新入荷ワイン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


超限定ブルゴーニュ(3/20火アップ)

おすすめスパークリング(7/4水)

オリーブオイル、食後酒(4/11アップ)

※誠に恐れ入りますが、長期キープをお断りさせていただいております。




  クール便の場合に限り重量制限の為、1箱10本までとなります。



※在庫確認~メール、FAXの返信に少しお時間をいただきます。

キープの短いご注文を優先させていただく場合がございます。


クール便の場合の計10本以上お買いあげにて対象商品5%OFFサーヴィス終了 → ドライ便で計12本以上の場合のみ適応継続とさせていただきます → 電気代や梱包資材、クール代等の値上がりなどあらゆるコストアップでそろそろ止めざるを得なくなりそうです、、、

ドライ便指定で、もし吹きこぼれや熱劣化などあった場合、当店もヤマト運輸さんも一切保証できません





ちょっと店頭が忙しくHPをやっている時間が全然とれなかったため一気にアップすることになってしまいました、、、





必ず下記ご注文の際の諸注意をよくお読みいただきました上で、ご注文お願い致します。

今回いただきましたご注文への返信第1弾は、7/18(水)夜までに行わせていただきますので、
お電話でのお問い合わせは、ご遠慮くださいませ。

<1通のメールで確定いただけますお客様を優先させていただきます。>
ご来店いただけます場合も、すぐにお出しできない状況の時が多くかなりお待たせしてしまうかもしれませんので、出来るだけ事前にお教えくださいませ。

今回は、7/30(月)着指定までの設定のみ受注させていただきます。
また、キープの短いご注文を優先させていただきます。

規定を満たしているご注文のみ受注させていただきます。

完売のご連絡をすることが多くなってしまうかもしれません。







7/15(日)アップ~蔵出しドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット’15’13

北海道初上陸!スペインやローヌだけではなく、南フランスにもまるでピノノワールのような超お買い得品がまだ探せば見つかります!








 


ブルゴーニュの「ダヴィド・デュバン氏」からの紹介で当店の恩人が輸入開始したラングドックは2014年に認められた新しいアペラシオン『テラス・デュ・ラルザック』を中心に涼しげエレガント&ミネラリーで中心の味付きはしっかり、まるでブルゴーニュのピノノワールのような香りとバランス、驚きの味わい!
いまさらながら南フランスがすべて暑くて完熟濃厚なわけではありません

実は去年から店頭限定で好評販売中ですが、HPに載せるのはこれが初!

Obviously a cool climete, surprisingly elegant texture.

ユーロリーフあり!




Les vins du Pas de l'Escalette, Les Clapas Rouge 2015
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、レ・クラパス・ルージュ’15

7月限定お試し特価・税別¥3000



税別¥3500

<あと8本>絶対おすすめ!

ジャンシス・ロビンソン16.5/20点!

パーカー88点(2017~2022年、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター・オンライン88点(NOW~2022年)


MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

16本完売。

「2017.9月に飲みました。最初に飲むなら絶対これ!個性とスタイルが素晴らしい上に、いかにも有機栽培で涼しい畑の強いミネラルが縦に伸びる味。縁が紫がかったやや濃いルビー色。ガリグ、黒蜜、黒胡椒、スミレ、ミネラルなどの重くないよい香り。透明感のあるピュアな全体像、エネルギーのある果実、酸とミネラル、うまみが豊富で、重心が低くなく、アフターの抜けが良い本来のエレガンスがあるシラー。特にアフターにしっかり残るミネラル感にはインパクトがあり、驚くほど上質!ブルゴーニュ愛好家におすすめしたいランドック。よくまだ無名でこれほどの造り手を探せたものですね。コンディションも素晴らしく、さすがソシエテ・サカグチ・セレクション!!!」

アルコール13.5%

粘土石灰質土壌

標高350m

石を積み上げた壁、クラパスを連想させるミネラル感を 表現した赤ワイン。シラー50%、カリニャン30%、 グルナッシュ20%のブレンド。シラーが果実や花のアロマを、 カリニャンの古木がフレッシュさを、グルナッシュが 豊満さをもたらす。

非常に濃いガーネット。ブラックペッパーやリコリスのような スパイシーな香りと、成熟したブラックチェリーのフレーバーが 心地よく調和する。充実した果実味と共にタイトに引き締まった酸味。中盤から広がるスパイシーなタッチ。 味わいの骨格を成す強いミネラル感と滑らかなタンニン。 上質な地中海ワインの要素が詰まったキュヴェ。




Domaine du Pas de l'Escalette, Le Grand Pas 2015
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、ル・グラン・パ’15

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥5400

<あと12本>超限定品!

デカンター・オンライン92点!(2018~2022年)
世界のグルナッシュ特集で上位に選出される!!!

ジャンシス・ロビンソン17/20点!

パーカー90点(2017~2023年、ワイン・アドヴォケイト230号)


MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラスさらにクー・ド・ラネ!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

アルコール13.5%




Domaine du Pas de l'Escalette, Le Grand Pas 2013
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、ル・グラン・パ’13

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥5200

<あと2本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

MVF(旧クラスマン)2016年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

「2017.9月に’13を飲みました。上級品になればなるほど凝縮感が増して重くなるというのはもう古いというか必ずしもそうとは限らない。このワインはさらに塩味が強くなり、テンションが上がり、エレガント&ミネラリーを極めている系の赤い実の果実。上質なブルゴーニュのような美しさがあり、素晴らしい個性と余韻!びっくりするくらいおいしく、ピュアで透明感とフィネスがあり、みずみずしく冷涼でうまみとミネラルに溢れる艶々なめらかさにやられました~!やさしさと複雑性が絶妙で骨格と余韻もあります。コンディションも素晴らしく、さすがソシエテ・サカグチ・セレクション!!!」

アルコール13.5%

ふたりのラングドックにおける冒険を象徴するワイン。 毎年、決まったレシピはなく、直感によって造られるが、 主体はグルナッシュ。それにカリニャンとシラーが ブレンドされ、グルナッシュの豊かな果実味に、高い標高がもたらすフィネス。

非常に濃いガーネット。完熟したプラムやブラックベリーの 香りが強いが、ペッパーやシナモンのようなスパーシーな 芳香が良いアクセントになっている。テロワールに由来するミネラルのニュアンスが強くあり豊かな表現力を持つワイン。 豊かな果実味が広がり柔らかなタンニンが心地よく、 フィニッシュにスパイスとミネラルのニュアンスを綺麗に留めて行く




2014年にAOCとして認められたばかりのテラス・デュ・ラルザック。2003年、 ここにドメーヌを設立したのがジュリアン・ゾルノットとデルフィーヌ・ルソーのカップルだ。ジュリアンはロワールのアンリ・ペレで長年奉公ののちに独立。南仏ラングドックを新天地として選んだ。 「パ・ド・レスカレット」はエロー県の北部、地中海とラルザック盆地を結ぶ、巡礼路の途中になる切り立った山道のこと。ドメーヌはその近く、標高350メートルの高台に位置し、総面積20ヘクタールのブドウ畑は40を超えるテラスに分散している。

マサル・セレクションで新しく植えた区画を除き、栽培されているのは樹齢50年以上の古木である。 栽培品種は赤がグルナッシュ、カリニャン、シラー、サンソー、白がカリニャン・ブラン、 テレ・ブレ、グルナッシュ・ブラン、グルナッシュ・グリ。 ブドウ畑はこの地方で「クラパス」と呼ばれる石を積み上げた壁で囲われ、ラルザック盆地の水源のおかげで干魃からも守られている。土壌は水はけの良い粘土石灰質。昼夜の寒暖差は大きく、ブドウはゆっくりと成熟して芳香成分を形成すると同時に、南仏の太陽を受けても過熟から免れ、フレッシュさと緊張感を伴う果実味を得ることができる。

またブドウ栽培においては自然を尊重し、生物多様性を守りつつ、ビオロジック なアプローチをとる。ロゼを唯一の例外として、ほかのワインはすべてビオロジックの認証済みだ。 ドメーヌの造るワインは赤も白も、多くのラングドックにありがちな過熟感や重たるさは少しもなく、じつに果実味と酸味のバランスがとれ、タイト感さえ感じられ る。ブラインドでテイスティングしたら、品種がまったく異なるにもかかわらず、一瞬、 ブルゴーニュと錯覚を覚えるほどのエレガントなスタイルだ。 ラングドックは重く、粗野なワインばかり…と飲まず嫌いな方にこそぜひお試しいただきたい、上品で冷涼感を備えたワインである。

扱いのある3つ星レストラン
ミッシェル・ブラス、ピエール・ガニェール、オーベルジュ・デュ・ヴュー・ピュイ
アストランス、フラコン・ド・セル、アン・ソフィー・ピック
(輸入元資料より)



 

7/15(日)アップ~蔵出しペロ・バトーNV

北海道初上陸!今はまだ無名ですが、高品質かつお買い得!








 


サロン・ドゥラモット社長の紹介で当店の恩人が輸入開始したRMシャンパーニュ。サロン醸造担当者の妻が運営している。

実は去年から店頭限定で好評販売中ですが、HPに載せるのはこれが初!




Perrot-Batteux & Filles, Champagne Cuvee Helixe 1er Cru Brut Blanc de Blancs NV

ペロ・バトー、シャンパーニュ・<キュヴェ・エリックス>ブランドブラン・プルミエクリュ・ブリュットNV

8月末までお試し特価・税別¥4700



税別¥5200

<あと5本>おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

37本完売。

「2017.11月初旬に飲みました(実は2回目)。リザーブ・ワインの影響か、中身が若すぎず、尖っていない美しい酸と見事なバランス。やや明るい~中程度のイエロー。ミツリンゴ、ベリー、ナッツ、ごくわずかにスモーク、ミネラルなどの香り。泡の質がよく、重さと深みはすごくはないが、ずっと飲み続けていられる杯が進むタイプ。一見あとほんの少しドサージュ少なくてもよいかも?とも思うが、緩くないしこれが完成度高いという造り手側のジャッジなのでしょう。入手難でまだ全く無名で高品質」

アルコール%

ぺロ・バトー・エ・フィーユの名刺代わりであるこのキュヴェは、 過去2 、3 年のリザーヴワインをアッサンブラージュすることで、 毎年一定のスタイルを貫いている。瓶内熟成期間は3~4 年。 ブリュットでもドザージュは8g/L と控えめ。

グリーンがかった明るいイエロー。細やかな気泡がゆっくりと立ち上る。 シトラス系の香りと共に鮮烈なミネラルのニュアンスがあり、 味わいはドライで豊かな酸味が優しい果実美と調和する。 シャルドネの美点をピュアに表現したシャンパーニュ。




Perrot-Batteux & Filles, Champagne Cuvee Helixe 1er Cru <Vieilles Vignes Extra Brut> Blanc de Blancs NV

ペロ・バトー、シャンパーニュ<キュヴェ・エリックス・ヴィエイユ・ヴィー二ュ>ブランドブラン・プルミエクリュ・エクストラブリュットNV

8月末までお試し特価・税別¥7500



税別¥8000

<あと10本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

26本完売。

「2017.11月に飲みました。見せかけだけの濃厚さとは真逆の美しいバランスのまま味とミネラルはよく凝縮している。みずみずしい黄リンゴ、黄色い花、ミネラルなどのオイリーさもあるピュアなよい香り。樽はまったく強く感じずよく溶け込み、傑出したバランス感で、塩ミネラルも感じられる余韻が長く完成され、必ずしもグランクリュ100%ではなくてもここまでおいしく出来るものなのか!と驚きがあります。絶対にもっと人気が出るべきまだ無名な銘柄。とか言っている間にすぐ手に入らなくなってしまうかも、、、さすがソシエテ・サカグチ・セレクション!!!」

アルコール%

樹齢の古い区画のシャルドネのみ用い、ベースワインの1/3を 小樽醸造。デゴルジュマン後のドザージュはわずか4g/Lの エクストラ・ブリュットに仕上げたメゾン最新のキュヴェ。 ピュアさに加え、複雑味が層のように重なった美食向け。

キラキラと輝く明るいイエローダイヤモンド。気泡は非常に細やかで ゆっくりと液面に立ち上る。ムースの様に細やかな気泡が口中に優しく 広がり、完熟したリンゴの香りを感じるが、甘味は無く非常にドライな印象。 ミネラル感が強くタイトに引き締まったエレガントなスタイル。




「シャンパーニュ・ペロ・バトー・エ・フィーユ」はコート・デ・ブラン南部ベル ジェール・レ・ヴェルテュ村にある小さなレコルタン・マニピュラン。プルミエ・クリュ に格付けされたこのベルジェール・レ・ヴェルテュ村に5ヘクタールのブドウ畑 を所有し、年に2万5000から3万本のシャンパーニュを生産している。

メゾンの歴史は1985年、ジェルベ・ペロがベルジェール・レ・ヴェルテュの圧搾場を購入したことに始まる。翌年からブドウの販売を始め、やがてシャンパーニュの自社生産に着手した。幸先の良いスタートを切ったものの、1999年に は事業の一時中断に追い込まれ、ペロ夫妻はブドウ栽培に専念。それから10年後 の2009年、夫妻のふたりの娘がメゾンに戻り、シャンパーニュ・ペロ・バトー・ エ・フィーユとして再スタートを切ったのだ。

今日、メゾンを仕切っているのはペロ夫妻の長女シンシア。彼女の夫が、メニル・シュール・オジェの名門「サロン・ドゥラモット」で醸造責任者の右腕として働いており、週末は嫁の実家であるペロ・バトーの醸造を手伝っているという。

ブドウ畑は白亜質の土壌をもち、南南東の斜面に位置する。栽培品種はコート・デ・ブランらしく95パーセンをシャルドネが占め、残る5パーセントはロゼに アッサンブラージュする赤ワイン用のピノ・ノワールだ。ブドウ栽培はいわゆる リュット・レゾネを採用し、年々環境に留意したブドウ栽培を心がけている。 すでに現在、殺虫剤はまったく使用していない。一方、醸造面では2013年 に施設を刷新。ベルジェール・レ・ヴェルテュのテロワールが表現された シャンパーニュ造りをつねに目指しているという。

シャンパーニュ・ペロ・バトー・エ・フィーユのラインナップは4種類のブラン・ド・ブランとロゼ。キュヴェ名の「Helixe(エリックス)」はギリシア語で「螺旋」を意味し、ベルジェール・レ・ヴェルテュの石灰質土壌からしばしば発見される アンモナイトの化石を表している。

ブラン・ド・ブランはコート・デ・ブランならではのミネラル感が顕著に表れている一方、果実味とのバランスがとれ、クリーミーなマウスフィール。またシャルドネをベースとしたロゼの完成度もすこぶる高く、チャーミングな赤い果実味とと もに、シャルドネがもたらすエレガントさが冴えわたる。
(輸入元資料より)


 

7/15(日)アップ~蔵出し特価アンリオ’06ミレジメ

蔵出しアンリオ’98アンシャンテルール


噛めるような果実味とエキス感、芳醇かつ複雑な味わい!




※下の画像は、アンシャンテルール’98の<新デザイン>オリジナルギフトBOXです。






 




2018年7月
醸造責任者ローラン・フレネ氏にまたセミナーでお会いできました

2014年7月
醸造責任者ローラン・フレネ氏、東アジア輸出担当の西山氏と和食との相性を見ながら、詳しい説明を伺いつつ一緒にお食事をする大変貴重な機会に恵まれました!感謝です!

【IWC Sparkling Winemaker of the Year 2015&2016 Laurent Fresnet!】

ロンドンで開催される「インターナショナルワインチャレンジ2015」で、アンリオの醸造責任者ローラン・フレネ氏がスパークリングワインメーカー オブ ザ イヤー2015年を受賞!!! 

さらに今年もスパークリングワインメーカー オブ ザ イヤー2016年を受賞!!!2年連続受賞となりました~!




Henriot, Champagne Brut '06

アンリオ、シャンパーニュ・ブリュット・ミレジメ’06

特価・税別¥8800



輸入元定価・税別¥10,800

<あと8本>

Wine Enthusiast 96点!!!
Now mature, this wine is rich and stylish. As it matures, it has developed a ripe yeast and toast character along with a beautiful patina of intense spice, and minerality along with great complexity.
The wine is fully ready, a great experience to drink now.
2018年1月試飲の最新評価

スペクテーター93点(NOW~2030年、2015年12月試飲)

バーガウンド・コム 91点

インターナショナルワインチャレンジ 2016トロフィーを受賞!
(ゴールド受賞の中で特に優れた銘柄)

デカンター・オンライン91点(2018~2026年、2017年10月試飲)
さらにBest sparkling wines of 2016: Five greats.

ゴーミヨ誌16/20点

Drinks Business Gold Medal受賞!

LATVIAN BEST WINE(Riga) Gold Medal受賞!


MVF(旧クラスマン)2017年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16.5/20点

リリース直後はまだ固く実力を発揮しきれていませんでしたが、それから2年以上経過~明らかに向上して今、素晴らしい状態です!

そのヴィンテージに収穫されたブドウのみを使用して造る、メゾンのスタイルとヴィンテージの個性が融合した逸品。エレガントで繊細ながらも、芯のしっかりとした力強さがあります。

上質なシャルドネ50%とエレガントなピノ・ノワール50%をブレンドし、アンリオのメゾンスタイルをしっかりと表現するヴィンテージのみリリース。6つの著名なグランクリュからブドウを厳選。

(マイィ・シャンパーニュ、ヴェルジー、ヴェルズネ、メニルシュールオジェ、アヴィズ、シュイィ)
ドサージュ:7g/l未満。




アンリオ、シャンパーニュ・ブリュット・ミレジメ’05

特価・税別¥8700

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷すると’06に移行&¥540値上がり致します。

パーカー92+点(2015~2025年、ワイン・アドヴォケイト197号)

インターナショナルワインセラー92点

スペクテーター90点(NOW~2016年)

バーガウンド・コム 91点

ゴーミヨ誌16/20点


Wine&Sprits誌 92点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版16/20点

MVF(旧クラスマン)2013年度版15/20グラス

いつもリリースから2~3年後にかなりおいしくなる銘柄ですので、現時点では新リリースの’06よりも明らかにおいしい!

「2014.7月に飲みました。予想以上に凝縮して芳醇でグラとポテンシャルがあり、まだ飲み頃の入り口に入ったばかりくらいの時期だと思われる。この銘柄から急に力強く、余韻が長くなる。数年前に飲んだ時はここまでの品質ではなかったと思いましたが、完全に見直しました(笑)和食と合わせる場合、肉か、スモークした魚くらいじゃないと負けてしまう 
~※輸入元さん主催のマリアージュ・イベントにて平成元年創業、銀座に店を構える本格江戸前鮨店『 鮨からく 』さまでトロとの相性が良かったそうです。このミレジメ’05の果実の甘みが広がり、トロの脂と醤油のしっかりした味わいとのマリアージュが楽しめます。後味にくる風味と醤油に共通する香ばしさも引き立ちます。」

アルコール12%

シャルドネ50%、ピノノワール50%

プルミエクリュとグランクリュのブドウを使用

6年の熟成を経てリリースされる

ドサージュ10グラム/リットル以下

Pour l’elaboration du Brut Millesime 2005, plus de 15 crus sont assembles dont la majorite proviennent de la
< Cote des Blancs et de la Montagne de Reims : Mesnil-sur-Oger, Avize, Chouilly, Mareuil-sur-Ay, Avenay, Verzy, Verzenay. >

『 上質なシャルドネと、エレガントなピノ ノワールにこだわった、アンリオのメゾンスタイルをしっかりと表現するヴィンテージのみリリース(’03は造ったが、’04はリリースなし)。シャンパーニュの土地・気候の中で、一族が守ってきたメゾンの伝統と、たゆまざる革新の両面が感じられるキュベと言えるでしょう。

天候:乾燥して寒さの厳しい冬のおかげで、ブドウの木はしっかりと休息できた。春は穏やかで、発芽、開花は平年通り起こった。初夏に雨が多く、貴腐化やベト病の影響でブドウの生育は少し遅れたが、その後の成熟は8月末まで順調に進んだ。 9月頭に雨が降ったが、その後高品質を保証するような天候が続き、9月9日に収穫開始。ブドウは健全に熟し、良いワインを生み出す条件が揃っていた。 (輸入元資料より) 』





アンリオ、シャンパーニュ・キュヴェ・デ・アンシャンテルール・ブリュット’98

(750ml・NM・辛口白泡・オリジナルギフトBOX入り)


税別¥22000

<あと1本>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
輸入元在庫がすでに’05に移行済み

ワイナート68号 95点!(NOW~2030年)

パーカー93点(2011~2018年、Antonio Galloni、ワイン・アドヴォケイト197号)

インターナショナルワインセラー93点!

スペクテーター95点(NOW~2028年)


Wine&Sprits誌 94点!!!

バーガウンド・コム 92点

ゴーミヨ誌17/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版18/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版18/20点

MVF(旧クラスマン)2015年度版17.5/20グラス!

MVF(旧クラスマン)2013年度版16/20グラス

※ ギフトBOXのデザインが左上の画像に変わっております。

4年以上経過してかなりおいしくなっているはず!!!



「2014.7月に飲みました。輸入元さんでも大人気のミレジメ’05の後に飲みましたが、さらに芳醇でグラとポテンシャルがあり、まだ飲み頃の入り口に入ったばかりくらいの時期だと思われる。噛めるような果実味で厚みとエキス感があり、余韻も非常に長くやはりこの銘柄は別格!下位ラインナップのあっさりエレガントスタイルとは別次元の力強さ。黄桃、アプリコット、バタートースト、スモーク、洋ナシのコンポート、ナッツなどのよい香りで、トロっとした蜜のニュアンスはあと数年先に現れるとのこと。当然冷やしすぎないほうがおいしい。温度が常温近くまで上がってもまったくダレない。大抵の肉と合わせても負けないし、魚なら濃いソースかスモークしたものじゃないと負けてしまいそう」

ピノノワール50%、シャルドネ50%

6つの特級畑のブドウを使用

12年熟成を経てリリース

下位ラインナップのミレジメ’98が、 Wine Enthusiast 95点!!!


「アンシャンテルール」とは、カーヴでワインが発酵するのを見守る職人を意味する、古くからのシャンパーニュ地方の言葉です。


7/15(日)アップ~<※値上がり直前!>蔵出しJ・ラサール’07スペシャルクラブ

豊潤でキレもコクもある傑出した内容!




 



J.Lassalle, Champagne Special Club Brut '07

J・ラサール、シャンパーニュプルミエクリュ・スペシャル・クラブ・ブリュット’07

(オリジナル箱入り・RM・辛口泡白・750ml)


税別¥9700

<あと11本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 93点!

ジェームス・サックリング 93点!

ワイン&スピリッツ 誌94点!

VINOUS 92点(2017~2021年)

スペクテーター92点(NOW~2024年)


すでにお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

13本完売。
※再入荷すると¥3,240値上がり致します!

「2018.3月下旬に試飲しました。熟成感はまだそれほどないが、果実味豊かで、キレもコクも同時にあり、余韻が長くバランスが良い今のおいしさが結構すごい!出会った時期がよかったのでしょうか?明らかに価格を超える豊潤な味わい。ドサージュ少なくないが、キレがあるので余分な甘さ感じない。力のあるアンズ、蜜リンゴ、ベリー類、ナッツ、マッシュルーム、スパイスなどの香り。あと数年でよりオイリーなドライフルーツ気味の果実香+モカ・ムスクとなるのでは?」

アルコール12%

シャルドネ60%、ピノノワール40%

ドサージュ8~9グラム/リットル


スペシャルクラブとは?
まだ大手のシャンパーニュが大部分を占めていた1971年に、有力小規模ドメーヌのグループが、自らの畑と蔵から造り上げたシャンパーニュを広めるという共通目的として発足。現在26生産者が加盟する「クラブ・トレゾール・ド・シャンパーニュ」が認証するシャンパーニュで、すべて統一されたボトルとラベルで流通されます。それぞれの土地の個性を表現した優れた年のヴィンテージ・シャンパーニュのみを対象に、最低3年以上の瓶熟成を義務づけ、瓶詰前と発売前に委員会とエノロジストによる試飲検査に合格した者のみが販売を認められるため、その品質がしっかりと保証されたヴィンテージ・シャンパーニュとなっています。


7/15(日)アップ~蔵出しランドロンNV(別ラベル)

クラスマン2007年度版にて星なし→1つ星生産者に昇格しました!












ランドロン、オムニビュール・ブリュット・ナチュールNV

(フランス・ロワール・辛口白泡)


税別¥2350

<あと6本>絶対おすすめ!

※この1アイテムのみ木下商事輸入の蔵出し正規品
値上がりなし!

こちらはいまでもビオディナミのブドウを使用している

42本完売。

「2015.9月上旬に再度試飲しました。今回のロットも素晴らしい!やけにうまみとミネラルがあり、明らかにクラスを超えて余韻が長い。同時に試飲した他の低価格帯のシャンパーニュが霞んでしまったくらいです」



「2015.7月下旬に飲みました。夏はギィ・ボサールかランドロンを必ず飲まないと損をするということで(笑)若干スモ―キーなコクがありそうなトップノーズで、味わいのアタックにもややインパクトがありつつ、重心低め?と思ったらアフターは強いミネラルでわりとすっきりする。しっかり冷やしても、やや冷えでも非常においしい。酸はキレキレではなくちょうどよい感じ。意外なことに熟成の短い塩味の強過ぎない青カビチーズと相性が驚くほどよく、どちらも味わいが複雑で甘く変化する相乗効果があった。抜栓の次の日も非常においしい」



「2014.9月に試飲しました。3人で試飲して全員高評価でした!なんとレキュのボサール・トゥオーNVよりも今日はこちらの方がさらにおいしく感じられたくらいです。酸とミネラルの質が良いのは予想通りで、酸は低くないのに同時にまろやかな複雑性が感じられるのがすごいところ。やはり優れた造り手ですね。 ※基本的にヴァン・ムスー・アトモスフェール・ジョ・ランドロン(ミッシェル・トルメー・ラベル)・ブリュットNVと中身が同じらしいですが、ブドウ品種:フォルブランシュ=グロプランの別名ということを忘れていて、違うワインだと思って買ってしまったという(笑)でもロットの差なのか輸入元の差なのかわかりませんが味が違うと感じた(どちらもおいしい)ので結果オーライです」

アルコール12%

メトード・トラディショナル方式

フォルブランシュ80%(=グロプランの別名)、ピノノワール20%

樹齢28~35年

ビオディナミを実践

100%手摘み

ドサージュ・ゼロ


『親子代々のブドウ栽培者であるランドロン家は、ベルナールとジョゼフの兄弟が「シャトー・ド・ラ・カリズィエール」と「ドメーヌ・ド・ラ・ルーヴェトリー」のふたつの異なったドメーヌを共同で運営している。二人はともにテロワール狂でワインへの深い愛情に満ちたワインの理解者であり、低い剪定で収量を抑え土地の特性をとらえた各キュヴェを造っている。(輸入元資料より)』

100%手摘み、自然酵母のみ使用

2004年から補糖なし

エコセール認証あり、ビオロジー

ミッシェル・ベタンヌ3つ星(5つ星評価)生産者!

クラスマンにて毎年高い評価を得ている生産者

インターナショナルワインセラー2007年3月/4月号にて’04’05がミュスカデとしては異例の軒並み90点を獲得!


7/15(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)’15ドルトネスついに最後の再入荷!

ワイン・アドヴォケイト215号、ワインレポート等にて大絶賛されました~!

一貫して非常に強いミネラル!






 

 

 

 




<高齢と腰の痛みで、ギィ・ボサール氏がすでに引退>’15から彼の意思を引き継ぐ後継者フレデリック・ニジエ・ヴァン・エルクとなります。


ギィ・ボサールとの出会いは2003年の11月にシャンパーニュのジャック・セロスを訪れた時、アンセルム・セロスが「凄いミュスカデの生産者がいる。 彼のミュスカデはミュスカデの常識を遥かに超えたワインだ。」の一言から始まる。2004年11月にドメーヌ ド・レキュを訪問。 太い眉、大きな手、全身からみなぎるエネルギー、そしてワイン造りへの情熱に打たれた。
この腕で土を耕し、土壌の成分が透けて見える仕上がりの、正にビオディナミの手本となる味わいのワインを生み出している。
2012年、ギィの意志を受け継ぐフレデリック・ニジエ・ヴァン・エルクがドメーヌに入り、ドメーヌの更なる進化が期待される。
(輸入元資料より)




ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・エクスプレッション・ドルトネス’15

(ロワール・辛口白)

税別¥2350

<あと18本>

VINOUS 91点(2017~2022年)

MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

174本完売!!!~※ついに’15再入荷不可能となりました!
なにやらこの銘柄自体が終売となる可能性が高いそうです、、、

アルコール12%

’14 Wine Enthusiast 92点!

’14 MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

ドルトネスは30cm程の表土の下にオルトネス(正片麻岩)の地層を持つ葡萄畑で栽培された葡萄を使ったワイン。ビオディナミを実施することにより健全な土壌に根を張った葡萄は地中のミネラルを吸い上げ土壌の味わいをワインに表現することができる。これこそテロワールを名乗れるワインである。醸造・醗酵は通常のミュスカデと同様。
(輸入元資料より)




キャップシールの色が金色→銀色に変わりました。




ドメーヌ・ド・レキュ、ボサール・テュオ・ヴァン・ムスー・ド・ロワール・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)

税別¥2350

<あと7本>絶対おすすめ!

生産者:フレッド・ニジェ・ヴァン・エルク fred Niger van Herck

フレッドさん作になってからもお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいております!

「2017.正月に飲みました。フレッド・ニジェ・ヴァン・エルクさんになってからもやはりおいしく非常に強いミネラル。変わってから間もないこともあるかもしれませんが、今までと全く違和感なく非常においしく楽しめるよい出来。やや厚みのある果実、キレキレではないが低くない酸、トップノーズからアフターまでミネラルが強く、温度が結構上がってもダレない。大抵の寿司が生臭くならないし、和食にも幅広く対応可能」

アルコール12%

ラベルの楽譜はギィが愛するモーツアルトの歌劇「後宮からの誘拐」の最終楽章。

大体グロ・プラン40%、シャルドネ30%、ミュスカデ15%、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フラン あわせて15%


ミュスカデとグロプラン最高の生産者のひとり!

なんと1972年からずっと有機農法

ビオディナミの象徴的な存在

デメテル認証ビオディナミ

DRC、クロドデュガなどと同じく馬で耕作

高い樹齢、手摘み、天然酵母のみ使用、SO2極少

クラスマン1つ星&Q/P(カリテプリ=お買い得!)マーク付き生産者

「ビオディナミの象徴的な存在(クラスマンより)」

1972年からオーガニックによる葡萄栽培を開始、1992年からビオディナミに転換

「土壌の成分が透けて見えるような仕上がり!これこそまさしくビオディナミの手本である。(クラスマンより)」


7/15(日)アップ~蔵出しシャトー・ド・ロレNV

リピーター続出!ワンランク上のお買い得クレマン!





品質はギィ・ボサール(レキュ)にまでは及ばないのですが、この使いやすい価格としてはかなりの品質で、驚異的なリピート率の高さとなっております~!!!




シャトー・ド・ロレ、クレマン・ド・ロワール・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)


税別¥1850

<あと13本>絶対おすすめ!

最新デカンター・オンライン91点!(2017.10月試飲)

リアルワインガイド42号旨安大賞!

デイヴ・マッキンタイアのおすすめスパークリング(ワシントンポスト)2ツ星


Wine&Sprits誌 88点(2013年4月試飲)

スぺクテーター・オンライン87点(2013年に試飲)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

アルコール12.5%

当店社長絶賛の1本!酸とミネラルにキレがあり、バランスよく、少し温度を上げると厚みとコクも出ます

1020本以上完売!!!

シュナンブラン100%

シレックスが混ざった粘土質土壌

『 リンゴや洋ナシのふくよかな香り。蜜リンゴを思わせるリッチな果実が細かな酸とミネラルに支えられたふくよかな味わいには、長期熟成による複雑さも備わっている。細かな泡が心地よい外交的なスタイルで、「リッチなクレマン」としてワシントンポストのおすすめスパークリングに選ばれた。(輸入元さんコメント) 』


『 ロワール左岸、トゥーレーヌ地区。トゥールとシノンのちょうど真ん中に位置するアゼ・ル・リドーは、 ロワール河の支流であるアンドル川沿いにあり、2000年以上ものワイン造りの歴史を持つ小さな町である。1856年、ボルドーのネゴシアンであるコルディエ家によりこの地に建造されたシャトー・ド・ロレは、1973年にシャンパーニュのドゥーツの手に渡り、シャトーの修復、畑の整備、シュナン・ブランの改植等が行われ、主にクレマン・ド・ロワールが造られていた。2002年にドゥーツの所有から離れた後もワイン造りは続けられていたが、当時シャトーのワインを試飲したシャンパーニュ出身の醸造家マリエル・アンリオンはこう確信したという。「このテロワールとシュナン・ブランの組み合わせならば、もっと質の高いクレマンを造ることができるはず」

ポメリーやボランジェ等シャンパーニュのグランメゾンで経験を積んだマリエルは、アゼ・ル・リドーにシャンパーニュと同じ製法で造られるクレマン・ド・ロワールの可能性を見出した。2004年に念願かなってシャトーと畑を取得すると、テロワールの表現に重点を置き、ブドウ栽培をリュット・レゾネに変更。化学肥料や化学薬品の使用を抑えるのはもちろん、シレックスが混ざった粘土質土壌からブドウの樹がミネラルをよりよく吸収できるよう、畑を耕して土を柔らかくし、また、芽かきにより収量も制限。ロワール河の影響を受けた温暖な準海洋性気候の下、ブドウが非常に良く熟す土地だが、シュナン・ブランのより純粋な表現にこだわる彼女はドサージュ量を少なくするため、糖度がのったブドウを得るべく周辺の生産者よりも収穫を遅くする等、工夫を凝らしている。

醸造においては、ベースワインの発酵にはステンレスタンクを使用。シュナン・ブランの魅力が詰まったピュアでシャープなクレマンを目指し、SO2の添加量を抑えるためワインと酸素の接触を避けるべく細心の注意を払っており、2008年にセラーを新設したおかげでこれを徹底することが可能となった。また、法定熟成期間の2倍の24ヶ月という熟成により、味わいの複雑さと共に酸化への抵抗力も備わった。

マリエルが見込んだシャトー・ド・ロレのクレマンの魅力は何と言っても、ブドウの熟度と質の高さを感じさせるシュナン・ブランならではの重量感と、シレックスのミネラルがもたらすフレッシュさ、ドライなキレ、そしてシャンパーニュ並みのガス圧の高さとキメ細やかな泡の持ちのよさである。初ヴィンテージは2004年とまだ若い生産者だが、畑のポテンシャルと造り手の手腕に疑いの余地はなく、ワシントンポストでは既におすすめスパークリングとして取り上げられている。 (輸入元資料より) 』


7/15(日)アップ~蔵出しプリンチピアーノ’15ランゲとバルベーラ

さらに貴重なバローロ・ボスカレート・バックヴィンテージも!

5/5(土)アップ~蔵出しプリンチピアーノ’15ドルチェット

今では昔のバローロ・ボーイズとは逆の個性重視・大樽熟成の方向性!


















ラシーヌ輸入の限定品!

化学肥料や除草剤、殺虫剤や防カビ剤を不使用
さらに現在では一部ビオディナミも導入している


プリンチピアーノは、「現代のクラシック」というべき高みに達しているにもかかわらず、常に進化の過程にあります。この地域でこれほどの将来性に富む生産者は、ほとんど思いつきません。しかも、あくまでも市場の受容性を考慮した価格は、品質からみると、とても良心的としか、言いようがありません。
このような多面的な意味で、まさしく比類を絶するプリンチピアーノこそ、ラシーヌにとって理想的な生産者であるだけでなく、ラシーヌの品質管理によって、その〈繊細優美な味わい〉を特徴とするワインの実力と個性がますます発揮される、と私たちは考えています。
(輸入元資料より抜粋)


今までのどのピエモンテとも違う輝きを放つ!その1
何故?これほどまでにタンニンが丸くエレガントで、エキスとミネラルは多いのか
それこそジャンシス・ロビンソン女史、ジョン・ボネ氏、Luis Gutierrez氏達が絶賛しそうなスタイルです。




Principiano Ferdinando, Barbera d’Alba Laura '15

プリンチピアーノ、バルベーラ・ダルバ・ラウラ’15

税別¥2500

<あと5本>絶対おすすめ!

「2018.5月中旬に飲みました。亜硫酸を最大限に減らすためにガスを残しているのかな?という印象。透明感ある香り、生きた酸と全体像なのでコンディションは抜群です。’15であっても酸が低くなく冷涼感とエレガンスがあり、ここの特徴の一つである酸化臭やマデラ風味がなく、全銘柄アルコールの浮きがゼロであることも、昔のピエモンテとは違う要素の一つ。新樽はどれもないか控えめ。やや艶のある果実、酸が尖っていないバルベラで、うまみとミネラルがかなり豊富な上に、わずかに縦伸びまであるので熟した年のよく出来たブルゴーニュ・ルージュ的に飲める。中域からアフターにかけての強烈なうまみの広がりは特筆もの!抜栓の次の日も非常においしい。非常に価値のある個性とスタイルでナチュラルな味わい」

アルコール13%


畑:ボスカレート(セッラルンガ)50%、モンタリアート(モンフォルテ・ダルバ)50%

平均樹齢:40年
普通の年で収量:60キンタル(搾汁率70%で42hl/ha)

醸造・熟成:20日間のマセレーションのあいだ、1日に2回のルモンタージュを行う。ステンレスタンクで10ヵ月間熟成。亜硫酸の添加はボトリング時のみ行う。

典型的な日常消費のバルベーラをつくりたかった。飲み心地がよく、アルコールが低い。果実味が美しくて特徴的な酸味がある。




Principiano Ferdinando, Langhe Rosso '15

プリンチピアーノ、ランゲ・ロッソ’15

税別¥2500

<あと32本>絶対おすすめ!

※’15は、再入荷不可能!

「2018.5月中旬に飲みました。抜栓直後からピュアでみずみずしくフルーティーで艶がある滑らかさの飲み頃NOW~。凡人には造れない超ハイセンス銘柄。やわらかいけど複雑で魅力的。フルーツ感たっぷりのアタック~口中に広がるうまみ成分でミネラルも豊富。タンニンの質が極めてよく、ほのかな甘みも感じられるが’15であっても酸が低くない良いバランス、クドさや重さはない傑出バランス。抜栓の2日後まで最高においしい。熟した年のよく出来たブルゴーニュ・ルージュ的に飲める。近年のバルトロ・マスカレッロを好きな方は、このワインもお好みだと思われます。非常に価値のある個性とスタイルでナチュラルな味わい」

アルコール13.5%

ネッビオーロ主体、バルベーラ、ドルチェット、フレイザのブレンド

樹齢40年以上

位置:標高300~400m、南~南西
土壌:粘土石灰土壌

ブドウ品種はそれぞれ分けて醸造し、瓶詰前にアッソンブラージュする。
品種やVTの個性よりも酸、果実味、タンニン、飲み心地の調和を目指す。





Principiano Ferdinando, Barolo Boscareto '09

プリンチピアーノ、バローロ・ボスカレート’09

税別¥13000

<あと5本>蔵出し超限定品!

VINOUS 94点!(2015~2024年、
Principiano's 2009 Barolo Boscareto is an excellent choice for drinking now and over the next handful of years, as the tannins are soft and the flavors show lovely overall complexity to match the radiant fruit of the vintage. Sweet red cherry, blood orange, cinnamon and vanillin are all nicely lifted throughout. The fruit is forward and ripe, while the wine's mid-weight structure is quite classic in feel, but it is the aromatics - not too dissimilar from those often found in neighboring Cascina Francia - that holds the most appeal. I don't expect the 2009 to be a long-term ager, but it sure is gorgeous right now.
2015年12月試飲)





Principiano Ferdinando, Barolo Boscareto '08

プリンチピアーノ、バローロ・ボスカレート’08

税別¥13000

<あと2本>蔵出し超限定品!

Wine Enthusiast 96点!!!
(2018~2038年、Cellar Selection!)





Principiano Ferdinando, Barolo Boscareto '07

プリンチピアーノ、バローロ・ボスカレート’07

税別¥12000

<あと9本>絶対おすすめ!
超限定品!

※’07は、再入荷不可能!

「2018.5月中旬に飲みました。こちらはすでに有機栽培~大樽熟成にはなっていても、ごく近年の作品とはまだ造りが違う時期だと思われます。オレンジピール・チョコレート、コアントロー、甘草、甘苦系+少し漢方系スパイス、ヨード、トリュフ、タバコ、ミントなどの熟成感あるよい香り。黒い実の果実で現時点でピノノワールっぽくはない。なめらかな粘性と甘苦さを感じる複雑性があり余韻長い。個性があり、今ではタンニンが溶け込んできて重すぎず、アルコールもコンディションが良いので表示程は高く感じない。飲み頃の入り口くらいだろうか?抜栓の次の日も非常においしい。やはり複雑で余韻が長い。抜栓の2日後は甘旨増して、高級バニュルス古酒系のニュアンス?出た」

アルコール15%

樹齢40年以上

位置:標高350m、南西向き
土壌:粘土石灰質
開放樽で40日以上のマセレーション
大樽で36か月熟成

カシーナ・フランチャのすぐ下にある非常に優れた畑

クラシック、モダン、ナチュラル。それぞれの世界を探求しつづけるフェルディナンドの考えをもっとも反映しているワイン。重厚だが、タニンはしなやか。後味のブルーの花を思わせる透明感は、年々増すばかり。
ボスカレートの畑は、銅も硫黄の散布もせずに、海藻やプロポリスによる畑の管理を実験的に始めた、最初の畑。



プリンチピアーノ家は、1900年代の初頭から、自分たちが所有する7haの畑でブドウ栽培にいそしんできた。カンティーナは、50年代に父アメリーコ・プリンチピアーノの手によって実現され、1993年から、息子である現当主、フェルディナンドが引き継いでいる。フェルディナンドはアメリーコから、畑でも、醸造面でも貴重な経験を得てきた。
 カヴィオラの指導のもと1993年から10年間、ロータリーファーメンターを使って、近代的なワインを造っていたが、伝統的なつくりのワインが持つ味わいの偉大さが理解できるようになるにつれ、2002年にまったく方向を変えることを決断した。2004年にロータリーファーメンターを売って大樽を購入し、その哲学と概念をあらためて定義しなおしている。醸造は、とりまく自然と地域環境の特徴を子細に反映させるためのものであると考え、そのために化学肥料や除草剤、殺虫剤、防カビ剤の使用を放棄するのを信条とした。2012年からは、最も重要な3haの畑ではボルドー液も硫黄も使用せず栽培している。

 高品質のワインを生み出すために、ブドウ畑が円熟していることが根本的な役割を果たす。プリンチピアーノ家が所有しているクリュのブドウの樹齢が40年から60年におよぶことを、誇りに思ってもいいのではないか。ブドウ樹1本あたりの収量を750gから最大でも1.5kgに抑えるため、間引きを進め、醸造もクラシックなスタイルとなった。サステイナブルで自然環境との調和をとるスタイルを実現するために、野生酵母で発酵することを好み、発酵時には温度管理も硫黄の添加も行わない。ルモンタージュはポンプを行わずに、手作業で行うことにした。SO2を使用するのはビン詰め時のみで、清澄も濾過も行わない。

 「幼いころ、家用に祖父が造っていたワインはタニックでなかった。私は、体に吸収されやすい、エキストラクトを強くしない、アルコール度数の低いかつてのスタイルを造りたい。美味しくて自然な味わいが信条だ。」「ワインはテイスティングするものでない。畑の中でバランスがとれていることが重要。今自分の信じる好きな方法で醸造でき、大変喜んでいる。昔はジャーナリストのために造っていたようなものだ。歴史を知れば知るほど、この地方の強い個性を理解できるようになった。」とは、フェルディナンドの言葉である。目指すスタイルは、骨格があり、優雅で、バランスよく、スムーズな口当たりで、飲み心地の良いワインと語る。
(生産者HPから一部抜粋、ラシーヌ合田女史によるインタビューで補足)


 

7/15(日)アップ~蔵出しバルトロ・マスカレッロ’12’11

マリア・テレーザさんによるナチュラルな赤い実果実の偉大なバローロ!



 




今までのどのピエモンテとも違う輝きを放つ!その2
最新技術、バリック、畑の拡大には興味がなく、自然の偉大さを表現するのみ。
イタリアではすでにリスペクトされまくっている最高の生産者の一人!




Bartolo Mascarello, Barolo '12 750ml

バルトロ・マスカレッロ、バローロ’12 750ml

税別¥13500

<あと10本>超限定品!

デカンター・オンライン95点!!!(2018~2032年)

パーカー94+点!(2018~2035年、ワイン・アドヴォケイト225号)

スペクテーター95点!(2022~2038年、Collectibles!)

最新VINOUS 95点!!!(2018~2037年、2018年1月試飲)

Wine Enthusiast 95点!!!

ファルスタッフ 98点!!!

ガンベロロッソ2017年度版 トレヴィッキエーリ!


ワイン王国105号『 すごい!イタリア全DOC103本 』にて宮嶋勲氏等にバランス感覚が秀逸なバローロと絶賛される!

※あと1回だけ再入荷が決まっております!

アルコール%




Bartolo Mascarello, Barolo '11 1500ml

バルトロ・マスカレッロ、バローロ’11
(マグナム・1500ml)


税別¥34000

<あと3本>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン93点!(2018~2033年)

パーカー94点!(2017~2035年、ワイン・アドヴォケイト219号)

スペクテーター93点(2018~2030年)

最新VINOUS 93+点!(2018~2041年、2015年3月試飲)

Wine Enthusiast 94点!

ファルスタッフ 95点!

ガンベロロッソ2016年度版 トレヴィッキエーリ!

エスプレッソ誌2016年度版 唯一の20/20満点!!!


※’11は、750ml、マグナムすべて再入荷不可能!

「2018.5月に750mlを飲みました。当店で4人で飲んで全員大絶賛だった至極の1本!伝統的な造りなのに野暮ったさや、ギスギス感やエグみがまったくない。なんと抜栓直後からもう飲めてしまうが、伸びしろと骨格、質感と余韻がすごい!まったくノーマークでしたが、いつの間にこんなに凄いワインを造っていたのか、、、どうやら世代交代でマリア・テレーザさんが当主となってからさらなる高みへ飛躍したようですので、ここも今、増えている女性醸造家(栽培も担当)ということになります。ただエレガントになったとかまるでピノノワールのような美しい赤い実の果実というだけではなく、ちゃんと味がしっかりして深みと骨格も同時にあるやさしくクリーンでエレガント。不快な酸化臭とアルコールの浮きがない。今時満足度を考えるとまだかなりお安く感じられるくらい偉大なワインだと感じた!これさえあれば高すぎるバローロを無理にセラーで20年寝かせて飲まなくても相当に楽しめますよ!バローロ全体の将来的な値上がりは、結構前から恐れられていますが、現地イタリアではこのワインはもう高すぎて飲めないというブルゴーニュ一流生産者と同じ現象が起きております、、、冗談抜きで今のうちに買っておくべき!」

アルコール14.5%

’14 デカンター・オンライン92点

’10 デカンター・オンライン95点!!!

1haのカンヌービ。0.38haずつのルーエとサン・ロレンツォ。1haのトリリオーネ(ラ・モッラ村)。ノンフィルター

このうえないピュアな印象の、愛らしくも力強い伝統的なバローロの典型。酒神バッカスが生み出す“自然の奇跡”。「バローロとは何か」を知ることができる。素直な香り立ちと心地よく広がるアルコールのボリュームと、尖りのない豊かなタンニンのバランスが素晴らしく良くエレガント。
(輸入元さんコメント)


有機栽培

土壌:粘土質、砂質

樹齢25年~70年 グイヨ

セメントタンク30~50日間醗酵
スラヴォニア産の大樽で30ヶ月樽熟成。1ヶ月瓶熟成
(輸入元資料より)


7/15(日)~蔵出し千歳ワイナリー’15ケルナー・スパークリング

入手難!去年も好評ですぐ完売でした~!

6/23(土)~蔵出し千歳ワイナリー’17KIMURA VINEYARD SHIRO
<初リリースの新商品!!!>

さらにピノノワール・プライベート・リザーブ’15も!

6/2(土)~蔵出し千歳ワイナリー’16ケルナー・プライベート・リザーブと
当たり年!レイト・ハーベスト・プライべート・リザーブ’14

ともにやっと待望の2ヴィンテージ目の入荷となりました~!

4/19(木)~蔵出し千歳ワイナリー’17ケルナー・辛口と甘口






実際にその場に立つと荘厳な雰囲気も感じられる木村農園さんの畑
畝(土壌)は有機栽培と聞きました、葉はレゾネということなのでしょう

ユドロ・バイエさんから話を聞いたときと同じく、ミネラルを最大限表現しようというアプローチというより、よいものを造ろうと努力したその結果としてミネラルを表現出来ているとのことでした






















※↑’16からスタンダードのケルナーがラベル変更
今後他の銘柄にもキムラ・ヴィンヤードの表記が入ってゆきます。




 





2015.7月下旬
やっと木村農園さんを訪問出来ました

ただでさえ広い畑を少人数で管理している上に、収穫が近付いてきて花カス落としや剪定作業で大忙しの中、木村幸司さん(さらに三澤社長と黒須さんにまで)に貴重な時間を割いていただきまして本当に恐縮です。ありがとうございました

(言うまでもなく千歳ワイナリーさんと木村農園さんにアポを取り、許可をもらっての公式訪問です)

<いろんな畑を見てきたベテランさん達がみんな言うのは、畑に入った時の感覚が重要とのことです!まだ畑を見る見聞色の覇気が足りない僕ですら感じるものがありました!>

フランスなどと違って、ぶどうの樹間が広い

実際に栽培を始めてみないと虫の被害とか、花ぶるいが何故かおこりやすい区画があったりなどデータだけではわからないことだらけだそうです。先人の皆さまが失敗を繰り返しながら諦めずに継続して努力し続けた成果!


契約栽培農家の木村農園さんは、かなりの栽培の達人らしく、北海道の真冬の樹へのダメージを最小限に留めることが出来ている(まっすぐ上ではなく、斜めに仕立てて、冬には本格的な降雪前に剪定作業を終えた後、樹を下向きにしならせて積もった雪の下で凍結ダメージを防ぎ越冬させる)ようで、農作物ですので天候次第、運次第の要素はあるものの、木村さんの力で樹齢の高い樹が生き残ることが出来ているようです。





日本の宝!厳しい冬を何度も乗り越えた樹齢30年以上のピノノワール
樹齢が高いとこんな太い樹になるんですね!
今後、この存在感、雰囲気が味わいにも反映されてくればすごいことになりそうです



近年の千歳ワイナリーさんは、品質の高さだけではなくその安定具合も抜群で、最初はおいしいと感じたが早期酸化がすごいとかボトル差が激しすぎるとか、
抜栓後の落ちが激しいとか揮発酸が出過ぎとか、スパークリングがあまりにも激しく吹きこぼれるとか現状の日本ワインにまだある欠点がありません。
でも毎年似た味すぎるとそれはそれで面白くないので、SHIROのチャレンジを含め今後も期待大ですね!




千歳ワイナリー、北ワイン・ケルナー・スパークリング’15

(北海道余市町・辛口白泡・750ml)


税別¥3149

<あと17本>超限定品!

※今回は本数制限なし。
すべての値引き対象外となります。

19本完売。

アルコール12%

木村農園さんのケルナー100%を瓶内二次醗酵

15ヶ月の瓶内熟成後にデゴルジュマン

3回目のリリースとなる辛口スパークリング
日本の泡は、おいしいものにあたったことがなかったが、イメージが変わったとの声多数あり!

’15の生産量:わずか670本のみ!!!




千歳ワイナリー、KIMURA VINEYARD <SHIRO> ’17

(北海道・余市町・辛口白・750ml)


税別¥3000

<あと12本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

2018/6/21 初リリースもの!
この銘柄を造り始めた事自体、まだ知らない方が多いと思われます!!!

38本完売。~※再入荷不可能!

「2018.6月下旬に試飲しました。スタンダードのケルナーより香りが弱いですが、この銘柄の美点は酸とミネラル・アフターにあると思います。まだ閉じ気味で骨格もあり、透明感があり、ピュアでわりとインパクトのあるうまみを伴う塩ミネラルが強い、キレのある辛口。美しく上質な酸。凝縮感と厚みは、ケルナー・プライベート・リザーブがすでにその分野の高みにある為、そちらにまかせておいて、この銘柄は違う方向性を表現しているのでぜひどちらも飲んでみるべきだと思います。アルザス、オーストリア好きにおすすめできるのはもちろん、サントーバン1級レミリーやムルソー1級ペリエールなどのと縦ラインの共通性?多少感じるのではないでしょうか。日本のワインにはまだ珍しいことに、はっきりと縦に伸びるアフターがあります。さすが木村農園さん日本の宝だなぁ~先駆者だなぁ~と感じること請け合い。個人的には、平川ワイナリーさんの『 Solitude Grande Cuvee 2017 』にも似ている方向性だと感じました」

木村農園の個性を追求
フリーランジュースのみで、プレスワインを加えない
補糖なしによって均一化させない造り

今しか手に入らない極小生産もの
’17は、500本程度しか造れなかったそうです
今後、輸出も考えているようです





千歳ワイナリー、北ワイン・ピノノワール・プライベート・リザーブ’15

(北海道余市町・辛口赤)


税別¥5800

<あと5本>超限定品!

おそらく飲み頃は2020年以降~
樽とタンニンのニュアンスが嫌いじゃなければ今飲んでも大丈夫です。
赤い実の果実、オレンジ、胡椒などの香りがちゃんとあり、酸の質もよい。

‘14 ワイナート87号 92点!(Jasper Morris MV)
‘14 ワイナート87号 89点(大橋健一 MV)

こちらも木村農園さんのピノノワールを使用
糖度だけに限らずあらゆるデータが特によかったピノノワールのみを使用

入手難、極小生産量





千歳ワイナリー、北ワイン・ケルナー甘口’17

(北海道余市町・やや甘口白・750ml)


税別¥2482

<あと12本>絶対おすすめ!
12本完売。超限定品!

「2018.5月初旬に飲みました。DIAM5コルク。アロマティック系白ワインはボトリング・ショック強そうですので、まだ香り変わると思います。今は、樽熟成していないソーヴィニヨンブランによくある香りが強めで、少し砂糖漬けにしたグレープフルーツなどの柑橘類、キウイ、芝生、ハーブに加えて、青いメロン、スモーク、マスカット、少しムスクなどのオイリーでごくわずかに還元的なニュアンスを含む香りも。香りの要素が強くて全部書いても意味がないくらい。味わいはまず凝縮感がありみずみずしくクリーンで、ややキレのある酸にいい感じでうまみ塩がのっており、冷やし過ぎない温度である程度の厚みも楽しめる。アフターはいつも通り塩っぽく清涼感も残すバランスのよいやや甘口。骨格に緩みがなく、背骨がありGood Tension。熟成で今後オイリーなムスクが前面に出そうな予感があるので、飲み頃NOW~だけど熟成ポテンシャルもあると思う。さすが安定して高品質なワインを造り続けている安心と信頼のブランド。抜栓の次の日も非常においしい。カール・エルベスのシュペトレーゼがお好みの方でも違和感なく楽しめるだろうなぁという上質な酸味と甘み。ということは普通に世界で勝負できる価格以上のワインということ!抜栓の2日後よく冷やしてみたが非常においしい。複雑なマスカットの香り主体となる。甘みと酸味のバランスが絶妙。抜栓の3日後は飲む時間なかった、、、抜栓の4日後もほとんど落ちていない。今度はライチの香り主体」

北海道余市町登地区 木村農園
収穫:2017 年 11 月 2 日
醸造地:北海道千歳市 千歳ワイナリー
醸造法:タンク発酵・タンク熟成(約 2 ヶ月)
アルコール度数: 10%

’17の生産本数:わずか720本のみ!

’17は、糖度23.4度まで上がった年

秋の天候に恵まれた 2017 年は 11 月 2 日まで収穫を待って遅摘みしたケルナーを得ることができました。 酸味と甘味のバランスに優れたほどよい甘さの甘口ワインに仕上がっております。

※レイトハーベスト・プライベートリザーブとの違いは?

千歳ワイナリーさん自社基準で
糖度25度を超えないとレイトハーベストを名乗らない(滅多に造れない)
長めに熟成させた後リリースするものしかプライベートリザーブを名乗らない
ということです。
だから必ずしも格下の銘柄ということではなく、あくまでも甘さと酸味のバランスが重要なのでしょう。この’17は自信作で熟成も可能なやや甘口とのこと。




千歳ワイナリー、北ワイン・ケルナー’17

(北海道余市町・辛口白・750ml)


税別¥2250

<あと3本>絶対おすすめ!

※なんともう再入荷不可能!

「2018.6月下旬に試飲しました。例年よりわずかにキレがあるくらいで、相変わらず価格を超えた高い品質。皮を含む柑橘類に樽熟成していないソーヴィニヨンブランにも似たややオイリーなインパクトのあるよい香りから時間とともにキウイ、ムスク、フルーツガム等も出てくる。果実味とうっすら塩ミネラルがあり、余韻もまったく短くないよい出来」

北海道余市町登地区 木村農園
収穫:2017 年 10 月 17・18 日、11 月 1・2 日
醸造地:北海道千歳市 千歳ワイナリー
醸造法:タンク発酵・タンク熟成(約 4 ヶ月)
アルコール度数: 12.5%

’17の生産本数:5,318本

2017 年の余市町木村農園は盛夏から収穫期の天候に恵まれて病果が非常に少ない年となりました。 ケルナーが持つ華やか且つ上品な品種香を繊細に表現できた年となったように感じます。
しかしながら、開花時期の 6 月には降雨による花ぶるいに見舞われたため、ここ数年の中でも最も収穫量の少 ない年となっております。




千歳ワイナリー、北ワイン・ケルナー・プライベート・リザーヴ’16

(北海道・余市町・辛口白・750ml)


税別¥3500

<あと10本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

14本完売。

「2018.6月下旬に試飲しました。およそ日本のワインとは思われないほど凝縮してオイリーさもあり重心がスタンダードのケルナーよりも低い。こちらは酸よりも厚みと凝縮感があるタイプ。色は明るいが、味はかなり凝縮しているので冷やし過ぎないほうがおいしい。樽ではないスモーキーさがうっすらあり、SHIROとは違う意味で海外のワイン通を驚かせることが出来そう」

アルコール13%

樽熟成はしていません

糖度が上がった当たり年ならではの試み!
条件が揃わないと造れないであろう銘柄です。

2016 年の余市町木村農園は初夏の低温による花ぶるいに見舞われたため収量の少ない年となりましたが、秋の天候に恵まれて病果が非常に少なく熟度の高いケルナーを収穫することができました。
ケルナー 2016 プライベートリザーブは、通常のケルナー 2016 と比べて収穫期を 10 日程度遅らせて収穫した遅摘みのケルナーを凝縮感が感じられる辛口に仕上げました。さらにワイナリー石蔵内で 1 年間保管して熟成させた特別なロットとなっております。

わずか1220本のみの生産!

やっと待望の2度目の入荷となった超限定品!




千歳ワイナリー、北ワイン・ケルナー・レイトハーベスト・プライベートリザーブ’14

(ハーフ・375ml・甘口白)


税別¥2250

<あと13本>超限定品!

アルコール10.5%

当たり年!

11本完売。

天候に恵まれた2014年の余市町木村農園は糖度25度を越える熟度の高いケルナーを収穫することが適いました。高い糖度と豊かな酸を含んだ北海道の遅摘みケルナーは、熟成に対して高いポテンシャルを持っていると考えます。ケルナーレイトハーベスト 2014 プライベートリザーブはより濃密で複雑な味わいを引き出すため、 ワイナリー石蔵内で数年間保管して熟成させた特別なロットです。

わずか1504本のみの生産!

やっと待望の2度目の入荷となった超限定品!

「2014.5月初旬に’10を飲みました。まだごくわずかに緑がかったやや濃いイエロー。この価格帯の国産の甘口としては凝縮感と粘性と少しの複雑性がありなかなか高品質。酸も低くなくよいバランスの優しい甘口。アフターにはリンゴの皮のようなわずかなキメ細かい苦みを伴い心地よい。カリン、アプリコット、リンゴジャムなどの香りでまだ現時点ではペトロール香やオイリーなニュアンスは少ししか感じられない。~戻り香にはアプリコット、花、蜜、オレンジマーマレードなどの風味が予想よりも長く残る。抜栓の2日後までおいしい。まだ少し熟成による向上が期待できる」

北海道のケルナーの一つの可能性 本格甘口タイプ

プライベートリザーブ
糖度が高く、酸を多く含んだケルナーのレイトハーベストを使用した甘口は熟成に対しても高い可能性を示しております。熟成を経た、より濃密で複雑な味わいを引き出すために数年間出荷せずに保管していた特別ロットとなります。また、少しずつ強まってきている熟成由来のペトロールのキャラクターはリースリング系の品種としての存在感を改めて表現しています。



『 余市町の契約栽培家、木村氏が垣根方式で栽培した完熟ケルナーを使用しました。ケルナー種ならではの芳醇な香りを生かしつつ、数か月間シュール・リー状態にすることにより、味わいに厚みのある辛口の白ワインに仕上げました。色合いは輝きある澄んだイエロー。青リンゴ、ライム、ハーブなどの清々しい香りとオイルなど品種特有の熟成香を感じます。すっきりとした酸味と芳醇な香りからコクのある深い味わいをお楽しみ下さい。

~千歳ワイナリーは1988年の創業来、ワイン造り一筋に歩んできました。 北の大地が育てた芳醇で果実味豊かなワインを醸しています。北海道の大切な文化でもある石蔵造りのワイナリーです。(ワイナリーによるコメント) 』


北海道中央葡萄酒 株式会社

北海道千歳市高台1丁目7番地


1988年 中央葡萄酒㈱の第2ワイナリーとして北海道千歳市で製造開始

2011年 中央葡萄酒㈱から北海道中央葡萄酒株式会社千歳ワイナリーに改称


7/15(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ルー・デュモン’17話題のマルサネ・ロゼ

さらにオレンジラベルのマルサネ・ビオ’14、ブルゴーニュ’14赤白、ブルゴーニュ’13赤

5/25(金)アップ~蔵出しルー・デュモン’15おそらく最後の再入荷!

もうそろそろブームが落ち着くと思ったら、まだ全然買えませんでした、、、

リアルワインガイド61号にて絶賛される!

近年、少しずつ進化しております!


リアルワインガイド61号、57号、53号、49号、45号、41号、37号にて高評価される!


















 





※ついにNHK『 プロフェッショナル仕事の流儀 』に
NHK総合 2018年 18日(月)
仲田さんが出ました!!!




2018.1.22(月)仲田さん来札にて再びお会いできました!


2016.1.25(月)仲田さん来札にて再びお会いできました!

少し質感が変わってきた&おいしくなってきたと感じていろいろ聞いてみました。

全房発酵比率を少しずつ増やしている。有機栽培やビオディナミのブドウを使用する比率が増えてきている。仲田さん自身の好みも年齢とともに重すぎないエレガントでナチュラルなものに変わってきているということも理由の一つのようです。。そして奥様(ジェ・ファさん)が韓国の方であることもあり、韓国への輸出も多く大変な人気だそうで、今後自社畑をさらに買えるといいですね!



2014.12.1(月)仲田さん来札にてやっとお会いできました!

’11の出来がとてもよく、ヴィンテージのマイナス面がまったく感じられませんでした。ブルゴーニュでの栽培者等との信頼関係もまったく問題ないようです

’11は生産量例年の約20%減

’12は生産量例年の約40%減

リアルワインガイド49号にて’12が高評価される!

リアルワインガイド45号にて’11が高評価される!

ブドウ買いのネゴシアンもの(オレンジラベル)は、基本的に毎年同じ畑(区画)のブドウを購入している

先日ご来店いただきました韓国のお客様曰く、
『 ルー・デュモンは、韓国でも人気があり非常に有名だ。何度も飲んだことがある。おいしいよね! 』
とのことでした。嬉しいですね

’12から急に輸入元さんの在庫の動きが早くなっております!




Domaine Lou Dumont, Marsannay Rose En Leautier '17

ドメーヌ・ルー・デュモン、マルサネ・ロゼ・アン・ローティエ’17

(ブルゴーニュ・辛口・ロゼ)


税別¥7700

<売り切れ>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
他のルー・デュモンを2本以上お買い求めくださいませ。
すべての値引き対象外となります。

アルコール12.5%

まさにテレビNHK『 プロフェッショナル仕事の流儀 』で話題となった
最後にロゼとして仕上げることを英断した銘柄です!!!
’18からは赤ワインとしてのリリースが濃厚

ドメーヌものですので、マルサネ・アン・コンブロー・ルージュとは違う畑です。

ユーロリーフあり!

2016年12月に購入した自社畑「アン・ローティエ」のピノ・ノワール100%。0.43ha。1983年植樹。前オーナー時代の2005年よりビオロジー栽培を開始し、2017年に「ビュロー・ヴェリタス」の認証を取得。収穫量30hl/ha。除梗率50%。4時間マセラシオンさせた後に圧搾し、天然酵母のみで発酵させたロゼワイン。3分の2をステンレスタンクで、3分の1をルソー社製サントル森産の新樽100%で6ヶ月間熟成。






ルー・デュモン・レア・セレクション、シャンボールミュジニィ’00

税別¥6000

<あと2本>絶対おすすめ!

3年半以上経過して、飲み頃ピーク頂上を少し下ったくらいかも?



「2014.9月に試飲しました。意外なことに予想以上&価格以上の味わいで枯れきっていないスーボワ、飲み頃ピーク頂上付近の良い熟成感とバランスでした!つくづくワインの試飲には先入観が邪魔というよい例ですね。実は難しい年と言われている’00はシャンボール村に成功したワイン(村の個性に合っている理想的なワイン)が結構あったのです。今までに飲んだレア・セレクションの中でもっともおいしいワインでした。今この価格で買えるのは素晴らしいこと!前に当店のお客様に多く絶賛いただきました(こちらも先入観があると買えないワイン)ジュリエット・シュニュのシャンボール’96がお好みだった方は、このワインも絶賛いただける可能性が高いと思います」

アルコール13%






Lou Dumont, Marsannay Rouge BIO '14 (Cuvee Nature)

ルー・デュモン、マルサネ・ルージュ・ビオ’14

税別¥5600

<売り切れ>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。

これもマルサネ・アン・コンブロー・ルージュとは違う畑です。

平均樹齢50年!

わずか1樽のみの生産!!!

フィサンとの境にある「/オー・ポテイ」の単一区画より。粘土石灰質で石灰質が多い土壌。収量40hl/ha。密植率は1万本/1ha。

選果しながら手摘み。天然酵母のみで発酵。新樽で1次発酵も樽内で行いその後12ヶ月熟成。(マルサネ社製、ジュピーユ産←荒いタンニンが出ないそうです。)、その後6ヶ月50%1回使用樽で熟成。
無濾過&無清澄で瓶詰め。
裏ラベルにキュヴェ・ナチュールと記載あり。




<※2018.7月 再輸入分 蔵出し正規品>

ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ブラン’14(辛口白)

税別¥3300

<売り切れ>超限定品!

リアルワインガイド57号にて絶賛される!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!




ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュ’14

税別¥3300

<あと4本>超限定品!

リアルワインガイド57号にて絶賛される!




ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュ’13

税別¥3300

<売り切れ>おすすめ!
超限定品!

リアルワインガイド53号にて絶賛される!

2年以上経過して大分おいしくなっているはず!



「2016.4月下旬に試飲しました。’12より少し軽く、よりみずみずしくエレガントでミネラリーな味わい。’12同様リリースから半年~1年後くらいに明らかな向上によって絶対おすすめ!となりそう」

アルコール%

24本完売。

※例年までとは少しだけ内容が違います。
前回輸入分は輸入元在庫が今までで一番早く売り切れてしまい、しばらく再入荷できませんでした。

ニュイ・サン・ジョルジュ村内のACブルゴーニュが約40%、ビオディナミによるメルキュレー村内のACブルゴーニュが約32%、自社畑もの(「Bourgogne Rouge "Vieilles Vignes"」)が約2%、残りの約26%はAOCジュヴレ・シャンベルタンとAOCオート・コート・ド・ニュイ、及びビオディナミのAOCメルキュレーを格下げしてブレンドしています。平均樹齢30年。収穫量45hl/ha。天然酵母のみで発酵。マルサネ社製ジュピーユ森産(シャトー・ディケムでも使用している貴重な名樽)の新樽率20%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。






’15が、リアルワインガイド61号にて絶賛される!




Lou Dumont, Nuits-St.-Georges Vieilles Vignes '15

ルー・デュモン、ニュイサンジョルジュVV’15

税別¥6000

<あと5本>絶対おすすめ!
超限定品!

リアルワインガイド61号 90+・91+点(2019~2040年)

※再入荷不可能!

「2018.4月末に飲みました。モレサンドニ・ルージュ’15と同時に飲み比べました。こちらは飲み頃2021~?という凝縮して重心が明らかに低く、タンニンが多くコクがある肉に合うタイプ。重いといってもやり過ぎ感はゼロで、酸が低くなく樽も強くなくバランスは悪くない将来化けそうな予感強い類のもの。初めて試した銘柄だと思うが非常に良い出来。ブドウが有機栽培になったことだけではなく生産者の実力自体が上がっている印象。紫色の強くない中程度のルビー色。黒い実の果実主体、粒黒胡椒、コンテみたいなナッツ香あるチーズ、少し甘いコーヒー牛乳、ヨードなどのまだ少し閉じ気味の香り。少し噛めるようなエキス感があり、すでに余韻が長いどっしりしっかりタイプ。酸とミネラルは低くない。いつもしっかり造っている村名ジュヴレと同程度の凝縮重さコクではないでしょうか?抜栓の2日後までおいしいが、ほとんどやわらかくはならなかった」

アルコール13%

区画は仲田さん御用達の「レ・ザルジラ」で、とりわけ石灰質に富む斜面畑です。樹齢50年以上(平均75年)のVV。収穫量30hl/ha。天然酵母のみで発酵。カヴァン社製ジュピーユ森産の新樽50%、マルサネ社製ジュピーユ森産の1回使用樽50%で18ヶ月間熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。




ルー・デュモン、モレサンドニ・ルージュ’15

税別¥5800

<あと3本>絶対おすすめ!

リアルワインガイド61号 91・91+点(今~2038年)

※再入荷不可能!

「2018.4月末に飲みました。ニュイサンジョルジュVV’15と同時に飲み比べました。こちらは飲み頃NOW~で日本人がシャンボールミュジニィに求める要素がたくさん含まれているワインで、香りよく、やわらかく上品な味わい。’15でも例年とさほど変わらないバランス。まったくジャミーではないほのかな甘みがありつつあくまで上品。果実味豊かで、すごい量のうまみがすでにあり、少し鉄分と塩分も感じるようなしっかりしたミネラルと酸による縦伸びも感じられる。紫色の強くない中程度のルビー色。コーヒー、焼き栗、赤い実と黒い実の果実、スパイスなどのクリーミーさもあるすでに開いたよい香り。数年前まではここの樽のコーヒー香があまり好きではなかったのですが、今では昔より樽が弱く感じられる分、ピュアさとナチュラル感があり、重くはないが濃密感はあり、とてもキメ細かなタンニン。温度は上げ過ぎないほうがおいしい。抜栓の次の日には香りが香水系に発展して、味わいもうまみのグランクリュ的心地よさ。抜栓の2日後まで非常においしい。華やかうまみ~。珍しく当店社長も絶賛!試飲後、大量に買うつもりだったのに全然買えなかった、、、」

アルコール13%




Lou Dumont, Marsannay En Combereau Rouge '15

ルー・デュモン、マルサネ・アン・コンブロー・ルージュ’15

税別¥4700

<あと2本>絶対おすすめ!
超限定品!

リアルワインガイド61号 90・91点(2019~2040年)

※再入荷不可能!

アルコール%

クシェ村の区画「アン・コンブロー」より。平均樹齢50年。収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵(一部、一次発酵も樽内)。マルサネ社製ジュピーユ森産の新樽50%、同社製同森産の1回使用樽50%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。




Lou Dumont, Ladoix Rouge '15

ルー・デュモン、ラドワ・ルージュ’15

税別¥4500

<あと2本>

リアルワインガイド61号 89+・90+点

※再入荷不可能!




Lou Dumont, Fixin Rouge '15

ルー・デュモン、フィサン・ルージュ’15

税別¥4800

<あと5本>超限定品!

リアルワインガイド61号 90・91点

※再入荷不可能!






ルー・デュモン、ブルゴーニュ・パストゥグラン・キュヴェ・タガミ’15

税別¥2750

<あと5本>おすすめ!
限定品!

「2018.4月中旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。抜栓直後のみトップノーズがごくわずかに還元して固さあり。熟して強めの果実、タンニンはすでによく溶け込み、アタックよりもアフターにかけて酸が伸びる。ミネラルも低くない。うっすら樽のコーヒー、どちらかというと黒い実の果実香にうっすらムスク香が混ざっているような。時間とともに少し酸が伸びてバランスよくなり、ガメイのニュアンスが前に出てくる。焼きリンゴ、バナナ、スパイスなどの香りも。例えばジョエル・ロシェットの樽熟成していないガメイよりもタンニン丸く、酸しっかり。熟成はタガミの方が短いでしょう。抜栓の次の日全体的に少し向上。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール12.5%




ルー・デュモン、ブルゴーニュ・ルージュ’15

税別¥3200

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

まさかの割り当て3本




ルー・デュモン、コルトンシャルルマーニュ’15(辛口白)

税別¥17000

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。







ルー・デュモン、ムルソー・ブラン’14(辛口白)

税別¥7800

<あと16本>絶対おすすめ!
限定品!

※近年人気が高くなりすぎていつでも買えるワインではなくなりました。

リアルワインガイド57号にて絶賛される!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2018.1月下旬に試飲しました。’13よりもさらにアフターのミネラル感が強く、香りもにキラキラ感さえあり、はっきりと縦に伸びる、緩みのないくっきりアフター。果実味自体も’13より少し強い。新樽比率を低くしたことと有機栽培のブドウが増えたこともあるのだろうと、仲田さんに直接聞いてみましたが、一番の要因は、この畑(銘柄)に関しては3~4年前までは完熟と凝縮を重視していたところを今では酸とミネラルを重視して栽培の段階から微調整を行い収穫も斜面上部のブドウを主体に考えているそうです。<※新樽比率は全く変えていないそうです。→それでもこれほどの違いが出るのですね!>アタックのインパクトと厚みは昔のほうがありましたが、今のほうがルイ・カリヨンのピュリニー1級コンベット的方向性の骨格とミネラルと熟成した後の美しく複雑な姿を予想出来て楽しい。今やっと飲み頃の入口にさしかかったばかりの時期。今後かなり向上すると思う。冷やし過ぎないほうがおいしい」

アルコール13%




ルー・デュモン、コルトン’14

税別¥11600

<あと3本>

リアルワインガイド57号 92・94点!(2022~2050年!)

※重要な情報

’12までは「レ・ルナルド」区画のブドウを使用していました。
ブドウが高くて買えなくなってしまったからなどではなく、仲田さんが
よりエレガントな個性の「マレショード」区画
からワインを造りたかった為、
こちらのブドウを買ったとのことです!そして’12から値上がりなし!

「レ・マレショード」より。平均年齢45年のVV。収穫量35hl/ha。天然酵母のみで発酵。フランソワ社製センター森産(3年間天日干し物)の新樽100%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターでビン詰め。




ルー・デュモン、コルトン・シャルルマーニュ’14(辛口白)

税別¥16000

<あと3本>超限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド57号 91・93点(2020~2040年)

平均樹齢40年。収穫量35hl/ha。天然酵母のみを使用し、樽で一次発酵、マロ発酵。セガン・モロー社製センター森産の新樽100%で18ヶ月間樽熟成。ノンフィルターでビン詰め。


7/15(日)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・オーディフレッド’16生産量1樽のみの激レア3アイテム!

ロマネ・コンティの元栽培担当者(2007年2月、14年間勤めたDRC社を退社)によるドメーヌ!

過去にリアルワインガイド22、21号などで絶賛されています!




↑変更後’10のラベルです。









2016.8月にオーディフレッド当主で栽培も醸造も担当している
Henri Audiffred(アンリ・オーディフレッド)さんにご来店いただきました~!
14歳から醸造学校~22歳の時から2007年までDRCで働いた。
完全なるワインのエキスパートということです。
ロマネ・コンティとラ・ターシュの栽培担当!&醸造にも関わる
(そしてお父様は、ジャック・フレデリック・ミュニエの栽培長だった)
息子さんも醸造学校で勉強中

DRCは全房発酵主体ですが、オーディフレッドは基本的に100%除梗
茎の青さがよくないという考えが主な理由

DRCはビオロジックですが、オーディフレッドは小規模で生活が懸かっている為、大きなリスクを取れないということが主な理由でリュット・レゾネ

新樽不使用(仲が良いアルベール・グリヴォーとリシャール・マニエールから1回以上使用済みの樽を買う)

他にブリュノ・クラヴリエ、ジェラール・ミュニュレなども友達だそうです

発酵温度管理しない、コールドマセラシオンしない
ピジャージュほとんどしないでルモンタージュ主体

天然酵母のみ使用、無濾過&無清澄

自社畑が少ないが、借りている畑は今のところずっと借り続けられる予定

今回が初来日で海外でのちゃんとしたプロモーション自体が初めてであり、
本当の意味で休みなく常に畑に出て働き続けるというフランス人としては驚きの働き者!


’13は8月、9月に急に糖度が上がった年だそうです。
香りがまだやや閉じ気味ですが、味わいはわりと開いており、いずれのワインも上品で清涼感のあるよい酸があり、タンニンが多くなく固くない。




2016年から新醸造所稼働により、さらなる品質向上が期待できます!



オーディフレッド、モレサンドニ・ルージュ’16

税別¥7400

<あと3本>超限定品!




オーディフレッド、ニュイサンジョルジュ’16

税別¥7400

<あと3本>超限定品!

この畑はビオロジック




オーディフレッド、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・オー・レニョ’16

税別¥15500

<あと1本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

この畑はビオロジック





オーディフレッド、ヴォーヌロマネ・オー・シャン・ペルドリ’15

税別¥7400

<あと13本>限定品!

’14から値上がりなし!

’10’13は素晴らしかったです!!!




オーディフレッド、モレサンドニ・ルージュ’15

税別¥7200

<あと4本>超限定品!

『 Les Bras 50%、Bas Chenevery 50% のブレンドで、合計0.065haの自社畑より。平均樹齢50年のVV。1~2回使用樽で16ヶ月間熟成。一樽(300本)のみの限定生産キュヴェです。(輸入元資料より) 』




オーディフレッド、ニュイサンジョルジュ’15

税別¥7200

<あと4本>超限定品!

『 自社畑のオー・テュイヨー(0.06ha)と、メテイヤージュ契約のオー・ザロ(0.05ha)、レ・ザルジラ(0.03ha)のブレンド。平均樹齢50年のVV。1~2回使用樽で16ヶ月間熟成。 (輸入元資料より) 』




オーディフレッド、モレサンドニ・ルージュ’14

税別¥7200

<あと3本>超限定品!

初入荷!

『 Les Brâs 50%、Bas Chenevery 50% のブレンドで、合計0.065haの自社畑より。平均樹齢50年のVV。1~2回使用樽で16ヶ月間熟成。一樽(300本)のみの限定生産キュヴェです。(輸入元資料より) 』



オーディフレッド、ニュイサンジョルジュ’14

税別¥7200

<あと2本>超限定品!

初入荷!

『 自社畑のオー・テュイヨー(0.06ha)と、メテイヤージュ契約のオー・ザロ(0.05ha)、レ・ザルジラ(0.03ha)のブレンド。平均樹齢50年のVV。1~2回使用樽で16ヶ月間熟成。 (輸入元資料より) 』




7/15(日)アップ~蔵出しアンヌ・グロ’16

10年以上買えなかったドメーヌ!







 



アンヌ・グロ、リシュブール’16

税別¥80000

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー94~96点(ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 92~94点

VINOUS 93+点

デカンター・オンライン94点


1度だけプチ試飲させていただいたことがあるのですが、予想以上に香りが華やかで、複雑で凄かったです!!!

コンコール村の渓谷に位置するわずか0.6haのこの区画はレ・ヴェロワイユと呼ばれ、北斜面の涼しさを伴いながらも、非常に日当たりが良いという好条件に恵まれている。平均樹齢は60年だが80年の古木もある。

フランボワーズ、ブラックベリー、バラ、リコリスにスーボワ、ポプリそして砕いた石など、非常に複雑だが全ての要素を感じることのできるピュアなアロマ。口に含むと素晴らしい甘み、特に赤系果実のフレーヴァーの凝縮感が印象的で、はっきりとした酸としなやかなタンニンが溶け込み、ミネラルとオレンジのニュアンスが次第に強まってくる。フィニッシュには緻密なタンニンが感じられ、驚くほど長い余韻が楽しめる。




アンヌ・グロ、クロヴージョ・グラン・モーペルチュイ’16

税別¥25500

<あと1本>超限定品!

パーカー92~94点(ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 91~93点

VINOUS 93点

デカンター・オンライン93点


この銘柄は何度も試しましたが、艶と深みがあり常に外さない説得力のあるおいしさ!

グラン・エシェゾーのすぐ近く、ル・グラン・モーペルテュイにあるわずか0.93haの畑。平均樹齢は50年だが、一番古いもので110年超!

スミレの花びら、熟したプラム、ブラックカラントに加えてクローブやナツメグなどの複雑なアロマ。口に含むと、ビロードのように滑らかで甘いダークベリーを感じ、桑の実やホワイトペッパーのヒントもある。活気ある酸は甘味と溶け合い、しっかりとしたタンニンでさえもきめ細かい高貴さを感じる。長い余韻にしっかりとしたストラクチャー、そしてナチュラルなバランスと安定感がある。アンヌ・グロの手掛ける素晴らしいクロ・ヴージョ。




アンヌ・グロ、エシェゾー・レ・ロワショーズ’16

税別¥26000

<あと1本>超限定品!

パーカー92~94点(ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 91~94点

VINOUS 92点

デカンター・オンライン93点


レ・ロアショースにある0.76haの畑。25年間、ドメーヌ・グロ・フレール・エ・スールに貸していた畑で、2007年に帰属。樹齢25年。

レッドカラント、黒系果実のリキュール、バラの花びら、スパイシーな木のニュアンスを感じる表現力豊かなアロマ。赤系果実のソースのようなこのワインの円熟感と力強さは、刺激的な酸と噛み応えのあるタンニンによってしっかりとしたストラクチャーが造られている。フィニッシュまで心地良い張りが続き、スパイシーなタッチを伴う素晴らしい果実の余韻が楽しめる。




アンヌ・グロ、ヴォーヌロマネ・レ・バロー’16

税別¥16000

<あと1本>超限定品!

パーカー88~90点(ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding!)

VINOUS 90点


ヴォーヌ・ロマネの高地で標高280mにあるわずか0.39haの畑。コンコール村の渓谷の入り口に位置する北東向きの斜面。そのためどのヴィンテージであろうと、豊かな酸に恵まれ長期熟成に向くワインに仕上がる。樹齢114年!!!

ブラックカラント、リコリス、スパイス、ラベンダーなどの非常に円熟したアロマ。口に含むと非常に柔らかいタンニンを感じ、ラズベリージャムやストロベリーに加え、花やスパイス等のフレーヴァーの張りがしっかりと感じられ、甘味と酸、そしてミネラルが口の隅々まで浸透していき素晴らしいフィニッシュにつながる。村名とは思えないほどの出来栄え。




アンヌ・グロ、オートコートドニュイ・ルージュ’16

税別¥5400

<売り切れ>超限定品!

パーカー88点(ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 86~89点(Outstanding Top Value!)

VINOUS 88点


ヴォーヌロマネ西側に位置するコンコール村の標高400mの南東向き斜面。
リシュブールやクロ・パラントゥから300mしか離れていない
わずか0.73haの区画。樹齢20年。

ラズベリー、プラム、ブラックチェリー、スミレに加えて皮革のヒントもあるアロマ。甘くてスムーズな口あたりで、わずかに感じる薬用ハーブのニュアンスと肉付きの良さが見事に調和している。フィニッシュに感じるタンニンは柔らかく官能的。このアペラシオンとしては、比較的リッチでフルボディなフレーバーを楽しむことができる。




アンヌ・グロ、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税別¥5200

<あと4本>超限定品!

パーカー86~88点(ワイン・アドヴォケイト234号)

バーガウンド・コム 86~89点(Outstanding Top Value!)

VINOUS 88点


国道74号線を挟んで斜面と反対側に広がるヴォーヌロマネの3区画のブレンド。わずか0.8hに植わる樹齢30年のブドウを使用。

赤系果実に軽いスパイスの混ざった黒系果実のアロマが広がる。口に含むと上質な果実味と柔らかいタンニンがうまく一体化してミディアムボディーを作り、実にエレガントなフィニッシュへと向かっていく。ACブルゴーニュの中で最高のワインのひとつ。




アンヌ・グロ、ブルゴーニュ・ブラン’16(辛口白)

税別¥4800

<あと2本>超限定品!

年間生産本数;わずか2,400本のみ!!!

ヴォーヌ・ロマネ村レ・パスキエの僅か0.17haの区画から造られる

「 リンゴや洋ナシの蜜のようなアロマのふくよかなワインだが、偉大な酸がそれを重くならないようにしている。」Byドメーヌ

樹齢25年

フレンチオークのバリック10ヶ月(新樽10%) 




アンヌ・グロ、オートコートドニュイ・ブラン・キュヴェ・マリーヌ’16(辛口白)

税別¥4800

<あと5本>超限定品!

パーカー88点(ワイン・アドヴォケイト234号)

最新バーガウンド・コム 86~88点


ヴォーヌロマネ西側に位置するコンコール村の標高400mの南東向き斜面。リシュブールやクロ・パラントゥから300mしか離れていない1haの区画。樹齢20年。

マリーヌは娘の名前であり、かつこの地にみられる石灰や貝の化石といった海(Marine)に由来するものを表している。柑橘果実に加えて熟したリンゴ、洋ナシなどのフレッシュでエキゾチックなアロマ。樽熟成による程よいボリュームのある豊かなシャルドネだが、中盤から石灰土壌に由来するミネラルがヨードや塩気となって現れ、奥深さと素晴らしい余韻につながっていく。



栽培方法
ぶどう栽培は非常に重要であり、人とテロワールが調和して行わなければならない。ピノ・ノワールは栽培が難しい品種で最も気まぐれだが、最もファンタジックでもある。人、ぶどう、テロワールをより尊重するブドウ栽培の実践を心掛けて、アンヌ・グロはヴィオディナミと有機栽培に強い関心を持っている。栽培のこの哲学はテロワールの生物多様性を守るために不可欠だと彼女は考えているが、そのようにカテゴリー化されることやラベルに記載することは拒否している。ブドウ畑での仕事は土壌を耕し、堆肥を使用しながら、必要に応じてとりわけ慎重に対処(合理的に)することで成り立っている。「私はそれぞれの区画の品質的な才能を理解して、ブドウの木ごとに理想的な数の果房を残すことにトライしている。」

醸造方法
伝統的用法で醸造。赤ワインはエポキシーコーテングされたセメント製発酵槽、白ワインはステンレス製(イノックス)発酵槽を使用。ヴィンテージ及びぶどうの状態に応じて、温度調節を行う。発酵は12日から15日間。フリーラン・ジュースとプレス・ジュースは混ぜ合わされ、大きな澱を除くために最低48時間放置する。
約16ヶ月に渡って樽熟成を行う。 新樽使用率は高く、グラン・クリュでは80%、村名アペラシオンが50%、地方アペラシオンが30%使用。これにより、酸素とワインが一定に触れ合うことになる。新樽は酸素との接触を促す役割と同時に、酸化という副産物を生み出す役割があり、香りを複雑にし、旨味をのせ、しっかりとした構成を生み出す。


ブルゴーニュ屈指の女性醸造家と評され、まさにエレガンスを体現したかのようなピュアで滑らかなワインを生み出すアンヌだが、父からドメーヌを引き継いだ当初は、若い女性当主というのは非常に珍しく、男社会であったブルゴーニュでドメーヌの看板を背負うことは決して容易ではなかった。「常に全力疾走でやってきた」という彼女の言葉からは、たった一人でドメーヌをトップの地位まで引き上げる中で行った膨大な数の試行錯誤と、並々ならぬ努力の跡が容易に伺える。一方で、ファム・エ・ヴァン・ド・ブルゴーニュと呼ばれる女性醸造家団体に早期から所属しており、ブルゴーニュにおける女性ドメーヌの地位向上にも大きく貢献した。

現在3人の子を持つアンヌは、2008年に夫と新設したミネルヴォアのワイナリーとブルゴーニュの両ドメーヌでの仕事と家族との時間に全てを費やしているが、とりわけ長女のジュリーとは畑とセラーで長い時間を共に過ごす。というのも、2015VTからはジュリーが本格的に醸造に参画し、次期当主へ向けて道を歩み始めたからであり、アンヌが築き上げた大切なドメーヌがこうしてまた更なる高みへ上がっていくことに大きな期待を寄せずにはいられない。
(輸入元資料より)


7/15(日)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・リシャール・マニエール’15

まったく無名ながらも素晴らしい品質!優れた畑を所有!

※全銘柄が、すべての値引き対象外となります。







「畑で生まれ、畑で死ぬ」という生粋のヴィニュロンによる、
フランス国外への流通は僅かな幻のワイン

先代のマニエール・ノワロ時代がロバート・パーカー4ツ星評価。今のブルゴーニュでは貴重な、古典的な味わいと素性の良さを備える。

DRCの所有畑に挟まれたエシェゾーの区画


なお、ブルゴーニュ・ルージュは100%除梗

他の銘柄は全体の20~40%程度全房発酵


※全銘柄すべて再入荷不可能!




ドメーヌ・リシャール・マニエール、ブルゴーニュ・ルージュ’15

税別¥4000

<あと8本>超限定品!

前に一瞬で完売だった銘柄!久しぶりにHPに載せれました。

「2018.6月上旬に飲みました。抜栓直後から開いて華やかでほのかに甘く凝縮して非常においしい。果実味豊かで、エキスが割と豊富で、溶け込みつつあるタンニン、少し低めの酸で、力強さがありつつすでに滑らかさも感じられる。色に紫色がなく、縁はすでにピンク。早熟なのはよいのですが(ただしボトリングの失敗なのかわかりませんが?抜栓後の落ちは早く、抜栓の次の日にはもう熟成が進んだワインのようになる)これは経験上インポーターと酒屋のコンディションの問題ではありません。そもそも抜栓直後のコンディションは何の問題もなかったので。ブルゴーニュ・ルージュ、フィサンに関してだけは、やけに早熟すぎるなと感じたことがあり、ニュイサンジョルジュとヴォーヌロマネ1級以上の銘柄には1度も感じたことがないので、下位銘柄のみ注意が必要かも?でも考え方を変えれば下のクラスは長く寝かせないで抜栓した日に飲みきってしまえば、かなりおいしく楽しめますので、使い方次第です。グラス売りには適さないでしょう」

アルコール%

樹齢約45年!

ヴォーヌロマネとニュイサンジョルジュの村にある4つの区画をブレンド。

熟成:バリック18ヶ月(新樽10%)

チェリーやカラント、ラズベリーなど粒の小さな果実のアロマ。滑らかな果実にくっきりとした酸を備えた実直な味わい。甘酸っぱい赤系果実が余韻に尾を引く。
(輸入元さんコメント)




ドメーヌ・リシャール・マニエール、エシェゾー’15+ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’15

税別¥39000

<あと3セット>幻の超限定品!

※全銘柄が再入荷不可能!!!
すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

熟成:基本的にバリック18ヶ月(新樽100%)

樹齢約80年!!!

ドメーヌの所有区画はエシェゾーのリューディのひとつ、レ・プーライエールのど真ん中にあり、DRCの所有区画に挟まれているため、長年同社から区画の交換の申し入れがあるという恵まれたロケーションを誇る。

すぐ完売の可能性が高いです。
この価格で買えるうちに買っておいた方がよいと思われます。
ここのスショはいつも素晴らしい!





Richard Maniere, Vosne Romanee 1er Cru Les Suchots 2014

ドメーヌ・リシャール・マニエール、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’14

税別¥13500

<あと1本>超限定品!





Richard Maniere, Nuits Saint Georges 1er Cru Aux Boudot 2013


ドメーヌ・リシャール・マニエール、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・オー・ブド’13

税別¥9500

<あと2本>

初入荷の限定品!

バリック18ヶ月(新樽60%)

樹齢約45年。レ・ダモードの真下にあり、ヴォーヌ・ロマネのマルコンソールに隣接する畑。ニュイ・サン・ジョルジュのプルミエクリュだが、肉感的で艶やかな味わいはヴォーヌ・ロマネにも共通する。熟した黒系果実にほのかなスパイス。豊かなタンニンを肉厚な果実が覆っている。




ドメーヌ・リシャール・マニエール、フィサンVV’13

税別¥5800

<あと4本>おすすめ!

限定品!

「2016.2月中旬に飲みました。すでに縁がうっすらオレンジがかったとても明るいルビー色。意外な色調だがジューシーな赤い実果実でやわらかく口中に広がるうまみが豊富で、すでに溶け込んだタンニン、甘みがあり、わずかに低めの酸、ミネラルの残るアフターの完全に飲み頃NOW~。他の銘柄よりも明らかに早熟で今驚くほどおいしい。オレンジの香り強めで、他に甘草などの香りも。樽は香りにも味わいにも控えめ。フィサンにしては高いが充分納得できる。と思っていたら抜栓の次の日にははっきりと落ちてしまった、、、抜栓直後にはまったくなかった酸化臭が少し出てきて養命酒系の香りも出てくる。いくら何でも早熟過ぎたか?他の銘柄は基本はクラシックながらもやわらかいテクスチャーの個性だったのですが。いずれにしても古酒を飲む時と同じで、初日に飲み切ってしまうのであれば全く気にならないもの」

アルコール13%

熟成:バリック18ヶ月(新樽30%)

樹齢60年!ブラックカラントやチェリーのフローラルな香りに白コショウを思わせるスパイシーなニュアンス。心地よく広がる赤系果実。しっかりとした酸と細かなタンニンのストラクチャーがジューシーな味わいを支える。




ドメーヌ・リシャール・マニエール、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’13

超特価・税別¥12700

<あと3本>絶対おすすめ!
超限定品!

「2018.6月初旬に試飲しました。」

熟成:バリック18ヶ月(新樽60%)

樹齢約75年!!!

リシュブールやロマネ・サン・ヴィヴァンなどグランクリュに囲まれたプルミエクリュ。ふくよかなベリー系果実や甘いスパイスのフローラルな香りにバニラのヒント。ヴォーヌ・ロマネらしい柔らかなテクスチャーが素晴らしい。




Richard Maniere, Nuits Saint Georges 1er Cru Les Damodes 2013

ドメーヌ・リシャール・マニエール、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ダモード’13

税別¥9200

<あと8本>おすすめ!

超限定品!

「2016.6月下旬に試飲しました。温度が低く、ピノノワールの個性が出ないグラス、ワインが開きにくい日でしたが、その中で何ができるかということで(笑)リアルワインガイドさんが言うところの大地香的な香りがあり、土系とヨードのミネラル、凝縮して大きめの構造で’12よりも固く、タンニンがまだ溶け込んでいない。この銘柄の’13に関しては早熟ではなさそうだ。あと2~3年寝かせてからじっくり飲みたい。品質は非常に高い。大きいグラスで温度を上げればほのかな甘みも出そう。これを試飲させてくれるインポーターさんには非常に感謝ですね」

熟成:バリック18ヶ月(新樽60%)

樹齢約40年。ヴォーヌ・ロマネに隣接するダモードは、ニュイ・サン・ジョルジュのプルミエの中で最も標高が高く、細かな砂利の表土を持つ土壌から繊細で優美なワインが生まれる。広がりのある滑らかな果実にしっかりとした酸のストラクチャー。口蓋を駆け抜ける甘酸っぱい果実が余韻にも長く漂う。



オーナーで醸造責任者
Richard Maniere

所有畑面積
10ha

栽培方法
リュット・レゾネ。除草剤、殺虫剤は使用しない。

醸造方法
発酵前にマセラシオンを行う。発酵にはステンレスタンクを用いる。発酵温度は最大で31度。



7/15(日)アップ~蔵出しオーレリアン・ヴェルデ’16入手難の上級品とブルゴーニュ・ルージュ

’16もリアルワインガイド62号にて絶賛されました!

3/1(木)アップ~蔵出しオーレリアン・ヴェルデ’15ジュヴレ最後の再入荷!



















 


 


’14が、リアルワインガイド54号にて大絶賛されたのは結構驚きでした!

そういえば前に飲んだのは10年近く前で、その時はかなり還元香が強く(もしかしたら当時ビオディナミ~天然酵母~SO2極小が、増え始めていた時期で現実と理想の折り合いが難しかった時期だったのかもしれません。例えばシャントレーヴさんはそのあたりの部分を絶対間違えないという信頼があります。)あまり印象が良くなかったので長らく買っていませんでしたが、完全に世代交代して醸造所を新装などの設備投資を行い、経験を積んで、大きく変わった模様です。




’16もリアルワインガイド62号にて絶賛されました!


Aurelien Verdet, Vosne-Romanee 1er Les Beaux Monts '16

オーレリアン・ヴェルデ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・ボー・モン’16

税別¥13000

<あと3本>幻の超限定品!

※今回は本数制限なし!輸入元在庫一瞬で完売!
すべての値引き対象外となります。




Aurelien Verdet, Vosne-Romanee VV '16

オーレリアン・ヴェルデ、ヴォーヌロマネVV’16

税別¥7200

<7月下旬入荷決定>限定品!




オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ダモード’16

税別¥10000

<あと6本>超限定品!





オーレリアン・ヴェルデ、ブルゴーニュ・ルージュ・アン・リュトゥニエール’16

税別¥2800

<あと18本>絶対おすすめ!

限定品!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

リアルワインガイド62号にて絶賛される!88+・89点(今~2033年)

24本完売。

「2018.3月下旬に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。’16はどちらかというと黒い実主体の果実香、強めのヨード、ミネラルなどの香り。樽はとても控えめ。果実味豊かで、ちょうどよい酸、うまみとミネラルが多く、意外とタンニンが多く骨格が大きめ。まだ少しアフターにタンニンが残るものの飲み頃NOW~。冷涼な全体像とエレガントな質感はあるが、春の霜被害などの影響で、生産量は激減したものの最終的には例年より凝縮したのだろうか?結構強い味。生産者自身この’16が、近年でかなりの自信作と言っているようです。博多産あまおうイチゴと(果実味が弱くなると思いきや)相乗効果があった。抜栓の次の日さらにうまみが増して少し向上。抜栓の2日後もほとんど落ちない」

アルコール12.5%

Aurelien Verdet, Bourgogne Rouge En Luteniere '16

’16はもっとも生産量が少ない年ですが、値上がりなし価格を実現!



オーレリアン・ヴェルデ、オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ・ル・プリュレ’16

税別¥3300

<あと1本>限定品!

リアルワインガイド62号にて絶賛される!89・89+点(今~2033年)

’16はもっとも生産量が少ない年ですが、値上がりなし価格を実現!





オーレリアン・ヴェルデ、ジュヴレシャンベルタン’15

税別¥5900

<あと5本>超限定品!

※今回は本数制限なし!’14から値上がりなし!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

63本以上完売!!!

リアルワインガイドさんで大絶賛された、’14は本当に素晴らしかったです!






Aurelien Verdet, Nuits-St-Georges 1er Aux-Boudots '15

オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・オー・ブドー’15

税別¥10000

<あと4本>超限定品!

※今回は本数制限なし!

スペクテーター92~95点

リアルワインガイド58号 93・94+点!(2022~2050年)

リアルワインガイドさんで大絶賛された、’14は本当に素晴らしかったです!






オーレリアン・ヴェルデ、オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ・ル・プリュレ’15

税別¥3300

<あと7本>限定品!

最新スペクテーター・オンライン88点(NOW~2021年)

スペクテーター・オンライン88~91点

’14から値上がりなし!





オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュ’14

税別¥5800

<あと9本>限定品!

スペクテーター92点!(NOW~2026年)

リアルワインガイド54号にて絶賛される!

アルコール13%

’13 スペクテーター92点

ビオロジック

1.5haの所有
粘土石灰土壌
収量:38hl/ha
標高320m
平均樹齢35年
ピノノワール100%(手摘み)

自生酵母にて醗酵
ステンレスタンクで30日[35℃]発酵後、
228Lの木樽で13ヶ月[16℃]マロラクティック発酵 
木樽で18ヶ月[13℃]熟成
SO2は発酵前と瓶詰時:10mg/L トータル:25mg/L

砂混じりの粘土石灰質土壌に植わるピノノワールをステンレスタンクで発酵、樫樽に移しマロラクティック発酵を経て熟成しました。少々茶を帯びたルビー色の外観からは、ラズベリーやフランボワーズのアロマを感じます。柔和なテクスチャーですが高貴でアッパーなストラクチャー、イチゴ系の甘酸っぱさを包括しつつナッティーな香ばしさとふくよかな果実の透明感が細く長く続きます。
(輸入元さんコメント)





オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ダモード’14

税別¥9500

<あと4本>超限定品!

※再入荷不可能!お一人様3本までとさせていただきます。

スペクテーター94点!(2022~2042年!)

リアルワインガイド54号にて大絶賛される!

アルコール13.5%

もっともヴォーヌロマネ村側の1級畑、標高の高さがオー・ブドとの特に大きな違い

’13 スペクテーター93点

ビオロジック

わずか0.5haの所有
粘土石灰土壌
収量:35hl/ha
標高350m
平均樹齢40年
ピノノワール100%(手摘み)

自生酵母にて醗酵
ステンレスタンクで32日[30~32℃]発酵後、
228Lの木樽で12ヶ月マロラクティック発酵 
木樽で18ヶ月[13℃]熟成
SO2は発酵前と瓶詰時:10mg/L トータル:40mg/L

ヴォーヌロマネを見下ろす標高350m東向きのプルミエクリュ、石灰を多く含む土壌で健康に育まれたピノノワールをステンレスタンクで発酵、木樽に移しマロラクティック発酵後18ヶ月熟成しました。深いガーネットの外観から赤系果実やのり、腐葉土の香りを感じます。突出した角の取れた酸が輪郭のある揺るぎない味を演出、バニラのニュアンスを纏った複雑で長い余韻へ流れます。
(輸入元さんコメント)




オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ダモード’06

税別¥8000

<あと1本>超限定品!

スペクテーター・オンライン90点(2011~2021年)

MVF(旧クラスマン)2009年度版15.5/20グラス

この’06’07は、輸入元さんに絶対に還元香が強くないことを確認してから買いました(笑)相当おいしくなっているとのこと。基本的には’07は酸もタンニンも丸い早熟な年。’06はタンニンが多めで骨格のある年ですので、今開ければ’06の方が高い評価になる可能性が十分に考えられます。



オーレリアン・ヴェルデ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ダモード’07

税別¥7700

<あと1本>超限定品!

スペクテーター92点(2012~2022年)

MVF(旧クラスマン)2010年度版16/20グラス





オーレリアン・ヴェルデ、オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ・ル・プリュレ’14

税別¥3300

<あと8本>超限定品!

スペクテーター・オンライン88点(NOW~2022年)

リアルワインガイド54号にて絶賛される!

アルコール12.5%

22本完売。

Aurelien Verdet, Hautes-Cotes-De-Nuit Rouge‘Le Prieure’'14

ビオロジック/エコセール、AB認証あり

粘土石灰土壌
収量:35hl/ha
真南向き
ピノノワール100%(手摘み)

自生酵母にて醗酵
ステンレスタンクで25 ~ 35日[5~35℃]発酵後、
228Lの木樽で3 ~ 12 ヶ月[32℃]マロラクティック発酵 
木樽で18ヶ月[13℃]熟成
SO2は発酵前:極少量 瓶詰時:15mg/L トータル:31mg/L

歴史あるアルスナン村、1971年から所有する区画「ル・プリュレ」の粘土石灰土壌で育つピノノワールをステンレスタンクで発酵後、樫樽で18 ヶ月間熟成しました。透明感のあるルビー色の液面から、アメリカンチェリーや腐葉土、ホワイトチョコ、キノコの芳醇な香りが複雑に絡み合います。上質のタンニンが優しく、丸みを帯びた酸とジューシーで凝縮した旨味を存分に感じる味わいです。
(輸入元さんコメント)




オーレリアン・ヴェルデ、モレサンドニ・ルージュ’14

税別¥5500

<あと7本>絶対おすすめ!

限定品!

リアルワインガイド54号にて絶賛される!

15本完売。

「2016.6月下旬に飲みました。やはり還元香や不快なニュアンスゼロ。ジュヴレ’14よりも旨薄系でジューシーさのあるピュアでエレガントでナチュラルな味わい。透明感はジュヴレよりも上だが、余韻は負ける。素晴らしいスタイルは同系統。樽のやや控えめなコーヒーとナッツの香りも心地よく、他に梅きのこ、梅シソ、ミニトマト、胡椒、ミネラル、オレンジジュースなどの少し艶のあるよい香り。ちょうどよい酸、驚くほどのうまみが口中に広がり、タンニンはすでによく溶け込んで、アフターにはうまみとともにミネラルがしっかり残り、極めて心地よい完全に飲み頃NOW~。抜栓の次の日も非常においしい。基本は薄いが不足のないやわらかくやさしいよいバランス。そういう意味ではピエール・アミオの’06以降の村名モレサンドニが好きな方にもおすすめできそう。ミネラル量はオーレリアン・ヴェルデ’14の方が多い」

アルコール13%

Aurelien Verdet, Morey-Saint-Denis Rouge '14

ビオロジック

粘土石灰土壌(借り畑)
面積・収量:1.2ha・35hl/ha
標高220 ~ 270m
東、南向き
ピノノワール100%(手摘み/平均25 ~ 65年)

自生酵母にて醗酵
セメントタンクで32日[30 ~ 32℃]発酵後、
228Lの木樽で12 ヶ月 マロラクティック発酵
木樽で15ヶ月[13℃]熟成
発酵前と瓶詰め時:10mg/L トータル:56mg/L

モレサンドゥニ村内で7 つの小さな区画に分かれた借り畑をオレリアンがビオロジック栽培し醸造を手掛けています。セメントタンクで発酵、木樽に移しマロラクティック発酵後15ヶ月熟成しました。やや深いルビー色の液面からフランボワーズやプラム、小さなバラ、オレンジピールの香り、ジャミーで凝縮感のある口当たりに黒コショウのスパイシーさが織り交じり長い余韻となって続きます。
(輸入元さんコメント)



2004年の初訪問から5度目の夏2009年6月、ブルゴーニュのブドウ畑が輝く緑を湛える中、オレリアンとアランが笑顔で迎えてくれました。コートドールの中心ニュイサンジョルジュ村から西に約10キロ、山道を走り抜けるとARCENANT(アルスナン)村に到着します。1604年からこの地に住むヴェルデ家は、父アラン・ヴェルデが1971年よりビオロジック農法を開始し、ブルゴーニュの中でも自然栽培の先駆者として知られています。オレリアンは18歳からの3年間、モーターバイクレースのフランスナショナルチームの選手として活躍していましたが、危険がつきまとう仕事であったため以前から興味のあったワイン造りに舵取りを変更、22歳で成人向けのワイン育成コースに入門します。ビオロジックさらにビオディナミ農法を学ぼうと研修先に選んだのは、ギィ・ボサールとマルク・アンジェリ、父から受け継いだ伝統をベースに更なる自然志向を深めて来ました。アランのブドウで初めて醸造を手がけたのが2003年、翌年には引退を決意したアランから、オート・コート・ド・ニュイの畑とアルスナンの醸造所が受け渡されました。

 2004年ヴィンテージで鮮烈なデビューを果たしたオレリアンは、ブルゴーニュの若手造り手の中でも実力派として認識されるようになり、多くの愛飲家の期待を一身に受けワイン造りに邁進してきました。2008年にはブドウ購入が大変難しいとされるヴォーヌロマネの畑を幸運にも引き継ぐ機会に恵まれるなど、コートドールでのワイン造りにも情熱を傾けています。

 「私より強い自然志向」と父のアランも太鼓判を押すオレリアンは、畑には自然肥料しか与えないことで土中の生命を活発化させ、そこから生まれるブドウの視覚、聴覚、味覚など官能特性を引き出しワインに表現しています。高収量を避けるためブドウ樹は短く剪定、初夏には太陽の光を取り込むため部分的に葉摘みを行い、厳選した選果のもと手摘み収穫します。

 2008年には最適な衛生状態を保つため醸造所を新装しました。温度管理付のステンレスタンクを導入し、キュヴェゾン(浸漬)時のmout(果もろみ)の温度を完璧に保つことを重要視しています。キュヴェゾンで色とタンニンを最大限に抽出する代わりに、タンニンが出過ぎないようピジャージュは控えています。これらの作業は目が離せないので時間を要しますが、むやみやたらなブルゴーニュワインの価格高騰を疑問視するオレリアンは「だからこそ品質と価格が見合ったワイン造りをするべきだ」と言います。

 醸造所の投資額は目を見張るもので、覚悟を据えたオレリアンの眼差しは2007年に会ったときよりも数倍光り輝き、また揺るぎないものへと変化していました。繁忙期に家族の手を借りるぐらいでほとんどの作業を一人でこなし休みなしに働くオレリアン。伝統と革新を地で行く、これからがますます楽しみな生産者です。肩肘張らない自然体の完成度で、綿密なミネラル感、伸びやかな酸、上品な味わいが絶妙のシンフォニーを奏でます。伝統的なオート・コート・ド・ニュイは言うまでもなく、ニュイ・サン・ジョルジュを代表とするコートドールのプリミエクリュと村名ワインは、その年々の気候条件を考慮し、それぞれのテロワールのキャラクターを見事に表現しています。
(輸入元資料より)


 

7/15(日)~蔵出しベルトラン・アンブロワーズ’15第4弾

驚きのスタイル変化、強い塩ミネラル!

リアルワインガイド58号にて大絶賛されました~!









 

 


リアルワインガイド58号にて大絶賛される!!!

皆さんリアルワインガイド58号ご覧になりましたでしょうか?びっくりしましたね。今回ばかりはここまで変わっているとは当店もまったく気が付いていなかったので、後出しじゃんけん状態です(笑)

『 メゾン・ベルトラン・アンブロワーズ 』表示となっている場合が多いですが、実際は買いブドウはラドワ白、ムルソー白、村名ジュヴレくらいで他はほぼすべて自社畑!


結構前からビオロジック~2013年にエコセール認証取得済み




Bertrand Ambroise, Bourgogne Blanc '15 (demie)

ベルトラン・アンブロワーズ、ブルゴーニュ・ブラン’15
(ハーフ・375ml・辛口白)


税別¥1300

<あと12本>

リアルワインガイド58号 88+・88+点!

バーガウンド・コム 86点


12本完売。

アルコール13%

’14よりお安くしております!

樹齢45年!

エコセール認証あり

新樽は不使用で、10ヶ月程度樽熟成




Bertrand Ambroise, Bourgogne Hautes-Cotes de Nuits Blanc '15

ベルトラン・アンブロワーズ、オートコートドニュイ・ブラン’15(辛口白)

税別¥2650

<あと13本>

リアルワインガイド58号 88+・89点!

スペクテーター89点(NOW~2021年)

バーガウンド・コム 87点


アルコール13%

11本完売。

※スクリューキャップ

ユーロリーフ、ABマークあり!

標高350m
樹齢約20年

’15は、約30%新樽を使用して発酵。樽熟約12ヶ月

約13年前に販売した’02からほんのわずかしか値上がりしていない!!!




Bertrand Ambroise, Coteaux Bourguignons Rouge Lettre d’Eloise '15

ベルトラン・アンブロワーズ、コトー・ブルギニョン・ルージュ<レトルデロイーズ>’15

税別¥1600

<あと10本>限定品!

26本完売。※再入荷不可能!

リアルワインガイド58号 87+・88点!!!

バーガウンド・コム 86点!

アルコール13%

基本的にピノノワール100%

ユーロリーフ・マークあり!




Bertrand Ambroise, Bourgogne Rouge '15 (demie)

ベルトラン・アンブロワーズ、ブルゴーニュ・ルージュ’15(ハーフ)

税別¥1300

<あと8本>おすすめ!

リアルワインガイド58号 88・88+点!

バーガウンド・コム 86~88点!

16本完売。

「2017.11月上旬に飲みました。DIAM10コルク。縁が紫がかった濃いルビー色。凝縮して重心低め、熟したしっかり果実味、低くない酸、やや多めのタンニンでわりとコクのある飲み頃NOW~。ただし抜栓直後だけわずかに固さがあり香りも控えめ。抜栓の次の日には、香りが開いてきて味わいもバランスよくまろやかに向上。中域~アフターにヨード、ミネラルを伴うコクがあり、価格以上の内容。薄くない&酸っぱくない&お手頃で、エレガント系のブルゴーニュを全部『 薄い 』と言う(笑)一部の海外のお客様にも受けがよさそうだと感じた。この銘柄だけはピュア&ナチュラルの方向性に行き過ぎると逆に人気がなくなるかもしれない。抜栓の2日後も落ちない。まだやや重いヨード・コクあり」

アルコール13%



Bertrand Ambroise, Bourgogne Rouge '15

ベルトラン・アンブロワーズ、ブルゴーニュ・ルージュ’15 750ml

税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

プルモー・プリセ周辺の畑
樹齢約50年!

’15は、約10%の新樽使用。400リットル樽で約12ヶ月熟成

ユーロリーフとABマークあり!




Bertrand Ambroise, Nuits-Saint-Georges '15

ベルトラン・アンブロワーズ、ニュイサンジョルジュ’15

税別¥5200

<あと5本>おすすめ!

リアルワインガイド58号 90+・91+点

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding!)

ブルゴーニュ・オージョルディー16/20点!

タストヴィニャージュ!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

「2017.10月下旬に飲みました。縁が紫がかった非常に濃いルビー色。抜栓直後のトップノーズだけ、個人的にはあまり好きではない樽香があってそれが若干ピュアさを損なっているようにも思えたが、自分以外の3人は気にならないと言っていたので大丈夫でしょう。色が濃くて不安になったが、味わいは明らかに昔よりもエレガントで樽の影響が弱く、うまみと塩ミネラルの相乗効果が強い。アフターにタンニンとエグみではなく、ミネラル感が残るあたりも15年前では考えられないもの。甘すぎず、酸も低くない。今の味わいはざっくり言えば『 濃い 』ではなく、『 やや濃い~フルーティー 』というレベル。今後さらにピュアでナチュラルな濃さに進化して、より直線的なエネルギー感が出てくることに期待したい!時間とともに黒い実の果実より赤い実の果実が前面に出てくる印象。抜栓の次の日には、香りが改善&向上して、さらに味わいが塩っぽくなった。抜栓の2日後には、タンニンが激丸になり、塩強フルーティー」

アルコール13%

樹齢約60年!

プルモー・プリセなど南側の畑ブレンド

’15は、新樽約50%、熟成約13ヶ月

ユーロリーフとABマークあり!




Bertrand Ambroise, Beaune 1er Cru Les Tuvilains '15

ベルトラン・アンブロワーズ、ボーヌプルミエクリュ・レ・チュヴィラン’15

税別¥5000

<売り切れ>限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド58号 90+・91+点

Wine Enthusiast 93点!

バーガウンド・コム 89~91点


樹齢約45年

この畑の’15は、雹被害で生産量60%減、、、
なので12本しか買えませんでした。

約11年前に販売した’04から少ししか値上がりしていない!!!




Bertrand Ambroise, Vosne-Romanee Aux Damaudes '15

ベルトラン・アンブロワーズ、ヴォーヌロマネ・オー・ダモード’15

税別¥6300

<あと1本>限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド58号 91・92点

バーガウンド・コム 89~92点(Outstanding Top Value!)

ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点!


樹齢約60年!

’15は、新樽比率約70%、約16ヶ月熟成




Bertrand Ambroise, Echezeaux Grand Cru '15

ベルトラン・アンブロワーズ、エシェゾー’15

税別¥22000

<あと9本>超限定品!

※再入荷不可能!

リアルワインガイド58号 94・96点!!!
(~’15を完全に代表する1本。)

バーガウンド・コム 90~93点

樹齢約45年

1樽のみの生産!!!

’15は、新樽100%、約16ヶ月熟成

ユーロリーフとABマークあり!




Bertrand Ambroise, Corton Le Rognet Grand Cru '06

ベルトラン・アンブロワーズ、コルトン・ル・ロニェ’06

超特価・税別¥11000

<あと2本>超限定品!

バーガウンド・コム 91~93点

パーカー92点(David Schildknecht、ワイン・アドヴォケイト186号)

スペクテーター93点(2011~2023年)

Wine Enthusiast 93点(Cellar Selection!、リリースから5年くらい寝かすべき)


このバック・ヴィンテージもラック輸入の蔵出し正規品です!


7/15(日)アップ~蔵出しロベール・グロフィエ’16

リアルワインガイド62号にて大絶賛される!

GGVF2015年度版にて4つ星生産者に昇格しました~!!!




※’11から上記のようにラベルデザイン変更がありました。


 

 

 


ブドウの仕立てはブルゴーニュで主流のギュイヨではなくコルドン・ド・ロワイヤ。
収量を抑えやすいことに加え、新梢を扇形に広げることで風通しをよくする効果があるという。

今日、ロベール自身は引退状態にあり、息子のセルジュが実質的にドメーヌの当主を務め、ボーヌの醸造学校で学んだ孫のニコラが栽培と醸造に携わっている。
瀟洒なお屋敷はドメーヌ・クロ・ド・タールの隣にあり、醸造棟とは別棟の住居の下にはプロの訪問客を迎え入れる、清潔な瓶熟庫兼試飲ルームが用意されている。
醸造棟もじつに清潔で、発酵と貯酒の両方に使われるステンレスタンクの生光りする様子は美しい。

除梗に関してはヴィンテージに応じ、2007年、2009年は完全除梗。2008年、2010年は3分の1が全房。2011年は40%を全房とした。ジャスパー・モリスMWの「インサイド・バーガンディ」によれば、1984年までは100%無除梗で、それから後、1990年代は完全除梗だったそうだ。
8~9度で10日間ほどの低温マセレーションの後、自生酵母による自然発酵。
新樽率は村名ジュヴレ・シャンベルタンで20%、1級レ・ザムルーズで40~50%、ボンヌ・マールで50~60%に留め、12~13ヶ月間の樽熟成を施す。製樽会社はレモンとフランソワ・フレールがお気に入り。

ロベール・グロフィエのワインは最もベーシックなパストゥグランから果実味がみっちりと詰まっている。特級のシャンベルタン・クロ・ド・ベーズですらタンニンは滑らかでしなやかなタッチ。したがって若いうちから楽しめながら、さらに熟成させるとまた新たな一面を見せてくれる。偉大な造り手のひとつである。 (輸入元最新資料より)



※このページ内のロベール・グロフィエ’15’16はすべて
ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です。



’16もリアルワインガイド62号にて大絶賛される!




ロベール・グロフィエ、ブルゴーニュ・パストゥグラン‘16

税別¥3500

<あと9本>超限定品!

※輸入元在庫一瞬で完売!




ロベール・グロフィエ、ブルゴーニュ・ルージュ‘16

税別¥6000

<あと8本>超限定品!

※輸入元在庫一瞬で完売!
当店でも一瞬で完売の可能性があります

VINOUS 88点




ロベール・グロフィエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・サンティエ‘16

税別¥23000

<あと12本>限定品!

VINOUS 91~93点




ロベール・グロフィエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レザムルーズ‘16

税別¥47000

<あと1本>超限定品!

VINOUS 92~94点




ロベール・グロフィエ、ボンヌマール‘16

税別¥47000

<あと1本>超限定品!

※ラベルに少し擦れキズがあります。
あらかじめご了承くださいませ。

VINOUS 92~94点




ロベール・グロフィエ、シャンベルタン・クロドベーズ‘16

税別¥50000

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
クロドベーズのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
明らかに例年以上に入手難!!!

VINOUS 92~95点







’15は’14から生産量なんと50%ダウン、、、
そして全房発酵比率高い年です!



ロベール・グロフィエ、シャンベルタン・クロドベーズ’15

税別¥45000



輸入元定価・税別¥57,000

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
最後の1本はラベル不良(擦れによる一部破け)がございます。

パーカー94~96点(2022~2045年、ニール・マーティン、
The palate is medium-bodied with a touch of confit fruit on the entry. It is very well balanced with bright red berry fruit at its heart, a silver bead of acidity and great precision towards the finish that fans out with intention. This is a long-term prospect since it conveys great substance and offers superb salinity on the finish. Excellent. There are seven barrels produced this year.
ワイン・アドヴォケイト228号)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点

リアルワインガイド58号 94・96+点!!!(2025~2060年!)

割り当てわずか6本のみでした、、、






※このページ内のロベール・グロフィエ’14はすべて
ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です。



ロベール・グロフィエ、ブルゴーニュ・ルージュ’14

税別¥5400

<売り切れ>限定品!

デカンター・オンライン90点(Best value Burgundy 2014! Stephen Brook)

パーカー85~87点(ワイン・アドヴォケイト222号)

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点(クープ・ド・クール!!!)

割り当て12本のみでした、、、

’12’13は(特に’12ですが)普通ではないおいしさでしたね!




ロベール・グロフィエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レザムルーズ’14

特価・税別¥33000



輸入元定価・税別¥45,000

<あと2本>超限定品!

最新スペクテーター96点!(2019~2033年)

パーカー93~95点(ワイン・アドヴォケイト222号)

最新インターナショナルワインセラー91点

インターナショナルワインセラー90~93点


MVF(旧クラスマン)2017年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17.5/20点

『 グロフィエはレ・ザムルーズ最大の所有者であり、表土の浅い急峻な斜面に畑をもつ。そのためか他の造り手のレ・ザムルーズと比べてたっぷりと日照を浴びた快活さが感じられる。よく熟したラズベリーやブラックベリーのニュアンス。しなやかで滑らかな喉越し。アフターフレーバーにミネラルのエレガントさが持続する。グラン・クリュ並みのステイタスに相応しいワインだ。 (輸入元資料より) 』




ロベール・グロフィエ、シャンベルタン・クロドベーズ’14

特価・税別¥39000



輸入元定価・税別¥52,000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

最新スペクテーター97点!!!(2021~2040年)

最新パーカー94点
(2020~2050年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト233号)


パーカー93点(2021~2040年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

パーカー91~93点(ワイン・アドヴォケイト222号)

インターナショナルワインセラー92~94点


MVF(旧クラスマン)2017年度版18.5/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

割り当てわずか6本のみでした、、、

『 けっして小さくはない面積のクロ・ド・ベーズを所有するグロフィエ。シャンベルタン系の筋肉質でストラクチャーのしっかりしたワインではあるが、グロフィエらしく充実した果実味がタンニンを和らげる。セルジュ・グロフィエによれば、「ボンヌ・マールよりミネラルがある」とのこと。よく熟したカシス、ブラックベリー、ダークチェリーのアロマが心地よい。 (輸入元資料より) 』





リアルワインガイド50号にて大絶賛される!

今年は八田さんなどよりもラック輸入物の方が大分安かったです!

下記在庫は全てラック輸入ものです。※3種類ともすでに再入荷不可能!



ロベール・グロフィエ、ブルゴーニュ・ルージュ’13

税別¥5600

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2015.6月上旬に飲みました。還元香こそまったくないものの香りが予想以上に閉じている。味わいにはフルーツ感がたっぷりで、すでにうまみなどおいしさが表現されており、’12と遜色ないくらいの酒質。このAC’12があまりにも素晴らし過ぎたので、総合的にわずかに’12に劣るくらいの素晴らしい出来!果実味豊かで、大きめの構造だが、酸もタンニンもきつく感じないよいバランス。アフターにちゃんとミネラルが残りエレガント。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%




ロベール・グロフィエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レザムルーズ’13

超特価・税別¥31000

<あと10本>超限定品!

※’12よりお安く出来ました~!

パーカー92点(2019~2033年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新インターナショナルワインセラー92+点(2021~2031年)

インターナショナルワインセラー92~95点

MVF(旧クラスマン)2016年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16/20点






ロベール・グロフィエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・オー・ドワ’12

特価・税別¥19300

<あと8本>限定品!

※再入荷不可能!

Antonio Galloni(VINOUS) 91~93点(2015~2022年)

最新インターナショナルワインセラー91点

インターナショナルワインセラー88~91点

MVF(旧クラスマン)2015年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版16/20点

『 (レ・ザムルーズの北に隣接する1級畑だが、斜面の向きや小石の影響から「レ・ザムルーズより繊細」とニコラ・グロフィエは語る。たしかに色調もレ・ザムルーズより一段明るく、デリケートなタッチ。そういう意味ではよりシャンボール・ミュジニーらしい性格といえるかもしれない。ストレートな赤い果実の香りがその印象をさらに後押しする。 輸入元資料より) 』




ロベール・グロフィエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・サンティエ’12

特価・税別¥20700

<あと14本>限定品!

※再入荷不可能!

Antonio Galloni(VINOUS) 90~92点(2014~2022年)

最新インターナショナルワインセラー91+点

インターナショナルワインセラー90~92点

MVF(旧クラスマン)2015年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版16.5/20点

『 サンティエはボンヌ・マールの真下に位置する1級畑であり、テール・ルージュのボンヌ・マール以上にモレ・サン・ドニの性格を帯びる。フレーバーはカシス、ブラックベリー、ダクチェリーなど黒い果実。味わいも果実味の集中度が高い。タンニンはキメが細かいものしっかり感じられ、力強く、筋肉質でマスキュリンである。 (輸入元資料より) 』




ロベール・グロフィエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レザムルーズ’12

特価・税別¥33000

<あと11本>超限定品!

※送料値引き対象外となります。再入荷不可能!

パーカー96点!(2017~2045年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト221号)

Antonio Galloni(VINOUS) 91~93点(2015~2024年)

最新インターナショナルワインセラー92点

インターナショナルワインセラー90~93点

MVF(旧クラスマン)2015年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版17.5/20点




ロベール・グロフィエ、ボンヌマール’12

超特価・税別¥32500

<あと4本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。再入荷不可能!

Antonio Galloni(VINOUS) 92~94点(2015~2024年)

最新インターナショナルワインセラー94+点!!!

インターナショナルワインセラー91~94点

リアルワインガイド46号にて大絶賛される!(’10より高い評価となりました。)

MVF(旧クラスマン)2015年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版18.5/20点


7/15(日)アップ~蔵出しトマ・モレ’16

 

 


リアルワインガイド62号にて絶賛されました!

全体の生産量が通常の年の60%ダウン、、、




Domaine Thomas MOREY '16

トマ・モレ、ブルゴーニュ・ブラン’16

税別¥3900

<あと26本>

バーガウンド・コム 86点

リアルワインガイド62号にて絶賛されました! 89・89+点

10本完売。

数年前にすごい人気だった銘柄!




トマ・モレ、シャサーニュモンラッシェ・ブラン’16


税別¥8450

<あと5本>限定品!

バーガウンド・コム 88点

リアルワインガイド62号にて絶賛されました! 91・92点




トマ・モレ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・ブラン’16

税別¥9850

<あと5本>限定品!

リアルワインガイド62号にて絶賛されました! 92+・93+点!

Macherelles, Chenevottes, Clos saint Jean
この1級畑3種が生産量激減により未生産で
これらはブレンドされ、ただの1er Cruとしてリリースされています。




トマ・モレ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・レ・ザンブラゼ’16

税別¥10400

<あと4本>限定品!

バーガウンド・コム 91点(Outstanding!)

リアルワインガイド62号にて絶賛されました! 93・94点!!!




トマ・モレ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・ラ・トリュフィエール’16

税別¥15500

<あと1本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

バーガウンド・コム 92点(Sweet Spot Outstanding!)

リアルワインガイド62号にて絶賛されました! 93+・95点!!!




トマ・モレ氏は、自らのドメーヌと並行して2007年から2009年までDRCのモンラッシェの栽培責任者を担当!

(↑※現在は、自分のドメーヌに専念する為に担当から退いています)

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

『 ベルナール・モレの息子であるヴァンサン(兄)とトーマス(弟)は偉大なる父と共にこれまでドメーヌの運営に携わってきました。弟のトーマスは以前、カリフォルニアのワイナリー"Sonoma-Cutrer"で修行を積み、その間ヴァンサンは父の下でシャサーニュに残り、互いに研鑽を積んでいました。そして2007年産からベルナール所有の畑を息子達に分割し、それぞれのラベルでリリースする事となりました。父のベルナール氏はこれまで通りワイン造りに携わり、息子たちの手本として、また良きライバルとしてその手腕を振るいます。同銘柄で異なるラベルは相続した区画が異なるからです。共にモダンでスタイリッシュなラベルもさることながら、互いの方向性に関しても今後の動向が注目されています。 (輸入元資料より) 』


7/15(日)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス’14ムルソー・ジュヌヴリエール

明らかな品質向上が見られ、ブショネ率も大分低くなっております!

特にモンテリー’10は、ブシャールを見直すきっかけにしていただける1本



 

 

 

’06以降ラベルデザイン変更があり、ラベル下部にドメーヌものにははっきりと(DOMAINE)の文字が表示されています。

’06以降下位ラインナップはブショネのないDIAMコルクを使用。上位ラインナップは上質なコルクを使用している。

2005年に新醸造所が完成して、選果台が広くなったことや1度に大量のブドウを収穫しても対応可能となったことなども品質向上の一因です。

’05以降、かなり進化しております!畑によっては超一流ドメーヌのレベルにあります!

 



DOMAINE BOUCHARD PERE & FILS,
MEURSAULT 1ER CRU GENEVRIERES '14

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス、ムルソープルミエクリュ・ジュヌヴリエール’14

特価・税別¥10500



輸入元定価・税別¥14,200

<あと20本>おすすめ!

※’14は、再入荷不可能!
’16は、絶対値上がりなので、、、

パーカー92点(2017~2030年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

スペクテーター91点(NOW~2019年)

バーガウンド・コム 92点(Outstanding!)

最新VINOUS 92点(2019~2026年、2016年9月試飲)


MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

「2018.6月下旬に試飲しました。DIAMコルク。もっとこってりを予想していましたが、若干クリーミーで上品エレガントの方向性。全く問題なく飲み頃NOW~で、バランスよく、固くないが緩いわけでもない。あくまで上品なバタークリーム、蜜、洋ナシ、控えめ樽などのよい香り。粘性とリッチ感はありつつも、甘さと樽が控えめで、うまみエキスは多め、超キメ細かな苦みコクとミネラルが残るアフター。冷やし過ぎないほうがおいしい。。よい出来で、あとちょっとだけ安かったら絶対おすすめ!のレベルにある。抜栓の2日後までおいしい」

手摘み、2.65haの所有

アンリオ氏が1997年にドメーヌ・ロピトーミニョンを買収したことでジュヌヴリエールを含む一連のムルソー1級畑の所有面積が増加。ジュヌヴリエールは非常に均一な斜面に広がり、隣接するペリエールと比べて石灰の量が少なく、やや粘土の量が多いことが特徴。アペラシオン面積16.6haのうち斜面上部の最良の区画を2.7ha所有。ワインはボリューム感ではペリエールを上回り、リッチで滑らかな口当たりです。
(輸入元資料より)







ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス、モンテリー・ルージュ’10

税別¥3700

<あと8本>絶対おすすめ!

バーガウンドコム 87点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

※再入荷不可能!

「2017.11月下旬に飲みました。DIAM5コルク。リリース直後は、黒い実の果実主体に感じられたでしょうが、今はスーボワ、中国茶系ミネラル+うっすら鉄サビ系ミネラルの熟成したよい香り。色もオレンジがかってきて味わいもまだピークには達していないものの十分飲み頃の熟成感。リリースから5年以上経過して明らかに価格以上の満足度に向上している。バランスのよい当たり年らしく酸が低くなく、果実と骨格も弱くない。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%




ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス、モンテリープルミエクリュ・レ・デュレス・ルージュ’15

税別¥4500

<あと4本>おすすめ!

「2017.12月初旬に飲みました。DIAM5コルク。村は違うが、ドメーヌ・フェヴレのメルキュレ1級クロ・デ・ミグラン’15と同じで、例年よりも熟して少し酸が低く、果実味が強くほのかな甘みがあり、骨格はあるがよく熟している分、早熟でもう飲めてしまうという内容。タンニンの質は非常に良い(多めだが’12より明らかに丸くキメ細かい)。今のバランスだとわずかに樽が強く酸が低めに感じる方も多いでしょうが、2~3年後以降にこのワインもわりと化けると思います。中域に少し濃密感があるあたりが新しい醸造担当者の影響か?ココナッツ、少しヴァニラとコーヒー、赤い実と黒い実の果実などの香り。抜栓の次の日もおいしいが、大きな向上はない」

アルコール13.5%



DOMAINE BOUCHARD PERE & FILS, LE CORTON '15

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス、ル・コルトン’15

税別¥13500



輸入元定価・税別¥16,900

<あと11本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー89~91点(2019~2035年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

インターナショナルワインセラー91~94点!

最新スペクテーター95点!(2022~2042年)

スペクテーター92~95点(バレル)

バーガウンド・コム 92~95点!!!

ドメーヌ(現地)で試飲してきた輸入元担当者さま絶賛の1本!

MVF(旧クラスマン)2018年度版18/20グラス

アルコール13.5%

’15は過去最高入手難となっております!

手摘み

新樽約40%で約12ヶ月熟成

この畑は傾斜がきつく、トラクターによる作業が出来ないこともあり、馬で耕作(DRC、クロド・デュガなどと同じ)している!

コルトンの丘、最上部に位置する急斜面の畑

表土が浅く、水はけに非常に優れた畑




ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス、ル・コルトン’10

超特別価格・税別¥13000

<あと9本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’10は、再入荷不可能!

バーガウンド・コム 94点!!!

インターナショナルワインセラー92~94点

Wine&Sprits誌 93点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版17.5/20点

リアルワインガイド40号 91+・92+点(2014~2038年)





DOMAINE BOUCHARD PERE & FILS, BEAUNE 1ER CRU GREVES
VIGNE DE L'ENFANT JESUS '10 Monopole

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ・ヴィーニュ・ド・ランファン・ジェズュ・ルージュ’10

(モノポール・辛口赤)

税別¥12000

<あと8本>超限定品!

※再入荷すると’13に移行致します。

バーガウンドコム 93点!!!(Don't Miss! Outstanding!、 Issue 46)

最新インターナショナルワインセラー91+?点

スペクテーター91点(2016~2030年)

ワイン&スピリッツ誌 90点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版16.5/20点

リアルワインガイド40号 91・91+点(今~2033年)

どれもリリース直後の4~5年前の評価です。


 


7/15(日)アップ~蔵出し超特価シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ’10ペズロールついに最後の再入荷!!!

予想以上にフィネスがある!今飲んでもおいしい&熟成も可能

6/23(土)アップ~<大人気!>蔵出しシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ’14レミリー再入荷

すべてのワインが一貫してピュアで上品、エレガントな質感でミネラルが強い!





 




モンティーユの経営になってからは、有機栽培となり、収量20%以上低くして、新樽比率も20%以下のエレガント&ミネラリースタイル




Chateau de PULIGNY-MONTRACHET, , Bourgogne Blanc (Clos du Chateau de Puligny Montrachet) '14

シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、ブルゴーニュ・ブラン・クロ・デュ・シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ’14

税別¥3500

<あと14本>絶対おすすめ!

パーカー86~88点(ニール・マーティン、2016~2019年、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 86~89点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2017年度版14.5/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2017.9月下旬に試飲しました。冷やしすぎるとこのワインの美点が薄まって埋もれる可能性あり。美しさ、ミネラル、全体像、アフターが優れています。やはりおいしく良い出来」



「2017.7月初旬に飲みました。DIAM10コルク。DIAM3~5ではないところが自信の表れなのか?毎年おいしいですが、今年は特にすごい!酸とミネラルにキレがあるが、何故か尖ってはいない絶妙バランスで、果実のエネルギーもあり、控えめな樽はごまの香りとアフター付近の厚みに少し顔を出すだけで一番良い時のルイ・カリヨン的な非常にセンスのある樽使い!こういうワインを経験してしまうと樽による疑似的な厚みがつまらなく感じるようになる。個性が完全にピュリニーで満足度は下手すると例年より少し薄いピュリニー1級的な雰囲気。それくらいまったく飲み飽きずにらしさを感じながら非常に楽しめる。余韻は当然長く、塩ミネラルもしっかり、酸とミネラルの縦ラインの伸びがとてもよい夏のイオンサプライ系。冷やしすぎないほうがおいしい。洋ナシ、ナッツ、バター、樹脂ではなく、リンゴ、ごま、ミネラルの美しさで透明感のある全体像。抜栓の次の日も最高においしい。二人で飲むとおいしすぎて一瞬でなくなります(笑)」

アルコール%

131本完売!!!~※近日さらに再入荷決定!

『 シャトーの前に広がる、石垣に囲まれた畑。その立地からも仕上がりはレジョナルの域を超えていて、ワインには明らかにピュリニーのエッセンスが刻まれている。比較的表土が深いものの、粘土というよりはシルト(粘土と砂の中間の粒子)のため水はけはよい。生育が早めで果実味の高いブルゴーニュ・ブランとなる。グレープフルーツや洋梨の華やかな果実香。柔らかく、穏やかな口当たり。 (輸入元資料より) 』




Chateau de PULIGNY-MONTRACHET, Saint-Aubin 1er Cru En Remilly '14

シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、サントーバンプルミエクリュ・レミリー’14

税別¥5200

<あと3本>絶対おすすめ!

常に当店社長絶賛の銘柄!

パーカー91~93点(ニール・マーティン、2018~2030年、
The 2014 St Aubin 1er Cru en Remilly has a beautiful nose with mineral-rich citrus fruit that are detailed and animated. The palate is very well balanced with good depth and breeding, very well judged acidity and a finish that knows the meaning of the word finesse. Bon vin!
ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 89~92点!

インターナショナルワインセラー88~91点


MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2017.9月下旬に試飲しました。縦ラインの厳格さがすごい!強烈なミネラルと美しい酸。これよりおいしい村名ピュリニーモンラッシェは滅多にないのではないだろうか?という内容です」

69本完売!!!~※近日再入荷予定!

『 石灰質の石ころがゴロゴロ転がる畑。アカシアの花、レモン、洋梨、蜂蜜、ほのかにヘーゼルナッツ。スモーキーなニュアンスとピュアなミネラルのフレーバー。凛とした気品を備えた白ワイン。(輸入元資料より) 』




Chateau de PULIGNY-MONTRACHET, Puligny-Montrachet 1er Cru Les Chalumeaux '14

シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・シャリュモー’14

税別¥10700

<あと7本>絶対おすすめ!
初入荷の限定品!

パーカー92~94点(ニール・マーティン、2019~2032年、
~This is very refined and yet voluminous with lingering passion fruit and white peach notes on the sustained aftertaste. Excellent.
ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 91~93点

インターナショナルワインセラー90~92点


「2017.7月中旬に飲みました。なんと自信の表れDIAM 30コルク!ピュアなトップノーズ、樽香は当然控えめで、レモン、リンゴ、ごま、強いミネラルなどの透明感のあるまだ閉じ気味ながらもよい香り。エネルギーのある果実に、尖っていないキレのある酸とまるでコルトン・シャルルマーニュのような強靭なミネラルと厳格な骨格にピュリニーらしい美しさが共存しているすごい内容。赤も白も素晴らしいはずさない驚きのセンスを持った造り手。日本でもっと絶賛されないとおかしい。今の知名度と評価はまだ低いという印象。温度を上げると蜜リンゴの風味が出る。明らかに特級レベルの満足度。抜栓の次の日も最高においしい。抜栓直後よりアフターの塩ミネラル増した。3人で飲んで全員文句なしの大絶賛でした~!」

アルコール12.5%

『 ほぼシュヴァリエ・モンラッシェと同じ高さに位置する、ムルソー寄りの1級畑。きわめてミネラリーなスタイルのピュリニーであり、白い花やミネラルのフレーバーが強く出る。酸のキレもよく、タイトなボディ。その一方、果実味も十分に備え、バランスのとれた白ワインに仕上がっている。アフターにもミネラルが感じられ、その余韻は長い。(輸入元資料より) 』




Chateau de PULIGNY-MONTRACHET, Puligny-Montrachet 1er Cru Les Folatieres '14

シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・フォラティエール’14

税別¥12400

<あと6本>限定品!

パーカー91~93点(ニール・マーティン、2017~2032年、
~The palate is well balanced with a fine bead of acidity, much more expressive here with hints of orange zest and white peach, expanding on the finish with a dab of lemongrass overlaying the fine mineralite. Very fine.
ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)

インターナショナルワインセラー91~93点


MVF(旧クラスマン)2017年度版17.5/20グラス

『 ピュリニー最大の面積を誇る1級畑。斜面上部は雨が降ると、土砂の流亡が激しいことから、「フォール・テール」(狂った土地)が転じて、フォラティエールになったとされる。しかしこのクリマの下部は斜面中腹の絶好の場所に位置し、ミネラルと果実味のバランスに優れた、じつに優美な白ワインを生み出される(輸入元資料より) 』





シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、ポマールプルミエクリュ・レ・ぺズロール’10(辛口赤)

超特価・税別¥7000

<あと24本>絶対おすすめ!

※ドメーヌ・モンティーユのポマール1級ぺズロール’13
(同じ区画ではない)を買うと
税別¥16,000です。
同じシャトー・ド・ピュリニーの1級ペズロール’11を買うと
税別¥8,400です。

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

114本以上完売!!!~※ついに再入荷不可能!

1年半以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2016.9月下旬に飲みました。派手さはないが玄人好みの素晴らしさで、ブルゴーニュだけにとどまらずたくさんの比較対象をもっている方ほどおいしいと感じると思われます。そういうワインは他にもたくさんあってシャントレーヴさんやポルシュレ、ドメーヌ・サン・二コラ、イル・マッキオーネのヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノなんかも僕の中では同じ本当に素晴らしいが、すべての方に理解されるとは限らない(&特に点数評価があてにならない)タイプかもと思います。大体前回の印象通りでも時間とともに向上して、抜栓の次の日には、まだ固さがあるなりに飲み頃NOW~と言ってもいいくらいのおいしさになった。当店では全員絶賛の1本!」



「2016.9月上旬に試飲しました。当店社長大絶賛の1本!昔は白があまりに素晴らしく、赤はばらつきがある印象でしたが、今は赤の出来がなかなかよく、
一貫して繊細ピュア、エレガントでミネラリー、やさしいが骨格は緩くないという個性。すでにある程度飲めてしまいますが、今はまだ少し固さがあり、この銘柄も3~4年の熟成で化ける可能性大。そしてドメーヌ・モンティーユより大分お安い」

Le Clos de Pezerolles 区画を所有

ポマールの1級畑としてはエレガントなワインを生み出すペズロール。よく熟したラズベリー、ブラックベリーが華やかに香り、味わいは優しい果実味とキメ細かなタンニン。山ウズラのローストや鹿肉のシヴェなどと。





シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、サントーバンプルミエクリュ・レミリー’10

税別¥7000

<あと2本>絶対おすすめ!

最新インターナショナルワインセラー91+?点!

バーガウンド・コム 89点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

128本完売!!!~※すべての値引き対象外となります。

約3年経過してかなりおいしくなっているはず!



「2014.10月に再度試飲しました。透明感があり上品で酸とミネラルがしっかり、バランスよくアフターも長め。ミネラリー一辺倒ではなく、果実味の厚みもあり、まだ向上する。当店社長大絶賛の1本!!!」



「2013.2月に再度試飲しました。’07と’10を比較試飲する機会に恵まれました。酸とミネラルにキレがありまだ固いが、ポテンシャルが高くとてもよい出来。寝かせると大分複雑性が増す銘柄」


 

 

モンティーユつながりでついにラック・コーポレーションさんが輸入を開始!

ヴィラージュ以下の銘柄にはブショネのない『DIAM』コルクを使用

2005年頃からビオディナミに移行

果汁やワインにストレスがかからないように重力を利用したグラヴィティ・フローを実践

低収量30~35hl/ha

新樽比率10~15%とかなり低く、24~36ヶ月乾燥させたものを使用

『 ピュリニー中心に20ヘクタール以上を所有する規模の大きいドメーヌで、バタールにシュヴァリエ、そしてモンラッシェと3つのグラン・クリュを擁し、白が多いものの赤も4割近くの生産量があります。

責任者を務めるのはエティエンヌ・ド・モンティーユ、ヴォルネーで一、二を争うドメーヌ、ド・モンティーユの当主です。エティエンヌが就任して以来、シャトーの評価は飛躍的に高まりました。栽培は自身のドメーヌと同様、認証は受けていないもののビオディナミを導入しています。つくりでは600リットルとピエスのほぼ3倍の大きさのドミ=ミュイでの樽熟成がこのシャトーの大きな特色で、加えて新樽はほとんど使用しません。

入荷は2007年となりますが、エティエンヌ自身、2002年に手掛けて以来最も成功したミレジムだと太鼓判を押しています。 (輸入元資料より)』


2018/7/15(日)アップ~蔵出しデギュイユ’15

蔵出しデギュイユ’07

飲み頃になって若い時よりもさらにお買い得!







 



CHATEAU D'AIGUILHE '15 Cotes de Castillon

シャトー・デギュイユ’15

(コートドカスティヨン・辛口赤)


税別¥3700

<あと9本>

Wine Enthusiast 92点!(2021~、Cellar Selection!)

パーカー90~92点(2018~2028年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト224号)


最新VINOUS 90点(2018~2025年、2018年2月試飲)

スペクテーター92点!(2020~2027年、Smart Buy!)

デカンター・オンライン91点

ファルスタッフ 91~93点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17/20点

アルコール14.5%

’15は、M85%、CF15%
低収量30hl/ha
新樽30%にて約14ヶ月熟成

’15としてはほとんど値上がりしていないお買い得品!




CHATEAU D'AIGUILHE '07 Cotes de Castillon

シャトー・デギュイユ’07

(コートドカスティヨン・辛口赤)


税別¥3500

<あと23本>絶対おすすめ!

パーカー88点(2010~2016年、
ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト188号)

スペクテーター90点(2011~)

インターナショナルワインセラー88点

ゴーミヨ誌16.5/20点!


MVF(旧クラスマン)2011年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

55本完売!

「2017.6月中旬に飲みました。ボルドーなのにかなり珍しく当店社長絶賛だった1本!色気が出てきて十分飲み頃だが、まだピーク頂上ではないくらいの時期。少し熟成したペサックレオニャン的なスモークベーコン、ベーコンの脂、鉛筆の芯などのオイリーな熟成香に樽のローストと色気のある黒い実の果実等のよい香り。果実味があり、なめらかで溶け込んだタンニン、ほろ苦いコクがある。若い時よりさらにお買い得感が強くなった印象」

アルコール14%

コート・ド・カスティヨンはサン・テミリオンとポムロールの東に位置します。この土地の潜在能力に着目したナイペルク伯爵(カノン ラ ギャフリエールやラ モンドットのオーナー)が現在のオーナーです。作付けはM80%CS10%CF10%。力強い骨格と甘みさえ感じるほどに熟した果実味、男性的なタンニンの調和が見事な一本です。

ラ・モンドット、クロ・ド・ロラトワール、シャトー・カノン・ラ・ガフリエールなどを所有するステファン・フォン・ナイペルグ伯爵が、注目の産地コート・ド・カスティヨンで手掛けるのがシャトー・デギュイユである。

12世紀後半から続くボルドーでも最も古いシャトーの一つであるが、ナイペルグ伯爵が取得後、ブドウの植え替えや醸造技術及び設備の近代化を行い、天才醸造家ステファン・ドゥルノンクールとのタッグによって飛躍的に品質が向上した。

コート・ド・カスティヨンとサン・テミリオンの境に位置するシャトーは、「Aiguille(針)」という名前の通り、片側が丘、もう一方が小さな谷間という岩の多い切立った高台にあり、50haの畑を所有する。この高台まで、サン・テミリオンから続く石灰層が横たわっており、コート・ド・カスティヨンにありながら理想的なテロワールであると云える。

ブドウはビオディナミの手法をもとに、堆肥や植物をベースとした調剤を使用するなど環境にやさしい栽培法を採用するとともに、月暦に合わせて作業を行う。
(輸入元資料より)




その他、最近の新着ボルドー



CHATEAU MALESCOT ST-EXUPERY 2015

マレスコ・サンテグ・ジュペリ’15

(マルゴー・辛口赤)


超特価・税別¥7300



輸入元定価・税別¥10,000

<あと10本>

最新VINOUS 95+点!!!(2025~2055年!、
アントニオ・ガローニ、2018年2月試飲)

最新パーカー94+点!(2021~2039年、
Lisa Perrotti-Brown 、2018年2月試飲)

パーカー93~95点(2025~2045年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト224号)

スペクテーター95点!(2022~2040年、2018年3月試飲)

デカンター・オンライン91点(2023~2035年)

Wine Enthusiast 92点(バレル)

ファルスタッフ 93~95点!

ゴーミヨ誌 17/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17.5~18/20点

MVF(旧クラスマン)2017年度版17.5/20グラス

除草剤不使用のリュット・レゾネ

天然酵母を使用

無濾過&無清澄

ジャン・リュック・ジュジェール氏がオーナーとなった1994年以降は力強く濃密な味わい

メドック格付け3級。1697年に所有者となったサイモン・マレスコ氏と1827年に所有者となったサンテグジュペリ伯爵(『星の王子様』の作者のアントワーヌ・ド・サンテグジュペリの曾祖父)名前が付けられています。作付けはCS50%M35%CF10%PV5%。




いつも比較的流通量は安定しているラグランジュですが、
’16の生産量が壊滅的だった影響
一時的に全ヴィンテージが入手難となっております!


ラグランジュ’15

(サンジュリアン・辛口赤)


税別¥6300

<あと10本>

Wine Enthusiast 95点!!!(2025~)

最新パーカー93点!(2019~2040年、
Lisa Perrotti-Brown、2018年2月試飲)

パーカー90~92点(2020~2040年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト224号)

スペクテーター91点(2019~2028年)

最新VINOUS 91点(2020~2035年、2018年2月試飲)

インターナショナルワインセラー89点

ファルスタッフ 92~94点

ゴーミヨ誌16.5/20点


デカンター・オンライン93点!(2025~2040年)

ジェームス・サックリン 94点!(2020~)


MVF(旧クラスマン)2018年度版16.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点

’15は、CS約75%、M約15%、PV約8%のブレンド

シャトー公式飲み頃予想2022~2040年




LES TOURELLES DE LONGUEVILLE '11 Pauillac

レ・トゥーレル・ド・ロングヴィル’11

(ポーイヤック・辛口赤)


税別¥5200

<あと8本>おすすめ!

※再入荷すると値上がり致します。

最新パーカー88点(2014~2021年、ワイン・アドヴォケイト212号)

スペクテーター・オンライン90点(NOW~2020年)

インターナショナルワインセラー85~88点(2012年5月試飲)

Wine Enthusiast 91点(バレル)

ファルスタッフ 89点

ゴーミヨ誌15.5/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版15.5/20点

輸入元担当者さま絶賛飲み頃の1本!

「2018.7月中旬に飲みました。まだ縁がオレンジがかってきていない中程度のガーネット。エスプレッソ、ビターチョコレート、丁字等のスパイス、カシス、ブラックチェリー、ココナッツ+少しミントの清涼感もあるよい香り。飲み頃入口に入ったばかりくらいの時期で、皆様がポーイヤックに期待する力強さとコクはありつつ、滑らかになり始めた頃という印象。アフターにかけてほろ苦タンニンのコクが残り、なかなか上質。抜栓の次の日も非常においしい。うっすらヨード香も出てくる。抜栓の2日後も非常においしい。抜栓の4日後でもおいしい」

アルコール13%

2つのセカンドワインのうち
グリフォンは、カベルネソーヴィニヨン主体
このトゥーレルは、メルロ主体
ともにピション・バロンの畑のブドウから造られる




CHATEAU CHASSE-SPLEEN '15

シャス・スプリーン’15

(ムーリ・辛口赤)


超特価・税別¥4300

<あと6本>

AOCムーリスを代表するシャトーで、名前は「憂いを払う」を意味します。ガロンヌ河が運んだ砂利質主体の土壌に80haを所有し、CS73%、ME20%、PV7%を栽培しています。ステンレスとコンクリートタンクを併用し1ヶ月間の醸造を行い、その後新樽比率40%で12ー14ヶ月間の熟成を施します。実力と知名度を兼ね備え品質は格付けシャトーに相当すると評価されています。




CHATEAU LES ORMES-DE-PEZ '14

レ・ゾルム・ド・ペズ’14

(サンテステーフ・辛口赤)


税別¥4300

<あと7本>

サン・テステフACで最北に位置する小さな集落、ペズのゾルム通りに醸造所を構えるシャトーで、1940年からカーズ家の所有になりました。ジロンド河が運んだ砂利を主体にした砂礫質に、一部の地表には泥灰石灰質が広がり、約35haの畑にはCS70%ME20%CF10%が栽培されています。醸造は温度管理されたステンレスタンクで発酵と醸しを行い、その後新樽比率50%で12ー15ヶ月間の樽熟成を実施します。




LA DAME DE MONTROSE '15

ラ・ダム・ド・モンローズ’15

(サンテステーフ・辛口赤)


税別¥5500

<あと3本>

サンテステーフ2級シャトー・モンローズのセカンドワイン。68haを所有し、砂利質の斜面にはCS65%、M25%、CF8%、PV2%が植えられています。収穫・選果は手作業で行い、30日間ステンレスタンクで発酵させ、12ヶ月間熟成させます。新樽20%を使用。濃いルビー色で、フルーツ、コーヒー、微かにトーストのアロマが感じられる。果実味と酸味とタンニンが複雑に絡み合い口の中にひろがります。




CHATEAU CANTEMERLE'15

カントメルル’15

(オー・メドック・辛口赤)


超特価・税別¥4100

<あと2本>

’10 84本以上完売!!!

昔の少し青く軽い味わいから、かなり濃密で香りの強いワインに変わったようです

当店のお客様(ソムリエさんを含む)からも昔と全然違うとの声を多くいただいております!

一体何が変わったのか?輸入元さんに聞いてみました。2004年前後にディレクターが変わって、ブドウの栽培、選定が以前よりもキメ細かくなったことが主な要因だろうとのことでした

『 AOCマルゴーの南に隣接するマコー村(オーメドック)に位置。庭園でさえずる(カント)クロツグミ(メルル)に由来。87haの畑にはCS50%M40%CF5%PV5%が栽培され、ステンレスタンクで発酵と28-30日に及ぶ醸しを行い、50%新樽で12ヶ月間の樽熟成を実施。熟成感漂うブーケには腐葉土、カフェオレ、黒系果実のリキュール、黒胡椒などが現れ、円熟味のある典型的メドックの味わいが感じられます。 (輸入元資料より) 』


 

7/15(日)アップ~<※値上がり直前!>蔵出し特価シャトー・ボーモン’15(750ml)

実は、かなりお買い得な内容の見直すべきシャトー!



 



2004年からテラヴェティス認証ありリュット・レゾネ
周辺の環境にも配慮し続けている

一時のボルドーはアジアを馬鹿にしてる?というくらいの値上がりで、本気で畑で努力してるのかな?という感じもあり買う気ゼロでしたが、またいくつか価格を考えても上質なものが出てきております!




CHATEAU BEAUMONT '15 Haut-Medoc 750ml

シャトー・ボーモン’15

(オー・メドック・クリュブルジョワ・辛口赤・750ml)


特価・税別¥2300

<あと12本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!!!(2020~Editor's Choice!)

パーカー90点!(2020~2035年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト233号)

最新VINOUS 88点(2018~2023年、2018年2月試飲
、The 2015 Beaumont is a gorgeous, everyday wine endowed with tons of character and nuance.~)

VINOUS 86~88点

デカンター・オンライン89点(2019~2028年)

ファルスタッフ 88~90点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

※再入荷すると¥216値上がり致します。
48本完売。

「2017.11月末にハーフ’15を飲みました。DIAM5コルク。わりと日本では過小評価されがちないまさら感のあるシャトーですが、ここも先入観にとらわれずによく見ると品質はかなり高い。熟して果実が強く、タンニンも多めだが、質がよく骨格と余韻あり、アフターに少しミネラルまで感じられる。カシス、ヒマラヤ杉、スパイス、少しミント、コーヒーなどのよい香り。クリーミーなコーヒー系の戻り香がわりと持続する。抜栓の2日後までまったく落ちずに少しずつ向上する。抜栓の3日後もほんのわずかに落ちただけでまだ楽しめる」

アルコール14%

’15は、CS50%、M47%、PV3%。収量44hl/ha
(’14より少しカベルネが多く、プティヴェルドが少ない)

平均樹齢約20年

約12~14ヶ月樽熟成


クリュ ブルジョワ。力強いサンジュリアンと女性的なマルゴーの中間に位置するキュサック村にあり、ワインもやはり中間的な性格を持ちます。105ha、作付けはCS62%M30%CF5%PV3%。力強さとしなやかさを兼ね備えたワインです。

昔からお買い得の代名詞的ボルドー、久しぶりに入荷しました

フランスの保険会社GMFグループと、サントリーの共同出資によるグラン・ミレジム・ド・フランス社による経営

『 フランスワインの権威として知られるエミール・ペイノー博士も「サンジュリアンに似た土壌で、畑としてのポテンシャルはグランクリュに匹敵する」と高く評価しています。 (輸入元資料より) 』

’06 60本完売。

’05 37本完売。

’02 50本完売。

’01 完売。


7/15(日)アップ~蔵出しシモン・ビーズ貴重なバック・ヴィンテージ!

蔵出しシモン・ビーズ’15ブルゴーニュ・ルージュついに最後の再入荷!


※’14’15以外は全ての値引き対象外となります。




※’15からわずかにラベルデザイン変更。





当店在庫のシモン・ビーズは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!


’15は、完熟で凝縮した皮の厚い良いブドウが収穫できたが、
予想よりも収穫量が約30%ダウン、、、

リアルワインガイド59号にて絶賛される!




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・ブラン’15(辛口白)

税別¥4600

<あと3本>

バーガウンド・コム 88点

デカンター・オンライン88点


実は当店で一番人気銘柄!

21本完売。~※すでに再入荷不可能!



シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ぺリエール’15

税別¥3800

<あと13本>絶対おすすめ!

最新パーカー89点(William Kelley、
2020~2033年!、ワイン・アドヴォケイト232号)


バーガウンド・コム 86~88点

デカンター・オンライン89点!

スペクテーター87~90点!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
『 ’14もおいしかったけど、’15はさらにおいしい!今までこれほどおいしかったことはなかった! 』
『 最初固かったけど、時間が経って化けた 』
『 モンティーユ’14がかなりおいしかったけど、それ以上だ! 』などなど

46本完売!~※ついに再入荷不可能となってしまいました、、、

「2017.10月末に飲みました。’12同様によくあるACブルよりも凝縮感があり、重心が低く、タンニンが多く、樽は強くなく、余韻が長い。そもそもこの畑の力が結構強いんだろうなぁという味わい。抜栓直後だけは非常に固くまだ全然早いと感じるものの抜栓の次の日には、かなりおいしく向上して飲めるようになり、中域に分厚いうまみエキスと強い塩ミネラルが出てきて味はしっかりなのに同時にある程度ナチュラルな高級ブルゴーニュのようなバランス。明らかに格と価格を超えた満足度。合わせるのが癖の少ない青カビチーズあたりではワインが勝つくらい。チーズをたくさんかけた濃厚ボロネーゼ・平麺パスタと合いそうな気がする。抜栓の2日後がもっともおいしく、抜栓の3日後には少し落ちた」

アルコール13%





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ゲット’09

超特価・税別¥8000

<あと8本>超限定品!

※当然再入荷不可能です!

バーガウンド・コム 93点!!!

MVF(旧クラスマン)2012年度版17/20グラス

リアルワインガイド34号にて絶賛される!

パトリック氏が一番好きだった畑!

1965年に植樹

サヴィニ村の1級畑の中でオー・ヴェルジュレス、マルコネに次いで評価の高いクリマ、丘の上方に位置する畑にしてはめずらしく粘土質(テール・ルージュ=赤い土)の土壌

南向きということも奏功して、果実味がたっぷりと乗り、加えてタンニンによるストラクチャーもしっかりとした赤ワインが生み出される。

基本的に無除梗、無濾過&無清澄




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・マルコネ’10

超特価・税別¥6500

<あと3本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
二度とこの価格では買えません。
当然再入荷不可能!

バーガウンド・コム 89~91点

LVF誌 16.5/20点!

リアルワインガイド38号にて高評価される!

昔、ビーズさんの赤をずらっと飲み比べた際にこの1級マルコネが一番好みだった年がありました!

0.6haの所有

1973年植樹

年間生産量:約3,000本

砂質の深い土壌

100%手摘み

基本的に除梗しない

天然酵母を使用

無濾過&無清澄

『 最もボーヌ寄りの1級畑であり、ボーヌの同名畑とは高速道路を挟んで隣り合う。軽い砂質の土壌のため、非常にフレグラントな香りが特徴的。味わいも軽妙で小気味よく、滑らかな喉越し。 (輸入元資料より) 』

『 ボーヌサイドの丘斜面にあり、ヴェルジュレスのある反対斜面の砂利質に対し、細かい砂質の土壌。サヴィニー特有の軽快なタッチの奥にボーヌのワインのような密度の濃い味わいがあり、非常にファンの多いアペラシオン。 (ビーズさんHPより) 』




シモン・ビーズ、アロクスコルトン・ル・スショ’12

超特価・税別¥6600

<あと8本>限定品!

※’12は再入荷不可能!
’15を買うと¥756値上がり致します。

バーガウンド・コム 88~91点

パーカー91~93点(~Superb.
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト210号)


リアルワインガイド46号 89+・91点(2017~2035年)

リリースから4年以上経過してかなりおいしくなっているはず!

通常の年で生産量わずか4樽のみ!




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・ブラン’13(辛口白)

税別¥5000

<あと3本>

パーカー90点(2016~2021年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト216号)


バーガウンド・コム 87点

MVF(旧クラスマン)2016年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15.5/20点

リアルワインガイド50号にて絶賛される!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

アルコール13%

29本完売。

当店的にはシモン・ビーズさんの白は過小評価されている気がしていて、みずみずしくピュアでミネラリーなんだけど飲み飽きないよいワインだと思います。当店で大人気シャントレーヴさんでおなじみギョーム・ボットさんが白の醸造責任者ですしね。



7/15(日)アップ~蔵出しシャントレーヴ’15モルジョと’15ポマールともに最後の再入荷!

蔵出しシャントレーヴ’15オークセ・ブラン最後の再入荷!

ついにウォール・ストリート・ジャーナルやVINOUSなどでも高評価されました~!

リアルワインガイド58号にて絶賛される!

着実な進化&今時珍しいくらいお買い得で上質な味わいをぜひ堪能してください!











※上記ブルゴーニュ・ブランのラベルは’11当時黄色でしたが、今は白いラベルになっております。





他のムルソーはこちら

 


こことベルトラン・アンブロワーズの値上がりなし具合には
本当に頭が下がりますね!
ともにすでに地位と名声を確立していると思うのですが、素晴らしいことです!



2015.12.7(月)
ご来店いただきましてやっとお会いできました~!
想像していた通りの素敵な方でした。
聡明で誠実である同時に情熱とたくましさも感じ、頼もしい。
輸入元のラック・コーポレーションさんには、感謝の気持ちしかありません。
シャントレーヴさんに対する気持ちが強過ぎで若干舞い上がってしまいました(笑)T氏をはじめとするシャントレーヴ愛のある当店のお客様皆さまのおかげです!決して自分の力ではありません。心から感謝申し上げます。

『 今回は一緒に来れなかったけれどもギョーム・ボットさんと二人でシャントレーヴである 』ということを繰り返し話しておられまして、ギョームさんともお話ししたかったですね。話せば話すほど、おこがましいですがワインの好みが自分とあまりにも似ていて、好きなドメーヌがほぼ栗山さんとギョームさんの友人だったり栽培か醸造で関わったことのある生産者だという(昔はそれほど好みじゃなかったけど最近、造りが変わって好みになったという生産者まで結構一致していました)。なので、シャントレーヴさんが造るワイン基本的には自分たちが飲みたいワインを造るということですので、目指している方向性は僕の好みと一致して当然かもなんて思ってしまいました。

ヴォルネイ・シュール・ロシュ’11を一緒に飲めてよかった。当時はもっといいものが造れたのではないかと実はわずかな後悔もあったそうですが、僕にとってはお世辞抜きで難しい年に素晴らしいワインを造り上げた代表例として大切なワインであり、今さらに熟成してリリース直後よりさらにおいしくなった姿を栗山さんに試していただけたので、それで安心してくださいました。このように造り手側の予測すら上回る良い熟成がたまにあるのです。今後、絶対に目を離せない生産者です。品質に納得できる限りは(’10から僕的に納得できないワインが1つもがないので、すでにその心配すらないくらい信頼できますが)ずっと応援していきたいですね!




2015.12.1(火)最新情報

2013年から(※訂正 本格的には’15から)赤ワインはほぼすべて全房発酵に移行。同時にSO2量も減らしているのでリスクが高い中、さすがの実力で素晴らしいワインが出来ました!

白ではオークセイデュレスを亜硫酸無添加で発酵。

『 よりピュアで透明感のあるワインを造っていければな、と思っています。自然派を目指すことが目的ではなく、より表現力のあるピュアなものができれば、という意識でやっています。 (栗山さんご本人談) 』






※’12から
SARL CHANTERIVES(シャントリーヴ)から SARL CHANTEREVES (シャントレーヴ)に名前が変更となります。似た名前の某生産者から抗議があったもようです



ラック・コーポレーション輸入の限定品!


ブルゴーニュ初のなでしこ醸造家!

CHANTERIVES は、ドイツのラインガウはアルテンキルヒ醸造所で4年間(2011年まで醸造責任者)、リースリングとシュペート・ブルグンダーの栽培と醸造を手がけてきた栗山朋子とサヴィニー・レ・ボーヌのドメーヌ・シモン・ビーズ(エティエンヌ・ソゼで働いたのち、2002年からパトリック・ビーズ氏の右腕として今も活躍している ※少なくとも2014年までは白ワインの醸造責任者のまま。)でシャルドネとピノ・ノワールの醸造を手がけるギヨーム・ボットが、ブルゴーニュにて設立したネゴシアンです。


※買いブドウですので、ワイン名が同じでもヴィンテージによって畑の場所が違う場合があります。基本的にいつも還元香のないキレイなバランスで酸とミネラルが上質、樽はとても控えめ

’10 リアルワインガイド38号にて高評価される!ジャシス・ロビンソン女史に高評価される!

’11 リアルワインガイド42号にて高評価される!

’12 リアルワインガイド46号にて高評価される!

’12は生産量約35%減、、、

’13 リアルワインガイド50号にて高評価される!

’14 リアルワインガイド54号にて絶賛される!

’15 リアルワインガイド58号にて絶賛される!

4年連続で上質だったので、やはり間違いなく実力あります!
価格もまだ良心的なので、ぜひお試しください
(’13’14’15は特にお安く設定してくれた気がする!)


2015.6月時点での’13は抜栓直後よりも、約1時間後、さらに抜栓の次の日と抜栓後にどんどんおいしくなっていくものが多いです。3種類以上試して全部そうでした





ついに待ちに待った
シャントレーヴ’15が入荷致しました~!

また栗山さんを札幌に呼べるようにがんばります


’14から全房発酵比率が非常に高くなり、さらなる進化を遂げたものの
雹被害などの生産量減で
ポマール1樽のみ、
ムルソー、オークセデュレスの生産はなし、、、
ポマール地区の生産減もひどいですね、、、
パケさんもポマール’14をリリースできなかったほど

ブドウを買うということは、各生産者と畑のことを熟知しているということ
’14の個性としては基本的にエレガントで例年よりも固くない早くから楽しめるワインが多い


例年よりも寝かせなくてもすぐにおいしい個性で
リアルワインガイド54号にて絶賛されました!


必ず毎年同じ畑のブドウではないのですが、細かい資料はまだ届いておりません。



フランス国内、日本はもちろん、香港、ロンドン、デンマーク(コペンハーゲン)などなど
世界中の有名レストランでオンリスト率上がっているようです

今さら言うまでもありませんが、日本人だから扱っているわけではありません
酸が低くなりがちな’15白ですが、シャントレーヴのお二人がその点に気を使っていないわけがないという信頼があります

そして’14までごくごくまれに『 少し薄い 』と言うようなご意見もいただきましたが’15には濃密感も加わっているはず

当然’15は全房発酵向きの年ですので、全房使いの生産者が何を重視してどう仕上げてきたかという点ももっとも興味深い部分ですね!


ジャンシス・ロビンソン女史、ワイン・ライターのジョン・ボネ氏などからも高評価されております!

ついにVINOUS(アントニオ・ガローニ)評価が付きました!今回、白ワインに点数がついていないのは、ドメーヌ訪問時に白ワインを濾過中で試飲出来なかったためであり、品質が低いからなどの理由では絶対にないことだけお間違いなく!!!




Chantereves, L'Intrus Vin de France Rouge '16 1500ml

シャントレーヴ、ラントリュ・ルージュ‘16 マグナム・1500ml

税別¥5700

<あと5本>超限定品!

※今回はなんと本数制限なし。すべての値引き対象外となります。




Chantereves, L'Intrus Vin de France Rouge '16 750ml

シャントレーヴ、ラントリュ・ヴァン・ド・フランス・ルージュ’16

(フランス・南ローヌ・辛口赤・750ml)


税別¥2600

<あと14本>おすすめ!

※今回はなんと本数制限なし。
すべての値引き対象外となります。


「2018.2月末に飲みました。DIAM 3コルク。縁が紫がかったやや明るいルビー色。スミレ、バナナ、焼きリンゴ、わりと上品スパイス、ベリー類のキャンディ、ピンクグレープフルーツ、桃、ミネラルなどの白ワインの要素も混じる香り。ヴィンテージの影響もありますが、ラントリュ’15(ヴァントゥー)よりも涼しげで標高が高いイメージで、明らかに亜硫酸少ない香りと味わい。まだわずかに微々発泡あり。うまみ、酸、塩を含むミネラルがしっかりしており全く重くないみずみずしくジューシーな味わい。ただし’15よりも現時点では飲み手によっては若干好みの分かれるニュアンスが含まれる(逆に喜ぶ方も実際多いわけですが、、、)。抜栓から15分で少し向上。3ヶ月後にもう1度飲んでみたい。抜栓の次の日も非常においしい。やはり温度は上げ過ぎないほうがおいしい。ブルゴーニュ・グラスでもOK」

アルコール12.5%

シラー100%

認証あり有機栽培
(当然畑を見て試飲をした上で、ブドウを買うことを決めた)

’15はヴァントゥー地区のシラーでしたが、激うまでしたね!

’16は、VALREAS = ヴォークリューズ県付近のコートデュローヌ・ヴィラージュ
ヴィサンやヴァンソーブルの隣
ブルゴーニュに蔵があるので名乗れないだけ。実質中身のブドウの価格がヴァントゥーよりも高いのでは?と思ってしまいます。

海抜400m強の高地で石灰土壌

<繊細、エレガント、ミネラリーで重くないキレイな酸、温度を上げ過ぎないほうが良い>は共通しているはず

丁寧に手摘みし徹底的に選果したあと、
全房ごと発酵タンクに入られ、 SO2無添加で醸造されます。
セミ・マセラシオン・カルボニックの手法を取り入れています。
ピエス樽(228リットルの小樽)で9ヶ月熟成し、2回澱引きしたあと、
SO2はもちろん一切の添加物無しに瓶詰め
無清澄、無濾過






シャントレーヴ、マルサネ・ブラン’15(辛口白)

税別¥3800

<あと6本>超限定品!

リアルワインガイド58号 89+・90+点(今~2037年)

厚みと骨格があるタイプのようです

待望のコート・ド・ニュイ新ラインナップ!!!




シャントレーヴ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ダモード’15
(マグナム・1500ml)


税別¥19000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
輸入量特に極小だった銘柄。



シャントレーヴ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・ダモード’15

税別¥9600

<あと7本>超限定品!

VINOUS 89~91点(2017~2025年)

リアルワインガイド58号 91・93点(2023~2050年!)

1級オー・ブド同様、ヴォーヌロマネ側の個性

待望のコート・ド・ニュイ新ラインナップ!!!




シャントレーヴ、サンロマン・コンブ・バザン・ブラン’15(辛口白)

税別¥3900

<あと10本>限定品!

リアルワインガイド58号 90・90+点(今~2035年)




シャントレーヴ、オークセイ・デュレス・レ・ゾート・ブラン’15(辛口白)

税別¥4300

<あと9本>絶対おすすめ!
超限定品!

リアルワインガイド58号 90+・91点(今~2037年)

30本完売!~※再入荷不可能!

「2017.9月下旬に飲みました。DIAM5コルク。明らかに他の銘柄よりも亜硫酸の少ない色とトップノーズと味わい。まさにラシーヌさん顔負けの(笑)超一流生産者による欠点のない優れたヴァン・ナチュールの味わい。揮発酸・酢酸の出ないこの絶妙なナチュラル・エキス感をどうやってピンポイントで表現しているのか不思議なくらいで、これはすごいセンスと経験のいる仕事なんじゃないかと思う。擦りおろしたリンゴ、数種類のハーブ、しっかりミネラル、癒しもある複雑なよい香り。香りだけならブラインドでシュナンブランだと思ってしまう可能性あり。この甘旨酸塩の絶妙バランスは、サンソニエールとユエが好きな方にも間違いないでしょう。ピュアでミネラリーでみずみずしく、厚いうまみエキス、’15だから酸が低いとか、酸のテンションだけ高くて肝心の味付きが薄いとかまったくなく、素晴らしい!抜栓の次の日も非常においしいが、ヴァン・ナチュール嫌いの方は、おそらく初日のバランスの方がお好みだと思われます。冷やしすぎないほうがおいしい」

アルコール12.5%

Les Hautes Blanc

’04は出来る限り亜硫酸無添加でしたのでおそらく’05も




シャントレーヴ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・レ・モルジョ・ブラン’15(辛口白)

税別¥8200

<あと18本>限定品!

リアルワインガイド58号 92・93点!(2018~2040年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

30本完売!




シャントレーヴ、モンテリー・ルージュ’15

税別¥3800

<あと10本>超限定品!

※この銘柄のみ基本的に100%除梗。




シャントレーヴ、ポマール・トロワ・フォロ’15

税別¥6200

<あと12本>絶対おすすめ!

VINOUS 88~90点(2017~2025年)

リアルワインガイド58号 90+・91+点(2020~2043年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

12本完売。

「2018.正月に飲みました。DIAM5コルク。まだガチガチだろうと思いつつもポテンシャルを計るつもりで開けたのですが、なんとある意味もう飲める!びっくり。紫色の弱く赤色の強いルビー色。ミルキーさのある華やかで複雑な野イチゴなどの赤い実の果実、花束、紅茶、ミネラルなどの艶のある非常によい香り。熟して健全で豊かな果実味、根菜ときのこで取った出汁のような豊富なうまみがミネラルとともに広がり、タンニンは多いが丸くほのかな甘みと悪い意味ではないごくごくわずかなエグみを伴う長いアフター。(※ヴァンサン・ルグー’15を11月~12月にかけて2種類飲んだ時には例年より熟して少しクドいくらい甘く、アフターにはっきりと強いエグみが残り、全然飲み続けていられなかったが、それとは次元が違う心地よさすらあるもの。ルグーに関しては’13’14の方が当店の好みでした。)全房発酵によるものなのか?複雑な風味~濃密感と中域のミルキー感があり、牛すきによく合う。牛肉と合わせるとタンニンが気にならなくなる。牛すきくらいの薄切り具合と味の濃さがよいのかもしれない。軽くスモークしたハムでチーズを巻いたものなどにもわりと合う。抜栓の2日後までまったく落ちない。艶のあるミルキー・イチゴ。’12とはある意味全然違うワイン。またしばらくしたらクラシックでエレガントなスタイルにきっと戻ってゆくでしょう」

アルコール12.5%

’15は特に自信作のようです!

Trois Follots



7/15(日)アップ~蔵出しセラファン’15ラック

4/8(日)アップ~蔵出しセラファン’15フィネス

恐ろしく長熟型のシャルム・シャンベルタン!

※全商品すべての値引き対象外となります!

 

他のジュヴレシャンベルタン2はこちら





セラファン、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・ボード‘15

税別¥18000

<あと12本>限定品!

パーカー91~93点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)

VINOUS 92+点!


リアルワインガイド61号にて絶賛されました!
93・94点!(2021~2048年)




セラファン、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・レ・コルボー‘15

税別¥14000

<あと4本>超限定品!

※なんとすでに再入荷不可能!

パーカー92~94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新バーガウンド・コム 92点!(Outstanding!)

VINOUS 91+点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17/20点
(さらにCote de Nuits Palmares Regional!)

リアルワインガイド61号にて絶賛されました!
92+・93+点!(2020~2045年)




セラファン、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・ル・フォントニィ’15

税別¥21000

<あと2本>フィネス輸入の超限定品!

リアルワインガイド61号 93・94点!

最新パーカー92点(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト232号)

パーカー90~92点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

最新バーガウンド・コム 92点(Outstanding!)

VINOUS 91+点







’14もリアルワインガイド57号にて絶賛される!


セラファン、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・ル・フォントニィ’14

税別¥18000

<あと3本>限定品!

リアルワインガイド57号 92・93点

最新バーガウンド・コム 91点

VINOUS 90点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点




 

セラファン、シャルム・シャンベルタン’08

超特価・税別¥29800

<あと3本>

フィネス輸入の超限定品!再入荷不可能!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー91~92+点(2010~2025年、David Schildknecht

最新インターナショナルワインセラー93点

スペクテーター93点(2014~2028年)

バーガウンド・コム 93点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版17/20点

リアルワインガイド33号にて大絶賛される!

平均樹齢65年の優れた畑!

「Aux Charmes」と「Mazoyeres」に合計0.3haの所有

以前入荷時は、’99と’02が一瞬で完売でした。

日本への輸入量極少!

このワインに関しては、パーカーさんの飲み頃予想は明らかに早すぎるし短すぎると思ってしまいます。

一流ドメーヌのシャンベルタンよりさらに長く熟成する可能性があります


7/15(日)アップ~蔵出しドメーヌ・トラペ’15CNVと’14マルサネ再入荷

アメリカ以外でどんどん評価を高めているドメーヌ!ワイナート69号43号でも絶賛されました!

MVF(旧クラスマン)2011年度版にて2つ星→3つ星生産者に昇格!








↑’15からラベルデザイン大幅変更あり。





 

当店扱いのドメーヌ・トラペは、すべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!

たまに並行ものの安いトラぺが流通していますのでお気を付けください


いまやドメーヌ・トラぺさんは、失敗の可能性が低いかなり優れた生産者といえます




ドメーヌ(ジャン・エ・ジャン・ルイ)トラペ、ブルゴーニュ・パストゥグラン・ア・ミニマ’15

税別¥2900

<あと6本>おすすめ!

パーカー87点(ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 87点!(Outstanding Top Value!)





ドメーヌ・トラぺ、コートドニュイ・ヴィラージュ・ル・メイ・フランゲ・ルージュ’15

税別¥4800

<あと8本>絶対おすすめ!
超限定品!~※あと1回だけ再入荷決定!

「2018.6月下旬に飲みました。各評価誌などにもまだ評価の載らないこの銘柄も圧倒的でした。下のクラスでも十分感激できます。まず一般的な他の’15よりも涼しげで透明感があり、まったくジャミーではなく少しも低くない酸と凝縮感とクラシックな骨格がありつつもナチュラルな複雑性。やっぱりトラぺさんは真の意味での最高のナチュラル・ブルゴーニュだと思います。結果としての味がナチュラルで深くおいしいわけなので、やっぱりそれが本質ではないでしょうか。他のワインで変わりがきかない最高の造り手の一人。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。抜栓直後は胡椒、梅シソ、ミニトマト、ヨード、ミネラルなどの香りで、20分程度ですぐに強い艶のあるイチゴ香が前面に出てくる。タンニンは多めだが、中域のうまみエキスがたっぷりで、トラぺさんのワインとしては若干重心が低く、すでにバランスが非常に良い。余韻は並みのジュヴレシャンベルタンよりも明らかに長く、うまみ塩を伴うミネラルとともにイチゴの戻り香が持続する。まだ少し固いとは言ってもこれほどおいしければ飲み頃NOW~といっても差し支えないでしょう。抜栓の次の日は、初日より少し暗いイメージの香りになったが、味わいはやはり素晴らしい。抜栓の2日後も非常においしい。タンニンはまだ溶け込みきらないがうまみとミネラルの量がすごい」

アルコール12.5%

ジュヴレシャンベルタンのすぐ北<ブロション Brochon>にある畑
当主ジャン・ルイ氏の従兄弟が所有する
「Le Meix Fringuet(ル・メイ・フランゲ)」の小さな区画を
12年前からビオディナミで耕作。

2013年が初リリース。手摘み収穫後、房と粒の2段階で厳しく選別し、コンクリートタンクで低温浸漬、3~4週間かけてゆっくりアルコール醗酵を行う。
必要に応じて入れを行い、基本的に新樽15%以下で約15ヵ月熟成。




ドメーヌ・トラぺ、マルサネ・ルージュ’15

税別¥5200

<あと2本>限定品!

パーカー89~91点(ワイン・アドヴォケイト228号)

最新インターナショナルワインセラー89点(ステファン・タンザー)

インターナショナルワインセラー88~90点

最新バーガウンド・コム 89点(Outstanding!)

バーガウンド・コム 88~91点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15/20点





ドメーヌ(ジャン・エ・ジャン・ルイ)トラペ、ブルゴーニュ・パストゥグラン・ア・ミニマ’14

税別¥2700

<あと8本>おすすめ!

※嬉しい値下がり!

バーガウンド・コム 85~88点!(Outstanding Top Value!、Issue 61)

「2017.5月上旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや明るいルビー色。透明感のあるピュアな赤い実の果実、梅シソ、ミネラルなどの香り。例年よりも明らかに酸がしっかりしており(オストレア’14は普通でした。)、みずみずしくエレガントながらもアフターに塩ミネラルとともにまだわずかにタンニンが残るので飲み頃は2018~と思われる。飲んでいるうちに少しうまみが増すが、今はまだ少し閉じている&バランス的に少しだけ果実が弱い印象だが、それでも一般的なパストゥグランよりも明らかに美味しいし、トラぺさんらしさも感じられる。還元香は皆無。抜栓の2日後まで全く落ちずに、わずかに向上してゆく」

アルコール12%




ドメーヌ・トラぺ、マルサネ・ルージュ’14

税別¥4900

<あと3本>限定品!

※嬉しい値下がり!
あと1回だけ再入荷が決まっています!

リアルワインガイド62号にて絶賛される!90・90+点!(今~2035年)

パーカー88~90点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

インターナショナルワインセラー86~89点

バーガウンド・コム 86~89点(Issue 61)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!





ドメーヌ・トラぺ、コートドニュイ・ヴィラージュ・ル・メイ・フランゲ・ルージュ’13

税別¥4800

<あと1本>初入荷の超限定品!



7/15(日)アップ~蔵出しディディエ・ダグノー’15

ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・フランス誌が選ぶワインメーカー・オブ・ザ・イヤー
(Vigneron de l'annee)2016年に選ばれました!

デカンター誌2006年7月号にて世界の白ワイン生産者TOP10、第7位に選ばれました!

 

 

 

 

 

※すべてフィネス輸入、最上のコンディション!

’07は、ダグノーさんが栽培、醸造、熟成まで関わった最後のヴィンテージ

(瓶詰め前、9月に不慮の事故で亡くなってしまいました)

現在は、息子さん(ベンジャマン氏)が中心となって運営しております

LVF誌が選ぶワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤー2016年に
ルイ・バンジャマン・ダグノー氏が選ばれる!!!


醸造所の2階にある除梗機で100%除梗され、1階にある空圧式圧搾機でプレスし、地下のタンクへ葡萄果汁が運ばれます。この間の葡萄の移送はすべて重力によって行われるグラヴィティー・フロー

ビオディナミや馬による耕作も取り入れている



『 同じソーヴィニヨン・ブランでもテロワールごとにこうも違うのかと驚かされる。
やはりダグノーのワインは別格。 (ワイナート65号より) 』




ディディエ・ダグノー、ブラン・フュメ・ド・プイィ’15

税別¥10000

<あと3本>限定品!

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点




ディディエ・ダグノー、シレックス’15

税別¥18000

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

デカンター・オンライン94点!(2018~2025年)

MVF(旧クラスマン)2018年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点





ディディエ・ダグノー、ブラン・フュメ・ド・プイィ’14

特価・税別¥8500

<あと1本>限定品!

スペクテーター93点!(NOW~2024年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点






ディディエ・ダグノー、ブラン・フュメ・ド・プイィ’13

特価・税別¥8500

<あと2本>限定品!

MVF(旧クラスマン)2016年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版14.5/20点




ディディエ・ダグノー、ブラン・フュメ・ド・プイィ’12

税別¥8700

<あと5本>限定品!

MVF(旧クラスマン)2015年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版15/20点

エチケットにあしらわれている楽譜は彼の友人である作曲家の手によるものでシャンソン歌手のジョルジュ ブラサンスのために作った"Mauvaise reputation"=悪い噂と名付けられた曲です。この楽譜を素直に演奏しようとすると調が違ったり、綺麗な和音が成立しなかったりとかなり前衛的なメロディーとなるようです。
(輸入元資料より)

’10 ファルスタッフ 92点




すべてACブラン・フュメ・ド・プイィ

プイィフュメの最上級品は、長期熟成にも耐え、芳醇で深い味わい

50人もの収穫人による丁寧な手摘み収穫・選果を行なう

基本的に100%除梗、SO2最小限

マロラクティック醗酵を行なわない

ワイン王国13号山本博の特集『ロワール物語』にてプイィフュメ注目生産者10に選ばれる

 


7/15(日)アップ~<※6本限定!>蔵出しニコラ・ジェイ’16

ジャン・二コラ・メオによるオレゴン・ピノノワール!










フィネス輸入の超限定品!
北海道で買えたのはおそらく当店だけ






Nicolas-Jay, Willamette Valley Pinot-Noir '16

ニコラ・ジェイ、ウィラメットヴァレー・ピノノワール’16

(アメリカ・オレゴン州・辛口赤)


税別¥9000

<あと6本>超限定品!

※’14から値上がりなし!
まだ評価出ていません

アルコール13.5%




Nicolas-Jay, Willamette Valley Pinot-Noir '15

ニコラ・ジェイ、ウィラメットヴァレー・ピノノワール’15

(アメリカ・オレゴン州・辛口赤)


税別¥9000

<あと7本>超限定品!

ジェームス・サックリン94点!

最新VINOUS 92点!(2020~2026年、2018.1月試飲)

Wine Enthusiast 93点!(Editors' Choice)

スペクテーター91点(NOW~2021年)

パーカー87点(2017~2020年、
Lisa Perrotti Brown、ワイン・アドヴォケイト232号)


バーガウンド・コム 89点

デカンター・オンライン90点(2017~2025年、William Kelley)

アルコール13%

去年は6本しか手に入りませんでした!

生産者曰く、’15は20年程度熟成可能
ビオディナミのブドウ主体

ワインメーカーズ・ノートは、’15はリッチで傑出したバランス、ジューシーなフルーツ感で、ミネラルがあり、余韻が長い。という感じで絶賛です!

話題のジャン・二コラ・メオによるオレゴン・ピノノワール!

ピノノワール100%

樹齢30年

ビショップ・クリーク区画

’15は新樽33%の樫樽で約15ヶ月熟成




Nicolas-Jay, Willamette Valley Pinot-Noir '14

ニコラ・ジェイ、ウィラメットヴァレー・ピノノワール’14

(アメリカ・オレゴン州・辛口赤)


税別¥9000

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!

Wine Enthusiast 94点!(Editors' Choice)

スペクテーター93点(Outstanding!、NOW~2024年
2016年 TOP96/100位!)

パーカー89点(2016~2024年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト225号)


インターナショナルワインセラー92点

バーガウンド・コム 90点(Outstanding!)

「2016.3月末に試飲しました。一番の個性は上品で複雑な滑らかさだと思いますが、非常によい出来で固さがあまりなく熟成も可能。リリース直後は固く野暮ったかったルイ・ジャドのオレゴン・ピノノワールとはえらい違いです。ジャミーでも果実味を強調したタイプでもなく、樽が控えめで溶け込んでおり、酸とミネラルが低くない。エキスを伴うほのかな甘みはあるが、甘すぎずよいバランス。アルコールのヴォリューム感も強くなく非常に好印象」

アルコール13.5%

ピノノワール100%

樹齢30年

ビショップ・クリーク区画

新樽32%の樫樽で15ヶ月熟成

2014年のオレゴンは春先から収穫まで天気が良く温暖だったので十分な日照量があり、糖度やタンニンの熟し具合、果皮の色付きなど素晴らしく成熟した葡萄を収穫することができました。複雑で深みのある長熟に適したワインになっており、最高のヴィンテージと言われています。





メオ・カミュゼ、オートコートドニュイ・クロサンフィリベール・ブラン’12
(モノポール・辛口白)


税別¥5000

<あと7本>超限定品!

※これはラック輸入の蔵出し正規品
もちろん再入荷不可能!

4年経って飲み頃に入ったばかりくらいの時期だと思われます
全ヴィンテージが今、買えない状況です

自社畑100%、唯一所有している白ワイン

エシェゾー近くの畑で、実質ヴォーヌロマネ・ブランです。ヴィンテージにかかわらず毎年安定しておいしい。実はピノブランをブレンドする年もあるらしいです


7/15(日)アップ~<極少数!>蔵出しシャトー・ラヤス’05

さらにシャトー・デ・トゥール


※ラヤスは、すべての値引き対象外となります。

 

 

 

 




この地域特有の赤く酸化した石はほとんどなくサラサラの砂質土壌がメインで、この土壌から繊細なグルナッシュが生まれます。 (フィネスHPより)


当店扱いのシャトー・ラヤス&シャトー・デ・トゥールはすべてコンディション抜群で有名&超入手難なフィネス輸入ものです!



※すべて再入荷不可能!!!すべての値引き対象外となります。




シャトー・ラヤス、シャトー・フォンサレット・コートデュローヌ・ルージュ’05

税別¥18000

<あと1本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

最新パーカー93点(2010~2025年、ワイン・アドヴォケイト173号)

パーカー88~90点(ワイン・アドヴォケイト169号)

スペクテーター90点(NOW~2011年)

最新インターナショナルワインセラー91点


MVF(旧クラスマン)2015年度版16.5/20グラス

MVF(旧クラスマン)16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)15.5/20点

この銘柄ですでに優良生産者のシャトーヌフ以上の素晴らしく高い品質です!






シャトー・デ・トゥール、コートデュローヌ・ブラン’14(辛口白)

特価・税別¥4300

<あと3本>



シャトー・デ・トゥール、コートデュローヌ・ブラン’13(辛口白)

税別¥3700

<あと6本>限定品!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17/20点!




シャトー・デ・トゥール、コートデュローヌ・ルージュ’14

特価・税別¥4700

<あと3本>

 


7/15(日)アップ~蔵出しジャン・ルイ・シャーヴ’15赤白(フィネス)

エルミタージュの最高峰!圧倒的な存在感!

 

「ワインレポート2009年」(トム・スティーブンソン著)にてギガル、ボーカステルらを抑えてエルミタージュ赤が『ローヌ最上のワイン』部門単独第一位を獲得!


ワイナート63号フランス偉大なる造り手10人にて大きく取り上げられる!


「自分のワインは“ヴァン ナチュレル(vin naturel)”で飾りのない自然なワイン。澱引きの回数を最小限にとどめ、亜硫酸の添加を出来るだけ少なくするようにしている。大事なのは畑の自然を生かす事と醸造のバランス。自然ばかりを追い求めて迷走している自然派ワイン“ヴァン ナチュール(vin nature)”とは違う。栽培がビオディナミでも醸造段階で亜硫酸をたくさん使っていれば意味がない。いずれにせよ、工業製品ではない“生命”が吹きこまれているワインはとても繊細なので、流通や保管におけるしっかりとした管理が重要。(生産者自身によるコメント)」


2011年は天候も良く病気もなかったとても良いヴィンテージで、特に赤がバランス良く素晴らしい仕上がりになっています。

ネゴシアンワインは当初はほとんどが買い葡萄で造っていましたが、現在はドメーヌの葡萄の比率が多くなっており、100%ドメーヌ葡萄のキュヴェもあって年々レベルが上がっています。 (フィネスHPより)




ジャン・ルイ・シャーヴ、サンジョセフ・ルージュ’14

税別¥7400

<あと2本>フィネス輸入の限定品!

スペクテーター94点!(NOW~2026年)

最新パーカー92点(2016~2024年、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト228号)

パーカー91~94点(Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新VINOUS 93点!(2022~2029年)

VINOUS 92~94点!

最新デカンター・オンライン93点(2018~2024年
perfectly balanced for the medium term.
Steven Spurrier、Part of Steven Spurrier’s fine wine world)

デカンター・オンライン94点!
(2020~2030年、Rosemary George MW)

デカンター・オンライン90点(2017~2032年)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点




ジャン・ルイ・シャーヴ、サンジョセフ・ルージュ’13

税別¥7400

<あと6本>フィネス輸入の限定品!

インターナショナルワインセラー93点


スぺクテーター93点(2018~2028年)

まだ評価が出揃っておりません




ジャン・ルイ・シャーヴ、サンジョセフ・ルージュ’12


税別¥7400

<あと4本>フィネス輸入の限定品!

最新パーカー93点(2015~2025年、ワイン・アドヴォケイト216号)

パーカー92~94点(ワイン・アドヴォケイト210号)

インターナショナルワインセラー93点


スぺクテーター93点(NOW~2022年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版17/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版17/20点+クー・ド・クール!




ジャン・ルイ・シャーヴ、サンジョセフ・ルージュ’11

税別¥7600

<あと2本>フィネス輸入の限定品!

スぺクテーター94点(2015~2022年)

最新パーカー93点(ワイン・アドヴォケイト210号)

パーカー90~94点(ワイン・アドヴォケイト204号)

最新インターナショナルワインセラー92点

ジャシス・ロビンソン17/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版16.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版16.5/20点

こちらはドメーヌもの

樹齢80年の区画を含む!若木はすべて『ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション』にまわされる

 




ジャン・ルイ・シャーヴ、エルミタージュ・ルージュ’15

税別¥25000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
輸入元在庫一瞬で完売!

最新パーカー98~100点!!!
(2025~2040年、ワイン・アドヴォケイト234号)

パーカー97~100点!!!

最新VINOUS 97点!!!

VINOUS 96~98点!!!





ジャン・ルイ・シャーヴ、エルミタージュ・ルージュ’14

税別¥23000

<あと2本>フィネス輸入の超限定品!

最新パーカー94~96点(Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト228号)

パーカー94~96点(2021~2036年、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新VINOUS 95点!!!(2024~2034年)

VINOUS 95~97点!!!

スペクテーター96点!(2020~2040年、Collectibles!)


ジェームス・サックリン2017年度 フランス・ワインTOP35/100位!

MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点




ジャン・ルイ・シャーヴ、エルミタージュ・ルージュ’13

税別¥23000

<あと6本>フィネス輸入の超限定品!

最新パーカー94~97点!(2022~2038年、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト222号)

パーカー94~96+点(Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト216号)

インターナショナルワインセラー96~97点!!!


スペクテーター95点(2019~2034年)

MVF(旧クラスマン)2017年度版19.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版18.5/20点




ジャン・ルイ・シャーヴ、エルミタージュ・ルージュ’12

税別¥23000

<あと3本>フィネス輸入の超限定品!

最新パーカー96点!(2017~2037年、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト222号)

パーカー94~97点!(2020~2037年、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト216号)

パーカー96~98点(Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト210号)

インターナショナルワインセラー94~95点!!!


スぺクテーター95点(2018~2027年)

デカンター・オンライン92点(2021~2039年)

MVF(旧クラスマン)2016年度版17.5/20グラス




ジャン・ルイ・シャーヴ、エルミタージュ・ルージュ’11

(北ローヌ・辛口赤)


税別¥25000

<あと20本>フィネス輸入の超限定品!

スぺクテーター96点(2016~2030年)

最新パーカー96~98点!(2013~2033年、ワイン・アドヴォケイト210号)

パーカー95~98点(ワイン・アドヴォケイト204号)

最新インターナショナルワインセラー94~95点!

ジャシス・ロビンソン18/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版18/20点

MVF(旧クラスマン)2015年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版18/20点

MVF(旧クラスマン)2014年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版18/20点

樹齢90年近くになる区画を含む!

メアルなどの6~7区画のアッサンブラージュ




ジャン・ルイ・シャーヴ、エルミタージュ・ブラン’15(辛口白)

税別¥24500

<売り切れ>超限定品!

パーカー95~97点!(2015~2035年、ワイン・アドヴォケイト228号)

最新VINOUS 97点!!!

VINOUS 96~98点!!!





ジャン・ルイ・シャーヴ、エルミタージュ・ブラン’14(辛口白)

税別¥22500

<あと2本>フィネス輸入の超限定品!

最新パーカー95点(2016~2036年、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト228号)

パーカー94~97点(Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新VINOUS 95点!!!(2025~2035年)

VINOUS 95~96点!!!


スペクテーター98点!!!(2020~2045年!)

MVF(旧クラスマン)2018年度版19/20グラス(Coup de 💛 de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点さらに今年のTOP10ワインに選ばれる!!!




ジャン・ルイ・シャーヴ、エルミタージュ・ブラン’13(辛口白)

税別¥22500

<あと5本>フィネス輸入の超限定品!

デカンター・オンライン94点(2019~2045年)

最新パーカー97点!(2017~2037年、ワイン・アドヴォケイト222号)

パーカー97~100点!!!(ワイン・アドヴォケイト216号)

インターナショナルワインセラー96点!!!


スペクテーター97点!(2018~2035年)

MVF(旧クラスマン)2017年度版19.5/20グラス!(Coup de 💛 de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版18/20点




ジャン・ルイ・シャーヴ、エルミタージュ・ブラン’12(辛口白)

税別¥22500

<あと2本>フィネス輸入の超限定品!

最新パーカー・オンライン96点!(ロバート・パーカー2015.10月試飲)

最新パーカー96点!(2015~2035年、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト216号)

パーカー94~97点(Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト210号)

インターナショナルワインセラー94~96点!!!


スぺクテーター97点!(2016~2037年)

MVF(旧クラスマン)2016年度版18.5/20グラス

近年では基本的にマルサンヌ80%、ルーサンヌ20%

樹齢100年以上の区画を含む!

メアルなどの5区画のアッサンブラージュ









ネゴシアンワインは当初はほとんどが買い葡萄で造っていましたが、現在はドメーヌの葡萄の比率が多くなっており、100%ドメーヌ葡萄のキュヴェもあって年々レベルが上がっています。 (フィネスHPより)



下記もすべてフィネス輸入の貴重な蔵出し品!

近年のモンクールは、ハズレ知らずのおいしさです!全く単調ではありません




ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、モンクール・コートデュローヌ・ルージュ’16

(ローヌ・辛口赤)


税別¥2500

<あと8本>

毎年大人気の銘柄!意外に一番絶賛の声が多いかもしれません。




ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、クローズ・エルミタージュ・シレーヌ・ルージュ’16

(ローヌ・辛口赤)


税別¥3200

<あと12本>限定品!





ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、モンクール・コートデュローヌ・ルージュ’15

(ローヌ・辛口赤)


税別¥2500

<あと5本>

スペクテーター90点(Smart Buy!、NOW~)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

31本完売。

毎年大人気の銘柄!意外に一番絶賛の声が多いかもしれません。




ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、クローズ・エルミタージュ・シレーヌ・ルージュ’15

(ローヌ・辛口赤)


税別¥3200

<あと7本>限定品!

スペクテーター90点(NOW~2019年)

VINOUS 91~92点


毎年大人気の銘柄!




ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、エルミタージュ・ブランシュ・ブラン’13

(ローヌ・辛口白)


税別¥7000

<あと3本>限定品!



ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、エルミタージュ・ファルコネ・ルージュ’13

(ローヌ・辛口赤)


税別¥7000

<あと3本>限定品!

最新VINOUS 92点!(2020~2027年)




’13は特に生産量が減った年、’12も’13も最終的には非常に凝縮したよいブドウが収穫できたそうです。’14は基本的にアルコールが少し低く飲みやすい味わいとのことです。



ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション、サンジョセフ・オフェリュス・ルージュ’13

(ローヌ・辛口赤)


特価・税別¥3400

<あと9本>絶対おすすめ!

スペクテーター93点!!!(2017~2023年)

インターナショナルワインセラー92点!

デカンター・オンライン90点(For the weekend: Great wines under 20ポンド)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

21本完売。

1年半以上経過して、さらにおいしくなっているはず!



「2016.9月末に飲みました。DIAM5コルク。DIAM3ではないことに納得。縁が紫がかったやや濃いルビー色。強めのガリグ、黒コショウ、革、土、少しスモーク、黒い実の果実、ミネラルなどの甘苦系スパイス控えめのよい香り。陽気でジャミーではないが、比較的暗い正確になりがちな気がするこのワインとしては’13は非常にわかりやすいおいしさも出ている。ほのかに甘く凝縮しつつも酸とミネラルは低いどころか、予想以上にしっかりしていることで上品さとバランスと清涼感がキープされている。タンニンがキメ細かくよく溶け込んだ飲み頃NOW~。温度は上げ過ぎない方がおいしい。予想以上に傑出したバランス感!味わいの部分でも甘苦系さ控えめで、垂直方向にまっすぐ伸びる縦のラインが、数年前よりも進化した点だと思われる。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13.5%

’14 リアルワインガイド62号にて絶賛される!



 


7/15(日)アップ~<※値上がり直前!>蔵出しシャプティエ’15シャンタルエット

※すべて蔵出し正規品です!

   


↑近年のラベルデザインはこちら


『 いずれももっとも偉大な状態にあるエルミタージュだが、なかでももっとも凝縮感があるのがパヴィヨンで、もっとも優雅で、ミネラルが主体となっているのがレルミット、メアルはパヴィヨンとレルミット2つのスタイルを合成したようなワインとなる (R・パーカー) 』

「 シャプティエはワイン界で最もうっとりさせられる人物の一人である(R・パーカー) 」

ローヌワイン委員会の現会長が、ミッシェル・シャプティエ氏です!

 




現在、M.シャプティエ社は、エルミタージュ、サン・ジョゼフ、コート・ロティ、コンドリュー、クローズ・エルミタージュの北部ローヌはもちろん、南部のシャトーヌフ・デュ・パープにいたるまで、約350ヘクタールの自社畑を所有しています。

その全ての畑がエコセールによる有機農法認証を受けており、多くの畑でビオディナミ農法が実践されています。また、これ以外にも、長期契約の栽培農家から買い入れるぶどうを含めて、ローヌのあらゆるアペラシオンのワインを生産しています。





M. Chapoutier, Hermitage Blanc Chante-Alouette 2015

シャプティエ、エルミタージュ・ブラン・シャンタルエット’15

(北ローヌ・辛口白)

特価・税別¥7700

<あと5本>限定品!

※再入荷すると¥864値上がり致します。
4年前から値上がりなし価格に設定中!!!

パーカー95点!(2016~2019年、
The finest vintage for this cuvee I’ve ever tasted, the sensational 2015 Hermitage Chante Alouette boasts awesome notes of white peach, orange marmalade and white flowers in a rich, full-bodied, concentrated style. Coming from three different terroirs on Hermitage Hill (Meal, Les Murets and Chante Alouette), don’t miss it!
ワイン・アドヴォケイト228号)

スペクテーター95点(NOW~2029年、Highly Recommended!)

VINOUS 92~94点


MVF(旧クラスマン)2017年度版16/20グラス

アルコール13.5%

裏ラベルにABマーク、エコセールとビオディヴァン表記あり




シャプティエ、エルミタージュ・ブラン・シャンタルエット’11

(北ローヌ・辛口白)

税別¥7700

<売り切れ>絶対おすすめ!

限定品!

パーカー95点(ワイン・アドヴォケイト204号)

スペクテーター95点(NOW~2024年)

インターナショナルワインセラー90点

ゴーミヨー誌 17/20点


Wine Enthusiast 92点(2020~2030年)

MVF(旧クラスマン)2014年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版17.5/20点

すでにお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

いつも高級ブルゴーニュ白をお買い上げいただくお客様からもたくさん絶賛いただいております!

「2014.9月の輸入元さん東京試飲会にて当店社長がもっとも気に入った白ワインでした~!厚みがありつつ品のよい素晴らしい香りで、味わいもかなり良かったとのことです」

Hermitage Blanc Chante-Alouette 2011

手摘みのマルサンヌ100%

ステンレスタンクと一部樽にて20~25度で約22日間発酵

ステンレスタンクと一部樽で約10カ月間熟成

3区画に畑は広がる。小石の多い沖積土壌、花崗岩土壌、黄土質土壌など多様な土壌。南向き。

『 銘醸赤ワインとして知られているエルミタージュは、生産量は少ないものの実は優れた白ワインの産地でもあります。複数の区画で栽培されたマルサンヌという白ブドウから「シャンタルエット(『歌うヒバリ』の意味)」は造られています。ハチミツや花の香りが心地よく、余韻の長いエレガントな味わいです。 ~輝きのある、緑色がかった黄金色。マルメロ、はちみつ、生姜やアカシアと、微かなライムの花のニュアンスのある、繊細で複雑な香り。癖が無く、まろやかな口当たり。エレガントな味わいで、長い余韻にはアーモンドのフレーバーが感じられます。前菜、魚料理、白身肉料理などに合いそう。 (輸入元資料より) 』

裏ラベルにABマーク、エコセールとビオディヴァン表記あり






エルミタージュ・レルミットから丘の下を眺めた時の景観




シャプティエ、エルミタージュ・ルージュ・レルミット’09

(北ローヌ・辛口赤)

税別¥30000

<あと2本>超限定品!

最新パーカー98+点!!!(2011~2111年!、ワイン・アドヴォケイト198号)

パーカー97~100点!!!(ワイン・アドヴォケイト193号)

スペクテーター98点!!!(2016~2036年)

最新インターナショナルワインセラー94+?点!


ファルスタッフ 97点!!!

MVF(旧クラスマン)2012年度版19.5/20グラス!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版19.5/20点!

Ermitage Rouge L'Ermite 2009

フレンチオークの新樽、1年樽、2年樽をほぼ均等に使用。22カ月間熟成。

手摘みのシラー100%

コンクリートタンクで26度で20日間発酵。

『 M.シャプティエ社ワインの頂点にあり、極めて樹齢の高い区画からバイオ・ダイナミクス農法で栽培されたブドウから醸された、生産量も非常に少ない贅沢なキュヴェを『セレクション・パーセレール』と呼びます。 ~レルミット・ルージュはエルミタージュの丘の頂上部の、大変日当たりの良い斜面に位置している畑です。ワインに現れているインクや黒鉛、土、ブルーベリー、ベリー系の香りは、風化して粉状になった岩に由来する特徴です。フルーティさとミネラルを併せ持った深い味わいのワインです。赤身の肉料理、熟成したチーズなどと合いそう。 (輸入元資料より) 』




シャプティエ、エルミタージュ・ルージュ・レルミット’07

(北ローヌ・辛口赤)

HP限定クリアランス超特価・税別¥25000

↑なんと38%OFF!!!

輸入元定価・税別¥40,000

<あと14本>超限定品!

※再入荷不可能!相当にすごい超特価ですが、送料も通常通りの値引き可能!

パーカー92~94+点(2017~2035年、ワイン・アドヴォケイト182号)

パーカー・オンライン92~94点(2012~2025年、ニール・マーティン)

スペクテーター94点(2011~2017年)

最新インターナショナルワインセラー94点!


MVF(旧クラスマン)2010年度版19.5/20グラス!


7/15(日)アップ~蔵出しシルヴァン・ロワシェ’14ラドワ・ボワ・ド・グレション再入荷

単独所有のフラッグシップが予想以上の出来!

6/23(土)アップ~蔵出しシルヴァン・ロワシェ’15ブルゴーニュ・ブラン











 





Domaine Sylvain Loichet, Ladoix Bois de Grechons Blanc '14 Monopole

ドメーヌ・シルヴァン・ロワシェ、ラドワ・ブラン・ボワ・ド・グレション‘14

(ブルゴーニュ・辛口白・モノポール)


税別¥5200

<あと4本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

33本完売。~※近日再入荷予定!

「2018.4月上旬に試飲しました。程よい樽、温度を上げると酸とミネラルが上質な村名ムルソーというよりむしろミニ・コルトンシャルルマーニュ的リッチかつミネラリーな雰囲気となり明らかにクラスを超えた、かつ誰にでもおすすめできる使い勝手のよい銘柄。近年のブルゴーニュ値上がりに嘆いている方ほど格付けやブランドなどに惑わされずに、これを飲んで驚いていただきたい!骨格はあるものの、すでに固さはなく酸の質が尖っていないので、ストレスなく飲み過ぎてしまうタイプ。香りも味わいも複雑で、余韻長い」

アルコール13.5%

どう考えてもラドワ村名・単一区画の最高品質!
実はこの畑が、ロワシェのフラッグシップ!

平均樹齢30年

1haの所有
白色泥灰土、粘土質土壌

生産量:5,000本

ABマークありの自社畑

アリエ産228リットル・オークにて約9ヶ月熟成

’13 デカンター・オンライン91点

‘11 ワイナート73号 89点
ブルゴーニュ今をときめく!ライジングスター13軒に選ばれる!
他は二コラ・フォール、シルヴァン・パタイユ、バンジャマン・ルルーなど




Domaine Sylvain Loichet, Bourgogne Blanc La Presidente '15

シルヴァン・ロワシェ、ブルゴーニュ・ブラン・ラ・プレジドント‘15

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥2800

<あと17本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

28本完売。

「2018.4月上旬に試飲しました。こちらはおそらく買いブドウを使用。それでもかなり高品質で果実味と骨格、うっすら艶があり、全く緩くなく少し温度を上げた方がおいしいくらい。酸とミネラルも低くなく、クラスを超えた味わいでスタイルとバランスも良い。この銘柄からもうロワシェの実力がわかるというもの」

アルコール12.5%

平均樹齢50年!

粘土石灰質土壌

醗酵も熟成もステンレスタンク50%、オーク50%

この畑は認証のないビオロジックのようです




Sylvain Loichet, Corton Charlemagne '15

ドメーヌ・シルヴァン・ロワシェ、コルトン・シャルルマーニュ’15

税別¥18000

<あと1本>超限定品!

樹齢50~60年

ABマークありの自社畑

醗酵:オーク樽
熟成:オーク樽9ヶ月(仏アリエ産228リットル、新樽比率50%)

『 完熟した黄色い果実。ヘーゼルナッツ、ミネラルなど複雑かつフレッシュな香り。骨格があり、クリーミーでいてパワフルな余韻が長く続く偉大な白ワイン。 (輸入元さんコメント) 』

’14 デカンター・オンライン94点!

ドメーヌHPによると20年くらいは熟成可能とのこと

2017.6月初旬に’13を試飲する機会をいただきました。
やはりスタイルは下位ラインナップと共通しており、キラキラ感のある高貴なトップノーズ、上質な酸とミネラル、樽があってもなくてもみずみずしくピュアで美しく、果実と厚みもしっかりの冷やし過ぎない方がおいしいタイプで、長いアフターにはミネラルが多く残る。骨格がありまだ固いが、4~5年後には相当おいしくなることでしょう!やはり間違いなく実力あります!




Sylvain Loichet, Cote de Nuits Villages Aux Montagnes Rouge '15

ドメーヌ・シルヴァン・ロワシェ、コートドニュイ・ヴィラージュ・ルージュ・オー・モンターニュ’15

税別¥4100

<あと2本>

プレモー・プリセの南、石切り場で有名なコンブランシアンの畑から造られるコート・ド・ニュイ・ヴィラージュ

ABマークありの自社畑

『 黒カシスやスパイスなど複雑なアロマ。滑らかなタンニンと凝縮した上品な果実味が広がり、素晴らしい骨格を備えた赤ワイン。 (輸入元さんコメント) 』

醗酵:オーク樽
熟成:オーク樽24ヶ月(仏アリエ産228リットル)

平均年間生産量:5,400本



バトナージュ少ない

ワイナート73号にて大きく取り上げられる!

2005年設立のライジング・スター
現当主であるシルヴァン・ロワシェ氏が2005年、弱冠21歳の時に立ち上げた新進気鋭のドメーヌ。元々ロワシェ家はブルゴーニュに畑を所有していましたが、シルヴァン・ロワシェ氏の祖父・父親は石材業を営んでいたため、ブドウ畑を他の生産者へ貸していました。しかしワイン造りを天職として育ったシルヴァン・ロワシェ氏がそれらの畑を取戻し、自身でワイン造りをスタートさせました。

以後全ての畑でビオロジック農法を実践。モダンで洗練されたスタイルのワインを造りだし、ブルゴーニュ期待の新世代として高い注目を集めています。
弱冠21歳でドメーヌを立ち上げた情熱溢れる当主
ボーヌにある醸造学校で学業を修め、2005年に祖父母から3.5haのワイン畑を受け継いだシルヴァン・ロワシェ氏。ブルゴーニュで畑を所有していたロワシェ家で育った彼は幼少の頃からワインに親しみ育ってきました。そして自身のドメーヌを立ち上げたのはなんと21歳のとき。以後信念に従いビオロジックを実践、シルヴァン・ロワシェ氏が造りだすモダンなスタイルのワインは世界的に高い人気を獲得しています。




オーナー兼醸造家:シルヴァン・ロワシェ氏

畑での作業が最重要

土を愛し、テロワールを表現するビオロジック農法
ドメーヌ・シルヴァン・ロワシェでは厳格にビオロジック農法を実践しています。除草剤はもちろん、化学的な薬品などで環境に対して悪影響を及ぼすものは使用しないことにより、土壌から自然に溢れた恩恵を得ることができます。

ただし、有機農法は化学的な薬品を使わなければ良いというわけではありません。ブドウを病気や害虫から守るために行う丁寧かつきめ細かな作業が必要不可欠です。

ブドウが育つ土壌に対する考察は毎年入念にされます。例えば除草作業の際、トラクターの重さで悪影響を及ばさないよう、重量制限を設けています。また自然素材の肥料(乾燥させた鳥などの糞)を活用し地中の微生物活動を活発化させることもします。そうした苦労の末活性化された土壌は通気性に優れ、バクテリアやミミズなどの微生物を多く含んだものとなり、その畑のテロワールを最大限に表現することが可能になります。

ビオロジック農法はただそれだけで美味しいワインの証、という訳ではありませんが、これだけ手間をかけているワインという証である、ということは言えそうです。


最適なタイミングで、手摘みされるブドウ

ブドウの収穫は実の成熟具合から判断して決められます。アルコールや酸度のポテンシャルと同様に、香りの成熟も判断しますが、それは素晴らしいワインを造るに当たってとても大切なことでもあります。
ブドウは手摘みで収穫され、一つ一つ実の状態を確認しながら収穫されます。また、収穫後においても白ワインについてはブレスの前にセラーで再度ブドウの実をチェック。赤ワインは醸造行程に移される前に2度目のチェックをすることで素晴らしい状態の実のみを選別することが可能となります。


シャルドネの醸造

収穫された果実は空気圧縮機で優しく圧搾され、第一搾汁のみを使用します。搾汁はその後定温管理で一晩置かれ、オーク樽に入れられます。醗酵はオーク樽で行われ、天然酵母を使用します。そして18ヵ月間ワインをしっかりと熟成させます。新樽はグラン・クリュの半数に使用され、プルミエ・クリュの3分の1に使用されます。熟成後は軽くフィルタリングされます。


 

7/15(日)~蔵出しユッタ・アンブロジッチ’17コスモポリート

さらに入手難の’16デープリンガー最後の再入荷!

5/13(日)~蔵出しユッタ・アンブロジッチ’16サテリート、’16グロッケントゥルム、’15シュペートすべて最後の再入荷!

まだ無名ですが、明らかに価格を超えて傑出している!

センス抜群!凛とした気品・骨格のあるピュアな味わい!













 



Weinbau Jutta Ambrositsch
ヴァインバウ ユッタ・アンブロジッチ

自身が、栽培責任者・醸造責任者
(醸造所は、最初はヴィーニンガー、今はペーター・ベルンライタに借りている)

ワインから圧倒的才能と畑仕事頑張っていること、亜硫酸を現実的なレベルで最小限にしようとしている(そのジャッジも抜群)ことは伝わってきます。
全ワインに共通しているのは透明感、強いミネラル、美しい酸、長い余韻。
輸入元さんの素晴らしい仕事によるおそらく現地レベルのコンディションにより、喉が乾かない食欲が出てくるイメージあり!
まさにゲミシュター・サッツの美点を最大限に表現している素晴らしさ!
現時点での海外の評価は低すぎると思います。

グラフィックデザイナーという異業界からの参入で、
オーストリアでは転職は非常に難しく大変なことらしいですが、その仕事ぶりで周りから認められ、現地でリスペクトされる存在にまでなっています。
読書好きで村上春樹も読むらしいです。








ワイナート52号(鹿取みゆきさんによる記事)でも取り上げられる!

2004年、ユッタ・アンブロジッチは著名な広告代理店でのグラフィック・デザイナーの地位を放棄し、ブドウ畑にすべてを捧げる道を選びました。
Oberwart地区、Eisenbergにあるわずか127本の、オーストリアでは決してメジャーではないリースリング種。ここから彼女のワイン造りはスタートしたのです。

ユッタは故郷であるブルゲンランドのウヴェ・シーファーに導かれ、ハンス・ニットナウスの元で研鑽を積みました。
古い老舗の造り手が集まるウィーンの地で醸造所を持たない後発のユッタは、すべてのワインの根源であるブドウに愛情を注ぎます。夫であるマルコと共に、ひたむきに、従順に、誰の目にも明らかなほど懸命に働くことでウィーンの生産者達の信頼を掴みとっていきました。
今日では、彼女は夫と共に、Sievering、Grinzing、Nussberg、Stammersdorfのドナウ川沿いの町に3ヘクタールの畑を所有しています。

すべて有機栽培で畑の中で生まれたものを堆肥にする循環農法です。
当然ながら収穫はすべて手作業、発酵に培養酵母は一切使いません。
ワイン畑に加え、2008年からは400年前の建物で念願のブッシェンシャンク(併設型の居酒屋)も年に10~14度、週末に開いています。




Jutta Ambrositsch, Gemischter Satz Glockenturm '16

ユッタ・アンブロジッチ、ゲミシュター・サッツ・グロッケントゥルム’16

(オーストリア・辛口白)


税別¥4000

<あと19本>絶対おすすめ!
初入荷の限定品!

パーカー89点(2017~2027年、ワイン・アドヴォケイト232号)

「2018.1月中旬に飲みました。こちらはドイツ風?のペトロール香を含み、キレキレの酸とミネラル、重心も低め。抜栓直後の低い温度ではガチガチに固くてびっくり!真の飲み頃は2020~?でも時間が経って温度も上がると秘めていたうまみが少し前に出てきてアフターも強烈な塩ミネラル!塩オレンジのイメージで、完璧なコンディションにより食欲が増して涎が出てくるワインの代表例。抜栓の2日後まで非常においしい。鐘の音が天然酵母に良い影響を与えたりするんですかね?」

アルコール12%
スクリューキャップ

’15 VINOUS 92点!

’15 ファルスタッフ 91点

’14 VINOUS 93点!!!

畑:19区、GRINZING(グリンツィング)東向き斜面、恵まれた日照とウィーンからの風による恩恵を受ける。

土壌:砂利
葡萄:グリューナー・ヴェルトリーナー、シルヴァネール、リースリング、ノイブルガーなど10種類
樹齢:45年!

Glockenturmは“鐘の音”を意味します。この畑で仕事をしていると教会の鐘の音がよく聞こえるため名付けられました。





Jutta Ambrositsch, Gemischter Satz Kosmopolit '17

ユッタ・アンブロジッチ、ゲミシュター・サッツ・コスモポリート’17

(オーストリア・辛口白)


税別¥2700

<あと17本>超限定品!

’17もかなり良い出来だと聞いております!
’17からワイン名をシンプルにしただけで、畑の位置は変わらないようです




Jutta Ambrositsch, Bilateraler Gemischter Satz Kosmopolit '16

ユッタ・アンブロジッチ、ビラテラル・ゲミシュター・サッツ・コスモポリート’16

(オーストリア・辛口白)


税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

輸入元在庫一瞬で完売!~※もう再入荷不可能となってしまいました、、、

「2018.1月中旬に飲みました。まずはこのワインを試すだけでユッタさんの仕事に圧倒されました。十分に実力がわかる価格とか関係なくすごいワインです。
まさかこれほどの才能が、まだ日本未輸入だったとは信じられない。今、繋がっておけたのは将来大きなことなのではないでしょうか。インポーターさんの目利きすごいですね!いきなりすごいトップノーズは華やか&キラキラ、やわらかいフルーツと花+硬水ミネラルウォーターと岩塩のような強いミネラル。このクラスからもう緩さがなく、少し骨格すらある。フルーツガム、バナナ、オレンジ、花から時間が経って少し温度が上がると蜜と砂糖漬けのオレンジとリンゴが出てくる。みずみずしく、しっかりした酸と塩ミネラルを伴う長めの余韻。抜栓の2日後までおいしい。20年前にキムロスさんが輸入したニコライホフから始まって、オーストリア地味に力入れているのでついに見つけた感ありますな~。北海道でもゲミシュターサッツ造ってほしいな」

アルコール12.5%
スクリューキャップ

畑:ドナウ川対岸にあるふたつの畑、
DOBLING(デープリング)とFLORIDSDORF(フロリッツドルフ)

品種:グリューナー・ヴェルトリーナー、ピノ・ブラン、ノイブルガー、ヴェルシュリースリング
醸造・熟成:ステンレスタンク

Bilateral(二国間の)の名前通り、ふたつの畑から造られます。
Kosmopolitはコスモポリタニズム、世界中をひとつの家族とみなす思想です。
ゲミシュター・サッツを表現するのにふさわしい言葉です。

ノイブルガー
シルヴァーナとローター・ヴェルトリナーの自然交配種。貴腐ワインが多く造られる。




Jutta Ambrositsch, Stammersdorfer Gemischter Satz Satellit '16

ユッタ・アンブロジッチ、シュタンマースドルファー・ゲミシュター・サッツ・サテリート’16

(オーストリア・辛口白)


税別¥2900

<あと14本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー88点(2017~2025年、ワイン・アドヴォケイト232号)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

23本完売。~※再入荷不可能!

「2018.1月中旬に飲みました。コスモリポート’16よりもキレとインパクトのある酸。熟成香ではないムスク、マスカットの香りが加わり、オレンジ、バナナはそのまま。より熟して厚みのあるフルーツ、粘性とエキス感もあり、キメ細かな苦みとミネラルとさわやかな酸を残す長く伸びるアフター。4人で飲んで全員絶賛でした!抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール12%
スクリューキャップ

’15 VINOUS 91点

畑:ドナウ川東側、21区、STAMMERSDORFER(シュタンマースドルファー) 
葡萄:グリューナー・ヴェルトリーナー、リースリング、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ
醸造・熟成:ステンレスタンク




Jutta Ambrositsch, Spate Himmelfarht '15

ユッタ・アンブロジッチ、シュペート・ヒンメルファルト’15

(オーストリア・辛口白)


税別¥3600

<あと11本>絶対おすすめ!
限定品!13本完売。~※再入荷不可能!

「2018.1月下旬に飲みました。このブドウ品種って本来すごいんですか?という(笑)この上品な甘みを伴う高貴なまろやかさは何?抜栓直後のみ強くはっきりしたごまの香りがあり還元的。不快な風味ではなく、ハイポテンシャルの証明という感じ(実際戻り香は素晴らしい!)です。プラムとオレンジを口に頬張ったようなよいフルーツ感。鉱物系ミネラル+塩ミネラル。この銘柄に関しては中辛気味のすごい量のうまみを伴った甘みと魅惑的なまろやかさがあるので、酸自体はキレキレに感じない。アミノ酸うまみ炸裂!中域のエキス感~アフターが強い。抜栓の次の日も驚くほどの甘旨でおいしい!」

アルコール12.5%
スクリューキャップ

’14 VINOUS 91点

畑:テルメンレギオンのGumpoldskirchen(グンポルツキルヘン)
土壌:貝殻石灰岩
葡萄:ロートギプフラー、ツィアファンドラー

収穫:11月に残糖のあるブドウを遅摘み

Himmelfarhtは昇天、天国への道を意味する言葉です。

ロートギプフラー
オーストリア原産らしい。トラミナーとローター・ヴェルトリナーの自然交配種。

ツィアファンドラー
オーストリア原産の地ブドウ。優れた造り手が丁寧に育てればすごいワインが出来るらしいというのは、まさにユッタが造ったこのワインのこと!!!




Jutta Ambrositsch, Doblinger Gemischter Satz Reserve '16

ユッタ・アンブロジッチ、デープリンガー・ゲミシュター・サッツ・レゼアヴェ’16

(オーストリア・辛口白)


税別¥6600

<あと6本>幻の超限定品!

※再入荷不可能!

アルコール13%
スクリューキャップ

’15 ファルスタッフ 92点

畑:19区Dobling(デープリング)、古木が植わる区画、完熟を待って最後に収穫。
葡萄:グリューナー・ヴェルトリーナー、リースリング、ブルグンダー

誘惑に耐えることが出来るなら、熟成させてください。もし飲まれるなら2~3時間、空気に触れさせてゆっくりと開かせてください。
様々なブドウの声に耳を傾けてみてください。




Jutta Ambrositsch, Riesling Rosengartel '16

ユッタ・アンブロジッチ、リースリング・ローゼンガルテル’16

(オーストリア・辛口白)


税別¥6600

<あと8本>幻の超限定品!

※再入荷不可能!

アルコール12.5%
スクリューキャップ

’15 ファルスタッフ 92点

’14 パーカー92~93点

誰もが認めるオーストリアで最上の特級と認識されている憧れの畑!

畑:19区Nussberg(ニュスベルグ)の中でも最高の畑で斜面の中腹に位置しています。
葡萄:リースリング100%
熱や乾燥のストレスが全くなく、魔法にかけられたようなブドウです。ユッタはこのワインに大きな満足を持っています。





7/15(日)アップ~蔵出しテヌータ・サン・アントニオ’14’13

新ラインナップ『スポンサ』が非常に良い出来!











実質ほぼ有機栽培
全銘柄で徹底して酸化を避ける造り




Tenuta Sant'Antonio, Sponsa Veronese '14

テヌータ・サン・アントニオ、スポンサ・ヴェロネーゼ’14

(北イタリア・ヴェネト州・辛口赤)


税別¥1650

<あと15本>絶対おすすめ!

「2018.7月上旬に試飲しました。ただのヴァルポリチェッラともリパッソのモンティ・ガルビとも違うニュアンスで、赤い実果実のドライフルーツのような凝縮感がありつつも重くなくフルーティーでジューシーさも残したセンスある造り。低すぎない酸と、多いエキス感、よく溶け込んだタンニンで、ただのヴァルポリチェッラよりもコクはある充実した内容でアルコールの浮きもゼロ。明らかに価格以上の満足度のよい出来!」

アルコール13.5%

ヴァルポリチェッラ地区のブドウですが、カベルネをブレンドしているので
<ヴェロネーゼI.G.T. >となります。

標高300m

砂質、石灰を含む粘土質

樹齢約25年

カベルネ・ソーヴィニヨン 40%、コルヴィーナ&コルヴィノーネ 40%、ロンディネッラ 20%

醗酵:ステンレスタンク 主醗酵後、マロラクティック醗酵
熟成:カベルネ・ソーヴィニヨンのみオーク樽熟成 約10カ月(500L、仏産、新樽なし)ブレンド後、セメントタンク熟成 約16カ月/瓶熟成 6カ月以上

新しく珍しいワイン。カベルネを20日間乾燥させ、ヴァルポリチェッラにブレンド。甘いチェリーやミントの豊かな香り。濃厚な果実味とカベルネ由来のタンニンが特徴的で飲みごたえあり 。(輸入元さんコメント)

スポンサの意味は、『休憩する。一服する。』といった意味があります。これは、畑で太陽の光をいっぱい浴びて、しっかりと成熟したブドウが収獲された後、カンティーナのパッシートのカゴの中に寝かされることから、その風景がまさに日陰に入って休憩しているかのようでこのように名づけられました。オーナー曰く、「よく頑張った!お疲れ様!」といった感覚だそうです。

カベルネをパッシートさせる理由とは?
ヴェネトのような冷涼な産地の晩熟であるカベルネソーヴィニヨンはハーブのニュアンス(青み)が出てしまうというマイナス面をアマローネを造る際の伝統技術を応用して青さをなくして骨格も出す為。




Tenuta Sant'Antonio, Amarone della Valpolicella Selezione '13

テヌータ・サン・アントニオ、アマローネ・セレツィオーネ’13

(北イタリア・ヴェネト州・辛口赤)


税別¥5000

<あと3本>おすすめ!

Wine Enthusiast 89点

ヴィー二・ブオーニ2018年度版 コローナ!


「2018.7月上旬に試飲しました。黒い実の果実、コーヒーや甘苦系スパイスが出てきてヴォリューム感とコクもあるが、固すぎず、今すぐ飲めてしまうような滑らかさとタンニンの質のよさあり。味わいにもよい甘苦コクがあるが、クドさはない酸の低すぎないバランスで、熟成も可能。酸化臭ゼロ」

アルコール15%

’12 デカンター・オンライン90点

’11 パーカー91点

平均樹齢約25年

複数の畑からのセレクトしたブドウをブレンド

コルヴィーナ 70%、ロンディネッラ 20%、クロアティーナ 5%、オゼレータ 5%

醗酵:ステンレスタンク(25日間)/主醗酵後、オーク樽にてマロラクティック醗酵
熟成:オーク樽熟成 24カ月(500L、新樽比率100%、フランス産)

プラムやカシスジャム、チョコレートや珈琲の香り。ふくよかな果実味。つややかで甘味としまりある酸のバランスがとれている。凝縮した印象ながら、上品なワイン。 (輸入元さんコメント)


7/15(日)アップ~蔵出しジャスト・ビー’16

夏の理想的な食中酒!



 




上記画像のオーナーのベレン・ヴァレラは、ギア・ぺニンで毎回90点以上を獲得し続ける、リアス・バイシャスを代表するパコ&ローラ ワインセラーの元ゼネラル・マネージャー(2011-2015)。


『 パコ&ローラで経験を積んだ後、曾祖父母がかつてバル・ド・サルネスで営んでいたワイン造りを復活させたいという想いから、昔家族で行っていたような、収穫の全てを手作業で行う非常に伝統的な畑作業で、自らのワイン造りを始めた。
アルバリーニョという品種をはっきりと定義し、独特な大西洋岸の個性を証明するブドウを作ること。そして真のアルバリーニョ種のアイデンティティーを表現することを目指す。 (輸入元資料より) 』




Just B '16 D.O.Rias Baixas

ジャスト・ビー・ワインズ、ジャスト・ビー’16

(スペイン・辛口白)


税別¥2300

<あと7本>絶対おすすめ!

「2018.7月上旬に飲みました。単体だけで飲むならおすすめ!止まりですが、食事と合わせたとたんに食事とワインどちらもよりおいしくなる可能性が高い銘柄です。魚介類はもちろん、ハムとチーズを挟んだパンにオリーブオイルと胡椒をかけたもの等でも簡単に相乗効果が出ます。日常のご自宅での食卓でも活躍の幅が広い。さわやか新鮮果実、みずみずしくクリーンで、ちょうどよい酸と心地よい塩ミネラルで、超キメ細かな苦みも食事を生かすとても心地よいもの。白桃、グレープフルーツ、キウイ、オレンジ、ハーブ、ミネラルなどの香り。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13.5%

明るい緑がかった、輝きのあるストローイエロー。ローリエやミントのようなハーブの豊かな芳香に加え、アニスやマンゴー、グアバなどのトロピカルフルーツ、桃やグリーンプラムが香る。フレッシュ感が口の中を包み込む。甘みと柑橘系のフルーティさが、力強くもよくバランスが取れている。
(輸入元さんコメント)

アルバリーニョ100%

熟成:澱とともに、撹拌せずに3ヶ月

スペイン最高の白ワイン銘醸地 リアス・バイシャス
イベリア半島の北西端にあるガリシア州に位置し、スペインが誇る白の産地と称えられるD.O.リアス・バイシャス。大西洋に面している為、海洋性で湿度の高い涼しい気候、石灰質とは異なった花崗岩由来の、柔らかでしっかりとしたミネラルがもたらされる。


「バル・ド・サルネスが最も重要なサブゾーン」
とヒュー・ジョンソンもジャンシス・ロビンソンも言っています!

「スペインでは、若々しく爽快な白ワインが大攻勢をかけている。
リアス・バイシャスのアルバリーニョ種から造られた美味な白ワインは、
その中でもひときわ目を引く」Byロバート・パーカー

最も冷涼で最も湿度が高いサブ・リージョンのひとつ

アルバリーニョの原産地とされる

リアス・バイシャスワインの総生産量の2/3を占める最重要サブ・リージョン!


この夏オススメ 「海のワイン」=リアス・バイシャス
花崗岩をベースとする土壌から生まれる力強くも繊細な酸・ミネラルに、海岸沿いならではの特有の塩味。海のワインと呼ばれるだけあって魚介との相性は抜群!旨みが舌の上にしっかりと残り素材の味をより引き出します。海の幸が大好きな我々日本人の味覚にぴったりのワインです!



7/15(日)アップ~蔵出しアンセルモ・メンデス’17


まだ探せばこんなワインが見つかります。
明らかに価格を超えたヴィーニョ・ヴェルデ!



 



ANSELMO MENDES, MUROS ANTIGOS ESCOLHA '17

アンセルモ・メンデス、ムロス・アンティゴス・エスコーリャ’17

(ポルトガル・辛口白)


税別¥1250

<あと11本>おすすめ!

※近日さらに再入荷決定!

最新パーカー89点!(2018~2022年、
~this is rich and caressing in texture, seemingly, even though it is a Vinho Verde, meaning lighter-styled and rather elegant. The fruit here is beautiful, the texture sensual and the finish long. This is nicely done. If I had a quibble, it could've used a bit more energy.
ワイン・アドヴォケイト237号)

輸入元担当者さま絶賛の1本!

17本完売。

「2018.6月下旬に試飲しました。微発泡がない~非常に弱いタイプです。まさに夏最高に実力を発揮するみずみずしく、すっきりバランスよく流れ極めて心地よい。雑味とエグみなく、ほのかにフローラルで杯が進む。外でバーベキューとかアペリティフ、自宅でサラダや和食と合わせてもよさそう。シチュエーションを考えれば大幅に価格以上に生かすことが出来るし、単体でも意外に飲み飽きない。抜栓の3日後までおいしい。はっきり言ってしまえば日本の実勢価格ではチャコリよりもヴィーニョヴェルデの方が価格を超えたワインが多い。そしてたまたま当店に届く前日に高いパーカーポイントが発表されるという、、、」

アルコール12.5%

DOC Vinho Verde

ロウレイロ / アヴェッソ / アルバリーニョ

アンセルモ・メンデス氏はヴィーニョヴェルデの品質向上に貢献した人物として知られ、今やポルトガルを代表する造り手です。アンセルモのワインをカジュアルに楽しめるムロスアンティゴスシリーズは、従来のヴィーニョヴェルデに多い微発泡ではなく辛口に仕上げたインターナショナルスタイル。エスコリャはヴィーニョヴェルデの代表的な3品種をブレンドした果実味あふれる味わいです。



7/15(日)アップ~蔵出しレ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ’15

上質なサヴォワのシャスラ!









 


※ジュラをヴォルネイのページに載せている関係上、
サヴォワもヴォルネイのページに載せます。




Les Vignes de Paradis (Les Vins du Leman), Chasselas Quintessence '15

レ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ (レ・ヴァン・デュ・レマン) 、シャスラ・カンテサンス’15

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税別¥2500

<あと18本>絶対おすすめ!

12本完売。

「2018.5月下旬に試飲しました。ブショネの少なそうなコルク。涼しげでさわやか、ややフローラルな中に蜜の風味が同時にある。あとリンゴ、ハーブ、ミネラルの香りも。ピュアでみずみずしく、決して単調ではなく、戻り香を含め非常に心地よく流れるので杯が進む。暖かい季節に最高。北海道産の野菜との相性なども楽しみ」

アルコール12%

シャスラ100%

馬を使って耕作!
低収量35hl/ha

氷河によって堆積した土壌と黄色粘土土壌
レマン湖を望む景観のよいブドウ畑

ヴァン・ド・サヴォワ

2~3回にわけて手摘みで収穫。時間を掛けて圧搾し、グラスファイバー製タンクとドゥミ・ミュイ500L樽を使用し16度で発酵。熟成期間は7ヶ月。瓶詰め前にごく軽く濾過。一般的に使用されるステンレスタンクはそこにに発生する電磁気の影響を失くすため使用しない。


2008年、レマン湖畔のフランス・スイス国境近くバレゾンにドミニク・ルカによって設立されたドメーヌ。現在、レマン湖南に位置するオート・サヴォワ県のクレピーAC周辺に8ha、そしてブルゴーニュのポマール周辺に2.5ha、計10.5haを所有している。
70年代終頃からドミニクの祖父母は既にボルドー液と硫黄のみを用いた栽培を行っており、彼の叔父も祖父母と同じ栽培法を採っており、80年代初めであってもトラクターさえ使用していなかったという。
家族とワイン造りを行っていたが、自身の理想を具現化できるようドメーヌを興すことを決心。 2008年、Ballaisonに1.06haのシャスラが植えられた区画 ≪ Le Paradis ≫ を取得し、Domaine Les Vignes de Paradisを設立。 2014年、8.5haの地所を取得し、別組織となるLes Vins du Lemanを設立。(Les Vins du Lemanは現在14ha。現在ビオディナミに転換中)

栽培にはビオディナミを採用。(認証は受けていない) 収量を低く抑えるため厳しく摘芽を行い、2012年からはブドウの成熟度をより高めるためブドウ樹の頭頂部(apexと呼ばれる箇所)の剪定・切除は行わず、そのままとしている。
タンクには、一般的に使用されるステンレスタンクはそこにに発生する電磁気の影響を失くすため使用せず、セメントやグラスファイバーなどが用いられている。発酵・熟成にはブドウやワインに合わせて、228Lのバリック、400~600Lのドゥミ・ミュイ、250Lのアンフォラ、650Lの卵形セメントタンク、ピラミッド形セメントタンクを使い分ける。

熟成は発酵終了後の冬から春にかけてとなっており、熟成時には「豊かさは得られるものの焦点がブレる」としてバトナージュは行わず、「ワインの曇りとる」目的で軽くフィルターをかける。瓶詰め時に、一部のキュヴェを除き極少量のSO2を添加。
(輸入元資料より)


7/15(日)アップ~<※値上がり直前!>蔵出しラ・カボット’17再入荷

’17はさらに華やかで強いとてもよい香り!みずみずしい甘旨!

実はブルゴーニュのドメーヌ・ダルデュイによる経営!ビオディナミを実践



 


ビオディナミを始めた後クレレットの驚くべき美しい変身ぶりによりクレレットの割合が毎年増えている!




LA CABOTTE, COTE DU RHONE BLANC '17

ラ・カボット、コートデュローヌ・ブラン‘17

(フランス・南ローヌ・辛口白)


税別¥1550

<あと15本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

※再入荷すると¥108値上がり致します。
57本完売。

「2018.5月下旬に試飲しました。トップノーズの花、桃、洋ナシなどの強く華やかな香りに驚かされる!しかもクドい甘さではなくあくまでピュアでみずみずしい甘旨味付きしっかりの味わい。少し砂糖漬けの柑橘類風味がさわやかさをUPさせている。非常にキメ細かな苦みも心地よくかなり杯が進むバランス。すごく価格を超えた価値と個性のあるワイン。’12よりさらに上質でしかも緩くもない」

40%グルナッシュ・ブラン、40%クレレット、20%ヴィオニエ




ラ・カボット、コートデュローヌ・ブラン‘12

(フランス・南ローヌ・辛口白)


税別¥1280

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

72本完売。ありがとうございました~※’12は再入荷不可能!

「2014.7月に試飲しました。DIAMコルク。冷やしすぎないほうがおいしい。予想よりやや華やかでピュアなよい香り。雑味なく、アフターの苦みが非常にいい感じ。当店のお客様からはフルーティーな日本酒っぽい風味も感じられる、おいしいなどのご意見もあり、酸はギガルのコートデュローヌ・ブラン’11の方がしっかりしているが、こちらもおいしい」

アルコール14%

’11 スぺクテーター87点

ブルゴーニュのドメーヌ・ダルデュイによる経営

グルナッシュ・ブラン主体、クレレット、ヴィオニエ。48時間10℃でデブルバージュ。ステンレスタンク発酵・熟成。南の産地らしい、黄桃などの良く熟した果実味が感じられる。


1987年 減農薬を開始(減農薬の先駆者?)

1994年 ブドウにストレスを与えないグラヴィティーシステムをすでに導入

2002年 有機栽培を開始

2006年 ドメーヌ全体でビオディナミを実施

デメテル認証あり、ユーロリーフあり!


7/15(日)アップ~蔵出しイヌリエータ’15ナバエルス

この価格帯最高の赤ワインのひとつか?










 


農薬は、EUで認められているものを使うが、最低レベルに抑えている。自然に危害を与えない製品を使用している。




Inurrieta, Navaelus '15

イヌリエータ、ナバエルス’15

(スペイン・ナバーラ・辛口赤)


税別¥1100

<あと19本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

89本完売!!!

「2018.4月上旬に試飲しました。また発見!激しく価格を超えたワイン!+¥600強の品質に感じられ、凝縮感があり甘緩ではなく、ある程度のコクとヴォリューム感がありつつも、アルコールはそれほど浮いていない。濃いだけでもなくちゃんとおいしい。ちょっとびっくりします」

アルコール15%

テンプラニーリョ、ガルナッチャ

今では、日本の為だけに造られている超お買い得品!

’15の出来は全体的に素晴らしい内容の自信作とのことです!

’07(当時はブドウ品種が違った) リアルワインガイド35号 旨安大賞!!!

名前は、ナバラからの造語です。畑は標高350~450mに位置し、土壌は粘土質と石灰岩質です。アメリカンオークの樽で6ヶ月、フレンチオークの樽で6ヶ月、計12ヶ月オーク樽で熟成させ、その後12ヶ月瓶熟させていますので、ラベルには表示がありませんが、クリアンサに相当します。イヌリエータラベルのワインを造る全ての段階で選別し、それに満たないものがセカンドラベルであるナバエルスになります。また、全てがナバエルスになるわけではなく、地元の農協へ一部バルクで売っています。他の生産者のクリアンサと比較しても、非常に優れています。
(輸入元資料より)


牛追い祭りで有名なナバラ州の州都パンプローナから南へ約55kmにあるファルセスの郊外に、イヌリエータのボデガはあります。緑豊かで、風が強く風力発電が盛んな地域で、あちこちに強大な風力発電機を見ることが出来ます。イヌリエータという名前は、祖先が約100年前に葡萄を育てていた土地の名前で、ワインに対する情熱を持っていた祖先への賛辞としてこの名前を選びました。畑は、元々がアルガ川だったため、石の多いのが特徴です。畑は海抜300mから500mの間の3つの違った高度にあり、それぞれが違った土壌になっています。気候は恵まれていて、基本的に乾燥しており、気温も低めです。雨は多めなのですが、風が樹を乾燥する働きを果たしています。また、夏の暑い時の気温を下げる働きもします。夏場にはボデガの前を流れるアルガ川の水を使い、必要最小限の量を一滴ずつ畑に落とします。作業には、ポルトガルやモロッコからの毎年決まった季節労働者を使っています。

温度と湿度、空調管理システムが完備されたカスク ルーム(樽貯蔵庫)では、5種類の違う樽を使用しています。3種類のフレンチオーク、2種類のアメリカンオークがあり、それぞれ職人の手による違った樽を使うことによりワインにあわせて違った樽のニュアンスが得られるようにしています。

ワイン造りのポリシーは、飲みやすいワイン(easy drinking)なワインをリーズナブルな価格で提供すること。国や文化を問わず、誰にも愛される、親しみやすいワイン造りを目指しています。
(輸入元資料より)


≪著作権について≫
当ホームページに掲載している著作物(文章・画像)にかかる著作権は、㈱ワインの店いとう もしくは、情報提供していただいた提供元に帰属します。
当ホームページで掲載している情報・文章・画像などのデータについては、権利者の許可なく複製・転用することを固く禁止します。

Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp