ヴォルネイ・サントネ
トップ ページ新入荷ワイン過去の入荷ワイン赤ワイン白ワインスパークリング¥1000以下おすすめ¥2000以下おすすめリンク店の紹介オンライン注文



ワイン・スペクテーターによるブルゴーニュ赤(コート・ド・ボーヌ)ヴィンテージ評価

2010 91 Drink or hold
Fruity, ripe and vibrant; more rain than Cote de Nuits, so quality is less consistent

2009 93 Drink or hold
Charming, fluid, ripe, pure fruit; some wines soft, overripe for early drinking

2008 89 Drink or hold
Late harvest and small crop due to dehydration, botrytis; pure, vibrant reds at best, but inconsistent

2007 88 Drink or hold
Good ripeness and structure, especially in Beaune, Pommard and Volnay; some wines lack balance and depth

2006 88 Drink or hold
Less density and fleshy textures than the Cote de Nuits, yet vibrant and elegant

2005 95 Hold
Beautifully balanced wines, with vibrant structures; rich in fruit and tannins. The top wines will age well; best since 2002 and 1999


2022/3/21(月)アップ〜蔵出しドメーヌ・トゥーロ・ジョイヨ’19レ・シャン・マルタン

2021/12/16(木)アップ〜蔵出しドメーヌ・トゥーロ・ジョイヨ’19ラ・カイヨット


メルキュレ村最高の造り手のすごいワイン!スタイルも素晴らしい!








 



THEULOT JUILLOT, Mercurey 1er Cru Les Champs Martins Rouge '19

ドメーヌ・トゥーロ・ジョイヨ、メルキュレプルミエクリュ・レ・シャン・マルタン ルージュ’19

税込¥5060(税別¥4600)



輸入元定価・税込¥6,413

<あと9本>限定品!

ブルゴーニュ・オージョルディー17.5/20点!!!

Concours Mondial des Vins Feminalise 2021年度 金賞受賞!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 93点!

標高300m
樹齢40年の区画と樹齢30年の区画

南東に面した泥灰土と石灰土壌の丘陵地帯。石も多い為、ミネラル感が備わる。

新樽約25%にて約12ヶ月熟成

ドメーヌ・ローランツォンの同じ畑よりもタンニンの質が良くエレガントでよいバランスだと思われます





THEULOT JUILLOT, MERCUREY Vieilles Vignes ROUGE '19

ドメーヌ・トゥーロ・ジョイヨ、メルキュレVV ルージュ’19

税込¥4400(税別¥4000)



輸入元定価・税込¥5,137

<あと3本>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン91点!
Burgundy under 25ポンド Andy Howard MW’s top 30に選ばれる!

ブルゴーニュ・オージョルディー16/20点!

マコン・フランスワインコンクール2021年度 金賞受賞!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 93点!!!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

21本完売。

「2021.12月中旬に飲みました。紫がかった濃いルビー色。かなり凝縮感があり熟しているが同時にバランスも良い飲み頃NOW〜。黒い実主体+赤い実の果実、程よい樽、スパイス、鉄分ミネラルなどの香り。噛めるような凝縮フルーツ感で厚みのあるエキスとしっかりコク。とてもキメ細かなタンニン。酸とミネラルは低すぎず、バランスとフレッシュ感を残しているのであくまで新鮮フルーツ感。余韻も長く明らかにクラスを超えた掘り出し物。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール13.5%
HVE認証マークあり!

新樽最大20%、熟成12ヶ月




THEULOT JUILLOT, MERCUREY 1ER LA CAILLOUTE ROUGE '19

ドメーヌ・トゥーロ・ジョイヨ、メルキュレプルミエクリュ・ラ・カイヨット ルージュ’19

税込¥5720(税別¥5200)



輸入元定価・税込¥6,688

<あと15本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
28本完売。〜すでに再入荷不可能!
ラベルの擦れ傷が多かったですが、予めご了承くださいませ。

ブルゴーニュ・オージョルディー16/20点

RVF誌 97/100点!!!


MVF(旧クラスマン)2022年度版 96点!!!

「2021.12月中旬に飲みました。間違いなくこの村トップ銘柄。ローランツォンの超高価でタニックなメルキュレ1級よりさらにバランスよく深いイメージ。冗談抜きであと少しで特級レベルと言ってしまってもよいくらいの満足度があります。メルキュレVV’19と同程度の色調。抜栓直後のみわずかに香りが閉じ気味だが、意外と少し冷涼感があり骨格が大きめで、樽がよく溶け込んですでにかなり余韻が長い!抜栓の次の日から秘めていた旨味が前面に出てきて明らかに向上してゆく。濃いだけではない深みをはっきりと感じることが出来る。鉄分ミネラルもあり、アフターに旨味を伴う酸の伸びがある。重くはないがかなり味付きしっかり。抜栓の2日後〜3日後が一番おいしい大幅に価格を超えた味わいを楽しめる。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール13.5%

1.50ha所有のモノポール(単独所有畑)

樹齢約40年

「赤い」色のジュラ紀からの魚卵石石灰岩土壌
標高約300mで南東向き斜面


2021/12/1(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・イヴォン・クレルジュ’19

3/1(月)アップ〜蔵出しドメーヌ・イヴォン・クレルジュ’17

2021/2/1(月)アップ〜蔵出しドメーヌ・イヴォン・クレルジュ’18


すぐに開けてもかなりおいしい深みと余韻があるヴォルネイ!









 



Yvon Clerget, Volnay 1er Cru Clos du Verseuil '19

ドメーヌ・イヴォン・クレルジュ、ヴォルネイ プルミエ・クリュ・クロ・デュ・ヴェルスイユ’19

税込¥15400(税別¥14000)

<あと12本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー92〜94点
(William Kelley)

VINOUS 93〜95点!
(ニール・マーティン、2025〜2045年)

ファルスタッフ 93点!


ジャスパー・モリス92〜94点




Yvon Clerget, Volnay 1er Cru Clos du Verseuil '17

ドメーヌ・イヴォン・クレルジュ、ヴォルネイ プルミエ・クリュ・クロ・デュ・ヴェルスイユ’17

税込¥14300(税別¥13000)

<あと3本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー90〜92点
(William Kelley)

スペクテーター94点!
(2022〜2035年)

VINOUS 92点(アントニオ・ガローニ)

VINOUS 92点(ニール・マーティン)





Yvon Clerget, Volnay 1er Cru Clos du Verseuil '18

ドメーヌ・イヴォン・クレルジュ、ヴォルネイ プルミエ・クリュ・クロ・デュ・ヴェルスイユ’18

税込¥14740(税別¥13400)

<あと15本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー92+点
(William Kelley、2025〜2045年)

VINOUS 94点!
(ニール・マーティン、2023〜2042年)

ファルスタッフ 94点!

ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点


「2021.1月中旬に飲みました。ワイナート93号にて大きく取り上げられた後にさらに品質が上がったものと思われます。昔のクラシックなヴォルネイとは別物ですが、複雑性と余韻はかなりのもの!ヴォルネイ1級サントノ’17と同時に飲み比べてこちらの方がかなり上質だった上にすぐ開けてもこちらのほうがおいしいまったく問題なく飲み頃NOW〜。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。もっと熟して樽が強い予想だったが、思いのほか樽とタンニンが良く溶け込んで果実にエネルギーと厚み・深みがある。厚みエキスとコク、粘性を感じる良質タンニンのグリップ、熟成も可能な骨格がある高次元の調和。かなり余韻が長く酸が低くないために伸びもある。明らかに特級クラスの満足度!味の濃いさくらんぼなど意外と華やかな赤い実の果実、紅茶や熟成香ではないドライフラワーなどの深みを感じる良い香り。抜栓の次の日から少しずつ向上して、抜栓の3日後もまったく落ちない」

アルコール13.5%

’17 スペクテーター94点!

’16 デカンター・オンライン93点

’16 ワイナート93号 91点

石垣に囲まれ霜害に遭いにくい
タイユピエに隣接する0.68haのモノポールの畑!

平均樹齢45年以上!

ラズベリーと白い花のピュアで爽やかなアロマに控えめな木の香りが重なる。若々しいエネルギーにあふれ、細部のはっきりとした滑らかで上品なテクスチャーを持つミディアムボディーのフレーバー。ミネラルと酸がタンニンと見事にバランスを取り合い、長く続くエレガントなフィニッシュを形作っている。ドメーヌのフラッグシップであり、一飲の価値がある素晴らしいワイン。
(輸入元さんコメント)

バリック12ヶ月(新樽30%)熟成

醸造責任者:Thibaud Clerget
リュット・レゾネ
数日間の低温浸漬後に樽を使用して発酵。プレス後にバリックで熟成。



イヴォン・クレルジェはヴォルネイで古くからワイン造りをする名ドメーヌで、その起源はなんと1268年まで遡ることができる。現在は28代目当主のティボーがワイナリーの指揮を執り、6haの畑を所有している。先代である父イヴォンは2009年を最後に引退、息子ティボーがワインに対して並々ならぬ情熱を持っていたことを知りながらも、2010年から2014年までブドウを全てアンリ・ボワイヨに売ることを決意。なぜなら、当時のティボーはまだ20代前半とドメーヌを引き継ぐには余りにも若く、外部での研鑽が必要だったからである。この間、ティボーはアンリ・ボワイヨとユドロ・ノエラで畑の管理と醸造プロセスを徹底的に学び、その後オレゴンのドメーヌ・ドルーアン、更にはマールボロのギーセン・エステートで研鑽を積んだ。そして2015年、満を持してドメーヌに戻り自らのワイン造りに着手した。もともと古くから続くドメーヌで、先代からの素晴らしい遺産(優良区画と高樹齢のブドウ)が残された非常に恵まれた環境ではあるが、ティボーはそれだけでは飽き足りずブドウのポテンシャルを最大限引き出すため数々の改革を行った。栽培面ではリュット・レゾネへ切り替え、よりピュアで活力あふれるブドウの育成を行い、醸造面ではコールド・マセラシオンの導入、以前よりも半年ほど樽熟成期間を短くし、新樽の使用率を控えめにした。


「近年稀にみる新生ドメーヌ誕生のサクセスストーリー」アントニオ・ガローニ
こうして生み出される彼のワインは、単にしなやかでエレガントなスタイルというだけでなく、ピュアで透明感のある果実味にあふれんばかりのエネルギーが詰まった、絶妙なバランス感が最大の魅力である。2015年のファーストヴィンテージをリリースして間もなく、

「現在のコート・ドールにはエレガンスとテロワールの表現力・透明感を兼ね備えた造り手はいるものの、そこに本当の実体が伴うワインはない。ティボーのワインはまさにそれを成し遂げている。だからこそこのドメーヌを皆に紹介したい」byアラン・メドー、

「何としてでも味わうべきワイン。近年稀にみる新生ドメーヌ誕生のサクセスストーリー。若干28歳にしてティボーは偉大なキャリアを築き上げてしまった」byアントニオ・ガローニ、

と一流の評論家からこれ以上ないほどの大絶賛を受け、一気に世界が注目する生産者となった。次世代のブルゴーニュを担う若きライジング・スターであり、若干28歳で世界を虜にするティボー。彼が率いる新生ドメーヌ・イヴォン・クレルジェは、近い将来争奪戦必至のドメーヌとなることは間違いない。
(輸入元資料より)



2022/3/21(月)アップ〜蔵出しフランソワ・ドゥニ・クレール’18クロ・デ・ムーシュ

2020/2/9(日)アップ〜蔵出しフランソワ・ドゥニ・クレール’15クロ・デ・ムーシュ


フィネスと複雑性のサントネ!









 



Domine Francoise & Denis CLAIR, Santenay 1er cru ≪ Clos des Mouches≫ Rouge '18

フランソワ・ドゥニ・クレール、サントネプルミエクリュ・クロ・デ・ムーシュ・ルージュ‘18

税込¥6600(税別¥6000)

<あと5本>限定品!

※すでに再入荷不可能!

ブルゴーニュ・オージョルディー16.5/20点!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 92点




Domine Francoise & Denis CLAIR, Santenay 1er cru ≪ Clos des Mouches≫ Rouge '15

フランソワ・ドゥニ・クレール、サントネプルミエクリュ・クロ・デ・ムーシュ・ルージュ‘15

税込¥5940(税別¥5400)

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15/20点
3つ星生産者

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

29本完売。ありがとうございました〜※’15は、再入荷不可能!

約3年経過してかなりおいしくなっているはず!



「2018.5月に飲みました。凝縮感と深みがありつつ、今すぐ開けても非常においしく完熟だがジャミーではなくフィネスのある味わい。樽とタンニンは溶け込みつつうまみとミネラル、コクはあり、飲み続けていて全く飽きない。サントネ村最高の赤ワインの一つだと思われるというくらい非常に上質。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール%

所有面積 : 0,63 ha 畑位置:南向き santenay 最小の1er cru

樹齢:35年 土壌:粘土石灰岩

栽培方法:除草剤や殺虫剤不使用、厳格なリュット・レゾネ、手摘み
醸造:ドメーヌで厳格な選別、基本的に除梗100%、コンクリートバット(6°)。 - 1週間のプレ・コールドマセラシオン。 - アルコール発酵:軽いパンチングなどよる穏やかな抽出。 - 3週間発酵後-1ヶ月後に樽に入れる(15-20%新樽) 樽熟13ヶ月後にタンクに集め、軽いフィルターの後、計18ヶ月後瓶詰め。

テイスティング:赤い果実(チェリー、ラズベリー)の芳香。アタックから複雑で求める味わい に満ちています。素晴らしい余韻の長さを持っています。 熟成ポテンシャル:5-7年 生産:年間4000本

Revue du vin de France では彼らをこのように評しています。Santenayでもっとも魅力的で有望なワインを長年に渡って造ってきた生産者。アロマの可能性を最大限に引き出すために低温浸漬の重要性を理解した最初の者の一人。素晴らしいテロワールでから生まれたワインは、その良さを改めて確認できる。洗練され、表現豊かな果実味は素直においしい。
(輸入元資料より)

2000年からは息子であるJean-Baptiste(ジャン・バティスト)がドメーヌの運営に加わっています。彼は学校で醸造や生物学を専門に学び、Saint Josephの優良生産者Domaine Gononで経験を積んだことでドメーヌの技術革新に大きな変化をもたらせました。


2022/6/1(水)アップ〜蔵出しシャルル・ノエラ’08’05

2021/11/20(土)アップ〜蔵出しシャルル・ノエラ’08’07

伝説のシャルル・ノエラの孫による瓶買いセレクション!










 


インポーターさん試飲で満場一致!即採用!!
飲み頃・熟成ブルゴーニュ♪

Charles Noellat Hertiage Offer

※全銘柄が、再入荷不可能!



「アンリ・ジャイエに匹敵する」とも言わしめた伝説的なドメーヌ・シャルル・ノエラ、1988年にドメーヌ・ルロワに売却され、その輝かしい歴史の幕が下りた。
その実孫であるステファン・モローは、偉大な家系の恩恵によるネットワークと、ブルゴーニュNO.1クルティエと呼ばれた父がいたことからコートドールで絶大な信頼を得る。
ルイ・ジャドやジョゼフ・ドルーアン等といった著名ネゴシアンを顧客に持つクルティエとして活躍しながらも、自身のルーツであるドメーヌ・シャルル・ノエラが破格の値段でルロワに売却され消滅してしまったことを口惜しく思い、なんとか現代にその名声を復興できないかと模索していた。そんな中でルロワがシャルル・ノエラの商標については取得していないことを知り、伝説を復活させるべく2013年に購入したネゴシアンでシャルル・ノエラを冠したワインをリリース。

広大な情報網を持つ彼は特に古酒の発掘力が群を抜いており、表に出ないような小さなドメーヌであっても、品質の高さを見抜いて買い付けることができるため、古酒愛好家の垂涎の的となっている。

熟成の時が造り出した
甘美でじんわりと満ちる美味しさ
(輸入元資料より)




Charles Noellat Heritage 2005 Chorey les Beaune

シャルル・ノエラ、ショレ・レ・ボーヌ’05

税込¥4400(税別¥4000)

<あと19本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

最優良年!! 熟成ブーケを放ちつつ、豊かに膨らみのある果実の存在感。
VTの期待に応える熟成ブルゴーニュの魅力を気軽に楽しめる1本。




Charles Noellat Heritage 2008 Beaune 1er Les Cent Vignes

シャルル・ノエラ、ボーヌプルミエクリュ・レ・サン・ヴィーニュ’08

税込¥7040(税別¥6400)

<あと7本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

インポーターさん試飲時に’07よりさらに複雑性があり余韻が長かったそうです!





Charles Noella Hertiage 2008 Savigny Rouge

シャルル・ノエラ、サヴィニレボーヌ・ルージュ’08

税込¥4730(税別¥4300)

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

果実の甘やかさと酸のバランスが素晴らしく、しっかりとしたタンニンがワインの骨格を整えている。
熟成ブルゴーニュの魅力を気軽に楽しめる1本。




Charles Noellat Heritage 2007 Beaune 1er Les Cent Vignes

シャルル・ノエラ、ボーヌプルミエクリュ・レ・サン・ヴィーニュ’07

税込¥6820(税別¥6200)

<あと6本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

果実のしなやかさと柔らかさがワインのエレガンスを表現している。
全体を通して存在するミネラル感が印象的で、熟成による複雑性も楽しめる1本。





Charles Noella Hertiage 2001 Savigny 1er Les Peuillets

シャルル・ノエラ、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・レ・ピュイエ’01

税別¥4500

<売り切れ>おすすめ!
超限定品!

「2020.3月上旬に飲みました。縁がレンガ色のやや明るいルビー色。干しイチジク、椎茸の煮物、プーアール茶、スーボワ、うっすらドライトマトとヨードなどの色気たっぷりの香り。果実とタンニンのコクがまだ少し残っており、軽くはないし酸も尖っていない。温度を下げ過ぎるとおとなしいが適温だと滑らかで旨みも感じられる。オレンジ風味は弱い。健全なよい熟成感なのですが、このくらいの飲み頃ピーク入り口くらいの風味ですらごく稀にブショネの香りと混同されてしまうことがある、、、そういった場合はアフターが気持ち悪いかどうかでぜひ判断してください。抜栓の次の日も全然落ちずにおいしい」

アルコール13%

サヴィニー・レ・ボーヌの赤の熟成する力は疑う余地がない。
優れたワインは複雑さを増し、とりわけ熟成香を深めていく。
ボーヌ側のプイエは、隣り合うマルコネ(最も濃厚、濃密)とナルバントン(ハリと丸み)の特徴を合わせ持つ、長い熟成を要する畑。マット・クレイマー




Charles Noellat Heritage, Santenay 1er Passetemps Rouge '07

シャルル・ノエラ、サントネプルミエクリュ・パスタン・ルージュ’07

税別¥4600

<売り切れ>限定品!

サントネの中でも、深みと複雑さを備えたワインを生む
といわれるシャサーニュ側に位置するプルミエクリュ。
土壌は石灰が強く、シャサーニュ・モンラッシェのように沢山の石を含む。


2022/8/1(月)アップ〜蔵出しドメーヌ・フィリップ・ジャノ’19再入荷

激しく価格を超えたサントネ!




※上の画像は、1級パスタン。
下の画像は、’14です。




 


正確には’16から息子カンタン・ジャノ(Domaine Quentin Jeannot)氏の代に世代交代したようです




ドメーヌ・カンタン・ジャノ、ブルゴーニュ・ルージュ’19

税込¥2420(税別¥2200)

<売り切れ>おすすめ!

25本完売。ありがとうございました

「2022.3月初旬に飲みました。DIAM5コルク。紫がかったやや明るいルビー色。みずみずしく甘酸っぱい赤い実の果実、日本のさくらんぼ、アセロラ、ザクロ、胡椒、ミネラル、甘いトマトなどの香り。タンニン量は少なすぎないが、軽やかジューシーで低すぎない酸の飲み頃NOW〜。ガブガブ飲めてしまうバランス感で、深みはないが心地よさのあるお買い得品。抜栓の2日後でもまったく落ちない」

アルコール13%

ピノノワール100%
ステンレスタンクで発酵、澱と共に10ヶ月熟成

畑はドメーヌの本拠地、サン・セルナン・デュ・プランの南東向き斜面にある。樹齢約40年。瑞々しいイチゴやチェリーのアロマ。ピノ・ノワールの香り高さが素直なタッチで描かれた味わいには、甘酸っぱい赤系果実が染みわたる。
(輸入元資料より)




ドメーヌ・カンタン・ジャノ、サントネ・ルージュ’19

税込¥3410(税別¥3100)

<あと2本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

95本完売!!!

「2022.3月初旬に飲みました。DIAM5コルク。同時に飲み比べたブルゴーニュ・ルージュ’19(コルクも同じDIAM5ですが、サントネの方が少し長い)よりもかなり本格的な味わいで、紫色の弱い中程度のルビー色。厚みコク・骨格と余韻が増す。少しだけ艶もあり、全体のバランスがすでに非常によく引っかかりのない滑らかコクの超お買い得品!飲み頃NOW〜。樽もとても控えめですでによく溶け込んでいる。酸低くなく、タンニンの質よく、ミネラルもある。赤い実主体+少し黒い実の果実、チェリー、トマト煮込みなどの熟した香り。抜栓の次の日は、塩ミネラルも多少感じられさらに旨味が伸びて向上。抜栓の3日後もまったく落ちない。このACブルの価格帯では最高レベルの満足度!」

アルコール13%




ドメーヌ・カンタン・ジャノ、サントネ・ルージュ’18

税別¥3100

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2020.2月中旬に飲みました。DIMA5コルク。縁が紫がかったやや濃いルビー色。熟度の高い果実とタンニン、アフターのグリップがあり、その分’17より少し酸とミネラルが低いがとてもよい出来。樽のナッツ・ビスケットのトップノーズに果実香に珍しく少し黒い実の果実も混じっているように感じられた。今すぐ開けるなら明らかに’17の方がおいしい。飲み頃は2021.秋〜?抜栓の次の日は少し酸が伸びて向上。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール13%




Domaine Philippe Jeannot, Santenay Vieilles Vignes '17

ドメーヌ・フィリップ・ジャノ、サントネVV・ルージュ’17

税別¥2900

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 90点(2021〜)

すでにお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 これを飲めば全体的に’17がハズレ年だと思い込んでしまっている方でもその考えが消し飛びます! 』

61本完売。ありがとうございます〜※’17は再入荷不可能!

「2019.3月下旬に飲みました。DIAM5コルク。紫色の弱い明るいルビー色。例年よりキレのある酸とキレイな赤い実の果実で樽香も控えめ。アタックは一瞬ブルゴーニュ初心者にとっては酸っぱい酸か?と思いきや旨味を伴うほのかな甘みが同時にあり結局のところ甘酸っぱいおいしさ。決して濃くなく薄くなくいい感じに甘酸っぱさを極めているバランス(笑)あまりの心地よさに杯が進むがおいしくて飽きない酔わない。完熟ミニトマト、アセロラ、胡椒などの香り。凝縮感は’16の方が上だが、’17の方がアフターに酸が伸びてこちらの方が優れていると判断するブルゴーニュ通の方は多いでしょう。それにしても半端じゃないお買い得感!抜栓の2日後までまったく落ちない。抜栓の3日後もまだ楽しめる」

アルコール13%




Domaine Philippe Jeannot, Santenay Vieilles Vignes '16

ドメーヌ・フィリップ・ジャノ、サントネVV・ルージュ’16

税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

67本完売!ありがとうございました

「2018.9月下旬に飲みました。DIAM5コルク。ACブルゴーニュの値段で買えてしまうサントネ。よく凝縮してほのかに甘いチェリー、控えめな樽、少しスパイス、ミネラルなどのよい香り。果実味豊かで、コクがありつつバランスがよく酸とミネラルが低くない。’14を飲んだ時より少し甘いが、あくまで甘酸っぱいイメージでクドさはなく非常に杯が進む飲み頃NOW〜。コクはあるが重すぎないところも好印象。自分の中ではリュシアン・ミュザールより好み。非常によく出来ておりお買い得感もかなりある。抜栓の次の日も非常においしい。香りが少し開いてキレイな赤い実の果実というイメージになった。何故いまだに無名?」

アルコール13%

’15 Wine Enthusiast 90点

バリック10-12ヶ月

海抜約400mにある単一区画

樹齢50年以上!

熟した赤系果実の豊かな香り。押しが強く荒削りなワインが多いとされるサントネだが、しなやかな果実、クリアな酸、細かなタンニンを備えた味わいは非常に女性的。余韻にかけてじわりと広がる旨みが心地よい。
(輸入元さんコメント)

’15 24本完売。

’14 24本完売。


行政区画上の県としてのコート・ドールの最南端の村となるサントネは、生産されるワインの85%が赤という、赤主体のアペラシオンである。かつての評価は今よりもはるかに高く、19世紀前半には現在の約1.5倍となる500ha近い畑からワインが造られ、ヨーロッパ各地で楽しまれていた。今日では、その栄光は忘れられがちだが、シャサーニュ・モンラッシェの丘陵から地続きの地勢や、コート・ド・ニュイに似た地層を持つサントネが、ブルゴーニュが誇るピノ・ノワールの銘醸地であることは疑いようがない。
マット・クレイマーは著書の中で、サントネはおいしい赤の産地であり、その価値は食事との相性での中ではかられるべきだと述べている。


素直な果実の風味を追求

1995年に設立されたフィリップ・ジャノは、所在地こそ近隣のサン・セルナン・デュ・プランとなるが、サントネを中心にワインを手掛けるドメーヌである。
設立者のヴァレリーとフィリップ・ジャノ夫妻は、彼らの叔父の一人が運営する醸造所で醸造家として働きつつ、ワイン造りのノウハウを学び、少しずつ畑を買い足し、独立を果たした。現在では、所有畑は10haまで広がり、2人の息子のカンタンもワイン造りに参加している。

栽培では土壌の自然なバランスを尊重し、リュット・レゾネを採用。殺虫剤などの薬剤の使用は最小限に抑え、畑の余分な雑草は除草剤ではなく草刈り機で除去する。

また、収量制限のために、全ての区画でグリーン・ハーヴェストや除葉を実施している。健全でクオリティの高いブドウを得るためには、1年365日、畑仕事は欠かせないという。

醸造面では抽出はあくまでソフトに行い、単純な濃さではなく、素直な果実の風味を追及している。畑とセラーで計2回選果した後、基本的に完全除硬したブドウをステンレスタンクで約1週間低温浸漬させ、自然酵母で10-14日間アルコール発酵。低い圧力でプレスした後、バリックで10-12ヶ月間熟成させる。

温泉地としても知られるサントネは、きらびやかな発展を遂げる前のコート・ドールの風景を思い起こさせる村ともいわれる。フィリップ・ジャノのワインはまさしく、古き良きブルゴーニュの面影を今なお残すサントネそのものの味がする。どこか素朴な雰囲気が漂う、素直なおいしさを備えた香り高いピノ・ノワールだ。彼らのサントネは、「望み通りのピノらしいサントネ」というコメントともに、初掲載のギド・アシェット2015年度版で1ツ星を獲得している。
(輸入元資料より)


2021/10/6(水)アップ〜蔵出しイヴ・ジラール・マドゥーNV再入荷

2020/12/16(水)アップ〜蔵出しイヴ・ジラール・マドゥー’18シニャン最後の再入荷!


まだまったく無名で非常に優れた生産者発見!!!












 


※ジュラをこのページに載せている関係上、
サヴォワもこのページに載せます。



2000年より実質ビオロジックの極めて厳格なリュット・レゾネ栽培。
2018年に「HVE level3(最高段階)」の認証取得!




Yves Girard-Madoux, Chignin '18

イヴ・ジラール・マドゥー、シニャン’18
(サヴォワ・辛口白)


税別¥2100

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

61本完売。ありがとうございました〜※’18は再入荷不可能!

「2020.7月下旬に飲みました。Nomacorc selectgreen100 100%recyclable。最近試飲したサヴォワのジャケール主体辛口白7種類の中でこれがダントツ一番おいしく驚異的なまでに価格を超えていました!まだ無名なのが不思議すぎる?明るいイエロー。ピュアでナチュラル。青リンゴ、ナッツ類、ハーブ、ミネラルなどの若干オイリーで艶のあるよい香り。果実味豊かで、みずみずしく上質な酸とミネラル、厚みとエキス感があり、超キメ細かい苦みと塩ミネラルが残る長い余韻。旨味とミネラルたっぷりで上質。緩くない骨格で極めて高い完成度、相当に安く感じられるまだ無名な超お買い得品!13リュンヌのアプルモン’18が好きだった方は絶対に勝ったほうがよいです。抜栓の次の日〜2日後まで最高においしい」

アルコール12.5%

AOC Vin de Savoie Chignin

実はかなり昔から優れたワインができる畑とされています!

クリュ「シニャン」からのジャケール100%による白ワイン
3ha。粘土石灰質土壌。
平均樹齢25年。ステンレスタンクで醸造




Yves Girard-Madoux, Cremant de Savoie Brut NV

イヴ・ジラール・マドゥー、クレマン・ド・サヴォワ・ブリュットNV
(サヴォワ・辛口白泡)


税込¥3520(税別¥3200)

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
65本以上完売!ありがとうございました

「2020.7月下旬に飲みました。ポール・フンブレヒト、クレマンダルザス‘11やドン・ジャッキーノ’16に迫るレベルで本当に滅多にないシャンパーニュに勝てる場合もあるクレマン。わりと艶と厚みのある果実味、コク、ミネラル、余韻、個性があり酸不足がなく緩くなく、冷やしすぎないほうがよりおいしい。そしてドサージュ量と酸味のバランスがよいためアフターの抜けとバランスがよくずっと飲み続けていても飽きない上に食事に幅広く合わせやすい。みかんの缶詰、花、安っぽくない青りんご、ミネラルなどの香り。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

ジャケール95%、アルテス5%
樹齢5〜70年。2年間以上ビン熟成
MCR(濃縮ブドウ果汁)によるドザージュは4g/l




Yves Girard-Madoux, Pur Jus de Raisin Blanc Petillant NV

イヴ・ジラール・マドゥー、ピュール・ジュ・ド・レザン ブラン ペティヤンNV
(サヴォワ・微発泡甘口ジュース)


税込¥2052(税別¥1900)

<売り切れ>おすすめ!

※TAX8%対象
オリーブオイルと同じでお酒じゃないのでTAX8%となります。
賞味期限2022年11月

「2020.7月初旬に飲みました。お買い得という言葉を使っていいかどうかはわかりませんが、これはおいしい。ピュアな果汁プラス、ニンジン、香草入り滅茶苦茶おいしい野菜ジュース的なよい香り。わかりやすいようにあえて言えば<ポールジロー スパークリング・グレープジュース(高級コニャック用のユニブラン種、無添加)>よりも少し甘さ控えめで、甘さ以外の味がちゃんとあって非常によい出来。バランスよくおいしく子供でも飲めるし、シャンパン・ストッパーをしておけば抜栓後4〜5日後までまったく落ちない」

ジャケール100%の発泡性ぶどうジュースです。「収穫したぶどうをプレスして低温殺菌し、フィルターをかけ、炭酸ガスを注入して出来上がりです!添加物は何も使用していません」(イヴ・ジラール・マドゥー)。現在販売中ものは、2017年産100%です。


収穫はすべて手摘み。白は除梗しない。天然酵母のみで発酵。ステンレスタンクを中心とした清潔な醸造

販売先
フランス国内95%(地元サヴォワやパリの多数のレストランやビストロ、個人のワイン愛好家)、輸出わずか5%(EU各国)


サヴォワ地方南部、「ヴァン・ド・サヴォワ」の17のクリュのひとつでもあるシニャン村にて1960年代にぶどう栽培を開始した家系で、1988年以降、4代目のイヴ・ジラール・マドゥーが運営しています。
 2000年より、すべての畑で実質ビオロジックの厳格なリュット・レゾネ栽培を開始。「畑仕事をすればするほど、ワインは美味しくなる」というフィロソフィーのもと、イヴは1年の大半を畑で過ごしています。

 手工業的に造られるワインには、造り手の人格が反映されます。いつも穏やかで笑みを絶やさず、地域の多くのヴィニュロンから慕われる彼のワインは、口当たりしなやかで、滋味溢れるもの。白眉であるたっぷりとしたミネラルも、刺激するのではなく、ふんわりと包み込んでくれるように心地よいものです。
 51軒ものミシュラン星付きレストランを抱えるフランスきっての美食の地サヴォワにあって、彼のワインはシェフやソムリエたちを魅了し続け、また、評判を聞きつけたパリのソムリエたちからのラブコールにも応えて、多数のレストランやビストロのワインリストを飾っています。
 そのため彼のワインは完売中のことが多く、輸出に至っては全生産量の5%ほどしかないのですが、フランスに決してひけをとらないわが国の美食にも大いに関心を持ってくれていますので、少しずつ、輸出量を増やしてくれることと思います。
(輸入元資料より)


2021/5/13(木)アップ〜蔵出しジャン・ペリエ’19再入荷!

2020/7/18(土)アップ〜蔵出しジャン・ペリエ’19NV


優れたジャケールができる代表的産地『 アビム 』!







 


※ジュラをこのページに載せている関係上、
サヴォワもこのページに載せます。




Jean Perrier, Savoie Abyme Cuvee Gastronomie '19

ジャン・ペリエ、サヴォワ・アビム・キュヴェ・ガストロノミー ’19
(サヴォワ・辛口白)


税込¥1870(税別¥1700)

<売り切れ>おすすめ!

スペクテーター・オンライン91点!
(NOW〜2023年)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
36本完売。ありがとうございました

「2020.6月上旬に試飲しました。みかんの缶詰、白い花、ミネラルなどの香り。みずみずしくあっさり夏向きのタイプだが、質のよい果実味と塩ミネラルがあり、ちょうどよい酸、シンプルではなく価格以上に楽しめる上によい個性。名前の通り幅広く食事を生かしそうなタイプ。さすがアプルモンとアビムはおいしいワインが多いですね!」

アルコール11.5%

サヴォワを代表する品種:ジャケール100%

’18 3つのコンクール(フランス)で金賞受賞!

’18 スペクテーター90点
’17 スペクテーター89点

’18 Wine Enthusiast 88点

フルーティーでミネラル豊な味わい
ジャケールはサヴォワの典型的な葡萄品種で、他の土地ではほとんど栽培されていません。心地よいミネラルと果実味が感じられる品種です。このワインはレ マルシュ、シャパレイヤン、そしてミヤンの村の葡萄を使っています。土壌は粘土石灰質です。手摘みで収穫します。ニューマティックプレスで圧搾し、20度に温度管理したタンクでデブルバージュします。3週間発酵させます。熟成はステンレスタンクで2ヶ月行います。ホワイトゴールドと緑の色合い。新鮮なアーモンドとセイヨウサンザシ、柑橘系の果物の香り。親しみやすい口当たり、いきいきとして、ミネラルが感じられ、丸みを帯びた心地よい果実味のあるフィニッシュとオレンジの香り。躍動感と丸みと果実味がバランス良くまとまっています。シーフード、焼き魚、サヴォア料理などに合い、食前酒として最適です。
(輸入元さんコメント)




Jean Perrier, Cremant de Savoie Brut NV

ジャン・ペリエ、クレマン・ド・サヴォワ・ブリュットNV
(サヴォワ・辛口白泡)


税別¥2200

<売り切れ>おすすめ!

最新デカンター・オンライン91点!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2020.5月下旬に飲みました。果実味豊かで酸も低くなく、程よいうまみとミネラルでやっぱりサヴォワのジャケールおいしい。飲み続けていても結構飽きずに幅広く食事にも合います。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール%

ジャケール85%、シャルドネ15%

クレマン ド サヴォワは2015年9月にAOCに認定されました。クレマンの産地としては8番目に認められたエリアになります。手摘みで収穫し、さらに人の手で厳しく選別し、注意深くゆっくりとプレスします。ベースワインを発酵させた後、瓶内二次発酵を行います。最低12ヶ月以上熟成させています。豊かな果実味があり、しっかりとした個性が感じられます。
(輸入元さんコメント)


「ワインスペクテーターTOP100」に選出されるサヴォワの実力生産者

1853年 カセラン ペリエ(Catherin Perrier:1820年生まれ)は、サンタンドレ レ マルシェにセラーを購入しモン グラニエの山の麓で葡萄栽培を始めました。その後、引き継いだ息子のクロード=エミリー ペリエ(Claude-Emilie Perrier)は新たにセラーを購入し、フィロキセラ禍で失われた葡萄畑を再開しました。葡萄栽培者であり営業でもあった彼は、造ったワインを騾馬にひかせてカフェの店主たちへと売り歩いきました。
1920年クロード=エミリーの息子、ジャン ペリエ(Jean Perrier)が引き継ぐと、葡萄畑とセラーを拡張し、その後ジャンの息子、ジャン=ヴィクトール ペリエ(Jean-Victor Perrier)時代には、サヴォワで最初にボトル売りをするワイン生産者となりました。
1964年 ジャン=ヴィクトールの息子であり、現オーナーのジルベール ペリエ(Gilbert Perrier)が引き継ぐと、ボトリングラインに投資を行い、1時間あたり2,000本のワインがボトリング可能となり、生産量が増えました。その後もワイナリーに意欲的と投資を行い現在は1時間あたり6,000本ボトリング可能な設備を所有しています。現在は、ジルベールの息子3人、フィリップ(Philippe)、クリストフ(Christoph)、ジレ(Gilles)が中心となってワイン造りをしています。
(輸入元資料より)

<評価>
評価 ヒュー ジョンソン「ポケット ワイン ブック2019」で、アビム、アプルモンの試すべき生産者として掲載。


2021/6/11(金)アップ〜蔵出しドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ’20ペットナット

2020/6/27(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ’18最後の再入荷


優れたジャケールができる代表的産地『 アプルモン 』!









 


※ジュラをこのページに載せている関係上、
サヴォワもこのページに載せます。





上記画像は名産地『 アプルモン 』冬の景観

いきなり素晴らしくおいしい新ワイナリー!
印象的な質感とエキス・ミネラル!




Domaine des 13 Lunes, Pet Nat 13 Bulles ('20)

ドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ、ペット・ナット 13 ビュル(’20)
(フランス・サヴォワ・辛口白泡)


税込¥3300(税別¥3000)

<売り切れ>おすすめ!

「2021.6月上旬に飲みました。しっかり冷やした方がおいしい暖かい季節向きタイプ。少し濁りのある中程度のイエロー。ガス圧弱めの飲み頃NOW〜。ナチュラルだが、変な癖はなく、ガムシロップを入れずに少量の生姜を入れたレモネードみたいな雰囲気があり、みずみずしくドライで若干スパイシーなおいしさ。ちょうどよい酸、コクと厚みではなく心地よさ。抜栓の次の日も非常においしい。ほのかな甘味が出て中辛の高級シードル的な非常に杯が進む味になった。最後の1杯だけ多めに澱が残るので注ぎ方に気を付けてください」

アルコール10.5%
王冠キャップ
デメテル、ABマーク、ユーロリーフあり!

ポルト・ド・サヴォワ村産のジャケール100%

樹齢40年以上!

粘土石灰質土壌。除梗しない。
ステンレスタンクで発酵開始後、6ヶ月間瓶内熟成。SO2不使用






Domaine des 13 Lunes, Apremont '18

ドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ、アプルモン’18

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

100本完売!!!ありがとうございました〜※’18は再入荷不可能!

「2020.3月中旬に飲みました。明らかに亜硫酸少ないトップノーズで味わいもナチュラルでミネラリー。ビオ認証マークがないのは畑自体はすでにビオロジックだがこれから認証を取得するから。もっと高価なシュナンブラン的なニュアンスがあり、かなりお買い得な飲み頃NOW〜。擦りおろしたリンゴ、ミネラルなどの香り。質感に優れたワインで、果実味豊か、うまみとミネラルがとても豊富、この価格帯としては明らかに複雑。酸はキレていないが低くもなくバランスよく杯が進む。短時間ですぐに上質な粘性が出てエキス感も増す。これは大発見!抜栓の2日後までまったく落ちない。食事も幅広く生かしそうなタイプだが、単体で飲み続けてこれほど全く飽きずに楽しめる白はこの価格帯では珍しい。実際に同時に飲み比べた税別¥6000のブルゴーニュ白よりもおいしく感じられた」

アルコール11.5%

AOP Vin de Savoie

クリュ「アプルモン」からのジャケール100%
2ha。粘土石灰質・泥灰土質土壌
平均樹齢50年以上!

グラスファイバー製タンクで発酵後、6ヶ月間熟成
華やかな香りと豊かな果実味が特徴


2016年の創業時よりビオロジック栽培およびビオディナミ。
2020年に「AB」と「demeter」の認証取得予定

白は除梗せず、赤は除梗100%。天然酵母のみで発酵。

仏ミシュラン3つ星「ル・フロコン・ド・セル」をはじめとする多数のレストランで扱いあり!


グラニエ山麓のシャパレイヤン村に2016年に創業した、超新星自然派ドメーヌです。

継承する畑を持たなかったシルヴァン・リオタールは、DRCやルフレーヴらにビオディナミを伝授した巨匠ピエール・マッソンの実子にして後継者、ヴァンサン・マッソンにビオディナミを師事した後、錚々たるアペラシオンの古畑畑を購入する幸運に恵まれ、「ドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ」を設立しました。
13の月というドメーヌ名も、ビオディナミの基本となる月の運行に由来しています。大地、海、そして動植物の活動は月のリズムに連動しており、私のすべての仕事もこのリズムに対応させています」。

合計5.65ヘクタールの畑にはジャケール、アルテス、モンドゥーズといったサヴォワ主要品種の古樹が輝き、「クリュ・アプルモン」「クリュ・アビーム」「ルーセット・ド・サヴォワ」といったフラッグシップ以外にも、意趣あふれるラインナップを展開しています。

51軒ものミシュラン星付きレストランを抱えるフランスきっての美食の地サヴォワにあって、彼のワインはファーストヴィンテージから大きな話題となり、3つ星「フロコン・ド・セル」を筆頭に多数のレストランのワインリストを飾っています。
偉大なヴィニュロンのオーラを早くも纏いはじめている彼のワインは、豊潤にして深奥。サヴォワ特有の控えめなアルコール度数も相まって、日常の食事から究極的美食まで、純然たるマリアージュの悦びを提供してくれます。
(輸入元資料より)


2021/2/17(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・ジャッキーノ’16ドン・ジャッキーノ再入荷

2020/4/11(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・ジャッキーノ’18


ビオで亜硫酸極小なのにクリーン。ここも秀逸なジャケール!














 


※ジュラをこのページに載せている関係上、
サヴォワもこのページに載せます。




Domaine Giachino, Monfarina '18

ドメーヌ・ジャキーノ、モンファリーナ’18

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税込¥2860(税別¥2600)

<あと2本>絶対おすすめ!

MVF(旧クラスマン)2020年度版14.5/20グラス

18本完売。

「2020.2月上旬に飲みました。去年から当店が流行らせようとしているブドウ品種『 ジャケール 』かなり上質で複雑。わずかにタンニンが感じられる場合もあり、クリーンなビオのシュナンブランがお好みな方にも最適。コンディションが最高レベルの場合は特に透明感と高貴なニュアンスが余すところなく表現される。今はまだ安くかなり上質なものを買うことが出来ます。個性もある上に価格以上で、今後、絶対にメディア注目のブドウ品種となることでしょう。明らかに亜硫酸の少ないピュアでミネラリーなトップノーズ。擦りおろしリンゴ、ラ・フランス、キウイ、ムスク、ミネラルなどの高貴系で少し涎が出て食欲が増すニュアンスのあるよい香り。熟して果実味もあるが、酸がしっかりしているので焦点は定まっている。時間とともに少し塩味を感じてくるオレンジジュース的なよい酸。抜栓の2日後までまったく落ちないし、揮発酸なども出ない。抜栓の6日後もおいしい。お買い得感はジャッキーノの中でこの銘柄が一番かもしれない」

アルコール11.5%
デメテル、ユーロリーフあり!

AOC Vin de Savoie
ジャケール85%、ヴェルデス(近年ごく一部の生産者が復興を進めているサヴォワの古代品種)15%。粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。ステンレスタンクとグラスファイバータンクで発酵後、6〜10ヶ月間シュール・リー熟成。




Domaine Giachino, Giac' Bulles '18

ドメーヌ・ジャキーノ、ジャック・ビュル’18

(フランス・サヴォワ・やや辛口白泡)


税別¥3100

<売り切れ>おすすめ!

「2020.2月中旬に飲みました。ほとんどロゼの色調ですが、色を出している白泡です。ややこしいですが(笑)トップノーズはほとんどビュジェ・セルドン・ロゼのような艶やかベリーと洋ナシネクターのよい香り。エキスとミネラルがあり、ビュジェ・セルドンほどは甘くないものの中辛くらいの甘みがあり。甘さがあることで酸はモンファリーナ’18ほどキレがないように感じられる。ガス圧は弱い癒し系。泡の質自体は当店に届いた日に開けてしまったこともありそこまでキメ細かくはないがおいしく、ナチュール入門・ワイン入門にも向いているかもしれません。抜栓の次の日も非常においしい。少し向上したと思う。わりとしっかり冷やしたほうがおいしい」

アルコール9%
デメテル、ユーロリーフあり!

泡弱く、残糖もあるナチュラル癒し系
IG Mousseux。アンセストラル法によるスパークリングワインです。ジャケール100%。粘土石灰質土壌。平均樹齢40年のVV。ステンレスタンクとグラスファイバータンクで醸造。アルコール度数が6度に達したところで0度まで温度を下げて発酵を停止し、無清澄・ノンフィルターでビン詰めした後、自然な温度上昇によって発酵が再開され、約4ヶ月間かけて、発生する炭酸ガスを閉じ込めるものです。アルコール度数は約9度。収穫からビン詰めに至るまで、SO2は不使用

’16 ファルスタッフ 91点




Domaine Giachino, Don Giachino '16

ドメーヌ・ジャキーノ、ドン・ジャッキーノ’16

(フランス・サヴォワ・辛口白泡)


税込¥3850(税別¥3500)

<あと6本>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2020.2月中旬に飲みました。ジャック・ビュルとはだいぶ違う色と味。こちらは亜硫酸量こそ少ないトップノーズだが正統派の酸と骨格と余韻のある辛口。もし点数評価をするならこちらの方が高得点になるが、癒しと心地よさを求める場合はジャック・ビュルの方が適している場合も多くあり、そこが点数評価の良くないところ。それにしてもやっぱりジャケールは泡にしてもおいしいなぁ〜。旨みとミネラルも充分で飲み飽きない。ベーコン・エピ(食べる直前にオリーブオイルかけたもの)にもちょっと相乗効果出るくらい合う。抜栓の次の日も非常においしい。少しうまみ塩ミネラル増したように感じられるバランスとなった ※亜硫酸極小ではなく不使用なのにすごく安定したよい品質!」

アルコール12%
ナチュール・エ・プログレ、ユーロリーフあり!

ドライでしっかり
AOC Cremant de Savoie。シャンパーニュ方式によるスパークリングワインです。ジャケール100%。粘土石灰質土壌。平均樹齢30年。ステンレスタンクとグラスファイバータンクで醸造。2年間以上ビン熟成。ドザージュはゼロ。収穫からビン詰めに至るまで、SO2は不使用

 

南サヴォワの地で、数世紀にわたって様々な農業を営んできたジャキーノ家は、1988年に家業を継いだフレデリック・ジャキーノによってぶどう栽培専業となり、「ドメーヌ・フレデリック・ジャキーノ」を設立してワイン造りを開始しました。
 2006年、各地での栽培・醸造の長い修行を終えた弟のダヴィッドが帰還。彼を中心として同年より開始したビオロジック栽培および自然派の醸造法によってドメーヌは次なるステージを迎え、2008年、正式に「ドメーヌ・ジャキーノ」に改編して新章をスタートさせました。

 2010年以降、すべての畑はビオディナミに転換され、2017年に「demeter」の認証を取得しています。醸造の極意は、「le plus simple possible (極力シンプルに)」。天然酵母のみによる全房発酵、澱引きをしないシュール・リー熟成、最小限のSO2使用といったミニマル醸造によって、ぶどうのポテンシャルを満開にしています。
 「仕事は、人生の喜びそのものです。畑の中で、いつも幸せを感じながら仕事をしています」
(ダヴィッド・ジャキーノ)。
 比類なき自然派サヴォワの巨星が贈る、人を幸福感に包み込むようなワインです。
(輸入元資料より)

ビオディナミ。2008年に「ECOCERT」の認証(ビオロジック)取得、
2017年に「demeter」の認証(ビオディナミ)取得

天然酵母のみで発酵。除梗はせず、すべて全房発酵。ステンレスタンク、グラスファイバータンク、バリック及びフードル(228L、500L、3000L、6000L)、及びアンフォラによる醸造。SO2はビン詰め時のみ使用(一部、ビン詰め時も含めて一切未使用の作品もあります)

「ずっと完売状態で、ワインメディア等にこちらからサンプルを送ることはできません」
ということで、あまりメディアに出てきません。

基本的にアルマン・ルソーやマルセル・ダイスなどと同じトレスカーズ製コルク(高品質でリサイクル可能)を採用



2019/12/27(金)アップ〜蔵出しドメーヌ・ザルドワジエール’16

真にナチュラルな味わい!秀逸なジャケール!









 


※ジュラをこのページに載せている関係上、
サヴォワもこのページに載せます。




Domaine des Ardoisieres, Cuvee Argile Blanc '16

ドメーヌ・デ・ザルドワジエール、キュヴェ・アルジル・ブラン’16

(フランス・サヴォワ・辛口白)


特価・税別¥3600



輸入元定価・税別¥4,500

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷すると値上がり致します。
すでにお客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2020年度版16/20グラス
(サヴォワの2つ星トップ生産者!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版15.5/20点
(サヴォワの3つ星トップ生産者!)

36本完売。ありがとうございました
ロウキャップ

「2019.11月下旬に試飲しました。ロワールのおいしいシュナンブランが最近高価で味のばらつきも激しいので、予想以上においしかったこちらを買いました。凝縮感と厚みよりもコンディションがよくピュアでナチュラルな高い完成度とよいバランス・心地よさが素晴らしい。かなり凄いワインだ!ロワールの同価格帯でこれ以上のものを探すのは非常に困難。あくまでみずみずしくエキスとミネラルが豊富で余韻がある。ビオのジャケールおいしいもの多くて嬉しいが、ストレートにピュアさとエネルギー感が伝わるためには素晴らしいコンディションが大前提!」

’10 パーカー92点

【品種】ジャケール40%、シャルドネ40%、モンドゥーズ・ブランシュ20%

【畑立地】西向きの斜面  【土壌】片岩泥灰、粘土石灰質
【仕立て】ギュイヨ、コルドン・ド・ロワイヤル
【収量】40hl/ha
【発酵】(1/3)3〜5年使用のバリック、(2/3)タンクにて、野性酵母による自然発酵
【熟成】9カ月
【年間生産量】2万5000本 5年程熟成可能です。食前酒として、また魚やチーズとの相性が良い。
アルコール度数:11.0%

モン・ブランを見渡せるスイス国境に隣接した、サヴォワ地方の小規模ドメーヌです。ドメーヌの所有する畑の歴史をたどると、最初の植樹はなんとローマ時代に遡ります。その後野放しの状態になり長い年月を経て森の一部と化していましたが、1998 年、数人の情熱溢れる青年たちの手により畑は再生し、「ドメーヌ・デ・ザルドワジ エール」が設立されました。 2005年にはシャンパーニュの造り手であるブリス・オモン氏が醸造の舵を取るようになり、現在ではフランスの有力生産者の一人として高い評価を受けています。

【畑立地】フレトリーヴ村を見下ろすほど標高が高く、岩石の多い急な傾斜
【畑総面積】17エーカー
【畑】@「Cevin(スヴァン)」
地質;雲母片岩、巻雲母片岩、泥土を含む砂質要素の変成岩
密度;8,000株/ha  仕立て;ゴブレ  収量;25hl/ha
A「St.Pierre de Soucy(サン・ピエール・ド・スシー)」
地質;ジュラ紀の片状泥灰、粘土石灰要素の堆積岩
密度;5,000株/ha  仕立て;ギュイヨ・サンプル、コルドン・ド・ロワイヤル
収量;40hl/ha
【栽培】ビオディナミ
【栽培品種】アルテス、ジャケール、モンドゥーズ、ガメイ、ぺルサン

ブリス・オモン氏の造るワインは個性的で、畑の土壌の特徴を顕著に反映するような、火打石のニュアンスを感じさせる豊かなミネラルと、非常に澄んだピュアな味わいが特徴的です。
【収穫】全て手摘みで行い、丹念に選別
【醸造】白ワイン:品種ごとに分けて優しくプレスし、低温で軽くデブルバージュ。バリックにて野性酵母による自然発酵。終始マロラクティック発酵は行いません。キュベにより、9〜12カ月バリックで熟成。軽くろ過した後、滓引き、瓶詰。
(輸入元資料より)


2022/1/7(金)アップ〜蔵出しドメーヌ・ファニー・エ・ヨアン・カヴァニャ’19

2020/10/3(土)再入荷〜蔵出しドメーヌ・ファニー・エ・ヨアン・カヴァニャ’18

真にナチュラルな味わい!秀逸なジャケール!








 


※ジュラをこのページに載せている関係上、
サヴォワもこのページに載せます。




Domaine Fanny & Yoan Cavagna, Chassez le naturel VdF '19

ドメーヌ・ファニー・エ・ヨアン・カヴァニャ、シャスル・ル・ナチュレ‘19

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税込¥2200(税別¥2000)

<売り切れ>絶対おすすめ!

24本完売。ありがとうございました

「2021.11月に飲みました。’18はやわらかい癒し系の雰囲気でしたが、’19はもう少しキレとコクがありやはり明らかに価格を超えた満足度でスタイルも秀逸。コンディション抜群のピュアでナチュラルなおいしさはそのままミネラル感も強く、この価格にして余韻が短くない。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール11%
ユーロリーフあり!




Domaine Fanny & Yoan Cavagna, Chassez le naturel VdF '18

ドメーヌ・ファニー・エ・ヨアン・カヴァニャ、シャスル・ル・ナチュレ‘18

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税込¥2200(税別¥2000)

<売り切れ>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
94本完売!ありがとうございました

「2019.5月末に試飲しました。亜硫酸の少ないトップノーズ。ピュアで真にナチュラルな全体像。果実と質感に優れ、コンディションよく酸とミネラルの質もよく複雑性すらある。最近ロワールのヴァン・ナチュールが高い上にばらつきが激しいので、本当にこういうワインを待ち望んでいました!!!明らかに価格を超えた満足度でスタイルも秀逸」

アルコール10.5%

ABマーク、ユーロリーフあり!

(...il revient au galop...) 「性格は変わらないものである。(本性は追い払ってもすぐ戻ってくる)」

品種:ジャケール100%

樹齢 50〜100年!

地域:アプルモン 土壌:粘土石灰堆積岩

栽培方法:ビオロジック(エコセール認定)

醸造:天然酵母。ファイバー製、もしくは、ほうろう引きの鉄製タンクにて発酵。
MLF なし。樽熟なし、瓶熟なし。ボトリングまでタンクにてシュール・リー。
瓶詰前に軽くフィルター。

味わい:フルーティーで程よい酸味。シトラスや青りんごのアロマ。さわやかな印象であるが甘さを感じる果実感。少しの野性味。



ワイン造りと販売に関するあらゆる作業を Fanny & Yoan Cavagna/ ファニーとヨアンのカヴァニャ夫妻が二人で行う。夫のヨアンは耕作、接ぎ 木、下草の刈り取り、病気予防のための作業、醸造、などを行ない、 冬季になるとスキーのインストラクターの仕事をする。妻のファニーはタイエなど冬の間の仕事を請け負い、春先の下草の刈り取りなども手伝い、 販売や事務系の仕事もこなす。元々は二人ともスポーツ関係の仕事についていたのだが、突然ワイン造りに目覚め、サヴォワのワイナリーで経験を積んだあと、2013 年に 1.5 haのオーガニック栽培の土地を借りてワイン造りを開始。2012 年生まれのマルゴーと 2015 年生まれのソランという小さな子供が二人居たので、オーガニックは必須条件だった。
その後 2016 年には3haの 畑を持つに至る。栽培している品種は、サヴォワの地場品種とされるジャケール、ガメイ、モンドゥーズ。現在、辛口白、遅 摘み白、ロゼ、赤ワインを造っており、2016 年の総生産量は 1 万 3000 本。
テロワールを尊重し、洗練された本物のナ チュラルワインを造ることを目指してきた。そして 2015 年から AOC Savoie ではなく Vin de France でリリースする事に決めた。その理由は伝統的なサヴォワワインとは異なるヴィジョン、味わいを提示したかったのと、本気でオーガニックワイン造りに取り組みたかったので、その妨げになるような仕様書に縛られたくなかったという。

<栽培について>
テロワールと環境を尊重し、生物多様性を守ることを目指して農作業を行 なってきた。2013年から認証を持つ畑を借りており、その後拡張した畑も転 換中。やわらかく、空気を含んで生きた土を作るために、畑を耕し、掘り起こし、土寄せする。土が硬くならないように、耕作機械はできるだけ使わない。 手作業を増やすことで、ブドウ樹の様子も手に取るようにわかる。気候によっ ては銅と硫黄で病気を防ぐのだが、その量もできるだけ減らすために海藻を使っているが、いずれは植物の煎じ汁やハーブティなども使いたいと考えている。土を活性化させるために、オーガニックのたい肥なども活用している。畑の土とブドウ樹を守るためにブドウは手摘みする。

<醸造について>
酸と糖のバランスが取れた、軽く、優しく、フルーティな味わいのワインをめざす。 醸造はできるだけシンプル。ワインは自然に醗酵を始め、自然に止まる。シュ ール・リーにて熟成する。その後、ス―ティラージュを行ない、フィルターをかける。すべてのワインには醗酵開始時と瓶詰時に SO 2 を添加しているが、極微量。甘口ワインでさえも 14〜20グラス/リットル(閾値はヴィンテージによって異なる)。
(輸入元資料より)


 

2022/3/3(木)アップ〜蔵出しレ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ’16再入荷

上質なサヴォワのシャスラ!









 


※ジュラをこのページに載せている関係上、
サヴォワもこのページに載せます。




Les Vignes de Paradis (Les Vins du Leman), Chasselas Quintessence '16

レ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ (レ・ヴァン・デュ・レマン) 、シャスラ・カンテサンス’16

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税込¥2750(税別¥2500)

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

90本完売!!!ありがとうございました

「2020.3月中旬に飲みました。ブショネの少なそうなコルク。’17が少し揮発酸出ていましたので’15と同等の高品質だった’16を買いました。亜硫酸量は少ないトップノーズだが、香りも味わいも完璧に健全で、相変わらず酸とミネラルのしっかりした上品な蜜の香りのある単体でも価格を超えている上にかなり幅広く食事を生かすタイプのおいしさ。ハチミツレモン、ミネラル、ハーブ、青い梅、オレンジなどの艶のあるとてもよい香り。上品・高貴・複雑なタイプで酸にキレがあり、みずみずしくミネラリーな味わい。ごくわずかな超キメ細かな苦みとうまみを伴う塩ミネラルが残る辛口アフター。ハチミツレモン、ハチミツオレンジの戻り香にうっすらトースト香が混じり非常に心地よい。抜栓の3日後までまったく落ちない」

アルコール12%




Les Vignes de Paradis (Les Vins du Leman), Chasselas Quintessence '15

レ・ヴィーニュ・ドゥ・パラディ (レ・ヴァン・デュ・レマン) 、シャスラ・カンテサンス’15

(フランス・サヴォワ・辛口白)


税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

156本完売!!!ありがとうございました〜※ついに再入荷不可能になりました!

「2018.5月下旬に試飲しました。ブショネの少なそうなコルク。涼しげでさわやか、ややフローラルな中に蜜の風味が同時にある。あとリンゴ、ハーブ、ミネラルの香りも。ピュアでみずみずしく、決して単調ではなく、戻り香を含め非常に心地よく流れるので杯が進む。暖かい季節に最高。北海道産の野菜との相性なども楽しみ」

アルコール12%

シャスラ100%

馬を使って耕作!
低収量35hl/ha

氷河によって堆積した土壌と黄色粘土土壌
レマン湖を望む景観のよいブドウ畑

ヴァン・ド・サヴォワ

2〜3回にわけて手摘みで収穫。時間を掛けて圧搾し、グラスファイバー製タンクとドゥミ・ミュイ500L樽を使用し16度で発酵。熟成期間は7ヶ月。瓶詰め前にごく軽く濾過。一般的に使用されるステンレスタンクはそこにに発生する電磁気の影響を失くすため使用しない。


2008年、レマン湖畔のフランス・スイス国境近くバレゾンにドミニク・ルカによって設立されたドメーヌ。現在、レマン湖南に位置するオート・サヴォワ県のクレピーAC周辺に8ha、そしてブルゴーニュのポマール周辺に2.5ha、計10.5haを所有している。
70年代終頃からドミニクの祖父母は既にボルドー液と硫黄のみを用いた栽培を行っており、彼の叔父も祖父母と同じ栽培法を採っており、80年代初めであってもトラクターさえ使用していなかったという。
家族とワイン造りを行っていたが、自身の理想を具現化できるようドメーヌを興すことを決心。 2008年、Ballaisonに1.06haのシャスラが植えられた区画 ≪ Le Paradis ≫ を取得し、Domaine Les Vignes de Paradisを設立。 2014年、8.5haの地所を取得し、別組織となるLes Vins du Lemanを設立。(Les Vins du Lemanは現在14ha。現在ビオディナミに転換中)

栽培にはビオディナミを採用。(認証は受けていない) 収量を低く抑えるため厳しく摘芽を行い、2012年からはブドウの成熟度をより高めるためブドウ樹の頭頂部(apexと呼ばれる箇所)の剪定・切除は行わず、そのままとしている。
タンクには、一般的に使用されるステンレスタンクはそこにに発生する電磁気の影響を失くすため使用せず、セメントやグラスファイバーなどが用いられている。発酵・熟成にはブドウやワインに合わせて、228Lのバリック、400〜600Lのドゥミ・ミュイ、250Lのアンフォラ、650Lの卵形セメントタンク、ピラミッド形セメントタンクを使い分ける。

熟成は発酵終了後の冬から春にかけてとなっており、熟成時には「豊かさは得られるものの焦点がブレる」としてバトナージュは行わず、「ワインの曇りとる」目的で軽くフィルターをかける。瓶詰め時に、一部のキュヴェを除き極少量のSO2を添加。
(輸入元資料より)


2021/12/10(金)アップ〜蔵出しジェーン・エア’19

2021/4/18(日)アップ〜蔵出しジェーン・エア’18

ついにフランス各メディア絶賛!

2017/10/2(月)アップ〜蔵出しジェーン・エア’15オー・ヴェルジュレスと’15CNV

2017/7/24(月)アップ〜蔵出しジェーン・エア’15’14


話題のカスタムクラッシュによるミクロ・ネゴス!

ピュアでエレガントからのクラシックでしっかりしたタンニンと骨格!











 


メゾン・シャンピィのピエール・ムルジェ氏とコント・ラフォンのドミニク・ラフォンさんがオーナーのコートドール初のカスタムクラッシュによるミクロ・ネゴス!!!

要するに特に優れた醸造家に醸造する機会と場所を与えるというブルゴーニュでは新しい形




ジェーン・エア女史


MVF(旧クラスマン)2021年度版にてついに2つ星生産者に昇格!!!

フランスを代表するワイン雑誌「La Revue du vin de France」(ラ・ルヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス」が、「RVF Grands Prix 2021」を発表し、ブルゴーニュのジェーン・エアが最優秀ネゴシアンに選ばれた。オーストラリア人の受賞は初めてで、女性の受賞も初めて!




Jane Eyre, Cote de Nuits Village '19

ジェーン・エア、コートドニュイ・ヴィラージュ・ルージュ‘19

税込¥6160(税別¥5600)

<あと8本>絶対おすすめ!
超限定品!

VINOUS 88〜90点(ニール・マーティン)

ジャスパー・モリス90点(さらに5つ星ワインに選ばれる!)

MVF(旧クラスマン)2022年度版 89点

「2021.12月上旬に飲みました。’14’15の頃より明らかに大幅に品質が上がっており、まだジェーンさんのワインを一度も飲んだことがない方はこの’19から試すとはずさないでしょう。まずコンディション抜群!味わい部分の艶があるみずみずしさはなかなか他で出会えないレベルのもの。実際、香りには樽のロースト香とナッツ香が少しあるものの。味わいに樽がほぼない。何故?というくらい味に樽が溶け込み切っており一切邪魔していない。完熟の’19でも冷涼感とクラシックを感じさせながら旨味とミネラルを伴いキレイに伸びる酸、少しグリップと骨格はありつつ、艶のある引っ掛かりのない流れ方から極めてピュアなアフター。亜硫酸量も少ない味でセンスある。熟した赤い実の果実、梅シソ、胡椒、ミネラルなどの香り。意外にも飲み頃NOW〜。抜栓の次の日も非常においしい。味の後半と戻り香に樽が出た(笑)また何故?非常においしいことに変わりないが初めての経験。抜栓の2日後も非常においしい。抜栓の4日後もまったく落ちないどころかさらに向上した!旨味たっぷり」

アルコール14%




Jane Eyre, Beaune 1er cru Les Cents Vignes 2018

ジェーン・エア、ボーヌプルミエクリュ・レ・サン・ヴィーニュ・ルージュ’18

税込¥7920(税別¥7200)

<あと8本>絶対おすすめ!

パーカー88点(William Kelley)

ジャスパー・モリス88〜91点

VINOUS 88点


MVF(旧クラスマン)2021年度版 94点!!!
さらにクー・ド・ラネ!!!

「2021.3月上旬に飲みました。‘18でもまったくジャミーではなく、うまみとミネラルをしっかり感じられ、香りもやや華やか。艶のある果実味、酸不足なく、タンニンの質が非常によくグリップ感も絶妙のよい出来。紫色の弱いやや明るいルビー色。わりと華やかな赤い実の果実、胡椒、ミネラル、とても控えめな樽などのよい香り。洗練されてバランスよく上質、今すぐ飲めるが真の飲み頃は2023くらい〜だろうか。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール13.5%




Jane Eyre, Beaune 1er cru Les Cents Vignes 2015

ジェーン・エア、ボーヌプルミエクリュ・レ・サン・ヴィーニュ・ルージュ’15

税込¥7040(税別¥6400)

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!

パーカー89〜91点(2018〜2028年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

ジャンシス・ロビンソン16+/20点


MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス

※すべての値引き対象外となります。

3年半以上経過してかなりおいしくなっているはず!



「2017.7月下旬に飲みました。実際の風味は、新樽25%とか使っていそうな樽香がありつつも、あくまで果実を強調し過ぎていないピュアでエレガントで上品な癒し系の傑出バランス。ただしクラシックさがあり、骨格とタンニンはあるのでリリース直後は基本的に固い。縁が紫がかったやや濃いルビー色。上記ヴォルネイ’14より熟度が高く樽香と黒い実の果実とミルキーなニュアンスがあり、若干陽気な個性。ほのかに甘くてもあくまでエレガントでやさしい癒しも感じられる。この畑としては豊かな果実味、すでにうまみが結構表現されており、ミネラルも低くない、アフターはやはり若干タニックで骨格あり。トップノーズにごくわずかにグルナッシュやモナストレル的な暖かい地域のスパイス香が含まれるが、’15でこの印象ならやはりクラシックなのだろうと思う。ローストしたコーヒー豆、ドライハーブ、黒い実と赤い実の混ざった果実香、スパイス、ミネラルなどのよい香り。抜栓の次の日も非常においしく、少しだけタンニンが溶け込んだ。今飲んでもおいしいが、飲み頃は2019〜だろうか。質がよく造り手の将来性もありそう。抜栓の2日後も非常においしい。まったく落ちないし少し向上した。甘旨エキス増す」

アルコール13.5%

80%除梗、20%全房のまま。新樽率0%。ピジェアージュを1日に3回行った。 2016年は霜害のため収穫はゼロであったという。




Jane Eyre, Savigny Les Beaune 1er cru Aux Vergeless Rouge 2015

ジェーン・エア、サヴィニレボーヌプルミエクリュ・ヴェルジュレス・ルージュ‘15

税別¥6800

<売り切れ>限定品!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

パーカー90点(2018〜2028年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

ジャンシス・ロビンソン17+/20点!


MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス

80〜85%除梗、15〜20%全房発酵

新樽比率約25%




Jane Eyre, Cote de Nuits Village 2015

ジェーン・エア、コートドニュイ・ヴィラージュ・ルージュ‘15

税別¥4600

<売り切れ>

※再入荷不可能!

パーカー87点(2017〜2021年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)


Jamie Goode 93点!!!

MVF(旧クラスマン)2018年度版15/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

100%除梗、新樽比率約25%

1樽のみ発酵前のSO2添加を行ったのみで、他の樽では澱引き前のSO2使用に留めたことから、他のワインに比べてSO2量がかなり低いレベルとなっている。




Jane Eyre, Volnay 2014

ジェーン・エア、ヴォルネイ’14

税別¥6000

<売り切れ>おすすめ!

超限定品!

Jamie Goode 95点!

RVF誌15.5/20点


MVF(旧クラスマン)2017年度版15.5/20グラス

「2017.7月下旬に飲みました。紫色の弱い明るいルビー色。抜栓直後の低めの温度では、湿った花と土の香り主体の落ち着いて少し暗いイメージ。紅茶や中国茶系の香りに時間とともに赤い実の果実が出てくる。樽香はほぼなし。味わいはエレガントで予想よりもクラシック。果実味は穏やかでまだまだかなりのうまみを秘めている印象〜アフターは結構タニックでまだ固い。細身でうまみ多く、余分な甘さがなくミネラリー。抜栓の次の日もおいしい。少しだけタンニンが溶け込んできたがまだタニック。花のような戻り香あり。質は良いので化けると思う。飲み頃は2020〜だろう。抜栓の2日後も非常においしい。まったく落ちないし、うまみを伴うほのかな甘みが出てきて非常に心地よい」

アルコール13%

コント・ラフォンでもドミニク・ラフォンでもヴォルネイを造っているので、そのあたりの畑かな?
サヴィニ1級ヴェルジュレスは、シャンピィの畑かな?と勝手に予想してしまいますね!

’15は、100%除梗。新樽不使用でしたので、’14もおそらく同じでしょう。



Maison Jane Eyre

 オーストラリア メルボルン近郊出身のJane Eyreが手がける新進 気鋭のネゴシアン。

1998年、Domaine Chevrotでブルゴーニュでの修行と研鑽をス タート。2004年に移住し、Dominique Lafon、de Montilles、そし てDomaine Newmanでさらなる修行を積む。
(※他にもフェルトンロード、アタランギ、ドクター・ローゼン、ジャック・フレデリック・ミュニエとすごい修行先!!!、特にコント・ラフォンのドミニクさんの愛弟子という感じのようです!)
その過程でかねてよりあった自らのワインを造りたいという想いを、 2011年についに実現させる。スタートは5樽のSaviny les Beaune 1er Vergeless rougeであった。これを皮切りに、Gevrey Chambertin、Aloxe Corton、Volnayとそのレンジを広げていき、 2014年からはCote de Nuits Villageも加わった。


醸造
 ワインとなってからではなく、全てブドウの状態で買入れ。ブドウは全て手摘みで収穫され、選果。

畑とヴィンテージにより異なるものの、一部は除梗せず全房のま まで発酵へ。発酵前に最低限のSO2を添加。

ヴィンテージと発酵度合いを見定めるものの、発酵中のピジェ アージュとルモンタージュは基本的に1日に2回程度とし、過剰な抽出を抑え、果実味を活かした造りを行っている。

ピジェアージュは、より優しく行うために伝統的な足で行うスタイルを採用。発酵後に圧搾、7〜10 日間ほどタンクでワインを休ませ、樽へ。新樽率は高くても40%。

マロラクティック発酵は通常より早い1月終わり頃までに終了(Cote de Nuits Villageのみ3月)。

樽熟期 間は平均12ヶ月前後。澱引き後、タンクでアッサンブラージュを行い、6〜8週間ほどタンクで休ませた後、 瓶詰め。無清澄無濾過。


2020/9/18(金)アップ〜蔵出し超特価エリック・ド・シュルマン’11

若いうちはまだ少し固いが化けるとヴォルネイ1級クラスの満足度となります!!!

’11の大成功例!素晴らしい!




 


ラック・コーポレーション輸入とファインズ輸入の蔵出し正規品!

’04完売の後、何回もあのおいしかった’04また欲しいと言っていただきました〜!




エリック ド シュルマン、モンテリープルミエクリュ・シュール・ラ・ヴェル・ルージュ’10

(ブルゴーニュ・辛口赤)


超特価・税別¥4200

↑35%OFF!

輸入元定価・税別¥6,400

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2018.8月中旬に飲みました。意外にも中心もすでにオレンジがかった明るいルビー色だが、実際の味わいは例年より凝縮感と骨格があり、果実・酸・タンニンすべてしっかりめなのでやっと飲み頃の入り口に入ったばかりくらいの時期。ヴィンテージ・チャートは言うまでもなく、色にも騙されないでください。クラシックな赤い実の果実、オレンジジュース、ミネラルなどの香りで樽は溶け込んでいる。やはりクラシックで抜栓直後は固い。現時点では傑出の’11には敵わないまでも非常においしく、時間とともにどんどんおいしくなってゆく。温度は今は下げ過ぎないほうがおいしい。抜栓の次の日もまだ少し固いが、食事で溶け込ませることが出来るレベルのタンニン。抜栓の2日後に大きく向上して完全に1万円クラスのヴォルネイ1級(ミタンやシャンパン等の繊細系の個性)的な満足度となった。ほのかな甘みとうまみが明らかに増して飲み頃ピーク入り口的な雰囲気。抜栓の3日後もおいしい」

アルコール13%

’10は、例年より低収量の33hl/ha




Eric de SUREMAIN(Ch.de Monthelie), Monthelie Rouge '11

エリック ド シュルマン、モンテリー・ルージュ’11

(ブルゴーニュ・辛口赤)


特価・税別¥3500

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

62本完売!!!ありがとうございました

「2017.9月下旬に試飲しました。今回のラック試飲会で僕にとってのNo.1銘柄!固くも酸っぱくもなく、明らかにクラスを超えて今すぐ開けてもおいしい。クラシックな造りの良い部分出てる気がしますし、名前でヴォルネイやシャンボールを買うよりかなり高い満足度が得られます。うまみとミネラルが豊富なエレガントタイプの傑出バランス。さすが今は亡きマダム・ルフレーヴがセレクションしたドメーヌ!」

2区画(Les Riottes 1er Cru, Les Barbieres 1er Cru)の1級格下げを含む4区画のブレンド

もっとも高い樹齢で39年

亜硫酸最小限




エリック ド シュルマン、モンテリープルミエクリュ・シュール・ラ・ヴェル・ルージュ’11

(ハーフ・375ml・ブルゴーニュ・辛口赤)


特価・税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

※再入荷不可能!



Eric de SUREMAIN(Ch.de Monthelie), Monthelie 1er Cru sur la Velle Rouge '11

エリック ド シュルマン、モンテリープルミエクリュ・シュール・ラ・ヴェル・ルージュ’11

(750ml・ブルゴーニュ・辛口赤)


超特価・税別¥5400



輸入元定価・税別¥7,300

<売り切れ>絶対おすすめ!

Challenge Millesime BIO 2016年 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

3年半経過してさらにおいしくなっていると思われます!



「2017.9月下旬に試飲しました。今回のラック試飲会で当店社長ダントツNo.1銘柄がこのワイン!珍しく大絶賛しておりました!たしかに超一流生産者のヴォルネイ1級的な明らかに価格を超えた高いレベルで複雑性も余韻もあるが、今すぐ開けるなら開けたては結構固いということだけはご理解ください。うちの社長はラシーヌの合田さんなどと同じくそのワインのもっともおいしい時期をイメージする能力に長けている気がする為、今すぐ開けてのおいしさをそれほど考慮せずガンガンおすすめする場合が多いという認識です(ジャック・カシュー’13エシェゾーの時もそうだった、、、笑)おそらく抜栓の次の日か2日後にはかなりおいしいのではないでしょうか?」

4区画のブレンド

もっとも高い樹齢で51年

亜硫酸最小限




Eric de SUREMAIN(Ch.de Monthelie), Monthelie 1er Cru sur la Velle Rouge '04

エリック ド シュルマン、モンテリープルミエクリュ・シュール・ラ・ヴェル・ルージュ’04

(ブルゴーニュ・辛口赤)


特価・税別¥5100

<売り切れ>絶対おすすめ!

※前から頼んでおいたのですが、ラックさんが同じヴィンテージを再輸入してくれました〜!
ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品!

ワイナート36号 86点(※試飲した時期は2006年のようです)

社長がこのワイン好きすぎてまた買っちゃいました〜!
174本完売!!!〜※ついに再入荷不可能となりました!

「2017.2月中旬に飲みました。当店社長絶賛の1本!ここは基本的にいつもクラシックでエレガント。縁がはっきりレンガがかって中心もうっすらレンガのやや明るいルビー色。飲み頃ピーク入り口付近の印象で、香りとアタックは色気たっぷりだが、アフターにかけてタンニンを含めまだ熟成可能な力強さも感じられる。予想より熟成の早い’04もある中でこれはエグみもなく成功例。このバランスでてんとう虫どうこうとか言い出す方は先入観に負けている(笑)まず香りに青さがなく、スーボワ、プーアール茶などの中国茶、オレンジの皮、きのこ類等の色気たっぷりの香り。落ち着いた果実味、うまみとミネラルは多め。アフターがやや力強いヴォルネイといったイメージでしょうか。抜栓の次の日もおいしい。まったく落ちずに。うまみ増した。出来さえよければこのワインは’13と同じ価格で買える’04なのでお買い得!」

アルコール13%

約5年前に村名モンテリー・ルージュ’05が、当店の常連客さまの間で絶賛の嵐でした〜!


ルフレーヴ家と血縁関係にあるモンテリーの名家

ブルゴーニュらしいモザイク瓦の屋根を持つ瀟洒な城館、シャトー・ド・モンテリー。1722年にモンテリーの領地を手に入れたフランソワ・フロマジョの娘と、その夫、フランソワ・ブリュネ・ダントゥイユによって1746年に建てられた。それから160年近く後の1903年に、この城館を相続したのがアルベール・ド・シュルマン。現当主、エリック・ド・シュルマンの曽祖父にあたる。

エリックの母がピュリニー・モンラッシェのルフレーヴ家出身なことから、日本には故アンヌ・クロード・ルフレーヴによるネゴシアンブランド「CLAC」の1アイテムとして一足先に紹介されたドメーヌ・エリック・ド・シュルマン。お膝元のモンテリーに5.5ヘクタール、コート・シャロネーズのリュリーに5ヘクタールのブドウ畑を所有する。アンヌ・クロードの親類だけに、ブドウ栽培は96年からビオディナミ。2000年に申請し、2003年にエコセール=ABの認証を取得した。

白ワインの醸造では、シャンパーニュのものと同型の木製垂直式圧搾機によるプレスが特徴。空気圧式を使用していた時期もあったが、思い通りのコントロールが出来ず、ゆっくり優しく搾汁可能な垂直式を2000年から再度導入したという。

赤ワインの醸造も伝統的で、木製発酵槽にこだわる。その理由はステンレスタンクやコンクリートタンクと比べ、自生酵母が住みつきやすいためで、市販の培養酵母に頼る必要はまったくないという。原則的に完全除梗だが、ヴィンテージによっては最大30パーセントまで全房。発酵が始まったら日に2回のピジャージュをするのみだ。熟成には近年、35〜70ヘクトリットルの大樽を導入し、一部を大樽、一部を小樽で熟成させている。樽熟成期間は白で15ヶ月、赤で18〜20ヶ月と比較的長い。

出来上がる赤ワインはモンテリーらしいチャーミングな果実味に、緻密なタンニンとピュアな酸味を伴う。リュリーの白もバランスのとれた、柔らかな果実味が素直で心地よい。
(輸入元資料より)


2019/11/4(月)アップ〜蔵出しキャロリーヌ・モレ’17レ・シャン・ガン・ブラン

2018/11/9(金)アップ〜蔵出し特価キャロリーヌ・モレ’15

’14からの新ドメーヌ!

2016/11/20(日)アップ〜蔵出し超特価ドメーヌ・ジャン・マルク・モレ’09


ここもサントネ最上の1級畑のひとつ!









 



Caroline MOREY, Chassagne-Montrachet 1er Champs Gains Blanc '17

キャロリーヌ・モレ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・レ・シャン・ガン’17

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥9600

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 89〜92点

「2019.10月上旬に試飲しました。果実味、骨格、酸とミネラルすべて上質でバランスもよい。わずかにまだ固いが温度を上げればまぁ飲めてしまうくらいで余韻も長い。早期酸化劣化に気をつけているが、還元的にはなり過ぎていない印象。樽はやや控えめで質感がよく、厚みがありつつ焦点が定まっておりまだ少しお買い得感のある優れた1級」

アルコール13%
ロウキャップ

’16 VINOUS 90点(ステファン・タンザー)

’14 VINOUS 93点!(アントニオ・ガローニ)





Caroline MOREY, Santenay Les Cornieres Rouge '15

キャロリーヌ・モレ、サントネイ・レ・コルニエール・ルージュ’15

特価・税別¥3900

<売り切れ>おすすめ!

バーガウンド・コム 88点

ロウキャップ

「2018.10月中旬に試飲しました。予想通りのピュアでナチュラルでエレガントなおいしさに一安心。果実味は弱くないが、コクはそれほどなく、やさしいうまみが広がるおいしさ。’15であってもジャミーではなく酸も低くない飲み頃NOW〜ですでによいバランス」




Caroline MOREY, Santenay Les Cornieres Rouge '14

キャロリーヌ・モレ、サントネイ・レ・コルニエール・ルージュ’14

税別¥3200

<売り切れ>おすすめ!

バーガウンド・コム 87点

ロウキャップ

「2017.3月上旬に試飲しました。非常に明るいルビー色。ピュアでナチュラルでエレガントな味わい。透明感も感じられ、コクと重さはあまりないが、みずみずしくジューシーでバランスのよい飲み頃NOW〜。おそらく時間をかけて飲むとさらにうまみとコクが増すタイプのはず。アルコールが低く感じられ飲み疲れないこのスタイルは好ましい。熟成スピードわりと早そう。1〜2年でうっすら色気が出る可能性もあるかも。そして今後さらにおいしいワインを造ってくれそうな予感あり!」

アルコール13%

’14が初ヴィンテージ!


ジャン・マルク・モレイの娘、カロリーヌの個人ドメーヌ

カロリーヌ・モレイはシャサーニュ・モンラッシェの銘醸ドメーヌ、ジャン・マルク・モレイの娘であり、なおかつ、マルク・コランの息子であるピエール・イヴ・コランの奥方。ピエール・イヴとは共同で、シャサーニュ・モンラッシェにドメーヌ・ピエール・イヴ・コラン・モレイを運営しているが、この度は父ジャン・マルク・モレイの畑を相続。2014年ヴィンテージからカロリーヌ・モレイ名義でワインを造り始めた。

 ラインナップも豪華で、グラン・クリュこそないものの、シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュのシャン・ガン、レ・ショーム、レ・カイユレを揃える。シャン・ガンは白だけでなく、赤も造っている。ピエール・イヴ・コラン・モレイにもシャン・ガンとレ・カイユレがあるから、両者がどのように異なるのか気になるところ。両ドメーヌとも2014年にシャサーニュに建てられた新しい施設を利用し、夫婦共同で醸造している。

ピエール・イヴ・コラン・モレイでは、1990年代末から2000年代初頭にかけて大きな問題となったプレマチュアオキシデーション(熟成前の早期酸化)を避けるため、熟成中のバトナージュを止め、また樽の大きさも伝統的な228リットルより一回り大きい350リットルを用いることでできる限り還元的な醸造を心がけてきた。カロリーヌ・モレイ名義のワインもこれに準じ、コルクを打った後は蝋封を施し、瓶詰め後の酸化も徹底的に抑えている。

このような造りのため、ピエール・イヴ・コラン・モレイのワイン同様、若いうちは硬く、閉じて気味に感じられるが、ワインに十分空気と触れさせることで開いてくる。なによりそのピュアなミネラル感と、縦に伸びる余韻の長さに驚かされるだろう。
(輸入元資料より)





ドメーヌ・ジャン・マルク・モレ、サントネ・プルミエクリュ・グラン・クロ・ルソー・ルージュ’09

超特価・税別¥4500

<売り切れ>限定品!

※’13を買うと¥972値上がり致します。
’09は当然再入荷不可能です!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

Jean-Marc MOREY, Santenay 1er Cru Grand Clos Rousseau '09

『 グラン・クロ・ルソーはサントネイの南端、マランジュとの村境に位置する1級畑。サントネイの中でも力強く、骨組みのしっかりした赤ワインを生み出すクリマであり、果実味の中に溶け込んだ緻密なタンニンが感じられる。カシスやダークチェリーなど黒い果実の香りが華やか。 (輸入元資料より) 』

’07’12 バーガウンド・コム 90点

’08 バーガウンド・コム 87〜90点

ジャン・マルク・モレイはアルベール・モレイを父とし、ベルナール・モレイの弟。
したがってベルナール・モレイのふたりの息子、ヴァンサン・エ・ソフィー・モレイのヴァンサンとトマ・モレイのトマは甥にあたる。

1981年に畑の分割が行われ、ジャン・マルクは独立。自身のドメーヌを立ち上げた。
1987年にはゴー・ミヨ誌の「今年の造り手」に選ばれて表紙を飾るなど、'80年代新生ドメーヌのスターであり、ポール・ボキューズ、トロワグロ、アラン・シャペルなど三つ星レストランのワインリストを席巻する活躍ぶりを見せた。

ジャン・マルクは今も現役だが60の坂をとうに越えており、2012年からワイン造りは娘のカロリーヌに任されている。
カロリーヌはマルク・コランの長男、ピエール・イヴ・コランの妻だ。


2018/12/6(木)アップ〜蔵出しパトリック・クレルジェ・セレクション’15ブルゴーニュ・ルージュ最後の再入荷!

2018/8/2(木)アップ〜蔵出しパトリック・クレルジェ・セレクション’01サントネ最後の再入荷!

まったく無名だからこその飲み頃かつお買い得!








 



Selection Patrick Clerget, Santenay Rouge '01

パトリック・クレルジェ・セレクション、サントネ・ルージュ’01

税別¥3200

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
『 抜栓後まったく落ちない、澱がない? 』
『 予想以上に楽しめた! 』
などなど

123本完売!!!ありがとうございました〜※’01は再入荷不可能!

「2018.2月上旬に飲みました。縁がレンガがかった明るいルビー色。香りは熟成感たっぷりだが、味わいは予想より果実味と骨格がしっかりしている飲み頃ピーク入り口付近くらいの状態。ドライ・イチゴ、干しイチジク、スーボワ、きのこ類、なめし皮などのよい香り。緩くなく、酸もちょうどよく、アフターにはドライ・イチゴ的甘旨味が広がる。今飲むと誰が飲んでも明らかに価格以上の品質!しかも抜栓の次の日でも酸化や緩みが出ずに楽しめる。きのこ類(しいたけ主体?)でとった出汁+タンニンのコク」

アルコール13%

ブラックベリーやラズベリーなどのアロマに、キノコやタバコのような熟成を感じさせるブーケ。ドライフルーツやスパイスを思わせる複雑で円熟した味わいです。 (輸入元さんコメント)

オーク樽 15カ月(新樽比率10%、仏産、228L) ステンレスタンク 24カ月




パトリック・クレルジェ・セレクション、ブルゴーニュ・ルージュ’15

税別¥2000

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

97本完売!!!ありがとうございました
※ついに再入荷不可能となりました!

2年以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2016.10月に飲みました。縁が紫がかった明るいルビー色。ジャミーまではいかない熟した果実味強め、酸ちょうどよく、タンニンは溶け込んでいるが、予想より少し多い。完熟系の当たり年らしくまったく無名なこのクラスにして意外に余韻があり、明らかに価格以上の内容!傑出した要素はないがこの価格はすごい。程よいうまみ、ミネラルは強くないが、雑味のないアフターでバランスよくまとまっている。抜栓の2日後までおいしい。このクラスを早めに試飲して太陽の当たり年’15の特徴を掴んでいきたいところ」

アルコール12.5%

平均樹齢30年

収量41hl/ha

粘土石灰質土壌

ステンレスタンク醗酵〜オーク樽6ヶ月熟成

「鮮やかなルビー色。フレッシュな赤果実のアロマに溢れ、生き生きとしたチェリーやストロベリーの果実味を感じるワイン。タンニンは細かく心地よい。(輸入元さんコメント)」




パトリック・クレルジェ・セレクション、ブルゴーニュ・ルージュ’02

特価・税別¥2300

<売り切れ>

リコルクなし

「2016.10月に飲みました。’15と同時に飲み比べましたが、当店が開けたボトルに関しては明らかに’15の方が良い出来でした。’02は、香りはオレンジの皮、干しイチジク、スーボワなど熟成感たっぷりでなかなか良いものの、味わいが果実が弱くなってタンニンだけがまだ少し残っているようなバランスで温度を上げても変わらなかったので、飲み頃ピークを少しだけ超えている状態だと思います。酸はきつくありません。抜栓の次の日は、酸化などほとんど落ちないものの向上はなかった」

アルコール12.5%

平均樹齢45年!

収量50hl/ha

粘土石灰質土壌

ステンレスタンク醗酵〜オーク樽18ヶ月熟成

「輝くルビー色。果実の瑞々しさと熟成から生まれるキノコのような香りが複雑に混じり合う。調和のとれたやわらかい口当たりでタンニンもよく溶け込んでいる。(輸入元さんコメント)」


1994年、ドメーヌ・イヴォン・クレルジェ(ヴォルネイ)の当主パトリック・クレルジェ氏(現当主はティボー・クレルジェ氏)によってボーヌに設立されたネゴシアン。サン・トーバンやボルドーの商工会議所での経験を活かして優れたブルゴーニュワインの紹介に努め、2007年にはシュヴァリエ・デュ・タストヴァンにも認定されています。彼が全て品質を確認した上で、「価格に似合った価値がある」と認めたワインのみをセレクション・パトリック・クレルジェのワインとして紹介しています。 (輸入元資料より)


2018/4/1(日)アップ〜蔵出しセリエ・デ・ウルスリーヌ’05

まったく無名だからこその飲み頃当たり年!




 



Cellier des Ursulines, Santenay Clos Genet Rouge '05

セリエ・デ・ウルスリーヌ、サントネ・クロ・ジュネ・ルージュ’05

税別¥3200

<売り切れ>おすすめ!

「2018.3月下旬に飲みました。’05らしい凝縮感とタンニン・骨格があり、やはり’05は熟成スピード遅い。抜栓直後の感じではやっと飲み頃に入ったくらいの印象。ドライフルーツ気味の黒い実の果実、プーアール茶、きのこ類、ヨードなどの色気が出てきた香り。凝縮感とタンニンだけではなく、酸も低くない。無名な瓶買いものであるから実現できた価格。抜栓の次の日は、わずかに酸化が進んでヨード香が強くなる。抜栓の2日後には、古酒の風味が出て落ちた。バランスや抜栓後の持ちという意味では、上記パトリック・クレルジェ・セレクション’01サントネの方が上質」

アルコール12.5%

ステンレスタンク醗酵〜
新樽約15%にて約10ヶ月熟成

平均年間生産量:わずか4,000本

2001年、当主ピエール・ラヴォー氏によりブリニー・レ・ボーヌに設立されたネゴシアン。ラヴォー氏自らが生産者を訪れ、彼らのセラーから掘り出し物のバック・ヴィンテージを選りすぐり、試飲して購入。実際の造り手の名前は明かさず、またラベルのない状態で安く購入するため、対品質で見れば非常にお値打ち。とはいえ彼がワイン選びのモットーとする「洗練されたアロマとフレッシュさ、骨格のある味わい」を持ったレベルの高いシリーズです。
(輸入元資料より)


2018/8/8(水)アップ〜蔵出し超特価シャンタル・レスキュール’16

フランソワ氏が醸造責任者になってから評価を上げていますが、日本ではまだ無名なまま

今時この価格帯ではあり得ない品質のACブル!






 


除草剤・化学肥料を一切使わない完全有機無農薬栽培、自然なぶどう栽培を実践。そのためか畑のあちこちに小鳥の巣が見られます。

2009年にフランス国家としては初の認証機関「カリテ・フランス」よりbiological agricultureの認証を受けています。




どんな年でも有機栽培を貫き通すフランソワさん




Chantal Lesucure selection, Bourgogne Rouge '16

シャンタル・レスキュール・セレクション、ブルゴーニュ・ルージュ’16

超特価・税別¥2750



輸入元定価・税別¥3,600

<売り切れ>限定品!

すでに’16は、再入荷不可能!

アルコール12.5%

’15が大幅値上がりした上に好みの味わいではなかったために、
より’14に近い味であろう’16を買いました。




Chantal Lesucure selection, Bourgogne Rouge '14

シャンタル・レスキュール・セレクション、ブルゴーニュ・ルージュ’14

税別¥2400

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 これ絶対にACブルの味じゃない!びっくりした! 』などなど

360本完売!!!ありがとうございました

ネゴシアン部門のベレーヌよりも上質かつ、よりドメーヌ的味わい

「2016.9月上旬に飲みました。DIAM5コルク。トップノーズだけで自分のテンションかなり上がりました。どう考えても今時ありえない価格を超えた品質です。
まったく薄くて酸っぱいではなく、やや凝縮してうまみとミネラルが多く固さがなく味付きのよいチャーミング具合。非常にバランスよく杯が進む飲み頃NOW〜で村名クラスに迫るレベルにあります。フレッシュな赤い実の果実香主体の単調ではない強めの香りでわかりやすさも抜群にある。抜栓の2日後まで非常においしい。輸入元さんのよい仕事に感謝ですね!現在の当店在庫の中で税別¥2400以下No.1の品質です!!!」

アルコール12.5%

畑を借りて、ドメーヌと同じ手法・哲学・情熱で日本向けのみに醸造したキュヴェ!

手摘み、天然酵母使用、無濾過

全房発酵比率30%程度

【 ワインの紹介 】
フランボワーズのアロマが芳しく、新鮮な果実味がイキイキとしています。
きれいな酸で、なんとも瑞々しい印象のワイン。紅茶のようなニュアンスも。
なめらかな果実味がイキイキとしているこのキュヴェは、ブルゴーニュの大事な二つの要素、
「石灰質土壌」と「粘土質土壌」を表現しています。
60%の「石灰質土壌」は、標高400メートルに連なるディジョン山地であり、フレッシュさと果実味、エレガントさを表現。
40%の「粘土質土壌」は、ニュイ・サン・ジョルジュから続く茶色い粘土質土壌で、丸みとふくよかさをもたらしています。




Domaine Chantal Lesucure, Volnay '10

ドメーヌ・シャンタル・レスキュール、ヴォルネイ’10

税別¥6000

<売り切れ>おすすめ!

「2016.9月下旬に飲みました。トップノーズだけなら個性を勘違いしてしまう可能性があります。何故なら抜栓直後のコーヒーや焼き栗などの樽香がレシュノー系だから。絶対にオーストリア産の樽ではないとわかる(笑)でも時間をかけて飲むとやはりクラシックで果実味強調型ではなく、うまみとミネラルが多い。本来赤い実の果実主体のはずが、樽香で黒い実の果実のように香る系。酸はちょうどいいが、タンニンがまだ溶け込み切っていないので飲み頃は2017.秋以降〜?と思っていたら、抜栓の次の日には樽が溶け込み、うまみがさらに増してかなりおいしく変化&向上した!これならすぐ飲んでもおいしいと言える状態。ある程度コクがありつつ、アフターにちゃんとミネラルが残る」

アルコール13%

樹齢40年

このワインも科学物質は不使用。 熟成感があり、かおりが非常によくでています。エレガント&ファイン。おだやかな樽の風味があり、バランスが良い。後味の余韻にも、優れたものを感じます。99年までは樽ごとネゴシアンに売っていたため、自分の蔵では、瓶詰めしていなかったのです。以前、蔵元を訪問した際、「こんなのもあるよ」と飲ましていただいた時に、もったいないから樽ごと売らないよう話しあい、シャンタル・レスキュールの名前で発売となりました。全体として、酸味がきれいで、シャンタル・レスキュール・・フランソワのワイン造りが良く出ているワインです。香りがよく、味ののびが良いです。熟成感もでていて、今が飲み頃だと思いますが、あと5年以上は、充分その姿を複雑にしながら、熟成していくと思います。いずれにしろ、変に樽の香りをつけたのではなく、押し出しの強さを売りにしている、へぼワインではなく、バランスの良い、ブルゴーニュ・ピノらしい性質を備えていると思います。


「エレガンス&ファイン」 2004年度「ゴーミヨ・ル・ヴァン」
にてフランスを代表するトップ10の蔵元に選出!

まったく旨いブルゴーニュの造り手。1975年、マダム・シャンタル・レスキュールが創設したドメーヌです。ニュイ・サンジョルジュに本拠があります。

1996年からマダムの遺志を継いだムッシュ、フランソワが陣頭指揮をとっています。以来、毎年のように評価が向上。

“常にエレガントさを” “テロワールを尊重し、時間と労力をかけて”と語るムッシュの言う通り、ワインにはエレガンスさが骨格にきちんとあります。特に素晴らしく、美しい宝石達は、コート・ド・ボーヌ、ヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュ、クロ・ド・ヴージョに輝きがちりばめられています。

コルクはタンニンとクオリティーに影響すると考え、1本抜きのものを選別しています。もちろん樽も、木を育てる森と、樽造りの職人にこだわります。


2016/7/1(金)アップ〜蔵出しドメーヌ・シュヴロ’14’12’11

馬で耕作している高樹齢&特別なアリゴテ!!!



2015年収穫期画像






 


現在では完全にすべての畑が有機栽培

シュヴロさんのフランス国内でのレストランオンリスト採用率がここ数年でかなり上がっているそうです!

まだお会いしたことはないのですが、かおりさんのブログやフェイスブックもあるようですので検索してみてください

当店在庫のドメーヌ・シュヴロは、すべてテラヴェール輸入の蔵出し正規品




ドメーヌ・シュヴロ、ブルゴーニュ・アリゴテ・キュヴェ・デ・キャトル・テロワール’14(辛口白)

税込¥2310(特価・税別¥2100)



輸入元定価・税別¥2,600

<あと3本>

Wine&Sprits誌 90点!

スペクテーター87点(NOW)

リアルワインガイド54号にて高評価される!

アルコール12%

Sous la Croix de Pierre, Les Fontaines, Les Champs Rigets, Les Longues Raiesの4つの東向きの区画で計1.95ha。土壌の質は基本的に粘土石灰質。場所によってマグネシウム砂岩を含み、テロワールの異なる畑のアッサンブラージュは複雑味を増す。ラベルにはそれを表わす”キュヴェ・キャトル・テロワール”と書かれている。平均樹齢は25年。収量は50ha/haで全て手摘み。

醸造
100%除梗し、約20日間のマセラシオンとアルコール発酵。マロラクティック発酵後、約10ヶ月ステンレスタンクで熟成する。オリ引きと、ごく軽い濾過をしてボトリング。

年間生産量:13,000本

テイスティング
4つの異なる畑のアリゴテをブレンドしたアリゴテ。若草、レモン、ライチなどのアロマが溶け込み、ミネラリーでクリスピーな味わい。 異なる畑、異なる樹齢が生む葡萄の複雑味はシャルドネの印象すら与える。時に画一的で鋭い酸味のアリゴテとは全く異なるアリゴテ。




ドメーヌ・シュヴロ、ブルゴーニュ・アリゴテ・ティユル’12(辛口白)

特価・税別¥3700



輸入元定価・税別¥5,200

<売り切れ>限定品!

リアルワインガイド46号にて絶賛される!90+・91点(今〜2030年!)

「2016.8月初旬に飲みました。たしかにすごいアリゴテ。冷やし過ぎない方がおいしい。余韻ではエマニュエル・ルジェ、キレとポテンシャルではピエール・モレ、この銘柄はまろやかで複雑でミネラルが多いタイプ。香りにも味わいにもあまり新樽を感じない果実の力が明らかに勝っており、トップノーズは今は意外におとなしいが、口に含んだ後の戻り香は豊かで複雑なのだが、何故か余韻は長くない?普通のアリゴテではないため、あと少し寝かせた方がよりおいしいと思われる。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の3日後まで全く落ちない」

アルコール12%

Domaine Chevrot, Bourgogne Aligote ”Tilleul” '12

ドメーヌの目の前、Le Bourg (レ・ブール)の0.35haの区画は、東向きの緩い斜面になっており、細かい石灰岩に被われた粘土石灰質土壌。そこには45年のアリゴテが植えられる。アリゴテの古木は珍しく大変貴重。 これはパヴロの父親が残したもので、この貴重な樹を守るために今でも昔と変らぬ馬での耕作を続けている。また木を高くし水分を減らすことでより完熟した葡萄が得られる様に仕立てる。収穫は他の畑より遅く、全て手摘み。収量は42hl/ha。

醸造
100%除梗し、アリゴテでは珍しい約30日間の長期マセラシオン。これにより完熟葡萄のポテンシャルを最大限に引き出し、ワインにリッチな丸味を与え、熟成にも耐えるアリゴテとなる。天然酵母で発酵の後、ステンレスで2ヶ月落ち着かせた後に新樽25%を含むバリックで14ヶ月熟成。これまでのアリゴテの概念を覆す円熟したコクのある飲み口。熟したシャルドネの様に蜜っぽさと深みのあるアリゴテとなる。

年間生産量:わずか2,300本!

テイスティング
パヴロの考えで長期熟成のアリゴテを造ろうと着手したのが2001年。父親が残した古いアリゴテがきっかけ。そしてファーストヴィンテージとなったのは2006年。長期熟成にも耐えるであろうこれまでのアリゴテとは全く違う酒質に確かな手ごたえを感じた。トロピカルフルーツを連想する蜜のような甘い香りとライムのようなフレッシュ感が調和した複雑な香り。適度な樽香も加わり、アリゴテとは思えない濃密なブーケを放つ。しかし一口含むとアリゴテ特有のミネラル感やフレッシュでクリアな酸は健在。そしてリッチでふくよかなボリューム感、熟度が押し寄せる。「このワインのライバルははっきり言ってコルトン・シャルマーニュ」とはかおりさんの一言。




ドメーヌ・シュヴロ、ブルゴーニュ・ルージュ’11(辛口赤)

特価・税別¥2500

<売り切れ>

リアルワインガイド42号にて高評価される!

アルコール12.5%

飲み頃!

マランジュと対岸の美しいテロワールから産出される。ヴィンテージにもよりますが、グリオットの果実香が出やすいようです

樹齢40年

1.4haの所有

ピノノワール100%



長男のパブロは、2002年7月よりドメーヌのワイン造りに参加し、2003年からは醸造家としての傍ら、ボーヌの国立農業・醸造職業学校(CFPPA)で、非常勤講師として醸造学を教えています。パブロの妻、日本人であるかおりさんは、航空会社在籍中にシニア・ソムリエの資格を取得し、さらにワイン研究のため、ボルドー大学醸造学部に留学。2003年8月パブロと結婚、2004年にアンジェロ大地を出産。現在は主にドメーヌ・シュヴロの輸出業務を担当しています。 なおドメーヌ・シュヴロでは、パブロの弟ヴァンサンが2007年2月よりドメーヌに参加しました結果、より完璧なワイン造りの環境が整いました。 これら仲の良い若者たちは、力を合せ、先祖から引継ぎ築いてきた名声を、より実りあるものにするためにこれからも一層努力を重ねて行くことでしょう。

『 マランジュのトップ生産者の一人と呼び声高い、ドメーヌ・シュブロは、ワインの産地として有名なブルゴーニュ地方、コート・ドールの南玄関口、シェイイ・レ・マランジュ村(ソーヌ・エ・ロワール県)の中心に位置する。歴史は古くこの地方では最も古いとされる1798年に造られたカーヴを所有する。現在では8haの自社畑と、やはり8haのメタヤージュする畑の計16haで10種類のワインを造る。シュブロの畑は、底土にはジュラ紀時代の石灰土、表土には自然に灌漑された粘土と白亜の混合土といった、葡萄栽培に適した土壌と半大陸性気候(夏暑く、冬寒い)で、日照条件も良く、太陽の光と共に地中海から運ばれるミネラル分を多く含んだ南風が吹き、ワイン造りに適した最高のテロワールを自然から享受しているといえる。平均樹齢は35年、古い樹は2世代前に植えられた80年にもなる。数年にわたり取り組んできた完全有機栽培への移行も完了し、今後がますます楽しみなドメーヌ。 (輸入元資料より) 』





2021/9/29(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ’19再入荷

2020/10/3(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ’18

2019/6/19(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ’17

さらにカタルディーナ・ヴァンサン第2弾の’17メルキュレ・ブランも!

2019/2/27(水)アップ〜蔵出しカタルディーナ・ヴァンサン’16

2019/1/12(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ’16デュレス・ブラン

’16が、リアルワインガイド63号にて絶賛される!

ついに’15が、リアルワインガイド59号にて絶賛されました!


伝説の醸造家の教えを受けたカタルディーナ女史

まだ無名でお買い得!クラシックで上質!

※通常の規定で送料値引き可能。12本〜5%OFFは対象外となります。



















 

Domaine Monthelie-Douhairet-Porcheret
(ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ)




画像左:旦那さんのヴァンサン氏
ベルギー出身。たくさんの飲食店オーナーで、毎年ポルシュレを買い付けに来ていた際に画像右のカタルディーナさんと運命的な出会いから、全飲食店を売却してドメーヌ入り!!!
お二人ともみんなに愛されるすてきなキャラで
上記画像のイメージそのまま
1度でもお話するとみんなファンになってしまうという明るく優しいオーラを持っていました。仕事なのに楽しくて癒されたぁ〜
ワインが素晴らしいのはもともと心底わかっていたので、今回は彼らの人間性に惚れ込んでしまったな




今かなり話題になっている
まだ無名で価格も上がりきっていない有望な造り手です

まだ試したのは数種類だけですが、基本はクラシックな造り
樽とタンニン、抽出は控えめでもミネラルと骨格はしっかり
複雑でハイポテンシャル&上質でお買い得でした!




カタルディーナ女史とアンドレ氏の画像


すべて蔵出し正規品
前に買ったインポーターが日本の唯一の正規代理店に昇格?した為に、
今回も前回に引き続きお安く運よく多めに手に入りました

そして’15’16の収量大幅減で、今後値上がりの可能性が高くなっております。
数年前からブルゴーニュの入手難度合いは、インポーターや酒屋が売るための煽りではなく、本当に切実なものとなってしまっております、、、

モンテリー村にて300年以上の歴史を誇るドメーヌで、1989年、本家のアルマンド・ドゥエレ女史がアンドレ・ポルシュレと養子縁組をして現在のドメーヌとなりました。

アンドレ・ポルシュレは、「ドメーヌ・(ラルー・ビーズ・)ルロワ」の醸造長(1988〜1993年)、および「オスピス・ド・ボーヌ」の醸造長(1976〜1988年、1994〜1999年)を務めた伝説の醸造家。

1999年まではこれらのドメーヌの醸造長を務めながら、2000年以降は公式には引退した立場として、愛弟子フランシス・ルショーヴ(前項をご参照ください)、そしてポルシュレさんの孫娘で、ルショーヴの独立以降「モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ」の醸造長を務めるカタルディーナの指導に努めてきました。今日、このドメーヌの所有面積は6.5ヘクタールで、化学肥料と除草剤を使用しないリュット・レゾネ栽培を実践しています。ワインの販売先はイギリスとアメリカが多く、フランスの多数のトップレストランにオンリストされています。尚、1937年5月生まれのポルシュレさんはもう80歳近くになりますが、今も毎日欠かさずドメーヌに来て、普通にトラクターで畑仕事をしているそうです(!)。何しろ目の中に入れても痛くない孫娘ですので、栽培・醸造におけるあらゆる「秘奥義」が、惜しみなく彼女に伝授されています。
(輸入元資料より)


<HVE> Haute Valeur Environnementale レベル3
環境に配慮した農法認定を2018年に取得済み!




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリー・キュヴェ・ミス・アルマンド・ルージュ’19

税込¥5720(税別¥5200)

<あと13本>絶対おすすめ!

ジャスパー・モリス87〜88点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

圧巻の出来!!!
24本完売。

「2021.8月中旬に飲みました。今まではダントツで’16が一番好きな味でしたが、この’19は同レベルに素晴らしかったです!旨味がギュッと詰まった味で例年より固くなく熟した傑出バランス!紫色の弱い中程度のルビー色。例年よりも全房比率高そうなわかりやすい甘い赤い実の果実香と味わいの厚みフルーツ感が強く、少し粘性があるタンニンの質は非常によいが、絶妙の重くないグリップコクがあり、酸とミネラルも低くなく、熟しているのにアフターの抜けが良く極めて杯が進む。抜栓の次の日も非常においしい。旨味ギュッの甘旨トマト煮込みのニュアンスで艶と余韻が凄い。驚くほど杯が進む味わいですぐ飲み切ってしまうので飲みすぎ注意(笑)」

アルコール13%




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリー・キュヴェ・ミス・アルマンド・ルージュ’18

税込¥5280(税別¥4800)

<あと9本>絶対おすすめ!

パーカー90点(William Kelley、2020〜2035年)

ブルゴーニュ・オージョルディー15/20点


「2020.6月中旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや明るいルビー色。まったくジャミーではなく酸とミネラルが低くなく、ややクラシックに感じられるくらいのスタイルで熟成可能な骨格もある果実味自体はしっかりした非常によい出来。ただし今すぐ開けるとまだわずかにタンニンが固い。赤い実の果実、紅茶、ミネラル、胡椒などの香りから時間とともにブルーベリー+乳酸のジョア・ブルーベリー味的な香りが出てくる。そして味わいのうまみとミネラルが増す。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%







Cataldina Vincent(Monthelie-Douhairet-Porcheret), Mercurey Blanc '17

カタルディーナ・ヴァンサン(モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ)、メルキュレイ ブラン’17(辛口白)

税込¥4070(税別¥3700)

<売り切れ>絶対おすすめ!

リアルワインガイド68号にて高評価される!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

「2019.5月下旬に飲みました。予想以上に上質で飲む前は少し高いが、飲んだ後は安いと感じるワイン。トップノーズだけで高級感と充分なテンションがわかるややオイリーなよい香りで、蜜リンゴ、樹脂、枇杷、クド甘ではない百合の花、とても控えめな樽など。艶のある果実に。予想よりキレとヴォリューム感とコク、余韻があるので、温度は下げ過ぎないほうがおいしい。アフターの最後にミネラルとともに少しバタースコッチの厚みが顔を出す。抜栓の次の日も非常においしい。洋ナシ、少し青いメロン、バタークリームの香り強くなった。こんなにおいしく造ってしまったらメルキュレ村の優良生産者達から嫉妬されてもうブドウを売ってもらえなくなってしまうんじゃないかと心配になってしまうくらい(笑)」

アルコール12.5%

粘土石灰質土壌。平均樹齢35年のVV。
ステンレスタンクでアルコール発酵後、樽(新樽率30%)でマロラクティック発酵&10ヶ月間熟成。




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリープルミエクリュ・レ・デュレス・ブラン’17(辛口白)

税込¥7040(税別¥6400)

<売り切れ>

パーカー92点!(William Kelley、2020〜2033年)

リアルワインガイド68号にて高評価される!




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ムルソー・ブラン’17(辛口白)

税込¥7920(税別¥7200)

<あと9本>超限定品!

※インポーターさんでも当店でも最近白は一瞬で完売でしたが’17はやっと生産量が少し増えたのでもう1回買えそうです。

パーカー91点(William Kelley、2020〜2033年)

樹齢約45年

リュー・ディー『 le pre de Manche 』

年産わずか1300本程度!




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ムルソープルミエクリュ・レ・サントノ・ブラン’17(辛口白)

税込¥9900(税別¥9000)

<あと21本>絶対おすすめ!
超限定品!

※インポーターさんでも当店でも最近白は一瞬で完売でしたが’17はやっと生産量が少し増えたそうです。

パーカー93+点!(William Kelley、2020〜2037年)

「2021.正月に飲みました。やや濃いイエロー。冷やしすぎるとかなりもったいないタイプ。抜栓直後から凝縮感と厚みがあっておいしいが、酒質が強くポテンシャルが高いこともあり、まだわずかに固いので数時間放置しておくと、中域の甘旨エキスがググっとでて、さらにコクが増す。果実味とミネラルがあり、余韻が長く、長い熟成も可能。程よい樽のナッツ、バタートースト、カラメル、洋ナシなどの香り。抜栓の2日後まで非常においしい。抜栓の3日後からカラメルの香りが強くなり、味の甘旨エキスの厚み増す。抜栓の4日後もまったく落ちない」

アルコール13.5%

樹齢55年以上!

年産2000本程度!




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリー・キュヴェ・ミス・アルマンド・ルージュ’17

税込¥5280(税別¥4800)

<あと6本>絶対おすすめ!

パーカー89点(William Kelley、2019〜2029年)

「2019.9月上旬に試飲しました。’15’16より少し軽やかでその分美しい酸とミネラル。タンニンの質が非常によく、うまみがあり、アフターに優れたフィネスのあるワイン。もうおいしく飲めるが、ほんの数年でさらにおいしくなるバランスのように思えた」






Cataldina Vincent(Monthelie-Douhairet-Porcheret),
Bourgogne Blanc Cuvee On Passe au Rouge '16

カタルディーナ・ヴァンサン(モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ)、ブルゴーニュ・ブラン・キュヴェ・オン・パス・オー・ルージュ’16(辛口白)

税別¥3200

<売り切れ>おすすめ!

リアルワインガイド63号 87+・88点

「2019.2月末に飲みました。DIAM5コルク。予想より酸とミネラルのレベルが高く、涼しげでアフターにはっきりと塩ミネラルが残る。やや濃いイエロー。洋ナシ、黄桃、ゴールデンキウイ、ごま、ミネラルなどの熟してストレートなフルーツ香のよい香りから温度が上がってくると蜜とパイナップルの香りが前に出る。果実味豊かながら爽やかさを残す良い出来で、今の時代の買いブドウですから超お買い得とまではいかないものの造り手の実力がわかるよい出来でおいしい。飲み頃NOW〜で少し熟成も可能。冷やし過ぎないほうがおいしい。抜栓の次の日も非常においしい。じっくり飲むとまた格別。ピュアで一貫性のある流れ方からの<アフターの最後に顔を出す塩バターのニュアンス>が極めて心地よい!やはり畑のポテンシャルよりも人の力の方が今の時代上なのですね。きっと。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール12.5%

ドメーヌを二人三脚で運営している、醸造家カタルディーナとそのパートナーであるヴァンサン・モンフォールの名を冠した「カタルディーナ・ヴァンサン」は、ぶどうを購入して自家醸造するネゴシアン・レンジです。ファースト・リリースの「ブルゴーニュ・ブラン2016」は、マコン・ヴィラージュをデクラセしたもの。泥土石灰質土壌。樹齢30〜50年のVV。ステンレスタンクで発酵&11ヶ月間熟成。

「お客様からブルゴーニュ・ブランを造ってほしいというご要望が多く、もともと私が愛飲しているマコン地区のシャルドネを採用しました。コート・ドールのシャルドネにはない、華やかな香りが大好きなのです」。「モンテリー村には、生産者たちが集まってワイワイできるレストランやバーがありません。そこで、祖父の義母(アルマンド・ドゥエレ女史)が、自身のアパートの一室をみんなに開放しました。ある時、飲みに来ていた友人がヴァンサンに、この場所の名前をつけてよと言ったところ、ヴァンサンが「(すぐに思いつかないから)On Passe au Rouge.(赤ワインに移ろうぜ)」と答え、「それいいね!」となってそのままこの憩いの場所の名前になりました。私たちのワインはみんなで楽しく飲んでほしいという意味を込めて、これをキュヴェ名にしました」(以上カタルディーナ・リポ)。ラベル右側の詩は、フランスの詩人ポール・クローデルが詠んだものです。“ワインで大事なことは、名声を求めることではなく、楽しむことである”。






ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリープルミエクリュ・レ・デュレス・ブラン’16(辛口白)

税別¥6200

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品!

リアルワインガイド63号91+・92+点!(今〜2043年)

「2019.2月上旬にプチ試飲しました。ポルシュレはムルソーがブラインドでムルソーだとわからない味でこのデュレス・ブランがムルソーっぽいという言い方も出来るかもですね。バランスよく余韻が長い。赤は昔からずっと素晴らしく、白は近年カタルディーナさんの努力によって明らかに品質が上がっています」




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリー・キュヴェ・ミス・アルマンド・ルージュ’16

税別¥4800

<売り切れ>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン89点(William Kelley、2020〜2030年)

リアルワインガイド63号 90・90+点(今〜2035年)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

47本完売。ありがとうございました〜※’16は再入荷不可能!

「2019.2月上旬に飲みました。やっぱりこのワインは閉じないイメージで今も非常に開いている。果実味・うまみ・酸・ミネラルが上質でバランスよく同時に飲み比べが出来た’09マグナムも非常においしかったが、熟成度合いがもし同じなら’16の方が出来自体は少し上という印象」



「2018.6月中旬に飲みました。春の遅霜で生産量減の被害を受けたが、数が減っただけであって最終的な出来は極めてよく、例年よりもやや華やかな赤い実の果実香。骨格自体はあるが、タンニンの質がよくなおかつ酸がキレイに伸びる。思いのほか複雑で余韻が長い。重さだけなら同時に飲み比べたブルゴーニュ・ルージュ’16の方が、重く香りも黒い実の果実でしたが、複雑性がミス・アルマンドの方がはっきりと上でした。明らかに価格以上の品質。やはりお買い得ワインが多い村だなぁ〜という感じですね。抜栓の3日後まで非常においしい。縁が紫がかったやや濃いルビー色。涼し気でミネラルもしっかり、花と赤い実の果実のフレーバーティー、オニオンコンソメ・スープ、胡椒などの香りからアフターにさっぱりアセロラ感のキレイな酸が残り極めて心地よい」

アルコール13%




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリープルミエクリュ・レ・デュレス・ルージュ’16

税込¥6930(税別¥6300)

<あと5本>絶対おすすめ!
限定品!

リアルワインガイド63号 91+・92+点(2020〜2040年)

「2019.2月上旬にプチ試飲しました。よく凝縮して深みと余韻のレベルが相当に高い。まだ固いなりにタンニンの質がよく、数年で飲めるようになりそう」




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリー・キュヴェ・ミス・アルマンド・ブラン’13(辛口白)

税別¥5000

<売り切れ>超限定品!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!
今回がこの銘柄最後の再入荷となります!

Combe d’Anay の区画『 Les Plantes』

樹齢約40年

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが5年程度熟成可能




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ムルソー・ブラン’13(辛口白)

税別¥6500

<売り切れ>超限定品!

※インポーターさんでも当店でも最近白は一瞬で完売、、、

樹齢約45年

リュー・ディー『 le pre de Manche 』

年産わずか1300本程度!

新樽比率約10%にて約20ヶ月熟成

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが6年程度熟成可能

’15 デカンター・オンライン90点!




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ムルソープルミエクリュ・レ・サントノ・ブラン’13(辛口白)

税別¥7800

<売り切れ>超限定品!

※インポーターさんでも当店でも最近白は一瞬で完売、、、

樹齢55年以上!

年産2000本程度!

新樽比率約10%にて約18ヶ月熟成

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが3年程度熟成可能





ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ムルソー・ブラン’15(辛口白)

税別¥7000

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

デカンター・オンライン90点!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

「2019.2月中旬に飲みました。時間をかけて温度を上げると予想以上にコクとパワーがあり、樽とか抽出とかではなくわりと自然に熟したよいブドウのエネルギーが強い。赤ワインにはないヴァニラ香があり、少し塩ミネラルも感じられつつ余韻が長く肉にも負けないイメージ。果実の厚みも’13より明らかにしっかり」




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ムルソープルミエクリュ・レ・サントノ・ブラン’15(辛口白)

税別¥8400

<売り切れ>超限定品!

デカンター・オンライン93点!!!(2020〜2045年!)




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリープルミエクリュ・レ・デュレス・ブラン’15(辛口白)

税別¥6200

<売り切れ>超限定品!

デカンター・オンライン91点!(2016〜)




ついに’15が、リアルワインガイド59号にて絶賛されました!





ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ブルゴーニュ・ルージュ’15

税別¥3450

<売り切れ>超限定品!

デカンター・オンライン88点!(2018〜2030年)




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリー・キュヴェ・ミス・アルマンド・ルージュ’15

税別¥4800

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!

デカンター・オンライン90点!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

『 ポルシュレは、赤よりも白の方がさらにおいしいと思う。』というお客様もいらっしゃいますが、これを飲んだらその評価は逆転すると思います!すごいです!!!

85本完売!!!ありがとうございました〜※再入荷不可能!

「2017.4月下旬に試飲しました。例年とは違い誰が飲んでもおいしい飲み頃NOW〜。クラシックで固すぎるとか還元とか酸とタンニンがまだ固いとかなく、酸だけは’14より低いもののこの艶やかで深い味わいは’15だけの奇跡かもしれない。明らかに想定以上の今のおいしさに驚かされる。同時に試飲していたほかの優れたブルゴーニュ達の余韻が全部消えてこのワインの余韻だけが一番長く持続する。格が違う。カタルディーナさんすごいぞ!個性も価値もあるワイン」




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリー・クロ・デュ・メ・ガルニエ・ルージュ’15(モノポール)

税別¥5200

<売り切れ>超限定品!

デカンター・オンライン91点!

スペクテーター89点(NOW〜2025年)



ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ポマールプルミエクリュ・シャンラン’15

税別¥8600

<売り切れ>超限定品!

デカンター・オンライン93点!



ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ポマールプルミエクリュ・フルミエ’15

税込¥9240(税別¥8400)

<あと3本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
再入荷不可能!

デカンター・オンライン93点!

基本的にはフルミエの方が、早く飲めます



ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリープルミエクリュ・メ・バタイエ・ルージュ’15

税込¥6930(税別¥6300)

<あと14本>絶対おすすめ!

超限定品!

デカンター・オンライン92点!!!

「2018.10月下旬に試飲しました。」




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリープルミエクリュ・レ・デュレス・ルージュ’15

税込¥6930(税別¥6300)

<あと7本>超限定品!

デカンター・オンライン92点!!!

輸入元担当者さま大絶賛の1本!




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ヴォルネイ’15

税別¥6800

<売り切れ>超限定品!



ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ヴォルネイプルミエクリュ・シャンパン’15

税込¥9460(税別¥8600)

<あと4本>超限定品!

デカンター・オンライン94点!!!(2026〜2060年!)

スペクテーター92点(2022〜2036年)





ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ポマールプルミエクリュ・フレミエ’02

税別¥16000

<売り切れ>幻の超限定品!

※再入荷不可能!

現地在庫真っ先に完売だったようです




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ヴォルネイプルミエクリュ・シャンパン’05

税込¥17050(税別¥15500)

<あと2本>絶対おすすめ!
超限定品!

※当然再入荷不可能!

「2018.1月中旬に試飲しました。’16より明らかにクラシカルで固くタンニンもまだ完全に溶け込んでいないくらい。果実とうまみもまだほぐれきっていない時期でようやくやっと飲み頃の入り口に入りそうという印象。骨格が大きく説得力と余韻があり、落ち着いた雰囲気。かなりおいしいと感じたが同時にリリースから11年以上寝かせたのにまだちょっともったいなかったかもという、、、」





’14もほぼ全銘柄再入荷不可能となりました〜!
基本的に’14は、’13より固さがなく早くから開きやすいタイプです。



ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ヴォルネイプルミエクリュ・シャンパン’14

税込¥9350(税別¥8500)

<あと1本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

スペクテーター92点!(2019〜2032年)

ついに初入荷です!もちろん再入荷不可能!

樹齢60年以上!

0.59ha。粘土石灰質土壌

木製発酵槽で発酵後、新樽率10%で20ヶ月間熟成





ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ブルゴーニュ・ルージュ’14

税別¥3200

<売り切れ>限定品!

※’13よりお安くできました〜!リリース直後からおいしいタイプ。
今回は本数制限なし

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
ある意味今、この銘柄が一番実力を発揮しているのでわかりやすいおいしさもあります!

わずか0.2ha

年産わずか1500本程度!

ヴォルネイ村に位置する『 レ・ロンボワ 』区画

粘土泥灰土土壌で1984年植樹

’15 デカンター・オンライン88点!




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリー・キュヴェ・ミス・アルマンド・ルージュ’14

税別¥4500

<売り切れ>絶対おすすめ!

36本完売。ありがとうございました限定品!

※’13よりお安くできました〜!リリース直後からおいしいタイプ
今回は本数制限なし

「2016.7月中旬に飲みました。縁がうっすら紫がかった中程度のルビー色。抜栓直後から香りが開いており味わいもやわらかい飲み頃NOW〜。チャーミングでエレガントですでに非常によく溶け込んだ少ないタンニン、多いうまみだが、酸だけしっかりしているので酸味が苦手な方と重く凝縮したワインが好きな方は好みに入らない可能性が出てきます。基本はクラシックでもこの銘柄に関してはジューシーでフルーティーでやや早熟。梅シソ、ミニトマト、赤い実のベリー、鉄サビや中国茶系ミネラルなどのジューシーかつ甘酸っぱいニュアンスのあるよい香り。+わずかに樽の焼き栗やコーヒー香もうっすら感じられる。真夏でも少し低めの温度でバランス崩れずさっぱり楽しめる。アフターにしっかり残るうまみとミネラルがある為、単調ではないおいしさ。あえて言うなら数年熟成させた’08村名ヴォルネイ的にも飲める。熟成のスピードは早そうで長持ちはしないでしょう。少しだけ心配だった酸味の(量ではなく)質もまったく問題ない。結局のところ優れた生産者は皆、厳しい選別をしてヴィンテージの個性に合ったよいワインを造る。シャントレーヴさんほどではないにしてもピュアさも表現されています。抜栓の2日後までわずかに向上し続け、まさしく上質な旨薄系」

アルコール13%

0.8haの所有

モンテリー村北側に位置する急斜面の
『 Les Plantes 』と『 Les Longenes 』2区画

南西向きの粘土石灰質土壌で1952年植樹

ドメーヌに大きく貢献したアルマンド女史の名前が付けられたキュヴェ

例年リリース直後から調和の取れたおいしさを感じやすい女性的な味わい

現地ではミートパイや鶏肉料理、ポトフなどの軽めの食事と合わせて飲まれています

’15 デカンター・オンライン90点!

’06 バーガウンド・コム 86点

’06 パーカー89点




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリー・クロ・デュ・メ・ガルニエ・ルージュ’14(モノポール)

税込¥5390(税別¥4900)

<あと8本>絶対おすすめ!

限定品!

スペクテーター・オンライン90点(2018〜2025年)

※’13よりお安くできました〜!

「2018.4月中旬に再度試飲しました。1年半経過して明らかに向上してきました。閉じたワインが多い中で、ダントツでおいしさが出ている。このクラスとしては複雑で還元香もなくもう肉と合わせればすでにおいしく楽しめることでしょう」



「2016.10月中旬に試飲しました。’13のガチガチな固さには驚きましたが、’14もまだ固いなりに’13よりは香りも味わいも開いている。クラシックで固さはあってもこの造り手の実力はもはや隠し切れないほど素晴らしいもの!」

モンテリー村の中心にある単独所有畑

南向きの粘土石灰質土壌で1972年植樹

若いうちにも飲める年もあるが’13は時間がかかるタイプでした、10年以上の熟成も可能

骨格のある力強い味わいで、肉好きの人向けで、現地では鶏のローストや赤ワイン煮込み、牛ステーキ、ジビエ、カレー風味の鶏肉料理などと合わせて飲まれています。

’15 デカンター・オンライン91点!

’06 バーガウンド・コム 87点

’06 パーカー89点




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ポマールプルミエクリュ・シャンラン’14

税別¥8000

<売り切れ>超限定品!

ヴォルネイ側の区画(ヴォルネイ・シャンランの隣)

樹齢50〜90年!!!

年産2200本程度

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが20年程度熟成可能

’15 デカンター・オンライン93点!!!

’06 バーガウンド・コム 90点

’06 パーカー89点




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ポマールプルミエクリュ・フレミエ’14

税別¥7800

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

※※すべての値引き対象外となります。
再入荷不可能!

「2019.2月上旬に飲みました。もしかしたらガッチガチに固いかもという恐れもありましたが、予想よりかなりもうおいしさと深みが表現されていました。当然かなりの伸びしろはあります。特に深みと余韻の長さは特筆もので、この畑のみ植え替えで5年後くらいまでもう買えないというのが本当に残念でならない、、、」

もっともヴォルネイ側の区画(ヴォルネイ1級フルミエの隣)

樹齢40年

年産わずか1000本程度!!!

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが15年程度熟成可能

1級シャンランよりも早く開く傾向にあるようですね

’15 デカンター・オンライン93点!!!

’06 バーガウンド・コム 90点

’06 パーカー92点!




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリープルミエクリュ・メ・バタイエ・ルージュ’14

税込¥6600(税別¥6000)

<あと13本>絶対おすすめ!

超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

「2017.正月に飲みました。すべての’14がやわらかく早熟だと思ったら大間違い?という自分も予想と違うくらいまだ固くハイポテンシャルな証明ともいえるトップノーズには少し還元あり。中域のエキス旨み〜ミネラルとアフターの長さは間違いないが、タンニンが予想より多く、今は香りに華やかさがほとんどない。明らかにクラシックだが酸は固くない、絶対化けると思う。抜栓の次の日もまだ少し固い。抜栓の2日後もおいしいが、まだ少し固い。ある意味’13以上にわかりやすいおいしさがまだ表現されていない。すごいな。抜栓の3日後に開いた。酸とうまみが伸びて余韻が長くなった。これなら今でもおいしいが、抜栓した日にこの状態に持っていくのは難しいでしょう。予想外」

アルコール13.5%

’13のおいしさは圧倒的で大幅に価格を超えていました!

熟成のポテンシャルも高いですがバランスよくおいしすぎて若くても飲めてしまうタイプ。’13に関してはデュレスよりミネラルが多く、若干滑らかな質感。まったく甲乙つけられない相当複雑な味わい!もうモンテリーがヴォルネイに劣るとかそういう考えは止めたほうがよいかも?飲み頃と好みを別にしても、例えばシャンパーニュだって高価格帯のミレジメよりノン・ヴィンテージの方が完成度が高いこととかありますよね?

樹齢45年

年産2400本程度

基本的に典型的なモンテリーらしい個性となりやすい1級畑

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが8〜10年程度熟成可能

’15 デカンター・オンライン92点!!!




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリープルミエクリュ・レ・デュレス・ルージュ’14

税込¥6600(税別¥6000)

<あと11本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

’13のおいしさは圧倒的で大幅に価格を超えていました!

熟成のポテンシャルも高いですがバランスよくおいしすぎて若くても飲めてしまうタイプ

樹齢45年

年産わずか1300本程度!

基本的に誰が造っても長熟タイプとなる1級畑

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが10年程度熟成可能

’15 デカンター・オンライン92点!!!

’06 バーガウンド・コム 88点

’06 パーカー90点

’07 パーカー89点




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ヴォルネイ’14

税込¥7260(税別¥6600)

<あと6本>限定品!

リュー・ディー『 Les Serpents 』

樹齢45年

年産わずか900本程度!!!

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが10年程度熟成可能




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ブルゴーニュ・アリゴテ’14(辛口白)

税別¥3000

<売り切れ>限定品!

区画『 Combe d’Anay 』

樹齢60年以上!

年産1800本程度

生産者曰く、リリースから3年間くらい






ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ポマールプルミエクリュ・シャンラン’13

税別¥8000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

ヴォルネイ側の区画(ヴォルネイ・シャンランの隣)

樹齢50〜90年!!!

年産2200本程度

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが20年程度熟成可能




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ポマールプルミエクリュ・フレミエ’13

税別¥7800

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
再入荷不可能!

もっともヴォルネイ側の区画(ヴォルネイ1級フルミエの隣)

樹齢40年

年産わずか1000本程度!!!

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが15年程度熟成可能




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリープルミエクリュ・メ・バタイエ・ルージュ’13

税込¥6380(税別¥5800)

<あと22本>絶対おすすめ!

超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

47本以上完売!

「2019.2月上旬に試飲出来ました。生産者ご本人たちに聞いたら雹被害が過去最高にひどく、生産量大幅減だったが最終的にはよいワインが出来た年。雹の影響なのかリリース直後の味はご本人たちの予想以上に閉じていた。その後、約4年経過してやっと飲めるところまできたというニュアンスの生産者側のコメントでした。当店の今日の印象としてはリリース直後の方が凝縮感と深みがあり、今の方が酸の伸びと爽やかさミネラルが前に来ている、果実感が若干閉じ気味の時期だと感じました。(例えばアルベール・モローのボーヌ1級ブレサンド’10なども今似たように閉じ気味の時期という印象でした。)そうであってもやはり非常によいワインで、シモン・ビーズ’13セルパンティエールのように栽培が難しい年の方が逆に印象深い味わいになる例の一つとも言えそうです。また数年後に在庫が残っていたら確認できればと思います」



「2016.7月初旬に飲みました。当店社長大絶賛の1本!!!入荷から1ヶ月長く当店セラー内で休ませて開けたこともありますが、社長は凄すぎたデュレス’13よりもこちらの方がさらに気に入ったようでした。縁が紫がかったとても濃いルビー色。凝縮した黒い実の果実、ビターチョコレート、ナッツ、スパイス、ミネラルなどの明らかに艶のあるよい香り。クラシックでまだ少し固さがあるが、ガルニエ’13ほどタンニンがきつくなく、ちょうどよい酸、すでにうまみとなめらかさがありミネラルも多く、味がツヤツヤなのですでに非常においしく飲めてしまう。抜栓の次の日にはタンニンが少し溶け込んでさらに向上。質感・果実・ミネラル・うまみ・骨格・タンニン・酸の質すべてが上質で、特にエネルギーに満ちた果実とキメ細かなサラサラタンニンがすごい。今年飲んだ全ワインの中で一番お買い得感強い気がする」

アルコール13.5%

樹齢45年

年産2400本程度

基本的に典型的なモンテリーらしい個性となりやすい1級畑

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが8〜10年程度熟成可能




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリー・クロ・デュ・メ・ガルニエ・ルージュ’13(モノポール)

税込¥5720(税別¥5200)

<あと39本>絶対おすすめ!

超限定品!

「2020.11月中旬に飲みました。4年半くらい経過して予想通り化けた!当店セラーのエイジング能力をまた証明。色はほとんどオレンジがかっていなくて抜栓直後はわずかな固さも感じられ焦ったが20分で急激に開く。トップノーズはクラシックで土っぽいニュアンスと鉄サビ系ミネラル、干しイチジクなどの色気のあるよい香り。落ち着いた果実味、みずみずしさのあるややしっかりの酸、多めだが溶け込んだタンニン、果実味強調タイプともナチュラルタイプとも違うよい個性でおいしい。予想通り塩焼き鮭には合わなかった、、、抜栓の2日後まで非常においしい」



「2016.6月中旬に飲みました。抜栓直後の低めの温度では非常に固く、まだ全然おいしくない。臭いという意味ではまったくなくハイポテンシャルという意味での還元的な閉じた香りで、明らかに1級デュレス・ルージュ’13より閉じており今はタニックで超クラシック。ただバランスや余韻などから考えても3〜4年後に化ける可能性が高く、品質自体は高い。下手なジュヴレシャンベルタンより長く熟成しそう。抜栓の次の日もわずかしか開かない。とにかく今は温度を少し上げた方がおいしさが出る。あえて言えば鼻に抜けるブルーベリー、花、胡椒のような戻り香が強く長いが、基本は土っぽい派手さのない風味が主体。重心低めでコクもある。ちょうどよい酸。抜栓の2日後もほとんど開かない」

アルコール13%

モンテリー村の中心にある単独所有畑

南向きの粘土石灰質土壌で1972年植樹

基本的に若いうちにも飲めるし、10年以上の熟成も可能

骨格のある力強い味わいで、肉好きの人向けで、現地では鶏のローストや赤ワイン煮込み、牛ステーキ、ジビエ、カレー風味の鶏肉料理などと合わせて飲まれています。




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリープルミエクリュ・レ・デュレス・ルージュ’13

税別¥5800

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

「2016.6月初旬に飲みました。さすがモンテリー村最高の1級畑のひとつという感じで予想以上の複雑性と余韻の長さがありました。まだガチガチに固いという予想でしたが、意外に今飲んでもおいしさとバランスのよさエキス感が出ており、果実、酸、タンニン、ミネラルすべてしっかりしたコクのある大きめの構造ながらも抜栓の次の日には、さらにうまみが増してまろやかさもある相当なおいしさとなった!嫌な還元香まったくなく、クラシックな造りでハイポテンシャル。樽は控えめでタンニンはまだ溶け込み切っていない。これは普通のヴォルネイ1級では対抗できないレベルの満足度で、この価格でもお買い得という言葉を使うのに躊躇しないくらいです。これに色気が加わったらすごいことになる。3〜4年後に大化けする可能性が高い!明らかに価格を安く付けすぎた(笑)やはりこの造り手要チェックです!!!」

アルコール13.5%

樹齢45年

年産わずか1300本程度!

基本的に誰が造っても長熟タイプとなる1級畑

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが10年程度熟成可能




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ヴォルネイ’13

税込¥7260(税別¥6600)

<あと17本>絶対おすすめ!

超限定品!

「2016.6月上旬に試飲しました。おそらく皆さんの期待通りの典型的な重くなくエレガントでおいしい村名ヴォルネイで、上記デュレスに複雑性は敵わないがよりキレのある心地よい酸味があり飲み飽きしない。味は重くないが決して細身ではない。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。抜栓直後の香りは閉じ気味だが、時間とともに少しだけ開いてくる。完熟ミニトマト、梅シソ、少し鉄さび系ミネラル、控えめな樽、胡椒などの香り。数年で湿った土とオレンジ系の香りが出てきそう。基本はクラシックだが、固すぎない上質な味わい。時間とともにうまみが増し、少しだけコクも増す。抜栓の次の日もわずかしか開かない。やはり良い酸。ここの個性はすごく当店好みで、いつも5人全員絶賛になります!」

アルコール13%

リュー・ディー『 Les Serpents 』

樹齢45年

年産わずか900本程度!!!

生産者曰く、ヴィンテージにもよるが10年程度熟成可能





ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ブルゴーニュ・アリゴテ’12(辛口白)

税別¥3000

<売り切れ>限定品!

※この銘柄だけ’12です。

区画『 Combe d’Anay 』

樹齢60年以上!

年産1800本程度

生産者曰く、リリースから3年間くらい





下記2アイテムだけは、なんとフィネス輸入の蔵出し正規品!!!



ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、ブルゴーニュ・ルージュ’13

税別¥3500

<売り切れ>フィネス輸入の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。お一人様1本までとさせていただきます。

わずか0.2ha

年産わずか1500本程度!

ヴォルネイ村に位置する『 レ・ロンボワ 』区画

粘土泥灰土土壌で1984年植樹




ドメーヌ・モンテリー・ドゥエレ・ポルシュレ、モンテリー・キュヴェ・ミス・アルマンド・ルージュ’13

税込¥5170(税別¥4700)

<売り切れ>フィネス輸入の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。お一人様1本までとさせていただきます。

0.8haの所有

モンテリー村北側に位置する急斜面の
『 Les Plantes 』と『 Les Longenes 』2区画

南西向きの粘土石灰質土壌で1952年植樹

ドメーヌに大きく貢献したアルマンド女史の名前が付けられたキュヴェ

例年リリース直後から調和の取れたおいしさを感じやすい女性的な味わい

現地ではミートパイや鶏肉料理、ポトフなどの軽めの食事と合わせて飲まれています

年産4200本くらいあるのに全然手に入らない、、、






手摘み、選果台での厳しい選果、今は基本的に除梗100%、基本的に天然酵母を使用

ワインはポンプを使わずに重力によって移動させ、300年以上前に建てられたアーチ型天井のカーヴ内に樽を並べて熟成

テロワールを表現できるように人の干渉は出来るだけ行わず、化粧をしていないワイン造りを心掛けています。



2021/3/4(木)アップ〜蔵出しジャン・マルク・ヴァンサン’14サントネ

骨格のある長熟可能なサントネ!

年に360本程度しか輸入できないそうです!



 



ジャン・マルク・ヴァンサン、サントネプルミエクリュ・レ・グラヴィエール・ルージュ’14

税込¥6930(超特価・税別¥6300)



輸入元定価・税別¥8,000

<あと14本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

’14は再入荷不可能!
再入荷するとかなり若くなった上に値上がり致します!

MVF(旧クラスマン)2017年度版16/20グラス






Jean Marc Vincent, Auxey Duresses Rouge 1er <Les Bretterins> '14

ジャン・マルク・ヴァンサン オークセイ・デュレス プルミエクリュ<レ・ブレットラン> ルージュ’14

超特価・税別¥4500

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版14.5/20点

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました

「2019.2月中旬に’14を飲みました。DIAM5コルク。縁がピンクがかってきた中程度のルビー色。実は試すの2回目で約1年前に飲んだ時は、固くうまみもほぐれていなかったので1年間置いておこうと思っていたら今、かなりおいしくなっていました。クラシックで地味で固い → うまみ溢れる赤い実果実がおいしい落ち着いた本格派。という感じに向上しており、クラシックではあるが今おいしくうわついていない本物!サントネ1級グラヴィエールよりもミネラリーで白ワイン的な要素を含み、コクとタンニンは控えめだが、エレガントでうまみの広がりと癒しがあり非常においしい。抜栓の次の日も非常においしい。あまり他の生産者を誉めないシャトー・ド・サントネのジェラール・ファニョーニさんも当店にご来店いただいた際に、ジャン・マルク・ヴァンサンは素晴らしいと言っていました」

アルコール13%

樹齢52年!

0.21haの所有

年産わずか680本のみ!!!
(日本には180程度しか入らない)



ジャン・マルク・ヴァンサン、ブルゴーニュ・ブラン’15(辛口白)

税別¥3500

<売り切れ>限定品!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

※再入荷不可能!

ピュリニーモンラッシェ(コルヴェ・デ・ヴィーニュ)とサントネ1級白(ボールペール・ブランとグラヴィエール・ブランを所有)の若木の格下げ!





ジャン・マルク・ヴァンサン、サントネプルミエクリュ・レ・グラヴィエール・ルージュ’13

税別¥4950

<売り切れ>

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2016年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16/20点
(2年連続クープ・ド・クール!!!)

60本完売!ありがとうございました〜※’13は再入荷不可能!





ジャン・マルク・ヴァンサン、サントネプルミエクリュ・レ・グラヴィエール・ルージュ’12

税別¥4900

<売り切れ>おすすめ!

ブルゴーニュ・オージョルディー2013年6月/7月号15.5/20点

MVF(旧クラスマン)2015年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版16/20点(クープ・ド・クール!!!)

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

24本完売。ありがとうございました

「2016.1月上旬に’12を飲みました。今はまだ固いが、化けそうなので数年寝かせるなら絶対おすすめ!という感じです。シャントレーヴさんのポマール’12的なおいしく飲めるといえば飲めるけどやっぱり今はタンニン多い。凝縮して酸も低くなく品質は間違いなく高い。タンニンだけが強いわけではないので大きく化けるかもしれない。プスドールの1級クロ・タヴァンヌよりもポテンシャルが高いくらいで余韻もある。縁がわずかに紫がかったやや濃いルビー色。抜栓の2日後までおいしい。それほどやわらかくならなかった。最後の一杯に予想より多めにオリが残る」

アルコール13%

Domaine Jean-Marc Vincent

フランスでもなかなか出回らない逸品
2007年度「アシェット」2ツ星★★掲載

地元の3つ星ラムロワーズをはじめ、ル・サンク、ル・ブリストルなど星付き御用達の一流ドメーヌ!

「ブルゴーニュは複雑でなければならない」(Bourgogne must be complex)。そう語るムッシュ、ジャン・マークの造り出すサントネーはフランスのキャビスト(酒屋さん)にもなかなか出回らない。曽祖父から脈々と続くそのクォリティー。14世紀に建てられた地下カーヴには、これだけ?と思う数しか樽がない。

新樽100%ですが、「reduce okay taste」とジャンは言い、樽香の強さ、バニラっぽさはエレガンスとクォリティーに欠けたワインだと否定している。これはハスミワインの造り手たちに共通している。他のドメーヌはアロマティックでソフト、一見エレガントに感じてしまうワインを造るが、ボクはそうしない、と語るジャン。ひいおしいさんの時代から受け継ぐ複雑性と凝縮感、エレガンスさを備えなければ、ドメーヌ・ヴァンサンのワインではない!

ヴァンサン家のワインはゆっくり、じっくりと味わうタイプ。ひとくち飲んでどうこう言うワインではありません。ショコラのような香りが現れたらいい感じになってきた証です。

今までのサントネーは何だったの?と思ってしまいます。芳しい樽香、口当たりの優しいエレガントなスタイルの中にたっぷりとした複雑性と凝縮感を兼ね備えるすばらしい造り。時間が必要なワインですが、ワインは複雑でなければいけないと言い張るジャンの心意気が感じられるすばらしいワイン。
(輸入元さんコメント)


2022/9/14(水)アップ〜蔵出しフィリップ・ル・アルディ’19プレソニエール再入荷

2022/7/15(金)アップ〜蔵出しフィリップ・ル・アルディ’19メルキュレ・ルージュ1395

2022/6/10(金)アップ〜蔵出しシャトー・ド・サントネ’18メルキュレ・ルージュVV再入荷

常にリピーター続出!












 

2017.10.19(木)
醸造責任者であるGerard Fagnoni(ジェラール・ファニョーニ) 氏にご来店いただきました〜!




すごくお話し好きの明るく楽しい方(笑)
完熟で最高のブドウだけ得られるように振動で振り分ける最新選果台を導入、重力に逆らわない果汁の移動、それぞれの畑でミクロクリマを熟知した上での収穫時期の決定など常に改善と向上を繰り返している!基本的にすべての赤ワインのタンニンの質が非常に良い。
ものすごい面積の自社畑を持ち、超清潔で広大な地下セラーを持つので、おそらくバック・ヴィンテージのストックもかなりあるのでしょう!



ごく近年から本格的な販売を意図して人事的にも刷新され、醸造設備もほぼ100%最新式のものに入れ替える工事が始まっている。800樽を貯蔵できるセラーはすでに完成し、その他にも200樽貯蔵できるスペースがあるという。また、醸造、発酵設備もタンク設置スペース、設備、タンク自体も最新式のものに入れ替え中で、’13白から品質向上がみられるとのことです




ドメーヌの歴史は古く、景観も素晴らしい

2004年に取得済みのテラ・ヴィティス認証の他に
さらに2015年から
Hautes Valeurs Environnementales (HVE レベル3)取得!









Philippe le Hardi, Bourgogne Cote d’Or Pressonnier Rouge '19

フィリップ・ル・アルディ、ブルゴーニュ・ルージュ プレソニエール‘19

税込¥3080 税別¥2800

<あと24本>絶対おすすめ!

すでにお客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
80本完売!〜※近日さらに再入荷決定!

「2022.7月下旬に試飲しました。赤紫がかったルビー色。グリオット、スパイス、鉱物的なミネラルなどのよい香り。凝縮感のある味付きしっかり果実が思いのほかすでになめらかでバランスよく、程よいコクがあり、酸とミネラルも低くなく、やや力強いおいしさの飲み頃NOW〜。決してシンプルではなくよい出来!」

アルコール13.5%
テラ・ヴィティス、HVEマークあり!

ジョセフ・ロティでお馴染みのほぼジュヴレシャンベルタンという個性で鉄分ミネラルと凝縮果実




Philippe le Hardi, Mercurey Rouge Cuvee 1395 '19

フィリップ・ル・アルディ、メルキュレ・ルージュ キュヴェ1395 ’19

税込¥3190 税別¥2900

<あと5本>

アルコール14%
テラヴィティス、HVEマークあり!

『 Les Montelons Rouges 』区画と『 Les Vaux 』区画のブドウを使用


2021年7月1日より、「シャトー・ド・サントネ」はその起源を再認識し、ブルゴーニュ公国の初代公王「フィリップ・ル・アルディ」の名を冠して新たな歴史をスタートさせた。

醸造では最新設備の投入により高品質なワインを追求し、テロワールの潜在能力を引き出している。最新のプレス機でやさしい抽出が可能となり、また、キュヴェゾンと醸しの全サイクルにおいて、温度管理も可能となった。 さらにカーヴは、コート・シャロネーズの生産量に対応したもの、コート・ド・ボーヌとコート・ド・ニュイの多様なアペラシオンに対応したものの2つをもち、アペラシオンの多様性とその生産量に適応した作業ができるようになった。 2019年にディレクターに就任したジャン・フィリップ・アルシャンボーの監督下、 まさにテーラーメイドのワイン造りが実践されている。

この20年間、ドメーヌでは環境に配慮した栽培を実践し続けている。この広大な畑を除草剤に頼らず耕作するとともに、 草生栽培を施して、土壌の微生物層を活性化。2004年からTERRA VITISの認証を受け、2009年には持続可能な栽培方法を用いているとして農務省から認定を受けた。2015年には、フランス農業省が発行する新しい仕様に準拠した「高環境価値」(HEV 3)認証を取得した最初のドメーヌの1つとなった。 2016年には、畑の近くに養蜂場を設置し、環境に敏感なミツバチによって無害な技術であることを証明し、すでに巣箱の増設も計画されている。







Chateau de Santenay, Mercurey VV Rouge '18

シャトー・ド・サントネイ、メルキュレ・ルージュVV’18

税込¥2750(税別¥2500)

<売り切れ>絶対おすすめ!

Wine Enthusiast 92点!!!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2020年度 シルバー受賞!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード2020年度 ブロンズ受賞!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

214本完売!!!ありがとうございました

’14’15より¥330もお安くできました〜!

「2021.2月下旬に飲みました。縁が紫がかったやや濃いルビー色。樽のウインナーコーヒー、プラム、チェリー、胡椒などの香り。よく凝縮した果実味、多少エキス感があり、キメ細かなほろ苦コクがあり、アフターに残るミネラル感が過去のどのヴィンテージよりもしっかりしており塩味も伴う。少し最後に清涼感が残り飲み飽きない意外と上に抜けるアフター。樽も過去のヴィンテージよりも溶け込んでいる。うまみは抜栓後に時間とともに増すと思われる。この価格で買える超お買い得村名!抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後もまったく落ちない。少しうまみが増してわずかに向上」

アルコール13.5%
上記画像のように裏ラベルに2つ認証マークあり!







シャトー・ド・サントネイ、ブルゴーニュ・ルージュVV’16

税込¥2640(税別¥2400)

<売り切れ>

Wine Enthusiast 87点(2017〜)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

132本完売!ありがとうございました

そもそもブルゴーニュ・ルージュ用の畑を所有していないので、コート・シャロネーズのいくつかの畑の格下げブドウで造られています。お買い得で当たり前と言えますね!




Chateau de SANTENAY, Mercurey Rouge Les Cheneaults '16

シャトー・ド・サントネイ、メルキュレ・ルージュ・レ・シュノー’16

税別¥3000

<売り切れ>絶対おすすめ!

36本完売。ありがとうございました

「2019.4月上旬に飲みました。縁がうっすら紫がかったやや濃いルビー色。予想より少しだけ強い樽の焼き栗とコーヒー香。凝縮したチェリーなどの赤い実の果実、濃く淹れたウーロン茶、ごくわずかにミント、胡椒などの香り。凝縮してやや濃い果実味、低くない酸、タンニン多めだが丸く、エキスも厚め、きめ細かなほろ苦を伴うコクがあります。今でも充分価格以上においしいが、1年後以降がベストではありそう。余談ですが、グラスの種類によって結構樽香が強くなったり、弱くなったりしますね。自分にとって本質をつかみやすいグラス選びも日常の満足度自体を底上げできるので大事かもです。抜栓の次の日も非常においしい。重心低めでグリップあり、絶対薄いとは言われない味。抜栓の2日後もまったく落ちない。抜栓の4日後もまだ楽しめる!」

アルコール13%

VV表記がなくなったから若木のみということではなく、同レベルの品質で非常においしいとのことです。







Chateau de SANTENAY, Mercurey 1er Cru Les Puillets Rouge '15

シャトー・ド・サントネイ、メルキュレプルミエクリュ・レ・ピュイエ・ルージュ’15

税別¥3300

<売り切れ>絶対おすすめ!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード 2017年 シルバー 90点!

バーガウンド・コム 89点

Wine Enthusiast 91点(2019〜)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017年度 ゴールド&トロフィー受賞!!!

ソムリエ・ワイン・アワード2017年度 シルバー受賞!


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

72本完売!ありがとうございました〜※’15は再入荷不可能!

「2017.6月初旬に飲みました。信じられないほどのお買い得品!縁が紫がかった中程度〜わずかに濃いくらいのルビー色。抜栓直後だけ少し固さがあるが、20分程度でうまみが増してタンニンが溶け込んでゆく。あと少しで溶け込む樽のロースト、熟して骨格のある赤い実の果実、胡椒、ミネラルなどの香り。タンニン、ポテンシャル、複雑性に優れ、クロ・デ・ミグランよりもさらに長く熟成しそう。ジェラール・ファニョーニさん本人から聞きましたが、丘にある表土の薄いやせた畑。タンニンの質がノーブル(キメ細かく高貴)。いつも骨格と複雑性のあるワインができる。つい最近、この1級の’90を飲んだがちょうど飲み頃だった。まったく下っていない状態で、リリース直後からおいしいし、長い熟成も可能なワイン。つい最近どこかの国の航空会社ビジネスクラスでこの’15がオンリスト決定したそうです」

アルコール13%

『 南南西向きの斜面に位置するメルキュレイの1級畑。ドメーヌの所有面積は7.3ha。粘土石灰質の土壌で水はけは良好。摘房によって収量を制限し、果実の凝縮感を求める。ワインは赤や黒の果実の香りとともに、複雑でスパイシーなニュアンス。 (輸入元資料より) 』





シャトー・ド・サントネイ、ブルゴーニュ・ルージュVV’15

税別¥2000

<売り切れ>

バーガウンド・コム 87点!(Outstanding!)

Wine Enthusiast 88点!

デカンター・ワールド・ワイン・アワード 2017年 ブロンズ 86点

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017年 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

値上がりなし!

132本完売!!!ありがとうございました

アルコール13%




シャトー・ド・サントネイ、メルキュレVV・ルージュ’15

税別¥2800

<売り切れ>

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017年 Commend!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

値上がりなし!

アルコール%

24本完売。ありがとうございました

’14はかなりのおいしさでした!





シャトー・ド・サントネイ、ブルゴーニュ・ルージュVV’14

税別¥2000

<売り切れ>

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 銅賞受賞!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版 Prix Plaisir 金賞!


Wine Enthusiast 86点




シャトー・ド・サントネイ、メルキュレVV・ルージュ’14

税別¥2800

<売り切れ>絶対おすすめ!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 銅賞受賞!

パリ・コンクール2016年 金賞受賞!

ソムリエ・ワインアワード2016年 ゴールド!


Wine Enthusiast 90点!(2018〜)

ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 14.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

102本完売!!!ありがとうございました

「2016.10月中旬に飲みました。『 おいおいどうなってる?ここのサントネ1級よりおいしいぞ! 』という、、、フラッグシップはサントネのはずですが、一番お買い得という意味ではこの銘柄かもしれません。先日アップしたシャンタル・レスキュール’14と同じくらい明らかに価格を超えた高い品質!縁が紫がかった中程度のルビー色。樽の心地よい適度な焼き栗とコーヒーの香りに、樽香でわかりにくいがたぶん赤い実主体の果実香と鉄分ミネラルなどのよい香り。ほのかに甘く、うまみがかなり多く、ミネラルも多めで、タンニンが抜栓直後から予想以上に溶け込んでシルキー!とてもわかりやすくかつハイレベルな調和がある飲み頃NOW〜で、かなり杯が進む。時間とともにさらにどんどんうまみが増して明らかに向上する。抜栓の2日後まで少しずつ向上し続け、抜栓の3日後もまったく落ちない。おそらくみなさんまったくノーマークだと思うのでかなり驚くと思います」

アルコール13%

メルキュレイの畑の中でもとくに上質の区画を選り抜き、アッサンブラージュしたワイン。陽当たりのよい斜面のブドウから凝縮感豊かなワインが生み出される。

’13 バーガウンド・コム 88点

’12 パーカー87点




シャトー・ド・サントネイ、サントーバン・アン・ヴェスヴォー・ブラン’14

(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥3900

<売り切れ>おすすめ!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 銀賞受賞!

バーガウンド・コム 88点

Wine Enthusiast 91点!(Editors'Choice、2018〜)

ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 15/20点


「2016.10月下旬に飲みました。他の多くの’14白同様に酸が厳しくない飲み頃NOW〜。炒りたてのごま、ごませんべい、ナッツの樽香にわかりやすい果実味、うまみとミネラルも弱くなく、スムーズでバランスよく、とてもキメ細かな苦みを伴うアフターで、味わい部分の樽はすでによく溶け込んでいる。醸造設備と環境がさらによくなって特に白ワインの品質向上がみられると聞きましたが、たしかにおいしくなってきているようです。おいしく価格的にも納得だが、メルキュレ・ルージュVV’14があまりにも価格以上でこの銘柄が少しだけ霞んでしまう、、、抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール13%

Chateau de Santenay, Saint-Aubin En Vesvau Blanc '14

アン・ヴェスヴォーはモンラッシェと同じ地層にあるクリマ。ドメーヌはここに4.11haを所有する。石灰質が強く、粘土質の少ない、水はけに優れた土壌から、素晴らしいミネラル風味の白ワインが生み出される。





シャトー・ド・サントネイ、ブルゴーニュ・ルージュVV’12

税別¥2000

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 87点!

ゴーミヨ誌14.5/20点!

48本完売。ありがとうございました〜※ついに再入荷不可能となりました!

「2015.10月に試飲しました。今回はリリースから数ヶ月経っていることもあると思いますが、リリース直後の’10を試した時のような少し固い全体像とタンニンではなく、すでに開いており、タンニンもほぼ溶け込み、固くなくこの価格帯としてはややしっかりしたバランス感。個人的には’10よりもおいしいと思う。複雑性はないが、現在この価格で買えるACブルとしては最高レベルものののひとつと言えそうです」

アルコール13%



シャトー・ド・サントネイ、ブルゴーニュ・ルージュVV’10

税別¥2000

<売り切れ>

リアルワインガイド52号にて高評価される!

1年半以上前に試飲した際には、薄くて酸っぱいバランスではないものの、まだ少し固さがありましたがそろそろよい頃だと思われます

36本完売。ありがとうございました〜※’10は再入荷不可能!

コート・シャロネーズのさまざまなクリマをアッサンブラージュして造られたブルゴーニュ・ルージュ。南東向きの斜面の区画を選び、陽当たり良好。小樽と大樽にて熟成。しっかりした果実味とストラクチャーをもつ赤ワインとなる。




シャトー・ド・サントネイ、ブルゴーニュ・ブランVV’13(辛口白)

税別¥2000

<売り切れ>

24本完売。ありがとうございました

アルコール13%




シャトー・ド・サントネイ、ブルゴーニュ・ブランVV’10(辛口白)

税別¥1800

<売り切れ>おすすめ!

※ヴィンテージを間違って’11と載せておりました、、、大変失礼いたしました

限定品!

「2014.1月下旬に飲みました。税別¥2300ならあっさりめで少し個性に欠ける為、難しいかなぁと思っていたら大分お安かったので充分におすすめ出来る内容です。しっかり冷やすとあっさりし過ぎる。少し温度が上がると多少厚みが出てアフターも少し充実する。抜栓の2日後まで非常においしい。ブルゴーニュ・グラスで高めの温度がほのかな甘みと複雑性が最大限に出る為ベスト。コント・ド・ロルジュリルのシャルドネ’12に少し似ている。ピュア系」

アルコール13%

ドメーヌが所有するさまざまな村名畑のブドウをアッサンブラージュし、ブルゴーニュACにデクラッセしたもの。もちろん、ブドウはビオロジック栽培。このクラスでも小樽発酵している。フレッシュな酸味と豊かな果実。樽香も上品。




シャトー・ド・サントネイ、ブルゴーニュ・オートコート・ド・ボーヌ・クロ・フィリップ・ル・アルディ・ルージュ’11(モノポール・辛口赤)

税別¥2100

<売り切れ>限定品!

サントーバン・アン・ヴェスヴォーやオート・コート・ド・ボーヌ・ブランと同じ斜面の畑(0.75haのモノポール)から生み出される。小樽にて熟成。本来、白向きのクリマから造られた赤ワインは、きわめてフィネスに富み、エレガントな風味。





シャトー・ド・サントネイ、サントネプルミエクリュ・コム’10

税別¥3700

<売り切れ>おすすめ!

超限定品!まさかの割り当て6本のみでした、、、

「2014.1月下旬に飲みました。ラックさんが輸入を決めて、シャトー・ド・サントネという名前でサントネがイマイチなわけがないでしょ!というわけで発注の時点では未試飲でしたが買いました。クラシックなスタイルで今はまだ固い。予想より酸もタンニンもややしっかりしており、飲み頃は2015.秋〜だろうか?うっすら紫がかったやや濃いルビー色。うめしそ、ミニトマト、胡椒、中国茶、ミネラル、スミレなどの香り。温度を上げるとごくほのかな甘み出る。抜栓の次の日もわずかしかやわらかくならなかった。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール13%

東向きの斜面に位置するサントネイの1級畑で、ドメーヌはここに0.52haを所有。粘土質の強い土壌にあり、出来上がるワインは力強い。黒い果実の香りに燻したニュアンス。リッチな味わいで、タンニンは溶け込んでいる。

’11 バーガウンド・コム 89点



ブルゴーニュ公国、初代公王のシャトーが醸す
ビオロジック農法のワイン


『 ブルゴーニュ公国の初代公王、フィリップ・ル・アルディ(豪胆公)が1395年に発した勅令は、その後のブルゴーニュにとってたいへん画期的なものとなった。
公王はブルゴーニュの畑からガメイを引き抜き、より高貴なピノ・ノワールを植えるよう奨励したのである。当時はディジョンに玉座を置いていたフィリップ豪胆公だが、公王が所有していた城のひとつに、サントネイ村の”シャトー・ド・サントネイ”がある。人々は愛着を込めてこの城を、”シャトー・フィリップ・ル・アルディ”と呼ぶ。

今日、シャトー・ド・サントネイはクレディ・アグリコール・グループの傘下となり、潤沢な資金の元で発展を続けている。ブドウ畑は、お膝元のサントネイのほか、ボーヌ、アロース・コルトン、ポマール、サントーバン、オート・コート・ド・ボーヌに広がり、さらにコート・シャロネーズのメルキュレ、そしてグラン・クリュのクロ・ド・ヴージョまで、ドメーヌの総面積は97ヘクタールにも達する。

ドメーヌでは、この広大な畑を除草剤に頼らず耕作するとともに、草生栽培を施して、土壌の微生物層を活性化。”カリテ・フランス”と”テラ・ヴィティス”の認証を受けたビオロジック栽培を実践しているのだ。

また、ワイン醸造は伝統的な手法を取りながらも、空気式圧搾機や自動ピジャージュなど、つねに最新の設備を投入。醸造責任者であるジェラール・ファニョーニの監督下、アペラシオンごとにテロワールの特徴を最大限引き出すべく、最適な醸造が行われている。細心の注意をもって栽培、醸造されたシャトー・ド・サントネイのワインを味わえば、4人の公王により繁栄を誇った、14世紀から15世紀の偉大なブルゴーニュを思い描くことができるだろう。 (輸入元資料より) 』


2022/8/)アップ〜蔵出しシャントレーヴ’20第1弾

少しずつ増やしている自社畑が楽しみで仕方ない!

2021/11/3(水)アップ〜蔵出しシャントレーヴ’19第3弾

2021/7/7(水)アップ〜蔵出しシャントレーヴ’19第2弾

2021/6/23(水)アップ〜蔵出しシャントレーヴ’19第1弾

驚きの絶品オートコート・ボーヌ!!!

ついにウォール・ストリート・ジャーナルやVINOUSなどでも高評価されました〜!


着実な進化&今時珍しいくらいお買い得で上質な味わいをぜひ堪能してください!

初ヴィンテージからいきなりすべての銘柄が上質!話題の新ネゴシアン

リアルワインガイド66号、58号、54号、50号、46号、42号、38号にて高評価される!








↑ラベルデザイン変更












※上記ブルゴーニュ・ブランのラベルは’11当時黄色でしたが、今は白いラベルになっております。





他のムルソーはこちら

 


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度にて
ついにシャントレーヴが
Palmares Le Takent et L'Emotion [lES GENIES DE DEMAINE] に選ばれる!!!


こことベルトラン・アンブロワーズの値上がりなし具合には
本当に頭が下がりますね!
ともにすでに地位と名声を確立していると思うのですが、素晴らしいことです!





2015.12.7(月)
ご来店いただきましてやっとお会いできました〜!
想像していた通りの素敵な方でした。
聡明で誠実である同時に情熱とたくましさも感じ、頼もしい。
輸入元のラック・コーポレーションさんには、感謝の気持ちしかありません。
シャントレーヴさんに対する気持ちが強過ぎで若干舞い上がってしまいました(笑)T氏をはじめとするシャントレーヴ愛のある当店のお客様皆さまのおかげです!決して自分の力ではありません。心から感謝申し上げます。

『 今回は一緒に来れなかったけれどもギョーム・ボットさんと二人でシャントレーヴである 』ということを繰り返し話しておられまして、ギョームさんともお話ししたかったですね。話せば話すほど、おこがましいですがワインの好みが自分とあまりにも似ていて、好きなドメーヌがほぼ栗山さんとギョームさんの友人だったり栽培か醸造で関わったことのある生産者だという(昔はそれほど好みじゃなかったけど最近、造りが変わって好みになったという生産者まで結構一致していました)。なので、シャントレーヴさんが造るワイン基本的には自分たちが飲みたいワインを造るということですので、目指している方向性は僕の好みと一致して当然かもなんて思ってしまいました。

ヴォルネイ・シュール・ロシュ’11を一緒に飲めてよかった。当時はもっといいものが造れたのではないかと実はわずかな後悔もあったそうですが、僕にとってはお世辞抜きで難しい年に素晴らしいワインを造り上げた代表例として大切なワインであり、今さらに熟成してリリース直後よりさらにおいしくなった姿を栗山さんに試していただけたので、それで安心してくださいました。このように造り手側の予測すら上回る良い熟成がたまにあるのです。今後、絶対に目を離せない生産者です。品質に納得できる限りは(’10から僕的に納得できないワインが1つもがないので、すでにその心配すらないくらい信頼できますが)ずっと応援していきたいですね!




2015.12.1(火)最新情報

2013年から(※訂正 本格的には’15から)赤ワインはほぼすべて全房発酵に移行。同時にSO2量も減らしているのでリスクが高い中、さすがの実力で素晴らしいワインが出来ました!

白ではオークセイデュレスを亜硫酸無添加で発酵。

『 よりピュアで透明感のあるワインを造っていければな、と思っています。自然派を目指すことが目的ではなく、より表現力のあるピュアなものができれば、という意識でやっています。 (栗山さんご本人談) 』






※’12から
SARL CHANTERIVES(シャントリーヴ)から SARL CHANTEREVES (シャントレーヴ)に名前が変更となります。似た名前の某生産者から抗議があったもようです



ラック・コーポレーション輸入の限定品!


ブルゴーニュ初のなでしこ醸造家!

CHANTERIVES は、ドイツのラインガウはアルテンキルヒ醸造所で4年間(2011年まで醸造責任者)、リースリングとシュペート・ブルグンダーの栽培と醸造を手がけてきた栗山朋子とサヴィニー・レ・ボーヌのドメーヌ・シモン・ビーズ(エティエンヌ・ソゼで働いたのち、2002年からパトリック・ビーズ氏の右腕として今も活躍している ※少なくとも2014年までは白ワインの醸造責任者のまま。)でシャルドネとピノ・ノワールの醸造を手がけるギヨーム・ボットが、ブルゴーニュにて設立したネゴシアンです。


※買いブドウですので、ワイン名が同じでもヴィンテージによって畑の場所が違う場合があります。基本的にいつも還元香のないキレイなバランスで酸とミネラルが上質、樽はとても控えめ

’10 リアルワインガイド38号にて高評価される!ジャシス・ロビンソン女史に高評価される!

’11 リアルワインガイド42号にて高評価される!

’12 リアルワインガイド46号にて高評価される!

’12は生産量約35%減、、、

’13 リアルワインガイド50号にて高評価される!

’14 リアルワインガイド54号にて絶賛される!

’15 リアルワインガイド58号にて絶賛される!

7年連続で上質だったので、やはり間違いなく実力あります!
価格もまだ良心的なので、ぜひお試しください
(’13’14’15は特にお安く設定してくれた気がする!)


2015.6月時点での’13は抜栓直後よりも、約1時間後、さらに抜栓の次の日と抜栓後にどんどんおいしくなっていくものが多いです。3種類以上試して全部そうでした














白 〜Blanc '19〜
白は、早熟で重くなりがちな年にあっても収穫のタイミングを見極め早めに摘んだ甲斐あり、 果実と酸のバランスも良い。若いうちから楽しめる内容ではありますが、熟成させても良しでしょう。
ムルソー’19は今回も買えなかったので造れなかった、、、

赤 〜Rouge '19〜
赤は例年と同じく全房を100%使っています。大きなスケール、しなやかなストラクチュア、典雅な果実感。どれも出色の出来です。
ラドワ’19は今回買えなかったので造れなかった、、、




CHANTEREVES, Bourgogne Pinot Noir '19

シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ルージュ’19 750ml

税込¥3410(税別¥3100)

<売り切れ>限定品!

※もうすでに再入荷不可能、、、

パーカー89点!(William Kelley)

VINOUS 85点

デカンター・オンライン92点!


フランボワーズや苺の赤い果実味と、ブルーベリー等の黒い果実味はチャーミングながら、アタックはしっかり。タンニンはきめ細かく、既存のジェネリック以上の充実感に洗練されたキャラクターです。




CHANTEREVES, Bourgogne Haute Cote de Beaune ≪ Paris l’Hopital ≫ Rouge '19

シャントレーヴ、オートコート・ド・ボーヌ ≪ パリ・ロピタル ≫ ルージュ’19

税込¥4180(税別¥3800)

<あと3本>超限定品!

※もうすでに再入荷不可能、、、

花崗岩母岩が風化した砂質の畑の影響で、果実味はボージョレーを想起させるブルーベリーやブラックベリーなどの黒い果実が中心ですが、ピノ・ノワール100パーセントです。畑の傾斜がきつく砂質の土壌は保水力が低いので、葡萄の根が深く張り、カッチリとしたボディーと奥行きのあるピノになります。ブルゴーニュ・ルージュと並んで、2019年は分けてもスケールの大きいものになりました。とても気に入っています。




CHANTEREVES, Bourgogne Chardonnay '19

シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’19
(ブルゴーニュ・辛口白)


税込¥2640(税別¥2400)

<売り切れ>限定品!

パーカー87点(William Kelley)

※まさかのすでに再入荷不可能!

はっさくやレモンを思わせるフレッシュな果実感と、厚みのあるボディー。村名クラスに匹敵します。充実したエントリーレヴェルのブルゴーニュです。




CHANTEREVES, Aloxe-Corton 1er cru Les Paulandes '19

シャントレーヴ、アロースコルトンプルミエクリュ・レ・ポーラン’19

税込¥9240(税別¥8400)

<あと10本>超限定品!
初入荷の新銘柄!〜※すでに再入荷不可能!

パーカー92点!(William Kelley)

VINOUS 89〜91点(ニール・マーティン)


予想より低収量で2樽しか造れなかった銘柄!
コルトン・マレショード・グラン・クリュの斜面斜め下に位置しており、表土は深めながら多くの礫が混じって水捌けが良いので、プルミエクリュならではの品を醸し出します。厚みがありながら重くならず余韻は軽やかです。




CHANTEREVES, Pommard '19

シャントレーヴ、ポマール’19

税込¥7150(税別¥6500)

<あと5本>限定品!

パーカー90点(William Kelley)

購入出来たのが、昔と違う畑のブドウ
村名ポマールの中で分けても標高が高く表土の浅いリューディーLa Vacheと、冷涼なアン・マローのピノ・ノワール半々で造っています。ポマールらしからぬ重心の高さ。エレガントでしっとりた質感に仕上がっています。




CHANTEREVES, Nuits Saint Georges les Tuyaux '19

シャントレーヴ、ニュイサンジョルジュ・レ・チュイヨー’19

税込¥7480(税別¥6800)

<あと2本>絶対おすすめ!
超限定品!
初入荷の新銘柄!

パーカー89+点(William Kelley)

VINOUS 87〜89点(ニール・マーティン)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

23本完売。

「2021.7月中旬に飲みました。DIAM5コルク。縁がうっすら紫がかったやや明るいルビー色。赤い実果実とブルーベリーの甘いフルーツガム、樹脂、ヨード、ミネラル、少し甘苦系スパイスなどのよい香り。予想より果実味豊かで、うまみエキスたっぷりの甘旨コク、タンニンの質が極めてよく一見酸が少し低いようで、ミネラルが強く最終的なバランスはとてもよく重すぎず杯が進む。抜栓の次の日も非常においしい。暑い年の甘味は(ブルゴーニュでは)マイナスにとらえられることも多いが、このワインは甘美で杯が進む!かなりおいしい。抜栓の2日後も非常においしいが、昨日のバランスがベストだった」

アルコール14%

ヴォーヌロマネ側の畑、樹齢50〜60年!
ニュイ・サン・ジョルジュの村の北側に位置し、芳香高く果実味あふれ、タンニンも円やかなので、若いうちから飲みやすい仕上がりですが、ヴォリュームと奥行があり、エネルギッシュ。エキサイティングな村名です。











シャントレーヴ、ヴォルネイ’13

特価・税別¥6200

<売り切れ>絶対おすすめ!
超限定品!〜当然再入荷不可能!

※すべての値引き対象外となります。

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

「2020.9月中旬に再度飲みました。4年半以上経過してどれほどおいしくなっているか楽しみ!DIAM5コルク。オレンジがかった明るいルビー色。色気のある赤い実の果実、中国茶、ドライハーブ、腐葉土、ミネラルなどのよい香り。熟成感出ているがジューシーなフルーツ感がしっかり残ってなめらか。タンニンはよく溶け込んで、じんわり口中に広がるうまみに伸びのある酸とミネラルのアフター。ナチュラルで上質。リリース直後のおいしさも素晴らしかったが、さらにちゃんとおいしくなった。当然ながら今では大幅に価格を超える満足度!抜栓の次の日も非常においしい。上品な色気で杯が進む。抜栓の2日後も最高においしい。驚くほど美しいスーボワ香。きっとこうなることまで見えていて造っているのでしょう。重さとコク以外の要素が本当にハイレベルでここまで理想的な熟成感をこの価格で味わえるならリスクの高い古酒を探す気がなくなってくる(笑)」



「2015.12月上旬に試飲しました。ピュアで透明感のある赤い実の果実香主体。エレガントでみずみずしく、’12よりも甘さ控えめでアフターにキレイに残るさらさらな質感のタンニンとミネラルが極めて心地よい。自分の中ではこれぞシャントレーヴ味という感じ。どう考えても一流ドメーヌの味。これの後にポマール’13を続けて飲むとすごく理解が深まる感じがしてより楽しい」

アルコール12.5%

リュレ、プティ・ポワゾ、グラン・ポワゾの3区画をアッサンブラージュ(※’11とは違う区画です。)。スミレのようなフローラルなブケ。ラズベリー、赤スグリ、グリオットチェリーなど、果実香も華やか。豊かなボディをもちつつ、ヴォルネイらしいエレガントなテクスチャー。






CHANTEREVES, L’Intrus Rouge '18

シャントレーヴ、ラントリュ・ルージュ’18
(南ローヌ・辛口赤)


税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2020.7月上旬に飲みました。DIAM5コルク。強く紫がかった中程度のルビー色。ジャムっぽいちょっと野性味のあるブルーベリー、ガリグ、スパイスなどの香り。完熟でジューシー、果実味は濃いがタンニンの質がとてもよく、重くはないが例年より少しだけコクとグリップがある。旨味エキス多く、キメ細かな甘苦味もあくまでナチュラルで、ミネラルしっかり、酸は低すぎないおいしさ。少し冷やしたほうがよりバランスよく楽しめる。相変わらずアルコールの浮きはゼロ。抜栓の次の日も非常においしい。明らかにアフターに酸が伸びるようになった。抜栓の2日後〜3日後も非常においしい」

アルコール13.5%
ロウキャップ

南ローヌはヴァルレアスのオーガニック認証を持つシラーを使い、抽出は優しく軽やかに仕上げました。SO2は全く使わない、シャントレーヴならではのヴァンナチュールです。
2018年は収量が少なかったため、果実味もミネラリティーも凝縮しており、
ラントルを作り始めて以来一番の出来を自負しています。
軽く冷やしてお飲みください。





CHANTEREVES, Bourgogne Pinot Noir '18

シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ルージュ’18 750ml

税別¥2500

<売り切れ>超限定品!

パーカー89点!(William Kelley)

アルコール12.5%

36本完売。ありがとうございました

フランボワーズや苺の赤い果実味と、ブルーベリー等の黒い果実味はチャーミングながら、アタックはしっかり。タンニンはきめ細かく、既存のジェネリック以上の充実感に洗練されたキャラクターです。




CHANTEREVES, Pernand Vergelesses les Boutiers Rouge '18

シャントレーヴ、ペルナンヴェルジュレス・レ・ブティエール ルージュ’18
(ブルゴーニュ・辛口赤)


税込¥4730(税別¥4300)

<あと12本>初入荷!

デカンター・オンライン93点!
Charles Curtis MW’s top 20 wines from Burgundy micro-negociants に選ばれる!

パーカー90点(William Kelley)

ちょうどサヴィニーとペルナンのアペラシオン境にある畑。厚めの粘土質の表土に石灰の礫が混ざり、果実味豊富なピノに仕上がりました。ペルナンの赤ならではのスパイシーさは、シャントレーヴの他の赤には見られないもので、色々なお料理との接点があります。




CHANTEREVES, Ladoix les Briquottes Rouge '18

シャントレーヴ、ラドワ・レ・ブリコット・ルージュ’18

税込¥4620(税別¥4200)

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!

デカンター・オンライン93点!
Charles Curtis MW’s top 20 wines from Burgundy micro-negociants に選ばれる!

パーカー91点(William Kelley)

VINOUS 85〜87点


コート・ド・ボーヌとコート・ド・ニュイとの境界に近い、ボーヌ寄りの標高の高い畑で、2018年のように分けても日照り続きだった年には特に冷涼感を保てるのが強みです。石灰土壌特有のラズベリーや野苺の果実味が広がり、軽快ながら複雑で、典雅。村名クラス以上の出来と自負しています。




CHANTEREVES, Volany les Lurets '18

シャントレーヴ、ヴォルネイ・レ・リュレ’18

税込¥6820(税別¥6200)

<あと8本>

デカンター・オンライン91点

パーカー92点(William Kelley)

VINOUS 86〜88点


フランボワーズや苺を中心とした赤い果実味に滑らかなテクスチュアと塩味を感じるミネラリティ。優しい抽出を心がけたので色合いは淡いですが、芳香高く深みがある。私たちの求めるスタイルの赤であり、エレガントな仕上がりです。




CHANTEREVES, L’Intrus Blanc '18

シャントレーヴ、ラントリュ・ブラン’18
(ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥2300

<売り切れ>超限定品!

※お一人様 2本までとさせていただきます。
すでに再入荷不可能!!!

毎年必ず造るとは限らない限定品!
以前はドイツのリースリング100%でした。
ラントルの赤と同じ畑に植わっているヴィオニエを、ラントル赤と同じようにマセラシオン・カルボニックで香り高く醸しました。オレンジピールや金柑を思わせる豊潤な果実味に、全房発酵由来のさらっとした苦味がバランス良くマッチ。リッチなオレンジワインで す。冷やしてお飲みください。




CHANTEREVES, Bourgogne Chardonnay '18

シャントレーヴ、ブルゴーニュ・ブラン’18
(ブルゴーニュ・辛口白)


税込¥2750(税別¥2500)

<売り切れ>

パーカー87点(William Kelley)

VINOUS 85〜87点


はっさくやレモンを思わせるフレッシュな果実感と、厚みのあるボディー。村名クラスに匹敵します。充実したエントリーレヴェルのブルゴーニュです。




Domaine CHANTEREVES, Bourgogne Aligote les Chagniots '18 1500ml

ドメーヌ・シャントレーヴ、ブルゴーニュ・アリゴテ・レ・シャニョ’18
(マグナム・1500ml・ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥6600

<売り切れ>超限定品!

※すでに再入荷不可能!



Domaine CHANTEREVES, Bourgogne Aligote les Chagniots '18 750ml

ドメーヌ・シャントレーヴ、ブルゴーニュ・アリゴテ・レ・シャニョ’18
(750ml・ブルゴーニュ・辛口白)


税別¥3100

<売り切れ>超限定品!

※お一人様 2本までとさせていただきます。
すでに再入荷不可能!!!

パーカー91点!(William Kelley)

VINOUS 90〜92点!


この’18から名実ともにこの銘柄を100%ドメーヌものを名乗れます!
アリゴテと侮るなかれ。ラドワに位置する樹齢100年を超える畑からとれるアリゴテで、私たちが初めて手に入れ耕作を始めた畑です。ミネラリティーに富み、複雑で重層感があり、スケールの大きさに、熟成のポテンシャルを感じます。




CHANTEREVES, Pernand Vergelesses la Morand Blanc '18

シャントレーヴ、ペルナンヴェルジュレス・ラ・モラン ブラン’18
(ブルゴーニュ・辛口白)


税込¥5280(税別¥4800)

<あと7本>絶対おすすめ!
初入荷!

パーカー89点(William Kelley)

「2021.1月上旬に飲みました。DIAM10コルク。熟成感ではなく亜硫酸が極少だからの濃いイエロー。亜硫酸一切入れてないかもというくらい攻めたナチュールで今迄に飲んだ全シャントレーヴの中でもっともヴァン・ナチュール風味。その分好みが分かれる要素はあると思いますが私はとても美味しいと感じました。トップノーズははっきと強い石焼き芋のサツマイモ香に焼いたパンの香り。他にアンズ、蜜などの香りなのでシャンパーニュとも共通する香りを含む。旨味とエネルギーを感じる中域〜アフターの厚みと粘性、さらにごくわずかにタンニンを感じる味わいで、最後にみかんとパイナップルの缶詰にサツマイモが寄り添った戻り香と石っぽいミネラル感が残る。抜栓の次の日もおいしい。今日は甘く煮たサツマイモの香り」

アルコール12.5%

ペルナンの分けても名高いプルミエクリュであるフレティーユに隣接しており、ひんやりとした冷涼感があります。ミネラリティーに旨味が加わり、出汁を効かせた和食にも合いそうです。





ついに待ちに待った
シャントレーヴ’15が入荷致しました〜!

また栗山さんを札幌に呼べるようにがんばります


’14から全房発酵比率が非常に高くなり、さらなる進化を遂げたものの
雹被害などの生産量減で
ポマール1樽のみ、
ムルソー、オークセデュレスの生産はなし、、、
ポマール地区の生産減もひどいですね、、、
パケさんもポマール’14をリリースできなかったほど

ブドウを買うということは、各生産者と畑のことを熟知しているということ
’14の個性としては基本的にエレガントで例年よりも固くない早くから楽しめるワインが多い


例年よりも寝かせなくてもすぐにおいしい個性で
リアルワインガイド54号にて絶賛されました!


必ず毎年同じ畑のブドウではないのですが、細かい資料はまだ届いておりません。



フランス国内、日本はもちろん、香港、ロンドン、デンマーク(コペンハーゲン)などなど
世界中の有名レストランでオンリスト率上がっているようです

今さら言うまでもありませんが、日本人だから扱っているわけではありません
酸が低くなりがちな’15白ですが、シャントレーヴのお二人がその点に気を使っていないわけがないという信頼があります

そして’14までごくごくまれに『 少し薄い 』と言うようなご意見もいただきましたが’15には濃密感も加わっているはず

当然’15は全房発酵向きの年ですので、全房使いの生産者が何を重視してどう仕上げてきたかという点ももっとも興味深い部分ですね!


ジャンシス・ロビンソン女史、ワイン・ライターのジョン・ボネ氏などからも高評価されております!

ついにVINOUS(アントニオ・ガローニ)評価が付きました!今回、白ワインに点数がついていないのは、ドメーヌ訪問時に白ワインを濾過中で試飲出来なかったためであり、品質が低いからなどの理由では絶対にないことだけお間違いなく!!!




Chantereves, L'Intrus Vin de France Rouge '16 750ml

シャントレーヴ、ラントリュ・ヴァン・ド・フランス・ルージュ’16

(フランス・南ローヌ・辛口赤・750ml)


税込¥2860(税別¥2600)

<売り切れ>おすすめ!

※今回はなんと本数制限なし。
すべての値引き対象外となります。


「2018.2月末に飲みました。DIAM 3コルク。縁が紫がかったやや明るいルビー色。スミレ、バナナ、焼きリンゴ、わりと上品スパイス、ベリー類のキャンディ、ピンクグレープフルーツ、桃、ミネラルなどの白ワインの要素も混じる香り。ヴィンテージの影響もありますが、ラントリュ’15(ヴァントゥー)よりも涼しげで標高が高いイメージで、明らかに亜硫酸少ない香りと味わい。まだわずかに微々発泡あり。うまみ、酸、塩を含むミネラルがしっかりしており全く重くないみずみずしくジューシーな味わい。ただし’15よりも現時点では飲み手によっては若干好みの分かれるニュアンスが含まれる(逆に喜ぶ方も実際多いわけですが、、、)。抜栓から15分で少し向上。3ヶ月後にもう1度飲んでみたい。抜栓の次の日も非常においしい。やはり温度は上げ過ぎないほうがおいしい。ブルゴーニュ・グラスでもOK」

アルコール12.5%

シラー100%

認証あり有機栽培
(当然畑を見て試飲をした上で、ブドウを買うことを決めた)

’15はヴァントゥー地区のシラーでしたが、激うまでしたね!

’16は、VALREAS = ヴォークリューズ県付近のコートデュローヌ・ヴィラージュ
ヴィサンやヴァンソーブルの隣
ブルゴーニュに蔵があるので名乗れないだけ。実質中身のブドウの価格がヴァントゥーよりも高いのでは?と思ってしまいます。

海抜400m強の高地で石灰土壌

<繊細、エレガント、ミネラリーで重くないキレイな酸、温度を上げ過ぎないほうが良い>は共通しているはず

丁寧に手摘みし徹底的に選果したあと、
全房ごと発酵タンクに入られ、 SO2無添加で醸造されます。
セミ・マセラシオン・カルボニックの手法を取り入れています。
ピエス樽(228リットルの小樽)で9ヶ月熟成し、2回澱引きしたあと、
SO2はもちろん一切の添加物無しに瓶詰め
無清澄、無濾過


蔵出しシャピュイ・エ・シャピュイ




他のポマールはこちら

 


’10の時が日本初輸入!蔵出し正規品!


まだまったく無名でワイン・ガイドなどには一切出てきませんが、いきなり上質で価格以上の高い品質。しかもそのスタイルまで優れているという畑を所有していないネゴシアンです。



2021/3/3(水)アップ〜蔵出しダヴィッド・モロー’18レ・アット再入荷

艶々深い素晴らしい質感!

2019/10/5(土)アップ〜蔵出し超特価ダヴィッド・モロー’14
クロ・デ・ムーシュ

世代交代後に急激に向上したシャンボール的個性の上質なサントネ!

2018/7/27(金)アップ〜蔵出し超特価ダヴィッド・モロー’11クロ・ルソー

’11の成功例!飲み頃!












 


ラシーヌ輸入の蔵出し限定品!

ここもベッキ―・ワッサーマン・セレクション



サントネ村はブドウにとって良い強い風が吹く
2014年VT以降の毎年の品質向上は特に目覚ましい!!!
(輸入元さんコメントより)




David Moreau, Santenay Rouge - Les Hates '18

ダヴィッド・モロー、サントネ・ルージュ レ・アット’18

税込¥4620(税別¥4200)

<売り切れ>絶対おすすめ!

VINOUS 90〜92点(ニール・マーティン)

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました

「2021.2月上旬に飲みました。長いコルク。縁がうっすら紫がかった明るいルビー色。控えめな樽のクリーミーコーヒーと赤い実と黒い実の果実などの香り。抜群のコンディションにより透明感がある全体像に活き活きとしたフルーツと酸の質が上質でピュアで滑らかに流れる極めてよいバランスの飲み頃NOW〜。タンニンの質も非常によく、グリップ感は少しだけある。酸が低くなく、昔はここまで艶々深みなかった!価格を超えた高い品質。抜栓の次の日も非常においしい。質感がとてもよく魅力あるワイン。抜栓の2日後もまったく落ちない。抜栓の3日後も非常においしい」

アルコール13%

わずか3樽のみの生産!!!
品種:ピノノワール100%
植樹:1966-67年(樹齢52年!)
位置:標高239m、真南向き
土壌:崩積土、泥灰土壌

発酵初期に低温(12-15℃)で6日間のマセレーション
25%を228Lの新樽、75%を228Lの旧樽で17ヶ月の熟成

1級畑ではないが、クロ・デ・ムーシュに隣接する畑で、真南向きのどんなに涼しい年でもしっかりと果実の熟す畑。ちなみに、キュヴェ名のHはリエゾンをしないそうで、レ・アットが正しい発音だそうです。 (輸入元資料より)





David Moreau(Jean Moreau), Santenay 1er Cru - Clos des Mouches Rouge '14

ダヴィッド・モロー、サントネプルミエクリュ・クロ・デ・ムーシュ’14

超特価・税別¥5500


当店通常価格・税別¥6200

輸入元定価・税別¥7,200

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’15を買うと税別¥6,500です。

ジャンシス・ロビンソン16/20点
(2017〜2022年、2016年1月試飲)


ブルゴーニュ・オージョルディー18/20点!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

40本完売!ありがとうございました

3年半以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2017.9月に飲みました。紫色の弱い中程度のルビー色。繊細な上質感に優れたブルゴーニュ通向きの逸品!シャンボール好きにもおすすめできるタイプとなります。現時点ではまだ少し固く、香りも開ききっていないが、落ち着いて緩さのない果実、エレガントですでになめらかさがあり、うまみとミネラルが非常に豊富で骨格のある飽きのこない味わい。決してタバコではない、お茶の茶葉のような複雑なよい香りを含み、余韻も長い。アフターのタンニンがまだ少しだけ固いことと、この香りに色気が少しでも加わったらすごいことになりそうということで、飲み頃はおそらく2019〜。抜栓の2日後まで非常においしい。この特価なら明らかに価格以上の品質と個性を堪能できます!」

アルコール13%

’15 VINOUS 91〜94点!

’12 ジャンシス・ロビンソン17/20点!

’11 Wine Enthusiast 92点!

他にもビル・ナンソン、ウォール・ストリート・ジャーナルなどでも高評価されています!




David Moreau(Jean Moreau), Santenay 1er Cru - Clos Rousseau Rouge '11

ダヴィッド・モロー、サントネプルミエクリュ・クロ・ルソー’11

税別¥4500



輸入元定価・税別¥5,600

<売り切れ>

Wine Enthusiast 92点!(2017〜)

ワイナート73号 89点
(ブルゴーニュ今をときめくライジングスター13軒に選出される!)

パーカー90点(ニール・マーティン、

From the southern part of the village from shallow, red ferrous soils, the 2011 Santenay 1er Cru Clos Rousseau has a very pure bouquet with wild strawberry and Morello scents that blossom with aeration. The palate is tannic on the entry with dark plum and black cherries, a fine line of acidity and a pleasing sense of symmetry toward the poised finish. This is one of David Moreau’s best 2011s. Very fine. Drink 2014-2022.
ワイン・アドヴォケイト208号)

輸入元担当者さま絶賛の1本!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

ブルゴーニュ’11赤によいイメージを持っていない方もいると思いますが、
ドメーヌ・トラぺとここは特にすごいです!
アルマン・ルソーもモンティーユも’11非常においしいですし!

アルコール%

クロ・デ・ムーシュよりも力強い個性
基本的に新樽約30%熟成、例年15年程度熟成可能





ドメーヌ・ド・ラ・ビュイシエール(ダヴィッド・モロー)、サントネ・キュヴェ・エス・ルージュ’10

特価・税別¥3700

<売り切れ>おすすめ!

限定品!

※再入荷不可能!’12を買うと¥432値上がり致します。

Wine Enthusiast 89点

’11 パーカー89点

「2013.3月に飲みました。紫の弱いやや濃いルビー色。トマト煮込み、黒い実の果実、スパイス、ミネラルなどの香り。抜栓直後は少しだけ固さがあるが、時間とともに開きだす。ちょうどよい酸、多めのタンニンでうまみは1年後くらいに大部分が表現されそう。村名サントネにありがちな濃いだけ系ではなく、よい質感で造り手の実力は充分に伝わってくる1本。無名な割に価格が安くないが、味わいはなかなか上質。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%

樹齢45年

低収量25hl/ha

新樽約30%のバリックにて約17ヶ月熟成




ドメーヌ・ド・ラ・ビュイシエール(ダヴィッド・モロー)、サントネプルミエクリュ・クロ・デ・ムーシュ・ルージュ’10

特価・税別¥5000

<売り切れ>おすすめ!

超限定品!

※再入荷不可能!’12を買うと¥1080値上がり致します。

’13 パーカー89〜91点

「2015.3月に飲みました。抜栓直後はまだ固さがあり、モカコーヒー系の樽香がまだ溶け込みきっておらず、タンニンも多く、骨格自体が大きめ。アタックに意外にはっきりした甘みがあり、今は果実味とタンニンが主に主張している為、酸がわずかに低く感じられるが、うまみと色気が出て、タンニンが丸くなるとさらにバランスが取れそう。エキス感があり、余韻は結構長い。抜栓の次の日もおいしい。タンニンは少し丸くなった。抜栓の2日後も落ちない。ジョセフ・ドルーアンの約5分の2の価格なので、複雑性で少し劣るがまだお買い得と言える」

アルコール13%

『 この畑の名前の由来はこのエリアの花から花粉を集める数千もの蜂(Mouches a Miel=ミツバチ)からきています。ここは、フィロキセラ被害後、再栽植をおこなわずに数十年間も経ったにもかかわらず、自然と再び1964年この地に葡萄樹が成長し始めた場所で、このドメーヌを象徴する区画となります。やせた表土に石灰岩層があるサントネ・プレミエクリュの中心に位置し、山頂にあるため受ける冷風が、有益なミクロクリマを与えています。そのため、この区画のキュヴェはデリケートでなめらかなタンニンのワインとなります。(輸入元さんコメント) 』

新樽約30%のバリックにて約17ヶ月熟成



すべて手摘み、野生酵母での醗酵

『 サントネの固定観念をくつがえす驚くべき造り手が、世代交代に伴って彗星のように現れました。ダヴィッド・モロー、28歳。祖父ジャン・モローから2009年にドメーヌを相続した、新世代です。アペラシオンを聞かずにブラインドで飲めば、シャンボール・ミュジニかモレ・サンドニの1級産のワインと思っても無理はありません。素直で純粋で、テクスチュアがきめ細かくて優美きわまる印象。不自然に造りこんだ形跡はみじんもなく、よほど手練れの名手が難なくこしらえたような印象すら与えます。20数年にわたる私のブルゴーニュ通いを通じて、このような資質をあわせもつワインに私は出会ったことがないと断言できます。

ダヴィッド本人については、まだ十分にはその人柄をつかみきっていないのですが、まっすぐに相手を見つめて話す様子から、思慮深い資質と、瞬時に決断ができる用意、しっかりとした日常の思考の深さと強さを感じました。祖父からドメーヌを継ぐやいなや、すぐさま大胆に栽培と醸造方法を変え、経験から学んだ方法を実行したからには、おそらくワイン造りに大切なこととしてはいけないことが、明確にわかっていると思われます。サントネについては、赤ワインは、タニンが強くて土っぽく、荒々しい味わいで、せいぜい良質なものでも期待するほどのものでないと一般にいわれています。けれども、ダヴィッドのワインは、ブルゴーニュならではのピノ・ノワールの上質な魅力をたたえて、飲み手に深い喜びをもたらしてくれます。

ダヴィッドは1999年、ボーヌの醸造学校に入学、ディジョン大学でエノロゴの資格を所有するまでの10年間、さまざまなドメーヌで経験を積みました。2003年のシャトー・ド・ボーカステルに始まり、2005年にニュージーランドにわたり、新世界のピノとシャルドネを学びました。ブルゴーニュではドメーヌ・ユベール・ラミ(2004年と2007年)とドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(2008年)で修業しました。ドメーヌを受け継いだ直後から、自然な栽培に取り組んでいます。

いつも思っていることですが、優れたワインの条件は、誰がどのように造るかであって、テロワールが優れていることは必ずしも最重要ではありません。むろん、優れたワインがさらに複雑さと奥行き、深い味わいを表現できるためには、テロワールの質や格がものをいう。とすれば、コート・ドールの最南端にある、ぱっとしないアペラシオンのマランジュとサントネのワインを、コート・ドールの優れたクリュのワインと比べるのは格違いだから、無理というもの。せいぜいのところカリテ・プリどまりで、いいヴィンテッジの1級畑を選べばお買い得ぐらいなもの、ということになるでしょう。しかし、ダヴィッドのワインを味わって、驚嘆せずにおれませんでした。ジャスパー・モリスは『ブルゴーニュワイン大全』の序章でもって、ブルゴーニュの精髄を体得していた巨人モーリス・ヒーリーの次の名言を引用しています。「私が人生で出会ったすばらしいものといえば、数本のみごとなブルゴーニュだ。別にグラン・クリュだったわけでもなく、偉大なヴィンテッジだったわけでもない。だがそのワインは最初のひとかぎだけで、造り手が、その年のその畑にできたブドウで、あらん限りの仕事をしおおせたことを如実に示していた」。
私にとってダヴィッドのワインは、まさに人生で出会った数本の見事なブルゴーニュです。ラシーヌ創立10周年を迎える今春、このようなワインをご紹介できることの幸せで、いま胸がいっぱいです。 (輸入元資料より) 』


2013/12/21(土)アップ〜蔵出しピエール・イヴ・コラン’09最後の再入荷!

樹齢100年以上!自社畑のドメーヌもの

他のピエール・イヴ・コラン白はこちら





ピエール・イヴ・コラン、サントネVV・セプ・セントネール・ルージュ’09(辛口赤)

税別¥3400

<売り切れ>おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

81本完売!!!ありがとうございました〜※再入荷不可能!

「2011.8月に飲みました。縁が紫がかったやや濃いルビー色。抜栓直後のトップノーズは芳ばしいローストしたコーヒー系の樽香があり、他に熟したブラックチェリー、スパイス、土などの香り。例年通り、よく凝縮して、しっかりしたコクとタンニン、程よいうまみ、樹齢の高さからくる深みがあり、力強い個性。タンニンは多いがとても丸く、飲み頃は2011.冬〜だろうか?例外的に傑出していた’06には現時点で敵わないが、’08よりも凝縮したスタイルで個性が違うものの’08と同程度の満足度だと思われます。抜栓の次の日もおいしい」

アルコール13%

ロウキャップ

 

 

ピエール・イヴ・コラン、サントネVV・セプ・セントネール・ルージュ’08(辛口赤)

税別¥3430

<売り切れ>絶対おすすめ!

’08は、ロウキャップ(’07以降ロウキャップの銘柄が増えています)

「2010.9月に試飲しました。現地で飲んだ時は、酸が強く軽めのブル赤’08を立て続けに試飲した中ではこの銘柄の力強さが印象的だったのですが、現時点では大分落ち着いてエレガントになっています。凝縮感と深みの点では下記の’06の方がやや上で、’08はキレイな酸味があるので、あと半年後くらいに豊富なうまみ成分として表現されるとさらに美味しく飲めそうな気がしました」

『 2009.10月当店ドメーヌ訪問時に試飲しました。果実味豊かでタンニンも多め、骨格とポテンシャルのあるサントネ。タンニンの質がよい為、同時になめらかな印象もあり、バランスよく、香りもやや芳醇で平均以上。値下がりもあって相当にお買い得なワインとなっております! 』

樹齢100年以上!

自社畑のドメーヌもの

228リットル樽で、5樽のみの生産

セプ・セントネールの表記が付いただけで、下記の’06と同じキュヴェです。格上キュヴェではありません

 

ピエール・イヴ・コラン、サントネVV・ルージュ’06(辛口赤)

特別価格・税別¥3900

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

61本完売!ありがとうございました〜※再入荷不可能!

「2009.11月に飲みました。まだ少しだけ紫がかった中程度のルビー色。白ワイン同様樽の使い方が非常に上手。熟して力のあるチェリー、程よい樽のロースト、スパイス、土系ミネラルなどの凝縮した香り。完全に2005年のサントネ1級という内容で、よく凝縮して骨格とポテンシャル、少しの深みがある。豊かな果実味、コクとエキスがあり、よく溶け込んだやや多めのタンニン、ちょうどよい酸、赤ワインのエキスパート顔負けの高い品質。抜栓の40分後くらいから少し丸く変化した。今すぐ開けても充分おいしいし、熟成も可能。抜栓の次の日も非常においしい。ほぼ向上はないが、まったく落ちない。わずかに艶も感じる」

アルコール13%

樹齢100年以上!

自社畑のドメーヌもの

228リットル樽で、5樽のみの生産

『 白は前からファンなのでおいしいのはわかりきっていたのですが、予想以上の赤には驚かされました!あと、一般的に難しいと言われる年でも赤白共に凝縮して芳醇かつ、バランスよい骨格のある味わいに仕上がっておりやはり一流だと再確認。格銘柄生産量は予想以上に少なく、どうりで割り当て数が少ないわけだと納得。僕の勝手な勘違いでネゴシアン主体だと思っていた(ラベル表記に違いがないのでややこしいのです、、、)のですがドメーヌもの主体です。サントーバン白、シャサーニュ白、サントネ赤はすべてドメーヌもののようです。そして予想通り次の訪問先はジャン・マルク・モレでした(笑) (2009.10月当店ドメーヌ訪問時) 』

ワインスペクテーターが選ぶ“フランス・ワインの明日を担う若いリーダー達”に選ばれ、大絶賛されている!

マルク・コランで一番中心となって活躍している息子が、始めたばかりのドメーヌ&ネゴシアン(※ラベル表記に違いはない)

父マルクから受け継いだ6ヘクタールの畑+全生産量の3割ほどとなる買い入れブドウ

奥さんはジャン・マルク・モレの一人娘で、ゆくゆくはジャン=マルク・モレの地所も手中に収めることになる


2011/9/1(木)アップ〜蔵出し特価ジャン・ノエル・ガニャール’07最後の再入荷!

ACブルゴーニュの価格で買えるシャサーニュの赤!

シャサーニュ白、ガニャール・ファミリー等はこちら

 

 

ジャン・ノエル・ガニャール、シャサーニュモンラッシェ・ルージュ・キュヴェ・レスティメ’08

(ブルゴーニュ・辛口赤)

特別価格・税別¥2780

<売り切れ>おすすめ!

スペクテーター・オンライン89点(NOW〜2018年)

「2011.7月に飲みました。現時点で下記の’07には及ばないがこの価格帯ではなかなか高品質。ただし、抜栓直後は若干うまみ不足でバランス悪め。時間とともにわずかに向上するが、抜栓の次の日にはっきりとバランスとうまみが向上。溶け込んだ樽、しっかりした酸、ほぼ溶け込んだタンニンでまだ数年間はおいしく熟成してゆきます」

アルコール13%

 

ジャン・ノエル・ガニャール、シャサーニュモンラッシェ・ルージュ・キュヴェ・レスティメ’07

(ブルゴーニュ・辛口赤)

特別価格・税別¥2880

<売り切れ>絶対おすすめ!

ワイン王国59号『ブルゴーニュの女神たち30本!』にて絶賛される!

「やさしい酸味と豊かな果実味が癒しに(ワイン王国59号より)」

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

107本完売!ありがとうございました〜※ついに再入荷不可能となりました!

「2011.4月末に飲みました。ACブルゴーニュの価格帯ですので、かなり満足度が高いと言えます!やや明るいルビー色。いちごミルク、ミネラル、ミニトマト、胡椒などの混ざり合った予想以上に複雑なよい香り。全体的に滑らかで丸くチャーミングなのですが、’07としては酸がややしっかりしており、決して単調ではなく、うまみが多く緩くない。溶け込んだタンニン、ミネラルの残るとても心地よいアフター。飲んでいるうちにさらに少しうまみ増す。飲み頃NOW〜。2012.冬くらいから色気が加わってさらに複雑になりそう。抜栓の次の日も非常においしい。やはり軽すぎない充実した内容でうまみも多い超お買い得品!」

アルコール13.5%

植物堆肥の有機肥料のみ使用

100%手摘み

赤ワインは、100%除梗され、最初の3〜4日間は17〜18℃に温度コントロールを行った後は自然に任せて最終的には28〜30℃で醗酵を終えます。

新樽比率約25%で12〜14ヶ月熟成され、ノンフィルターで瓶詰めされます。

’06 スペクテーター88点

カリフォルニアのジェイ・ヴィンヤードのような個性的なボトル形状です

『 <レスティメ>というキュベ名は、現在の責任者であるカロリーヌ・レスティメ(ジャン・ノエル氏の娘)の名とフランス語の「尊敬される」という言葉をかけています。イチゴやラズベリーのようなみずみずしいチャーミングな果実味を、ユーカリを思わせるスパイシーな香りが引き締めます。白ワインが有名なこのアペラシオンですが、若いうちから楽しめる優れた赤ワインもお届けしたいというドメーヌの思いが表現された1本です。 (輸入元さんコメント) 』

 

『 カロリーヌ女史はパリで学んだ後、1989年にブルゴーニュに戻り、1年間ボーヌの栽培・醸造学校で学び、そしてドメーヌでの仕事に参加するようになりました。翌年1990年にはドメーヌの赤ワインの熟成に新樽を使うことを導入しました。しかし、彼女のドメーヌでの改革として特筆すべき点は土壌にあわせてそれぞれの性格をもつキュヴェを独立させたこと、また区画に適した植え換えを行ったことです。

〜一般的にシャサーニュ・モンラッシェというと商業的には白のイメージが強くピノ・ノワールに適した土壌が多いにもかかわらずあえて白を生産するドメーヌが多いことも事実です。そのような状況の中で、彼女は迷うことなくテロワールにあった植え替えを行い、シャサーニュ・モンラッシェにおいて非常にレベルの高い赤ワインを造りあげてきました。父が白ワインにおける礎を築いたとするならば、それらをより良いキュヴェに選り分け、さらに赤ワインの評価を確立させたのは娘のカロリーヌ女史であるといって間違いないでしょう。 (輸入元資料より) 』


2022/6/29(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・バシェ・ルグロ’19モルジョVVプティ・クロ

2020/4/18(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・バシェ・ルグロ’17モルジョVVプティ・クロ

2017/4/28(金)アップ〜蔵出しドメーヌ・バシェ・ルグロ’14クロ・ルソーVV

樹齢約100年の区画を含む、無名な造り手の上質サントネ





 



オルヴォー輸入の蔵出し正規品!

『 ミネラルの美しさがサン・トーバンなら、果実の美しさがサントネだ。 (生産者自身のコメント)』




Domaine Bachey-Legros, Chassagne-Montrachet 1er Morgeot Les Petits Clos Blanc '19

ドメーヌ・バシェ・ルグロ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョVV <レ・プティ・クロ> ブラン’19(辛口白)

税込¥11000(税別¥10000)

<あと20本>超限定品!

ジャスパー・モリス 93点!

※すべての値引き対象外となります。




Domaine Bachey-Legros, Chassagne-Montrachet 1er Morgeot Les Petits Clos Blanc '17

ドメーヌ・バシェ・ルグロ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョVV <レ・プティ・クロ> ブラン’17(辛口白)

税込¥10120(特価・税別¥9200)

<あと6本>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
再入荷不可能!超入手難!

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

’14 ティム・アトキン 96点!!!(2014年のベスト・シャサーニュ!)


セパージュ:シャルドネ100%  樹齢:1950年に植樹(樹齢64年!)

面積:2ヘクタール

土壌:南東向き。粘土石灰質、1級畑モルジョ内レ・プティ・クロの区画。

収穫:すべて手摘み  除葉:年に1〜2回

醸造:樽内で2カ月間アルコール発酵、その後、試飲をしながらバトナージュ(澱を攪拌)を施す。

シュール・リーの状態で14か月樽熟成(新樽比率30%)




Domaine Bachey-Legros, Santenay Blanc Sous la Roche '14

ドメーヌ・バシェ・ルグロ、サントネ・スー・ル・ロシュ・ブラン’14(辛口白)

税別¥4200

<売り切れ>限定品!

※再入荷不可能!

ティム・アトキン 93点!!!

輸入元担当者さま大絶賛の1本!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17.5/20点

個人的にサントネ村は明らかに白よりも赤の方が優れているという認識でしたが、これはすごいらしいですよ!特に白に向いている畑という判断。

セパージュ:シャルドネ100%  樹齢:2000年に植樹  面積:0.5ヘクタール

土壌:南東向き。粘土石灰質、海底の岩によく似た小石が多い表土

収穫:すべて手摘み  除葉:年に1〜2回

醸造:樽内で2カ月間アルコール発酵、その後、試飲をしながらバトナージュ(澱を攪拌)を施す。

シュール・リーの状態で14か月樽熟成(新樽比率25%)




Domaine Bachey-Legros 2017 Santenay Rouge Les Charmes Vieille Vignes

ドメーヌ・バシェ・ルグロ、サントネ レ・シャルムVV・ルージュ’17

特価・税別¥4200

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2020.4月下旬に飲みました。近年さらに進化したと聞いて久しぶりに試してみました。トップノーズとてもよく、クラシックだが固すぎず艶と複雑性のある赤い実の果実香主体で冷涼感とエレガンスがありつつ酸とミネラルが低くなく、無駄に重くはないが、味わい自体はしっかりしているのでビストロ・プティット・レジョンさんの田舎風パテにも負けないくらいでした。樽も溶け込んでおり、うっすら控えめのコーヒー香があるくらいでバランス、余韻を含め非常によい出来。食事と合わせるときにジュヴレシャンベルタンの代わり的にも使えそう。抜栓の2日後まで少しずつ向上してとても楽しめる」

アルコール13.5%



Domaine Bachey-Legros 2016 Santenay Rouge Les Charmes Vieille Vignes

ドメーヌ・バシェ・ルグロ、サントネ レ・シャルムVV・ルージュ’16

税込¥5170(税別¥4700)

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

アルコール13.5%
’15も大人気でした!



Domaine Bachey-Legros, Santenay Rouge Les Charmes Vieille Vignes '14

ドメーヌ・バシェ・ルグロ、サントネ・レ・シャルムVV・ルージュ’14

税別¥4000

<売り切れ>絶対おすすめ!

ティム・アトキン 92点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版15/20点

「2017.6月初旬に飲みました。抜栓直後でも予想ほど固くなく飲み頃2018〜かなと思っていたら比較的短時間ですぐほのかな甘みとうまみが増してタンニンが少し丸くなり向上する。縁がピンクがかって紫色の弱い中程度のルビー色。樽のコーヒー、ほぼ黒い実主体の果実、スパイスなどの香りから砂糖とクリームを入れたコーヒーの甘い香り主体に変化してゆく。果実味豊かで、エキスの厚みあり、重心低めながらも酸とミネラルは低くなく、タンニンは丸く程よいコクがありなかなか上質。抜栓の次の日も非常においしい。はっきりとまろやかに変化したが、緩くはない。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール13.5%

セパージュ:ピノノワール100%  樹齢:1950年に植樹(樹齢64年!)

面積:0.8ヘクタール  土壌:南西向き。粘土石灰質

収穫:すべて手摘み  除葉:年に1〜2回

醸造:低温浸漬を5日間、アルコール発酵15日間、その後さらに6日間浸漬。

低温状態で樽に移し、シュール・リーの状態で14か月熟成。(樽熟成12カ月、タンク熟成2カ月)。

すべて樽熟成(新樽比率25%)。




Domaine Bachey-Legros,
Santenay 1er Cru Clos Rousseau Les Fourneaux Vieille Vignes 2014

ドメーヌ・バシェ・ルグロ、サントネプルミエクリュ・クロ・ルソーVV’14

税別¥5000

<売り切れ>限定品!

ティム・アトキン 94点!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版17.5/20点


’12 パーカー91点

’07 バーガウンド・コム 88点

’07 24本完売。

「2011.1月下旬に’07を試飲しました。縁がピンクがかった中程度のルビー色。抜栓直後のみまだわずかな固さがあるが、時間とともにどんどん柔らかくなって、うまみも増す。すでに溶け込んだ樽のコーヒー香、甘いチェリー、土系ミネラル、バラなどの香り。ほのかに甘く、やや深みがあり、うまみが多く、よく溶け込んだタンニン、丸い酸。ややクラシックなスタイルだが、ヴィンテージの個性を受けて飲み頃NOW〜。やはりサントネ村は過小評価されているなぁと感じる。抜栓の次の日も非常においしい。昨日よりさらに少しやわらかく変化した」

1955年に植樹の古樹主体!

樹齢約100年!のリュー・ディー『 レ・フルヌー 』を含む3つの区画のブレンド)

面積:3つの小区画を併せて1.7ヘクタール

100%手摘み

醸造:低温浸漬を5日間、アルコール発酵13日間、その後さらに6日間浸漬

低温状態で樽に移し、シュール・リーの状態で14か月熟

すべて樽熟成(新樽比率30%)

瓶詰め:2007年12月

できるだけ除草剤や化学肥料を使用しない減農薬農法(リュット=レゾネ)を実践

サントネー上域に拠を構える6世代続いてきた家族経営のドメーヌ

ギィ・ド・アシェットやブルゴーニュ・オージョルディーなどで高評価されている!


2013/11/14(木)アップ〜蔵出し超特価ドメーヌ・ジョセフ・ヴォワイヨ’10最後の再入荷

ミッシェル・ラファルジュ系か?ブリーと非常によく合うACブル

 



ドメーヌ・ジョセフ・ヴォワイヨ、ブルゴーニュ・ルージュVV’10

超特価・税別¥2250

↑ 30%OFF

輸入元定価・税別¥3200

<売り切れ>絶対おすすめ!

※’10は再入荷不可能!

バーガウンド・コム 86点

36本完売。ありがとうございました

「2013.9月下旬に飲みました。凝縮感なら’09、色気なら’08という意味では今すぐ空けてもおいしいがある意味では中途半端な時期かもしれませんが、軽めでクラシックでキレイなブルゴーニュです。今の為替でこの価格で買えるのは素晴らしいこと。紫の弱い明るいルビー色。赤い実の果実、花、中国茶系ミネラル、うめしそ、ミニトマトなどの軽めながらやや華やかでミネラリーなよい香り。酸しっかり、タンニン溶け込み、サラサラ系のおいしさでバランスもよい。1年後くらいに色気が加わると’08のような素晴らしさに到達することでしょう。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%



ドメーヌ・ジョセフ・ヴォワイヨ、ブルゴーニュ・ルージュVV’09

超特価・税別¥2400

↑ 31%OFF

輸入元定価・税別¥3500

<売り切れ>絶対おすすめ!

※このワイン5本以上お買い上げにて計12本まで日本全国ドライ便無料!

バーガウンド・コム 87点

24本完売。ありがとうございました

「2012.3月に飲みました。下記の’08よりも明らかに色と果実味が濃く、酸が丸い。トマト煮込み、ローリエ、少しヨード、ミネラルなどの’08よりも陽気で凝縮した香り。飲んでいるうちにうまみが増して向上する感じは同じで、ジャミーではなくあくまでエレガント。’08には少し及ばないが申し分のない内容。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%


ドメーヌ・ジョセフ・ヴォワイヨ、ブルゴーニュ・ルージュVV’08

超特価・税別¥2200

↑ 33%OFF

輸入元定価・税別¥3300

<売り切れ>絶対おすすめ!

※このワイン5本以上お買い上げにて計12本まで日本全国ドライ便無料!

パーカー87〜88点(2010〜2013年)

パーカー・オンライン87〜89点(2010〜2015年、ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 85点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

この価格帯のブルゴーニュ最高峰!!!

ミッシェル・ラファルジュのヴォルネイ・ヴァンダンジュ・セレクショネ’00’04を少し若く小柄にしたようなスタイル。クラシックな造り

そしてシモン・ビーズのブルジョ’08同様、すでに完全に出来上がっている飲み頃ピーク入り口付近のような味わい

221本完売!!!ありがとうございました

「2010.11月末に飲みました。縁がわずかにピンクがかった明るいルビー色。抜栓直後こそヴィンテージの影響を受けて軽くあっさりミネラリーでまぁまぁかなと思ってしまいそうになるが、時間とともにうまみが増して出汁が効いてきて、この価格帯ではなかなか理想的なブルゴーニュだと思い直す。ヴォルネイ村の個性が前面に出ている印象で、大きく分ければミッシェル・ラファルジュ系。紅茶の茶葉、少し鉄サビ系ミネラル、フランボワーズ、アセロラ、わずかにオレンジ、メルロとは違う腐葉土などのピュアな香り。ごくわずかな青さはあるが、複雑性を高める効果があるくらいでマイナス・イメージではない。みずみずしく、清涼感を表現する心地よい酸、ピュアで心地よいアフター。ワインだけで飲んでいると若干単調に感じるかもしれないが、多くのエレガント系ACブル赤と同じくフレッシュなブリーとオリーブオイルをかけたパンがあるだけで相乗効果が楽しめるタイプ。このクラスのブルゴーニュを飲むときは高価なブリー・ド・モーじゃなくても充分。意外にも抜栓の2日後までまったく落ちない。抜栓の3日後も充分楽しめる。この特価で買えるなら最高!」

アルコール13%

ヴォルネイ・コミューンに位置する畑

砂利交じりのやや深めの石灰土壌

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

樹齢40年

手摘み、畑にて2回選果を行う

自然酵母を使用、100%除梗

低い新樽比率で約12ヶ月樽熟成

葡萄の移動は出来る限り重力に逆らわずに行う


2017/5/3(水)アップ〜蔵出し特価ガニャール・ドラグランジュ’08

1/19(火)アップ〜蔵出しガニャール・ドラグランジュ’01’05’06’07

<フィネス>クラシックな造りで長い熟成も可能

 

 

※すべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!

2009年に当主ジャック・ガニャール氏が亡くなってしまったことなど諸事情で、極めて例外的に僅かな量の古酒を分けてくれたという経緯だそうです。小さいドメーヌは、基本的に古酒をたくさんストックするほどの資金力がなく、自家消費や熟成能力の検証等の為にバック・ヴィンテージを少しだけ残しておくといった程度であり、一切ドメーヌの外に出ていない蔵出し古酒は本当に貴重です。

 





Gagnard Delagrange, Chassagne-Montrachet 1er Cru La Boudriotte Blanc '08

ガニャール・ドラグランジュ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・ラ・ブードリオット・ブラン’08(辛口白)

特価・税別¥11000

<売り切れ>超限定品!

スペクテーター93点!(2013〜2024年)

当たり年の飲み頃の入り口付近のこの貴重な銘柄が、
現行ヴィンテージ’13とほとんど同じ価格!

輸入元さん曰く、引き締まる酸味は健在だがオイリーで飲みやすくなってきているおいしさ。

1960年からワイン造りをしていた故ジャック・ガニャール氏による真に最後のヴィンテージ(2009年の醸造には関わっていないので)となります。





ガニャール・ドラグランジュ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・モルジョ・ブラン’01(辛口白)

超特価・税別¥9500

<売り切れ>限定品!

「2009.12月末に飲みました。届いてから1週間程度休ませて抜栓。本当はあと1ヶ月くらい休ませてから開けるのが理想でしょう。熟成を感じる濃いイエロー。蜜、樹脂、マッシュルーム、ミネラルなどの香り。熟成感があり、あくまでこってりし過ぎず落ち着いている。クラシックな造りで、シャサーニュとしては酸にキレがあり、甘さ控えめ。コンディション抜群でよいバランス。ほどほどの余韻でなかなか楽しめる。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%

’02 スペクテーター91点

 

ガニャール・ドラグランジュ、ヴォルネイプルミエクリュ・シャンパン’05

超特価・税別¥7800

<売り切れ>おすすめ!

限定品!

「2009.4月に飲みました。まだ少し固い。樽香控えめ&クラシックな造りで結構長く熟成可能だと思われる。まだわずかに紫がかった中程度のルビー色。梅しそ、ミニトマト、胡椒、ダージリン、紅茶ミネラルなどの香り。しっかりした酸でポテンシャルが高い。かなりのうまみを秘めているが、現時点ではまだ表現されていない。4〜5年後に化けて価格以上の満足度となりそう。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

 

ガニャール・ドラグランジュ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・ルージュ’06

超特価・税別¥6100

<売り切れ>

 

ガニャール・ドラグランジュ、ヴォルネイプルミエクリュ・シャンパン’06

税別¥6950

<売り切れ>

 

ガニャール・ドラグランジュ、シャサーニュモンラッシェプルミエクリュ・ブードリオット・ブラン’07(辛口白)

超特価・税別¥9000

<売り切れ>

スペクテーター91点(2011〜2022年)

「2011.8月に飲みました。予想より少し濃いイエロー。クラシックな造りの長熟型なので今は表現力とうまみが発展途上で固い。シャサーニュとしては酸とミネラルがしっかりしており、現時点では果実味が目立たないバランス感。余韻自体はすでに長めなので、かなり向上するかもしれません。飲み頃は2014〜だろうか?抜栓の次の日もおいしいが、まだ固い。やはり将来性の高いワイン」

アルコール13%

’06 スペクテーター92点

 

所有している畑は全部で約2haほどしかない

ほとんどの畑が樹齢50年以上!

 ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャールの当主リシャール・フォンテーヌの義父である故ジャック・ガニャールが運営していましたが、2009年ヴィンテージから奥様のマリー・ジョセフ・ガニャール女史がドメーヌを引き継いでいます


2022/8/5(金)アップ〜<※12本限定!>蔵出しミクロ・ビオ・ワインズ’20ニエヴァ・ヨーク・ペット・ナット

ガヌヴァお墨付きの入手難ペット・ナット!!




 


ジュラのガヌヴァによる紹介で輸入開始(アンヌ・ガヌヴァ女史が、フランス国内インポーターも務めている)!
基本的に亜硫酸添加なしのペット・ナット!


貴重なラフィネ輸入の蔵出し正規品




Micro Bio Wines (Nieva), Nieva York Pet Nat '20

ミクロ・ビオ・ワインズ、ニエヴァ・ヨーク・ペット・ナット’20
(スペイン・辛口白・微発泡)


税込¥4290 税別¥3900

<あと9本>超限定品!

※再入荷不可能!
日本が輸入出来た量も少ない!

アルコール12%
王冠キャップ


【キュヴェ名】「Nieva/ニエヴァ」とはスペインのセゴビアに位置する地域の名前で、かつて大航海時代にスペインが世界で初めて大海原を制覇し列強諸国との国際関係を築き上げた際に、その中心となる役割を担っていたのが、ここ 「ニエヴァ」出身の人々でした。このことから世界各地には 「Nieva York = New York」、「Nieva-Zealand = New Zealand」、「Nieva-Caledonia = New Caledonia」など 「Nieva」 の地名が付いているそうです。

【ラベル】上半分を隠すとニューヨークのダンボ通りから見たブルックリン橋、下半分を隠すとセゴビアの水道橋に見え、「ニエヴァから見る多様な世界観」 を表現しています。

【キュヴェ】「ペットナット・シリーズ」はブドウが完熟する前に早摘みして、より酸を高く保ち、糖度とアルコール度数を抑え、生き生きとしたフレッシュさと果実味が魅力的な気軽に飲めるワインに仕上げています。

【品種】ヴェルデホ100%
【土壌】砂質  【樹齢】約24年
【収量】50hl/ha
【収穫】早摘み   【全房使用率】0% (除梗100%)
【醸造】ステンレスタンクを用いて、3週間かけ、古典的なメトード・アンセストラル方式にて発酵
【ルミュアージュ】手作業
【デゴルジュマン】冬に手作業で行われ、澱は外

イスマエル氏は鋤やバスケット、タンクや櫂など、代々受け継がれてきた多くのものを大切に用いていますが、例えば祖父の代から使われてきた500Lの容量の小さな垂直式の圧搾機は、枠の部分をステンレス製に作り変えて洗浄しやすく改造し、雑菌の繁殖でワインが劣化することがないように改良するなどして、それぞれの道具たちと上手に付き合っています。またアンフォラは100年以上に渡って大切に使い続けられてきた特別なものです。酵母は天然酵母のみに拘り、正に自然の要素が絡み合った、毎年違った表情の現れる個性的なワインが生まれています

毎年生産するキュヴェは20〜30種ありますが、それぞれの本数が少ないため、総生産量は5〜6万本にとどまっています。収穫を開始する時期は周辺のワイナリーよりも遅く、カビや病害のリスクを負ってでもギリギリまでブドウを完熟させています。また同じ品種でも区画によって異なる成熟度を見極めてキュヴェを造り分けるため、収穫時期もそれぞれに異なり、一般的には1週間くらいで終わるところを、「ミクロ・ビオ・ワインズ」では6種間にも渡って行われます。このようにそれぞれ違うタイミングで収穫されたブドウは、当然ながら酸度、熟度、糖度が違い、そこにさらに土壌の違いによる要素も加わるため、同じ品種でありながらもキュヴェごとに様々な表情が見事に表現されており、イスマエル氏のブドウへの探求心、ワイン造りへのチャレンジ精神、そして情熱が伺えます。




【土壌】イスマエル・ゴザロ氏は 「土壌の違い=ワインの違い」 と言い切っており、土壌の違いにたいへん拘りをもったワイン造りを行っています。所有するブドウ畑はほとんどが砂質土壌で、主に3つのタイプに分かれると言います。

     《1つ目》 「川の水のミネラルの影響を受けた甘い砂」
     《2つ目》 大昔この一帯は海底だったことから「海水のミネラルの影響を受けた塩味のある砂」
     《3つ目》 「強い風の影響を受けた乾燥した細かい砂」です。

基盤となる地質はおよそ2300万年前の中新世に形成されており、砂、砂利、粘土が混じっていますが、大部分を砂質が占めているため、これまでほとんどフィロキセラの被害を受けてきませんでした。害虫であるアブラムシがブドウの根っこを目指して穴を掘って地中にもぐっても、サラサラとしているためにその穴はすぐに崩れてしまい、アブラムシは地中で窒息してしまうからです。

【樹齢】それゆえ全体的に樹齢が非常に高く、一番古いブドウ樹はなんと270年にも及ぶ樹齢を誇ります。このように樹齢が100年〜270年に達するブドウの房は、ヴェルデホの場合はひと房の重さがわずか80gほどととても小さく、人の手のひらほどもない大きさですが、果粒は非常に凝縮しており、得も言われぬ深みをワインに与えることができます。また、高樹齢のブドウ樹は台木に接ぎ木をする必要がないため、若木を育てる際は特に優れた株を選び、その枝を地面に直接植えて苗木にするか、マルコタージュによる株分けが可能になります。

【区画】ブドウの味わいの違いとなる核は「ミクロクリマ」にあると考えているため、区画を細かく分け、それぞれの区画ごとに細かくキュヴェを造り分けています。区画の全てに、「風通し」、「ぶどうの房の大きさ」、「ブドウの熟度」などといった自社で基準を設け、「1級」や「特級」などという独自の標識を立てており、中でも特に優れたブドウを選定して自社詰めワインを造り分けています。
【標高】800〜900m  【年間降水量】約250mm

スペインのセゴビア地方で今最も注目を集めている生産者で、徹底して自然と共生し、サスティナブルな農法を用いて驚くほど高樹齢のブドウを育て、SO2をほぼ使用しないナチュラルな造り手です。当主のイスマエル・ゴザロ氏は代々ブドウ栽培を手掛けるヴィニュロンの家系の5代目で、今年2020年でヴィニュロンとして28回目の収穫を迎えました。所有する畑から採れるブドウの60%は売却しており、特に優れた区画のブドウのみを自社用に使用しています。自社畑の広さは28.5haにも及び、そのほとんどに白ブドウのヴェルデホが植えられており、主に白ワインを中心としたキュヴェを手掛けていますが、世界中でひっぱりだこの微発泡「ペット・ナット」や、醸し(スキンコンタクト)による美しい色合いの個性的なキュヴェ、希少な黒ブドウ品種 ルフェテによる赤ワインにも定評がります。

畑は全て徹底した無農薬で管理されており、有機農法の認証を受けていますが、あえてワインのラベルには「オーガニック」の言葉を表示しておりません。イスマエル氏は、弊社で取り扱っているフランス・ジュラ地方のビオディナミの雄 「ドメーヌ・フランソワ・ガヌヴァ」 の当主ガヌヴァ氏と親交があり、ワイン造りに対するフィロソフィーを彼と共有しています。
(輸入元資料より)


 

2021/9/10(金)アップ〜<※極少量!>蔵出しアンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ’18’17

2020/10/19(月)アップ〜<※極少量!>蔵出しドメーヌ・ガヌヴァ’16

9/7(土)アップ〜<※4本限定!>蔵出しドメーヌ・ガヌヴァ’15アンティッド

2019/8/9(金)アップ〜蔵出しドメーヌ・ガヌヴァとアンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ

年に1回少量だけ買うことが出来ます!!!











































 


1650年まで歴史を遡ることができる、ジュラを代表する伝統的なドメーヌで、現在は14代目のジャン・フランソワ・ガヌヴァ氏が運営しています。1976年までは牛を飼育してコンテチーズ の生産もしていましたが、現当主の父親の代からはワイン造りのみを行うようになりました。現 当主のジャン氏は1980年から父親とともにワイン造りを始めましたが、ビオディナミを学ぶために、ブルゴーニュ地方のシャサーニュ・モンラッシェの「ドメーヌ・ジャン・マルク・モレ」で働き、ビオディナミの哲学を習得し、当「ドメーヌ・ガヌヴァ」にて1998年からビオディナミによるワイン造りをスタートさせました。
(輸入元資料より)


【白ワイン】全てマロラクティック発酵を行い、醸造中はSO2不使用。熟成樽:228L、300L、400L
【赤ワイン】100%徐梗し、熟成樽はブルゴーニュ産を使用 醸造

ワイナート85号、ワイン・アドヴォケイトなどで大絶賛される!

※全銘柄が次のヴィンテージまで再入荷不可能!!!
フランスでも日本でもなかなかラベルを見ることすらできないくらい入手難!


赤ワインの還元香だけが懸念でしたが、今回入荷分は輸入元さんで試飲時すべて問題なくバランスもよかったそうです!


ドメーヌ・ガヌヴァはデメテル、ユーロリーフあり!

LVF誌 2018年度ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれる!!!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版
Palmares Top Producteursに選ばれる!





生産量大幅減と世界での需要増、世界中で行われている転売などの影響で
ドメーヌ・ガヌヴァは今回(2021年9月)リリースがなかったそうです、、、


輸入元スタッフ全員で試飲した結果、
全てのキュヴェにおいて、還元も揮発もなく、抜栓直後からとても素直な状態で
とても安心をしてお楽しみいただける仕上がりだったそうです。




Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de Table Blanc "Agite" MG '18

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・ターブル・ブラン・アジテ’18 
(マグナム・1500ml・辛口白)


税込¥13200(税別¥12000)

<あと1本>超限定品!

’18は、マグナムのみの生産!

【品種】シャルドネ 50%、 サヴァニャン 50%
【樹齢】1999年
【発酵】マセラシオンを施し、木樽にて野生酵母による自然発酵
【熟成】ウイヤージュ(補酒)を施しながら熟成
【テイスティングノート】青りんごや黄色い果実、美しいミネラルのアロマが広がり、きれいな酸を伴う爽やかな口当たりです。
【アルコール度数】12.0%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加




Anne et Jean-Francois Ganevat, Arbois Chardonnay "Arces" '18

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、アルヴォワ・シャルドネ・アルス’18(ジュラ・辛口白)

税込¥6160(税別¥5600)

<あと2本>超限定品!

【品種】シャルドネ 100%
【畑】単一畑キュヴェ   【土壌】粘土石灰質
【全房使用率】100%
【醸造】古樽(600L)にて、野生酵母による自然発酵を行い、24カ月間熟成
【アルコール度数】13.4%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加




Anne et Jean-Francois Ganevat, Cotes du Jura Blanc "La Graviere" '18

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・ブラン・ラ・グラヴィエール’18(ジュラ・辛口白)

税込¥7150(税別¥6500)

<あと3本>超限定品!

【品種】シャルドネ 100%
【土壌】灰色と虹色の貝殻が含まれるリアスの石灰質
【ブドウ樹】ヴィエイユ・ヴィーニュ
【醸造】極限まで手を掛けず、シュール・リーにて30カ月間野生酵母による自然発酵と熟成
【アルコール度数】13.3%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加




Anne et Jean-Francois Ganevat, Cotes du Jura Blanc Chardonnay "Les Miracules" '17

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・ブラン・シャルドネ・レ・ミラキュレ’17(ジュラ・辛口白)

税込¥8470(税別¥7700)

<あと3本>超限定品!

【キュヴェ】霜の被害によって低収量になったいくつかの区画のブレンドキュヴェ
【品種】シャルドネ 100%
【土壌】粘土石灰質
【醸造】古樽(600L)にて、36カ月間野生酵母による自然発酵と熟成
【アルコール度数】13.8%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加




Anne et Jean-Francois Ganevat, Cotes du Jura Blanc Savagnin "Les Resistants" '17

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・ブラン・サヴァニャン・レ・レジスタン’17(ジュラ・辛口白)

税込¥14300(税別¥13000)

<売り切れ>幻の超限定品!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 96点!

【キュヴェ】霜の被害によって低収量になったいくつかの区画のブレンドキュヴェ
【品種】サヴァニャン 100%
【土壌】粘土石灰質
【醸造】古樽(600L)にて、36カ月間野生酵母による自然発酵と熟成
【アルコール度数】13.4%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加




Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de France Rouge "J'en Veux Encore"(2019)

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ジャン・ヴ・アンコールNV(’19)
(辛口赤)


税込¥5720(税別¥5200)

<あと1本>幻の超限定品!

【品種】@ピノ・ノワール  Aピノ・グリ(アルザス産)
【樹齢】いずれも約50年   【収量】40hl/ha   【全房使用率】100%
【醸造】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を用いて、ピジュアージュを足で行い、人的介入なしで、野性酵母により
     マセラシオン・カルボニック
【アルコール度数】12.7%   ◆無濾過・SO2無添加







Domaine Ganevat, Cotes du Jura Blanc Oregane '16

ドメーヌ・ガヌヴァ、コートデュジュラ・ブラン・オレガン’16

(ジュラ・辛口白)


税別¥6500

<売り切れ>超限定品!

パーカー91〜93点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点

【キュヴェ】今やジュラ地方でも姿を消しつつあるシャルドネの古代品種「ムロン・ア・クー・ルージュ」と、ウイエ
      (補酒)したサヴァニャンを半分づつブレンド。
【キュヴェ名】「Oregane/オレガン」とはドメーヌの畑仕事を担っている馬の名前です。
【品種】ムロン・ア・クー・ルージュ(シャルドネの古代品種)50% サヴァニャン 50%   【植樹】1970年
【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【醸造】中古樽(600L)を使用し、シュールリーにて3年間人的介入なしで自然発酵と熟成   【瓶詰】2019年12月
【アルコール度数】14.0%
【生産量】2000本   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加




Domaine Ganevat, Cotes du Jura Chardonnay Les Grands Teppes VV '16

ドメーヌ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・レ・グラン・テップ・ヴィエイユ・ヴィーニュ’16

(ジュラ・辛口白)


税別¥9000

<売り切れ>超限定品!

パーカー96〜97点!!!

MVF(旧クラスマン)2020年度版17/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点

【キュヴェ】 『レ・シャラス・ヴィエイユ・ヴィーニュ」に最も近いタイプで、より大柄でリッチで男性的
【品種】シャルドネ100%   【植樹】1919年   【収量】30hl/ha
【土壌】赤い泥灰土と砂利質
【全房使用率】100%
【醸造】中古樽(600L)を使用し、シュールリーにて3年間人的介入なしで自然発酵と熟成   【瓶詰】2019年12月
【アルコール度数】14.0%
【生産量】2500本   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加




Domaine Ganevat, Cotes du Jura Savagnin Les Vignes de mon Pere '08

ドメーヌ・ガヌヴァ、コートデュジュラ・レ・ヴィーニュ・ド・モンペール’08

(ジュラ・辛口白)


税別¥17000

<売り切れ>超限定品!

まさかの割り当て1本のみ、、、

パーカー99〜100点!!!

MVF(旧クラスマン)2020年度版18.5/20グラス

【キュヴェ】初めて酸化防止剤無添加に挑戦したキュヴェで、バックヴィンテージの入荷になります。
       ウイエ(補酒)を行っていますが若干酸化のニュアンスがあり、非常に大柄で深い味わいです。
【品種】サヴァニャン100%   【植樹】1950年
【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【醸造】中古樽(600L)を使用し、130か月間(11年)人的介入なしで自然発酵と熟成   【瓶詰】2019年12月
【アルコール度数】14.0%
【生産量】800本   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加




Domaine Ganevat, Cotes du Jura Pinot Noir En Billat '18

ドメーヌ・ガヌヴァ、コートデュジュラ・ピノノワール・アン・ビア’18

(ジュラ・辛口赤)


税別¥6900

<売り切れ>超限定品!

パーカー91〜93点

MVF(旧クラスマン)2020年度版17.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点

【キュヴェ】 キュヴェ『グルス・アン・ビア』のピノ・ノワールを少しブレンドしています
【品種】ピノ・ノワール100%   【植樹】1975年
【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【土壌】粘土石灰質
【発酵】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を使用し、12〜14℃にて人的介入なしで、野生酵母によりマセラ
     シオン・セミ・カルボニック。
【瓶詰】2019年8月
【アルコール度数】11.0%   【生産量】3000本   ◆SO2無添加




Domaine Ganevat, Cotes du Jura Pinot Noir Julien '18

ドメーヌ・ガヌヴァ、コートデュジュラ・ピノノワール・ジュリアン’18

(ジュラ・辛口赤)


税別¥8500

<売り切れ>超限定品!

パーカー93〜94点!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版16.5/20点

【キュヴェ】 キュヴェ『グルス・アン・ビア』のピノ・ノワールを少しブレンドしています
【品種】ピノ・ノワール100%   【植樹】1970年
【収量】14hl/ha   【全房使用率】100%
【土壌】粘土石灰質
【発酵】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を使用し、12〜14℃にて人的介入なしで、野生酵母によりマセラ
     シオン・セミ・カルボニック。
【瓶詰】2019年8月
【アルコール度数】11.0%
【生産量】2000本   ◆SO2無添加







この1種類だけ追加で買えました〜!!!

Domaine Ganevat Cotes du Jura Blanc Antide '15

ドメーヌ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・ブラン・アンティッド’15

(フランス・ジュラ・辛口白)


税込¥13200(税別¥12000)

<売り切れ>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー93〜94点
(2019〜2025年、ワイン・アドヴォケイト234号)


MVF(旧クラスマン)2019年度版17.5/20グラス

アルコール14%

サヴァニャン・ヴェール 100%

デメテル、ユーロリーフあり!

栽培:ビオディナミ
植樹:1933年
土壌:リアス泥土土壌
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%
熟成:古樽フードルにてウイヤージュ(補酒)を行いながら、シュールリーにて30カ月間








Domaine Ganevat, Vin Jaune 2008

ドメーヌ・ガヌヴァ、ヴァン・ジョーヌ’08

(ジュラ・辛口黄ワイン)


税別¥16500

<売り切れ>幻の超限定品!

※他のガヌヴァを最低1本以上同時にお買い求めお願い致します。
すべての値引き対象外となります。

パーカー95点!(2019〜2030年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト243号)


MVF(旧クラスマン)2019年度版18.5/20グラス

【ヴァン・ジョーヌ】サヴァニャン種から造られる、ジュラ地方を代表するワインで、10年間(!)ウイエ(補酒)せずに古樽で熟成されてから出荷されます。
【品種】サヴァニャン100%
【テイスティングノート】産膜酵母(フロール)由来のナッツ、クミンなどの豊かな香りが特徴的で、個性溢れる素晴らしいキュヴェに仕上がっています。
アルコール度数:14.5%





Domaine Ganevat, Vieux Macvin du Jura (Alc17.5%)

ドメーヌ・ガヌヴァ、ヴュー・マクヴァン・デュ・ジュラNV

(ジュラ・甘口)


税込¥7920(税別¥7200)

<売り切れ>超限定品!

パーカー93点(ワイン・アドヴォケイト225号)

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス

【マクヴァン】発酵中にアルコールを添加することにより発酵を中断させて,糖分を残して造る、甘口のワイン「Vin de Liqueur/ヴァン・ド・リクール」です。
【品種】サヴァニャン100%
【果汁】2003年の果汁
【添加】1991年もののマール
【熟成】樽にて8年間 アルコール度数:17.5%





Domaine Ganevat, Cotes du Jura Chardonnay La Cuvee du Pepe '05

ドメーヌ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・ラ・キュヴェ・デュ・ペペ’05

(ジュラ・辛口白)


税込¥18150(超特価・税別¥16500)

<売り切れ>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文はご遠慮いただいております。

パーカー96+点!(〜Super powerful stuff!、2019〜2030年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト243号)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版18/20点

【キュヴェ】バックビンテージの入荷です。既に出荷している2008年は早期にピークを迎えたため先に瓶詰を行いましたが、2005年は更なる熟成が必要であったため、より長く、13年間樽熟成させました。
【品種】シャルドネ100% 【中古樽使用】 アルコール度数:14.0%




Domaine Ganevat, Cotes du Jura Chardonnay Cuvee Marguerite MAG '15

ドメーヌ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・キュヴェ・マルグリット’15

(ジュラ・辛口白・マグナム・1500ml)


税別¥16500

<売り切れ>幻の超限定品!

パーカー94〜95点!(2020〜2030年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト234号)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版18/20点
Les Vins du Jura de L'Anee!に選ばれる!

’14 ワイナート85号 94点!

樹齢113年!自根の超古樹!!!

【キュヴェ】生産量が非常に少ないので、マグナムのみリリース
【品種】シャルドネ100% (「ムロン・ア・クー・ルージュ」という名のとても生産量の少ないシャルドネの古代品種)
【植樹】1902年  【土壌】グレー泥灰土
【熟成】中古樽使用
【テイスティングノート】圧倒的な凝縮感とエキゾチックな香りのする最も豊かでみずみずしい味わい。
アルコール度数:14.0%







Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de France Rouge "Pet Nat J'ai soif" (2017)

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ペットナット・ジェソフワ(’17)

(フランス・微発泡・辛口赤)


税別¥3800

<売り切れ>幻の超限定品!

【キュヴェ名】”J'ai soif."とはフランス語で 「のどがカラカラ〜」の意味
【キュヴェ】ボークルーズ地区のグルナッシュで造る微発泡ワイン(ペットナット)
【品種】ボークルーズ地区のグルナッシュ100%
【醸造】瓶詰後に瓶内二次発酵を行い、デゴルジュマン(澱引き)を行わずに出荷されます。
アルコール度数:14.0%




Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de France Rouge "Le Jaja du Ben" (2017)

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ル・ジャジャ・デュ・ベン(’17)

(フランス・辛口赤)


税込¥4620(税別¥4200)

<あと5本>幻の超限定品!

ABマーク、ユーロリーフあり!

【品種】@ボジョレー地区の樹齢80年のヴィエイユ・ヴィーニュのガメイ
Aジュラ産のピノ・ノワール  Bプルサール
C樹齢30〜40年自社畑の10種のジュラ土着品種(プティ・べクラン、グロ・ベクラン、アンファリネ等)
【品種割合】約60%:@、A  約40%:B、C
【土壌】花崗岩、泥灰質 【醸造】トロンコニック樽にて約10か月間野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】100%
アルコール度数:【2017年】13.0%




Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de France Rouge "Le P'tiot Roukin" (2017)

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ル・プチオ・ルカン(’17)

(フランス・辛口赤)


税込¥4620(税別¥4200)

<あと3本>幻の超限定品!

【品種】12品種:主にヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)のガメイ、シラー、プルサール、自社畑のジュラの土着品種(プティ・べクラン、グロ・ベクラン、アンファリネ等)
”ル・ジャジャ・デュ・ベン”とは異なる区画のブドウを使用
【醸造】セミ・マセラシオン・カルボニックをトロンコニック樽にて20日間行い、野生酵母による自然発酵
【テイスティングノート】熟したクランベリーなどの黒い果実、クレーム・ド・セリーズのようなアロマ。率直なアタックで、丸みを帯びていながら存在を主張するタンニンがあり、スパイス風味の余韻があります。
15℃程でのサーヴが好ましいでしょう。今から8年程が飲み頃です。
アルコール度数:【2017年】13.0%




Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de France Rouge "Poulprix"(2017)

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・フランス・ルージュ・プルプリ(’17)

(フランス・辛口赤)


税別¥6200

<あと2本>幻の超限定品!

【品種】トゥルソー モンドゥーズ シラー
【熟成】フードルにて、約10カ月間野性酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】100%
【テイスティングノート】骨格のしっかりした、引き締まった味わいです。
アルコール度数:13.5%




Anne et Jean-Francois Ganevat, Vin de Table Blanc "Le sa Vient d'ou" (2017)

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、ヴァン・ド・ターブル・ブラン・ル・サ・ビアン・ドゥ(’17)

(フランス・辛口白)


税別¥6000

<売り切れ>幻の超限定品!

【キュヴェ名】「Le sa Vient d'ou?"とは、フランス語で「どこから来たの?」という意味
【品種】サヴァニャン、ヴィオニエ、ピクプール、クレレット、グルナッシュ、リースリング
【醸造】醸造方法の異なる複数キュヴェのアッサンブラージュ(樽熟成・漬け込み醸造・産膜酵母下にて熟成したものなど)
アルコール度数:13.0%
無清澄・無濾過・SO2無添加




Anne et Jean-Francois Ganevat, Cotes du Jura blanc Chardonnay "La Barraque" '16

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、コート・デュ・ジュラ・ブラン・シャルドネ・ラ・バラック’16

(フランス・辛口白)


税込¥6600(税別¥6000)

<売り切れ>幻の超限定品!

ユーロリーフあり!

【品種】シャルドネ 100%
【畑】「リアス」  【土壌】泥土土壌
【ブドウ樹】ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)
【醸造】人為的介入ナシで野生酵母による醸造を行い、樽熟成2年間
アルコール度数:13.0%
無清澄・無濾過・SO2無添加




Anne et Jean-Francois Ganevat, Arbois Savagnin "Petit Curoulet" '16

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ、アルヴォワ・サヴァニャン・プティ・キュルエ’16

(フランス・辛口白)


税別¥6800

<売り切れ>幻の超限定品!

【品種】サヴァニャン 100%
【土壌】大粒の砂利が混ざる泥土土壌
【醸造】フードルにて2年間ウイヤージュ(補酒)をしながら野生酵母にて人為的介入ナシで醸造
アルコール度数:13.0%
無清澄・無濾過・SO2無添加


2013年に、ドメーヌ・ガヌヴァで働くジャン・フランソワ氏と、彼の妹アンヌが共同で立ち上げたネゴ シアンです。その頃ジュラ地方は、2012年は霜害、2013年は春の雨により結実が半減したことから、両年とも収量が非常に少なく極少量しかワインを造れませんでした。そこで二人はこのネゴス部門を設立し、同時にボジョレー地方の醸造家の友人から 「ブルーイ」、「フルーリー」、「モルゴン」の畑を合わせて1.5ha購入しました。 現在は自社畑の他に、サヴォワの「ドメーヌ・ジャッキーノ」、ならびに「ドメーヌ・デュ・セリエ・デ・クレ」から、ビオロジックやビオディナミで栽培されているブドウを購入しています。

地元「ジュラ」と他の産地のブドウをブレンドすることにより 『ヴァン・ド・フランス』 のカテゴリーになりますが、そのことによって自由な発想で造られるワインは、 発売と同時に本国フランスで即完売となる、ファン垂涎の人気を博しています。

【品種】土着品種に着目しています。
【栽培】ビオディナミ、もしくはビオロジックで管理されている畑のブドウのみ

自社所有ではない畑のブドウは収穫後全てブドウの状態でロタリエにあるドメーヌに運ばれます。 除梗後、野生酵母で、出来る限り干渉しない方法で発酵を促し、一部、アンフォラでの熟成も行っています。全てSO2は無添加です。
(輸入元資料より)



2021/6/2(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・ベルデ・ボンデ’19サヴァニエ

蔵出しドメーヌ・ベルテ・ボンデ’15グラン・ヴォー最後の再入荷

2018/6/10(日)アップ〜蔵出しドメーヌ・ベルテ・ボンデ’16サヴァニエ

ジュラの白ワインは、品質も高く個性があり、まだお買い得感が強い!









 


2013年にビオロジック認証取得済み!




DOMAINE BERTHET BONDET, COTES DU JURA SAVAGNIER '19

ドメーヌ・ベルテ・ボンデ、コート・デュ・ジュラ サヴァニエ’19
(ジュラ・辛口白)


税込¥4290(税別¥3900)

↑26%OFF

輸入元定価・税別¥5,300

<あと8本>絶対おすすめ!

パーカー91点(2021〜2024年、
Luis Gutierrez、ワイン・アドヴォケイト254号)


「2021.5月下旬に飲みました。DIAM5コルク。やや濃いイエロー。亜硫酸も少ないトップノーズ、予想以上にインパクトのある上質トップノーズで、エネルギーとトロみをはっきり感じるはちみつに漬けた青い梅、はちみつトースト、ゴマ、ヨードなどのよい香り。果実味豊かだが、あくまで上品さをキープした厚み粘性・エネルギー感のあるエキス余韻。酸はちょうどよく、うまみ塩ミネラルややしっかりで意外にさっぱり感のある抜けのよいアフター。抜栓の2日後までまったく落ちない」

アルコール13%
ユーロリーフ、ABマークあり!

’18 MVF(旧クラスマン)2021年度版 89点

’13 VINOUS 89+?点

サヴァニャン100%
青泥灰土。平均樹齢20年

単一畑、手摘み収穫、除梗せずブドウの房全体を圧搾。
10ヶ月ステンレスタンクで熟成

リンゴやオレンジピールの上品な香りと僅かな苦味で個性を表しています。塩味を思わせる味わいで食欲がそそられます。生魚に合わせても生臭さが出にくいため、和食とも楽しみたいワイン。
(輸入元さんコメント)





DOMAINE BERTHET BONDET COTES DU JURA LES GRANDVAUX

ドメーヌ・ベルテ・ボンデ、コート・デュ・ジュラ・レ・グランヴォー・ブラン’15

(ジュラ・辛口白)


税込¥3960(税別¥3600)



輸入元定価・税別¥4,380

<あと17本>絶対おすすめ!

パーカー88点(2018〜2020年、ワイン・アドヴォケイト234号)

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

38本完売。〜※再入荷不可能!

3年以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2017.11月上旬に試飲しました。DIAMコルク。まだ日本では全く無名ながら今後、高く評価されてゆきそうな優れた造り手。何故ジュラが今、これほどまでに注目されているかは数種類試せばすぐにわかる。冷涼感とフィネスがありつつ、酸の質は尖っていない。ミネラルも強く、余韻がある。もともとの土壌が優れていそうな雰囲気も。樽を使っていないが、ごまやナッツのような香りを含み、透明感のあるピュアなフルーツ。黄リンゴ〜リンゴ飴、洋ナシ、少し花、ミネラルなどの香りも。ファットではないがオイリーでみずみずしくかつシルキーな質感のある果実。豊富なうまみと塩ミネラルがアフターにかけて広がる。エキス感の厚みであって、樽の疑似的な厚みではない。とてもよい個性」

シャルドネ100%

石灰粘土質。平均樹齢40年。

2015年に畑を取得、現在有機栽培に転換中。
他の畑はすべて2010年以降ビオロジックに移行済み
(その前から除草剤不使用)

2015がファースト ヴィンテージ。

※コート・デュ・ジュラ・トラディション・ブランとは別のワイン。

「グランヴォー」=畑の名前。単一畑、 手摘み収穫、除梗せずブドウの房全体を圧搾。約10ヶ月ステンレスタンク熟成。熟成に樽が使われていないため、シャルドネ本来の爽やかな味わいが表現されている。花や黄色い果実のニュアンスで、とてもキレイな酸があり見事なバランスが取れた味わい。
(輸入元資料より)




DOMAINE BERTHET BONDET, COTES DU JURA SAVAGNIER '16

ドメーヌ・ベルテ・ボンデ、コート・デュ・ジュラ・サヴァニエ’16

(フランス・ジュラ・辛口白)


税別¥4350

<売り切れ>限定品!

パーカー91点(2018〜2022年、ワイン・アドヴォケイト234号)




DOMAINE BERTHET BONDET, COTES DU JURA SAVAGNIER '15

ドメーヌ・ベルテ・ボンデ、コート・デュ・ジュラ・サヴァニエ’15

(フランス・ジュラ・辛口白)


税別¥4350

<売り切れ>限定品!

ワイナート85号 87点

パーカー88点(2018〜2020年、ワイン・アドヴォケイト234号)

MVF(旧クラスマン)2017年度版14.5/20グラス

アルコール13%

サヴァニャン100%

ABマーク、ユーロリーフあり!

青泥灰土。平均樹齢15年。単一畑

生産量:わずか4,500本のみ

’13 インターナショナルワインセラー89+?点

手摘み収穫、除梗せずブドウの房全体を圧搾。約10ヶ月ステンレスタンク熟成。リンゴやオレンジピールの上品な香りと僅かな苦味で個性を表している。余韻を支える塩味も含まれていて食欲をそそられる。生魚に合わせても生臭さが出にくいため、和食とも楽しみたいワイン。
(輸入元資料より)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版と2018年度版にて2つ星生産者評価


2022/1/7(金)アップ〜蔵出しドメーヌ・グラン’18ピノノワール再入荷

2018/2/19(月)アップ〜蔵出しドメーヌ・グラン’14ピノノワール

さらにこの価格帯ではかなり高品質!スタイルもよいピノノワール

2015/1/9(木)アップ〜蔵出しドメーヌ・グラン’06ヴァン・ジョーヌ











 


2004年に完成した醸造施設はとても清潔で衛生的
さらなる品質向上が期待できる!




Domaine GRAND, Cotes du Jura Pinot Noir En Prele '18

ドメーヌ・グラン、コート・デュ・ジュラ ピノノワール・アン・プレール’18
(フランス・ジュラ・辛口赤)


税込¥3190(特価・税別¥2900)



輸入元定価・税込¥4,070

<売り切れ>絶対おすすめ!

輸入元担当者さま絶賛の1本!

24本完売。

「2021.10月に飲みました。一体何が変わったのかよくわかりませんが、過去に飲んだ’14’12より明らかに1.5〜2ランク上のおいしさになっているこの’18は、先入観なしに多くの方に楽しんでいただきたい!エキスと余韻、バランスがあり単体でずっと飲み続けていても飽きない明らかに価格以上の内容。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13.5%





ドメーヌ・グラン、コート・デュ・ジュラ・ピノノワール’14(辛口赤)

税別¥2500

<売り切れ>おすすめ!

パリ農業コンクール2016年 金賞受賞!

「2018.1月に飲みました。’12より酸がしっかりして甘さ控えめの若干通向きのバランス飲み頃NOW〜。果実味も弱くはなく、うまみが多めで、樽香は全然感じなくて、タンニンの質がよい。清涼感のあるアフター。少しだけ艶があり、やはりおいしい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%


’12 ジュラ・コンクール2013年 金賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

『 今までに飲んだこの価格帯のピノノワールでダントツNo.1だった! 』などなど

’12 84本完売!!!

「2015.3月下旬に’12を飲みました。同じ価格帯のACブル赤で平均以上の品質のものがほとんどない為、各インポーターさんはジュラや南フランス、チリなどいろいろ探しております。そんな中ラックさんがいち早く見つけてきたのがここでさすが矢野さん!という高品質でした。紫色の弱い中程度のルビー色。イチゴとフルーツトマトの香り主体の意外に少し艶のあるよい香り。タンニンとても丸く少なめ、うまみは多めで、まったく低くないちょうどよい酸の飲み頃NOW〜。時間とともに香りが少し甘くなり、味わいもフルーツ感が少し強くなる。チャーミングでバランスよく、この価格で文句のつけようのない内容。数年前に当店で大人気だったシャルル・フランソワ’09オートコート・ボーヌ・ルージュがお好みだった方には同系統の味わいなのでおすすめできます。。抜栓の2日後まで非常においしい。わずかにクリーミーに変化」

アルコール12.5%

明るいルビー色。ラズベリーや赤スグリ、グリオットチェリーなど、甘酸っぱさを連想させる赤い果実のアロマ。口に含んでも赤い果実が支配的に広がり、ピュアな酸味と余韻に感じるナッツのニュアンス。しなやかで柔らかく、滑らかなテクスチャー。親しみやすいミディアムボディのピノ・ノワール。(輸入元さんコメント)

ピノノワール100%

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

手摘み、除梗100%

樹齢20〜40年

収量30〜35hl/ha

粘土石灰質の泥灰土土壌




ドメーヌ・グラン、クレマン・ド・ジュラ・ブリュット’10

(フランス・ジュラ・辛口白泡)


税別¥2500

<売り切れ>絶対おすすめ!

第24回コンクール・ナショナル・デ・クレマン2015年(開催地ロワール) 金賞受賞!

※¥216値下がり!

60本完売!ありがとうございました

「2016.11月下旬に飲みました。’09同様果実味豊かで厚みこコクがあり、蜜リンゴやベリー、スパイス、ブリオッシュなどの香り。値下がりした分、さらにお買い得感が増したかもしれない。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12%

樹齢20〜30年




ドメーヌ・グラン、クレマン・ド・ジュラ・ブリュット’09

(フランス・ジュラ・辛口白泡)


税別¥2700

<売り切れ>絶対おすすめ!

Concours Departemental du Jura2012年 銀賞受賞!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

216本完売!!!ありがとうございました

大人気で輸入元さんで欠品しておりましたが、同じ’09を値上がりなしで再輸入してくれました〜!

「2014.10月に試飲しました。先入観を持たない為に資料を見る前に試飲しましたが、社長も僕もピノノワール主体というかおそらく100%で、大袈裟ではなく本当に¥5,000くらいの並のシャンパーニュ・ブラン・ド・ノワールと同レベルの品質だと感じました。さすがにボランジェNVまではいかないというジャッジでしたが、シャルドネ100%とは驚きです。凝縮したベリー、アンズ、蜜リンゴ、スパイス、ブリオッシュ、ミネラルなどのよい香り。よく凝縮して果実味豊か、しっかりしたコクのやや重さのある明らかに冬向きの泡で、余韻も長め。もしかしたら’09だから例年よりも少し重心が低い味わいということなのかもしれません。抜栓の次の日も非常においしい。インポーターか酒屋の売り文句で『 シャンパーニュと間違ってしまうほど上質なクレマン! 』というのはよく言われるのですが、実際にはほとんどそのレベルにはないので、こことグラハム・ベックくらいですかね?」

アルコール12%

ブルゴーニュのエキスパートであるラック・コーポレーションの矢野さん(一番多く各ドメーヌ巡りをされている方!)が、見つけてきてくれた優れた生産者!

Cremant du Jura Brut Millesime '09

『 単一年2009年のクレマン・デュ・ジュラ。温暖な2009年だけにボディはしっかり。シャルドネ100%が全体をエレガンスに整え、ヴィンテージ由来のボリューム感とバランスをとっている。柑橘系の爽やかさ、青リンゴの生き生きとした味わいに、ブリオッシュを思わせるイーストの香ばしさが加わり、じつに充実したスタイル。熟成したコンテをアペタイザーに楽しみたい。 (輸入元資料より) 』




ドメーヌ・グラン、コート・ド・ジュラ・ヴァン・ジョーヌ’06

(フランス・ジュラ・辛口黄・620ml)


税別¥5600

<売り切れ>限定品!

パリ・コンクール2013年 銀賞受賞!

アルコール15%

いわゆる黄ワインです。やはりクラヴラン・ボトルでした。中華と合うとよく聞きます。ワイン会などでも重宝しそうですね

Cotes du Jura Vin Jaune

サヴァニャンを6年間にわたって、補酒せず、産膜酵母の張った状態で樽熟成させたヴァン・ジョーヌ。クルミ、アーモンド、バニラ、パン・デピスなどさまざまなアロマが溢れ、口に含むとドライで豊かな酸味。独特の味わいは病みつきになる。チキン(できればブレス産)のクリーム煮モリーユ茸の風味は最高のパートナー。



『 ドメーヌ・グランのグラン家は、ジュラ地方において17世紀末からブドウ栽培に携わってきた古い家系。1985年に設備を拡大するため、現在のパスナン村に移り住んだという。

ブドウ畑の所有面積は合計23ha。畑のほとんどは本拠地のパスナン村にあるが、一部は隣村のサン・ロタン村に、またシャトー・シャロンにも0.7haの畑を所有している。グラン家はこれらの畑でジュラの伝統的な品種、サヴァニャン、シャルドネ、プルサール、トルソー、ピノ・ノワールを栽培。補酒したタイプのコート・デュ・ジュラのほか、補酒せず産膜酵母の張った状態で6年以上も熟成させたヴァン・ジョーヌ、ヴァン・ド・リクールのマクヴァン、陰干ししたブドウから造られるヴァン・ド・パイユ、それに発泡性のクレマン・デュ・ジュラなど幅広いワインを醸造している。とくにクレマン・デュ・ジュラは、総生産量13〜14万本というこのドメーヌにおいて、およそ5万本を占める重要なアイテム。ジュラワインに精通した人々の間ではとても評価が高い。

今日、栽培から醸造まで、ドメーヌのワイン造りにあたっているのは、一見、シャイな雰囲気のエマニュエル・グランである。しかし、ドメーヌのブドウ栽培やワイン醸造の話になると、熱っぽく語り出す。

ブドウ畑の栽培法はリュット・レゾネ。土壌は多様で、赤い色をした鉄分の多い泥灰土や白っぽい泥灰土などからなり、いずれの表土の下にも石灰岩の固い岩盤がある。
前者には赤用のプルサール、後者には白用のサヴァニャンというように、それぞれの土壌に適した品種を植えている。
シャトー・シャロンの畑は泥灰土に小石が混じった土壌で、これがサヴァニャンに独特のミネラル感をワインにもたらすという。

2004年に完成した醸造施設はとても清潔で、サニテーションが行き届いている。
赤ワインの醸造には温度調節機能のついたステンレスタンクを導入。抽出はおもにルモンタージュで行い、ピジャージュは稀。過剰な抽出感のないエレガントな仕上がりは、この醸造スタイルによるものだろう。

クレマンはNVのブリュット・プレスティージュで、最低瓶熟期間が18ヶ月。法定熟成期間は9ヶ月(12ヶ月に延ばすことが検討されている)だから、これより倍の期間をかけ、N.V.シャンパーニュの法定期間(15ヶ月)よりも長い。単一年のミレジメに至っては3年ないし3年半である。

ドザージュは少なくN.V.で8g/l、ミレジメで6g/l。いずれもシャルドネ100%からなり、キメ細かな気泡とクリーミーな泡立ち、ピュアな酸とミネラル感、そして澱との接触によってもたらされるイースト香が心地よい、極上のブラン・ド・ブランに仕上がっている。
とくにミレジメは、並のシャンパーニュのブラン・ド・ブランを凌ぐ品質だ。 (輸入元資料より) 』


2022/7/5(火)アップ〜蔵出しドメーヌ・デュ・ペリカン’20’19グラン・キュルレ

2021/12/9(木)アップ〜<※極少数!>蔵出しマルキ・ダンジェルヴィーユ’19

2021/2/4(木)アップ〜蔵出しマルキ・ダンジェルヴィーユ’18フルミエ最後の再入荷!

2019/12/31(火)アップ〜蔵出しマルキ・ダンジェルヴィーユ’17シャンパン最後の再入荷!

’17もリアルワインガイド69号にて絶賛される!

色は薄いが、味わいは非常に深い!最上のヴォルネイ

リアルワインガイド69号、61号、57号、53号、40号、36号、33号、28号などで絶賛されました!

※ペリカン以外の全銘柄がすべての値引き対象外となります。

      


2016.3.30(水)フィネス主催3大ドメーヌ(マルキ・ダンジェルヴィーユからギョーム・ダンジェルヴィーユ氏と今回は奥様も、ジョルジュ・ルーミエからクリストフ・ルーミエ氏、メオ・カミュゼからジャン・ニコラ・メオ氏)来日試飲会にて再び会ってきました〜。フィネスさんありがとう!!!必ず恩返しします(笑)
ギョームさんは、相変わらずの紳士。絶対に人の悪口とかは言わない方(笑)でもワインの説明になると熱い。
リアルワインガイド53号に写真が載っているフランソワ・ディディエ氏とともにワイン造りを行っています。
すべてのワインが高品質!

2006年から毎年25%の割合でビオディナミに移行
2009年から100%ビオディナミ


『 科学的説明はできないが、ビオディナミを実践してからブドウの樹自体が病害に強くなった、そして
よりピュアで純度が高まり、エネルギーを感じるように変わったように思う。
ブルゴーニュの土地・畑は本当に大切なものなので本来の自然な姿が理想的。
自分の手の届く範囲内の規模でベストを尽くすことに尽きる!
(ギョーム・ダンジェルヴィーユ氏本人談) 』


2011.11.28(月)フィネス主催3大ドメーヌ(マルキ・ダンジェルヴィーユからギョーム・ダンジェルヴィーユ氏、ジョルジュ・ルーミエからクリストフ・ルーミエ氏、メオ・カミュゼからジャン・ニコラ・メオ氏)来日試飲会にて。10年に1度あるかないかの貴重な機会を設けていただいたフィネスさんには大感謝です!!!










 

 

 

 

当店扱いのマルキ・ダンジェルヴィーユは(ジュラのペリカンを含め)すべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!





マルキ・ダンジェルヴィーユが2012年から片手間ではなく本気で始めたジュラの自社畑100%
将来的には15haから生産可能となる
先日のフィネス試飲会で3種類とも飲みましたがいずれも素晴らしい出来!

ジュラでもほとんどの畑がビオディナミ
(ブルゴーニュの畑はすでに数年前から100%ビオディナミ)
涼しい地域で、完璧なコンディションもあり、美しい活きた酸とミネラル
ピュアでエレガント、雑味とクセのないおいしさ
3種類ともある程度熟成可能な骨格とバランス
輸入直後にもかかわらず、味わいもバランスもとても良い

ヴォルネイから車で1時間なので遠くない
基本的な土壌はブルゴーニュに似ている
丘が多く畑探しが大変だったが、有名な地質学者の協力もありよい畑が見つかった

2007年に自分がブラインド試飲したシャルドネがブルゴーニュ産だと思ったらジュラ産だったことが始まり

ワイナート85号にて大きく取り上げられました!



2016年に参加したご本人来日でのマルキ・ダンジェルヴィーユ・セミナーでジュラ最高の畑も取得したので何年か後にリリースがあると言っていた銘柄が下記の『グラン・キュルレ』です!!!




DOMAINE DU PELICAN, ARBOIS GRAND CUROULET SAVAGNIN OUILLE '20

ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ <グラン・キュルレ> サヴァニャン ウイエ’20
(フランス・ジュラ・辛口白)


税込¥9240 税別¥8400

<あと6本>超限定品!

※すでに再入荷不可能!




DOMAINE DU PELICAN, ARBOIS GRAND CUROULET SAVAGNIN OUILLE '19

ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ <グラン・キュルレ> サヴァニャン ウイエ’19
(フランス・ジュラ・辛口白)


税込¥8470 税別¥7700

<あと11本>超限定品!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度 93点!

MVF(旧クラスマン)2022年度版 94点!
さらにクー・ド・ラネ!!!


’18 VINOUS 94点!(アントニオ・ガローニ)

「Grand Curoulet(グラン キュルレ)」とは2012年のドメーヌ設立時に購入した広さ5haの畑の名前でアルボワの中でも最も良い区画の1つと言われており、さらにアルボワで1番最初に葡萄が植えられた場所でもあります。購入当時、1993年に植樹された約0.3haのサヴァニャン種の畑以外は樹齢60年以上の古木で、すでに良い葡萄が収穫できなくなっていたので、ほとんどの木を引き抜いてから畑の整地を行い、2015年にサヴァニャン種とシャルドネ種を植樹しました。区画の半分は最も古くかつ最も上質な泥灰土を形成している三畳紀(トリアス紀)の灰色泥灰土、もう半分は緑色や赤色のまだらの泥灰土でサヴァニャン種にとって理想的な土壌構成になっています。北向きの風通りの良い畑なので他の区画と比べて葡萄はゆっくり成熟します。前出の混醸のサヴァニャン同様、アロマを残すために収穫の1/3をひと晩果皮浸漬をした後、350リットルと500リットルの樫樽、20〜60hlの大樽などで醗酵させ、熟成には500リットルの古樽を使用しています。土壌由来の素晴らしいミネラル感が特徴的で、肉厚で深みがあるエネルギッシュな味わいは混醸のサヴァニャンよりも風格を感じさせ、アルボワにもテロワールがあることを認識させられます。
(輸入元資料より)




DOMAINE DU PELICAN, ARBOIS GRAND CUROULET CHARDONNAY '20

ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ <グラン・キュルレ> シャルドネ’20
(フランス・ジュラ・辛口白)


税込¥8800 税別¥8000

<あと6本>幻の超限定品!

※すでに再入荷不可能!


’18 VINOUS 94点!(アントニオ・ガローニ)

’18 パーカー91点

「ARBOIS GRAND CUROULET SAVAGNIN OUILLE」同様、ドメーヌ設立の2012年に購入した畑で、アルボワで1番最初に葡萄が植えられた畑、そして1番良い畑のひとつと言われています。購入した際には60年以上の古木が植えられていましたが、すでにあまり良い葡萄が取れない状況だったため、ほとんどの葡萄の木を1度引き抜いてから畑を整備し、2015年に5haの畑にサヴァニャン種を2/3、シャルドネ種を1/3植樹しました。シャルドネはこの区画の中でも標高が高い場所に植えられており、ヴォルネーの1級区画「Clos des Ducs(クロ デ デュック)」に似ている泥灰質土壌がワインに緊張感を与えています。醗酵は350リットルや500リットルの樫樽や20〜60hlの大樽で行い、500リットルの古樽で熟成させています。洗練されたエレガントな香り、ミネラル豊かで余韻も長く、混醸のシャルドネよりも辛口で直線的な味わいになっています。





DOMAINE DU PELICAN, ARBOIS CHARDONNAY '20

ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ シャルドネ’20
(フランス・ジュラ・辛口白)


税込¥6380 税別¥5800

<あと6本>超限定品!

※なんとすでに再入荷不可能!







『 病気なども全くなく収穫量も平均的。何よりブドウのバランスが完璧で非の打ちどころがないくらい素晴らしい状態のブドウだった。リッチでボリュームがあり、ジュラ特有のミネラルも豊か、各品種の特徴が良く出ていてエネルギッシュな味わい。毎年こんなヴィンテージになれば・・・と生産者が思うような素晴らしいヴィンテージになっている。 (フィネス資料より、ペリカン2015年の傑出した出来について) 』




ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ・サヴァニャン・ウイエ’16

(ジュラ・辛口白)


税別¥5300

<売り切れ>限定品!

スペクテーター92点(NOW〜2022年)

パーカー92+点!
(2018〜2022年、ワイン・アドヴォケイト234号)

ワイン&スピリッツ誌 92点

デカンター・オンライン91点(2018〜2020年)


MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版16/20点(クープ・ド・クー!!!)

’14は大人気でした!輸入元在庫も思ったより早く減っているようですね。

産膜酵母の張らないタイプのサヴァニャンなのでリッチでありながらもピュアでクリーン、美しい酸とミネラルとなります。




ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ・シャルドネ’16

(ジュラ・辛口白)


税別¥5300

<売り切れ>限定品!

スペクテーター91点(NOW〜2021年)

パーカー90点(2018〜2022年、ワイン・アドヴォケイト234号)

ワイン&スピリッツ誌 92点

デカンター・オンライン91点(2018〜2022年)


MVF(旧クラスマン)2019年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15.5/20点




ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ・トロワ・セパージュ’16

(ジュラ・辛口赤)


税込¥6050(税別¥5500)

<あと3本>限定品!

パーカー91点(2018〜2020年、ワイン・アドヴォケイト234号)

デカンター・オンライン90点(2018〜2023年)


MVF(旧クラスマン)2019年度版16/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版15/20点

’14は、ピノノワール60%、トゥルソー35%、プールサール5%でした。




ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ・プールサール’16

(ジュラ・辛口赤)


税込¥6380(税別¥5800)

<あと2本>超限定品!

スペクテーター・オンライン87点(NOW)

パーカー91点(2018〜2020年、ワイン・アドヴォケイト234号)

デカンター・オンライン91点(2018〜2021年)

Part of Summer red wines to drink chilled

MVF(旧クラスマン)2019年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2019年度版14.5/20点

ジュラの土着品種プールサール100%

樹齢約40年






Domaine de Pelican, Arbois Savagnin Ouille '15 JURA

ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ・サヴァニャン・ウイエ’15

(ジュラ・辛口白)


税別¥4800

<売り切れ>絶対おすすめ!
限定品!

ワイン&スピリッツ誌 92点!

ワイナート85号 90点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16.5/20点

’16 パーカー92+点

18本完売。ありがとうございました

2年以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2018.3月下旬に飲みました。DIAM10コルク。まず強めのナッツ類のトップノーズにリンゴ、ハーブ、硬質鉄分ミネラル、ごま、麦、花などのピュアなよい香り。時間とともに温度が上がると樹脂、蜜のニュアンスも出てくる。’14同様酸化のニュアンスは皆無で、健全な熟した果実、予想よりコクがあり、上質な酸、うまみとミネラルが広がる縦伸びのある長めの余韻。鼻に抜ける戻り香はややフローラルで複雑。ミネラルの質は硬質で厳格。塩はほのかなニュアンスだったのが、抜栓の次の日に温度を上げるとうまみと塩味が明らかに増して、旨酸塩のバランスがかなり秀逸!個性も品質も素晴らしい。抜栓の2日後は、高めの温度で甘みも出てきて、甘旨塩酸の高度なバランス!まったく落ちない。すごい!」

アルコール12.5%

’14は大人気でした!輸入元在庫も思ったより早く減っているようですね。

産膜酵母の張らないタイプのサヴァニャンなのでリッチでありながらもピュアでクリーン、美しい酸とミネラルとなります。



ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ・シャルドネ’15

(ジュラ・辛口白)


税別¥4800

<売り切れ>限定品!

スペクテーター・オンライン91点(NOW〜2020年)

ワイナート85号 90点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版16/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!




ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ・トロワ・セパージュ’15

(ジュラ・辛口赤)


税込¥5280(税別¥4800)

<あと2本>限定品!

ワイン&スピリッツ誌 90点

スペクテーター・オンライン88点(NOW)

ワイナート85号 87点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15/20点

’14は、ピノノワール60%、トゥルソー35%、プールサール5%でした。




ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ・プールサール’15

(ジュラ・辛口赤)


税別¥5100

<売り切れ>初入荷の超限定品!

ワイナート85号 89点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15/20点

ジュラの土着品種プールサール100%

樹齢約40年

ジュラの教皇と呼ばれた Jacque Puffeney(ジャック・ピュフネイ)氏が所有していた畑を2014年の収穫後に譲り受け、その畑のブドウを中心に2015年ヴィンテージから単一品種のキュヴェとして造り始めたもの!

淡い色調とイチゴやフランボワーズを連想させるような爽やかな赤い果実のアロマ、揺らめきのあるエレガントな味わいで新のワイン好きには堪らないワインです。 (フィネスさんコメント)





ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ・サヴァニャン・ウイエ’14

(ジュラ・辛口白)


税別¥4800

<売り切れ>絶対おすすめ!

18本完売。ありがとうございました限定品!

ワイン&スピリッツ誌 92点!

スペクテーター・オンライン92点(NOW〜2021年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16.5/20点(クープ・ド・クール!!!)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版16/20点

「2016.3月末に試飲しました。癖のないきれいで複雑なサヴァニャンに驚かされる!みなさん心配であろう嫌な酸化のニュアンスなど皆無。個性がはっきりありつつもピュアでクリーンで余韻も長い」

アルコール%

Domaine de Pelican, Arbois Savagnin Ouille '14 JURA

産膜酵母の張らないタイプのサヴァニャンなのでリッチでありながらもピュアでクリーン、美しい酸とミネラルとなります。

葡萄品種はジュラの代表的な品種であるサヴァニャン種100%。ハツラツとしていて力強く直線的、レモンやエキゾチックフルーツのアロマが感じられます。このサヴァニャンの特徴的なアロマを残すために果皮浸漬をした後、500リットルの旧樽で10ヵ月醗酵熟成させています。"Ouille"とは補酒を意味する"Ouiller"から来ている言葉で、サヴァニャンのフレッシュさとアロマを保つために2週間に1度のペースで同品種、同ヴィンテージのワインで補酒が行われています。

’13 パーカー92点

’13 インターナショナルワインセラー91点

’13 Wine&Sprits誌 91点



ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ・シャルドネ’14

(ジュラ・辛口白)


税別¥4800

<売り切れ>おすすめ!

限定品!

ワイン&スピリッツ誌 92点!

スペクテーター・オンライン91点(NOW〜2020年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15/20点

「2016.3月末に試飲しました。こちらも厚みと粘性よりも、ややキレのある酸とミネラルでキレイで複雑。まだ若木主体ながらもすでにおいしく、今後の将来性も高い」

アルコール%

シャルドネ100%

手摘み収穫、選別後に果皮浸漬はせずに350リットルの樫樽(新樽10%)で2〜3週間の醗酵、10ヵ月熟成。瓶詰前に複数のキュヴェをステンレスタンクでアサンブラージュさせます。コラージュとフィルターは透明感を出すために軽く行います。若木のシャルドネらしいフレッシュな酸味、ミネラル豊かでクラシックな味わいはブルゴーニュのテロワールとは少し異なる泥灰土に由来しています。

’13 パーカー92点

’13 インターナショナルワインセラー91点

’13 Wine&Sprits誌 93点!



ドメーヌ・デュ・ペリカン、アルボワ・トロワ・セパージュ’14

(ジュラ・辛口赤)


税別¥4800

<売り切れ>おすすめ!

限定品!

ワイン&スピリッツ誌 94点!!!

スペクテーター・オンライン88点(NOW〜2017年)

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点

「2016.3月末に試飲しました。癖の強いワインが多いトゥルソーを多めにブレンドしているにもかかわらず、香り、バランスに優れ、なんの違和感もなくとても良いバランスで、タンニンの質も良い。予想以上に複雑で飲み飽きないタイプのようだ」

アルコール%

ピノノワール60%、トゥルソー35%、プールサール5%

葡萄品種はフルーティさを与えるピノノワール種60%、獣臭のような特徴的なアロマを演出するトルソー種35%、スパイシーさを与えるプルサール種5%。アルコール醗酵はステンレスタンクで2〜3週間、熟成は基本的に228リットルの1〜6年樽で10ヵ月、一部大樽で熟成されるものもあります。甘味と酸味のバランス、デリケートでとても深みのある味わいのワインです。

’13 GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2016年度版15.5/20点

’13 パーカー92点

’13 インターナショナルワインセラー88点

’13 Wine&Sprits誌 92点!


『 2012年にジュラ地方アルボワの町に隣接するモンティニーレアルスール村に設立しました。なぜ「Pelican(動物のペリカンのこと)」というドメーヌ名が付けられたかはアルボワの歴史を振り返る必要があります。

15世紀末、神聖ローマ皇帝だったハプスブルグ家出身のマクシミリアン1世は従者と共にアルボワに滞在したことがありました。当時は異国の動物を飼う事が貴族のステータスとなっていたため、マクシミリアン1世も異国の動物をアルボワに連れてきていました。その動物の中には南国の鳥であるペリカンも含まれていましたが、不幸なことに1羽のペリカンがアルボワ滞在中に死んでしまいました。その死を大いに悲しんだマクシミリアン1世はこの「皇帝ペリカン」を忘れないためにアルボワの町のエンブレムをペリカンにするように定めたのです。また、彼の妻であるマリーは最後のブルゴーニュ公シャルルの一人娘で、夫婦一緒にペリカンを連れて散歩をしていたため、ペリカンはアルボワとブルゴーニュを繋ぐ架け橋の役割も果たしていたと言われています。

当時ブルゴーニュ公が所有していたヴォルネーの1級畑「Clos des Ducs(クロデデュック)」は現在ドメーヌ・マルキ・ダンジェルヴィルが単独所有しています。そのブルゴーニュ公の後を継いだドメーヌマルキダンジェルヴィルがアルボワでワインを造る、つまりブルゴーニュとアルボワが時を越えて再び繋がるということになるので、架け橋であった「Pelicanペリカン」をドメーヌ名に採用することになりました。
(輸入元資料より) 』





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ブルゴーニュ・パストゥグラン’19

税込¥4290(特価・税別¥3900)

<売り切れ>超限定品!

パーカー87点(William Kelley)

バーガウンド・コム 86点





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’19

税込¥6600(税別¥6000)

<売り切れ>超限定品!

パーカー88点(William Kelley)

バーガウンド・コム 86〜89点(Outstanding Top Value!)

デカンター・オンライン90点!


ジャスパー・モリス氏も絶賛!




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイ’19

税込¥11000(特価・税別¥10000)

<あと2本>超限定品!

パーカー89〜91点(William Kelley)

バーガウンド・コム 89〜91点(Outstanding Top Value!)

デカンター・オンライン91点!





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ’19

税込¥12540(特価・税別¥11400)

<あと3本>超限定品!

パーカー90〜92点(William Kelley)

バーガウンド・コム 89〜92点(Outstanding!)

デカンター・オンライン92点!





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・フルミエ’19

税込¥16500(税別¥15000)

<あと3 本>超限定品!

パーカー92〜94点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91〜93点

デカンター・オンライン93点!





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・カイユレ’19

税込¥20900(税別¥19000)

<あと1本>超限定品!

最新パーカー94点!
(William Kelley、2022年1月試飲)


パーカー92〜94点(William Kelley)

バーガウンド・コム 92〜94点
(Sweet Spot Outstanding!)

デカンター・オンライン93点


実はこの畑のみ2012年から新たに購入した樹齢約60年の区画も混ざているので少しリッチでまろやかになっています!




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・シャンパン’19

税込¥20900(税別¥19000)

<あと3本>超限定品!

※全ての値引き対象外となります。
他のマルキ・ダンジェルヴィーユ(どれでもOK)と最低でも1:1以上になるようにお願い致します。

パーカー92〜94+点(William Kelley)

バーガウンド・コム 93〜96点!!!
(Don't Miss! Outstanding!)

デカンター・オンライン94点!


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2022年度版 95点!




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・クロ・デ・デュック’19(モノポール)

税込¥34100(税別¥31000)

<あと3本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。全ての値引き対象外となります。
他のマルキ・ダンジェルヴィーユ(どれでもOK)と最低でも1:1以上になるようにお願い致します。

入荷できない年が増えており、もはや幻レベルの入手難銘柄となっていました、、、

パーカー94〜96点!(William Kelley)

バーガウンド・コム 94〜97点!!!
(Don't Miss! Outstanding!)

デカンター・オンライン95点!


ジャスパー・モリス氏も大絶賛!






マルキ・ダンジェルヴィーユ、ブルゴーニュ・パストゥグラン’18

税込¥4180(特価・税別¥3800)

<あと1本>超限定品!

バーガウンド・コム 86〜89点!(Outstanding Top Value!)




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’18

税込¥6270(税別¥5700)

<売り切れ>超限定品!

パーカー86〜88点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87〜89点(Outstanding Top Value!)





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ’18

税込¥12100(特価・税別¥11000)

<あと3本>超限定品!

パーカー91〜93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 90〜92点





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・フルミエ’18

税込¥15950(税別¥14500)

<あと20本>絶対おすすめ!
超限定品!

※すでに再入荷不可能!

パーカー92〜94点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91〜93点(Outstanding!)


「2021.1月中旬に飲みました。よい生産者はどんな年にもその年の個性を生かしたよいワインを造るというよい例だと思います。健全で熟したブドウが手に入ったので例年より亜硫酸を減らして全房醗酵比率を上げてナチュラルかつ酸とミネラルが低くならないように仕上がったというようなイメージで相当美味しい。1級シャンパン’17よりもナチュラルよりの香りと味わい。乳酸のリンゴ入り・ヨーグルトの香りもごくわずかに感じられる。完熟で果実味豊かだけれどもピュアでフレッシュで酸が低くなく旨味エキスが多く、トップノーズ・アタックから中域までは飲み頃NOW〜のようでいて最後にグッとコクが来るので真の飲み頃はまだ先かな?という’18にありがちなパターン。いつもながら他が輸入したマルキ・ダンジェルヴィーユとはまるで違い美しい酸とキレイな赤い実果実+リンゴの清涼感が感じられ食欲が増すイメージ。生き生きとしており、ピュアに流れる。長い余韻。抜栓の次の日も非常においしい。甘い赤い実果実のフルーツガム香が出て、さらに旨味エキスの厚みが増した!お客様にマルキ・ダンジェルヴィーユ’18もの凄いよ!と言われて飲んでみたのですが、相変わらず皆さん試飲能力高過ぎ(笑)抜栓の2日後も最高においしい」

アルコール13.5%




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・カイユレ’18

税込¥20900(税別¥19000)

<あと3本>超限定品!

パーカー92〜94点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91〜94点(Sweet Spot Outstanding!)


実はこの畑のみ2012年から新たに購入した樹齢約60年の区画も混ざているので少しリッチでまろやかになっています!




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・タイユピエ’18

税込¥20900(税別¥19000)

<あと3本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。全ての値引き対象外となります。
他のマルキ・ダンジェルヴィーユ(どれでもOK)と最低でも1:1以上になるようにお願い致します。

パーカー93〜95点!(William Kelley)

バーガウンド・コム 92〜95点!(Don't Miss! Outstanding!)





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・シャンパン’18

税込¥20900(税別¥19000)

<あと6本>超限定品!

最新パーカー93+点
(William Kelley、2028〜2055年!)


パーカー92〜94+点(William Kelley)

バーガウンド・コム 92〜94点(Sweet Spot Outstanding!)





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・クロ・デ・デュック’18(モノポール)

税込¥30800(税別¥28000)

<あと3本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。全ての値引き対象外となります。
他のマルキ・ダンジェルヴィーユ(どれでもOK)と最低でも1:1以上になるようにお願い致します。

入荷できない年が増えており、もはや幻レベルの入手難銘柄となっていました、、、

最新パーカー95点!
(William Kelley、202〜2060年!)

〜If d'Angerville's 2018 Champans is a fine example of the year, the Clos des Ducs by contrast transcends it.

パーカー94〜96点!(William Kelley)

バーガウンド・コム 93〜95点!(Don't Miss! Outstanding!)


ジャスパー・モリス氏も大絶賛!






’17は、ようやく霜や雹の被害がなく、高い品質で、素晴らしい状態のブドウでまともな生産量となった。
フィネスさん曰く、1級シャンパンのブドウの状態が特に素晴らしかったとのこと!!!



マルキ・ダンジェルヴィーユ、ムルソープルミエクリュ・サントノ’17(辛口白)

税込¥16500(超特価・税別¥15000)

<売り切れ>超限定品!




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’17

税込¥6270(税別¥5700)

<売り切れ>超限定品!

パーカー86〜88点(William Kelley)

バーガウンド・コム 87〜89点

VINOUS 87〜89点(ニール・マーティン)





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ポマールプルミエクリュ・コンブ・ドゥシュ’17

税込¥14300(税別¥13000)

<あと3本>超限定品!

パーカー88〜90点(William Kelley)

バーガウンド・コム 89〜92点





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・フルミエ’17

税込¥15400(税別¥14000)

<あと6本>超限定品!

デカンター・オンライン94点!(ティム・アトキン)

パーカー90〜92点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91〜93点

VINOUS 92〜94点!(ニール・マーティン)





マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・カイユレ’17

税込¥19800(税別¥18000)

<あと1本>超限定品!

デカンター・オンライン95点!(ティム・アトキン)

パーカー91〜93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91〜93点

VINOUS 91〜93点(ニール・マーティン)


実はこの畑のみ2012年から新たに購入した樹齢約60年の区画も混ざているので少しリッチでまろやかになっています!




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・タイユピエ’17

税込¥19800(税別¥18000)

<あと2本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。全ての値引き対象外となります。
他のマルキ・ダンジェルヴィーユ(どれでもOK)と最低でも1:1以上になるようにお願い致します。

5年ぶりにくらいにやっと買えました〜!

スペクテーター・オンライン93点(2022〜2035年)

デカンター・オンライン96点!!!(ティム・アトキン)

パーカー91〜93+点(William Kelley)

バーガウンド・コム 92〜94点

VINOUS 92〜94点(ニール・マーティン)


’16’15 スペクテーター94点




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・シャンパン’17

税込¥19800(税別¥18000)

<あと23本>絶対おすすめ!
超限定品!

スペクテーター・オンライン92点(2022〜2035年)

デカンター・オンライン96点!!!(ティム・アトキン)

パーカー91〜93点(William Kelley)

バーガウンド・コム 91〜94点

VINOUS 92〜94点(ニール・マーティン)


ジャスパー・モリス氏も大絶賛!

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17.5/20点

リアルワインガイド69号 94・94+点!!!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

15本完売。

「2019.11月下旬に試飲しました。シャンボールミュジニィ好きが大絶賛しそうな高級感あふれるエレガンス。例年よりおいしさが表現されるのが早くすでにビックリするほどおいしく複雑。クロ・デ・デュックやタイユピエよりも明らかにエレガントで繊細な複雑性の極致系。無駄な贅肉がなく、寝かせると凄まじいことになりそう。当店社長も絶賛の1本!」




マルキ・ダンジェルヴィーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・クロ・デ・デュック’17(モノポール)

税込¥29700(税別¥27000)

<あと2本>幻の超限定品!

※お一人様1本までとさせていただきます。全ての値引き対象外となります。
他のマルキ・ダンジェルヴィーユ(どれでもOK)と最低でも1:1以上になるようにお願い致します。

入荷できない年が増えており、もはや幻レベルの入手難銘柄となっていました、、、

スペクテーター94点(2023〜2036年)

パーカー92〜94点(William Kelley)

デカンター・オンライン97点!!!(ティム・アトキン)

バーガウンド・コム 92〜95点!

最新 VINOUS 93点!
(2022〜2038年、ステファン・タンザー)

VINOUS 94〜96点!!!(ニール・マーティン)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2020年度版17/20点



 

 

 

 

手摘み、低収量、基本的に100%除梗、低い新樽比率

「1900年代始め、栽培農家が元詰めするワイン(ドメーヌ)を地域に広げ、公正な取引に尽力した歴史ある生産者で、単独所有するヴォルネー・クロ・デ・デュックをはじめ 14haの畑を所有しています。単に色濃い長熟タイプと異なり、土壌とヴィンテージを率直に投影させた力強く繊細なスタイルで、世界中の愛好家から評価されています。(輸入元資料より)」

昔、ラベルに表記してある産地以外のワインをブレンドすることが横行していた時代から、ヴォルネイ村のブドウのみでワインを造っていたドメーヌ

「公式ブルゴーニュ生産者協会では全業種に加盟し、ぶどう及びワイン機構連合の会長もつとめる。ヴォルネイを愛する人にとって、ヴォルネイの本質と、あるべき姿そのものといってよい。繊細でかぐわしく、あふれる気品を漂わせながら、長命をささえる骨組みも持っている。(マットクレイマー)」


2017/5/3(水)アップ〜蔵出しドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ’14

<フィネス>久しぶりの入荷です!

 

 

 

※すべてコンディション抜群で有名&入手難なフィネス輸入ものです!

’06がワイン・アドヴォケイトやスぺクテーターで絶賛され、’08がゴーヨ誌で絶賛されるなどそろそろブレイクするかもしれない造り手です!

基本的に凝縮感と深みに優れ、ドメーヌ・ルイ・ボワイヨほどは樽と抽出が強くなく、酸とタンニンも上質

現当主ピエール氏と兄のルイ氏による現在のコンビとなってからがもっとも素晴らしい品質!




ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・レ・シェルボード’14

税別¥11400

<売り切れ>限定品!

スペクテーター93点(2020〜2036年)

ブルゴーニュ・オージョーディー16.5/20点!


樹齢80年以上!グランクリュに接する区画!




ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ、ジュヴレシャンベルタン’14

税別¥7000

<売り切れ>

スペクテーター91点(2020〜2032年)

ブルゴーニュ・オージョーディー16/20点!


国道74号線に隣接する畑を中心に約10区画のブドウを3つのキュヴェに分けて醸造し、最終的にアッサンブラージュ





ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・プリュリエ’09

超特価・税別¥8000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。

バーガウンド・コム 92〜94点

ブルゴーニュ・オージョルディー2010年6月/7月号15/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17/20点

全体の70%が樹齢95年以上!

わずか0.56haの所有!



ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・レ・シェルボード’09

税別¥8000

<売り切れ>絶対おすすめ!

超限定品!

バーガウンド・コム 91〜94点

ブルゴーニュ・オージョルディー2010年6月/7月号15/20点

「2012.3月下旬に飲みました。紫がかった濃いルビー色。’05同様凝縮して深いが固すぎない。ただし’05はややクラシックなスタイルに感じられたが、’09は完熟である為かややモダンなスタイルに感じられる。濃いけどまろやか、ジャミーまではいかず、樽の溶け込み方もよい。意外にフローラルさとわかりやすさもあるよい香りで飲み頃NOW〜。やはりかなり優れた1級畑。抜栓の次の日も非常においしい。うまみがわずかに増したと思う」

アルコール13.5%

樹齢80年以上!グランクリュに接する区画!



ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ、ジュヴレシャンベルタン・レ・エヴォセル’09

税別¥5800

<売り切れ>限定品!

バーガウンド・コム 89〜92点

小砂利の多い畑でパワフルながらミネラル豊富な個性






 ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ、ブルゴーニュ・ルージュ’07

税別¥2800

<売り切れ>

スペクテーター87点(NOW〜2012年)

「2010.3月に飲みました。紫がかったやや濃いルビー色。予想よりしっかりしており、まだ固く、タンニンが多い。チェリー、胡椒、鉱物的なミネラルなどの香り。2011〜だろうか。抜栓の次の日もおいしい。少しやわらかくなり向上した」

アルコール13%

樹齢約60年!

ヴォルネイ村とジュヴレシャンベルタン村のブドウをアッサンブラージュ

 

ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ、ヴォルネイ’07

税別¥5000

<売り切れ>

 ポマールに近いレ・グラン・ポワゾの区画

 

 ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・レ・プリュリエ’07

超特価・税別¥8800

<売り切れ>限定品!

※すべての値引き対象外となります。

バーガウンド・コム 91〜94点!

ブルゴーニュ・オージョーディー2010.2月/3月号15.5/20点

ゴーミヨ誌16/20点

全体の70%が樹齢95年以上!

わずか0.56haの所有!

’06 パーカー94点

 

ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ、ジュヴレシャンベルタン’07

税別¥5400

<売り切れ>

国道74号線に隣接する畑を中心に約10区画のブドウを3つのキュヴェに分けて醸造し、最終的にアッサンブラージュ

 

ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・レ・シェルボード’07

税別¥8800

<売り切れ>限定品!

 樹齢80年以上!グランクリュに接する区画!

’06 パーカー93点

 

 

 

ドメーヌ・ルシアン・ボワイヨ、ジュヴレシャンベルタンプルミエクリュ・レ・シェルボード’05

税別¥9100

<売り切れ>おすすめ!

ブルゴーニュ・オージョーディー2008年1月号にて高評価される!

樹齢80年以上!グランクリュに接する区画!

限定品!

「2009.4月に飲みました。まさに古樹由来の複雑性が味わいに表現されている1本。価格があと少し安ければ買い占めたいくらい高品質!意外にも程よい凝縮感で、濃すぎる、重すぎるとか固すぎるということがない。樽香もやや控えめで溶け込んでおり、ややクラシックな造りでよいバランス。緻密さと複雑性があり、非常に楽しめる。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール13%

 

手摘み、100%除梗

自然酵母のみ使用

新樽25〜30%で18〜20ヶ月熟成

無濾過&無清澄

 


3/3(月)アップ〜蔵出しドメーヌ・ベルナール・エ・ティエリー・グラントネイ’05

ドミニク・ローランのお気に入り生産者、ハイポテンシャル!

 

 

ドメーヌ・ベルナール・エ・ティエリー・グラントネイ、ヴォルネイプルミエクリュ・レ・ブルイヤール’05

特価・税別¥5350

<売り切れ>おすすめ!

限定品!

「2008.3月に飲みました。紫色の強いやや濃いルビー色。熟した赤い実中心の果実、スミレ、胡椒、程よい樽などのよい香り。ほのかに甘さのあるアタック〜ちょうどよい果実味、あと少しで溶け込むタンニン、ややしっかりした酸で、すでにまとまりつつあるため、現時点でもおいしく飲める。ほのかな甘さがあるが、酸がしっかりしているためバランスよく、アフターはドライ。抜栓の次の日もおいしい。今、ヴォルネイ1級がこの価格というのは魅力的。あと少しで表現されそうなうまみ。抜栓の2日後もおいしい。少しだけやわらかく変化」

アルコール13%

平均樹齢50年

リュシアン・ボワイヨの隣

ドミニク・ローランが大変気に入っており、毎年数樽購入するため、ドメーヌ元詰めは1500本のみ!

 

ドメーヌ・ベルナール・エ・ティエリー・グラントネイ、ヴォルネイプルミエクリュ・レ・サントノ’05

税別¥6250

<売り切れ>おすすめ!

「2008.6月に飲みました。紫の強い濃いルビー色。今は黒い実と赤い実の果実香だが、長く寝かせると赤い実の果実香主体となりそう。程よい樽、胡椒、ミニトマト、ミネラルなどの閉じ気味の香り。味わいはまだ固く、飲み頃は2012年以降か?かなりしっかりした酸、まだ溶け込んでいないタンニン、うまみもまだ表現されていない。抜栓の次の日もまだ固い。無名ながらかなりのポテンシャルで、瓶熟後に化ける可能性が高いと思われます。抜栓の2日後もほとんど落ちない」

アルコール13%

限定品!

レ・サントノ・ドス上部中心部、ジャック・プリュールの隣

DRCの樽も手懸けているフランソワフレール社の新樽20%アリエ産バリック18ヶ月熟成

ドミニク・ローランが毎年数樽購入

 

ドメーヌ・ベルナール・エ・ティエリー・グラントネイ、ヴォルネイプルミエクリュ・レ・カイユレ’05

税別¥6450

<売り切れ>限定品!

平均樹齢45年

プスドールの区画の真隣、国道を挟んで1級クロ・デ・シェーヌに隣接するカイユレ最上部

新樽30%アリエ産バリック18ヶ月熟成

3樽のみの生産!

 

ドメーヌ・ベルナール・エ・ティエリー・グラントネイ、ポマールプルミエクリュ・レ・ソシーユ’05

税別¥6500

<売り切れ>おすすめ!

限定品!

「2013.8月に飲みました。まだしっかり紫がかった濃いルビー色で、味わいもまだ固く、タンニンが多く、驚くほどハイポテンシャル!抜栓の次の日もまだ固い。クラシックな造りの超熟型でしかも固い大当たり年の’05なので、、、ただ将来化けるかも知れません。抜栓の2日後もおいしい」

アルコール13%

平均樹齢70年!

ジャン・マルク・ボワイヨの区画に隣接

新樽20%アリエ産バリック18ヶ月熟成

ドミニク・ローランが大変気に入っており、毎年ドメーヌ元詰め分以外をすべて購入

 

全生産量の40%が、ドメーヌ元詰めワインとなる

15年以上ドミニク・ローランと取引があり、彼から絶大な信頼を得ている

優れた区画を所有、古樹、手摘み

インターナショナルワインセラー、ブルゴーニュ・オージョルディー誌などでも高評価されている!


蔵出しポール・ガローデ

 

ポール・ガローデ、モンテリープルミエクリュ・レ・デュレス・ルージュ’05

税別¥4650

<売り切れ>絶対おすすめ!

「2010.8月に飲みました。やっと価格以上の満足度にまで向上しました。これなら値下げする必要はなかったかな、、、リリース直後の還元香があまりにもひどく、全くおいしくなかったのでまさかここまでよくなるとは本当に思いませんでした。リリースから3年以上もかかったわけですが、ワインは奥深いですね。縁がやっとピンクがかってきた濃いルビー色。今は心地よい樽香といえるくらいの樽の焼き栗香、プラム、胡椒、ミネラル等の香り。果実味豊かで、コクがあり、多めのタンニン、ややエキス感があり、ちょうどよい酸、この村のワインとしては最高レベルの骨格とポテンシャルが、3年前より格段にアフターが長く複雑になった!やっと育ってくれたという気持ち(笑)抜栓の次の日の印象は、明日アップします」

「2009.6月末に再度飲みました。1年前よりはマシになりましたが、まだ樽とタンニンが浮いた印象。飲み頃は2010年冬以降だと思われます。’00〜’02までのスタイルとは異なり、まったく違うワインのよう」

「2008.8月に飲みました。紫がかった濃いルビー色。例年より濃い色、強い樽。やはりまだ早かった。それよりも予想以上に還元的なニュアンスが抜けないことがショック、、、もしかすると数年程度では抜けないかもしれません。=ちょっと失敗作か?樽の焼き栗香(悪く言えば硫黄)が強く、ほかに革、チェリー、ミネラルなど。うまみはたくさん秘めている感じなのですが。抜栓の次の日は、還元的なニュアンスが抜けるかと思いきや、逆に少し強くなったように感じられるほど。ボトル差ではないと思われます」

’00’01’02と素晴らしいワインでした!

 

ポール・ガローデ、モンテリープルミエクリュ・レ・デュレス・ルージュ’04

税別¥3980

<売り切れ>

クラスマン15/20グラス

「2007.8月に飲みました。縁がうっすらピンク、中心はまだ紫がかった中ルビー。もしかして一番閉じているおいしくない時期に開けてしまったかも、、、樽の焼き栗香が強く、現時点では例年より果実味が穏やかな分、樽が浮いている印象で、バランス悪め。ブルゴーニュの一流ドメーヌの数名が現在、ブル赤2004年が閉じている時期だと言っているらしいです。赤い実の果実、ほのかなダージリン、ミネラルなどの香り。2〜3年後に心地よいダージリン香が前面に出ることを期待したい。抜栓の次の日もおいしい。抜栓の2日後もまだ楽しめる範囲内」

’92までコントラフォンの醸造責任者でした!

クラスマンにも『ストックをすべて買い占めるべき造り手』と絶賛されています!

相当なワイン通でも見逃しがちなこのアペラシオン。いいですよ!

1級レ・デュレス

’00 74本完売!

’02 106本完売!

1級クロ・ゴーティ

’02 20本完売。

 


2022/2/2(水)アップ〜蔵出し超特価アンリ・ボワイヨ’19ブルゴーニュ・ルージュ最後の再入荷!

2020/6/9(火)アップ〜蔵出し超特価アンリ・ボワイヨ’18ブルゴーニュ・ルージュ





※下記画像は旧ラベルです。


 



ドメーヌ部門のジャン・ボワイヨ/ネゴシアン部門のアンリ・ボワイヨの表記から

ドメーヌ部門がドメーヌ・アンリ・ボワイヨに名称変更となりました




ギョーム・ボワイヨ氏の画像



春の遅霜被害よりもミルランダージュが非常に多かった年で凝縮はしたものの実の数が少なくなんと45%ダウン、、、
なのでアンリ・ボワイヨ’19は、結構値上がりしてしまったのですが今回の価格はかなり無理しております!




Henri Boillot, Bourgogne Rouge '19

アンリ・ボワイヨ、ブルゴーニュ・ルージュ’19

税込¥4400(超特価・税別¥4000)



当店通常価格・税込¥4950

輸入元定価・税込¥6,270

<あと9本>絶対おすすめ!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー88点(2021〜2032年)

ジャスパー・モリス88〜90点!
(さらに5つ星ワインに選ばれる!)

バーガウンド・コム 88点!
(Outstanding Top Value!)


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

27本完売。〜※’19は再入荷不可能!

「2021.5月下旬に飲みました。ナチュラル気味の完熟華やか&濃密フルーツ香のトップノーズでいかにも全房醗酵っぽい香りだったのですが、あとで聞くとギョームさんは完全除梗派だそうです、、、やはり赤の品質が上がっていてとてもおいしい。紫がかった中程度のルビー色。すでに開いた赤い実の果実、控えめなすでによく溶け込んだ樽などの香り。フルーツ感が強くなめらかコクがあり、鉄分ミネラルも感じられスタイルも品質も非常によい。時間とともに全体的に少し向上。旨味エキス多め。酸は丸いがそれほど低くはない。飲み頃は2021年秋以降というイメージでした。抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール14%
’18はロウキャップ

サントネ1級、シャサーニュ・モンラッシェ村名、ヴォルネー村名のブドウをACブルゴーニュに格下げして使用!




Henri Boillot, Bourgogne Rouge '18

アンリ・ボワイヨ、ブルゴーニュ・ルージュ’18

特価・税別¥3300



輸入元定価・税別¥4,630

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー88点(2020〜2035年)

バーガウンド・コム 87点
(Outstanding Top Value!)


「2020.6月上旬に飲みました。’17赤を飲んだ時に明らかに赤ワインの造りが変化したことが分かったのですが、白は昔のファンの皆さんが納得する変わらないスタイルでした。やはり赤だけ息子さん(ギョーム氏)が主体となって造りを変えたようですね。’18であっても完熟フルーツが前面に出ておらず、樽が弱くなりピュアでナチュラル、エレガントなスタイル。複雑性のあるナチュラル・チャーミング味で旨味とミネラルがあり重心は低くない。タンニンは驚くほど丸い。ただし’18は酸自体はやや低く、酸を一番に求める方はAFグロ’17の方がよいでしょう。バラとグリオットとルバーブのフレーバーティーの香り主体。抜栓の2日後まで非常においしい。よいスタイル」

アルコール14%
’18はロウキャップ
サントネ1級、シャサーニュ・モンラッシェ村名、ヴォルネー村名のブドウをACブルゴーニュに格下げして使用!

主に粘土石灰質土壌
収量35hl/ha


1-2年の樽を使用して熟成させています。
サクランボなどのフレッシュな赤い果実のアロマ。繊細なタンニンがあり、味わいはいきいきとフレッシュでエレガント。余韻も長く、高いクオリティーのACブルゴーニュです。

2018年ヴィンテージ情報
近年同様、温暖な冬。1-2月は穏やかで雨が多かった。3月はいつものように温かく、土壌を乾燥させ、ブドウ樹を目覚まさせた。4月は暑く、乾燥し、発芽はすさまじい勢いで進んでいった。過去2年続いた霜の被害はなく、ほっとさせた。5月は温暖で、わずかな雨もあり、植物の成長を促進させた。6月はとても暑く、乾燥していた。開花は問題なく、早く進んでいった。続く7月と8月は酷暑だった。温暖で乾燥した素晴らしい気候のもと、収穫は8月28日にヴォルネーの赤から始め、その後白の収穫をムルソーで行い、続いてピュリニー・モンラッシェ、コルトン、ポマールで行った。数日後に、コート ド ニュイのグラン クリュの収穫を行った。赤ワインは香りが複雑で、カシスや熟したサクランボ、スパイス、黒コショウ、タバコなどが香る。色はやや黒みを帯びた濃い赤。





 



「2014.5月末にヴォルネイ’09を試飲しました。リリースから3年経過してうっすら香りに熟成香があるが、味わいはまだややしっかりしている。特筆すべきは他の多くの’09と同じく、熟度の高い果実味が落ち着いてきて、酸とうまみが出てきており、『 ’09=酸が低い 』一辺倒では全然ない。トップノーズもジャミーな果実香ではなく、紅茶や中国茶系ミネラルの香りが強く、ミッシェル・ラファルジュなどとは当然質感が違うもののテロワールは表現している。タンニンもほぼ溶け込み、とてもおいしい。クラシックな造りのヴォルネイを高く評価する傾向の当店社長ですらもこのワインを気に入っておりました!」

1級畑の格下げ!自社畑100%

1級クロ・ド・ラ・ルジョットを格下げ(デクラッセ)したもの。熟した赤系ベリーの若々しくフレッシュで表現力豊かな香りと生き生きしたミネラル、リッチかつ繊細なテクスチャーが特徴的。 (輸入元さんコメント) 』

 

ドメーヌ・アンリ・ボワイヨ、クロヴージョ・グラン・モーペルチュイ’09

特別価格・税別¥11900

↑30%OFF!

輸入元定価・税別¥17000

<売り切れ>

インターナショナルワインセラー92〜95点

バーガウンド・コム 93点!

’08 パーカー・オンライン94〜96点(ニール・マーティン)

<※重要な情報>

’08から自社畑100%のドメーヌものに変わりました

アンヌ・グロやミッシェル・グロも所有する最上の区画

『 赤系ベリーや花の香り、大地のニュアンス、かすかな野性味など、幾層にも重なる複雑味をもちます。充実したタンニンと果実の重量感があり、このグランクリュの個性である男性的で素朴な味わいを十分に表現しています。 (輸入元さんコメント) 』



 

リュット・レゾネ(減農薬)を実践

化学物質を最小限に抑えた病虫害駆除を行っています(殺虫剤は使用しません)。除草剤も不使用

『 手摘み収穫はもちろんのこと、畑に選果台を持ちこんで選果した後、さらに醸造所の選果台にて選別を行っています。ヒョウ害や腐敗のあった年にはピンセットで選果をするほどの徹底ぶりです。収量が赤で15hl/haまでおちることも
あるほどです。(輸入元資料より) 』


2019/3/3(日)アップ〜蔵出しラ・プスドール’12シャンボール最後の再入荷!

2016/12/5(月)アップ〜蔵出しラ・プスドール’14’10


新生ラ・プスドール

※全商品全ての値引き対象外となります。



セニョ−ラ・ド・コンヴェント(ラ・プスドール)のポルトはこちら

 



2009年に関してはかなり話題性が高く、すごいパーカー・ポイントが付いてしまったために、インポーターさんへの割当量も例年より減らされてしまったそうで、いつもラ・プスドールを買っているお店以外からもインポーターさんにたくさん注文が入ってもっとも注文が集中した2009年ブルゴーニュのひとつだそうです

アルヌー・ラショー(ロベール・アルヌー)顔負けのかなり裕福なドメーヌのようで、それぞれの銘柄(畑の大きさと生産量)に合わせた醗酵槽を使っているなど大規模な投資も行われています。

数年前にポルトガルにも進出して赤ワインと予想以上に上質なポートワインも造っています。

そもそも相当に高騰している時期に人気の高い1級や特級の畑を購入できる時点で次元が違う気もします、、、ただし、サントネ1級グラヴィエール赤白の畑は売却済みで、今後生産されません


200万〜300万ユーロの資金を投じて、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備も一新。1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組み(グラヴィティー・フロー)になっている。

ブドウ栽培はすべてビオロジック農法がとられている。

赤ワインの醸造では木桶とステンレスタンクを併用し、7日間の低温マセレーションの後、日に2回のピジャージュをしながら長いキュヴェゾンを施す。樽熟成は1級で1/3、特級で40%前後。トータルで15ヶ月間。




La Pousse d'Or, Chambolle-Musigny '12

ラ・プスドール、シャンボールミュジニィ’12

超特別価格・税別¥7700



輸入元定価・税別¥10,000

<売り切れ>絶対おすすめ!

デカンター・オンライン90点
(2017〜2022年、2014年12月試飲)

パーカー86〜88点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト210号)


バーガウンド・コム 89点(Outstanding!)

インターナショナルワインセラー88〜91点
(アントニオ・ガローニ、2022〜2032年)

ブルゴーニュ・オージョルディー14.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版16/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

48本完売!!!〜※再入荷不可能!
その後数年若くなる上に値上がり致します。

「2019.2月初旬に飲みました。今、この価格で買えるシャンボールがほとんど無くなってしまったことを考えても非常に価値のある銘柄で、やっと現在飲み頃の入り口に入ったところ。当然まだ向上します。縁がオレンジがかりはじめたやや明るいルビー色。抜栓直後のみ樽の焼き栗香がやや強いが、10分程度で色気のあるキレイな赤い実果実香の方が前に来る。うっすらアールグレイ風味もあるだろうか。味わいの部分では樽は弱く、渇きとエグみはない。果実もコクも弱くなく、うまみとミネラルが多く、ピュアでエレガント。あと1〜2年さらに待てれば最高だろうなぁ〜。抜栓の次の日も非常においしい。うまみが明らかに増して口中に広がる。抜栓の2日後も非常においしい。うっすらスーボワ、中国茶が出てきて熟成が進んだが、酸味は壊れていなくて、バランスが崩れていない印象で樽もより溶け込み相当おいしい!」

アルコール13%

1.41haの所有

手摘み

平均樹齢24年ほど

新樽30%にて15ヶ月熟成





La Pousse d'Or, Volnay 1er Cru Clos d’Audignac '10 (Monopole)

ラ・プスドール、ヴォルネイプルミエクリュ・クロ・ドゥデニャック’10(モノポール)

特価・税別¥9000

<売り切れ>超限定品!

※’13を買うと¥3,240値上がり致します。

バーガウンド・コム 92点(Outstanding!)

インターナショナルワインセラー91〜93点


アルコール13%

0.8ha

新樽約30%にて約15ヶ月熟成

無濾過&無清澄

貴重なバック・ヴィンテージ!!!

『 ドメーヌに接する区画は適度な傾斜の申し分ない立地にあり、樹齢も40年以上。スワサントウーヴレとクロ・ド・ラ・ブスドールとともにプス・ドールの名声を築いてきた銘柄。 (輸入元資料より) 』




La Pousse d'Or, Volnay 1er Cru Clos des 60 Ouvrees (Monopole) '14

ラ・プスドール、ヴォルネイプルミエクリュ・カイユレ・クロ・デ・60ウーヴレ’14(モノポール)

税込¥11440(税別¥10400)

<あと4本>おすすめ!

ワイン&スピリッツ誌 91点

インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016年 銀賞受賞!

デカンター・オンライン92点(Stephen Brook、2020〜2030年)

パーカー91〜93点(2019〜2038年、ワイン・アドヴォケイト222号)

最新インターナショナルワインセラー91点(2022〜2029)

インターナショナルワインセラー90〜93点


バーガウンド・コム 93点!!!

ブルゴーニュ・オージョルディー2015年7/8月号 18/20点!

3年半経過してかなりおいしくなっているはず!



「2018.10月中旬に試飲しました。う〜んおしい。かなりおいしいが、少し樽が溶け込みきっていないのでアフターの流れ方だけが今はイマイチ。各要素のレベルは高く、酸とミネラルが低くなく骨格もしっかり、魅惑的ななめらかさも好印象。あと数年待ちたい」

樹齢58年の古樹主体

新樽約30%にて約15ヶ月熟成

無濾過&無清澄

エレガントで非常に複雑な個性のドメーヌ自慢のモノポール!当店社長もこの畑が大好き!




La Pousse d'Or, Bonnes-Mares '14

ラ・プスドール、ボンヌマール’14

税込¥30800(税別¥28000)

<あと6本>超限定品!

※再入荷不可能!

デカンター・オンライン94点!
(Stephen Brook、2018〜2030年)


パーカー93〜95点!
(2019〜2040年、ワイン・アドヴォケイト222号)

インターナショナルワインセラー92〜95点!


バーガウンド・コム 95点!!!

わずか3樽のみの生産!

わずか0.16haの所有

樹齢84年!!!

新樽約50%にて約15ヶ月熟成

無濾過&無清澄

ボンヌマールは超古樹でジョルジュ・ルーミエと同じくテール・ブランシュとテール・ルージュの区画をブレンドしている(そうする事で複雑性が増すらしいです)。



現当主パトリック・ランダンジェ氏

シャンボルのドメーヌ・モワンヌ・ユドロを2008年に買収。新しい畑に関しては2009年が1stヴィンテージ

殺虫剤や除草剤等使用しない自然な農法

凝縮して強いワインだった’99や’02よりも新樽控えめ

基本的に無濾過&無清澄

シャンボール村名〜1級とヴォルネイ1級:新樽約30%で約15ヶ月熟成

ポマール1級:新樽約30%で約18ヶ月熟成

コルトン特級2種類:新樽約40%で約15ヶ月熟成

クロドラロシュとボンヌマール:新樽約50%で約15ヶ月熟成

完熟フルーツだが、モダンすぎず、酸が低すぎずバランスの取れた味わいとのことです

『 1960年代半ばよりドメーヌを精力的に運営し、評価を高めてきたジェラール・ポテルの死去にともない、1997年から所有者が替わった。そして新当主パトリック・ランダンジェの指揮のもと生産を開始して10年、ワインは以前に較べ明らかに色調も濃くなり、深みを増した。畑においては除草剤、化学肥料の類は一切使用しない。醸造所内での果汁は、ポンプは用いずに重力――余計なストレスを与えない配慮――で移動させる。醸造所の2階に運び込まれたぶどうは入念な選果の後、除梗破砕。(輸入元資料より) 』


プスドール2005年は、補糖も補酸もなしの大成功年!

2009年からは、後継ぎのいなかったドメーヌ・モワンヌ・ユドロから買った畑(村名シャンボールミュジニィ、フスロット、グロゼイユ、シャルム、レザムルーズ、ボンヌマール)がリリース予定!

 

 

除草剤や化学肥料の類は一切使用しない

非常に厳しい選果を行う

「コクよりもテロワールの個性と繊細なアロマを優先させた醸造スタイルが功を奏しており、特に2001年以降は大成功を納めている。ブルゴーニュの新たな伝統を築くことになるワインの1本か2本が、どうやらこのドメーヌから生まれそうである。(クラスマンより)」


 

2010/12/3(金)アップ〜蔵出し超特価ラ・プスドール’04

’04はアン・カイユレが会心の出来!素晴らしい!飲み頃!

 

ラ・プスドール、ヴォルネイプルミエクリュ・アン・カイユレ’04

超特別価格・税別¥5800

↑2/14(日)値下げ!

税別¥6700

<売り切れ>絶対おすすめ!

インターナショナルワインセラー89〜92点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2008年度版15.5/20点

リアルワインガイド第15号にて絶賛される!

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

42本完売!ありがとうございました

4年前の当店価格からなんと14%OFF!

3年半以上経過して飲み頃ピークの入り口くらいのおいしさまで来ているかもしれません!

「2007.3月に試飲しました。今回はサントネ1級クロ・タヴァンヌ’04とヴォルネイ1級クロ・ド・ラ・ブスドール’04とヴォルネイ1級カイユレ・クロ・デ60ウーヴレ’04などと飲み比べることが出来ました。タヴァンヌ’04は’01’02に比べると少し劣るものの凝縮感とバランスがあり、よい出来。このカイユレ’04は、’02の頃より樽がやや弱く、赤い実の上品な果実香があり、タンニンの質も非常によい。もっともフィネスを感じた。今からおいしいが、1〜2年後には熟成香も加わりさらに複雑となるでしょう。後の2つは、少し飲み頃が先で、クロ・ド・ラ・ブスドール’04は、より熟して果実味が濃く、少し樽が強くなり、黒い実の果実。カイユレ・クロ・デ60ウーヴレ’04も非常に凝縮した黒い実の果実で樽も強め、ポテンシャルが高く、濃度も感じられる。自分の好みでは、アン・カイユレ’04に軍配が上がった」

「2006.9月に試飲しました。紫がかったルビー色。ヴィンテージの特徴にもよるがスタイルの変化を感じる。’03は言うでもなく、’02ほどジャミーなニュアンスがなく、ピュアでエレガントな果実味。樽も少し弱くなり、より自然なスタイルへ移行中なのだろうか?現時点で、想像よりはるかにバランス感が傑出しており、球体を思わせるほど。タンニンの質も丸い。ポテンシャル自体は高くないがその他のすべての質が素晴らしい!あと少し寝かせるとさらにエレガントさが際立つことでしょう。まさしく昔のプスドールのスタイルを彷彿させる。60ウーヴレ’04はもう少し濃く、香りが閉じていると聞きました」

輸入元さんがリリース前の現地試飲で’04はクロ・ド・ラ・ブスドールや60ウーヴレより現時点ではおいしいとすら思えるほど、アン・カイユレの出来が良いそうです!


2022/9/18(日)アップ〜蔵出しラシーヌ’18モンティーユとタイラーのコラボ・カリフォルニア赤白

超入手難!!!

2022/7/24(日)アップ〜蔵出しメゾン・ド・モンティーユ’14リュリー・シャポニエール・ブラン

2022/7/21(木)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’11グレーヴ

2022/6/3(金)アップ〜蔵出し特価ドメーヌ・ド・モンティーユ’17クロ・デュ・シャトー再々入荷

2022/3/5(土)アップ〜蔵出し特価ドメーヌ・ド・モンティーユ’17レミリー再入荷

2022/2/5(土)アップ〜蔵出し特価ドメーヌ・ド・モンティーユ’14コルトン・クロ・デュ・ロワ

香りに華やかな熟成香があり、味は充分なグリップの素晴らしいコルトン!

2021/12/9(木)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’14クロ・ヴージョ

2021/12/3(金)アップ〜蔵出しド・モンティーユ’11リュジアン、’17レ・デュレス・ブラン

2021/10/10(日)アップ
蔵出しド・モンティーユ’18シジー、’18オー・サンジュリアン

2021/7/16(金)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’18ブルゴーニュ・ルージュ

2021/4/3(土)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’16コルトン・シャルルマーニュと’14シャリュモー

さらに蔵出しメゾン・ド・モンティーユ’14シュール・ガメ

2019/9/9(月)アップ〜蔵出しドメーヌ・ド・モンティーユ’10’12’13貴重なバック・ヴィンテージ!

昔(ユベール世代)の10年以上寝かせて楽しむスタイルも素晴らしかったですが、

現在の薫り高く、エレガントでシルキー、甘美なスタイルもまた素晴らしい!






















 

 

 

 



Etienne de Montille
エティエンヌさんに何度かご来店いただきました〜!!!感謝感激!

函館でワイン造りを開始!!!
サンタバーバラでもジム・クレンデネン氏とワイン造りを開始するようです!

実は数年前にも来てくれたらしいのですが、運悪く年に数回しかない当店の臨時休業日にあたってしまい、まさかの会えなかったという、、、
20年以上前から扱っているので、はじめて会った気がしない。ずっと会えなかった親友にやっと会えたという感じ
品揃えをお褒めいただき(お世辞だと思うけど)、ワインをお買い上げいただきました〜(笑)
PMOにはかなり気を付けているようです。
2014年のブルゴーニュ白は、大成功の当たり年であり、自信作とのことです!








北海道函館市のド・モンティーユ情報

HTBニュース 2019/7/19

函館新聞 2018/11




今回はまだ函館の自社畑ブドウではなく(植えたばかりですので)、買ったブドウを使用。
当店も次の年2019年の買いブドウ収穫お手伝いに参加させていただきました〜!
畑の状態が非常によく、ブドウの質が良く、ブドウがおいしかった〜!
この時はまだコロナもなく、木村農園で一緒に収穫をしたエティエンヌさんやジャックさん(シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ)、バティストさん、ベルヴューの皆様達と普通に握手したり話をしたり出来る、今思えばとても幸せな環境でした。


2020.12.5 北海道新聞朝刊にも大きく取り上げられました!


話題性が凄いので20年以上前からモンティーユを売っているのに買えなかったらどうしようと不安になりましたが(笑)何とか手に入りました〜!



※もしご注文が集中した場合は、過去に当店でブルゴーニュのモンティーユをお買い上げいただきました常連客様を優先させていただきます。





2019年は、通常のブドウに比して暖かい季節と熟したもので、ますはそれ自体が驚きでした。 そのとこから、「驚Suprise」と名付けたそうです。
初ヴィンテージのピノノワール【豪】’18でも充分な凝縮感とエキスとミネラルがあり、まったく酸っぱくなく少しも薄くなく、樽がよく溶け込んでおり、アフターに伸びまである今すぐ楽しめてある程度熟成も可能な驚きの出来でした〜!
青さとエグみが皆無でタンニンの質がシルキーな全房使いもさすがでした。





記念ワイン
初ビンテージ 2018

【豪】“ Oser”
2018 年の最初のヴィンテージは、私たちのプロジェクトの起源、先駆的な側面、前例のない斬新さ、大胆さ、そしてリスクが混在するという、他には例
のないことから、この年に「豪」の文字を選びました。この様に、毎年異なるメッセージを皆様に送らせていただきます。

北海道産ピノ・ノワール 100 %
内容量 750ml
アルコール度 12 %

エティエンヌ・ド・モンティーユは、フランス・ブルゴーニュのヴォルネイ村にて約 300 年続く家族経営のワイナリー(ドメーヌ・ド・モンティーユ)の当主です。日本をこよなく愛し、1985年、に2か月に亘り日本に滞在の後、定期的に来日しています。

2015年、彼は日本各所のワイン産地を訪れ、生産者とも交流。日本におけるワインのすべての可能性だけでなく、その課題も理解し、日本のブドウ栽培ワイン醸造の発展に貢献できる共同プロジェクトについて
考えました。フランスの著名な専門家のアドバイスの下、研究を積み重ね、北海道で個性を持った高品質のワイン生産ができるという確信を得ました。

2017年 北海道庁、函館市等公的機関の援助、及びワイン生産者である佐々木賢氏の協力を得て、函館(北海道)の冷涼な気候の地に於
いて、最適のピノ・ノワールとシャルドネのブドウ品種栽培を決定。大いなる希望を胸に抱く、新世代の日本の生産者たちと協働し、エレガントなワインを生産するというド・モンティーユ&北海道プロジェクトは始動しました。

2019年、バティスト・パジェスが率いる日仏チームは、函館のなだらかな丘にブドウの木を植樹し、2023年には、そこから得たブドウによる最初のワインを生産することを目指していています。
2018〜2022年の5年間に、ブリュース・ガットラヴ氏(10R ワイナリー)及び、ココ・ファーム・ワイナリーとの友好的コラボにより、
エティエンヌと彼のチームは、余市(北海道)の優良な生産者からブドウを得て、日本のブドウ醸造法を学んでいます。ぶ機会を得られます。

2023年 多くの経験者から謙虚に学び、徐々に理解を重ね、自社による函館産ワインを醸造する予定です。
数年に亘る北海道のブドウ生産の歴史を引き継いだ私たちのワインを味わうことで、この素晴らしい新世界のを共有をお楽しみくださいすることをご期待ください。

私共を支えて下さった函館、そして北海道、日本の皆様のお陰であると感謝の気持ちで一杯です。
(生産者資料より)









貴重な蔵出し正規品
初入荷!次来年買えるかどうかも不明、、、

仏と米の国境を超えたコラボワイナリー
エティエンヌ・ド・モンティーユ氏とタイラーのジャスティン・ウィレット氏によるカリフォルニア赤白!



※当然すべて再入荷不可能!




ラシーヌ、ピノノワール サンタ・リタ・ヒルズ キュヴェ’18
+ラシーヌ、シャルドネ サンタ・リタ・ヒルズ キュヴェ’18(辛口白)
+ド・モンティーユ&北海道、【驚】 ピノノワール’19 × 2本


税込¥38500 税別¥35000

<あと4セット>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
計4本で1セットとなります。



<ワインの資料>

Racines, Pinot Noir Sta. Rita Hills Cuvee '18

ラシーヌ、ピノノワール サンタ・リタ・ヒルズ キュヴェ’18

ファルスタッフ 95点!!!

VINOUS 92点

土壌
シェールの上部にガゾス粘土質ローム

ブドウ栽培
サンタ・リタ・ヒルズを走るサンタ・ローサ・ロード沿いにある、ラ・メサ、ラ・エンカンターダ、ラ・リンコナーダ、そしてサンフォード&ベネディクトの有機栽培の畑のブドウを使っています。土壌は様々で、砂質ローム、粘土質ローム、チャート、シェールなどがあります。産地の可能性を最もよく表しているワインです。

醸造
土着酵母のみで、平均50%を全房発酵させています。破砕とピジャージュを組み合わせ、およそ3 週間かけて発酵させ、その後228L のバリックで熟成させます。
熟成: フレンチオーク( 新樽15% ) で18 ヶ月
生産量: 1,294 ケース
酵母: 土着酵母
アルコール12.8%

’17 パーカー92点



Racines, Chardonnay Sta. Rita Hills Cuvee '18

ラシーヌ、シャルドネ サンタ・リタ・ヒルズ キュヴェ’18
(カリフォルニア・辛口白)

VINOUS 91点

デカンター・オンライン92点

土壌
ソレント・ローム

ブドウ栽培
ラ・メサ・ヴィンヤードとウェンズラウ・ヴィンヤードを主体に、サンタ・リタ・ヒルズ内の契約畑のシャルドネを使っています。ラ・メサはサンタ・リタ・ヒルズ最西端にあり、ドメーヌ・デ・ラ・コートに借りている畑です。自社借用畑の一部であるウェンズラウは、リタズ・クラウン、マウント・キャメル、そしてシー・スモーク・ヴィンヤードに囲まれたドラマチックな傾斜地で、サンタ・イネス川の上に位置し、道路を挟んで有名なサンフォード&ベネディクトの畑があります。

醸造
土着酵母使用、500L のパンチョンと228L のバリックで発酵させ、新樽率はおよそ17%です。
1 年ほど熟成させ、澱と共にタンクに移してさらに6 か月間熟成させました。
サンタ・リタ・ヒルズの可能性を余すことなく伝えてくれる1 本です。

熟成
フレンチオーク( 新樽17% ) で12 ヶ月
ステンレスタンクで6 か月
アルコール12.5%




Racines, Chardonnay Bentrock Vineyard Sta. Rita Hills '18

ラシーヌ、シャルドネ ベントロック・ヴィンヤード サンタ・リタ・ヒルズ’18
(カリフォルニア・辛口白)
+ラシーヌ、ピノノワール サンタ・リタ・ヒルズ キュヴェ’18


税込¥28600 税別¥26000

<あと4セット>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

VINOUS 94点!

デカンター・オンライン97点!!!



土壌
サンタ・ルシアのシェール粘土質ローム、ティエラ砂質ローム

ブドウ栽培
最近脚光を浴びているサンタ・ローサ・ロードの西のはずれにある畑のなかで、2つのシャルドネの区画のブドウを使えるという幸運に恵まれました。2 区画とも北向きで、1 つはサンタ・リタ・ヒルズを見渡す丘の頂上に位置しとても日当たりが良く風通しの良い石がゴロゴロした区画です。2 つ目の区画はは1 つ目の東側の少し低いところにあって土が多めで、1 つ目の丘に囲まれたような位置にあります。

醸造
ワインは、500L のパンチョン、350L の樽、そして228L のバリックで発酵させ、その新樽率はおよそ25%になります。1 年ほど熟成させ、澱と共にタンクに移してさらに6 か月間熟成させました。

熟成 :フレンチオーク( 新樽25% ) で12 ヶ月、ステンレスタンクで6 か月
生産量 :259 ケース
酵母 :土着酵母

’17 パーカー93点




Racines, Chardonnay Sanford & Benedict Vineyard Sta. Rita Hills '18

ラシーヌ、シャルドネ サンフォード&ベネディクト・ヴィンヤード サンタ・リタ・ヒルズ’18
(カリフォルニア・辛口白)
+ラシーヌ、ピノノワール サンタ・リタ・ヒルズ キュヴェ’18


税込¥28600 税別¥26000

<あと4セット>幻の超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このセットのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

VINOUS 93点

デカンター・オンライン95点!



土壌
粘土質の上部に古いチャートとシェール

ブドウ栽培
有名なサンフォード&ベネディクト・ヴィンヤードの中でも、1971 年植樹という歴史のある区画のブドウを使っています。サンタ・リタ・ヒルズの中でも最古の樹で、シェールとチャート(ケイ質堆積岩)からなるおだやかな北向きの傾斜地にあります。

醸造
およそ20%です。1 年ほど熟成させ、澱と共にタンクに移してさらに6 か月間熟成させました。サンタ・リタ・ヒルズの可能性を余すことなく伝えてくれる1 本です。
熟成: フレンチオーク( 新樽20% ) で12 ヶ月、ステンレスタンクで6 か月
生産量: 198 ケース
酵母: 土着酵母

’17 パーカー92点



ワイナリー情報
フランス語でブドウの根を意味するラシーヌは4 人のコラボレーションから生まれた、カリフォルニアのサンタ・リタ・ヒルズAVA のワインに特化したワイナリーです。コラボ・ワイナリーのアイディアはフランス ブルゴーニュのヴォルネイ村に拠点を置くドメーヌ・ド・モンティーユの当主「エティエンヌ・ド・モンティーユ(Etienne de Montille)」そして、アメリカ人であり同ドメーヌのシェフ・ド・カーヴを務める「ブライアン・シーヴ(Brian Sieve)」この二人の発想から始まりました。

二人は2016 年にカリフォルニアとオレゴンのワイン産地を巡る旅を企画し、1 ヶ月間に及ぶテイスティングツアーを実施しました。その時、二人はサンタ・リタ・ヒルズAVA に強い興味を持ち、特にサンタ・バーバラのタイラー・ワイナリー(Tyler Winery)の高い精密性と表現力(ニュアンス)に深い感銘を受けました。二人はタイラーのオーナー醸造家である「ジャスティン・ウィレット(Justin Willet)」にコラボレーションの話を持ちかけ、サンタ・リタ・ヒルズでは類を見ない最高峰のシャルドネとピノ・ノワールを造ることで意気投合しました。その一年後、エティエンヌの友人であり、シャンパーニュのレコルタン・マニピュランとして不動の人気を誇るピエール・ペテルスの「ロドルフ・ペテルス(Rodolphe Peters)」がプロジェクトに加わり、フランスとアメリカの国境を超えたマルチ・コラボレーション・ワイナリーとして2017 年に初めてワインをリリースしました。ロドルフは同じサンタ・リタ・ヒルズ選りすぐりのブドウを使い、シャンパーニュ製法で製造する本格スパークリング・ワインを担当しています(2022 年秋、国内リリース予定)。エティエンヌ、ブライアン、ロドルフ。この三人にとってラシーヌとは、ブルゴーニュとシャンパーニュというフランスの2 つの偉大な産地の歴史と伝統に囚われずに、発想力と職人技を駆使できる白紙のキャンバスのような存在です。世代が違うそれぞれのパートナー達が専門知識と経験を持ち寄り、世界で有数のシャルドネとピノ・ノワールの冷涼産地として注目が集まるサンタ・リタ・ヒルズのテロワールをワインで表現することが目的です。4人でスタートしたこのプロジェクトでしたが、現在はジャスティンに代わり、地元サンタ・リタ・ヒルズのスペシャリストであるライアンとベッツィー・ハナフォード夫妻が栽培パートナーとして参加しています。

大昔に海底だった珪藻土に植えられたシャルドネはブルゴーニュとシャンパーニュで用いられるテクニックをベースに醸造され、「エネルギー」、「透明性」、「精密性」重視で造られます。ピノ・ノワールは全房を用いてピジャージュを行う発酵を基準とし、「エレガンス」、「爽快感」、「スパイシーさ」を追求しながら、抽出が効いていてボリューム感があり、長期熟成可能なスタイルを目指します。
(輸入元資料より)









※いろいろなワインを同時に飲み比べるとよりよくわかるのですが、モンティーユの特に赤は、他の生産者と違う独自の個性(特にトップノーズとエキス感)があります。白も本当に素晴らしいですが、特に赤の他にない個性をぜひとも堪能していただきたいと思います。

近年、全房発酵を増やしているそうです

2005年にはムルソーの村にシェとカーヴを購入、設備も新たに陣容を整え、ヴォルネーとポマール以外の区画からのワインの生産も開始

モンティーユが多用しているDIAMコルクは、30年の熟成に耐えるDIAM30とのこと。

白ワインの早期酸化現象を避ける為にも抗酸化作用をもつ澱がたくさんできる600リットルの樽を使用し、バトナージュをほとんどしないそうです


今ではムルソーのジャン・マルク・ルーロの元妻でエティエンヌさんの妹のアリックスが2006年から白ワインの醸造責任者(ドメーヌ・ド・モンティーユとシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェすべて)。彼女は以前ボワセ・グループにて醸造を取り仕切っていた経歴を持つ才女。フランス国内に衝撃を与えた話題の映画「モンドヴィーノ」では、天才醸造家としてクローズアップされ、後に兄のエチエンヌと共にこのメゾン・ドゥー・モンティーユを立ち上げる。明らかに別格と思えるアリックスのワインには、凛とした毅然なる姿勢が伺える。口に含んだ瞬間に凛々しさを感じ取れる酒質には彼女の生き様が反映されている。



その後アリックスさんが、体調を崩してしまい
現在の醸造担当者:Jacques MONTAGNON氏
最終的な責任者は、エティエンヌさんのまま




ドメーヌ・ド・モンティーユ、コルトン・クロ・デュ・ロワ‘14

税込¥18700(特価・税別¥17000)



輸入元定価・税込¥23,650

<あと8本>絶対おすすめ!

ジャスパー・モリス94点!

パーカー92点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト233号)

バーガウンド・コム91〜94点

VINOUS 90点
(ステファン・タンザー、2017年3月試飲)


MVF(旧クラスマン)2017年度版 18/20グラス

「2022.1月下旬に飲みました。DIAM30コルク。4人で飲んで全員絶賛の1本!縁がはっきりオレンジがかった中程度のルビー色。コルトンらしいコクがありつつも一般的なコルトンよりも香りが華やかで強くそれに熟成感が加わって非常に複雑でおいしい。ワイン単体で飲むならアフターにまだタンニンが残るが、肉料理などと合わせると調和するので飲み頃NOW〜と思われる。熟成感たっぷりの開いたよい香り。トリュフを含むきのこ類、旨味シイタケ出汁、なめし皮、プーアール茶などの中国茶、オレンジの皮、干しイチジクなどのドライフルーツ、上品なスパイスと、酸化傾向ではないうっすらヨードなどの非常によい香り。しっかりしたタンニンとグリップがあるが、あくまで滑らかコクの力強さでタンニンの質はよく酸も低くなく、樽もよく溶け込んでいる。余韻は長く、戻り香も持続する。全房醗酵あるあるで、抜栓後の時間帯によっては一時的に閉じてタニックに感じられる時間がわずかにあるが、抜栓の次の日にはまた赤い実の果実と花のフレーバーティー風味の華やか旨味コクになる。抜栓の4日後までまったく落ちない」

アルコール12.5%
ユーロリーフあり!





ドメーヌ・ド・モンティーユ、クロ・ヴージョ’14

税込¥24200(税別¥22000)

<あと2本>おすすめ!

パーカー89〜91点
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト222号)

VINOUS 90〜92点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 91〜94点


「2021.11月下旬に試飲しました。DIAMコルク。リリースから約5年経過して抜栓直後からおいしく飲めるが、飲み始めて30分程度からさらに少し向上してゆく。若干ネッビオーロっぽいよく凝縮した黒い実の果実、ほぼ溶け込んだ樽、スパイス、土、ミネラルなどの香り。’14は予想よりややパワフルな果実味とコク、中域のエキス感あり、ちょうどよい酸、低くないミネラルで、まだまだ長く熟成可能。複雑性はフラッグシップのポマール1級リュジアンに少し負けるが、今やこの価格帯のクロ・ヴージョ(最安値に近いグループ)としては深みがある方。凝縮感とコクを楽しめる」

ユーロリーフあり!
ずっとビオロジック、2005年からビオディナミ




Domaine de Montille, Pommard 1er Cru Les Rugiens Bas '11

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ポマールプルミエクリュ・レ・リュジアン・バ’11

税込¥20900(税別¥19000)



輸入元定価・税込¥25,300

<あと3本>限定品!

パーカー93点

最新VINOUS 93点
(ニール・マーティン、2020〜2038年)

VINOUS 92+点(ステファン・タンザー)

デカンター・オンライン90点(2016〜2024年)

バーガウンド・コム 92〜94点!
(Sweet Spot Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2014年度版17.5/20点

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版17.5/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
29本以上完売。〜※すでに再入荷不可能!

2年以上前に試飲した際には、抜栓直後はまだ少し固いものの深みと骨格があり、時間とともに飲み頃NOW〜といってもよいくらいの状態になりました〜!リリースから7年以上経過して向上した特級クラスの満足度をお楽しみください。

誰もが認めるモンティーユのフラッグシップ!

粘土質と鉄がこのクリュにパワフルさと、コート・ド・ボーヌでは他に類を見ない気品を与えている。力強くエレガント、全てを兼ね備える。複雑味にしても深みにしても熟成年数にしても他を上回るスケール感を見せる。





Domaine de Montille, Vosne-Romanee 1er Cru Aux Malconsorts '12

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・オー・マルコンソール’12

税込¥37400(超特価・税別¥34000)

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。
再入荷不可能!

パーカー93〜95点(ニール・マーティン、
This is just superb. ワイン・アドヴォケイト210号、2013年試飲)

最新インターナショナルワインセラー95点!!!(2025〜2035年、
ステファン・タンザー、2015年3月試飲)

バーガウンド・コム 92〜94点!(Outstanding!)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2015年度版19/20点

’16を買うと税別¥43,000以上です、、、




Domaine de Montille, Vosne-Romanee 1er Cru Aux Malconsorts Christiane '13

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォーヌロマネプルミエクリュ・オー・マルコンソール・クリスティアンヌ’13

超特価・税別¥54000

<売り切れ>超限定品!

※このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

パーカー94〜96点(ニール・マーティン、
2017〜2035年、ワイン・アドヴォケイト216号、2014年試飲)

インターナショナルワインセラー92〜95点!(2023〜2038年、
ステファン・タンザー、2015年1月試飲)

バーガウンド・コム 94〜96点!!!(Outstanding!)


’16を買うと税別¥60,000以上です、、、




Domaine de Montille, Pommard 1er Cru Les Pezerolles '10

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ポマールプルミエクリュ・レ・ペズロール’10

税込¥12100(超特価・税別¥11000)

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’16を買うと¥5,400以上値上がり致します。

パーカー92〜94点(ワイン・アドヴォケイト199号)

最新インターナショナルワインセラー92点
(ステファン・タンザー、2013年3月試飲)

インターナショナルワインセラー92〜94点(アントニオ・ガローニ)

バーガウンド・コム 91〜94点!(Sweet spot Outstanding!)


≪リュジアン≫がポマールの特級、≪グラン・ゼプノ≫がアペラシオンのお手本ならぺズロールは“アウトサイダー”である。ブラインドテイスティングで当てるのは難しい。型にはまらないタイプ。フローラルな香り、微妙に赤いベリー系の果実。骨格は軽く女性的。テクスチャーは柔らか。

8年経って飲み頃に入った当たり年!




Domaine de Montille, Nuits-Saint-Georges 1er Cru Aux Thorey '10

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ニュイサンジョルジュプルミエクリュ・オー・トレイ’10

超特価・税別¥9000

<売り切れ>超限定品!

※すべての値引き対象外となります。
’16を買うと¥3,240値上がり致します。

パーカー90〜92点(ワイン・アドヴォケイト199号)

最新インターナショナルワインセラー88〜91点
(ステファン・タンザー、2012年1月試飲)

インターナショナルワインセラー90〜92点(アントニオ・ガローニ)

バーガウンド・コム 90〜92点


2005年ごろにマルコンソール、クロヴージョとともに取得した自社畑!

7年経って飲み頃に入った当たり年!





Chateau de PULIGNY-MONTRACHET, Puligny-Montrachet 1er Cru Les Chalumeaux '14

シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、ピュリニーモンラッシェプルミエクリュ・レ・シャリュモー’14(辛口白)

税込¥14850 特価・税別¥13500

<あと5本>絶対おすすめ!
超限定品!〜※再入荷不可能!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー92〜94点(ニール・マーティン、2019〜2032年
〜This is very refined and yet voluminous with lingering passion fruit and white peach notes on the sustained aftertaste. Excellent.
ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 91〜93点

インターナショナルワインセラー90〜92点


4年半以上経過してかなりおいしくなっているはず!!!



「2017.7月中旬に飲みました。なんと自信の表れDIAM 30コルク!ピュアなトップノーズ、樽香は当然控えめで、レモン、リンゴ、ごま、強いミネラルなどの透明感のあるまだ閉じ気味ながらもよい香り。エネルギーのある果実に、尖っていないキレのある酸とまるでコルトン・シャルルマーニュのような強靭なミネラルと厳格な骨格にピュリニーらしい美しさが共存しているすごい内容。赤も白も素晴らしいはずさない驚きのセンスを持った造り手。日本でもっと絶賛されないとおかしい。今の知名度と評価はまだ低いという印象。温度を上げると蜜リンゴの風味が出る。明らかに特級レベルの満足度。抜栓の次の日も最高においしい。抜栓直後よりアフターの塩ミネラル増した。3人で飲んで全員文句なしの大絶賛でした〜!これはすごいワイン!!!」

アルコール12.5%

『 ほぼシュヴァリエ・モンラッシェと同じ高さに位置する、ムルソー寄りの1級畑。きわめてミネラリーなスタイルのピュリニーであり、白い花やミネラルのフレーバーが強く出る。酸のキレもよく、タイトなボディ。その一方、果実味も十分に備え、バランスのとれた白ワインに仕上がっている。アフターにもミネラルが感じられ、その余韻は長い。(輸入元資料より) 』





Maison de MONTILLE, Rully Chaponniere Blanc '14

メゾン・ド・モンティーユ、リュリー・シャポニエール・ブラン’14(辛口白)

税込¥4400 税別¥4000



輸入元定価・税込¥5,720

<あと10本>絶対おすすめ!

パーカー88点(ニール・マーティン)

VINOUS 86〜89点
(ステファン・タンザー)


18本完売。

「2022.7月中旬に飲みました。DIAM10コルク。香りが強めで熟成感もあるよい出来の飲み頃。トロピカルフルーツ、バナナ、蜜リンゴ、花、ミネラル、少しヨードなどのよい香り。凝縮感がありつつも熟成によるまろやかさとキレのある酸でみずみずしく塩ミネラルも感じられ、ミネラリーで抜けのよいアフター。決してシンプルではなく美味しい。抜栓の次の日も非常においしい」

アルコール12.5%

このリュリーブランはリュリーの北のほうにある“シャポニエール・デュ・ドゥス”という区画のブドウから造られる。丘の端の部分に植えられている。土壌は浅く、粘土質で石は無い。この畑はビオロジックで栽培され、樹齢は50年を越える。とはいえ、その樹齢だからといってコンディションに支障が出ることはない。熟成は12〜14か月。フレッシュさを出すため、熟成の最後の約4カ月はイノックスタンクで行う。
(輸入元資料より)




Maison de Montille, Saint-Aubin 1er Cru Sur Gamay Blanc '14

メゾン・ド・モンティーユ、サントーバン プルミエクリュ シュル・ガメイ ブラン’14(辛口白)

税込¥6380(超特価・税別¥5800)



輸入元定価・税別¥7,200

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 90〜92点

VINOUS 88〜90点


※すべての値引き対象外となります。
’14は再入荷不可能!

1年半以上経過してさらにおいしくなっているはず!



「2021.1月上旬に飲みました。DIAM10コルク。飲み頃には入っているが、予想よりコクと厚みがあり、まだまだ熟成可能な上り坂途中。まだうっすら緑がかった中程度のイエロー。ゴマ、レモン、パイナップル、ミネラル、程よい樽などのよい香り。力強いが酸とミネラルもしっかりしており、うまみを伴う強めの塩ミネラルとコクのあるアフター。予想より熟成スピードが遅い。抜栓の次の日も非常においしい。オイリーなパイナップルのニュアンス強くなった。抜栓の3日後も非常においしい」

アルコール12.5%




Domaine de Montille, Corton-Charlemagne Grand Cru '16

ドメーヌ・ド・モンティーユ、コルトン・シャルルマーニュ’16(辛口白)

税込¥19800(税別¥18000)

<あと6本>絶対おすすめ!
超限定品!〜※再入荷不可能!

ジャスパー・モリス93点

バーガウンド・コム 91〜93点

VINOUS 91点(ステファン・タンザー)


「2021.1月上旬に飲みました。DIAM30コルク。やや濃いイエロー。樽のゴマ南部せんべいの香りがメインで、まだ固く、かなり長持ちする大きな構造。ほのかにタンニンが感じられ、セラー温度で厚みコク、粘性エキスと余韻の長さはすでに素晴らしい。大化けするまでにあと5年くらい必要かも?すごい量の旨味を秘めており、酸とミネラルは縦伸びというより深く長いイメージ。時間が経つと洋ナシ、杏仁豆腐などの香りも出てくる。抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%
ユーロリーフあり!

アタックは直球で真っ直ぐ、男性的だ。口当たりもパワフルで味わい深く豊か。しかしストラクチャーはしっかりとし、その密度とエレガンスに驚かされる。特に余韻の長さは特級ワインの特徴だ。やや塩気のある余韻が続く。ただし十分に開くのに5から8年かかる。




ドメーヌ・ド・モンティーユ、コルトン・クロ・デュ・ロワ’11

税込¥20020(税別¥18200)

<売り切れ>限定品!

スぺクテーター90〜93点(Bruce Sanderson's Recommended)

最新インターナショナルワインセラー91点

インターナショナルワインセラー90〜92点

バーガウンド・コム 91〜94点

ジャシス・ロビンソン16.5/20点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版18.5/20点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

48本完売!!!ありがとうございました







左が、ドメーヌ・ド・モンティーユ
右が、メゾン・ド・モンティーユ




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’18(辛口赤)

税込¥4290(税別¥3900)

<あと10本>絶対おすすめ!

パーカー86〜88点(William Kelley)

VINOUS 86〜88点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 87〜89点!(Outstanding Top Value!)


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

38本以上完売。〜※すでに再入荷不可能!

「2021.8月初旬に飲みました。DIAM5コルク。’17よりルバーブ香が控えめでより甘く華やかなトップノーズ。粘性、コクとグリップ感も’17より少し上。樽はとても控えめで赤い実の果実香が主体。完熟の’18でもみずみずしさとエレガンスとミネラルがキープされ、エキス感はしっかりとある幅広い方にわかりやすく酸っぱくない薄くない上質な味わいの飲み頃NOW〜。抜栓の次の日も非常においしい。抜栓の2日後に急激に向上して+¥2000の味となり余韻も長くなる!オーレリアン・ヴェルデ’19オートコートとフィリップ・パカレ’19ブルゴーニュ・ルージュVVと3種類同時に飲み比べた中で抜栓後の向上が最も大きかったのがこのモンティーユ’18でした〜!」

アルコール12.5%
ユーロリーフあり!




Nuits-Saint-Georges Aux Saints-Juliens '18

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ニュイサンジョルジュ・オー・サン・ジュリアン’18

税込¥8030(特価・税別¥7300)

<あと2本>絶対おすすめ!

パーカー88〜90+点(William Kelley)

ジャスパー・モリス90〜点

VINOUS 90〜92点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89〜92点!
(Outstanding Top Value!)


「2021.9月上旬に飲みました。DIAM10コルク。紫色の弱いやや明るい〜中程度のルビー色。同時に飲み比べたモンテリー・ルージュ(ナチュール)’18よりも香りが強く華やかに開いて、タンニンの質も非常によい。飲み頃NOW〜。複雑性のある明るい赤い実の果実香、少しヨードを含むミネラルなどの香り。ピュアで少しクリーミーさがあり、全房バランスでもアフターにガツンと来るグリップではなく絶妙なコクとグリップ感のよいバランス。余韻も短くなく(抜栓直後のみほのかな甘みを感じるが)最後ドライでミネラリー。抜栓の2日後まで非常においしい。全房あるあるで抜栓後の時間経過や温度の違いによって華やかになったり、ドライになったり変化する」

アルコール12.5%
ユーロリーフあり!

6世紀、聖マルティヌスがこの土地にサン・ジュリアンという教会を建てさせ、今は実存していないがその名前だけがリュー・ディーに与えられた。とても芳香、フローラルのノート、軽い骨格に柔らかくうま味のあるこのワインは比較的早く開く(3から5年)。




Beaune 1er Cru Les Sizies '18

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ボーヌプルミエクリュ・レ・シジー’18

税込¥7480(超特価・税別¥6800)

<あと1本>おすすめ!

パーカー89〜91点(William Kelley)

VINOUS 88〜90点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 90点


MVF(旧クラスマン)2022年度版 93点!!!

MVF(旧クラスマン)2021年度版 93点!!!

「2021.8月上旬に飲みました。DIAM10コルク。この銘柄ですら抜栓直後はまだ固い。紫色の弱い中程度〜やや濃いルビー色。抜栓直後のトップノーズのみごくわずかに還元。例年の旨味溢れる繊細バランスというより今はややしっかり味。タンニンもやや多めでまだ溶け込み切っていないので初日は放置して翌日に期待。すると抜栓の次の日〜2日後に果実と旨味が出てバランスよくおいしく楽しめるところまで向上して一安心。イチゴ系の果実香が将来的にはやや華やかになりそう。味わいの最後の部分だけ若干タニックだが、今後溶け込むレベルのもの。抜栓の4日後もまったく落ちない」

アルコール12.5%
ユーロリーフあり!

ほぼ粘土質の土壌で、良質で気軽に楽しめる、果実味豊かな開いたワインでこれもまた、1級における入門的ワインである。若い時からそのポテンシャルを届けることが出来る。それほど待たずに楽しめるワインだが、その長熟(約15年)の能力にも驚かされるだろう。




Monthelie 1er Cru Les Duresses Blanc '17

ドメーヌ・ド・モンティーユ、モンテリープルミエクリュ・レ・デュレス ブラン’17(辛口白)

税込¥5720(特価・税別¥5200)

<売り切れ>絶対おすすめ!

VINOUS 88〜90点
(ニール・マーティン、2019〜2024年)


※すべての値引き対象外となります。
すでに再入荷不可能!
’18を買うと¥440以上値上がり致します。

「2021.10月上旬に飲みました。DIAM10コルク。あまり評価すら載らない銘柄ですがかなりお買い得。凝縮感とエキスもありつつ、涼しげでミネラリーだが味付きしっかり。キレイな酸で強い塩ミネラルが残るアフターでバランスよい飲み頃NOW〜。抜栓直後からほんの30分程度で大きく向上してじわじわ飲み飽きないおいしさ。強いミネラルが生む艶とすごい量のうまみエキスが果実と厚みよりも目立つ。樽はかなり控えめ。キレがあってさらっとした白ワインが多い村だが、ポルシュレとモンティーユは味がコクて厚みがある。洋ナシの香りよりも、ミネラルまみれのリンゴとオレンジの香り主体。抜栓の次の日も非常においしい。樽厚み系ではなく、繊細ミネラリー系のムルソーのような高い品質で、このワインより高価でイマイチなムルソーも実際たくさんあるのでお買い得に上質なブルゴーニュを飲みたければ名前で飲むことをあきらめることも必要になってくる。抜栓の2日後もまったく落ちない。抜栓の5日後もまったく落ちない!重くないが味は濃い」

アルコール13%
ユーロリーフあり!

石灰質土壌の畑から選りすぐりの葡萄を収穫。ミネラル感に溢れるがアグレッシヴさはなく滑らか。バランスが良く余韻も素晴らしい。熟成ポテンシャルは5〜7年。





ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ブラン クロ・デュ・シャトー’17(辛口白)

税込¥4400(税別¥4000)

<近日再入荷決定>絶対おすすめ!

パーカー87〜89点(William Kelley)

VINOUS 87〜88点(ステファン・タンザー)

バーガウンド・コム 86点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

210本完売!!!

「2021.2月上旬に飲みました。DIAM5コルク。トップノーズだけで一瞬で素晴らしい出来とわかる逸品!かなり満足度が高い!キラキラ感があり、ピュリニーモンラッシェとサントーバンが好きな方がよりお手頃に上質感を楽しめる銘柄であり、透明感がありみずみずしく上品。美しい酸とミネラル、旨味を伴う石系ミネラルと強い塩ミネラルが残る伸びのあるアフター。果実味も上品で香りに樽はとても控えめ。キレイな全体像を邪魔しない程度に厚みを出す役割をしている印象。ゴマ、リンゴ、梨、白い花、ミネラルなどのよい香り。抜栓の次の日も最高においしい。アンズ、蜜、オレンジマーマレードの香りが出て厚みとコクが増して、余韻の戻り香にオレンジマーマーレード風味が持続する。価格を考えてもかなり凄い品質!抜栓の3日後まで非常においしい」

アルコール13%
ユーロリーフあり!

2017年からシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェとドメーヌ・ド・モンティーユが統合したので、今後このモンティーユ・ラベルでのリリースとなります。




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’17

税込¥4290(税別¥3900)

<売り切れ>おすすめ!

「2021.2月上旬に飲みました。DIAM5コルク。紫色のないとても明るいルビー色。明らかに旨薄系で例年よりタンニンの少ない飲み頃NOW〜。うまみを感じる赤い実の果実、ルバーブ、ミネラルなどの香り。軽やかエレガントでほのかな甘みがあり、うまみとミネラルが豊富。熟成スピードは早そうなのでこれに色気が加わったら熟成古酒みたいなおいしさになるかも?抜栓の2日後まで非常においしい」

アルコール13%
ユーロリーフあり!




ドメーヌ・ド・モンティーユ、サントーバンプルミエクリュ・アン・レミリー’17(辛口白)

税込¥6820(税別¥6200)

<あと16本>絶対おすすめ!

ジャスパー・モリス90点

パーカー89〜91点

最新VINOUS 93点!!!
(ニール・マーティン、2021年8月試飲

VINOUS 90〜92点


お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
38本完売!

「2022.7月下旬に試飲しました。リリースから1年半以上経過して高めの温度ならもうおいしく飲める状態でした。ビシッと焦点の定まった強いミネラルと美しく伸びやかな酸。厚みのある果実に緩みのない熟成も可能な骨格で、レミリーらしく縦に伸びる長い余韻。満足度は完全に1万円以上のピュリニーモンラッシェ1級レベルにある。非常によい出来!」





メゾン・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税別¥3400

<売り切れ>

お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

60本完売!ありがとうございました

アルコール12.5%

こちらは買いブドウのネゴシアンものですが、例年よく凝縮してエキス感も感じられよい出来。




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’16

税込¥4290(税別¥3900)

<売り切れ>絶対おすすめ!

60本完売。ありがとうございました〜※再入荷不可能!

「2019.6月中旬に飲みました。DIAM10コルク。紫色の弱いやや濃いルビー色。このクラスでも非常によく凝縮してエキス感もあり、タンニン少なくなく、酸は低くないが丸くまだ少しだけ固いというポテンシャルが高い村名クラスの充実具合。’14のような近づきやすい華やか赤い実果実ではなく、現時点での’16は黒い実の果実香主体で、例年より中国茶と鉄サビ系ミネラルのニュアンスが強くややスパイシー。とてもキメ細かな苦みを伴うコク。余韻長めで熟成も可能。抜栓の次の日もおいしい。やはり中域に厚みある。抜栓の2日後もまったく落ちない。真の飲み頃は1年後くらいからかもしれない」

ユーロリーフあり!
アルコール12.5%

函館でワイン造り開始してからというもの、普段日本のワインにしか興味のないお客様からもモンティーユをご要望いただきまして、しばらく買えなくなっていましたが、やっと入荷できました〜!!!





ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’15

税別¥3800

<売り切れ>

バーガウンド・コム 86〜88点

パーカー85〜87点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

VINOUS 86〜88点(ステファン・タンザー)


お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

36本完売。ありがとうございました〜※なんとすでに再入荷不可能!




ドメーヌ・ド・モンティーユ、ブルゴーニュ・ルージュ’14

税別¥3600

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86〜88点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!
『 やっぱりさすがとしか言いようがない!かなりおいしい! 』
『 どう考えてもクラスを超えている! 』などなど

すでに264本完売!!!ありがとうございました※ついに再入荷不可能となってしまいました!

「2017.9月下旬に試飲しました。無駄な濃さや樽ではない目の詰まり感、肉厚エキスとミネラルがすごい。やはり明らかに価格とクラスを超えている!」



「2017.7月に飲みました。う〜ん凄すぎる。完全にクラスを超えた¥5000の満足度がある飲み頃NOW〜。当店の常連様がやけに絶賛の嵐だったので、毎年おいしいとわかっているし飲む必要ないかなとも思っていましたが(笑)やっぱりすごかった!実は酸がしっかりしているもののほのかな甘みがある豊かな果実と中域のエキス感が分厚い為に、総合的なバランスが少しも酸っぱくなく、余韻が長い。タンニンもミネラルもあり、少し熟成可能。しかもまったく飽きずにアルコールの浮きゼロで杯が進みすぎるタイプ。凝縮感はあるのに何故かガブ飲みも出来てしまうバランス。抜栓の次の日も最高においしい」

アルコール12.5%




Domaine Montille, Beaune 1er Cru Les Greves '11

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ボーヌプルミエクリュ・レ・グレーヴ・ルージュ’11

税込¥11000(特価・税別¥10000)

<あと8本>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 89〜92点

VINOUS 90点(ステファン・タンザー)


お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

MVF(旧クラスマン)2015年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版17/20点

40本以上完売!

2年経過してさらにおいしくなっているはず!



「2020.9月下旬にこの’11を飲みました。DIAM10コルク。縁がオレンジがかったやや明るいルビー色。スーボワ、赤い実果実のドライフルーツ、干しイチジク、生ハム、焼いたパン、鉄サビなどの鉱物系ミネラルなどの香り。熟成感はあるが果実に厚みがあり重心が低めで、タンニンの質がねっちょりしてグリップのある余韻が長い味わい。しっかりしつつも滑らかでシャルキュトリーに合いそう。さすがの格上1級畑!」

アルコール12.5%

’10 108本完売!!!

「2016.9月上旬に’10を試飲しました。なんとリリース直後の’09よりもお安くできました!そしておそらく過去最高の出来です!独自の華やかクリーミーで豊富なエキスを連想させる強い香り。今は赤い実の果実香主体で、すでによく溶け込んだ樽とタンニン、艶のあるエキス感が豊富な中域が分厚い果実味で、ミネラルが豊富で余韻長く上質!なめらかで深い味わい。充分に飲み頃に入っているが、当然まだ上り坂途中。予想以上に香りが開いていてびっくり。3人で試飲して全員大絶賛の1本!税別¥10,000程度、グランクリュ・クラスの満足度がある!」

ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス所有の
『 ボーヌ グレーヴ ヴィーニュ ド ランファン ジェズュ 』
(最低でも税別¥12000以上!)の隣の畑で、
広い1級グレーヴの中でも特に優れた区画とのことです!

素晴らしかった’08’09ともに大人気で完売でした〜!




Domaine de Montille, Volnay 1er Cru Les Taillepieds '11

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・レ・タイユピエ’11

税込¥15400(超特価・税別¥14000)



輸入元定価・税別¥18,000

<売り切れ>絶対おすすめ!!

デカンター・オンライン90点

インターナショナルワインセラー90+?点
(ステファン・タンザー、2014年3月試飲)

バーガウンド・コム 91〜94点
(Sweet Spot Outstanding!、2013年4月試飲)


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2014年度版17/20点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!
48本以上完売!!!ありがとうございました

3年半以上経過して大分おいしくなっていると思われます!
『 感動レベルの1本だった! 』との声も多く寄せられております!
海外のお客様の多くは’11は飲まずにハズレ年だと思い込んでいてビビッて買えずにいるようですが(笑)こういった成功銘柄は飲めた方だけがわかる逸品!



「2017.9月に試飲しました。この2年前の試飲時点ですでに青さがなく、程よい凝縮感と豊富なうまみとミネラルがあり、少し固さがあるものの調和が取れ、余韻が長い飲み頃NOW〜だったので今ではさらに色気が出てきておいしくなっているはず!やはりモンティーユ’11は、薫り高く青さがなく、複雑性がある非常によい出来」

アルコール%




Domaine de Montille, Volnay 1er Cru Les Taillepieds '14

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ヴォルネイプルミエクリュ・レ・タイユピエ’14

税込¥14520(特価・税別¥13200)



輸入元定価・税別¥16,500

<あと4本>絶対おすすめ!!

VINOUS 90+点(2020〜2028年、
ステファン・タンザー、2017年3月試飲)

パーカー91〜93点(ニール・マーティン、2019〜2035年、
ワイン・アドヴォケイト222号、2015年12月試飲)

バーガウンド・コム 90〜93点
(Outstanding!、2016年4月試飲)


4年経過して大分おいしくなっていると思われます!



「2017.9月に試飲しました。2年前の時点では相当な凝縮感と大きな構造、長い余韻でしたので、そろそろ化け始めていてもおかしくないくらい?明らかにグランクリュクラスの品質で長熟も可能な逸品です!」

アルコール%







『 <ドメーヌはヴォルネー、ポマールから大きく飛躍した> ヴォルネー、ポマールで一、二を争うワインを生んでいた在ドメーヌは現在の当主エティエンヌが率いるようになって大きく飛躍した。父ユベールから受け継いですぐの1993年、初めて白の区画を入手――アペラシオンはピュリニー、プルミエ・クリュのル・カイユレがそれで、かのモンラッシェからわずか20メートルに位置する卓越したクリマ――。 さらに2005年にはムルソーの村にシェとカーヴを購入、設備も新たに陣容を整え、グラン・クリュ、さらにはコート・ド・ニュイにも区画を取得――コルトン、クロ・ヴジョーにヴォーヌ=ロマネのプルミエ・クリュのマルコンソール、それにニュイ=サン=ジョルジュなど――、耕作面積も当初の7ヘクタールから倍以上の17ヘクタールに広がった――プルミエ・クリュが大半を占め、次ぎにグラン・クリュが続き、ヴィラージュとレジオナルは各1銘柄のみという内容――。

ドメーヌの名声を高めたユベールと同じく弁護士でもあるエティエンヌ――フランス革命以前からヴォルネーの地に所領があり、貴族でもあったモンティーユ家は代々法曹関係を輩出してきた――は、以前のデリケートなタイプながら長い時間をかけて熟成するスタイルはそのままに、近年より柔軟性を備えたワインを生むようになった。

20年近く前から畑ではビオロジーク――それまでも除草剤などは使用せずに栽培はおこなっていた――を取り入れてきたが、現在ではほとんどビオディナミでの耕作となっている。収量はミレジムで異なるものの、芽掻きでしっかりと切り詰め、さらに徹底的にトリ――年にもよるが2割近い果実を廃棄することもある――を付し、高くてもヘクタール当たり30ヘクトリットル台に抑えている。

つくりは非常にフレキシブルで、ミレジムによっては180度異なるといってもよく、例えば2004年のヴォルネーの全銘柄は100パーセント除梗したが、2005年は逆に全く除梗せず、果実のカットもしなかった。アルコール発酵は高めの温度まで引き上げ、ルモンタージュはせずピジャージュも少なめ。

新樽は通常多くても3割を超えないが、2007年の場合、同じグラン・クリュでもコルトン・クロ・デュ・ロワには3分の1、クロ・ヴジョーに半分をあてがった反面、プルミエ・クリュのマルコンソール・キュヴェ・クリスティアーヌ――マルコンソールのなかでもラ・ターシュに入り込んだ区画で、テロワールもほとんどグラン・クリュと同等――は8割という高い比率でしつけた。期間は20ヵ月前後と長めにとり、清澄、フィルターは無し。

生まれるのはピノ・ノワール本来の透明感ある色調の、舌の上にくっきりとした輪郭を描き出す、うまみ十分の美しくエレガントなワイン――ユベールの時代と同じくアルコールは高くても13パーセント止まり――。そして本拠地ヴォルネーのタイユピエとミタンとが異なるクリマであることが如実に実感できるテロワールの異なりもしっかりと表現されている。 (輸入元最新資料より) 』







 

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ポマールプルミエクリュ・グランゼプノ’05

超特別価格・税別¥15000

<売り切れ>

※すべての値引き対象外となります。

パーカー92〜93点

インターナショナルワインセラー89〜92点

バーガウンド・コム 91〜94点

 

ドメーヌ・ド・モンティーユ、ポマールプルミエクリュ・レ・ペズロール’05

超特価・税別¥12700

<売り切れ>限定品!

※すべての値引き対象外となります。

パーカー92〜93点

最新インターナショナルワインセラー92点

インターナショナルワインセラー90〜93点

バーガウンド・コム 91〜93点

ジャシス・ロビンソン18/20点!

クラスマン2008年度版16.5/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2008年度版17.5/20点

 

 


2019/8/6(木)アップ〜<大人気!>蔵出しシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ’10レミリー

2019/6/14(金)アップ〜<大人気!>蔵出しシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ’14ブルゴーニュ・ブランついに最後の再入荷!

2018/7/5(木)アップ〜蔵出し超特価シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ’10ペズロールついに最後の再入荷!!!

予想以上にフィネスがある!今飲んでもおいしい&熟成も可能

2017/5/17(水)アップ〜蔵出しシャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ’14レ・シャリュモーと’14レ・フォラティエール

すべてのワインが一貫してピュアで上品、エレガントな質感でミネラルが強い!













 




モンティーユの経営になってからは、有機栽培となり、収量20%以上低くして、新樽比率も20%以下のエレガント&ミネラリースタイル




Chateau de PULIGNY-MONTRACHET, , Bourgogne Blanc (Clos du Chateau de Puligny Montrachet) '14

シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、ブルゴーニュ・ブラン・クロ・デュ・シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ’14

税別¥3500

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー86〜88点(ニール・マーティン、
2016〜2019年、ワイン・アドヴォケイト222号)

バーガウンド・コム 86〜89点(Outstanding!)


MVF(旧クラスマン)2017年度版14.5/20グラス

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

約2年経過してさらにおいしくなっているはず!!!



「2017.9月下旬に試飲しました。冷やしすぎるとこのワインの美点が薄まって埋もれる可能性あり。美しさ、ミネラル、全体像、アフターが優れています。やはりおいしく良い出来」



「2017.7月初旬に飲みました。DIAM10コルク。DIAM3〜5ではないところが自信の表れなのか?毎年おいしいですが、今年は特にすごい!酸とミネラルにキレがあるが、何故か尖ってはいない絶妙バランスで、果実のエネルギーもあり、控えめな樽はごまの香りとアフター付近の厚みに少し顔を出すだけで一番良い時のルイ・カリヨン的な非常にセンスのある樽使い!こういうワインを経験してしまうと樽による疑似的な厚みがつまらなく感じるようになる。個性が完全にピュリニーで満足度は下手すると例年より少し薄いピュリニー1級的な雰囲気。それくらいまったく飲み飽きずにらしさを感じながら非常に楽しめる。余韻は当然長く、塩ミネラルもしっかり、酸とミネラルの縦ラインの伸びがとてもよい夏のイオンサプライ系。冷やしすぎないほうがおいしい。洋ナシ、ナッツ、バター、樹脂ではなく、リンゴ、ごま、ミネラルの美しさで透明感のある全体像。抜栓の次の日も最高においしい。二人で飲むとおいしすぎて一瞬でなくなります(笑)」

アルコール%

247本完売!!!ありがとうございました
※ついに’14が再入荷不可能となりました〜!
やはり’15以降は値上がりです、、、


『 シャトーの前に広がる、石垣に囲まれた畑。その立地からも仕上がりはレジョナルの域を超えていて、ワインには明らかにピュリニーのエッセンスが刻まれている。比較的表土が深いものの、粘土というよりはシルト(粘土と砂の中間の粒子)のため水はけはよい。生育が早めで果実味の高いブルゴーニュ・ブランとなる。グレープフルーツや洋梨の華やかな果実香。柔らかく、穏やかな口当たり。 (輸入元資料より) 』




シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、サントーバンプルミエクリュ・レミリー’10

税別¥7000

<売り切れ>絶対おすすめ!

最新インターナショナルワインセラー91+?点!

バーガウンド・コム 89点

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

148本完売!!!
※すべての値引き対象外となります。
このワインのみのご注文は、ご遠慮いただいております。

約5年経過してかなりおいしくなっているはず!
価格と実際の満足度を考えるとこのワインは圧倒的でしょう!!!



「2014.10月に再度試飲しました。透明感があり上品で酸とミネラルがしっかり、バランスよくアフターも長め。ミネラリー一辺倒ではなく、果実味の厚みもあり、まだ向上する。当店社長大絶賛の1本!!!」



「2013.2月に再度試飲しました。’07と’10を比較試飲する機会に恵まれました。酸とミネラルにキレがありまだ固いが、ポテンシャルが高くとてもよい出来。寝かせると大分複雑性が増す銘柄」




シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、ブルゴーニュ・ブラン・クロ・デュ・シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ’09

税別¥3000

<売り切れ>おすすめ!

パーカー・オンライン87点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 85点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版15.5/20点

36本完売。ありがとうございました〜※再入荷不可能!

「2012.2月初旬に試飲しました。明るいイエロー。’09としてはキレのある酸で、緩くない透明感がありみずみずしいおいしさ。バランスよく、アフターに多めにミネラルが残る。どうやらビオディナミを実践している優れた造り手は、ルフレーヴやロアリーと同じで近年では酸がもし低めになってしまった年でもミネラルの強さは維持出来るようです。樽は当然かなり控えめで今年もよい出来!」

’07 42本完売。

「2010.2月に’07を試飲しました。明るいイエロー。気にならない程度の還元香あり。トロピカルフルーツ系の香りはほとんどなく、黄リンゴ、ミネラル、白い花など中心の香り。ややキレのある酸、みずみずしく、クリーンでピュア。全体的にミネラリーで飲み頃NOW〜なかなか楽しめる」

全体の3分の2を9カ月樽熟成

’06 スペクテーター89点

『 シャトーの周辺に植えられた4.5haのブドウを使用。その立地からも仕上がりはレジョナルの域を超えていて、ワインには明らかにピュリニーのエッセンスが刻まれている。(輸入元資料より) 』




シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、サントーバンプルミエクリュ・アン・レミリー’09 750ml

税別¥4600

<売り切れ>



シャトー・ド・ピュリニーモンラッシェ、サントーバンプルミエクリュ・アン・レミリー’09 ハーフ・375ml

税別¥2800

<売り切れ>

パーカー・オンライン91点(ニール・マーティン)

インターナショナルワインセラー91点

バーガウンド・コム 90点


MVF(旧クラスマン)2012年度版15/20グラス

GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2012年度版17/20点

樹齢約45年

新樽比率15%にて熟成

 

 

モンティーユつながりでついにラック・コーポレーションさんが輸入を開始!

ヴィラージュ以下の銘柄にはブショネのない『DIAM』コルクを使用

2005年頃からビオディナミに移行

果汁やワインにストレスがかからないように重力を利用したグラヴィティ・フローを実践

低収量30〜35hl/ha

新樽比率10〜15%とかなり低く、24〜36ヶ月乾燥させたものを使用

『 ピュリニー中心に20ヘクタール以上を所有する規模の大きいドメーヌで、バタールにシュヴァリエ、そしてモンラッシェと3つのグラン・クリュを擁し、白が多いものの赤も4割近くの生産量があります。

責任者を務めるのはエティエンヌ・ド・モンティーユ、ヴォルネーで一、二を争うドメーヌ、ド・モンティーユの当主です。エティエンヌが就任して以来、シャトーの評価は飛躍的に高まりました。栽培は自身のドメーヌと同様、認証は受けていないもののビオディナミを導入しています。つくりでは600リットルとピエスのほぼ3倍の大きさのドミ=ミュイでの樽熟成がこのシャトーの大きな特色で、加えて新樽はほとんど使用しません。

入荷は2007年となりますが、エティエンヌ自身、2002年に手掛けて以来最も成功したミレジムだと太鼓判を押しています。 (輸入元資料より)』


蔵出し正規品モンティーユ

 

他のポマールはこちら

 

100%ラック・コーポレーション輸入の蔵出し正規品です。

 

 

GESTの会長、クラスマン2つ星生産者

1995年にユベールドモンティーユからエティエンヌドモンティーユに代替わりしました。ドミニクラフォンやクリストフルーミエらとよく意見交換している。’90年初頭から有機農法〜’2002から完全にビオロジックに移行し、収量も20%減らしたそうです。今後も要チェックですよ!


2021/6/3(木)アップ〜蔵出しミッシェル・ラファルジュ’17ヴォルネイ

抜栓直後から飲める出来のよい’17!

2019/3/9(土)アップ〜蔵出しミッシェル・ラファルジュ’15

2017/5/3(水)アップ〜蔵出しラファルジュ・ヴィアル’14

2015/5/21(木)アップ〜蔵出しミッシェル・ラファルジュ’09’10レザン・ドレ

’00の大成功例!すべて傑出したバランス感で飲み頃!

※基本的にオリ多め

















 




当店社長の好きな生産者BEST3に入る造り手です!!!

飲み頃だけ気を付ければ最上の味わいを楽しめますよ!

なんとベッキ―・ワッサーマン女史が、最も影響を受けた造り手にミシェル・ラファルジュの名前を挙げたそうです!シャントレーヴ栗山さん、クロ・デ・フのペドロ・パッラさんもミッシェル・ラファルジュが大好きとのことで、やはりワイン界のレジェンドですね


※つい最近まで気がつきませんでしたが、’09から表ラベル左下に小さくデメテルマークあります。




ミッシェル・ラファルジュ、ヴォルネイ’17

税込¥6600(税別¥6000)

<あと16本>絶対おすすめ!

パーカー87〜89点(William Kelley)

VINOUS 89〜91点(ニール・マーティン)

バーガウンド・コム 89〜91点


※すでに再入荷不可能!

「2021.5月中旬に飲みました。紫色の弱い明るいルビー色。昔から変わらずクラシックではあるが、亜硫酸量を少し減らした気がする。そして’17は意外なことに今すぐ開けてもかなりおいしい!同時に飲み比べたブルゴーニュ・ルージュ’17より明らかに凝縮感と深みコク、余韻のレベルが上がり予想以上に複雑。過熟という意味ではなくわずかにドライフルーツ気味のレーズンやイチジクのバターサンド、熟成香ではないドライフラワーと中国茶などのよい香り。果実味しっかり、旨味が凝縮してまろやかコクで非常にバランスよく余韻も長いので。抜栓の次の日も非常においしいが、予想よりやわらかく変化してある意味バランスは昨日の方がベストだった気がする」

アルコール13%
デメテル・マークあり!

ラファルジュは村名ヴォルネイに11の区画を所有し、2種類のキュヴェを醸造。これはスタンダードなタイプ。ラズベリーやチェリーなど、赤い果実のアロマがストレートに香る、ヴォルネイらしく、繊細でエレガントなスタイル。タンニンのキメ細かなミディアムボディ。
(輸入元資料より)





ミッシェル・ラファルジュ、ブルゴーニュパストゥグラン・レクセプション’15 750ml

税別¥2600

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86〜89点(Outstanding Top Value!)

「2019.3月中旬に飲みました。’15だからジャミーで酸が低いとか一切なく、ブレずにクラシックで長めに熟成可能な骨格あり。今でもおいしいが1年後以降がベストだと思われる芯のある味わいで香りも余韻も優れている。抜栓の次の日の印象は、明日アップします」

アルコール%



ミッシェル・ラファルジュ、ブルゴーニュパストゥグラン・レクセプション・ユニーク’15
マグナム・1500ml


税込¥6930(税別¥6300)

<あと10本>絶対おすすめ!
幻の超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー90点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

バーガウンド・コム 87〜90点!(Outstanding!)


極小生産本数!
滅多に瓶詰めしない&日本に輸入されない銘柄で、日本で運よく買えたのは当店のみ!!!

例年長く熟成可能!




ミッシェル・ラファルジュ、ボーヌプルミエクリュ・グレーヴ’15

税込¥11000(税別¥10000)

<あと11本>

パーカー92〜94点(2020〜2040年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

VINOUS 92点

バーガウンド・コム 91〜94点(Sweet Spot Outstanding!)


’05から所得した畑!初入荷!
ラファルジュのイメージに合っていそうな優れた畑!




ミッシェル・ラファルジュ、ヴォルネイ・ヴァンダンジュ・セレクショネ’15

税込¥9350(税別¥8500)

<あと7本>超限定品!

パーカー91〜93点(2020〜2035年、
ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

VINOUS 90〜92点

デカンターオンライン92点

バーガウンド・コム 89〜92点(Outstanding Top Value!)


MVF(旧クラスマン)2019年度版16.5/20グラス

※すでに再入荷不可能!




ミッシェル・ラファルジュ、ヴォルネイプルミエクリュ・レ・ピチュール’15
マグナム・1500ml


税込¥30800(税別¥28000)

<あと5本>幻の超限定品!

※再入荷不可能!

パーカー94〜96点!
(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

VINOUS 92〜94点

バーガウンド・コム 92〜94点(Sweet Spot Outstanding!)


初入荷!所有していることすら知らなかった、、、
あまりにも少なくて極少量だけマグナムのみ詰めたようです。




ミッシェル・ラファルジュ、ヴォルネイプルミエクリュ・クロ・デ・シェーヌ’15

税込¥16500(税別¥15000)

<あと9本>限定品!

パーカー96+点!!!
(William Kelley、ワイン・アドヴォケイト239号)

パーカー92〜94点(ニール・マーティン、ワイン・アドヴォケイト228号)

最新VINOUS 93点(ニール・マーティン、2018年11月試飲)

VINOUS 92〜95点!(ステファン・タンザー、2017年1月試飲)

デカンターオンライン97点!!!

バーガウンド・コム 93〜96点!(Don't Miss! Outstanding!)


ジャスパー・モリス氏も大絶賛!

MVF(旧クラスマン)2019年度版18/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)






Fleurie Bel Air (Lafarge Vial) '14

ラファルジュ・ヴィアル、フルーリー・ベル・エール’14

税込¥4400(税別¥4000)

<あと7本>おすすめ!
限定品!〜※再入荷不可能!

VINOUS 92点!(2018〜2022年)

バーガウンド・コム 90点


GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2017年度版16/20点
さらにクープ・ド・クール!!!

4年経過してかなりおいしくなっているはず!



「2017.7月に飲みました。固すぎず、濃すぎず熟成可能な骨格もあり間違いなく高品質。最初にしてはわずかに高いかなというくらいでおいしさは間違いないよいワイン。低い温度での抜栓直後のみ少し固さとタンニン、わずかに癖のあるスパイス香があるが還元的というほどではなく、最初から果実味と余韻がある。すぐ変化しそうな予感。時間とともにブラックチェリーとブルーベリー的な果実香が出てきて、タンニンが丸くなり、低すぎない酸で、味わいもうまみとミネラルののったジューシーながぶ飲み可能なかなり良いバランスとなった。チーズをのせたクラッカーとかなり合う。(それほど高級じゃないチーズでOK、チーズをのせることを想定した塩分の少ないクラッカーがベスト)抜栓の次の日も最高においしい。さらに果実味増してジューシーに!イヴォン・メトラ同様、熟成で色気が加わったら相当おいしいだろうなぁ〜という感じです。抜栓の2日後も非常においしい」

アルコール12.5%

初入荷!
ミッシェル・ラファルジュのフレデリックさんがフルーリーで新しく手掛けるドメーヌ
古樹、ビオディナミ











ミッシェル・ラファルジュ、ブルゴーニュ・アリゴテ・レザン・ドレ’10(辛口白)

税別¥2500

<売り切れ>

バーガウンド・コム 85〜87点



ミッシェル・ラファルジュ、ブルゴーニュ・アリゴテ・レザン・ドレ’09(辛口白)

税別¥2300

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 86〜88点!

「2015.4月上旬に飲みました。まだごくわずかに緑がかった中程度のイエロー。レキュのミュスカデと共通する強いミネラル香があり、’08よりも少しだけ酸が丸く重心がわずかに低く感じられる。’08同様温度は冷やし過ぎない方がおいしい。飲み頃はまったく過ぎていない。やはりアリゴテはミネラルをよく表現するブドウ品種ですね。抜栓の2日後までもおいしい」

アルコール12.5%

デメテルマークあり!




ミッシェル・ラファルジュ、ブルゴーニュ・アリゴテ・レザン・ドレ’08(辛口白)

税別¥2250

<売り切れ>絶対おすすめ!

バーガウンド・コム 85〜87点

お客様から絶賛の声を数多くいただいているワインです!

50本完売。ありがとうございました※再入荷不可能!

アリゴテといえども冷やしすぎないほうがおいしい!

前に絶賛の嵐だったピエール・モレのアリゴテ・バックヴィンテージがお好みだった方は、間違いなくこのワインもお好みでしょう!

「2015.2月に飲みました。同時に飲み比べたギィ・アミオ’12アリゴテと比べて酸とミネラルにキレがあり、特にアフターに残るミネラルの量は相当に違う。一般的にはギィ・アミオの果実味を評価する方のほうが多いと思いますが、個人的には断然こちらの方が上質だと思っています。まだまったく飲み頃を過ぎていないどころかおそらくまだピークには達していない。味わいの中域からアフターにかけて繊細な複雑性が楽しめる。抜栓の3日後までまったく落ちない!」

アルコール12.5%

ポンソ、ヴィレーヌと同じく、アリゴテ・ドレ種

通常のアリゴテよりもやや凝縮され、少し長く熟成可能

1.1haの畑から

『 樹齢75年にも達するアリゴテの古木から造られたワイン。収穫は通常の摘み取りよりも1週間以上遅くに行われ、完熟したアリゴテは名前のとおり黄金色。ワインもアリゴテにしては深い色調。白い花にマルメロのキャンディのような香り。味わいに奥行きがあり、並のアリゴテとは一線を画す。 (輸入元最新資料より) 』




ミッシェル・ラファルジュ、ブルゴーニュ・アリゴテ・レザン・ドレ’06(辛口白)

特別価格・税別¥2250

<売り切れ>

樹齢70年以上!

ポンソ、ヴィレーヌと同じく、アリゴテ・ドレ種

通常のアリゴテよりもやや凝縮され、少し長く熟成可能

1.1haの畑から

『 樹齢75年にも達するアリゴテの古木から造られたワイン。収穫は通常の摘み取りよりも1週間以上遅くに行われ、完熟したアリゴテは名前のとおり黄金色。ワインもアリゴテにしては深い色調。白い花にマルメロのキャンディのような香り。味わいに奥行きがあり、並のアリゴテとは一線を画す。 (輸入元最新資料より) 』

 

ミッシェル・ラファルジュ、ブルゴーニュパストゥグラン・レクセプション’05

特別価格・税別¥2550

<売り切れ>限定品!

パーカー89〜90点(amazing value!ワイン・アドヴォケイト171号より)

本数制限なし

「2009.8月に飲みました。縁が紫がかった濃いルビー色。ドニ・モルテのパストゥグランほどではないが、パストゥグランとしては非常に濃い色調。現時点では閉じた香りでチェリー、紅茶、鉄サビ系ミネラル、バラ、中国茶などの香り。抜栓直後はそれこそガチガチに固い。抜栓の次の日、やっと少しだけやわらかく変化。それでも温度が低いと全然ダメ。高めの温度をおすすめします、酸とうまみが凝縮してハイポテンシャルなのですが、造りがクラシックでまだ表現されていない。飲み頃は2011〜くらいだろうか?抜栓の2日後もおいしい」

アルコール12.5%

 

ミッシェル・ラファルジュ、ブルゴーニュパストゥグラン・レクセプション’04

特別価格・税別¥2400

<売り切れ>

並のパストゥグランと違い、温度を下げすぎない方がおいしい

74本完売!ありがとうございました〜※ついに再入荷不可能となりました!

お客様から『やっと飲み頃に入った印象で、今非常においしい!』とのコメントをいただいております。

「2008.12月末に飲みました。縁がオレンジがかったやや明るいルビー色。抜栓直後の低めの温度では香り味わいともにまだ固さがある。赤い実の果実、紅茶ミネラルなどうまみを多く秘めていそうな予想より凝縮した香り。予想よりタンニンが多いため、温度を下げすぎない方がおいしいタイプだと思われる。酸とタンニンが浮いた印象だったのが、時間とともにうまみが増して、酸とタンニンが丸くなる。真の飲み頃は1年後位から?意外に熟成可能。抜栓の次の日もおいしい。抜栓の2日後が一番おいしい。よりタンニンが溶け込んでバランスが向上。それでも並のパストゥグランと比べてタンニンを感じる」

アルコール12.5%

『 現時点で樹齢85年だそうです!1934年にはじめて販売したものと同じ区画、同じ樹のブドウを使用している。(2009.10月当店ドメーヌ訪問時に判明) 』

樹齢約70年の上級キュヴェ!

ピノノワール約50%、ガメイ約50%

 

ミッシェル・ラファルジュ、ヴォルネイプルミエクリュ・カイユレ’00

特価・税別¥12000

<売り切れ>絶対おすすめ!

お客様から絶賛の声をかなり数多くいただいているワインです!

72本完売!!!〜※再入荷不可能!

※約8年経過して、飲み頃ピーク頂上付近だと思われます!

「2007.4月に飲みました。抜栓直後は、1ヶ月前の試飲会の時よりやや固く、スーボワやなめし皮の香りはまだ少なく、タンニンが多めに感じられ、バランスが完璧ではない。クラシックな造りで、赤い実の果実と紅茶、ボーヌらしい鉄や血などのミネラルが強い香り。’00としては非常にしっかりした酸とタンニンで、まだまだ熟成可能の飲み頃に入ったばかり、上り坂途中。抜栓の次の日は、昨日より旨みが増して、バランスよく変化。香りにもスーボワ、なめし皮、オレンジの皮が出た。アフターの旨みの広がり方が素晴らしい。やはり骨格がしっかりした、’00としては例外的に長熟可能なタイプのようです」

「2007.3月に試飲しました。最近、飲み頃に入ったばかりという印象!オレンジがかったやや明るいルビー色。1級クロデュシャトーデデュック’00と似た印象で、甲乙つけ難い完成度の高さですが、個人的にはこちらのほうが、わずかに肉付きがよく、現時点でのバランスが完成されているような気がして、より自分の好みだと感じました。じっくり2日かけて飲めば、また印象が違うのかもしれません」

パーカー90+点(2006〜2012年)

最新インターナショナルワインセラー90点

バーガウンド・コム 90点

わずか0.28haの所有

 

昔から有機肥料&野生酵母のみ使用

’00ヴィンテージから完全にビオディナミ

当たり年の1級でも新樽30%以下


蔵出し特価ミッシェル・ラファルジュ’10レクセプション

当たり年は、驚異的なほどの長期熟成型!

※’02’05’09’10はすべての値引き対象外となります。

 




当店社長の好きな生産者BEST3に入る造り手です!!!

飲み頃だけ気を付ければ最上の味わいを楽しめますよ!


2009.10月当店ドメーヌ訪問時にラファルジュ’07は、かなり出来がよいと感じました!エレガントでしっかりしたミネラル。他の生産者の’07より骨格がある


※つい最近まで気がつきませんでしたが、’09から表ラベル左下に小さくデメテルマークあります。




ミッシェル・ラファルジュ、ブルゴーニュパストゥグラン・レクセプション’10

特価・税別¥2650

<売り切れ>絶対おすすめ!

パーカー87〜88点
(2013〜2018年、Antonio Galloni、ワイン・アドヴォケイト199号)

バーガウンド・コム 85〜88点!(Outstanding!)


5年前とほぼ同じ価格です!!!

「2016.9月上旬に試飲しました。例年通りガメイのニュアンス控えめで、ある程度凝縮して酸もタンニンもきつくなく、うまみが多く、ミネラルも低くなく、やっと滑らかさが出てきて飲み頃に入った印象。いつも下手なACブルより上質で飲み飽きない。温度は上げ過ぎない方がおいしい」

アルコール12.5%

最近では表ラベル端にデメテル・マーク付き!

 

『 当主ミッシェルと息子フレデリックが暖かく出迎えてくれた。ミッシェルおじいちゃんはかなり高齢だが、知的で言葉少なくオーラがあり、すごくかっこよかった!端々に目を光らせており、スタイル変化もない。いきなり新樽100%になるようなことはなさそうで一安心(笑)かなり昔から長年有機農法〜ビオディナミを実践している為、天候が悪く近所のドメーヌのブドウが病気で被害を受けた際も、ブドウが健全で病気などに対する耐性があるため被害を避けられたということもあったそうです!まだ若いうちはクラシックな造りであるためとっつきにくい場合もあるが、現在のラファルジュ2000年や1996年のように飲み頃に当たると一握りの超一流ドメーヌにしか表現できないフィネスを堪能できる。特別に飲ませてもらったヴォルネイ1級クロ・デ・シャトー・デ・デュック’96モノポールは、まだ早いかと思いきや現時点で素晴らしくおいしく、完成されたワインでまさにフィネスとはこういうワインのことを表現する言葉だと思った。また、’06〜’08赤白いろいろ飲ませてもらったが、還元臭いワインなど1つもなく、当然ながらビオディナミだから還元香が強い場合が多いとかではなく、造り手の力量が重要なのだと実感。ここを訪問できたのは今回一番の収穫だった!やはりまだまだ過小評価されているドメーヌだと思う。とにかくミネラルをよく表現している。(2009.10月当店ドメーヌ訪問時) 』


昔から有機肥料&野生酵母のみ使用

’00ヴィンテージから完全にビオディナミ


 Copyright (C) 2000 wine shop ito All Rights Reserved.
wine-ito@green.ocn.ne.jp