トスカーナ
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文


ワイン・アドヴォケイトによるトスカーナ州・キャンティクラシコ・ヴィンテージ評価

’11 88R

’10 96E

’09 92E

’08 90R

ワイン・スぺクテーターによるトスカーナ州・キャンティクラシコ・ヴィンテージ評価

’11 93(Drink or Hold)

’10 90(Drink or Hold)

’09 89(Drink or Hold)

’08 89(Drink or Hold)

Wine Enthusiast によるトスカーナ州・キャンティクラシコ・ヴィンテージ評価

’11 92(Hold)

’10 96(Hold)

’09 94(Hold)

’08 93(Hold)

ワイン・アドヴォケイト180号にてトスカーナ州ヴィンテージ評価

2006年、2004年ともに 96T

大当たり年の熟成可能タイプとの評価でした!


2017/12/4(月)アップ~蔵出しポデーレ・ラ・カッペッラ’14最後の再入荷!

溢れるうまみエキス、しっかりした果実と余韻のお買い得品!







Podere La Cappella, Chianti Classico '14

ポデーレ・ラ・カッペッラ、キャンティクラシコ’14

(トスカーナ州・辛口赤)

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

VINOUS 86点(2016~2019年、2016年10月試飲)

2017年6月札幌イタリア試飲会にて人気投票第1位だった生産者!!!


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

26本以上完売。ありがとうございました

「2017.6月に試飲しました。二人で試飲して二人とも絶賛だった銘柄。非常によく出来たローヌのグルナッシュのような分厚いうまみエキスがありつつ、この地区らしい酸とエレガンスもあり、果実も余韻もしっかり!今飲むとアルコールの浮きもなく、相当お買い得に感じられます。やはりよい造り手ですね。オーナーで栽培責任者であるブルーノ・ロッシーニ氏からそろそろ娘であるナターシャさんの代になるのかもしれないですね」

アルコール14.5%

※昔の名前が、『 ポッジョ・カンポローネ 』だったワイン。
同じ中身。当時はトスカーナIGTでした。

8年位前当時、当店で’05を税別¥2700で販売して大好評でした!
少しお安くなっております!

サンジョベーゼ85%、メルロー15%

石灰粘土質土壌

海抜350m

樹齢20年

無濾過

エレガントな個性のワインができるサン・ドナート・イン・ポッジョ村

法王からカヴァリエーレ(騎士)の称号を授与された、サンジョベーゼのスペシャリスト!

ビオロジック栽培でかなり畑仕事に時間を割いており、
有機農法ワイナリー認定(Bioagricert)あり

『 程よく深みのある野イチゴのアロマ。可愛らしい果実味に酸が重なり上品な表情を見せてくれる。料理と一緒に楽しみたい赤ワイン。 (輸入元資料より) 』




2017/10/4(水)アップ~蔵出しペトローロ’13ボッジナンフォラ、’09ガラトローナともに最後の入荷!

2017/5/1(月)アップ~蔵出しペトローロ’10トッリオーネ




※下が裏ラベル





















 




いまでは実質ビオロジック、もうすぐ有機栽培の認証もとれるそうです。
今の香りと味わいを知れば納得の一貫性ですね!



よりナチュラルでおいしいワイン造りとは何か考えた結果、
’11に初めて試しに少量だけアンフォラで仕込んでみたこの銘柄が、馬小屋臭や酸化や揮発酸など不安定感やマイナス面がなく、
信じられないくらいおいしく出来上がったことから可能であれば毎年造り始めた新アイテム!


Petrolo, Bogginanfora '13

ペトローロ、ボッジナンフォラ’13

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥7400



輸入元定価・税別¥9,000

<あと11本>幻の超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー94点(2017~2027年、Monica Larner)

ジェームス・サックリング 94点

スペクテーター・オンライン89点(NOW~2020年)

VINOUS 92点(2016~2025年)

インターナショナルワインセラー89点

ファルスタッフ 92点

Wine&Sprits誌 91点


D.O.C. ヴァル・ダルノ・ディ・ソプラ
Val d' Arno di Sopra

ブドウ品種:サンジョヴェーゼ100%

1947年植樹でペトローロで最も古く、最高のテロワールを持ち、最高品質のサンジョヴェーゼを生み出す畑「ボッジナ」で収穫した葡萄を用いた限定品。

ペトローロで最も樹齢の古い畑「ボッジナ」のサンジョベーゼを、300リットルのアンフォラで仕込んだ超限定品。サンジョベーゼの新しい表現を追求した特別なキュベ。

『 落ち着きのある赤味がかったルビーレッド。ダークチェリーやサワーチェリー、スミレの花のような柔らかな香りに、バニラエッセンスのような甘い香り、白胡椒などのスパイスのニュアンスが感じられる。時間が経つと共に、バルサミコのような熟成した香りや、パウンドケーキのような芳醇な香りが開き、複雑な変化を楽しめる。滑らかな口当たり、タンニンもとても滑らか。しっかりと感じられる酸味に、香りにあるようなジューシーな赤い果実を感じる。すーっと口になじむ、非常に滑らかで繊細な味わい。 (輸入元さんコメント) 』

栽培方法について
ボッジナは、ルカ・サンジュスト氏の祖父が1947年に植樹をした一番古い畑で、約4haにサンジョヴェーゼが植えられている。一番古い樹は樹齢60年を超え、ペトローロが所有する畑の中では最高のテロワールを持ち、最高品質のサンジョヴェーゼを生み出す区画。

製法について
オープントップのアンフォラでマセラシオンを行い、2週間程、果帽のパンチング・ダウンを行う。その後、果皮を残した状態で、ステンレス製の蓋をし、3月下旬まで、約6か月スキンコンタクトさせる。果皮を取り除いた後、そのままアンフォラで6か月以上熟成させる。

テラコッタ製のアンフォラは、気孔から微量の酸素が通り抜けるので、過度な還元状態を防ぐ。また、長期のスキンコンタクトは、ワインを安定させ、亜硫酸塩の添加を最小限に抑えることができる。

2011年ファーストヴィンテージの生産量はわずか600本。




Petrolo, Galatrona '09 (Toscana)

ペトローロ、ガラトローナ’09

税別¥9600

<あと9本>絶対おすすめ!
限定品!

パーカー98点!!!(2017~2030年、Monica Larner
The super rich and velvety 2009 Galatrona was the headline performer in this vertical tasting going back to the 1997 vintage. This is a beautiful bottle that projects a deep sense of confidence and enormous beauty, inside and out. It offers an irresistible contrast between its sweet side and its savory side with dried cherry, blackberry preserves, scorched earth, smoked bacon and dark spice. The wine's appearance is inky black and thickly concentrated. Despite that richness, its nuanced complexity is put on clear display. This is a beautiful wine from a tremendous vintage.)

VINOUS 94点!(アントニオ・ガローニ、2014~2024年)

インターナショナルワインセラー94点!(2016~2026年)

ジェームス・サックリング 97点!!!

ファルスタッフ 97点!!!
(さらに世界のTOP10メルロに選ばれる!!!)

スペクテーター90点(2014~2023年)

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2012年 シルバー受賞!

ルカ・マローニ 90点

ガンベロロッソ トレヴィッキエーリ!

ドゥエミラヴィーニ 5つ房!


過去最高評価の当たり年!でも値下がり!!!
(当店で’06 特価・税別¥12000でした。)

15本完売。

「2017.7月中旬に試飲しました。’05の頃よりも確実に進化しています!トップノーズの質感からしてピュアでナチュラルでエレガントな方向性に向かっており、樽と抽出がさらに弱くなり、フィネスが強調されたので、濃厚ではないが非常に複雑。酸が低すぎず、タンニンの質が驚くほどよくすでに滑らかさすらある。1時間半前デキャンタですでに飲めてしまう驚きのバランスの良さ!このワインに早い段階で98点を付けるモニカさんは勇気あるわ!素晴らしい!まさにフィネスのある長いアフター。どうやら現オーナーであり息子のルカ・サンジュスト氏が、センスある現実路線のナチュラル志向のようです?」

アルコール14%

メルロー100%

『 グラスの底が見えないほど、濃い赤紫。干し肉、黒コショウ、干しバナナの香りに、樽熟成によるヴァニラやトースト香が調和している。時間と共にカシス、イチゴのジャム、干しイチジクの果実香が現われ、最後にトリュフのニュアンスが感じられる。豊富なタンニンと酸が感じられるボリューム感あふれるワイン。長期熟成型につくられているためまだ若いが、柔らかく滑らかなタンニンがしなやかさをおび、ポムロールのワインをも圧倒するエレガントな逸品になることが容易に想像出来る。トゥルヌド・ロッシーニ、鴨のロースト、ポルチーニのパスタなどと合いそう。 (輸入元さんコメント) 』

’07 Wine Enthusiast 98点!!!

’08’04 Wine Enthusiast 97点!!!

手摘みで収穫された葡萄は、丁寧に選果され良質の房のみを醸造に回す。

温度変化が緩やかなセメントタンクでの発酵。マセラシオンの期間は12日~14日で穏やかなルモンタージュを行う。マロラクティック発酵はアーリヤ産フレンチオーク樽内で完了し、そのまま18ヶ月熟成。専用器具を用いて、樽ごと揺らすことで、穏やかなバトナージュを行う。最後にブラインドテイスティングにより最良の樽のみを厳しく選別し瓶詰する。




Petrolo, Torrione '10 (Toscana)

ファットリア・ペトローロ、トッリオーネ’10

税別¥2800



税別¥3500

<売り切れ>

パーカー93点!
The 2010 Torrione is exception and a very reasonable value!
2014~2024年、ワイン・アドヴォケイト208号)


スペクテーター91点(NOW)

インターナショナルワインセラー91点

ジェームス・サックリング 93点!

エスプレッソ誌 16.5/20点!


ガンベロロッソ 2グラス!

ヴェロネッリ トレステッレ91点!

ドゥエミラヴィーニ 4つ房!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2016 ゴールド受賞!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

アルコール14%

24本完売。ありがとうございました

当たり年!

ペトローロがもっとも力を注ぐワイン!

今はサンジョベーゼ100%とは限らず
’10は、SG80%、メルロー15%、カベルネソーヴィニヨン5%

『 カシスの香りにコーヒーやヴァニラ、葉巻のような甘く香ばしい香りが複雑性を与えている。滑らかで豊かなタンニンと凝縮感のある果実味が特長。しっかりとした構成と長く続く余韻が楽しめる。オッソ・ブーコ、鴨の炭火焼き、ポルチーニのパスタなどと合いそう。 (輸入元さんコメント) 』

栽培方法について

父親の世代に植樹された樹齢40年近くになるものも含まれている。90年代半ばから植樹されたものは、地面からの反射熱を最大限利用出来るように、地面から50cmほどのところに房がなるように仕立ててあり、収量も1本の木あたり僅か500gに抑えられている。収穫前に畑をまわり、葡萄を食べて葡萄の成熟度を確認し、フェノール類が理想的なレベルまで成熟したところで手摘みで収穫。ワイナリーにてさらに選果を行い、良質の房のみを仕込みに回す。

製法について

温度変化がゆるやかなセメントタンクで発酵。ルモンタージュによってサンジョヴェーゼの豊かな香味成分を引き出す。アーリエ産のバリックと30hlの大樽でマロラクティック発酵。その後新樽率30%で15ヶ月熟成。


『 テヌータ・ディ・ペトローロは、1948年ルチア・サンジュスト氏により、メルカターレ・ヴァルダノに創立されました。1993年よりオーナーになった息子のルカ・サンジュスト氏は早くから「この畑は偉大なワインを生み出す可能性を秘めている。」という確信を持ち、メルロー100%のスーパーワイン「ガラトローナ」をリリース。程なくガンベロ・ロッソ3グラスを獲得したガラトローナは、海外でも非常に高い評価を得、有名評論家に「トスカーナのペトリュス」と称賛されるようになりました。
 現在、ペトローロは世界的に有名なワイナリーへと変貌を遂げつつありますが、ルカ氏が理想とするのは、例えばポムロールのワインのようにしなやかで、優雅で、洗練されたスタイルのワインです。彼は「葡萄をいかに優しく扱うかに一番重きを置いています。畑で最高の葡萄を育てて、その個性を最大限引き出してやるのが僕らの役目。」と熱く語る、イタリア新時代を担う造り手のひとりです。その彼が一番心にかけているのは、トスカーナの地元品種であるサンジョヴェーゼ主体で造る「トリオーネ」。トリオーネには彼が愛してやまないトスカーナの心が感じられるのだそうです。

~オーナーのルカ氏は1959年生まれ。ローマ大学でルネッサンス期のイタリア美術史を専攻し、博士課程を修了。大学卒業後、ローマを拠点としてプロの画家として活躍。ローマ、ミラノ、パリ、ドイツ等で展覧会を行うなど精力的に活動し、画家としての将来も嘱望されていました。
 しかし、当時のワイナリー所有者であった祖父が亡くなった後、母ルチア氏の説得により、ワイナリーを引き継ぐことを決意。ペトローロでのワイン造りに加わる前に、まず偉大なワインが生まれる背景を学ぶため、サッシカイアやモンテヴェルティーネなどのトスカーナの銘醸ワイナリーだけでなく、ヴィユー・シャトー・セルタン(ティエンポン家)やシャトー・レグリーズ・クリネ(ドゥニ・ドゥラントー氏)を訪れ、数年間修行の旅に出ました。
 93年テヌータ・ディ・ペトローロに加わり、以後オーナーとして、栽培、醸造、経営、マーケティング他全てを監督しています。(輸入元資料より) 』



ファットリア・ペトローロ、トッリオーネ’08

特別価格・税別¥2850

↑ なんと15%OFF!

税別¥3350

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(2011~2016年、ワイン・アドヴォケイト196号)

スペクテーター90点(2012~2018年)

インターナショナルワインセラー88点

Wine Enthusiast 92点!


ワイン&スピリッツ誌 90点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2012.3月下旬に’07と’08を飲み比べる機会に恵まれました。まだ固く、デキャンタ必需の’07。今素晴らしくおいしくなめらかでバランスも良い’08で今、同時に飲み比べるとほとんどの方が’08の方がおいしいと感じることでしょう!’08は樽もよく溶け込んで、酸不足もなく、タンニンの質が極めてよく’05から毎年飲み比べている中で最高の出来だと感じました」

『 Torrione (100% Sangiovese from eastern Tuscany) shows impressively bright and clean cherry flavors with background nuances of dark fruit, plum, spice and delicate touches of tobacco and leather. It’s a beautiful wine that shows the best side of this native Italian grape.
(トリオーネ’08Wine Enthusiastのコメント) 』



ファットリア・ペトローロ、トッリオーネ’06

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)

税別¥3350

<売り切れ>限定品!

パーカー90点(2009~2016年、ワイン・アドヴォケイト184号)

スペクテーター92点(2010~)

Wine Enthusiast 92点

ガンロロロッソ2009年度版 2グラス

ヴェロネッリ2009年度版 トレステッレ90点

イタリア・ソムリエ協会2009年度版 4つ房!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

当たり年!

72本完売!!!ありがとうございました~※’06は再入荷不可能!

「2009.5月に’04を短時間で試飲しました。抜栓直後はやや焼きの強い樽香のトップノーズで香りが閉じており味わいも固い。すぐ空けるならデキャンタした方がよさそう。1時間以上経った同じボトルを再試飲すると香りも味わいも少しやわらかく変化。予想以上に凝縮感、骨格と熟成のポテンシャルがあり、甘く濃いだけで構造が緩いものよりワンランク上の印象でした。2~3年後には甘草や葉巻などの香りが加わってもっと華やかな香りとなりそう」

’05 12本完売。

’04 24本完売。

サンジョベーゼ100%

アリエ産のバリックと30hlの大樽でマロラクティック発酵

その後新樽率30%で15ヶ月熟成

5~6年前に飲んで非常においしかった記憶があります

「カシスの香りにコーヒーやヴァニラ、葉巻のような甘く香ばしい香りが複雑性を与えている。 なめらかで豊かなタンニンと凝縮感のある果実味が特徴。しっかりとした構成と長く続く余韻が楽しめる。 (輸入元さんコメント)」

 



ペトローロ、イナルノ・ロッソ’12

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥1800

<売り切れ>おすすめ!

パーカー88点(2013~2018年、ワイン・アドヴォケイト208号)

スペクテーター87点(NOW~2016年)

インターナショナルワインセラー89点!


「2015.6月に短時間で試飲しました。キレイな酸と程よいうまみとタンニンがあって、温度は上げ過ぎない方がよりバランスよく楽しめそうです。軽過ぎない赤い実の果実主体。たしかに時間とともにわずかに甘みが出てきそうな感じです」

初入荷の新商品!

サンジョベーゼ100%

平均樹齢約40年!

『 2013年に新設されたDOC Valdarno di Sopraの組合長に就任したペトローロのオーナー、ルカ・サンジュスト氏が監修するワイン。ペトローロ近郊の農家が栽培&醸造した最良のキュヴェを集めてブレンド。 ※2013年ヴィンテージからDOC Valdarno di Sopraになります。 (輸入元資料より) 』

ペトローロ近郊の栽培農家が持つ樹齢の高いサンジョヴェーゼを、9月末に収穫

コンクリートタンクにて発酵。樽熟成無し

ペトローロ近郊の栽培農家が栽培&醸造した最良のキュヴェを集めてブレンド。

『 チェリー、アメリカンチェリーのようないきいきとした果実香とスミレなどの赤い花を連想させる豊かな香り。かすかにローズマリーやオリーブなどのニュアンスが感じられる。果実の凝縮感が楽しめるミディアム~フルボディの辛口。凝縮された赤い果実の味わいと豊かなタンニン、爽やかな酸味とのバランスがとれた、滑らかな味わいが楽しめる。時間と共にこれらの要素がきれいに混ざり合って深みのある味わいがでてきて、ポリフェノールの旨み、甘みや長い余韻が楽しめる。生ハムとサラミの盛り合わせ、ボロネーズ(ミートソース)、Tボーンステーキ、地鶏むね肉のロースト、牛ほほ肉ラグーソースのパスタなどと合いそう。 (輸入元さんコメントより) 』





ファットリア・ペトローロ、ペトローロ・ロッソ’09

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥1500

<売り切れ>

大幅値下げ!

36本完売。ありがとうございました



ファットリア・ペトローロ、ペトローロ・ロッソ’05

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥1970

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

24本完売。ありがとうございました

「2010.7月に試飲しました。予想以上に本格的なよい香り。おそらくリリース直後よりおいしくなっているのだと思われる。ブラックベリー、甘草、わずかにヴァニラ、スパイスなど。果実味豊かで、ほぼ溶け込んだタンニン。低くない酸、バランスよく、予想より少しコクがある。+¥600でも驚かない内容」

サンジョベーゼ主体、メルロー

トッリオーネとガラトローナの選別にもれたロットをお手頃価格帯商品として瓶詰めしたもの

「赤みがかったやや濃い色調のルビーレッド。ブラックベリー、アメリカンチェリー、レーズンなどの凝縮された果実香と、スパイス香、腐葉土を連想させる香りも感じられる。ブラックベリー、アメリカンチェリーなどを思わせる、凝縮された果実味のあるフルボディ。こなれたタンニンがあり、バランスの取れた酸味が全体を引き締めている。大変に複雑性のある味わいで、エレガントな余韻が長く続く。ボロネーズ(ミートソース)、Tボーンステーキ、合鴨のロースト、ハーブ入りポークソーセージ、生ハムのピッツアなどと合いそう。 (輸入元さんコメント)」



ファットリア・ペトローロ、ガラトローナ’06

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)

特別価格・税別¥12000

<売り切れ>超限定品!

※再入荷すると’08に移行いたします。

パーカー95点!(2010~2021年、ワイン・アドヴォケイト184号)

スペクテーター96点!(2012~)

Wine Enthusiast 95点!

デカンター・コム ベスト・オールド・ワールド 赤ワインに選ばれる!

ガンベロロッソ2009年度版 トレヴィッキエーリ!

ヴェロネッリ2009年度版 スーパー・トレステッレ93点!

イタリア・ソムリエ協会2009年度版 5つ房!

SAKURA Japan Women's Wine Award 2014 ゴールド受賞!

当たり年!

アルコール14%

 

ファットリア・ペトローロ、ガラトローナ’05

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)

税別¥10500

<売り切れ>限定品!

パーカー93点(2010~2020年)

スペクテーター93点(2010~)

ガンベロロッソ2008年度版 トレヴィッキエーリ!

ヴェロネッリ2008年度版 スーパー・トレステッレ92点!

イタリア・ソムリエ協会2008年度版 5つ房!

デカンター誌4つ星!

Wine Enthusiast 94点!

ワイン&スピリッツ誌 92点

「2010.7月に再度試飲しました。意外にも今回のボトルはすでに飲み頃NOW~という印象。例年より樽が弱く、タンニンが少なく丸い。果実味とエキス感は充分、低すぎない酸、深みがありとてもなめらか、長めのアフター。熟成スピードは少し早そう。深みのある完熟ベリー、甘草、ヴァニラなどの甘美なフルーツ感たっぷり。濃すぎず、重すぎない。’04’06’07よりも早くから楽しめる個性のようです」

「2009.5月に短時間で試飲しました。抜栓直後はかなり閉じており、オルネライアとは違ってさすがにまだタンニンもきつい。数年前に飲んだときより溶け込んだ樽香で、進化が感じられる。(昔はやりすぎというくらい焼きの強い強烈な樽香に感じられました)’05で飲み頃まで3~4年はかかりそうなこのポテンシャルなら’04’06は飲み頃まで5~6年待たなくてはならないのだろうか?1時間以上経った同じボトル(オリが多めに残った最後の1杯)を再試飲すると香りも味わいも少しやわらかく変化。豊富なエキス。熟成による官能的なニュアンスが加わった頃から本領発揮するワインなのだと思われます」

「干し肉、黒胡椒、干しバナナの香りに、樽熟成によるヴァニラやトーストの香が調和している。時間と共にカシス、苺のジャム、干し無花果の果実香が現われる。 豊富なタンニンと酸が感じられるボリューム感あふれるワイン。長期熟成型につくられているためまだ若いが、やわらかく滑らかなタンニンがしなやかさをおび、ポムロールのワインをも圧倒するエレガントな逸品になることが容易に想像できる。 (輸入元さんコメント)」


2017/11/3(金)アップ~蔵出しエドアルド・スデルチ’16アゼッロ

2017/9/6(水)アップ~蔵出しイル・パラッツィーノ’13アルジェニーナ

2016/12/17(土)アップ~蔵出しイル・パラッツィーノ’10グロッソ・サネーゼ

グロッソ・サネーゼは、大樽熟成によってキャンティ地区サンジョベーゼの美点を最大限に引き出したラシーヌ特別キュヴェ















 




ラシーヌ輸入の限定品!

グロッソ・サネーゼは本当にすごいワインで、運よく4ヴィンテージ連続で買えていますが、毎年造っているものではないですし、他の1万円クラスのトスカーナを買うならこれを買った方が遥かにお買い得かつ貴重な個性という銘柄。輸入元さんが分けてもらえる数も減ってきているようです。




イル・パラッツィーノ現当主サンドロさんの息子エドアルドさんによる新作!

有機栽培、基本的に亜硫酸無添加なのに不安定感ゼロ!




Edoardo Sderci, Azzero '16 IGT Toscana

エドアルド・スデルチ、アゼッロ’16

(トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2500

<あと28本>絶対おすすめ!

最新VINOUS 90点!
(アントニオ・ガローニ、2018~2024年)


輸入元担当者さま絶賛の1本!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

58本完売!!!

「2017.9月上旬に試飲しました。これを飲む限り、エドアルドさんかなりセンスと才能ありますね!抜栓直後のみごくわずかにガスを残して瓶詰時に添加する亜硫酸を減らすパターンのニュアンスありますが、ものの10分くらいで激しく向上してうまみとミネラル溢れるピノノワール風ニュアンスとなる!なのでブルゴーニュ・グラスで、やや低めの温度が一番おいしい。香りにイチゴ、チェリー、スパイス、ミネラルなど甘さあるが、味わいは甘さ控えめでドライ・イチゴのような凝縮したうまみを強く感じる。試しに少し冷やしてもまったくバランス悪くならずに非常においしい。抜栓の2日後まで最高においしい!満足度はブルゴーニュの¥4000台村名のレベル。まったく飲み飽きないし、ブルゴーニュ通の方におすすめしたい!」

アルコール14%

スクリューキャップ

カレストロ(泥灰土)土壌

サンジョベーゼ100%

ステンレスタンク

亜硫酸添加なし

無濾過&無清澄

標高300~400m

当たり年!この銘柄に関しては’16からいきなり明らかな向上が見られたそうです!




Edoardo Sderci, Casina Girosole '15 IGT Toscana

エドアルド・スデルチ、カッシーナ・ジラソーレ’15

(トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2000

<あと1本>おすすめ!

「2017.9月上旬に試飲しました。こちらも充分においしいがヴィンテージが良すぎるためかあまりピノノワール的ではない。バランスよく、果実もうまみもあり、酸が低くなく、タンニンが丸い飲み頃NOW~。抜栓の次の日も非常においしい。酸が明らかに伸びて、濃いピノノワール的ニュアンスが出てきたが、ストレートな赤い実の果実ではない。うまみとミネラルの量とエレガンスがアゼッロ’16の方が上だがこのワインも’16以降さらに進化する可能性あるかも?抜栓の2日後もまったく落ちないしさらに少し向上した。やっとうまみ多めに出てきた。こちらも温度は上げすぎないほうがおいしい」

アルコール14%

スクリューキャップ

ガレストロ(泥灰土)とアルベレーゼ(石灰岩)土壌

サンジョベーゼ95%、カナイオーロ、マルヴァジア・ネラ、コロリーノ合わせて5%

標高300~400m

セメント容器とステンレスタンクにて約10ヶ月熟成

無濾過&無清澄

完熟の年ならではの果実味





Il Palazzino, Chianti Classico Grosso Sanese '10

イル・パラッツィーノ、キャンティクラシコ・グロッソ・サネーゼ’10

税別¥3900

<売り切れ>超限定品!

※’10はすでに再入荷不可能!

VINOUS 94点!(2018~2030年)
One of the great, undiscovered wines in Tuscany, Il Palazzino's Chianti Classico Grosso Sanese is superb in 2010.

トスカーナの大当たり年!

36本完売。ありがとうございました




イル・パラッツィーノ、キャンティクラシコ・グロッソ・サネーゼ’09

税別¥4100

<売り切れ>絶対おすすめ!

インターナショナルワインセラー94点!!!
(~one of the greatest crus in all of Chianti Classico!)

Antonio Galloni(VINOUS) 92点(2014~2021年)


※’09は再入荷不可能!

「2014.12月中旬に飲みました。現時点では’08のようなピノノワール的エレガンスではなく、’09は力強く凝縮して、エキス感とコクのあるタイプですが、これはこれで複雑でとてもおいしい。さすがにまだ少し固いが、濃いといっても大樽熟成なのでクドいヴァニラ香やロースト強いやりすぎエスプレッソ香はなく、タンニンもエグみがなく長く寝かせれば上品な面が出てきそうです。時間とともにナッツ類やチョコレートリキュール、ココアっぽいニュアンスが強くなる。例年あまりないほのかな甘みがあり、うまみと混ざって甘うま感あり。余韻は長いが、まだ少しタンニンが残る。抜栓の次の日もまだ少しだけ固さが残る。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール14.5%

まだ評価が出揃っておりません

値上がり幅が小さくて助かりました!

サンジョベーゼ100%

’09の生産量:わずか1200本のみ!

無濾過&無清澄

裏ラベルにはラシーヌの為の特別キュヴェという記載があります!輸入元が一流生産者のワイン造りに対して意見を出来るという関係は滅多になく、それによってこんなにおいしいワインが出来るなんて素晴らしいことですね!!!




イル・パラッツィーノ、キャンティクラシコ・グロッソ・サネーゼ’08

税別¥3900

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(2012~2018年、ワイン・アドヴォケイト201号)

インターナショナルワインセラー88+?点

スぺクテーター90点(NOW~2022年)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

『 ワイン会で出したら、かなり詳しい方でもブルゴーニュのピノノワールと間違えた! 』とのことです。

※円安なのに値上がりなし!

37本完売。ありがとうございました~ついに’08も再入荷不可能!

「2014.2月に飲みました。無駄に濃くないエレガントな全体像と美しい酸と豊富なうまみの広がり方が、ほとんどブルゴーニュ産ピノノワールの質感なのでブルゴーニュ・グラスでやや低めの温度がベスト。縁がオレンジがかったやや明るい~中程度のルビー色。抜栓直後のみごくわずかに還元しているが、30~40分くらいでほぼすべて抜ける。ベリー、わずかにヴァニラ、ミネラル、花などのピュアな香り。タンニンは丸くなめらかで、ミネラルも感じられ長めのアフター。抜栓の次の日も非常においしい。ココアっぽいニュアンスが出て、さらにうまみが増した!キャンティクラシコ地区は’07大当たり年’09当たり年’08かなり難しかった年らしいが、こことラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネは’08に素晴らしいワインを造った本物の実力派です!抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール14%

サンジョベーゼ100%

’08の生産量:わずか1200本のみ!

無濾過&無清澄



イル・パラッツィーノ、キャンティクラシコ・グロッソ・サネーゼ’07

税別¥3900

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー91点(2012~2022年、ワイン・アドヴォケイト191号)

インターナショナルワインセラー92点!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売!ありがとうございました

「2011.10月に2度試飲しました。アタックのインパクトやレーズン等ドライフルーツ系の濃厚なニュアンスは無く、完璧なコンディションも相俟ってサンジョベーゼの美しさをよく表現したエレガントな1本!この個性が好きな方にとってはこの価格がかなりお安く感じられることでしょう。今飲んでも数年寝かせてもおいしく楽しめる、心地よい酸と溶け込んだタンニン、傑出したバランス感があります。ルイ・カリヨンのピュリニーと同じで試飲会向きではない感じがする。じっくり1本飲むことでさらなる喜びを与えてくれそうです」

アルコール14%

大当たり年!


キャンティ地区ガイオーレの南、古くから地元で『 ザ・クリュ 』として別格とみなされている特別に日照量に恵まれた一角に畑が広がっている!


植樹1973年のサンジョベーゼ100%

畑:3ha、モンティ村、石灰質土壌、泥灰土と石灰岩に富む、南東、南向き斜面

サンジョベーゼは大樽熟成がベストと考えるラシーヌの合田さんの要望にて特別に大樽で熟成された

『 色:濃く、深いルビーレッド 香り:非常に細やかでまとまりがあり、たっぷりした熟した赤系果実、バニラ、甘いスパイス、トースト香 味わい:温かみ、滑らか、フレッシュ・ソフトさ、溶け込んだ上質のタンニン、力強く、長く伸びる味わい
イル・パラッツィーノのトップ・キュベ。甘苦さまで感じる果実味と堂々とした風格。賞賛されるべきワイン。 (輸入元さんコメント) 』

’06 スペクテーター91点

’06 インターナショナルワインセラー91点

『 イル・パラッツィーノのオウナーであるズデルチ家には、シエーナで代々ヴァイオリンの名器を製作してきた芸術家の血筋が流れている。当代のアレッサンドロ・ズデルチは、シエーナ銀行に勤めるかたわら週末にワイナリー作業にいそしみ、夫人もまた同行で芸術振興にかかわっている。サンドロと筆者は冗談を言い合う間柄でもあるが、彼は温和な外見に似合わぬ気骨ある人物であって、当今のスーパー・タスカン・ブームに反旗を翻す。旗艦ワインである「グロッソ・サネーゼ」を、IGT(つまりスーパー・タスカン族)から、キアンティ・クラッシコに格付け変更したくらいで、現在は同じ志の仲間たちと「スーパー・キアンティ・クラッシコ」の旗印を掲げている。サンジョヴェーゼに対する思い入れは人一倍つよくて、カベルネ・ソーヴィニョンにゴマをするような痴態を演じることはない。 (輸入元資料より) 』






イル・パラッツィーノ、キャンティクラシコ・アルジェニーナ’13

税別¥2500

<売り切れ>

Antonio Galloni(VINOUS) 89~91点(2018~2028年)

スペクテーター90点(NOW~2024年)




イル・パラッツィーノ、キャンティクラシコ・アルジェニーナ’11

税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

Antonio Galloni(VINOUS) 93点!!!(2016~2026年)

「2016.3月中旬に飲みました。クドくはない樽のヴァニラ、ビターチョコレート香に甘草、ベリー、スパイスなどの香り。飲んだ時期にもよるのでしょうが、ただのキャンティ・クラシコ’11を飲んだ時に感じた樽とタンニンの渇き感がなくバランスよくおいしい。抜栓直後よりも少し時間がたってからの方が甘い香りとエキス感が出てくるが、程よい酸味がある為、やや凝縮しているがまったく重いとは感じない。93点だからすごい濃いということではなかった。ブーランジェリー・ポームさんのエピにも合う。抜栓の2日後まで非常においしい」

38本完売。ありがとうございました




イル・パラッツィーノ、キャンティクラシコ・アルジェニーナ’10

税別¥2400

<売り切れ>

※再入荷不可能!

Antonio Galloni(VINOUS) 93点!!!(2015~2025年)

インターナショナルワインセラー90点




イル・パラッツィーノ、キャンティクラシコ・アルジェニーナ’09

税別¥2200

<売り切れ>おすすめ!

スぺクテーター92点(NOW~2024年)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

26本完売。ありがとうございました

「2014.2月に飲みました。やや明るいルビー色。抜栓直後は程よく熟してチャーミング。軽いベリー、ミント、スパイス、ごくわずかにヴァニラ等の香り。酸もタンニンも丸く飲み頃NOW~。’09としては低すぎない酸。時間とともにヴァニラとチョコレートの香りが強くなり、少しだけ果実味とコクが増す。抜栓の2日後までおいしい。飲みやすさやわかりやすさもあり、なかなか楽しめる。その使い易さから全国のレストランさまからの引き合いが相当に強いようです」

アルコール14%

サンジョベーゼ95%、カナイオーロ5%

石灰質土壌、南、南東、南西向き斜面

無濾過&無清澄




イル・パラッツィーノ、キャンティ・クラシコ・ラ・ピエーヴェ’07

税別¥2600

<売り切れ>限定品!

※再入荷不可能!’08からこの銘柄はリゼルヴァに格上げされ、特に出来のよい年のみのリリースに変わりました!

パーカー88点(2010~2015年、ワイン・アドヴォケイト191号)

スペクテーター91点(NOW~2024年)


アルコール14%

大当たり年!

サンジョベーゼ 95% マルヴァジーア・ネーラ、カナイオーロ、コロリーノ合わせて 5%

樹齢:サンジョベーゼ 1973年、1998年

土壌:石灰質土壌、泥灰土と石灰岩に富む、南、南西向き斜面

『 充実した酒質でフルーティ、優美なフルボディ、フレッシュでやわらかく、シルキーなタンニン、味わいは長く続く。文句のつけどころのない完成された味わい。モダンでありながら古典的な味わい深さもありのみ飽きることがない。 (輸入元さんコメント) 』


2018/3/3(土)アップ~蔵出しイル・マッキオーネ’13

沿岸部の畑じゃないのに塩ミネラルが多い癒し系ヴィーノ・ノービレ!



 



収穫期の画像

ラシーヌ輸入の蔵出し正規品!




Podere il Macchione, Vino nobile di Montepulciano '13

イル・マッキオーネ、ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ’13

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥3800

<あと12本>

Wine Enthusiast 91点

パーカー88点(2017~2021年、ワイン・アドヴォケイト234号)


アルコール14%

おそらく畑の状態は、3年前よりもさらによいはず!




イル・マッキオーネ、ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ’10

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


特価・税別¥3500

↑2016.9月から輸入元大幅値下げ!

税別¥4200

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 91点(2017~2022年)

インターナショナルワインセラー88点


※再入荷不可能!

「2016.6月中旬に飲みました。はっきり言って値下げ前の価格でも絶対おすすめの内容です。ものすごい凝縮したヴィーノ・ノービレをお求めの方は少ないと思うので、この個性とバランスはクセになると思います。縁がうっすらオレンジがかった中程度のルビー色。ビターチョコレート、甘草、スパイス、ほのかにヴァニラ、アーモンドなどのナッツ類、熟したブラックチェリーなどのナチュラルな果実香。樽も控えめで溶け込んでおり、明らかに昔のカルロ・フェリーニ的ではない。程よく凝縮しつつも酸が低くなくタンニンの質がとてもよく、『 薄い 』ではなくいい感じに力の抜けた単調ではない杯が進む癒し系バランスで飲み頃NOW~。肉厚なエキス感ではなく、ブルゴーニュのようなうまみ感のかなり良いバランスで、アフターにはイタリアの赤ワインでは珍しく(しかも畑の位置が沿岸部じゃないのに)明らかに塩ミネラルが感じられる。一貫して肩の凝らない、アルコールも表示より低めに感じられるナチュラルな味わい。トスカーナの大当たり年でこのスタイルは逆に好感が持てる。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール14%

’09 パーカー89点

サンジョベーゼ・グロッソ100%
(大まかに言えばプルニョーロ・ジェンティーレと呼ばれるサンジョベーゼの中でもこの土地に適したクローン)

樹齢15~50年

標高280~380m

ブドウの粒を完全な状態に保つため、収穫と選果は手作業で行われ15㎏詰の小さなケースで除梗機まで運ばれる。

天然酵母を使用

セメントタンク醗酵~
25-42hl、225l、500lの木樽にて約30ヶ月熟成
無清澄

すべての畑でビオディナミの哲学を踏まえたビオロジック栽培

『 環境に配慮した仕事。私たちにとってこの言葉の意味するところは、人の手の入った畑であっても多様で豊かな生態系バランスの中の一部であるということ。つまり植物、動物、農場、惑星そして全宇宙は全てつながっていて、それぞれの関係と仕組みを理解するには観察と知識と適切な方法、鋭敏な感覚必要とされます。それによって、ワインという生産物が生命力に満ちた人の手から湧き出るよう溢れ出てくる。生態学的な知識は土地の豊かさと潜在的な生命力を最大限生かすために必要です。すなわち何よりもまず天と大地の関係から生まれるこれらの力を再活性化し、その生命力をブドウ畑へと与えることが肝要であると考えています。 』

土壌:貝などの化石が見つかる、石灰質土壌。粘土と砂が入り混じる。
微気候:夏は暑く乾燥し、冬は短く寒すぎない典型的な地中海性気候


Podere il Macchione, Vino nobile di Montepulciano '10

オーナー: Leonardo e Simone Abram レオナルド&シモーネ・アブラム

このワイナリーがローマのある弁護士によって設立されたのは1970年代のことです。続く90年代にスイスのある歯医者の手に渡り、現在のアブラム家の所有となったのは2005年から2006年にかけての事でした

ワイナリーはヴィノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノの生産の認められるカッジョーレ村の中心にあり、畑の総面積は7haと少し


2015/11/1(日)アップ~蔵出しカステッロ・ディ・ランポーラ’10最後の再入荷!

1994年からビオディナミを実践!



 


ファインズ輸入の蔵出し正規品!

1994年からビオディナミを実践

キャンティクラシコも造っていますが、ここが得意としているのはカベルネソーヴィニヨンです




カステッロ・ディ・ランポーラ、サンマルコ’10

(トスカーナ州・辛口赤)


特価・税別¥7200

<売り切れ>限定品!

※’10は再入荷不可能!

最新Antonio Galloni(VINOUS) 100点!!!(2020~2040年、2015.10月試飲)

Antonio Galloni(VINOUS) 98+点!!!(2020~2035年、2014.9月試飲)

パーカー96点!(2016~2034年、Monica Larner、ワイン・アドヴォケイト215号)

インターナショナルワインセラー95+?点!!!

スぺクテーター94点(2018~2028年)


アルコール14.5%

トスカーナIGT

カベルネソーヴィニヨン主体、サンジョヴェーゼ、メルロ

無濾過

『 ファーストリリースは1980年、ランポッラの名を世界に広めるきっかけとなったワインです。カベルネ ソーヴィニヨンが主体で、ベリー系の果実の香りとハーブやミントの爽やかさを備え、凝縮感の高いチョコレートのような濃厚な味わいが特徴。繊細さと滑らかな舌触りを持ちます。 (輸入元資料より) 』


ランポッラのワインが生産されているS.ルチア ファウッレ畑は、"Conca d'Oro(黄金の谷)"といわれるパンザーノ渓谷南部に位置し、1739年以降デイ ナポリ ランポッラ家が所有しています。1964年から先代のアルチェオ デイ ナポリ ランポッラ氏が近代的な手法も取り入れたブドウ栽培を初め、凝縮したブドウを造るために高密植、収量制限を行いました。また、1980年にはスーパータスカンの先駆けであるサンマルコをリリースし、世界的な注目を集めます。アルチェオ氏が他界した後、息子のルチアーノと娘のマウリツィアがワイナリーを受け継ぎ、1996年には父の名前を付けたダルチェオをリリース、瞬く間に人気ワインとなりました。


以前、発酵はステンレスタンクで行っていましたが、現在はコンクリートタンクに移行しています。区画、品種毎に発酵・醸造させ、フランス系品種は225リットルのバリックで、サンジョヴェーゼは3000リットルの大樽で熟成させます。ワインに樽の香りをできるだけつけないために、新樽は使いません。
現在はアンフォラ(テラコッタで作られた大壷)でのワイン造りにも挑戦するなど、より自然に近いワイン造りを目指しています。

他の生産者の畑とは隣接しない、森の中に畑があります。標高は290~380m、南西から南東向きの斜面で、日当たりの良い場所です。1994年からビオディナミを実践し、畑にはルッコラを始め約30種類の草花が育ち、土はフカフカです。枝を結ぶ紐を植物を乾燥させたもので代用するなど、作業に使うものを出来るだけ自然に近いものにしています。


2015/11/1(日)再入荷~蔵出しモンテヴェルティーネ’11

繊細で美しいサンジョベーゼのひとつの完成形!!!

凛とした印象を持たせるキレイな酸とミネラル、まったく飽きの来ない繊細な複雑性






 


ファインズ輸入の蔵出し正規品!

当然ながら最新ワイン・アドヴォケイトでも大絶賛されました~!

現地では本当の意味での最高の生産者としてリスペクトされている存在です!!!ビオロジックをまったく売りにしていない(マーケティングに利用する必要がない)ほど




モンテヴェルティーネ、ピアン・デル・チャンポロ’12
 
税別¥3000

<売り切れ>おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。
再入荷不可能となりました!

パーカー90点(2014~2017年、Monica Larner、ワイン・アドヴォケイト215号)

インターナショナルワインセラー91点

Antonio Galloni(VINOUS) 87点(2014~2018年)

ガンベロロッソ2015年度版 2グラス!

ビベンダ2015年度版 3つ房

エスプレッソ誌2016年度版 16/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

トスカーナ赤にありがちな、長い樽熟成による乾いたニュアンスがない

3年半以上経過してかなりおいしくなっているはず!!!
今ならブルゴーニュ・グラスでしょう



「2014.9月に飲みました。あえて悪く言えば薄い&軽いと言えなくもないですが、はっきりした個性を持ったよいワインだと思います。ピュアな赤い実の果実とミネラル主体、あくまで上品な甘草等の香りもありつつ樽は控えめなよい香り。時間とともに温度が上がってくると果実味が少し強くなるものの、アメリカでは高く評価されないだろうなぁ~という繊細な全体像。アタック~アフターまでピュアで重さがなく飲み飽きない。抜栓の次の日もおいしい」

アルコール13%

サンジョヴェーゼ90%、カナイオーロ5%、コロリーノ5%

MONTEVERTINE PIAN DEL CIAMPOLO

モンテヴェルティーネはDOCGの枠にとらわれず、サンジョヴェーゼの品質にこだわったワイン造りを行っています。ピアン デル チャンポロは畑の中でも比較的樹齢の若い木から収穫されたぶどうで造られるキュヴェで、12ヶ月スロヴェニアオークの樽にて熟成。親しみ易いチェリーやベリーの果実味がある。熟成期間が短く、若いうちから楽しめるワインです。

昔ながらのサンジョヴェーゼらしさ(酸とタンニンの力強さ)を感じられる真のトスカーナ好きのためのサンジョヴェーゼ。豪快な肉料理と供に。

’10 パーカー88~90点




モンテヴェルティーネ、モンテヴェルティーネ’11 マグナム・1500ml
 
税別¥10500

<売り切れ>絶対おすすめ!

※マグナムは再入荷不可能!


モンテヴェルティーネ、モンテヴェルティーネ’11 750ml
 
税別¥5000

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー94点!(2015~2028年、Monica Larner、ワイン・アドヴォケイト215号)

インターナショナルワインセラー91+?点

Antonio Galloni(VINOUS) 94点!(2018~2031年)

ガンベロロッソ2015年度版 赤2グラス(※最終選考まで残る2グラス)

ビベンダ2015年度版 4つ房

エスプレッソ誌2016年度版 17.5/20点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2014.10月初旬に試飲しました。ピアン・デル・チャンポロ’12から1ランクではなく、2ランクアップという感じでいきなりすごい品質!当店の常連客様たちから絶賛の嵐だった、あの伝説のイル・パラッツィーノのグロッソ・サネーゼ’07以来の衝撃!凝縮した強さとともに華やかさと上品で繊細な複雑性が素晴らしい。このワインの時点で結構圧倒的なものがあり、すごいワインだと思います。抜栓直後はまだ固さがあるが、デキャンタOR抜栓の次の日にはすでにある程度楽しめます。寝かせてから飲めるのであれば、感動を味わえるというレベルまでいけそうですね」

アルコール14%

サンジョヴェーゼ90%、カナイオーロ5%、コロリーノ5%

ワイナリーの名を冠した「モンテヴェルティーネ」はフラッグシップであるレ・ペルゴーレ・トルテのセカンド的なワインで、キャンティクラシコのリゼルヴァクラスを名乗れる熟成とブレンド比率になりますが敢えて名乗っていません。

フレンチオークは使わず伝統的なスロヴェニアオーク樽のみで熟成(24ヶ月)

サンジョヴェーゼの純粋さを楽しめるワイン。旨み成分が感じられ、酸もあるのでブルゴーニュ好きにも勧めたい。11年はすでに開いて飲み頃!

’07’08 スぺクテーター92点




モンテヴェルティーネ、レ・ペルゴーレ・トルテ’11
 
税別¥11600

<あと19本>超限定品!

※再入荷不可能となりました!

最新パーカー94点!(2019~2029年、Monica Larner、2018年3月試飲)

パーカー95点!(2016~2028年、Monica Larner、ワイン・アドヴォケイト215号)

インターナショナルワインセラー94点!!!

ファルスタッフ 95点!

最新Antonio Galloni(VINOUS) 95+点!!!
(2019~2036年、2016.1月試飲)

Antonio Galloni(VINOUS) 97点!!!
(2019~2033年、2014.9月試飲)


ガンベロロッソ2015年度版 トレ・ヴィッキエ―リ!

ビベンダ2015年度版 4つ房

エスプレッソ誌2016年度版 19/20点!!!

slow wine2016年度版 grand vino に選ばれる!

アルコール14%

サンジョヴェーゼ100%

LE PERGOLE TORTE

標高425mなので美しい酸の気品のある味わい

初ヴィンテージは1977年。良年のみ造られるワイナリーのトップキュヴェは、アルフレット・マンフレディの描いたヴィンテージごとに異なる女性の肖像画のラベルでリリースされる。鉄分が多く、赤身がかった土の畑で収穫されたぶどうを使用。

スロヴェニアオークの樽にて12ヶ月熟成後、アリエ産の樽にて12ヶ月熟成

こだわりの最高品質のサンジョヴェーゼ100%で造る、究極のIGTワイン。肖像画ラベルにはファンも多く、コレクター心をくすぐる逸品。

’10 パーカー93~95点




ペルゴール・トルテの素晴らしいブドウ(サンジョベーゼ)画像




ワイナリーについて

●モンテヴェルティーネはキャンティ クラシコDOCGの生産地域の中でも標高が高く冷涼な気候を持つ、ラッダ イン キャンティにあるワイナリーです。主な畑も標高約450メートルと高い場所に位置します。

●鉄鋼業を営んでいた現当主のマルティーノ氏の父、セルジオ マネッティ氏が、1967年に休暇を過ごすためのカントリーハウスとして、2 ヘクタールの土地を購入したのがワイナリーの起源。趣味で始めたワイン造りに没頭し、 後に本業としてしまいました。

●当初(71~81年)は、キャンティ クラシコを生産していましたが、生産者によって品質もまちまちで 安価なワインであったキャンティ クラシコ の生産を辞めることを、1984年に決断します。
以来、DOCGの枠にとらわれずサンジョヴェーゼの品質にこだわったワイン造りを目指し、トスカーナIGTのワインを造り続けています。


醸造について

最高品質のサンジョヴェーゼにこだわり、2007年からビオロジック農法を実践しています。(それ以前も減農薬農法を採用)

アルコール発酵とマロラクティック発酵はセメン トの発酵槽にて区画ごとに行います。
熟成には樽を使用しますが、基本的に新樽は使用しません。またトップキュヴェには伝統的なスロヴェニアオークの樽を使用しています。(一部フレンチオークの樽を使用)

「カーゼ・バッセ」や「ポッジョ・ディ・ソット」と同じ伝説のエノロゴ、ジュリオ・ガンベッリ氏からアドバイス受けていた。家族経営の小さなワイナリー



オーナー マルティーノ マネッティ氏について

キャンティ クラシコの生産地域の中心(ラッダ)にありながら、キャンティクラシコDOCGを造ることには全く興味がない2代目オーナー兼醸造家のマルティーノ氏。
「凝縮感の強すぎるサンジョヴェーゼは魅力的ではない、食事と楽しめるワインを造りたい、ワインは食事の一部」という考えの持ち主。

「最高品質のサンジョヴェーゼから、"モンテヴェルティーネ"のワインを造る!」という意気込みの元、ワインを造り続けています。


元々2ヘクタールだった畑は、現在は15ヘク タールまでに拡張している。
ガンベロロッソ誌でも1つ星のワイナリー(トレ ビッキエーリ15回)と、
新しいワイナリーながら 国内外から高い評価を得ている。

ブルゴーニュワインを愛し、また日本食にも造詣が深い。
作業用のトラックにはカタカナで「モンテヴェルティーネ」と書かれている。

エスプレッソ誌などでも毎年のように絶賛されています!


 

2014/9/29(月)アップ~<値上がり直前!>蔵出しモンテ・アンティコ’09

グラスワインの定番として愛される銘柄!



 



モンテ・アンティコ’09

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


特価・税別¥1500

<売り切れ>絶対おすすめ!

24本完売。ありがとうございました※再入荷すると¥216値上がり致します。

ジェームズ・サックリング 90点

スぺクテーター88点(NOW~2017年)

Wine Enthusiast 88点(Best buy!)


「2014.8月下旬に試飲しました。すごい懐かしいワイン!15年くらい前までどこのイタリアンに食べに行ってもこれかファルネーゼがグラス売りされていた時期がありましたね!相変わらず安定して濃すぎず、軽すぎず、酸っぱくない飲みやすいよく出来たおいしさ。今でもこの価格で買えるんだなぁ~というしみじみ感あり」

スクリューキャップ

サンジョベーゼ85%、カベルネソーヴィニヨン10%、メルロー5%

ワインメーカー:フランコ・べルナベイ

石灰岩、粘土石灰質土壌

スロヴェニア産オーク(大樽) 75-80%、フレンチバリック 20-25%

あらゆるタイプの料理と素晴らしい相性。パスタやリゾット。そして肉料理。特に白身のお肉やトスカーナ独特のグリル(ラム、ソーセージ等)まさに日々の食卓を楽しませてくれる一本です。

『 モンテ・アンティコは、丘陵地にある選び抜かれたブドウ畑(サンタ・ルチア)で、細かい石灰岩、粘土石灰質といった多様性をもった土壌から生まれます。畑ごとに熟成の状態とミクロクリマを考慮しながらブドウを厳選し収穫します。このバランスのとれた地理的多様性の調和がワインを素晴らしいものにしています。畑はきめの細かい石灰分を含み、海抜400-450mの所は岩、粘土質・石灰質の土壌、また海抜400mあたりは粘土質・ケイ質・海抜250mあたりはそれらが入り混じるトスカーナでも最良の地質となっています。 (輸入元資料より) 』


2013/11/2(土)アップ~ファットリア・デル・チェッロ’09



 




ファットリア・デル・チェッロ、ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ’09

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2500

<売り切れ>

パーカー92点(2012~2019年、ワイン・アドヴォケイト201号)

スぺクテーター90点(NOW~2021年)


アルコール13.5%

24本完売。ありがとうございました


’07 イタリア・ソムリエ協会(ビベンダ)ベスト・イタリア赤ワインに選ばれる!

『 カシスリキュール、チェリージャム、焙煎したコーヒー、ペッパーやクローブなどのスパイス、バニラなどがふくよかに香る。この価格帯のワインとは思えないほどの上質な香り。太陽をたっぷり浴びて育ったブドウが目に浮かぶような、すこやかでボリューミーな味わい。力強い酸が心地よく、タンニンは丸みがあり穏やかだが、やや高めのアルコールがしっかりとした印象を与えている。パワフルなイメージと共に、品の良さも表れているので、飽きることなく飲みきれるチャーミングな一本である。 (輸入元さんコメント) 』


『 設立は1978年、ワイナリー「ファットリア・デル・チェッロ」は農業保険会社「サイアグリーコラ社」によって興されました。ブドウは化学肥料や農薬を最低限に抑えて栽培され、出来る限り自然と調和した環境で育つよう配慮されています。 最近では、かのリッカルド・コタレッラ氏をコンサルタントとして迎え、さらなる品質アップを図っているとのこと。今回ご紹介する「ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ」は、言わずと知れたトスカーナが誇るDOCGワイン。ワイン評論家のマット・クレイマー氏も、ファットリア・デル・チェッロを評して曰く「地区を支える大黒柱のような存在」とのこと!セパージュはプルニョーロ・ジェンティーレ(サンジョヴェーゼ)90%、コロリーノ5%、マンモロ5%。マッシュルームとミートソースのパスタ、ローストチキン、ほどよく熟成させたチーズなどと最高の相性を見せるという「高貴なワイン」を、お手頃価格でどうぞ! (輸入元資料より) 』


2014/11/26(水)アップ~蔵出しテヌータ・ディ・トリノーロ’11

2013/11/1(金)アップ~蔵出しマグナコスタ’11











パッソピッシャーロ関連はこちら

 


何度も試飲させてもらっていますが、ここのカベルネフランは本当にすごいです!




テヌータ・ディ・トリノーロ、テヌータ・ディ・トリノーロ’11

特価・税別¥19000

<あと2本>限定品!

※’11は、再入荷不可能!
’14を買うと¥2,160値上がり致します。

パーカー95点(2015~2030年、ワイン・アドヴォケイト208号)

エスプレッソ誌2014年度版 17/20点

ヴェロネッリ2014年度版 96点!

Antonio Galloni(VINOUS) 96点!(2016~2031年)

ファルスタッフ 96点!


カベルネフラン90%、カベルネソーヴィニヨン6%、プティヴェルド4%

’11は、超低収量18hl/ha

生産量激減~最終的には素晴らしいワインが出来た年!

醗酵:ステンレスタンク 主醗酵後、オーク樽にてマロラクティック醗酵

熟成:オーク樽熟成 7ヶ月(225L、新樽)その後、セメントタンク熟成6ヶ月以上

『 カシスや無花果、紫の花に黒コショウや珈琲等の様々な香りは非常に奥深い。柔らかい口当たり。見た目からは意外な程、果実味と酸のバランスがとれ、滑らかな舌触りは秀逸。 (輸入元さんコメント) 』




テヌータ・ディ・トリノーロ、クーポレ・ディ・トリノーロ’10

特別価格・税別¥3300

<売り切れ>おすすめ!

パーカー88点(2012~2015年、ワイン・アドヴォケイト201号)

エスプレッソ誌2013年度版 16/20点


「2013.7月に試飲しました。当店的には’09よりおいしく、素晴らし過ぎた’08にはわずかに及ばないという印象。この価格は在庫限り&’10で終わり~’11から値上がりの可能性が高いです。やや複雑で、タンニンの質がよくバランスも良く今飲んでもおいしい」

’10は、CF45%、M33%、CS15%、PV5%

平均樹齢約21年

低収量30hl/ha

熟成:オーク樽熟成 8ヶ月(225L、2年目の樽)

オーク樽熟成後、セメントタンク熟成 10ヶ月~瓶熟成 5か月以上

無濾過




テヌータ・ディ・トリノーロ、マグナコスタ’11

税別¥11600

<あと2本>限定品!

※再入荷不可能!

パーカー93点(2016~2028年、ワイン・アドヴォケイト208号)

エスプレッソ誌2014年度版 16/20点

ヴェロネッリ2014年度版 96点!

Antonio Galloni(VINOUS) 92点(2013~2021年)

ファルスタッフ 92点


カベルネフラン100%

この2011年が、マグナコスタの初ヴィンテージ!

深い砂利質の土壌

樹齢22年

散布肥料:粘土、プロポリ、グレープフルーツシード抽出液

熟成:15日間の発酵後、フレンチオーク樽で8ヶ月、セメントタンクで10ヶ月

生産量:わずか1,600本

『 濃く艶やかな赤紫色。カシスのような黒系果実、プラム、カカオ、インクといった香りに、杉のような上品なロースト香も。合間に繊細なハーブが立ち上る。色の濃さと同じく、味わいからも相当な濃度が感じられる。しかし、口内で繋ぎ目を感じさせない柔らかな酒質がエレガンスを醸し出しており、単に凝縮感を全面に押し出したような造りにはなっていないところが流石である。アタックはパワフルで、適度な酸が心地よい。アフターに感じられる若干の苦味は、まるで香り高い高級なビターチョコレートを口に含んでいるかのよう。開くまでに時間を要するが、その表情の変化も相まって、懐の深いワインであることに驚かされる。時間をかけ、カベルネ・フランという品種の潜在能力をゆっくりと楽しんでいただきたい逸品である。 (輸入元さんコメント) 』


2018/5/23(水)アップ~蔵出しレッチャイア’11ロッソ・ディ・トスカーナ

蔵出しレッチャイア’09ミレニウム

2017/5/4(木)アップ~蔵出しレッチャイア’08ミレニウム







 





Lecciaia, Rosso di Toscana I.G.T. '11

レッチャイア、ロッソ・ディ・トスカーナ’11

(トスカーナ州・辛口赤)


税別¥1500

<あと8本>おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

110本完売!!!

「2017.7月中旬に試飲しました。決してペラペラではなく、予想より少し凝縮感とタンニンがある飲み頃NOW~。酸も低すぎずなかなか良い出来」

アルコール13.5%



Lecciaia, Rosso di Toscana I.G.T. '10

レッチャイア、ロッソ・ディ・トスカーナ’10

(トスカーナ州・辛口赤)


税別¥1500

<売り切れ>

SAKURA Japan Women's Wine Award 2016 シルバー 受賞!

サンジョヴェーゼ・グロッソ70%、カベルネ・ソーヴィニヨン&メルロ30%

スロヴェニアン・オークの小樽6ヶ月以上

『 モンタルチーノのサンジョヴェーゼ・グロッソに、南トスカーナのマレンマで注目の産地モンテクッコのカベルネ・ソーヴィニヨンとメルロのブドウをブレンド。赤く熟した果実やスパイスの香り。細かなタンニンがよく溶け込んだ滑らかで丸みのある果実。ブドウのエキスがしっかりとのった味わいにはトスカーナ特有の陰影が感じられる。 (輸入元資料より) 』




レッチャイア、IGT・カベルネソーヴィニヨン’10

(トスカーナ州・辛口赤)


税別¥1700

<あと10本>絶対おすすめ!

大人気!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

230本以上完売!!!

「2016.6月下旬に再度試飲しました。温度が少し低かったせいもあるが、前回よりもコクとタンニンが増したように感じられ、値上がりがないのでよりお買い得に感じた。熟成感はまだ出ていない」



「2015.9月に短時間で試飲しました。熟したわかりやすい果実味で、酸もタンニンも丸く、全然固さがない飲み頃NOW~。バランスよく親しみやすい味わいで当店で’09からずっとリピーターが多いのもうなずける」

カベルネソーヴィニヨン100%

スロヴェニアン・オークの小樽&バリック18ヶ月

’09が、リアルワインガイド44号にて高評価される!

’09 60本以上完売。

『 赤や黒の様々な完熟果実溢れる大らかな香り。濃厚な果実に熟したタンニンが滑らかに溶け込んだリッチなカベルネ・ソーヴィニヨン。ロッソ・ディ・トスカーナがトスカーナのクラシックなテイストを表現した赤ならば、このワインは南トスカーナの暖かな気候で引き出されたカベルネの濃厚な果実によりモダンなキャラクターを備えている。 (輸入元資料より) 』




レッチャイア、ミレニウム’09

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥3000

<あと19本>超限定品!




レッチャイア、ミレニウム’08

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥3000

<あと6本>超限定品!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

アルコール14.5%

42本完売!



レッチャイア、ミレニウム’07

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥3000

<売り切れ>超限定品!

輸入元さんにキープしてもらっていた分を引き取りましたのでもう再入荷できません!

今回もまた超スピードでインポーター在庫すべて完売とのことです、、、

36本完売。ありがとうございました

アルコール13.5%

試飲した輸入元担当者さま曰く、’07も出来が良く、もうおいしく飲めるとのことです。




レッチャイア、ミレニウム’06

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2900

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

36本完売。ありがとうございました

アルコール13.5%

すでに再入荷不可能です!約1年ぶりにやっと買えました。次の入荷は1年後以降となりそうです。輸入元さんで8,000本以上が1日で完売してしまったとのこと、、、

輸入元担当者さま曰く、’06も素晴らしくおいしかったとのことです。




レッチャイア、ミレニウム’04

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

60本完売!ありがとうございました※再入荷不可能!輸入元さんで一瞬で完売!

「2013.9月に試飲しました。資料を読まずに試飲して激お買い得品&フィラディスさんの札幌試飲会での1番お気に入り銘柄だと3人全員一致で即決でした!コンディションよく熟成が進んでおり、今飲み頃ピーク頂上付近の色と香りと味わい。色気のあるチェリー、ヴァニラ、甘草、なめし皮、上品なスパイス等のよい香り。不快な酸化臭やヒネたニュアンスはない。クラシックな造りだが、今はなめらかエレガントで、酸も低過ぎず飲み疲れないバランスで、熟成感たっぷりのおいしさ。この価格帯で飲み頃ピークのこのおいしさはかなりの掘り出し物!!!」

アルコール13.5%

IGTトスカーナ

サンジョベーゼ・グロッソ85%、カベルネソーヴィニヨンとメルロー合わせて15%

スロヴェニアン・オークの大樽にて72ヶ月熟成

ブルネロ地区5つ星のグレート・ヴィンテージ!

『 モンタルチーノ南東地区で絶好のロケーションを誇るD.O.C.G.ブルネッロの畑なのにI.G.T.トスカーナ?その秘密は『スーパー・グレート・ヴィンテージ』にあります。レッチャイアでは最優良年のみ、オーナーが最上のブルネッロを樽ごとキープ。自家用ワイン的存在のためD.O.C.G.の申請はしておらず、市場にリリースされる際はI.G.T.になってしまうのです。再三にわたる交渉の末、再入荷が決定!これが入手のラストチャンスです!!

<テイスティングコメント>レンガ色がかった透明感あるガーネットと色調。なめし皮や粒の小さなベリー、チェリーのエキスが漂う香りの通り、スッと1本芯の通ったエレガントな味筋。熟成したクラシックな『ブルネッロ』の魅力をぜひご堪能ください。 (輸入元資料より) 』


石が多いシストベースのガレストロ土壌

『 トスカーナの三大サンジョヴェーゼのひとつ、ブルネッロを育むモンタルチーノの丘は、ティレニア海から約60km離れた丘陵地帯にぽっかり浮かぶひとつの島のようにも見える。南東部にあるアミアータ山のおかげで豪雨や雹など突発的な天候の変化から守られた温暖な地中海性気候と、春と晩秋にまとめて雨が降る恵まれた気候条件から、酸が高くタンニン等のフェノール類が通常のサンジョヴェーゼよりも豊富なサンジョヴェーゼ・グロッソをじっくり完熟させることができる、この品種のためにあつらえたかのような土地である。

ブルネッロを北側斜面、南側斜面、最南端と大きく3つのエリアに分類するならば、ゆるやかな曲線を描く丘の南側斜面では、北側斜面よりも肥えた土壌と、惜しみなく降り注ぐ太陽、風通しの良さから最南端ほど暑くならない温暖な気候に恵まれ、熟した果実としっかりとしたストラクチャーを備えたワインが生まれる。特にモンタルチーノの街に近い丘の中心付近は、第一級の生産者が多いことから分かる通り、優れた畑が集中している。この南側斜面の中腹にある海抜350mのレッチャイアもそのひとつで、東向きに開けた畑はあのビオンディ・サンティと同じ並びにあり、太陽への露出やシストベースの古い粘土質土壌など非常によく似たテロワールを持つ。

1983年にマウロ・パチーニにより設立されたこの醸造所がモットーとするのは「お値打ちな極上ワイン」。マウロは元々北トスカーナのルッカでワインを造っていたが、もっと品質の優れたワインを目指して最高の土地を探したところ、モンタルチーノのこの畑に辿り着いた。先祖代々受け継いだルッカの畑を売ってレッチャイアを取得後、少しずつ畑を増やしていき、現在ではモンタルチーノとマレンマに計32haの畑を所有する。他に15haの契約畑もあるが、所有畑と同様の品質管理の下、低収量の健全なブドウを得るべく栽培を行っている。

テロワールの恩恵を受けた上質のブドウを活かすため、醸造工程は至ってシンプルだ。ステンレスタンクで温度管理をしながら発酵し、伝統的なスロヴェニアン・オークの大樽にてゆっくりと熟成することで、南側斜面の大らかなフルーティさを引き出している。醸造責任者のピエトロ・リヴェッラは、モンタルチーノの北側斜面にあるアルテジーノでも醸造を手掛けるブルネッロのスペシャリストである。長年バンフィで醸造責任者を務め、現在はブルネッロ協会の会長である兄のエツィオ・リヴェッラ同様、モンタルチーノのワインを黎明期から牽引してきた。素晴らしいテロワールと偉大な醸造家、そして肩肘張らない信念の組み合わせにより、クラシックな魅力がナチュラルに表現された優良ブルネッロである。 (輸入元資料より) 』


2015/1/21(水)アップ~蔵出しテヌータ・ディ・ヴァルジャーノ’10’11

重くないわりとピュアで個性のある味わい!



 




ワイナリー設立時の1993年から有機栽培

2000年から完全にビオディナミを実践~10年経って明らかにブドウの質が上がったとのことです

近隣の畑の農薬にさらされることのない他から独立した場所にある自社畑。モストにストレスをかけないことも重視している

輸入元さん曰く、セカンドワインを超えた高い品質!




テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ、パリストルティ・ロッソ’11

(トスカーナ・辛口赤)


税別¥3100

<売り切れ>おすすめ!

Antonio Galloni(VINOUS) 92点!(2013~2023年)

インターナショナルワインセラー88点

ヴェロネッリ2015年度版 90点

エスプレッソ誌2014年度版 15/20ボトル


「2015.1月下旬に飲みました。抜栓直後はまだ少し固く、少し還元状態でもあり、今は下記’10の方がおいしいという感じでしたが、抜栓の次の日には明らかに向上した。ビターチョコレート、カシスなどの黒い実の果実、ほのかにヴァニラ、革、少しスモークした干し肉、スパイス、ミネラル、少しミントなどの香り。時間とともにイチゴのニュアンスが強くなる。ややしっかりした果実味、ほぼ溶け込んだタンニン、多めのうまみ、アフターにかけて少し清涼感のある酸とココアっぽい戻り香あり、酸はあまり低く感じない。アルコールは14%よりももう少し低く感じられる。抜栓の2日後もおいしい。抜栓の3日後もまだ楽しめるが、より理想的な飲み頃は1年後くらいからだろう」

アルコール14%




テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ、パリストルティ・ロッソ’10

(トスカーナ・辛口赤)


特別価格・税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー88点(2012~2015年、ワイン・アドヴォケイト201号)

「2013.7月に試飲しました。同時に試飲したレ・マッキオーレのボルゲリ・ロッソ’11がとても上質でしたが、個人的にはこちらのワインの方が実は好きでした。程よく凝縮しているが重くなくやや華やかなよい香り。果実味があるが重くなく、現時点ですでにとてもバランスがよく飲み疲れない味わいで、香りもアフターも比較的ピュア。酸が低過ぎず、タンニンが丸い。数年前からこの銘柄は何度も試飲していますがハズレなしです。アルコールの低さも好印象!」

アルコール13%

コッリーネ・ルッケージ D.O.C.

サンジョベーゼ70%、メルロー15%、シラー15%

醗酵:セメントタンク&オーク樽 主醗酵後、マロラクティック醗酵

熟成:セメントタンク熟成(40%)&オーク樽熟成(60%、225L) 12ヶ月

ブレンド後、セメントタンク熟成 12ヶ月

『 無花果やざくろ、カシスなどの複雑な香りが入り混じる。ふんわりとやわらかいタンニンが豊かで、プラムのような果実味が感じられる。 (輸入元さんコメント) 』

’07’08’09 ガンベロロッソ2グラス

’07’08’09 イタリア・ソムリエ協会4つ房

’07 エスプレッソ誌3ボトル


ワイン造りの基本ポリシーは、「自然との共存」 「テロワール至上主義」

家族経営

手摘み~粒単位での厳格な選果を行う

天然酵母を使用、SO2極少量

ブドウにストレスを与えないグラヴィティーシステム

『 フィレンツェから西へ約60Km、のどかな田園地帯であるルッカ。このピッツォルネ山脈の麓に広がるルッカの素晴らしいテロワールに、幼いころから人知れぬ憧れを抱いていた「テヌータ・ディ・ヴァルジャーノ」のオーナー、モレノ・ペトリーニ氏。あのスーパーエノロゴ、ルカ・ダットーマらと共にこの地を訪れ、彼らの助言に背中を押されるようにこの憧れの地に1993年ワイナリーを設立しました。そして翌年よりワインづくりを開始。僅か10年弱でトップ・ワイナリーの仲間入りを果たしました。 (輸入元資料より) 』


2013/9/8(日)アップ~蔵出しヴァルデレコルティ’08

日本ではまだまったく無名ながら超お買い得で上質!



 




ヴァルデレコルティ、キャンティ・クラシコ’08

税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

インターナショナルワインセラー90点

24本完売。ありがとうございました

「2013.9月初旬に試飲しました。濃すぎない色調。やや華やかな開いた香り。クラシックで美しいサンジョベーゼならではの個性がよく表現され、酸も心地よく、タンニンは丸いのでよいバランス。明らかに価格以上の満足度があります。’09はもう少し酸が低いと思われますので当店の好みは完全に’08です。ただ次回輸入分からほぼ間違いなく値上がりのようです、、、」

アルコール13.5%

サンジョヴェーゼ95%、カナイオーロ・マルヴァジアネッラ5%

70%ステンレスタンク、30%を開放蓋の樹脂タンクでアルコール発酵。サラッソ(セニエ)を行い、大樽スロヴェニア樽で18ヶ月熟成。6ヶ月瓶内熟成。

『 素朴で健康的なブドウのエキスを堪能できるキャンティ・クラッシコ。輝かしいルビーレッド、アロマティックで野生のベリーやスミレのフレッシュな香りを保つエレガントなワインです。 (輸入元さんコメント) 』

’09 ガンベロロッソ・トレビッキエーリ!


2013/8/9(金)アップ~蔵出しイル・コロンバイオ’07

カベルネソーヴィニヨン主体、当たり年!



 




現在、ビオディナミに転換中




イル・コロンバイオ、モンティチェッロ’07

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥1800

<売り切れ>おすすめ!

大当たり年!

「2013.4月に試飲しました。熟したチェリーやイチゴジャムなどのやや凝縮した果実味、完熟&モダンな陽気でわかりやすく、程よいうまみがあり溶け込んだタンニン。ある意味予想通りの(サンジョベーゼが主体ではない)よく出来たトスカーナだが、この円安の時期に少し値下がりした&市場に少なくなってきた大当たり年’07であることはとても価値があると思います。次のヴィンテージから値上がりでしょうが、、、」

アルコール13%

標高360~420m

カベルネソーヴィニヨン50%、メルロー 30%、サンジョヴェーゼ20%

平均樹齢20年

上級ワイン『 イル・フトゥーロ(税別¥5000以上) 』のブドウも一部使用されています



イル・コロンバイオ、モンティチェッロ’06

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥1900

<売り切れ>

当たり年!



イル・コロンバイオ、モンティチェッロ’05

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)


税別¥1900

<売り切れ>おすすめ!

ヴェロネッリ2009年度版 2ステッレ

イタリア・ソムリエ協会2009年度版 3つ房!

エスプレッソ誌高評価!


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

32本完売。ありがとうございました

「2009.9月に試飲しました。完熟ブラックチェリー主体の凝縮感のある、わずかに熟成感も出てきた香り。熟して非常に果実味豊か、低すぎない酸、ほぼ溶け込んだタンニンで、ややインパクトがある。時間をかけて飲めば発展していくのかもしれないが、短時間での試飲ではとにかくこの価格帯としては豊かな果実味を楽しむワインに思えた」

2005年は、上級ワインのイル・フトゥーロの生産がわずか3000本だった為、

その分このモンティチェッロに例年よりよいブドウが多くまわされた!

ガイオーレ・イン・キャンティ地区の優れた畑

カベルネソーヴィニヨン60%、メルロー 30%、サンジョヴェーゼ10%

醗酵 : オーク樽(カベルネS、メルロー)/ステンレス・タンク(サンジョヴェーゼ)、主醗酵後、オーク樽にてMLF

熟成 : オーク樽熟成12ヶ月(225L、新樽は使用せず)

『 鮮やかなルビー。ヨードやカシス、熟したイチゴの果実の香り。カシューナッツや森のアロマも。ミネラル分によるストラクチャーがあり、果実と酸とのバランスが取れたワイン。 (輸入元さんコメント) 』

14~15℃と低温、清潔で近代的な地下セラー

醸造施設は実に機能的で、カンティーナは醗酵タンク、熟成タンク、セラーと順を追って地下、下へ移動します。これによりブドウ(ジュース、ワイン)の移動は、全て重力で行うことができます(グラヴィティ・フロー)。


2014/6/30(月)アップ~蔵出しポデーレ・ラ・カッペッラ’10

濃いだけ系モダン・トスカーナとは一線を画する、甘味とうまみの相乗効果

ず~っと有機農法



 




ポデーレ・ラ・カッペッラ、ポッジョ・カンポローネ’10

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

17本完売。ありがとうございました~※再入荷すると’11に移行致します。

「2013.7月に試飲しました。この銘柄は当店で常に激押しの標高が高い地域の美しい透明感のあるキャンティとは違うスタイルですが、とてもおいしかったので久しぶりに買いました。決してカルロ・フェリーニ系ではない樽のニュアンスで、ドライフルーツ気味のうまみを感じる黒い実の果実+イチゴ、ほのかに甘苦系スパイスなどの香り、樽香は強くなく、甘味とうまみの相乗効果があり、酸も低過ぎず、ほぼ溶け込んだタンニンの飲み頃NOW~。果実味豊かで重過ぎず、アルコール14.5%よりも少し低く感じられるよいバランス」

アルコール14.5%

キャンティクラシコ地区サンドナート・イン・ポッジョ村

石灰粘土質土壌

サンジョベーゼ80%、メルロー20%

醗酵:ステンレスタンク

熟成:オーク樽熟成12ヶ月(225リットル、1年目50%と2年目50%)

その後ステンレスタンクおよびコンクリートタンク熟成 6ヶ月/瓶熟成6ヶ月

『 程よく深みのある野イチゴのアロマ。可愛らしい果実味に酸が重なり上品な表情を見せてくれる。料理と一緒に楽しみたい赤ワイン。 (輸入元さんコメント) 』

ビオロジック栽培でかなり畑仕事に時間を割いており、有機農法ワイナリー認定(Bioagricert 1994年に取得)あり

2003年度エスプレッソ誌にてワイナリー・オブ・ザ・イヤーに選ばれる!

’04’05が当店で大人気でした!


2014/3/12(水)アップ~蔵出しカザーレ’07’09

最初からず~っと有機農法

※再入荷するとどちらも値上がりしてしまいます、、、






 





ラシーヌ輸入の限定品!

僕のそれ程多くないイタリア経験の中では、キャンティ・コッリ・セネージは、単体で飲んでもおいしい場合が多いキャンティ・クラシコと違って、一見地味ながら食事を生かす相乗効果を生むタイプのものが多い気がしております。大抵干し草とアーモンドの風味があり、後口が砂糖がほとんど入っていないカカオのようにわずかにほろ苦い

今回入荷分からすべてキャップシールなしになりました。ビオディナミの考え方を追及してゆくとキャップシールなしか、ロウキャップになりますので自然な流れだと思われます




カザーレ、キャンティ・コッリ・セネージ’09

税別¥1600

<売り切れ>




カザーレ、キャンティ・コッリ・セネージ・リゼルヴァ’07

税別¥2300

<売り切れ>

輸入元担当者さま大絶賛の1本!

大当たり年!

「2014.3月に飲みました。すごいワインだが、今はまだ固い。若いボルドーを飲むときのような醤油っぽさがある、、、この価格のワインとしてはかなりのポテンシャルがあり、ほぼ間違いなく熟成で化ける!有機農法が長い為か、ヨード香が強く味わいにも多少ミネラルが感じられる。熟成で縁の色が変わってきてほんの少し濁りのある濃いルビー色。凝縮した黒い実の果実、ヴァニラ、ココナッツ、甘草、スパイスなどの香りから時間とともにプルーンの香り主体となり、どんどんヨード香が強くなってゆく。アタックには仄かな甘みがあり、充分なコクとタンニン。うまみはまだ表現されていない。抜栓の次の日もおいしい。2016.冬~また飲んでみたい」

アルコール14%




カザーレ、キャンティ・コッリ・セネージ’08

税別¥1600

<売り切れ>

24本完売。ありがとうございました

「2013.5月に飲みました。抜栓直後は予想以上にクラシックな造りで固く、タンニンが多く焦った、、、ミッシェル・ラファルジュのリリース直後の当たり年のイメージで、品質は間違いなく素晴らしいですが、今飲んでも全然おいしくないというやつです(笑)こりゃだめだということで放置。抜栓の次の日にまだ少し固いが、おいしく飲めるレベルまで向上した。香りが明確になり、エキス感が出てきて、タンニンが少し丸くなった。現時点ではピュア&エレガントではない。ややドライフルーツ気味のブラックチェリー、甘草、スパイス、少しヴァニラなどの香り。軽くてフルーティーなだけのシンプルなキャンティとは全然違う個性。抜栓の2日後もおいしい。レーズンとチョコレートの香りが出た」

アルコール12.7%

サンジョヴェーゼ86%、カナイオーロ10%、コロリーノ2%、トレッビアーノ・トスカーノ、マルヴァジーア・ルンガ・デル・キアンティ計2%

15~21日間マセレーションを行う

最低2年間熟成。ボトリング後も3~6ヶ月間落ち着かせる

1973年創業の小規模ワイナリー

最初からずっと自然な農法を行い、1981年に認証を受ける先駆者となる

常に腐敗を知らない美しいブドウをカンティーナに運び込み

天然酵母のみ使用、木樽を使用しない為、長く熟成する


2016/5/1(日)アップ~<※希少!>蔵出しラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ’10リゼルヴァ

2015/7/25(土)アップ~<※希少!>蔵出しラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ’09リゼルヴァ


キャンティクラシコの本命か?

抜群のコンディションと標高の高さからくる極めて美しい酸が個性!

天才ジューリオ・ガンベッリがコンサルタント


<La Porta di Vertine とのお別れ>

とても残念なお知らせです。ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネが経営破綻しました。アメリカ人オーナー夫妻の会社が倒産したため、2014年ごろからカンティーナは存続の道をさがしていたのですが、それが実ることなく、ついに終わりの時を迎えました。2006年創業し、最初の2年間に晩年の「天与の味覚をもつ偉大なエノロゴ」ジューリオ・ガンベッリの指導を受け、醸造責任者ジャコモ・マストレッタのおおらかな人柄と賢明なワイン造りの結果、キャンティ・クラッシコにおける一つの「理想というべき味わい」が誕生しました。
セルジオ・マネッティ亡きあと、往時の(最盛期の)モンテヴェルティーネを懐かしむ、優雅で奥深い味わいのサンジョヴェーゼ・ファンにとって、寂しい思いの虚ろな中に突然現れた、「親しさと高貴さをあわせもった友」なのでした。私たちは狂喜し、感激の思いを日本のワイン・ファンに伝え、かくしてラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネは日本でも瞬く間にたくさんのファンと理解者を得ることができたのです。
ラベルの文字は、ジューリオ・ガンベッリが手書きした貴重なサインです。このラベルが無くなってしまうこと自体が悲しくて、何とか別のオーナーによって、この名前とともにジャコモが醸造するワインが残る方法はないかと、私たちも世界中の熱心なファンも望みました。実際、資金力のあるファンの何人かは、カンティーナ経営の引き継ぎを申し出たのですが、様々な思惑が交錯するなかで管財人の認めるところとならず、ついに最期を迎えてしまいました。
キャンティ・クラッシコのプロフェショナルの世界では、標高が高くて昼夜の寒暖差が大きい恵まれた環境、石灰岩(shale 頁岩)がひしめく地は、何としても手に入れたい宝物のような畑でした。土壌からミネラルに富んだ味わいが生まれ、味わいの底にある冷涼感、瑞々しく心地よい酸、これぞサンジョヴェーゼと叫びたくなる味わいが、口中に美しく広がりました。
今となれば、2006年にこのカンティーナが、
これほどまでに恵まれた畑で、ジャコモとジューリオ・ガンベッリ、農学者のルッジェーロ・マッツィーリ博士の黄金チームで出発したことが、未曽有の奇跡的な事件だったのですね。私たちが、理想とも思ったキャンティ・クラッシコは、短い命を閉じてしまいました。でも我らがジャコモは健在なので、新たなサンジョヴェーゼの畑を、ジャコモという素敵な魔術師が目覚めさせてくれるのを、待ち望んでいます。短い間ながらラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネを愛してくださった方々に、ジャコモと私たちはともに、心からお礼申し上げます。
(輸入元ラシーヌさんより)





 





すべてラシーヌ輸入の限定品!

ラシーヌさん曰く、キャンティクラシコの本命、ここにあり!!!

キャンティクラシコに関してはブルゴーニュ並みに多様性があり、それぞれ味わいが全然違います。昔に比べて上質なものが多く輸入されておりますのでぜひお試しください




上記画像の右手前の方が、才能溢れる
Giacomo Mastrettaジャコモ・マストレッタ氏




ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ、キャンティクラシコ’11

税別¥3400

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 93点!!!(NOW~2016年)

スぺクテーター92点(NOW~2020年)

Antonio Galloni(VINOUS) 88点(2014~2019年)

インターナショナルワインセラー88?点


すでにお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

84本完売!!!ありがとうございました~※’11は再入荷不可能!

「2015.8月に飲みました。紫色の弱い濃いルビー色。ヴァニラ、ミルクチョコレート、甘草、スパイス、凝縮したブラックベリー、プルーン、レーズンバターなどの力のある香り。すごい凝縮感だが、タンニンは多いが丸く、酸とミネラルがある為重すぎず、樽も程よく、アルコールが浮いた感ゼロ、熟成のポテンシャルが高く、上質なブルネロ的深みと余韻があるすごいワイン!バランスが良すぎてある意味今すぐでも飲めてしまうが、本当は寝かせた方がよく、寝かせて化けそうな雰囲気。大当たり年的な内容で強く、エキス分が多いが、滑らかさもあり、気品と調和は保たれている為、決して濃いだけでは終わらない。エレガンス主体に変化するには結構待たなくてはならない。総合的には’08以降で過去最高の出来だと思われる。抜栓の次の日も素晴らしくおいしい!絶妙なバランスはそのまま、すごく複雑でありながらも重すぎず杯が進むイタリア、さらに少し向上。ビターチョコレートの香り主体。決して大袈裟ではなく税別¥7,000の満足度がある。実際に(あくまで自分の中ではですが)カステッロ・ディ・アマのサン・ロレンツォ・キャンティ・クラシコ・グラン・セレツィオーネ’10(¥5,500前後)は言うまでもなく、アルテジーノ(¥7,000以上)、リジーニ、レッチャイア、マストロヤンニのブルネロあたりと比べた場合でもこのワインの方がおいしく感じた。抜栓の2日後もまったく落ちない。うまみなどさらに少し向上!非凡で特別なワイン。残りをレストラン関係のお客様にあげようと思っていたらたまたまその機会がなく、抜栓の4日後でもまだほとんど落ちていなかった」

アルコール14.5%




ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ、キャンティクラシコ’10

税別¥3200

<売り切れ>絶対おすすめ!

スぺクテーター90点(2017~2025年)

パーカー90点(Monica Larner、2013~2019年、ワイン・アドヴォケイト208号)

Antonio Galloni(VINOUS) 90点(2013~2020年)

インターナショナルワインセラー90点

Ian D’Agata Migliori Vini di Italia 2014(Novembre 2013) 93点!


29本完売。ありがとうございました~※すでに再入荷不可能!

「2014.12月下旬に飲みました。リリース直後の3か月前に飲んだ時には固くタニックで時間をかけても香りが開かなかった(抜栓の次の日もまったく開かなかった)ので買わなかったのですが、輸入元さん曰く自分が最近飲んだ時はすごく開いていて大好評だったと聞いて、再度試してみましたが明らかに別物でした。縁がわずかにオレンジがかったやや濃いルビー色。’08よりは’09に近い個性でやや早熟気味。すでにわかりやすさがあり、抜栓直後はそれほど甘い香りではなかったのですが、時間とともに香りが甘くやや華やかに変化する。ヴァニラ、甘草、イチゴケーキ、スパイス、ミネラルなどの香り。多めのタンニンで、余韻やや長め。まだタンニンが溶け込みきっていないものの飲み頃NOWで熟成も可能。抜栓の次の日には味わいも少し甘く感じられるほどなので、こうなってくると温度は上げ過ぎない方がバランスよく楽しめる。抜栓の2日後にはまだ甘さが控えめになって、葉巻系の香りも出て、アフターが甘苦いニュアンスになった。抜栓後の変化が大きい」

アルコール14.5%




ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ、キャンティクラシコ’09

特価・税別¥2700

<売り切れ>おすすめ!

限定品!

パーカー89点(2012~2019年、ワイン・アドヴォケイト201号)

インターナショナルワインセラー90点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

輸入元担当者さま大絶賛の1本!

2014.2月現在、リリース直後よりも驚くほどおいしく変化していたそうです!

64本完売!ありがとうございました~※再入荷すると’10に移行&値上がりしてしまいます。すべての値引き対象外となります。

「2013.5月に飲みました。’08よりも甘く、若干重めの味わいだが’09にしては酸とミネラルがしっかりしている方だと思われ、アフター自体はキレイさとピュアさが残っている。ラシーヌ輸入の’08があまりにも素晴らしすぎましたね。別のインポーターものも試飲しましたが(完全に同じシチュエーションではない状況下で)、同じワインとは思えませんでした。紫色のない濃いルビー色。ドライ気味の完熟イチゴ、甘草、ヴァニラ、ミルクチョコレート、わずかに葉巻、甘苦系スパイス、ミネラルなどの甘い香り。上品さはキープされているもののジャミーよりの凝縮感であと少しで溶け込むタンニン。’08よりも酸が低いが、うまみが多く、甘味とうまみの相乗効果が感じられる。甘苦さとミネラルの残る長めのアフター。抜栓の2日後までおいしい。この価格でもまったく高いとは感じない」

アルコール14.5%

サンジョヴェーゼ90%、カナイオーロ、とコロリーノ合わせて10%

当店が’08を安く売り過ぎたことと、主に円安による輸入元値上げで値上がりです

完熟しやすい’09でもエレガントで凛とした貴重なスタイルはそのままとのことです

’08は絶賛の声続出!~何度も『 もう売り切れたんですか? 』と言われて辛かったです、、、




ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ、キャンティクラシコ・リゼルヴァ’10

税別¥5200

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
ポルタ・ディ・ヴェルティーネのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
’10も再入荷不可能!

最新パーカー92点(2015~2024年、ワイン・アドヴォケイト215号)

パーカー92点(ワイン・アドヴォケイト208号)

Antonio Galloni(VINOUS) 92点(2013~2025年

インターナショナルワインセラー89+点


スぺクテーター91点(2016~2024年)

輸入元担当者さま大絶賛の1本!




ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ、キャンティクラシコ・リゼルヴァ’09

税別¥5100

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’09は、再入荷不可能!
ポルタ・ディ・ヴェルティーネのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー89点(2012~2021年、ワイン・アドヴォケイト201号)

インターナショナルワインセラー90+?点


スぺクテーター92点(NOW~2018年)

輸入元担当者さま大絶賛の1本!

2014.2月時点で、リリース直後よりも驚くほどおいしく変化していたそうです!

サンジョヴェーゼ100%

完熟しやすい’09でもエレガントで凛とした貴重なスタイルはそのままとのことです





ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ、キャンティクラシコ’08

税別¥2200

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー90点(2012~2018年、ワイン・アドヴォケイト201号)

インターナショナルワインセラー90点

デカンター誌4つ星(2011~2015年)


「2012.12月に飲みました。紫の弱い中程度のルビー色。ベリー、ほのかにヴァニラ、煮込んだトマト、スパイス、スミレ、ほのかに葉巻などのよい香り。コンディション抜群で透明感があり、極めて美しい酸のおかげでバランスよく飲み飽きないしアルコールが高く感じない。余分な重さがない当店好みの凛としたスタイル。ブルゴーニュ・グラスでもOK。アフターにまだわずかに粉っぽいタンニンが少しだけ残るが充分すでに飲み頃と言える。キャンティクラシコはブルゴーニュと同じで多様性があるので評価ではなくスタイルで選ぶべき。抜栓の次の日も非常においしい。ラシーヌさんのイタリアの仕入れ担当者センス抜群すぎる~っ!」

アルコール14.5%

ブドウ品種:サンジョヴェーゼ、カナイオーロ、コロリーノ、プニテッロ

『 2008年は、コッレ・アイ・レッチ地区のブドウが、ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネのワインにはじめて使われた年。コッレ・アイ・レッチの大部分は樹齢40年を超えるブドウ樹で、非常に凝縮感のあるブドウ果を少量実らせます。

カンティーナに運ばれたブドウは除梗後、プレスせずにそのまま置いておきます。タンクの中には、粒のままの実と、自重で押し出された果汁が、共存しています。この状態は、発酵が始まるのを遅らせ、より一定した低温での発酵を導きます。これが、温度管理せずに発酵させるのに重要なことです。発酵は土着の野生酵母によって引き起こされ、その際に硫黄は添加しません。

最初の2日間、発酵を促進して色素を抽出しやすくするため、ルモンタージュします。マスト(発酵果汁)は、4週間ほど果皮と接触した状態に保たれ、澱引き後に、25hlの古樽とトノー、バリックに移します。次の収穫期まで、澱引きと移動をまったく経ずに、細かい澱とともに熟成させます。その後、一度澱引きしてから元の樽に戻し、さらに8ヶ月間熟成させます。ボトリング後、少なくとも1年間セラーで落ち着かせて、出荷します。 (輸入元資料より) 』




ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネ、キャンティクラシコ・リゼルヴァ’08

税別¥4200

<売り切れ>限定品!

パーカー92点(2013~2023年、ワイン・アドヴォケイト201号)

インターナショナルワインセラー89+?点


サンジョヴェーゼ100%

『 通常は、ヴェルティーネ、アディーネ、コッレ・アイ・レッチの3地区の畑から、優れた房のみを選別してつくられるワイン。が、このヴィンテッジに関しては、ブドウ畑の区画別に選別したというよりは、どちらかというとカンティーナの中でセレクションを行いました。つまり、仕込んだサンジョヴェーゼのなかから、優れたロットを選んだわけです。

醸造方法はキアンティ・クラッシコとほぼ同様で、発酵時に酵母と硫黄を添加せず、温度管理もしません。ブドウは、除梗後にプレスしないまま、容積10~100hlのセメントタンクに置かれ、アルコール発酵と果皮とのマセレーションは、約2ヶ月間。マセレーション期間が異例なほど長い理由は、タンクごとの単位は、ワイン、果皮、他のブドウの要素、発酵期に段階的に活動する様々な酵母などの総体が、高度にまとまった個体をなしている、という考えからです。
マセレーションの初期では、果皮からワインへの抽出が起きます。が、次のステップでは、普通は一方通行の作用が双方向の動きへ変わるとともに、酵母が溶解して豊満さと柔らかさをもたらし、結果的によりリッチで複雑な味わいのワインに仕上がります。このマセレーション期間を経て、ワインは木樽に移され、さらに1年間ほど細かい澱に接触させた状態で熟成させます。1年目の熟成を行う際には、通常、容量500リットル・トノーと、いくつかのバリックを使用。というのも、長期間に一度も澱引きをしないため、ワインは澱と常に接触して還元状態におちいるが、樽の容積が小さいほど還元度をコントロールしやすいと考えたからです。ですが、最終的には、25hlまでの大樽ならば、還元状態は心配するほどでないことが判明しました。

最初の澱引きを行ったのち、木樽内でさらに10ヶ月間を経て、樽熟成が完了します。ボトリング後、少なくとも1年間セラーで落ち着かせてから出荷します。 (輸入元資料より) 』

 
『 出会い:ヴィニタリーに2012年新設された、“Vi.Vi.T.”「ヴィヴィット」という画期的な自然派ワイナリー専用ルーム。会場入り口の真上にあたる大きなスペースを使い、各ワイナリーがお揃いの簡素な木製ブースを並べているなかで出会ったキアンティ・クラッシコが、ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネです。
「標高の高さに由来する、味わいの底にある冷涼感があり、酸が瑞々しく心地よい。石灰岩(shale 頁岩)がひしめく土壌からミネラルに富んだ味わいが生まれ、サンジョヴェーゼらしい果実味が美しく広がる。素晴らしく優美で、かつ土っぽさがあり、タニックな骨格は筋肉質だが、香と味わいの中に繊細な花のような印象がある」―― これは、プレスによる評価ですが、実際このとおりの味わいで、これほど上質なサンジョヴェーゼは滅多にお目にかかることがありません(往時のモンテヴェルティーネを思い起こさせます)。

歴史:ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネの歴史は、2006年に、DanダンとEllenエレンのLugoschルゴシュ夫妻が、ヴェルティーネに位置するほぼ完璧な円形競技場型のブドウ畑を購入したことから始まりました。ヴェルティーネは、キアンティ・クラッシコのエリアを構成するガイオーレ地区に昔からある、ごく小さな小部落です。オウナーと醸造家の主な興味は、複雑さと熟成能力に長けている畑と土壌を選別しながら、サンジョヴェーゼの個性を探求することです。
 ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネの管理人かつ醸造家であるGiacomo Mastrettaジャコモ・マストレッタは、農学者Ruggero Mazziliルッジェーロ・マッツィーリ博士ともに「偉大なワインは、最小限の介入しか必要としない畑からうまれる」ということを最も重要な前提としており、「少ないほど豊か」(less is more)という哲学をブドウ畑とセラーにおいて実践することに、情熱を持って献身しています。マッツィーリ博士の指導のもとで、すべての畑で栽培をビオロジック農法に転換しました。
 特筆すべきは、最初の2ヴィンテッジ2006年と2007年に、Giulio Gambelli ジューリオ・ガンベッリ (モンテヴェルティーネ、ソルデラ、ポッジョ・ディ・ソット、オルマーニなどあらゆる一流ワイナリーのコンサルタントや醸造家を務めた天才的な人物!!!)を醸造コンサルタントとして迎えるという幸運に恵まれたことです。いうまでもなく、この50年間に様々な偉業を達成し、常に忠実な信頼を保ち続けたサンジョヴェーゼの伝説的な代弁者です。

ドメーヌ解説:ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネは、キアンティ・クラッシコの最も有名な地域のひとつ、ガイオーレ・イン・キアンティにある家族規模の小さなワイナリーです。ワイナリーの所有する畑では、厳密な有機農法で栽培を行い、畑のほとんどにトスカーナの土着品種サンジョヴェーゼを植えています。ラ・ポルタ・ディ・ヴェルティーネでは、サンジョヴェーゼこそテロワールの代弁者であり、畑の特殊な特徴をワインに投影できると考えています。 (輸入元資料より) 』


2015/7/25(土)アップ~蔵出しカーザフラッシ’09

サンジョベーゼらしいエレガントなお買い得品!



 





ラシーヌ輸入の限定品!




カーザフラッシ、ロッソ・ディ・トスカーナ・モンサネーゼ’09

税別¥1700

<あと2本>

凝縮感のある当たり年!




カーザフラッシ、ロッソ・ディ・トスカーナ・モンサネーゼ’07

税別¥1500

<売り切れ>おすすめ!

大当たり年!

「2013.8月に飲みました。ブショネのなさそうな合成コルク。開けるのに結構力が要ります。そして抜いた後は少し膨らんでしまいもう挿せないタイプ。抜栓直後は意外に少し固さがあり、香りも閉じ気味で’06よりも少し凝縮しているが’06の方がバランスよくキレイでおいしかったイメージでしたが、抜栓の次の日には香りも開いて味もバランスよく向上しました。甘くないカカオ、チェリーなどの香り。’06よりもわずかに低い酸、溶け込んだタンニン。この価格なら文句なし。抜栓の2日後もおいしい。少し甘いイチゴの香りが出る」

アルコール12.5%




カーザフラッシ、ロッソ・ディ・トスカーナ・モンサネーゼ’06

税別¥1600

<売り切れ>絶対おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

「2011.10月に2度試飲しました。ものすごい要素があるわけではないのですが、コンディション抜群でサンジョベーゼらしくエレガントでバランスよく、心地よい酸がありタンニンが溶け込んだ飲み頃。何回飲んでも飽きないようなとてもよいワインです。ブルゴーニュ好きの方へのデイリーワインとしての提案も可能」

Monsanese IGT モンサネーゼ

昔ながらのキアンティ固有のブドウを用いたこのワインによって、伝統が再び訪れる。そのブドウとは、サンジョヴェーゼ、カナイオーロ、コロリーノ、マルヴァジーアである。セメントタンクとステンレスタンクでの熟成によって、トスカーナの伝統的な料理に合わせて楽しむのに理想的な、フレッシュで果実味に富んだルビーレッドカラーのワインに仕上げられる。

ブドウ品種:サンジョヴェーゼ、カナイオーロ、コロリーノ、マルヴァジーア(年による)

畑の高度:450m(平均)

平均樹齢:約40年

ブドウ樹の仕立て:ギュイヨ式

アルコール発酵:7日

浸漬:15日

熟成:セメントタンクとステンレスタンクにて1年間、壜詰め後4ヶ月

アルコール度数:12.5%

年間生産本数:15,000本


『 ジョヴァンニ・ヴィダリは、両親が購入した広大な土地にあるカンティーナとカーザフラッシ農園を1995年から管理しています。数年がかりの熱意と経験の結果、1999年のヴェントゥーノ・セーコロXXI Secolo IGT(21世紀という意味)がニューヨークのインターナショナル・ワイン・セラーで100点満点中95点を獲得して、その名を高からしめました。カーザフラッシでは、プレゼンテーションやワインの個性に若々しくモダンな感覚を残しながら、それぞれの畑の特徴を活かすことに成功しました。ジョヴァンニ・ヴィダリによって取り計られ、拡大させられたカーザフラッシのもう1つの重要な活動は、絶滅に向かいつつある、キアンティ原産のブタの一種であるチンタ・セネーゼの飼育です。 (輸入元資料より) 』


2013/5/24(金)アップ~蔵出しカステッロ・デッラ・パネレッタ’04’08

無名ながら明らかに価格を超えた満足度と複雑性!

※’04’06’07’08すべてが再入荷不可能!!!











 





ラシーヌ輸入の限定品!



カステッロ・デッラ・パネレッタ、IGT・トスカーナ・クアットロチェンテナリオ’04

(トスカーナ州・辛口赤)


特価・税別¥5400

<あと1本>おすすめ!

再入荷不可能の限定品!

パーカー89点(2012~2020年、ワイン・アドヴォケイト184年)

ヴェロネッリ2010年度版 92点


約2年経過して飲み頃ピーク入り口付近だと思われます。



「2014.1月初旬に試飲しました。ヴァニラ、チョコレート、甘草、スパイス、色気のある黒い実の果実等のよい香りに時間とともにココナッツの香りが加わる。凝縮して熟成してエキス感もあるが、酸がキレイで甘すぎず、タンニンも丸く溶け込んでいる為重すぎないよいバランス。飲み頃NOW~」

アルコール14%

初入荷!

サンジョベーゼ100%をフレンチバリックにて約21ヶ月熟成

生産量:わずか5,800本のみ!

パネレッタ城には400年以上の歴史があるので、その記念特別キュヴェというような意味だと思われます




カステッロ・デッラ・パネレッタ、キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ’08

(トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2700

<売り切れ>

パーカー90点(2012~2020年、ワイン・アドヴォケイト201年)

「2013.5月下旬に飲みました。おそらく’07があまりにも凄すぎたということなのだと思われますが、当店が空けたボトルは明らかに’07よりも軽い味わい。縁がわずかにオレンジがかってきた濃くないルビー色。ヴァニラ、ミルクチョコレート、甘草、チェリー、プラム、イチゴ、わずかに革や葉巻の風味も。すでにタンニンがよく溶け込んでややみずみずしい味わいで、軽いがフルーツ感はなかなかストレートに伝わってきて悪くない。’07と同じワインだとは思わないでください違うタイプのおいしさです。抜栓の次の日もおいしい」

アルコール13.5%

標高300~350m

サンジョベーゼ90%、カナイオーロ10%

アリエ産のフレンチオークにて約18ヶ月樽熟成



カステッロ・デッラ・パネレッタ、キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ’07

(トスカーナ州・辛口赤)


税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー89点(2012~2019年、ワイン・アドヴォケイト196年)

デカンター誌ワールド・ワイン・アワード2011年 銀賞受賞!

インターナショナル・ワインチャレンジ2011年 銀賞受賞!

Slow Wine 2012年度版 Grande Vino

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

48本完売!ありがとうございました

「2012.9月初旬に飲みました。ふちがうっすらオレンジがかってきたばかりの濃いルビー色。ヴァニラ、甘いココア、レーズン、ドライフルーツ気味の甘酸っぱいベリー類、トリュフ、少しなめし皮、少しヨード、スパイス、ミネラルなどの非常に複雑なよい香り。ラシーヌ輸入らしいクリアな香り。香りのイメージよりもキレイで高めの酸が上質なおかげで上品かつ深い。うっすら色気があり、ほぼ溶け込んだタンニンながらまだまだ向上しそう。香は甘いが味わいは緩みなく甘さ控えめで素晴らしい。抜栓の次の日も非常においしい。価格を考えると驚異的な満足度があり、濃いだけ系のブルネロよりもよほど当店好みでした」

アルコール14.5%

標高300~350m

サンジョベーゼ90%、カナイオーロ10%

’06 インターナショナルワインセラー89点

’05 スぺクテーター90点




カステッロ・デッラ・パネレッタ、キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ・トッレ・ア・デストラ’06

(トスカーナ州・辛口赤)


税別¥3600

<売り切れ>超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー89点(2012~2018年、ワイン・アドヴォケイト196年)

エスプレッソ誌2012年度版 5ボトル18/20点!

James Suckling 90点

標高約300m、ただのレゼルヴァよりさらに優れた区画

サンジョベーゼ100%

年間生産量:約10,000本のみ!

アリエ産の新樽を使用

『 マロラクティック発酵が終わると、半量はバリック(新樽50%、1年使用50%)、残りは30~50hlのフレンチオークの樽で熟成された。樽熟成は20ヶ月に及び、2006年7月にビン詰めが行われた。深いルビーレッド。凝縮感があり香り高く、決して果実の香りを妨げないカカオのような甘いスパイスのニュアンスがある。やさしく心地よいタンニンを含んだ偉大なボディと、長い余韻、優美さを持ち合わせる。 (キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ トッレ・ア・デストラ’04に関する輸入元さんコメント) 』

’08 インターナショナル・ワイン・チャレンジ2015年銀賞 受賞!

’03 インターナショナルワインセラー93点

’04 スぺクテーター90点


『 キアンティ・クラッシコ地区では、実力以下のひどく不当な評価に甘んじている造り手のひとつであり、おそらくイタリア全体でも同じことが言えるだろう。1000年にもおよぶカステッロの所領が、シエナとフィレンツェの両陣営が断続的に争った前線地と知れば、建物が城(カステッロ)というよりはむしろ要塞めいた姿であることも納得できる。どうみても恵まれた環境とはいえず、すくなくとも社会生活を送るには面倒な場所であった。

しかしブドウの生育にとっては、カステッロ・デッラ・パネレッタは最良の土地を占めている。その小さな谷には、ほかにモンサントとイゾラ・エ・オレナという2つの高名な造り手がいる。これら3つの造り手は、同じような味わいの特徴を持つワインを造っている。肉の風味があり、サンジョヴェーゼらしいがっしりとした体躯で、並外れて寿命が長く、味わいの中にたしかに鉄の風味を感じるのだ。

 パネレッタのワインは、その3生産者のうちもっとも知られていないが、他のものと同じくらい優れていること言うに及ばない。ここのキアンティ・クラッシコは、90%のサンジョヴェーゼと、10%のカナイオーロ・ネーロからなる。非常にリッチで、しっかりとした、熟成力のあるワインである。他に、比較的に高価な、オーク熟成を経た2種類のワインを造っている。Torre a Destraトッレ・ア・デストラはサンジョヴェーゼ100%で、Terrineテッリーネにはサンジョヴェーゼとカナイオーロ・ネーロが50%ずつ用いられている。これら2種のワインは凝縮していて、興味深く、モダンでスムーズである。そして、とても魅力的だ。

カステッロ・デッラ・パネレッタは、キアンティの偉大な造り手の1つである。しかし不思議なことに、あまりに謙虚すぎるせいか、もしくは単にパブリシティ活動に気が進まないゆえにか、その実力はまだ明るみに出ていないままだ。探し出しても飲むべきである。 (輸入元資料より) 』


2013/10/31(木)アップ~蔵出し超特価レオポルド・プリモ’08ドゥニコ

2013/8/9(金)アップ~蔵出しレオポルド・プリモ’09ダリア

他国担当バイヤーも羨む圧倒的なコストパフォーマンスだそうです!









 



レオポルド・プリモ、ダリア’09

税別¥1600

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

2年以上経過してさらにおいしくなっていると思われます!



「2012.9月に試飲しました。よく凝縮して青さがないが、強過ぎず重すぎないところが造り手のセンスを感じさせる。樽も程よく、タンニンの質がよく、酸も低すぎない飲み頃NOW~価格以上の満足度があります」

初入荷の新商品!

この畑もビオロジック栽培、自社畑100%

初ヴィンテージは2006年

カベルネフラン 50%、メルロー 40%、プティヴェルド 10%

オーク樽/主醗酵後、オーク樽にてMLF

オーク樽熟成 7ヶ月(フランス産8,000L 新樽比率80%)/瓶熟成 4ヶ月

無濾過

『 深いルビーレッド。ブラックベリー、レーズン、ドライハーブ、バニラ等の豊かで複雑な香り。濃厚滑らかな果実味としっかりとしたストラクチャーがあり、スパイシーなアクセント。全てが上品に調和し優雅。余韻は長く美しい果実香を楽しめる。 この価格ではありえないような素晴らしく価値のあるワイン! (輸入元さんコメント) 』




レオポルド・プリモ、ドゥニコ’08

(トスカーナ・辛口赤)


クリアランス超特価・税別¥1400



当店通常価格・税別¥1750

<売り切れ>

シラー100%



レオポルド・プリモ、ドゥニコ’07

(トスカーナ・辛口赤)

税別¥1700

<売り切れ>

ヴェロネッリ2011年度版 89点!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

当たり年!

75本完売!ありがとうございました

’06が、リアルワインガイド35号にて高評価される!

’06 WineEnthusiast 88点

シラー100%

醗酵:オーク樽(フランス産) アルコール発酵後、マロラクティック醗酵

熟成:オーク樽(フランス産) 12ヶ月(8000L、新樽比率80%) /瓶熟成 6ヶ月 

『 ブルーベリージャムをさらに煮詰めたような濃厚な旨みのつまったアロマ。骨格がしっかりした厚い果実味と、驚くほど上品なタンニンを余韻で楽しめる。 (輸入元資料より) 』




レオポルド・プリモ、デコ’11

(トスカーナ・辛口赤)

税別¥1300

<売り切れ>おすすめ!

「2013.4月に試飲しました。青さがなく凝縮した黒い実の果実主体だが、やり過ぎ感はなく程よい濃さでタンニンも丸くよいバランス。ごくほのかな甘みも感じられる。温度や時間で甘味は少し変化するかもです。円安なのに値上がりもなく変わらずお買い得」

’08 248本完売!!!ありがとうございました~※’08は再入荷不可能!

’07’08と輸入元さんにて爆発的人気!

カベルネソーヴィニヨン70%、メルロー30%

醗酵:オーク樽/主醗酵後、オーク樽にてマロラクティック醗酵

熟成:オーク樽熟成 6ヶ月(8000L、フランス産、新樽比率80%)/瓶熟成 3ヶ月以上

ビオロジック栽培、自社畑100%

醸造コンサルタント:ステファノ・キオッチョリ(トゥア・リータなど)

ボルゲリの中心部からは車で5分程度のリボルノ県ビッボーナ地区。海からの強い風など気候もボルゲリ地区に似ている

2006年が初ヴィンテージ!

『 エッジにオレンジがかった深い色合い。熟したプラム果実、珈琲の魅惑的なアロマ。鉄っぽいミネラルや杉のニュアンス。甘みのある黒果実系の風味。柔らかく、旨みが詰まったワイン。 (輸入元資料より) 』


蔵出しリヴェルナーノ

キャンティ地区でもっとも標高の高い畑、濃すぎないエレガントなスタイル

 



『 標高の高い畑のサンジョベーゼにピノノワール的美意識を求める (ワイナート16号より) 』

キャンティ地区で最も標高の高いラッダ・イン・キャンティ、標高650m

なだらかなトスカーナにおいて若干傾斜の強い畑

醸造責任者&栽培管理者:ステファノ・キオッチョリ

エノテカ・ピンキオーリも贔屓のワイナリー


2014/11/1(土)アップ~蔵出しリジーニ’11サン・ビアジョ

2014/4/17(木)アップ~蔵出しリジーニ’11ロッソ・ディ・モンタルチーノ

繊細&エレガントで傑出したバランス感!

 

 


2010年は、モンタルチーノ協会発表5つ星ヴィンテージ!

※’12に移行すると¥216値上がり致します。




リジーニ、サン・ビアジョ’11

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)

税別¥1900

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’11は再入荷不可能!

「2014.1月に試飲しました。例年よりも熟れたニュアンスが強めだが、うまみが多く、総合的にはあくまでエレガントな全体像で非常によい出来!例年よりも若干ブルネロに近い品質だと感じた。まだ値上がりもなく超お買い得」




リジーニ、サン・ビアジョ’10

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)

特別価格・税別¥1700

<売り切れ>

円安なのに¥210値下がり!




リジーニ、サン・ビアジョ’09

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)

税別¥1900

<売り切れ>

『 新鮮ブドウの果実が豊かで、カシスやチェリーのような心地よいアロマ。口に含むと甘草やミントのフレーヴァーがあり、しっかりとしたミネラルを感じる。果実と酸のバランスがよい。 (輸入元さんコメント) 』



リジーニ、サン・ビアッジョ’07

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)

税別¥2000

<売り切れ>おすすめ!

2009.9月輸入元札幌試飲会 赤ワイン部門アンケート結果人気第2位!

「2009.9月に試飲しました。上級ワインのブルネッロ同様パワーと深みで勝負するワインではなく、繊細、上品、エレガントで非常によいバランス。クリーンな香りと味わいで、傑出したバランス感。ブルゴーニュ好きにも受け入れられるタイプのイタリア。凝縮感は下記のモンティチェッロ’05の方がありますが、こちらの方が好きだという方も多いと思います。個性がはっきりしており、貴重な存在と言えそう」

45本完売。ありがとうございました

ブドウ品種:ブルネッロ100%

醗酵:セメント・タンク 主醗酵後、マロ・ラクティック醗酵

熟成:ステンレス・タンク 6ヶ月/瓶熟成 2ヶ月以上

『 フレッシュ感のある香りが豊か。カシスやブラックチェリーの果実にミントや甘草のような爽やかさが加わる。チョコレート、鉛筆のようなニュアンスも。シルキーで柔らかな果実の甘さ、ふくよかさが心地よい。酸も豊か。(輸入元さんコメント) 』

 



リジーニ、ロッソ・ディ・モンタルチーノ’11

税別¥2900

<売り切れ>おすすめ!

円安なのに値上がりなし!

「2014.4月に短時間で試飲しました。’11もやはりおいしいが、例年よりも少しスパイシーでアルコールがわずかに高い気がして自信を持ってエレガントと表現しにくい部分があったので個人的には’10のバランス感の方が好きだった。それでも値上がりもなくとてもよいワインです」

アルコール14.5%



リジーニ、ロッソ・ディ・モンタルチーノ’10

税別¥2900

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷すると’11に移行します。

スぺクテーター・オンライン88点(2014~2020年)

大人気! 円安なのに値上がりなし!

「2013.7月に試飲しました。例年通りのキレイなバランスで、程よいうまみとコクがあり、酸もタンニンも丸くエレガント、かつ緩くない。毎年必ずキレイに仕上げてくる安心感があります」



 

リジーニ、ロッソ・ディ・モンタルチーノ’07

税別¥2900

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー89点(2009~2012年)

最新インターナショナルワインセラー91点

(ロッソ・ディ・モンタルチーノ2007年のなかで最も出来がよいもののひとつ!byスティーブン・タンザー氏)

ヴェロネッリ2010年度版 トレステッレ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

当たり年!

66本完売!ありがとうございました~※再入荷不可能!

「2011.1月初旬に試飲しました。やはりこの銘柄のバランス感は間違いなく傑出している。やや小柄ながらも何も不足がなく、ブルゴーニュワインのように飲み飽きない。エグみや雑味がなく、適度な熟度で、うまみが豊富でエレガント。3か月前から香りも味わいも開いており、現在素晴らしくおいしい。パッソピッシャーロ’06が好みだった方にもこのワインはおすすめ出来そう。新しいヴィンテージでもこのスタイルを維持して欲しいものです」

「2010.9月末に試飲しました。個人的にはこの価格帯のトスカーナで最高のワインだと感じた!バランスとエレガンス、現時点で表現されているうまみの量では下記のブルネッロ’04よりもこちらの方が上。要するにポテンシャルは低いが、今素晴らしくおいしい!ここまで整うかというくらいの傑出したバランス感で軽いが、心地よく決して物足りなくはない。1杯で飲み飽きるOR飲み疲れるようなこともない、まさにブルゴーニュ通の為のトスカーナ」

オーク樽熟成12ヶ月(2,000L~5,150L)

~さらに瓶熟成4ヶ月以上

『 完熟イチゴ、ブラックチェリーの果実香。くるみや焼き栗のようなアロマも感じられる。滑らかな舌触りの中に旨みが詰まっていて、ドライフラワーや果実味、酸の余韻が残る。(輸入元さんコメント) 』

 

 

エノロゴ:ミスター・サンジョヴェーゼと呼ばれている『フランコ・ベルナベイ』

低収量、無濾過


4/8(木)アップ~蔵出し特別価格プピッレ’04

 

プピッレ、サフレディ’04

特別価格・税別¥9500

<売り切れ>おすすめ!

最新パーカー・オンライン96点!(2014~2029年、Antonio Galloni、2011年5月試飲

パーカー95点(2012~2024年、Antonio Galloni

スペクテーター97点(2012~)

Wine Enthusiast 95点!

トレヴィッキエーリ!

「2010.7月に試飲しました。香りはもう飲めそうな感じだが、味わいはまだ固い。若干国籍不明、ブドウ品種不明的なニュアンスの凝縮した完熟カシス、ヴァニラ、甘草、スパイスなどの香り。よく凝縮した果実味、豊かなエキス、低すぎない酸、多いが甘いタンニン、深みはあるが重すぎない。長いアフター。飲み頃は2012/13年秋くらい~だろうか?」

I.G.T. マレンマ・トスカーナ

カベルネソーヴィニヨン45%、メルロー45%、アリカンテ10%

わずか4haの単一畑から生まれる限定品

新樽75%のバリックだけで18ヶ月熟成

『 マレンマ地方、モレッリーノ・ディ・スカンサーノ地区に位置するファットリア・レ・プピッレが現在のようなプレミアムワイナリーとなったのは、現オーナー、エリザベッタ・ジュペッティと、当時わずか2haの小さな畑をもっていたに過ぎない同ワイナリーとの出会いに始まります。70年代終わり、サッシカイアが世界市場で高評価を獲得し、この地域のポテンシャルが見直されるようになり、1978年モレッリノ・ディ・スカンサーノDOCがこの地に設立され、ファットリア・レ・プピッレでも同DOCワインを醸造、その品質の高さに惚れ込んだジュペッティ女史は、「この地で偉大なワインをつくりたい、その目標に生涯をかけよう」という想いに到り、ワイナリーの所有権を取得。ジャコモ・タキス氏のアドヴァイスの下1987年には、フラッグシップワイン「サッフレディ」をリリースしました。 ~90年代には速くも世界的評価を得て、各国のトップレストランのワインリストに加わるようになた「サッフレディ」は、直近では2004年ヴィンテージがワイン・スペクテーター誌で97点を獲得するなど、その動向から目が離せません。(輸入元資料より) 』

’03 インターナショナルワインセラー92点

’00 インターナショナルワインセラー94点


2011/9/1(木)蔵出しマルケージ・トッリジャーニ’06

もっとも価格を超えたトスカーナのひとつ!樽強めのトッレ・ディ・チャルド

 

マルケージ・トッリジャーニ、トッレ・ディ・チャルド’06

(イタリア中部・トスカーナ州IGT・辛口赤)

税別¥1680

↑2011.1月値下げ!7%OFF

税別¥1800

<売り切れ>

最新パーカー88点(2011~2016年、ワイン・アドヴォケイト196号)

パーカー88点(2010~2014年、ワイン・アドヴォケイト190号)


ガンベロロッソ 2グラス

ヴェロネッリ 2ステッレ

24本完売。ありがとうございました

『 バランスのとれた輝きのあるルビー色。ペッパー、ヴァニラ、甘草などのスパイシーな香りや、ブラックベリーやブルーベリーなどの果実香。ローストした樽香。バランスの良い構成があり、タンニンはまろやか。豊富な果実味のあるフルボディ。香りと味わいのバランスが非常に良い。Tボーンステーキ、サラミ、生ハム(イタリア産)、ボロネーズ(ミートソース)などと合いそう。 (輸入元さんコメント) 』

’01’04とお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

’03 雑誌『一個人』¥2000以下旨安ワイン・グランプリにて第1位獲得!

「2006.9月に’01を試飲しました。ガーネット、樽のビターチョコレート、ヴァニラ、カシス、甘草、スパイスなどのよい香り。タンニンは多いが、やっと溶け込んできたところ。軽く噛めるくらい凝縮した果実味、甘すぎず、ややコクがあり、しっかりした緩さのない構造。まだ熟成も可能。明らかに大幅に価格を超えた品質!」

’04 36本完売。

’01 156本完売!

’00も当店で人気~完売でした。

エノロゴ:ルカ・ダットーマ

手摘み、SG75%、カナイオーロ15%、M10%

2年樽と3年樽のフレンチバリックにてマロラクティック発酵&12ヶ月熟成

さらに瓶熟約8ヶ月を経てリリースされる

フィレンツェでアンティノリより歴史が古いものの、1995年から自家瓶詰め開始

「’99よりリリースされたトッリジャーニのベースワイン。コストパフォーマンスの高さが 大人気です。酸味と凝縮した果実の調和がとれ、飽きのこない味わい。(輸入元資料より)」


2013/4/17(水)アップ~<値下がり!>蔵出しトゥア・リータ’11ロッソ・ディ・ノートリ

2011/11/11(金)アップ~蔵出しトゥア・リータ’06最後の再入荷!

スヴェレート地区の中でも特殊なミクロクリマ








ドゥア・リータ、ロッソ・ディ・ノートリ’11

(トスカーナ州・辛口赤)

税別¥1850

<売り切れ>

最新パーカー89点(ワイン・アドヴォケイト208号)

パーカー89点(2012~2016年、ワイン・アドヴォケイト201号)

例年よりもメルローの比率が高い為、果実風味を強く感じ、香り高くかつ凝縮感があり飲み心地のよいスタイルの今までで一番飲みやすいヴィンテージに仕上がりました

樹齢が上がってきて品質自体も上がってきているそうです。数年前まではとにかく濃い赤という感じで悪くいえば少し単調だったので’11はよさそうですね

サンジョベーゼ50%、メルロー25%、カベルネソーヴィニヨン15%、シラー10%

醗酵:ステンレスタンク/主醗酵後、サンジョヴェーゼ以外はオーク樽(225L)にてマロラクティック醗酵

熟成:オーク樽熟成 3ヶ月(225L、サンジョヴェーゼ以外)

『 カシスやブラックチェリーの果実香。ふくよかな味わい。果実味が豊かでそれに負けないミネラルや酸味などのバランスが取れており、とても上品。 (輸入元資料より) 』





トゥア・リータ、ジュスト・ディ・ノートリ’06

(イタリア・トスカーナ州・辛口赤)

特別価格・税別¥7400

<売り切れ>おすすめ!

※再入荷不可能!

パーカー96点(2014~2026年、ワイン・アドヴォケイト184号)

スペクテーター93点(2011~)

WineEnthusiast 94点

ファルスタッフ 94点

ヴィノテーク2009年5月号 17/20点!

2011.4月開催のモトックス主催札幌試飲会にてもっとも人気の高かった銘柄のひとつ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2011.4月に試飲しました。1杯で飲み疲れてしまうような、これでもか!というくらい濃厚なフルボディを予想していましたが、この’06に関しては濃すぎないバランスの取れた味わいで、エキスは豊富ですが、驚くほど丸くキメ細かい意外にもすでにほぼ溶け込んだタンニン。樽も強すぎず、すでにほぼ溶け込んでおり、10年寝かせてから飲むべきワインだと思っていたのでかなり予想外でした。例年より少しカベルネが少ないことなども関係しているのか?毎年飲んでいるわけではないのでわかりません。ほのかに甘い豊かな果実味、低すぎない酸で重すぎない。もしかしたらデキャンタ等より時間をかけるともっと甘く濃厚な雰囲気が出るのかもしれない。短時間の試飲では、芳醇という意味では、スターレーンのカベルネ’06の方が芳醇で力強くタンニンが多く感じられる。 ※ちなみに同時に試飲したレディガフィ’07は、ポルチーニペーストやヨードの凝縮した風味があり、ジュスト・ディ・ノートリ’06よりも凝縮して粘性があり個性の強いタイプでした。ジュスト・ディ・ノートリの方が好みの分かれない味わいと言えるかもしれません」

アルコール14.5%

CS50%、M30%、CF15%、PV5%

醗酵:ステンレス・タンク(一部オーク樽使用)/主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵

新樽70%バリックにて18~19ヶ月熟成~瓶熟

『 甘草、ヴァニラ、シナモンやプラム、珈琲、オレンジリキュール等の様々な香り。きめ細かいタンニン、少しの塩分と凝縮した旨みがあり、オークと果実に由来する味わいが渾然一体に。 (輸入元さんコメント) 』

 

初ヴィンテージの’92~’98までエノロゴはルカダットーマ。’99からはステファノキオッチリが担当している。初ヴィンテージから評価が高く、難しい年だった’94にガンベロロッソでトレヴィッキエーリを獲得!以来、トレヴィッキエーリの常連となる

 


9/27(土)アップ~蔵出しアンティノリ’04

 

アンティノリ、ソライア’04

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤)

税別¥23500

<売り切れ>

パーカー96点(2011~2024年)

スペクテーター96点(2010~)

ヴェロネッリ2008年度版 トレステッレ!

ルカ・マローニ2008年度版 91点

イタリア・ソムリエ協会2008年度版 5つ房!

FALSTAFF MAGAZINE2007年11月/12月号(ドイツ) 94点

Wine Enthusiast 96点!

 カベルネ・ソーヴィニヨン75%、サンジョヴェーゼ5%、カベルネ・フラン20%

良年のみの生産、バリックにて12ヶ月熟成

 トスカーナ州名門中の名門


2018/4/2(月)アップ~蔵出し特価レ・マッキオーレ’15ボルゲリ・ロッソこの価格での最後の再入荷!

2015/9/5
(土)アップ~<※4本限定!>蔵出しメッソリオ’07

イタリア・ソムリエ協会が選ぶ2009年度イタリアNo.1ワイナリーに選ばれる!

ボルゲリ・ロッソ’11が、スぺクテーター2013年度 TOP 21/100位に選ばれました!

 

 

 

 

 




画像中央がオーナー:チンツィア・メルリ・カンポルミ女史

ここは他のトスカーナ生産者に多い『 裕福な貴族 』ではなく、
『 優れたヴィニュロン 』というイメージ

2002年から有機栽培




Azienda Agricola Le Macchiole, Le Macchiole Bolgheri Rosso '15

レ・マッキオーレ、ボルゲリ・ロッソ’15

(イタリア中部・トスカーナ州・辛口赤・750ml)


特価・税別¥2400



輸入元定価・税別¥3,200

<あと8本>絶対おすすめ!

最新VINOUS 91点(2017~2023年、2018年4月試飲)

パーカー91+点(2017~2024年、ワイン・アドヴォケイト230号)

スペクテーター92点!(NOW~~2024年)

Wine Enthusiast 91点(NOW~2020年)

ファルスタッフ 92点!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

58本完売!

「2017.8月下旬に試飲しました。例年以上に素晴らしい出来で、しかも飲み頃NOW~。果実味、バランス、骨格、ミネラル、余韻があり、香りもよく樽もなかなか絶妙で酸が低すぎず、タンニンの質が非常によい。少し熟成も可能。明らかに価格を超えた満足度!」

アルコール%

日照もあり、適度な雨もあり、最終的に理想的なブドウを収穫できた当たり年で成功年!

DOC Bolgheri

メルロー 60%、カベルネ・フラン 20%、シラー 10%、カベルネ・ソーヴィニヨン 10%

ステンレスタンク/主醗酵後、ステンレスタンクにてマロラクティック醗酵

全体の80%はオーク樽熟成 11ヶ月
(225L、228L、新樽使用無し2~3年使用樽を使用)

残り20%はコンクリートタンク熟成 11ヶ月~さらに瓶熟成 2ヶ月以上




レ・マッキオーレ、ボルゲリ・ロッソ’11(750ml)

超特価・税別¥2300



当店通常価格・税別¥2550



輸入元定価・税別¥3,000

<売り切れ>絶対おすすめ!

スぺクテーター93点!(NOW~2015年、Highly Recommended!さらに2013年度 TOP 21/100位!

パーカー91点(ワイン・アドヴォケイト208号)

さすがに前回の夏特価は無理ですが、今回もかなりお安くしております!

48本完売。ありがとうございました

「2013.7月に試飲しました。完熟で陽気な緩いタイプではなく、ミネラルと酸がわりとしっかりで意外に芯がある骨格を感じつつも今飲んでもおいしい。
樽の強さも絶妙で、明らかに価格以上の満足度が楽しめます。しかしヴィンテージによる個性の違いこそあれ毎年安定して上質ですね」

アルコール%

2011年は過去数年の中でもベストなヴィンテージの一つ!

夏はとても温暖で、昼夜の寒暖差が大きく、雨も少なかったため、ブドウの育成には非常に好条件。とても満足のいくブドウが収穫でき、全てのワインで素晴らしい酸味、コク、まろやかなタンニン、バラエティ豊かでリッチなアロマを感じることができます。

メルロー 50%、カベルネフラン 30%、シラー 20%

ステンレスタンク/主醗酵後、ステンレスタンクにてマロラクティック醗酵

熟成:75%はオーク樽熟成 10ヶ月(225L、新樽使用無し)25%はコンクリートタンク熟成 10ヶ月 瓶熟成 6ヶ月以上





レ・マッキオーレ、ボルゲリ・ロッソ’09(750ml)

税別¥2480

<売り切れ>絶対おすすめ!

’08からさらに値下がりしました!

パーカー90点(2012~2017年、ワイン・アドヴォケイト196号)

スペクテーター87点(2013~2020年)

Wine Enthusiast 89点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2011.9月に試飲しました。やはり非常によい出来。飲み頃NOW~といってもよい感じで、樽もタンニンも溶け込みつつある。濃いだけ系トスカーナとは全然違う、ミネラルも感じられるバランスのとれたおいしさ」

「2011.5月に飲みました。紫がかった濃いルビー色。やや洗練された非常によいトップノーズ。樽のやや控えめなエスプレッソとビターチョコレート香に、わずかに野性味のあるブラックベリー、スパイス、杉、ミネラルなど。すでに樽が溶け込んで、適切な熟度で、低くない酸とミネラルによって緩さがなくよいバランス、’09もよい出来。というか毎年個性は違えど常によい出来!しっかりした果実味、ほぼ溶け込んだタンニン、程よいコクでアルコールも高すぎず、ごくわずかなミント風味が残る雑味のないアフター。今年はボルドーよりの個性だろうか。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後までほとんど落ちない。その後も抜栓の4日後くらいまで楽しめる」

M50%、CF30%、SY20%

アルコール14%

『 シラーを増やしてサンジョベーゼのブレンドを止めた理由理由(チンツィア本人からの情報)年々シラーの品質があがってきており、ボルゲリのシラーらしい凝縮ベリーの甘やかな香りが綺麗に表現できる。味わいもジューシーでまろやかに。チンツィアさんはボルゲリのシラーは特別、との認識を持っています。 』

まだ評価が出揃っていません

 

 


レ・マッキオーレ、パレオ・ロッソ’07

特別価格・税別¥8000

<売り切れ>絶対おすすめ!

最新パーカー95点(2017~2027年、ワイン・アドヴォケイト191号)

インターナショナルワインセラー94+?点!


Wine Enthusiast 98点!!!(2011年度TOP 8/100位!)

ヴェロネッリ2011年 スーパー・トレステッレ!

イタリア・ソムリエ協会2011年 5つ房!

2011年9月開催モトックス札幌試飲会赤ワイン部門 人気第3位銘柄!

「2012.6月に前日抜栓のボトルを試飲する機会をいただきましたが、それでもまだ固かったです(笑)深みと骨格、熟成のポテンシャルはものすごいものがありました。樽香も洗練され、果実がまったく負けていない。酸とミネラルが低くない為、濃厚だがクドくない」



「2011.9月に試飲しました。まったく心配はしていませんでしたが、相変わらず素晴らしい出来でした!リリース直後くらいの’04を飲んだ時よりも固すぎない印象で、まだ飲み頃ではないものの香りがある程度出ている。コクと深みタンニンがハイレベルで、相当に長く熟成可能」

ステンレスタンク&セメントタンク/主醗酵後、

オーク樽にてマロラクティック醗酵(225L)

コンクリートタンク 4ヶ月熟成後、さらに

オーク樽熟成 15ヶ月(225L/112L、新樽比率100%)~瓶熟成 8ヶ月以上 

『 カベルネ・フラン100%で造られるスーパータスカン。チョコレート、濃密なカシス、エスプレッソと様々なアロマが感じられる。濃密でシルキーな舌触り、口に広がる果実味が豊か。 (輸入元さんコメント) 』

マッキオレの07ヴィンテージはオーナー・チンツィアの話では、近年では最も良いヴィンテージと言っております。葡萄の状態から出来上がりまで、かなりのポテンシャルがあるワインが出来たとの事です。 特にパレオは01、04、並みの素晴らしい年だと言ってました。私もヴィニタリーで試飲をしましたが、パワフルな分、現状でのバランス感はまだですが、構成要素の大きさ、ワインの厚み、かなりの高次元にあると思います。 (川頭さんによるコメント) 』



レ・マッキオーレ、パレオ・ロッソ’04

特別価格・税別¥8800

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー94点(2011~2020年)

スペクテーター94点(2009~)

インターナショナルワインセラー91点

ガンベロロッソ2008年 2グラス(最終選考まで残る)

ヴェロネッリ2008年 スーパー・トレステッレ!

イタリア・ソムリエ協会2008年 5つ房!

エスプレッソ誌2008年 高評価!

Wine Enthusiast 96点!

2008.9月輸入元札幌試飲会アンケートにて赤ワイン総合第3位獲得!

「2008.9月に試飲しました。紫がかった濃いガーネット。トップノーズの非常に洗練された強いエスプレッソ香が素晴らしい!かなりよい樽を使用していると思われます。樽香以外の香りは、凝縮して深みのあるブラックベリー、スパイス以外まだ閉じており明確になっていない印象。酸不足がなく、タンニンの質こそよいものの、味わいは現時点では非常に固く、飲み頃は4~5年後からだと思われます。かなりのポテンシャルを秘めた大きな構造」

カベルネフラン100%

 

レ・マッキオーレ、スクリオ’04

特価・税別¥18500

<売り切れ>超限定品!

パーカー93点(2010~2020年)

スペクテーター92点

インターナショナルワインセラー90点

ファルスタッフ 94点

ヴェロネッリ2008年 スーパー・トレステッレ!

シラー100%

 

レ・マッキオーレ、メッソリオ’04

税別¥30000

<売り切れ>超限定品!

パーカー96点!(2011~2022年)

スペクテーター100点!!!(2012~)

最新インターナショナルワインセラー92点

ファルスタッフ 96点!

ヴェロネッリ2008年 スーパー・トレステッレ!

イタリア・ソムリエ協会2008年 5つ房!

エスプレッソ誌2008年 18/20点!

メルロー100%

オーク樽でマロラクティック醗酵~

112Lの新樽100%16ヶ月熟成~瓶熟18ヶ月以上

『 グランヴァンのようなベリー系の果実のふくらみ。温かさがを感じさせつつも、どっしりとした重厚感。その絶対的存在感がありつつも、滑らかでつかみどころのないような優しい口当たり。(輸入元さんコメント) 』

 大当たり年!

メルロー100%

醗酵:ステンレス・タンク/主醗酵後、

オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵(225L)

熟成:オーク樽熟成16ヶ月(112L、新樽比率100%)

さらに瓶熟成14ヶ月以上

『 カシスリキュール、ハーブやペッパーのニュアンス。オレンジを煮詰めたような甘酸っぱい果実。上品さが高く、柔らかいながらも例年に比べてミネラルや上品な酸で引き締まった印象。 (輸入元さんコメント) 』




レ・マッキオーレ、メッソリオ’07

特価・税別¥21000

<あと1本>超限定品!

※’07は再入荷不可能!すべての値引き対象外となります。
現行最新ヴィンテージは’12’13で
¥2,160値上がり
致します。

Wine Enthusiast 99点!!!(忘れられないすごいワイン!!!)

パーカー96点!(2017~2027年、アントニオ・ガローニ、ワイン・アドヴォケイト191号)

スペクテーター93点(2012~)

最新インターナショナルワインセラー92点

ジェームズ・サックリング94点

ファルスタッフ 93点!

ヴェロネッリ スーパー・トレステッレ95点!

タリア・ソムリエ協会 5つ房!

ガンベロロッソ2011年度版 トレヴィッキエ―リ!

メルロー100%

今までに過去のヴィンテージを2回試飲しましたが、複雑で構造は大きいが滑らかさもあり、タンニンが丸く固すぎず、余韻が長く、かなりおいしかったです!



 

エウジェニオ氏は、生前『ビジネス目的でワインを造っているのではない』と公言しています品質主義のまじめな農民ということなのでしょう

 

レ・マッキオーレ、メッソリオ’03

税別¥21000

<あと1本>超限定品!

パーカー93点(2007~2015年)

スペクテーター93点

インターナショナルワインセラー91点

ヴェロネッリ・トレステッレ!

リアルワインガイド19号にて大絶賛される!

去年は、1本しか分けてもらえませんでした!

メルロー100%

オーク樽でマロラクティック醗酵~

112Lの新樽100%16ヶ月熟成~瓶熟18ヶ月以上

 


蔵出しサッシカイア’09’10

 






テヌータ・サン・グイド、サッシカイア’10

特価・税別¥18000

<売り切れ>限定品!

パーカー96点(2018~2040年、ワイン・アドヴォケイト208号)

スぺクテーター94点(2016~2027年)


イタリア・ソムリエ協会(ビベンダ)2014年度版 5つ房!

デカンター・オンライン95点!(2015~2026年)

Wine Enthusiast 97点!!!




テヌータ・サン・グイド、サッシカイア’09

超特価・税別¥16800

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

最新パーカー・オンライン94+点(ロバート・パーカー)

パーカー94点(2019~2039年、ワイン・アドヴォケイト201号)

スぺクテーター93点(2014~2028年)


インターナショナルワインセラー97+?点!!!

ガンベロロッソ2013年度版 最優秀赤ワインを受賞!!!

(↑※2,350生産者の20,000本のワインの中で1位という栄誉!)


Wine Enthusiast 96点!!!(2020~)

カベルネソーヴィニヨン85%、カベルネフラン15%

 


 Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp