ピエモンテ・バローロ
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


モスカートダスティはこちら


2018/3/1(木)アップ〜蔵出し特価チェレット’13

実は驚くほど出来の良いスタンダード品!







CERETTO, BAROLO '13

チェレット、バローロ’13

(ピエモンテ州・辛口赤)


特価・税別¥4300

↑29%OFF

輸入元定価・税別¥6,000

<あと3本>

最新スペクテーター93点!(2023〜2040年)
※ご参考までに上級品のバルバレスコ・アジリ’13 税別¥14,000、
バローロ・ブルナーテ’13 税別¥11,000 と同じポイントでした。

パーカー93点!(2018〜2028年、
This is a beautiful wine that showcases the classic characteristics of the harvest. The 2013 Barolo opens to sassy spice and cinnamon with dark fruit and balsam herb. This is a firmly structured wine with a firm tannic backbone that serves to support and frame the dark and exuberant fruit found at its inner core.
ワイン・アドヴォケイト232号)

Wine Enthusiast 92点!(2021〜2028年)

VINOUS 91点(2017〜2023年)

ワイン&スピリッツ誌 90点

ファルスタッフ 91点

ヴェロネッリ・トレステッレ!

Vinibuoni d'Itaria 3Stelle

スローワイン Segnalato


アルコール14%

「2017.8月下旬に’12を試飲しました。バローロらしいレーズンバターと甘草の香りがあり、味わいも凝縮しつつ、酸が低すぎず、タンニンが予想以上に丸い飲み頃NOW〜。大抵のネッビオーロは、香りとアタックは飲めそうな印象でも、アフターに溶け込み切っていないタンニンがぎっしり残るものですが、アフターのタンニンの質まですでにキメ細かい。そしてコクとバランスと余韻があり、無理やり現代的最新技術でまろやかにしたというような印象でもなく余韻がある。名前でチェレットを馬鹿にしてしまっている場合特に驚きます(笑)かなりお買い得な印象!」


イタリアワインの王様「バローロ」の造り手として知られるチェレット社。バローロならではの力強さと繊細さが見事に調和した味わいです。自社畑は8ha。熟成は大樽と一部300リットルの小樽を使用して32ヶ月間。ファーストヴィンテージは1962年。ソフトで穏やかなタンニンを持ち、すぐに楽しんで飲む事ができる。一方で良年であれば、20年ほどの熟成にも耐えうるポテンシャルも持っている。

チェレットのバローロのスタイルを手頃な価格で感じることができる1本。自社畑のブドウとわずかな買いブドウが使われています。天候に恵まれなかった年は、単一畑のワインの生産をせず、このバローロにそのブドウを使います。ソフトで穏やかなタンニンを持ち、早くからお楽しみ頂けます。


1930年代にリッカルド チェレット氏がアルバ地区にワイン醸造所を創立したことが始まり。1960年代にリッカルド氏の息子であり現在の経営者であるブルーノ チェレット氏とマルチェロ チェレット氏が経営を引き継ぎ、「最上の畑で最上の酒をつくる」というポリシーを実現するために、バローロやバルバレスコを造るためのブドウのサンプルを取り寄せて研究。良いブドウが栽培できる畑を次々と購入し、その場所に醸造所も建設していきました。その結果、彼らは父から引き継いだ小さなワイナリーを数十年でバローロ、バルバレスコの最高の造り手の一つという地位に引き上げました。現在は彼らの子供たちが経営・ワイン造りの中心となり、チェレットの更なる向上のために活躍しています。

小さなブドウ栽培家でしたが、ブルーノ氏とマルチェロ氏が厳選した畑を買い進め、バローロ約20ha、バルバレスコ約10haを始め、約150ha所有しています。
チェレットが畑を所有する地区は急な斜面が多いため、栽培・収穫において人の手での作業が多く行われています。チェレットが所有する中で最上の畑であるブリッコ ロッケ畑は山頂にあるため特に急斜面で、水はけが良く、セッラルンガとラ モッラエリア両方のテロワールを有した好立地にあります。2011年からはこのブリッコ ロッケ畑でビオディナミを導入しています。

各銘醸地の個性を表現するために、4つの醸造所を所有しています。「ブリッコ ロッケ醸造所」ブリッコ ロッケ畑の中にあり、ブリッコ ロッケ、ブルナーテ、プラポ、カンヌビと4種のクリュ バローロを醸造しています。「ブリッコ アジリ醸造所」1973年に建設され、当時はあまり使われていなかったステンレスタンクを導入した醸造所で、現在もアルコール発酵はステンレスタンクで行われています。ブリッコ アジリ畑の中にあり、ブリッコ アジリ、ベルナドットと2種のクリュ バルバレスコを醸造しています。「チェレット醸造所」最新の設備と大きな熟成庫を持つ近代的で最も大きな醸造所で、アルネイス、モンソルドなど、様々な品種のワインが造られています。「サント ステファノ醸造所」は、共同経営でモスカート ダスティを醸造しています。大きな醸造センターを持つのではなく、各畑の中に醸造所を持つことにより、伝統的な醸造方法と最新設備を用いた醸造方法をワインによって使い分けて行っています。
(輸入元資料より)


2017/10/4(水)アップ〜蔵出しジューリア・ネグリ’10

新世代のバローロ・ガールが造る固すぎないお買い得品!大当たり年!








ジューリア・ネグリ女史とラベルのモチーフとなっている愛犬画像




Giulia Negri, Barolo Tartufaia '10

ジューリア・ネグリ、バローロ・タルトゥファイア’10

(北イタリア・ピエモンテ州・辛口赤)


税別¥4000

<売り切れ>

※輸入元値下げで¥216値下がり!

パーカー89点(2015〜2019年、ワイン・アドヴォケイト219号)

SAKURA Japan Women's Wine Award 2016 ダブル・ゴールド 受賞!!!


『 微かにオレンジがかった濃いルビーレッド。中心部には黒みが残っている。
ベリー系果実の凝縮された香りと甘いスパイス、ハーブ、リコリス、タバコ、なめし皮などとても複雑なニュアンスが感じられる。凝縮味のあるフルボディ。凝縮された黒い果実の味わいと豊かな酸、しっかりとしたタンニンが感じられ、エレガントなバランスの良い味わいが楽しめる。牛肉の赤ワイン煮、ヒレステーキ、青カビタイプのチーズ(ロックフォールなど)などと合いそう。 (輸入元さんコメント) 』

栽培方法について
バローロの偉大なクリュであるチェレクイオとセッラデナリのネッビオーロを厳選して使用。トルトニアーノ土壌(砂岩と泥灰土が混ざった土壌)。

製法について
60hlの発酵槽でアルコール発酵。1年使用したバリックで6ヶ月樽熟成後、2年使用したバリックに移してさらに6ヶ月熟成。その後500Lのトノーで18ヶ月熟成させ、瓶詰め。


新世代の若手女性醸造家が造るバローロとランゲ

 ジューリア・ネグリはピエモンテで150年続く家族経営のワイナリー「セッラデナリ」のオーナー、ジョヴァンニ・ネグリ氏の娘であるジューリア氏が自らの名前で運営するブランドで、彼女の愛犬がラベルのモチーフとなっています。ジューリア氏は自ら「バローロ・ガール」と名乗り、バローロの普及に奮闘しています。

 ワイナリーと畑はバローロ地域でも標高が高いラモッラ村にあり、化学肥料や農薬等を使わない自然な農法に取り組んでいます(有機認定は受けていません)。

 ジューリア氏が初めて仕込んだのは2005年ヴィンテージからですが、その僅か2年後、2007年ヴィンテージのバローロ・タルトゥファイアがアメリカの有名ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」で93点という高得点を獲得。同時にトップ100のワインにも選ばれました。



2017/10/20(金)アップ〜蔵出しプロデュットーリ・デル・バルバレスコ’13

2017/6/28(水)アップ〜蔵出しプロデュットーリ・デル・バルバレスコ’11’12

今でもお買い得価格のバルバレスコ!











Produttori del Barbaresco 2013 Barbaresco

プロデュットーリ・デル・バルバレスコ、バルバレスコ’13

(北イタリア・ピエモンテ州・辛口赤)


税別¥3700

<あと31本>

スペクテーター90点(2016〜2029年)

VINOUS 90点(2018〜2033年)

ジャンシス・ロビンソン17/20点!(2016〜2028年)


アルコール14%

久しぶりに9月ではなく10月後半の収穫となった年で、フェノール類の成熟データが良く、完熟の良いブドウが得られたクラシックなスタイルの当たり年とのことです。





Produttori del Barbaresco 2012 Barbaresco

プロデュットーリ・デル・バルバレスコ、バルバレスコ’12

(北イタリア・ピエモンテ州・辛口赤)


税別¥3600

<売り切れ>

※再入荷すると’13に移行致します。

ワイナート85号 89点(NOW〜2022年)

パーカー93点!(2017〜2040年!、Monica Larner、ワイン・アドヴォケイト225号)

スペクテーター93点(Highly Recommended!、2017〜2027年)

VINOUS 92点(2018〜2032年)

Wine Enthusiast 90点

ワイン&スピリッツ誌 92点


アルコール14%

品種:100%ネッビオーロ

土壌:石灰と粘土メイン(砂も含む)
畑の向き:南、西、東

醸造:ステンレスタンクで30℃、果皮と共に28日間
熟成:オーク樽で24ヶ月間  瓶詰め:2014年4月 生産量:240,000本

■畑と気候■
畑は日当たりの素晴らしい急斜面、標高200〜400メートルの場所に位置しています。土壌は複雑であり、石灰と粘土がメインで砂も含みます。斜面ごとに異なる土壌を持った各畑が、複雑で力強く、豊かなワインを生み出します。同地域で育った同品種から造られる多
様なワインこそが素晴らしいテロワールを物語っています。大陸気候のバルバレスコは、夏暑く、春と秋は適度に温かく、そして冬は寒く積雪が多いのが特徴です。温度は-10℃〜35℃。畑の向きはネッビオーロにとってとても重要です。プロドゥットーリでは日当りの1番良い南、南西、そして南東向きの畑を所有しています。

例年、収穫年から25年程の長期熟成が効くワインです。生パスタや羊肉や鶏肉を使った肉料理、円やかな味わいのチーズと良く合います。





Produttori del Barbaresco 2011 Barbaresco Riserva Montestefano

プロデュットーリ・デル・バルバレスコ、バルバレスコ・リゼルヴァ・モンテステファーノ’11

(北イタリア・ピエモンテ州・辛口赤)


税別¥5300

<売り切れ>限定品!

ワイナート85号 93点!(2018〜2030年)

パーカー94点!(2018〜2038年、Monica Larner、ワイン・アドヴォケイト225号)

スペクテーター93点(2019〜2035年)

VINOUS 94点!(2019〜2031年)

Wine Enthusiast 94点!(2018〜2023年、
さらにベスト・オブ・ザ・イヤー2016年度 86/100位!)

ワイン&スピリッツ誌 93点

ヴェロネッリ スーパー・トレステッレ!


アルコール14.5%

品種:100%ネッビオーロ

畑:南向き/4.5ha/標高230-280M

土壌:カルシウムが豊富な石灰・粘土が混合する砂礫質の土壌     

醸造:ステンレスタンクを使い30℃で28日間マセラシオン発酵させ完全にマロラクティック醗酵。大樽で36ヶ月熟成させ12ヶ月瓶熟成。2015年4月瓶詰。生産量 アルコール:14.5%

■ワインの特徴■ 「バルバレスコのバローロ」と呼ばれる、最もバローロに近い味わいのワインで、勾配の激しい斜面で水の少ない環境のため、よりパワフルでタンニンの強い味わいのワインに仕上がる。リゼルヴァ・ムンカゴタよりも僅かに柔らかく、ほんのりとした甘みが感じられる。長期熟成可能。




プロドゥットーリ・デル・バルバレスコは、複数の生産者から成る協同組合で、イタリアで最も権威あるワイン誌『ガンベロ・ロッソ』で最高評価の「トレ・ビッキエーリ」を獲得した実力派です。バルバレスコの9つのリゼルヴァは、偉大なヴィンテージにのみ作られ、収穫から5年の歳月を経てリリースされます。それぞれの畑が持つ独自の個性を最も純粋かつ最高の形で味わえるよう、醸造、熟成方法ともに全て同じスタイルで仕込まれます。バルバレスコの丘を1つまた1つと散策するかのごとく、1つ1つ違ったテロワールの味わいを体感することが出来るでしょう。

■品種 バルバレスコのワインは、バルバレスコ地区で栽培されたネッビオーロ100%で作られます。13世紀からピエモンテで栽培されているこの品種は、奥深く魅惑的な風味を持ち、熟成に時間がかかり、畑の土質や天候から影響を受けやすいため、テロワールの個性がワインの香りや味わいによく反映されます。

■天候 暑い夏季と穏やかで暖かい春季と秋季、雪の降る寒い冬季の気候が特徴で、年間の気温は-10℃〜35℃。日照時間が作物の品質に対し大きな役割を果たすため、バルバレスコのネッビオーロは主に南向き、南西向き、南東向きの日当たりの良い斜面に植樹されます。

■収穫 その年の夏の天候にもよりますが、バルバレスコの収穫はバローロより少し早い9月末から10月末の間で、全て手摘みで収穫され小さなかごに入れてワイナリーへ運ばれます。
(輸入元資料より)


DOCGバルバレスコ地区は北イタリアの、ミラノから車で2時間、フランス国境から1時間半のワイン産業の盛んなピエモンテ地方に位置しています。この小さなバルバレスコ地区はバルバレスコ、ネイーヴ、トレイソの3つの村と500ヘクタールのネッビオーロの畑からなり、バルバレスコを産出しています。バルバレスコはアルバの町によってバローロとは切り離され、ネッビオーロ、ドルチェット、バルベーラという3品種のブドウ畑に覆われています。ネッビオーロはもっともすばらしい場所でのみ栽培され、土質、日照、そして労働者の努力という3要素があいまって常に魔法のようなバルバレスコのワインがみ出されているのです。

1894年以前のネッビオーロを使ったバローロワインは「ネッビオーロ・ディ・バルバレスコ」として販売されていました。アルバ王立ワイン醸造学院の校長で、バルバレスコ地域の住人であり城を所有するドミツィオ・カヴァッツァ氏が、地域の栽培家9人を集めて1894年に地域初の農業組合を設立し、ワイン造りを始めました。カヴァッツァ氏はバルバレスコとバローロ地域内で栽培されたネッビオーロが畑の場所の違いから異なる味わいを生み出すことを知り、その違いをラベル表示として表しました。

1930年代に農業組合はイタリアのファシスト党政府の経済法により閉鎖されましたが、1958年にバルバレスコ村のある司祭が、小さい土地で経営している栽培家が存続できる方法は組合組織のみであると確信し、地域の栽培家19人を集め、プロドゥットーリ・デル・バルバレスコを設立。最初の3ヴィンテージは教会の地下で製造されました。その後、教会が立つ広場の向かい側にワイナリーを建設。当時建てたワイナリーは今でも同じ場所に残っています。再度連合した栽培家達は高品質なワインを製造することで「バルバレスコ」の名前に地位と名誉を与えました。プロドゥットーリは今や世界的に有名な生産者に成長し、評論家のロバート・パーカー氏も太鼓判を押し「最高の生産者組合」と語るほどです。(ワイン・アドヴォケート1990年2月28日号より)


 

2018/2/17(土)アップ〜蔵出しニコレッロ’02

当たり年の飲み頃!







ニコレッロ、ランゲ・ネッビオーロ’02

(北イタリア・ピエモンテ州・辛口赤)

税別¥1700

<あと5本>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

リアルワインガイド60号 旨安大賞!!!
88・88点(今〜2022年)




ニコレッロ、ランゲ・ネッビオーロ’99

(北イタリア・ピエモンテ州・辛口赤)


税別¥1700

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

27本完売。ありがとうございました

’05 リアルワインガイド52号旨安賞!

ランゲDOC

ネッビオーロ100%

樹齢約38年

砂質、石灰質土壌

醗酵:ステンレスタンク

熟成:オーク樽熟成 12ヶ月(大樽)
オーク樽熟成後、ステンレスタンク熟成/瓶熟成 6ヶ月以上

Casa Vinicola Nicolello, Langhe Nebbiolo '99

熟成してこそ、ネッビオーロは真の実力を発揮する!
(ニコレッロ社オーナー、エルネスト・ガゼッタ氏)

『 ピエモンテ当り年、1999年産の飲み頃ネッビオーロ。イチゴやアセロラの果実香、ハーブや珈琲、トリュフ、腐葉土殿の香りが漂います。滑らかな舌触りが楽しめる貴重な1本。(輸入元さんコメント) 』

1999年は素晴らしい品質に仕上がり、ワイナリーとしても非常に満足のいくものとなりました。ブドウは健康に熟し、糖度は十分にありバランスのよい酸と高いポリフェノールがあります。厳格さ、高貴さ、インパクトのどれをとっても素晴らしく、繊細さと優雅さをあわせ持つヴィンテージとなりました。



バローロの歴史と伝統、そして土地から生まれる味わい

「ニコレッロ」社の歴史は古く、1900年初頭、ワイン造りの伝統が根付いたピエモンテ州のランゲとロエロの丘陵にワイナリーが設立されました。とても勤勉で生真面目、先祖代々ブドウ農家だったニコレッロ社のオーナー、カゼッタ氏はこの地の気候・土壌・ブドウを熟知しており、ワイン造りと自然環境への配慮、ブドウの選別には常に心を砕き、より自然なワインをつくる為に熱心に技術革新と設備投資を続けています。
(輸入元資料より)


2017/12/4(月)アップ〜蔵出しロベルト・サロット’12バローロ・アウダチェ

2017/6/9(金)アップ〜蔵出しロベルト・サロットNVペツォーレ

少しの陰干しなどによりリリース直後から丸いタンニン!

2017/5/4(木)アップ〜蔵出しロベルト・サロット’97

’97の時期は陰干しなしのクラシックで長熟スタイルです。





























輸入元さんが2015年春に全国で試飲セミナーを開催してから大好評で、ものすごい売れ行きだそうです!

飲み手を選ばないモダンな造りなのですが、カルロ・フェリーニ的ではなく、陰干し(これを行っても普通にDOCG認められている)によるタンニンの丸さからくる親しみやすさ、ピエモンテの赤ワインとしては例外的に飲み頃が難しくないところ、ただ果実味を強調して新樽を効かせているわけではないところが素晴らしいと思います!

すべてのワインが価格を超えた高い品質!







Roberto Sarotto, Barbaresco Riserva '97

ロベルト・サロット、バルバレスコ・リゼルヴァ’97

税別¥5000

<売り切れ>超限定品!

アルコール14.5%

※非常に貴重なワインであり、
現地ではなんと75ユーロ(大体¥8500)で販売されている!
この’97は再輸入不可能!

2016年にボトリング

この時期は、今と違って陰干しをしていないクラシックで長熟スタイル

輝きのあるレンガ色を帯びたルビーレッド。スパイシーでかすかになめし皮の要素が感じられるアロマ。味わいは非常にやわらかく、エレガントです。複雑で持続性のある長い余韻が心地よく感じられます。
(輸入元さんコメント)





ロベルト・サロット、ペツォーレ・ロッソNV

(北イタリア・ピエモンテ州・辛口赤)


税別¥2300

<売り切れ>

2017年春輸入分も割り当てがもらえました〜!

4度目の入荷!超限定品!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

「2017.5月下旬に試飲しました。凝縮感がありつつも予想より滑らかさがありタンニンが溶け込みつつある飲み頃NOW〜。ジャミーではなく緩くなく重すぎないしアルコールの浮きもなく好印象。落ち着いたレーズンバター、黒い実の果実、革、スパイス、少し甘草などの香り。バローロだと思って飲むと少し軽いが、よく出来た飲み頃のランゲ・ネッビオーロだと思って飲むと満足できるでしょうし、実際に価格がお買い得」

アルコール14.5%

バローロのエリア内のネッビオーロを100%使用!

「ペツォーレ」の畑は、バローロ村とノヴェッロ村の境界線上に位置しています。

南、南東向きの丘に広がるこの畑は、葡萄の栽培に最適な条件の下にあります。

収穫は、9月末もしくは10月の初旬に行われます。

収穫した葡萄は、アルコール発酵前に低温マセラシオンを行います。

その後、約10日間、29度以下に温度コントロールしながら発酵を行います。

全体の50%は7000リットルのスラヴォニア産オーク樽で、残りの50%は255リットルのアメリカンオーク樽(新樽、1年樽、2年樽)で熟成させます。熟成期間は24ヶ月です。

年に1度だけ、250ケースのみの限定輸入品!


しっかりとした骨格のあるパワフルなワインですが、同時にやわらかさも感じられます。口当たりは濃厚でありながら、スムーズで非常に調和がとれています。


●このワインのコンセプト

日常、気軽に楽しめるような価格のバローロがあったらいいのに
(アウダチェよりも安く)、という声があった。

しかし、ロベルトはただ単に価格を下げた、安価なバローロは造りたくないと考えている。

しかし一方で、日常飲むにはバローロは確かに高価。

バローロに負けない品質で、ハウスワインとして楽しめるものがあってもよいという考えから、誕生したスペシャルなワイン。


●何故バローロとして販売できないのか?

バローロエリアの葡萄100%を使用しておりますが、

<<< バローロの法定熟成期間に達していないため、バローロとは呼べません。 >>>

そもそもここのネビオ―ロはタンニンが丸いので品質、飲み頃的にはまったく問題ないということです




ロベルト・サロット、ガヴィ・デル・コムーネ・ディ・ガヴィ・ブリク・サッシ’14

(北イタリア・ピエモンテ州・辛口白)


税別¥1700

<売り切れ>

ヴェロネッリ2016年度版 87点

ベルリン・ワイン・トロフィー2015年 金賞受賞!




ロベルト・サロット、ガヴィ・デル・コムーネ・ディ・ガヴィ・ブリク・サッシ’13

(北イタリア・ピエモンテ州・辛口白)


税別¥1700

<売り切れ>絶対おすすめ!

ガンベロロッソ2015年度版 2グラス+お買い得マーク付き!

ヴェロネッリ2015年度版 2ステッレ87点

ルカ・マローニ2015年度版 88点


「2015.4月に試飲しました。香りに華やかさとミネラルがあり単調な柑橘類の香りではない。みずみずしく、酸が低くないのでさわやかさがありつつ果実味豊か、バランスのよい飲み頃NOW〜。税別¥2500くらいの満足度がある」

アルコール12.5%

コルテーゼ100%

平均樹齢40年!

熟成:ステンレスタンク2ヶ月間、ボトル2ヶ月

まるで月面のようなブリク・サッシの畑、ランゲのやり方で葡萄を育てれば、誰も真似出来ないガヴィになる

「ブリク・サッシ」はロベルトが自身で所有する15haの単一畑の名前です。畑には起伏があり、斜面は南西〜南東向きです。元々は海であったため、ミネラル分を多く含んでおり、そのミネラル分がワインにもしっかり含まれています。石灰岩の石の中には、貝殻なども見られます。また、海に近いため、海からの反射光、気温、風などの良い影響を受けています。樹齢は40年です。ゆっくりと低温で醗酵します。2ヶ月間ステンレスタンクで熟成し、さらにボトルで2ヶ月間寝かせます。熟した果実の甘さと柑橘系の引き締まった風味がすばらしく調和しています。アウロラより、ブリク サッシの方が、より構成がありフルボディで、飲み応えのある味わいです。ミネラル感をベースにしています。ブリク=トップ、サッシ=石という意味で、山に近い所ほど、石が多くなっています。

’12年が、「ガンベロ ロッソ ヴィーニ ディタリア2014」で赤2グラス+、「イ ヴィーニ ディ ヴェロネッリ2014」で87点。




ロベルト・サロット、バルベーラダルバ・ブリッコ・マッキア’14

税別¥1700

<売り切れ>おすすめ!

ルカ・マローニ2016年度版 90点

ヴェロネッリ2016年度版 88点


「2016.11月末に飲みました。DIAM2コルク。抜栓直後の低めの温度では熟したベリー、スパイス、わずかにヴァニラの香りで、味わいも適度な酸味があり、果実味豊かでバランスよかったのですが、時間とともにむせかえるほどのかなり甘いヴァニラ香が明らかに強くなり、昔のアメリカンオークバリバリのテンプラリーニョ?というくらい香りが少しクドくなる。あとカカオとわずかにムスクの香りも出てきた!凝縮しているが重すぎず、ブドウのうまみエキス多めで、タンニンの質はとても丸い。戻り香にもヴァニラがあり、さすがに香りが甘すぎか?とも思うが、逆に一般受けは非常によいかもしれません。抜栓の2日後までおいしい。’13はこれほどヴァニラ香強くなかったんですけどね」

アルコール14.5%



ロベルト・サロット、バルベーラダルバ・ブリッコ・マッキア’13

税別¥1700

<売り切れ>絶対おすすめ!

ヴェロネッリ2015年度版 2ステッレ89点

ルカ・マローニ2015年度版 90点

すでにお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

120本完売!!!ありがとうございました

「2015.4月に試飲しました。この銘柄がもっとも価格と味わいの差が大きく、誰が飲んでも税別¥3000くらいのより高価なワインに感じられるはずです。驚異的なお買い得感がありました!スミレなどの花、赤い実の果実にフランスとは違う甘草やわずかにタバコのニュアンスが混じり、少しスパイスも感じる。完全に飲み頃NOW〜」

バルベーラ100%

葡萄園面積:3ha

標高:350m
 
土壌:灰色粘土  仕立て:ギュイヨ

熟成:アメリカ産バリック(1年樽)

畑はバローロのエリア、バローロ村とノヴェッロ村の間にあり、東向きの丘です。収穫は一般よりも遅く、10月半ばに行います。低温での醸しの後、温度管理しながら醗酵します。さらに6日間醸しを行います。熟成は、エレーナ(I-638)に使っているアメリカ産バリック(1年樽)で行ないます。アメリカ産バリックは、特注でウイスキーと同様の焦がし方をしています。濃い赤色。ラズベリーやスミレの香り、タバコやバニラ、スパイスも感じられます。上品でバランスがとれた少し甘い風味。しっかりとしたボディ、長い余韻があります。「食べるものによって表情の変わるワイン。」

’12年が、「ガンベロ ロッソ ヴィーニ ディタリア2014」で1グラス、「ルカ マローニ ベストワイン年鑑2014」で90点。




ロベルト・サロット、ランゲ・ネッビオーロ・ナティーヴォ’12

税別¥2100

<売り切れ>



ロベルト・サロット、ランゲ・ネッビオーロ・ナティーヴォ’11

税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

ガンベロロッソ2014年度版 2グラス

リアルワインガイド52号にて高評価される!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

53本以上完売。ありがとうございました〜※再入荷するとヴィンテージが変わります!

「2015.10月上旬に再度試飲しました。半年前よりもさらにおいしくなっています!今すぐ飲むならバルバレスコ・リゼルヴァ・ガイヤ・プリンチペ’12(’09の次が’12に飛んでしまった為、若過ぎる、、、)よりもおいしいくらいです。アタックだけではなく中域も充実しており、滑らかで程よくコクがありつつもタンニンは丸い。とてもよい出来!」



「2015.4月に試飲しました。香りの華やかさと酸とお買い得度だけなら上記のバルべーラの方が上に感じましたが、こちらは明らかにより肉に合わせやすいワインなので完全な棲み分けが出来ます。香りにサラミやベーコンなどの肉の脂の香りがあり、他に赤と黒の果実、スパイスや少し甘草等の香りも。(短時間での試飲で確認出来ませんでしたが)もしかしたら時間とともに少し甘みが増すタイプかも知れない。本当にここの赤ワインは、主に陰干しの影響なのだと思われますが、ピエモンテなのにタンニンが甘くシルキー!かといってコクがないわけでもなく、しかも悪い意味でモダン過ぎるわけではなく、無理やり濃くした感や過熟のやり過ぎ感、樽のエグみもない新しいスタイル。完全に飲み頃NOW〜。この価格でまともなネビオ―ロが楽しめてしまいます」

ネッビオーロ100%  畑面積:7ha

熟成:ステンレスタンク2ヶ月 → 樽6ヶ月 → ステンレスタンク

赤身の肉、ジビエ、濃厚なボロネーゼ系パスタ、味のしっかりしたチーズなどと合いそう

「ネッビオーロ」という名前は、イタリア語で霧を意味する「Nebbia(ネッビア)」に由来します。この品種はとても繊細なため、葡萄の育つ周囲の環境や土壌に大きく影響を受けます。条件のよい場所で育つネッビオーロからは、素晴らしいワインが出来ます。

このワインに使用する葡萄は、ノヴェッロ村近郊の丘の上に位置する畑で栽培されています。標高400mの南〜南東向き、土壌は粘土石灰質です。植密度は4,000本/ha。収穫は、遅摘みした葡萄を10%使用しています。発酵前に低温でスキンコンタクトを行います。発酵はステンレスタンクで2週間。熟成は、ステンレスタンクで2ヶ月寝かせた後、樽に移して6ヶ月熟成させ、その後、ボトリングするまで再びステンレスタンクに戻して休ませます。

かすかにオレンジがかった濃い赤色。スミレの花のアロマの中に、かすかにスパイスや干し草の香りがあります。口に含むと、チェリーやプラムのような果実味が広がり、余韻には、かすかな甘さと一緒に、やわらかでスムーズなリコリスの香りが漂います。やわらかくてなめらかな口当たりのこのワインは、若いうちから楽しめます。生産量は年間で約30,000本。ワイン名の「ナティーヴォ」とは、『出身、産地』という意味で、例えばネヴィーリエ出身、ネヴィーリエ産であれば、Navito di Neviglieと言います。




ロベルト・サロット、バルバレスコ・リゼルヴァ・ガイヤ・プリンチペ’09

税別¥4000

<売り切れ>大人気!

ヴェロネッリ2013年度版 トレステッレ91点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!



ロベルト・サロット、バルバレスコ・リゼルヴァ・ガイヤ・プリンチペ’08

税別¥4000

<売り切れ>絶対おすすめ!

ヴェロネッリ2014年度版 2ステッレ89点

「2015.4月に試飲しました。はっきりとブルーベリ(少しジャムかリキュールっぽいニュアンスも)の鮮烈な香りがありとても印象的!通常あらゆる香りが混じっているので、はっきり単体の果実を感じ取れることは少ないので貴重かも?ガチガチに固すぎたり、酸化のニュアンスが強過ぎる高価なネビオーロよりこちらのほうがよほど満足度が高いという価値観も多いと思います。肉厚な果実味、とても丸いタンニン、低すぎない酸、エキス感があり、複雑性と余韻も優れている。特にこの銘柄は若いバルバレスコとは思われないほど例外的にタンニンが丸く皆さん驚かれると思います。完全に飲み頃NOW〜」

ネッビオーロ100%

葡萄園面積:2ha

熟成:ステンレスタンク2ヶ月間 → 樽14〜15ヶ月 → ステンレスタンク6ヶ月間 → 瓶6ヶ月間

ガイア・プリンチペは、メイヴェ村の丘の上にある単一畑。畑は南から南西向きで、海抜270mです。土壌は粘土石灰岩と泥石灰です。葡萄の一部を遅摘みにしています。これは以前からやってみたいと思っていたことで、口当たりがソフトになり、より早く飲める状態になります。温度管理の下醗酵を行い、10日間低温で醸しをします。熟成は、まず2ヶ月間ステンレスタンクで、その後14〜15ヶ月間樽で、さらに6ヶ月間ステンレスタンク、最後に6ヶ月間瓶で行ないます。わずかにオレンジがかったやや濃い目のルビー色。スミレを思わせる優雅な香り、さらにフルーティな中に樽からのバニラ香も心地良く、フルボディでドライ、滑らかな風味で、モダンな仕上がりです。

’06 Wine Enthusiast 93点!

’06 エスプレッソ誌2013年度版 16/20点




ロベルト・サロット、バローロ・アウダチェ’12

税別¥4200

<あと2本>

ヴェロネッリ2017年度版 トレステッレ91点

ルカ・マローニ2017年度版 91点


ガンベロロッソ2017年度版 2グラス

デカンター・ワールド・ワイン・アワード 2017年 ブロンズ 88点



ロベルト・サロット、バローロ・アウダチェ’11

税別¥4200

<売り切れ>限定品!

ヴェロネッリ2016年度版 トレステッレ91点

ルカ・マローニ2016年度版 90点

ベルリン・ワイン・トロフィー2015年 銀賞受賞!


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

遅摘み〜少し陰干しによって、若くてもおいしく飲めてしまいます!
北欧などで(この銘柄が特に)凄まじい人気だそうです!



ロベルト・サロット、バローロ・リセルヴァ・アウダチェ’09

税別¥4200

<売り切れ>限定品!

ムンダス・ヴィニ2013年 金賞受賞!

ベルリン・ワイン・トロフィー2013年 銀賞受賞!

大人気でリピーター続出!!!

※再入荷すると’10に移行&リゼルヴァ表記がなくなります

ついに各メディアで高く評価され始めましたね!



ロベルト・サロット、バローロ・リセルヴァ・アウダチェ’08

税別¥4200

<売り切れ>限定品!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

若いバローロとしては驚くほどタンニンが丸いが、決して複雑性は損なわれていないし、熟成能力もあるとのことです。

ネッビオーロ100%

葡萄園面積:2ha

熟成:ステンレス2ヶ月間 → フランス産の樽2年間 → ステンレス6ヶ月間 → 瓶6ヶ月間

アウダーチェは、「勇敢」という意味です。一部を遅摘みにした葡萄を使っています。畑はブリッコ バルチェーラ(単一畑)で、海抜400m、南〜南西向きの粘土石灰質土壌です。最も古い畑の葡萄は9月末から10月初め、熟成がベストになったタイミングで、選別しながら収穫します。低温での醸しの後、10日間醗酵します。熟成は、2ヶ月間ステンレス、2年間フランス産の樽、6ヶ月間ステンレスそして6ヶ月間瓶で行います。オレンジ色の混じったルビー。複雑で魅惑的な香り。豊かで柔らかな味わい。個性があり活力にあふれ、しかもデリケートでエレガント、調和がとれています。樽やアーモンドの風味、濃縮されていて、良質のアルコールはよく溶け込んでいて、混じり気のないタンニンです。バランスがよく、長い余韻があります。熟成させることも出来ますが、今すぐにでも楽しめるワインです。

’09 ルカ・マローニ2014年度版 91点

’07 「イ ヴィーニ ディ ヴェロネッリ2014」でスーパートレステッレ/93点。

’05 Wine Enthusiast 92点



ワイン造りにおいて常に念頭に置いているのが味わいのバランスです。そして、常にどなたにとっても好ましい味わいであることが大切だと考えています。私のワインには、次の3つの大きな特徴があります。

1.「香りの豊かさ」
2.「果実味の柔らかさとふくよかさ」
そしてなんと言っても、
3.「どなたにとっても好ましい味わいであること=飲み心地の良いワイン」


私のワインには、アパッシメントという作業をしています。かつて、アパッシメントをしている醸造家は、おそらくピエモンテにはいませんでした。アパッシメントすることで果実味により柔らかみを与えますし、果実の甘さをワインに与えています。

なぜアパッシメントをしたかというと、ワインは、結果として飲みやすくなければならない、と考えているからです。アパッシメントをすることで、より飲み手においしく飲んでいただけることがわかりました。それが私のワインのやわらかいニュアンスを持ち、飲みやすい赤ワインのスタイルなのです。そして、今すぐに飲めて、長期熟成も可能となるのです。

私の白ワインの特徴は、「フレッシュで爽やか」、「果実感も軽やか」、それと同時に長期熟成できるワインということが特徴です。これが他の生産者とは大きく異なる点です。どのようにして長期熟成できるワインを造るかといえば、発酵の段階で温度をかなり低くします。また、通常では10日〜2週間のところ、2ヶ月と長い期間発酵に時間をかけます。そうすることで柔らかみが得られ、香りがさらに豊かになります。温度コントロールはコンピュータで常に行っています。

私のワイン造りの哲学とは「伝統を重んじながら、新しいことをどんどん取り入れていくということ」です。私のワインは、批評家の方から高い評価を受けるということを特に意識していません。飲み手の皆様に好ましいと思っていただけることが一番大切です。ジャーナリストたちからの良い評価をもらうためにワインは造っていません。私のワインを飲んだ方がもう一回、もう一回と飲み進めていける、誰でも飲みやすいワインを造ることが大切です。そのためには良い土地、良い畑、最新術を取り入れることそれらすべてが重要な要素です。ワインとは私の人生そのものなのです。


《歴史》 18世紀末 ジュゼッペがバルバレスコ村からネヴィーリエに移り住む。
1871年  葡萄栽培を始める。当初はドルチェットの生産を専門に行う。
20世紀初頭 バルクでイギリスへ輸出。葡萄は業者に売っていた。
1960年代  ロベルトの父アンジェロが自分で瓶詰めして販売をはじめる。
‘91年 自家葡萄の醸造を開始。バローロに20haの畑を購入。

《オーナー》 ロベルト サロット

《家族》 息子エンリコ(20歳)  アルバの醸造学校を卒業、\'14年1月からフルタイムで主にセラーの仕事の手伝い
娘エレーナ  馬術競技の大会で優勝する程の腕前。

《葡萄園》 83ha  ニッツァ モンフェラート30ha、ネヴィーリエ15ha、バローロ15ha、バルバレスコ7ha(2ヶ所)、ガヴィ(16ha)

《葡萄栽培》 必要に応じて農薬を使用 コンポストは自然な牛糞 化学的なものはどんどん減らしている


ロベルトはワインスクールを卒業後、父を手伝ってきましたが、その後年間生産量6,500万本というピエモンテの大規模な醸造所の醸造長として手腕を発揮。同時にガヴィにある醸造所のワインメーカーとしても活躍しました。現在は、それらの職を辞し、彼自身の畑をバローロ、バルバレスコ、ガヴィに所有し、質の高いワイン造りを行なっています。また、6名の親しいメンバーと共同経営する醸造所のワインメーカーを務め、さらに、ワインに含まれている200種類ほどある化学成分の専門家でもあります。ロベルトがワイン造りにおいて、最優先で注意を払うのは葡萄畑です。「良いワインは畑で生まれ、セラーで育つ。」と考えているからです。所有する畑は83ha、バローロ、バルバレスコ、ネヴィーリエ、ガヴィといったピエモンテ最高のワインを産するエリアに広がっています。アルネイス、シャルドネ、ブラケット、ネッビオーロ、カベルネ ソーヴィニヨンの栽培も行なっています。

機械化によって若干は変わりましたが、基本的には伝統的な方法で葡萄を育てています。自然の生態系を守りながら、化学的なものを減らしていくことで、いつか化学的なものをゼロにしていければと考えています。収穫は10年間ほぼ同じ人に頼んでいます。自宅のあるネヴィーリエ、ガヴィ、バローロにセラーがあります。温度コントロール装置付きの醗酵タンク、甘口ワイン貯蔵のための温度調節付きタンク、ニューマティックプレス、バキュームフィルター、連続式フィルター等の設備があります。マイクロフィルトレーション装置を備えたボトリングラインは1時間に2,000本のボトリングが可能です。

ロベルトは、「良いガヴィを高くない値段で」をポリシィとしています。醗酵には3〜4ヶ月間かけます。その間、死んだ酵母が沈んでいて、ワインにミネラルを与えます。また、長い低温醗酵のため、自然のCO2がワインに溶け込み、長くフレッシュさを保つことが出来ます。バローロとバルバレスコはひとつの土地として考え、クリュによる違いと考えています。どちらもネッビオーロにとって最適な土地だからです。


 

2016/2/20(土)アップ〜蔵出しパルッソ’08

モダンで早熟、予想以上に丸いタンニン!















パルッソ、バローロ・マリオンディーノ’08

超特価・税別¥7200

<売り切れ>限定品!

※再入荷すると’11に移行&¥1,512値上がりいたします。

パーカー94点(2016〜2028年、ワイン・アドヴォケイト200号)

スペクテーター91点(2014〜2025年)

インターナショナルワインセラー88点


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

樹齢20〜40年


Parusso, Barolo Mariondino 2008

下記は輸入元資料より

【商品コメント】 バローロDOCGに認定されている11の村の中でも、特に重要と言われる5つの村の内の1つカスティリオーネ・ファレット村にある、ランゲ地方の方言で「日没前の最後の太陽まで取り込む」という異名を持つ日照時間の長い畑のブドウを使用。なめし皮やスパイスや赤い果実の香りとエレガンスを備えた味わいのワインです。

【テイスティングコメント】 外観はガーネット色に近い鮮やかなルビーレッド。ミントやリコリスなどのスパイスや、赤い果実の香り。フィネスとエレガンスを備え、繊細でバランスが取れた味わいです。

【料理との相性】 肉のローストやトリュフを使った料理、ジビエ料理や熟成したチーズなどと合います。推奨提供温度は16度です。

粘土質、砂質、泥灰質、泥質

手摘み

温度管理されたステンレスタンクにて発酵

フレンチオークの新樽にて24カ月間熟成




パルッソ、バローロ・レ・コステ・モスコーニ’08

特価・税別¥9400

<売り切れ>限定品!

※再入荷すると’09に移行&¥1,080値上がりいたします。

パーカー95点!(2018〜2028年、ワイン・アドヴォケイト200号)

スペクテーター93点(2014〜2028年)

インターナショナルワインセラー90点

ジェームス・サックリング 94点!

Wine Enthusiast 91点



Parusso, Barolo Le Coste-Mosconi 2008

下記は輸入元資料より

バローロDOCGに認定されている11の村の中でも、特に重要と言われる5つの村の内の1つモンフォルテ・ダルバ村の南端にある、標高が高く日当たりの良いレ・コステとモスコーニという畑のブドウを使用。レ・コステの華やかでエレガントな香りと、モスコーニの土っぽさや果実の凝縮感のある複雑味のあるワインです。

【テイスティングコメント】 外観はガーネット色を帯びた深いルビーレッド。ラズベリーやプラムなどのフルーツと、スミレやモカ、エスプレッソなどの香りや土の香りが混ざり合います。エレガントで複雑さを持った味わいです。

【料理との相性】 肉のローストやトリュフを使った料理、ジビエ料理や熟成したチーズなどと合います。推奨提供温度は16度です。

凝灰岩土壌

手摘み

温度管理されたステンレスタンクにて7日間発酵

フレンチオークの新樽にて24カ月間熟成後、12カ月間瓶熟成






下位ラインナップには、いくらなんでも早熟過ぎて骨格不足のように感じられる銘柄もありましたが、ブッシアは別格です!


パルッソ、バローロ・ブッシア’09

税別¥11000

<売り切れ>絶対おすすめ!

スペクテーター90点(2015〜2030年)

インターナショナルワインセラー92点

ジェームス・サックリング91点

アントニオ・ガローニ95点!(2017〜2029年)

ガンベロロッソ2グラス

当店社長絶賛の1本!2014年秋の輸入元東京試飲会でもっとも素晴らしかった銘柄の一つだったそうです!





パルッソ、バローロ・ブッシア’08

税別¥10000

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’08は再入荷不可能!すべての値引き対象外となります。

パーカー95点(2018〜2028年、ワイン・アドヴォケイト200号)

スペクテーター94点(2015〜2030年)

インターナショナルワインセラー89点!

ジェームス・サックリング91点(2014〜)

当店社長絶賛の1本!2013年秋の輸入元東京試飲会でもっとも素晴らしかった銘柄の一つだったそうです!


基本的にはバローロとしてはタンニンが丸くコントロールされたモダンで早熟なワインですが、この銘柄に関しては下位ラインナップと深みが全然違う格上の味わい!

石灰質、砂石質、泥質土壌

手摘み

温度管理されたステンレスタンクにて7日間発酵

フレンチオークの新樽にて24カ月間熟成後、12カ月間瓶熟成


『 バローロの中でも特に重要と言われる5つの村の内の1つ、モンフォルテ・ダルバ村。その中でもより評価の高い畑「ブッシア」にある、ロッケ、ムニエ、ブッシア・ソッターナという更に限られた区画の樹齢50年を含むブドウを使用。様々な香りと凝縮感、滑らかさなどいくつもの要素の調和の取れたパルッソの最高峰です。

1991年からは「ランガ・イン」という生産者グループに属し畑の特徴が明確に表現されるワイン造りに取り組んでいます。

外観はガーネット色を帯びた深いルビーレッド。赤や黒い果実、スミレやメンソール、スパイス、バラの花びら、土の香りなど、様々な香りが感じられます。とても凝縮していて、絹のような舌触り、熟したタンニンが感じられます。長い余韻があり、調和の取れたフィニッシュです。

肉のローストやトリュフを使った料理、ジビエ料理や熟成したチーズなどと合います。推奨提供温度は16度です。 (輸入元資料より) 』


2015/5/20(水)アップ〜蔵出しサン・シルヴェストロ’12バルバレスコと’10バローロ

お買い得ネッビオーロ!










サン・シルヴェストロ、バルバレスコ・マーニョ’12

税別¥2300

<売り切れ>


サン・シルヴェストロ、バルバレスコ・マーニョ’11

税別¥2300

<売り切れ>



サン・シルヴェストロ、バルバレスコ・マーニョ’10

税別¥2200

<売り切れ>絶対おすすめ!

ジャパン・ワイン・チャレンジ2013年 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

47本完売。ありがとうございました〜※’10は再入荷不可能!’11に移行すると値上がり致します

「2013.10月に飲みました。抜栓直後の低い温度ではまだわずかにタンニンが固かったものの、時間とともに温度が上がるとすぐにこなれてくる。熟したイチゴとスパイスの香りが主体、わずかにヴァニラやスミレ、ドライフルーツ系のニュアンスも。’10は例年よりも少しクラシックな造りに感じられ、酸とタンニンがしっかりして熟成のポテンシャルも感じられる。この価格帯のネッビオーロとしては最高峰。抜栓の2日後までまったく落ちない。時間とともにうまみが増す。酸が低くないので飲んでいて飽きない。抜栓の2日後の状態ならブルゴーニュ・グラスの方がおすすめ。アルビーノ・ロッカやプロデュットーリ・デル・バルバレスコなどのわりと手頃な¥4000前後のバルバレスコよりもタンニンが柔らかい」

アルコール14%

ネッビオーロ100%

平均樹齢25年、石灰粘土質土壌

熟成:オーク樽熟成 18ヶ月(3,000L、スラヴォニア産)




サン・シルヴェストロ、バローロ・パトレス’10

税別¥3400

<売り切れ>



サン・シルヴェストロ、バローロ・パトレス’09

税別¥3300

<売り切れ>

ジャパン・ワイン・チャレンジ2013年 銀賞受賞!

樹齢10〜40年、石灰粘土質土壌

醗酵:ステンレスタンク/主醗酵後、ステンレスタンクにてマロラクティック醗酵

熟成:オーク樽熟成 26ヶ月(3,000L)/瓶熟成 10ヶ月以上

『 完熟由来の甘みのあるアセロラや、フレッシュなブルーベリーの果実。ミントやホワイトペッパーのアクセント。綺麗な酸、チャーミングな味わいの一方、逞しさがある。余韻が長い。 (輸入元資料より) 』



『 1871年からワインづくりをしているサルティラーノ一家が営む、サン・シルヴェストロ。モンフォルテ・ダルバ村、バローロ村、ノヴェッロ村、バルバレスコ村にそれぞれエステイトを持ち、伝統的な大樽熟成でそれぞれのテロワールの特性を活かしたワインづくりを行っています。銘醸産地ながらも、非常にリーズナブルなワインは高い人気を得ています。 (輸入元資料より) 』


 Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp