ランドック、プロヴァンス、南西
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文



たまたま、立て続けにランドックの素晴らしい生産者との出会い(ムーラン・ド・ガサックとコント・ド・ロルジュリル)がありました!

普段¥1,000台のワインに興味がない方にも自信を持っておすすめ出来る内容ですのでこの機会にぜひともお試しください!!!


2018/9/8(土)アップ~蔵出しクロ・クロンビュ’16’15

うまみエキスが分厚いローヌ的に飲めるおいしく個性のあるコルス!




 


ユーロリーフあり!
Certifie BIO par ECOCERT




Clos CULOMBU, Corse Calvi Rouge '16

クロ・クロンビュ、コルス・カルヴィ・ルージュ’16

(フランス・コルシカ島・辛口赤)


税別¥2200

<あと9本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

27本完売。

「2018.8月下旬に飲みました。紫色の弱い中程度のルビー色。抜栓直後ははっきりと『海苔』のヨード香があり、そこに赤い実のベリーやスパイス、ガリグっぽい香りが混ざり合う。そこから短時間で甘い桃の香りが強く出てきてスパイス香も甘苦系になります。豊かな果実味で、ローヌのクラシック気味の非常によく出来たグルナッシュ主体ブレンドのような中域の厚みのあるうまみエキスがこのワインの美点だろうか?タンニンの質が非常によく、酸は若干低いがバランスはとてもよいし余韻も長め。ただし温度を下げ過ぎると少しクセのあるハーブとスパイスのニュアンスが出るので、あまり温度を下げないほうが良い気がします。抜栓の次の日も非常においしい。甘い梅や桃のリキュールっぽい香り。アルコールの浮きはない。ちょっとクセがあるけど個性があり、とってもおいしいです。特にローヌ好きな方はハマります!」

アルコール14.5%




Clos CULOMBU, Corse Calvi Rouge '15

クロ・クロンビュ、コルス・カルヴィ・ルージュ’15

(フランス・コルシカ島・辛口赤)


税別¥2200

<あと18本>限定品!

※再入荷不可能!

アルコール14%


Appelation : AOC Corse Calvi

マニアックなブドウ品種構成
Niellucciu 50% Sciaccarellu 30% Syrah 10% Grenache 10%

ニエルッイオは、なんとサンジョベーゼともともと同一と言われています。このワインの香りと味は全然サンジョベーゼのイメージとは違いますが(笑)

シャカレッロは、ローマ人によって移植されたらしいと言われており、花崗岩との相性がよく、特徴的なハーブ香が出やすいようです。

(ワインの教本等で、それぞれニエルチオ、スキアカレロ表記の時もあります。)


洗練されたビオワインを生み出す、コルシカの大ドメーヌ
クロ・クロンビュはコルシカ島の北西、カルヴィ郡に属するリュミオ村のドメーヌ。
AOCヴァン・ド・コルス・カルヴィの中心地にあり、海寄りのリュミオ村と2000メートル級の山を背後に抱くモンテグロッソ村の間に55haのブドウ畑を有している。

ドメーヌの創立は1973年で、アメリカ大陸を発見したクリストファー・コロンブスがカルヴィ生まれという説(当時、コルシカ島はジェノヴァの統治)にちなみ、クロ・クロンビュと名付けられた。
1989年に現当主のエチェンヌ・スッツォーニがドメーヌを引き継ぎ、
2010年、ビオロジック農法の認証を取得(AB、ECOCERT)
テロワールの特徴を明確に引き出すため、同じ年に醸造施設を刷新している。 そのテロワールは風化した花崗岩のマサ土とシスト(結晶片岩)、それに粘土が入り混じる。温暖で乾燥した地中海性気候だが、強く吹きつける風が夏の猛暑を和らげ、海岸からわずか2キロしか離れていないため、ワインの風味にも潮風の影響が感じられる。

AOCヴァン・ド・コルス・カルヴィの赤ワインは、樹齢の高いシャカレッロ80%、ミニュステッリュ10%、カルカジョリュ10%からなる(※ヴィンテージによって変わります。)。ブドウ畑は花崗岩質のマサ土に広がり、植え付け密度は1haあたり4000本。こうすることでブドウの樹同士が競争し、根は土中深くまで伸びて冷たい粘土層までたどり着き、ブドウにフレッシュさとミネラル分をもたらすという。
ブドウはすべて手摘み。除梗破砕後、6度で3日間の低温マセレーションを行い、ルモンタージュとデレスタージュをしながら醸し発酵。数ヶ月、タンクで熟成させた後、瓶詰めされる。

同じく白ワインはヴェルメンティーノ100%。品種は単一ながら、花崗岩質のマサ土、シスト、粘土など多様で、それが風味の複雑性に寄与している。赤と違って、白は夜間のうちに機械で収穫される。涼しい夜のうちに短時間で収穫し、フレッシュ感を保つのだ。10時間のスキンコンタクトでアロマを引き出し、12~16度の低温でアルコール発酵を行う。

花崗岩のマサ土で栽培された、高樹齢のニエルッチョ、シャカレッロ、サンソーからロゼも造られている。これも白ワインと同じく、フレッシュさを維持するため機械収穫。ブドウを圧搾後、3~5日のマセレーション。ステンレスタンクを用い、12~16度で低温発酵が行われる。

どのワインも洗練という言葉がふさわしく、フレッシュ感溢れる味わいのおかげで、南仏のワインにありがちな重々しさが微塵もない。昨今のライトでヘルシーな料理と最高のマリアージュを見せてくれることだろう。
(輸入元資料より)


2018/9/1(土)アップ~蔵出しドメーヌ・ル・ルー・ブルー’17

インスタ映えラベルのゆるふわ系ロゼ!








 


下の画像のように裏ラベルにABマークとユーロリーフあり!



DOMAINE LE LOUP BLEU, VOL DE NUIT Cotes de Provence ROSE '17

ドメーヌ・ル・ルー・ブルー、ヴォル・ド・ニュイ・コート・ド・プロヴァンス・ロゼ’17

(プロヴァンス・辛口・ロゼ)


税別¥1750

<あと3本>絶対おすすめ!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版14/20点

15本完売。

「2018.7月上旬に飲みました。青色のNOMAコルク。ラベルもコルクもインパクト抜群!抜栓直後の強く華やかなトップノーズと塩ミネラルに優れた、酸が低くないフルーティーでフレンドリーな楽しいワイン。細かいシチュエーションを気にせず外でバーベキューとかで開けても実力を発揮してくれそう。中域に新生四恩醸造さんと共通するような甘酒のようなエキス感があり、しっかり冷やしてもやや冷えでも予想より酸とコクがある。桜、さくらんぼ、ピンクグレープフルーツ、フルーツミックスガムなどの香りから時間とともにマスカットやトロピカルフルーツの香りも出てくる。明るいサーモンピンク。抜栓の次の日以降ゆるふわ感が増してきて、これもおいしい。抜栓の2日後もおいしい。この日はやけにトロピカル」

アルコール13.5%

’16 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版14.5/20点

グルナッシュ、ロール、カリニャン、シラー、クレレット

直接圧搾後法で、1~2週間冷やし澱などを沈殿させてから発酵させることで、淡いローズピンクの美しい色合いになっている。フランボワーズ、桃、赤スグリのような果実のフレッシュな香り、そしてわずかに柑橘系のアロマも感じられる。口当たりはすっきりしているが、心地よい飲みごたえのあるワインで、
ストロベリーやブルーベリーのような果実味と爽やかな酸味のバランスがよく、フレッシュな余韻が楽しめる。
(輸入元さんコメント)


オーナーであるマルク氏とシルヴィー女史のデュボワ夫妻が、それぞれのキャリアを終え、自然に回帰したいという考えのもと、2011年、サント・ヴィクトワール山の麓にワイナリーを取得しました。ビオロジック農法を実施し、2015年にエコセール取得しています。

所有畑は全てドメーヌの周辺にあり、標高400m。地中海から30km程の場所ですが、北はサント・ヴィクトワール山(1,011m)、南はオレリアン山(872m)に囲まれているため、大陸性気候の要素もあります。日当たりがよく土壌は粘土石灰質。プロヴァンス特有の乾燥した強い北風がブドウを病気から守りサント・ヴィクトワール山に近いことから突風の被害を受けることが少ない恵まれた環境でブドウを栽培しています。
(輸入元資料より)


2018/8/3(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ガヴォティ’17

夏に飲み飽きない、じわじわおいしいロゼ!




 


これもソシエテ・サカグチ・セレクション!!!

現在ビオディナミに転換中




Domaine GAVOTY, Cotes de Provence Grand Classique Rose '17

ドメーヌ・ガヴォティ、コート・ド・プロヴァンス・ロゼ<グラン・クラシック>’17

(南フランス・プロヴァンス・辛口・ロゼ)


税別¥2400

<あと6本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー88~90点(NOW)

Wine Enthusiast 87点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点

「2018.7月上旬に飲みました。NOMA Classic Green コルク。クラシックで落ち着いた雰囲気の正統派で、コンディション抜群&冷涼で骨格があり緩みなし。抜栓直後はやや地味かもしれませんが、時間とともにうまみと塩ミネラルが強くなり(バランスの妙なのか?)、じわじわググッとおいしくなってゆきました!やや濃いサーモンピンク。青梅ジュース、ピンクグレープフルーツ、シトラス、イチゴなどの香り。ある意味中庸とも言えるが、真夏にずっと飲み続けても飽きないという強みがあり、抜栓後も長持ち。アルコールの浮きが一切出ないで抜栓の3日後まで非常においしい。最終的にはドメーヌ・ル・ルー・ブルー’17よりも余韻が長く、より飲み飽きない」

アルコール13.5%

グルナッシュ50%、サンソー35%、カリニャン10%、ロール5%

粘土石灰質土壌

現当主はRoselyne Gavoty

1906~1980までの当主だったBernard Gavotyさんは
Clarendon(上級銘柄のキュヴェ名)の偽名で『フィガロ』誌に音楽評論を書いていた


2018/9/5(水)アップ~蔵出しドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット’15’13

北海道初上陸!スペインやローヌだけではなく、南フランスにもまるでピノノワールのような超お買い得品がまだ探せば見つかります!








 


ブルゴーニュの「ダヴィド・デュバン氏」からの紹介で当店の恩人が輸入開始したラングドックは2014年に認められた新しいアペラシオン『テラス・デュ・ラルザック』を中心に涼しげエレガント&ミネラリーで中心の味付きはしっかり、まるでブルゴーニュのピノノワールのような香りとバランス、驚きの味わい!
いまさらながら南フランスがすべて暑くて完熟濃厚なわけではありません

実は去年から店頭限定で好評販売中ですが、HPに載せるのはこれが初!

Obviously a cool climete, surprisingly elegant texture.

ユーロリーフあり!




Les vins du Pas de l'Escalette, Les Clapas Rouge 2015
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、レ・クラパス・ルージュ’15

税別¥3500

<あと22本>絶対おすすめ!

ジャンシス・ロビンソン16.5/20点!

パーカー88点(2017~2022年、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター・オンライン88点(NOW~2022年)


MVF(旧クラスマン)2018年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

24本完売。

「2017.9月に飲みました。最初に飲むなら絶対これ!個性とスタイルが素晴らしい上に、いかにも有機栽培で涼しい畑の強いミネラルが縦に伸びる味。縁が紫がかったやや濃いルビー色。ガリグ、黒蜜、黒胡椒、スミレ、ミネラルなどの重くないよい香り。透明感のあるピュアな全体像、エネルギーのある果実、酸とミネラル、うまみが豊富で、重心が低くなく、アフターの抜けが良い本来のエレガンスがあるシラー。特にアフターにしっかり残るミネラル感にはインパクトがあり、驚くほど上質!ブルゴーニュ愛好家におすすめしたいランドック。よくまだ無名でこれほどの造り手を探せたものですね。コンディションも素晴らしく、さすがソシエテ・サカグチ・セレクション!!!」

アルコール13.5%

粘土石灰質土壌

標高350m

石を積み上げた壁、クラパスを連想させるミネラル感を 表現した赤ワイン。シラー50%、カリニャン30%、 グルナッシュ20%のブレンド。シラーが果実や花のアロマを、 カリニャンの古木がフレッシュさを、グルナッシュが 豊満さをもたらす。

非常に濃いガーネット。ブラックペッパーやリコリスのような スパイシーな香りと、成熟したブラックチェリーのフレーバーが 心地よく調和する。充実した果実味と共にタイトに引き締まった酸味。中盤から広がるスパイシーなタッチ。 味わいの骨格を成す強いミネラル感と滑らかなタンニン。 上質な地中海ワインの要素が詰まったキュヴェ。




Domaine du Pas de l'Escalette, Le Grand Pas 2015
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、ル・グラン・パ’15

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥5400

<あと8本>超限定品!

デカンター・オンライン92点!(2018~2022年)
世界のグルナッシュ特集で上位に選出される!!!

ジャンシス・ロビンソン17/20点!

パーカー90点(2017~2023年、ワイン・アドヴォケイト230号)


Terre de Vins 17.5/20点!

MVF(旧クラスマン)2017年度版18/20グラスさらにクー・ド・ラネ!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15.5/20点

アルコール13.5%




Domaine du Pas de l'Escalette, Le Grand Pas 2013
(AOC Terrasses du Larzac)

ドメーヌ・デュ・パ・ド・レスカレット、ル・グラン・パ’13

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥5200

<あと2本>絶対おすすめ!
超限定品!~※再入荷不可能!

MVF(旧クラスマン)2016年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

「2017.9月に’13を飲みました。上級品になればなるほど凝縮感が増して重くなるというのはもう古いというか必ずしもそうとは限らない。このワインはさらに塩味が強くなり、テンションが上がり、エレガント&ミネラリーを極めている系の赤い実の果実。上質なブルゴーニュのような美しさがあり、素晴らしい個性と余韻!びっくりするくらいおいしく、ピュアで透明感とフィネスがあり、みずみずしく冷涼でうまみとミネラルに溢れる艶々なめらかさにやられました~!やさしさと複雑性が絶妙で骨格と余韻もあります。コンディションも素晴らしく、さすがソシエテ・サカグチ・セレクション!!!」

アルコール13.5%

ふたりのラングドックにおける冒険を象徴するワイン。 毎年、決まったレシピはなく、直感によって造られるが、 主体はグルナッシュ。それにカリニャンとシラーが ブレンドされ、グルナッシュの豊かな果実味に、高い標高がもたらすフィネス。

非常に濃いガーネット。完熟したプラムやブラックベリーの 香りが強いが、ペッパーやシナモンのようなスパーシーな 芳香が良いアクセントになっている。テロワールに由来するミネラルのニュアンスが強くあり豊かな表現力を持つワイン。 豊かな果実味が広がり柔らかなタンニンが心地よく、 フィニッシュにスパイスとミネラルのニュアンスを綺麗に留めて行く




2014年にAOCとして認められたばかりのテラス・デュ・ラルザック。2003年、 ここにドメーヌを設立したのがジュリアン・ゾルノットとデルフィーヌ・ルソーのカップルだ。ジュリアンはロワールのアンリ・ペレで長年奉公ののちに独立。南仏ラングドックを新天地として選んだ。 「パ・ド・レスカレット」はエロー県の北部、地中海とラルザック盆地を結ぶ、巡礼路の途中になる切り立った山道のこと。ドメーヌはその近く、標高350メートルの高台に位置し、総面積20ヘクタールのブドウ畑は40を超えるテラスに分散している。

マサル・セレクションで新しく植えた区画を除き、栽培されているのは樹齢50年以上の古木である。 栽培品種は赤がグルナッシュ、カリニャン、シラー、サンソー、白がカリニャン・ブラン、 テレ・ブレ、グルナッシュ・ブラン、グルナッシュ・グリ。 ブドウ畑はこの地方で「クラパス」と呼ばれる石を積み上げた壁で囲われ、ラルザック盆地の水源のおかげで干魃からも守られている。土壌は水はけの良い粘土石灰質。昼夜の寒暖差は大きく、ブドウはゆっくりと成熟して芳香成分を形成すると同時に、南仏の太陽を受けても過熟から免れ、フレッシュさと緊張感を伴う果実味を得ることができる。

またブドウ栽培においては自然を尊重し、生物多様性を守りつつ、ビオロジック なアプローチをとる。ロゼを唯一の例外として、ほかのワインはすべてビオロジックの認証済みだ。 ドメーヌの造るワインは赤も白も、多くのラングドックにありがちな過熟感や重たるさは少しもなく、じつに果実味と酸味のバランスがとれ、タイト感さえ感じられ る。ブラインドでテイスティングしたら、品種がまったく異なるにもかかわらず、一瞬、 ブルゴーニュと錯覚を覚えるほどのエレガントなスタイルだ。 ラングドックは重く、粗野なワインばかり…と飲まず嫌いな方にこそぜひお試しいただきたい、上品で冷涼感を備えたワインである。

扱いのある3つ星レストラン
ミッシェル・ブラス、ピエール・ガニェール、オーベルジュ・デュ・ヴュー・ピュイ
アストランス、フラコン・ド・セル、アン・ソフィー・ピック
(輸入元資料より)



 

2018/9/1(土)アップ~蔵出しジェラール・ベルトラン’14

大量生産でお買い得なだけではない生産者!



 


所有している広大な畑すべてが有機栽培というすごさ!




GERARD BERTRAND, TERROIR LANGUEDOC '14

ジェラール・ベルトラン、テロワール・ラングドック’14

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥2000

<あと10本>おすすめ!

スペクテーター90点(NOW~2022年、
Smart Buys! & <Big Reds>部門 100 Top Value of 2016に選ばれる!!!)

パーカー86~88点(2016~2018年、ワイン・アドヴォケイト224号)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

19本完売。

「2018.2月下旬に飲みました。レゼルヴ・スペシャル・シリーズよりもやはり品質も個性もありました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。凝縮したブラックベリー、甘苦系スパイス、ガリグ、ほのかなクドさのないヴァニラとシナモンなどの香り。凝縮した果実味、タンニンの質がよく、酸とミネラルも低くない飲み頃NOW~。香りに甘さあるが、味わいは甘さ控えめで、アフターに塩を含むミネラルが残り大量生産型の味わいではなく、まるで小規模優良ドメーヌのような印象。抜栓の次の日も非常においしい。やはりタンニンの質がとてもよい」

アルコール13.5%

基本的にシラー約70%、グルナッシュ約30%

2種類のブドウ品種はそれぞれ最適なタイミングに手摘みで収穫。シラーは全房、グルナッシュは100%除梗し、理想とするアロマと滑らかでタイトなテクスチャーを得るために各タンクごとに注意深く醸造。ワインの一部は225Lのボルドー樽に移され、約10ヶ月熟成後、数ヶ月寝かせてから出荷されます。スパイスやハーブ、甘みを感じる凝縮した果実味を備え、ふんだんに使われた樽のニュアンスを感じる、高級感ある味わいです。

父から畑を受け継ぐブドウ栽培家でありながら、元ラグビー仏代表という異例のバックグラウンドを持つジェラール・ベルトラン氏がラグビー引退後、本格的に家族経営のワイナリーを設立。ラングドック・ルーションエリアへの明確なビジョンを持ち、30年にわたりパイオニアかつベンチマークとして活躍しています。ブランド、卓越性、陽気さ、そしてイノベーションの価値を具現化し、現在では14のドメーヌを所有。多岐に渡るブランド展開を行い、世界160カ国に輸出して名声を得ています。

ラングドック・ルーションに所有する6つのドメーヌ(600ha)をビオディナミに変換をしており、残りの8ドメーヌも今後、ビオディナミに変換を予定しています。
買いブドウでも異例の長期契約で変換推奨&サポートをしており、今後もオーガニック、ビオディナミ認証取得を行う予定です。
(輸入元資料より)


2017/10/8(日)アップ~蔵出しシャトー・ラ・ネグリ’15

艶やかに洗練され、よく凝縮しているが重すぎない!



 


2015年に昇格したばかり!ランドック最高の畑の一つである
AOP Languedoc La Clape
ラングドック・ラ・クラープ

同じく優れたクリュであるテラス・ド・ラルザックほど標高は高くないが、石灰分の多い土壌とこの土地特有の風の影響を受ける畑のようです




Chateau La Negly, Domaine de Boede Les Gres '15

シャトー・ラ・ネグリ、ドメーヌ・ド・ボエード・レ・グレ’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥3200

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー94点!(2017~2025年、ワイン・アドヴォケイト230号)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

24本完売。ありがとうございました

「2017.10月上旬に試飲しました。インパクトのあるトップノーズと果実味でわかりやすさもありつつ、艶やかでなめらかに洗練され、よく凝縮してコクがあるが重すぎず、スパイシー過ぎない。甘苦いニュアンスもキツ過ぎず、非常に上手にまとめた印象。ナパヴァレーや(サンジョベーゼ以外の)トスカーナの赤ワインが好きな方にとってもかなりお買い得に飲めてしまいそうな気がします。タンニンの質が非常によく、緩みもない」

アルコール%

グルナッシュ55%、シラー45%

’12 パーカー93~95点!

自社畑100%
(※この銘柄は買いブドウのセレクション部門ではありません)

石の多い砂岩、粘土石灰質土壌

収穫は、8kgの木箱を使い、畑で選別しながら行います。100%除梗し、伝統的な方法で発酵させます。発酵は40日間、1日に2回、人の手でピジャージュを行います。グルナッシュは木樽、シラーは300Lのバリック(新樽比率20%)で12ヶ月熟成させます。

非常に濃い紫色。シナモンやペッパーのスパイシーなアロマに、ブラックベリーやモカのノートが混ざっています。口当たりは複雑さがあり、エレガント、豊かな風味が広がります。 (輸入元さんコメント)


現在のオーナー、ジャン ポー ロセが引き継いでからは、品質重視のワイン造りをめざし、すべての畑の改革を実行、葡萄の植え替えを行い、栽培方法も新たにし、質の高い葡萄の栽培が出来るようにしたのです。

1992年、以前栽培していた伝統品種に代わり、シラー、グルナッシュ、ムールヴェードルの栽培を始めました。また、収穫も機械摘みから手摘みに切り替えました。
シャトー ラ ネグリの葡萄の収穫は、8~10kg入りのカゴを使い、すべて手摘みで行います。高品質を目指すために、50haの畑の平均収穫量は25hl/haに抑えています。

収穫した葡萄は、酸化を防ぐため速やかに低温に保たれたセラーに運ばれ選別を行います。約4~8名のスタッフが選果テーブルで厳しく選別を行います。十分に熟していない葡萄、ボトリティスがついているもの、過熟の葡萄を取り除き、完璧な葡萄のみを残します。

ワインの醸造は、ラングドックで№1と呼び声が高いコンサルタントのクロード グロの指導の下、デイディエ ラクロー(Didier Lacreu)が行います。


歴史
シャトーの歴史は、18世紀にさかのぼります。当時はシャトー ランスリと呼ばれていました。
1807年 「ラ ネグリ」と名乗るようになりました。
1930年代 現在のオーナー、ジャン ポー ロセの母方の一族の所有となりました。
1992年 ジャン ポー ロセが引き継ぐ。
2006年 契約畑だったドメーヌ ド ボエードを取得しました。

オーナー
ジャン ポー ロセ

葡萄園
シャトー ラ ネグリ50ha、ドメーヌ ド ボエード25haを合わせて75ha
ネグリの土壌が粘土石灰質であるのに対し、ボエードは砂質ロームと砂岩と、土壌の組成が異なります。

栽培
畑の管理を行うバスティアン ポー ロセ(オーナーのジャンの息子)が12名の常駐スタッフと共に、1年を通して綿密な手入れを行っています。
(輸入元資料より)


2018/8/13(月)アップ~蔵出しシャトー・マリ’15

甘さと凝縮感がありつつも、アフターにはすっきり感とミネラルが残るよい出来!


 







シャトー・マリ、ミネルヴォワ・シラー・オーガニック’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1700

<あと2本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

129本完売!!!

「2017.1月上旬に飲みました。DIAM1コルク。縁が強く紫がかった非常に濃いルビー色。とても甘くジューシーなアタック、バスケットいっぱいのベリー類を少し砂糖漬けにしたようなインパクトのある甘さ、程よいうまみ、丸いタンニンで意外なことに(特に抜栓直後は)流速が早く、アフターにスッキリさっぱり感がある。酸とミネラルがしっかりしている為、重くべったりしない。黒糖、黒蜜、甘苦系スパイス、わずかにガリグ、土、ミネラルなどの香り。抜栓の次の日もおいしい。ローヌ系特有のコクが出てきたので抜栓直後ほど流速が早くはなくなった。個性あるなぁ」

アルコール14%

シラー85.5%、グルナッシュ14.5%

2002年からエコセール認証あり

2004年にビオディヴァン

2008年からデメテル認証あり

周辺の環境等にも非常に配慮したビオディナミ

天然酵母、無濾過&無清澄


ワイン&スピリッツ誌が選ぶ2016年度 TOP100ワイナリーに選ばれる!



2017/9/3(日)アップ~蔵出しアルノー・シェ’15ラ・ヴィ・ダルノー

2016/10/20(木)アップ~蔵出しアルノー・シェ’13ラーム・デ・ピエール


まだまったく無名な超お買い得コルビエール!

コンサルタントは、シャトー・ラ・ネグリの醸造責任者







 



アルノー・シェ、コルビエール・ルージュ<ラ・ヴィ・ダルノー>’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1300

<売り切れ>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

120本完売!!!ありがとうございました

「2016.11月上旬に飲みました。やはり非常によい出来で、明らかに価格を超えている!熟してジューシーな豊かな果実味はそのまま’14よりも少しコクがある印象。タンニンの質は丸く、バランスよく、香りも開いているので飲み頃NOW~。やはり温度を上げ過ぎない方がおいしい。バスケットいっぱいのブルーべリー、肉、甘苦系スパイス、鉄分ミネラル等のよい香り。とにかく果実味豊かで、アルコールの浮きはなく杯が進む。鼻に抜けるブルーベリー風味の戻り香あり!抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール14.5%




アルノー・シェ、コルビエール・ルージュ<ラ・ヴィ・ダルノー>’14

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1300

<売り切れ>絶対おすすめ!

第19回ベルリン・ワイン・トロフィー2015年 金賞受賞!

輸入元担当者さま絶賛の1本!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

24本完売。ありがとうございました~※もう少しで’15に移行致します。

「2016.10月上旬に試飲しました。よいときのマ・デ・ブレサドのような徹底してジューシーなわかりやすくある意味シンプルながらも陽気なおいしさ・喜びに溢れる楽しい個性。極めてフルーティーで意外に余韻が長くこれは大変に貴重な個性。※買いブドウではなく、なんと出来上がったワインを買ってブレンドしたものらしく、それでこれほどの完成度を出せるのは驚き以外の何物でもない!」

アルコール14%

Arnaud-sie, La Vie D’Arnaud Corbieres Rouge '14

unter der Schirmherrschaft der OIV

シラー65%、グルナッシュ35%

アルノー シェとシュマン ド マルキエールを手掛けるグザヴィエ ロジェが、ワインを買い、ブレンドして造ったワインです。この地域の代表的な葡萄、シラーとグルナッシュを使っています。収穫は畑で選別しながらすべて手摘みで行います。除梗、破砕し、発酵タンクに入れます。約4~5週間の発酵期間中、苦みが出ないよう優しく果帽を沈める作業を行います。チャーミングなカシスのアロマに、リコリスやブラックペッパーの要素が混ざっています。口当たりは、非常にフルーティで深みがあり、長い余韻が感じられます。


アルノーのワインのただ一つの残念な点は生産量が少ないこと。そのため、いつも需要に対して供給が追い付きません。その問題を解決すべく生まれたのが、このラヴィ ダルノー コルビエールです。このワインは、アルノーとコンサルタントのグザヴィエとの共同プロジェクトによるもので、アルノーとグザヴィエがテイスティングして、品質の良かったワインを購入し、ブレンドしています。ネゴシアンと言っても、全て畑で選別し手摘みで収穫したシラーとグルナッシュを使用しており、非常に丁寧な造りをしています。アルノーのドメーヌワインとも共通する葡萄のピュアさ、チャーミングな果実味があり、気負いなく飲め、それでいて物足りなさは皆無です。

ワイン名のLa Vie(ラ ヴィ)とは「人生」、つまり「アルノーの人生」という意味で、スタンダードのワインに「自分の人生」と名付けるところにアルノーの意気込みを感じられます。

私は、アルノーのワインには共通して、(過熟ではない)適切な熟し方をしたナチュラルな果実味があり、それでいてエレガントなワイン、という認識を持っていました。そして、それはどちらかというと「都会的で洗練された味わい」という印象でしたが、今回実際に訪問し、畑やセラーを見ると、その洗練されたワインの裏側には、厳しい環境下で長きに渡り葡萄を育み、日々弛まぬ努力を続けるアルノーの姿がありました。そして、それを感じさせないアルノーの人柄にもすっかり惚れ込んでしまいました。

厳しい環境下でこそ生まれるカリテ プリ。アルノーの魂のワインをぜひ皆様もご賞味ください。
(輸入元資料より)






高樹齢のグルナッシュ画像




アルノー・シェ(トレヴィアック)、コルビエール・ルージュ<ラーム・デ・ピエール>’13

(南フランス・南フランス・辛口赤)


税別¥1500

<売り切れ>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

「2016.10月上旬に試飲しました。徹底してジューシーなスタンダード品とは違って、こちらはより凝縮して重さと深みがありつつも熟してタンニンが丸く滑らか。軽く噛めるようなエキス感も感じられ、バランス的に酸が低すぎるとは思わない。試飲後価格を見て驚きの+¥1000の品質!今後、間違いなく高く評価されてゆくでしょう!」

アルコール14.5%

Arnaud-sie(treviac), L’Ame des Pierres Corbieres Rouge '13

グルナッシュ・ノワール100%

樹齢90年の区画を含む!!!
フィロキセラにやられていない自根を含む

土壌は粘土石灰質、平均収穫量は35hl/haです。収穫は選別しながら、すべて手摘みでおこないます。収穫された葡萄はシャトーに運ばれ、除梗、破砕されます。マセラシオンは4~5週間で、その間、苦味が出ないように果帽をやさしく突き崩しながら、抽出を行います。とても濃い色で、ブラックベリーやいちじくの心地良い香りが広がります。素晴らしく熟した最高品質のグルナッシュは、なめらかでしっかりしたボディを与えています。ジューシィでヴェルヴェットのような口当たりです。「アム」は魂、心の意味します。



歴史
1988年 設立。
2000年 農協で働いていたアルノー シェが、祖父から引き継ぐ。

オーナー
アルノー シェ : 6代目。1973年生。大学では歴史専攻、博士号を取る。ワイン造りは祖父に習う。

葡萄園
20ha  コルビエール14ha、V.d.P. ロード6ha。
タレイラン村12ha、トニソン村8ha。
カリニャン(82~100年樹齢)4ha、グルナッシュ(30~50年)4ha、シラー(5~20年)5ha、サンソー(コルビエール ロゼ用)1ha、白6ha。

栽培
リュット レゾネ

コンサルタントを務めるクロ―ド・グロは、ラングドックNo.1のエノロジストと言われ、ロバート .パーカー Jr.が5ッ星を付けるシャトー・ネグリの醸造責任者でもあります。

彼はアルノー・シェを評して、「とても頭が良く、教えた事を一回で覚えてしまう。とても優秀。」と評しています。栽培はゴブレ式で、グリーンハーベストをしています。ドメーヌのあるタレイラン村は標高400mのため完熟が遅くなりますが、その中でもアルノー シェが1番最後です。そのためマセラシオンの時期も遅くなり、長いマセラシオンが必要となります。その結果、タンニンがソフトになります。収穫は手摘み、テロワールによって別々に醸造します。清澄は軽くおこないます。

ドメーヌ名「トレヴィアック」は地名で、3つの道に由来しています。ローマ時代に、このドメーヌの前に3つの道がありました。一つ目が採掘した鉱物を運ぶ道。二つ目が修道院への道。三つ目が、城へ繋がる道です。

アルノー シェは、フランス南部の人らしい底抜けに明るい性格。造るワインのスタイルにもその明るい性格が感じられます。つまり、はつらつとしてはっきりとした果実味が、アルノー シェの造るワインに共通して感じられるのです。



2018/9/13(木)アップ~蔵出しレ・プロデュクトゥール・レウニ’17

フランス産¥1000前後白ワインの最高峰!!!




※↑ラベル変更&スクリューキャップに変わりました。




 






レ・プロデュクトゥール・レウニ、IGP・コンテ・トロザン・ブラン・キュヴェ・デ・アマンディエ’17

(フランス・南西地区・辛口白)


税別¥1000

<あと5本>

アルコール11.5%




レ・プロデュクトゥール・レウニ、IGP・コンテ・トロザン・ブラン・キュヴェ・デ・アマンディエ’16

(フランス・南西地区・辛口白)


税別¥1000

<売り切れ>

アルコール11.5%

48本以上完売。ありがとうございました

スクリューキャップ

’16は、’15よりもわずかに果実がやさしく、酸とミネラルが強い真夏にもっともおいしいタイプとのことです。




レ・プロデュクトゥール・レウニ、IGP・コンテ・トロザン・ブラン・キュヴェ・デ・アマンディエ’15

(フランス・南西地区・辛口白)


税別¥1000

<売り切れ>絶対おすすめ!

当たり年!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

『 これは最高だわ! 』、『 本気でびっくりした! 』などなど

323本完売!!!ありがとうございました
スクリューキャップ

「2016.5月に飲みました。もう絶対おいしいとわかっていてどのくらい’14と違うかが気になって開けてしまった。やはりややフローラルかつ爽やか。’14にもあったがさらにアフターの塩っぽいミネラルが強い!普通、この価格では表現されにくい部分だと思っていましたので驚きです。シトラス、青りんご、グレープフルーツ、オレンジ、ハーブ、ミネラル、わずかにアーモンド、花などのよい香り。みずみずしくクリーン、程よいうまみ、強い塩ミネラルで極めて心地よいアフター。無理やり濃く造っていないのに、ミネラルのおかげで軽すぎず緩すぎず、わずかな高級感まである。夏に最強のお買い得品!抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール11.5%




レ・プロデュクトゥール・レウニ、IGP・コンテ・トロザン・ブラン・キュヴェ・デ・アマンディエ’14

(フランス・南西地区・辛口白)


税別¥1000

<売り切れ>絶対おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

「2016.4月上旬に試飲しました。試飲後価格を見てまさかの激安!!!今までは理由あって買えなかった銘柄なのですが、自分の中ではコノスルを超えた(フランスなのに)すごいお買い得品!¥1000前後フランス産でここまでのお買い得度は滅多にないのです。夏のグラスワインOR常に自宅冷蔵庫に1~2本冷やしておくのに最強の1本です。ややフローラルかつ爽やかなよい香り。みずみずしくよいバランス、わりと果実味豊かで、低くない酸、程よいうまみの極めて心地よい味わい。ぜひこれを試して皆様も驚いてください」

アルコール11.5%

コルク

ユニブラン50%、コロンバール50%

「名前はこの地域の春の風物詩アーモンドの花をイメージして付けられています。収穫は葡萄が十分に熟したら、早朝に収穫します。収穫された葡萄は果実味を保つため、低温でアルコール醗酵を行います。爽やかな酸味と華やかな果実味、軽やかで心地良い味わいは、サラダや魚料理とよく合います。(輸入元さんコメント)」

I.G.P. Comte Tolosan Blanc Cuvee des Amandiers '14/'15


2016/10/19(水)アップ~蔵出し特価シャトー・ポール・マス’14

’13が、リアルワインガイド52号旨安大賞!!!

’13は、過去最高の出来かも?という素晴らしい内容!



 


過去10年で200以上の金賞受賞、2度のワイナリー・オブ・ザ・イヤー受賞!
「フランスの明日を担う30人の醸造家(L'Express誌)」選出!




シャトー・ポール・マス、コトー・デュ・ランドック・クロ・デ・ミュール’14

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


特価・税別¥1700

<売り切れ>

※<在庫限り!>なんと’13より19%もお安くできました~!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2016年 シルバー&92点!!!

コンクール・デ・グラン・ヴァン・デュ・ラングドック 2016 金賞!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 銅賞受賞!


アルコール14.5%




シャトー・ポール・マス、コトー・デュ・ランドック・クロ・デ・ミュール’13

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド52号旨安大賞!!!

パーカー89点(2015~2019年、ワイン・アドヴォケイト218号)

コンクール・モンディアル・ブリュッセル 2015 金賞!

ロサンゼルス・インターナショナル・ワイン・コンペティション 2015 金賞!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版14.5/20点

30本完売。ありがとうございました~※’13は再入荷不可能!

「2015.9月末に試飲しました。当店の定番ワインだった昔、実はリリースから1~2年開けないほうがよいワインだったのですが、今は樽が控えめになり、タンニンが丸くなり、フィネスと余韻がさらに向上したように思えた。今すぐ空けても問題なくおいし過ぎるので’13だけの奇跡かもしれないと思ってしまう。決して濃いだけ重いだけのワインではなく、イル・ラ・フォルジュなど下位ラインナップとは次元が違う」

アルコール14.5%

シラー 85%、グルナッシュ 10%、ムールヴェードル5%

醗酵:ステンレスタンク 60%をオーク樽にてマロラクティック醗酵

熟成:オーク樽 9ヶ月 (新樽比率30%、フレンチ&アメリカンオーク))

Chateau Paul Mas Clos des Mures '13

A.O.P.コトー・デュ・ラングドック

’04を当店で販売した時で税別¥1800でしたので、いかに値上がり幅が小さいか(9年間で¥300)わかる!

’07’08 Wine Enthusiast 90点!

’03 ヴィノテーク2006年1月号18/20点獲得!

’03 67本完売!

’02 ワイナート22号86点(NOW~2010年)

「2005.9月に’03を飲みました。縁が紫がかったかなり濃い色。樽のチョコレート、かなり凝縮した甘く、濃い黒系果実、ハイインパクトで、わかりやすさと飲み応えがある。タンニンは多いが、その質は比較的丸い。果実味は濃いが、構造に緩さはなく、猛暑の影響を上手く反映させた南仏’03の成功例のひとつと言えるかもしれない。明らかに価格を超えた品質。サラミ、スパイシーなハム、濃い味のベーコンなど、とにかく肉と合わせたい。必ずお客様に言われる、『安くて、濃くて、インパクトと飲み応えがあって、とにかくパワーのある赤ください!』という要望に答えられる理想的なワインかもしれない。でも濃いだけではない。抜栓の次の日もおいしいが、ほとんどやわらかくはならなかった。抜栓の2日後は、少しやわらかく変化しました。おいしい。肉系の香りも出た。この価格帯の南仏としては、かなり長く熟成しそう」

Terra Vitis認証、ほぼ有機農法

マス氏が所有する70haのエステイトのなかでも

最上の8.2haの区画『クロ・デ・ミュール』のブドウのみを使用

平均樹齢40年

クラスマンにてQ/P(お買い得)マーク付き生産者!


2016/11/4(金)アップ~蔵出しムーラン・ド・ガサック’14ピノノワールと’15シャルドネ

さらに’15テラス・ド・ギレム・ブラン

2013年からの新AOCピクプール・ド・ピネも!

2015/5/14(木)アップ~蔵出しムーラン・ド・ガサックNVミュスカ・ド・ミルヴァル

理想的なデイリーワイン!






















 


2013.3.25(月)フィネス試飲会にて
マス・ド・ドゥマ・ガサック(ムーラン・ド・ガサック)のBasile Guibert氏に会ってきました~!

前の来日時にお会いしたお兄さんが日本以外の担当に変わったそうで弟さんが日本担当になったそうですやはり濃厚ではなくエレガントでバランスのよいスタイルのおいしさを表現したいということでした


フィネスさんは、蔵元~船~国内倉庫までの完璧な低温輸送はもちろん、
ブルゴーニュのグランクリュ~ヴァン・ド・ペイなどのデイリーワインまですべてのワインが14℃に設定された国内低温倉庫で保管されているため、
(↑実はこれはすごいことで、デイリーワインは18~20℃の倉庫で管理しているインポーターも多いのです)
南仏にありがちなアルコールの浮いたニュアンスがまったく無く、果実味豊かだけれども、ピュアで特にアフターに雑味のない味わいが楽しめます
例えばコント・ド・ロルジュリルやラシーヌ輸入のファゾーリ・ジーノなどにも同じことが言えます。

このムーラン・ド・ガサックもエマニュエル・ルジェのクロ・パタントゥやトラぺのシャンベルタンと同じ管理がされているということです!

こういうワインであれば、様々銘柄を飲んできたワイン通の皆さまにも受け入れられるデイリーワインになり得ますし、濃いワインにしか興味がない方でもおいしいと感じていただけるでしょう。



100%フィネス輸入の蔵出し正規品です!






フィネスワインのニューフェイス!
テラス・ド・ギレムのムーラン・ド・ガサック社から全く新しい味わいが加わりました~!




ムーラン・ド・ガサック、テラス・ド・ギレム・ピノノワール’14

(ランドックルーション・辛口赤・750ml)


税別¥1450

<売り切れ>絶対おすすめ!

72本完売。ありがとうございました

「2015.11月中旬に飲みました。紫色の弱いやや明るい~中程度のルビー色。予想よりキレイな赤い実の果実で、すでに丸いタンニン、コンディションの良さからくるアフターにキレイで丸い酸の伸びがあり、心地よく飲み飽きない。前から造っているカベルネやメルローやブレンド赤もおいしい(厚切りではない肉と合わせやすそう)ですが、むしろこのピノノワールの方がさらに完成度が高いように思ってしまいました。少しミルキーさもあるイチゴ、砂糖漬けのサクランボ的な香りも確かにありつつ、今はスパイス香控えめ、最初は全然ないが時間とともにオレンジの香りが出てくる。酸とミネラルが低くなく、価格以上の内容。酸だけが目立つ酸っぱさは少しもありません。抜栓の次の日も非常においしい。ミルキーなイチゴのニュアンスが増した。抜栓の2日後もおいしい」

初入荷の限定品!

IGPペイドック

アルコール12.5%

輸入元さん曰く、香りも開いておりタンニンも固くなくもうおいしく飲める。価格倍以上のものと比べてもかなり良い印象とのことです!

ピノノワール100%

粘土、石灰質の豊穣な台地

ステンレスタンクで6ヶ月熟成

ルモンタージュをする伝統的な醸造法。マセラシオンは果実味を保つための適切な温度管理で5日間

『 美しい光沢のあるレンガ色。エレガントな軽い赤の色調。複雑で繊細、砂糖漬けのサクランボ、軽く煎った感じ、モカ等の香り。軽やかで美味。豊かな果実味。非常にフレッシュ、しなやかなタンニン、バランスの良いきめ細やかなピノノワール。 (輸入元さんコメント) 』




ムーラン・ド・ガサック、ピクプール・ド・ピネ’14

(ランドックルーション・辛口白・750ml)


税別¥1700

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

96本完売!!!ありがとうございました

「2015.5月に飲みました。うっすら緑がかったやや明るいイエロー。酸とミネラルで飲ませる系の少し厚みあるタイプだと思っていたら、ちょっと違っていました。より飲み飽きない方向でよかったです。しっかり冷やしたトップノーズは青リンゴ、シトラス、ハーブ、花、ミネラル、少しコリアンダー系?のスパイス。ピュアでみずみずしく、キレ過ぎていない酸とややしっかりのミネラル。アフターにはわずかなとてもキメ細かな良質の苦みを伴い極めて心地よい。また、鼻に抜けるフローラルな戻り香が味わいをシンプルにさせずに飲み飽きない。温度が上がってくると少しの厚みとうまみとともに白桃、わずかにアーモンド等の香りが出て、ロエロ・アルネイスとの共通点が感じられ意外でした。抜栓の次の日も非常においしい。酸にポイントを置いて食事と合わせなくても幅広い相性が期待できる」

’15 パーカー88点(NOW、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト224号)

’13 パーカー88点(2015~2016年、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト218号)

スクリューキャップ

ピクプール種100%

AOP PICPOUL DE PINET

アルコール度数12.5% 適温9℃

砂利混じりの石灰岩土壌

100%除梗

ステンレスタンクで4~5ヶ月熟成




ムーラン・ド・ガサック、ミュスカ・ド・ミルヴァルNV

(ランドックルーション・甘口VDN・750ml)


税別¥2350

<あと1本>絶対おすすめ!

限定品!

「2015.10月に飲みました。とってもおいしいのですが、バランスよく飲みやすいためにうっかり飲み過ぎると意外とあとで酔う可能性があります(笑)砂糖漬けのマスカットとオレンジとアンズ、ライチ、ハチミツ、少しミントやハーブ、わずかに薬草などの癒されるよい香り。やっぱりモスカートダスティと共通する香りあるなぁと思いつつ、極甘口というよりうまみのある甘口という感じ。程よい粘性で特に酸にキレがあるわけではないが重クドくならずに流れる。これから試しますが、抜栓後は当然長持ちだと思われます。抜栓の3日後までまったく落ちない。やっぱり常温に近い温度よりも冷やした方がおいしい。2週間後でも少し香りと戻り香がおとなしくなっただけで全然おいしく楽しめる」

スクリューキャップ

ミュスカ ア プティグラン種100%

AOP MUSCAT DE MIREVAL

アルコール度数15.5% 適温10℃

地中海に面した、鉄分を豊富に含む粘土石灰質土壌

ステンレスタンクで4~5ヶ月熟成

蜂蜜やアンズの砂糖漬けのような食欲をそそる甘い香り。蜂蜜のような甘旨味。抜栓後も長持ち

年産は僅か1000本。ブランデーを添加してアルコール発酵を止めることで糖分を残す甘口。




ムーラン・ド・ガサック、テラス・ド・ギレム・ブランVV’15

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1350

<売り切れ>

アルコール12%

’15はグルナッシュ・ブラン40%、ソーヴィニヨンブラン30%、テレブラン30%

IGP Pays D'Herault

樹齢25年以上

ステンレスタンク醗酵&熟成

標高500mのガサック渓谷の影響で寒暖の差が激しく、それが葡萄の酸と糖分のバランスを取り、各品種に独自の特徴を持たせるので、シンプルさと複雑味を兼ね備えた飽きることのないワインを造っています。




ムーラン・ド・ガサック、テラス・ド・ギレム・シャルドネ’15

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1350

<売り切れ>絶対おすすめ!

60本完売。ありがとうございました

「2016.7月末に飲みました。たまたま開けるのに苦労するすごく固いコルクに当たってしまった、、、前に何度か飲んだ時は普通だったので本当にたまたまでしょう。抜栓直後のおいしさは相当なもの!豊かな果実味ながらもあくまで上品な飲み頃NOW~で、樽を使っていないのにうっすら短期間樽熟成したような香りと味わいに感じられる。洋ナシ、青いメロン、ビスケット、わずかにバタークリーム、パン、ミネラル、スパイスなどの香り。フルーティーだが決して単調ではなく、酸は低くはないが丸く、苦みほとんどなく、コンディション抜群の透明感とフレッシュ感があるおかげでアルコールの浮きもまったくなく、バランスよく非常に杯が進む。価格を考えると凄まじいおいしさだなと思って変化を楽しみにしていたのですが、、、飲み始めて1時間後くらいに少しアルコールの浮きと苦みが出てきて、あれ?最初のほうがおいしかったような???コルクが固すぎたため、ボトル差かもしれません。理想的な条件をできる限り整えても、まぁワインにはこういったことが起こり得ます。誰も悪くない、誰も保証できない性質のものです。抜栓の2日後までおいしいが、やはり抜栓直後が一番おいしかった」

アルコール13%



ムーラン・ド・ガサック、テラス・ド・ギレム・シャルドネ’14

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1350

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
輸入元さんでも人気でこの銘柄だけ一足先にあと少しで’15に移行致します。

36本完売。ありがとうございました

※’13から値上がりなし!

アルコール13%



ムーラン・ド・ガサック、テラス・ド・ギレム・シャルドネ’13

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1350

<売り切れ>

アルコール13.5%

「2013.3月に’11を試飲しました。白桃主体、少し洋ナシなどの香り。みずみずしく、ややふっくらしてフルーティーな果実味。ややコクがありつつも、無理に濃くした感が一切ないバランスのよいおいしさ。シャルドネに関して個人的にはイル・ラ・フォルジュ<ロルジュリル<テレス・ド・ギレムという印象」




ムーラン・ド・ガサック、テラス・ド・ギレム・ブランVV’13

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1350

<売り切れ>

24本完売。ありがとうございました

アルコール12.5%

’13はグルナッシュ・ブラン50%、ソーヴィニヨンブラン25%、テレブラン25%

「2013.3月に’11を試飲しました。昔はソーヴィニヨンブラン主体でしたが、’11はグルナッシュ・ブラン主体になってより香りが華やかで複雑になったように感じました。柑橘類、花、ミネラルなどの香り。みずみずしく、きれいな酸味があり、とてもよいバランス」


Vin de Pays D'Herault

樹齢25年以上

ステンレスタンク醗酵&熟成

標高500mのガサック渓谷の影響で寒暖の差が激しく、それが葡萄の酸と糖分のバランスを取り、各品種に独自の特徴を持たせるので、シンプルさと複雑味を兼ね備えた飽きることのないワインを造っています。


15年くらい前に最上級銘柄の赤ワインが南仏のラフィットと言われて話題になった生産者で、ほとんどの区画にクローンではない貴重な古木が植えられています!

日本にもいろいろなワインが輸入されています。中でもこれらのフィネス輸入ものは特にすばらしく、みずみずしく雑味のない中に少しの複雑性も感じられるまさに理想的なデイリーワイン!オンリストしている多くのレストランさまでの評判もすごくよいそうです!

巷でもてはやされている安くて濃いだけ系ワインからの脱却にいかがでしょうか(笑)


近年、ゴーミヨ誌などでも高評価されております!


2018/4/4(水)アップ~蔵出しピッチニーニ’15ミネルヴォワ・ルージュ2種類

2018/3/3(土)アップ~蔵出しピッチニーニ’16ミネルヴォワ・ブラン

素晴らしいトップノーズの超お買い得品!











 


昔赤ワインを定番で扱っておりましたが、白はこれが2度目の入荷です!




PICCININI, Minervois Tradition '15

ピッチニーニ、ミネルヴォワ・トラディション’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)

税別¥1350

<あと8本>

Mourvedre 40% Syrah 40% Grenache 20%




PICCININI, Minervois Clos l’Angely '15

ピッチニーニ、ミネルヴォワ・クロ・ランジェリー’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)

税別¥2000

<あと9本>

Syrah 70% Grenache 15% Carignan 15%

ピッチーニ親子のワイン造りへの情熱は特筆すべきもので高品質なワインはジャンシス・ロビンソンも高く評価。将来性を感じさせる見事なバランス。ブラックチェリー、プルーンコンフィ等の果実香や樽香、スパイス香、いずれも豊か。収斂性あるが、果実のエキスが十分に引き出され、バランス良く滑らかな口当たり。

「ミネルヴォワ・クロ・ランジェリー ルージュ」は、単一の区画のブドウで造られ、樹齢40年のシラー70%、樹齢80年のカリニャン15%、樹齢15~30年のグルナッシュ15%という構成。
樽熟成は約18ヶ月。熟成用の樽は225リットルと400リットルを併用している。
スパイスと果実の香りが融合した、バランスのよい味わい。各国で評価が高い。
(輸入元資料より)





ピッチニーニ、ミネルヴォワ・ブラン・トラディション’16

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥1350

<売り切れ>おすすめ!

3年前から値上がりなし!

24本完売。ありがとうございました

「2018.3月上旬に飲みました。透明瓶なので一部のソアヴェなどと同じく(光には弱いけど)外観がキレイでおいしそうに見える。抜栓直後はみずみずしくすっきりした酸がポイントで、他は中庸のおいしさに感じたが、飲んでいるうちに特別すごい要素はないものの、ミネラルもそれほど強くはないものの、何故か全く飲み飽きないジューシーさっぱり系の意外な傑出バランスにじわじわおいしく感じられ、がぶ飲みも可能な杯が進むおいしさ。ジューシーなリンゴ、シトラス、ハーブなどの香り。抜栓の次の日も非常においしい。温度は上げ過ぎないほうがおいしい」

アルコール13%




ピッチニーニ、ミネルヴォワ・ブラン・トラディション’13

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥1350

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

64本完売。ありがとうございました~※再入荷不可能!

「2015.2月に試飲しました。¥4000くらいのコンドリュー?というくらいに強く華やかなよい香り!ライチや白桃、柑橘類、数種類の花、少しスパイスなど。味わいもシンプル過ぎないフルーティーさで、酸も低すぎないよいバランス。赤の造り手だと思っていたので予想以上で驚かされました。輸入元さん社内勉強会でも評判のよかった銘柄だそうです」

アルコール12.5%

基本的にグルナッシュ・ブラン主体、ルーサンヌ、マカベオ、ブールブーラン、ミュスカのブレンド


『 ラングドック地方の中でも北西部に位置するミネルヴォワは、この地方の中でも洗練されたワインを生み出すとされている。35年余りミネルヴォワの生産者組合に務め、組合長としてこの地区のワインの品質向上に貢献したモーリス・ピッチニーニの尽力には、誰もが認めている。

しかし、モーリスは1990年に自らワイン造りを始める決意を堅め、ミネルヴォワの中で最も特徴的な質の高いワインができるセヴェンヌの麓の標高が高い地域、古いワイン産地であるラ・リヴィニエールでドメーヌを設立した。

ラ・リヴィニエールは、ミネルヴォワの北東に位置しクリュに指定されている地区で、地中海の影響を受け、卓越した陽光も得られる立地にある。

1991年に息子のジャン=クリストフがモンペリエ大学を終了し、参画。妻のコレットも共に経営に携わっている家族経営のワイナリー。 (輸入元資料より) 』


2018/9/5(水)アップ~蔵出しトリエンヌ’14メルロ

プロヴァンスのワインとしては洗練され、酸が低くなく上質!



 


昔定番で扱っておりましたが、久しぶりの入荷です!
メルロが、かなりおいしくなっていてビックリでした!!!

’14のサン・トーギュストにはユーロリーフ・マーク付いていましたので、
そろそろ全銘柄認証ありになるでしょう。




TRIENNES, I.G.P. Mediterranee Merlot '14

トリエンヌ、I.G.P.メディテラネ・メルロ’14

(プロヴァンス・辛口赤)


税別¥1800

<あと7本>絶対おすすめ!

この’14からユーロリーフあり!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

41本完売。

「2018.8月下旬に飲みました。’13同様わりとストレートにブルーベリーの香りがあり、ほかにスパイス、革、花、ミネラル、程よい樽などの香りも。抜栓直後は’13より少し華やかでエレガント~アフターのうまみミネラルがさらに強くなったと感じましたが、時間とともにグッとコクが出てくる。ラベンダーやカシス、甘草、ヨードの香りも出てきた。タンニンの質は非常によく、酸もまったく低くない飲み頃NOW~。抜栓の2日後まで非常においしい。相変わらずこの価格帯では非常に優れたワインでした。その上スタイルも良い!」

アルコール13.5%




TRIENNES, I.G.P. Mediterranee Merlot '13

トリエンヌ、I.G.P.メディテラネ・メルロ’13

(プロヴァンス・辛口赤)


税別¥1800

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

74本完売!!!ありがとうございました

「2018.2月下旬に飲みました。久しぶりに飲みましたが、香りも味わいも昔よりも凝縮感があり、予想より少し重心が低いが、酸も低くなく、程よいコクとヴォリューム感で、タンニンの質がよい。飲み頃はNOW~ですが、抜栓の次の日の方がおいしいくらい。ブルーベリー、プラム、スパイス、溶け込んだ樽、わずかにミント、樹脂、ユーカリ?、土などのよい香り。いかにもプロヴァンスというアフターの抜けの悪さが目立たずとてもよい出来!どのメディアを見てもサン・トーギュストの評価ばかり載っていますが、今のメルロのおいしさにはまだ多くの人が気が付いていない。これを飲めばトリエンヌを見直す方続出でしょう!」

アルコール14.5%

美しく、輝きのあるルビー色。フランス語でグリオットと呼ばれるスミミザクラの実のアロマやカシスの芽、それに甘草の香りなど複雑なフレーバー。口に含むと、熟した果実の甘やかさやカカオの香ばしさが広がる。抜栓後、カラフに移すことをお薦めする。 (輸入元資料より)




TRIENNES, I.G.P. Mediterranee Triennes Rose '16

トリエンヌ、I.G.P.メディテラネ・トリエンヌ・ロゼ’16

(プロヴァンス・辛口・ロゼ)


税別¥1500

<売り切れ>おすすめ!

デカンター・オンライン89点!

スペクテーター・オンライン87点(NOW)

VINOUS 88点(2017~2019年)

インターナショナルワインセラー89点

Wine Enthusiast 88点


MVF(旧クラスマン)2018年度版13.5/20グラス

24本完売。ありがとうございました

「2018.3月上旬に飲みました。明るいサーモンピンク。甘酒、ピンクグレープフルーツ、シトラス、リンゴジュース、ハーブ、ミネラルなどの香り。みずみずしくクリーンで心地よい味わい。酸はキレキレではないが、塩ミネラルもありバランスよい。春~夏に最高のさすがに温度を上げ過ぎないほうがおいしいタイプ。食事と相乗効果というよりは、かなり幅広く寄り添う~邪魔しないタイプのワイン。日常の家庭の食事で大活躍しそうですね。抜栓の次の日も非常においしい。ほのかな甘みを感じる辛口で、心地よさが半端ない。とても杯が進む。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール12.5%

スクリューキャップ

これほど高い評価が付いたのは見たことないですね!ビオロジックの成果なのか?

Cinsault, Grenache, Syrah, Merlotのブレンド

【銘醸家コラボのすっきりロゼ!】
トリエンヌはDRCのオベール・ド・ヴィレーヌとデュジャックのジャック・セイスの南仏におけるジョイントベンチャー。樹齢の古いサンソーを主体とし、淡い色調の軽やかな風味。真夏の清涼ワインとして最適。
【料理】 シーフードサラダ、水ダコのカルパッチョ、生春巻き
(輸入元資料より)




トリエンヌ、ヴァンドペイ・デュ・ヴァ―ル・ヴィオニエ・サント・フルール’10

(南フランス・プロヴァンス・辛口白)


税別¥2300

<売り切れ>飲み頃!

※全ヴィンテージ再入荷不可能!

Les Vinalies 2012年 Grand Prix D'excellence!

スぺクテーター・オンライン87点(NOW)

Wine Enthusiast 87点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版15.5/20点+お買い得マーク付き!

アルコール13.5%

昔、全種類飲み比べた際にこの銘柄の酸とミネラルが美しく、一番好きでした!

ヴィオニエ100%

ステンレスタンク発酵~熟成

プロヴァンスとしては低収量25~35hl/ha

粘土石灰質土壌

無除梗、自然酵母を使用

透明感のある淡いイエロー。香りは集中度に富み、アプリコット、スイカズラ、白い花、ラベンダーの蜂蜜の香り。ピーチの風味も強く感じられる。香りの華やかさに加え、口中での酸味やミネラル感が喩えようのないバランスを形作る。贅沢な味わいの白ワイン。

Vin de Pays du Var Viognier Sainte Fleur




トリエンヌ、IGP・ヴァ―ル・レ・ゾーレリアン・ブラン‘12

(南フランス・プロヴァンス・辛口白)


税別¥1600

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

60本完売。ありがとうございました

アルコール13%

ブドウ品種:Chardonnay 、Rolle 、Viognier

透明感のある淡いイエロー。香りは樽醸造したシャルドネに由来するヘーゼルナッツや、パイナップルなどのエキゾチックな果実、それに柑橘類などの複雑さ。ボリューム感たっぷりのまろやかな口当たりだが、きれいな酸味が新鮮さを醸し出し、絶妙のバランス。

‘07 ゴーミヨ誌16点!

‘08 ゴーミヨ誌15.5点




トリエンヌ、IGP・ヴァ―ル・サン・トーギュスト・ルージュ‘10

(南フランス・プロヴァンス・辛口赤)


税別¥2300

<売り切れ>限定品!

※再入荷すると’13に移行致します。

スぺクテーター90点(NOW~2016年、2014年度TOP81/100位!)

アルコール13.5%

ブドウ品種:Syrah、Cabernet-Sauvignon、Merlot

おいしいワインが少ない、プロヴァンス赤のなかでよく凝縮しつつも洗練され、タンニンの質が良く、酸が低すぎず、少し深みまであります!



<ブルゴーニュの二大ドメーヌによる南仏最大のコラボレーション>

ブルゴーニュ・ワインの愛好家ならば知らぬ者はない、偉大なるふたりの造り手---ドメーヌ・デュジャックのジャック・セイスとドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティのオベール・ド・ヴィレーヌ
古くからの友情で結ばれた彼らは、1980年代末、南仏のプロヴァンス地方で最高のワインを造るべく、適地を求めて模索を開始した。

長いリサーチの結果、ふたりが見つけたのはエクサン・プロヴァンスの東に位置するナン・レ・パンという小村。
真南を向いた斜面、粘土石灰質の土壌。とくに石灰質に富み、痩せたその土地にふたりの目は釘付けとなり、ブドウ栽培の新天地として大いに期待を膨らませたのであった。

彼らが賢明であった証は、いくら石灰粘土質の土壌であろうとも、慣れ親しんだピノ・ノワールを植えてブルゴーニュの廉価版を造ろうなどとは考えもしなかったことだろう。
プロジェクトのスタート時点からまずはブドウ畑に注力を注ぎ、シャルドネ、ヴィオニエ、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローなど、地中海性気候に適した高貴品種に植え替えた。
樹勢を抑え、表土が流れないように、2畝ごとに草を生やす草生栽培を実施。エコセールの認証取得を目指して、2008年からビオロジック栽培に転換を進めている。

ワインのスタイルもじつに明快だ。
白ワインはまず初めに果実のフィネスが感じられ、爽やかさで満たされたタイプ。450メートルという高い標高が、天然の酸味をもたらしてくれる。
一方、赤ワインは成熟度の高い果実味とともにストラクチャーがしっかりとし、複雑さ、上品さ、繊細さを伴うスタイルである。

プロジェクトは彼らふたりにパリ在住の友人、ミシェル・マコーを迎え、「ドメーヌ・ド・トリエンヌ」と名付けられた。
ローマ帝国の時代、3年に一度開催された酒神バッカスを讃える祭典であるトレンニアに因み、また3を意味する”tri"の文字が創業メンバーの3人を表している。
(輸入元資料より)


 

2015/1/7(水)アップ~蔵出しヴィニウス’11

リピーターの多い程よく凝縮した旨安メルロ!



 


下位ラインナップのヴィニウス・メルロー’11が、リアルワインガイド48号旨安賞に選ばれる!




ジャン・クロード・マス、ヴィニウス・メルロー・リザーヴ’11

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1100

<売り切れ>

SAKURA Japan Women's Wine Award 2014 シルバー受賞!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

おいしいけどちょっと濃すぎるという意見すらありましたので、手頃で凝縮した重くヴォリューム感のある赤がお探しの方にはちょうどよいと思われます

132本完売!ありがとうございました

『 プラム、ブラックベリー、桑の実の香り、トーストやコーヒーのニュアンス。エレガントで深みのある味わい。バーベキュー、ボロネーズ(ミートソース)、ローストターキーなどと合いそう。 (輸入元さんコメント) 』

メルロー100%

樹齢28年

『 収穫後、除梗し、48時間8℃で低温浸漬。ステンレスタンクで20~26℃で5日間かけてアルコール発酵後、ルモンタージュを行いながら25℃で9日間マセレーション。発酵終了後、フリーランのキュヴェと空圧式プレスにかけた一番搾りのキュヴェをブレンドし、マロラクティック発酵前に225リットルのバリックに移す。70%をアメリカンオーク(新樽、1年~4年使用樽)、30%をフレンチオーク(2年使用樽)で、6ヶ月熟成。 (輸入元資料より) 』

ポール・マスやル・ニ・ド・マなどのジャン・クロード・マスによる経営


2018/6/2(土)アップ~蔵出しドメーヌ・レリス・マジエール’16

2014/6/21(土)アップ~蔵出しドメーヌ・レリス・マジエール’10

黒蜜風味のよく凝縮したフルーツ感!



 



ドメーヌ・レリス・マジエール、コトーデュランドック・ルージュ・キュヴェ・レギュイエ’16

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1600

<あと1本>絶対おすすめ!

「2018.5月下旬に試飲しました。コルクだけもうちょっとよいもの使ってほしい、、、抜栓直後のみごくわずかに還元あるが、本当にすぐ抜ける。凝縮したブラックベリー、ガリグ、黒糖、黒蜜、甘苦系スパイス、革、土などのよい香り。果実味とエキスが凝縮して、やや重いが同時にジューシーさもあり余韻が長い。このワインは昔から手ごろなのに何故か?少し心に響く要素がある。明らかに価格以上の品質」

アルコール%




ドメーヌ・レリス・マジエール、コトーデュランドック・ルージュ・キュヴェ・レギュイエ’10

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1450

<売り切れ>

大当たり年!

※’10は再入荷不可能!




ドメーヌ・レリス・マジエール、コトーデュランドック・ルージュ・キュヴェ・レギュイエ’11

(ランドックルーション・辛口赤)


特価・税別¥1450

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

運よく少しだけ再入荷できました!

「2014.5月末に飲みました。この価格帯としてはものすごいお買い得感で、ただ濃いだけではなくバランスもアフターもよい(長くはないが雑味がない)。その上、時間とともにどんどん変化してゆく楽しさもあります。縁が紫がかった濃いルビー色。抜栓直後はよく凝縮したブラックベリーと黒蜜、黒糖、ガリグ、甘苦系を含む数種類のスパイスなどの香り。果実味豊かで、コクとタンニンもあり、意外に雑味のないアフター。抜栓の3日後までほとんど落ちない」

アルコール13%

DOMAINE LEYRIS MAZIERE CUVEE L'AIGUIER COTEAUX DU LANGUEDOC

コートデュローヌよりの冷涼な畑

シラー主体、グルナッシュのブレンド

カリニャンも栽培しているが、ヴァン・ド・ターブルに使用される

『 ブドウ栽培には有機農法とビオディナミの概念を持ちこみ、人工酵母や補糖を一切行わず、限りなく自然に近いヴァン・ナチュール造りに励んでいます。レギュイエは4ha広がる区画名でSy50%、Gr40%、Cr10%が栽培されています。手摘み収穫されたブドウを6ヶ月樽で熟成させとても香り豊かで優しく、柔らかな仕上がりとなっています。数年の熟成も期待できる1品です。

~レリス・マジエールでは海藻をメインにした肥料を使用し、ベト病などの病気がブドウをおそった時には、通常用いられるボルドー液(石灰と硫酸銅の混合液。両成分が自然界に存在するため有機認証団体に許可されている)ではなく、野生のイラクサやトクサを水に溶かし、水溶液にして散布する。有機栽培にとことん拘る生産者の意気込みが伝わってくる。 (輸入元資料より) 』

2007年からはエコセールとABの認証を取得済み

近隣の畑で使われる化学肥料に犯される心配のない畑を所有している為、完全な有機栽培ができるとのことです


2015/3/25(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ゴビー’11ラ・ロック・ブラン

蔵出し超特価ドメーヌ・ゴビー’10ラ・ロック・ルージュ

数年の熟成でピノノワール風の凄みが出ます!



 


ラシーヌ輸入の超限定品!

ワイナートなどで大絶賛されたムンタダが有名ですが、こちらのラ・ロックの方が実はフラッグシップです!輸入元担当者様曰く、グラムノンの最上級品を寝かせた時などと同じく、数年の熟成でピノノワール風の凄みが出て感動を味わえるとのことです

近年、息子さん(ジェラール・ゴビー氏)の代となりパワフル → ピュア&エレガントで余韻が長いタイプにスタイル変化しております。凝縮だけではない洗練が凄まじいとのことです!







※’12を買うと税別¥10,000となります。


ドメーヌ・ゴビー、VdP・デ・コート・カタラン・ラ・ロック・ブラン’11

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥8600



輸入元定価・税別¥10,600

<あと9本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります!’11は再入荷不可能!

パーカー92点(David Schildknecht)

ラシーヌの合田さんと当店の担当者様ともに大絶賛の1本!

MVF(旧クラスマン)2014年度版20/20グラス満点!!!
↑なんと’11’12と2年連続で満点評価です!

アルコール12%

ミュスカ・ア・プティ・グラン80%、ミュスカ・ダレキサンドリ20%

↑※超珍しいブレンド!

樹齢30年

超低収量18hl/ha!

片岩質土壌

無濾過&無清澄

木の葉、柚子、非常にフローラルな香りを感じる。アフターは非常に長い。

南フランスのイメージが変わる、極めてエレガントで上質な白ワイン。’11は醸造中のSO2無添加&瓶詰時のSO2無添加でもワインが台無しにならないと判断出来た自信作とのことです!自然に発生したSO2のみということですね




’12を買うと¥1,836値上がり致します。


ドメーヌ・ゴビー、コート・デュ・ルーション・ヴィラージュ・ラ・ロック’10

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥8600



輸入元定価・税別¥11,000

<あと9本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります!’10は再入荷不可能!

最新パーカー95点!(2014~2025年、David Schildknecht

MVF(旧クラスマン)2014年度版18.5/20グラス

アルコール14.5%


’09 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17.5/20点

’08 パーカー93点

グルナッシュ100%

樹齢90年!!!

泥灰土、片岩質石灰岩土壌

無濾過&無清澄

亜硫酸添加 醸造中20mg/l、ビン詰め時20mg/l添加。

ルビー色、中間ぐらいの濃さ。スパイシーでフローラルな香り。 心地よい口あたり、全てに丸みがあり、美しい余韻がある。

’08が初ヴィンテージで、生産量わずか700本でした



MVF(旧クラスマン)ずっと最高の3つ星生産者+常にルーション地区で一番最初のTOP生産者!、GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版3つ星生産者

100%自社瓶詰に切り替えた1996年時点ですでに自然な農法を実践していた!

『 ドメーヌ・ゴビーはPerpignan(ペルピナン)の北西20kmに位置し、敷地は約85haに及ぶ。内45haはブドウ畑(最高樹齢120年)で、残り40haは草原、オークの森、驚くべく、独特で複雑なアロマが混在する潅木地帯が広がっている。ここの自然環境は、まだかなり守られており、野生的、不毛、急傾斜で起伏に富んでいる(標高300メートルまでに及ぶ)。この地形は素晴らしいテロワールを生み、根は垂直に地層の深いところまで入り込んでいる。

彼らは、環境を配慮し、化学合成製品を使わず、自家製の(20種以上の)植物をベースとした調合剤、エッセンシャルオイルや堆肥など、その他のナチュラル製品を使用する様々な栽培方法を参考にしている。畑における仕事では、テロワールの真髄を引き出し、ワインに優雅さと新鮮さを追求する。目的は自然のバランスを保つことと、彼らが常に自由に選択できること。彼らは、農民であり続ける。 (輸入元資料より) 』


2014/4/2(水)アップ~蔵出しコント・ド・ロルジュリル’12シャルドネ60本だけ再入荷できました~!

2014/2/27(金)アップ~蔵出しコント・ド・ロルジュリル’12

南フランスにありがちなアルコールが浮いたニュアンスが皆無!

理想的なデイリーワイン!

去年、買えなかったシラーと予想以上だったシャルドネも










 


’11の時が北海道初上陸銘柄、抜群のコンディション蔵出し正規品!

南仏にありがちなアルコールの浮いたニュアンスがまったく無く、果実味豊かだけれども、ピュアで特にアフターに雑味のない味わいが楽しめます
例えばフィネス輸入のムーラン・ド・ガサックやラシーヌ輸入のファゾーリ・ジーノなどにも同じことが言えます。

こういうワインであれば、様々銘柄を飲んできたワイン通の皆さまにも受け入れられるデイリーワインになり得ますし、濃いワインにしか興味がない方でもおいしいと感じていただけるでしょう。

’11はリピーター続出で赤白4種類合わせて240本以上完売!!!


基本的にすべてブショネがなさそうな短めの合成コルクです。




’12も素晴らしい品質でした

当店のお客様には’11はソーヴィニヨンブランが一番人気でしたが、’12はヴィオニエが一番人気です!!!

特にシラーとヴィオニエは冗談抜きで価格の2.5倍の価値があると感じました

今のところ北海道で当店のみの扱いですので
この機会にぜひともご検討よろしくお願い致します





コント・ド・ロルジュリル、レ・テラス・シラー・IGP・オック’12

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1250

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

120本完売!!!ありがとうございました

※↑去年、一番スバ抜けていたのはシラーだったので20ケースくらい買うつもりだったのですが、試飲分を買って2週間当店セラーで休ませて飲んだ後、発注するともう全量完売していて買えませんでした。激しく残念でした、、、余りのすごさに大量買いが殺到したそうです。

「2013.11月に飲みました。’12もブッ飛びの品質です!甘いベリー、プラム、黒胡椒、シナモン、少しガリグ、ミネラルなどのよい香り。香りにも味わいにもほのかな甘みがあるが、あくまで上品さが漂い、アフターも甘苦いというよりはミネラルもありキレイで長めのアフター。コンディションの悪いローヌ赤によくある雑味とべたつきと緩みが皆無。抜栓の次の日も非常においしい。熟成のポテンシャルこそ低めだが、複雑でデイリーワインのレベルを明らかに超えている!」




コント・ド・ロルジュリル、レ・テラス・メルロー・IGP・オック’12

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1250

<売り切れ>

※再入荷不可能!

まだ未試飲。’11は素晴らしかったです




コント・ド・ロルジュリル、レ・テラス・シャルドネ・IGP・オック’12

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1300

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

97本完売!ありがつございました

「2013.11月に飲みました。意外なことにブルゴーニュ赤用のグラスで、冷やしすぎない温度が一番おいしく感じられました。(これはコンディションが抜群だからこそ粗さが目立たなくて出来る技なのですが)しっかり冷やしてしまうとかなりもったいない気がする。一般的なシャルドネと違ってアタックよりも中域~アフターにかけての方が優れている。しっかり冷えていると洋ナシ、みかんの香り。温度が上がると蜜リンゴの香り主体となる。’11を飲んだ時はまぁまぁ感があったのですが、’12は相当によいです!抜栓の次の日も最高においしい。全体的に少し向上した」




コント・ド・ロルジュリル、レ・テラス・ヴィオニエ・IGP・オック’12

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1300

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

『 ’12はヴィオニエが一番びっくりした! 』などなど

124本完売!!!ありがとうございました

「2013.11月に飲みました。素晴らしかった’11よりもさらに複雑で上質!この価格でこれほどの香りは他にないと断言できます!リンゴ、白桃、花、ミネラル、シトラスなどのややフローラルなよい香り。ピュアで透明感があり、アタック~アフターまでみずみずしく美しく流れる。抜栓の次の日も非常においしい。軽めでみずみずしいが複雑でデイリーワインのレベルを明らかに超えている!」




コント・ド・ロルジュリル、レ・テラス・ソーヴィニヨンブラン・IGP・オック’12

(ランドックルーション・辛口白)


税別¥1250

<売り切れ>

まだ未試飲。’11は素晴らしかったです









コント・ド・ロルジュリル、レ・テラス・ルージュ・IGP・オック’11

(ランドックルーション・辛口赤)

税別¥1200

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2013.2月に飲みました。南のワインでそれなりにコクがあるのにアルコールが浮いたニュアンスがまったくない為にのどに引っかかりが一切なく、みずみずしくピュアでジューシー。個人的に苦手なカリニャンのインク+癖のあるスパイスのようなニュアンスがなく、バランスもとてもよく感じられた。ほのかに甘い果実味、すでに完全に溶け込んだタンニン。低すぎない酸。若々しいスミレ、ベリー、少し甘苦系スパイスなどの香り。抜栓の2日後までおいしい。毎日飲んでも飽きない南仏」

Syrah 25%, Merlot 30%, Grenache25%, Growth-restricted carignan 20%

アルコール12.5%




コント・ド・ロルジュリル、レ・テラス・メルロー・IGP・オック’11

(ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1200

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2013.2月に飲みました。カベルネと飲み比べてこちらの方が好みだし上質だと感じた為、買ったのですがやはりインポーターさんですぐに売り切れてしまいました、、、程よく熟した典型的なメルロのニュアンス+わかりやすいベリー香、やや控えめなスパイス香。よい酸が低くなく、タンニン丸く、うまみありよいバランス。抜栓の2日後までおいしい。かなりのお買い得品!」

アルコール13%




コント・ド・ロルジュリル、レ・テラス・ヴィオニエ・IGP・オック’11

(ランドックルーション・辛口白)

税別¥1250

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2013.2月に飲みました。派手でクドいヴィオニエ香ではなく、不思議と上品に香るライチ、白桃、バラ、ミネラル、少しスパイスなどの香り。キレはないが生きたよい酸味、苦みはとても控えめでみずみずしく心地よい。抜栓の2日後までおいしい」

アルコール13%




コント・ド・ロルジュリル、レ・テラス・ソーヴィニヨンブラン・IGP・オック’11

(ランドックルーション・辛口白)

税別¥1250

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2013.2月に飲みました。一番驚かされた銘柄で、この価格帯ではあり得ない上質なソーヴィニヨンブラン!徹底してピュアで透き通っており、アルコールが浮いたニュアンスがまったくない為にのどに引っかかりが一切なく、軽やかに流れるが余韻はあるというすごい内容。デイリーワインの常識を覆すピュアさと酸の質。抜栓の2日後までおいしい。白ワインが好きではない方でも目からうろこだと思われる1本。アルコールの浮きがないと合わせる料理も幅が広がりそうな気がします」

アルコール12.5%


『 ラングドックの地で1620年から続く歴史あるシャトー・ド・ペノィエに住む彼らは、現在10代目。ロルジュリルの名を冠したのは1921年。ペノティエでのワイン造りが始まったのは1980年代で、1987年に現在の当主ニコラが就任した。
 1992年にニコラの妻であるミレンがディレクターとして加わり、この山の麓から偉大な南フランスのワインが生まれるだろうと感じ、夫と共にこの地に留まっている。
 南フランスに5つの不動産を所有し、流行に左右されることなく、それぞれの土地のテロワールの良さをできるだけ自然に表現することに努め、ワイン造りをしている。
ロルジュリル家は1960年以来、標高230mに位置するシャトー・ド・ペノティエを本拠地にワイン造りを代々行ってきました。長いワイン造りの伝統の中で彼らは、この地がラングドックでもっともよい葡萄の栽培地域であることを確信してきました。

 地中海に吹き降ろすミストラル(冷涼な北風)はワインにフレッシュさを与え、昼夜の寒暖の差が質の良い酸をワインにもたらします。そのため、この土地からは透明感と品があり優美なワインが産出されます。
 ラングドックのワインというと重たいワインをイメージしますが、ロルジュリルのワインは一般的なラングドックワインとは対照的なスタイルを持ちます。

2006年より醸造家パトリック・レオンのコンサルティングのもとにより品質が飛躍的に向上しました。
 パトリック・レオンは、1985年~2004年までボルドーのバロン・フィリップ・ド・ロスチルドのグループの醸造責任者を務め、シャトー・ムートンをはじめオーパス・ワンやアルマヴィーヴァなど世界で文字通りトップクラスのシャトーを指導するメンバーでした。
パトリック・レオンの豊富な経験と知識とラングドックの最上のテロワールとの出会いは、ロルジュリルのワイン造りに飛躍的発展をもたらしました。一口お飲みになるとラングドックのワインとは思えない洗練された品質に驚かされます。まさにラングドックワインの新展開がここにあるのです! (輸入元資料より) 』


2015/8/9(日)アップ~蔵出しシャトー・サントリオール’09

飲み頃ピークのおいしさ!

2015/3/5(木)アップ~蔵出しドメーヌ・オリオル’11

南フランスにおける有機栽培先駆者のひとり!











 



シャトー・サントリオール、コルビエール・ルージュ’09

(750ml・ランドックルーション・辛口赤)


特価・税別¥1600



輸入元定価・税別¥2,200

<売り切れ>絶対おすすめ!

チャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン・フランス2011年度 金賞受賞!

Grand Prix d'Excellence Vinalies Nationales 2011年度

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

240本完売!!!ありがとうございました

「2015.2月に再度試飲しました。1年4か月前に飲んだ時よりも明らかに熟成が進んで飲み頃ピーク頂上付近でした~!熟成により色気のあるココアの風味となめらかな複雑性が出て驚きのおいしさ。どうりでリピーターが多いわけだ!という今どきこの価格帯のワインとしてはあり得ないくらいの品質です。有機栽培がとても長いせいかアフターに雑味がなく、ワイン通のお客様でも納得できる味わいですね」



「2013.10月に試飲しました。この価格にして意外にやや複雑なよい香りと味わい。例年よりもやや早熟かもしれない健全な酸化を経た熟して豊かな果実味、すでに滑らかさがありタンニンもほぼ溶け込んでいる。低すぎない酸でよいバランス。スパイス香もキツくなく上手く溶け込み、意外に飲み飽きずに杯が進むタイプ」

アルコール13.5%

シラーとグルナッシュ主体、カリニャン10%




シャトー・サントリオール、コルビエール・ルージュ’04

(ハーフ・375ml・ランドックルーション・辛口赤)


超特価・税別¥800

↑38%OFF

輸入元定価・税別¥1,300

<売り切れ>おすすめ!

「2013.8月に飲みました。縁がオレンジがかってきたやや濃いルビー色。思ったほど熟成が進んでおらず、色気はあるがまだ飲み頃ピークではない印象。色気の出てきたベリー、わずかにヴァニラ、タバコ、スパイス等の香り。滑らかで、樽とタンニンはよく溶け込んでおり、飲み疲れないバランスでなかなか楽しめる。抜栓の次の日もおいしい。リリース直後は結構濃かったのかもしれないですね」

アルコール13%

平均樹齢50年!

シラー40%、グルナッシュ40%、カリニャン20%

約12ヶ月樽熟成




ドメーヌ・オリオル、IGP・ペイドック・モンミジャ・シラー・ラ・シャペル’11

(750ml・南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1100

<売り切れ>絶対おすすめ!

※もう少しで’13に移行&¥216値上がり致します。

「2015.2月に試飲しました。前に飲んだ’10とほぼ変わらない印象でこのご時世に素晴らしくお買い得!濃いだけで雑味のある多くのワインとは全然違うちゃんとおいしいワインです」

アルコール13%



ドメーヌ・オリオル、IGP・ペイドック・モンミジャ・シラー・ラ・シャペル’10

(750ml・南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


超特価・税別¥1000

↑37%OFF

輸入元定価・税別¥1,600

<売り切れ>絶対おすすめ!

ブショネがほぼない短いNOMAコルク

’11 48本完売。

「2013.8月初旬に’11を飲みました。縁が紫がかった黒みがかった濃い色調。やや凝縮したブラックベリー、うっすら黒蜜、黒胡椒等のスパイス、ガリグ等の香り。果実味豊かで、少しコクがあり、この価格にして雑味なくバランスも悪くない。明らかに価格を超えた品質!抜栓の2日後まで落ちない。温度は上げすぎないほうがよさそう」

アルコール13.5%

当たり年!

ABマークあり有機栽培

Les Domaines AURIOL,IGP Pays d’Oc Montmija Syrah-La-Chapelle '10

「モンミジャ・シラー ラ・シャペル」は、オーガニック・レンジのモンミジャのひとつ。
モンミジャ畑はカマルグに近リボート地区の、砂と粘土の土壌で暑く風通しが非常によい立地にある。90%シラーでグルナッシュもブレンド。低温浸漬を行い、発酵も14~16度と低い温度で行う。


コルビエールのラグラスで最も古いワイナリーで、オルビュー・ヴァレーとの境に位置する。ジャン・ヴィアラードは、コルビエールのリボートの生産者組合長として、35年前にヨーロッパ初のオーガニック生産者組合を生んだ人物。

「シャトー・サントリオール」のプロジェクトは、娘のクロードが大学を卒業してすぐについた任務で、打ち捨てられた建物と14ヘクタールのブドウ畑を再興する役割を負った。古くからブドウ栽培がされていた土地で、館と共に1981年に購入していたが、その改造は2002年に開始された。屋根の葺き替えからワイナリーの改造、畑の植え替えや新植まで、すべてに手を付けなければならなかった。14ヘクタールの畑は一時9ヘクタールまで減らしたが、その後43ヘクタールへと拡大された。

40ヘクタールのうち、シラーが14ha、グルナッシュ12ha、カリニャン8ha、カベルネ2ha、マルサンヌ1ha、ルーサンヌ1ha、ブールブーラン1ha、グルナッシュ・ブランとマカブーで1ha。赤の収穫量は平均42hl/ha、白は25hl/ha。

この畑から造られるのが「サントリオール」のシリーズ。

赤は、シラー40%、グルナッシュ40%、カリニャン20%。低温浸漬の後、10日間の発酵期間にポンピングオーバーを行い、その後も1ヶ月浸漬。フレンチオークにて熟成される。赤い果実とスパイスが心地よく融合し、エレガントでフレッシュで、タンニンもしっかりとして充実感がある。

その他にもネゴシアンとして、74以上のワイナリーとパートナーシップを組んだり栽培指導をしたり、様々なシリーズを展開している。 (輸入元資料より)


2018/9/13(木)アップ~蔵出しヴィニウス・リザーブ・シャルドネ’16

2017/12/2(土)アップ~蔵出しドメーヌ・アストラック(ディー・エ―)’16カベルネ

驚くほど価格を超えたカベルネ!

蔵出しドメーヌ・アストラック(ディー・エ―)’16ソーヴィニヨン

香りよく、長く有機栽培をしたような塩ミネラルまであり上質!

2016/12/6(火)アップ~蔵出しドメーヌ・ポール・マス’14グランド・レゼルヴ・カベルネ

ここのラインナップ中最高のカベルネ!

さらにヴィニウス新商品の微発砲ピクプール/シャルドネ’14

2016/4/29(金)アップ~蔵出しドメーヌ・ポール・マス’14ⅢBオーモン

久しぶりの入荷ですが、素晴らしい出来でした~!



















 


オーナーのジャン・クロード・マス氏には
2006.1月末 ご来店いただきました~!
もうあれから10年経ったんだと自分でびっくり、、、そしてメル・ギブソン似(笑)







Jean Claude Mas Estates and Brands, Vinus Reserve Chardonnay '16

ジャン・クロード・マス、ヴィニウス・リザーヴ・シャルドネ’16

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥1250

<あと12本>

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
リピート続出中!!!


アルコール13.5%

96本完売!!!




Jean Claude Mas Estates and Brands, Vinus Reserve Chardonnay '15

ジャン・クロード・マス、ヴィニウス・リザーヴ・シャルドネ’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥1250

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
リピート続出中!!!


343本以上完売!!!ありがとうございました

「2016.冬にプチ試飲しました。冷やしすぎないほうがおいしい。熟して豊かな果実味、樽の効いた予想以上の厚みと粘性、コクがあり、高級ワインと間違う方もいるでしょう。バタークリーム系のソースとも合うでしょう。明らかに価格を超えており、抜栓後もかなり長持ち!」

アルコール13.5%

I.G.P. ペイ・ドック

『 パイナップルの香り、ライムの花やへーゼルナッツ、カリンやヴァニラのニュアンス。バランスの取れた酸味が感じられる豊かで芳醇な味わい。フォアグラのテリーヌ、鯛のロースト バターソース、伊勢海老のローストなどと合いそう。 (輸入元さんコメント) 』

土壌は砂利まじりの石灰岩土壌

樹齢28年

除梗後、10℃で3日間低温浸漬を行い、5℃で滓引き。60%をフレンチオークの新樽で樽発酵。16℃で1ヶ月かけてじっくりと発酵させる。残りの40%はステンレスタンクで発酵。樽発酵したキュヴェは、発酵後にバトナージュ(滓の撹拌)をしながら4ヶ月樽熟成。





ジャン・クロード・マス、ヴィニウス・リザーヴ・フリザンテ・ピクプール/シャルドネ’14

(南フランス・辛口白微発泡)


税別¥1250

<売り切れ>

アルコール12.5%

初入荷!

ブドウ品種:ピクプール55%、シャルドネ45%


少し前までピクプール100%でした。
輸入元さん曰く、飲んだ方から酸が強すぎるというご意見もあったそうですが、シャルドネをブレンドしてから非常に好評だそうです!いずれにしてもブラン・ド・ブラン

格付け:IGP・ペイドック

樹齢の古い適種優良畑産の選りすぐりの葡萄を使用した微発泡ワイン

『 淡い黄金色。軽快な泡立ち。アカシアの花やリンゴの香りに、バター、バニラ、蜂蜜のノートがあり、かすかに木やナッツ、潮の香りなどのニュアンスが感じられる。
フレッシュな酸味と程よいボリューム感が感じられ、熟したリンゴを思わせる果実味が広がっていく。ピクプールの持つしっかりとした酸味をシャルドネの果実味が包み込み、バランスのよい飲み口になっている。
シーフードのマリネ、アサリのワイン蒸し、生牡蠣、刺身、キスの天ぷら(塩・レモンで)などと合いそう。 (輸入元さんコメント) 』

Vinus Reserve Frisant Piquepoul Chardonnay '14

石灰粘土質土壌。地中海性気候

早朝、酸素に触れないよう注意しながら手摘みで収穫

シャルマ方式。砂糖と天然の酵母を加え、圧を掛ける

発酵はタンクにて4週間行う

濾過後瓶詰め。3気圧以下




ドメーヌ・ポール・マス、グランド・レゼルヴ・カベルネソーヴィニヨン’14

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

66本完売!!!ありがとうございました

「2016.8月下旬に試飲しました。わかりやすく熟しているがジャミーではなく、よく凝縮してしっかりしたコクとある程度の重さもありつつ、タンニンの質が良い。酸も低すぎず飲み頃NOW~。同価格帯のほとんどのボルドーより優れていると思われる」

アルコール%

平均樹齢25年

カベルネソーヴィニヨン100%

樽内マロラクティック醗酵~
新樽100%フレンチ&アメリカンオーク225リットルにて10ヵ月熟成

Domaines Paul Mas, Grande Reserve Cabernet Sauvignon '14

ジャン・クロード・マスが持つ最高のカベルネソーヴィニヨンを使用!

砂や粘土が混ざるローム土壌

『 モンタニャックの畑は、石灰質が豊富でリムーや北ローヌに似た気候ですが、より地中海性気候寄り。地下深く流れる水脈が水分ストレスを適度に抑え、凝縮感のあるブドウが生まれます。
< 2014年は旨味を感じる風味豊かなヴィンテージ>
とのことです。 (輸入元資料より) 』

格付け:IGP・ペイドック
テラ・ヴィティス認証あり、リュット・レゾネ





ドメーヌ・ポール・マス、トワベー・オーモン・ルージュ’14

(南フランス・ランドックルーション・辛口)


税別¥1750

<売り切れ>絶対おすすめ!

16本完売。ありがとうございました

「2016.4月上旬に試飲しました。久しぶりに試しましたが、やはり相当なお買い得度で改めて驚かされました!白の方が飲み頃の難しくないわかりやすさがありますが、骨格を含めた品質は赤の方が高いかもしれません。10年前くらいはどこも扱っており、お客様が飽きてしまった感がありましたが、今飲むと逆に新鮮。同価格帯のボルドーには絶対負けない品質で、意外に涼しげで凝縮感と骨格のある本格派。単調でもジャミーでもなく樽もちょうどよく、同じトワベー白よりも樽がよくなじんでいる印象。大幅に価格を超えており、10年前に当店で税別¥1500くらい販売していたのが、わずかしか値上がりしていないという輸入元さんのすごい営業努力!」

アルコール14%

Domaines Paul Mas, IIIB & Auromon Rouge '14

メルロー55%、カベルネソーヴィニヨン25%、シラー20%

AOPリムー
昔は赤だけヴァン・ド・ペイ・ドックでした

醗酵:ステンレスタンク

熟成:オーク樽熟成 8ヶ月(60%、新樽30%、225L) ステンレスタンク 8ヶ月(40%)

ドメーヌ最上級のクラスを意味する、“IIIB(トワベー)”。ラズベリーやプラムの香り。タンニンは滑らかで、果実味に奥ゆきがあります。

テラ・ヴィティス(TERRA VITIS)認証ありリュット・レゾネ


(2011)「ヴィノテーク2013 No.398」 16.5/20点!

(2009)TOP100 IGP2010 金賞受賞!

(2008)「リアル・ワイン・ガイド2010 No.28」 絶対的本物の旨安ワイン 極めつけのおすすめ30本 旨安大賞!

’05 リアルワインガイド19号にて絶賛される!


WAWWJ TOP 100 WINERIES OF THE WORLD 2016 第8位に選ばれる!
(Worle Association of Writers and Journalists of Wines and Spirits)

一代で世界のトップワイナリーに!輝かしい評価の数々
■世界で最も称賛されるワインブランド 堂々の16位!

2015年 DRINKS INTERNATIONALが毎年発表する"THE WORLD'S MOST ADMIRED WINE BRANDS"(世界で最も称賛されているワインブランド)で、ボルドー1級のシャトー・ムートン・ロートシルトをはじめ、世界的に有名な銘醸ワイナリーたちと肩を並べて堂々の16位にランクイン!


■全米の一流ソムリエが選ぶナンバーワン!
2013年 ワイナリー・オブ・ザ・イヤー受賞! 米)ソムリエ・チャレンジ・インターナショナル・ワイン・コンペティション

■正真正銘ナンバーワン! 
2008年 ワイナリー・オブ・ザ・イヤー受賞! 英)ガーディアン誌

■ニュー・ヴェーヴ・オブ・ザ・ワイン! 
2008年 フランスの明日を担う30人の醸造家! 仏)L'Express誌

■ワイン業界から初の快挙! 
2006年 最優秀国際起業家賞! 米)アーンスト&ヤング




ドメーヌ・アストラック(ディー・エー)、IGPペイドック・カベルネソーヴィニヨン’16

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1000

<売り切れ>

60本完売。ありがとうございました



ドメーヌ・アストラック(ディー・エー)、IGPペイドック・カベルネソーヴィニヨン’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥1000

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

380本完売!!!ありがとうございました

「2016.5月下旬に飲みました。DIAM5コルク。さすがのあり得ないくらいのお買い得度!一番素晴らしいのはジャミーではなく、青く薄いでもなく、凝縮しつつも雑味がない飲み頃NOW~であること。これはこの価格では絶対に簡単なことではありません。抜栓直後の強めのイースト香(まるでホームベーカリーで、完成したばかりのパンの匂いに似ている)、熟したベリー、スパイス、若さからくるスミレ、程よい樽の香り。未熟な青さゼロで、凝縮した果実味、意外にコクがあり、タンニン予想より少し多く質よくとてもキメ細かい。低すぎない酸、アフターの樽やほろ苦さはまったくわざとらしくなくすでによく溶け込んでいるという驚くべき完成度の高さ。温度は上げ過ぎない方がよりおいしいと思われる。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい。抜栓の3日後も全然落ちない。ビターチョコレートのニュアンスが増した。基本的にヨーロッパ全体’15は当たり年と言われているようですが、特にランドックは当店が飲んだものに関しては10年に1度の大当たり年と言ってもいいくらい特別な年なのだと思う」

アルコール13.5%

’12 Concours General Agricole 2013 金賞受賞!

’10 男子食堂 極旨ワイングランプリ 【1500円以下 フランス赤 第2位】 12点 / 15点!

樹齢20年

75%をステンレスタンクで8ヶ月熟成。残り25%は1~2年使用樽で7ヶ月熟成。

『 熟したイチゴや、モカを思わせる香りに、焦がした薪のニュアンスがあり、複雑な香りを楽しめる。果実味豊かで柔らかいタンニンと酸味のバランスが良く、樽熟成による芳醇な味わいにより、長い余韻を楽しめる。仔羊すね肉の煮込み、ロースカツ、青椒肉絲(チンジャオロースー)などに合いそう。 (輸入元さんコメント) 』




ドメーヌ・アストラック(ディー・エー)、IGPペイドック・ソーヴィニヨンブラン’16

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥1000

<売り切れ>



ドメーヌ・アストラック(ディー・エー)、IGPペイドック・ソーヴィニヨンブラン’15

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥1000

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

300本完売!!!ありがとうございました

「2016.5月中旬に飲みました。DIAM5コルク。このワインも様々な条件が揃えばピュアな透明感を感じ取ることができます。千歳ワイナリーさんの辛口ケルナーと同系統のよい香り(シトラス、ハーブ、青りんご、オレンジ、キウイ、グレープフルーツ、花、ミネラルなど)とアフターの塩ミネラル。レ・プロデュクトゥール・レウニ、IGP・コンテ・トロザン・ブラン・キュヴェ・デ・アマンディエ’15にはさすがに敵わないもののなかなかの塩っぽさが少し高級感を醸し出しております。みずみずしく、安っぽくないバランスのよい味わいで、酸とミネラルの質もよい。酸は予想よりしっかりしており清涼感がある。程よいうまみ。おそらくこの銘柄の過去最高の出来だろう。抜栓の次の日も最高においしい。抜栓の2~3日後もおいしいが、酸の質がわずかに落ちて少しだけ杯が進まなくなる」

アルコール12%

ソーヴィニヨンブラン100%

スキンコンタクトはせず、圧搾、濾過。4℃で清澄。
発酵は18℃で24日間行う。ステンレスタンクで4ヶ月熟成。

『 シトラスやセージなどのハーブの香りがあり、メロンなどのアロマが絡み合った複雑な香り。バランスが良く、フルーティーで良質な酸味がある。スモークサーモン、生ハムとアスパラガスのリゾット、マスの塩焼き、空芯菜炒め、春巻きなどと合いそう。 (輸入元さんコメント) 』

’14 SAKURA Japan Women's Wine Award 2016 シルバー受賞!

’09 ヴィノテーク16.5/20点!




ドメーヌ・アストラック(ディー・エー)、IGPペイドック・シャルドネ’14

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥1000

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

204本完売!!!ありがとうございました

アルコール13%

全体の25%をオーク樽熟成

ブショネのない合成コルク

「はっきりとしたトロピカルフルーツやドライフルーツ、ナッツのアロマに加え、ヴァニラのノートを感じる。デリケートでフレッシュな味わい。ロールキャベツ、帆立貝のソテー・バターソース、焼き鳥(塩)、ボンゴレ・ビアンコなどと合いそう。 (輸入元さんコメント)」

2012年 Concours General Agricole 2013 金賞受賞

2010年 男子食堂 極旨ワイングランプリ 【1500円以下 フランス白 第2位】 12点 / 15点満点

2008年 ヴィノテーク 16 / 20点満点

2008年 リアルワインガイド 【2009年度「旨安大賞」】 88点 / 100点満点




ドメーヌ・アストラック(ディー・エ―)、リムー・レゼルヴ’12

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


特価・税別¥1450

<売り切れ>

24本完売。ありがとうございました

アルコール13.5%



ドメーヌ・アストラック(ディー・エ―)、リムー・レゼルヴ’11

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)


税別¥1450

<売り切れ>

シャルドネ・デュ・モンド2013年度 金賞受賞!さらに金賞中のBest Chardonnays TOP10入り!

48本完売。ありがとうございました~※’11は再入荷不可能!

100%手摘み

シャルドネ主体に、わずかにモ―ザックをブレンド

プレス後の果汁を選別。16℃に保たれたオーク樽で発酵。マロラクティック発酵は果汁の60%のみ行う。3分の1を新樽で、残りを2年経ったセカンドユースの樽で、アルコール発酵が終わる5月まで行う

『 輝きのある黄金色。バター、ナッツ、パイナップル、ライムの香りなどが複雑に絡み合っている。やわらかな口当りでフルボディ。リッチで特筆すべき余韻の長さがある。フォアグラのソテー、牡蠣のグラタン、エスカルゴ ブルゴーニュ風、海老のクリームシチューなどと合いそう。 (輸入元さんコメント)』

’09 リアルワインガイド31号にて絶賛される!


9/17(土)アップ~<※24本限定で追加!>蔵出しマス・ブラン’10

マス・ブランがひそかに造っているルーション!




マス・ブランの希少なバニュルスはこちら

 



マス・ブラン、コートデュルーション・ル・プティ・パルセ・ルージュ’10

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


特価・税別¥1650

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

146本完売!ありがとうございました※再入荷不可能!

「2013.2月に試飲しました。バニュルスとコリウール以外に、こんなワインも造っているとは知らなかった、、、勉強不足です。開放的で陽気なフルーツ感がとても好印象で、スパイシー過ぎず、重過ぎず、ジューシーでおいしい。やや低い酸、よく溶け込んだタンニン。1回飲んだら飽きるタイプではなさそうなバランスの良さ」

アルコール13%

シラー70%、ムールヴェドル30%

この畑はBagesのコミューンにある畑を2年間、フェルマージュで借りて作っているもの

樹齢30年

プティ・パルセということは、おそらくラベルの子供は息子さんでしょう

伝統的手法で醸造され、葡萄は除梗され、発酵中はピジャージュをしながら15日間のマセラシオンにふされます。圧搾は軽く行われ、マロラクティック発酵、熟成はタンクです。その後、瓶詰めになります。セカンドワイン的なワインですが、つくりはドメーヌの作りとそのエスプリは変わりません。

フルーツ味を楽しめ、まろやかさがあり、熟成のポテンシャルも持ち合わせています。ドメーヌ・マス・ブランで醸造されるシラーとムールヴェドルはその独特な色合いと独特な香りから心地よいエレガントさをもたらします。

ドメーヌ・ジャン・ルイ・シャ―ヴと親友だそうです


『 マス・ブランの現在の当主は60代になるジャン=ミシェル・パルセで、バニュルスの主とも言われたアンドレの息子。ドメーヌは1639年まで遡ることができる由緒ある家柄だが、医師でもあった、アンドレの父ガストンが1910年代に取得して以降、バニュルスの復興に尽力し、その名を知られるようになる。所有する地所は21ヘクタール、ヴァン・ドゥー・ナテュレル――酒精強化ワイン――であるバニュルスとともに、ヴァン・トランキルのコリウールを産するが、簡単に言えばコリウールを酒精強化したものがバニュルスということになり、両者は不可分の関係にある。 (輸入元資料より) 』


2013/4/10(水)アップ~蔵出しモンターニュ・ノワール’10

華やかで強い香りのお買い得品!

 


モンターニュ・ノワール、ペイ・ドック・ヴィオニエ’11

(南フランス・ランドックルーション・IGPペイドック・辛口白)


税別¥1000

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

ブショネが限りなく少ないNOMAコルク

36本完売。ありがとうございました

「2012.10月中旬に試飲しました。花、白桃、ミネラルなどの予想以上に華やかで強い香り。果実味豊かで、低すぎない酸のよいバランス。万人受けのわかりやすい味わいで、明らかに価格以上の満足度が楽しめます」

アルコール13%

アッサンブラージュ後、澱を残したまま熟成させ、ボトリングします。白い花の感じられるミネラル感ある繊細な香りがあります。心地よいアタック、豊かでフレッシュな味わい。繊細で調和の取れたフィニッシュでは、再びミネラルと花が感じられます。

『 中世都市カルカッソンヌの程近くにある、モンターニュ・ノワール(「黒い山」)と呼ばれる山脈は、ワインの産地として知られています。その自然なままのテロワールは、高い標高、貧しい土壌、大西洋沿岸の穏かさと地中海沿岸のまぶしい太陽に恵まれた好条件のもと、ゆっくり時間をかけて熟したバランスのよいブドウが収穫できます。土地の知識とシャトー・ランシュ・バージュのカーズ・ファミリーの技術者のノウハウを武器に、テクニカル・チームが最も厳しい造り手を選び抜きました。高いポテンシャルを持ったテロワールから生まれ、しっかり熟した後に収穫を行ない、ていねいに醸造されたワインだけが、モンターニュ・ノワールというセパージュワインとなるのです。 (輸入元資料より) 』


2018/9/5)アップ~蔵出しマ・デ・ブレサド’16レ・ヴィー二ュ・ド・モン・ペール

さらに’17ロゼ

2018/5/16(水)アップ~蔵出しマ・デ・ブレサド’14エクセレンス

2018/5/9(水)アップ~蔵出しマ・デ・ブレサド’15レ・ヴィー二ュ・ド・モン・ペールと’16トラディション・ブラン

蔵出しマ・デ・ブレサド’16ロゼ

2016/3/3(木)アップ~蔵出しマ・デ・ブレサド’13トラディション

徹底してジューシーでスパイシー、果実味豊かでタンニンは丸い!










 



化学肥料など不使用ですでに有機栽培の認証を取れる状態ですが、
自分のやりたいことが出来なくならないよう認証は取っていません。



<2018年4月 最新情報>
2019年以降に認証取れる予定となりました。
世界中で人気が高すぎる為、なんと収穫前に数を予約しないと輸入元さん買えないそうです!!!収穫前は当然、最終的な出来がわからないわけですが(笑)毎年必ずおいしいワインを造ってくれているという信頼で発注できるという訳です。上記画像のオーナーで醸造家で栽培まですべてこなすシリル・マレス氏。2018年来日セミナーでもとにかく日本の皆さんに自分のワインを楽しんでいただけていることが本当に嬉しいと言ってくれていたそうです。

ここも値上がりしないですね~!




Mas des Bressades, Costieres de Nimes Rouge Cuvee Excellence '14

マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ルージュ・キュヴェ・エクセレンス’14

(南フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷すると’15に移行致します。

パーカー90点(2016~2021年、ワイン・アドヴォケイト228号)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2018.4月上旬に試飲しました。各’15赤よりも少しやさしく滑らかさがある分、今非常においしい。熟した果実味とエキス感自体はしっかりあり、酸が低すぎず余韻もあり、とてもよいバランス。太陽が強すぎない年の少し熟成したAOPラストー的に飲めるおいしさ」

アルコール14.5%

’09 Wine Enthusiast 90点&Best Buy!

シラー98%、グルナッシュ2%

グルナッシュは、トップキュヴェのカンテサンス用のものを使っています。25~40年樹齢の4区画からのシラーを使用しています。ボディが豊富なもの、フレッシュなもの、リコリスフレーバーのあるもの、40年以上樹齢のものと、キャラクターが様々です。

醗酵は別々に、温度管理の下コンクリートタンクで行います。タンク内で3~5週間寝かせ、樽(1年~3年樽)で12ヶ月間熟成します。この熟成期間は、シラーが空気供給を必要とするからです。透けて通らない濃い赤色。微かにキャラメルを思わせるミルキィさと甘さのある香り。樽熟による心地よいアクセントがあり、たっぷりした複雑な果実味があります。キュヴェ エクセレンスは、開くのに時間がかかります。 (輸入元資料より)





Mas des Bressades, Les Vignes de Mon Pere Rouge '16

マ・デ・ブレサド、IGP・ペイ・デュ・ガール・ルージュ
<レ・ヴィー二ュ・ド・モン・ペール> ’16


(南フランス・南ローヌ・辛口赤)

税別¥2200

<あと10本>絶対おすすめ!

20本完売。

「2018.8月下旬に飲みました。DIAM5コルク。凝縮感と重さ、樽香の強さは’15の方がしっかりしていた。バランスは’16の方が優れておりちょうどよい凝縮感とコクがありつつ、’15にはなかったミント風味を含む香りと戻り香がアフターに多少さわやかさを残す極めて良い出来。濃いのに重くないという意外とない絶妙バランス!縁が紫がかった中心が黒のとても濃いルビー色。抜栓の次の日もさらに向上してこの価格のカベルネとしては最高レベルのおいしさ!ぜひお試しください。抜栓の2日後までまったく落ちない。意外にもパプリカ+オリーブオイルに合うのでラタトゥイユにも合うかもしれない。カカオ率高く酸味あるビターチョコレートなんかにも合いそう。逆にミントの戻り香が肉との相性を微妙にさせる場合があるかも、、、」

アルコール14.5%




Mas des Bressades, Les Vignes de Mon Pere Rouge '15

マ・デ・ブレサド、IGP・ペイ・デュ・ガール・ルージュ
<レ・ヴィー二ュ・ド・モン・ペール> ’15


(南フランス・南ローヌ・辛口赤)

税別¥2200

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91+点!(2018~2025年、
~At around $20 per bottle, it's a ridiculously smart buy.
ワイン・アドヴォケイト233号)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版14.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

105本完売!!!ありがとうございました~※再入荷すると’16に移行致します。

「2018.4月上旬に試飲しました。」



「2018.1月下旬に飲みました。DIAM5コルク。よく凝縮したブラックベリー、少しミント、甘苦系スパイス、ビターチョコレート、コーヒーなどのよい香り。果実味豊かで、コクがあり中域のエキスも厚め、タンニンも多いが非常にキメ細かい、低すぎない酸、洗練された高級ビターチョコレートのような戻り香あり!長い余韻。結構重さとコクがあるが、意外にもとても杯が進む傑出バランス。重すぎない焼き目を付けた肉と合いそう。抜栓の2日後までまったく落ちない。+¥1500程度の満足度があるように感じた」

アルコール14.5%

カベルネ ソーヴィニヨン70%(樹齢40年!)、シラー30%

オーク樽(カベルネは新樽、シラーは古いバリック)で12ヶ月熟成

力強さとまろやかさどちらもあり





Mas des Bressades, Costieres de Nimes Blanc Cuvee Tradition '16

マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ブラン・キュウェ・トラディション’16

(南フランス・南ローヌ・辛口白)


税別¥1450

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2018.4月上旬に試飲しました。やや冷えの温度で、過去最高においしくバランスよく感じられました。冷やし過ぎると厚みとエキス弱く感じられますが、温度を上げ過ぎると苦み強くなりすぎるかもしれません。華やかなフルーツ感たっぷりの香りと味わいで、ジューシー感もあり、低すぎない酸と、キメ細かく良質な苦みコクアフターが極めて心地よく杯が進む。間違いなく高い評価が付くでしょう!」

アルコール13.5%



Mas des Bressades, Costieres de Nimes Blanc Cuvee Tradition '15

マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ブラン・キュウェ・トラディション’15

(南フランス・南ローヌ・辛口白)


税別¥1450

<売り切れ>

パーカー89点(ワイン・アドヴォケイト228号)

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

30本完売。ありがとうございました

ルーサンヌ50%、グルナッシュ・ブラン30%、ヴィオニエ10%、マルサンヌ10%

赤同様にトラディションは樽不使用
タンクで澱と共に2ヶ月熟成

やや華やかな良い香り、フルーツ感しっかり、苦みコクの残るアフター

シリカを含むローヌの砂利土壌です。それぞれの品種は別々に、ステンレスタンクに入れ18度で発酵させます。発酵後、味を確認しながら、2ヶ月澱と寝かせます。マロラクティック発酵はしません。

このワインでは「フレッシュさ」と「飲む楽しみ」を見出して欲しいと考えています。フレッシュな味わいですが、このワインの骨格は、ルーサンヌによって、支えられています。グルナッシュ ブランは、丸さとミネラル感をもたらします。ヴィオニエは、桃やアプリコットの香りを与えてくれます。アメリカやカナダでは、バイ・ザ・グラスのワインとして喜ばれていて、シリル・マレの狙い通りの使われ方をしています。
(輸入元資料より)




Mas des Bressades, Costieres de Nimes Rouge Cuvee Tradition '15

マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ルージュ・キュウェ・トラディション’15

(南フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥1450

<売り切れ>

Wine Enthusiast 91点!!!
Best buy 2017年度 TOP47/100位に選ばれる!!!)


パーカー88点(ワイン・アドヴォケイト228号)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版14.5/20点

’14 VINOUS 88点




マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ルージュ・キュウェ・トラディション’13

(南フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥1450

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!!!
Best buy 2015年度 TOP9/100位に選ばれる!!!)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

40本完売。ありがとうございました

「2015.10月中旬に飲みました。DIAMコルク。毎年この品質だったらよいのですが、年によってはやけに濃くてアルコールが浮いていて松脂くさい香りの時があり、それで毎年は買っていないのです。この’13は僕の中で一番おいしい時のマ・デ・ブレサドの品質なので自信を持っておすすめできます。バスケットいっぱいのベリー、ガリグ、黒胡椒、甘苦系スパイスなどの香り。非常に果実味豊かで凝縮しつつもジューシー、程よいコク、低めの酸、よく溶け込んだタンニン、ほのかに甘苦さの残るアフターで飲み頃NOW~。抜栓の2日後まで非常においしい。黒蜜や黒糖の香りもあり甘みのある果実味、タンニンはとてもキメ細かい。温度は上げ過ぎない方がおいしい」

アルコール14%

グルナッシュ55%、シラー45%

樹齢10~30年

コンクリートタンク熟成

機械で収穫後、品種別に18度でタンク発酵します。グルナッシュの醸しは2週間、シラーは4~5週間行います。圧搾し、コンクリートタンクで熟成します。グルナッシュは5個、シラーは4個のタンクを試飲し、ブレンドします。樽熟成されたシラーの一部も使います。

輝きのあるダークレッド。フレッシュで熟したブラックカラントの果実の香りがあり、熟成によって次第にガリーグのハーブの香りが現れます。丸さがありフレッシュで、バランスが良いワインです。集約はしていますが、エレガントです。タンニンがあるのに、主張してきません。こういうワインこそ、レストランで様々な料理に合わせることが出来ます。 (輸入元資料より)




マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ルージュ・キュヴェ・エクセレンス’06

(南フランス・南ローヌ・辛口赤)


税別¥2500

<売り切れ>限定品!

パーカー90点(2009~2012年、ロバート・パーカー、ワイン・アドヴォケイト181号)

輸入元さんが生産者訪問した際にバック・ヴィンテージを飲んで飲み頃もまったく問題なく素晴らしかった為、交渉して特別に分けてもらったそうです!

樹齢25~40年

4つの区画からのシラー100%

新樽10%、1年樽50%、2~3年樽40%にて約12ヶ月熟成





マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ロゼ・キュヴェ・トラディション’17

(南フランス・南ローヌ・辛口・ロゼ)


税別¥1500

<あと4本>限定品!

Wine Enthusiast 90点!(Best Buy!)

パーカー91点!(2018~2019年

~Subtle floral and dried spice notes accent berry fruit, it's medium-bodied and silky, finishing long, refreshing and stony. And the price remains a bargain. What more could you want?




マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ロゼ・キュヴェ・トラディション’16

(南フランス・南ローヌ・辛口・ロゼ)


税別¥1450

<売り切れ>限定品!

2017年3月 NIKKEIプラス1「なんでもランキング」ロゼワイン特集に掲載される!

VINOUS 88点(2017~2019年)

日経プラスワンの影響で輸入元在庫一瞬で完売~やっと再入荷できました~!





マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ロゼ・キュヴェ・トラディション’15

(南フランス・南ローヌ・辛口・ロゼ)


税別¥1450

<売り切れ>限定品!

パーカー89点(NOW、Jeb Dunnuck)

インターナショナルワインセラー88点(2016~2018年)

当たり年!

アルコール13.5%



マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ロゼ・キュヴェ・トラディション’12

(南フランス・南ローヌ・辛口・ロゼ)


税別¥1350

<売り切れ>

パーカー90点(NOW~2013年、Jeb Dunnuck)

モンディアル・デュ・ロゼ国際コンクール2013年度 金賞受賞!

スぺクテーター87点(James Molesworth氏による、13 Juicy Rhone Valley Rose、New reviews of pink wines from France, each under $20 に選ばれる)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

パーカー・オンラインにて夏におすすめするロゼ3本に選ばれる!

30本完売。ありがとうございました



マ・デ・ブレサド、コスティエール・ド・ニーム・ロゼ・キュヴェ・トラディション’10

(南フランス・ランドックルーション・辛口・ロゼ)


税別¥1350

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー88点(2011~2012年、ワイン・アドヴォケイト197号)

インターナショナルワインセラー88点

Wine Enthusiast 91点!


15本完売。ありがとうございました

「2012.8月に飲みました。この造り手は赤と白のキュヴェ・トラディションよりもこのロゼの方が個性がハッキリしている上に優れているように感じられた。ブショネが99%ないDIAMコルク。ジューシーでスパイシーな豊かな果実味で色も味わいも赤に近いタイプのロゼ。フレッシュで酸が低過ぎず、よく溶け込んだタンニン、イチゴとスパイスの心地よい香り。抜栓の次の日もおいしいが、初日のバランスがよりベストだったかもしれない。とにかく徹底してジューシーなおいしさ」

アルコール%

コスティエール・ド・ニーム地区は南ローヌのリラックやタヴェルの近くにあり、
この造り手のワインは赤白ロゼすべてがほとんど果実味豊かな優れたコートデュローヌ・ヴィラージュというの香りと味わい。造り手自身も自分のワインはローヌワインとしてとらえてほしいと言っています

サンソー50%、シラー30% 、グルナッシュ20%

ロゼは赤よりも大分生産量が少なく、年に1回しか輸入されません!



『 世界的な評価も高まり、地元でも人気の高いこのドメーヌのワインは、常に生産量を超えた予約が入るほどです。しかしシリル マレは品質にもまだまだ満足することなく、さらにその上を目指すべく日々努力を続けています。18℃に保ちながらセニエ法で醸造し、ブレンドします。マロラクティック発酵はしません。グルナッシュがまろやかさを、シラーが色の鮮やかさを、そしてサンソーが果実と新鮮さを与え、全体で素晴らしいバランスを造りだしています。薄いバラの花びらの色、赤いフルーツ、イチゴや黒スグリの風味があります。フレッシュで、程よい酸も感じられます。サラダ、魚、バーベキュー、グリルしたものなど、強い料理以外ならなんとでも相性の良いことが特徴です。ロバート パーカー Jr.のホームページで、夏にお薦めする3種類のロゼのひとつに選ばれました。美しいバラ色、はっきり感じるイチゴの甘い香り、忘れていたロゼの美味しさを思い出させてくれるワインです。 (輸入元資料より) 』

マ・デ・ブレサドは、マス・カルロと同じ生産者で、シリル・マレとナタリー・ブランの夫婦が双方のエステートを所有している。夫のシリルがマ・デ・ブレサド、妻のナタリーがマス・カルロを担当。マ・デ・ブレサドは常に安定した品質で非常にお値打ちのワインを造っており、賢明な消費者は、同胞のマス・カルロと同じく、この素晴らしいエステートを探し当てている。 「ワイン・アドヴォケイト185号より」


2012/3/3(土)アップ~蔵出しレオン・バラル’08

香り、酸、アフターが特に優れた驚きのフォジェール!

※どちらも再入荷不可能!どちらもすべての値引き対象外となります!



 




ラシーヌ輸入の限定品!



レオン・バラル、フォジェール・ジャディス’08

(マグナム・1500ml・南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


超特価・税別¥7200

<あと2本>絶対おすすめ!



レオン・バラル、フォジェール・ジャディス’08

(750ml・南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


超特価・税別¥3700

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点

MVF(旧クラスマン)2012年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17/20点

「2011.10月に750mlを2度試飲しました。実は、僕も父も当店の仕入れ担当は皆、カリニャン主体のワインが苦手(南のアンヌ・グロやラ・トゥール・ボワゼのような一流生産者ですら、、、)だったのですが、これは素晴らしい香りだと感じ、カリニャンが50%も入っているとはまったく感じないほど透明感があり洗練されています。垢抜けない強いスパイス香もありません。酸が上質で、余計な重さやべたつき雑味がないだけで驚きなのですが、タンニンの質も非常によく、ミネラルが感じられ、熟成も可能。過去に飲んだフォジェールの中でダントツでNo.1!」

アルコール14%

’07 スペクテーター93点

’05 リアルワインガイド23号にて絶賛される!

1995年にBIOの認証を受け、特別設計の鋤を使い馬で耕作をしていたが、現在は5、6頭の牛を使って耕している。

カリニャン50%、シラー40%、グルナッシュ10%

樹齢30~60年!

土壌:片岩

低収量25~30hl/ha!

醸造:亜硫酸添加はない。ワインのタンク移動は重力を利用。

熟成:タンク発酵後、バリック(新樽10%)で2年熟成。澱引き、濾過は行わない。亜硫酸添加はない。


13回世界最優秀ソムリエコンクールの優勝者、ジェラール・バッセ氏が「お気に入りのワイナリー」としてフランス軒のつに選出。


『 父レオンの代は協同組合にブドウを全量売っていた。1993年にDidierディディエは醸造施設を購入し、醸造、元詰を始めた。1994年ヴィンテッジですでにラングドックを代表する造り手としての名声を得たが、実験精神が旺盛で、高い理想に向かって努力をおしまないディディエのワインは年を追うごとに洗練されたクラスを備えていっている。初期のころと比べ醸造方法も変化しており、現在は醸造過程でSO2を使用していない。

味わいはミネラリーで、高い酸に支えられているが、上品な味わいで凝縮した果実味と奥行き、すべての要素が高いレベルでまとまり、酸を感じさせない。

~ディディエ談
「ラングドックの現状は、生産過剰で、ワインの価格は下がりっぱなし。輸出市場で成功している造り手もいるが、市場は厳しい。多くの造り手やインポーターはアルコリックで、重々しく大柄なスタイル、タニックなワインが上質なラングドックのスタイルと考えているようだ。しかしそういったワインは、収量が多いためタニンが熟しておらず、フレッシュさに欠け、酸が低く、マロラクティックを人為的にストップしたものが多い。充実した果実味と充分な酸がなければ、ラングドックのワインは重い一方で、私には飲めない。十分な果実味と、酸に支えられたフレッシュさを備えたワインが私の目指すスタイルだ。」

いずれのキュヴェも驚くばかりの美しい均整、フィネスに満ちている。柔らかな果実味が印象的である。 (輸入元資料より) 』


2013/9/14(土)アップ~<12本限定!>蔵出し超特価ドピヤック’08

凝縮してほのかな甘みがあり、雑味がないアフター




ドピヤック、モンペイルー・ルージュ’08

(南フランス・ランドックルーション・コトードランドック・辛口赤)


超特価・税別¥1800

↑なんと44%OFF!

輸入元定価・税別¥3200

<売り切れ>絶対おすすめ!

最新パーカー90点(2012~2016年、Robert Parker、ワイン・アドヴォケイト199号)

パーカー89点(David Schildknecht

ゴーミヨ誌16/20点


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

84本完売!ありがとうございました

「2012.9月下旬に試飲しました。毎年外さないワインですが、ほのかな甘みがあり凝縮して多少のエキス感もあり、タンニンが丸く、南のワインとしては雑味なく、非常においしかったです」

’07 48本完売。

「 数種のセパージュを混醸することによる葡萄の複雑味と元々素晴らしい土壌の複雑性。それらの要素が反発するのではなく,見事に調和しているのです。「妙なる調和・・・」飲んだ瞬間,その曲が浮かんできました。そう,歌劇「トスカ」のマリオのアリア「妙なる調和」を思い浮かばせる,ワイン。それが,ドメーヌ・ドピヤックのリーズナブルにして最高傑作『 ル・モンペイルー 』なのです。 この味覚体験を是非,皆様にも・・ 自然派ビオワイン! (輸入元さんコメント) 」

無濾過

エコセール認証あり

地中海から40km、南東向きの日当たりの良い丘陵地


『 モンペイルー村はラルザック台地のふもとなので夏でも夜は比較的涼しいのが特徴です。また朝方は霧が多く、より冷涼な環境にあるエリアで高いポテンシャルがあります。数ヵ所に畑があるドピアックの22Haの所有畑の土壌は、石灰岩質、粘土石灰質、砂利質などバラエティに富んでいます。また地下に青い粘土層があり、適度な水分を保持してくれる稀少な土地なのです。ぶどう樹がこのラングドック特有の強烈な乾燥にも耐えられるのは、湿気を多く含んだこの粘土層のおかげで
す。

現オーナーのシルヴァン・ファダが1989年に祖父からドメーヌを引き継ぐまでは、ぶどうを農協に売却していました。受け継いだ恵まれた畑とぶどうの樹で、この土地でしかできないワイン造りを目指すことを決心したシルヴァンは、これまでのやり方を一新し、土壌や栽培方法に徹底的にこだわったワイン造りを始めました。畑から化学物質を一切排除し、土壌のバランスを考えた有機農法にしました。さらに、独自に設置した気象観測装置で観測し、病気の蔓延を未然に防ぐ研究も絶えず
行っています。

~ドピアックはクラスモンやロバート・パーカーから高評価を得ていることはもちろん、フランスで著名な雑誌である“フィガロ”や”ル・ポワン“でも、取り上げられ紹介されるほどの注目のドメーヌなのです。パリ8区の三ツ星レストラン「ピエール・ガニャール」や「アラン・デュカス・グループ」でも取扱われています。 (輸入元資料より) 』


2014/11/8(土)アップ~蔵出しシャトー・ピネレ’09ロタンティーク

ビストロで肉と合わせたい赤、一般的なカオールよりも洗練されて滑らか

2014/7/25(金)アップ~蔵出しシャトー・ピネレ’09カオール・マルベック





 




現在では、リュット・レゾネを実践し天然酵母を使用。

Qualenvi、テラ・ヴィティスに申請中



シャトー・ピネレ、カオール・マルベック’09

(南西地区・辛口赤)

税別¥1400

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

45本完売。ありがとうございました~※’09は再入荷不可能!

’08 リアルワインガイド44号旨安賞!

’08 ゴーミヨ誌14.5/20点

ただのカオールは、マルベック85%、メルロ15%ですが

こちらはマルベック100%





シャトー・ピネレ、カオール・キュヴェ・ロタンティーク’09

(南西地区・辛口赤)

特価・税別¥2700

<あと1本>絶対おすすめ!

「2014.10月に試飲しました。大体’05と’08の中間くらいかな?という印象で、相変わらずカオールとしては洗練されたフルボディで、スパイス臭さやタンニンの粗さがなくとてもよい出来。タンニンは多いが丸く、しっかりしているが同時に滑らかさも感じられる。この価格帯でしっかりした肉にも負けない合わせ方ができる銘柄で値下がりもあり超お買い得!」




シャトー・ピネレ、カオール・キュヴェ・ロタンティーク’08

(南西地区・辛口赤)

特価・税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

ゴーミヨ誌16/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

※再入荷すると’09に移行&値上がり致します。

’05から16%値下がり!

「2013.2月に試飲しました。濃いガーネット。凝縮したブラックベリー+スパイスで、しっかりしてコクがあるが、タンニンの質がよく、意外に酸が低すぎない為、重いが重過ぎずにやや滑らかに楽しめる。’05よりも少し滑らかな感じだったと思います。この価格帯でしっかりした肉にも負けない合わせ方ができる銘柄で値下がりもあり超お買い得!」

アルコール13%

’06 Wine Enthusiast 90点


 

シャトー・ピネレ、カオール・キュヴェ・ロタンティーク’05

(南西地区・辛口赤)

税別¥2850

<売り切れ>おすすめ!

デカンター誌ワールド・ワイン・アワード・トロフィー受賞&第1位!

ヴィノテーク2009.12月号 17.5/20点!

ギィ・ド・アシェット2008年度版 クープ・ド・クール!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

カオール地区の当たり年!

54本完売。ありがとうございました※再入荷不可能!

「2009.8月末に飲みました。縁が紫がかったほとんど黒の非常に濃いガーネット。抜栓直後はインク、リキュールっぽいブラックベリー、甘草、甘苦系を含む数種類のスパイス、香草などの気持閉じた香り。時間と共に温度も上がるとヴァニラやビターチョコレートの甘い香りが出る。色のイメージよりは丸く滑らかな味わいで、タンニンも多めながら熟して溶け込みつつある。意外と酸も低すぎない。カオールでこの滑らかさは貴重。あと少し深みがあれば最高だが、この価格で文句は言えない。ボルドー好きの方にもおすすめできる。抜栓の次の日もおいしい。よりタンニンが溶け込んだ。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール13%

マルベック100%

『 フラッグシップであるオタンティックはオーセロワ種を100パーセント用いたキュヴェで、まさにその言葉通り、昔ながらの正統的なカオールを今に蘇らせている。5ヘクタールと限られた区画の平均で50年と高い樹齢のぶどう(下位ラインナップのただのカオールは、樹齢15~20年)は、ヴァンダンジュ・ヴェールトにトリも付し、収量は35ヘクトリットル前後に抑える。木製の発酵槽――一部イノックス――での3週間から1ヵ月におよぶ長期間のアルコール発酵中はピジャージュ、ルモンタージュもしっかりおこない、カオール独特の漆黒とでも形容できる色濃いワインを生み出す。その後、新樽6割から7割を用い1年半――一部フードル――の熟成。オーセロワ種は早熟で非常に色素が豊富なものの酸は強すぎないぶどう品種で、このセパージュの個性とカオールのテロワールが合わさり、非常に深い色調のワインが生まれる。しっかりした構造ながら、力まかせの濃さやカベルネ・ソーヴィニヨン種のインキーな風味とは異なる、豊かな果実味に滑らかなタンニンの攻撃的なところのないまろやかに練れた赤で、数年の熟成でさらに満足度は高まる。(輸入元資料より) 』


2014/2/5(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ロルテュ’12白

2013/11/13(水)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ロルテュ’11赤

2012/6/4(月)アップ~蔵出しドメーヌ・ド・ロルテュ’08グラン・キュヴェ白

完熟洋ナシ風味の傑出した白とはずさないピクサンルー地区の赤

※すべて再入荷するとヴィンテージ移行致します。

 

 

 

 

当店扱いのドメーヌ・ド・ロルテュはすべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!




ランドックでも現代技術で造りこんだタイプではない洗練があります。今までのイメージが変わると思いますよ!




ドメーヌ・ド・ロルテュ、クラシック・ルージュ(ベルジュリー・ド・ロルテュ)’11

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)


税別¥2300

<あと1本>

コトードランドック・AOCピクサンルー

’11は、シラー60%、グルナッシュ20%、ムールヴェードル20%のブレンド

ステンレスタンク醗酵&熟成

白身の肉料理とよく合いそう

’10 スぺクテーター・オンライン88点(NOW~2018年)

’10 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版14.5/20点+さらにお買い得マーク付き!

’09 ゴーミヨ誌15.5/20点




ドメーヌ・ド・ロルテュ、グラン・キュヴェ・ルージュ’07

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)

税別¥3500

<あと3本>おすすめ!

超限定品!
※すべての値引き対象外となります。
再入荷するとなんと’12に移行&値上がり致します。

パーカー92~93+点(ワイン・アドヴォケイト196号)

ゴーミヨ誌 17.5/20点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版17/20点

4年以上経ってさすがにおいしくなっているのでは?



「2012.3月に飲みました。縁がうっすら紫がかった非常に濃いルビー色。抜栓直後の低めの温度では野性味があり非常にスパイシーで。ムールヴェードル主体の上級のバンドールを連想させるポテンシャルは高いが、やや癖のある(若干、日本人受けしないタイプの)香り。低すぎない酸、多めだが質はよいタンニンでまだ固いので、今空けるならデキャンタをお勧めします。抜栓の次の日は、少し癖が抑えられ、なめらかにおいしく変化。温度も低すぎないほうがよさそうです。今はムールヴェードルの個性が強めに感じられる。タンピエやピバルノンのバンドールのように、数年後にはかなり化ける可能性が高いと思われます。抜栓の3日後まで落ちない!」

初入荷の上級品!

コトードランドック・AOCピクサンルー

’07は、シラー60%、ムールヴェードル30%、グルナッシュ10%

(※’06がムールヴェードル55%、シラー35%だったので’07は特にシラーが多い年です。)

新樽約66%、1年樽約33%熟成

輸入元さん曰く、ジビエや濃厚なソースの肉料理と相性抜群!

前のヴィンテージを試飲しましたが、果実味とコクとタンニン、深みとポテンシャルがクラシック・ルージュよりも充実しており、抜群のコンディションも相俟ってランドックルーションでは相当に優れた洗練された赤ワインだと感じました。スパイス香もクセが強すぎるタイプではなく、バランスよく楽しめます



ドメーヌ・ド・ロルテュ、グラン・キュヴェ・ブラン’08

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)

税別¥3500

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー88点(ワイン・アドヴォケイト196号)

ゴーミヨ誌 17.5/20点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版15/20点&お買い得マーク付き!

※再入荷すると’10に移行します。

「2011.6月に試飲しました。アンズや洋ナシ、桃などの完熟フルーツの凝縮した風味が華やか!シャルドネ60%だった’07よりも少し厚みとコクがあるような洗練された味わいで、同時に試飲したクラシック・ブラン’09よりも大きくやや深く余韻が長い。無駄な力強さがなく、やはり非常にセンスのある造り手だと思う。他にあまり代わりの効かないタイプのおいしさ。ビストロでメインを魚料理にしてこれ1本で通しても楽しそう」

アルコール13%

シャルドネ70%、ヴィオニエ20%、ルーサンヌ10%

アルコール発酵に新樽の大樽を使い、澱上で熟成させて旨味を凝縮

VDP・デュ・ヴァル・モンフェラン

’07 パーカー90点

’04 スペクテーター91点

 



ドメーヌ・ド・ロルテュ、クラシック・ブラン(ベルジュリー・ド・ロルテュ)’12

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)

税別¥2300

<あと3本>

パーカー90点(2013~2014年、Robert Parker



ドメーヌ・ド・ロルテュ、クラシック・ブラン(ベルジュリー・ド・ロルテュ)’11

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)

税別¥2300

<売り切れ>

※再入荷すると’12に移行します。

スぺクテーター・オンライン88点(NOW~2015年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版16/20点!

’10 パーカー91点

’10 スぺクテーター88点



ドメーヌ・ド・ロルテュ、クラシック・ブラン(ベルジュリー・ド・ロルテュ)’09

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)

税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’09は、再入荷不可能!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版15/20点&お買い得マーク付き!

「2012.5月初旬にプチ試飲する機会をいただきました。飲み頃はそれほど長くないかも?と思っていましたが、リリース直後よりも明らかにおいしくなっており、驚かされた!色気とごくほのかな甘さと厚みが出て現在、まさに理想的な状態。ライチ、白桃、花、ミネラルなどの華やかなよい香り。香りにも味わいにも透明感があり、コンディション抜群。洗練され、ややしっかりした質のよい酸、ミネラルの残る極めて心地よいアフター」

「2011.6月に試飲しました。’08同様この価格帯の白としては素晴らしく華やかなよい香り!味わいはややあっさりながら非常にバランスよく、みずみずしく透明感があり、とてもキメ細かな苦み。食事を生かすタイプで酸も低くない。ロエロ・アルネイス’09が好きな方にもおすすめ出来る」

アルコール13%

’09は、ルーサンヌ50%、ヴィオニエ20%、ソーヴィニヨンブラン10%、シャルドネ20%という個性的なブレンド比率

ステンレスタンクのみ

 

 

ドメーヌ・ド・ロルテュ、クラシック・ブラン(ベルジュリー・ド・ロルテュ)’08

(南フランス・ランドックルーション・辛口白)

税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(ワイン・アドヴォケイト196号)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2010年度版14.5/20点

24本完売。ありがとうございました

’07 パーカー90点

VDP・デュ・ヴァル・モンフェラン

「2010.5月末に飲みました。やや濃いイエロー。コンディションが抜群なので透明感があり、ピュアでみずみずしい。洋ナシ、白桃、ライチ、麦、ミネラルのよい香り。果実味豊かでほのかなトロみがあり、低くはないが丸い酸、よいバランス。非常に心地よいアフター。ちょっとした戻り香あり。南のワインとしては上品で杯が進む。個性的なブレンド比率もあって貴重な個性。抜栓の次の日も非常においしい。最近、樽を使用していない白ワイン(大量生産型以外の)が昔よりおいしく感じる」

「2010.3月に試飲しました。ここのワインはすべておいしいが、明らかにこの銘柄がずば抜けてよかったと思う。ここ数年で飲んだ南フランスの白でダントツに一番お買い得だと感じた!濃いイエロー。なかなかインパクトのあるトップノーズ。香りからアフターまで一貫して非常に心地よい完熟洋ナシ風味で、素晴らしいバランス、苦味はとても控えめでキメ細かいもの、この価格帯の南の白としては完成されている。少しのトロみもありとにかく心地よい。かなり驚かされた」

アルコール13%

’07の時でルーサンヌ29%、ヴィオニエ28%、ソーヴィニヨンブラン29%、シャルドネ14%という個性的なブレンド比率

ステンレスタンク醗酵&熟成

 

ドメーヌ・ド・ロルテュ、クラシック・ルージュ(ベルジュリー・ド・ロルテュ)’07

(南フランス・ランドックルーション・辛口赤)

税別¥2300

<売り切れ>おすすめ!

パーカー90点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2010年度版14/20点

コトードランドック・AOCピクサンルー

「2010.3月に試飲しました。紫がかった濃いルビー色。さすがピクサンルー地区の赤ははずさない。程よく熟したベリー、スパイス、ミネラルなどの香り。ゆっくり飲めばさらに発展していきそうな香り。濃すぎない程度によく凝縮して、決して低くない酸、溶け込みつつある丸いタンニン、多めのミネラル。飲み頃NOW~アフターにもミネラルが残り心地よくよいバランス」

シラー60%、グルナッシュ30%、ムールヴェードル10%

ステンレスタンク醗酵&熟成

 

『 ドメーヌ・ド・ロルチュは、1980年、農業技師ジャン・オーリヤック氏がブドウ栽培には とても困難なモンペリエ近くの断崖に僅か5ヘクタールの畑を開墾するところから始 まりました。栽培風土が表現され、珍無類なブレンドは独自の発想によるもので、新し い味の世界が開かれています。(輸入元資料より) 』


2016/4/6(水)アップ~蔵出しシャトー・シモーヌ’10グラン・カレム・ド・シモーヌ・ブラン

2013/6/9(日)アップ~蔵出しシャトー・シモーヌ白貴重なバック・ヴィンテージ!

長く寝かせないと真価を発揮しない貴重なパレット・ブラン!

ワイナート63号『 フランス偉大なる造り手10人 』に選ばれる!

自然な農法、高樹齢、特別なテロワール





 


21ヘクタールの畑はモンテギュー山塊の北向き斜面に、ボウルのような形の自然な窪みにあり、風から守られ、アルク川が流れるという、特別なミクロクリマが演出されている。
近隣の森により多様性が備わる立地にあり、適度な湿度が川と周りの緑から得られる。
土壌は第三紀系で、湖で構成された石灰質の小石に、粘土、丸石、砂利が交じり合っている。

ブドウはフィロキセラの後に再構成されたまま枯死したもののみ再植しているため、平均樹齢は非常に高く50年以上で、110年以上のものも残っている。
株仕立てと垣根仕立てを併用し、化学的な肥料や除草剤は一切使用していない





手摘みされたブドウは、2度手作業で選果され、とてもクラシックな伝統的な方法で、自然酵母により発酵される。 (輸入元最新資料より)




シャトー・シモーヌ、ヴァン・ド・ペイ・ド・ブーシュ・デュ・ローヌ・グラン・カルム・ド・シモーヌ・ブラン’10

(南フランス・プロヴァンス・辛口白)


税別¥3800

<あと10本>絶対おすすめ!

15本完売。

「2015.9月に飲みました。若いファースト・ラベルのシャトー・シモーヌ・ブランはポテンシャルが高く固いので実はかなり開けるのがもったいないのですが、これならすでに開いており、これがファーストでもよいというくらいかなり良い出来!個性的なやや濃い色調で、甘いリンゴ、梨、ゴマ、ハーブ、花、ミネラルなどの熟してフローラルな面もある素晴らしい香り。明らかに冷やし過ぎない方がおいしく、熟して緩くない果実、低くない酸、しっかりしたミネラル、コクがあり、余韻が長い。熟成すら可能な骨格があり、予想以上に複雑なお世辞抜きですごいワイン!ルジエさん曰く、甲殻類によく合うとのことです。抜栓の2日後まで最高においしい!」

アルコール13.5%

V.D.P. de Bouche du Rhone Grands Carmes de Simone Blanc '10

Clairette 80% Ugni Blanc 10% Viognier 10%

全体で25ha所有しているうちの近年生産が始まったIGPワインのグラン・カルム・ド・シモーヌ白とロゼが合わせて3ha

ここも樽熟成期間を近年短くしている

『 グラン・カルムの白にはヴィオニエをアッサンブラージュ。そのためパレットAOCは名乗れない。フレッシュでフルーティ。花梨やピーチ、アプリコットなど、さまざまな果実のアロマに、複雑なブーケがアクセントを与える。口当たりは柔らかくなめらか。豊潤な味わい。 (輸入元資料より) 』





シャトー・シモーヌ、パレット・ブラン’09

(プロヴァンス・辛口白)


税別¥4700

<売り切れ>

ワイノット5号にて絶賛される!

MVF(旧クラスマン)2013年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版17/20点




シャトー・シモーヌ、パレット・ブラン’08

(プロヴァンス・辛口白)


超特価・税別¥5500

<あと1本>限定品!

※すべての値引き対象外となります。再入荷不可能!
’12を買うと¥1188値上がりいたします。

ワイナート63号 92点!

ゴーミヨ誌18.5/20点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!




シャトー・シモーヌ、パレット・ブラン’03

(プロヴァンス・辛口白)

特価・税別¥5300

<売り切れ>超限定品!

※再入荷不可能!

クラスマン2007年度版16.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

飲み頃的にはまだ全然問題ありません。現在、素晴らしい状態です





シャトー・シモーヌ、パレット・ロゼ’11

(プロヴァンス・辛口白)

税別¥4500

<売り切れ>

Grenache 45% Mourvedre 30% Cinsault 5% diver 20%

’09’06 ゴーミヨ誌18/20点

’07 インターナショナルワインセラー92点

『 エクサン・プロヴァンス近郊の森に囲まれた孤高のドメーヌが手がける、パレットという珍しいアペラシオンのワインです。ロゼとしては珍しく樽熟成が施され、緻密で複雑なフレーバー。ボディもしっかりしています。 (輸入元さんコメント) 』




シャトー・シモーヌ、パレット・ルージュ’08

(プロヴァンス・辛口白)

税別¥4700

<売り切れ>

MVF(旧クラスマン)2013年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版15.5/20点

’07 ゴーミヨ誌17.5/20点

大体Grenache 45% Mourvedre 30% Cinsault 5% diver 20%

『 非常に滑らかな飲み口。果実味溢れるアタック。その果実味に酸、タンニン、仄かな苦みがきれいに溶けこんでいる。熟成の兆しが感じられる。 (輸入元さんコメント) 』




シャトー・シモーヌ、パレット・ブラン’02

(プロヴァンス・辛口白)

超特別価格・税別¥4600

<売り切れ>超限定品!

クラスマン8/10グラス

※もちろん再入荷不可能!

ちなみに現行ヴィンテージは’06で、すごく値上がりしています!

プロヴァンス最高の白ワインの一つ!

クレレット主体、グルナッシュ・ブラン、ユニ・ブランなど10種類近いブドウ品種

礫混じりの粘土石灰質土壌の、標高150~250m前後の斜面

樹齢も平均50年を超える古樹で、なかには100年以上に達する老木も!

低収量:30~40hl/ha(ほとんどブルゴーニュのグランクリュ並み!)

発酵は小型のフードルでおこない、熟成はフードルとバリック併用

『 シモーヌのテロワールの自然な優美さは、特に白ワインに輝きを与えている。白は、香り、爽やかさ、引き締まりなど、コクとうまく結びつけ、驚くべき1とつの性質を生みだした。シモーヌの白は5~7年熟成させた後でなければ決してよいものにはならない。(クラスマンより) 』

『 エクサンプロヴァンスからちょうど4キロに位置するメイルイユに、1830年からルジエ家が所有するシャトー。遠い昔からブドウ栽培が行われていたことはいくつもの古い文献から読み取れ、シャトー・シモーヌは、プロヴァンスのテロワールの素晴らしい一例として歴史に刻まれている。セザンヌが描いたサント・ヴィクトワール山を背景に、2本のセイヨウイチイの樹の間から見える壮麗なシャトーの姿、マルセイユの有名な彫刻家による噴水がある庭なども一見の価値がある。

ジャン・ルジエは、ルジエ一族の4代目の代表としてAOC認定に際してリーダー的な役割を果たした人物で、ちょうどその先代がフィロキセラ禍の後ブドウ畑を再編成しなければならない時代のことだった。
ジャンはその畑が卓越した特性を備えていると確信して、最大限に主張。そして1948年4月28日に「パレット」AOCの認可がおりた。

シャトー・シモーヌの地下セラーは、16世紀に宗教的な目的で掘られたのが始まりで、その後ルジエ家によって拡張された。自然のままで温度と湿度が年間通して一定に保たれており、今では様々な大きさの樽が貯蔵されている。

~南仏の白の場合、若いうちが花というものがほとんどだが、このシャトー・シモーヌにその常識は通用しない。ともかく熟成させなければならない白で、最低でも5年間はほしいところ。上質なシャトーヌフの白にも通ずる、まったりとした風味に複雑さが備わる、くせになる風味とでもいえるワインで、このパレットというアペラシオンが赤だけでなく、白の地としても素晴らしいテロワールを有していることを十二分に証明している。(輸入元資料より) 』

ワイナート55号にて’03が絶賛される!(君嶋哲至氏が選ぶマイ・ベストワイン’09第2位!)

ワイナート48号にて’05が絶賛される!(田中克幸氏が選ぶマイ・ベストワイン’08第3位!)


3/3(土)アップ~蔵出しクロ・サン・マグドレーヌ’16ロゼ

’15ベル・アルム

まさにビストロ向きの料理をよりおいしくする白!

そしてオーストリア・ヴァッハウ以上に美しいブドウ畑の景観!










 


ユーロリーフあり!、ABマーク(AGRICULTURE BIOLOGIQUE)認証あり有機栽培

当主フランソワ・サック氏を継いだ息子のジョナサン氏

カシの葡萄畑は全体が国立公園に指定され、いろいろな規制が厳しくなったが、その分、ビオでの耕作がしやすくなったという。ドメーヌもジョナサンになって100%ビオのつくりに切り替えている。すでにカシにある11ドメーヌ(215ha)の7割がビオでの耕作をしている。カシの生産者組合長でもあるジョナサンは、カシAOCは100%ビオである事を目指している。天然酵母使用の比率も上がっており、もうすぐ100%となりそう。

カシの畑全体はカシ湾を囲むマッシフ・デ・カランク(Massif des Calanque)とカナイユ岬(Cap des Canailles)に囲まれた標高100m~300mに位置する。ドメーヌの畑もドメーヌ回りに展開する2haの標高100mからカナイユ岬北西斜面に段々畑の様に展開する8ha(2ha植樹する予定で10haになる)の合計10(12)haを耕作している。地形の影響で地中海から海風、特にミストラスが吹き、塩分やヨード香を運んでくる。この為、カシワイン独特の風味が生まれる。この北西斜面の畑は昼頃まで日陰で、夏でも葡萄の焼けを防ぎ、清涼感のあるワインが生まれる元になっているという。





カナイユ岬斜面の畑は礫岩層、というよりむしろ、岩の塊、といった畑で土が表層にはほとんどない。しかしその分、根が地中深く伸び、濃縮されたミネラル味を引き出してくる。

収穫は手摘みで、果汁の温度を適切に保つため朝のみ行われる。除梗の後に圧搾され、タンクへ移す際にはドライアイスで酸化を防いでいる。発酵後14-18ヶ月間温度管理のできるタンクとコンクリートで貯蔵される。

ドメーヌのコルクは100%ビオのコルクでポルトガル産のコルクがスイスで加工される。漂白はゼロでシリコンも一切使用しない。




ソムリエ教本でブイヤベースに合うといわれるあのワインです。輸入元さんも言っていますが、実際に飲むとみなさん驚かれる場合が多く、冷やし過ぎない温度で単体でもおいしいですし、あらゆる料理とよくマリアージュします。未経験の方ほどぜひ1度お試しくださいませ!




クロ・サン・マグドレーヌ、カシィ・ブラン’14

(プロヴァンス・辛口白)


税別¥2700

<あと1本>

ゴーミヨ誌 16/20点

アルコール13%

’13から値下がり!



クロ・サン・マグドレーヌ、カシィ・ブラン’13

(プロヴァンス・辛口白)


特別価格・税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

スペクテーター・オンライン89点(NOW)

ゴーミヨ誌 16.5/20点!


「2016.1月に飲みました。’12を飲んでもしかしてビオになって味落ちた?と思いましたが、’13は非常においしく安心しました。いつもの鮮烈なピンクグレープフルーツのニュアンスがあり、温度を上げるとオイリーさや厚みも出て、アフターには超キメ細かなまさにピンクグレープフルーツ的な上質な苦みと強いミネラルが残る長さよりも心地よさが素晴らしいアフター。わずかに塩っぽさも残る。他にもハーブ、シトラスなどの柑橘類、ミネラルなどの香りも。相変わらず幅広く食事を生かすワインで、ビストロでオンリストすべき逸品。一見、昔よりも凝縮感が弱まったようでいて、ミネラルと透明感が上がっている印象。みずみずしく、うまみも多く、癒しもあり、軽いようでいて余韻は長め。抜栓の3日後まで非常においしい。意外に唯一無二の貴重な個性があり、選択肢の幅を広げてくれるワインかもしれません」

アルコール12.5%

Marsanne 45% Ugni Blanc 30% Clairette 20% Bourboulenc 5%

’12 ギィ・ド・アシェット2つ星&クープ・ド・クール!

平均樹齢35年

『 フレッシュでミネラルの風味が際立つカシの白ワイン。白い花、柑橘系の果実、蜂蜜のアロマに、ほんのりとアニスのニュアンス。アタックは爽やかで軽やかに感じられながら、中盤以降にボディの厚みと味わいの深みが増してくる。アフターに潮っぽいミネラル味。魚介類全般にぴったりの白ワイン。(輸入元資料より) 』





CLOS SAINTE-MAGDELEINE, Cassis Blanc Cuvee Bel Arme '15

クロ・サン・マグドレーヌ、カシィ・ブラン<ベル・アルム>’15

(プロヴァンス・辛口白)

税別¥4600

<あと9本>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン95点!!!(2017~2022年)

ワイン&スピリッツ誌 94点!!!


ギィ・ド・アシェット2018年度版 2つ星&クー・ド・クー!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点!
(テロワールを正確に表現した、美食家のための優れたワインと絶賛される!)

「2018.1月末に飲みました。まだ閉じているがリリース直後の’13よりは開いている。艶のあるピンクグレープフルーツ、シトラス、ミネラル、花などの香りから温度が上がってくると青いメロン、少しマンゴーや黄桃なども出てくる。凝縮感と骨格があり、現時点ですでにある程度厚みと粘性がありつつ、魅惑的なキメ細かな苦みコクからの塩ミネラルアフター。冷涼感があると同時に少しトロピカルフルーツがありとてもよい個性。香りは4人全員絶賛!味わいは2~3年後に大きく価格以上に化けそう。抜栓の次の日も非常においしい。少し向上した。抜栓の2日後~4日後が塩べっこう飴のニュアンスで一番おいしかった」

アルコール13%



クロ・サン・マグドレーヌ、カシィ・ブラン<ベル・アルム>’13

(プロヴァンス・辛口白)

税別¥4800

<あと3本>超限定品!

※’13は、再入荷不可能!
すべての値引き対象外となります。

スペクテーター・オンライン91点(NOW)

2年経過してかなりおいしくなっているはず!



「2016.2月初旬に飲みました。こちらは明らかにまだ固い。ピンクグレープフルーツ、ハーブ、花、ミネラルなどの香り。凝縮感と厚みと粘性、ポテンシャルがスタンダードのカシィ・ブランより上がる分味わいもまだ固い。うまみをかなり秘めている印象で、アフターのミネラル感は強い。飲み頃は2019~だろうか?抜栓の2日後でも少ししか向上しない。温度を上げると青いメロンの香りが出てきて、キメ細かなほろ苦コクのある長めのアフター」

アルコール13%

’12が初リリースの上級品

もっとも標高が高い区画のパーセル・セレクション

平均樹齢50年!

低収量、少量生産

CLOS SAINTE-MAGDELEINE, Cassis Blanc Cuvee Bel Arme '13

Marsanne 45% Ugni Blanc 30% Clairette 20% Bourboulenc他 5%

’14 ゴーミヨ誌 16.5/20点

60%マルサンヌ、20%ユニ・ブラン、15%クレレット、5%はブールブーランク、テレ(TERRE、ランドックで最も古い突然変異品種)、パスカル(Pascal、ほぼ絶滅状態のプロヴァンス品種)といった品種が唯一混じる。

卵型タンクで6カ月の熟成。100%天然酵母使用。香りが良く出ており、味にも広がりがある。塩味が良くあり、ミネラル味と果実の成熟味がわかりやすい。かつ、フレッシュ。

『 フレッシュでミネラルの風味が際立つカシの白ワイン。白い花、柑橘系の果実、蜂蜜のアロマに、ほんのりとアニスのニュアンス。アタックは爽やかで軽やかに感じられながら、中盤以降にボディの厚みと味わいの深みが増してくる。アフターに潮っぽいミネラル味。魚介類全般にぴったりの白ワイン。(輸入元資料より) 』




クロ・サン・マグドレーヌ、カシィ・ロゼ’16

(プロヴァンス・辛口・ロゼ)


超特価・税別¥3000

↑なんと29%OFF!

輸入元定価・税別¥4,200

<あと1本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点!

「2018.2月中旬に飲みました。明らかにここ数年で一番濃い色!いつもの癒し系ピンクグレープフルーツ、ミネラル、ハーブ、シトラスの香りに加えて、今年はチェリーとうっすらスパイスの香りまである。果実味があり、ロゼとしてはコクもある方で、超キメ細かな極めて心地よい苦みとさっぱり効果もある塩ミネラルが残るアフター。酸もキレイで低くはないが、全体のバランスから言って’16は温度を上げ過ぎないほうがよさそうだ。しっかり冷やす~やや冷えが一番おいしいと思われます。抜栓の次の日も非常においしい。相変わらず食事をさらにおいしくする味わいで凄かった’15に遜色ないレベル!抜栓の2日後もまったく落ちない」

アルコール13%

※’15の輸入元定価・税別¥3,700でしたので、
相当お安いと思います!




クロ・サン・マグドレーヌ、カシィ・ロゼ’15

(プロヴァンス・辛口・ロゼ)


税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン90点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版14.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2017.4月初旬に飲みました。5人で飲んで全員絶賛!濃いワインや高価なワインだけが上質とは限らない非常によい例です。キレイなサーモンピンク。’14よりわずかに塩ミネラルが穏やかながら、その分果実と粘性が少し上。アルコールの浮きがまったくないよいバランス。ピンクグレープフルーツ、シトラス、オレンジ、ミネラルなどのピュアなトップノーズ。みずみずしく、透明感がありミネラリー。いつも通りピンクグレープフルーツ的な超キメ細かい苦みと塩ミネラルの残る極めて心地よいアフター。しっかり冷やしてもやや冷えでもおいしい。飲み飽きない&かなり幅広く食事と相乗効果を生み出すタイプ。抜栓の2日後まで非常においしい。このジャンルでは本当に完成されたワインだと思います」

アルコール13%

当たり年ながら値下がり!

樹齢30年

’15は、Grenache 45% Cinsault 40% Mourvedre 15%



クロ・サン・マグドレーヌ、カシィ・ロゼ’14

(プロヴァンス・辛口・ロゼ)


特別価格・税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

ゴーミヨ誌 14.5/20点

「2016.3月に試飲しました。ラベルの色だけではなく味わいも過去飲んできたどのヴィンテージとも違う。明らかにアフターがはっきり強く塩っぽくミネラルがとても多い。なんと白’13よりもロゼ’14の方が塩っぽさが上という!軽いのですが、ミネラルのおかげで薄くはなく味がのっている。みずみずしくバランスよくフレッシュで極めて心地よいのは例年通り。なんでこんなにしょっぱいのか?聞いてみると、ビオディナミを継続してきた成果+特に海風が強かった年であったことが理由のようです。ここも世代交代で進化しているなぁ~と感じた。あたりまえだけどこういった進化はブルゴーニュだけの現象じゃないですよね」

アルコール%

39本完売。ありがとうございました

’13より’14の方が定価で税別¥400高いのですが、
今回は値上がり分を当店が吸収させていただきます。

’15 デカンター・オンライン90点

※’14からロゼのラベル文字がブルーに変わった。ジョナサン氏曰く、地中海のイメージを強調したかったとのこと。

まさにバカンス・避暑地のイメージ!例年みずみずしくよいバランス

黒ブドウをダイレクトプレスして造られた、サーモンピンクの淡い色調が美しいロゼ。ラズベリーやチェリーなど、フレッシュな赤い果実のアロマが繊細に香り、フレッシュで生き生きとした口当たり。むしろ白以上に溌剌とした仕上がりで、春から夏にかけ、アウトドアで飲みたくなるワイン。

Grenache 40% Cinsault 40% Mourvedre 20%



呼び方は、『 カシス 』でも『 カシー 』でもOK

白はマルサンヌ主体、ユニブラン、クレーレット、わずかにソーヴィニヨンブラン

粘土石灰質土壌

6ヶ月のタンク熟成~さらに長めの瓶熟成を経てリリースされる

他の生産者が造るカシィよりポテンシャルが高い為、リリースから1年後くらいからが飲み頃!

地元(プロヴァンス)のレストランで絶大な人気を誇るワイン

その為、生産量の20~30%しか輸出されない

世界的なロゼ人気により白を少し減らして、ロゼを増やす為に、ソーヴィニヨンブランの一部をサンソーに植え替えているようです。

ブイヤベースに最も合うワインとしてあまりにも有名ですが、鮮度のよい魚のグリルやクリーム系ソースのかかった蒸し煮などにもぴったりで食事中これ1本でも充分通せるワイン!

『 クロ・サン・マグドレーヌは、カシィ最良のスタイルの特徴を忠実に示してきた。フローラルな香りとメントールの香りによって引き立たされる非常にフレッシュなアロマと芳醇であると同時に長く続くアロマを放つ鮮やかさに満ちた口当たり。これこそ真にこのアぺラシオンの特徴を示す白ワインである!(クラスマンより) 』



『 オーナーのザフィロプロ家は、当初はギリシャ産業に関心があったが、19世紀にマルセイユに落ち着き、以来4世代にわたって偉大な白ワインの生産に貢献してきた。現在は、フランソワ・サックと妻でザフィロプロ家の後継であるジョルジーナが取り仕切る。フランソワはパリ生まれだが、このワイナリーに従事して既に35年間。今では2人の息子ジョナサンとグレゴワールも参画し、ここの独自性を保ち続けている。

地中海に突き出した岸壁にテラス状にある20ヘクタールの畑は、樹齢は15年から40年。カシの街を見下ろす位置にあり、山に囲まれ、海風が入り込んで来るという特別なミクロクリマ。畑は19世紀末には開墾され、1900年にパリで行われた万博で白ワインが金メダルを獲得した歴史もある。

ザフィロプロ家がここを購入したのは1920年だが、この地でのブドウ栽培ははるか2500年もの昔、ギリシャ人がコロニーを設立した頃へ遡る。

中世からフィロキセラ禍に苛まれるまでの間は、マルセイユの司教によってカシのワインは丹念に造られていた。フィロキセラ後は、この村の畑はエミール・ボダンとクロ・サント・マグドレーヌの前オーナーであるジュール・サヴォンによって復活された。

A0Cシステムが1936年に採用されるとすぐ、カシはすぐさま認可された。現在カシ全体で11の畑があり、合計215ヘクタールとなる。 (輸入元資料より) 』







2018/3/17(土)アップ~蔵出し特価シャトー・ド・ピバルノン’16ロゼ

2018/3/3(土)アップ~蔵出し特価シャトー・ド・ピバルノン’10レスタンク最後の再入荷!

2016/7/9(土)アップ~蔵出しシャトー・ド・ピバルノン’10バンドール・ルージュ

バンドール最高の生産者のひとり!予想以上に甘く丸いタンニン

飲み頃のピバルノンは非常に貴重です!



 




リュット・レゾネ(減農薬)を実践

手摘み、天然酵母を使用、無濾過




シャトー・ド・ピバルノン、バンドール・ルージュ’10

(南フランス・プロヴァンス・辛口赤・750ml)


税別¥4800

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。再入荷不可能!

最新パーカー95点!!!
(2020~2050年!、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト225号)

『The 2010 Bandol Rouge is a true blockbuster, and readers should do their best to latch onto a couple bottles. More serious, tight and structured than the 2011, it offers lots of minerality as well as dark fruits, peppery herbs and underbrush in a medium to full-bodied, pure, layered style that just begs to be cellared for another 4-5 years. It’s a great wine that will have two to three decades of overall longevity. 』

パーカー94点!!!
(2016~2026年、Jeb Dunnuck、ワイン・アドヴォケイト211号)

Wine&Sprits誌 92点!

ゴーミヨ誌17.5/20点!


MVF(旧クラスマン)2016年度版16.5/20グラス

MVF(旧クラスマン)2015年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版17/20点

アルコール14%

Mourvedre 90% Grenache 10%

樹齢35年

手摘み、低収量32hl/ha

天然酵母を使用、30%程度除梗

新樽比率約32%で約18ヶ月熟成

無ろ過

下記セカンド’10が、やっと飲み頃に入ったばかりですので、このファーストはまだ時間がかかります。例えば1万円以上のバローロよりも長く熟成する可能性があります





シャトー・ド・ピバルノン、<レ・レスタンク・ド・ピバルノン>バンドール・ルージュ’10

(南フランス・プロヴァンス・辛口赤)


超特価・税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(2014~2024年、ワイン・アドヴォケイト211号)

スペクテーター・オンライン93点!(NOW~2020年)

ゴーミヨ誌14.5/20点


MVF(旧クラスマン)2014年度版14/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2013年度版16/20点+お買い得マーク付き!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

123本完売!!!ありがとうございました~※ついに再入荷不可能となりました!

約2年経過してさらにおいしくなっているはず!!!



「2016.3月に試飲しました。やっと飲み頃に入りました。セカンドなのに時間かかりましたね~(笑)こちらが期待する上質なバンドールが熟成した時のおいしさが出ている。そもそもピバルノンとタンピエは熟成すると結構化けます!香りに色気が加わり、味わいにもエキス感が前面に出てきてなめらかさへと続き、余韻が長め。明らかに価格以上の内容に変わりました」



「2014.9月に飲みました。抜栓直後のみわずかに還元的。縁が紫がかったかなり濃い色でセカンドとは思えないほど凝縮して骨格とタンニンがありまだガチガチに固い、、、香りのイメージよりは味わいのタンニンは溶け込みつつあるものの、時間のかかるセカンドってどうすればいいの?と思いつつ(笑)抜栓の次の日にやっとおいしく飲める範囲内には向上した。抜栓の2日後もまったく落ちない。凝縮したブラックベリー、数種類のスパイス、少し野性味のある個性。今すぐ開けるならちょっと高く感じるかもしれない」

アルコール14%

Bandol Rouge Les Restanques de Pibarnon '10

Mourvedre 70% Grenache 30%

シャトー・ド・ピバルノン・ルージュのセカンドワインがレ・レスタンク。樹齢の若い区画のブドウを用いて造られる。華やかに広がる黒い果実のアロマにスパイシーなニュアンス。ボディはしっかりしてるが、ふくよかなマウスフィール。若いうちから楽しめる。リ・ド・ヴォー、ポークの煮込み、ラムチョップなどと合わせたい。





ピバルノン、バンロール・ロゼ’16

(750ml・プロヴァンス・辛口・ロゼ)

特価・税別¥3100



輸入元定価・税別¥4,100

<あと6本>

インターナショナルワインセラー91点(2018~2023年)

スぺクテーター91点(NOW)


MVF(旧クラスマン)2018年度版14.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点




シャトー・ド・ピバルノン、バンドール・ロゼ’14

(750ml・プロヴァンス・辛口・ロゼ)


特価・税別¥3000



輸入元定価・税別¥4,100

<売り切れ>

デカンター・オンライン92点!(2017年くらいまで)

最新パーカー90点(2016~2024年、Stephan Reinhardt、ワイン・アドヴォケイト225号)

インターナショナルワインセラー92点!(2017~2023年)

スペクテーター90点(NOW)


ニューヨークタイムス誌2015/5/14
Rose Wine to Drink This Summerにて高評価される!


MVF(旧クラスマン)2016年度版15/20グラス

ブドウ品種:Mourvedre 65% Cinsault 35%




シャトー・ド・ピバルノン、バンドール・ロゼ’10

(750ml・プロヴァンス・辛口・ロゼ)

税別¥3000

<売り切れ>おすすめ!

※’10は再入荷不可能!

インターナショナルワインセラー91点!

ゴーミヨ誌 17/20点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版15.5/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2013.2月に短時間で試飲しました。ロゼとしてはやや濃い色調。果実味豊かで、やや厚みがあり、スパイシー過ぎずバランスよく、余韻もある程度持続する。数年の熟成も可能。よい出来」

【ハーブ&スパイシーなしっかりロゼ】
バンドールの大御所ピバルノンのロゼは、美しい赤銅色。独特のフローラルなアロマに赤いフルーツがミックス。ハーブやスパイスのフレーバーが後に続きます。味わいはしっかり辛口。ゴージャスなロゼですね。

【料理】
豚バラ肉の角煮、鳥肉のハーブトマト煮込み、ラタトゥイユ。
(輸入元資料より)

ブドウ品種:Mourvedre 70% Cinsault 30%




シャトー・ド・ピバルノン、バンドール・ルージュ’07

(750ml・プロヴァンス・辛口赤)

特別価格・税別¥5200

<あと6本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
再入荷不可能!’11に移行致します。

スペクテーター91点(NOW~2018年)

ゴーミヨ誌 18.5/20点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17.5/20点!さらに今年のベストワインに選ばれる!!!





シャトー・ド・ピバルノン、バンドール・ルージュ’05

(ハーフ・375ml・プロヴァンス・辛口赤)

税別¥2400

<売り切れ>おすすめ!


シャトー・ド・ピバルノン、バンドール・ルージュ’05

(750ml・プロヴァンス・辛口赤)

税別¥3850

<売り切れ>おすすめ!

スペクテーター95点!(NOW~2015年、Highly Recommended!)

ゴーミヨ誌 18.5/20点!

MVF(旧クラスマン)2009年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2008年度版17/20点

(’02~’05の中で最高の評価!)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

29本完売。ありがとうございました~※もちろん再入荷不可能です!

「2011.2月に試飲しました。そろそろ飲み頃の入り口に入ったかなと予想していましたが、思ったより熟成のスピードが遅く、1年4か月前の試飲時からそれほど熟成感が増していませんでした。タンニンもまだ強め。数年後にはもっとジビエに合う熟成したムールヴェードル独自の風味が出ることでしょう。モダンな造りではないので、若干好みは分かれるでしょうが、完成度は高いワインです」

「2009.10月に試飲しました。縁が紫がかった濃い色調。野性味のある特徴的なハーブ香とブラックベリーの混ざり合った香り+ガリグ、革、数種類のスパイスなどの香り。色と香りの印象より味わいはやわらかく、甘く、タンニンが非常に丸くて驚かされる。(アフターに舌にべったりタンニンが残る予想でした)甘苦さのあるアフター。デキャンタですでに飲めてしまうが、さすがにまだ勿体無い。数年後に熟成感が加わると大分発展しそう」

ムールヴェドル90~95%、グルナッシュ、年によってはわずかにサンソー

ムールヴェードル主体の赤ワイン代表格!

輸入元さん曰く、熟成するほど真価を発揮!鴨や仔羊などの赤身の肉料理と好相性だそうです

『 シャトー・ド・ピバルノンは、このテロワールに理想的といえるムールヴェードルを主に造っている。極めて晩成のこの品種は、太陽に焼かれて完璧なまでに成熟する。ワインは繊細で複雑な表現力を持つ。この品種は、成熟が足りない時には動物的な風味がしてしばしばそのよさを台無しにしてしまうこともある。(クラスマンより) 』

『 テロワールは石灰岩の基盤を泥灰質土壌が覆っていて、フランスの他のグラン・ヴァンの産地に共通するものがある。ぶどうはゴブレ仕立てで栽培、基本的に1株には5房前後という低収量のため、ヘクタールあたりの収量はブルゴーニュのグラン・クリュなどと同じ35ヘクトリットルから40ヘクトリットルという低い水準となっている。このようなバンドールでは50あまりのつくり手がワインを生産しているが、そのなかでトップクラスの評価を得ているのがこのピバルノン。除梗は3割から5割、約3週間と長めの発酵の後フードルによる熟成。(輸入元資料より) 』


5/16(金)アップ~蔵出しドメーヌ・タンピエ’05

地中海性気候に恵まれハズレ年のない地域

輸入元さんで一瞬で完売!昔からは考えられないほど入手難となっています!

 

快挙!!!

MVF2011年度版にて2つ星生産者→プロヴァンス唯一の3つ星生産者に昇格!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2011年度版にて3つ星生産者→プロヴァンス2生産者のみ(もう1件はピバルノン)の4つ星生産者に昇格!

ドメーヌ・タンピエは今日,プロヴァンスのすべての造り手の指標とされるドメーヌになった。我々は,その功績に十分値する3つ星を献上することにした。 (MVF2011年度版より) 』

 

ドメーヌ・タンピエ、バンドール・ルージュ’05

税別¥4650

<売り切れ>

パーカー90点(2012~2020年)

スペクテーター89点(NOW~2012年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2008年度版15/20点

クラスマン2008年度版15.5/20グラス

ムールヴェードル65~75%、グルナッシュ10~25%、サンソー10~20%、カリニャン(樹齢50~60年)0~10%

『ル・ボーセ,ル・カストゥレ,ラ・カディエール・ダジュールの3つのコミューン内にある4つの異なる粘土石灰質土壌の畑に植わるブドウ樹に由来するキュヴェ。1967年までドメーヌ・タンピエのバンドール・ルージュは,このクラシック・キュヴェだけが造られていた。収穫されたブドウ果は房ごと,ステンレス・タンクで2週間かけて発酵させ,その後18-24ヶ月間樫樽で熟成。(輸入元資料より)』

 

ドメーヌ・タンピエ、バンドール・キュヴェ・ミグア・ルージュ’05

特別価格・税別¥6800

<売り切れ>限定品!

パーカー91点(2015~2025年)

スペクテーター92点(NOW~2014年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2008年度版16.5/20点

クラスマン2008年度版16/20グラス

’04 スペクテーター95点

たしか’97を飲みましたが、過去最高のバンドール&今までプロヴァンスで飲んだすべてのワインの中で一番高品質でした!

日本の輸入量少~再入荷不可能!

 

ドメーヌ・タンピエ、バンドール・キュヴェ・トゥルティーヌ・ルージュ’05

超特価・税別¥6700

<売り切れ>限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー93点(2012~2025年)

スペクテーター93点(NOW~2015年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2008年度版18/20点

クラスマン2008年度版18/20グラス

ワイン・アドヴォケイトにて全バンドール2005年物のNO.1に選ばれ絶賛される!

日本の輸入量少~再入荷不可能!

 

ボルドー、ブルゴーニュと比べて値上がり幅が小さい

クラスマン2007&2008年度版にてプロヴァンス最高の2つ星生産者!

ゴーミヨー2005年度版4つ星生産者!

LVF誌2004年度『若き才能』に選ばれる!

ラッセル・クロウ主演『プロヴァンスの贈りもの』にも登場した生産者

「スタンダード・キュヴェは素晴らしいレベルにあり,最もプロヴァンス的なカバッソウ,最も瑞々しいミグア,そして最も濃厚なトゥルティーヌという3つのキュヴェは,2005年物バンドールのアペラシオン全体の指標となるワインである。(ミシェル・ベタンヌとティエリーデソーヴのコメントより)」


 Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp