ロワール赤白
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


2009年のロワール白は本当にはずさない!ブルゴーニュの大当たり年と違って固さもなく、リリース直後からおいしいのも嬉しい。インポーターさんからもやはり素晴らしい年で、2流の生産者でもイマイチなワインを造るのが難しいほど(普通に造れば素晴らしいワインが出来上がる)!よい年だと聞いています


ワイン・スペクテーターによるロワール・ヴィンテージ評価

’10 シュナンブラン 94(Drink or Hold)、’09 シュナンブラン 94(Drink or Hold)

’10 ソーヴィニヨンブラン 91(Drink or Hold)、’09 ソーヴィニヨンブラン 92(Drink or Hold)


2018/4/7(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・ラ・ノブレ’15

この価格帯最高のカベルネフラン!しかもピュアで素晴らしい質感!






 



フィネス輸入の超限定品!





ドメーヌ所有、古樹のカベルネフラン画像




DOMAINE DE LA NOBLAIE, CHINON ROUGE LES CHIENS CHIENS '15

ドメーヌ・ド・ラ・ノブレ、シノン・ルージュ <レ・シヤン・シヤン>’15

(ロワール・辛口赤)


税別¥2500

<あと1本>絶対おすすめ!

※再入荷不可能!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

41本完売。

「2018.4月初旬に飲みました。縁が紫がかったやや濃いルビー色。青さなく、よく凝縮しているどころか艶のあるカシスなどの完熟ベリー、シナモンなどの甘苦系スパイス、少しメントール系、ヒマラヤ杉に近いバルサミックなニュアンスとビターチョコレートが少しあるが樽香は控えめ。ピュアで透明感のある質感、果実味しっかり、タンニンのコクがあるが、とてもキメ細かくエグみはない。アフターにはうまみ塩ミネラルと清涼感を残す上質な酸で緩さなく伸びる。有名どころの高価なシノンよりも明らかに複雑であまりにもお買い得!トラぺのオストレアなどと同じく、のどの乾かない食欲の増してくる抜群のコンディション。まだまだフランスも探せば超お買い得品ある。このワインと同じくブルゴーニュ・グラスでおいしいクーレーヌのシノン・ピカス’10がお好みだった方にもぜひ飲んでほしい。抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール13%

ユーロリーフ&ABマークあり!

樹齢35〜55年!

ドメーヌのすぐ裏にある複数の粘土シレックス土壌
(この区画はすべて醸造所に隣接している為、収穫〜迅速に醸造に移れる)

低収量、手摘み

500リットルの新樽約10%樫樽にて約15ヶ月熟成

’14 パーカー88点

’11 インターナショナルワインセラー89+点

’10 ゴーミヨ誌16.5/20点

’09 スペクテーター91点

’09’05’02 ワイン&スピリッツ誌 92点!

シノン城から車で15分ほどのところに居を構える当ドメーヌは数百年前から葡萄栽培を含む農業を営んでおり、1953年に初めて自社瓶詰をしました。1968年、ボルドーの国立農業専門学校を卒業したフランソワ ビヤール氏がドメーヌを引き継いで畑を少しずつ増やしていきました。フランソワ氏は地元の醸造学校で醸造学の講師としてロワールの若い生産者を何人も育ててロワールワインの発展にも貢献。2003年、彼の息子でありポムロールのペトリュスなどで修業を積んだ現当主ジェロム ビヤール氏がドメーヌを引き継いで、常に品質の向上、テロワールとヴィンテージのキャラクターを尊重するワイン造りを心掛けています。
(輸入元資料より)


2018/4/14(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・ドゥ・ラ・ギャルリエールNV(’15)

2018/3/27(火)アップ〜蔵出しドメーヌ・ドゥ・ラ・ギャルリエール’15


あくまでやさしい蜜エキス感!








 





Domaine de la Garreliere, Cendrillon Touraine '15

ドメーヌ・ドゥ・ラ・ギャルリエール、サンドリオン・トゥーレーヌ’15

(ロワール・辛口白)


税別¥2800

<あと4本>おすすめ!

MVF(旧クラスマン)2017年度版15.5/20グラス(Coup de l'annee!!!)

「2018.3月下旬に飲みました。抜栓直後は明るいイエローだが、亜硫酸少なそうなトップノーズから予想通り抜栓の次の日には色が濃くなった。最初は、単調ではない(特定のセレクション酵母的ではない)柑橘類、ハーブ、芝生、うっすら蜜、ミネラルなどの香りで、時間とともに温度が上がると香りがあくまで上品さのあるはちみつに漬けた青い梅系の甘さとなり、程よいエキスの厚みが出る。味わいはあくまで辛口のまま。尖っていないちょうどよい酸。苦みはとても控えめ。飲み頃NOW〜。抜栓の次の日もおいしい。色は濃くなったが、味の酸化は進んでいない印象」

アルコール13%

古い話ですが、漫画『 ソムリエール 』17巻でこのワインが取り上げられた話が、なかなかの感動話でしたね。

ユーロリーフあり!

ソーヴィニヨンブラン100%

樹齢約40年

畑・土壌:シレックスが混ざる粘土質土壌。
南向きの斜面に位置し、日照に適した区画。

今では昔よりも醸造の環境が良いそうです。

醸造:除梗なし。丁寧な圧搾ができるプヌマティック方式の圧搾機で4時間かけてゆっくりと圧搾。
澄んだ果汁を取り出し、12時間かけて前清澄。天然酵母にて、セメントタンクで2ヶ月間発酵。
1/3は500L入りの木樽で乳酸発酵、樽熟成10ヶ月。

特徴:サンドリオンとは『シンデレラ』の意味。
そのためラベルにはガラスの靴がモチーフに描かれています。




Domaine de la Garreliere, Milliard d’Etoiles Vin de France Petillant Brut Naturel NV('15)

ドメーヌ・ドゥ・ラ・ギャルリエール、<ミリアール・デトワール> VDF・ムスー・ブリュット・ナチュールNV(’15)

(ロワール・辛口白泡)


超特価・税別¥2900



輸入元定価・税別¥4,000

<売り切れ>おすすめ!

※再入荷すると¥540値上がり致します。
すべての値引き対象外となります。

「2018.4月上旬に飲みました。安くはないのですが、この特価ならおすすめできます。亜硫酸少ない色とトップノーズだが、グラスに注いだ後しばらく経っても落ちない。泡はキメ細かくガス圧弱め(瓶内2次発酵ではないのに4.5気圧もありペティヤンを名乗れないらしいそうですが)。マイナス要素のないナチュラル感でコクでは敵わないもののトップノーズはギィ・ボサール(レキュ)にわりと似ており、あくまで上品なハチミツに漬けた青い梅と海のミネラルのよい香り。ちょうどよい果実感、酸にキレはないが、中域のうまみエキスには厚みがあり、超キメ細かな苦みを伴うミネラルを残す非常に心地よいアフター。このワインの美点は中域のニュアンスだろうか。クドい甘さは全くなく、今は中辛というよりややコクのある辛口に感じられる。飲んでいて飽きない。抜栓の次の日もおいしい。泡もまだ残っている」

アルコール12.5%

ユーロリーフあり!

シュナン・ブラン50%、カベルネ・フラン50%

畑・土壌:砂や火打石が混ざる粘土質土壌。南、南西向き。

醸造:メソッド・アンセストラル方式。

キューヴにてアルコール発酵。アルコール発酵終了までに冷却することで酵母の動きを鎮静化させ、瓶詰めする。(残糖18〜20g/L)

熟成:澱と共に12カ月。ピュピトルで手によるルミアージュ(動瓶)を1カ月して手でデゴルジュマン。ドザージュせずに同じペティヤンを添加する。
シャンパーニュ同様に古いヴィンテージのものも加えて味を整えています。

ミリアール・デトワールとは『 10億の星 』の意味。
泡を星に例える感じでしょうかね
いいラベルですね!



●ビオディナミについて〜球体の奏でる音楽〜

ここでは1993年から「ビオディナミ」を行っています。
彼いわく、
「ぶどうの木の80%は、酸素、二酸化炭素や窒素などの《大気》と、日差しや明かりをもたらす《太陽放射》によってできている。」
「これら自然が放つ力やニュアンス逃さず感じてこそ、我々造り手のエスプリが形成され磨かれていくのだ!」
「ぶどうの木は、これらすべての要素がエネルギーとなって果実へと変換するのである。」
自然のエネルギーをより素直に、そしてストレートに表現してくれるのが、「ビオディナミ」というわけである。

もちろん雑草の処理は、鍬を使った手作業かトラクターで地中にすき込み、除草剤は一切使いません。
「雑草が生えていると怠け者のように見られるが、微生物が宿る《生きた土》をつくるには、農薬は使えない。」
こうして化学肥料や防虫剤も一切使わない「自然な農業」に徹しています。

粘土質が多い「重たい土壌」のため、乳酸菌を用いた土作りと、植物を原料にした肥料を自ら作り土地改良を続けています。栽培面積20ha。1995年にエコセール取得。

この方法は、葡萄と、その周辺の環境との調和をもたらすことが目的です。 空と太陽、葉と根、バランスの探求が、長い季節のサイクルの中で葡萄に花を咲かせるのです。 ビオディナミにおいて準備しなくてはならない硅石や牛糞を角に詰めたプレパラートは、葡萄の根や葉に、植物そのものの感受性や行動に作用します。 仕事において大事なことは、毎日のリズム(大地の呼吸)、毎月のリズム(月の満ち欠け)、 毎年のリズム(太陽の動き、冬至、夏至、春分、秋分)です。 宇宙の内側と外側、黄道十二九星座の接続と離反によってビオディナミが与えられたのです。 そうすることで、植物が天体のシンフォニー、ピタゴラスの言う『球体の奏でる音楽(天体は音楽的な調和をもって廻っている)』が聞こえてくるのです。

なぜ、我々が造る自然の産物のために除草剤を買うのでしょうか? 我々の仕事は30種類以上もの植物に助けられながら、相互作用によってお互いを高めあい昇華しているのです。 除草剤の代わりに、私たちは数種類の植物を混ぜ、煎じ、プレパラートを造って葡萄と土地の品質を守っています。 煎じ薬には、穀物を4〜6ヵ月と長期間発酵させて造ったパン酵母を加えています。 大地のバクテリアが発酵して造られる煮汁を葡萄の葉に散布することで、ウドンコ病やベト病などの繁殖を防ぎ、土壌や葉の中にある微量元素を開放することができるのです。


2017/11/9(木)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・べリヴィエール’15

<※年に1回しか買えません!!!〜すでに全銘柄再入荷不可能!>
シュナンブラン好きにとって最高のドメーヌのひとつ!

全銘柄送料値引きは通常通り、12本以上で5%OFF対象外となります。




ジャニエールの畑画像






 




<2015ヴィンテージについて>
開花が順調にいったあたりから、2015年ヴィンテージは何かいい雰囲気と呼べるような空気が漂っていました。振り返ってみれば、開花が遅めだったブドウの質も大変良いという珍しい傾向もみられ、ワインに複雑味をもたらしてくれました。収穫できたブドウの特徴は、なんといって皮が厚いこと。プレスの際に取れる果汁は少ないですが、香り成分が逃げることなく、取れたジュースは凝縮感があり、カビに強い等利点が多くあり、良い成熟をもたらしてくれました。

※ドイツ白などと同じで、ヴィンテージによって中辛に感じられたり微妙な差があると思われます。’14は絶賛の嵐で、HPに載せることができずにすぐ完売でした〜!

ユーロリーフ、ビオディヴァン




シュナン・ブランの素直なおいしさ
Domaine de Belliviere 2015 Coteaux du Loir Blanc L'Effraie

ドメーヌ・ド・ベリヴィエール、コトー・デュ・ロワール レフレ’15

(ロワール・辛口白)


税別¥3650

<売り切れ>超限定品!

スペクテーター92点(NOW〜2024年)

MVF(旧クラスマン)2018年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16.5/20点

ジャニエール対岸のコトー・デュ・ロワールのブドウを使用。アプリコットや黄桃など果肉の詰まった黄色い果実の香り。
しっかりとした酸がミルキーな余韻を引き締める。
(輸入元さんコメント)

品種:シュナン・ブラン100% 熟成:バリック10ヶ月

残糖:5.5g/L(中辛口)




古樹ならではの凝縮感
Domaine de Belliviere 2015 Coteaux du Loir Blanc V.V. Eparses

ドメーヌ・ド・ベリヴィエール、コトー・デュ・ロワールVV エパルス’15

(ロワール・辛口白)

税別¥5400

<売り切れ>超限定品!

MVF(旧クラスマン)2018年度版17.5/20グラス

コトー・デュ・ロワールにある様々な古樹(樹齢50-80年!)の区画

桃のコンポートや洋ナシ、スパイスの香り。丸く優しい果実に細かな酸を備えたボリュームのある辛口。
(輸入元さんコメント)

品種:シュナン・ブラン100% 熟成:ドゥミ・ミュイ&バリック18ヶ月

低収量25hl/ha!

残糖:9g/L(辛口)




肉厚な黄桃とジャニエールのフィネスの絶妙のコラボ
Domaine de Belliviere 2015 Jasnieres Rosiers

ドメーヌ・ド・ベリヴィエール、ジャニエール ロジエール’15

(ロワール・辛口白)

税別¥3900

<売り切れ>超限定品!

ワイン&スピリッツ誌 92点

スペクテーター92点(NOW〜2022年)

MVF(旧クラスマン)2018年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

’14は、当店のお客様みなさん大絶賛でした!!!

柔らかく熟した果実はまるで肉厚の黄桃。密度の高い味わいを、硬質なミネラルと酸が支える果実豊かな中辛口。
(輸入元さんコメント)

品種:シュナン・ブラン100% 熟成:バリック10ヶ月

低収量25〜35hl/ha!

残糖:5.8g/L(中辛口)

’13 インターナショナルワインセラー90点




これぞジャニエール!凛々しきフラッグシップ
Domaine de Belliviere 2015 Jasnieres Calligramme

ドメーヌ・ド・ベリヴィエール、ジャニエール カリグラム’15

(ロワール・辛口白)

税別¥6600

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

MVF(旧クラスマン)2018年度版18/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

「2018.正月に飲みました。抜栓直後はガチガチに固く、’15とは思えないほどの強靭な酸とミネラル!!!クーレ・ド・セランよりも骨格大きくないですか?という(笑)過去に飲んだどんなワインよりもアフターの塩ミネラルが強く余韻が長くはっきりと縦に伸びる。今はしょっぱすぎて飲みにくい(厳密に言えば甘じょっぱい)ほど。亜硫酸少なくても長熟可能な内容。実際に抜栓の2日後まで少しずつ向上して少しだけやわらかくなった。キメ細かく良質な苦みは常にある。少し温度を上げると蜜リンゴ、グレープフルーツ、ミネラルなどの香りで、熟成してトロみが出てきたら黄桃のニュアンスに変わりそうな予感。これほど酸が強くても違和感がないのはほかの要素がかなり強いからに他ならない。アルコールの浮きもゼロ。すごい!やっぱりすぐに開けるならレフレかロジエールですね」

アルコール13%

樹齢50年以上!

黄桃や色の濃い柑橘類を思わせる果実は熟し、豊富な酸・ミネラルが伸びやかさを与える。透明感ある立体的な広がりに、ジャニエールのポテンシャルを知る1本。
(輸入元さんコメント)

品種:シュナン・ブラン100% 熟成:ドゥミ・ミュイ&バリック18ヶ月

残糖:7g/L(辛口)






聖地ジャニエールにおいてビオディナミと自然のままのワイン造りで表現されるシュナン・ブラン
シュナン・ブランの聖地ジャニエールを見事復興に導いた、エリック・ニコラ手掛けるベリヴィエール。

ワイン造りには有機農法を採用、
2008年にはビオディナミに完全転換しました。発酵は天然酵母で自然のなすがままに行い、長い時には1年にも及びます。

VTの違いをワインの偉大な魅力のひとつとして表現するため、補糖はせずブドウの段階で糖度・酸度のバランスを見極めて手摘み収穫し、最終的な味わいを決定。独自のスタイルでジャニエールのワインを追求しています。

各ヴィンテージの違いは偉大な魅力のひとつとして決して補糖せず、テロワール別に自然酵母で行う発酵も自然のなすがままなので1年近く要するのが常と、独特のスタイルでワインを追及しており、シャトー・ディケムやマルセル・ダイスと同じく、補糖をはじめ人工的なワイン造りに反対する天然甘口ワインの生産者団体『サプロス』の一員でもある。

設立から十数年と歴史は浅いながらも、既に専門各誌で高い評価を受け、2004年ヴィンテージでは『クラスマン』で10点満点を獲得。パリのピエール・ガニエールをはじめ、数々の星付きレストランにもオンリストされており、フランスワイン界では誰もが一目置く存在である。
(輸入元資料より)


専門各誌で絶賛
リアル・ワイン・ガイド
「シュナン・ブランの美しさと深さを引き出す手腕に脱帽」

Les Meilleurs Vins de France
「全てのワインが透明感と共にそれぞれのテロワールを表現している。シュナン・ブラン通は必ず手に入れるべき」


 

2017/5/22(月)アップ〜蔵出しアンドレ・ヴァタン’14

シレックス土壌の入手難サンセール!






 





Domaine Andre Vatan, Sancerre Blanc Saint-Francois '14

アンドレ・ヴァタン、サンセール・ブラン・サン・フランソワ’14

(ロワール・辛口白)


税別¥4200

<あと2本>フィネス輸入の超限定品!

アルコール13%

ソーヴィニヨンブラン100%

樹齢約40年

シレックス土壌

約33%新樽、約66%ステンレスタンクで熟成

年産:わずか4,000本程度

樽熟によるコクと旨味がレモンバターと素晴らしいマリアージュとのことです

やはり基本的にはサンセール地区も
’14は涼しくキレイな酸とミネラル
’15は乾燥して完熟
のようです。

『 4代に渡って葡萄栽培を続けているこのドメーヌは、現在14haの畑を所有しています。真面目で温厚な性格の現当主アンドレ ヴァタン氏は丁寧な畑の手入れを心掛け、区画によるテロワールの違いを見事なアサンブラージュによってまとめ上げた、秀逸なサンセールを造っています。 14haの畑は約40の区画に分けられ、白土と石灰土壌の畑、小石と石灰土壌の畑、シレックス(火打石)土壌の畑の3つのタイプがあります。斜面の畑には畝ごとに草を残して土壌が流れてしまうのを防ぎ、微生物の作用によって畑を活性化させるようにしています。 アルコール醗酵は温度調節のできるグラスファイバー製のタンクで行われ、熟成はステンレスタンクや新樽が使われます。週1回の割合でバトナージュが行われ、澱の旨味を引き出してワインに厚みを与えています。アサンブラージュの割合はスーチラージュの時の試飲によって決められます。 (輸入元資料より) 』


2017/5/22(月)アップ〜蔵出しドメーヌ・デ・ゾビュイジエール’16

しっかり辛口でミネラリー!






 





Domaines des Aubuisieres, Vouvray Sec Cuvee de Silex '16

ドメーヌ・デ・ゾビュイジエール、ヴーヴレ・セック・キュヴェ・ド・シレックス’16

(ロワール・辛口白)


税別¥2850

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2017.5月中旬に飲みました。こちらの方が、ヴィニョー・シュヴロー’15よりもしっかり辛口の教科書的で正統派とも言えそうな味わい。エキスの厚みはないが、昔のワイン愛好家にはこちらのスタイルの方が受けが良い場合もある。果実がややしっかり、みずみずしくクリーンで、ややキレがあり、リリース直後でまだごくごくわずかに微々発泡を感じるフレッシュでミネラリーなおいしさでアフターに多少塩味も感じられる。うっすら緑がかった輝きのあるやや明るいイエロー。シトラス、青りんご、ハーブ、麦、グレープフルーツ、ミネラルなどの香り。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまったく落ちないどころか、微々発泡がなくなり酸とミネラルのキレが増して縦ラインがびしっとクッキリ向上。こっちもすごいかも!」

アルコール12.5%

この銘柄が、過去16年の間に7度パーカーポイント90点超え!

’08 インターナショナルワインセラー90点

’08 スペクテーター89点


現当主: Bernard Fouquet ベルナール・フーケ

シュナンブラン100%

土壌: 粘土石灰質土壌と粘土ケイ素(シレックス)土壌

区画: Le Marignyル・マリニィ、Le Bouchetル・ブーシェ、Le Plan de Jeanル・プラン・ド・ジャン、Le Clos de L'Auberdiereル・クロ・ド・ロベルディエール、Les Girardieresレ・ジラディエール、Les Perruchesレ・ペリュシュ、Les Chairs Saleesレ・シェール・サレ


栽培方法: 全ての畑で恒常的に下草を生やし、リュット・レゾネを実践している。

醸造: 手摘みで収穫〜厳格な選別をした葡萄をダイレクト・プレスした後、果汁の酸化を避け、二酸化硫黄の添加量を少なくするために、不活性炭酸ガスを充満させたタンクに入れデブルバージュ(前清澄)を行なう。その後、温度管理機能付きのステンレスタンクで発酵を行う。発酵終了後、引き続き発酵と同じ容器で、シュール・リーの状態で熟成させる。セックのキュヴェに関しては、ステンレスタンクで熟成させているキュヴェには定期的にルモンタージュを、樽で熟成させているキュヴェには定期的にバトナージュを施す。
マロラクティック発酵は行わず,収穫の翌年の2月に瓶詰め。

*相性料理: アペリティフとしてお召し上がり下さい。あるいはハムやソーセージなどの豚肉加工品や,ソースを添えた甲骨類や魚の料理,山羊のチーズなどと一緒に召し上がると良いでしょう。


ヴーヴレのトップ生産者としてすぐに名前が挙がるのがドメーヌ・ユエとクロ・ノーダン(フィリップ・フォロー)。しかし、日本ではあまり知られていないが、この2人に並び、今、最高峰ドメーヌとして広く認知されている蔵元がある。Bernard Fouquetベルナール・フーケが現当主を務めるDomaine des Aubuisieresドメーヌ・デ・ゾビュイジエールだ。

2008年10月に発売されたロバート・パーカーの最新のワインバイヤーズ・ガイド第7版においても、このドメーヌ・デ・ゾビュイジエールはロワールの生産者として、ディディエ・ダグノー、フランソワ&パスカル・コタと完全同格の五つ星に格付けされている。しかも「全世界の白ワインの中で、もしこれ以上に価格と質のバランスが優れたワインがあるなら是非教えて欲しい!」とまで絶賛されているのである。欧米で大人気を博しているドメーヌでもあるため,毎回争奪戦!


2018/5/25(金)アップ〜蔵出しヴィニョー・シュヴロー’16とNVペティヤン

1995年からずっとビオディナミ

’15は、
おそらく過去最高の出来!熟した果実と凝縮したエキス感、同時に酸もしっかりでミネラル量、バランスと余韻も秀逸!








 




ドメーヌ・ヴィニョー・シュヴロー、ヴーヴレ・ペティヤン・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)


税別¥2150

<あと2本>おすすめ!

Wine Enthusiast 90点

「2018.3月中旬に飲みました。抜栓直後のおいしさはなかなかのもので蜜リンゴやミネラルなど果実味しっかりでバランスもよく、ミネラルも感じられる。抜栓の次の日からごくわずかに緩くなり、抜栓の2日後には明らかに緩くなった。初日に数人で飲みきってしまうと一番おいしいと思われます」



「2017.5月中旬に試飲しました。前は少し緩さがあったが、ミネラルが強くなったのかこの銘柄も少し向上したように思う。果実味と質感も良く、酸自体はキレキレではないが、バランスよく楽しめる」

シュナンブラン100%

瓶内二次発酵

瓶熟成24ヶ月以上を経てリリースされる

泡も認証ありビオディナミ




Domaine Vigneau-Chevreau, Vouvray Clos de Rougemont Abbaye de Marmoutier Sec '16

ドメーヌ・ヴィニョー・シュヴロー、ヴーヴレ <クロ・ド・ルージュモン> アベイ・ド・マルムティエール・セック’16

(ロワール・辛口白)


税別¥2400

<売り切れ>

スペクテーター92点!(NOW〜2026年)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!




Domaine Vigneau-Chevreau, Vouvray Clos de Rougemont Abbaye de Marmoutier Sec '15

ドメーヌ・ヴィニョー・シュヴロー、ヴーヴレ <クロ・ド・ルージュモン> アベイ・ド・マルムティエール・セック’15

(ロワール・辛口白)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!!!(2020〜Cellar Selection!
さらに2017年度 セラーセレクションTOP 87/100位に選ばれる!)


スペクテーター・オンライン92点!(NOW〜2022年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

211本完売!!!ありがとうございました

※このワインも今後、ドライ便はお勧めできません。

「2017.5月中旬に試飲しました。過去に何度か試飲していますが’15が今まででもっとも完成度が高かった。そもそも常においしいシュナンブランは探しているのですが、基準がラ・リュンヌなので、なかなかよいものを見つけられないという、、、明らかに昔よりも亜硫酸が少ない、でも揮発酸や酢酸もなく不快な要素や欠点のないトップノーズ〜大成功した年のヴァン・ナチュール的な甘旨エキスの凝縮がありつつ、酸がしっかりなので(下位ヴーヴレ・セック’15よりもしっかりした酸!)あくまで美しく流れる辛口。ミネラルもしっかり、余韻も長く、この価格では滅多にお目にかかれない完成度の高さ!擦りおろした蜜リンゴ、ハーブ、ミネラルなどのよい香り。抜栓の次の日も非常においしい。まったく落ちない。 ※書き忘れ:アフターに旨塩ミネラルもたっぷりです!」

アルコール12.5%

シュナンブラン100%

平均樹齢23年

粘土石灰質土壌

醗酵:オーク樽醗酵(500リットル、新樽比率5%)

熟成:ステンレスタンク熟成

1995年からビオディナミでブドウ栽培を続けるヴーヴレのドメーヌ。煮詰めたリンゴやジャスミン、蜂蜜を連想させる香り。果実の旨味の中にミネラル感がしっかりと生きたワインです。


単一畑:クロ・ルージュモン
「ヴーヴレ」のアペラシオンの中で最古のクロ
(石垣で囲まれた畑)
『 マルムティエール修道院 』がこの地域で最初にシュナン・ブランの栽培を始めた場所でもあります



カーヴィストがわざわざ足を運んで買い付けに来るほど旨い!

ドメーヌの設立は1875年。以来5世代に亘りヴーヴレの中心にワイナリーを構え、ワイン造りを続けてきました。もともと2haだった所有畑は今では13haに増え、時代に沿った改革を代々続け品質の優れたワインを造り続けてきた結果、今でもヴーヴレのワイン発祥の地である「マルムティエ大修道院」の歴史ある畑から造られるワインを楽しむことが出来るのです。


■マルムティエ大修道院

2世紀の初め頃、マルムティエ大修道院はは西ヨーロッパでも最大の修道院の一つでした。諸国の王様や法王たちがマルムティエを訪れてはロワール渓谷の丘に広がるブドウ畑に囲まれて聖マルティヌス(ワインの守護聖人として知られる)のワインを飲んでいたとされています。その後1789年のフランス革命によりマルムティエ大修道院は破壊され、衰退の一途をたどります。啓蒙時代の到来と新しい時代の幕開けの後、19世紀後半にはフィロキセラがこの地を襲い、聖マルティヌスのワインは完全なる終焉を迎え、世間から忘れ去られていったのでした。

その後、修道院は200年ほど世間から忘れ去られていましたが、トゥーレーヌのワイン組合とトゥールの町一体で協働し、もう一度この歴史ある地に光を当てようと活動を始めます。ドメーヌ・シュヴローもその取り組みに参加し、クロ・ド・ルージュモンの畑を50年間借りる権利を与えられます。ワイナリーはこの歴史的価値のある畑で良質なワインを作ることを目標に掲げ、1995年にブドウ樹の植え替え、同時にビオディナミ栽培を始めました。丘の片側には1,600株の接ぎ木なしのブドウ樹と、その反対には10,000株の接ぎ木したブドウ樹を植え、最高のブドウ樹を最高の土壌に当てます。

現在はクリストフ、ステファンの兄弟が、信じられないほ価格で高品質のヴーヴレを造り上げています。リリース量の55%は、ドメーヌ直販売と、ヴーヴレの中では異例。その品質の高さから、フランス国内のレストラン(オーベルジュ・ド・レリダン、シャルル・バリエ、シャトー・ボーリュなど)やカーヴィストがわざわざ直接足を運んでまで買いに来るそうですが、生産量が追いつかず入手困難なワイナリーです。

テロワールの魅力を引き出す

ワイナリーでは代々自然な栽培を実践してきましたが、1995年に全ての畑でビオディナミに移行しました。そうすることで、より土地が持つ魅力をワインに写し取ることができると考えています。

ABマークあり!


2018/6/30(土)アップ〜蔵出しマルドン’15

古樹のカンシーと珍しいピノグリのロゼ!






 



ブドウ畑は現在、リュット・レゾネからビオロジックに移行中。







Mardon, Quincy '15

マルドン、カンシー’15

(ロワール・辛口白)


税別¥1900

<あと3本>

スペクテーター89点(NOW)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

45本完売。

樹齢25年

シリカ混じりの粘土質

フレッシュで生き生きとした典型的なソーヴィニョン・ブラン。グレープフルーツなど柑橘系の果実香にほんのりハーブ。ピュアな酸味は適度に角が丸まり、柔らかな果実味と一体となっている。全体を包み込むエレガントなミネラル感。爽やかなフィニッシュ。




Mardon, Quincy Cuvee Saint Edme '15

マルドン、カンシー・キュヴェ・サン・エドム’15

(ロワール・辛口白)


税別¥2000

<売り切れ>

シリカ混じりの粘土質

樹齢45年以上の古木から造られた、カンシーの上級キュヴェ。トラディションと比べて一層の華やかさを増した、熟したグレープフルーツやパッションフルーツの香り。厚みもありながら締まったボディ。フレッシュな酸味も心地よい。実にエレガントなロワールの白。

ソーヴィニヨンブラン100%

全房発酵

’10 パーカー90点

’08’05 インターナショナルワインセラー90点




Mardon, Reuilly Gris Domaine Luc Tabordet '15

マルドン、ルイィ・グリ・ドメーヌ・リュック・タボルデ’15

(ロワール・辛口・ロゼ)


税別¥1800

<売り切れ>限定品!

※再入荷不可能!

非常に珍しいロワールのピノグリ100%!!!
(AOCルイィは、ピノ・グリの栽培がロゼ用に認められています)



<ロワールのマイナー産地が育む 爽やかな白>

ロワール川から少し離れるが、サンセールの西20キロほどの距離に位置するカンシーとルイィもロワール地方サントル地区の一部である。
カンシーはソーヴィニヨンから造られる白ワインのみが認められ、現在の栽培面積はおよそ270ha。

ルイィには赤、白、ロゼがあり、赤用のピノ・ノワールと白用のソーヴィニヨンのほか、ピノ・グリの栽培がロゼ用に認められている。栽培面積はカンシーより若干小さな210ha。

この忘れられがちなマイナー産地でもっとも信頼のおける造り手のひとつがドメーヌ・マルドン。カンシーに代々続くドメーヌであり、現在は5代目のエレーヌ・マモー・マルドンが当主。エレーヌは父の没後、2002年より経営に参画している。

近年、ルイィの面積を増やしたため、ドメーヌの所有畑は合計19haへと拡大。カンシーが大部分を占め、ルイィは5.5ha。
ルイィは以前、ピノ・ノワールから造られる赤のみだったが、2011年に白、2012年にロゼをラインナップ。

白ワインの醸造は温度調整可能なステンレスタンクを使用。スタンダードなカンシーは、自生酵母による自然発酵のワインと培養酵母を用いたワインを後にアッサンブラージュする。基本的に砂がちなカンシーの土壌からは軽めのワインが出来上がるが、このドメーヌのワインは十分な厚みが感じられる。

またカンシーには樹齢45年の古木から造られる上級品の「キュヴェ・エドム」があり、こちらはさらに酒質が高い。キュヴェ・エドムは培養酵母を用いず、すべて自然発酵による醸造。白のマロラクティック発酵はしない。


2018/7/21(土)アップ〜<※12本限定!>蔵出し超特価ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール’14VV・デ・ブランドリ

2016/7/2(土)アップ〜蔵出しラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール’14ラ・リュンヌ(750ml)

2014/3/2(日)アップ〜蔵出しラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール’11ラ・リュンヌ(マグナム)と’12ラ・リュンヌ(750ml)

このドメーヌのボンヌゾーは世界最高の甘口のひとつと言われています!





 

 










ラシーヌ輸入の限定品!


2002年にカベルネソーヴィニョンとガメイの栽培をやめ、シュナンブランに植えかえた

大小4つの垂直型木製のプレスを使い分けている。10haの畑すべてでビオディナミを実践。225リットル樽で熟成、いずれも補糖しない

エコセールとデメテル認証ビオディナミ、SO2極少

近年、評価が高すぎます。昔は変人扱いもされたでしょうが、やっと時代が追いついてきた?ヴァン・ナチュール好きでラ・リュンヌを飲んだことがないとかはあり得ないこと!




La Ferme de la Sansonniere (Mark Angeli),
VdF - Les Vieilles Vignes des Blanderies '13

ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール、VDF・レ・ヴィエイユ・ヴィー二ュ・デ・ブランドリー’13

(ロワール・辛口白)

在庫限りの超特価・税別¥4500

↑なんと17%OFF!!!

当店通常価格・税別¥5400

<あと10本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
10年前に’02を税別¥5200
で販売していましたので、
ありえないくらい値上がりしていません!!!

最上級品であるブランデリーVVは、近年生産量極小で
’18は生産出来ませんでした、、、

「2018.7月下旬に飲みました。おそらく好みの分かれるワイン。抜栓直後の酸味に若干危うさがあるか?(ヴァン・ナチュール好きではなくブルゴーニュ通の価値観で考えるときの揮発酸)今はギリギリ正常だけど近年のここは基本的にサンスフルなので抜栓後時間経過でさらに揮発酸強くなって飲めなくなるかも?と思ったのですが、さすがマルク・アンジェリさん、二コラ・ジョリーとは違う意味で抜栓後まさかのどんどんおいしくなってゆきました。抜栓の5日後までおいしく楽しめる。理屈では酸化が進むはずなのに果実のエネルギーが出てきてバランスよくなるという初めての体験をした。やっぱり並じゃない造り手とインポーターのラインはすごい。扱う人にも強い気持ちが必要。色も変に濃くならない。最初から最後までやや濃いイエローのまま。上品高貴系の蜜、アンズ、キラキラ系ミネラルがあり、最初はキレのある酸だが、どんどん優しい癒し+意外に力のある果実となる。昔のようなインパクトのある甘味ではなくあくまで辛口〜中辛くらいの優しい甘味」

アルコール13.5%

’04 ワイナート32号 93点

’02 クラスマン10/10グラス満点!

’02 リアルワインガイド第10号にて絶賛される!

’02 12本完売。

シュナンブラン100%

「密度、ミネラル、アルコールのバランスのよさ、スパイシーでピュアな風味に驚かされる!フランス辛口白ワインの最高峰のひとつであり、偉大なテロワールをよく表現している。(クラスマン2005年度版より)」

少しだけ新樽を使用して、樽発酵&樽熟成(←これは昔の資料なので今はどうかわかりません)

真に優れた単一畑の相当な古樹から造られる希少品!
すべての畑でビオディナミを実践。補糖なし





ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール、VDF・ラ・リュンヌ’14

(ロワール・辛口白)

税別¥3700

<売り切れ>

最新パーカー92+点!!!(2019〜2029年、ワイン・アドヴォケイト227号)

デカンター・オンライン92点!(For the weekend: Great wines under 20ポンド.)

MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

アルコール13%

ロウキャップ

’13 パーカー92点!




ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール、VDF・ラ・リュンヌ’12

(ロワール・辛口白)

税別¥3550

<売り切れ>

パーカー92点!(2019〜2025年、ワイン・アドヴォケイト215号)

MVF(旧クラスマン)2015年度版16.5/20グラス!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16.5/20点!(クープ・ド・クール!!!)

アルコール13%

かなりおいしいが、酸のキレはあまりない年らしいですね。うまみとミネラルが多いので骨格的には問題ないと思われます

※再入荷不可能!




ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール、VDF・ラ・リュンヌ’11

(マグナム・1500ml・ロワール・辛口白)

超特別価格・税別¥6200

<売り切れ>限定品!

※マグナムは通常750mlの2倍以上の価格となりますが、在庫限りの特価です!マグナムのロウキャップは配送中に割れやすくなっております。


ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール、VDF・ラ・リュンヌ’11

(750ml・ロワール・辛口白)

税別¥3200

<売り切れ>

※再入荷不可能!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2014年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版15.5/20点

アルコール13%

一般的には’10よりもややシャープでミネラリーな味わいの’11ですが、サンソニエールは例外的な大成功だったとのことです!




ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール、VDF・ラ・リュンヌ’10

(ロワール・辛口白)

税別¥3400

<売り切れ>

MVF(旧クラスマン)2013年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版15/20



ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール、VDF・ラ・リュンヌ’09

(ロワール・辛口白)

税別¥3400

<売り切れ>絶対おすすめ!

当たり年!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

Wine&Sprits誌 94点!!!

MVF(旧クラスマン)2011年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版15/20点&お買い得マーク付き!

24本完売。ありがとうございました

「2011.10月に2度試飲しました。」



「2011.7月末に再度飲みました。今回は抜栓直後よりも抜栓の次の日の方が明らかにおいしく感じられた。あくまで上品さと高貴さを残したほのかな甘さが心地よく、杯が進む。貴重な個性を持ったワイン。意外なことに少し温度を上げてもダレずに酸不足は気にならずに楽しめた。そもそもの酒質がハイレベルなのでしょう」

「2011.5月に飲みました。緑色の弱いやや濃いイエロー。この手の薄いロウキャップは気にせずそのまま上からスクリューを刺すのがおすすめ。かるくすりおろした蜜リンゴ、ミネラルの香り主体。キレはないがバランスの中で意外に低くはない酸。豊富なうまみとミネラルで、予想よりかなり長いアフター。そして完全な辛口というよりほのかな心地よい甘さの残る中辛口よりの辛口で、シュナンブラン特有のタンニンはすでに溶け込んでおり、よいバランス。例年よりも少し熟度が高く酸が低めなのかもしれない。なので’09は温度を上げすぎない方がおいしく楽しめると思う。香りやアタックのイメージよりも余韻が長くて驚かされた!抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後は、抜栓直後と比べると大分違う風味(冷蔵庫の野菜室に立てて保存)ですが、相変わらずおいしく余韻が長い。少しトロみもあり、かなり楽しめた!」

アルコール13%

※透けて見えるような薄いロウキャップです。

手ごろな価格でこの造り手の実力とシュナンブランの本当の素晴らしさを試せる1本なので、常に人気が高い銘柄

’07 ワイナート54号 90点

ヴァン・ド・フランス、モノポール

樹齢20〜30年

シュナンブラン100%

低収量約22hl/ha!

年間生産量:わずか2500本程度!

耕作:馬による土寄せ、土崩し。トラクターによる夏の整備

無清澄

醸造中のSO2添加なし、瓶詰め時に必要最小限添加

 

 

ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール、VDF・レ・フシャルド’07

(ロワール・辛口白)

税別¥4000

<売り切れ>絶対おすすめ!

’07が大成功&飲み頃!限定品!

MVF(旧クラスマン)2010年度版17/20グラス

25本完売。ありがとうございました〜※再入荷すると’08に移行します!

「2011.3月に飲みました。予想以上に濃いイエロー。オリ多め。抜栓直後から最高においしい飲み頃NOW〜だが、冷やしすぎないほうがさらに複雑な香りとエキス溢れる味わいが楽しめる。シャトー・フュイッセのコレクション・プリヴェ’98や6〜7年以上熟成させたソゼあたりと同様、近年でもっとも驚かされた白ワインのひとつ!圧倒的に素晴らしいが、極めて繊細なアフターが特に優れているおいしさなので、樽しっかりのトロみのあるシャルドネ等アタックのインパクトとパワー重視の白ワインがお好みの方には無理におすすめしません。このワインのアフターは本当にすごいです。極めてキメ細かな苦みとタンニン、うまみとミネラルが残る長いアフター。カリン、桃、蜜リンゴ、ミネラルなどの混ざり合ったよい香り。時間とともに香りが甘くなる。他で代わりの利かない貴重な個性を持ったワイン。抜栓の2日後までおいしい」

アルコール13.5%

※透けて見えるような薄いロウキャップです。

ラ・リュンヌの格上キュヴェ

ヴァン・ド・フランス、モノポール

樹齢35年

シュナンブラン100%

超低収量約16hl/ha!

わずか0.52haの畑

年間生産量:わずか1000本程度!

耕作:馬による土寄せ、土崩し。トラクターによる夏の整備

無清澄

醸造中のSO2添加なし、瓶詰め時に必要最小限添加

『 マルク・アンジェリが手がける絶品のシュナン・ブランは、すっかりおなじみになりました。軽やかさ、官能的でかつ上品な味わいは、ひと口味わった瞬間に、飲み手を深い感動へと導いてくれます。目を閉じて余韻を味わう一瞬の、なんと幸せなこと。端正な美しさに秘められた力強さは、後述するようにマルクの人となりを映し出しているのです。

マルクは、いまやトレードマークとなったハンチングをかぶり、日暮れまで畑に出て自らを“paysan polisson ”「おちゃめな農夫」とでも訳せばいいでしょうか、とふざけ半分に自称しています。ご存知のようにINAO (l’Institut National des Appellations d’Origine 国立原産地呼称機関)と論争を繰り返し、「AOCが求める生産地の特徴など、あまりにもいい加減で、ナンセンスこの上ない」とINAOをl’Institut Negativiste de l’Apathie Organoleptique(生理学的に感覚が鈍くて無為無策な、消極的機関)と決めつけ、誇りをもってヴァン・ド・ターブルを名乗っています。

原子力発電所建設に反対し、核開発や戦争に怒り、純粋に平和のために祈り、つねに古の叡智に耳と心を傾け、精神をとぎすまし、マンネリと不断に戦い、思索しつつワインを造っているような人物です。純粋なひたむきさと強い意志、高い志と繊細な感覚が、醸造を始めて10余年という経験から練りあげられた技と一体になって、丹精した畑の力を引き出すことに成功し、味わいに現れているのではないでしょうか。数年来、彼のシュナン・ブランをこよなく愛し、ひたすら楽しんできたわたしですが、2001年を境にその作風が大きく変ったように実感しています。

一般的にいって、エキスが閉じ込められた辛口のシュナン・ブランは、えてしてアーモンドの核めいた苦さが残りがちで、タニックなニュアンスが感じられることが多いのですが、2001年以降の彼の作には、まるで宙を舞う天使を思わせるような、無上の軽やかさがあります。まさしく彼のワインは、しみじみと苦しみを超えた人生の喜びをかみしめることができる、大人の飲みものではないでしょうか。いまや人知の域を越えて「芸術品」ともいうべき境地に達した趣のある極上のアンジュを味わって、幸せなひと時に浸っていただきたいと思います。 (輸入元資料より) 』

 




ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール、ロゼ・ダン・ジュール’10

(ロワール・ほのかな甘口・ロゼ)

特別価格・税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

※ごくわずかなラベル不良品も在庫に含まれております。再入荷すると’11に移行します。

ワイナート71号にて絶賛される!

ゴーミヨ誌16/20点!

MVF(旧クラスマン)2013年度版15/20グラス

「2013.8月下旬に飲みました。そのまま上からスクリューを差すと開けやすいタイプの(固くバキバキに割れない、ぺリぺリむける系の)ロウキャップ。ロゼというよりほとんど赤ワインの色調。トップノーズは、ビュジェ・セルドン的な艶やかなイチゴとネクター気味の洋ナシ、ミネラル、ほのかにスパイスなどの香り。予想より甘味が控えめで、少しタンニンがあり、とても上質な酸味で、エキス感があり、余韻長めの飲み頃NOW〜。冷やしすぎるよりもやや冷えがベストっぽいです。5年くらい前に飲んだ時はもっと甘かったので今回の方が杯が進む。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール11.5%

’09 ゴーミヨ誌16.5/20点

誰もが認める最上のロゼ・ダンジュ!ロゼ・ダンジュとしては高価ですが、飲むといつも価格以上の満足度がある他に替えのきかない銘柄、貴重な個性です

年によってロゼ・ダンジュを名乗れないヴァン・ド・フランスとしてリリースされますが品質も規格外の最上のものです

カベルネソーヴィニヨン75%、グロローグリ25%

カベルネ・ソーヴィニヨン(樹齢9年、8600株/ha)、グロロー・グリ(樹齢40年、6000株/ha)

カベルネ・ソーヴィニヨン(粘土・砂質)、グロロー・グリ

亜硫酸添加:醸造中0、瓶詰め時34mg/l

『 この畑はクリマの特徴で毎年グロロー・グリに貴腐がつき、大変香り高い美しいロゼができる軽やかで上品な甘さがある。 (輸入元さんコメント) 』




サンソニエール、ボンヌゾー・コトー・デュ・ウーエ’04

(ロワール・極甘口白・750ml)

特別価格・税別¥7000

<売り切れ>限定品!

ワイナート32号 95点(2010〜2025年)

クラスマン19/20グラス

※この価格での再入荷不可能!この銘柄のみトーメン輸入

世界最高の甘口のひとつと言われています

貴腐化に最適な年のみの生産

ボンヌゾーは、ハーフ・375mlがよく流通していますが、

冷蔵庫保管で長く香りと味わいが落ちませんのでじっくり楽しめます

超低収量なんと6hl/ha!

無補糖甘口の先駆者的存在

1989年にニコラ・ジョリーとフランソワ・ブーシェのもとで研修

クラスマン2つ星生産者

(アンジュ・ソミュール地区の3つ星生産者はニコラジョリーのみ)

「ビオディナミと超低収量によるボンヌゾーの高貴な味わい(ワイナート32号より)」

「これを芸術と呼ばずして、何を芸術と呼べばいいのだろうか(ワイナート32号より)」


2017/8/3(木)アップ〜蔵出しドメーヌ・ヴィネ’15

2017/4/5(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・ヴィネ’12上級クリュ

リピート率高い!久しぶりに見つけた超お買い得白ワイン!






 




テラ・ヴィティス認証あり




ドメーヌ・ヴィネ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュルリー<ドメーヌ・サン・マルタン>’15

(ロワール・辛口白)


税別¥1200

<売り切れ>

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

48本完売。ありがとうございました



ドメーヌ・ヴィネ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュルリー<ドメーヌ・サン・マルタン>’14

(ロワール・辛口白)


税別¥1200

<売り切れ>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

288本完売!!!ありがとうございました〜※あと少しで’15に移行致します。

「2016.3月に試飲しました。ミュスカデはビオの2大生産者がすごいので意欲的に探していませんでしたが、これもかなりおいしい!真夏に限らずしっかり冷やしても、やや冷えでもおいしい。ラングロワ・シャトーの取り扱いを止めたラックさんが探してきたミュスカデはラングロワよりも安くてさらにおいしかった。さすが矢野さん!この価格は凄いです。果実味、うまみとミネラル、バランスに優れ、キレキレではないがちょうどよい酸で心地よさが際立つ飲み頃NOW〜。小さいが過不足なく良くまとまったおいしさ。この銘柄に関しては上級品とは違って寝かせてもおいしくならないと思われる」

アルコール12%

’10 スペクテーター88点

1haは樹齢60年!、残りの畑は樹齢25年以上!




ドメーヌ・ヴィネ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ<クロ・ド・ラ・ウセ>’12

(ロワール・辛口白)


税別¥1700

<売り切れ>限定品!

Wine Enthusiast 92点!!!(Editor's Choice)

29本完売。〜※あと1回再入荷が決まっています!




ドメーヌ・ヴィネ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ<クロ・ド・ラ・ウセ>’10

(ロワール・辛口白)


税別¥1800

<売り切れ>おすすめ!

※再入荷不可能の限定品!

「2016.3月下旬に飲みました。飲み頃がまだ全く過ぎていないということはリリース直後は凝縮感もあり結構な酒質だったのでしょう。酸がキレキレのミュスカデをお求めの方に向かないだけで、うまみが多く、ミネラルも感じられ、飲み頃のまろやかさも。吟醸香にも似た香り、かんきつ類、日本の梨等の香り。抜栓の次の日もおいしい」

アルコール12%

このクリュはシュル・リーの表記は許されない。ヴィネでの熟成期間は24か月、ステンレス・スチールタンク。その後最低24か月の瓶熟成をしてリリースされる。

2011年は生産されなかった

2010年の生産量:4000本

この畑の特徴はシストとグナイスの土壌に加え、畑の回りを林に囲まれている事からくるその環境にある。この環境のおかげで葡萄の成熟が早く、かつ、収穫を遅くしても酸度が下がらず、安定している事。糖度もアンバランスにならず、かつ、化学的成熟度が上がるので、濃縮感のある力強い酒質になる。

『 ラ・エ・フアシエール村には、「クロ・ド・ラ・ウセ」という、石垣に囲まれた0.7haの単一畑を所有。2014年の時点で最新ヴィンテージが2009年という驚愕の瓶熟成を施したミュスカデであり、瓶詰め前も18〜24ヶ月という長期間にわたり、シュール・リー状態のままバトナージュしつつ、寝かせられる。このクロ・ド・ラ・ウセは、現在、INAOで検討が進められているクリュ・ミュスカデのひとつとして申請されたところだ。 (輸入元資料より) 』



ドメーヌ・ヴィネのモットーは
「技術に頼らず、普遍的な存在としてのミュスカデ・シュール・リーを表現すること」である。

結晶片岩、片麻岩、角閃岩などさまざまな変成岩由来のテロワールをもち、海洋性の気候である。このテロワールが、爽やかで、バランスがとれ、香り高い白ワインをコンスタントに生み出すことに一役買っている。

自然に敬意を払い、農薬散布はできる限り抑えたリュット・レゾネ。草生栽培で樹勢をコントロールし、必要な場合には夏期剪定を行う。光合成に必要な葉面積を残しつつ、摘葉も実施。健全なムロン・ド・ブルゴーニュが実る。


2016/3/20(日)アップ〜蔵出し二コラ・ルナール’14ソーヴィニヨン

2016/2/14(日)アップ〜蔵出し二コラ・ルナール’11’12

久しぶりに彼のワインが飲めます!!!







 



※ラシーヌ輸入の限定品!




上記画像は、アンボワーズの理想的な洞窟カーヴ

自然本来の環境に添うために、最大限余計な部分をそぎ落としてワインを造っている。ネット環境も整っていない作業場で、ニコラは寝泊まりしながらワインを造っている。幸運な物件に出会えてニコラはとても満足げ。これで長期エルヴァージュ計画も、準備は万端。

ニコラ・ルナールの新たな出発を確認のため訪問。思えば長いつきあいとなるニコラは、他に真似できない飛びぬけたワインを造る点にかけては、疑いなく天才です。が、天才には気まぐれがつきもの。いつも内心、ワインが商品となって出てくるまで、ハラハラしどうしです。なのに、このたびは大きな嬉しい驚きでした。なんと、理想的な洞窟のカーヴを入手していたらしいのです。
(輸入元資料より)


Nicolas Renard

あのすごい美味しさだった伝説のルメール・フルニエ’02ヴーヴレ(当時ヴァン・ナチュールに懐疑的なご意見が多かった当店の常連客様からですら絶賛の声がかなり多かった!)関連を造っていた人物、他にも僕は飲んだことがありませんがジャスニエール’95’96も凄まじいワインだったそうです。ティエリー・ピュズラさんとも親交がある

そもそもティエリー・アルマンのもとでサンペレを造っていたので、サンペレは大得意!




二コラ・ルナール、トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン・ジャンヌ’14

(ロワール・辛口白)


税別¥3000

<売り切れ>幻の超限定品!

※このワインのみのご注文はご遠慮いただいております。お一人様2本までとさせていただきます。すべての値引き対象外となります。

初入荷!当然再入荷不可能です!

サンペレ以外は買えないと諦めていましたが、なんとか少しだけ割り当てをもらえました〜!!!

アルコール12.5%

ロウキャップ

Touraine Sauvignon - Jeanne 2014

品種: ソーヴィニョン・ブラン

土壌: 石灰質

醸造: ステンレスタンクで醸造、酸化防止剤非使用。ビン詰めは重力を利用して行う。




二コラ・ルナール、サンペレ’11

(北ローヌ・辛口白)


税別¥6900

<売り切れ>絶対おすすめ!

限定品!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

24本完売。ありがとうございました〜※’11は再入荷不可能!

「2016.2月下旬に飲みました。予想通りの濃い色調だが、不快なニュアンスゼロ。ヴァン・ナチュールにありがちな早熟度合いと今後の熟成ポテンシャルがわかりにくいということはありますが、とにかく今飲んで素晴らしいおいしさ。普通に造ったらこうはならない?というまろやかで濃いすごいエキス感と余韻で、驚くほどのエネルギー。よくもまぁこれほどのエキスとミネラルを引き出せるものだ!酸はキレていないが、味が詰まって凝縮して不足がない。ほのかな甘み・甘苦さを伴う辛口で個性とほろ苦い心地よさもある。1万円クラスの最上のコンドリューのような余韻のとてもキメ細かな上質な苦み。完熟ラ・フランス、ミネラル、白胡椒、べっこうあめ、黄桃、蜜、花などの強い香り。サンペレとしては高いが、飲んだ後だと少しも高いと感じない。抜栓の次の日も非常においしい。意外にもまったく落ちなかった。抜栓の2日後もわずかに酸化がすすんだだけでまだ全然おいしく飲める」

アルコール13.5%

品種: マルサンヌ70%、ルーサンヌ30%

樹齢: 35〜37年

土壌: 風化したもろい花崗岩質土壌

標高: 400m(St Perayの標高は平均150m。他の畑と気温差5度ある定量な場所)

栽培: ビオディナミを応用した自然栽培を実践。自分で草を摘み、煎じてプレパラートとして畑に散布。

もろい花崗岩は水はけが良く、湿気による害を葉が受けにくく、土壌への作業もおこない易い利点がある。

収穫: 手摘み、小さな12kg入るカゴで収穫。

醸造: 醸造中いっさいの酸化防止剤の使用なし。収穫直後にブドウをプレスし、ジュースをバリック(228L)に移し発酵スタート。バリックは4回ワインを仕込んだものをベースとしているが、今後新樽を実験的に取り入れる。

熟成: 期間は24か月。長い期間、熟成させることにより、より複雑な味わいを求める。酸化防止剤非使用で熟成させるので、酸化のニュアンスが感じられるも、酸化熟成させているわけではない。ウイヤージュは定期的におこなっている。

Saint Peray 2011

『 2011年は、ビン詰めから一年間たって(注:2016.2月時点では瓶詰めから2年以上経過しております。)味わいが落ちつき、美しいまとまりが出てきていました。骨格・奥行きとも姿を現し、大変おいしくなっています。 (当時の輸入元さんコメント) 』




二コラ・ルナール、サンペレ’12

(北ローヌ・辛口白)


税別¥6900

<売り切れ>限定品!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

アルコール13.5%

品種: マルサンヌ70%、ルーサンヌ30%

土壌: 風化したもろい花崗岩質土壌

収穫: 手摘み、小さな12kg入るカゴで収穫。

熟成: 期間は3年。酸化防止剤は使用しない。ポンプは使用せず、重力を利用して澱引き、ビン詰めを行う。

Saint Peray 2012


2011年がファーストヴィンテッジ。借りた畑で栽培を行い、自身のワインを造っています。同じエリアで3haの畑を別途購入。今後ルーサンヌを中心に樹根し、一部グルナッシュグリ(ペティヤンを造る予定)を植える予定だったが売却、現在はトゥーレーヌはAmboise(アンボワーズ)周辺で3haの畑をレンタルしワイン造りを行っている。

畑面積:3ha

主要品種:シュナン・ブラン、シャルドネ、ソーヴィニョン

平均年間生産量:6000本

おそらく今は有機栽培やビオの認証を取る為の時間もお金もないのだろうと思われます。裏ラベルに特に表示がありません

このワインは北ローヌですが、あえてロワールのページに載せています。


2015/11/4(水)アップ〜蔵出し特価ルネ・ルヌ―’01

偉大な極甘口!



 




こんなに素晴らしいワインの値上がり前価格・飲み頃バック・ヴィンテージがまだ輸入元さんに残っているということがすでに奇跡といっても大袈裟じゃないくらいです!




ルネ・ルヌー、ボンヌゾー・キュヴェ・ゼニット’01

(フランス・ロワール・極甘口白・500ml)


特価・税別¥5000

<売り切れ>絶対おすすめ!

ロウキャップ

「2015.10月に試飲しました。まったくノーマークだったが飲み頃になるとこんなにおいしいとは!かなりおいしいシャトー・ド・フェルよりもさらに2ランク以上格上という感じの別次元の味わい。甘口に偉大さを感じることは少ないがこれは別格。粘性があり、かなり濃密な極甘口でエキスに溢れ余韻が長い。酸があるおかげでこれほど凝縮した甘さにもかかわらずべったりしない。アンズ、カリン、蜜、ヨード等の香りから、ナッツやカラメルの香りも出てきて驚くほど複雑。特別な日の食事の最後に飲みたい」

アルコール13%

Rene RENOU, Bonnezeaux Cuvee Zenith '01

ルヌーの最上キュヴェ。5つあるパーセルをそれぞれ醸造し、その中から最上のキュヴェのみをアッサンブラージュ。

’02 スぺクテーター96点!

’96’97 パーカー97点!


『 10年寝かせてからが本領発揮バランスに秀でた偉大なる甘口ワイン

ルネ・ルヌーは驚くべきほど長命なボンヌゾーを生み出す造り手。
前当主のルネ・ルヌーはボンヌゾー生産者組合会長やINAO(国立原産地品質機関)会長の要職に就き、レジオン・ドヌール勲章や農事功労賞を受けた偉大な人物だったが、2006年に出張先の韓国ソウルで亡くなった。現在は同名の長男が跡を継いでいる。

ドメーヌは丘の上に5区画、計8haのブドウ畑を所有。
「レ・メルレス」は純粋な頁岩(シスト)土壌の畑のもの。
「キュヴェ・ゼニット」は「頂点」の意味から、各区画より優れたブドウを選り、アッサンブラージュした上級キュヴェである。
ステンレスタンクで発酵の後、オークの小樽で熟成。

濃厚な蜂蜜、砂糖漬けのレモン、マルメロ、アーモンドなどさまざまなフレーバーが溢れ、熟成につれてスパイシーさが醸し出される。
シュナン・ブランが先天的にもつ豊かな酸味のおかげで高い糖分とのバランスはよく、甘口なのに少しももたつかない。
500mlというボトルサイズもちょうどよく、4〜6人での食事の締めとして、フルーツのタルトと一緒にサーヴすれば最高の盛り上がりを見せるだろう。 (輸入元資料より) 』 


2018/2/15(木)アップ〜蔵出し超特価アルフォンス・メロ’14エドモン

2018/2/8(木)アップ〜蔵出し超特価アルフォンス・メロ’12エドモン

サンセール最高の生産者の一人!

べタンヌ&ドゥソ―ヴ2015年度版から5つ星生産者に昇格しました〜!!!

※全ての値引き対象外となります。










 




MVF(旧クラスマン)2017年度版 Les Stars de l'annee 2017 に選ばれる!!!




※ヴィノラム輸入の蔵出し正規品!
在庫限りの超特価です!

キンメリジャン土壌は、シャブリだけではなくサンセールやオーブ(シャンパーニュ)にもあり独自のテロワールとなっています。数年前よりも樽が良く溶け込んで緻密で上質とのことです!




アルフォンス・メロ、サンセール・ブラン・エドモン’14

超特価・税別¥8200

<あと12本>超限定品!

※同じ価格ではもう買えません、、、

パーカー96点!(2019〜2030年、ワイン・アドヴォケイト227号)

Wine Enthusiast 95点!(2018〜Cellar Selection!
さらに2017年度 セラーセレクションTOP 43/100位!に選ばれる!)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2018年度版18/20グラス(クー・ド・ラネ!!!)

MVF(旧クラスマン)2017年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版18.5/20点





アルフォンス・メロ、サンセール・ブラン・ジェネラション19’12

超特価・税別¥6000

↑37%OFF!

輸入元定価・税別¥9,500

<売り切れ>絶対おすすめ!

※わずかなラベル不良は、ご了承くださいませ。

パーカー95点!(2014〜2022年、ワイン・アドヴォケイト215号)

インターナショナルワインセラー92点


MVF(旧クラスマン)2016年度版18/20グラス

MVF(旧クラスマン)2015年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版17.5/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいている!

アルコール13%

36本完売!ありがとうございました

「2016.正月に当店社長が飲んで、下記エドモン’12同様、コンディション抜群で余韻が長く複雑で、相当おいしかったとのことです!」

900リットルのトロンコニャック型木製醗酵槽で発酵

La Moussiere区画の超古樹

ビオディナミを実践

『 輝きのあるうすい黄色いローブ(色調)、反射光はうすい緑。輝きがあり、透明感がある。よく熟した果実の香りがあり、フレッシュ。レモン風味のハチミツの香りに、少しメンソールのニュアンス、アカシヤの花のノート。ドライフルーツの香りも。ヨード香やミネラルもある。味わいはまろやかさと酸がうまく融合していて、グリエしたナッツや、ミネラル、ミュスカ、ツゲの木の風味が広がる。とてもリッチでフレッシュ、余韻も長い。熟成がすすむと、ナッツやミネラルの奥から白トリュフのノートが現れる。 (輸入元さんコメント) 』




アルフォンス・メロ、サンセール・ブラン・エドモン’12


超特価・税別¥8000

<あと6本>絶対おすすめ!

超限定品!〜※同じ価格ではもう買えません、、、

パーカー96点!(2014〜2024年、ワイン・アドヴォケイト215号)

インターナショナルワインセラー93点!


ファルスタッフ 94点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2016年度版17.5/20グラス

MVF(旧クラスマン)2015年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版18.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版18.5/20点+クープ・ド・クール!!!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

42本完売!!!

2年半以上経過してさらにおいしくなっているはず!!!
自分の中では過去最高のロワールのひとつ!!!



「2015.7月に飲みました。上質なコルク。抜栓直後はガチガチに固く、一般的なソーヴィニヨンブランの柑橘類や芝生系の香りがほとんどない!ブラインドでトップクラスの造り手のナチュラルなロワールのシュナンブランと言ってしまった、、、予想以上のポテンシャルで今は飲み頃ではないが、すでに余韻が長く、洗練されて控えめなフレンチオークがよく溶け込んで、SO2が少ないピュアなニュアンス。抜栓の次の日は、明らかにうまみ増してやわらかくおいしくなったが、それでもまだ本領発揮まではいかない。ただし余韻はさらに伸びた!やはりシュナンブラン的な複雑性。日本の梨、蜜、グーズベリー、ミネラル、うっすらフレンチオークなどの気品のあるよい香り。ドメーヌ・ルフレーヴやサンソニエールが好きな方にもおすすめできるすごいワイン。飲み頃は2019年くらい〜?抜栓の2日後も非常においしい。こういうフレンチオークのかかり具合なら全然あり、というかかなりセンスある感じがする」

アルコール13%

一部新樽醗酵、一部新樽熟成

La Moussiere区画の超古樹40年〜87年!

ビオディナミを実践

『 輝きのあるうすい黄色のローブ(色調)。キラキラと輝きを放ち、透明感がある。香りは強い。あらゆる要素がリッチで、果実がよく熟しており、強い。フルーティでフローラルな香り。おごそかで荘厳な雰囲気を持ち、複雑な要素が調和している。はちみつ、ヴァニラ、レモン、ブリオッシュ、アニス、メンソール、レグリス、スパイス。あらゆる要素を兼ね備えた香り。味わいもグルメでリッチ、男性的。 まろやかさと酸が完璧なバランス。口の中でも、レグリス、アニス、ライム、ヴァニラ、灰色コショウ、マスカットなどの風味がたっぷり。ストラクチャーがしっかりしており、ミネラルが豊か。樽香はシレックスの中できれいに溶け込んでいる。余韻は長く、スパイシー。熟成と共に、バター、グリル(こうばしさ)、ヴァニラ、が中央にどっしりと存在するミネラルと融合する。 (輸入元さんコメント) 』


ABマーク、ビオディヴァンマークありビオディナミ

昔はビオディナミじゃなかったはずと思って調べると1999年からビオディナミに移行したそうです


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版から5つ星生産者に昇格しました〜!!!←4つ星生産者

ワイナート32号、インターナショナルワインセラーなどでも高評価されています!


『 所有畑は丘の頂上の南西向き斜面に広がり、火打ち石のようなフリンティーな石がゴロゴロと畑の中にころがっている、鉱物的でミネラルなシレックス土壌です。メロ家歴代の真の宝と呼ぶべき秀逸なテロワールは、キンメリジャン土壌の上に、Saint Doulchard(サン・ドゥルシャール)と呼ばれる、泥灰岩(マルヌ)土壌の表土 が広がるもので、サンセール特有の地質の中でも特に独特のパーソナリティーを持っています。

ワインに対する職人気質的な情熱は年々増しており、リリースされるワインは、
フランスの有名レストランで必ずと言っていいほどワインリストに掲載されています。

ワインの品質を現代的に改めたのは、次期当主となる19代目のアルフォンス・エドモンド・メロで、サンセールでは珍しく、白ワインの醸造にオーク樽を使っています。 この樽は特注で、シュール・リーをするのに澱がより多くの液面と接するために、そして複雑性を生成するようにと普通の樽より横に長く作られています。スタンダードのアン・グラン・シャンで10%、プレステージ・キュヴェのキュヴェ・エドモンドで100%新樽 (※今では’12で新樽比率60%程度) を使用します。 (輸入元資料より) 』






アルフォンス・メロ(エマニュエル・メロ)、プイィフュメ’14

(ロワール・辛口白)


超特価・税別¥2400



輸入元定価・税込¥4320

<売り切れ>

※再入荷すると¥1080値上がり致します。

Par Emmanuelle Mellot

アルコール13%

樹齢45年、手摘み

ソーヴィニヨンブラン100%

石英を含んだ粘土50%、泥灰土25%、石灰岩25%

この銘柄もビオディナミ

『 収穫された葡萄は厳重な選果の後、空圧式の搾汁機で搾られ、全体の20%は300リットル〜500リットルの新樽、残りの80%はコンクリート製のタンク内で3〜4週間発酵。そのまま7〜9ヶ月間の熟成を行いアッサンブラージュしてボトリングされる。アルフォンス・メロ(シニア)の愛娘で輸出を担当するエマニュエル・メロさんの名前を冠したワイン。最高のサンセール生産者はプイィ・フュメでもその実力を発揮している。 (輸入元資料より) 』



2017/6/8(木)アップ〜蔵出しドメーヌ・サン・ニコラ’15ル・オー・デ・クルー・ブラン

みずみずしく厚みがありつつもまるで石を舐めているかのような強いミネラル!

2015/3/14(日)アップ〜蔵出しドメーヌ・サン・ニコラ’09’10

2011年からAOCに昇格です!










 




2015.3.4(水)現当主ティエリー・ミッション氏にご来店いただきました〜!

マダム・ルフレーヴ・セレクション<CLAC>以来の久しぶりの入荷となります。予想以上に気さくでフレンドリーな方でした。英語でコミュニケーションも可能です。当店セラーに入ってすぐにロワール・コーナーの陳列を見て

『 ニコラ・ジョリーもクーレーヌもマルク・アンジェリ(サンソニエール)もギィ・ボサール(レキュ)、フランソワ・チデーヌ、ベンジャマン(ディディエ・ダグノー)もみんな友達だ。そしてドメーヌ・トラぺさんの二人の息子さんのうち一人は少し前まで自分のところで修業していたんだよ。ギィ・ボサールだけではなく、元ルイ・ジャドのジャック・ラディエール氏も自分の師匠なんだ。 』
と話してくれました。

グラン・ピエスとプランテ・ガトは、長く寝かせると熟成したヴォルネイ的なニュアンスになるのか?と聞いたところ、何度も自分のストックしている古酒をワイン・ジャーナリストの方などと飲んだがみんなまるで熟成したジュヴレシャンベルタンのようだと言うそうです!

先に試飲会を開催した京都同様、北海道のことも気に入ってくれた模様でした。ヴァンデでは基本的に雪が降らないそうですね。なお、AOC(その後AOP)に昇格後も自分は価格を上げていないとのことです(笑)

※日本国内各地の試飲会・セミナーで大変好評だったようですので、おそらく全銘柄同じヴィンテージは再入荷できません!


100%手摘み、100%天然酵母を使用

AB、デメテル、ビオディヴァン認証ありビオディナミ




Domaine Saint Nicolas(Thierry Michon), Fiefs Vendeens Brem
Le HAUT DES CLOUS Blanc'15 Chenin Blanc

ドメーヌ・サン・ニコラ、ル・オー・デ・クルー・ブラン’15

(ロワール・辛口白)


税別¥4000

<あと9本>絶対おすすめ!

最新スペクテーター93点!!!(2019〜2032年)

MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

超限定品!15本完売。

「2017.3月上旬にサンプル・ボトルを飲みました。やや濃いイエロー。亜硫酸少ない系上質なシュナンブランの典型的で複雑な非常によい香り。熟して厚みとエキス感のある果実、あくまでピュアでみずみずしく、ほのかな甘みと多いうまみ、少しの塩味から石を舐めている系のミネラルがアフターに強く長く残る。少し温度が上がってくるとラ・フランス、蜜の香りが強くなる。期待通りのかなりのおいしさ。酸はちょうどよいくらい。抜栓の次の日〜抜栓の2日後にかけてわずかに揮発酸が出てきて落ちる場合があるようですが、いずれにしましても例えばマルク・テンペやマルク・クライデンヴァイツほど揮発酸強くありません。(劣化や変質の意味ではありません。わずかなマイナス要素を完全に上回る完成度・おいしさに出会うことがありますので!)今回輸入分は厳密に言えば別ロットなのでそのあたりは断言できません」

アルコール12.5%

シュナンブラン100%

樹齢約25年

超低収量15hl/ha!!!

「収量を落とせばシャルドネよりもシュナンブランの方が見事なワインに仕上がる(ティエリー・ミション氏本人のコメント)」

※下位ラインナップのシュナンブラン主体のブレンドである
『 キュヴェ・レ・クルー・ブラン 』とはまったくの別物です。
ティエリー・ミションさん曰く、10年程度熟成可能。

’14 デカンター・オンライン93点!!!

’14 パーカー91点

’14 VINOUS 90点

’14 MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

’12 パーカー92点





Domaine Saint Nicolas(Thierry Michon),
Fiefs Vendeens Brem Cuvee Jacques Rouge '09

ドメーヌ・サン・ニコラ、キュヴェ・ジャック・ルージュ’09

(ロワール・辛口赤)


特価・税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!
※’09は再入荷不可能!〜次回から’11に移行致します。

SAKURA Japan Women's Wine Award 2015 ゴールド受賞!

最新パーカー93点!!!
(〜This is a great red from the coast. Really stunning.
2015〜2025年、ワイン・アドヴォケイト227号)

パーカー90点(ワイン・アドヴォケイト215号)


MVF(旧クラスマン)2015年度版15/20グラス

2年以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2015.3月に試飲しました。フランス国内でもこの銘柄が特に売れているそうです。この銘柄は固さがなくわかりやすさや陽気なニュアンスもあり、かなり幅広いお客様に受け入れていただけそうな飲み頃NOW〜。それでも酸とミネラルが低くなく、タンニンは丸く、うまみもほぼ表現されまだ熟成可能」

’09からピノノワール100%
(クローン選抜ではなくマサル・セレクションのピノ・ノワール)
’08はピノノワール90%、カベルネフラン10%でした。

完熟状態の葡萄を手摘みし開放槽で天然酵母で発酵。ピジャージュで醸しながら2ヶ月間の醸造を行う。400リットルのリムザンオークの樽で15月間熟成後、大樽で3ヶ月間熟成。

『 紅茶、ブラックチェリーやカシスのような濃厚なフルーツの香り。果実味、タンニン、酸味が高い次元でバランス、密度の高い味わいを生み出している。 (輸入元さんコメント) 』

’12 スぺクテーター91点

’07 SAKURA Japan Women's Wine Award 2014 シルバー受賞!

’06 スぺクテーター90点

’06 ゴーミヨ誌17/20点!




Domaine Saint Nicolas(Thierry Michon),
Fiefs Vendeens Brem Cuvee La Grande Piece Rouge '10

ドメーヌ・サン・ニコラ、キュヴェ・ラ・グラン・ピエス・ルージュ’10

(ロワール・辛口赤)


税別¥5400

<あと14本>絶対おすすめ!

超限定品!〜※再入荷不可能!

パーカー92点(2016〜2024年、ワイン・アドヴォケイト215号)

当店社長絶賛の1本!

MVF(旧クラスマン)2014年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版15.5/20点

3年半以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2015.3月に試飲しました。タイプで言えば今回はこのワインが一番、ブルゴーニュのピノノワールに近いスタイル。涼しげで酸とミネラルがしっかり、エレガントで香りからもミネラルを感じる。(’09じゃなければ下記のプランテ・ガトもこの方向性だと思われます。)他の要素が勝っている為、樽がとても控えめに感じる。今すぐ空けてもおいしいが、数年後がベストだと思われる。ロワールのピノノワールとしては、それほどポテンシャルの高くないサンセール地区がもっとも有名なくらいなのにヴァンデでまさかこれほどのワインが造れるとは衝撃ですね!ティエリー・ミションさん曰く、10年以上は間違いなくよく熟成する」

ピノノワール100%(クローン選抜ではなくマサル・セレクションのピノ・ノワール)
※マサル・セレクション(集団選抜):もともと植えてある葡萄の枝を接木で増やしていく方法

平均樹齢25年

低収量25hl/ha

畑は花崗岩土壌で、南西向きの傾斜の穏やかな斜面に位置する。畑は手鋤き、機械を使っての鋤きおこしの両方を行う。収穫は全て手摘みで行い、80%除梗し、発酵を行う。新樽率100%。

年間平均生産量:わずか3,000本

『 濃密な果実味で、タンニンも果実味に包み込まれて溶け込んでいる。ピノ・ノワールの新たな可能性が感じられる味わい。サン・ニコラのフラッグシップ。 (輸入元さんコメント) 』

’09 パーカー93+点!

’07 ゴーミヨ誌16.5/20点




Domaine Saint Nicolas(Thierry Michon),
Fiefs Vendeens Brem Cuvee Plante Gate Rouge '09

ドメーヌ・サン・ニコラ、キュヴェ・プランテ・ガト・ルージュ’09

(ロワール・辛口赤)


税別¥6800

<あと8本>絶対おすすめ!

もう輸入されていない超限定品!

MVF(旧クラスマン)2014年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版16.5/20点+お買い得マーク付き!

3年半以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2015.3月に試飲しました。’09らしい熟して凝縮した強さがあり、まだ飲み頃ではない。他の要素が勝っている為、樽がとても控えめに感じる。’09でこれほど強いミネラルのギュッと詰まった凝縮を感じるということはかなりすごいことだと思う。ティエリー・ミションさん曰く、10年以上は間違いなくよく熟成する。僕はこちらの銘柄は(品質は凄まじいものの)高価過ぎてさすがに売る自信がなかったのですが、当店社長がえらく気に入って強気の発注です(笑)」

ピノノワール100%

平均樹齢30年

低収量20〜30hl/ha

粘土質、片岩土壌

『 濃密な果実味で、タンニンも果実味に包み込まれて溶け込んでいる。ピノ・ノワールの新たな可能性が感じられる味わい。グランド・ピエスの力強さに比べて、優しくなめらかで温かみのあるワインに仕上がっている。 (輸入元さんコメント) 』



3種類ともAOCフィエフ・ヴァンデアン(今回入荷ヴィンテージの裏ラベルはフィエフ・ヴァンデアン VDQS)


『 ドメーヌ サンニコラはミュスカデの南、大西洋に面した緩やかな斜面を持つフィエフ・ヴァンデアン(もともとはVDQSであった地区は、2011年からフィエフ・ヴァンディアン-ブレムAOCに昇格しました。)に33haの葡萄園を持つ生産者。大西洋から吹き付ける烈風は防風林を陸側に曲げる程の凄まじい。この地の伝統的な葡萄畑を見れば驚愕の声をあげずにはいられない、葡萄の主幹が地中にあり、枝のみが地上に出ている。

ドメーヌの若き当主ティエリー・ミッションは厳しい栽培条件下、果敢に葡萄栽培・醸造に挑戦、クラスマン(現在はレ・メイユール・ヴァン・ド・フランス)2004年にはこの地で飛び抜けた品質のワインを生産するドメーヌとして紹介されるに至った。彼はミュスカデのギィ・ボサールを師と仰ぎ、1998年からビオディナミを導入しヴァンデの個性を土地から表現することに努めている。

葡萄の剪定を変え、場所によっては人力で土を耕し、醸造設備を整え、弛まぬ努力の結果他のAOCワインを凌駕する評価を勝ち取った。クラスマン2006年度版から星付きで紹介されている。 (輸入元資料より) 』


2018/9/21(金)アップ〜蔵出しジェレミー・ユシェ’16

特に優れた畑のクリュ・ミュスカデ!上質で熟成も可能!






 

 





『〜Muscadet today is one of the most exciting white wines in France, in part because the region that produces it-around the city of Nantes in the far western Loire Valley-is undergoing a renaissance: much better farming, exceptional winemaking and diligent research to precisely delineate the region’s geology. 』
WEBマガジン『Punch』にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!




すべての畑は2001年からサステーナブルな有機農法
25年前から化学肥料を使っていない!

ABマーク、ユーロリーフあり!




Jeremie Huchet (Domaine de la Chauviniere),
Clos les Montys Muscadet Sevre et Maine <Vigne de 1914> '16

ジェレミー・ユシェ、クロ・レ・モンティス・ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ<ヴィーニュ・ド・1914>’16

(フランス・ロワール・辛口白)


税別¥2400

<あと20本>絶対おすすめ!
超限定品!

MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

WEBマガジン『Punch』“The Insider’s Guide to Muscadet”にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏が選ぶ代表的なおすすめミュスカデに選ばれる!

「2018.8月中旬に飲みました。予想通りポテンシャルが高く、キレのある酸とミネラルで今はまだ少し固い。数年後に化ける可能性が十分にあり、温度も冷やし過ぎないほうがおいしい。オイリーなオレンジ、青りんご、ミネラル、おいしい純米酒などの香りで、シュルリー由来だと思われるうまみが凝縮しており、複雑性があり、キレと伸びがある。抜栓の次の日も非常においしい。全体的に向上した。食事側の酸が必ずしも高くなくてもオリーブオイルベースのベーコン、たまねぎ、きのこ類を使った塩パスタとかでも相乗効果が出る。和食でも合いそうですし、なんならフィッシュ・バーガーとかでも合うでしょう。抜栓の2日後もおいしい。ただし一貫して冷やし過ぎると良さが出難い。クリュ・ミュスカデ流行る可能性あり!この後出しじゃんけんコピペ時代において、誰でも簡単には真似できないジャンルであることも良い(笑)」

アルコール12%

’14 Wine Enthusiast 92点!(Editors'Choice!)

’12 パーカー91点

他にもジャンシス・ロビンソン女史、ゴーミヨ誌などでも過去に高評価されています!

葡萄:ムロン・ド・ブルゴーニュ100%
樹齢:1914年に植樹された超古木!!! 

畑・土壌:角閃岩、変斑糲岩を母岩に表土に砂岩が点在する。非常に早熟な区画で、最も早く開花します。
しかし、矛盾するようですが、“Roches Vertes(緑の岩)”と呼ばれるこの土壌は厚い果皮と、ゆっくりとした成熟によって遅い収穫をもたらします。非常に長い成熟期間は、ミュスカデの構造と熟成能力を高めます。

醸造・熟成:プヌマティック空圧式プレス、温度管理、天然酵母で15日間。
発酵後、冬の間、シュール・リーで1年半熟成させます。熟成を経て、複雑な香りが明確になり、構造が強く成長します。

特徴:エッジに緑がかった、若さを感じる淡い色調。水仙の花、湿った石を思わせる風味、ミネラルに形成された構造。透明感のある純度の高い果実味と塩味を想起させる風味を伴う長い余韻へと続きます。

クロ・レ・モンティスはグレーヌ湿原の中、南北に隆起したところに位置しています。表土は砂、シルト、岩、砂岩が多く見られます。北部は表面的で、1924年、1922年、1917年そして1914年からの古木が多く植樹されています。南部は南西向きの斜面になっており、砂とシルトからなる粘土質で “La Tache” と呼ばれる区画になります。母岩は非常に硬質な青緑色の火成岩である角閃岩と変斑糲岩です。


2018/9/22(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・デ・オー・ペミオン’12

飲み頃に入った上級クリュの熟成ミュスカデ!
これはもう新しいムーヴメントになり得る個性と素晴らしさでした!

2018/3/24(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・デ・オー・ペミオン’16

高樹齢!果実味豊かなミュスカデ






 

 



※フィネス輸入の蔵出し正規品!

フィネスさんは、蔵元〜船〜国内倉庫までの完璧な低温輸送はもちろん、
ブルゴーニュのグランクリュ〜ヴァン・ド・ペイなどのデイリーワインまですべてのワインが14℃に設定された国内低温倉庫で保管されているため、
(↑実はこれはすごいことで、デイリーワインは18〜20℃の倉庫で管理しているインポーターも多いのです)

このドメーヌ・デ・オー・ペミオンもエマニュエル・ルジェのクロ・パタントゥやトラぺのシャンベルタンと同じ管理がされているということです!




Christophe Drouard(Domaine des Hauts Pemions), Muscadet de Sevre et Maine <Monnieres Saint Fiacre> '12 Loire

ドメーヌ・デ・オー・ペミオン(クリストフ・ドルーア)、ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ <モニエール・サン・フィアクル>’12

(ロワール・辛口白)


税別¥3000

<あと38本>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン93点!!!(2017〜2030年、2017年2月試飲)

「2018.8月初旬に飲みました。ミュスカデとしては濃いイエロー。抜栓直後のトップノーズとアタックは予想より少しやさしく上品。そこからすぐに複雑なまろやかさを伴いつつ意外と流速が遅くゆっくりと伸びてゆくこの稀有な持続性はなんだ?という初めての経験。同時期に何種類か飲み比べた熟成クリュ・ミュスカデのなかでダントツで一番おいしかった!そして他にない個性もある。単純に余韻が長いという話ではない複雑性。上品なオレンジ、アンズ、白桃などの香りで、温度が上がってくるとクドさゼロのほのかな甘みを伴うオイリーなまろやかさとうまみが増す。キメ細かなかすかな苦みも極めて心地よく、何より酸の量より質が傑出している。抜栓の次の日も非常においしい。酸が少し伸びて、柑橘類の香りが強くなる。抜栓の2日後も非常においしい。まったく落ちないし、アルコールの浮きが初日からずっとゼロのまま。ここまでおいしければ夏だけではなくオールシーズンいけます」

アルコール12.5%

ムスカデ種100%。下記ムスカデに使われているHauts Pemions(オー・ペミオン)の区画の中でも樹齢や成熟度などで厳しく選別した葡萄のみを使用し、1haあたりの収穫量も制限しています。

基本的な醸造は変わりませんが、熟成期間が下記のムスカデは8ヵ月間なのに対 し、こちらは36ヵ月間ととても長くなっていま す。また、バトナージュ(撹拌)も行ってより旨味を引き出しています。南国フルーツのアロマ豊か、オイリーでマイルドな口当たり、余韻も長くしっかりとした味わいです。
(輸入元資料より)

上級クリュに認められる予定の特に優れた区画!





ドメーヌ・デ・オー・ペミオン(クリストフ・ドルーア)、ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ・シュル・リー’16

(ロワール・辛口白)


税別¥1800

<あと6本>

ヴィニュロン・アンデパンダン・コンクール2017年 銀賞受賞!

アルコール12%





ドメーヌ・デ・オー・ペミオン(クリストフ・ドルーア)、ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ・シュル・リー’13

(ロワール・辛口白)


税別¥1800

<売り切れ>

パリ・コンクール2014年 金賞受賞!

アルコール12%

思ったより値上がり幅が小さくて助かりました



ドメーヌ・デ・オー・ペミオン(クリストフ・ドルーア)、ミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ・シュル・リー’11

(ロワール・辛口白)


税別¥1650

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド40号にて高評価される!

24本完売。ありがとうございました

「2013.3月下旬に試飲しました。みずみずしく上質な酸とミネラルだけではなく、果実味も豊かなミュスカデでとてもよい出来。このバランスなら初心者〜ワイン通まで幅広く支持されそう。ピュアでお買い得」

アルコール12%

「 洋なしや白桃の香りが複雑に混ざり合い、活き活きとした果実味とミネラル、爽やかな酸味が口の中に広がります。その清涼感は甲殻類や白身魚と非常に合います。ピシッと冷やせば蒸し暑い夏にはさらにおいしく感じられます。(輸入元さんコメント) 」

ペミオンという区画を中心に、フルーティなギュステ、コクのあるパティ・ブルダン、ミネラル分が多く柑橘味のティリ、粘性があるノエなどの区画を絶妙なバランスで混ぜ合わせています

’07 12本完売。

’06 36本完売。


『 前当主ジョゼフ ドルーア氏から約22haの畑を引き継いだ息子のクリストフ ドルーア氏は、アサンブラージュを第一に考えたワイン造りを行っています。ムスカデの葡萄品種はもちろんMuscadetですが、別名をMelon de Bourgogneと(ムロン ド ブルゴーニュ)呼び、名前の通り元々はブルゴーニュ原産の白葡萄品種でしたが、ブルゴーニュ地方は気候的に寒くて育ちが悪かった為、大西洋からの海風の影響で暖かいこの地方で植えられるようになりました。 畑の仕立てはギュイヨ・ナント式と呼ばれ、片翼式のギュイヨ方式とほぼ同じです。葡萄の木の樹齢は50〜70年の物が多く、凝縮した葡萄が収穫されます。土壌は区画によって多少違いがありますが、基本的に珪素粘土質になります。

収穫後、選別をしてから区画ごとに空圧式圧搾機でプレスします。毎年6〜7つのキュヴェに分けて醸造し、9月から翌年の4月まで約8ヵ月間、澱の上で熟成させます。区画ごとにそれぞれフルーティ、コク、ミネラル、香りなどの特徴があり、アサンブラージュを何度も繰り返してワインは完成します。醸造タンクはガラスのタイルで出来たもので地中に造られており、温度が安定していて熟成するのに適した環境になっています。 (輸入元資料より) 』


2018/6/2(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・ダヴィッド・エ・デュバレ’12グーレーヌ

長熟可能な入手難クリュ・ミュスカデ!

大人気の’15ミュスカデVVも!

クロ・デ・フェールVVの方はオールシーズン楽しめますが、この価格なら特に真夏にかなりの価値があります!







 




『 ダヴィッド・エ・デュヴァレは、1927年から続くドメーヌの4代目ステファン・ダヴィッドと、パリでソムリエとして働いていたセバスティアン・デュヴァレにより2011年に設立された。30haの所有畑の内、25haがミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌのアペラシオンに広がる。彼らが本拠とするル・ランドローは代々ダヴィッド家がワイン造りを行ってきた土地である。人口約20人という小さな村だが、ここはミュスカデの可能性を切り開いた偉人ギィ・ボサールもドメーヌを構える、ミュスカデの中核となる生産エリアだ。

ミュスカデといえば軽快な味わいの安価な白を想像するが、ダヴィッド・エ・デュヴァレのワインはそれとは一線を画す。彼らの畑が属するミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌは、ミュスカデ全体の栽培面積の85%を占め、ミュスカデ最良のアペラシオンと名高い。フランスでは珍しい石灰を含まない土壌が特徴的で、ガブロと呼ばれる火山性の岩石や花崗岩、シスト、片麻岩など変化に富んだ土壌を持つ畑が広がる様はパッチワークのようである。

彼らがモットーとするのは、畑ごとに異なるテロワールの特性とそれを取り巻く自然環境を尊重したワイン造りを行うことである。ブドウ栽培はリュット・レゾネを採用。除草剤は使わず、畑を耕し、土壌の活性化を図っている。また、収穫を早めてフレッシュな酸を残す昔ながらのミュスカデと対照的に、収穫を遅くし理想的な熟度に達したブドウのみを用いている。醸造はもちろん、区画ごとに分けて行っている。全ては畑のキャラクターを微細な違いも含めてワインに反映させるためである。

テロワールの表現に情熱を注ぐ彼らの想いが最もクリアに伝わるのはレ・バルボワールとクロ・デュ・フェールのワインだ。ガブロと呼ばれる火山性の岩石からなる土壌を持つ平地の畑レ・バルボワールと、雲母状シストの土壌を持つ斜面の畑クロ・デュ・フェール。偉大な隣人ギィ・ボサールと同じく、この地に特徴的なそれぞれの土壌から造られたワインは、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌのテロワールから本来生まれるべき味わいを見事に体現している。 (輸入元資料より) 』




David & Duvallet, Muscadet de Sevre et Maine Cru <Goulaine> '12

ダヴィッド・エ・デュバレ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ <グーレーヌ>’12

税別¥2400

<あと18本>超限定品!

デカンター・オンライン97点!!!(2017〜2030年!)
113本のミュスカデの飲み比べ特集において、上位6本に入る高得点を獲得!!!果実味と塩味を感じるミネラルが濃密な、フレッシュでクリーンな口当たりで、テクスチャーはリッチで調和が取れていて、心地良い余韻がある。

アルコール12%

品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ

熟成:地下タンク(内部がガラスのタイルで覆われたタンク)24〜36ヶ月

上級クリュに認められる予定の特に優れた区画!





ダヴィッド・エ・デュヴァレ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュールリー・クロ・デュ・フェールVV’15

税別¥1550

<あと18本>絶対おすすめ!

<HVE> Haute Valeur Environnementale シールあり
環境に配慮した農法認定シールのようです

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

少し熟成可能なくらいですので、飲み頃絶対に問題ありません!



「2017.6月下旬に試飲しました。まったく酸っぱくないキレキレではない酸。でもバランス的に決して緩くはなく、厚みのあるフルーティーでなめらかな果実味、みずみずしく、ミネラルも低くなく爽快感はあり、オレンジや白桃などの香りがあり、非常に心地よい。完成度が高く、リピーターが多い理由がわかる気がする」

78本完売!!!

アルコール12%



ダヴィッド・エ・デュヴァレ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュールリー・クロ・デュ・フェールVV’14

税別¥1550

<売り切れ>

<HVE> Haute Valeur Environnementale シールあり
環境に配慮した農法認定シールのようです

36本完売。ありがとうございました



ダヴィッド・エ・デュヴァレ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュールリー・クロ・デュ・フェールVV’13

税別¥1550

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

真夏を過ぎてもまた飲みたいというお客様が多く当店としても驚きです!

96本完売!!!ありがとうございました

輸入元で人気で欠品〜やっと再入荷できました!

「2014.7月下旬に飲みました。予想以上においしかったです。3人で試飲して全員絶賛でした!レキュとランドロンの2大ミュスカデが値上がりで価値が低くなってしまったので、この銘柄にはかなりのお買い得感がありました。トップノーズに少し日本酒系の風味がありつつ、しっかり冷やすとシトラス、オレンジ、ミネラルなどの香りで酸はキレキレではないが、果実味と少し厚みがあり、シュルリーらしいうまみとミネラルを伴う真夏に最高のアフターです。夏に体が求めている味でした!少し温度が上がってくると白桃やスパイスの香りも出てワンランク上のミュスカデ感が出ます。予想よりも熟したフルーツ香で、ごのほのかな甘みもありますが、ミネラルにはわりとキレがあるので爽快感は失われておりません。抜栓の次の日もまったく落ちない。暑い日に特に杯が進む飲み飽きないワイン」

アルコール12%

ステンレスタンクで澱とともに8〜10ヶ月熟成

斜面に位置する南西向きの畑クロ・デュ・フェールの中の古樹の区画のブドウを使用。最高樹齢は60年。雲母状シストの土壌に特徴的なレモンなどの黄色いシトラスの香り。柔らかなアタックに続き、キメ細かな果実が滑らかに広がる。中盤から徐々に現れるかっちりとしたミネラル感。かすかなほろ苦さを感じる余韻に至るまで非常にエレガント。





ダヴィッド・エ・デュヴァレ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー・レ・バルボワール’15

税別¥1350

<売り切れ>


ダヴィッド・エ・デュヴァレ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー・レ・バルボワール’14

税別¥1350

<売り切れ>



ダヴィッド・エ・デュヴァレ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー・レ・バルボワール’13

税別¥1350

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

72本完売。ありがとうございました〜※輸入元で人気で欠品〜しばらく再入荷不可能!

「2014.8月に飲みました。シュルリー由来のうまみがあり、ミネラルもややしっかり、酸はキレキレではなく優しく(尖った印象のキツいクエン酸ではない)重くないよいバランスで、下記クロ・デュ・フェールVV’13よりもこちらの方が酸がキレキレということではなくスタイルは同系統の極めて心地よい白。アフターにはミネラルとともにごくわずかにほろ苦さも感じられる。うっすら緑がかった明るいイエロー。レモン、青リンゴ、シトラス、ミネラルなどの香り。ややシンプルながら真夏にはこのバランスが好ましく、それが欠点とはならない。抜栓の次の日も非常においしい。少し温度を上げるとうまみが増して感じられる。昨日何故か書き忘れましたが、一般的なミュスカデよりも明らかに果実味豊かです」

アルコール12%

ステンレスタンクで澱とともに8ヶ月熟成

平地に位置する南向きの畑レ・バルボワールのブドウを使用。ガブロと呼ばれる火山性の岩石からなる土壌がパワーとフィネスをワインにもたらす。フローラルで広がりのある香り。立体的な酸とクリーンな果実が織りなす味わいは非常にフレッシュで心地よい。


オーナー
Stephane David & Sebastien Duvallet

醸造責任者
Stephane David

所有畑面積
30ha

土壌
ガブロ、雲母状シスト

栽培方法
リュット・レゾネでの環境に配慮したブドウ栽培。除草剤は使わず、畑の土は耕す。

醸造方法
ブドウが理想的に熟すまで待って収穫を行う。18度で温度管理しながらステンレスタンクでアルコール発酵。澱とともに熟成させる。


2013/10/4(土)〜蔵出しシャトー・ド・クーレーヌ’10ピカス最後の再入荷!

2014/6/2(月)〜蔵出しシャトー・ド・クーレーヌ’11クロ・ド・テュルプネイ

レ・ピカスはロワール最高の赤ワインの一つだと思います!










 

 




1994年から有機栽培を導入

1997年にはAB(アグリキュルチュール・ビオロジック)の認証を取得


輸入元さんが扱い始めたばかりのころは全然売れなかったそうですが、あらゆるプロ向け試飲会やデパートさん等での店頭試飲販売を行い実際に飲んでもらうと常に一番人気の生産者となり一気に毎年すぐに完売してしまう大人気生産者となったそうです。

明らかにアメリカではなくフランスと日本で絶賛されるスタイル。この価格で買えるということがどれほど素晴らしいことか!





シャトー・ド・クーレーヌ、シノン・ソレイユ・ド・クーレーヌ・ルージュ’08

税別¥1800

<売り切れ>限定品!

※’08は再入荷不可能!

アルコール12%

下記2銘柄と比べて軽くみずみずしい低めの温度でもおいしいタイプで、ピュアでエレガント、酸の質がよいという個性は一貫している。いつもリリース直後から飲み頃

’10 スぺクテーター88点

現地では、シノン・シャトー・ド・クーレーヌの名前

この銘柄を含めすべて自社畑100%

買いブドウのネゴシアン部門もあるそうですが、少し品質に差があるようですね

『 ブドウの区画名がボー・ソレイユである事と、このキュヴェの最初の輸出国が日本である事を記念して名付けられました。ほのかな赤系果実のアロマにスミレの花やクローヴ、黒胡椒などのスパイス香が優美に混じり合い、穏やかでしとやかな味わいです。(輸入元資料より) 』

テロワール: ミヤルジュと呼ばれる一部凝固した黄砂で覆われた粘土石灰質土壌のクロ・ド・クーレーヌ(写真左)。より砂質が強いボー・ソレイユ(写真右)を50%ずつブレンドします。醸造:手摘み収穫後、コンクリートタンクにて自然発酵させます。発酵には、天然酵母を使用。抽出を控えめにし、タンニンをなめらかにしています。

ワイン:仄かな赤系果実のアロマにスミレの花やクローヴ、黒胡椒などのスパイス香が優美に混じり合い、穏やかで滋味深く、おしとやかな味わいは当主エティエンヌが探求する「エレガントなカベルネ・フラン」を見事に創造しており、「プティット・ディアブレス」と呼ぶに相応しいスタイルです。生産量は15,000本。




シャトー・ド・クーレーヌ、シノン・クロ・ド・テュルプネイ・ルージュ’11

税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

Antonio Galloni(VINOUS) 89点(2015〜2025年)

ゴーミヨ誌16/20点!

MVF(旧クラスマン)2014年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版14.5/20点

24本完売。ありがとうございました

「2013.10月に飲みました。ソレイユ・ド・クーレーヌから一気にポテンシャルと深みが上がる!こちらは下記のピカスよりも力強くタンニンも少し多い。ボルドーグラスの方がよさそう。よく凝縮しているが、全体像はあくまで上品でなめらかでピュア&ミネラリー。若いボルドーは1〜2杯で飽きるが、このワインは3日に分けて飲んだがまったく飽きなかった。黒い実の果実主体、わずかにヴァニラ、スパイス、ミネラルなどの香り。抜栓の2日後までまったく落ちない。少しずつ向上してゆく。青さがなくて上品。酸が上質で低くなく、傑出したバランスで価格以上の満足度であることは一貫してここの赤ワインに共通している部分」

アルコール13.5%

『 このキュヴェは単一区画のCF100%を使用します。朝摘みの完熟イチゴや黒胡椒などスパイス香が優美に立ち上るアロマに、全ての要素が適度で懐深く、赤ワインながらにミネラル分を余韻に感じる味わいは圧巻です。(輸入元資料より) 』

キュヴェ名:現当主の祖父の時代から所有し続ける、家族の歴史が詰まった畑名です。ドメーヌに隣接する、シノンの森の中の修道院の名前からつけられました。

テロワール:真南向きになだらかに広がる粘土石灰質の丘陵で、ブドウの根が石灰質の層に達しているため上品で純朴なワインが出来上がります。面積は2ha。現在は実施が不可能である、1960年のマッサールセレクションによる古樹(樹齢約50年!)がメイン。近くに流れる川の砂が少し混ざっています。

醸造:手摘み収穫後コンクリートタンクと古い木製醗酵槽にて自然発酵。続くマロラクティック発酵は400Lの古樽(4-5年)で行い、その後18ヶ月間の樽熟成をします。ただし、タンニンがきめ細かく軽やかさが特徴の2007年ヴィンテージについては、その果実味を楽しむために熟成期間を短く(12ヶ月)しました。

ワイン:カシスの果肉や煮詰めたブルーベリーなど濃密な黒系果実のアロマに、穏やかで滑らかな味わい、更に後味には優美なミネラル分も感じられます。一切の無駄を削ぎ落としたピュアリズム的美学が堪能できます。





シャトー・ド・クーレーヌ、シノン・レ・ピカス・ルージュ’10

特別価格・税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

このワインは今までのロワール赤ワインの常識を覆す素晴らしさでした!どんな方も1度飲んでみることを強くおすすめ致します!

MVF(旧クラスマン)2013年度版16.5/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

※全ての値引き対象外となります。’10は再入荷不可能!次のヴィンテージから値上がり致します。

3年以上経過してさらにおいしくなっているはず!!!



「2013.10月に飲みました。出ました今年最も驚かされたワインの一つです!!!まさかのブルゴーニュのピノノワール的質感で、ブラインドでカベルネフラン100%だと絶対に当てれないワイン(笑)ブルゴーニュ・グラスがよさそうです。ダントツで過去No.1シノン。縁が紫がかった濃すぎない色調。赤い実の果実主体、ミネラルなどのピュアで華やかな非常によい香り。凝縮して少しのトロみもあるが重さのまったくない極めてピュアで繊細なバランス。重くないのにとても深いのがすごい。凝縮感とタンニンはクロ・ド・テュルプネイ’11の方が上だが、エレガンス、複雑性とうまみの量と余韻がピカス’10の方が優れている。税別¥4200の最上級品シノン・ラ・ディアブレス’10よりも明らかにピカスの方が優れていると感じてしまった、、、ラ・ディアブレスが税別¥4200ならピカスは税別¥5000でもいいくらい。社長と二人で感激してすぐに大量発注してしまいました。これほどのワインの在庫がまだ残っていたのは名前がシノンだからというだけのこと。抜栓の2日後までまったく落ちない。少しずつ向上してゆく。今まではシノンの優れた造り手はパスカル・ランベールとベルナール・ボードリーだと思っていたが、自分の中で完全に変わってしまった」

アルコール14%

限定品!

’12 Antonio Galloni(VINOUS) 92点!

’09 Antonio Galloni(VINOUS) 91点

’08 ゴーミヨ誌16.5/20点

『 ブラックベリー、シナモン、リコリス、チョコレートなどのアロマが広がります。タンニン量が非常に多くアルコール度数も高めのフルボディータイプで、ブドウのエキス分が前面に押し出されているため甘味さえ感じます。(輸入元資料より) 』

キュヴェ名:AOCシノンの中心に広がる20haの区画、レ・ピカスのブドウのみを用いて造られ、このシャトーが所有するのは3haです。

テロワール: 最も標高の高い場所から南向きに広がる粘土石灰質土壌。このシャトーが所有する区画の中でも最も粘土質の構成が高く、表土が70cmと厚みがあるため凝縮感の高いブドウが収穫できます。日当たりの良いこの畑の4分の1は樹齢80年、4分の3は樹齢20年のブドウの樹に占められています。

醸造:手摘み収穫後、コンクリートタンクにて自然発酵。続くマロラクティック発酵は400Lの古樽(1/3新樽、1/3を1年樽、1/3を2年樽)で行いその後18ヶ月間の樽熟成します。

ワイン:底が見えないほどの深紅色の色調が、太陽光を存分に享受するテロワールの特徴を反映しています。完熟ブドウで造られた事が瞬時にわかる深淵で密度の高い黒サクランボ、ロースト、シナモン、リコリス、チョコレートのアロマが広がります。タンニン量が非常に多くアルコール度数も高めのフルボディータイプで、ブドウのエキス分が前面に押し出されているため甘味さえ感じます。

エチケットは「日当たりの良い南向きの斜面=灼熱の畑=赤」のイメージを喚起するためヴィヴィットな赤色を選びました。



シャトー・ド・クーレーヌは15世紀に建設された歴史の趣きを感じさせてくれるシャトー。当時よりボナヴァンチュール家が所有しており、現当主エティエンヌは15代目に当たります。ワイン造りは祖父の代から始まり、エティエンヌが父親から引き継いだ畑は僅か1.5haでしたが、積極的な植樹により現在は20haを所有するに至りました。


・シノンAOCは以前80hl/haの収量が認められていた(現在は60hl)が、実際には生産者は120hlもの収量を得ており、それらをネゴシアンに売却する農家が多かった。その後品質の低下が問題視され、規定が徹底されるようになるが、クーレーヌはその当時から品質を重視し、収量は40hl/haに抑えている。

・クーレーヌでは畑での作業を徹底しているため、4〜7月がとても忙しく、収穫の忙しさすら比べ物にならない。

・摘芽、摘葉はすべて手作業で徹底的に行うためグリーンハーベストは不要。

・力強いカベルネフランからエレガントなワインを仕上げる

・ブドウの個性を引き出すため、樽の使用は控えめ。

・手摘み収穫したブドウをコンクリートタンクで自然発酵させ、古樽でマロラクティック発酵。その後、ソレイユは古樽で約6ヶ月間、ディアブレスは古樽で約18ヶ月間、ピカスは1/3を新樽、残りを古樽で約18ヶ月間熟成させます。

・からし菜(アブラナ科)とカブ(アブラナ科)とライ麦(イネ科)を畑に植えている。ブドウ木の根が吸収できる窒素を供給するため通常はマメ科の植物を植えることが多いが、クーレーヌでは有機栽培のおかげでマメ科の植物は十分にあるため特に必要としていない。豊かな自然環境の中で多様な植物が元気に育っている。


 

2018/6/10(日)アップ〜蔵出しニコラ・ジョリー’15クーレ・ド・セラン

2018/5/1(火)アップ〜蔵出しニコラ・ジョリー’14ヴュー・クロ最後の再入荷!

2018/1/11(木)アップ〜蔵出しニコラ・ジョリー’14クーレ・ド・セラン

ワイナート32号、クラスマン等で絶賛されました!



2011年は過去のデータにない難しい気象状況だったようで(暑くなったり寒くなったり、開花に時間がかかったり、最終的に隣の畑のブドウは真っ黒に焼けてしまったそうです)、2011年のような気象状況が今後も続けば、今までのビオディナミ農法で対応できるかわからないとのデータを見ました

でも出来たワインを飲んでみると結局、文句なしに素晴らしくおいしい!!!というさすがとしかいいようのないワインになっているからわからないものです(笑)


クローン反対派のジョリー氏は、クーレ・ド・セランにある樹齢80年以上の古樹から接木し、植え替えに使用している

羊を飼って一緒に生活したり(収穫まで畑には入れない)、やはり日常生活からナチュラリストなんですね

美食家の皆様は、食事とよい相性を見せるシュナンブラン大好物だと思いますが、最上のものはここまですごいというのをぜひ実感ください!




Coulee de Serrant '15

ニコラ・ジョリー、サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン’15

(モノポール・ロワール・辛口白)


税別¥8200

<あと2本>限定品!

ワイン&スピリッツ誌 94点!

MVF(旧クラスマン)2018年度版17.5/20グラス

アルコール14.5%




Coulee de Serrant '14

ニコラ・ジョリー、サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン’14

(モノポール・ロワール・辛口白)


税別¥8000

<あと2本>限定品!

※’14は再入荷不可能!

デカンター・オンライン98点!!!(2018〜2030年)
Part of Jane Anson’s top fine wines of 2017

パーカー95+点!!!(2016〜2040年!
The yellow-golden 2014 Clos de la Coulee de Serrant, a world famous and iconic Chenin with its own appellation (Savennieres - Coulee de Serrant AC), opens with a beautifully clear, precise and aromatic bouquet of ripe and dried, lovely concentrated stone and grapefruit, as well as some honey aromas intermixed with crushed crystalline stones and herbal flavors. Highly elegant, clear and vital on the palate, this full-bodied wine is immensely intense but also silky, transparent and finesse-full. The long and stimulating finish is enormously piquant and salty, very compact but in perfect balance. There are dried Mediterranean herbs like thyme along with concentrated apricot and quince flavors in the persistent aftertaste. A great, elegant and very refined Coulee.
、ワイン・アドヴォケイト227号)


MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点



Coulee de Serrant '13

ニコラ・ジョリー、サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン’13

(モノポール・ロワール・辛口白)


税別¥8200

<売り切れ>

Wine&Sprits誌 93点!

MVF(旧クラスマン)2016年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16/20点





ニコラ・ジョリー、サヴニエール・レ・ヴュー・クロ’14

(ロワール・辛口白)


税別¥3800

<あと5本>

※’14は、再入荷不可能!

パーカー93点!!!(2016〜2024年
Joly's golden-yellow 2014 Savennieres Les Vieux Clos is pure and elegant on the herbal and flinty nose, where spicy lemon/lemon grass and ripe, concentrated fruit aromas are displayed. Very well defined! On the palate, the 14.5% alcohol comes along in perfect balance: very elegant and finesse-full. since the powerful body is lifted by a piquant acidity, a lovely transparency and finesse, and finally escorted by a dense and lush fruit texture. The finish is very precise, fresh and aromatic, but also full of elegance, salt and stimulation.
、ワイン・アドヴォケイト227号)


MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!





ニコラ・ジョリー、サヴニエール・レ・ヴュー・クロ’11

(ロワール・辛口白)


税別¥3500

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(2018〜2028年、ワイン・アドヴォケイト215号)

Wine&Sprits誌 88点

MVF(旧クラスマン)2014年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版16/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

生産量激減、難しい年の大成功例!

85本完売!!!〜※再入荷すると’12’13に移行&¥324値上がりいたします。

「2013.10月に飲みました。このワインは熟成のポテンシャルが低いだけで素晴らしさはクーレ・ド・セランとある意味同じだと感じました。抜栓直後はまだわずかに固いものの、抜栓の次の日にはもう充分に開いておいしく楽しめた。とても濃いイエロー。’04的なすりおろしたリンゴ+ミネラルではなく、もっと強いパワーを秘めたカリン、アンズ、ミネラルなどの凝縮したよい香り。エキスとうまみ、ミネラルが多く余韻が長い。抜栓の2日後までまったく落ちずに明らかに向上してゆく。2日後になってすりおろしたリンゴ+蜜の風味が出てくる。価格を超えた価値と個性がある」





ニコラ・ジョリー、サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン’11

(モノポール・ロワール・辛口白)


税別¥7200

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’11は再入荷不可能!

パーカー90+点(2017〜2025年、ワイン・アドヴォケイト215号)

MVF(旧クラスマン)2014年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版16/20点

生産量激減、難しい年の大成功例!

「2013.10月に飲みました。まだガチガチに固いが、偉大さと余韻の長さはすでにはっきりと感じ取ることが出来る。完全にグランクリュの満足度。並行ものなどでコンディションが悪い場合、このワインは余韻が長いかどうかで判断すればいいから楽かもしれない。余韻が短ければそれはおかしいということになります。温度は低すぎるともったいない。パンと張り詰めた果実味、すごい量のミネラル、はっきりとほろ苦さのあるとても長いアフター。抜栓の2日後までまったく落ちないで少し向上するが、それでもまだうっすら固い」




ニコラ・ジョリー、サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン’10

(モノポール・ロワール・辛口白)


税別¥7200

<売り切れ>

※再入荷不可能!

ゴーミヨ誌18/20点!

MVF(旧クラスマン)2013年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版16.5/20点

’10は’01’04同様ボトリティスが顕著な年




ニコラ・ジョリー、サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン’07

(モノポール・ロワール・辛口白)


特別価格・税別¥6900

<売り切れ>絶対おすすめ!

スペクテーター92点(NOW〜2015年)

インターナショナルワインセラー93点!

ゴーミヨ誌17/20点


MVF(旧クラスマン)2010年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2010年度版18.5/20点

「2013.10月に飲みました。あと少しで飲み頃というところまで来ているが、’04のような開き方ではなくわりと甘さ控えめで大きな構造。必死に探さなくともわかりやすい偉大さが誰にでも感じ取れる内容(笑)とても濃いイエロー。’04的なすりおろしたリンゴ+ミネラルではなく、もっと巨大なパワーを秘めた香り。味わいも予想以上にまだ力強く、トロみの出てきた果実味、エキス感とうまみがスゴイ!すごい量のミネラル、少しほろ苦さのあるとても長いアフター。抜栓の2日後までまったく落ちないで少し向上するが、それでもまだうっすら固い。色も若干濃くなった。予想以上に熟成スピードが遅い」






ニコラ・ジョリー、サヴニエール・レ・ヴュー・クロ’10

(ロワール・辛口白)

税別¥3600

<売り切れ>絶対おすすめ!

ゴーミヨ誌 16.5/20点!

MVF(旧クラスマン)2013年度版15/20グラス

※再入荷不可能

「2012.11月末に試飲しました。’10は’01’04同様ボトリティスが顕著な年とのことですが、まだ固く香りも閉じ気味でドライでミネラリー。凝縮してポテンシャルが高く、飲み頃は1〜2年後だと思われるが、品質はとても高い。今空けるなら、抜栓の次の日以降に高めの温度&大きめのグラスがよさそう。例年、抜栓後の落ちが少ないワインなので少しずつ変化していく様を楽しむことが出来ます」

なおまだリリースされていない2011年は、過去のデータにない気象状況だったようで、2011年のような気象状況が今後も続けば、今までのビオディナミ農法で対応できるかわからないとのことです




ニコラ・ジョリー、サヴニエール・レ・ヴュー・クロ’09

(ロワール・辛口白)

税別¥3600

<売り切れ>

ゴーミヨ誌17/20点!

MVF(旧クラスマン)2012年度版15.5/20グラス

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!



ニコラ・ジョリー、サヴニエール・レ・ヴュー・クロ’06

(ロワール・辛口白)

超特別価格・税別¥3400

<売り切れ>

MVF(旧クラスマン)2009年度版14.5/20グラス

『 シュナン・ブラン100%から造られます。クレ・ド・セランに比べやや傾斜が緩やかな東向きの区画で、表土が深く、クロ・ド・ラ・クレ・ド・セランよりも早くから楽しめます。エレガントな酸が心地よく、アーモンドやナッツ、フレッシュフルーツのニュアンスがあります。 (輸入元資料より) 』

 

ニコラ・ジョリー、サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン’05

(モノポール・ロワール・辛口白)

超特別価格・税別¥7100

<売り切れ>

スペクテーター92点(2010〜2020年)

MVF(旧クラスマン)2009年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2009年度版16.5/20点

『 1130年にシトー派修道院によって拓かれた由緒ある葡萄畑で、7hlの全てをジョリー家が単独所有。栽培・収穫はすべて馬と手作業で行なわれ、平均樹齢40年のシュナン・ブラン種から規定の約半分の18〜25hl/haの低収量でワイン作りが行なわれている。 (輸入元資料より) 』

 

ニコラ・ジョリー、サヴニエール・レ・ヴュー・クロ’05

(ロワール・辛口白)

税別¥4500

<売り切れ>

クラスマン2008年度版16/20グラス

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2008.1月に飲みました。濃いイエロー。はっきりと強いすりおろしたリンゴ、リンゴの蜜の香り。ほかに強めのミネラルなど。味わいは?何故か果実味がほとんど感じられない、、、アフターには多いミネラル分。よい酸。バランス悪い。明日以降の変化に期待。変化ナシならボトル差ではずれかも?抜栓の次の日は、変化ナシ。抜栓の4日後もほぼ変化ナシ。他の要素は素晴らしいのに、果実味がほとんどない、、、ハチミツを混ぜた生姜のようなドライでミネラリーな味わい。抜栓の5日後も落ちないが、向上もない」

26本完売。ありがとうございました

平均樹齢18年

収量30〜35hl/ha

やっと待ちに待ったニコラ・ジョリー本人が『過去最高の年のひとつ!』と言っているらしい’05が入荷可能となりました!

’04はすりおろしたリンゴや蜜、ミネラルのニュアンスで、本当に素晴らしい香りと味わいでした。

’04 24本完売。

 

ニコラ・ジョリー、サヴニエール・クロ・ド・ラ・クーレ・ド・セラン’04

(モノポール・ロワール・辛口白)

税別¥8500

<売り切れ>絶対おすすめ!

ワイナート32号93点(2012〜2030年)

パーカー92点

スペクテーター92点(2008〜2021年)

クラスマン19/20グラス

雑誌『クレア・イーツ10号』1万円以内の極旨ワイン今飲むなら、この100本に選ばれる!

23本完売。ありがとうございました

「2006.6月に試飲しました。(1日前に抜栓、冷やしすぎないように注意されていました。)文句のつけようのない圧倒的な香り!やはりすりおろしたリンゴ、蜜、ハーブ、ミネラルなどの上記のヴュークロよりさらに厚みとポテンシャルを感じる非常に素晴らしい香り!味わいは過去に飲んだものより甘味があり、最高に心地よい。ものすごく長いアフター。まったく文句のつけようのないワイン!」

ロワール最高の白ワインのひとつに必ず名前が挙がるワイン!

数年前に飲んだ抜栓から3日後の’01は、感動ものでした

平均樹齢40年以上

収量18〜25hl/ha

南向き急斜面

 

すべてシュナンブラン100%

1980年から部分的に、1984年から全ての畑でビオディナミを実践

栽培・収穫はすべて馬と手作業

野生酵母使用、化学肥料や除草剤など化学合成物は一切使用しない

あらゆる角度から土地の力を最大限に生かす努力をしている

『これは、イケムを含む、フランスで5つの偉大な白ワインのひとつである。(美食家キュルノンスキー氏)』

産経新聞(2006年12月6日)にて掲載される!

’01 24本完売。

’00 12本完売。

’99 完売。


2013/4/11(木)〜蔵出しラ・グランジュ・オ・ベール’11

ピュアで高貴なシュナンブラン!






 

 




ラシーヌ輸入の蔵出し限定品!



ラ・グランジュ・オ・ベール(マーク・ウタン)、VDF・レ・モワイヤン・デュ・ボール・ブラン’11

(ロワール・辛口白)


税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

もともとキャップシールなし

24本完売。ありがとうございました※再入荷不可能!

「2013.3月に飲みました。ブショネのなさそうな合成コルク。この価格としては意外な高貴で複雑なよい香り。擦りおろしたリンゴ、柑橘類、強いミネラルなどの香りで、ごくわずかにリンゴ酢の風味を含むが劣化の要素はゼロで、上質な香りと味わい。酸の質がとてもよく、味わいの後半部分が優れており、余韻長め。冷やしすぎないほうがおいしい。時間とともにエキス感が少し増す。デイリーワインの品質やバランスではない。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい。さらに余韻が伸びた!」

アルコール12%




ラ・グランジュ・オ・ベール(マーク・ウタン)、アンジュ・ブラン・セック・フラジール’11

(ロワール・辛口白)


税別¥3200

<あと1本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
再入荷不可能!輸入元さんで一瞬で完売してしまいました!

2017.11月現在 全然飲み頃過ぎておりません!

樹齢20〜40年

シュナンブラン100%

大樽醗酵〜大樽熟成

無補糖


2004年創立

自然な農法、低収量、天然酵母を使用


2013/6/7(金)〜蔵出しパント・デ・クティ’10

クロ・デュ・テュ=ブッフ以上のエキス感!エネルギーに満ちたシュナンブラン!

はっきりと強いラ・フランスの香り



 

 




ラシーヌ輸入の蔵出し限定品!



パント・デ・クティ、レ・クティ・ブラン’10

(ロワール・辛口白)


税別¥2600

<売り切れ>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

※キャップシールにもともとわずかなよれがあります。ご了承の上、ご注文お願い致します。

25本完売。ありがとうございました

「2013.2月に飲みました。ラシーヌ輸入のロワール産シュナンブランは、人気が高すぎてすぐに欠品してしまうので昔に比べてずいぶん扱いにくい商品になってしまいました、、、このワインも下手なAOCアンジュ・ブランよりも遥かに上質でエキスとミネラルに満ちた厚みのある味わいがとても上質なので、冷やしすぎないほうがおいしい。濃いイエロー。酸にキレはないが、エキスとミネラルの凄いエネルギーがストレートに伝わってくる内容なのでバランス的にもまったく問題ない。ラ・フランス、ミネラル主体のエキスに満ちた香り。クロ・デュ・テュ=ブッフのトゥーレーヌ・ル・ビュイッソン・プイユ’10よりもエキス感強い!まったく無名なのにすごい品質。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%

ABマーク認証ありの自然な農法

馬による耕作!

樹齢15年のシュナンブラン100%

南向きの斜面、粘土石灰質土壌

2010年は残糖ゼロの辛口。2009年はやや辛口でした


『 ロワール地方でも最北端に位置するヴァンドームはパリから電車でわずか45分と冷涼な気候にあり、収穫も遅めの10月中旬から下旬に行なわれます。昔から除草剤を知らない畑には草が生え、根が粘土を守る役割を果していて、耕作するときは斜面の下から上に向かって耕し、表層の粘土を持ち上げます。

圧搾:プヌマティック。醸造:収穫後、樽で発酵。樽は発酵中に必要な酸素を提供するために使用する容器であって、樽香をワインに与えるものではない。4月までゆっくりと発酵を行った後はステンレスタンクに移しアサンブラージュを行ない14ヶ月熟成。樽で発酵を終えたワインはそれぞれに異なり、すべてのワインが溶け合ってひとつとなるには時間がかかるとの考えのもと、発酵終了後にアサンブラージュをおこない必要なだけ熟成。通常は6-9ヶ月。2009年には14ヶ月を必要とした。 (輸入元資料より) 』


2017/12/1(金)〜蔵出しドメーヌ・デュ・カール’14

蜜リンゴ風味で大人気のシュナンブラン!

輸入元さんで人気炸裂!!!





 

 




エチケット左側の2つの絵は、左が身長200cmのセドリック氏(かつてラグビー2部リーグのチームに所属していた)と右が身長165cmのヴェロニク夫人の身長差を表している?ようです




ドメーヌ・デュ・カール、クレマン・ド・ロワール・ブリュットNV

(ロワール・辛口白)


税別¥1850

<売り切れ>おすすめ!

こちらも輸入元さんで大人気だそうです!

シュナンブラン100%

「2014.1月初旬に試飲しました。わりとしっかり冷やした方がおいしい、ほのかな甘みのある辛口で、ブドウ品種由来のタンニンは少ない。ちょうどよい酸と泡、非常に飲みやすく仕上げられており、初心者受けもよさそう。お寿司のサーモンとマグロと合わせてもまったく生臭くならなかった」

アルコール12.5%

土壌: 片岩質60%、砂利質40%
(片岩:ワインの骨格、ミネラル感を与える、
砂利質:品種そのものの果実味・まろやかさが現れる)

醸造:ブドウを傷めないよう小さな容器で収穫を行い、やさしく圧搾を行うことによって、厚みが出すぎずフレッシュ感が保てる。片岩・砂利質のふたつの畑のブドウから造ることにより、複雑ながらもバランスのとれた味わいとなっている。

シャンパン方式のスパークリングワインを造るための醸造機(ジロパレット)を周辺の他の生産者と共同購入して使用することにより、自分たちで醸造過程のすべてを管理している。瓶内2次発酵時は徹底した温度管理を行い、アロマが豊かになるようコントロールしている。デゴルジュマンを行うまで、1年ほど熟成させている。

『 シュナンブラン特有のカリンや西洋ナシなど爽やかなアロマとしっかりしたミネラル感があり、クリーミーできめ細かな泡が特徴。アペリティフでも食中でも楽しめる万能なクレマン。 (輸入元さんコメント) 』




ドメーヌ・デュ・カール、アンジュ・ブラン・レ・ピエール・ノワール’14

(ロワール・辛口白)


税別¥1600

<あと1本>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

23本完売。



ドメーヌ・デュ・カール、アンジュ・ブラン・レ・ピエール・ノワール’12

(ロワール・辛口白)


税別¥1550

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2014.5月に飲みました。ここはやはり安定して毎年よい出来。スタイルも凝縮感も甘い香りも大体例年通り。値上がり幅小さく、よくこれだけで抑えれたと言うべきだろう。抜栓の2日後までおいしい」

アルコール14%



ドメーヌ・デュ・カール、アンジュ・ブラン・レ・ピエール・ノワール’11

(ロワール・辛口白)


特価・税別¥1450

<売り切れ>絶対おすすめ!

円安なのに値上がりなし!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

120本完売!ありがとうございました

「2013.10月に飲みました。一般的には’10よりも’11の方が少し軽くなるはずですが、ここは’11の方が若干出来がよいように感じられる。アンジュ・ブラン・レ・グラヴィエ’11と同時に飲み比べましたが、ピエール・ノワールの方がミネラルが強く、少し骨格があり上質に感じられた。一般受けと通向きどちらも対応可能な価格以上の味わい。やはり蜜リンゴ、花、ミネラルの香り。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール14%


ドメーヌ・デュ・カール、アンジュ・ブラン・レ・ピエール・ノワール’10

(ロワール・辛口白)


税別¥1450

<売り切れ>絶対おすすめ!

限定品!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2012.12月初旬に飲みました。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。抜栓直後はミネラリーな香りと味わい。時間とともに蜜リンゴの風味が強く出る。他に花、硬質感のあるミネラルなどの香り。みずみずしく、キレのある酸、ほのかな甘みのある辛口。余韻の長さ自体はそこそこながらとても心地よくよいバランス。抜栓の次の日もとてもおいしい」

アルコール14%

71本完売。ありがとうございました

結構な量を再輸入したようですが、またすぐに完売〜再入荷不可能となってしまいました、、、



輸入元さんで人気爆発〜完売にてしばらく入荷が出来なかった銘柄です!

シュナンブラン100%

2008年以降殺虫剤と除草剤不使用

低収量、100%手摘み、SO2最小限

ギィ・ド・アシェット誌などで毎年のように高評価されています!

『 ワイン名はレ ピエール(石)、ノワール(黒)は土壌に多く含まれている黒い片岩を意味しています。貴腐ワインが多いこの土地であえて辛口ワインを造る珍しいワインです。ワインの厚みと酸味のバランスを保つため、圧搾開始直後と終了直前の果汁は使用しません。天然酵母のみ翌年の秋まで発酵を行いますが、終了しないため、更に樽内でゆっくりと発酵します。瓶詰め前にステンレスタンクに移し、ワインを落ち着かせるため4ヶ月熟成を行います。完熟したアプリコットや西洋ナシのコンポートなど、甘美なアロマが広がり、濃密で凝縮感にとんだ果実味が感じられます。 ミネラルや適度な酸味が全体のバランスを見事に保っている。(輸入元資料より) 』


DOMAINE DES QUARRES ANJOU BLANC LES PIERRES NOIRES


『 2007年にセドリック、ヴェロニク夫妻が取得した新しいドメーヌです。ロワールのアンジュー、ラブレ シュール レイヨンに位置し、約30haの畑を所有しています。畑はレイヨン川に面した場所にあり、レイヨン川より北(レ・ピエール・ノワールの区画)は片岩質でテロワールの特徴がワインに出やすく、川より南は砂利質で品種の特徴が出やすい土壌です。〜(輸入元資料より) 』


2017/12/4(月)〜蔵出しフランソワ・チデーヌ’15

厚みと複雑性のある傑出したシュナンブラン!

ついに3つ星生産者に昇格!!!

 


※↑ラベル・デザイン変更。






 





ドメーヌ・フランソワ・チデーヌ、モンルイ・シュール・ロワール・レ・チュフォー・ドゥミセック’15

(ロワール・中辛口〜ほんのり甘口白)


税別¥3700

<あと3本>

MVF(旧クラスマン)2018年度版16.5/20グラス
(2017年度版からユエ等と同じく、ロワール最高の3つ星生産者に昇格!!!)

アルコール%

’11 インターナショナルワインセラー91点

’10 ゴーミヨ誌16.5/20点




ドメーヌ・フランソワ・チデーヌ、モンルイ・シュール・ロワール・レ・チュフォー・ドゥミセック’06

(ロワール・中辛口〜ほんのり甘口白)


税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!

スペクテーター90点(NOW)

ゴ―ミヨ誌18.5/20点!!!

読売オンライン山本昭彦さんの『 ワイン漬けDiary 』にて絶賛される!


MVF(旧クラスマン)2009年度版14.5/20グラス

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2012.1下旬月に試飲しました。’04同様複雑でインパクトもある素晴らしい品質。4人で試飲して全員絶賛でした!」

アルコール12.5%


’05 パーカー94点

’04 78本完売!

’04 ヴィノテーク2006年5月号18.5/20点!

’04 クラスマン14.5/20グラス


「2007.10月に’04を試飲しました。大分柔らかく変化し、複雑性がさらに増した印象。かなり濃いイエロー。アップルパイ、黄桃、スモーキーさのある強靭なミネラル。非常に凝縮して、厚みと粘性がある。アタックにもインパクトがあるが、長く素晴らしいアフター。複雑性とグラがある。傑出したシュナンブラン」



「2006.10月に’04を試飲しました。濃いイエロー。まず強靭なミネラルでブドウの力を感じる。ハチミツ、柑橘類のジャム、カリンなどの非常によい香り。味わいも果実味とミネラルが豊かで、しっかりした酸、厳格な構造だが舌触りがよく、けっこう長く熟成できそう。余韻も長い。上記のクロ・ボードアンより早くから楽しめる上に、飲み手を選ばないワインで、誰に対しても強烈な印象を与えることが出来そう。最近飲んだフランス・ワインの中でもっともお買い得なワインのひとつ!」

樹齢30〜90年

低収量27ha/hl


輸入元さんによるとクロタン・ド・シャヴィニョルの熟成が進み、味が濃厚になり始めたものやプーリニィ・サン・ピエール(ともにロワール産山羊のチーズ)に合うとのことです

シュナンブラン100%




ドメーヌ・フランソワ・チデーヌ、モンルイ・シュール・ロワール・レ・ショワジール’09

(ロワール・辛口白)


税別¥3000

<売り切れ>

MVF(旧クラスマン)2013年度版16.5/20グラス

平均樹齢30〜90年

シュナンブラン100%

『 ビオデナミ栽培され、手摘みで収穫されたシュナン・ブラン種は空圧式プレスで搾汁され、600リットルの木樽(ドミ・ミュイ)で発酵。酵母は葡萄に付いている天然酵母を使用。マロラクティック発酵は行わない。ドミ・ミュイの中で澱と共に11ヶ月間樽熟成。 〜深く輝くような緑を含んだ黄金色、ミネラル感と柑橘を感じさせる香り、円やかで艶やかな口当たり。ソースを敷いた魚料理、ハム・ソーセージ類、山羊のチーズとの相性は最高。 (輸入元資料より) 』


ビオディナミを実践

手摘み、自然酵母のみ使用

エコセールとビオディヴァンの認定あり


2017/5/19(金)アップ〜<※24本限定!>蔵出し超特価ドメーヌ・ユエ’15

誰もが認めるヴーヴレ最高の生産者!

ビオディナミ先駆者のひとりでもあります




※上記画像はセックですが、今回入荷分はドゥミ・セックとなります。




 




『 ドメーヌ・ユエは、じっくりと時間をかけてビオディナミ農法を取り入れてきた。単なる思い込みや傾倒からではなく、科学者並みの実験を体系的に繰り返した結果、効果ありと期待して―つまり、これ以外に土壌の成分を丸ごとワインに活かす方法はないと確信して―導入したのである。その甲斐あって、このドメーヌのワインは収穫年の天候やワインの種類にかかわりなく、いつも卓越した品質を誇り、土壌の質の高さを物語る出来栄えとなっている! (クラスマンより) 』




なんと1988年にはすべての畑でビオディナミを導入済み!
補糖をしないので涼しい年には辛口しか造れない
培養酵母は絶対使わない




ユエ、ヴーヴレ・ル・オー・リュー・ドゥミセック’15

(ロワール・やや辛口白)

超特別価格・税別¥3200

↑ 33%OFF!

輸入元定価・税別¥4800

<売り切れ>絶対おすすめ!

再入荷不可能の限定品!

※1 すべての値引き対象外となります。

※2 超特価ですので、わずかなラベル不良、キャップ不良等はあらかじめご了承くださいませ。
比較的わずかなキャップシール切れが多かったです。

パーカー94+点!!!(2021〜2045年!、
〜this is a very complex and firmly structured Chenin for the next decade. The sweetness is perfectly integrated and the acidity rather mild in the first moment. The finish though is enormously vital and mineral.
ワイン・アドヴォケイト227号)

スペクテーター94点!!!(2017〜2030年)


MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました

「2017.6月上旬に飲みました。抜栓直後は白桃の香り主体にハーブ、柑橘類、ミネラルで、ややキレのある酸、強靭なミネラルのうまみののったほのかな甘みでしたが、時間とともに分厚いエキス感(樽のナッツとかバタークリームではないエキスの厚み)が出てきて、蜜リンゴ、みかんの缶詰の香りが出て余韻が驚くほど縦に長く伸びる!すごい縦ラインを見せつけられ圧巻。極めて上質な酸とミネラル。抜栓の次の日にわずかな揮発酸とおいしいリンゴ酢的なニュアンスも出てくるものの明らかにおいしさと余韻の長さの方が上回る。(例えばアンドレ・ボーフォール大好きな方ならマイナスのニュアンスとすらとらえないであろうレベルのものです。)抜栓の2日後には酸化劣化するだろうと予測していたが、まったくそうはならずにむしろ抜栓後一番おいしい状態となった。たまたま食べていた『 明治北海道十勝スマートチーズうまみ濃厚チェダーブレンド 』と激合う。相乗効果が出る上にアフターのミネラルがより際立つという珍しい合い方。シュナンブランの甘味は甘口ワインが苦手な方にも受け入れられるものだと思う。自身のお店の料理をさらにおいしくしたいビストロの皆さまは、どんどん上質なシュナンブランをオンリストすべきかも?」

アルコール13%





ユエ、ヴーヴレ・ル・オー・リュー・セック’15

(ロワール・辛口白)

超特別価格・税別¥2900

↑ 34%OFF!

輸入元定価・税別¥4400

<売り切れ>限定品!

※1 すべての値引き対象外となります。

※2 超特価ですので、わずかなラベル不良、キャップ不良等はあらかじめご了承くださいませ。
比較的わずかなキャップシール切れが多かったです。

パーカー93+点!(Great aging potential!、2020〜2030年、ワイン・アドヴォケイト227号)

スペクテーター93点!(2017〜2027年)


MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

アルコール13%

1928年より所有!日照条件に恵まれた、地下奥深くまで茶色の粘土が混ざった固めの石灰質土壌の畑

’02は、本当に素晴らしい品質でした!





ユエ、ヴーヴレ・ル・モン・セック’12

(ロワール・辛口白)


超特別価格・税別¥5000

↑ 32%OFF!

輸入元定価・税別¥7,400

<売り切れ>

※再入荷不可能の限定品!

スペクテーター90点(NOW〜2018年)

ゴーミヨ誌17.5/20点!


MVF(旧クラスマン)2014年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版19/20点

「2012.2月に’10を飲みました。文句のつけようのないずば抜けて高い品質!一言でいえばきわめてピュアなのですが、酸とミネラルがとても上質でキレがあるのに何故か?同時にまろやかさを感じるという長くビオディナミをやっている成果だと思われますが、素晴らしいワインです。レモン風味と透明感のあるミネラリーなアフターがニコライホフを連想させる。ミネラルの香り。温度が上がってきてからのリンゴをすりおろしたような高貴な香りはサンソニエールを連想させる。圧倒的!抜栓の次の日も素晴らしくおいしい!長めに熟成も可能。抜栓の2日後も非常においしい。2〜3年後以降の変化も楽しみ。オイリーでまろやかな複雑性が出そう」

樹齢60年!

シュナンブラン100%

ロワール川沿い、緑色の粘土や二酸化ケイ素を含む石灰岩土壌に8ヘクタールの畑を所有。優美で女性的なワインを産む。

’02’10は、本当に素晴らしい品質でした!



全長100キロもある数百年前からの洞穴を地下熟成貯蔵庫として使っている

ビオディナミを実践

100%手摘み、自然酵母のみ使用、補糖に頼らない、ノンフィルター

除草剤、殺虫剤等の化学薬品は一切使用しない

よくワインの教本などに『 ごく一部のヴーヴレは、40年以上の熟成に耐えうるポテンシャルをもつ 』とか書いてあるのは、ほとんどこのユエの甘口のことでは?と思います。


『 伝説の造り手、ドメーヌ・ユエの歴史は1928年にガストン・ユエがヴーヴレイの「ル・オー・リュー」の畑を5ha購入した時に始まる。堅実にドメーヌの経営を行いながらも、ユエ家は合計で35haまで所有畑を拡大してきた。現在は、4つの区画、「ル・オー・リュー」「ル・クロ・デュ・ブール」「ル・モン」そして2001年に新たに購入した「ドメーヌ・ド・ヴォダニ」を所有する。

引退するまでの間にガストン氏はINAOの委員、トゥーレーヌ生産者組合会長、そしてヴーヴレイワイン騎士団評議会会長等、多くの要職を務めた。彼の醸したワインは、フランス国内のコンクールで数多くのメダルを受賞し、無名だったヴーヴレイの名をフランスのみならず全世界に知らしめた。

ガストン氏の引退後、1976年より当主となった娘婿のノエル・パンゲは、ドメーヌを引き継いで間もなくビオディナミによる栽培の可能性に注目し、一部の畑で試験的に栽培を始めた。
そして、その可能性の高さを目の当たりにした彼は、1991年より全ての畑にビオディナミを導入した。 (→※別のインポーター資料では、1988年にはすべての畑でビオディナミを導入済みと書いてあります。) トゥール市から東へ15キロほど離れた、ロワール川右岸で生み出されるのは、世界で最も高貴な葡萄品種と評されるシュナン・ブラン(別名:ピノー・ド・ラ・ロワール)。(輸入元資料より) 』


蔵出し超特価アルフォンス・メロ

サンセール最高の生産者の一人!


 







GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)4つ星生産者

クラスマン2つ星生産者

ワイナート32号、インターナショナルワインセラーなどでも高評価されています!


『 所有畑は丘の頂上の南西向き斜面に広がり、火打ち石のようなフリンティーな石がゴロゴロと畑の中にころがっている、鉱物的でミネラルなシレックス土壌です。メロ家歴代の真の宝と呼ぶべき秀逸なテロワールは、キンメリジャン土壌の上に、Saint Doulchard(サン・ドゥルシャール)と呼ばれる、泥灰岩(マルヌ)土壌の表土 が広がるもので、サンセール特有の地質の中でも特に独特のパーソナリティーを持っています。

ワインに対する職人気質的な情熱は年々増しており、リリースされるワインは、
フランスの有名レストランで必ずと言っていいほどワインリストに掲載されています。

ワインの品質を現代的に改めたのは、次期当主となる19代目のアルフォンス・エドモンド・メロで、サンセールでは珍しく、白ワインの醸造にオーク樽を使っています。 この樽は特注で、シュール・リーをするのに澱がより多くの液面と接するために、そして複雑性を生成するようにと普通の樽より横に長く作られています。スタンダードのアン・グラン・シャンで10%、プレステージ・キュヴェのキュヴェ・エドモンドで100%新樽を使用します。 (輸入元資料より) 』


2018/8/17(金)〜蔵出し超特価クロー・ド・ネル’03’09カベルネフラン

傑出したカベルネフラン!

さらに飲み頃!’04カベルネソーヴィニヨン!

現在はドメーヌ・ルフレーヴがオーナーです

円安&蔵出し価格や原油価格等の上昇で普通は値上がりなのですが、輸入元さんの営業努力によって品質は最高のままほとんど値上がりなしという珍しいケースですので、ぜひともこの機会にお買い求めくださいませ!!!








クロー・ド・ネルはもともと、2000年代の初めにブルゴーニュ出身のカップル、ネリーとクロードのピシャール夫妻がアンジューに起こしたドメーヌである。
土地のテロワールは申し分なく、ふたりの情熱も熱かったが、残念ながら経済的に恵まれなかった。

2006年はワインが廃棄となり、2007年はウドン粉病にかかって収穫はゼロ。
この窮状に手を差し伸べたのがピュリニー・モンラッシェの大御所、ドメーヌ・ルフレーヴのアンヌ・クロード・ルフレーヴである。

アンヌ・クロードによる取得後もクロード・ピシャールはドメーヌに雇われていたが、新しい道を見つけて旅立つことが決まり、2009年、クロー・ド・ネルの支配人としてシルヴァン・ポタンが着任した。
チリのクロ・ウヴェールというワイナリーでアシスタント・ワインメーカーをしていた人物である。


値上がりの激しいボルドーにはもううんざりという方にもおすすめできます!

’10から裏ラベルにデメテル・マークあり!

ビオディナミを実践

現在ではカベルネソーヴィニヨン100%の銘柄は造っていない。キュヴェ・ヴィオレットに使用されています。

Terroir de Gres et Silex Rouges sur Tuffeau


The Top Producers in France’s Capital of Natural Wine
に選ばれる!!!

WEBマガジン『Punch』にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏



クロー・ド・ネル、アンジュ・ルージュ・キュヴェ・ヴィオレット’12

(ロワール・辛口赤)

税別¥2800

<売り切れ>

Antonio Galloni(VINOUS) 89点

スぺクテーター90点(NOW〜2016年)

’13 ワイン&スピリッツ誌 90点

さすがに’12は少し値上がりですが、値上がり率は他と比べれば小さい。遅いくらいでしたが、ついに各メディアで絶賛されだしましたね!当店ではかなり前から扱っておりますが、また急に人気が出て手に入らなくなるパターンか?(笑)




クロー・ド・ネル、アンジュ・ルージュ・カベルネフラン’11

(ロワール・辛口赤)

特別価格・税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(2014〜2019年、ワイン・アドヴォケイト215号)

「2014.10月に試飲しました。まだ少しだけ若く固さがあるが、デキャンタなどでもうほぼおいしく飲めるレベルの固さ。よく凝縮してやや重さとタンニンがありつつも酸とミネラルが低くなく同時に多少ピュアさも感じられる良いバランスで、余韻も長め。まだまだかなりのお買い得感がある。やはりとてもよいワインですね!」

アルコール13.5%

’12 スぺクテーター89点




クロー・ド・ネル、アンジュ・ルージュ・キュヴェ・ヴィオレット’11

(ロワール・辛口赤)

特別価格・税別¥2550

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー92点!(2017〜2024年、ワイン・アドヴォケイト215号)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

50本完売!ありがとうございました

「2013.10月に試飲しました。固さがあまりなく、今飲んでも非常にバランスよくおいしい。よく凝縮しているが、アルコールも高く感じないし、重くない洗練されてミネラルのしっかりした味わい。アタック〜余韻の最後までクリア感があり、余韻が長め。色々同時に試飲する貴重な機会をいただきましたが、このキュヴェ・ヴィオレット’11<カベルネフラン’11<カベルネフラン’09<カベルネソーヴィニヨン’09という感じで重く、タンニンも多くなってゆく印象でした」

アルコール14%

カベルネフラン70%、カベルネソーヴィニヨン30%

熟成している樽の中からカベルネフランの繊細さとフレッシュさを重視して最適な樽を選んでアッサンブラージュ




クロー・ド・ネル、アンジュ・ルージュ・カベルネフラン’09

(ロワール・辛口赤)

超特別価格・税別¥2400

<あと8本>絶対おすすめ!

※’09はもちろん再入荷不可能!
’15を買うと税別¥3600です。

約4年経過してかなりおいしくなっているはず!



「2014.10月に飲みました。リリースから3年経っているがまだ少しだけタンニンが固い。すでにおいしく飲めるがまだまだ向上する。日照のよい当たり年らしく例年にはない甘草とヴァニラの香りがあり、一瞬イタリアワインか?という香りも含まれている。わずかにメントール系のニュアンスも感じられやや複雑でしっかりしているがミネラルが低くない為か重すぎない味わい。この価格とは思われない高い品質で、抜栓の2日後までおいしい」





クロー・ド・ネル、VDT・カベルネソーヴィニヨン’04

(ロワール・辛口赤)

特価・税別¥2600

<あと11本>おすすめ!
限定品!

「2018.8月中旬に飲みました。まったく無名だった11年以上前から扱っていますが、やっと少し人気が出てきたようです(笑)断言できませんがおそらく飲み頃ピーク入り口付近くらいの時期だと思われます。長い熟成によって果実味は落ち着いたが、タンニンはまだ少し残っており、酸の質が非常によく、ミネラルは弱くならずに他の要素が落ち着いたことでアフターのミネラルがフォーカスされたというイメージの多分テュフォー土壌ならではのアフターの伸び方なのでしょう。もしトップノーズにうっすらクセを感じても味わいは杯が進む通向きで飲み飽きないタイプのバランス。縁がレンガがかってきた濃いルビー色。スーボワ、なめし皮、きのこ類、干しイチジク、スパイス、ミント、未だにヒマラヤ杉?、うっすら薬草、湿った重めの土などの複雑な香り。長く熟成しているのにごくわずかに還元香にも似た風味を含む。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしい。やはり酸とミネラルに特徴があるおいしさ」

アルコール12%



クロー・ド・ネル、アンジュ・ルージュ・カベルネソーヴィニヨン’03

(ロワール・辛口赤)

超特別価格・税別¥2400

<売り切れ>限定品!

※’03’10’11は、ヴァン・ド・ターブルではなくAOCアンジュですが、中身は同じです。

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

※再入荷不可能。

リリース直後は大分重かったと思われますが、今はよいバランスで飲めそうです

アルコール12%

2008年時には<CLAC>グロロー’03とアンジュ・カベルネフラン’03が税別¥5000で販売されていましたので、驚きの値下がリです!!!




クロー・ド・ネル、VDT・カベルネフラン’04

(ロワール・辛口赤)

超特別価格・税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

『 ロワールでこんなすごい赤あるんだね! 』

『 驚異的に価格を超えたワインだった! 』

などなど

ついに当店でブレイクしました!この品質なので遅すぎるくらいでしたがやっとです!

229本完売!!!ありがとうございました

品質とコンディションはそのまま、円安なのに大幅値下がりです!!!

「2010.10月に試飲しました。さすがビオディナミの大成功例のひとつであるルフレーヴのセレクションだけあってこのワインも不快なニュアンスが一切なく、ミネラルが強く、ピュアかつやや深みのある素晴らしい品質。’03を飲んだ時は猛暑の年だったこともありピンときませんでしたが、この’04はすごい!青さがなく、凝縮してコクがありつつも、同時にエレガンスやうまみも表現しており、丸いタンニン、低くない酸でフィネスがある。このワインよりも美味しいアンジュやシノンは滅多にないと思われる。(シュヴァル・ブランとかオーゾンヌは高価すぎるので、除外して)カベルネフランのフランスにおけるひとつの完成系なのか?とすら思ってしまう内容。少なくとも同じ価格帯で敵なしのカベルネフラン」

アルコール12%

’03 72本完売!



クロー・ド・ネル、VDT・カベルネフラン’03

(ロワール・辛口赤)

超特別価格・税別¥3300

<あと14本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

※すべての値引き対象外となります。
’03はもちろん再入荷不可能!
’15を買うと税別¥3600です。

さらに約6年経過してどうなっているか楽しみ!



「2012.11月初旬に’03を再度飲みました。熟成感が出て色気とうまみが出てリリース直後よりもかなりおいしく向上した。チョコレート、プルーン、ヨード、ミネラル、なめし皮、トリュフなどの複雑な香りで、別格のカベルネ・フラン。タンニンもよく溶け込み、ピュアで飲み飽きずに杯が進む。縁がレンガがかったガーネット。なんと抜栓の3日後までおいしく楽しめる!超お買い得品ですのでぜひお試しください!」



「2008.8月に’03を飲みました。2008.3月に試飲した時より明らかにおいしく変化しています!上記のグロローより高品質かつ一般受けタイプ。長く上質なコルク。まだうっすら紫がかった濃いルビー色。猛暑の’03とは思われない清涼感とミネラルがあり、過熟感のない香りと味わい。トップノーズはボルドーのようで、コンポート気味のカシス、木樽、スパイス、鉛筆の芯、革、ほのかなヴァニラなどの甘くよい香り。味わいも甘さがあり洗練され、果実味、酸、うまみ、ミネラルどれも質がよく、よく溶け込んだタンニン。飲みやすく一般受けするカベルネフラン。抜栓の次の日も非常においしい。香りがさらに少し甘くなったように感じた。抜栓の2日後もおいしい。もう少し安ければ、、、」

手摘み、超低収量

ワインに関することだけではなく、日常生活でもすべて自然をテーマにした生活
を送っているほどの徹底ぶり!




ブルゴーニュの至宝、ドメーヌ・ルフレーヴの当主アンヌ・クロード・ルフレーヴは、当初、自身がプロデュースするCLACブランドとして元オーナーであるクロード・ピシャールとドメーヌを共同運営していだが、その可能性を見出し、自身がオーナーとなって醸造とマーケティングを行うようになった。

クロード・ピシャール(アンジュ地区)が元オーナーで、現在はCLACの所有となるドメーヌで

アンヌ・クロード・ルフレーヴが醸造、販売のアドバイスを行っている

カベルネフラン100%

ビオディナミを実践

100%手摘み、超低収量

100%除梗

自然酵母を使用

新樽を使用しない(ドメーヌ・ルフレーヴで4〜5年使われた古樽を用いている。

補糖も補酸もしない

粘土質、砂岩、赤いケイ素等を含む土壌がチュフォーと呼ばれるロワール地域の石灰岩盤の上を覆う独自のテロワール

『 ドメーヌのビオディナミの解釈と実践方法はというと、ワインにとってよい葡萄をつくるにあたっては自然のよさを引き出す事が大変大事で、それぞれの生物のリズムに沿って人間が丁寧に手助けしてゆかなければならない。ワインのポテンシャルはタンニン・アルコール・酸の持つエネルギーで決まるが、これはあらゆるものの動きがワインにエネルギーを与える。畑には多くの草を生やしているがこれらの草もワインの複雑味に貢献するものである。畑の耕作はチュフォーの上層になる土の部分を耕す事により、空気を土に混ぜ、虫、微生物や、土中の菌類の活動を活発にする。これによりビオディナミでの耕作を実践する。 (輸入元資料より) 』


2018/4/19(木)アップ〜蔵出しドメーヌ・デュ・ムーラン’17(750ml)

2017/12/14(木)アップ〜蔵出しドメーヌ・デュ・ムーラン’16(750ml)

抜栓後、時間とともに完熟洋ナシのような甘さエキスが出てくる!


この価格帯で驚きを与えてくれるワインが他にどれだけあるでしょう

’09が、リアルワインガイド36号にて絶賛される!




↑’12以降は上記ラベルです。


 


ラシーヌ輸入の限定品!

手ごろな価格でおいしくコンディションのよいヴァン・ナチュールが少ない為、輸入元さんに(主に全国のレストラン様からの注文が)この銘柄に集中しつつあり、すぐに欠品するようになってきました。すごい人気のようです!








エルヴェ・ヴィルマード(ドメーヌ・デュ・ムーラン)、IGP・デュ・ヴァル・ド・ロワール・ソーヴィニヨン’17

(750ml・ロワール・辛口白)

特価・税別¥2100

<あと23本>

※近日コメントアップ予定!

25本完売。

アルコール13.5%

ユーロリーフあり!

名前が変わっただけで、中身は同じです。
現Herve Villemade, 旧Domaine du Moulin




エルヴェ・ヴィルマード(ドメーヌ・デュ・ムーラン)、IGP・デュ・ヴァル・ド・ロワール・ソーヴィニヨン’16

(750ml・ロワール・辛口白)

特価・税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

26本完売。ありがとうございました

「2017.8月中旬に飲みました。この価格でヴァン・ナチュールならではのエキス感を楽しめる良品。ピュアな蜜リンゴ、ラ・フランス、ハーブ、ミネラルの香りに、少し温度が上がるだけではちみつに漬けた青い梅の風味が出る!ただし温度を上げ過ぎるとバランス崩れるので、さわやかさと蜜のニュアンスをどちらも堪能できるベスト温度を探してみてください。抜栓の次の日も非常においしい。梅ジュース的」

アルコール12%

ユーロリーフあり!

名前が変わっただけで、中身は同じです。
現Herve Villemade, 旧Domaine du Moulin




ドメーヌ・デュ・ムーラン、VDP・デュ・ヴァル・ド・ロワール・ソーヴィニヨン’15

(750ml・ロワール・辛口白)


特価・税別¥1900

<売り切れ>絶対おすすめ!

36本完売。ありがとうございました

「2016.6月下旬に飲みました。しっかり冷えた状態では、さわやかで香りのよい、色だけ若干濃い普通のソーヴィニヨンブランというとても良いバランス。青いメロン、瓜、ハーブ、ミネラル、うっすら蜜などのよい香り。例年通り鋭角的ではないよい酸でアフターにわずかに塩っぽいミネラルも残る。温度が上がってくると明らかに蜜のニュアンスが増して、ハチミツに漬けた青い梅の例の風味が出る!!!他にもフルーツガムやズッキーニなどの香りも。味わいの厚みとエキス感が出てエネルギー感が増すが、その分アフターが少しさわやかではなくなる。その辺は皆様のお好みや気分で飲む温度を変えてみてください。抜栓の次の日もおいしい。意外なことに抜栓の3日後でも酸化が進まず全然おいしく楽しめた」

アルコール12.5%


「2013.7月に’12を飲みました。とても難しい年に上手くまとめ上げたかなりよい出来だと思いました。少しソーヴィニヨン・グリ的な予想より少し濃いイエロー。抜栓直後にしっかり冷やすと、夏向きすっきりで楽しめるし、数時間後に少し温度を上げるとアタックに甘味を感じ、粘性のある味わい〜鼻に抜ける草系+少しメントール系の戻り香が楽しめる。抜栓の次の日〜2日後には、蜜と青い梅と洋ナシのはっきりと甘い香りが主体となり、大きく変化してゆく様も非常に楽しめる」


「2011.10月に’09を2度試飲しましたが、やはり素晴らしかったです。当たり年らしい甘さが極めて心地よく、エキスがあり、杯が進み過ぎてしまう銘柄。合田さんにも聞いてみましたが、予想通り今が一番おいしい時期のワイン(熟成させる必要のないワイン)ですのでどんどん空けましょう!」



「2011.7月末に’09を飲みました。濃いイエロー。しっかり冷やしても香りが強くおいしい。ちょうどアタックとアフターにも『ほのかな甘さ』ではなく『結構な甘さ』があり、酸にキレはないタイプなのでがっちり冷やした方がおいしい。とろとろ蜜の甘いニュアンス、擦りおろしたリンゴ、ミネラルなどの甘い香り。さすがにビュイッソン・プイユ’09ほどの強烈なエキス感はありませんが、それでもこの価格帯の白ワインとしてはかなりエキスが詰まっている。エキス感で飲ませるタイプなので、酸不足は気にならずにとても杯が進む。何故?こんな粘性があるのか?まるでヴィレクレッセのようで驚かされる!甘過ぎるという意見もあるでしょうが、’09だけかもしれない貴重な個性を楽しんだ方が得だと思います。抜栓の次の日も非常においしい。色は初日よりも濃くなったが、味わいはまったく正常」


エコセール認証あり、ビオロジック栽培

『 シュヴェルニは1993年に格付けされた歴史の浅いAOC。 ピュズラのワイナリーがあるモンティスの東隣になる。エルヴェ・ヴィルマード(Herve Villemade)は、ティエリー・ピュズラとも親交が深い。90年代にはいってから、 ヴァン・ナチュールの造りにとりくむようになった。 (輸入元資料より) 』


2017/4/1(土)アップ〜蔵出しピエール・オリヴィエ・ボノム’15

2015/9/19(土)〜蔵出しクロ・デュ・テュ=ブッフ’14


真にナチュラルでピュアで真っ当なヴァン・ナチュール!エキス感があります!





 

ラシーヌ輸入の限定品!




Pierre-Olivier Bonhomme, Touraine Sauvignon '15

ピエール・オリヴィエ・ボノム、トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン’15

(ロワール・やや辛口白)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!
なんとあの凄まじかったピュズラ・ボノム’09に似ているそうです!
ということは蜂蜜に漬けた青い梅のトロトロ分厚いエキス感再来か?
トウモロコシの冷製スープ、豚肉や鶏肉などにも合いやすいとのこと
ここも’16がほとんど手に入らない可能性があるので今のうちにぜひ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

60本完売!ありがとうございました

「2017.2月初旬に飲みました。グリがかったというか?ちょっと個性のあるやや濃いイエロー。抜栓直後からはっきり蜂蜜の香りがあり、少し温度が上がってくるとやはり蜂蜜に漬けた青い梅の驚くほど分厚いエキス感出る!そして’09よりもミネラルが強いので、酸自体は強くなく、はっきりと甘みがあるものの緩かったりバランス悪かったりはしません。それこそ数年に1度しかないような甘旨エキス+ミネラルの凝縮で、二コラ・ルナールのサンペレに驚いた当店の常連の皆さまは、これもお好きだと思われます。抜栓の次の日も非常においしい。まったく酸化進まなかった。抜栓の2日後もまったく酸化が進まないどころか素晴らしくおいしい!もはや辛口とは言えないはっきりした甘さで、中辛〜ほのかな甘口といってしまってもよいかも(笑)」

アルコール13.5%

ピュズラ・ボノムから名前が変わったのは、単純に2人で運営していたネゴシアン部門をボノムに全部譲渡し、ピュズラ本人はドメーヌに専念するために、この様な形(名称変更)となりました。



『 ネゴシアン(SARL)ティエリー・ピュズラは、これまでティエリー・ピュズラが買いブドウをもとに独力で経営。しかし、2009年ヴィンテッジから若き栽培醸造家のピエール=オリヴィエ・ボノム氏が参加し、ネゴシアン ピュズラ=ボノムと表記を変更。 (輸入元資料より) 』





ロワール’13は基本的に非常に難しく、’14もわりと難しい年だったようですが、やはりよい造り手はよいワインを造りますね



ル・クロ・デュ・テュ=ブッフ、VdF・ル・プティ・ブラン・デュ・テュ=ブッフ’14

(ロワール・辛口白)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2015.9月上旬に飲みました。普通に楽しめるピュアでナチュラルで真っ当なヴァン・ナチュール。輸入元さんへの感謝の気持ちすら湧いてきます(笑)さすがだなと。酸化、揮発酸、馬小屋臭などの不快な香りとニュアンスゼロ。青いメロン、瓜、スパイス、ハーブ、ミネラル、じゃ香などのクリーンな香り。やさしく沁みる系で、ヴァン・ナチュールならではの厚みとエキス感も多少ありつつ飲み飽きない心地よさ。ずっと冷蔵庫に入れておけば抜栓の4日後でも落ちない。過激なヴァン・ナチュールが流行ってこれがつまらないと言われてしまうのは本末転倒」

アルコール12%

ソーヴィニヨンブラン100%

ピュズラ兄弟によるドメーヌもの




ル・クロ・デュ・テュ=ブッフ、ル・ブュイッソン・プイユ’14

(ロワール・辛口白)


税別¥3200

<売り切れ>

特に人気の高い銘柄!やっと買えました!

アルコール%

ソーヴィニヨンブラン100%

樹齢45〜60年の古樹のソーヴィニヨンブラン100%

基本的に3区画のブレンドで無補糖

ピュズラ兄弟によるドメーヌもの


『 テュ=ブッフは、トゥールから40km北東、ブロワに近いレ・モンティ村にある。ブロワ伯爵の領地であったこの村にはクロ(壁で囲まれた土地)があり、テュ=ブッフと呼ばれる畑はそのクロの中にあった。中世に3世紀にわたりシャティヨン家の領地となり、続いてフランス王となるオルレアン家の王子と、ブドウ畑は伯爵家の領地として治められ、ここで生まれるワインは当時から高く評価されてきた。

シャルル・ドルレアンは100年戦争で財政難に陥ったため領地を手放したが、モンティのクロにある畑は残したと資料に残っている。このことはこの畑がどれほど優れたクリュとして扱われていたかを物語っている。16世紀には国の管理となるが、フランソワ1世と王女クロードは、特に入念に手をかけてこの畑を管理し、ル・クロ・デュ・テュ=ブッフはアンリ3世の統治の記録にその名が残っている。

ピュズラ家は15世紀からモンティに続く家で、現在のクロ・デュ・テュ=ブッフの所有者であり、ジャン=マリーとティエリーのピュズラ兄弟がワインを造る。彼らは、個性が明確にあらわれるワインを造るには、風土の特徴を大切にしなければならないと考えている。そのため栽培は昔からの伝統的な方法で行われる。
(輸入元資料より) 』


2017/6/18(日)アップ〜蔵出しヴァンサン・ゴードリー’15

透明感のある全体像、厚みとうまみも感じられ、美しくピュアな酸が見事!


リアルワインガイド35号にて’09が高評価される!

 

ラシーヌ輸入の限定品!




Vincent Gaudry, Sancerre Blanc - Le Tournebride 2015

ヴァンサン・ゴードリー、サンセール・ブラン・トゥルヌブリッド’15

税別¥2800

<売り切れ>おすすめ!

※輸入元値上げにより再入荷すると¥216値上がり致します。

「2017.5月中旬に飲みました。DIAM5コルク。例年より少しトロピカルフルーツのニュアンスが強い果実香。他にいつものみかんの缶詰、グレープフルーツ、ハーブ、少し花、アーモンド、ミネラルなどのよい香り。果実味があり、ややしっかりした尖っていないよい酸、キメ細かなわずかな苦みとともに塩ミネラルも感じられるミネラリーなアフター。時間とともに温度も上がってくると少し蜜のニュアンスが出てくる。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%




ヴァンサン・ゴードリー、サンセール・ブラン・トゥルヌブリッド’09

税別¥2600

<売り切れ>絶対おすすめ!

ワイナート66号 87点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

37本完売。ありがとうございました

「2011.10月に2度試飲しましたが、やはり素晴らしかったです。3か月前に飲んだ時よりも中域のうまみ感が少し増したような気がしました。リリース直後が一番おいしいというだけではなく、数年は持ちそうです」

「2011.7月に飲みました。当たり年’09なのですごくキレのある酸というわけではないのですが、抜群のコンディションと自然農法と造り手の才能によって美しくピュアな素晴らしい酸があり、驚かされた!やっぱり心に響くワインが必ずしも高額なワインとは限らないですね。緑色の弱いやや明るい〜中程度のイエロー。みかんの缶詰、グレープフルーツ、ハーブ、ミネラル、芝生、グーズベリー、コリアンダー、オリーヴなどのよい香り。予想より少し厚みがある豊かな果実味、うまみがとても多く、ピュアでミネラリー、夏に止まらなくなる傑出したバランス感。ほのかな甘さも残しつつ、極めて心地よい透明感のあるアフター。夏にビストロでこれ1本で通すのも楽しそう。抜栓の次の日も非常においしい。緩くならずに強いミネラルのまま。抜栓の2日後も充分楽しめる」

当たり年!

アルコール13%

’08をお客様に絶賛いただきました!

エコセールとデメテル認証あり、ビオロジック栽培

トゥルヌブリッドの土壌:粘土石灰質、シレックス、カイヨット(粘土を含まない小石の多い白い石灰質)


『 ドメーヌは、サンセールから3kmの小さい村、渓谷の微笑という名のSury en vaux(シュリー・オン・ヴォー)、サンセールの丘の麓に位置している。ヴァンサンの母方の家系5世代前から家族経営されている。叔父の父親からこのカーヴを受継いだ時、カーヴは既に200年が経過。外気の温度差を自然に調整出来る古い石造り。1993年から徐々にビオロジックとビオディナミ法を導入。彼のワインは、徹底的に管理されている。「私のワインは大地の力強い要素と私の思いにより作り上げられている。」と、ヴァンサンは語る。 (輸入元資料より) 』

’08 12本完売。

’06’10 スペクテーター90点

’08’10 ゴーミヨ誌15/20点


蔵出しドメーヌ・ジットン

予想以上に長熟タイプのサンセール・ルージュ

 

 

ピノノワール100%

シレックス土壌、下は石灰質

ステンレスタンクにて2週間発酵〜約18ヶ月樽熟成

1945年設立〜1953年からドメーヌ元詰め開始

早くから土壌の多様性に着目し、区画ごとの醸造を始めた先駆者の一人


2017/6/14(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・デ・ギュイヨン’14

例年、キレがありつつ程よい厚みもある当店の定番ソミュール!





 





ドメーヌ・デ・ギュイヨン、ソミュール・ラルディル・ブラン’14

(ロワール・辛口白)

税別¥2400

<売り切れ>限定品!



ドメーヌ・デ・ギュイヨン、ソミュール・ラルディル・ブラン’10

(ロワール・辛口白)

税別¥2000

<売り切れ>限定品!

※’10は再入荷不可能。再入荷すると少し値上がりして’11に移行します。

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版16/20点




ドメーヌ・デ・ギュイヨン、ソミュール・ラルディル・ブラン’09

(ロワール・辛口白)

税別¥2000

<売り切れ>限定品!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版18/20点!&さらにお買い得マーク付き!

平均樹齢70年!

低収量、無濾過

シュナンブラン100%を新樽熟成

年間生産量:わずか9,000本

サヴォワの3つ星レストラン『 マルク・ヴェラ 』にもオンリストされている!







ドメーヌ・デ・ギュイヨン、ソミュール・キュヴェ・ヴァン・デュ・ノール・ブラン’14

(ロワール・辛口白)

税別¥1600

<あと2本>おすすめ!

「2016.4月上旬に試飲しました。若すぎることと温度が低すぎたことを抜きにしても昔より凝縮感と厚みに少し欠ける。人気が上がり過ぎたせいなのか?それでも価格を考えると品質はまだ高い。キレイな酸があり、バランスも良い」




ドメーヌ・デ・ギュイヨン、ソミュール・キュヴェ・ヴァン・デュ・ノール・ブラン’12

(ロワール・辛口白)

税別¥1500

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

※再入荷すると¥108値上がりして’13に移行します。

「2014.5月に飲みました。やはり’12も価格以上のおいしさだが、’02の頃のすごさを知っているとやっぱり若過ぎるせいもあり、少しトロみやインパクト不足ではある。温度は冷やしすぎないほうが厚みと少しの複雑性が感じられ断然美味しい。緑色の弱いやや濃いイエロー。程よいうまみ、キレのある酸とミネラル、でも鋭角的すぎない酸でバランスもOK。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%


 ドメーヌ・デ・ギュイヨン、ソミュール・キュヴェ・ヴァン・デュ・ノール・ブラン’11

(ロワール・辛口白)

税別¥1400

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’11は再入荷不可能。再入荷すると少し値上がりして’12に移行します。

71本完売。ありがとうございました

「2013.4月に飲みました。’02からずっと飲んでいますが、この銘柄にハズレ年はないようです。この’11も’09ほどの厚みはないもののおおむね例年通りのよい出来でした。うっすら緑がかった中程度のイエロー。オイリーなニュアンスのあるよい香りで、みかんの缶詰、シトラス、キウイ、ミネラルなど。温度が上がってくると厚みも出てくる果実味、ミネラルとうまみを伴うキレのある酸、ごくごくわずかな苦みを伴うアフターで、心地よくよいバランス。春〜夏に最高の味わい。抜栓の次の日も非常においしい。’11は余分な甘さ控えめでややシャープでミネラリーな個性。抜栓の3日後までおいしい」

アルコール12.5%


 ドメーヌ・デ・ギュイヨン、ソミュール・キュヴェ・ヴァン・デュ・ノール・ブラン2010年

(ロワール・辛口白)

税別¥1400

<売り切れ>絶対おすすめ!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版16.5/20点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

196本完売!〜※近日’11入荷決定!

「2011.9月に試飲しました。’09と遜色ない素晴らしい出来!例年どおりに豊かな香りで、酸にキレがありつつも程よい厚みのある豊かな果実味。傑出したバランス感。その日の気分等によってしっかり冷やしても、少し高めの温度でもどちらでもおいしく楽しめる」

アルコール14%



 

 ドメーヌ・デ・ギュイヨン、ソミュール・キュヴェ・ヴァン・デュ・ノール・ブラン’09

(ロワール・辛口白)

特別価格・税別¥1400

<売り切れ>絶対おすすめ!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版16.5/20点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版16.5/20点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

大当たり年!

冷やしすぎない方が少し厚みでる

233本完売!ありがとうございました〜※’09は再入荷不可能!

「2010.5月末に飲みました。2009年のロワール白と北イタリア白は本当にはずさない!ブルゴーニュの大当たり年と違って固さもなく、リリース直後からおいしいのも嬉しい。わずかに翠がかった中程度のイエロー。みかんの缶詰、グレープフルーツ、グーズベリー、ライム、シトラス、ハーブ、芝生、ミネラルなどのわずかにオイリーなニュアンスの非常によい香り。ごくわずかなじゃ香の香りも複雑性を高めるのに役立っている。果実味豊かで、程よい厚みがあり、キレのある酸とミネラルで、よいバランス。特筆すべきはこの価格帯にして雑味のないピュアなアフター。大幅に価格を超えた高い品質!抜栓の2日後まで非常においしい。完璧な出来だった’02と同レベルの傑出した内容!」

アルコール14%

輸入元さんにて人気爆発で毎回すぐに欠品!〜やっと再入荷可能となりました!

’08 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2009年度版16.5/20点

’07 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2009年度版16/20点

’06 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2008年度版16/20点

’05 93本完売!

’04 315本完売!!!

’02 360本完売!!!

下記がお客様(プロのソムリエさん達も含む)にいただいたコメントの一部です

コメントは異様なまでに出来のよかった’02についてのものです。

『¥2800以上の満足度がある!』

『料理にも合うし、夏に最高の1本ですね!』

『初心者向けのわかりやすい果実味ではなく、完全に通好みのワインだ!』

『¥3000と言われてもまだお買い得感がある!』

『安いのに抜栓後ドラスティックに香りと味わいが変化する!』

『ソミュールというより、サヴァニエールの上級品のようだ!』

『蜜のニュアンスがあり、深みがありながらもさわやか!』

シュナンブラン100%

平均樹齢35年

約2haの所有

コンクリートタンク約6ヶ月熟成

化学薬品の類はできる限り使用しない

補糖なし、無清澄

ドメーヌでは温度12℃、湿度80%の理想的な環境の地下道で保管

飲み頃になるまで出荷しない ← これは売れすぎて無理になってきているようです(笑)


2018/6/28(木)アップ〜蔵出し超特価ドメーヌ・ヴァンサン・カレム’13ル・ペウ・モリエ

初入荷!泡ではない辛口白の入手難銘柄!

2016/9/18(日)アップ〜蔵出しドメーヌ・ヴァンサン・カレム’13ランセストラル再入荷

ランセストラルは、瓶内2次醗酵の時にも培養酵母を使わない!

2016/7/22(金)アップ〜蔵出しドメーヌ・ヴァンサン・カレム’11ヴーヴレ・ブリュット

驚くほど凝縮したブドウのうまみを詰め込んだ泡!











Domaine Vincent Careme, Vouvray Le Peu Morier Blanc '13

ドメーヌ・ヴァンサン・カレム、ヴーヴレ・ル・ペウ・モリエ’13

(ロワール・辛口白)


超特価・税別¥3200

↑29%OFF

輸入元定価・税別¥4,500

<あと9本>超限定品!

Wine&Sprits誌 93点!!!

Wine Enthusiast 91点


MVF(旧クラスマン)14.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)14.5/20点

アルコール12%

初入荷の超入手難銘柄!!!

ユーロリーフ&ABマークあり!

古樹のシュナンブラン100%

シレックス土壌

バリックで1年間樽熟成

亜硫酸極小量

前に飲んだ時は、樽は非常に弱く、亜硫酸少ないトップノーズ、擦りおろしたリンゴの香り主体で、強烈な塩ミネラルがある味わいでした。




ドメーヌ・ヴァンサン・カレム、ヴーヴレ・ブリュット’12

(ロワール・辛口白泡)


税別¥2400

<売り切れ>

MVF(旧クラスマン)2016年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15/20点




ドメーヌ・ヴァンサン・カレム、ヴーヴレ・ブリュット’11

(ロワール・辛口白泡)


税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

※2年前よりもお安くできました〜!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

ゴーミヨ誌14.5/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版14/20点+さらにお買い得マーク付き!

78本以上完売!!!ありがとうございました

「2013.10月に試飲しました。ランセストラル’11ほどのエキスと余韻はないが、それでも他の多くのヴーヴレ・ブリュットよりもエキスとミネラルが多く、こちらもかなりおいしい。やはりキュヴェ・T’11よりも上質。今回の特価であれば、好みを超えて誰にでもおすすめできる超お買い得品となっております!」

アルコール13%

ドサージュ無しで最終的な残糖6グラム/リットル

平均樹齢30年

シュナンブラン100%

自社畑100%

エコセール認証とAB認定ありビオロジック栽培

手摘み

1次醗酵は天然酵母のみで行う、SO2極少

年間生産量:28,000本

’09 ゴーミヨ誌16/20点

’08 スぺクテーター88点

’08 インターナショナルワインセラー88点




ドメーヌ・ヴァンサン・カレム、ヴーヴレ・ランセストラル’13

(ロワール・辛口白泡)


税別¥2900

<売り切れ>

Wine&Sprits誌 92点!!!

Wine Enthusiast 91点!

MVF(旧クラスマン)2016年度版16/20グラス

36本完売。ありがとうございました




ドメーヌ・ヴァンサン・カレム、ヴーヴレ・ランセストラル’11

(ロワール・辛口白泡)


税別¥2900

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

’10が、デカンター・オンラインSteven Spurrier's recommendations 2013 に選ばれる!

限定品!48本完売!ありがとうございました

※瓶内二次醗酵の際にも培養酵母を使用しない。やり方はパスカル・アグラパールさんとは少し違う解決法ですね。

「2013.10月に試飲しました。ブショネが99%ないシャンパンコルク。SO2無添加なのに嫌な酸化臭がない。蜜リンゴ、カリン、花、ミネラルなどのエキスを感じるよい香り。明らかに上質なブドウだけを使用している凝縮した香りと味わい。果実味豊かで厚みがあり、ちょうどよい酸、ものすごい量のブドウのうまみとミネラルを閉じ込めたヴァン・ナチュール。まだ無名だがすごい実力!よい意味でインパクトのあるワイン。ずっと探していたヴーヴレの泡、前に絶賛の嵐だったセバスチャン・ブリュネ以上のエキスとミネラルです!」

アルコール13.5%

ドサージュ・ゼロ

平均樹齢50年!

シュナンブラン100%

自社畑100%

エコセール認証とAB認定ありビオロジック栽培

手摘み、低収量35hl/ha

自然酵母を使用、SO2無添加

年間生産量:10,000本のみ

’09 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)15/20さらにお買い得マーク付き!

2回醗酵を行うということは、経験豊かで揮発酸やアセトアルデヒドなど問題なければ、ビオロジックのブドウ&亜硫酸最小限で天然酵母の重要性は間違いないはず!


『 ヴァンサンを表現するに「才気溢れる」が最も適切な言葉に思える。ヴーヴレイの地に生まれ1999年に祖先から伝わる小さな区画から自らのワイン造りを始め、現在15haの自社畑からドメーヌ ヴァンサン・カレムを生み出す。同時に未来を担う若手栽培家育成のため彼らの葡萄を購入し、ヴーヴレのスパークリングワインのキュヴェTを造る。その一方、南アフリカのワイナリーへの技術指導も5年を数え、何とタイのワイナリーにも技術指導していると聞く。眠る時間があるのかと心配させられるが、多くの仕事を抱えながらその全てに結果を出している。

自社畑はビオロジックによる葡萄栽培を実施。エコセールとAB(アグリカルチャー・ビオロジック)の認定を得ている。ドメーヌでのワインの生産比率はスパークリングワイン60%、スティルワイン40%。

特筆すべきはドメーヌ ヴァンサン・カレムのスパークリングワイン。

ビオロジックで育てられた葡萄の糖分のみ使い、一切の加糖を行わずスパークリングワインを造り上げている。

ブリュットの場合は自生酵母による1次発酵で残糖分が25g/Lになった時点で一旦、発酵を止めた後にボトリング、2次発酵用の酵母を足して瓶内で発行を行いスパークリングワインを造る。アンセストラルは更にピュアで1次発酵途中のワインをボトルに入れそのまま瓶内で発酵を継続しスパークリングワインを造る。この場合、SO2無添加で酵母も自生酵母をそのまま使用し、酵母の添加無しにスパークリングワインを造り出している。ただし、自生酵母は低温での発酵が進まないため冬季のセラーでは暖房を入れ15℃程度に室温を保ち発酵を助けている。

ヴァンサンは南アフリカで知り合ったタニアさんと結婚、現在は2人でドメーヌを経営している。 (輸入元資料より) 』



蔵出しセバスチャン・ブリュネNV(’09)

これを飲んで驚いてください!かなりの高品質!

 

 


2015/5/13(水)アップ〜蔵出しジャン・ルヴェルディ’12

非常にミネラル豊かな味わい

 



ジャン・ルヴェルディ、サンセール・ブラン・ラ・レーヌ・ブランシュ’12

(ハーフ・375ml・ロワール・辛口白)

税別¥1350

<売り切れ>



ジャン・ルヴェルディ、サンセール・ブラン・ラ・レーヌ・ブランシュ’12

(750ml・ロワール・辛口白)

税別¥2600

<あと1本>

35本完売。




ジャン・ルヴェルディ、サンセール・ロゼ・レ・ヴィロ’10

(750ml・ロワール・辛口・ロゼ)

在庫限り超特価・税別¥1600



税別¥2100

<売り切れ>

インターナショナルワインセラー89点

スぺクテーター88点(NOW)


アルコール13%

’09 パーカー89点

『 ピノ・ノワールの畑は粘土を含むテール・ブランシュ(キンメリジャンの牡蛎化石を含んだ泥灰土)が多い。基本的にダイレクトプレスによるもの。あまりに色調が薄い場合のみ、若干のマセレーションを行う。フレッシュで生き生きとした酸味が感じられ、アフターのミネラルも心地よい。 (輸入元資料より) 』




ジャン・ルヴェルディ、サンセール・ブラン・ラ・レーヌ・ブランシュ’11

(ハーフ・375ml・ロワール・辛口白)

税別¥1200

<売り切れ>絶対おすすめ!



ジャン・ルヴェルディ、サンセール・ブラン・ラ・レーヌ・ブランシュ’11

(750ml・ロワール・辛口白)

税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー90点(ワイン・アドヴォケイト201号)

スぺクテーター・オンライン87点(NOW)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

132本完売!!!ありがとうございました

「2013.10月に試飲しました。意外なことに2月に飲んだ時よりも明らかにおいしくなっているように感じられた。2月に飲んだ時よりも果実味に少し膨らみがあり余韻が長くなったように感じ、驚かされた。ずっと飲み続けていますが、今までで一番よい出来かもしれません!」



「2013.2月に試飲しました。例年通りのみずみずしくミネラリーで杯が進むよいバランス感。味わいの酸とミネラルが上質で緩くない。札幌の気候的には、あと少し暖かくなってから一番おいしく楽しめそうです」

アルコール13%



ジャン・ルヴェルディ、サンセール・ブラン・ラ・レーヌ・ブランシュ’09

(ロワール・辛口白)

税別¥2100

<売り切れ>おすすめ!

パーカー91点(2010〜2014年、ワイン・アドヴォケイト190号)

スペクテーター・オンライン88点(NOW)

「2011.1月に飲みました。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。強いミネラル、ハーブ、柑橘類、白い花、少しじゃ香などの香り。果実味豊かなまま、’09としてはややキレのある酸とミネラルで緩くない。春〜夏に特においしく飲めそうな心地よさ。抜栓の2日後まで落ちない」

アルコール13.5%

当たり年!15本完売。ありがとうございました

柑橘類やミネラルなどのよい香り。みずみずしく、非常にミネラル豊かな味わい

平均樹齢35年

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

基本的にマロラクティック醗酵をしない、樽を使用しない

’08 インターナショナルワインセラー89点


2018/6/4(月)アップ〜蔵出しカイユブルダン’15レ・クリ 750ml

いつも非常にお買い得感の強いプイィフュメを造る生産者

2016/11/29(火)アップ〜蔵出しカイユブルダン’11レ・クリ 375ml

貴重な飲み頃バック・ヴィンテージ!

 




現在ではテラ・ヴィティス認証の実質有機栽培のようです




カイユブルダン、プイィフュメ・レ・クリ’15

(750ml・ロワール・辛口白)

税別¥2650

<あと7本>




カイユブルダン、プイィフュメ・レ・クリ’11

(ハーフ・375ml・ロワール・辛口白)

税別¥1700

<あと8本>限定品!

スぺクテーター・オンライン89点(NOW〜2014年)

ゴーミヨ誌 15/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版15/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

<レ・クリ>は、皆さんの想像以上に力強さがあり熟成可能です。
再入荷不可能の飲み頃バック・ヴィンテージ!

750ml 112本完売!!!

’10 パーカー91点




カイユブルダン、プイィフュメ・レ・クリ’13

(750ml・ロワール・辛口白)

税別¥2600

<売り切れ>

インターナショナルワインセラー89+点

スぺクテーター・オンライン87点

アルコール12.5%




カイユブルダン、プイィフュメ・レ・コルネ’12

(750ml・ロワール・辛口白)

税別¥2600

<売り切れ>

インターナショナルワインセラー91点!

Wine Enthusiast 91点!

ゴーミヨ誌 15/20点

※’12は再入荷不可能!





カイユブルダン、プイィフュメ・キュヴェ・ド・ボワフルーリー’11

(ハーフ・375ml・ロワール・辛口白)

税別¥1300

<売り切れ>大人気!





カイユブルダン、プイィフュメ・レ・コルネ’10

(750ml・ロワール・辛口白)

税別¥2400

<売り切れ>大人気!


 

カイユブルダン、プイィフュメ・レ・クリ’09

(750ml・ロワール・辛口白)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(Outstanding Value!、David Schildknecht

ゴーミヨ誌 16/20点!

ジャシス・ロビンソン16.5/20点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

非常にリピーターが多い銘柄!

233本完売!!!ありがとうございました※再入荷不可能!

キャンセル分を12本分けてもらえました〜!

「2011.8月に飲みました。予想より少しだけ濃いイエロー。グーズベリー、シトラス、ミネラル、グレープフルーツ主体の柑橘類、ハーブなどのオイリーなニュアンスのあるよい香り。予想よりも果実味と厚みがあり、キレはないがバランスの中で決して低くはない酸で少し温度が上がっても緩くならない。アフターにはわずかなキメ細かい苦みとともにしっかりとミネラルが残り非常に心地よい。あらゆる料理を生かすタイプで非常に完成度が高い。抜栓の2日後までおいしい」

アルコール13%

当たり年!

樹齢25〜35年

硬い石灰岩土壌(水捌けが良く、痩せて、乾燥した石灰質の小石)

 

カイユブルダン、プイィフュメ・レ・クリ’08

(750ml・ロワール・辛口白)

特別価格・税別¥2500

<売り切れ>

インターナショナルワインセラー90点

↑ここ6年間でもっとも高い評価となりました!

 

ボワフルーリー < レ・クリ < レ・コルネ

の順に力強くなります

リュット・レゾネ(減農薬)農法、土壌はビオ、葉についてはレゾネ

低収量、野生酵母のみ使用

1987年からそれまで1つのキュヴェのみの生産だったのを、区画ごとに分けた

将来有望な後継ぎ息子さんがいます


2018/9/14(金)アップ〜蔵出しランドロンNV(別ラベル)

薫り高く、強いミネラル、しっかりした構造で飲み頃がすご〜く長い、素晴らしいミュスカデ!

クラスマン2007年度版にて星なし→1つ星生産者に昇格しました!





 






ランドロン、オムニビュール・ブリュット・ナチュールNV

(フランス・ロワール・辛口白泡)


税別¥2350

<あと9本>絶対おすすめ!

※この1アイテムのみ木下商事輸入の蔵出し正規品
値上がりなし!

こちらはいまでもビオディナミのブドウを使用している

51本完売。

「2018.9月上旬に再度試飲しました。このロットは、温度によって大分表情を変えます。しっかり冷やすとドライですっきり。温度を上げると擦りおろしたリンゴの香りが出て、ブリュット・ナチュールなのにアフターが甘くなる。例年より少しだけ酸が低いからだろうか?あっさりめのナチュラルな味わい」



「2015.9月上旬に再度試飲しました。今回のロットも素晴らしい!やけにうまみとミネラルがあり、明らかにクラスを超えて余韻が長い。同時に試飲した他の低価格帯のシャンパーニュが霞んでしまったくらいです」



「2015.7月下旬に飲みました。夏はギィ・ボサールかランドロンを必ず飲まないと損をするということで(笑)若干スモ―キーなコクがありそうなトップノーズで、味わいのアタックにもややインパクトがありつつ、重心低め?と思ったらアフターは強いミネラルでわりとすっきりする。しっかり冷やしても、やや冷えでも非常においしい。酸はキレキレではなくちょうどよい感じ。意外なことに熟成の短い塩味の強過ぎない青カビチーズと相性が驚くほどよく、どちらも味わいが複雑で甘く変化する相乗効果があった。抜栓の次の日も非常においしい」



「2014.9月に試飲しました。3人で試飲して全員高評価でした!なんとレキュのボサール・トゥオーNVよりも今日はこちらの方がさらにおいしく感じられたくらいです。酸とミネラルの質が良いのは予想通りで、酸は低くないのに同時にまろやかな複雑性が感じられるのがすごいところ。やはり優れた造り手ですね。 ※基本的にヴァン・ムスー・アトモスフェール・ジョ・ランドロン(ミッシェル・トルメー・ラベル)・ブリュットNVと中身が同じらしいですが、ブドウ品種:フォルブランシュ=グロプランの別名ということを忘れていて、違うワインだと思って買ってしまったという(笑)でもロットの差なのか輸入元の差なのかわかりませんが味が違うと感じた(どちらもおいしい)ので結果オーライです」

アルコール12%

メトード・トラディショナル方式

フォルブランシュ80%(=グロプランの別名)、ピノノワール20%

樹齢28〜35年

ビオディナミを実践

100%手摘み

ドサージュ・ゼロ






ラシーヌ輸入の限定品!

ヴァン・ナチュールの生産者によくあることなのですが、ラベルとキャップシールが少し横にずれたややラベル不良品を含んでおります。品質にはまったく影響ありませんのでご了承の上、お買い求めくださいませ




ドメーヌ・ランドロン、ヴァン・ムスー・アトモスフェール・ジョ・ランドロン(ミッシェル・トルメー・ラベル)・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

ワイナート67号 86点(ロワール部門第1位!)

ワイン王国50号『春のフレンチ・スパークリング100本』に選ばれる!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2012年度版14/20グラス

312本完売!!!ありがとうございました

しっかり冷やした方がおいしい!

「2011.10月に2度試飲しました。今回のロットは以前飲んだものよりもおいしく感じられた。ピュアでミネラリーで、ある意味ではシンプルなのですが、泡の質は非常によく何故か何回開けても飽きない!安いシャンパーニュはほとんどの銘柄が1回飲んだら飽きてしまうのに、、、優れた造り手のワインを優れたインポーターが輸入するとヴァン・ナチュールならではのよさが最大限に引き出されるようです」

「2009.5月に短時間で試飲しました。ほぼ同じ印象ながら、前回飲んだときより、若干キレイな造りに感じられた。値下がりしたのでまた買いました。最も適しているのはアペリティフ(食前酒)でしょうが、食中も悪くないと思われます」

「2008.5月に飲みました。個性的な泡。やや明るいイエロー。強いミネラル、リンゴ、酵母などの香り。ガス圧やや弱め、酸にキレはないが、非常にミネラル豊かであっさり心地よい味わい。地ビールのような酵母風味の戻り香あり。アフターに甘さやべたつきがなくドライ。抜栓の次の日もおいしい。少し酸化したリンゴの香りに変化。やはりギィ・ボサールには及ばなかった」

フォルブランシュ80%(=グロ・プランの別名)、ピノノワール20%

瓶内熟成5年

シャンパーニュと同じ、メトード・トラディショナル製法

アルコール12%

ユーモラスなラベルはミシェル・トルメー氏が手掛けたもの。

『親子代々のブドウ栽培者であるランドロン家は、ベルナールとジョゼフの兄弟が「シャトー・ド・ラ・カリズィエール」と「ドメーヌ・ド・ラ・ルーヴェトリー」のふたつの異なったドメーヌを共同で運営している。二人はともにテロワール狂でワインへの深い愛情に満ちたワインの理解者であり、低い剪定で収量を抑え土地の特性をとらえた各キュヴェを造っている。(輸入元資料より)』





ドメーヌ・ランドロン、ミュスカデ・セーヴルエメーヌ・アンフィボリット・ナチュール’11(辛口白)

税別¥1650

<売り切れ>

MVF(旧クラスマン)2013年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版15/20点



ドメーヌ・ランドロン、ミュスカデ・セーヴルエメーヌ・アンフィボリット・ナチュール’10(辛口白)

税別¥1650

<売り切れ>絶対おすすめ!

ゴーミヨ誌16.5/20点!

MVF(旧クラスマン)2012年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版16.5/20点&お買い得マーク付き!

36本完売。ありがとうございました

ラシーヌ輸入の限定品!

「2011.10月に2度試飲しました。何故冬にミュスカデを仕入れる?とお思いでしょうが、これはオールシーズン飲みたいタイプだと感じました。ミネラルを強く感じる透き通ったよい香り。味わいもとにかくピュアでナチュラルでミネラリー。ややキレのある酸。余分なものが一切なく、飲み飽きません。牡蠣や魚介類は言うまでもなく、他にも幅広い食事とも合うでしょう」

アルコール11.5%

’08 インターナショナルワインセラー90点

’05 インターナショナルワインセラー91点

樹齢23〜40年

低収量、天然酵母を使用、SO2最小限

『 角閃石100%の土壌、生き生きとしてミネラルやヨードを感じる味わいで、アンフィボリットは角閃石を意味する。補糖ゼロ。抜栓後時間と共に力強い果実味があらわれてくる。 (輸入元資料より) 』


100%手摘み、自然酵母のみ使用

2004年から補糖なし

エコセール認証あり、ビオロジー

アルコール12%

ミッシェル・ベタンヌ3つ星生産者!

クラスマンにて毎年高い評価を得ている生産者

インターナショナルワインセラー2007年3月/4月号にて’04’05がミュスカデとしては異例の軒並み90点を獲得!


2018/7/3(水)アップ〜蔵出しディディエ・ダグノー’15

2017/5/3(水)アップ〜蔵出しディディエ・ダグノー’14

2016/3/5(土)アップ〜蔵出しディディエ・ダグノー’12’13

2014/11/13(木)アップ〜蔵出しディディエ・ダグノー’12

2014/2/8(土)アップ〜蔵出しディディエ・ダグノー’11

ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・フランス誌が選ぶワインメーカー・オブ・ザ・イヤー
(Vigneron de l'annee)2016年に選ばれました!

デカンター誌2006年7月号にて世界の白ワイン生産者TOP10、第7位に選ばれました!

 

 

 

 

 

※すべてフィネス輸入、最上のコンディション!

’07は、ダグノーさんが栽培、醸造、熟成まで関わった最後のヴィンテージ

(瓶詰め前、9月に不慮の事故で亡くなってしまいました)

現在は、息子さん(ベンジャマン氏)が中心となって運営しております

LVF誌が選ぶワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤー2016年に
ルイ・バンジャマン・ダグノー氏が選ばれる!!!


醸造所の2階にある除梗機で100%除梗され、1階にある空圧式圧搾機でプレスし、地下のタンクへ葡萄果汁が運ばれます。この間の葡萄の移送はすべて重力によって行われるグラヴィティー・フロー

ビオディナミや馬による耕作も取り入れている



『 同じソーヴィニヨン・ブランでもテロワールごとにこうも違うのかと驚かされる。
やはりダグノーのワインは別格。 (ワイナート65号より) 』




ディディエ・ダグノー、ブラン・フュメ・ド・プイィ’15

税別¥10000

<あと3本>限定品!

スペクテーター93点(NOW〜2024年)

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点




ディディエ・ダグノー、シレックス’15

税別¥18000

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

デカンター・オンライン94点!(2018〜2025年)

MVF(旧クラスマン)2018年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版19/20点





ディディエ・ダグノー、ブラン・フュメ・ド・プイィ’14

特価・税別¥8500

<あと1本>限定品!

スペクテーター93点!(NOW〜2024年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点




ディディエ・ダグノー、ピュール・サン’14

税別¥11000

<売り切れ>限定品!

スペクテーター95点!!!(NOW〜2027年)

MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17/20点




ディディエ・ダグノー、シレックス’14

税別¥16000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

ワイン王国104号 世界のアイコンワイン50本に選ばれる!

MVF(旧クラスマン)2017年度版19/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版18.5/20点





ディディエ・ダグノー、ブラン・フュメ・ド・プイィ’13

特価・税別¥8500

<あと2本>限定品!

MVF(旧クラスマン)2016年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版14.5/20点




ディディエ・ダグノー、ブラン・フュメ・ド・プイィ’12

税別¥8700

<あと1本>限定品!

MVF(旧クラスマン)2015年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版15/20点

エチケットにあしらわれている楽譜は彼の友人である作曲家の手によるものでシャンソン歌手のジョルジュ ブラサンスのために作った"Mauvaise reputation"=悪い噂と名付けられた曲です。この楽譜を素直に演奏しようとすると調が違ったり、綺麗な和音が成立しなかったりとかなり前衛的なメロディーとなるようです。
(輸入元資料より)

’10 ファルスタッフ 92点




ディディエ・ダグノー、ピュール・サン’12

税別¥11000

<売り切れ>限定品!

ファルスタッフ 94点!

MVF(旧クラスマン)2015年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版17/20点




ディディエ・ダグノー、シレックス’12

税別¥16500

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

インターナショナルワインセラー93点!

LVF誌 ロワール・ベスト・ソーヴィニヨン・ブランに選ばれる!!!

MVF(旧クラスマン)2015年度版18.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版18.5/20点(クープ・ド・クール!)





ディディエ・ダグノー、シレックス’11

特価・税別¥15000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

最新パーカー・オンライン92点(Jeb Dunnuck、2014年8月試飲)

インターナショナルワインセラー91点

パーカー92〜93+点(ワイン・アドヴォケイト201号)

デカンター・オンライン95点!!!(2014〜2020年)

MVF(旧クラスマン)2015年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版17.5/20点

MVF(旧クラスマン)2014年度版18/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版18/20点



 

すべてACブラン・フュメ・ド・プイィ

プイィフュメの最上級品は、長期熟成にも耐え、芳醇で深い味わい

50人もの収穫人による丁寧な手摘み収穫・選果を行なう

基本的に100%除梗、SO2最小限

マロラクティック醗酵を行なわない

ワイン王国13号山本博の特集『ロワール物語』にてプイィフュメ注目生産者10に選ばれる

 




ディディエ・ダグノー、ジュランソン・ル・ジャルダン・ド・バビロン’11

(500ml・南西地区・甘口白)

特別価格・税別¥15400

<売り切れ>超限定品!



ディディエ・ダグノー、ジュランソン・ル・ジャルダン・ド・バビロン’07

(500ml・南西地区・甘口白)

超特別価格・税別¥11500

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

’10を買うとなんと¥5400値上がり致します。

ゴーミヨ誌18点!

アルコール11%

 超低収量17hl/ha!

樹齢約18年のプティマンサン100%

プディング地質(岩や石ころが砂と混じって固まった地質)

パスリヤージュ(ブドウの房を長時間放置して干しブドウ状にして糖分を凝縮させる)をすることによって凝縮した甘口でありながら酸味もしっかりしたワインとなる

キャップシールなし

上部をロウで固めてあります

 

不慮の事故で亡くなった、ディディエ ダグノー氏。

一時のドニ・モルテ同様その後非常に入手難となっています

プイィフュメ最高の生産者

 


2018/7/11(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)’15ドルトネスついに最後の再入荷!

ワイン・アドヴォケイト215号、ワインレポート等にて大絶賛されました〜!

一貫して非常に強いミネラル!





 

 

 

 




<高齢と腰の痛みで、ギィ・ボサール氏がすでに引退>’15から彼の意思を引き継ぐ後継者フレデリック・ニジエ・ヴァン・エルクとなります。


ギィ・ボサールとの出会いは2003年の11月にシャンパーニュのジャック・セロスを訪れた時、アンセルム・セロスが「凄いミュスカデの生産者がいる。 彼のミュスカデはミュスカデの常識を遥かに超えたワインだ。」の一言から始まる。2004年11月にドメーヌ ド・レキュを訪問。 太い眉、大きな手、全身からみなぎるエネルギー、そしてワイン造りへの情熱に打たれた。
この腕で土を耕し、土壌の成分が透けて見える仕上がりの、正にビオディナミの手本となる味わいのワインを生み出している。
2012年、ギィの意志を受け継ぐフレデリック・ニジエ・ヴァン・エルクがドメーヌに入り、ドメーヌの更なる進化が期待される。
(輸入元資料より)




ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・エクスプレッション・ドルトネス’15

(ロワール・辛口白)

税別¥2350

<あと18本>限定品!

VINOUS 91点(2017〜2022年)

WEBマガジン『Punch』にてライターのジョン・ボネ(Jon Bonne)氏が選ぶ代表的なおすすめミュスカデに選ばれる!

MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

174本完売!!!〜※ついに’15再入荷不可能となりました!
なにやらこの銘柄自体が終売となる可能性が高いそうです、、、

アルコール12%

’14 Wine Enthusiast 92点!

’14 MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

ドルトネスは30cm程の表土の下にオルトネス(正片麻岩)の地層を持つ葡萄畑で栽培された葡萄を使ったワイン。ビオディナミを実施することにより健全な土壌に根を張った葡萄は地中のミネラルを吸い上げ土壌の味わいをワインに表現することができる。これこそテロワールを名乗れるワインである。醸造・醗酵は通常のミュスカデと同様。
(輸入元資料より)




ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・エクスプレッション・ドルトネス’13

(ロワール・辛口白)

税別¥2350

<売り切れ>

Wine Enthusiast 91点

パーカー90点(2014〜2025年、Stephan Reinhardt、ワイン・アドヴォケイト215号)

ゴーミヨ誌16/20点!


MVF(旧クラスマン)2015年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版15/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

84本完売!!!ありがとうございました
しばらく再入荷自体が出来ません。次回はヴィンテージ変わりそうです。

※削ったパルミジャーノ・レッジャーノ的なオリが多めですが、品質に全く問題ありません。




ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・エクスプレッション・ドルトネス’12

(ロワール・辛口白)

税別¥2350

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点&Stephan Reinhardt's Greatest Value Wines of 2014に選出される!!!(2014〜2030年!、ワイン・アドヴォケイト215号)

MVF(旧クラスマン)2014年度版15.5/20グラス

48本完売。ありがとうございました

「2015.正月に試飲しました。相変わらずピュアでみずみずしく、ある程度厚みもあり強靭なミネラルのシンプルではない味わい。香りも単純な柑橘類の香りではなく、強いミネラルと骨格を感じさせるよい香り。おせち料理の様々な食材との相性も悪くない(相乗効果まであるものは少ないが、後口が生臭くなったり、邪魔したりはほとんどしない)真夏ではないのに飲み続けていて飽きないミュスカデは少ないので貴重。しかも抜栓の3日後までまったく落ちない。熟成も可能で飲み頃をキープするだけではなく、もっと向上する余地のあるワイン。ここは個人差があるでしょうが、冷やしすぎない温度の方がおいしく感じられるくらいです」

アルコール12%




ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・エクスプレッション・ドルトネス’10

(ロワール・辛口白)

税別¥2100

<売り切れ>

※’10は再入荷不可能!

読売オンライン山本昭彦さんの『 ワイン漬けDiary 』にて絶賛される!

ゴーミヨ誌 16/20点

MVF(旧クラスマン)2012年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版16/20点

アルコール12%

’09 パーカー89点




ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・エクスプレッション・ド・ジュネス’09

(ロワール・辛口白)

税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー90点(2010〜2014年)

ゴーミヨ誌 15.5/20点

MVF(旧クラスマン)2011年度版15.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版16/20点

大当たり年!ラシーヌ輸入品

24本完売。ありがとうございました

樹齢40〜45年!

手摘み、超低収量

アルコール12%

’06 Wine Enthusiast 92点

’05 パーカー&インターナショナルワインセラーともに90点

すべて強靭なミネラルですが、基本的な畑の個性としては

ドルトネス 透明感がありピュア

ジュネス 深みと余韻

グラニット ヨード香強く、酸とミネラルにキレがある

 

ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・キュヴェ・クラシック’09

税別¥1700

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2011年度版15/20グラス

「2011.10月に試飲しました。昔ながらの酸にキレだけはあるけれども他の要素はほとんどないという夏向きのミュスカデをイメージしてこの銘柄を飲むと、当たり年’09ということもあって『 ミュスカデのわりに酸にキレがないなぁ〜 』ということになってしまうかもしれません(笑) ですが、そういったタイプよりも明らかにワンランク上の酒質で、’09らしく例年よりも少し果実味と厚みがありつつ豊かなミネラル。透明感があり、雑味ゼロ。傑出したコンディションのよさにより酸にキレがなくても構造に緩みがないという意外にすごいワインです。様々な食事を生かす食中酒としてもよさそう」

当たり年!ラシーヌ輸入品

アルコール12%

24本完売。ありがとうございました

樹齢25〜30年

自然酵母のみ使用、無濾過

SO2は醸造中の添加はなく、瓶詰時に少量添加

 

ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・キュヴェ・ボサール’09

(ロワール・辛口白)

税別¥1700

<売り切れ>絶対おすすめ!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版14/20点

大当たり年!

樹齢25〜30年

「2010.6月に試飲しました。明るいイエロー。トップノーズからミネラル香が強く、ピュアですっきりみずみずしい味わい〜この価格にしてアフターに非常に強いミネラルが残る。この価格帯では完成されており、すごい才能だと言わざるを得ない。酸の質も良く、特に夏においしいタイプ。『高齢で腰を痛めている&後継ぎがいない』そうですが、もしドメーヌを売却しても出来るだけ引退しないで頑張ってもらいたいものです!」

アルコール12%

『 キリリとした酸味だけで語られたミュスカデ。プアマンズ・シャブリなる仇名にも頷けるようなミュスカデも数多ありました。しかし、ギィ・ボサールのミュスカデにはシャブリをも凌駕するほどのミネラル感があり、爽やかな酸の切れ味と共に複雑な味わいが見事に表現されています。ミュスカデのイメージを変えるミュスカデです。(輸入元さんコメント) 』

 

ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、グロプラン・ペイナント・シュルリー’08

(ロワール・VDQS・辛口白)

税別¥1600

<売り切れ>

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2010年度版14.5/20点

生蠣にレモンをかけたものにもっとも合う白ワインのひとつ!

非常にプロ受けのよいワイン!

しっかり冷やして!

アルコール10.5%

’06 24本完売。

’05 36本完売。

’04 48本完売。

「2006.7月に’04を飲みました。明るいイエロー。レモン、数種類のハーブ、ミネラルなどの香り。ハーブの香りと強い酸がやはり特徴的。酸とミネラル主体の夏向きワイン。抜栓の2日後までおいしい」

「2006.5月に’04を試飲しました。明るいイエロー。特徴的なしっかりした酸味。ミネラルも充分で、明らかに夏に真価を発揮するタイプの白。和食や生牡蠣等と合いそう。グロプランという品種のよさを最大限に生かした1本」

 

ミュスカデとグロプラン最高の生産者のひとり!

なんと1972年からずっと有機農法

ビオディナミの象徴的な存在

デメテル認証ビオディナミ

DRC、クロドデュガなどと同じく馬で耕作

高い樹齢、手摘み、天然酵母のみ使用、SO2極少

クラスマン1つ星&Q/P(カリテプリ=お買い得!)マーク付き生産者

「ビオディナミの象徴的な存在(クラスマンより)」

1972年からオーガニックによる葡萄栽培を開始、1992年からビオディナミに転換

「土壌の成分が透けて見えるような仕上がり!これこそまさしくビオディナミの手本である。(クラスマンより)」


2018/7/4(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・レキュNV

フレッド・ニジェ・ヴァン・エルクによる作品!

オールシーズン楽しめる、シャンパーニュのような素晴らしい泡!リピーター続出!大好評!



<高齢と腰の痛みで、ギィ・ボサール氏がすでに引退>’15から彼の意思を引き継ぐ後継者フレデリック・ニジエ・ヴァン・エルクとなります。

キャップシールの色が金色→銀色に変わりました。




ドメーヌ・ド・レキュ、ボサール・テュオ・ヴァン・ムスー・ド・ロワール・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)

税別¥2350

<あと2本>絶対おすすめ!

生産者:フレッド・ニジェ・ヴァン・エルク fred Niger van Herck

フレッドさん作になってからもお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいております!

「2017.正月に飲みました。フレッド・ニジェ・ヴァン・エルクさんになってからもやはりおいしく非常に強いミネラル。変わってから間もないこともあるかもしれませんが、今までと全く違和感なく非常においしく楽しめるよい出来。やや厚みのある果実、キレキレではないが低くない酸、トップノーズからアフターまでミネラルが強く、温度が結構上がってもダレない。大抵の寿司が生臭くならないし、和食にも幅広く対応可能」

アルコール12%

ラベルの楽譜はギィが愛するモーツアルトの歌劇「後宮からの誘拐」の最終楽章。

大体グロ・プラン40%、シャルドネ30%、ミュスカデ15%、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フラン あわせて15%





ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ルドヴィグ・ハーン・ヴァン・ムスー・ド・ロワール・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)

税別¥2350

<売り切れ>絶対おすすめ!

※5本以上のご注文にて日本全国計12本までドライ便無料!

ワイン王国50号『春のフレンチ・スパークリング100本』中ベスト10に選ばれる!

シャルドネ・グラスで飲むことをおすすめします

873本完売!!!ありがとうございました

樹齢35〜40年!

手摘み、超低収量

「2016.1月下旬に飲みました。今回のロットもグリがかった濃い色で非常に良い出来!ガス圧強すぎず、ミネラルたっぷりで、果実味もあり、ちょうどよい酸、ピュアでバランスよくグビグビ飲むことも可能、冷やし過ぎない方がおいしい。値上がりもなく、明らかに価格以上の内容。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後からは酸化が進んで、少し酸の質が落ちた」



「2014.8月末に飲みました。今回もSO2少なそうな濃いイエロー。抜栓直後はナッツ、ブリオッシュ、ベリー、ミネラル主体の香りだが、時間とともにマッシュルームの香りが強くなり、抜栓の次の日にはピノノワールの比率が高いシャンパーニュのようなアンズの香りが主体となる。この状態で試しにブラインドで皆さんに飲んでみてほしい!いったいどうなっちゃうんでしょうか(笑)クラスを超えたミネラルとコクで緩くない。抜栓の次の日が一番おいしく感じられた。やっぱり中身のヴィンテージにかかわらず、常に価格を超えた泡ですね。抜栓の次の日もほとんど落ちないでおいしい」

「2010.6月に飲みました。今までと全然違う色調で驚いた!いつも中〜やや濃い程度のイエローだったのですが、今回のロットは(大当たり年2009年が主体な為だと思われます)シャトー・メルシャンの甲州グリ・ド・グリを連想させるグリのうっすらオレンジがかった濃い色調。←個性的な色ですが、全く劣化や酸化の類とは違います。ストレートなリンゴや洋ナシ+焼いたパンの香りではなく、ほろ苦オレンジ、少し酵母、強いミネラルなどの香り。例年以上の果実味とうまみ、しっかりしたよい酸、アフターにかなりの量のミネラルが残るところが、このドメーヌのミュスカデと共通している。この人が造ると極めて質のよい酸とミネラルが表現される!非常にバランスよく、杯が進む。価格以上の満足度!抜栓の2日後までまったく落ちない」

「2007.7月末に飲みました。やはり素晴らしくお買い得な泡でした!2倍近い価格のドラモットのブリュットNVと同等のレベルにあり、ドラモットですらそうなのですから人口的な糖分の味がする大量生産型NMシャンパーニュ¥4000以下くらいのものはほとんど太刀打ちできないことでしょう。やや濃いイエロー。しっかり冷やすと蜜リンゴ、焼いたパン、ミネラル等の香りで、酸とミネラルにキレがある。温度が少し上がってくると、黄桃、アンズ、カリン、ブリオッシュ、洋ナシなどの熟して厚みのある香りが出て、さらに複雑性が増す。味わいも香り同様ボサール・トゥオーより熟して厚みがあり、よりシャンパーニュに近い全体像。まったく雑味のないピュアで長めのアフター。この価格帯では完璧な内容。4人で飲んで全員絶賛の1本!抜栓の次の日もおいしい」

ワインスペクテーター2005年12月号84点

MVF(旧クラスマン)2009年度版14/20グラス

クラスマン2007年度版14.5/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

フォルブランシュ45%、シャルドネ25%、ムロンドブルゴーニュ20%、カベルネ10%

何度も飲んでいますが、透明感のある素晴らしい香り。豊かなミネラル、上質な酸、適度な厚みとコク、価格を考えると完璧なバランスがあり、泡の質もシャンパーニュに引けを取りません。アタックやインパクトだけではなく、アフターも上質で、毎年大幅に価格を超えた品質の夏に最高の泡!でもただあっさりしているわけではなく複雑性もあるため、オールシーズン楽しめる

「ロワールにおける有機栽培の先駆者。ミュンヘン交響楽団の第一ヴァイオリン奏者の名前に由来するキュヴェで、洋ナシの香が美しく、酸味と優しい泡の調和が美しい。(輸入元さんコメント)」

アルコール12%

下記がお客様(プロのソムリエさん達も含む)にいただいたコメントの一部です。

『試飲会で飲んだ時もっと高価格帯のシャンパーニュだと思った!』

『まったく飲み飽きない。他の安い泡が飲めなくなった!』

『夏はこのワイン以外いらない!』

ミュスカデとグロプラン最高の生産者のひとり!

 

なんと1972年からずっと有機農法

ビオディナミの象徴的な存在

デメテル認証ビオディナミ

DRC、クロドデュガなどと同じく馬で耕作

高い樹齢、手摘み、天然酵母のみ使用、SO2極少

クラスマン1つ星&Q/P(カリテプリ=お買い得!)マーク付き生産者

「ビオディナミの象徴的な存在(クラスマンより)」

1972年からオーガニックによる葡萄栽培を開始、1992年からビオディナミに転換

「土壌の成分が透けて見えるような仕上がり!これこそまさしくビオディナミの手本である。(クラスマンより)」


2018/3/11(日)アップ〜蔵出しシャトー・ド・フェル’10ボンヌゾー

ハチミツ、カリン、アプリコットなどのよい香り、厚みがあり、上質な酸をともなう極甘口!
2017/3/3(金)アップ〜蔵出し特価シャトー・ド・フェル’15ロゼ・ダンジュ

みずみずしい癒し系のやや甘口ロゼ!

2016/8/21(日)アップ〜蔵出しシャトー・ド・フェル’14シュナン・セックVV









 

 





Chateau de Fesles, Rose d’Anjou La Chapelle '15

シャトー・ド・フェル、ロゼ・ダンジュ・ラ・シャぺル’15

(フランス・ロワール・やや甘口・ロゼ・750ml)


特価・税別¥1200



輸入元定価・税別¥1600

<売り切れ>おすすめ!

コンクール・デ・ヴァン・デュ・ヴァル・ド・ロワール2016年度 Liger d'Argent 銀賞受賞!

「2017.2月初旬に飲みました。ブショネのなさそうな合成コルク。サヴォワのビュジェ・セルドン・ロゼを連想させる艶やかな甘いイチゴの香り+チェリー、バラ、シトラス、オレンジ、青いメロンなどの香りも。みずみずしくクリーンで、’13よりもわずかに酸が低いのでその分’15はしっかり冷やした方がおいしい。バランスは決して悪くなく、自然な甘みが極めて心地よい飲み頃NOW〜。やはりカベルネフランが入っていない方がガブ飲み可能なよいバランス。このワインにスパイシーさはあまりいらない気がする。程よいうまみとミネラルも感じられる。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール11.5%

’15も嬉しいことにグロロー100%




シャトー・ド・フェル、ロゼ・ダンジュ・ラ・シャぺル’13

(フランス・ロワール・やや甘口・ロゼ・750ml)


特価・税別¥1260

↑30%OFF

輸入元定価・税別¥1800

<売り切れ>おすすめ!

ゴーミヨ15.5/20点!

スクリューキャップではなく、コルク

54本完売。ありがとうございました

1年以上経っていますが、まったく飲み頃問題ありません



「2015.2月に試飲しました。’06から一時カベルネフラン100%に変わってしまって好みの味ではなくスパイシーになってしまっていたので買っていませんでしたが、久しぶりに試飲する機会をいただいてやっぱりグロロー主体のみずみずしさが最高だと再認識した次第です。昔から凝縮感や厚みよりも、上品な酸とバランスが特徴の生産者です。<あくまで食事に合う程度の甘口>で飲み頃も1〜2年で下ってしまうタイプではなく、べたつきと雑味がなく、非常に心地よいアフターの癒し系で、かなりおいしい&価格以上の満足度だったので、一見当店らしくないセレクションですが、やはり買ってしまいました!サンソニエールのロゼ・ダンジュは、もちろんさらに上質な最高の品質ですが、このワインの約2.5倍の価格ですからね」

アルコール11%

『 鮮やかで透明感のあるサーモンピンク。繊細な赤い果実のアロマと涼しげなハーブのニュアンス。口に含むとほのかに甘く、チャーミングな味わい。春、お花見のワインとして最高。夏もビーチサイドで楽しみたいワイン。 (輸入元さんコメント) 』

’13は、グロロー100%

’06 12本完売。

’05 108本完売!




シャトー・ド・フェル、アンジュ・ブラン・ラ・シャぺル・シュナン・セックVV’14

(ロワール・750ml・辛口白)


税別¥1550

<売り切れ>

ロワール・ワイン・コンクール2016年度 銀賞受賞!

Wine Enthusiast 88点

アルコール13%

久しぶりに輸入してくれました〜!

『 ピーチやマルメロなど華やかな果実の香りをもち、蜂蜜のような粘着性も感じられる。辛口だがその凝縮感から甘味さえ覚えるほど。風味の中盤から生き生きとした酸味とミネラル感が盛り上がり、ワインにフレッシュ感をもたらす。ヤマメやイワナなど川魚と合わせてみたい。 (輸入元さんコメント) 』




シャトー・ド・フェル、アンジュ・ブラン・ラ・シャぺル・シュナン・セックVV’10

(ロワール・750ml・辛口白)


超特価・税別¥1350



輸入元定価・税別¥2,200

<売り切れ>絶対おすすめ!

スぺクテーター89点(NOW〜2014年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版15/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

84本完売!!!ありがとうございました

「2014.3月に試飲しました。シュナンブランは実はシャルドネ以上の高貴品種です!しっかり冷やすとすっきり、少し温度を上げると少し厚みと果実味が出る。リースリング以上に幅広く食事を生かすタイプ、飲み疲れないドライ過ぎない辛口で極めて心地よいアフター。この価格ならデイリーに最高!」

アルコール13%

シュナンブラン100%




シャトー・ド・フェル、ボンヌゾー・ラ・シャぺル’90

(ロワール・750ml・極甘口白)


超特価・税別¥6000

<売り切れ>超限定品!

※全ての値引き対象外となります。

しばらく誤って500mlと載せておりましたが、間違いなく750mlです。失礼致しました。

滅多に出てこない貴重な蔵出しボンヌゾー古酒です!!!

熟成で相当複雑にオイリーになっていると思われます




シャトー・ド・フェル、ボンヌゾー’99

(ロワール・500ml・極甘口白)

超特価・税別¥4700

<売り切れ>絶対おすすめ!

※全ての値引き対象外となります。再入荷不可能!

甘口ワインコンクール金賞受賞!

ヴィノテーク2005年5月号18.5/20点!

デカンター誌4つ星!

クラスマン8/10グラス

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

7年以上経過して相当おいしくなっていると思われます!



「2008.9月に試飲しました。アプリコット、カリン、ハチミツ、黄桃などの香り、厚みと粘性があるが、しっかりした酸があるため、べたつかず、飲み飽きない。この価格の甘口の中で非常に高品質なもののひとつ!最高レベルのボンヌゾーをお探しならやはりサンソニエールをおすすめします」

アルコール13%




シャトー・ド・フェル、ボンヌゾー’10

(ロワール・500ml・極甘口白)

税別¥5000

<あと6本>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!


樹齢約50年

ワイン王国13号で特選ロワール10本に選ばれる!

スペクテーター、ギィドアシェット、ランス国内のコンクールなどでも常に高評価されている

コトーデュレイヨンのほぼ真ん中にある100haの畑で遅摘みされて生まれる

ボンヌゾーは、鉄分を含んだミネラルウォーターが出ることからついた部落名


『 ロワール地方のアンジュー地区は、シュナン・ブランから造られる甘口白ワインの宝庫。とくにコトー・デュ・レイヨンは陽当たりのよい丘に恵まれているうえ、アペラシオンの中央を蛇行するレイヨン川が朝霧を発生させ、貴腐菌の繁殖を促す。このコトー・デュ・レイヨンに内包される、サブ・アペラシオンがカール・ド・ショームとボンヌゾー。いずれもとくにブドウの成熟に適した、いわゆるグラン・クリュといえる。

シャトー・ド・フェルはボンヌゾーのエリアにあり、アンジューでももっとも古いドメーヌのひとつである。2010年に新たにブドウ畑を買い足したため、現在、シャトーが所有するブドウ畑の総面積は55ha。このうち丘の斜面にある20haの畑でビオディナミに挑戦している。ボンヌゾーのほか、コトー・デュ・レイヨン、アンジュー・ブラン、アンジュー・ルージュ、ロゼ・ダンジュー、カベルネ・ダンジューなどを生産する。

白ワインの熟成には600リットルのドゥミ・ミュイを用い、全体の60%が通常のオーク樽。残り40%はアカシアの木から作られた樽である。アカシアの樽はワインのピュアな果実味を引き出し、より洗練された甘味にするという。ボンヌゾーではよりアカシアが増え、それぞれの比率が50%対50%となる。

時代に合わせてアンジューの辛口白ワインも醸造するシャトー・ド・フェルだが、その真骨頂は甘口ワイン。ロワールのシャトー・ディケムという異名はいまだ健在であり、特種な気候とシュナン・ブランが織りなす自然のスペクタクルによって、このワインを口にしたものは誰しも甘美な陶酔へと誘われるのである。 (輸入元最新資料より) 』


 Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
 wine-ito@green.ocn.ne.jp