイ、その南向きの緩やかな斜面に位置する小区画ル・モンテギュで収穫されたシャルドネは自生酵母で発酵、無清澄、無濾過のまま、600ℓの木樽(ドゥミ・ミュイ)1樽で熟成。2014年4月、ボトリング(ティラージュ)され2019年10月のデゴルジュマンまで瓶内熟成を続ける。
ドサージュは4g/ℓ。





Suenen, Champagne C + C Grand Cru Blanc de Blancs Extra Brut NV 750ml

スェナン、シャンパーニュ・グランクリュ <セ・プリュス・セ>
ブラン・ド・ブラン ・エクストラ・ブリュット NV 750ml


税込¥9020(税別¥8200)

<あと4本>絶対おすすめ!

超限定品!56本完売!!!
※しばらく再入荷不可能!

最新パーカー93点
(Stephan Reinhardt、2021年4月試飲

パーカー93点
(William Kelley、2021年3月試飲


MVF(旧クラスマン)2021年度版 90点

インターナショナルワインセラー91点(2015.1月試飲)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2017.大晦日に飲みました。透明感のあるトップノーズで香りからすでにミネラルが強いことが予想できる。ガチガチに固いことを予想してワインのポテンシャルと造り手の将来性を計るつもりで開けたのですが、すでに非常においしくてびっくり!7人で飲んで全員絶賛でした~!凝縮して軽くないのですが、質感と全体像がすごい。酸はややキレがありますが、その質が不思議と少しも尖っていない。(例えば、昔のベレッシュの酸は尖っていた)そしてアフターには強烈塩ミネラルが残り、縦に伸び~る。冷やし過ぎないほうがおいしい。細長いグラスも適さない。間違いなく畑仕事頑張っている味だなということで、今後すぐに大人気となり超入手難となる可能性が高いと思いました。というか確実でしょう」

アルコール12%

デゴルジュマン表示が雑でよく見えないのですが
おそらく2017年10月?

今回の中身は’14主体。

平均樹齢36年

マロラクティック発酵あり

生産量:わずか5,668本!

表土:黄土質粘土土壌、心土:白亜質(白亜紀後期カンパニア階)

手摘みしたブドウを選果後、空気圧プレスで丁寧に絞る。自生酵母のみを使用し区画別に発酵後、澱とともに6~9ヶ月間熟成。木樽は30%使用。樽は6~7年使用したアカシア樽。アッサンブラージュし、ボトリング。

瓶内2次発酵後、36ヶ月熟成。無清澄無濾過。出荷の6ヶ月前にデゴルジュマン。ドサージュは3グラム/リットル

クラマンの頭文字Cとシュイィの頭文字Cを合わせてC+Cと命名されたキュヴェ。土地の味わいをストレートに表現したい、そんなオーレリアンの感覚が生み出した味わいはミネラル感。スェナンのワインには塩味を感じさせるものも多いがこのC+Cもその代表。 (輸入元さんコメント)



『 クラマンで1905年に設立されたドメーヌ。現当主は4代目のオレリアン・スェナン。アグラパールをはじめ注目の造り手らからなるグループ「テール・エ・ヴァン・ド・シャンパーニュ」の会に新たな生産者として初めて入会を許された話題の生産者。コート・デ・ブラン(クラマン、シュイィ、ワリィ)とランスの西にあるマシフ・ド・サン・ティエリーに合計5haを所有している。

2008年から当主としてドメーヌを引き継いだ後、化学合成肥料などの使用を極力抑え、畑が持つ本来の姿を表現できるように、コート・デ・ブランの畑では除草剤の使用を一切中止。畑の土を鋤き返すことで土を空気に含ませて柔らかく保ち、その空気により土中微生物の活性化を促し、また表土に近い葡萄の根を切ることで土中深くへと根を張らせている。さらに継承した畑の特徴を明らかにするため、高名な土壌微生物学者であるクロード・ ブルギニョン率いるLAMSの協力により毎年分析研究を行っている。

醸造では、収穫後、厳しい選果を実施。区画ごとに分け、それぞれに適合するタンクを大樽、中樽、小樽、卵型コンクリートタンク、ホーロータンクの中からオーダーメイド的に選び発酵・熟成が行われる。従来のレンジは複数の村・区画をブレンドしていたが、テロワールをより強く反映したシャンパーニュを造りたい思いから、リューディーごとのワイン造りへの移行。そして、自生酵母のみによるアルコール発酵、必要最小限のSO2添加しか行わない等の拘りのワインへ進化している。また、よりダイナミックでエネルギー感に溢れるシャンパーニュを造りたいためにビオ・ビオディナミによる葡萄栽培の実践中。 (輸入元資料より) 』


 

4/23(金)アップ~<※6本限定!>蔵出しドメーヌ・シュヴニー・ルソー’17レ・コンボット

2021/3/4(木)アップ~蔵出し蔵出しドメーヌ・シュヴニー・ルソー’19’18’17’12’09

フィネス輸入!話題の新生産者!



















話題の新生産者!
100%フィネス輸入の貴重な蔵出し正規品


※全銘柄すべての値引き対象外となります。
全銘柄すでに再入荷不可能!!!
全然割り当て数をもらえなくてびっくりしました、、、




DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, CHAMBOLLE-MUSIGNY 1ER CRU, LES COMBOTTES '17

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・コンボット’17

税込¥22000(税別¥20000)

<あと6本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

1級「Aux Combottes(オー コンボット)」の区画に約0.1haの畑を所有、
粘土石灰質の土壌に樹齢約45年の葡萄が植えられています。

コンボットのキャラクターは繊細さと濃厚さのハーモニーで、スミレやサクランボ、イチゴなどのアロマ、時間と共にスパイシーでトリュフのようなニュアンスも出てきます。たっぷりとした口当たりでリッチで滑らか、タンニンもデリケートですがしっかりしたストラクチャーもあります。






DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, ECHEZEAUX '17

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、エシェゾー’17

税込¥42900(税別¥39000)

<あと3本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すでに再入荷不可能!

「Les Rouges du Bas(レ ルージュ デュ バ)」の区画に約0.25haの畑を所有しており、約1億7000万年前のジュラ紀中期の泥灰土の土壌に樹齢約50年の葡萄が植えられています。

グラン エシェゾーとは異なり土が浅い丘の斜面に畑があるのので、口当たりは柔らかく、フランボワーズのようなフレッシュな赤い果実のアロマ、下草のような涼しげなニュアンスもあり繊細な味わいになります。




DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, VOSNE-ROMANEE LES CHAMPS DE PERDRIX '12

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、ヴォーヌロマネ・レ・シャン・ペルドリ’12

税込¥22000(税別¥20000)

<あと9本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!




DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, VOSNE-ROMANEE LES CHAMPS DE PERDRIX '18

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、ヴォーヌロマネ・レ・シャン・ペルドリ’18

税込¥20900(税別¥19000)

<あと10本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

ピノ ノワール種100%。特級「La Tache(ラ ターシュ)」のすぐ上に位置する「Aux ChampsPerdrix(オー シャン ペルドリ)」の区画に約0.9haの畑を所持しています。標高300~350mで浅い粘土石灰質土壌に樹齢約40年の葡萄が植えられています。

「Perdrix(ペルドリ)」とはフランス語でヤマウズラの意味で、グリオット(フランスの酸味の強いサクランボ)やイチゴ、コケモモのようなエレガントなアロマ、カシスのようなスパイシーなニュアンスもあり、時間と共に下草や香辛料なども感じられるようになります。肉厚な果実味と複雑さ、余韻は柔らかで若いう
ちはパワフルですが、瓶熟することでタンニンも溶け込んでオイリーで滑らかになっていきます。




DOMAINE CHEVIGNY-ROUSSEAU, NUITS-SAINT-GEORGES VIEILLES VIGNES '09

ドメーヌ・シュヴィニー・ルソー、ニュイサンジョルジュVV’09

税込¥13200(税別¥12000)

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

ニュイ サン ジョルジュの北側の「Aux Saints-Juliens(オー サン ジュリアン)」と南側の「Les Charmois(レ シャルモワ)」の2区画の葡萄を使用しています。所有畑は合計で約0.75haで粘土石灰質土壌に樹齢約40年の葡萄が植えられています。

サクランボやイチゴ、カシスのようなフレッシュなアロマにトリュフや革、スパイス、獣臭も感じられます。濃厚でパワフルな味わいながらもバランスの取れたストラクチャー、余韻も長くタニックですがトゲトゲしくはありません。



第2次世界大戦後の1947年にルシアン シュヴィニーがヴォーヌ ロマネの「Aux ChampsPerdrix(オー シャン ペルドゥリ)」の区画に葡萄を植えたのがこのドメーヌの始まりで、3代目となる現当主のパスカル シュヴィニーは父ミッシェルから1984年にドメーヌを引き継ぎました。ドメーヌ名はパスカルの父方の苗字「Chevigny(シュヴィニー)」と母方の苗字「Rousseau(ルソー)」を掛け合わせたもので、現在はコート ド ニュイを中心に約4haの葡萄畑を所持しています。リュットレゾネで栽培を行っていますが、HVE認証という葡萄栽培から瓶詰に至るまで、より厳しく環境のことを考えて活動している生産者に与えられる認証を得ており、高い品質のワイン造りを目指しています。ワインの販売については、ドメーヌで瓶熟させながら飲み始めても良いなと思ったヴィンテージをリリースできるように努めています。

葡萄の収穫は手摘みで除梗100%、アルコール醗酵は自然酵母で櫂入れと液循環を行いながら最高30℃で10~15日間行います。熟成は樫樽でブルゴーニュクラスは12ヵ月、それ以外は約18ヵ月間行います。新樽比率はヴィンテージにもよりますが、ブルゴーニュで約25%、それ以外は約80%ほど、グラン エシェゾーのみ100%にすることもあります。瓶詰前にコラージュのみを行い、ノンフィルターで瓶詰されています。 (輸入元資料より)


4/23(金)アップ~蔵出しジェノ・ブーランジェール’18ピュリニー

蔵出しジェノ・ブーランジェール’17

上品で繊細、最後にきっちり引き締める素晴らしいシャンボール!










 




彼らは試行錯誤の結果、自然と土壌を尊重するブドウ栽培を目指し、 ビオディナミへの転換を決意。
2018年にAB認証(Agriculture Biologique)を取得!




GENOT-BOULANGER, Chambolle-Musigny '17

ジェノ・ブーランジェール、シャンボールミュジニィ’17

税込¥8470(税別¥7700)

<あと6本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

42本完売!

「2020.8月上旬に飲みました。何かとお世話になっているアジア最高のクルティエ坂口功一氏のおすすめ(今思えば去年コロナの影響が出る前に一緒にワイン会が出来て本当によかった!)ですから外すわけがないのですが、この生産者自体が初めてでちょうどこの価格帯のシャンボールを探していたので早速開けてみました。初心者受けのわかりやすいタイプではなく、一見軽いようでいて実は味付きとてもしっかりの上品で繊細タイプでした。当店社長も絶賛の4人で飲んで全員絶賛だった1本!紫色の弱いやや明るいルビー色。ピュアな赤い実の果実、花、胡椒、ミネラルなどの落ち着いたよい香りで閉じていない。アタックはほのかに甘いが、中域に味と旨味があり、アフターはちゃんと酸とミネラルで引き締められて予想より長く持続する。シャルロパン・テシエ’16同様、夏に低めの温度で飲んでも極めておいしいタイプ。試飲会等では見逃されてしまいそうな上質な繊細性と最後の引き締め感が日本人のためのシャンボールという感じがする。非常に好ましいスタイルで素晴らしい。抜栓の3日後まで少しずつ酸と旨味が伸びてわずかに向上してゆく。まったく落ちない。非常においしい」

アルコール13.5%

’15 スペクテーター92点

2つの区画から構成≪ les Nazoires ≫ ≪ les Mombies ≫いずれも国道沿い

手摘み、天然酵母、ヴィンテージによって変える全房発酵比率
樽熟成12か月、新樽20%。瓶詰め前に6ヶ月のタンク熟成
無濾過、無清澄




GENOT-BOULANGER, Puligny-Montrachet Les Nosroyes '18

ジェノ・ブーランジェール、ピュリニーモンラッシェ・レ・ノロワイエ’18(辛口白)

税込¥8360(税別¥7600)

<あと8本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

「2021.4月上旬に飲みました。抜栓直後のみ予想よりあっさりしていて余韻も長くないなぁ~と感じたが、時間とともに明らかに石系ミネラルと塩ミネラルが増してアフターの酸に伸びが出てきておいしく向上。この段階で当店社長に試飲してもらったら案の定絶賛していました!樽が強い濃厚な厚みを求める方以外のエレガント系ピュリニーが好きな方にとっては最高の最安値クラスのピュリニーとなるでしょう。うっすら緑がかった明るいイエロー。ゴマせんべい、リンゴ、花、ミネラルなどのピュアな香り。今は優しくエレガントでバランスのよい飲み頃NOW~。2~3年寝かせると上品な洋ナシ出てくるかも?抜栓の2日後も非常においしい。極めてエレガント」

アルコール13%
ABマーク、ユーロリーフあり!

1er cru Perrieres のすぐ下。バトナージュなし。
樽熟成12ヶ月+イノックスタンク6ヶ月。
オリエンタルなニュアンス。リッチでオイリー。



1974年の創業、ドメーヌの名は創業者夫妻の姓を合わせて名づけられました。現在の当主はその曾孫にあたるオードとその夫のギョーム・ラヴォレ。最近まで生産量のほとんどをネゴスに販売しておりましたが、2008年に夫妻は意欲的な改革を行い、以来評価は急上昇しており、数多くのパリの星付レストランでも採用されています。今回、評判を聞きつけて試飲をした弊社クルティエの坂口さんから強くオススメがあり、送ってもらったサンプルを弊社社員一同で試飲をし、取り扱いを決めました。バラエティ豊かな所有地所からその比類の無いテロワールを表現し、バランス良く、若いうちに飲んで美味しく、かつ4、5年寝かせた後に別の次元の魅力が現れるワイン造りを志向する、このジェノ・ブーランジェールの新鮮で生き生きとした造りをお試しください。
(輸入元資料より)


4/23(金)アップ~<※値下がり!>蔵出しルフレーヴ’18マコン・ヴェルゼ再入荷

<※6本限定!>蔵出しルフレーヴ’18マルトロワ

※ルフレーヴ全ヴィンテージは全ての値引き対象外となります。














 

 








2015年収穫直前のブドウ畑画像




’12くらいからマコン・ヴェルゼやアソシエを除く、ドメーヌもののブルゴーニュ・ブランからすべてのボトルのキャップシールにICチップ的なものがついております。(ジョルジュ・ルーミエの一部のグランクリュやコント・ラフォン、デュジャック’13、ドメーヌ・ルロワ’13なども同じ)

昔ながらのワイン愛好家の方に多いのですが、思いっきりキャップシールを回されてしまうと下記の画像のように破れますのでご注意お願い致します。

2015.6.17 当店セラー内で見つけたボトル、、、








マダムが亡くなってしまったからというもの、ラックさんの在庫が一瞬で消えて、当店在庫もかなり減りました

ほぼ毎年ずっと買っていたのでたくさん分けてもらえました。

’13’14の評価もすごいです!

’13~’17ピュリニー村のすべての銘柄が、
すでに再入荷不可能です!!!




’17の新銘柄は
2004年にマコン・ヴェルゼの畑を購入した後、
2013年にさらに買い足した畑のブドウからなので
すべて自社畑のドメーヌもの!
いまではマコネ地区に20haもの自社畑を所有しているのです!!!

’15以降すべてDIAMコルク




Domaine Leflaive, CHASSAGNE-MONTRACHET 1er Cru La Maltroie '18

ドメーヌ・ルフレーヴ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・ラ・マルトロワ・ブラン’18(辛口白)

税込¥24200(税別¥22000)

<あと5本>幻の超限定品!
初入荷!

’16からオリヴィエ・ルフレーヴと畑を交換したことで手に入れた自社畑
(’16と’17は生産量が少なすぎて輸入自体がなし)

ビオディナミを実践
植樹年2005~2006
粘土石灰質土壌
わずか0.16ha

区画ごとの成熟度を見ながら収穫日を考察し、選果しながら手摘みで行う。
ポンプ式のプレス機でゆっくりと行う。タンクに移し24時間かけて固形物を沈殿させ、その後発酵槽に移す。
木製樽にて発酵。そのうち25%は新樽。
12か月の樽熟成の後、タンクへ移し瓶詰めの準備ができるまで6か月寝かせる。ホメオパシー式のコラージュと、必要であれば軽く濾過する。





ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・クラヴォワヨン’18

税込¥20900(税別¥19000)

<あと5本>超限定品!

最新パーカー92点
(William Kelley、2023~2045年)


パーカー90~92点(William Kelley)

スペクテーター91~94点(バレル・サンプル)

VINOUS 90~92点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)


’17より¥1,100お安く出来ました~!





ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’18

税込¥3960(税別¥3600)

↑輸入元値下げ!

税別¥4000

<あと7本>

ファルスタッフ 93点!!!

最新VINOUS 89点
(アントニオ・ガローニ、2020年10月試飲)


VINOUS 87~89点(ニール・マーティン)




ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’17

税別¥4000

<売り切れ>おすすめ!

スペクテーター90点(NOW)


最新パーカー88点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


バーガウンド・コム 88点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

84本以上完売!!!

「2019.11月に試飲しました。一番手ごろな価格でもやはりよい出来。緩くないたっぷりのフルーツ感で酸とミネラルが低くなく飲み頃NOW~のバランスよいおいしさ。樽は控え目であくまでみずみずしさはキープされている。杯が進むタイプ」

’16 ファルスタッフ 92点!




94年以降はアンヌ・クロード・ルフレーヴが一人でドメーヌの経営にあたっていたが、残念ながら2015年に他界。

その偉大な功績の跡を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。彼はオリヴィエ・ルフレーヴの兄妹の子供で、つまり、オリヴィエや、亡くなったアンヌ ・クロードの甥という事になる。教師からヴィニュロンに転向したアンヌ・クロードのように、彼もまた別の-畑-から転向してきた。元はインダストリー分野で 起業し、世界各国に居を置きつつ事業を拡大してきた。3000人を超える従業員を持つ経営者からのドメーヌ参画は異色である。



4/23(金)アップ~蔵出しデュルフォール・ヴィヴァン’18アンフォラ

蔵出しル・ルレ・ド・デュルフォール・ヴィヴァン’18

あの人気がなかった格付け2級シャトーが、ついにここまできました!












 


ボルドーは海洋性気候で雨も多く、1シャトーの畑もかなり広いことから、有機栽培を実施するのが非常に難しい土地だと言われています。ですが、デュルフォール・ヴィヴァンでは、自然な栽培を行うことで環境に良いことはもちろん、畑で働く人たちにも、そして飲んでもらう人たちにも優しい農法を目指し、また畑のテロワールを最大限に表現したワインを造るために、サステーナブル農法を実践してきました。

さらに、2009年から畑の一部でビオディナミ農法を始め、
毎年ビオディナミの区画を増やし、2011年には50%、
そして2013年からは100%ビオディナミでブドウを栽培しています。

※2016年にビオロジック認証取得、その後ビオディナミの認証取得予定


2018年10月下旬
オーナーで醸造にまでかかわっているゴンザッグ・リュルトン氏に
札幌でお会いできました~!

過去のヴィンテージと’15を同時に飲み比べる貴重な機会をいただきまして、変化をより明確に感じることが出来ました。
カベルネソーヴィニヨンとカベルネフランは、マサル・セレクションを行っている。
当たり年と言われるボルドー’15の中でも
特に成功したのがマルゴー村だそうです!!!
ビオディナミをはじめて現在では亜硫酸の添加量が
昔の半分で済むようになり、それによってタンニンの質もさらにシルキーに感じられるように変化したと言っていましたが、味わいにはっきり表れていましたので素晴らしかったです。
’15は本当に樽が溶け込みやすくフルーツ感がピュアでみずみずしく明るく、重心バランスに優れ、流れ方が秀逸、タンニンの質がシルキー、さらにアフターにミネラルまで感じられる一貫性がある。
これ以上にピュアにしようとすると樽を変えるしかもうないかも?というレベルです。




Chateau Durfort-Vivens '18

デュルフォール・ヴィヴァン’18

(マルゴー・辛口赤)


税込¥12540(税別¥11400)



輸入元定価・税別¥15,000

<あと6本>超限定品!

最新VINOUS 96点!!!
(アントニオ・ガローニ、2021月3月試飲)


VINOUS 93~96点!!!

ジェームス・サックリング 96~97点!!!

VINUM 100点!!!

デカンター・オンライン 94点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ) 97~98点!!!

ベト病の被害で生産量大幅減、、、
’18はなんと生産量:7,000本のみ!

超低収量10hl/ha!!!

樽よりも酸化が起こらず、ステンレスタンクよりも還元しない
イタリア製TAVA社の特別な手作りアンフォラによって

100%アンフォラ醗酵後、
全体の70%をフレンチオーク熟成
全体の30%をアンフォラ熟成
結果として質のよいタンニンと美しい果実の両方を得ることが出来た年!

CS70%、M23%、CF7%




Le Relais de Durfort-Vivens '18

ル・ルレ・ド・デュルフォール・ヴィヴァン’18

(マルゴー・辛口赤)


税込¥3850(税別¥3500)

<あと5本>絶対おすすめ!

最新VINOUS 92点!!!
(アントニオ・ガローニ、2021月3月試飲)


デカンター・オンライン 91点!
(2023~2038年、2020年11月試飲)


「2019.12月下旬に飲みました。すでに飲み頃NOW~でバランスも質感もよい。縁が紫がかったガーネット。スミレ、ブラックチェリー、カシス、うっすらココナッツとミントなどの香り。ジューシーでピュアなフルーツ感で、タンニンの質がかなり良く、旨味エキスとコクはあるが重くない味わいで、酸とミネラルが予想より低くない非常によい出来。珍しく飲み続けていても疲れないボルドー。抜栓の2日後まで非常においしい。薄切り焼肉類、ジンギスカンにも合う ※過去に飲んできたアンフォラと違って全然アンフォラを感じさせないピュアでジューシーな味わい」

アルコール13.5%

セカンド’18は
木樽とコンクリートタンクで醗酵
全体の15%をフレンチオーク熟成
全体の85%をアンフォラ熟成



ワイナート28号(特集マルゴーの時代)によると
新醸造所が完成後の2002年以降も
かなり品質が上がったとのことです!


4/5(月)~蔵出しル・レーヴ・ワイナリー’20

いきなり高品質の新ワイナリー!







 




昔から本間氏とはお付き合いがあり、ついに取り扱い開始です!!!
ワイナート97号などでも大きく掲載されております
’19までは10Rさんで委託醸造の形でした
この’20から自社醸造となりました

ブドウの樹は、冬に大きなダメージを受けない畑だそうで、
土壌も火山性だけではなく一部砂などもある
近年少し畑を買い足すことが出来たとのこと




ル・レーヴ・ワイナリー、MUSUBI~結~ ’20
(北海道・余市郡仁木町・辛口白)


税込¥3850(税別¥3500)

<あと4本>絶対おすすめ!
超限定品!32本完売。

※すべての値引き対象外となります。
お一人様2本までとさせていただきます。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
他のワインと1:1以上になるようにご注文お願い致します。
店頭カード決済不可となります。



「2021.3月中旬に試飲しました。ル・レーヴ・ワイナリーの本間さんとは昔からご縁があり、運よく取り扱い開始となりました。オーストリアのゲミシュターサッツやアルザスのブレンドもの大好きなので楽しみでした。上質な調和で品質を上げるための混醸なのだと思います。亜硫酸少ないが健全なトップノーズ、白桃、リンゴ、ライチ、花、少しオレンジなどのよい香り。質のよい果実味、みずみずしく、ちょうどよい酸、塩麹的なうまみが多く、塩ミネラルがしっかりして味付きもよく良いバランスで超キメ細かな良質のほのかな苦みも伴うを余韻がある飲み頃NOW~。実は’19も試飲済みなのですが2年連続高品質で、ピュアで健全な味わい」

アルコール12%

製造者 (株)ル・レーヴ・ワイナリー

栽培 リュットレゾネ
品種 ムニエ(21%)、シャルドネ(21%)、ピノ・グリ(20%)トラミーナ(20%)、ピノノワール(14%)、ドルンフェルダー(3%)、メルロー(1%)
生産本数 2744本
醸造酵母 自然酵母
エアープレスで全房搾汁、ステンレスタンクで約5か月間ゆっくりと発酵・熟成
無濾過・無清澄/瓶詰め:3月1 7日
SO2 TOTAL:10mg/l(瓶詰時)


2018年から岩見沢の10Rワイナリーで委託醸造させて頂きましたが、2020年からは醸造免許を取得し自社での醸造が本格的に始まりました。

2020年はブドウの花の開花・結実も良く豊作の年であった一方、秋の天候不順により品種によっては一部で病気がでたり糖度が上がりずらい品種もあり、やや難しい年ではありましたが、全体的には病果も少なく品質の良い葡萄を収穫することができました。

自社で栽培している7品種のブドウを混醸(フィールドブレンド)し、野生酵母で発酵を開始、ステンレスタンクにて約5か月間の発酵を行っています。

白い花や桃・リンゴなどの香りが感じられ、穏やかで心地の良い酸と黒ブドウからくるコク、最後に残る柑橘系の苦みが様々なお料理に寄り添ってくれます。黒ブドウ比率も比較的高く、温度変化も楽しめます。収穫時のぶどうの状態が非常に良かったため瓶詰時の酸化防止剤(亜硫酸塩)の使用も最低限に抑えて仕上げています。

※このワインは野生酵母で発酵させ、酸化防止剤の添加量も少量のため常温で保管すると品質が低下する恐れがありますので、必ず冷暗所やセラー、冷蔵庫等での保管をお願い致します。


4/5(月)アップ~蔵出しドメーヌ・アルメル・エ・ジャン・ミシェル・モラン’17

固さのない華やかでピュアな赤い実の果実!









もともとリュット・レゾネで栽培してきましたが、環境への影響と持続可能性を考慮し、畑をより良い状態で長持ちさせるため2007年にビオロジックと一部をビオディナミに転換し、2010年に法的認定を受けました。
この転換によって、ブドウはテロワールをより一層表現できるようになり、素晴らしい凝縮感をワインにもたらしました。




Domaine Armelle et Jean-Michel Molin, Fixin VV Rouge '17

ドメーヌ・アルメル・エ・ジャン・ミシェル・モラン、フィサンVV’17

税込¥4620(税別¥4200)

<あと10本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

62本完売!~※再入荷不可能!

「2020.9月下旬に試飲しました。予想より華やかでナチュラルに開いた赤い実の果実香が素晴らしく、味わいもピュアで複雑な何の問題もなく飲み頃NOW~。亜硫酸も減らしている印象。タンニンの質は非常によく、ちょうどよい酸、豊富な旨味とミネラル。まったく知らない生産者でしたので、自分の中ではいきなりすごい生産者が出てきたイメージになってしまう。コンディションがよいので香りもアフターもピュア」

【畑面積】2.34ha   【土壌】粘土石灰
【植樹】1967年   【剪定方法】ギュイヨ・サンプル
【収量】40hl/ha   【全房使用率】 0% (除梗100%)
【発酵】コンクリートタンクにて温度を35℃以下に制御しながら15日間発酵を促し、スキンコンタクトを行う。
【マロラクティック発酵】あり
【熟成】小樽にて12カ月間   【瓶詰時期】2018年12月

【テイスティングノート】鮮やかで濃いめのルビー色で、豊かな果実由来のアロマが魅力的で、芳醇な果実味と引き締まったタンニンのバランスが良く、長い余韻が楽しめ、熟成による更なる変化が期待できます。特に、ソースの絡んだ肉、ジビエ、ポーチドエッグとよく合います。2年から15年の熟成が可能です。16℃でのサーブが好ましいでしょう。
【生産量】3000本
【アルコール度数】13.0%


ジャスパー・モリスMWの著書の中「ブルゴーニュワイン大全(Inside Burgundy)」にも、‘フィサンの主な生産者’として取り上げられています。

1987年、アルメルとジャン・ミシェル夫妻によってフィサンに創業された家族経営のドメーヌです。
「フィサン」の他に「マルサネ」や「マジ・シャンベルタン」などのグランクリュを含む、全6.8ヘクタールの自社畑を所有し、持続可能性を追求したビオロジックとビオディナミで畑管理を行い、伝統的な方法を用いて白、ロゼ、赤ワインを造っています。
「フィサン」はニュイ・サン・ジョルジュの北に位置し、ヴィラージュとプルミエ・クリュの畑で構成されています。
赤ワインは濃く深いルビー色で、果実味が豊かで骨組みがしっかりしており、若いうちはタンニンが強く引き締まったスタイルですが、熟成するほどに豊かで芳醇なアロマが生まれタンニンが滑らかになり、素晴らしく繊細
なワインへと変化していきます。「フィサン」はほとんどが赤の生産ですが、全体で108ヘクタールある畑の中で、わずか3ヘクタールのみ白ブドウが植えられています。土壌は主に粘土石灰質で、まさにブルゴーニュにおける素晴らしい品質のワインを生み出す好条件がそろっています。
(輸入元資料より)

【赤ワイン】収穫時は手摘みにて行い、ブドウの酸化を防ぐ為に少量ずつバスケットに入れて運びます。慎重に選別して除梗し、約10℃にて7日間デブルバージュを行います。発酵中はピジャージュ、ルモンタージュを行い、空気圧にてプレスします。樽(一部新樽使用)にて18カ月熟成させます。



4/5(月)アップ~蔵出しドメーヌ・アルヌー・ラショー’18

蔵出し超特価ドメーヌ・アルヌー・ラショー’16クロ・デ・コルヴェ・パジェ






















↑’08からすべてこのラベル

 





さらに進化した現在のシャルル・ラショー氏
今ではビオディナミを実践、ドメーヌ・ルロワ方式の仕立て、基本的に100%全房発酵





※左がパスカル・ラショー氏、右が先日お会いできたシャルル・ラショー氏

2016.1月下旬やっとお会いできました。
(2009年のドメーヌ訪問時はパスカル・ラショーさんのみでした)
見た目がすごい若くてびっくり!と思っていたらまだ20代半ばながらもしっかり者で、説明も論理的
すでにドメーヌの中心となって仕事を年々増やしている将来有望な跡継ぎ
そもそも誰もが羨むようなすごい畑をたくさん所有していますからね

ほぼビオロジック
(’98から除草剤不使用、以降ずっと有機栽培)

手摘み

明らかに10年くらい前(リリース直後は濃くておいしくないが、長めに寝かせると高い確率で大きく化ける!)よりも樽と抽出が弱く、タンニンの質が丸い。
タンニンの量は少なくなく、かなりの複雑性を伴い、
香りと質感がピュアでナチュラルでエレガントだけど深さや骨格が犠牲になっていないという理想的なもの。
ミネラルは決して少なくないが銘柄によっては今はまだ長く有機栽培をしている畑のアフターのミネラル感とは少しだけ違う。
’12からは全房発酵比率(銘柄によって違う、全体の40~50%くらい)を増やしている。



100%蔵出し正規品、ほぼすべてラック・コーポレーション輸入、ごく一部ファインズ輸入品と豊通輸入品です。

’13はピノ・ファン以外はすべて偽造防止&並行もの対策的なキャップシールとなっております。





今回入荷分のラショー’18は、すべてラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品。ほとんどの在庫が一瞬で完売、、、

MVF(旧クラスマン)2021年度版から2つ星生産者に昇格!!!

まだ30代前半にもかかわらず、すでに大活躍の全盛期といっていいでしょう!




ARNOUX-LACHAUX, Bourgogne Rouge Pinot Fin '18

ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ブルゴーニュ・ルージュ’18

税込¥5940(税別¥5400)

<あと7本>限定品!

パーカー89点(William Kelley)

VINOUS 88点(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン88点

バーガウンド・コム 86~89点(Outstanding Top Value!)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 91点!




ARNOUX-LACHAUX, Nuits-Saint-Georges '18

ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ニュイサンジョルジュ’18

税込¥8030(特価・税別¥7300)

<あと10本>限定品!

パーカー91点(William Kelley)

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン90点

バーガウンド・コム 88~90点





ARNOUX-LACHAUX, Vosne-Romanee Les Hautes Maizieres '18

ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ヴォーヌロマネ・レ・ゾート・メジエール’18

税込¥16500(税別¥15000)

<あと7本>超限定品!

パーカー93点!(William Kelley)

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン92点

バーガウンド・コム 90~92点(Outstanding Top Value!)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!!!

0.6haの所有




ARNOUX-LACHAUX, Vosne-Romanee 1er Cru Les Chaumes '18

ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ショーム’18

税込¥20900(税別¥19000)

<あと7本>限定品!

パーカー93点(William Kelley)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン93点!

バーガウンド・コム 90~92点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 95点!!!
さらにクー・ド・ラネ!!!




ARNOUX-LACHAUX, Romanee Saint-Vivant '18

ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ロマネ・サンヴィヴァン’18
+ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ショーム’18
+ブルゴーニュ・ルージュ’18


税込¥167640(税別¥152400)

<あと1セット>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー98点!!!(William Kelley)

VINOUS 95~97点!!!(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン96点!

最新バーガウンド・コム 96点!!!

バーガウンド・コム 94~97点!!!


0.4haの所有

まさかの割り当て2本のみ、、、








ARNOUX-LACHAUX, Nuits-Saint-Georges 1er Cru Clos des Corvees Pagets '16

ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・クロ・デ・コルヴェ・パジェ’16

税込¥15400(超特価・税別¥14000)



輸入元定価・税別¥20,000

<あと2本>限定品!

※この価格は二度と出ませんので、お早めにどうぞ!!!

ワイナート93号 93点!

パーカー93点
(William Kelley、2023~20540年)

VINOUS 92点(ニール・マーティン)
~Quite complex with superb persistence. Very classy.

バーガウンド・コム 89~92点

デカンター・オンライン92点


MVF(旧クラスマン)2019年度版 17.5/20点

プリウレ・ロックと飲み比べてみたいですね!

0.6haの所有
小石の多い土壌と高い樹齢のために収量は少なく、この村にしては異例なまでのミネラル感のあるワインとなる。小さな赤い実のアロマにバラを思わせるフローラルさ。口当たり優しく、キメ細かなタンニン。
(輸入元資料より)




ドメーヌ・アルヌー・ラショー、ニュイサンジョルジュ’16

税込¥6930(超特価・税別¥6300)

↑34%OFF!

輸入元定価・税別¥9,500

<あと8本>絶対おすすめ!
限定品!

※再入荷すると¥1,650以上値上がり致します。
すべての値引き対象外となります。

スペクテーター93点!(2022~2038年)

パーカー89点
(William Kelley、2023~20540年)

VINOUS 90点
(ニール・マーティン、~excellent village!)

バーガウンド・コム 88~91点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

70本完売!!!

「2020.7月下旬に飲みました。7月下旬に飲みました。縁がピンクがかった中程度のルビー色。かなり艶のある華やかで複雑なトップノーズと適度なグリップ感で大幅に価格を超えた品質!ほのかに甘い黒い実と赤い実の果実、よく溶け込んだクリーミーな樽、うっすらヨード、ごくわずかにムスクを含んだ香水などのよい香り。果実味豊かで味わいにも艶とエキス感があり、うまみとミネラルが多く、タンニンが丸く、でもグリップがあり、全房発酵比率高くても酸は低くなく、余韻が長い。一般の方はラショーといえばヴォーヌロマネ!というイメージでしょうが、より高価なただの村名のヴォーヌロマネよりも明らかにこちらの方が余韻が長い。極めてよいバランスの飲み頃NOW~。抜栓の3日後まで非常においしい。ロベール・アルヌーさんがそれほどお好みではなかった方にも今のシャルル・ラショーさんの作品を必ずお試しいただきたいので、かなり価格は無理しております、、、この機会にぜひ!!!」

アルコール13%

ニュイ・サン・ジョルジュのさまざまな村名区画をアッサンブラージュ。ニュイらしい深みのある色調。ダークチェリーの果実香に甘草のヒント。タンニンは丸みを帯び、充実した味わい。
(輸入元資料より)

 


4/5(月)アップ~蔵出しアラン・ユドロ・ノエラ’18第2弾

3/6(土)アップ~蔵出しアラン・ユドロ・ノエラ’18第1弾

蔵出しアラン・ユドロ・ノエラ’15’14’11ミュルジェ

品質も入手難度合いも昔とは全く違います!

リアルワインガイド44号、40号にて絶賛されました!

※全銘柄すべての値引き対象外となります。アリゴテ以外全銘柄全ヴィンテージが再入荷不可能!








他のヴォーヌロマネ村はこちら





『 きらびやかなヴォーヌ・ロマネのクリマが揃う、ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ。シャンボール・ミュジニーに生まれたアラン・ユドロが、妻のオディールとともにヴージョにドメーヌを構えたのが1964年。そのオディールがヴォーヌ・ロマネの大ドメーヌ、シャルル・ノエラの孫娘で1978年に祖父の所有畑の4分の1を受け継いだ。冒頭に連ねた珠玉のクリマは、この時、旧ドメーヌ・シャルル・ノエラからもたらされたものである。したがって、このドメーヌの多くの畑は、後にシャルル・ノエラを買収したドメーヌ・ルロワの区画と隣接している。

今日、ドメーヌのワイン造りに携わるのは、孫のシャルル・ヴァン・カネット。アランとオディールの娘の子供で、1988年にランスで生まれた。2006年に祖父からドメーヌを継ぐよう懇願され、ボーヌの醸造学校に入学。2007年はジュヴレ・シャンベルタンのドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペで修業し、2008年にドメーヌ入りしている。 (輸入元資料より) 』

フランス国内星付きレストランで取り合い状態だそうです




2016.1月下旬やっとお会いできました。僕の中ではシャルル・ヴァン・カネットさん(2008年にドメーヌ入り、実質2009年から)は間違いなく天才だと断言できます。俳優ですか?という存在感のあるイケメン。アラン・ユドロ・ノエラを継ぐことになって逆にご実家のトウモロコシ畑を継ぐ人がいないとか(笑)100%ビオではない年もあるし、全房発酵比率も年によって変えている。
’11 村名ヴォーヌロマネ、RSVなどごく一部のみ
’13 20%程度
’14 ほとんど全房発酵なし
といった感じです
要するにその年の個性・ブドウの出来によって最適なやり方を実践しているということ。もう近年のワインはすべてはずれなしで違うのは飲み頃だけ。10年前とは完全に違うワインですので昔のイメージは捨てて近年の真にナチュラルで深い魅惑的なワインをぜひお試しあれ!数が買えないことだけが悩みの種、、、



※今回入荷分は100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です。すべて再入荷不可能!

’15はブルゴーニュ・ルージュ・クラスからすべて
ICチップ付き!





アラン・ユドロ・ノエラ、ブルゴーニュ・パストゥグラン‘18

税込¥2530(税別¥2300)

<あと43本>

毎年大人気!
29本完売。




アラン・ユドロ・ノエラ、ブルゴーニュ・ルージュ‘18

税込¥4400(税別¥4000)

<あと14本>超限定品!

※お一人様3本までとさせていただきます。
再入荷不可能!

バーガウンド・コム 86点

パーカー88点(William Kelley)





アラン・ユドロ・ノエラ、シャンボールミュジニィ‘18

税込¥9460(税別¥8600)

<あと11本>超限定品!

パーカー89~91点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87~89点

VINOUS 87~89点





Meursault clos des Ecoles '18

アラン・ユドロ・ノエラ、ムルソー‘18(辛口白)

税込¥9900(税別¥9000)

<売り切れ>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
他のアラン・ユドロ・ノエラ(パストゥグラン以外)を同時に最低2本以上お買い上げお願い致します。

パーカー88~90点(William Kelley)

VINOUS 88~90点
(~Fine.、ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding!)


あのコシュ・デュリがメティアージュで耕作していた畑を、売却の意を受け所有者から買い取った新しい自社畑!
’17も一瞬で完売でした!!!




アラン・ユドロ・ノエラ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ‘18

税込¥28600(税別¥26000)

<あと3本>超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー93~95点!(William Kelley)

デカンター・オンライン95点!

最新VINOUS 93+点!(ニール・マーティン)

最新バーガウンド・コム 92点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 95点!!!




アラン・ユドロ・ノエラ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボーモン‘18

税込¥25300(税別¥23000)

<あと2本>超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。

パーカー92~94点(William Kelley)

最新VINOUS 93点!
(~ Excellent!、ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!!!




アラン・ユドロ・ノエラ、ヴォーヌロマネ‘18

税込¥9680(税別¥8800)

<あと7本>超限定品!

パーカー91点(William Kelley)

最新バーガウンド・コム 89点(Outstanding!)

最新VINOUS 88点
(~Fine.、ニール・マーティン)





アラン・ユドロ・ノエラ、ニュイサンジョルジュ・レ・バ・ド・コンブ‘18

税込¥9020(特価・税別¥8200)

<あと12本>超限定品!

パーカー89~91点(William Kelley)

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding Top Value!)

VINOUS 89~91点




MVF(旧クラスマン)2020年度版にて2つ星生産者に昇格!!!

 

4/14(水)アップ~蔵出しドメーヌ・トラペ’18CNV

素晴らしかった’15を超える圧倒的な内容!!!

4/5(月)アップ~蔵出しドメーヌ・トラペ’18

初入荷のアルザス・オレンジも!

アメリカ以外でどんどん評価を高めているドメーヌ!ワイナート69号43号でも絶賛されました!

MVF(旧クラスマン)2011年度版にて2つ星→3つ星生産者に昇格!

そして実はアルザスの方のドメーヌ・トラぺも
MVF(旧クラスマン)2015年度版にて星なし→1つ星生産者に昇格!





2012.10.29(月)フィネス主催試飲会にてトラぺご夫婦と。詳しい説明をいただきながら試飲できました。物静かな感じの紳士トラぺさん。2010年の出来には自信があるようでした。当店の予想通り’09よりも酸とタンニンが多く、より長い熟成が可能。基本的にしっかりした酸とタンニンがあり、ややクラシックなスタイルに感じられることの多い超熟タイプの’10(熟成のポテンシャルを含めた出来は相当によい!)ですが、造り手によっては時々予想以上に早熟なワインもみられます。トラぺさんは少し寝かせた方がよさそうな長熟タイプだと感じられました。シャンベルタンの複雑性とポテンシャルは圧倒的!2010年は天候というよりも土壌の質が違った(理想的な状態の畑だった)とのことです。













↑’15からラベルデザイン大幅変更あり。










 

 









他のジュヴレシャンベルタン2はこちら

 

当店扱いのドメーヌ・トラペは、すべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!

たまに並行ものの安いトラぺが流通していますのでお気を付けください


いまやドメーヌ・トラぺさんは、失敗の可能性が低いかなり優れた生産者といえます




ドメーヌ(ジャン・エ・ジャン・ルイ)トラペ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・キャピタ’15

税込¥24200(税別¥22000)

<あと4本>超限定品!

※’15は再入荷不可能!

パーカー91~93点(2019~2032年、
ニール・マーティン、2016年12月試飲、ワイン・アドヴォケイト228号)

最新VINOUS 90点(ニール・マーティン、
2021~2032年、2018年11月試飲)

VINOUS 90?点(ステファン・タンザー、2018年1月試飲)

最新バーガウンド・コム 93点!!!(Outstanding!)

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2018年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5/20点

※1級畑のCorbeaux(コルボー)、Combotte(コンボット)、Ergot(エルゴ)の3区画のブレンド




Gewurztraminer Ambre Rouge '19

トラぺ、ゲヴルツトラミネール・アンブル’19
(アルザス・辛口オレンジ)


税込¥5500(税別¥5000)

<あと5本>初入荷の超限定品!

2018年から造り始めました。ゲヴルツトラミネール種を赤ワインを造るように果皮を入れたまま醸造したオレンジワイン。
紅茶やジャスミンのようなアロマ、黄色いリンゴや桃のような果実味、甘さ控えめの透明感のある味わいで余韻も長く苦味がアクセントになっている。
2018年は残糖分が多く甘かったが、2019年は残糖分を少なくしてスッキリとした味わいに仕上げている。
(輸入元資料より)




Pinot Gris Ambre Rouge '19

トラぺ、ピノグリ・アンブル・ルージュ’19
(アルザス・やや甘口赤)


税込¥5500(税別¥5000)

<あと6本>初入荷の超限定品!

特級畑ゾンネングランツのピノグリを含むが、基本はAOCアルザスのブドウを使用
ピノノワール比率は約15%
卵型のコンクリートタンクで櫂入れ(ピジャージュのこと)はせず循環液のみで時間をかけて醸造しています。
なんと残糖15グラム/リットル

「AMBRE」=琥珀の意味。

2019年が初リリースのピノグリ種にピノノワール種を混ぜて赤ワインを造るように果皮を入れたまま醸造したオレンジワイン。
赤い実果実のコンフィや牡丹、スミレなどのフローラルな香り、甘く柔らかいたっぷりとした口当たり、ベリー系の赤いチャーミングな果実味、ドライフルーツや胡椒のような風味も感じられ、甘味は強いが酸味と苦味のバランスが取れた味わい。
フォアグラのソテー、鴨や鹿肉の赤果実ソース、イチゴのシャーベットなどと相性が良いです。
(輸入元資料より)





トラぺ’18生産者自身によるコメント

9月初旬には種や梗もよく熟した素晴らしいブドウを収穫することが出来たので、シャンベルタンなど一部のワインは全房醗酵。




ドメーヌ・トラぺ、ブルゴーニュ・ブラン’18(辛口白)

税込¥4730(特価・税別¥4300)

<あと4本>超限定品!

パーカー87点(William Kelley)

VINOUS 88点(ニール・マーティン)





ドメーヌ・トラぺ、ブルゴーニュ・パストゥグラン・ア・ミニマ’18

税込¥3300(税別¥3000)

<あと7本>限定品!

パーカー89点(William Kelley)

VINOUS 87点(ニール・マーティン)


※なんとすでに再入荷不可能!!!




ドメーヌ・トラぺ、コートドニュイ・ヴィラージュ・メ・フランゲ’18

税込¥5500(税別¥5000)

<あと7本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー88点(William Kelley)

VINOUS 86~88点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 86~88点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
30本完売。

「2021.4月上旬に飲みました。縁が紫がかったやや濃いルビー色。もの凄かった’15をさらに超えるとんでもない内容で過去最高の出来だと思われる。皆さま周知のとおりフィネス輸入とトラぺのスタイルとの相性が最高なので、いきなり透明感と艶のある完熟と活き活きしたニュアンスが同時に感じられるすごいトップノーズ!はっきり言ってしまえば満足度はすでに特級レベル。どうやらこの畑は涼しい年より熟した年の方が相性がよさそうだ。よく凝縮して肉厚な果実と中域のエキス感、少しグリップあり酸が低くなく旨味とミネラルを伴う余韻が長く持続する飲み頃NOW~。熟したブルーベリー、うっすらヨード、鉄分ミネラル、とても控えめなすでによく溶け込んだ樽などのよい香り。抜栓の次の日も最高においしい!うまみの凝縮が半端ない。流れとバランスが傑出しており、アルコールの浮きゼロでコクはあるが引っ掛かりがなく艶やかなので杯が進みすぎる。本当の意味でナチュラル」

アルコール13.5%
ユーロリーフあり!
’18はロウキャップ




ドメーヌ・トラぺ、マルサネ・ルージュ’18

税込¥6050(税別¥5500)

<あと6本>限定品!

パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 88~90点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87~89点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 92点!




ドメーヌ・トラぺ、ジュヴレシャンベルタン・オストレア’18

税込¥12540(税別¥11400)

<あと2本>限定品!

パーカー90~92点(William Kelley)

VINOUS 92~94点!(ニール・マーティン)

最新バーガウンド・コム 90点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点!

ユーロリーフあり!
’18はロウキャップ




ドメーヌ・トラぺ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・プティ・シャペル’18

税込¥27500(税別¥25000)

<あと3本>超限定品!

パーカー91~93点(William Kelley)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

最新バーガウンド・コム 93点!!!(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 96点!!!




ドメーヌ・トラぺ、シャペル・シャンベルタン’18

税込¥66000(税別¥60000)

<あと3本>超限定品!

パーカー93~95+点!(William Kelley)

VINOUS 95~97点!!!(ニール・マーティン)

最新バーガウンド・コム 94点!!!


MVF(旧クラスマン)2021年度版 97点!!!





ドメーヌ・トラぺ、ラトリシエール・シャンベルタン’18
+ジュヴレシャンベルタン・オストレア’18


税込¥81840(税別¥74400)

<あと1セット>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
久しぶりに買えました~!

パーカー94~96点!(William Kelley)

VINOUS 93~95点!(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン95点!(ティム・アトキン)

最新バーガウンド・コム 94点!!!


MVF(旧クラスマン)2021年度版 98点!!!





ドメーヌ・トラぺ、シャンベルタン’18

税込¥104500(税別¥95000)

<あと5本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー95~97点!(William Kelley)

VINOUS 97~99点!!!(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

最新バーガウンド・コム 95点!!!


MVF(旧クラスマン)2021年度版 99点!!!






ドメーヌ・トラぺ、ブルゴーニュ・パストゥグラン・ア・ミニマ’16

税込¥3410(税別¥3100)

<あと2本>限定品!

パーカー88点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)

VINOUS 88点

バーガウンド・コム 86~88点(Outstanding Top Value!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15/20点




アルザスの方のドメーヌ・トラぺも
MVF(旧クラスマン)2015年度版にて
星なし→1つ星生産者に昇格!



『 奥様がアルザスのワイン生産者の娘であった為、現在アルザスでのワイン生産も引き継いでおり、約1.6haの畑を所有しています。 畑の手入れはブルゴーニュ、アルザス共にビオディナミーで化学肥料や除草剤は一切使用していません。クォーツ(水晶)の粉末を定期的に畑に撒くことで土壌の活性化を促し、植物のエネルギーを引き出して病気に負けない木を育てることを目指しています。 ~アルザスの白ワインは同じように手摘みで収穫、選別して空圧式圧搾機でプレスした後、果汁を冷やして不純物を沈殿させて取り除き、タンクに移されてアルコール醗酵を行います。その後、アルザス地方独特の楕円形の樽で10~12か月熟成されます。(輸入元資料より) 』


4/5(月)アップ~蔵出しドメーヌ・ラフージュ’18

蔵出しドメーヌ・ラフージュ’17レ・ゼキュソー

今時この価格でこの品質!バランスよくすぐ飲める!











 


「価格的に高すぎず、かつ品質もいいワインをもっと探してほしい」とのリクエストを常に受け続けている輸入元仕入れの担当者がある時、トロ=ボーのナタリー・トロさんにふと相談をしました。「私のいとこがオーセイ村でいいワインを造っているから興味があれば紹介するけど、ただ、訪問してくれても案内するだけのストックがあるかどうかは分からないのよ。それでもよかったら。」と言う事で、紹介を受け、訪問をし、試飲をさせて頂きました。素晴らしい品質ではあったのですが、その時の現行Vtはあの収量が少ない2016年。供給可能になった際には分けて頂く約束をしてドメーヌを後にしたそうです。そのドメーヌの名はラフージュ。今回初の入荷です!

ラフージュ家はオーセイ・デュレス村にて何世代にもわたりワイン造りをしてきました。現在当主のジル・ラフージュが父ジャン、息子のマキシムと3世代で運営しています。このように始祖であるフランシス・ラフージュからのワイン造りの伝統が受け継がれています。収穫は手摘み。それを振動選別機と人手で行う選別台で選り分けます。赤の醸造はほぼ毎年100%除梗。ただし1級では10~20%の全房を使用する事もあります。低温浸漬、樽熟12か月(25%新樽)の後、コラージュ、フィルターがけをせず瓶詰めを行います。白はプレス後、ジュースはタンクに入れ24時間かけてデブルバージュし、翌日樽に入れ(20%新樽)発酵させます。その後12か月樽熟させ、澱引き後、アッサンブラージュして6か月タンク熟成。コラージュと軽くフィルターをかけ、瓶詰めを行います。ACオーセイ・デュレスでのワイン造りに情熱を持っており、飲み比べるとクリマ毎個性がはっきり分かります。ぜひお試しください。
(輸入元資料より)




LAFOUGE, Bourgogne Rouge Cote-d'Or '18

ドメーヌ・ラフージュ、ブルゴーニュ・ルージュ・コートドール’18

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税込¥2860(税別¥2600)

<売り切れ>

パーカー87点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87点(Outstanding Top Value!)





LAFOUGE, Auxey-Duresses 1er Les Duresses Rouge '18

ドメーヌ・ラフージュ、オークセデュレスプルミエクリュ・レ・デュレス・ルージュ’18

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税込¥4400(税別¥4000)

<あと10本>

パーカー92点!(William Kelley)

バーガウンド・コム 88点





LAFOUGE, Auxey-Duresses 1er Les Ecusseaux Rouge '17

ドメーヌ・ラフージュ、オーセイデュレスプルミエクリュ・レ・ゼキュソー・ルージュ‘17

(ブルゴーニュ・辛口赤)


税込¥4730(税別¥4300)

<あと17本>絶対おすすめ!

※すでに再入荷不可能!

ワイナート99号 90点
(1万円で買える!ワイナート・デイスターが選ぶ
ブルゴーニュ・ピノノワールベスト3に選ばれる!)

パーカー88~90点(William Kelley)

31本完売。

「2020.6月中旬に飲みました。明るいルビー色。アタック~中域までは非常にやさしいエレガントな味わい。アフターに少しタンニンのグリップとミネラルが出てきて意外にコクもある。ピュアでキレイな赤い実の果実、ウーロン茶などの香り。薄いようでいて味のある飲み疲れないがぶ飲み可能な非常に良いバランス。ちょうどよい酸、程よいうまみ感。食事と合わせて特に生きる(食事とワインの両方がさらにおいしくなる)ワイン。レ・ゼキュソー’17も全然おいしいんだけどなぁ~。デュレス’17との大きな点数の差がちょっと謎?抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール%
ムルソー側に位置する1級畑でデュレスよりも粘土が多い土壌



栽培は基本的にリュット・レゾネ、もしくはリュット・ビオロジック


4/5(月)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’16コルトン・シャルルマーニュと’14シャリュモーと’11コルトン・クロ・デュ・ロワ

さらに蔵出しメゾン・ド・モンティーユ’14シュール・ガメ


昔(ユベール世代)の10年以上寝かせて楽しむスタイルも素晴らしかったですが、

現在の薫り高く、エレガントでシルキー、甘美なスタイルもまた素晴らしい!











 

 

 

 



Etienne de Montille
エティエンヌさんに何度かご来店いただきました~!!!感謝感激!

函館でワイン造りを開始!!!
サンタバーバラでもジム・クレンデネン氏とワイン造りを開始するようです!

実は数年前にも来てくれたらしいのですが、運悪く年に数回しかない当店の臨時休業日にあたってしまい、まさかの会えなかったという、、、
20年以上前から扱っているので、はじめて会った気がしない。ずっと会えなかった親友にやっと会えたという感じ
品揃えをお褒めいただき(お世辞だと思うけど)、ワインをお買い上げいただきました~(笑)
PMOにはかなり気を付けているようです。
2014年のブルゴーニュ白は、大成功の当たり年であり、自信作とのことです!






北海道函館市のド・モンティーユ情報

HTBニュース 2019/7/19

函館新聞 2018/11




※いろいろなワインを同時に飲み比べるとよりよくわかるのですが、モンティーユの特に赤は、他の生産者と違う独自の個性(特にトップノーズとエキス感)があります。白も本当に素晴らしいですが、特に赤の他にない個性をぜひとも堪能していただきたいと思います。

近年、全房発酵を増やしているそうです

2005年にはムルソーの村にシェとカーヴを購入、設備も新たに陣容を整え、ヴォルネーとポマール以外の区画からのワインの生産も開始

モンティーユが多用しているDIAMコルクは、30年の熟成に耐えるDIAM30とのこと。

白ワインの早期酸化現象を避ける為にも抗酸化作用をもつ澱がたくさんできる600リットルの樽を使用し、バトナージュをほとんどしないそうです


今ではムルソーのジャン・マルク・ルーロの元妻でエティエンヌさんの妹のアリックスが2006年から白ワインの醸造責任者(ドメーヌ・ド・モンティーユとシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェすべて)。彼女は以前ボワセ・グループにて醸造を取り仕切っていた経歴を持つ才女。フランス国内に衝撃を与えた話題の映画「モンドヴィーノ」では、天才醸造家としてクローズアップされ、後に兄のエチエンヌと共にこのメゾン・ドゥー・モンティーユを立ち上げる。明らかに別格と思えるアリックスのワインには、凛とした毅然なる姿勢が伺える。口に含んだ瞬間に凛々しさを感じ取れる酒質には彼女の生き様が反映されている。



その後アリックスさんが、体調を崩してしまい
現在の醸造担当者:Jacques MONTAGNON氏
最終的な責任者は、エティエンヌさんのまま




Chateau de PULIGNY-MONTRACHET, Puligny-Montrachet 1er Cru Les Chalumeaux '14

シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・シャリュモー’14(辛口白)

特価・税別¥13500

<あと8本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー92~94点(ニール・マーティン、2019~2032年
~This is very refined and yet voluminous with lingering passion fruit and white peach notes on the sustained aftertaste. Excellent.
ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 91~93点

インターナショナルワインセラー90~92点


※3年半以上経過してかなりおいしくなっているはず!!!



「2017.7月中旬に飲みました。なんと自信の表れDIAM 30コルク!ピュアなトップノーズ、樽香は当然控えめで、レモン、リンゴ、ごま、強いミネラルなどの透明感のあるまだ閉じ気味ながらもよい香り。エネルギーのある果実に、尖っていないキレのある酸とまるでコルトン・シャルルマーニュのような強靭なミネラルと厳格な骨格にピュリニーらしい美しさが共存しているすごい内容。赤も白も素晴らしいはずさない驚きのセンスを持った造り手。日本でもっと絶賛されないとおかしい。今の知名度と評価はまだ低いという印象。温度を上げると蜜リンゴの風味が出る。明らかに特級レベルの満足度。抜栓の次の日も最高においしい。抜栓直後よりアフターの塩ミネラル増した。3人で飲んで全員文句なしの大絶賛でした~!これはすごいワイン!!!」

アルコール12.5%

『 ほぼシュヴァリエ・モンラッシェと同じ高さに位置する、ムルソー寄りの1級畑。きわめてミネラリーなスタイルのピュリニーであり、白い花やミネラルのフレーバーが強く出る。酸のキレもよく、タイトなボディ。その一方、果実味も十分に備え、バランスのとれた白ワインに仕上がっている。アフターにもミネラルが感じられ、その余韻は長い。(輸入元資料より) 』




Maison de Montille, Saint-Aubin 1er Cru Sur Gamay Blanc '14

メゾン・ド・モンティーユ、サントーバン プルミエクリュ シュル・ガメイ ブラン’14(辛口白)

税込¥6380(特価・税別¥5800)



輸入元定価・税別¥7,200

<あと10本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 90~92点

VINOUS 88~90点


「2021.1月上旬に飲みました。DIAM10コルク。飲み頃には入っているが、予想よりコクと厚みがあり、まだまだ熟成可能な上り坂途中。まだうっすら緑がかった中程度のイエロー。ゴマ、レモン、パイナップル、ミネラル、程よい樽などのよい香り。力強いが酸とミネラルもしっかりしており、うまみを伴う強めの塩ミネラルとコクのあるアフター。予想より熟成スピードが遅い。抜栓の次の日も非常においしい。オイリーなパイナップルのニュアンス強くなった。抜栓の3日後も非常においしい」

アルコール12.5%




Domaine de Montille, Corton-Charlemagne Grand Cru '16

ドメーヌ・ド・モンティーユ、コルトン・シャルルマーニュ’16(辛口白)

税込¥19800(税別¥18000)

<あと6本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 91~93点

VINOUS 91点(ステファン・タンザー)


「2021.1月上旬に飲みました。DIAM30コルク。やや濃いイエロー。樽のゴマ南部せんべいの香りがメインで、まだ固く、かなり長持ちする大きな構造。ほのかにタンニンが感じられ、セラー温度で厚みコク、粘性エキスと余韻の長さはすでに素晴らしい。大化けするまでにあと5年くらい必要かも?すごい量の旨味を秘めており、酸とミネラルは縦伸びというより深く長いイメージ。時間が経つと洋ナシ、杏仁豆腐などの香りも出てくる。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%
ユーロリーフあり!

アタックは直球で真っ直ぐ、男性的だ。口当たりもパワフルで味わい深く豊か。しかしストラクチャーはしっかりとし、その密度とエレガンスに驚かされる。特に余韻の長さは特級ワインの特徴だ。やや塩気のある余韻が続く。ただし十分に開くのに5から8年かかる。




ドメーヌ・ド・モンティーユ、コルトン・クロ・デュ・ロワ’11

税込¥20020(税別¥18200)

<あと9本>限定品!

スぺクテーター90~93点(Bruce Sanderson's Recommended)

最新インターナショナルワインセラー91点

インターナショナルワインセラー90~92点

バーガウンド・コム 91~94点

ジャシス・ロビンソン16.5/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版18.5/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

27本完売!







左が、ドメーヌ・ド・モンティーユ
右が、メゾン・ド・モンティーユ




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ブラン クロ・デュ・シャトー’17(辛口白)

税込¥4400(税別¥4000)

<あと3本>絶対おすすめ!

パーカー87~89点(William Kelley)

VINOUS 87~88点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 86点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

63本完売!~※さらに再入荷が決まっております!

「2021.2月上旬に飲みました。DIAM5コルク。トップノーズだけで一瞬で素晴らしい出来とわかる逸品!かなり満足度が高い!キラキラ感があり、ピュリニーモンラッシェとサントーバンが好きな方がよりお手頃に上質感を楽しめる銘柄であり、透明感がありみずみずしく上品。美しい酸とミネラル、旨味を伴う石系ミネラルと強い塩ミネラルが残る伸びのあるアフター。果実味も上品で香りに樽はとても控えめ。キレイな全体像を邪魔しない程度に厚みを出す役割をしている印象。ゴマ、リンゴ、梨、白い花、ミネラルなどのよい香り。抜栓の次の日も最高においしい。アンズ、蜜、オレンジマーマレードの香りが出て厚みとコクが増して、余韻の戻り香にオレンジマーマーレード風味が持続する。価格を考えてもかなり凄い品質!抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール13%
ユーロリーフあり!

2017年からシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェとドメーヌ・ド・モンティーユが統合したので、今後このモンティーユ・ラベルでのリリースとなります。




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’17

税込¥4290(税別¥3900)

<あと7本>おすすめ!

「2021.2月上旬に飲みました。DIAM5コルク。紫色のないとても明るいルビー色。明らかに旨薄系で例年よりタンニンの少ない飲み頃NOW~。うまみを感じる赤い実の果実、ルバーブ、ミネラルなどの香り。軽やかエレガントでほのかな甘みがあり、うまみとミネラルが豊富。熟成スピードは早そうなのでこれに色気が加わったら熟成古酒みたいなおいしさになるかも?抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%
ユーロリーフあり!




ドメーヌ・ド・モンティーユ、サントーバンプルミエクリュ・アン・レミリー’17(辛口白)

税込¥6820(税別¥6200)

<あと12本>

パーカー89~91点

VINOUS 90~92点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
12本完売。

 

 


4/5(月)アップ~蔵出しA.A.バーデンホースト’19セカトゥール・シュナン

蔵出しA.A.バーデンホースト’18ケイジ・シュナンブラン


南アフリカにおけるビオロジックの先駆者が造る素晴らしい白!!






 



A.A. Badenhorst, Secateurs Chenin Blanc 2019

A.A.バーデンホースト、セカトゥール・シュナン・ブラン’19

(南アフリカ・辛口白)


税込¥2200(税別¥2000)

<あと5本>絶対おすすめ!

パーカー88点(ワイン・アドヴォケイト253号)

VINOUS 88点(ニール・マーティン、
~Delicious and a great value to boot.)

スペクテーター87点(NOW)


31本完売。
※2年前とは違い、急に人気が出てしまったようで、
インポーター在庫の動きが早い!!!

「2020.1月下旬に飲みました。’18ほど酸とミネラルにキレがない分、’19はほとんどフランスの味とはいかないが、こんどはほとんど『つよポン味(共栄堂の橙)』になっている!飲めばすぐにわかると思いますが、共栄堂ファンの方たちはこのワインもぜひぜひ飲んでみてください!酸が尖っていない北イタリアのイメージも少しあるフローラルなオレンジ・フルーツガム、パパイヤ、マンゴー、ピスタチオなどのフルーツとナッツが混ざり合ったよい香り。果実味豊かで、味わいにごくわずかなタンニンととてもキメ細かな苦みエグみ?(必ずしもネガティヴなイメージのものではない)があるところも共栄堂橙と同じ。最終的には’19もとてもおいしい。抜栓の次の日も非常においしい」

【品種】シュナン・ブラン、パロミノ、シェリーのようなニュアンスを与えるシークレット品種

【産地】Paardeberg/パールドバーグ地区
【畑】高樹齢の自社畑「Kalmoesfontein/カーモスフォンテーン」と、より高樹齢の契約生産者の畑

【樹齢】50~60年  【灌漑】いずれの畑も灌漑なし
【仕立て】ブッシュヴァイン:低収量で凝縮した果実味
【収穫】全て手摘みで12日間に渡り注意深く行われ、一晩低温にて寝かせます。

【全房使用率】100% 【発酵】コンクリートタンク75%、古樽25%にて、収穫の度にジュースを加え調和させながら自然発酵20日間
【熟成】シュールリーにて、適宜バトナージュしながら7カ月間

【アロマ】ハチミツ、オレンジの花、白桃などとても豊かなアロマ
【味わい】前年よりもやや酸味は穏やかで、熟した果実味が口中いっぱいに広がります。
アルコール度数:13.5%





A.A. Bardenhorst, Secateurs Chenin Blanc '18

A.A.バーデンホースト、セカトゥール・シュナン・ブラン’18

(南アフリカ・辛口白)


税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

ワイン&スピリッツ誌 94点!!!

VINOUS 90点(Outstanding Value!、
ニール・マーティン、2018~2023年)


スペクテーター89点(NOW)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

64本完売!ありがとうございました

「2019.5月下旬に飲みました。完全に+¥1000以上のフランス的な味!時代が変わった。みずみずしく、やや華やかで上品でクリーン。花、オレンジ、白桃、ミネラル、うっすらビスキュイとバターなどの香り。当店の一人がこれアルザス・リースリング?と言ったくらい涼しげで酸とミネラルの質がよい。ロワール白の代わりに使えてしまいそうなバランス感(いまや高級フレンチ・レストランでさえもフランスワイン離れが進んでいます)。フルーツ感はストレートでフレッシュで癖がなく、厚みも余韻もあり、全く飲み飽きない。冷やし過ぎないほうがおいしい。抜栓後1週間ほとんど落ちない!」

アルコール13%
スクリューキャップ

’16 デカンター・オンライン92点!

’12 ファルスタッフ 90点

【品種】シュナン・ブラン、パロミノ、シェリーのようなニュアンスを与えるシークレット品種

【産地】Paardeberg/パールドバーグ地区
【畑】高樹齢の自社畑「Kalmoesfontein/カーモスフォンテーン」と、より高樹齢の契約生産者の畑

【樹齢】50~60年  【灌漑】いずれの畑も灌漑なし
【仕立て】ブッシュヴァイン:低収量で凝縮した果実味

【収穫】全て手摘みで12日間に渡り注意深く行われ、一晩低温にて寝かせます。  【全房使用率】100% 【発酵】コンクリートタンク75%、古樽25%にて、収穫の度にジュースを加え調和させながら自然発酵20日間
【熟成】シュールリーにて、適宜バトナージュしながら7カ月間

【アロマ】ハチミツ、オレンジの花、白桃などとても豊かなアロマ
【味わい】前年よりもやや酸味は穏やかで、熟した果実味が口中いっぱいに広がります。




Keiji Sato / A.A. Bardenhorst, Cage Chenin Blanc '18 (Swartland)

佐藤圭史 / A.A.バーデンホースト、ケイジ・シュナン・ブラン’18

(南アフリカ・辛口白)


税込¥3300(税別¥3000)

<あと4本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

’18もシュナンブラン100%
’18は普通のキャップシール

’18の生産量:約900本のみ!
アルコール13.5%

新たな試みと仕上がりのワインの状態をみて、瓶詰め時に若干のSO2(58mg/l)を添加しワインの安定を図ったようです。そのため揮発酸のないすぐに開けてもおいしい状態。

【佐藤氏のコメント】凝縮感があり、ドライで、程よくシャープな果実味も感じていただけるので、ハーブやオリーブなどの香りを添えたニース風サラダや、香ばしく仕上げたラムの炭火焼、さらに牛のたたき風カルパッチョをなどと合わせていただいたり、カジュアルにBraai(南アフリカでいうBBQ)で愉しんでいただくのもおすすめです。和食に合わせるのであれば、個人的には旨味のある藻塩でいただくアナゴやキスの天ぷらもお勧めしたいですし、何よりしめサバが乙です。割烹系なら関西風の治部煮もありかと思います。ぜひいろいろなシーンでお楽しみください。




Keiji Sato / A.A. Bardenhorst, Cage Chenin Blanc '17 (Swartland)

佐藤圭史 / A.A.バーデンホースト、ケイジ・シュナン・ブラン’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥3000

<売り切れ>おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

限定品!~※すでに再入荷不可能!

「2019.5月上旬に飲みました。日本人だからということではなく、品質も個性もあるので買いました。みずみずしく、厚み勝負ではないが味付きはよいナチュラル&ピュアな味わいで、香りも味わいも明らかに亜硫酸少ない、少しの常温保管で酸が壊れそうな印象でした。低温管理が重要な銘柄ですので、ワイン屋で買ってから自宅までの間などもお気を付けください(クーラーバックや保冷剤など)」

アルコール14%
ロウキャップ

【品種】シュナン・ブラン100%

【瓶詰】瓶詰時には既に発酵・熟成ともに安定しており、程よい凝縮感があり芳醇で、フェノリックなニュアンスとのバランスが素晴らしかったため、チャレンジングではあったもののSO2の添加をせず、無濾過、無清澄で瓶詰を行いましたが、満足のいく仕上がりとなりました。

【ラベルデザイン】佐藤氏が「南アフリカに行く」と決めた時に当時4歳だった愛娘が白ワインをイメージして描き、プレゼントしてくれたもの。

栽培 【産地】スワートランド  【畑】「Lankloof Vinyard/ランクルーフ・ヴィンヤード」 (『A.A.バーデンホースト』 所有)
【樹齢】約40年  【仕立て】ブッシュヴァイン(株仕立て)

醸造 【全房使用率】100%  【発酵】古樽にて野生酵母による自然発酵
【熟成】古樽にて11カ月 【瓶詰】SO2無添加、無濾過、無清澄



南アフリカを牽引する生産者のひとりである
『A.A.Bardenhorst/A.A.バーデンホースト』 のアディ氏のもとで、
日本人として初めてワイン造りを行った生産者、佐藤圭史氏の造るスペシャル・キュヴェ!

彼は大学時代に学生生活を送っていたアメリカ合衆国のオレゴンでワインに出会い、ワイン造りの奥深さに魅了されました。20代後半の時に一念発起をし、飲食の世界に転身。
東京・渋谷に自身の「オレゴンワイン」に特化したワインバーを開店しました。
以来彼は、ワインにまつわる様々な翻訳やコンサルタント業などで活躍しながら、世界各地の銘醸地を巡り、ワイン造りの夢を大切に抱き続けていました。
そんなある日、南アフリカから来日中だった 『Craven WInes/クラヴァン・ワインズ』のワインを飲み、衝撃を受けたのです。
彼はすぐに南アフリカでのワイン造りの術を模索し、そこで後の師匠となるSwartland(スワートランド)の
『A.A.Badenhorst/A.A.バーデンホースト』 のAdi(アディ)と出会い、意気投合します。

以来彼は毎年南アフリカと日本を行き来しながら、
『A.A.Bardenhorst/A.A.バーデンホースト』 で収穫や醸造のサポートを務めながら、ワイナリーの卓越した栽培、醸造技術を肌で感じ、アディの
哲学を吸収していきました。そして遂に2017年、念願の自身の名を冠したキュヴェが生まれました。
キュヴェ名は、彼の留学時代の愛称「Cage」に、
彼のワイン造りの哲学である「ワインはその土地や人々、そして大地からの恵みを表現した一杯であるべき」という思いに沿い、南アフリカで
出会った人々やその大地への感謝を込め、C for ”Cape” A for ”Adi” 
G for ”Greeting” E for ”Earth” 「Cage」と名付けられました。
(輸入元資料より)


4/1(木)アップ~蔵出しロベール・アンポー’91ペリエール

ちょうど飲み頃ピーク頂上付近のなめらか深み!







 





ROBERT AMPEAU, MEURSAULT PREMIER CRU PERRIERES '91

ロベール・アンポー、ムルソープルミエクリュ・ペリエール’91

税込¥15950(特価・税別¥14500)



輸入元定価・税別¥18,900

<あと24本>絶対おすすめ!
蔵出し正規品の超限定品!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

すでに22本以上完売!
※もう再入荷不可能になってしまいました!

「2021.3月初旬に飲みました。今、優良インポーターが輸入する蔵出し正規品アンポーは10~20年前に抜栓後の落ちが早すぎてイマイチとか感じてた方も安心のよいコンディションです。’94と同時に飲み比べて’91の方が果実味が生きていて余韻も長くおいしかったのでこちらを買いました。セラー温度がベスト。’94よりも茶色が弱い黄金色。’94より果実と厚みエキスが強く、香りもより華やかで甘い。カラメル、マンゴーなどのドライフルーツ、モカマロン、マッシュルーム、ビスケットなど。酸化もヒネたニュアンスもなく良いコンディション。まさに飲み頃ピーク頂上付近の熟成感たっぷりのなめらかな複雑性。意外にも抜栓の次の日も落ちなかった!4人で飲んで全員絶賛だった1本!」

アルコール13.5%


4/1(木)アップ~蔵出しマルセル・ダイス’19’17












 



Vignoble du Reveur, Artisan '19

ヴィニョーブル・デュ・レヴール、アルティザン’19
(アルザス・辛口オレンジ)


税込¥3960(税別¥3600)

<あと11本>おすすめ!
限定品!

輸入元さんで絶賛の声が多いオレンジワイン!

「2021.4月中旬に(マグナム・1500mlをカラフェに移してある状態のもの)試飲しました。おいしいが、予想の範囲内である程度癖があり、タンニンが多くややコクもあるので冷やしすぎない方がおいしいと思われます。脂っぽい料理や肉でも負けないだろうから合わせる食事の幅が広いかもしれません」

※ガラス栓
アルコール14%
ユーロリーフあり!

デカンター誌2020年6月号にて別銘柄のオレンジワインがオレンジワインTOP30入り!

ピノ・グリ50%、ゲヴュルツトラミネール50%。
地元ベンウィール村の0.5haの畑より。
沖積土壌。樹齢約40年。
残糖ゼロの辛口。ステンレスタンクでマセラシオンした、オレンジ・ワインです。作品名の「アルティザン」は「職人」という意味で、
職人が作る芸術作品に見られる「ざらざら感」や「ごつごつ感」といった風合いがオレンジ・ワインのテクスチャーを想起させることと、
特殊な醸造法であるため、自然の解釈としてのワイン造りにおいて職人が重要な役割を果たしていることを表現したものです。

ビオディナミ(vin bioおよびdemeterの認証マーク付)
「マルセル・ダイス」の醸造所で醸造。除梗しない。天然酵母のみで発酵。大樽で発酵&シュール・リー熟成。亜硫酸無添加ワインも醸造中


マルセル・ダイスの時期当主マチュー・ダイスが伯父の畑を継承して誕生した、新プロジェクト「夢見る者のぶどう畑」

「ドメーヌ・マルセル・ダイス」の現当主ジャン・ミッシェル・ダイスの長男で、2007年より同ドメーヌの醸造を担当しているマチュー・ダイスが、伯父(実母クラリス・ミシュレの兄カシアン)の畑を継承して誕生したドメーヌです。  カシアン・ミシュレも1999年からビオロジー栽培を実践していましたが、2012年のマチューの継承と同時にビオディナミに転換し、厳しい収量制限なども含めて「ダイス流」の栽培が開始されました。  醸造を「マルセル・ダイス」の醸造所で行うようになった2013年が事実上のファーストヴィンテージで、新ドメーヌ名「ヴィニョブル・デュ・レヴール(「夢見る者のぶどう畑」)」のラベルにて、2015年に発売が開始されました。  「マルセル・ダイスのワインはテロワールのワインであり、長期熟成型のグラン・ヴァンです。対してヴィニョブル・デュ・レヴールのワインは、より若いうちから楽しまれることをイメージして造っています。また、新ドメーヌでは「自由と革新」をキーワードに、これまでアルザスでは行われていなかった醸造法なども積極的に取り入れていきます。例えば今回「サンギュリエ」に採用したマセラシオン・カルボニックがそうですし、アンフォラによる醸造も行う予定です。ぜひ楽しみにしていてください」(マチュー・ダイス)。





Marcel Deiss, Alsace Complantation Blanc NATURE '19

マルセル・ダイス、アルザス・コンプランタシオン・ブラン・ナチュール’19
(アルザス・辛口白)


税込¥3850(税別¥3500)

<あと2本>超限定品!

「2021.4月中旬に(ただのアルザス・コンプランタシオン’19を)試飲しました。明らかに亜硫酸極少のピュアなニュアンス。エレガントでミネラリー。ナチュラルで一貫性のある流れで余韻もあり完成度が高い。酸が尖っていなくて中辛気味の辛口。癒しもある」

※ガラス栓
アルコール14%

特別限定作品
【ガラス栓】バックラベルにNatureの表記。SO2不使用、ノンフィルター。SO2 TOTAL24mg

「辛口、複雑さ、普遍性」- ベルグハイム、ベンウィール、ベブランハイム、リボーヴィレの各村の計5haの畑より。アルザス13品種の混植・混醸(リースリング、ピノ・ノワール、ピノ・グリ、ピノ・ブラン、ピノ・オークセロワ、ピノ・ブーロ、ゲヴュルツトラミネール、トラミネール、ミュスカ、ミュスカ・ア・プティ・グラン、シルヴァネール、シャスラ、ローズ・ダルザス)。粘土石灰質土壌。

フランスの 「ヴァンナチュレル協会(Association des Vins Naturels)」
の推奨定義を基礎として、さらに弊社独自の基準をプラスして厳選した作品を、
「安心ヴァン・ナチュール」 としてセレクションしております。

ビオ、無添加、SO2極少量~不使用で造られ、味わいの柔らかさや鮮やかさ、心地よさ、そして個性、ケレン味を醍醐味とする
正真のヴァン・ナチュールのうち、不快臭や不潔な味わいがなく、消費者に「安心」して飲んでいただける作品を広くご紹介させていただいております。
(輸入元資料より)




Marcel Deiss, Ribeauville '17

マルセル・ダイス、リボーヴィレ‘17
(アルザス・辛口白)


税込¥4400(税別¥4000)

<あと1本>絶対おすすめ!

スペクテーター92点(NOW~2027年)

VINOUS 90点

MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点!!!

最高の3つ星生産者!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2020.10月に短時間で試飲しました。亜硫酸少ない健全でおいしくミネラリーな辛口。海のミネラルが強く感じられ味付きもバランスも良く、余韻もあるよい出来。変な癖はない。冷やしすぎない方がおいしいと思われる」

アルコール13.5%

「端正、水平、暗さ」- リボーヴィレ村のリウ・ディ「グリュエンスピール」「アグノー」「ワインバウム」より。リースリング、シルヴァネール、ピノ・ブランの混植・混醸。合計0.75ha。平均樹齢35年。粘土石灰質土壌。収量40hl/ha。12ヶ月間シュール・リー熟成。
(輸入元資料より)





ビオディナミ(1997年ECOCERT認証、2007年demeter認証)

クローン樹を極力使用しない

平均収量は33ha/hl(全アルザスの平均は78.80hl/ha)

「何かを良くしようと思ったら、それは愛によってのみ可能だ」。現代アルザスワインの頂点を極めるジャン・ミッシェル・ダイス。アルザスに初めて「テロワール」の概念を持ち込んで大論争を巻き起こし、遂にはAOC法の改正(ラベルに品種名を表記しなくてもよくなったこと等々)を成し遂げた、信念の男。現在も彼が昔から提唱する、畑の個性に基づく「プルミエクリュ」を実現させるべく運動を続けています。

 「ぶどうの樹は、自ら養分を求めて根を土中に伸ばします。この土中深くにあるものがその土地のテロワールです。ここは気候の影響もほとんど受けません。根が地表に留まると気候の影響をモロに受け、土地の個性は失われてしまいます。僕のワインは、例えば酷暑だった2003年も、濃さは例年と変わりませんでした。ビオディナミも、このテロワールを引き出すための手段に過ぎません。」

 「また今日、アルザスのほとんどの畑で同じクローンばかりが植えられるようになりました。その結果、どのワインを飲んでもクローンの個性の味しかしなくなりました。アルザスの土壌は、太古の地殻変動に由来する極めて複雑で多様なものです。個々の土地の強烈な個性をそのままワインに表現することが、僕の人生です」。
(輸入元資料より)

 

「ブドウ、土、人のあるべき関係を教えてくれる究極のアルザス(ワイナート15号より)」

クラスマン3つ星(常にアルザスのページ一番最初に載っている生産者)

パーカー5つ星生産者

’97からビオディナミ

厳格な選果、自然酵母のみ使用

ピノブランとピノノワールのみマロラクティック発酵を行なう

白は100年もののフードルで約1年熟成軽いフィルターをかける

赤は新樽約33%のバリックで21ヶ月熟成ノンフィルター

数多くの3つ星レストランでオンリストされている


4/1(木)アップ~蔵出し特価ラ・レゼルヴ・ド・レオヴィル・バルトン’15

あまり見かけないが?セカンドとは思えないほどの内容!

特価レオヴィル・バルトン’16この価格で最後の再入荷!









 

 





LA RESERVE DE LEOVILLE BARTON '15

ラ・レゼルヴ・ド・レオヴィル・バルトン’15
(サンジュリアン・辛口赤)


税込¥5500(特価・税別¥5000)



輸入元定価・税別¥6,700

<あと10本>絶対おすすめ!

VINOUS 90点(ニール・マーティン)

VINOUS 89点(アントニオ・ガローニ)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16.5/20点!

「2021.3月中旬に飲みました。抜栓直後のみ固いが、数時間で大幅に向上!凝縮感、骨格、余韻がありエキスとコクも充実。何故日本で全然流通していないのか?熟成も出来る内容。これほど上質だったとは。抜栓の次の日も非常においしい。さらに向上!」

アルコール13%

カベルネ ソーヴィニヨン 70%、メルロ 22%、カベルネ フラン 8%
シャトーの若木からとれたブドウを使用。セカンドながらも高いカベルネ ソーヴィニヨン比率で手摘みで収獲、発酵を行った後16-18ヶ月の樽熟成を行います。

格付け2級、シャトー レオヴィル バルトンは1826年から10代にわたりバルトン家が所有しています。
熟した赤系果実に加え、わずかにさわやかなミントの香り。口に含むと清涼感を感じる鮮烈な酸味とやわらかいタンニンが魅力的。力強さと優美さをそなえ、完成度が高いながらも親しみやすいワインです。
(輸入元資料より)





レオヴィル・バルトン’16

(サンジュリアン・辛口赤)


税込¥19800(特価・税別¥18000)

<あと17本>限定品!

最新パーカー95+点!(Lisa Perrotti-Brown)

ジェームス・サックリング 95~96点!

最新VINOUS 95点!!!(ニール・マーティン、2020年8月試飲)

VINOUS 95点!(ニール・マーティン、2019年1月試飲)

VINOUS 96点!(アントニオ・ガローニ)

スぺクテーター97点!!!
2019年度TOP 1/100位に選ばれる!!!
(Highly Recommended!、2025~2040年)

ファルスタッフ 96点!

Wine Enthusiast 96点!(Cellar Selection!)

デカンター・オンライン95点!
(2024~2045年)
さらにDecanter's Wine of the Year 2020年度 に選ばれる!!!

ル・フィガロ19/20点

Le Point 17.5~18/20点

Terre de Vins 17/20点


Jeff Leve 96点!!!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 98点!!!(さらにクー・ド・ラネ!!!)

MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18~18.5/20点
Palmares! Les Vins du Medoc de L'Anee!に選ばれる!

26本以上完売!

’16は、CS86%, M14%

新樽比率約60%

レオヴィル・バルトン最新情報
畑の平均樹齢は40年ですが、なかには1953年に植えられた古い樹もあります。合植(消滅したり、ダメージを受けた樹の植え替え方法)を行っていき、栽培密度はヘクタール当たり9100本を維持しています。畑を取り巻く環境も大事な要素です。
< 2012年以来、畑の12%程がオーガニック農法で管理されており、年々、その割合は増えていっています。 >

ブドウは120人程のチームによって収穫され、完全に除梗し、何回かの選別の後、温度管理された発酵槽へ送られます。一日に2回ポンピングオーバーを行いながら、数日間、発酵を続けます。マセラシオンと発酵の後、オーク樽にて18ヵ月熟成されます。樽は基本、60%が新樽で、樽は複数の会社から購入します。発酵の間に、目減り分の補充を行い、3ヵ月毎に澱引きを行い、卵白で清澄を行います。一樽に付き、3~6個の卵白を使用します。

重要の作業のひとつ、ブレンドは例年、1月の末に行われます。テクニカル・ディレクターとコンサルタントのエリック・ボワスノ氏が各区画のワインを注意深く試飲していき、決定します。瓶詰めは6月です。


4/1(木)アップ~蔵出しラ・ローズ・モンヴィエル’18

なめらか厚みフルーツがおいしいポムロール!




 



chateau la Rose Montviel '18 (pomerol)

シャトー・ラ・ローズ・モンヴィエル’18
(ポムロール・辛口赤)


税込¥4950(税別¥4500)

<あと11本>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま大絶賛の1本!
(凄い量のポムロールを試飲してようやく巡り合った断トツで素晴らしくかつお買い得だった銘柄とのことです)

13本完売。

「2021.3月中旬に試飲しました。香りはまだわずかに閉じ気味だが、味は熟してとても厚みのあるフルーツ感が充実しており、わかりやすく肉厚で滑らかな飲み頃NOW~。タンニンの質が極めてよく、酸は低すぎず、時間とともに香りも開いてくる。程よい樽のロースト、コーヒー、熟した黒い実の果実、癖のないスパイスなどの香り」

アルコール%

メルロ90%、カベルネフラン10%
バリック(1年使用樽50%と2年使用樽50%)にて約16ヶ月熟成

chateau Montvielのセカンドワイン
全体の約55%が、このセカンドワインになる

1985年にオーナーが変わって莫大な設備投資を行い、さらに1988年からミッシェル・ロランがコンサルタントになり評価を高めている。
一部は、シャトー・クリネ近くの高台にある最良のテロワールからのブドウも使用されている。


5/2(日)アップ~蔵出し特価カプベルン・ガスクトン’11再入荷

何故か?まだ無名、明らかに大幅に価格を超えて上質な飲み頃!



 


<所有している2区画がともにカロン・セギュール隣の畑で醸造もカロン・セギュールと同じチームが行っている!>

※’13くらいから、シャトー・カプベルンに名称変更。




CHATEAU CAPBERN GASQUETON '11

カプベルン・ガスクトン’11
(サンテステーフ・辛口赤)


税込¥3190(特価・税別¥2900)



輸入元定価・税別¥3,470

<あと18本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!

スペクテーター89点(2015~2021年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15.5/20点(クー・ド・クー!!!)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

104本完売!
ちなみに’17を買うと¥1,100値上がり致します。

「2021.3月中旬に飲みました。全く無名ですが実はもっとも価格を超えたボルドーの代表銘柄であり、今がちょうど飲み頃で飲んだら全員この価格に驚くと思います。試飲後まさかこんな安いワインだったとはかなりビックリしました。熟成感のある赤い実主体の果実、甘草、わずかにタバコ、スパイス、よく溶け込んだ控えめな樽などの色気のあるよい香り。まさにジャストな飲み頃の強みがありもの凄く価格が安く感じらる。青さは全くなく、複雑な滑らかさ、酸が低すぎず、うまみの広がりがあり余韻が長く、クドさゼロの甘草っぽい戻り香も感じられる。縁がオレンジがかったやや明るいガーネット。。抜栓の次の日も非常においしい。さらに向上!みなさんの予想をかなり超えてくる高品質だと思います。べタンヌさんは若い時期に試飲しても高いレベルで熟成した後の姿・本質が見えていると思われるお仕事ぶり」

アルコール13%

カベルネ ソーヴィニヨン 74%、メルロ 26%
33ha所有。栽培比率はCS55%、ME32%、CF11%、PV2%。手摘み収穫の後ステンレスタンクで発酵。100%樽(60%新樽、40%1年樽)で18ヶ月間熟成。

シャトー カロン セギュールの前オーナーのマダム ガスクトンが所有していたシャトー。カロン セギュールのすぐ近くに位置(サンテステフ北側)しています。
サン・テステーフらしく、エレガントにクラシックなワインに仕上がっています。力強さと果実味のバランスが絶妙です。
(輸入元資料より)


4/7(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ジャン・マリー・ブーズロー’18再入荷

濃さと厚みではなく、粒子の細かさとオレンジ・タルトの香りが圧巻の内容!




 




フィネス輸入の限定品!




DOMAINE JEAN-MARIE BOUZEREAU,
BOURGOGNE COTE D'OR CHARDONNAY '18

ドメーヌ・ジャン・マリー・ブーズロー、ブルゴーニュ・コートドール・ブラン‘18

税込¥3630(税別¥3300)

<あと10本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

84本完売!!!~※再入荷不可能!

「2021.3月上旬に飲みました。DIAM5コルク。これには驚かされました。この’17’18と他の生産者のブルゴーニュ・ブランやムルソー1級クラスと同時に飲み比べたのですが断トツで一番おいしかった!キレと骨格と余韻はクリスチャン・ベラン’18’17の方が優れていましたが、こちらはドメーヌ・ルフレーヴの1級クラヴォワヨン’17以来の粒子の細かい複雑な味わい。酸とミネラルの質が柔らかいのに細かく複雑という滅多にないもの(実際に何故か?’17はこれほど粒子が細かくなかった、、、そして鉱物系ミネラルが強くメタリックな固い味わいだった)優れた造り手が味をよりよくするためのビオディナミが成功してコンディションが良い時だけ感じられるニュアンスだと思っていたので認識を新たにしなくてはならない。’17の方がおいしいだろうと予想していたし、つくづく先入観とは怖いものです。緑色の弱いやや明るいイエロー。非常に透明感のある華やかなトップノーズで、抜群のコンディションで食欲が増すイメージのもの。抜栓直後は金柑などの柑橘類、上品な洋ナシに控えめなバタートースト、うっすら焼いたパンなどの香り~短時間でオレンジ・タルトの華やかな香りに発展する。まったく過熟ではない美しい果実と酸で、艶があり粒子の細かい質感で固くない飲み頃NOW~。みずみずしくピュアで、’17より固くないミネラルとみかんの缶詰的な非常にキメ細かなわずかな苦みを伴い極めて心地よく流れるエネルギーが拡散しない素晴らしいアフター。余韻は長さがすべてではないなぁ~と思わせる内容の傑出バランス。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

ムルソー村にある「LesPellans(レ ペラン)」、「Les Millerands(レ ミルラン)」、「Les Durots(レ デュロ)」の3つの区画をアサンブラージュしていて、ムルソーのヴィラージュ物の葡萄も少し格下げして使用しています。

葡萄は最も古い区画で1964年に植樹され、旧樽のみの樫樽で醗酵、12ヵ月熟成

繊細なドライフルーツのような香り、柑橘系の果実味とミネラル、肉厚で丸みがあるたっぷりとした味わい。クリームソース系の魚や白身肉と良く合います。


ブズロー家はムルソーで10世代以上の長きに渡って葡萄栽培を続けている生産者で現当主ジャン マリー氏はボーヌの醸造学校を卒業後、アメリカとオーストラリアのワイナリーで研修を行って経験と見識を積み、1994年にドメーヌに参入しました。彼には2人の祖父がいてそれぞれムルソーとヴォルネーの葡萄栽培家だったので、その畑を引き継いでヴォルネー、ポマール、ボーヌの赤ワインを、ムルソー、ピュリニーの白ワインを造っており、現在は9haの畑を所有しています。
畑は自然環境を尊重して出来るだけ農薬を使わないリュット レゾネ農法。シャルドネは手摘みで収穫後すぐに圧搾してから24時間掛けて低温で澱引き。その後、228リットルの樫樽に移して21℃で数週間アルコール醗酵をし、12ヵ月以上熟成させて軽くフィルターに掛けてから瓶詰します。酵母は白も赤も自然酵母を使用しています。 (輸入元資料より)



1/29(金)アップ~<※店頭販売のみ!>蔵出し平川ワイナリー’19レスプリ・ルージュ、’19ノートル・シエクル・グランド・キュヴェと’19セレーヌ・ブラン

ブルゴーニュ生産者も認める上質で骨格のある味わい!

















※下の画像は、裏ラベル。



 




ワイナート100号『日本の造り手100』にて大きく取り上げられる!

TBSドラマ『グランメゾン東京』にて
実は平川ワイナリーさんのワインが重要な役割を果たしたのでした



https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/cuisine/
(ページ下部の『第10話Quintessence』をクリック)



店頭では2年以上前から扱っておりますが、平川さんご本人に許可をいただいて今回コメントを掲載させていただいております。

オーナーであり栽培も醸造もプロフェッショナルである平川敦雄氏と運よく一緒にお食事する機会がありましていろいろ再確認できました。

生産者ご自身がレストランで自分のワインを楽しんでもらいたいという強い気持ちをお持ちの為、酒屋で買える機会がほとんどないという現状を変えるきっかけになればと勝手に考えています。経験豊かな消費者の皆様におかれましては、ご自宅でも調味料などを駆使しておいしくワインと料理をリラックスしながら楽しむというのもまた素晴らしいことで、それもまた自由!


※先入観を持たずにワインを楽しんでほしいということで基本的にブドウ品種を公表していません。





Hirakawa Winery 2019 l'Esprit Terre de Yoichi 750ml

平川ワイナリー、レスプリ’19

(北海道・余市産・辛口赤)


※店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

絶対おすすめ!
お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2021.1月下旬に飲みました。DIAM10コルク。例年以上に低めの温度&ブルゴーニュグラスとの相性がよさそうな内容。上級品を格下げした’18よりよい出来に感じられ、グローバルな視点から見れば当初のポンセのブエナ・ピンタ、ペドロ・パッラ(クロ・デ・フ)のイマヒナドール、エンビナーテのタガナン・パルセラ・マルガラグアなどのようにまだ知られていない無名な地域とブドウ品種から冷涼でエレガントかつ旨味とミネラルの味付きしっかりスタイルの上質なワインが造られているという世界に誇れる内容。ワイン・アドヴォケイトのLuis Gutierrez氏に試飲して欲しいくらい。この’19に関しては絶対彼の好みでしょう。強く紫がかったやや濃いルビー色。トップノーズはガメイを連想させる甘く少し野性味のあるベリー類のキャンディ、スミレ、焼きリンゴ、控えめなスパイス、海苔のようなヨード香もわずかに感じられる。うまみとミネラルが多く、美しい酸とドライなアフター。抜栓の次の日にジューシーな果実味とうまみの面で少し向上。甘酸っぱいニュアンスもありバランスよくとてもおいしい。抽出が強くない印象の調和が素晴らしい。抜栓の2日後からさらに一気に向上!今まで飲んだ全赤ワインの中で最も強い塩ミネラルとなり、やはりこの’19は過去最高の出来だと思われる。このワインは毎年結構キャラクターが変わるのでいつもこの味とは限らない。抜栓の4日後までまったく落ちない」

アルコール12.5%

平川ファーム最上部で、最も風通しがよい区画(シングルヴィンヤード)産





Cidre de Yoichi l'Essentiel 2019

平川ワイナリー、シードル・ド・ヨイチ レソンシエル’19
(余市産・辛口シードル・750ml)


おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
王冠キャップ
店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

「2020.10月下旬に飲みました。平川さんなので激しく吹きこぼれるリスクとかはなく、揺らして移動直後に高い温度で抜栓でもしない限り大丈夫でしょう。私が抜栓した際は、少しも吹きませんでした。たまにある還元的だったり松脂臭かったりする癖が全くなく、ピュアで真面目な辛口で、キレイな酸のよいバランスで、泡の質もよくアフターもしっかりドライでサラダ類に合う。唐揚げは邪魔しない。甘旨系ではなく幅広く食事に合うし、大抵の食事は少なくとも邪魔しない食中酒。抜栓の次の日には泡が大分弱くなったがおいしい」


北海道余市産りんご100%
アルコール8.5%(原酒の一次醗酵は無補糖にて。瓶内二次醗酵方式)

2019年産のリンゴを擦り下ろして得た果汁を、空気を十分に含ませながらデブルバージュを行い、ステンレスタンクで1ヶ月醗酵させて原酒を生み出し、その後瓶内二次醗酵方式で醗酵由来の二酸化炭素を詰め込みました。りんごの風味が豊かで、しっかりとした泡とすっきりとした果実味やフレッシュ感が広がります。幅広い食との相性をお楽しみ下さい。醗酵由来の酵母が澱となっていますが品質には影響はございません。(注:品種名はラベルに記されておりません。)

品種名:りんご各種(オリジナルブレンドです。品種名はラベルに記されておりません。りんごは北海道余市産100%で、購入品です。)

理想的な温度
:5℃~8℃(これまで作ってきたシードルと比較して、泡の気圧がしっかりございますので、常温では噴いてしまいます。抜栓時はお気をつけください。)
素材との相性:寿司、お刺身全般、酢の物、揚げ物、調理した魚介類、天ぷら、野菜、豚肉、鶏肉、ガレット、様々なタイプのチーズ。さっぱりとしているので、幅広く様々な味付けのお料理と調和します。

備考:素材の生臭さが出ません。脂身が強い料理も流せるフレッシュ感を有しています。最初の抜栓時はよく冷やして、その後は温度を高めてでのサービスをお勧めいたします。
生産本数:2000本




Notre Siecle Grande Cuvee 2019

平川ワイナリー、ノートル・シエクル グランド・キュベ’19

(北海道・余市町・辛口白・750ml)


<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

「2020.11月上旬に再度飲みました。試しに2杯くらい飲んだ後1週間以上セラーに放置してから試してみました。結果少しやわらかくなって塩ミネラルが増したくらいのイメージでまったく落ちない。かぼちゃサラダ、漬物類に合う。鶏唐揚げはレモンとか柑橘類をかけると多少合いやすくなる。脂っぽい食事の後に口なのかをさっぱりさせる効果もとてもよく、飲み続けていて飽きない。そして酸の質が尖っていない「よいバランス」



「2020.9月中旬に飲みました。DIAM10コルク。セラー温度がベスト。グーズベリー、オレンジ、みかんの缶詰、グレープフルーツ、キウイ、ローズマリーなどのハーブ類、芝生、ミネラルなどの香りだけでうまみと塩ミネラルを連想できるややオイリーなよい香り。透明感がありみずみずしく、キレと骨格のある味わいで、うまみを伴う強い塩ミネラルが残るアフター。厚みあるがさわやかで、今すぐ開けてもおいしいが、長期熟成出来そうなタイプ。このワインの透明感と上質な酸とミネラルはドメーヌ・ルフレーヴで働いた経験が生きているのかもしれませんね。抜栓の次の日~抜栓の2日後も非常においしい。香りが少しやわらかくなった。アミノ酸量が豊富」


2019年産の白ブドウを全房でプレス掛けして得た果汁を、空気を十分に含ませながら醗酵させ、ステンレスタンクで10ヶ月間、澱と接触しながら熟成させて生まれました。グレープフルーツやオレンジ系の柑橘系の香りが芳醇で、ハーブやミネラル香が漂います。上品な酸味、ピュア感、ミネラル感のあるワインで、幅広い食との相性をお楽しみ下さい。清澄作業なし(フィルター処理あり)で瓶詰しています。少量の澱が確認できる場合がありますが、品質には影響はございません。

(注:この商品はヴァラエタルワインを目指していません。品種名はラベルに記されておりません。)

素材との相性:寿司、新鮮な魚介類(白身魚、帆立貝、生牡蠣、カルパッチョ)、調理した魚介類(鮭、ムール、ヒラメ、海老、蟹)、天ぷら、野菜(アスパラ、蕪、山菜)、豚肉(生ハム、ソーセージ、ベーコン)、シュークルート、タルトフランベ、牛肉にレモンを添えるような風味として
風味との相性:野菜やハーブが有する甘さや清涼感、山葵や生姜の辛味、海産物や豚肉の塩味と相乗します。
備考:生の海産物とともに味わう場合、素材の臭みが出ません。醤油の味わいにはあまり相乗しません。一方で、脂味を流したり、柑橘系の風味で調和させることができます。野菜の甘みや素材の持つ甘さを引き出した料理法、塩味を主体とした料理にはたいへんによく合います。




Selene Terre de Yoichi 2019

平川ワイナリー、セレーヌ テール・ド・ヨイチ’19

(北海道・余市町・辛口白・750ml)


<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

「2020.9月中旬に飲みました。DIAM10コルク。冷やしすぎない温度がベストだと思われる。セラー温度でもおいしい。驚くほど凝縮したライチ、洋ナシ、黄桃、バナナのネクターにバラ、香水、熟成香ではないムスク、南国系の花、うっすら杏仁豆腐?、甘苦系を含むスパイスなどの強烈トップノーズ。味わいも凝縮して厚みとエネルギー、粘性があり、平川さんの白ワインとしては少し酸が低いが、余市産白ワインとしてはもっともヴォリューム感があり重心の低さとの全体的なバランスはよく、フルーティーでかなりコクのある日本酒と共通のニュアンスがあり、完成度が高くキメ細かな苦みコクを伴い余韻が長い。¥5000前後のフランス産コンドリューやゲヴルツトラミネールのイメージもありつつ、このワインのアルザス・グランクリュを連想させる印象はツィント・フンブレヒトで働いた経験が生きているのかもしれませんね。抜栓の次の日~抜栓の2日後も非常においしい」


2019年産の白ブドウを短時間のスキンコンタクト後にプレス掛けして得た果汁を、空気との接触を避けながら醗酵させ、ステンレスタンクで10ヶ月間、澱と接触しながら熟成させて生まれました。ライチ、リンゴ、生姜、白胡椒の香りが華やかで、火打ち石のニュアンスがあります。凝縮した果実味があり、また弊社のワインの中では酸のトーンが最も低く、際立つヴォリューム感を有する辛口白ワインです。食との相性をお楽しみ下さい。清澄作業なし(フィルター処理あり)で瓶詰しています。少量の澱が確認できる場合がありますが、品質には影響はございません。

(注:この商品はヴァラエタルワインを目指していません。品種名はラベルに記されておりません。)

素材との相性:お寿司、バーニャカウダ、ヤムウンセン、香草風味の魚料理、フォアグラ、豚肉、鶏肉、鴨肉のフルーツソース、ケーク・オ・フリュイ、ウォッシュタイプのチーズ、ブルーチーズ
風味との相性:ハーブ(コリアンダーシード、クミン、タイム、大葉)や生姜、ニンニク、香草風味、フルーツソースと相乗します。

備考:後味にコクとなるほろ苦さがあります。コリアンダーシードや生姜との相性が大変に良いです。フルーツのソース、塩味を主体とした料理によく合います。






Second Vin a la mi-chemin 2019年(赤)

平川ワイナリー、スゴン・ヴァン・ルージュ ア・ラ・ミシュマン’19

(北海道・余市産・辛口赤)


<あとわずか>
幻の超限定品!~※すでに再入荷不可能!

※すべての値引き対象外となります。
店頭販売のみ。
価格など詳細はメールにてお問合せくださいませ。
お電話は出れない場合が多くなっております。

「2020.7月初旬に飲みました。DIAM10コルク。私個人の意見としては今はまだ飲み頃ではなく、トップノーズから中域まではナチュラルな質感としっかりした旨味とミネラルで一瞬ラシーヌ輸入の健全な自然派ピノノワール?的な風味があり好印象だが、アフターが(渋いではなく)今は苦い。平川さん本人に質問したところ、1年後には溶け込んでバランスよく向上するだろうと考えているとのことでしたので、飲み頃は2021年7月以降~なのでしよう。ぜひ寝かせてからもう1回試してみたい。セラー温度~それより1~2度低いくらいの温度がベストだろうか。紫色のないとても明るいルビー色で外観だけだとロゼワインだと思ってしまう方もいるでしょう。ゴマ、閉じた赤い実の果実、唐辛子、赤パプリカなどのまだわずかに還元的な香り。酸は低くなくパンチのある苦みコクからアーモンドのような戻り香が持続する。抜栓の次の日は向上なし。抜栓の2日後に苦みが少し溶け込んで旨味が前に出てきた。この状態なら飲み頃と言える。抜栓の3日後もおいしい。亜硫酸無添加でもまったく落ちない」

アルコール12%

無補糖、樽内MLF、ノンフィルター、
亜硫酸無添加(収穫から瓶つめまでSO2無添加のワインとなります。)

注意点
酵母は醗酵期間中に硫黄系化合物を排出するため、裏ラベルには、亜硫酸塩の表記があります。

’19のみの内容で、生産量わずか1,020本のみ!!!

品種非公開で、本来であれば素晴らしい赤ワインができる予定だったのですが、タンクの中でマセラシオンを継続できない事情が生じ、7日後にプレスがけとなりました(本来は40日ほどのマセラシオンを予定)。
フリーランはブルゴーニュの3年目の樽で7ヶ月熟成し、無濾過で瓶つめしています。SO2の添加はないため、できる限り一定の温度での保管をお願いします。
ロゼワインよりかは濃く、できる限り軽い赤ワインを目指しましたが、自社の南斜面の区画の個性が上回り、ワインの余韻の長さは有す、独自のスタイルです。
味わいのバランスはよく、ブルゴーニュワインの酒質に近いと考えています。
道の半ばで、ロゼワインを目指すことになり、最終的には赤ワインの酒質に達しましたが、色調は完全な赤ワインではなく、セカンドワインに格下げして、「ア・ラ・ミシュマン=道の途中」と名付けました。

2019産黒ブドウ100%。熟度の高い健全果のみを選りすぐり、丹精込めて醸造した2019年限定のワインです。手作業で梗を取り除き、7日間の短期のマセラシオン、無補糖、7ヶ月間の樽熟成(3年目のフレンチオーク、乳酸菌の添加なしの樽内MLF、7ヶ月間澱引きなし)を経て生まれました。淡めのルージュ、清澄剤未使用、醗酵から瓶詰時の亜硫酸無添加、ノンフィルターにて瓶詰しています。(この商品はヴァラエタルワインを目指していません。品種名の明記は致しておりません。)

料理との相性:お寿司、魚のカルパッチョ、鶏肉のハーブ焼き、鴨のベリーソース、仔羊のロースト、牛肉のサラダ仕立て



平川さんがソムリエの道からワイン造りの道へ進むことを決意したのは
余市産ケルナーのポテンシャルの高さに魅せられたことがきっかけなのです!!!


1/8(金)アップ~蔵出しムーラン・ディッサン’15再入荷

エマニュエル・クルーズ氏が大幅に品質を上げた!





 





リュット・レゾネを実践

中世のボルドーがギュイエンヌ州と呼ばれ、イギリス領であった時代(12世紀)の文献にも登場する程由緒正しきシャトー。その後幾多の所有者の変遷を経て1855年には名誉ある第3級の格付けを得るに至りました。所有する30haの畑はAOCマルゴーに適したCS65%ME35%の品種を栽培し、現代的な醸造方法で醗酵を行い新樽約50%にて18ヶ月間樽熟成を実施します。

近年は品質向上著しくマルゴーの中でも屈指のシャトーとして数えられている。香り高く、エレガントでしなやかな果実味が特徴。非常にバランスの良い味わい。

現在左岸で活躍のエリック・ボワスノ氏がコンサルタントを務めている事もこのシャトーの品質の向上に一役買っています。エリック・ボワスノ氏はラフィット、ラトゥール、マルゴーといった超一流シャトーをコンサルタントするボルドー最高の醸造コンサルタントです。コンサルタントの哲学を押し付けるやり方ではなく、それぞれのシャトーの哲学を尊重し、より良くすることをモットーとしているため、各シャトーの個性が存分に発揮されたワイン造りができると高く評価されています。

1994年には3代目オーナーとなるエマニュエル・クルーズ氏がシャトーに加わり、翌95年から大規模な投資を敢行。才能溢れる彼の手によって、
<セカンドワインの導入、畑の排水性の向上など>

シャトーは瞬く間にかつての輝きを取り戻し、毎年ワイン・アドヴォケイトやスペクテーターなどの評価誌でも高く評価されるようになりました。2013年からは資産家であるジャッキー・ロレンヅェッティ氏が共同所有者に名を連ねています。
(輸入元資料より)



≪著作権について≫
当ホームページに掲載している著作物(文章・画像)にかかる著作権は、㈱ワインの店いとう もしくは、情報提供していただいた提供元に帰属します。
当ホームページで掲載している情報・文章・画像などのデータについては、権利者の許可なく複製・転用することを固く禁止します。

Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp