シモンビーズ
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文



NHK Eテレ
2015年5月30日(土)
午前0時00分〜(金曜深夜)放送

『 ヴィニュロンの妻
日本人マダムと名門ドメーヌ
再起の闘い 』

1度でもシモン・ビーズさんのワインを飲んだことがあるなら感動しちゃいます

ハズレ年という言葉の浅はかさ陳腐さなども考えさせられますね。ジャッキー・リゴーさんも言っているようにテロワールとヴィンテージの美しい多様性はワインの醍醐味の一つですからね







2015.2.13(金) 10年ぶりにビーズ千砂さんに再びお会いできました〜!貴重な機会をつくってくれたラックさんにも感謝です!

本当に大変だったでしょうが、お元気そうで安心致しました。さすがの人気で常に千砂さんの周りに人がいて、お話しできずに飛行機の時間になってしまうかも?と焦りました(笑)

ビオディナミに関しては、千砂さんが自らセミナー等に赴き、まだ認証は取れていませんが、1級セルパンティエールの畑から徐々に始めているそうです。どんどん便利になってゆく世の中で、逆に手間のかかる難しいことの中に大切なことがあるという強い意志が伝わってきますね

’10から作業工程を細分化し、スタッフも、畑、つくり等の細かい担当分けをせず、誰もが、すべてを把握し、状態を把握している、とのことでした。

収穫はドメーヌでごちそうしてもらえる気合の入ったおいしいランチ目当てに毎年同じベテラン勢が来てくれるそうで(笑)よいブドウを収穫できるとのこと

ゆうごくん(息子さん)も立派に成長して、他の生産者で修業してからシモン・ビーズの後継ぎとなる決断をしてくれたそうです!千砂さんとパトリック氏の人望によりありとあらゆる生産者が自分のところに勉強しにおいでと言ってくれるという、なんとも感動的なお話を聞かせてくださいました。

’11はフェノール類の成熟が難しかった為、わずかに青いニュアンスが出るワインもあったとあえて教えてくれましたが、実際に飲んでみるとどれもまったく問題なくおいしい!リリース直後の’04のようなことではありません。こういう部分がリアルワインガイドの徳丸さんが言っている
『 欧米のメディアによる評価は気象状況のデータ主体で’11を弱く難しい年と言っているが、実際には’11はよい年だ。 』
というところですね。決してすべてのワインには当てはまりませんが。予想通り凝縮感と長熟のポテンシャルは’12、酸は’13に分があると感じました。

でもリアルワインガイド46号によると’12は生産量40%減で、’13は生産量約80%減だとか、、、応援したい!

’14はパトリック氏がいない中で絶対に失敗出来ない年!ということで(NHKBSプレミアムの番組をご覧になった方はすでにご存じのとおり)ものすごくがんばって、例年以上によいワインが出来た自信がある『 希望のワイン 』とおっしゃっていたので皆さんご安心ください。





2005.8.3(水) 9:30頃シモン・ビーズ夫妻来店!感謝!

分刻みの過密スケジュールのなか時間を作って当店に来てくださいました〜。千砂さんの旧姓は伊藤だそうで(笑)商売とあまり関係ない話もしながら、近年のブルゴーニュ・ヴィンテージ情報等、短い時間ながらお話できました。トロボー、クリスト・フルーミエ、モーリス・エカール、ブルーノ・クレール、フランソワ・ラヴノーさん等とも交流があるそうです。この日の外は雨が降っていたので、傘をおすすめしても、『畑仕事等で雨に濡れることにはなれているから〜』と言っていたのが、ブルゴーニュっぽくてかっこよかったぁ。ブルゴーニュに行きたくなっちゃうじゃん!



和食の基本はだし。日本のおだしはかつおだったり、こぶだったり、海のものですよね。ブルゴーニュの土地はその昔海の底だった。だからワインにミネラル感、それが熟成してくると旨みになっていくんだと思っています。ブルゴーニュの赤ワインにかつおだしの香りや梅をかんじ、白にゆりねや栗ご飯を感じるのは私だけではないでしょう。鍋物に欠かせないポン酢にあわすことのできるワインはブルゴーニュだけなんではないでしょうか。

ビーズ千砂さんご本人からいただいたメール、和食とブルゴーニュワインの相性について2004年1月18日のコメント。感謝!)」


Vergelesses 2000。レストランヴィンテージと呼ばれるだけあり、今、どんどん楽しんでいただきたい。1999年の健康優良児ヴィンテージにかくれてしまい、評論家の評価はいまいちではありますが、実際に飲んでいただければ、2000年のつつみこむようなやさしさに触れること間違いなし。決して主張するタイプではないけれど、控えめな、今となっては死語となってしまった大和撫子のように芯がしっかりとしたタイプ。Vergelesses特有のアミノ酸系ミネラル感は健在。是非是非、佃煮にお浸し、筑前煮のような日常的な和食と共に楽しんでいただきたいと思います。

ついでに2000年の白について。とてもふくよかでマイルドなタイプ。そしてとてもリッチ。酸にとげがないので、果実味いっぱいの若さをすぐに楽しんでほしい。赤、白共に飲みごろは今から99年が飲み頃になる5年後かな。

(99年は果実味がクローズし始め、まったく99年の醍醐味を味わえない状態になっています。半年ほど前から急に眠気がおそってきたようで、しばらくは静かに寝かせておいてあげましょう。)

(上記はすべてビーズ千砂さんご本人からいただいたメール、2003年12月12日のコメント。感謝!)

※画像もビーズ千砂さんから送っていただいたものです。



Charlemagne98とLatriciere98ですが、半年ほど前にCharlemagne98をマグナムから飲みました。ボキューズのレストランでのことでしたが、ポール・ボキューズが「おかわり」をおねだりしたほどでした。1998年は収穫量の少ない年で、下手をすると、過剰なまでに凝縮した果実味が邪魔をしてネクターのようになりがちですが、半年前の印象は、豊富な果実味をこれまた豊かなミネラル分が支え、とてもまろやかなそれでいてエレガントな、それはそれは素晴らしい一本でした。98白は豊かな果実味を楽しむとするのならば、今からもう飲み頃とでもいえるのではないでしょうか。

Latriciere98は久しく飲んでいません。98赤はタンニン分が強く、98年生まれの息子のようにまだ荒々しいのではないかと思います。

98のSavigny ヴィラージュ Bourgeotsをたまに開けますが、デカンティングをすると落ち着きます。私は最近フランス人テイストになってきて、若々しいうちにワインを飲むのが好きなので、97やデカンティングした98が最近のお気に入り。

99は果実味がクローズし始め、ややバランスが崩れ始めました。

2000を飲む機会がいちばん多いですが、とてもチャーミングと思っていた2000年も最近VergelessesやGettesあたりに、ちょっとタンニンの角がたちはじめたように感じます。2000Serpentieresは今、旬です。

(上記はすべてビーズ千砂さんご本人からいただいたメール、2003年10月21日のコメント。感謝!)

※画像もビーズ千砂さんから送っていただいたものです。下の画像は、ビーズ千砂さん著『世界で一番贅沢な生活』にも登場。ちょーかわいいユウゴ君。


1/31ブルゴーニュ生活リンク追加!

ついにビーズ千砂さんのHP開設!個人的にも、本の続きを読めるようでうれしいです。

ビーズ千沙さんのブルゴーニュでの生活&シモンビーズのワインの解説や飲み頃なども載っています

↓ こちらをクリック!

http://perso.wanadoo.fr/bourgogne-seikatsu/

 

当店在庫のシモン・ビーズは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!

2002年から白ワインの醸造責任者は、シャントレーヴのギョーム・ボット氏



2018/10/6(土)アップ〜<※極少量!>蔵出しシモン・ビーズ’16’15

’15の上級品は、’16と同じタイミングでのこれが初リリースとなります!

’16がリアルワインガイド63号、’15がリアルワインガイド59号にて絶賛されました!

2018/8/25(土)アップ〜蔵出しシモン・ビーズ’13ブルジョ最後の再入荷!

2018/7/5(木)アップ〜蔵出しシモン・ビーズ貴重なバック・ヴィンテージ!

2018/3/7(水)アップ〜蔵出しシモン・ビーズ’15ブルゴーニュ・ルージュついに最後の再入荷!

2016/11/24(木)アップ〜蔵出しシモン・ビーズ’14ラトリシエール・シャンベルタンと’14ブルゴーニュ・ルージュ

リアルワインガイド55号にて絶賛される!


※’14’15以外は全ての値引き対象外となります。




※’15からわずかにラベルデザイン変更。





当店在庫のシモン・ビーズは、100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です!


あまりに減ったためか、これが‘15’16同時の上級品初リリースとなります。

’16は、1er Talmettes、Serpentieres、Guettes、さらにGrand Cru Corton-Charlemagneが造れなかった生産量壊滅の年、、、




Simon bize, Latricieres-Chambertin '16

シモン・ビーズ、ラトリシエール・シャンベルタン’16

税別¥28000

<あと3本>超限定品!

リアルワインガイド63号 94・96+点!!!(2023〜2053年)

※もちろん再入荷不可能!
’14から¥2,160しか値上がりしていない特級!

ビーズさんのコルトン・シャルルマーニュ区画のお隣には大親友クリストフ・ルーミエの畑があり、ビーズさんが日ごろその畑を管理しその代わり
クリストフ・ルーミエさんがビーズさんのラトリシエールの面倒をみてくれている!
さらに言うと、1995年以前にこの畑を造っていたのはポンソ(自社畑ではないたしか’02くらいまで造っていた)らしいです。

基本的に全房発酵比率100%

天然酵母のみ使用

無濾過&無清澄

1961年、1971年、1981年に植樹

東向きの特級畑

『 ファーストヴィンテージは1995。この畑を購入した投資家グループのご指名を受けてパトリックがラトリシエールという文字通り畑違いの畑を担当することになる。この地主グループには毎年生産量の1/3が地代として支払われる。なのでビーズのラベルをつけて出荷される量は少ない。2003年は生産量が激減した年で、生産量900本。そのうちビーズのラベルがつくのが600本。うち100本は私の胃に収まる。なんちゃって。99年、コート・ド・ニュイの友人達が「パトリック、やっとおまえもニュイのワインが造れるようになったな。」といわれて以来、パトリックはコート・ド・ボーヌだけではなく、コート・ドールを代表する生産者となる。 (ブルゴーニュ生活HPより) 』




Simon bize, Savigny-les-Beaune 1er Les Serpentieres '15

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・セルパンティエール’15

税別¥8200

<あと6本>超限定品!
※なんとすでに再入荷不可能!
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
’16は造れなかった畑、大好きな味なので本当に残念、、、

リアルワインガイド59号 92・93点!(2021〜2043年)

デカンター・オンライン94点!(2018〜2050年)

バーガウンド・コム 90〜93点(Outstanding!)

パーカー93点(2020〜2040年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト236号)

スペクテーター89〜92点(バレル)





Simon bize, Savigny-les-Beaune 1er Les Fournaux '15

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・フルノー’15

税別¥7700

<あと7本>

リアルワインガイド59号 91・92+↑点!(2020〜2043年)

デカンター・オンライン93点!(2018〜2045年)

バーガウンド・コム 89〜92点

パーカー91点(2019〜2035年、
William Kelley、ワイン・アドヴォケイト236号)





Simon bize, Corton-Charlemagne '15

シモン・ビーズ、コルトン・シャルルマーニュ’15(辛口白)

税別¥28000

<あと5本>超限定品!

※もちろん再入荷不可能!
’16は造れなかったそうです、、、

そもそもわずか0.2haの所有




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・ブラン’16(辛口白)

税別¥4600

<あと2本>

パーカー89〜91点(2019〜2027年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)


毎年大人気!




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・ルージュ’16

税別¥4500

<あと1本>おすすめ!

パーカー89〜91点(2019〜2029年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト234号)


「2018.10月中旬に飲みました。紫色の弱い中程度のルビー色。抜栓直後は意外にも少し甘いコーヒー香あり、若干ドライフルーツ気味の黒い実の果実、土、スパイスなどの重心低そうな今は暗い性格のイメージがある香り。味わいはまだ少し固く、タンニン多めで、酸味は丸い、ごくごくわずかにガスが残っている。クラシック+自然な造りの一部全房発酵のナチュラル味という印象。時間とともに黒糖かりんとうとか黒糖ドーナツ棒のような香りが強くなる。香りだけで味は甘くありません。千砂さんかなり苦労された年だと思いますが、最終的には例年とは少しニュアンスが違うと思うが、高い品質になった。抜栓の2日後までまったく落ちない。ずっと黒糖かりんとうの香りがする。抜栓の3日後も楽しめる」

アルコール13%

この’15から『 レ・ブルジョ 』が名前からはずれました。








’15は、完熟で凝縮した皮の厚い良いブドウが収穫できたが、
予想よりも収穫量が約30%ダウン、、、

リアルワインガイド59号にて絶賛される!



シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ブラン・レ・シャンプラン’15
(辛口白)


税別¥2900

<売り切れ>

※なんとすでに再入荷不可能!!!



シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ブラン・レ・ぺリエール’15
(辛口白)


税別¥3800

<売り切れ>超限定品!

※なんとすでに再入荷不可能!!!

バーガウンド・コム 86〜88点

デカンター・オンライン88点

スペクテーター87〜90点





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・ブラン’15(辛口白)

税別¥4600

<売り切れ>

バーガウンド・コム 88点

デカンター・オンライン88点


実は当店で一番人気銘柄!

23本完売。〜※すでに再入荷不可能!



シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ぺリエール’15

税別¥3800

<あと5本>絶対おすすめ!

最新パーカー89点(William Kelley、
2020〜2033年!、ワイン・アドヴォケイト232号)


バーガウンド・コム 86〜88点

デカンター・オンライン89点!

スペクテーター87〜90点!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
『 ’14もおいしかったけど、’15はさらにおいしい!今までこれほどおいしかったことはなかった! 』
『 最初固かったけど、時間が経って化けた 』
『 モンティーユ’14がかなりおいしかったけど、それ以上だ! 』などなど

54本完売!〜※ついに再入荷不可能となってしまいました、、、

「2017.10月末に飲みました。’12同様によくあるACブルよりも凝縮感があり、重心が低く、タンニンが多く、樽は強くなく、余韻が長い。そもそもこの畑の力が結構強いんだろうなぁという味わい。抜栓直後だけは非常に固くまだ全然早いと感じるものの抜栓の次の日には、かなりおいしく向上して飲めるようになり、中域に分厚いうまみエキスと強い塩ミネラルが出てきて味はしっかりなのに同時にある程度ナチュラルな高級ブルゴーニュのようなバランス。明らかに格と価格を超えた満足度。合わせるのが癖の少ない青カビチーズあたりではワインが勝つくらい。チーズをたくさんかけた濃厚ボロネーゼ・平麺パスタと合いそうな気がする。抜栓の2日後がもっともおいしく、抜栓の3日後には少し落ちた」

アルコール13%




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・レ・ブルジョ’15

税別¥4500

<あと5本>絶対おすすめ!

スペクテーター91点(2021〜2023年)

バーガウンド・コム 87〜89点

リアルワインガイド59号 90+・91+点!
(2018〜2038年)

「2018.10月中旬に試飲しました。ちょっとだけまだ早いが、出来は非常によく、酸とミネラルも低過ぎず凝縮してコクがありつつも重すぎないおいしさ。樽が控えめで香りも黒い実の果実一辺倒ではない。2020〜かなりおいしく飲めそう」




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・レ・ブルジョ’13

特価・税別¥4800

<売り切れ>限定品!

※再入荷不可能!
リリースから4年経過して大分おいしくなっているはず!

パーカー89点(2016〜2024年、ニール・マーティン、
ワイン・アドヴォケイト216号、2014年12月試飲)

バーガウンド・コム 86点(2015年3月試飲)


リアルワインガイド50号 89・90点(今〜2028年、2015年4月試飲)

MVF(旧クラスマン)2016年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16/20点





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・ヴェルジュレス・ブラン’12(辛口白)

特価・税別¥8400

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー92〜94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト210号)

バーガウンド・コム 88〜90点(バレル、Issue 55)

リアルワインガイド46号にて絶賛される!91・91+点(今〜2030年)

アルコール13.5%

近年では輸入元在庫がすぐに完売してしまう銘柄。本当にいいワインです!






’14は一部’09や’12よりもお安くできました〜!!!

千砂さんの言う自信作・希望のヴィンテージであり新スタイルの’14
ピノブーロに続き第2弾がついに入荷です!




シモン・ビーズ、ラトリシエール・シャンベルタン’14

税別¥26000

<あと10本>超限定品!

パーカー91〜93点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 91〜94点


※もちろん再入荷不可能!

ビーズさんのコルトン・シャルルマーニュ区画のお隣には大親友クリストフ・ルーミエの畑があり、ビーズさんが日ごろその畑を管理しその代わり
クリストフ・ルーミエさんがビーズさんのラトリシエールの面倒をみてくれている!
さらに言うと、1995年以前にこの畑を造っていたのはポンソ(自社畑ではないたしか’02くらいまで造っていた)らしいです。

基本的に全房発酵比率100%

天然酵母のみ使用

無濾過&無清澄

1961年、1971年、1981年に植樹

東向きの特級畑

『 ファーストヴィンテージは1995。この畑を購入した投資家グループのご指名を受けてパトリックがラトリシエールという文字通り畑違いの畑を担当することになる。この地主グループには毎年生産量の1/3が地代として支払われる。なのでビーズのラベルをつけて出荷される量は少ない。2003年は生産量が激減した年で、生産量900本。そのうちビーズのラベルがつくのが600本。うち100本は私の胃に収まる。なんちゃって。99年、コート・ド・ニュイの友人達が「パトリック、やっとおまえもニュイのワインが造れるようになったな。」といわれて以来、パトリックはコート・ド・ボーヌだけではなく、コート・ドールを代表する生産者となる。 (ブルゴーニュ生活HPより) 』





シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ブラン・レ・ペリエール’14(辛口白)

税別¥3300

<売り切れ>

パーカー87〜89点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 87点

シャルドネ100%

約1ヘクタールの所有

3分の1を1953年、3分の2を1987年に植樹

南東向き

石がごろごろした土壌から生まれる非常にすがすがしい白ワイン。パトリックのお父さんが開拓した畑でシモンビーズの魂が宿っている。丘の上に建つSBと刻印された十字架が目印。




シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ペリエール’14

税別¥3300

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86〜89点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 昔飲んだ時の方が濃かったが、今の方が香りもよく断然うまい! 』などなど

68本完売!ありがとうございました

「2016.8月上旬に飲みました。明らかに’14の大成功例!骨格とポテンシャル以外の今飲んでのおいしさでは明らかに’12よりも上という内容で、ACブル’14としては凝縮感とタンニンがあり、この銘柄特有のいつものしっかり具合がありつつも例年よりエレガントで少しナチュラルな雰囲気も出てきて、うまみとミネラルの量がクラスを超えている。数年前より少しガスを残して亜硫酸量を減らしていると思う。香りも複雑で強く、酸もちょうどよく、よい質とバランス。抜栓当日のみ少しアフターにタンニンが残るが、抜栓の次の日〜2日後まで少しずつ向上してゆき、タンニンの質がよく飲み飽きない。無駄に重くない。黒い実の果実香主体+少し野性的なイチゴ香、控えめなセンスを感じる樽などの香り。ミネラル量はこの銘柄史上最高だと思われる。あえて言えばオーレリアン・ヴェルデ’14モレサンドニ・ルージュに骨格を加えた感じと言えば伝わりやすいでしょうか?要するに完全に村名クラス以上の上質な内容ということです。この感じだとブルジョとセルパンティエール以外の’14赤はまだ固そうだから開けない方がよいかもと予想してみる。抜栓の3日後もおいしい。ベストは抜栓の2日後、相当なおいしさでした。 ※真夏ですので注いだ後も常時低温保管出来た場合の話です。注いだ後ずっとしばらく常温放置だともっと早く落ちるでしょう」

アルコール12.5%

オートコートドボーヌを名乗れる畑。例年、果実味、タンニンともにしっかりして数年の熟成も可能。’14は’12より早くから開くエレガントスタイルのはず

1971年、1974年に植樹

南東向きの畑

非常に小石が多い石灰質

約2haの所有




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・レ・ブルジョ’14

税別¥4200

<あと1本>絶対おすすめ!

パーカー86〜88点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 87〜89点

「2017.3月上旬に試飲しました。トップノーズの透明感と複雑性が群を抜いており、完全に価格やクラスを超えたよい香り。味わいも一見優しいようでタンニン多めで骨格があり、おそらくリリース直後は飲み頃NOW〜だったと思うが、味わいは閉じ気味で固い。シャントレーヴさんのヴォルネイ’14同様に今は少しタンニンが前に出てきている。ピュアでエレガントかつやや濃密感も出す的意図の全房発酵が成功した造り手の’14は、今少し閉じてきている時期である可能性がある。おそらくバランスよく複雑な色気に発展するでしょうが、新しいブルゴーニュの流れもまた検証が必要。抽出が強いイメージではなく樽も控えめ。うまみとミネラルが多く、基本的にエレガント。ピュアでナチュラルと同時に華やかさもある香水系の赤い実の果実。千砂さんの色が出ている質感だと感じた」

’06を税別¥4300くらいで販売していましたので、値上がりのない銘柄だと思います。




シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ブラン・レ・シャンプラン’14(辛口白)

税別¥2600

<売り切れ>

パーカー86〜88点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 86点


※こちらはシャルドネ100%です。

約4ヘクタールの所有

1991年に植樹

南向き

シャンプランという名前が示すように表土が厚い土地(CHAMP=畑 PLAIN=満ちた)、その為、非常にアロマティックなワインとなる。




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・ブラン’14(辛口白)

税別¥4200

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー88〜90点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 89点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2017.3月上旬に試飲しました。どうりで絶賛の声が多いわけですね。樽を感じない美しく、ストレス・ゼロのみずみずしくミネラリーな傑出バランス!酸とミネラルの質が素晴らしく伸びもある。うまみと複雑性もあるが、心地よさが半端ない。ここまでバランスよくおいしければ重さはいらないというかむしろ邪魔になってしまそうな気もする」

52本完売!!!ありがとうございました〜※再入荷不可能!




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・ヴェルジュレス・ブラン’14(辛口白)

税別¥7800

<売り切れ>限定品!

バーガウンド・コム 89〜91点

近年では輸入元在庫がすぐに完売してしまう銘柄。本当にいいワインです!




シモン・ビーズ、コルトン・シャルルマーニュ’14(辛口白)

税別¥25000

<売り切れ>超限定品!

※輸入元在庫一瞬で完売でした!

バーガウンド・コム 92〜94点!

面積 0.2ヘクタール

植え付け年 1952年

畑の向き 西向き

限りなくペルナンベルジュレス村寄りの小さな区画。なのでコルトン寄りのものの厚みに対し、エレガントさときりっとした酸とミネラル感が身上のコルトンシャルルマーニュ。ビーズさんの区画のお隣には大親友クリストフ・ルーミエの畑がある




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・セルパンティエール’14

税別¥6500

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー86〜88点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 88〜91点


どんなに低い評価が付いたとしても激うまな銘柄!

※すでに再入荷不可能!

風味から考えても’14も基本的に全房発酵のようです

「2016.10月初旬に飲みました。’13よりタンニンと骨格があり、より長く熟成するタイプながらもピュアで透明感があり、樽が控えめで絶妙、エレガント・ナチュラル・ミネラリーなバランスのよい味わい。赤い実の果実主体+中国茶、ダージリン、少し鉄サビ系ミネラルなどの複雑なよい香り。すでにうまみが多いが、抜栓から20分程度でさらにグングン増す!余韻も長い。アフターに残るとてもキメ細かなタンニンが予想より少し多い為、今飲んでもおいしいものの厳密に言えば飲み頃2018.秋以降〜だろうか?クラシックとナチュラルの融合という感じで、自分の好みだけで言えば1級オー・ヴェルジュレスよりも好きな個性。抜栓の次の日も非常においしいが、まだ少し固さが残る。抜栓の2日後も非常においしい。やっぱりこの畑には心を打つものがあるなぁ〜」

アルコール13.5%

’15 デカンター・オンライン93点!!!




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・フルノー’14

税別¥6600

<あと8本>

パーカー89〜91点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 89〜91点





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・ヴェルジュレス・ルージュ’14

税別¥7400

<売り切れ>

パーカー90〜92点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 90〜93点


’15 デカンター・オンライン94点!!!




シモン・ビーズ、コルトン・レ・ルナルド’14

税別¥19000

<あと12本>超限定品!

待望の初ヴィンテージ!
買いブドウながらも千砂さんがずっと欲しかった畑!!!











シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ヴェルジュレス・ルージュ’13

特価・税別¥7900



輸入元定価・税別¥10,300

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 89点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16/20点

「2016.3月に試飲しました。当店のお客様から絶賛の声が多かったセルパンティエール’13同様、数年前までのイメージよりも樽と抽出が弱く、タンニンの質がよく、ナチュラルでエレガントでミネラリーなスタイルで、より凝縮感と骨格がある銘柄。なのでこちらは本当はすぐ開けない方がよさそう。難しい年の成功例であり、ドメーヌの皆さんは雹被害などで不安だったでしょうが、実際に今飲んでみるとやはりとてもおいしいという感動があります。酸もちょうどよく、中域にはうまみエキス感があり、アフターにしっかりミネラルが残り、余韻が長め」

アルコール13.5%

’13はこの畑も全房発酵のようです。
この銘柄を飲めば、昔と明らかにスタイルが違うとわかるでしょう。
特に新樽比率は明らかに下がっている香りと味わいですね。




シモン・ビーズ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・ラ・ガレンヌ’05(辛口白)

税別¥8000

<売り切れ>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。もちろん再入荷不可能!

バーガウンド・コム 92点!

アルコール13%

このピュリニーのみ買いブドウのネゴシアンもの

たしか’04〜’07くらいしか造っていないレア銘柄!

2002年からシャントレーヴのギョーム・ボットさんが働いているのでこの時期の白ワインも安心ですね




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・セルパンティエール’13

特価・税別¥6750

↑30%OFF!

輸入元定価・税別¥9,600

<あと4本>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

8〜9人でのワイン会でこのワインを出された当店の常連客様が、他に高いワインもいろいろ出ていた中でこの銘柄が人気No.1だったそうです!!!

377本完売!〜※再入荷不可能!

「2015.10月中旬に試飲しました。予想以上においしかった!トップノーズに濃さではない存在感がある。昔より明らかにピュアでエレガントな質感で、うまみとミネラルが多い。タンニンがとても丸く、骨格は少しだけ弱いものの他の1級畑よりも特にトップノーズとアフターにナチュラル感が際立つおいしさ。今までのわりと骨格のあるややクラシックな造りのイメージでこの銘柄を選ばないほうがよいと思われます。(今年の春に試飲したサヴィニ1級フルノー’11のほとんどすぐに飲めるやわらかさにも驚きましたが、それよりも質感がナチュラルで余韻が長く感じられた。)意外にも飲み頃NOW〜のすぐに飲めてしまうバランス。’09’10’12の特に他の1級畑はまだ固いのでそれらよりも早くから飲めます。一部の樹が病気の被害を受けたらしい上に、’13は雹の被害にまであったのに、実際の味わいがとてもおいしいというのは本当に素晴らしいこと!まさに点数では評価できない部分ですね」

アルコール13.5%


2015.12.1(火)最新情報

このセルパンティエール’13は、千砂さん自身が手掛けている畑
雹の被害で壊滅状態だった中、残ったというよりも奇跡的に熟した第2世代のブドウで造ったワイン。
殆どを除梗するという通常のドメーヌのスタイルとは異なる方法で醸造していますが、セルパンティエールはあえて全梗の造り。
そのせいかおかげで色も薄くアルコール度数も低い。
少し補糖もしたそうです。 (→実際の味わいにマイナス面は感じられなかった)
でも、とにかく無理をせず平常心を心がけました。

千砂さんみずからがセルパンティエールのデキュヴァージュ(醗酵後の桶出し)をするようになったのも2013年からだそうです。

ビオディナミの勉強を続ける中、素晴らしい人たちとの出会いがあり、畑での作業の質が上がっているようで、実際にワインの質感がやわらかくエレガントになったようにも思えますが’13は特殊な年なのでまた継続して確かめていきたいと思います。ビオや全房発酵などの変化〜成果を皆に認めてもらってこそ今後の方向性が定まってさらなる進化・向上があるということなのでしょう。今後も応援してゆきます


『 オー・ゲットの下にある緩斜面の1級畑ながら南向き。ビーズのセルパンティエールは墓地の真横に位置する。褐色の粘土質で重く、一般的に男性的なワインを生むとされる畑だが、ビーズのこのワインは独特のエレガンスを有する。08年からビオディナミが試されている。 (輸入元資料より) 』

天然酵母を使用、無濾過&無清澄

基本的に除梗しない

1959年に植樹

生産量:わずか1300本程度





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・レ・ブルジョ’09

税別¥4700

<売り切れ>おすすめ!

バーガウンド・コム 88〜91点!

ゴーミヨ誌15.5/20点


リアルワインガイド34号にて絶賛される!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本以上完売。ありがとうございました〜※’09は再入荷不可能!

4年以上経過して、2015.10月に飲んだお客様がおいしくてびっくり!完熟の年ですが、酸味は低すぎず、今素晴らしい状態とのことです



「2011.9月初旬に試飲しました。1級オー・ヴェルジュレス’09と飲み比べましたが、ブルジョの方が飲み頃NOW〜でエレガントでバランスよく心地よいタイプで、軽めだがチャーミングでいつ開けてもおいしい万人受けタイプ。例年よりも少し熟度が高く酸が低い分、既にタンニンが溶け込んで固さがまったくないやや陽気な個性でヴィンテージの個性に逆らわずに上手に仕上げたという印象を受けた」

アルコール13%

中程度に深く、白っぽい石灰粘土質

天然酵母を使用、無濾過&無清澄

基本的に除梗しない

1965〜1978年にかけて植樹

『 マルコネのあるボーヌ寄りの丘とヴェルジュレス寄りの丘に挟まれた、ロアンと呼ばれる川沿いの区画。赤い果実のチャーミングな香りと繊細で軽やかなボディ。 (輸入元資料より) 』






シモン・ビーズ、コルトン・シャルルマーニュ’11(辛口白)

税別¥23000

<売り切れ>超限定品!

※今、買えるビーズさんのコルトン・シャルルマーニュはまったくありません。次の輸入の際は相当な値上がりがほぼ間違いありません、、、

バーガウンド・コム 90〜93点

VINOUS 94点!(2016+)


リアルワインガイド42号にて絶賛される!(2015〜2035年)

1938年に植樹

西向きの畑

基本的に無除梗

小樽熟成発酵

新樽比率約50%にて9〜12ヶ月熟成

通常の年で800本程度しか造られない!

大親友であるクリストフ・ルーミエの隣の畑

97年が初ヴィンテージとなったシモン・ビーズのコルトン・シャルルマーニュは、ぺルナン・ヴェルジュレス側のアン・シャルルマーニュに位置する最も西向きの区画。それだけにこのドメーヌらしい、ピンと張りつめた緊張感が支配する。ピュアな酸味を覚えるミネラル。真のコルトン・シャルルマーニュとはこのようなワインを指す。




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ゲット’09

超特価・税別¥8000

<あと2本>超限定品!

※当然再入荷不可能です!

バーガウンド・コム 93点!!!

MVF(旧クラスマン)2012年度版17/20グラス

リアルワインガイド34号にて絶賛される!

パトリック氏が一番好きだった畑!

1965年に植樹

サヴィニ村の1級畑の中でオー・ヴェルジュレス、マルコネに次いで評価の高いクリマ、丘の上方に位置する畑にしてはめずらしく粘土質(テール・ルージュ=赤い土)の土壌

南向きということも奏功して、果実味がたっぷりと乗り、加えてタンニンによるストラクチャーもしっかりとした赤ワインが生み出される。

基本的に無除梗、無濾過&無清澄




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・フルノー’09

超特価・税別¥6000

<売り切れ>超限定品!

パーカー91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91〜94点!

ゴーミヨ誌16.5/20点


リアルワインガイド34号にて絶賛される!

※’13を買うと¥1,620値上がり致します。
当然再入荷不可能です!

例年、肉付と凝縮感があり熟成も可能

「ヴェルジュレスの斜面からアロースへ下りる斜面の中腹にある畑。サヴィニーの中では最もアロース的な要素を兼ね備えたタイプ。つまりやや動物的なのである。若いうちから自分を主張するタイプであると同時に息が長い。女性ファンが多い。(ビーズさんのHPより)」

年間生産量:約4200本

1級畑ラヴィエールとヴェルジュレスに隣接する区画




シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ブラン・レ・シャンプラン’12(辛口白)

税別¥3200

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー87〜89点(ワイン・アドヴォケイト210号)

バーガウンド・コム 85点


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

84本完売!!!※再入荷不可能!

「2014.12月下旬に飲みました。予想以上の素晴らしさで数年前に飲んだ時よりも品質が上がったように感じられました。3人で飲んで全員明らかに価格以上の高い品質と絶賛でした!程よく絶妙な樽、果実味豊かでふっくらしており、同時に酸とミネラルしっかり、余韻長め。温度が上がってくるとほのかな甘みと厚みが出て、明らかにクラスを超えた満足度です!この価格でも超お買い得と言える内容。少し青いバナナ、ナッツ、蜜リンゴ、少し洋ナシ、スパイス、カスタードクリーム、わずかにヴァニラ、ミネラルなどのとてもよい香り。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

シャルドネ100%

昔、定番で扱っていましたが、久しぶりに買いました




シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ペリエール’11

特価・税別¥3300

<売り切れ>おすすめ!

バーガウンド・コム 86〜88点

リアルワインガイド42号にて絶賛される!(今〜2025年)

「2015.2月に再度、試飲しました。すでに充分飲み頃。はっきりと熟成香が出るのは1〜2年後からでしょう。酸は’13の方がしっかりしており、こちらは落ち着いたおいしさ」



「2014.3月に短時間で試飲しました。この時はまだ少しだけ固さがあったのですが、半年以上経って今は充分開いていると思われます。当店で予想以上に評判良かった’10と大差ないおいしさなのでご安心ください。たまに’11は果実味が弱めで比較的酸が強めに感じられるものもありますが、これは大丈夫」




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・レ・ブルジョ’11(マグナム・1500ml)

税別¥10500

<売り切れ>おすすめ!

※マグナムは再入荷不可能!


シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・レ・ブルジョ’11(750ml)

特価・税別¥4200

<売り切れ>おすすめ!

バーガウンド・コム 87点

リアルワインガイド42号にて高評価される!(今〜2025年)

いつもリリース直後からおいしい銘柄であり、ビストロ向きでもある銘柄。’09と同じ価格までお安く設定しております!この機会にぜひ!

「2015.2月に750mlを試飲しました。飲み頃ではあるが、香りが若干閉じているようなやや微妙な時期かもしれません。あと1年待ちたいところ。むしろサヴィニ1級フルノー’11の方が、現在より開いてうまみとミネラルが溢れるおいしさに感じられました。千砂さん曰く、『 カツオのたたきが合う 』」

中程度に深く、白っぽい石灰粘土質

1965〜78年植樹

100%手摘み

基本的に除梗しない

天然酵母を使用

無濾過&無清澄

『 マルコネのあるボーヌ寄りの丘とヴェルジュレス寄りの丘に挟まれた、ロアンと呼ばれる川沿いの区画。赤い果実のチャーミングな香りと繊細で軽やかなボディ。 (輸入元資料より) 』




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ヴェルジュレス・ブラン’06(辛口白)

税別¥7000



輸入元定価・税別¥9000

<売り切れ>超限定品!

※飲み頃!再入荷不可能!

パーカー・オンライン92点(2009〜2015年、ニール・マーティン)

MVF(旧クラスマン)2009年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2009年度版16.5/20点

ワイナート55号にて絶賛される!

リアルワインガイド22号にて絶賛される!

’06は、過去最高レベルの高い評価となりました!




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ヴェルジュレス・ルージュ’06(750ml)

超特別価格・税別¥8000

<売り切れ>超限定品!

※再入荷不可能!

最新バーガウンド・コム 93点!

パーカー90点(2009〜2017年、David Schildknecht、ワイン・アドヴォケイト186号)

スぺクテーター90点(2011〜2018年)


MVF(旧クラスマン)2009年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2009年度版15.5/20点

リアルワインガイド22号にて高評価される!

’06は長熟可能です




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・セルパンティエール・ルージュ’06(750ml)

特別価格・税別¥6900

<売り切れ>超限定品!

※再入荷不可能!

最新バーガウンド・コム 89点

パーカー87点(David Schildknecht、ワイン・アドヴォケイト186号)


リアルワインガイド22号にて高評価される!

’06は超熟可能です







シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・オー・グラン・リアール’09

決算超特価・税別¥4000



輸入元定価・税別¥5,800

<売り切れ>

バーガウンド・コム 88〜91点

リアルワインガイド34号にて絶賛される!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

66本完売!!!ありがとうございました

『 Guettes、Vergelessesの丘の裾野にあり、非常に条件のよい所に位置する畑。ビーズ家3世代にわたり植えられたブドウの木、つまりおじいちゃんの代の木(1939年)、お父さんの代の木(1948年、1955年)、パトリックの代の木(1979年)があり、ビーズ家の魂が宿る畑といっても過言ではないだろう。その実力はサヴィニーのヴィラージュクラスをはるかに上回る。常に満足させてくれる1本。 (ビーズさんHPより) 』




シモン・ビーズ、アロクスコルトン・ル・スショ’12

超特価・税別¥6600

<あと6本>限定品!

※’12は再入荷不可能!
’15を買うと¥756値上がり致します。

バーガウンド・コム 88〜91点

パーカー91〜93点(〜Superb.
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト210号)


リアルワインガイド46号 89+・91点(2017〜2035年)

リリースから4年以上経過してかなりおいしくなっているはず!

通常の年で生産量わずか4樽のみ!




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・ブラン’13(辛口白)

税別¥5000

<あと3本>

パーカー90点(2016〜2021年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト216号)


バーガウンド・コム 87点

MVF(旧クラスマン)2016年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15.5/20点

リアルワインガイド50号にて絶賛される!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

アルコール13%

29本完売。




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・ブラン’12(辛口白)

税別¥5000

<売り切れ>

パーカー89〜91点(ワイン・アドヴォケイト210号)

バーガウンド・コム 87点

MVF(旧クラスマン)2016年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15.5/20点

リアルワインガイド46号にて高評価される!

アルコール13%

36本完売!ありがとうございました




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・ブラン’11(辛口白)

税別¥4300

<売り切れ>

Antonio Galloni(VINOUS) 90点(2013+)

バーガウンド・コム 87点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2014年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版15.5/20点

リアルワインガイド42号にて高評価される!

36本完売!ありがとうございました〜※’11は再入荷不可能!’12は大幅値上がりだと思われます、、、

当店的にはシモン・ビーズさんの白は過小評価されている気がしていて、みずみずしくピュアでミネラリーなんだけど飲み飽きないよいワインだと思います。当店で大人気シャントレーヴさんでおなじみギョーム・ボットさんが白の醸造責任者ですしね。




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・オー・グラン・リアール’07

超特別価格・税別¥4200

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー88点(2010〜2018年、ワイン・アドヴォケイト189号)

スペクテーター91点(2013〜2021年、2011年3月試飲)

バーガウンド・コム 87〜89点

ジャシス・ロビンソン16+/20点


リアルワインガイド26号にて高評価される!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

いつも飲み頃のミッシェル・ラファルジュ、ヴォルネイ1級各畑を好んでお買い上げいただいておりますブルゴーニュ通のお客様からも絶賛の声をいただきました〜!

66本完売!※再入荷不可能!

「2013.2月に再度試飲しました。とてもきれいなスーボワで色気とうまみがあり今が一番おいしい状態だと思われます。同じ畑’10と比較試飲する機会に恵まれましたが、現時点での満足度は当然’07の方が遥かに上です。骨格は’10の方が少し上だと思いました。’07こそが『 じゃあいつ空けるのか?今でしょう 』というワインです」



「2012.2月に試飲しました。熟成感たっぷりのエレガント&ミネラリーな理想的な飲み頃ブルゴーニュ。メゾン・ルロワのブルゴーニュ・ルージュが好きな方には高い確率で気に入っていただけそうなバランスのよさと熟成感です。足りないのはコクとポテンシャルだけで、程よいうまみも感じられ、今から3年以内くらいが飲み頃ピークの入り口付近だろうか?スーボワ、なめし皮、紅茶と鉄サビ系のミネラルなどの香り。落ち着いた癒し系」

アルコール12.5%


『 Guettes、Vergelessesの丘の裾野にあり、非常に条件のよい所に位置する畑。ビーズ家3世代にわたり植えられたブドウの木、つまりおじいちゃんの代の木(1939年)、お父さんの代の木(1948年、1955年)、パトリックの代の木(1979年)があり、ビーズ家の魂が宿る畑といっても過言ではないだろう。その実力はサヴィニーのヴィラージュクラスをはるかに上回る。常に満足させてくれる1本。
(ビーズさんHPより) 』




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ヴェルジュレス・ルージュ’08

超特別価格・税別¥5600

<売り切れ>超限定品!

※再入荷不可能!すべての値引き対象外となります。

パーカー90点(ワイン・アドヴォケイト189号)

バーガウンド・コム 90〜93点!

ゴーミヨ誌16.5/20点

ジャシス・ロビンソン16.5/20点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

リアルワインガイド30号にて絶賛される!

「2013.11月末に飲みました。縁がオレンジがかった中程度のルビー色。抜栓直後はトップノーズに少し乾いた木樽の香りが支配的で味わいも酸以外の要素が少し弱いように感じられ、焦りましたが、時間とともにうまみが大分増して、果実味も少し増して、樽が溶け込み明らかにおいしく向上したので一安心しました。ただし酸はしっかりとキレがあるので酸が苦手な方にはおすすめ出来ない銘柄です。うまみが多くタンニンが丸いので、バランス的には悪くないですが、好みの幅(個人の酸の許容範囲)の問題です。赤い実の果実、トマト、ミネラルなどの香りで、アフターに残るうまみと酸がいい感じ。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13.5%

はずさないサヴィニ村最高の1級畑のひとつ!




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ヴェルジュレス・ルージュ’01

特別価格・税別¥6200

<売り切れ>超限定品!

※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 88〜91点

おそらく飲み頃ピーク頂上付近!




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ヴェルジュレス・ルージュ’06(ハーフ・375ml)

特別価格・税別¥3500

<売り切れ>超限定品!

※再入荷不可能!

最新バーガウンド・コム 93点!

パーカー90点(2009〜2017年、David Schildknecht、ワイン・アドヴォケイト186号

スぺクテーター90点(2011〜2018年)

MVF(旧クラスマン)2009年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2009年度版15.5/20点

リアルワインガイド22号にて高評価される!

’06は超熟可能です


2018/2/18(日)アップ〜蔵出しシモン・ビーズ’14ブルゴーニュ・ブラン・レ・シャンプラン・ピノブーロ最後の再入荷!

2016/4/7(木)アップ〜蔵出しシモン・ビーズ’12レ・ペリエール最後の再入荷!

リアルワインガイド46号にて絶賛されました!

2015/4/29(水)アップ〜<※12本限定!>蔵出し特価シモン・ビーズ’04フルノー


※’11’12’13’14以外は全ての値引き対象外となります。





 





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・フルノー’04

特価・税別¥6300

<売り切れ>限定品!

バーガウンド・コム 89点

アルコール13.5%

例年、肉付と凝縮感があり熟成も可能。’04はおそらく飲み頃ピークの頂上付近だと思われます。

「ヴェルジュレスの斜面からアロースへ下りる斜面の中腹にある畑。サヴィニーの中では最もアロース的な要素を兼ね備えたタイプ。つまりやや動物的なのである。若いうちから自分を主張するタイプであると同時に息が長い。女性ファンが多い。(ビーズさんのHPより)」

年間生産量約4200本

1級畑ラヴィエールとヴェルジュレスに隣接する区画





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・マルコネ’07

税別¥6000

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷不可能の限定品!

ワイナート57号 89点(NOW〜2020年)

パーカー90点(David Schildknecht、ワイン・アドヴォケイト189号)

バーガウンド・コム 88点

リアルワインガイド26号にて高評価される!

「2015.3月に飲みました。縁がレンガがかって中心はまだやや濃いルビー色。飲み頃ピーク頂上だとしてもおかしくないと予想していたが、充分飲み頃だがピーク入り口にはまだ達していないくらいの時期だと感じた。ということは’05はまだ開けないほうがよいでしょうね。紅茶、中国茶、ドライフラワー系の落ち着いた熟成香主体、少しオレンジの皮、湿った土・腐葉土などの香り。’07としては比較的骨格があり、酸も低くなく、口中に広がるうまみが心地よく、アフターにはミネラルとともに多少グリップもあり上質。特にアフター付近の味付きがしっかりしている。シャトー・ド・ショレの大成功年である’08が好きだった方にもおすすめ出来る。抜栓の次の日も非常においしい。少し甘味が増して、ドライ・イチゴ、きのこ類、ミネラルのニュアンス主体の出汁系ピノとなった」

アルコール12.5%





シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ブラン・レ・シャンプラン・ピノブーロ’14(辛口白)

税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷不可能!

「2015.10月に飲みました。待ちきれなくて届いた次の日に開けてしまうという(笑)うっすら緑がかったやや明るいイエロー。キウイ、オレンジ、シトラス、花、ハーブ、ミネラル、ごまパンなどのオイリーさのあるよい香り。ごまの香りは強め。ややしっかりした果実味、パイナップル系のしっかりしているが尖っていない酸、みずみずしく、ほのかな甘みとうまみとミネラルがバランスのとれた心地よい味わい。アフターに酸が伸びる。しっかり冷やしてもおいしいが、少し温度が上がってきた頃が一番おいしいと思います。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の3日後までおいしい。少し酸が強くなる」

アルコール13%

54本完売!

千砂さんの言う自信作・希望のヴィンテージであり新スタイルの’14は今回はこの1銘柄だけです!

シャンプランという区画の畑には、シャルドネとピノブーロ(ピノグリ)が植えられ
ていて、昔は混ぜて1つの辛口白ワインを造っていました。数年前に、ピノブー
ロ100%のワインを飲んでみたいとか造ってくれという要望が多かったため、ピノブーロ100%で『 ブルゴーニュブラン・シャンプラン・ピノブーロ 』を造っていたものが今回久しぶりに入荷です!!!

過去のヴィンテージを何度も試飲したことがありますが 、少しふっくらした辛口で単調ではなく、少し複雑性がありとてもおいしい印象でした。むしろこちらのほうが好きというお客様もいらっしゃいます





シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ペリエール’12

税別¥3700

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー85〜87点(ワイン・アドヴォケイト210号)

バーガウンド・コム 86〜88点


96本完売!!!ありがとうございました〜※’12は再入荷不可能!
’13を買うと¥324値上がりいたします。

1年以上経過して大分おいしくなっているはず!



「2015.2月に試飲しました。同時に飲み比べた’11’13よりも果実味とコクと骨格がある分、少しまだ固いが、やはり非常に高品質」



「2015.1月に飲みました。縁が紫がかった濃いルビー色。予想通り例年より大きな構造でタンニンも多めで熟度も高め。凝縮して今はまだ少し固い。飲み始めて1時間くらいでうまみが増してやわらかくなってきて、抜栓の次の日には明らかにおいしく向上!明らかにクラスを超えた村名クラスの余韻と満足度がある。’12はいつもはあまりない甘苦系のスパイス香を少し含み、強くややスパイシーだが、酸が低くなく、うまみが多いのでシンプルな濃さではなくとてもおいしい。抜栓の2日後もおいしいが、昨日のバランスがベストだったように思う」

アルコール12.5%

リアルワインガイド46号にて絶賛される!(89・90点 飲み頃今〜2028年)
(〜これほどのACブルはルーミエ、フーリエ、アルロー以外にはあまり遭遇しない。これはどんなことをしてでもゲットしてほしい。)




シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ペリエール’10

税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86〜88点

ジャシス・ロビンソン15.5/20点

リアルワインガイド38号にて高評価される!

96本完売!!!ありがとうございました※再入荷不可能!

’12を買うとかなりの値上がりがあります。

「2013.7月に飲みました。’09はわかりやすい果実味でしたが、’10はやはりブルゴーニュ通向きの旨薄系バランスです。来年の秋くらいからシャトー・ド・ショレ’08的な色気出そうなイメージでした。うっすら色気の出てきた赤い実の果実、湿った土、お湯を注ぐ前の茶葉等の香り。ほのかな甘みがありつつしっかりした酸で、うまみ多め、タンニンはすでによく溶け込んでアフターにミネラルの残る飲み頃NOW〜。落ち着いたバランスが好印象。抜栓の2日後までおいしい」

アルコール12.5%





シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・マルコネ’10

超特価・税別¥6500

<あと1本>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
二度とこの価格では買えません。
当然再入荷不可能!

バーガウンド・コム 89〜91点

LVF誌 16.5/20点!

リアルワインガイド38号にて高評価される!

昔、ビーズさんの赤をずらっと飲み比べた際にこの1級マルコネが一番好みだった年がありました!

0.6haの所有

1973年植樹

年間生産量:約3,000本

砂質の深い土壌

100%手摘み

基本的に除梗しない

天然酵母を使用

無濾過&無清澄

『 最もボーヌ寄りの1級畑であり、ボーヌの同名畑とは高速道路を挟んで隣り合う。軽い砂質の土壌のため、非常にフレグラントな香りが特徴的。味わいも軽妙で小気味よく、滑らかな喉越し。 (輸入元資料より) 』

『 ボーヌサイドの丘斜面にあり、ヴェルジュレスのある反対斜面の砂利質に対し、細かい砂質の土壌。サヴィニー特有の軽快なタッチの奥にボーヌのワインのような密度の濃い味わいがあり、非常にファンの多いアペラシオン。 (ビーズさんHPより) 』







シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・タルメット・ルージュ’10

超特別価格・税別¥5000

<売り切れ>絶対おすすめ!

限定品!36本完売!ありがとうございました

バーガウンド・コム 89〜92点!

ジャシス・ロビンソン16.5/20点


MVF(旧クラスマン)2012年度版15.5/20グラス

リアルワインガイド38号にて絶賛される!

2014.12月初旬に飲まれたプロのお客様から『 今、素晴らしくおいしくなっていてかなり楽しめた! 』と絶賛のコメントいただきました!



「2014.1月に飲みました。おいしいが今はまだ固い。閉じている時期なのかもしれません。紫の弱いやや濃いルビー色。黒い実主体の果実香に中国茶や熟成香ではないドライフラワー的な香りが混じる、樽は控えめで、少し鉄サビ系ミネラルなども感じられる。グランリアールよりも少し重心が低く凝縮しているが’09のような重さではなくあくまでバランスよくエレガント。うまみがまだ表現され切っておらず、タンニンはやや多く、熟成可能な骨格があり、アフターは長めでミネラルも残る。真の飲み頃は2016〜だろうか?色気とうまみが加わって開いたらかなり化けそう!抜栓の次の日もおいしい。あまりやわらかくならなかった。抜栓の2日後にいきなり開いた!大分やわらかくなって、うまみも多くなり、かなりおいしく変化した。抜栓の3日後もさらにおいしく変化。あとは落ちるだけだと思っていたので驚かされた。上品なイチゴの香りが出て、うまみたっぷりの味わい」

アルコール13.5%

’07から単一区画としてリリースされています!

元々1級オー・ヴェルジュレスの一部としてずっとリリースされていたが、法律が変わって別々にリリースされることとなったものなので品質は保証されているようなもの!

0.8haの所有

年間生産量:約3,400本

石灰粘土質土壌

100%手摘み

基本的に除梗しない

天然酵母を使用

無濾過&無清澄

『 オー・ヴェルジュレスと地続きながら、真南を向いた強い傾斜で、面積も3ha程度しかない小さな1級畑。リッチで豊満な味わいは日当たりの良さから。加えて高い標高がピシッとまっすぐな背骨を形成する。アフターにはミネラルの余韻。完成度の高いワイン。 (輸入元資料より) 』




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ヴェルジュレス・ブラン’10(辛口白)

超特価・税別¥5800

<売り切れ>絶対おすすめ!

30本完売。ありがとうございました

※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 91点

ジャシス・ロビンソン16.5/10点!


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

リアルワインガイド38号にて絶賛される!

「2014.1月に飲みました。予想より少しだけ濃いイエロー。上品なごませんべい、麦、ミネラルなどの少しオイリーなよい香り〜温度が上がってくるとラ・フランス系の香りも出る。基本的にはエレガント&ミネラリーな岩清水系ながら程よい厚みもあり、何より塩っぽいミネラルが残り余韻が長い。時間とともにべっこう飴のような甘味がアフターにかけてじんわり表れ、予想以上にかなりおいしい!キレキレではないがちょうどよい上質な酸。抜栓の2日後も素晴らしくおいしい。まったく飲み飽きない。あえてざっくり言えばルイ・カリヨンのピュリニー1級やシャントリ―ヴのムルソーを好きな方には間違いないでしょうし、パケのオークセイデュレス・ブランをさらに複雑に上質にしたような感じとも言えるかもです」

アルコール13.5%



シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ヴェルジュレス・ブラン’07(辛口白)

特別価格・税別¥5300

<売り切れ>限定品!

※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 90点

スぺクテーター91点(2012〜2020年)

ゴーミヨ誌16/20点


MVF(旧クラスマン)2010年度版16/20グラス

リアルワインガイド26号にて高評価される!


ワイナート55号にて’06が絶賛される!

’02’06を当店のお客様に絶賛いただきました!

年間生産量:約1440本

ビーズさんのサヴィニ白はいつも出来がよく、適度な厚みとアフターの心地よさがあります。1級はさらに複雑で、価格を考えるとコルトンシャルルマーニュよりお買い得に感じるほどです






シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ブラン・レ・シャンプラン’09(辛口白)

税別¥2300

<売り切れ>おすすめ!

ゴーミヨ誌15/20点

「2011.9月初旬に試飲しました。ちょっとややこしいのですが、シモン・ビーズさんのブルゴーニュ・ブランは現在(’09の場合)4種類あり『ブルゴーニュ・シャルドネ』、『ブルゴーニュ・ペリエール』、『ブルゴーニュ・シャンプラン・ピノブーロ(ピノブーロ100%)』、『ブルゴーニュ・シャンプラン(シャルドネ100%)』、となっております。今回はペリエール以外の3種類を飲み比べてこの銘柄が一番気に入ったので買いました。香りも味わいも熟度が高く、ややアロマティックで果実味豊かで程よい厚みがあり、よいバランス。飲み頃NOW〜。なかなかお買い得な白だと感じました」

シャルドネ100%

アルコール12.5%





シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ペリエール’09

税別¥2700

<売り切れ>

バーガウンド・コム 88点!

ゴーミヨ誌15/20点

MVF(旧クラスマン)2012年度版14.5/20グラス

リアルワインガイド34、33号にて高評価される!(飲み頃NOW〜)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

60本完売!ありがとうございました




シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ヴェルジュレス・ルージュ’09

税別¥6000

<売り切れ>おすすめ!

※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 92〜94点!

デカンター誌17.5/20点!(2014〜2022年)

リアルワインガイド34、33号にて絶賛される!

はずさないサヴィニ村最高の1級畑のひとつ!

「2011.9月初旬に試飲しました。サヴィニ・レ・ブルジョ’09と飲み比べましたが、ブルジョが飲み頃NOW〜でエレガントでバランスよく心地よいが、コクとアフターはあと1歩なのに対して、このオー・ヴェルジュレス’09は格が2つくらい上がった印象で、まだ固くタンニンも溶け込みきっていないものの、味わいの複雑性、コクとエキス感、ポテンシャルが大分上。飲み頃は2014.冬〜くらいだろうか?数年後にうまみが表現されれば、かなりのレベルとなりそう。比較的早熟なワインが多い’09の中では、酸が低すぎず骨格があり熟成も可能」



シモン・ビーズ、ラトリシエール・シャンベルタン’09

税別¥23000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。再入荷不可能!
’13を買うと税別¥31,000となります。

バーガウンド・コム 92〜95点!

リアルワインガイド34、33号にて大絶賛される!

1995年に所得した特級畑、東向きの畑

『 ファーストヴィンテージは1995。この畑を購入した投資家グループのご指名を受けてパトリックがラトリシエールという文字通り畑違いの畑を担当することになる。この地主グループには毎年生産量の1/3が地代として支払われる。なのでビーズのラベルをつけて出荷される量は少ない。2003年は生産量が激減した年で、生産量900本。そのうちビーズのラベルがつくのが600本。うち100本は私の胃に収まる。なんちゃって。99年、コート・ド・ニュイの友人達が「パトリック、やっとおまえもニュイのワインが造れるようになったな。」といわれて以来、パトリックはコート・ド・ボーヌだけではなく、コート・ドールを代表する生産者となる。 (ブルゴーニュ生活、シモン・ビーズHPより) 』






 

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌ・レ・ブルジョ’08(750ml)

特別価格・税別¥3600

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー86〜87点(David Schildknecht、2010〜2017年

2010.10月札幌試飲会でもっとも人気の高かった銘柄のひとつ!

リアルワインガイド30号にて高評価される!

’06から18%も値下がり!

68本完売!ありがとうございました〜※近日さらに再入荷予定!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2010.10月に試飲しました。非常に明るいルビー色。’05とは違い、なんの問題もなく完全に飲み頃NOW〜!’08とは思われないほど丸く低い酸のおかげで非常にやわらかく、うまみたっぷりの癒し系の味わい。モンティーユのヴォルネイ1級ミタン’00を連想させるスタイルで、非常によく溶け込んだタンニン。キレイな赤い実の果実、紅茶ミネラル主体のよい香り。熟成香はさすがにまだありませんが、味わいは数年熟成したかのような(もちろんコンディション抜群でピュア&エレガントです)やさしさとまとまりがあり、うまみもすでに充分表現されている。アメリカなどのピノと違って酸の低さがアフターのクドさや単調さにはつながらない。寝かす必要のないワイン」

アルコール13%

 

 

’07は、雨が多かった年なので、かなり厳しい選別を行ったそうです

 

シモン・ビーズ、ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ペリエール’07

税別¥2800

<売り切れ>

36本完売。ありがとうございました

’06から約19%値下がり!

’05と違ってリリース直後から楽しめそうです

オートコートドボーヌを名乗れる畑。例年、果実味、タンニンともにしっかりして数年の熟成も可能

 

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ゲット’07

税別¥5600

<売り切れ>

スペクテーター90点(2013〜2022年)

MVF(旧クラスマン)2010年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2010年度版17/20点

サヴィニ村の1級畑の中でオー・ヴェルジュレス、マルコネに次いで評価の高いクリマ

丘の上方に位置する畑にしてはめずらしく粘土質の土壌

 

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・フルノー’07

税別¥5600

<売り切れ>

スペクテーター89点(2012〜2020年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2010年度版14/20点

例年、肉付と凝縮感があり熟成も可能

「ヴェルジュレスの斜面からアロースへ下りる斜面の中腹にある畑。サヴィニーの中では最もアロース的な要素を兼ね備えたタイプ。つまりやや動物的なのである。若いうちから自分を主張するタイプであると同時に息が長い。女性ファンが多い。(ビーズさんのHPより)」

年間生産量約4200本

1級畑ラヴィエールとヴェルジュレスに隣接する区画

 

シモン・ビーズ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・オー・ヴェルジュレス・ルージュ’07

税別¥6300

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(David Schildknecht

スペクテーター90点(2013〜2021年)

ワイン王国59号『 ブルゴーニュの女神たち30本 』にて高評価される!

バーガウンド・コム 90〜92点

ジャシス・ロビンソン16.5+/20点

MVF(旧クラスマン)2010年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2010年度版17/20点

36本完売。ありがとうございました〜※再入荷不可能!

「2010.12月末に飲みました。大体予想通りの熟成の仕方で、閉じずに色気とうまみが増した印象。縁がピンクがかったやや明るいルビー色。色気の出てきた艶のある赤い実の果実と紅茶ミネラルが混ざり合った抜群によい香り!ほのかに甘いアタック〜ごくわずかに低めの酸、非常によく溶け込んだタンニン、かなり豊富なうまみ成分、長めの非常に心地よいミネラルの多く残るアフター。樽は控えめですでにほぼ完全に溶け込んでいる。現在、充分に飲み頃で、熟成のスピード自体はやや早いと思われる。ヴォルネイやモンテリー好きのお客様にもおすすめしたい(ミネラルの質がちょっと違うが、シャンボール好きの方にもおいしいと言ってもらえそう)。地鶏に塩胡椒、もしくはブリー・ド・モーあたりと相性がよさそう。抜栓の次の日も非常においしい。さらにうまみが増した」

「2009.10月に試飲しました。サヴィニ1級としては高価だと思われるでしょうが、満足度は価格以上のもの!艶のある赤い実の果実、花、ミネラル、すでに溶け込んだ樽などの甘く華やかな非常によい香り。ほのかな甘さのあるアタック〜極めてエレガントでピュア、かなりの量のうまみを秘めており、現時点では大体50〜60%のうまみしか表現されていない(体感できない)だろうか?アフターも雑味ゼロでほのかに甘く長め。傑出したよい出来!同時に飲み比べたプスドールのヴォルネイ1級カイユレ60ウーヴレ’07などよりも高品質」

アルコール13.5%

’08からINAOの決定事項により、オー・ヴェルジュレスとタルメットという2つのACに分かれるそうです

 

リアルワインガイド26号にて高評価される!




 Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
  wine-ito@green.ocn.ne.jp