ルフレーヴ、ラモネ、ルイカリヨン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文

HPに載せているワインアは当店のワインの一部です。

載っていないワインはメールか掲示板でお問い合わせください。  

 

 


デカンター誌2006年7月号にて世界最優秀白ワイン生産者に、アンヌ・クロード・ルフレーヴが選ばれました!


2015/11/7(土)アップ〜蔵出しオリヴィエ・ルフレーヴ’13

2015/2/28(土)アップ〜蔵出しオリヴィエ・ルフレーヴ’12



 




2008年から、一部を有機農法に、より高級なワインのパーセルのいくつかはビオディナミー農法に転換!




オリヴィエ・ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェ’13

特価・税別¥6500

<売り切れ>絶対おすすめ!

スぺクテーター90点(2017〜2024年)

バーガウンド・コム 88点

Wine&Sprits誌 89点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15/20点

2015.10月中旬に試飲した当店社長が、抜群においしかった&明らかに価格以上の内容と言っています!




オリヴィエ・ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・ピュセル’12

税別¥13000

<売り切れ>おすすめ!

超限定品!※再入荷不可能!

パーカー90点(ワイン・アドヴォケイト210号)

スぺクテーター90点(2015〜2023年)

Wine Enthusiast 94点!(2018〜)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版18/20点

冷やしすぎないほうが遥かにおいしい!

「2015.2月下旬に飲みました。昔より品質が上がっていることに期待して買ってみました。DIAMコルク。うっすら緑がかったやや濃いイエロー。レモン、ビスケット、ナッツ、バタートースト、洋ナシ、蜜、パイナップル、ミネラルなどのとてもよい香り。アタックにはほのかな甘みがあり、基本的に繊細な個性だが、’12はいつもより果実味豊かでわかりやすかもあるということなんだと思う。酸はキレキレではないが、低いまではいかない(甘みに勝るほどキレてはいないという感じです)。アフターに残るミネラルの量はそこまで多くないのでビオディナミの成果はまだ味わいに大きく反映されていないと思うが、エキス感や厚みに優れ、まだ価格以上の品質と言える。2〜3年後に樽が溶け込んで、うまみと色気が増したらすごそう。シャルドネ・グラスよりも、ブルゴーニュ・グラスでスワリングしない方がよいと思う。抜栓の2日後まで非常においしいが、やはりまだ樽は溶け込みきらなかった」

アルコール13.5%

’08 ゴーミヨ誌18/20点




オリヴィエ・ルフレーヴ、バタール・モンラッシェ’12

税別¥29500

<あと4本>超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー91点(ワイン・アドヴォケイト210号)

スぺクテーター94点!(2016〜2027年)

Wine Enthusiast 95点!!!(2019〜)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版19/20点

’11 ゴーミヨ誌17/20点


『 ピュリニー・モンラッシェ最高の造り手の1つであるドメーヌ・ルフレーヴの名声を築き上げた、故ヴァンサン・ルフレーヴ。その親族である、オリヴィエ・ルフレーヴ氏が設立したピュリニー・モンラッシェの優良生産者がオリヴィエ・ルフレーヴです。

彼らの魅力と言えば、コート・ド・ボーヌ地区はもちろん、シャブリにいたるまで1級畑や特級畑も数多くリリースしているそのラインナップの豊かさと、ヴィンテージに左右されない安定したクオリティ。 ブルゴーニュ至高の技術を持って最高の原料を見極めた上で、『村』や『地域』の味わいを表現することを大切にしています。

オリヴィエ・ルフレーヴの美味しさの秘訣は、ブルゴーニュ最高の造り手であるドメーヌ・ルフレーヴのノウハウを最大限に生かしてワイン造りを行っていることと、ネゴシアンとして最高クラスのブドウを購入していることが挙げられます。

ブドウを買うと言っても、ただ単に契約農家からブドウを闇雲に購入している訳ではなく、 信頼のおける農家からブドウを仕入れています。 しかも、特筆すべきはオリヴィエ・ルフレーヴ氏自ら、契約している畑に出向き、栽培方法や収穫日まで指定、自社所有の畑と変わらない方法で育てたブドウを収穫時に購入している点。さらに、それぞれの『村』や『畑』の味わいを表現するために、瓶づめの直前にワインをブレンドするというポリシーも忘れてはいけません。

このような数々のこだわりにより、安定した美味しいワインを生み出しているのです。 使用しているブドウが自社のもの、契約農家のものに関わらず、手掛けているワインはどれも同じラベルで、全て平等にリリースするのもこの自信の表れです。 安定した高品質を保ち、なおリーズナブルな価格を維持できるのはオリヴィエ・ルフレーヴ以外には成し得ないことでしょう。 (輸入元資料より) 』


蔵出し正規品コシュ・デュリ

蔵出し正規品は、超入手難!

 


リリース毎に争奪戦が繰り返されるムルソーの魔術師!

ワインの元詰はドメーヌ設立時から始めているが、商習慣で今でも樽の1/3をネゴシアンに売却している。


2018/5/3(木)アップ〜蔵出し正規品ラモネ’16

2017/11/18(土)アップ〜蔵出し正規品ラモネ’15

2016/12/31(土)アップ〜蔵出し正規品ラモネ’14赤白


※全商品すべての値引き対象外となります。

 

 





ラモネはすべての値引き対象外となります。

やっと少量分けてもらえました〜!!!全種類再入荷不可能!

100%ヴァンパッション輸入の蔵出し正規品です!




ラモネ、ブルゴーニュ・アリゴテ’16

特価・税別¥4300

<あと1本>限定品!




ラモネ、ブルゴーニュ・パストゥグラン’16(辛口赤)

超特価・税別¥2800

<あと16本>限定品!





ラモネ、ブルゴーニュ・アリゴテ’15

特価・税別¥4000

<売り切れ>限定品!

スペクテーター・オンライン88点(NOW)




ラモネ、ブルゴーニュ・パストゥグラン’15(辛口赤)

超特価・税別¥2600

<売り切れ>おすすめ!
限定品!

24本完売。ありがとうございました

「2017.11月中旬に飲みました。NOMA-Select Green300 コルク。(サステーナブルでカーボン・ゼロ。15年程度の熟成にも耐えるブショネがほぼないコルク。)縁だけではなく中心までうっすら紫がかったやや明るいルビー色。トップノーズだけ松脂っぽい還元香が癖あり、あまり期待できないかな、、、という印象を持ったが、口に含むと非常においしいし、戻り香はバナナの皮、少しオレンジ、わずかにカラメルなどの心地よいもの。ジューシーでほのかに甘く、同時に酸が低くないので、いい感じに甘酸っぱい絶妙バランス。酸の質が良く、程よいうまみ、溶け込んだタンニン。アフターはうまみと甘酸っぱさが広がる心地よさ。これ以上酸が強いと今度は単に『 酸っぱい 』と感じる方が増えてきそうな気がする。低めの温度で飲み飽きずに楽しめる、期待以上の内容でした。抜栓の次の日も非常においしい。わずかにコクが増した。抜栓の2日後もさらに向上。明らかにうまみ増した!高価でまだガチガチに固いブルゴーニュ(閉じているシャンボール¥8000とか笑)を開けるよりもこれのほうが遥かにおいしいと言える」

アルコール12.5%

パストゥーグランは、元々バルクでネゴシアンに売っていたものを、3つ星レストラン「アランシャペル」が目を付け、グラスワイン用としてラモネに元詰めを依頼したのが最初です。その後、アランシャペルでの使用が終わった際に、全量輸入に成功したもの。全世界で日本1社だけの取扱い!





ラモネ、ブーズロン・アリゴテ’14

税別¥4500

<売り切れ>限定品!




ラモネ、ピュリニーモンラッシェ’14

税別¥10000

<売り切れ>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

バーガウンド・コム 89点(Outstanding!)

スペクテーター92点(NOW〜2022年)


あまり知られていないが、実はピュリニーにも少量ではあるが区画を所有している。




Domaine Ramonet, Chassagne Montrachet 1er Cru Morgeot Blanc '14

ラモネ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョ・ブラン’14

税別¥14500

<売り切れ>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。




ラモネ、シャサーニュモンラッシェ・ルージュ’14(辛口赤)

超特価・税別¥5900

<売り切れ>限定品!

スペクテーター89点(NOW〜2022年)

1級畑ブードリオットの斜面下部に位置し、ふくよかな石灰粘土質土壌で、果実味豊富でかつエレガントな酸味をもつピノ・ノワールを産する。




Domaine Ramonet, Chassagne Montrachet 1er Cru Morgeot Rouge '14

ラモネ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョ・ルージュ’14(辛口赤)

超特価・税別¥8200

<売り切れ>超限定品!









ラモネ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョ・ブラン’13

税別¥12000

<売り切れ>超限定品!

スぺクテーター92点(2017〜2024年)

インターナショナルワインセラー90点


『 斜面中部から下部に位置する粘土の厚いプルミエ・クリュ。同じシャサーニュ・モンラッシェ村でも斜面上部のピュリニィ・モンラッシェ的なテロワールとは全く異なり、果実味の豊富さが前面に出たワインを生み出す。(輸入元資料より) 』 



ラモネ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・ブードリオット・ブラン’13

税別¥12000

<売り切れ>超限定品!

スぺクテーター90点

『 ややふくよかな果実が出るテロワール。 (輸入元資料より) 』 




ラモネ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・レ・ヴェルジェ・ブラン’13

税別¥12000

<売り切れ>超限定品!

スぺクテーター91点(2017〜2026年)

インターナショナルワインセラー91点


『 シャサーニュでも最もピュリニーに近い村北部に位置し、土壌も石切場の真下というミネラルな土壌。真向いの丘に並行して並ぶル・モンラッシェと同じ標高(225m)のテロワールを持つ。立地条件でわかる通り、ピュリニー・モンラッシェの優れたグラン・クリュに近いスタイルを持つ。発見されるべきお値打ちの1級。 (輸入元資料より) 』 






ラモネ、ブルゴーニュ・アリゴテ’13

特価・税別¥3700

<売り切れ>限定品!

スぺクテーター88点(NOW〜2018年)

『 ネゴシアンに売っていた時代に、そのクオリティの高さに驚嘆した伝説の料理人アラン・シャペル氏が、先代のアンドレ・ラモネ氏に元詰を懇願したことが契機となって販売をはじめたワイン。 (輸入元資料より) 』 




ラモネ、ブーズロン・アリゴテ’13

特価・税別¥4000

<売り切れ>限定品!

スぺクテーター88点(NOW〜2018年)

100%自社畑。’12から初輸入となった新アイテム。詳細は調べ中です。




ラモネ、ブルゴーニュ・パストゥグラン’13(辛口赤)

超特価・税別¥2480

<売り切れ>限定品!

パストゥーグランは、元々バルクでネゴシアンに売っていたものを、3つ星レストラン「アランシャペル」が目を付け、グラスワイン用としてラモネに元詰めを依頼したのが最初です。その後、アランシャペルでの使用が終わった際に、全量輸入に成功したもの。全世界で日本1社だけの取扱い!





ラモネ、ブルゴーニュ・ルージュ’11(辛口赤)

超特別価格・税別¥2790

<売り切れ>限定品!

『 シャサーニュ・モンラッシェ村内にあるACブルゴーニュ。シャサーニュ・モンラッシェ村は石灰岩層が多く占めており、「隠れピノの銘醸地」として、万人に愛されるエレガントでフルーティなピノ・ノワールを産む土壌を有する。(輸入元資料より) 』




ラモネ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョ・ルージュ’11(辛口赤)

クリアランス超特価・税別¥4600



超特別価格・税別¥5800

<売り切れ>限定品!

『 粘土質が多めの区画にはピノノワールを植えて赤のモルジョを醸します。果実味が豊富に出るテロワール。(輸入元資料より) 』





ラモネ、ブーズロン・アリゴテ’11

特別価格・税別¥3000

<売り切れ>限定品!




ラモネ、ピュリニーモンラッシェ・レ・ゾンゼニエール’11

税別¥8500

<売り切れ>限定品!

スぺクテーター90点(NOW〜2020年)

’10 スぺクテーター91点

『 バタールの真下の区画。グランクリュと道を隔てて隣接する秀逸な区画。(輸入元資料より) 』 




ラモネ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョ・ブラン’11

税別¥10500

<売り切れ>超限定品!

’10 スぺクテーター92点

『 斜面中部から下部に位置する粘土の厚いプルミエ・クリュ。同じシャサーニュ・モンラッシェ村でも斜面上部のピュリニィ・モンラッシェ的なテロワールとは全く異なり、果実味の豊富さが前面に出たワインを生み出す。(輸入元資料より) 』 



ラモネ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・レ・リュショット’11

税別¥12500

<売り切れ>超限定品!

最新バーガウンド・コム 93点!!!

『 シャサーニュ・モンラッシェ村の中央斜面上部に位置する1級畑。表土の薄い岩盤に近い畑から、シュバリ・モンラッシェを連想させる気品と威厳を有するワインが産まれる。初代のピエール・ラモネ氏が、ドメーヌ設立後に最初に獲得したフラッグ・シップとも言える畑。(輸入元資料より) 』 




ラモネ、バタール・モンラッシェ’11

税別¥37000

<売り切れ>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。最低でもラモネの他の赤白どれでも1本以上お買い上げいただきましたらお一人様1セットまでOKです。

最新バーガウンド・コム 94点!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版18.5/20点

『 ル・モンラッシェの真下に広がるグランクリュ。コート・ド・ボーヌの華。モンラッシェより幾分重た目の酒質といわれている。(輸入元資料より) 』 

’10 バーガウンド・コム 95点

’10 スぺクテーター91点

’10 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)18.5/20点





気難しく評論家嫌いで、いくつかのワインガイドには名前が出てこない超一流生産者

初代ピエール氏は1994年に他界するまでカーヴに立ち続けた伝説の人物で、そのワイン造りの精神は2代目アンドレ氏、3代目ノエル氏にもそのまま引き継がれている。醸造自体は意外にもシンプル。このドメーヌの名声を支えてきたのは、紛れもなく畑での細やかな作業によって産み出される葡萄の質の高さに尽きる。葡萄樹の生体バランスを失い、樹の寿命を早めるとして夏の摘房を避け、春先の摘芽、摘穂を5〜8芽だけ残すように厳しく行なう。

雹や霜の被害にあって収量が激減しても「その時は仕方ない」と考える。収量よりも、品質を最優先としている証である。このドメーヌでは、ブルゴーニュにありがちな「お家騒動」を避け、また、婚姻や相続などによって畑が分割されてゆくのを防ぐために、ブルゴーニュではいち早く親族で会社組織にした。これにより、後世努力を怠ることがない限り、ドメーヌの名声は約束されるだろう。


2017/2/26(日)アップ〜蔵出し特価ポール・カリヨン’14(ラック)

2016/9/16(金)アップ〜蔵出しフランソワ・カリヨン’13ブルゴーニュ・ブラン

2016/9/2(金)アップ〜蔵出しフランソワ・カリヨン’14(フィラディス)

2015/11/10(火)アップ〜<※2本限定!>蔵出しフランソワ・カリヨン’13シュヴァリエ・モンラッシェ

2015/10/9(金)アップ〜蔵出しフランソワ・カリヨン’13

リアルワインガイド31号などで高評価される!




↑これがポール・カリヨンラベルです。





’10から上記ラベルにデザイン変更がありました


※上が’05の画像です。




ルイ・カリヨンといえば、ルフレーヴやソゼと並ぶピュリニー・モンラッシェ屈指の造り手。ブドウ栽培農家としての歴史は1632年まで遡るという、由緒正しき家柄である。
先代ルイの引退に伴い、2010年にドメーヌは兄弟ふたりの間で分割され、次男のフランソワが起こしたドメーヌがフランソワ・カリヨン。
(その後、フランソワは畑を買い付け、現在では13.2haの所有畑になるまでドメーヌを拡大し、それに見合った醸造スペースを元々のドメーヌに隣接する建物に確保する事に成功。改築、増床工事をおこなった。)
ワインを寝かせておくカーヴは曽祖父が使っていたもので、1520年に掘られたカーヴだ。





1988年から父を手伝い、醸造を担当する兄ジャックの傍ら、おもにブドウ栽培に専念していたフランソワは、次第にビオロジック栽培へと傾倒。現在、自身のドメーヌのブドウ畑では除草剤を一切使用せず、トラクター、また場所によっては馬を使って土を鋤き返している。 (輸入元資料より)



フランソワ・カリヨンの後を継ぐ息子ポール

ドメーヌ・ポール・カリヨンとは、実質的にピュリニー・モンラッシェのドメーヌ・フランソワ・カリヨンである。遺産相続の関係でドメーヌ名を息子のポールに変更しただけで、所有畑もワイン造りも従来となんら変わりはない。

フランソワ・カリヨンのルーツは1520年にまで遡り、フランソワが15代目、ポールが16代目となる。先代のルイ・カリヨンはルフレーヴやエティエンヌ・ソゼと並ぶ、ピュリニー・モンラッシェの銘醸家。フランソワは1988年にドメーヌ入りし、おもに醸造を担当する兄のジャックに対してブドウ栽培に従事し、父のドメーヌを盛り立てた。父のルイが引退した2010年に独立し、ドメーヌ・フランソワ・カリヨンが誕生。そして、2014年ヴィンテージ以降はドメーヌ・ポール・カリヨンとしてワインがリリースされるというわけだ。

所有している畑も、ピュリニー・モンラッシェ1級のフォラティエール、コンベット、ペリエール、シャン・ガン、特級のシュヴァリエ・モンラッシェと素晴らしいクリマばかり。

すでにルイ・カリヨン時代から環境に負荷をかけないブドウ栽培に傾倒していたフランソワは、自身のドメーヌでビオロジックを実践。除草剤の使用を止め、トラクターの入れない場所では馬を使って耕作している。

白ワインの醸造は、手摘みされたブドウを小樽で醸造。アルコール発酵、マロラクティック発酵の期間も含め、ワインが樽に入っている期間は丸1年。クリマによって新樽比率を調整する。その後、タンクに移して6ヶ月寝かせた後、瓶詰めとなる。

充実した果実味とともにテンションの感じられる、気品があり、洗練された造り。ポールもまた、偉大な父が確立したスタイルを継承し続けるだろう。
(輸入元最新資料より)




※ポール・カリヨンラベルは(中身はフランソワ・カリヨンとまったく同じ)
100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品
フランソワ・カリヨンラベルは、フィラディス輸入の蔵出し正規品




ポール・カリヨン(フランソワ・カリヨン)、ブルゴーニュ・ブラン’14

特価・税別¥2700

<売り切れ>

バーガウンド・コム 85〜88点

値下がり!




ポール・カリヨン(フランソワ・カリヨン)、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・シャンガン’14

特価・税別¥9400

<売り切れ>限定品!

最新インターナショナルワインセラー91+点(2020〜2027年)

インターナショナルワインセラー90〜92点

バーガウンド・コム 89〜92点


ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 18/20点!!!

MVF(旧クラスマン)2017年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点




ポール・カリヨン(フランソワ・カリヨン)、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・ペリエール’14

特価・税別¥11800

<あと7本>超限定品!

最新インターナショナルワインセラー92+点!(2021〜2028年)

インターナショナルワインセラー91〜93点

バーガウンド・コム 90〜92点


ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 17/20点!

MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点




ポール・カリヨン(フランソワ・カリヨン)、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・コンベット’14

特価・税別¥11800

<あと4本>限定品!

インターナショナルワインセラー90〜92点

バーガウンド・コム 90〜92点


MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点

この畑の’13’08は圧巻でした!

’14は生産者自身の自信作とのことです!






フランソワ・カリヨン、ブルゴーニュ・ブラン’14

税別¥3370

<売り切れ>

バーガウンド・コム 85〜88点

全然値上がりしていない銘柄




フランソワ・カリヨン、ピュリニーモンラッシェ’14

税別¥7800

<あと4本>限定品!

最新インターナショナルワインセラー90点(2019〜2025年)

インターナショナルワインセラー89〜91点

バーガウンド・コム 89〜91点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2017年度版16/20グラス

’13の時でバリック12ヶ月熟成

ピュリニーの複数の区画のブドウが織りなす美しきヴィラージュ。黄色い果実や花が溢れる生き生きとした香り。力強い果実と確かな酸が織りなす肉感的な味わい。クリーンな果実や塩っぽさのあるミネラルがクリーミーなフィニッシュに溶け込んでいる。




フランソワ・カリヨン、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・コンベット’14

税別¥14500

<売り切れ>限定品!

インターナショナルワインセラー90〜92点

バーガウンド・コム 90〜92点


MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点

この畑の’13’08は圧巻でした!

’14は生産者自身の自信作とのことです!








フランソワ・カリヨン、シュヴァリエ・モンラッシェ’13

税別¥58000

<あと2本>幻の超限定品!

パーカー95〜97点!(2018〜2035年、ワイン・アドヴォケイト216号)

インターナショナルワインセラー91〜94点

バーガウンド・コム 91〜94点


MVF(旧クラスマン)2016年度版17.5/20グラス

初入荷!

バリック18ヶ月熟成

新に取得したわずか1a(アール)の畑!

生産量はわずか1樽。カリヨン家によるピュリニーの新たなグランクリュは、ブルゴーニュ評論の権威クライヴ・コーツが「バタール、ビアンヴニュ、クリオよりも素晴らしい」と評するシュヴァリエ・モンラッシェ。ル・モンラッシェの斜面上部という海抜の高いロケーションそして痩せた土壌を反映し、深みとエレガンスに富むブルゴーニュの寡黙なグランヴァン。 (輸入元資料より)




フランソワ・カリヨン、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・フォラティエール’13

税別¥12500

<売り切れ>超限定品!

パーカー91〜93点(2017〜2030年、ワイン・アドヴォケイト216号)

最新インターナショナルワインセラー89点

インターナショナルワインセラー89〜92点

バーガウンド・コム 90〜92点


ブルゴーニュ・オージョルディー17.5/20点!

MVF(旧クラスマン)2016年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16/20点

ジャスパー・モリスがコンベットやカイユレと同じく『別格1級畑』と評価するプルミエクリュ。ピュリニーの斜面中腹、シュヴァリエ・モンラッシェと同程度の標高に位置する。完熟した桃を思わせる果実の中に石っぽさや塩味を備えたミネラリーな香り。十分なエネルギーとフレッシュさを備えた味わいは非常に熟していてパワフル。長く堅固なフィニッシュにも強さが感じられる。 (輸入元資料より)




フランソワ・カリヨン、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・コンベット’13

特価・税別¥12500

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!

パーカー91〜93点(2017〜2030年、ワイン・アドヴォケイト216号)

最新インターナショナルワインセラー91点

インターナショナルワインセラー90〜92点

バーガウンド・コム 90〜93点


MVF(旧クラスマン)2016年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16.5/20点

固いが、ソゼ’13コンベットよりは早くからおいしくなります

「2015.9月中旬に試飲しました。あくまでみずみずしく繊細でありながらも同時に飲み比べた1級シャンガン’13よりも少し厚みと余韻があり、グランクリュ・クラスの満足度があるとてもよい出来!温度は当然冷やし過ぎない方がおいしい」

ルイ・カリヨンから受け継いだプルミエクリュの筆頭であり、ジャスパー・モリスが『 別格1級畑 』と評価する畑。ピュリニーの斜面中腹にあり、ムルソーのペリエールとシャルムに隣接する。シトラスや黄桃のアロマにスパイシーなオークのニュアンス。ムルソーを思わせるリッチさの中に、ピュリニーの確固とした品の良さと洗練を備えている。 (輸入元資料より)




フランソワ・カリヨン、ブルゴーニュ・ブラン’13

税別¥3000

<売り切れ>おすすめ!

パーカー86〜88点(2015〜2019年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト216号)

バーガウンド・コム 86点


「2016.9月上旬に試飲しました。酒質は中の上くらいでやや価格以上のもの、スタイルがピュリニー系の細身で美しくミネラルのあるタイプで、当然樽は非常に控えめでみずみずしくピュアでのどが乾かないワイン」




フランソワ・カリヨン、ブルゴーニュ・ブラン’12

税別¥3100

<売り切れ>おすすめ!

限定品!

バーガウンド・コム 85〜87点

MVF(旧クラスマン)2015年度版15/20グラス

「2014.8月末に飲みました。ルイ・カリヨンらしいキレイな酸とミネラルが上位ピュリニー1級等と同じスタイル。小柄で早熟になっただけという印象の飲み頃NOW〜。ややキレのある酸、みずみずしく、キレイでミネラリーな味わい。リンゴとミネラルの香り主体。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%

『 ピュリニー村にある区画のブドウを使用した贅沢なドメーヌの入門ワイン。ナシやアプリコット、白い花を思わせる凝縮した瑞々しい果実。このクラスでは考えられないくらいゴージャスかつ品格に溢れる味わいに、数世紀に渡ってピュリニーに根差すカリヨン家の力量が感じられる。 (輸入元資料より) 』




フランソワ・カリヨン、サントーバンプルミエクリュ・ブラン’12

税別¥5000

<売り切れ>限定品!

『 シャサーニュ・モンラッシェのコミューンに隣接する東向き斜面の上部に位置するル・シャルモワと、下部に位置するラ・コンブ(レ・ピタンジュレ)の2区画をブレンド。瑞々しいシトラスや洋ナシ、オレンジの花の洗練された香りにふくよかさを与える蜜っぽさやスモーキーなニュアンス。それに続く密な果実とシャープな酸を備えた味わいも美しい。 (輸入元資料より) 』




フランソワ・カリヨン、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・ペリエール’12

特価・税別¥12700

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!

最新パーカー93点!(2017〜2038年、ワイン・アドヴォケイト219号)

パーカー89点(ワイン・アドヴォケイト210号)

バーガウンド・コム 90〜93点

MVF(旧クラスマン)2015年度版16.5/20グラス

「2017.6月上旬に試飲しました。」

『 コンベット、ルフェール、クロ・ド・ラ・ムシェールというピュリニーの著名畑に囲まれたプルミエクリュ。樹齢の異なる2区画をブレンド。高樹齢のブドウはエキスが凝縮した小さな実をつける。最高樹齢は50年以上。グラスから爆発的に広がる香りは黄桃、白い花、スモーク、石っぽいミネラルなど、様々な表情を見せる。幾重にも層を成し口蓋を満たす躍動感ある果実。長くピュアなフィニッシュまで終始一貫活力に溢れている。 (輸入元資料より) 』





フランソワ・カリヨン、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・フォラティエール’11

超特価・税別¥10400

<売り切れ>限定品!

Antonio Galloni(VINOUS) 93点!(2015+)

スぺクテーター92点(NOW〜2018年)

最新インターナショナルワインセラー91+?点


バーガウンド・コム 89〜92点

MVF(旧クラスマン)2014年度版17.5/20点


 

『 試飲はすべて2008年。’07よりわずかに厚みのあるスタイル。’07より収穫量15%ダウン。やはり繊細で上品、美しいスタイルでした。コンベットは意外にも比較的早くから楽しめるスタイル。それでもシャン・カネとペリエールは骨格と力強さがあり、ビアンヴィニュ・バタールはさらにすべての要素が充実した素晴らしい内容でした!赤も結構造っていますが、現時点では白の方が明確な個性があり上質。なお、シャンカネとコンベットはムルソーとの境界線近くにある畑。(2009.10月当店ドメーヌ訪問時) 』

 

 

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

古樹、低収量、かなり低い新樽比率

美しく、みずみずしいスタイル

『 5つのプルミエ・クリュは、豊かさのなかにも酸、ミネラルなどの構成要素が緊密感をもってバランスする、ピュリニーというアペラシオンの特徴がよく感じられるワインで、さらにクリマ毎のテロワールがくっきりと体現されている。ほとんど球体に等しいビアンヴニュ=バタール=モンラッシェは、グラン・クリュであるテロワールの高みを如実に実感できる別格のワイン。これらは若くしても美味なため早飲みされてしまいがちだが、10年前後を経ると継ぎ目のない一体感に陰影に富んだふくらみが備わり、カリヨンの只者ではない力量が感じられるネクターに昇華する。

いまやピュリニー最上のドメーヌとして評価もうなぎ上りで、それに比例してワインの入手も困難を極めるようになってしまったカリヨンだが、ピュリニーの真髄に触れたい向きはぜひとも探し出したいつくり手である。  (輸入元資料より) 』

 

設立はなんと1632年!古樹、低収量、化学薬品は避け、ボルドー液のみ使用、野生酵母のみ使用、酸を重視した繊細でフィネスがあるタイプ。グランクリュと1級の発酵はすべて小樽、新樽比率は1級で多くても20%。2000年にはセラーの設備を一新し、さらに充実!

『 5つのプルミエ・クリュは、豊かさのなかにも酸、ミネラルなどの構成要素が緊密感をもってバランスする、ピュリニーというアペラシオンの特徴がよく感じられるワインで、さらにクリマ毎のテロワールがくっきりと体現されている。ほとんど球体に等しいビアンヴニュ=バタール=モンラッシェは、グラン・クリュであるテロワールの高みを如実に実感できる別格のワイン。これらは若くしても美味なため早飲みされてしまいがちだが、10年前後を経ると継ぎ目のない一体感に陰影に富んだふくらみが備わり、カリヨンの只者ではない力量が感じられるネクターに昇華する。

〜いまやピュリニー最上のドメーヌとして評価もうなぎ上りで、それに比例してワインの入手も困難を極めるようになってしまったカリヨンだが、ピュリニーの真髄に触れたい向きはぜひとも探し出したいつくり手である。  (輸入元資料より) 』

 


2018/1/14(日)アップ〜蔵出しルフレーヴ’14マコン・ヴェルゼ

2017/9/7(水)アップ〜蔵出しルフレーヴ’15シュヴァリエ、ピュセルなど

2017/7/5(水)アップ〜蔵出しルフレーヴ’15オークセイデュレス

2017/5/7(日)アップ〜蔵出しルフレーヴ’13バタールなど

2017/3/3(金)アップ〜蔵出しルフレーヴ’14

’14が、リアルワインガイド56号にて絶賛される!

2015/10/8(木)アップ〜蔵出しルフレーヴ’13’08

’13が、リアルワインガイド52号にて絶賛される!


※ルフレーヴ全ヴィンテージは全ての値引き対象外となります。





 

 





 






2015年収穫直前のブドウ畑画像




’12くらいからマコン・ヴェルゼやアソシエを除く、ドメーヌもののブルゴーニュ・ブランからすべてのボトルのキャップシールにICチップ的なものがついております。(ジョルジュ・ルーミエの一部のグランクリュやコント・ラフォン、デュジャック’13、ドメーヌ・ルロワ’13なども同じ)

昔ながらのワイン愛好家の方に多いのですが、思いっきりキャップシールを回されてしまうと下記の画像のように破れますのでご注意お願い致します。

2015.6.17 当店セラー内で見つけたボトル、、、








マダムが亡くなってしまったからというもの、ラックさんの在庫が一瞬で消えて、当店在庫もかなり減りました

ほぼ毎年ずっと買っていたのでたくさん分けてもらえました。

’13’14の評価もすごいです!

’13’14を含むピュリニー村のすべての銘柄が、
すでに再入荷不可能です!!!








94年以降はアンヌ・クロード・ルフレーヴが一人でドメーヌの経営にあたっていたが、残念ながら2015年に他界。

その偉大な功績の跡を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。彼はオリヴィエ・ルフレーヴの兄妹の子供で、つまり、オリヴィエや、亡くなったアンヌ ・クロードの甥という事になる。教師からヴィニュロンに転向したアンヌ・クロードのように、彼もまた別の-畑-から転向してきた。元はインダストリー分野で 起業し、世界各国に居を置きつつ事業を拡大してきた。3000人を超える従業員を持つ経営者からのドメーヌ参画は異色である。



LEFLAIVE 2015年ヴィンテージレポート

今年はブドウが例外的に早く熟した。収穫は8/28に開始。8月の収穫はピュリニーでは3回目、そしてルフレーヴの歴史では2番目に早い収穫である。(2011年は8/25開始、2003年は8/31開始)

6月初め、好天の下、順調に開花する。月の中旬には雨にも助けられ、ブドウは急激に成長する。24日間も続く厳しい耐え難い7月の暑さは日中の間も気温摂氏30度を超し、35〜36度までになることもしばしばだった。
8月初めにピュリニーに降った雨は再びブドウの成熟を促すきっかけとなる。マコンでは雨の恩恵は受けられず、ピュリニーよりやや肉付きが少なかったものの、両方の畑は美しく、衛生的で素晴らしい状態となった。その後の天候も、果熟をいっそう早めるものだった。

ドメーヌは70人を超す収穫チームと12名ほどのカーヴのスタッフが対応できたおかげで何の落ち度もなく、この早い収穫に十分に備えることが出来た。収穫は、最初の3日間は猛暑だった。その後、最初は厳しい暑さを予報されていたが、弱めの嵐と雨のおかげで少し涼しい中で行うことが出来た。

ピュリニーでの総収量はこの過去3年に比べると増えている。夏の暑さと春の雨の少なさのため、1級と特級の収量はやや限られてしまったが、一方で丘の下部の畑は十分な収量を確保することが出来た。マコンでは収量は少し減ってしまった。基本的にこの地域では春にピュリニーほど雨の恩恵を受けなかった為である。ブドウの衛生状態は率直に言って、例外的に素晴らしく、ボトリティスやウドンコ病、ベト病の兆候は少しも見られなかった。果熟は大成功で、8月終わりに再び成熟が進んだおかげで、ちょうど良い糖度、そして尊敬に値するほどの酸を得ることが出来た。

全ての要素が、2015年をグレートヴィンテージにするものとなったのだ。




ドメーヌ・ルフレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’15

税別¥7000

<あと17本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

最新パーカー89点(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト235号)

パーカー85〜87点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 86〜88点

スペクテーター88〜91点(バレル試飲)


デカンター・オンライン89点(2018〜2021年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版14.5/20点

『 アペラシオンこそブルゴーニュだが、その区画はピュリニーの集落にあり、村名ピュリニー・モンラッシェを名乗っても不思議ではないほど。実際のところ村名並みの手をかけ醸造されたワインは、凡百なブルゴーニュ・ブランではあり得ない、果実の凝縮度とアフターのミネラルをもつ。(輸入元資料より) 』




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェ’15

税別¥13000

<あと5本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

デカンター・オンライン91点(2018〜2030年)

最新パーカー91点(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト235号)

パーカー88〜90点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 89〜91点(Outstanding!)

最新インターナショナルワインセラー90点

インターナショナルワインセラー87〜89点

最新スペクテーター91点(NOW〜2022年)

スペクテーター90〜93点(バレル試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

『 ピュリニらしい酸と果実味が素晴らしい。果実の香りにわずかな樽香とスパイス香が加わり、複雑な印象。程よく凝縮された果実味と上質で豊かな酸が心地良い。(輸入元資料より) 』




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・クラヴォワヨン’15

税別¥18200

<あと21本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!

ワイン王国101号 あなたの知らないブルゴーニュ57本にて取り上げられる!

デカンター・オンライン91点(2018〜2035年)

最新パーカー91+点(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト235号)

パーカー89〜91点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 90〜92点(Outstanding!)

最新インターナショナルワインセラー90点

インターナショナルワインセラー90〜93点

最新スペクテーター93点!(2019〜2025年)

スペクテーター90〜93点(バレル試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

実は一番人気の銘柄!

「2017.9月下旬に試飲しました。」

『 クラヴォワイヨンは、総面積5.6haのうち85%に相当する4.8haをルフレーヴが所有。カジ・モノポールともいえる1級畑。隣はピュセル、上はフォラティエールという絶好の場所にあるが、表土はやや厚めでこの2つの1級畑と比べるとリッチな性格を帯びる。(輸入元資料より) 』




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・コンベット’15

税別¥22500

<売り切れ>超限定品!

※まさかの割り当て3本のみでした、、、

デカンター・オンライン94点!(2018〜2035年)

パーカー92〜94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 91〜94点(Outstanding!)

最新インターナショナルワインセラー92点

インターナショナルワインセラー91〜93点

最新スペクテーター96点!!!(2020〜2032年)

スペクテーター92〜95点(バレル試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版18/20点

『 最もムルソー寄りにあり、隣はムルソーの1級シャルム・ドゥシュというコンベット。ムルソーの豊満さとピュリニーのエレガンスを融合させたようなワインであり、蜂蜜やナッツの香りとともにフローラルなニュアンスが鼻をくすぐる。(輸入元資料より) 』




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・フォラティエール’15

税別¥22500

<あと3本>超限定品!

※まさかの割り当て6本のみでした、、、

デカンター・オンライン93点(2018〜2035年)

最新パーカー92+点(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト235号)

パーカー90〜92点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 91〜93点(Outstanding!)

最新インターナショナルワインセラー92点

インターナショナルワインセラー90〜92点

最新スペクテーター95点!!!(2020〜2030年)

スペクテーター92〜95点(バレル試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版17.5/20点

『 ピュリニーの1級畑として最大のフォラティエールは、クラヴォワイヨンの上に位置し、その標高はモンラッシェ、シュヴァリエ・モンラッシェにほぼ等しい。ルフレーヴが所有する区画はシュヴァリエとほぼ同じ等高線上にあり、ミネラルのしっかりとしたスタイル。(輸入元資料より) 』




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・ピュセル’15

税別¥29000

<あと7本>超限定品!

デカンター・オンライン95点!(2018〜2045年)

最新パーカー94点(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト235号)

パーカー92〜94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 92〜94点(Outstanding!)

最新インターナショナルワインセラー92+点

インターナショナルワインセラー90〜93点

最新スペクテーター95点!(2020〜2032年)

スペクテーター93〜96点(バレル試飲)


ワイン王国104号 世界のアイコンワイン50本に選ばれる!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点

『 バタールとビアンヴニュ・バタールに接するピュセルはほとんどグラン・クリュに匹敵する1級畑。6.76haのうちルフレーヴがほぼ半分の面積を占める。バタールに隣接しながらリッチネスやパワフルさとは無縁のエレガンスをもち、きれいなミネラル感を備えている。(輸入元資料より) 』




ルフレーヴ、シュヴァリエ・モンラッシェ’15

税別¥74000

<売り切れ>超限定品!

デカンター・オンライン96点(2018〜2050年)

最新パーカー97点!(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト235号)

パーカー94〜96点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 93〜95点!

最新インターナショナルワインセラー95点!!!

インターナショナルワインセラー92〜94点

最新スペクテーター97点!(2020〜2033年)

スペクテーター95〜98点!(バレル試飲)









Domaine Leflaive, Macon Solutre '15

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ソリュトレ’15(辛口白)

税別¥4000

<売り切れ>超限定品!

※再入荷不可能!

スペクテーター91点(NOW〜2021年)

初入荷!AOC上はクリマ名入りマコン・ヴィラージュですが、
実は3.3haのプイィ・ソリュトレを’15は格下げしてリリースしている形のようです。今後、違う形で販売される可能性がある銘柄。詳細が分かり次第、アップできればと思います。




LEFLAIVE et Associes, Auxey-Duresses Blanc '15

ルフレーヴ・エ・アソシエ、オークセイデュレス・ブラン’15

税別¥5000

<あと6本>限定品!

※再入荷不可能!

スペクテーター90点(NOW〜2021年)

’13と同じ価格にできました〜!

リュリー1級と同じく、実際にはルフレーヴが畑の管理から、収穫、醸造〜熟成(ピュリニーのカーヴで)までドメーヌとして行うが、購入ブドウを用いている為、法律上はネゴス・ワインとなる。

100%ビオディナミ








’14は、アンヌ・クロード・ルフレーヴの手掛けた最後のヴィンテージ!
’14からほぼ全銘柄DIAMコルク採用のようです
(’14からケースで買うと入っているドメーヌによる飲み頃予想の紙が、今年の出来についての紙
<ピュリニー北部やムルソーで一部雹被害などあったが、最終的にはミネラルが強く、緊張感のある、それぞれの畑の個性が明確に表現された良い年というような説明>
に変わっていました)

’14もリアルワインガイド56号にて絶賛される!




ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’14

税別¥4000

<あと3本>

スペクテーター92点!(NOW〜2020年)

パーカー90点(ニール・マーティン、
2017〜2024年、ワイン・アドヴォケイト231号)


バーガウンド・コム 88点

インターナショナルワインセラー89点(2016〜2019年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

すでに146本完売!!!




ドメーヌ・ルフレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’14

税別¥6400

<あと9本>超限定品!

15本完売。〜※すでに再入荷不可能!

スペクテーター・オンライン90点(NOW〜2020年)

バーガウンド・コム 86〜89点(Outstanding!)




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・クラヴォワヨン’14

税別¥17000

<あと7本>絶対おすすめ!

超限定品!

スペクテーター94点!(2019〜2028年)

デカンター・オンライン93点!(2018〜2030年)

パーカー89〜91点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 90〜93点(Outstanding!)

インターナショナルワインセラー90〜92点


ゴーミヨ誌16.5/20点

MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

「2017.3月上旬に試飲しました。今日は予想以上に固く閉じておりハイポテンシャル。おそらくリアルワインガイドさんが試飲した時より閉じている。うっすら蜜リンゴ、強いミネラル、控えめな樽などの透明感のある香り。味わいにも透明感があり、ピュアでミネラルが強く余韻が長い。出来ればあと3年待ちたい」




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・ピュセル’14

税別¥27000

<あと11本>超限定品!

スペクテーター94点(2018〜2024年)

デカンター・オンライン93点(2020〜2032年)

最新パーカー95点!!!
(2019〜2039年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト233号)

パーカー92点(ニール・マーティン、
2020〜2032年、ワイン・アドヴォケイト231号)

パーカー91〜93点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 92〜95点!(Outstanding!)

インターナショナルワインセラー92〜94点


ゴーミヨ誌17/20点

MVF(旧クラスマン)2018年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17.5/20点







ルフレーヴ・エ・アソシエ、オークセイデュレス・ブラン’13

税別¥5000

<売り切れ>絶対おすすめ!

初入荷!〜24本完売。ありがとうございました※すでに再入荷不可能!

まさしく相性がよさそうな畑!

「2015.11月に試飲しました。それほど濃くない色調。抜栓直後だけ樽のロースト香がまだ溶け込みきっていないが、時間とともに溶け込んで温度の上昇とともに明らかにおいしくなってゆく。リリース直後なのに厳しくない酸(ここだけ少し心配していた)、しっかりした酸とミネラル、骨格もあり、アフターも長め。ドメーヌものと大差ない透明感と強いミネラル、質のよい酸があり、違いはリュリー1級同様、リリース直後だけ樽がわずかに浮いているところくらいだろうか。酸以外の要素が少しだけ弱く感じられる場合のあるリュリー1級より肉付きと余韻が優れている印象」

アルコール13.5%

リュリー1級と同じく、実際にはルフレーヴが畑の管理から、収穫、醸造〜熟成(ピュリニーのカーヴで)までドメーヌとして行うが、購入ブドウを用いている為、法律上はネゴス・ワインとなる。

100%ビオディナミ




ドメーヌ・ルフレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’13

税別¥6000

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー85〜87点(ワイン・アドヴォケイト216号)

バーガウンド・コム 86〜89点


ゴーミヨ14.5/20点

MVF(旧クラスマン)2016年度版14/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15/20点

値上がり幅が少ない!




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェ’13

税別¥10400

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー89〜91点(ワイン・アドヴォケイト216号)

バーガウンド・コム 89〜91点

最新インターナショナルワインセラー89〜90点


MVF(旧クラスマン)2016年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15/20点




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・クラヴォワヨン’13

税別¥15000

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!※すでに再入荷不可能!

パーカー91〜93点(ワイン・アドヴォケイト216号)

バーガウンド・コム 90〜92点

最新インターナショナルワインセラー91点


ゴーミヨ17/20点

MVF(旧クラスマン)2016年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16.5/20点

13本完売。

「2015.10月中旬に試飲しました。透明感がありピュアで繊細で複雑。リュリープルミエクリュ’13では少し強めに感じられる樽が、香りにも味わいにもこの銘柄ではまったく目立たない。香りの時点でかなり強いミネラルを連想させるよい香り。やや細身のようでいて、とても充実した液体。温度は当然冷やし過ぎない方がおいしい。2〜3年後に飲みたい」

アルコール%

実は一番人気の銘柄!




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・コンベット’13

特価・税別¥18000

<売り切れ>超限定品!

パーカー93〜95点(ワイン・アドヴォケイト216号)

最新バーガウンド・コム 92点(Issue 63)

バーガウンド・コム 91〜94点

最新インターナショナルワインセラー92点


ゴーミヨ18/20点

MVF(旧クラスマン)2016年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版17.5/20点




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・フォラティエール’13

税別¥19400

<売り切れ>超限定品!

最新パーカー90点(ニール・マーティン、2年後の再評価)

パーカー91〜93点(ワイン・アドヴォケイト216号)

バーガウンド・コム 91点(Outstanding!)

最新インターナショナルワインセラー90+?点


ゴーミヨ18/20点

MVF(旧クラスマン)2016年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版17/20点+クープ・ド・クール!!!




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・ピュセル’13

税別¥23700

<あと1本>超限定品!

最新パーカー92点(ニール・マーティン、1年後の再評価)

パーカー92〜94点(ワイン・アドヴォケイト216号)

バーガウンド・コム 92〜94点

最新インターナショナルワインセラー93点!


ゴーミヨ18/20点

MVF(旧クラスマン)2016年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版18/20点

29本完売!!!




ルフレーヴ、ビアンヴィニュ・バタール・モンラッシェ’13

税別¥44500

<あと3本>超限定品!

最新パーカー93点(ニール・マーティン、1年後の再評価)

パーカー92〜94点(ワイン・アドヴォケイト216号)

最新バーガウンド・コム 93点!(Issue 63)

バーガウンド・コム 93〜95点!

最新インターナショナルワインセラー93+?点!


ゴーミヨ18/20点

MVF(旧クラスマン)2016年度版19/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版18.5/20点

基本的に一番早くから開くグランクリュ




ルフレーヴ、バタール・モンラッシェ’13

税別¥47500

<あと9本>超限定品!

パーカー93〜95点(ニール・マーティン、
There is a pinch of spice here, shaved ginger adding a bit of fire at the front of the tongue, then attractive stony notes finally revealed on the finish and the aftertaste. Superb - for me perhaps superior to the 2012.
ワイン・アドヴォケイト216号)

バーガウンド・コム 93〜96点!

最新インターナショナルワインセラー93+点


MVF(旧クラスマン)2016年度版19/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版19/20点




ルフレーヴ、シュヴァリエ・モンラッシェ’13

税別¥60000

<あと15本>超限定品!

最新パーカー95点!(ニール・マーティン、2年後の再評価)

パーカー94〜96点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト216号)

バーガウンド・コム 94〜97点!!!

最新インターナショナルワインセラー95点!!!


ゴーミヨ18.5/20点

MVF(旧クラスマン)2016年度版19/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版19/20点


ドメーヌによる2013年の飲み頃予想

ブルゴーニュ・ブラン 2016〜

1級 2018〜

グランクリュ 2019〜

モンラッシェ 2021〜





’08も リアルワインガイド31号にて絶賛される!


ルフレーヴ、ムルソープルミエクリュ・スー・ル・ド・ダヌ・ブラン’08

税別¥13000

<売り切れ>超限定品!

スペクテーター91点(2012〜2022年)

パーカー・オンライン92+点!(Lisa Perrotti-Brown、2012年9月試飲)

最新インターナショナルワインセラー90点

インターナショナルワインセラー88〜91点

Wine Enthusiast 93点!

ワイン&スピリッツ誌 91点

最新バーガウンド・コム 91点(2012.2月試飲)

バーガウンド・コム 88〜91点(Issue 39)

ジャシス・ロビンソン16.5/20点!


かつてピノ・ノワールが植えられ、ドメーヌ唯一の赤ワインとして、ブラニー・スー・ル・ド・ダーヌの名で出荷されていたクリマ。土壌微生物学の権威、クロード・ブルギニヨン教授の勧めにより、95年、赤から白へ植え替えを始めた(AOCの規定による白はムルソーに)。ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌの初ヴィンテージは2000年。ムルソーらしく、ハニーテイストでリッチな仕上がり。

ブラニ1級赤から植え替えられた樹の樹齢が若いだろうということで敬遠されがちですが、リリースから4〜5年でかなり化けます!というのも2013.3月時点で’06がかなりおいしく変化していました〜!すりおろしたリンゴ、かなり強いミネラルのピュアなレモン水系




ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・ピュセル’08

特価・税別¥23000

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

スペクテーター94点(2013〜2025年)

パーカー・オンライン92点(ニール・マーティン、2011年3月試飲)

インターナショナルワインセラー91〜92点

Wine Enthusiast 95点!(Cellar Selection!)

ワイン&スピリッツ誌 96点!!!

ジャシス・ロビンソン17/20点

ゴーミヨ誌 18/20点!

最新バーガウンド・コム 93点(Issue 43)

バーガウンド・コム 91〜93点(Issue 39)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2011年度版18/20グラス

ブルゴーニュ’08白は、実際に飲んだ印象だと当たり年の内容!

「2011.2月に試飲しました。4か月前の試飲時ほどガチガチに固くなく、より深みとポテンシャルを感じ取りやすかった。どうみても完全にグランクリュ以上の偉大なワインで、飲み頃は2017〜?という印象」



「2010.10月に試飲しました。’02の時のような甘さと厚みはないが、美しさとミネラルでは近年さらに進化しているといっても過言ではないかもしれません。樽も昔より明らかに弱くなっています。ピエール・イヴ・コランなどはアフターに残る樽感がリリース〜1年間くらい残る場合がありますが、近年のルフレーヴはほぼ残らない。ピュアでミネラリーです。くれぐれも冷やしすぎないこと」




ルフレーヴ、バタール・モンラッシェ’08

税別¥60000

<売り切れ>超限定品!

スペクテーター95点(2014〜2028年)

インターナショナルワインセラー92〜94点

Wine Enthusiast 97点!!!
(Cellar Selection!少なくともリリースから10年寝かせたい)

ワイン&スピリッツ誌 94点!

ゴーミヨ誌 18.5/20点!

最新バーガウンド・コム 96点!!!(Issue 43)

バーガウンド・コム 92〜95点(Issue 39)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版18.5/20点




ルフレーヴ、シュヴァリエ・モンラッシェ’08

税別¥80000

<あと2本>超限定品!

スペクテーター97点!(2013〜2026年)

インターナショナルワインセラー92〜95点!

Wine Enthusiast 97点!!!(Cellar Selection!)

ワイン&スピリッツ誌 98点!!!

ゴーミヨ誌 18.5/20点!

最新バーガウンド・コム 97点!!!(Issue 43)

バーガウンド・コム 93〜96点(Issue 39)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版19/20点


ドメーヌによる2008年の飲み頃予想

1級 2014〜

グランクリュ 2016〜

モンラッシェ 2020〜









ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’12

特価・税別¥4000

<売り切れ>限定品!

※再入荷不可能!’13を買うと値上がり致します。

バーガウンド・コム 88点(Isuue55)

粘土石灰質土壌

ホメオパシーによる清澄、ろ過は必要な時のみ





ルフレーヴ(エ・アソシエ)、ブルゴーニュ・ブラン’12

税別¥4600

<あと7本>超限定品!

※再入荷不可能!

バーガウンド・コム 85〜88点

<最新情報>なんとこの銘柄は、中身がオークセイデュレスであり樹齢がまだ少しだけ低いため特別にすべて格下げしたもの!上記’13からオークセイデュレスとしてリリースされており、今後もよほどのことがなければ造り続ける銘柄です

リュリープルミエクリュ等と同じく、ドメーヌとほとんど劣らないネゴシアン部門です。待望の初入荷!

ただ、ラベルがドメーヌものとほとんど変わらない為、完全にドメーヌものだと思ってレジにもってくるお客様が多発しそうで怖い、、、

『 2009年からは「ルフレーヴ・エ・アソシエ」の名前のもと、買いブドウによるワインを少量生産しているが、ネゴスといってもブドウ栽培からルフレーヴのスタッフが携わり、栽培方法もビオディナミがとられている。 (輸入元資料より) 』





ルフレーヴ・エ・アソシエ(ネゴシアン)、モンテリープルミエクリュ・スー・ラ・ヴェル・ルージュ’10(辛口赤)

超特価・税別¥4800

<売り切れ>おすすめ!

※’10は再入荷不可能!
’11を買うと¥1296値上がりいたします。

2013年10月に’11も試飲しましたが、今は還元しておりバランスが悪く酒質とポテンシャルも’10の方が上という印象でした

「2012.10月と11月に計2回試飲しました。前のヴィンテージの時も思ったのですが、ここはリリース直後は若干樽が強く酸が低く感じられるが、数年の熟成でうまみが増して全体的にバランスよくなってゆく感じです。一見やや緩いようで骨格があると云いましょうか。今回も’10のわりに酸にややキレがないような気がしますがアフターはミネラルも強く結構よいので、1〜2年後にかなりおいしくなると思います」

アルコール13%

モンテリー・1級赤、これは従兄のシャトー・ド・モンテリーオーナーのエリック・ド・シュルマン所有のシュウラヴェルの区画。

ヴォルネイのクロ・デ・シェーヌに続く、最上の区画!

エリック・ド・シュルマンも同じ区画のワインをつくるが、ワインは全く別物。長くビオディナミを実践しているのは同じ。収穫は共同で行い、区画の中のぶどうを均等に分けた。ピュアで濃縮味のある果実と深み。




ルフレーヴ・エ・アソシエ(ネゴシアン)、リュリープルミエクリュ・ブラン’10

税別¥4800

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2014.1月に飲みました。1年以上経過してうっすらオイリーな色気が出た。レモン、グレープフルーツ、ミネラルなどの香りで、今は樽がよく溶け込んでいる。ピュアで透明感があり、みずみずしくややキレがあり、温度を少し上げると少し厚みと複雑性が出る。抜栓の2日後までおいしい」



「2012.10月と11月に計2回試飲しました。抜栓直後の低い温度では、まだ樽香をやや強めに感じるものの、味わいの部分での樽はすでに溶け込んでいるところがさすが!エグみや雑味など皆無でピュアでミネラリー。温度が上がってきてもダレない。みずみずしくキレがあり心地よいリュリーが多い中でこれは複雑性も楽しめてしまうのでこの価格の価値がある」


リアルワインガイド39号にて’10が絶賛される!




ドメーヌによる2010年の飲み頃予想

ブルゴーニュ・ブラン 2013〜

村名ピュリニーモンラッシェ 2014〜

1級 2015〜

グランクリュ 2017〜




生産者自身による2009年飲み頃予想

ブルゴーニュ・ブラン 2012年〜

ピュリニー 2013年〜

ピュリニー1級 2014年〜

特級(ビアンヴィニュ、バタール、シュヴァリエ) 2015年〜

モンラッシェ 2017年〜






「 ブルゴーニュ白の極み!圧倒的な存在感を見せつける1本! (ワイン王国61号より、※シュヴァリエ・モンラッシェ’06に関するコメント) 」









’08もリアルワインガイド31号にて絶賛されました!

ルフレーヴ’08は、マロラクティック醗酵が長引いてリリースが例年よりも遅くなった。’06と違ってPMOリスクの非常に低い年。

 

ルフレーヴ・エ・アソシエ(ネゴシアン)、リュリープルミエクリュ・ブラン’08

税別¥4700

<売り切れ>おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

「2010.9月に試飲しました。明るい色調。低い温度では白い花、リンゴ、強いミネラル等の香り。少し温度が上がると少しネクター状の白桃香が前に出る。美しく透明感があり、酸とミネラルにキレがあるところまでは予想通りだったが、果実味の肉付きとアフターが予想以上に上質でこの価格でも納得できる非常に高い品質!傑出したバランス感、数年では下らない構造」

アルコール13%

’08が初リリース!

実際にはルフレーヴが畑の管理から、収穫、醸造〜熟成(ピュリニーのカーヴで)までドメーヌとして行うが、購入ブドウを用いている為、法律上はネゴス・ワインとなる。

100%ビオディナミ

1級畑レ・クルーとピヨの混醸で1920年に植えた区画

ラベルも基本的にピュリニーやマコンと一緒のデザインで、フランス本国を含め、日、英、米など数ヵ国のみでのリリース

日本の輸入量は、マコン・ヴェルゼの10%未満と極少量

 

 

 

 

ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’08

税別¥2850

<売り切れ>絶対おすすめ!

最新パーカー・オンライン88点(Lisa Perrotti-Brown

Wine Enthusiast 91点!

リアルワインガイド31号にて高評価される!

36本完売。ありがとうございました

「2010.10月に試飲しました。不思議な事に1か月前よりも少し華やかな香り!まさかビオディナミ・カレンダーで果実の日だから香りが開いているのか?(笑)透明感があり、あっさりミネラリー、清涼感のある酸。これを軽過ぎておいしくないといってしまうのはあまりにも勿体無い。よい個性でおいしいと思います」

「2010.9月に試飲しました。’07に似た個性。還元香がなく、酸とミネラルにキレがあり美しくエレガント。甘さ控えめで雑味のないピュアでミネラリーなアフター。飲み頃NOW〜。トロピカルフルーツの香りで厚みとコクを求める方には他のワインをおすすめします。逆にシャブリやオークセイデュレス、サンロマンがお好きな方にもおすすめ出来るワイン」

アルコール12.5%

 

’04が初ヴィンテージ!

紛れもなくドメーヌものです

もっともプイィフュイッセよりの単一畑10haを所有

平均樹齢20年

ビオディナミを実践

醸造所もマコン地区に新しく作った

醸造担当者:ピュリニーと同じ

栽培責任者:ピュリニーと別の人物

(ルフレーヴのいとこであるポール・ド・ノエ氏)

新樽比率の情報はまだ来ていませんが、村名ピュリニーより高い印象

DOMAINE LEFLAIVE ではなく

DOMAINES LEFLAIVE の表記

その理由は、登記上の関係でドメーヌ・ルフレーヴを名乗れなかったため

2004年は全体の80%程度に雹などの被害があり、リリースを見送ることも考えたそうです。日本を含む数カ国にのみ輸出。

生産量:約1500ケース


 Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp