スパークリング
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文

   


<ビュジェ・セルドン人気が高まっています!>

2010年からAOCビュジェ・セルドンを名乗れるようになりました!

フランス国内と日本で主に消費され、あまり他国に輸出されていない

ジュラ・サヴォワ地区は、昔はほとんど注目されていませんでしたし、評価本などでも1〜2ページしか取り上げられていませんでしたが、近年ではGGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)にてジュラ地区とサヴォワ/ビュジェ地区に分けて掲載されたり、ワイン王国50号『春のフレンチ・スパークリング100本』にビュジェ・セルドンが数アイテム選ばれたりしています

モスカートダスティよりもピュアでミネラルが強く、香りが華やかで甘さ控えめ。お酒自体が苦手な方でもおいしく飲めると思いますし、普段、マニアックなワインばかりを買って奥様にひんしゅくを買っている皆さま(笑)、たまにはこういったワインを家族と一緒に飲むことで楽しい時間を過ごしましょう!


2018/4/19(木)アップ〜蔵出しアラン・ルナルダ・ファシュ’17

2017/6/8(木)アップ〜蔵出しアラン・ルナルダ・ファシュ’16

思わず笑ってしまうしかないおいしさ!ナチュラルな甘さと酸、クリーミーな泡




ラシーヌ輸入の貴重な蔵出し正規品!




’08からビオロジックを実践
2009年には、自社畑の一部プルサール4haとガメィ8haを「AB=アグリカルチュール・ビオロジック」に申請中!




アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’17

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2500

<あと2本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

’17は、春の霜とその後の雹被害で、生産量激減だったそうです。

22本完売。

「2018.5月上旬に飲みました。状況を考えるとよくこの値上がり幅で収まったなかなり無理しているんだろうなぁという。肝心の香りと味わいは例年通りの素晴らしさで、透明感とピュアさのある全体像。凝縮感・果実・酸・バランスとミネラルもすべて上質な非常に良い出来!美しい酸とミネラルがアフターに残るためにクドさゼロで極めて心地よく杯が進む。いつも通りの艶やかなストロベリー、白桃ネクター、ミネラルなどのよい香り。抜栓の次の日も最高においしい。シャンパン・ストッパーを何度も開け閉めさえしなければ、次の日もまったく泡弱くならない(飲食店さまでは無理な話ですが、ご自宅なら可能)。風呂上がりにもビールじゃなくてセルドン!抜栓の2日後も最高においしい。言うまでもなく大量生産型雑味カヴァのような悪酔いしません」

アルコール8%

ユーロリーフあり!

裏ラベルにドゥミ・セックの文字が入っています。




アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’16

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2017.6月中旬に飲みました。’16は’15’14よりもさらに少しだけ甘さ控えめで酸しっかりのバランスに感じられた。透明感があり、ピュアでバランスのよい清涼感で非常に杯が進む。このくらいの甘さなら、サンテベルトーニのオリーブオイルと塩(もしくはマジックソルト)をかけただけのレタスとハムのシンプルサラダなどにも相乗効果があるくらい非常に合う。やや甘口くらいまでの甘さは意外に必ずしも食事を邪魔しない場合がある。ましてや’16は特にサラダと合いやすい香りとバランス。抜栓の次の日も非常においしい。全体が少しやわらかくなって甘みがわずかに増した印象。いつも抜栓後わずかに向上するが今回も同じ」

アルコール7.5%

裏ラベルにドゥミ・セックの文字が入っています。




アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’15

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

36本完売。ありがとうございました

「2016.7月初旬に飲みました。今回は輸入直後のボトルではないため、’14を飲んだ時よりもさらにおいしく感じられるが、基本的な品質は同レベル。’14同様わりと甘さ控えめでキレイな酸。泡の質もとても良い。やはりごく近年からミネラル量が増えて質感がよりピュアでバランスよくなったように思う。このワインの特性を最大限に生かすには、特に暑くて体がお疲れ気味の日に開けること(笑)おいしすぎてたくさん飲み過ぎてしまうのでマグナムでもよいくらい?抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール8.5%



アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’14

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

「2015.4月に飲みました。本当はもう少し休ませてから開けたかったのですが、個人的にボジョレー・ヌーヴォ解禁よりも楽しみにしているので(笑)例年通りの艶やかなストロベリーとミネラルの香り主体+洋ナシネクターとごくわずかに赤紫蘇系の香りも。うまみとミネラルが多く、例年よりもわずかに甘み控えめに感じる。アフターに残るミネラルの量も’13より少し多いかも。ラシーヌさんに問い合わせると現在ではエコセール認証ありビオロジックだそうです。泡の質は今、輸入直後なのであと少しだけ休ませるともっとクリーミーになります。そこはラシーヌ輸入なのでなおさらですね。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール7.5%



アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’13

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2200

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

意外なことにこのワインに対する敬老の日のギフト需要高めで驚かされました!

48本完売。ありがとうございました〜※’14の入荷まで買えません。

「2014.7月初旬に飲みました。まさに艶やかなストロベリーとミネラルの香り主体+洋ナシネクターとごくわずかに赤紫蘇系の香りも。うまみとミネラルの量でラファエル・バルトゥッチに少し敵わないだけでこちらも非常によい出来。酸も低くなくよいバランスで当然雑味なし。バルトゥッチを飲んだことさえなければ何の不満も出ないと思われます。抜栓の次の日も非常においしい。アフターにちゃんとミネラルが残る。瓶内2次醗酵ではないのに、ヴーヴレの泡やクレマン〜よりもいつも抜栓後長持ちなのは何故だろうか?抜栓の2日後も非常においしい。やはり’13は例年よりもリンゴ・ジュース的なニュアンスが強い

アルコール7.5%




アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’12

(750ml・フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥1800

<売り切れ>

※輸入元さんでも完売。〜’13まで再入荷不可能!

ワイノット6号にて田中克幸氏が選ぶ今飲むべきワインこの10本に選ばれる!

アルコール7.5%



アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’11

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2000

<売り切れ>おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

「2012.4月に飲みました。予想より少し濃い色調。抜栓直後は果実味豊かで、’08よりもわずかに酸が低いかと思ったら、飲んでいるうちに酸とうまみが少し伸びた。相変わらずピュアな心地よい甘さで、べたつかずおいしい。洋ナシとイチゴのネクター的なフルーツ香が主体+ミネラルなどの香り。抜栓の次の日も非常においしい。 ※輸入直後&当店に到着から数日後の抜栓なので、今後まだまだおいしく向上すると思われます」

アルコール7.5%


 

 アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’09

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2100

<売り切れ>

24本完売。ありがとうございました

わりとしっかり冷やした方がおいしい

「2010.5月に飲みました。輸入したてなのでまだバランスが完璧ではないが今年もよい出来!’08よりわずかに果実味と糖度が高く、その分わずかに酸が低いというくらいで、天然の質のよい甘さ、イチゴやスイカの砂糖漬けやジュースっぽいニュアンス。同価格帯のランブルスコ甘口よりも雑味なく上質に思える。2〜3ヶ月後には落ち着いてさらにバランスよくおいしくなることでしょう!(シャンパン・ストッパーをして冷蔵庫保存)抜栓の次の日も非常においしい。ごくわずかに酸が伸びたと思う」

アルコール7.5%

2009年は天候に恵まれ ベト病、うどん粉病がまったくない腐敗果知らずな年でした。

1年に1回のみ日本に輸入される限定品!

 

アラン・ルナルダ・ファシュ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’08

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

わりとしっかり冷やした方がおいしい

24本完売。ありがとうございました

「2009.10月下旬に再度飲みました。やっぱり難しいこと抜きのすごくおいしいワイン!天然の甘さで雑味がない。フィリップ・バリヴェ’08より少し赤ワイン要素が強いロゼで、色も少し濃いかもしれない。チェリー、イチゴシロップ、甘〜いスイカ主体の非常によい香り。飲み手を選ばないおいしさ。抜栓の次の日(シャンパン・ストッパーをして冷蔵庫に立てて保存)も最高においしい!抜栓の2日後も非常においしい」

「2009.5月に短時間で試飲しました。当店でも大人気のフィリップ・バリヴェ’08に非常に似ている。わずかに深みと酸で劣る程度の差なのでバリヴェより¥735安いこちらも充分におすすめ!こちらもあと少しで市場から消えてしまいそう」

’07 ワイン王国50号『春のフレンチ・スパークリング100本』に選ばれる!

フランス国内と日本で主に消費され、あまり他国に輸出されていないそうです

アルコール7.5%

メトード・アンセストラル製法

(醗酵途上のワインを瓶に詰め、密閉して、残りの醗酵を瓶内で行なう。メトード・リュラルともいう)

現在ではエコセール認証ありのビオロジック



リュット・レゾネ(減農薬)を実践、有機肥料のみを使用

平均樹齢20年(’08リリース時の資料ですので、現在はもっと上がっています)

手摘みのガメイ主体、プールサール

標高は300メートルを超え、南向きの斜面が多い

2008年は、例年より酸味がのった当たり年!

ラ・ヴィーニャ、カーヴオジェ、レ・ガラド、シェ・ミッシェルなどでもオンリストされている!


2016/4/27(水)アップ〜蔵出しラファエル・バルトゥッチNV(’15

入手難!ビュジェ・セルドン最高の生産者!

思わず笑ってしまうしかないおいしさ!ナチュラルな甘さと酸、クリーミーな泡

 

 

2010年からAOCビュジェ・セルドンを名乗れるようになりました!

数社輸入しているようですが、当店在庫はラシーヌ輸入の限定品!




ラファエル・バルトゥッチ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤンNV(’15)

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥3000

<売り切れ>

アルコール8.5%



ラファエル・バルトゥッチ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤンNV(’14)

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥3100

<売り切れ>絶対おすすめ!

去年と同じ価格を実現できました!

36本完売。ありがとうございました※すでにラシーヌ輸入もの’14は再入荷不可能!

数年熟成可能なまったく落ちないワインです

「2015.8月中旬に再度飲みました。前回とほぼ変化なし。やはりセルドンとしては凝縮して少しの重さがある。ミネラルとエキス感は常に強い。酸はヴィンテージやその時の温度等のバランス感で、わずかに低く感じられる場合もありますが、抜栓の次の日以降に泡が少し抜けてくると飲みやすさと酸が少し伸びる場合が多いです。抜栓の2日後まで非常においしい」



「2015.4月中旬に飲みました。今年も素晴らしい品質!例年よりもわずかにヨーグルトの香りが強く、泡のクリーミーさが抜群!あとは凝縮感や余韻など例年通りの高品質ですね。今年は何故か?アラン・ルナルダとの泡の質の差が現時点では大きい。このジャンルでは完成されており、何杯飲んでも飽きないのでつい飲み過ぎてしまう(笑)抜栓の次の日も最高においしい。べったり感やクドさゼロの上質な甘み」

アルコール8%



ラファエル・バルトゥッチ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤンNV(’13)

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥3100

<売り切れ>絶対おすすめ!

36本完売。ありがとうございました

「2014.5月初旬に飲みました。やはり最高の造り手らしくどんな年でも非常においしい。’10の時ほどのすごい凝縮ではないもののしっかり凝縮して少しの厚みと粘性があり、うまみとミネラルの量が凄い。リンゴジュース的な上質な天然の甘みがあるが、それでも酸は低いと感じない。アフターにかけて限界まで凝縮したリンゴっぽいうまみとミネラルが多く残り極めて心地よい。ほとんど赤ワインの色調。洋ナシと白桃のネクター、リンゴの皮、花、ミネラル、ラムネ、ほのかにシトラス等のよい香り。’13は例年よりもリンゴ・ジュース的なニュアンスが強く、相変わらず真夏に最高の選択肢のひとつで、こんなに杯が進む甘口は他にはない。個人的には高価なソーテルヌよりも断然ビュジェ・セルドン!!!抜栓の次の日も最高においしい。抜栓の2日後もまったく落ちない。瓶内2次醗酵ではないわりに泡持ちがいい」

アルコール7%

’08 ゴーミヨ誌18/20点!



ラファエル・バルトゥッチ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤンNV(’12)

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2650

<売り切れ>絶対おすすめ!

円安なのに値上がりなし!

24本完売。ありがとうございました

「2013.7月に飲みました。いつもながら色も味わいも濃いもっともコクのある部類のセルドン。ピュアで凝縮した果実感、低くない酸、うまみとミネラルが豊富で、例年よりもミント系の戻り香が少し強く、余韻が長め。相変わらずとてもよい出来!札幌もかなり暑くなってきたので、夏はやっぱりビュジェ・セルドンですね。抜栓の2日後までまったく落ちない。洋ナシ&白桃ネクター風味。抜栓の3日後も非常においしい」

アルコール7.5%



ラファエル・バルトゥッチ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤンNV(2010年)

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2650

<売り切れ>絶対おすすめ!

ゴーミヨ誌16/20点!

¥105値下がり

ラシーヌ輸入の蔵出し超限定品!〜60本完売!ありがとうございました※再入荷不可能!

ラシーヌさんによるとためしに1年寝かせたボトルを飲んでみたところおいしく熟成していたとのことです!

「2011.6月初旬に飲みました。抜栓直後は還元とまではいかないものの、ドメーヌもののシードルのような酵母風味がやや強いが、時間とともに香りが向上し、果実味とうまみと厚みが増す。この銘柄に関してはあでやかなストロベリーというよりも白桃ネクターと洋ナシネクターを半分ずつ混ぜたような凝縮した風味+ミネラル。ブドウのうまみが余すところなく表現され、ビュジェ・セルドンとしては最も重たい部類といえそう。アフターにはかなりの量のうまみが広がる。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい。昨日よりもさらにうまみが増した!フィリップ・バリヴェと飲み比べるのは今年が初めてなので、例年の違いはわかりませんが2010年に関しては、バリヴェの方が酸とミネラル、ピュアさに優れ、バルトゥッチの方が凝縮感とパワー、アフターのうまみ感に優れている印象」

アルコール8%

生産量&輸入量極少!

ラファエル・バルトゥッチ わずか2haの所有!

フィリップ・バリヴェ 7haの所有

アラン・ルナルダ 12haの所有

ガメイ90%、プールサ−ル10%

エコセール認証ビオロジック栽培

収穫は、20人で朝3h、午後3hを5日間。

他の生産者とは違う浅い容器に平にブドウを並べ、潰れないよう気をつける。

果皮にキズが付いて酸化が始まると、酸化防止剤が必要になるのを防ぐため。

『 イタリアで電気関係の仕事をしていたバルトッチは、ある日旅行でビュジェイ・セルドンを訪れます。その土地に数年後に引っ越して自らがワイン造りをすることになろうとは・・・。

彼を一目で魅了したメリニャ村は、静かな美しい町。そして、一度飲んだら忘れられないやさしいワイン「ビュジェイ・セルドン」の産地です。1983年に畑を購入し、2〜3年ごとに少しづつ増やしています。ひとりで作るには2haが精一杯と言う彼がワイン造りにおいて大事にしている事は「補糖せずにワインをつくる事、幸いセルドンは日照が少なくても待つ事が出来るからね。」と語ります。

畑は、標高450m、傾斜70度の場所に1980年と90年に植えたプルサールが、その他南西と東向きの場所にガメィが植えられています。2〜3年に1回荒地を購入し、1年目にブドウの木を植え、2年目に杭(40cm埋める)とワイヤーを張る作業をしています。朝露に濡れた粘土質の畑は、スニーカーで見学すると靴底がすぐに3cmは泥で厚くなるほどです。うさぎが来るので電流の流れるワイヤーを貼りぶどうを守っています。メリニャの4件の生産者が共同で使用する瓶詰所の機械のメンテナンスは、前職を生かしたバルトッチがほとんどメンテナンスを請け負っており、他の生産者からも頼りにされています。 (輸入元資料より) 』


2018/8/22(水)アップ〜蔵出しザ・ヒルズ・サイダー・カンパニー<クラウディ>

2018/1/17(水)アップ〜蔵出しザ・ヒルズ・サイダー・カンパニー

癖のない夏向きプレミアム・クラフト・シードル!

小瓶なので冷蔵庫でも邪魔にならない

※すべての値引き対象外となります。




※右の青枠が新商品の
クラウディです。




※上記画像の賞味期限は、前回入荷分のものです。

 




※発送に関しましては、このシードルは2本でワイン1本分計算で段ボールに入ります。
クール便をおすすめ致します。シードル単体なら24本1箱でお送りすることが可能です!

12本〜5%OFF対象外銘柄





まさに新鮮なりんごをかじったようなプレミアム・クラフト・シードル!

手摘み収穫、香料・濃縮果汁・糖類・フレーバー・水を一切無添加!

収穫後3時間以内にすぐに冷蔵庫に入れてCO2で酸化を防止!
冷蔵庫から出されたリンゴを1時間以内に圧搾してその日のうちに醗酵と常に酸化を防ぐ工夫あり

サステーナブル農法を実践している代々続く家族経営のリンゴ栽培農家からの厳選された良質リンゴだけを使用


フランスやイギリスだけではなく、
近年ではアメリカで『 ハード・サイダー 』と呼ばれ大人気!
(子供が飲まないように・お酒だとすぐにわかるようにハードとつけているらしい?)
南アフリカやオセアニア地域でも人気が高まっているとのこと




ザ・ヒルズ・サイダー・カンパニー、<クラウディ>アップル・シードルNV

(330ml・オーストラリア産・やや辛口シードル)


税別¥550

<あと65本>絶対おすすめ!
限定品!79本完売。
今月はもう買うつもりなかったのですが、予想以上に売れたのでまた買いました〜!!!

※軽く攪拌してからお飲みください。

「2018.7月末に飲みました。ペットナット的なはっきりと濁りのあるイエロー。マンゴーの香りがはっきりと強く、他に黄桃や少しオレンジなどの香りも。当店で人気炸裂の通常のアップル・シードルよりコクとほろ苦さがあり、この個性も非常においしい。温度を上げると明らかにうまみが増す。ガス圧弱めで杯が進むが、アルコール低いので変に酔わないバランスのよさ。最初から攪拌して飲むのもありだし、わざと混ぜないで最後の1杯の味変を楽しむパターンもあり。いずれにしても夏は常に冷蔵庫に数本入れておきたい!」

アルコール5%
賞味期限2019年12月

香料・濃縮果汁・糖類・フレーバー・水は一切無添加
フルボディな濁りシードル

ガス圧1.9

リンゴ(ジョナサン主体、グラニースミス、ゴールデンデリシャス)

収穫:2-6カ月手摘み収穫し、3時間以内に冷蔵庫で低温保存
醸造:冷蔵庫から出されたリンゴは一時間以内に圧搾。フィルタリング後に14度で14日間かけて醗酵。軽くフィルタリングを行い、炭酸ガスを注入しボトリング

美味しいさを凝縮させた濁り系シードル。蜜たっぷりのシャキシャキとしたリンゴのアロマと心地よい良い酸が全体をまとめます。程よくイーストの風味も立ち上がる極上の味わいです。
(輸入元資料より)




ザ・ヒルズ・サイダー・カンパニー、アップル・シードルNV

(330ml・オーストラリア産・やや辛口シードル)


特価・税別¥400

<あと19本>絶対おすすめ!

オーストラリア・サイダー・アワード2015 ニューワールド ミディアム・ドライ部門ベスト・イン・クラス 受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!


王冠キャップ

すでに327本完売!!!
クール代の高騰で特に夏はこの価格もう無理です、、、

「2018.1月中旬に飲みました。最新ロットも同じ方向性で高品質な安定感。ベストは真夏だが、暖房が効いて乾燥した部屋でもおいしいし、風呂上がりにもおいしい!」



「2017.7月中旬に飲みました。ロットが変わっても同じ方向性で高品質な安定感。ストレートなリンゴ感がピュアでジューシーで癖がないキレイなバランスの良い味わい。ビールよりもうまみがあり、真夏に最高!」



「2016.8月中旬に再度飲みました。しっかり冷やしたものと、冷蔵庫から出して10〜15分くらい常温で置いたものを飲み比べるとやはり温度を上げたものの方がリンゴの『 うまみ感 』が強く出ていておいしかった!何気にローヌもたくさん飲んでいるので甘旨苦のバランスにはうるさいほうなんで(笑)個人的には爽快感より旨みのおいしさ重視」



「2016.7月末に飲みました。新鮮でみずみずしいリンゴのフルーツ感がストレートに伝わってくるクセのまったくない香りと味わいで、夏向きの心地よい酸味もあり、アフターにはうまみを伴うほのかな甘さとリンゴの皮のようなわずかなとてもキメ細かい苦みの残る中辛ながらもかなりの爽快感。5人で飲んで全員絶賛でした!ノルマンディー産でよくある松ヤニや地ビール的な酵母臭(これらの香りをたまにヒネ臭とか劣化臭だと勘違いされてしまう場合も、、、)のクセのある風味がまったくなく、初心者〜ワイン通までOK。しっかり冷やした方がおいしいと感じる方の方が多いと思いますが、実は少し温度が上がってからもおいしい。しかし甘旨苦酸のバランスよいなぁ〜」

アルコール5%
賞味期限2020年1月

『 蜜たっぷりのリンゴのアロマ。細やかな泡がフレッシュで、やわらかな甘みを持つリンゴの果実味と心地よく混じり合います。爽やかな1本です。ポークソーセージやローストした豚肉、オイリーな魚介類と相性抜群。(輸入元さんコメント) 』

The Hills Cider Company, Hills Cider Apple Cider NV 330ml

冷涼な南オーストラリア・アデレードヒルズ

リンゴ(グラニスミス、ゴールデンデリシャス、ロイヤルガラ、ジョナサン)
醸造・熟成 収穫:2-6月手摘み収穫し、3時間以内に冷蔵庫で低温保存。

醸造:冷蔵庫から出されたリンゴは一時間以内に圧搾。フィルタリング後14度で14日間かけて醗酵。フィルタリングを行い、炭酸ガスを注入しボトリング。(ガス圧2.14気圧)





ザ・ヒルズ・サイダー・カンパニー、アップル&ジンジャー・シードルNV

(330ml・オーストラリア産・やや辛口シードル)


特価・税別¥400

<売り切れ>おすすめ!

王冠キャップ

「2016.7月末に飲みました。ほのかにショウガが効いているではなく、予想以上にしっかりショウガ風味が効いており、若干好みが分かれそうだが、味わいは非常によくできておりまとまっている。7〜8人に1人くらいはこちらのほうがアップル・シードルより好きだという方もいるかな?というイメージでした」

アルコール8%
賞味期限2017年3月

『 爽やかで爽快感のある生姜やジャスミン等の花のアロマ。新鮮なリンゴと生姜が混じり合うことで、心地よい苦味と甘みを生み出します。長い余韻を持つ大人好みなシードルです。スパイシーなアジア料理、ガレット、風味豊かな居酒屋料理もナイスコンビに。 (輸入元さんコメント) 』

The Hills Cider Company, Hills Cider Apple & Ginger Cider NV 330ml

冷涼な南オーストラリア・アデレードヒルズ

リンゴ(グラニスミス、ゴールデンデリシャス、ロイヤルガラ、ジョナサン)、生姜
醸造・熟成 収穫:2-6月手摘み収穫し、3時間以内に冷蔵庫で低温保存。

醸造:冷蔵庫から出されたリンゴは一時間以内に圧搾。<搾り立ての生姜汁と一緒に>フィルタリング後14度で14日間かけて醗酵。フィルタリングを行い、炭酸ガスを注入しボトリング。(ガス圧2.25気圧)





2018/6/13(水)アップ〜蔵出しルシャレル’15アマルテア

2018/5/4(金)アップ〜蔵出しルシャレル’13アマルテア


やっと見つけたおいしいスペイン泡!



 




スペインで初めてビオディナミを導入したらしい造り手!
スペインのビオディナミ団体の草分け『 Terradinamica 』(テッラディナミカ)
発足当初からのメンバー




若干インスタ映えするかも?のミュズレ




LOXAREL AMALTEA, CLASSIC BRUT NATURE ORGANIC '15

ルシャレル、アマルテア・ブリュット・ナチュレ・オーガニック‘15

(スペイン・辛口白泡)


税別¥1900

<売り切れ>

パーカー88〜89点(2018〜2020年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト236号)


アルコール12.5%

24本完売。ありがとうございました

例年、リリース直後は少し固さがあるものの’15はもうおいしく、バランスも’13に近いそうです




LOXAREL AMALTEA, CLASSIC BRUT NATURE ORGANIC '13

ルシャレル、アマルテア・ブリュット・ナチュレ・オーガニック‘13

(スペイン・辛口白泡)


税別¥1900

<売り切れ>絶対おすすめ!

25本完売。ありがとうございました

「2018.4月中旬に飲みました。この価格帯のカヴァ最高峰の一つだと感じた。たくさん試飲してやっとよいもの見つけました。ラベルとミュズレもマインクラフト的でかわいいし。砂糖を入れていない乳酸ヨーグルトのトップノーズにグレープフルーツ、レモンキャンディ、シトラス、ハーブなどのよい香り。やや酸しっかりのさっぱり極めて飲みやすいバランス感で、わずかに塩を含むミネラルも感じられるが厳格ではない。程よいうまみがあり、戻り香も少しヨーグルトのニュアンスありさっぱりする!深いと言うより心地よい。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまだ泡が問題なく残っておりおいしい」

アルコール12.5%

’15 パーカー88〜89点

カタルーニャ地方・DOクラシック・ペネデス

※カヴァは産地に対してでは無く、製法に対するDOであり、
世界中で安売りされてるスペインのカヴァと一緒にされたくないと言う思いから、カヴァを名乗らずにペネデスという表記になっています。


平均樹齢20年

ブドウ品種:チャレロ、マカベオ、パレリャーダ

ユーロリーフあり!
オーガニック&ビオディナミを実践するカタルーニャのワイナリー。親しみやすい味わいはバルセロナでも大人気!

栽培・醸造
標高250mの自社畑で育つブドウをブレンド。7月になると羊の群れを畑に連れ出し、グリーンハーベストを行います。(羊は葉のみを食べ、青い未熟果は傷つけません。)これはオーガニック&ビオディナミの取り組みとして何年も前から採用している方法です。ブドウは手摘み。天然酵母使用。伝統的製法によるカヴァで、シュール・リーで15ヶ月の瓶内熟成を行うレゼルヴァ。澱引き後、瓶詰め。

いきいきと輝く麦わら色。繊細な泡立ち。フレッシュ&フルーティーで、洋ナシやシトラスのアロマにあふれています。花のような香りやナッツ、焼きたてのトーストのような香ばしい風味も漂います。心地よい酸味と海の塩の風味が効いたドライでエレガントな味わい。
(輸入元さんコメント)

相性の良い料理
タパスなど軽い前菜にピッタリ


2018/4/26(木)アップ〜蔵出しカ・ディ・ザーゴ’16

独自の個性を持つ手間暇かけたプロセッコ!


 




ラシーヌ輸入の限定品!




Ca' dei Zago, Valdobbiadene Prosecco "Col Fondo" '16

カ・ディ・ザーゴ、ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ <コル・フォンド>’16

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥2700

<あと6本>おすすめ!
限定品!

最新パーカー88点(2018〜2020年、ワイン・アドヴォケイト237号)

「2018.4月下旬に飲みました。予想通りプロセッコを普通のコルクで詰めると耐久性・密度の問題から開けるときに結構力がいる。ただしガス圧が弱いので、開けるのに手間取って多少揺れても吹きこぼれません。ゴマ、レモン、アーモンドなどの悪い意味ではない天然酵母感のあるトップノーズ。落ち着いた果実味、非常にキメ細かな苦みを伴う、ほのかな甘旨塩ミネラルの残る心地よいアフターで、個性が強い。誤解を招くことを恐れず言ってしまえば、かなり上質でフルーティーな地ビールを飲んでいるみたいな感覚。それにミネラルを足した感じ。好みは分かれそうだが個人的には飲み飽きないし楽しめた。抜栓の次の日も泡はさらに弱くなったが、非常においしい」

アルコール11%

’16は暑かったが適度に雨は降ったという理想的な年!

品種:グレーラ
樹齢:1920年代〜1970年代

セメントタンクで3〜7日間のスキンコンタクト
シャルマ方式ではなく、セメントタンクで温度管理をせずに一次発酵を終了し、同年産ブドウを自然乾燥させたものから得られた果汁で瓶内二次醗酵を行っている。


ザーゴ家がワイン醸造を始めたのは1924年のこと。6ヘクタールの畑は全て丘の上の家(セラー)の周りにあり、仕立てはギュイヨ。家族経営のワイナリーは2013年現在27歳のクリスティアンに指揮が移った。クリスチャンはヴァルドッビアーデネと並ぶプロセッコの産地であるコネリアーノの醸造学校(イタリア最古の醸造学校)を卒業。ニュージーランドで研修の後、実家に戻る。現在は栽培をビオディナミに転向。

「コルフォンド」と呼ばれる製法のプロセッコを作っています。ビン内二次醗酵の酵母は、同年収穫のアパッシメントした果汁を加えるので、酵母もリキュールも自然のもの。おのずと、味わいは純粋で温かさをおび、活き活きとした酸が心地よい。
 カ・デイ・ザーゴとは、ザーゴ家の家という意味。1929年から一貫してヴァルドッビアーディネの街の外れでプロセッコを作り続け、畑には1度たりとも化学薬品を使用したことがありません。ヴァルドッビアーディネは緩やかな丘の斜面にあり、ザーゴ家の畑は、街を囲む斜面に広がっている。が、現在、栽培と醸造の指揮をとるのは、5代目のクリスチャン・ザーゴ(1986年生まれ)で、その父親もご健在です。6つの畑を合わせて7ha分もっています。そのうち3.5haは斜面のためすべて手作業で手入れをしています。若き当主クリスチャンは、「クレイジー」 と呼ばれるとおり、効率と採算に逆って醸造しています。畑は、一本一本ふとい栗の木で支えられ、枝は柔らかな柳の枝で縛られています。90年を超える古い樹を大切に栽培し、根元から出てくる若芽を使って、セレクション・マサルの台木を自ら造ります。「価格の安いプロセッコで、このような栽培をしてる人がいるなんて」、と驚きました。
「フランチャコルタが、優れたエリアだなんて思っていない、国際品種を植えて、大量生産して…」とクリスチャン。

 2016年ヴィンテージより、DOCGを得るためにコルクでの打栓を始めました。今までの王冠ではDOCのProsecco表示までしか認められておらず、地域名であるValdobbiadineと表示するためにはDOCGを取得し、そのためにコルクで打栓をしなくてはなりません。自分の住んでいる村の名前を名乗れないのはかなり、心苦しそうでした。「私は、ヴァルドッビアーディネの丘で、ワインを作っている。だから、その名をラベルに刻みたいんだ。実験を重ねて検証して、王冠キャップでは味わいに豊かさがないとわかった。だから、コルク栓に変えることにした」。
 ここまで、書いて、クリスチャンの真剣さは十分伝わったと思いますが、もっと驚いたことがありました。「コルクは、不良品が多い。だから、コルクを妹と2人で3日かけて、選別した」。ラシーヌでは、重要な作り手とは、コルク業者の選定を相談し、優れたコルクを使ってる重要な造り手から業者を紹介してもらっています。クリスチャンのクオリティにかける真剣さに、心を打たれます。

2016年に使われた、コルク栓は、クリスチャンの祖父が詰めていた時に使っていたもので、当初はほとんどのプロセッコが普通のコルクで詰められていた。クリスチャンとしてはどうしてもこだわりたいところ。
(輸入元資料より)


2016/8/5(金)アップ〜蔵出し特価ガッティNV

プロセッコを名乗らない良質なフリッツァンテ!

猫好きの方へのプレゼント、御中元などにもぜひ!!!



ヴィノテークno.441 (2016年8月号)広告画像




※↓キャップシールの中にかわいい系王冠。



 




ラシーヌ輸入の限定品!

ラシーヌさんだけの話ではなく、コンディション抜群のワインは、一貫して低温で大事に管理されている為、その分経費が掛かっている(特に優れた会社の低温リーファーコンテナ代と信頼できる契約倉庫の低温保管量・電気代など)為、他のインポーターが輸入した同銘柄・同ヴィンテージよりも少し価格が高い場合があります。なので単純に価格を比較して安い方を買うとおいしくない方を選んでしまう場合もあるということです。
実際に輸入元セレクションの質とは別の次元で、透明感がない、酸の質が悪い、泡の質が悪い、ワインの味がどれも似ているなどの悪影響が感じられることがありました。




ガッティ、ビアンコ・フリッツァンテ・ボッレ・バンディーテNV

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


特価・税別¥2200

<売り切れ>おすすめ!

2016.9月から値下がりする銘柄なので、
今からその価格に合わせてお安くしております!

真夏を乗り切るために必要なワインということで、この機会にぜひお試しください!

36本完売。ありがとうございました

「2016.8月上旬に飲みました。よくある超シンプルな青りんご香ではなかったのでご安心ください。ゴマせんべいとスモークのトップノーズで、奥の方に少し青りんご、シトラスなどの香りがある感じで、丸い酸、弱めの泡、多いうまみ、ある程度ミネラルもあり、さすがにしっかり冷やした方がおいしいタイプ。香りにはわずかに癖がありますが、味わいはガブガブ飲める系の心地よいもの。合田さんが言う『 暖かさとシャープさという、一見あい反する要素がないまぜの魅力 』はおそらく、コンディション抜群の為、酸がキレていないのにバランス的に緩くないことやシンプルなようでいて、余韻は短すぎないことあたりを言っていると思われます。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後はごくわずかに酸化したが、まだおいしく楽しめる」

アルコール11.5%

キャップシールをはがすと白くかわいい系の王冠キャップがありました
ボトル下部に少しオリがあります。

グレーラ100%

Gatti, Bianco Frizzante Bolle Bandite NV

『 <ガッティ:地味のそこ力> プロセッコの地でプロセッコをあえて名乗らない、発泡性ワイン「ガッティ」をご存知ですか? じつは昨年の春から仕入れています。  伝統的なブドウ栽培と造りかたに徹した、ひなびたワインですが、まっすぐで余計な味がなく、目に見えないうまみが隠れています。他のペティヤン・ナチュレルと同時に飲んでみると、ガッティがどれほど上質なワインであるかがよくわかります。
たまたま、そういう飲みくらべになってしまったのですが、「素朴な、少し野暮ったいワインでは」と私自身思い込んでいたのに、なんのなんの、イタリアらしい面白さと、のびやかさがあり、味わいに「潔さ」といいますか、かっこよさを感じます。暖かさとシャープさという、一見あい反する要素がないまぜの魅力になっているのです。頑固なカロリーナさんが、楽しみながらワインを造っているのがよく感じられます。この夏、冷たく冷やして「ガッティ」をお楽しみください。
(ラシーヌ、合田泰子さんコメントより) 』

2012年創業

オーナー:Carolina Gatti(カロリーナ・ガッティ)



2018/9/5(水)アップ〜蔵出しプラ・デル・レ’16

画像ではまったく伝わらない『 3Dラベル 』

日本ではまだまったく無名な高品質プロセッコ!


 









プラ・デル・レ、プロセッコ・ミレジマート・ブリュット’16

(イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥2300

<あと12本>絶対おすすめ!

※この’16からブリュットに変わりました。
中身は同じで、今ではエクストラ・ドライを造っていません。

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

33本完売。

「2016.10月下旬に試飲しました。前回の作品エクストラ・ドライのグレーラ種らしいほのかな甘みもよかったですが、こちらもやはり非常においしい。深いわけではないのですが、絶妙なバランス感で、うまみとミネラルの質が良いのも同じ。酸も低くなく、ほのかな甘みとの相乗効果も相変わらず。さらに食事との相性は広がったかもしれない」

アルコール11.5%

シャルマ(マルティノッティ)方式。残糖は9g/l。




プラ・デル・レ、プロセッコ・ミレジマート・エクストラ・ドライ’14

(イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

72本完売!ありがとうございました

「2016.10月中旬に再度試飲しました。やはり非常においしい。香りは言うまでもなく、うまみ、ミネラル、甘さと酸味のバランス、余韻すべてうまくまとまっており、とてもよく出来ている」



「2016.4月下旬に試飲しました。エクストラ・ドライ(ブリュットよりもわずかに残糖多いという意味の表示)ですが、中辛というよりはギリギリ辛口と言えそうです。みずみずしく凝縮した青りんご主体の風味が単調ではなく、最高に心地よくバランスよく楽しめる。コクはそれほどないが、泡の質もよく、うまみとミネラルも感じられ、キレはないが低すぎない酸で、意外にアフターにミネラル感もありかっこいいラベルと画像で見た目重視か?と心配になりますが、予想以上に高品質。夏に飲み疲れない最高の泡となりそう。コクならボルゴ・アンティコの方が少し上で、こちらの方がほのかな甘みがうまみと小規模ながらも相乗効果を生みつつ、うまくバランスと心地よさのレベルを上げている印象のタイプ違いです ※お客様から意外にネタにかかわらず手巻き寿司全般とよく合うとのご報告をいただきました。ほのかな甘みもまったく邪魔しないとのことです。」

アルコール11.5%

DOCプロセッコ。36haの自社畑(ヴェネト州トレヴィーゾの単一区画)のグレラ100%。

沖積粘土質土壌。平均樹齢25〜30年。

シャルマ(マルティノッティ)方式。残糖は17g/l。バランスの良い辛口。

(ラベルの「3D感」は、現時点でパソコン画面を含む2次元上では再現できておりません。実物の3D感は画像とはまったく異なります)。

Pra del Re, Prosecco Millesimato Extra Dry '14

所在村 Valdobbiadene

醸造家 Massimo Ciprian

所有畑面積 65ha

ドメーヌ継承年 2003年

実質無農薬の減農薬栽培を実践。
化学肥料、除草剤、殺虫剤、防腐剤は基本的に一切使用しない

ステンレスタンクで醸造


『 プロセッコの聖地、ヴァルドッビアデーネ村に1971年に設立されたこのワイナリーは、長い間、所有するチプリアン家の趣味のような形で運営されていましたが、実業界で成功を収めた3代目マッシモ・チプリアンがワインに“どっぷりとハマった”ことで、大きな進化を遂げることになりました。

 2003年に嬉々としてワイナリーを継承した彼は、65ヘクタールまで畑を買い増した上で、全面積を実質的な無農薬栽培に切り替えました。また、大規模な投資を行って醸造設備も刷新。ISO9001(品質管理規格)の認証を取得し、国際的な衛生管理手法HACCPも導入するなどして、地域有数レベルのワイナリーへと生まれ変わらせました。

 「私は、様々なレストランで数多のワインを飲み、感動的な体験を重ねてきました。どんなレストランに、誰を招待して一緒に飲んでも、相手も、私も、心から満足できるプロセッコを造りたいと思います」。

 作品の最終完成をみた2014年、マッシモは新ブランド「プラ・デル・レ」(「王様の庭」)を立ち上げ、ワイナリーも同名に改称しました。(尚、このブランドは、彼が指導するフランチャコルタとリゾンの提携ワイナリーの作品も包括しています)。

 パソコン画面を含む2次元上では現時点でまったく再現できておりませんが、このハイグレードな3Dラベルは、素材、製法ともに極めて特殊な技術が用いられているそうです。「ワインは、食卓を楽しくするためのものです。味が最も重要なのは言うまでもありませんが、視覚から得られる喜びやイマジネーションも大切にしたいと思います」というマッシモが、長い時間をかけて実現させたものです。
 彼の作品は、2015年3月にヴェローナ市で開催された展示会「VINITALY」を訪れた同国の多数のソムリエや各国のバイヤー達の耳目を大いに集め、以降、イタリア全土のレストランやホテルが続々とオンリストを開始し、 日本も含めて輸出も広がっています。 (輸入元資料より) 』






2017/8/3(木)アップ〜蔵出しポール・ガローデNV

驚きのリピート率の高さ!!!


 




輸入元さんですごい人気!




ポール・ガローデ、クレマン・ド・ブルゴーニュ・ビュル・ド・クリスタル・ブリュットNV

(ブルゴーニュ・辛口白泡)


税別¥2650



輸入元定価・税別¥3,500

<売り切れ>絶対おすすめ!

ワイナート69号 90点(フレンチ・スパークリング50本試飲特集第1位!)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

ピノノワール70%、シャルドネ30%

平均樹齢40年

251本完売!!!ありがとうございました

「2014.3月に試飲しました。今回も出来がよくおいしい。同時に飲み比べた同じ価格のギィ・アミオのクレマンNVよりも果実味があり、若干複雑。酸も低くなくドサージュもちょうどよい感じ」



「2013.10月に試飲しました。何度も飲んでいますが今回のロットは特に出来がよいと感じた!たまにあっさりした中身の時もあるのですが、今回は非常に果実味豊かで、少しだけ温度を上げるとコクも出ます。バランスよく、酸も低くなく価格以上の満足度で、現地で飲んだ時のイメージに近い出来のように思います」



『 非常に果実味豊か!予想以上においしく、価格以上の品質だと感じた。やや甘さを感じるくらいの果実実で、全体的にはそれほどコクはないが、バランスよく杯が進む。輸入されたら絶対買おうと思っていたのでうれしい。つい最近造り始めたばかりの銘柄で今回が初輸入となります。 (2009.10月当店ドメーヌ訪問時) 』


『 モンテリーを代表する造り手のポール・ガロデ。このクレマンはなんと、モンテリーのピノ・ノワール70%にムルソーのシャルドネ30%という贅沢な構成です。柑橘と蜂蜜の香りとリッチな味わい。まさに食中酒向け。 (輸入元資料より) 』


2016/8/1(月)アップ〜蔵出しシャトー・アントニャック2種類

サンヴェランの名手(ドゥー・ロシュ)が造るクレマン・ド・リムー






 


輸入元さんがこの新しいスパークリング・ワインのラベルデザイン募集を行い、692作品ものエントリーの中から選ばれたものです!

イベントやホームパーティーなどのちょっとした手土産とか宅飲みデートなど様々なシーンで使い勝手がよさそうですね






ともにシャンパーニュと同じメトード・トラディショネル製法

当店が昔、定番で売っていたサンヴェランの名手が造っているここのシャルドネの品質は間違いないので泡も期待できます!





シャトー・アントニャック、<クロズリー・デ・リ>クレマン・ド・リムーNV

(南フランス・辛口白泡)


税別¥2100

<売り切れ>

48本完売。ありがとうございました

「2015.7月に飲みました。やはり濃くない色調。グレープフルーツの香り主体で、他にシトラス、焼いたパン、ミネラルなどの香りも。果実味があり、酸低くなく、あっさりめのよいバランスの心地よい味わい。まさに真夏にいちばん実力を発揮するタイプで温度は上げ過ぎない方がよさそう。アペリティフはもちろん、メインの食事の手前までとか食事の途中まで幅広く合わせることが出来そう。アフターには少しうまみと清涼感が残り、べったりしない。抜栓の次の日もやはりさわやかグレープフルーツでおいしい。グレープフルーツ的なごくごくわずかな苦みもプラスに働いている。抜栓の2日後でもまだ楽しめる」

シャルドネ60%、シュナンブラン30%、モーザック5%、ピノノワール5%

アルコール12%

ドサージュ11グラム/リットル

リムーのクレマンの魅力をクリーンにピュアに表現するため、ブドウが過熟しないよう早めに収穫を行い、ファーストプレスの果汁のみを使用。リンゴやシトラスの豊かなアロマにクリームやブリオッシュのニュアンス。熟度が高く密度の高い果実に柑橘系のフレッシュさがアクセント。ドライな余韻にも心地よくシトラスが香る。




シャトー・アントニャック、<クロズリー・デ・リ>クレマン・ド・リムー・グラン・キュヴェ’12

(南フランス・辛口白泡)


税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!

再入荷分も中身’12でした〜!

限定品!※人気でまたしばらく再入荷不可能!

19本完売。ありがとうございました

「2015.8月に飲みました。ただのクレマン・ド・リムーよりも明らかにコクと厚みと余韻があり力強く、同時に酸もしっかりしているのでやや大柄。飲み頃NOW〜だが熟成も可能。トップノーズはナッツ、ブリオッシュ、アンズ等の香り。他に資料に樽熟成していないと書いてあるがバルサミック系の香りも感じられ、時間とともにベリーや蜜リンゴ、力強いグレープフルーツ、海のミネラルなどの香りも。冷やし過ぎると厚みが楽しめないが、温度を上げ過ぎると果実と酸のバランスが悪くなる。余韻は長めだが、無理やり濃くした感はなくスムーズに流れバランスもよい。コース料理をこれ1本で通すことも出来そうなくらい。抜栓の次の日も非常においしい」

シャルドネ60%、シュナンブラン25%、ピノノワール15%

アルコール12%

ドサージュ9.5グラム/リットル

リムーのクレマンの魅力をクリーンにピュアに表現するため、過熟しないよう早めに収穫したブドウのファーストプレスの果汁の中でも最高のものから造られるトップ・キュヴェ。リンゴやシトラス、アカシアのエレガントな香りに白いアーモンドやブリオッシュのニュアンス。複雑でストラクチャーある味わいには、柑橘系果実やミネラルがより感じられる。



『 ブルゴーニュに代々続くブドウ栽培農家出身であり、1986年にマコネでドメーヌ・デ・ドゥー・ロッシュを共同で立ち上げたジャン・リュック・テリエとクリスチャン・コロヴレイは、故郷でワイン造りに情熱を注ぐ一方、ブルゴーニュの外にもシャルドネとピノ・ノワールの可能性を模索していた。新たなテロワールを求める中、彼らが辿り着いたのは、南仏のシャルドネの聖地と名高いリムーのシャトー・アントニャック。カルカッソンヌから南に約50q、リムーの中で最も標高が高く周囲の生産エリアよりも冷涼なオート・ヴァレ地区に構えるこのシャトーには、1970年代にラングドックで初めて植樹されたシャルドネやピノ・ノワールの畑が現存している。当時のシャトーの所有者が元詰め生産者団体の設立者だったため、一部の造り手が彼に倣ってこれらの品種を南仏で栽培するようになったという、いわば『シャルドネの始まりの地』である。1997年にシャトーを購入した当時、畑やセラーは荒れ放題だったが、ジャン・リュックとクリスチャンは3年がかりでワイン造りの環境を整えた。

「極上のシャルドネ」「並外れた成功作」と絶賛

97haの所有畑では14種類もの品種を栽培しているが、彼らが特に目をかけているのがこの古いシャルドネの畑だ。ピレネー山脈を望む海抜400mの南斜面は、オート・ヴァレに典型的な粘土石灰土壌。最も古い樹は、奇しくも彼らの出身地マコネからもたらされたクローンで、シャルドネ・ミュスクの別名を持つ通り、完熟するとミュスカのような芳香を放つ。オート・ヴァレでも標高の高いこの地では、山の影響を受けた地中海性気候により、12-30度という昼夜の寒暖差ができることからブドウの成熟期間が長くなり、理想的な糖度・酸度が育くまれるだけでなく、このクローンの特性も最大限引き出される。

栽培は限りなくビオロジックで行い、土壌流出防止も兼ねて畑には自然の緑を残している。また、若樹のクオリティを確かなものにするため、独自の苗木場で培養した苗木を用いて植樹し、植樹密度も最大7千本/haまで高くしている。醸造においては、ブドウのフレッシュさを保つために気温の低い早朝に収穫を行い、自然酵母での発酵では温度を20度以下に抑えている。

初ヴィンテージの2000年で、既にベターヌ&ドゥソーヴの目に留まり、「極上のシャルドネ」と絶賛を受けた。また、ワイン・アドヴォケイト誌においても「並外れた成功作」と高く評価されているが、彼らは「これまで少しずつこの地に最適な手法を学んできた。今後も改良を重ねて、できる限りテロワールを近くに感じられるようなワインを造りたい」と謙虚な姿勢を崩さない。尚、栽培はクリスチャン、醸造はジャン・リュックとラングドック出身のエノロゴ、ダヴィッド・セロデスが担当している。 (輸入元資料より) 』


 

2018/3/3(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・グラン’10クレマン

ブラン・ド・ノワールのシャンパーニュ?というすごい品質のクレマン!

2018/2/19(月)アップ〜蔵出しドメーヌ・グラン’14ピノノワール

さらにこの価格帯ではかなり高品質!スタイルもよいピノノワール

2015/1/9(木)アップ〜蔵出しドメーヌ・グラン’06ヴァン・ジョーヌ






 



ドメーヌ・グラン、コート・デュ・ジュラ・ピノノワール’14(辛口赤)

税別¥2500

<あと11本>おすすめ!

パリ農業コンクール2016年 金賞受賞!

「2018.1月に飲みました。’12より酸がしっかりして甘さ控えめの若干通向きのバランス飲み頃NOW〜。果実味も弱くはなく、うまみが多めで、樽香は全然感じなくて、タンニンの質がよい。清涼感のあるアフター。少しだけ艶があり、やはりおいしい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%




ドメーヌ・グラン、コート・デュ・ジュラ・ピノノワール’12(辛口赤)

税別¥1900

<売り切れ>絶対おすすめ!

ジュラ・コンクール2013年 金賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

『 今までに飲んだこの価格帯のピノノワールでダントツNo.1だった! 』などなど

84本完売!!!ありがとうございました〜※再入荷すると’14に移行致します!

’14も試飲済みでおいしかったですが、今すぐ空ける分には’12の方が確実においしいです!

「2015.3月下旬に飲みました。¥2000以下で販売可能なACブル赤で平均以上の品質のものがほとんどない為、各インポーターさんはジュラや南フランス、チリなどいろいろ探しております。そんな中ラックさんがいち早く見つけてきたのがここでさすが矢野さん!という高品質でした。紫色の弱い中程度のルビー色。イチゴとフルーツトマトの香り主体の意外に少し艶のあるよい香り。タンニンとても丸く少なめ、うまみは多めで、まったく低くないちょうどよい酸の飲み頃NOW〜。時間とともに香りが少し甘くなり、味わいもフルーツ感が少し強くなる。チャーミングでバランスよく、この価格で文句のつけようのない内容。数年前に当店で大人気だったシャルル・フランソワ’09オートコート・ボーヌ・ルージュがお好みだった方には同系統の味わいなのでおすすめできます。。抜栓の2日後まで非常においしい。わずかにクリーミーに変化」

アルコール12.5%

明るいルビー色。ラズベリーや赤スグリ、グリオットチェリーなど、甘酸っぱさを連想させる赤い果実のアロマ。口に含んでも赤い果実が支配的に広がり、ピュアな酸味と余韻に感じるナッツのニュアンス。しなやかで柔らかく、滑らかなテクスチャー。親しみやすいミディアムボディのピノ・ノワール。(輸入元さんコメント)

ピノノワール100%

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

手摘み、除梗100%

樹齢20〜40年

収量30〜35hl/ha

粘土石灰質の泥灰土土壌




ドメーヌ・グラン、クレマン・ド・ジュラ・ブリュット’10

(フランス・ジュラ・辛口白泡)


税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

第24回コンクール・ナショナル・デ・クレマン2015年(開催地ロワール) 金賞受賞!

※¥216値下がり!

60本完売!ありがとうございました

「2016.11月下旬に飲みました。’09同様果実味豊かで厚みこコクがあり、蜜リンゴやベリー、スパイス、ブリオッシュなどの香り。値下がりした分、さらにお買い得感が増したかもしれない。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12%

樹齢20〜30年




ドメーヌ・グラン、クレマン・ド・ジュラ・ブリュット’09

(フランス・ジュラ・辛口白泡)


税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!

Concours Departemental du Jura2012年 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

216本完売!!!ありがとうございました

大人気で輸入元さんで欠品しておりましたが、同じ’09を値上がりなしで再輸入してくれました〜!

「2014.10月に試飲しました。先入観を持たない為に資料を見る前に試飲しましたが、社長も僕もピノノワール主体というかおそらく100%で、大袈裟ではなく本当に¥5,000くらいの並のシャンパーニュ・ブラン・ド・ノワールと同レベルの品質だと感じました。さすがにボランジェNVまではいかないというジャッジでしたが、シャルドネ100%とは驚きです。凝縮したベリー、アンズ、蜜リンゴ、スパイス、ブリオッシュ、ミネラルなどのよい香り。よく凝縮して果実味豊か、しっかりしたコクのやや重さのある明らかに冬向きの泡で、余韻も長め。もしかしたら’09だから例年よりも少し重心が低い味わいということなのかもしれません。抜栓の次の日も非常においしい。インポーターか酒屋の売り文句で『 シャンパーニュと間違ってしまうほど上質なクレマン! 』というのはよく言われるのですが、実際にはほとんどそのレベルにはないので、こことグラハム・ベックくらいですかね?」

アルコール12%

ブルゴーニュのエキスパートであるラック・コーポレーションの矢野さん(一番多く各ドメーヌ巡りをされている方!)が、見つけてきてくれた優れた生産者!

Cremant du Jura Brut Millesime '09

『 単一年2009年のクレマン・デュ・ジュラ。温暖な2009年だけにボディはしっかり。シャルドネ100%が全体をエレガンスに整え、ヴィンテージ由来のボリューム感とバランスをとっている。柑橘系の爽やかさ、青リンゴの生き生きとした味わいに、ブリオッシュを思わせるイーストの香ばしさが加わり、じつに充実したスタイル。熟成したコンテをアペタイザーに楽しみたい。 (輸入元資料より) 』




ドメーヌ・グラン、コート・ド・ジュラ・ヴァン・ジョーヌ’06

(フランス・ジュラ・辛口黄・620ml)


税別¥5600

<売り切れ>限定品!

パリ・コンクール2013年 銀賞受賞!

アルコール15%

いわゆる黄ワインです。やはりクラヴラン・ボトルでした。中華と合うとよく聞きます。ワイン会などでも重宝しそうですね

Cotes du Jura Vin Jaune

サヴァニャンを6年間にわたって、補酒せず、産膜酵母の張った状態で樽熟成させたヴァン・ジョーヌ。クルミ、アーモンド、バニラ、パン・デピスなどさまざまなアロマが溢れ、口に含むとドライで豊かな酸味。独特の味わいは病みつきになる。チキン(できればブレス産)のクリーム煮モリーユ茸の風味は最高のパートナー。



『 ドメーヌ・グランのグラン家は、ジュラ地方において17世紀末からブドウ栽培に携わってきた古い家系。1985年に設備を拡大するため、現在のパスナン村に移り住んだという。

ブドウ畑の所有面積は合計23ha。畑のほとんどは本拠地のパスナン村にあるが、一部は隣村のサン・ロタン村に、またシャトー・シャロンにも0.7haの畑を所有している。グラン家はこれらの畑でジュラの伝統的な品種、サヴァニャン、シャルドネ、プルサール、トルソー、ピノ・ノワールを栽培。補酒したタイプのコート・デュ・ジュラのほか、補酒せず産膜酵母の張った状態で6年以上も熟成させたヴァン・ジョーヌ、ヴァン・ド・リクールのマクヴァン、陰干ししたブドウから造られるヴァン・ド・パイユ、それに発泡性のクレマン・デュ・ジュラなど幅広いワインを醸造している。とくにクレマン・デュ・ジュラは、総生産量13〜14万本というこのドメーヌにおいて、およそ5万本を占める重要なアイテム。ジュラワインに精通した人々の間ではとても評価が高い。

今日、栽培から醸造まで、ドメーヌのワイン造りにあたっているのは、一見、シャイな雰囲気のエマニュエル・グランである。しかし、ドメーヌのブドウ栽培やワイン醸造の話になると、熱っぽく語り出す。

ブドウ畑の栽培法はリュット・レゾネ。土壌は多様で、赤い色をした鉄分の多い泥灰土や白っぽい泥灰土などからなり、いずれの表土の下にも石灰岩の固い岩盤がある。
前者には赤用のプルサール、後者には白用のサヴァニャンというように、それぞれの土壌に適した品種を植えている。
シャトー・シャロンの畑は泥灰土に小石が混じった土壌で、これがサヴァニャンに独特のミネラル感をワインにもたらすという。

2004年に完成した醸造施設はとても清潔で、サニテーションが行き届いている。
赤ワインの醸造には温度調節機能のついたステンレスタンクを導入。抽出はおもにルモンタージュで行い、ピジャージュは稀。過剰な抽出感のないエレガントな仕上がりは、この醸造スタイルによるものだろう。

クレマンはNVのブリュット・プレスティージュで、最低瓶熟期間が18ヶ月。法定熟成期間は9ヶ月(12ヶ月に延ばすことが検討されている)だから、これより倍の期間をかけ、N.V.シャンパーニュの法定期間(15ヶ月)よりも長い。単一年のミレジメに至っては3年ないし3年半である。

ドザージュは少なくN.V.で8g/l、ミレジメで6g/l。いずれもシャルドネ100%からなり、キメ細かな気泡とクリーミーな泡立ち、ピュアな酸とミネラル感、そして澱との接触によってもたらされるイースト香が心地よい、極上のブラン・ド・ブランに仕上がっている。
とくにミレジメは、並のシャンパーニュのブラン・ド・ブランを凌ぐ品質だ。 (輸入元資料より) 』


2014/12/1(月)アップ〜蔵出しポール・ショレNV

クレマンのスペシャリスト!



 



ポール・ショレ、クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュットNV

(ブルゴーニュ・辛口白泡)


超特価・税別¥2000

<売り切れ>

48本完売。ありがとうございました

数年前に飲んだ時は、アフターのべたつきもなく、ワンランク上の価格以上のクレマンという印象でした。


『 1955年、サヴィニー・レ・ボーヌでポール・ショレ氏により創業。1970年にはクレマン・ド・ブルゴーニュのAOC認定に携わり、1975年のクレマン・ド・ブルゴーニュのAOC認定と同時に、最初のクレマン・ド・ブルゴーニュを生産するなど、クレマン・ド・ブルゴーニュの歴史とともに歩んできたメゾンです。2002年からジル&ジョエル・レミーの参画により設備が近代化、規模が拡大されています。

伝統的なシャンパーニュ方式で造る「クレマン・ド・ブルゴーニュ」を生産。細やかな泡、豊かなボディ、そしてフィネス。テロワールを重視した複雑味と溌剌さを兼ね備えたクレマン造りを目指しています。

ポール・ショレでは手摘み、それもまるでGrand cru並みの如く、ブドウを丁寧に扱い、一番小さなケースに入れての収穫です。

素材となるブドウからの醸造はセパージュごとに分けて行われます。スパークリングにはリスクが大きく、(熟すまで待たない)とよく言われる、「熟したブドウ」を使うことにより、より香り高いクレマンに仕上がっています。

「門出のリキュール」の素となるワインは樽熟を経たものを使用、シャルドネ・キュヴェにはシャルドネベースのリキュールを、ピノ・ノワール・キュヴェにはピノ・ノワールをベースにしたリキュールを使用しています。 (輸入元資料より) 』


本拠地はサヴィニレボーヌ

コート・ド・ボーヌ、コート・ド・ニュイ、オート・コート地区のブドウを使用、酸度と糖度のバランスを重視しながら手摘みで収穫、マロラクティック発酵を行います。全てのキュヴェにおいて法定で認められている期間(9ヶ月)よりはるかに長い瓶熟成(12〜18ヶ月、ミレジムは36ヶ月まで)を行い、ドサージュも最低限に留めており、並のシャンパーニュさえも凌ぐ味わいを持つ本格派の正真正銘クレマン・ド・ブルゴーニュと呼ばれています。


2017/7/16(日)アップ〜蔵出しブヴェ・ラデュべ’14

べタンヌ&ドゥソーヴ絶賛!

お買い得の新泡!



 


フェデラーや錦織選手も出場した
テニスのGERRY WEBER OPEN 2017でもブヴェ・ラデュベが、
たくさんサーヴィスされたようですね!

ずっとスポンサーを続けているカンヌ映画祭の他にもル・マン24時間レースやらファッション・ショーなどでもサーヴィスされています。




ブヴェ・ラデュべ、サフィール・ブリュット’14

(フランス・ロワール・辛口白泡)


税別¥2100

<あと8本>

Wine Enthusiast 92点!!!
(This attractive young, fruity wine is crisp, tangy and with delicious freshness. Its floral aroma and ripe pear and melon fruitiness give it a fine rich balance. With a delicious bright aftertaste the wine is ready to drink.)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

アルコール12.5%

16本完売。



ブヴェ・ラデュべ、サフィール・ブリュット’12

(フランス・ロワール・辛口白泡)


税別¥2100

<売り切れ>

Wine Enthusiast 91点!!!

スペクテーター・オンライン87点(NOW)

インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション2015 銅賞受賞!

ヴァレ・ド・ロワール ワイン・コンクール2015 銅賞受賞!

コンクール・ジェネラル アグリコール・ド・パリ2015 銀賞受賞!

デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2015 銀賞受賞!

ゴーミヨ誌14/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15.5/20点




ブヴェ・ラデュべ、サフィール・ブリュット’11

(フランス・ロワール・辛口白泡)


税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 90点!

ゴーミヨ誌16/20点!

ソムリエ・ワイン・アワード2012 銅賞受賞!


ワイン王国82号にて高評価される!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版16/20点(クープ・ド・クール!!!)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

84本完売!ありがとうございました

「2014.8月下旬に試飲しました。全然知らない造り手でしたが、香り、果実味、酸、ミネラルのどれも上質で価格以上の内容。これに関してはデイリーワインに辛口気味の当店社長も絶賛でした!〜その後、ちょうど届いたばかりの最新べタンヌ評価でも絶賛されていました!前から当店社長とべタンヌさんの評価似ている部分あるんですよね。好みが近いんですかね」

AOCソミュール・ブリュット

『 ソミュール地区に1851年に誕生し、現在この地区で最古のスパークリングワインメーカーのひとつとなっています。創立者より伝統を忠実に引き継ぎ、常に最高品質のワインを提供しています。1970年以来、310ものコンクールで入賞し、カンヌ国際映画祭や、ル・マン24時間レースに協賛するなど、数々の華やかな場面を彩っています。

<サファイアの名を持つ宝石のように美しい輝きのロワール産スパークリング!>爽やかな酸味が心地よい ロワール産スパークリング。クリスタルのように透明で繊細な泡。薄いゴールドにほのかな琥珀色のニュアンス。バランスが良く、クラス感のあるスパークリングワインです。素晴らしい熟成度とエレガントなブレンドから絶妙なハーモニーがもたらされています。白身魚のカルパッチョ、白身魚のタルタルソース、サーモンのムニエル、チキンサラダなどと合いそう。 (輸入元資料より) 』


すごい受賞歴!!!

Concours des Grands Vins de France de Macon2016 銀賞受賞!

Concours general agricole de Paris2016 銀賞受賞!


Concours des Grands Vins de Macon2013 銀賞受賞!

Concours des Vins de Loire2013 銀賞(Lys d'argent)受賞!

Challenge Prix Plaisir2013 銅賞受賞!

Challenge Prix Plaisir2012 銀賞受賞!

Concours du Syndicat viticole des Cotes de Saumur 2012 銀賞受賞!

Decanter World Wine Awards 2012 銅賞受賞!

Guide Gilbert & Gaillard2014 87点

International Wine & Spirit Competition2013 銀賞受賞!

Japan Wine Challenge2013 銅賞受賞!

↑※ここまでの受賞歴が、対象ヴィンテージが不明です、、、


パリ農業コンクール2011 銀賞(2009)

コンクール・デ・グランヴァン2008 銅賞(2006)

パリ農業コンクール2008 金賞(2006)

インターロワールワインコンクール2009 金賞(2006)

シャルドネ・ドュ・モンド2007(2005)

ヴィナリス・インターナショナル・コンクール2008 銀賞(2005)


2018/9/5(水)アップ〜蔵出しメディチ・エルメーテ’17アッソーロ

2018/4/26(木)アップ〜蔵出しメディチ・エルメーテ’16コンチェルト375ml

2017/11/22(水)アップ〜蔵出しメディチ・エルメーテ’16コンチェルト750ml

2017/6/28(水)アップ〜蔵出しメディチ・エルメーテ’15コンチェルト

’15’16も各メディアで絶賛されました!ブルーベリー・ヨーグルト風味が心地よい!

決して馬鹿に出来ないおいしさ!ワンランク上のランブルスコ!







 


現地では生ハムと合わせてよく飲まれているそうです

コンチェルトの方は、もう少ししっかりしたお肉と合わせても負けません




メディチ・エルメーテ、アッソーロ・レッジャーノ・フリツァンテ・ロッソ・セッコ’17

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・750ml)


税別¥1300

<あと13本>絶対おすすめ!

ワイン&スピリッツ誌 90点!
さらにYear's Best Summer Sparklersに選ばれる!!!


スペクテーター89点(NOW〜2021年)

ベルリン・ワイン・トロフィー2018 金賞受賞!

ムンダス・ヴィニ2018年度 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2018.8月下旬に試飲しました。数年に1度やけにアッソーロ・セッコの出来が良くて、コンチェルトよりもおいしく感じられることがあるのですが、この’17がまさにその非常に出来のよい年です。この内容なら無理に高い泡開けなくても満足度高い理想的なデイリーとなり得ます。みずみずしくジューシーでうまみののった果実でしっかり冷やしてもやや冷えでもおいしい傑出バランスに驚いてください」





メディチ・エルメーテ、アッソーロ・レッジャーノ・フリツァンテ・ロッソ・セッコ’16

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・750ml)


税別¥1300

<売り切れ>

VIUOUS 90点!!!(2018〜2020年)

ベルリン・ワイン・トロフィー2017 金賞受賞!

Guida dell’Associazione Italiana Sommelier Emilia Romagna da Bere e da mangiare <Vino Eccellente!>




メディチ・エルメーテ、アッソーロ・レッジャーノ・フリツァンテ・ロッソ・セッコ’14

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・750ml)


税別¥1400

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine&Sprits誌 90点!

24本完売。ありがとうございました

「2015.8月下旬に試飲しました。こちらは自分の中ではコンチェルト’14よりもさらに出来がよく今回に限っては、ある意味ではこちらの方がおいしいくらいです。果実味があり、滑らかでバランスよく、よく溶け込んだタンニン、低すぎない酸、ジューシーさもあり極めて心地よい味わい。昔よりもアフターに雑味がない。生ハム単体よりも生ハムを使ったピッツァの方がより合いそうな気がする。オールシーズン楽しめる&幅広く食事を生かすタイプ&のどが乾かないタイプなのでどんどん楽しんでください」

アルコール11.5%




メディチ・エルメーテ、アッソーロ・レッジャーノ・フリツァンテ・ロッソ・セッコ’13

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・750ml)


税別¥1300

<売り切れ>

ベルリン・ワイン・トロフィー2014年 金賞受賞!

リアルワインガイド42号旨安大賞!(※おそらく、その時の中身は’11か’12だったと思います。)

スぺクテーター・オンライン87点(NOW)

アルコール11.5%

4〜5年前まで当店の定番銘柄でした

ランブルスコ・サラミーノ主体、アンチェロッタ

シャルマ方式

『 食の都「エミリア・ロマーニャ」のバラや苺の甘い香とフレッシュな味わいを持つ赤の弱発泡性ワイン。しっかりとしたタンニン、ドライ感は食事を選ばず楽しめる優れものです。 (輸入元さんコメント) 』

(2007)「ラルマナッコ・デル・ベーレベーネ 2009」 オスカー!

(2006)「ラルマナッコ・デル・ベーレベーネ 2008」 オスカー!

(2005)「ワイン・エンスージアスト 2006-12」 85点 





メディチ・エルメーテ、コンチェルト・ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ’16

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・ハーフ・375ml)


税別¥1100

<あと7本>



メディチ・エルメーテ、コンチェルト・ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ’16

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・750ml)


税別¥1700

<あと1本>絶対おすすめ!

VIUOUS 89点!(2018〜2021年)

ガンベロロッソ2018年度版 トレヴィッキエーリ!(なんと9年連続!!!)

Wine&Sprits誌 90点!
さらにYear's Best Sumer Sparklersに選ばれる!


スペクテーター・オンライン88点(NOW〜2019年)

ジェームス・サックリング 90点!

Wine Enthusiast 90点!

ムンダス・ヴィニ2017年度 金賞受賞!


「2017.11月下旬に飲みました。しっかり冷やしても抜栓直後からおいしい。’16にもブルーベリー入りヨーグルトの香りがあり、果実味しっかり、とてもキメ細かなタンニン、’15より少ししっかりした酸、多少ミネラルも感じられる甘さ控えめのアフターで杯が進む。少し温度が上がってからもよりおいしいので、やや冷えがベストかもしれない。季節や食事に合わせて温度帯を変えてみてください。ピザとかイモとタマネギのキッシュなどにも合うので、温かい食事と合わせるときは少し温度を上げてみたらよいと思われます。抜栓の次の日も非常においしい。例年通り意外に飲み飽きない」

アルコール11.5%




メディチ・エルメーテ、コンチェルト・ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ’15

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・750ml)


税別¥1700

<売り切れ>絶対おすすめ!

ガンベロロッソ2017年度版 トレヴィッキエーリ!

Wine&Sprits誌 90点!

デカンター・オンライン89点(2017〜2019年)

スペクテーター・オンライン88点(NOW〜2018年)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017年 銀賞受賞!

Premio Enologico di Vinitaly 5 STAR WINES 2016 受賞!

Catavinum World Wine and Spirit Competition 2017 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです

89本完売!!!ありがとうございました

「2016.10月中旬と9月下旬に再度試飲しました。やはり当たり年で凝縮感がありジューシーで、例年よりも乳酸がわずかに強く、非常においしい。よくこの価格でこの品質に出来るなという。ちょうど『 神の雫 』に出てくる本間チョースケのモデルである本間敦氏が来札されていたので直接本人に質問してみましたが、裕福な貴族で巨大なワイナリーというイメージのメディチ家でしたが、家族経営で、生産量はたしかに多いものの意外と醸造所は小さいそうです」



「2016.8月下旬に試飲しました。凝縮してよく冷やしてもバランスがよいままのよく溶け込んだタンニン、低すぎない酸。アフターにはブルーベリーを入れたヨーグルトのようなニュアンスがあり、これが極めて心地よい。もしかしたら今までで一番おいしいかも」




メディチ・エルメーテ、コンチェルト・ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ’14

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・750ml)


特価・税別¥1550

<売り切れ>絶対おすすめ!

ガンベロロッソ2016年度版 トレヴィッキエ―リ!(なんと7年連続での受賞!)
べーレベーネ・オスカー・レジョナル!


インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 銀賞受賞!

リアルワインガイド54号にて高評価される!

「2016.4月上旬に再度試飲しました。温度の違いもあるのでしょうが、前回よりも香りが開いて、香りが非常によく感じられた。熟してジューシーなベリー類+少しスパイス。果実味豊かだがみずみずしさがキープされ、タンニンが極めて丸くとても良い出来」



「2015.8月下旬に試飲しました。’14もよい出来。’12より少しタンニンが少ない印象で、よりひっかかりがなく非常においしい。この価格で買えるのはなかなかすごいことだと思います!」

アルコール度数が輸入元シールで見えない




メディチ・エルメーテ、コンチェルト・ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ’13

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・750ml)


税別¥1800

<売り切れ>大人気!

デカンター・オンライン Six must-buy Lambruscos 91点!(2014〜2015年)


スぺクテーター・オンライン88点(NOW)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2015年銀賞 受賞!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!




メディチ・エルメーテ、コンチェルト・ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ’13

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・ハーフ・375ml)


税別¥1100

<売り切れ>



メディチ・エルメーテ、コンチェルト・ランブルスコ・レッジャーノ・セッコ’12

(イタリア・エミリアロマーニャ州・辛口赤泡・ハーフ・375ml)


税別¥1100

<売り切れ>絶対おすすめ!

ガンベロロッソ2014年度版 トレヴィッキエ―リ!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2013年度 銀メダル獲得!

スぺクテーター87点(NOW)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

750ml 118本完売!ありがとうございました

「2013.11月に飲みました。通常のランブルスコよりも果実味豊かでしっかりめだが、タンニン自体は丸いのでわりとしっかり冷やしてもおいしいけれども一番おいしく感じられたのはやや冷えくらいの温度だと感じました。濃い色調、バスケットいっぱいのベリー香+スミレ主体で、スパイスとミネラルは控えめ。HPに載せるのはたしかはじめて(アッソーロ・レッジャーノ・セッコは昔、載せたことがある)ですが、実は毎年店頭でリピーターの多い銘柄です。ガス圧は当然一般的なシャンパーニュなどよりも弱い。オールシーズンおいしく飲めるタイプ。生ハムやパスタ、トマトソース系に限らず、このくらいのしっかり感があれば、シンプルな肉料理にも合うと思われる。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール11〜12%(※輸入元裏ラベルによって見えない、、、)

ランブルスコ・サラミーノ100%

シャルマ方式

『 フレッシュブルーベリー、カシスなどの、ベリー系の新鮮果実溢れるアロマ。優しい泡立ちと共に果実味と乳酸系のふくよかな風味が口に広がり、程よいタンニンとのバランスが良い。 (輸入元さんコメント) 』

’11 ワイノット6号 田中克幸氏が選ぶ今飲むべきワインこの10本に選ばれる!

’10 ヴィニタリ―2010年にてエミリア・ロマーニャ州最優秀ワイナリー賞受賞!

’10 ドイツの国際ワインコンテスト・ムンダスヴィーニ金賞受賞!

’09 インターナショナルワインチャレンジ・グレート・ヴァリュー・チャンピオン・スパークリングに選ばれる!

’09 ガンベロロッソトレヴィッキエ―リ!&15ユーロ以下の注目ワインに選ばれる!

’08 ガンベロロッソ・トレヴィッキエ―リ!

’07 インターナショナルワインセラー87点


2018/7/2(月)アップ〜蔵出しラングロワ・シャトー’12カドリーユ

良質な熟成感をこの価格で楽しめます!




↑今回入荷分から新ラベルに移行しました









↑今回入荷分から新ラベルに移行しました








 


2012.11.6(火)午後にラングロワ・シャトーのDirecteur General Francois-Regis de FOUGEROUX氏にご来店いただきました〜!

リュット・レゾネ(減農薬)を実践、クレマン・ド・ロワールでは珍しい100%手摘み、他の生産者よりも長い熟成(しかも理想的なカーヴ内で)、全体的に食事を生かすエレガントなスタイル

『 2007年には地下数メートルに、この地方でテュフォーと呼ばれる石灰岩をくり抜いたカーヴも新たに完成し、生産だけではなく、熟成や管理の面でも万全な体制が整う。 (輸入元資料より) 』





LANGLOIS-CHATEAU, CREMANT DE LOIRE QUADRILLE EXTRA BRUT '12

ラングロワ・シャトー、クレマン・ド・ロワール・エクストラブリュット・カドリーユ’12

(ロワール・辛口白泡)

特価・税別¥2700

<あと4本>

ロワール・ワイン・コンクール2018年度 金賞受賞!

アルコール12.5%

’12は、シュナンブラン60%、シャルドネ15%、カベルネフラン15%、ピノノワール10%

手摘み

祖ミュール地区の優れた4つの区画から4つのブドウ品種で造られるキュヴェ・プレスティージュ




ラングロワ・シャトー、クレマン・ド・ロワール・エクストラブリュット・カドリーユ’04

(ロワール・辛口白泡)

特価・税別¥2400

<売り切れ>おすすめ!

ゴーミヨ誌15/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版16.5/20点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17/20点!

「2012.10月に再度試飲しました。」



「2012.2月に短時間で試飲しました。予想よりも少し香りの熟成感が強く、味わいにはタンニンも感じられ程よいコクがある。シュナンブラン以外の品種からどの程度タンニンが出ているのか興味深いところ、絶妙なブレンド比率なのでしょう」


ラングロワ・シャトー、クレマン・ド・ロワール・エクストラブリュット・カドリーユ’02

(ロワール・辛口白泡)

特別価格・税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2010年度版15.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2010年度版16/20点

現在、飲み頃ピーク頂上付近!

60本完売。ありがとうございました〜※’02は再入荷不可能!

「2011.5月に再度飲みました。やはり香りもよく、程よいコクと熟成感があって非常においしい。ただ、試飲会(おそらく抜栓から1〜1.5時間後くらいのボトル)ではわからなかったが、抜栓直後の1杯目は予想よりアフターがタニックでやや辛い。泡は弱くないのでデキャンタしても面白いかもしれない。果実味と酸とミネラルは充分でそれほど向上はしないだろうが、まだ熟成も可能。実際抜栓の次の日〜2日後の方が、タンニンが丸くなり特にアフターのバランスが改善されたように感じられた」

「2011.2月に試飲しました。マッシュルームなどの熟成香とブリオッシュ、ミネラルなどの非常によい香り。やや厚みとトロみがあり、熟成感がありつつ、温度が上がってきてもダレない。コンディション抜群で、この価格帯では明らかに傑出した泡!昔、何度か飲んだヴィンテージよりもさらに出来がよいと感じた」

アルコール12.5%

シュナンブラン50%、シャルドネ30%、カベルネフラン15%、カベルネソーヴィニヨン5%

一般的なクレマンよりかなり少ないドサージュ4グラム/リットル

クレマンの最上級キュヴェである『カドリーユ』は、最低4年以上の瓶熟成

『 カドリーユとはソミュールでは馬を用いることもある、4人ひと組で踊るダンスのこと。4つのテロワール、4つの品種、4年の瓶熟成を意味します。気泡のキメ細かさとブリオッシュの香ばしさ。ブラインドで出たらシャンパーニュと間違えてしまうかも。 (輸入元資料より) 』

 



ラングロワ・シャトー、クレマン・ド・ロワール・ブリュット・レゼルヴ’05

(ロワール・辛口白泡)

特別価格・税別¥2000

<売り切れ>おすすめ!

ゴーミヨ誌15/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版15.5/20点&お買い得マーク付き!

※再入荷すると輸入元が変わって値上がりがありましたので税別¥2400となります。値上がり幅が大きいのでぜひ今のうちにお買い求めくださいませ!!!

「2013.10月に再度試飲しました。この’05が2年前と同じ価格で買えることは素晴らしいことです。良質の熟成感がありこの価格では文句なしのおいしさ。冷やしすぎないほうがおいしい」

「2012.10月と11月に計2回試飲しました。香りにも味わいにも熟成感があり、酸が丸くなってきてまろやかでバランスよいおいしさ。コクはあまりないが、心地よくこの価格帯の泡としては熟成感があり、やや複雑」

アルコール12.5%

100%手摘み

6つのテロワールから選びぬかれたシュナンブラン60%、シャルドネ20%、カベルネフラン20%

シャンパーニュと同じメトード・トラディショネル製法

澱とともに最低36ヶ月熟成後リリースされる

『 ヴィンテージのクレマンは、瓶内二次発酵のあと、じつに3年もの瓶熟成。2005年は夏暑くても過熟せず、均整のとれた年でした。外観は黄金色の反射が美しく、香は複雑。ヘーゼルナッツやマルメロのフレーバーが香ばしく、口当たりはまろやかで余韻の長いワインに仕上がっています。 (輸入元さんコメント) 』






ラングロワ・シャトー、クレマンドロワール・ロゼ・ブリュットNV

(ロワール・辛口・ロゼ泡)

税別¥1800

<売り切れ>おすすめ!

スぺクテーター・オンライン87点(2012年試飲)

ワイン王国52号超特撰ベストバイワイン5つ星!

ワイン王国52号フレンチ・スパークリング117本に選ばれる!

Wine Enthusiast 88点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

『ふくらみ豊かで満足度ピカイチ!(ワイン王国52号より)』

MVF(旧クラスマン)2010年度版14.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版15.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2010年度版15/20点

「2012.10月に再度試飲しました。」

「2012.2月に短時間で試飲しました。青さがなく、果実味豊かで低くない酸のよいバランス。今回のロットもよい出来」



「2009.10月に試飲しました。カベルネフラン100%というイメージの青さはなくよいバランス。甘いベリー+少しスパイスやミネラルのニュアンスで予想以上に果実味豊か。誰にでもおすすめ出来る内容。基本的にドライだが、アフターにはほんのり甘さが残る」

シャンパーニュと同じメトード・トラディショネル製法

アルコール12.5%

カベルネフラン100%

『 ロゼ・シャンパンに匹敵する品質ながら、じつにお値打ちなのがこのクレマン・ド・ロワール。カベルネ・フランを短時間マセラシオンのうえ、瓶内二次発酵。18ヶ月の熟成により爽やかさとともに複雑さも感じられます。 (輸入元資料より) 』

『 サーモン・ピンクで非常に色合いの美しいロゼ。しかし見た目とは異なり、口に含むとしっかりしたボディを感じさせてくれる、豊かな味わいのヴァン・ムスー。食中酒として十分に愉しめる。 (輸入元さんコメント) 』


2017/5/1(月)アップ〜蔵出しナダルNV

ワンランク上のカヴァ

円安なのに値下げ後、人気爆発です!




間もなく上記ラベル・デザインに変更致します。


 

ナダル、カヴァ・ブリュットNV

(スペイン・辛口白泡)

税別¥1450

<売り切れ>絶対おすすめ!

ヴィノテーク2008年11月号 16.5/20点!

ワイナート54号P117にて高評価される!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2015.6月に試飲しました。やはりナダルは果実味がはっきりして野暮ったくない洗練されたわかりやすいおいしさで明らかに価格以上の品質でした!そしてシャルドネはブレンドされていないが、洋ナシ系の香りがある。これよりも繊細で塩っぽいミネラルが強いおいしさの銘柄はいくつかありましたがやはり全部これより大分高い、、、」



「2009.6月に試飲しました。予想以上に梨系の香りが強く、非常に果実味豊かでフルーティ。よいバランス、低すぎない酸。アフターに雑味もない。温度が上がってくると洋なしと黄桃やプラムの香りが出る。この価格帯のカヴァでは間違いなく上位に入る出来栄え!」

1442本完売!!!ありがとうございました

アルコール12%

リュット・レゾネ(減農薬)農法

100%自社畑

マカベオ55% パレリャーダ45%

シャンパーニュ製法(瓶内二次発酵)

地下20mの熟成庫で18ヶ月熟成

2006年に設立されたPIMECAVA(中小カヴァワイナリー協会)の会長を務めるシャヴィエル・ナダルが営んでいる

『 リンゴ、ラフランス、洋梨などの果実香、砂糖菓子やバター、ミネラルの香りが感じられる。 口当たりはソフトで丸みがある。口の中に含むと香ばしさが広がる。とても活き活きした酸味があり、それとほのかな甘みのバランスが良い。ローストターキー、生ハム(スペイン産)、アクアパッツア、帆立貝のムース、寿司、ペスカトーレ(魚介類とトマトソースのパスタ)などと合いそう。
(輸入元さんコメント) 』


2018/8/24(金)アップ〜蔵出しグラハム・べック’13

2017/10/18(水)アップ〜蔵出しグラハム・べック’12とキュヴェ・クライヴ’09

’11も日経プラスワン第1位など大絶賛されました〜!!!

トップノーズには、焼いたパンの香りが強くその後かんきつ類等があらわれる









2012/9/10(月)午後と2011/7/13(水)夜、
グラハム・べックのALEC LOW氏にご来店いただきました〜!
ワインの説明が非常にわかりやすい知的なイケメンさんでした




ロバートソンの畑画像

この自然豊かな環境を守るべく、ワイナリーでは1haの土地を耕作するごとに、6haの土地の環境保全に勤めています。この他にも環境保全・地域社会の発展に取り組むべく様々なプロジェクトに参加しています。

ISO 14001 認定
IPW Integrated production of wine certified 認定
WIETA 認定、監査
Biodiversity Champion 認定
South African Wine and Spirits Board 認定




グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’13

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2300

<あと5本>

プラッタ―ズ・ガイド4.5つ星!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!




グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’12

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点!(2017〜2024年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト230号)


VINOUS 90点(2017〜2022年)

ティム・アトキン 95点!!!
さらにワイン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる!!!


インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション2017年 金賞受賞!
さらにベスト瓶内二次醗酵スパークリングに選ばれる!!!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

※輸入元さんで人気炸裂!〜まさかの3ヶ月くらい再入荷できませんでしたが、やっと再入荷です!

「2017.5月初旬に飲みました。抜栓直後は、ブリオッシュ香強く、ナッツ類などの香りも。時間とともに柑橘類の香りが前に出てきて、さらに時間が経って温度が上がると青いメロンの香りも出る。泡の質もよく、アフターにかけて酸が伸びる涼し気バランス。甘さ控えめでやはり今年も非常によい出来!ミネラルがあと少しだけ強ければ有機栽培の¥5000台シャンパーニュと勝負できる。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまったく落ちない。寿司にも合う。イクラでも生臭くならない」

アルコール12.5%



グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’11

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

※過去最高に人気が出てしまい、またしばらく再入荷不可能!

日経プラスワン
『 何でもランキング、キリッとした後味スパークリングワイン・ベスト10 』
2016年6月 第1位に選ばれる!!!

↑例年にないスピードで輸入元さん在庫が消えたのは、たぶんこれの影響です。

ティム・アトキン 94点!!!

パーカー89点(2015〜2019年、ニール・マーティン)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 銀賞受賞!

輸入元さま主催2016年春の東京と大阪で開催された試飲会
(酒販店、レストラン関係者によるアンケート結果)にて
スパークリング・ワイン部門第3位に選ばれる!!!


「2016.4月上旬に短時間で試飲しました。いつも通り非常に良い出来でまだ価格以上のおいしさ。¥4000以下の多くのシャンパーニュと同等の品質。本来、シャルドネグラスで冷やし過ぎない温度が一番おいしいはずですので、そのうちまたゆっくり試してみたいところ」




グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’10

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷すると¥108値上がり致します。

インターナショナルワインセラー90点!

トップ100南アフリカワインズ2015 TOP100 に選ばれる!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

131本完売!!!ありがとうございました〜※再入荷すると’11に移行いたします。

やっと再入荷可能となりましたが、輸入元在庫がまたまたすぐに完売してしまいました。

「2015.4月に短時間で試飲しました。果実味があり、酸が低くなくバランスもよくやはりよい出来でした。冷やし過ぎない方がおいしい」




グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’09

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

インターナショナルワイン&スピリッツコンペティション2014年 トロフィー!(ベスト・ボトル・ファーメンテッド・スパークリングワイン最優秀賞)

アモリム・キャップ・クラシック・チャレンジ2013年 金賞!

シャンパーニュ&スパークリングワイン・ワールド・チャンピオンシップ2014年 金賞!&ワールド・チャンピオン・キャップ・クラシック!


世界スパークリングワインコンクール2014年 銀賞受賞!

ティム・アトキン 91点!

最新パーカー88点(2014〜2018年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト217号)

パーカー87点(2013〜2013年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト209号)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2014.10月に試飲しました。やはり’09もこの価格帯では文句なしにおいしい。酸も低くないので冷やしすぎないほうがおいしい。3人で試飲して全員絶賛でした!さすがにワイン・アドヴォケイトの飲み頃予想は短すぎますね、、、」

86本完売!!!ありがとうございました〜※’09は再入荷不可能!



グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’08

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

大人気!

パーカー88点(2012〜2012年、ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト204号)

プラッタ―ズ・ガイド4.5つ星!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

リピートしていただけるお客様続出!!!

「2012.9月に試飲しました。今回もアレク・ロー氏にご来店いただきまして詳しい説明を聞くことが出来ました。年によっては最上級品のキュヴェ・クライヴをこの銘柄に結構格下げしているようです。酸とミネラルが上質で、ドサージュの量が少なめで絶妙!とてもプロ受けのよい甘さ控えめの味わいで、ブドウ自体の質が優れていることがはっきりと伝わってくる1本!そして値下がり後はさらにお買い得〜!」

値下がりした’07からさらに6%OFF!

南アフリカはヴィンテージごとの味わいのばらつきが少ない。熱波の影響がほとんどない畑を所有している上に、様々な区画のブドウを使用している為、上手に均一化を図れるようです


グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’07

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2240

<売り切れ>絶対おすすめ!

’06から7%OFF!

パーカー90点(2011〜2016年、ワイン・アドヴォケイト196号)

シャルドネ・グラスがおすすめ

インポーターさんが6〜7本のシャンパーニュのなかにこの銘柄を1本加えて全員プロのワイン関係者メンバーでブラインド試飲をした際にだれもグラハム・べックがシャンパーニュではないということに気が付かなかったそうです!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

72本完売!ありがとうございました

「2011.9月に再度試飲しました。やはりこの価格帯の泡では非常にハイレベル!4人で試飲して全員絶賛でした!」



「2011.7月に試飲しました。相変わらずドサージュ少なく、酸がしっかりしており、エレガントでピュアな個性(ご来店いただいた際のALEC LOW氏の説明もこの銘柄はプロ受けがよく、ただのブリュットNVのようにワイン入門者をメイン・ターゲットとした銘柄ではないという説明でした)。酸不足がないのでニューワールドの泡としては珍しく、冷やし過ぎない方が香りも味わいもよい。抜栓の2日後まで非常においしい。よいブドウを使用している為、泡が大分抜けてもおいしく楽しめてしまうほど!皆さんご存じのように当店は付き合いだとか情でワインを仕入れたりしませんので(笑)はるばる南アフリカから札幌まで来ていただいたからではなく品質が高いから仕入れたわけであります」

アルコール12.5%

シャルドネ100%

醗酵槽:50%シャンパーニュ樽2ヶ月(新樽7%)&ステンレスタンク

マロラクティック醗酵は行わない




グラハム・べック・ワインズ、ブランドブラン・ブリュット’06

(南アフリカ・辛口白泡)

税別¥2400

<売り切れ>おすすめ!

ジャパン・ワイン・チャレンジ2010年 銅賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

162本完売!!!ありがとうございました

シャルドネ・グラスがおすすめ

「2010.3月に飲みました。中程度のイエロー。トップノーズには強い焼いたパンの香りがあり、なかなかインパクトがある。そのほかにライム、グレープフルーツ、生姜、コリアンダーなどの香り。しっかり冷やすとあっさり楽しめるし、少し温度が上がると洋ナシと樽、バタークリームの香りが出て厚みも楽しめる。¥2000前後のただのNVよりも雑味がなく酸があり、大分品質に差があるように感じた。こちらの方がはるかにお買い得!シャンパン・ストッパーをして冷蔵庫保管〜抜栓の次の日もおいしい。抜栓の2日後に泡が大分弱くなってもなんとか白ワイン的に楽しめてしまうくらいブドウの質がよい」

アルコール12%

シャルドネ100%

醗酵槽:50%シャンパーニュ樽10週間(新樽10%)&ステンレスタンク

マロラクティック醗酵は行わない

それそれのワインをブレンド、翌年の7月までシュールリーを行いボトリング

『 濃厚で心地よいイースト香が漂い、ほのかにライムのさわやかなノーズが立ち上がってくる。刺激的できめ細かいムース状のクリーミーな泡が弾け、長くエレガントなフィニッシュを持つ。 (輸入元さんコメント) 』

ブレーダー・リヴァー・ヴァレー地方ロバートソン地区

南アフリカの中ではもっとも冷涼な地域で最新の醸造施設を持つ

南アフリカでもっとも有名&もっとも高品質と言われるスパークリング・メーカー

2004年、2006年南アフリカ航空(瓶内2次発酵部門)、年間最優秀スパークリングワイン受賞!

オバマ元大統領もお気に入りのスパークリング・メーカーだそうです!




Graham Beck Cuvee Clive '09

グラハム・ベック、キュヴェ・クライヴ’09

(南アフリカ・W.O.ウエスタン・ケープ ・辛口白泡)


税別¥4300

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷すると’11に移行&¥216値上がり致します。

パーカー89点(2014〜2017年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト215号)


ティム・アトキン 96点!!!

プラッターズ・ガイド2016年度版 4.5つ星!

トップ100南アフリカワインズ2015 TOP100!

シャンパン&スパークリングワイン・ワールド・チャンピオンシップ2016 金賞受賞!


The Sommeliers Selection 2015 List;Category House Vintage MCC!

IWSC 2014 Silver Medal!

Veritas 2014 Silver Award!


1年以上たってさらにおいしくなっているでしょう!



「2016.9月下旬に試飲しました。ブランドブランが、キレイな酸とバランスなら。こちらはコク重エキス感タイプ。ナッツ、焼いたパン、木樽、よく凝縮したベリー、スパイスなどの香りで、味わいも凝縮して、こちらも低すぎない酸、長めの余韻」

シャルドネ81%、ピノノワール19%

醗酵槽:シャルドネ20%はシャンパーニュ樽にて醗酵、それ以外はステンレスタンク(MLF無し)

二次醗酵瓶熟期間:最低60ヶ月

平均年間生産量4,500本




グラハム・ベック、キュヴェ・クライヴ’05

(南アフリカ・W.O.ウエスタン・ケープ ・辛口白泡)


税別¥3700

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(2011〜2015年、ワイン・アドヴォケイト196号)

しっかり冷やしても、少し高めの温度でもおいしい

「2012.9月に2度試飲しました。酸と泡の質が優れており、雑味なく、少なめのドサージュによってアフターにミネラルが感じられるという非常によい出来!
時間が経って温度が上がってもダレずにおいしく楽しめることもブドウ自体の質がよいことの証明。同価格帯の大半のフランチャコルタや大量生産型のシャンパーニュよりも上質!これは間違いなく次の日もおいしいでしょう。4人で試飲して全員絶賛でした〜!」

アルコール12%

2ヶ月に1度の試飲を何度も繰り返し、最終的な出来のよかった年だけに生産される!

初ヴィンテージである’03に続いて’05は2度目のヴィンテージ!

ただのブランドブラン・ブリュットとは違う区画

手摘み、シャルドネ87%(ロバートソン産)、ピノノワール13%(ステレンボッシュ産)

房ごとプレス最高のキュヴェのみで醗酵

醗酵槽:シャルドネの一部のみシャンパーニュ樽にて醗酵

二次醗酵瓶熟期間:最低60ヶ月


<ワインの名前に隠された思い>

キュヴェ・クライヴは若くして悲運にもこの世を去った、オーナーのベック夫妻の長男クライヴから名づけられました。グラハム・ベックにとって最も重要なワインに、この名前を付けたことからも家族の絆を重んじるグラハム家の考え方を見ることが出来ます。


『 円熟感のある熟成スパークリング。007「Carte Blanche」原作・著者ジェフリー・ディーヴァ―に登場する( ボンドがエンディングでボンドガールの為に用意したとっておきの泡という設定。著者がグラハム・ベックのファンで協賛一切なしで取り上げてくれたらしいです笑 )南ア産最高峰の瓶内二次発酵ワイン。フレッシュな柑橘系アロマと熟成香が見事! (輸入元資料より) 』



4/26(木)アップ〜蔵出しリタ・ウント・ルドルフ・トロッセン’15トロッセッコ

7/2(土)アップ〜蔵出しリタ・ウント・ルドルフ・トロッセン’13トロッセッコ最後の再入荷!

『トロッセン・ナイト』を開催するほどノーマ御用達のドイツ!


 


ラシーヌ輸入の超限定品!


格付けとか畑を拡大するとかにまったく興味がないらしく、とにかく小規模で優れたワインを造る生産者。なので生産量〜輸入量極少!

毎年、ワインの個性によってラベル・デザインを変えるようで同じ銘柄が毎年同じくらいの糖度(甘さ)とは限らないとのことです。実際に飲んだことがある人しか売れない難しいワインということになります、、、

土壌 : 灰色及び青色スレート粘板岩(シーファー)

収穫は全て手作業で行われ、フレッシュな状態でプレスされます。総SO2量は30〜50mgで、添加する場合でも最小限に抑えています。SO2を低くして問題なければ、これからも低くしていく方向です。







リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン、トロッセッコ’15

(ドイツ・モーゼル・辛口白微泡)


税別¥2750

<売り切れ>

アルコール11%

ユーロリーフあり!

ECOVIN(エコヴァン、ドイツのビオ醸造家からなる団体




リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン、トロッセッコ’14

(ドイツ・モーゼル・辛口白微泡)


税別¥2750

<売り切れ>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!
今までで一番くらいおいしいようです!
甘旨酸ミネラル泡のバランスが非常によく、カルパッチョにオリーブオイルをかけたものなどと非常によく合うそうです

24本完売。ありがとうございました

「2017.2月下旬に飲みました。いやびっくりしました。’13より明らかにおいしい!やっぱりドイツとアルザスはヴィンテージによって糖度と酸のバランスが毎回違うので微妙に印象変わるわけですが、この’14は甘旨酸塩のバランスが傑出しており、弱めのガス圧とピュアでみずみずしくミネラリーな質感と相まってかなりの完成度です。ほのかな甘みを感じるが酸とミネラルが低くない為に、杯が進み過ぎてしまうがぶ飲み可能なバランス感。そしてアフターには豊富なうまみ成分と合わさったはっきりと強めの塩ミネラル(’13はこれがわずかしかなかった)が残る。コクと重さ以外のおいしさがすごい!抜栓の次の日も最高においしい。青りんご、グレープフルーツ、シトラス、ミネラル、わずかにアンズなどのうっすらオイリーでフレッシュ(ヴァン・ナチュールにありがちなもやもやしていないキラキラ系)なよい香り」

アルコール11.5%



リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン、トロッセッコ’13

(ドイツ・モーゼル・辛口白微泡)


税別¥2600

<売り切れ>

※再入荷すると’14に移行&¥162値上がりいたします。

王冠キャップ

アルコール11.5%

リースリング100%

トロッセンとセッコ(辛口)を繋げたネーミング

「2013.5月下旬に’11を飲みました。緑がかった明るいイエロー。グレープフルーツ、シトラス、ミネラルなどの香り。ガス圧弱く、あっさり心地よいタイプ、ごくほのかな苦みを伴うアフター。酸とミネラルにキレはないがどちらも低くはない。温度が上がってくると青いメロン的な香りが出て、味わいにもうまみが出る。抜栓の次の日もおいしい。抜栓の2日後は飲むのを忘れていて冷蔵庫にいれたまま、抜栓の3日後もまったく落ちていなかった。ラシーヌさんによると落ち着かせるともっとおいしくなるとのことです」


ドイツ国内でも数少ない、完全にビオで栽培醸造しているワイナリー

1967年創業、1978年からは古くからの家族経営の醸造所から方向転換をし、ビオディナミを取り入れた高品質なワイン作りを目指し始めました。2010年には初めて酸化防止剤ゼロワインに挑戦しています。

ECOVIN(エコヴァン、ドイツのビオ醸造家からなる団体

100%手摘み、自然酵母を使用、SO2最小限

ちなみに各ボトルのラベルは、デザインをドゥッセルドルフに住む知人にお願いしており、それぞれのワインを飲んでみて湧いてくるイメージに基づいてデザインされています。


3年連続レストラン世界1位に選ばれたデンマーク・コペンハーゲンのnomaにオンリストされている数少ないドイツワインであり、Trossenのみのワイン会(トロッセン・ナイト!)をnomaで行った事が有るほど数多く販売され、高く評価されているワイナリー!

また、NOMA(ノーマ)のシェフであるRENE REDZEPI(ルネ・レゼッピ)が世界の最優秀レストランに選ばれた際の、記念のディナーのワインにも採用されました。


2018/8/1(水)アップ〜蔵出しシャトー・ド・ロレNV

リピーター続出!ワンランク上のお買い得クレマン!





品質はギィ・ボサール(レキュ)にまでは及ばないのですが、この使いやすい価格としてはかなりの品質で、驚異的なリピート率の高さとなっております〜!!!




シャトー・ド・ロレ、クレマン・ド・ロワール<ブリュット・ゼロ>NV

(ロワール・辛口白泡)


税別¥2000

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました

シュナン・ブラン100%

熟成24ヶ月

アルコール12.5%

Chateau de l'Aulee N.V. Cremant de Loire Brut Zero

アルコール発酵及び瓶内2次発酵はブドウが持っている糖分のみで行うため、ブリュット用のブドウよりも更に1週間遅く収穫。瑞々しい柑橘類や白い果実の香りはシャープでミネラリー。シュナン・ブランらしい果実のコクが感じられる味わいは奥行きがあり、旨みがのっていながら非常にドライ。ドサージュなしかつSO2無添加のため、マリエルが惚れ込んだアゼ・ル・リドーのシュナン・ブランの魅力がピュアに表現されている。
(輸入元資料より)




シャトー・ド・ロレ、クレマン・ド・ロワール・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)


税別¥1850

<10月初旬再入荷予定>絶対おすすめ!

最新デカンター・オンライン91点!(2017.10月試飲)

リアルワインガイド42号旨安大賞!

デイヴ・マッキンタイアのおすすめスパークリング(ワシントンポスト)2ツ星


Wine&Sprits誌 88点(2013年4月試飲)

スぺクテーター・オンライン87点(2013年に試飲)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

アルコール12.5%

当店社長絶賛の1本!酸とミネラルにキレがあり、バランスよく、少し温度を上げると厚みとコクも出ます

1045本以上完売!!!

シュナンブラン100%

シレックスが混ざった粘土質土壌

『 リンゴや洋ナシのふくよかな香り。蜜リンゴを思わせるリッチな果実が細かな酸とミネラルに支えられたふくよかな味わいには、長期熟成による複雑さも備わっている。細かな泡が心地よい外交的なスタイルで、「リッチなクレマン」としてワシントンポストのおすすめスパークリングに選ばれた。(輸入元さんコメント) 』


『 ロワール左岸、トゥーレーヌ地区。トゥールとシノンのちょうど真ん中に位置するアゼ・ル・リドーは、 ロワール河の支流であるアンドル川沿いにあり、2000年以上ものワイン造りの歴史を持つ小さな町である。1856年、ボルドーのネゴシアンであるコルディエ家によりこの地に建造されたシャトー・ド・ロレは、1973年にシャンパーニュのドゥーツの手に渡り、シャトーの修復、畑の整備、シュナン・ブランの改植等が行われ、主にクレマン・ド・ロワールが造られていた。2002年にドゥーツの所有から離れた後もワイン造りは続けられていたが、当時シャトーのワインを試飲したシャンパーニュ出身の醸造家マリエル・アンリオンはこう確信したという。「このテロワールとシュナン・ブランの組み合わせならば、もっと質の高いクレマンを造ることができるはず」

ポメリーやボランジェ等シャンパーニュのグランメゾンで経験を積んだマリエルは、アゼ・ル・リドーにシャンパーニュと同じ製法で造られるクレマン・ド・ロワールの可能性を見出した。2004年に念願かなってシャトーと畑を取得すると、テロワールの表現に重点を置き、ブドウ栽培をリュット・レゾネに変更。化学肥料や化学薬品の使用を抑えるのはもちろん、シレックスが混ざった粘土質土壌からブドウの樹がミネラルをよりよく吸収できるよう、畑を耕して土を柔らかくし、また、芽かきにより収量も制限。ロワール河の影響を受けた温暖な準海洋性気候の下、ブドウが非常に良く熟す土地だが、シュナン・ブランのより純粋な表現にこだわる彼女はドサージュ量を少なくするため、糖度がのったブドウを得るべく周辺の生産者よりも収穫を遅くする等、工夫を凝らしている。

醸造においては、ベースワインの発酵にはステンレスタンクを使用。シュナン・ブランの魅力が詰まったピュアでシャープなクレマンを目指し、SO2の添加量を抑えるためワインと酸素の接触を避けるべく細心の注意を払っており、2008年にセラーを新設したおかげでこれを徹底することが可能となった。また、法定熟成期間の2倍の24ヶ月という熟成により、味わいの複雑さと共に酸化への抵抗力も備わった。

マリエルが見込んだシャトー・ド・ロレのクレマンの魅力は何と言っても、ブドウの熟度と質の高さを感じさせるシュナン・ブランならではの重量感と、シレックスのミネラルがもたらすフレッシュさ、ドライなキレ、そしてシャンパーニュ並みのガス圧の高さとキメ細やかな泡の持ちのよさである。初ヴィンテージは2004年とまだ若い生産者だが、畑のポテンシャルと造り手の手腕に疑いの余地はなく、ワシントンポストでは既におすすめスパークリングとして取り上げられている。 (輸入元資料より) 』


2018/7/4(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・レキュNV

フレッド・ニジェ・ヴァン・エルクによる作品!

オールシーズン楽しめる、シャンパーニュのような素晴らしい泡!リピーター続出!大好評!

 



<高齢と腰の痛みで、ギィ・ボサール氏がすでに引退>’15から彼の意思を引き継ぐ後継者フレデリック・ニジエ・ヴァン・エルクとなります。

キャップシールの色が金色→銀色に変わりました。




ドメーヌ・ド・レキュ、ボサール・テュオ・ヴァン・ムスー・ド・ロワール・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)

税別¥2350

<あと2本>絶対おすすめ!

生産者:フレッド・ニジェ・ヴァン・エルク fred Niger van Herck

フレッドさん作になってからもお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいております!

「2017.正月に飲みました。フレッド・ニジェ・ヴァン・エルクさんになってからもやはりおいしく非常に強いミネラル。変わってから間もないこともあるかもしれませんが、今までと全く違和感なく非常においしく楽しめるよい出来。やや厚みのある果実、キレキレではないが低くない酸、トップノーズからアフターまでミネラルが強く、温度が結構上がってもダレない。大抵の寿司が生臭くならないし、和食にも幅広く対応可能」

アルコール12%

ラベルの楽譜はギィが愛するモーツアルトの歌劇「後宮からの誘拐」の最終楽章。

大体グロ・プラン40%、シャルドネ30%、ミュスカデ15%、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フラン あわせて15%





ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ルドヴィグ・ハーン・ヴァン・ムスー・ド・ロワール・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)

税別¥2350

<売り切れ>絶対おすすめ!

※5本以上のご注文にて日本全国計12本までドライ便無料!

ワイン王国50号『春のフレンチ・スパークリング100本』中ベスト10に選ばれる!

シャルドネ・グラスで飲むことをおすすめします

873本完売!!!ありがとうございました

樹齢35〜40年!

手摘み、超低収量

「2016.1月下旬に飲みました。今回のロットもグリがかった濃い色で非常に良い出来!ガス圧強すぎず、ミネラルたっぷりで、果実味もあり、ちょうどよい酸、ピュアでバランスよくグビグビ飲むことも可能、冷やし過ぎない方がおいしい。値上がりもなく、明らかに価格以上の内容。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後からは酸化が進んで、少し酸の質が落ちた」



「2014.8月末に飲みました。今回もSO2少なそうな濃いイエロー。抜栓直後はナッツ、ブリオッシュ、ベリー、ミネラル主体の香りだが、時間とともにマッシュルームの香りが強くなり、抜栓の次の日にはピノノワールの比率が高いシャンパーニュのようなアンズの香りが主体となる。この状態で試しにブラインドで皆さんに飲んでみてほしい!いったいどうなっちゃうんでしょうか(笑)クラスを超えたミネラルとコクで緩くない。抜栓の次の日が一番おいしく感じられた。やっぱり中身のヴィンテージにかかわらず、常に価格を超えた泡ですね。抜栓の次の日もほとんど落ちないでおいしい」



「2010.6月に飲みました。今までと全然違う色調で驚いた!いつも中〜やや濃い程度のイエローだったのですが、今回のロットは(大当たり年2009年が主体な為だと思われます)シャトー・メルシャンの甲州グリ・ド・グリを連想させるグリのうっすらオレンジがかった濃い色調。←個性的な色ですが、全く劣化や酸化の類とは違います。ストレートなリンゴや洋ナシ+焼いたパンの香りではなく、ほろ苦オレンジ、少し酵母、強いミネラルなどの香り。例年以上の果実味とうまみ、しっかりしたよい酸、アフターにかなりの量のミネラルが残るところが、このドメーヌのミュスカデと共通している。この人が造ると極めて質のよい酸とミネラルが表現される!非常にバランスよく、杯が進む。価格以上の満足度!抜栓の2日後までまったく落ちない」

「2007.7月末に飲みました。やはり素晴らしくお買い得な泡でした!2倍近い価格のドラモットのブリュットNVと同等のレベルにあり、ドラモットですらそうなのですから人口的な糖分の味がする大量生産型NMシャンパーニュ¥4000以下くらいのものはほとんど太刀打ちできないことでしょう。やや濃いイエロー。しっかり冷やすと蜜リンゴ、焼いたパン、ミネラル等の香りで、酸とミネラルにキレがある。温度が少し上がってくると、黄桃、アンズ、カリン、ブリオッシュ、洋ナシなどの熟して厚みのある香りが出て、さらに複雑性が増す。味わいも香り同様ボサール・トゥオーより熟して厚みがあり、よりシャンパーニュに近い全体像。まったく雑味のないピュアで長めのアフター。この価格帯では完璧な内容。4人で飲んで全員絶賛の1本!抜栓の次の日もおいしい」

ワインスペクテーター2005年12月号84点

MVF(旧クラスマン)2009年度版14/20グラス

クラスマン2007年度版14.5/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

フォルブランシュ45%、シャルドネ25%、ムロンドブルゴーニュ20%、カベルネ10%

何度も飲んでいますが、透明感のある素晴らしい香り。豊かなミネラル、上質な酸、適度な厚みとコク、価格を考えると完璧なバランスがあり、泡の質もシャンパーニュに引けを取りません。アタックやインパクトだけではなく、アフターも上質で、毎年大幅に価格を超えた品質の夏に最高の泡!でもただあっさりしているわけではなく複雑性もあるため、オールシーズン楽しめる

「ロワールにおける有機栽培の先駆者。ミュンヘン交響楽団の第一ヴァイオリン奏者の名前に由来するキュヴェで、洋ナシの香が美しく、酸味と優しい泡の調和が美しい。(輸入元さんコメント)」

アルコール12%

下記がお客様(プロのソムリエさん達も含む)にいただいたコメントの一部です。

『試飲会で飲んだ時もっと高価格帯のシャンパーニュだと思った!』

『まったく飲み飽きない。他の安い泡が飲めなくなった!』

『夏はこのワイン以外いらない!』

 

ドメーヌ・ド・レキュ(ギィ・ボサール)、ボサールトゥオー・ヴァン・ムスー・ド・ロワール・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)

税別¥2200

<売り切れ>絶対おすすめ!

※6本以上のご注文にて計12本まで日本全国ドライ便無料商品

シャルドネ・グラスで飲むことをおすすめします

168本完売!ありがとうございました

現在では、グロプラン40%、シャルドネ30%、ミュスカデ15%、カベルネソーヴィニヨンとカベルネフランあわせて15%。上記のルドヴィグハーンと同じ中身です。リリースの度に微妙にセパージュが変わるようです

ラベルの楽譜はギィが愛するモーツアルトの歌劇「後宮からの誘拐」の最終楽章

「2006.7月に再度飲みました。?試飲会で試した時とは大分印象が違いました。氷水で冷えすぎていた&小さいグラスだったとはいえ、このワインのよさを正確に掴めていなかったようです、、、今回は当店セラーで1ヶ月以上休ませてから、冷やし過ぎないようにしてシャルドネ・グラスでゆっくり飲みました。シャンパーニュのような芳醇な香りに焼いたパン、ほんのりナッツなどの素晴らしくよい香り。泡もシャンパンに近いくらい強く、しっかりした酸とミネラル。厚みと奥行き、余韻の長さがあり、夏に最高の泡。正直言って、価格が倍くらいのアンリオのブラン・スーヴェランNV(シャルドネ100%)と同等の品質!決して大袈裟ではないです。先日、某フレンチのシェフソムリエ様も『シャンパンだと思った!』と言っていました。シャンパンストッパーをして冷蔵庫にて保存した、抜栓の次の日も非常においしい。泡が少し弱くなったものの、黄リンゴ、ほんのり桃のような香りが強くなった」

「2006.5月に試飲しました。やや明るいイエロー。しっかりした酸とミネラル。夏向きのあっさりさわやか系。泡も心地よく、バランスもよい。和食や生牡蠣等と合いそう」

ミュスカデとグロプラン最高の生産者のひとり!

 

なんと1972年からずっと有機農法

ビオディナミの象徴的な存在

デメテル認証ビオディナミ

DRC、クロドデュガなどと同じく馬で耕作

高い樹齢、手摘み、天然酵母のみ使用、SO2極少

クラスマン1つ星&Q/P(カリテプリ=お買い得!)マーク付き生産者

「ビオディナミの象徴的な存在(クラスマンより)」

1972年からオーガニックによる葡萄栽培を開始、1992年からビオディナミに転換

「土壌の成分が透けて見えるような仕上がり!これこそまさしくビオディナミの手本である。(クラスマンより)」


2018/9/14(金)アップ〜蔵出しランドロンNV(別ラベル)

クラスマン2007年度版にて星なし→1つ星生産者に昇格しました!












ランドロン、オムニビュール・ブリュット・ナチュールNV

(フランス・ロワール・辛口白泡)


税別¥2350

<あと9本>絶対おすすめ!

※この1アイテムのみ木下商事輸入の蔵出し正規品
値上がりなし!

こちらはいまでもビオディナミのブドウを使用している

51本完売。

「2018.9月上旬に再度試飲しました。このロットは、温度によって大分表情を変えます。しっかり冷やすとドライですっきり。温度を上げると擦りおろしたリンゴの香りが出て、ブリュット・ナチュールなのにアフターが甘くなる。例年より少しだけ酸が低いからだろうか?あっさりめのナチュラルな味わい」



「2015.9月上旬に再度試飲しました。今回のロットも素晴らしい!やけにうまみとミネラルがあり、明らかにクラスを超えて余韻が長い。同時に試飲した他の低価格帯のシャンパーニュが霞んでしまったくらいです」



「2015.7月下旬に飲みました。夏はギィ・ボサールかランドロンを必ず飲まないと損をするということで(笑)若干スモ―キーなコクがありそうなトップノーズで、味わいのアタックにもややインパクトがありつつ、重心低め?と思ったらアフターは強いミネラルでわりとすっきりする。しっかり冷やしても、やや冷えでも非常においしい。酸はキレキレではなくちょうどよい感じ。意外なことに熟成の短い塩味の強過ぎない青カビチーズと相性が驚くほどよく、どちらも味わいが複雑で甘く変化する相乗効果があった。抜栓の次の日も非常においしい」



「2014.9月に試飲しました。3人で試飲して全員高評価でした!なんとレキュのボサール・トゥオーNVよりも今日はこちらの方がさらにおいしく感じられたくらいです。酸とミネラルの質が良いのは予想通りで、酸は低くないのに同時にまろやかな複雑性が感じられるのがすごいところ。やはり優れた造り手ですね。 ※基本的にヴァン・ムスー・アトモスフェール・ジョ・ランドロン(ミッシェル・トルメー・ラベル)・ブリュットNVと中身が同じらしいですが、ブドウ品種:フォルブランシュ=グロプランの別名ということを忘れていて、違うワインだと思って買ってしまったという(笑)でもロットの差なのか輸入元の差なのかわかりませんが味が違うと感じた(どちらもおいしい)ので結果オーライです」

アルコール12%

メトード・トラディショナル方式

フォルブランシュ80%(=グロプランの別名)、ピノノワール20%

樹齢28〜35年

ビオディナミを実践

100%手摘み

ドサージュ・ゼロ






ラシーヌ輸入の限定品!

ヴァン・ナチュールの生産者によくあることなのですが、ラベルとキャップシールが少し横にずれたややラベル不良品を含んでおります。品質にはまったく影響ありませんのでご了承の上、お買い求めくださいませ



 

ドメーヌ・ランドロン、ヴァン・ムスー・アトモスフェール・ジョ・ランドロン(ミッシェル・トルメー・ラベル)・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)

税別¥2400

<売り切れ>

ワイナート67号 86点(ロワール部門第1位!)

ワイン王国50号『春のフレンチ・スパークリング100本』に選ばれる!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2012年度版14/20グラス

312本完売!!!ありがとうございました

しっかり冷やした方がおいしい!

「2011.10月に2度試飲しました。今回のロットは以前飲んだものよりもおいしく感じられた。ピュアでミネラリーで、ある意味ではシンプルなのですが、泡の質は非常によく何故か何回開けても飽きない!安いシャンパーニュはほとんどの銘柄が1回飲んだら飽きてしまうのに、、、優れた造り手のワインを優れたインポーターが輸入するとヴァン・ナチュールならではのよさが最大限に引き出されるようです」

「2009.5月に短時間で試飲しました。ほぼ同じ印象ながら、前回飲んだときより、若干キレイな造りに感じられた。値下がりしたのでまた買いました。最も適しているのはアペリティフ(食前酒)でしょうが、食中も悪くないと思われます」

「2008.5月に飲みました。個性的な泡。やや明るいイエロー。強いミネラル、リンゴ、酵母などの香り。ガス圧やや弱め、酸にキレはないが、非常にミネラル豊かであっさり心地よい味わい。地ビールのような酵母風味の戻り香あり。アフターe0.に甘さやべたつきがなくドライ。抜栓の次の日もおいしい。少し酸化したリンゴの香りに変化。やはりギィ・ボサールには及ばなかった」

フォルブランシュ80%、ピノノワール20%

瓶内熟成5年

シャンパーニュと同じ、メトード・トラディショナル製法

アルコール12%

ユーモラスなラベルはミシェル・トルメー氏が手掛けたもの。

『親子代々のブドウ栽培者であるランドロン家は、ベルナールとジョゼフの兄弟が「シャトー・ド・ラ・カリズィエール」と「ドメーヌ・ド・ラ・ルーヴェトリー」のふたつの異なったドメーヌを共同で運営している。二人はともにテロワール狂でワインへの深い愛情に満ちたワインの理解者であり、低い剪定で収量を抑え土地の特性をとらえた各キュヴェを造っている。(輸入元資料より)』

100%手摘み、自然酵母のみ使用

2004年から補糖なし

エコセール認証あり、ビオロジー

ミッシェル・ベタンヌ3つ星(5つ星評価)生産者!

クラスマンにて毎年高い評価を得ている生産者

インターナショナルワインセラー2007年3月/4月号にて’04’05がミュスカデとしては異例の軒並み90点を獲得!


2014/5/2(金)アップ〜蔵出しメンティ’11上級スプマンテ

驚きのガルガーネガ!






ラシーヌ輸入の限定品!



メンティ、レッシーニ・ドゥレッロ・スプマンテ・ブリュット・オモモルト’11

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥2600

<売り切れ>おすすめ!

ブショネのなさそうなシャンパンコルク

※再入荷不可能!

「2013.4月末に飲みました。わずかに緑がかった中程度のイエロー。シトラス、蜜リンゴ、ミネラル、麦、ナッツ、少しスパイスなどの香り。みずみずしく、ピュアで泡の質も良い軽めでバランスのよい味わい。意外にうまみが豊富で、味わいの後半部分にはうまみと酸がじんわり伸びて、塩っぽいミネラルが残りとても心地よい。ざっくり言えばロワールのドメーヌ・アンペリデ、アルマンスB・キュヴェV・エクストラブリュット’07にうまみを足した感じと言えば伝わり易いでしょうか。コクを求めるなら少し違う選択肢をおすすめ致します。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール12.5%

手摘みのドゥレッラ100%

平均樹齢約25年

ガンベッラーラにある火山性土壌

ガルガーネガ・スイ・リエーヴィティと比べてガス圧が大分しっかりしており、畑もより優れたガンベッラーラの単一区画

『 ブドウは収穫後すぐにカンティーナに運ばれ、房のまま0.6気圧でプレスされる。温度管理を行いながら、土着の酵母によって発酵が進む。タンクのなかで1年以上、細かい澱とともに熟成させる。メトード・マルティノッティ方式により、香り高くエレガントなスパークリングワインに成長させるため、長期間(6ヶ月以上)の二次発酵を行う。ベントナイトを用いて徐々に安定化処置を行い、ボトリング前に一度だけ濾過をする。5気圧。 (輸入元資料より) 』




『 3月初旬にヴェネツィアのレストランで出会ったとあるワインに惹かれ、ヴェローナ近郊の造り手をヴィニタリー直前に訪ねました。17世紀の農家の作業場めいた醸造所は、冷んやりとした澄んだ空気に満たされ、建物が呼吸していることが感じられました。森の側にある畑は冷涼で、もちろん灌漑もしていません。年若き生産者が、2001年に父親と仕事をするようになってからビオロジックに転換したためか、鷹・鷲・雉・うさぎなど様々な生物がいて理想的な環境が整っています。「何故、今まで、どの試飲会にも参加しなかったのですか」と尋ねたら、「ヴィ・ナチュールの人たちとは考えがあわず、ヴィニ・ヴェーリは新しいエントリーを受け付けていなく、ヴィニタリーは参加費が高すぎて縁がなかった。けれども、今年VI VI Tが設けられ、しかも出展料が安いので、初めてヴィニタリーに参加することができた」という答えが返ってきました。  

 若さに似ず、しっかりとした考え方と理論がみごとに栽培・醸造を貫いており、それに基づいて造られる自然な醸造のワインには、優しさと芯のある確かな味わいが満ち溢れています。陽のしずむ夕方の訪問時、教会のカリオンが響く美しい村に春の訪れを感じ、幸せな思いでいっぱいになりました。イタリアの自然派ワイン界は、メンティの登場で面目を一新したといっても過言ではありません。ソアーヴェ地区の東に隣接する畑から、かくも理にかなった各種のワインを、抑えられた情熱をもって秘かに育て上げてきた、造り手ステーファノ・メンティ氏に、満腔の拍手を贈りたいと思います。

〜 長年にわたり、このワイナリーのワインはイタリアを代表するワインガイドに掲載されています。重要なイタリア国内のレストランに加え、ヨーロッパのみでなく、アメリカやアジアのインポーターや、個人顧客に購入されています。(輸入元資料より) 』


2001年からビオロジックに転換

2007年ワイナリーはISO 9001:2000の認証をうけました


2013/3/1(金)アップ〜蔵出し超特価クロ・ド・ラ・ブライデリーNV

力のある果実とミネラル、戻り香が長く持続します!



 


クロ・ド・ラ・ブライデリー、クレマン・ド・ロワール・ピュルテ・ド・シレックス・ブリュットNV

(ロワール・辛口白泡)


超特価・税別¥1900

<売り切れ>絶対おすすめ!

ゴーミヨ誌15.5/20点

36本完売。ありがとうございました

「2013.2月下旬に試飲しました。まずコンディション抜群で透明感があり泡の質とアフターがよい。オレンジ、グレープフルーツ、リンゴ、ミネラル、少しナッツなどの香り。果実の甘味のある辛口で、シュナンブラン主体の多くの他の泡ものと同様あっさりしているようで味わいの後半部分に意外にパンチのある味わいで、バランスよく、ピンクグレープフルーツ的なごくわずかなキメ細かい苦みとタンニンを伴う予想より長いアフター。この価格帯としては異例なことに、鼻から抜ける戻り香が長く持続する。意外としっかりしているのでサラダ系など軽い食事とはあまり合わない。抜栓の次の日もおいしい。+¥1,000でも悪くないと思える超お買い得品!」

アルコール12.5%

シュナンブラン40%、シャルドネ35%、カベルネフラン20%、カベルネソーヴィニヨン20%

歴史の古いトゥーレーヌのドメーヌ

長くビオディナミを実践(デメテル認証あり)

化学肥料、除草剤、殺虫剤不使用

手摘み、天然酵母使用、SO2極少


2017/5/4(木)アップ〜蔵出し1+1=3シグナスNVとブリュット・ナチュールNV

2ランク上のカヴァ!3年ぶりの入荷です〜!!!

輸入元さんで人気爆発!毎回すぐに完売してしまうそうです





 

 

 


1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)、カヴァ・ブリット・ナチューレ・エスペシアル・グランレセルバ’06

税別¥3400

<売り切れ>限定品!

パーカー92点

27本完売。ありがとうございました

『 チャレッロ60%、ピノノワール40%。平均樹齢15年。ドザージュ・ゼロのノン・ドゼ。48ヶ月間以上瓶熟成。限定生産本数約5000本で、「1+1=3」の最上級作品です。大小色とりどりの正方形ラベルは、それぞれの畑の大きさやテロワールの違いを、中央の金色の丸は、泡を表しています。 (輸入元資料より) 』



1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)、カヴァ・シグナス・ブリュット・ナチューレ・レゼルバNV

(750ml・辛口白泡)

税別¥2300

<売り切れ>大人気!

最新VINOUS 90点(2017〜2021年、2017.5月試飲
2016年5月デゴルジュマンものに対する評価)


パーカー91点(ワイン・アドヴォケイト194号)

Wine Enthusiast 89点(2017.1月試飲)

スペイン・オーガニックワイン・コンクール2013 金賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

180本完売!!!ありがとうございました

『 2007年から完全オーガニック栽培を開始した区画のみから造られる特別限定品です(CCPAEによる正式認証は2010年度に取得)。パレリャーダ40%、チャレッロ30%、マカベオ30%。平均樹齢35年。「オーガニック栽培によってよりくっきりと表れる、ぶどう本来の旨味を味わっていただきたいので」、ドザージュはゼロ。「シグヌス」はラテン語で、「白鳥座」の意味。北半球の夜空にひときわ明るく輝く白鳥座の星々をカヴァの泡に見立て、また、白鳥のように優雅なカヴァを造りたいという思いを込めて命名されました。「理想的な土中微生物構成をもつ完璧な区画で、畑にとって理想的なことは全部やった」という、求道者ジョセップ・ピニョル入魂の作品です。 (輸入元資料より) 』

 

 

1+1=3(ウ・メス・ウ・ファン・トレス)、カヴァ・ブリュット・ナチューレNV

(750ml・辛口白泡)

税別¥2100

<あと2本>絶対おすすめ!

インターナショナルワインセラー88点

スペイン国内でこの銘柄が大人気だそうです!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

315本完売!!!

「2010.5月に再度飲みました。やはりカヴァとしては洗練されており、透明感と清涼感がある。スペインとは思われないほどしっかりした酸とミネラルでアフターにもミネラルが多く残る。極めてプロ受けのよい香りと味わい。シャンパンストッパーをして冷蔵庫保管〜抜栓の次の日も非常においしい。初日の抜栓直後は極辛口だったが、今日はアフターにナチュラルなほのかな甘さが感じられる。あらゆる食事に合う」

「2009.6月に(ブリュット・ナチューレNV750mlを)試飲しました。ただのブリュットと飲み比べましたが、予想以上に差があり、こちらの方が高品質。カヴァとしては最高レベルの酸とミネラルで、ノンドゼにして大正解!透明感と清涼感、よいバランスがあり、酸が強い、アフターに多めにミネラルが残り、非常に上質。かなりよいブドウを使用しないと絶対にこういった味わいにはならない。大量生産型のシャンパーニュ・スタンダードクラスよりブドウの力が感じられ、満足度が高い」

「2008.10月に(上級品のブリュット・ナチューレではなく)ただのブリュット750mlを飲みました。明るいイエロー。雑味と野暮ったさなく、低すぎない酸も好印象。傑出した要素はないが、平均よりは明らかに上といえるカヴァ。リンゴなどの柑橘類、白桃、パンなどの香り。みずみずしく、ややあっさりミネラリー。抜栓の次の日も雑味なくおいしい」

「ブルット・ナトゥーレ」はシャンパーニュの「ノン・ドゼ」等と同じ意味ですが、その極意はいずれも、よりドライな味わいのものを造ろうというようなことではなく、もともと十分にバランスが良いので補糖をする必要がない、という点にあります。ぶどう品種のブレンドや収穫年がスタンダード・ブルットと常に異なっているのもそういう意味合いに起因します。

除草剤、殺虫剤は一切使用しない

完全オーガニック栽培に切り替え中(2010年6月時点18ha)

パレリャーダ40%、チャレッロ32%、マカベオ28%

平均樹齢35〜40年!

30月間瓶熟成

ドザージュはゼロですが、残糖が1.5グラム/リットルあります

 

『 Guardiola de Font-Rubi といういわばカヴァの聖地で、長年に渡ってカヴァ最高品質のぶどうを栽培してきたピニョル家。わずか30ヘクタールの畑で収穫量が少ないこともあって、そのぶどうは現地ワイナリーの間で「幻のぶどう」と言われ、高値で取引されてきました。一方、スペイン最高のメルローと言われるスーパー・スパニッシュワイン「カウス・ルビス」を擁するペネデスのトップワイナリー、「カン・ラフォルス・デルス・カウス」のエステーベ家。2000年、両家は手を結び、共同でこのワイナリーを設立しました。栽培・醸造をトップレベルで一貫させた相乗効果として誕生した、従来のものとは次元が異なるカヴァ。これぞ「1+1=3」。

 「栽培に、秘訣とかノウハウとかはありません。すべてを完璧にやるだけ」。「この世のものではないような、言葉では表現できないような”幻想的な”カヴァを造りたい」というジョセップ・ピニョルは、趣味も持たず余暇もとらず、シーズン中は1日4時間睡眠でほとんどぶどう栽培のみに生きる求道者です。「幻」と言われるにはそれだけの理由があります。 (輸入元資料より) 』


2012/11/21(水)アップ〜蔵出し超特価ドメーヌ・アンペリデ’07

塩っぽいミネラルが強く残るピュアでドライなアフター!


 


ドメーヌ・アンペリデ、アルマンスB・キュヴェV・エクストラブリュット’07

(ロワール・辛口白泡)


超特価・税別¥1900



輸入元定価・税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

78本完売!ありがとうございました

「2012.2月に試飲しました。抜栓直後はすごくドライで強いミネラルにちょっと驚いたもののこれはこれでよい個性だと思っていたら、時間とともにうまみと多少の厚み、ごくわずかな甘さが出てさらに向上!この特価ならかなりお買い得と言える内容となりました。ややキレのある酸、特にアフターは素晴らしく、塩っぽいミネラルが強く残り、どんな食事と合わせようか考えるのが楽しい感じもあります。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.6%

厳選されたビオ栽培のブドウ100%で造られたプレステージ・スパークリング “キュヴェV” エクストラ・ブュットが誕生しました。

土壌:トゥール地域の石灰岩、ジュラ紀のグルワ土壌(石灰岩の砕岩を含む粘質な赤色の土壌)

収量1haあたり48hl

フォル・ブランシュ約70%、シャルドネ約30%

石灰岩のセラーで30ヶ月熟成

生産量:6,000本のみ

Armance B. プレステージ キュヴェVは、ピュアなアロマと奥底から輝きを放つような逸品。ミネラルは素晴らしい状態で表現され、ドライでフレッシュな風味をも演出している。泡は大変繊細で、なめらかな生地で焼き上げられたブリオッシュの口どけのようなニュアンスや、ドライハーブの芳香を感じさせる。フレッシュかつ緊張感のあるきりりとした味わいは幸せな余韻を残してくれる。


2012/9/16(日)アップ〜蔵出しシリル・ザンク’10

こだわりの単一区画から丁寧に造られる最高のシードル!

 




夏だけではなくオールシーズンおいしい、また食前だけではなく食中でもOKの驚きのシードルです!




シリル・ザンク、ディス・サイダー・アップ’10

(フランス・シードル・中辛口・750ml)

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているシードルです!

限定品!

「2012.8月に試飲しました。これは使い方によってはかなり楽しめると思います。上級のカヴァやクレマンなどがライバルになってしまう(シードルとしては高価!)価格帯ではありますが、使い方が全然違うはずなので別物として考えていただきたいです。例えばお盆休みに地元で昔からの友人と再会する時、みんなワインは好きだけどワイン通ではないといったケースの1杯目でもかなり高い確率で喜んでいただけますし、連休で実家に家族がそろう時などでもアルコールが低いので普段飲まない方も楽しめると思います。彼女と宅飲みする時のおみやげとしても最高でしょう!某生産者の高級シードルのような癖の強い激しく好みのわかれる香り(松脂やゴムの香り)ではなく、オレンジ、バナナ、スパイスなどのピュアで上質な香りで泡の質もよく、雑味やエグみがない、苦みの質もキメ細かくほのかな甘みのなかに溶けているような心地よさです。ぜひ1度お試しください」

アルコール6%

シリルが特に大事にしている単一区画のリンゴで仕込んだシードル

極少量生産!

天然酵母を使用、無濾過、SO2極少

王冠なのでブショネなし


『 色調はとても濃いのですが、リンゴ本来の甘味や酸味、皮から抽出した苦みなどとてもバランスよく仕上がっております。余り冷やし過ぎずに、サービスしていただきたい1本です。様々なお料理にあうような、辛口に仕上がっております。
甘いだけ、フレッシュなだけという他のシードルとは全く異なり、複雑さも感じ取れます。これまで様々なイベントに出してきましたが、とても評価の高いアイテムの一つです。お昼に楽しく飲めるアイテムだと感じております。 (輸入元さんコメント) 』


『 シリル・ザンクの果樹園では、甘味・苦甘味・苦味・ほんのりとした酸味やすっぱさ・・・、それぞれ固有の風味を持った15種ものリンゴが育てられています。樹齢15〜60年のリンゴの樹になった果実は、10月初旬〜12月中旬ころ、ちょうど熟したときに収穫されます。地面にはカンバスシートが敷かれ、果実を痛めないように、そして清潔さを保って収穫します。リンゴは、品種ごとに分けられ、最大25kgまで入る網の袋に入れて蔵に運ばれます。蔵では、約6週間ほど、さらに熟す期間が設けられます。その後、味わいのベスト・バランスを生み出すように果実を分け、次の工程=リンゴをすりつぶす工程に移ります。

〜グラインダーでリンゴを細かい粉末状にした後、木製プレスで圧搾します。得られる琥珀色のリンゴ果汁は、密度1057〜1065。それからステンレススチールタンク内で天然酵母によって発酵が始まります。数回の澱引きを行い、5,6ヶ月経った後、シードルは、フィルターなし・最大でも20mg/lのSO2量でビン詰めされます。そして発泡性が出てくるまで2,3ヶ月水平に寝かせて保管されます。

〜その後、ボトルは、ピュピートルで数週間ルミアージュ(瓶を少しずつ回して、繊細な風味や泡を整えつつ、澱をビンの口元に集める作業)を経て、デゴルジュマン(抜栓し澱を飛ばす作業)に移ります。
デゴルジュマンで減った分は、同じときにデゴルジュされた同一のシードルが加えられます。その他の添加物は全く用いません。
そしてシードルのボトルは、再び王冠でフタをされ、洗浄・ラベル貼りを経て完成品となります。あとは適温(少しだけ冷やし目)で、食中酒またはアペリティフとして、このヴィンテージのシードルを開けるだけです! Sante!! (輸入元資料より) 』


2012/5/3(木)アップ〜蔵出しフィリップ・バリヴェ’11

ビュジェ・セルドン最高の生産者のひとり!

思わず笑ってしまうしかないおいしさ!ナチュラルな甘さと酸、クリーミーな泡

 

 

2010年からAOCビュジェ・セルドンを名乗れるようになりました!

 


フィリップ・バリヴェ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’11

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2600

<売り切れ>絶対おすすめ!

特に真夏にもっともおいしく感じられる銘柄です!

24本完売。ありがとうございました

「2012.6月に飲みました。’08’10同様素晴らしい出来です!ラファエル・バルトゥッチほどの凝縮感とエキス感はないものの酸とミネラルでは今回もバリヴェに分がありそうです。やっと札幌でも22℃超えるようになってきたので、セルドンがおいしく飲める時期にやっと突入です!艶やかなストロベリーと洋ナシのネクター+ミネラル、わずかにヨーグルト風味で、何杯飲んでも飽きない。抜栓の次の日も最高においしい。抜栓の2日後も非常においしい。ざっくり言えばピエモンテのDOCGブラケット・ダックイを甘さ控えめにして、酸とミネラルを加えて雑味ゼロのピュアな味わいにしたような感じです」

アルコール8%

手摘みのガメイ100%

醸造面では繊細なぶどうの風味を損なわないように注意し、一方で人為的な操作はしないように配慮している。

酸化防止のために亜硫酸添加をしますが、その量は僅か27mg/L。

辛口ワインだとしてもかなり低い数値。残糖:75〜80g/L。

主な販売先:パリ76% ラ・カーヴパンテオン、ヴァンアンテットなど。

海外24% 日本、USA,、スイス、ベルギー、オランダ、カナダ

(輸入元資料より、2011年に関する情報)



フィリップ・バリヴェ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’10

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2600

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

’08から7%OFF

50本完売!ありがとうございました

「2011.4月に飲みました。’08にはじめて飲んでからというもの気がつけばビュジェ・セルドンなしに春〜夏を乗り切れない体となってしまいました(笑)そういうお客さまも急増中です!甘いイチゴ・シロップ的な香り主体ですが、例年よりも少しヨーグルト香が強く、ヨーグルトにイチゴと洋ナシを入れたようなニュアンス+ミネラルの魅惑的なよい香り。当たり年と騒がれた’09よりも明らかに酸とミネラルが豊富でバランス的にもより整っており、当店的には’08と2010年のスタイルの方が遥かに好きです。上品な甘さで、雑味ゼロのミネラリーで極めて心地よいアフター。クリーミーな泡で、あくまでみずみずしくピュア、ブドウのうまみが豊富で、とても杯が進む。偉大さとか深みとは別のジャンルで完成された素晴らしいワイン。抜栓の次の日も非常においしい。泡だけはどうしても抜栓直後よりも少し弱くなります。こちらが完売したらバリヴェには敵わないものの高品質なアラン・ルナルダ2010年も買うと思います」

アルコール8%

 

フィリップ・バリヴェ、ビュジェ・セルドン・ロゼ・ペティヤン’08

(フランス・サヴォワ・やや甘口・微発泡)

税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

わりとしっかり冷やした方がおいしい

「2009.6月に飲みました。どうしてももう1度飲みたくなって再入荷出来ないのに空けてしまいました。2度目なのであえて詳しいコメントも載せてみます。すごく大きく括ってしまえば、¥1000台後半くらいからのランブルスコ甘口上級品ヴィンテージもの(エミリアロマーニャ州)に少し似たタイプのものがあるかもしれませんが、この独自の風味、上質な酸、バランス、アフターはこのワインには敵わないでしょう。イチゴシロップ、甘〜いスイカ主体の非常によい香り。まったく飲み手を選ばないジュースのような徹底した飲みやすさ、フレッシュでミネラル感も感じられ、上品で自然な甘さ、一番の個性だと思われるアフターに非常に心地よく残る酸が最高!この酸のおかげで清涼感があり、喉が乾かない。シャンパン・ストッパーをして冷蔵庫保存で抜栓の次の日も非常においしい。まったく落ちない。飲むシチュエーションによっては王様になり得るワイン」

「2009.5月に短時間で試飲しました。ワイン初心者〜ワイン通まで思わず微笑ませてしまう『難しいこと抜き』ワインの最高峰。上品な甘さで、独特の風味がワイン通をも魅了してしまうでしょう。イチゴやフランボワーズなどの香り、低くない酸。予想以上にクリーミーな泡。フレッシュかつチャーミングで、非常に心地よく杯が進む。アペリティフ、食後、寝酒、花見のお供など自由に楽しめるタイプで20代の宅飲みでこのワインを持参すればヒーロー間違いなし!あらゆるパーティーなどでも重宝します。輸入元さんによると同じ地区のいくつかの生産者のものと飲み比べると明らかにこのフィリップ・バリヴェが一番高品質だったそうです。※アラン・ルナルダのビュジェ・セルドン’08も試飲しました。かなりおいしいですが、フィリップ・バリヴェには敵わない印象でした。こちらが完売したらアラン・ルナルダも買うと思います」

1年に1回のみ日本に輸入される限定品!

48本完売!ありがとうございました〜※すでに再入荷不可能!

フランス国内と日本で主に消費され、あまり他国に輸出されていないそうです

アルコール8%

エコセルト認証ビオロジック

手摘みのガメイ90%、プールサール10%

ジュラ・サヴォア地方の西部"SERDON"地区最高の生産者

標高の高い優れた畑

SO2極少

2008年は、例年より酸味がのった当たり年!


2012/8/8(水)アップ〜蔵出しピエール・フリック’09クレマン





ラシーヌ輸入の限定品!




ピエール・フリック、クレマン・ダルザス・ゼロ・スルフィト・アジュテ’09

(アルザス・辛口白泡)


税別¥2500

<売り切れ>

アルコール12.5%

栽培:ビオディナミ (Demeter, Ecocertともに認証あり)

樹齢15年、手摘みのリースリング100%

グランクリュ・ヴォルブールの上部の丘の上に位置する区画クロテンフ

無清澄、SO2添加なし



『 アルザス地方のコルマールの南ファッフェンハイム村にあり、1970年にビオロジック、1981年からビオディナミを始め、アルザスにおける有機農法の先駆者。自然の表現とブドウの純粋さをワインにとじこめることを信念とし、その味わいはピュアで純粋に品種の個性を楽しむことができます。〜すべてのワインが品種とテロワールの個性にあふれています。(輸入元資料より) 』


2012/6/3(日)アップ〜蔵出しヴィニョーブル・クルールNV

予想以上にコクのあるクレマン・ダルザス!




ラシーヌ輸入の限定品!



ヴィニョーブル・クルール、クレマン・ド・クレモン・サンスフル・ブリュットNV

(アルザス・辛口白泡)


税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

25本完売。ありがとうございました〜※輸入元さんでも完売。再入荷不可能!

「2012.5月に飲みました。やや明るいイエロー。抜栓直後の低い温度ではリンゴ、梨、ミネラルの香り主体。時間とともに温度が少し上がってくるとほのかに甘い洋ナシとブリオッシュの香りが出て、予想以上に果実味とコクがある印象。ちょうどよい酸。ピュアでドライでミネラリーで上質。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12%

AOCクレマン・ダルザス

ピノブラン、ピノブラン・オーセロワ(樹齢40年)

100%手摘み

瓶内熟成は最低18ヶ月間

醸造中とデゴルジュマン時のSO2は無添加

エコセールとABマークあり

『 17世紀から代々ブドウ栽培農家として続く、大変長い歴史を持つクルール家。1999年から本格的にドメーヌとしてワインを造っています。 アルザス地方のコルマールから西北西6kmにあるカッツェンタール村にあり、1999年からビオロジック、ビオディナミで栽培を始めました。場所はヴォージュの森に隣接し、標高は210m〜660m、所有するほとんどの畑が傾斜になっていて、中には斜度40°にもなる畑もあります。土壌は場所により異なり花崗岩質(Wineck-SchlossbergとSteinacker)やムッシェルカルク=石灰質(村の先にある標高600mの畑は海から来た排水性の高い目の粗い土壌)などがあります。平均樹齢は約35年(中には樹齢55年〜60年もあります)。 (輸入元資料より) 』


2013/8/3(土)アップ〜蔵出しボイ―ガスNV

飲み頃ピーク!2ランク上の素晴らしいカヴァ!

 




ボイーガス、カヴァ・グランレゼルヴァ・ブリュットNV

(スペイン・辛口白泡)


税別¥2300

<売り切れ>

昔は輸入されていなかった新商品

畑の場所、ブレンド比率、造り方などすべて同じで、ドサージュだけ少量しております

「カン・マシーア」より、シャルドネ40%、チャレッロ30%、マカベオ20%、パレリャーダ10%。樹齢10〜80年。36ヶ月間以上瓶熟成。ドザージュは6g/l。





ボイーガス、カヴァ・グランレゼルヴァ・ブリュット・ナチューレNV

(スペイン・辛口白泡)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

26本完売。ありがとうございました

「2012.6月初旬に飲みました。やや冷え状態で抜栓〜最初の1杯目は、昔飲んだ時より酸のキレがないかも?と感じましたが、しっかり冷やすと補えました。しっかり冷やした方が、バランスはよいかもです。どうやら今、飲み頃のピークで熟成によるほのかな甘さが出ており、ブリュット・ナチューレなのに甘味があるという意外な感じもあります。(※言うまでもなく総合的には完全に辛口です。)熟成を感じる濃いイエロー。ややコクがあり、ミネラルが多い。ミネラルとともにキメ細かなごくわずかな苦みを伴うアフター。抜栓の2日後もおいしい。ヨーグルト、レモン、ミネラルなどの香り」

アルコール12.5%



「過去2回試飲して、素晴らしいと思ったのですが常にインポーター完売状態でしたので今まで買えませんでした。今回入荷分以降、ラベル・デザイン変更&さらに品質アップと聞いていますので、厳密にいえば試飲したものとは中身が別物です。カヴァとしては最高レベルの透明感、酸、ミネラル。野暮ったさと雑味がなくバランスよく、杯が進む。夏に限らずオールシーズン楽しめるあらゆる食事を生かすタイプの泡」

自社畑100%のドメーヌもの

シャルドネ40%、チャレッロ40%、マカベオ10%、パレリャーダ10%

樹齢10〜80年

除草剤・殺虫剤は一切使用しない

シャンパーニュ産酵母を使用しステンレスタンクで発酵。動瓶は手作業

36ヶ月間以上瓶熟成

ドザージュ・ゼロのノンドゼ

ボイーガスの最高キュヴェ!

『 ワイナリーの歴史は長く、14世紀から名声を誇り続けたアルト・ペネデス最北端の伝説的な丘陵畑「カン・マシーア」で400年以上に渡ってぶどう栽培を営み、1936年からカバ造りを開始した老舗です。その濃密で深い味わいは他のカヴァにはまず見られないもので、スペインのトップソムリエ達と35ヶ国の名門インポーターが長年支持し続けているのもうなずけます。どの生産地にも孤高の天才がいるものですが、私たちがカヴァに本気で取り組む決意をさせてくれたのも彼でした。(輸入元資料より) 』


2017/10/6(金)アップ〜蔵出しバロン・ド・ロートベルグNV

上質な酸味が楽しめるスパークリング!

 






カーヴ・ド・ランディラ、バロン・ド・ロートベルグ・ブリュットNV

(フランス・ボルドー・辛口白泡)

税別¥1300

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

714本完売!!!ありがとうございました

「2009.7月に飲みました。抜栓直後の最初の1杯目は???何故なら2ヶ月前に試飲した際にはもっとはっきりと酸にキレが感じられたので、ロットの違いによりヴィンテージやブドウ品種のブレンド比率など中身が違うのかと思いました(2ヶ月前に試飲したボトルは輸入元さんが以前に輸入したもの、今回入荷分は最近、輸入したばかりのロットです)。ところが約20分後に注いだ2杯目は、明らかに酸が強くなったので一安心。酸がこの泡の最大の特徴なので本当に焦りました、、、リンゴ、ヨーグルト、ミネラルなどの香り。この価格帯の泡としては例外的に雑味なく飲み飽きない。この価格でこれだけ楽しめれば言うことなし!結局抜栓の2日後まで落ちずによい酸のまま楽しめました」

「2009.5月に試飲しました。この価格帯の泡としては例外的に雑味がなく、酸が上質。香りとバランスも優れており、某スパークリングなど違って次の日に頭も痛くならないことでしょう。みずみずしいリンゴなどの香り。正直、バロンドマルティネイより特に酸において上質。驚くほどの超お買い得品!」

アルコール11%

ユニブラン主体、アイレン

石灰質土壌

ペサックレオニャンから南に約20kmの地区


2016/3/20(日)アップ〜蔵出しボルゴ・アンティコ’14

ワンランク上のプロセッコ、泡の質も良い


 


ラシーヌ輸入の限定品!

2009年からDOCGに昇格







ボルゴ・アンティコ、コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート・ブリュット’14

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥1900

<売り切れ>

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

アルコール11.5%

36本完売。ありがとうございました

※この’14から幅広ボトルから普通のシャンパンくらいの大きさのボトルに変わりました。これでギフト用などにも使いやすい&ご家庭の冷蔵庫にも入りやすいですね!




ボルゴ・アンティコ、コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート・ブリュット’13

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥1900

<売り切れ>

アルコール11.5%

1年前から値上がりなし!’10の時よりもお安いということは値上がり幅の小さい銘柄



ボルゴ・アンティコ、コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート・ブリュット’11

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥1700

<売り切れ>

リアルワインガイド41号旨安賞に選ばれる!

アルコール11.5%

北イタリア白2011〜2012は、非常によい出来のものが多いです

リアルワインガイドさんではファゾーリ・ジーノのプロセッコ’11の方が高評価でしたが、’10を飲み比べた限りでは基本的にこちらの方がコクのある泡のしっかりした本格派で、抜栓後も2日間くらいはまったく問題なく楽しめる、普段アダミやマンザーネを飲んでいる方にも自信を持っておすすめ出来る銘柄です




ボルゴ・アンティコ、コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・ミッレジマート・ブリュット’10

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)


税別¥2000

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

48本完売。〜※近日さらに再入荷予定!

「2012.4月に飲みました。アフターにわずかな雑味を感じるプロセッコが多い中、抜群のコンディションもあって雑味ゼロでプロセッコらしいごくほのかま甘味にうまみがのって酸も低くない。この価格にしてアダミのスタンダード品(税込¥2700前後)よりもおいしいかもしれない。値下がり後はさらにお買い得な内容となっております。かなり幅広く食事を生かすタイプで、理想的なアペリティフでもあるし、春〜夏に特においしいタイプ。明るいイエロー。シトラス、ライム、ハーブ、青リンゴ、ミネラルなどの少しロエロ・アルネイス的華やかさのあるよい香り。抜栓の次の日もおいしいが、抜栓直後のバランス感がベストだった気がする」



「2011.10月に短時間で試飲しました。高級感のあるラベル。ピュアで泡の質がよく、洋ナシやリンゴ、白い花、ミネラルなどの香りがあり、単調な青リンゴ風味だけでは終わらないなかなか上質で心地よいプロセッコ。酸とミネラルが低くなく、若干の複雑性も感じられるよいバランス。あらゆる食事を生かしてくれそう。ラシーヌさんが輸入したシャンパーニュの泡の質の素晴らしさはすでにプロの間では常識となっていますが、プロセッコですら泡の質のよさがはっきりとわかる内容となっております!」

アルコール11.5%

『 このワインを育んだ大地はモレーンであり、深く、粘土質で、重い土壌である。 〜あわせるお料理は、魚や白身の肉をベースにしたもの、リゾット、ミネストラ、サラミやプロシュートなどがおすすめ。アペリティーヴォにはもってこいである。 (輸入元さんコメント) 』

グレーラ100%

ビオロジック栽培を実践

SO2最小限


『ボルゴ・アンティコ・ワイナリーは、代々マルケージン家が経営。マルケージン家は、常に伝統の偉大さを念頭に置きながら、目指すべきところをきちんと定めた上で、ワインを少量生産している。自社畑から収穫されたブドウの使用、自然の成り行きに従った収穫、醸造からビン詰めに至るまで、ワインづくりのどの過程においても、非常に高い品質が約束されている。

特に、ボルゴ・アンティコが位置するコネリアーノ・ヴェネトの丘陵地は、エリア全体がブドウの栽培地として有名。昔から、理想的に発泡し、文字通りイタリアの主要なスパークリング・ワインとして認識されている白ワインの1つであるプロセッコの生産地として、また、どんな料理にもあうスティル・ワインやアペリティーヴォにも最適な微発泡性ワインの生産地としても賞賛されている。 (輸入元資料より) 』


2011/12/11(日)アップ〜蔵出しルネ・ミュレNV







ルネ・ミュレ、クレマン・ダルザス・キュヴェ・プレスティージュ・ブリュットNV

(アルザス・辛口白泡・マグナム・1500ml)


税別¥5200

<売り切れ>



ルネ・ミュレ、クレマン・ダルザス・キュヴェ・プレスティージュ・ブリュットNV

(アルザス・辛口白泡・750ml)


税別¥2400

<売り切れ>おすすめ!

ワイナート67号 90点(今号の大絶賛!)

ギィ・ド・アシェット2008年度版 2つ星!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版16/20点&お買い得マーク付き!

料理王国2011年5月号にて掲載される!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

132本完売!!!ありがとうございました

「2010.12月に飲みました。やや明るいイエロー。ハーブ、ミネラル、リンゴ、グレープフルーツ、みかん、ゴールドキウイなどの香り。予想以上に複雑でうまみのある味わい、シャンパーニュより少しガス圧弱い。メイエ・フォンヌのクレマンダルザスほどのコクはないが、心地よさはこちらの方が上だと思う。アフターに残る柑橘系の心地よい酸味が、本来は緩い骨格をうまく引き締めている為、バランスよく杯が進む。特に最初の1〜2口目のおいしさはなかなかインパクトがある。温度は上げすぎない方がよい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12%

平均樹齢30年

年によって違うものの大体ピノブラン25%、ピノオーセロワ25%、リースリング20%、ピノノワール20%、ピノグリとシャルドネもわずかにブレンドしている

『 小樽と大樽を使用して18ヶ月熟成、その後ソレラのような方法で貯蔵したワインを加えてボトリング。2次発酵に移り、さらに18ヶ月熟成を経て出荷されます。5種類のブドウをブレンドする事で、複雑な香りと味わいになり、シャンパンとは一味違うスパークリングワインに仕上げています。 (輸入元資料より) 』

フランスでの評価が非常に高い造り手

2017/11/15(水)アップ〜蔵出しサラッコ’16ハーフ

2017/9/6(水)アップ〜蔵出しサラッコ’16(750ml)

最高のモスカートのひとつ!厚みと複雑性、キレイな酸があります



※画像は、モスカート・ダウトゥンノ’07です。





サラッコの人気が全国的に高まってきたようで、昔のようにいつでも買えるワインではなくなってきてしまいました、、、







サラッコ、モスカート・ダスティ’16

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・ハーフ・375ml)

税別¥1600

<あと2本>

スクリューキャップ



サラッコ、モスカート・ダスティ’16

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・750ml)

税別¥2300

<売り切れ>

Wine Enthusiast 92点!

パーカー92点!!!(2017〜2018年、ワイン・アドヴォケイト232号)






サラッコ、モスカート・ダスティ’15

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・ハーフ・375ml)

税別¥1600

<売り切れ>絶対おすすめ!

アルコール5.5%

※’15はハーフ スクリューキャップ
750ml コルク
でした。



サラッコ、モスカート・ダスティ’15

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・750ml)

税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!
(Editors'Choice、さらに2016年度 TOP54/100位!)


パーカー90点(2016〜2017年、ワイン・アドヴォケイト225号)

「2017.1月上旬に飲みました。少し温度が上がってもおいしいし、抜栓の3日後に微発砲が抜けてもおいしいが、一番おいしいのは抜栓当日の微発砲とフレッシュ感が残っている間と言えそう。レモネード、砂糖漬けの柑橘類、ハーブなどのよい香り。味わいもまさに天然の甘さのレモネード。アタックよりもアフターにかけて伸びる酸で多少ミネラルも感じられる気がする。べたつかない&もったりしない甘さで杯が進み過ぎるバランス。ワイン初心者〜ワイン通までOK。ピュアで雑味ゼロ。皆さまご存じの通り上質な甘口ワインに特に大切な要素は酸なのですが、’15だから酸が低いということはまったくない」

アルコール5.5%

輸入元値下げにより今回入荷分から¥324値下がり!ありがたい!





サラッコ、モスカート・ダスティ’14

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・750ml)

税別¥2400

<売り切れ>

VINOUS 88点(2015〜2016年、2015年12月試飲)

※スクリューキャップ

アルコール5.5%



サラッコ、モスカート・ダスティ’13

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・ハーフ・375ml)

税別¥1500

<売り切れ>



サラッコ、モスカート・ダスティ’13

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・750ml)

税別¥2400

<売り切れ>

※スクリューキャップになりました。

VINOUS 88点

27本完売。ありがとうございました

アルコール5.5%





サラッコ、モスカート・ダスティ’12

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・ハーフ・375ml)

税別¥1400

<売り切れ>




サラッコ、モスカート・ダスティ’11

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・ハーフ・375ml)

税別¥1400

<売り切れ>

パーカー90点(2012〜2014年、ワイン・アドヴォケイト203号)

デカンター誌4つ星18/20点!(2012〜2013年)



サラッコ、モスカート・ダスティ2010年

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・ハーフ・375ml)

税別¥1400

<売り切れ>絶対おすすめ!

※ハーフは再入荷不可能!


サラッコ、モスカート・ダスティ2010年

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡・750ml)

税別¥2150

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー90点(2011〜2012年、ワイン・アドヴォケイト197号)

エスプレッソ誌 17.5/20点!

ガンベロロッソ 2グラス

イタリア・ソムリエ協会 3つ房


※750mlも再入荷不可能!

「2011.10月に2度試飲しました。’09と同レベルの非常によい出来でした。2010年の方がわずかに透明感があるかもしれません。レモネード、砂糖漬けのグレープフルーツやオレンジ、ライム、シトラスなどの非常に甘く、同時に清涼感もあるよい香り。ややしっかりした酸、上品な甘さで極めて心地よい味わい。アフターも雑味なくピュア。これを試飲するのは拷問に近い感じで、非常に飲み込みたくなってしまう!1杯では止まらなくなること間違いなし!若者はこのサラッコのハーフボトルを宅飲みデート用に冷蔵庫に常備すべし」

アルコール5.5%



 

サラッコ、モスカート・ダウトゥンノ’09

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡)

税別¥2300

<売り切れ>限定品!

パーカー92点(2010〜2012年、ワイン・アドヴォケイト190号)

ガンベロロッソ2011年度版 トレヴィッキエーリ!

イタリア・ソムリエ協会2011年度版 5つ房!

アルコール5.5%

ダウトゥンノの方が、甘さと厚みが少し上。ダスティの方が、若干甘さ控えめでキレイな酸味があります(それでも極甘口ですが)

 

サラッコ、モスカート・ダスティ’09

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡)

特別価格・税別¥1900

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー90点(NOW、ワイン・アドヴォケイト190号)

エスプレッソ誌2011年度版にて絶賛される!

24本完売。ありがとうございました

※あと1回だけこの特価で無茶してみることにしました〜!ぜひともこのチャンスにお買い求めくださいませ!

「2010.9月に試飲しました。言うまでもないことですが、やはりフォンタナフレッダやチェレットのような大量生産型よりもはるかに高品質!改めて思ったのは数年の熟成は可能ですが、リリース直後のフレッシュな時期に飲むのがやはり一番おいしいのだろうなぁということ。当たり年なので酸だけが心配でしたがまったく問題ありませんでした。レモネード、砂糖漬けのグレープフルーツやオレンジ、ライム、シトラスなどの非常に甘く、同時に清涼感もあるよい香り。キレはないが低くない酸、上品な甘さで極めて心地よい味わい。アフターも雑味なくピュア。これを試飲するのは拷問に近い感じで、非常に飲み込みたくなってしまう!1杯では止まらなくなること間違いなし!」

当たり年!

アルコール5%

’08 インターナショナルワインセラー90点

カスティリオーネ・ティネッラ村

石灰岩土壌

 

サラッコ、モスカート・ダウトゥンノ’07

(北イタリア・ピエモンテ州・極甘口白・微発泡)

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点

36本完売。ありがとうございました

「2009.5月に短時間で試飲しました。初めてラ・スピネッタのモスカートダスティと同等〜それ以上のものに出会いました!酸のキレだけは、スピネッタの方がわずかにあるかもしれませんが、こちらは厚みと複雑性があり、驚くほど上質。レモネード、白桃、アプリコット、白い花などの非常によい香り。大量生産型のモスカートダスティとは完全に別物。ぜひ1度お試しあれ」

’08 インターナショナルワインセラー91点

あらゆるワインガイドで最高のモスカートに挙げられているワイン!

カスティリオーネ・ティネッラ村

砂の筋が入った石灰岩土壌

『 サラッコの当主パオロ・サラッコ(44歳)は、モスカート・ダスティの名手として熱狂的に愛され、格別な扱いを受けている造り手です。 代々モスカート・ダスティを作るサラッコ家の4代目で、1984年にアルバの醸造学校を卒業しました。父の代までは、そのモスカート・ダスティをタンクごとネゴシアンに売っていましたが、パオロの代になって元詰めを始めました。欧米での人気が高いため、ことさら新たなマーケットを必要としていなかったとのことでしたが、ようやく日本市場入荷となりました。 

〜マット・クレイマーは、『イタリアワインがわかる』(未訳)の中で、次のように述べています。

 「私にとって、モスカート・ダスティ最上の生産者は、パオロ・サラッコである。私の知るかぎりでは、サラッコのモスカートは、テクスチュアの濃密度と空中に張り渡されたロープのような優雅さを漂わせるという点にかけては、誰よりもキオネッティ夫人の作にちかい。味わいはすなわち、濃醇で密度が高く、フレッシュで純粋。サラッコは、モスカート・ダスティのベンチマークとなる生産者である」 (輸入元資料より) 』


2013/6/5(水)アップ〜蔵出しトレヴィジオールNV

印象的なラベル、低すぎない酸で杯が進む春〜夏向きの泡!




ラシーヌ輸入の限定品!

インポーターさんで急にこのワインの動きが早くなったなぁと思っていたら、どうやらDOCGに昇格して人気が高まっているようです。ラベルにもDOCGの文字が入りました



 トレヴィジオール、プロセッコ・ディ・コネリアーノ・ヴァルドッビアデーネ・スぺリオーレ・エクストラドライNV

(北イタリア・ヴェネト州・やや辛口白泡)

税別¥1800

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

368本完売!!!ありがとうございました

輸入元さんで急激に人気となり、しばらく再入荷不可能となっておりましたがやっと再入荷できました!全国のレストランさま等でいきなり大人気だそうです!

「2011.9月に飲みました。雑味なく泡の質もクリーミーで、一般的なプロセッコよりもミネラル感が強い。もう少し甘いかと思ったが予想よりも辛口で、アフターにプロセッコ種らしいほのかな甘さが残り心地よい。当店に届いて2日くらいしか休ませないで開けたせいかどうかはわかりませんが、抜栓直後は意外に香りが閉じていたが、2杯目くらいからはみずみずしいフローラルな青リンゴとミネラル、ほのかなスパイスのよい香りに変化した。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール11.5%

 

 トレヴィジオール、プロセッコ・ディ・ヴァルドッビアデーネ・ブリュットNV

(北イタリア・ヴェネト州・辛口白泡)

税別¥1850

<売り切れ>おすすめ!

しっかり冷やした方がおいしい!

「2010.7月に再度飲みました。大体前回試飲時と同じ感想ですが、骨格自体は緩いにもかかわらず、アフターのごくわずかな苦みを伴うミネラル感とアルコールの低さによって意外と杯が進むおいしさ。シャルドネに慣れきっている方もたまにプロセッコやカヴァを飲んでみると近年これらの銘柄が進化していることもあり、新しい発見があるのではないでしょうか?温度が上がると酸の低さと緩さが目立つので常にしっかり冷やして真夏に飲みたい。中程度のイエロー。青リンゴとミネラル主体の香り+わずかに白桃やバナナのような香りも。抜栓の次の日の印象は、明日アップします」

「2009.5月に試飲しました。薄っぺらい単調な青リンゴ香の大量生産型プロセッコとは違い、やや凝縮して洗練されており、低くない酸によってよいバランス。意外にもアフターに少しミネラルを感じる。強すぎない泡とアルコールがとても心地よい。深みと骨格にはもちろん欠けるが、なかなか楽しめる。ワールドカップを見ながら気軽に開けたい。夏バテ等で疲れているときにでも軽やかで心地よいでしょう」

アルコール11.5%

標高300mの優れた畑

トレヴィジオール・ファミリーは、初めてプロセッコを造り始めた人たちの一人。高い標高を生かし、時間をかけて成長したブドウから洗練された味わいを生み出す。ブリュットは、2時発酵を最後まで続けた完全な辛口



 Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
 wine-ito@green.ocn.ne.jp