ルフレーヴ、ラモネ、ルイカリヨン
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文

HPに載せているワインアは当店のワインの一部です。

載っていないワインはメールか掲示板でお問い合わせください。  

 

 


デカンター誌2006年7月号にて世界最優秀白ワイン生産者に、アンヌ・クロード・ルフレーヴが選ばれました!


蔵出しオリヴィエ・ルフレーヴ



 




2008年から、一部を有機農法に、より高級なワインのパーセルのいくつかはビオディナミー農法に転換!




『 ピュリニー・モンラッシェ最高の造り手の1つであるドメーヌ・ルフレーヴの名声を築き上げた、故ヴァンサン・ルフレーヴ。その親族である、オリヴィエ・ルフレーヴ氏が設立したピュリニー・モンラッシェの優良生産者がオリヴィエ・ルフレーヴです。

彼らの魅力と言えば、コート・ド・ボーヌ地区はもちろん、シャブリにいたるまで1級畑や特級畑も数多くリリースしているそのラインナップの豊かさと、ヴィンテージに左右されない安定したクオリティ。 ブルゴーニュ至高の技術を持って最高の原料を見極めた上で、『村』や『地域』の味わいを表現することを大切にしています。

オリヴィエ・ルフレーヴの美味しさの秘訣は、ブルゴーニュ最高の造り手であるドメーヌ・ルフレーヴのノウハウを最大限に生かしてワイン造りを行っていることと、ネゴシアンとして最高クラスのブドウを購入していることが挙げられます。

ブドウを買うと言っても、ただ単に契約農家からブドウを闇雲に購入している訳ではなく、 信頼のおける農家からブドウを仕入れています。 しかも、特筆すべきはオリヴィエ・ルフレーヴ氏自ら、契約している畑に出向き、栽培方法や収穫日まで指定、自社所有の畑と変わらない方法で育てたブドウを収穫時に購入している点。さらに、それぞれの『村』や『畑』の味わいを表現するために、瓶づめの直前にワインをブレンドするというポリシーも忘れてはいけません。

このような数々のこだわりにより、安定した美味しいワインを生み出しているのです。 使用しているブドウが自社のもの、契約農家のものに関わらず、手掛けているワインはどれも同じラベルで、全て平等にリリースするのもこの自信の表れです。 安定した高品質を保ち、なおリーズナブルな価格を維持できるのはオリヴィエ・ルフレーヴ以外には成し得ないことでしょう。 (輸入元資料より) 』


蔵出し正規品コシュ・デュリ

蔵出し正規品は、超入手難!

 


リリース毎に争奪戦が繰り返されるムルソーの魔術師!

ワインの元詰はドメーヌ設立時から始めているが、商習慣で今でも樽の1/3をネゴシアンに売却している。


2018/12/31(月)アップ〜<※極少量!>蔵出し正規品ラモネ’16

2017/11/18(土)アップ〜蔵出し正規品ラモネ’15


※全商品すべての値引き対象外となります。

 

 





ラモネはすべての値引き対象外となります。

やっと少量分けてもらえました〜!!!全種類再入荷不可能!

100%ヴァンパッション輸入の蔵出し正規品です!




ラモネ、ブルゴーニュ・ブラン’16

税別¥6000

<売り切れ>超限定品!

※お一人様2本までとさせていただきます。
ラモネのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

初入荷かもというくらい普段もらえない銘柄です!!!
シャサーニュ村にあるACブルゴーニュの区画




ラモネ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョ・ブラン’16
+ブルゴーニュ・パストゥグラン’16


税別¥18800

<売り切れ>幻の超限定品!

※ラモネのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

最新パーカー90点(William Kelley、2018〜2026年)

『 斜面中部から下部に位置する粘土の厚いプルミエ・クリュ。同じシャサーニュ・モンラッシェ村でも斜面上部のピュリニィ・モンラッシェ的なテロワールとは全く異なり、果実味の豊富さが前面に出たワインを生み出す。(輸入元資料より) 』 




ラモネ、ブルゴーニュ・アリゴテ’16

特価・税別¥4300

<売り切れ>限定品!




ラモネ、ブルゴーニュ・パストゥグラン’16(辛口赤)

超特価・税別¥2800

<売り切れ>限定品!





ラモネ、ブルゴーニュ・アリゴテ’15

特価・税別¥4000

<売り切れ>限定品!

スペクテーター・オンライン88点(NOW)




ラモネ、ブルゴーニュ・パストゥグラン’15(辛口赤)

超特価・税別¥2600

<売り切れ>おすすめ!
限定品!

24本完売。ありがとうございました

「2017.11月中旬に飲みました。NOMA-Select Green300 コルク。(サステーナブルでカーボン・ゼロ。15年程度の熟成にも耐えるブショネがほぼないコルク。)縁だけではなく中心までうっすら紫がかったやや明るいルビー色。トップノーズだけ松脂っぽい還元香が癖あり、あまり期待できないかな、、、という印象を持ったが、口に含むと非常においしいし、戻り香はバナナの皮、少しオレンジ、わずかにカラメルなどの心地よいもの。ジューシーでほのかに甘く、同時に酸が低くないので、いい感じに甘酸っぱい絶妙バランス。酸の質が良く、程よいうまみ、溶け込んだタンニン。アフターはうまみと甘酸っぱさが広がる心地よさ。これ以上酸が強いと今度は単に『 酸っぱい 』と感じる方が増えてきそうな気がする。低めの温度で飲み飽きずに楽しめる、期待以上の内容でした。抜栓の次の日も非常においしい。わずかにコクが増した。抜栓の2日後もさらに向上。明らかにうまみ増した!高価でまだガチガチに固いブルゴーニュ(閉じているシャンボール¥8000とか笑)を開けるよりもこれのほうが遥かにおいしいと言える」

アルコール12.5%

パストゥーグランは、元々バルクでネゴシアンに売っていたものを、3つ星レストラン「アランシャペル」が目を付け、グラスワイン用としてラモネに元詰めを依頼したのが最初です。その後、アランシャペルでの使用が終わった際に、全量輸入に成功したもの。全世界で日本1社だけの取扱い!



気難しく評論家嫌いで、いくつかのワインガイドには名前が出てこない超一流生産者

初代ピエール氏は1994年に他界するまでカーヴに立ち続けた伝説の人物で、そのワイン造りの精神は2代目アンドレ氏、3代目ノエル氏にもそのまま引き継がれている。醸造自体は意外にもシンプル。このドメーヌの名声を支えてきたのは、紛れもなく畑での細やかな作業によって産み出される葡萄の質の高さに尽きる。葡萄樹の生体バランスを失い、樹の寿命を早めるとして夏の摘房を避け、春先の摘芽、摘穂を5〜8芽だけ残すように厳しく行なう。

雹や霜の被害にあって収量が激減しても「その時は仕方ない」と考える。収量よりも、品質を最優先としている証である。このドメーヌでは、ブルゴーニュにありがちな「お家騒動」を避け、また、婚姻や相続などによって畑が分割されてゆくのを防ぐために、ブルゴーニュではいち早く親族で会社組織にした。これにより、後世努力を怠ることがない限り、ドメーヌの名声は約束されるだろう。


2022/8/3(水)アップ〜蔵出しフランソワ・カリヨン’19ピュリニー

2016/9/2(金)アップ〜蔵出しフランソワ・カリヨン’14(フィラディス)

リアルワインガイド31号などで高評価される!









↑これがポール・カリヨンラベルです。





’10から上記ラベルにデザイン変更がありました


※上が’05の画像です。




ルイ・カリヨンといえば、ルフレーヴやソゼと並ぶピュリニー・モンラッシェ屈指の造り手。ブドウ栽培農家としての歴史は1632年まで遡るという、由緒正しき家柄である。
先代ルイの引退に伴い、2010年にドメーヌは兄弟ふたりの間で分割され、次男のフランソワが起こしたドメーヌがフランソワ・カリヨン。
(その後、フランソワは畑を買い付け、現在では13.2haの所有畑になるまでドメーヌを拡大し、それに見合った醸造スペースを元々のドメーヌに隣接する建物に確保する事に成功。改築、増床工事をおこなった。)
ワインを寝かせておくカーヴは曽祖父が使っていたもので、1520年に掘られたカーヴだ。





1988年から父を手伝い、醸造を担当する兄ジャックの傍ら、おもにブドウ栽培に専念していたフランソワは、次第にビオロジック栽培へと傾倒。現在、自身のドメーヌのブドウ畑では除草剤を一切使用せず、トラクター、また場所によっては馬を使って土を鋤き返している。 (輸入元資料より)



フランソワ・カリヨンの後を継ぐ息子ポール

ドメーヌ・ポール・カリヨンとは、実質的にピュリニー・モンラッシェのドメーヌ・フランソワ・カリヨンである。遺産相続の関係でドメーヌ名を息子のポールに変更しただけで、所有畑もワイン造りも従来となんら変わりはない。

フランソワ・カリヨンのルーツは1520年にまで遡り、フランソワが15代目、ポールが16代目となる。先代のルイ・カリヨンはルフレーヴやエティエンヌ・ソゼと並ぶ、ピュリニー・モンラッシェの銘醸家。フランソワは1988年にドメーヌ入りし、おもに醸造を担当する兄のジャックに対してブドウ栽培に従事し、父のドメーヌを盛り立てた。父のルイが引退した2010年に独立し、ドメーヌ・フランソワ・カリヨンが誕生。そして、2014年ヴィンテージ以降はドメーヌ・ポール・カリヨンとしてワインがリリースされるというわけだ。

所有している畑も、ピュリニー・モンラッシェ1級のフォラティエール、コンベット、ペリエール、シャン・ガン、特級のシュヴァリエ・モンラッシェと素晴らしいクリマばかり。

すでにルイ・カリヨン時代から環境に負荷をかけないブドウ栽培に傾倒していたフランソワは、自身のドメーヌでビオロジックを実践。除草剤の使用を止め、トラクターの入れない場所では馬を使って耕作している。

白ワインの醸造は、手摘みされたブドウを小樽で醸造。アルコール発酵、マロラクティック発酵の期間も含め、ワインが樽に入っている期間は丸1年。クリマによって新樽比率を調整する。その後、タンクに移して6ヶ月寝かせた後、瓶詰めとなる。

充実した果実味とともにテンションの感じられる、気品があり、洗練された造り。ポールもまた、偉大な父が確立したスタイルを継承し続けるだろう。
(輸入元最新資料より)



ラック・コーポレーション輸入(’19’18)の蔵出し正規品と
フィラディス輸入の蔵出し正規品





フランソワ・カリヨン、ピュリニーモンラッシェ‘19

税込¥9900(税別¥9000)

<あと4本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

ジャスパー・モリス91〜93点
(さらに5つ星ワインに選ばれる!)

ファルスタッフ 90点

バーガウンド・コム 89〜91点
(Outstanding!)


樹齢19〜49年

Derriere la Velle, Reuchaux, Corvee, Levrons, Aubues,
Tremblots, les Noyer Bret, les Rousselles

上記8区画のブレンド。全部で4haの所有





フランソワ・カリヨン、ブルゴーニュ・ブラン‘19

税込¥3520(税別¥3200)

<売り切れ>絶対おすすめ!

ジャスパー・モリス88〜89点

バーガウンド・コム 86〜89点!
(Outstanding Top Value!)


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
48本完売!ありがとうございました〜※すでに再入荷不可能!

「2021.11月中旬に飲みました。Ardeasealコルク。この価格で買えるのは’19が最後だと思われますので絶対に買っておいた方がよいでしょう!予想より少し濃いイエロー。軽くローストした樽とビスキュイの香りが上手に溶け込み、時間とともにあくまで上品さを残した洋ナシ、黄桃、カラメル、ミネラルなどの香り。村名シャサーニュ的な明らかに価格を超えた味わいで果実と厚みコクややしっかり、超キメ細かな苦みと塩ミネラルが感じられ、肉付きのよさと同時に縦伸び感もある長めのアフター。そして戻り香に少しカラメル風味が持続して非常に心地よい!緩くない飲み頃NOW〜。抜栓の次の日も非常においしい。さらに全体的に少し向上。抜栓の2日後〜3日後にかけてさらにわずかに向上した」

アルコール13.5%

’18 デカンター・オンライン94点!!!




フランソワ・カリヨン、ブルゴーニュ・ブラン 5シエクル‘18

税込¥3960(税別¥3600)

<売り切れ>超限定品!

Ardeasealコルク

※この銘柄は最新のリリースが’18です。

5世紀のキュヴェ(1520年から2020年まで)
Cuvee des 5 Sieclesは、フランソワ・カリヨンが先祖を偲んで造ったキュヴェ。
特別なキュヴェを作ることで、「ピュリニィ・モンラッシェ」の土地に非常に長い歴史のあるカリヨン家の存在を示したかった。
350リットルの樽で28ヶ月の熟成、上質で繊細なブルゴーニュシャルドネ、ヘーゼルナッツなどの香り。
(輸入元資料ではなく、いつもの自分調べ)









フランソワ・カリヨン、シュヴァリエ・モンラッシェ’13

税込¥63800(税別¥58000)

<売り切れ>幻の超限定品!

パーカー95〜97点!
(2018〜2035年、ワイン・アドヴォケイト216号)

インターナショナルワインセラー91〜94点

バーガウンド・コム 91〜94点


MVF(旧クラスマン)2016年度版17.5/20グラス

初入荷!

バリック18ヶ月熟成

新に取得したわずか1a(アール)の畑!

生産量はわずか1樽。カリヨン家によるピュリニーの新たなグランクリュは、ブルゴーニュ評論の権威クライヴ・コーツが「バタール、ビアンヴニュ、クリオよりも素晴らしい」と評するシュヴァリエ・モンラッシェ。ル・モンラッシェの斜面上部という海抜の高いロケーションそして痩せた土壌を反映し、深みとエレガンスに富むブルゴーニュの寡黙なグランヴァン。 (輸入元資料より)



 

『 試飲はすべて2008年。’07よりわずかに厚みのあるスタイル。’07より収穫量15%ダウン。やはり繊細で上品、美しいスタイルでした。コンベットは意外にも比較的早くから楽しめるスタイル。それでもシャン・カネとペリエールは骨格と力強さがあり、ビアンヴィニュ・バタールはさらにすべての要素が充実した素晴らしい内容でした!赤も結構造っていますが、現時点では白の方が明確な個性があり上質。なお、シャンカネとコンベットはムルソーとの境界線近くにある畑。(2009.10月当店ドメーヌ訪問時) 』

 

 

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

古樹、低収量、かなり低い新樽比率

美しく、みずみずしいスタイル

『 5つのプルミエ・クリュは、豊かさのなかにも酸、ミネラルなどの構成要素が緊密感をもってバランスする、ピュリニーというアペラシオンの特徴がよく感じられるワインで、さらにクリマ毎のテロワールがくっきりと体現されている。ほとんど球体に等しいビアンヴニュ=バタール=モンラッシェは、グラン・クリュであるテロワールの高みを如実に実感できる別格のワイン。これらは若くしても美味なため早飲みされてしまいがちだが、10年前後を経ると継ぎ目のない一体感に陰影に富んだふくらみが備わり、カリヨンの只者ではない力量が感じられるネクターに昇華する。

いまやピュリニー最上のドメーヌとして評価もうなぎ上りで、それに比例してワインの入手も困難を極めるようになってしまったカリヨンだが、ピュリニーの真髄に触れたい向きはぜひとも探し出したいつくり手である。  (輸入元資料より) 』

 

設立はなんと1632年!古樹、低収量、化学薬品は避け、ボルドー液のみ使用、野生酵母のみ使用、酸を重視した繊細でフィネスがあるタイプ。グランクリュと1級の発酵はすべて小樽、新樽比率は1級で多くても20%。2000年にはセラーの設備を一新し、さらに充実!

『 5つのプルミエ・クリュは、豊かさのなかにも酸、ミネラルなどの構成要素が緊密感をもってバランスする、ピュリニーというアペラシオンの特徴がよく感じられるワインで、さらにクリマ毎のテロワールがくっきりと体現されている。ほとんど球体に等しいビアンヴニュ=バタール=モンラッシェは、グラン・クリュであるテロワールの高みを如実に実感できる別格のワイン。これらは若くしても美味なため早飲みされてしまいがちだが、10年前後を経ると継ぎ目のない一体感に陰影に富んだふくらみが備わり、カリヨンの只者ではない力量が感じられるネクターに昇華する。

〜いまやピュリニー最上のドメーヌとして評価もうなぎ上りで、それに比例してワインの入手も困難を極めるようになってしまったカリヨンだが、ピュリニーの真髄に触れたい向きはぜひとも探し出したいつくり手である。  (輸入元資料より) 』

 


2022/8/19(金)アップ〜<※極少量!>蔵出しルフレーヴ’20

さらに蔵出しヴィコント・ド・ヌ・マリニッチ’19(スロヴェニア)

蔵出しドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ’19アリゴテ再入荷

久しぶりに見つけた傑出アリゴテ!

2022/5/18(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ’19’18

2022/2/5(土)アップ〜蔵出しルフレーヴ’19クラヴォワヨンなど3種類

2021/10/3(日)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ’19’18上級品


※ルフレーヴ全ヴィンテージは全ての値引き対象外となります。































 

 





 






ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品
ルフレーヴ関連のスロヴェニア白

スロヴェニア西部のゴリシュカ・ブルダ地区は、西側にイタリア、 フリウリ・ヴェネチア・ジューリア州と接する国境の産地。地名にある 「Brda(ブルダ)」はイタリア名でコリオ(Colio)と呼ばれ、いずれも 「丘」の意味。ドメーヌ・ヴィコント・ド・ヌ-マリニッチはこの地の丘陵にある ワイナリーで、イタリア国境から5キロほどの距離に位置する。丘の 斜面に階段状に開かれている畑は、片岩状の石灰岩が薄い表土の 下に有る為、根は地中深く伸びる事が出来る。また北方に位置する アルプスから、南のアドリア海に向かって吹き降ろされる強い風に よって、畑の衛生状態は自然に保たれる。ドメーヌの共同経営者のシャルル・ルイ・ド・ヌは、ピュリニー・ モンラッシェの第一人者であるドメーヌ・ルフレーヴの創業者、 ジョゼフ・ルフレーヴの曾孫。現在のルフレーヴ当主のブリス・ド・ラ・ モランディエールの祖父ジョーは、シャルル・ルイの祖母ジャンヌの 弟という間柄。

この地をブルゴーニュとも比較しうる優秀な土壌と 注目したシャルル・ルイは、古くから交流があるスロヴェニア人の アリス・マリニッチと共に2019年にドメーヌを立ち上げた。かつて18世紀、オーストリア大公マリア・テレジアによって9つの クラス分けで格付けされていた銘醸畑がこの地に存在した。残念なが らその格付けの継承は途絶え、現在では、それらの畑も耕作放棄され ていた状態であったが、シャルル・ルイの尽力で見事にその輝きを取り 戻した。ドメーヌでは当時の格付けの中でも上位である1級から5級ま での畑を所有。この格付け畑の末裔から産まれたワインは、エリゴー ヌ・シリーズとヴィコント・ド・ヌ・マリニッチ・シリーズで味わえる。ブルゴーニュのノウハウとスロヴェニアの栽培経験とが融合した プロジェクトとして、注目を集めたヌ・マリニッチは、スロヴェニアと、 その隣国イタリアのプレスに大きく取り上げられ、初ヴィンテージの 2019年から早くも評価は高く、ウリアージ、サドレル、ピペロ・ローマ などのイタリアの星付きレストランで供されている。
(輸入元資料より)


ドメーヌは以下の3つのシリーズを現在リリースしている。

La gamme Marinic / マリニッチ・シリーズ
自然な農法で栽培した最高ブドウを手摘みし、伝統を 重んじたクラシックな製法で造られた複雑かつクリーン な味わい。最初から最後の一口まで楽しめる仕上がり。

La gamme Erigone / エリゴーヌ・シリーズ
ポンカ土壌(砂岩の泥灰土とシスト状の石灰岩)から なる段丘の斜面にある畑は、常に風通しがよく、健康な葡萄を育つ。 エレガントでミネラリー、美しい酸が特徴。

La gamme Vicomte de Noue Marinic / ヴィコント・ド・ヌ・マリニッチ・シリーズ
化学合成物質を使わないナチュラルな栽培。高品質な 葡萄で、エレガントでミネラリー、かつリッチさが加わり、 複雑で余韻の長い味わえるプレステージシリーズワイン。




Vicomte de Noue-Marinic, Marinic Chardinnay Goriska Brda '19

ヴィコント・ド・ヌ・マリニッチ、マリニッチ・シャルドネ・ゴリシュカ・ブルダ’19
(スロヴェニア・辛口白)


税込¥2200 税別¥2000

<あと10本>絶対おすすめ!

「2022.8月中旬に飲みました。オレンジ、ミネラル、うっすら蜜などの香り。苦味控えめ、尖りのない酸、みずみずしくミネラリーな飲み頃NOW〜。北イタリアの白ワインと言われても何の違和感もない感じで飲めると思います。サブウェイのエビ・アボカドサンドにも生ハム・マスカルポーネサンドにも相乗効果が出るくらい合う。抜栓後少しずつ向上してゆき、抜栓の3日後までまったく落ちない。最終的には明らかに価格を超えた高い満足度!」

アルコール13%









現在ではドメーヌ・ルフレーヴによる経営。
将来的にルフレーヴ名でのリリースに統合される可能性が高い。




Domaine de la Jobeline, Bourgogne Aligote '19

ドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ、ブルゴーニュ・アリゴテ’19(辛口白)

税込¥2530 税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 90点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

48本完売。ありがとうございました

※あと1回再入荷が決まっております!

「2022.5月下旬に飲みました。Nomacorc selectgreen300 100%recyclable。予想より濃いイエロー。果実味豊かでやや厚みと熟度のあるすでになめらかなアリゴテ。決して酸が低いわけではなく、少し旨味エキス感と塩ミネラルがありガブガブ飲めてしまうくらいバランスよくわかりやすさもあるおいしさ。シャントレーヴさんのアリゴテほど骨格と熟成のポテンシャルはないが、ストレートな果実味でとてもおいしい。時間とともに酸とミネラルの伸びやかさも少し出てくる。明らかに価格を超えており、今回ばかりは同時に試飲したより高価なマコン・ヴェルゼ・アリュール’19よりもこちらの方がより当店的好みで非常に楽しめた。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール12.5%

’18 デカンター・ワールド・ワイン・アワード2019年 シルバー受賞!

天然酵母のみ使用
粘土石灰質土壌
ステンレスタンク8ヶ月熟成

南東向き、標高約370mの2つの区画と、1957年植樹のヴィエーユ・ヴィーニュの1つの区画のアッサンブラージュ。エネルギッシュでフルーティーな繊細なテクスチャー、 アリゴテ種らしいすっきりとした酸味が余韻に残る。アペリティフとしても良い。シーフドや 夏向きのサラダ、エスニック料理、チーズなど。
(輸入元資料より)





Domaine de la Jobeline, Macon-Villages '19

ドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ、マコン・ヴィラージュ’19
(辛口白)


税込¥2750(税別¥2500)

<売り切れ>

MVF(旧クラスマン)2022年度版 89点




Domaine de la Jobeline, Macon-Villages '18

ドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ、マコン・ヴィラージュ’18
(辛口白)


税込¥2750(税別¥2500)

<売り切れ>絶対おすすめ!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2020年 シルバー92点受賞!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 89点


24本完売。ありがとうございました

「2021.9月下旬に飲みました。NOMAコルクselectgreen300 100%recyclable。やや濃いイエロー。よく熟してフルーティーでみずみずしいが、シンプルではなく意外と冷やしすぎない方がおいしい。蜜、黄桃、メロン、砂糖漬けのオレンジ、花、ビスキュイ、ミネラルなどのよい香り。フルーツ感が非常に強く、酸とミネラルも低くなく、超キメ細かなわずかな苦みと旨味が心地よく、バランスのよい飲み頃NOW〜でお買い得!サントバルブやロアリーが好きな方にもおすすめできるくらいこの価格帯では上質。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13.5%

粘土石灰質土壌

南東・南・北西向きの斜面で、標高は300m〜380m
樹齢の若い複数区画のアッサンブラージュ

アロマとフレッシュさを保つため温度管理の下、土着酵母でアルコール発酵。 マロラクティック発酵は春の初めに自然に行われる。 熟成はシュール・リーで8か月。
シーフード、サーモンの燻製、魚のグリル、鶏のクリーム煮、シェーヴルチーズなどと合いそう。
(輸入元資料より)




Domaine de la Jobeline, Macon-Verze ≪ Allure ≫ '18

ドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ、マコン・ヴェルゼ・アリュール’18
(辛口白)


税込¥3080(税別¥2800)

<売り切れ>

18本完売。ありがとうございました※すでに再入荷不可能!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2020年 ゴールド96点受賞!!!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 88点

シャルドネ100% 
粘土石灰質土壌

南東・南・北西向きの斜面で、標高は300〜380m
樹齢15年〜20年の異なる区画のアッサンブラージュ

土着酵母でアルコール発酵。温度管理することで時間をかけてゆっくりと行う。マロラクティック発酵は冬の間に自然に行われる。
フレッシュさを保つため、熟成はステンレスタンク。シュール・リーで8か月
白身の肉、魚のグリル、キッシュ、チーズなどと合いそう。
(輸入元資料より)




Domaine de la Jobeline, Macon-Verze ≪ 16 Ares Rouge Vieilles Vignes ≫ '19

ドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌ、マコン・ヴェルゼ セーズ・アール・ルージュVV’19
(辛口赤)


税込¥3080(税別¥2800)

<あと6本>絶対おすすめ!
限定品!

MVF(旧クラスマン)2022年度版 92点!
さらにクー・ド・ラネ!!!

「2021.10月初旬に飲みました。紫がかったやや明るい〜中程度のルビー色。なによりもまずガメイとしては少し驚くレベルでしっかりした酸があるので飲み頃は半年〜1年後くらいか?ボジョレー地区のガメイと違う個性があり梅シソ昆布の香りが強く、他に熟したベリーやシナモンなども。味わいも豊かな果実+梅シソ昆布旨味。凝縮してジューシー感もありタンニンの質もよい。抜栓の次の日も非常においしい。さらに旨味が増して向上!抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール13.5%

’18 MVF(旧クラスマン)2021年度版 91点!

ガメイ100% 
粘土石灰質土壌

南東向きで標高約380m。1961年に植樹された16アールの小さな区画。
畑の耕作・摘果・低収量が濃縮したガメイの果汁をうみだす。
低温浸漬と定期的なルモンタージュ、温度管理下でのアルコール発酵、数日間のポスト・マセラシオン後、プレスして樽に入れる。
冬の終わりに自然にマロラクティック発酵が行われる。様々な年数の樽で1年間熟成
ポトフ、肉のソース煮、ジビエ、子羊の足、鴨のコンフィなどと合いそう。
(輸入元資料より)


ラ・ジョブリーヌはヴェルゼ村の丘陵地に位置するドメーヌです。マコネのこの小さな村の歴史は10世紀まで遡り、卓越したテロワールから品質の高いワインを生み出しています。約100年前、現当主ピエール・マイエの祖父クロードは、薬剤師となった後、ヴェルゼ村に戻ってブドウ畑を開墾し、ワイン造りをスタートしました。その後、その息子ポールがさらに畑を拡大させると、2004年にポールの息子、ピエールにバトンが渡りました。 ピエールは、当時ワイン協同組合のメンバーでしたが、マイエ家の歴史を引継ぐことを決意し、2014年にドメーヌ・ド・ラ・ジョブリーヌを設立しました。

標高250〜380メートルの高さにある11ヘクタールの畑は、適度に傾斜のある水はけのよい粘土石灰質土壌。畑は東から南に面し、日較差が生まれることで早朝の太陽光は霜のリスクを軽減し、日中の陽ざしによってブドウはよく熟し、できあがるワインはエレガントで果実味豊かなものになります。ブドウ樹の平均樹齢は25年で、最も古いものは1957年に植樹されています。
 ドメーヌではテロワールの質を最大限に高めるために、収量は制限し、持続可能な農法を実践しています。農薬や化学肥料の使用の軽減、生物学的サイクルの尊重、土壌中の生命の維持、また土に適度な空気を入れるための定期的な耕作、天然由来の製品、肥料の使用などに取り組んでいます。このように土壌を整えることで、根は栄養分を求めて地下深くに到達し、ミネラル、豊かなアロマ、テロワールの特徴を引き出します
(輸入元資料より)









2015年収穫直前のブドウ畑画像




’12くらいからマコン・ヴェルゼやアソシエを除く、ドメーヌもののブルゴーニュ・ブランからすべてのボトルのキャップシールにICチップ的なものがついております。(ジョルジュ・ルーミエの一部のグランクリュやコント・ラフォン、デュジャック’13、ドメーヌ・ルロワ’13なども同じ)

昔ながらのワイン愛好家の方に多いのですが、思いっきりキャップシールを回されてしまうと下記の画像のように破れますのでご注意お願い致します。

2015.6.17 当店セラー内で見つけたボトル、、、







’19は、ポンソなどと同じく、NFC(近距離無線通信)チップ使用
(現地から消費者までのワインの温度変化が把握できるらしいです)




Domaines Leflaive, MACON-VERZE '20

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’20

税込¥5390(税別¥4900)

<あと7本>限定品!

※なんとすでに次が最後の再入荷となります!

ジャスパー・モリス86点




Domaines Leflaive, MACON-VERZE "le Monte" '20

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ・ル・モンテ’20

税込¥6050(税別¥5500)

<あと6本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

ジャスパー・モリス89点




Domaines Leflaive, Pouilly-Fuisse en Vigneraie '20

ドメーヌ・ルフレーヴ、プイィフュイッセ・アン・ヴィニュレ’20

税込¥10670(税別¥9700)

<あと6本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!







ドメーヌ・ルフレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’19

税込¥10340(税別¥9400)

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

ファルスタッフ 92点!

パーカー89点(William Kelley)

VINOUS 89点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87〜89点
(Outstanding Top Value!)


スペクテーター91点




ドメーヌ・ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェ’19

税込¥18700(税別¥17000)

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー91点(William Kelley)

VINOUS 91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89〜92点(Outstanding!)


スペクテーター91点(NOW〜2027年)




ドメーヌ・ルフレーヴ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・クラヴォワヨン’19

税込¥27500(税別¥25000)

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー93点!(William Kelley)

VINOUS 93点!(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 91〜94点!(Outstanding!)






ドメーヌ・ルフレーヴ、バタール・モンラッシェ’18

税込¥88000(税別¥80000)

<売り切れ>超限定品!

パーカー94〜96点!(William Kelley)

スペクテーター93〜96点

デカンター・オンライン95点

VINOUS 95〜97点!!!(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 93〜95点


MVF(旧クラスマン)2022年度版 98点!!!

ジャスパー・モリス97〜99点!!!
(さらに5つ星ワインに選ばれる!)






マダムが亡くなってしまったからというもの、ラックさんの在庫が一瞬で消えて、当店在庫もかなり減りました

ほぼ毎年ずっと買っていたのでたくさん分けてもらえました。

’13’14の評価もすごいです!

’13〜’17ピュリニー村のすべての銘柄が、
すでに再入荷不可能です!!!




’17の新銘柄は
2004年にマコン・ヴェルゼの畑を購入した後、
2013年にさらに買い足した畑のブドウからなので
すべて自社畑のドメーヌもの!
いまではマコネ地区に20haもの自社畑を所有しているのです!!!

’15以降すべてDIAMコルク




Domaine Leflaive, CHASSAGNE-MONTRACHET 1er Cru La Maltroie '18

ドメーヌ・ルフレーヴ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・ラ・マルトロワ・ブラン’18(辛口白)

税込¥24200(税別¥22000)

<売り切れ>幻の超限定品!
初入荷!

’16からオリヴィエ・ルフレーヴと畑を交換したことで手に入れた自社畑
(’16と’17は生産量が少なすぎて輸入自体がなし)

ビオディナミを実践
植樹年2005〜2006
粘土石灰質土壌
わずか0.16ha

区画ごとの成熟度を見ながら収穫日を考察し、選果しながら手摘みで行う。
ポンプ式のプレス機でゆっくりと行う。タンクに移し24時間かけて固形物を沈殿させ、その後発酵槽に移す。
木製樽にて発酵。そのうち25%は新樽。
12か月の樽熟成の後、タンクへ移し瓶詰めの準備ができるまで6か月寝かせる。ホメオパシー式のコラージュと、必要であれば軽く濾過する。







Domaines Leflaive, MACON-VERZE '19

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’19

税込¥3740(税別¥3400)

<売り切れ>

バーガウンド・コム 88〜91点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

84本完売!ありがとうございました〜※まさかのもう再入荷不可能!インポーターさんで過去最高の速さで完売してしまいました、、、

’18より¥220お安くできました〜!!!




Domaines Leflaive, MACON-VERZE "les chenes" '19

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ・レ・シェーヌ’19

税込¥4950(税別¥4500)

<売り切れ>限定品!

バーガウンド・コム 89〜92点(Outstanding Top Value!)




Domaines Leflaive, Pouilly-Fuisse la Chaneau '19

ドメーヌ・ルフレーヴ、プイィフュイッセ・ラ・シャノー’19

税込¥7700(税別¥7000)

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

デカンター・オンライン93点!

バーガウンド・コム 90〜93点(Outstanding Top Value!)


ファルスタッフ 94+点!!!




Domaines Leflaive, Pouilly-Fuisse en Vigneraie '19

ドメーヌ・ルフレーヴ、プイィフュイッセ・アン・ヴィニュレ’19

税込¥7700(税別¥7000)

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

デカンター・オンライン95点!!!

バーガウンド・コム 90〜93点(Outstanding Top Value!)


ファルスタッフ 93+点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度 95点!!!




LEFLAIVE et Associes, Bourgogne Chardonnay '19

ルフレーヴ(エ・アソシエ)、ブルゴーニュ・ブラン’19

税込¥6820(税別¥6200)

<売り切れ>限定品!

こちらは買いブドウを使用ですが、栽培からルフレーヴのスタッフが関わっている上にビオディナミを実践




LEFLAIVE et Associes, Bourgogne Chardonnay '17

ルフレーヴ(エ・アソシエ)、ブルゴーニュ・ブラン’17

税込¥7370(税別¥6700)

<売り切れ>限定品!

※再入荷不可能!

こちらは買いブドウを使用ですが、栽培からルフレーヴのスタッフが関わっている上にビオディナミを実践





ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’15

税込¥4400(税別¥4000)

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!
4年前のリリース直後と同じ価格!!!

42本完売。ありがとうございました









ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’18

税込¥3960(税別¥3600)

↑輸入元値下げ!

税別¥4000

<売り切れ>

ファルスタッフ 93点!!!

最新VINOUS 89点
(アントニオ・ガローニ、2020年10月試飲)


VINOUS 87〜89点(ニール・マーティン)






Domaines Leflaive, MACON-VERZE "les chenes" '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ・レ・シェーヌ’17

税別¥4500

<売り切れ>超限定品!

最新パーカー90点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


デカンター・オンライン93点!!!
(2019〜2024年、ティム・アトキンMV)

スペクテーター91点(NOW〜2024年)

バーガウンド・コム 89点


20本完売。

粘土石灰質。母岩までは届かない深層部の土壌。緩やかな斜面から急な斜面まである。

45アールが1935年、2.98ヘクタールが2002年

ヴェルゼの谷間の中腹にあり、リュー・ディー"les chenes"は南西向きの2つの区画のアッサンブラージュ。

ビオディナミを実践

ポンプ式のプレス機でゆっくりと行う。タンクに移し24時間かけて固形物を沈殿させ、その後発酵槽に移す。
85%セメントタンク、15%樽(3分の1が新樽)。1935年の古木は全て樽熟成。
10か月発酵槽でエルヴァ―ジュ(シュール・リー)、その後澱引きしイノックスタンクへ。6か月タンク熟成(シュール・リー)の後、瓶詰め。
ホメオパシー式のコラージュと、必要であれば軽く濾過する。




ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’17

税別¥4000

<売り切れ>おすすめ!

スペクテーター90点(NOW)


最新パーカー88点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


バーガウンド・コム 88点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

84本以上完売!!!

「2019.11月に試飲しました。一番手ごろな価格でもやはりよい出来。緩くないたっぷりのフルーツ感で酸とミネラルが低くなく飲み頃NOW〜のバランスよいおいしさ。樽は控え目であくまでみずみずしさはキープされている。杯が進むタイプ」

’16 ファルスタッフ 92点!




Domaines Leflaive, Pouilly-Fuisse la Chaneau '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、プイィフュイッセ・ラ・シェノー’17

税別¥6700

<売り切れ>超限定品!

※初入荷!再入荷不可能!

最新パーカー91+点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


デカンター・オンライン93点!
(2019〜2024年、ティム・アトキンMV)

バーガウンド・コム 91点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点

場所はソリュトレの岩の麓。東向き。急な斜面。
粘土石灰質土壌、鉄の割合が多く、はっきりした黄土色。
植樹は1980年と1995年。




Domaines Leflaive, Pouilly-Fuisse en Vigneraie '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、プイィフュイッセ・アン・ヴィニュレ’17

税別¥6700

<売り切れ>超限定品!

※初入荷!再入荷不可能!

最新パーカー92点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


バーガウンド・コム 92点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点!!!

「2019.11月上旬に飲みました。DIAMコルク。うっすら緑がかったやや濃いイエロー。抜栓直後は樽が溶け込みきっていなくて少し固さがあり飲み頃は最低でも1年後以降かな?という印象。ナッツ、青いバナナ、洋ナシ、樹脂、スパイスの香りから時間とともにトロみのある黄桃が主体となる。冷やし過ぎないほうがおいしい。あまり縦には伸びない粘土質の多い土壌を連想させる味で、ほのかな甘みと粘性と広がりがありつつ塩味も感じられるアフター。甘エビに合いそうな雰囲気。今後もっとビオのキメ細かさが表現されてゆくのでしょう。瓶熟成でうまく樽が溶け込めば旨塩酸が前に出ると思われる。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール13.5%

場所はソリュトレの岩の下の方。完全に南向き。穏やかな斜面。早咲きのテロワール。
粘土石灰質に深層部の土壌が混じっている。
植樹は1996年。





Domaines Leflaive, MACON-VERZE "le monte" '17

ドメーヌ・ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ・ル・モン’17

税別¥4500

<売り切れ>超限定品!

※初入荷!再入荷不可能!

最新パーカー90+点
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト244号)


デカンター・オンライン92点!
(2019〜2023年、ティム・アトキンMV)

バーガウンド・コム 89点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16/20点

粘土石灰質と、バランスの取れた比率でこのリュー・ディーの特徴的なシレックスが混ざっている。

1964-1965年(の間に植えられた樹)
0.94ヘクタール

ヴェルゼの谷に張出したエスコールの小集落の上に位置する。リュー・ディー”le monte”は南西向きの緩やかな斜面の区画。

ビオディナミを実践

ポンプ式のプレス機でゆっくりと行う。タンクに移し24時間かけて固形物を沈殿させ、その後発酵槽に移す。
3分の2が樽(新樽ではない)、3分の1がイノックスタンク。
10か月発酵槽でエルヴァ―ジュ(シュール・リー)、その後澱引きしイノックスタンクへ。6か月タンク熟成(シュール・リー)の後、瓶詰め。
ホメオパシー式のコラージュと、必要であれば軽く濾過する。



’14は、アンヌ・クロード・ルフレーヴの手掛けた最後のヴィンテージ!
’14からほぼ全銘柄DIAMコルク採用のようです
(’14からケースで買うと入っているドメーヌによる飲み頃予想の紙が、今年の出来についての紙
<ピュリニー北部やムルソーで一部雹被害などあったが、最終的にはミネラルが強く、緊張感のある、それぞれの畑の個性が明確に表現された良い年というような説明>
に変わっていました)

’14もリアルワインガイド56号にて絶賛される!




ルフレーヴ、マコン・ヴェルゼ’14

税別¥4000

<売り切れ>

スペクテーター92点!(NOW〜2020年)

パーカー90点(ニール・マーティン、
2017〜2024年、ワイン・アドヴォケイト231号)


バーガウンド・コム 88点

インターナショナルワインセラー89点(2016〜2019年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

173本完売!!!ありがとうございました
※ついに’14が再入荷不可能となりました〜!







94年以降はアンヌ・クロード・ルフレーヴが一人でドメーヌの経営にあたっていたが、残念ながら2015年に他界。

その偉大な功績の跡を継いだのはブリス・ド・ラ・モランディエール。彼はオリヴィエ・ルフレーヴの兄妹の子供で、つまり、オリヴィエや、亡くなったアンヌ ・クロードの甥という事になる。教師からヴィニュロンに転向したアンヌ・クロードのように、彼もまた別の-畑-から転向してきた。元はインダストリー分野で 起業し、世界各国に居を置きつつ事業を拡大してきた。3000人を超える従業員を持つ経営者からのドメーヌ参画は異色である。



「 ブルゴーニュ白の極み!圧倒的な存在感を見せつける1本! (ワイン王国61号より、※シュヴァリエ・モンラッシェ’06に関するコメント) 」







 Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp