新入荷ワイン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


超限定ブルゴーニュ(7/23金アップ)

おすすめスパークリング(11/27日、クラウディ・シードル缶再入荷)

オリーブオイル、食後酒(6/23水、サンテベルトーニ’19オリーブオイル再入荷)

※誠に恐れ入りますが、長期キープをお断りさせていただいております。




  クール便の場合に限り重量制限の為、1箱10本までとなります。



※在庫確認~メール、FAXの返信に少しお時間をいただきます。

キープの短いご注文を優先させていただく場合がございます。


クール便の場合の計10本以上お買いあげにて対象商品5%OFFサーヴィス終了 → ドライ便で計12本以上の場合のみ適応継続とさせていただきます → 電気代や梱包資材、クール代等の値上がりなどあらゆるコストアップでそろそろ止めざるを得なくなりそうです、、、

ドライ便指定で、もし吹きこぼれや熱劣化などあった場合、当店もヤマト運輸さんも一切保証できません



新型コロナウイルス感染拡大防止の為、
ご来店のお客様より、不安の声がございましたので、
当分の間ワインセラーへの長時間のご滞在はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

また、ワインセラー内が混みあわないよう、入室をお待ちいただく場合もございます。

せっかくご来店いただきこのようなお願いは大変心苦しいのですが、何卒、ご協力お願い致します。


5/12(水)~今後しばらくの間
10:00~19:00の短縮営業とさせていただきます。


2020年7月1日(水)からレジ袋有料となりました。








12/3(金)アップ~蔵出し特価レオヴィル・ポワフェレ’15

蔵出し特価レオヴィル・ポワフェレ’14この価格で最後の再入荷!

深みと凝縮感があり、コクのあるグリップで長い余韻!



 

 





ch Leoville Poyferre '14 (Saint-Julien)

レオヴィル・ポワフェレ’14
(サンジュリアン格付け第2級・辛口赤)


税込¥11000(特価・税別¥10000)

<あと2本>絶対おすすめ!

ラック・コーポレーション輸入の蔵出し

最新パーカー93+点
(ニール・マーティン、2021~2045年)

スペクテーター93点(2020~2030年)

最新VINOUS 95点!!!
(ニール・マーティン、2018年3月試飲)

~The palate is medium-bodied with fine tannin, crisp and generous, conveying much more tension and precision than the Leoville Las-Cases. It gradually fans out in the second half with real mineralite, quite profound in the context of the vintage. Outstanding.

VINOUS 95点!!!
(アントニオ・ガローニ、2017年2月試飲)

ジェームス・サックリング 94点!

Wine Enthusiast 94点!

デカンター・オンライン92点
(2022~2038年)

ファルスタッフ 93点

Jeff Leve 94点!

RVF誌 18~18.5/20点!


MVF(旧クラスマン)2018年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度 92点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点

お客様から絶賛の声数多くをいただいているワインです!

26本完売。~※再入荷すると値上がり致します。

「2020.12月中旬に飲みました。縁が紫がかった濃いガーネット。明らかに高級感のあるトップノーズで、香りとアタックにはまるで上級のブルネッロのような深みと凝縮感がある。レーズンバター、プルーンなどのドライフルーツ気味の黒い実の果実、甘草、スパイス、カカオ率高めで砂糖控えめのビターチョコレートなどの香り。インパクトのあるアタック、かなり凝縮して熟しているが余分な甘みはなくエキス感としっかりとグリップがあり、かなり多いが質の良いタンニン。重心低めでコクがある特別な日に飲む偉大な感じがありつつ、少し上品さが残っており悪くないバランス。すぐに開けるなら温度を上げるか肉と合わせるべき。まだまだ熟成の上り坂途中。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール13.5%

’14は、CS60%, M35%, CF3%, PV2%




ch Leoville Poyferre '15 (Saint-Julien)

レオヴィル・ポワフェレ’15
(サンジュリアン格付け第2級・辛口赤)


税込¥14850(特価・税別¥13500)

<あと12本>
ラック・コーポレーション輸入の蔵出し

最新パーカー94点
(Lisa Perrotti-Brown、2018年2月試飲)

スペクテーター95点!
(2022~2040年)

JamesSuckling.com 94点

デカンター・オンライン96点!
(Jane Anson)

最新Vinous 95点!
(ニール・マーティン、2019年7月)

Vinous 97点!!!
(アントニオ・ガローニ、2018年2月)

Jeff Leve 96点!

ファルスタッフ 93点

Wine Enthusiast 95~97点!
(バレル・サンプル)

RVF誌18~19/20点


MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス
(さらにクー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版19/20点

’15のブレンド比率
65% Cabernet Sauvignon, 26% Merlot, 3% Cabernet Franc, 6% Petit Verdot


シャトー・レオヴィルの歴史は1638年まで遡ります。いく度の遺産分割・相続をへて(ラス・カーズ、バルトンとかつてはひとまとまりの畑でした)、1840年現在のレオヴィル・ポワフェレが誕生。1855年にはメドックのワインを対象とした格付が作成され、ポワフェレは栄えある第2級の認定を受けました。ほまれ高きアペラシオン・サンジュリアンに位置し、多様な礫質のテロワールを有するそのブドウ畑からは、芳醇かつ複雑な味わいのワインが生まれます。1920年、現オーナーであるキュヴリエ家がシャトー・レオヴィル・ポワフェレ(58ヘクタール)およびシャトー・ムーラン・リッシュ(22ヘクタール)の所有権を取得しました。ムーラン・リッシュの畑は1885年に整備され、形成年代のさらに古い礫質の台地上に地続きに広がっています。しなやかなタンニンをふくみ、若い段階から親しみやすく、サンジュリアン特有のバランスとエレガンスは健在です。
(輸入元資料より)


12/3(金)アップ~蔵出しドメーヌ・グラン’18ピノノワール

この価格帯ではかなり高品質!スタイルもよいピノノワール




 


2004年に完成した醸造施設はとても清潔で衛生的
さらなる品質向上が期待できる!




Domaine GRAND, Cotes du Jura Pinot Noir En Prele '18

ドメーヌ・グラン、コート・デュ・ジュラ ピノノワール・アン・プレール’18
(フランス・ジュラ・辛口赤)


税込¥3190(特価・税別¥2900)



輸入元定価・税込¥4,070

<あと12本>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

「2021.10月に飲みました。一体何が変わったのかよくわかりませんが、過去に飲んだ’14’12より明らかに1.5~2ランク上のおいしさになっているこの’18は、先入観なしに多くの方に楽しんでいただきたい!エキスと余韻、バランスがあり単体でずっと飲み続けていても飽きない明らかに価格以上の内容。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール%





ドメーヌ・グラン、コート・デュ・ジュラ・ピノノワール’14(辛口赤)

税別¥2500

<売り切れ>おすすめ!

パリ農業コンクール2016年 金賞受賞!

「2018.1月に飲みました。’12より酸がしっかりして甘さ控えめの若干通向きのバランス飲み頃NOW~。果実味も弱くはなく、うまみが多めで、樽香は全然感じなくて、タンニンの質がよい。清涼感のあるアフター。少しだけ艶があり、やはりおいしい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%


’12 ジュラ・コンクール2013年 金賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

『 今までに飲んだこの価格帯のピノノワールでダントツNo.1だった! 』などなど

’12 84本完売!!!

「2015.3月下旬に’12を飲みました。同じ価格帯のACブル赤で平均以上の品質のものがほとんどない為、各インポーターさんはジュラや南フランス、チリなどいろいろ探しております。そんな中ラックさんがいち早く見つけてきたのがここでさすが矢野さん!という高品質でした。紫色の弱い中程度のルビー色。イチゴとフルーツトマトの香り主体の意外に少し艶のあるよい香り。タンニンとても丸く少なめ、うまみは多めで、まったく低くないちょうどよい酸の飲み頃NOW~。時間とともに香りが少し甘くなり、味わいもフルーツ感が少し強くなる。チャーミングでバランスよく、この価格で文句のつけようのない内容。数年前に当店で大人気だったシャルル・フランソワ’09オートコート・ボーヌ・ルージュがお好みだった方には同系統の味わいなのでおすすめできます。。抜栓の2日後まで非常においしい。わずかにクリーミーに変化」

アルコール12.5%

明るいルビー色。ラズベリーや赤スグリ、グリオットチェリーなど、甘酸っぱさを連想させる赤い果実のアロマ。口に含んでも赤い果実が支配的に広がり、ピュアな酸味と余韻に感じるナッツのニュアンス。しなやかで柔らかく、滑らかなテクスチャー。親しみやすいミディアムボディのピノ・ノワール。(輸入元さんコメント)

ピノノワール100%

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

手摘み、除梗100%

樹齢20~40年

収量30~35hl/ha

粘土石灰質の泥灰土土壌


12/3(金)アップ~蔵出しレ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ’16再入荷

上質なサヴォワのシャスラ!









 



Les Vignes de Paradis (Les Vins du Leman), Chasselas Quintessence '16

レ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ (レ・ヴァン・デュ・レマン) 、シャスラ・カンテサンス’16

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税込¥2750(税別¥2500)

<あと12本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

72本完売。

「2020.3月中旬に飲みました。ブショネの少なそうなコルク。’17が少し揮発酸出ていましたので’15と同等の高品質だった’16を買いました。亜硫酸量は少ないトップノーズだが、香りも味わいも完璧に健全で、相変わらず酸とミネラルのしっかりした上品な蜜の香りのある単体でも価格を超えている上にかなり幅広く食事を生かすタイプのおいしさ。ハチミツレモン、ミネラル、ハーブ、青い梅、オレンジなどの艶のあるとてもよい香り。上品・高貴・複雑なタイプで酸にキレがあり、みずみずしくミネラリーな味わい。ごくわずかな超キメ細かな苦みとうまみを伴う塩ミネラルが残る辛口アフター。ハチミツレモン、ハチミツオレンジの戻り香にうっすらトースト香が混じり非常に心地よい。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール12%




Les Vignes de Paradis (Les Vins du Leman), Chasselas Quintessence '15

レ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ (レ・ヴァン・デュ・レマン) 、シャスラ・カンテサンス’15

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

156本完売!!!ありがとうございました~※ついに再入荷不可能になりました!

「2018.5月下旬に試飲しました。ブショネの少なそうなコルク。涼しげでさわやか、ややフローラルな中に蜜の風味が同時にある。あとリンゴ、ハーブ、ミネラルの香りも。ピュアでみずみずしく、決して単調ではなく、戻り香を含め非常に心地よく流れるので杯が進む。暖かい季節に最高。北海道産の野菜との相性なども楽しみ」

アルコール12%

シャスラ100%

馬を使って耕作!
低収量35hl/ha

氷河によって堆積した土壌と黄色粘土土壌
レマン湖を望む景観のよいブドウ畑

ヴァン・ド・サヴォワ

2~3回にわけて手摘みで収穫。時間を掛けて圧搾し、グラスファイバー製タンクとドゥミ・ミュイ500L樽を使用し16度で発酵。熟成期間は7ヶ月。瓶詰め前にごく軽く濾過。一般的に使用されるステンレスタンクはそこにに発生する電磁気の影響を失くすため使用しない。


2008年、レマン湖畔のフランス・スイス国境近くバレゾンにドミニク・ルカによって設立されたドメーヌ。現在、レマン湖南に位置するオート・サヴォワ県のクレピーAC周辺に8ha、そしてブルゴーニュのポマール周辺に2.5ha、計10.5haを所有している。
70年代終頃からドミニクの祖父母は既にボルドー液と硫黄のみを用いた栽培を行っており、彼の叔父も祖父母と同じ栽培法を採っており、80年代初めであってもトラクターさえ使用していなかったという。
家族とワイン造りを行っていたが、自身の理想を具現化できるようドメーヌを興すことを決心。 2008年、Ballaisonに1.06haのシャスラが植えられた区画 ≪ Le Paradis ≫ を取得し、Domaine Les Vignes de Paradisを設立。 2014年、8.5haの地所を取得し、別組織となるLes Vins du Lemanを設立。(Les Vins du Lemanは現在14ha。現在ビオディナミに転換中)

栽培にはビオディナミを採用。(認証は受けていない) 収量を低く抑えるため厳しく摘芽を行い、2012年からはブドウの成熟度をより高めるためブドウ樹の頭頂部(apexと呼ばれる箇所)の剪定・切除は行わず、そのままとしている。
タンクには、一般的に使用されるステンレスタンクはそこにに発生する電磁気の影響を失くすため使用せず、セメントやグラスファイバーなどが用いられている。発酵・熟成にはブドウやワインに合わせて、228Lのバリック、400~600Lのドゥミ・ミュイ、250Lのアンフォラ、650Lの卵形セメントタンク、ピラミッド形セメントタンクを使い分ける。

熟成は発酵終了後の冬から春にかけてとなっており、熟成時には「豊かさは得られるものの焦点がブレる」としてバトナージュは行わず、「ワインの曇りとる」目的で軽くフィルターをかける。瓶詰め時に、一部のキュヴェを除き極少量のSO2を添加。
(輸入元資料より)


12/1(水)アップ~蔵出しシャトー・ル・ドゥヴェイ’19

ピュアでナチュラル。繊細で艶のある質感で、強いエネルギーと長い余韻!!!











 





<2019年ヴィンテージ>
夏の暑さは例年から更にエスカレートしていましたが、北ローヌの中でも最北端に位置するこのエリアでは大きな影響を受けることはありませんでした。一年を通して天候の変化に悩まされることもなく、ブドウはまばゆいばかりの生命力を発揮し、発酵も力強く進み、熟成過程では繊細な果実味と深味が加わり、ミネラルの美しい苦みが後味に長く伸びるような特徴を持った、正に先代の軌跡を辿れるような魅惑的なヴィンテージとなりました。




Chateau Le Devay, Crozes Hermitage Blanc '19

シャトー・ル・ドゥヴェイ、クローズエルミタージュ・ブラン’19
(北ローヌ・辛口白)


税込¥4400(税別¥4000)

<あと10本>絶対おすすめ!

※次が最後の再入荷となります!

「2021.11月下旬に試飲しました。自社畑との差が意外に小さい銘柄。コンディション抜群の透明感と生きた酸味。驚くほどツヤツヤ滑らかの細かい粒子の質感が極めて複雑!引っ掛かりや尖った部分、ざらつき皆無のみずみずしい飲み頃NOW~。艶のあるフルーツ感で、旨味を伴う塩ミネラルが残る極めて心地よいアフター。飲んだことのないローヌ白をいきなり買うのは勇気がいると思いますが(笑)明らかに価格を超えた満足度と個性があります」

【品種】ルーサンヌ 50% マルサンヌ 50% 
<※チーム・ドゥヴェイが管理している畑の買いブドウです。>

【産地】Crozes Hermitage
【栽培】ビオディナミの原理に基づく有機栽培
【土壌】風化した黄土
【収量】39ha/ha  【収穫】2019年9月6日に手摘みにて行う
【発酵】12時間コールド・マセラシオンを行い、コンクリートタンクにて、野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】あり
【熟成】古樽(400L)にてわずかにバトナージュを行いながら10か月間
【年間生産量】1301本
【アルコール度数】13.5%




Chateau Le Devay, Entre les Murs Viognier '19

シャトー・ル・ドゥヴェイ、アントル・レ・ミュール・ヴィオニエ’19
(北ローヌ・辛口白)


税込¥5500(税別¥5000)

<あと11本>絶対おすすめ!

「2021.11月下旬に試飲しました。自社畑との差が意外に小さい銘柄。コンディション抜群の透明感と生きた酸味。驚くほどツヤツヤ滑らかの細かい粒子の質感が極めて複雑!引っ掛かりや尖った部分、ざらつき皆無のみずみずしい飲み頃NOW~。艶のあるフルーツ感で、華やかで複雑な強い香り、とてもキメ細かな苦みコクがあり余韻も長め。飲んだことのないローヌ白をいきなり買うのは勇気がいると思いますが(笑)明らかに価格を超えた満足度と個性があります」

【キュヴェ名】「壁に囲まれたヴィオニエ」
自社畑100%のヴィオニエ 100%

【畑立地】標高360m~400m、南向きの斜面
【土壌】雲母頁岩  【収量】20hl/ha
【収穫】2019年9月18日、19日  【選果】2回にわたり厳格に行われます
【全房使用率】50%
【発酵】まず発酵初期に温度制御可能なステンレスタンクを使用してやや低温で野生酵母による自然発酵を促し、発酵中盤になると古樽(500L~600L)に移し替えます。
【マロラクティック発酵】あり
【熟成】フランス産とオーストリア産の古樽にて10カ月間
【テイスティングノート】ペール・ゴールド色の液体は美しく輝き、繊細な花の香りと熟したフルーツのアロマがとても表現力豊かです。アタックはフレッシュで、噛みしめられるほどの果実味と上質なミネラルがしっかりと骨格を成しており、ミネラルと果実味のバランスに優れた上品でしつこさのない余韻が長く続きます。
【マリアージュ】食前酒、アスパラガスを使った料理、魚介類全般、フォアグラ、シェーブルチーズなど
【生産量】1,970本
【アルコール度数】13.5%




Chateau Le Devay, Sous les Etoires Roussanne '19

シャトー・ル・ドゥヴェイ、スー・レ・エトワール・ルーサンヌ’19
(北ローヌ・辛口白)


税込¥5500(税別¥5000)

<あと12本>絶対おすすめ!

「2021.11月下旬に試飲しました。自社畑との差が意外に小さい銘柄。コンディション抜群の透明感と生きた酸味。驚くほどツヤツヤ滑らかの細かい粒子の質感が極めて複雑!引っ掛かりや尖った部分、ざらつき皆無のみずみずしい飲み頃NOW~。艶のあるフルーツ感で、厚みと複雑性が素晴らしく、旨味を伴う塩ミネラルが残る長いアフター。飲んだことのないローヌ白をいきなり買うのは勇気がいると思いますが(笑)明らかに価格を超えた満足度と個性があります」

【キュヴェ名】「星空の下のルーサンヌ」
自社畑100%のルーサンヌ 100%

【畑立地】標高370m、南と東向きの斜面 【土壌】雲母頁岩
【収量】18hl/ha!!!
【収穫】2019年9月26日  【選果】2回にわたり厳格に行われます
【発酵】果汁を3つに分け、500L~600Lの大き目の樽とフードル樽にて野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】あり
【熟成】フランス産とオーストリア産の古樽にて10カ月間
【テイスティングノート】アタックから酸味、果実味、グリセリン、ミネラルが驚くほどのバランスを成しており、熟した果実味が魅惑的で、鉱物を多く含むシェール土壌で育つルーサンヌならではの奥行が飲む者を圧倒し、華やかさと旨味が共鳴しながら余韻へといざないます。
【生産量】1,843本
【アルコール度数】14.0%


2005年に、放射線科医師であるジャン・シャルル・フルネ氏と、言語療法士の妻のフローレンスが、ローヌ地方随一の銘醸地 Côte-Rôtie/コート・ロティの北側に隣接するSaint-Romain-En Gal/サン・ロマン・アン・ガルの丘の上にある、18世紀に建てられたヴィエンヌ司教の瀟洒な別邸を購入し、彼らの長年の夢と情熱が注がれた小さなドメーヌを開きました。畑はローヌ川右岸に位置し、標高360m以上の高さにあり、広い川面を見下ろしています。

ドメーヌの運営は夫婦二人三脚で行っており、彼らは共に栽培、醸造、貿易を学び、同じコート・ロティのワイン醸造家らの助言を受けながら、かつて教会のブドウ畑と農場であった休耕地に新しい命を吹き込みました。彼らは水質の分析をし、新たに人力で土地を耕して植樹し、建物をリフォームしてワイナリーを造り、こだわりのプレス機を選び、最高級のポンプやタンク、断熱材の施されたセラーを設置し、最適な輸送ルートを確保しました。そしてようやく2018年にファーストリリースにたどり着いたという、とても自然体で手作り感がありながらも先端を行くような新しいドメーヌです。

彼らは持続可能な畑を作るために、ドメーヌ内の全ての営みを 「ビオディナミ」、「パーマカルチャー(循環型自然農法)」、「アグロ・フォレストリー(動物や植物のサイクルに合わせて樹木を管理する農法)」の原則に基づいて行っています。とても勤勉で愛と情熱に溢れたフォーネ夫妻は、彼らの夢を、美しいローヌ地方のシェール土壌の恵まれたテロワールに託し、その魅力を最大限に表現した個性豊かなワインを生み出すことに成功しました。彼らは、ローマ時代から続くこの地のワイン文化とその環境の両面を長く存続していくことを大切に、自然の摂理に沿ったワイン造りを行っています

産地 〔IGP Collines Rhodaniennes〕
ローヌ地方 コート・デュ・ローヌ地区の北限のアペラシオンで、〔AC.コート・ロティ〕 の北側に隣接しており、冬には小雪が舞いマイナス10℃にまで下がる非常に冷涼な産地です。

生物多様性を重視した環境作りをしており、ブドウの畝以外の敷地はほぼハニーグラスが植えられ、1.5kmに及ぶ防風林の隣にはミツバチが集まる花々が咲き、ブドウ以外にも杏や桃、アーモンドなどの果樹も無農薬で栽培されています。
(輸入元資料より)


【ブドウ樹】苗木業者に依頼し、最先端の特殊な果樹育成方式を採用して通常より5倍のスピードで成長を促したブドウ樹を植樹しており、樹齢は実質20年と同等の深味を備えています。

【畑総面積】5.5ha (開墾中含む)
【栽培管理】ビオディナミ(認証前)
【標高】320m~400m
【栽培品種】ヴィオニエ、ルーサンヌ、シラー
【土壌】泥炭頁岩、雲母片岩など
【収量】収量を抑えるためグリーンハーベストを行う
【収穫】区画ごとに分け、小さなバスケットを用いて手摘みにて行う

【発酵】温度制御可能なステンレスタンク使用
【マロラクティック発酵】あり
【熟成】数種類の古樽使用
【樽】オーストリアのシュトックリンガー社製 他
【2019年年間生産量】8,000本


12/1(水)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・サン・プレフェール’19上級品

凝縮してコクがあるが、同時にエレガンスも感じられるよい質感!

すでに超一流生産者のレベルにある!



















 


ABマーク、ユーロリーフあり!

そもそもシャトーヌフデュパプは、『 濃くてアルコールが高い 』というイメージが強いですが、エレガントなものなど意外に幅広い多様性がある面白い産地です。ぜひお楽しみください。


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!


’17’16は、全銘柄がすでに再入荷不可能!!!

’19も4種類ともABマーク、ユーロリーフあり!




ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・オーギュスト・ファヴィエ’19

税込¥9020(税別¥8200)

<あと12本>限定品!

Jeb Dunnuk 95~97点!!!

最新VINOUS 96点!!!
(2021年10月試飲)

スペクテーター・オンライン95点!

デカンター・オンライン92点


MVF(旧クラスマン)2022年度版94点




ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・シャルルジロー’19

税込¥18150(税別¥16500)

<あと12本>超限定品!

※再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。

Jeb Dunnuk 97~99点!!!

最新VINOUS 97点!!!
(2021年10月試飲)

スペクテーター・オンライン97点!!!

デカンター・オンライン96点!


MVF(旧クラスマン)2022年度版95点!




ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・コロンビ’19

税込¥16500(税別¥15000)

<あと3本>超限定品!

※再入荷不可能!

最新VINOUS 96点!
(2021年10月試飲)

スペクテーター・オンライン94点

デカンター・オンライン95点!


MVF(旧クラスマン)2022年度版96点!!!
さらにクー・ド・ラネ!!!
そして2つ星生産者に昇格!!!




ドメーヌ・サン・プレフェール、シャトーヌフデュパプ・ルージュ’19

税込¥6820(税別¥6200)

<あと9本>限定品!

Jeb Dunnuk 91~93点

スペクテーター・オンライン93点

最新VINOUS 93点!
(2021年10月試飲)


MVF(旧クラスマン)2022年度版92点







Domaine Saint Prefert, Cotes du Rhone Rouge Clos Beatus Ille '19

ドメーヌ・サン・プレフェール、コートデュローヌ・ルージュ <クロ・ベアートゥス・イレ>’19

税込¥4070(税別¥3700)

<あと3本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー90点(2020~2023年)

スペクテーター90点

MVF(旧クラスマン)2021年度版 91点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

39本完売。~※すでに再入荷不可能!

「2020.11月上旬に飲みました。毎年お客様に驚いていただける銘柄。トップノーズだけで上質で高級感があるのがわかる。実際に飲むとこれがもうシャトーヌフデュパプの品質で凝縮感がありつつ重すぎずコクはあり余韻が長い優れたワイン。ガリグ香強く、凝縮した黒い実の果実、数種類のスパイスなどの香り。果実味豊かで、中域の旨味エキスあり、タンニンの質が非常によく、酸は低めだが低すぎない。アルコールの浮きはなく、バランスよく、驚くほど豚肉と相乗効果が出る!豚丼でも合うし、豚バラ焼き、ヒレカツ(ソース)でもどれでも相乗効果によってワインと料理のどちらもおいしくなる。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13.5%
ABマーク&ユーロリーフあり!

グルナッシュ85%、サンソー15%

コンクリートタンク6ヶ月熟成

シャトーヌフのアペラシオンの南端に接するコート・デュ・ローヌの区画ラ・リオネのブドウを使用。レッドカラントやチェリーなどの粒の小さな赤い果実が詰まった華やかな香り。完熟果実の甘み、エレガントな酸、細かなタンニンが織りなすトーンの高い滑らかな味わい。シルキーなフィニッシュにはコショウやハーブのヒントが響く。 (輸入元資料より)



オーナー&醸造責任者
Isabel Ferrando

コンサルタント
Baptiste Olivier

所有畑面積
15ha

土壌
通気性と水はけの良く、石や岩の多い土壌、一部砂質

栽培方法
ブドウの栽培には有機農法を採用し、ビオディナミの手法も取り入れている。畑での作業はすべて手作業。ブドウに凝縮感を持たせるため、グリーンハーヴェストを行う。収穫は手作業で、暑さでブドウが傷まないよう朝のみ実施。完熟した粒のみを得るため、また除梗せずに発酵を行うため茎に青さを残さないよう、収穫には細心の注意が払われている。

醸造方法
赤ワインの発酵には主にコンクリートタンクを使用。熟成は、ブドウ品種、ブドウの出来によって、コンクリートタンク、バリック(新樽、古樽)、ドゥミ・ミュイと使い分ける。
セラーでは、月の天体運行にそって作業を進めることを重要視している。


「将来伝説となる」と賛美される唯一無二のシャトーヌフ新トップ・ドメーヌ

アンリ・ボノーの元で修業を積んだ女性醸造家によるローヌのエレガンスを極めた味わいは多くの人を魅了し、すでに世界中で入手困難を極めている。


2002年にイザベル・フェランドによって復興され、一躍注目を浴びているドメーヌ。イザベルはこのエリアの出身で、フランスの大手銀行クレディ・アグリコルでワイン生産者への融資を担当していた関係から、多くの生産者と知り合う機会に恵まれ、次第に生産者との交流を通じてワインのテイスティングやワイン造りを学ぶようになる。その後銀行を退職、特に親交の深かったシャトーヌフのトップドメーヌ、アンリ・ボノーのもとで修行を行い、念願であった自分のドメーヌを持つに至る。

進化しつづけるワイン造り

2003年の初ヴィンテージでいきなり専門各誌で高評価を獲得。2007ヴィンテージではロバート・パーカーから「完璧なワイン」、「将来伝説となる」という言葉と共に、スペシャル・キュヴェであるコレクション・シャルル・ジローに100点が贈られた。多彩な土壌を持つシャトーヌフでいくつかのパーセルを所有し、さらに優れたテロワールを持つ畑を買い増している。アンリ・ボノーとスターエノロゴのフィリップ・カンビと共に基礎を築いた彼女のワイン造りは進化し続けている。名実ともにトップドメーヌの仲間入りを果たし、今後益々目が離せないシャトーヌフ・デュ・パプを代表する生産者である。
(輸入元資料より)


 

12/1(水)アップ~蔵出しリドルフィ’18’15再入荷

11/7(日)アップ~蔵出しリドルフィ’19’18’16’15

非常に印象深いツヤツヤ滑らか感!ピュアな全体像とエレガントで活きた酸!











貴重なラシーヌ輸入の蔵出し正規品


ガンベロロッソ2021年度版にて Cantina Emergente に選ばれる!

なんとポッジョ・ディ・ソットとサリクッティで醸造を担当していた人物!!!
有機栽培、驚くほど清潔なセラー!




Ridolfi, Chianti Rocchetto '19

リドルフィ、キャンティ・ロッケット’19

税込¥2640(税別¥2400)

<あと9本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

例年リリース直後はわずかにタニックなことろを太陽の年なので今すぐ開けて非常においしいという状態

Sangiovese 75%, Merlot 15%, Canaiolo 10%

フィレンツェ西部のラルチアーノ地区
標高100~200m
周辺環境にも配慮した持続可能な有機栽培、手摘み
ステンレスタンクで20日間マセレーション
ステンレスタンクで半年熟成

サンジョヴェーゼらしいシリアスな印象だが食事に対して一歩引いてくれる懐の広さも感じられる。気軽ながら、丁寧な造りを感じさせるテクスチャー。(輸入元さんコメント)




Ridolfi, Rosso di Montalcino '18

リドルフィ、ロッソ・ディ・モンタルチーノ’18

税込¥3630(税別¥3300)

<あと16本>絶対おすすめ!
限定品!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2021年
シルバー受賞&90点!


デカンター・オンライン89点

パーカー87点

Wine Enthusiast 90点

Top Wine Slow Wine 2021に選ばれる!


「2021.10月下旬に試飲しました。普通のコンディションだとチャーミングで終わってしまいかねないこの銘柄もラシーヌ輸入だとここまでみずみずしくエレガントで伸びやか。ほのかな塩味を伴う旨味、新鮮で生きた酸。すでに非常によく溶け込んだタンニンの球体系。樽は全くと言っていいほど感じない。ずっと飲み続けていられるイタリア」

アルコール%

位置:モンタルチーノ北東斜面、標高300m
土壌:粘土質土壌、海洋性化石、高地にアルベレーゼ(風化した砂岩)を多く含む
ステンレスタンクで30日間マセレーション
トノーと大樽で12ヶ月熟成、12ヶ月瓶内熟成

明るく澄んだルビーレッド。伸びやかな酸が最初に口の中に広がり、後味に果実味とストラクチャーの素性の良さが印象に残る。(輸入元さんコメント)




Ridolfi, Brunello di Montalcino '16

リドルフィ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ’16

税込¥7920(税別¥7200)

<あと10本>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2021年
ゴールド受賞&95点!!!


デカンター・オンライン89点

パーカー88点

Wine Enthusiast 92点

ファルスタッフ 94点!

ガルディーニ・ノート・コム 100点!!!


「2021.10月下旬に試飲しました。凝縮感の強い当たり年なのでもっと固くて重いと思ったら、ほかの生産者の普通の年くらいの骨格はあるが固くない重くない味わい。やはり一貫してピュアでエレガント&シルキーなスタイル。さすがにタンニンはまだ溶け込み切っていませんが、深みと余韻がある素晴らしい内容。樽も全然強くなく、濃厚なブルネロをお求めの方には向かない繊細で複雑タイプであり、濃さと重さが美点ではない」

アルコール%

位置:モンタルチーノ北東斜面、標高300m
土壌:粘土質土壌、海洋性化石、高地にアルベレーゼ(風化した砂岩)を多く含む
ステンレス・スチールタンクで60日間醗酵
スラヴォニアオーク樽で36ヶ月熟成ののち、最低12ヶ月瓶内熟成

端に僅かにオレンジのニュアンスが出始めている輝きのあるルビー。ベリー系のエッセンスを思わせる軽やかな赤い香りにピンクペッパー、ローズマリーにうぐいす餡。黒い果実やカラメルのような濃厚さとは無縁な透明感のある流麗なサンジョヴェーゼ。(輸入元さんコメント)




Ridolfi, Brunello di Montalcino Riserva Mercatale '15

リドルフィ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ・メルカターレ’15

税込¥14300(税別¥13000)

<あと6本>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2021年
ゴールド受賞&95点!!!


デカンター・オンライン88点

Wine Enthusiast 90点

ファルスタッフ 95点!

ガルディーニ・ノート・コム 98点!!!


「2021.10月下旬に試飲しました。今までに飲んだすべてのイタリアワインの中で一番シルキーな滑らかさ。粒子が細かいツヤツヤ感で、繊細で複雑。薄いとは絶対に違うのですが、この銘柄を高く評価しない方がいても不思議ではない(よくあるザラッザラの熟して濃くて深いタイプではないので)。樽もすでによく溶け込んでおり、生産者曰く、かなり昔のモンタルチーノはこのようなスタイルだったそうで、そこを目指しているようなのでラシーヌ輸入との相性が最高」

アルコール%

位置:モンタルチーノ北東斜面、標高300m
土壌:粘土質土壌、海洋性化石、高地にアルベレーゼ(風化した砂岩)を多く含む
ステンレス・スチールタンクで60日間醗酵
25-35hlのスラヴォニアオーク樽で45ヶ月熟成ののち、最低12ヶ月瓶内熟成。ノンフィルター

僅かにぼんやりとした印象の明るいルビー。注ぎたては還元の影響か火打ち石の様なミネラル感とかすかに揮発酸があるがすぐに飛んでいく。酸のレベルが高く、現段階で飲んでも既に液体としてのレベルが高いが、熟成を経た進化に期待を抱けるワイン。 (輸入元さんコメント)



ワイナリー《リドルフィ》の旧所有者は、フィレンツェの貴族リドルフィ家。2011年にオーナーが変わり、2014年に着任した醸造責任者ジャンニ・マッカーリのもと、際立って繊細優美なブルネッロを生み出し、初作2014VTからワインジャーナリズムで絶賛を博す。ジャンニ・マッカーリは、ポッジョ・ディ・ソットとサリクッティという別格のブルネッロで延べ25年間ブルネッロ造りに携わった。その間、ポッジョ・ディ・ソットではジューリオ・ガンベッリの薫陶を受けながら醸造責任者の大任をも果たし、サリクッティでは化学出身の理知的なオーナーのもとで、優雅で洗練されたブルネッロ造りに貢献した。リドルフィの醸造責任者としては、就任直後から畑をビオロジック栽培に転換し、セラーも機能と衛生面向上のため全面的にリノベーションを実施。なお、モンタルチーノ以外に、少量ながら硬質純良なキアンティ・フィオレンティーノも産する。
 モンタルチーノに14haある畑は町の北東部にあり、ガレストロ土壌と、“塩分を多く含む灰色の海洋(性堆積)土壌”とが点在する。それぞれの区画にあった7つのクローンを選別し、栽培。自然酵母で、ステンレスタンク発酵。ワインは、フレンチ・オークとスラヴォニアン・オークの両原材を用いた樽に移した後、大樽で熟成させる。キアンティを含めてジャンニの手がけるサンジョヴェーゼには、いずれも果実味の透明感があり、特にブルネッロに備わる例外的なまでの澄明軽快な果実味には、酸味と塩味が加わり、高い次元で微妙なバランスを実現しています。繊細な感性と、近代醸造技術への深い理解を感じるワインです。

モンタルチーノについて

イタリアで「贈答用高級品」イメージが定着したブルネッロ・ディ・モンタルチーノの産地。シエナから南南東に約40km、海岸線からは約50kmでキアンティ・クラッシコより温暖・少雨。銘醸地としてのモンタルチーノの歴史は短く、1800年代半ばから。1966年のDOC認定時も、生産者はわずか30社ほどだった(現在は300社以上)。DOCG法はサンジョヴェーゼ100%を義務づける。しかし2008年、この法に背いた4つの大規模生産者が摘発される大スキャンダルも発生した。現在、トスカーナ中で行われているサンジョヴェーゼの優良クローンへの植え替えの中でも最重要種の一つBBS-11は、この地のビオンディ・サンティの主要クローン。ちなみにBBSとは、ブルネッロ・ビオンディ・サンティの略である。総面積24,000ha。うち約20%がブドウ畑。卓抜した生産者のロッソは、凡庸な生産者のブルネッロを上回ることは、驚くべきではない。
(輸入元資料より)


 

2021/12/1(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ルネ・ブーヴィエ’19

べタンヌ&ドゥソ―ヴ2011年度版から3つ星生産者に昇格!

有機栽培となり、スタイルもエレガントに変化して酸っぱくない固くない高い品質!




2015.10月末

ブルゴーニュから
ルネ・ブーヴィエの現当主ベルナールさん(画像左)と
ポール・ピヨの現当主ティエリーさん(画像中央)が
一緒に当店に来てくれたので自宅で2時間以上かけて説明を聞きながら試飲するというなんとも贅沢な時間でした







 




ルネ・ブーヴィエさんは、2001年から造りを変えて
(それまでは樽が強く、色も黒っぽかった、、、)
新樽比率と抽出を抑えている
ピジャージュの回数を減らしたり、全房発酵の比率を上げたり

有機栽培、果実は凝縮しているがタンニンはとても丸く、すべてのワインが酸がきつくなく、タンニンも固すぎない

アルマン・ルソーやクロード・デュガより自分の方が基本的に遅く収穫する、
さらに半端じゃない長さの選果台で真に徹底した選別を行う

マルサネからヴォーヌロマネまで多くの畑を所有しているが、その距離は15キロ程度でそれほど離れていないし、収穫時期がすべて同時ではないのでマイナス要素はないとのこと

固いワインもしくは酸っぱいワインもわりと多く、ややバラツキのあるブルゴーニュ赤2013(同時に2013が過去最高においしい造り手も何人かいます!)で全銘柄が、すでに飲めてしまうバランスは珍しいと言えます

’19では別ラベルでサンスフル銘柄を造るなど亜硫酸量も減らしています




DOMAINE RENE BOUVIER,
GEVREY CHAMBERTIN RACINES DU TEMPS Tres VV '19

ドメーヌ・ルネ・ブーヴィエ、ジュヴレシャンベルタン・ラシーヌ・デュ・タン トレ・ヴィエイユヴィーニュ’19

税込¥9900(特価・税別¥9000)



輸入元定価・税込¥13,200

<あと9本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 90~92点
(Outstanding Top Value!)

ブルゴーニュ・オージョルディー17.5/20点!!!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 94点!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度版 94点!!!

「2021.11月下旬に飲みました。’18と同時に飲み比べました。昔より樽弱めでナチュラルにはなっているがそれでも’18は濃くてほろ苦いコクがあるタイプで多少荒々しいが黒い実の果実主体の香りでおいしい。’19は同じ畑どころか、同じ生産者とは全く思えないくらい違う味でピュアでナチュラルなエキス系で全房醗酵っぽい熟してやや華やかミルキーな赤い実の果実主体、フルーツガム、甘い桃と梅の非常によい香り。艶と滑らかさのある果実味、複雑性の高い味わいで、酸は低くなく伸びやかで、アフターにかけてグリップコクあり(’19はほろ苦さなし)、長い余韻。明らかに1級上位の畑の満足度があり、価格以上の味わい。’18よりも亜硫酸少ない香りと味わいで、’19だけじゃなくて今後ずっとこのスタイルだととっても嬉しい。’18までルネ・ブーヴィエさんが苦手だった方も見直すべきというレベル。抜栓の次の日~3日後までわずかに向上する。まったく落ちない」

アルコール13%

’18 デカンター・オンライン93点!

’18 Wine Enthusiast 92点

樹齢約90年の2つの区画から造られるブーヴィエ渾身のフラッグシップワイン。「時の根」を意味し、非常に古いブドウ樹の根が土壌の深くまで入りジュヴレ・シャンベルタンのテロワールを反映している事に由来します。
口当たりはトロリとした粘性と共にビロードのようになめらかで、スミレやリコリスの香りに白コショウのニュアンスも含み大変魅惑的なワインです。
(輸入元資料より)



『 1910年現当主の祖父ベルナール・ブーヴィエ氏がマルサネ村にドメーヌを設立しました。1950年にルネ・ブーヴィエ氏が引き継ぎ畑を12haまで増やし、1992年から現当主のベルナール・ブーヴィエ氏が妻のステファニーと共に運営しています。2006年にジュヴレ シャンベルタンに新醸造設備を建設し、2009年には所有するすべての畑でEcocertを取得。2011年から一部畑においてビオディナミを開始しました。2005年オスピスで「5名の有望な若手生産者」に選出されています。

~6つの村に計17haの畑を所有し、すべての畑でEcocert認証を取得しています。畑毎ではなく、区画毎のテロワールの重要性を感じ、区画毎に管理しています。ブドウ果は樹木1本あたり8房までに収量を制限し、平均収量は村名クラスが35hl/ha、プルミエ クリュとグラン クリュが30hl/haです。収穫はすべて手摘みで、ブドウが潰れないように20kgの小型コンテナで醸造所まで運びます。選果は収穫時、振動選果台、手作業選果と3回に渡って行われます。 (輸入元資料より) 』


12/1(水)アップ~蔵出しドメーヌ・イヴォン・クレルジュ’19

蔵出しドメーヌ・イヴォン・クレルジュ’17

蔵出しドメーヌ・イヴォン・クレルジュ’18


すぐに開けてもかなりおいしい深みと余韻があるヴォルネイ!









 



Yvon Clerget, Volnay 1er Cru Clos du Verseuil '19

ドメーヌ・イヴォン・クレルジュ、ヴォルネイ プルミエ・クリュ・クロ・デュ・ヴェルスイユ’19

税込¥15400(税別¥14000)

<あと12本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー92~94点
(William Kelley)

VINOUS 93~95点!
(ニール・マーティン、2025~2045年)

ファルスタッフ 93点!






Yvon Clerget, Volnay 1er Cru Clos du Verseuil '17

ドメーヌ・イヴォン・クレルジュ、ヴォルネイ プルミエ・クリュ・クロ・デュ・ヴェルスイユ’17

税込¥14300(税別¥13000)

<あと3本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー90~92点
(William Kelley)

スペクテーター94点!
(2022~2035年)

VINOUS 92点(アントニオ・ガローニ)

VINOUS 92点(ニール・マーティン)





Yvon Clerget, Volnay 1er Cru Clos du Verseuil '18

ドメーヌ・イヴォン・クレルジュ、ヴォルネイ プルミエ・クリュ・クロ・デュ・ヴェルスイユ’18

税込¥14740(税別¥13400)

<あと15本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー92+点
(William Kelley、2025~2045年)

VINOUS 94点!
(ニール・マーティン、2023~2042年)

ファルスタッフ 94点!

ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点


「2021.1月中旬に飲みました。ワイナート93号にて大きく取り上げられた後にさらに品質が上がったものと思われます。昔のクラシックなヴォルネイとは別物ですが、複雑性と余韻はかなりのもの!ヴォルネイ1級サントノ’17と同時に飲み比べてこちらの方がかなり上質だった上にすぐ開けてもこちらのほうがおいしいまったく問題なく飲み頃NOW~。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。もっと熟して樽が強い予想だったが、思いのほか樽とタンニンが良く溶け込んで果実にエネルギーと厚み・深みがある。厚みエキスとコク、粘性を感じる良質タンニンのグリップ、熟成も可能な骨格がある高次元の調和。かなり余韻が長く酸が低くないために伸びもある。明らかに特級クラスの満足度!味の濃いさくらんぼなど意外と華やかな赤い実の果実、紅茶や熟成香ではないドライフラワーなどの深みを感じる良い香り。抜栓の次の日から少しずつ向上して、抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール13.5%

’17 スペクテーター94点!

’16 デカンター・オンライン93点

’16 ワイナート93号 91点

石垣に囲まれ霜害に遭いにくい
タイユピエに隣接する0.68haのモノポールの畑!

平均樹齢45年以上!

ラズベリーと白い花のピュアで爽やかなアロマに控えめな木の香りが重なる。若々しいエネルギーにあふれ、細部のはっきりとした滑らかで上品なテクスチャーを持つミディアムボディーのフレーバー。ミネラルと酸がタンニンと見事にバランスを取り合い、長く続くエレガントなフィニッシュを形作っている。ドメーヌのフラッグシップであり、一飲の価値がある素晴らしいワイン。
(輸入元さんコメント)

バリック12ヶ月(新樽30%)熟成

醸造責任者:Thibaud Clerget
リュット・レゾネ
数日間の低温浸漬後に樽を使用して発酵。プレス後にバリックで熟成。



イヴォン・クレルジェはヴォルネイで古くからワイン造りをする名ドメーヌで、その起源はなんと1268年まで遡ることができる。現在は28代目当主のティボーがワイナリーの指揮を執り、6haの畑を所有している。先代である父イヴォンは2009年を最後に引退、息子ティボーがワインに対して並々ならぬ情熱を持っていたことを知りながらも、2010年から2014年までブドウを全てアンリ・ボワイヨに売ることを決意。なぜなら、当時のティボーはまだ20代前半とドメーヌを引き継ぐには余りにも若く、外部での研鑽が必要だったからである。この間、ティボーはアンリ・ボワイヨとユドロ・ノエラで畑の管理と醸造プロセスを徹底的に学び、その後オレゴンのドメーヌ・ドルーアン、更にはマールボロのギーセン・エステートで研鑽を積んだ。そして2015年、満を持してドメーヌに戻り自らのワイン造りに着手した。もともと古くから続くドメーヌで、先代からの素晴らしい遺産(優良区画と高樹齢のブドウ)が残された非常に恵まれた環境ではあるが、ティボーはそれだけでは飽き足りずブドウのポテンシャルを最大限引き出すため数々の改革を行った。栽培面ではリュット・レゾネへ切り替え、よりピュアで活力あふれるブドウの育成を行い、醸造面ではコールド・マセラシオンの導入、以前よりも半年ほど樽熟成期間を短くし、新樽の使用率を控えめにした。


「近年稀にみる新生ドメーヌ誕生のサクセスストーリー」アントニオ・ガローニ
こうして生み出される彼のワインは、単にしなやかでエレガントなスタイルというだけでなく、ピュアで透明感のある果実味にあふれんばかりのエネルギーが詰まった、絶妙なバランス感が最大の魅力である。2015年のファーストヴィンテージをリリースして間もなく、

「現在のコート・ドールにはエレガンスとテロワールの表現力・透明感を兼ね備えた造り手はいるものの、そこに本当の実体が伴うワインはない。ティボーのワインはまさにそれを成し遂げている。だからこそこのドメーヌを皆に紹介したい」byアラン・メドー、

「何としてでも味わうべきワイン。近年稀にみる新生ドメーヌ誕生のサクセスストーリー。若干28歳にしてティボーは偉大なキャリアを築き上げてしまった」byアントニオ・ガローニ、

と一流の評論家からこれ以上ないほどの大絶賛を受け、一気に世界が注目する生産者となった。次世代のブルゴーニュを担う若きライジング・スターであり、若干28歳で世界を虜にするティボー。彼が率いる新生ドメーヌ・イヴォン・クレルジェは、近い将来争奪戦必至のドメーヌとなることは間違いない。
(輸入元資料より)



12/1(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ゴワソ’19







 


ずっと有機栽培を実践
2001年にエコセール認証
2005年にデメテル認証
今では周辺環境にも配慮しつつビオディナミも実践




Domaine Goisot, Saint-Bris Moury '19

ドメーヌ・ゴワソ、サン・ブリ・ムーリー’19
(ブルゴーニュ・辛口白)

税込¥2750(税別¥2500)

<あと12本>絶対おすすめ!

VINOUS 91点!
(ニール・マーティン)

最新バーガウンド・コム 90点

ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点!


「2021.11月中旬に飲みました。若いサンブリとしてはやや濃いイエロー。’18のような蜜のニュアンスも少しあるが、もっとさわやかミネラリーな香りで味わいもよりしっかりした酸とミネラル。キレキレではないだけでまったく低くはない酸。少しキラキラ感がありピュアで緩みがなく、多少厚みとコクもあるよい出来。ずっと飲み続けていられるおいしさ。アフターにミネラル感が長く持続する。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール12.7%
デメテル、ユーロリーフあり!



Domaine Goisot, Saint-Bris Moury '18

ドメーヌ・ゴワソ、サン・ブリ・ムーリー’18
(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

VINOUS 91点!
(~Superb.ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 92点!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

24本完売。ありがとうございました

「2020.9月下旬に試飲しました。サンプリでこれほど蜜のニュアンスが強いワインに初めて出会ったので驚いた。一切尖っていないが低くはない酸とミネラル。亜硫酸をかなり減らしている印象のコンディションよいピュアな質感で、飲み頃NOW~のよいバランス。サンプリとしては珍しく冷やしすぎないほうがおいしい。例えば典型的なおいしいソーヴィニヨンブランのイメージがあるウイリアム・フェーヴルのサンブリなどとは全く違う印象で、ブラインドでソーヴィニヨンブランだとわからないかもしれない」

【品種】ソーヴィニヨン・ブラン100%
【区画】ムーリー
【土壌】ポルトランディアン(別名チトニアン):キンメリジャンと同じくジュラ紀に形成された土壌で、牡蠣の化石を多く含む石灰質
【樹齢】25年   【仕立て】ギュイヨ・サンプル
【全房使用率】100%   【収量】55hl/ha
【2018年】夏は暑い日が多く、一年を通して天候に恵まれました。
【醸造】発酵から熟成までステンレスタンクを使用し、野生酵母による自然発酵を促し、シュールリーにて10カ月間熟成
【瓶詰】2019年8月

【外観】グリーンがかった輝くイエローで、金色のローブを伴います。
【アロマ】完熟した桃などのフルーツや柑橘系のフルーツ、数種類のハーブ、微かなメンソールのアロマがグラスから溢れるほど豊か。
【味わい】繊細で爽やかな酸味と、グレープフルーツやライム、ブドウや桃などのアロマに感じられた数々の豊かな果実味、そしてエレガントで芳醇なアカシアのハチミツのような風味が口中いっぱいに広がります。旨味を伴いながら、ポルトランディアン土壌(石灰質)由来の火打石のような風味を伴うフィニッシュが長く続きます。少なくとも7年間は熟成でき、ロブスターや白身魚などのシーフードや川魚のテリーヌによく合います。また、シェーブル、コンテ、エメンタール、マンステール、ロックフォールなど様々なチーズと美しいマリアージュを見せるでしょう。
【アルコール度数】14.0%


歴史を遡ること中世の時代、14世紀の頃からワイン造りが行われてきた歴史ある土地、ブルゴーニュ北部のサン・ブリにおいて、長い歴史を誇る、名実ともにナンバーワンといわれる生産者です。現在の当主はジャン=ユーグ・ゴワソとジレーヌ夫妻で、彼らの息子ギレムと妻のマリーも運営に携わる、家族経営のドメーヌです。
ブルゴーニュにありながらも控え目なAOCのキュヴェを造っていますが、その歴史をしっかりと継承し、ワイン造りにおける長く地味な作業など全てを驚くほど丁寧に行い、この地においては他の追随を許さない非常に高いクオリティを誇っています。
(輸入元資料より)

【栽培】全てビオディナミを採用    【面積】約30ha
【産地】「サン・ブリ」、「イランシー」、「シャブリ」
【土壌】①「キンメリジャン」:ジュラ紀後期に形成された土壌で、乳白色で塩分が豊富な石灰質
     ②「ポルトランディアン(別名チトニアン)」:ジュラ紀後期の「キンメリジャン」の次に形成された土壌で、ジュラ紀後期最後の土壌。牡蠣の化石を多く含む石灰質。

【樹齢】ほとんどが古樹で長いものは樹齢90年以上に及びます。
【栽培品種】ソーヴィニヨン・ブラン、ソーヴィニョン・グリ、シャルドネ、アリゴテ、ピノ・ノワール
添加物は極限まで少なく、昔ながらの醸造方法を用いた至ってクラシカルな造りです。
【醸造】野生酵母による自然発酵で、ほとんどが樽発酵、樽熟成。補糖なし。コラージュなし。
【熟成】中世の時代に造られた地下のカーヴでゆっくりと寝かされます。


12/1(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ランクロ’19

4/1(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ランクロ’18


まだ誰も知らない新ドメーヌ!







 


’19も2種類ともユーロリーフあり!




Domaine de l'enclos, Chablis Les Clos '19

ドメーヌ・ド・ランクロ、シャブリグランクリュ・レ・クロ’19
(辛口白)


税込¥10670(税別¥9700)

<あと12本>超限定品!
初入荷!

MVF(旧クラスマン)2022年度版 93点!

※すでに再入荷不可能!

豊かなミネラルが主張する複雑な味わいで、長期熟成も可能。言わずと知れたシャブリのグラン・クリュ最上の畑で0.67haを所有。力強さがあり長期熟成にも耐えうる。

熟成:バリックで澱と共に16ヶ月




Domaine de l'enclos, Chablis '19

ドメーヌ・ド・ランクロ、シャブリ’19
(辛口白)


税込¥3740(税別¥3400)

<あと12本>

MVF(旧クラスマン)2022年度版 90点




Domaine de l'enclos, Chablis '18

ドメーヌ・ド・ランクロ、シャブリ’18
(辛口白)


税込¥3630(税別¥3300)

<あと1本>絶対おすすめ!

LVF誌16~16.5/20点!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 90点

「2021.3月中旬に試飲しました。蜜リンゴ、ヨード、海のミネラルなどの亜硫酸少なそうなピュアなトップノーズ。’18なので酸はキレキレではないものの、果実に艶がありうまみと余韻もあって上質。今後有名になっていく可能性が高そう」

アルコール13%
ユーロリーフあり!

複数の村に点在する区画のブドウを使用。レモン、オレンジなど柑橘類の熟した果実の香り。口に含むと素晴らしい果実の密度とともにフレッシュな酸が広がり、爽やかで心地よい余韻につながる。


シャルドネ100%
ステンレスタンクで発酵、澱と共に9ヶ月熟成

ブルゴーニュの北限に位置するシャブリは冷涼な気候のため、病害や霜のリスクが高くビオディナミを実施するのが特に難しい。厳しい環境であるにも関わらず、多くの畑を転換し残りの畑でも転換を進めていることから品質へのこだわりが見てとれる。畑での生物多様性を重要視し、土中の生態系を保つために除草剤不使用はもちろんのこと、雑草は鋤き返しを行うことで土中へと還元し、その種子が芽吹くように取り除かず全てそのままにしている。病害に対しても自然由来のもののみを使用し、銅や硫黄、ビオディナミで用いられるプレパラシオンを使用する。空気の流れや日照を考慮して剪定を行い収穫は全て手摘みで行われる。通常プティ・シャブリやシャブリでは機械による収穫比率の方が高いことから、彼らがいかに畑で多くの時間を過ごし、慎重に作業を行っているかが分かる。醸造においても、極力人為的な干渉をしない「ハンズオフ」がドメーヌのモットーだ。選果後に空圧式プレス機で圧搾した後、自然酵母のみを使用しステンレスタンクで区画毎に発酵させる。SO2は必要最低限の添加に留め、その他一切の添加を行っていない。献身的な畑作業により熟度の高いブドウを収穫できるからこそ、最小限の介入で高品質なワインを造り出すことが出来るのである。

ランクロは2015年に立ち上がった新しいドメーヌのためメディアには一切出ておらず、知る人ぞ知るワイナリーだ。フランスではポール・ボキューズやベルナール・ロワゾーなどのミシュラン星付きレストランにオンリストされており、国内ではすでに注目されていることが分かる。高品質なグラン・クリュ、プルミエ・クリュが魅力的な値段で手に入るとなれば、今後世界中で評価され人気が急上昇するだろう。絶対に見逃してはならない生産者である。
(輸入元資料より)


12/1(水)アップ~<※24本限定!>蔵出しロジェ・クーロンNV

まだかなり割安感のあるシャンパーニュ!









 


認証は取っていないが畑は有機栽培で、ビオディナミのアプローチも取り入れている。
ドサージュ量も減らしつつあり、亜硫酸量も今後減らしていきたいようですね。




Roger Coulon, Champagne 1er Cru L'Hommee Extra Brut NV

ロジェ・クーロン、シャンパーニュ・プルミエ・クリュ・ロメ エクストラ・ブリュットNV
(辛口白泡)


税込¥5940(税別¥5400)

<あと24本>絶対おすすめ!

最新VINOUS 94点!!!
(2019年12月試飲)

VINOUS 93点!
(2018年11月試飲)

パーカー93点!
(2018年9月試飲)

スペクテーター90点
(2021年10月試飲)

Wine Enthusiast 91点


※輸入元さんにて人気で欠品!~2022年3月くらいまで買えません。

「2021.10月中旬に飲みました。初めて飲みましたが、この価格ならかなり良いですね。冷やしすぎない~セラー温度くらいがおすすめ。やや濃いイエロー。やや凝縮感のあるアンズ、ベリー、ブリオッシュ、ナッツなどの香り。時間とともに梅ジュースの香りも出てくる。強過ぎず、固くなく、キレキレ過ぎず今おいしい。味付きよく、うまみ塩を含むミネラルが残るアフター。幅広く食事に合うバランスの良さもある。抜栓の次の日も非常においしい」

RM a Vrigny

今回入荷ロットは
デゴルジュマン2020年9月
シャルドネ60%、ピノノワール35%、ピノムニエ5%
ドサージュ3グラム/リットル

【品種】例年大体 ムニエ 40%、シャルドネ 40%、ピノノワール 20%
【区画】全てプルミエクリュ 【樹齢】20~50年
【熟成】シャルドネは樽を使用
【ドザージュ】3g/L   【瓶熟成】5年以上
【テイスティングノート】美しい黄金色で、柔らかい酸味に旨みが乗り、余韻も非常に華やか。
【アルコール度数】12.0%

各キュヴェのラベルデザインは使用されたブドウが収穫された区画を示しています。
【村】1級村「ヴリニー」、「クロム・ラ・モンターニュ」、
「パルニー・レ・ランス」、「ヴィレール・アルラン」

【総面積】10ha   【土壌】チョーク質、粘土質、砂れき質
【栽培】デュラーブル(リュット・レゾネの一種)
【管理】区画を109に分けて細かく管理しており、根を出来るだけ深く伸ばすよう漉き入れを丁寧に行ったり、区画によっては生物多様性の恩恵を受けるため雑草を生やしたままにするなど、テロワールを最大限に引き出すように努めています。
【平均樹齢】約40年ですが、最も古い区画は1924年に植樹された記録が残っています。

搾汁はゆっくりと4時間ほどかけて行います。ファースト・キュヴェのみを自社のキュヴェに用い、他はネゴスへ販売しています。酵母は加えず天然のまま醸造し、熟成は樽を使用しますが、新樽はコトー・シャンプノワに使い、その3年後からシャンパーニュに割り当てています。25年ほど前より、「ヴァン・ド・レゼルヴ」はステンレスタンクにて、ソレラシステムで造られています。




Roger Coulon, Champagne 1er Cru Brut Nature Esprit de Vrigny NV

ロジェ・クーロン、シャンパーニュ・プルミエ・クリュ・ブリュット・ナチュール・エスプリ・ド・ヴリニーNV

税込¥7700(税別¥7000)

<あと1本>

最新VINOUS 90点
(2019年12月試飲)

パーカー94+点!!!
(2018年9月試飲)

Wine Enthusiast 92点(Edotors'Choice!)


デゴルジュマン2019年11月
生産量:2,300本のみ

【品種】ピノ・ノワール 1/3  ムニエ 1/3  シャルドネ 1/3
【区画】全てプルミエクリュ  【樹齢】40~60年
【醸造】シャルドネは樽熟成  【瓶熟成】6年以上
【ドザージュ】なし
【テイスティングノート】アプリコットやプルーンのコンポート、ドライフルーツなどの風味が豊かに広がり、余韻にボワゼのニュアンスを感じます。
【アルコール度数】12.0%




Roger Coulon, Champagne Millesime Blanc de Noirs '12

ロジェ・クーロン、シャンパーニュ・ミレジム・ブラン・ド・ノワール ブリュット・ナチュール’12

税込¥12100(税別¥11000)

<あと3本>超限定品!

スペクテーター93点
(2024~2036年)

Wine Enthusiast 93点


デゴルジュマン2021年1月

【キュヴェ】基準をクリアした恵まれたヴィンテージのみ醸造
【品種】ピノ・ノワール 50%  ムニエ 50%
【区画】ピノ・ノワール「Les Limons」  ムニエ「Les Linguets」
【土壌】砂質土壌   【植樹】1953年、 1959年
【ブドウ樹】台木をされていない「フラン・ド・ピエ」
【醸造】コラージュなし、フィルターがけなし、マロラクティック発酵なし
【ドザージュ】3g/L   【瓶熟成】8年以上
【テイスティングノート】エレガントかつ力強い深みのあるシャンパーニュ
【生産量】8000本
【アルコール度数】12.5%   ◆無清澄・無濾過


モンターニュ・ド・ランス地区のヴリニー村に8世代続く作り手で、創業は1810年。現在は9代目のエリック&イザベル・クーロン夫妻がその歴史を継承しています。この 『ロジェ・クーロン』 を含むシャンパーニュ5つの生産者 『エグリ・ウーリエ』、『ジャック・セロス』、『ジャクソン』、『ラルマンディエ・ベルニエ』で 、【Trait-d-union/トレデュニオン】 というグループを結成しており、品質の向上や様々な意見の交換の場として協力し合いお互いを高め合っています。2013年はスペインのへレス、2015年はオーストラリアにて現地の醸造家と試飲会を開催するなど活動は国境を越えており、2019年の来日時の熱気あふれる様々なセミナーなどの記憶も新しく、彼らの情熱を窺い知ることができます。
(輸入元資料より)


12/1(水)アップ~蔵出しジョゼ・ミシェルNV750ml

非常にバランスよい味わい






↑ラベル・デザイン変更





ラシーヌ輸入品!

ついに高く評価され始めてしまいました、、、数年前に出回った三ツ矢サイダー的な荒い泡でコンディションの悪い¥3000前後のシャンパーニュとは根本的に違います。

<HVE> Haute Valeur Environnementale
環境に配慮した農法認定を取得済み!




ジョゼ・ミシェル、シャンパーニュ・ブリュット・トラディションNV

(ハーフ・375ml・RM・辛口白泡)

税込¥2530(税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

5年前より¥220お安い価格!!!

「2021.正月に375mlを飲みました。明るいイエロー。重さとコクは全然ないがさすがのコンディション抜群による泡の質が非常にきめ細かく、ピュアでみずみずしいおいしさで使い方次第でかなり楽しめる。実際に某デリバリー・サービスで注文したバル・エスパーニャさんの『魚介の旨味たっぷりの海鮮パエリア』と激しく合う。少しレモンをかけるとさらに相乗効果出る。グレープフルーツ、焼いたパン、マッシュルーム、ミネラルなどの香り。軽やかだが伸びはあり、ガス圧は弱め。濃さではないおいしさが素晴らしい」

アルコール12%

116本以上完売!!!ありがとうございました



ジョゼ・ミシェル、シャンパーニュ・ブリュット・トラディションNV

(750ml・RM・辛口白泡)

税込¥4400(税別¥4000)

<あと18本>絶対おすすめ!

最新インターナショナルワインセラー91点!!!(2015.6月試飲)

インターナショナルワインセラー90点!(2013.12月試飲)

最新パーカー・オンライン89点(David Schildknecht.2013.11月試飲)

バーガウンド・コム 91点!(2009.10月試飲)

ゴーミヨ誌15/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
大人気!
上記メディアの評価は少し前のものですが、畑の状態は今の方が良いですし、輸入後充分休ませた多とのラシーヌ輸入ものですから!

110本以上完売!

「2021.12月初旬に再度飲みました。」



「2021.3月下旬に750mlを飲みました。やはり凝縮感と重さ重視じゃなければサラダ、和食や寿司を含めかなり幅広く食事を生かすし、酸と泡の質が良いためがぶ飲み出来る軽やかな味わい。抜栓の次の日も非常においしい」



「2021.正月に375mlを飲みました。明るいイエロー。重さとコクは全然ないがさすがのコンディション抜群による泡の質が非常にきめ細かく、ピュアでみずみずしいおいしさで使い方次第でかなり楽しめる。実際に某デリバリー・サービスで注文したバル・エスパーニャさんの『魚介の旨味たっぷりの海鮮パエリア』と激しく合う。少しレモンをかけるとさらに相乗効果出る。グレープフルーツ、焼いたパン、マッシュルーム、ミネラルなどの香り。軽やかだが伸びはあり、ガス圧は弱め。濃さではないおいしさが素晴らしい」



「2013.1月下旬に飲みました。入荷後当店で休ませたこともありますが今回のロットもすごくおいしい。泡の質がよく、コクはそれほどないがバランスよく、今回のロットはいつもより少し酸が伸びやかに感じられた。ピュアでアフターに雑味ゼロなため、かなり杯が進んでしまうタイプ。抜栓の次の日も非常においしい」



「2011.10月に試飲しました。最近、¥3000前後のシャンパーニュが日本の市場で流通するようになってきていますが、ほとんどの銘柄が、人工的な甘さの強いものか、まるでサイダーのような荒く心地よさのない泡かどちらかのものが多いように思います。そんな中、このジョゼ・ミシェルは泡の質が非常にキメ細かく心地よいタイプで、(コクと深みはそれほどでもありませんが)本当の意味で価値がある銘柄だと思います。シャルドネ・グラスがおすすめです」

「2009.5月に750mlを短時間で試飲しました。前回飲んだときより大分高品質に感じられた、1月に飲んだハーフは8ヶ月以上前に入荷したものなのでヴィンテージやセパージュなど中身が違うのかもしれない。トレヴィジオールのプロセッコ→ランドロンの泡→このカルト・ブランシュの順で試飲したが価格通りに徐々に品質が上がっていき、このシャンパーニュはこの価格帯最高の銘柄のひとつで、誰にでも自信を持っておすすめできると感じた。はっきりしたキレやコクが特徴ではなく、クリーミーな泡と非常によいバランス、傑出した心地よさが個性だと思われます。もちろんアフターの雑味と余分な甘さなく(不快な人工的糖分もない)、構造も緩すぎない。大分値下がりしましたのでまた買いました」

「2009.1月に375mlを飲みました。やや明るいイエロー。焼いたパン、柑橘類、蜜リンゴなどの香り。中~わずかに強いくらいのガス圧、厚みよりはバランスとアフターのべたつきや雑味のなさが売りのおいしさ。なので温度も上げすぎないほうがおいしい。やはり価格以上の品質。抜栓の次の日、泡が少し弱くなって、こちらの方が個人的には好み。うまみもわずかに増したように感じられた」

 

何度も飲んでいますが、この価格帯では傑出したバランス、うまみがあり、泡の質も安っぽくない。オールシーズン楽しめるが、やや夏向きの味わい。人口的な甘さや雑味のない上質な味わい

ビオロジック栽培

大手メゾンと違い上質なピノムニエを使用

ピノムニエ主体、シャルドネ

ワイン王国13号などで高評価されています!

『 「シャンパーニュの伝説的な人物」と地元のセラーマスターの間で敬われながらも、自らは「シンプルな古典的原理を応用する職人」と考えている。樹齢の高いブドウから造られ、クリーミーで芳醇な味わいと熟成香による奥行きが自慢。ラシーヌ一押しの定番シャンパーニュ!現在は息子のブルーノを始めとした3人の息子たちのサポートにより、ドメーヌの今後の発展が約束されている。 (輸入元資料より) 』


12/1(水)アップ~蔵出しクロード・カザルNV再入荷

リピーター続出!









 


リュット・レゾネ。殺虫剤不使用
2019年に<HVE> Haute Valeur Environnementale レベル3
環境に配慮した農法認定取得!




Claude Cazals, Champagne Grand Cru Clos Cazals VV Ex-Brut '10

クロード・カザル、シャンパーニュグランクリュ・ブラン・ド・ブラン・クロ・カザルVV エクストラ・ブリュット’10

税込¥15400(税別¥14000)

<あと2本>限定品!




Claude Cazals, Champagne Grand Cru Clos Cazals VV Ex-Brut '08

クロード・カザル、シャンパーニュグランクリュ・ブラン・ド・ブラン・クロ・カザルVV エクストラ・ブリュット’08

税込¥15950(税別¥14500)

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

輸入元担当者さま大絶賛の1本!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

※すでに再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。
輸入元さんで一瞬で完売!例年以上に入手難!

「2020.8月初旬に飲みました。例年は非常に厳格で固い酸とミネラルでリリース直後はおいしくないのですが、この’08は不思議なことにもうおいしく飲める!それでいて酸とミネラルと骨格は決して弱くないので、熟成も可能。熟したフルーツの感じが飲みやすさを表現しているのか?抜栓直後からものすごい量のうまみ成分が口中に広がる。時間とともに少し温度も上がってくるとさらにおいしく豊潤かつキレがあり長い余韻で素晴らしい。買えるうちに買っておいたほうがよいと思います。抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール12%

例年リリース直後はガッチガチに固いですが、’08はいつもよりは飲める上に大きく余韻が長いそうです。キレがありつつ濃密で重さと深さ、長期熟成も可能なポテンシャルがある逸品!

シャルドネ100%
熟成 約127ヶ月
ドサージュ 5g/L

LA REVUE DU VIN DE FRANCE誌にて
『119本の偉大なブラン・ド・ブランのシャンパーニュ』
『コート・デ・ブランのもうひとつの偉大なクロ』
と絶賛されました!

クロ・カザルの中でも、1950年代に植樹された古樹の区画のみから造られるトップ・キュヴェ。ベースワインの一部はバリックで発酵を行う。華やかで広がりのある熟度の高い果実に加え、古樹の深みや緻密さを備えている。長い余韻には心地よい熟成感とナッツが漂う。豊満なオジェの魅力にフィネスを備えた偉大なグランクリュのクロ・シャンパーニュ。
(輸入元資料より)




Claude Cazals, Champagne Grand Cru Blanc de Blanc Brut Carte Or NV
(375ml/demie)

クロード・カザル、シャンパーニュ・グランクリュ・ブランドブラン・カルト・ドールNV ハーフ・375ml

税込¥3300(税別¥3000)

<あと5本>絶対おすすめ!



Claude Cazals, Champagne Grand Cru Blanc de Blanc Brut Carte Or NV

クロード・カザル、シャンパーニュ・グランクリュ・ブランドブラン・カルト・ドールNV 750ml

税込¥5500(税別¥5000)



輸入元定価・税別¥6,100

<あと10本>絶対おすすめ!

ゴーミヨ誌16.5/20点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

284本以上完売!!!

「2021.8月末に750mlを再度飲みました。」



「2021.7月下旬にハーフ・375mlを飲みました。少しの固さと緊張感を残しつつ非常にバランスのよい飲み頃NOW~。冷やしすぎないセラー温度がおすすめ。うまみ蜜リンゴ、ミネラルなどのよい香り。味わいは塩ミネラルが強く緩くなく、ガス圧弱めで泡の質が良く伸びもある。酸は尖っていないが、決して低くない。なかなかの傑出バランスでオールシーズン常に外さない即戦力。サバカレーに合う。抜栓の次の日も最高においしい」



直近では2018.9月試飲を含め、何度も試飲していますが、常にバランスよく、ややキレがある価格以上の満足度で、あらゆるシーンでオールシーズン楽しめるタイプ。レストラン採用率がかなり高いのもうなづける、使い勝手が極めて良い銘柄。なお3年前くらいまではゴールド・ラベルでした。

シャルドネ100%

熟成36ヶ月以上

ドサージュ8g/L

グランクリュのオジェとル・メニル・シュール・オジェのブドウから造られるブラン・ド・ブラン。リンゴ、洋ナシ、ハチミツのフローラルな香りにナッツやミネラルのヒント。細かな酸とミネラルを包み込む大らかな果実。蜜っぽさやナッツを感じさせる中盤から精緻な酸が鮮やかに伸び、エレガントなフィニッシュに導く。
(輸入元資料より)



これまで8,500種以上のシャンパーニュを試飲してきた評論家リチャード・ジューリンから、「歴史上最もエレガントなシャンパーニュをもたらす」と最大の賛辞を受けるル・メニル・シュール・オジェは、シャルドネの聖地コート・デ・ブランの最南端に位置するグランクリュだ。クリュッグの最上キュヴェを生む畑クロ・デュ・メニルを擁し、洗練の極みであるサロンを生み出すこの村の魅力に大きく寄与するのは土壌である。表土が非常に薄くベレムナイト・チョークの層がすぐに露出する土壌が、豊かで強いミネラル感とシャープな酸をもたらし、シャンパーニュのグランクリュの中で最も長熟で最もエレガントと評されるワインを生み出す。
それに対し、すぐ北隣に位置するグランクリュ、オジェでは、北風から保護されたパラボラアンテナ状の独特の地形により優しい果実と穏やかな酸が備わり、大らかな気品が魅力となる。

1897年創業のクロード・カザルは、対照的なこれらふたつのグランクリュとその周辺のプルミエクリュのみに約9haの畑を所有するレコルタン・マニピュランである。同時に、長い間ボランジェやルイ・ロデレールなどトップ・メゾンにブドウを供給してきた。更に、現当主デルフィーヌ・カザルの祖父オリヴィエ・カザルの代から、これらのメゾンと契約する栽培家のブドウを圧搾するプレス・ハウスを務めており、2004年にル・メニル・シュール・オジェに醸造用セラーを新設して以降は、メゾンからの要請を受け、プレスだけではなく果汁をワインにする工程も請け負っている。ブドウの供給元となるだけにとどまらず、シャンパーニュ最高のメゾンの数々に契約栽培家のブドウのプレスから醸造までを一任されていることからも、この造り手の傑出した力量が伺える。


ジロ・パレットを発明し、シャンパーニュの発展に貢献

ブドウ栽培にはリュット・レゾネを採用。醸造にはステンレスタンクを用い、アルコール発酵とマロラクティック発酵を行う。ベースワインの醸造はル・メニル・シュール・オジェの醸造施設で行われるが、最低でも36ヶ月という長い熟成にはオジェにある邸宅の地下セラーが用いられる。この建物は国際連盟の設立者のひとりであるレオン・ブルジョワの元別荘で、それを取り囲むように広がる畑、クロ・カザルはクロード・カザルの代名詞である。

オジェの丘の麓に位置するクロ・カザルは、シャンパーニュの希少なクロの中でも数少ないグランクリュのクロである。その面積は3.75ha。クロの名の通り壁に囲まれているため、周囲の畑よりも暖かいミクロクリマがブドウに最大限の熟度をもたらし、ブドウの糖度はクロの外の畑よりも1度高くなるという。オジェの豊かな果実を更に引き立てるこの特別な畑は、1950年代にカザル家の手により植樹され、そのブドウはかつて有名メゾンのプレステージ・キュヴェに使われていた。

しかし、現当主のデルフィーヌは、この畑は単独で瓶詰めすべきだと考え、頑なに慣習を守ろうとする父親を懸命に説得。彼女の数年越しの努力が実り、1995年に初めてクロの古樹の区画のブドウのみからクロ・カザルが造られた。これは、クロ・デュ・メニルやクロ・デ・ゴワセと同じ数少ないクロの単一畑のシャンパーニュであり、ニール・ベケットの『1001 Wines you must tastebefore you die(死ぬ前に飲むべき1001ワイン)』や、フランスの主要ワインガイド、ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランスの『偉大なブラン・ド・ブラン』特集に大きく取り上げられている。

また、クロード・カザルの名はワイナリー名だけではなく、デルフィーヌの父親であり発明家でもあった先代のクロード・カザルの名としても知られている。彼の最も注目すべき発明のひとつがジロ・パレットだ。これにより、それまで1ヶ月かけて手作業で行われていたルミアージュを数日に短縮できるようになった。彼のシャンパーニュ造り全体の発展への貢献は大きい。


ピュアでリッチなスタイルが魅力

クロード・カザルのラベルを注意深く見ると、RM(レコルタン・マニピュラン)ではなくRC(レコルタン・コーペラトゥール)の表記があることに気づくだろう。レコルタン・マニピュランとしてのワイン造りと、醸造設備を持たない栽培家のための協同組合的なワイン造りを並行しつつ、クロード・カザルのラベルにRMと表記するには、法的には壁で区切られた醸造スペースが2部屋求められる。いくらクロード・カザルがメゾンのベースワインの醸造まで引き受けているとはいえ、大がかりな設備投資が可能な大手メゾンと違い、本来の姿は小規模な家族経営のレコルタン・マニピュランである。結局、醸造スペースを一部屋しか設けることができなかったため、法規制によりラベルにはRCと表記せざるを得なくなってしまった。しかし実際には、このふたつのワイン造りはプレスからタンクまで完全に分けて行われている。つまり、クロード・カザルのシャンパーニュは全て、自社畑のブドウのみから造られる正真正銘のレコルタン・マニピュランの作品なのだ。自社畑のブドウの方がメゾンに供給される他の栽培家のブドウよりも質が高いと断言するデルフィーヌにとって、他の栽培家のブドウをブレンドする必要などない。

常に高い質を求めて代々受け継がれてきたカザル家のシャンパーニュの魅力は、ピュアでリッチなスタイルだ。ル・メニル・シュール・オジェの研ぎ澄まされたエレガンスや、オジェの大らかなエレガンスを豊かな果実が包み込む。
シャンパーニュに精通する評論家マイケル・エドワーズはその著書の中で、「デルフィーヌのクロード・カザルス・シャンパンは、レコルタン・マニピュランのお手本のようなシャンパン」と評し、シャンパーニュ評論家リチャード・ジューリンはこの造り手を4ツ星に格付けている。


常に高い品質を求めて代々受け継がれてきた
RMのお手本のようなシャンパーニュ

隣り合うが個性の異なるル・メニル・シュール・オジェとオジェの2つのグランクリュを所有。ル・メニルからはしっかりとした骨格が、オジェからは熟した果実が得られ、リッチなブラン・ド・ブランに仕上がる。希少なクロをオジェに所有する貴重な生産者。


オーナーで醸造責任者
Delphine Cazals

所有畑面積
9ha

土壌
ベレムナイトの化石が堆積した白亜質

栽培方法
リュット・レゾネ。殺虫剤不使用。

醸造方法
温度管理しながらステンレスタンクでアルコール発酵とマロラクティック発酵を行う。


 

12/1(水)アップ~蔵出しラネッサン’11

実は熟成可能な骨格があるお買い得品!





 


<HVE> Haute Valeur Environnementale レベル3
環境に配慮した農法認定を2011年に取得済み!




CHATEAU LANESSAN '11(Haut-Medoc)

シャトー・ラネッサン’11

(オーメドック・辛口赤)


税込¥2860(特価・税別¥2600)

<あと12本>絶対おすすめ!

VINOUS 86~88点

jeff leve 87点

パーカー85点(Robert M. Parker, Jr.)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版14.5/20点
(さらにクープ・ド・クー!!!)

「2021.10月下旬に飲みました。はっきりわかならいが、ブショネが少なそうなコルク。縁がオレンジ~レンガがかりはじめた中程度のガーネット。例年通りこの価格帯のボルドーとしては予想以上に骨格があり、やっと飲み頃の入り口に入ったばかりくらいの時期まだ上り坂途中。香りは熟成香がキレイに出てきているドライフルーツ、レーズンバター、甘草、中国茶、ドライフラワー、腐葉土、なめし皮、溶け込みつつある樽のロースト、スパイスなどのよい香り。味わいはリリース直後のラネッサンによくあるやたらタニックでドライな素っ気ない印象が今はなくなっていて、なめらかで旨味のある甘さ控えめな味わい。清涼感があり、タンニン量は意外と多め。抜栓の次の日から全体的に向上。抜栓の2日後からわずかにカラメル香が出る。抜栓の5日後もまったく落ちない。少しずつ向上する」

アルコール13.5%

カベルネ ソーヴィニヨン 60%、メルロ 36%、プティ ヴェルド 4%
クリュ ブルジョワ シュペリュ-ル

18世紀より8世代続くブテイエ家が所有するキュサック村(サンジュリアンに隣接)のシャトーで、格付けではありませんが世界的な人気を誇ります。
45haの畑を所有。昔ながらのコンクリートタンクで醗酵後、新樽を1/3使用し12ヶ月間の熟成を行います。
カベルネ ソーヴィニヨン主体のワインらしい黒系果実と樽のタッチが感じられ、良く熟した柔らかいタンニンと果実味の共演が楽しめます。

ベイシュベルとも程近く、隣はグリュオ ラローズという、恵まれたテロワールを持つ
サステイナブルな農法を実践し、HUV3の認証を取得
数々の有名シャトーのコンサルタントを務める、エリック ボワスノが2020年よりコンサルタントを務める。


12/1(水)アップ~蔵出しコンフィダンス・ド・プリューレ・リシーヌ’18

蔵出しコンフィダンス・ド・プリューレ・リシーヌ’12最後の再入荷

凝縮感とコクのあるセカンド!






<HVE> Haute Valeur Environnementale レベル3
環境に配慮した農法認定を2019年に取得済み!




Confidences de Prieure Lichine '18 (Margaux)

コンフィダンス ド プリューレ リシーヌ’18

(マルゴー・辛口赤)

税込¥3850(税別¥3500)

<あと12本>絶対おすすめ!

ジェームス・サックリング 92点!

デカンター・オンライン90点

スペクテーター・オンライン88点
(NOW~2024年)

ファルスタッフ 92点!

「2021.10月下旬に飲みました。DIAM5コルク。アタックはグルナッシュのような完熟黒い実果実のニュアンスあり、その後に少しミント、ヒマラヤ杉、鉛筆の芯などの香りがくる。味わいも若干グルナッシュのような熟して厚みのある果実で甘旨感があり、例年より少し低い酸、すでにほぼ溶け込みつつあるタンニンでコクはある飲み頃NOW~。天候を除けば’12の頃より濃く造っていない印象でバランスは悪くない。今はクラシック・ボルドー味ではない。太陽の年のボルドー味のおいしさ。抜栓の2日後からわずかにバランスが落ちるが、まだおいしく楽しめる」

アルコール14.5%

メルロ 75%、カベルネ ソーヴィニヨン 25%




Confidences de Prieure Lichine '12 (Margaux)

コンフィダンス ド プリューレ リシーヌ’12

(マルゴー・辛口赤)


税込¥3850(税別¥3500)

<売り切れ>おすすめ!

デカンター・オンライン87点

スペクテーター・オンライン87点

ファルスタッフ 90点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

189本完売!!!ありがとうございました

「2019.8月初旬に飲みました。セカンドとは思われないほど、凝縮して重い味わい。色調も濃くて縁がうっすらオレンジの濃いガーネット。凝縮したカシス、ブラックベリーなどの黒い実の果実香、タール、スパイスなどの香り。凝縮してコクとタンニンあるセカンド。飲みごたえがある。一般的なセカンドワインのイメージより濃くて重心が低くがっしりしている。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%

メルロ 約65%、カベルネ ソーヴィニヨン 約30%、年によってはわずかにプティ・ヴェルド 約5%

シャトー プリューレ リシーヌ格付け4級のセカンドワイン
(2008年より名称変更。2007年ヴィンテージ以前はシャトー ド クレールフォン)
収穫から醸造までファーストラベルと全て同じ方法で行われますが、平均樹齢約25年の若木のものを使用。

メルロの熟した果実の味わいがよく表れている1本。果実味のボリュームがあり、飲み応え十分ですが同時にマルゴーらしい柔らかさと繊細さも感じられます。
ステファン デュルノンクールがコンサルタントを務め、斬新なアイディアなども加えた新しいステージに到達しました。
(輸入元資料より)

 


12/1(水)アップ~蔵出しレ・オー・デュ・テルトル’14

飲み頃に入った素晴らしい個性のセカンド!











Les Hauts du Tertre '14 (Margaux)

レ オー デュ テルトル’14

(マルゴー・辛口赤)


税込¥3960(税別¥3600)

<あと12本>絶対おすすめ!

ジェームス・サックリング 90点

「2021.10月下旬に飲みました。縁がオレンジの明るいガーネット。コートドボーヌのピノノワール的な中国茶っぽい香りを含み、花、少しドライフラワー、和のスパイス、控えめな樽などのよい香り。今は’12ほど華やかな香りではないが繊細エレガントな個性でおいしい。重くなく旨味はありタンニンが丸く、バランスよい飲み頃NOW~。アフターは若干スパイシー。抜栓の2日後から少し腐葉土系の香りが前に出てくる。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール12.5%

カベルネ ソーヴィニヨン 58%、カベルネ フラン 20%、メルロ 10%、プティ ヴェルド 12%




Les Hauts du Tertre '12 (Margaux)

レ オー デュ テルトル’12

(マルゴー・辛口赤)


税込¥3960(税別¥3600)

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 91点(2017~)

ファルスタッフ 88点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

87本完売!ありがとうございました

「2019.8月初旬に飲みました。繊細でエレガントなとてもよい個性。香りも黒い実ではなく赤い実果実主体。上品なスパイス香、花、香水など。うっすらアールグレーのような香りもあり、味わいも上品。縁がうっすらレンガがかった明るいガーネット。繊細だが青くはなく、意外と味付きしっかりで、軽くても予想より長い余韻。ブルゴーニュ好きにもおすすめできるボルドー。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

カベルネ ソーヴィニヨン 約40%、メルロ 約30%、カベルネ フラン 約30%、年によってはわずかにプティ・ヴェルド

このセカンドの樹齢約15~25年

シャトー・デュ・テルトル格付け5級のセカンド
シャトー・ジスクール格付け3級と同じオーナーで、安定した品質を誇ります。
所有する50haの畑の主に砂利質に植えられた若木から造られます。醸造はステンレスタンクで行い、その後熟成は18ヶ月間フレンチオークで実施します。セカンド比率は通常の年で25-30%。

カシスやプラム、ハーブの香り。マルゴーらしい果実の甘さや樽由来のバニラのニュアンスも感じながらも決してくどくなく、ほどよい熟成感があって料理ともあわせやすい、丁寧に造られたことを感じさせるワインです。

醸造は、格付け3級のシャトー ジスクールの醸造チームが担当。素朴ながら、安定した味わいには多くのファンがいます。
(輸入元資料より)

 


11/28(日)アップ~蔵出しドメーヌ・クードレ’20ヴィオニエ再入荷

よい出来の香りが強いヴィオニエ!





 



Domaine Coudoulet, Viognier VdP d’Oc '20

ドメーヌ・クードレ、ヴィオニエ’20
(南フランス・辛口白)


税込¥1870(税別¥1700)

<あと21本>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

39本完売。

「2021.4月末に飲みました。抜栓直後から強く華やかなよい香り。ネクター気味の白桃、オレンジなどのフルーツガム、うっすらスモーク、花、熟成香ではないムスク、ピスタチオなどのよい香り。共栄堂の橙に少し共通する香りが含まれる。果実味豊か、みずみずしく単調ではない味わいで、塩味はほのかに感じられる程度、酸が少し低いがコンディション抜群なのでピュアなフルーツ感でバランスはよい。セラー温度よりももう少ししっかり冷やした方がおすすめ。抜栓の次の日も非常においしい。しっかり冷やしても香りが強いまま」

アルコール13%
スクリューキャップ

’19 ファルスタッフ 90+点!

ブドウ品種:ヴィオニエ
栽培:リュット・レゾネ(減農薬栽培)

畑・土壌:小石がとても少ない泥灰土  醸造:すべて除梗。空圧式プレスした後、48時間低温でデブルバージュ。
樹齢:約10~20年
収穫方法:熟度のバランスが最高の状態を見極めて機械摘み。
全て100%除梗し、亜硫酸の添加はごく少量に抑える。

熟成:ほとんどのワインはステンレスタンクで、約8%新樽で4~5ヶ月熟成。最初の2ヶ月は、タンク内のワインをバトナージュ(澱を攪拌すること)して旨みを抽出する。ビン詰め前に澱下げ、軽くフィルターをかける。
味わい:とてもアロマティック。新鮮な桃の典型的な香りがいっぱいです。フレッシュな酸味が果実味と調和します。



1840年から代々家族から家族へ引き継がれてきた歴史のある蔵元で、現在は6代目のピエール-アンドレ・オルナック氏とその息子ギヨーム氏が経営にあたっています。そして、2017年には世界中のワイナリーで研鑽を積んだカミーユ・オルナック氏が参画しました。カミーユはイタリアではアヴィニョネージ、ボルドーではラグランジュといった偉大な生産者で研修しました。南アフリカ、ニュージーランド、アメリカでは小さな造り手やナチュラルな手法の造り手にも積極的に研修に出向きました。その実力は非常に高く、経験に裏打ちされた卓越したセンスを備えており今後の展開にも期待が高まります。

1900年代初めの所有者となったピエール・アンドレ氏の祖々父は、南西地区最大の都市トゥールーズの市長であり、同時に国会議員を勤めた名士でした。また祖父母はトゥールーズとナルボンヌでワイン商を営むなど、昔から名家としてワイン業に関わってきました。ピエール-アンドレ氏はモンペリエ大学で法律を専攻した後、公証人事務所で2年働く間に農業関係者以外の人たちに出会っていくうちに、現在普及している「近代農業」に対して距離を置くようになりました。兄のジャン-イヴは、既に1976年からドメーヌで働いていましたし、今まで家族がずっと守ってきた「かけがえのない伝統」を絶やしたくない、そんな思いにかられて家業に戻る決心をしたのです。そして1985年、ドメーヌに帰って兄弟のジャン-イヴと共同でワイナリーを引き継ぎました。こうして蔵に戻ってからは「品質アップ」を目指して果敢にアタックし始めたのです。

まず彼が実行したのは協同組合からの独立です。当時、他の生産者同様、地元の協同組合に加盟していましたが、せっかく立派に育てたぶどうを収穫しても、他の栽培者のぶどうと混ざってしまっては1年間の苦労が水の泡になってしまいます。自分たちの思い描く質の高いワインを造るにはこのままではいけない。こうなれば原点に帰るしかない。昔、この蔵がそうだったように、自社単独で醸造すべく2人は組合を出て独立したのです。ただし、はやる気持ちだけではいいワインは出来ません。技術的な裏づけがなくてはいけないと、醸造コンサルティングを蔵に招いて現場に則した技術を会得していきました。

独立してから、品質向上に向けて生産量よりも品質を重んじた大々的な見直しを行いました。まず、ブドウ畑の改良。赤ワイン用にはシラー、グルナシュ、メルロー、カベルネなどを、白ワイン用にはシャルドネ、ヴィオニエ、マルサンヌといった高貴種に植え替えました。その他、ここでは未熟果を残して完熟ぶどうだけ振るい落せる細かな調整ができる最新の収穫用機械を導入しており、おかげで機械摘みによる青臭さが出なくなりぶどうの熟度が格段に上がりました。

美味しいブドウを生かしたワイン造り」をモットーに、醸造設備も大改良しました。醸造所全体は温度管理ができる上、発酵中を通して温度管理可能なステンレスタンクを導入し、醗酵をコントロール。ブドウ本来のデリケートな香りを残すような発酵を行うようになりました。圧搾機は空気圧を使った「プヌマティック方式」を購入。丁寧な圧搾ができてコロイド状の澱がでにくいタイプで、白ワインの圧搾には最高といわれるものです。これらの設備を導入する目的は、技術に頼ったワインを造ることではなく、発酵温度の急上昇によって果実味を失わないよう、みずみずしい風味を最大限残すワイン造りをするためなのです。
ピエール-アンドレ氏を『ワイン』へかきたてるものは向上心と情熱!これが原動力となってひたすら『より優れたワイン』を追求しているのです。

南仏の有り余るほどの日差しに加え、周囲の山から吹きつける強い風「タラモンタン」が畑の湿気を吹き飛ばして、ミネルヴォア地区は、他より病気の少ない地域といわれます。またラングドック地方の中でも、内陸部に位置するため、朝夕が涼しくこれがワインのフレッシュさとなって表れます。豊かな自然と、特異な微気候のおかげで、豊かな果実とジューシーなアロマのワインとなるのです。
(輸入元資料より)


 

11/28(日)アップ~蔵出しジェレミー・ユシェ’20シャポー・ムロン・ブラン再入荷




 

 





『~Muscadet today is one of the most exciting white wines in France, in part because the region that produces it-around the city of Nantes in the far western Loire Valley-is undergoing a renaissance: much better farming, exceptional winemaking and diligent research to precisely delineate the region’s geology. 』
WEBマガジン『Punch』にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!




すべての畑は2001年からサステーナブルな有機農法
25年以上前から化学肥料を使っていない!

ABマーク、ユーロリーフあり!




Jeremie Huchet, Chapeau Melon Blanc Vin de France '20

ジェレミー・ユシェ、シャポー・ムロン・ブラン・VdF’20

(フランス・ロワール・辛口白)


税込¥1650(税別¥1500)

<あと24本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

108本以上完売!

「2021.5月初旬に飲みました。うっすら緑がかったとても明るいイエロー。柑橘類、ミネラル、ハーブ、少し花、ミニトマト、グーズベリー、青りんご、青いメロンなどのピュアなよい香り。しっかり冷やしてもセラー温度でもおいしい。みずみずしく果実味もしっかり、中域のうまみが豊富で酸が尖っていないナチュラルでバランスのよい味わい。コンディションの良さもありとても杯が進む。サラダや和食はもちろん、例えば丸亀製麺のうどんをテイクアウトしても出汁にわずかに柑橘を足すイメージで合うでしょう。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12%




Jeremie Huchet, Chapeau Melon Blanc Vin de France '19

ジェレミー・ユシェ、シャポー・ムロン・ブラン・VdF’19

(フランス・ロワール・辛口白)


税込¥1650(税別¥1500)

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

170本完売!!!ありがとうございました



Jeremie Huchet, Chapeau Melon Blanc Vin de France '18

ジェレミー・ユシェ、シャポー・ムロン・ブラン・VdF’18

(フランス・ロワール・辛口白)


税別¥1500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

253本完売!!!ありがとうございました

「2019.4月上旬に飲みました。やはり実力ある造り手。もうギィ・ボサールとランドロンだけの時代ではなくなった。コンディション最上の透明感と流れ方。みずみずしさを極めており、冷涼で爽快。真夏に最強タイプで、ミネラルウォーターにレモン果汁とうまみ塩を足したイメージで小さくまとまって完成されている。旨味と塩ミネラルを伴う美しい酸が、非常に心地よく、食欲を刺激する効果とわりと幅広く実際に食事をおいしくする効果あり。たくさんのワインを経験してきた方たちは皆、シャブリとかミュスカデの本当のおいしさに気が付いて戻ってくる傾向にあります。また今のデイリーワインは選び方次第で相当楽しめる時代になっています。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12%

ブドウ品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)、ソーヴィニヨン・ブラン

土壌:花崗岩

醸造・熟成:プヌマティック空圧式プレス、温度管理、6か月シュール・リーで熟成させ、瓶詰め。

非常に表現力豊かで食欲を刺激します。花の風味、エキゾチックな果実、若々しい柑橘の香り、 緊張感がありながら柔らかい香り。春の花を想起させる香りと柑橘系の酸味を持った楽しいワインです。
(輸入元さんコメント)


11/28(日)アップ~蔵出しザ・ヒルズ・サイダー・カンパニー<クラウディ>再入荷

癖のないプレミアム・クラフト・シードル!

小瓶 → 缶に変わりました。なので冷蔵庫でも邪魔にならない

※すべての値引き対象外となります。





 




※発送に関しましては、このシードルは2本でワイン1本分計算で段ボールに入ります。
クール便をおすすめ致します。シードル単体なら24本1箱でお送りすることが可能です!

12本~5%OFF対象外銘柄





まさに新鮮なりんごをかじったようなプレミアム・クラフト・シードル!

手摘み収穫、香料・濃縮果汁・糖類・フレーバー・水を一切無添加!

収穫後3時間以内にすぐに冷蔵庫に入れてCO2で酸化を防止!
冷蔵庫から出されたリンゴを1時間以内に圧搾してその日のうちに醗酵と常に酸化を防ぐ工夫あり

サステーナブル農法を実践している代々続く家族経営のリンゴ栽培農家からの厳選された良質リンゴだけを使用


フランスやイギリスだけではなく、
近年ではアメリカで『 ハード・サイダー 』と呼ばれ大人気!
(子供が飲まないように・お酒だとすぐにわかるようにハードとつけているらしい?)
南アフリカやオセアニア地域でも人気が高まっているとのこと




ザ・ヒルズ・サイダー・カンパニー、<クラウディ>アップル・シードルNV

(375ml缶・オーストラリア産・やや辛口シードル)


税込¥715(税別¥650)

<あと36本>絶対おすすめ!
限定品!420本完売!!!

※瓶 → 缶
330ml → 375ml
となりました。

缶に変わってからも
お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいています!
賞味期限2023年3月

「2021.8月初旬に(375ml缶に変更後)飲みました。缶に変わっても最後に澱が残るので、プルタブをプシュッと開けた後に軽く振って澱を混ぜて溶け込ませると違和感なく本来の味わいが楽しめると思われます。この澱は決して変質の類ではありません。どうしても嫌なら振らずに最後のわずかな部分を注がなければよいと思います。品質は瓶の時と変わらず、蜜リンゴ、ジンジャーなどの香り。やや厚みとエキス感、余韻のある味わいの辛口~中辛口くらいの味わいで、しっかり冷やしてもやや冷えでもおいしい。超キメ細かな苦みコクがとても心地よい。ロット(賞味期限までの時間の違い)かもしれませんが、フレッシュ感は少し強いかもしれない」



「2019.7月下旬に再度飲みました。1年経っても全く問題なくおいしい。オリーブオイルなんかと同じで賞味期限が多少過ぎたとしても当然おいしく楽しめます。じめじめした真夏には特に最高の1本!ジューシーでうまみが多く、この時期はどうせすぐに液体の温度が上がるので冷蔵庫から出してすぐでもおいしい。やっとファンが増えてきた」



「2018.7月末に飲みました。ペットナット的なはっきりと濁りのあるイエロー。マンゴーの香りがはっきりと強く、他に黄桃や少しオレンジなどの香りも。当店で人気炸裂の通常のアップル・シードルよりコクとほろ苦さがあり、この個性も非常においしい。温度を上げると明らかにうまみが増す。ガス圧弱めで杯が進むが、アルコール低いので変に酔わないバランスのよさ。最初から攪拌して飲むのもありだし、わざと混ぜないで最後の1杯の味変を楽しむパターンもあり。いずれにしても夏は常に冷蔵庫に数本入れておきたい!」

アルコール5%

香料・濃縮果汁・糖類・フレーバー・水は一切無添加
フルボディな濁りシードル

ガス圧1.9

リンゴ(ジョナサン主体、グラニースミス、ゴールデンデリシャス)

収穫:2-6カ月手摘み収穫し、3時間以内に冷蔵庫で低温保存
醸造:冷蔵庫から出されたリンゴは一時間以内に圧搾。フィルタリング後に14度で14日間かけて醗酵。軽くフィルタリングを行い、炭酸ガスを注入しボトリング

美味しいさを凝縮させた濁り系シードル。蜜たっぷりのシャキシャキとしたリンゴのアロマと心地よい良い酸が全体をまとめます。程よくイーストの風味も立ち上がる極上の味わいです。
(輸入元資料より)




11/27(土)アップ~蔵出し特価ジャン・イヴ・デュヴヴェイ’18(18リュンヌ)

ビオロジックに移行済み。昔よりも樽香控えめでナチュラル、キレイな酸とミネラル!








 




2013年時点ではビオロジック栽培に転換が済み、2014年にはビュロー・ヴェリタスの認証が取れる見込みでした。

今回入荷の’18にはABマーク、ユーロリーフありでした~!




Jean-Yves DEVEVEY, Bourgogne Hautes-CdB Blanc 18 Lunes '18

ジャン イヴ ドゥヴヴェイ、オートコート・ド・ボーヌ・ブラン ディジュイット・リュンヌ’18
(ブルゴーニュ・辛口白)


税込¥3850(特価・税別¥3500)



輸入元定価・税込¥4,950

<あと12本>おすすめ!

「2021.8月上旬に飲みました。久しぶりに飲みましたが、亜硫酸少ないやや濃いイエロー。6年前に下位銘柄を飲んだ時より明らかにナチュラルな質感になっており、ある意味自然派シュナンブランのようなトップノーズ。蜜、梅ジュース、黄桃、ミネラル、程よい樽にわずかにバルサミックなニュアンスを含む香り。ナチュラルなエキス系。厚みとミネラルしっかりで、わずかにタンニンも感じられる飲み頃NOW~。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の次の日~2日後くらいにわずかに揮発酸が出ることもありそう(あくまで健全でおいしい範囲内)なバランス感なので低温保管が必要な銘柄」

アルコール12%
ABマーク、ユーロリーフあり!

’19 パーカー90点

’19 VINOUS 89点





ジャン・イヴ・デュヴヴェイ、オートコートド・ボーヌ・ブラン・シャン・ペルドリ’12

特価・税別¥2900



輸入元定価・税別¥4,000

<売り切れ>

平均樹齢21年

手摘み、ビオロジック、天然酵母を使用

『 オート・コートのナントゥーという村に所有するこの畑は小石の多い土壌。標高の高さもあいまり、ミネラル感をもち、緊張感のある白ワインを生み出す。12ヶ月の樽熟成により柔らかみも加えられ、若いうちから楽しめるうえ、長期の熟成にも耐える。(輸入元さんコメント) 』



ジャン・イヴ・ドゥヴヴェイという舌を噛みそうな名前の造り手は、三つ星レストラン「ラムロワーズ」があるシャニーの東、ドゥミニー村を本拠としている。

自身のワイン造りは1992年にベーシックなブルゴーニュ・ルージュとアリゴテから始まり、その後、畑を増やし、2002年からは買いブドウもして事業を拡大した。
クルティエのベッキー・ヴァッサーマンやジェラール・ポテル時代のプス・ドール、ムルソーのコント・ラフォンで働いた経験ももつ。

現在、ドメーヌの規模は7.6ha。ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌの赤白、リュリーの赤白、ボーヌ1級ペルテュイゾ、ヴォルネイがドメーヌもの。
ムルソー・レ・ヴィルイユ、シャサーニュ・モンラッシェエ1級マシュレルは買いブドウ、シャサーニュ・モンラッシェは果汁を買っている。

最近では「ヴィニュロン・ド・ブルゴーニュ」という本に、DRCのオベール・ド・ヴィレーヌやドメーヌ・ルフレーヴのアンヌ・クロード・ルフレーヴら大御所ばかりと混ざって紹介されるまでになった。

彼のワインは派手さはないが、バランスのとれた堅実な風味に仕上がっており、価格的にみてもお値打ちな造り手のひとりに数えられるだろう。
(輸入元資料より)




’99ルヴデュヴァンフランス誌にて明日のワインメーカーとして紹介される!

コントラフォンのドミニク・ラフォン氏にも絶賛されている、優れた白ワインの造り手!

1990年代前半に父からドメーヌを引き継ぐ。除草剤や化学肥料は一切使用せず、野生酵母使用


11/27(土)アップ~蔵出しドメーヌ・マルク・ゴーフロワNV再入荷

ムルソー村のACブル区画からのシャルドネ100%で造ったクレマン!




 





Marc Gauffroy, Cremant de Bourgogne Brut NV

ドメーヌ・マルク・ゴーフロワ、クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュットNV
(ブルゴーニュ・辛口白泡)

税込¥3520(税別¥3200)

<あと12本>おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
20本以上完売。

「2021.6月上旬に飲みました。Diam Mytikコルク。中程度のイエロー。果実味しっかりで厚みと少しの粘性、甘旨感があり、酸はちょうどよい~わずかに低いくらいでガス圧弱め。苦味控えめで杯が進むバランスの飲み頃NOW~。ミネラルは固くなく、すごく強いわけではなくやはりフルーツの厚みを楽しむ泡。抜栓の次の日もおいしいが、泡は結構弱くなる」

アルコール%

ムルソー村内のACブル区画からのシャルドネ100%!

樹齢50年以上のVV!!!

約18ヶ月間ビン熟成。MCR(濃縮果汁)によるドザージュは8g/l。

ドメーヌ継承年2014年
厳格なリュット・レゾネ栽培。化学肥料と除草剤は一切使用しない


ムルソー村に1900年に創業、ムルソーやピュリニー・モンラッシェを中心に合計11ヘクタールもの畑を擁する名門です。2006年から4代目ニコラが参画、ムルソーにおけるリュット・レゾネ栽培の草分けのひとりとして知られた父マルクが2014年に引退して、正式に世代交代しました。
 このドメーヌの大きな特徴は、ACブルゴーニュを除くすべての村名以上のワインについて、樹齢50年以上の古樹のぶどうのみを使用していることです。年間総生産本数は約2ヘクタール相当の12000本ほどで、残り9ヘクタール相当を占める樹齢50年未満のぶどうは、すべてネゴシアンに売却してしまいます。

 「ムルソーもピュリニー・モンラッシェも、粘土質表土の下に石灰質・泥灰土質の分厚い層が横たわっており、この地下層から来るミネラルこそが、ワインの美味しさの鍵になります。そしてこのミネラルを十分に吸い上げることができるのは、根を地下深くまで伸ばしたヴィエイユ・ヴィーニュだけなのです」。
 「テロワールがまったく異なる他国の産地でも、樽の使用法によって、バターのようにこってりとした風味のシャルドネを造ることができます。私は、この地ならではのミネラルを活かした、ここでしか造れないワインを造りたいのです」。
 「樽の影響を精密にコントロールすることを心がけています。アルコール発酵はすべてステンレスタンクで行い、できたワインの特性を見極めてから、使う樽を決めます。すでにこの段階でヴィエイユ・ヴィーニュならではの濃密な風味があるので、基本的にバトナージュを行う必要はありません。また新樽の比率も、最大20%までに抑えるようにしています」(以上、マルク・ゴーフロワ)。

 今日のムルソー村全域における「バター香からミネラルへ」の大転換は、生産者によって大きな試行錯誤を伴いながら進んでいます。
 自社ビン詰めを開始した1938年以降、3世代80年にわたって古樹にこだわり続け、ミネラルの美を追求してきたゴーフロワ家の結晶を、ぜひご堪能ください。
(輸入元資料より)


11/27(土)アップ~蔵出しクリスチャン・ゴセNVロゼ

始まったばかりですが最初からおいしいし、今後も期待できる新しい試み!





 



Christian Gosset, Champagne Rose A01 Grand Cru Extra Brut NV

クリスチャン・ゴセ、シャンパーニュ・グランクリュ・ロゼ A01 エクストラ・ブリュットNV
(辛口・ロゼ泡)


税込¥7700(税別¥7000)



輸入元定価・税込¥9,900

<あと12本>絶対おすすめ!

「2021.10月上旬に飲みました。グランクリュ A01 ブリュットNV白と飲み比べて、ロゼの方が開けてすぐおいしかったのでこちらを買いました。リリースされたばかりの新生産者なのでまだ評価がありませんが、この価格ならお買い得感もあるし近いうちに各メディアで評価されるでしょう。ゴッセよりこだわりの小規模で、ゴセ・ブラバンよりもドライで酸とミネラルがあるような方向性。ドサージュ極少でもちゃんと味付きがあるよいバランス。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

ブリュットA01をベースに樽にて仕込んだアイ・ルージュを10%ブレンドで最終的にはアイ村のピノ・ノワール82%、シュイィ村のシャルドネ18%の比率となる。
ドザージュ1g/L。2020年6月のデゴルジュマン。


歴史
コート・デ・ブラン、モンターニュ・ド・ランス、ヴァレ・ド・ラ・マルヌの3地区が交錯する歴史的にも地理的にもシャンパーニュの中心地である特級アイ村。特にピノ・ノワールはシャンパーニュ最高峰とされる銘醸地。そのアイ村の名家、ゴセの末裔であるクリスチャン・ゴセ氏は四半世紀以上にに渡り、兄ミシェルと共にゴセ家に500年以上受け継がれる伝統と至高の畑を耕し、シャンパーニュ・ゴセ・ブラバンを率いてきたヴィニュロン。2015年にクリスチャン当時50歳にて兄と袂を分かつ事となり独立を決意。半分にあたる5haの畑を相続し、シャンパーニュ・クリスチャン・ゴセとして再スタート。30年の経験を持つ若き新人、と自らを名乗る。

栽培・醸造、スタイル
アイ村の偉大なテロワールの自力を最大限引き出す事を目的に畑仕事を重視。環境に配慮したHVE認証(Haute Valeur Environnementale)とサステイナブルのVDC認証(Viticulture Durable en Champagne)を取得している。ゴセ・ブラバンの伝統的なスタイルを踏襲しつつも、プレスから醸造においてより細かな改良を加えて極力ナチュラル、緻密に、そして樽を積極的に用いる。パーセル毎の仕込みが可能となったため、ゴセ・ブラバンでは叶わなかった念願のアイ村単一畑産のキュヴェも新たに発売。設立当初の2年間は同じアイ村に拠点を構える友人でシャンパーニュ・ルネ・ジョフロワの当主であるジャン・バティスト・ジョフロワ氏のセラー設備を間借りして造られた。

ベーシックなノン・ヴィンテージであるA01の醸造はホーロー槽、リュー・ディ―名入りは全て樽発行、樽熟成。マロラクティック発酵は全て行い控えめなドザージュを施し、ノン・フィルターのまま瓶詰め。アイ村の特徴を表現するという哲学はゴセ・ブラバンと変わらないが、クラシカルで重厚なスタイルであるゴセ・ブラバンに対して、クリスチャン・ゴセは鮮明で洗練されたスタイルが特徴。

先祖代々の畑で30年、ワイン商やレストランとともに誠実な仕事を続けてきたクリスチャン・ゴセは、50歳を機に人生を変えることを決めた。自分のワインを作る。ただシンプルに。

彼の5haのぶどう畑(HVE/VDC認証)から誕生した、初ヴィンテージがいよいよリリース。
2つのブレンド、ステンレスタンクで仕込んだGrand Cru BRUT A01 と ROSE A01
彼のやり方は「ヴィンテージに応じて作る」、つまり収穫の度にゼロから白紙に書き直すように。
彼はいつも畑にいて愛情込めてブドウの世話をしているが、それ以外の時間はすべてジャンソン通りの美しく修復した古い邸宅の地下道にいる。なぜなら彼がゼロから始めたもう1つのこと、かの有名なアイ通りの彼の地下セラーに続く地下道を掘っているから。
(輸入元資料より)


11/26(金)アップ~蔵出しロアリー’18再入荷

傑出した出来の’14!!!甘旨ミネラルの’15!

熟して蜜のニュアンス、甘さがある果実味、ミネラルの多く残る長めのアフター








昔からずっとビオロジック栽培ですが、2007年にエコセールの認証も取得済み

2007年以降は親友のジャン・テヴネのセラーでロアリーのワインは醸造されている。

輸入元さん曰く、チキンや白身魚のクリームソース煮には、ぴったりのワイン




ロアリー、ヴィレクレッセ’18(750ml)

税込¥2640(特価・税別¥2400)

<あと8本>

MVF(旧クラスマン)2021年度版 90点

アルコール14.5%
ABマーク、ユーロリーフあり!

28本完売。



ロアリー、ヴィレクレッセ’17(750ml)

税込¥2640(特価・税別¥2400)



輸入元定価・税別¥3,200

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

167本完売!!!ありがとうございました

「2019.10月上旬に試飲しました。どんな年もはずさないまだまだ超お買い得なワイン!’15より甘さ控えめでキレイな酸でもやはり果実の厚みとエネルギー感とアフターのミネラルが素晴らしい」

アルコール13.7%
ABマーク、ユーロリーフあり!

 

平均樹齢は50年以上で、中には100年になるという樹もある!

マコンでは例外的な100%手摘み

ずっと有機農法

オリ引きなし、ノンフィルター

昔から厚みのある果実味でしたが、ド・ラ・ボングランのジャン・テヴネ氏が関ってからさらにミネラル感が増したように思います

毎年大人気!特に’02’10は絶賛の声をかなり数多くいただきました!


11/27(土)ドメーヌ・フェヴレ’19メルキュレVV再入荷






 

 




自社畑に関して
<HVE> Haute Valeur Environnementale レベル3
環境に配慮した農法認定を2019年に取得済み!

マルサネとラドワはデュポン・ティスランドが所有していた畑で
今ではフェヴレの自社畑!
何かの間違い?というくらいのすごい価格!!!




ドメーヌ・フェヴレ、マルサネ・ルージュ‘19

税込¥2750(税別¥2500)

<あと16本>超限定品!

※なんとすでに再入荷不可能!




Marsannay Les Echezeaux Rouge '19

フェヴレ、マルサネ・レ・ゼシェゾー‘19

税込¥4070(税別¥3700)

<あと5本>超限定品!

※なんとすでに再入荷不可能!

樹齢49年と47年!

手摘み
フレンチオーク新樽20~30%にて約14ヶ月熟成

優れた単一区画
わずか0.9haの所有!




ドメーヌ・フェヴレ、メルキュレイVV・ルージュ’19
(750ml・辛口赤)


税込¥2750(税別¥2500)

<あと12本>

パーカー90点
(2022~2038年、William Kelley)


24本完売。

樹齢57年、41年、38年!

手摘み
フレンチオーク新樽10%にて約12ヶ月熟成







ドメーヌ・フェヴレ、メルキュレプルミエクリュ・クロ・デ・ミグラン・ルージュ‘19 750ml

税込¥3850(税別¥3500)

<あと5本>おすすめ!
限定品!

最新パーカー92点!
(William Kelley、2021年7月試飲


パーカー92点(William Kelley)

デカンター・オンライン92点!

VINOUS 88点

バーガウンド・コム 88点

ブルゴーニュ・オージョルディー16/20点!


「2021.6月初旬に飲みました。抜栓直後はまだ少し固いが時間とともにおいしくなって抜栓の次の日にはなんとかもうおいしく飲めるくらいのところまで来ました。完熟系の当たり年である’19でも涼しげな酸が低くない引き締まったクラシックなバランスで、果実香も梅シソ、ミニトマト系。他に胡椒、程よい樽、少し鉄分ミネラルなどの香りも。果実味と骨格があり、あと少しで溶け込むタンニン。抜栓の2日後もまったく落ちないどころか少し向上した」

アルコール%
26本完売。


11/27(土)アップ~蔵出しピエール・ジェラン’19ルージュ再入荷








ドメーヌ・ピエール・ジェラン、ブルゴーニュ・コートドール・ルージュ’19

税込¥3080(特価・税別¥2800)

<あと27本>おすすめ!

スペクテーター・オンライン88点(NOW)

22本完売。

「2021.9月上旬に飲みました。気が付いたらここも完全にビオロジックになっていた。ブショネがなさそうな合成コルク。この価格のACブルは今ではかなりお安いという時代となりました。縁が紫がかった中程度のルビー色。抜栓直後はスミレ、胡椒、赤身の肉、赤い実の果実、ミニトマト、梅シソ、ごくわずかにスモークなどの香り。ほのかに甘く凝縮してある程度コクとタンニンがあり、わずかに低めの酸の飲み頃NOW~。あくまでみずみずしく全房ではないイメージで、程よいうまみ。時間とともに少し向上する。抜栓の次の日も非常においしい。少しだけ酸が伸びてバランス向上。甘旨酸のバランスが良い。抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール13.8%
ABマーク、ユーロリーフあり!


DOMAINE PIERRE GELIN(ドメーヌ・ピエール・ジュラン)はFIXIN(フィサン)及びGEVREY-CHAMBERTIN(ジュヴレ・シャンベルタン)両村に跨る13HAのブドウ畑を所有しています。
1925年にPierre Gelin(ピエール・ジュラン)が開拓した同所有地は、1969年よりStephen(ステフェン)が経営し、現在、息子のPierre-Emmanuel(ピエール・エマニュエル)が継承しています。



 

現在では有機栽培を実践、除草剤不使用



リュット・レゾネ(減農薬)を実践

環境にも配慮し、耕運機洗浄には回収した雨水を利用、また、硫酸銅溶液噴霧機材の洗浄廃水処理の為、“Phytobac”(ファイトバック=微生物利用廃液分解システム)を導入しています。醸造所にも汚物排除システムを設置し、醸造廃水の公共下水への流入を防いでいます。

手摘み、低収量

新樽比率10~25%にて約18ヶ月樽熟成

無清澄

雨のリスクを恐れず、収穫は同村の近隣よりも遅くしています


11/27(土)アップ~蔵出しアグロ・デ・バサン’20再入荷

またお買い得でおすすめなリアスバイシャス見つけました~!



 


実質オーガニック栽培のサステナブル農法を実践
化学肥料、除草剤は一切使用しない




Agro de Bazan, Granbazan Etiqueta Verde Albarino '20

アグロ・デ・バサン、グランバサン エティケタ・ベルデ アルバリーニョ’20
(スペイン・辛口白)


税込¥2640(税別¥2400)

<あと11本>絶対おすすめ!

「2021.10月中旬に試飲しました。やはりアルバリーニョは基本的に樽を使わない方がおいしいと思う。この銘柄もみずみずしくて新鮮で果実味と旨味と塩ミネラルがある杯が進む傑出バランスで価格以上に今凄くおいしい。柑橘類、花、ハーブ、ミネラルなどの香り。サラダや魚介類を使ったパエリアなどに合いそう」

アルコール13%
キャップシールなし
ヴィーガン・マークあり!


DOリアス・バイシャス
サブゾーン「バル・ド・サルネス」産のアルバリーニョ100%
花崗岩質、砂質、頁岩質土壌。平均樹齢25年。
ステンレスタンクで発酵後、4ヶ月間シュール・リー熟成
レモンやグレープフルーツ、各種ハーブの風味が薫り立つ、クラシックレンジ「グランバサン」のスタンダード作品です。


リアス・バイシャス最古のワイナリーとして知られ、1988年のDO(原産地呼称)認定の立役者ともなった「アグロ・デ・バサン」は、巡礼の地サンティアゴ・デ・コンポステーラの南西、アロウサ湾内に位置するビラノーバ・デ・アロウサ村に1981年に設立されました。
DOリアス・バイシャスの最主要サブゾーンである「バル・ド・サルネス」の丘陵地に35ヘクタールの畑を擁し、その全面積で実質オーガニックのサステナブル農法を実践しています。醸造は2018年までリアス・バイシャスを代表する醸造家である名手マルシアル・ドラード(写真)が、2019年以降はチリの「モンテス」やアメリカの「ドルーアン・オレゴン」などで修行したディエゴ・リオスが手掛けています。
(輸入元資料より)


11/21(日)アップ~蔵出し共栄堂’20新リリース3種類

元四恩醸造の小林さんによる作品です!!!


※すべての値引き対象外となります。





 

すべてスクリューキャップ、発泡系は王冠キャップです

※共栄堂さんに関しましては、常にわずかなラベル不良が含まれておりますが、予めご了承の上、ご注文くださいますよう、宜しくお願い致します。



詳細は共栄堂公式HPをご覧ください



http://kyo-edo.main.jp/

※QRコード音楽やラベルデザインに関する情報は
大体いつもリリース後に公式サイトにアップされる予定




2021年11月下旬リリースの新商品

今回入荷分は三養醸造において、2020年秋に仕込んだもの
次回入荷分から室伏ワイナリー(合同会社共栄堂)となるようです。



共栄堂、K20AK_DD_01
(辛口橙)


税込¥2090(税別¥1900)

<あと10本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
カード決済不可となります。

約10000本
甲州種100%
レモン色系です。グレープフルーツやフローラルな香り主体。酢酸系の酸味もあります。
ジュース仕立ての甲州種が主体です。

産地:金山+小屋敷
栽培者:武×藤+広瀬賢三
Alcool:11.5%
F-SO2:ppm
T-SO2:25ppm以下

濁りを伴た薄い山吹色。レモンやフジ林檎、パイナップルやドライマンゴーの香りがし、ナッツや甘草のようなスパイス系の香りもします。オークもいますね。口中ではやや粘性を感じ、杉の様な香りがします。グレープフルーツような苦みと柑橘。後半に蜂蜜感もあります。余韻はやや甘さが残りながらの苦みが印象的です。和食や中華など醤のようなちょっと味の強いものの方が相性が良いかと感じます。ホイコーロー、青梗菜など野菜をベースにしたほうが良い感じです。柚子胡椒を付けた焼き鳥、鳥皮のたれなんかもよい気がします。TOPの香りが豊富なので、大きなグラスでも対応できると思います。9月上旬から10月上旬のブドウです。ジュース仕立てと醸し仕込みが基本の甲州種です。ホーロータンクにて、オークチップとじっくりと約1年熟成しました。
(つよポンコメント)




共栄堂、K20AK_DD_02
(辛口橙)


税込¥2090(税別¥1900)

<あと1本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
カード決済不可となります。

約4000本
甲州種100%
ややべっ甲色。杉やマッシュルーム系の香り。ほんのり甘くナッツの感覚もします。
MCや醸し発酵がメインの甲州種です。

産地:金山
栽培者:武×藤
Alcool:12.5%
F-SO2:ppm
T-SO2:25ppm以下

濁りを伴った山吹色。ディルやタイムやミントと言ったハービッシュな香りと酢酸。穀物臭とベーコン、あとからメロンを感じます。少しアルコールが高めでフローラルですね。 口入れると甘みと酸を感じます。ハービッシュな香りは抑えられ、穀物中心の甘い香りと味わいを感じます。クローブ・シナモン系のスパイスも感じます。余韻は蜂蜜とスパイス系です。 残糖が残るので、ちょっと甘く炊いた筑前煮辺りが良いかもです。(鶏肉はバレンショ絡めたほうが好きです)9月上旬から10月上旬のブドウです。MCと醸し仕込みの甲州種で、ホーロータンクにて、オークチップとじっくりと約1熟成しました。
余談:豆臭の話聞いておりますし、分かります。しかし、自分は世間様のネガティブ論よりポジティブな「穀物臭」ととらえています。(ワイン関係者とはここで軽い意見の不一致が出ます)この話は長いのでここでは割愛しますが、日本人が長年接してきた「穀物(米から豆まで)」の香りがワインから出てきたらいけないのでしょうか?甘く煮絡めたじゃが芋やだだちゃ豆僕は好きです。
(つよポンコメント)




共栄堂、K20AK_RZ
(辛口・ロゼ)


税込¥2090(税別¥1900)

<あと15本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
カード決済不可となります。

約4000本
MBAと巨峰とMerlot
ごく淡いロゼ色。パッションフルーツや野イチゴ。花やハーブの香り。ややミルク。
基本的にはジュース仕込みの赤用品種で構成しました。

産地:勝沼+塩尻+牧丘
栽培者:武×藤+塩尻+牧丘+向山+豊国園
Alcool:10.5%
F-SO2:ppm
T-SO2:25ppm以下

焦げ茶を伴った紅梅色。ラズベリーやイチゴ、梨のような柔らかな果実感とスイカズラのような花の香り。若干タイムのようなハーブとシナモンのようなスパイスを感じます。口入れると粘性を感じ、薄く香りが漂い熱が加わるとチェリーになっていきます。やや塩味を感じ、余韻はベリー系と塩味そしてアーモンドの皮みたいな感覚です。じんわりと醤油の味も感じます。ほんのりとした香りと口中のすっきりとした感覚が細めのグラスで冷やした提供が良いのかと思います。思いのほか余韻の塩味が感じられるので、鶏肉や豚肉の白いお肉をベースにしたものが良いかと思います。生姜餡などどの種類にも対応できるかと思います。甲州種にMBAとMerlotと巨峰。すべてジュース仕込みです。半年間ホーロタンクでオークチップと一緒に1年熟成しました。
(つよポンコメント)


11/21(日)アップ~蔵出しフランソワ・ラマルシュ’19第1弾

過去最高に入手難な’19!

10/2(土)アップ~蔵出しフランソワ・ラマルシュNVクレマン

完全にビオロジックに移行済み















ヴォーヌ・ロマネの名門ドメーヌであるフランソワ・ラマルシュは、今、新たな時代を迎えようとしている。
醸造にフランソワの娘ニコルがつき、販売に姪のナタリーが加わったため、大きく若返りを果たしたのだ。




画像左がニコル女史、右がナタリー女史


長女のニコルは2003年にドメーヌ入り。
父の手を借りず初めてひとりでワインを造ったのは2006年である。
彼女はまず、ブドウ畑の改革を進め、ビオロジック農法を実践。
2010年には11.23haの畑すべてがビオロジックで栽培されるようになった。
以前は機械収穫もしていたが、現在は100%手摘みであり、畑と醸造所の2回にわたって選果をしている。

除梗率はヴィンテージによって変える
ピジャージュを減らしてルモンタージュ主体とした


’09’10を試した際にかなりおいしく変わったと思いましたが、
’13のおいしさに驚いた(さらに進化した)というお客様が多く、’06の頃とはまったく別のワインと思った方がよいですね

リアルワインガイド67号にて’17が大絶賛される!!!

リアルワインガイド63号にて’16が大絶賛される!!!

リアルワインガイド59号にて’15が大絶賛される!!!

’06くらいからニコル女史が造っていますので
’18からドメーヌ名が変わっただけです。




Domaine Francois Lamarche, Cremant de Bourgogne Brut NV

フランソワ・ラマルシュ、クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュットNV
(辛口白泡)


税込¥5060(税別¥4600)

<あと29本>幻の超限定品!

2回目の割り当てをもらえました~!
すでに再入荷不可能!

自社畑のピノノワール100%
アルコール12%

ヴォーヌロマネの銘醸フランソワ・ラマルシュが限られた年に作るクレマン。繊細な泡立ち。ブドウ由来のフレッシュなアロマと熟成が生み出す奥深い味わいのバランスが取れた1本です。
(輸入元資料より)





今回入荷分の’19は、
ラック・コーポレーション輸入以外の2社による蔵出し正規品



フランソワ・ラマルシュ、ブルゴーニュ・ルージュ’19

税込¥4510(税別¥4100)

<あと18本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
運よく多めに買えました~!

バーガウンド・コム 87点!(Outstanding Top Value!)




フランソワ・ラマルシュ、オートコートドニュイ・ルージュ’19

税込¥4950(税別¥4500)

<あと5本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
運よく多めに買えました~!

VINOUS 85点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87点(Outstanding Top Value!)

デカンター・オンライン91点!





フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’19

税込¥23100(税別¥21000)

<あと1本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
他の生産者のブルゴーニュと1:1以上になるようにお願い致します。

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88~91点(Outstanding!)

デカンター・オンライン92点





フランソワ・ラマルシュ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・ラ・クロワ・ラモー’19

税込¥33000(税別¥30000)

<あと2本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のブルゴーニュと1:1以上になるようにお願い致します。

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88~91点(Outstanding!)

デカンター・オンライン92点


 


11/21(日)アップ~蔵出しドメーヌ・マルシャン・グリヨ’19

’15同様圧倒的品質で3銘柄とも今すぐ飲めるおいしさの’19!!!

実は両側をミュニュレ・ジブールのリュショットに挟まれている区画のリュショット・シャンベルタン!!!

上級品もまだ明らかに価格以上の品質かつ、とてもよいスタイル!

ブドウの質がよく、やさしさも感じるが緩くない!















20年以上前から除草剤と殺虫剤ずっと不使用でサステーナブル
天然酵母のみ、亜硫酸も最小限、良心的な価格設定

息子エティエンヌ・マルシャン氏と娘マリオン・マルシャン女史の仕事が増えてきてさらによくなっているようです

4月にオーナー息子で醸造家「エティエンヌ・マルシャン氏」(画像中央左)と
有能なアシスタント醸造家「シャルル・ガランド氏」(画像右)にお会いできました~!




※ちなみに画像一番右の方は、
札幌の名店だった『 Wine Restaurant Akihisa Handa 』の
ブルゴーニュ愛に溢れる半田 明久シェフ


実際にエティエンヌさんとお話ししてみると
現時点でこれほどワインがおいしい上に、この誠実でまじめなお人柄なら今後もさらによいワインを造り飛躍することは間違いないと確信致しました。
(クリストフ・ルーミエさんなどと同じく、その畑やヴィンテージの状況に最適な最高の仕事をするだけという説明で、よい造り手は皆、同じことを言う)
近いうちに各メディアで高く評価されることになるでしょう。

グランクリュの値上がりだけはもう誰にもどうしようもありませんが、
他のすべてのワインは’14’15時点で全銘柄明らかに価格を超えた高い品質でしかもスタイルまで非常に良い。ただし、試飲会のような場では埋もれてしまう可能性のあるキレイさで、まずブドウの質が良いことから来るとても健全な果実、樽と抽出の強くない、明らかにピジャージュの少ないエレガント&ミネラリーかつ骨格のある全銘柄やさしい一貫性のあるワイン達。全てのワインが明確に味が違って、畑の個性を正確に表現できることがすごいなとも思います。
エレガントで味が薄いワインでは意味がないので、
こういうエレガントで味付きはしっかりしたワインがよいですよね。
今すぐ開けてのおいしさという意味ではやはり’14’16よりも
’15がすでにおいしく楽しめる上に抜栓後変化・向上します。
’15はトップノーズにわずかに華やかさまである銘柄が多く、ちょっと特別感あり。アフターにタンニンが少し残ってもエグみと雑味は皆無なのでストレスなく飲み続けることができる傑出バランス!

良心的価格のグリヨさんであっても
’16は春の霜被害が大きく、値上がり致します。
(生産量減の意味の被害であり、味は逆に凝縮したりすることがあります。)




Domaine Marchand-Grillot, Grvrey Chambertin 1er Petit Chapelle '19

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・プティ・シャペル‘19

税込¥13200(税別¥12000)

<あと24本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
15本完売。~※次が最後の再入荷となります!

「2021.10月中旬に飲みました。圧倒的内容で絶賛の嵐だった’15と同レベルの素晴らしさ!しかも’15同様リリース直後の抜栓直後から非常においしい。これほど人気のある特級レベルの1級畑がいまだにこの価格で買えるということは衝撃ですね。1回でも飲んでいただければすぐにわかると思います。ただのジュヴレシャンベルタン’19と似ているがより艶と華やかさ、骨格と偉大さを感じるよい香り。とても控えめな樽、フルーツ香は明るい。熟して豊かな果実味、ギュギュッと凝縮した甘旨エキスとコクがあり、ミネラル量も多く、タンニンの質が素晴らしくよく艶と滑らかさがとても複雑。リリース直後の’17よりむしろ固くなく、圧倒的だった’15に近いスタイル。ある意味飲み頃NOW~。非常に長い余韻。抜栓の4日後まで非常においしい」

アルコール13.5%
ロウキャップ

樹齢40年

粘土石灰質土壌

この銘柄は新樽比率40%と若いうちだけは下位ジュヴレよりも少しだけ樽香がある傾向

シャペル・シャンベルタンの斜面真下にある畑

20年くらい前に書かれたマット・クレイマー著『 ブルゴーニュワインがわかる 』にすらグリヨのプティ・シャペルが良品だとありました!

‘13 インターナショナル・ワイン・チャレンジ トロフィー&ゴールド!

‘13 スペクテーター92点




Domaine Marchand-Grillot, Grvrey Chambertin '19

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、ジュヴレシャンベルタン‘19

税込¥6930(特価・税別¥6300)

<あと9本>絶対おすすめ!

12本完売。

「2021.10月中旬に飲みました。非常によい出来で絶賛の嵐だった’15と同レベルの素晴らしさ!しかも’15同様リリース直後の抜栓直後から非常においしい。縁が紫がかったやや濃いルビー色。ごくわずかにグルナッシュ的トップノーズを含みブルーベリー、梅ジャム、スミレ、スパイス、ミネラル、控えめな樽などのよい香りで、フルーツ香は明るい。熟して豊かな果実味、ギュッと凝縮した甘旨エキスとコクがあり、タンニンの質が素晴らしくよく、’18よりむしろわずかに低い酸でもピュアでバランス感は傑出している飲み頃NOW~。固さがなくわかりやすく明るくおいしいがジャミーではなく、苦みとエグみは皆無。抜栓の4日後まで非常においしい」

アルコール%

5つの区画のブレンド

樹齢15~90年

新樽約33%の228リットル樽にて約18ヶ月熟成

年間生産量:わずか2,000本のみ!!!

’12 リアルワインガイド50号 88・88+点




Domaine Marchand-Grillot, Grvrey Chambertin Le Creot '19

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、ジュヴレシャンベルタン・ル・クレオ’19

税込¥8030(税別¥7300)

<あと5本>絶対おすすめ!

10本完売。

「2021.10月下旬に飲みました。縁が紫がかった中程度~やや濃いルビー色。予想通り’15同様に過去最高の傑出した内容!そしてリリース直後の抜栓直後から非常においしい。ただのジュヴレ’19よりも少し冷涼で塩ミネラルが多い塩オレンジ味。旨味とミネラルがとても豊富でタンニンの質が極めてよい飲み頃NOW~。果実味とコクは充分。余韻が長く伸びもあり、樽はとても控えめ。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール13.5%

樹齢約50年

石灰質が多い石灰岩質土壌で力強い個性、ブロションの中で優れた畑

年産:わずか2,000本!




Domaine Marchand-Grillot, Grvrey Chambertin 1er Petit Chapelle '17

マルシャン・グリヨ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・プティ・シャペル‘17

税込¥12100(税別¥11000)

<あと1本>絶対おすすめ!

29本完売。

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2021.11月下旬に再度飲みました。2年4ヶ月前よりかなりおいしくなっているが、価格の2.5倍くらい素晴らしいレベルの真の飲み頃まではさらにあと3年以上かかりそう。縁がまだわずかに紫がかったやや濃いルビー色。香りはまだ開いていないが、重心やや低くクラシックで冷涼であることはわかる。味わいは充分においしく相当複雑で、分厚い粘性エキス感が噛めるようで、かなりのコクと深みがあり非常に長い余韻。まだ大きな伸びしろを秘めた明らかに特級レベルの素晴らしさ。青臭くなく薄くない’17の成功例!抜栓の3日後まで少しずつ向上する。今すぐ開けるならどう考えても’19の方が開いている」



「2019.7月下旬に飲みました。やはりざっくり言ってしまえば’15’16よりも’14に似た個性。わかりやすさよりも落ち着いた涼し気な骨格なのですが、下記ル・クレオ’17よりすでにおいしさが出ているために、少し固いなりにある意味もう飲めてしまう。’16は高くて買えなかったですがこの価格なら絶対の自信をもって価格以上の品質と言えます。下位銘柄よりも少し新樽比率上げていてもまったく目立たないよく溶け込んだ樽。キレイな酸と多いが質の良いタンニン。重くないのに味付きは非常にしっかりしている系の相当にレベルの高い版がこのワインだと思うのですが、まだこの価格で変えてしまう素晴らしさ!数年後に大化けした後に欲しいと言っても、いつももう遅いという深みと余韻のある銘柄」

アルコール13.5%

’14’15をこちらがビックリするほど大絶賛の声をかなり数多くいただきました!





Domaine Marchand-Grillot, Ruchottes Chambertin '16

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、リュショット・シャンベルタン‘16

税込¥33000(超特価・税別¥30000)



輸入元定価・税別¥37,500

<あと10本>超限定品!

※再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。
’19を買うと¥8,800値上がり致します!

全体で生産量60%減となってしまったグリヨ’16、、、
リュショットの畑は運よく被害が大きくならずに済んだので、
他の銘柄よりもわずかな値上がり幅で済みました




Domaine Marchand-Grillot, Ruchottes Chambertin '15

ドメーヌ・マルシャン・グリヨ、リュショット・シャンベルタン‘15

税別¥28000

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

「2018.4月上旬に試飲しました。今すぐ開けてしまうと重さと余韻の持続性は1級プティ・シャペルの方がどうしても上になってしまいますが、詳しい方なら皆さまご存知のように標高が高く冷涼感のある特級ですので、濃密さや重さに美点はありません。それをわかった上での強くない樽と抽出なのだと思います。ルソーだってこの畑は全然重くない。涼しげで酸とタンニンの質がよく、ミネラリーでわりと上に抜ける優れたアフター。教科書通りの繊細な複雑性が見事!出来れば2022年秋以降に飲みたい」


実は両側をミュニュレ・ジブールのリュショット・シャンベルタンに挟まれている区画!!!

樹齢50年

小さな石が多く、表土は薄い土壌

新樽約50%の228リットル樽にて約18ヶ月熟成

年間生産量:わずか380本のみ!!!


ワイン・スペクテーター、インターナショナル・ワイン・チャレンジなどにて主に’13が絶賛されました!

ジュヴレ・シャンベルタンの伝統を重んじる心優しい当主

現在のドメーヌを切り盛りするジャック・マルシャン氏は、6世代にわたり受け継がれてきた伝統と彼自身が獲得した豊富な知識で、ジュヴレ・シャンベルタンのテロワールを最大限に表現している生産者です。彼は、近年高騰しているブルゴーニュワインの価格に危機感を抱いており「値段の上がりすぎたブルゴーニュのワインが非日常な物になってしまうのが怖い」と語る通り、非常に良心的な価格でワインをリリースしています。
(輸入元資料より)


11/21(日)アップ~<※極少量!>蔵出し正規品ドメーヌ・フーリエ’19とジャン・マリー・フーリエ’19










 



 



Jean Marie Fourrier, Charmes Chambertin V.V. '19

ジャン・マリー・フーリエ、シャルム・シャンベルタンVV’19

税込¥44000(税別¥40000)

<あと1本>幻の超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー91~93点(William Kelley)





Jean Marie Fourrier, Latricieres Chambertin V.V. '19

ジャン・マリー・フーリエ、ラトリシエール・シャンベルタンVV’19

税込¥49500(税別¥45000)

<あと3本>幻の超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー92~94点(William Kelley)





Jean Marie Fourrier, Bourgogne Rouge '19

ジャン・マリー・フーリエ、ブルゴーニュ・ルージュ’19

税込¥6600(税別¥6000)

<あと5本>超限定品!

パーカー87点(William Kelley)

バーガウンド・コム87~89点(Outstanding Top Value!)




Jean Marie Fourrier, Bourgogne Rouge '18

ジャン・マリー・フーリエ、ブルゴーニュ・ルージュ’18

税込¥6600(税別¥6000)

<あと14本>超限定品!

※再入荷不可能!

ファルスタッフ 93点!!!

パーカー88点(William Kelley)




Jean Marie Fourrier, Bourgogne Rouge '17

ジャン・マリー・フーリエ、ブルゴーニュ・ルージュ’17

税込¥6600(税別¥6000)

<あと3本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 86~88点

「2020.1月下旬に飲みました。わりといつもリリース直後からおいしいナチュラル感のある村名ジュヴレと違って、こちらはクラシックで骨格とタンニンのある大きな構造でまだ少し固いが非常に高品質。低い温度だと固いので、少し温度を上げた方が今はおいしい。明らかにクラスを超えた味わい。落ち着いた湿った花やバラ、アッサム系紅茶の茶葉、中国茶、赤い実の果実などの艶のある上質な香り。酸とミネラルの質がよく、アフターにグリップあり余韻が長い。引き締まって高級感あるなぁ~。抜栓の2日後まで非常においしい。わずかに向上してゆく」

アルコール13%
ロウキャップ

この銘柄だけは、自社畑のブドウ主体で、それだけだと生産量が少な過ぎるので買ったブドウも混ぜて作るためドメーヌを名乗れないだけ。元々のドメーヌものブルゴーニュ・ルージュです。


2011 年 40 歳を迎え、 彼のワイン造りにかける情熱と探究心は自社畑のワインにとどまらず、所有畑以外のワインを造るに至った。 それは私たちにとって、偉大なジャン・マリー氏のワインをより広く堪能できる機会を与えてくれる、素晴らしく価値のあるラインナップとなっている。

<哲学と信念を貫き、ドメーヌと同じ品質を追求>
① 頻繁に行き来ができる本拠地近隣(Gevrey Chambertin から Vosne Romanee)の畑に限定し栽培にも携わる
② 自身の手が行き届くよう、ドメーヌ部門の 20-30%の範囲に生産量を制限
③ 購入元はフィロソフィーが共感し合える元詰めを行う造り手に限定






フーリエ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・コンブ・オー・モワンヌVV’19

税込¥31900(税別¥29000)

<あと1本>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
すべての値引き対象外となります。
2社合わせて1本しか手に入りませんでした、、、

パーカー92~94+点(William Kelley)

デカンター・オンライン95点!

バーガウンド・コム 92~95点!
(Sweet Spot Outstanding!)





フーリエ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・シェルボードVV’19

税込¥28600(税別¥26000)

<あと2本>超限定品!

2社合わせて2本しか手に入りませんでした、、、

パーカー91~93+点(William Kelley)

デカンター・オンライン94点!

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)





フーリエ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・グランシェールVV’19

税込¥29700(税別¥27000)

<あと2本>幻の超限定品!

2社合わせて2本しか手に入りませんでした、、、

パーカー90~92+点(William Kelley)

デカンター・オンライン93点

バーガウンド・コム 91~93点(Outstanding!)





フーリエ、モレサンドニ・クロ・ソロンVV’19

税込¥12100(税別¥11000)

<あと3本>超限定品!

パーカー88~90点(William Kelley)

デカンター・オンライン92点

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding!)





フーリエ、ジュヴレシャンベルタンVV’19

税込¥13200(税別¥12000)

<あと4本>超限定品!

パーカー89~91+点(William Kelley)

デカンター・オンライン93点!

バーガウンド・コム 90~92点(Outstanding!)





フーリエ、ブルゴーニュ・ブラン’19(辛口白)

税込¥7150(税別¥6500)

<あと1本>超限定品!

パーカー87点(William Kelley)

デカンター・オンライン90点

バーガウンド・コム 86~89点!
(Outstanding Top Value!)




ボーヌのワイン農業学校を卒業後、アンリ・ジャイエ、父親、ジョセフ・ドルーアン
(オルゴン)などからワイン造りを学ぶ

1994年から現当主であるジャン・マリー・フーリエ氏が全権を担っている

リュット・レゾネを実践

手摘み、低収量、厳しい選果

基本的に100%除梗

新樽比率20%程度で約18ヶ月熟成

オリ引きなし、無濾過&無清澄、SO2極少

ワイナート69号にて大きく取り上げられました!信念のワイン造りに関する興味深い記事あり


12/3(金)アップ~蔵出しフィリップ・コラン’19ブルゴーニュ・ブランと’19シャサーニュ・ルージュと’19シャサーニュモンラッシェ・ブラン再入荷

11/21(日)アップ~蔵出しジョセフ・コラン’19’17

すでに圧倒的品質で2つ星生産者に昇格!すぐにピエール・イヴ・コランやユベール・ラミーのような大人気生産者となることでしょう!!!

蔵出しマルク・コラン’18’17サントネVV・ルージュ

蔵出しトピアリー・ワインズ’17

話題のフィリップ・コランによる南ア!









※上記画像が’10くらいからの新ラベル


 




















 





Domaine Joseph Colin, Saint-Aubin 1er Cru En Remilly '19

ジョセフ・コラン、サントーバンプルミエクリュ・アン・レミリー’19

税込¥7040(税別¥6400)

<あと9本>超限定品!

パーカー93点!(William Kelley)

バーガウンド・コム 91点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 93点!




Domaine Joseph Colin, Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Caillerets '19

ジョセフ・コラン、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・カイユレ’19

税込¥14300(税別¥13000)

<あと13本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー94点!(William Kelley)

VINOUS 90~92点

バーガウンド・コム 94点!
(Sweet Spot Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 95点!!!

「2021.10月下旬に飲みました。DIAM30コルク。うっすら緑がかった中程度のイエロー。シャトニエール’17と同時に飲み比べましたが、厚み・コク・ポテンシャル・深みが大分上がり、まるでビアンヴィ二ュ・バタール・モンラッシェのような味わいと満足度!トロみのあるラ・フランス、凝縮して力強いベリー、バタークリーム、樹脂、ミネラルなどの深い香り。驚くほどの味付きの良さで軽く噛めるようなエキスの厚みコク。力強く濃いが樽は少しも目立たず、最終的には酸とミネラルがちゃんと引き締める傑出バランス!深く長い。明らかにすでに一握りの超一流のレベルに達しており、価格の2.5倍の味。抜栓の3日後でもまったく落ちない。デュガ・ピィの白とはまた違った重すぎない濃さ」

アルコール13.5%




Domaine Joseph Colin, Puligny-Montrachet 1er Cru La Garenne '19

ジョセフ・コラン、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・ラ・ガレンヌ’19

税込¥15400(税別¥14000)

<あと10本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー92点(William Kelley)

バーガウンド・コム 94点!
(Sweet Spot Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 95点!!!

「2021.11月中旬に飲みました。DIAM30コルク。やや濃いイエロー。1級カイユレ’19よりも固く特に味わいが開ききっていないがそれでもすでにかなりおいしい。厚みと深み、特別感のあるトップノーズは共通しており、バタートースト、樹脂、ラ・フランス、花、ミネラルなどの熟成でキレイなムスク香が出そうなよい香り。かなり厚みとコクがあるが、あくまで上品さとみずみずしさはキープされており。樽の溶け込み具合も非常にセンスを感じる。カイユレよりもアフターにかけての塩旨味ミネラルと縦伸び感がありカイユレがビアンヴィ二ュ・バタールならガレンヌはプチ・シュヴァリエ・モンラッシェ的な個性。今はカイユレ’19の方がよりお買い得に感じる味わいだが、寝かせると繊細な複雑性が前に出てくるタイプと見た。こちらも将来がとても楽しみ。抜栓の次の日以降少しずつ向上する。抜栓の3日後でもまったく落ちないどころかさらに少し向上する」

アルコール13.5%




Domaine Joseph Colin, Bourgogne Blanc La Combe '19

ジョセフ・コラン、ブルゴーニュ・ブラン・コンブ’19

税込¥3960(税別¥3600)

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。

パーカー88点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87点(Outstanding Top Value!)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 90点!
いきなり2つ星生産者に昇格!!!

「2021.10月上旬に飲みました。DIAM10コルク。うっすら緑がかった中程度のイエロー。ゴマ、レモン、リンゴ、ミネラルに固めの温度では上品な洋ナシとクドさのないバタークリーム香も少し。果実味しっかり、キレのある酸とミネラル、控えめなすでによく溶け込んだ樽、アフターにうまみとミネラルを伴い伸びあり。バランスよく上質で、スタイルもよくお買い得!抜栓の次の日も2日後も最高においしい。キレ一辺倒ではなく味付きやコクもあり、明らかにフィリップ・コランよりもユベール・ラミーの方向性。予想の大分上をいく素晴らしさでした~!今後もジョセフ・コランから目が離せない!」

アルコール13.5%

マルク・コランの次男、ジョゼフが独立しスタートさせたドメーヌ。

母ミシェルの実家はサン・トーバンの作り手、父マルクの実家はシャサーニュ・モンラッシェの作り手というワイナリー一家で、19歳だった1993年から仕事を始める。長男ピエール・イヴは1996年からドメーヌに参加し、三男のダミアンは1999年、そして長女カロリーヌは2005年から参加と、兄妹揃ってワイン造りをすることとなる。 長男ピエール・イヴは2005年に独立。現在では高い人気を誇るドメーヌとなっている。

そしてジョゼフも2017年、独立しドメーヌ・ジョセフ・コランを立ち上げる。
ドメーヌ・ジョゼフ・コランでは主に実家から受け継いだ6.5ヘクタールの畑で仕事をし、サン・トーバン、シャサーニュ、ピュリニーのヴィラージュ、1級、特級を合わせた19のアペラシオンのワインを造っている。 ビオディナミを意識し、畑には除草剤や化学肥料は使用しない。
シャトニエールとサンティエ・デュ・クルーの急斜面の畑は土壌の浸食を避けるため、手作業で草刈りをする。ブドウの病気対策もビオを尊重し行っている。
収穫は完全に手摘みで、それぞれの畑のブドウが理想的な果熟とバランスになるタイミングまで、3週間かかることもある。

白ワインは、収穫後全てプレスにかける。デブルバージュ、低温浸漬などせず、土着酵母の発酵が始まったらすぐに樽に移す。樽熟成は12か月間。バトナージュはしない。ウイヤージュと樽の清浄を2週間に1回行う。 12か月後、新月とフルーツの日、花の日を選びワインを澱引きする。
澱引きのあと清澄し、2か月タンクで休ませてから瓶詰め。濾過はしない。

ジョゼフのワインははっきりとした果実味の中に酸とミネラルのコントラストが感じられるのが特徴。25年以上にも渡る経験と知識が反映されている。
(輸入元資料より)




Domaine Joseph Colin, Chassagne-Montrachet Blanc '17

ジョセフ・コラン、シャサーニュモンラッシェ・ブラン’17

税込¥7700(税別¥7000)

<あと10本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー91点(William Kelley)

VINOUS 90点
(~very fine.ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88点


「2021.10月上旬に飲みました。中程度~やや濃いイエロー。セラー温度で抜栓直後から非常においしい。上記ACブル’19の上品さはそのまま黄桃の香りと樹脂とバタークリームの肉付き+でおいしい。フィリップ・コラン’17シャサーニュよりも酸とミネラルがしっかりして樽が弱く、やっぱり実力とセンスがある超一流の品質。どうやら’19以降が傑出しているのではなく’17時点ですでに素晴らしいようだ。シャサーニュらしいわかりやすいまろやかさはありつつ緩くなく上質。多少艶と複雑性がある。抜栓の次の日も2日後も非常においしい。酸とミネラルがまったく低くないシャサーニュ。抜栓の3日後にはバナナ・タルトのような香り出る」

アルコール13%




Domaine Joseph Colin, Saint-Aubin 1er Cru La Chateniere '17

ジョセフ・コラン、サントーバンプルミエクリュ・ラ・シャトニエール’17

税込¥7480(税別¥6800)

<あと1本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー92点!
(~This is a very promising Chateniere.
2018~2028年、William Kelley)

VINOUS 92点!
(~Excellent.ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90点


「2021.10月下旬に飲みました。DIAM10コルク。中程度のイエロー。キラキラ感とよく溶け込んだナッツ香があって高級感ある飲み頃NOW~。上品な洋ナシ、みずみずしいリンゴ、バタークリーム、ミネラルなどのよい香り。キレ一辺倒ではなく絶妙の厚みとコクのある果実、旨味とミネラルの味付きたっぷりで、還元香もなく複雑。みずみずしさがキープされ塩ミネラルも感じられる。セラー温度ですでになめらか深み出ている。はっきり言ってしまえば両ボワイヨさんのよく出来た村名ピュリニーよりもこのワインの方が遥かにおいしい。余韻まで長く本当に素晴らしい。価格の2倍の味。抜栓の3日後でもまったく落ちない。凝縮旨味パイナップルの香り出る」

アルコール13%




Domaine Joseph Colin, Chassagne-Montrachet 1er Cru Les Caillerets '17

ジョセフ・コラン、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・カイユレ’17

税込¥13200(税別¥12000)

<あと9本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー94点!(William Kelley)

VINOUS 93点!
(~great potential.ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92点(Outstanding!)





Domaine Joseph Colin, Puligny-Montrachet 1er Cru La Garenne '17

ジョセフ・コラン、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・ラ・ガレンヌ’17

税込¥15400(税別¥14000)

<あと9本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー90点(William Kelley)

VINOUS 93点!
(~superb.ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92点(Outstanding!)








Philippe Colin, Bourgogne Blanc '19

フィリップ・コラン、ブルゴーニュ・ブラン’19

税込¥2860(税別¥2600)

<あと6本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。

Wine Enthusiast 91点!

VINOUS 87点

スペクテーター88点(NOW~2025年)

バーガウンド・コム 88点
(Outstanding Top Value!)





Philippe Colin, Chassagne-Montrachet Blanc '19

フィリップ・コラン、シャサーニュモンラッシェ・ブラン’19

税込¥7150(税別¥6500)

<あと10本>絶対おすすめ!

スペクテーター92点(NOW~2025年)

VINOUS 89点

バーガウンド・コム 89点(Outstanding!)

ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
26本完売。

「2021.9月下旬に飲みました。うっすら緑がかったやや明るい~中程度のイエロー。熟してオイリーな樹脂、パイナップル、バナナとマンゴーのタルトなどのよい香り。香りだけではなく味わいも抜栓直後からすでに非常に出来上がっている飲み頃NOW~。アタックはほのかに甘く、厚みと粘性のある豊かな果実味。甘旨エキスと塩ミネラルがあり、低くないが酸に尖りがなく超キメ細かな苦みコクがありバランスよく流れる。エグみはなく、昔よりも樽弱く良く溶け込んでいる。こってりしすぎていないおいしさ。リリース直後とは思えないようななめらかコクがおいしく、冷やしすぎない方がその美点を楽しめる。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%




Philippe Colin, Chassagne-Montrachet Les Chenes Rouge '19

フィリップ・コラン、シャサーニュモンラッシェ・レ・シェーヌ・ルージュ’19
(辛口赤)


税込¥4400(税別¥4000)

<あと12本>

Wine Enthusiast 94点!!!

最新スペクテーター91点!
(2023~2032年)

VINOUS 88~90点

バーガウンド・コム 88点

ブルゴーニュ・オージョルディー17.5/20点!!!


’18 スペクテーター90点






ブドウ栽培はリュット・レゾネで一部実験的にビオロジックが行われており、白ワインは次男のジョゼフが、ピュアさとエレガントさ、それに余韻の長さを追求して醸造。赤ワインは三男のダミアンがフレッシュさと弾けるような果実味、シルキーなタンニンをモットーに醸造している。長女のカロリーヌはダミアンとともに営業を担当。3兄弟の結束がこのドメーヌの地位をさらに高めているようだ。
(輸入元最新資料より)




↑一部、馬で耕作しているようです。

近年では、バトナージュをしない。新樽比率と亜硫酸量を減らし、ミネラルを表現する造りとなってきています

 



Marc COLIN et Ses Fils, Santenay Vieilles Vignes Rouge '18

マルク・コラン、サントネ・ルージュVV’18
(辛口赤)


税込¥4180(税別¥3800)

<あと11本>

ファルスタッフ 92点!!!

パーカー89~91点
(William Kelley)

VINOUS 90~92点
(ニール・マーティン、2021~2036年)

バーガウンド・コム 88点





Marc COLIN et Ses Fils, Santenay Vieilles Vignes Rouge '17

マルク・コラン、サントネ・ルージュVV’17
(辛口赤)


税込¥3960(超特価・税別¥3600)

<あと10本>絶対おすすめ!

パーカー89点
(William Kelley、2020~2037年)

VINOUS 89~91点
(ニール・マーティン、2020~2030年)

バーガウンド・コム 88点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
14本完売。

「2021.10月上旬に飲みました。白ワインで有名な生産者の赤は期待できないと昔はよく言われていましたが、このワインはすごいです。オレンジがかった中程度のルビー色。尖りのない酸。香りとアタックは旨薄系飲み頃かと思いきや実は味付きかなりしっかりでなめらかコクと余韻があり、肉に合う&肉に負けない味。さすがジュヴレ的土壌と言われる畑ということなのでしょうか?それでいて酸の量が絶妙で最後にグリップありつつミネラルも感じられる。樽やアルコールの浮きもまったくなく、赤ワインで有名な生産者かのような高品質で異様にお安い!これを飲んでしまうと昔飲んだピエール・イヴ・コランのサントネVVがどちらかというと濃いだけにも思えるくらい。抜栓の次の日もさらに少し向上して非常においしい。予想以上。傑出!」

アルコール%

’16 デカンター・オンライン90点

植樹が1910年の樹齢100年を超えるピノノワールの古木からつくられる。サントネイはコート・ド・ニュイの地層が露出している村と言われ、赤ワインの比率が高い。赤い果実系のチャーミングな香りと味わい。




TOPIARY WINES, Chardonnay '17

トピアリー・ワインズ、シャルドネ’17
(南アフリカ・辛口白)


税込¥2970(税別¥2700)

<あと14本>限定品!

※輸入元在庫一瞬ですべて完売!

パーカー90+点
(~Bravo!2021~2030年)

スペクテーター・オンライン89点

ジョン・プラッターズ・サウス・アフリカン・ワインガイド2019 4.5

Tim Atkin MW 91点

リヨン・インターナショナル・コンペ 金賞受賞!


早朝に手摘みで収穫された鮮度が保たれたブドウから絞った果汁を落ち着かせた後、ステンレスタンクで野生酵母によるアルコール発酵を1週間行い、その後450Lのフレンチオークに移し替える。
その後、12ヶ月の熟成期間中に自然にマロラクティック発酵が行われる。バトナージュは2週間ごとに行われる。
フィリップ・コランが造るブルゴーニュ・スタイルの複雑でフレッシュな木のニュアンスをもつシャルドネ。繊細なオークのアロマがこのワインに贅沢な口当たりをもたらしています。




TOPIARY WINES, Topiary Innocence '17

トピアリー・ワインズ、トピアリー・イノセンス’17
(南アフリカ・辛口赤)


税込¥2860(税別¥2600)

<あと6本>限定品!

※輸入元在庫一瞬ですべて完売!

パーカー88点

ジョン・プラッターズ・サウス・アフリカン・ワインガイド2019 4

リヨン・インターナショナル・コンペ 2020 金賞受賞!

さらにベスト・サウス・アフリカ・ワインに選ばれる!!!

66% カベルネ・ソーヴィニヨン - 34% シラー
ブドウは十分に成熟した状態で手摘みされる。3日間の低温浸漬の後、発酵。フレンチオークで12ヶ月間熟成され、瓶詰め前にブレンドされる。このように造られたワインは実に複雑で新鮮。
"イノセンス"は、ここトピアリーを訪れたすべての子供たちにちなんでいる。彼らはとても印象深く、オーナー兼ワインメーカーのフィリップは、同じフィロソフィーでこのブレンドを作った。カベルネとシラーの調和がとてもよくとれていて、香りは滑らか。シラーのフルーティーなアロマが感じられ、飲むと満足感あるカベルネの風味が拡がる、まさに無邪気さを感じられるワイン。


南アフリカの首都ケープタウンから75キロほど離れたところにフランシュック(Franschoek)という町がある。「フランス人の街角」という意味のこの小さな町は、1688年に入植してきたフランスにおけるカルヴァン派であるユグノー達によって開拓された。フランシュックではワインの生産が盛んであり、世界的なレストランも存在することから、南アフリカのワインと食文化の首都としばしば言われる。
トピアリー・ワイン・エステートは、このフランシュックに2005年に設立された64ヘクタールのワイナリーで、2014年からは、シャサーニュ・モンラッシェの著名生産者であるフィリップ・コランによって運営されている。壮大なクライン・ドラケンシュタインの山々を見るこのブティック・ワイナリーは、フランシュック湿地帯の灌木植生地域や野生動物の生息地に囲まれた、ウェマーショク山の麓に広がる緩やかな斜面で、北と南を低い砂岩の尾根で囲まれている。

 この土地は、周囲の山脈がロート状に地形を形成しており、畑に集められるように吹き降ろす風が、畑を冷やすことによりブドウは均一に熟し、ワインには際立ったエレガンスをもたらす。土壌は大西洋を望むテーブル・マウンテンの砂岩と石英岩からの砂質であり、1998年に行われた徹底的な土壌分析のデータからブロック毎に最適な品種とクローンを選択して植えられた。
ワイナリーでは、最高品質のブドウを選別するために、洗練された選別ラインを利用して約64トンのブドウを処理することができる。選別されたブドウはサテライトタンクに入れられ、重力を利用したシステムによって発酵タンクに移され、さらに熟成される。
ブルゴーニュの生産者が手掛ける南アフリカワイン。そのエレガントなスタイルからブルゴーニュを垣間見ることができる。ワイナリーの車道には、名前の由来となった、丁寧に作られた美しいトピアリーの彫刻並び、訪れる人々を歓迎してる。
(輸入元資料より)

 

11/21(日)アップ~蔵出しラエルト・フレールNV750ml

評価は上がっても価格は昔のまま!しばらく買えません、、、

2015年10月以降入荷分<最新ロットの出来>がものすごい!!!

9/27(月)アップ~蔵出しラエルト・フレールNVブラン・ド・ブラン・ブリュット・ナチュール

この価格帯でもっとも優れたシャンパーニュの一つ!









※ラベルデザイン変更あり。


 

ラシーヌ輸入の限定品!

2018年時点で全体の70%以上の畑でビオディナミを実践

2015年以降のロットは、今までと全然違うと感じました!
さらにどんどん進化してゆく可能性が高い!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版にて3つ星生産者に昇格!!!

MVF(旧クラスマン)2020年度版にて1つ星生産者に昇格!





Laherte Freres, Champagne Blanc de Blanc Brut Nature NV

ラエルト・フレール、シャンパーニュ・ブランドブラン・ブリュット・ナチュールNV
(辛口白泡)


税込¥6270(税別¥5700)

<あと3本>絶対おすすめ!

最新パーカー91点
(William Kelley、2021年9月試飲)

パーカー90点(2020年9月試飲)

最新VINOUS 92点
(アントニオ・ガローニ、2020年11月試飲)

ファルスタッフ 93点!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 91点

MVF(旧クラスマン)2021年度版 91点

「2021.9月下旬に飲みました。MDCコルク。ピュアでナチュラルでガス圧が弱く、旨味と塩ミネラルが強いバランスのよいエレガンス。固くない飲み頃NOW~。近年のラエルトは本当によい!上級品はたまにナチュラル過ぎて好みが分かれそうな場合もあるけど品質自体はすべて高い。洋ナシネクター、はちみつに漬けた青い梅、ミネラル、グレープフルーツなどのよい香り。それこそグレープフルーツのような超キメ細かい苦味も非常に心地よい。抜栓の次の日もおいしい。酸にキレが出てある意味個性が強くなった」

バリックで保管(熟成)したリザーヴワインを毎年50%もの比率でアサンブラージュ!

ドサージュなし、無濾過
亜硫酸極少
デゴルジュマン2021年3月
アルコール12.5%

土壌:粘土石灰質。地中は石灰質

最良の区画の産シャルドネ(樹齢35年)によるブラン・ド・ブラン。シャルドネのミネラルとピュアな味わいを特徴とするキュヴェです。





ラエルト・フレール、シャンパーニュ・ウルトラディション・ブリュットNV 750ml

税込¥5170(税別¥4700)

<あと14本>絶対おすすめ!

今回入荷分750mlのデゴルジュマン2020年5月
ピノムニエ60%、シャルドネ30%、ピノノワール10%
リザーヴワインは未だに40%も使用!
アルコール12.5%

ブショネが99%ない『 DIAM 』コルク

最新パーカー91+点
(William Kelley、2021年9月試飲)

パーカー91点(2020年9月試飲)


最新VINOUS 91点!
(Antonio Galloni、2020.11月試飲)


VINOUS 91点!(2019年12月試飲
2019年3月デゴルジュマンものに対する評価)

VINOUS 92点!!!(2017.12月試飲、
2016年11月デゴルジュマンものに対する評価)


VINOUS 90点(2016.12月試飲)

最新ワイン&スピリッツ誌 92点!!!(2017年12月試飲)

最新スぺクテーター92点!(2015.10月試飲、
NOW~2020年、デゴルジュマン2014年12月ものに対する評価)


パーカー・オンライン92点!(David Schildknecht、2013年11月試飲)

パーカー90点(2009~2014年、ワイン・アドヴォケイト186号)

インターナショナルワインセラー90点(2012.12月試飲)

ゴーミヨ誌16/20点!


バーガウンド・コム 89点

ワイノット7号にて高評価される!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

MVF(旧クラスマン)2021年度版 90点!

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

MVF(旧クラスマン)2017年度版15/20グラス

MVF(旧クラスマン)2016年度版15/20グラス

MVF(旧クラスマン)2014年度版14.5/20グラス

MVF(旧クラスマン)2012年度版14.5/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

153本完売!!!~※しばらく再入荷不可能!

「2021.10月下旬にマグナム・1500mlを試飲する機会をいただきました。最新ロットがおいしすぎてラシーヌさんでしばらく欠品となってしまっているものうなずける素晴らしい内容で、スタンダード品がこのレベルでこの価格だとお買い得すぎる!亜硫酸極少でもコンディション抜群で不安定や揮発酸などなく、美しい酸とミネラルで余韻も長い」



「2020.9月初旬に750mlを飲みました。スパークリング用のDIAMコルク『 DIAMANT 』。亜硫少ないトップノーズ。ピュアでみずみずしく香りからうまみとミネラルとバランスのよさが予想できるような良い香り。泡の質も極めてキメ細かく、質感自体は柔らかいがキレのある尖ってはいない酸の質が非常によく、アフターにしっかりミネラル感が残る。アルコールの浮きがなく杯が進む。今回のロットも非常によい出来。抜栓の次の日も非常においしい。亜硫酸少なくても酸化のニュアンスは出ない。ガブガブ飲めてしまうくらいよいバランス」



「2019.5月上旬にハーフを飲みました。スパークリング用のDIAMコルク『 DIAMANT 』。昔より亜硫酸を減らしているかも?というトップノーズ。ピュアでみずみずしく香りからうまみとミネラルとバランスのよさが予想できるような良い香り。泡の質もキメ細かく、キレキレではないが酸の質が非常によく、温泉とかに持ち込むのにも適していそうなタイプ。今回のロットも非常によい出来」



「2018.9月上旬にハーフを飲みました。スパークリング用のDIAMコルク『 DIAMANT 』。やはりハーフにはデゴルジュマン表示がない。これよりおいしくないグランクリュ100%はいくらでもあるので、結局は畑仕事と腕、すなわち『 人の力 』が大きいんですかね?ドサージュも少なくないのにアフターがすごくよい。当然酸が強いと甘さは感じにくくなるわけですが、それだけではない部分が重要。杯が進む傑出バランスでうまみとミネラルが豊富。抜栓の次の日も非常においしい。しっかり冷やしてもやや冷えでもおいしい」



「2016.5月中旬に再度同じ特に出来の良いロットを飲みました。どうやらスパークリング用のDIAMコルクは『 DIAMANT 』という名前のようですね。抜栓直後からみずみずしいリンゴとミネラルのニュアンスで、泡の質が最高かつガス圧が強すぎず、うまみが多く、素晴らしい心地よさ。透明感のあるピュアな味わい。抜栓の次の日には、わずかに色が濃くなって、蜜リンゴのニュアンス主体となり、うまみがさらに増して、ほのかに上品な甘みと混ざって、甘旨酸のバランスが秀逸!リリース直後よりもさらにおいしくなっている。抜栓の2日後も非常においしい。意外に酸化が進まない」



「2015.10月に飲みました。ブショネがなさそうなシャンパンコルク(DIAMかどうかはよくわからなかった)。明らかに今までよりもおいしくなったのですが、キレが増したわけでも、コクが増したわけでもなく、酸にまったく不足はないのですが何故か全体的に角の取れたような透明感を伴うバランスのよさがあり、うまみとミネラルが多く、開けたてからすごくおいしい!ガス圧は強すぎず、弱すぎず。しっかり冷やしてもやや冷えでもすごくおいしい。焼いたパン、リンゴ、オレンジ、ミネラルなどの香り。香りよりも味わいの方が特に優れている。誰にでも自信を持っておすすめ出来る内容!抜栓の2日後まで非常においしい」



「2012.7月下旬に飲みました。シャンパーニュもDIAMコルクが安心ですね。明るめのイエロー。シトラス、白桃、ミネラル、黄リンゴ~少し蜜リンゴなどの香り。果実味しっかり、泡の質がよく、予想より酸にキレがあり程よいコクでミネラルも感じられる。抜栓の次の日は、ヨーグルト、レモン、ミネラル主体の香り。やはり酸しっかり。冷やしすぎないほうがおいしい」


※ブリュット・トラディションNVから名前が変わりました

2011年冬にブリュット・トラディションNVを2度試飲しましたが、この価格帯では
バランスよく、とても優れたシャンパーニュだと感じました。もちろんコンディション&泡の質は抜群です!


私たちが所有する複数のテロワールを象徴するキュヴェです。エペルネ村南部の傾斜にある畑、ヴァレ・オ・ラ・マルヌ、コート・デ・ブランの区画の畑のブドウで造られています。


ピノムニエ60%:Chavot-coursourt,Marcy,Boursault,Vaudancourtにある畑から。地質はマルヌ、粘土や泥土がある。

シャルドネ 30%:Chavot,VaudancourtとEpernayにある畑から。表層は肌理の細かい粘土、マルヌや泥土で形成され、地中は石灰質

ピノノワール 10%:Chavotにある畑の古樹。シストや石英(の一種であるSilex)が混ざったやや深い粘土層の下は石灰質。


醸造:
- 熟したブドウ選び収穫し、伝統的なプレス機でプレス。

- 樽で(3~10年の古樽)で醗酵、発酵はゆっくりすすみ、自発的に始まる。

- 6ヶ月の間澱とともに熟成。この間定期的に春までバトナージュ。

- バリックで保管(熟成)したリザーヴワインを毎年40%の比率でアサンブラージュ。

- 一部をマロラクティック醗酵。

デゴルジュマンとドザージュ:ドザージュは6~8g/L


楽しみ方:アペリティフに最適。食事ではエスカルゴのパセリバター和えや焼いたヒラメのフィレにスイバのクリームソースを添えたものがよく合います。


『 エペルネの南西Chavotシャヴォ村にあり、ラエルト父子は有機栽培への転換で、新たなステージを歩み始めた。27歳のティエリー・ラエルトは新世代の意欲的な仲間と切磋琢磨し、意欲的に新境地を切り開いています。ラエルトはまだまだ発展途上中ですが、急速にクオリティが向上することは間違いありません。
~シャヴォ村のドメーヌにある2つの伝統的な4000kgの垂直式プレス機で圧搾します。20年以上にわたり樽で醸造してきました。:樽は先祖から引き継いだものもあれば、有名な樽製造業者{Francois Freres(フランソワ・フレール), Radoux(ラドゥー), Tonnellerie de Champagne(トヌルリ・ド・シャンパーニュ), Seguin Moreau(スガン・モロー), Damy(ダミー)}からブルゴーニュタイプ(スペシャルタイプの樽)を買っています。 70%以上のワインを樽で醸造していますが、今日では数少ないドメーヌの一つです。(輸入元資料より) 』


11/21(日)アップ~蔵出しエマニュエル・ブロシェ

透明感があり、繊細な複雑性が見事!!!











 


※初入荷!当然すべて再入荷不可能!
ラシーヌ輸入の蔵出し正規品!




Emmanuel Brochet, Champagne Extra Brut - Le Mont Benoit '16

エマニュエル・ブロシェ、シャンパーニュ・ノン・ドゼ プルミエ・クリュ ル・モン・ブノワNV(’16)
(辛口白泡)


税込¥10450(税別¥9500)

<あと4本>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

パーカー94点

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のシャンパーニュを最低2本以上同時にお買い求めくださいませ。


「2021.11月上旬に飲みました。亜硫酸極少でもコンディション抜群でキレイでナチュラル。ブラインドでシャルドネ主体と思ってしまうタイプ。凝縮感ではなく、エキスとミネラルがしっかりの美しい酸で魅せる非常に繊細な個性。じわじわうまい通向きで余韻は長い。塩ミネラルが強く、傑出バランス静かなエネルギー感で杯が進む。ゴマ、サラミ、ナッツ、ミネラルなどの透明感のあるよい香り。ありきたりな梅ジュースではない一貫したピュアな繊細性をとことん楽しめる1本。抜栓の次の日も非常においしい。素晴らしい個性」

アルコール12%
ユーロリーフあり!

今回の中身は’16主体にヴァン・ド・レゼルヴ20%使用
ピノ・ムニエ30%、ピノノワール40%、シャルドネ30%

植樹:1960年代~2000年代
位置:標高100m、南東
土壌:泥の多い粘土石灰質
樽で醗酵
11ヵ月樽熟成
2年間瓶内シュール・リー熟成
無濾過&無清澄

エマニュエル・ブロシェの畑は全てモン・ブノワの丘にあり、ほぼ1枚畑に3品種が植わっている。非常に表土が薄く、丘の上部では20㎝ほどの表土だけで、その下には真っ白な石灰質土壌。リザーヴワインの比率は20%ほどで、新鮮な果実や鮮烈なミネラルが特徴的。




Emmanuel Brochet, Champagne Extra Brut - Haut Chardonnay '13

エマニュエル・ブロシェ、シャンパーニュ・エクストラ・ブリュット オー・シャルドネ’13
(辛口白泡)


税込¥19800(税別¥18000)

<あと2本>幻の超限定品!

パーカー95点

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のシャンパーニュを最低2本以上同時にお買い求めくださいませ。


品種:シャルドネ100%
植樹:1962年
位置:標高120m、南東
土壌:泥の多い粘土石灰質
樽で醗酵
11ヵ月樽熟成
5年間瓶内シュール・リー熟成

モン・ブノワの畑の上部に位置する古木区画のシャルドネのみを使った、ブラン・ド・ブラン。

数年前の中身が、VINOUS 93点(アントニオ・ガローニ)




Emmanuel Brochet, Champagne Extra Brut - Les Hauts Meuniers '14

エマニュエル・ブロシェ、シャンパーニュ・エクストラ・ブリュット レ・オー・ムニエ’14
(辛口白泡)


税込¥19800(税別¥18000)

<あと2本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のシャンパーニュを最低2本以上同時にお買い求めくださいませ。


品種:ピノ・ムニエ100%
植樹:1965年
位置:南西向き
土壌:泥の多い粘土石灰質
24時間マセレーション。
11ヵ月樽熟成
リューディ:ラ・モテル(La Motelle)
生産本数3400本
友人のビオのブドウ栽培家から購入。

’12 パーカー95点

’12 デカンター・オンライン94点




Emmanuel Brochet, Champagne Extra Brut - Rose de Saignee '18

エマニュエル・ブロシェ、エクストラ・ブリュット ロゼ・ド・セニエ’18
(辛口・ロゼ泡)


税込¥16500(税別¥15000)

<あと4本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のシャンパーニュを最低2本以上同時にお買い求めくださいませ。


品種:ピノ・ムニエ100%
植樹:1965年
位置:南西向き
土壌:泥の多い粘土石灰質
24時間マセレーション。
11ヵ月樽熟成

リューディ:ラ・モテル(La Motelle)
生産本数3400本
友人のビオのブドウ栽培家から購入。


モン・ブノワ地区に多い、泥を豊富に含む粘土石灰質の2.5haの畑を1997年に家族から譲り受け、現当主エマニュエル・ブロシェが自社瓶詰めを開始。往時は慣行農法だったが、徐々にビオロジックに移行し、2011年に認証を取得。現在、一部の区画でビオディナミも行う。シャルドネ100%の「エクストラ・ブリュット オー・シャルドネ ミレジメ」、ピノ・ムニエ100%の「エクストラ・ブリュット レ・オー・ムニエ」は共に1962年植樹の古木から。全てのキュヴェは一次発酵を野生酵母のみで行い、11ヶ月間澱と共に、228Lまたは600L樽で熟成。二次発酵はシャンパーニュ酵母「クォーツ」を用いるが、2014年ヴィンテージからは自社畑から選別・培養した独自の酵母での二次発酵も成功させ、成果が注目される。ノンドセ以外のキュヴェも、ドザージュは通常2~4g/Lに抑制し、官能的なミネラル感と、陰影ある余韻を立体的に表現する。

ランスの街から南へ10km、ヴィレ=オ=ヌード村にあるエマニュエル・ブロシェは、ラシーヌとは2006年からのおつきあいです。最初の収穫は1998年ですが、ブドウのまま売っていたため、最初のビン詰めは2002年からです。
1haから出発し、最初のビン詰めは1000本。現在は2haで、12000本ほどをつくっています。エマニュエルのシャンパーニュは一言で言って、端正で気品に満ちています。細身ながら、エキスが詰まっていて、決して神経質でなく、純粋さを楽しむことができます。あまりに入荷本数が少ないので、リストにも載せてご案内できず、一部のシャンパーニュ好きの方たちへお届けしてきました。昨年母上が亡くなられましたが、母上が持っていたブドウの販売権を譲られたお姉さんから、エマニュエルはブドウを購入できることとなり、全体で2.5ha となるので、少し本数が増えることを期待できるでしょうか?

畑が広がったので、裏庭にセラーができていました。壁と天井をぶ厚くして断熱効果を持たせて、エアコンを使わなくても夏の気温が高くならないように設計されています。ブロシェのモンブノワの畑は、母岩が余りに硬いため、根は表土部分にしか張ることができず、わずか25cmから60cm ほどの表土です。2017年は、芽がすでに成長し始めた時期に、5時間余りのあいだー7℃に気温が下がり、芽は真っ黒に枯れてしまい、収穫はほとんど得られませんでした。
シャルドネは、収穫ゼロ、わずかにムニエの2番目の芽から収穫できたブドウ20パーセント分用い、80パーセント分を、リザーブワインを使ってビン詰めしました。リザーブワインと言っても、毎年10hlずつ取り置いていたワインで、これを2017年のビン詰めで使い切ってしまったため、また溜めていかなければいけない、と話していました。
(輸入元資料より)


11/21(日)アップ~蔵出しラ・パルセル

超入手難!健全でピュアなナチュラル











 


※初入荷!当然すべて再入荷不可能!
ラシーヌ輸入の蔵出し正規品!




Champagne La Parcelle, Vigne de Connigis '18

ラ・パルセル、シャンパーニュ・コニジNV(’18)
(辛口白泡)


税込¥12100(税別¥11000)

<あと2本>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のシャンパーニュを最低2本以上同時にお買い求めくださいませ。


「2021.11月上旬に飲みました。ラベルすら初めて見た鬼レア銘柄!熟成によるものではないオレンジに近い濃いめの色調。アンズ、ベリー類、梅ジュース、プラム、ブリオッシュ、ミネラルなどのよい香り。旨味とミネラルが豊富でブラインドでピノノワール100%だと思ってしまうタイプ。味わいもコクと凝縮した旨味エキスがあり、少しだけタンニンがあり長い余韻。亜硫酸極少でもコンディション抜群でピュアでナチュラル。抜栓の次の日も非常においしい。旨味を伴うミネラル。抜栓の2日後も泡が弱いが味わいは非常においしい」

アルコール12%

今回の中身は2018年主体
わずか1,500本しか生産されていない!!!

品種:ピノ・ムニエ100%
ドサージュ・ゼロ
位置:62~180m、急勾配
土壌:粘土石灰質
バリックで醗酵
バリックで10か月熟成

濾過清澄なし。月の満ち欠けをみながらバトナージュを行う。
彼らの本拠地でもある、コニジ村に2016年に購入した30アールの畑。急勾配の畑に様々なハーブや、野菜を植えながらの栽培をしている。




Champagne La Parcelle, La Capella '17

ラ・パルセル、シャンパーニュ・ラ・カペラNV(’17)
(辛口白泡)


税込¥18700(税別¥17000)

<あと1本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。
すべての値引き対象外となります。
他の生産者のシャンパーニュを最低2本以上同時にお買い求めくださいませ。


品種:ピノ・ムニエ100%
ドサージュ・ゼロ
植樹:1983年
位置:62~180m、南、南西向き
   急勾配
土壌:粘土石灰質
バリックで醗酵
バリックで8か月熟成

Capellaは星の名前であるとともに、ラテン語では子ヤギを意味する。ポリカルチャーを実践しており、多くのヤギを飼っており、La Parcelleのシンボルにもなっている。
80cmの石灰質土壌の上に、10~20cmの薄い表土。40aほどの小さな畑の高低差は120m近くあり、傾斜は高い。
最初の、バイオダイナミック認証キュヴェ。




Champagne La Parcelle, Ratafia
Chevreux-Bournazel Liqueur

ラ・パルセル、ラタフィア
(甘味果実酒・500ml)


税込¥5720(税別¥5200)

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

アルコール17.2%

品種:ピノ・ムニエ100%
シュール・リーで4年以上バリック熟成

◆2021年入荷分
2012-2013-2014-2016年産のラタフィアのアッサンブラージュ。
生産本数:わずか600本弱!!!
ブドウ果汁にフィーヌとマールを添加して製造


ビオロジック、およびビオディナミによる畑の栽培管理会社を営んでいたステファニーとジュリアンが、2012年にスタートしたメゾン。畑はマルヌ渓谷西部に特有の、斜度40度にも達する真南向き急斜面。わずか0.4haで、1983年植樹のピノ・ムニエ100%。ジュリアンはかつて、フランスの剪定技術コンクールで金賞を獲得した腕前も誇る。畑はビオディナミ栽培(2015年に認証取得)で、プレパラートも畑の周囲に生える草花を収穫し自家製。肥料も、自ら飼育する山羊の排せつ物から自家製する。2015年には古代品種アルバンヌとプティ・メリエも、ピノ・グリと共に栽培開始し、その成果も期待されている。自社生産の歴史は浅いが、栽培管理会社時代に20年以上、ビオロジック生産者との交流を重ねた知見が映る、真っ直ぐで、エレガント、ミネラル豊かなシャンパーニュは、初ヴィンテージから本国で高く評価された。2016年、新たにコジニ村に0.3haを購入した。
(輸入元資料より)


11/21(日)アップ~蔵出しシャルル・ノエラ’08’07

伝説のシャルル・ノエラの孫による瓶買いセレクション!








 


インポーターさん試飲で満場一致!即採用!!
飲み頃・熟成ブルゴーニュ♪

Charles Noellat Hertiage Offer

※全銘柄が、再入荷不可能!



「アンリ・ジャイエに匹敵する」とも言わしめた伝説的なドメーヌ・シャルル・ノエラ、1988年にドメーヌ・ルロワに売却され、その輝かしい歴史の幕が下りた。
その実孫であるステファン・モローは、偉大な家系の恩恵によるネットワークと、ブルゴーニュNO.1クルティエと呼ばれた父がいたことからコートドールで絶大な信頼を得る。
ルイ・ジャドやジョゼフ・ドルーアン等といった著名ネゴシアンを顧客に持つクルティエとして活躍しながらも、自身のルーツであるドメーヌ・シャルル・ノエラが破格の値段でルロワに売却され消滅してしまったことを口惜しく思い、なんとか現代にその名声を復興できないかと模索していた。そんな中でルロワがシャルル・ノエラの商標については取得していないことを知り、伝説を復活させるべく2013年に購入したネゴシアンでシャルル・ノエラを冠したワインをリリース。

広大な情報網を持つ彼は特に古酒の発掘力が群を抜いており、表に出ないような小さなドメーヌであっても、品質の高さを見抜いて買い付けることができるため、古酒愛好家の垂涎の的となっている。

熟成の時が造り出した
甘美でじんわりと満ちる美味しさ
(輸入元資料より)




Charles Noella Hertiage 2008 Savigny Rouge

シャルル・ノエラ、サヴィニレボーヌ・ルージュ’08

税込¥4730(税別¥4300)

<あと9本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

果実の甘やかさと酸のバランスが素晴らしく、しっかりとしたタンニンがワインの骨格を整えている。
熟成ブルゴーニュの魅力を気軽に楽しめる1本。




Charles Noellat Heritage 2007 Beaune 1er Les Cent Vignes

シャルル・ノエラ、ボーヌプルミエクリュ・レ・サン・ヴィーニュ’07

税込¥6820(税別¥6200)

<あと11本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

果実のしなやかさと柔らかさがワインのエレガンスを表現している。
全体を通して存在するミネラル感が印象的で、熟成による複雑性も楽しめる1本。


11/21(日)アップ~蔵出し特価シャトー・マルキ・ダレーム’18最後の再入荷!

もっともお買い得な格付け3級シャトーと言われる実力を確認!











なんとGGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版にて4つ星生産者に昇格!!!

ビオロジックを実践
周辺環境にも配慮した持続可能な有機栽培
グラヴィティーフロー

今ではもっともお買い得な格付け3級銘柄とも言われています!




Chateau Marquis d'Alesme '18

シャトー・マルキ・ダレーム’18

(マルゴー格付第3級・辛口赤)


税込¥7700(特価・税別¥7000)

<あと8本>

※すでに再入荷不可能!
28本以上完売。
もし他社輸入品が見つかっても値上がり致します。

最新パーカー95+点!!!
(Lisa Perrotti-Brown、2021年3月試飲)


パーカー94~96点!!!
(Lisa Perrotti-Brown)

最新スペクテーター95点!!!
(2025~2038年)

スペクテーター93~96点!

最新VINOUS 94点!
(アントニオ・ガローニ、2021月3月試飲)

VINOUS 94点!
(ニール・マーティン)
~Plush and extraordinarily harmonious, and one of the purest 2018s you will find on the Left Bank.

VINOUS 92~95点!
(ニール・マーティン)

最新Jeff Leve 95点!!!

Jeff Leve 94~96点!!!

デカンター・オンライン94点!

ファルスタッフ 93点!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
『 今すぐ開けて素晴らしくおいしい! 』

’18のデータ
CS55%、M35%、PV5%、CF5%
フレンチオークの新樽65%熟成



Chateau Marquis d'Alesme '16

シャトー・マルキ・ダレーム’16

(マルゴー格付第3級・辛口赤)


特価・税別¥6700

<売り切れ>絶対おすすめ!

最新パーカー96点!!!(2020~2047年、
Lisa Perrotti-Brown、2019年3月試飲)

パーカー92~94点(2015~2035年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター92点(2022~2032年)

最新VINOUS 94点!!!
(2024~2041年、アントニオ・ガローニ、2019年1月試飲)

Jeb Dunnuck 96点!!!

Jeff Leve 94点!!!

ジャンシス・ロビンソン 17/20点!

デカンター・オンライン93点!

ファルスタッフ 93点!

LVF誌 16~17/20点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点

MVF(旧クラスマン)2020年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点(4つ星シャトー)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

56本完売!ありがとうございました~※ついに再入荷不可能となりました!

「2020.8月初旬に飲みました。縁が紫がかった濃いガーネット。予想ほど固すぎず香りも閉じていない。ココナッツ、ビターチョコレート、鉛筆の芯、カシス、ブラックチェリー、樹脂、甘草、スパイスなどの熟したよい香り。洗練された程よい樽香でピーマンとミントはほとんどない。果実味と骨格があり、熟成のポテンシャルも高そう。カカオ率の高いビターチョコレートのような上質な苦みコクと多いが丸いタンニン、低くない酸で長い余韻。いつのまにこれほど品質が上がっていたのか?ほとんどの方はまだ気が付いていないと思いますが非常に素晴らしい。抜栓の次の日も非常においしい。さらに少しやわらかくなってこの状態なら飲み頃といってもいいくらい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール14%

’16のデータ
CS62%、M30%、PV5%、CF3%
フレンチオークの新樽65%熟成

マルゴー格付け3級。2006年にラベゴルスを所有するペロド家が購入、大規模な設備投資により大きく品質が向上。畑はシャトー・マルゴーに隣接し、生産量は少なく希少。

’15 Jamie Good 92~94点!

 


11/21(日)アップ~蔵出しカレンダー・ピーク’17シャルドネ

価格と品質のバランスが、嘘みたいな白ワイン!







 



Callender Peak, Chardonnay '17 (Stellenbosch)

カレンダー・ピーク、シャルドネ’17
(南アフリカ・辛口白)


税込¥4400(税別¥4000)

<あと20本>絶対おすすめ!

「2021.10月上旬に試飲しました。ブルゴーニュ通の皆さんがかなり高い確率で気に入るであろうこの価格帯最高峰のシャルドネ!コンディションのよいインポーターなので熟成によりさらにおいしくなっておりビックリ!リリース直後はもっと固くてもう少し樽が浮いていたらしいですが、今は果実のエネルギーが素晴らしく樽は良く溶け込んでいます。艶と味付きがあり複雑なめらか、酸は当然低くなくその質も活き活きしており、かなり豊富な山のミネラル。抜栓の次の日も非常においしい」

【品種】シャルドネ 100%
【産地】タルバッハの東に位置する果実の産地で有名なシーリーズ
【畑立地】標高700~1000m
【土壌】ライム・ストーンとテーブルマウンテン・サンドストーン
【ブドウ樹】接ぎ木していないブッシュヴァイン(株仕立て)
【全房使用率】100%
【発酵】区画ごとに分け、2~3年使用のフレンチ・バリックにて、12カ月間、野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】あり
【熟成】シュールリーにて10カ月間寝かせたのち、ブレンドし、さらに2カ月間樽にて熟成させます。
【年間総生産本数】1178本
【アルコール度数】14.0%





Callender Peak, Winter Hoek Sauvignon Blanc '17 (Stellenbosch)

カレンダー・ピーク、ウィンター・フック・ソーヴィニヨン・ブラン’17

(南アフリカ・辛口白)


税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

104本完売!!!ありがとうございました

「2019.5月上旬に飲みました。試飲後価格を見てかなり驚いた1本。+¥1,200の品質。冷涼感のあるキレイな酸と程よいうまみのバランス。培養酵母の派手だけど単調な香りではなくコンディションもよく、流れ方とバランスが良い。ピュアでアルコール14%もあるように感じなかった。香りもさわやかだけど決して単調ではない柑橘類やミネラル(海のミネラルではなく、山のミネラルなんだそうです)など。嘘みたいなワイン!」

アルコール14%

海からの塩気のあるソーヴィニヨンブランとは一線を画した、岩盤からくる華やかなミネラルが醍醐味の美しく華やかな山のソー ヴィニヨン・ブランです。

【産地】タルバッハの東、果実の産地で有名なシーリーズ
【畑立地】標高1000m!
【土壌】ライム・ストーンとテーブルマウンテン・サンドストーン
【発酵】酵母添加のない自然発酵 アルコール度数:14.0%


『Calender Peak Mountain Vinyards』の名の通り、標高約1000mの地で生まれる美しい白ワインの生産者です。 2014年からは新進気鋭の若手ワインメーカー、ドノヴァン・ラール氏がパートナーとなり、醸造を手がけています。
畑はタルバッハの東、セレス・プラトゥ地域の“Koue Bokkeveld”地区(標高700~1000m)に位置します。 “Koue Bokkeveld”とはアフリカーンスで“Cold Goat Field=寒い羊の草原”の意味で、冬には雪が降るとても冷涼な地域で、主な土壌は主に頁岩と砂土です。 この地域はシーリーズと呼ばれ、南アフリカを代表する果物の栽培地として有名ですが、ワイン用のブドウの産地としては全く無名でした。政府が30余年前に実験的にフランスから輸入したシャルドネ株を植えたところ、類稀な火打石の香りを持つワインができ、ワイン産地として適していることに気が付いたのです。その後、この畑の所有者であるマクドナルド家はリンゴと洋ナシの生産農家でしたが、徐々にブドウ栽培に移行していくことになります。 時がたち2006年、『Ataraxia/アタラクシア』のケヴィン・グラント氏がこの畑から買い付けたブドウで醸造したシャルドが、当時のオークション最高額で競り落とされました。

畑の土壌は石灰岩の一種であるライム・ストーンと、テーブルマウンテンが形成された当初のままの砂質であるテーブルマウンテン・サンドストーンで、 独特のミネラル感と美しく華やかな酸味を生み出します。
気候と土壌、醸造家の織りなす、類稀なるソーヴィニヨン・ブランとシャルドネの個性を味わえる逸品です。
(輸入元資料より)


11/7(日)アップ~蔵出しマストロヤンニ’16

※どちらもすでに再入荷不可能!











数年前まで結構売れていました。さらに品質が上がったとのことで久しぶりの入荷です!




Mastrojanni, Brunello di Montalcino '16

マストロヤンニ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ’16
(イタリア中部・トスカーナ・辛口赤)


税込¥7700(税別¥7000)

<あと3本>超限定品!

パーカー95点!!!

スペクテーター94点

VINOUS 89点

Wine Enthusiast 95点!!!

ファルスタッフ 96点!!!

Jancis Robinson.com 17/20点!

James Suckling 95点!

Raffaele Vecchione Winescritic.com 97点!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2021年
シルバー受賞&90点


海抜190-400mに広がる日照豊かな南西~西向き斜面の畑から、ブルネッロ用に区画を厳選。粒の小さな熟した果実のジューシーなアロマに、スモークやスパイスのニュアンスが深みを添える。細かなタンニンに包まれた艶のある果実。エキスに満ちた端正かつ享楽的な味わい。

■産地:D.O.C.G. Brunello di Montalcino
■熟成:大樽36ヶ月
■品種:サンジョヴェーゼ・グロッソ100%





マストロヤンニが誇る2つの単一畑が生み出した傑作
良年のみ限定生産!

川石&砂土壌の織り成すフィネスに満ちた贅沢な飲み心地


Mastrojanni, Brunello di Montalcino Vigna Loreto '16

マストロヤンニ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ヴィーニャ・ロレート’16
(イタリア中部・トスカーナ・辛口赤)


税込¥14300(税別¥13000)

<あと3本>超限定品!

パーカー97点!!!

スペクテーター94点

VINOUS 95点!

Wine Enthusiast 93点

Jancis Robinson.com 17.5/20点!

James Suckling 94点

Luca Gardini ? Gardininotes.com 99+点!!!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2021年
プラチナ受賞&97点!!!


他の区画と異なり東向き斜面にあり、主に凝灰岩質の砂や川石からなるロレートの畑には、フィレンツェ大学が厳選した粒の小さな実をつける古いクローンが植えられている。赤いチェリーやプラム、リコリス、革、スパイスが複雑かつ多層的に香る。フローラルな果実の広がりが素晴らしく、複雑で力強い味わいの中にはフィネスとエレガンスが満ちている。

■産地:D.O.C.G. Brunello di Montalcino 
■熟成:大樽36ヶ月 
■品種:サンジョヴェーゼ・グロッソ100%


更なる躍進を魅せるカステルヌオーヴォ・デッラバーテの先駆者
その創業は、ブルネッロの生産拡大に火をつけたバンフィの設立や、D.O.C.G.昇格以前の1975年。醸造所と畑はアペラシオンの最南端、カステルヌオーヴォ・デッラバーテの丘陵に位置する。痩せた土壌を持つ急斜面は崩れやすく、弁護士のマストロヤンニ氏がこの地所を取得した当時は森と牧草地が広がるのみでブドウ畑はなかった。しかし、南部特有の温暖な気候、南西から南に開けた日照が豊富な斜面。夏は雨が降らず、日中の気温は時には40度にも達するが、南に迫るアミアータ山から常に涼しい風が吹くため、15度を超える昼夜の寒暖差。加えて、この山はこの地所を嵐や雹からも守ってくれる。

1990年代、2人の醸造家が、マストロヤンニ氏がいち早く見込んだそのポテンシャルを氏が目指す以上に引き出した。栽培から醸造までワイン造りの全てを監督するアンドレア・マケッティと、コル・ドルチャなどブルネッロの多くの造り手のコンサルタントを務めるマウリツィオ・カステッリである。彼らはマストロヤンニ氏の「伝統ありき」の信念を共にし、「ワインは畑で育つ」というポリシーを実践している。

2008年に醸造所はエスプレッソコーヒーの最大手、グルッポ・イリーの手に渡った。多くの人が、大資本が入ることで全く別のワインになるのではと危惧したが、マストロヤンニに大きな敬意を抱くイリーは大規模な設備投資を行ったのみで、ワイン造りの方針に一切の変更を求めなかった。以前と変わらず、アンドレア・マケッティとマウリツィオ・カステッリの名タッグと彼らのチームにより、マストロヤンニの名の下でワイン造りが続けられている。一方、セラーの改装に加え、選果台や木製の発酵槽の導入などのイリーによる設備投資のおかげで、ワインはよりクリーンになり、クオリティは一層向上した。更にディティールが磨かれたクラシックなブルネッロ、それが現在のマストロヤンニである。
(輸入元資料より)


11/7(日)アップ~蔵出しプリンチピアーノ’16セッラルンガ

蔵出しプリンチピアーノ’16ラヴェーラ

蔵出しプリンチピアーノ’15バローロ・セッラルンガ

今では昔のバローロ・ボーイズとは逆の個性重視・大樽熟成の方向性!











ラシーヌ輸入の限定品!

化学肥料や除草剤、殺虫剤や防カビ剤を不使用
さらに現在では一部ビオディナミも導入している


プリンチピアーノは、「現代のクラシック」というべき高みに達しているにもかかわらず、常に進化の過程にあります。この地域でこれほどの将来性に富む生産者は、ほとんど思いつきません。しかも、あくまでも市場の受容性を考慮した価格は、品質からみると、とても良心的としか、言いようがありません。
このような多面的な意味で、まさしく比類を絶するプリンチピアーノこそ、ラシーヌにとって理想的な生産者であるだけでなく、ラシーヌの品質管理によって、その〈繊細優美な味わい〉を特徴とするワインの実力と個性がますます発揮される、と私たちは考えています。
(輸入元資料より抜粋)


今までのどのピエモンテとも違う輝きを放つ!その1
何故?これほどまでにタンニンが丸くエレガントで、エキスとミネラルは多いのか
それこそジャンシス・ロビンソン女史、ジョン・ボネ氏、Luis Gutierrez氏達が絶賛しそうなスタイルです。




Principiano Ferdinando, Barolo - Ravera di Monforte 2016

プリンチピアーノ、バローロ・ラヴェーラ・ディ・モンフォルテ’16
+バローロ・セッラルンガ’15


税込¥14740(税別¥13400)

<あと12セット>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
当然再入荷不可能!

Wine Enthusiast 98点!!!
(Cellar Selection!)

VINOUS 93点!
(2024~2036年)


アルコール13.5%




Principiano Ferdinando, Barolo - Serralunga '16

プリンチピアーノ、バローロ・セッラルンガ’16

税込¥5830(税別¥5300)

<あと6本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 96点!!!
(Editors'Choice!)


「2021.10月下旬に試飲しました。’15よりタンニン量が多く骨格が大きいが、タンニンの質はキメ細かくいい感じのコク。重すぎるという印象は全くない。透明感がありピュアで酸とミネラルの質が良いのはいつも通り。かなりおいしく味付きしっかり、旨味と深みもあるがワイン単体で飲むならあと数年寝かせたほうが良い。肉やチーズなどとうまく合わせることが出来ればすぐに開けてもおいしいでしょう」




Principiano Ferdinando, Barolo - Serralunga '15

プリンチピアーノ、バローロ・セッラルンガ’15

税込¥5720(税別¥5200)

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 90点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

36本以上完売。ありがとうございました

「2020.9月下旬に飲みました。縁がオレンジ~朱色のやや明るいルビー色。アーモンドなどのナッツ類、赤い実の果実、ミニトマト、わずかにオレンジリキュールなどのよい香り。抜栓直後は味わいが少し固いが、短時間でググッと旨味が増して一見バローロとしては軽いようでいて味付きはかなりしっかりしている。酸とミネラルの質もとてもよい。キメ細かいタンニンでグリップ感は少しありつつ、わずかな苦みを伴いよいバランス。例えばクラシックなスタイルのブルゴーニュ好きにもおすすめできるバローロ。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール14.5%

’15から新ラベル

ジャコモ・コンテルノのカッシーナ・フランチャに隣接する石灰比率が高い畑であるボスカレートの若木

ボスカレートはセッラルンガを代表する畑カッシーナ・フランチャの真下、バローロ・エリアの境界線にある。標高は一番低いところで320m(カンヌビやブッシアよりも高い)、最も高いところでは400m を超える。

生産量:約20000本/年

品種:ネッビオーロ100%
植樹:1999年代
位置:南西~南東向き
土壌:粘土石灰質

ステンレスタンクで30日間マセレーション
大樽で24ヶ月熟成

バローロらしい風格を持たせながらも、気軽で親しみやすいものを、というフェルディナンドの想いが良く表れたバローロ。
”グラスで使ってくれたらいいなぁ”(フェルディナンド本人談)



プリンチピアーノ家は、1900年代の初頭から、自分たちが所有する7haの畑でブドウ栽培にいそしんできた。カンティーナは、50年代に父アメリーコ・プリンチピアーノの手によって実現され、1993年から、息子である現当主、フェルディナンドが引き継いでいる。フェルディナンドはアメリーコから、畑でも、醸造面でも貴重な経験を得てきた。
 カヴィオラの指導のもと1993年から10年間、ロータリーファーメンターを使って、近代的なワインを造っていたが、伝統的なつくりのワインが持つ味わいの偉大さが理解できるようになるにつれ、2002年にまったく方向を変えることを決断した。2004年にロータリーファーメンターを売って大樽を購入し、その哲学と概念をあらためて定義しなおしている。醸造は、とりまく自然と地域環境の特徴を子細に反映させるためのものであると考え、そのために化学肥料や除草剤、殺虫剤、防カビ剤の使用を放棄するのを信条とした。2012年からは、最も重要な3haの畑ではボルドー液も硫黄も使用せず栽培している。

 高品質のワインを生み出すために、ブドウ畑が円熟していることが根本的な役割を果たす。プリンチピアーノ家が所有しているクリュのブドウの樹齢が40年から60年におよぶことを、誇りに思ってもいいのではないか。ブドウ樹1本あたりの収量を750gから最大でも1.5kgに抑えるため、間引きを進め、醸造もクラシックなスタイルとなった。サステイナブルで自然環境との調和をとるスタイルを実現するために、野生酵母で発酵することを好み、発酵時には温度管理も硫黄の添加も行わない。ルモンタージュはポンプを行わずに、手作業で行うことにした。SO2を使用するのはビン詰め時のみで、清澄も濾過も行わない。

 「幼いころ、家用に祖父が造っていたワインはタニックでなかった。私は、体に吸収されやすい、エキストラクトを強くしない、アルコール度数の低いかつてのスタイルを造りたい。美味しくて自然な味わいが信条だ。」「ワインはテイスティングするものでない。畑の中でバランスがとれていることが重要。今自分の信じる好きな方法で醸造でき、大変喜んでいる。昔はジャーナリストのために造っていたようなものだ。歴史を知れば知るほど、この地方の強い個性を理解できるようになった。」とは、フェルディナンドの言葉である。目指すスタイルは、骨格があり、優雅で、バランスよく、スムーズな口当たりで、飲み心地の良いワインと語る。
(生産者HPから一部抜粋、ラシーヌ合田女史によるインタビューで補足)


 

11/7(日)アップ~蔵出しコンドリュー・ラ・ドリアーヌ’19、コートロティ・トゥルク’17、コートロティ・ムーリンヌ’16

100%蔵出し正規品ドメーヌ・ギガル、コートロティ単一畑!






「“フランス・ワインの明日を担う若いリーダー達”と題して、今最も注目を集める10人の生産者に選ばれる!(ワインスペクテーター2003.9月号より)」

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度版にて
Palmares Le Takent et L'Emotion [GENIE DU VIN]に選ばれる!!!

ワイン&スピリッツ誌2016年ワイナリー・オブ・ザ・イヤーに選ばれる!

ギガルが、ベタンヌ&ドゥソーヴが選ぶ2007年度もっとも偉大な生産者に選ばれる!

デカンター誌2006年マン・オブ・ザ・イヤーに、マルセル・ギガル氏が選ばれました!

 





E.GUIGAL, Condrieu La Doriane '19

ドメーヌ・ギガル、コンドリュー・ラ・ドリアンヌ’19(辛口白)

税込¥15400(税別¥14000)

<あと16本>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン95点!

MVF(旧クラスマン)2022年度版 93点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度 96点!!!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

まだ評価が出揃っていません

「2021.10月中旬に試飲しました。例年以上の圧巻トップノーズ!甘く複雑な花束、バラ、ライチ、白桃、ムスク、香水、高級な紹興酒などの凄まじい香り!果実味豊かで粘性としっかりしたコク苦味あり、最後に旨味と塩味を伴うミネラルが残る長いアフター。意外と酸も低過ぎず、ジョルジュ・ヴェルネイ同様に熟成可能なタイプのコンドリュー。昔より遥かに買えないワインとなってしまいましたが、やはりすごいワインだ!」

アルコール%

平均樹齢35年
ヴィオニエ100%
"Cote Chatillon ", "Chery", "Vernon", " Volan " の4区画から造られる


一般的に短命なワインが多いコンドリューですが、この銘柄は熟成可能!

’94にデビュー、生産量がわずかな単一畑のコンドリュー、ヴィオニエ100%

リュット・レゾネ(減農薬)、天然酵母使用、手摘み

平均樹齢30年

土壌:粘板岩、シリカ、石灰の皇后土壌、すり鉢状の花崗岩土壌、酸化鉄を含む花崗岩




E.GUIGAL, Cote Rotie La Turque '17

ドメーヌ・ギガル、コートロティ・ラ・トゥルク’17

税込¥57200(税別¥52000)

<あと6本>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

Jeb Dunnuk 97~100点!!!

パーカー97~99点!!!
(2022~2040年)

スペクテーター96点

VINOUS 95~96点!

デカンター・オンライン97点!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 97点!

「2021.10月中旬に試飲しました。昔から3大コートロティの中で一番わかりやすい滑らかコクがあり、香りもすでにある程度華やか。意外と10年以上待たなくてもおいしさが出ている。とは言え基本は相当な凝縮と大きな構造、多いタンニン。低すぎない酸とミネラル。巨大なワインですが、タンニンの質は非常によい。相当長い余韻」

アルコール%

シラー93%、ヴィオニエ7%
シリカと石灰、雲母と粘板岩、酸化鉄の土壌




E.GUIGAL, Cote Rotie La Mouline '16

ドメーヌ・ギガル、コートロティ・ラ・ムーリンヌ’16

税込¥57200(税別¥52000)

<あと3本>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

Jeb Dunnuk 95~97+点!

最新パーカー97点!
(2023~2040年、2021年3月試飲)

パーカー95~98点
(2019年12月試飲)

スペクテーター95点

VINOUS 98点!!!
(2026~2038年)

デカンター・オンライン95点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点

「2021.10月中旬に試飲しました。’16らしく予想より冷涼感があるまったく低くない酸とミネラル。なのでそもそも超巨大なワインなのにすごく固い。飲み頃は最低でも10年後からその後信じられないほど長く熟成しそう。あり得ないほどのポテンシャルがある凝縮した黒い実の果実、固~いガリグのニュアンス、スパイス。相当長い余韻」

アルコール%

平均樹齢75年!
シラー89%、ヴィオニエ11%
片麻岩、シリカ、石灰質と黄土の土壌


11/7(日)アップ~蔵出しドメーヌ・レイモン・デュポン・ファン’19

話題の格下げブルゴーニュ・ブラン!

※全銘柄すべての値引き対象外となります!






 




近年では、新ヴィンテージの蔵元在庫が毎回すぐに完売してしまうそうです!




Raymond Dupont-Fahn, Bourgogne Blanc Chaumes des Perrieres '19

ドメーヌ・レイモン・デュポン・ファン、ブルゴーニュ・ブラン・ショーム・デ・ペリエール’19

税込¥4730(税別¥4300)

<あと8本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

’17 ワイナート93号 90~92点!

本来、すべて村名ムルソーの畑(1級ペリエールと1級ジュヌヴリエールを見下ろす畑)の格下げブドウ

レモンの砂糖煮や洋ナシ、黄桃を思わせる優しい香りに、樽由来のスモーキーさ。ブドウの熟度を感じさせるとろりとした舌触りだが、しっかりとした酸を備えあくまで透明感を損なわない美しさがある。クリアだが様々な要素が詰まった複雑な味わいで、余韻に伸びがある。丸さ、透明感、全体のバランスが素晴らしく、下手なムルソーよりもよほどムルソーらしい、偉大なワインである。
(輸入元さんコメント)




ドメーヌ・レイモン・デュポン・ファン、ムルソー・レ・クル’19

税込¥8360(税別¥7600)

<あと4本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

所有する他の2区画(Vireuils, Tillets)に比べて標高が高いため、より爽やかで、緊張感がある。樹齢80年以上!!!の樹からは、結実不良のように小さな実がなり、収量は大変少ないが、常に健全で非常に質の良いものができる。繊細さで頭一つ抜きん出たムルソーであり、心地よい酸とミネラルがまっすぐ一本通ったワイン。

’17 ワイナート93号 88~90点




ドメーヌ・レイモン・デュポン・ファン、ムルソー・レ・ティレ’19

税込¥9020(税別¥8200)

<あと2本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

レイモンはムルソーの斜面上部に隣接する3つの区画、レ・ティレ、レ・クルー、レ・ヴィルイルからワインを手掛けているが、その中で最も力強いワインとなるのが東向き斜面に位置するレ・ティレ。黄色い果実を思わせる甘味と厚みを備えた果実。雑味がなく透明感あるスタイルのムルソーで、程よい樽香が心地良い。

’17 ワイナート93号 88~90点







ドメーヌ・レイモン・デュポン・ファン、ブルゴーニュ・ブラン・ショーム・デ・ペリエール’16

税別¥3900

<売り切れ>限定品!

※すでに再入荷不可能!
ラベルデザイン変更あり。

本来、すべて村名ムルソーの畑(1級ペリエールと1級ジュヌヴリエールを見下ろす畑)の格下げブドウ

毎年大人気!

リュット・レゾネを実践

手摘み~選別台で選果

SO2最小限、無清澄


『 1979年、ブルゴーニュに代々続くドメーヌの5代目に生まれたレイモンは、幼い頃より父や祖父の傍らでワイン造りに携わってきた生粋のヴィニュロンである。ボーヌの醸造学校で学んだ彼は卒業後、各地でワインの修行を積むことを考えていたが、19歳の時に父ミシェルが大きな事故に遭い、ドメーヌは存続も危ぶまれる状態に陥ってしまった。そのため、修行に出ることよりも、父のドメーヌに参加することを決意。幸いにもその後ミシェルがワイン造りを続けられるほど回復したため、21歳でエノロゴの資格を取得し、2001年に自らの名を冠したドメーヌを設立した。当初はブルゴーニュ・ショーム・デ・ペリエールとオーセイ・デュレスの約5haの畑のみだったが、現在ではローラン・クレールと祖父ジャン・デュポンから借り受けた計10haの畑からのワインを手掛けている。

レイモンが「とりわけ興味深い」と語るのは、ブルゴーニュ・ショーム・デ・ペリエール。このキュヴェにはムルソーの1級畑ペリエールとジュヌヴリエールに接する、本来村名クラスの区画(ムルソー・ド・ダヌ)のブドウが使われている。1975年に休耕地だったこの畑を購入し、植樹する際に「根を十分に張らすためには表面の土の層が浅すぎる」と考えた祖父のジャンは、他の区画の土を20cmほど足すことをINAOに申請し、許可を得た。しかし、この一件は他のムルソーの生産者の間でスキャンダルとなり、彼らの抗議によってACブルゴーニュに格下げされたという逸話を持つ。現在も格付けはACブルゴーニュのままだが、その時植えられたブドウの樹は地中深くまで根を張って、ド・ダヌとペリエールのテロワールの恩恵を大いに受けた実を結び、『最高のブルゴーニュ・ブラン』と誉れ高いワインを生み出している。

全てのキュヴェにおいてワイン造りの方法に差を設けず、ブドウ栽培にはリュット・レゾネを採用。収穫は区画ごとに熟度を見極めてスケジュールを決定し、熟度はもとより酸とのバランスも重要視するため、ボリュームとエレガントさの絶妙な調和がワインに与えられる。

ミシェルの下から独立後、モンテリー、ムルソーと場所を移した後、2006年にムルソーと国道を挟んだ向かい側の小さな村タイィに腰を落ち着け、自らが納得のいくワイン造りを探求している。専門評価誌でもたびたび取り上げられており、『ギド・アシェット』では2007-2009年版と3年連続して掲載され、特に2007年版ではショーム・デ・ペリエール2004が「今年のギド・アシェットで扱ったブルゴーニュ・ブランの中で一番出来が良い」という高評価を受けている。しかし、レイモン自身はメディアの評価をあまり気にかけておらず、そんな大らかな彼の性格が反映された美しいワインの数々が、さらに飲み手を魅了しているのである。 (輸入元資料より) 』


11/7(日)アップ~蔵出しルフレーヴ’19マコン・ヴェルゼもうすでに最後の再入荷!

10/10(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ’19’18


8/20(金)アップ~蔵出しルフレーヴ’19’17’15

※ルフレーヴ全ヴィンテージは全ての値引き対象外となります。

























 

 






現在ではドメーヌ・ルフレーヴによる経営。
将来的にルフレーヴ名でのリリースに統合される可能性が高い。




Domaine de la Jobeline, Macon-Villages '18

ドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ、マコン・ヴィラージュ’18
(辛口白)


税込¥2750(税別¥2500)

<売り切れ>絶対おすすめ!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2020年 シルバー92点受賞!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 89点


24本完売。ありがとうございました

「2021.9月下旬に飲みました。NOMAコルクselectgreen300 100%recyclable。やや濃いイエロー。よく熟してフルーティーでみずみずしいが、シンプルではなく意外と冷やしすぎない方がおいしい。蜜、黄桃、メロン、砂糖漬けのオレンジ、花、ビスキュイ、ミネラルなどのよい香り。フルーツ感が非常に強く、酸とミネラルも低くなく、超キメ細かなわずかな苦みと旨味が心地よく、バランスのよい飲み頃NOW~でお買い得!サントバルブやロアリーが好きな方にもおすすめできるくらいこの価格帯では上質。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13.5%

粘土石灰質土壌

南東・南・北西向きの斜面で、標高は300m~380m
樹齢の若い複数区画のアッサンブラージュ

アロマとフレッシュさを保つため温度管理の下、土着酵母でアルコール発酵。 マロラクティック発酵は春の初めに自然に行われる。 熟成はシュール・リーで8か月。
シーフード、サーモンの燻製、魚のグリル、鶏のクリーム煮、シェーヴルチーズなどと合いそう。
(輸入元資料より)




Domaine de la Jobeline, Macon-Verze ≪ Allure ≫ '18

ドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ、マコン・ヴェルゼ・アリュール’18
(辛口白)


税込¥3080(税別¥2800)

<売り切れ>

※再入荷不可能!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2020年 ゴールド96点受賞!!!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 88点

シャルドネ100% 
粘土石灰質土壌

南東・南・北西向きの斜面で、標高は300~380m
樹齢15年~20年の異なる区画のアッサンブラージュ

土着酵母でアルコール発酵。温度管理することで時間をかけてゆっくりと行う。マロラクティック発酵は冬の間に自然に行われる。
フレッシュさを保つため、熟成はステンレスタンク。シュール・リーで8か月
白身の肉、魚のグリル、キッシュ、チーズなどと合いそう。
(輸入元資料より)




Domaine de la Jobeline, Macon-Verze ≪ 16 Ares Rouge Vieilles Vignes ≫ '19

ドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ、マコン・ヴェルゼ セーズ・アール・ルージュVV’19
(辛口赤)


税込¥3080(税別¥2800)

<あと8本>絶対おすすめ!
限定品!

MVF(旧クラスマン)2022年度版 92点!
さらにクー・ド・ラネ!!!

「2021.10月初旬に飲みました。紫がかったやや明るい~中程度のルビー色。なによりもまずガメイとしては少し驚くレベルでしっかりした酸があるので飲み頃は半年~1年後くらいか?ボジョレー地区のガメイと違う個性があり梅シソ昆布の香りが強く、他に熟したベリーやシナモンなども。味わいも豊かな果実+梅シソ昆布旨味。凝縮してジューシー感もありタンニンの質もよい。抜栓の次の日も非常においしい。さらに旨味が増して向上!抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール13.5%

’18 MVF(旧クラスマン)2021年度版 91点!

ガメイ100% 
粘土石灰質土壌

南東向きで標高約380m。1961年に植樹された16アールの小さな区画。
畑の耕作・摘果・低収量が濃縮したガメイの果汁をうみだす。
低温浸漬と定期的なルモンタージュ、温度管理下でのアルコール発酵、数日間のポスト・マセラシオン後、プレスして樽に入れる。
冬の終わりに自然にマロラクティック発酵が行われる。様々な年数の樽で1年間熟成
ポトフ、肉のソース煮、ジビエ、子羊の足、鴨のコンフィなどと合いそう。
(輸入元資料より)


ラ・ジョブリーヌはヴェルゼ村の丘陵地に位置するドメーヌです。マコネのこの小さな村の歴史は10世紀まで遡り、卓越したテロワールから品質の高いワインを生み出しています。約100年前、現当主ピエール・マイエの祖父クロードは、薬剤師となった後、ヴェルゼ村に戻ってブドウ畑を開墾し、ワイン造りをスタートしました。その後、その息子ポールがさらに畑を拡大させると、2004年にポールの息子、ピエールにバトンが渡りました。 ピエールは、当時ワイン協同組合のメンバーでしたが、マイエ家の歴史を引継ぐことを決意し、2014年にドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌを設立しました。

標高250~380メートルの高さにある11ヘクタールの畑は、適度に傾斜のある水はけのよい粘土石灰質土壌。畑は東から南に面し、日較差が生まれることで早朝の太陽光は霜のリスクを軽減し、日中の陽ざしによってブドウはよく熟し、できあがるワインはエレガントで果実味豊かなものになります。ブドウ樹の平均樹齢は25年で、最も古いものは1957年に植樹されています。
 ドメーヌではテロワールの質を最大限に高めるために、収量は制限し、持続可能な農法を実践しています。農薬や化学肥料の使用の軽減、生物学的サイクルの尊重、土壌中の生命の維持、また土に適度な空気を入れるための定期的な耕作、天然由来の製品、肥料の使用などに取り組んでいます。このように土壌を整えることで、根は栄養分を求めて地下深くに到達し、ミネラル、豊かなアロマ、テロワールの特徴を引き出します
(輸入元資料より)








2015年収穫直前のブドウ畑画像




’12くらいからマコン・ヴェルゼやアソシエを除く、ドメーヌもののブルゴーニュ・ブランからすべてのボトルのキャップシールにICチップ的なものがついております。(ジョルジュ・ルーミエの一部のグランクリュやコント・ラフォン、デュジャック’13、ドメーヌ・ルロワ’13なども同じ)

昔ながらのワイン愛好家の方に多いのですが、思いっきりキャップシールを回されてしまうと下記の画像のように破れますのでご注意お願い致します。

2015.6.17 当店セラー内で見つけたボトル、、、








マダムが亡くなってしまったからというもの、ラックさんの在庫が一瞬で消えて、当店在庫もかなり減りました

ほぼ毎年ずっと買っていたのでたくさん分けてもらえました。

’13’14の評価もすごいです!

’13~’17ピュリニー村のすべての銘柄が、
すでに再入荷不可能です!!!




’17の新銘柄は
2004年にマコン・ヴェルゼの畑を購入した後、
2013年にさらに買い足した畑のブドウからなので
すべて自社畑のドメーヌもの!
いまではマコネ地区に20haもの自社畑を所有しているのです!!!

’15以降すべてDIAMコルク



Domaines Leflaive, MACON-VERZE '19

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’19

税込¥3740(税別¥3400)

<売り切れ>

バーガウンド・コム 88~91点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

84本完売!ありがとうございました~※まさかのもう再入荷不可能!インポーターさんで過去最高の速さで完売してしまいました、、、

’18より¥220お安くできました~!!!




Domaines Leflaive, MACON-VERZE "les chenes" '19

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ・レ・シェーヌ’19

税込¥4950(税別¥4500)

<あと9本>限定品!

バーガウンド・コム 89~92点(Outstanding Top Value!)




Domaines Leflaive, Pouilly-Fuisse la Chaneau '19

ドメーヌ・ルフレーヴ、プイィフュイッセ・ラ・シャノー’19

税込¥7700(税別¥7000)

<あと2本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

デカンター・オンライン93点!

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding Top Value!)





Domaines Leflaive, Pouilly-Fuisse en Vigneraie '19

ドメーヌ・ルフレーヴ、プイィフュイッセ・アン・ヴィニュレ’19

税込¥7700(税別¥7000)

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

デカンター・オンライン95点!!!

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding Top Value!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度 95点!!!







11/7(日)アップ~<※極少量!>蔵出しエティエンヌ・ソゼ’19

<※極少量!>蔵出しエティエンヌ・ソゼ’18


※全商品が、全ての値引き対象外となります。




↑※’10以降の新ラベル


 

 




 




MVF(旧クラスマン)2017年度版 Les Stars de l'annee 2017 に選ばれる!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!



『 ピュリニー独自の透明感を大切にした知的な味わい (ワイナート47号より) 』

最近になってやっとソゼおいしくてびっくりしたという声が多くなってきました。意外なことに皆さん実は飲んだことがなかったというケースが多くあり、、、ルフレーヴより手頃でラモネより手に入りやすい、そして実力の差はそれほどない(個性も違いますが)という素晴らしさです!!!

7年以上前から栽培はビオディナミ




2016.1月下旬やっとお会いできました。リアルワインガイド51号にも書いてあるようにジェラール・ブードさんが引退してから上記画像のブノワ・リフォーさん(超ナイスガイ!)が造っている。ジェラール・ブードさんの娘であるエミリーさんの夫であり、2002年から働いています。もうたくさん飲んでわかってはいたのですが明らかに新樽とバトナージュを減らした還元的な造りになっていますのでリリース直後は香りが閉じ気味で味わいも固いが、嫌な還元香は皆無で透明感のあるピュアで美しい、そして骨格と余韻とミネラルのある真に素晴らしいワイン。例えば村名ピュリニーだけでも’11よりも’13の方が樽がさらに少し控えめに感じた。それぞれの畑の個性の違いも明確にくっきり表現されている。アフターに多く残るミネラルは、やはりビオディナミの成果でもあるだろうとのこと。このレベルだとシャントレーヴさん同様、買いブドウか自社畑かはもはやほとんど関係ないという実際の上質さ具合!




’19’18は、HPに載せる前にほとんど売り切れてしまいました、、、




エティエンヌ・ソゼ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・シャン・カネ‘19

税込¥26400(税別¥24000)

<あと1本>超限定品!

デカンター・オンライン94点!(ティム・アトキン)

パーカー90~93点(William Kelley)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92~94点!
(Sweet Spot Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 94点!




エティエンヌ・ソゼ、バタール・モンラッシェ‘19

税込¥121,000(税別¥110,000)



輸入元定価・税込¥143,000

<あと1本>幻の超限定品!

パーカー93~95+点!(William Kelley)

VINOUS 94~96点!(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン96点!(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 93~96点!


毎年買えるわけではありません。





エティエンヌ・ソゼ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・シャン・カネ‘18

税込¥25300(税別¥23000)

<あと2本>超限定品!

デカンター・オンライン95点!!!(ティム・アトキン)

パーカー92~94点(William Kelley)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~93点!(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!




エティエンヌ・ソゼ、バタール・モンラッシェ‘18

税込¥105,600(税別¥96,000)



輸入元定価・税別¥120,000

<あと1本>幻の超限定品!

パーカー94~96点!(William Kelley)

VINOUS 94~96点!(ニール・マーティン)

デカンター・オンライン95点!(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 92~95点!


MVF(旧クラスマン)2021年度版 98点!!!

毎年買えるわけではありません。
これで全然利益とっていません、、、


 

 



11/7(日)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・リシャール・マニエール’19

まったく無名ながらも素晴らしい品質!優れた畑を所有!

※全銘柄が、すべての値引き対象外となります。







「畑で生まれ、畑で死ぬ」という生粋のヴィニュロンによる、
フランス国外への流通は僅かな幻のワイン

先代のマニエール・ノワロ時代がロバート・パーカー4ツ星評価。今のブルゴーニュでは貴重な、古典的な味わいと素性の良さを備える。

DRCの所有畑に挟まれたエシェゾーの区画


なお、基本的にブルゴーニュ・ルージュは100%除梗

他の銘柄は全体の20~40%程度全房発酵




ドメーヌ・リシャール・マニエール、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショ’19

税込¥20240(税別¥18400)

<あと6本>超限定品!

樹齢約75年。リシュブールやロマネ・サン・ヴィヴァンなどグランクリュに囲まれたプルミエクリュ。ふくよかなベリー系果実や甘いスパイスのフローラルな香りにバニラのヒント。ヴォーヌ・ロマネらしい柔らかなテクスチャーが素晴らしい。




ドメーヌ・リシャール・マニエール、エシェゾー’19

税込¥30800(税別¥28000)

<あと6本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

樹齢約80年!!!

ドメーヌの所有区画はエシェゾーのリューディのひとつ、レ・プーライエールのど真ん中にあり、DRCの所有区画に挟まれているため、長年同社から区画の交換の申し入れがあるという恵まれたロケーションを誇る。



オーナーで醸造責任者
Richard Maniere

所有畑面積
10ha

栽培方法
リュット・レゾネ。除草剤、殺虫剤は使用しない。

醸造方法
発酵前にマセラシオンを行う。発酵にはステンレスタンクを用いる。発酵温度は最大で31度。



11/7(日)アップ~蔵出しシャントレーヴ’19第3弾








↑ラベルデザイン変更





 


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度にて
ついにシャントレーヴが
Palmares Le Takent et L'Emotion [lES GENIES DE DEMAINE] に選ばれる!!!


こことベルトラン・アンブロワーズの値上がりなし具合には
本当に頭が下がりますね!
ともにすでに地位と名声を確立していると思うのですが、素晴らしいことです!



白 ~Blanc '19~
白は、早熟で重くなりがちな年にあっても収穫のタイミングを見極め早めに摘んだ甲斐あり、 果実と酸のバランスも良い。若いうちから楽しめる内容ではありますが、熟成させても良しでしょう。
ムルソー’19は今回も買えなかったので造れなかった、、、

赤 ~Rouge '19~
赤は例年と同じく全房を100%使っています。大きなスケール、しなやかなストラクチュア、典雅な果実感。どれも出色の出来です。
ラドワ’19は今回買えなかったので造れなかった、、、




CHANTEREVES, Bourgogne Pinot Noir '19

シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ルージュ’19 750ml

税込¥3410(税別¥3100)

<あと10本>限定品!

※もうすでに再入荷不可能、、、

パーカー89点!(William Kelley)

VINOUS 85点

デカンター・オンライン92点!


フランボワーズや苺の赤い果実味と、ブルーベリー等の黒い果実味はチャーミングながら、アタックはしっかり。タンニンはきめ細かく、既存のジェネリック以上の充実感に洗練されたキャラクターです。




CHANTEREVES, Bourgogne Haute Cote de Beaune ≪ Paris l’Hopital ≫ Rouge '19

シャントレーヴ、オートコート・ド・ボーヌ ≪ パリ・ロピタル ≫ ルージュ’19

税込¥4180(税別¥3800)

<あと10本>超限定品!

※もうすでに再入荷不可能、、、

花崗岩母岩が風化した砂質の畑の影響で、果実味はボージョレーを想起させるブルーベリーやブラックベリーなどの黒い果実が中心ですが、ピノ・ノワール100パーセントです。畑の傾斜がきつく砂質の土壌は保水力が低いので、葡萄の根が深く張り、カッチリとしたボディーと奥行きのあるピノになります。ブルゴーニュ・ルージュと並んで、2019年は分けてもスケールの大きいものになりました。とても気に入っています。




CHANTEREVES, Bourgogne Chardonnay '19

シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’19
(ブルゴーニュ・辛口白)


税込¥2640(税別¥2400)

<売り切れ>限定品!

パーカー87点(William Kelley)

※まさかのすでに再入荷不可能!

はっさくやレモンを思わせるフレッシュな果実感と、厚みのあるボディー。村名クラスに匹敵します。充実したエントリーレヴェルのブルゴーニュです。




CHANTEREVES, Aloxe-Corton 1er cru Les Paulandes '19

シャントレーヴ、アロースコルトンプルミエクリュ・レ・ポーラン’19

税込¥9240(税別¥8400)

<あと10本>超限定品!
初入荷の新銘柄!~※すでに再入荷不可能!

パーカー92点!(William Kelley)

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)


予想より低収量で2樽しか造れなかった銘柄!
コルトン・マレショード・グラン・クリュの斜面斜め下に位置しており、表土は深めながら多くの礫が混じって水捌けが良いので、プルミエクリュならではの品を醸し出します。厚みがありながら重くならず余韻は軽やかです。




CHANTEREVES, Pommard '19

シャントレーヴ、ポマール’19

税込¥7150(税別¥6500)

<あと7本>限定品!

パーカー90点(William Kelley)

購入出来たのが、昔と違う畑のブドウ
村名ポマールの中で分けても標高が高く表土の浅いリューディーLa Vacheと、冷涼なアン・マローのピノ・ノワール半々で造っています。ポマールらしからぬ重心の高さ。エレガントでしっとりた質感に仕上がっています。




CHANTEREVES, Nuits Saint Georges les Tuyaux '19

シャントレーヴ、ニュイサンジョルジュ・レ・チュイヨー’19

税込¥7480(税別¥6800)

<あと8本>絶対おすすめ!
超限定品!
初入荷の新銘柄!

パーカー89+点(William Kelley)

VINOUS 87~89点(ニール・マーティン)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

17本完売。

「2021.7月中旬に飲みました。DIAM5コルク。縁がうっすら紫がかったやや明るいルビー色。赤い実果実とブルーベリーの甘いフルーツガム、樹脂、ヨード、ミネラル、少し甘苦系スパイスなどのよい香り。予想より果実味豊かで、うまみエキスたっぷりの甘旨コク、タンニンの質が極めてよく一見酸が少し低いようで、ミネラルが強く最終的なバランスはとてもよく重すぎず杯が進む。抜栓の次の日も非常においしい。暑い年の甘味は(ブルゴーニュでは)マイナスにとらえられることも多いが、このワインは甘美で杯が進む!かなりおいしい。抜栓の2日後も非常においしいが、昨日のバランスがベストだった」

アルコール14%

ヴォーヌロマネ側の畑、樹齢50~60年!
ニュイ・サン・ジョルジュの村の北側に位置し、芳香高く果実味あふれ、タンニンも円やかなので、若いうちから飲みやすい仕上がりですが、ヴォリュームと奥行があり、エネルギッシュ。エキサイティングな村名です。


11/7(日)アップ~蔵出しシモン・ビーズ’18レ・フルノー

蔵出しシモン・ビーズ’17ブルゴーニュ・ルージュ再入荷


※’18以外は全ての値引き対象外となります。




※’15からわずかにラベルデザイン変更。





当店在庫のシモン・ビーズは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!




Simon bize, Savigny-les-Beaune 1er Les Fournaux '18

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・フルノー’18

税込¥8580(税別¥7800)

<あと12本>絶対おすすめ!

パーカー90点
(William Kelley)

VINOUS 90~92点
(ニール・マーティン)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 94点!!!
(いきなり2つ星生産者として再掲載される!!!)

リアルワインガイド74号 91・93点

「2021.10月中旬に飲みました。5月にリアルワインガイドさんが試飲した時には大分固かったようですが、当店が開けた時には見事に開いていました。ただ抜栓の次の日~2日後にさらに向上して素晴らしい状態になりました。縁が紫がかったやや明るいルビー色。全房のニュアンスを感じる華やかで明るいフルーツ香主体で、ナチュラルでエキスとミネラルが多く、熟した甘旨コクがあり、’18としては低すぎない酸とある程度のグリップがあり長い余韻。抜栓の次の日にはナチュラル凝縮コク味とさくらもちの香り。抜栓の2日後のバランスが一番おいしいかもしれない。味付きとコクのバランスが絶妙」

アルコール13%




シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ぺリエール’18

税込¥4290(税別¥3900)

<あと10本>

樹齢44~47年
オート・コート・ド・ボーヌを名乗ることもできる区画から造られるこの赤ワインは、一般的なブルゴーニュ・ルージュと比べて厚みが一枚上。タンニンも十分に感じられるが、しなやかな果実味に包まれてアグレッシヴさは無い。ビーズのエレガンスを知る入門ワイン。
(輸入元資料より)



シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・オー・グラン・リアール’18

税込¥6050(特価・税別¥5500)

<あと5本>

VINOUS 88~90点(ニール・マーティン)

樹齢39~79年!
1級畑のゲットやヴェルジュレスのある丘のすそ野に位置するこの村名畑は、南向きの好条件。ビーズ家3代でそれぞれ植えた樹が育ち、魂が宿る。熟したラズベリーと赤スグリの香り、しなやかな果実味を感じさせるフルボディ。ワンランク上の村名サヴィニー・レ・ボーヌ。
(輸入元資料より)




Simon bize, Savigny-les-Beaune 1er Les Talmettes '18

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・タルメット’18

税込¥9020(税別¥8200)

<あと10本>超限定品!

VINOUS 90~92点
(~superb.ニール・マーティン)


樹齢40~50年
オー・ヴェルジュレスと地続きながら、真南を向いた強い傾斜で、面積も3ha程度しかない小さな1級畑。リッチで豊満な味わいは日当たりの良さから。加えて高い標高がピシッとまっすぐな背骨を形成する。アフターにはミネラルの余韻。完成度の高いワイン。
(輸入元資料より)






シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ぺリエール’17

税込¥4290(税別¥3900)

<あと8本>絶対おすすめ!

リアルワインガイド67号 89・89+点!

バーガウンド・コム 86~89点!

パーカー87~89点(William Kelley)

VINOUS 85~87点(ニール・マーティン)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

40本完売。~※再入荷不可能!

「2019.11月中旬に飲みました。紫色の弱いやや明るいルビー色。予想よりフローラルでナチュラルな赤い実の果実とリンゴの皮、少しアールグレー紅茶、ミネラルなどのかなり良いトップノーズ!’15とは全く違うワインのようで骨格とタンニンは’15より弱いが、おいしさとエレガントな調和は’17の方が上。『今までで最もナチュラルな味』に感じられ、うまみと癒しがあり飲み飽きない。すでにバランスは完璧。タンニンとても丸く、でもアフターの最後にベルガモットの風味とともに少しグリップあり。熟成も可能だが、自然でおいしすぎるので飲み頃NOW~。全房発酵のニュアンスも少し感じるが自然で活き活きしている。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール13%










11/7(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス’19’15グレーヴ・ヴィー二ュ・ド・ランファン・ジェズュ

長熟型、ボーヌ最高の1級畑のひとつ!





 




<HVE> Haute Valeur Environnementale レベル3
環境に配慮した農法認定を2015年に取得済み!


ランファン・ジェジュの畑は周辺のグレーヴの畑より一段高くなっており、日照や水はけ、風通しの面でより優れる
砂質が多い土壌なので繊細さとタンニンの滑らかさが表現されやすい
普段ドメーヌ・ブシャール(自社畑の方)をあまり評価していない方であってもこの銘柄だけは大好きという方も多い!!!

ジャスパー・モリス氏も大絶賛の特別な畑!




DOMAINE BOUCHARD PERE ET FILS, BEAUNE 1ER CRU GREVES VIGNE DE L'ENFANT JESUS '19 (Monopole)

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ・ヴィーニュ・ド・ランファン・ジェズュ・ルージュ’19
(モノポール・辛口赤)

税込¥14300(税別¥13000)

<あと10本>超限定品!

ジェームス・サックリング 96点!!!

パーカー93点
(William Kelley、2022~2050年)

VINOUS 91~93点
(ニール・マーティン、2023~2043年)

スペクテーター94点
(2023~2035年)

デカンター・オンライン95点!
(2024~2034年)

バーガウンド・コム 92~94点!
(Sweet Spot Outstanding!)

ファルスタッフ 95~97点!!!


アルコール13.5%

2019年の出来について
赤は果皮の色づきが素晴らしく、ルモンタージュも不要。ピジャージュも発酵の後半に少しだけで、まるでハーブティーを入れるような柔らかな抽出作業でした。色合いやタンニンの質は偉大な2015に近く、その2015年にはない、2017のような味わいにしなやかさを兼ね備えたワインとなりました。




ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ・ヴィーニュ・ド・ランファン・ジェズュ・ルージュ’15
(モノポール・辛口赤・ハーフ・375ml)


税込¥7370(税別¥6700)

<あと5本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!



DOMAINE BOUCHARD PERE ET FILS, BEAUNE 1ER CRU GREVES VIGNE DE L'ENFANT JESUS '15 (Monopole)

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ・ヴィーニュ・ド・ランファン・ジェズュ・ルージュ’15
(モノポール・辛口赤)


税込¥14300(税別¥13000)

<あと11本>絶対おすすめ!
超限定品!

パーカー92点(William Kelley)

VINOUS 90+点
(ニール・マーティン、2021~2040年)

パーカー92点
(ステファン・タンザー)

スペクテーター94点
(2020~2033年)

デカンター・オンライン94点!
(2021~2042年)

バーガウンド・コム 92~94点!
(Sweet Spot Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス
さらにクー・ド・ラネ!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5/20点

「2021.11月上旬に飲みました。紫のないやや明るいルビー色。少しもジャミーではなく、まったく低くない酸とミネラル。抜栓直後は明らかにまだ固い。抜栓の次の日から少し向上するが、一番おいしくてもう飲める状態になったのは抜栓の2日後~4日後の間が価格以上に非常においしかった。というもの実は¥22,000~¥29,000のクロヴージョ3種類と同時に飲み比べてこのランファン’15が当店の4人全員一致で一番おいしかったという判断になりました。(誰のクロヴージョだったかは聞かれても絶対に教えません(笑))あと少しで色気の出る華やかさを感じる凝縮して深みのある赤い実の果実、やや控えめな樽、上品なスパイス香にうっすら鉄サビ系を含むミネラル感。果実味はしっかりしているがクラシックに感じられる時期で、少し粘性グリップのあるタンニン、旨味を伴う塩味とコクがあり余韻もピュアで長め。今はまだ旨味が表現され切っておらず多少ドライなアフター。3~4年後以降に飲めれば最高でしょうね」

アルコール13.5%

2015年の出来について
暖かく、雨の少ない冬で霜が降りたのは2月の数日間のみ。春は暑く乾燥し、開花は5月末から6月10日にかけて行われました。7月の平均気温は例年より3-4°C高く、37°C を超えるという記録的な猛暑になる日もあった上、例年に比べて10%しか雨が降りませんでした。乾燥した気候の影響がブドウの葉にも現れ、摘葉は行わないことを決定。収穫は9月2日に開始され、シャルドネの収穫は新鮮さを守るために早く作業が進められました。どちらの品種も選果作業が必要ないほど健やかな状態で、特にピノ ノワールは糖度も高く、種も梗も完璧に熟しタンニンはシルキーに仕上がりました。


11/7(日)アップ~<※12本限定!>蔵出しドメーヌ・アンドレ・ボノーム’94

大変貴重な蔵出しレイトリリースもの!

蔵出しドメーヌ・アンドレ・ボノーム’18チュリセ

旨味とミネラルたっぷりの上品で複雑な癒し系!









 




AB、ユーロリーフの他にも
<HVE> Haute Valeur Environnementale
環境に配慮した農法認定あり




Macon Vire Vieilles Vignes '94

ドメーヌ・アンドレ・ボノム、マコン・ヴィレVV’94
(750ml・辛口白)


税込¥14300(税別¥13000)

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
2021年輸入の大変貴重なレイトリリースもの蔵出し正規品!
まさかの輸入元在庫一瞬で完売!!!

アルコール%

このワインは当時のドメーヌ最上位キュヴェで
現行ならVire Clesse Hors Classeの区画からの蔵出希少バックヴィンテージです。当時の樹齢は70年以上、一年間樽と一年間ステンレスタンクにて熟成させています。辛口白ワインで貴腐ワインではございません。

輸入元さんが2021年に試飲した際に、コンディションよく生きており、酸もあり、心地よく美味い!といえる状態だったそうです。






Domaine Andre Bonhomme,
VIRE CLESSE < Thurissey > '18

ドメーヌ・アンドレ・ボノーム、ヴィレクレッセ・チュリセ’18

税込¥5665(税別¥5150)

<あと14本>絶対おすすめ!
限定品!

ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点

リアルワインガイド73号にて絶賛される!91+・92点!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
10本完売。

「2021.7月中旬に試飲しました。トップノーズだけですごい量の旨味とミネラルが詰まっているとわかるオイリーで上品な非常によい香り。黄桃、蜜、ハーブ、強いミネラルなどの香りにまろやか上品で複雑味。強烈ミネラルで長い余韻。熟しているが上品で酸も低くない。まったく固くない&重くないが緩くない癒し要素まである飲み頃NOW~。すごい!」

アルコール13.5%
ABマーク、ユーロリーフあり!

平均樹齢85年!!!

手摘み
浅い赤い粘土と白い粘土がある粘土石灰質土壌
1haの所有
年産3000本

新樽約25%にて約1年熟成~ステンレスタンクにて1年熟成

生産者曰く、上質な魚料理やホタテに合う。8~10年は熟成可能



『 ドメーヌ・アンドレ・ボノームは僅か6haの畑からヴィレ・クレッセを生産する、マコネでも最も優秀な造り手の一人です。1957年に創立されたこのドメーヌは現在ではアンドレ・ボノーム氏とその娘婿エリック氏によって運営されています。

「良いワインは良いぶどうから造られる」というポリシーのもと、昨今のバイオ技術にたよる事なく、あくまでナチュラルな製法にこだわり、日々畑を耕し良いぶどうが収穫できるよう努力を続けています。
(10年以上前からビオロジック、1980年以降は化学肥料を使用していません

マコネはもちろん白ワインの生産者の中でも特に秀逸な生産者として数えられ、開放的でエキゾチック、また洗練されたスタイルは白ワインに求める要素を全て満たしているといっても過言ではありません。数々の世界的なコンクールで賞賛を受けており、その安定した素晴らしい造りは、海外の超有名レストランなどのプロが認める数少ないドメーヌです。 (輸入元資料より) 』


11/7(日)アップ~<※12本限定!>蔵出しクリスチャン・セネ’02

飲み頃ピーク頂上付近の色気と旨味!




 



Cristian Senez, Champagne Brut '02

クリスチャン・セネ、シャンパーニュ・ブリュット’02
(辛口白泡)


税込¥9240(税別¥8400)

<あと4本>おすすめ!
超限定品!

「2021.11月上旬に飲みました。まさに飲み頃ピーク頂上付近の熟成感でコクがありヒネはなく、コンディションもよい。マッシュルーム、モカマロン、モンブラン、蜜などのよい香り。まさに今、飲み頃ピーク頂上付近の時期だと思われ、果実・旨味・酸味・滑らかさのバランスがよい。熟して凝縮しており、低くはないがキレキレではない酸。ミネラル量は中程度。抜栓直後よりも1時間後くらいから旨味がギュッと凝縮したドライ・パイナップルのような厚みエキスが出てきてさらに向上。抜栓の次の日も泡だけ弱くなるが味は非常においしい」

アルコール12%

Hautes Valeurs Environnementales (HVE)取得済み!

フランベしたリンゴや洋ナシのアロマに、ハチミツのニュアンス。円熟な果実に心地よい酸が馴染んでいる。柔らかな果実と穏やかな酸のバランスが素晴らしい、まさに飲み頃を楽しめる1本。

シャルドネ 75% ピノノワール 25%

1955 年に設立、コード・デ・バールのフォンテット村を本拠地としている。シャンパーニュはMLFなしで造る。


11/7(日)アップ~蔵出しジャン・ルイ・ヴェルニョン’11シェティヨン・エ・ミュセット

初入荷のレア銘柄!

<※値上がり直前!>蔵出しジャン・ルイ・ヴェルニョンNVコンヴェルサション750ml

コンディション抜群で、うまみとミネラルの広がるアフター









 

インポーター2社から買っています




J.L.Vergnon, Champagne Grand Cru MSNL Chetillons et Mussettes '11

ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・グランクリュ・メニル シェティヨン・エ・ミュセット エクストラ・ブリュット’11
(辛口白泡)


税込¥12760(税別¥11600)

<あと11本>絶対おすすめ!
超限定品!

※待望の初入荷!
「2021.11月中旬に飲みました。セラー温度で抜栓。予想通り厳格な酸と硬質ミネラルのはっきりと体感できるギューンと縦伸び長いアフターでしたが、思ったほどは固すぎず抜栓の次の日にはメイプルシロップのような甘い香りも少し出てきて、味わいも旨味の凝縮と塩味が強く出てきて素晴らしくおいしい。緩みがなく熟成させた方がよりおいしくなることは間違いない。手に入るうちにぜひ!抜栓の2日後もまったく落ちない。泡は少し弱くなるが弱すぎるというほどではない」


’10 VINOUS 94点!

’10 スペクテーター92点

最高の区画『シェティヨン』と『ミュセット』のブレンド!
ワイナート105号にて大きく取り上げられました~!
コンディションが良いシェティヨンは最高でしょうね!

シャルドネ100%

ステンレスタンクで発酵、瓶内熟成82ヶ月以上でやっとリリースされる
アルコール12%
ドサージュ3グラム/リットル

ル・メニル・シュール・オジェのブドウのみで造られる。グレープフルーツの皮や蜂蜜、ローストしたアーモンドにミモザのヒント。直線的で鋭い酸が口中に広がり、チョーキーで塩気を感じさせるミネラルがフィニッシュまで長く続く。シャープで緊張感があり、緻密な泡が生み出すテクスチャーは繊細でなめらか。メニルの個性を存分に表現した、まさにメニルを愛する人のためのキュヴェ。
(輸入元資料より)






個人的に大好きだったリンゴ入りヨーグルトの透明感のある乳酸香トップノーズは、今ではもうなくなってしまいました(特に若いうちは)が、味わいはやはりおいしいです。


これはマロラクティック醗酵してる銘柄かどうか、デゴルジュマンからどのくらい熟成しているかで変わるようですね。

ここもアルチザン(職人的栽培醸造家)グループのひとり

<※重要な情報>
ヴェルニョンの品質をググっと押し上げた
カリスマ『 クリストフ・コンスタン 』さんが離れてしまいました
(才能を評価されて、すごいところに引き抜かれたのか?)。
今後しばらくすると味わいが変わってしまいます。


その後また戻ってきて今現在また在籍中。


もともとビオロジックですが
<HVE3> Haute Valeur Environnementale
環境に配慮した農法認定も取得済み




ジャン・ルイ・ヴェルニョン、シャンパーニュ・グランクリュ・ブラン・ド・ブラン <コンヴェルサション>ブリュットNV(750ml・RM)

税込¥6380(特価・税別¥5800

<あと10本>絶対おすすめ!
フィラディス輸入の限定品!
※6月以降入荷分から¥1,100程度値上がり致します。

最新VINOUS 93点!!!
(Antonio Galloni、2020.11月試飲)


最新パーカー90点
(William Kelley、2021年3月試飲

パーカー89点(2018~2028年、2019年4月試飲)


最新バーガウンド・コム 93点!!!(2017年10月試飲)

WEBマガジン『Panch』にてライターのジョン・ボネ氏が選ぶ
<今年(2017年)注目すべきワイン25本>のひとつに選ばれる!!!


ゴーミヨ誌2021年度版 16.5/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点
(さらにOr pour le Prix+Plaisir 2019に選ばれる!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

MVF(旧クラスマン)2017年度版14.5/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!


最新ロット分からデゴルジュマン表記がなくなりました、、、
この最新ロットの中身
ベースヴィンテージ:2015
ドサージュ:5g/l
デゴルジュマン:2019.10
クリストフ・コンスタン氏が離れたのは2017年以降の短い期間で、今回の中身は味が良かったので心配はしていませんでしたが、クリストフ・コンスタン氏が在籍中のものとなります。
とのことです。

前回入荷分デゴルジュマン2018年10月

前々回回入荷分デゴルジュマン2017年11月

86本完売!!!

「2021.5月初旬に飲みました。デゴルジュマン表記がなくなってからの最新ロット。香りの印象は例年通りで透明感がある塩レモン、蜜リンゴ、ミネラル、マッシュルームなどのよい香り。味わいは例年よりわずかに柔らかく強いミネラルによる少しの固さはあるものの飲み頃NOW~。当然酸もしっかりでうまみエキスに厚みがある非常によい出来、よいバランス。抜栓の次の日少し向上。冷やしすぎない方がおいしい」



「2019.11月上旬に再度飲みました。デゴルジュマン2018年10月ものも今すぐ開けて最高においしいが、例年より厚みとコクがあり少し厳格さがありわずかな固さも残る。当然ノン・ヴィンテージでも実際には寝かせた方がおいしい銘柄もある。これは結構熟成可能な内容。リンゴ入りヨーグルト、アーモンド、グレープフルーツ、強いミネラルなどのピュアなよい香り。注いでから回さずに少し放置して温度を上げるとよりおいしく楽しめます。果実味豊かでバランスよく、ドライでミネラリーなアフター。泡の質もよい。抜栓の次の日には全体的に少し向上した」



「2018.5月中旬に飲みました。昔飲んだ一番おいしかった時よりも今回さらにおいしく感じられた!ピュアで透明感があり、泡の質が抜群によい。ヨーグルト乳酸、グレープフルーツ、砂糖漬けにしたレモンの皮、程よいベリー、強いミネラルの香り主体。艶と複雑性のある果実、ちょうどよい尖っていない上質で絶妙な酸とうまみ、非常に多いミネラルで一貫して美しく流れる。温度上がるとうまみ塩が増す傑出バランスに!この価格帯ではほとんど完璧な内容。1万円でこれより満足度の低い銘柄はかなりあります。個人的にはこれとマルゲがあればプレステージ銘柄は『 家飲み限定 』なら特にいらないかも?という気も。ただのブリュットですが、クドさゼロの複雑さわやかバランス。抜栓の次の日~2日後と泡が少し抜けてさらにおいしい!間違いなく基本のブドウの質がかなりよいので、クリストフ・コンスタンさんが関わった中身はあとどのくらい買えるのだろうか?デゴルジュマンに関わっていなくても栽培・醸造に関わっていれば、リリースまで時間がかかる飲み物なのでまだしばらくいける?」

アルコール12%


『 1950年創立のジャン=ルイ・ヴェルニョンは、1985年からビン詰めを始めました。2002年にクリストフ・コンスタンが醸造責任者になって、栽培・醸造のすべてが根本的に改められ、年を追うごとに目覚しい向上をしてきています。クリストフ・コンスタンもまた、アンセルム・セロスから大きな影響を受けた一人です。特に、メニル村はアンセルムが住むアヴィーズと同じコート・デ・ブラン地域にありますから、収穫期が近づくと頻繁にアンセルムと情報交換をしているそうです。 「ル・メニルでは、マロラクティック発酵をしないで仕上げるには、10~11グラムのドザージュが大前提になっている。もし、ドザージュしないで仕上げようとするなら、マロラクティック発酵をしなければバランスがとれない」と一般に言われています。けれども、「ブドウを完熟させて収穫すれば、マロラクティック発酵は必要ない」というのが、アンセルムとクリストフの意見なのです。ル・メニルの真髄を表現する正統派シャンパーニュの登場です! (輸入元資料より) 』


11/14(日)アップ~<※入手難!>蔵出しドメーヌ・デリアンスNVクレマン再入荷

高樹齢の自社畑ブドウから造られる贅沢仕様!





※↑ラベル変更あり。







◇自社畑のブドウのみを使用

メルキュレイとジヴリの間に位置する、
トラシー・ル・フォール村とメルセ村にある僅か2haの自社畑のブドウを使用。
石灰岩土壌で平均樹齢は40年。収穫を含めほとんどを手作業で行うことで、
「ワインの品質は畑で決まる。畑での作業と収穫中の選果に重点を置く」
という信念を貫いている。




Domaine Deliance N.V. Cremant de Bourgogne Brut Reserve NV

ドメーヌ・デリアンス、クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット レゼルヴNV

税込¥2805(税別¥2550)

<あと12本>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン93点!!!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

168本完売!!!

「2021.4月初旬に再度飲みました。グリっぽいやや濃いイエロー。トップノーズと酸の質と余韻がシャンパーニュ的でこの最新ロットもかなり上質。明らかに価格以上の内容!ブリオッシュ強め、アンズ、グレープフルーツ、カシューナッツ、ミネラルなどの香り。質のよい果実、コクと厚みがあり、ややキレのある酸のおかげで辛口だが、ほんの少し柑橘類の砂糖漬けのようなニュアンスが残る長めのアフター。緩みなく良いバランスの飲み頃NOW~。大量生産型でコンディション抜群ではないシャンパーニュより遥かにおいしく楽しめます。また少し暖かくなってきた季節にも合う。抜栓の次の日も非常においしい」



「2019.4月上旬に飲みました。冷やし過ぎないほうがおいしい。グレープフルーツ、少しブリオッシュ、ミネラルなどの香り。ややキレのあるよい酸と予想より少しコクがあり、よいバランスでキメ細かな苦みを伴う長めの余韻もちゃんとある。全く知らない生産者でしたが、明らかに価格以上のよい出来。抜栓の次の日も非常においしい」


ステンレスタンクで10日間の発酵後、無濾過で瓶詰。

『 おそらくあなたはシャンパーニュではないかと困惑する!
純粋に素晴らしい、エクセレントなワイン。美しいバランス、エレガンスに刺激的なフレッシュさがあり、これらの要素は果実のリッチさと奥深さによってさらに強調されている。 』 by Decanter

瓶内熟成:18か月
ドサージュ:5.5g/L
品種:ピノノワール50%、シャルドネ30%、アリゴテ20%

ドメーヌの歴史は1935年に遡る。1972年には先代が自社畑の植樹に着手。
現在は創業者の曾孫にあたる4人が少しずつドメーヌを発展させて行き、
合計17haの自社畑を所有する家族経営のドメーヌに成長している。


◇クレマンに特化する最高のドメーヌのひとつ

現在、流通しているクレマン・ド・ブルゴーニュは大手が手掛けるものがほとんどだが、少しずつ高品質なクレマンの生産にフォーカスする造り手が現れている。
その代表格がドメーヌ・デリアンスである。彼らは自社でスパークリングワイン醸造設備を持ち、大手の委託醸造とは一線を画すクオリティとコストパフォーマンスを実現している。

彼らの拘りは最高レベルの品質を目指し、
クレマン・ド・ブルゴーニュの最高の生産者として広く認知されること。


◇デゴルジュマンを手作業で行う稀有な生産者

このBrut Reserveは手作業に拘り、
デゴルジュマンも1本ずつ手作業で行っている。
そのため生産本数は12,000本とクレマン・ド・ブルゴーニュとしては希少である。


11/7(日)アップ~蔵出しクロー・ド・ネル’18ヴィオレット

蔵出し特価クロー・ド・ネル’16シュナンブラン

さすがのエキスとエネルギーで上質!


現在はドメーヌ・ルフレーヴがオーナーです

















クロー・ド・ネルはもともと、2000年代の初めにブルゴーニュ出身のカップル、ネリーとクロードのピシャール夫妻がアンジューに起こしたドメーヌである。
土地のテロワールは申し分なく、ふたりの情熱も熱かったが、残念ながら経済的に恵まれなかった。

2006年はワインが廃棄となり、2007年はウドン粉病にかかって収穫はゼロ。
この窮状に手を差し伸べたのがピュリニー・モンラッシェの大御所、ドメーヌ・ルフレーヴのアンヌ・クロード・ルフレーヴである。

アンヌ・クロードによる取得後もクロード・ピシャールはドメーヌに雇われていたが、新しい道を見つけて旅立つことが決まり、2009年、クロー・ド・ネルの支配人としてシルヴァン・ポタンが着任した。
チリのクロ・ウヴェールというワイナリーでアシスタント・ワインメーカーをしていた人物である。


値上がりの激しいボルドーにはもううんざりという方にもおすすめできます!

’10から裏ラベルにデメテル・マークあり!

ビオディナミを実践

現在ではカベルネソーヴィニヨン100%の銘柄は造っていない。キュヴェ・ヴィオレットに使用されています。

Terroir de Gres et Silex Rouges sur Tuffeau


The Top Producers in France’s Capital of Natural Wine
に選ばれる!!!

WEBマガジン『Punch』にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏





CLAU de NELL, Anjou Rouge Cuvee Violette '18

クロー・ド・ネル、アンジュ・ルージュ キュヴェ・ヴィオレット’18
(ロワール・辛口赤)


税込¥4290(税別¥3900)

<あと3本>絶対おすすめ!

パーカー96点!!!
(2023~2050年!、~Fabulous! A must buy!

スペクテーター92点
(NOW~2031年)

VINOUS 91点
(2022~2032年)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 92点

「2021.10月下旬に飲みました。いつもヴィオレットはカベルネフラン100%よりも若いうちからバランスよく癖がなく楽しめる傾向ですが、この’18は特に傑出しており今すぐ開けても非常においしい。野暮ったくなく青臭くなくタニックでもなく還元香がまったく気にならないレベル。凝縮した黒い実の果実+赤紫蘇、控えめな樽のロースト、ミント、ヒマラヤ杉などの予想より上品で洗練されたよい香り。ボルドー好きまで普通に守備範囲に入ってくる味。昔はたしかグロローとカベルネフランのブレンドだったように思いますが、今はグロローを単体で仕込んでいるので。濃すぎず味付きが抜群で、キメ細かなコクのあるタンニンあるが、すでになめらかさを感じバランスよくとても杯が進む。みずみずしさ、酸とミネラルもキープされている。抜栓の4日後までまったく落ちない」

アルコール14%
デメテル、ユーロリーフあり!

’18は、カベルネフラン2/3、カベルネソーヴィニヨン1/3のブレンド

カベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンをアッサンブラージュした特別キュヴェ。ヴィオレットの名前が表すように、エッジは紫を帯び、トップノーズにもスミレが感じられる。続いて、完熟したラズベリーやブラックベリー。緻密でタイトな構成のボディとストラクチャーをもつ一方、喉越しはしなやか。

’17 Wine Enthusiast 94点!

使用酵母 自生酵母
熟成(樽【新樽率】/タンク) 樽(ルフレーヴから買い付け)、タンク
熟成期間 樽12カ月、その後タンクで6カ月
瓶詰め時のフィルターの有無 無
所有面積 CF 4.5ha、CS 1ha
土壌 石灰岩の上に砂岩と赤火打石で構成されたシルト質粘土質
ぶどう品種(セパージュ) Cabernet Sauvignon Cabernet Franc
平均樹齢 CF 45-55年、CS 70年
収穫量 CF 約40hl/ha、CS約35hl/ha
収穫方法 手摘み
農法 ビオディナミ
BIO認証団体 Biodyvin/demeter






CLAU de NELL, IGP du val de Loire Chenin Blanc '16

クロー・ド・ネル、IGP・デュ・ヴァル・ドゥ・ロワール シュナンブラン’16
(ロワール・辛口白)


税込¥4785(特価・税別¥4350)



輸入元定価・税別¥5,800

<あと3本>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!(Editors' Choice!)

ファルスタッフ 92点


MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

21本完売。~※’16は再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。

「2020.6月上旬果実の日に飲みました。DIAM10コルク。明らかに高めの温度がベスト。トップノーズだけで濃密なエキスと強いエネルギーのインパクトがわかる素晴らしいもの!ハチミツに漬けた青い梅、ハーブ、ミネラル、樹脂などの香り。かなりの厚みと凝縮感があり、しっかりした旨味エキスとミネラルで、わずかにタンニンが感じられ、コクと余韻に優れ、躍動感のあるワイン。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい」

アルコール13%
ユーロリーフ、デメテルあり!

ルフレーヴの経営になってからシュナンブランの畑を買いました。
(賃貸耕作の畑のブドウも一部含まれているかもしれません。)
今でもラベルに『 anne claude Leflaive 』の文字が入っています。




CLAU de NELL, IGP du val de Loire Grolleau '15

クロー・ド・ネル、IGP・デュ・ヴァル・ドゥ・ロワール グロロー’15
(ロワール・辛口赤)


税込¥4070(特価・税別¥3700)



輸入元定価・税別¥4,800

<あと8本>

ワイン&スピリッツ誌 93点!!!

デカンター・オンライン92点!


MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

アルコール12%
ユーロリーフ、デメテルあり!

樹齢60から90年という超古木のグロローから造られたワイン。グロローといえばロゼ・ダンジューのイメージが強いが、それとは全く異次元の世界。凄まじいまでに密度が濃く、奥行のある味わい。肉付きのよい一方、ロワールらしいミネラルがアフターを締める。
(輸入元資料より)




CLAU de NELL, Anjou Rouge Cuvee Violette '16

クロー・ド・ネル、アンジュ・キュヴェ・ヴィオレット・ルージュ’16
(ロワール・辛口赤)


税込¥4400(特価・税別¥4000)



輸入元定価・税別¥5,200

<あと6本>

ファルスタッフ 93点!!!

スペクテーター91点(2020~2026年)


MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

アルコール13%
ユーロリーフ、デメテルあり!

カベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンをアッサンブラージュした特別キュヴェ。ヴィオレットの名前が表すように、エッジは紫を帯び、トップノーズにもスミレが感じられる。続いて、完熟したラズベリーやブラックベリー。緻密でタイトな構成のボディとストラクチャーをもつ一方、喉越しはしなやか。
(輸入元資料より)


手摘み、超低収量

ワインに関することだけではなく、日常生活でもすべて自然をテーマにした生活
を送っているほどの徹底ぶり!




ブルゴーニュの至宝、ドメーヌ・ルフレーヴの当主アンヌ・クロード・ルフレーヴは、当初、自身がプロデュースするCLACブランドとして元オーナーであるクロード・ピシャールとドメーヌを共同運営していだが、その可能性を見出し、自身がオーナーとなって醸造とマーケティングを行うようになった。

クロード・ピシャール(アンジュ地区)が元オーナーで、現在はCLACの所有となるドメーヌで

アンヌ・クロード・ルフレーヴが醸造、販売のアドバイスを行っている

カベルネフラン100%

ビオディナミを実践

100%手摘み、超低収量

100%除梗

自然酵母を使用

新樽を使用しない(ドメーヌ・ルフレーヴで4~5年使われた古樽を用いている。

補糖も補酸もしない

粘土質、砂岩、赤いケイ素等を含む土壌がチュフォーと呼ばれるロワール地域の石灰岩盤の上を覆う独自のテロワール

『 ドメーヌのビオディナミの解釈と実践方法はというと、ワインにとってよい葡萄をつくるにあたっては自然のよさを引き出す事が大変大事で、それぞれの生物のリズムに沿って人間が丁寧に手助けしてゆかなければならない。ワインのポテンシャルはタンニン・アルコール・酸の持つエネルギーで決まるが、これはあらゆるものの動きがワインにエネルギーを与える。畑には多くの草を生やしているがこれらの草もワインの複雑味に貢献するものである。畑の耕作はチュフォーの上層になる土の部分を耕す事により、空気を土に混ぜ、虫、微生物や、土中の菌類の活動を活発にする。これによりビオディナミでの耕作を実践する。 (輸入元資料より) 』


11/7(日)アップ~蔵出しケリー・フォックス’17マーシュ再入荷

2年半前よりさらにおいしくなって間違いなくブルゴーニュ通も納得の品質!

今までにないオレゴン・ピノノワール!











ラシーヌ輸入の超限定品!




Kelley Fox Winery, Momtazi Vineyard '16

ケリー・フォックス、モンタジ・ピノノワール’16

(アメリカ・オレゴン・辛口赤)


税込¥6270(特価・税別¥5700)

<売り切れ>限定品!

VINOUS 93点!
(2022~2030年、2019年6月試飲)


※何故かこの銘柄だけ去年より¥2,160値下がり!!!

今では手放してしまって今後造られない畑

’15 VINOUS 94点!

’14 Jamie Goode 95点!!!

樹齢17年
南東向き
土壌:火山性土壌、玄武岩
ヴィツェル・ディクソンヴィル(Witzel-Dixonville)と呼ばれる土壌。




Kelley Fox Winery, Maresh Vineyard '17

ケリー・フォックス、マーシュ・ピノノワール’17

(アメリカ・オレゴン・辛口赤)


税込¥8800(税別¥8000)

↑輸入元値下げで11%OFF!

当店価格・税込¥9900

<あと5本>おすすめ!
限定品!

デカンター・オンライン96点!!!
(2021~2032年)


VINOUS 93点
(2021~2029年、2019年6月試飲)


「2021.10月に試飲しました。石灰質主体ではなく、火山性土壌主体でもこれほど上質なワインを造れるということと、あまりに透き通った美しい全体像でアメリカのワインとはわからないところが凄い。酸とミネラルだけではなく、味付きと余韻もしっかりで、熟成によって複雑な滑らかさやさらなる香りの複雑性が表現されており、満足度は特級レベルのもの。そしてまだ熟成も可能。低温保管とあまりスワリングしないことをおすすめします」



「2019.3月上旬に飲みました。紫色の弱いとても明るいルビー色。抜栓直後の非常に冷涼で凛とした酸・ミネラル・骨格から絶対にアメリカのワインとはわからない。最高のコンディション×造り手の才能による極めてピュアな透明感。芯があるクラシック・ブルゴーニュの細部までこだわりつくした逸品という印象もあるが、抜栓後半日~1日程度時間が経つとブルゴーニュよりは少し緩みが早い。それでもかなりおいしい。間違いなく素晴らしい才能の発見なのですが、この価格をどうとらえるかは飲み手の価値観次第になりそうです。はっきりと日本のさくらんぼの香り、他にもアセロラ、セージ、ハーブ、胡椒、ミネラルなどの香り。ただ冷涼なだけではない繊細な複雑性、タンニンの質もよく、抜栓直後の酸の質がアメリカ最上レベルの美しさ!アフターは長く伸びてまさに凛とした美しさがあるピノノワール。’17は全房発酵比率低いのだろうか?全房発酵でこれほど美しい酸が表現できるとは思ってもみなかった。抜栓の2日後もかなりおいしい。余韻が長い」

アルコール12.5%

もともとキャップシールなし

’16 Wine Enthusiast 93点

’15 VINOUS 93点

’15 Wine Enthusiast 95点!(Edotors' Choice!)

前の所有者の時からずっと有機栽培で、
もっとも愛情をもって手をかけている畑の一つであり、
今後もケリー・フォックスが造り続ける特に重要な畑!

ボルカニック火山性土壌主体、シルト
鉄分を含む、目の粗い粘土はレッド・ジョリー(Red Jory)と呼ばれている。

フィロキセラにやられていない自根の古樹
樹齢47年


【略歴】
ケリー・フォックス(写真・右)は、歴史あるマーシュと、広大な自然の中にある美しいモンタジという2つの畑を借りて、自身の栽培した葡萄を用いてワインを造っています。テキサス A&M大学とオレゴン州立大学で生物学と生化学を学び、博士課題を修了する前には、彼女はワイン造りの道を選ぶことを決意していました。ワイン造りについては、教科書からではなく、オレゴンの熟練生産者たちの元でノウハウを習得しました。具体的には、トリイ・モア・ワイナリー、ハーマッハー・ワインズそして何よりオレゴン最上のピノノワールとして名高いジ・アイリー・ヴァインヤードの故デイヴィッド・レット氏から決定的な影響を受けています。そして、数々のワイナリーでの醸造を経験した後、2007年から自分自身のためにワイン造りを始めました。
2005年から2015年までは、スコット・ポール・ワインズで醸造長として、働いていましたが、ようやく2016年VTから、自身のワイナリーのみに集中することがかないました。

【畑について】
大きく分けて、モンタジ(Momtazi)とマーシュ(Maresh)の2つの畑からワインを造っています。モンタジの畑は、2000年、故ジミ・ブルックス氏がケリーに、モエ・モンタジ氏を紹介したことから始まりました。葡萄よりも他の果実や植物の方が多く、広大な自然の一画をケリーが管理しています。ジミとモエは、畑を所有して以来ずっと、ビオディナミ農法を続けてきたため、デメター認証も持っています。火山性土壌で硬く水はけの良い土壌が特徴です。
マーシュには、1970年に植樹された自根の葡萄が植えられています。1970年、ロイ&ジム・マレシュ夫妻がピノノワールを植えたことがこの畑の歴史の始まりです。葡萄の他にも、樹齢100年を超えるクルミやサクランボ等、沢山の果樹があります。一度も除草剤が使用されたことはなく、植樹されて以来ずっと有機農法が行われています。ダンディー・ヒルズA.V.Aに位置する標高500-700mの南斜面に位置する、火山性土壌です。

【醸造について】
 すべての畑は別々の容器で醗酵されます。2011年から2014年は、30%除梗。2015年以降はずっと、全房発酵で、醗酵前の低温浸漬は行っていません。何故なら、葡萄はたいてい早朝に収穫され、素晴らしい状態のままワイナリーに到着するからです。
各ヴィンテージ・畑・ブロック・醗酵漕はそれぞれ個別に扱われ、何ごとも、決まりきった慣習通りには行わず、舌と感覚を頼りに、醸造がおこなわれます。月と天体、1年を通して常に変わりゆくそれらの関係性とエネルギーに沢山の注意を払っています。自身が影響を与えることはせず、それらと繋がりを得るということが重要です。

基本的には
ピノノワール100%
プラスチック容器で14-18日間醗酵
ブルゴーニュ樽(228L)で9カ月
新樽は使わない
(輸入元資料より)


11/1(月)アップ~蔵出しドメーヌ・ソメーズ・ミシュラン’19クロ・シュール・ラ・ロシュ

存在感と複雑性のある傑出した1本!

10/14(木)アップ~蔵出しドメーヌ・ソメーズ・ミシュラン’19サンヴェラン再入荷

素晴らしく出来のよい’19!






 




各評価が凄いことになってきたので久しぶりに試してみたのですが、相当おいしくなっています!!!
おそらく畑の状態かなりよいのでしょう!




DOMAINE SAUMAIZE-MICHELIN, POUILLY-FUISSE CLOS SUR LA ROCHE BLANC '19

ドメーヌ・ソメーズ・ミシュラン、プイィフュイッセ・クロ・シュール・ラ・ロシュ’19
(辛口白)


税込¥5060(税別¥4600)

<あと10本>絶対おすすめ!

パーカー93点!(William Kelley)

最新VINOUS 91+点
(ニール・マーティン、2021年11月試飲)

ブルゴーニュ・オージョルディー17/20点!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 96点!!!
さらにクー・ド・ラネ!!!

14本完売。

「2021.9月中旬に飲みました。今はまだ固いが、すでに驚くほど長い余韻で、大きな骨格・かなりの深み!香りに少し偉大さ・複雑性がある存在感のある1本!基本的には通常この価格で体験できないレベルのもの。かなりの凝縮感・厚み・骨格。コクと重心の低さがありすでに余韻は非常に長い。ヴォリューム感がありつつも最後にちゃんとミネラルが残る。洋ナシ・タルト、モンブラン、溶け込みつつある樽のロースト、バタークリーム、樹脂などのよい香り。抜栓の4日後までまったく落ちない。旨味と塩味を伴いコクがあり長い余韻。抜栓の2日後くらいから少し柔らかくなる」

アルコール14.5%

’17 VINOUS 94点!

’15 Wine Enthusiast 92点

手摘み、無濾過

当主ソメーズ氏お気に入りの畑。ワイン名はこの村のシンボルの岩山、ロッシュ ド ヴェルジッソンからとっています。樹齢は50-70年と古く、豊富なミネラルに恵まれた土壌から造られるこのドメーヌの代表的ワイン。
洋梨のような豊かな果実香にスパイシーなニュアンスが混じります。美しい酸味と、石灰質土壌を反映したエレガントさ、複雑味をもった、熟成も楽しみなキュヴェです。
(輸入元資料より)




DOMAINE SAUMAIZE-MICHELIN, SAINT-VERAN LES CRECHES '19

ドメーヌ・ソメーズ・ミシュラン、サンヴェラン・レ・クレシュ’19
(辛口白)


税込¥3850(特価・税別¥3500)

<あと3本>絶対おすすめ!

パーカー91点(William Kelley)

最新VINOUS 90点
(ニール・マーティン、2021年11月試飲)

ブルゴーニュ・オージョルディー17.5/20点!!!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 92点!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
45本完売。

「2021.9月中旬に飲みました。濃いイエロー。抜栓直後から開いておいしい!ストレートにエネルギーが伝わってくる熟して厚みのある豊かな果実味だが、緩くなく、なめらか粘性があり、キメ細かな苦みコクとミネラル、ヴォリューム感があり余韻が予想以上に長い。飲み頃NOW~で非常に高い完成度。蜜、黄桃、ベリー、カスタードクリーム、樹脂、スパイスなどのよい香り。抜栓の次の日~2日後も非常においしい。抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール14%

標高350m、手摘み、無濾過
約12ヶ月樽熟成

ロッシュ ド ヴェルジッソンの麓にある2つの区画から。1つは石灰質の痩せた土壌の樹齢約40年の区画、もう1つは斜面の低いところにある粘土質土壌の樹齢約60年の区画で、凝縮した極少ブドウがよくできる畑。
白い花や完熟した洋梨、リンゴの蜜などの芳醇なアロマが心地よい、ボリューム感のあるワインです。複雑味も備えており、ほどよい樽香とのバランスも良く取れています。
(輸入元資料より)



’05から徐々にビオディナミの畑を増やし

’07からは全ての畑でビオディナミを実践
(これによって、ブドウの樹の根が土壌深くに根付き、その土地が持つテロワールをより細かく表現できるようになり、またブドウの粒が小さくなり凝縮感の高い果実が収穫できるようになった(ソメーズ氏談)。)


畑での作業~自然を尊重し、土の中の力を強くすること~なるべく手作業で畑作業をすることによって土がトラクターなどによって踏み固められることを防ぐ。化学的な除草剤を使わずに植物相や微生物の働きによって土を耕す。ブドウが最良の状態で熟すよう、芽かきや葉の摘み取り作業を行う。収穫は全て手摘みで行われる。

アルコール醗酵期間はキュヴェによって異なり、3週間~数ヶ月に渡る。醗酵が規則正しく、長い期間かけて行われるように気を配り、また醗酵温度が25℃以上にならないようにしている。樽熟成は基本的には古樽を使用し、新樽率は15%程度に抑えている。熟成期間は約10ヶ月。

『 1978年に現当主のロジェ・ソメーズが設立したドメーヌ。1982年にクリスティーヌ・ミシュランと結婚し、ドメーヌソメーズ・ミシュランとなる。マコネ地区ヴェルジッソン村の名所「ロッシュ・ド・ヴェルジッソン」の丘の中腹に位置する。「ぶどうの持っているポテンシャルをいかに上げるかが最も大切で、そのポテンシャル以上のものはワインには表現できない。なので、畑での作業をとても重視している。」 (輸入元資料より) 』

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)4つ星生産者!


11/1(月)アップ~蔵出し特価パルメ’11

特価アルター・エゴ・ド・パルメ’17再入荷

 

 

※画像は’03です。

 




2008年からビオディナミを導入し、現在はすべての畑で実践しています!




パルメ’11
(マルゴー・辛口赤)


税込¥41800(特価・税別¥38000)

↑31%OFF!

輸入元定価・税込¥60,170

<あと5本>
ファインズ輸入品!

パーカー96点!
(ワイン・アドヴォケイト212号)

スペクテーター93点
(2017~2030年)

VINOUS 92~94点

Wine Enthusiast 95点!
(Cellar Selection!)

デカンター・オンライン94点

ファルスタッフ 95点!

Jeff Leve 94点


MVF(旧クラスマン)2016年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16/20点

’11は、メルロー55%、カベルネソーヴィニヨン45%




Alter Ego de Palmer '17 (Margaux)

アルター・エゴ・ド・パルメ’17
(マルゴー・辛口赤)


税込¥12100(税別¥11000)



輸入元定価・税別¥14,300

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー92点
(Lisa Perrotti-Brown、2020~2038年)

スペクテーター89点

最新VINOUS 92点(アントニオ・ガローニ)

VINOUS 90点(ニール・マーティン)

ジェームス・サックリング 94点!

Wine Enthusiast 92点

デカンター・オンライン93点!

ファルスタッフ 91点

Jeff Leve 92点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点(さらにクー・ド・ラネ!!!)

MVF(旧クラスマン)2020年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

「2020.12月中旬に飲みました。強く紫がかった濃いガーネット。ボルドー7種類同時比較試飲時に抜栓した瞬間もっとも華やかだった1本。今は若すぎて丁子などのスパイス香強めだが、華やかさを秘めているイメージで無駄な贅肉がない上品で複雑な味わい。昔の価値観からは全く考えられないことに味わいはもう全然飲める。凝縮感はそれほどないが、酸が低くなく、みずみずしく清涼感があり、タンニンがとても丸く重くないが味付きはしっかりめで青さは全くない。ジューシーさ、なめらかさがあり多少の艶と複雑性も感じられる。グリップは少し。わかりやすく言えば同じ重くない上品系個性のシャトー・デュ・テルトル’16をもうワンランク上質にしたような印象でそこは価格の差がちゃんと出ている部分。赤い実の果実、ココナッツ、ミントなどの香りで樽は控えめ。抜栓の次の日も非常においしい。やはり一見凝縮感に欠けるようでいてかなりおいしい。抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール%

’17は、カベルネソーヴィニヨン41%、メルロ53%、プティヴェルド6%

メドック格付け3級のシャトー パルメのセカンドワイン。
カントナック村の起伏のある土地に約55ha所有。痩せた砂利質土壌です。シャトーものと同じくカベルネ ソーヴィニヨンとメルロが約半々、ヴィンテージによってプティ ヴェルドがブレンドされています。
1814年、後に将軍となるパルメ中佐がこのシャトーを購入し、自分の名をつけました

メドック格付け3級。スーパーセカンドの代表格といえるほど、高い人気と実力を誇ります。シャトー名は、かつての所有者パルメ将軍に由来。66haの畑を所有していますが、ファーストラベルの年産は最大でも1万ケースほど。ブドウを選りすぐり、繊細さの極みともいえる、なめらかな味わいを実現しています。
(輸入元資料より)



作付面積:CS47%、M47%、PV6%

1995年に醸造所を新しくし、1996年に醸造責任者が代わり、餞別をより厳しくして、1998年にセカンド・ワインを導入したことなどでどんどん品質が向上!

『 有名なビロードのテクスチャーでもわかるように、畑はメルロの栽培比率が高い。樽香が強く出ることが決してないここのワインは、最初の数年は控えめだが、次第に洗練というよりも心が休まる穏やかなブーケを放ち、硬くて気難しい他のマルゴーとは違って、瓶詰直後から向上を始める。 (クラスマン2004年度版より) 』


11/1(月)アップ~蔵出しマイケル・ポザーン’18

全く無名だからこそのこの価格!お買い得ナパ・カベルネ!







 





MICHAEL POZZAN, YOUNT MILL HOUSE CABERNET SAUVIGNON '18

マイケル・ポザーン、ヨントミルハウス・カベルネソーヴィニヨン・ナパヴァレー’18
(カリフォルニア・辛口赤)


税込¥3520(税別¥3200)

<あと4本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
20本完売。

「2021.3月中旬に飲みました。強く紫がかった濃いルビー色。ナッツ、ビスケット、カシス、ブラックチェリー、スパイス、程よい樽などの香り。果実味豊かで、甘すぎずクドくなく、酸が低すぎずに適度に引き締まってまだわずかに固いもののそれでも杯が進むバランス。全く知らない生産者でしたが、お買い得感が強くこの価格でナパヴァレーを名乗れています。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール14%

AVA ナパ ヴァレ-
カベルネソーヴィニヨン100%
約20ヶ月樽熟成

幼い頃から祖父のブドウ造りを見て育ったマイケルは自分の名前を冠したワインを作ることを夢みており、1991年ついにワイナリーを設立。


クレームドカシス、ブラックベリーの華やかな香りやしっかりとした味わい、柔らかく広がるタンニンが、樽由来のスパイス香やココアパウダ―とのバランスを取ります。余韻にはわずかにキャラメルを感じ長く続きます。
(輸入元さんコメント)


10/28(木)アップ~蔵出しポール・アルマンNV再々入荷

涼しげな新鮮果実の味わい!








Paul Armand, Blanc de Blancs Brut NV

ポール・アルマン、ブランドブラン・メトード・シャンプノワ・ブリュットNV

(フランス・辛口白泡)


税込¥2090(税別¥1900)

<あと16本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

92本完売!

「2019.5月末に試飲しました。泡の質を含めコンディションよく、キレイな果実味と酸のバランス。さすが北の畑のよい部分が表現されお買い得感も充分な雑味なく単調ではない味わい」

アルコール12%

ポール・アルマンは 1972 年創業のコート・デ・バールに本拠を構えるシャンパン・メゾンがブルゴーニュで手掛ける小さいブランド。本家メゾンは古木の葡萄を手摘みで収穫、コールド・セッティング、ノン MLF といった醸造法で果実のフレッシュ感を重視するスタイル。ポール・アルマン、ブラン・ド・ブランはシャブリ近郊、オーセロワのシャルドネのみを使用したヴァン・ムスー。
シャンパン同様、メゾンならではのフレッシュ感、きめ細やかな泡立、酸と果実のバランス感は踏襲され、驚きのコストパフォーマンスを生む。

※葡萄の収穫を機械で行う為、クレマン・ド・ブルゴーニュではなくヴァン・ムスーとなる。

品種:シャルドネ100%
ロケーション: シャブリ、オーセロワ地区
土壌:石灰質 栽培: リュット・レゾネ

醸造:機械で収穫後・選果実は丹念にすべて手で行われる。
醸造はシャンパン製法。 瓶熟 12~18 か月。
ドサージュ 8~10g/l デゴルジュマン 2017 年 7 月 31 日。

味わい:リンゴやドライフルーツ、スパイスのニュアンス。きれいな酸と果実感のバランスが非常によい。きめ細やかな泡とアフターにほんのり感じる旨味がある。(輸入元資料より)


10/28(木)アップ~蔵出しヴァレリー・フリゾン’15’14

ヴェット・エ・ソルベのグループ!







 



Valerie Frison, Vhampagne Goustan Brut Nature NV('15)

ヴァレリー・フリゾン、シャンパーニュ グスタン・ブリュット・ナチュール NV ('15)
辛口白泡


税込¥5280(クリアランス超特価・税別¥4800)

↑なんと36%OFF!

輸入元定価・税込¥8,250

<あと8本>限定品!

「2021.10月中旬に飲みました。亜硫酸少なそうな濃いイエロー。マルゲなどよりも自然派特有のクセと色の濃さがあり、そういう意味では好みは分かれそうですが健全な範囲内でナチュラルでおいしい。梅ジュース、アンズ、ミネラルのニュアンス。重心低めの味わい。ただし抜栓の次の日には色が濃くなってはっきりと落ちる」

アルコール12%
ユーロリーフあり!

産地:フランス シャンパーニュ地方
品種:ピノノワール
So2 Total=10mg/L以下
Dosage:0g/L

過去リリースしてきた2011や2012とは全く違う果実の強いパワーを感じるヴィンテージ。色調や香りからも力強さを感じるくらい、非常に濃厚でねっとりと絡みつくような香りが印象的です。力のある黄色やオレンジ系のフローラルな香りや林檎の蜜、甘露飴の様な凝縮したニュアンスも感じられる中、味わいはドライで、コクがあります。硬さはなく、旨味を感じらる果実感が強いこのヴィンテージは、柔らかな酸とミネラルのお陰でついついスルスルと飲み進めてしまいます。抜栓後1時間程度から香り、味わいが一気に深化してきます。
(輸入元さんコメント)




Valerie Frison, Vhampagne Lalore Blanc de Blancs Brut Nature NV('14)

ヴァレリー・フリゾン、シャンパーニュ ラロワ・ブラン ド ブラン ブリュット・ナチュール NV ('14)
辛口白泡


税込¥7920(税別¥7200)

<あと7本>絶対おすすめ!
超限定品!

「2021.10月下旬に飲みました。セラー温度がおすすめ。こちらは色も香りもキレイでナチュラル系のエキスの厚みがありつつややキレのある酸とミネラル。時間とともに旨味の凝縮がさらに濃くなって深み出る!抜栓の次の日も色が濃くならずにキレイなまますごい量の旨味エキスとよい深み!」

アルコール12%
ユーロリーフあり!

産地:フランス シャンパーニュ地方
品種:シャルドネ
So2 Total=10mg/L以下
Dosage:0g/L

薄く緑掛かった麦わら色の外観。グラスからはエレガントで優しい白い花やトースト香が立ち上り、オーブの特徴である密度の濃い熟度も感じますが、キンメリッジ土壌シャルドネに由来するフィネスもまた感じられます。味わいはシルキーでなめらか、酸やミネラルも柔らかく感じられ、ノンドゼに有りがちなトゲトゲしさはありません。日本には極少量のみ輸入の希少なキュヴェです。
(輸入元さんコメント)


ヴァレリー フリゾンは、「伝統的な」シャンパーニュのヒエラルキーの中心地からはやや離れた、シャンパーニュ地方の南オーブ県のヴィレ シュール アルス村に拠点をかまえる造り手です。この地域には、自由な発想とリスクを厭わない果敢な挑戦をする新世代のシャンパーュ生産者がひしめき合っており、その力強いムーブメントを牽引しているのがヴェット エ ソルベのベルトラン ゴトロ氏であることは間違いありません。先駆者としての彼の存在だけでなく、新たに挑戦しようとする造り手たちをサポートするゴトロ氏によって、従来は協同組合にブドウを販売するだけであった栽培家が、代替わりなどを機に自らのワインを手がけるようになります。ヴァレリー フリゾンもそんなゴトロ氏にインスパイアされて誕生した造り手のひとつです。

1997年に家族の所有していた畑を引き継ぐことから始まったこのメゾンは、従来からの協同組合へのブドウ販売を継続しつつ2000年代の前半頃から栽培方法をビオロジックに転換していきます。そして2007年に収穫したブドウからは、わずか4000本ではありましたが自分たち自身の手によってはじめてのワインを生み出しました。しかしこの時点ではまだ十分な醸造設備を持っていなかった彼女たちをサポートしてくれたのは、友人であったヴェット エ ソルベのベルトラン ゴトロ氏。この記念すべき初ヴィンテージは、ゴトロ氏のセラーや設備を借りて造られ、シャンパーニュに誠実で野心的な生産者がまたひとつ生まれたのでした。

現在ワイン造りを担うのはヴァレリー フリゾン。人当たりが柔らかく、優しい笑顔がチャーミングな彼女ですが、ひとたび畑に立ちワインに関して語りはじめると彼女の芯の強さを感じることになります。

ヴァレリー フリゾンは現在6haの畑からシャンパーニュを造っていますが、その畑は9つほどの区画に分かれています。この地域の典型的な土壌としてキンメリジャンが主に見られますが、その区画それぞれは白い粘土質、黄色い粘土質、ポルトランディアンなども見られ多様性のある特徴を備えています。ヴァレリーは、そのそれぞれの区画を基本的に単一のキュヴェにまとめてシャンパーニュを造っていますが、栽培においてはその区画毎の魅力が最大限に引き出されるよう細やかな心配りを怠りません。それは自然酵母による発酵を終えて古樽でゆっくりと熟成させたワインをアッサンブラージュ(ブレンド)する際にも続きます。それぞれの個性を備えたワインたちが最も調和し、美しいバランスとなるタイミングを見極めることで繊細さや上品さを感じながらも奥深い果実味や複雑味を備えた優美な味わいのシャンパーニュに仕上がります。

穏やかな人柄のヴァレリーは一見すると情熱を強く表に出すタイプではありません。しかしその実は、深い洞察と強い信念を内に秘めており、ワインの本質やバランスの探求に深く深く向き合っています。その彼女が見つめる先にあるのは「シャンパーニュとしての調和」。ピュアなブドウの栽培、ピュアなワインの醸造を通じてこの理想の実現に努めています。
(輸入元資料より)


10/28(木)アップ~蔵出し特価ドメーヌ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ’14シャルモワ大人気で再々入荷!

4年異常前からずっとリピーターが多い銘柄!飲み頃!
’14は’11以上に素晴らしかったです!

話題の新ドメーヌ!ブルゴーニュでの新しいやり方が始まりました




 





ドメーヌ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ、サントーバンプルミエクリュ・ル・シャルモワ’14

税込¥5500(超特価・税別¥5000)

<あと8本>絶対おすすめ!

パーカー88~90点(2016~2026年、ニール・マーティン、
~This is a lovely Saint Aubin to enjoy over the next 4-5 years, one of the best wines from Au Pied du Mont Chauve this year.
ワイン・アドヴォケイト222号)


SAKURA Japan Women's Wine Award 2018年度 ゴールド受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

120本完売!!!

4年以上経過してかなりおいしくなっているはず!
しかもリリース直後と同じ価格です!!!



「2017.7月下旬に試飲しました。かなりおいしかった’11をさらにわずかに上回るくらい良い出来!冷やしすぎないほうがおいしい。樽香は少し弱くなっただろうか?オイリーでなめらかな厚みのあるピュアな果実、酸はキレキレではないが緩さがなく、ミネラルもしっかりの飲み頃NOW~。まだまだお買い得感が強く、もっと人気出ていい造り手だと思うなぁ~」

アルコール13%



ドメーヌ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ、サントーバンプルミエクリュ・ル・シャルモワ・キュヴェD’11

超特価・税別¥4200

<売り切れ>絶対おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

「2014.3月に試飲しました。前からすごいと聞いていたので、かなりハードルを上げて試飲に臨みましたが、一瞬で採用を決めざるを得ないほどよい出来でした~!!!大体¥6000くらいの満足度に感じられます。温度は絶対に冷やしすぎないほうがおいしい!明らかに価格以上の品質でしかも樽香はしっかりあるが味わいにエグみが皆無でピュアかつ複雑で余韻が長いというセンス抜群のスタイル。厚みのある果実味、バランスも非常によく、酸とミネラルが上質、うまみもあり緩さがなく、飲み飽きない飲み頃NOW~。すごい!今後、間違いなく高評価されてゆくでしょう」

アルコール%

平均樹齢40年

※キュヴェDは、大樽熟成の方のキュヴェです

アリエ産69hlの大樽で澱と共に14ヶ月間

2010年が初ヴィンテージ!

Domaine Au Pied du Mont Chauve

’11が軒並みミッシェル・べタンヌなどから高評価される!

『 シャサーニュ村に本拠地を置くネゴシアン、Maison Picard/メゾン・ピカール社。同社が所有する約135haの畑の中から最良の区画のみを選出し、実験的にビオロジック&ビオディナミ栽培を実践してきた。それらの畑をメゾンとは完全に切り離し、高品質のワインを生産するドメーヌを設立する構想が持ち上がった・・・
オーナーのFrancine/フランシーヌ氏がまず行なったのは、メゾンの醸造スタイルを一新し、ワインの品質を飛躍的に向上させる事。約2年間の歳月を費やし、新生Maison Picardとして見事再スタートさせた。そしてこれを機に、今まではメゾンのワインにブレンドされていたピュリニーやシャサーニュ等の最良の区画を、メゾンとは全く独立させた形でドメーヌを立ち上げた。そうして誕生したのがDomaine Au Pieds du Mont Chauve/ドメーヌ・オー・ピエ・デュ・モン・ショーヴ。2010年がファーストヴィンテージとなる。ドメーヌの所在はシャサーニュモンラッシェ村。栽培醸造はメゾン・ピカールの3代目であるフランシーヌ・ピカール女史とメゾン新生の立役者でもあるファブリス・レーン氏などを含む4名のスタッフで行われる。ファブリス氏はBouchard Pere & Fils社で白ワインの醸造責任者を歴任。その後、Maison Nicolas Potelでニコラ・ポテル氏の片腕として辣腕をふるい、退社後、それまでの華々しい経歴をかわれドメーヌに招聘された。

サントーバン、シャサーニュ、ピュリニーに15haの葡萄畑を所有。レ・ヴェルジェ、レ・カイユレ、ル ドゥモワゼルなどの1級畑はベルナール・コランから買収しており、手付かずの自然の状態であった畑を2006年より25年のキャリアを持つ南仏のビオディナミスト、ドゥ・セニュール氏のをコンサルに迎え、ビオディナミ農法を慣行。一部のピノノワールの畑を除き2013年にはすべての畑をビオディミに移行する。フラッグシップとなる、PULIGNY MONTRACHET 1er LES DEMOISELLES/ピュリニー・モンラッシェ1級レ・ドモワゼルは特級畑のル・モンラッシェとシュヴァリエ・モンラッシェに隣接する最上級の区画。その昔は『レ・ドモワゼル・モンラッシェ』としてリリースされていた事実上のグランクリュ。イギリスの著名ワインジャーナリストJancis Robinson女史が既に大変高い評価をしており、また、R.Parker.comのテイスターのDavid Schildknecht氏、Michel Bettane氏等、世界を代表するジャーナリストが噂をききつけて、ドメーヌまで訪問をしている。今後、話題沸騰のドメーヌである。ドメーヌ名【AU PIED DU MONT CHAUVE】はモンラッシェの語源となる【はげ山のふもと】を意味する。 (輸入元資料より) 』


11/18(木)アップ~蔵出しメディチ・エルメーテ’20コンチェルト再入荷

また各メディアで絶賛されました!ブルーベリー・ヨーグルト風味が心地よい!

決して馬鹿に出来ないおいしさ!ワンランク上のランブルスコ!

10/20(水)アップ~蔵出しメディチ・エルメーテ’19フェルメント







 


現地では生ハムと合わせてよく飲まれているそうです

コンチェルトの方は、もう少ししっかりしたお肉と合わせても負けません




Medici Ermete, Phermento Lambrusco di Modena Secco '19

メディチ・エルメーテ、フェルメント・ランブルスコ・ディ・モデナ・セッコ’19

(イタリア・エミリアロマーニャ・辛口赤泡)


税込¥2200(税別¥2000)

<あと5本>

Wine Enthusiast 91点!

ファルスタッフ 90点!

VINOUS 88点


スペクテーター・オンライン89点

ルカ・マローニ2021年 89点

ヴィ二・ブオーニ2021年 3 telle

ドクター・ワイン2021年 90点

The Wine Hunter Bolino Rosso


アルコール11%






これほどの生産量の多さにもかかわらず、ついに有機栽培認証取得!

メディチ・エルメーテ、コンチェルト・ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ’20

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・750ml)


税込¥1870(税別¥1700)

<あと14本>絶対おすすめ!

ファルスタッフ 91点!!!

CHAMPAGNE SPARKLING WINE WORLD CHAMPIONSHIPS 2021年度 銀賞受賞!


インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション 2021 金賞 95点!!!

デキャンター・ワールド・ワイン・アワード 2021 シルバー受賞! 90点

GILBERT E GAILLARD INTERNATIONAL CHALLENGE 2021 Oro!


ガンベロロッソ2022年度版 トレヴィッキエーリ!

VINI BUONI D’ITALIA 2022 Corona!

EMILIA ROMAGNA DA BERE E DA MANGIARE 2021/2022 Menzione di Eccellenza!

ムンダスヴィニ2021年 Best of Show!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

70本完売!

「2021.10月初旬に飲みました。抜栓直後からセラー温度でもわりとしっかり冷やしても非常においしい。数年前よりさらにおいしくなって値上がりなし価格に設定中!とても濃い色調。ブルーベリージャムをたくさん入れたヨーグルトの香り主体で、味わいも果実味豊かでありながら透明感と塩ミネラルが感じられとてもバランスがよく杯が進みすぎる飲み頃NOW~。この価格帯の泡としては驚くほど完成度が高く、ピザやビビンバによく合う。決して馬鹿にできないちゃんと上質な銘柄!抜栓の次の日も非常においしい。旨味を伴う塩ミネラルがとても良い」

アルコール11.5%
CCPB、ユーロリーフあり!

’19 ファルスタッフ 91点!

’19 スペクテーター89点




メディチ・エルメーテ、コンチェルト・ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ’17

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・750ml)


税別¥1700

<売り切れ>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン91点!

スペクテーター90点(NOW~2020年)

ジェームス・サックリング91点!

ガンベロロッソ2019年度版 トレヴィッキエーリ!

Slow wine 2019年度版 Vino Quotidiano

ベルリン・ワイン・トロフィー2018年 金賞受賞!

コンクール・モンディアル・ブリュッセル2018年


「2019.9月中旬に飲みました。『 今日は疲れた~。夜ご飯何にも作りたくないし食器洗いも出来るだけしたくないから宅配ピザにしよう。というときのピザにかなり合います(笑) 』しっかり冷やしてもやや冷えでも非常においしい。今年もブルーベリー・ヨーグルトのニュアンスがあり、うまみエキスの広がりがありタンニンは極めて丸いのでしっかり冷やしても目立たなくて、アルコールもやや低めで杯が進む。ピザの脂を洗い流してくれる合い方+ヴォリューム感的にも同程度くらい?そもそももう年齢的にワインでも合わせないと宅配ピザ塩と脂強いわぁ~。抜栓の次の日の印象は、明日アップします」

アルコール11.5%

ランブルスコ・サラミーノ100%

シャルマ方式

『 フレッシュブルーベリー、カシスなどの、ベリー系の新鮮果実溢れるアロマ。優しい泡立ちと共に果実味と乳酸系のふくよかな風味が口に広がり、程よいタンニンとのバランスが良い。 (輸入元さんコメント) 』

’11 ワイノット6号 田中克幸氏が選ぶ今飲むべきワインこの10本に選ばれる!

’10 ヴィニタリ―2010年にてエミリア・ロマーニャ州最優秀ワイナリー賞受賞!

’10 ドイツの国際ワインコンテスト・ムンダスヴィーニ金賞受賞!

’09 インターナショナルワインチャレンジ・グレート・ヴァリュー・チャンピオン・スパークリングに選ばれる!

’09 ガンベロロッソトレヴィッキエ―リ!&15ユーロ以下の注目ワインに選ばれる!

’08 ガンベロロッソ・トレヴィッキエ―リ!

’07 インターナショナルワインセラー87点


10/10(日)アップ~蔵出しクロド・デュガ’19

9/18(土)アップ~蔵出しラ・ジブリオット’19ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ

蔵出しクロド・デュガ’05フィネス

蔵出しクロド・デュガ’18ラック


※全ての値引き対象外となります。








 





La Gibryotte, Gevrey-Chambertin 1er cru '19

ラ・ジブリオット、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ’19

税込¥13200(税別¥12000)

<あと17本>超限定品!

※再入荷不可能!
この7年くらい値上がり幅の非常に小さい銘柄!

クロド・デュガによるネゴシアン部門
’19は、例年より生産量10~20%減
ミルランダージュが多く凝縮感がありつつ、酸もある当たり年!





クロド・デュガ、ブルゴーニュ・ブラン’19(辛口白)

税込¥7150(税別¥6500)

<売り切れ>超限定品!
初入荷!

2019年がファーストリリースとなるBourgogne Blancは、
元々は彼らが家用に飲むために植えてたブドウで、樹齢の問題で今までリリースされませんでした。

自宅でいつもキールにして飲んでいたらしい
区画はジュヴレ村にあるレ・プレッソニエAC区画。樽熟成16か月。
生産本数:わずか2000本
SO2トータル:131ml/L




クロド・デュガ、ジュヴレシャンベルタン’19

税込¥12100(特価・税別¥11000)

<あと12本>

パーカー90~92点(William Kelley)

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88~91点


MVF(旧クラスマン)2022年度版 94点!




クロド・デュガ、ジュヴレシャンベルタン・ラ・マリー’19

税込¥18150(税別¥16500)

<あと9本>超限定品!

パーカー91~93点(William Kelley)

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89~92点(Outstanding Top Value!)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 95点!!!

樹齢80年!
村名ジュヴレ・シャンベルタンの区画名(La Marie)付きキュヴェ
年間生産量:1,500本程度




クロド・デュガ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・ラヴォー・サンジャック’19

税込¥29700(税別¥27000)

<あと3本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー93~95+点!(William Kelley)

VINOUS 94~96点!!!(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~94点(Sweet Spot Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 97点!!!





クロド・デュガ、シャルム・シャンベルタン’19

税込¥57200(税別¥52000)

<あと6本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー94~96+点!(William Kelley)

VINOUS 94~96点!(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 92~94点


MVF(旧クラスマン)2022年度版 98点!!!
さらにクー・ド・ラネ!!!




Claude Dugat, Marc de Bourgogne <Vieilli en Fut de Chene> '05

クロド・デュガ、マール・ド・ブルゴーニュ’05
(ブランデー・700ml)


税込¥27500(税別¥25000)

<あと1本>
フィネス輸入の超限定品!

※もちろん再入荷不可能!

アルコール40.5%
瓶詰2018年12月






クロド・デュガ、ジュヴレシャンベルタン’18

税込¥11000(特価・税別¥10000)

<あと3本>絶対おすすめ!

パーカー92点
(William Kelley、2022~2045年)


パーカー90~92点(William Kelley)

VINOUS 89~91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89~91点(Outstanding Top Value!)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

23本完売。

「2021.1月中旬に飲みました。縁が紫がかったやや明るいルビー色。何年も前からエレガントでミネラリーになっていますが、’17’18と明らかに成功しています。ただし昔のままの濃い味わいしか求めていない方とは相性が悪いかもしれません。’18とは思えないほどまったくジャミーではなく清涼感とミネラルを感じる香りと味わいで、すでに落ち着いた飲み頃NOW~。はっきりしたフルーツよりも先にバラ、鉄観音茶・プーアール茶、鉱物的なミネラルが感じられ、そのあとにブラックチェリー、スパイス、とても控えめな樽がくる。フルーツ感と重さよりもアフターに長く持続するうまみと石のようなミネラルが凄い凝縮している印象で、味わいがとても複雑。一部特級に迫る要素を持ったワイン。そして清涼感のあるアフター。赤身肉と相乗効果が出そう。抜栓の次の日も最高においしい。艶のあるプラム、熟成香ではないドライフラワーの花束、中国茶、石のニュアンス。抜栓の2日後も最高においしい。さらに少し向上しただろうか。最終的にはしっかりしたコクがある。抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール12.5%
ノン・フィルター




クロド・デュガ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・ラヴォー・サンジャック’18

税込¥27500(税別¥25000)

<あと5本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー94~96点!!!(William Kelley)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~93点(Sweet Spot Outstanding!)

デカンター・オンライン95点!(ティム・アトキン)


MVF(旧クラスマン)2021年度版 95点!





かなり昔から実質ビオロジーだが、それを宣伝しないタイプの生産者

ラック輸入の蔵出し正規品

’16は、霜被害で生産量約50%ダウン、、、
’16は状況を見て早めに収穫を行った。
最終的に収穫できたブドウは素晴らしかった。




クロド・デュガ、ジュヴレシャンベルタン’16

税込¥13750(税別¥12500)

<あと8本>限定品!

※特に値上がり幅の小さい銘柄!

最新パーカー91点(William Kelley、2024~2048年)

パーカー90~92点(2020~2032年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)


デカンター・オンライン91点(2026~2040年、William Kelley)

VINOUS 87~89点(2017~2027年)

バーガウンド・コム 88~91点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

 


10/10(日)アップ~<※極少量!>蔵出しドメーヌ・アンリ・フェレティグ’19

<※極少量!>蔵出しドメーヌ・アンリ・フェレティグ’18

<※極少量!>蔵出しドメーヌ・アンリ・フェレティグ’17

’17が、リアルワインガイド66号にて絶賛される!





※↑’18からラベル・デザイン変更あり。







 





’17もリアルワインガイド66号にて絶賛されました!


2010年から徐々に設備投資を行い、2015年にはセラーの大きなリノベーションを行いました。大きな変化としては選果台を導入し、今まで使用していたコンクリート・タンクの発酵槽をすべてステンレス・タンクへと入れ替えました。より精度の高い温度コントロールと醸造管理ができるようになったため、これまで以上にアペラシオンの特徴を表したワイン造りが可能になりました。




フェレティグは2016VTでブドウの収量が少なかったことから、初めて全房醗酵を実践しました。
 (もともとはタンクの量をかさ増しする意味もあったようですが、、、)
 醸造家のジルベール氏がプリューレ・ロックのアントニオ・カリ氏と仲良しで、
 全房醗酵を薦めてもらい、方法を直伝してもらったそうです。
 ジルベール氏本人はもともと全房醗酵には否定的な考えでしたが、
 評論家や周りのドメーヌからの評判が良かったことから
2018VTもプルミエ以上は全房で仕込んでます。
 (2017VTは味わいの確認も含めて全房なしでした)

’19もリアルワインガイド75号にて絶賛されました!





アンリ・フェレティグ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・プティ・モン’19
(マグナム・1500ml)


税込¥47300(税別¥43000)

<売り切れ>幻の超限定品!
初入荷!

パーカー93~95+点!(William Kelley)

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
同時に他のフェレティグ銘柄を最低でも1本以上ご注文お願い致します。


この’19は、750mlで言えば、わずか400本のみの生産!

いつもはレ・プティモンとレ・ショーメ合わせて0.25ha(700本程度の生産)しかないので
例年はブレンドして『ただのヴォーヌロマネプルミエクリュとしてリリース』していますが、
レ・プティ・モン単体でのリリースしたものは当店は初めて買えました~!!!
小柄なリシュブール的な表現をよくされている最上の1級の一つ!
文字通りの幻中の幻銘柄!!!





ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィVV’19

税込¥8030(特価・税別¥7300)

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー89~91+点(William Kelley)

リアルワインガイド75号 91・92点

「2021.8月下旬に飲みました。縁が紫がかった濃いルビー色。果実の凝縮とエネルギーが素晴らしく、コクのある余韻が長いシャンボール!今は繊細性が前に出ていないがそれでも重すぎずフィネスは感じられる。よくないときのフェレティグとはまるで違い樽の渇きと好ましくないタンニンがなく、今までは’02が一番出来が良かった気がしていたが、この’19は素晴らしい。抜栓後少しずつ樽が溶け込んでなめらか厚みに変化してゆき、抜栓の4日後までまったく落ちない!大きなエネルギーを含んだ黒い実の果実香で結構長く熟成も可能。酸とミネラルも低すぎないが、それ以上に果実とコクで大きな骨格」

アルコール14.5%

’18 ファルスタッフ 91点

’17 ファルスタッフ 92+点!




ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・カリエール’19

税込¥15950(特価・税別¥14500)

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー92~94点(William Kelley)

自泥灰質土壌をもつ希少かつ特異な畑

通常の年で年間:900本程度の生産




ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・コンボット’19

税込¥14300(特価・税別¥13000)

<あと2本>超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー91~93点(William Kelley)

平均樹齢50年!

’18 ファルスタッフ 93点




ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・シャルム’19

税込¥16500(特価・税別¥15000)

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
当然再入荷不可能です!

パーカー93~95点!(William Kelley)

リアルワインガイド75号 92+・94点!




ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、エシェゾー’19

税込¥28050(税別¥25500)

<あと1本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
当然再入荷不可能です!

パーカー94~96点!(William Kelley)

区画:Les Treux

粘土質の多い土壌

この’19は、750mlで言えば530本程度の生産!







ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・カリエール’18

税込¥13200(特価・税別¥12000)

<あと3本>超限定品!

※再入荷不可能!

VINOUS 92~94点

パーカー92~94点

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)


自泥灰質土壌をもつ希少かつ特異な畑

通常の年で年間:900本程度の生産




ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・シャルム’18

税込¥14300(特価・税別¥13000)

<あと6本>超限定品!

※再入荷不可能!

VINOUS 93~95点!

パーカー92~94+点!

バーガウンド・コム 91~93点(Sweet Spot Outstanding!)





ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、エシェゾー’18

税込¥26400(税別¥24000)

<あと2本>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
当然再入荷不可能です!

VINOUS 91~93点

パーカー92~94+点

バーガウンド・コム 91~93点


区画:Les Treux

粘土質の多い土壌


フェレティグ 2018 年ヴィンテージ情報
2018VT は早熟でかなりしっかりとしたヴィンテージ。
春は少し雨がふりましたが乾燥し、その後はどんどんと気温が上昇。その後急速に開花が始まり、
例年より早い8 月29 日から収穫を始めました。
いくつかのキュヴェでは全房発酵を行いました。
ブドウの状態、成熟度ともに大変素晴らしいものとなり、フレッシュな果実味に滑らかなタンニンが
感じられる、大変バランスの良いワインとなりました。
2018VT は全てのランクのワインが大変素晴らしいものとなり、
今開けても、熟成してもクオリティの高い味わいが楽しめるでしょう。







ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・コンボット’17

税込¥12650(特価・税別¥11500)

<あと5本>超限定品!

※再入荷不可能!

最新パーカー92+点(William Kelley)

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~92点

平均樹齢50年!




Gilbert Et Christine Felettig(Domaine Henri Felettig), Chambolle Musigny 1er Cru Les Carrieres '17

ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・カリエール’17

税込¥13750(特価・税別¥12500)

<あと6本>超限定品!

※再入荷不可能!

VINOUS 90~92点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89~91点

自泥灰質土壌をもつ希少かつ特異な畑

通常の年で年間:900本程度の生産




ドメーヌ・アンリ・フェレティグ、シャンボールミュジニィプルミエクリュ・レ・シャルム’17

税込¥14300(特価・税別¥13000)

<あと3本>超限定品!

※再入荷不可能!

最新パーカー91点(William Kelley)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~92点

平均樹齢40年

通常の年で年間:わずか724本程度の生産!


100%手摘み

17年以上前から除草剤と殺虫剤不使用

上質なコルクを使用

生産量のほとんどがフランス国内で消費されているドメーヌ


『 ブルゴーニュの有力ワインガイド、「ル・グラン・ギド・デ・ヴァン・ド・フランス 2010」にて「このワイナリーをこうしてガイドに取り上げたのうはワイナリーの畑での仕事や醸造も含め、品質が明らかに目に見えるように向上していると感じたからである。もう少し繊細さが加わると、このワイナリーはシャンボル・ミュジニーの中でもトップクラスのワイナリーに値する可能性もあると言えよう」と絶賛!実際にお会いして話を聞いても、この評価と全く同様で、品質向上を目指して畑、醸造共に改善を繰り返しています。そしてそれが味わいにも表れており、今後の躍進が大きく期待できる生産者です。(輸入元資料より) 』


10/10(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ラルロ’19クロ・デ・フォレ・サンジョルジュ最後の再入荷!

7/4(日)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ラルロ’19



 

 

 




ジェラルディン・ゴド女史画像

’18は生産者自身の自信作!

’15から完全に醸造責任者として活躍中
最初は前任があまりにも素晴らしかったので買っていなかったのですが、
’17の素晴らしさに驚いて’18も買いましたがやはり正解でした。
アレックス・ガンバル時代はピンとこなかったので不思議(笑)
まさに今のブルゴーニュの味。不安定と欠点ゼロのナチュラル・エレガントなスタイル(明確に前任よりナチュラルな方向性)で、
旨味とミネラルだけではなく、酸と骨格、余韻にも優れています。
ある意味別のワインというくらいスタイルが違っても間違いなくどちらも上質!

2014年にABマーク認証を所得済み

’18もリアルワインガイド72号にて大絶賛される!

’19もリアルワインガイド75号にて過去最高に大絶賛される!




ドメーヌ・ド・ラルロ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・クロ・デ・フォレ・サンジョルジュ’19(辛口赤)

税込¥18150(税別¥16500)

<あと32本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー93~95点!(William Kelley)

VINOUS 92~94点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~93点(Sweet Spot Outstanding!)

ブルゴーニュ・オージョルディー17.5/20点!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 96点!!!
さらにクー・ド・ラネ!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度 95点!!!

すでにお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

28本完売。

「2021.9月中旬に飲みました。縁が紫がかったやや濃いルビー色。控えめな樽の焼き栗香。抜栓直後は赤い実の果実とブラックチェリーっぽい黒い実の果実が混ざっているが、時間とともに赤い実の果実香主体となる。プラム、花、上品な甘草、カラメルなどの複雑なよい香り。熟しているのに非常に上品で艶があるのが凄い。最初はほのかな甘みを感じるが時間とともに酸とミネラルが伸びて、最終的には太陽の年とは思えないほどの酸とミネラルを体感できる。活き活きとした上質な酸でフレッシュさがキープされ、厚みコク、グリップもありつつ、タンニンの質が良く骨格もしっかり熟成可能。それでいて重くはない驚くほどのしっかりした味付きがあり、すでに余韻が長い。長いだけではない何とも言えない凛とした上品さを感じる複雑性。最初から旨味の量が強烈だが、抜栓の次の日~2日後にはさらに塩味が加わって充実エレガント。4人で試飲して全員大絶賛だった1本!抜栓の3日後もまったく落ちない。抜栓の4日後以降はクラシックでエレガントな印象となる。まだ全然おいしく楽しめる」

アルコール13.5%

’15から樹齢と品質が上がった1級プティ・プレをこの銘柄に統合
さらに’18はオール・リーニュも統合したので生産量も少し増えました。

樹齢60年以上!
新樽比率約50%にてやく16~18ヶ月熟成。100%除梗




ドメーヌ・ド・ラルロ、コートニュイ・ヴィラージュ・クロ・デュ・シャポー’19

税込¥7040(税別¥6400)

<売り切れ>

パーカー89点(William Kelley)

VINOUS 86~88点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87~89点


アルコール13%

低収量
低い新樽比率
’19 全房発酵比率35%
例年、非常においしい人気銘柄!

プレモー・プリセの南、石切り場で有名なコンブランシアンの畑から造られる




ドメーヌ・ド・ラルロ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・キュヴェ・モン・デ・ゾワゾー’19

税込¥13200(税別¥12000)

<あと1本>限定品!

パーカー89~91点(William Kelley)

VINOUS 88~90点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 88~90点


元ル・プティ・ラルロ。クロ・ド・ラルロの若木が名称変更。
樹齢と品質が上がって’15から1級に昇格!




ドメーヌ・ド・ラルロ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・クロ・ド・ラルロ’19(辛口赤)

税込¥19800(税別¥18000)

<売り切れ>超限定品!

パーカー92~94点(William Kelley)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90~93点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 94点

’19 全房発酵比率約66%




ドメーヌ・ド・ラルロ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・レ・スショー’19

税込¥27500(税別¥25000)

<売り切れ>超限定品!

パーカー91~93点(William Kelley)

VINOUS 91~93点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91~94点(Sweet Spot Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2022年度版 95点!

アルコール13.5%

 

 

 


10/10(日)アップ~蔵出しクロ・サン・ジャン’18

蔵出しクロ・サン・ジャン’16


最高の区画『ラ・クラウ』の古樹!








 



Clos St.Jean 2018 CNdP Deus Ex Machina Rouge

クロ・サン・ジャン、シャトーヌフデュパプ <デウス・エクス・マキナ> ルージュ’18

税込¥14960(税別¥13600)

<あと5本>超限定品!

パーカー97点!!!
(2020~2030年、ワイン・アドヴォケイト251号)

最新VINOUS 94点!(2021年10月試飲

スペクテーター93点

ファルスタッフ 99点!!!


※当然再入荷不可能!

グルナッシュ60%(樹齢113年の超古樹主体!!!)、
ムールヴェードル40%

コンクリートタンクで発酵、グルナッシュはコンクリートタンクで、ムールヴェードルは新樽と1年使用樽で12ヶ月熟成




Clos St.Jean 2018 CNdP Combe des Fous Rouge

クロ・サン・ジャン、シャトーヌフデュパプ <コンブ・デ・フ> ルージュ’18

税込¥14960(税別¥13600)

<あと6本>超限定品!

パーカー97点!!!
(2020~2030年、ワイン・アドヴォケイト251号)

最新VINOUS 95点!!!(2021年10月試飲

スペクテーター93点

ファルスタッフ 98点!!!


※当然再入荷不可能!

グルナッシュ60%(樹齢113年の超古樹主体!!!)、
シラー20%、サンソー10%、ヴァカレーズ10%

コンクリートタンクで発酵、グルナッシュはコンクリートタンクで、その他は新樽と1年使用樽で12ヶ月熟成






Clos St.Jean 2016 Chateauneuf du Pape Rouge

クロ・サン・ジャン、シャトーヌフデュパプ・ルージュ’16

税込¥6600(税別¥6000)

<あと4本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー92点(2018~2030年)

スペクテーター93点(2020~2033年)

VINOUS 91点


「2019.12月上旬に飲みました。紫色の弱いやや濃いルビー色。ガリグ、甘苦系スパイス、リンゴの香りを含み心地よい黒い実と赤い実のベリー、革、ごくわずかにヨードなどの香り。アルコールの高さからくるアタックの甘みがあり、熟して凝縮した豊かな果実、うまみコク、ヴォリューム感、丸いが多いタンニン、長いアフター。最初甘過ぎなくてよかった~と思っていたが、しばらく飲んでいると’16の酸があってもそれでも甘くなってくる。味にも少しリンゴの皮の苦みコクとさわやかさも少しプラスされ、それでもまだ甘苦いアフター。アタックからアフターまでのメリハリはなかなかドラマチックな展開を見せる。抜栓の3日後までおいしい。ナッツやアーモンド、チェリーのリキュール、カレーのスパイスも含み甘苦い粘性のあるコク。なんと抜栓の11日後でもまだ楽しめる!」

アルコール16%!

果実味豊かなグルナッシュを主とするワイナリーの入門編。豊富なチェリーやアプリコットの香り。フルボディーでヴェルヴェットのようなテクスチャーに魅惑的なリコリスのヒントが長く続くフィニッシュに現れる。わずかに突出した酸があるので、2015VTや2017VTよりも長い熟成の後も楽しめるだろう。
(輸入元さんコメント)

主体となるグルナッシュは全てLa Crauからのもので、樹齢50~100年を超える。

無濾過

品種:グルナッシュ75%、シラー15%、ムールヴェードル4%、サンソー3%、ヴァカレーズ2%、ミュスカルダン1%
熟成:グルナッシュはコンクリートタンクで16カ月、その他の品種は新樽と1年使用樽で12カ月




Clos St.Jean 2016 CNdP Deus Ex Machina Rouge

クロ・サン・ジャン、シャトーヌフデュパプ <デウス・エクス・マキナ> ルージュ’16

税別¥12400

<売り切れ>超限定品!

パーカー98点!!!(2018~2035年)

スペクテーター96点!(2020~2036年)

最新VINOUS 96点!!!
(Joe Raynolds、2019年12月試飲)

VINOUS 94~96点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)16/20点

※当然再入荷不可能!

砕けた石、削った鉛筆の芯、ブラックオリーブ、タール、リコリスの魅力的なノーズ。巨大で凝縮感が強烈すぎるため試飲するには強すぎるとさえ感じさせるが、一方で同時に飲み手を誘惑するような魅力があり、リッチでヴェルヴェットのようなテクスチャーと信じられないほどの余韻の長さ。全ての要素が巨大でありながらも、なぜか不思議と軽快さが同時に存在しているおかげで、高いアルコールをそこまで感じさせない。
(輸入元さんコメント)

品種:グルナッシュ60%(1905年植樹)、ムールヴェードル40%
熟成:グルナッシュはコンクリートタンク、ムールヴェードルは新樽と1年使用樽で12カ月


リュット・レゾネを実践
石灰質主体の土壌



<ドメーヌの歴史>
クロ・サン・ジャンは、20世紀の始まり1910年に創業された歴史あるワイナリーである。
その歴史ゆえに所有する45haの畑には信じられないほどの古いブドウが広がっている。
彼らはシャトーヌフ・デュ・パプの中でも最良のエリアに畑を所有し、西側に広がる台地や、東側の誉れ高いLa Crauの畑、さらには100年超えと驚くほどに樹齢の高いブドウ畑を持っている。数々の素晴らしい区画を所有するにもかかわらず、先代まではクロ・サン・ジャンの名は今ほどに知られることは無かった。
しかし、現オーナーのパスカル&ヴィンセント兄弟がワイナリーの指揮をとるようになってからは、
それまで知られていなかったワイナリーは大きく変化した。兄弟は天才醸造家と名高いフィリップ・カンビを2002年にコンサルタントとして招きいれ、2003年以降人々を熱狂させるワインを生み出している。ロバート・パーカー氏に見出され最高の賛辞を得たそれ以降も、彼らは決して振り返らず毎年シャトーヌフ・デュ・パプのトップワインを従えてサクセスロードを走っている。


★WA100点連発の天才コンサルタント「フィリップ・カンビ」
1962年ラングドック地方に生まれる。母親の家系がこの地にブドウ畑を持っておりワインを造っていた。
1998年に栽培や醸造、分析といったワイン造りに関する幅広い分野を対象にコンサルタントを行っているICVグループのローヌ支店でコンサルタントとしての歴史をスタート。手掛けるワインが続々とパーカーポイント100点を獲得し、一躍天才コンサルタントとして有名になったフィリップ。Clos Saint Jeanを始め、
Clos du Caillou、Domaine Saint Prefertなど今ではシャトーヌフのトップと名高いドメーヌの、その地位を生産者と共に築いてきた。
2010年にはロバート・パーカーにベストエノロジストとして選出されている。
また、彼が熟知したこの地でSine qua Noneとタッグを組みChimereというモンスターワインを生み出し、
世界的な注目を集めるなど、その精力的活動と才能は今後も留まるところがない。


★「信じられない」古樹が広がる最良の区画を所有!
今ではエリア内の最良区画のひとつと名高いLa Crauを開墾したのは、先々代当主で、現当主兄弟の曽祖父である。
クロ・サン・ジャンは現在では最大所有者となっている。その際に植えられたグルナッシュは植樹100年を超え、
現在生産される全てのキュヴェに深みと複雑さを与えている。


★「笑える」程の低収量がもたらすエネルギーに満ちた味わい
収量は「笑えるほどに少なく」(Byワイン・アドヴォケイト)、1ヘクタール当たり15ヘクトリットル~20ヘクトリットル。
算定すると大変な財政破たんとも思われる状況であるが、非常に密度の高いパワフルでエネルギーに満ちた味わいは、そこからもたらされたものであり、彼らの恐ろしいほどのワイン造りへの執念の表れであると言える。


“地球上でもっとも重要なワインを造り続けている”
「2007年のワインを長い時間をかけてゆっくりとテイスティングするとある時、
とてつもなく重厚で奥深い味わいを体験することができるが、これは私が過去30年間で体験してきたすべてを凌駕していた。2007年に試飲をした5つのキュヴェはここ30年間で試飲をした南ローヌのワインの中で最高位にランクすることは間違いない。Clos Saint Jeanの2007年はある一つの到達点に達しており、このレベルの経験は今後一生真似することのできない特別なものである。
私が本当に飲みたいと思うワインはこの世界にほんの少数だ。」By.ロバート・パーカー


 

9/10(金)アップ~蔵出しフルーリー’09ボレロと’08ロベール・フルーリー

8/5(木)アップ~蔵出しフルーリーNVブラン・ド・ノワール最後の再入荷!

さらに蔵出しフルーリーNVフルー・ド・リョーロップ


世代交代後、透明感が増してさらに上質にスタイル変化!

極めて優れたシャンパーニュを得意にするラシーヌさんにとって、もっとも重要な造り手のひとつとのことです!









↑ラベルデザイン変更あり










 


すべてラシーヌ輸入の限定品!


いずれも冷やしすぎないこと、フルート・グラスを使わないことくらいの最低条件を守ればすでにおいしく楽しめる状態

ラシーヌさんのラインナップの中でもっとも重要なドメーヌのひとつとのことで、当店の担当者も試飲した際は感動的だったそうです!

重要なのはエルヴェ・ジェスタンが関わった後の世代交代後に造られた中身が特に素晴らしいということ

裏ラベルにエコセール、デメテル、ビオディヴァンマークあり!



2009年にフルーリーで開発された『クォーツ』とは???

瓶内二次発酵用に自社畑から選抜培養した酵母を使うという、アグラパール等と同じく出来るだけ自然な形で瓶内二次発酵を行いたいということなのだと思います。




フルーリー、シャンパーニュ・エクストラ・ブリュット・ボレロ’09
(辛口白泡)


税込¥11000(税別¥10000)

<あと3本>幻の超限定品!

スペクテーター92点(NOW~2027年)

※お一人様2本までとさせていただきます。
去年は1本も買えず、今年は6本しか手に入りませんでした、、、

デゴルジュマン2019年10月
ドサージュ・ゼロ

アルコール12%
デメテル、ユーロリーフ、ビオディヴァンあり!

ピノノワール100%
オーク樽醗酵
木製樽熟成




フルーリー、シャンパーニュ・エクストラ・ブリュット・ロベール・フルーリー’08
(辛口白泡)


税込¥12650(税別¥11500)

<あと9本>超限定品!

デゴルジュマン2020年9月
ドサージュ2.7グラム/リットル

アルコール12%
デメテル、ユーロリーフ、ビオディヴァンあり!

品種:ピノノワール29%、シャルドネ36%、ピノブラン35%
植樹:1980年代
位置:標高約250m、南西向き
土壌:キンメリッジ階の石灰質粘土

オーク樽醗酵
木製樽で14ヶ月間熟成
10年間瓶内シュールリー熟成

’07 スペクテーター93点

1929年にフルーリーの最初のキュヴェを生み出したロベール・フルーリーを称え、この名をつけました。瓶内二次醗酵を(王冠ではなく)コルクでおこなっている。
ピノノワール100%のボレロに対し、白品種が70%をしめ、ドザージュも多めゆえの、熟成シャンパーニュに必要な要素が、そろっている。トーストや、シャンピニオンの香り、練れた甘みのコクがあるうえで、全体の印象としては、スマートな印象なのが、フルーリーのスタイル。
(輸入元資料より)




Fleury, Champagne Blanc de Noirs Brut NV

フルーリー、シャンパーニュ・ブラン・ド・ノワール ブリュットNV
(辛口白泡)


税込¥5280(税別¥4800)

<あと8本>おすすめ!

VINOUS 91点

ファルスタッフ 91点

スペクテーター・オンライン89点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 90点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
58本完売!~※しばらく再入荷不可能!

「2021.2月中旬に飲みました。亜硫酸少ない濃いイエロー。上品なアンズ、梅、ミネラルなどの香り。ピュアで飲み飽きないタイプで塩麹的な豊富なうまみ成分と強めの塩ミネラルが感じられ、ある程度コクはあるが重くなく、しっかりした酸の飲み頃NOW~。相変わらずアフターに残るミネラル量が多い。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12%
ABマーク、デメテル、ビオディヴァンあり!

今回の中身2014年が80%
デゴルジュマン2019年3月
ドサージュ5グラム/リットル




フルーリー、シャンパーニュ・フルー・ド・リョーロップ・ブリュット・ナチュールNV

(750ml・辛口白泡)


税込¥6490(税別¥5900)

<売り切れ>絶対おすすめ!

今回入荷分の中身
2014年が主体75%
デゴルジュマン2020年12月
極めて高いリザーヴワイン比率
ピノノワール85%、シャルドネ15%
ドサージュ・ゼロ
アルコール12%
ABマーク、デメテル、ビオディヴァンあり!

デカンター・オンライン92点!(2017.7月試飲)

最新パーカー90+点(Stephan Reinhardt、2016.1月試飲)

パーカー・オンライン89点(David Schildknecht)


スぺクテーター91点(2016年12月試飲)

最新VINOUS 91点

最新インターナショナルワインセラー90点(2013.12月試飲)

ゴーミヨ誌17/20点


Wine Enthusiast 91点

ファルスタッフ 92点!


MVF(旧クラスマン)2021年度版 91点

MVF(旧クラスマン)2019年度版15.5/20グラス
(Coup de ?? de l'annee!!!)

MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス
(Coup de ?? de l'annee!!!)

MVF(旧クラスマン)2014年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版16.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

100本完売!!!

「2021.7月下旬に飲みました。亜硫酸少ないやや濃いイエロー。相変わらずコンディション抜群のピュアで繊細で味わいが細かく酸が美しくミネラリー。セラー温度くらいがおいしい。抜栓直後はややしっかりした酸くらいに感じられたのが、時間とともに酸がより伸びて明らかにキレのある味わいとなってゆく。旨味を伴う塩ミネラルの量もかなりのもの。上品オレンジ、アンズ、梅、ミネラルなどの透明感のあるよい香り。抜栓の次の日も非常においしい。しかしアフターに酸とミネラルが伸びる!真夏でもおいしいピノノワール」



「2019.6月下旬に試飲しました。6年前に飲んだ時よりも品質がさらに上がった気がする。泡のキメ細かさ、透明感、酸の美しさ、に加えて尋常ではないくらいまっすぐ伸びるピュアなアフター!アフターの最後にぜひ着目してみてください」



「2013.10月に飲みました。もう少し休ませてから開ける予定(基本輸入から3ヶ月くらいで船酔いによる悪影響がなくなるケースが多いという考え方があります)でしたが、ラシーヌさんからもう充分おいしいと聞いたので開けてしまいました。濃いイエロー。ガス圧弱め。基本的には繊細、ピュア、エレガント&ミネラリーで酸の質が上質。酸とミネラルが合わさってキレが出ており、しっかりめに冷やしても意外にコクがあるが、何故か温度帯によっては軽く感じられたりもします。香りには透明感とインパクトと甘さがあるが味わいはキレイでミネラルが強く、余分な甘さゼロ。細長いフルートグラスだけは止めた方がよさそうです。抜栓の2日後までまったく落ちずにおいしい」


1895年からずっと家族経営

1970年から有機農法を徐々に開始、化学薬品と除草剤の使用を止める

1989年から徐々にビオディナミ

1992年から畑全体がビオディナミ

2008年からエルヴェ・ジェスタンとコンサルタント契約開始


10/16(金)アップ~蔵出しムーラン・ディッサン’15再入荷

エマニュエル・クルーズ氏が大幅に品質を上げた!





 





Moulin d’Issan '15

ムーラン・ディッサン’15
(ボルドースペリュール・辛口赤)


税込¥2530(税別¥2300)

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

114本以上完売!ありがとうございます

「2020.6月下旬に飲みました。プラム、ブラックチェリー、予想以上に上品な樽香、黒胡椒主体のスパイス、少しココナッツと鉛筆の芯などの香り。時間とともになめし皮、キノコ出汁、革、ビターチョコレート、プーアール茶などの香りも出てくる。青さのないわかりやすく凝縮しつつも重くはない飲み頃NOW~のまろやかさが心地よく、まさに『ちょうどよい濃さ』のほろ苦コクの味わい。’15としては酸が低くなく予想より冷涼感があるバランスのよさで明らかに例年以上のとてもよい出来。抜栓の4日後まで非常においしい」

アルコール13.5%

道を隔てた隣はシャトー・ディッサン(マルゴー格付け3級)、ジロンド川すぐ近くの区画!
シャトー・ディッサンの醸造チームが手掛けている!

砂利質、粘土砂利質土壌
平均樹齢30年

メルロー90%、カベルネソーヴィニヨン10%
ステンレスタンク発酵
新樽比率約25%の225リットル樽で熟成

リュット・レゾネを実践

中世のボルドーがギュイエンヌ州と呼ばれ、イギリス領であった時代(12世紀)の文献にも登場する程由緒正しきシャトー。その後幾多の所有者の変遷を経て1855年には名誉ある第3級の格付けを得るに至りました。所有する30haの畑はAOCマルゴーに適したCS65%ME35%の品種を栽培し、現代的な醸造方法で醗酵を行い新樽約50%にて18ヶ月間樽熟成を実施します。

近年は品質向上著しくマルゴーの中でも屈指のシャトーとして数えられている。香り高く、エレガントでしなやかな果実味が特徴。非常にバランスの良い味わい。

現在左岸で活躍のエリック・ボワスノ氏がコンサルタントを務めている事もこのシャトーの品質の向上に一役買っています。エリック・ボワスノ氏はラフィット、ラトゥール、マルゴーといった超一流シャトーをコンサルタントするボルドー最高の醸造コンサルタントです。コンサルタントの哲学を押し付けるやり方ではなく、それぞれのシャトーの哲学を尊重し、より良くすることをモットーとしているため、各シャトーの個性が存分に発揮されたワイン造りができると高く評価されています。

1994年には3代目オーナーとなるエマニュエル・クルーズ氏がシャトーに加わり、翌95年から大規模な投資を敢行。才能溢れる彼の手によって、
<セカンドワインの導入、畑の排水性の向上など>

シャトーは瞬く間にかつての輝きを取り戻し、毎年ワイン・アドヴォケイトやスペクテーターなどの評価誌でも高く評価されるようになりました。2013年からは資産家であるジャッキー・ロレンヅェッティ氏が共同所有者に名を連ねています。
(輸入元資料より)



≪著作権について≫
当ホームページに掲載している著作物(文章・画像)にかかる著作権は、㈱ワインの店いとう もしくは、情報提供していただいた提供元に帰属します。
当ホームページで掲載している情報・文章・画像などのデータについては、権利者の許可なく複製・転用することを固く禁止します。

Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp