新入荷ワイン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


超限定ブルゴーニュ(3/20火アップ)

おすすめスパークリング(5/23水、待望のビュジェ・セルドン’17アップ)

オリーブオイル、食後酒(4/11アップ)

※誠に恐れ入りますが、長期キープをお断りさせていただいております。




  クール便の場合に限り重量制限の為、1箱10本までとなります。



※在庫確認~メール、FAXの返信に少しお時間をいただきます。

キープの短いご注文を優先させていただく場合がございます。


クール便の場合の計10本以上お買いあげにて対象商品5%OFFサーヴィス終了 → ドライ便で計12本以上の場合のみ適応継続とさせていただきます → 電気代や梱包資材、クール代等の値上がりなどあらゆるコストアップでそろそろ止めざるを得なくなりそうです、、、

ドライ便指定で、もし吹きこぼれや熱劣化などあった場合、当店もヤマト運輸さんも一切保証できません




5/18(金)アップ~蔵出しクロ・デ・フ’14アレナリアとペドロ・パッラ’16イマヒナドール

蔵出しペドロ・パッラ・イ・ファミリア’15

ペドロ・パッラ自身のドメーヌ!

やはり最新評価が凄いことになりました~!


赤い実の果実主体のエレガントな無灌漑ピノノワール!


















 



2018.4月下旬にご来店いただきました~!!!
その後、白石区のおいしくフランスのビストロのような雰囲気も良い
『 BISTROT PETITE REGION (ビストロ・プティット・レジョン) 』さまで一緒に食事するチャンスに恵まれまして、さらに理解が深まりました。ペドロ・パッラさん人間的にもいい人で楽しかったです。
話がすごくて写真撮っておりません。最後は時間もおしていた(笑)

コント・リジェ・べレールで働いたのち、あらゆる国で大活躍!
ムルソーのドメーヌ・ルーロのコンサルタントも!地質学の権威でもあり、繊細な味わいとミネラルを理解できる日本を大切なマーケットと考えてくれております。
ご本人が新樽と強い抽出が嫌いで、黒い実の果実よりも赤い実の果実の方を好む。その上、冷涼な畑でビオロジックによる
英語でのテイスティング・コメント上の『 テンション 』を重要視している。

ミッシェル・ラファルジュとミュニュレ・ジブール、エンビナーテ(スペイン)が大好きで
おいしいと思ったら女性生産者(醸造家)だったということも増えているようで、そこも当店と好みが似ているかも

地味に凄い情報:ペドロ・パッラさん曰く、
DIAM コルク採用ボトルは、横に寝かせて保存する必要がないそうです。
’17ヴィンテージくらいから採用決定。
現在流通しているワインにはごく一部のみ採用中。

無灌漑で自根であることよりも、畑の地質と場所の方がより重要と言っておられました。

どうりで昔のチリのイメージを完全に覆すバランス感なわけですね。その上、全ワインが大幅に価格を超える繊細・高貴系。逆にチリのまだ無名な畑主体であるために実現できているだけの実は価格と全然合っていない高品質。お安くおいしいワインを飲みたければ本当にもう先入観は捨てるべき。

今ではもう注目されてしまっているイタタ・ヴァレーに最初に目を付けたのは
ペドロ・パッラさんとレジェンド故マルセル・ラピエール氏!!!
さすが才能ある方は違う!



スターレーン、グラハム・ベック、セレシン・エステイトなどを発掘して大ブレイクさせた凄腕ニューワールド・バイヤー(女性)による超おすすめ品です!

特に新着のアレナリアに関しては『 背筋が、ゾクゾクっとするくらい素晴らしい品質で、酸もまったく低くない!熟成も可能 』とのことです。

デカンター誌絶賛のテロワリストが造るスーパープレミアム・チリ産ピノノワール!

TOCAO’13が、ジェームス・サックリング 2016年度TOP100入り、
リアルワインガイドの表紙のワインとなるなど評価も上がってきております!





デカンター誌パワーリスト50に2009、2011、2013年と3回も選ばれた!
クロ・デ・フのペドロ・パッラ自身のドメーヌ
無農薬・無灌漑・ほぼすべて自根

USの人気ワイン・コラム the guardian でも高評価される!


より詳しく知りたい方は、輸入元HPこちらをクリック


http://mot-wine.mottox.co.jp/winery/publish/html/1607.html




Pedro Parra y Familia, Imaginador '16

ペドロ・パッラ・イ・ファミリア、イマヒナドール’16

(チリ・辛口赤)


税別¥2100

<あと10本>絶対おすすめ!

ジェームス・サックリン90点

「2018.4月下旬に飲みました。各メディアで大絶賛され、実際に素晴らしかった’15と同レベルの素晴らしさ。抜栓直後のクセがまったくなくなり、口に含むとやはり圧倒的に素晴らしい!¥4000以上のブルゴーニュを連想させる冷涼な畑でフィネスのある味わいなので温度は上げ過ぎない方がおいしい。ピノノワールのような酸とうまみとミネラル、アフターの伸び方。うまみの広がり方が特にブルゴーニュ的。アルコールの浮きは当然ゼロで、アルコール低めに感じる」

‘16(基本的に毎年少しブレンド比率変わります)
サンソー 90%、パイス8%、カリニャン 2%
イタタ・ヴァレー




Pedro Parra y Familia, Imaginador '15

ペドロ・パッラ・イ・ファミリア、イマヒナドール’15

(チリ・辛口赤)


税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷すると’16に移行致します。

パーカー92点!(2017~2021年、ワイン・アドヴォケイト230号)

2016PUNCH Hot 25に選ばれる!
 ↑
ワイン・ライターのジョン・ボネ氏
同様に先日ドメーヌ・ベルトー’14、シャントレーヴなども絶賛されました!

ジャンシス・ロビンソン高評価!

WINE WHAT!?誌 にて高評価される!

「2017.7月上旬に再度試飲しました。」



「2017.4月上旬に再度試飲しました。やはり抜栓直後の香りだけ少しクセがあるものの、口に含むと圧倒的に素晴らしい!¥4000以上のブルゴーニュを連想させる冷涼な畑でフィネスのある味わいなので温度は上げ過ぎない方がおいしい。ピノノワールのような酸とうまみとミネラル、アフターの伸び方。すごいぞ!」



「2017.1月下旬に飲みました。予想通り明らかに冷涼な畑で有機栽培のブドウという香りと味わい。そして優れた造り手がこの条件でサンソーを造るとわりとピノノワールっぽい雰囲気になることがあるがやっぱりそうでした。抜栓直後のみトップノーズのスパイス香にごくわずかなクセがありますが、時間とともにエキスとミネラルたっぷりのイチゴ香が主体となってゆく。無駄な重さはなく、うまみエキスが多く、ほのかな甘みと旨みの相乗効果があり、低くない酸が甘酸っぱく飲み飽きないバランスを表現、タンニンは丸く、しっかりした縦ラインでアフターに酸とミネラルが伸びまくり!アフターに残るミネラル量は昔のチリのイメージからすれば信じられないほど!抜栓の2日後まで少しずつ向上してゆく。まったく飲み飽きないし、洋食系なら幅広く合いそう。デイリーワインのレベルを明らかに超えている」

アルコール14%

ブルーベリーや新鮮なチェリー系のアロマ。軽やかなスパイス感やアーシーな要素も現れ、引き締まった酸と共に長く余韻に残ります。ミネラル感やタンニンのテクスチャーが印象的。
(輸入元さんコメント)

サンソー 77%、カリニャン 23%

ビオディナミ / ビオロジック

醗酵:ステンレスタンク
熟成:ステンレスタンク&コンクリートタンク1年

年間生産量:
7800本

栽培面積:
2ha

樹齢65年!!!

土壌:
赤い酸化した花崗岩質土壌

品質分類・原産地呼称:
赤ワイン イタタ・ヴァレーD.O.




Pedro Parra y Familia, Pencopolitano '16

ペドロ・パッラ、ペンコポリターノ‘16

税別¥2400

<あと3本>絶対おすすめ!

ティム・アトキン 93点!!!

「2018.4月下旬に試飲しました。スタイルも品質も素晴らしいが、イマヒナドール’16よりも少し固くすでにおいしく飲めるものの真の飲み頃は1~2年後なのかもしれない。イマヒナドールが、ナチュラルなピノノワールだとすれば、こちらはクラシックなピノノワールという感じだろうか?ミネラルはもちろん多めだが、うまみの広がり方や冷涼感はブルゴーニュ的。毎年ブドウ品種構成が変わったり、追う面白さもある銘柄」

サンソー 65%、カリニャン 27%、パイス8%
(毎年ブドウ品種構成違います)




Pedro Parra y Familia, Pencopolitano '14

ペドロ・パッラ・イ・ファミリア、ペンコポリターノ’14

(チリ・辛口赤)


税別¥2450

<売り切れ>限定品!

パーカー92点
(~The palate is medium-bodied with incredible precision, laser cut, focused with great minerality, almost salty and terribly tasty.
2016~2019年、ワイン・アドヴォケイト222号)


デカンター・オンライン91点

ブルベーリーのアロマやリコリス、タバコの香り。透明感のある果実味で凝縮感もあり、繊細且つジューシーな味わいが特徴。印象的なタンニンと酸を持つ余韻の長い味わい。

マルベック 30%、シラー 25%、カルメネール 19%、カリニャン 12%、サンソー 10%、パイス 4%

ビオディナミ / ビオロジック

醗酵:ステンレスタンク/天然酵母100%
熟成:55%ステンレス&45%フレンチオーク樽 14カ月間(旧樽のみ使用)

年間生産量:
10000本

栽培面積:
2ha

樹齢20~100年!

土壌:
古生代の花崗岩質土壌

ビオビオ、イタタ、カウケネスの古樹から造られる深さと鮮やかさを持つブレンド


15年間のコンサルティング業を経験する中で、フランスのように“息子や娘と一緒に育てていく”そんなワインを造ることを大きな目標としてきました。そして2015年待望の自身のドメーヌを設立。世界各国の土壌を見てきたパッラ氏が、最後に選んだのが生まれ育ったチリ南部、冷涼なコンセプション近隣の沿岸部、無灌漑・無農薬で育てられてきた古木が残るビオ・ビオ、イタタ、カウケネスの沿岸部でした。3億2千年前の石英が多くまれた花崗岩質土壌と冷涼な気候、古木の存在。パッラ氏が理想とするテロワールがそこにはありました。チリ南部の田舎町、長年に亘る大手資本の搾取やパルプ産業による植林から、200年もの間、大切に畑を守り続けた勇敢なヴィニェロン達の功績を称え、また彼らを守る事をライフワークとしワイン造りを行います。

2001年 パリ国立農業研究所(2001-2004)で博士号を取得

2004年 チリへ帰国

2008年 テロワールプロジェクトを始動

2015年 ペドロ・パッラ・イ・ファミリア設立





Clos des Fous, Wurm '13

クロ・デ・フ、グールム’13

(チリ・カチャポアルヴァレー・辛口赤)


税別¥4200

<あと10本>絶対おすすめ!

パーカー93点!(2017~2022年、ワイン・アドヴォケイト230号)

ジェームス・サックリング 93点!


ジャパン・ワイン・チャレンジ2017年 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 1万円の味だった!すごい!!! 』
『 言われた通り絶対に外さないワインだった! 』などなど

37本以上完売!!!

「2018.4月下旬に再度試飲しました。」



「2017.8月下旬に試飲しました。ジャミーではなく冷涼感があるのはもはや当然として、非常によく凝縮しつつも上質な酸とミネラルにより固さと重さがそれほどなく、バランスよくうまみを伴うほのかな甘さとすでに滑らかさも感じられる飲み頃NOW~。余韻が長く、説得力があり、スタッグスリープ・ディストリクトが好きな方にもおすすめ出来てしまうかも?ブルーベリー、魅惑的な甘い白桃、スパイス、溶け込みつつある樽などの深い香り。試飲後価格を見てイメージよりも大分お安く感じられた!」

アルコール%

ペドロ・パッラ氏が最高のカベルネを造るために選んだ畑!

標高640m!

地質:カチャポアル川の堆積物によって形成された沖積土

小石、礫主体で多くの砂質石灰岩を含む土壌でチリ・カベルネの名産地であるアパルタやアルト・マイポよりもフレッシュかつ、強く上質なミネラル感を表現できる

カベルネソーヴィニヨン 78%、マルベック 22%

樹齢22~102年!

醗酵:ステンレスタンク(天然酵母)
熟成:フレンチオーク樽 24カ月新樽比率(40%)

平均年間生産量:3,000本

エレガンスさ、力強さとの両面を持つカベルネで、口当たりは大変バランス感に優れ、丸みのある、それであって強固で甘いタンニンの官能的なミッドパレットを持ちます。 (輸入元さんコメント)





クロ・デ・フ、ピノノワール・アレナリア’14

(チリ・アコンカグア・コスタD.O.・辛口赤)


税別¥4000

<あと9本>絶対おすすめ!

パーカー94点!!!
(2018~2024年、Luis Gutierrez、
ワイン・アドヴォケイト230号
~It has a musky nose with some sour cherries and a hint of earth, a very nice interpretation of Pinot Noir. The palate is seamless, with very fine tannins and delicate flavors that linger on your tongue. The texture is velvety and the tannins ultra-fine. Simply superb. I'm dying to see how these wines age, because I think we're still missing the best from them... In any case, I'd wait a little more before pulling the cork. )


ジェームス・サックリン95点!!!

バーガウンド・コム 88点

(一見、評価低いように見えますがアラン・メドーさんのポイントは
2万円以上するカレラ・ジェンセンでやっと90点前後ですから)

「2018.4月下旬に飲みました。’13とバランスが似ており、果実香も完全に赤い実。今思えば’12は重すぎた部分もあったのかとやっとわかる。ピノノワールとサンソーに関しては30%程度年によって全房発酵をすると言っていました。現時点でこれほど素晴らしい品質なのにペドロ・パッラさん『 今後もっとおいしく出来る自信がある 』と言っています!!!無駄な重さなしでかなり複雑。ピュアでナチュラルでエレガント。豊かだがやさしい果実、口中に広がるうまみ成分、酸の量と質はもはや言うまでもなく、ラトゥーファよりも石灰質が多いためさらに縦に伸びる長いアフターがあり、同じ価格帯のブルゴーニュは太刀打ちできない高品質。さすがミュニュレ・ジブール大好きな地質学者というミネラルと質感で、オレゴンやサンタバーバラよりもミネラルが強いイメージ。アルコールの浮きは当然ゼロで、アルコール低めに感じるこういう繊細なワインは上部開放小型ステンレスタンクでやさしくルモンタージュを行うという味わいとピッタリくる説明でした。これを飲んでびっくりしてください!」

アルコール%




クロ・デ・フ、ピノノワール・アレナリア’13

(チリ・アコンカグア・コスタD.O.・辛口赤)


税別¥4000

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

※少しラベル不良。

パーカー94点!!!(2016~2021年、Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト222号)

ジェームス・サックリング96点!!!(チリTOP10入り!)

最新インターナショナルワインセラー92点!!!(2018~2023年)

「2017.8月下旬と7月上旬に試飲しました。重心の低い重さは’12の方があったと思う。’13の方がバランス的には優れており、深みやポテンシャルは同程度のやはり非常に素晴らしい品質だと感じた!」




クロ・デ・フ、ピノノワール・アレナリア’12

(チリ・アコンカグア・コスタD.O.・辛口赤)


税別¥4200

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!~※再入荷不可能!

パーカー93点!!!(2016~2019年、Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト222号)

ジェームス・サックリング96点!!!

ジャシス・ロビンソン17.5/20点!

インターナショナルワインセラー91点


「2015.10月に飲みました。縁があと少しでオレンジがかってきそうな中程度のルビー色。トップノーズのエネルギー感とポテンシャルが凄い!凝縮した完熟野イチゴ、はっきりとオレンジの皮、少しヴァニラ、スパイスなどの香りで、果実の力がとても強く、樽はまったく目立たない。酸とミネラルが低くなく、深みのある豊かな果実味で粘性と複雑性があり、タンニンはとても多いが驚くほどキメ細かい為、重心は低めながらも重すぎることはない。充分おいしいけどまだ少し固い。今はほろ苦コクのある長いアフター。うまみがまだ表現されきっていない。この香りに熟成感が加わるととんでもないことになるでしょう!さすがスゴ腕バイヤー大澤さんのコメントは信用できるなぁ。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまったく落ちないどころか、タンニンと苦みが少し溶け込んで、うまみが増して向上。甘旨コクたっぷり。抜栓の3日後もとてもおいしい」

アルコール14.5%

古生代の海洋性由来の石灰質砂岩

アコンカグワの沿岸部でフレンチクローンから1万本の密植
828などディジョン・クローンでマサル・セレクション

4haから13の土壌別にベースワインを造り、アレナリア用樽厳選

醗酵:ステンレスタンク

熟成:フレンチオーク樽熟成 18ヶ月間(新樽比率40%)
※新樽比率と全房発酵比率は、年によって変わります。

生産量:わずか3,600本

『 ジャンシス・ロビンソンに「ブラボー!」と言わせた、最高評価のチリ産ピノ・ノワール(2015.4)石灰質砂岩由来の細やかなタンニンがチェリーやラズベリーのアロマと共に残ります。 (輸入元資料より) 』







Traiguen Monje畑 (産地:マジェコ・ヴァレー)の畑

クロ・デ・フににとって、土地のミネラルを表現することこそがワインづくりにおける重要な指針となっています。また、このミネラルを引き出すには、土壌が脱塩されており、気候面でも温度の上昇や太陽がその品質に悪影響を及ぼさない事が基本条件になります。




クロ・デ・フ、ピノノワール・ラトゥーファ’15

(チリ・マジェコヴァレー・辛口赤)


税別¥2800

<あと2本>絶対おすすめ!

「2018.4月下旬に飲みました。同銘柄’14より少し果実味が落ち着いていおり、上級品アレナリア’14よりミネラル量と縦伸びは弱いものの、香りや質感はやはり素晴らしい。当然酸不足はなく、まったくジャミーではなく、この価格帯のピノノワールとして文句なしの出来で飲み頃NOW~」

’14 バーガウンド・コム 87点

’14 ジェームス・サックリン93点!!!

’10 インターナショナルワインセラー91点!

チリ最南端の岩が多い斜面にある冷涼なブドウ畑

マジェコ・ヴァレー内の4つのミクロ・テロワールをブレンド
古い火山性の沖積土壌、石灰華、火砕性の片岩、花崗岩土壌

灌漑を行わない → それが可能で適切な場合は、よりブドウの根が深く下にのびることでミネラルなどを吸い上げるということのようです

ビオロジック栽培を実践

ピノノワール100%

低収量30hl/ha!

フレンチバリックで熟成 24ヶ月(新樽比率 60%)

年間生産量約3,300本のみ

『 スミレや苺、ローズヒップを想わせるアロマにバニラや香ばしいナッツ香。洗練されたタンニンと引き締まった酸。ミネラリーな要素が柔らかなボディに溶け込む極上の味わい。 (輸入元資料より) 』

デカンター誌が選ぶ世界で最もワイン業界に影響を与えた人物50人に3度も選ばれており、ワインスペクテーターでも現代のインディ―ジョーンズまたはテロワールハンターと呼ばれているペドロ・パッラ氏(地質学専門の土壌コンサルタント)自身のブランド




クロ・デ・フ、カウケニーナ’13

(チリ・マウレヴァレーD.O.・辛口赤)


税別¥2000

<あと9本>絶対おすすめ!

パーカー93点!!!(~This would be a great everyday wine. 2016~2019年、Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト222号)

ジェームズ・サックリング 94点!!!


最新インターナショナルワインセラー92点!!!(2018~2023年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

64本完売!!!~※近日再入荷予定!

「2017.7月上旬に再度試飲しました。」



「2016.8月末に飲みました。かなりおいしかった’12よりもさらに上質!もしかして全アイテム毎年少しずつ進化してる?明らかに大幅に価格を超えております。畑の力が特にすごいという印象。よく凝縮しつつも冷涼感があり酸とミネラルがまったく低くないところは予想通り。その上で艶のある果実が複雑で、余韻の長さが予想以上。うまみが多く、タンニンの質がとても良い。まったく緩くない骨格。クセの少ないスパイス香、ブルーベリー、控えめな樽、ミネラルなどのニュアンス。抜栓の2日後まで非常においしい。意外と温度が少し低めが一番おいしいバランスだと思われる。やはり桃や梅、アンズの少しジャムのような例の甘い香りが含まれていますね。チリ・カベという言葉はもう死語か?」

アルコール13.5%

マウレヴァレー沿岸部の冷涼な地帯

樹齢60年!!!
無灌漑
で育った古樹!

カリニャン 46%、シラー 18%、マルベック 16%、パイス 9%、ポルトゥゲ・ブルー 6%、カルメネール 5%
(※’12とはブレンド内容・比率が結構違います。)

Clos des Fous ,Cauquenina '14

古い花崗岩質土壌の斜面

マウレヴァレー沿岸部の冷涼な地帯

無灌漑で育った古樹!

Clos des Fous ,Cauquenina '12

ステンレスタンク醗酵
ステンレスタンク熟成
(カルメネールのみフレンチ・オーク樽熟成 18ヶ月(新樽比率50%)

『 レッドベリーやブラックチェリー、ブルーベリーなどの果実香が立ち上がり黒胡椒やお茶の葉、アクセントにスミレの花も香る。新鮮なベリーの果実味。シルキーで伸びやかな口当たり。 (輸入元さんコメント) 』




クロ・デ・フ、プール・マ・ギュール’15

(チリ・イタタヴァレーD.O.辛口赤)


税別¥1350

<あと4本>絶対おすすめ!

リアルワインガイド60号 87+・88点!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2018 ゴールド受賞!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2017 シルバー 受賞!

パーカー90点!
(A red you want to buy by the case, one of those thirst wines is the 2015 Pour Ma Gueule. It is a complex blend from Cauquenes (Maule) and Itata, with some 50% Cinsault and one-third Carinena, plus small amounts of Syrah, Pais and Malbec from old, dry-farmed vineyards. The grapes were separately harvested, fermented and aged in stainless steel and concrete vats and then were blended. It's juicy, ripe and balanced, terribly tasty, not terribly complex but greatly satisfying. All the varieties are nicely assembled, easy but not banal, with the granite minerality in the palate, which is so difficult to find in wines and even more so at this price level. A bargain!
2017~2019年、Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト230号)


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

56本完売。

「2018.4月下旬に再度試飲しました。」



「2017.8月下旬に試飲しました。トップノーズだけごくわずかに癖のあるスパイス香が含まれるが、味わいがあまりにも価格を超えた上質で冷涼で滑らかでうまみとミネラルの多い素晴らしい内容。明らかに質感・バランスがデイリーワインのレベルにない。決して濃厚ではないが、シンプルではないというセンスの良さ」

Clos des Fous, Pour Ma Gueule '15

樹齢50年!!!
(スペインから最初にワイン用ブドウが持ち込まれ栽培が行われた歴史的な産地なので樹齢が高く、農薬や灌漑も使わず栽培されている!しかも冷涼な畑!)

細かな水晶を多く含む古生代の花崗岩土壌

マルベック 37%、シラー 18%、サンソー 15%、パイス 14%、カルメネール 10%、カリニャン 5%、ポルトゥゲ・ブルー 1%

醗酵:ステンレスタンク
熟成:88%ステンレスタンク、12%フレンチオーク樽熟成 12ヶ月間(新樽比率50%)

プール・マ・ギュールとはブルゴーニュで使用される表現で、醸造家がプライベート用に造る特別なワイン。自家消費したくなるようなとっておきのイタタブレンドをお楽しみ下さい。


5/18(金)アップ~蔵出しギィ・シャルルマーニュ’08

優れた区画の当たり年シャルドネ!





 


<HVE> Haute Valeur Environnementale
環境に配慮した農法認定を2017年に取得




Guy Charlemagne, Champagne GC BB Mesnillesime VV Extra Brut '08

ギィ・シャルルマーニュ、シャンパーニュ・グランクリュ <ル・メニル・シュール・オジェ>ブランドブラン・メニレジメVV・エクストラ・ブリュット‘08

税別¥12000

<あと10本>限定品!

スペクテーター92点(NOW~2025年)

アンドレアス・ラーソン95点!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017年 金賞受賞!

パリ農業コンクール2017年 金賞受賞!

GRAND PRIZE of EXCELLENCE! - Vinalies des Oenologues de France

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

アルコール12%

11本完売。~※次が’08最後の再入荷となります!

シャルドネの大当たり年!

シャルドネ100%

例年ドサージュ4グラム/リットル程度

60ヶ月瓶熟

メニレジメ(メニル+ミレジムメ)は、ル・メニル村中腹の区画のみから収穫したトップキュヴェ!


MLFを行わず、樽を用い、非常に長命に造る。熟成して、ナッツ、コーヒー、トロピカルフルーツといった要素が開く。同村を代表するシャンパーニュの一つ。非常に希少なキュヴェだが、R・パーカーが93点をつけて以来、ドメーヌのストックは底を打ちかけている。

ギィ・シャルルマーニュ、サロン、クリュッグが所有する絶好の区画は斜面中腹に存在する。パーセル毎に容量を変えた最新鋭の温度管理ステンレスタンク、瓶詰めの部屋まで温度コントロールを行う醸造設備への徹底投資、常に清潔に保たれたセラーなど、最高峰の白ワインを造るための完璧な配慮で、卓越した酸とミネラルから最高のエレガンスを表現する。派手な宣伝を行わずクチコミの客ばかりで輸出にまわるのは40%程度に留る希少なシャンパーニュ。
(輸入元資料より)


5/18(金)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・ド・ベレーヌ’13レ・スショ最後の再入荷!

4/13(金)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・ド・ベレーヌ’14カルティエ・ド・ニュイ

極めて美しいピュアで華やかな赤い実の果実、半分はエシェゾー区画!!!

蔵出し特価メゾン・ロシュ・ド・ベレーヌ’14ショレ

’14が、リアルワインガイド56号にて絶賛される!










ドメーヌ・ド・ベレーヌ、ヴォ―ヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’13

超特別価格・税別¥14300

↑35%OFF!

輸入元定価・税別¥22,000

<あと17本>超限定品!

パーカー91~93点(2017~2030年、ワイン・アドヴォケイト216号)

最新インターナショナルワインセラー92+点!(2022~2034年)

バーガウンド・コム 90~92点


MVF(旧クラスマン)2016年度版17/20グラス

リアルワインガイド52号にて絶賛される!92+・93+点(2018~2043年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

19本完売!~※再入荷不可能!

Domaine de Bellene, Vosne Romanee 1er Cru Les Suchots '13

’14 Wine Enthusiast 94点!

ロウキャップ

樹齢77年!!!

標高256m

手摘み

新樽50%熟成

無清澄




Domaine de Bellene, Vosne RomaneeVV Les Quartiers de Nuits '14

ドメーヌ・ド・ベレーヌ、ヴォ―ヌロマネVV・レ・カルティエ・ド・ニュイ’14

特別価格・税別¥7200



輸入元定価・税別¥9,000

<あと6本>絶対おすすめ!
限定品!

スペクテーター・オンライン93点!(2020~2035年)

Wine Enthusiast 93点!(2020~、Cellar Selection!)

ワイン&スピリッツ誌 93点!


パーカー88点(2020~2030年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト224号)

インターナショナルワインセラー88点(2020~2027年)

バーガウンド・コム 88~91点


MVF(旧クラスマン)2017年度版16/20グラス

リアルワインガイド56号にて絶賛される!92・93点!(2018~2043年)

18本完売。~※次が最後の再入荷となります!

「2017.10月中旬に試飲しました。傑出したコンディションと造り手のスタイルが合わさって稀有な透明感が表現されている。極めて美しいピュアな赤い実の果実主体のやや華やかなよい香り。流れ方もスムーズ、酸とタンニンの質がよく、うまみと塩味を含むミネラルが多い。素晴らしい質感と長い余韻。濃厚ではない上質感とエレガンスがよく表現されている特級クラスのヴィラージュ。飲み頃NOW~」

アルコール13%

ロウキャップ

樹齢87年!!!

手摘み

標高250m

新樽約50%熟成

無濾過&無清澄

2009 年からリリースの新しいキュヴェ

0.31ha。1952 年に植樹されたClos Vougeot にほぼ隣接しEchezeauxに接している区画。

ワイナート41号の地図などをよくみていただければわかりやすいと思いますが、半分がエシェゾーとして認められているヴィラージュの単一畑です!!!

南東向き斜面にあり、粘土質石灰土壌の特徴をよく伝えるセレクション・マサルされたブドウが植えられている。ビオロジックに転換中で、非常に健全な環境でよりブドウが成熟するよう、除葉やパリサージュを行っている。

『 9 月16 日に収穫され、38hl/ha の収穫量であった。20%のブドウを除梗せず全房で3 週間かけて醗酵。垂直式圧搾機で圧搾後、2 間のデブルバージュ。ドゥミ・ミュイ(600L 樽)の新樽で熟成。2009 年9 月16 日に収穫。キュヴェゾンは計22 日、新樽率100%。 (輸入元資料より、2009年の時の資料) 』

’09 リアルワインガイド37号にて高評価される!

’09 インポーター担当者様絶賛!





下記は、豊通輸入の蔵出し正規品!


Roche de Bellene, Chorey les Beaune Rouge VV '14

メゾン・ロシュ・ド・ベレーヌ、ショレ・レ・ボーヌVV’14(辛口赤)

特価・税別¥3400

<あと10本>おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

14本完売。

「2017.9月に飲みました。なにやらかなり良い畑だと聞いて飲んでみました。まずよく凝縮して重心が低く、厚みとコクとわかりやすさがあり、酸は低くなく、タンニンは少し多い。価格以上の内容の飲み頃NOW~。うっすら紫がかった中程度のルビー色。黒い実主体の果実にヨード香が混ざって、樽は控えめ。お茶系ミネラルも感じる。抜栓の2日後まで非常においしい。少しなめらかになったが、うまみを伴うコクはそのまま」

アルコール13%

樹齢74年!!!

0.06ha

標高220m

手摘み、新樽約10%熟成

無濾過&無清澄



『 ニコラ・ポテル氏は1969年ヴォルネイ村生まれの生粋のブルギニヨン。16歳でボーヌの醸造学校を終えブルゴーニュの著名ドメーヌのほか、オーストラリア、カリフォルニアで修行を重ねました。1992年に父が醸造長を務めるドメーヌ・ド・ラ・プス・ドールへ戻り、有機栽培を提唱するなど5年間ドメーヌ運営に携ります。その後1997年にメゾン・ニコラ・ポテルを創立しましたが、2009年にメゾンと決別することになりました。現在はドメーヌ・ド・ベレーヌと,優良ドメーヌから葡萄の供給を受けるメゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌを運営しています。ドメーヌ・ド・ベレーヌでは少量生産で栽培は100%ビオロジックにて行われ、醸造所も環境に配慮したエコロジーをコンセプトにしています。妥協なき造りによる理想のワインを探求しています。(輸入元資料より) 』


5/18(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ベルトー・ジェルべ’15HCN最後の再入荷!

数が減り、超入手難!

進化しただけではなく、ラインナップも増えて要注目!フィサンの女神!

リアルワインガイド59号、55号、51号にて高評価される!














 



シャントレーヴのお二人からもアメリー・ベルトーさんは大変実力のある若手だと聞きました!さらにワイナート78号『 ブルゴーニュ注目の造り手12 』でも掲載!

シャントレーヴさん等と同様、ブルゴーニュの新しい流れの主流として活躍を期待してしまいますね!


『 フィサン村は長らく旗艦となるドメーヌを渇望していました。そして今、アメリーの手によって、ベルトーがフィサンを牽引するドメーヌへと戴冠するのです 』。(Wasserman Reportより)





※当店扱いのドメーヌ・ベルトーは100%オルヴォー輸入の蔵出し正規品です。すでにほぼすべての銘柄が再入荷不可能!


輸入元さんによるアメリー・ベルトー女史初来日レポート


http://www.orveaux.co.jp/blog/2015/04/16/3870



ちょっと擦れただけですぐに破けるラベルなので、出来るだけ気をつけます。下手したら縦入れ段ボールからシュッと出すときに破ける、、、





’15もすべてオルヴォー輸入の蔵出し正規品

全房発酵比率を’14よりさらに増やしているようです

’15からドメーヌ・フランソワ・ジェルべの畑が増えました(母親から相続)ので入荷量増えると思ったら
まさかの生産量50%ダウン、、、
通常の生産量であったとしてもすでに世界中で争奪戦となっております。

ブドウの質自体は極めて健全で、過熟も酸不足もない。
新しい選果台を準備していたが、ほとんど必要ないくらいだったとのことです
<ちなみに僕も勘違いしていましたが、ドメーヌ・フランソワ・ジェルべのヴォーヌロマネ・オー・レアだった畑のブドウは、ベルトーの村名ヴォーヌロマネに混ざっているということです。>


リアルワインガイド59号にて絶賛される!




ドメーヌ・ベルトー、ブルゴーニュ・レ・プリエール’15

税別¥3100

<あと13本>超限定品!

※お一人様3本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。

パーカー87点(ワイン・アドヴォケイト228号)

インターナショナルワインセラー86~88点!(~very floral!)

バーガウンド・コム 86~89点!(Outstanding Top Value!)


リアルワインガイド59号 87+・88点!

’14は、リリースから半年後くらいのうまみ溢れるやわらかい感じが素晴らしかったです!

このクラスをいつも評価しないメディアまでが絶賛です!!!




ドメーヌ・ベルトー、オートコートドニュイ・ルージュ’15

税別¥3400

<あと41本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

43本完売!

「2018.2月末に試飲しました。まず皆さんが一番心配であろう熟度と酸は、例年とほぼ変わらないレベルの上質なバランスの取れたものですのでご安心ください。黒い実主体の果実香ではなく、樽が控えめでクラシックな造りを感じさせながらも今すでに非常においしく飲めてしまう。骨格と熟成ポテンシャルはミッシェル・グロ’15オートコートより少し大きく、複雑性とミネラルも感じられる価格以上の素晴らしい内容。飲んでいるうちに1時間くらいで向上もあり、アフターのべたつきもなく全く飲み飽きない。満足度的にはフィサン’13と大体同程度に感じられるのでやはり価格を超えている」

アルコール12.5%

’14をかなり数多くのお客様に絶賛いただきました~!
例年、酸と骨格がプリエールより少しあります。




ドメーヌ・ベルトー、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ’15

特価・税別¥3700

<あと23本>限定品!





ドメーヌ・ベルトー、フィサン’15

(マグナム・1500ml)


税別¥10000

<あと6本>超限定品!

※再入荷不可能!



ドメーヌ・ベルトー、フィサン’15 750ml

税別¥4600

<あと8本>超限定品!

※まさかの割り当て8本のみでした、、、

パーカー89~91点(ワイン・アドヴォケイト228号)

インターナショナルワインセラー87~89点

バーガウンド・コム 86~88点


リアルワインガイド59号 89・89+点

例年、リリースから1年後以降の味わいが素晴らしい!




ドメーヌ・ベルトー、フィサン・レ・クロ’15

特価・税別¥5000

<あと22本>限定品!

リアルワインガイド59号 89+・90+点

’13’14とこちらの畑の方が好みだったというお客様もいらっしゃいました。




ドメーヌ・ベルトー、フィサン・レ・クレイ’15

税別¥5500

<あと9本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー90~92点(ワイン・アドヴォケイト228号)

最新インターナショナルワインセラー90点(2018~2026年)

インターナショナルワインセラー88~90点

バーガウンド・コム 88~90点

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点


MVF(旧クラスマン)2018年度版14.5/20グラス




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ジュヴレシャンベルタン’15

税別¥5800

<あと6本>限定品!

※再入荷不可能!

この畑は分益小作制度の契約

樹齢40~50年

深い石灰岩、泥灰土

小石の多いLes Craisの区画とLa Bruieの2区画




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ジュヴレ・シャンベルタン・クロ・デ・シェゾー’15

税別¥6700

<あと3本>超限定品!

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding Top Value!)

パーカー91~93点(ワイン・アドヴォケイト228号)

インターナショナルワインセラー87~90点


リアルワインガイド59号 90・91点

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

2015 Gevrey Chambertin Clos des Chezeaux

’14は、約50%全房発酵

畑・土壌:0.50ha

石灰岩、泥灰土

樹齢:40~60年

シャトー・ド・ジュヴレ・シャンベルタンに隣接する小区画で1級畑カズティエの真下に位置します。




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、クロ・ヴージョ’15

税別¥20000

<あと1本>幻の超限定品!

パーカー92~94点(ワイン・アドヴォケイト228号)

インターナショナルワインセラー91~93点


樹齢40~80年!

新樽比率40%、無濾過&無清澄

ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!

わずか1樽のみの生産!

わずか0.06haの所有




ドメーヌ・ベルトー・ジェルべ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・プティ・モン’15+ジュヴレシャンベルタン’15

税別¥18800

<あと1セット>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
お一人様1セットまでとさせていただきます。

パーカー91~93点(ワイン・アドヴォケイト228号)

インターナショナルワインセラー91~94点!

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)


リアルワインガイド59号 92・93+点!

MVF(旧クラスマン)2018年度版15.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

ドメーヌ・フランソワ・ジェルベ(母)から相続した畑!新ラインナップ!

特級畑リシュブールの斜面上部に位置する、ヴォーヌロマネで最も美しい1級畑

わずか0.1haの所有


※下記は全て輸入元資料より。


栽培:ブドウは、ビオロジックの考えに基づいた理性的な方法で栽培します。
テロワールを尊重した安定した土壌のもとで栽培されています。

殺虫剤の使用は制限を設け、土には、化学薬品を使っていません。除葉、グリーンハーヴェストによりブドウの成熟が最適になるように風通しを良くしています。

醸造:厳しい選果の後、最小限の手数でコンクリートタンクで発酵させます。
約5日間の低温マセラシオン。天然酵母で発酵。

1日2回のルモンタージュ、発酵の最終段階でピジャージュして優しく抽出。
約5日間のポスト・マセラシオン(発酵後浸漬)

ほぼ全てのワインは1,500~3,000リットルの大樽(フードル)でマロラクティック発酵。春に樽に移します。

新樽はほとんど使用せず、最大で24か月と比較的長い熟成期間を要します。


5/18(金)アップ~蔵出しドメーヌ・マルシャン・グリヨ’15プティ・シャペル最後の再入荷!

4/27(金)アップ~蔵出しドメーヌ・マルシャン・グリヨ’15ジュヴレ最後の再入荷!

上級品もまだ明らかに価格以上の品質かつ、とてもよいスタイル!

4/6(金)アップ~蔵出しドメーヌ・マルシャン・グリヨ’15モレサンドニ

ブドウの質がよく、やさしさも感じるが緩くない!

















20年以上前から除草剤と殺虫剤ずっと不使用でサステーナブル
天然酵母のみ、亜硫酸も最小限、良心的な価格設定

息子エティエンヌ・マルシャン氏と娘マリオン・マルシャン女史の仕事が増えてきてさらによくなっているようです

4月にオーナー息子で醸造家「エティエンヌ・マルシャン氏」(画像中央左)と
有能なアシスタント醸造家「シャルル・ガランド氏」(画像右)にお会いできました~!




※ちなみに画像一番右の方は、
札幌の名店『 Wine Restaurant Akihisa Handa 』の
ブルゴーニュ愛に溢れる半田 明久シェフ
料理はおいしいし、ワインリストもすごいので札幌に出張やご旅行の際は、みなさまぜひ!
We are waiting for you with the delicious cuisines and also the great choice of the wines. Please visit here when you come to Sapporo for both traveling and business!


実際にエティエンヌさんとお話ししてみると
現時点でこれほどワインがおいしい上に、この誠実でまじめなお人柄なら今後もさらによいワインを造り飛躍することは間違いないと確信致しました。
(クリストフ・ルーミエさんなどと同じく、その畑やヴィンテージの状況に最適な最高の仕事をするだけという説明で、よい造り手は皆、同じことを言う)
近いうちに各メディアで高く評価されることになるでしょう。

グランクリュの値上がりだけはもう誰にもどうしようもありませんが、
他のすべてのワインは’14’15時点で全銘柄明らかに価格を超えた高い品質でしかもスタイルまで非常に良い。ただし、試飲会のような場では埋もれてしまう可能性のあるキレイさで、まずブドウの質が良いことから来るとても健全な果実、樽と抽出の強くない、明らかにピジャージュの少ないエレガント&ミネラリーかつ骨格のある全銘柄やさしい一貫性のあるワイン達。全てのワインが明確に味が違って、畑の個性を正確に表現できることがすごいなとも思います。
エレガントで味が薄いワインでは意味がないので、
こういうエレガントで味付きはしっかりしたワインがよいですよね。
今すぐ開けてのおいしさという意味ではやはり’14’16よりも
’15がすでにおいしく楽しめる上に抜栓後変化・向上します。
’15はトップノーズにわずかに華やかさまである銘柄が多く、ちょっと特別感あり。アフターにタンニンが少し残ってもエグみと雑味は皆無なのでストレスなく飲み続けることができる傑出バランス!

良心的価格のグリヨさんであっても
’16は春の霜被害が大きく、値上がり致します。
(生産量減の意味の被害であり、味は逆に凝縮したりすることがあります。)




Domaine Marchand-Grillot, Grvrey Chambertin 1er CRU Petite-Chapelle '15

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・プティ・シャペル’15

税別¥9800

<あと33本>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

19本完売。~※再入荷不可能!

「2018.4月上旬に試飲しました。札幌メーカーズ・ディナーでの一番人気銘柄です!値上がり傾向のブルゴーニュにあってまだ安く感じられるの声も多かったですね。凝縮感と余韻の持続性はダントツこの銘柄がNo.1でした!それでもエレガンスと上質な酸とミネラルはまったく損なわれていない傑出バランス。そもそももっとも’15的な熟したバランスである村名ジュヴレが、とってもキレイにまとまっていますから、他の生産者の’15と同じに考えないほうがよいです。ただ<’14’16より早くからおいしく飲める>というのはあります。時間とともにさらにおいしくなるし全く飲み飽きない。品質と満足度は特級のレベル。これほどの造り手がまだ日本で全く無名とはどうなっているんですかね?あまりに勿体無い。エティエンヌさんかなり優秀。今後さらに大きく飛躍する可能性すらある」

樹齢40年

粘土石灰質土壌

この銘柄は新樽比率40%と若いうちだけは下位ジュヴレよりも少しだけ樽香がある傾向

シャペル・シャンベルタンの斜面真下にある畑

20年くらい前に書かれたマット・クレイマー著『 ブルゴーニュワインがわかる 』にすらグリヨのプティ・シャペルが良品だとありました!

‘13 インターナショナル・ワイン・チャレンジ トロフィー&ゴールド!

‘13 スペクテーター92点




Domaine Marchand-Grillot, Grvrey Chambertin Au Velle '15

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、ジュヴレシャンベルタン・オー・ヴェレ’15

税別¥6000

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2018.4月上旬に試飲しました。もっとも冷涼感の強い畑。いつも全銘柄100%除梗するが、’15のこの畑のみ15%程度全房発酵とのこと。’15であっても清涼感のある美しい酸があり、アフターがさっぱりする。とは言っても酸が苦手な方でも大丈夫なバランスで、明らかに価格以上の満足度」

‘13 スペクテーター90点

小石を含む赤茶色の粘土斜面

樹齢35年

日当たりは良いが冷涼な畑でブドウの成熟スピードゆっくりなので他の畑より収穫が1週間以上遅くしてタンニンを完熟させている

村の北西側カゼティエやシャンポーの隣




Domaine Marchand-Grillot, Grvrey Chambertin En Creot '15

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、ジュヴレシャンベルタン・アン・クレオ’15

税別¥6000

<あと1本>絶対おすすめ!

「2018.4月上旬に試飲しました。もっともうまみと塩ミネラルが強く感じられた銘柄で、他の銘柄よりも香りにオレンジ風味が強いので塩オレンジのニュアンス。しかし全銘柄本当に上質で調和が取れている。タンニンの質がよく、バランスが良すぎてそれほど力強い全体像には感じなかったが、不足もない。明らかに価格以上の満足度」

樹齢約50年

石灰質が多い石灰岩質土壌で力強い個性、ブロションの中で優れた畑

年産:わずか2,000本!




Domaine Marchand-Grillot, Grvrey Chambertin '15

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、ジュヴレシャンベルタン‘15

税別¥5600

<あと30本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 重くないけど複雑! 』など
ご自身のワイン会で出されたお客様からも
『 この価格では圧倒的!まだ無名とは信じられない! 』など

46本完売!!!

「2018.4月上旬にも試飲しました。やはりこの銘柄’15が、今一番開いており、もっとも万人受けもよい傑出バランス。酸不足はない。’15であってもマルシャン・グリヨのスタイルの素晴らしさがはっきり伝わるとてもよい出来」



「2018.2月末に飲みました。抜栓直後から全然固くなく、でもジャミーでも緩くもない熟してクリーミーさもあり、バランスのよい完全に飲み頃NOW~。まずブドウの質が非常によく、ややしっかりの果実味で’15に関してはクラシックには感じられにくいバランス。酸はキレてはいないが低くもなく、タンニンの質が極めてよく、樽が控えめで、うまみとミネラルが多い。まさしく繊細で上質な肉、地鶏とか和牛のヒレ肉あたりとかなりの相乗効果が期待できる。味付きが良く、やさしいが緩くない&ずっと飲み続けていても飽きないところが、ドメーヌ・ピエール・アミオあたりとも共通すると言えそう。まだ無名で良心的価格設定の優れた生産者」

アルコール13%

5つの区画のブレンド

樹齢15~90年

新樽約33%の228リットル樽にて約18ヶ月熟成

年間生産量:わずか2,000本のみ!!!

’12 リアルワインガイド50号 88・88+点




Domaine Marchand-Grillot, Bourgogne Rouge Pasquier des Chenes '15

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、ブルゴーニュ・ルージュ <パスキエ・デ・シェーヌ> ’15

税別¥4000

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2018.4月上旬に試飲しました。抜栓直後のトップノーズは、ごくわずかに還元しているが、味のおいしさとバランスがすごい。小さくハイレベルにまとまって明らかにクラスを超えている印象。うまみとミネラルは多め」

ジュブレ・シャンベルタンの区画に隣接する畑

砂質、シルト土壌

樹齢25年

低収量約34hl/ha

年産:わずか2,500本





Domaine Marchand-Grillot, Morey-Saint-Denis Rouge '14

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、モレサンドニ・ルージュ‘14

特価・税別¥5000

<あと8本>おすすめ!

※’14は再入荷不可能!
’16は¥1,700以上の大幅値上がり!

1年以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2017.2月中旬に試飲しました。抜栓直後から全然固くなく、飲み手によっては少し軽すぎると感じる方がいてもおかしくはないくらいエレガント。うまみとミネラルは豊富で、バランスのよい完全に飲み頃NOW~。やはりブドウの質がよく、穏やかで落ち着いた果実味。酸はキレてはいないが低くもなく、タンニンの質が極めてよく、樽がとても控えめ。まさしく繊細で上質な肉と合いそう。やさしいが緩くない&ずっと飲み続けていても飽きないまさに旨薄ピノ。この銘柄に関してはドメーヌ・ピエール・アミオ以上にエレガント。まだ無名で良心的価格設定の優れた生産者」

樹齢30年

粘土石灰質土壌

低収量34hl/ha

新樽約33%の228リットル樽にて約18ヶ月熟成

年間生産量:3,500本

’13 スペクテーター90点




Domaine Marchand-Grillot, Grvrey Chambertin 1er CRU Petite-Chapelle '14

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・プティ・シャペル’14

税別¥9800

<あと1本>絶対おすすめ!

「2018.4月に飲みましました。’15より香りが閉じており、味わいも固くクラシックではあるが、時間をかければ今でも飲める。樽は控えめで、オレンジ風味もあり、タンニンやや多めだが、極めてキメ細かい飲み頃2020~?今は’15と比べると少し落ち着いて地味に感じられると思います(今もし点数評価するなら確実に’15の方が高ポイントになる。)が将来美しく化けそうな感じがあり、濃厚ではないハイポテンシャル。スタイルのよさと上質感は本当に’14’15すべての銘柄が一貫している。余韻はすでに長め。抜栓の2日後まで非常においしい」



ワイン・スペクテーター、インターナショナル・ワイン・チャレンジなどにて主に’13が絶賛されました!

ジュヴレ・シャンベルタンの伝統を重んじる心優しい当主

現在のドメーヌを切り盛りするジャック・マルシャン氏は、6世代にわたり受け継がれてきた伝統と彼自身が獲得した豊富な知識で、ジュヴレ・シャンベルタンのテロワールを最大限に表現している生産者です。彼は、近年高騰しているブルゴーニュワインの価格に危機感を抱いており「値段の上がりすぎたブルゴーニュのワインが非日常な物になってしまうのが怖い」と語る通り、非常に良心的な価格でワインをリリースしています。
(輸入元資料より)


5/18(金)アップ~蔵出しロアリー’15

傑出した出来の’14!!!甘旨ミネラルの’15!

熟して蜜のニュアンス、甘さがある果実味、ミネラルの多く残る長めのアフター








昔からずっとビオロジック栽培ですが、2007年にエコセールの認証も取得済み

2007年以降は親友のジャン・テヴネのセラーでロアリーのワインは醸造されている。

輸入元さん曰く、チキンや白身魚のクリームソース煮には、ぴったりのワイン




ロアリー、ヴィレクレッセ’15(ハーフ・375ml)

特価・税別¥1300

<あと18本>絶対おすすめ!



ロアリー、ヴィレクレッセ’15(750ml)

特価・税別¥2250



輸入元定価・税別¥3,000

<あと3本>絶対おすすめ!

パーカー91点!(2017~2027年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト232号)


インターナショナルワインセラー90点!
(2018~2024年、2017.11月試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点!

お客様から絶賛の声をすでにかなり数多くいただいているワインです!

192本完売!!!

「2017.9月中旬に試飲しました。’14より甘みが強く、エキス感とミネラルは非常に強いまま、酸は低くはないが甘みとのバランスで’14よりわずかに低く感じられる。この甘旨ミネラルの凝縮こそが美点であり、素晴らしくおいしい。普段白は辛口しか飲まないという方でもかなりおいしく飲めることでしょう!実際にあらゆるお客様からも『 この甘さはとてもよい甘さで何の問題もない 』との声多数」

’15からキャップシールの色が左の画像のように
鮮やか黄色 → もともとのボングラン(テヴネ)同様の深い緑色
に変わり、ユーロリーフ・マークがつきました




ロアリー、ヴィレクレッセ’14(750ml)

特価・税別¥2250



輸入元定価・税別¥3,000

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド60号 88+・89点

最新インターナショナルワインセラー90点!
(2016~2021年、2016.10月試飲)


インターナショナルワインセラー89~91点!(2015.12月試飲)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

159本完売!!!~※’14は再入荷不可能!

「2017.3月上旬に試飲しました。’10と同レベルの素晴らしい出来!ここまでおいしければ今年はサント・バルブ’14マコン・レクセプション・シャルドネとの間にはっきりした差があると言える。ふっくらした厚みと粘性がありつつもアルコールの浮きは皆無でピュアでミネラルが強いので緩くない。バランスも余韻もすべて文句なし。この価格でこの品質は凄まじいものがある」


 平均樹齢は50年以上で、中には100年になるという樹もある!

マコンでは例外的な100%手摘み

ずっと有機農法

オリ引きなし、ノンフィルター

昔から厚みのある果実味でしたが、ド・ラ・ボングランのジャン・テヴネ氏が関ってからさらにミネラル感が増したように思います

毎年大人気!特に’02’10は絶賛の声をかなり数多くいただきました!


5/18(金)アップ~蔵出しドメーヌ・サント・バルブ’16

リアルワインガイド58号にて大絶賛される!

完熟したトロみのある果実味と丸い酸、しっかりしたミネラル




※↑微妙にラベル・デザイン変更あり。


 




’12がリアルワインガイド46号にて大絶賛されました!

’11は、’06と’09を混ぜたような完熟系スタイルなので、酸と糖度のバランスを保つために早めに収穫をしたそうです。値上がりなし!

’11がリアルワインガイド42号にて全銘柄が絶賛されました!







ドメーヌ・サント・バルブ、マコン・レクセプション・デュ・シャルドネ’16

税別¥2050

<あと10本>大人気!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

208本完売!!!



ドメーヌ・サント・バルブ、マコン・レクセプション・デュ・シャルドネ’15

税別¥2050

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド58号 90・90点(今~2030年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
大人気だった’14よりもさらにリピーター続出!!!

すでに329本完売!!!ありがとうございました~※再入荷すると’16に移行致します。

「2016.10月中旬に飲みました。抜栓直後だけあれ?’14の方が多少ミネラル強くて上質だったかも?となりましたが、短時間ですぐうまみが増してバランスも良くなり’14と同レベルのところまで向上しました。温度はやっぱり冷やし過ぎない方がおいしい。アルコールの浮きがなく、相変らず透明感も果実味もあり、ミネラルのおかげで緩くなく、ロアリー同様この価格では滅多にない内容。心配だった熟してファットでバランス悪い感じは皆無。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール12.5%




ドメーヌ・サント・バルブ、ヴィレクレッセVV・レピネ’15

税別¥3000

<あと4本>

最新VINOUS 89点(2017~2021年)

リアルワインガイド58号 92・92+点!(今~2035年)

 

『 ミネラルに富むブルゴーニュの南の生産地、マコン地区。最近話題のアペラシオンである、ヴィレ・クレッセは非常に熱いが、その中でも最近注目を集めているのが、このサント・バルブである。 ワイナリーの歴史としては修道院の時代である900年にまで遡る。 両親のドメーヌであるドメーヌ・デ・シャゼルから独立する形で、2001年にサント・バルブとしてデビューを果たした彼は、完全主義者。2002年よりビオロジック、2003年から完全にビオディナミへと移行した(彼の使うプレパラシオンは、ピエール・マッソンで購入)。 彼のワイン哲学とは、自然のサイクルを尊重すること。それには微生物の動き、畑に咲き乱れる花や、テロワールの正確な知識なども全て含まれる(実際に彼と畑を歩くと、数え切れない植物の名前が出てきて困ってしまうくらい)。

2000年からは、「GEST」(ブルゴーニュの土壌を研究する組織)に加入。フランスのワイン雑誌はもちろんのこと、ブルゴーニュワイン専門誌である、「Bourgogne Aujourd’hui」でも大きく取り上げられ、素晴らしい品質価値、と高い評価を獲得してる。(輸入元資料より) 』


5/18(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ピエール・モレ’10ヴォルネイ・サントノ

例年、少し熟成するとかなりおいしくなります!

ルフレーヴの元醸造長が造る、上質な樽香の長熟ムルソー

驚くほど長持ちする1級畑ペリエール!





 

 

※2008年に、ルフレーヴの醸造長を引退して、自身のワインに専念しています。

1991年からビオロジックとビオディナミを導入開始

自社畑はすべて1997年にはビオディナミに転換済み




Domaine Pierre Morey, Volnay 1er Cru Santenots '10

ドメーヌ・ピエール・モレ、ヴォルネイプルミエクリュ・サントノ‘10(辛口赤)

税別¥8200

<あと10本>限定品!

バーガウンド・コム 90~92点(Outstanding!、2018+年)

デカンター・オンライン90点





Domaine Pierre Morey, Volnay 1er Cru Santenots '07

ドメーヌ・ピエール・モレ、ヴォルネイプルミエクリュ・サントノ‘07(辛口赤)

税別¥8200

<売り切れ>おすすめ!

ワイン&スピリッツ誌 93点!

スペクテーター92点(2012~2020年)

バーガウンド・コム 89点


「2016.9月に試飲しました。飲み頃ピーク頂上付近の色気と滑らかさが最大の個性。良質な熟成感たっぷりで、酸味はまったくきつくなく、キレイなスーボワ(森の下草+きのこ類+なめし皮などが混ざり合った熟成香)が心地よく癒される複雑性。リリース直後は落ち着いて目立たない存在だったかもしれませんが、今のおいしさはかなりのもの」

アルコール%

樹齢40年

全房発酵比率20%程度

手摘み、無清澄、年によっては軽く濾過する

新樽30%程度で約15ヶ月熟成

0.35haの所有

ビオディナミ





Domaine Pierre Morey, Meursault 1er Cru Perrieres '11

ドメーヌ・ピエール・モレ、ムルソープルミエクリュ・ペリエール’11

(ブルゴーニュ・辛口白)

特価・税別¥14500

<あと27本>絶対おすすめ!
超限定品!15本完売。~※再入荷不可能!

インターナショナルワインセラー93点!!!
(アントニオ・ガローニ、2013.9月試飲)

最新バーガウンド・コム 92点!(Outstanding!)

バーガウンド・コム 91~94点!(Sweet Spot Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版18/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

約4年経過してかなりおいしくなっているはず!



リリースから数か月後に1度短時間で試飲しましたが、非常に厳格な構造、キレのある酸とミネラルで、果実も強く、ピュアでキラキラ系の素晴らしさでした。
当時絶対に寝かせたら化けると感じたワインです!

樹齢45年

0.52haの所有

手摘み、天然酵母を使用

新樽約20~40%にて約17ヶ月熟成

エコセールとビオディヴァン認証あり!

すぐ近くに石切り場の跡があり、きわめて小石の多い1級畑。陽当たりもよく、この小石からの反射によってブドウは熟し、それと同時にミネラルに富んだワインが生み出される。火打ち石のようなフレーバー。味わいに幅と奥行があり、余韻もケタ違いに長い。6~7年はゆうにもち、ヴィンテージによっては20年以上の熟成に耐え得る。 (輸入元資料より)




モレ・ブラン、サントーバンプルミエクリュ’12

(ブルゴーニュ・辛口白)

特価・税別¥5000

<あと14本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

10本完売。

「2018.2月上旬に飲みました。DIAM10コルク。予想より熟成香が強く飲み頃ピーク入り口付近くらいでまだ少しだけ向上しそう。PMO酸化にもならないタイプの味わい。冷やし過ぎないほうがおいしい。モカマロン、ムスク、マッシュルーム、クドさのないヴァニラ、べっこう飴、パイナップルなどのオイリーな熟成感のある非常によいインパクトのある香り。果実・酸・ミネラルがしっかりしており、アフターの引き締まりからの豊富なアミノ酸・うまみ塩ミネラルが残る長めのアフター。抜栓の次の日も非常においしい。色気のあるうまみ塩味」

アルコール12.5%

’11 スペクテーター90点

’11 バーガウンド・コム 87~89点


 

『 ドメーヌはピエールに20代半ばの娘アンヌも手伝うが、現在のように畑での耕作が大きく取り上げられる以前から化学肥料や農薬等は使用せずに、ほとんど有機栽培でぶどうをつくってきた。そしてピエールも、80年代後半からビオに取り組んできたルフレーヴでの成果等を見極め、90年代を通じて本格的な移行への準備を徐々に整え、1998年以降は100パーセントビオ=ディナミでの栽培を開始、2001年には認証も得ている。

そこでは収穫されるぶどうは極端な遅摘みは避け、糖と酸のバランスが最も良い時を見計らって、区画毎に手早く行なう。 (輸入元資料より) 』

※ピエール・モレイがドメーヌで、モレイ・ブランがネゴシアンです。


5/18(金)アップ~蔵出しマ・デ・ブレサド’14エクセレンス

5/9(水)アップ~蔵出しマ・デ・ブレサド’15レ・ヴィー二ュ・ド・モン・ペールと’16トラディション・ブラン










 



化学肥料など不使用ですでに有機栽培の認証を取れる状態ですが、
自分のやりたいことが出来なくならないよう認証は取っていません。



<2018年4月 最新情報>
2019年以降に認証取れる予定となりました。
世界中で人気が高すぎる為、なんと収穫前に数を予約しないと輸入元さん買えないそうです!!!収穫前は当然、最終的な出来がわからないわけですが(笑)毎年必ずおいしいワインを造ってくれているという信頼で発注できるという訳です。上記画像のオーナーで醸造家で栽培まですべてこなすシリル・マレス氏。2018年来日セミナーでもとにかく日本の皆さんに自分のワインを楽しんでいただけていることが本当に嬉しいと言ってくれていたそうです。

ここも値上がりしないですね~!




Mas des Bressades, Costieres de Nimes Rouge Cuvee Excellence '14

マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ルージュ・キュヴェ・エクセレンス’14

(南フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥2300

<あと9本>絶対おすすめ!

※再入荷すると’15に移行致します。

パーカー90点(2016~2021年、ワイン・アドヴォケイト228号)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2018.4月上旬に試飲しました。各’15赤よりも少しやさしく滑らかさがある分、今非常においしい。熟した果実味とエキス感自体はしっかりあり、酸が低すぎず余韻もあり、とてもよいバランス。太陽が強すぎない年の少し熟成したAOPラストー的に飲めるおいしさ」

アルコール14.5%

’09 Wine Enthusiast 90点&Best Buy!

シラー98%、グルナッシュ2%

グルナッシュは、トップキュヴェのカンテサンス用のものを使っています。25~40年樹齢の4区画からのシラーを使用しています。ボディが豊富なもの、フレッシュなもの、リコリスフレーバーのあるもの、40年以上樹齢のものと、キャラクターが様々です。

醗酵は別々に、温度管理の下コンクリートタンクで行います。タンク内で3~5週間寝かせ、樽(1年~3年樽)で12ヶ月間熟成します。この熟成期間は、シラーが空気供給を必要とするからです。透けて通らない濃い赤色。微かにキャラメルを思わせるミルキィさと甘さのある香り。樽熟による心地よいアクセントがあり、たっぷりした複雑な果実味があります。キュヴェ エクセレンスは、開くのに時間がかかります。 (輸入元資料より)




Mas des Bressades, Les Vignes de Mon Pere Rouge '15

マ・デ・ブレサド、IGP・ペイ・デュ・ガール・ルージュ
<レ・ヴィー二ュ・ド・モン・ペール> ’15


(南フランス・南ローヌ・辛口赤)

税別¥2200

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91+点!(2018~2025年、
~At around $20 per bottle, it's a ridiculously smart buy.
ワイン・アドヴォケイト233号)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版14.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

73本完売!!!~※再入荷すると’16に移行致します。

「2018.4月上旬に試飲しました。」



「2018.1月下旬に飲みました。DIAM5コルク。よく凝縮したブラックベリー、少しミント、甘苦系スパイス、ビターチョコレート、コーヒーなどのよい香り。果実味豊かで、コクがあり中域のエキスも厚め、タンニンも多いが非常にキメ細かい、低すぎない酸、洗練された高級ビターチョコレートのような戻り香あり!長い余韻。結構重さとコクがあるが、意外にもとても杯が進む傑出バランス。重すぎない焼き目を付けた肉と合いそう。抜栓の2日後までまったく落ちない。+¥1500程度の満足度があるように感じた」

アルコール14.5%

カベルネ ソーヴィニヨン70%(樹齢40年!)、シラー30%

オーク樽(カベルネは新樽、シラーは古いバリック)で12ヶ月熟成

力強さとまろやかさどちらもあり





Mas des Bressades, Costieres de Nimes Blanc Cuvee Tradition '16

マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ブラン・キュウェ・トラディション’16

(南フランス・南ローヌ・辛口白)


税別¥1450

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2018.4月上旬に試飲しました。やや冷えの温度で、過去最高においしくバランスよく感じられました。冷やし過ぎると厚みとエキス弱く感じられますが、温度を上げ過ぎると苦み強くなりすぎるかもしれません。華やかなフルーツ感たっぷりの香りと味わいで、ジューシー感もあり、低すぎない酸と、キメ細かく良質な苦みコクアフターが極めて心地よく杯が進む。間違いなく高い評価が付くでしょう!」

アルコール13.5%



Mas des Bressades, Costieres de Nimes Blanc Cuvee Tradition '15

マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ブラン・キュウェ・トラディション’15

(南フランス・南ローヌ・辛口白)


税別¥1450

<売り切れ>

パーカー89点(ワイン・アドヴォケイト228号)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

30本完売。ありがとうございました

ルーサンヌ50%、グルナッシュ・ブラン30%、ヴィオニエ10%、マルサンヌ10%

赤同様にトラディションは樽不使用
タンクで澱と共に2ヶ月熟成

やや華やかな良い香り、フルーツ感しっかり、苦みコクの残るアフター

シリカを含むローヌの砂利土壌です。それぞれの品種は別々に、ステンレスタンクに入れ18度で発酵させます。発酵後、味を確認しながら、2ヶ月澱と寝かせます。マロラクティック発酵はしません。

このワインでは「フレッシュさ」と「飲む楽しみ」を見出して欲しいと考えています。フレッシュな味わいですが、このワインの骨格は、ルーサンヌによって、支えられています。グルナッシュ ブランは、丸さとミネラル感をもたらします。ヴィオニエは、桃やアプリコットの香りを与えてくれます。アメリカやカナダでは、バイ・ザ・グラスのワインとして喜ばれていて、シリル・マレの狙い通りの使われ方をしています。
(輸入元資料より)


『 世界的な評価も高まり、地元でも人気の高いこのドメーヌのワインは、常に生産量を超えた予約が入るほどです。しかしシリル マレは品質にもまだまだ満足することなく、さらにその上を目指すべく日々努力を続けています。18℃に保ちながらセニエ法で醸造し、ブレンドします。マロラクティック発酵はしません。グルナッシュがまろやかさを、シラーが色の鮮やかさを、そしてサンソーが果実と新鮮さを与え、全体で素晴らしいバランスを造りだしています。薄いバラの花びらの色、赤いフルーツ、イチゴや黒スグリの風味があります。フレッシュで、程よい酸も感じられます。サラダ、魚、バーベキュー、グリルしたものなど、強い料理以外ならなんとでも相性の良いことが特徴です。ロバート パーカー Jr.のホームページで、夏にお薦めする3種類のロゼのひとつに選ばれました。美しいバラ色、はっきり感じるイチゴの甘い香り、忘れていたロゼの美味しさを思い出させてくれるワインです。 (輸入元資料より) 』

マ・デ・ブレサドは、マス・カルロと同じ生産者で、シリル・マレとナタリー・ブランの夫婦が双方のエステートを所有している。夫のシリルがマ・デ・ブレサド、妻のナタリーがマス・カルロを担当。マ・デ・ブレサドは常に安定した品質で非常にお値打ちのワインを造っており、賢明な消費者は、同胞のマス・カルロと同じく、この素晴らしいエステートを探し当てている。 「ワイン・アドヴォケイト185号より」


5/18(金)アップ~蔵出しホアン・ダンゲラ’14フィンカ・ラルガタ

入手難上級品!一貫してピュアで複雑な赤い実の果実が素晴らしい!!!

急に世界中で人気が高まり、入手難となってしまいました、、、


ナチュラルに造った結果、ピノノワール的ガルナッチャ!











 



ホセプとホアン兄弟


ラシーヌ輸入の蔵出し超限定品!

2008年に、ビオディナミによる畑仕事を開始

2012年からデメター認証とヨーロッパ連合のオーガニック食品認証を受けている


急に世界中で人気が高まり、ワイナート86号等でも大きく取り上げられ
さらについには、ジャンシス・ロビンソン女史にも絶賛される!!!
’16’17が、ワイン・アドヴォケイトにて大絶賛される!

など入手難となってしまいました、、、
’14をお買い上げいただきました皆様、今思えばラッキーでした!




Joan D’Anguera, FINCA L’ARGATA' 14

ホアン・ダンゲラ、フィンカ・ラルガタ’14

(スペイン・モンサン・辛口赤)


税別¥3200

<あと12本>絶対おすすめ!
超限定品!

14本完売。

「2017.9月に飲みました。この銘柄もブルゴーニュ・グラス&やや低めの温度がベスト。あまりスワリングせずにゆっくり開かせたい。紫色の弱い中程度のルビー色。まず透明感とナチュラル感があり、不安定さがない。華やかで複雑甘くピュアな赤い実の果実主体、ピノノワール的なただものではな非常によい香り。上品な甘さの桃ネクター、バナナ、イチゴ、超上品な甘苦系スパイス、ミネラルなどの香り。樽香はかなり弱く、味わいに樽のタンニンとエグみ&渇きを感じない。当然パワー系ではないが果実味はしっかりあり、艶あり複雑。酸とミネラルに優れ、とてもキメ細かいがまだ溶け込み切っていないタンニン。それでもすでにおいしく飲めてしまうバランスのよさと余韻があります。ほのかな甘みがあるが、クドさゼロで少しもジャミーではない。抜栓から30分で特に香りがさらに複雑に発展してゆく。4人で飲んで全員絶賛だった1本!ラヤス系のグルナッシュをお好きな方のデイリーワインとして最高だと思う。抜栓の2日後まで少しずつ向上してゆく!非常に楽しめた」

アルコール14%

’12 Wine Enthusiast 90点

’12’09 VINOUS 91点

’10 インターナショナルワインセラー92点

’08’07 パーカー90点

<畑>
土壌:石灰質、砂質土壌
栽培面積:6ha
仕立て方法:ゴブレとコルドン・ロワイヤ
品種:100% ガルナッチャ
平均樹齢:30-50年
収量:21hl/ha
 
<醸造>
選果の場所:畑の中
マセレーション:あり
酵母の添加:なし
醗酵容器:セメント
醗酵温度コントロール:なし
熟成容器:フレンチオーク樽
熟成期間:16ヶ月間
濾過:なし
清澄:なし





ホアン・ダンゲラ、ホアン・ダンゲラ’16

(スペイン・モンサン・辛口赤)


税別¥1900

<あと5本>

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
ピノノワール好きの方から特にご好評いただいております!!!

31本完売。

アルコール13%

’16は、品種:65% ガルナッチャ、 35% カリニェナ

天然酵母を使用

醗酵容器:コンクリート

熟成容器:バリックとセメント

熟成期間::3ヵ月間古い樽で熟成し、その後2ヵ月間セメント

無濾過&無清澄




ホアン・ダンゲラ、ホアン・ダンゲラ’15

(スペイン・モンサン・辛口赤)


税別¥1700

<売り切れ>絶対おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

「2016.12月下旬に飲みました。やっぱり当店セラーで休ませたら透明感上がったな(笑)。こちらはまるでピノノワールではなく、グルナッシュ主体+シラーのローヌもしくはアルコールの低いフミーリアといった雰囲気。でも完熟の当たり年’15としては透明感とミネラルがあり、無駄な重さやアルコールの浮きは皆無。どんなときにも基本的にナチュラルに仕上げてくれるのはありがたい。飲んでいて疲れない。熟した赤い実主体のベリー、数種類のスパイスとドライハーブ、わずかにルバーブ等の香り。熟しつつも中域~アフターにうまみとミネラルあり甘すぎずクドさもない。売る為のアピールなどではなく、ここは本当の意味での理想的なヴァン・ナチュールを造っているというのが伝わってくる味わい。抜栓の次の日も非常においしい。完全に赤い実の果実香でナチュラルな味わい。うまい。抜栓の3日後まで全く落ちないどころか、わずかに向上する。最終的にはこれも寝かせたラヤスやグラムノンがお好みの方におすすめできるワイン。先入観や知名度・評価にとらわれなければお安くこんなに楽しむこともできます」



「2016.6月下旬に試飲しました。こちらはアルタロセス’14ほどピノノワール的ではないが、果実や質感はとてもよく、アフターの雑味もない。お買い得かつピュア&わりとエレガント系の個性で飲み頃NOW~。スペインワインの新しいムーヴメントを感じることができる生産者の一人。飲んだことはないけどお父さんのときとは全く違うワインを造っているのでしょう。見事に無駄な濃さや樽の渇きが皆無でナチュラルなよい味付き。1杯で飽きないスペイン。貴重なよい個性のあるワイン」

アルコール13.5%

Joan D’Anguera '15

<畑名マス ドゥ ペドレット>
土壌:主に石灰岩
畑の標高:110 m
畑の向き:北向き
栽培面積 :7ha
仕立て方法::ゴブレとコルドン・ロワイヤ
品種:65% ガルナッチャ、 30% カリニェナ、 5 % シラー
平均樹齢:15~30年
植樹密度:2,800本/ha
収穫量:28~30hl/ha
 
<醸造>
選果の場所:畑の中
マセレーションの有無:あり
マセレーション期間:ガルナッチャとシラーは8日間。カリニェナは21日間
酵母の添加有無:なし
醗酵容器:コンクリートとステンレス
アルコール醗酵期間:35日間
醗酵温度コントロールの有無:ガルナッチャとシラーはしているが、カリニェナはしていない。
熟成容器:セメントとバリック
熟成期間::3ヵ月間古い樽で熟成し、残りはセメント
濾過:なし
清澄:なし
醗酵中の亜硫酸添加量:なし
総亜硫酸量:10㎎/L
SO2添加のタイミング:樽の中で硫黄のろうそくを燃やすとき

【テイスティングコメント】
自然にワインができた土地が表現されている。地中海の春期の土地を思わせる。

【ワインまたは畑の名前の由来】
ワイン名は彼らの家の名前に由来する。彼らの村では家の名前を人につけるのが一般的である。家の名前はホアン・ダンゲラである。なぜなら、それが建造者の名前であるからである。1820年にさかのぼるとホアンは彼らの村の他の家の3番目の息子であった。そしてその家の名前はアンゲラ家といった。このように、人々は彼が新しい家に住み始めた時、彼のことをホアン・ダンゲラと呼ぶようになった。つまりその意味は。アンゲラ家からきたホアンということになる。現在、彼らの村で、人々は彼らのことを本名ではなくホアン・ダンゲラのホセプ、そしてホアン・ダンゲラのホアンと呼んでいる




ホアン・ダンゲラ、アルタロセス’15

(スペイン・モンサン・辛口赤)


税別¥2400

<あと1本>限定品!

この’15をジャンシス・ロビンソン女史絶賛!

アルコール14%



ホアン・ダンゲラ、アルタロセス’14

(スペイン・モンサン・辛口赤)


税別¥2250

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
(すでに2名のプロレベルの試飲能力を持つ当店の常連客さまから
『 ダニエル・ゴメス・ヒメネス・ランディ、ラデラス・デル・ティエタル’13も相当においしかったけど、これはさらにその上をいくすばらしさだった! 』
とコメントいただいております。)

60本完売!~※’14は再入荷不可能!次は来年の春くらいに’15を輸入予定ですので、ピノノワールっぽさが薄れる可能性があります。

「2016.9月初旬に飲みました。予想通り低めの温度でブルゴーニュグラスが最高でした。この透明感、やや涼し気で低くない酸、エレガンス、強いミネラルで標高がそれほど高いわけではないのは何故?という感じですが、たぶん本人たちは、できるだけ自然に造ろうとしているだけなのでしょう。抜栓直後から充分においしいが1時間くらい経つとさらに驚くほどおいしく変化する。艶のある複雑な赤い実の果実香となり、少しクリーミーで、うまみとミネラルの量がすごい!タンニンはキメ細かくほぼ溶け込み、ブルゴーニュしか飲まない方におすすめできるタイプのまったく飲み飽きないガルナッチャです。アルコールも表示より少し低く感じられる。この価格で買えるということが信じられないほどの内容でした。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい。やっぱりこれもピノノワール的雰囲気あるなぁ~。現代でもまだよく探せばこういったワインが見つかるんです。今までの価値観が覆る新しいスペインをぜひお試しください」



「2016.6月下旬に試飲しました。ラヤスやグラムノンとは比べられないが、こちらは2~3年寝かせるだけでピノノワール的に化ける可能性があるかも?と感じた。こんなワインがまだ見つかるなんてスペインの新しい風は本当に楽しいですね。やはりラシーヌさんはコンディションだけではなくセレクション自体に透明感があるものが選べば結構見つかる」

アルコール14%

100%自社畑

Joan D’Anguera, Altaroses '14

<畑名カンディオ、アルガタンス、アルタロセス>
土壌:白粘土、石灰岩、そしていくらかの砂質土壌
畑の標高:50~110 m
畑の向き:北向き
栽培面積:9ha
仕立て方法:ゴブレとコルドン・ロワイヤ
品種:100% ガルナッチャ
平均樹齢:15-30年
植樹密度:2,800本/ha
収穫量:28-30hl/ha
 
<醸造>
選果の場所:畑の中
マセレーションの有無:あり
マセレーション期間:14日間
酵母の添加有無:なし
醗酵容器:セメント
アルコール醗酵期間 :30-35日間
醗酵温度コントロール:60%をコントロールし、40%をしない
熟成容器:古いバリック 5~6年使用済みのもの
熟成期間:12か月間
濾過:なし
清澄:なし
醗酵中の亜硫酸添加量: なし
総亜硫酸量:50㎎/L
SO2添加のタイミング:ワインを樽に入れる時と、ボトル詰めするとき

ワインはルーツに戻るようなもので、彼らの村で祖先が以前に生産していたワイン


堆肥:自身でビオディナミに基づく堆肥を、木の枝に肥やしを混ぜて作っている。特に枝から作っている。

セラー環境:100人ほどしか住んでいないダルモス村にセラーはあり、その歴史は1820年にさかのぼる。古いセラーが拡張され、現在はブドウの集積、ビン詰、樽熟成、ボトル置き場として用いられている。目下のところ、祖父たちがしたように、地下のセラーの古い樽で長期熟成している。





フェイスブックにお子さんと一緒にプレパラシオン造っている画像ありましたね


5/18(金)アップ~蔵出しカール・エルベス’16クランクライ・アウスレーゼ

3/22(木)アップ~蔵出しカール・エルベス’16クランクライ・シュペトレーゼ

急斜面、最高の畑にある自根の超古樹!!!

3/8(木)アップ~蔵出しカール・エルベス’16シュペトレーゼと’16QbA

名声と実力があるにもかかわらず、もっとも良心的な生産者のひとり!




※↑クランクライ表示が、見えやすいようにアップ画像です。




 

かなり前から扱っています。店頭では常に人気です!

<最新情報!>
モーゼルではまだ他国からの投機マネーの影響が少なく、畑の値上がりも少ないのでエルベスさんも少しずつ畑を買い足しているそうです。
リースリングに適した素晴らしい急斜面の畑が、機械が使えずに手間がかかりすぎるという理由で、荒れたまま手つかずで放置されている場所も多く存在するそうなので、やる気と実力のある人にとっては逆にチャンス?





急斜面の畑画像


ユルツィガー・ヴュルツガルテン動画


http://www.inaba-wine.co.jp/blog/?id=1501228478-967924&ca=1




エルベス氏は、この区画に大きな敬意と誇りを持っていて、ラベル上他との識別するために、ワイン法に基づいて、畑名標記の下に“Klanklay”(←昔のスペル)の文字を表示している。

<優れた単一畑、接ぎ木なしの自根で高樹齢、有機栽培、天然酵母




Karl Erbes, Urziger In der Kranklei Auslese Riesling '16 (Mosel)

カール・エルベス、ユルツィガー・イン・デア <クランククライ> アウスレーゼ’16

(ドイツ・モーゼル・極甘口白・750ml)


税別¥4800

<売り切れ>超限定品!
初入荷!

最新パーカー96点!!!(Stephan Reinhardt、
まさに当店在庫と同じAP#14に対する評価。

The 2016 Urziger In der Kranklei Riesling Auslese (AP #14) opens very clear, pure and flinty on the nose where a perfectly ripe and fine raisin flavor is displayed. It is lush and elegant, very fine and light, with just the perfect amount of sweetness that is balanced by finely racy and vivacious acidity. The finish is tensioned, tight and salty, indicating great aging potential.
2018~2050年!、ワイン・アドヴォケイト236号)

ラインラント・プファルツ州品評会 金賞受賞!

コルク

アルコール7.5%

残留糖度:106.5g/l
酸度:9.1g/l

葡萄が黄金色になった状態で摘み取り、アウスレーゼ用に厳しく選別します。発酵は12度に温度コントロールされたステ ンレスタンクで40日間行います。その後、翌年の3月まで熟成させています。甘く心地よいピーチを思わせるアロマがあり、 洗練された味わいです。甘く心地よい余韻が続きます。
(輸入元資料より)




Karl Erbes, Urziger In der Kranklei Spatlese Riesling '16 (Mosel)

カール・エルベス、ユルツィガー・イン・デア <クランククライ> シュペトレーゼ・リースリング’16

(ドイツ・甘口白・750ml)


税別¥2600

<あと29本>絶対おすすめ!
超限定品!

最新パーカー93+点!!!(Stephan Reinhardt、
~The Kranklei is somewhere between the spiciness and purity of the Wurzgarten and the exotic generosity of the Pralat. But whatever it is,
it's a beautiful Spatlese.
2020~2050年!、ワイン・アドヴォケイト236号)


VINOUS 88点(2017~2024年)

「2018.3月末に飲みました。今の時期はトップノーズが閉じ気味で、’15より香りがおとなしいが、味わいは圧倒的に素晴らしい。これ本当に難しかった年の味?大げさではなくこの価格のドイツでこれ以上はないんじゃないかというおいしさの難しい年の大成功例!どんな年でもおいしく仕上げるのは一流生産者の証。レモネード、うっすらマスカット、ハーブ、ミネラル、少しバルサミックな香りも含む。ペトロール香は少ないがオイリーさはある。ピュアな果実味、美しい酸、みずみずしくクリーンでミネラルの量と質も良く、うまみエキスののった甘さは、キレイでしっかりめの酸のおかげでクドさゼロの上、意外に幅広く食事に合う。完璧な相乗効果というより、さっぱりさせる効果主体ではありますが、日常の食卓でも使い勝手も良い。抜栓の次の日も最高においしい。ブドウのうまみ強く、傑出バランスにより、全く飲み飽きずに杯が進み過ぎてすぐなくなる。抜栓の2日後は、わずかに落ちたが、まだおいしい」

アルコール7%

スクリューキャップ

残留糖度:91.0g/l
酸度:9.1g/l




Karl Erbes, Urziger In der Kranklei Spatlese Riesling '15 (Mosel)

カール・エルベス、ユルツィガー・イン・デア <クランククライ> シュペトレーゼ・リースリング’15

(ドイツ・甘口白・750ml)


税別¥2600

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー91点(2023~2040年、ワイン・アドヴォケイト230号)

ゴーミヨ2017年度版 89点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

42本完売。ありがとうございました~※再入荷不可能!

「2017.10月上旬に試飲しました。まずは黙っていてもすぐに全部売り切れるワインでしょうに、試飲させてくれた輸入元さんに感謝です!期待通りの素晴らしい味わいで、価格をはるかに超えた内容!下記、稲葉さん限定カビネット’14のような美しくしっかりした酸はそのままに、果実のエネルギーと厚みと熟成ポテンシャルがクランクライの方が明らかに上!なので総合バランスは少しも酸っぱくない。冷やしすぎないほうがよいくらいで、クドさのないオイリーなニュアンスやペトロール香がありつつも同時にわかりやすさのある杯が進むミネラルたっぷりレモネードのニュアンスあり。出来れば常に冷蔵庫に入れておきたい銘柄の一つ」

ワイン関係者の中では、全ワインがお買い得すぎるエルベスさんのワインの中でもいくらなんでも安く値付けし過ぎでは?笑と言われている銘柄です!!!

糖度:89.4グラム/リットル
酸度:8.7グラム/リットル

アルコール7%

スクリューキャップ

ドイツ全体でも珍しいフィロキセラの影響を受けない接ぎ木のない自根リースリングの畑。
樹齢は100年以上!!!特に困難なヴィンテージでは、古木のためその環境にうまく適応し、常に高品質の葡萄を育てる。
断崖絶壁の急斜面にある特に優れた畑!

土壌とその特徴:
赤粘板岩とペルム紀火山流紋岩を含む赤色礫岩(セミプトライト)。水はけがよく、熱の吸収率が高い。土壌層が深く、主根は深層部に張り廻り、水分保持が有効。

収穫:
エルベスの最後の方で収穫。

醸造:40~50年の古いフーダー(モーゼルの1000L大樽)で2/3、残りの1/3はステンレスタンクで醗酵。

味わいの特徴:
素晴らしく透明感があり、集約している。繊細なスレート(粘板岩)とリースリングのフレーバーからくる豊かなフィネスが果実のジューシー感とエレガントな味わいを導いている。旨みのあるミネラルを豊富に含む酸は、見事なシュペートレーゼの味わいを見せ、長い余韻がある。

<過去のワイン・アドヴォケイト評価>
’13 94点!(AP#09 14)
「2013年のクランクライは、偉大なテロワールを表した偉大なシュペートレーゼである。・・・
・・・最もお買い得なヴィンテージであり、このワインは正に特価品・・・。」





カール・エルベス、ユルツィガー・ヴュルツガルテン・シュペートレーゼ’16

(ドイツ・モーゼル・甘口白)


税別¥2100

<あと4本>

AP#32 パーカー94+点!!!

AP#7 パーカー92点!

※今の当店在庫はAP#25 のようですが、
まぁほとんど同じということです。


コルク

アルコール7%

輝きのある淡い黄色、白桃やメロン、ライチを思わせる芳醇な香りと、グレープフルーツやライムを思わせるフレッシュな風味が広がります。余韻にはスレートの意思を思わせる風味や、瑞々しいマスカットの味わいが広がります。
(輸入元さんコメント)



カール・エルベス、ユルツィガー・ヴュルツガルテン・シュペートレーゼ’07

(ドイツ・モーゼル・甘口白)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 91点!(Editors'Choice、2011~2015年)

スペクテーター89点(NOW~2026年)

インターナショナルワインセラー89点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

今回のロットはコルクでした

24本完売。ありがとうございました

「2016.10月上旬に試飲しました。そもそもこの生産者の全ワインは価格以上の味わいなのですが、この銘柄は特にお買い得に感じられる。生産者の利益が心配になってしまうレベルの嘘みたいな価格!(なにやら他の生産者みたいにすぐ蔵出し価格を上げないで、ボトリング・マシーンを他の生産者に貸し出したり、宿の経営なども行って総合的に利益を出しているとか。本当に頭が下がりますね。)無理やり簡単に言ってしまえばQbAよりも甘くオイリーで複雑で熟成も可能。熟成感があるがまだ全然ピーク入り口にも達していない」

アルコール8%

残留糖度:78.6グラム/リットル

酸度:7.2グラム/リットル

Karl Erbes, Urziger Wurzgarten Spatlese Riesling '07 (Mosel)

ユルツィガー・ヴュルツガルテンの畑は粘板岩の岩板が露出し、まるで崖のように急斜面!

カール エルベス家のセラーでじっくり熟成され、2014年8月に輸入されたワインです。熟成感が感じられますが、まだまだフレッシュさがあります。





カール・エルベス、ユルツィガー・ヴュルツガルテン・QbA・リースリング’16

(ドイツ・モーゼル・中辛口~ほのかな甘口白)


税別¥1550

<あと7本>絶対おすすめ!
大人気!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2018.4月上旬に試飲しました。この銘柄でもやはりカール・エルベスの実力がいかんなく発揮されている。一般的には’15より難しいと言われている
’16においてむしろ例年より美しい酸によって甘旨酸のバランスが傑出している。ジューシーでミネラルも低くない、極めて心地よいほの甘」

残留糖度:60.0グラム/リットル

酸度:8.2グラム/リットル



カール・エルベス、ユルツィガー・ヴュルツガルテン・QbA・リースリング’15

(ドイツ・モーゼル・中辛口~ほのかな甘口白)


税別¥1550

<売り切れ>

輸入元担当者さま絶賛の1本!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

スクリューキャップ

アルコール9%

45本完売。ありがとうございました




カール・エルベス、ユルツィガー・ヴュルツガルテン・QbA・リースリング’14

(ドイツ・モーゼル・中辛口~ほのかな甘口白)


税別¥1550

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’14は再入荷不可能!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

スクリューキャップ

「2016.6月上旬に飲みました。近年さらに評価が急上昇中にもかかわらずほとんど値上がりしない超良心的な生産者です!この同じ銘柄を10年くらい前にたしか税別¥1300くらいで販売していましたので、すでに名声を得ている実力のある生産者なのに10年で20%程度しか値上がりしていないということです。10年前から価格以上においしかったですが、ごく近年さらに甘さ控えめになりアフターの塩ミネラルが増した気がします。おそらくエクスレという意味では’15の方が当たり年だと思いますが、一般的にばらつきのある’14のなかでヴァイサー・キュンストラーやこのカール・エルベスはモーゼルらしい酸とミネラルが上質な成功年だと思います。抜栓直後は中辛口というすっきりバランスのよいまさに調和の取れたおいしさでアフターにはまっきりと塩っぽいミネラルが残り夏に最高に心地よい味わい。非常に杯が進む。今はぺトロール香がほとんどなく、オレンジやハーブ、レモネードなどの香り。抜栓の2日後になるとやや甘口という表現でもよいような味わいになりますが、落ちたとは思いません全然おいしいですね」

アルコール9%

ユルツィヒのヴュルツガルテン「スパイスの庭」。香り優しく、調和がとれ、まさにエルベスのワインに対するしっかりとした姿勢を感じさせるワインで、クーベーアーの品質としてはずば抜けています。エルベスの所有しているこの畑に実際に立ってみると、多くの人はその想像を絶する急斜面に驚かれると同時に、いかにお値打ちワインかお分かりいただけることでしょう。


世界No.1レストラン連続選出されたデンマークの「ノマ」で、オンリスト

創設者のカール エルベスは、30年余り有名なクリストフェル ベレス家のケラーマイスターをしていました。所有する葡萄畑のすべてが非常に厳しい農作業を強いられる急斜面で、耕作や収穫など殆どの作業が手で行なわれています。息子で現当主のシュテファンは、注意深い葡萄の選別により★から★★★ ゴールトカプセルまでの異なったレベルのアウスレーゼを造ることで、中部モーゼルのトップ生産者としての評価を得ることを目指しています。これまでは澱引きのため樽移しをしていましたが、これを新たに瓶詰の2週間前まで澱と寝かせるようにしました。ワインがストレスを感じなくなり、澱がアロマをもたらします。ただし、フィルターにかける手間が数倍大変になるそうです。2009年にニューマティックプレスを導入しました


歴史
1967年 カール エルベスが設立

オーナー
シュフテファン エルベス : 1970年生

葡萄園
5ha  ユルツィガー ヴュルツガルテン、エルデナー トレプヒェン(0.3ha)、エルデナー プレラート
80%がスレート(灰色と青)、20%が赤い岩。
接木をしていない100%リースリング。 70~80年樹齢を最高に、多くが古木。

栽培
ずっと前から有機栽培
(モーゼルでは村単位で厳格に行うため、隣の畑の農薬が飛んでくるとかはないそうです)
肥料は土壌の検査に基づき、毎年違った成分を補充。石灰、葡萄の搾りカス、木の皮、家畜の糞など、有機肥料を使用。


5/10(木)アップ~蔵出しエンビナーテ’16

すでに超入手難!日本ではまだ全く無名ながら、
スペインワインのエレガント&フィネス潮流の筆頭格!

※全銘柄すべての値引き対象外となります。








 


クロ・デ・フのペドロ・パッラさん曰く、スペイン最高の生産者!!!
(一緒にお食事させていただいた際に直接聞きました)
冷涼な畑←特にガリシア産 の素晴らしいテンションとミネラル
天然酵母、低アルコール、ロウキャップ

ワイン・アドヴォケイトのLuis Gutierrez氏が大絶賛!!!
この方は、デリケートなピノノワール的味わいのホアン・ダンゲラやホセ・パラシオス、マンドラゴラ・ビノスをちゃんと評価している上に、
クロ・デ・フのアレナリア’14にも94点を付けているので繊細さやミネラルに間違いなく理解があるテイスターだと僕は思います。

WEBマガジン『Panch』ライターのジョン・ボネ氏にも大きく取り上げられる!
意外なことに生産量のほとんどがアメリカに輸出されてしまうそうで、もともと入手難ですが、さらに手に入らなくなっております、、、



※全銘柄すべての値引き対象外となります。
全銘柄再入荷不可能!
わずかなラベル不良は、あらかじめご了承の上、ご注文お願い致します。






Envinate, Lousas Viaas de Aldea '16 Ribeira Sacra

エンビナーテ、ロウサス・ビニャス・デ・アルデア’16

(スペイン・ガリシア地方・DOリベイラ・サクラ・辛口赤)


税別¥2800

<あと17本>絶対おすすめ!
超限定品!

14本完売。

「2018.5月上旬に飲みました。ぜひブラインドでワイン会等で出してみてください。ただ保管と温度とグラス、また抜栓後の時間で結構表情を変えるデリケートなワインなので要注意。縁が紫がかった中程度のルビー色。抜栓直後のおいしさがすごい!特にトップノーズは、最上の造り手のピノノワールかピノノワール的なガメイのようで透明感のあるピュア&ナチュラル。冷涼感のある赤い実の果実で、うまみとミネラルが多く、果実味・骨格も弱くなく、今はまだアフターに少しだけタンニンが残る飲み頃NOW~。驚きのセンスと才能。時間とともに香りがさらに発展して、もう完全にピノノワール!!!梅ガム、イチゴ、桃などの赤い実主体の果実をデニッシュ生地のパンにのせたようなとてもよい香り。フィリップ・パカレやビゾーと共通するニュアンスを含み、ブラインドでナチュラルなピノノワール¥6,000~?という感じ。抜栓の2日後までおいしい。温度を下げ過ぎるとタンニンが目立つし、上げ過ぎるとバランスが少し悪くなるというむずかしさはあるかも?ブルゴーニュ・グラスがベストだと思う」

アルコール12.5%

メンシア90%、メレンサオ/ブランセリャオ/カイーニョ/アリカンテ計10%

’15 パーカー93+点!!!

’12 VINOUS 91点




Envinate, Lousas Parcela Camiao Novo '16 Ribeira Sacra

エンビナーテ、ロウサス・パルセラ・カミーニョ・ノボ’16

(スペイン・ガリシア地方・DOリベイラ・サクラ・辛口赤)


税別¥4200

<あと3本>超限定品! 

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

アルコール12.5%

メンシア90%、アリカンテ・ブーシェ10%

’15 パーカー94+点!!!

’15 デカンター・オンライン94点!

’12 ワイン&スピリッツ誌 94点!





※ここから下は
カナリア諸島内・テネリフェ島産
自根の超古樹!!!
火山性土壌
低収量、基本的に醸造中の亜硫酸なし、もしくは最小限、無濾過



Envinate, Benje Blanco '16

エンビナーテ、ベンヘ・ブランコ’16

(スペイン・テネリフェ島・辛口白)


税別¥2900

<あと1本>超限定品!

パーカー90点(ワイン・アドヴォケイト234号)

リスタン・ブランコ




Envinate, Taganan Blanco '16

エンビナーテ、タガナン・ブランコ’16

(スペイン・テネリフェ島・辛口白)


税別¥3500

<あと3本>超限定品!

パーカー94+点!!!(2018~2024年、ワイン・アドヴォケイト234号)

リスタン・ブランコ、マルヴァジア、アルビーリョ・クリオーリョ、その他土壌品種




Envinate, Palo Blanco '16

エンビナーテ、パロ・ブランコ’16

(スペイン・テネリフェ島・辛口白)


税別¥4000

<あと6本>超限定品!

パーカー94点!(2018~2024年、ワイン・アドヴォケイト234号)

リスタン・ブランコ




Envinate, Benje Tinto '16

エンビナーテ、ベンヘ・ティント’16

(スペイン・テネリフェ島・DOイコデン・ダウテ・イソーラ・辛口赤)


税別¥2800

<あと1本>超限定品!

パーカー92+点!(2018~2021年、ワイン・アドヴォケイト234号)

リスタン・プリエト95%、 ティンティーリャ5%




Envinate, Migan '16

エンビナーテ、ミガン’16

(スペイン・テネリフェ島・辛口赤)


税別¥4000

<売り切れ>超限定品!

パーカー94点!(2018~2032年、ワイン・アドヴォケイト234号)

リスタン・ネグロ



生産地域: Canary Islands, Galicia, Extremadura and Almansa
カナリア諸島、ガリシア、エストレマドゥーラ、アルマンサ
オーナー/醸造責任者/栽培責任者/コンサルタント:
Roberto Santana ロベルト・サンタナ(カナリア諸島)
Alfonso Torrente アルフォンソ・トレンテ(リベイラ・サクラ)
Laura Ramos ラウラ・ラマス(ムルシア)
Jose Martinez ホセ・マルティネス(アルマンサ)

【ドメーヌについて】
ドメーヌ創業年: 2008年
ドメーヌ解説: エンビナーテ(「ワイン、あなた自身」という意味)は、ワインメーカー仲間の4人組、すなわちロベルト・サンタナ、アルフォンソ・トレンテ、ラウラ・ラモス、ホセ・マルティネスの構想から生まれた。この4人組は、アリカンテのミゲル・エルナンデス大学で醸造学を学んでいた、2005年に結成された。大学卒業後、彼らはワイン造りのコンサルタント業を始め、これがのちに「エンビナーテ」へと発展することになる。彼らは、リベイラ・サクラやカナリア諸島といった、主として太平洋気候から影響を受けた地域で、個性的な畑地(パーセル)に焦点を当てるプロジェクトを進めてきた。そのグループとしての目的は、明快かつ簡潔な表現法でもって、各畑のterruno(テルーノ;テロワール)を体現する、あくまで純で真正なワインを造ることにある。

【畑について】
栽培方法: リュット・レゾネ
その栽培方法の開始時期: ドメーヌ設立以来
その栽培方法を適用している畑名:すべての畑に適用
栽培方法の将来的な展望:常に変わらず現在と同じ栽培法を続ける


認証機関: 認証は取得していないが、畑は出来る限り自然な農法を心がけている
土壌: 火山性(カナリア諸島)、スレート粘板岩と花崗岩(リベイラ・サクラ)
微気候: 海洋性気候
自社ブドウ畑面積: カナリア諸島は7ha(すべてピエ・フランコ)、リベイラ・サクラは4ha
契約ブドウ畑面積: 22ha
自社ブドウ畑の数: カナリア諸島:15、ガリシア:12
自社栽培ブドウ品種数: 35種

【醸造について】
酵母のタイプ: 野生酵母
圧搾方式: 手動にて垂直式プレスを使用(リベイラ・サクラ)、空気圧式プレス(カナリア諸島)
醗酵容器の素材と容量: コンクリートタンク(3100L)、木樽(228-600L)、開放槽(500-1000L)
熟成容器の素材: ニュートラルなフランス製オークバレル
(輸入元資料より)


5/10(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)’15

ワイン・アドヴォケイト215号、ワインレポート等にて大絶賛されました~!

一貫して非常に強いミネラル!



 

 

 

 




<高齢と腰の痛みで、ギィ・ボサール氏がすでに引退>’15から彼の意思を引き継ぐ後継者フレデリック・ニジエ・ヴァン・エルクとなります。


ギィ・ボサールとの出会いは2003年の11月にシャンパーニュのジャック・セロスを訪れた時、アンセルム・セロスが「凄いミュスカデの生産者がいる。 彼のミュスカデはミュスカデの常識を遥かに超えたワインだ。」の一言から始まる。2004年11月にドメーヌ ド・レキュを訪問。 太い眉、大きな手、全身からみなぎるエネルギー、そしてワイン造りへの情熱に打たれた。
この腕で土を耕し、土壌の成分が透けて見える仕上がりの、正にビオディナミの手本となる味わいのワインを生み出している。
2012年、ギィの意志を受け継ぐフレデリック・ニジエ・ヴァン・エルクがドメーヌに入り、ドメーヌの更なる進化が期待される。
(輸入元資料より)




ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・エクスプレッション・ドルトネス’15

(ロワール・辛口白)

税別¥2350

<売り切れ>

VINOUS 91点(2017~2022年)

MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

144本完売!!!ありがとうございました

アルコール12%

’14 Wine Enthusiast 92点!

’14 MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

ドルトネスは30cm程の表土の下にオルトネス(正片麻岩)の地層を持つ葡萄畑で栽培された葡萄を使ったワイン。ビオディナミを実施することにより健全な土壌に根を張った葡萄は地中のミネラルを吸い上げ土壌の味わいをワインに表現することができる。これこそテロワールを名乗れるワインである。醸造・醗酵は通常のミュスカデと同様。
(輸入元資料より)

 

ミュスカデとグロプラン最高の生産者のひとり!

なんと1972年からずっと有機農法

ビオディナミの象徴的な存在

デメテル認証ビオディナミ

DRC、クロドデュガなどと同じく馬で耕作

高い樹齢、手摘み、天然酵母のみ使用、SO2極少

クラスマン1つ星&Q/P(カリテプリ=お買い得!)マーク付き生産者

「ビオディナミの象徴的な存在(クラスマンより)」

1972年からオーガニックによる葡萄栽培を開始、1992年からビオディナミに転換

「土壌の成分が透けて見えるような仕上がり!これこそまさしくビオディナミの手本である。(クラスマンより)」


5/10(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ジャン・コレ’15シャブリ再入荷!

有機栽培の割合を増やしている、強いミネラル




 


現時点ですべての畑で100%有機栽培ではないが、徐々に有機栽培の割合を増やしている





ジャン・コレ、シャブリ’15(750ml)

税別¥2400

<あと8本>

インターナショナルワインセラー87点(2018~2023年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 酸が尖っていないどころか明らかに例年より低く、でもミネラルがしっかりなので緩くはなく激しく一般受けのよいわかりやすい味わいだった! 』など

すでに100本完売!!!

’15は基本的に酸がきつくない年。
’16は多くの生産者が遅霜からのベト病などによる壊滅的な生産量大幅減で、ほとんど買えない可能性があります。




ジャン・コレ、シャブリ’14(750ml)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

最新バーガウンド・コム 87点(Issue 64)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

48本完売。ありがとうございました

’12は人気があり過ぎてまさかの割り当て12本だったという、、、
でもたしかに最近やけにおいしいのです!

「2015.9月に試飲しました。’12を試した時と同じく、現時点で実力を100%発揮しており、ストレートに伝わってくる果実とミネラルがありました。’14もよい出来です。自分の中ではこの香りは典型的なキンメリジャン土壌のまさしくシャブリらしい香りというイメージなのですが、資料を見るとそれより若い時代のポートランディアン土壌主体なんですね」

アルコール12.5%

’13 SAKURA Japan Women's Wine Award 2015 シルバー受賞!



5/10(木)アップ~<※値上がり直前!>蔵出しエスポラン’15

今、ポルトガルでもっとも人気のワイナリー!



 



ESPORAO, PE TINTO '15

エスポラン、ペ・ティント’15

(ポルトガル・辛口赤)


税別¥900

<あと12本>おすすめ!

※あと少しで¥216値上がり致します。
スクリューキャップ

24本完売。

「2017.7月中旬に試飲しました。ブルーベリー、スパイスなどの香り。果実味豊かで、うっすら高級感があり重くはないがやや凝縮して滑らかな飲み頃NOW~。今、世界で一番売れているポルトガルのワイナリーらしく極めてわかりやすくバランスの良い味わい。価格以上であることは疑いようがない。ここの上級品は昔の意味で洗練されすぎて上質だが国籍不明感もあったくらいです」

アルコール13%

原産地管理呼称
ヴィーニョ

地域名
アレンテージョ

葡萄品種
すべて無名な地ブドウ。主にモレト、カステラオン、トリンカデイラ

土壌
砂地95%、石灰粘土5%

醸造・熟成
収穫後、除梗・破砕された葡萄は温度管理されたステンレスタンク内で発酵。空圧式のプレスで搾汁しステンレスタンク内で4ヶ月間熟成。2016年2月にボトリング。


 エスポランの歴史

1267年から引き継がれた荘園エスポランが1973年ロケット家を含む家系に引き継がれ、1982年以降はロケット家が単独で所有する家族経営の生産者となった。当主は ジョアン・ロケット。1985年、最初のワインが出荷されエスポランの新たな歴史が始まった。1987年には当時最新の技術を集めたワインセラーが完成した。2000年以降、アレンテージョワインのリーダー的な存在と知られる。2008年、エスポランはドウロのキンタ・ドス・ムルサスを所有し、ドウロ・ポートワインの生産にも乗り出した。

 エスポランの概要

アレンテージョとドウロに2つのエステートを持つエスポランは700haの自社畑と700haの契約畑を有し、年間130万ケース(1ケースは9リットル)のワインを製造し販売している。内訳は赤75%、白25%。従業員数は250人、その内110名は通年畑の栽培に従事している。生産量の60%は輸出され、輸出国は60ヶ国に及ぶ。

 オーガニックの導入

2012年より、オーガニック、減農薬栽培に転換。現在は自社所有畑の40%はオーガニック、60%では減農薬栽培を実施。契約畑の100%で減農薬栽培を行う。オーガニックへの転換は今も進んでいる。


5/10(木)アップ~蔵出しソアリェイロ’16

香りも味わいもリアスバイシャスの上級品のよう!

5年連続で納得のすごい評価を得ました!



 





造り手側のメッセージが伝わってくるよい画像ですね

もともとずっと除草剤不使用、2005年から有機栽培




ソアリェイロ’16

(ポルトガル・辛口白)


税別¥2100

<あと2本>絶対おすすめ!

パーカー92点!( 2017~2026年、ワイン・アドヴォケイト230号)

ワイン&スピリッツ誌 88点

Wine Enthusiast 91点

Revistade Vinhos 17.5/20点! (Highly Recommended!)

「2018.4月下旬に試飲しました。リンゴとミネラル主体で、柑橘類や花、少し白桃などの香りも。果実味豊かで、フレッシュでみずみずしくクリーン。酸はちょうどよくアフターにはっきり塩ミネラルが残り極めて心地よくよい出来。スペイン・リアスバイシャスの隣だけあって個性が似ているが、さらにお買い得感が少し強いかもしれない」

アルコール12.5%




ソアリェイロ’15

(ポルトガル・辛口白)


税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー94点!!!( ~It is also one of the best unoaked young Alvarinhos I've had. ~Great Value!、2016~2030年、Mark Squires、ワイン・アドヴォケイト224号)
さらにMark Squiresが選ぶ2016年度
Value Table Wines
に選ばれる!!!


Wine Enthusiast 90点

SAKURA Japan Women's Wine Award 2016 シルバー受賞!

スペクテーター88点(NOW)

デカンター・ワールド・ワイン・アワード 2016年度 プラチナ受賞!
(※ゴールドの上の賞です!)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2016.9月下旬に試飲しました。基本はフレッシュでみずみずしくミネラリー、程よく凝縮して果実も弱くないし、うまみとミネラルで充実した中域のよいバランス。わずかに塩っぽく非常に心地よいアフター。’14と同程度の高い品質」

アルコール12.5%

36本完売。ありがとうございました~※’15は再入荷不可能!

生産者によると’15は完ぺきな収穫ができた大成功年!!!




ソアリェイロ’14

(ポルトガル・辛口白)


税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2015 ダブル・ゴールド 受賞!!!

Wine&Sprits誌 93点!!!

Wine Enthusiast 88点(2016~)

輸入元担当者さま絶賛の1本!

36本完売。ありがとうございました~※再入荷すると’15に移行致します。

「2015.9月に試飲しました。花崗岩でアルバリーニョと聞く前から香りも味わいもすでにリアスバイシャス的。花や柑橘類や少し白桃、ミネラルなどのピュアな香り。みずみずしく、とても心地よく、アフターに塩っぽいミネラルが残り、料理も幅広く生かすおいしさ。ビストロでジャンティ・ダルザスの代わりにも使える価格と内容。飲んだ後の予想より20%ほど価格が安かった」

アルコール12.5%

Soalheiro, Vinho Verde 2014

ヴィーニョ・ヴェルデ DOP

▼地域
ミーニョ

▼年産本数
120,000本

▼葡萄品種
アルヴァリーニョ 100%

▼土壌 
花崗岩質

▼収穫方法 
全て手摘み

▼収量
30 ha

▼醸造・熟成
収穫には小さな箱が用いられる。プレス後、発酵の前に、果汁は48時間低温で寝かせられる。ステンレスタンクで、18℃で2 ヶ月間発酵。バトナージュを行う。アルヴァリーニョの葡萄の味わいをできるだけ残すよう醸造されている。

▼味わい
シトラスなどの柑橘系のアロマ、凝縮感のあるトロピカルな風味とミネラル感が豊かな味わい。2012年は素晴らしいバランスのアロマと、エレガントで濃密な仕上がり。

▼受賞歴/認証団体
’13 パーカーポイント 92点(Mark Squires’ Guide to the Best of 2015のBest Value Wines from Portugalに選ばれる!!!

’12 パーカーポイント 93点

’12 アルヴァリーニョ・インターナショナル・ワインチャレンジ 金賞(2012年)


★「ヴィーニョ・ヴェルデ地域の最も偉大な生産者の一人、アルヴァリーニョのスペシャリストである」
 (ロバート・パーカー サイト)

★ワイン・オブ・ポルトガル 2013:ベスト・ワイン・オブ・ザ・イヤー

★アルヴァリーニョ インターナショナル ワイン チャレンジ:金賞(当社取り扱い3商品全て)

★Essencialdo Vinho:ベスト・ワイン&ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー ポルトガル

★Revista de Vinhos:プロデューサー・オブ・ザ・イヤー ポルトガル


ソアリェイロは、アルヴァリーニョのトップ生産者のひとりとしての国内外から認められている。

ポルトガル最北端のメルガソは、山々に囲まれ、降雨量・気温・日照量など、アルヴァリーニョ種が生育するのにベストと言える条件を備えている。この特殊なマイクロクライメイト(微小気候)を利用し、1974年にジョアン・アントニオ・セルデイラ氏が最初にアルヴァリーニョ種を植え、1982年に初めて「ソアリェイロ」ブランドをリリースした。「ソアリェイロ」という名前は畑の中でも最も日当たりの良い場所の名前から由来している。

大部分の畑の葡萄は有機農法で栽培されており、動植物の生物多様性を促進している。また、醸造設備についても、品質向上のため、何年にもわたって近代化が行われてきた。これらは全て、常に最高品質のアルヴァリーニョ種を生み出すためのものである。



5/10(木)アップ~蔵出しグラハム・べック’13

蔵出しキュヴェ・クライヴ’09

’11も日経プラスワン第1位など大絶賛されました~!!!

トップノーズには、焼いたパンの香りが強くその後かんきつ類等があらわれる









2012/9/10(月)午後と2011/7/13(水)夜、
グラハム・べックのALEC LOW氏にご来店いただきました~!
ワインの説明が非常にわかりやすい知的なイケメンさんでした




ロバートソンの畑画像

この自然豊かな環境を守るべく、ワイナリーでは1haの土地を耕作するごとに、6haの土地の環境保全に勤めています。この他にも環境保全・地域社会の発展に取り組むべく様々なプロジェクトに参加しています。

ISO 14001 認定
IPW Integrated production of wine certified 認定
WIETA 認定、監査
Biodiversity Champion 認定
South African Wine and Spirits Board 認定




グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’13

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2300

<あと6本>





グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’12

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点!(2017~2024年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)


VINOUS 90点(2017~2022年)

ティム・アトキン 95点!!!
さらにワイン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる!!!


インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション2017年 金賞受賞!
さらにベスト瓶内二次醗酵スパークリングに選ばれる!!!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

※輸入元さんで人気炸裂!~まさかの3ヶ月くらい再入荷できませんでしたが、やっと再入荷です!

「2017.5月初旬に飲みました。抜栓直後は、ブリオッシュ香強く、ナッツ類などの香りも。時間とともに柑橘類の香りが前に出てきて、さらに時間が経って温度が上がると青いメロンの香りも出る。泡の質もよく、アフターにかけて酸が伸びる涼し気バランス。甘さ控えめでやはり今年も非常によい出来!ミネラルがあと少しだけ強ければ有機栽培の¥5000台シャンパーニュと勝負できる。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまったく落ちない。寿司にも合う。イクラでも生臭くならない」

アルコール12.5%



グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’11

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

※過去最高に人気が出てしまい、またしばらく再入荷不可能!

日経プラスワン
『 何でもランキング、キリッとした後味スパークリングワイン・ベスト10 』
2016年6月 第1位に選ばれる!!!

↑例年にないスピードで輸入元さん在庫が消えたのは、たぶんこれの影響です。

ティム・アトキン 94点!!!

パーカー89点(2015~2019年、ニール・マーティン)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 銀賞受賞!

輸入元さま主催2016年春の東京と大阪で開催された試飲会
(酒販店、レストラン関係者によるアンケート結果)にて
スパークリング・ワイン部門第3位に選ばれる!!!


「2016.4月上旬に短時間で試飲しました。いつも通り非常に良い出来でまだ価格以上のおいしさ。¥4000以下の多くのシャンパーニュと同等の品質。本来、シャルドネグラスで冷やし過ぎない温度が一番おいしいはずですので、そのうちまたゆっくり試してみたいところ」

シャルドネ100%

醗酵槽:50%シャンパーニュ樽2ヶ月(新樽7%)&ステンレスタンク

マロラクティック醗酵は行わない

『 濃厚で心地よいイースト香が漂い、ほのかにライムのさわやかなノーズが立ち上がってくる。刺激的できめ細かいムース状のクリーミーな泡が弾け、長くエレガントなフィニッシュを持つ。 (輸入元さんコメント) 』

ブレーダー・リヴァー・ヴァレー地方ロバートソン地区

南アフリカの中ではもっとも冷涼な地域で最新の醸造施設を持つ

南アフリカでもっとも有名&もっとも高品質と言われるスパークリング・メーカー

2004年、2006年南アフリカ航空(瓶内2次発酵部門)、年間最優秀スパークリングワイン受賞!

オバマ元大統領もお気に入りのスパークリング・メーカーだそうです!




Graham Beck Cuvee Clive '09

グラハム・ベック、キュヴェ・クライヴ’09

(南アフリカ・W.O.ウエスタン・ケープ ・辛口白泡)


税別¥4300

<あと1本>絶対おすすめ!

※再入荷すると’11に移行&¥216値上がり致します。

パーカー89点(2014~2017年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト215号)


ティム・アトキン 96点!!!

プラッターズ・ガイド2016年度版 4.5つ星!

トップ100南アフリカワインズ2015 TOP100!

シャンパン&スパークリングワイン・ワールド・チャンピオンシップ2016 金賞受賞!


The Sommeliers Selection 2015 List;Category House Vintage MCC!

IWSC 2014 Silver Medal!

Veritas 2014 Silver Award!


1年以上たってさらにおいしくなっているでしょう!



「2016.9月下旬に試飲しました。ブランドブランが、キレイな酸とバランスなら。こちらはコク重エキス感タイプ。ナッツ、焼いたパン、木樽、よく凝縮したベリー、スパイスなどの香りで、味わいも凝縮して、こちらも低すぎない酸、長めの余韻」

シャルドネ81%、ピノノワール19%

醗酵槽:シャルドネ20%はシャンパーニュ樽にて醗酵、それ以外はステンレスタンク(MLF無し)

二次醗酵瓶熟期間:最低60ヶ月

平均年間生産量4,500本

2ヶ月に1度の試飲を何度も繰り返し、最終的な出来のよかった年だけに生産される!

初ヴィンテージ’03

ただのブランドブラン・ブリュットとは違う区画



<ワインの名前に隠された思い>

キュヴェ・クライヴは若くして悲運にもこの世を去った、オーナーのベック夫妻の長男クライヴから名づけられました。グラハム・ベックにとって最も重要なワインに、この名前を付けたことからも家族の絆を重んじるグラハム家の考え方を見ることが出来ます。


『 円熟感のある熟成スパークリング。007「Carte Blanche」原作・著者ジェフリー・ディーヴァ―に登場する( ボンドがエンディングでボンドガールの為に用意したとっておきの泡という設定。著者がグラハム・ベックのファンで協賛一切なしで取り上げてくれたらしいです笑 )南ア産最高峰の瓶内二次発酵ワイン。フレッシュな柑橘系アロマと熟成香が見事! (輸入元資料より) 』



5/10(木)アップ~蔵出しアルベール・マン’15クレマン

ビシッと背骨のある非常に出来の良いクレマン!

蔵出しアルベール・マン’14シュロスベルク

強烈な塩ミネラル!











Domaine Albert Mann, Alsace Grand Cru Riesling Schlossberg 2014

ドメーヌ・アルベール・マン、アルザス・グランクリュ・リースリング・シュロスベルク’14

(アルザス・やや辛口白・750ml)


税別¥5500

<あと9本>おすすめ!

限定品!※再入荷すると’15に移行&¥432値上がり致します。

パーカー91+点(2019~2030年、ワイン・アドヴォケイト229号)

スペクテーター・オンライン91点(NOW~2022年)


MVF(旧クラスマン)2016年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版19/20点

「2017.6月初旬に飲みました。派手な個性ではなく、非常にプロ受けのよさそうなタイプ。ヴァイサー・キュンストラー以上か?という驚くほど強い塩ミネラル!酸のキレと厳格な固さではヴァインバックに敵わない印象ですが、塩ミネラルの強さはこちらの方が上。ヴァインバック同様、最小限の亜硫酸入っていると思われるクッキリ感も好印象。健全な果実、ややキレのあるでも尖っていない酸。うまみが多く、固すぎない全体像。はっきりとぺトロール香もあるオイリーなニュアンス+キウイ、みかんの缶詰、黄桃、ハーブ、スパイス、ミネラル、オリーブオイルなどの香り。余韻は長めでクエン酸が残りつつ、鼻に抜けるオイリー+キウイの戻り香が持続する。抜栓の2日後まで非常においしい。少しうまみが前に出てくる」

アルコール13%

花崗岩土壌

熟成:ステンレスタンク熟成 8カ月

平均年間生産量 7,400本

偉大なグラン・クリュ、シュロスベルクのリースリング。端正で厳格な酸と豊かなミネラルによる長い余韻が印象的。ライムやグレープフルーツなど柑橘系の香りも心地よい。

’13 インターナショナルワインセラー91点

’11 ファルスタッフ 92点




Domaine Albert Mann, Cremant d'Alsace Albert Mann Extra Brut '08 1500ml

ドメーヌ・アルベール・マン、クレマン・ダルザス・ブリュット’08

(フランス・アルザス・辛口白泡・マグナム・1500ml)


税別¥8800

<あと1本>超限定品!

パーカー89点(ワイン・アドヴォケイト194号)

スペクテーター・オンライン88点(2012~)


’08は、アルベール・マン自身の成功年であり、飲み頃まったく問題ないとのことです!

2015年来日記念としてドメーヌのプライベート・セラーから特別に少量分けてもらえたもの!





Domaine Albert Mann, Cremant d'Alsace Albert Mann Extra Brut '15 750ml

ドメーヌ・アルベール・マン、クレマン・ダルザス・エクストラブリュット’15

(フランス・アルザス・辛口白泡・750ml)


税別¥2850

<あと11本>

ワイン&スピリッツ誌 93点!!!

アルコール%




Domaine Albert Mann, Cremant d'Alsace Albert Mann Extra Brut '13 750ml

ドメーヌ・アルベール・マン、クレマン・ダルザス・エクストラブリュット’13

(フランス・アルザス・辛口白泡・750ml)


税別¥2750

<売り切れ>絶対おすすめ!

コンクール・デ・ヴァン エル・ア・ターブレ 2016 金賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

60本完売!ありがとうございました

「2017.3月下旬に飲みました。柑橘類の皮、ピンクグレープフルーツ、アーモンドなどナッツ類、ミネラルなどの香り。果実味があり、ややしっかりの上質な酸とミネラル、超キメ細かなほろ苦さとはっきり塩ミネラルの残る長めのアフター。泡の質もキメ細かく好印象。中途半端なシャンパーニュよりはるかに良い。クレマンに関しては基本的にブルゴーニュよりアルザスの方がよいものが多い気がする。抜栓の2日後まで非常においしい。まったく飲み飽きない。亜硫酸極小的なボンヤリ、モヤモヤ感なく、クッキリとしている」

アルコール12.5%

Kientzheim, Wettolsheim のブドウ

ピノブラン 60%、ピノノワール 25%、オーセロワ 15%

熟成:デゴルジュマンまでの熟成期間 最低18カ月

平均年間生産量 9,200本

高品質のクレマンを造る為の最適で特別な区画からできる爽やかでフなスパークリングワインです。カキやタパス、チーズなどとの相性も抜群です。

エコセール認証ありビオディナミ

’97からまず3つのグランクリュでビオディナミを導入開始
2000年にエコセール認証を取得

ビオディヴァン

アルザスを語るとき避けては通れないワイナリー

ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。



テロワールを重視するため、区画に基づいて豊富なラインナップがありますが、それぞれの区画が非常に小さいためワインの生産量はどれも限定的です。そのため、リリースを待たずに売り切れてしまうものが殆どです。専門家の間でも評価が非常に高く、ロバート・パーカー氏は彼らに最高ランクの5ツ星、エクセプショナルの評価を与えています。

フランス最優秀生産者賞ほか、数々の評価!
■2012年度「フランス最優秀生産者賞」受賞

フランスで最も信頼されるワイン専門誌「レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス誌(RVF)」が年に一度、フランス全土のワインを対象に年間の活動に対して表彰する「最優秀生産者賞」。各部門でたった一社しか選ばれない中、生産者部門では「アルベール・マン」が選ばれました(その他部門は、協同組合部門、ネゴシアン部門など多岐に渡ります)。

MVF(旧クラスマン)2017年度版 3つ星生産者
(ツィント・フンブレヒト、ヴァインバック、マルセル・ダイスと同じく最高評価!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版 4つ星生産者



5/4(金)アップ~蔵出しルシャレル’13アマルテア

やっと見つけたおいしいスペイン泡!



 




スペインで初めてビオディナミを導入したらしい造り手!
スペインのビオディナミ団体の草分け『 Terradinamica 』(テッラディナミカ)
発足当初からのメンバー




若干インスタ映えするかも?のミュズレ




LOXAREL AMALTEA, CLASSIC BRUT NATURE ORGANIC '13

ルシャレル、アマルテア・ブリュット・ナチュレ・オーガニック‘13

(スペイン・辛口白泡)


税別¥1900

<あと4本>絶対おすすめ!

21本完売。

「2018.4月中旬に飲みました。この価格帯のカヴァ最高峰の一つだと感じた。たくさん試飲してやっとよいもの見つけました。ラベルとミュズレもマインクラフト的でかわいいし。砂糖を入れていない乳酸ヨーグルトのトップノーズにグレープフルーツ、レモンキャンディ、シトラス、ハーブなどのよい香り。やや酸しっかりのさっぱり極めて飲みやすいバランス感で、わずかに塩を含むミネラルも感じられるが厳格ではない。程よいうまみがあり、戻り香も少しヨーグルトのニュアンスありさっぱりする!深いと言うより心地よい。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまだ泡が問題なく残っておりおいしい」

アルコール12.5%

’15 パーカー88~89点

カタルーニャ地方・DOクラシック・ペネデス

※カヴァは産地に対してでは無く、製法に対するDOであり、
世界中で安売りされてるスペインのカヴァと一緒にされたくないと言う思いから、カヴァを名乗らずにペネデスという表記になっています。


平均樹齢20年

ブドウ品種:チャレロ、マカベオ、パレリャーダ

ユーロリーフあり!
オーガニック&ビオディナミを実践するカタルーニャのワイナリー。親しみやすい味わいはバルセロナでも大人気!

栽培・醸造
標高250mの自社畑で育つブドウをブレンド。7月になると羊の群れを畑に連れ出し、グリーンハーベストを行います。(羊は葉のみを食べ、青い未熟果は傷つけません。)これはオーガニック&ビオディナミの取り組みとして何年も前から採用している方法です。ブドウは手摘み。天然酵母使用。伝統的製法によるカヴァで、シュール・リーで15ヶ月の瓶内熟成を行うレゼルヴァ。澱引き後、瓶詰め。

いきいきと輝く麦わら色。繊細な泡立ち。フレッシュ&フルーティーで、洋ナシやシトラスのアロマにあふれています。花のような香りやナッツ、焼きたてのトーストのような香ばしい風味も漂います。心地よい酸味と海の塩の風味が効いたドライでエレガントな味わい。
(輸入元さんコメント)

相性の良い料理
タパスなど軽い前菜にピッタリ


5/4(木)アップ~蔵出しトルシャード’14

この価格帯でもっともお買い得なナパ・メルロのひとつ!







著名ワイナリーらにブドウを売っていたワイン用ブドウ農家が1989年から
全体の30%程度の最も良いブドウだけを自社醸造~瓶詰開始




TRUCHARD, Merlot '14 Napa Valley/Carneros

トルシャード、メルロ‘14

(カリフォルニア・辛口赤)


税別¥4300

<あと10本>絶対おすすめ!

「2018.4月中旬に飲みました。樽のロースト、チョコレート・クッキー、少しヴァニラ、ブルーベリー、甘草・薬草、スパイス、わずかにムスクなどの凝縮したよい香り。よく凝縮した噛めるような果実味、コクがあり、酸は低め、多いがキメ細かな溶け込みつつあるタンニンの飲み頃NOW~。戻り香にうっすらムスク香含み単調ではない。重いだけでもなくなかなか楽しめる。明らかに価格以上の品質!抜栓の4日後までまったく落ちない。香りにも味わいにもビターチョコレートのニュアンス感じる」

アルコール14.2%

隠れた銘醸地であるナパヴァレー・カーネロス地区
(Shafer, Carter Cellars, Clos du Valのメルロも実はこの産地)

Shafer, Carter Cellars(トカロン’13がパーカー100点!!!),Merryvale ,Robert Mondaviなど誰もが知っているナパの有名ワイナリーに今もブドウを売っている!!!

ブドウ品種:メルロー75%、カベルネフラン25%

平均樹齢18~40年

2014ヴィンテージは、すばらしかった2013年とほぼ同様の収穫だったと言える。乾燥した冬に続き暖かで雨の少ない春がやってきて、ブドウの果実は上等、収穫量も平年以上であった。生育期を通して温暖な気候が続き、果実はしっかりと完熟した。 2014年のワインはエレガントで、深い香りと風味を湛えている。

栽培・醸造
メルローはトルシャードが所有する5つの異なる丘陵畑から収穫される。 各畑のバラエティに富んだ土壌、日当たり、気温などが複雑に組み合わさって、ユニークな栽培条件を創り上げている。ワインもまた最後のブレンドを迎えるまで、出身畑の個性を強く漂わせているのだ。畑の樹齢は18~ 40 年。隣接した畑で育てられたカベルネ・フランが少々ブレンドされ、ワインに 更なるやわらかさと、構成、複雑さを加えている。9月16~ 22日収穫。すべてのブドウを優しく除梗、破砕。パスツール・レッド・イースト(酵母)で発酵。 一日2回のポンピング。32℃で発酵。浸漬はロットによろい12~28日間。フレンチオークの樽で20ヶ月間熟成。(新樽率35%)。2015年8月に壜詰にするまで、4ヶ月ごとに澱引き。 最終的なブレンドはメルロー75%、カベルネ・フラン25%。 このワインはリリース直後から楽しめるが、10~15年ほどセラーで寝かせる値打ちがある。

完熟プラム、野生のブルーベリーや黒スグリのアロマにスギや土、ほのかなミントのニュアンスが混じり合う。口当りなめらかで、ブラックチェリーやレッド・カラント(赤スグリ)、甘いバニラの風味がまろやかに広がる。熟れたタンニンが口いっぱいに広がり、ドライフルーツを思わせるエレガントな後味が 余韻を残す。
(輸入元さんコメント)

相性の良い料理
牛肉や鹿肉などのジビエ

「WINERY」、「LAND」両方で、環境保護認証プログラムである
ナパ・グリーン認証あり


5/4(金)再入荷~蔵出しスリー・シーヴス’16

超お買い得ピノノワール・ブレンド!




↑’16からラベル変更。








Bieler-Gott-Scommes, Three Thieves Pinot-Noir '16
California Republic

スリー・シーヴズ、カリフォルニア・ピノノワール’16

(カリフォルニア・辛口赤)


税別¥1500

<あと20本>

急に輸入元さんで人気炸裂!~やっと再入荷できました~!

Wine Enthusiast 89点!(Best Buy!)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

すでに124本完売!!!

’16は、ブショネのないコルクのようでした。

’15とわずかに違うブレンド比率
76% Pinot Noir, 18% Syrah, 6% Petite Sirah


スリーシーヴスは生産地名にこだわらず毎年複数のエリアの畑のブドウをブレンドしています。

2015年は冷涼で不作で比較的冷涼な年であったため、粒が小さく果皮の厚いプティット・シラーを凝縮感を高めるために多めにブレンドしましたが、2016年は天候に恵まれた年であったため、プティット・シラーを控え、シラーの割合を高めることで味わいの一貫性を保っています。






Bieler-Gott-Scommes, Three Thieves Pinot-Noir '15
California Republic

スリー・シーヴズ、カリフォルニア・ピノノワール’15

(カリフォルニア・辛口赤)


税別¥1500

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 88点!(Best Buy!)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 この価格ではあり得ないびっくりした! 』
『 デイリーに最高! 』などなど

72本完売!ありがとうございました~※再入荷すると’16に移行致します。

「2017.8月下旬に試飲しました。自分の中ではすごく以外なことに非常においしく感じた銘柄でした。ただの緩甘ではなく、この果実味とコクを補うようなブレンドも良いのでしょう。昔この価格帯の優れたアメリカのピノノワールといえばフォレストヴィルかレックスゴライアスだったのですが、今の値上がり時代においてもそれらよりも満足度高いかもしれないという素晴らしさ!」

コルク

アルコール13.5%

契約畑 / 発酵: ステンレスタンク 熟成: フレンチ&アメリカンオークにて

アペラシオン:California

77% Pinot Noir, 14% Syrah, 9% Petite Sirah

『 ナパやSFで大行列の人気ハンバーガーショップ "Gott's Roadside"を経営し、日本でも多くの愛好家達に愛されている"Joel Gott"ほかいくつかのワインブランドを手がけるジョエル・ゴット。南仏プロヴァンスでのワイン造りを経て、アメリカではワシントン州のチャールズ・スミスとのジョイント"Charles & Charles"で一世風靡したチャールズ・ビーラー。11歳で起業し様々なビジネスを手がけた後1999年よりワイン造りに転じたロジャー・スコメーニャ。カリフォルニアワイン一筋の人生を送る生粋の醸造家達とはひと味違う3人のビジネスマンが造る「3人の泥棒」という名のカジュアルブランド。様々なワイン造りや栽培のノウハウを持つ彼らは畑にもエリアにもこだわらず、ただひたすら良いブドウとこの価格帯で造り得る最高のパフォーマンスを追求する。
赤いベリーにほんのりとスパイシーな香り。優しい口当たりとともに広がる果実感、上品な渋みが味わいを引き締める。 (輸入元資料より) 』


5/4(金)アップ~蔵出しプロデュットーリ・デル・バルバレスコ’13モンテフィコ

素晴らしい畑なのに今でも超お買い得価格のバルバレスコ!













Produttori del Barbaresco 2013 Barbaresco

プロデュットーリ・デル・バルバレスコ、バルバレスコ’13

(北イタリア・ピエモンテ州・辛口赤)


税別¥3700

<あと31本>

スペクテーター90点(2016~2029年)

VINOUS 90点(2018~2033年)

ジャンシス・ロビンソン17/20点!(2016~2028年)


アルコール14%

久しぶりに9月ではなく10月後半の収穫となった年で、フェノール類の成熟データが良く、完熟の良いブドウが得られたクラシックなスタイルの当たり年とのことです。





クロ・デ・フのペドロ・パッラさんもここの単一畑(クリュ・リゼルヴァ・シリーズ)をケース買いしているそうです!
僕が直接本人に聞いたばかりの情報ですので、マネして書くとすぐバレます(笑)当店の情報は独自のものが多いのでいろいろと。
ミッシェル・ラファルジュにしても彼とは好みが合うなぁ。


Produttori del Barbaresco 2013 Barbaresco Riserva Montefico

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ、バルバレスコ・リゼルヴァ・モンテフィコ’13

税別¥5800

<あと12本>限定品!

最新スペクテーター95点!(2023~2035年)

Wine Enthusiast 97点!!!(2023~2038年、Cellar Selection!)

VINOUS 96+点!!!

(The Barbaresco Riserva Montefico shows all the energy and focus that is typical of this great site, but there is so much depth to the fruit that some of the more angular contours have been softened. Bright saline-infused notes lead to wild flowers and an exotic melange of red fruits in this beautifully delineated, vivid Barbaresco. All the elements are simply in the right place.)

アルコール14%

畑:南向き/3.9ha/標高230-260M
土壌:カルシウムが豊富な石灰と粘土の混じる砂礫質の土壌

醸造:ステンレスタンクを使用し30℃で28日間マセラシオン発酵させ完全にマロラクティック醗酵。36ヶ月オークの大樽で熟成後、6ヶ月瓶内熟成。2017年4月に瓶詰。

■ワインの特徴■
リゼルヴァの中で最もボディが重く、石灰質の強い緻密な土壌のためタンニンが強く、しっかりとしたアロマとミネラルが豊かに感じられる後味が特徴。全体の印象は、ふくよかと言うよりもすっきりとした印象。余韻に広がる心地よいミネラルと力強いタンニンは、次の一杯をすぐに飲みたくなる後を引く美味しさ。

2013年は収穫作業が10月末まで及んだクラシカルヴィンテージ。
冬の終わりは寒冷湿潤で葡萄の育成を大幅に遅らせました。
ネッビオーロの発芽が4月12日で例年よりも2週間遅くなりました。
4月から5月にかけて寒く湿気の高い日が続き、降水量も多く、育成期に始まりと共にうどん粉病が蔓延しやすい条件が付きましたため、作り手の手腕が試される年となりました。6月-7月は天候が回復し、順調に成長しました。
夏季の丹念なキャノピー・マネジメントが欠かせなかったことは言うまでもありません。
9月からは日中は暑く、夜は涼しい寒暖の差がはっきりと表れ、葡萄にアロマと酸をしっかり乗せることができ、ネッビオーロの熟成に理想的な条件が整いました。複雑味と熟成力のあるフェノール成分を豊かに含んだワインに仕上がりました。濃厚な色合いでパワフルなワインができ、きわめてバランスがよく長期熟成向きとなります。

今回のリリースが遅れたのは、生産者側のリリースタイミングを遅れせていた結果、4月となりました。
11年のヴィンテージより8か月も遅い時期となります。

89年を思わせるグレートヴィンテージと口を揃えて言っております。
(マネージング・ディレクターのアルド・ヴァッカ氏による、2013年ヴィンテージについてのコメント)

’11 スペクテーター94点!

’11 パーカー93点!





Produttori del Barbaresco 2012 Barbaresco

プロデュットーリ・デル・バルバレスコ、バルバレスコ’12

(北イタリア・ピエモンテ州・辛口赤)


税別¥3600

<売り切れ>

※再入荷すると’13に移行致します。

ワイナート85号 89点(NOW~2022年)

パーカー93点!(2017~2040年!、Monica Larner、ワイン・アドヴォケイト225号)

スペクテーター93点(Highly Recommended!、2017~2027年)

VINOUS 92点(2018~2032年)

Wine Enthusiast 90点

ワイン&スピリッツ誌 92点


アルコール14%

品種:100%ネッビオーロ

土壌:石灰と粘土メイン(砂も含む)
畑の向き:南、西、東

醸造:ステンレスタンクで30℃、果皮と共に28日間
熟成:オーク樽で24ヶ月間  瓶詰め:2014年4月 生産量:240,000本

■畑と気候■
畑は日当たりの素晴らしい急斜面、標高200~400メートルの場所に位置しています。土壌は複雑であり、石灰と粘土がメインで砂も含みます。斜面ごとに異なる土壌を持った各畑が、複雑で力強く、豊かなワインを生み出します。同地域で育った同品種から造られる多
様なワインこそが素晴らしいテロワールを物語っています。大陸気候のバルバレスコは、夏暑く、春と秋は適度に温かく、そして冬は寒く積雪が多いのが特徴です。温度は-10℃~35℃。畑の向きはネッビオーロにとってとても重要です。プロドゥットーリでは日当りの1番良い南、南西、そして南東向きの畑を所有しています。

例年、収穫年から25年程の長期熟成が効くワインです。生パスタや羊肉や鶏肉を使った肉料理、円やかな味わいのチーズと良く合います。


5/4(金)アップ~蔵出し正規品ラモネ’16

蔵出し正規品ラモネ’15


※全商品すべての値引き対象外となります。

 

 





ラモネはすべての値引き対象外となります。

やっと少量分けてもらえました~!!!全種類再入荷不可能!

100%ヴァンパッション輸入の蔵出し正規品です!




ラモネ、ブルゴーニュ・アリゴテ’16

特価・税別¥4300

<あと3本>限定品!




ラモネ、ブルゴーニュ・パストゥグラン’16(辛口赤)

超特価・税別¥2800

<あと17本>限定品!





ラモネ、ブルゴーニュ・アリゴテ’15

特価・税別¥4000

<売り切れ>限定品!

スペクテーター・オンライン88点(NOW)




ラモネ、ブルゴーニュ・パストゥグラン’15(辛口赤)

超特価・税別¥2600

<あと6本>おすすめ!
限定品!

18本完売。

「2017.11月中旬に飲みました。NOMA-Select Green300 コルク。(サステーナブルでカーボン・ゼロ。15年程度の熟成にも耐えるブショネがほぼないコルク。)縁だけではなく中心までうっすら紫がかったやや明るいルビー色。トップノーズだけ松脂っぽい還元香が癖あり、あまり期待できないかな、、、という印象を持ったが、口に含むと非常においしいし、戻り香はバナナの皮、少しオレンジ、わずかにカラメルなどの心地よいもの。ジューシーでほのかに甘く、同時に酸が低くないので、いい感じに甘酸っぱい絶妙バランス。酸の質が良く、程よいうまみ、溶け込んだタンニン。アフターはうまみと甘酸っぱさが広がる心地よさ。これ以上酸が強いと今度は単に『 酸っぱい 』と感じる方が増えてきそうな気がする。低めの温度で飲み飽きずに楽しめる、期待以上の内容でした。抜栓の次の日も非常においしい。わずかにコクが増した。抜栓の2日後もさらに向上。明らかにうまみ増した!高価でまだガチガチに固いブルゴーニュ(閉じているシャンボール¥8000とか笑)を開けるよりもこれのほうが遥かにおいしいと言える」

アルコール12.5%

パストゥーグランは、元々バルクでネゴシアンに売っていたものを、3つ星レストラン「アランシャペル」が目を付け、グラスワイン用としてラモネに元詰めを依頼したのが最初です。その後、アランシャペルでの使用が終わった際に、全量輸入に成功したもの。全世界で日本1社だけの取扱い!



気難しく評論家嫌いで、いくつかのワインガイドには名前が出てこない超一流生産者

初代ピエール氏は1994年に他界するまでカーヴに立ち続けた伝説の人物で、そのワイン造りの精神は2代目アンドレ氏、3代目ノエル氏にもそのまま引き継がれている。醸造自体は意外にもシンプル。このドメーヌの名声を支えてきたのは、紛れもなく畑での細やかな作業によって産み出される葡萄の質の高さに尽きる。葡萄樹の生体バランスを失い、樹の寿命を早めるとして夏の摘房を避け、春先の摘芽、摘穂を5~8芽だけ残すように厳しく行なう。

雹や霜の被害にあって収量が激減しても「その時は仕方ない」と考える。収量よりも、品質を最優先としている証である。このドメーヌでは、ブルゴーニュにありがちな「お家騒動」を避け、また、婚姻や相続などによって畑が分割されてゆくのを防ぐために、ブルゴーニュではいち早く親族で会社組織にした。これにより、後世努力を怠ることがない限り、ドメーヌの名声は約束されるだろう。


5/4(金)アップ~蔵出しビヨー・シモン’15テート・ドール(ハーフ)

4/14(土)アップ~蔵出しビヨー・シモン’14テート・ドール

下位ラインナップは、ややシャープでテンションが高い全体像










 





現在ではオーナーがフェヴレ。ギガルがオーナーのボンスリーヌなどと同じく、名前とラベルは昔のままです。




ドメーヌ・ビヨー・シモン、シャブリ・キュヴェ・テート・ドール’15
ハーフ・375ml


税別¥1700

<あと17本>

最新バーガウンド・コム 88点(Outstanding!、Issue 68)

輸入元さんが、買った(輸入した際の為替)時期違いによって
いつも¥300くらい価格が違う下位ただのシャブリ’15と同じ価格となっている
超お買い得品!!!おそらく’15だけの現象!





ドメーヌ・ビヨー・シモン、シャブリ・キュヴェ・テート・ドール’14 750ml

税別¥3200

<あと5本>おすすめ!

デカンター・オンライン92点!(2016~2022年、
Great value Chablis under 20ポンド特集
Gerard Basset、マスター・ソムリエ&世界No.1ソムリエのひとりによる評価)

スペクテーター93点!(NOW~2020年)

最新インターナショナルワインセラー89点(2016.7月試飲)

インターナショナルワインセラー87~90点

最新バーガウンド・コム 90点(Issue 64)

バーガウンド・コム 89~91点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

31本完売。

「2016.6月初旬に飲みました。DIAM10コルク。縁がうっすら緑がかった中程度のイエロー。ごませんべい、ミネラル、青りんご、シトラスなどの若干閉じ気味の香り。下記ただのシャブリより少し果実味が強く、ややキレのある酸、程よいうまみ、低くないミネラルで春~夏に特においしいタイプ。それこそ村名と1級の中間よりも少し1級よりの品質というイメージでさっぱり杯が進む。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%

Chablis Cuvee Tete d’Or '14

1級畑と特級畑近くの特に優れた区画のブドウを使用している!

’12 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点


BILLAUD-SIMON

『 1815年にシャルル・ルイ・ビヨーがシャブリの地に植樹した時からドメーヌの歴史は始まる。その子孫のジャン・ビヨーがビヨー家同様に素晴らしいシャブリ地区の区画をもつシモン家から伴侶ルネを娶った事で、その息子ベルナールが両家の区画を合わせ、ドメーヌ・ビヨー・シモンとしてシャブリを代表する作り手として認知されるドメーヌに成長させた。

ドメーヌに跡継ぎがいない為、2014年に7月にフェヴレ社に売却、同社傘下となったが、シャブリでも指折りの醸造家であるベルナールは依然ドメーヌに残り、腕を振るう。

所有畑は特級ブランショ、レ・クロ、レ・プリューズ、ヴォーデジール。一級フルショーム、ヴァイヨン、モン・ド・ミリュー、モンテ・ド・トネル、と、そうそうたるもの。村名のシャブリとプティ・シャブリは所有畑と買い葡萄を混醸(年ごとの需要に応じてその比率は上下する。)。

エレガントでミネラルの凝縮感のあるピュアな味わいは、シャブリのお手本の様なワインとして、フランス国内外から高評価を受けている。 (輸入元資料より) 』


5/4(金)アップ~蔵出しミッシェル・グロ’14クロ・デ・レア(モノポール)最後の再入荷!

1/11(木)アップ~蔵出しミッシェル・グロ’15

’15もリアルワインガイド59号にて絶賛される!

’14もリアルワインガイド55号にて絶賛される!





 

 

 



’15もリアルワインガイド59号にて絶賛されました!


※今回のバレル・サンプル試飲は、フーデックス東京2016に出品されたものと同じく、瓶詰時の亜硫酸添加をしていない言わばデモテープ的な特別ボトルを試飲したもので、安定のミッシェル・グロさんですら、ごくわずかにアフターに揮発酸を感じたりするボトルも見られました。
(日本で流通しているすべてのボトルは亜硫酸を添加しておりますので例年通りの安定したもの。)
インポーターさんのご厚意、熱意に感謝です!

全銘柄共通しているのは、熟して健全なフルーツ感、タンニンの質がよく、バランスがよく、酸がきつくない。どれも高品質で、例えば接待の場などにも持っていきやすい安定もありますね。




ミッシェル・グロ、オートコートドニュイ・ルージュ
<フォンテーヌ・サン・マルタン>’15

(ブルゴーニュ・辛口赤・モノポール)


税別¥3400

<あと11本>おすすめ!
オルヴォー輸入の超限定品!

パーカー86~88点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 86~89点(Outstanding!)

ジャシス・ロビンソン16/20点!

Gilbert & Gaillard2018年度版 90点


リアルワインガイド59号 88+・89+点

「2017.12月上旬にバレル・サンプルを試飲しました。‘15とは思えない、それこそ’14と変わらないくらいのもっともキレのある涼しげな酸に驚く。こちらは骨格があり、1年寝かせたほうがよさそう」

平均樹齢35年




ミッシェル・グロ、ニュイサンジョルジュ・レ・シャリオ’15

超特価・税別¥5700



当店通常価格・税別¥6,500

<あと3本>絶対おすすめ!
オルヴォー輸入の限定品!

パーカー90~92点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding!)

ジャシス・ロビンソン16/20点!

Sarah Marsh 16.25/20点!


リアルワインガイド59号 90・91点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

「2017.12月上旬にバレル・サンプルを試飲しました。モレサンドニ・リュ・ド・ヴェルジィよりも明らかにコクと骨格があり、よりミネラルも多い。ヴォーヌロマネよりも少しコクがあったと思う。人気の低い銘柄ほど価格以上にうまいという(笑)」

平均樹齢40年以上

’14 スペクテーター91点

この畑の名前は「シャイユ」(小石)に由来している。畑はニュイの町より南側、扇状の沖積地にあり、石がとても多い。表土は粘土質で石灰が少なく、シャイユや珪素が豊かに存在する。また、赤味がかった一種のシレックス(火打石)がところどころに見られる。この土壌の性質はとても変わっているので、単独でキュベを造ることを試みた。こうして出来たワインは素晴らしいミネラル感をもち、一つのフルーツを思わせる非常にピュアな芳香を放つ。また、しっかりとした酸と強いコシを持ちあわせるため、長期熟成の潜在能力を豊かに感じさせるワインである。 (輸入元資料より)




ミッシェル・グロ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ’15

特価・税別¥9600



当店通常価格・税別¥11,000

<あと1本>絶対おすすめ!
オルヴォー輸入の限定品!

パーカー90~92点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)

Sarah Marsh 18.35/20点!


リアルワインガイド59号 92・93点!!!

「2017.12月上旬にバレル・サンプルを試飲しました。トップノーズは完全にグランクリュの深みと説得力!よく凝縮して厚みとエキス感、ヨード・コク、骨格あり、現時点での複雑性はクロヴージョより上」

1級畑ヴィニュロンドと1級畑ミュルジェのブレンド

’14 スペクテーター94点!

平均樹齢35年以上




ミッシェル・グロ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・オー・ブリュレ’15

特価・税別¥11500



当店通常価格・税別¥13,000

<あと3本>絶対おすすめ!
オルヴォー輸入の超限定品!

パーカー88~90点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)

ジャシス・ロビンソン17/20点!

Sarah Marsh 18.45/20点!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017年 シルバー受賞!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16.5/20点

リアルワインガイド59号 92・93+点!

「2017.12月上旬にバレル・サンプルを試飲しました。この銘柄が一番閉じていた。樽とタンニンが溶け込みきっておらず、香りも味わいも明らかにクロ・デ・レアよりも閉じているが品質の高さと完熟の’15でも間違いなく熟成することはわかる」

平均樹齢40年以上




ミッシェル・グロ、クロヴージョ・グランモーペルチュイ’15

税別¥19000



当店通常価格・税別¥20,000

<あと3本>おすすめ!
超限定品!
オルヴォー輸入とモトックス輸入の超限定品!

※今回は条件なし!

パーカー88~90点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 91~94点

Sarah Marsh 19.1/20点!


リアルワインガイド59号 94・95+点!!!

「2017.12月上旬にバレル・サンプルを試飲しました。前に飲んだ時にも感じましたが、クロ・デ・レアとクロヴージョはいつも意外にリリース直後からおいしく飲める。わかりやすいフルーツ感と、多いが丸いタンニン、伝わりやすい深み。ただし、クロ・デ・レア以上に今すぐ開けてしまうと一見、深みが少しだけ足りないような気もしますが、熟成で化けます」

’15は、例年よりかなり輸入量が少ない!!!







’14もリアルワインガイド55号にて絶賛される!



Michel Gros, Vosne-Romanee '14

ミッシェル・グロ、ヴォーヌロマネ’14

税別¥7800

<あと6本>
オルヴォー輸入の超限定品!

スペクテーター90点(2018~2028年)

デカンター・オンライン93点!!!(2016~2028年、
Gerard Basset、マスター・ソムリエ&世界No.1ソムリエのひとりによる評価)

パーカー87~89点(2017~2023年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 88~91点

Sarah Marsh 16.15/20点


樹齢約40年

『 3つの村名区画(オー・レア、オー・ドゥシュ・ド・ラ・リヴィエール、ラ・コロンビエール)をアッサンブラージュ。多様なテロワールが生み出すこの村名ヴォーヌ・ロマネは、このアペラシオンらしいしなやかで優雅、かつ果実味豊かなスタイル。完璧に調和のとれたワイン。 (輸入元資料より) 』




Michel Gros, Vosne-Romanee 1er Cru Aux Brulees '14

ミッシェル・グロ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・オー・ブリュレ’14

税別¥11800

<あと6本>
オルヴォー輸入の超限定品!

スペクテーター93点!(2020~2033年)

デカンター・オンライン95点!!!(2018~2028年、
Gerard Basset、マスター・ソムリエ&世界No.1ソムリエのひとりによる評価)

パーカー?点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 90~92点

Sarah Marsh 18.5/20点!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 ゴールド受賞!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点

リアルワインガイド56号 94+~95+点!!!

樹齢約40年

『 A-Fグロのリシュブールに隣接する区画。小石の多い土壌で水はけがよく、ミネラル感の強いワインが生まれる。フィネスはリシュブール並みに感じられる一方、表土が浅く、タンニンはよりまろやかで飲み頃は早く来る。エレガントなスタイルのオー・ブリュレ。 (輸入元資料より) 』




Michel Gros, Vosne-Romanee 1er Cru Clos des Reas '14 (Monopole)

ミッシェル・グロ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・クロ・デ・レア’14(モノポール)

税別¥13000

<あと14本>絶対おすすめ!

限定品!~※再入荷不可能!
ラック輸入の蔵出し正規品です

スペクテーター93点(NOW~2024年)

デカンター・オンライン94点!(2018~2028年、
Gerard Basset、マスター・ソムリエ&世界No.1ソムリエのひとりによる評価)

パーカー90~92点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 89~92点

Sarah Marsh 18.65/20点!!!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 トロフィー&ゴールド受賞!!!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16.5/20点

リアルワインガイド56号 93~94点!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

26本完売。

「2017.3月上旬に試飲しました。久しぶりに試す機会をいただきましたが、結構びっくりしました。昔は少なくとも若いうちからこんなに凄くなかったように思いますが、すでに酸もタンニンも不足はないが厳しくなく、骨格は小さくないのにすでにバランスがよく、おいしさが結構出ていて複雑で余韻が長い。うっすら官能性の片鱗が見えており、4~5年で大きく化けそうな予感!それにしてもやっぱり当店の常連客さま皆さん経験豊富で試飲能力高いなぁ~’12を試した方たちから昔よりも相当おいしいと言われて気になっていたのですが、こういうことだったのですね!」

樹齢約40年




Michel Gros, Clos Vougeot Grand Maupertuis '14

ミッシェル・グロ、クロヴージョ・グランモーペルチュイ’14

税別¥18000

<あと7本>超限定品!
ラック輸入の蔵出し正規品です

※他のミッシェル・グロどれでも、どのヴィンテージでもOKと1:1になるようにご注文お願い致します。

2社合わせて割り当てわずか11本のみでした、、、

スペクテーター93点(2020~2033年)

デカンター・オンライン94点!(2018~2028年、
Gerard Basset、マスター・ソムリエ&世界No.1ソムリエのひとりによる評価)

パーカー93~95点(2018~2035年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 91~93点

Sarah Marsh 19/20点!!!


リアルワインガイド56号 93~94点!

『 ミシェル・グロのクロ・ヴージョは斜面上部、グラン・ゼシェゾーとの境界線にあるグラン・モーペルチュイ。1967年にジャン・グロが、当時11歳のミシェルの名義で購入した。成育の早い区画であり、クロ・ヴージョとしてはタンニンが柔らかく、エレガントなスタイル。若いうちから楽しめる。もちろん、10~15年の熟成は造作ない。 (輸入元資料より) 』

’11’10 スペクテーター93点

 

 

1860年にアルフォンス・グロが購入~1995年までジャン・グロ~1996年からミッシェル・グロ


5/4(金)アップ~蔵出し超特価ドメーヌ・ド・モンティーユ’11レ・シジー

3/22(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’14ブルゴーニュ・ルージュ最後の再入荷!

昔(ユベール世代)の10年以上寝かせて楽しむスタイルも素晴らしかったですが、

現在の薫り高く、エレガントでシルキー、甘美なスタイルもまた素晴らしい!





 

 

 

 



Etienne de Montille
エティエンヌさんにご来店いただきました~!!!感謝感激!

函館でワイン造りを開始します!!!
サンタバーバラでもジム・クレンデネン氏とワイン造りを開始するようです!

実は数年前にも来てくれたらしいのですが、運悪く年に数回しかない当店の臨時休業日にあたってしまい、まさかの会えなかったという、、、
20年以上前から扱っているので、はじめて会った気がしない。ずっと会えなかった親友にやっと会えたという感じ
品揃えをお褒めいただき(お世辞だと思うけど)、ワインをお買い上げいただきました~(笑)
PMOにはかなり気を付けているようです。
2014年のブルゴーニュ白は、大成功の当たり年であり、自信作とのことです!







※いろいろなワインを同時に飲み比べるとよりよくわかるのですが、モンティーユの特に赤は、他の生産者と違う独自の個性(特にトップノーズとエキス感)があります。白も本当に素晴らしいですが、特に赤の他にない個性をぜひとも堪能していただきたいと思います。

近年、全房発酵を増やしているそうです

2005年にはムルソーの村にシェとカーヴを購入、設備も新たに陣容を整え、ヴォルネーとポマール以外の区画からのワインの生産も開始

モンティーユが多用しているDIAMコルクは、30年の熟成に耐えるDIAM30とのこと。

白ワインの早期酸化現象を避ける為にも抗酸化作用をもつ澱がたくさんできる600リットルの樽を使用し、バトナージュをほとんどしないそうです


今ではムルソーのジャン・マルク・ルーロの元妻でエティエンヌさんの妹のアリックスが2006年から白ワインの醸造責任者(ドメーヌ・ド・モンティーユとシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェすべて)。彼女は以前ボワセ・グループにて醸造を取り仕切っていた経歴を持つ才女。フランス国内に衝撃を与えた話題の映画「モンドヴィーノ」では、天才醸造家としてクローズアップされ、後に兄のエチエンヌと共にこのメゾン・ドゥー・モンティーユを立ち上げる。明らかに別格と思えるアリックスのワインには、凛とした毅然なる姿勢が伺える。口に含んだ瞬間に凛々しさを感じ取れる酒質には彼女の生き様が反映されている。



その後アリックスさんが、体調を崩してしまい
現在の醸造担当者:Jacques MONTAGNON氏
最終的な責任者は、エティエンヌさんのまま




モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’14

税別¥3600

<あと32本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86~88点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 やっぱりさすがとしか言いようがない!かなりおいしい! 』
『 どう考えてもクラスを超えている! 』などなど

すでに232本完売!!!※ついに再入荷不可能となってしまいました!

「2017.9月下旬に試飲しました。無駄な濃さや樽ではない目の詰まり感、肉厚エキスとミネラルがすごい。やはり明らかに価格とクラスを超えている!」



「2017.7月に飲みました。う~ん凄すぎる。完全にクラスを超えた¥5000の満足度がある飲み頃NOW~。当店の常連様がやけに絶賛の嵐だったので、毎年おいしいとわかっているし飲む必要ないかなとも思っていましたが(笑)やっぱりすごかった!実は酸がしっかりしているもののほのかな甘みがある豊かな果実と中域のエキス感が分厚い為に、総合的なバランスが少しも酸っぱくなく、余韻が長い。タンニンもミネラルもあり、少し熟成可能。しかもまったく飽きずにアルコールの浮きゼロで杯が進みすぎるタイプ。凝縮感はあるのに何故かガブ飲みも出来てしまうバランス。抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール12.5%




Domaine Montille, Beaune 1er Cru Les Sizies '11

モンティーユ、ボーヌプルミエクリュ・レ・シジー・ルージュ’11

超特価・税別¥6600



輸入元定価・税別¥9,000

<あと5本>絶対おすすめ!

※’13を買うと¥1,512値上がり致します。

インターナショナルワインセラー87~89点

バーガウンド・コム 87~90点


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

31本完売。

「2017.9月下旬に試飲しました。’11全体をハズレ年だと思っている方が多いようですが、一部エリック・ド・シュルマンのようにすごいワインがありますし、この銘柄のように熟成によって化けた例も当然あります。’14と飲み比べる貴重な機会をいただきましたが、今比べると明らかに’11の方が開いており華やかな香りと豊富なうまみがあり非常においしい飲み頃NOW~。この畑’11に関しては予想より少しだけ熟成スピードが早いかもというすでにうっすら色気と滑らかな複雑性が出ています。タンニンの質が良く、ちょうどよい酸で、ミネラル量も充分」

’09’10も好評で完売でした!高価なワインがほとんどのモンティーユの中でもっともお手頃なボーヌ1級

 

 


5/4(金)アップ~蔵出しジャン・ルイ・ヴェルニョンNVコンヴェルサション

4/26(木)アップ~蔵出しジャン・ルイ・ヴェルニョンNVミュルミュル

4/11(金)アップ~蔵出しジャン・ルイ・ヴェルニョン’09レゾナンス

何故か?まだ無名ですが、非常に上質!

コンディション抜群で、うまみとミネラルの広がるアフター







 

インポーター2社から買っています



個人的に大好きだったリンゴ入りヨーグルトの透明感のある乳酸香トップノーズは、今ではもうなくなってしまいました(特に若いうちは)が、味わいはやはりおいしいです。


これはマロラクティック醗酵してる銘柄かどうか、デゴルジュマンからどのくらい熟成しているかで変わるようですね。

ここもアルチザン(職人的栽培醸造家)グループのひとり

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版にて2つ星生産者→3つ星生産者に昇格!

このドメーヌに関しては、中身のヴィンテージが変わった途端にリザーブワインの比率が下がって味わいが大きく落ちたというような心配は無用です

近年、関東の高級寿司店でのオンリスト率が高い銘柄だそうです!

<※重要な情報>
ヴェルニョンの品質をググっと押し上げた
カリスマ『 クリストフ・コンスタン 』さんが離れてしまいました
(才能を評価されて、すごいところに引き抜かれたのか?)。
今後しばらくすると味わいが変わってしまいます。






Jean-Louis Vergnon, Champagne Blanc de Blancs Brut Nature Premier Cru <Murmure> NV

ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・ブリュット・ナチュール・プルミエ・クリュ <ミュルミュル>NV

税別¥5200

<あと13本>ラシーヌ輸入の限定品!

バーガウンド・コム 93点!!!(2017年11月試飲、
Issue 68、2016年2月デゴルジュマンものに対する評価)


VINOUS 88点(アントニオ・ガローニ、
2016年2月デゴルジュマンものに対する評価、2016年12月試飲)


輸入元担当者さま絶賛の1本!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

アルコール12%

11本完売。

ブリュノ・ナチュール表記で、ドサージュ・ゼロ

ヴェルテュのシャルドネ100%

この銘柄は基本的にマロラクティック醗酵しない

『 Murmure 』 = ひそひそのような意味の造語
上質なシャンパーニュのキメ細かな泡立ちをイメージしたもののようです

デゴルジュマン表示がないものの2017年春以前のもので
ラシーヌさんが2017年7月に輸入した、1年近く理想的な状況で瓶熟成されて
明らかにリリース直後よりおいしくなったもの!
(特にヴェルニョンは、デゴルジュマン後に明らかにおいしくなる場合がとても多い)





Jean Louis Vergnon, Champagne Grand Cru Resonance Extra Brut '09

ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン・ド・ブラン <レゾナンス> エクストラ・ブリュット’09

税別¥10000

<あと9本>超限定品!

※再入荷不可能!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5/20点

デゴルジュマン2017年2月

熟成84ヶ月以上

アルコール12%

ドサージュ3g/L(’08の時のデータ)

ル・メニル・シュール・オジェのブドウのみで造られる。グレープフルーツの皮や蜂蜜、ローストしたアーモンドにミモザのヒント。直線的で鋭い酸が口中に広がり、チョーキーで塩気を感じさせるミネラルがフィニッシュまで長く続く。シャープで緊張感があり、緻密な泡が生み出すテクスチャーは繊細でなめらか。メニルの個性を存分に表現した、まさにメニルを愛する人のためのキュヴェ。
(輸入元さんコメント)

’08 パーカー92+点

’08 スペクテーター93点

’08 バーガウンド・コム 91点




ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン・ド・ブラン <コンヴェルサション>ブリュットNV(750ml・RM)

税別¥5800

<あと7本>フィラディス輸入の限定品!

最新バーガウンド・コム 93点!!!(2017年10月試飲)

WEBマガジン『Panch』にてライターのジョン・ボネ氏が選ぶ
<今年(2017年)注目すべきワイン25本>のひとつに選ばれる!!!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

MVF(旧クラスマン)2017年度版14.5/20グラス

デゴルジュマン2017年10月

アルコール12%


『 1950年創立のジャン=ルイ・ヴェルニョンは、1985年からビン詰めを始めました。2002年にクリストフ・コンスタンが醸造責任者になって、栽培・醸造のすべてが根本的に改められ、年を追うごとに目覚しい向上をしてきています。クリストフ・コンスタンもまた、アンセルム・セロスから大きな影響を受けた一人です。特に、メニル村はアンセルムが住むアヴィーズと同じコート・デ・ブラン地域にありますから、収穫期が近づくと頻繁にアンセルムと情報交換をしているそうです。 「ル・メニルでは、マロラクティック発酵をしないで仕上げるには、10~11グラムのドザージュが大前提になっている。もし、ドザージュしないで仕上げようとするなら、マロラクティック発酵をしなければバランスがとれない」と一般に言われています。けれども、「ブドウを完熟させて収穫すれば、マロラクティック発酵は必要ない」というのが、アンセルムとクリストフの意見なのです。ル・メニルの真髄を表現する正統派シャンパーニュの登場です! (輸入元資料より) 』


5/1(火)アップ~蔵出しアリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール’16’15

超入手難の2アイテム!!!







 


ラシーヌ輸入の超限定品!

実は、店頭限定販売で昔から時々買っており人気です。




Alice et Olivier de Moor, Bourgogne Aligote JV '15

アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール、ブルゴーニュ・アリゴテ’15

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥3000

<あと1本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!

パーカー89点(2017~2022年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト232号)


MVF(旧クラスマン)2018年度版15.5/20グラス

アルコール12.5%

ユーロリーフあり!

海のミネラルを強く感じるワンランク上のアリゴテ!

樹齢20年

樽熟約12ヶ月




Alice et Olivier de Moor(Le Vendangeur Masque), VdF - En si belle compagnie meridionale '16

アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール(ル・ヴァンダンジュール・マスケ)、ヴァン・ド・フランス・アン・シ・ベル・コンパニ・メリディオナル’16

(フランス・辛口白)


税別¥3200

<あと1本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すでに再入荷不可能!

アルコール13%

おそらく’16だけの特別な内容!

2016年は霜と雹で、アリスとオリヴィエは500リットルしか収穫できなかった。それで南の友達から貰ったり、買って醸造した。
ラングロールのグルナッシュ・ブラン、エリック・テクシエのクレレット、マゼルのシャルドネ、グラムノンのヴィオニエで作ることとなった。
どんなワインになったかって? それはお楽しみに! 南のぶどうで作っても、二人のちょっと冗談の効いたたしかな腕が冴えていて、本当に面白い。
(輸入元資料より)

南の素敵な仲間と共に
ヴィオニエ39%、グルナッシュ・ブラン28%、クレレット15%、ルーサンヌ12%、シャルドネ6%



アリスとオリヴィエ夫妻のドメーヌ。オリヴィエはディジョン大学にて、醸造学を専攻。ヴィニュロンの家系ではなかったが、ヴァカンスの間にはブドウ畑で仕事をしており、また叔父と共にクルジでブドウを栽培していたこともありワイン造りには精通していた。一方妻のアリスは、祖父が農家を営むブドウ栽培の家系に生まれ、彼女もまたディジョンで醸造学を学んだ後、フランス、オーストリア、ポルトガルの大きなドメーヌで経験を積んだ。その後、シャブリのいくつかの大きなドメーヌで働いたのち、オリヴィエとアリスは共に1994年の終わりよりシャブリの3haの畑とサン・ブリの1haの畑に既に植わっていたアリゴテとソーヴィニョン品種でドメーヌをスタートさせた。

 1995年から、ブルゴーニュ・アリゴテとブルゴーニュ・シトリーのエリアに更に2.5haの畑を広げ、徐々に除草剤などの使用を減らし、2005年よりビオロジック栽培へ転換、2008年にエコセール認証を取得した。また、初期の頃に醸造を行っていたセラーを2007年に増築した。2009年、小さなネゴシアンを設立。ビオロジック農法に基づいて造られた買いブドウ(もしくは手作業で収穫された果汁)を使い、より多くのシャブリを生産、他品種でのワイン造りにも挑戦している。
(輸入元資料より)


5/1(火)アップ~蔵出しクリスチャン・モロー’16ヴァイヨン・キュヴェ・ギィ・モロー

樹齢75年以上の特別な区画!

昔よりもややシャープなスタイル、強いミネラル



※画像は、特級レ・クロです。

 



2015年収穫直前のブドウ画像

以前からリュット レゾネを実践、2002年からは徐々にビオロジックに移行し、2010年にはすべての畑がビオロジックとなりました。





DOMAINE CHRISTIAN MOREAU, CHABLIS 1ER CRU
VAILLON <CUVEE GUY MOREAU> '16

ドメーヌ・クリスチャン・モロー、シャブリプルミエクリュ・ヴァイヨン <キュヴェ・ギィ・モロー>’16

税別¥5000

<あと10本>超限定品!

パーカー92~94点(2018~2028年、ワイン・アドヴォケイト232号)

バーガウンド・コム 89~91点

VINOUS 89~91点

Wine Enthusiast 96点!!!(2021~、!)

※ちなみに税別¥11,000の
<クロ・デ・ゾスピス・ダン> レ・クロ’16
と同じポイントでした。

1級畑ヴァイヨンの中でも樹齢75年超!!!の老樹の区画(0.8ha)を特別に仕込みます。エキゾチックな果実の香り、リッチでパワフルな味わい、豊かなミネラル、長い余韻。ひとまわり大きなスケールと深みを感じさせます。
(輸入元資料より)


収穫は手摘みで行われ、選果台をかねた収穫用の車を畑に横付けして、収穫と選果を同時に行っています。

「1ダースの生産者しかいない」という手摘み収穫にこだわり、「2人しかいない」というテーブル上での選果を行う。

25~50hlの小さめのタンクで区画ごとに醸造。発酵にはすべて天然酵母を使用しています。ファビアンがワイン造りに参加してから、オーク樽を使って発酵されるようになりました。オーク樽で発酵させる比率はグラン クリュで約50%、プルミエ クリュで約30%。但し、新樽比率は2%と低く抑え、テロワールの特徴を隠してしまわないようにしています。


5/1(火)アップ~蔵出しニコラ・ジョリー’14ヴュー・クロ最後の再入荷!

ワイナート32号、クラスマン等で絶賛されました!



2011年は過去のデータにない難しい気象状況だったようで(暑くなったり寒くなったり、開花に時間がかかったり、最終的に隣の畑のブドウは真っ黒に焼けてしまったそうです)、2011年のような気象状況が今後も続けば、今までのビオディナミ農法で対応できるかわからないとのデータを見ました

でも出来たワインを飲んでみると結局、文句なしに素晴らしくおいしい!!!というさすがとしかいいようのないワインになっているからわからないものです(笑)


クローン反対派のジョリー氏は、クーレ・ド・セランにある樹齢80年以上の古樹から接木し、植え替えに使用している

羊を飼って一緒に生活したり(収穫まで畑には入れない)、やはり日常生活からナチュラリストなんですね

美食家の皆様は、食事とよい相性を見せるシュナンブラン大好物だと思いますが、最上のものはここまですごいというのをぜひ実感ください!




ニコラ・ジョリー、サヴニエール・レ・ヴュー・クロ’14

(ロワール・辛口白)


税別¥3800

<あと9本>

※’14は、再入荷不可能!

パーカー93点!!!(2016~2024年
Joly's golden-yellow 2014 Savennieres Les Vieux Clos is pure and elegant on the herbal and flinty nose, where spicy lemon/lemon grass and ripe, concentrated fruit aromas are displayed. Very well defined! On the palate, the 14.5% alcohol comes along in perfect balance: very elegant and finesse-full. since the powerful body is lifted by a piquant acidity, a lovely transparency and finesse, and finally escorted by a dense and lush fruit texture. The finish is very precise, fresh and aromatic, but also full of elegance, salt and stimulation.
、ワイン・アドヴォケイト227号)


MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

『 シュナン・ブラン100%から造られます。クレ・ド・セランに比べやや傾斜が緩やかな東向きの区画で、表土が深く、クロ・ド・ラ・クレ・ド・セランよりも早くから楽しめます。エレガントな酸が心地よく、アーモンドやナッツ、フレッシュフルーツのニュアンスがあります。 (輸入元資料より) 』

平均樹齢18年

収量30~35hl/ha

’04はすりおろしたリンゴや蜜、ミネラルのニュアンスで、本当に素晴らしい香りと味わいでした。

’04 24本完売。

 



Coulee de Serrant '14

ニコラ・ジョリー、サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン’14

(モノポール・ロワール・辛口白)


税別¥8000

<あと2本>限定品!

※’14は再入荷不可能!

デカンター・オンライン98点!!!(2018~2030年)
Part of Jane Anson’s top fine wines of 2017

パーカー95+点!!!(2016~2040年!
The yellow-golden 2014 Clos de la Coulee de Serrant, a world famous and iconic Chenin with its own appellation (Savennieres - Coulee de Serrant AC), opens with a beautifully clear, precise and aromatic bouquet of ripe and dried, lovely concentrated stone and grapefruit, as well as some honey aromas intermixed with crushed crystalline stones and herbal flavors. Highly elegant, clear and vital on the palate, this full-bodied wine is immensely intense but also silky, transparent and finesse-full. The long and stimulating finish is enormously piquant and salty, very compact but in perfect balance. There are dried Mediterranean herbs like thyme along with concentrated apricot and quince flavors in the persistent aftertaste. A great, elegant and very refined Coulee.
、ワイン・アドヴォケイト227号)


MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

『 1130年にシトー派修道院によって拓かれた由緒ある葡萄畑で、7hlの全てをジョリー家が単独所有。栽培・収穫はすべて馬と手作業で行なわれ、平均樹齢40年のシュナン・ブラン種から規定の約半分の18~25hl/haの低収量でワイン作りが行なわれている。 (輸入元資料より) 』

ロワール最高の白ワインのひとつに必ず名前が挙がるワイン!

数年前に飲んだ抜栓から3日後の’01は、感動ものでした

平均樹齢40年以上

収量18~25hl/ha

南向き急斜面

 

すべてシュナンブラン100%

1980年から部分的に、1984年から全ての畑でビオディナミを実践

栽培・収穫はすべて馬と手作業

野生酵母使用、化学肥料や除草剤など化学合成物は一切使用しない

あらゆる角度から土地の力を最大限に生かす努力をしている

『これは、イケムを含む、フランスで5つの偉大な白ワインのひとつである。(美食家キュルノンスキー氏)』

産経新聞(2006年12月6日)にて掲載される!

’01 24本完売。

’00 12本完売。

’99 完売。


5/1(火)アップ~蔵出し特価ラルシ・デュカス’13

3/2(金)アップ~蔵出し特価ラルシ・デュカス’15

ここも急激に品質を上げたシャトー!







CHATEAU LARCIS DUCASSE '15

シャトー・ラルシ・デュカス’15

(サンテミリオン・プルミエ・グランクリュ・クラッセ・辛口赤)


特価・税別¥10000

<あと10本>

最新パーカー94点(ニール・マーティン、2025~2050年)

パーカー95点(2022~2042年、Lisa Perrotti-Brown、

Big, rich, full-bodied and incredibly impactful on the palate, it proudly struts its bold black and blue fruits with a plush, velvet-textured cape, finishing long and spicy.、2018.2月)

パーカー94~96点(2022~2055年、ニール・マーティン
There is superb terroir expression here, an excellent Larcis-Ducasse that should offer 3-4 decades of drinking pleasure.、ワイン・アドヴォケイト224号)

最新VINOUS 97点!!!
(- Antonio Galloni、2022~2040年、2018年2月試飲)

VINOUS 94~97点(2016年4月試飲)

デカンター・オンライン95点!

(Part of Bordeaux Right Bank 2015 in bottle: Top scorers
This is absolute proof that I can love a rich, bristling St-Emilion when it is in balance. An excellently located Nicolas Thienpont-run estate, it clearly shows the potential of a property that has not always got it right. It has lots of power, coiled and ready to spring, but there is an austerity and salinity that pays you back for the punch. Very good, will age superbly.
2023~2040年)

スペクテーター95点(2020~2035年)

JamesSuckling.com, avril 2016 98~99点!!!

Jean-Marc Quarin avril 2016 17,5/20 & 95/100

Jancis Robinson avril 2016 17/20点

Bernard Burtschy Le Figaro, avril 2016 19/20点

ファルスタッフ 92~94点

ゴーミヨ誌18/20点


MVF(旧クラスマン)2018年度版17.5/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点


サンテミリオン・プルミエ・グランクリュ・クラッセ

畑は、パヴィの東に隣接!

このシャトーも数年前から急激に品質が上がったので、今ここまでおいしいとまだ気が付いていない方が多い!
近年2ヴィンテージ試飲して、樽が控えめで固くない洗練されて艶のある、若いうちから滑らかさもありつつ骨格は全く緩くなく、アフターにミネラルも感じられる素晴らしさでした。




CHATEAU LARCIS DUCASSE '13

シャトー・ラルシ・デュカス’13

(サンテミリオン・プルミエ・グランクリュ・クラッセ・辛口赤)


特価・税別¥7100

<あと3本>

最新パーカー89点(ニール・マーティン、2016~2026年)

最新VINOUS 91点
(- Antonio Galloni、2020~2033年、2017年5月試飲)

スペクテーター91点(NOW~2023年)

James Suckling.com, 1er avril 2014 91~92点

Jean-Marc Quarin quarin.com, avril 2014 16/20


MVF(旧クラスマン)2016年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16.5/20点


メルロ、カベルネフラン、カベルネ・ソーヴィニヨン

ボルドーの最高峰ワイン、シャトー・ル・パンを所有するティエンポン一族の一人、ニコラ・ティエンポンが2002年から経営に携わっているシャトー。コンサルタントにはパヴィ・マカンで黄金コンビとして名を馳せたステファン・ドゥルノンクールを起用し、瞬く間に品質が向上しました。柔らかく滋味深い味わいの中に静謐で張り詰めた酸味が現れ、統一感に優れたスタイルです。 (輸入元資料より)

 


4/26(木)~蔵出し千歳ワイナリー’17ケルナー・辛口と甘口





実際にその場に立つと荘厳な雰囲気も感じられる木村農園さんの畑
畝(土壌)は有機栽培と聞きました、葉はレゾネということなのでしょう

ユドロ・バイエさんから話を聞いたときと同じく、ミネラルを最大限表現しようというアプローチというより、よいものを造ろうと努力したその結果としてミネラルを表現出来ているとのことでした










※↑’16からスタンダードのケルナーがラベル変更
今後他の銘柄にもキムラ・ヴィンヤードの表記が入ってゆきます。

 





2015.7月下旬
やっと木村農園さんを訪問出来ました

ただでさえ広い畑を少人数で管理している上に、収穫が近付いてきて花カス落としや剪定作業で大忙しの中、木村幸司さん(さらに三澤社長と黒須さんにまで)に貴重な時間を割いていただきまして本当に恐縮です。ありがとうございました

(言うまでもなく千歳ワイナリーさんと木村農園さんにアポを取り、許可をもらっての公式訪問です)

<いろんな畑を見てきたベテランさん達がみんな言うのは、畑に入った時の感覚が重要とのことです!まだ畑を見る見聞色の覇気が足りない僕ですら感じるものがありました!>

フランスなどと違って、ぶどうの樹間が広い

実際に栽培を始めてみないと虫の被害とか、花ぶるいが何故かおこりやすい区画があったりなどデータだけではわからないことだらけだそうです。先人の皆さまが失敗を繰り返しながら諦めずに継続して努力し続けた成果!


契約栽培農家の木村農園さんは、かなりの栽培の達人らしく、北海道の真冬の樹へのダメージを最小限に留めることが出来ている(まっすぐ上ではなく、斜めに仕立てて、冬には本格的な降雪前に剪定作業を終えた後、樹を下向きにしならせて積もった雪の下で凍結ダメージを防ぎ越冬させる)ようで、農作物ですので天候次第、運次第の要素はあるものの、木村さんの力で樹齢の高い樹が生き残ることが出来ているようです。





日本の宝!厳しい冬を何度も乗り越えた樹齢30年以上のピノノワール
樹齢が高いとこんな太い樹になるんですね!
今後、この存在感、雰囲気が味わいにも反映されてくればすごいことになりそうです




千歳ワイナリー、北ワイン・ケルナー甘口’17

(北海道余市町・やや甘口白・750ml)


税別¥2482

<あと18本>絶対おすすめ!
超限定品!

「2018.5月初旬に飲みました。DIAM5コルク。アロマティック系白ワインはボトリング・ショック強そうですので、まだ香り変わると思います。今は、樽熟成していないソーヴィニヨンブランによくある香りが強めで、少し砂糖漬けにしたグレープフルーツなどの柑橘類、キウイ、芝生、ハーブに加えて、青いメロン、スモーク、マスカット、少しムスクなどのオイリーでごくわずかに還元的なニュアンスを含む香りも。香りの要素が強くて全部書いても意味がないくらい。味わいはまず凝縮感がありみずみずしくクリーンで、ややキレのある酸にいい感じでうまみ塩がのっており、冷やし過ぎない温度である程度の厚みも楽しめる。アフターはいつも通り塩っぽく清涼感も残すバランスのよいやや甘口。骨格に緩みがなく、背骨がありGood Tension。熟成で今後オイリーなムスクが前面に出そうな予感があるので、飲み頃NOW~だけど熟成ポテンシャルもあると思う。さすが安定して高品質なワインを造り続けている安心と信頼のブランド。抜栓の次の日も非常においしい。カール・エルベスのシュペトレーゼがお好みの方でも違和感なく楽しめるだろうなぁという上質な酸味と甘み。ということは普通に世界で勝負できる価格以上のワインということ!抜栓の2日後よく冷やしてみたが非常においしい。複雑なマスカットの香り主体となる。甘みと酸味のバランスが絶妙。抜栓の3日後は飲めず、抜栓の4日後もほとんど落ちていない。今度はライチの香り主体」

北海道余市町登地区 木村農園
収穫:2017 年 11 月 2 日
醸造地:北海道千歳市 千歳ワイナリー
醸造法:タンク発酵・タンク熟成(約 2 ヶ月)
アルコール度数: 10%

’17の生産本数:わずか720本のみ!

秋の天候に恵まれた 2017 年は 11 月 2 日まで収穫を待って遅摘みしたケルナーを得ることができました。 酸味と甘味のバランスに優れたほどよい甘さの甘口ワインに仕上がっております。

※レイトハーベスト・プライベートリザーブとの違いは?

千歳ワイナリーさん自社基準で
糖度25度を超えないとレイトハーベストを名乗らない(滅多に造れない)
長めに熟成させた後リリースするものしかプライベートリザーブを名乗らない
ということです。
だから必ずしも格下の銘柄ということではなく、あくまでも甘さと酸味のバランスが重要なのでしょう。この’17は自信作で熟成も可能なやや甘口とのこと。




千歳ワイナリー、北ワイン・ケルナー’17

(北海道余市町・辛口白・750ml)


税別¥2250

<あと12本>

北海道余市町登地区 木村農園
収穫:2017 年 10 月 17・18 日、11 月 1・2 日
醸造地:北海道千歳市 千歳ワイナリー
醸造法:タンク発酵・タンク熟成(約 4 ヶ月)
アルコール度数: 12.5%

’17の生産本数:5,318本

2017 年の余市町木村農園は盛夏から収穫期の天候に恵まれて病果が非常に少ない年となりました。 ケルナーが持つ華やか且つ上品な品種香を繊細に表現できた年となったように感じます。
しかしながら、開花時期の 6 月には降雨による花ぶるいに見舞われたため、ここ数年の中でも最も収穫量の少 ない年となっております。





千歳ワイナリー、北ワイン・ケルナー・スパークリング’14

(北海道余市町・辛口白泡・750ml)


税別¥2930

<あと1本>超限定品!

※今回は本数制限なし。すべての値引き対象外となります。
カード決済可です。

23本完売。

アルコール12.5%

糖度が上がった当たり年!

木村農園さんのケルナー100%を瓶内二次醗酵

15ヶ月の瓶内熟成後にデゴルジュマン

今回からシャンパン・コルク

2回目のリリースとなる辛口スパークリング

「2016.7月下旬に’13を飲みました。過去に社内的・実験的に数本仕込んだもの以外の正式リリースものとしては初ビンテージ!にもかかわらずよい出来で、北ケルナー・ドライ白を飲んだことのあるみなさんの大体イメージ通りの内容だと思われます。泡ものに必要な酸を残すために、白ワインよりも9日程度早く収穫しただけで白ワインと同じ畑のケルナーを使用。しっかり辛口。抜栓直後のみ香りがおとなしいが、飲みこんだ後の戻り香がわりと華やかで強めだったので、時間よりも温度が適切ではなかったということで少し温度を上げるとすぐに香りが開いて強くなった。強いマスカットの皮の香り+青りんご、シトラス、ハーブ、ミネラル、少しムスクなどの香り。果実味があり、しっかりしたキレイな酸とミネラルで、アフターには、清涼感とともにはっきりと塩ミネラルが残り心地よい。あえて’14でさらに改善・向上する余地があるとすれば、骨格が白ワインよりは弱いことと、泡の質をもっとキメ細かくできるはずというくらいで、初ヴィンテージとは思われないほどのよい出来です。瓶内2次醗酵~デゴルジュマン後にバラツキのない安定した品質に仕上げるだけでも実はかなり難しいことなんだろうなぁと推察します。白ワインよりかなりコストがかかっているはずなのにこの良心的価格。このシャルドネでは表現できない個性を追求していってほしい。抜栓の2日後まで非常においしい」





千歳ワイナリー、北ワイン・ピノノワール’15

(北海道余市町・辛口赤)


税別¥3149

<あと7本>

「2017.7月上旬に飲みました。価格を考えて超お買い得という表現が使いにくいだけで出来は良いです。’14に比べて涼しい年で、糖度21度台後半~22度、生産量600本程度だそうです。リリース直後(2016年11月中旬)は閉じており赤い実の果実香が非常に弱く、ドライな味わいだったそうですが、今飲むと明らかな向上があり、イチゴの香りが感じられ、樽も溶け込みつつあり、うっすらオレンジの香りも含まれ、時間と温度帯によっては北海道のピノノワール先駆者らしい本格派で正統派クラシックな造りのACブルゴーニュ的なニュアンスが出るが、少し温度が変わったり食べ合わせなどで儚く消えたりもします(笑)冷やしすぎると果実が弱く少しタニックなバランス。適温になると程よいうまみがあり、ややしっかりした酸とタンニン。果実味が少し弱いがバランスは予想より悪くない。除梗100%の香りと味わい。プレスジュースの加え方によって骨格とタンニンを出しているように思われますが、そのセンスが良いために最終的な出来がなかなかよい。実際に相性がよかったのは、オリーブを練りこんだパン、ラタトゥイユ、少しツナを入れたポテトサラダ。たぶんブーランジェリー・コロンさんの軽く温めてサンテベルトーニを後がけしたリュスティック(プレーン)にも合うでしょう。単体で飲むよりおいしさが増す。抜栓の次の日もおいしい。コルクに酒石が多めに付く年」

アルコール12%

リリースが2016年11月中旬ですので
8ヶ月以上経って充分落ち着いているでしょう。

栽培:余市町登地区 木村農園
品種:ピノ・ノワール100% 
(10年、20年、30年区画のピノ・ノワールを使用)
味わい:赤・ミディアムボディ

3世代の異なる樹齢(約10年・20年・30年)のピノノワールをコールドマセレーション後、
ステンレスタンクで発酵。約8ヶ月間フレンチオークでの樽熟成を経て瓶詰致しました。








樹齢約30年のケルナー。こちらも厳しい冬を何度も乗り越え貫禄がある。
一般的にそれほど土壌を選ばず、霜に強いと言われるケルナー。凝縮感と塩っぽいミネラルが感じられるということはこの地に植えて正解だったという結果だと僕は思いました。樹勢が強く管理に思いのほか手間がかかるようですが、、、

なお、ケルナーは親がリースリングであり実は高貴品種の仲間とも言える。熟成能力は北ケルナー’06などでも保障済み




千歳ワイナリー、北ワイン・ケルナー’16

(北海道余市町・辛口白・750ml)


税別¥2250

<あと15本>

※’16は再入荷不可能!

JWC日本ワインコンクール2017年度 銅賞受賞!

アルコール12.5%

この’16から新ラベル



北海道中央葡萄酒 株式会社

北海道千歳市高台1丁目7番地


1988年 中央葡萄酒㈱の第2ワイナリーとして北海道千歳市で製造開始

2011年 中央葡萄酒㈱から北海道中央葡萄酒株式会社千歳ワイナリーに改称


4/19(木)アップ~<※極少量!>蔵出しヴァンサン・ドーヴィサ’16

ワイン・アドヴォケイト179号、ワイナート47号等に絶賛されました!

ワイナート56号にて大きく取り上げられ絶賛されました!

※全銘柄すべての値引き対象外となります。

 

 


ヴァンサンは1998年に3haの区画で実験的にビディナミ農法を始め、その結果が良好なことから2002年にはすべての畑をビオディナミに転換した。目に見えて土壌のバランスが改善され、病気が減り、腐敗果も少なくなったという。


ドーヴィサの素晴らしさはぜひちゃんと評価していただきたいです。ラックものは昔から毎年買い続けているごく一部の酒屋にしか入荷がない激レアものとなります!!!

あまりに入手難となってしまったのでラック輸入もの以外の蔵出し正規品も買い増しました!
なんせ’15極小、’16リリース・ゼロの可能性が高い、
→ なんとかちょっとだけ買えました。
’17また霜の被害
があったのです、、、




今回入荷分は、イズミの蔵出し正規品です。




ヴァンサン・ドーヴィサ、シャブリ’16

税別¥5700

<あと3本>幻の超限定品!

48本買えたこともあるこの銘柄ですが、、、

パーカー90~92点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト232号)

VINOUS 89~91点

バーガウンド・コム 88~91点





ヴァンサン・ドーヴィサ、シャブリプルミエクリュ・ヴァイヨン’16

税別¥8600

<あと5本>幻の超限定品!

パーカー93~95点!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト232号)

VINOUS 91~93点

バーガウンド・コム 90~92点(Sweet Spot Outstanding!)





ヴァンサン・ドーヴィサ、シャブリプルミエクリュ・ラ・フォレ’16

税別¥8600

<あと2本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー94~95点!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト232号)

VINOUS 92~94点

バーガウンド・コム 91~93点(Sweet Spot Outstanding!)







ドーヴィサは数が少なすぎてラヴノーとセットという超贅沢なことはもうしばらくできません。
ラックとイズミの蔵出し正規品です。



ヴァンサン・ドーヴィサ、シャブリグランクリュ・レ・プルーズ’15

税別¥14000

<あと11本>超限定品!

※ラック、イズミ以外のインポーターによる蔵出し正規品です。

デカンター・オンライン95点!(2018~2028年)

最新パーカー96点!!!(2025~2050年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト232号)

パーカー95~97点!!!(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト226号)

最新インターナショナルワインセラー95+点!!!
(2022~2032年、2017年8月試飲)

インターナショナルワインセラー92~94点!

最新バーガウンド・コム 93点!(Issue 68)

バーガウンド・コム 91~94点(Issue 64)


MVF(旧クラスマン)2018年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点




ヴァンサン・ドーヴィサ、シャブリグランクリュ・レ・クロ’15

税別¥15000

<あと1本>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

割り当て極少数でした、、、

デカンター・オンライン96点!(2018~2032年)

パーカー95~97点!!!(2025~2045年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト226号)

インターナショナルワインセラー93~95点!

バーガウンド・コム 92~94点!(Outstanding!)


ドーヴィサはレ・クロの最上部に区画を所有。樹齢50年というのは、比較的植え替えが早いシャブリでは珍しいほどの古木である。レ・クロはやはりシャブリの王様と呼ぶべきグラン・クリュであり、その荘厳なる風格に飲み手はただひれ伏すしかない。







ヴァンサン・ドーヴィサ、シャブリ’14

税別¥5500

<あと13本>限定品!

最新バーガウンド・コム 90点(Issue 64)

バーガウンド・コム 88~91点

最新インターナショナルワインセラー91点!(2018~2024年、2016.7月試飲)

インターナショナルワインセラー89~91点


MVF(旧クラスマン)2017年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点




ヴァンサン・ドーヴィサ、シャブリプルミエクリュ・ラ・フォレ’14

税別¥7800

<あと13本>限定品!

※ラック、イズミ以外のインポーターによる蔵出し正規品です。

デカンター・オンライン95点!!!
(2018~2030年、Best Chablis 2014 wines
Gerard Basset、マスター・ソムリエ&世界No.1ソムリエのひとりによる評価)

最新バーガウンド・コム 94点!!!(Issue 64)

バーガウンド・コム 91~93点!

最新インターナショナルワインセラー94+点!!!(2016.7月試飲)

インターナショナルワインセラー92~94点!


MVF(旧クラスマン)2017年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17.5/20点




Vincent DAUVISSAT, Chablis Grand Cru Les Preuses '14

ヴァンサン・ドーヴィサ、シャブリグランクリュ・レ・プルーズ’14

税別¥12500

<あと4本>初入荷の超限定品!

※ラック、イズミ以外のインポーターによる蔵出し正規品です。

デカンター・オンライン95点!!!
(2018~2030年、Best Chablis 2014 wines Top10に選ばれる!!!
Gerard Basset、マスター・ソムリエ&世界No.1ソムリエのひとりによる評価)

最新バーガウンド・コム 95点!!!(Issue 64)

最新インターナショナルワインセラー95+点!!!(2016.7月試飲)


MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版19/20点

レ・クロよりも大分小さい1haの所有
基本的にはレ・クロよりも少し早くから開くはず




Vincent DAUVISSAT, Chablis Grand Cru Les Clos '14

ヴァンサン・ドーヴィサ、シャブリグランクリュ・レ・クロ’14

税別¥13000

<あと7本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
※ラック、イズミ以外のインポーターによる蔵出し正規品です。

デカンター・オンライン97点!!!
(2018~2030年、Best Chablis 2014 wines Top10に選ばれる!!!
Gerard Basset、マスター・ソムリエ&世界No.1ソムリエのひとりによる評価)

最新バーガウンド・コム 95点!!!(Issue 64)

バーガウンド・コム 93~96点!!!

最新インターナショナルワインセラー97+点!!!(2016.7月試飲)

インターナショナルワインセラー95~98点!!!


MVF(旧クラスマン)2017年度版19/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版19.5/20点



4/19(木)アップ~蔵出しパトリック・クレルジェ・セレクション’15ブルゴーニュ・ルージュ

4/2(月)アップ~蔵出しパトリック・クレルジェ・セレクション’01サントネ


まったく無名だからこその飲み頃かつお買い得!








 



Selection Patrick Clerget, Santenay Rouge '01

パトリック・クレルジェ・セレクション、サントネ・ルージュ’01

税別¥3200

<あと18本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
『 抜栓後まったく落ちない、澱がない? 』
『 予想以上に楽しめた! 』
などなど

45本完売。

「2018.2月上旬に飲みました。縁がレンガがかった明るいルビー色。香りは熟成感たっぷりだが、味わいは予想より果実味と骨格がしっかりしている飲み頃ピーク入り口付近くらいの状態。ドライ・イチゴ、干しイチジク、スーボワ、きのこ類、なめし皮などのよい香り。緩くなく、酸もちょうどよく、アフターにはドライ・イチゴ的甘旨味が広がる。今飲むと誰が飲んでも明らかに価格以上の品質!しかも抜栓の次の日でも酸化や緩みが出ずに楽しめる。きのこ類(しいたけ主体?)でとった出汁+タンニンのコク」

アルコール13%

ブラックベリーやラズベリーなどのアロマに、キノコやタバコのような熟成を感じさせるブーケ。ドライフルーツやスパイスを思わせる複雑で円熟した味わいです。 (輸入元さんコメント)

オーク樽 15カ月(新樽比率10%、仏産、228L) ステンレスタンク 24カ月




パトリック・クレルジェ・セレクション、ブルゴーニュ・ルージュ’15

税別¥2000

<あと10本>おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

81本完売!ありがとうございました

1年半以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2016.10月に飲みました。縁が紫がかった明るいルビー色。ジャミーまではいかない熟した果実味強め、酸ちょうどよく、タンニンは溶け込んでいるが、予想より少し多い。完熟系の当たり年らしくまったく無名なこのクラスにして意外に余韻があり、明らかに価格以上の内容!傑出した要素はないがこの価格はすごい。程よいうまみ、ミネラルは強くないが、雑味のないアフターでバランスよくまとまっている。抜栓の2日後までおいしい。このクラスを早めに試飲して太陽の当たり年’15の特徴を掴んでいきたいところ」

アルコール12.5%

平均樹齢30年

収量41hl/ha

粘土石灰質土壌

ステンレスタンク醗酵~オーク樽6ヶ月熟成

「鮮やかなルビー色。フレッシュな赤果実のアロマに溢れ、生き生きとしたチェリーやストロベリーの果実味を感じるワイン。タンニンは細かく心地よい。(輸入元さんコメント)」


1994年、ドメーヌ・イヴォン・クレルジェ(ヴォルネイ)の当主パトリック・クレルジェ氏(現当主はティボー・クレルジェ氏)によってボーヌに設立されたネゴシアン。サン・トーバンやボルドーの商工会議所での経験を活かして優れたブルゴーニュワインの紹介に努め、2007年にはシュヴァリエ・デュ・タストヴァンにも認定されています。彼が全て品質を確認した上で、「価格に似合った価値がある」と認めたワインのみをセレクション・パトリック・クレルジェのワインとして紹介しています。 (輸入元資料より)


4/19(木)アップ~蔵出しドメーヌ・デュ・ムーラン’17(750ml)

例年抜栓後、時間とともに完熟洋ナシのような甘さエキスが出てくる!


この価格帯で驚きを与えてくれるワインが他にどれだけあるでしょう

’09が、リアルワインガイド36号にて絶賛される!




↑’12以降は上記ラベルです。


 


ラシーヌ輸入の限定品!

手ごろな価格でおいしくコンディションのよいヴァン・ナチュールが少ない為、輸入元さんに(主に全国のレストラン様からの注文が)この銘柄に集中しつつあり、すぐに欠品するようになってきました。すごい人気のようです!








エルヴェ・ヴィルマード(ドメーヌ・デュ・ムーラン)、IGP・デュ・ヴァル・ド・ロワール・ソーヴィニヨン’17

(750ml・ロワール・辛口白)

特価・税別¥2100

<あと33本>

※近日コメントアップ予定!

15本完売。

アルコール13.5%

ユーロリーフあり!

名前が変わっただけで、中身は同じです。
現Herve Villemade, 旧Domaine du Moulin




エルヴェ・ヴィルマード(ドメーヌ・デュ・ムーラン)、IGP・デュ・ヴァル・ド・ロワール・ソーヴィニヨン’16

(750ml・ロワール・辛口白)

特価・税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

26本完売。ありがとうございました

「2017.8月中旬に飲みました。この価格でヴァン・ナチュールならではのエキス感を楽しめる良品。ピュアな蜜リンゴ、ラ・フランス、ハーブ、ミネラルの香りに、少し温度が上がるだけではちみつに漬けた青い梅の風味が出る!ただし温度を上げ過ぎるとバランス崩れるので、さわやかさと蜜のニュアンスをどちらも堪能できるベスト温度を探してみてください。抜栓の次の日も非常においしい。梅ジュース的」

アルコール12%

ユーロリーフあり!

名前が変わっただけで、中身は同じです。
現Herve Villemade, 旧Domaine du Moulin




ドメーヌ・デュ・ムーラン、VDP・デュ・ヴァル・ド・ロワール・ソーヴィニヨン’15

(750ml・ロワール・辛口白)


特価・税別¥1900

<売り切れ>絶対おすすめ!

36本完売。ありがとうございました

「2016.6月下旬に飲みました。しっかり冷えた状態では、さわやかで香りのよい、色だけ若干濃い普通のソーヴィニヨンブランというとても良いバランス。青いメロン、瓜、ハーブ、ミネラル、うっすら蜜などのよい香り。例年通り鋭角的ではないよい酸でアフターにわずかに塩っぽいミネラルも残る。温度が上がってくると明らかに蜜のニュアンスが増して、ハチミツに漬けた青い梅の例の風味が出る!!!他にもフルーツガムやズッキーニなどの香りも。味わいの厚みとエキス感が出てエネルギー感が増すが、その分アフターが少しさわやかではなくなる。その辺は皆様のお好みや気分で飲む温度を変えてみてください。抜栓の次の日もおいしい。意外なことに抜栓の3日後でも酸化が進まず全然おいしく楽しめた」

アルコール12.5%


エコセール認証あり、ビオロジック栽培

『 シュヴェルニは1993年に格付けされた歴史の浅いAOC。 ピュズラのワイナリーがあるモンティスの東隣になる。エルヴェ・ヴィルマード(Herve Villemade)は、ティエリー・ピュズラとも親交が深い。90年代にはいってから、 ヴァン・ナチュールの造りにとりくむようになった。 (輸入元資料より) 』


4/19(木)アップ~蔵出しアラン・ルナルダ・ファシュ’17

思わず笑ってしまうしかないおいしさ!ナチュラルな甘さと酸、クリーミーな泡




ラシーヌ輸入の貴重な蔵出し正規品!




’08からビオロジックを実践
2009年には、自社畑の一部プルサール4haとガメィ8haを「AB=アグリカルチュール・ビオロジック」に申請中!




アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’17

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2500

<あと17本>絶対おすすめ!

’17は、春の霜とその後の雹被害で、生産量激減だったそうです。

「2018.5月上旬に飲みました。状況を考えるとよくこの値上がり幅で収まったなかなり無理しているんだろうなぁという。肝心の香りと味わいは例年通りの素晴らしさで、透明感とピュアさのある全体像。凝縮感・果実・酸・バランスとミネラルもすべて上質な非常に良い出来!美しい酸とミネラルがアフターに残るためにクドさゼロで極めて心地よく杯が進む。いつも通りの艶やかなストロベリー、白桃ネクター、ミネラルなどのよい香り。抜栓の次の日も最高においしい。シャンパン・ストッパーを何度も開け閉めさえしなければ、次の日もまったく泡弱くならない(飲食店さまでは無理な話ですが、ご自宅なら可能)。風呂上がりにもビールじゃなくてセルドン!抜栓の2日後も最高においしい。言うまでもなく大量生産型雑味カヴァのような悪酔いしません」

アルコール8%

ユーロリーフあり!

裏ラベルにドゥミ・セックの文字が入っています。




アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’16

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2017.6月中旬に飲みました。’16は’15’14よりもさらに少しだけ甘さ控えめで酸しっかりのバランスに感じられた。透明感があり、ピュアでバランスのよい清涼感で非常に杯が進む。このくらいの甘さなら、サンテベルトーニのオリーブオイルと塩(もしくはマジックソルト)をかけただけのレタスとハムのシンプルサラダなどにも相乗効果があるくらい非常に合う。やや甘口くらいまでの甘さは意外に必ずしも食事を邪魔しない場合がある。ましてや’16は特にサラダと合いやすい香りとバランス。抜栓の次の日も非常においしい。全体が少しやわらかくなって甘みがわずかに増した印象。いつも抜栓後わずかに向上するが今回も同じ」

アルコール7.5%

裏ラベルにドゥミ・セックの文字が入っています。


’07 ワイン王国50号『春のフレンチ・スパークリング100本』に選ばれる!

フランス国内と日本で主に消費され、あまり他国に輸出されていないそうです

メトード・アンセストラル製法

(醗酵途上のワインを瓶に詰め、密閉して、残りの醗酵を瓶内で行なう。メトード・リュラルともいう)

現在ではエコセール認証ありのビオロジック



リュット・レゾネ(減農薬)を実践、有機肥料のみを使用

平均樹齢20年(’08リリース時の資料ですので、現在はもっと上がっています)

手摘みのガメイ主体、プールサール

標高は300メートルを超え、南向きの斜面が多い

2008年は、例年より酸味がのった当たり年!

ラ・ヴィーニャ、カーヴオジェ、レ・ガラド、シェ・ミッシェルなどでもオンリストされている!


4/19(木)アップ~蔵出しディアバーグ’13ピノノワール
<ドラム・キャニオン・ヴィンヤード>

タイラー・トーマスさんに変わってからの大成功年!

蔵出しスターレーン








 

 

 

当店で今までで一番売れたカリフォルニアです!

2018.5.14(月)
ワインメーカー Tyler Thomas氏にお会いできました~!
植物科学も学んだ醸造責任者、そしていい人。

2011.9.5(月)午後にスターレーン・ヴィンヤードのゼネラル・マネージャー Kurt Ammann氏にご来店いただきました~!





Dierberg Vineyard, Pinot Noir Santa Rita Hills < Drum Canyon Vineyard >'13


ディアバーグ、ピノノワール・サンタ・リタ・ヒルズ <ドラム・キャニオン・ヴィンヤード>’13

税別¥6500

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー94点!(2015~2023年、ワイン・アドヴォケイト220号)

Wine Enthusiast 93点!

バーガウンド・コム 89点(Issue 67号、2020+、2017年6月試飲)


すでにお客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2018.4月上旬に試飲しました。あれ?昔のディアバーグ・ピノノワールと全然味が違うと思ったら、初めて試飲する上級品でした(笑)熟度と繊細さやエレガンス、ほのかな甘旨に加えて酸とミネラルも低くない予想以上の傑出バランス。甘すぎず緩くなく、クドさがなく杯が進む上に余韻が長い。同時に必ずしも酸がすべてではないというよい例でもあるかもしれないです」

アルコール14.1%

※サンタ・マリア・ヴァレー・ピノノワールの上級品です!初入荷!

畑名「Drum Canyon Vineyard」
サンタ・リタAVA内の自社畑
霧の影響が強く冷涼な標高の高い南向き急斜面
斜面であるため日照量は得ることができるが、一日を通して強い風が吹き抜ける為に涼しい
ピノノワールの区画は小高い丘の斜面に位置しており、樹齢も上がってますがかなり土壌も痩せているので若木のように見えるほどキャノピーも低く、幹も細いブドウ樹。

水はけのよい砂質ローム土壌

タイラー・トーマス氏による大成功年!

醗酵:天然酵母のみを利用し小型の開放式ステンレスタンクにて醗酵
熟成:フレンチオーク樽 15カ月(新樽20%)

年間生産量:9,500本

新鮮なブラックチェリーや野イチゴ、スパイスのアロマを持ちます。丸みを帯びた口当たりでしっかりとした酸が特徴。様々な赤系ベリーが現れ、ほんのりモカも感じるエレガントな1本。
(輸入元さんコメント)





≪著作権について≫
当ホームページに掲載している著作物(文章・画像)にかかる著作権は、㈱ワインの店いとう もしくは、情報提供していただいた提供元に帰属します。
当ホームページで掲載している情報・文章・画像などのデータについては、権利者の許可なく複製・転用することを固く禁止します。

Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp